お 知 りになりたいことをさがすときは 次 のような 方 法 で 検 索 されますと すばやくさがせます タイトルからさがす 総 合 目 次 各 章 のはじめの 目 次 ヘッダー 取 り 付 け 位 置 警 告 灯 表 示 灯 からさがす イラスト 目 次 1-2ページ ブザー 音 からさがす 警

Size: px
Start display at page:

Download "お 知 りになりたいことをさがすときは 次 のような 方 法 で 検 索 されますと すばやくさがせます タイトルからさがす 総 合 目 次 各 章 のはじめの 目 次 ヘッダー 取 り 付 け 位 置 警 告 灯 表 示 灯 からさがす イラスト 目 次 1-2ページ ブザー 音 からさがす 警"

Transcription

1 本 書 の 見 かた 操 作 説 明 (3 章 ~7 章 )の 基 本 的 な 読 みかたについて 説 明 しています 3

2 お 知 りになりたいことをさがすときは 次 のような 方 法 で 検 索 されますと すばやくさがせます タイトルからさがす 総 合 目 次 各 章 のはじめの 目 次 ヘッダー 取 り 付 け 位 置 警 告 灯 表 示 灯 からさがす イラスト 目 次 1-2ページ ブザー 音 からさがす 警 告 ブザーが 鳴 ったときは 1-16ページ 名 称 からさがす さくいん 9-1ページ 4WD 車 特 有 の 記 載 をさがす 4WD 車 を 運 転 するときは 2-25ページ タイヤチェーン 6-14ページ けん 引 してもらうときは 7-35ページ オイルや 交 換 部 品 をさがす お 車 との 上 手 なつきあいかた 6-1ページ 万 一 のとき 7-1ページ サービスデータ 8-1ページ

3 ご 愛 車 に 関 するメモ 記 入 される 記 号 番 号 は 車 検 証 IDプ レートをご 覧 ください ご 愛 車 の メ モ IDプレート(1) エンジンルームに 貼 付 してあります 車 名 および 車 両 型 式 車 台 番 号 車 名 : 型 式 : (1) エンジン 型 式 R06A 型 車 体 色 記 号 営 業 機 種 記 号 トランス ミッション オートマチックミッション( ) 50M00010 ナンバープレート ( 車 両 番 号 ) ご 購 入 年 月 日 年 月 日 本 書 で オートマチック 車 と 記 載 さ れている 場 合 CVT 車 を 示 していま す TYPE CHASSIS NO. ENGINE COLOR (2) (3) (5) (7) (4) (6) 70K212 (2) 車 両 型 式 (3) 車 台 番 号 (4) エンジン 型 式 (5) 車 体 色 記 号 (6) 車 体 色 と 内 装 色 の 組 み 合 わせコード (7) 営 業 機 種 記 号 ( 補 助 記 号 )

4 総 合 目 次 クイックガイド イラスト 目 次 1-2 警 告 ブザーが 鳴 ったときは 1-16 必 読! 安 全 なドライブのために 必 読! 安 全 なドライブのために 2-2 運 転 する 前 に ドアの 開 閉 3-2 警 報 装 置 3-15 ウインドーの 開 閉 3-18 各 部 の 調 節 3-21 シートの 調 節 3-24 シートベルト 3-37 SRSエアバッグ 3-50 メーター 3-58 スイッチの 使 いかた 3-71 運 転 するときは エンジン 始 動 4-2 パーキングブレーキ 4-11 オートマチック 車 4-13 ABS 4-22 アイドリングストップ 4-25

5 装 備 の 取 扱 い エアコン ヒーター 5-2 オーディオ 5-14 そのほかの 装 備 5-55 お 車 との 上 手 なつきあいかた お 手 入 れ 6-2 寒 冷 時 の 取 扱 い 6-9 万 一 のとき パンク 7-2 バッテリーあがり 7-19 ヒューズ 切 れ 7-23 電 球 切 れ 7-27 オーバーヒート 7-32 そのほか 7-33 サービスデータ サービスデータ 8-1 さくいん さくいん

6 クイックガイド/イラスト 目 次 1. クイックガイド イラスト 目 次 イラスト 目 次 1 外 観 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11)(12)(13) (14) 50M10011N 1-2 お 車 のタイプにより 異 なる 装 備 も 含 んでいます

7 クイックガイド/イラスト 目 次 (1) ボンネット 5-56 (2) ヘッドランプ (3) フロントワイパー 3-76 (4) ドアミラー 3-22 (5) リヤワイパー 3-77 (6) アンテナ 5-14 (7) 方 向 指 示 器 / 非 常 点 滅 表 示 灯 ( 前 面 ) 7-31 (8) ドア 3-3 (9) 燃 料 給 油 口 (フューエルリッド) 5-55 (10)リヤコンビネーションランプ 7-32 (11)バックビューモニターカメラ 5-52 (12) 番 号 灯 7-32 (13)バックドア 3-4 (14)フォグランプ

8 クイックガイド/イラスト 目 次 内 装 1 1 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) 50M10020 お 車 のタイプにより 異 なる 装 備 も 含 んでいます 1-4

9 クイックガイド/イラスト 目 次 (1) ルームミラー 3-21 (2) マップランプ 5-60 (3) サンバイザー 5-58 (4) シートベルト 3-37 (5) アシストグリップ 5-69 (6) ラゲッジルームランプ 5-60 (7) 買 い 物 フック 5-70 (8) インストセンターロアボックス 5-67 (9) セレクトレバー 4-13 (10) 前 席 シート 3-24 (11) 助 手 席 シートアンダーボックス 5-62 (12)フロントセンターアームレスト 5-62 (13) 後 席 シート

10 クイックガイド/イラスト 目 次 内 装 2 1 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) 50M10030 お 車 のタイプにより 異 なる 装 備 も 含 んでいます 1-6

11 クイックガイド/イラスト 目 次 (1) フロントカップホルダー 5-68 (2) 助 手 席 SRSエアバッグ 3-51 (3) 助 手 席 インストトレイ 5-66 (4) 助 手 席 アッパーボックス 5-64 (5) ディスプレイ 付 CD 一 体 AM/FMラジオ 5-15 (6) ステアリングスイッチ 5-51 (7) 運 転 席 SRSエアバッグ 3-51 ホーンスイッチ 3-77 (8) ドアミラー 角 度 調 節 スイッチ 3-22 ドアミラー 格 納 スイッチ 3-23 (9) パワーウインドースイッチ 3-18 (10) 発 炎 筒 7-33 (11)グローブボックス 5-64 (12)エアコン ヒーター 5-2 (13)パーキングブレーキ 4-11 (14)ボンネットオープナー 5-57 (15)フューエルリッドオープナー

12 クイックガイド/イラスト 目 次 運 転 席 まわり 1 (1) (2) (3) (4) (5) (6)(7)(8) (9) (10) (11)(12) (13) (14) (15) (16)(17)(18) お 車 のタイプにより 異 なる 装 備 も 含 んでいます 50M

13 クイックガイド/イラスト 目 次 (1) インストセンタートレイ 5-66 (2) 非 常 点 滅 表 示 灯 スイッチ 3-75 (3) ワイパー/ウォッシャースイッチ 3-76 (4) メーター 3-58 警 告 灯 表 示 灯 3-62 (5) エンジンスイッチ 4-2 (6) ライトスイッチ 3-71 方 向 指 示 器 スイッチ 3-75 (7) 運 転 席 ポケット 5-66 (8) フロントカップホルダー 5-68 (9) ドアミラーヒータースイッチ リヤデフォッガースイッチ 3-78 (10)カードケース 5-65 (11) 電 源 ソケット 5-61 (12)USBソケット 5-61 (13)チルトステアリング 3-24 (14) 運 転 席 アンダートレイ 5-67 (15) 運 転 席 ヒーターシートスイッチ 3-27 (16)アイドリングストップOFFスイッチ 4-32 (17)フォグランプスイッチ 3-73 (18)ヘッドランプレベライザースイッチ

14 クイックガイド/イラスト 目 次 警 告 灯 表 示 灯 1 (20)(16) (6) (29)(9) (19)(3)(2) (18) (7) (5)(1)(11)(10) (28) (15) (26) (27) (12) (4) (14) (30) (17)(21) (22) (24)(25) (13)(23)(8) お 車 のタイプにより 異 なる 装 備 も 含 んでいます 50M

15 クイックガイド/イラスト 目 次 警 告 灯 が 点 灯 または 点 滅 し 続 けた 場 合 は 車 両 またはシステムの 異 常 が 考 え られます 次 の 参 照 先 をよくお 読 みのうえ 日 産 販 売 会 社 で 点 検 を 受 けてく ださい 3-62ページ( 警 告 灯 表 示 灯 の 見 かた) 印 の 警 告 灯 表 示 灯 は エンジンスイッチを ON にしたときに 初 期 点 灯 するのが 正 常 です 点 灯 しない 場 合 は 日 産 販 売 会 社 で 点 検 を 受 けてくださ い アイドリングストップ 装 備 車 には 特 有 の 点 灯 条 件 があります 4-25ページ(アイドリングストップ) 1 警 告 灯 色 警 告 灯 名 (1) 赤 ブレーキ 警 告 灯 (2) 赤 シートベルト 警 告 灯 (3) 赤 SRSエアバッグ 警 告 灯 (4) オレンジ 燃 料 残 量 警 告 灯 (5) オレンジ ABS 警 告 灯 (ABS 装 備 車 ) (6) オレンジ オートレベライザー 警 告 灯 (タイプ 別 装 備 ) (7) 赤 水 温 警 告 灯 (8) オレンジ エンジン 警 告 灯 (9) オレンジ パワーステアリング 警 告 灯 (10) 赤 油 圧 警 告 灯 1-11

16 クイックガイド/イラスト 目 次 警 告 灯 色 警 告 灯 名 1 (11) 赤 充 電 警 告 灯 (12) オレンジ トランスミッション 警 告 灯 (13) オレンジ エンジンイモビライザー 警 告 灯 (14) 赤 半 ドア 警 告 灯 (15) オレンジ 携 帯 リモコン 電 池 消 耗 警 告 灯 (16) オレンジ ブレーキシステム 警 告 灯 表 示 灯 色 表 示 灯 名 (17) ( 代 表 例 ) オレンジ または 白 ポジションインジケーター (18) 緑 方 向 指 示 器 表 示 灯 (19) 青 ヘッドランプ 上 向 き(ハイビーム) 表 示 灯 (20) 緑 ライト 点 灯 表 示 灯 (21) オレンジ または 白 S(スポーツ)モード 表 示 (22) 緑 低 水 温 表 示 灯 1-12

17 クイックガイド/イラスト 目 次 表 示 灯 色 表 示 灯 名 (23) 緑 プッシュ 表 示 灯 1 (24) オレンジ ACC 表 示 灯 (25) オレンジ IG ON 表 示 灯 (26) 緑 アイドリングストップ 表 示 灯 (27) オレンジ アイドリングストップOFF 表 示 灯 (28) 赤 セキュリティインジケーター (29) 白 回 生 インジケーター (30) 緑 ECOインジケーター 1-13

18 クイックガイド/イラスト 目 次 キー 1 お 車 のタイプにより 異 なる 装 備 も 含 んでいます キー 3-2 ドア 3-3 リモートコントロールエントリーシステム 3-8 携 帯 リモコン 3-10 プッシュエンジンスターター 4-4 エンジンのかけかた M

19 クイックガイド/イラスト 目 次 荷 室 (1) (2) 1 (3) (4) (5) (6) (3) お 車 のタイプにより 異 なる 装 備 も 含 んでいます (1) フロアボード 7-2 (2) ツールボックス 7-2 (3) タイヤパンク 応 急 修 理 セット 7-3 (4) ジャッキ 7-2 (5) ホイールナットレンチ 7-2 (6) ジャッキバー M

