こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し"

Transcription

1 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原 理 が 挙 げ ら れ る ( レ ジ ュ メ p.28 参 照 ) そ れ に は さ ら に 二 つ の 重 要 部 分 が あ る 1 行 政 活 動 は 法 律 に 適 合 す る も の で な け れ ば な ら な い 法 律 と は 国 会 制 定 法 の こ と で あ る が 自 治 体 に お い て は 条 例 へ の 適 合 性 も 求 め ら れ る こ れ は 権 力 行 政 だ け で な く 非 権 力 行 政 に も 妥 当 す る す な わ ち 非 権 力 行 政 で あ っ て も 法 律 条 例 が 活 動 の 要 件 手 続 そ の 他 の 制 約 を 課 し て い る 場 合 は そ れ に 適 合 し な け れ ば な ら な い 例 え ば 国 や 自 治 体 が 契 約 を 結 ぶ と き に 政 令 が 認 め る 場 合 以 外 は 一 般 競 争 入 札 を し な け れ ば な ら な い と か ( 地 方 自 治 法 2342 ) 自 治 体 が 一 定 額 以 上 の 契 約 を す る 場 合 に は 議 会 の 議 決 が 必 要 で あ る ( 同 法 961 五 号 ) と 定 め て い る と き は そ れ を 遵 守 し な け れ ば な ら な い 国 土 利 用 の 全 国 計 画 ( こ れ 自 体 は 市 民 の 財 産 権 を 制 約 す る も の で は な い ) を 策 定 す る 際 に は 国 土 審 議 会 と 都 道 府 県 知 事 の 意 見 を 聞 か な け れ ば な ら な い と の 法 律 規 定 ( 国 土 利 用 計 画 法 53 ) が あ る 場 合 は そ れ を 遵 守 し な け れ ば な ら な い 法 律 適 合 性 原 理 と 法 律 の 留 保 は や や 意 味 が 異 な る の で 注 意 す る こ と 2 行 政 活 動 を 制 約 す る 不 文 の 一 般 法 原 則 が 存 在 す る 行 政 法 関 係 に は 次 の よ う な 一 般 法 理 が 妥 当 す る と 考 え ら れ る ( 1 ) 信 頼 保 護 の 原 則 ( 信 義 則 ) ( 2 ) 権 限 濫 用 禁 止 原 則 ( 3 ) 平 等 原 則 ( 4 ) 比 例 原 則 ( 5 ) 配 慮 義 務 に つ い て ( 国 民 の 権 利 や 地 位 を 不 当 に 害 す る こ と の な い よ う に 配 慮 す る 義 務 ) こ れ ら は 特 に 裁 量 権 統 制 の 法 理 ( 行 政 の 裁 量 権 の 行 使 を 統 制 す る 法 理 ) と し て も 重 要 な 機 能 を 有 し て い る 3 行 政 上 の 紛 争 が 民 法 そ の 他 の 私 法 を 適 用 し て 解 決 さ れ る 場 合 と 民 法 等 の 適 用 が 排 除 さ れ る 場 合 が あ る ( 2 ) 信 頼 保 護 の 原 則 ( 信 義 則 ) 民 法 12 が 規 定 す る 信 義 則 は 行 政 法 関 係 に お い て も 妥 当 す る 重 要 な 原 則 で あ る 特 に 行 政 法 関 係 で は 行 政 活 動 に 対 す る 国 民 の 信 頼 保 護 の 原 則 と し て 論 じ ら れ る 行 政 法

2 こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し て 過 去 に 遡 っ て 課 税 さ せ ら れ る か 信 頼 を 保 護 し よ う と す れ ば 違 法 な 納 税 を 認 め る こ と に な る ) 1 行 政 の 措 置 が 信 義 則 信 頼 保 護 原 則 に 違 反 す る と し た 事 例 最 高 裁 判 例 最 高 裁 昭 和 判 決 ( 民 集 判 時 ケースフ ックp.217 LEX/DB ) 宜 野 座 村 工 場 誘 致 事 件 村 長 改 選 に よ り 工 場 建 設 が 不 可 能 に な っ た 事 件 で 従 前 の 同 村 の 企 業 誘 致 に 応 じ て 進 出 準 備 を し て い た 企 業 が 損 害 賠 償 責 任 を 認 め た 事 例 地 方 公 共 団 体 の 施 策 を 住 民 の 意 思 に 基 づ い て 行 う べ き も の と す る い わ ゆ る 住 民 自 治 の 原 則 は 地 方 公 共 団 体 の 組 織 及 び 運 営 に 関 す る 基 本 原 則 で あ り ま た 地 方 公 共 団 体 の よ う な 行 政 主 体 が 一 定 内 容 の 将 来 に わ た つ て 継 続 す べ き 施 策 を 決 定 し た 場 合 で も 右 施 策 が 社 会 情 勢 の 変 動 等 に 伴 つ て 変 更 さ れ る こ と が あ る こ と は も と よ り 当 然 で あ つ て 地 方 公 共 団 体 は 原 則 と し て 右 決 定 に 拘 束 さ れ る も の で は な い し か し 右 決 定 が 単 に 一 定 内 容 の 継 続 的 な 施 策 を 定 め る に と ど ま ら ず 特 定 の 者 に 対 し て 右 施 策 に 適 合 す る 特 定 内 容 の 活 動 を す る こ と を 促 す 個 別 的 具 体 的 な 勧 告 な い し 勧 誘 を 伴 う も の で あ り か つ そ の 活 動 が 相 当 長 期 に わ た る 当 該 施 策 の 継 続 を 前 提 と し て は じ め て こ れ に 投 入 す る 資 金 又 は 労 力 に 相 応 す る 効 果 を 生 じ う る 性 質 の も の で あ る 場 合 に は 右 特 定 の 者 は 右 施 策 が 右 活 動 の 基 盤 と し て 維 持 さ れ る も の と 信 頼 し こ れ を 前 提 と し て 右 の 活 動 な い し そ の 準 備 活 動 に 入 る の が 通 常 で あ る こ の よ う な 状 況 の も と で は た と え 右 勧 告 な い し 勧 誘 に 基 づ い て そ の 者 と 当 該 地 方 公 共 団 体 と の 間 に 右 施 策 の 維 持 を 内 容 と す る 契 約 が 締 結 さ れ た も の と は 認 め ら れ な い 場 合 で あ つ て も 右 の よ う に 密 接 な 交 渉 を 持 つ に 至 つ た 当 事 者 間 の 関 係 を 規 律 す べ き 信 義 衡 平 の 原 則 に 照 ら し そ の 施 策 の 変 更 に あ た つ て は か か る 信 頼 に 対 し て 法 的 保 護 が 与 え ら れ な け れ ば な ら な い も の と い う べ き で あ る す な わ ち 右 施 策 が 変 更 さ れ る こ と に よ り 前 記 の 勧 告 等 に 動 機 づ け ら れ て 前 記 の よ う な 活 動 に 入 つ た 者 が そ の 信 頼 に 反 し て 所 期 の 活 動 を 妨 げ ら れ 社 会 観 念 上 看 過 す る こ と の で き な い 程 度 の 積 極 的 損 害 を 被 る 場 合 に 地 方 公 共 団 体 に お い て 右 損 害 を 補 償 す る な ど の 代 償 的 措 置 を 講 ず る こ と な く 施 策 を 変 更 す る こ と は そ れ が や む を え な い 客 観 的 事 情 に よ る の で な い 限 り 当 事 者 間 に 形 成 さ れ た 信 頼 関 係 を 不 当 に 破 壊 す る も の と し て 違 法 性 を 帯 び 地 方 公 共 団 体 の 不 法 行 為 責 任 を 生 ぜ し め る も の と い わ な け れ ば な ら な い 最 高 裁 平 成 判 決 ( 民 集 判 時 LEX/DB ) 国 民 金 融 公 庫 払 渡 金 返 還 請 求 事 件 恩 給 受 給 者 Aが 恩 給 を 担 保 に 国 民 金 融 公 庫 か ら 借 入 を し 国 が 公 庫 に そ の 借 入 分 を 払 渡 し た 後 に Aに 対 す る 恩 給 裁 定 が 取 り 消 さ れ た た め Aが 本 件 裁 定 取 消 し に よ っ て 恩 給 受 給 権 を 遡 っ て 喪 失 し た た め 公 庫 も Aが 担 保 に 供 し た 恩 給 の 給 与 金 に 対 す る 受 領 権 限 を 遡 っ て 喪 失 し た と い う 理 由 で 国 が 公 庫 に 対 す る 払 渡 金 の 返 還 請 求 を し た 事 例 最 高 裁 は 国 の 返 還 請 求 権 を 否 定 し た 上 告 人 ( 国 民 金 融 公 庫 ) は 右 に み た よ う に 恩 給 受 給 者 に 対 し て は 恩 給 を 担 保 に 貸 付 け を す る こ と が 法 に よ っ て 義 務 付 け ら れ て い る も の で あ る と こ ろ 恩 給 裁 定 行 政 法

3 の 有 効 性 に つ い て は 上 告 人 自 ら は 審 査 す る こ と が で き ず こ れ を 有 効 な も の と 信 頼 し て 扱 わ ざ る を 得 な い も の で あ る か ら ( 中 略 ) 上 告 人 に お い て は も は や 弁 済 の 効 果 が 覆 さ れ る こ と は な い と 考 え て も 無 理 か ら ぬ 期 間 が 経 過 し た 後 で あ る と い わ な け れ ば な ら な い ( 中 略 ) し た が っ て こ の よ う な 事 情 の 下 に お い て 被 上 告 人 ( 国 ) が 上 告 人 に 対 し て 本 件 裁 定 取 消 し の 効 果 を 主 張 し 本 件 払 渡 し に 係 る 金 員 の 返 還 を 求 め る こ と は 許 さ れ な い も の と 解 す る の が 相 当 で あ る 最 高 裁 平 成 判 決 ( 判 時 ケースフ ックp.225 LEX/DB ) 外 国 人 在 留 更 新 不 許 可 事 件 信 義 則 上 短 期 滞 在 の 更 新 を 許 可 す べ き で あ っ た に も か か わ ら ず 更 新 を 不 許 可 と し た 処 分 が 裁 量 権 の 濫 用 に な る と し た 事 例 本 件 処 分 時 に お い て は 被 上 告 人 と 淑 子 と の 婚 姻 関 係 が 有 効 で あ る こ と が 判 決 に よ っ て 確 定 し て い た 上 被 上 告 人 は そ の 後 に 淑 子 か ら 提 起 さ れ た 離 婚 請 求 訴 訟 に つ い て も 応 訴 す る な ど し て い た こ と か ら も う か が わ れ る よ う に 被 上 告 人 の 活 動 は 日 本 人 の 配 偶 者 の 身 分 を 有 す る も の と し て の 活 動 に 該 当 す る と み る こ と が で き な い も の で は な い そ う で あ れ ば 右 在 留 資 格 変 更 許 可 処 分 の 効 力 い か ん は さ て お く と し て も 少 な く と も 被 上 告 人 の 在 留 資 格 が 短 期 滞 在 に 変 更 さ れ る に 至 っ た 右 経 緯 に か ん が み れ ば 上 告 人 は 信 義 則 上 短 期 滞 在 の 在 留 資 格 に よ る 被 上 告 人 の 在 留 期 間 の 更 新 を 許 可 し た 上 で 被 上 告 人 に 対 し 日 本 人 の 配 偶 者 等 へ の 在 留 資 格 の 変 更 申 請 を し て 被 上 告 人 が 日 本 人 の 配 偶 者 等 の 在 留 資 格 に 属 す る 活 動 を 引 き 続 き 行 う の を 適 当 と 認 め る に 足 り る 相 当 の 理 由 が あ る か ど う か に つ き 公 権 的 判 断 を 受 け る 機 会 を 与 え る こ と を 要 し た も の と い う べ き で あ る 最 高 裁 平 成 判 決 ( 民 集 判 時 LEX/DB ) 在 ブ ラ ジ ル 被 爆 者 健 康 管 理 手 当 事 件 国 の 違 法 な 通 達 に よ っ て 権 利 行 使 を 妨 げ て い た 場 合 行 政 が 消 滅 時 効 を 主 張 す る こ と が 信 義 則 に 反 す る と さ れ た 事 例 以 上 の よ う な 事 情 の 下 に お い て は 上 告 人 ( 広 島 県 ) が 消 滅 時 効 を 主 張 し て 未 支 給 の 本 件 健 康 管 理 手 当 の 支 給 義 務 を 免 れ よ う と す る こ と は 違 法 な 通 達 を 定 め て 受 給 権 者 の 権 利 行 使 を 困 難 に し て い た 国 か ら 事 務 の 委 任 を 受 け 又 は 事 務 を 受 託 し 自 ら も 上 記 通 達 に 従 い 違 法 な 事 務 処 理 を し て い た 普 通 地 方 公 共 団 体 な い し そ の 機 関 自 身 が 受 給 権 者 に よ る そ の 権 利 の 不 行 使 を 理 由 と し て 支 払 義 務 を 免 れ よ う と す る に 等 し い も の と い わ ざ る を 得 な い そ う す る と 上 告 人 の 消 滅 時 効 の 主 張 は 402 号 通 達 が 発 出 さ れ て い る に も か か わ ら ず 当 該 被 爆 者 に つ い て は 同 通 達 に 基 づ く 失 権 の 取 扱 い に 対 し 訴 訟 を 提 起 す る な ど し て 自 己 の 権 利 を 行 使 す る こ と が 合 理 的 に 期 待 で き る 事 情 が あ っ た な ど の 特 段 の 事 情 の な い 限 り 信 義 則 に 反 し 許 さ れ な い も の と 解 す る の が 相 当 で あ る 本 件 に お い て 上 記 特 段 の 事 情 を 認 め る こ と は で き な い か ら 上 告 人 は 消 滅 時 効 を 主 張 し て 未 支 給 の 本 件 健 康 管 理 手 当 の 支 給 義 務 を 免 れ る こ と は で き な い も の と 解 さ れ る 主 な 下 級 審 事 例 東 京 地 裁 昭 和 判 決 ( 行 集 判 時 ケースフ ックp.212 LEX/DB ) 文 化 学 院 非 課 税 通 知 事 件 区 税 務 事 務 所 長 名 義 に よ る 固 定 資 産 税 非 課 税 通 知 が 発 さ れ て い た が そ れ が 誤 り で 行 政 法

