<4D F736F F D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F A90B48F D8EDF92C78B4C94C C48EE682EA816A2E646F6378>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>"

Transcription

1 UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月

2 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の 確 保 2 (3)UR 賃 貸 住 宅 の 新 たな 方 向 性 等 2 (4)ストック 再 生 再 編 の 計 画 事 業 量 3 3.これまでのストック 再 生 再 編 の 進 捗 と 課 題 4 (1) 事 業 着 手 等 の 実 績 4 (2) 基 本 的 類 型 別 の 実 施 内 容 と 課 題 5 (3)その 他 個 別 課 題 への 対 応 7 4.ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 8 (1) 投 資 する 団 地 や 団 地 規 模 の 縮 小 等 を 図 る 団 地 の 方 向 付 けの 検 討 8 (2)ストックの 再 生 再 編 等 の 推 進 加 速 化 11 (3) 政 策 課 題 等 への 対 応 16 参 考 ストック 再 生 再 編 方 針 に 係 る 国 の 決 定 等 と 機 構 の 計 画 17

3 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 機 構 は 供 給 管 理 する 賃 貸 住 宅 ( 以 下 UR 賃 貸 住 宅 という )について 平 成 30 年 度 までの 方 向 性 を 定 める UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 以 下 ストック 再 生 再 編 方 針 という )に 基 づき 急 激 な 人 口 減 少 少 子 化 本 格 的 な 高 齢 化 の 進 展 住 宅 セーフティネットとしての 役 割 に 対 す る 要 請 の 高 まり 等 を 背 景 とする 社 会 構 造 や 事 業 環 境 の 変 化 に 適 切 に 対 応 し 経 営 の 健 全 性 を 確 保 するため ストックの 再 生 再 編 等 を 推 進 しているところである 今 般 機 構 の 第 三 期 中 期 計 画 ( 平 成 26 年 3 月 28 日 策 定 計 画 期 間 : 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 まで )の 初 年 度 に 当 たり また 独 立 行 政 法 人 改 革 等 に 関 する 基 本 的 な 方 針 ( 平 成 25 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 )を 受 け UR 賃 貸 住 宅 団 地 居 住 者 の 急 速 な 高 齢 化 や 単 身 化 に 適 確 に 対 応 するべくストックの 再 生 再 編 等 を 推 進 加 速 させ 団 地 居 住 者 に 対 してより 一 層 の 安 全 安 心 快 適 な 居 住 環 境 を 提 供 するとともに 団 地 の 存 する 地 域 全 体 が 安 心 で 豊 かに 住 み 続 けていただけるような 環 境 となるよう ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 を 策 定 する 具 体 的 には 団 地 毎 の 特 性 に 応 じた 適 切 な 投 資 を 行 うことにより 老 朽 化 陳 腐 化 した 住 宅 の 改 修 建 替 えを 行 うとともに 耐 震 性 バリアフリー 快 適 性 等 の 住 宅 性 能 の 改 善 を 図 る 地 域 における 政 策 課 題 や 住 宅 需 要 の 動 向 等 を 踏 まえたストックの 統 廃 合 等 により 地 域 のニーズに 見 合 った 住 宅 ストックの 形 成 空 家 の 解 消 を 図 るとともに コンパ クトシティの 実 現 に 寄 与 する 統 廃 合 等 にあわせた 敷 地 の 有 効 活 用 等 により 地 域 の 医 療 福 祉 拠 点 の 形 成 等 を 図 り 地 域 包 括 ケアシステムの 構 築 良 好 なコミュニティ 形 成 を 支 援 する ことに 取 組 むものとする 本 実 施 計 画 により 今 後 居 住 者 の 居 住 の 安 定 に 配 慮 しつつ 老 朽 化 して 空 家 も 多 いといった 収 益 性 が 低 いストックの 統 廃 合 等 を 進 め ストックの 再 生 再 編 等 を 加 速 することにより 社 会 情 勢 の 変 化 に 適 切 に 対 応 した 住 宅 セーフティネット 等 機 構 に 期 待 された 役 割 を 発 揮 するとともに 機 構 の 経 営 基 盤 の 強 化 を 実 現 する - 1 -

4 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 全 団 地 について 同 一 需 給 圏 等 のエリアで 人 口 動 向 需 要 動 向 等 を 勘 案 の 上 エリア 内 のUR 賃 貸 住 宅 の 立 地 条 件 ストック 量 ストック 構 成 ( 住 戸 規 模 築 年 数 家 賃 帯 等 ) 等 を 分 析 し 再 生 活 用 の 方 向 性 を 検 討 した 上 で 個 別 団 地 毎 にその 特 性 に 応 じて 以 下 のとおり4つの 基 本 的 類 型 という 大 きな 方 向 性 を 設 定 するとともに 団 地 毎 に 団 地 別 整 備 方 針 を 策 定 し 当 該 方 針 に 基 づき 団 地 を 管 理 整 備 することとした 基 本 的 類 型 1 対 象 戸 数 約 16 万 戸 再 生 再 編 の 考 え 方 まちづくりにより 団 地 を 再 生 団 地 再 生 全 面 建 替 え 約 4 万 戸 団 地 を 全 面 的 に 建 替 え 一 部 建 替 え 集 約 約 4 万 戸 約 8 万 戸 団 地 の 一 部 の 建 替 えを 予 定 し 一 部 の 既 存 住 宅 を 改 善 団 地 の 集 約 化 に 併 せて 一 部 の 既 存 住 宅 の 改 善 ストック 活 用 約 57 万 戸 既 存 住 宅 の 改 善 用 途 転 換 土 地 所 有 者 等 への 譲 渡 返 還 等 約 1 万 戸 約 3 万 戸 団 地 全 体 をUR 賃 貸 住 宅 以 外 の 用 途 へ 転 換 全 面 借 地 方 式 市 街 地 住 宅 を 譲 渡 等 特 別 借 受 賃 貸 住 宅 を 返 還 合 計 約 77 万 戸 注 ) 個 別 団 地 の 類 型 は 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 等 に 対 応 し 適 宜 見 直 しを 行 うもの (2) 居 住 の 安 定 の 確 保 団 地 再 生 及 び 用 途 転 換 に 係 る 事 業 の 実 施 に 当 たっては 居 住 者 の 方 々の 理 解 と 協 力 が 重 要 である このため 機 構 は 居 住 者 の 方 々の 居 住 の 安 定 の 確 保 と コミュニティの 維 持 に 配 慮 して 事 業 を 実 施 していくこととした (3)UR 賃 貸 住 宅 の 新 たな 方 向 性 等 人 口 世 帯 減 少 都 市 のコンパクト 化 への 対 応 として 居 住 者 の 方 々の 居 住 の 安 定 を 確 保 しながら 団 地 の 利 用 状 況 等 を 勘 案 して ストック 量 の 適 正 化 を 推 進 することとし 次 のとおり 新 たな 方 向 性 及 びその 実 現 のための 具 体 的 な 施 策 を 実 施 することとした 1 平 成 18 年 度 末 時 点 - 2 -

5 <1> 新 たな 方 向 性 1 公 的 賃 貸 住 宅 としてのセーフティネット 機 能 の 強 化 2 地 域 の 住 宅 政 策 上 の 課 題 への 適 確 な 対 応 3 都 市 の 福 祉 拠 点 としてのストックの 再 生 <2> 新 たな 方 向 性 実 現 のための 具 体 的 な 施 策 新 たな 方 向 性 実 現 のために 高 齢 者 の 安 心 居 住 子 育 て 支 援 地 域 の 多 機 能 拠 点 を 柱 として それぞれの 柱 を 有 機 的 に 結 びつけながら 積 極 的 な 施 策 を 実 施 することとした (4)ストック 再 生 再 編 の 計 画 事 業 量 人 口 世 帯 減 少 社 会 を 迎 え 将 来 の 人 口 推 計 等 を 勘 案 の 結 果 ストック 量 の 適 正 化 に 向 けて 再 編 への 着 手 を 平 成 30 年 度 までに 約 10 万 戸 程 度 と 予 定 した これにより 現 在 のストック 量 が 平 成 30 年 度 末 までに 約 5 万 戸 削 減 ( 既 存 ストックを 約 8 万 戸 程 度 削 減 し 別 途 建 替 えに 伴 う 居 住 者 の 方 々が 戻 り 入 居 するための 住 宅 等 を 約 3 万 戸 程 度 供 給 する )すると 計 画 し 平 成 60 年 頃 には UR 賃 貸 住 宅 の 概 ね 約 3 割 程 度 の 削 減 を 想 定 した その 他 平 成 30 年 度 末 までにバリアフリー 化 を 図 った 住 宅 の 割 合 を 55% 以 上 とし 既 存 建 物 の 改 修 等 により 耐 震 化 率 を 90% 以 上 とする 等 を 計 画 した - 3 -

6 3.これまでのストック 再 生 再 編 の 進 捗 と 課 題 (1) 事 業 着 手 等 の 実 績 既 存 賃 貸 住 宅 ストックについては ストック 再 生 再 編 方 針 において 平 成 19 年 度 から 平 成 30 年 度 までに 約 10 万 戸 の 再 編 に 着 手 し 約 5 万 戸 のストックを 削 減 す ると 計 画 しているが 団 地 再 生 事 業 の 事 業 実 施 上 の 課 題 に 加 え リーマンショック に 伴 う 経 済 情 勢 の 影 響 を 受 けたこと 等 により 平 成 25 年 度 末 までに 下 表 のとおり 49,710 戸 ( 平 成 30 年 度 までの 計 画 量 の 約 50%)の 再 編 に 着 手 し 20,214 戸 ( 同 約 40% 2 )の 削 減 となっている 着 手 削 減 等 の 実 績 基 本 的 類 型 平 18 末 管 理 戸 数 ~ 平 18 平 19 平 20 平 21 平 22 平 23 平 24 平 25 累 計 団 地 再 生 全 面 建 替 え 37,022 一 部 建 替 え 43,331 集 約 81,412 小 計 161,765 用 途 転 換 7,584 着 手 19,832 1, ,649 3, ,437 31,167 増 減 4,298 5,940 3,414 3,331 3,248 3, ,913 着 手 2, , ,987 増 減 1, ,204 1, ,148 着 手 , , ,247 増 減 ,169 3,000 着 手 22,022 1,488 3,951 1,979 4,045 2, ,927 39,401 増 減 5,471 5,956 3,652 4,750 5,167 4,883 1,182 31,061 着 手 ,518 増 減 ,362 土 地 所 有 者 等 への 譲 渡 返 還 等 32,555 着 手 , ,675 1, ,610 8,791 増 減 , ,431 5,436 ストック 活 用 566,704 合 計 768,608 着 手 増 減 3,932 3,224 4,309 3,134 1,467 1, ,645 着 手 22,342 2,337 6,123 2,850 5,720 3,845 1,458 5,035 49,710 増 減 1,539 3, ,356 4,509 4,745 2,503 20,214 管 理 戸 数 ( 年 度 末 時 点 ) 768, , , , , , , ,394 注 ) 着 手 削 減 等 の 実 績 は 団 地 再 生 事 業 に 着 手 等 した 時 点 の 個 別 団 地 の 基 本 的 類 型 により 集 計 2 削 減 戸 数 の 進 捗 率 が 着 手 に 比 べ 低 いのは 用 途 廃 止 が 着 手 の2,3 年 後 になるためである - 4 -

