Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Ⅰ"

Transcription

1 Ⅰ. 石 川 県 開 発 審 査 会 附 議 基 準 この 基 準 は 開 発 審 査 会 へ 附 議 する 基 準 であり 許 可 基 準 ではありません 平 成 26 年 8 月 1 日 石 川 県 土 木 部 建 築 住 宅 課

2 目 次 石 川 県 開 発 審 査 会 附 議 基 準 1 法 第 34 条 第 14 号 の 規 定 により 附 議 することが 妥 当 と 考 える 開 発 行 為 1 ( 住 宅 系 ) 1-1 農 家 世 帯 等 の 分 家 住 宅 既 存 集 落 内 の 自 己 用 住 宅 指 定 大 規 模 既 存 集 落 内 の 自 己 用 住 宅 分 家 住 宅 指 定 大 規 模 既 存 集 落 内 の 公 営 住 宅 等 調 整 区 域 内 の 事 業 所 に 従 事 する 者 の 住 宅 寮 等 既 存 住 宅 の 増 築 に 伴 う 敷 地 拡 大 4 ( 地 域 活 性 化 系 ) 1-7 調 整 区 域 内 に 研 究 対 象 のある 研 究 施 設 指 定 大 規 模 既 存 集 落 内 の 小 規 模 工 場 等 人 口 減 少 地 区 先 端 産 業 工 場 幹 線 沿 道 等 大 規 模 流 通 施 設 自 然 的 土 地 利 用 レクリエーション 施 設 6 ( 事 業 系 ) 1-12 収 用 対 象 事 業 による 移 転 災 害 危 険 区 域 からの 移 転 土 地 区 画 整 理 地 内 の 開 発 行 為 9 ( 福 祉 系 ) 1-15 介 護 老 人 保 健 施 設 有 料 老 人 ホーム 9 (そ の 他 ) 1-17 社 寺 仏 閣 及 び 納 骨 堂 既 存 建 築 物 の 建 替 地 域 を 限 定 して 許 可 の 対 象 となるもの 10 (1) 防 衛 施 設 周 辺 での 移 転 10 (2) 九 谷 焼 の 生 産 及 び 流 通 施 設 10 (3) 線 引 き 以 前 からの 漁 業 従 事 者 が 操 業 する 工 場 10 (4) 既 着 工 及 び 経 過 措 置 としての 開 発 許 可 11 (5) 小 松 空 港 周 辺 のレンタカー 施 設 11 目 -1

3 1-20 既 存 土 地 利 用 の 管 理 施 設 適 正 に 利 用 された 建 築 物 の 敷 地 利 用 産 業 廃 棄 物 ( 特 定 建 設 資 材 )の 中 間 処 理 施 設 法 第 34 条 第 1 号 に 該 当 しない 地 区 集 会 所 等 法 第 34 条 第 4 号 に 該 当 しない 店 舗 併 用 農 林 水 産 物 加 工 施 設 法 第 34 条 第 7 号 に 該 当 しない 既 存 工 場 の 増 設 産 業 廃 棄 物 の 処 理 施 設 農 林 水 産 物 の 直 売 所 14 2 令 第 36 条 第 1 項 第 3 号 ホの 規 定 により 附 議 することが 妥 当 と 考 える 建 築 行 為 令 第 36 条 第 1 項 第 3 号 ホの 規 定 により 附 議 する 建 築 行 為 既 存 宅 地 既 存 宅 地 に 準 ずる 宅 地 既 存 宅 地 での 再 開 発 17 付 録 別 表 第 1 大 規 模 既 存 集 落 の 指 定 ( 法 第 34 条 第 14 号 ) 18 別 表 第 2 先 端 産 業 工 場 が 立 地 する 人 口 減 少 地 区 ( 第 34 条 第 14 号 ) 20 別 表 第 3 大 規 模 流 通 施 設 が 立 地 する 幹 線 沿 道 等 ( 第 34 条 第 14 号 ) 20 別 記 第 1 技 術 先 端 型 業 種 の 確 認 について 21 参 考 資 料 都 市 計 画 ( 線 引 き)の 設 定 状 況 23 平 成 26 年 8 月 1 日 全 部 改 正 目 -2

4 石 川 県 開 発 審 査 会 附 議 基 準 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という ) 第 34 条 第 14 号 又 は 都 市 計 画 法 施 行 令 ( 以 下 令 という ) 第 36 条 第 1 項 第 3 号 ホにより 県 小 松 市 白 山 市 又 は 野 々 市 市 ( 以 下 県 等 という )が 本 基 準 に 従 い 石 川 県 開 発 審 査 会 ( 以 下 開 発 審 査 会 という )に 附 議 し 開 発 審 査 会 から 開 発 区 域 の 周 辺 における 市 街 化 を 促 進 するおそれがなく かつ 市 街 化 区 域 において 行 うことが 困 難 又 は 著 しく 不 適 当 と 認 められた 開 発 行 為 又 は 建 築 行 為 について 許 可 する なお 本 基 準 によるほか 個 別 具 体 の 理 由 より 市 街 化 調 整 区 域 ( 以 下 調 整 区 域 という )での 建 築 物 の 建 築 又 は 第 一 種 特 定 工 作 物 の 建 設 がやむを 得 ないと 考 えられ る 開 発 行 為 又 は 建 築 行 為 も 附 議 する 場 合 がある 1 法 第 34 条 第 14 号 の 規 定 により 附 議 することが 妥 当 と 考 える 開 発 行 為 県 等 が 法 第 34 条 第 14 号 に 基 づき 開 発 区 域 の 周 辺 における 市 街 化 を 促 進 するお それがなく かつ 市 街 化 区 域 において 行 うことが 困 難 又 は 著 しく 不 適 当 であり 開 発 審 査 会 の 議 を 経 ることが 妥 当 と 考 える 開 発 行 為 は 次 のとおりである 許 可 の 対 象 となる 建 築 物 の 建 ぺい 率 及 び 容 積 率 の 上 限 は 用 途 地 域 の 指 定 のない 区 域 の 値 とする ただし 建 ぺい 率 が 60%を 超 える 区 域 においては 60%とする ( 住 宅 系 ) 1-1 農 家 世 帯 等 の 分 家 住 宅 イ 市 街 化 区 域 と 調 整 区 域 の 区 分 ( 以 下 線 引 き という ) 以 前 より 当 該 調 整 区 域 内 において 自 己 の 土 地 を 保 有 し かつ 継 続 して 生 活 の 本 拠 としている 世 帯 ( 以 下 本 家 という )が 保 有 しており 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 土 地 (イ) 線 引 き 以 前 より 保 有 している 土 地 (ロ) 線 引 き 以 前 より 保 有 していた 土 地 を 提 供 して 交 換 により 取 得 した 土 地 (ハ)10 年 以 上 前 より 継 続 して 保 有 している 土 地 ロ 既 存 集 落 内 又 は 既 存 集 落 の 周 辺 で その 集 落 に 連 たんしている 土 地 連 たん とは 建 築 物 敷 地 相 互 の 間 隔 が おおむね 50m 以 下 で 繋 がっている ことをいう( 以 下 本 基 準 において 同 じ ) 既 存 集 落 とは 地 形 地 勢 地 物 等 の 自 然 的 条 件 及 び 文 教 交 通 利 便 コミュニティ 医 療 等 の 施 設 利 用 の 一 体 性 等 の 社 会 的 条 件 に 照 らし 独 立 して 一 体 的 な 日 常 生 活 圏 を 構 成 しており 相 当 数 の 建 築 物 (おおむね 50 戸 を 基 準 とする ) が 連 たんしているものをいう( 以 下 本 基 準 において 同 じ ) ハ 当 該 敷 地 は 世 帯 人 員 の 数 等 を 勘 案 し 適 正 な 規 模 であること ニ 道 路 等 の 公 共 施 設 が 環 境 の 保 全 災 害 の 防 止 及 び 交 通 の 安 全 の 観 点 から 支 障 がないよう 整 備 されていること ただし 自 ら 必 要 な 公 共 施 設 の 整 備 を 行 う 場 合 は この 限 りでない Ⅰ-1

5 なお 当 該 土 地 が 面 する 道 路 で 建 築 物 の 建 ち 並 び 等 により 拡 幅 が 著 しく 困 難 なものが 次 の 各 号 に 該 当 する 場 合 は 当 該 市 町 との 調 整 のうえ 当 該 土 地 が 接 する 部 分 の 道 路 を 拡 幅 又 は 予 定 建 築 物 等 のセットバックを 行 えばよいものとす る (イ) 当 該 道 路 が 周 辺 地 域 の 開 発 行 為 や 建 築 行 為 の 動 向 公 共 施 設 の 整 備 状 況 や 今 後 の 整 備 計 画 等 を 勘 案 し 良 好 な 居 住 環 境 が 確 保 されるものであること (ロ) 当 該 道 路 が 将 来 の 市 街 地 の 形 成 に 支 障 がない 形 態 であること (2) 許 可 の 対 象 となる 建 築 物 は 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 一 戸 の 専 用 住 宅 で 世 帯 人 員 の 数 等 を 勘 案 し 適 正 な 規 模 であるものとする (3) 許 可 の 対 象 となる 者 は 次 の 各 号 のとおりである イ 農 家 である 本 家 に 世 帯 主 と 同 居 又 は 過 去 に 同 居 していた 者 ( 以 下 世 帯 構 成 員 という ) ただし 本 家 の 世 帯 主 等 が 調 整 区 域 において 漁 業 林 業 等 の 産 業 に 従 事 するな ど 当 該 集 落 に 居 住 する 必 要 性 がある 場 合 は 農 家 に 限 らない ロ 本 家 の 世 帯 主 の 民 法 ( 明 治 29 年 法 律 第 89 号 ) 第 725 条 に 定 める 親 族 (6 親 等 内 の 血 族 配 偶 者 3 親 等 内 の 姻 族 )の 範 囲 に 該 当 する 者 ハ 相 続 又 は 贈 与 により 当 該 土 地 の 所 有 権 を 取 得 する 者 ニ 調 整 区 域 以 外 に 保 有 する 土 地 がないこと ホ 結 婚 その 他 独 立 して 世 帯 を 構 成 する 合 理 的 な 事 情 転 勤 Uターン 等 地 域 で 定 住 する 事 情 等 を 勘 案 し 新 規 の 住 宅 確 保 の 必 要 性 がある 者 1-2 既 存 集 落 内 の 自 己 用 住 宅 イ 許 可 の 対 象 となる 者 が 保 有 しており 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 土 地 (イ) 線 引 き 以 前 より 保 有 している 土 地 (ロ) 線 引 き 以 前 より 保 有 していた 者 から 相 続 により 取 得 した 土 地 (ハ)10 年 以 上 前 より 継 続 して 保 有 している 土 地 ロ 既 存 集 落 内 又 は 既 存 集 落 の 周 辺 で その 集 落 に 連 たんしている 土 地 ハ 当 該 敷 地 は 世 帯 人 員 の 数 等 を 勘 案 し 適 正 な 規 模 であること ニ 道 路 等 の 公 共 施 設 が 本 基 準 1-1(1)ニに 適 合 すること (2) 許 可 の 対 象 となる 建 築 物 は 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 一 戸 の 専 用 住 宅 で 世 帯 人 員 の 数 等 を 勘 案 し 適 正 な 規 模 であるものとする (3) 許 可 の 対 象 となる 者 は 現 在 居 住 している 住 宅 が 過 密 又 は 狭 小 である 被 災 し ている 立 退 きを 要 求 されている 借 家 であるなどの 事 情 及 び 定 年 退 職 卒 業 等 の 事 情 があり 新 規 に 建 築 することがやむを 得 ない 者 とする Ⅰ-2

6 1-3 指 定 大 規 模 既 存 集 落 内 の 自 己 用 住 宅 分 家 住 宅 イ 大 規 模 な 既 存 集 落 として 知 事 が 指 定 した 別 表 第 1に 掲 げる 集 落 ( 以 下 指 定 大 規 模 既 存 集 落 という ) 内 又 は 指 定 大 規 模 既 存 集 落 の 周 辺 で その 集 落 に 連 た んしている 土 地 ロ 道 路 等 の 公 共 施 設 が 本 基 準 1-1(1)ニに 適 合 すること (2) 許 可 の 対 象 となる 建 築 物 は 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 一 戸 の 専 用 住 宅 で 世 帯 人 員 の 数 等 を 勘 案 し 適 正 な 規 模 であるものとする (3) 自 己 用 住 宅 として 許 可 の 対 象 となる 者 は 次 の 各 号 のとおりである イ 線 引 き 以 前 より 当 該 指 定 大 規 模 既 存 集 落 内 に 生 活 の 本 拠 地 を 有 する 者 ただし 収 用 対 象 事 業 による 移 転 により 線 引 き 後 当 該 指 定 既 存 集 落 内 に 生 活 の 本 拠 地 を 有 することとなった 者 及 び 10 年 以 上 前 より 継 続 して 生 活 の 本 拠 地 を 有 する 者 を 含 む ロ 現 在 居 住 している 住 宅 が 過 密 又 は 狭 小 である 被 災 している 立 退 きを 要 求 されている 借 家 であるなどの 事 情 及 び 定 年 退 職 卒 業 等 の 事 情 があり 新 規 に 建 築 することがやむを 得 ない 者 (4) 分 家 住 宅 として 許 可 の 対 象 となる 者 は 次 の 各 号 のとおりである イ 線 引 き 以 前 より 当 該 指 定 大 規 模 既 存 集 落 内 の 本 家 の 世 帯 構 成 員 である 者 ただし 収 用 対 象 事 業 による 移 転 により 線 引 き 後 当 該 指 定 大 規 模 既 存 集 落 内 に 生 活 の 本 拠 地 を 有 することとなった 本 家 の 世 帯 構 成 員 及 び 10 年 以 上 前 より 継 続 して 生 活 の 本 拠 地 を 有 する 本 家 の 世 帯 構 成 員 を 含 む ロ 本 家 の 世 帯 主 の 民 法 ( 明 治 29 年 法 律 第 89 号 ) 第 725 条 に 定 める 親 族 (6 親 等 内 の 血 族 配 偶 者 3 親 等 内 の 姻 族 )の 範 囲 に 該 当 する 者 ハ 結 婚 その 他 独 立 して 世 帯 を 構 成 する 合 理 的 な 事 情 転 勤 Uターン 等 の 地 域 で 定 住 する 事 情 等 を 勘 案 し 新 規 の 住 宅 確 保 の 必 要 性 がある 者 1-4 指 定 大 規 模 既 存 集 落 内 の 公 営 住 宅 等 (1) 許 可 の 対 象 となる 土 地 は 指 定 大 規 模 既 存 集 落 内 又 は 指 定 大 規 模 既 存 集 落 の 周 辺 で その 集 落 に 連 たんしている 土 地 とする (2) 許 可 の 対 象 となる 建 築 物 は 公 営 住 宅 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 193 号 ) 第 2 条 第 2 号 に 規 定 する 公 営 住 宅 又 は 地 域 優 良 賃 貸 住 宅 制 度 要 綱 ( 平 成 19 年 国 住 備 第 160 号 ) に 規 定 する 地 域 優 良 賃 貸 住 宅 のうち 市 町 が 建 設 するものとし 住 宅 戸 数 は 指 定 大 規 模 既 存 集 落 の 戸 数 の 5 分 の 1 以 下 のものとする 1-5 調 整 区 域 内 の 事 業 所 に 従 事 する 者 の 住 宅 寮 等 Ⅰ-3

