<4D F736F F D20332E959C8BBB C7689E6905C90BF8F912E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>"

Transcription

1 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害 により 事 業 主 都 合 離 職 者 数 は 平 成 23 年 4 月 に1,500 人 を 超 え 市 内 の 雇 用 情 勢 を 著 しく 悪 化 させたほか 平 成 23 年 度 における 転 出 者 は 2,400 人 を 超 えるなど 幅 広 い 年 代 の 人 口 流 出 が 進 むとともに 加 えて 震 災 前 から 高 齢 化 率 が 33%を 超 える 状 況 に 一 層 拍 車 をかける 懸 念 がある このような 状 況 を 踏 まえ 本 計 画 における 集 積 区 域 においては 次 の 産 業 の 集 積 が 期 待 されることから 当 該 区 域 へのこれらの 立 地 誘 導 を 促 進 し 賑 わいと 活 気 に 満 ちたまちを 形 成 しながら 将 来 にわたり 持 続 可 能 なまちづくりと 雇 用 の 場 の 提 供 を 目 標 とする (1) 中 心 市 街 地 東 部 地 区 中 心 市 街 地 東 部 地 区 は 従 前 から 商 業 機 能 や 行 政 機 能 などの 中 心 地 であった が 今 回 の 震 災 により これらの 日 常 生 活 に 欠 かせない 機 能 が 著 しく 低 下 して いる このような 中 で 本 市 としては 今 後 発 生 が 予 想 される 地 震 津 波 などの 災 害 から 東 部 地 区 を 守 る 防 潮 堤 緑 地 マウンドなどの 津 波 防 御 施 設 の 整 備 や 避 難 場 所 避 難 所 の 周 知 徹 底 防 災 意 識 の 啓 発 伝 承 などの 対 策 を 多 面 的 に 講 じ 同 地 区 の 安 全 性 を 確 保 しながら 同 地 区 を 再 び 商 業 拠 点 として 位 置 づけること としている 同 地 区 の 商 業 拠 点 化 を 図 るに 当 たっては 単 に 被 災 前 の 状 況 に 商 業 を 戻 すの ではなく 同 地 区 及 びその 周 辺 に 配 置 される 市 役 所 庁 舎 及 び 復 興 公 営 住 宅 文 化 交 流 施 設 などの 公 共 施 設 と 一 体 で 効 率 的 効 果 的 な 配 置 整 備 を 行 うととも に 子 どもから 高 齢 者 までの 市 民 生 活 に 欠 かせない 機 能 を 集 約 化 していくこと を 目 指 す

2 また 同 地 区 に 隣 接 し 観 光 拠 点 としても 活 用 が 期 待 される 新 魚 市 場 周 辺 を 訪 れる 観 光 客 の 動 線 も 考 慮 し 住 民 のみならず 観 光 客 にとっても 利 便 性 の 高 い 都 市 機 能 の 構 築 と 安 心 安 全 かつコンパクトな 復 興 まちづくりを 目 指 していく (2) 鵜 住 居 地 区 鵜 住 居 地 区 は 市 内 で 最 も 被 害 が 大 きく 人 的 被 害 に 加 え 全 住 家 の 約 7 割 に 相 当 する 1,751 戸 が 被 災 したことにより 多 くの 市 民 が 仮 設 住 宅 での 生 活 を 余 儀 な くされているほか 被 災 した 店 舗 や 事 業 所 診 療 所 及 び 教 育 施 設 や 生 活 応 援 セン ターなどの 公 共 施 設 も 仮 設 であるため 日 常 生 活 に 欠 かせないあらゆる 機 能 が 著 しく 低 下 している また 同 地 区 では 幅 広 い 年 代 で 地 区 外 への 転 居 が 進 んでおり 震 災 前 から 進 行 している 高 齢 化 率 の 上 昇 に 一 層 拍 車 がかかる 懸 念 がある このような 中 で 同 地 区 の 復 興 まちづくりにあたっては 交 流 追 悼 スポ ーツ 教 育 商 業 再 生 をキーワードに 多 様 な 来 訪 客 による 賑 わい 創 出 ととも に 地 域 住 民 の 日 常 生 活 を 支 える 機 能 を 集 積 して まちの 再 建 を 進 めていくこと としている 新 しいまちづくりの 核 として JR 鵜 住 居 駅 周 辺 を 中 心 に 教 育 施 設 復 興 公 営 住 宅 観 光 交 流 拠 点 施 設 津 波 の 教 訓 を 伝 承 する 祈 りのパーク( 仮 称 )や 津 波 伝 承 施 設 ( 仮 称 )などの 公 共 施 設 を 効 果 的 に 配 置 整 備 を 行 うとともに 国 道 沿 線 に 商 業 機 能 を 集 積 することにより 子 どもから 高 齢 者 までの 全 ての 世 代 が 便 利 で 快 適 に 暮 らせるコンパクトなまちづくりを 目 指 す 加 えて 同 地 区 にはトライアスロンの 主 会 場 となる 根 浜 海 岸 のほか ラグビー ワールドカップ 2019 の 会 場 となる 鵜 住 居 復 興 スタジアム( 仮 称 ) が 含 まれて おり また 世 界 遺 産 明 治 日 本 の 産 業 革 命 遺 産 の 構 成 資 産 である 橋 野 鉄 鉱 山 への 玄 関 口 となっており こうした 特 徴 を 活 かしたまちづくりを 進 めていく 3 計 画 の 目 標 を 達 成 するために 推 進 しようとする 取 組 の 内 容 当 市 は 近 代 製 鉄 発 祥 の 地 として 鉄 鋼 業 を 中 心 としたものづくり 産 業 の 集 積 と ともに 世 界 でも 有 数 の 三 陸 漁 場 の 重 要 な 漁 業 基 地 として 繁 栄 してきた 中 心 市 街 地 東 部 地 区 は 居 住 人 口 も 多 く 当 市 の 伝 統 文 化 経 済 などの 中 心 地 で もあり 店 舗 や 事 業 所 が 集 積 していた 地 域 であるが 今 回 の 震 災 によって 市 民 の 日 常 生 活 を 支 える 店 舗 や 事 業 所 などの 商 業 機 能 が 壊 滅 的 な 被 害 を 受 けたことから 以 下 の 取 組 の 推 進 を 通 じて 先 に 掲 げる 目 標 の 達 成 を 目 指 す また 鵜 住 居 地 区 は 昭 和 30 年 に 新 設 合 併 で 釜 石 市 となるまで 鵜 住 居 村 として 独 立 していたことから 居 住 人 口 も 多 く 地 域 内 独 自 の 伝 統 や 文 化 をもち 経 済 活 動

3 を 行 っていたことから 店 舗 や 事 業 所 もJR 鵜 住 居 駅 周 辺 を 中 心 として 集 積 してい た 地 域 であるが 今 回 の 震 災 によって 市 民 の 日 常 生 活 を 支 える 店 舗 や 事 業 所 などの 商 業 機 能 が 壊 滅 的 な 被 害 を 受 けたことから 以 下 の 取 組 を 通 じて 先 に 掲 げる 目 標 の 達 成 を 目 指 す (1) 効 果 的 な 都 市 基 盤 の 整 備 今 後 発 生 することが 予 想 される 津 波 災 害 の 際 に 迅 速 な 避 難 を 可 能 にするた めの 道 路 等 のインフラ 整 備 や 人 々の 動 線 を 考 慮 した 公 共 施 設 公 益 的 施 設 の 整 備 を 進 める (2) コンパクトで 回 遊 性 の 高 い 商 業 機 能 の 集 積 被 災 前 にあった 商 店 街 や 点 在 していた 商 店 などの 商 業 機 能 を 単 にそのまま 復 旧 させて 元 のまちに 戻 すのではなく 拠 点 施 設 を 整 備 するなどしてコンパク トに 集 約 し 利 便 性 の 高 いまちづくりを 進 める (3) 独 自 資 源 を 活 かした 観 光 拠 点 の 形 成 中 心 市 街 地 東 部 地 区 の 東 端 に 位 置 する 魚 河 岸 地 区 は 本 市 における 水 産 業 の 中 核 であったことから 魚 のまち 復 活 に 向 け 新 たな 誘 客 機 能 の 整 備 と 魚 市 場 周 辺 でのイベント 実 施 等 にぎわいの 創 出 策 を 講 じながら 水 産 資 源 を 活 用 し た 観 光 拠 点 の 形 成 を 図 る また 鵜 住 居 地 区 については JR 鵜 住 居 駅 周 辺 に 祈 りのパーク( 仮 称 )や 津 波 伝 承 施 設 ( 仮 称 )が 整 備 され 防 災 意 識 の 啓 発 伝 承 と 震 災 犠 牲 者 の 慰 霊 追 悼 の 拠 点 となるとともに 根 浜 海 岸 や 橋 野 鉄 鉱 山 ラグビーワールドカップ 2019 の 会 場 となるスタジアムへのアクセス 拠 点 となる 地 区 であり 新 たな 誘 客 機 能 の 整 備 と 周 辺 地 域 でのイベント 実 施 等 のにぎわい 創 出 策 を 講 じながら 独 自 資 源 を 活 用 した 観 光 拠 点 の 形 成 を 図 る (4) 住 宅 の 整 備 震 災 により 住 宅 を 失 った 住 民 に 対 し 多 様 な 住 宅 形 態 に 配 慮 しながら 復 興 公 営 住 宅 を 整 備 するなどして 安 全 安 心 に 暮 らしていくための 生 活 基 盤 を 整 える 4 復 興 産 業 集 積 区 域 の 区 域 ( 別 添 資 料 1 参 照 ) 釜 石 東 部 地 区 復 興 産 業 集 積 区 域 鵜 住 居 地 区 復 興 産 業 集 積 区 域