7 (2) 基 本 的 類 型 別 の 実 施 内 容 と 課 題 上 記 の 進 捗 状 況 を 踏 まえ 今 後 再 生 再 編 等 の 一 層 の 推 進 を 行 うべく 下 記 課 題 等 への 対 応 を 図 る 1 団 地 再 生 類 型 昭 和 61 年 度 から 昭 和 30 年 代 に 管 理 開 始 された 団 地 等 を 対 象 に 全 面 建 替 事 業 を 実 施 し 平 成 18 年 度 末 までに 約 9 万 戸 の 用 途 廃 止 を 行 った 平 成 19 年 度 のストック 再 生 再 編 方 針 策 定 以 降 についても 地 域 の 整 備 課 題 住 宅 需 要 等 に 対 応 しながら 団 地 の 再 生 を 図 るとともに 地 方 公 共 団 体 や 民 間 との 連 携 によるまちづくりを 推 進 するため 既 存 賃 貸 住 宅 の 除 却 とこれに 伴 う 賃 貸 住 宅 の 建 設 や 整 備 敷 地 の 供 給 継 続 管 理 区 域 の 再 整 備 などを 行 う 団 地 再 生 事 業 を 実 施 した 事 業 の 実 施 に 当 たっては 主 に 昭 和 30 年 代 に 管 理 開 始 された 団 地 の 全 面 建 替 事 業 を 中 心 として 高 齢 者 施 設 等 の 誘 致 を 図 ることで 大 都 市 郊 外 部 における 超 高 齢 社 会 への 対 応 民 間 事 業 者 との 連 携 地 方 公 共 団 体 のまちづくりへの 協 力 に 取 組 んできた しかしながら 賃 貸 住 宅 を 除 却 し 更 地 とする 費 用 ( 建 物 除 却 費 用 居 住 者 移 転 費 用 等 )が 発 生 すること 収 益 を 確 保 するため 事 業 に 伴 い 生 じる 整 備 敷 地 を 適 切 に 処 分 する 必 要 があることから 機 構 の 経 営 状 況 や 不 動 産 市 況 を 踏 まえ 事 業 を 実 施 する 団 地 を 一 定 程 度 絞 り 込 んできたところである 事 業 の 進 捗 状 況 について 平 成 19 年 度 以 降 平 成 25 年 度 末 までに 約 31,000 戸 の 削 減 と 約 18,000 戸 の 新 規 供 給 を 行 い 差 し 引 き 約 13,000 戸 の 削 減 を 行 っ た 事 業 実 施 する 際 の 課 題 としては 次 のとおり 挙 げられる 現 にお 住 まいいただいている 方 々には 高 齢 者 等 特 に 居 住 の 安 定 に 配 慮 す べき 方 が 多 数 存 し 事 業 の 実 施 に 当 たっては 仮 移 転 先 の 確 保 や 家 賃 上 昇 への 対 応 丁 寧 な 話 合 いの 実 施 による 合 意 形 成 など 移 転 に 伴 う 生 活 再 建 等 について 慎 重 に 対 応 する 必 要 があること 集 約 化 の 対 象 となる 団 地 においては エレベーターの 無 い 住 棟 が 多 く 高 齢 者 等 の 移 転 先 住 戸 としてふさわしい 1 階 住 戸 等 の 確 保 に 期 間 を 要 するこ と 団 地 や 地 域 に 必 要 な 施 設 やサービス インフラなど まちづくりに 係 る 地 方 公 共 団 体 等 との 協 議 調 整 を 行 いながら 事 業 を 進 めていく 必 要 があるこ と 2 用 途 転 換 類 型 将 来 需 要 の 厳 しい 小 規 模 団 地 については 居 住 者 の 居 住 の 安 定 を 確 保 しつつ UR 賃 貸 住 宅 以 外 の 用 途 として 新 たなまちづくりに 活 用 することとしている - 5 -

8 事 業 の 進 捗 状 況 については 当 初 対 象 61 団 地 約 7,600 戸 のうち 平 成 19 年 度 以 降 平 成 25 年 度 末 までに 削 減 を 行 ったのは 14 団 地 を 対 象 として 約 1,360 戸 となっている 事 業 実 施 する 際 の 課 題 としては 上 述 の 団 地 再 生 類 型 における 課 題 の 他 次 のとおり 挙 げられる 用 途 転 換 類 型 団 地 は 基 本 的 には 地 方 都 市 に 所 在 し 譲 渡 に 向 けた 地 域 需 要 等 を 把 握 する 体 制 が 十 分 でなく 譲 受 希 望 者 の 掘 り 起 しが 進 んでいなかっ た 点 周 辺 にUR 賃 貸 住 宅 がない 場 合 が 多 く 適 当 な 移 転 先 団 地 が 存 しないこと から 特 に 建 物 を 除 却 し 更 地 化 する 敷 地 整 備 型 の 手 法 の 場 合 においては 居 住 者 の 理 解 が 得 にくいこと 3 土 地 所 有 者 等 への 譲 渡 返 還 類 型 全 面 借 地 方 式 市 街 地 住 宅 ( 昭 和 30 年 代 から 40 年 代 前 半 を 中 心 に 建 設 された 借 地 上 の 区 分 所 有 建 物 ) 及 び 特 別 借 受 賃 貸 住 宅 ( 機 構 が 土 地 所 有 者 等 の 土 地 に 住 宅 を 建 設 割 賦 譲 渡 した 上 で 当 該 建 物 を 一 定 期 間 一 括 して 借 り 受 けること により UR 賃 貸 住 宅 として 供 給 しているもの)について 土 地 所 有 者 等 への 譲 渡 返 還 等 を 行 い UR 賃 貸 住 宅 としての 用 途 を 廃 止 することとしている 事 業 の 進 捗 状 況 については 当 初 対 象 377 団 地 32,600 戸 のうち 平 成 19 年 度 以 降 平 成 25 年 度 末 までに 削 減 を 行 ったのは 92 団 地 約 5,400 戸 である 事 業 実 施 する 際 の 課 題 としては 次 のとおり 挙 げられる 土 地 所 有 者 等 への 譲 渡 返 還 等 類 型 の 団 地 は 事 業 着 手 に 先 立 ち 土 地 所 有 者 等 の 理 解 を 得 る 必 要 があり 機 構 単 独 の 意 思 のみで 推 進 することはでき ない 点 4 ストック 活 用 類 型 全 団 地 の 約 7 割 を 占 めるストック 活 用 類 型 団 地 における 更 なる 収 益 向 上 に 向 けた 各 種 施 策 の 実 施 は 中 長 期 にわたる 安 定 的 な 経 営 基 盤 の 確 立 のためにも 不 可 欠 であり 次 のとおり 推 進 している 少 子 高 齢 化 や 生 活 スタイルの 多 様 化 による 市 場 のニーズに 対 応 するため リ ニューアル 等 の 住 戸 改 良 バリアフリー 化 高 齢 者 向 け 住 宅 等 の 供 給 及 び 民 間 活 用 による 高 齢 者 向 けサービスや 子 育 て 支 援 施 設 導 入 の 推 進 団 地 の 魅 力 アップや 新 たな 顧 客 層 への 認 知 拡 大 を 実 現 するための 民 間 事 業 者 や 大 学 との 連 携 による 住 宅 の 供 給 及 び 施 設 を 活 用 した 団 地 活 性 化 安 全 安 心 快 適 な 居 住 環 境 を 提 供 するため 耐 震 改 修 や 適 時 適 切 な 計 画 修 繕 日 常 的 な 点 検 維 持 管 理 等 の 実 施 なお 安 全 安 心 が 確 保 されるこ とを 前 提 に コスト 削 減 についても 十 分 配 慮 効 果 的 な 営 業 推 進 活 動 の 実 施 - 6 -

9 なお 今 後 は 賃 貸 住 宅 を 取 り 巻 く 市 場 環 境 を 踏 まえ 団 地 毎 の 状 況 や 特 性 に ついて これまで 以 上 にきめ 細 やかに 把 握 した 上 で より 効 果 的 な 施 策 を 適 宜 適 切 に 実 施 していく (3)その 他 個 別 課 題 への 対 応 1 バリアフリー 化 の 推 進 少 子 高 齢 化 や 多 様 なニーズに 対 応 するため 対 象 団 地 において 空 家 発 生 時 に 行 うリニューアル 改 良 等 により 平 成 30 年 度 までにバリアフリー 化 を 図 った 住 宅 の 割 合 を 約 55%とすることにしている 平 成 25 年 度 末 時 点 の 管 理 戸 数 に 占 め るバリアフリー 化 を 図 った 住 宅 の 割 合 は 約 47%である 2 既 存 建 物 の 耐 震 化 旧 耐 震 基 準 で 建 設 されたUR 賃 貸 住 宅 については 平 成 25 年 度 末 までに 住 棟 約 12,200 棟 住 戸 約 519,000 戸 ( 中 高 層 の 住 棟 約 11,800 棟 住 戸 約 517,000 戸 )のうち 約 11,700 棟 約 508,000 戸 で 耐 震 診 断 を 行 い 住 棟 の 約 96% 住 戸 の 約 98%( 中 高 層 住 棟 約 99% 住 戸 の 約 98%)が 耐 震 診 断 済 である また 平 成 8 年 度 からピロティ 階 について 優 先 的 に 耐 震 改 修 を 行 い 約 500 棟 で 実 施 済 みである これに 加 え 平 成 18 年 度 からは 住 宅 階 の 耐 震 改 修 にも 着 手 し 平 成 25 年 度 末 までに 約 450 棟 の 改 修 を 行 い 平 成 25 年 度 末 時 点 のUR 賃 貸 住 宅 の 住 棟 の 耐 震 化 率 は 約 91%( 住 戸 は 約 88%) 3 である 3 高 齢 者 をはじめとする 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 団 地 再 生 等 の 事 業 の 実 施 に 当 たっては 移 転 が 必 要 となる 居 住 者 に 対 して 移 転 先 住 宅 の 確 保 移 転 料 の 支 払 い 等 の 措 置 を 講 ずることにより 居 住 者 の 居 住 の 安 定 の 確 保 及 びコミュニティ 維 持 に 配 慮 することに 努 めている また UR 賃 貸 住 宅 に 居 住 する 低 所 得 の 高 齢 者 世 帯 等 に 対 しては 国 からの 財 政 支 援 を 得 つつ 家 賃 減 額 措 置 を 講 ずるとともに 高 齢 者 世 帯 の 増 加 に 対 応 し 将 来 も 住 み 慣 れた 団 地 に 住 み 続 けられる 環 境 を 整 備 するために 民 間 事 業 者 等 と 連 携 した 介 護 医 療 生 活 支 援 等 の 生 活 関 連 サービスの 導 入 や 高 齢 者 支 援 施 設 の 誘 致 など 高 齢 者 の 安 心 居 住 に 向 けた 各 種 施 策 を 推 進 している 3 区 分 所 有 者 の 合 意 が 得 られず 耐 震 改 修 を 実 施 できない 区 分 所 有 建 物 を 対 象 から 除 外 して 算 出 なお 当 該 建 物 を 対 象 に 含 めた 住 棟 の 耐 震 化 率 は 約 90%( 住 戸 は 83%)である - 7 -

