こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し"

Transcription

1 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原 理 が 挙 げ ら れ る ( レ ジ ュ メ p.28 参 照 ) そ れ に は さ ら に 二 つ の 重 要 部 分 が あ る 1 行 政 活 動 は 法 律 に 適 合 す る も の で な け れ ば な ら な い 法 律 と は 国 会 制 定 法 の こ と で あ る が 自 治 体 に お い て は 条 例 へ の 適 合 性 も 求 め ら れ る こ れ は 権 力 行 政 だ け で な く 非 権 力 行 政 に も 妥 当 す る す な わ ち 非 権 力 行 政 で あ っ て も 法 律 条 例 が 活 動 の 要 件 手 続 そ の 他 の 制 約 を 課 し て い る 場 合 は そ れ に 適 合 し な け れ ば な ら な い 例 え ば 国 や 自 治 体 が 契 約 を 結 ぶ と き に 政 令 が 認 め る 場 合 以 外 は 一 般 競 争 入 札 を し な け れ ば な ら な い と か ( 地 方 自 治 法 2342 ) 自 治 体 が 一 定 額 以 上 の 契 約 を す る 場 合 に は 議 会 の 議 決 が 必 要 で あ る ( 同 法 961 五 号 ) と 定 め て い る と き は そ れ を 遵 守 し な け れ ば な ら な い 国 土 利 用 の 全 国 計 画 ( こ れ 自 体 は 市 民 の 財 産 権 を 制 約 す る も の で は な い ) を 策 定 す る 際 に は 国 土 審 議 会 と 都 道 府 県 知 事 の 意 見 を 聞 か な け れ ば な ら な い と の 法 律 規 定 ( 国 土 利 用 計 画 法 53 ) が あ る 場 合 は そ れ を 遵 守 し な け れ ば な ら な い 法 律 適 合 性 原 理 と 法 律 の 留 保 は や や 意 味 が 異 な る の で 注 意 す る こ と 2 行 政 活 動 を 制 約 す る 不 文 の 一 般 法 原 則 が 存 在 す る 行 政 法 関 係 に は 次 の よ う な 一 般 法 理 が 妥 当 す る と 考 え ら れ る ( 1 ) 信 頼 保 護 の 原 則 ( 信 義 則 ) ( 2 ) 権 限 濫 用 禁 止 原 則 ( 3 ) 平 等 原 則 ( 4 ) 比 例 原 則 ( 5 ) 配 慮 義 務 に つ い て ( 国 民 の 権 利 や 地 位 を 不 当 に 害 す る こ と の な い よ う に 配 慮 す る 義 務 ) こ れ ら は 特 に 裁 量 権 統 制 の 法 理 ( 行 政 の 裁 量 権 の 行 使 を 統 制 す る 法 理 ) と し て も 重 要 な 機 能 を 有 し て い る 3 行 政 上 の 紛 争 が 民 法 そ の 他 の 私 法 を 適 用 し て 解 決 さ れ る 場 合 と 民 法 等 の 適 用 が 排 除 さ れ る 場 合 が あ る ( 2 ) 信 頼 保 護 の 原 則 ( 信 義 則 ) 民 法 12 が 規 定 す る 信 義 則 は 行 政 法 関 係 に お い て も 妥 当 す る 重 要 な 原 則 で あ る 特 に 行 政 法 関 係 で は 行 政 活 動 に 対 す る 国 民 の 信 頼 保 護 の 原 則 と し て 論 じ ら れ る 行 政 法

2 こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し て 過 去 に 遡 っ て 課 税 さ せ ら れ る か 信 頼 を 保 護 し よ う と す れ ば 違 法 な 納 税 を 認 め る こ と に な る ) 1 行 政 の 措 置 が 信 義 則 信 頼 保 護 原 則 に 違 反 す る と し た 事 例 最 高 裁 判 例 最 高 裁 昭 和 判 決 ( 民 集 判 時 ケースフ ックp.217 LEX/DB ) 宜 野 座 村 工 場 誘 致 事 件 村 長 改 選 に よ り 工 場 建 設 が 不 可 能 に な っ た 事 件 で 従 前 の 同 村 の 企 業 誘 致 に 応 じ て 進 出 準 備 を し て い た 企 業 が 損 害 賠 償 責 任 を 認 め た 事 例 地 方 公 共 団 体 の 施 策 を 住 民 の 意 思 に 基 づ い て 行 う べ き も の と す る い わ ゆ る 住 民 自 治 の 原 則 は 地 方 公 共 団 体 の 組 織 及 び 運 営 に 関 す る 基 本 原 則 で あ り ま た 地 方 公 共 団 体 の よ う な 行 政 主 体 が 一 定 内 容 の 将 来 に わ た つ て 継 続 す べ き 施 策 を 決 定 し た 場 合 で も 右 施 策 が 社 会 情 勢 の 変 動 等 に 伴 つ て 変 更 さ れ る こ と が あ る こ と は も と よ り 当 然 で あ つ て 地 方 公 共 団 体 は 原 則 と し て 右 決 定 に 拘 束 さ れ る も の で は な い し か し 右 決 定 が 単 に 一 定 内 容 の 継 続 的 な 施 策 を 定 め る に と ど ま ら ず 特 定 の 者 に 対 し て 右 施 策 に 適 合 す る 特 定 内 容 の 活 動 を す る こ と を 促 す 個 別 的 具 体 的 な 勧 告 な い し 勧 誘 を 伴 う も の で あ り か つ そ の 活 動 が 相 当 長 期 に わ た る 当 該 施 策 の 継 続 を 前 提 と し て は じ め て こ れ に 投 入 す る 資 金 又 は 労 力 に 相 応 す る 効 果 を 生 じ う る 性 質 の も の で あ る 場 合 に は 右 特 定 の 者 は 右 施 策 が 右 活 動 の 基 盤 と し て 維 持 さ れ る も の と 信 頼 し こ れ を 前 提 と し て 右 の 活 動 な い し そ の 準 備 活 動 に 入 る の が 通 常 で あ る こ の よ う な 状 況 の も と で は た と え 右 勧 告 な い し 勧 誘 に 基 づ い て そ の 者 と 当 該 地 方 公 共 団 体 と の 間 に 右 施 策 の 維 持 を 内 容 と す る 契 約 が 締 結 さ れ た も の と は 認 め ら れ な い 場 合 で あ つ て も 右 の よ う に 密 接 な 交 渉 を 持 つ に 至 つ た 当 事 者 間 の 関 係 を 規 律 す べ き 信 義 衡 平 の 原 則 に 照 ら し そ の 施 策 の 変 更 に あ た つ て は か か る 信 頼 に 対 し て 法 的 保 護 が 与 え ら れ な け れ ば な ら な い も の と い う べ き で あ る す な わ ち 右 施 策 が 変 更 さ れ る こ と に よ り 前 記 の 勧 告 等 に 動 機 づ け ら れ て 前 記 の よ う な 活 動 に 入 つ た 者 が そ の 信 頼 に 反 し て 所 期 の 活 動 を 妨 げ ら れ 社 会 観 念 上 看 過 す る こ と の で き な い 程 度 の 積 極 的 損 害 を 被 る 場 合 に 地 方 公 共 団 体 に お い て 右 損 害 を 補 償 す る な ど の 代 償 的 措 置 を 講 ず る こ と な く 施 策 を 変 更 す る こ と は そ れ が や む を え な い 客 観 的 事 情 に よ る の で な い 限 り 当 事 者 間 に 形 成 さ れ た 信 頼 関 係 を 不 当 に 破 壊 す る も の と し て 違 法 性 を 帯 び 地 方 公 共 団 体 の 不 法 行 為 責 任 を 生 ぜ し め る も の と い わ な け れ ば な ら な い 最 高 裁 平 成 判 決 ( 民 集 判 時 LEX/DB ) 国 民 金 融 公 庫 払 渡 金 返 還 請 求 事 件 恩 給 受 給 者 Aが 恩 給 を 担 保 に 国 民 金 融 公 庫 か ら 借 入 を し 国 が 公 庫 に そ の 借 入 分 を 払 渡 し た 後 に Aに 対 す る 恩 給 裁 定 が 取 り 消 さ れ た た め Aが 本 件 裁 定 取 消 し に よ っ て 恩 給 受 給 権 を 遡 っ て 喪 失 し た た め 公 庫 も Aが 担 保 に 供 し た 恩 給 の 給 与 金 に 対 す る 受 領 権 限 を 遡 っ て 喪 失 し た と い う 理 由 で 国 が 公 庫 に 対 す る 払 渡 金 の 返 還 請 求 を し た 事 例 最 高 裁 は 国 の 返 還 請 求 権 を 否 定 し た 上 告 人 ( 国 民 金 融 公 庫 ) は 右 に み た よ う に 恩 給 受 給 者 に 対 し て は 恩 給 を 担 保 に 貸 付 け を す る こ と が 法 に よ っ て 義 務 付 け ら れ て い る も の で あ る と こ ろ 恩 給 裁 定 行 政 法

3 の 有 効 性 に つ い て は 上 告 人 自 ら は 審 査 す る こ と が で き ず こ れ を 有 効 な も の と 信 頼 し て 扱 わ ざ る を 得 な い も の で あ る か ら ( 中 略 ) 上 告 人 に お い て は も は や 弁 済 の 効 果 が 覆 さ れ る こ と は な い と 考 え て も 無 理 か ら ぬ 期 間 が 経 過 し た 後 で あ る と い わ な け れ ば な ら な い ( 中 略 ) し た が っ て こ の よ う な 事 情 の 下 に お い て 被 上 告 人 ( 国 ) が 上 告 人 に 対 し て 本 件 裁 定 取 消 し の 効 果 を 主 張 し 本 件 払 渡 し に 係 る 金 員 の 返 還 を 求 め る こ と は 許 さ れ な い も の と 解 す る の が 相 当 で あ る 最 高 裁 平 成 判 決 ( 判 時 ケースフ ックp.225 LEX/DB ) 外 国 人 在 留 更 新 不 許 可 事 件 信 義 則 上 短 期 滞 在 の 更 新 を 許 可 す べ き で あ っ た に も か か わ ら ず 更 新 を 不 許 可 と し た 処 分 が 裁 量 権 の 濫 用 に な る と し た 事 例 本 件 処 分 時 に お い て は 被 上 告 人 と 淑 子 と の 婚 姻 関 係 が 有 効 で あ る こ と が 判 決 に よ っ て 確 定 し て い た 上 被 上 告 人 は そ の 後 に 淑 子 か ら 提 起 さ れ た 離 婚 請 求 訴 訟 に つ い て も 応 訴 す る な ど し て い た こ と か ら も う か が わ れ る よ う に 被 上 告 人 の 活 動 は 日 本 人 の 配 偶 者 の 身 分 を 有 す る も の と し て の 活 動 に 該 当 す る と み る こ と が で き な い も の で は な い そ う で あ れ ば 右 在 留 資 格 変 更 許 可 処 分 の 効 力 い か ん は さ て お く と し て も 少 な く と も 被 上 告 人 の 在 留 資 格 が 短 期 滞 在 に 変 更 さ れ る に 至 っ た 右 経 緯 に か ん が み れ ば 上 告 人 は 信 義 則 上 短 期 滞 在 の 在 留 資 格 に よ る 被 上 告 人 の 在 留 期 間 の 更 新 を 許 可 し た 上 で 被 上 告 人 に 対 し 日 本 人 の 配 偶 者 等 へ の 在 留 資 格 の 変 更 申 請 を し て 被 上 告 人 が 日 本 人 の 配 偶 者 等 の 在 留 資 格 に 属 す る 活 動 を 引 き 続 き 行 う の を 適 当 と 認 め る に 足 り る 相 当 の 理 由 が あ る か ど う か に つ き 公 権 的 判 断 を 受 け る 機 会 を 与 え る こ と を 要 し た も の と い う べ き で あ る 最 高 裁 平 成 判 決 ( 民 集 判 時 LEX/DB ) 在 ブ ラ ジ ル 被 爆 者 健 康 管 理 手 当 事 件 国 の 違 法 な 通 達 に よ っ て 権 利 行 使 を 妨 げ て い た 場 合 行 政 が 消 滅 時 効 を 主 張 す る こ と が 信 義 則 に 反 す る と さ れ た 事 例 以 上 の よ う な 事 情 の 下 に お い て は 上 告 人 ( 広 島 県 ) が 消 滅 時 効 を 主 張 し て 未 支 給 の 本 件 健 康 管 理 手 当 の 支 給 義 務 を 免 れ よ う と す る こ と は 違 法 な 通 達 を 定 め て 受 給 権 者 の 権 利 行 使 を 困 難 に し て い た 国 か ら 事 務 の 委 任 を 受 け 又 は 事 務 を 受 託 し 自 ら も 上 記 通 達 に 従 い 違 法 な 事 務 処 理 を し て い た 普 通 地 方 公 共 団 体 な い し そ の 機 関 自 身 が 受 給 権 者 に よ る そ の 権 利 の 不 行 使 を 理 由 と し て 支 払 義 務 を 免 れ よ う と す る に 等 し い も の と い わ ざ る を 得 な い そ う す る と 上 告 人 の 消 滅 時 効 の 主 張 は 402 号 通 達 が 発 出 さ れ て い る に も か か わ ら ず 当 該 被 爆 者 に つ い て は 同 通 達 に 基 づ く 失 権 の 取 扱 い に 対 し 訴 訟 を 提 起 す る な ど し て 自 己 の 権 利 を 行 使 す る こ と が 合 理 的 に 期 待 で き る 事 情 が あ っ た な ど の 特 段 の 事 情 の な い 限 り 信 義 則 に 反 し 許 さ れ な い も の と 解 す る の が 相 当 で あ る 本 件 に お い て 上 記 特 段 の 事 情 を 認 め る こ と は で き な い か ら 上 告 人 は 消 滅 時 効 を 主 張 し て 未 支 給 の 本 件 健 康 管 理 手 当 の 支 給 義 務 を 免 れ る こ と は で き な い も の と 解 さ れ る 主 な 下 級 審 事 例 東 京 地 裁 昭 和 判 決 ( 行 集 判 時 ケースフ ックp.212 LEX/DB ) 文 化 学 院 非 課 税 通 知 事 件 区 税 務 事 務 所 長 名 義 に よ る 固 定 資 産 税 非 課 税 通 知 が 発 さ れ て い た が そ れ が 誤 り で 行 政 法