4 あ る と し て 過 去 5 年 に 遡 り 固 定 資 産 税 を 賦 課 し た こ と に つ き 禁 反 言 の 法 理 に 反 す る と さ れ た 事 例 熊 本 地 裁 玉 名 支 部 昭 和 判 決 ( 判 時 LEX/DB ) 荒 尾 市 公 営 住 宅 建 設 計 画 中 止 事 件 市 の 住 宅 団 地 建 設 計 画 の 廃 止 が 市 の 要 望 に よ つ て 団 地 用 公 衆 浴 場 を 建 築 し た 者 に 対 す る 背 信 的 所 為 と 認 め ら れ る 場 合 市 首 長 に よ る 右 廃 止 措 置 は 本 条 に 該 当 す る 不 法 行 為 で あ る と さ れ た 事 例 ( TKC 要 旨 引 用 ) 東 京 高 裁 昭 和 判 決 ( 行 集 判 時 ) 在 日 韓 国 人 の 国 民 年 金 に 関 す る 区 の 国 民 年 金 勧 誘 員 か ら 指 導 を 受 け 国 民 年 金 保 険 料 を 納 入 し て い た に も か か わ ら ず 当 時 の 国 籍 条 項 を 理 由 に 国 民 年 金 支 給 裁 定 が 拒 否 さ れ た 事 件 で 信 頼 保 護 の 要 請 を 根 拠 に 拒 否 処 分 を 取 消 し た 福 島 地 裁 郡 山 支 部 平 成 判 決 ( 判 時 LEX/DB ) 郡 山 市 市 街 地 再 開 発 事 業 事 件 市 街 地 再 開 発 事 業 計 画 の 見 直 し が 右 施 策 に 動 機 づ け ら れ て 活 動 に 入 つ た 者 の 信 頼 に 反 し 社 会 観 念 上 看 過 す る こ と の で き な い 程 度 の 積 極 的 損 害 を 被 る と き は 当 事 者 間 に 形 成 さ れ た 信 頼 関 係 を 不 当 に 破 壊 す る も の と し て 違 法 性 を 帯 び 地 方 公 共 団 体 の 不 法 行 為 責 任 を 生 ぜ し め る も の と い う べ き で あ る と し た 事 例 但 し 控 訴 審 ( 仙 台 高 裁 平 成 判 決 = 判 時 ) 及 び 上 告 審 ( 最 高 裁 平 成 判 決 ) は 違 法 性 を 否 定 京 都 地 裁 平 成 判 決 ( 判 時 LEX/DB ) 風 俗 営 業 の 許 可 を 得 て マ ー ジ ャ ン 店 の 開 設 を 予 定 し て い た 者 が 警 察 官 か ら 許 可 が 可 能 で あ る と の 誤 っ た 指 導 を 受 け 建 築 工 事 に 着 手 し た が 許 可 が な さ れ な か っ た た め 損 害 を 被 っ た と し て 求 め た 損 害 賠 償 請 求 が 認 容 さ れ た 事 例 2 行 政 の 措 置 が 信 頼 保 護 原 則 に 違 反 す る も の で は な い と し た 事 例 最 高 裁 昭 和 判 決 ( 判 時 ケースフ ックp.219) 青 色 申 告 事 件 租 税 関 係 に お け る 信 義 則 の 適 用 に つ い て は 慎 重 で な け れ ば な ら ず 納 税 者 間 の 平 等 公 平 の 要 請 を 犠 牲 に し て も な お 納 税 者 の 信 頼 を 保 護 し な け れ ば 正 義 に 反 す る と い う よ う な 特 別 の 事 情 が 存 す る 場 合 に 初 め て 上 記 法 理 は 適 用 さ れ る と し た 事 例 ( 判 旨 は 3 に 記 載 ) 最 高 裁 平 成 判 決 ( 判 時 LEX/DB ) 本 件 は 有 罪 判 決 を 受 け て か ら 約 27 年 に わ た り 国 家 公 務 員 と し て 郵 便 局 に 勤 務 し て い た 者 ( 上 告 人 ) が 国 家 公 務 員 の 欠 格 事 由 ( 国 家 公 務 員 法 76 38) に 該 当 す る と し て 同 有 罪 判 決 の 確 定 し た 翌 日 ( 1973 年 12 月 22 日 ) に 失 職 し た 旨 の 人 事 異 動 通 知 書 の 交 付 を 2000 年 11 月 13 日 に 受 け た た め 雇 用 契 約 上 の 地 位 の 確 認 及 び 給 与 の 支 払 い を 請 求 し た 事 例 で あ る ( 当 初 被 告 は 国 で あ っ た が 郵 政 事 業 の 民 営 化 に あ た り 被 告 は 郵 政 事 業 株 式 会 社 と な っ て い る ) 本 件 の 失 職 の 通 知 は 法 律 規 定 に よ り 既 に 失 職 し て い る こ と を 通 知 す る も の で あ っ て こ の 通 知 で 公 務 員 免 職 と い う 効 果 を 発 生 さ せ る も の で は な い の で 行 政 処 分 で は な い そ の た め 取 消 訴 訟 で は な く 地 位 確 認 訴 訟 ( 公 法 上 の 当 事 者 訴 訟 ) と な る 前 記 事 実 関 係 等 に よ れ ば 上 告 人 が 失 職 事 由 の 発 生 後 も 長 年 に わ た り A 郵 便 局 に お い て 郵 便 集 配 業 務 に 従 事 し て き た の は 上 告 人 が 禁 錮 以 上 の 刑 に 処 せ ら れ た と い う 失 職 事 由 の 発 生 を 明 ら か に せ ず そ の た め A 郵 便 局 長 に お い て そ の 事 行 政 法

5 実 を 知 る こ と が な か っ た か ら で あ る 上 告 人 は 失 職 事 由 発 生 の 事 実 を 隠 し 通 し て 事 実 上 勤 務 を 継 続 し 給 与 の 支 給 を 受 け 続 け て い た も の に す ぎ ず 仮 に 上 告 人 に お い て 定 年 ま で 勤 務 す る こ と が で き る と の 期 待 を 抱 い た と し て も そ の よ う な 期 待 が 法 的 保 護 に 値 す る も の と は い え な い こ の こ と に 加 え 上 告 人 が 該 当 し た 国 家 公 務 員 法 38 条 2 号 の 欠 格 事 由 を 定 め る 規 定 が こ の 事 由 を 看 過 し て さ れ た 任 用 を 法 律 上 当 然 に 無 効 と す る よ う な 公 益 的 な 要 請 に 基 づ く 強 行 規 定 で あ る こ と な ど に か ん が み る と 被 上 告 人 郵 便 事 業 株 式 会 社 に お い て 上 告 人 の 失 職 を 主 張 す る こ と が 信 義 則 に 反 し 権 利 の 濫 用 に 当 た る も の と い う こ と は で き な い こ の 法 廷 意 見 に 対 し 泉 裁 判 官 が 反 対 意 見 を 述 べ て い る 泉 裁 判 官 は 次 の よ う に 一 般 論 を 述 べ た 上 で 本 件 に つ き 失 職 扱 い と す る こ と は 信 義 則 権 利 濫 用 禁 止 の 法 理 に 照 ら し 許 さ れ な い と し て い る 上 告 人 の よ う な 現 業 の 郵 政 事 務 官 の 勤 務 関 係 は 基 本 的 に は 公 法 的 規 律 に 服 す る 公 法 上 の 関 係 で あ る が ( 最 高 裁 昭 和 46 年 ( 行 ツ ) 第 14 号 同 49 年 7 月 19 日 第 二 小 法 廷 判 決 民 集 28 巻 5 号 897 頁 参 照 ) 公 法 上 の 関 係 に お い て も 法 の 一 般 原 理 で あ る 信 義 則 権 利 濫 用 禁 止 の 法 理 が 適 用 さ れ る こ と は い う ま で も な い そ し て 無 効 の 要 件 を 具 備 し た 瑕 疵 あ る 行 政 行 為 で あ っ て も 長 年 に わ た り 維 持 継 続 さ れ る こ と に よ っ て そ れ を 無 効 と す る こ と が 相 手 方 の 信 頼 を 裏 切 り 法 律 生 活 の 安 定 を 害 す る と か 社 会 公 共 の 福 祉 に 重 大 な 影 響 を 及 ぼ す お そ れ が あ る 場 合 が あ る と こ ろ そ れ を 無 効 と す る こ と の 公 益 上 の 必 要 性 が 低 下 し 一 方 で 相 手 方 の 信 頼 を 保 護 し 法 律 生 活 の 安 定 を 図 る 必 要 性 が 著 し く 増 大 し て い る 場 合 に あ っ て は 信 義 則 権 利 濫 用 禁 止 の 法 理 に 照 ら し 行 政 庁 に お い て 当 該 行 政 行 為 の 無 効 を 主 張 す る こ と が 許 さ れ な い と 解 す る 余 地 が あ る ( 田 中 二 郎 行 政 法 総 論 342 頁 参 照 ) 行 政 の 措 置 が 信 義 則 に 違 反 す る 違 法 な も の で あ る と の 主 張 を 排 斥 し た 最 高 裁 判 例 は 少 な く な い 例 え ば 郡 山 市 市 街 地 再 開 発 事 業 事 件 の 最 高 裁 平 成 判 決 ( 判 例 自 治 ) や 税 務 職 員 の 説 明 に 反 し て 更 正 処 分 が な さ れ た 事 例 で 信 義 則 違 反 の 主 張 を 採 用 し な か っ た 最 高 裁 平 成 判 決 ( 税 務 訴 訟 資 料 LEX/DB ) な ど 下 級 審 の 事 例 と し て 東 京 高 裁 昭 和 判 決 ( 行 集 ) 文 化 学 院 事 件 控 訴 審 東 京 地 裁 昭 和 判 決 ( 判 時 LEX/DB ) 日 本 国 籍 の な い 者 の 国 民 年 金 受 給 権 仙 台 高 裁 平 成 判 決 ( 判 時 ) 郡 山 市 市 街 地 再 開 発 事 業 事 件 控 訴 審 和 歌 山 地 裁 平 成 判 決 ( LEX/DB ) 障 害 基 礎 年 金 の 遡 及 的 取 消 3 信 頼 保 護 法 理 と 法 治 主 義 ( 適 法 行 政 の 要 請 ) と の 関 係 a ) 1 の 事 例 で は 信 頼 保 護 法 理 を 適 用 し て 行 政 の 措 置 を 違 法 と す る こ と と 適 法 行 政 の 要 請 は 矛 盾 す る も の で は な い 企 業 誘 致 に 関 す る 事 例 は 政 策 の 変 更 が 違 法 な の で は な く 損 害 を 補 償 す る 等 の 代 替 措 置 を 講 ず る こ と な く 政 策 を 変 更 し て 事 業 者 に 不 測 の 損 失 を 与 え た こ と が 違 法 と さ れ た の で あ る b ) 他 方 租 税 ( 青 色 申 告 ) に 関 す る 事 例 は 相 手 方 の 信 頼 を 保 護 し 青 色 申 告 納 行 政 法