20 クイックガイド/ 警 告 ブザーが 鳴 ったときは 警 告 ブザーが 鳴 ったときは 警 告 ブザーが 鳴 ったときは 1 全 車 共 通 いつ ブザー 音 メーター 原 因 と 対 処 方 法 いずれかの ドアを 開 け たとき エンジンス イッチを ON にし たとき エンジンス イッチが ON のと き 停 車 中 / 後 退 中 走 行 中 運 転 席 ドア を 開 けたと き 室 内 ブザー ピー ピー ( 約 10 秒 間 ) 2 秒 間 隔 で 点 滅 室 内 ブザー ピー ピー (4 回 ) 室 内 ブザー ポーン (1 回 ) 室 内 ブザー ピー ピー 室 内 ブザー ピー ピー ( 約 95 秒 間 ) 室 内 ブザー ピピピッ ピピピッ 室 内 ブザー ポーン (1 回 ) 室 内 ブザー ピーーー 約 8 秒 間 小 刻 みに 点 滅 点 灯 表 示 点 滅 点 灯 点 灯 点 灯 カーアラームの 警 報 が 作 動 しています エ ンジンスイッチを ON にすると 警 報 を 途 中 で 停 止 できます 3-15ページ(カーアラーム) 駐 車 時 にカーアラームの 警 報 が 作 動 したこ とを 示 しています 盗 難 にあってないか 車 の 中 を 確 認 してください 3-15ページ(カーアラーム) 燃 料 の 残 量 が 少 なくなっています すみや かに 給 油 してください 3-64ページ( 燃 料 残 量 警 告 灯 ) セレクトレバーが R に 入 っています セ レクトレバーの 位 置 を 確 認 してください 4-17ページ( R (リバース)ポジ ション 警 告 ブザー) 運 転 者 がシートベルトを 着 用 していませ ん 安 全 な 場 所 に 停 車 して ベルトを 着 用 してください 3-38ページ (シートベルト 警 告 ブザー) パーキングブレーキが 解 除 されていませ ん 安 全 な 場 所 に 停 車 して パーキングブ レーキを 解 除 してください 4-12ページ(パーキングブレーキ 解 除 忘 れ 警 告 ブザー) いずれかのドアが 完 全 に 閉 まっていませ ん 安 全 な 場 所 に 停 車 して 完 全 に 閉 めて ください 3-67ページ( 半 ドア 警 告 灯 ) ヘッドランプや 車 幅 灯 が 点 灯 しています これらを 消 してください 3-72ページ (ライト 消 し 忘 れ 警 告 ブザー) 1-16

21 プッシュエンジンスターター 装 備 車 のみ クイックガイド/ 警 告 ブザーが 鳴 ったときは いつ ブザー 音 メーター 原 因 と 対 処 方 法 エンジンを かけようと したとき すべてのド アを 閉 めた とき 運 転 席 ドア を 開 けたと き リクエスト スイッチを 押 したとき 室 内 / 車 外 ブザー ピー ピー ( 約 2 秒 間 ) 室 内 ブザー ピッ ピッ 室 内 ブザー ピー ピー 車 外 ブザー ピー ( 約 2 秒 間 ) 点 滅 ー 点 灯 いずれか 点 灯 ー 携 帯 リモコンが 車 内 にない またはリモコ ンの 電 池 切 れが 考 えられます リモコンを 車 内 にもどすか リモコンをエンジンス イッチに 当 ててください 4-6ページ ( 携 帯 リモコン 車 外 持 ち 出 し 警 告 ) 4-8ページ(エンジンのかけかた) 故 障 などで エンジンスイッチを LOCK (OFF)にもどしていずれかのドアを 開 閉 し てもハンドルがロックされていません 日 産 販 売 会 社 で 点 検 を 受 けてください 4-11ページ (ハンドルロック 未 作 動 警 告 ブザー) エンジンスイッチが ACC になっていま す LOCK (OFF)にもどしてください 4-11 ページ(エンジンスイッチもど し 忘 れ 警 告 ブザー) エンジンスイッチが ACC または ON に なっています LOCK (OFF)にもどして ください 3-13ページ(リクエストスイッチ 未 作 動 警 告 ブザー) 携 帯 リモコンが 車 内 にあります リモコン を 車 外 に 持 ち 出 してください いずれかのドアが 完 全 に 閉 まっていませ ん 完 全 に 閉 めてください 1 携 帯 リモコ ンのロック スイッチを 押 したとき 車 外 ブザー ピー ( 約 2 秒 間 ) 点 灯 点 灯 いずれかのドアが 完 全 に 閉 まっていませ ん 完 全 に 閉 めてください 3-8 ページ(リモートコントロールエ ントリーシステム) 1-17

22 クイックガイド/ 警 告 ブザーが 鳴 ったときは アイドリングストップ 装 備 車 のみ 4-25ページ(アイドリングストップ) 1 いつ ブザー 音 メーター 原 因 と 対 処 方 法 エンジンの 自 動 停 止 中 室 内 ブザー ピー ピー 室 内 ブザー ピー ピー ( 約 5 秒 間 ) - ボンネットを 開 けたため エンスト 状 態 ( )になりました エンジンを 再 始 動 する ときは 次 の 手 順 で 対 処 してください 1パーキングブレーキをしっかりとかけ セレクトレバーを P に 入 れます 2ボンネットを 完 全 に 閉 めます 3エンジンスイッチを 操 作 して 再 始 動 しま す 4-8ページ(エンジンのかけかた) 次 のいずれかの 操 作 をしたため エンジン が 自 動 で 再 始 動 しました 運 転 席 シートベルトを 外 す 運 転 席 ドアを 開 ける いずれか 点 灯 発 進 する 前 に ドアを 閉 め シートベルト を 着 用 してください また 車 外 に 出 ると きは 事 前 に 次 の 手 順 を 実 施 してください 1パーキングブレーキをしっかりとかけ セレクトレバーを P に 入 れます 2 長 時 間 停 車 するときや 車 から 離 れるとき は エンジンスイッチを 操 作 してエンジ ンを 停 止 します 4-10ページ (エンジンを 止 めるときは) エンスト 状 態 になると 上 記 以 外 にも 次 の 警 告 灯 が 点 灯 します エンジン 警 告 灯 パワーステアリング 警 告 灯 油 圧 警 告 灯 充 電 警 告 灯 1-10ページ( 警 告 灯 表 示 灯 ) 1-18

23 必 読! 安 全 なドライブのために 2. 必 読! 安 全 なドライブのために とくに 重 要 な 項 目 ですのでしっかりお 読 みください 2 安 全 運 転 が 第 一 お 車 に 装 備 されているシートベルト SRSエアバッグ システム ABS(アンチロックブレーキシステム) などの 安 全 装 備 も 乗 員 の 安 全 確 保 には 限 界 がありま す 法 定 速 度 を 厳 守 するとともに スピードを 控 えめ にして 安 全 運 転 に 心 がけてください 出 発 の 前 に(お 車 の 確 認 ) 2-2 荷 物 を 積 むときは 2-5 お 子 さまを 乗 せるときは 2-6 運 転 席 にすわって 2-10 エンジンをかけるときは 2-12 走 行 するときは 2-12 駐 車 するときは 2-17 給 油 するときは 2-20 オートマチック 車 を 運 転 するときは 2-21 SRSエアバッグ 車 を 運 転 するときは WD 車 を 運 転 するときは 2-25 ターボ 車 を 運 転 するときは 2-25 こんなことにも 注 意 して 2-26 エコドライブをしましょう

24 必 読! 安 全 なドライブのために 2 必 読! 安 全 なドライブのために 出 発 の 前 に(お 車 の 確 認 ) 日 常 点 検 を 確 実 に タイヤの 空 気 圧 をチェック 定 期 的 に 点 検 調 整 してください この 車 の 指 定 空 気 圧 は 運 転 席 ドア の 開 口 部 に 貼 付 してある 空 気 圧 ラ ベル (1)で 確 認 できます メンテナンスノート( 日 常 点 検 ) 64L20180 車 の 走 行 距 離 使 用 状 態 から 判 断 した 適 切 な 時 期 に 実 施 してください メンテナンスノート( 日 常 点 検 ) こんな 症 状 に 気 づいたときは (1) 64L20010 空 気 圧 が 不 足 したまま 走 行 すると タイヤの 両 端 が 摩 耗 する 原 因 となり ます また 燃 費 が 悪 くなります 偏 平 タイヤ(165/55R15 75V)は 見 た 目 では 空 気 圧 の 不 足 がわかりに くいので 注 意 が 必 要 です 80J009 空 気 圧 が 極 端 に 低 いまま 走 行 する と タイヤがバースト( 破 裂 )して 思 わぬ 事 故 につながるおそれがあり ます 次 のような 場 合 は 日 産 販 売 会 社 で 点 検 を 受 けてください 地 面 に 油 や 液 の 漏 れたあとが 残 っ ている ブレーキ 液 が 不 足 している いつもと 違 うにおい 音 振 動 が ある ハンドルやブレーキを 操 作 したと きの 感 じがいつもと 違 う 72J

25 必 読! 安 全 なドライブのために 指 定 空 気 圧 を 守 らないと 車 の 性 能 が 十 分 に 発 揮 できず 次 のようなこと が 起 きるおそれがあり 思 わぬ 事 故 につながったり 故 障 の 原 因 となっ たりするおそれがあります 走 行 安 定 性 が 悪 化 する ブレーキをかけたときの 制 動 距 離 が 伸 びる 正 確 なタイヤ 回 転 速 度 が 検 出 でき なくなって ABS が 正 常 に 作 動 しな くなる 4WD 車 では その 性 能 が 十 分 に 発 揮 できないばかりでなく 駆 動 系 部 品 に 悪 影 響 をあたえる バッテリーについて この 車 は 次 のバッテリーを 搭 載 して います 鉛 バッテリー( 全 車 共 通 ) 車 の 電 源 供 給 に 使 用 されています リチウムイオンバッテリー 車 の 電 装 品 に 電 気 を 供 給 するために 使 用 されています 4-33ページ ( 減 速 エネルギー 回 生 機 構 ) (1) (1) 鉛 バッテリー (2) リチウムイオンバッテリー 各 バッテリーについて 次 の 鉛 バッ テリー および リチウムイオンバッ テリー をお 読 みいただき 正 しい 取 扱 いをしてください バッテリーは 少 しずつ 放 電 します バッテリーあがりを 防 ぐためには 1 か 月 に 一 度 は 連 続 して 30 分 以 上 走 行 して 充 電 する 必 要 があります 鉛 バッテリー 鉛 バッテリーの 液 面 を 点 検 する 液 面 が 下 限 (2)より 下 にあるとき は バッテリー 補 充 液 を 上 限 (1)ま で 補 充 してください バッテリー 液 が 不 足 すると バッテリーの 寿 命 を 縮 め るおそれがあります メンテナンスノート( 日 常 点 検 ) (1) (2) 80J1267 バッテリー 液 が 不 足 すると 発 熱 し て 爆 発 のおそれがあります バッテリー 端 子 を 外 して 再 び 接 続 す るときは 確 実 に 締 め 付 けてくださ い ゆるみがあると 火 災 や 故 障 の 原 因 となります 2 (2) 72M

26 必 読! 安 全 なドライブのために 2 アイドリングストップ 装 備 車 は 高 性 能 な 専 用 の 鉛 バッテリーを 使 用 し ていますので 次 のことをお 守 りく ださい 守 らないとアイドリングス トップが 正 常 に 作 動 しなくなった り バッテリーの 寿 命 が 短 くなった りするおそれがあります バッテリーを 交 換 するときは 指 定 のバッテリーを 使 用 する( 指 定 外 のものを 使 用 しない) 7-21 ページ( 鉛 バッテリーを 交 換 するときは) 8-2ページ(サービスデータ) バッテリー 端 子 から 電 気 製 品 の 電 源 をとらない 取 り 外 したり 分 解 したりしない 水 などで 濡 らさない 強 い 衝 撃 をあたえない 上 に 乗 ったり 荷 物 を 載 せたりしな い バッテリー 端 子 を 外 したり 端 子 か ら 電 気 製 品 の 電 源 をとらない 排 気 管 も 点 検 リチウムイオンバッテリー 減 速 エネルギー 回 生 機 構 装 備 車 専 用 の バッテリーで 助 手 席 下 ( 助 手 席 シート アンダーボックス 下 )にあります 5-62ページ ( 助 手 席 シートアンダーボックス) リチウムイオンバッテリーは 点 検 不 要 です リチウムイオンバッテリーの 交 換 ま たは 廃 棄 については 日 産 販 売 会 社 にご 相 談 ください 80J011 排 気 管 に 穴 やひび 割 れがないか とき どき 点 検 してください 排 気 管 に 漏 れがあると 排 気 ガスが 車 内 に 侵 入 して 一 酸 化 炭 素 中 毒 のお それがあります 異 常 を 感 じたとき は 日 産 販 売 会 社 で 点 検 を 受 けてく ださい リチウムイオンバッテリーの 取 扱 い を 誤 ると 火 災 や 感 電 などを 起 こし たり 故 障 の 原 因 となったりするお それがあるため 次 のことをお 守 り ください 2-4

27 必 読! 安 全 なドライブのために 荷 物 を 積 むときは 荷 物 の 積 みすぎは 車 体 や 走 行 に 悪 影 響 をおよぼします 燃 料 や 薬 品 が 入 った 容 器 スプレー 缶 などを 車 内 に 持 ち 込 まないでくだ さい 引 火 や 爆 発 のおそれがありま す 車 内 に 荷 物 を 積 み 重 ねないでくださ い 視 界 のさまたげになるばかりで なく 急 ブレーキで 荷 物 が 飛 び 出 し 思 わぬ 事 故 につながるおそれが あります 2 80J021 インパネの 上 にものを 置 かないでく ださい 運 転 視 界 をさまたげたり 発 進 時 や 走 行 中 に 動 いたりして 安 全 運 転 のさまたげになるおそれがあ ります また 万 一 の 事 故 で 助 手 席 SRS エアバッグが 正 常 に 作 動 しな かったり 助 手 席 SRS エアバッグ がふくらんだときにとばされたりし て けがのおそれがあります 80J022 動 物 を 乗 せるときは 動 きまわらな いように 注 意 してください 運 転 の さまたげになったり 急 ブレーキの ときなどに 思 わぬ 事 故 につながった りするおそれがあります 80J