4 あ る と し て 過 去 5 年 に 遡 り 固 定 資 産 税 を 賦 課 し た こ と に つ き 禁 反 言 の 法 理 に 反 す る と さ れ た 事 例 熊 本 地 裁 玉 名 支 部 昭 和 判 決 ( 判 時 LEX/DB ) 荒 尾 市 公 営 住 宅 建 設 計 画 中 止 事 件 市 の 住 宅 団 地 建 設 計 画 の 廃 止 が 市 の 要 望 に よ つ て 団 地 用 公 衆 浴 場 を 建 築 し た 者 に 対 す る 背 信 的 所 為 と 認 め ら れ る 場 合 市 首 長 に よ る 右 廃 止 措 置 は 本 条 に 該 当 す る 不 法 行 為 で あ る と さ れ た 事 例 ( TKC 要 旨 引 用 ) 東 京 高 裁 昭 和 判 決 ( 行 集 判 時 ) 在 日 韓 国 人 の 国 民 年 金 に 関 す る 区 の 国 民 年 金 勧 誘 員 か ら 指 導 を 受 け 国 民 年 金 保 険 料 を 納 入 し て い た に も か か わ ら ず 当 時 の 国 籍 条 項 を 理 由 に 国 民 年 金 支 給 裁 定 が 拒 否 さ れ た 事 件 で 信 頼 保 護 の 要 請 を 根 拠 に 拒 否 処 分 を 取 消 し た 福 島 地 裁 郡 山 支 部 平 成 判 決 ( 判 時 LEX/DB ) 郡 山 市 市 街 地 再 開 発 事 業 事 件 市 街 地 再 開 発 事 業 計 画 の 見 直 し が 右 施 策 に 動 機 づ け ら れ て 活 動 に 入 つ た 者 の 信 頼 に 反 し 社 会 観 念 上 看 過 す る こ と の で き な い 程 度 の 積 極 的 損 害 を 被 る と き は 当 事 者 間 に 形 成 さ れ た 信 頼 関 係 を 不 当 に 破 壊 す る も の と し て 違 法 性 を 帯 び 地 方 公 共 団 体 の 不 法 行 為 責 任 を 生 ぜ し め る も の と い う べ き で あ る と し た 事 例 但 し 控 訴 審 ( 仙 台 高 裁 平 成 判 決 = 判 時 ) 及 び 上 告 審 ( 最 高 裁 平 成 判 決 ) は 違 法 性 を 否 定 京 都 地 裁 平 成 判 決 ( 判 時 LEX/DB ) 風 俗 営 業 の 許 可 を 得 て マ ー ジ ャ ン 店 の 開 設 を 予 定 し て い た 者 が 警 察 官 か ら 許 可 が 可 能 で あ る と の 誤 っ た 指 導 を 受 け 建 築 工 事 に 着 手 し た が 許 可 が な さ れ な か っ た た め 損 害 を 被 っ た と し て 求 め た 損 害 賠 償 請 求 が 認 容 さ れ た 事 例 2 行 政 の 措 置 が 信 頼 保 護 原 則 に 違 反 す る も の で は な い と し た 事 例 最 高 裁 昭 和 判 決 ( 判 時 ケースフ ックp.219) 青 色 申 告 事 件 租 税 関 係 に お け る 信 義 則 の 適 用 に つ い て は 慎 重 で な け れ ば な ら ず 納 税 者 間 の 平 等 公 平 の 要 請 を 犠 牲 に し て も な お 納 税 者 の 信 頼 を 保 護 し な け れ ば 正 義 に 反 す る と い う よ う な 特 別 の 事 情 が 存 す る 場 合 に 初 め て 上 記 法 理 は 適 用 さ れ る と し た 事 例 ( 判 旨 は 3 に 記 載 ) 最 高 裁 平 成 判 決 ( 判 時 LEX/DB ) 本 件 は 有 罪 判 決 を 受 け て か ら 約 27 年 に わ た り 国 家 公 務 員 と し て 郵 便 局 に 勤 務 し て い た 者 ( 上 告 人 ) が 国 家 公 務 員 の 欠 格 事 由 ( 国 家 公 務 員 法 76 38) に 該 当 す る と し て 同 有 罪 判 決 の 確 定 し た 翌 日 ( 1973 年 12 月 22 日 ) に 失 職 し た 旨 の 人 事 異 動 通 知 書 の 交 付 を 2000 年 11 月 13 日 に 受 け た た め 雇 用 契 約 上 の 地 位 の 確 認 及 び 給 与 の 支 払 い を 請 求 し た 事 例 で あ る ( 当 初 被 告 は 国 で あ っ た が 郵 政 事 業 の 民 営 化 に あ た り 被 告 は 郵 政 事 業 株 式 会 社 と な っ て い る ) 本 件 の 失 職 の 通 知 は 法 律 規 定 に よ り 既 に 失 職 し て い る こ と を 通 知 す る も の で あ っ て こ の 通 知 で 公 務 員 免 職 と い う 効 果 を 発 生 さ せ る も の で は な い の で 行 政 処 分 で は な い そ の た め 取 消 訴 訟 で は な く 地 位 確 認 訴 訟 ( 公 法 上 の 当 事 者 訴 訟 ) と な る 前 記 事 実 関 係 等 に よ れ ば 上 告 人 が 失 職 事 由 の 発 生 後 も 長 年 に わ た り A 郵 便 局 に お い て 郵 便 集 配 業 務 に 従 事 し て き た の は 上 告 人 が 禁 錮 以 上 の 刑 に 処 せ ら れ た と い う 失 職 事 由 の 発 生 を 明 ら か に せ ず そ の た め A 郵 便 局 長 に お い て そ の 事 行 政 法

5 実 を 知 る こ と が な か っ た か ら で あ る 上 告 人 は 失 職 事 由 発 生 の 事 実 を 隠 し 通 し て 事 実 上 勤 務 を 継 続 し 給 与 の 支 給 を 受 け 続 け て い た も の に す ぎ ず 仮 に 上 告 人 に お い て 定 年 ま で 勤 務 す る こ と が で き る と の 期 待 を 抱 い た と し て も そ の よ う な 期 待 が 法 的 保 護 に 値 す る も の と は い え な い こ の こ と に 加 え 上 告 人 が 該 当 し た 国 家 公 務 員 法 38 条 2 号 の 欠 格 事 由 を 定 め る 規 定 が こ の 事 由 を 看 過 し て さ れ た 任 用 を 法 律 上 当 然 に 無 効 と す る よ う な 公 益 的 な 要 請 に 基 づ く 強 行 規 定 で あ る こ と な ど に か ん が み る と 被 上 告 人 郵 便 事 業 株 式 会 社 に お い て 上 告 人 の 失 職 を 主 張 す る こ と が 信 義 則 に 反 し 権 利 の 濫 用 に 当 た る も の と い う こ と は で き な い こ の 法 廷 意 見 に 対 し 泉 裁 判 官 が 反 対 意 見 を 述 べ て い る 泉 裁 判 官 は 次 の よ う に 一 般 論 を 述 べ た 上 で 本 件 に つ き 失 職 扱 い と す る こ と は 信 義 則 権 利 濫 用 禁 止 の 法 理 に 照 ら し 許 さ れ な い と し て い る 上 告 人 の よ う な 現 業 の 郵 政 事 務 官 の 勤 務 関 係 は 基 本 的 に は 公 法 的 規 律 に 服 す る 公 法 上 の 関 係 で あ る が ( 最 高 裁 昭 和 46 年 ( 行 ツ ) 第 14 号 同 49 年 7 月 19 日 第 二 小 法 廷 判 決 民 集 28 巻 5 号 897 頁 参 照 ) 公 法 上 の 関 係 に お い て も 法 の 一 般 原 理 で あ る 信 義 則 権 利 濫 用 禁 止 の 法 理 が 適 用 さ れ る こ と は い う ま で も な い そ し て 無 効 の 要 件 を 具 備 し た 瑕 疵 あ る 行 政 行 為 で あ っ て も 長 年 に わ た り 維 持 継 続 さ れ る こ と に よ っ て そ れ を 無 効 と す る こ と が 相 手 方 の 信 頼 を 裏 切 り 法 律 生 活 の 安 定 を 害 す る と か 社 会 公 共 の 福 祉 に 重 大 な 影 響 を 及 ぼ す お そ れ が あ る 場 合 が あ る と こ ろ そ れ を 無 効 と す る こ と の 公 益 上 の 必 要 性 が 低 下 し 一 方 で 相 手 方 の 信 頼 を 保 護 し 法 律 生 活 の 安 定 を 図 る 必 要 性 が 著 し く 増 大 し て い る 場 合 に あ っ て は 信 義 則 権 利 濫 用 禁 止 の 法 理 に 照 ら し 行 政 庁 に お い て 当 該 行 政 行 為 の 無 効 を 主 張 す る こ と が 許 さ れ な い と 解 す る 余 地 が あ る ( 田 中 二 郎 行 政 法 総 論 342 頁 参 照 ) 行 政 の 措 置 が 信 義 則 に 違 反 す る 違 法 な も の で あ る と の 主 張 を 排 斥 し た 最 高 裁 判 例 は 少 な く な い 例 え ば 郡 山 市 市 街 地 再 開 発 事 業 事 件 の 最 高 裁 平 成 判 決 ( 判 例 自 治 ) や 税 務 職 員 の 説 明 に 反 し て 更 正 処 分 が な さ れ た 事 例 で 信 義 則 違 反 の 主 張 を 採 用 し な か っ た 最 高 裁 平 成 判 決 ( 税 務 訴 訟 資 料 LEX/DB ) な ど 下 級 審 の 事 例 と し て 東 京 高 裁 昭 和 判 決 ( 行 集 ) 文 化 学 院 事 件 控 訴 審 東 京 地 裁 昭 和 判 決 ( 判 時 LEX/DB ) 日 本 国 籍 の な い 者 の 国 民 年 金 受 給 権 仙 台 高 裁 平 成 判 決 ( 判 時 ) 郡 山 市 市 街 地 再 開 発 事 業 事 件 控 訴 審 和 歌 山 地 裁 平 成 判 決 ( LEX/DB ) 障 害 基 礎 年 金 の 遡 及 的 取 消 3 信 頼 保 護 法 理 と 法 治 主 義 ( 適 法 行 政 の 要 請 ) と の 関 係 a ) 1 の 事 例 で は 信 頼 保 護 法 理 を 適 用 し て 行 政 の 措 置 を 違 法 と す る こ と と 適 法 行 政 の 要 請 は 矛 盾 す る も の で は な い 企 業 誘 致 に 関 す る 事 例 は 政 策 の 変 更 が 違 法 な の で は な く 損 害 を 補 償 す る 等 の 代 替 措 置 を 講 ず る こ と な く 政 策 を 変 更 し て 事 業 者 に 不 測 の 損 失 を 与 え た こ と が 違 法 と さ れ た の で あ る b ) 他 方 租 税 ( 青 色 申 告 ) に 関 す る 事 例 は 相 手 方 の 信 頼 を 保 護 し 青 色 申 告 納 行 政 法