7 イ 工 場 等 の 立 地 と 一 体 的 に 計 画 されたものであって 当 該 住 宅 寮 等 が 工 場 等 と 一 体 的 に 立 地 する 場 合 又 は 既 存 集 落 内 若 しくは 既 存 集 落 の 周 辺 で その 集 落 に 連 たんしている 土 地 ロ 道 路 等 の 公 共 施 設 が 本 基 準 1-1(1)ニに 適 合 すること (2) 許 可 の 対 象 となる 建 築 物 は 法 第 34 条 第 1 号 から 第 14 号 までの 規 定 により 許 可 を 受 けた 開 発 行 為 による 事 業 所 又 は 線 引 き 以 前 から 当 該 調 整 区 域 内 に 存 する 事 業 所 に 従 事 する 者 の 住 宅 寮 等 とする (3) 事 業 の 操 業 方 式 就 業 体 制 雇 用 形 態 等 を 勘 案 し 適 切 な 規 模 であるものとする 1-6 既 存 住 宅 の 増 築 に 伴 う 敷 地 拡 大 イ 既 存 の 自 己 用 住 宅 の 敷 地 が 市 町 の 定 めた 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 に 満 たないなど 良 好 な 居 住 環 境 の 確 保 の 観 点 から 敷 地 の 拡 大 がやむを 得 ないもの ロ 敷 地 の 拡 大 部 分 が 既 存 の 敷 地 に 隣 接 していること ハ 敷 地 拡 大 後 の 敷 地 面 積 は 従 前 の 敷 地 面 積 の 1.5 倍 以 下 とする ただし 敷 地 の 形 状 により 周 辺 に 宅 地 利 用 の 困 難 な 土 地 が 生 じるなど やむを 得 ない 場 合 は この 限 りでない (2) 許 可 の 対 象 となる 建 築 物 は 次 の 各 号 のとおりである イ 現 在 居 住 している 住 宅 が 過 密 又 は 狭 小 であるなどの 事 情 により 増 築 がやむを 得 ないこと ロ 増 築 する 部 分 は 既 存 の 住 宅 と 用 途 上 不 可 分 の 関 係 にあること ( 地 域 活 性 化 系 ) 1-7 調 整 区 域 内 に 研 究 対 象 のある 研 究 施 設 許 可 の 対 象 となる 建 築 物 は 研 究 対 象 が 調 整 区 域 に 存 在 すること 等 の 理 由 により 当 該 調 整 区 域 に 建 設 することがやむを 得 ない 研 究 施 設 とする 1-8 指 定 大 規 模 既 存 集 落 内 の 小 規 模 工 場 等 イ 指 定 大 規 模 既 存 集 落 内 又 は 指 定 大 規 模 既 存 集 落 の 周 辺 で その 集 落 に 連 たんし ている 土 地 ロ 道 路 等 の 公 共 施 設 が 本 基 準 1-1(1)ニに 適 合 すること ハ 敷 地 面 積 が 1,000 m2 以 下 であること ただし 敷 地 の 形 状 により 周 辺 に 宅 地 利 用 の 困 難 な 土 地 が 生 じるなど やむを 得 ない 場 合 は この 限 りでない (2) 許 可 の 対 象 となる 建 築 物 は 次 の 各 号 のとおりである イ 工 場 事 務 所 店 舗 又 は 運 動 レジャー 施 設 であること Ⅰ-4

8 ロ 周 辺 の 土 地 利 用 と 調 和 のとれたものであること ハ 店 舗 の 場 合 は 建 築 物 の 延 床 面 積 が 500 m2 以 下 であること ニ 自 己 の 業 務 の 用 に 供 する 建 築 物 であって その 経 営 規 模 運 営 管 理 上 の 観 点 か ら 当 該 指 定 大 規 模 既 存 集 落 において 建 築 することがやむを 得 ないもの (3) 許 可 の 対 象 となる 者 は 次 の 各 号 のとおりである イ 線 引 き 以 前 より 当 該 指 定 大 規 模 既 存 集 落 内 に 生 活 の 本 拠 地 を 有 する 者 ただし 収 用 対 象 事 業 による 移 転 により 線 引 き 後 当 該 指 定 既 存 集 落 内 に 生 活 の 本 拠 地 を 有 することとなった 者 及 び 10 年 以 上 前 より 継 続 して 生 活 の 本 拠 地 を 有 する 者 を 含 む ロ 定 年 退 職 卒 業 等 の 事 情 があり 新 規 に 事 業 を 営 むことがやむを 得 ない 者 1-9 人 口 減 少 地 区 先 端 産 業 工 場 イ 人 口 が 減 少 し かつ 産 業 が 停 滞 し 振 興 を 図 る 必 要 がある 地 区 として 知 事 が 指 定 した 別 表 第 2に 掲 げる 地 区 において 立 地 すること ロ 市 街 化 区 域 内 に 適 地 がなく かつ 次 の 各 号 の 一 に 該 当 するなど 地 形 環 境 等 の 自 然 的 条 件 及 び 交 通 土 地 利 用 就 業 産 業 振 興 等 の 社 会 的 条 件 を 総 合 的 に 勘 案 し 工 場 等 の 立 地 がやむを 得 ないこと (イ) 開 発 区 域 周 辺 の 労 働 力 を 必 要 とする 場 合 (ロ) 清 浄 な 空 気 水 等 の 自 然 資 源 静 寂 な 環 境 を 必 要 とする 場 合 (ハ) 空 港 インターチェンジ 等 に 近 接 することが 必 要 な 場 合 ハ 開 発 区 域 の 面 積 は 5ha 未 満 であること (2) 許 可 の 対 象 となる 建 築 物 は 次 の 各 号 のとおりである イ 技 術 先 端 型 業 種 の 工 場 又 は 研 究 所 ( 研 究 棟 管 理 棟 医 療 棟 等 の 施 設 )である こと 技 術 先 端 型 業 種 とは 医 薬 品 製 造 業 通 信 機 械 器 具 同 関 連 機 械 器 具 製 造 業 電 子 計 算 機 同 附 属 装 置 製 造 業 電 子 応 用 装 置 製 造 業 電 子 計 測 器 製 造 業 電 子 機 器 用 通 信 機 器 用 部 分 品 製 造 業 医 療 用 機 器 具 医 療 用 品 製 造 業 光 学 機 械 器 具 レンズ 製 造 業 等 とする ロ 周 辺 の 土 地 利 用 と 調 和 のとれたものであること ハ 平 成 4 年 9 月 30 日 土 木 部 長 通 知 開 発 許 可 事 務 の 取 扱 いについて( 通 知 ) ( 別 記 第 1)に 定 める 関 係 部 局 との 協 議 が 調 っていること 1-10 幹 線 沿 道 等 大 規 模 流 通 施 設 イ 4 車 線 以 上 の 国 道 県 道 等 の 沿 道 又 は 高 速 自 動 車 道 のインターチェンジ 周 辺 で あって 現 在 及 び 将 来 の 土 地 利 用 上 支 障 がないものとして 知 事 が 指 定 した 別 表 第 3に 掲 げる 道 路 ( 以 下 対 象 道 路 という )の 沿 道 又 は 区 域 にあること Ⅰ-5

9 ロ 次 の 各 号 の 一 に 該 当 すること (イ) 市 街 化 区 域 に 工 業 系 の 用 途 地 域 がない (ロ) 市 街 化 区 域 の 工 業 系 の 用 途 地 域 に 適 地 がない (ハ) 施 設 の 立 地 により 市 街 化 区 域 の 交 通 の 安 全 に 支 障 があり 若 しくは 交 通 機 能 を 阻 害 し 又 は 居 住 環 境 を 悪 化 させる ハ 当 該 敷 地 は 次 の 各 号 により 対 象 道 路 に 適 切 に 接 していること (イ) 敷 地 の 出 入 口 に 車 輌 の 通 行 に 十 分 な 空 地 を 設 けるなど 車 の 出 入 りに 支 障 がないこと (ロ) 対 象 道 路 に 敷 地 周 囲 の 長 さの 10 分 の 1 以 上 が 接 していること (ハ) 主 要 な 出 入 口 は 対 象 道 路 に 面 すること (ニ) 主 要 な 出 入 口 は 交 差 点 及 び 横 断 歩 道 付 近 の 交 通 の 安 全 に 支 障 がない 位 置 に あること ニ 当 該 建 築 物 の 敷 地 となる 部 分 ( 建 築 物 の 建 築 が 可 能 となる 部 分 )には 都 市 計 画 施 設 の 区 域 を 含 まないこと ホ 当 該 施 設 の 規 模 及 び 用 途 に 応 じ 駐 車 場 が 有 効 に 配 置 されていること ヘ 敷 地 の 対 象 道 路 に 接 する 部 分 ( 出 入 口 部 分 を 除 く)に 幅 3m 以 上 の 植 樹 帯 を 設 けていること (2) 大 規 模 流 通 施 設 は 次 の 各 号 の 一 に 該 当 するものとする イ 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 法 ( 平 成 元 年 法 律 第 83 号 ) 第 2 条 第 2 項 に 規 定 する 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 の 用 に 供 される 施 設 ( 同 条 第 6 項 に 規 定 する 特 別 積 合 せ 貨 物 運 送 の 用 に 供 する 施 設 を 除 く )のうち 地 方 運 輸 局 長 等 が 積 載 荷 重 5t 以 上 の 大 型 自 動 車 がおおむね 1 日 平 均 延 べ 20 回 以 上 発 着 すると 認 定 したもの なお 当 該 施 設 に 従 業 員 の 寮 福 利 厚 生 施 設 は 含 まない ロ 倉 庫 業 法 ( 昭 和 31 年 法 律 第 121 号 ) 第 2 条 第 2 項 に 規 定 する 倉 庫 業 の 用 に 供 す る 同 法 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 倉 庫 のうち 地 方 運 輸 局 長 等 が 積 載 荷 重 5t 以 上 の 大 型 自 動 車 がおおむね 1 日 平 均 延 べ 20 回 以 上 発 着 すると 認 定 したもの 1-11 自 然 的 土 地 利 用 レクリエーション 施 設 許 可 の 対 象 となる 建 築 物 は 調 整 区 域 における 自 然 的 土 地 利 用 と 調 和 のとれたレク リエーションのための 施 設 を 構 成 する 建 築 物 で 次 の 各 号 の 一 に 該 当 するものとする イ 自 然 休 養 村 整 備 事 業 を 推 進 するために 最 少 限 必 要 な 建 築 物 ロ キャンプ 場 スキー 場 等 第 二 種 特 定 工 作 物 に 該 当 しない 運 動 レジャー 施 設 で 次 の 各 号 に 該 当 し 管 理 運 営 上 最 小 限 必 要 な 建 築 物 (イ) 当 該 キャンプ 場 等 の 施 設 自 体 が 周 辺 環 境 に 調 和 し かつ 地 域 の 土 地 利 用 計 画 に 整 合 した 内 容 のものであること (ロ) 管 理 棟 バンガロー 等 施 設 内 の 建 築 物 が 周 辺 の 自 然 環 境 に 調 和 した 簡 素 なも のであること (ハ) 用 途 の 変 更 が 容 易 でないこと (ニ) 自 然 公 園 法 ( 昭 和 32 年 法 律 第 161 号 )その 他 の 法 令 に 適 合 していること Ⅰ-6