10 4.ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 機 構 は 安 全 安 心 快 適 な 居 住 環 境 を 形 成 するため 老 朽 化 陳 腐 化 するスト ックの 適 確 な 再 生 更 新 を 図 るとともに 住 宅 セーフティネット 等 の 政 策 的 役 割 を 適 切 に 果 たすためには 賃 貸 住 宅 の 運 営 を 将 来 にわたって 安 定 的 なものとしていかなけ ればならない そのために 機 構 は ストック 再 生 再 編 方 針 をさらに 精 緻 かつ 戦 略 的 にし 団 地 毎 の 収 益 性 に 着 目 した 投 資 の 実 施 や 同 一 生 活 圏 等 のエリア 単 位 での 団 地 の 再 編 によ るストックの 再 生 再 編 等 を 加 速 する 等 の 視 点 を 加 えた 実 施 計 画 を 策 定 する なお 当 計 画 は 将 来 の 経 済 状 況 その 他 状 況 の 変 化 に 伴 い 適 宜 見 直 すこととする (1) 投 資 する 団 地 や 団 地 規 模 の 縮 小 等 を 図 る 団 地 の 方 向 付 けの 検 討 全 ての 団 地 を 対 象 に 政 策 的 役 割 や 収 益 性 等 の 視 点 から 中 長 期 を 見 据 えて 下 記 のとおり 団 地 を 評 価 し 投 資 する 団 地 や 団 地 規 模 の 縮 小 等 を 図 る 団 地 の 方 向 付 けを 実 施 した なお 団 地 の 方 向 付 けに 基 づき 今 後 個 別 の 団 地 毎 に 精 査 等 を 行 い 中 期 目 標 4 期 間 中 にストック 再 生 再 編 方 針 の 内 容 の 見 直 しに 反 映 し 各 団 地 の 基 本 的 類 型 の 更 新 等 を 含 め 公 表 することを 予 定 している 1 団 地 評 価 の 主 な 視 点 と 考 え 方 団 地 毎 の 評 価 については 政 策 的 役 割 現 在 の 収 益 性 及 び 将 来 の 需 要 動 向 等 の 各 視 点 を 総 合 的 に 考 慮 した 具 体 的 な 視 点 及 び 考 え 方 については 以 下 のとおり イ) 政 策 的 役 割 の 視 点 政 策 的 役 UR 賃 貸 住 宅 には 現 に 高 齢 者 が 多 く 入 居 している 実 態 を 踏 ま 割 え 公 的 賃 貸 住 宅 として 担 うべき 住 宅 セーフティネット 居 住 者 が 安 心 して 居 住 できる 環 境 の 形 成 ( 団 地 への 医 療 福 祉 施 設 の 立 地 促 進 賃 貸 住 宅 の 老 朽 化 陳 腐 化 への 適 確 な 対 応 等 ) の 観 点 で 検 討 ロ) 現 在 の 収 益 性 の 視 点 収 益 性 家 賃 収 入 管 理 コスト 等 の 収 益 状 況 について 検 討 4 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 まで - 8 -

11 ハ) 将 来 の 需 要 動 向 等 の 視 点 将 来 人 口 将 来 人 口 推 計 世 帯 数 推 計 等 に 基 づき 団 地 の 所 在 する 地 域 等 の 推 計 の 将 来 需 要 動 向 を 考 慮 立 地 利 便 性 鉄 道 駅 毎 の 賃 貸 住 宅 の 賃 料 水 準 の 比 較 により 鉄 道 駅 毎 の 立 地 評 価 を 実 施 その 上 で 駅 からの 距 離 利 便 性 を 踏 まえ 各 団 地 を 評 価 地 価 動 向 団 地 及 び 団 地 周 辺 の 地 価 と 変 動 率 から 将 来 の 収 益 への 影 響 を 検 討 賃 料 水 準 賃 料 水 準 ( 総 額 及 び 単 価 )により 各 団 地 を 相 対 的 に 評 価 築 年 数 等 管 理 開 始 後 の 築 年 数 を 踏 まえ 設 備 水 準 の 見 直 し 修 繕 に 要 するコスト 等 を 考 慮 空 家 状 況 中 長 期 にわたる 稼 働 率 推 移 から 団 地 の 将 来 需 要 を 検 討 ( 稼 働 率 ) 市 場 の 特 団 地 及 び 団 地 周 辺 地 域 が 有 する 特 性 性 その 他 団 地 の 規 模 団 地 の 商 品 特 性 ( 住 宅 の 面 積 型 式 等 ) 等 を 総 合 的 に 考 慮 した 上 で 各 団 地 を 評 価 - 9 -

12 2 団 地 の 方 向 付 け 1における 評 価 の 結 果 中 長 期 を 見 据 え 次 のとおり 団 地 の 方 向 付 けを 行 った 中 長 期 の 団 地 の 対 象 想 定 団 地 の 説 明 5 方 向 付 け 戸 数 基 本 的 類 型 積 極 的 戦 略 的 な 投 資 等 を 検 討 す る 団 地 生 活 様 式 等 の 変 化 に 対 応 し た 改 善 等 を 実 施 し 更 なる 経 営 改 善 を 図 る 等 ストッ クの 有 効 活 用 を 図 る 団 地 約 47 万 戸 団 地 再 生 ( 全 面 建 替 え 一 部 建 替 え) ストック 活 用 集 中 投 資 等 を 検 討 する 団 地 (ストック 活 用 団 地 ) 需 要 等 を 踏 まえ 今 後 の 団 地 規 模 の 縮 小 等 を 検 討 する 団 地 特 に 収 益 性 等 が 高 く 今 後 の 収 入 増 が 見 込 める 団 地 現 に 空 家 が 多 い 又 は 将 来 の 需 要 見 通 しが 芳 しくない 等 により 長 期 安 定 的 な 経 営 を 行 うために 必 要 な 家 賃 収 入 の 確 保 が 困 難 であり 政 策 的 役 割 等 について 十 分 考 慮 しつつ エリア 単 位 での 団 地 の 再 編 や 団 地 単 位 の 集 約 等 を 含 めた 今 後 の 団 地 規 模 の 縮 小 等 を 検 討 する 必 要 のある 団 地 ( 約 17 万 戸 ) 約 28 万 戸 団 地 再 生 ( 集 約 ) 用 途 転 換 譲 渡 返 還 等 6 ストック 活 用 合 計 約 75 万 戸 注 ) 安 全 安 心 に 必 要 な 修 繕 は 全 ての 団 地 で 適 切 に 実 施 する 注 ) 対 象 想 定 戸 数 は 現 時 点 のものであり 適 宜 見 直 しを 行 う 5 団 地 の 一 部 住 戸 について 削 減 投 資 等 を 行 うケースもあるが 本 表 においては 実 施 可 能 性 の 検 討 が 想 定 される 団 地 全 体 の 管 理 戸 数 ( 平 成 25 年 度 末 時 点 )を 計 上 6 ストック 活 用 類 型 の 一 部 について 特 に 中 長 期 を 見 据 え エリア 単 位 での 団 地 の 再 編 や 団 地 単 位 の 集 約 等 を 含 めた 今 後 の 団 地 規 模 の 縮 小 等 を 検 討 するもの

13 (2)ストックの 再 生 再 編 等 の 推 進 加 速 化 ストック 再 生 再 編 のこれまでの 実 施 状 況 を 踏 まえ 地 方 公 共 団 体 による 地 域 のコンパクトシティ 化 と 連 動 した 団 地 の 集 約 及 び 地 域 医 療 福 祉 拠 点 形 成 に 資 する 方 向 で 居 住 者 の 居 住 の 安 定 に 十 分 に 配 慮 しつつ 陳 腐 化 した 住 宅 性 能 の 改 善 等 により 居 住 環 境 の 向 上 を 図 るべく 下 記 の 具 体 的 な 実 施 施 策 新 たな 手 法 の 導 入 等 により 今 後 ストックの 再 生 再 編 等 の 推 進 加 速 化 及 び 資 産 の 良 質 化 を 図 る これにより 計 画 期 間 中 の 約 5 万 戸 削 減 を 達 成 するとともに 平 成 31 年 度 以 降 も 経 営 健 全 化 に 向 けたストックの 統 廃 合 等 を 加 速 していく 1 資 産 の 良 質 化 に 向 けた 投 資 等 積 極 的 戦 略 的 な 投 資 等 を 検 討 する 団 地 については 地 域 の 住 宅 政 策 課 題 にも 適 切 に 対 応 しつつ 団 地 毎 の 空 家 状 況 顧 客 動 向 を 踏 まえた 経 営 改 善 策 につ いて ハード ソフトの 両 面 において 検 討 実 施 し 新 しい 顧 客 の 入 居 増 加 と 入 居 中 の 顧 客 の 退 去 減 少 を 実 現 することで 収 入 を 増 やし 各 団 地 の 経 営 改 善 を 図 る 特 に 費 用 対 効 果 が 高 い 団 地 においては 集 中 的 な 投 資 を 検 討 家 賃 収 入 の 最 大 化 を 目 指 す また UR 賃 貸 住 宅 が 有 するユニバーサルアクセス( 年 齢 による 入 居 制 限 がな く 入 居 に 当 たって 更 新 料 や 礼 金 を 求 めず 保 証 人 を 不 要 とする 等 )や 団 地 の 良 好 な 住 環 境 といった 特 長 を 踏 まえ 高 齢 者 や 子 育 て 世 帯 がこれまで 以 上 に 安 心 して 住 み 続 けられるような 団 地 の 付 加 価 値 向 上 魅 力 アップ 方 策 を 積 極 的 に 推 進 する なお 東 京 都 心 部 の 高 額 賃 貸 住 宅 については 機 構 の 更 なる 収 益 力 向 上 に 資 す るよう 買 取 オプション 付 きのサブリース 契 約 により 民 間 事 業 者 に 運 営 を 委 ね る 集 中 投 資 検 討 の 一 例 方 向 性 内 容 住 宅 や 共 用 部 の 改 良 による 入 居 促 進 収 益 改 善 ( 特 に 集 中 投 資 する 団 地 ) 商 品 性 の 維 持 向 上 ( 家 賃 収 入 の 維 持 向 上 )に 必 要 な 投 資 を 集 中 的 に 行 うことで 入 居 を 促 進 し 経 営 改 善 を 図 る 想 定 する 団 地 イメージ 都 市 部 に 位 置 する 比 較 的 築 浅 の 物 件 で 周 辺 の 賃 貸 住 宅 に 比 べ 設 備 水 準 等 が 劣 る 団 地 実 施 事 例 共 用 部 エントランス 改 修 オートロック 化 共 用 部 ( 玄 関 扉 共 用 廊 下 EV ゴミ 置 き 場 駐 輪 場 等 ) 改 修 等 住 戸 内 間 取 り 改 善 設 備 更 新