6 税 を 肯 定 す る と 租 税 法 規 に 違 反 す る 事 態 が 生 じ る こ こ で は 信 頼 保 護 か 法 律 に よ る 行 政 か が 正 面 か ら 衝 突 し て い る か か る 場 合 最 高 裁 判 決 は 信 頼 保 護 法 理 の 適 用 に 慎 重 で あ る 上 記 の 青 色 申 告 事 件 最 高 裁 昭 和 判 決 ( 判 時 ケースフ ックp.219 LEX/DB ) は 租 税 法 規 に 適 合 す る 課 税 処 分 に つ い て 法 の 一 般 原 理 で あ る 信 義 則 の 法 理 の 適 用 に よ り 右 課 税 処 分 を 違 法 な も の と し て 取 り 消 す こ と が で き る 場 合 が あ る と し て も 法 律 に よ る 行 政 の 原 理 な か ん ず く 租 税 法 律 主 義 の 原 則 が 貫 か れ る べ き 租 税 法 律 関 係 に お い て は 右 法 理 の 適 用 に つ い て は 慎 重 で な け れ ば な ら ず 租 税 法 規 の 適 用 に お け る 納 税 者 間 の 平 等 公 平 と い う 要 請 を 犠 牲 に し て も な お 当 該 課 税 処 分 に 係 る 課 税 を 免 れ し め て 納 税 者 の 信 頼 を 保 護 し な け れ ば 正 義 に 反 す る と い え る よ う な 特 別 の 事 情 が 存 す る 場 合 に 初 め て 右 法 理 の 適 用 の 是 非 を 考 え る べ き も の で あ る そ し て 右 特 別 の 事 情 が 存 す る か ど う か の 判 断 に 当 た っ て は 少 な く と も 1 税 務 官 庁 が 納 税 者 に 対 し 信 頼 の 対 象 と な る 公 的 見 解 を 表 示 し た こ と に よ り 2 納 税 者 が そ の 表 示 を 信 頼 し そ の 信 頼 に 基 づ い て 行 動 し た と こ ろ 3 の ち に 右 表 示 に 反 す る 課 税 処 分 が 行 わ れ 4 そ の た め に 納 税 者 が 経 済 的 不 利 益 を 受 け る こ と に な っ た も の で あ る か ど う か ま た 5 納 税 者 が 税 務 官 庁 の 右 表 示 を 信 頼 し そ の 信 頼 に 基 づ い て 行 動 し た こ と に つ い て 納 税 者 の 責 め に 帰 す べ き 事 由 が な い か ど う か と い う 点 の 考 慮 は 不 可 欠 の も の で あ る と い わ な け れ ば な ら な い と し て い る ( 番 号 は 石 崎 ) そ し て こ の 事 件 に つ い て は 1 を 否 定 し て 本 件 処 分 を 取 り 消 し た 原 判 決 を 破 棄 し て い る 最 高 裁 の 判 旨 は 1 か ら 5 ま で が 信 頼 保 護 の 利 益 が 租 税 法 律 主 義 の 要 請 を 上 回 る た め の 必 要 最 小 限 の 要 件 で あ る と し て い る ( こ れ に つ い て は 宇 賀 Ⅰ p.43 以 下 に 詳 し い ) 租 税 事 件 に 関 し て 禁 反 言 の 適 用 を 認 め て 課 税 処 分 を 違 法 と し た 事 例 と し て 上 記 文 化 学 院 非 課 税 通 知 事 件 東 京 地 裁 昭 和 判 決 ( 行 集 判 時 ケース フ ックp.212) が あ る が 東 京 高 裁 昭 和 判 決 ( 行 集 ) は 課 税 処 分 を 適 法 と し た c ) 適 法 行 政 の 原 理 と 信 頼 保 護 の 要 請 が 衝 突 す る 場 合 と し て 社 会 保 障 に 関 す る 事 例 も あ る 東 京 高 裁 昭 和 判 決 ( 行 集 判 時 LEX/DB ) 控 訴 人 が 国 民 年 金 被 保 険 者 と し て の 手 続 を し た の は 荒 川 区 の 国 民 年 金 勧 奨 員 の 勧 誘 に よ る も の で あ つ て 控 訴 人 側 で は 右 勧 奨 員 に 控 訴 人 が 韓 国 籍 で あ る こ と を 告 げ て お り 右 手 続 を し た こ と に つ い て 控 訴 人 側 に 責 め る べ き 事 情 が な い こ と 控 訴 人 は 国 民 年 金 被 保 険 者 の 義 務 た る 保 険 料 の 支 払 を す べ て 終 了 し て い る こ と 行 政 当 局 は 昭 和 36 年 か ら 昭 和 51 年 ま で 15 年 余 に わ た つ て 控 訴 人 を 国 民 年 金 被 保 険 者 な い し 60 歳 に 達 し た こ と に よ り 右 資 格 を 喪 失 し た 者 と し て 取 扱 つ た こ と が 認 め ら れ る 右 の よ う な 経 過 に 弁 論 の 全 趣 旨 を も 合 わ せ る と 控 訴 人 は 自 己 に 国 民 年 金 被 保 険 者 の 資 格 が あ る と 信 じ 将 来 被 控 訴 人 が 老 齢 年 金 等 の 給 付 を す る も の と 期 待 し 信 頼 し て 右 期 待 信 頼 を 前 提 に 保 険 料 の 支 払 を 続 け た こ と が 明 ら か で あ り ま た 右 経 過 か ら み て 控 訴 人 が そ の よ う に 信 じ た こ と を あ な が ち 軽 率 で あ つ た と い う こ と は で き な い 右 の よ う な 信 頼 関 係 が 生 じ た 当 事 者 間 に お い て そ の 信 頼 関 係 を 覆 す こ と が 許 さ れ る か ど う か は 事 柄 の 公 益 的 性 格 に 考 慮 を も 含 め た 信 義 衡 平 の 原 則 に よ つ て 規 律 さ れ る べ き も の で あ り 特 に 拠 出 制 の 国 民 年 金 制 度 に お い て は 被 保 険 者 の 保 険 料 負 担 と 老 齢 年 金 等 の 給 付 は あ る 程 度 対 価 的 関 係 に あ る か ら こ の 点 か ら も 控 訴 人 の 右 信 頼 は 法 的 保 護 を 要 請 さ れ 行 政 法

7 る も の で あ る し か し 東 京 地 裁 昭 和 判 決 ( 判 時 LEX/DB ) は 日 本 国 籍 の な い 者 が 長 期 間 国 民 年 金 保 険 料 を 納 付 し て き た が あ と 8ヶ 月 保 険 料 を 納 付 す れ ば 受 給 権 を 取 得 で き る 時 期 に 東 京 都 福 祉 局 国 民 年 金 部 長 が 受 給 資 格 が な い こ と を 確 認 し て 過 誤 納 額 還 付 通 知 を 行 っ た 事 件 で あ る が 未 だ 受 給 権 が 発 生 し て い な い こ と を 理 由 に 法 律 の 明 文 規 定 の 適 用 を 排 除 し て で も 原 告 を 保 護 す べ き 特 段 の 事 情 あ り と 解 す る に は 不 充 分 と 考 え る と し て い る 東 京 地 裁 平 成 判 決 ( 判 時 LEX/DB ) 障 害 基 礎 年 金 支 給 停 止 事 件 併 給 調 整 さ れ る べ き 二 つ の 年 金 が 約 4 年 間 に わ た っ て 併 給 調 整 の 存 在 に つ き 善 意 の 原 告 に 支 払 わ れ 受 給 者 に そ の 誤 信 に つ き 過 失 が な く 生 活 保 護 を 受 給 し な い 限 り 既 払 分 の 年 金 を 返 還 す る こ と が で き な い な ど の 事 情 の 下 で は 社 会 保 険 庁 長 官 が こ の 返 還 を 求 め る こ と は 許 さ れ な い が 支 給 停 止 処 分 自 体 は 適 法 で あ る と さ れ た 事 例 ( TKC LEX/DBの 要 旨 を 引 用 ) 障 害 年 金 裁 定 取 消 事 件 昭 和 52 年 に 受 け た 厚 生 年 金 保 険 法 に 基 づ く 障 害 年 金 の 支 給 裁 定 を 平 成 13 年 に 社 会 保 険 庁 長 官 が 取 り 消 し て 年 金 額 を 昭 和 55 年 に 遡 っ て 減 額 す る 裁 定 処 分 の 取 消 及 び 不 当 利 得 返 還 を 請 求 し た 事 件 第 一 審 東 京 地 裁 平 成 判 決 ( 訟 月 ) は 信 義 則 違 反 が あ る と し て 裁 定 処 分 を 取 り 消 し た 控 訴 審 東 京 高 裁 平 成 判 決 ( 判 時 ) は 信 義 則 違 反 の 違 法 は な い と し た ( 3 ) 権 利 ( 権 限 ) の 濫 用 禁 止 の 原 則 1 行 政 権 限 の 濫 用 禁 止 原 則 行 政 は 法 の 目 的 と 関 係 な い 目 的 の た め に そ の 権 限 を 行 使 し て は な ら な い 最 高 裁 昭 和 判 決 ( 民 集 判 時 889-9) 風 俗 営 業 の 進 出 を 阻 止 す る た め に 児 童 公 園 を 急 拠 認 可 し た 措 置 が 裁 量 権 の 濫 用 で あ る と さ れ た 事 例 こ れ ら は 主 に 行 政 裁 量 を 統 制 す る 法 理 ( 不 正 な 動 機 あ る い は 他 事 考 慮 に よ る 権 限 行 使 の 禁 止 ) と し て 議 論 さ れ て お り 上 記 事 例 と 併 せ て 後 の 行 政 裁 量 論 の と こ ろ で 扱 う 過 剰 な 権 限 行 使 も 権 限 の 濫 用 で あ ろ う が そ れ は ( 5 ) の 比 例 原 則 と し て 議 論 さ れ て い る 2 権 利 濫 用 禁 止 原 則 が 国 民 の 申 請 権 の 濫 用 を 制 約 す る 法 理 と し て 議 論 さ れ る こ と も あ る ( 櫻 井 橋 本 p.26の 他 宇 賀 Ⅰ p.52に 詳 し い ) ( 4 ) 平 等 原 則 1 こ れ は 憲 法 原 理 で あ る が ( 憲 法 14) さ ら に 租 税 関 係 や 公 共 施 設 利 用 関 係 な ど 多 く の 個 別 法 律 で も 実 定 化 さ れ て い る 行 政 法