28 必 読! 安 全 なドライブのために 2 お 子 さまを 乗 せるときは いつもより 慎 重 に 安 全 を 確 保 し スピードを 控 えめに 安 全 運 転 を 心 がけましょう お 子 さまは 後 席 に 乗 せる お 子 さま 用 シートを 必 要 としないお 子 さまをやむをえず 助 手 席 に 乗 せる ときは 次 のことをお 守 りくださ い 助 手 席 を 一 番 後 ろに 下 げてくださ い 助 手 席 を 前 に 出 している と 助 手 席 SRS エアバッグが 作 動 したときの 強 い 衝 撃 で 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります お 子 さまがアームレストやシート 下 のレール 部 など 車 内 の 可 動 部 に 手 や 足 などを 近 付 けないように 注 意 して ください はさまれてけがをするお それがあります 51K0188 できるだけ 大 人 が 隣 にすわり お 子 さまを 見 守 ってください 助 手 席 に 乗 せるとお 子 さまの 不 意 の 動 作 が 気 になったり お 子 さまがい たずらしたりして 運 転 のさまたげ になるおそれがあります お 子 さま 用 シートは お 子 さまの 年 齢 や 体 格 にあった 適 切 なものを 選 ん でください 2-8ページ(お 子 さま 用 シートの 使 用 について) 3-45ページ(お 子 さま 用 シート の 選 択 について) 後 席 のお 子 さまが 走 行 中 にドアを 開 けないように チャイルドセーフ ティドアロックをご 使 用 ください 3-7 ページ(チャイルドセーフ ティドアロック) 2-6

29 必 読! 安 全 なドライブのために お 子 さまもシートベルトを 着 用 ひざの 上 にお 子 さまを 抱 かないでく ださい しっかり 抱 いていても 衝 突 のときなどに 十 分 にささえること ができず お 子 さまが 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります 首 がすわっていないお 子 さま ひと りすわりのできないお 子 さまには 乳 児 用 チャイルドシートをご 使 用 の うえ 後 席 に 乗 せてください シートベルトで 遊 ばせない 2 80J081 必 ずシートベルトを 着 用 させてくだ さい 一 本 のシートベルトを 二 人 以 上 で 使 用 しないでください シートベルトが 首 やあごにかかると きや 腰 骨 にかからないようなお 子 さまには チャイルドシートやジュ ニアチャイルドシートをご 使 用 のう え 後 席 に 乗 せてください シート ベルトを 正 しく 使 用 しないと お 子 さまが 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれが あります 80J028 お 子 さまをシートベルトで 遊 ばせな いでください ベルトを 身 体 に 巻 き つけるなどして 遊 んでいるときに 窒 息 など 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれ があります 万 一 の 場 合 は ハサミ でベルトを 切 断 してください 80J

30 2 必 読! 安 全 なドライブのために お 子 さま 用 シートの 使 用 につ いて 次 のようなお 子 さま 用 シートは 助 手 席 で 使 用 することができません 後 席 に 取 り 付 けてください 乳 児 用 チャイルドシートなどの 後 ろ 向 きお 子 さま 用 シート ジュニアチャイルドシート 安 全 のため チャイルドシートも 後 席 に 取 り 付 けてください お 子 さま 用 シートは お 子 さまの 年 齢 や 体 格 にあった 適 切 なものを 選 ん でください 3-45ページ(お 子 さま 用 シート の 選 択 について) 助 手 席 サンバイザーの 両 面 には 次 の 警 告 ラベルが 貼 られています ご 使 用 の 前 に 必 ずお 読 みください この 車 には 次 のタイプのお 子 さま 用 シートを 取 り 付 けることができます シートベルトで 固 定 するタイプの お 子 さま 用 シート 3-43 ページ(お 子 さま 用 シー トのシートベルトによる 固 定 ) ISOFIXタイプのお 子 さま 用 シート 3-33ページ(ISOFIX 対 応 チャ イルドシート 固 定 専 用 金 具 ) お 子 さま 用 シートの 種 類 によって は この 車 に 正 しく 取 り 付 けられな いものがあります 使 用 する 前 に お 子 さま 用 シートに 付 属 の 取 扱 説 明 書 をよく 読 み 取 り 付 け 方 法 や 取 扱 いなどについてご 確 認 ください お 子 さま 用 シートには 日 産 純 正 品 をおすすめします 詳 しくは 日 産 販 売 会 社 にご 相 談 ください お 子 さま 用 シートを 使 用 していて も お 子 さまの 安 全 の 確 保 には 限 界 があります スピードは 控 えめにし て 安 全 運 転 に 心 がけてください 助 手 席 には 乳 児 用 チャイルドシー トなどの 後 ろ 向 きお 子 さま 用 シート を 取 り 付 けないでください 助 手 席 SRS エアバッグがふくらむと お 子 さま 用 シートの 背 面 に 強 い 衝 撃 が 加 わり 生 命 に 関 わる 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります やむをえず 助 手 席 にチャイルドシー トを 取 り 付 けるときは 助 手 席 を 一 番 後 ろに 下 げ 前 向 きに 取 り 付 けて ください 85K20020 警 告 ラベルで 使 用 される チャイルド シート は 本 書 で 使 用 される お 子 さま 用 シート のことを 表 します 80J

31 必 読! 安 全 なドライブのために 走 行 する 前 に お 子 さま 用 シートが 確 実 に 固 定 され ガタつき ゆるみ などがないことを 確 認 してくださ い お 子 さま 用 シートを 取 り 付 けたシー トの 背 もたれを 倒 さないでくださ い お 子 さま 用 シートが 適 切 に 固 定 されなかったり 衝 突 したときなど に 体 がシートベルトの 下 に 滑 り 込 ん だりして 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそ れがあります 万 一 の 事 故 でお 子 さま 用 シートに 強 い 衝 撃 を 受 けた 場 合 は 外 観 に 異 常 がなくても 再 使 用 しないでくだ さい いざというときに 性 能 を 十 分 発 揮 できないおそれがあります 80J029 パワーウインドーは お 子 さまが 自 分 で 操 作 しないように ウインドー ロックスイッチをご 使 用 ください 3-18ページ (ウインドーロックスイッチ) 2 お 子 さま 用 シートは 使 用 していな いときでもしっかりとシートに 取 り 付 けるか 荷 室 に 収 納 してください シートから 取 り 外 したまま 客 室 内 に 放 置 すると ブレーキをかけたとき などに 乗 員 やものに 当 たるおそれが あります 窓 から 顔 や 手 を 出 さない ドアやウインドーの 開 閉 シートの 調 節 は 大 人 が 行 なう 80J030 お 子 さまの 手 足 や 首 をはさまないよう に 大 人 が 開 閉 や 調 節 を 行 なってくだ さい お 子 さまが 手 や 顔 などを 出 さないよ うに 注 意 してください 急 ブレーキ で 重 大 な 傷 害 を 受 けたり 転 落 した りするおそれがあります また 車 外 のものなどに 当 たって 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります 2-9

32 必 読! 安 全 なドライブのために 2 車 から 離 れるときは 車 から 離 れるときは お 子 さまだけ を 車 内 に 残 さないでください お 子 さまのいたずらで 車 の 発 進 や 火 災 などの 事 故 を 起 こすおそれ があります 炎 天 下 の 車 内 は 高 温 になり お 子 さ まが 熱 射 病 にかかるおそれがあり ます エアコンをつけていても 車 内 にお 子 さまだけを 残 さないでく ださい 急 ブレーキなどで 思 わぬ 事 故 につな がるおそれがあります 道 路 上 での 停 車 中 も お 子 さまを 荷 室 で 遊 ばせないでください 運 転 席 にすわって ハンドル シート ミラーの 調 節 は 走 行 前 に 80J032 80J014 お 子 さまを 荷 室 に 乗 せない 80J031 荷 室 は 人 が 乗 る 構 造 になっていませ ん お 子 さまを 乗 せないでください 走 行 中 にハンドルの 調 節 (タイプ 別 装 備 )やシートの 調 節 ルームミラー やドアミラーの 調 節 をしないでくだ さい ハンドル 操 作 を 誤 ったり 前 方 不 注 意 となったりして 思 わぬ 事 故 につながるおそれがあります 3-24ページ (チルトステアリング) 3-24ページ( 前 席 シート) 3-21ページ(ルームミラー) 3-22ページ(ドアミラー) 背 もたれを 必 要 以 上 に 倒 さないでく ださい ヘッドレストやシートベル トが 本 来 の 機 能 を 発 揮 できません 2-10

33 必 読! 安 全 なドライブのために シートベルトは 正 しく 着 用 車 に 合 ったフロアカーペット を 適 切 に 使 用 する 2 51K L20040 走 行 前 にシートベルトを 正 しく 着 用 してください 助 手 席 や 後 席 の 同 乗 者 全 員 にシート ベルトを 着 用 させてください 3-37ページ(シートベルト) 運 転 席 の 足 元 付 近 にものを 置 かない この 車 ( 年 式 ) 専 用 のフロアカーペッ トを 床 の 上 にしっかりと 固 定 して 正 しく 使 用 してください フロア カーペットがずれて 各 ペダルと 干 渉 し 思 わぬスピードが 出 たりブレー キが 効 きづらくなるなど 重 大 な 傷 害 につながるおそれがあります 5-72 ページ(フロアカーペッ ト(タイプ 別 装 備 )) 64L20030 空 き 缶 などを 足 元 に 放 置 しないでく ださい ペダル 操 作 ができなくなっ て 思 わぬ 事 故 につながるおそれがあ ります 2-11

34 必 読! 安 全 なドライブのために エンジンをかけるときは 換 気 が 悪 いところでエンジン をかけたままにしない 窓 越 しのエンジンスイッチ 操 作 はしない 2 81M J010 運 転 席 にすわり ブレーキペダルを 踏 んでからエンジンを 始 動 してくださ い 車 庫 の 中 など 換 気 が 悪 いところで エンジンをかけたままにすると 一 酸 化 炭 素 中 毒 のおそれがあります エンジンをかけた 状 態 で バックド アを 開 けたままにしないでくださ い 排 気 ガスが 車 内 に 侵 入 します 車 内 で 排 気 ガスのにおいがしたとき は すべての 窓 を 全 開 にし エアコ ン ヒーターの 内 外 気 切 替 えを 外 気 導 入 に 切 り 替 え ファンを 強 にして 換 気 します 換 気 してもにおいが 消 えないときは すみやかに 日 産 販 売 会 社 で 点 検 を 受 けてください 窓 越 しのエンジンスイッチ 操 作 はし ないでください 思 わぬ 事 故 につな がるおそれがあります 4-8ページ (エンジンのかけかた) 走 行 するときは 周 囲 をよく 確 認 してから 発 進 する 80J

35 必 読! 安 全 なドライブのために 周 囲 の 安 全 をしっかりと 確 認 してか ら 発 進 してください バックミラーやバックビューモニ ター(タイプ 別 装 備 )だけでは 後 方 の 安 全 が 十 分 に 確 認 できません 車 を 後 退 させるときは 車 から 降 りて 自 分 の 目 で 後 方 を 確 認 してくださ い 携 帯 電 話 やナビゲーションな どに 気 を 取 られないで 2 85K2114 エンジン 始 動 直 後 の 空 ぶかし や 急 発 進 急 加 速 をしない 運 転 者 は 走 行 中 に 自 動 車 電 話 や 携 帯 電 話 などを 使 用 しないでください 会 話 や 電 話 の 操 作 に 気 を 取 られ 思 わ ぬ 事 故 につながるおそれがあります 運 転 者 は 走 行 中 にテレビを 見 た り ナビゲーションやオーディオな どを 操 作 したりしないでください 前 方 不 注 意 で 思 わぬ 事 故 につながる おそれがあります 80J064 エコドライブのため 空 ぶかしや 急 発 進 急 加 速 はしないでください 2-30ページ (エコドライブをしましょう) エンジン 始 動 直 後 は 暖 まっていない ので 空 ぶかしや 急 発 進 急 加 速 を すると エンジン 故 障 の 原 因 となり ます 2-13