6 税 を 肯 定 す る と 租 税 法 規 に 違 反 す る 事 態 が 生 じ る こ こ で は 信 頼 保 護 か 法 律 に よ る 行 政 か が 正 面 か ら 衝 突 し て い る か か る 場 合 最 高 裁 判 決 は 信 頼 保 護 法 理 の 適 用 に 慎 重 で あ る 上 記 の 青 色 申 告 事 件 最 高 裁 昭 和 判 決 ( 判 時 ケースフ ックp.219 LEX/DB ) は 租 税 法 規 に 適 合 す る 課 税 処 分 に つ い て 法 の 一 般 原 理 で あ る 信 義 則 の 法 理 の 適 用 に よ り 右 課 税 処 分 を 違 法 な も の と し て 取 り 消 す こ と が で き る 場 合 が あ る と し て も 法 律 に よ る 行 政 の 原 理 な か ん ず く 租 税 法 律 主 義 の 原 則 が 貫 か れ る べ き 租 税 法 律 関 係 に お い て は 右 法 理 の 適 用 に つ い て は 慎 重 で な け れ ば な ら ず 租 税 法 規 の 適 用 に お け る 納 税 者 間 の 平 等 公 平 と い う 要 請 を 犠 牲 に し て も な お 当 該 課 税 処 分 に 係 る 課 税 を 免 れ し め て 納 税 者 の 信 頼 を 保 護 し な け れ ば 正 義 に 反 す る と い え る よ う な 特 別 の 事 情 が 存 す る 場 合 に 初 め て 右 法 理 の 適 用 の 是 非 を 考 え る べ き も の で あ る そ し て 右 特 別 の 事 情 が 存 す る か ど う か の 判 断 に 当 た っ て は 少 な く と も 1 税 務 官 庁 が 納 税 者 に 対 し 信 頼 の 対 象 と な る 公 的 見 解 を 表 示 し た こ と に よ り 2 納 税 者 が そ の 表 示 を 信 頼 し そ の 信 頼 に 基 づ い て 行 動 し た と こ ろ 3 の ち に 右 表 示 に 反 す る 課 税 処 分 が 行 わ れ 4 そ の た め に 納 税 者 が 経 済 的 不 利 益 を 受 け る こ と に な っ た も の で あ る か ど う か ま た 5 納 税 者 が 税 務 官 庁 の 右 表 示 を 信 頼 し そ の 信 頼 に 基 づ い て 行 動 し た こ と に つ い て 納 税 者 の 責 め に 帰 す べ き 事 由 が な い か ど う か と い う 点 の 考 慮 は 不 可 欠 の も の で あ る と い わ な け れ ば な ら な い と し て い る ( 番 号 は 石 崎 ) そ し て こ の 事 件 に つ い て は 1 を 否 定 し て 本 件 処 分 を 取 り 消 し た 原 判 決 を 破 棄 し て い る 最 高 裁 の 判 旨 は 1 か ら 5 ま で が 信 頼 保 護 の 利 益 が 租 税 法 律 主 義 の 要 請 を 上 回 る た め の 必 要 最 小 限 の 要 件 で あ る と し て い る ( こ れ に つ い て は 宇 賀 Ⅰ p.43 以 下 に 詳 し い ) 租 税 事 件 に 関 し て 禁 反 言 の 適 用 を 認 め て 課 税 処 分 を 違 法 と し た 事 例 と し て 上 記 文 化 学 院 非 課 税 通 知 事 件 東 京 地 裁 昭 和 判 決 ( 行 集 判 時 ケース フ ックp.212) が あ る が 東 京 高 裁 昭 和 判 決 ( 行 集 ) は 課 税 処 分 を 適 法 と し た c ) 適 法 行 政 の 原 理 と 信 頼 保 護 の 要 請 が 衝 突 す る 場 合 と し て 社 会 保 障 に 関 す る 事 例 も あ る 東 京 高 裁 昭 和 判 決 ( 行 集 判 時 LEX/DB ) 控 訴 人 が 国 民 年 金 被 保 険 者 と し て の 手 続 を し た の は 荒 川 区 の 国 民 年 金 勧 奨 員 の 勧 誘 に よ る も の で あ つ て 控 訴 人 側 で は 右 勧 奨 員 に 控 訴 人 が 韓 国 籍 で あ る こ と を 告 げ て お り 右 手 続 を し た こ と に つ い て 控 訴 人 側 に 責 め る べ き 事 情 が な い こ と 控 訴 人 は 国 民 年 金 被 保 険 者 の 義 務 た る 保 険 料 の 支 払 を す べ て 終 了 し て い る こ と 行 政 当 局 は 昭 和 36 年 か ら 昭 和 51 年 ま で 15 年 余 に わ た つ て 控 訴 人 を 国 民 年 金 被 保 険 者 な い し 60 歳 に 達 し た こ と に よ り 右 資 格 を 喪 失 し た 者 と し て 取 扱 つ た こ と が 認 め ら れ る 右 の よ う な 経 過 に 弁 論 の 全 趣 旨 を も 合 わ せ る と 控 訴 人 は 自 己 に 国 民 年 金 被 保 険 者 の 資 格 が あ る と 信 じ 将 来 被 控 訴 人 が 老 齢 年 金 等 の 給 付 を す る も の と 期 待 し 信 頼 し て 右 期 待 信 頼 を 前 提 に 保 険 料 の 支 払 を 続 け た こ と が 明 ら か で あ り ま た 右 経 過 か ら み て 控 訴 人 が そ の よ う に 信 じ た こ と を あ な が ち 軽 率 で あ つ た と い う こ と は で き な い 右 の よ う な 信 頼 関 係 が 生 じ た 当 事 者 間 に お い て そ の 信 頼 関 係 を 覆 す こ と が 許 さ れ る か ど う か は 事 柄 の 公 益 的 性 格 に 考 慮 を も 含 め た 信 義 衡 平 の 原 則 に よ つ て 規 律 さ れ る べ き も の で あ り 特 に 拠 出 制 の 国 民 年 金 制 度 に お い て は 被 保 険 者 の 保 険 料 負 担 と 老 齢 年 金 等 の 給 付 は あ る 程 度 対 価 的 関 係 に あ る か ら こ の 点 か ら も 控 訴 人 の 右 信 頼 は 法 的 保 護 を 要 請 さ れ 行 政 法

7 る も の で あ る し か し 東 京 地 裁 昭 和 判 決 ( 判 時 LEX/DB ) は 日 本 国 籍 の な い 者 が 長 期 間 国 民 年 金 保 険 料 を 納 付 し て き た が あ と 8ヶ 月 保 険 料 を 納 付 す れ ば 受 給 権 を 取 得 で き る 時 期 に 東 京 都 福 祉 局 国 民 年 金 部 長 が 受 給 資 格 が な い こ と を 確 認 し て 過 誤 納 額 還 付 通 知 を 行 っ た 事 件 で あ る が 未 だ 受 給 権 が 発 生 し て い な い こ と を 理 由 に 法 律 の 明 文 規 定 の 適 用 を 排 除 し て で も 原 告 を 保 護 す べ き 特 段 の 事 情 あ り と 解 す る に は 不 充 分 と 考 え る と し て い る 東 京 地 裁 平 成 判 決 ( 判 時 LEX/DB ) 障 害 基 礎 年 金 支 給 停 止 事 件 併 給 調 整 さ れ る べ き 二 つ の 年 金 が 約 4 年 間 に わ た っ て 併 給 調 整 の 存 在 に つ き 善 意 の 原 告 に 支 払 わ れ 受 給 者 に そ の 誤 信 に つ き 過 失 が な く 生 活 保 護 を 受 給 し な い 限 り 既 払 分 の 年 金 を 返 還 す る こ と が で き な い な ど の 事 情 の 下 で は 社 会 保 険 庁 長 官 が こ の 返 還 を 求 め る こ と は 許 さ れ な い が 支 給 停 止 処 分 自 体 は 適 法 で あ る と さ れ た 事 例 ( TKC LEX/DBの 要 旨 を 引 用 ) 障 害 年 金 裁 定 取 消 事 件 昭 和 52 年 に 受 け た 厚 生 年 金 保 険 法 に 基 づ く 障 害 年 金 の 支 給 裁 定 を 平 成 13 年 に 社 会 保 険 庁 長 官 が 取 り 消 し て 年 金 額 を 昭 和 55 年 に 遡 っ て 減 額 す る 裁 定 処 分 の 取 消 及 び 不 当 利 得 返 還 を 請 求 し た 事 件 第 一 審 東 京 地 裁 平 成 判 決 ( 訟 月 ) は 信 義 則 違 反 が あ る と し て 裁 定 処 分 を 取 り 消 し た 控 訴 審 東 京 高 裁 平 成 判 決 ( 判 時 ) は 信 義 則 違 反 の 違 法 は な い と し た ( 3 ) 権 利 ( 権 限 ) の 濫 用 禁 止 の 原 則 1 行 政 権 限 の 濫 用 禁 止 原 則 行 政 は 法 の 目 的 と 関 係 な い 目 的 の た め に そ の 権 限 を 行 使 し て は な ら な い 最 高 裁 昭 和 判 決 ( 民 集 判 時 889-9) 風 俗 営 業 の 進 出 を 阻 止 す る た め に 児 童 公 園 を 急 拠 認 可 し た 措 置 が 裁 量 権 の 濫 用 で あ る と さ れ た 事 例 こ れ ら は 主 に 行 政 裁 量 を 統 制 す る 法 理 ( 不 正 な 動 機 あ る い は 他 事 考 慮 に よ る 権 限 行 使 の 禁 止 ) と し て 議 論 さ れ て お り 上 記 事 例 と 併 せ て 後 の 行 政 裁 量 論 の と こ ろ で 扱 う 過 剰 な 権 限 行 使 も 権 限 の 濫 用 で あ ろ う が そ れ は ( 5 ) の 比 例 原 則 と し て 議 論 さ れ て い る 2 権 利 濫 用 禁 止 原 則 が 国 民 の 申 請 権 の 濫 用 を 制 約 す る 法 理 と し て 議 論 さ れ る こ と も あ る ( 櫻 井 橋 本 p.26の 他 宇 賀 Ⅰ p.52に 詳 し い ) ( 4 ) 平 等 原 則 1 こ れ は 憲 法 原 理 で あ る が ( 憲 法 14) さ ら に 租 税 関 係 や 公 共 施 設 利 用 関 係 な ど 多 く の 個 別 法 律 で も 実 定 化 さ れ て い る 行 政 法

8 最 高 裁 平 成 判 決 ( 民 集 判 時 LEX/DB ) 上 尾 福 祉 会 館 事 件 公 共 施 設 ( 福 祉 会 館 ) の 利 用 拒 否 が 違 法 と さ れ た 事 例 本 件 会 館 は 地 方 自 治 法 244 条 に い う 公 の 施 設 に 当 た る か ら 被 上 告 人 は 正 当 な 理 由 が な い 限 り こ れ を 利 用 す る こ と を 拒 ん で は な ら ず ( 同 条 2 項 ) ま た そ の 利 用 に つ い て 不 当 な 差 別 的 取 扱 い を し て は な ら な い ( 同 条 3 項 ) 2 こ こ で も 平 等 原 則 と 租 税 法 律 主 義 と が 衝 突 す る こ と が あ る 大 阪 高 裁 昭 和 判 決 ( 判 時 LEX/DB ) ス コ ッ チ ラ イ ト 事 件 あ る 物 品 に つ き 20%の 税 率 を 課 し て い た 税 関 が 多 数 で あ る 場 合 唯 一 30%の 税 率 を 課 し て い た 税 関 の 解 釈 が 正 し い も の で あ っ た と し て も 法 律 の 規 定 に 違 反 し て 多 数 の 税 務 官 庁 が 採 用 し た 軽 減 税 率 が 正 当 な も の と さ れ 法 定 の 税 率 に 従 っ た 課 税 処 分 が 違 法 で あ る と さ れ た 事 例 ( 但 し 処 分 が 無 効 と ま で は い え な い と し て 国 に 対 す る 不 当 利 得 返 還 請 求 は 棄 却 し た ) 違 法 な 行 政 処 分 は 行 政 処 分 を 取 消 う る 場 合 と 行 政 処 分 が 無 効 と な る 場 合 に 分 か れ る 取 消 と 無 効 は ど う 違 う の か い か な る 場 合 に 無 効 と な る の か は 後 の 行 政 処 分 の 瑕 疵 の と こ ろ で 扱 う 相 続 人 の 間 で 課 税 に 不 平 等 が 生 じ た と し て も 課 税 処 分 が 違 法 無 効 と な る こ と は な い と し た 事 例 と し て 最 高 裁 平 成 判 決 ( 税 務 訴 訟 資 料 LEX/DB ) が あ る が 判 決 文 は 極 め て 短 い の で 平 等 原 則 違 反 の 有 無 に つ い て は 東 京 地 裁 昭 和 判 決 ( LEX/DB ) を 読 む と 良 い ( 5 ) 比 例 原 則 比 例 原 則 と は 規 制 対 象 の 社 会 的 害 悪 と 規 制 措 置 に は 均 衡 が 保 た れ て い な け れ ば な ら ず 過 剰 な 規 制 措 置 は 許 さ れ な い と い う 考 え 警 察 官 職 務 執 行 法 1に 規 定 が あ る が 比 例 原 則 は 規 制 行 政 一 般 に 妥 当 す る 法 理 で あ る と 考 え ら れ て い る 最 近 の 憲 法 学 行 政 法 学 で は 比 例 原 則 の 重 要 性 に 注 目 が 集 ま っ て い る 最 高 裁 平 成 判 決 ( 判 時 LEX/DB ) 君 が 代 斉 唱 日 の 丸 起 立 義 務 違 反 懲 戒 処 分 事 件 過 去 2 年 度 の 3 回 の 卒 業 式 等 に お け る 不 起 立 行 為 に よ る 懲 戒 処 分 を 受 け て い る こ と の み を 理 由 に 同 上 告 人 に 対 す る 懲 戒 処 分 と し て 停 職 処 分 を 選 択 し た 都 教 委 の 判 断 は 停 職 期 間 の 長 短 に か か わ ら ず 処 分 の 選 択 が 重 き に 失 す る も の と し て 社 会 観 念 上 著 し く 妥 当 を 欠 き 上 記 停 職 処 分 は 懲 戒 権 者 と し て の 裁 量 権 の 範 囲 を 超 え る も の と し て 違 法 の 評 価 を 免 れ な い と 解 す る の が 相 当 で あ る 最 高 裁 昭 和 判 決 ( 判 例 自 治 労 働 判 例 LEX/DB ) 山 口 学 力 テ ス ト 事 件 原 審 の 認 定 に 係 る 処 分 事 由 を 前 提 と す る 限 り こ れ に 対 し 懲 戒 免 職 処 分 を も っ て 臨 ん だ こ と は 過 酷 に 失 し 社 会 通 念 上 著 し く 妥 当 を 欠 き 裁 量 権 の 範 囲 を 超 え た も の と し た 原 審 の 判 断 は こ れ を 是 認 す る こ と が で き る と し た 事 例 岡 山 地 裁 平 成 判 決 ( 判 例 自 治 ) 30 日 間 の 営 業 停 止 処 分 が 重 す ぎ る と し て 7 日 間 を 超 え る 部 分 を 取 消 し た 事 例 福 岡 地 裁 平 成 判 決 ( 判 時 ) 生 活 保 護 廃 止 事 件 行 政 法