8 最 高 裁 平 成 判 決 ( 民 集 判 時 LEX/DB ) 上 尾 福 祉 会 館 事 件 公 共 施 設 ( 福 祉 会 館 ) の 利 用 拒 否 が 違 法 と さ れ た 事 例 本 件 会 館 は 地 方 自 治 法 244 条 に い う 公 の 施 設 に 当 た る か ら 被 上 告 人 は 正 当 な 理 由 が な い 限 り こ れ を 利 用 す る こ と を 拒 ん で は な ら ず ( 同 条 2 項 ) ま た そ の 利 用 に つ い て 不 当 な 差 別 的 取 扱 い を し て は な ら な い ( 同 条 3 項 ) 2 こ こ で も 平 等 原 則 と 租 税 法 律 主 義 と が 衝 突 す る こ と が あ る 大 阪 高 裁 昭 和 判 決 ( 判 時 LEX/DB ) ス コ ッ チ ラ イ ト 事 件 あ る 物 品 に つ き 20%の 税 率 を 課 し て い た 税 関 が 多 数 で あ る 場 合 唯 一 30%の 税 率 を 課 し て い た 税 関 の 解 釈 が 正 し い も の で あ っ た と し て も 法 律 の 規 定 に 違 反 し て 多 数 の 税 務 官 庁 が 採 用 し た 軽 減 税 率 が 正 当 な も の と さ れ 法 定 の 税 率 に 従 っ た 課 税 処 分 が 違 法 で あ る と さ れ た 事 例 ( 但 し 処 分 が 無 効 と ま で は い え な い と し て 国 に 対 す る 不 当 利 得 返 還 請 求 は 棄 却 し た ) 違 法 な 行 政 処 分 は 行 政 処 分 を 取 消 う る 場 合 と 行 政 処 分 が 無 効 と な る 場 合 に 分 か れ る 取 消 と 無 効 は ど う 違 う の か い か な る 場 合 に 無 効 と な る の か は 後 の 行 政 処 分 の 瑕 疵 の と こ ろ で 扱 う 相 続 人 の 間 で 課 税 に 不 平 等 が 生 じ た と し て も 課 税 処 分 が 違 法 無 効 と な る こ と は な い と し た 事 例 と し て 最 高 裁 平 成 判 決 ( 税 務 訴 訟 資 料 LEX/DB ) が あ る が 判 決 文 は 極 め て 短 い の で 平 等 原 則 違 反 の 有 無 に つ い て は 東 京 地 裁 昭 和 判 決 ( LEX/DB ) を 読 む と 良 い ( 5 ) 比 例 原 則 比 例 原 則 と は 規 制 対 象 の 社 会 的 害 悪 と 規 制 措 置 に は 均 衡 が 保 た れ て い な け れ ば な ら ず 過 剰 な 規 制 措 置 は 許 さ れ な い と い う 考 え 警 察 官 職 務 執 行 法 1に 規 定 が あ る が 比 例 原 則 は 規 制 行 政 一 般 に 妥 当 す る 法 理 で あ る と 考 え ら れ て い る 最 近 の 憲 法 学 行 政 法 学 で は 比 例 原 則 の 重 要 性 に 注 目 が 集 ま っ て い る 最 高 裁 平 成 判 決 ( 判 時 LEX/DB ) 君 が 代 斉 唱 日 の 丸 起 立 義 務 違 反 懲 戒 処 分 事 件 過 去 2 年 度 の 3 回 の 卒 業 式 等 に お け る 不 起 立 行 為 に よ る 懲 戒 処 分 を 受 け て い る こ と の み を 理 由 に 同 上 告 人 に 対 す る 懲 戒 処 分 と し て 停 職 処 分 を 選 択 し た 都 教 委 の 判 断 は 停 職 期 間 の 長 短 に か か わ ら ず 処 分 の 選 択 が 重 き に 失 す る も の と し て 社 会 観 念 上 著 し く 妥 当 を 欠 き 上 記 停 職 処 分 は 懲 戒 権 者 と し て の 裁 量 権 の 範 囲 を 超 え る も の と し て 違 法 の 評 価 を 免 れ な い と 解 す る の が 相 当 で あ る 最 高 裁 昭 和 判 決 ( 判 例 自 治 労 働 判 例 LEX/DB ) 山 口 学 力 テ ス ト 事 件 原 審 の 認 定 に 係 る 処 分 事 由 を 前 提 と す る 限 り こ れ に 対 し 懲 戒 免 職 処 分 を も っ て 臨 ん だ こ と は 過 酷 に 失 し 社 会 通 念 上 著 し く 妥 当 を 欠 き 裁 量 権 の 範 囲 を 超 え た も の と し た 原 審 の 判 断 は こ れ を 是 認 す る こ と が で き る と し た 事 例 岡 山 地 裁 平 成 判 決 ( 判 例 自 治 ) 30 日 間 の 営 業 停 止 処 分 が 重 す ぎ る と し て 7 日 間 を 超 え る 部 分 を 取 消 し た 事 例 福 岡 地 裁 平 成 判 決 ( 判 時 ) 生 活 保 護 廃 止 事 件 行 政 法

9 生 活 保 護 を 受 け て い た 者 が 自 動 車 を 使 用 し た こ と を 理 由 と し て 保 護 の 廃 止 処 分 を し た こ と が 相 当 性 を 欠 く と し た 事 例 東 京 地 裁 平 成 判 決 ( 判 時 ) 不 法 滞 在 者 に 対 す る 退 去 強 制 処 分 が 比 例 原 則 に 反 す る と し た 事 例 但 し 控 訴 審 ( 東 京 高 裁 平 成 判 決 = 訟 月 ) は 処 分 の 違 法 性 を 否 定 福 岡 高 裁 平 成 判 決 ( 判 タ LEX/DB ) 中 学 校 教 員 の 懲 戒 免 職 処 分 が 重 す ぎ る と し て そ れ を 取 消 し た 事 例 ( 6 ) 配 慮 義 務 に つ い て ( 国 民 の 権 利 や 地 位 を 不 当 に 害 す る こ と の な い よ う に 配 慮 す る 義 務 ) 1 近 年 の 最 高 裁 判 決 で 行 政 は 国 民 の 権 利 や 地 位 を 不 当 に 害 す る こ と の な い よ う に 配 慮 す る 義 務 を 負 う と し て い る も の が あ る 但 し 次 の 最 高 裁 判 決 は 個 別 事 案 に 即 し て 論 じ て お り 一 般 法 原 則 と 言 い う る か ど う か は ま だ 不 明 で あ る ( 私 は 一 般 法 原 則 た り 得 る と 考 え た い ) 最 高 裁 平 成 判 決 ( 民 集 判 時 ケースフ ックp.227 LEX/DB ) 紀 伊 長 島 町 水 道 水 源 保 護 条 例 事 件 本 件 条 例 は 水 源 保 護 地 域 内 に お い て 対 象 事 業 を 行 お う と す る 事 業 者 に あ ら か じ め 町 長 と の 協 議 を 求 め る と と も に 当 該 協 議 の 申 出 が さ れ た 場 合 に は 町 長 は 規 制 対 象 事 業 場 と 認 定 す る 前 に 審 議 会 の 意 見 を 聴 く な ど し て 慎 重 に 判 断 す る こ と と し て い る と こ ろ 規 制 対 象 事 業 場 認 定 処 分 が 事 業 者 の 権 利 に 対 し て 重 大 な 制 限 を 課 す も の で あ る こ と を 考 慮 す る と 上 記 協 議 は 本 件 条 例 の 中 で 重 要 な 地 位 を 占 め る 手 続 で あ る と い う こ と が で き る そ し て 前 記 事 実 関 係 等 に よ れ ば 本 件 条 例 は 上 告 人 が 三 重 県 知 事 に 対 し て し た 産 業 廃 棄 物 処 理 施 設 設 置 許 可 の 申 請 に 係 る 事 前 協 議 に 被 上 告 人 が 関 係 機 関 と し て 加 わ っ た こ と を 契 機 と し て 上 告 人 が 町 の 区 域 内 に 本 件 施 設 を 設 置 し よ う と し て い る こ と を 知 っ た 町 が 制 定 し た も の で あ り 被 上 告 人 は 上 告 人 が 本 件 条 例 制 定 の 前 に 既 に 産 業 廃 棄 物 処 理 施 設 設 置 許 可 の 申 請 に 係 る 手 続 を 進 め て い た こ と を 了 知 し て お り ま た 同 手 続 を 通 じ て 本 件 施 設 の 設 置 の 必 要 性 と 水 源 の 保 護 の 必 要 性 と を 調 和 さ せ る た め に 町 と し て ど の よ う な 措 置 を 執 る べ き か を 検 討 す る 機 会 を 与 え ら れ て い た と い う こ と が で き る そ う す る と 被 上 告 人 と し て は 上 告 人 に 対 し て 本 件 処 分 を す る に 当 た っ て は 本 件 条 例 の 定 め る 上 記 手 続 に お い て 上 記 の よ う な 上 告 人 の 立 場 を 踏 ま え て 上 告 人 と 十 分 な 協 議 を 尽 く し 上 告 人 に 対 し て 地 下 水 使 用 量 の 限 定 を 促 す な ど し て 予 定 取 水 量 を 水 源 保 護 の 目 的 に か な う 適 正 な も の に 改 め る よ う 適 切 な 指 導 を し 上 告 人 の 地 位 を 不 当 に 害 す る こ と の な い よ う 配 慮 す べ き 義 務 が あ っ た も の と い う べ き で あ っ て 本 件 処 分 が そ の よ う な 義 務 に 違 反 し て さ れ た も の で あ る 場 合 に は 本 件 処 分 は 違 法 と な る と い わ ざ る を 得 な い 2 不 利 益 的 変 更 を す る 場 合 に 激 変 緩 和 措 置 が 求 め ら れ そ れ を 欠 く 不 利 益 変 更 措 置 が 違 法 ( 裁 量 濫 用 ) と さ れ る こ と が あ る 生 活 保 護 の 老 齢 加 算 廃 止 を 争 っ た 福 岡 高 裁 平 成 判 決 ( 判 時 LEX/ DB ) は 次 の よ う に 述 べ て 今 般 の 生 活 保 護 老 齢 加 算 廃 止 を 違 法 と し た 老 齢 加 算 の 廃 止 は 既 に 老 齢 加 算 を 前 提 と す る 保 護 を 受 け て い る 被 保 護 者 に と っ て は 支 給 額 の 相 当 程 度 の 減 額 を 意 味 す る と こ ろ 本 件 記 述 の う ち 老 齢 加 算 の 廃 止 と い う 方 向 性 と 並 ん で 重 要 な 事 項 で あ る 本 件 た だ し 書 の 内 容 に つ い て 何 ら 検 討 せ ず 同 じ く 重 要 な 事 項 で あ る 激 変 緩 和 措 置 に つ い て 十 分 検 討 す る こ と な く 中 間 取 り ま と め が 老 齢 加 算 を 廃 止 の 方 向 で 見 直 す べ き で あ る と し た こ と な ど の 理 由 で 行 わ れ た 本 件 保 護 基 準 の 改 定 は 考 慮 す べ き 事 項 を 十 分 考 慮 し て お ら ず 又 は 考 慮 し 行 政 法

10 た 事 項 に 対 す る 評 価 が 明 ら か に 合 理 性 を 欠 き そ の 結 果 社 会 通 念 に 照 ら し 著 し く 妥 当 性 を 欠 い た も の と い う こ と が で き る し た が っ て 本 件 保 護 基 準 の 改 定 は 裁 量 権 の 逸 脱 又 は 濫 用 と し て 正 当 な 理 由 の な い 保 護 基 準 の 不 利 益 変 更 に 当 た る と い う べ き で あ る 本 判 決 は 激 変 緩 和 措 置 を 一 般 法 原 則 と し て 認 め た も の で は な く 老 齢 加 算 廃 止 に 当 た っ て 厚 生 労 働 省 の 専 門 委 員 会 の 中 間 取 り ま と め が 激 変 緩 和 措 置 を と る べ き だ と の 意 見 を 述 べ て い た に も 拘 わ ら ず そ の 措 置 を 取 ら な か っ た こ と を 問 題 視 し て い る も の で あ る こ と は 注 意 し て お く べ き 本 件 の 上 告 審 で あ る 最 高 裁 平 成 判 決 ( 判 タ LEX/DB ) は 今 回 の 老 齢 加 算 廃 止 が 中 間 取 り ま と め の 意 見 を 踏 ま え た 検 討 を 経 て い な い も の と い う こ と は で き ず 全 体 と し て そ の 意 見 の 趣 旨 と 一 致 し な い も の で あ っ た と も 解 し 難 い と し さ ら に 審 理 が 必 要 で あ る と し て 福 岡 高 裁 に 差 し 戻 し た ( 7 ) そ の 他 不 利 益 法 規 の 不 遡 及 原 則 に 関 す る 最 近 の 事 例 と し て 福 岡 地 裁 平 成 判 決 ( 判 時 ) が あ る 本 判 決 は 住 宅 を 譲 渡 し た こ と に よ り 長 期 譲 渡 所 得 の 計 算 上 損 失 に つ き 税 務 署 長 が 法 律 の 改 正 に よ り 損 益 通 算 で き な く な っ た こ と を 理 由 に 行 っ た 更 正 ( 課 税 額 の 変 更 ) を し な い 旨 の 通 知 ( 処 分 ) に 対 す る 取 消 訴 訟 本 件 改 正 は 上 記 特 例 措 置 の 適 用 も な く 損 益 通 算 の 適 用 を 受 け ら れ な く な っ た 原 告 に 適 用 さ れ る 限 り に お い て 租 税 法 規 不 遡 及 の 原 則 ( 憲 法 8 4 条 ) に 違 反 し 違 憲 無 効 と い う べ き で あ る 3 行 政 活 動 と 民 事 法 ( 1 ) 行 政 活 動 に お け る 民 事 法 の 適 用 1 既 に 述 べ た よ う に 今 日 の 行 政 活 動 は 非 権 力 的 な 手 法 で な さ れ る こ と が 多 く そ の 場 合 法 律 上 特 別 の 規 定 の な い 限 り 民 法 等 が 適 用 さ れ る 2 行 政 に 特 有 の 作 用 で あ っ て も 民 法 等 の 適 用 が 当 然 に 排 除 さ れ る わ け で は な い ( 2 ) 民 法 法 理 の 適 用 を 肯 定 し た 主 要 な 最 高 裁 判 例 1 民 法 177 条 の 適 用 に つ い て 最 高 裁 昭 和 判 決 ( 民 集 判 時 73-3 LEX/DB ) 滞 納 処 分 に よ る 差 押 の 関 係 に つ き 民 法 177( 登 記 の 対 抗 力 ) が 適 用 さ れ る と し た 事 例 国 税 滞 納 処 分 に お い て は 国 は そ の 有 す る 租 税 債 権 に つ き 自 ら 執 行 機 関 と し て 強 制 執 行 の 方 法 に よ り そ の 満 足 を 得 よ う と す る も の で あ つ て 滞 納 者 の 財 産 を 差 し 押 え た 国 の 地 位 は あ た か も 民 事 訴 訟 法 上 の 強 制 執 行 に お け る 差 押 債 権 者 の 地 位 に 類 す る も の で あ り 租 税 債 権 が た ま た ま 公 法 上 の も の で あ る こ と は こ の 関 係 に お い て 国 が 一 般 私 法 上 の 債 権 者 よ り 不 利 益 の 取 扱 を 受 け る 理 由 と な る も の で は な い そ れ 故 滞 納 処 分 に よ る 差 押 の 関 係 に お い て も 民 法 177 条 の 適 用 が あ る も の と 解 す る の が 相 当 で あ る 最 高 裁 昭 和 判 決 ( 民 集 判 時 LEX/DB ) 供 用 開 始 処 分 の あ っ た 道 路 敷 地 に つ き 民 法 177( 登 記 の 対 抗 力 ) が 適 用 さ れ る と し た 事 例 行 政 法