14 方 向 性 内 容 色 彩 形 状 建 具 等 のコーディネート エアコン 等 設 備 の 追 加 設 置 その 他 の 経 営 改 善 の 一 例 方 向 性 内 容 高 齢 者 等 の 安 心 居 住 の 推 進 やミ クストコミュニ ティ 形 成 を 通 じ た 団 地 経 営 の 安 定 化 ユニバーサルアクセスや 余 裕 をもった 住 棟 配 置 等 の 良 好 な 住 環 境 など UR 賃 貸 住 宅 の 団 地 の 有 する 特 長 を 周 知 徹 底 活 用 して 入 居 促 進 を 図 るとともに 団 地 の 魅 力 アッ プにより 経 営 改 善 を 図 る 想 定 する 団 地 イメージ 郊 外 部 等 に 位 置 する 比 較 的 家 賃 が 低 廉 な 団 地 実 施 事 例 コミュニティ 活 動 支 援 等 による 団 地 活 性 化 見 守 り 福 祉 拠 点 の 整 備 新 たな 商 品 企 画 民 間 連 携 等 による 若 年 層 の 呼 び 込 み と 近 居 隣 居 支 援 によるミクストコミュニティの 推 進 ペット 共 生 住 宅 の 導 入 等 注 ) 安 全 安 心 に 必 要 な 修 繕 は 全 ての 団 地 で 適 切 に 実 施 する 注 ) 上 記 は 投 資 実 施 の 一 例 (イメージ)であり 団 地 毎 に 実 施 内 容 は 異 なる 2 団 地 再 生 事 業 等 の 推 進 加 速 化 イ) 事 業 実 施 方 法 の 見 直 し 拡 充 団 地 再 生 事 業 ( 主 に 昭 和 40 年 代 以 降 に 管 理 開 始 された 団 地 ) 用 途 転 換 事 業 土 地 所 有 者 等 への 譲 渡 返 還 等 による 団 地 再 生 事 業 等 を 推 進 するため 移 転 が 必 要 となる 居 住 者 に 対 しては 移 転 先 住 宅 の 確 保 家 賃 減 額 や 移 転 料 の 支 払 い 等 の 措 置 を 講 ずることにより 居 住 者 の 居 住 の 安 定 の 確 保 及 びコミュ ニティ 維 持 に 配 慮 しつつ 以 下 を 実 施 する 移 転 が 必 要 となる 居 住 者 に 対 する 移 転 先 住 戸 を 計 画 的 に 確 保 するべく 早 期 の 定 期 借 家 契 約 の 導 入 を 積 極 的 に 行 い 効 率 的 な 事 業 実 施 を 図 る 団 地 再 生 事 業 の 実 施 に 当 たっては 個 別 団 地 の 耐 用 年 限 も 踏 まえた 中 長 期 的 な 将 来 像 を 見 据 え 団 地 の 再 生 再 編 の 全 体 像 やスケジュール 等 を 含 む 計 画 について 居 住 者 等 との 丁 寧 な 話 し 合 いを 行 い 円 滑 な 事 業 の 実 施 を 図 る 賃 貸 住 宅 の 譲 渡 に 当 たっては 金 融 機 関 等 への 営 業 活 動 により 情 報 を 地

15 域 に 浸 透 させ 地 元 に 精 通 した 宅 地 建 物 取 引 事 業 者 との 連 携 を 行 い 再 編 の 推 進 を 図 る 用 途 転 換 類 型 等 については 複 数 団 地 を 一 括 して 譲 渡 する 手 法 を 導 入 す る 土 地 所 有 者 等 への 譲 渡 返 還 等 類 型 については 土 地 所 有 者 等 への 譲 渡 に 限 定 してきた 全 面 借 地 方 式 市 街 地 住 宅 の 譲 渡 条 件 を 見 直 し 土 地 所 有 者 等 への 譲 渡 に 加 えて 第 三 者 への 譲 渡 も 行 う ロ) 新 たな 手 法 の 導 入 -エリア 単 位 での 団 地 の 再 編 手 法 の 導 入 - これまでの 建 替 え 等 においては 同 一 団 地 内 での 居 住 者 移 転 を 原 則 とし ていたが エレベーター 設 置 が 困 難 な 階 段 室 型 住 棟 が 多 い 団 地 においては 高 齢 居 住 者 が 移 転 を 希 望 する 低 層 階 住 戸 の 空 家 発 生 が 一 般 住 戸 に 比 して 著 しく 低 く 移 転 先 確 保 が 困 難 なため 再 編 が 進 んでこなかった これに 対 して は 当 該 団 地 周 辺 のバリアフリー 化 した 住 宅 への 移 転 先 確 保 を 図 るエリア 単 位 での 団 地 の 再 編 手 法 を 導 入 する 新 たな 手 法 の 導 入 により 以 下 の 効 果 が 見 込 まれる 居 住 者 の 移 転 先 として 多 様 な 選 択 肢 を 提 供 できる ( 居 住 者 の 個 々のニ ーズにより 一 層 即 した 対 応 が 可 能 になる ) 居 住 者 が 安 心 して 居 住 できる 環 境 7 の 提 供 が 可 能 となる ( 高 齢 の 居 住 者 の 移 転 先 として 片 廊 下 型 住 棟 等 のエレベーターが 設 置 された 住 宅 など バリアフリー 化 された 住 宅 の 提 供 が 容 易 となる ) 既 存 住 宅 を 撤 去 後 その 跡 地 に 新 しく 住 宅 を 建 設 するまでの 間 仮 住 居 へ 仮 移 転 する 必 要 性 がなく 高 齢 居 住 者 の 負 担 が 軽 減 できる 地 域 の 抱 える 課 題 に 対 する 施 策 (コンパクトシティ 化 等 )に 対 して 柔 軟 に 対 応 することが 可 能 となる 統 廃 合 等 が 加 速 され 収 益 性 の 高 い 資 産 に 集 約 するため 機 構 の 経 営 改 善 に 寄 与 する なお エリア 単 位 での 団 地 の 再 編 手 法 導 入 に 当 たっては 同 一 生 活 圏 等 に 移 転 先 として 他 団 地 の 立 地 を 要 することから 需 要 等 を 踏 まえ 今 後 の 団 地 規 模 の 縮 小 等 を 検 討 する 団 地 約 28 万 戸 のうち 同 一 市 区 町 村 に 複 数 の 団 地 が 存 する 団 地 ( 用 途 転 換 等 を 除 く) 約 19 万 戸 を 中 心 として 検 討 する また エリア 単 位 での 団 地 の 再 編 等 の 円 滑 な 実 施 を 図 る 観 点 から 家 賃 減 額 措 置 については 平 成 27 年 度 予 算 の 成 立 を 受 けて 団 地 内 外 の 移 転 に 差 を 設 けない 公 平 な 形 とすること 及 び 高 齢 者 等 の 要 配 慮 者 向 けの 支 援 の 拡 充 を 内 容 とする 家 賃 減 額 制 度 の 見 直 しを 行 う これにより 概 ね 現 在 の 家 賃 水 準 で 生 活 利 便 性 がよく バリアフリー 化 など 高 齢 者 対 応 のなされた 住 宅 への 継 続 居 住 を 支 援 する 7 耐 震 性 確 保 バリアフリー 化 された 住 戸 医 療 福 祉 施 設 等 が 近 くにある 等

16 ハ)エリア 単 位 での 団 地 の 再 編 の 加 速 - 近 接 地 建 替 え- エリア 単 位 での 団 地 の 再 編 は 団 地 を 同 一 生 活 圏 等 の 他 団 地 に 集 約 するも のであるが 適 当 な 広 さ 家 賃 の 移 転 先 が 確 保 できない 場 合 などは 移 転 先 の 確 保 に 長 期 を 要 する また 従 前 地 建 替 えによる 移 転 先 の 確 保 は 仮 移 転 先 の 確 保 に 期 間 を 要 す るとともに 居 住 者 に 複 数 回 の 転 居 をお 願 いすることとなり 更 に 隣 接 地 建 替 えは 適 切 な 土 地 の 確 保 が 困 難 であり 既 存 の 手 法 だけでは 統 廃 合 等 に 期 間 を 要 することとなる 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 法 においては UR 賃 貸 住 宅 の 建 替 えは 現 地 又 は 隣 接 地 に 限 定 されているが これらの 課 題 に 対 応 するため 上 記 のエリ ア 単 位 での 団 地 の 再 編 の 実 施 に 当 たり 利 便 性 の 向 上 等 に 資 する 近 接 地 にお ける 建 替 えを 可 能 とする 同 法 の 改 正 法 案 が 提 出 8 されており これが 可 能 と なった 場 合 には 建 替 える 土 地 の 選 択 肢 を 増 やし これら 団 地 の 統 廃 合 等 を 加 速 することが 可 能 となる 典 型 的 なものとしては 郊 外 のバス 圏 に 立 地 するバリアフリー 化 されてい ない 団 地 の 統 廃 合 等 に 当 たり 駅 徒 歩 圏 等 の 近 接 する 土 地 に 新 たに 賃 貸 住 宅 を 建 設 し あらかじめバリアフリー 化 された 移 転 先 を 確 保 することにより 居 住 者 の 移 転 を 円 滑 化 し ストックの 再 生 再 編 等 を 加 速 する その 際 ロ)で 述 べた 拡 充 された 家 賃 減 額 制 度 を 活 用 することにより 概 ね 現 在 の 家 賃 水 準 で 生 活 利 便 性 が 良 く バリアフリー 化 など 高 齢 者 対 応 のなされた 住 宅 への 継 続 居 住 を 支 援 する これにより 近 接 地 建 替 えが 可 能 となった 場 合 には 地 方 公 共 団 体 の 施 策 との 連 携 及 び 公 営 住 宅 の 再 編 と 緊 密 な 連 携 を 図 りつつ 以 下 の 点 に 特 に 留 意 して 実 施 するものとする 当 該 地 域 における 管 理 戸 数 が 減 少 すること 高 齢 居 住 者 等 のためのセーフティネットとして 適 当 な 移 転 先 住 戸 の 確 保 が 困 難 な 場 合 に 限 ること 近 接 地 の 土 地 取 得 について 民 間 事 業 者 と 競 合 しないこと 第 三 者 委 員 会 において 上 記 内 容 について 確 認 すること 8 独 立 行 政 法 人 に 係 る 改 革 を 推 進 するための 国 土 交 通 省 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 案 が 政 府 提 出 法 案 として 閣 議 決 定 され ている ( 平 成 27 年 3 月 13 日 閣 議 決 定 )