9 生 活 保 護 を 受 け て い た 者 が 自 動 車 を 使 用 し た こ と を 理 由 と し て 保 護 の 廃 止 処 分 を し た こ と が 相 当 性 を 欠 く と し た 事 例 東 京 地 裁 平 成 判 決 ( 判 時 ) 不 法 滞 在 者 に 対 す る 退 去 強 制 処 分 が 比 例 原 則 に 反 す る と し た 事 例 但 し 控 訴 審 ( 東 京 高 裁 平 成 判 決 = 訟 月 ) は 処 分 の 違 法 性 を 否 定 福 岡 高 裁 平 成 判 決 ( 判 タ LEX/DB ) 中 学 校 教 員 の 懲 戒 免 職 処 分 が 重 す ぎ る と し て そ れ を 取 消 し た 事 例 ( 6 ) 配 慮 義 務 に つ い て ( 国 民 の 権 利 や 地 位 を 不 当 に 害 す る こ と の な い よ う に 配 慮 す る 義 務 ) 1 近 年 の 最 高 裁 判 決 で 行 政 は 国 民 の 権 利 や 地 位 を 不 当 に 害 す る こ と の な い よ う に 配 慮 す る 義 務 を 負 う と し て い る も の が あ る 但 し 次 の 最 高 裁 判 決 は 個 別 事 案 に 即 し て 論 じ て お り 一 般 法 原 則 と 言 い う る か ど う か は ま だ 不 明 で あ る ( 私 は 一 般 法 原 則 た り 得 る と 考 え た い ) 最 高 裁 平 成 判 決 ( 民 集 判 時 ケースフ ックp.227 LEX/DB ) 紀 伊 長 島 町 水 道 水 源 保 護 条 例 事 件 本 件 条 例 は 水 源 保 護 地 域 内 に お い て 対 象 事 業 を 行 お う と す る 事 業 者 に あ ら か じ め 町 長 と の 協 議 を 求 め る と と も に 当 該 協 議 の 申 出 が さ れ た 場 合 に は 町 長 は 規 制 対 象 事 業 場 と 認 定 す る 前 に 審 議 会 の 意 見 を 聴 く な ど し て 慎 重 に 判 断 す る こ と と し て い る と こ ろ 規 制 対 象 事 業 場 認 定 処 分 が 事 業 者 の 権 利 に 対 し て 重 大 な 制 限 を 課 す も の で あ る こ と を 考 慮 す る と 上 記 協 議 は 本 件 条 例 の 中 で 重 要 な 地 位 を 占 め る 手 続 で あ る と い う こ と が で き る そ し て 前 記 事 実 関 係 等 に よ れ ば 本 件 条 例 は 上 告 人 が 三 重 県 知 事 に 対 し て し た 産 業 廃 棄 物 処 理 施 設 設 置 許 可 の 申 請 に 係 る 事 前 協 議 に 被 上 告 人 が 関 係 機 関 と し て 加 わ っ た こ と を 契 機 と し て 上 告 人 が 町 の 区 域 内 に 本 件 施 設 を 設 置 し よ う と し て い る こ と を 知 っ た 町 が 制 定 し た も の で あ り 被 上 告 人 は 上 告 人 が 本 件 条 例 制 定 の 前 に 既 に 産 業 廃 棄 物 処 理 施 設 設 置 許 可 の 申 請 に 係 る 手 続 を 進 め て い た こ と を 了 知 し て お り ま た 同 手 続 を 通 じ て 本 件 施 設 の 設 置 の 必 要 性 と 水 源 の 保 護 の 必 要 性 と を 調 和 さ せ る た め に 町 と し て ど の よ う な 措 置 を 執 る べ き か を 検 討 す る 機 会 を 与 え ら れ て い た と い う こ と が で き る そ う す る と 被 上 告 人 と し て は 上 告 人 に 対 し て 本 件 処 分 を す る に 当 た っ て は 本 件 条 例 の 定 め る 上 記 手 続 に お い て 上 記 の よ う な 上 告 人 の 立 場 を 踏 ま え て 上 告 人 と 十 分 な 協 議 を 尽 く し 上 告 人 に 対 し て 地 下 水 使 用 量 の 限 定 を 促 す な ど し て 予 定 取 水 量 を 水 源 保 護 の 目 的 に か な う 適 正 な も の に 改 め る よ う 適 切 な 指 導 を し 上 告 人 の 地 位 を 不 当 に 害 す る こ と の な い よ う 配 慮 す べ き 義 務 が あ っ た も の と い う べ き で あ っ て 本 件 処 分 が そ の よ う な 義 務 に 違 反 し て さ れ た も の で あ る 場 合 に は 本 件 処 分 は 違 法 と な る と い わ ざ る を 得 な い 2 不 利 益 的 変 更 を す る 場 合 に 激 変 緩 和 措 置 が 求 め ら れ そ れ を 欠 く 不 利 益 変 更 措 置 が 違 法 ( 裁 量 濫 用 ) と さ れ る こ と が あ る 生 活 保 護 の 老 齢 加 算 廃 止 を 争 っ た 福 岡 高 裁 平 成 判 決 ( 判 時 LEX/ DB ) は 次 の よ う に 述 べ て 今 般 の 生 活 保 護 老 齢 加 算 廃 止 を 違 法 と し た 老 齢 加 算 の 廃 止 は 既 に 老 齢 加 算 を 前 提 と す る 保 護 を 受 け て い る 被 保 護 者 に と っ て は 支 給 額 の 相 当 程 度 の 減 額 を 意 味 す る と こ ろ 本 件 記 述 の う ち 老 齢 加 算 の 廃 止 と い う 方 向 性 と 並 ん で 重 要 な 事 項 で あ る 本 件 た だ し 書 の 内 容 に つ い て 何 ら 検 討 せ ず 同 じ く 重 要 な 事 項 で あ る 激 変 緩 和 措 置 に つ い て 十 分 検 討 す る こ と な く 中 間 取 り ま と め が 老 齢 加 算 を 廃 止 の 方 向 で 見 直 す べ き で あ る と し た こ と な ど の 理 由 で 行 わ れ た 本 件 保 護 基 準 の 改 定 は 考 慮 す べ き 事 項 を 十 分 考 慮 し て お ら ず 又 は 考 慮 し 行 政 法

10 た 事 項 に 対 す る 評 価 が 明 ら か に 合 理 性 を 欠 き そ の 結 果 社 会 通 念 に 照 ら し 著 し く 妥 当 性 を 欠 い た も の と い う こ と が で き る し た が っ て 本 件 保 護 基 準 の 改 定 は 裁 量 権 の 逸 脱 又 は 濫 用 と し て 正 当 な 理 由 の な い 保 護 基 準 の 不 利 益 変 更 に 当 た る と い う べ き で あ る 本 判 決 は 激 変 緩 和 措 置 を 一 般 法 原 則 と し て 認 め た も の で は な く 老 齢 加 算 廃 止 に 当 た っ て 厚 生 労 働 省 の 専 門 委 員 会 の 中 間 取 り ま と め が 激 変 緩 和 措 置 を と る べ き だ と の 意 見 を 述 べ て い た に も 拘 わ ら ず そ の 措 置 を 取 ら な か っ た こ と を 問 題 視 し て い る も の で あ る こ と は 注 意 し て お く べ き 本 件 の 上 告 審 で あ る 最 高 裁 平 成 判 決 ( 判 タ LEX/DB ) は 今 回 の 老 齢 加 算 廃 止 が 中 間 取 り ま と め の 意 見 を 踏 ま え た 検 討 を 経 て い な い も の と い う こ と は で き ず 全 体 と し て そ の 意 見 の 趣 旨 と 一 致 し な い も の で あ っ た と も 解 し 難 い と し さ ら に 審 理 が 必 要 で あ る と し て 福 岡 高 裁 に 差 し 戻 し た ( 7 ) そ の 他 不 利 益 法 規 の 不 遡 及 原 則 に 関 す る 最 近 の 事 例 と し て 福 岡 地 裁 平 成 判 決 ( 判 時 ) が あ る 本 判 決 は 住 宅 を 譲 渡 し た こ と に よ り 長 期 譲 渡 所 得 の 計 算 上 損 失 に つ き 税 務 署 長 が 法 律 の 改 正 に よ り 損 益 通 算 で き な く な っ た こ と を 理 由 に 行 っ た 更 正 ( 課 税 額 の 変 更 ) を し な い 旨 の 通 知 ( 処 分 ) に 対 す る 取 消 訴 訟 本 件 改 正 は 上 記 特 例 措 置 の 適 用 も な く 損 益 通 算 の 適 用 を 受 け ら れ な く な っ た 原 告 に 適 用 さ れ る 限 り に お い て 租 税 法 規 不 遡 及 の 原 則 ( 憲 法 8 4 条 ) に 違 反 し 違 憲 無 効 と い う べ き で あ る 3 行 政 活 動 と 民 事 法 ( 1 ) 行 政 活 動 に お け る 民 事 法 の 適 用 1 既 に 述 べ た よ う に 今 日 の 行 政 活 動 は 非 権 力 的 な 手 法 で な さ れ る こ と が 多 く そ の 場 合 法 律 上 特 別 の 規 定 の な い 限 り 民 法 等 が 適 用 さ れ る 2 行 政 に 特 有 の 作 用 で あ っ て も 民 法 等 の 適 用 が 当 然 に 排 除 さ れ る わ け で は な い ( 2 ) 民 法 法 理 の 適 用 を 肯 定 し た 主 要 な 最 高 裁 判 例 1 民 法 177 条 の 適 用 に つ い て 最 高 裁 昭 和 判 決 ( 民 集 判 時 73-3 LEX/DB ) 滞 納 処 分 に よ る 差 押 の 関 係 に つ き 民 法 177( 登 記 の 対 抗 力 ) が 適 用 さ れ る と し た 事 例 国 税 滞 納 処 分 に お い て は 国 は そ の 有 す る 租 税 債 権 に つ き 自 ら 執 行 機 関 と し て 強 制 執 行 の 方 法 に よ り そ の 満 足 を 得 よ う と す る も の で あ つ て 滞 納 者 の 財 産 を 差 し 押 え た 国 の 地 位 は あ た か も 民 事 訴 訟 法 上 の 強 制 執 行 に お け る 差 押 債 権 者 の 地 位 に 類 す る も の で あ り 租 税 債 権 が た ま た ま 公 法 上 の も の で あ る こ と は こ の 関 係 に お い て 国 が 一 般 私 法 上 の 債 権 者 よ り 不 利 益 の 取 扱 を 受 け る 理 由 と な る も の で は な い そ れ 故 滞 納 処 分 に よ る 差 押 の 関 係 に お い て も 民 法 177 条 の 適 用 が あ る も の と 解 す る の が 相 当 で あ る 最 高 裁 昭 和 判 決 ( 民 集 判 時 LEX/DB ) 供 用 開 始 処 分 の あ っ た 道 路 敷 地 に つ き 民 法 177( 登 記 の 対 抗 力 ) が 適 用 さ れ る と し た 事 例 行 政 法