11 当 初 適 法 に 供 用 開 始 行 為 が な さ れ 道 路 と し て 使 用 が 開 始 さ れ た 以 上 当 該 道 路 敷 地 に つ い て は 公 物 た る 道 路 の 構 成 部 分 と し て 道 路 法 所 定 ( 道 路 法 4 条 旧 道 路 法 6 条 ) の 制 限 が 加 え ら れ る こ と と な る そ し て そ の 制 限 は 当 該 道 路 敷 地 が 公 の 用 に 供 せ ら れ た 結 果 発 生 す る も の で あ つ て 道 路 敷 地 使 用 の 権 原 に 基 づ く も の で は な い か ら そ の 後 に 至 つ て 道 路 管 理 者 が 対 抗 要 件 を 欠 く た め 右 道 路 敷 地 の 使 用 権 原 を も つ て 後 に 右 敷 地 の 所 有 権 を 取 得 し た 第 三 者 に 対 抗 し え な い こ と と な つ て も 当 該 道 路 の 廃 止 が な さ れ な い か ぎ り 敷 地 所 有 権 に 加 え ら れ た 右 制 限 は 消 滅 す る も の で は な い し た が つ て そ の 後 に 当 該 敷 地 の 所 有 権 を 取 得 し た 右 の 第 三 者 は 上 記 の 制 限 の 加 わ つ た 状 態 に お け る 土 地 所 有 権 を 取 得 す る に す ぎ な い も の と 解 す べ き で あ り 道 路 管 理 者 に 対 し 当 該 道 路 敷 地 た る 土 地 に つ い て そ の 使 用 収 益 権 の 行 使 が 妨 げ ら れ て い る こ と を 理 由 と し て 損 害 賠 償 を 求 め る こ と は で き な い も の と い わ な け れ ば な ら な い 2 民 法 の 時 効 規 定 の 適 用 に つ い て そ も そ も 公 共 用 財 産 に 取 得 時 効 が 適 用 さ れ る か と い う 問 題 が あ っ た が 公 用 が 廃 止 さ れ た と き は 取 得 時 効 が 成 立 す る と し た 最 高 裁 昭 和 判 決 ( 民 集 判 時 LEX/DB ) 公 共 用 財 産 と し て の 形 態 機 能 を 全 く 喪 失 し た 公 共 用 財 産 に つ い て 黙 示 的 に 公 用 が 廃 止 さ れ た も の と し て こ れ に 対 す る 取 得 時 効 を 認 め た 事 例 公 共 用 財 産 が 長 年 の 間 事 実 上 公 の 目 的 に 供 用 さ れ る こ と な く 放 置 さ れ 公 共 用 財 産 と し て の 形 態 機 能 を 全 く 喪 失 し そ の 物 の う え に 他 人 の 平 穏 か つ 公 然 の 占 有 が 継 続 し た が そ の た め 実 際 上 公 の 目 的 が 害 さ れ る よ う な こ と も な く も は や そ の 物 を 公 共 用 財 産 と し て 維 持 す べ き 理 由 が な く な つ た 場 合 に は 右 公 共 用 財 産 に つ い て は 黙 示 的 に 公 用 が 廃 止 さ れ た も の と し て こ れ に つ い て 取 得 時 効 の 成 立 を 妨 げ な い も の と 解 す る の が 相 当 で あ る 当 該 財 産 が 公 用 財 産 ( 公 共 用 財 産 を 含 む ) と し て 供 用 さ れ て い る 限 り は 取 得 時 効 は 成 立 し な い こ れ が 基 本 で あ る 上 記 判 例 は そ の 裏 命 題 で 公 用 廃 止 が あ れ ば 取 得 時 効 が 成 立 し う る と い う も の 従 前 の 判 例 で は 公 共 用 財 産 の 用 途 廃 止 に は 明 示 の 公 用 廃 止 処 分 が な け れ ば な ら な い と し て い た の で 黙 示 の 公 用 廃 止 を 認 め た こ と も こ の 判 決 の 新 判 断 で あ る な お 公 用 目 的 に 供 さ れ て い る 限 り 時 効 取 得 は 生 じ な い 実 務 で は こ の よ う な 事 件 と は 逆 に 私 人 の 所 有 す る 土 地 が 道 路 な ど 公 用 に 供 さ れ て い て 行 政 団 体 側 が 取 得 時 効 を 援 用 し て 所 有 権 確 認 を 求 め る 事 例 が 少 な く な い こ の 判 例 を 引 用 し 公 有 水 面 埋 立 後 竣 工 認 可 を 受 け て い な い 土 地 が も は や 公 有 水 面 に 復 元 さ れ る こ と な く 私 法 上 の 土 地 所 有 権 の 対 象 と な る 土 地 と し て 確 定 し か つ 公 有 水 面 と し て の 公 用 が 黙 示 に 廃 止 さ れ た も の と し て 時 効 取 得 を 認 め た 最 近 の 事 例 に 最 高 裁 平 成 判 決 ( 民 集 判 時 ) が あ る ま た 道 路 に 関 し て 黙 示 の 公 用 廃 止 を 認 め た も の に 大 阪 高 裁 平 成 ( 判 時 1843ー77) 国 及 び 自 治 体 に 対 す る 金 銭 債 権 金 銭 債 務 に 関 し て は 会 計 法 30 及 び 地 方 自 治 法 236が 民 法 と は 異 な る 規 定 を し て い る 会 計 法 30は 国 の 金 銭 債 権 及 び 国 に 対 す る 金 銭 債 権 の 消 滅 時 効 を 5 年 と し 時 効 の 援 用 を 要 し な い と し て い る し か し 行 政 団 体 と の 法 律 関 係 で あ っ て も 民 法 の 一 般 規 定 が 適 用 さ れ る こ と も あ る 最 高 裁 昭 和 判 決 ( 民 集 判 時 LEX/DB ) 自 衛 隊 員 の 勤 務 中 の 事 故 に つ き 国 の 安 全 配 慮 義 務 違 反 に よ る 損 害 賠 償 責 任 を 求 め 行 政 法

12 損 害 賠 償 請 求 権 の 消 滅 時 効 を 民 法 1671 に よ り 10 年 と し た 事 例 最 高 裁 は 会 計 法 30 条 が 金 銭 の 給 付 を 目 的 と す る 国 の 権 利 及 び 国 に 対 す る 権 利 に つ き 5 年 の 消 滅 時 効 期 間 を 定 め た の は 国 の 権 利 義 務 を 早 期 に 決 済 す る 必 要 が あ る な ど 主 と し て 行 政 上 の 便 宜 を 考 慮 し た こ と に 基 づ く も の で あ る か ら 同 条 の 5 年 の 消 滅 時 効 期 間 の 定 め は 右 の よ う な 行 政 上 の 便 宜 を 考 慮 す る 必 要 が あ る 金 銭 債 権 で あ つ て 他 に 時 効 期 間 に つ き 特 別 の 規 定 の な い も の に つ い て 適 用 さ れ る も の と 解 す べ き で あ る と し て い る 本 判 決 は 公 法 上 の 法 律 関 係 で あ る 公 務 員 関 係 に 労 働 法 理 で あ る 安 全 配 慮 義 務 を 適 用 し た 点 で も 重 要 安 全 配 慮 義 務 に 関 す る 最 近 の 事 例 と し て 神 戸 地 裁 平 成 判 決 ( 自 衛 隊 員 歩 行 訓 練 = 判 時 ) 旭 川 地 裁 平 成 判 決 ( 町 管 理 の 流 雪 溝 で の 除 雪 作 業 = 判 時 ) 公 立 病 院 の 診 療 に 関 す る 債 権 の 消 滅 時 効 に つ き 地 方 自 治 法 2361 の 5 年 で は な く 民 法 170 一 号 の 3 年 を 採 用 し た 最 近 の 判 例 に 最 高 裁 平 成 判 決 ( 民 集 判 時 ) が あ る 3 公 営 住 宅 と 民 法 借 地 法 借 家 法 ( 借 地 借 家 法 ) の 適 用 に つ い て 最 高 裁 昭 和 判 決 ( 民 集 判 時 LEX/DB ) 公 営 住 宅 の 使 用 関 係 に 民 法 借 家 法 及 び 契 約 法 上 の 信 頼 関 係 の 法 理 の 適 用 が あ る と し た 事 例 公 営 住 宅 の 使 用 関 係 に つ い て は 公 営 住 宅 法 及 び こ れ に 基 づ く 条 例 が 特 別 法 と し て 民 法 及 び 借 家 法 に 優 先 し て 適 用 さ れ る が 法 及 び 条 例 に 特 別 の 定 め が な い 限 り 原 則 と し て 一 般 法 で あ る 民 法 及 び 借 家 法 の 適 用 が あ り そ の 契 約 関 係 を 規 律 す る に つ い て は 信 頼 関 係 の 法 理 の 適 用 が あ る も の と 解 す べ き で あ る と こ ろ で 右 法 及 び 条 例 の 規 定 に よ れ ば 事 業 主 体 は 公 営 住 宅 の 入 居 者 を 決 定 す る に つ い て は 入 居 者 を 選 択 す る 自 由 を 有 し な い も の と 解 さ れ る が 事 業 主 体 と 入 居 者 と の 間 に 公 営 住 宅 の 使 用 関 係 が 設 定 さ れ た の ち に お い て は 両 者 の 間 に は 信 頼 関 係 を 基 礎 と す る 法 律 関 係 が 存 す る も の と い う べ き で あ る か ら 公 営 住 宅 の 使 用 者 が 法 の 定 め る 公 営 住 宅 の 明 渡 請 求 事 由 に 該 当 す る 行 為 を し た 場 合 で あ つ て も 賃 貸 人 で あ る 事 業 主 体 と の 間 の 信 頼 関 係 を 破 壊 す る と は 認 め 難 い 特 段 の 事 情 が あ る と き に は 事 業 主 体 の 長 は 当 該 使 用 者 に 対 し そ の 住 宅 の 使 用 関 係 を 取 り 消 し そ の 明 渡 を 請 求 す る こ と は で き な い も の と 解 す る の が 相 当 で あ る 最 高 裁 平 成 判 決 ( 判 時 LEX/DB ) 原 審 は 公 営 住 宅 法 に 基 づ く 公 営 住 宅 の 使 用 許 可 に よ る 賃 貸 借 に つ い て も 借 家 法 が 一 般 法 と し て 適 用 さ れ 同 法 1 条 ノ 2に 規 定 す る 正 当 の 事 由 が あ る 場 合 に は 同 条 に よ り 解 約 の 申 入 を す る こ と が で き 東 京 都 営 住 宅 条 例 20 条 1 項 6 号 は 適 用 さ れ な い も の と し た う え 適 法 に 確 定 し た 事 実 関 係 の 下 に お い て 同 号 の 使 用 許 可 の 取 消 の 意 思 表 示 を そ の 主 張 事 実 か ら 借 家 法 1 条 ノ 2に よ る 解 約 申 入 と し そ の 正 当 の 事 由 を 肯 認 し 権 利 の 濫 用 に 当 た ら な い と し て 被 上 告 人 の 本 件 明 渡 請 求 に つ い て こ れ を 認 容 し た も の で あ っ て 右 判 断 は 正 当 と し て 是 認 す る こ と が で き る 4 そ の 他 最 高 裁 平 成 判 決 ( 民 集 判 時 LEX/DB ) 行 政 法