10 ハ 第 二 種 特 定 工 作 物 である1ha 以 上 の 運 動 レジャー 施 設 の 宿 泊 施 設 で 次 の 各 号 に 該 当 する 建 築 物 (イ) 施 設 の 利 用 増 進 上 必 要 不 可 欠 であること (ロ) 周 辺 の 状 況 等 から 当 該 特 定 工 作 物 の 敷 地 内 に 建 築 する 必 要 があること (ハ) 市 街 化 区 域 の 宿 泊 施 設 による 円 滑 な 対 応 が 困 難 であること なお 第 二 種 特 定 工 作 物 である 1ha 以 上 の 運 動 レジャー 施 設 に 管 理 上 又 は 利 用 増 進 上 併 設 されるクラブハウス 等 で 当 該 運 動 レジャー 施 設 に 不 可 分 一 体 のもの として 併 設 されるもの( 以 下 併 設 建 築 物 という )は 当 該 運 動 レジャー 施 設 の 建 設 を 目 的 とした 開 発 行 為 に 包 含 されるものであり 改 めて 併 設 建 築 物 の 建 築 を 目 的 とした 開 発 許 可 又 は 建 築 許 可 を 要 しないが 宿 泊 施 設 は 併 設 建 築 物 に 含 ま ない また 第 二 種 特 定 工 作 物 に 該 当 しない 1ha 未 満 の 運 動 レジャー 施 設 の 併 設 建 築 物 は 当 該 運 動 レジャー 施 設 の 建 設 を 目 的 とした 開 発 行 為 に 包 含 されるものであ り 開 発 許 可 を 要 しないが 建 築 許 可 が 必 要 である 当 該 運 動 レジャー 施 設 の 宿 泊 施 設 の 建 築 許 可 については 本 号 の 基 準 を 適 用 する ( 事 業 系 ) 1-12 収 用 対 象 事 業 による 移 転 (1) 調 整 区 域 に 存 する 建 築 物 の 代 替 建 築 物 の 敷 地 として 許 可 の 対 象 となる 土 地 は 次 の 各 号 のとおりである イ 既 存 集 落 内 又 は 既 存 集 落 の 周 辺 で その 集 落 に 連 たんしている 土 地 であり か つ 代 替 建 築 物 の 用 途 及 び 当 該 既 存 集 落 の 土 地 利 用 を 勘 案 し 適 切 な 位 置 にある こと ただし 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 は この 限 りでない (イ) 代 替 建 築 物 が 当 該 既 存 集 落 内 に 立 地 することが 不 適 切 である 場 合 (ロ) 許 可 権 者 との 調 整 のうえ 起 業 者 が 適 切 な 土 地 を 斡 旋 する 場 合 ロ 道 路 等 の 公 共 施 設 が 本 基 準 1-1(1)ニに 適 合 すること ハ 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 昭 和 49 年 法 律 第 58 号 )による 農 用 地 区 域 内 の 土 地 でないこと 等 地 域 の 土 地 利 用 と 調 整 のとれたものであること ニ 敷 地 面 積 は 従 前 の 面 積 の 1.5 倍 以 下 とし 従 前 の 敷 地 が 狭 小 ( 約 333 m2 以 下 ) な 場 合 は 500 m2 以 下 とする ただし 敷 地 の 形 状 により 周 辺 に 宅 地 利 用 の 困 難 な 土 地 が 生 じるなど やむを 得 ない 場 合 は この 限 りでない (2) 市 街 化 区 域 に 存 する 建 築 物 の 代 替 建 築 物 の 敷 地 として 許 可 の 対 象 となる 土 地 は 前 記 (1)の 要 件 のほか 次 の 各 号 の 一 に 該 当 するなど 個 別 具 体 の 事 情 によりやむ を 得 ないものとする イ 密 集 市 街 地 等 により 市 街 化 区 域 内 に 適 地 を 確 保 することが 困 難 である 場 合 ロ 被 収 用 者 が 従 前 から 調 整 区 域 に 前 記 (1)の 要 件 を 勘 案 し 適 切 な 土 地 を 保 有 し ており 市 街 化 区 域 に 代 替 地 を 求 める 合 理 的 事 情 に 乏 しい 場 合 ハ 許 可 権 者 との 調 整 を 踏 まえ 起 業 者 において 適 切 な 土 地 を 斡 旋 する 場 合 Ⅰ-7

11 (3) 許 可 の 対 象 となる 建 築 物 は 従 前 と 同 一 の 用 途 で かつ 周 辺 の 土 地 利 用 及 び 環 境 と 調 和 のとれたものであること 1-13 災 害 危 険 区 域 等 からの 移 転 (1) 許 可 の 対 象 となる 土 地 への 移 転 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 39 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 災 害 危 険 区 域 からの 移 転 のほか 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する ものとする イ がけ 地 近 接 危 険 住 宅 移 転 事 業 として 行 う 移 転 ロ 地 すベり 等 防 止 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 30 号 ) 第 24 条 第 3 項 の 規 定 による 協 議 を 経 た 関 連 事 業 計 画 に 基 づく 移 転 ハ 土 砂 災 害 警 戒 区 域 等 における 土 砂 災 害 防 止 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律 第 57 号 ) 第 25 条 第 1 項 の 勧 告 に 基 づく 移 転 ニ 建 築 基 準 法 第 10 条 第 1 項 の 命 令 に 基 づく 移 転 ホ その 他 条 例 要 綱 又 は 特 定 の 行 政 機 関 の 指 示 に 基 づくイからニまでと 同 等 な 移 転 (2) 調 整 区 域 内 の 災 害 危 険 区 域 等 に 存 する 建 築 物 の 代 替 建 築 物 の 敷 地 として 許 可 の 対 象 となる 土 地 は 次 の 各 号 のとおりである イ 既 存 集 落 内 又 は 既 存 集 落 の 周 辺 で その 集 落 に 連 たんしている 土 地 であり か つ 代 替 建 築 物 の 用 途 及 び 当 該 既 存 集 落 の 土 地 利 用 を 勘 案 し 適 切 な 位 置 にある こと ただし 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 は この 限 りでない (イ) 代 替 建 築 物 が 当 該 既 存 集 落 内 に 立 地 することが 不 適 切 である 場 合 (ロ) 許 可 権 者 との 調 整 のうえ 起 業 者 が 適 切 な 土 地 を 斡 旋 する 場 合 ロ 道 路 等 の 公 共 施 設 が 本 基 準 1-1(1)ニに 適 合 すること ハ 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 昭 和 49 年 法 律 第 58 号 )による 農 用 地 区 域 内 の 土 地 でないこと 等 地 域 の 土 地 利 用 と 調 整 のとれたものであること ニ 敷 地 面 積 は 従 前 の 面 積 の 1.5 倍 以 下 とし 従 前 の 敷 地 が 狭 小 ( 約 333 m2 以 下 ) な 場 合 は 500 m2 以 下 とする ただし 敷 地 の 形 状 により 周 辺 に 宅 地 利 用 の 困 難 な 土 地 が 生 じるなど やむを 得 ない 場 合 は この 限 りでない (3) 市 街 化 区 域 内 の 災 害 危 険 区 域 等 に 存 する 建 築 物 の 代 替 建 築 物 の 敷 地 として 許 可 の 対 象 となる 土 地 は 前 記 (2)の 要 件 のほか 次 の 各 号 の 一 に 該 当 するなど 個 別 具 体 の 事 情 により やむを 得 ないものとする イ 密 集 市 街 地 等 により 市 街 化 区 域 内 に 適 地 を 確 保 することが 困 難 である 場 合 ロ 被 収 用 者 が 従 前 から 調 整 区 域 に 前 記 (2)の 要 件 を 勘 案 し 適 切 な 土 地 を 保 有 し ており 市 街 化 区 域 に 代 替 地 を 求 める 合 理 的 事 情 に 乏 しい 場 合 ハ 許 可 権 者 との 調 整 を 踏 まえ 起 業 者 において 適 切 な 土 地 を 斡 旋 する 場 合 (4) 許 可 の 対 象 となる 建 築 物 は 従 前 と 同 一 の 用 途 で かつ 周 辺 の 土 地 利 用 及 び 環 Ⅰ-8

12 境 と 調 和 のとれたものであること 1-14 土 地 区 画 整 理 地 内 の 開 発 行 為 許 可 の 対 象 となる 開 発 行 為 は 土 地 区 画 整 理 事 業 の 施 行 された 土 地 の 区 域 内 におけ る 土 地 区 画 整 理 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 119 号 ) 第 9 条 第 2 項 又 は 同 法 第 21 条 第 2 項 に より 認 められた 予 定 建 築 物 の 建 築 等 の 用 に 供 するものとする ( 福 祉 系 ) 1-15 介 護 老 人 保 険 施 設 (1) 許 可 の 対 象 となる 介 護 保 険 法 ( 平 成 9 年 法 律 第 123 号 ) 第 94 条 に 規 定 する 介 護 老 人 保 険 施 設 は 次 の 各 号 のとおりである イ 周 辺 地 域 の 要 介 護 高 齢 者 数 等 を 踏 まえて 見 込 まれる 需 要 を 考 慮 した 規 模 とし 他 の 地 域 からの 利 用 を 数 多 く 想 定 した 大 規 模 なものでないこと ロ 協 力 病 院 が 近 隣 に 所 在 するなど 調 整 区 域 に 立 地 させることがやむを 得 ないも のであること (2) 介 護 老 人 保 健 施 設 担 当 部 局 と 十 分 な 連 絡 調 整 のうえ 昭 和 63 年 8 月 10 日 民 間 宅 地 指 導 室 長 通 達 老 人 保 健 施 設 についての 開 発 許 可 等 の 取 扱 いについて により 確 認 書 の 提 出 を 求 めることとする 1-16 有 料 老 人 ホーム 許 可 の 対 象 となる 老 人 福 祉 法 ( 昭 和 38 年 法 律 第 133 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 規 定 する 有 料 老 人 ホームは 次 の 各 号 のとおりである イ 当 該 有 料 老 人 ホームの 設 置 及 び 運 営 が 石 川 県 有 料 老 人 ホーム 設 置 運 営 標 準 指 導 指 針 に 適 合 しており かつ 独 立 行 政 法 人 福 祉 医 療 機 構 等 の 公 的 融 資 を 受 けて 建 設 されるものであること ただし 有 料 老 人 ホーム 担 当 部 局 との 協 議 が 調 ったもので 安 定 的 な 経 営 確 保 が 確 実 に 図 られるものは 公 的 融 資 を 受 けたものと 同 等 に 取 り 扱 う ロ 利 用 権 方 式 又 は 賃 貸 方 式 のもの 分 譲 方 式 のものは 認 めない ハ 当 該 有 料 老 人 ホームが 調 整 区 域 に 立 地 する 病 院 又 は 特 別 養 護 老 人 ホーム 等 が 有 する 医 療 介 護 機 能 と 密 接 に 連 携 しつつ 立 地 する 必 要 がある 入 居 一 時 金 及 び 利 用 料 に 関 する 国 の 規 準 等 に 基 づき 適 正 な 料 金 設 定 とするため 不 可 避 であるなど 施 設 の 機 能 運 営 上 の 観 点 から 総 合 的 に 判 断 して 市 街 化 区 域 に 立 地 することが 困 難 又 は 不 適 当 であること ニ 当 該 有 料 老 人 ホームの 立 地 が その 開 発 区 域 を 管 轄 する 市 町 の 福 祉 施 策 都 市 計 画 の 観 点 から 支 障 がないと 市 町 長 が 承 認 したもの (そ の 他 ) 1-17 社 寺 仏 閣 及 び 納 骨 堂 許 可 の 対 象 となる 建 築 物 は 当 該 調 整 区 域 を 中 心 とした 地 域 社 会 における 住 民 の 日 Ⅰ-9

13 常 の 宗 教 的 生 活 に 関 連 した 施 設 とし 既 存 集 落 等 における 地 域 的 性 格 の 強 い 鎮 守 社 庚 申 堂 地 蔵 堂 等 を 構 成 する 建 築 物 とするが その 他 の 宗 教 活 動 上 の 施 設 であって 当 該 調 整 区 域 及 びその 周 辺 の 地 域 における 信 者 の 分 布 等 に 照 らし 当 該 地 域 に 立 地 する 合 理 的 事 情 の 存 するものを 含 むものとする その 他 の 宗 教 活 動 上 の 施 設 とは 宗 教 法 人 の 行 う 儀 式 教 化 育 成 のための 施 設 及 びこれに 附 属 する 社 務 所 くり 等 で 規 模 構 造 設 計 等 がこれら 宗 教 活 動 上 必 要 な ものとし 宿 泊 施 設 及 び 休 憩 施 設 は 含 まない 1-18 既 存 建 築 物 の 建 替 許 可 の 対 象 となる 既 存 建 築 物 の 建 替 は 次 の 各 号 のとおりである イ 従 前 の 自 己 用 住 宅 の 敷 地 が 著 しく 過 小 であるなど 格 段 の 事 情 がある 場 合 を 除 き 従 前 の 建 築 物 の 敷 地 の 範 囲 内 で 行 われるものであること ロ 原 則 として 従 前 の 建 築 物 と 同 一 の 用 途 であること ハ 規 模 構 造 設 備 等 が 従 前 のものに 比 較 して 過 大 でなく かつ 周 辺 の 土 地 利 用 の 状 況 等 からみて 適 切 なものであること なお 建 替 後 の 床 面 積 の 合 計 が 従 前 の 建 築 物 の 床 面 積 の 合 計 の 1.5 倍 以 下 で 従 前 の 構 造 及 び 用 途 がほぼ 同 一 の 場 合 は 許 可 を 要 しない 改 築 として 取 り 扱 う 1-19 地 域 を 限 定 して 許 可 の 対 象 となるもの 地 域 を 限 定 して 許 可 の 対 象 となる 開 発 行 為 は 次 のとおりである (1) 防 衛 施 設 周 辺 での 移 転 次 の 各 号 の 一 に 該 当 するものとする イ 防 衛 施 設 周 辺 の 生 活 環 境 の 整 備 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 49 年 法 律 第 101 号 ) 第 5 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 補 償 を 受 けて 行 われる 従 前 とほぼ 同 一 の 用 途 規 模 及 び 構 造 で 建 築 される 代 替 建 築 物 の 建 築 を 目 的 とした 開 発 行 為 ロ 前 記 イの 開 発 行 為 を 移 転 する 者 の 委 任 を 受 けて 小 松 市 が 行 うもので おおむ ね 5 年 以 内 に 移 転 が 完 了 することが 確 実 であるもの (2) 九 谷 焼 の 生 産 及 び 流 通 施 設 九 谷 焼 の 生 産 及 び 流 通 に 係 る 用 途 の 建 築 物 が 集 団 的 に 立 地 している 地 域 におい て 九 谷 焼 の 生 産 及 び 流 通 の 業 務 を 営 む 者 が 自 己 の 業 務 の 効 率 化 合 理 化 を 図 る ために 当 該 業 務 の 用 に 供 する 建 築 物 を 建 築 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 で 既 存 の 事 業 に 対 し 著 しい 量 的 拡 大 を 伴 わないと 認 められ かつ 建 築 物 の 用 途 が 当 該 区 域 にお ける 生 産 及 び 流 通 業 務 と 業 務 上 密 接 不 可 分 の 関 係 にあり 他 の 地 域 で 立 地 すること が 困 難 であるものとする (3) 線 引 き 以 前 からの 漁 業 従 事 者 が 操 業 する 工 場 線 引 き 以 前 から 当 該 調 整 区 域 に 居 住 し かつ 漁 業 を 営 んでいた 者 又 はその 家 族 が 自 ら 操 業 する 工 場 を 建 築 する 目 的 で 行 うおおむね 1,000 m2 以 下 の 開 発 行 為 で 周 辺 の 農 地 住 宅 及 び 将 来 利 用 に 支 障 がないものとする Ⅰ-10