11 当 初 適 法 に 供 用 開 始 行 為 が な さ れ 道 路 と し て 使 用 が 開 始 さ れ た 以 上 当 該 道 路 敷 地 に つ い て は 公 物 た る 道 路 の 構 成 部 分 と し て 道 路 法 所 定 ( 道 路 法 4 条 旧 道 路 法 6 条 ) の 制 限 が 加 え ら れ る こ と と な る そ し て そ の 制 限 は 当 該 道 路 敷 地 が 公 の 用 に 供 せ ら れ た 結 果 発 生 す る も の で あ つ て 道 路 敷 地 使 用 の 権 原 に 基 づ く も の で は な い か ら そ の 後 に 至 つ て 道 路 管 理 者 が 対 抗 要 件 を 欠 く た め 右 道 路 敷 地 の 使 用 権 原 を も つ て 後 に 右 敷 地 の 所 有 権 を 取 得 し た 第 三 者 に 対 抗 し え な い こ と と な つ て も 当 該 道 路 の 廃 止 が な さ れ な い か ぎ り 敷 地 所 有 権 に 加 え ら れ た 右 制 限 は 消 滅 す る も の で は な い し た が つ て そ の 後 に 当 該 敷 地 の 所 有 権 を 取 得 し た 右 の 第 三 者 は 上 記 の 制 限 の 加 わ つ た 状 態 に お け る 土 地 所 有 権 を 取 得 す る に す ぎ な い も の と 解 す べ き で あ り 道 路 管 理 者 に 対 し 当 該 道 路 敷 地 た る 土 地 に つ い て そ の 使 用 収 益 権 の 行 使 が 妨 げ ら れ て い る こ と を 理 由 と し て 損 害 賠 償 を 求 め る こ と は で き な い も の と い わ な け れ ば な ら な い 2 民 法 の 時 効 規 定 の 適 用 に つ い て そ も そ も 公 共 用 財 産 に 取 得 時 効 が 適 用 さ れ る か と い う 問 題 が あ っ た が 公 用 が 廃 止 さ れ た と き は 取 得 時 効 が 成 立 す る と し た 最 高 裁 昭 和 判 決 ( 民 集 判 時 LEX/DB ) 公 共 用 財 産 と し て の 形 態 機 能 を 全 く 喪 失 し た 公 共 用 財 産 に つ い て 黙 示 的 に 公 用 が 廃 止 さ れ た も の と し て こ れ に 対 す る 取 得 時 効 を 認 め た 事 例 公 共 用 財 産 が 長 年 の 間 事 実 上 公 の 目 的 に 供 用 さ れ る こ と な く 放 置 さ れ 公 共 用 財 産 と し て の 形 態 機 能 を 全 く 喪 失 し そ の 物 の う え に 他 人 の 平 穏 か つ 公 然 の 占 有 が 継 続 し た が そ の た め 実 際 上 公 の 目 的 が 害 さ れ る よ う な こ と も な く も は や そ の 物 を 公 共 用 財 産 と し て 維 持 す べ き 理 由 が な く な つ た 場 合 に は 右 公 共 用 財 産 に つ い て は 黙 示 的 に 公 用 が 廃 止 さ れ た も の と し て こ れ に つ い て 取 得 時 効 の 成 立 を 妨 げ な い も の と 解 す る の が 相 当 で あ る 当 該 財 産 が 公 用 財 産 ( 公 共 用 財 産 を 含 む ) と し て 供 用 さ れ て い る 限 り は 取 得 時 効 は 成 立 し な い こ れ が 基 本 で あ る 上 記 判 例 は そ の 裏 命 題 で 公 用 廃 止 が あ れ ば 取 得 時 効 が 成 立 し う る と い う も の 従 前 の 判 例 で は 公 共 用 財 産 の 用 途 廃 止 に は 明 示 の 公 用 廃 止 処 分 が な け れ ば な ら な い と し て い た の で 黙 示 の 公 用 廃 止 を 認 め た こ と も こ の 判 決 の 新 判 断 で あ る な お 公 用 目 的 に 供 さ れ て い る 限 り 時 効 取 得 は 生 じ な い 実 務 で は こ の よ う な 事 件 と は 逆 に 私 人 の 所 有 す る 土 地 が 道 路 な ど 公 用 に 供 さ れ て い て 行 政 団 体 側 が 取 得 時 効 を 援 用 し て 所 有 権 確 認 を 求 め る 事 例 が 少 な く な い こ の 判 例 を 引 用 し 公 有 水 面 埋 立 後 竣 工 認 可 を 受 け て い な い 土 地 が も は や 公 有 水 面 に 復 元 さ れ る こ と な く 私 法 上 の 土 地 所 有 権 の 対 象 と な る 土 地 と し て 確 定 し か つ 公 有 水 面 と し て の 公 用 が 黙 示 に 廃 止 さ れ た も の と し て 時 効 取 得 を 認 め た 最 近 の 事 例 に 最 高 裁 平 成 判 決 ( 民 集 判 時 ) が あ る ま た 道 路 に 関 し て 黙 示 の 公 用 廃 止 を 認 め た も の に 大 阪 高 裁 平 成 ( 判 時 1843ー77) 国 及 び 自 治 体 に 対 す る 金 銭 債 権 金 銭 債 務 に 関 し て は 会 計 法 30 及 び 地 方 自 治 法 236が 民 法 と は 異 な る 規 定 を し て い る 会 計 法 30は 国 の 金 銭 債 権 及 び 国 に 対 す る 金 銭 債 権 の 消 滅 時 効 を 5 年 と し 時 効 の 援 用 を 要 し な い と し て い る し か し 行 政 団 体 と の 法 律 関 係 で あ っ て も 民 法 の 一 般 規 定 が 適 用 さ れ る こ と も あ る 最 高 裁 昭 和 判 決 ( 民 集 判 時 LEX/DB ) 自 衛 隊 員 の 勤 務 中 の 事 故 に つ き 国 の 安 全 配 慮 義 務 違 反 に よ る 損 害 賠 償 責 任 を 求 め 行 政 法

12 損 害 賠 償 請 求 権 の 消 滅 時 効 を 民 法 1671 に よ り 10 年 と し た 事 例 最 高 裁 は 会 計 法 30 条 が 金 銭 の 給 付 を 目 的 と す る 国 の 権 利 及 び 国 に 対 す る 権 利 に つ き 5 年 の 消 滅 時 効 期 間 を 定 め た の は 国 の 権 利 義 務 を 早 期 に 決 済 す る 必 要 が あ る な ど 主 と し て 行 政 上 の 便 宜 を 考 慮 し た こ と に 基 づ く も の で あ る か ら 同 条 の 5 年 の 消 滅 時 効 期 間 の 定 め は 右 の よ う な 行 政 上 の 便 宜 を 考 慮 す る 必 要 が あ る 金 銭 債 権 で あ つ て 他 に 時 効 期 間 に つ き 特 別 の 規 定 の な い も の に つ い て 適 用 さ れ る も の と 解 す べ き で あ る と し て い る 本 判 決 は 公 法 上 の 法 律 関 係 で あ る 公 務 員 関 係 に 労 働 法 理 で あ る 安 全 配 慮 義 務 を 適 用 し た 点 で も 重 要 安 全 配 慮 義 務 に 関 す る 最 近 の 事 例 と し て 神 戸 地 裁 平 成 判 決 ( 自 衛 隊 員 歩 行 訓 練 = 判 時 ) 旭 川 地 裁 平 成 判 決 ( 町 管 理 の 流 雪 溝 で の 除 雪 作 業 = 判 時 ) 公 立 病 院 の 診 療 に 関 す る 債 権 の 消 滅 時 効 に つ き 地 方 自 治 法 2361 の 5 年 で は な く 民 法 170 一 号 の 3 年 を 採 用 し た 最 近 の 判 例 に 最 高 裁 平 成 判 決 ( 民 集 判 時 ) が あ る 3 公 営 住 宅 と 民 法 借 地 法 借 家 法 ( 借 地 借 家 法 ) の 適 用 に つ い て 最 高 裁 昭 和 判 決 ( 民 集 判 時 LEX/DB ) 公 営 住 宅 の 使 用 関 係 に 民 法 借 家 法 及 び 契 約 法 上 の 信 頼 関 係 の 法 理 の 適 用 が あ る と し た 事 例 公 営 住 宅 の 使 用 関 係 に つ い て は 公 営 住 宅 法 及 び こ れ に 基 づ く 条 例 が 特 別 法 と し て 民 法 及 び 借 家 法 に 優 先 し て 適 用 さ れ る が 法 及 び 条 例 に 特 別 の 定 め が な い 限 り 原 則 と し て 一 般 法 で あ る 民 法 及 び 借 家 法 の 適 用 が あ り そ の 契 約 関 係 を 規 律 す る に つ い て は 信 頼 関 係 の 法 理 の 適 用 が あ る も の と 解 す べ き で あ る と こ ろ で 右 法 及 び 条 例 の 規 定 に よ れ ば 事 業 主 体 は 公 営 住 宅 の 入 居 者 を 決 定 す る に つ い て は 入 居 者 を 選 択 す る 自 由 を 有 し な い も の と 解 さ れ る が 事 業 主 体 と 入 居 者 と の 間 に 公 営 住 宅 の 使 用 関 係 が 設 定 さ れ た の ち に お い て は 両 者 の 間 に は 信 頼 関 係 を 基 礎 と す る 法 律 関 係 が 存 す る も の と い う べ き で あ る か ら 公 営 住 宅 の 使 用 者 が 法 の 定 め る 公 営 住 宅 の 明 渡 請 求 事 由 に 該 当 す る 行 為 を し た 場 合 で あ つ て も 賃 貸 人 で あ る 事 業 主 体 と の 間 の 信 頼 関 係 を 破 壊 す る と は 認 め 難 い 特 段 の 事 情 が あ る と き に は 事 業 主 体 の 長 は 当 該 使 用 者 に 対 し そ の 住 宅 の 使 用 関 係 を 取 り 消 し そ の 明 渡 を 請 求 す る こ と は で き な い も の と 解 す る の が 相 当 で あ る 最 高 裁 平 成 判 決 ( 判 時 LEX/DB ) 原 審 は 公 営 住 宅 法 に 基 づ く 公 営 住 宅 の 使 用 許 可 に よ る 賃 貸 借 に つ い て も 借 家 法 が 一 般 法 と し て 適 用 さ れ 同 法 1 条 ノ 2に 規 定 す る 正 当 の 事 由 が あ る 場 合 に は 同 条 に よ り 解 約 の 申 入 を す る こ と が で き 東 京 都 営 住 宅 条 例 20 条 1 項 6 号 は 適 用 さ れ な い も の と し た う え 適 法 に 確 定 し た 事 実 関 係 の 下 に お い て 同 号 の 使 用 許 可 の 取 消 の 意 思 表 示 を そ の 主 張 事 実 か ら 借 家 法 1 条 ノ 2に よ る 解 約 申 入 と し そ の 正 当 の 事 由 を 肯 認 し 権 利 の 濫 用 に 当 た ら な い と し て 被 上 告 人 の 本 件 明 渡 請 求 に つ い て こ れ を 認 容 し た も の で あ っ て 右 判 断 は 正 当 と し て 是 認 す る こ と が で き る 4 そ の 他 最 高 裁 平 成 判 決 ( 民 集 判 時 LEX/DB ) 行 政 法

13 共 同 相 続 人 間 の 相 続 分 の 譲 渡 に 伴 っ て 生 じ る 農 地 の 権 利 移 転 に つ い て 農 地 法 上 の 許 可 を 要 し な い と し た 事 例 農 地 法 3 条 1 項 は 農 地 に 係 る 権 利 の 人 為 的 な 移 転 の う ち 農 地 の 保 全 の 観 点 か ら 望 ま し く な い と 考 え ら れ る も の を 制 限 す る 趣 旨 の 規 定 で あ る と こ ろ 相 続 に よ っ て 生 ず る 権 利 移 転 も 相 続 人 が 非 営 農 者 で あ る 場 合 に は 農 地 の 保 全 上 は 望 ま し い と は い え な い も の の 相 続 が そ も そ も 人 為 的 な 移 転 で は な く 相 続 に よ る 包 括 的 な 権 利 承 継 は 私 有 財 産 制 の 下 に お い て は 是 認 せ ざ る を 得 な い も の で あ る こ と か ら 規 制 対 象 と は し て い な い も の と 解 さ れ る 相 続 財 産 に 農 地 が 含 ま れ て い る か 否 か を 問 わ ず 共 同 相 続 人 間 に お い て 個 々 の 農 地 で は な く 包 括 的 な 相 続 人 た る 地 位 を 譲 渡 す る こ と 自 体 は 農 地 法 3 条 1 項 が 規 制 の 対 象 と す る も の で は な い そ し て 共 同 相 続 人 間 に お け る 相 続 分 の 譲 渡 に 伴 い 前 記 の と お り 個 々 の 不 動 産 に つ い て も 持 分 の 移 転 が 生 ず る の は 相 続 に よ り 包 括 的 な 権 利 移 転 に 伴 っ て 個 々 の 財 産 上 の 権 利 も 移 転 す る の と 同 様 の 関 係 に あ り 相 続 人 の 1 人 で あ る 当 該 譲 受 人 に 農 地 に つ い て の 権 利 が 移 転 す る こ と 自 体 は 同 項 の 是 認 す る と こ ろ で あ る 以 上 の 点 に か ん が み れ ば 共 同 相 続 人 間 に お い て さ れ た 相 続 分 の 譲 渡 に 伴 っ て 生 ず る 農 地 の 権 利 移 転 に つ い て は 農 地 法 3 条 1 項 の 許 可 を 要 し な い と 解 す る の が 相 当 で あ る ( 3 ) 民 法 等 の 適 用 が 制 約 さ れ る 場 合 1 当 該 行 政 作 用 の 性 質 ( 権 力 性 や 公 益 性 な ど ) や 行 政 活 動 の 適 正 性 公 平 性 確 保 の 要 請 を 理 由 と す る も の 最 高 裁 昭 和 判 決 ( 民 集 判 タ LEX/DB ) 自 作 農 創 設 特 別 措 置 法 の 農 地 買 収 処 分 に 民 法 177の 適 用 を 排 除 し た 事 例 自 作 農 創 設 特 別 措 置 法 ( 以 下 自 作 法 と 略 称 す る ) は 今 次 大 戦 の 終 結 に 伴 い 我 国 農 地 制 度 の 急 速 な 民 主 化 を 図 り 耕 作 者 の 地 位 の 安 定 農 業 生 産 力 の 発 展 を 期 し て 制 定 せ ら れ た も の で あ つ て 政 府 は こ の 目 的 達 成 の た め 同 法 に 基 い て 公 権 力 を 以 て 同 法 所 定 の 要 件 に 従 い 所 謂 不 在 地 主 や 大 地 主 等 の 所 有 農 地 を 買 収 し こ れ を 耕 作 者 に 売 渡 す 権 限 を 与 え ら れ て い る の で あ る 即 ち 政 府 の 同 法 に 基 く 農 地 買 収 処 分 は 国 家 が 権 力 的 手 段 を 以 て 農 地 の 強 制 買 上 を 行 う も の で あ つ て 対 等 の 関 係 に あ る 私 人 相 互 の 経 済 取 引 を 本 旨 と す る 民 法 上 の 売 買 と は そ の 本 質 を 異 に す る も の で あ る 従 つ て か か る 私 経 済 上 の 取 引 の 安 全 を 保 障 す る た め に 設 け ら れ た 民 法 177 条 の 規 定 は 自 作 法 に よ る 農 地 買 収 処 分 に は そ の 適 用 を 見 な い も の と 解 す べ き で あ る 本 判 決 と ( 2 ) 1 の 最 初 に あ げ た 最 高 裁 昭 和 判 決 で 違 い が 生 じ た 理 由 は 何 か た し か に 本 事 件 は 占 領 軍 命 令 に よ る 超 憲 法 的 措 置 と い う 特 質 が あ る が 滞 納 処 分 の 事 例 に は そ の よ う な 特 殊 性 は な い 最 高 裁 平 成 判 決 ( 民 集 判 時 LEX/DB ) 公 営 住 宅 使 用 権 の 承 継 に つ い て 相 続 人 が 公 営 住 宅 を 使 用 す る 権 利 を 当 然 に 承 継 す る と 解 す る 余 地 は な い と し た 事 例 公 営 住 宅 法 は 住 宅 に 困 窮 す る 低 額 所 得 者 に 対 し て 低 廉 な 家 賃 で 住 宅 を 賃 貸 す る こ と に よ り 国 民 生 活 の 安 定 と 社 会 福 祉 の 増 進 に 寄 与 す る こ と を 目 的 と す る も の で あ っ て ( 1 条 ) そ の た め に 公 営 住 宅 の 入 居 者 を 一 定 の 条 件 を 具 備 す る も の 行 政 法