13 共 同 相 続 人 間 の 相 続 分 の 譲 渡 に 伴 っ て 生 じ る 農 地 の 権 利 移 転 に つ い て 農 地 法 上 の 許 可 を 要 し な い と し た 事 例 農 地 法 3 条 1 項 は 農 地 に 係 る 権 利 の 人 為 的 な 移 転 の う ち 農 地 の 保 全 の 観 点 か ら 望 ま し く な い と 考 え ら れ る も の を 制 限 す る 趣 旨 の 規 定 で あ る と こ ろ 相 続 に よ っ て 生 ず る 権 利 移 転 も 相 続 人 が 非 営 農 者 で あ る 場 合 に は 農 地 の 保 全 上 は 望 ま し い と は い え な い も の の 相 続 が そ も そ も 人 為 的 な 移 転 で は な く 相 続 に よ る 包 括 的 な 権 利 承 継 は 私 有 財 産 制 の 下 に お い て は 是 認 せ ざ る を 得 な い も の で あ る こ と か ら 規 制 対 象 と は し て い な い も の と 解 さ れ る 相 続 財 産 に 農 地 が 含 ま れ て い る か 否 か を 問 わ ず 共 同 相 続 人 間 に お い て 個 々 の 農 地 で は な く 包 括 的 な 相 続 人 た る 地 位 を 譲 渡 す る こ と 自 体 は 農 地 法 3 条 1 項 が 規 制 の 対 象 と す る も の で は な い そ し て 共 同 相 続 人 間 に お け る 相 続 分 の 譲 渡 に 伴 い 前 記 の と お り 個 々 の 不 動 産 に つ い て も 持 分 の 移 転 が 生 ず る の は 相 続 に よ り 包 括 的 な 権 利 移 転 に 伴 っ て 個 々 の 財 産 上 の 権 利 も 移 転 す る の と 同 様 の 関 係 に あ り 相 続 人 の 1 人 で あ る 当 該 譲 受 人 に 農 地 に つ い て の 権 利 が 移 転 す る こ と 自 体 は 同 項 の 是 認 す る と こ ろ で あ る 以 上 の 点 に か ん が み れ ば 共 同 相 続 人 間 に お い て さ れ た 相 続 分 の 譲 渡 に 伴 っ て 生 ず る 農 地 の 権 利 移 転 に つ い て は 農 地 法 3 条 1 項 の 許 可 を 要 し な い と 解 す る の が 相 当 で あ る ( 3 ) 民 法 等 の 適 用 が 制 約 さ れ る 場 合 1 当 該 行 政 作 用 の 性 質 ( 権 力 性 や 公 益 性 な ど ) や 行 政 活 動 の 適 正 性 公 平 性 確 保 の 要 請 を 理 由 と す る も の 最 高 裁 昭 和 判 決 ( 民 集 判 タ LEX/DB ) 自 作 農 創 設 特 別 措 置 法 の 農 地 買 収 処 分 に 民 法 177の 適 用 を 排 除 し た 事 例 自 作 農 創 設 特 別 措 置 法 ( 以 下 自 作 法 と 略 称 す る ) は 今 次 大 戦 の 終 結 に 伴 い 我 国 農 地 制 度 の 急 速 な 民 主 化 を 図 り 耕 作 者 の 地 位 の 安 定 農 業 生 産 力 の 発 展 を 期 し て 制 定 せ ら れ た も の で あ つ て 政 府 は こ の 目 的 達 成 の た め 同 法 に 基 い て 公 権 力 を 以 て 同 法 所 定 の 要 件 に 従 い 所 謂 不 在 地 主 や 大 地 主 等 の 所 有 農 地 を 買 収 し こ れ を 耕 作 者 に 売 渡 す 権 限 を 与 え ら れ て い る の で あ る 即 ち 政 府 の 同 法 に 基 く 農 地 買 収 処 分 は 国 家 が 権 力 的 手 段 を 以 て 農 地 の 強 制 買 上 を 行 う も の で あ つ て 対 等 の 関 係 に あ る 私 人 相 互 の 経 済 取 引 を 本 旨 と す る 民 法 上 の 売 買 と は そ の 本 質 を 異 に す る も の で あ る 従 つ て か か る 私 経 済 上 の 取 引 の 安 全 を 保 障 す る た め に 設 け ら れ た 民 法 177 条 の 規 定 は 自 作 法 に よ る 農 地 買 収 処 分 に は そ の 適 用 を 見 な い も の と 解 す べ き で あ る 本 判 決 と ( 2 ) 1 の 最 初 に あ げ た 最 高 裁 昭 和 判 決 で 違 い が 生 じ た 理 由 は 何 か た し か に 本 事 件 は 占 領 軍 命 令 に よ る 超 憲 法 的 措 置 と い う 特 質 が あ る が 滞 納 処 分 の 事 例 に は そ の よ う な 特 殊 性 は な い 最 高 裁 平 成 判 決 ( 民 集 判 時 LEX/DB ) 公 営 住 宅 使 用 権 の 承 継 に つ い て 相 続 人 が 公 営 住 宅 を 使 用 す る 権 利 を 当 然 に 承 継 す る と 解 す る 余 地 は な い と し た 事 例 公 営 住 宅 法 は 住 宅 に 困 窮 す る 低 額 所 得 者 に 対 し て 低 廉 な 家 賃 で 住 宅 を 賃 貸 す る こ と に よ り 国 民 生 活 の 安 定 と 社 会 福 祉 の 増 進 に 寄 与 す る こ と を 目 的 と す る も の で あ っ て ( 1 条 ) そ の た め に 公 営 住 宅 の 入 居 者 を 一 定 の 条 件 を 具 備 す る も の 行 政 法

14 に 限 定 し ( 17 条 ) 政 令 の 定 め る 選 考 基 準 に 従 い 条 例 で 定 め る と こ ろ に よ り 公 正 な 方 法 で 選 考 し て 入 居 者 を 決 定 し な け れ ば な ら な い も の と し た 上 ( 18 条 ) さ ら に 入 居 者 の 収 入 が 政 令 で 定 め る 基 準 を 超 え る こ と に な っ た 場 合 に は そ の 入 居 年 数 に 応 じ て 入 居 者 に つ い て は 当 該 公 営 住 宅 を 明 け 渡 す よ う に 努 め な け れ ば な ら な い 旨 ( 21 条 の 2 第 1 項 ) 事 業 主 体 の 長 に つ い て は 当 該 公 営 住 宅 の 明 渡 し を 請 求 す る こ と が で き る 旨 ( 21 条 の 3 第 1 項 ) を 規 定 し て い る の で あ る 以 上 の よ う な 公 営 住 宅 法 の 規 定 の 趣 旨 に か ん が み れ ば 入 居 者 が 死 亡 し た 場 合 に は そ の 相 続 人 が 公 営 住 宅 を 使 用 す る 権 利 を 当 然 に 承 継 す る と 解 す る 余 地 は な い と い う べ き で あ る 2 行 政 法 規 が 特 別 法 と し て 機 能 し 民 法 の 適 用 が 排 除 さ れ る 場 合 時 効 に 関 す る 会 計 法 30 及 び 地 方 自 治 法 236の よ う に 行 政 法 規 が 特 別 法 と し て 優 先 的 に 適 用 さ れ そ の 限 り で 民 法 の 適 用 が 排 除 さ れ る こ と は 少 な く な い 次 の 事 例 は 接 境 建 設 に 関 す る 民 法 2341 と 建 築 基 準 法 65の 関 係 が 論 じ ら れ た 著 名 な 事 例 で あ る 最 高 裁 平 成 判 決 ( 民 集 判 時 LEX/DB ) 建 築 基 準 法 65 条 は 防 火 地 域 又 は 準 防 火 地 域 内 に あ る 外 壁 が 耐 火 構 造 の 建 築 物 に つ い て そ の 外 壁 を 隣 地 境 界 線 に 接 し て 設 け る こ と が で き る 旨 規 定 し て い る が こ れ は 同 条 所 定 の 建 築 物 に 限 り そ の 建 築 に つ い て は 民 法 234 条 1 項 の 規 定 の 適 用 が 排 除 さ れ る 旨 を 定 め た も の と 解 す る の が 相 当 で あ る ( 4 ) 行 政 法 規 違 反 の 行 為 と 民 事 上 の 効 力 1 行 政 法 規 違 反 の 法 律 行 為 が 当 然 に 無 効 と な る わ け で は な い 伝 統 的 に は 取 締 法 規 ( 警 察 規 制 ) 違 反 の 行 為 は 刑 罰 の 対 象 と な る と し て も 民 事 上 の 効 力 は 有 効 で あ る が 強 行 法 規 ( 経 済 統 制 ) 違 反 の 行 為 は 民 事 上 も 無 効 で あ る と さ れ て き た 前 者 : 最 高 裁 昭 和 判 決 ( 民 集 LEX/DB ) 食 品 衛 生 法 上 の 無 許 可 営 業 本 件 売 買 契 約 が 食 品 衛 生 法 に よ る 取 締 の 対 象 に 含 ま れ る か ど う か は と も か く と し て 同 法 は 単 な る 取 締 法 規 に す ぎ な い も の と 解 す る の が 相 当 で あ る か ら 上 告 人 が 食 肉 販 売 業 の 許 可 を 受 け て い な い と し て も 右 法 律 に よ り 本 件 取 引 の 効 力 が 否 定 さ れ る 理 由 は な い そ れ 故 右 許 可 の 有 無 は 本 件 取 引 の 私 法 上 の 効 力 に 消 長 を 及 ぼ す も の で は な い と し た 原 審 の 判 断 は 結 局 正 当 で あ り 所 論 は 採 る を 得 な い 後 者 : 最 高 裁 昭 和 判 決 ( 民 集 判 時 LEX/DB ) 臨 時 物 資 需 給 調 整 法 違 反 煮 乾 い わ し 売 買 当 時 施 行 の 臨 時 物 資 需 給 調 整 法 は わ が 国 に お け る 産 業 の 回 復 振 興 に 関 す る 基 本 的 政 策 及 び 計 画 の 実 施 を 確 保 す る た め に 制 定 さ れ た も の で あ り 同 法 に 基 く 加 工 水 産 物 配 給 規 則 ( 昭 和 24 年 9 月 農 林 省 令 100 号 に よ る 改 正 前 の 同 規 則 ) は 昭 和 22 年 内 閣 訓 令 3 号 指 定 配 給 物 資 配 給 手 続 規 程 に 従 い 右 目 的 達 成 の た め 物 資 及 び そ の 需 給 調 整 方 法 等 を 特 定 し 同 規 則 2 条 に よ つ て 指 定 さ れ た 煮 乾 い わ し 等 の 物 資 に つ い て は 法 定 の 除 外 事 由 そ の 他 特 段 の 事 情 の 存 し な い 限 り 同 規 則 3 条 以 下 所 定 の 集 荷 機 関 荷 受 機 関 登 録 小 売 店 舗 等 の 機 構 を 通 ず る 取 引 の み の 効 力 を 認 め 右 以 外 の 無 資 格 者 に よ る 取 引 の 効 力 を 認 め な い 趣 意 で あ つ て 右 法 令 は 此 の 意 味 に 於 け る 強 行 法 規 で あ る と 解 さ れ る か ら 此 の 点 に つ き 原 判 決 に 所 論 の 如 き 違 法 あ り と 為 し 難 く 行 政 法

15 原 審 ( 福 岡 高 裁 昭 和 判 決 民 集 ) 本 件 煮 乾 い わ し の 売 買 は 前 記 経 済 統 制 法 令 に 違 反 し て な さ れ た も の で あ る こ と が 明 か で あ る か ら 公 序 良 俗 に 反 し 無 効 の 契 約 で あ る と い わ な け れ ば な ら な い 2 し か し こ の よ う に 単 純 に 割 り 切 れ る も の で は な く 強 行 法 規 違 反 で な く て も 状 況 に 照 ら し て 民 法 90の 公 序 良 俗 違 反 と な る こ と が あ る 最 高 裁 昭 和 判 決 ( 民 集 判 時 LEX/DB ) 有 害 物 質 を 含 む 食 品 の 販 売 契 約 有 毒 性 物 質 で あ る 硼 砂 の 混 入 し た ア ラ レ を 販 売 す れ ば 食 品 衛 生 法 4 条 2 号 に 抵 触 し 処 罰 を 免 れ な い こ と は 多 弁 を 要 し な い と こ ろ で あ る が そ の 理 由 だ け で 右 ア ラ レ の 販 売 は 民 法 90 条 に 反 し 無 効 の も の と な る も の で は な い し か し な が ら 前 示 の よ う に ア ラ レ の 製 造 販 売 を 業 と す る 者 が 硼 砂 の 有 毒 性 物 質 で あ り こ れ を 混 入 し た ア ラ レ を 販 売 す る こ と が 食 品 衛 生 法 の 禁 止 し て い る も の で あ る こ と を 知 り な が ら 敢 え て こ れ を 製 造 の 上 同 じ 販 売 業 者 で あ る 者 の 要 請 に 応 じ て 売 り 渡 し そ の 取 引 を 継 続 し た と い う 場 合 に は 一 般 大 衆 の 購 買 の ル ー ト に 乗 せ た も の と 認 め ら れ そ の 結 果 公 衆 衛 生 を 害 す る に 至 る で あ ろ う こ と は み や す き 道 理 で あ る か ら そ の よ う な 取 引 は 民 法 90 条 に 抵 触 し 無 効 の も の と 解 す る を 相 当 と す る 最 近 の 見 解 は 違 反 法 規 が 強 行 法 規 で な い 場 合 で も 同 取 引 に か か わ る 要 素 を 総 合 的 に 考 慮 し て 契 約 の 効 力 の 有 無 を 判 断 す る こ と を 支 持 し て い る ( 宇 賀 Ⅰ p.67) 行 政 法