4 5 計 画 の 区 域 において 実 施 し 又 はその 実 施 を 促 進 しようとする 復 興 推 進 事 業 の 内 容 及 び 実 施 主 体 に 関 する 事 項 並 びに 復 興 推 進 事 業 ごとの 特 別 の 措 置 の 内 容 (1) 法 第 2 条 第 3 項 第 2 号 のイの 復 興 推 進 事 業 1 復 興 産 業 集 積 区 域 において 集 積 を 目 指 す 業 種 並 びに 集 積 の 形 成 及 び 活 性 化 の 効 果 (ア) 下 記 (イ)の 業 種 の 集 積 の 形 成 及 び 活 性 化 を 目 指 す 復 興 産 業 集 積 区 域 4に 記 載 する 区 域 (イ) 上 記 (ア)の 復 興 産 業 集 積 区 域 においてその 集 積 の 形 成 及 び 活 性 化 を 目 指 す 特 定 の 業 種 07 職 別 工 事 業 ( 設 備 工 事 業 を 除 く) 08 設 備 工 事 業 43 道 路 旅 客 運 送 業 44 道 路 貨 物 運 送 業 51 繊 維 衣 服 等 卸 売 業 52 飲 食 料 品 卸 売 業 53 建 築 材 料 鉱 物 金 属 材 料 等 卸 売 業 54 機 械 器 具 卸 売 業 55 その 他 の 卸 売 業 56 各 種 商 品 小 売 業 57 織 物 衣 服 身 の 回 り 品 小 売 業 58 飲 食 料 品 小 売 業 59 機 械 器 具 小 売 業 60 その 他 の 小 売 業 6221 普 通 銀 行 6222 郵 便 貯 金 銀 行 63 協 同 組 織 金 融 業 641 貸 金 業 67 保 険 業 ( 保 険 媒 介 代 理 店 業 保 険 サービス 業 を 含 む) 68 不 動 産 取 引 業 693 駐 車 場 業 704 自 動 車 賃 貸 業 7092 音 楽 映 像 記 録 物 賃 貸 業 ( 別 掲 を 除 く) 7093 貸 衣 しょう 業 ( 別 掲 を 除 く) 7099 他 に 分 類 されない 物 品 賃 貸 業 72 専 門 サービス 業 ( 他 に 分 類 されないもの) 741 獣 医 業 746 写 真 業 742 土 木 建 築 サービ ス 業 77 持 ち 帰 り 配 達 飲 食 サービス 業 78 洗 濯 理 容 美 容 浴 場 業 791 旅 行 業 796 冠 婚 葬 祭 業 7999 他 に 分 類 されないその 他 の 生 活 関 連 サ ービス 業 801 映 画 館 806 遊 戯 場 809 その 他 の 娯 楽 業 823 学 習 塾 824 教 養 技 能 教 授 業 83 医 療 業 85 社 会 保 険 社 会 福 祉 介 護 事 業 (851 社 会 保 険 事 業 団 体 及 び 852 福 祉 事 務 所 を 除 く ) 89 自 動 車 整 備 業 90 機 械 等 修 理 業 ( 別 掲 を 除 く) 922 建 物 サービス 業 923 警 備 業 9293 看 板 書 き 業 上 記 の 業 種 のうち 07 職 別 工 事 業 ( 設 備 工 事 業 を 除 く) 08 設 備 工 事 業 44 道 路 貨 物 運 送 業 742 土 木 建 築 サービス 業 89 自 動 車 整 備 業 については 鵜 住 居 地 区 に 限 る 上 記 の 業 種 のうち 岩 手 県 産 業 再 生 復 興 推 進 計 画 ( 岩 手 第 2 号 : 平 成 24 年 3 月 30 日 認 定 )の 対 象 となる 業 種 を 除 く

5 上 記 の 業 種 のうち 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 23 年 法 律 第 122 号 )の 規 定 による 規 制 ( 同 法 第 33 条 第 1 項 の 規 定 による 深 夜 における 酒 類 提 供 飲 食 店 営 業 を 除 く )の 対 象 となる 業 種 を 除 く (ウ) 集 積 の 形 成 及 び 活 性 化 の 効 果 中 心 市 街 地 東 部 地 区 は 居 住 人 口 も 多 く 当 市 の 歴 史 文 化 経 済 などの 中 心 地 で あり 店 舗 や 事 業 所 が 集 積 していた 地 域 である 今 回 の 津 波 被 害 により 店 舗 や 事 業 所 などが 壊 滅 的 な 被 害 を 受 けたことから 多 くの 市 民 が 離 職 を 余 儀 なくされた これらの 市 民 の 雇 用 確 保 のためには 商 業 施 設 等 の 復 活 が 不 可 欠 であることから 今 まで 以 上 に 利 便 性 が 高 く 歩 いて 回 れるコンパクトなまちづくりを 推 進 し 生 活 関 連 産 業 の 移 転 集 約 を 図 ることにより 新 たな 産 業 の 新 規 立 地 も 促 進 され 安 定 し た 雇 用 の 場 の 創 出 が 期 待 される 鵜 住 居 地 区 は 市 内 で 最 も 被 害 が 大 きく 多 くの 市 民 が 仮 設 住 宅 での 生 活 を 余 儀 なくされているほか 被 災 した 店 舗 や 事 業 所 などの 施 設 も 仮 設 であるため 日 常 生 活 に 欠 かせないあらゆる 機 能 が 著 しく 低 下 している これらの 店 舗 や 事 業 所 などの 再 開 や 震 災 前 に 比 べて 減 少 している 雇 用 者 数 を 回 復 するためには 商 業 施 設 等 の 復 活 が 不 可 欠 であることから 地 域 に 見 合 ったコンパ クトなまちづくりの 推 進 による 商 業 機 能 と 公 共 施 設 の 集 約 化 によって 地 域 住 民 の 利 便 性 や 快 適 性 の 向 上 を 図 るとともに 地 域 独 自 の 伝 統 文 化 や 観 光 資 源 を 活 用 した 活 動 拠 点 を 再 生 強 化 することにより 地 域 の 活 力 向 上 と 交 流 人 口 の 増 加 に 伴 う 賑 わいが 創 出 され 新 たな 産 業 の 立 地 と 雇 用 の 場 を 提 供 することが 期 待 される 2 雇 用 等 被 害 地 域 及 び 雇 用 等 被 害 地 域 を 含 む 市 町 村 津 波 により 浸 水 し 直 接 の 被 害 が 生 じた 地 域 で 別 添 で 図 示 する 地 域 ( 別 添 資 料 2 参 照 ) 設 定 の 理 由 当 市 は 東 日 本 大 震 災 により 強 烈 ( 震 度 6 弱 )な 揺 れとともに 沿 岸 地 域 を 襲 った 巨 大 な 津 波 によって 全 域 にわたって 甚 大 な 被 害 が 発 生 した 死 者 数 等 の 人 的 被 害 は 岩 手 県 内 の 約 18% 住 家 被 害 は 岩 手 県 内 の 約 15%に 及 んだほか 企 業 農 地 漁 港 など 広 範 囲 にわたり 被 害 が 生 じたことから 多 くの 市 民 が 離 職 を 余 儀 なくされた 事 業 主 都 合 離 職 者 数 に 関 する 指 標 及 び 雇 用 保 険 受 給 者 実 人 数 に 関 する 指 標 につ いては 震 災 前 ( 平 成 22 年 4 月 ~6 月 )と 震 災 直 後 ( 平 成 23 年 4 月 ~6 月 )の 比