14 に 限 定 し ( 17 条 ) 政 令 の 定 め る 選 考 基 準 に 従 い 条 例 で 定 め る と こ ろ に よ り 公 正 な 方 法 で 選 考 し て 入 居 者 を 決 定 し な け れ ば な ら な い も の と し た 上 ( 18 条 ) さ ら に 入 居 者 の 収 入 が 政 令 で 定 め る 基 準 を 超 え る こ と に な っ た 場 合 に は そ の 入 居 年 数 に 応 じ て 入 居 者 に つ い て は 当 該 公 営 住 宅 を 明 け 渡 す よ う に 努 め な け れ ば な ら な い 旨 ( 21 条 の 2 第 1 項 ) 事 業 主 体 の 長 に つ い て は 当 該 公 営 住 宅 の 明 渡 し を 請 求 す る こ と が で き る 旨 ( 21 条 の 3 第 1 項 ) を 規 定 し て い る の で あ る 以 上 の よ う な 公 営 住 宅 法 の 規 定 の 趣 旨 に か ん が み れ ば 入 居 者 が 死 亡 し た 場 合 に は そ の 相 続 人 が 公 営 住 宅 を 使 用 す る 権 利 を 当 然 に 承 継 す る と 解 す る 余 地 は な い と い う べ き で あ る 2 行 政 法 規 が 特 別 法 と し て 機 能 し 民 法 の 適 用 が 排 除 さ れ る 場 合 時 効 に 関 す る 会 計 法 30 及 び 地 方 自 治 法 236の よ う に 行 政 法 規 が 特 別 法 と し て 優 先 的 に 適 用 さ れ そ の 限 り で 民 法 の 適 用 が 排 除 さ れ る こ と は 少 な く な い 次 の 事 例 は 接 境 建 設 に 関 す る 民 法 2341 と 建 築 基 準 法 65の 関 係 が 論 じ ら れ た 著 名 な 事 例 で あ る 最 高 裁 平 成 判 決 ( 民 集 判 時 LEX/DB ) 建 築 基 準 法 65 条 は 防 火 地 域 又 は 準 防 火 地 域 内 に あ る 外 壁 が 耐 火 構 造 の 建 築 物 に つ い て そ の 外 壁 を 隣 地 境 界 線 に 接 し て 設 け る こ と が で き る 旨 規 定 し て い る が こ れ は 同 条 所 定 の 建 築 物 に 限 り そ の 建 築 に つ い て は 民 法 234 条 1 項 の 規 定 の 適 用 が 排 除 さ れ る 旨 を 定 め た も の と 解 す る の が 相 当 で あ る ( 4 ) 行 政 法 規 違 反 の 行 為 と 民 事 上 の 効 力 1 行 政 法 規 違 反 の 法 律 行 為 が 当 然 に 無 効 と な る わ け で は な い 伝 統 的 に は 取 締 法 規 ( 警 察 規 制 ) 違 反 の 行 為 は 刑 罰 の 対 象 と な る と し て も 民 事 上 の 効 力 は 有 効 で あ る が 強 行 法 規 ( 経 済 統 制 ) 違 反 の 行 為 は 民 事 上 も 無 効 で あ る と さ れ て き た 前 者 : 最 高 裁 昭 和 判 決 ( 民 集 LEX/DB ) 食 品 衛 生 法 上 の 無 許 可 営 業 本 件 売 買 契 約 が 食 品 衛 生 法 に よ る 取 締 の 対 象 に 含 ま れ る か ど う か は と も か く と し て 同 法 は 単 な る 取 締 法 規 に す ぎ な い も の と 解 す る の が 相 当 で あ る か ら 上 告 人 が 食 肉 販 売 業 の 許 可 を 受 け て い な い と し て も 右 法 律 に よ り 本 件 取 引 の 効 力 が 否 定 さ れ る 理 由 は な い そ れ 故 右 許 可 の 有 無 は 本 件 取 引 の 私 法 上 の 効 力 に 消 長 を 及 ぼ す も の で は な い と し た 原 審 の 判 断 は 結 局 正 当 で あ り 所 論 は 採 る を 得 な い 後 者 : 最 高 裁 昭 和 判 決 ( 民 集 判 時 LEX/DB ) 臨 時 物 資 需 給 調 整 法 違 反 煮 乾 い わ し 売 買 当 時 施 行 の 臨 時 物 資 需 給 調 整 法 は わ が 国 に お け る 産 業 の 回 復 振 興 に 関 す る 基 本 的 政 策 及 び 計 画 の 実 施 を 確 保 す る た め に 制 定 さ れ た も の で あ り 同 法 に 基 く 加 工 水 産 物 配 給 規 則 ( 昭 和 24 年 9 月 農 林 省 令 100 号 に よ る 改 正 前 の 同 規 則 ) は 昭 和 22 年 内 閣 訓 令 3 号 指 定 配 給 物 資 配 給 手 続 規 程 に 従 い 右 目 的 達 成 の た め 物 資 及 び そ の 需 給 調 整 方 法 等 を 特 定 し 同 規 則 2 条 に よ つ て 指 定 さ れ た 煮 乾 い わ し 等 の 物 資 に つ い て は 法 定 の 除 外 事 由 そ の 他 特 段 の 事 情 の 存 し な い 限 り 同 規 則 3 条 以 下 所 定 の 集 荷 機 関 荷 受 機 関 登 録 小 売 店 舗 等 の 機 構 を 通 ず る 取 引 の み の 効 力 を 認 め 右 以 外 の 無 資 格 者 に よ る 取 引 の 効 力 を 認 め な い 趣 意 で あ つ て 右 法 令 は 此 の 意 味 に 於 け る 強 行 法 規 で あ る と 解 さ れ る か ら 此 の 点 に つ き 原 判 決 に 所 論 の 如 き 違 法 あ り と 為 し 難 く 行 政 法

15 原 審 ( 福 岡 高 裁 昭 和 判 決 民 集 ) 本 件 煮 乾 い わ し の 売 買 は 前 記 経 済 統 制 法 令 に 違 反 し て な さ れ た も の で あ る こ と が 明 か で あ る か ら 公 序 良 俗 に 反 し 無 効 の 契 約 で あ る と い わ な け れ ば な ら な い 2 し か し こ の よ う に 単 純 に 割 り 切 れ る も の で は な く 強 行 法 規 違 反 で な く て も 状 況 に 照 ら し て 民 法 90の 公 序 良 俗 違 反 と な る こ と が あ る 最 高 裁 昭 和 判 決 ( 民 集 判 時 LEX/DB ) 有 害 物 質 を 含 む 食 品 の 販 売 契 約 有 毒 性 物 質 で あ る 硼 砂 の 混 入 し た ア ラ レ を 販 売 す れ ば 食 品 衛 生 法 4 条 2 号 に 抵 触 し 処 罰 を 免 れ な い こ と は 多 弁 を 要 し な い と こ ろ で あ る が そ の 理 由 だ け で 右 ア ラ レ の 販 売 は 民 法 90 条 に 反 し 無 効 の も の と な る も の で は な い し か し な が ら 前 示 の よ う に ア ラ レ の 製 造 販 売 を 業 と す る 者 が 硼 砂 の 有 毒 性 物 質 で あ り こ れ を 混 入 し た ア ラ レ を 販 売 す る こ と が 食 品 衛 生 法 の 禁 止 し て い る も の で あ る こ と を 知 り な が ら 敢 え て こ れ を 製 造 の 上 同 じ 販 売 業 者 で あ る 者 の 要 請 に 応 じ て 売 り 渡 し そ の 取 引 を 継 続 し た と い う 場 合 に は 一 般 大 衆 の 購 買 の ル ー ト に 乗 せ た も の と 認 め ら れ そ の 結 果 公 衆 衛 生 を 害 す る に 至 る で あ ろ う こ と は み や す き 道 理 で あ る か ら そ の よ う な 取 引 は 民 法 90 条 に 抵 触 し 無 効 の も の と 解 す る を 相 当 と す る 最 近 の 見 解 は 違 反 法 規 が 強 行 法 規 で な い 場 合 で も 同 取 引 に か か わ る 要 素 を 総 合 的 に 考 慮 し て 契 約 の 効 力 の 有 無 を 判 断 す る こ と を 支 持 し て い る ( 宇 賀 Ⅰ p.67) 行 政 法

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額 ISSN 2187-1329 税 務 事 例 研 究 Vol. 148 2015/11 法 人 税 みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 所 得 税 必 要 経 費 判 定 における 債 務 の 確 定 の 意 義 田 中 治 資 産 税 重 婚 的 内 縁 関 係 をめぐる 相 続 税 法 上 の 課 税 関 係 高 野 幸 大 公 益 財 団 法 人 日 本

More information

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請 File.4 < 判 決 原 文 > 生 計 を 一 に す る 妻 へ の 税 理 士 報 酬 と 必 要 経 費 - 宮 岡 事 件 - 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 13 年 ( 行 ウ ) 第 423 号 平 成 15 年 7 月 16 日 判 決 ( TAINS 判 例 検 索 Z253-9393 税 務 訴 訟 資 料 253 号 順 号 9393 判 例 時 報 1891 号

More information

個人会員規約

個人会員規約 九 州 しんきんカード 会 員 規 約 第 1 部 一 般 条 項 第 1 章 会 員 の 資 格 第 1 条 ( 本 会 員 ) 株 式 会 社 九 州 し ん き ん カ ー ド ( 以 下 当 社 と い う ) に 対 し 本 規 約 を 承 認 の う え 入 会 申 込 み を し た 個 人 の う ち 当 社 が 適 格 と 認 め た 方 を 本 会 員 と し ま す 第 2 条

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 1 部 改 案 旧 照 文 昭 和 百 傍 線 部 改 部 改 案 現 服 服 管 研 修 研 修 罰 罰 附 附 総 総 休 懲 戒 服 管 研 休 懲 戒 服 研 修 修 福 祉 益 保 護 福 祉 益 保 護 根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み )

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み ) 小 規 模 個 人 再 生 給 与 所 得 者 等 再 生 再 生 手 続 開 始 申 立 書 印 紙 10,000 [ 該 当 す る に を 付 す る か, の よ う に 黒 く 塗 り つ ぶ し て く だ さ い ] 鹿 児 島 地 方 裁 判 所 支 部 御 中 平 成 年 月 日 ふりがな 氏 名 : 申 立 人 生 年 月 日 : 昭 和 平 成 年 月 日 年 齢 : 歳 住

More information

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 改 案 旧 照 文 昭 和 1 0 自 治 昭 和 54 安 昭 和 55 昭 和 56 労 働 昭 和 6 昭 和 6 警 察 昭 和 66 運 昭 和 68 大 期 7 併 7 1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 根

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

( 2 ) 評 価 基 準 が 定 め る 市 街 化 区 域 農 地 の 評 価 方 法 市 街 化 区 域 農 地 ( 法 附 則 1 9 条 の 2 第 1 項 に 規 定 す る 市 街 化 区 域 農 地 を い う ) の 評 価 に つ い て 評 価 基 準 は 沿 接 す る 道

( 2 ) 評 価 基 準 が 定 め る 市 街 化 区 域 農 地 の 評 価 方 法 市 街 化 区 域 農 地 ( 法 附 則 1 9 条 の 2 第 1 項 に 規 定 す る 市 街 化 区 域 農 地 を い う ) の 評 価 に つ い て 評 価 基 準 は 沿 接 す る 道 File.18< 判 決 原 文 > 固 定 資 産 税 4 事 件 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 1 2 年 ( 行 ウ) 第 3 32 号 平 成 1 4 年 1 月 2 2 日 判 決 (TAINS 判 例 検 索 Z999-8099) 控 訴 審 : 東 京 高 裁 平 成 1 4 年 ( 行 コ) 第 4 4 号 平 成 1 6 年 5 月 27 日 判 決 (TAINS 判 例