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 1 部 改 案 旧 照 文 昭 和 百 傍 線 部 改 部 改 案 現 服 服 管 研 修 研 修 罰 罰 附 附 総 総 休 懲 戒 服 管 研 休 懲 戒 服 研 修 修 福 祉 益 保 護 福 祉 益 保 護 根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

・モニター広告運営事業仕様書

・モニター広告運営事業仕様書 秋 田 市 新 庁 舎 動 画 広 告 放 映 事 業 仕 様 書 1 目 的 多 く の 市 民 の 目 に 触 れ る 市 役 所 の 特 性 を 活 か し 映 像 や 音 声 を 活 用 し た モ ニ タ ー に よ る 動 画 広 告 を 新 庁 舎 内 に 導 入 し 新 庁 舎 の 主 要 機 能 の 一 つ で あ る 情 報 発 信 拠 点 と し て の 役 割 を 果 た す

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874> 平 成 22 年 度 税 制 改 正 [ 詳 細 ] 法 人 税 関 連 の 改 正 グループ 内 取 引 等 に 係 る 税 制 対 象 となる 100%グループ 内 法 人 とは 完 全 支 配 関 係 ( 原 則 として 発 行 済 株 式 の 全 部 を 直 接 又 は 間 接 に 保 有 する 関 係 )のある 法 人 をいいます (1)100%グループ 内 の 法 人 間 の 資 産 の

More information

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務 平 成 28 年 度 版 CPE カリキュラム 一 覧 表 4. 税 務 40 総 論 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 租 税 法 入 門 税 法 総 論 1. 租 税 の 意 義 種 類 とその 役 割 2. 租 税 法 の 法 体 系 及 び 仕 組 み 3. 憲 法 との 関 係 国 家 と 税 制 1. 財 政 法 2. 会 計 法 3. 国 家 と 税 の 仕 組 み 4. 国

More information

西関東書式

西関東書式 No.1 件 名 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 金 の 誤 支 給 助 成 額 計 算 時 に 象 者 の 加 入 保 険 情 報 を 確 認 し な か っ た た め に 計 算 を 誤 り 過 払 い が 発 生 し た も の < 過 払 い 金 額 76,002 円 > 職 員 の 計 算 時 の 確 認 不 足 象 者 に 経 緯 を 説 明 し お 詫 び し ま し

More information

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当 様 式 第 4 号 ( 第 5 条 関 係 ) 忠 岡 町 イメージキャラクター 使 用 契 約 書 忠 岡 町 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )とは 忠 岡 町 イメージキャラクター( 以 下 キャラクター という )の 使 用 について 次 のとお り 契 約 を 締 結 する (キャラクターの 使 用 許 諾 ) 第 1 条 甲 は 乙 に 対 して キャラクターを 使

More information

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 の 供 給 計 画 に 関 する 選 定 基 準 制 定 平 成 24 年 10 月 10 日 改 正 平 成 25 年 5 月 1 日 改 正 平 成 26 年 7 月 8 日 改 正 平 成 27 年 12 月 4 日 改 正 平 成 28 年 6 月 27 日 第 1 目 的 この 基 準 は 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 制

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

Taro-条文.jtd

Taro-条文.jtd - 1 - 部 正 昭 和 部 正 目 ん 養 涵 養 ロ ん ロ 護 在 面 積 並 削 共 化 委 託 共 化 病 害 虫 駆 除 予 防 他 護 削 3 域 各 掲 げ ほ 全 努 - 2 - む ね 道 開 設 良 安 設 削 他 護 削 委 託 促 進 削 病 害 虫 駆 除 予 防 火 災 予 防 他 護 削 - 3 - 応 じ 6 案 作 学 識 験 意 聴 3 各 掲 げ ほ 掲 げ

More information

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の 期 間 制 及 び 短 時 間 勤 労 者 保 護 等 に 関 する 法 律 ( 制 定 2006.12.21) ( 法 律 第 12469 号 2014.3.18, 一 部 改 正 ) 翻 訳 : 新 谷 眞 人 日 本 大 学 法 学 部 教 授 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 法 律 は 期 間 制 勤 労 者 及 び 短 時 間 勤 労 者 に 対 する 不 合 理 な

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 改 案 旧 照 文 昭 和 1 0 自 治 昭 和 54 安 昭 和 55 昭 和 56 労 働 昭 和 6 昭 和 6 警 察 昭 和 66 運 昭 和 68 大 期 7 併 7 1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 根

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

<485020208145944E8BE08F6D2082C682B5905690DD2E786C7378>

<485020208145944E8BE08F6D2082C682B5905690DD2E786C7378> < 年 金 塾 > ( 年 金 判 例. 1/ ) 公 的 年 金 の 逸 失 利 益 性 (その-1) H.. 課 題 < 逸 失 利 益 > 1. 街 頭 相 談 会 ( 当 塾 の 主 催 や ) で 次 のような 質 問 があったとしたら 貴 方 は どう 答 えますか? < 想 定 質 問 > 年 金 受 給 中 のお 爺 さんが 横 断 歩 道 を 通 行 中 に 信 号 無 視 の 車

More information

別紙3

別紙3 別 紙 3 1 総 括 平 成 26 年 度 栃 木 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 24 年 度 の 件 費 率 % % 25 年 度 146,544 56,331,297

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (16 年 度 末 ) A 千 16 年 度 実 質 収 支 千 件 費 B 千 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 15 年 度 の 件 費 率 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 予 算 ) 職 員 数 給 与 費 A

More information

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主 設 立 認 可 申 請 書 必 要 書 類 とチェック 事 項 必 要 書 類 チェック 事 項 基 本 書 類 設 立 認 可 申 請 書 定 款 添 付 書 類 目 録 財 産 目 録 土 関 係 土 不 動 産 登 記 事 項 証 明 書 図 面 ( 周 辺 図 配 置 図 平 面 図 ) 土 公 図 土 土 契 約 書 ( 写 ) 身 分 証 明 書 印 鑑 登 録 証 明 書 成 年 被

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ 羽 曳 野 市 固 定 資 産 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 制 定 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は 羽 曳 野 市 税 条 例 ( 昭 和 57 年 羽 曳 野 市 条 例 第 28 号 以 下 条 例 という ) 第 75 条 に 規 定 す る 固 定 資 産 税 の 減 免 ( 以 下 減 免 と い う )の 取 扱 い に つ

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ 求 償 権 の 管 理 回 収 に 関 する 事 例 研 究 (その2) - 平 成 23 年 度 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 から- 農 業 第 二 部 前 号 に 引 き 続 き 昨 年 9 月 に 開 催 された 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 で 求 償 権 の 管 理 回 収 事 例 研 究 として 掲 げられたテーマから4つの 事 例 について

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この 現 員 退 された 元 地 方 公 務 員 の 退 管 理 の 適 正 の 確 保 について 員 のかたは ご 留 意 願 います 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 34 号 )が 公 布 され 地 方 公 共 団 体 における 退 管 理 の 確 保 にため 以 下 のことについて 規 定 され

More information

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村 死 亡 後 の 手 続 きリスト 1 5 日 以 内 死 後 5 日 以 内 国 民 健 康 保 険 以 外 の 健 康 保 険 証 の 返 却 勤 務 先 社 会 保 険 事 務 所 7 日 以 内 期 限 項 目 手 続 き 先 提 出 先 必 要 書 類 備 考 死 後 知 った 時 から7 日 以 内 死 亡 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 医 師 による

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 2 8 年 5 月 31 日 現 在 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 4 年 9 月 21 日 厚 生 省 収 年 第 6 3 4 0 号 認 可 変 更 平 成 5 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 5 年 5 月 17 日 ( 認 可 )

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

平成10年第4回市議会定例会

平成10年第4回市議会定例会 平 成 27 年 第 2 回 市 議 会 定 例 会 提 出 予 定 議 案 の 概 要 新 座 市 提 出 議 案 ( 合 計 16 件 )の 内 訳 専 決 処 分 の 承 認 を 求 める 案 件 2 件 条 例 2 件 ( 新 座 市 税 条 例 等 の 一 部 を 改 正 する 条 例 ほか1 件 ) 条 例 案 件 4 件 一 部 改 正 4 件 ( 新 座 市 個 人 情 報 保 護

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378>

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378> 別 紙 1_ 確 定 申 告 書 に 関 するファイル 記 録 項 目 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 2 申 告 書 第 一 表 3 申 告 書 見 出 し 部 ( 第 一

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

<5461726F2D817966696E616C817A91E68250825782588D868FF096F189BC>

<5461726F2D817966696E616C817A91E68250825782588D868FF096F189BC> 切 仕 号 総 理 ジ ュ ネ ー ブ 招 集 月 回 本 原 則 宣 言 公 地 球 模 化 社 義 宣 言 目 標 達 成 人 切 仕 促 進 決 留 族 責 任 男 女 賃 金 増 高 齢 障 害 児 童 育 増 大 見 多 額 得 転 含 世 界 経 済 重 要 貢 献 認 識 依 然 過 小 評 価 軽 視 主 女 子 わ 女 子 多 差 人 侵 害 被 害 や 立 地 域 社 構 成 員

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B (21 年 度 末 ) 21 年 度 58,068 22,793,598 272,455 4,911,157 件 費 率 B/A % 21.5 ( 参 考 ) 20 年 度 の 件 費 率 % 24.8 (2) 職

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料 総 括 平 成 5 年 度 標 津 町 の 事 行 政 の 運 営 状 況 について () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 総 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 年 度 5,587 6,5,9 % % 8,5 87,75 3..6 () 職 員 給 与 費 の 状

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 26 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

1. 任 免 1-1 採 用 ( 試 験 採 用 ) 1 任 免 試 験 採 用 採 用 者 予 定 者 数 報 告 試 験 公 告 任 命 結 果 通 知 書 1-1-1 採 用 予 定 者 数 の 報 告 1-1-2 採 用 説 明 会 の 計 画 実 施 1-3-6 人 事 異 動 対 象 者

1. 任 免 1-1 採 用 ( 試 験 採 用 ) 1 任 免 試 験 採 用 採 用 者 予 定 者 数 報 告 試 験 公 告 任 命 結 果 通 知 書 1-1-1 採 用 予 定 者 数 の 報 告 1-1-2 採 用 説 明 会 の 計 画 実 施 1-3-6 人 事 異 動 対 象 者 財 務 省, 内 定 者 総 務 省 会 計 部 門 定 員 要 求 書 内 示 書 人 事 記 録 ( 甲 ) 記 載 事 項 の 変 更 申 請 退 職 申 請 ( 辞 職 願 ) 定 年 日 通 知 書 人 事 異 動 通 知 書 内 定 通 知 書 採 用 決 定 通 知 書 任 命 結 果 俸 給 関 係 審 議 協 議 採 用 状 況 報 告 提 示 請 求 選 択 結 果 通 知 派

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261,

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261, 別 紙 3 宇 治 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 (23 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 19,158 6,283,229 364,56 11,757,664 19.5 ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 2.9

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 の 設 置 なし 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B A-B ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 24 年 度 円 円 円 円 ( ) 改

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 の 設 置 なし 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B A-B ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 24 年 度 円 円 円 円 ( ) 改 柳 井 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 (23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 34,890 16,214,109 468,464 2,650,321 16.3 16.5 (2)

More information

Speed突破!Premium問題集 基本書サンプル

Speed突破!Premium問題集 基本書サンプル は じ め に 合 格 (うかる) 勉 強 とは 1 試 験 に 合 格 するのに 絶 対 的 に 必 要 なことは 問 いに 正 しく 答 えることである このあたりまえのことを 考 えたこと 有 りますか 2 試 験 問 題 の 出 題 (= 作 問 )の 仕 方 から 勉 強 方 法 を 考 える 択 一 試 験 では 必 ず 正 誤 が 問 われるのでついつい 思 考 が 二 者 択 一 的

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene.