6 較 では 景 気 循 環 による 影 響 を 超 えて 悪 化 したが その 後 ( 平 成 24 年 4 月 ~6 月 ) は 回 復 に 向 かっているものの 県 内 計 と 比 較 すると 回 復 が 大 きく 遅 れている ( 別 添 資 料 3 参 照 ) 3 特 別 の 措 置 (ア)1のイの 業 種 に 属 する 事 業 を 実 施 する 指 定 事 業 者 ( 指 定 法 人 )に 対 する 法 人 税 又 は 所 得 税 の 課 税 の 特 例 ( 法 第 37 条 から 第 40 条 の 規 定 に 基 づく 措 置 ) (イ)1のイの 業 種 に 属 する 事 業 を 実 施 する 指 定 事 業 者 ( 指 定 法 人 )に 対 する 事 業 税 不 動 産 取 得 税 又 は 固 定 資 産 税 の 課 税 免 除 又 は 不 均 一 課 税 に 伴 う 措 置 ( 法 第 43 条 の 規 定 に 基 づく 措 置 ) 4 関 連 して 実 施 される 一 般 復 興 事 業 の 内 容 とその 実 施 主 体 (ア) 中 心 市 街 地 東 部 地 区 及 び 鵜 住 居 地 区 ア 中 小 企 業 等 グループ 施 設 等 復 旧 整 備 補 助 金 ( 実 施 主 体 : 経 済 産 業 省 岩 手 県 ) 地 域 コミュニティの 維 持 に 不 可 欠 な 商 業 機 能 を 担 う 商 店 街 等 において 被 災 事 業 者 がグループを 形 成 して 復 旧 復 興 事 業 を 行 う 場 合 の 経 費 を 補 助 する イ 中 小 企 業 被 災 資 産 復 旧 事 業 費 補 助 金 ( 実 施 主 体 : 岩 手 県 釜 石 市 ) 被 災 企 業 に 対 し 被 災 資 産 の 復 旧 に 要 する 経 費 を 補 助 する ウ 中 小 企 業 再 建 支 援 補 助 金 ( 実 施 主 体 : 釜 石 市 ) 既 存 補 助 制 度 が 受 けられない 被 災 企 業 に 対 し 再 建 に 要 する 経 費 を 補 助 する エ 空 き 店 舗 対 策 補 助 金 ( 実 施 主 体 : 釜 石 市 ) 空 き 店 舗 で 再 建 する 事 業 者 の 初 期 費 用 の 一 部 を 補 助 する オ テナント 施 設 整 備 事 業 補 助 金 ( 実 施 主 体 : 釜 石 市 ) 被 災 企 業 が 入 居 するテナント 施 設 の 設 置 者 に 整 備 費 用 の 一 部 を 補 助 する カ 中 小 企 業 振 興 資 金 融 資 制 度 ( 実 施 主 体 : 釜 石 市 地 方 銀 行 等 ) 中 小 企 業 の 経 営 の 安 定 を 図 るため 融 資 斡 旋 を 行 い 併 せて 利 子 補 給 保 証 料 の 一 部 を 助 成 する キ 復 興 公 営 住 宅 整 備 事 業 ( 実 施 主 体 : 釜 石 市 ) 震 災 により 住 宅 を 失 った 市 民 に 対 し 子 育 てや 高 齢 者 支 援 等 の 観 点 から 多 様 な 住 宅 形 態 に 配 慮 しながら 復 興 公 営 住 宅 を 整 備 する ク 津 波 復 興 拠 点 整 備 事 業 ( 実 施 主 体 : 釜 石 市 ) 避 難 ビルとしても 活 用 できる 市 役 所 庁 舎 文 化 会 館 等 を 配 置 し 将 来 の 津 波 発 生 時 の 都 市 機 能 維 持 の 拠 点 となる 市 街 地 として 一 体 的 に 整 備 する ケ 都 市 防 災 総 合 推 進 事 業 ( 実 施 主 体 : 釜 石 市 )

7 浸 水 シミュレーションの 結 果 を 今 後 のまちづくりに 活 かすほか コーディネー ター 派 遣 により 防 災 まちづくりに 対 する 理 解 促 進 と 円 滑 な 復 興 事 業 の 推 進 を 図 る コ 環 境 未 来 都 市 構 想 推 進 事 業 ( 実 施 主 体 : 釜 石 市 ) 平 成 23 年 12 月 に 指 定 を 受 けた 環 境 未 来 都 市 の 実 現 に 向 けて エネルギー の 自 給 資 源 の 再 利 用 など 環 境 と 共 生 したまちづくりを 推 進 する サ スマートコミュニティ 推 進 事 業 ( 実 施 主 体 : 釜 石 市 ) 震 災 直 後 のライフラインの 途 絶 による 混 乱 を 教 訓 として 電 力 をはじめとする 多 様 なエネルギー 資 源 を 活 用 したまちづくりを 推 進 する シ 四 季 彩 イベント 開 催 事 業 ( 実 施 主 体 : 釜 石 市 釜 石 観 光 物 産 協 会 ) 当 市 の 旬 の 味 覚 や 地 場 産 品 のPR 地 場 産 業 の 再 生 を 図 るため 四 季 を 通 じて 魅 力 あるイベントを 開 催 する ス 商 店 街 復 興 イベント 事 業 ( 実 施 主 体 : 釜 石 市 ) 仮 設 商 店 街 及 び 既 存 商 店 街 の 集 客 向 上 と 商 店 街 が 持 つコミュニティ 機 能 を 生 かした 地 域 住 民 の 復 興 交 流 イベントを 支 援 する セ 経 営 再 建 指 導 事 業 ( 実 施 主 体 : 釜 石 市 釜 石 商 工 会 議 所 ) 中 小 企 業 の 経 営 安 定 のための 中 小 企 業 相 談 業 務 及 び 個 店 指 導 の 強 化 充 実 を 図 り 中 小 企 業 者 の 早 期 再 建 を 支 援 する ソ 被 災 商 店 街 にぎわい 支 援 事 業 ( 実 施 主 体 : 岩 手 県 ) 被 災 した 沿 岸 市 町 村 の 商 業 機 能 の 復 旧 や 新 たな 商 店 街 の 構 築 に 向 け 市 町 村 や 商 工 団 体 のモデルとなる 取 組 に 対 して 補 助 金 を 交 付 する (イ) 中 心 市 街 地 東 部 地 区 ア 新 商 業 拠 点 整 備 事 業 ( 実 施 主 体 : 釜 石 市 ) 中 心 市 街 地 東 部 地 区 への 大 規 模 商 業 施 設 の 立 地 を 契 機 に 官 民 連 携 による 魅 力 ある 中 心 市 街 地 を 形 成 するため 国 の 震 災 復 興 官 民 連 携 支 援 事 業 を 導 入 して 基 本 構 想 を 策 定 するとともに 商 業 とにぎわい 拠 点 整 備 を 推 進 する イ 優 良 建 築 物 整 備 事 業 ( 実 施 主 体 : 釜 石 市 民 間 事 業 者 ) 被 災 した 市 街 地 の 民 間 の 商 業 施 設 や 住 宅 の 一 体 整 備 を 図 り 津 波 避 難 ビルとし ての 機 能 も 有 する 複 合 ビルを 整 備 する ウ 釜 石 市 魚 市 場 経 営 基 盤 復 興 再 生 事 業 ( 事 業 主 体 : 市 漁 連 ) 公 益 財 団 法 人 の 基 金 を 活 用 し 釜 石 市 魚 市 場 における 水 揚 増 強 衛 生 管 理 の 徹 底 等 に 必 要 な 機 能 を 整 備 する エ 魚 河 岸 地 区 周 辺 にぎわい 創 出 調 査 検 討 事 業 ( 実 施 主 体 : 釜 石 市 ) 魚 のまち の 復 活 に 向 け 魚 市 場 を 中 心 とした 魚 河 岸 地 区 周 辺 のにぎわい 創 出 に 関 する 調 査 検 討 を 行 う オ 土 産 品 等 開 発 支 援 補 助 金 ( 実 施 主 体 : 釜 石 市 )

8 市 内 事 業 者 が 土 産 品 等 を 開 発 し 商 品 を 売 り 出 すための 経 費 に 対 して 補 助 金 を 交 付 する カ 釜 石 食 ブランド 開 発 検 討 協 議 会 事 業 釜 石 市 の 食 ブランド 化 を 目 的 とし 各 種 商 品 開 発 と 販 売 促 進 に 関 する 検 討 及 び 支 援 の 施 策 を 推 進 する (ウ) 鵜 住 居 地 区 ア まちなか 再 生 計 画 策 定 事 業 ( 実 施 主 体 : 釜 石 市 ) 鵜 住 居 地 区 のまちづくりとまちなか 再 生 の 基 本 方 針 を 定 め 公 民 連 携 の 手 法 による 商 業 機 能 の 再 生 を 推 進 する イ 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 実 施 主 体 : 釜 石 市 ) 防 災 上 必 要 な 地 盤 嵩 上 げにより 住 宅 地 道 路 公 園 等 の 整 備 を 行 い 安 全 な 居 住 地 の 確 保 とコミュニティの 再 構 築 を 図 る ウ 釜 石 うみやま 連 携 交 流 推 進 協 議 会 事 業 ( 実 施 主 体 : 釜 石 うみやま 連 携 交 流 推 進 協 議 会 ) 栗 橋 地 域 から 鵜 住 居 箱 崎 半 島 地 域 までの 連 携 交 流 を 推 進 し 地 域 全 体 の 活 性 化 とコミュニティの 再 生 を 図 る エ 釜 石 鵜 住 居 復 興 スタジアム( 仮 称 ) 整 備 事 業 ( 実 施 主 体 : 釜 石 市 ) ラグビーワールドカップ 2019 の 試 合 会 場 となるスタジアムを 整 備 する (2) 法 第 2 条 第 3 項 第 2 号 のロの 復 興 推 進 事 業 商 業 施 設 整 備 事 業 1 事 業 の 効 果 中 心 市 街 地 東 部 地 区 及 び 鵜 住 居 地 区 に 食 料 品 衣 料 品 等 を 扱 う 小 売 業 等 の 入 居 を 想 定 した 商 業 施 設 を 整 備 する 本 事 業 を 実 施 することにより 同 地 区 に 小 売 業 等 の 集 積 が 図 られ 商 業 機 能 の 集 積 や 利 便 性 の 高 いまちづくりの 推 進 が 期 待 され る 2 雇 用 等 被 害 地 域 (1)2に 同 じ 商 業 施 設 整 備 事 業 は 雇 用 等 被 害 地 域 において 実 施 される 3 特 別 の 措 置 (ア) 本 事 業 を 実 施 する 指 定 事 業 者 に 対 する 法 人 税 又 は 所 得 税 の 課 税 の 特 例 ( 法 第 37 条 の 規 定 に 基 づく 措 置 ) (イ) 本 事 業 を 実 施 する 指 定 事 業 者 に 対 する 事 業 税 不 動 産 取 得 税 又 は 固 定 資 産 税