17 エリア 単 位 での 団 地 の 再 編 (イメージ) ニ) 予 定 する 平 成 30 年 度 末 時 点 の 各 類 型 別 戸 数 上 記 イ) 及 びロ)の 各 施 策 の 実 施 により ストック 再 生 再 編 方 針 に 定 め る 平 成 30 年 度 末 までに5 万 戸 程 度 の 削 減 ( 対 18 年 度 末 管 理 戸 数 )すること の 確 実 な 達 成 を 図 るものとし 平 成 30 年 度 末 時 点 の 基 本 的 類 型 別 管 理 戸 数 に ついては 下 表 のとおり 予 定 する 基 本 的 類 型 H18 年 度 末 H25 年 度 末 H30 年 度 末 管 理 戸 数 管 理 戸 数 予 定 管 理 戸 数 団 地 再 生 161,765 戸 130,467 戸 約 11.1 万 戸 全 面 建 替 え 37,022 戸 13,112 戸 約 0.4 万 戸 一 部 建 替 え 43,331 戸 39,183 戸 約 3.7 万 戸 集 約 81,412 戸 78,172 戸 約 7.0 万 戸 用 途 転 換 7,584 戸 6,622 戸 約 0.3 万 戸 土 地 所 有 者 等 への 譲 渡 返 還 等 32,555 戸 27,119 戸 約 1.9 万 戸 ストック 活 用 566,704 戸 584,186 戸 約 58.9 万 戸 合 計 768,608 戸 748,394 戸 約 72.2 万 戸 また ハ)の 近 接 地 建 替 えが 可 能 となった 場 合 には 平 成 26 年 3 月 31 日 に 公 表 した 経 営 改 善 に 向 けた 取 組 みについて ( 経 営 改 善 計 画 )において 記 載 していた 管 理 戸 数 を 平 成 45 年 度 末 時 点 に 65 万 戸 程 度 とすることの 早 期 達 成 に 取 組 む

18 (3) 政 策 課 題 等 への 対 応 1 超 高 齢 社 会 における 地 域 の 医 療 福 祉 拠 点 の 形 成 高 齢 化 が 進 展 するUR 賃 貸 住 宅 団 地 において 多 様 な 世 代 が 生 き 生 きと 暮 らし 続 けられる 住 まい まちづくり を 目 指 し 若 者 から 子 育 て 世 帯 高 齢 者 世 帯 など 多 様 な 世 帯 が 共 生 するこれからのミクストコミュニティづくり 住 み 慣 れた 地 域 で 最 期 まで 暮 らし 続 けることが 出 来 る 住 まい 環 境 づくりを 進 めてい く 必 要 がある このため 地 域 包 括 ケアシステム の 実 現 に 向 けて 地 域 において 不 足 す る 施 設 等 の 誘 致 又 は 団 地 外 も 含 めた 既 存 の 事 業 者 等 との 連 携 等 により 在 宅 向 けの 医 療 看 護 介 護 予 防 生 活 支 援 サービス 等 が 受 けやすい 生 活 環 境 整 備 を 支 援 していくほか 多 様 な 世 代 に 対 応 した 居 住 環 境 の 整 備 推 進 多 様 な 高 齢 者 向 け 住 宅 の 整 備 ( 新 築 改 修 等 ) 及 び 住 替 え 促 進 その 他 多 様 なソフトの 導 入 ( 民 間 等 サービス 提 供 誘 導 コミュニティ 活 性 化 支 援 )を 図 るなど 超 高 齢 社 会 における 新 たな 住 まい まちづくり の 先 導 的 役 割 を 担 うべく 地 域 医 療 福 祉 拠 点 の 形 成 を 目 指 した 取 組 みを 地 方 公 共 団 体 等 と 連 携 して 展 開 推 進 す る このUR 賃 貸 住 宅 の 地 域 医 療 福 祉 拠 点 化 については 平 成 32 年 度 までに100 団 地 程 度 の 拠 点 の 形 成 を 図 ることを 目 標 とする 2 高 齢 者 子 育 て 世 帯 等 に 対 する 住 宅 供 給 の 適 切 な 実 施 高 齢 者 子 育 て 世 帯 等 政 策 的 に 配 慮 が 必 要 な 者 等 が 親 族 と 互 いに 支 援 しなが ら 生 活 できることを 目 的 とした 近 居 促 進 制 度 を 推 進 するとともに 新 規 入 居 者 募 集 時 の 優 遇 倍 率 の 設 定 による 優 先 入 居 措 置 の 適 切 な 実 施 や 子 育 て 世 帯 向 けの 低 家 賃 住 宅 の 供 給 等 を 通 じた 子 育 て 支 援 を 行 う 等 ミクストコミュニティの 形 成 を 推 進 する 3 バリアフリー 化 の 推 進 UR 賃 貸 住 宅 ストック 全 体 に 占 めるバリアフリー 化 を 図 った 住 宅 の 割 合 を 平 成 30 年 度 までに 約 55%とするため 既 存 のUR 賃 貸 住 宅 の 改 善 や 建 替 え 等 により バリアフリー 化 を 図 ったUR 賃 貸 住 宅 の 新 たな 供 給 を 着 実 に 推 進 する また 高 齢 者 の 外 出 を 促 すため 団 地 内 遊 歩 道 の 整 備 や 歩 行 者 動 線 のバリ アフリー 化 を 推 進 する 4 既 存 建 物 の 耐 震 化 耐 震 診 断 及 び 耐 震 診 断 結 果 に 基 づき 必 要 となる 耐 震 改 修 等 を 計 画 的 に 推 進 す る

19 参 考 ストック 再 生 再 編 方 針 に 係 る 国 の 決 定 等 と 機 構 の 計 画 (1) 国 の 決 定 等 独 立 行 政 法 人 改 革 等 に 関 する 基 本 的 な 方 針 ( 平 成 25 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 ) ( 抜 粋 ) 居 住 者 の 居 住 の 安 定 に 配 慮 した 上 で 定 期 借 家 契 約 の 活 用 等 により 収 益 性 が 低 い 団 地 の 統 廃 合 等 を 加 速 する 観 点 から UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 具 体 的 な 実 施 計 画 を 平 成 26 年 度 中 に 策 定 する 第 三 期 中 期 目 標 ( 平 成 26 年 2 月 28 日 )( 抜 粋 ) 2 超 高 齢 社 会 に 対 応 した 住 まい コミュニティの 形 成 及 び 団 地 毎 の 特 性 に 応 じ たストックの 再 生 再 編 等 の 推 進 機 構 は 本 格 的 な 少 子 高 齢 化 人 口 世 帯 減 少 社 会 の 到 来 等 の 社 会 構 造 の 変 化 に 適 切 に 対 応 するため 重 層 的 かつ 柔 軟 な 住 宅 セーフティネットの 整 備 に 寄 与 す ることが 求 められるとともに 将 来 の 金 利 上 昇 等 経 営 環 境 の 変 化 に 備 え 独 立 行 政 法 人 として 自 主 性 を 発 揮 しながら 経 営 の 健 全 性 安 定 性 を 確 保 することが 従 来 にも 増 して 必 要 とされている ( 略 ) UR 賃 貸 住 宅 について 平 成 30 年 度 までの 賃 貸 住 宅 事 業 の 方 向 性 を 定 める U R 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 及 び 個 別 団 地 毎 の 方 向 性 を 定 める 団 地 別 整 備 方 針 を 踏 まえ 公 的 賃 貸 住 宅 として 高 齢 者 子 育 て 世 帯 等 政 策 的 に 配 慮 が 必 要 な 者 に 対 する 住 宅 セーフティネットとしての 役 割 の 充 実 を 図 ること さら に 居 住 者 の 居 住 の 安 定 を 確 保 しつつ ストックの 再 生 再 編 等 を 更 に 推 進 する ことでストック 量 の 適 正 化 を 図 ること (2)ストックの 再 生 再 編 等 の 推 進 等 居 住 者 の 居 住 の 安 定 を 確 保 しつつ 個 別 団 地 毎 の 特 性 に 応 じて 定 める 基 本 的 類 型 に 基 づくストックの 再 生 活 用 等 の 推 進 及 び 団 地 別 経 営 管 理 の 徹 底 定 期 借 家 契 約 の 活 用 民 間 等 との 連 携 手 法 の 多 様 化 複 数 団 地 の 統 合 再 配 置 などにより ストックの 再 生 再 編 を 加 速 すること また 団 地 再 生 再 編 に 伴 う 家 賃 減 額 措 置 については 必 要 な 見 直 しを 行 うこと このため 全 ての 団 地 を 対 象 に 集 中 投 資 する 団 地 や 統 廃 合 を 図 る 団 地 等 を 明 確 にするべく UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 具 体 的 な 実 施 計 画 を 平 成 26 年 度 中 に 策 定 するとともに 同 方 針 に 基 づく 計 画 全 体 の 進 捗 状 況 が 明 確 になるよう 毎 年 度 適 切 な 情 報 公 開 を 行 うこと また 更 なる 経 営 改 善 のため 中 期 目 標 期 間 中 に 賃 貸 住 宅 経 営 の 環 境 将 来 需 要 等 を 総 合 的 に 考 慮 した 賃 貸 住 宅 ストックの 再 編 削 減 目 標 を 設 定 し UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 の 内 容 を 見 直 すこと