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

<5461726F2D834A83558374916490C5986195B681698DE096B18FC88267826F>

<5461726F2D834A83558374916490C5986195B681698DE096B18FC88267826F> 訳 文 重 回 避 脱 防 止 和 案 和 重 回 避 脱 防 止 結 希 望 次 協 双 次 a i 個 ii 下 b i ii 民 iii 下 掲 げ 加 え 代 署 名 後 掲 げ 同 実 質 似 両 局 各 重 要 改 正 改 正 後 妥 期 相 互 知 三 文 脈 別 解 釈 べ ほ 和 理 味 和 a 領 域 並 際 協 づ 主 管 轄 区 域 含 む 理 味 べ b 領 域 領 海 含

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

債務整理事件処理の規律を定める規程

債務整理事件処理の規律を定める規程 多 量 状 況 部 切 勧 誘 並 批 鑑 臨 措 置 勧 誘 遵 守 化 信 確 擁 図 義 語 義 ろ 融 個 総 住 宅 建 設 若 購 住 宅 供 土 地 借 地 得 住 宅 良 貸 分 証 証 償 抵 住 宅 設 総 千 万 円 工 鉱 運 送 種 商 サ ビ ス 属 営 常 従 ロ 商 サ ビ ス 属 営 常 従 渉 昭 百 率 点 ぼ 尽 破 再 調 停 類 随 調 停 率 支 価 質

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 2 8 年 5 月 31 日 現 在 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 4 年 9 月 21 日 厚 生 省 収 年 第 6 3 4 0 号 認 可 変 更 平 成 5 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 5 年 5 月 17 日 ( 認 可 )

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

<5461726F2D817966696E616C817A91E68250825782588D868FF096F189BC>

<5461726F2D817966696E616C817A91E68250825782588D868FF096F189BC> 切 仕 号 総 理 ジ ュ ネ ー ブ 招 集 月 回 本 原 則 宣 言 公 地 球 模 化 社 義 宣 言 目 標 達 成 人 切 仕 促 進 決 留 族 責 任 男 女 賃 金 増 高 齢 障 害 児 童 育 増 大 見 多 額 得 転 含 世 界 経 済 重 要 貢 献 認 識 依 然 過 小 評 価 軽 視 主 女 子 わ 女 子 多 差 人 侵 害 被 害 や 立 地 域 社 構 成 員

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 組 合 分 賦 額 納 入 方 の 件 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 衛 生 費 補 助 金 請 求 書 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財

1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 組 合 分 賦 額 納 入 方 の 件 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 衛 生 費 補 助 金 請 求 書 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 予 算 表 藤 沢 大 阪 町 役 場 予 算 表 藤 沢 大 阪 町 役 場 1897 財 政 課 G1-1 永 年 ( 明 治 30~41 年 ) ( 明 治 30~41 年 ) 予 算 表 交 付 の 件 歳 入 歳 出 精 算 表 綴 藤 1907 財 政 課 H1-1 永 年 沢 町 役 場 歳 入 歳 出 精 算 表 綴 歳 入 歳 出 清 算 表 綴 藤 沢 町 役 場 1908 財

More information

- 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申 込 順 に よ る 売 却 1 申

- 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申 込 順 に よ る 売 却 1 申 先 着 申 込 順 による 市 有 財 産 ( 土 地 ) 売 却 実 施 要 領 物 件 案 内 平 成 27 年 度 阿 賀 野 市 - 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

( 3 ) 申 立 人 X 1 の 特 別 受 益 申 立 人 X 1 が 平 成 元 年 8 月 1 5 日 に 1 0 0 万 円 の 贈 与 を 受 け て い る こ と は 当 事 者 間 に 争 い が な い が, 当 時 の B の 経 済 状 態 遺 産 の 総 額 か ら み て

( 3 ) 申 立 人 X 1 の 特 別 受 益 申 立 人 X 1 が 平 成 元 年 8 月 1 5 日 に 1 0 0 万 円 の 贈 与 を 受 け て い る こ と は 当 事 者 間 に 争 い が な い が, 当 時 の B の 経 済 状 態 遺 産 の 総 額 か ら み て File.12< 参 考 判 決 1 > 死 亡 生 命 保 険 金 と 特 別 受 益 神 戸 家 庭 裁 判 所 伊 丹 支 部 平 12 年 ( 家 ) 111 号 112 号 平 13 年 ( 家 ) 1405 号 平 成 15 8 8 審 判 大 阪 高 裁 平 15( ラ ) 953 号 平 成 16 5 10 決 定 最 高 裁 平 16( 許 ) 11 号 平 成 16 10 29

More information

01 管 理 組 合 の 会 計 処 理 は 発 生 主 義 と 聞 き ましたが 現 金 主 義 とどこが 違 う の でしょうか? 現 金 主 義 で は 未 払 い 金 等 の 将 来 支 払 わ な け れ ば な ら な い 負 債 勘 定 が 帳 簿 上 に 明 確 に 表 記 さ れ

01 管 理 組 合 の 会 計 処 理 は 発 生 主 義 と 聞 き ましたが 現 金 主 義 とどこが 違 う の でしょうか? 現 金 主 義 で は 未 払 い 金 等 の 将 来 支 払 わ な け れ ば な ら な い 負 債 勘 定 が 帳 簿 上 に 明 確 に 表 記 さ れ よくある 質 問 管 理 組 合 会 計 一 覧 表 01 発 生 主 義 31 修 繕 積 立 金 が 不 足 02 区 分 経 理 32 予 算 の 作 成 03 修 繕 積 立 基 金 と は 33 管 理 費 の 使 い 道 04 自 治 会 費 の 徴 収 34 滞 納 管 理 費 等 の 督 促 方 法 05 決 算 報 告 書 35 内 容 証 明 郵 便 06 管 理 費 の 余 剰

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63> 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 調 査 及 び 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 等 支 援 に 関 する 特 別 法 ( 法 律 第 10986 号 2011.8.4 一 部 改 正 2011.8.4 施 行 ) 仮 訳 第 1 条 ( 目 的 ) この 法 は 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 の 真 相 を 究 明 し 歴 史 の 真 実 を 明 らかにするとともに 1965

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

南九州市○○○施設指定管理者募集要項

南九州市○○○施設指定管理者募集要項 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 ( 以 下 放 牧 場 と い う )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は, こ の 仕 様 書 に よ る も の と する 1 趣 旨 本 仕 様 書 は, 指 定 管 理 者 が 行 う 放 牧 場 の 業 務 内 容 及 び 履 行

More information

第1章 総則

第1章 総則 ( 目 的 ) 第 1 条 一 般 社 団 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 取 引 会 員 規 程 本 規 程 は, 一 般 社 団 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 の 運 営 する 日 本 卸 電 力 取 引 所 ( 以 下 本 取 引 所 という ) の 取 引 会 員 に 関 する 手 続 きを 定 めることを 目 的 とする 2. 本 規 程 の 変 更 は, 理 事 会 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝 - 第 号 - 編 広 / 緑 村 引 渡 訓 練 治 稲 刈 城 東 フレ 伊 讃 覧 表... ~ペジ... ペジ... ペジ 陳... ペジ... ~ ペジ 誌... ペジ 編 記... ペジ 否 条 件 慎 正 第 催 件 ~ ~ 第 主 第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和

More information

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA>

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA> 要 旨 現 行 日 米 地 位 協 定 と 意 見 の 趣 旨 との 対 照 表 日 米 地 位 協 定 ( 要 旨 ) 意 見 の 趣 旨 2 条 1 施 設 区 域 の 提 供 と 返 還 (2 条 関 係 ) 1(a) 合 衆 国 は, 安 保 条 約 6 条 に 基 づき, 日 本 (1) 施 設 区 域 の 提 供 について 国 内 の 施 設 区 域 の 使 用 を 許 与 される 個

More information

側 方 2, 裏 ), 38 正 面 路 線 ( 路 線 価 NO, 路 線 価 下 落 率 第 1 年 度 1, 路 線 価 下 落 率 第 2 年 度 1, 路 線 価 下 落 率 第 3 年 度 1, 正 面 非 道 路 サイン, 現 基 準 年 度 路 線 価, 奥 行 率, 補 正 1,

側 方 2, 裏 ), 38 正 面 路 線 ( 路 線 価 NO, 路 線 価 下 落 率 第 1 年 度 1, 路 線 価 下 落 率 第 2 年 度 1, 路 線 価 下 落 率 第 3 年 度 1, 正 面 非 道 路 サイン, 現 基 準 年 度 路 線 価, 奥 行 率, 補 正 1, ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 宛 名 情 報 1 レコードキー, 2 宛 名 番 号, 3 履 歴 番 号, 4 個 人 法 人 区 分, 5 宛 名 種 別, 6 住 所 コード, 7 市 外 識 別 サイン, 8 市 町 村 コード, 9 住 所 文 字 数, 10 住 所, 11 方 書, 12 個 人 法 人 名, 13 個 人 本 名, 14 個 人

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指針針針針

公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指針針針針 港 区 立 区 民 斎 場 やすらぎ 会 館 管 理 運 営 に 関 す る 基 本 協 定 書 港 区 港 区 葬 祭 業 組 合 港 区 立 区 民 斎 場 やすらぎ 会 館 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 協 定 書 港 区 長 ( 以 下 甲 という ) と 地 方 自 治 法 ( 昭 和 2 2 年 法 律 第 6 7 号 ) 第 244 条 の2 及 び 港 区 立 区 民 斎

More information

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正)

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正) 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 38 号 最 終 改 正 平 成 26 年 12 月 18 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 任 免 ( 第 5 条 第 29 条 ) 第 1 節 採 用 ( 第 5 条 第 9 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 等

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

<90AE94F590AD97DF874090568B8C81698250814582518FF0816A8169313831323237816A>

<90AE94F590AD97DF874090568B8C81698250814582518FF0816A8169313831323237816A> 1 織 傍 線 今 回 案 現 織 織 目 目 章 章 節 秘 節 参 節 参 節 節 款 房 款 房 款 款 款 款 目 房 目 房 目 目 目 目 節 節 節 節 節 節 款 款 款 款 章 章 章 章 附 則 附 則 章 章 節 秘 秘 秘 節 参 節 参 参 参 参 参 節 節 款 房 款 房 房 房 房 ほ 策 策 運 企 画 運 企 画 装 装 削 削 削 房 房 房 ど 房 ど 印 印

More information

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc 茨 城 県 域 に お け る 自 治 体 職 員 情 報 共 有 シ ス テ ム の 構 築 ~ つ な が っ ぺ! い ば ら き ~ 平 成 2 4 年 度 行 政 課 題 研 究 講 座 第 3 班 笠 間 市 行 政 経 営 課 主 事 石 塚 貴 則 筑 西 市 生 涯 学 習 課 主 事 齋 川 亮 つ く ば み ら い 市 税 務 課 主 事 井 砂 浩 次 茨 城 県 企 業

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

Taro-弁護士報酬の目安暫定例 (

Taro-弁護士報酬の目安暫定例 ( 法 律 相 談 (1) 一 般 市 民 からの 法 律 相 談 で 40 分 を 要 し 法 律 相 談 だけで 完 結 した 場 合 法 律 相 談 料 5,400 円 法 律 相 談 (2) 一 般 市 民 からの 法 律 相 談 で 1 時 間 を 要 し 法 律 相 談 だけで 完 結 した 場 合 法 律 相 談 料 10,800 円 契 約 書 作 成 製 造 メーカーとして 卸 業 者

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務 平 成 28 年 度 版 CPE カリキュラム 一 覧 表 4. 税 務 40 総 論 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 租 税 法 入 門 税 法 総 論 1. 租 税 の 意 義 種 類 とその 役 割 2. 租 税 法 の 法 体 系 及 び 仕 組 み 3. 憲 法 との 関 係 国 家 と 税 制 1. 財 政 法 2. 会 計 法 3. 国 家 と 税 の 仕 組 み 4. 国

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 4 9 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 教 育 研 究 の 特 性 に 留 意 して 国 立

More information

服務規律確保のための取組事例集(H27.9)

服務規律確保のための取組事例集(H27.9) 服 務 規 律 確 保 のための 取 組 事 例 集 平 成 27 年 9 月 群 馬 県 教 育 委 員 会 学 校 人 事 課 1 体 罰 2 個 人 情 報 の 盗 難 3 交 通 違 反 4 交 通 死 亡 事 故 5 飲 酒 運 転 6 校 務 用 パソコンの 目 的 外 使 用 7 Web 上 の 信 用 失 墜 行 為 8 不 適 切 なインターネット スマートフォンの 使 用 9 児

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患 死 亡 病 院 支 際 金 支 払 命 2 審 制 注 務 履 期 待 依 位 援 審 覆 3 棄 却 ⑴

日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患 死 亡 病 院 支 際 金 支 払 命 2 審 制 注 務 履 期 待 依 位 援 審 覆 3 棄 却 ⑴ 概 病 院 医 師 手 術 中 医 療 器 操 患 死 亡 逮 捕 毛 静 岡 秋 魁 以 際 元 医 師 低 死 亡 故 翌 医 療 諸 故 器 操 ミ 器 良 旨 書 所 無 1 医 師 低 請 訴 訟 起 女 子 医 病 院 英 郎 研 究 日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