9 の 課 税 免 除 又 は 不 均 一 課 税 に 伴 う 措 置 ( 法 第 43 条 の 規 定 に 基 づく 措 置 ) 4 関 連 して 実 施 される 一 般 復 興 事 業 の 内 容 とその 実 施 主 体 (ア) 中 心 市 街 地 東 部 地 区 及 び 鵜 住 居 地 区 ア 中 小 企 業 等 グループ 施 設 等 復 旧 整 備 補 助 金 ( 実 施 主 体 : 経 済 産 業 省 岩 手 県 ) 地 域 コミュニティの 維 持 に 不 可 欠 な 商 業 機 能 を 担 う 商 店 街 等 において 被 災 事 業 者 がグループを 形 成 して 復 旧 復 興 事 業 を 行 う 場 合 の 経 費 を 補 助 する イ 釜 石 市 中 小 企 業 被 災 資 産 復 旧 事 業 費 補 助 金 ( 実 施 主 体 : 岩 手 県 釜 石 市 ) 被 災 企 業 に 対 し 被 災 資 産 の 復 旧 に 要 する 経 費 を 補 助 する ウ 中 小 企 業 再 建 支 援 補 助 金 ( 実 施 主 体 : 釜 石 市 ) 既 存 補 助 制 度 が 受 けられない 被 災 企 業 に 対 し 再 建 に 要 する 経 費 を 補 助 する エ 空 き 店 舗 対 策 補 助 金 ( 実 施 主 体 : 釜 石 市 ) 空 き 店 舗 で 再 建 する 事 業 者 の 初 期 費 用 の 一 部 を 補 助 する オ テナント 施 設 整 備 事 業 補 助 金 ( 実 施 主 体 : 釜 石 市 ) 被 災 企 業 が 入 居 するテナント 施 設 の 設 置 者 に 整 備 費 用 の 一 部 を 補 助 する カ 中 小 企 業 振 興 資 金 融 資 制 度 ( 実 施 主 体 : 釜 石 市 地 方 銀 行 等 ) 中 小 企 業 の 経 営 の 安 定 を 図 るため 融 資 斡 旋 を 行 い 併 せて 利 子 補 給 保 証 料 の 一 部 を 助 成 する キ 四 季 彩 イベント 開 催 事 業 ( 実 施 主 体 : 釜 石 市 釜 石 観 光 物 産 協 会 ) 当 市 の 旬 の 味 覚 や 地 場 産 品 のPR 地 場 産 業 の 再 生 を 図 るため 四 季 を 通 じて 魅 力 あるイベントを 開 催 する ク 商 店 街 復 興 イベント 事 業 ( 実 施 主 体 : 釜 石 市 ) 仮 設 商 店 街 及 び 既 存 商 店 街 の 集 客 向 上 と 商 店 街 が 持 つコミュニティ 機 能 を 生 かした 地 域 住 民 の 復 興 交 流 イベントを 支 援 する ケ 経 営 再 建 指 導 事 業 ( 実 施 主 体 : 釜 石 市 釜 石 商 工 会 議 所 ) 中 小 企 業 の 経 営 安 定 のための 中 小 企 業 相 談 業 務 及 び 個 店 指 導 の 強 化 充 実 を 図 り 中 小 企 業 者 の 早 期 再 建 を 支 援 する コ 被 災 商 店 街 にぎわい 支 援 事 業 ( 実 施 主 体 : 岩 手 県 ) 被 災 した 沿 岸 市 町 村 の 商 業 機 能 の 復 旧 や 新 たな 商 店 街 の 構 築 に 向 け 市 町 村 や 商 工 団 体 のモデルとなる 取 組 に 対 して 補 助 金 を 交 付 する (イ) 中 心 市 街 地 東 部 地 区 ア 新 商 業 拠 点 整 備 事 業 ( 実 施 主 体 : 釜 石 市 ) 中 心 市 街 地 東 部 地 区 への 大 規 模 商 業 施 設 の 立 地 を 契 機 に 官 民 連 携 による 魅 力 ある 中 心 市 街 地 を 形 成 するため 国 の 震 災 復 興 官 民 連 携 支 援 事 業 を 導 入 して 基 本 構 想 を 策 定 するとともに 商 業 とにぎわい 拠 点 整 備 を 推 進 する イ 優 良 建 築 物 整 備 事 業 ( 実 施 主 体 : 釜 石 市 民 間 事 業 者 ) 被 災 した 市 街 地 の 民 間 の 商 業 施 設 や 住 宅 の 一 体 整 備 を 図 り 津 波 避 難 ビルとし

10 ての 機 能 も 有 する 複 合 ビルを 整 備 する なお 上 記 一 般 復 興 事 業 のほか 復 興 推 進 事 業 として 復 興 建 築 物 整 備 事 業 を 実 施 することにより 商 業 施 設 整 備 事 業 を 実 施 する 地 域 の 用 途 制 限 を 緩 和 し 商 業 施 設 の 整 備 を 可 能 としている( 平 成 24 年 8 月 3 日 認 定 ) (ウ) 鵜 住 居 地 区 ア まちなか 再 生 計 画 策 定 事 業 ( 実 施 主 体 : 釜 石 市 ) 鵜 住 居 地 区 のまちづくりとまちなか 再 生 の 基 本 方 針 を 定 め 公 民 連 携 の 手 法 に よる 商 業 機 能 の 再 生 を 推 進 する イ 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 実 施 主 体 : 釜 石 市 ) 防 災 上 必 要 な 地 盤 嵩 上 げにより 住 宅 地 道 路 公 園 等 の 整 備 を 行 い 安 全 な 居 住 地 の 確 保 とコミュニティの 再 構 築 を 図 る ウ 釜 石 うみやま 連 携 交 流 推 進 協 議 会 事 業 ( 実 施 主 体 : 釜 石 うみやま 連 携 交 流 推 進 協 議 会 ) 栗 橋 地 域 から 鵜 住 居 箱 崎 半 島 地 域 までの 連 携 交 流 を 推 進 し 地 域 全 体 の 活 性 化 とコミュニティの 再 生 を 図 る 6 当 該 計 画 の 実 施 が 当 該 計 画 の 区 域 における 復 興 の 円 滑 かつ 迅 速 な 推 進 と 当 該 計 画 の 区 域 の 活 力 の 再 生 に 寄 与 するものである 旨 の 説 明 本 計 画 に 定 めた 復 興 推 進 事 業 の 実 施 により これから 一 層 進 展 する 高 齢 化 社 会 に 対 応 した 歩 いて 回 れるまち をコンセプトとして 回 遊 性 の 高 い 機 能 的 でコ ンパクトなまちづくりを 推 進 し 賑 わいと 活 気 に 満 ちたまちの 形 成 を 図 ることに より 被 災 地 域 及 び 通 勤 圏 内 等 における 雇 用 の 創 出 と 居 住 人 口 の 増 加 が 見 込 まれ 計 画 の 区 域 における 復 興 の 円 滑 かつ 迅 速 な 推 進 と 活 力 の 再 生 に 大 きく 寄 与 する 7 その 他 本 計 画 の 作 成 に 際 し 法 第 4 条 第 3 項 に 基 づき 岩 手 県 の 意 見 を 聴 取 したが 計 画 内 容 に 対 する 意 見 はなかった