14 (4) 既 着 工 及 び 経 過 措 置 としての 開 発 許 可 線 引 き 時 点 で 既 に 開 発 行 為 の 工 事 に 着 手 していたもので 経 過 措 置 として 法 第 29 条 の 規 定 に 基 づく 開 発 許 可 を 受 けた 者 又 は 開 発 行 為 の 既 着 工 届 を 行 い 届 出 受 理 通 知 を 受 けた 者 が 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 建 築 物 の 建 築 又 は 第 一 種 特 定 工 作 物 の 新 設 をするものとする イ 当 該 開 発 許 可 又 は 届 出 に 係 る 予 定 建 築 物 の 建 築 又 は 第 一 種 特 定 工 作 物 の 新 設 をするもの ロ 当 該 開 発 許 可 又 は 届 出 に 係 る 予 定 建 築 物 以 外 の 建 築 物 の 建 築 又 は 第 一 種 特 定 工 作 物 の 新 設 で 次 の 各 号 の 一 に 該 当 するもの (イ) 周 辺 の 地 域 に 既 存 の 建 築 物 等 が 相 当 数 立 地 している 場 合 で これら 既 存 建 築 物 等 の 用 途 から 将 来 当 該 地 区 が 市 街 化 区 域 に 編 入 されると 想 定 したときに 用 途 地 域 の 指 定 に 支 障 がない 用 途 の 建 築 物 等 で 周 辺 の 土 地 利 用 と 調 和 のとれ たもの (ロ) 周 辺 の 地 域 に 既 存 の 建 築 物 等 の 立 地 が 少 なく 前 記 (イ)の 支 障 の 有 無 の 判 断 が 困 難 である 場 合 は 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 又 は 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 に 係 る 制 限 に 適 合 する 用 途 の 建 築 物 等 (5) 小 松 空 港 周 辺 のレンタカー 施 設 次 の 各 号 に 該 当 するものとする イ 道 路 運 送 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 183 号 ) 第 80 条 第 1 項 に 該 当 するもの ロ 建 築 物 の 敷 地 が 主 要 地 方 道 小 松 加 賀 線 ( 安 宅 新 町 交 差 点 から 小 松 空 港 前 交 差 点 までの 区 間 に 限 る) 又 は 一 般 国 道 360 号 ( 小 松 空 港 前 交 差 点 から 城 南 町 西 交 差 点 までの 区 間 に 限 る)に 適 切 に 接 していること ハ 建 築 物 の 延 床 面 積 が 120 m2 以 下 であること 1-20 既 存 土 地 利 用 の 管 理 施 設 許 可 の 対 象 となる 建 築 物 は 資 材 置 場 駐 車 場 等 として 既 に 単 独 で 利 用 されている 土 地 において 土 地 利 用 を 適 正 に 行 うために 必 要 な 最 低 限 の 管 理 施 設 とする 1-21 適 正 に 利 用 された 建 築 物 の 敷 地 利 用 許 可 の 対 象 となる 開 発 行 為 は 次 の 各 号 のとおりである イ 法 第 29 条 各 号 に 該 当 する 開 発 許 可 の 適 用 除 外 による 建 築 物 又 は 法 第 34 条 第 1 号 から 第 14 号 までの 規 定 により 許 可 を 受 けて 建 築 された 建 築 物 で 原 則 として 10 年 以 上 前 より 継 続 して 適 正 に 利 用 されていた 建 築 物 又 はその 敷 地 であること ロ 建 築 物 の 所 有 者 の 死 亡 又 は 転 勤 企 業 の 倒 産 等 の 従 前 に 許 可 を 受 けた 目 的 での 使 用 が 困 難 となったやむを 得 ない 事 情 があること ハ 建 築 しようとする 建 築 物 の 用 途 は 従 前 に 許 可 を 受 けた 建 築 物 の 用 途 と 同 種 のも の 又 は 将 来 当 該 地 区 が 市 街 化 区 域 に 編 入 されると 想 定 したときに 用 途 地 域 の 指 定 に 支 障 がないもので 周 辺 の 土 地 利 用 と 調 和 のとれたものであること ニ 道 路 等 の 公 共 施 設 が 環 境 の 保 全 災 害 の 防 止 及 び 交 通 の 安 全 の 観 点 から 支 障 が Ⅰ-11

15 ないよう 整 備 されていること ただし 自 ら 必 要 な 公 共 施 設 の 整 備 を 行 う 場 合 は この 限 りでない ホ 開 発 行 為 を 行 うことについて 環 境 の 保 全 災 害 の 防 止 及 び 交 通 の 安 全 の 観 点 か ら 支 障 がないものとして 当 該 市 町 との 協 議 が 調 っていること 1-22 産 業 廃 棄 物 ( 特 定 建 設 資 材 )の 中 間 処 理 施 設 イ 敷 地 は 既 存 の 集 落 内 又 はその 隣 接 地 でなく かつ 周 辺 に 住 宅 がほとんど 立 地 していないこと ロ 敷 地 の 主 要 な 出 入 口 が 幅 員 9m 未 満 の 道 路 に 接 する 場 合 は 当 該 道 路 の 境 界 に 沿 って 道 路 の 反 対 側 の 境 界 線 から 水 平 距 離 9m 後 退 した 線 までを 当 該 道 路 と 一 体 的 に 利 用 できるよう 整 備 すること ハ 車 輌 の 出 入 口 は 交 通 の 安 全 上 支 障 がない 構 造 とすること ニ 敷 地 は 処 理 施 設 駐 車 場 資 材 置 場 緩 衝 帯 等 の 規 模 及 び 配 置 並 びに 周 辺 の 環 境 保 全 に 配 慮 した 適 切 な 規 模 及 び 形 態 とすること ホ 敷 地 の 周 囲 に 植 樹 を 行 うなど 周 辺 の 景 観 との 調 和 に 配 慮 すること ヘ 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 昭 和 49 年 法 律 第 58 号 )による 農 用 地 区 域 内 の 土 地 でないこと (2) 許 可 の 対 象 となる 建 築 物 又 は 第 一 種 特 定 工 作 物 は 次 の 各 号 のとおりである イ 建 設 工 事 に 係 る 資 材 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律 第 104 号 ) 第 2 条 第 5 項 に 規 定 する 特 定 建 設 資 材 を 再 生 利 用 するために 行 う 処 理 施 設 である こと ロ 廃 棄 物 の 処 理 及 び 清 掃 に 関 する 法 律 ( 昭 和 45 年 法 律 第 137 号 )に 適 合 する 処 理 施 設 であること ハ 騒 音 振 動 粉 塵 悪 臭 排 水 等 の 周 辺 の 環 境 に 影 響 を 及 ぼす 恐 れのあるもの については その 影 響 を 軽 減 させるための 適 正 な 措 置 を 講 じていること (3) 開 発 行 為 を 行 うことについて 環 境 の 保 全 災 害 の 防 止 及 び 交 通 の 安 全 の 観 点 か ら 支 障 がないものとして 当 該 市 町 との 協 議 が 調 っていること 1-23 法 第 34 条 第 1 号 に 該 当 しない 地 区 集 会 所 等 イ 既 存 集 落 内 又 は 既 存 集 落 の 周 辺 で その 集 落 に 連 たんしている 土 地 ロ 道 路 等 の 公 共 施 設 が 本 基 準 1-1(1)ニに 適 合 すること ハ 敷 地 面 積 は 500 m2 以 下 であること ただし 敷 地 の 形 状 により 周 辺 に 宅 地 利 用 の 困 難 な 土 地 が 生 じるなど やむを 得 ない 場 合 は この 限 りでない (2) 許 可 の 対 象 となる 建 築 物 は 次 の 各 号 のとおりである イ 法 第 29 条 第 1 項 第 3 号 に 規 定 する 施 設 に 準 ずる 施 設 で 地 区 集 会 所 集 落 青 Ⅰ-12

16 年 館 公 民 館 ( 社 会 教 育 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 207 号 )によるものを 除 く ) 等 の 公 益 性 の 高 い 施 設 であり 次 の 各 号 に 該 当 するものとする (イ) 町 内 会 自 治 会 等 の 自 治 組 織 において 運 営 され 適 正 な 管 理 が 行 われること (ロ)レジャー 施 設 等 他 の 目 的 の 建 築 物 と 併 用 されるものでないこと ロ 建 築 物 の 配 置 計 画 及 び 平 面 計 画 は 地 区 集 会 所 等 として 適 切 なものであること (3) その 他 次 の 各 号 に 該 当 するものとする イ 施 設 の 開 設 に 関 する 許 可 等 が 必 要 な 場 合 は それが 得 られること ロ 建 築 の 完 了 後 速 やかに 開 業 し 継 続 的 に 事 業 できるものであること 1-24 法 第 34 条 第 4 号 に 該 当 しない 店 舗 併 用 農 林 水 産 物 加 工 施 設 許 可 の 対 象 となる 建 築 物 は 次 の 各 号 のとおりである イ 法 第 34 条 第 4 号 に 該 当 する 施 設 に 付 属 する 販 売 店 舗 が 併 設 されたものとする ロ 開 発 行 為 又 は 建 築 行 為 の 主 たる 目 的 が 農 林 水 産 物 加 工 施 設 であり 販 売 店 舗 は 附 属 的 な 計 画 であること ハ 販 売 品 は 当 該 施 設 において 加 工 されたものに 限 ること ニ 店 舗 規 模 は 50 m2 以 下 とし かつ 当 該 加 工 施 設 延 床 面 積 の 3 分 の 1 以 下 である こと 1-25 法 第 34 条 第 7 号 に 該 当 しない 既 存 工 場 の 増 設 イ 敷 地 の 規 模 は 既 存 工 場 の 敷 地 面 積 の 2 倍 以 下 とする ただし 敷 地 の 形 状 に より 周 辺 に 宅 地 的 利 用 の 困 難 な 土 地 が 生 じるなど やむを 得 ない 場 合 は この 限 りでない ロ 敷 地 は 既 存 工 場 敷 地 の 隣 接 地 又 は 同 一 敷 地 と 判 断 できる 土 地 とする (2) 許 可 の 対 象 となる 建 築 物 は 次 の 各 号 のとおりである イ 法 第 34 条 第 7 号 で 取 り 扱 う 線 引 き 以 前 より 操 業 という 条 件 に 該 当 しない 工 場 の 増 設 をするものとする ロ 周 辺 宅 地 の 環 境 保 全 に 配 慮 した 配 置 計 画 であること 1-26 産 業 廃 棄 物 の 処 理 施 設 (1) 許 可 の 対 象 となる 土 地 は その 敷 地 の 位 置 が 都 市 計 画 決 定 されているもの 又 は 建 築 基 準 法 第 51 条 ただし 書 きにより 特 定 行 政 庁 が 都 市 計 画 審 議 会 の 議 を 経 て 都 市 計 画 上 支 障 がないと 認 めて 許 可 したものとする (2) 許 可 の 対 象 となる 建 築 物 又 は 第 一 種 特 定 工 作 物 は 次 の 各 号 のとおりである イ 廃 棄 物 の 処 理 及 び 清 掃 に 関 する 法 律 ( 昭 和 45 年 法 律 第 137 号 ) 第 15 条 に 規 定 する 産 業 廃 棄 物 処 理 施 設 であること ロ 廃 棄 物 の 処 理 及 び 清 掃 に 関 する 法 律 ( 昭 和 45 年 法 律 第 137 号 )に 適 合 する 処 Ⅰ-13

17 理 施 設 であること ハ 騒 音 振 動 粉 塵 悪 臭 排 水 等 の 周 辺 の 環 境 に 影 響 を 及 ぼす 恐 れのあるもの については その 影 響 を 軽 減 させるための 適 正 な 措 置 を 講 じていること (3) 開 発 行 為 を 行 うことについて 環 境 の 保 全 災 害 の 防 止 及 び 交 通 の 安 全 の 観 点 か ら 支 障 がないものとして 当 該 市 町 との 協 議 が 調 っていること 1-27 農 林 水 産 物 の 直 売 所 イ 敷 地 は 幅 員 6m 以 上 の 道 路 に 適 切 に 接 していること ロ 敷 地 内 に 当 該 施 設 に 駐 車 場 が 適 切 に 配 置 されていること (2) 許 可 の 対 象 となる 建 築 物 は 次 の 各 号 のとおりである イ 当 該 調 整 区 域 において 生 産 された 農 林 水 産 物 に 限 り 直 売 する 店 舗 であること ロ 当 該 調 整 区 域 において 生 産 を 行 う 者 又 は 農 業 の 振 興 に 資 する 団 体 が 直 売 する 店 舗 であること ハ 店 舗 の 床 面 積 は 150 m2 以 下 であること ニ 建 築 物 の 配 置 及 び 平 面 計 画 は 店 舗 として 適 切 なものであること (3) 開 発 行 為 を 行 うことについて 環 境 の 保 全 災 害 の 防 止 及 び 交 通 の 安 全 の 観 点 か ら 支 障 がないものとして 当 該 市 町 との 協 議 が 調 っていること (4) その 他 次 の 各 号 に 該 当 するものとする イ 営 業 に 関 する 許 可 等 が 必 要 な 場 合 それが 得 られること ロ 建 築 の 完 了 後 速 やかに 開 業 し 継 続 的 に 営 業 できるものであること 2 令 第 36 条 第 1 項 第 3 号 ホの 規 定 により 附 議 することが 妥 当 と 考 える 建 築 行 為 県 等 が 令 第 36 条 第 1 項 第 3 号 ホに 基 づき 当 該 建 築 物 又 は 第 一 種 特 定 工 作 物 の 周 辺 における 市 街 化 を 促 進 するおそれがないと 認 められ かつ 市 街 化 区 域 内 におい て 建 築 し 又 は 建 設 することが 困 難 又 は 著 しく 不 適 当 であり 開 発 審 査 会 の 議 を 経 ることが 妥 当 と 考 える 建 築 行 為 は 次 のとおりである 2-1 令 第 36 条 第 1 項 第 3 号 ホの 規 定 により 附 議 する 建 築 行 為 令 第 36 条 第 1 項 第 3 号 ホの 規 定 により 附 議 する 基 準 は 法 第 34 条 第 14 号 の 規 定 により 附 議 する 場 合 と 同 様 の 基 準 とする 2-2 既 存 宅 地 イ 地 形 地 勢 地 物 等 の 自 然 的 条 件 及 び 文 教 交 通 利 便 コミュニティ 医 療 Ⅰ-14