36 必 読! 安 全 なドライブのために 2 ハンドルの 中 に 手 を 入 れてス イッチなどを 操 作 しない 緊 急 時 以 外 は 走 行 中 にセレクトレ バーを N (ニュートラル)にしな いでください エンジンブレーキが まったく 効 かないため 思 わぬ 事 故 の 原 因 となります 80J034 こんなときどうする? ハンドル 操 作 のさまたげになり 思 わぬ 事 故 の 原 因 となります 警 告 灯 が 点 灯 したら? ただちに 安 全 な 場 所 に 停 車 して 処 置 をしてください 1-10ページ( 警 告 灯 表 示 灯 ) ブレーキペダルに 足 を 乗 せた まま 走 行 しない ブレーキ 部 品 が 早 く 摩 耗 したり ブ レーキ 装 置 が 過 熱 したりして 効 き が 悪 くなるおそれがあります 走 行 中 はニュートラルにしない 床 下 に 強 い 衝 撃 を 受 けたら? ただちに 安 全 な 場 所 に 停 車 し ブレー キ 液 や 燃 料 が 漏 れていないか 排 気 管 などに 異 常 がないか 点 検 してくだ さい 異 常 が 見 つかったときは 日 産 販 売 会 社 にご 連 絡 ください タイヤが 突 然 パンクしたら? ハンドルをしっかり 握 り 慎 重 にブ レーキをかけて 徐 々にスピードを 落 とし 安 全 な 場 所 に 停 車 してくださ い 7-2ページ(パンク) ブレーキペダルが 重 く 感 じたら? 車 には エンジンの 負 圧 を 利 用 して ブレーキペダルを 踏 む 力 を 軽 減 する ブレーキ 倍 力 装 置 がついています エンジンの 負 圧 が 低 下 していると ブレーキペダルを 踏 んだときに 重 く 感 じることがありますが 異 常 では ありません そのままペダルを 強 く 踏 んでください J035

37 必 読! 安 全 なドライブのために 長 い 下 り 坂 ではエンジンブ レーキを 使 用 する 長 い 下 り 坂 ではエンジンブレーキ( ) を 併 用 してください アクセルペダル から 足 を 離 し 走 行 速 度 に 合 わせて 次 のようにします S(スポーツ)モードスイッチを ON にするか セレクトレバーを L に シフトダウンします 4-13ページ (セレクトレバーの 操 作 ) エンジンブレーキとは 走 行 中 にア クセルペダルから 足 を 離 したときに 起 こるブレーキ 効 果 のことをいいま す エンジンブレーキは 低 速 ギヤほ どよく 効 きます 横 風 が 強 いときは 72J20330 トンネルの 出 口 や 橋 の 上 大 型 トラッ クが 通 りすぎるときなどに 横 風 を 受 けて 車 が 横 に 流 されることがありま す あわてずハンドルをしっかり 握 り 徐 々にスピードを 落 として 進 路 を 立 て 直 してください 滑 りやすい 路 面 ではゆっくり 走 る 2 80J1003 ブレーキペダルを 踏 み 続 けると ブ レーキ 装 置 が 過 熱 してブレーキが 効 かなくなるおそれがあります 80J039 濡 れた 路 面 や 凍 結 路 積 雪 路 などで は 急 発 進 急 加 速 急 ブレーキ 急 ハンドル 急 激 なエンジンブレーキ など 急 のつく 運 転 はしないでく ださい スリップ 事 故 につながるお それがあります 2-15

38 必 読! 安 全 なドライブのために 水 たまりを 高 速 で 通 り 抜 けない 冠 水 した 場 所 は 走 行 しない 2 72J20350 水 たまりや 濡 れた 路 面 を 高 速 で 走 行 すると タイヤと 路 面 の 間 に 水 の 膜 が でき タイヤが 浮 いた 状 態 になること があります これをハイドロプレーニ ング 現 象 といい ハンドルやブレーキ がまったく 効 かなくなって 思 わぬ 事 故 につながるおそれがあります 水 たまりを 走 行 したあとや 洗 車 後 はブレーキの 効 きを 確 認 80J042 万 一 冠 水 した 場 所 を 走 行 したとき は ブレーキの 効 きを 確 かめながら 安 全 な 場 所 に 停 車 し 日 産 販 売 会 社 にご 連 絡 ください また 次 の 項 目 などに ついて 点 検 を 受 けてください ブレーキの 効 き 具 合 エンジン トランスミッション デ ファレンシャルなどのオイル 量 およ び 質 の 変 化 (オイルが 白 濁 している 場 合 は 水 が 混 入 していますのでオ イル 交 換 が 必 要 です) ベアリング ジョイント 部 などの 潤 滑 不 良 冠 水 した 場 所 や 深 い 水 たまりを 走 行 しないでください エンスト 電 装 品 のショート エンジン 破 損 など の 原 因 になります 72J 周 囲 の 安 全 を 確 かめてから 低 速 でブ レーキペダルを 数 回 踏 み ブレーキ の 効 きを 確 かめてください ブレーキの 効 きが 悪 いときは 効 き が 回 復 するまで 低 速 で 繰 り 返 しブ レーキペダルを 軽 く 踏 み ブレーキ 装 置 のしめりを 乾 かしてください

39 必 読! 安 全 なドライブのために スタック( 立 ち 往 生 )したと きは ぬかるみや 砂 地 などで 駆 動 輪 が 空 転 して 脱 出 できなくなることをス タックといいます 前 進 と 後 退 を 繰 り 返 すときは 駆 動 装 置 などが 損 傷 するおそれがあるた め 次 のことに 注 意 してください セレクトレバーを 確 実 に 入 れてか らアクセルを 軽 く 踏 んでください 数 回 行 なっても 脱 出 できないとき は 操 作 を 中 止 してください パーキングブレーキをしっか りとかけて 平 らな 場 所 に 駐 車 するときは 1 駐 車 するときは ブレーキペダルを 踏 んだまま パーキングブレーキをしっかりと かけます 4-11ページ (パーキングブレーキの 操 作 ) 2 タイヤの 下 に 石 や 木 を 入 れると 脱 出 しやすくなります 脱 出 しようとする 前 に 周 囲 の 安 全 を 十 分 に 確 認 してください 勢 いよ く 発 進 して 事 故 を 起 こすおそれがあ ります (1) (1) パーキングブレーキペダル 82K003 タイヤを 高 速 で 空 転 させないでくだ さい タイヤが 異 常 に 過 熱 して 破 損 したり 駆 動 装 置 が 損 傷 したりする おそれがあります セレクトレバーを P に 入 れま 2 す ブレーキペダルからゆっくりと 足 を 離 し 車 が 動 き 出 さないこ とを 確 認 してください 4-13ページ (セレクトレバーの 操 作 ) 80J043 平 らな 場 所 に 少 しの 間 駐 車 するとき でも 安 全 のため セレクトレバー を P に 入 れてください 寒 冷 時 にパーキングブレーキをかけ ると 凍 結 して 解 除 できなくなるお それがあります 坂 道 を 避 け 平 ら な 場 所 に 駐 車 してください 6-13ページ (パーキングブレーキ) 2-17

40 2 必 読! 安 全 なドライブのために 坂 道 に 駐 車 するときは 1 2 は 平 らな 場 所 で 駐 車 すると きと 同 じ 操 作 です 3 市 販 品 の 輪 止 めや 石 などでタイヤ を 固 定 し 車 が 動 き 出 さないよう にしてください 急 な 坂 道 には 駐 車 しないでくださ い 無 人 で 車 が 動 き 出 すなど 思 わ ぬ 事 故 につながるおそれがあります 周 囲 の 状 況 や 風 向 きで 排 気 ガスが 車 内 に 侵 入 し 一 酸 化 炭 素 中 毒 のおそ れがあります 無 意 識 にセレクトレバーを 動 かした り アクセルペダルを 踏 み 込 んだり して 思 わぬ 事 故 を 起 こすおそれが あります 無 意 識 にアクセルペダルを 踏 み 続 け ると エンジンや 排 気 管 が 過 熱 して 火 災 のおそれがあります 車 を 移 動 するときはエンジン をかけて 燃 えやすいものの 近 くに 駐 車 しない 坂 道 を 利 用 して 惰 性 で 車 を 移 動 しな いでください ハンドルをまわすと きやブレーキペダルを 踏 むときに 強 い 力 が 必 要 となって 思 わぬ 事 故 を 起 こすおそれがあります 80J046 エンジンをかけたまま 仮 眠 し ない 枯 れ 草 紙 くず ベニヤ 板 などの 可 燃 物 の 近 くに 車 を 止 めないでください 排 気 管 や 排 気 ガスが 高 温 になるため 火 災 のおそれがあります 72J

41 必 読! 安 全 なドライブのために 車 から 離 れるときはエンジン を 止 めてドアを 施 錠 ライターやメガネなどを 放 置 しない 2 80J3093 少 しの 間 でも 車 から 離 れるときは 現 金 や 貴 重 品 を 車 内 に 放 置 しないでくだ さい 盗 難 のおそれがあります エンジンをかけたまま 車 から 離 れな いでください 火 災 や 盗 難 など 思 わ ぬ 事 故 につながるおそれがあります 車 内 にパソコンや 携 帯 電 話 な どを 放 置 しない 盗 難 にあったり 水 分 や 湿 気 または 温 度 変 化 などにより 故 障 したりするおそ れがあります 80J1004 炎 天 下 で 駐 車 するときは 車 内 にラ イターやスプレー 缶 プラスチック 製 品 (メガネやカード CD ケース など)や 炭 酸 飲 料 缶 を 放 置 しないで ください 車 内 が 高 温 になるため ライターやスプレー 缶 の 自 然 発 火 や 爆 発 による 火 災 メガネやカード CD ケースなどの 変 形 やひび 割 れ 炭 酸 飲 料 缶 の 破 裂 を 起 こすおそれが あります 操 作 部 が 露 出 しているライターやス プレー 缶 をグローブボックスや 小 物 入 れなどに 入 れたり 床 やシートの すきまに 落 としたままにしたりしな いでください 荷 物 を 押 し 込 んだと きやシートを 動 かしたときに ガス が 噴 出 して 火 災 につながるおそれが あります 2-19

42 必 読! 安 全 なドライブのために 給 油 するときは 5-55ページ( 燃 料 給 油 口 ) セルフスタンドで 給 油 すると きは 2 火 気 に 気 をつけて 80J020 必 ず 次 のことをお 守 りください エンジンを 止 めてください 給 油 中 はドアや 窓 を 閉 めてくださ い ガソリンは 引 火 性 が 高 いため タ バコなどの 火 気 は 厳 禁 です セルフスタンドで 給 油 するときは 必 ず 次 のことをお 守 りください フューエルキャップを 開 ける 前 に 車 体 または 給 油 機 の 金 属 部 分 に 手 を 触 れて 身 体 の 静 電 気 ( ) を 除 去 してください 身 体 に 静 電 気 を 帯 びていると 放 電 による 火 花 で 燃 料 に 引 火 し やけどのおそ れがあります また 給 油 中 は 車 内 にもどらない でください 再 び 帯 電 するおそれ があります 給 油 口 には 静 電 気 除 去 を 行 なっ た 方 以 外 の 人 を 近 づけないでくだ さい 空 気 が 乾 燥 すると 身 体 に 多 く の 静 電 気 が 帯 電 します また かさね 着 をすると 繊 維 の 摩 擦 により 静 電 気 が 発 生 します と くに 乾 燥 する 季 節 は 注 意 してく ださい フューエルキャップはゆっくりと ゆるめ 空 気 が 抜 ける 音 が 止 まっ たらキャップを 開 けます 急 に 開 けると 燃 料 タンク 内 の 圧 力 が 急 激 に 抜 け 燃 料 が 吹 き 出 すおそれが あります 給 油 口 に 給 油 ノズルを 止 まるとこ ろまで 確 実 に 差 し 込 んでくださ い ノズルを 確 実 に 差 し 込 まない と 燃 料 が 吹 きこぼれるおそれが あります 給 油 ノズルのレバーを 止 まるとこ ろまで 確 実 に 引 いてください 2-20

43 必 読! 安 全 なドライブのために 給 油 ノズルの 自 動 停 止 (オートス トップ) 機 能 が 作 動 したら 給 油 を 終 了 してください 自 動 停 止 後 に 継 ぎ 足 し 給 油 をすると 燃 料 があふれ 出 るおそれがあります 無 鉛 ガソリン 以 外 は 使 用 しない 有 鉛 ガソリンや 粗 悪 ガソリン その ほかの 燃 料 (アルコール 系 軽 油 な ど)を 使 用 すると エンジンや 燃 料 配 管 系 などに 悪 影 響 をおよぼします 2 80J1005 給 油 機 によっては 早 期 に 自 動 停 止 機 能 が 作 動 して 給 油 できない 場 合 があります スタンド 従 業 員 の 指 示 にしたがってください 燃 料 をこぼさないようにしてくださ い こぼれた 場 合 は ただちにやわ らかい 布 などでふき 取 ってくださ い 火 災 など 思 わぬ 事 故 につながる おそれがあります また そのまま 放 置 すると 塗 装 のしみ 変 色 ひ び 割 れの 原 因 となります 給 油 後 は 給 油 ノズルを 確 実 にもと の 位 置 にもどし フューエルキャッ プをしっかりと 閉 めてください キャップが 確 実 に 閉 まっていない と 燃 料 が 漏 れたり 火 災 が 発 生 し たりするおそれがあります 燃 料 は 人 体 に 有 害 な 物 質 を 含 んでい ます 気 化 した 燃 料 を 吸 い 込 まない でください そのほか スタンドに 掲 示 されてい る 注 意 事 項 をお 守 りください オートマチック 車 を 運 転 するときは オートマチック 車 には 特 有 の 操 作 上 の 注 意 があります 4-13ページの オー トマチック 車 もあわせてお 読 みいた だき 正 しい 取 扱 いをしてください 本 書 で オートマチック 車 と 記 載 さ れている 場 合 CVT 車 を 示 してい ます クリープ 現 象 に 注 意 して エンジンをかけて 停 車 しているとき セレクトレバーが P N 以 外 に 入 って いると アクセルペダルを 踏 まなくて も 車 がゆっくり 動 きます これをク リープ 現 象 といいます セレクトレバーを P N 以 外 に 入 れているときは ブレーキペダルを しっかり 踏 んでください エンジン 始 動 直 後 やエアコン 作 動 時 は クリープ 現 象 が 強 くなることが あります とくにしっかりブレーキ ペダルを 踏 んでください 2-21