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

地区復興まちづくり計画のイメージ

地区復興まちづくり計画のイメージ 愛 宕 築 地 光 岸 地 地 区 復 興 まちづくり 計 画 ( 素 案 ) 1. 地 区 の 現 況 (1) 地 区 の 特 性 愛 宕 築 地 光 岸 地 地 区 は 中 心 市 街 地 と 鍬 ヶ 崎 地 区 の 間 に 位 置 し 国 道 45 号 が 東 西 に 通 っ ており 沿 道 には 商 業 業 務 施 設 等 が 立 地 し その 背 後 には 住 宅 地 が 形 成 されています

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

Microsoft Word - 20130603050.docx

Microsoft Word - 20130603050.docx 東 日 本 大 震 災 からの 住 宅 の 再 建 に 向 けた 取 組 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 廣 原 孝 一 1. はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 により 東 北 地 方 沿 岸 部 を 中 心 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 しており 建 築 物 の 被 害 は 全 国 で 全 壊 約 13 万 戸

More information

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 は 我 が 国 の 全 産 業 分 野 における 事 業 所 及 び 企 業 の 経 済 活 動 の 実 態 を 全 国 及 び 地 域 別 に 明 らかにするとともに 事 業 所 及 び 企 業 を 調 査 対 象 とする 各 種 統 計 調 査 の 精

More information

震災予防計画

震災予防計画 第 5 編 第 1 節 概 要 第 5 編 広 域 応 援 編 第 1 節 概 要 1 都 6 県 と 県 境 を 接 する 本 県 は 関 東 の 中 央 に 位 置 し さいたま 新 都 心 には 国 の 行 政 機 関 等 が 集 積 してい5つの 高 速 道 路 と 主 要 国 道 が 縦 横 に 設 けられ 東 北 や 上 信 越 から 首 都 への 玄 関 口 でもあ 首 都 圏 同 時

More information

目    次

目    次 目 次 一 般 対 策 編... 23 第 1 章 総 則... 23 第 1 節 目 的... 23 1 計 画 の 構 成... 23 2 災 害 の 想 定 と 計 画 作 成 の 基 礎 資 料... 23 3 用 語... 23 4 他 の 計 画 との 関 係... 23 5 市 計 画 の 修 正... 23 6 市 計 画 の 周 知 徹 底... 24 7 市 民 運 動 の 展

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け せ ん ぬ ま し ちゅうおうぶ 気 仙 沼 市 中 央 部 地 区 ち く 面 積 950 ha 計 画 期 間 平 成 19 年 度 ~

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け せ ん ぬ ま し ちゅうおうぶ 気 仙 沼 市 中 央 部 地 区 ち く 面 積 950 ha 計 画 期 間 平 成 19 年 度 ~ 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 3 回 変 更 ) け せ ん ぬ ま し 気 仙 沼 市 ち ゅ う お う ぶ 中 央 部 ち く 地 区 み や ぎ け せ ん ぬ ま し 宮 城 県 気 仙 沼 市 平 成 24 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類 1 市 町 村 民 所 得 の 概 念 (1) 市 町 村 民 所 得 の 概 念 市 町 村 民 所 得 推 計 は 県 民 経 済 計 算 の 概 念 を 市 町 村 という 行 政 区 域 に 適 用 して 市 町 村 単 位 での 1 年 間 に 生 み 出 された 価 値 ( 付 加 価 値 )を 生 産 分 配 の 二 面 からとらえることにより 市 町 村 経 済 の 規 模 や 産

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

大船渡市における

大船渡市における 陸 前 高 田 市 災 害 公 営 住 宅 供 給 基 本 方 針 平 成 24 年 6 月 岩 手 県 陸 前 高 田 市 目 次 第 1 章 市 内 の 状 況 の 整 理... 1 1-1 被 災 前 の 状 況... 1 (1) 市 の 概 要... 1 1-2 被 災 状 況... 3 (1) 住 宅 被 災 状 況... 3 (2) 復 興 計 画 における 住 宅 整 備 の 位 置

More information

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 NO. 40 道 路 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-2-1 総 交 付 対 象 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 全 体 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 標 である 防 災 減 災 によるまちづくり の 柱 として 集 団 移 転 事 業 を 掲 げている 今 次 津 波 により 被 災 した 沿 岸

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

第3章 災害応急対策計画                     第1節 活動体制計画   

第3章 災害応急対策計画                         第1節 活動体制計画    第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 計 画 の 方 針 地 震 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれのある 場 合 において 災 害 の 予 防 及 び 災 害 応 急 対 策 等 の 防 災 活 動 を 強 力 に 推 進 するために 災 害 対 策 本 部 等 の 設 置 応 援 要 請 応 急 公 用 負 担 等 の 活 動 体 制 を 確 立 する

More information

Microsoft PowerPoint - ④まちづくりにおける福祉施設について

Microsoft PowerPoint - ④まちづくりにおける福祉施設について まちづくりにおける 福 祉 施 設 について 都 市 再 生 特 別 措 置 法 と 建 築 基 準 法 厚 生 労 働 省 老 健 局 高 齢 者 支 援 課 振 興 課 課 長 補 佐 ( 高 齢 者 居 住 福 祉 担 当 ) 山 口 義 敬 都 市 再 生 特 別 措 置 法 建 築 基 準 法 の 改 正 について( 情 報 提 供 ) 都 市 再 生 特 別 措 置 法 等 の 改 正

More information

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計 名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 方 針 1 被 災 した 都 市 基 盤 施 設 を 早 期 に 復 旧 するとともに 防 災 機 能 向 上 のために 必 要 な 整 備 を 行 います 施 策 ア 道 路 河 川 港 湾 施 設 などを 復 旧 します 1 道 路 復 旧 被 災 した 道 路 の 復 旧 主 要 地 方 道 大 船 渡 綾 里 三 陸 線 主 要 地 方 道 大 船

More information

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ 第 4 章 住 まいづくりに 関 する 主 要 課 題 の 整 理 4-1 主 要 課 題 国 県 の 計 画 本 市 の 概 況 や 住 宅 宅 地 の 現 況 整 理 アンケート 調 査 とヒアリング 調 査 からみた 市 民 事 業 者 等 のニーズから 本 市 の 住 まいづくりに 関 する 課 題 は 次 のよう に 整 理 することができます 主 要 課 題 1 安 全 で 安 心 して

More information

<819C95F18D908F E6358FCD816A>

<819C95F18D908F E6358FCD816A> 第 5 章 宇 城 市 の 都 市 計 画 の 基 本 方 針 本 章 においては 前 章 で 整 理 した 問 題 や 課 題 を 踏 まえつつ 第 1 次 宇 城 市 総 合 計 画 を 念 頭 に 置 いて まちづくりの 理 念 や 将 来 の 市 街 地 の 規 模 や 都 市 基 盤 整 備 の 必 要 量 の 見 通 しの 前 提 とな る 基 本 目 標 ( 将 来 人 口 フレーム)

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 1. 促 進 正 概 要 1 近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 主 海 溝 型 評 価 結 果 主 要 活 層 評 価 結 果 文 部

More information

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx 資 料 1-1 第 2 回 津 波 避 難 対 策 推 進 マニュアル 検 討 会 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 について 平 成 24 年 8 月 22 日 ( 水 ) Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 の 制 定 経 緯 平 成 23 年 3 月

More information

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光 長 期 計 画 起 草 委 員 会 配 付 資 料 一 覧 平 成 21 年 10 月 11 日 資 料 名 備 考 第 1 回 1 小 金 井 市 長 期 計 画 起 草 委 員 会 設 置 要 綱 (9 月 12 日 ) 2 素 案 の 骨 格 を 考 える 上 での 各 項 目 の 要 約 (キーワード) 三 橋 委 員 第 4 次 小 金 井 市 基 本 構 想 ( 素 案 ) 前 半 についての

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3 平 成 歳 出 明 細 表 要 求 19 内 閣 府 所 管 ( 沖 縄 振 興 局 ) 対 ( 単 位 : 千 円 ) 010 内 閣 本 府 189, 647 239, 682, 941 214, 506, 706 24, 010 内 閣 本 府 共 通 費 832 76, 342 77, 510 1 01-95 内 閣 本 府 一 般 行 政 に 必 要 な 経 費 176 沖 縄 振 興 局

More information

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若 別 紙 2 工 事 一 時 中 止 ガイドライン Ⅰ 策 定 の 目 的 森 林 整 備 保 全 事 業 の 工 事 の 実 施 において 自 然 的 人 為 的 な 事 象 や 地 元 調 整 各 種 協 議 の 状 況 等 により 準 備 工 本 体 工 事 に 着 手 できない 事 態 や 工 事 の 施 工 途 中 で 中 断 を 余 儀 なくされる 事 態 が 生 じることがある このような

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819F816996DA8E9F82C68E6490D8816A926E88E696688DD08C768C7689E6814092C394678DD08A5191CE8DF495D2819A3235303331312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819F816996DA8E9F82C68E6490D8816A926E88E696688DD08C768C7689E6814092C394678DD08A5191CE8DF495D2819A3235303331312E646F63> 山 形 県 地 域 防 災 計 画 津 波 災 害 対 策 編 平 成 25 年 3 月 山 形 県 防 災 会 議 目 次 第 1 編 総 則 第 1 章 総 則 1 第 2 章 本 県 の 特 質 と 災 害 要 因 3 第 1 節 自 然 条 件 3 第 2 節 社 会 的 条 件 4 第 3 節 既 往 津 波 とその 被 害 6 第 3 章 予 想 される 被 害 等 の 状 況 8 第