18 等 の 施 設 利 用 の 一 体 性 等 の 社 会 的 条 件 に 照 らし おおむね 50 棟 以 上 の 建 築 物 が 連 たんしている 地 域 内 に 存 する 土 地 おおむね 50 棟 以 上 の 建 築 物 は 原 則 として 50 棟 以 上 の 建 築 物 とするが 集 落 としての 集 積 の 程 度 が 高 い 場 合 等 は 40 棟 以 上 とする なお 建 築 物 の 数 と して 次 の 各 号 の 一 に 該 当 するものを 含 めてよいものとする (イ) 当 該 地 域 と 連 たんする 市 街 化 区 域 内 の 建 築 物 (ロ) 工 場 事 務 所 学 校 等 の 住 宅 以 外 の 建 築 物 ただし 車 庫 物 置 その 他 の 附 属 建 築 物 は 含 まない 連 たんしている か 否 かを 建 築 物 の 連 続 性 で 判 断 する 場 合 は 建 築 物 敷 地 相 互 の 間 隔 (50m 程 度 )をもって 判 断 し 一 定 の 区 域 における 建 築 物 の 集 中 の 程 度 で 判 断 する 場 合 は 半 径 100m 以 内 又 は 3ha 以 内 の 区 域 において 判 断 する ロ 調 整 区 域 に 関 する 都 市 計 画 が 決 定 され 又 は 当 該 都 市 計 画 を 変 更 して 調 整 区 域 が 拡 張 された 際 すでに 宅 地 であった 土 地 調 整 区 域 となった 時 点 において 宅 地 であったか 否 かの 確 認 は 土 地 登 記 簿 及 び 固 定 資 産 課 税 台 帳 によるものとする ただし 次 の 各 号 の 資 料 により 総 合 的 に 検 証 し 調 整 区 域 となった 時 点 において 宅 地 であった 可 能 性 が 極 めて 高 い 場 合 は この 限 りでない (イ) 調 整 区 域 となった 時 点 の 航 空 写 真 (ロ) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 の 許 可 農 業 委 員 会 の 証 明 その 他 農 業 的 土 地 利 用 から 宅 地 的 土 地 利 用 への 転 換 を 証 する 書 類 (ハ) 宅 地 造 成 等 規 制 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 191 号 ) 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 等 に 基 づく 宅 地 的 土 地 利 用 を 証 する 書 類 (ニ) 公 的 機 関 等 の 証 明 書 (ホ)その 他 土 地 利 用 の 経 過 及 び 土 地 の 状 況 を 証 する 書 類 なお 土 地 登 記 簿 上 調 整 区 域 となった 時 点 で 宅 地 であった 土 地 であっても 農 地 の 不 正 転 用 に 留 意 し 当 該 地 目 変 更 の 原 因 年 月 日 と 登 記 年 月 日 との 間 が 著 し く 離 れているなど 土 地 登 記 簿 の 記 載 が 不 自 然 な 場 合 は 都 市 計 画 法 施 行 規 則 第 34 条 第 2 項 に 規 定 する 書 類 として 別 途 裏 付 資 料 の 提 出 を 求 めるなど 慎 重 な 取 扱 いをする (2) 許 可 の 対 象 となる 予 定 建 築 物 の 用 途 は 自 己 の 居 住 又 は 業 務 の 用 に 供 するもので 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 内 に 建 築 することができる 用 途 であるものとする ただし 自 己 の 業 務 の 用 に 供 するもので 既 存 の 工 業 団 地 内 で 建 築 する 工 場 等 予 定 建 築 物 の 用 途 が 周 辺 の 土 地 利 用 状 況 を 勘 案 し 周 辺 建 築 物 の 用 途 と 調 和 するも のは この 限 りでない なお 当 該 土 地 が 工 場 跡 地 等 で 予 定 される 建 築 物 の 敷 地 としては 過 大 であり いわゆる 旗 竿 開 発 等 の 都 市 整 備 上 居 住 環 境 上 不 整 形 な 土 地 利 用 を 招 来 することと なるもの 等 は 法 第 34 条 第 14 号 での 開 発 許 可 の 対 象 とし 道 路 等 の 必 要 な 公 共 施 設 等 を 整 備 させるよう 指 導 するものとする この 場 合 必 要 に 応 じて 法 第 41 条 の 規 定 を 適 用 するなどにより 開 発 行 為 の 目 Ⅰ-15

19 的 規 模 及 び 周 辺 の 地 域 の 状 況 を 勘 案 し 適 切 な 建 築 物 とすること (3) 建 築 行 為 を 行 うことについて 環 境 の 保 全 災 害 の 防 止 及 び 交 通 の 安 全 の 観 点 か ら 支 障 がないものとして 当 該 市 町 との 協 議 が 調 っていること 2-3 既 存 宅 地 に 準 ずる 宅 地 イ 次 の 各 号 の 一 に 該 当 すること (イ) 市 街 化 区 域 から 500m 以 内 に 存 する 土 地 で 連 たんする 建 築 物 ( 調 整 区 域 と なった 時 点 において 宅 地 であった 土 地 で 建 築 されていない 土 地 ( 連 たんする 建 築 物 の 敷 地 数 の 半 数 以 下 )を 含 む )の 数 が 次 の 式 を 満 足 するもの( 以 下 市 街 化 区 域 に 近 接 した 区 域 の 既 存 宅 地 に 準 ずる 宅 地 という ) 500 n m: 市 街 化 区 域 からの 距 離 1 m 50 n: 建 築 物 の 数 (ロ) 地 形 地 勢 地 物 等 の 自 然 的 条 件 及 び 文 教 交 通 利 便 コミュニティ 医 療 等 の 施 設 利 用 の 一 体 性 等 の 社 会 的 条 件 に 照 らし おおむね 50 棟 以 上 の 建 築 物 が 連 たんしている 地 域 内 に 存 する 土 地 で 連 たんする 建 築 物 ( 調 整 区 域 となっ た 時 点 において 宅 地 であった 土 地 で 建 築 されていない 土 地 ( 連 たんする 建 築 物 の 敷 地 数 の 半 数 以 下 )を 含 む )の 敷 地 相 互 の 間 隔 が 1 箇 所 のみ 100m 以 下 で 連 たんし その 他 は 50m 以 下 で 連 たんしているもの( 以 下 連 たん 距 離 の 緩 和 に よる 既 存 宅 地 に 準 ずる 宅 地 という ) (ハ) 市 街 化 区 域 から 調 整 区 域 へ 都 市 計 画 の 変 更 がされ 用 途 地 域 の 指 定 がされて いる 地 域 内 に 存 する 土 地 ( 以 下 逆 線 引 き 区 域 での 既 存 宅 地 に 準 ずる 宅 地 と いう ) ロ 調 整 区 域 に 関 する 都 市 計 画 が 決 定 され 又 は 当 該 都 市 計 画 を 変 更 して 調 整 区 域 が 拡 張 された 際 すでに 宅 地 であった 土 地 (2) 許 可 の 対 象 となる 予 定 建 築 物 の 用 途 は 次 の 各 号 のとおりである イ 市 街 化 区 域 に 近 接 した 区 域 の 既 存 宅 地 に 準 ずる 宅 地 及 び 連 たん 距 離 の 緩 和 による 既 存 宅 地 に 準 ずる 宅 地 においては 自 己 の 居 住 又 は 業 務 の 用 に 供 する もので 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 内 に 建 築 することができる 用 途 であること ただし 自 己 の 業 務 の 用 に 供 するもので 既 存 の 工 業 団 地 内 で 建 築 する 工 場 等 予 定 建 築 物 の 用 途 が 周 辺 の 土 地 利 用 状 況 を 勘 案 し 周 辺 建 築 物 の 用 途 と 調 和 する ものは この 限 りでない ロ 逆 線 引 き 区 域 での 既 存 宅 地 に 準 ずる 宅 地 においては 自 己 の 居 住 又 は 業 務 の 用 に 供 するもので 次 の 各 号 に 該 当 するものとする (イ) 建 築 物 が 用 途 地 域 の 制 限 に 適 合 すること (ロ) 将 来 市 街 化 区 域 に 再 編 入 された 場 合 に 支 障 がないこと Ⅰ-16

20 (3) 建 築 行 為 を 行 うことについて 環 境 の 保 全 災 害 の 防 止 及 び 交 通 の 安 全 の 観 点 か ら 支 障 がないものとして 当 該 市 町 との 協 議 が 調 っていること (4) その 他 次 の 各 号 に 該 当 するものとする イ 市 街 化 区 域 に 近 接 した 区 域 の 既 存 宅 地 に 準 ずる 宅 地 及 び 連 たん 距 離 の 緩 和 による 既 存 宅 地 に 準 ずる 宅 地 においては 建 築 物 の 建 ぺい 率 は 60% 以 下 容 積 率 は 200% 以 下 であること ロ 逆 線 引 き 区 域 での 既 存 宅 地 に 準 ずる 宅 地 においては 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 42 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 道 路 に 適 切 に 接 し 主 要 な 出 入 口 が 当 該 道 路 に 面 していること 2-4 既 存 宅 地 での 再 開 発 イ 地 形 地 勢 地 物 等 の 自 然 的 条 件 及 び 文 教 交 通 利 便 コミュニティ 医 療 等 の 施 設 利 用 の 一 体 性 等 の 社 会 的 条 件 に 照 らし おおむね 50 棟 以 上 の 建 築 物 が 連 たんしている 地 域 内 に 存 する 土 地 ロ 調 整 区 域 に 関 する 都 市 計 画 が 決 定 され 又 は 当 該 都 市 計 画 を 変 更 して 調 整 区 域 が 拡 張 された 際 すでに 宅 地 であった 土 地 (2) 許 可 の 対 象 となる 予 定 建 築 物 の 用 途 は 自 己 の 居 住 又 は 業 務 の 用 に 供 するもので 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 内 に 建 築 することができる 用 途 であるものとする ただし 自 己 の 業 務 の 用 に 供 するもので 既 存 の 工 業 団 地 内 で 建 築 する 工 場 等 予 定 建 築 物 の 用 途 が 周 辺 の 土 地 利 用 状 況 を 勘 案 し 周 辺 建 築 物 の 用 途 と 調 和 するも のは この 限 りでない (3) 開 発 行 為 を 行 うことについて 環 境 の 保 全 災 害 の 防 止 及 び 交 通 の 安 全 の 観 点 か ら 支 障 がないものとして 当 該 市 町 との 協 議 が 調 っていること Ⅰ-17

21 別 表 第 1 大 規 模 既 存 集 落 の 指 定 ( 法 第 34 条 第 14 号 ) 昭 和 62 年 4 月 1 日 施 行 昭 和 62 年 4 月 27 日 施 行 ( 松 任 市 宮 保 一 木 柏 野 ) 平 成 7 年 12 月 5 日 一 部 改 正 ( 小 松 市 月 津 ) 平 成 12 年 5 月 31 日 一 部 改 正 ( 金 沢 市 を 除 外 ) 平 成 21 年 11 月 18 日 一 部 改 正 ( 白 山 市 能 美 市 ( 合 併 による)) 平 成 24 年 8 月 23 日 一 部 改 正 ( 白 山 市 舘 畑 ) 平 成 25 年 10 月 9 日 一 部 改 正 ( 能 美 市 ( 線 引 き 廃 止 による)) No 市 町 No 集 落 名 区 域 名 戸 数 (A) ( 戸 ) 集 落 の 面 積 (B) (ha) ヘクター ル 当 たり 平 均 面 積 (A/B) 社 会 生 活 に 係 る 施 設 の 有 無 小 中 学 校 旧 町 村 役 場 その 他 ( 種 類 も 記 入 ) 1 小 松 市 1 古 府 植 田 小 野 古 府 上 八 里 下 八 里 河 田 ( 河 田 館 本 河 田 谷 内 ) 国 府 小 中 学 校 旧 国 府 村 役 場 徳 橋 保 育 所 小 松 市 農 協 支 所 2 2 能 美 千 代 能 美 能 美 小 学 校 千 代 保 育 所 板 津 農 協 支 所 3 3 日 末 日 末 佐 美 日 末 小 学 校 末 佐 美 保 育 園 簡 易 郵 便 局 市 農 協 支 所 4 4 粟 津 木 場 津 波 倉 林 木 場 台 5 5 矢 田 野 矢 田 野 二 ッ 梨 下 粟 津 木 場 小 学 校 北 陸 大 谷 高 校 矢 田 野 小 学 校 旧 粟 津 村 役 場 旧 矢 田 野 村 役 場 木 場 保 育 所 木 場 農 村 集 落 セ ンター 矢 田 野 第 2 保 育 所 6 6 那 谷 那 谷 那 谷 小 学 校 那 谷 保 育 所 那 谷 郵 便 局 市 農 協 支 所 7 7 蓮 代 寺 蓮 代 寺 本 江 東 山 三 谷 千 木 野 蓮 代 寺 小 学 校 蓮 代 寺 保 育 所 小 松 市 農 協 支 所 8 8 荒 屋 高 堂 荒 屋 野 田 長 田 9 9 月 津 額 見 月 津 四 丁 町 矢 田 矢 田 新 扇 原 犬 丸 大 島 蛭 川 ( 東 蛭 川 ) 犬 丸 城 北 松 梨 荒 屋 小 学 校 高 堂 保 育 所 長 田 保 育 園 月 津 小 学 校 旧 月 津 村 役 場 月 津 保 育 所 月 津 郵 便 局 市 農 協 支 所 農 村 集 落 センタ ー 犬 丸 小 学 校 犬 丸 保 育 所 中 海 中 海 遊 泉 寺 鵜 川 立 明 寺 岩 淵 軽 海 荒 木 田 中 海 小 中 学 校 中 海 保 育 所 育 松 園 市 農 協 南 部 事 業 所 浮 柳 浮 柳 鶴 ヶ 島 下 牧 牧 保 育 所 長 崎 長 崎 防 丸 小 島 バス 停 市 農 協 支 所 I-18