44 必 読! 安 全 なドライブのために CVT 車 もクリープ 現 象 があります ブレーキペダルは 右 足 で 踏 む (1) (2) 2 R (リバース)ポジション 警 告 ブザー セレクトレバーを R に 入 れると 室 内 で 警 告 ブザーが 鳴 り セレクトレバー が R に 入 っていることを 運 転 者 に 知 らせます (1) パーキングブレーキ (2) ブレーキペダル (3) アクセルペダル (3) 82K004 R (リバース)ポジション 警 告 ブ ザーは 車 外 の 人 に 車 の 後 退 を 知 ら せるためのものではありません 左 足 では 適 切 なブレーキ 操 作 ができま せん ブレーキペダルは 右 足 で 踏 む 習 慣 をつけてください ペダルの 踏 み 間 違 いに 注 意 アクセルペダルとブレーキペダルを 踏 み 間 違 えると 思 わぬ 事 故 につな がります ペダルの 踏 み 間 違 いを 防 ぐため エン ジンをかける 前 にアクセルペダルとブ レーキペダルを 実 際 に 足 で 踏 んで 位 置 を 確 認 してください セレクトレバーを 操 作 すると きは 前 進 と 後 退 を 繰 り 返 すときなどは セレクトレバーを R に 入 れたこと を 忘 れることがあります 車 を 後 退 させたあとは すぐに R から N に 入 れる 習 慣 をつけてください 切 り 返 しなどで 前 進 と 後 退 を 繰 り 返 すときは 完 全 に 停 車 してからセレ クトレバーを 操 作 してください アクセルペダルを 踏 んだままでセレ クトレバーを 操 作 しないでください 急 発 進 して 事 故 を 起 こすおそれがあ ります 2-22

45 必 読! 安 全 なドライブのために セレクトレバーの 位 置 は 目 で 確 認 始 動 時 や 降 車 時 は P 前 進 時 は D 後 退 時 は R にあることを 目 で 確 認 し てください 車 から 離 れるときは SRSエアバッグ 車 を 運 転 するときは SRS エアバッグシステムの 効 果 を 発 揮 させるために 3-50 ページの SRS エアバッグ もあわせてお 読 みいただ き 正 しい 取 扱 いをしてください シートベルトは 必 ず 着 用 2 51K K311 エンジンをかけたまま 車 から 離 れな いでください 万 一 セレクトレバー が P 以 外 に 入 っていると 車 がひ とりでに 動 き 出 すおそれがありま す また 車 に 乗 り 込 むときに 誤 っ てセレクトレバーを 動 かしたりアク セルペダルを 踏 み 込 んだりして 思 わぬ 急 発 進 のおそれがあります SRSエアバッグシステムは シート ベルトに 代 わるものではありませ ん シートベルトと 併 用 することで その 効 果 を 発 揮 するシートベルトの 補 助 拘 束 装 置 です したがってSRS エアバッグシステムが 装 備 されてい る 車 であっても シートベルトを 必 ず 着 用 してください 2-23

46 必 読! 安 全 なドライブのために 2 着 座 姿 勢 瞬 時 にふくらむ 運 転 席 助 手 席 SRS エ アバッグにより 強 い 衝 撃 を 受 けるおそ れがあるため 運 転 者 および 助 手 席 の 同 乗 者 は シートに 奥 深 くすわり 背 も たれに 背 中 を 軽 くつけてください ま た シートを 前 方 に 出 しすぎないよう にシートの 位 置 を 調 節 してください SRS エアバッグシステムを 正 常 に 機 能 させるために 66K J014 ハンドルやインパネに 顔 や 胸 など を 近 づけたり 足 を 置 いたりしない でください SRSエアバッグが 作 動 したときの 強 い 衝 撃 で 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります ハンドルを 交 換 する ハンドルの パッド 部 にステッカーを 貼 る 色 を ぬる カバーで 覆 うなどの 改 造 をし ないでください インパネ 上 面 には ステッカーを 貼 ったり 色 をぬったりしないでくだ さい また アクセサリーや 芳 香 剤 ETC 車 載 器 やポータブルカー ナビなどを 取 り 付 けたり 置 いたり 傘 などを 立 てかけたりしないでくだ さい フロントガラスやルームミラーにア クセサリー( 日 産 純 正 用 品 を 除 く) などを 取 り 付 けないでください お 子 さま 用 シートの 取 り 付 け 2-8 ページ(お 子 さま 用 シートの 使 用 について) 3-45ページ(お 子 さま 用 シートの 選 択 について) 2-24

47 必 読! 安 全 なドライブのために 4WD 車 を 運 転 するときは 4WD 車 には 特 有 の 操 作 上 の 注 意 があり ます 正 しい 取 扱 いをしてください ターボ 車 を 運 転 するときは ターボ 車 には 特 有 の 操 作 上 の 注 意 があ ります 正 しい 取 扱 いをしてくださ い 路 面 の 状 況 に 注 意 して 走 行 する 4WD 車 は 雪 道 急 坂 路 砂 地 ぬかるみなどのタイヤがスリップし やすい 路 面 で 優 れた 走 行 性 能 を 発 揮 しますが 万 能 ではありません ま た オフロード( 不 整 地 ) ラリー 専 用 車 ではありません 次 のことを お 守 りください 砂 地 やぬかるみなど タイヤが 空 転 しやすいところでは 連 続 走 行 し ないでください ブレーキ 性 能 は2WD 車 と 比 べてほ とんど 差 がありません 滑 りやすい 路 面 での 走 行 には 十 分 車 間 距 離 を とってください アクセル ハンド ル ブレーキの 操 作 も 2WD 車 と 同 様 に 慎 重 に 行 なってください 渡 河 走 行 や 水 中 走 行 をしないでく ださい ターボとは エンジンに 多 量 の 空 気 を 送 り 込 んで より 大 きな 馬 力 を 引 き 出 す 精 密 装 置 で す ターボ 装 置 には 高 温 で 超 高 速 回 転 する 羽 根 が 取 り 付 けられており その 軸 受 け 部 をエンジンオイルで 潤 滑 冷 却 しています ターボ 装 置 の 潤 滑 や 冷 却 を 適 切 に 行 なうために 次 のことをお 守 りくだ さい 守 らないと ターボ 軸 受 部 の 固 着 や 異 音 の 原 因 となります エンジン 始 動 直 後 などのエンジン が 暖 まっていないときは 空 ぶか しや 急 発 進 急 加 速 をしないでく ださい 2 80J042 82K006 高 速 走 行 直 後 や 登 坂 走 行 直 後 など はターボ 装 置 の 温 度 が 高 くなって いるため 2 ~ 3 分 のアイドリン グ 運 転 をしてターボ 装 置 を 冷 やし てから エンジンを 止 めてくださ い アイドリング 運 転 をしてエンジ ンオイルを 冷 やすことで ター ボ 装 置 の 温 度 が 下 がります 2-25

48 必 読! 安 全 なドライブのために 2 エンジンオイル オイルフィルター は 定 期 的 に 交 換 してください 2-29 ページ(エンジンオイル を 交 換 するときは) エンジン 停 止 後 に 冷 却 ファン が 作 動 することがあります エンジン 冷 却 水 温 が 高 い 場 合 エンジ ンを 停 止 させたあとでもエンジンルー ム 内 の 冷 却 ファンが 駆 動 しますが 異 常 ではありません 冷 却 水 の 温 度 が 下 がると 自 動 的 にファンが 停 止 します 動 いているファンに 近 づかないでく ださい 手 や 髪 衣 類 などが 巻 き 込 まれると けがのおそれがあります マッチ タバコの 火 は 確 実 に 消 し 吸 いがらを 入 れた 灰 皿 ( 別 売 り)は 完 全 に 閉 めてください 灰 皿 ( 別 売 り)の 中 に 吸 いがらをた めすぎたり 紙 など 燃 えやすいもの を 入 れたりしないでください 外 装 部 品 に 力 をかけすぎない スポイラー リヤバンパー サイド スカートなどに 強 い 力 をかけないで ください 破 損 するおそれがありま す 段 差 などに 注 意 して こんなことにも 注 意 して マッチ タバコの 火 は 確 実 に 消 す 次 のような 場 合 は バンパーまたは 車 両 下 部 が 破 損 するおそれがありま す 十 分 注 意 してください 路 肩 など 段 差 がある 場 所 への 乗 り 入 れ わだちやくぼみなどがある 道 路 の 走 行 80J

49 000- 取扱説明書.book 27 ページ 2014年3月3日 月曜日 午前11時59分 必読 安全なドライブのために 植込み型心臓ペースメーカーなどをご使用の方へ 植込み型心臓ペースメーカーおよび植込み型除細動器 ICD を使用している方 は プッシュエンジンスターター装備車の各発信機 下図参照 から約22cm以 内の範囲に 植込み型心臓ペースメーカーおよび植込み型除細動器 ICD が近 づかないようにしてください 電波が植込み型心臓ペースメーカーおよび植込み 型除細動器 ICD の作動に影響をあたえるおそれがあります 植込み型心臓ペースメーカーおよび植込み型除細動器 ICD 以外の医療用電気 機器を使用している方は プッシュエンジンスターター装備車の電波が医療用電 気機器の作動に影響をあたえる場合があるため 医療用電気機器製造業者などへ 影響を確認してください 詳しくは 日産販売会社にお問い合わせください 2 (3) (1) (2) (4) 50M2035 (1) 前席ドア車外発信機 イラストは運転席ドア側 (2) 車室内発信機 (3) 荷室発信機 (4) バックドア車外発信機 2-27

50 必 読! 安 全 なドライブのために 2 不 正 改 造 はしない 64L20170 キセノンヘッドランプ 装 備 車 では 次 のような 改 造 をするとオートレベ ライザー 機 能 ( 自 動 光 軸 調 整 機 能 ) が 正 常 に 作 動 しなくなるおそれがあ ります サスペンションの 改 造 ( 車 高 やサ スペンションの 硬 さ 変 更 ) 指 定 サイズ 以 外 のタイヤやホイー ルの 装 着 この 車 に 適 さない 部 品 を 取 り 付 けた り 自 己 流 のエンジン 調 整 や 配 線 を したりしないでください 思 いがけ ない 火 災 や 事 故 を 起 こしたり 不 正 改 造 になったりすることがあります 無 線 機 ナビゲーション オーディ オ ETC 車 載 器 などの 電 気 製 品 の 取 り 付 け 取 り 外 しをするときは 日 産 販 売 会 社 にご 相 談 ください ま た バッテリー 端 子 から 電 気 製 品 の 電 源 をとったり アース 線 を 直 接 つ なげたりしないでください 電 子 部 品 のはたらきをさまたげたり 火 災 故 障 バッテリーあがりなどを 起 こしたりするおそれがあります ホイール ホイールナットは 指 定 の 日 産 純 正 品 以 外 を 使 用 しないでくだ さい 走 行 中 にナットがゆるんでホ イールが 外 れるなど 思 わぬ 事 故 に つながるおそれがあります また 燃 費 や 走 行 安 定 性 が 悪 化 したり 故 障 の 原 因 となったりします 部 品 の 取 り 付 け 取 り 外 し 修 理 をするときは SRSエアバッグ シートベルトプリ テンショナーは その 機 能 に 影 響 を あたえる 部 品 に 手 を 加 えると 思 い がけないときに 作 動 したり 必 要 な ときに 正 常 に 作 動 しなかったりする ことがあります 次 のような 場 合 は システムに 悪 影 響 をおよぼします 事 前 に 日 産 販 売 会 社 にご 相 談 ください ハンドルの 取 り 外 し ハンドルま わりの 修 理 など インパネまわり 前 席 シート 下 の 修 理 および 電 気 配 線 の 修 理 オーディオ 用 品 などの 取 り 付 け ダッシュボード 周 辺 の 板 金 塗 装 お よび 修 理 前 席 シートの 交 換 およびシートま わりの 修 理 センターピラーまわりの 修 理 2-28