20 (2) 機 構 の 計 画 第 三 期 中 期 計 画 ( 平 成 26 年 3 月 28 日 )( 抜 粋 ) 2 超 高 齢 社 会 に 対 応 した 住 まい コミュニティの 形 成 及 び 個 別 団 地 毎 の 特 性 に 応 じたストックの 再 生 再 編 等 の 推 進 (2)ストックの 再 生 再 編 等 の 推 進 等 地 域 の 住 宅 政 策 課 題 へ 適 切 な 対 応 と 収 益 力 の 強 化 を 図 るため UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 を 踏 まえ 団 地 別 整 備 方 針 において 個 別 団 地 毎 の 特 性 に 応 じて 定 める 基 本 的 類 型 に 基 づくストックの 再 生 再 編 等 の 推 進 並 びに 需 要 動 向 及 び 経 営 状 況 に 応 じたストックの 圧 縮 に 取 り 組 むものとする 取 組 にあたっては 居 住 者 の 居 住 の 安 定 を 確 保 しつつ 中 長 期 を 見 据 えて 個 別 団 地 の 収 益 性 等 に 着 目 して 戦 略 的 な 投 資 を 行 うとともに エリア 単 位 での 複 数 団 地 の 統 合 再 配 置 団 地 価 値 向 上 に 資 する 民 間 との 連 携 手 法 の 多 様 化 定 期 借 家 契 約 の 活 用 等 によりストックの 再 生 再 編 を 加 速 する このため 平 成 26 年 度 中 にストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 具 体 的 な 実 施 計 画 を 策 定 する また 更 なる 経 営 改 善 のため 中 期 目 標 期 間 中 に 賃 貸 住 宅 経 営 の 環 境 将 来 需 要 等 を 総 合 的 に 考 慮 した 賃 貸 住 宅 ストックの 再 編 削 減 目 標 を 設 定 し U R 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 の 内 容 を 見 直 す 平 成 26 年 度 年 度 計 画 ( 平 成 26 年 3 月 28 日 )( 抜 粋 ) 2 超 高 齢 社 会 に 対 応 した 住 まい コミュニティの 形 成 及 び 個 別 団 地 毎 の 特 性 に 応 じストックの 再 生 再 編 等 の 推 進 (2)ストックの 再 生 再 編 等 の 推 進 等 地 域 の 住 宅 政 策 課 題 へ 適 切 な 対 応 と 収 益 力 の 強 化 を 図 るため UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 を 踏 まえ 団 地 別 整 備 方 針 において 個 別 団 地 毎 の 特 性 に 応 じて 定 める 基 本 的 類 型 に 基 づくストックの 再 生 再 編 等 の 推 進 並 びに 需 要 動 向 及 び 経 営 状 況 に 応 じたストックの 圧 縮 に 取 り 組 むものとする 取 組 にあたっては 居 住 者 の 居 住 の 安 定 を 確 保 しつつ 中 長 期 を 見 据 えて 個 別 団 地 の 収 益 性 等 に 着 目 して 戦 略 的 な 投 資 を 行 うとともに エリア 単 位 での 複 数 団 地 の 統 合 再 配 置 団 地 価 値 向 上 に 資 する 民 間 との 連 携 手 法 の 多 様 化 定 期 借 家 契 約 の 活 用 等 によりストックの 再 生 再 編 を 加 速 する このため 平 成 26 年 度 中 にストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 具 体 的 な 実 施 計 画 を 策 定 する 経 営 改 善 に 向 けた 取 組 みについて( 平 成 26 年 3 月 31 日 公 表 )( 抜 粋 ) 5 経 営 改 善 に 向 けた 取 組 方 針 (1) 賃 貸 住 宅 部 門

21 居 住 者 の 居 住 の 安 定 に 配 慮 しつつ 収 入 支 出 構 造 の 改 善 によるキャッシュフ ローの 最 大 化 を 図 るとともに ストック 再 生 再 編 の 促 進 により 資 産 の 良 質 化 負 債 の 圧 縮 に 努 める ( 略 ) また 居 住 者 の 居 住 の 安 定 に 配 慮 を 行 うことを 前 提 として 平 成 26 年 度 中 に UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 策 定 )に 基 づく 具 体 的 な 実 施 計 画 を 策 定 する これにより 中 長 期 を 見 据 えて 個 別 団 地 の 収 益 性 等 に 着 目 して 収 益 改 善 効 果 が 高 い 団 地 に 集 中 投 資 を 行 うとともに エリア 単 位 での 複 数 団 地 の 統 合 再 配 置 団 地 価 値 向 上 に 資 する 民 間 との 連 携 手 法 の 多 様 化 等 により ストックの 再 生 再 編 等 を 促 進 する 別 表 具 体 的 な 取 組 み 内 容 (1 賃 貸 住 宅 部 門 項 目 資 産 の 良 質 化 負 債 の 圧 縮 に 向 けたストック 再 生 再 編 の 加 速 ) ( 略 ) また 第 三 期 中 期 目 標 期 間 中 に 賃 貸 住 宅 経 営 の 環 境 将 来 需 要 等 を 総 合 的 に 考 慮 した 賃 貸 住 宅 ストックの 再 編 削 減 目 標 を 設 定 し UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 の 内 容 を 見 直 す

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス 広 島 市 市 営 住 宅 マネジメント 計 画 基 本 方 針 編 ( 素 案 )< 概 要 版 > 平 成 26 年 8 月 広 島 市 住 宅 政 策 課 第 1 章 計 画 の 目 的 等 1 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 一 層 の 高 齢 化 の 進 展 が 見 込 まれること また 高 度 経 済 成 長 期 に 建 設 された 市 営

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6 様 式 租 税 特 別 措 置 等 に 係 る 政 策 の 事 前 評 価 書 1 政 策 評 価 の 対 象 とした 産 業 活 力 の 再 生 及 び 産 業 活 動 の 革 新 に 関 する 特 別 措 置 法 に 基 づく 登 録 免 租 税 特 別 措 置 等 の 名 称 許 税 の 特 例 措 置 の 延 長 ( 国 税 32)( 登 録 免 許 税 : 外 ) 2 要 望 の 内 容

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向 上

1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向 上 上 士 幌 町 住 生 活 基 本 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 27 年 2 月 上 士 幌 町 1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378>

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378> 平 成 27 年 度 施 策 評 価 調 書 施 策 の 名 称 等 整 理 番 号 22 評 価 担 当 課 営 業 戦 略 課 職 氏 名 施 策 名 ( 基 本 事 業 ) 商 業 の 活 性 化 総 合 計 画 の 位 置 づけ 基 本 目 主 要 施 策 4 想 像 力 と 活 力 にあふれたまちづくり 商 業 の 振 興 2 施 策 の 現 状 分 析 と 意 図 施 策 の 対 象 意

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

<926E88E68F5A91EE8C7689E6816990E591E48E7381408356815B8367825081608253816A816993C192E88C7689E6816A2E786C73>

<926E88E68F5A91EE8C7689E6816990E591E48E7381408356815B8367825081608253816A816993C192E88C7689E6816A2E786C73> 社 会 資 本 総 合 整 備 計 画 ( 特 定 計 画 ) 地 域 住 宅 計 画 ( 第 11 回 変 更 ) せ ん だ い ち い き 仙 台 地 域 せんだい 平 成 24 年 1 月 地 域 住 宅 計 画 計 画 の 名 称 仙 台 地 域 都 道 府 県 名 宮 城 県 作 成 主 体 名 計 画 期 間 平 成 17 年 度 ~ 24 年 度 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 の 供 給 計 画 に 関 する 選 定 基 準 制 定 平 成 24 年 10 月 10 日 改 正 平 成 25 年 5 月 1 日 改 正 平 成 26 年 7 月 8 日 改 正 平 成 27 年 12 月 4 日 改 正 平 成 28 年 6 月 27 日 第 1 目 的 この 基 準 は 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 制

More information

船橋市地域住宅計画(第1回変更)様式変更

船橋市地域住宅計画(第1回変更)様式変更 地 域 ( 第 三 期 ) 地 域 住 宅 計 画 ふ な ば し し 平 成 28 年 3 月 ( 第 1 回 変 更 ) 地 域 住 宅 計 画 計 画 の 名 称 地 域 ( 第 三 期 ) 地 域 住 宅 計 画 都 道 府 県 名 千 葉 県 作 成 主 体 名 計 画 期 間 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の 経 緯 及 び 現 況 平 成 27 年 度 ~ 31 年 度 は 東 京

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4%

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4% 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 平 成 27 年 9 月 17 日 一 般 社 団 法 人 不 動 産 協 会 我 が 国 の 経 済 は 緩 やかな 回 復 を 続 けているが 少 子 化 高 齢 化 を 伴 う 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 産 業 構 造 の 転 換 グローバル 化 の 急 激 な 進 展 等 著 しい 構 造 変 化 に 直 面 している そのような

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20328FCD5F8F5A82DC82A282DC82BF82C382AD82E882CC89DB91E8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20328FCD5F8F5A82DC82A282DC82BF82C382AD82E882CC89DB91E8> 第 2 章 住 まい まちづくりの 課 題 これまで 整 理 した 能 代 市 の 住 宅 住 環 境 の 現 況 及 び 住 民 意 向 調 査 結 果 上 位 関 連 計 画 等 を 考 慮 すると 1. 高 齢 化 の 進 展 2. 社 会 ニーズの 多 様 化 3. 住 宅 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 4. 能 代 市 独 自 の 地 域 性 5. 市 営 住 宅 ストックの 質

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 4 月 昭 島 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 る ための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 分 権 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874> 平 成 22 年 度 税 制 改 正 [ 詳 細 ] 法 人 税 関 連 の 改 正 グループ 内 取 引 等 に 係 る 税 制 対 象 となる 100%グループ 内 法 人 とは 完 全 支 配 関 係 ( 原 則 として 発 行 済 株 式 の 全 部 を 直 接 又 は 間 接 に 保 有 する 関 係 )のある 法 人 をいいます (1)100%グループ 内 の 法 人 間 の 資 産 の

More information

<87433137323130378146926E88E68F5A91EE8C7689E68F912E786C73>

<87433137323130378146926E88E68F5A91EE8C7689E68F912E786C73> 地 域 住 宅 計 画 ひ だ し 平 成 22 年 3 月 地 域 住 宅 計 画 計 画 の 名 称 地 域 住 宅 計 画 都 道 府 県 名 岐 阜 県 作 成 主 体 名 計 画 期 間 平 成 17 年 度 ~ 22 年 度 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の 経 緯 及 び 現 況 本 市 は 岐 阜 県 の 北 部 に 位 置 し 人 口 約 3 万 人 世 帯 数 約 9200

More information

Microsoft PowerPoint - ④まちづくりにおける福祉施設について

Microsoft PowerPoint - ④まちづくりにおける福祉施設について まちづくりにおける 福 祉 施 設 について 都 市 再 生 特 別 措 置 法 と 建 築 基 準 法 厚 生 労 働 省 老 健 局 高 齢 者 支 援 課 振 興 課 課 長 補 佐 ( 高 齢 者 居 住 福 祉 担 当 ) 山 口 義 敬 都 市 再 生 特 別 措 置 法 建 築 基 準 法 の 改 正 について( 情 報 提 供 ) 都 市 再 生 特 別 措 置 法 等 の 改 正

More information

スライド 1

スライド 1 835.0 840.0 810.0 900.0 800.0 700.0 706.4 751.5 722.2 739.8 771.2 766.8 784.3 774.3 754.8 739.5 731.3 732.8 736.3 653.7 600.0 556.0 602.2 500.0 400.0 H1 H2 H3 H4 H5 H6 H7 H8 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15

More information

事 業 概 要 利 用 時 間 休 館 日 使 用 方 法 使 用 料 施 設 を 取 り 巻 く 状 況 や 課 題 < 松 山 駅 前 駐 輪 場 > JR 松 山 駅 を 利 用 する 人 の 自 転 車 原 付 を 収 容 する 施 設 として 設 置 され 有 料 駐 輪 場 の 利 用