More information

地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事

地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事 事 務 引 継 書 新 潟 県 新 潟 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事 項 は 次 のとおりです 1 引 き 継 ぐ 事 務 別

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

『環境元年』施策

『環境元年』施策 平 成 26 年 度 予 算 主 要 事 業 抜 粋 単 位 千 円 印 は 新 規 事 業 基 本 目 標 1 魅 力 と 活 力 にあふれるにぎわいのあるまちづくり 観 光 宣 伝 対 策 事 業 イ ン タ ー ネ ッ ト を 活 用 し た 誘 客 宣 伝 パ ン フ レ ッ ト な ど の 印 刷 ポ ス タ ー 観 光 宣 伝 箱 根 駅 伝 で の 誘 客 キ ャ ラ バ ン の 委

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

Taro-資料編2

Taro-資料編2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 平 成 25 年 10 月 29 日 告 示 1055 号 平 成 七 年 一 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 により 六 千 四 百 三 十 四 人 の 尊 い 命 が 奪 われ た このうち 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 は 五 千 五 百 二 人 であり

More information

目 次 ページ 1. 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 2. 予 算 規 模 1 3. 予 算 総 括 表 2 4. 歳 入 の 状 況 3 5. 市 税 の 状 況 4 6. 目 的 別 の 状 況 5 7. 性 質 別 の 状 況 6 8. 予 算 の 特 徴 7 9. 地 方

目 次 ページ 1. 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 2. 予 算 規 模 1 3. 予 算 総 括 表 2 4. 歳 入 の 状 況 3 5. 市 税 の 状 況 4 6. 目 的 別 の 状 況 5 7. 性 質 別 の 状 況 6 8. 予 算 の 特 徴 7 9. 地 方 平 成 28 年 度 当 初 予 算 日 向 市 目 次 ページ 1. 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 2. 予 算 規 模 1 3. 予 算 総 括 表 2 4. 歳 入 の 状 況 3 5. 市 税 の 状 況 4 6. 目 的 別 の 状 況 5 7. 性 質 別 の 状 況 6 8. 予 算 の 特 徴 7 9. 地 方 債 残 高 の 状 況 9 10. 基 金 の 状

More information

三浦市地域防災計画

三浦市地域防災計画 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 ( 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 ) 新 旧 対 照 表 平 成 25 年 度 平 成 25 年 度 修 正 三 浦 市 防 災 会 議 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 目 次 第 1 編 風 水 害 等 災 害 対 策 の 計 画 的 推 進 1 第 1 章 計 画 の 目 的 及 び 性 格 1 第

More information

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史 資 料 1 湘 南 江 島 魅 力 アップ プラン 平 成 25 年 3 月 湘 南 江 島 魅 力 アッププロジェクト 推 進 会 議 湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

Taro-04日南(2.19).jtd

Taro-04日南(2.19).jtd 日 南 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 都 市 計 画 区 域 マスタープラン) 平 成 23 年 4 月 宮 崎 県 目 次 第 1 章 基 本 的 事 項 第 1 節 本 県 の 目 指 す 都 市 づくり 1 第 2 節 圏 域 の 設 定 と 将 来 都 市 構 造 3 1. 圏 域 の 設 定 2. 本 県 の 将 来 都 市 構

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63> 栗 東 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 市 街 化 調 整 区 域 における 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 形 成 並 びに 適 正

More information

市町村における優遇措置制度

市町村における優遇措置制度 における 優 遇 措 置 制 度 前 橋 市 (1) H28.4 等 対 象 要 件 1 産 業 用 公 有 地 取 得 型 2,000 平 方 メートルを 超 える 産 業 用 公 有 地 1を 取 得 し 当 該 土 地 2に 対 象 施 設 の 新 設 等 を 行 う 2 産 業 用 公 有 地 事 業 用 賃 借 型 2,000 平 方 メートルを 超 える 産 業 用 公 有 地 1を 本

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

用 語 解 説 75 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 用 途 地 域 の 指 定 の 変 遷 78 都 市 計 画 図 の 変 遷 80 都 市 計 画 マスタープランの 変 遷 82 参 考 資 料 用 語 解 説 あ 行 ITS NPO Intelligent Transport Systems の 略 で 高 度 道 路 交 通 システムのこと 最 先 端 の 情 報 通 信 技

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203036939D8C768366815B835E81698ACF8CF5816082BB82CC91BC816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203036939D8C768366815B835E81698ACF8CF5816082BB82CC91BC816A2E646F63> 14 14 観 光 137. 観 光 客 の 動 向 ( 単 位 : 千 人 ) 年 次 区 分 平 成 18 年 平 成 19 年 平 成 20 年 平 成 21 年 平 成 22 年 総 計 5 434 5 397 5 280 5 271 5 388 観 光 客 数 日 帰 り 4 892 4 816 4 734 4 804 4 902 宿 泊 542 581 546 467 486 J R 653

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 広 域 巨 大 災 害 に 備 えた 仮 設 期 の 住 まいづくりガイドライン ~ 概 要 版 ~ 平 成 25 年 2 月 国 土 交 通 省 中 部 地 方 整 備 局 建 政 部 住 宅 整 備 課 ガイドラインの 背 景 問 題 意 識 等 背 景 問 題 意 識 東 日 本 大 震 災 の 教 訓 (P21) 迅 速 な 対 応 と 同 時 に 長 期 化 に 備 えたきめ 細 かい 配

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報 災 害 発 生 時 には 職 員 及 び 関 係 機 関 との 間 で 1 現 状 がどうなっているか 2 今 後 の 見 通 しはどうか 3 今 後 何 をするべきか について 状 況 認 識 の 統 一 を 図 ることが 最 も 重 要 である このことを 常 に 心 掛 ければ ほとんどの 課 題 は 解 決 できる 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 1 章 災 害 応 急 活 動 組

More information

Taro-270409_近代化実施要綱

Taro-270409_近代化実施要綱 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 実 施 要 綱 最 終 改 正 健 政 発 第 7 8 6 号 平 成 5 年 1 2 月 1 5 日 医 政 発 0409 第 29 号 平 成 2 7 年 4 月 9 日 1 目 的 この 事 業 は 医 療 資 源 の 効 率 的 な 再 編 及 び 地 域 医 療 の 確 保 に 配 慮 しつつ 病 院 における 患 者 の 療 養 環 境

More information

1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 について 消 費 税 は 製 造 卸 小 売 などの 各 取 引 の 段 階 で 課 税 され 価 格 に 転 嫁 され て 最 終 的 には 消 費 者 が 負 担

1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 について 消 費 税 は 製 造 卸 小 売 などの 各 取 引 の 段 階 で 課 税 され 価 格 に 転 嫁 され て 最 終 的 には 消 費 者 が 負 担 平 成 26 年 度 防 府 市 商 工 業 振 興 施 策 に 関 す る 要 望 1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 に ついて (2) 消 費 税 増 税 に 伴 う 効 果 的 な 経 済 対 策 事 業 について 1 住 宅 リフォーム 助 成 事 業 の 継 続 実 施 に ついて 2 中 心

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 ~ 自 然 環 境 等 や 景 観 の 保 全 と 適 切 な 都 市 的 土 地 利 用 の 誘 導 に 向 けて~ 平 成 16 年 3 月 ( 平 成 24 年 3 月 改 正 ) 函 館 市 目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街

More information

南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 実 施 担 当 全 部 班. 推 進 計 画 の 目 的 この 計 画 は 南 海 トラフ 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 の 推 進 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 年 法 律 9 号 以 下 南 海 トラフ 法 という ) 条 項 の

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車 Ⅳ 産 分 類 別 愛 知 県 内 ランキング 表 以 下 事 所 数 及 び 従 者 数 は 必 要 な 事 項 の 数 値 が 得 られた 事 所 を 対 象 として 集 した 表 Ⅳ 1 産 ( 小 分 類 ) 別 事 所 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 事 所 数 構 成 比 (%) 累 (%) 1 専 門 料 理 店 日 本 料 理 店, 焼 肉 店,ラーメン

More information

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版 平 成 2 7 年 度 税 制 改 正 の 概 要 ( 厚 生 労 働 省 関 係 ) 平 成 27 年 1 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> P.1 < 雇 用 就 労 の 促 進 > P.1 < 健 康 医 療 関 係 > P.2 < 医 療 保 険 関 係 > P.5 < 介 護 社 会 福 祉 関 係 > P.6 < 年 金 関 係 等 > P.7 < 生 活 衛