51 必 読! 安 全 なドライブのために アクセサリーの 取 り 付 けに 気 をつけて 80J069 窓 ガラスにアクセサリーを 取 り 付 け ないでください アクセサリーや 吸 盤 が 視 界 をさまたげたり 吸 盤 がレ ンズのはたらきをして 火 災 を 起 こし たりするおそれがあります また SRSエアバッグが 作 動 したときに アクセサリーが 飛 んでけがのおそれ があります エンジンオイルを 交 換 すると きは 定 期 的 に 交 換 する 標 準 的 な 使 用 方 法 では エンジンオイ ルは10,000 km(ターボ 車 は5,000 km)ごと または6か 月 ごとのどち らか 早 い 方 で 交 換 し エンジンオイル フィルターは 10,000 km ごとに 交 換 してください 厳 しい 条 件 (シビアコンディショ ン)で 使 用 した 場 合 は 標 準 的 な 場 合 より 早 めの 交 換 が 必 要 です メンテナンスノート 交 換 時 期 を 守 ってください 劣 化 し たオイルや 目 詰 まりしたフィルター は エンジン 故 障 や 異 音 の 原 因 とな ります 交 換 については 日 産 販 売 会 社 へお 申 し 付 けください 2 飲 み 物 などをこぼしたときは 車 内 に 水 などをかけたり 飲 み 物 な どをこぼしたりしないでください 次 のような 部 品 が 故 障 したり 火 災 の 原 因 になったりするおそれがあり ます 万 一 飲 み 物 などをこぼした 場 合 は すみやかに 日 産 販 売 会 社 で 点 検 を 受 けてください SRSエアバッグシステム ナビゲーションまたはオーディオ スイッチ 配 線 などの 電 気 部 品 セレクトレバー シートベルト バックルなどの 可 動 部 分 2-29

52 必 読! 安 全 なドライブのために エンジンオイルの 規 格 / 粘 度 使 用 するエンジンオイルにより 燃 費 な どの 性 能 は 左 右 されるため 次 の 表 1 表 2 をそれぞれ 満 たすオイルを 使 用 し てください 8-1ページ(サービスデータ) 0W-20は 新 車 時 に 充 填 されている 燃 費 性 能 に 優 れたオイルです (ター ボなし 車 ) 2 表 1 表 2 エコドライブをしましょう 3-71ページ (ECOインジケーター) タイヤの 空 気 圧 を 適 正 に 規 格 ターボなし 車 ターボ 車 SAE 粘 度 ( 3) 0W-20 5W-30 5W-30 1 API 規 格 とは アメリカ 石 油 協 会 が 定 めた 規 格 でエンジンオイルの 品 質 グレードを 表 しています 2 ILSAC 規 格 とは 国 際 潤 滑 油 標 準 化 認 証 委 員 会 が 定 めた 自 動 車 用 エ ンジンオイルの 規 格 で API 規 格 をベースに 省 燃 費 耐 久 性 などの 性 能 がさらに 優 れたオイルである ことを 示 します 3 SAE 粘 度 とは 潤 滑 油 の 粘 度 を 定 めた 規 格 です 左 側 の 数 字 (Wの 付 く 数 字 )は 低 温 時 の 粘 度 を 意 味 し この 数 字 が 小 さいほど 寒 さに 強 くエンジンの 始 動 性 が 良 いことを 示 します 右 側 の 数 字 は 高 温 時 の 粘 度 を 意 味 し この 数 字 が 大 きいほど 熱 に 強 く エンジンの 保 護 性 能 に 優 れていま す タイヤの 空 気 圧 が 低 いとガソリンを 多 く 消 費 します 適 正 な 空 気 圧 にし てください この 車 の 指 定 空 気 圧 は 運 転 席 ドア の 開 口 部 に 貼 付 してある 空 気 圧 ラ ベル (1)で 確 認 のうえ 調 整 し てください (1) 64L

53 必 読! 安 全 なドライブのために 不 要 な 荷 物 は 積 まない 燃 費 が 悪 化 したりタイヤが 早 く 摩 耗 し たりするなど 車 に 悪 影 響 があります 急 発 進 急 加 速 急 ブレーキ など 急 のつく 運 転 はしない 暖 機 運 転 は 適 切 に 次 のような 場 合 は 数 十 秒 から 数 分 程 度 の 暖 機 運 転 を 行 なってから 走 行 を 開 始 してください 長 期 間 お 車 を 使 用 しなかったとき 寒 冷 地 などで 極 低 温 (-10 以 下 を 目 安 )にあるとき 上 記 以 外 の 場 合 はエコドライブのた め エンジンを 始 動 したらすみやかに 走 行 を 開 始 してください 空 ぶかしをしない 80J259 2 エンジン 始 動 直 後 は 暖 まっていない ので 空 ぶかしや 急 発 進 急 加 速 を すると エンジン 故 障 の 原 因 となり ます 状 況 によって 異 なりますが 一 般 的 に 暖 機 運 転 によって 5 分 間 で 160 ml 程 度 の 燃 料 を 消 費 するといわれて います 80J064 燃 料 を 消 費 するだけで 何 の 効 果 もあ りません 車 速 に 応 じたギヤで 走 行 する 低 速 ギヤを 使 って 高 いエンジン 回 転 で 走 行 すると 燃 費 が 悪 くなります 走 行 速 度 に 応 じた 正 しいギヤをお 使 いくだ さい 2-31

54 3. 運 転 する 前 に ドアの 開 閉 キー 3-2 ドア 3-3 リモートコントロールエントリーシステム 3-8 携 帯 リモコン 3-10 警 報 装 置 カーアラーム 3-15 ウインドーの 開 閉 パワーウインドー 3-18 各 部 の 調 節 ルームミラー 3-21 ドアミラー 3-22 チルトステアリング 3-24 シートの 調 節 前 席 シート 3-24 後 席 シート 3-29 フルフラットシート 3-36 シートベルト シートベルトについて 3-37 シートベルトの 着 用 のしかた 3-39 シートベルトの 取 扱 いとお 手 入 れ 3-41 シートベルトプリテンショナー( 前 席 のみ) ステージロードリミッター 付 シートベルト ( 前 席 のみ) 3-43 お 子 さま 用 シートのシートベルトによる 固 定 3-43 お 子 さま 用 シートの 選 択 について 3-45

55 運 転 する 前 に SRSエアバッグ SRSエアバッグ 車 を 運 転 するときは 3-50 SRSエアバッグシステムの 取 扱 い 3-52 SRSエアバッグシステムの 作 動 3-54 SRSエアバッグ 警 告 灯 3-57 廃 棄 と 廃 車 3-57 イベントデータレコーダー(EDR)とは メーター メーターの 見 かた 3-58 警 告 灯 表 示 灯 の 見 かた 3-62 スイッチの 使 いかた ライトスイッチ 3-71 フォグランプスイッチ 3-73 ヘッドランプレベライザースイッチ 3-74 方 向 指 示 器 スイッチ 3-75 非 常 点 滅 表 示 灯 スイッチ 3-75 ワイパー/ウォッシャースイッチ 3-76 ホーンスイッチ 3-77 リヤデフォッガースイッチ 3-78 安 全 運 転 が 第 一 お 車 に 装 備 されているシートベルト SRSエアバッグ システム ABS(アンチロックブレーキシステム) などの 安 全 装 備 も 乗 員 の 安 全 確 保 には 限 界 がありま す 法 定 速 度 を 厳 守 するとともに スピードを 控 えめ にして 安 全 運 転 に 心 がけてください 3-1

56 3 運 転 する 前 に/ドアの 開 閉 ドアの 開 閉 キー キーはドアの 施 錠 解 錠 に 使 えます が エンジンの 始 動 停 止 には 使 えま せん エンジンの 始 動 停 止 には 携 帯 リモコンをご 使 用 ください 4-8ページ(エンジンのかけかた) キーを 紛 失 したり 車 内 に 閉 じ 込 めた りしないように 注 意 してください 携 帯 リモコン(1)が 2 個 リモコン に 格 納 可 能 なキー(2)が 2 本 ついて います 3-10ページ( 携 帯 リモコン) 携 帯 リモコンを 航 空 機 内 へ 持 ち 込 む 場 合 は 機 内 で 操 作 ボタンを 押 さないで ください また バッグなどに 入 れる ときは 簡 単 に 操 作 ボタンが 押 されな いように 収 納 してください 操 作 ボタ ンが 押 されると 電 波 が 発 信 され 航 空 機 の 運 航 に 支 障 をきたすおそれがあ ります 携 帯 リモコンは 航 空 機 内 での 使 用 が 制 限 される 電 子 機 器 に 該 当 しま す (3) (2) (3) 作 動 表 示 灯 (1) 70K006 携 帯 リモコンには キーを 格 納 して ください リモコンの 電 池 が 消 耗 し ているときや 故 障 したときなどに ドアの 施 錠 解 錠 ができなくなるお それがあります 盗 難 などを 防 ぐため キーを 紛 失 し たときは すみやかに 日 産 販 売 会 社 にご 相 談 ください キーのご 購 入 については 日 産 販 売 会 社 にご 相 談 ください リモコンに 格 納 されているキー(2) は ロック 解 除 レバー(4)を 方 向 に 引 きながら 取 り 出 します (4) (5) (2) (5) 適 合 証 明 マーク 82K

57 運 転 する 前 に/ドアの 開 閉 キーナンバープレート キーナンバープレート(2)には キー 作 成 時 に 必 要 なキーナンバー(1)が 打 刻 されています (2) (1) 80J1008 ドア ドアを 閉 めるときは シートベルト や 荷 物 などをはさまないようにして ください 半 ドア 状 態 になって 走 行 中 にドアが 開 くおそれがあります エンジンをかけた 状 態 で バックド アを 開 けたままにしないでくださ い 排 気 ガスが 車 内 に 侵 入 して 一 酸 化 炭 素 中 毒 のおそれがあります 火 災 や 盗 難 などの 事 故 防 止 のため 車 から 離 れるときは エンジンを 止 めドアを 施 錠 してください 3 お 客 様 以 外 の 方 にキーナンバーを 知 られないよう キーナンバープレー トは 車 両 以 外 の 場 所 に 大 切 に 保 管 してください 万 一 キーを 紛 失 し たときは 日 産 販 売 会 社 にキーナン バーを 伝 えてご 相 談 ください お 車 をおゆずりになるときは 次 に 所 有 される 方 のために キーナン バープレートをお 車 のキーとともに お 渡 しください ドアの 開 閉 は お 子 さまではなく 大 人 が 行 ない 手 足 頭 などをはさ まないように 気 をつけてください ドアを 開 けるときは 後 ろからの 車 に 注 意 してください とくに 風 が 強 い 日 は 注 意 してください バックドアを 開 けるときは 完 全 に 開 けてください 開 けかたが 不 十 分 な 場 合 思 わぬときに 閉 まって け がのおそれがあります エンジンがかかっているときは 排 気 管 の 真 後 ろでバックドアを 開 閉 し ないでください やけどなどのおそ れがあります カーアラームのセット 状 態 およびドア の 開 けかたによっては 警 報 が 作 動 す る 場 合 があります 3-15ページ(カーアラーム) 3-3

58 運 転 する 前 に/ドアの 開 閉 キー 操 作 による 車 外 からの 施 錠 解 錠 3-8 ページ(リモートコントロール エントリーシステム) 3-10ページ( 携 帯 リモコン) バックドアを 閉 めるときは ドア 下 面 右 側 の 手 かけ 部 (2)を 持 って 引 き 下 げます 最 後 はドアを 外 側 から 手 で 少 し 勢 いをつけて 押 し 付 けます (2) 3 運 転 席 ドア キーを 差 し 込 んで 車 の 前 方 向 にまわすと 解 錠 後 ろ 方 向 にまわすと 施 錠 できま す 50M M30010 バックドア 運 転 席 ドアにキーを 差 し 込 んで 車 の 前 方 向 にまわすと 解 錠 後 ろ 方 向 にまわすと 施 錠 できます バックドアを 開 けるときは 解 錠 後 ドアハンドル(1)を 手 前 に 引 きなが らドアを 持 ち 上 げます バックドアをささえているダンパース テー(3)の 損 傷 や 作 動 不 良 を 防 ぐた め 次 のことをお 守 りください ス テーが 円 滑 に 動 かなくなったり バッ クドアを 開 けたときに 保 持 できなく なったりするおそれがあります ステーのロッド 部 (ドア 開 閉 時 に 摺 動 する 棒 部 分 )に 傷 をつけたり 泥 やビニール 片 テープなどの 異 物 を 付 着 させたりしないでください ステーに 手 をかけたり ものをかけ たりしないでください (3) (1) 50M M