事 業 概 要 利 用 時 間 休 館 日 使 用 方 法 使 用 料 施 設 を 取 り 巻 く 状 況 や 課 題 < 松 山 駅 前 駐 輪 場 > JR 松 山 駅 を 利 用 する 人 の 自 転 車 原 付 を 収 容 する 施 設 として 設 置 され 有 料 駐 輪 場 の 利 用 駐 輪 場 ( 都 市 整 備 部 総 合 交 通 課 所 管 ) 市 が 設 置 している 有 料 駐 輪 場 は 市 内 に 2か 所 あります 松 山 駅 前 駐 輪 場 基 本 情 報 施 設 名 所 在 地 敷 地 面 積 構 造 階 層 延 べ 面 積 建 築 年 管 理 形 態 敷 地 の 状 態 松 山 駅 前 駐 輪 場 三 番 町 八 丁 目 364-6 681.25 m2 軽

More information

スライド 1

スライド 1 本 資 料 は 学 会 代 議 員 との 意 見 交 換 を 踏 まえて 多 数 意 見 をまとめたものです しかし 学 術 団 体 として 多 様 な 意 見 があります これを 契 機 に 議 論 が 活 性 化 することを 期 待 します マンション 建 替 えに 関 する 意 見 ( 第 2 版 ) 当 日 の 口 頭 説 明 を 一 部 加 筆 千 葉 大 学 小 林 秀 樹 < 一 般

More information

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税 項 目 : 153. 不 動 産 取 得 税 岩 手 県 ( 商 工 労 働 観 光 部 企 業 立 地 推 進 課 ) 被 災 地 域 の 企 業 が 投 資 する 再 生 可 能 エネルギー 設 備 に 対 する 課 税 免 除 大 震 災 津 波 において 被 災 地 域 では 電 気 水 道 ガスなどのインフラ 機 能 が 喪 失 し 工 場 では 稼 働 再 開 まで 長 期 間 を 要

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

07_住宅バウチャー(家賃補助)制度の表紙.doc

07_住宅バウチャー(家賃補助)制度の表紙.doc 資 料 2 大 阪 府 における 住 宅 バウチャー( 家 賃 補 助 ) 制 度 の 検 討 経 過 等 について 安 心 して 暮 らせる 住 宅 とまちの 形 成 ( 今 後 の 住 宅 セーフティネット 施 策 の 展 開 について) 今 後 の 住 宅 セーフティネットの 構 築 の 方 向 性 施 策 の 構 築 にあたっては 府 民 の 生 活 実 態 や 市 場 の 状 況 把 握

More information

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 安 中 市 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 画 の 期 間 本 計

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 長 寿 医 療 制 度 と 国 民 健 康 保 険 一 体 化 に 関 する 舛 添 大 臣 私 案 イメージ < 現 行 > < 見 直 し 後 > 75 歳 長 寿 医 療 制 度 ( 県 単 位 広 域 連 合 ) 長 寿 医 療 ( 都 道 府 県 ) 1 両 者 を 一 体 化 し 都 道 府 県 が 運 営 75 歳 65 歳 被 用 者 保 険 から 財 政 調 整 国 保 国 保 被

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

1

1 第 3 章 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 3. 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 1 将 来 用 試 算 のための 条 件 現 在 市 が 保 有 している 建 物 借 用 物 件 は 除 くについて 将 来 もそのまま 保 有 し 続 け るために 必 要 となる 用 を 試 算 します ア 建 替 えコストの 考 え 方 1 建 替 え

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン 参 考 資 料 2 第 2 回 懇 談 会 (H27.8.10) 能 勢 町 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 25 年 8 月 大 阪 府 豊 能 郡 能 勢 町 目 次 1.ガイドラインの 趣 旨 1 2. 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 3. 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 策 定 にあたっての

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱 東 京 都 北 区 有 料 老 人 ホーム 設 置 指 導 要 綱 1 8 北 福 健 第 2 1 4 号 平 成 18 年 7 月 20 日 区 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 北 区 内 において 有 料 老 人 ホームの 事 業 を 計 画 する 者 等 に 対 し 遵 守 すべき 事 項 を 定 め 必 要 な 指 導 及 び 協 力 要 請 を 行 うことにより

More information

1 農 地 中 間 管 理 機 構 のねらい (1)24 年 度 から 開 始 した 各 市 町 村 における 人 農 地 プラン ( 地 域 の 農 業 者 の 徹 底 した 話 合 いにより 人 農 地 問 題 の 解 決 方 向 や 地 域 農 業 の 将 来 のあり 方 を 明 確 にしてい

1 農 地 中 間 管 理 機 構 のねらい (1)24 年 度 から 開 始 した 各 市 町 村 における 人 農 地 プラン ( 地 域 の 農 業 者 の 徹 底 した 話 合 いにより 人 農 地 問 題 の 解 決 方 向 や 地 域 農 業 の 将 来 のあり 方 を 明 確 にしてい ( 資 料 3-2) 農 地 中 間 管 理 機 構 に 関 する Q&A 1 農 地 中 間 管 理 機 構 のねらい 1 2 機 構 の 借 受 け 貸 付 けの 手 順 3 3 機 構 に 関 する 市 町 村 の 役 割 4 4 機 構 に 関 する 農 業 委 員 会 の 役 割 4 5 機 構 に 関 する 農 協 の 役 割 4 6 農 地 中 間 管 理 機 構 と 従 来 の 農

More information

空 き 家 を 売 却 した 場 合 の,000 万 円 控 除 特 例 の 創 設 被 相 続 人 が 住 んでいた 家 屋 及 びその 敷 地 を 相 続 があった 日 から 年 を 経 過 する 年 の 月 日 までに 耐 震 工 事 をしてから あるいは 家 を 除 却 し てから 売 却

空 き 家 を 売 却 した 場 合 の,000 万 円 控 除 特 例 の 創 設 被 相 続 人 が 住 んでいた 家 屋 及 びその 敷 地 を 相 続 があった 日 から 年 を 経 過 する 年 の 月 日 までに 耐 震 工 事 をしてから あるいは 家 を 除 却 し てから 売 却 Q65 平 成 7 年 月 に 平 成 8 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 発 表 されました 税 制 改 正 の 概 要 を 教 えてください A: 各 税 目 別 のトピックは 以 下 のとおりです 所 得 税 健 康 診 断 等 をきちんと 受 けている 人 専 用 の 医 療 費 控 除 が 創 設 されます 法 人 税 法 人 税 率 が 現 行 の.9%から 段 階 的 に.4%.%へ

More information

文化政策情報システムの運用等

文化政策情報システムの運用等 名 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 番 号 0406 平 成 25 年 行 政 レビューシート ( 文 部 科 学 省 ) 文 化 政 策 情 報 システム 運 用 等 担 当 部 局 庁 文 化 庁 作 成 責 任 者 平 成 8 年 度 なし 担 当 課 室 長 官 官 房 政 策 課 政 策 課 長 清 水 明 会 計 区 分 一 般 会 計 政 策 施 策 名 根 拠 法 令 ( 具

More information

H28【滋賀県】滋賀県地域住宅計画(第3期)

H28【滋賀県】滋賀県地域住宅計画(第3期) し が け ん ち い き 地 域 じ ゅ う た く 住 宅 け い か く 計 画 し が け ん ち い き 地 域 だ い ( 第 き 3 期 ) し が け ん 平 成 28 年 3 月 社 会 資 本 総 合 整 備 計 画 計 画 の 名 称 地 域 住 宅 計 画 ( 第 3 期 ) 都 道 府 県 名 作 成 主 体 名 計 画 期 間 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の 経 緯

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

Microsoft Word )40期決算公開用.doc

Microsoft Word )40期決算公開用.doc 貸 借 対 照 表 [ 株 式 会 社 ニラク] ( 平 成 21 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 有 価 証 券 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 貸 倒 引 当 金 固 定

More information

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 1 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) セルフメディケーション

More information

官報掲載【セット版】

官報掲載【セット版】 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 厚 生 労 働 省 告 示 第 二 百 八 十 四 号 ( ) 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 る 事 業 分 野 別 指 針 を 次 の よ う に 策 定 し た の で 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 告 示 す る 介 護 分 野 に 係 厚 生 労 働 大 臣 塩 崎

More information

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目 福 岡 市 バリアフリー 容 積 率 緩 和 許 可 基 準 ( 福 岡 市 : 高 齢 者, 障 害 者 等 の 移 動 等 の 円 滑 化 の 促 進 に 関 する 法 律 第 24 条 の 規 定 による 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 許 可 基 準 ) 平 成 20 年 8 月 福 岡 市 住 宅 都 市 局 建 築 指 導 部 1. 用 語 の 定 義 この

More information

大 田 区 保 育 従 事 職 員 宿 舎 借 り 上 げ 支 援 事 業 Q&A 目 次 Ⅰ 補 助 事 業 全 般 について P3~P4 Ⅱ 補 助 対 象 施 設 について P5 Ⅲ 補 助 対 象 職 員 について P6~P10 Ⅳ 補 助 対 象 経 費 について P11~P13 2

大 田 区 保 育 従 事 職 員 宿 舎 借 り 上 げ 支 援 事 業 Q&A 目 次 Ⅰ 補 助 事 業 全 般 について P3~P4 Ⅱ 補 助 対 象 施 設 について P5 Ⅲ 補 助 対 象 職 員 について P6~P10 Ⅳ 補 助 対 象 経 費 について P11~P13 2 待 機 児 解 消 に 向 けた 保 育 施 設 の 新 規 開 設 ラッシュにより 都 内 及 び 隣 接 県 の 自 治 体 での 保 育 士 の 需 要 が 急 増 しております これを 受 け 大 田 区 では 保 育 人 材 の 確 保 定 着 及 び 離 職 防 止 を 図 り 安 定 的 な 保 育 所 の 運 営 を 可 能 にするため 平 成 27 年 4 月 より 大 田 区 保

More information

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 平 成 27 年 2 月 守 口 市 教 育 委 員 会 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学

More information

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑 等 の 当 初 見 直 し 案 の 検 討 状 況 について 資 料 1-1 項 目 名 検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 都 道 府 県 担 当 者 との 意 見 交 換 では 結 果 精 度 の 低 下 に 伴 い 結 果 が 活 用 されなくなった 場 合 の 員 のモチベーション 低 下 の 可 能 性 や 員 の 配 置 換 え 等 についての 考 慮 が 必 要 との 意

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

<3034204832358EE597768E968BC688EA97972D372E786477>

<3034204832358EE597768E968BC688EA97972D372E786477> (2) 生 活 再 建 支 援 プロジェクト 全 県 民 が 将 来 の 生 活 設 計 を 描 くことができ 生 活 再 建 を 進 めることができるようにするため 早 期 に 帰 還 する 避 難 者 長 期 避 難 者 など 被 災 者 それぞれのおかれた 状 況 に 応 じた よりきめ 細 かな 支 援 を 行 う 取 組 を 進 め 1 県 内 避 難 者 支 援 一 新 1 里 山 いきいき