More information

3 4 13 番 井 上 昌 彦 1 番 鈴 木 紀 雄 1 度 重 なる 職 員 不 祥 事 について (1) 児 童 手 当 詐 取 の 職 員 不 祥 事 の 原 因 をどのように 捉 えているのか (2) 過 去 の 職 員 不 祥 事 との 共 通 点 があるのではないか (3) 小 田

3 4 13 番 井 上 昌 彦 1 番 鈴 木 紀 雄 1 度 重 なる 職 員 不 祥 事 について (1) 児 童 手 当 詐 取 の 職 員 不 祥 事 の 原 因 をどのように 捉 えているのか (2) 過 去 の 職 員 不 祥 事 との 共 通 点 があるのではないか (3) 小 田 一 般 質 問 の 日 程 等 期 日 質 問 者 6/19 ( 木 ) 6/20 ( 金 ) 6/23 ( 月 ) 6/24 ( 火 ) 大 川 裕 楊 隆 子 井 上 昌 彦 鈴 木 紀 雄 安 藤 孝 雄 鈴 木 敦 子 植 田 理 都 子 武 松 忠 木 村 正 彦 大 村 学 野 坂 稔 加 藤 仁 司 小 澤 峯 雄 神 永 四 郎 今 村 洋 一 原 田 敏 司 田 中 利 恵 子 関

More information

22 号 室 楽 屋 2 号 号 室 楽 屋 3 号 号 室 楽 屋 5 号 号 室 楽 屋 6 号 24,15 33 号 室 ホワイエ 号 室 和 室

22 号 室 楽 屋 2 号 号 室 楽 屋 3 号 号 室 楽 屋 5 号 号 室 楽 屋 6 号 24,15 33 号 室 ホワイエ 号 室 和 室 江 別 市 民 会 館 指 定 管 理 者 の 仕 様 書 江 別 市 民 会 館 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 江 別 市 民 会 館 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 履 行 方 法 について 定 めることを 目 的 と する 2 江 別 市 民 会 館

More information

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域 5. 景 観 形 成 及 び 自 然 環 境 保 全 の 方 針 5-1. 景 観 形 成 の 方 針 景 観 形 成 の 方 針 市 街 地 のシンボル 景 観 軸 形 成 や 景 観 拠 点 ゾーンの 景 観 維 持 市 民 との 協 働 による 景 観 形 成 と 自 然 環 境 の 保 全 活 用 市 民 やまちを 訪 れる 人 々が 潤 いや 安 らぎを 感 じるとともに 市 民 の 誇

More information

00 次第

00 次第 第 1 回 耐 震 改 修 促 進 計 画 改 定 検 討 会 日 時 : 平 成 27 年 6 月 22 日 ( 月 )15:00~17:00 場 所 : 兵 庫 県 庁 第 2 号 館 11 階 A 会 議 室 次 第 1 開 会 2 耐 震 改 修 促 進 計 画 改 定 検 討 会 について 3 議 事 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 に 係 る 現 状 報 告 耐 震 化 率 の 推

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

0300072008520000E001.xls

0300072008520000E001.xls ( 平 成 年 度 調 査 ) 道 府 県 税 の 課 税 状 況 等 に 関 する 調 調 査 表 一 覧 表 頁 番 号 表 番 号 調 査 表 類 法 人 の 道 府 県 民 税 等 に 関 する 調 P () 道 府 県 民 税 額 等 に 関 する 調 法 人 県 民 税 5P 7 () 業 種 別 及 び 割 基 準 別 に 関 する 調 法 人 県 民 税 7P 9 () 資 本 金

More information

資料3-地域防災計画【基本対策】.doc

資料3-地域防災計画【基本対策】.doc 資 料 3 基 本 対 策 ( 修 正 案 ) 平 成 26 年 修 正 大 阪 府 防 災 会 議 平 成 26 年 月 日 施 行 但 し 第 183 回 国 会 提 出 災 害 対 策 基 本 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 に 係 る 修 正 部 分 については 同 法 附 則 第 1 条 に 定 める 施 行 の 日 から 施 行 する 総 則 目 次 第 1 節 目 的 等

More information

平成19年度 主な組織改正と人事配置について

平成19年度 主な組織改正と人事配置について 平 成 26 年 度 新 た な 組 織 体 制 と 人 事 配 置 に つ い て 暮 らしやすさ 日 本 一 の 県 づくり に 向 けて 山 梨 を 元 気 にする 4つのアクションや 当 面 する 重 要 課 題 へ 的 確 な 対 応 を 行 うとともに 第 二 期 チャレンジ 山 梨 行 動 計 画 に 基 づく 施 策 を 着 実 に 推 進 するため 簡 素 で 効 率 的 な 組

More information

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史 湘 南 江 島 魅 力 アップ プラン 平 成 25 年 3 月 ( 一 部 改 訂 平 成 27 年 3 月 ) 湘 南 江 島 魅 力 アッププロジェクト 推 進 会 議 湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303332318DA188E48F4390B3816A89FC92E85F956990EC8BE691CF906B8C7689E65F8A54977694C581798AAE90AC94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303332318DA188E48F4390B3816A89FC92E85F956990EC8BE691CF906B8C7689E65F8A54977694C581798AAE90AC94C5817A2E646F63> 品 川 区 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 25 年 3 月 改 定 地 震 により 想 定 される 被 害 の 半 減 を 目 指 し 住 宅 建 築 物 の 耐 震 診 断 および 耐 震 改 修 を 計 画 的 かつ 総 合 的 に 推 進 し 災 害 に 強 いまちづくりを 実 現 するため 平 成 19 年 12 月 に 品 川 区 耐 震 改 修 促 進 計

More information

平 成 28 年 第 1 回 尾 鷲 市 議 会 定 例 会 所 信 表 明 ( 附 提 案 説 明 ) 尾 鷲 市 ( 登 壇 ) 平 成 2 8 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 平 成 2 8 年 度 当 初 予 算 並 び に そ の 他 の 諸 議 案 に つ い て の ご 説 明 に 先 立 ち ま し て 所 信 の 一 端 を 申 し 述 べ 議 員 各 位

More information

Taro-27近代化要領本文

Taro-27近代化要領本文 新 潟 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 実 施 要 領 最 新 改 正 平 成 27 年 7 月 29 日 1 目 的 こ の 事 業 は 医 療 資 源 の 効 率 的 な 再 編 及 び 地 域 医 療 の 確 保 に 配 慮 し つつ 病 院 に おける 患 者 の 療 養 環 境 医 療 従 事 者 の 職 場 環 境 衛 生 環 境 等 の 改 善 及 び へき 地

More information

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光 震 災 後 の 個 人 消 費 の 動 向 について 震 災 の 影 響 を 受 けた 消 費 者 マインドの 急 激 な 悪 化 自 粛 ムードの 広 がり サプライ チェーン 寸 断 による 供 給 制 約 といった 要 因 等 を 背 景 に 3 月 の 個 人 消 費 は 大 幅 な 落 ち 込 みを 記 録 した 4 月 以 降 は これら 要 因 が 徐 々に 緩 和 してきていることから

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

千葉市認可保育所

千葉市認可保育所 認 可 保 育 所 整 備 手 引 き 平 成 28 年 1 月 千 葉 市 こども 未 来 局 こども 未 来 部 保 育 支 援 課 目 次 はじめに... 2 1 施 設 概 要 について... 2 (1) 保 育 所 とは... 2 2 認 可 保 育 所 整 備 について... 4 (1) 募 集 形 態 について... 4 (2) 募 集 地 域... 4 (3) 運 営 主 体...

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

2 業 務 目 的 (1) 本 業 務 は 静 波 地 区 安 全 で 豊 かな 暮 らし 空 間 創 生 推 進 区 域 における 住 宅 地 整 備 事 業 を 推 進 するために 行 う 調 査 事 業 計 画 策 定 等 業 務 を 行 うも のである (2) 静 波 地 区 安 全 で 豊

2 業 務 目 的 (1) 本 業 務 は 静 波 地 区 安 全 で 豊 かな 暮 らし 空 間 創 生 推 進 区 域 における 住 宅 地 整 備 事 業 を 推 進 するために 行 う 調 査 事 業 計 画 策 定 等 業 務 を 行 うも のである (2) 静 波 地 区 安 全 で 豊 平 成 27 年 度 静 波 地 区 安 全 で 豊 かな 暮 らし 空 間 創 生 住 宅 地 整 備 事 業 に 伴 う 調 査 及 び 計 画 策 定 事 業 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 第 1 条 ( 適 用 範 囲 ) 1 本 特 記 仕 様 書 は 平 成 27 年 度 都 市 計 画 総 務 費 静 波 地 区 安 全 で 豊 かな 暮 ら し 空 間 創 生 住 宅 地 整

More information

Microsoft Word - 開発許可パンフレット

Microsoft Word - 開発許可パンフレット 市 街 化 調 整 区 域 における 2016.1.1 改 訂 版 開 発 許 可 等 の 立 地 基 準 について 都 市 計 画 法 に 基 づく 開 発 許 可 等 に 関 する 新 たな 基 準 して 境 港 市 及 び 日 吉 津 村 の 市 街 化 調 整 区 域 のうち 市 街 化 区 域 一 体 的 な 地 域 等 において 行 うこができる 開 発 行 為 等 の 立 地 基 準