【個人情報の取扱い】

【個人情報の取扱い】 リース 契 約 条 項 第 1 条 東 洋 自 動 車 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)は 契 約 書 (1) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 自 動 車 という)をお 客 様 ( 以 下 甲 という)に リースし 甲 はこれを 借 受 けます 第 2 条 リース 期 間 はリース 契 約 書 (2) 記 載 の 期 間 とします 甲 は 契 約 締 結 の 日 からリース 期 間 が

More information

はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年

はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年 はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年 の i P S 細 胞 の 作 製 法 発 な ど 画 期 的 な 研 究 成 果 が 次 々 と

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

西関東書式

西関東書式 No.1 件 名 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 金 の 誤 支 給 助 成 額 計 算 時 に 象 者 の 加 入 保 険 情 報 を 確 認 し な か っ た た め に 計 算 を 誤 り 過 払 い が 発 生 し た も の < 過 払 い 金 額 76,002 円 > 職 員 の 計 算 時 の 確 認 不 足 象 者 に 経 緯 を 説 明 し お 詫 び し ま し

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

横断学習①

横断学習① 社 会 保 険 労 務 士 2013 年 横 断 学 習 第 1 章 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 第 7 章 総 則 適 用 事 業 等 被 保 険 者 保 険 給 付 の 通 則 賃 金 報 酬 保 険 給 付 不 服 申 立 雑 則 2013 年 度 版 日 建 学 院 社 労 士 過 去 問 横 断 学 習 用 小 冊 子 株 式 会 社 建 築 資 料 研 究

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

Microsoft Word - 01 議事次第.docx

Microsoft Word - 01 議事次第.docx 地 方 分 権 の 進 展 に 対 応 した 行 政 の 実 効 性 確 保 のあり 方 に 関 する 検 討 会 ( 第 1 回 ) 議 事 次 第 平 成 24 年 6 月 18 日 ( 月 ) 12:30~14:30 総 務 省 6 階 601 会 議 室 ( 議 事 次 第 ) 1. 開 会 2. 久 元 自 治 行 政 局 長 挨 拶 3. 検 討 会 開 催 要 綱 等 について 4.

More information

4 Cは 債 権 者 の 追 及 を 逃 れるために 売 買 契 約 の 実 態 はないのに 登 記 だけBに 移 し Bがそれに 乗 じてAとの 間 で 売 買 契 約 を 締 結 した 場 合 には CB 間 の 売 買 契 約 が 存 在 しない 以 上 Aは 所 有 権 を 主 張 すること

4 Cは 債 権 者 の 追 及 を 逃 れるために 売 買 契 約 の 実 態 はないのに 登 記 だけBに 移 し Bがそれに 乗 じてAとの 間 で 売 買 契 約 を 締 結 した 場 合 には CB 間 の 売 買 契 約 が 存 在 しない 以 上 Aは 所 有 権 を 主 張 すること 平 成 22 年 度 宅 地 建 物 取 引 主 任 者 資 格 試 験 問 1 制 限 行 為 能 力 者 に 関 する 次 の 記 述 のうち 民 法 の 規 定 によれば 正 しいものはどれか 1 土 地 を 売 却 すると 土 地 の 管 理 義 務 を 免 れることになるので 婚 姻 していない 未 成 年 者 が 土 地 を 売 却 するに 当 たっては その 法 定 代 理 人 の 同

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

賢 正! 営 知 イロハ 3 営 須 ぜ 行 投 厳 状 況 客 様 雇 守 営 良 最 化 べ 非 常 単 純 結 論 至 味 字 べ 持 元 現 残 結 果 現 在 成 熟 済 環 境 景 気 拡 競 他 過 競 争 値 げ 圧 力 強 代 流 速 因 ビ ジ ネ 環 境 良 到 底 言 状 況

賢 正! 営 知 イロハ 3 営 須 ぜ 行 投 厳 状 況 客 様 雇 守 営 良 最 化 べ 非 常 単 純 結 論 至 味 字 べ 持 元 現 残 結 果 現 在 成 熟 済 環 境 景 気 拡 競 他 過 競 争 値 げ 圧 力 強 代 流 速 因 ビ ジ ネ 環 境 良 到 底 言 状 況 賢 正! 営 知 イロハ 策 研 究 賢 正! 営 知 イロハ 3 営 須 ぜ 行 投 厳 状 況 客 様 雇 守 営 良 最 化 べ 非 常 単 純 結 論 至 味 字 べ 持 元 現 残 結 果 現 在 成 熟 済 環 境 景 気 拡 競 他 過 競 争 値 げ 圧 力 強 代 流 速 因 ビ ジ ネ 環 境 良 到 底 言 状 況 続 状 況 最 化 段 率 % 率 3% 仮 : : : %

More information

<5461726F31332D8E8A8AAF95F1986196F38169835A8362836794C5816A2E6A>

<5461726F31332D8E8A8AAF95F1986196F38169835A8362836794C5816A2E6A> 千 五 百 量 破 壊 等 等 件 外 省 告 示 九 八 日 量 破 壊 等 等 次 七 日 外 臣 川 口 順 子 訳 文 千 八 日 九 五 回 千 五 百 構 盟 軍 備 軍 縮 履 量 破 壊 ゆ 側 面 け む 千 九 百 九 日 政 府 首 脳 レ ベ ル 長 声 S / 五 〇 〇 再 声 盟 地 域 世 界 混 乱 せ 問 題 憲 解 強 調 想 起 憲 責 任 有 除 去 数 へ

More information

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること 11/01/14 関 東 ブロック 新 人 研 修 会 静 岡 県 司 法 書 士 会 中 里 功 多 重 債 務 整 理 事 件 3 - 消 費 者 破 産 - 本 稿 は 個 人 破 産 の 中 でもいわゆる 消 費 者 破 産 ( 非 事 業 者 に 関 する 破 産 事 件 )に 関 する 基 礎 的 論 点 の 修 得 を 目 的 としており 事 業 者 の 破 産 事 件 や 会 社 の

More information

P01.AI

P01.AI グ 紹 介 ブ No. 号 0 0 般 予 算 歳 算 剰 余 繰 越 普 通 交 税 交 増 ほ 経 済 交 復 旧 庫 支 増 歳 職 期 異 職 給 与 道 整 備 交 増 配 分 橋 梁 寿 命 道 舗 追 加 火 水 槽 領 漁 港 増 陸 競 技 レ 整 備 図 書 館 テ 更 ほ 8 豪 雨 農 林 土 木 復 旧 追 加 歳 歳 億 増 予 算 総 9 億 ギ ヨ ァ 管 ぎ 験 農

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産 ご 蛇 易 下 呂 式 No. 発 発 : 青 森 県 編 集 : 広 編 集 - 青 森 県 下 北 郡 大 字 易 字 大 川 目 - TEL --(FAX 兼 ) 常 任 総 常 任 大 原 子 力 発 電 般 質 動 編 集 記 般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目

More information

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金 日 本 トーター 株 式 会 社 大 宮 西 武 園 競 輪 事 業 所 大 宮 競 輪 場 及 び 西 武 園 競 輪 場 ポイントサービス 利 用 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 会 員 規 約 に 基 づく 事 項 その 他 当 施 設 におけるポイントサービスの 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 め ることを 目 的 とします ( 定 義 )

More information

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援 パ レ 団 展 望 示 運 道 示 C T S 章 習 料 章 粋 像 根 歴 史 ざ 閣 造 次 チ ャ レ 唱 億 総 躍 兼 チ ャ レ 是 掃 述 画 視 建 害 調 査 慣 習 公 表 織 三 式 採 I L 際 踏 府 映 建 委 薦 貴 族 建 ぽ 歯 措 加 承 認 降 図 退 ド ド 是 常 流 ぜ ぜ ざ ざ 表 側 閣 僚 公 歴 然 蔵 岩 盤 直 難 習 料 狙 障 配 番

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

01

01 業 務 契 約 書 ( 案 ) 1 業 務 名 国 有 財 産 分 筆 測 量 業 務 ( 釧 路 市 千 歳 町 ほか) 2 業 務 場 所 釧 路 市 千 歳 町 58-1 58-8 川 上 郡 弟 子 屈 町 泉 1 丁 目 51 3 履 行 期 間 平 成 28 年 月 日 から ( 契 約 締 結 の 翌 日 から) 平 成 28 年 3 月 16 日 まで 4 契 約 金 額 円 (うち

More information

伊 勢 丹 奨 学 会 推 薦 基 準

伊 勢 丹 奨 学 会 推 薦 基 準 公 益 財 団 法 人 伊 勢 丹 奨 学 会 大 学 奨 学 生 推 薦 選 考 基 準 [1] 奨 学 生 の 資 格 1. 人 物 学 習 活 動 その 他 生 活 の 全 般 を 通 じて 態 度 行 動 が 学 生 にふさわしく 将 来 良 識 ある 社 会 人 として 活 動 できる 見 込 みがあり かつ 東 京 大 学 一 橋 大 学 横 浜 国 立 大 学 慶 應 義 塾 大 学

More information

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 10 月 11 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 21 年 4 月 1 日 平 成 22 年 8 月 1 日 平 成 23 年 7 月 20 日 平 成 25 年 3 月 22 日 平 成 26 年 3 月 25 日 平 成 26

More information

平 成 1 9 年 第 5 回 香 美 市 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 1 号 ) 平 成 1 9 年 1 2 月 5 日 水 曜 日

平 成 1 9 年 第 5 回 香 美 市 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 1 号 ) 平 成 1 9 年 1 2 月 5 日 水 曜 日 平 成 19 年 第 5 回 香 美 市 議 会 定 例 会 会 議 録 平 成 19 年 12 月 5 日 平 成 19 年 12 月 18 日 開 会 閉 会 香 美 市 議 会 平 成 1 9 年 第 5 回 香 美 市 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 1 号 ) 平 成 1 9 年 1 2 月 5 日 水 曜 日 平 成 1 9 年 第 5 回 香 美 市 議 会 定 例 会 会 議

More information

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04 HR News Letter 2011 年 4 月 号 平 澤 国 際 社 労 士 事 務 所 東 京 都 港 区 芝 大 門 1-3-5 山 田 ビル 3 階 TEL 03-5402-8491 http://www.jp-hrpayroll.com/ ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

スライド 1

スライド 1 勤 務 地 限 定 職 種 限 定 に 関 わる 判 例 資 料 2 1 エールフランス 事 件 ( 東 京 高 判 昭 49.8.28) 雇 用 契 約 において 配 置 場 所 が 明 定 されている 場 合 には 使 用 者 は 当 該 労 働 者 の 同 意 なくしてこれを 配 転 できないのを 本 則 とすべき 東 京 ベースの 合 意 に 反 して 為 した 本 件 配 転 命 令 つき

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

ベ ス 対 処 法 知 じ 改 訂 版 せ ) 大 変 時 代 本 書 オ ジ ナ 版 ニ ュ 世 9 9 8 平 成 0) 十 ひ 昔 以 上 前 支 持 競 争 厳 げ 版 重 ね 理 由 向 減 ず 働 活 安 定 下 降 終 身 雇 前 提 サ 今 個 人 自 営 プ ロ 野 球 選 変 プ

ベ ス 対 処 法 知 じ 改 訂 版 せ ) 大 変 時 代 本 書 オ ジ ナ 版 ニ ュ 世 9 9 8 平 成 0) 十 ひ 昔 以 上 前 支 持 競 争 厳 げ 版 重 ね 理 由 向 減 ず 働 活 安 定 下 降 終 身 雇 前 提 サ 今 個 人 自 営 プ ロ 野 球 選 変 プ ベ ス 対 処 法 知 じ 改 訂 版 せ ) 大 変 時 代 本 書 オ ジ ナ 版 ニ ュ 世 9 9 8 平 成 0) 十 ひ 昔 以 上 前 支 持 競 争 厳 げ 版 重 ね 理 由 向 減 ず 働 活 安 定 下 降 終 身 雇 前 提 サ 今 個 人 自 営 プ ロ 野 球 選 変 プ ロ 野 球 選 成 績 落 ち 軍 行 契 約 更 改 拒 否 要 解 雇 待 サ 場 合 能 力

More information

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477>

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477> 市 有 財 産 公 売 ( 一 般 競 争 入 札 ) 応 募 要 領 [ 平 成 28 年 度 ] 宇 都 宮 市 経 済 部 商 工 振 興 課 028-632-2433 公 売 物 件 一 覧 表 1 物 件 及 び 現 地 説 明 日 時 物 件 番 号 物 件 の 所 在 実 測 面 積 現 況 地 目 最 低 入 札 価 格 現 地 説 明 日 時 1 宇 都 宮 市 ゆいの 杜 8 丁

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

160801TOKYO 辰 已 法 律 研 究 所 &リーダーズ 総 合 研 究 所 行 政 法 実 力 診 断 テスト 試 験 問 題 試 験 開 始 の 合 図 があるまで 開 いてはいけません ( 注 意 事 項 ) 1 問 題 は 1 ページから 9 ページまで 10 問 あり 時 間 は 30 分 です 2 解 答 は 別 紙 の 答 案 用 紙 に 記 入 してください 3 答 案 用

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information