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

高齢者の居住安定確保プラン 第3章 高齢者の居住の安定確保に向けた基本的方針

高齢者の居住安定確保プラン 第3章 高齢者の居住の安定確保に向けた基本的方針 高 齢 者 の 居 住 の 安 定 確 保 に 向 けた 基 本 的 方 針 高 齢 者 の 居 住 の 安 定 確 保 に 向 けた 基 本 的 方 針 1 節 高 齢 者 の 住 まいを 取 り 巻 く 課 題 (1) 高 齢 化 の 動 向 や 住 まいの 現 状 と 課 題 東 京 は 今 本 格 的 な 高 齢 社 会 を 迎 えようとしており 今 後 とりわけ 75 歳 以 上 の 後

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

第5回法人課税ディスカッショングループ 法D5-4

第5回法人課税ディスカッショングループ 法D5-4 平 2 6. 5. 9 法 D 5-4 税 制 調 査 会 ( 法 人 課 税 DG5) 中 小 法 人 公 益 法 人 等 ( 地 方 税 ) 平 成 26 年 5 月 9 日 ( 金 ) 総 務 省 目 次 中 小 企 業 に 対 する 特 別 な 取 扱 い( 主 なもの) 地 方 税 1 中 小 法 人 と 個 人 事 業 主 との 税 負 担 率 の 比 較 ( 国 税 地 方 税 ) 2

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

Microsoft Word - 資料3(用途)

Microsoft Word - 資料3(用途) 姶 良 用 途 地 域 見 直 し 方 針 について 資 料 4 1 用 途 地 域 現 状 都 計 画 区 域 内 に 地 域 地 区 として 用 途 地 域 を 定 めることができます 用 途 地 域 は 地 域 地 区 制 うち 最 も 基 本 的 なもで 建 築 物 用 途 形 態 高 さなどに 制 限 を 加 えることにより 都 機 能 維 持 増 進 居 住 環 境 保 護 商 工 業

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

資料1:勧告の仕組みとポイント26.10.17改【完成】

資料1:勧告の仕組みとポイント26.10.17改【完成】 給与勧告の仕組みと報告のポイント 平成 26 年 10 月 静岡県人事委員会 目 次 1 給 与 勧 告 の 仕 組 み ページ 1 給 与 勧 告 の 対 象 職 員 1 2 給 与 勧 告 の 手 順 2 3 民 間 給 与 との 比 較 方 法 (ラスパイレス 比 較 ) 3 4 民 間 給 与 と 職 員 給 与 との 比 較 4 2 本 年 の 給 与 改 定 1 本 年 の 給 与 改

More information

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環 資 料 2-2 容 積 率 規 制 等 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保

More information

目 次 整 備 方 針 の 策 定 目 的 P1 公 民 館 の 現 状 P2~P4 1 公 民 館 の 施 設 概 要 P2~P3 2 施 設 の 老 朽 化 について P3 3 公 民 館 の 耐 震 化 について P3 4 施 設 の 利 便 性 について P3~P4 公 民 館 整 備 の

目 次 整 備 方 針 の 策 定 目 的 P1 公 民 館 の 現 状 P2~P4 1 公 民 館 の 施 設 概 要 P2~P3 2 施 設 の 老 朽 化 について P3 3 公 民 館 の 耐 震 化 について P3 4 施 設 の 利 便 性 について P3~P4 公 民 館 整 備 の 津 山 市 公 民 館 整 備 方 針 平 成 25 年 4 月 津 山 市 津 山 市 教 育 委 員 会 目 次 整 備 方 針 の 策 定 目 的 P1 公 民 館 の 現 状 P2~P4 1 公 民 館 の 施 設 概 要 P2~P3 2 施 設 の 老 朽 化 について P3 3 公 民 館 の 耐 震 化 について P3 4 施 設 の 利 便 性 について P3~P4 公 民 館 整

More information

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施 北 部 大 阪 都 市 画 事 業 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 事 業 事 業 画 書 高 槻 市 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 組 合 目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行

More information

資料 厚生年金基金の今後の方向性について.PDF

資料 厚生年金基金の今後の方向性について.PDF 資 料 厚 生 年 金 基 金 今 後 方 向 性 について 1 ( 総 論 ) 2 厚 生 年 金 基 金 制 度 改 革 基 本 構 造 厚 生 年 金 被 保 険 者 を 含 めたリスク 分 かち 合 いによる 代 行 割 れ 早 期 決 代 行 割 れを 再 び 起 こさない ため 制 度 的 措 置 代 行 部 分 に 対 す る 積 立 比 率 6.0 5.0 4.0 3.0 2.0 1.5

More information

03 平成28年度文部科学省税制改正要望事項

03 平成28年度文部科学省税制改正要望事項 平 成 28 年 度 文 部 科 学 省 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 8 月 28 日 H27 税 制 改 正 要 望 事 項 1. 寄 附 税 制 の 拡 充 (1) 国 立 大 学 法 人 等 への 個 人 寄 附 に 係 る 税 額 控 除 の 導 入 等 所 得 税 等 新 設 (2) 学 校 法 人 への 個 人 寄 附 に 係 る 所 得 控 除 上 限 額 の 引

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088B089AE95F18D908F9120955C8E86814596DA8E9F283131323929>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088B089AE95F18D908F9120955C8E86814596DA8E9F283131323929> 芦 屋 町 町 営 住 宅 長 寿 命 化 計 画 ( 素 案 ) 平 成 24 年 月 芦 屋 町 目 次 1. 計 画 の 目 的 と 方 針 (1) 計 画 の 目 的 と 背 景 1 (2) 計 画 策 定 の 流 れ 1 (3) 計 画 の 位 置 づけ 2 (4) 計 画 期 間 2 2. 芦 屋 町 の 住 宅 事 情 (1) 人 口 世 帯 数 等 3 (2) 住 宅 事 情 5 3.

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考 共 済 年 金 職 域 部 分 と 退 職 給 付 に 関 する 有 識 者 会 議 報 告 書 概 要 1. 民 間 の 企 業 年 金 及 び 退 職 金 に 関 する 人 事 院 調 査 結 果 結 果 民 間 :2547.7 万 円 公 務 2950.3 万 円 ( 差 額 402.6 万 円 ) 人 事 院 の 見 解 官 民 均 衡 の 観 点 から 民 間 との 較 差 を 埋 める

More information

建設特別・資産運用の基本方針

建設特別・資産運用の基本方針 建 設 業 退 職 金 特 別 共 済 事 業 資 産 運 用 の 基 本 方 針 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 変 更 平 成 22 年 12 月 27 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 平 成 27 年 10 月 1 日 変 更 平 成 28 年 3 月 1 日 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機

More information

市営住宅総合再生計画

市営住宅総合再生計画 第 3 章 公 営 住 宅 の 役 割 とめざす 方 向 3-1 公 営 住 宅 の 役 割 (1) 新 たな 住 宅 政 策 の 背 景 これまでの 住 宅 政 策 の 基 本 的 な 枠 組 みは 政 策 手 法 の 三 本 柱 である 公 営 住 宅 制 度 日 本 住 宅 公 団 ( 現 在 の 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ) 住 宅 金 融 公 庫 ( 現 在 の 独

More information

目 次 1 はじめに 1 (1) 施 設 が 抱 える 諸 問 題 (2) 交 付 税 合 併 算 定 替 えの 終 了 (3) ファシリティマネジメントへの 取 組 2 方 針 における3つの 改 革 2 3 実 施 方 法 3 (1) 公 共 施 設 FM 基 本 計 画 の 策 定 (2) 公

目 次 1 はじめに 1 (1) 施 設 が 抱 える 諸 問 題 (2) 交 付 税 合 併 算 定 替 えの 終 了 (3) ファシリティマネジメントへの 取 組 2 方 針 における3つの 改 革 2 3 実 施 方 法 3 (1) 公 共 施 設 FM 基 本 計 画 の 策 定 (2) 公 秩 父 市 公 共 施 設 ファシリティマネジメント 方 針 及 び 基 本 計 画 平 成 24 年 1 月 秩 父 市 目 次 1 はじめに 1 (1) 施 設 が 抱 える 諸 問 題 (2) 交 付 税 合 併 算 定 替 えの 終 了 (3) ファシリティマネジメントへの 取 組 2 方 針 における3つの 改 革 2 3 実 施 方 法 3 (1) 公 共 施 設 FM 基 本 計 画

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 研 究 開 発 法 人 土 木 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 研 究 所 は 土 木 技 術 に 関 する 研 究 開 発 技 術

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63> 東 京 都 市 計 画 地 区 計 画 の 決 定 ( 豊 島 区 決 定 ) 都 市 計 画 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 を 次 のように 決 定 する 名 称 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 位 置 豊 島 区 上 池 袋 二 丁 目 上 池 袋 三 丁 目 上 池 袋 四 丁 目 及 び 池 袋 本 町 一 丁 目 各 地 内 面 積 約 46.5ha

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

目 次 1. 方 針 1 2. 市 庁 舎 の 耐 震 化 事 業 計 画 2 [ 参 考 ] 建 物 の 現 状 5

目 次 1. 方 針 1 2. 市 庁 舎 の 耐 震 化 事 業 計 画 2 [ 参 考 ] 建 物 の 現 状 5 朝 霞 市 庁 舎 等 の 耐 震 化 方 針 平 成 26 年 1 月 朝 霞 市 目 次 1. 方 針 1 2. 市 庁 舎 の 耐 震 化 事 業 計 画 2 [ 参 考 ] 建 物 の 現 状 5 1. 方 針 市 庁 舎 および 市 民 会 館 の 耐 震 化 対 応 について 朝 霞 市 庁 舎 等 整 備 方 針 検 討 委 員 会 により 提 言 がなさ れた 市 としては この 提

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

経 常 収 支 差 引 額 等 の 状 況 平 成 26 年 度 予 算 早 期 集 計 平 成 25 年 度 予 算 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 3,689 億 円 4,597 億 円 908 億 円 減 少 赤 字 組 合 数 1,114 組 合 1,180 組 合 66

経 常 収 支 差 引 額 等 の 状 況 平 成 26 年 度 予 算 早 期 集 計 平 成 25 年 度 予 算 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 3,689 億 円 4,597 億 円 908 億 円 減 少 赤 字 組 合 数 1,114 組 合 1,180 組 合 66 平 成 26 年 度 健 保 組 合 予 算 早 期 集 計 結 果 の 概 要 平 成 26 年 4 月 18 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 26 年 度 における 健 保 組 合 の 財 政 状 況 等 を 早 期 に 把 握 するため 26 年 度 予 算

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36.

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36. 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 仕 様 書 1. 適 用 範 囲 本 仕 様 書 は 十 和 田 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 実 施 する 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 ( 以 下 本 業 務 委 託 という )に 適 用 するものとする 2. 業 務 目 的 十 和 田 市 営 住

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information