More information

<87582D348EE597768E968BC682CC8A549776814582A482DD703135397E70313732>

<87582D348EE597768E968BC682CC8A549776814582A482DD703135397E70313732> 第 4 うみ と みなと ( 港 湾 課 ) 第 4 うみ と みなと 1 海 岸 (1) 概 要 福 岡 県 の 海 岸 線 延 長 は 約 669kmに 及 び このうちの261kmと 二 線 堤 ( )30kmを 合 わせた 291kmを 海 岸 保 全 区 域 に 指 定 して 海 岸 事 業 を 行 っています この 海 岸 保 全 区 域 は3 省 庁 ( 国 土 交 通 省 水 管 理

More information

裏面

裏面 ~ 産 業 物 流 復 興 プラン~ 小 名 浜 港 復 旧 復 興 方 針 平 成 23 年 8 月 18 日 小 名 浜 港 復 興 会 議 福 島 県 は 東 北 地 方 の 製 造 品 出 荷 額 の 約 3 分 の1を 占 める 東 北 地 方 第 1 位 の 工 業 県 である また いわき 市 は 東 北 地 方 の 市 町 村 で 唯 一 1 兆 円 の 大 台 を 超 える 製 造

More information

1. 会 社 の 現 況 に 関 する 事 項 (1) 事 業 の 経 過 及 びその 成 果 当 期 のわが 国 の 経 済 は アベノミクスや 円 安 等 の 国 の 各 種 政 策 の 効 果 により 個 人 消 費 や 設 備 投 資 に 持 ち 直 しが 見 られ 雇 用 情 勢 も 改

1. 会 社 の 現 況 に 関 する 事 項 (1) 事 業 の 経 過 及 びその 成 果 当 期 のわが 国 の 経 済 は アベノミクスや 円 安 等 の 国 の 各 種 政 策 の 効 果 により 個 人 消 費 や 設 備 投 資 に 持 ち 直 しが 見 られ 雇 用 情 勢 も 改 第 45 期 ( 平 成 25 年 度 ) 事 業 報 告 自 至 平 成 25 年 4 月 1 日 平 成 26 年 3 月 31 日 鹿 児 島 空 港 ビルディング 株 式 会 社 1. 会 社 の 現 況 に 関 する 事 項 (1) 事 業 の 経 過 及 びその 成 果 当 期 のわが 国 の 経 済 は アベノミクスや 円 安 等 の 国 の 各 種 政 策 の 効 果 により 個 人

More information

海士町地域防災計画改正の概要

海士町地域防災計画改正の概要 海 士 町 地 域 防 災 計 画 改 正 の 概 要 海 士 町 目 次 Ⅰ 海 士 町 地 域 防 災 計 画 に 係 る 改 正 概 要 について----------------1 Ⅱ 修 正 ポイントの 概 要 --------------------------------------2 Ⅲ 修 正 ポイントに 基 づいた 主 な 修 正 追 加 項 目 について--------5 修 正

More information

県 土 整 備 年 報 13 岩 手 県 県 土 整 備 部 目 次 1 行 政 組 織 関 係 1 県 土 整 備 部 行 政 機 関 位 置 略 図 2 2 県 土 整 備 部 の 沿 革 3 3 県 土 整 備 部 行 政 組 織 図 11 4 出 先 機 関 の 名 称 位 置 等 13 5 県 土 整 備 部 の 分 掌 事 務 15 6 県 土 整 備 部 の 職 員 数 21 7 県

More information

建築基準法第52条第14項第1号に基づく練馬区容積率の許可に関する取扱基準

建築基準法第52条第14項第1号に基づく練馬区容積率の許可に関する取扱基準 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 基 づく 練 馬 区 容 積 率 の 許 可 に 関 する 取 扱 基 準 練 都 建 第 282 号 平 成 14 年 3 月 11 日 第 1 運 用 方 針 練 馬 区 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 規 定 による 機 械

More information

池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 ( 平 成 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 前 年 度 の 人 件 費 率 101,638 人 363 億

池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 ( 平 成 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 前 年 度 の 人 件 費 率 101,638 人 363 億 池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 目 次 1 総 括 1 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 3 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 職 員 の 手 当 の 状 況 56 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 7 6 職 員 数 採 用 試 験 の 状 況 811 7 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条

More information

目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情 報 件 数 4 3 交 通 事 故 件 数 4 4 振 り 込 め 詐 欺 被 害 件 数 5 5 消 費 生 活 相 談 件

目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情 報 件 数 4 3 交 通 事 故 件 数 4 4 振 り 込 め 詐 欺 被 害 件 数 5 5 消 費 生 活 相 談 件 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 推 進 計 画 計 画 期 間 平 成 23 年 度 ~ 平 成 27 年 度 平 成 23 年 4 月 恵 庭 市 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 実 行 委 員 会 目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

第1 防 災 計 画

第1 防 災 計 画 第 5 章 消 防 計 画 消 防 計 画 は 下 記 のとおり 定 める 1. 消 防 組 織 及 び 編 成 (1) 有 明 広 域 行 政 事 務 組 合 の 組 織 理 事 会 議 会 消 防 本 部 事 務 局 会 計 管 理 者 監 査 委 員 玉 名 消 防 署 荒 尾 消 防 署 第 一 衛 生 セ ン タ ー 第 二 衛 生 セ ン タ ー 第 一 清 掃 セ ン タ ー 第 二

More information

みえフードイノベーション 運 営 事 業 (B) フードイノベーション 課 ( 事 業 費 :38,530 千 円 ( 県 費 8,767 千 円 国 費 29,763 千 円 )) 1 事 業 目 的 県 内 の 農 林 水 産 資 源 を 活 用 し 生 産 者 や 食 品 産 業 事 業 者

みえフードイノベーション 運 営 事 業 (B) フードイノベーション 課 ( 事 業 費 :38,530 千 円 ( 県 費 8,767 千 円 国 費 29,763 千 円 )) 1 事 業 目 的 県 内 の 農 林 水 産 資 源 を 活 用 し 生 産 者 や 食 品 産 業 事 業 者 三 重 県 産 品 営 業 拡 大 支 援 事 業 費 フ ー ド イ ノ ベ ー シ ョ ン 課 ( 事 業 費 : 4 5, 5 0 4 千 円 県 費 1 0 / 1 0 ) 1 事 業 目 的 三 重 県 の 農 林 水 産 業 が 持 続 的 に 発 展 していくためには 食 の 魅 力 を 生 かした も うかる 農 林 水 産 業 の 実 現 をめざすことが 不 可 欠 です このため

More information

災害に強いまちづくり

災害に強いまちづくり 第 3 章 施 策 の 展 開 施 策 大 綱 1 みんなで 築 く 災 害 に 強 いまちづくり 1 新 たな 防 災 体 制 の 構 築 (1) 防 災 施 設 の 整 備 課 題 と 方 向 性 本 震 災 においては 本 庁 舎 等 や 避 難 所 が 浸 水 し 通 信 機 器 も 使 用 不 可 能 な 状 態 になっ たほか 一 時 的 に 外 部 との 連 絡 出 入 が 遮 断 されるなど

More information

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73>

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73> 公 的 資 金 補 償 金 免 除 繰 上 償 還 に 係 る 財 政 健 全 化 画 別 添 Ⅰ 基 本 的 事 項 団 体 の 概 要 団 体 名 桑 名 市 国 調 人 口 (H7.0. 現 在 ) 38,963 職 員 数 (H22.. 現 在 ),093 構 成 団 体 名 財 政 再 生 基 準 以 上 早 期 健 全 化 基 準 以 上 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 画 期

More information

13年度事業計画書の作成について

13年度事業計画書の作成について 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 Ⅰ. 計 画 の 概 要 政 府 は TPP( 環 太 平 洋 連 携 協 定 )の 大 筋 合 意 を 受 け 平 成 27 年 11 月 に 閣 議 決 定 した 総 合 的 なTPP 関 連 政 策 大 綱 に 基 づき 農 業 者 の 不 安 払 拭 と 再 生 産 を 可 能 とする 経 営 安 定 対 策 の 充 実 強 化 を 図 るとともに

More information

Microsoft Word - 【最新】都市マス131219.docx

Microsoft Word - 【最新】都市マス131219.docx 5-4 南 部 地 区 () 南 部 地 区 の 概 要 地 域 資 源 本 地 区 は 市 の 南 に 位 置 し 東 から 熊 川 緑 地 拝 島 駅 を 経 由 し 福 生 南 公 園 に 至 る 地 区 です 歴 史 的 に 古 くから 開 けてきた 地 区 ですが 基 盤 整 備 が 整 わないまま 市 街 化 が 進 展 したため 狭 あい 道 路 や 行 き 止 まりなどの 問 題 が

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information