22 No 市 町 No 集 落 名 区 域 名 戸 数 (A) ( 戸 ) 集 落 の 面 積 (B) (ha) ヘクター ル 当 たり 平 均 面 積 (A/B) 社 会 生 活 に 係 る 施 設 の 有 無 小 中 学 校 旧 町 村 役 場 その 他 ( 種 類 も 記 入 ) 14 白 山 市 1 旭 一 塚 八 田 倉 部 バス 停 15 2 郷 専 福 寺 長 竹 日 用 品 店 舗 16 3 中 奥 橋 爪 乾 中 奥 幸 明 旧 役 場 跡 公 民 館 松 任 市 農 協 支 所 17 4 林 中 みずほ 今 平 乙 丸 旧 役 場 跡 公 民 館 市 農 協 支 所 医 院 バス 停 18 5 石 川 源 兵 島 福 留 水 島 石 川 小 学 校 旧 役 場 跡 公 民 館 市 農 協 支 所 医 院 バス 停 店 舗 19 6 宮 保 宮 保 旧 役 場 跡 公 民 館 バス 停 市 農 協 支 所 20 7 一 木 宮 丸 村 井 旧 役 場 跡 公 民 館 バス 停 市 農 協 支 所 21 8 柏 野 下 柏 野 荒 屋 柏 野 中 柏 野 上 柏 野 小 上 旧 役 場 跡 公 民 館 バス 停 市 農 協 支 所 医 院 郵 便 局 22 9 舘 畑 行 中 ノ 郷 新 日 向 旧 役 場 跡 公 民 館 バス 停 農 協 支 所 日 用 品 店 舗 23 内 灘 町 1 西 荒 屋 西 荒 屋 室 宮 坂 西 荒 屋 小 学 校 バス 停 日 用 品 店 舗 医 院 I-19

23 別 表 第 2 先 端 産 業 工 場 が 立 地 する 人 口 減 少 地 区 ( 法 第 34 条 第 14 号 ) 昭 和 62 年 4 月 1 日 施 行 平 成 21 年 11 月 18 日 一 部 改 正 ( 白 山 市 能 美 市 ( 合 併 による)) 平 成 25 年 10 月 9 日 一 部 改 正 ( 能 美 市 ( 線 引 き 廃 止 による)) 小 松 市 白 山 市 内 灘 町 別 表 第 3 大 規 模 流 通 施 設 が 立 地 する 幹 線 沿 道 等 ( 法 第 34 条 第 14 号 ) 1) 四 車 線 以 上 の 道 路 昭 和 62 年 4 月 1 日 施 行 平 成 12 年 5 月 31 日 一 部 改 正 ( 金 沢 市 を 除 外 ) 平 成 21 年 11 月 18 日 一 部 改 正 ( 白 山 市 能 美 市 ( 合 併 ) 交 差 点 名 の 変 更 ) No 市 町 道 路 の 種 類 名 称 区 間 距 離 km 1 2 小 松 市 主 要 地 方 道 寺 畠 小 松 線 主 要 地 方 道 金 沢 美 川 小 松 線 一 般 国 道 305 号 ~ 金 沢 美 川 小 松 線 小 松 インター~ 一 般 国 道 360 号 3 白 山 市 国 道 一 般 国 道 8 号 田 中 南 ~ 福 留 野 々 市 市 三 日 市 ~ 二 日 市 蓮 花 寺 ~ 郷 )インターチェンジ 周 辺 ( 一 般 道 との 交 点 より 周 囲 500m) No 市 町 インターチェンジ 名 区 間 1 小 松 市 小 松 インターチェンジ 小 島 町 I-20

24 別 記 第 1 技 術 先 端 型 業 種 の 確 認 について 建 発 第 330 号 平 成 4 年 9 月 30 日 金 沢 土 木 事 務 所 長 殿 石 川 県 土 木 部 長 開 発 許 可 事 務 の 取 扱 いについて( 通 知 ) 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 許 可 基 準 の 内 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 ロについては 建 設 省 通 達 により 運 用 しているところであるが この 内 建 設 省 経 済 局 長 通 達 ( 昭 和 6 1 年 8 月 2 日 付 建 設 省 経 民 発 第 33 号 )の 記 一 の(2)(いわゆる 技 術 先 端 型 業 種 の 工 場 以 下 先 端 型 工 場 という )に 該 当 する 開 発 行 為 については 当 然 事 業 の 内 容 が 先 端 型 工 場 に 該 当 しなければ 許 可 対 象 とならないので 開 発 許 可 申 請 書 を 受 理 した 後 事 業 の 内 容 により 不 許 可 となった 場 合 結 果 として 開 発 許 可 申 請 者 に 過 大 な 負 担 を 強 いることとなる 恐 れがある このため 今 後 開 発 許 可 申 請 に 先 立 ち 事 業 の 内 容 が 先 端 型 工 場 に 該 当 するか 否 かの 判 断 を 下 記 の 通 り 行 うこととしたのでよろしく 取 扱 われた い 記 1 土 木 事 務 所 長 は 市 街 化 調 整 区 域 内 で 先 端 型 工 場 の 開 発 行 為 の 申 し 出 があった 場 合 開 発 許 可 申 請 に 先 立 ち 事 業 立 地 予 定 地 の 周 辺 の 土 地 利 用 と 調 和 等 について 当 該 市 町 と 協 議 し 立 地 について 支 障 のないものについて 事 業 予 定 者 より 予 定 事 業 の 内 容 について 別 添 様 式 の 申 請 書 及 び 資 料 を 提 出 させ 土 木 部 長 に 進 達 するものとする ただし 事 業 立 地 予 定 地 が 確 定 していないものについては 立 地 場 所 についての 判 断 を 保 留 し 前 述 の 手 続 きを 取 ることができる 2 土 木 部 長 は 関 係 部 局 と 協 義 のうえ 必 要 に 応 じて 現 地 調 査 を 行 い 当 該 事 業 内 容 が 先 端 型 工 場 に 該 当 するか 否 かの 判 断 を 行 い 土 木 事 務 所 長 に 通 知 するものとする 3 土 木 事 務 所 長 ば 審 査 の 結 果 について 事 業 予 定 者 に 通 知 するとともに 当 該 市 町 に 連 賂 するものとする なお 立 地 場 所 の 適 否 の 判 断 を 保 留 してあるものについては その 旨 を 事 業 予 定 者 に 伝 え 事 業 立 地 予 定 地 について 事 前 に 協 議 するよう 指 示 するものとする I-21

25 別 添 様 式 年 月 日 石 川 県 土 木 部 長 殿 申 請 者 住 所 氏 名 下 記 の 事 業 内 容 が 都 市 計 画 法 で 定 める 市 街 化 調 整 区 域 で 立 地 できる 技 術 先 端 型 業 種 の 工 場 に 該 当 するか 審 査 願 います 記 1 事 業 者 名 2 事 業 立 地 予 定 地 3 事 業 内 容 添 付 資 料 (1) 会 社 の 定 款 の 写 し 及 び 会 社 概 要 (2) 製 造 予 定 製 品 説 明 書 (パンフレット) (3) 製 品 工 程 表 ( 完 成 品 及 び 部 分 品 ) (4) 年 間 製 品 出 荷 額 割 合 表 ( 現 工 場 及 び 新 設 工 場 ) (5) その 他 必 要 な 書 類 ( 取 引 先 平 面 プラン 写 真 等 ) I-22

26 ( 参 考 資 料 ) 都 市 計 画 ( 線 引 き)の 設 定 状 況 金 沢 都 市 計 画 小 松 都 市 計 画 白 山 都 市 計 画 当 初 設 定 S S S 第 1 回 見 直 し S S S 第 2 回 見 直 し S H H 第 3 回 見 直 し H H H 第 4 回 見 直 し H H H 第 5 回 見 直 し H H H 第 6 回 見 直 し H I-23

目 次 番 号 案 件 頁 1 分 家 住 宅 ( 包 括 承 認 ) 4 2 収 用 対 象 事 業 による 移 転 ( 包 括 承 認 ) 6 3 既 存 建 築 物 の 建 替 え( 包 括 承 認 ) 7 4 用 途 ( 使 用 主 体 の 属 性 )の 変 更 ( 包 括 承 認 ) 11

目 次 番 号 案 件 頁 1 分 家 住 宅 ( 包 括 承 認 ) 4 2 収 用 対 象 事 業 による 移 転 ( 包 括 承 認 ) 6 3 既 存 建 築 物 の 建 替 え( 包 括 承 認 ) 7 4 用 途 ( 使 用 主 体 の 属 性 )の 変 更 ( 包 括 承 認 ) 11 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 等 の 審 査 基 準 ( 都 市 計 画 法 第 34 条 第 14 号 編 ) 平 成 26 年 11 月 1 日 沼 津 市 都 市 計 画 部 まちづくり 指 導 課 目 次 番 号 案 件 頁 1 分 家 住 宅 ( 包 括 承 認 ) 4 2 収 用 対 象 事 業 による 移 転 ( 包 括 承 認 ) 6 3 既 存 建 築 物

More information

福山市都市計画法に基づく開発行為等の許可の基準に関する条例に係る許可基準について必要な事項を定めるものとする

福山市都市計画法に基づく開発行為等の許可の基準に関する条例に係る許可基準について必要な事項を定めるものとする 市 街 化 調 整 区 域 における 立 地 に 関 する 許 可 基 準 2015 年 ( 平 成 27 年 )3 月 福 山 市 1 福 山 市 都 市 計 画 法 に 基 づく 開 発 行 為 等 の 許 可 の 基 準 に 関 する 条 例 に 係 る 許 可 基 準 第 1 条 この 許 可 基 準 は, 福 山 市 都 市 計 画 法 に 基 づく 開 発 行 為 等 の 許 可 の 基

More information

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477>

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477> 開 発 許 可 審 査 基 準 平 成 24 年 8 月 春 日 部 市 目 次 総 則 第 01 目 的 1 第 02 法 令 の 略 称 規 定 1 第 03 開 発 行 為 の 定 義 1 都 市 計 画 法 第 29 条 開 発 行 為 の 許 可 3 都 市 計 画 法 第 33 条 開 発 許 可 の 基 準 5 都 市 計 画 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可

More information

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 第 6 章 市 街 化 調 整 区 域 の 立 地 基 準 ( 開 発 許 可 の 基 準 その2)( ) 第 1 節 立 地 基 準 の 構 成 ( 目 的 ) 前 条 の 規 定 にかかわらず 市 街 化 調 整 区 域 に 係 る 開 発 行 為 ( 主 として 第 二 種 特 定 工 作 物 の 建 設 の 用 に 供 す る 目 的 で 行 う 開 発 行 為 を 除 く )については 当

More information

法第34条第1号から9号に係る基準

法第34条第1号から9号に係る基準 * 印 は 運 用 又 は 注 を 表 す 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 等 の 許 可 基 準 第 1 章 総 則 第 1 目 的 この 基 準 は 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 の 許 可 の 範 囲 を 明 確 化 することによって 法 律 の 運 用 を 円 滑 に 行 い 開 発 許 可 権 限 の 公 平 な 行 使 に 資

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定)

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定) 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 知 事 同 意 又 は 協 議 にあたっての 判 断 指 針 平 成 24 年 2 月 茨 城 県 土 木 部 都 市 局 都 市 計 画 課 目 次 1 判 断 指 針 策 定 の 趣 旨 1 2 本 判 断 指 針 が 対 象 とする 地 区 計 画 1 3 県 が 判 断 するにあたっての 基 本 方 針 2 4 地 区 計 画 の 対

More information

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378>

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378> 東 近 江 市 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 の 解 説 東 近 江 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 策 定 の 背 景 昭 和 43 年 に 制 定 された 新 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という )で 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域

More information

Microsoft Word - jigyoukeikakusho.docx

Microsoft Word - jigyoukeikakusho.docx 様 式 (7)~1 建 売 住 宅 共 同 住 宅 宅 地 分 譲 公 営 住 宅 公 共 施 設 関 係 1. 転 用 目 的 とその 内 容 イ. 建 売 住 宅 ロ. 共 同 住 宅 ハ. 宅 地 分 譲 ニ. 公 営 住 宅 ホ. 公 共 施 設 ( ) 転 用 敷 地 総 面 積 ( 内 農 地 面 積 その 他 ) 土 地 利 用 計 画 住 宅 用 地 店 舗 集 会 所 等 施 設