59 運 転 する 前 に/ドアの 開 閉 車 内 からの 施 錠 解 錠 前 席 ドア 後 席 ドア ドアを 閉 めてロックレバー(1)を 施 錠 側 ( 車 の 前 方 向 )にすると 施 錠 解 錠 側 ( 車 の 後 ろ 方 向 )にすると 解 錠 できます (2) (1) (1) 3 50M0203 トリム 内 側 にあるレバー(3)を 引 き 上 げると 解 錠 します 施 錠 するときは レバーを 押 し 下 げ ます 3 64L30080 (3) 解 錠 時 ロックレバーの 赤 い 表 示 が 見 えます 目 安 としてください バックドア 故 障 やバッテリーあがりなどでバックド アが 解 錠 できないときは 日 産 販 売 会 社 で 点 検 を 受 けてください 緊 急 を 要 するときは 次 の 手 順 で 解 錠 し てください 1 後 席 の 背 もたれを 倒 すなどして 作 業 スペースを 確 保 します 3-31ページ( 荷 室 を 広 げるとき ( 後 席 シート)) 50M30020 レバー 操 作 をするときは バックドア の 穴 周 囲 のエッジ 部 分 をさわらないで ください けがのおそれがあります 2 バックドアのトリム(1)を 外 しま す 固 定 しているクリップ 9 個 (2) は マイナスドライバー( 市 販 品 )でこじって 外 します 3-5

60 3 運 転 する 前 に/ドアの 開 閉 キーを 使 わない 施 錠 キーを 使 わない 施 錠 をするとき は キーが 手 元 にあるか 確 認 してく ださい キーを 閉 じ 込 むおそれがあ ります プッシュエンジンスターター 装 備 車 の 場 合 次 のような 状 況 では キー を 使 わない 施 錠 ができない 場 合 があ ります 携 帯 リモコンが 車 内 にある エンジンスイッチが ACC または ON のとき 3-14 ページ( 携 帯 リモコン 閉 じ 込 み 防 止 機 能 ) 後 席 ドア ロックレバー(1)を 施 錠 側 ( 車 の 前 方 向 )にして ドアを 閉 めると 施 錠 できま す (1) 50M30040 前 席 ドア ロックレバー(1)を 施 錠 側 ( 車 の 前 方 向 )にして ドアハンドル(2)を 引 い たままドアを 閉 めると 施 錠 できます キーまたはロックレバー 操 作 による 集 中 ドアロック 3-8 ページ(リモートコントロール エントリーシステム) 3-10ページ( 携 帯 リモコン) (1) 運 転 席 ドアをキーまたはロックレバー (1) 操 作 で 施 錠 解 錠 すると 助 手 席 / 後 席 /バックドアも 同 時 に 施 錠 解 錠 します (2) 50M M

61 運 転 する 前 に/ドアの 開 閉 (1) 50M0018 プッシュエンジンスターター 装 備 車 の 場 合 いずれかのドアが 開 いている と キーまたは 運 転 席 ドアのロックレ バー 操 作 で 施 錠 できない 場 合 がありま す 3-14 ページ( 携 帯 リモコン 閉 じ 込 み 防 止 機 能 ) チャイルドセーフティドア ロックによる 施 錠 解 錠 車 内 から 後 席 ドアが 開 かないようにでき ます お 子 さまなどによるドア 誤 開 放 を 防 止 するために 使 用 してください 後 席 ドアにあるレバー(1)を LOCK ( 開 かない)の 位 置 にして ドアを 閉 め ます 車 内 からはドアが 開 きません 外 からドアを 開 けることは 可 能 です (1) 3 50M0019 ドアロック 解 除 機 能 衝 突 などで SRS エアバッグが 作 動 する と 自 動 的 にすべてのドアロックを 解 除 します 万 一 車 内 から 開 ける 場 合 は 窓 から 手 を 出 して 外 側 のドアハンドルをご 使 用 ください エアバッグが 作 動 したときでも ドア ロックモーターの 配 線 やモーター 自 体 が 損 傷 した 場 合 は ドアロック 解 除 機 能 が 作 動 しません 3-7

62 運 転 する 前 に/ドアの 開 閉 3 リモートコントロール エントリーシステム 車 から 約 2m 以 内 の 範 囲 で 携 帯 リモコン のロックスイッチ アンロックスイッチ を 押 すと すべてのドアを 施 錠 解 錠 で きます 施 錠 したときは ドアハンドルを 引 い て 施 錠 されているか 確 認 してくださ い (4) (1) (1) 携 帯 リモコン (2) ロックスイッチ (3) アンロックスイッチ (4) 作 動 表 示 灯 (2) (3) 70K018 火 災 や 盗 難 などの 事 故 防 止 のため 車 から 離 れるときは エンジンを 止 めて ドアを 施 錠 してください 次 のようなときは リモートコント ロールエントリーシステムが 作 動 し ません いずれかのドアが 開 いていると 施 錠 できません ( 解 錠 はできま す) 車 外 ブザーが ピー と 約 2 秒 間 鳴 ります エンジンスイッチが ACC または ON のとき リモートコントロールエントリーシ ステムの 作 動 距 離 は 周 囲 の 影 響 で 変 わることがあります また 強 い 電 波 などが 発 生 している 場 所 では リモー トコントロールエントリーシステム が 作 動 しないことがあります 少 しの 間 でも 車 から 離 れるときは 現 金 や 貴 重 品 を 車 内 に 放 置 しないで ください 盗 難 のおそれがあります 携 帯 リモコンでドアの 施 錠 解 錠 が できないときは キーを 使 って 施 錠 解 錠 をしてください リモートコントロールエントリーシ ステムが 正 しい 距 離 で 作 動 しないと きは 電 池 の 消 耗 が 考 えられます 6-7ページ ( 携 帯 リモコンの 電 池 交 換 ) 携 帯 リモコンを 必 要 以 上 に 操 作 する と 電 池 の 消 耗 が 早 まります 3-8

63 運 転 する 前 に/ドアの 開 閉 アンサーバック 機 能 リモートコントロールエントリーシステ ムによるドアの 施 錠 解 錠 を 知 らせる 機 能 です 初 期 設 定 アンサー 設 定 切 替 え 時 ( 工 場 出 荷 時 ) バック 機 能 ロック アンロック ロック アンロック ( 施 錠 )( 解 錠 )( 施 錠 )( 解 錠 ) 非 常 点 滅 表 示 灯 ルームランプ (スイッチが DOOR 位 置 ) 1 回 点 滅 2 回 点 滅 約 10 秒 間 点 灯 2 回 点 滅 約 10 秒 間 点 灯 リモートコントロールエントリーシス テムの 作 動 と 同 時 にルームランプを 点 灯 または 点 滅 させたい 場 合 は ルーム ランプスイッチを DOOR 位 置 にしま す ルームランプが 約 10 秒 間 点 灯 したあ とは 徐 々に 減 光 しながら 消 灯 します 5-60ページ(ルームランプ) プッシュエンジンスターター 装 備 車 の 場 合 車 外 ブザーも 鳴 ります 初 期 設 定 アンサー 設 定 切 替 え 時 ( 工 場 出 荷 時 ) バック 機 能 ロック アンロック ロック アンロック ( 施 錠 )( 解 錠 )( 施 錠 )( 解 錠 ) 車 外 ブザー 1 回 吹 鳴 2 回 吹 鳴 アンサーバック 機 能 の 設 定 切 替 え (カスタマイズ)については 日 産 販 売 会 社 にご 相 談 ください プッシュエンジンスターター 装 備 車 は リクエストスイッチで 施 錠 解 錠 したときにも アンサーバック 機 能 が 作 動 します また 次 の 合 図 が 別 々に カスタマイズできます 非 常 点 滅 表 示 灯 /ルームランプによ る 合 図 車 外 ブザーによる 合 図 タイマーロック 機 能 盗 難 防 止 のため 自 動 的 にドアを 施 錠 す る 機 能 です リモートコントロールエントリーシス テムで 解 錠 したあと 約 30 秒 以 内 に いずれのドアも 開 けなかったときに 自 動 的 にドアを 施 錠 します タイマーロック 機 能 が 作 動 すると カーアラームが 自 動 的 にセットされま す ( 警 報 なしモード 時 を 除 く) 3-15ページ(カーアラーム) プッシュエンジンスターター 装 備 車 は リクエストスイッチで 解 錠 したと きにも タイマーロック 機 能 が 作 動 し ます 3 キセノンヘッドランプ 装 備 車 の 場 合 解 錠 したとき 車 幅 灯 や 尾 灯 なども 点 灯 します 3-9

64 3 運 転 する 前 に/ドアの 開 閉 携 帯 リモコン すべてのドアが 閉 まっているときに 前 席 ドアまたはバックドアにあるリクエス トスイッチを 押 すと 所 持 している 携 帯 リモコンが 車 両 と 電 波 で 通 信 を 開 始 し 照 合 がとれるとドアの 施 錠 解 錠 が 可 能 となります また そのほかに 次 の 機 能 があります リモートコントロールエントリーシス テム 3-8 ページ(リモートコントロー ルエントリーシステム) エンジンスイッチによる 始 動 および 電 源 の 切 替 え 4-4ページ (プッシュエンジンスターター) エンジンイモビライザー( 車 両 盗 難 防 止 装 置 ) 4-3ページ (エンジンイモビライザー) 携 帯 リモコンは 車 両 と 通 信 すると き 外 的 影 響 を 受 けやすい 微 弱 な 電 波 を 使 用 しています 次 のような 使 用 環 境 では 正 常 に 作 動 しないこと があります 近 くにテレビ 塔 や 発 電 所 放 送 局 など 強 い 電 波 やノイズを 発 生 する 設 備 がある 携 帯 電 話 無 線 機 などの 無 線 通 信 機 器 やノートパソコンなどと 一 緒 に 所 持 している 携 帯 リモコンが 金 属 製 のものと 接 していたり 覆 われたりしている 近 くで 他 車 のリモートコントロー ルエントリーシステムが 使 用 され ている コインパーキングに 駐 車 している ( 車 両 検 出 用 の 電 波 の 影 響 がある ため) 携 帯 リモコン(1)が2 個 リモコンに 格 納 可 能 なキー(2)が2 本 ついています 携 帯 リモコンが 発 信 する 電 波 が 携 帯 電 話 やほかのリモコンなどの 無 線 通 信 機 器 に 影 響 をあたえることがありま す 必 要 以 上 に 携 帯 リモコンやリクエ ストスイッチ エンジンスイッチの 操 作 をしないでください (3) (2) (1) 携 帯 リモコンは 運 転 者 が 所 持 し 管 理 してください 車 内 にリモコンを 置 き 忘 れないでください 盗 難 などを 防 ぐため 携 帯 リモコン を 紛 失 したときは すみやかに 日 産 販 売 会 社 にご 相 談 ください (3) 作 動 表 示 灯 70K

65 リモコンに 格 納 されているキー(2) は ロック 解 除 レバー(4)を 方 向 に 引 きながら 取 り 出 します (4) (5) 適 合 証 明 マーク (5) (2) 82K283 運 転 する 前 に/ドアの 開 閉 適 合 証 明 マークの 消 去 改 ざんをし ないでください 法 律 により 処 罰 さ れることがあります 携 帯 リモコンには キーを 格 納 して ください リモコンの 電 池 が 消 耗 し ているときや 故 障 したときなどに ドアの 施 錠 解 錠 ができなくなるお それがあります 1 台 の 車 両 で 4 個 の 携 帯 リモコンま で 登 録 できます 電 池 の 寿 命 は 使 用 状 況 によりますが 約 2 年 です 6-7ページ ( 携 帯 リモコンの 電 池 交 換 ) 3 携 帯 リモコンの 分 解 ( 電 池 交 換 時 を 除 く)や 修 理 改 造 をしないでくださ い 発 火 や 感 電 けがのおそれがあり ます また 法 律 により 処 罰 されるこ とがあります 携 帯 リモコンには 精 密 な 電 子 部 品 が 組 み 込 まれています 電 子 部 品 の 故 障 を 防 ぐため 次 のことをお 守 りくださ い インパネの 上 などの 高 温 になるよう な 場 所 に 置 かない 落 下 させるなどして 強 い 衝 撃 をあ たえない 水 洗 いをしたり 水 中 に 入 れたりし ない 磁 気 を 帯 びたキーホルダーなどを 付 けない テレビやオーディオなど 磁 気 を 帯 び た 機 器 の 近 くに 置 かない 電 気 医 療 機 器 (マイクロ 波 治 療 器 や 低 周 波 治 療 器 など)の 近 くに 置 いた り 身 につけたまま 治 療 を 受 けたり しない 携 帯 リモコンは 車 両 と 通 信 するた めに 常 時 受 信 動 作 をしています 強 い 電 波 を 受 信 し 続 けたとき 電 池 を 著 しく 消 耗 することがあります (テレビやパソコンなどの 強 い 電 波 を 発 信 する 電 化 製 品 の 近 くに 置 いた ときなど) 携 帯 リモコンのご 購 入 暗 証 コードの 登 録 については 日 産 販 売 会 社 にご 相 談 ください 3-11