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene. 平 成 23 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 ( 役 職

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 110 105 (H25.4.1) 104.1 (H25.4.1) (H25.7.1) 105.2 104.1 (H25.7.1) 103.1 (H25.4.1) 106.9 (H25.7.1) 104.0 100 9

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 110 105 (H25.4.1) 104.1 (H25.4.1) (H25.7.1) 105.2 104.1 (H25.7.1) 103.1 (H25.4.1) 106.9 (H25.7.1) 104.0 100 9 茅 野 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 人 件 費 率 24 年 度 人 % % 55,760 22,775,329 804,761 3,955,168

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8,

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8, 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 件 費 率 年 度,,1,9 1, 9,9 1.1 1. 件 費 には 村 長 副 村 長 教 育 長 の 給 与 議 会 議 員 各 種 委 員

More information

国税連携ファイル記録項目一覧

国税連携ファイル記録項目一覧 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 KOA010 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) KOB381 事 業 基 盤 強 化 設 備 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 す る 明

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 燕 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 22 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B / A ( 参 考 ) H21 年 度 の 件 費 率 H22 年 度 83,216 33,869,103 1,012,644 4,927,440 14.5%

More information

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要 相 続 人 様 へ の お 願 い 相 続 税 の 申 告 にあたり 以 下 の 各 項 目 についてのご 確 認 をお 願 い 致 します Ⅰ 被 相 続 人 に 関 する 確 認 事 項 1 被 相 続 人 について 有 被 相 続 人 の 戸 籍 ( 除 本 籍 地 の 市 区 町 村 要 月 日 籍 ) 謄 本 ( 出 生 から 役 所 ( 場 ) 否 ( 通 ) 相 続 開 始 まで) 被

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

平成24年度開設予定大学院等一覧(判定を「不可」とするもの)

平成24年度開設予定大学院等一覧(判定を「不可」とするもの) 平 成 24 年 度 開 設 予 定 大 学 院 等 一 覧 ( 判 定 を 不 可 とするもの) 1 研 究 科 を 設 置 するもの 1 校 平 成 23 年 12 月 区 分 大 学 院 名 研 究 科 名 専 攻 名 入 学 定 員 位 置 設 置 者 理 由 備 考 人 私 立 東 京 福 祉 大 学 大 学 院 経 営 学 研 究 科 群 馬 県 伊 勢 崎 市 学 校 法 人 ( 別

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 28 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

2 特 別 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 の 支 給 割 公 務 員 の 支 給 格 差 勧 告 年 間 支 給 数 合 A 数 B A-B ( 改 定 数 ) 年 度 ( 注 ) 民 間 の 支 給 割 合 は 民 間 事 業 所 で 支 払 われた 賞 与 等 の 特 別

2 特 別 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 の 支 給 割 公 務 員 の 支 給 格 差 勧 告 年 間 支 給 数 合 A 数 B A-B ( 改 定 数 ) 年 度 ( 注 ) 民 間 の 支 給 割 合 は 民 間 事 業 所 で 支 払 われた 賞 与 等 の 特 別 梼 原 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 ( 一 般 会 計 松 診 四 万 診 会 計 ) 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 区 分 人 口 23 年 度 の ( 年 度 末 ) A B (B/A) 人 件 費 率 H25.3.31 千 千 千 %

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 2 8 年 3 月 2 2 日 2 7 小 市 安 第 7 5 7 号 ( 通 則 ) 第 1 条 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 と い う )の 交 付 に つ い て は 市 費 補 助 金 等 の 予 算 執 行 に 関 す る 規 則 ( 昭 和

More information

Microsoft Word - 制度の概要_ED.docx

Microsoft Word - 制度の概要_ED.docx 退 職 手 当 制 度 について 制 度 の 概 要 1 退 職 手 当 の 支 給 根 拠 退 職 手 当 は 地 方 自 治 法 第 204 条 第 2 項 ( 諸 手 当 )の 規 定 に 基 づき 地 方 公 共 団 体 が 職 員 に 支 給 する 手 当 の 一 つです 同 条 第 3 項 において その 額 及 びその 支 給 方 法 は 条 例 で 定 めなければならな いとしており

More information

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 要

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 要 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 祉 法 人 氏 名 人 見 君 子 年 齢 公 表 / 非 公 表 主 たる 事 務 所 の 所 在 メールアド レス 9 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 6 年 4 月 日 現 在 606-8336 京 都 市 左 京 区 岡 崎 北 御 所 町 番 の 電 話 番 号 075-77 - 388 FAX 番

More information

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上 蕨 市 三 世 代 ふれあい 家 族 住 宅 取 得 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 子 育 て 中 の 子 世 帯 及 びその 親 世 帯 の 同 居 又 は 近 居 ( 以 下 同 居 等 と い う ) を 促 進 す る た め 住 宅 の 取 得 に 係 る 費 用 の 一 部 を 補 助 す る こ と に よ り 三 世 代 の 市 内 定 住

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

別 紙 軽 費 老 人 ホームの 収 入 認 定 について 平 成 22 年 3 月 9 日 千 葉 県 健 康 福 祉 部 高 齢 者 福 祉 課 本 紙 は 平 成 18 年 1 月 24 日 老 発 第 0124004 号 厚 生 労 働 省 老 健 局 長 通 知 老 人 保 護 措 置 費

別 紙 軽 費 老 人 ホームの 収 入 認 定 について 平 成 22 年 3 月 9 日 千 葉 県 健 康 福 祉 部 高 齢 者 福 祉 課 本 紙 は 平 成 18 年 1 月 24 日 老 発 第 0124004 号 厚 生 労 働 省 老 健 局 長 通 知 老 人 保 護 措 置 費 高 第 7 4 4 号 平 成 22 年 3 月 9 日 各 軽 費 老 人 ホーム 施 設 長 様 千 葉 県 健 康 福 祉 部 高 齢 者 福 祉 課 長 ( 公 印 省 略 ) 軽 費 老 人 ホームサービス 提 供 費 補 助 金 事 務 の 適 正 な 実 施 について このことについて 当 課 において 今 年 度 に 軽 費 老 人 ホームの 現 地 調 査 を 実 施 した 結 果

More information

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc)

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc) 津 島 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 市 職 員 の 給 与 は 地 方 自 治 法 地 方 公 務 員 法 等 の 定 めに 基 づき 市 の 条 例 規 則 により 定 められてい ます 今 回 はその 状 況 を 公 表 します 平 成 26 年 4 月 1 日 の 数 値 は 平 成 26 年 の 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 地 方 公 共 団 体 定 員 管

More information

人 同 意 第 49 回 宇 和 島 定 例 決 結 果 一 覧 表 番 号 件 名 決 結 果 報 告 第 1 号 専 決 処 分 した 件 報 告 即 日 受 理 専 決 第 1 号 道 おける 故 和 解 即 日 受 理 専 決 第 2 号 車 両 接 触 故 和 解 即 日 受 理 案 第

人 同 意 第 49 回 宇 和 島 定 例 決 結 果 一 覧 表 番 号 件 名 決 結 果 報 告 第 1 号 専 決 処 分 した 件 報 告 即 日 受 理 専 決 第 1 号 道 おける 故 和 解 即 日 受 理 専 決 第 2 号 車 両 接 触 故 和 解 即 日 受 理 案 第 発 行 / 宇 和 島 務 局 798-8601 宇 和 島 曙 町 1 番 地 (0895)49-7035 一 般 計 は458 億 2 千 5 百 万 円 総 額 962 億 6 千 8 百 60 万 9 千 円 26 26 26 27 11 12 13 27 18 19 23 人 同 意 第 49 回 宇 和 島 定 例 決 結 果 一 覧 表 番 号 件 名 決 結 果 報 告 第 1 号

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378> が30 ア されたとき(フルタイムの 再 雇 用 職 員 として 採 用 されたときを 含 む ) 人 事 異 動 に 伴 う 提 類 ( 共 済 組 合 互 助 会 関 係 ) 取 組 共 済 組 合, 互 助 会 の 資 格 取 得 の 届 出 1 船 得 合 員 届 員 提 出 書 当 採 組 ( 書 会 員 ) 資 格 用 合 資 格 取 得 員 届 ( 出 会 員 ) 前 人 給 通 歴

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 が 無 い た め 記 載 し て お り ま せ ん 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 区 分 民 間 給 与 A 公 務 員 給 与 B 較 差 A - B 勧 告 ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 国 の 改

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 が 無 い た め 記 載 し て お り ま せ ん 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 区 分 民 間 給 与 A 公 務 員 給 与 B 較 差 A - B 勧 告 ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 国 の 改 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 芽 室 町 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) 歳 出 額 A 21 年 度 1 9, 3 7 6 1 1, 3 4, 9 4 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B / A 1 6, 3 9 3 9 9 6, 541 8. 8 1 ( 参

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

2. 居 住 用 財 産 を 売 却 し た 場 合 の 特 例 譲 渡 資 産 は 居 住 用 財 産 で す か? 住 宅 取 得 特 別 控 除 の 適 用 を 受 け て い ま せ ん か? 所 有 期 間 が 1 0 年 を 超 え て い ま す か? 居 住 期 間 は 3 0 年

2. 居 住 用 財 産 を 売 却 し た 場 合 の 特 例 譲 渡 資 産 は 居 住 用 財 産 で す か? 住 宅 取 得 特 別 控 除 の 適 用 を 受 け て い ま せ ん か? 所 有 期 間 が 1 0 年 を 超 え て い ま す か? 居 住 期 間 は 3 0 年 2 0 1 4.2. 月 号 税 務 と 経 営 ニ ュ ー ス 3 4 5 確 定 申 告 の ポ イ ン ト 上 田 悦 弘 税 理 士 事 務 所 上 田 悦 弘 社 会 保 険 労 務 士 事 務 所 0 6 ( 6 9 4 1 ) 3 9 0 5 F A X 0 6 ( 6 9 4 1 ) 3 9 0 9 h t t p : / / w w w. k a i k e i - h o m e.

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり 平 成 21 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 2 月 10 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

4 松 山 市 暴 力 団 排 除 条 の 一 部 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 等 の 改 正 に 伴 い, 公 共 工 事 から 排 除 する 対 象 者 の 拡 大 等 を 図 るものです 第 30 号 H27.12.18 H28.1

4 松 山 市 暴 力 団 排 除 条 の 一 部 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 等 の 改 正 に 伴 い, 公 共 工 事 から 排 除 する 対 象 者 の 拡 大 等 を 図 るものです 第 30 号 H27.12.18 H28.1 松 山 市 条 制 定 時 の 市 民 意 見 聴 取 経 過 表 ( 3 月 市 議 会 提 出 分 ) 総 務 部 文 書 法 制 作 成 条 名 条 の 概 要 提 出 日 番 号 手 続 の 種 別 実 施 日 ( 期 間 ) 実 施 した 聴 取 手 続 の 内 容 を 実 施 しない 場 合 はその 理 由 担 当 1 松 山 市 職 員 の 分 限 に 関 する 条 等 の 一 部 を

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

( 2 ) 評 価 基 準 が 定 め る 市 街 化 区 域 農 地 の 評 価 方 法 市 街 化 区 域 農 地 ( 法 附 則 1 9 条 の 2 第 1 項 に 規 定 す る 市 街 化 区 域 農 地 を い う ) の 評 価 に つ い て 評 価 基 準 は 沿 接 す る 道

( 2 ) 評 価 基 準 が 定 め る 市 街 化 区 域 農 地 の 評 価 方 法 市 街 化 区 域 農 地 ( 法 附 則 1 9 条 の 2 第 1 項 に 規 定 す る 市 街 化 区 域 農 地 を い う ) の 評 価 に つ い て 評 価 基 準 は 沿 接 す る 道 File.18< 判 決 原 文 > 固 定 資 産 税 4 事 件 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 1 2 年 ( 行 ウ) 第 3 32 号 平 成 1 4 年 1 月 2 2 日 判 決 (TAINS 判 例 検 索 Z999-8099) 控 訴 審 : 東 京 高 裁 平 成 1 4 年 ( 行 コ) 第 4 4 号 平 成 1 6 年 5 月 27 日 判 決 (TAINS 判 例

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考 石 井 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (4 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 4 年 度 6,69 8,136,675 373,713 1,54,11 18.95 19.18 () 職 員 給 与

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

- 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門 的 知 識 締 結 契 約 満 歳 締 結 契 約 契 約 係 始

- 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門 的 知 識 締 結 契 約 満 歳 締 結 契 約 契 約 係 始 部 案 参 照 文 目 1 1 持 可 能 療 険 制 構 築 国 民 険 部 9 部 11 1 5 特 別 15 6 17 7 運 確 18 8 0 9 独 立 10 - 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 21 年 3 月 期 平 成 20 年 7 月 31 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経 理 部 長 (

More information

平成16年度

平成16年度 平 成 28 年 度 町 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ( 説 明 ) ご 自 分 で 申 告 書 を 記 入 される 方 はこの 書 き 方 を 参 考 に 申 告 書 に 記 入 のうえ 申 告 会 場 にお 持 ちくだ さい 申 告 期 限 は3 月 5 日 です 説 明 をよくお 読 みになり それぞれ 記 入 のうえ 申 告 相 談 日 においで ください この 申 告 をされないと

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information