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

1 目的

1 目的 第 5 回 区 域 区 分 定 期 見 直 し 基 本 方 針 1 目 的 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )は 無 秩 序 な 市 街 地 の 拡 大 による 環 境 悪 化 の 防 止 計 画 的 な 公 共 施 設 整 備 による 良 好 な 市 街 地 の 形 成 都 市 近 郊 の 優 良 な 農 地 との 健 全 な

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E98EA98CC897708F5A91EE82CC8C9A90DD8EE888F882AB81698276826482619770204832362E30382E3138816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E98EA98CC897708F5A91EE82CC8C9A90DD8EE888F882AB81698276826482619770204832362E30382E3138816A2E646F63> 市 街 化 調 整 区 域 における 自 己 用 住 宅 の 建 設 手 引 き 市 街 化 調 整 区 域 の 空 き 地 等 に 自 分 の 住 宅 を 建 てるためには 人 ( 分 家 又 は 地 縁 の 要 件 を 持 つ 人 等 )と 土 地 ( 線 引 き 前 から 所 有 又 は 相 続 等 )の 要 件 を 満 足 する 必 要 があります 自 己 用 住 宅 を 建 設 するために

More information

Microsoft Word - 開発許可パンフレット

Microsoft Word - 開発許可パンフレット 市 街 化 調 整 区 域 における 2016.1.1 改 訂 版 開 発 許 可 等 の 立 地 基 準 について 都 市 計 画 法 に 基 づく 開 発 許 可 等 に 関 する 新 たな 基 準 して 境 港 市 及 び 日 吉 津 村 の 市 街 化 調 整 区 域 のうち 市 街 化 区 域 一 体 的 な 地 域 等 において 行 うこができる 開 発 行 為 等 の 立 地 基 準

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

Microsoft Word - 10第1編第9章(201~210).doc

Microsoft Word - 10第1編第9章(201~210).doc 第 9 章 市 街 化 調 整 区 域 内 における 建 築 等 の 制 限 第 1 節 建 築 行 為 建 設 行 為 の 許 可 法 第 43 条 第 2 節 許 可 の 条 件 令 第 36 条 第 3 節 既 存 宅 地 における 建 築 物 に 係 る 暫 定 措 置 法 第 43 条 - 201 - 第 9 章 市 街 化 調 整 区 域 内 における 建 築 等 の 制 限 第 1 節

More information

第1条を次のように改める

第1条を次のように改める 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 埼 玉 県 熊 谷 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 精 神 疾 患 を 持 つ 人

More information

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号 市 街 化 調 整 区 域 に お け る 区 域 指 定 の 許 可 基 準 等 に つ い て 1 背 景 取 手 市 では 都 市 計 画 法 ( 1) の 規 定 に 基 づき 昭 和 45 年 から 市 内 を 市 街 化 区 域 ( 2) と 市 街 化 調 整 区 域 ( 3) に 区 分 ( 線 引 き)し 市 街 化 調 整 区 域 では 原 則 市 街 化 を 抑 制 する 区

More information

1号店舗運用基準

1号店舗運用基準 市 街 化 調 整 区 域 における 都 市 計 画 法 第 3 4 条 第 1 2 号 の 規 定 に よ る 開 発 許 可 等 の 基 準 を 定 める について 法 第 34 条 第 12 号 及 び 令 第 36 条 第 1 項 第 3 号 ハ でいう 開 発 区 域 の 周 辺 にお ける 市 街 化 区 域 を 促 進 するおそれがないと 認 められ かつ 市 街 化 区 域 内 にお

More information

Taro-t5-7第4章(1~14)(P71

Taro-t5-7第4章(1~14)(P71 第 4 章 法 第 34 条 令 第 29 条 の 5 第 29 条 の 6 第 29 条 の 7 第 30 条 規 則 第 28 条 本 条 は 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 の 立 地 性 についての 基 準 を 定 めたものです 1 公 益 上 必 要 な 建 築 物 又 は 日 常 生 活 に 必 要 な 物 品 等 の 販 売 店 等 ( 法 第 34 条 第 1

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

第 1 節 立 地 基 準 の 概 要 1 目 的 市 街 化 調 整 区 域 は, 市 街 化 を 抑 制 すべき 区 域 という 法 の 趣 旨 から, 建 築 物 又 は 特 定 工 作 物 ( 以 下, 建 築 物 等 という )の 立 地 を 厳 しく 制 限 しています 本 基 準 は,

第 1 節 立 地 基 準 の 概 要 1 目 的 市 街 化 調 整 区 域 は, 市 街 化 を 抑 制 すべき 区 域 という 法 の 趣 旨 から, 建 築 物 又 は 特 定 工 作 物 ( 以 下, 建 築 物 等 という )の 立 地 を 厳 しく 制 限 しています 本 基 準 は, 第 2 章 市 街 化 調 整 区 域 の 立 地 基 準 第 1 節 立 地 基 準 の 概 要 1 目 的 市 街 化 調 整 区 域 は, 市 街 化 を 抑 制 すべき 区 域 という 法 の 趣 旨 から, 建 築 物 又 は 特 定 工 作 物 ( 以 下, 建 築 物 等 という )の 立 地 を 厳 しく 制 限 しています 本 基 準 は, 法 第 29 条 及 び 第 34 条

More information

1

1 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可 基 準 法 第 34 条 前 条 の 規 定 にかかわらず 市 街 化 調 整 区 域 に 係 る 開 発 行 為 ( 主 として 第 二 種 特 定 工 作 物 の 建 設 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 を 除 く )については 当 該 申 請 に 係 る 開 発 行 為 及 びその 申 請 の 手 続 が 同

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378> 東 広 島 市 街 化 調 における 運 用 基 準 の 1 作 目 的 成 この に 関 運 し 用 必 基 要 準 な は 事 項 本 を 市 定 の めることにより 市 街 化 調 整 区 域 内 市 における 街 化 調 整 地 区 区 域 計 における 画 制 度 の 良 運 好 用 な 及 環 び 境 地 の 区 維 計 持 画 及 の び 素 形 案 成 に 寄 与 することを 目 的

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20818332382E3489FC90B381848A4A94AD8D7388D79399895E9770814590528DB88AEE8F808169915395D2816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20818332382E3489FC90B381848A4A94AD8D7388D79399895E9770814590528DB88AEE8F808169915395D2816A2E646F63> 第 8 章 市 街 化 調 整 区 域 の 開 発 許 可 の 基 準 法 第 34 条 前 条 の 規 定 にかかわらず 市 街 化 調 整 区 域 に 係 る 開 発 行 為 ( 主 として 第 2 種 特 定 工 作 物 の 建 設 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 を 除 く )については 当 該 申 請 に 係 る 開 発 行 為 及 びその 申 請 の 手 続 が

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

<5461726F2D824F8253817C824F82528D9197A791E58A779640906C938C8B9E>

<5461726F2D824F8253817C824F82528D9197A791E58A779640906C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 54 号 改 正 平 成 16 年 10 月 1 日 規 則 第 199 号 平 成 17 年 7 月 1 日 規 則 第 48 号 平 成 17 年 11 月 22 日 規 則 第 85 号 平 成 18 年 3 月 28 日 規 則 第 18 号 平 成 19 年 3 月 20

More information

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 築 関 連 附 帯 業 務 標 準 人 日 数 39 耐 震 診 断 等 関 連 業 務 料 の 具

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 安 城 市 4.9 歳 32,51 369,93 36,251 愛 知 県 42.4 歳 332,11 432,53 3,945 2

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 安 城 市 4.9 歳 32,51 369,93 36,251 愛 知 県 42.4 歳 332,11 432,53 3,945 2 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) A 給 料 安 城 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 24 年 度 千 千 千 12,913 56,333,396 A 3,141,519,52,332

More information

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案)

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案) 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 狭 山 市 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 10 年 5 月 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 においても 市 町 村 が 定 める 地 区 計 画 の 内 容 に 適 合

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 27 年 8 月 佐 世 保 市 目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章

More information

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎 重 要 事 項 調 査 シート( 法 令 に 基 づく 限 の 調 べ 方 ) 尾 張 旭 市 版 1. 都 市 計 画 法 に 基 づく 限 項 目 市 内 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 区 都 市 計 画 区 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計 画 道 路 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計

More information

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案)

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 貸 付 規 程 運 用 方 針 第 1 条 関 係 貸 付 けの 対 象 となる 組 合 員 は 定 款 第 13 条 第 1 号 及 び 第 3 号 に 掲 げる 者 とする 第 6 条 関 係 1 第 一 号 ロ( 物 資 貸 付 ) 第 二 号 ( 特 別 貸 付 ) 第 三 号 ( 住 宅 貸 付 ) 及 び 第 四 号 ( 特 別 住 宅 貸 付 )の

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

上尾市開発事業指導要綱の見直しについて

上尾市開発事業指導要綱の見直しについて 開 発 許 可 申 請 の 手 引 き 平 成 22 年 6 月 版 上 尾 市 都 市 整 備 部 開 発 指 導 課 はじめに 平 成 12 年 5 月 に 都 市 計 画 法 と 建 築 基 準 法 の 一 部 が 改 正 されたことにより 開 発 許 可 制 度 につ いても 大 きな 改 正 が 行 われました 当 市 においては 平 成 15 年 6 月 1 日 付 けで 都 市 計 画

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

Taro-i04.jtd

Taro-i04.jtd 別 記 9 営 業 調 査 及 び 補 償 金 額 算 定 要 領 Ⅰ 営 業 調 査 区 分 事 項 内 容 基 本 調 査 事 項 基 本 的 調 査 事 項 として 次 の 事 項 を 調 査 し 又 は 資 料 収 集 を 行 う ものとする ( 法 人 の 場 合 ) イ ) 営 業 所 の 所 在 営 業 所 の 所 在 地 社 名 代 表 者 名 業 種 及 び 開 設 年 月 日 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408140918D8D878C768E5A96E291E88F57814596E291E88250>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408140918D8D878C768E5A96E291E88F57814596E291E88250> 税 理 士 試 験 相 続 税 法 の 計 算 は 相 続 税 全 般 に 関 する 理 解 度 を 測 定 するため 個 別 の 財 産 評 価 課 税 価 格 の 算 定 相 続 税 の 総 額 及 び 各 相 続 人 等 の 納 付 すべき 税 額 までの 算 出 を 求 め る 総 合 問 題 となっています 限 られた 制 限 時 間 の 中 で 合 格 点 をとるためには 総 合 問 題

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

開発許可審査基準

開発許可審査基準 開 発 許 可 審 査 基 準 大 田 区 平 成 27 年 8 月 使 用 上 の 注 意 この 審 査 基 準 は 都 市 計 画 法 第 29 条 第 34 条 の2 第 35 条 の2 第 37 条 及 び 第 45 条 の 規 定 により 申 請 された 開 発 行 為 の 許 可 等 に 関 して 法 令 の 定 めに 従 って 判 断 するための 基 準 を 定 めたもの である 以

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

土地の利用状況、形状等客観的に判断して一団の区画とみなされる土地を建築物の建築又は特定工作物の建設のために変更する場合は開発行為となります

土地の利用状況、形状等客観的に判断して一団の区画とみなされる土地を建築物の建築又は特定工作物の建設のために変更する場合は開発行為となります 第 4 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 許 可 基 準 法 第 34 条 令 第 29 条 の5 第 29 条 の6 第 29 条 の7 第 30 条 規 則 第 28 条 本 条 は 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 の 立 地 性 についての 規 制 を 定 めたものです 1 公 益 上 必 要 な 建 築 物 又 は 日 常 生 活 に 必 要 な 物 品 等 の

More information

県 土 整 備 年 報 13 岩 手 県 県 土 整 備 部 目 次 1 行 政 組 織 関 係 1 県 土 整 備 部 行 政 機 関 位 置 略 図 2 2 県 土 整 備 部 の 沿 革 3 3 県 土 整 備 部 行 政 組 織 図 11 4 出 先 機 関 の 名 称 位 置 等 13 5 県 土 整 備 部 の 分 掌 事 務 15 6 県 土 整 備 部 の 職 員 数 21 7 県

More information

Taro11-第5章.jtd

Taro11-第5章.jtd 第 5 章 法 第 43 条 令 第 34 条 令 第 35 条 令 第 36 条 規 則 第 34 条 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 以 外 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 法 第 四 十 三 条 何 人 も 市 街 化 調 整 区 域 のうち 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 以 外 の 区 域 内 においては 都 道 府 県 知 事 の 許 可 を 受

More information

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備 松 原 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 地 区 計 画 は 市 街 化 調 整 区 域 における 大 規 模 な 開 発 や 広 域 的 な 都 市 機 能 の 立 地 などを 可 能 とするものであり その 内 容 によっては 都 市 機 能 の 拡 散 により 都 市 施 設 の 維 持 管 理 福 祉 施 設 等 の 行 政 コストの 増 大 自

More information

Microsoft Word - H27給与・定員公表

Microsoft Word - H27給与・定員公表 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 平 成 25 年 度 高 槻 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 356,388 110,105,834 575,814 19,977,777 18.1 ( 注 ) 件 費 には 退 職

More information

( 運 用 原 則 ) b 従 前 建 築 主 からの 贈 与 ( 贈 与 予 定 も 含 む この 場 合 三 親 等 以 内 に 限 る ) により 取 得 した 者 が 行 う 場 合 c 当 該 建 築 物 が 従 前 建 築 主 の 負 債 の 返 済 に 伴 う 競 売 により 落 札

( 運 用 原 則 ) b 従 前 建 築 主 からの 贈 与 ( 贈 与 予 定 も 含 む この 場 合 三 親 等 以 内 に 限 る ) により 取 得 した 者 が 行 う 場 合 c 当 該 建 築 物 が 従 前 建 築 主 の 負 債 の 返 済 に 伴 う 競 売 により 落 札 都 市 計 画 法 施 行 令 第 36 条 第 1 項 第 3 号 ホ( 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 物 の 用 途 変 更 について)に 関 する 判 断 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 都 市 計 画 法 ( 以 下 法 という ) 施 行 令 ( 以 下 令 という ) 第 36 条 第 1 項 第 3 号 ホ( 建 築 物 の 用 途 変 更 )の 判 断

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 1 給 料 表 の 見 直 し [ 実 施 ] 実 施 内 容 ( 給 料 表 の 改 定 実 施 時 期 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 内 容 ) 一 般 行 政 職 の 給 料 表 については 国 の 見

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 1 給 料 表 の 見 直 し [ 実 施 ] 実 施 内 容 ( 給 料 表 の 改 定 実 施 時 期 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 内 容 ) 一 般 行 政 職 の 給 料 表 については 国 の 見 福 井 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 24 年 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % % 25 年 度 267,860 104,103,406

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

<817992B78DE88253825882568D868BB497C095E28F438D488E96817A48323820874093FC8E448CF68D9081698E7B8D48945C97CD955D89BF8C5E816A3136303830312E786C7378>

<817992B78DE88253825882568D868BB497C095E28F438D488E96817A48323820874093FC8E448CF68D9081698E7B8D48945C97CD955D89BF8C5E816A3136303830312E786C7378> 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 平 成 8 年 9 月 6 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 九 州 地 方 整 備 局 長 崎 河 川 国 道 事 務 所 長 垣 原 清 次 工 事 概 要 () () 工 事 名 工 事 場 所 長 崎 497 号 橋 梁 補 修 工 事 長 崎 県 佐 世 保 市 塩 浜 町 地 先

More information

9 政 令 指 定 都 市 平 均 全 国 市 平 均 (5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 民 間 給 与 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 23 年 度 399,

9 政 令 指 定 都 市 平 均 全 国 市 平 均 (5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 民 間 給 与 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 23 年 度 399, の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 715,637 268,79,786 4,138,833 47,61,99 17.5 16.5 (48,651,395)

More information

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1 平 成 26 年 度 札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 1 2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 4 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 6 4 職 員 の 手 当 の 状 況 8 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 12 6 職 員 数 の 状 況 13 7 公 営 企 業 職 員 の 状 況 (1)

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 2 月 12 日 厚 生 労 働 大 臣 長 妻 昭 殿 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 会 長 遠 藤 久 夫 答 申 書 ( 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 について) 平 成 22 年 1 月 15 日 付 け 厚 生 労 働 省 発 保 0115 第 1 号 をもって 諮 問 のあった 件 について 別 紙 1から 別 紙 6までの 改 正 案 を

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で 防 災 科 学 技 術 研 究 所 職 員 給 与 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 14 条 ) 第 2 章 給 与 第 1 節 俸 給 ( 第 15 条 - 第 21 条 ) 第 2 節 諸 手 当 ( 第 22 条 - 第 37 条 ) 第 3 章 給 与 の 特 例 ( 第 38 条 - 第 42 条 ) 附 則 ( 平 成 13 年 4 月 1 日 13 規 程

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 都 市 計 画 及 び 総 合 設 計 等 運 用 基 準 目 次 1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 ------------------- 1 第 2 本 基 準 の 構 成 ------------------- 1 2 章 土 地 の 高 度 利 用 に 係 る 適 用 評 価 について 第 1 適 用

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環 滞 納 整 理 事 務 要 綱 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 第 1 自 主 納 付 の 推 進 及 び 滞 納 整 理 の 促 進 に 伴 う 基 本 方 針 市 税 は 本 市 が 取 り 組 むさまざまな 公 共 サービス 等 の 原 資 になっており 市 民 福 祉 の 充 実 や 市 民 ニーズに 対 応 する 施 策 の 推 進 に 役 立 てられている これら 施 策 の

More information

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ 市 街 化 調 整 区 域 において 開 発 行 為 を 行 おうとする 者 は 開 発 許 可 を 開 発 行 為 が 伴 わない 建 築 物 の 新 築 等 を 行 おうとする 者 は 建 築 許 可 をあらかじめ 市 長 から 得 る 必 要 がありますが ここでは 許 可 を 不 要 とする 場 合 について 説 明 しています 区 分 市 街 化 調 整 区 域 建 築 物 を 建 築 したい

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

別 紙 共 通 仮 設 費 算 定 基 準 1. 総 則 この 算 定 基 準 は, 間 接 工 事 費 のうち 共 通 仮 設 費 の 算 定 に 係 る 必 要 な 事 項 を 定 めたものである 共 通 仮 設 費 の 構 成 は, 下 記 のとおりとする 運 搬 費 準 備 費 事 業 損

別 紙 共 通 仮 設 費 算 定 基 準 1. 総 則 この 算 定 基 準 は, 間 接 工 事 費 のうち 共 通 仮 設 費 の 算 定 に 係 る 必 要 な 事 項 を 定 めたものである 共 通 仮 設 費 の 構 成 は, 下 記 のとおりとする 運 搬 費 準 備 費 事 業 損 5. 土 木 請 負 工 事 の 共 通 仮 設 費 算 定 基 準 各 地 方 整 備 局 長 北 海 道 開 発 局 長 あて 国 土 技 術 政 策 総 合 研 究 所 長 最 終 改 正 国 官 技 第 276 号 平 成 26 年 3 月 14 日 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 技 術 審 議 官 土 木 請 負 工 事 の 共 通 仮 設 費 算 定 基 準 の 一 部 改 定 について

More information

2 旅 行 日 3 用 務 名 4 目 的 地 5 交 通 手 段 (2) 旅 費 の 支 給 を 伴 わない 旅 行 を 行 った 場 合 には 出 勤 簿 上 は 出 張 の 表 示 はせず 出 勤 と 同 じ 扱 いをする ただし 前 項 のただし 書 による 旅 行 命 令 簿 を 作 成

2 旅 行 日 3 用 務 名 4 目 的 地 5 交 通 手 段 (2) 旅 費 の 支 給 を 伴 わない 旅 行 を 行 った 場 合 には 出 勤 簿 上 は 出 張 の 表 示 はせず 出 勤 と 同 じ 扱 いをする ただし 前 項 のただし 書 による 旅 行 命 令 簿 を 作 成 職 員 の 旅 費 に 関 する 条 例 の 一 部 を する 条 例 等 の 施 行 に 伴 う 旅 費 の 取 扱 いについて 平 成 18 年 3 月 29 日 17 高 教 職 第 1370 号 教 育 長 通 知 平 成 19 年 1 月 4 日 18 高 教 政 第 486 号 教 育 長 通 知 平 成 20 年 11 月 12 日 20 高 総 福 第 646 号 教 育 長 通 知

More information

用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 4 月 昭 島 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 る ための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 分 権 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正

More information

3 担 当 部 署 4 担 当 者 名 5 住 所 6 電 話 番 号 7メールアドレス 1 セキュリティ 上 の 都 合 により フリーメール 及 び 添 付 ファイルは 開 封 しない 2 やむを 得 ない 事 由 により メールにより 入 手 できない 場 合 に 限 り 書 留 郵 便 によ

3 担 当 部 署 4 担 当 者 名 5 住 所 6 電 話 番 号 7メールアドレス 1 セキュリティ 上 の 都 合 により フリーメール 及 び 添 付 ファイルは 開 封 しない 2 やむを 得 ない 事 由 により メールにより 入 手 できない 場 合 に 限 り 書 留 郵 便 によ 次 のとおり 条 件 付 一 般 競 争 入 札 に 付 します 入 札 広 告 平 成 28 年 9 月 16 日 契 約 責 任 者 本 州 四 国 連 絡 高 速 道 路 株 式 会 社 岡 山 管 理 センター 所 長 稲 垣 博 記 1. 工 事 概 要 (1) 工 事 名 鴻 ノ 池 SAトイレ 改 修 工 事 (2) 工 事 場 所 自 ) 岡 山 県 倉 敷 市 児 島 塩 生 字

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

第1節 概 要

第1節  概  要 小 山 町 開 発 行 為 等 に 関 する 運 用 基 準 ( 立 地 基 準 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 小 山 町 経 済 建 設 部 都 市 整 備 課 第 1 節 概 要 1 第 2 節 市 街 化 調 整 区 域 内 における 立 地 基 準 の 概 要 2 第 1 開 発 行 為 の 立 地 基 準 2 第 2 建 築 行 為 の 立 地 基 準 3 第 3 例 外 的 に

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

( 選 挙 管 理 委 員 会 ) 第 5 条 役 員 選 挙 を 主 宰 する 機 関 として 選 挙 管 理 委 員 会 を 設 ける 2 選 挙 管 理 委 員 会 は 役 員 選 挙 の 実 施 される 直 近 の 社 員 総 会 において 正 会 員 のな かから 選 出 した5 名 の

( 選 挙 管 理 委 員 会 ) 第 5 条 役 員 選 挙 を 主 宰 する 機 関 として 選 挙 管 理 委 員 会 を 設 ける 2 選 挙 管 理 委 員 会 は 役 員 選 挙 の 実 施 される 直 近 の 社 員 総 会 において 正 会 員 のな かから 選 出 した5 名 の 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 神 緑 会 定 款 ( 以 下 定 款 という) 第 59 条 の 規 定 に 基 づき この 法 人 の 運 営 に 関 して 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする 第 2 章 役 員 選 挙 ( 役 員 選 挙 の 方 法 ) 第 2 条 この 法 人 の 役 員 の 選 挙 は 定 款

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 ) 人 件 費 には 特 別 職 職 員 に 支 給 される 給 料 報 酬 等 を 含 みます (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 )1 職 員 数 は 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 の 人 数 です 2 職 員 数 には 再 任 用 短 時 間 勤 務 職

More information

(4) 給 与 改 定 の 状 況 須 坂 市 には 事 委 員 会 が 設 置 されていないため 事 委 員 会 による 勧 告 はありません 月 例 給 の 給 与 改 定 率 特 別 給 の 年 間 支 給 月 数 は 国 に 準 じて 改 定 をおこなっています 1 月 例 給 区 分 民

(4) 給 与 改 定 の 状 況 須 坂 市 には 事 委 員 会 が 設 置 されていないため 事 委 員 会 による 勧 告 はありません 月 例 給 の 給 与 改 定 率 特 別 給 の 年 間 支 給 月 数 は 国 に 準 じて 改 定 をおこなっています 1 月 例 給 区 分 民 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 須 坂 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 25 年 1 月 1 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 25 年 度 千 千 千 52,53 2,86,482 523,994 3,612,15

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

用途地域等に関する指定方針

用途地域等に関する指定方針 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 大 和 市 は じ め に これまで 東 京 都 においては 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン 及 び 東 京 におけ る 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 について を 踏 まえ 政 策 誘 導 型 の 都 市 づくりを 進 めるた め 平 成 14 年 7 月 に

More information

古賀市土地対策指導要綱に関する公共・公益施設整備の手引き

古賀市土地対策指導要綱に関する公共・公益施設整備の手引き 古 賀 市 土 地 対 策 指 導 要 綱 に 関 する 公 共 公 益 施 設 整 備 の 手 引 き ( 平 成 25 年 4 月 1 日 ) 本 書 は 古 賀 市 土 地 対 策 指 導 要 綱 に 定 められた 公 共 公 益 施 設 の 各 整 備 指 導 基 準 を 要 約 したものです この 他 各 基 準 の 詳 細 については 各 担 当 課 にお 尋 ねください 1. 道 路

More information

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係)

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係) 様 式 第 17 法 第 49 条 第 4 項 第 8 号 関 係 ( 特 別 地 域 内 工 作 物 の 新 ( 改 増 ) 築 の 許 可 等 ) 目 場 行 為 地 及 びその 付 近 の 状 況 自 然 公 園 法 第 20 条 第 3 項 の 許 可 等 に 関 する 事 項 的 工 作 物 の 種 類 施 行 方 法 敷 地 面 積 規 構 行 為 者 住 所 宮 城 県 牡 鹿 郡 女

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) H25 年 度 143 358,385 358,242 (0.04) 0.00

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) H25 年 度 143 358,385 358,242 (0.04) 0.00 熊 本 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 23 年 度 の 件 費 率 H24 年 度 731,815 277,665,883 2,881,104 47,758,592

More information

   国立大学法人富山大学不動産貸付事務取扱細則

   国立大学法人富山大学不動産貸付事務取扱細則 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 不 動 産 貸 付 事 務 取 扱 細 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 20 年 7 月 22 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 平 成 24 年 8 月 1 日 改 正 平 成 25 年 2 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第

More information

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号) 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 静 岡 県 静 岡 市 清 水 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要

More information

大阪港臨港地区における構築物の規制について

大阪港臨港地区における構築物の規制について 大 阪 臨 地 の 分 における 構 築 物 の 規 制 に 関 する 条 例 制 定 昭 40. 4. 1 条 例 32 改 正 昭 54.12.27 条 例 37 改 正 昭 62. 2.20 条 例 3 改 正 平 13. 3. 5 条 例 20 改 正 平 28. 5. 26 条 例 82 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 湾 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 218 号 以

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832372E3130895E97708AEE8F8096D490D493FC82E8CCA7B2C5D92E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832372E3130895E97708AEE8F8096D490D493FC82E8CCA7B2C5D92E646F63> 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 許 可 制 度 の 運 用 基 準 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可 基 準 平 成 27 年 10 月 目 次 目 次 はじめに 用 語 の 定 義 共 通 事 項 限 定 宅 地 について 建 築 許 可 不 適 地 について 敷 地 の 筆 界 特 定 申 請 者 および 土 地 所 有 者 の 違 反 について 持 ち 家 なしの 特 例

More information

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28 兵 庫 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 資 料 編 ) ( 平 成 28 年 3 月 改 定 ) 兵 庫 県 目 次 1 関 係 法 令 (1) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 (2) 基 本 方 針 2 地 震 動 予 測 結 果 による 震 度 分 布 図 3 耐 震 化 率 関 係 データ (1) 住 宅 (2) 多 数 利 用 建 築 物 4 これまでの

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2%の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2%の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 平 成 26 年 度 鶴 岡 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 平 成 24 年 度 の 人 件 費 率 平 成 人 % % 25 年 度 134,630

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information