66 運 転 する 前 に/ドアの 開 閉 携 帯 リモコン 電 池 消 耗 警 告 灯 3 70K122 メーターパネル 内 にあります 携 帯 リモコンの 電 池 切 れが 近 いと エ ンジンスイッチを ON にしたときに 約 15 秒 間 点 灯 します 電 池 交 換 のう え 警 告 灯 をリセットしてください 1-10ページ( 警 告 灯 表 示 灯 ) 6-7ページ ( 携 帯 リモコンの 電 池 交 換 ) (2) (1) (1) 前 席 ドアのリクエストスイッチ (2) バックドアのリクエストスイッチ 50M0020 設 定 の 切 替 え(カスタマイズ)をする と 点 灯 しなくすることもできます 設 定 の 切 替 えについては 日 産 販 売 会 社 にご 相 談 ください リクエストスイッチによる ドアの 施 錠 解 錠 すべてのドアが 閉 まっているときに 所 持 している 携 帯 リモコンが リクエスト スイッチの 作 動 範 囲 (3-13 ページ 参 照 )に 入 っていると リクエストスイッ チを 押 すごとに すべてのドアを 施 錠 解 錠 できます 施 錠 したときは ドアハンドルを 引 い て 施 錠 されているか 確 認 してくださ い 火 災 や 盗 難 などの 事 故 防 止 のため 車 から 離 れるときは エンジンを 止 めド アを 施 錠 してください 次 のようなときは リクエストス イッチが 作 動 しません いずれかのドアが 開 いている エンジンスイッチが ACC また は ON のとき リクエストスイッチでドアの 施 錠 解 錠 をすると アンサーバック 機 能 やタイマーロック 機 能 が 作 動 します 3-9ページ (アンサーバック 機 能 ) 3-9ページ (タイマーロック 機 能 ) 少 しの 間 でも 車 から 離 れるときは 現 金 や 貴 重 品 を 車 内 に 放 置 しないで ください 盗 難 などのおそれがあり ます 3-12

67 運 転 する 前 に/ドアの 開 閉 リクエストスイッチの 作 動 範 囲 ( 車 外 ) 前 席 ドアまたはバックドアのリクエスト スイッチ 付 近 から 半 球 状 に 周 囲 約 80cm 以 内 です 80 cm 80 cm 80 cm 82K266 リクエストスイッチの 作 動 範 囲 で 携 帯 リモコンを 所 持 していても 次 のような 状 況 にあるとリモコンが 検 知 されず リクエストスイッチが 作 動 しない 場 合 があります 携 帯 リモコンの 電 池 が 消 耗 してい る 携 帯 リモコンが 強 い 電 波 やノイズ の 影 響 を 受 けている 携 帯 リモコンが 金 属 製 のものと 接 していたり 覆 われたりしている 携 帯 リモコンがドアに 近 づきすぎ ている 携 帯 リモコンが 地 面 の 近 くや 高 い 位 置 にあったり お 尻 のポケット の 中 などにあったりして リクエ ストスイッチから 離 れている 車 内 に 予 備 の 携 帯 リモコンがある と そのリモコンが 検 知 され リク エストスイッチが 正 常 に 作 動 しなく なるおそれがあります リクエストスイッチ 未 作 動 警 告 ブザー 次 のようなときは 車 外 ブザーが ピー と 約 2 秒 間 鳴 って リクエストスイッチ が 未 作 動 であることを 警 告 します エンジンスイッチが ACC または ON の 状 態 で すべてのドアを 閉 め リクエストスイッチを 押 したとき エンジンスイッチを LOCK (OFF) にしたあと 次 のような 状 況 でリクエ ストスイッチを 押 したとき 携 帯 リモコンを 車 内 に 置 き 忘 れてい る いずれかのドアが 開 いている 3-67ページ( 半 ドア 警 告 灯 ) エンジンスイッチを LOCK (OFF)に して 携 帯 リモコンを 車 外 に 持 ち 出 し す べてのドアを 完 全 に 閉 めたことを 確 認 し てから 再 度 リクエストスイッチを 押 し てください

68 運 転 する 前 に/ドアの 開 閉 3 携 帯 リモコン 閉 じ 込 み 防 止 機 能 キーを 使 わない 施 錠 (3-6 ページ 参 照 )で 携 帯 リモコンを 閉 じ 込 んでしま うのを 防 止 する 機 能 です 携 帯 リモコンを 車 内 に 置 き 忘 れた 状 態 で キーを 使 わない 施 錠 ですべて のドアを 施 錠 しようとすると 自 動 的 にすべてのドアが 解 錠 されます キーを 使 わない 施 錠 をするとき は 携 帯 リモコンが 手 元 にあるか 確 認 してください リモコンを 閉 じ 込 むおそれがあります エンジンスイッチが ACC または ON のときは 携 帯 リモコンの 位 置 に 関 係 なく 携 帯 リモコン 閉 じ 込 み 防 止 機 能 が 作 動 します 鉛 バッテリーが 完 全 にあがっている ときや 接 続 されていないときは 携 帯 リモコン 閉 じ 込 み 防 止 機 能 は 作 動 しません リクエストスイッチ 未 作 動 警 告 ブザー/ 携 帯 リモコン 閉 じ 込 み 防 止 機 能 の 検 知 範 囲 ( 車 内 ) 車 内 の 検 知 範 囲 (1)は インパネ の 上 や 荷 室 などを 除 く 車 室 内 です 車 内 の 検 知 範 囲 に 携 帯 リモコン があっても 次 のような 状 況 にある とリモコンが 検 知 されず リクエス トスイッチ 未 作 動 警 告 ブザーや 携 帯 リモコン 閉 じ 込 み 防 止 機 能 が 作 動 し ない 場 合 があります 携 帯 リモコンの 電 池 が 消 耗 している 携 帯 リモコンが 強 い 電 波 やノイズ の 影 響 を 受 けている 携 帯 リモコンが 金 属 製 のものと 接 していたり 覆 われたりしている 携 帯 リモコンが 次 のような 小 物 入 れの 中 にある インパネのトレイやボックス グローブボックス ドアポケット 携 帯 リモコンがメーターパネルの 手 前 やサンバイザー 床 にある 車 内 の 検 知 範 囲 に 携 帯 リモコン がなくても 次 のような 状 況 にある とリモコンが 検 知 され リクエスト スイッチ 未 作 動 警 告 ブザーや 携 帯 リ モコン 閉 じ 込 み 防 止 機 能 が 作 動 する 場 合 があります 車 外 に 携 帯 リモコンがあっても ドアに 近 づきすぎている 携 帯 リモコンがインパネの 上 や 荷 室 にある 3-14 (1) 81M40230

69 警 報 装 置 カーアラーム カーアラームは ドアをリモートコント ロールエントリーシステムまたはプッ シュエンジンスターター 装 備 車 のリクエ ストスイッチで 施 錠 すると 約 20 秒 後 にセットされます セット 状 態 にて リモートコントロール エントリーシステムまたはリクエストス イッチ 以 外 のもの( )で 解 錠 し いず れかのドアを 開 けると 警 報 が 作 動 して 周 囲 に 異 常 を 知 らせます キーやロックレバーを 含 む 工 場 出 荷 時 は < 警 報 モード>になっ ています 任 意 で< 警 報 なしモード> に 切 り 替 えてください 3-16ページ (モード 設 定 の 切 替 えのしかた) 警 報 を 誤 作 動 させたときは 3-16ページ( 警 報 の 停 止 のしかた) カーアラームは 一 定 の 条 件 下 で 警 報 を 発 する 機 能 です 室 内 への 侵 入 を 防 ぐ 機 能 はありません アラームのセット 中 は ドアを 必 ずリ モートコントロールエントリーシス テムまたはリクエストスイッチで 解 錠 してください キーを 使 ってドアを 解 錠 すると 警 報 が 作 動 します 車 を 貸 すときや カーアラームを 知 ら ない 方 が 運 転 するときは 作 動 につい てよく 説 明 するか アラームを< 警 報 なしモード>に 切 り 替 えてください 誤 って 警 報 を 作 動 させると 周 囲 への 迷 惑 になります アラームをセットしていても 現 金 や 貴 重 品 を 車 内 に 放 置 しないでくだ さい 盗 難 のおそれがあります 運 転 する 前 に/ 警 報 装 置 カーアラームのセットのしか た( 警 報 モード 時 ) ドアをリモートコントロールエントリー システムまたはリクエストスイッチで 施 錠 してください セキュリティインジ ケーター(1)が 小 刻 みに 点 滅 し 約 20 秒 後 にアラームがセットされます セット 中 は セキュリティインジケー ターが 約 2 秒 間 隔 で 点 滅 します (1) 50M0021 前 図 のメーターは 代 表 例 です お 車 の タイプにより 異 なります 警 報 の 思 わぬ 作 動 を 防 ぐため 車 内 に 人 が 残 っているときはアラームを セットしないでください 車 内 の 人 がロックレバーで 解 錠 し いずれか のドアを 開 けた 場 合 にも 警 報 が 作 動 します すべてのドアをキーまたはロックレ バーで 施 錠 すると アラームがセッ トされません タイマーロック 機 能 が 作 動 すると アラームが 自 動 的 にセットされます ( 警 報 なしモード 時 を 除 く) 3-9ページ (タイマーロック 機 能 )

70 運 転 する 前 に/ 警 報 装 置 3 カーアラームの 解 除 のしかた ドアをリモートコントロールエントリー システムまたはリクエストスイッチで 解 錠 してください アラームが 解 除 され セキュリティインジケーターが 消 灯 しま す 警 報 の 停 止 のしかた 警 報 を 誤 作 動 させたときは エンジンス イッチを ON にしてください 警 報 を 途 中 で 停 止 できます 警 報 を 停 止 した 場 合 でも ドアをリ モートコントロールエントリーシス テムまたはリクエストスイッチで 施 錠 すると 約 20 秒 後 にアラームが 再 びセット 状 態 となります アラームセット 状 態 または 警 報 作 動 状 態 で 鉛 バッテリー 端 子 を 外 すと 警 報 が 停 止 し ま す た だ し 再 度 バッテリー 端 子 を 接 続 すると 警 報 が 作 動 します 警 報 が 終 了 しても アラームの 解 除 をせずにいずれかのドアを 開 ける と 再 び 警 報 が 作 動 します 駐 車 時 に 警 報 が 作 動 した 場 合 カーアラームモード < 警 報 モード>と< 警 報 なしモード>の 2 つのモードがあります 警 報 の 作 動 は 次 のようになります < 警 報 モード>( 工 場 出 荷 時 ) 非 常 点 滅 表 示 灯 が 約 40 秒 間 点 滅 すると ともに 室 内 ブザーが 約 10 秒 間 断 続 的 に 鳴 ります 室 内 ブザーが 鳴 り 終 える と ホーンが 約 30 秒 間 断 続 的 に 鳴 りま す 作 動 中 は セキュリティインジケー ターも 点 滅 します < 警 報 なしモード> 警 報 は 作 動 しません モード 設 定 の 切 替 えのしかた カーアラームが 解 除 されている 状 態 で 次 の 手 順 で 切 り 替 えてください 1 2 運 転 席 にすわり すべてのドアが 閉 まっているか 確 認 します いずれかのドアが 開 いていると 半 ドア 警 告 灯 が 点 灯 します 3-67ページ( 半 ドア 警 告 灯 ) ロックレバー(1)を 解 錠 側 ( 車 の 後 ろ 方 向 )にします ライトスイッ チをOFF(2)の 位 置 にします 盗 難 などにより 警 報 が 作 動 した 場 合 エ ンジンスイッチを ON にすると セキュ リティインジケーターが 約 8 秒 間 小 刻 み に 点 滅 し 室 内 ブザーが4 回 鳴 ります 盗 難 にあっていないか 車 の 中 を 確 認 してく ださい (1) 64L

71 運 転 する 前 に/ 警 報 装 置 4 ロックレバー(1)を 施 錠 側 ( 車 の 前 方 向 )にし 解 錠 側 ( 車 の 後 ろ 方 向 )にもどします この 操 作 を 3 往 復 行 ないます (2) 72M2025 上 図 のライトスイッチは 代 表 例 です お 車 のタイプにより 異 なります 3-71ページ(ライトスイッチ) 次 の 3 から 4 までの 一 連 の 手 順 は 15 秒 以 内 に 完 了 してください 3 ライトスイッチを の 位 置 にま わし OFFの 位 置 にもどします こ の 操 作 を4 往 復 行 ないます 50M30170 前 記 の 手 順 を 行 なうと モード 設 定 が 次 表 の 順 で 切 り 替 わります また 設 定 確 認 ブザーの 回 数 によって 設 定 状 態 が 確 認 できます モード 設 定 状 態 (1) 設 定 確 認 ブザー 3 警 報 なしモード 1 回 警 報 モード 4 回 72M から 4 までの 操 作 が 正 しく 行 なわ れなかったり 15 秒 以 内 にできなかっ たりしたときは モード 設 定 が 切 り 替 わらず 設 定 確 認 ブザーが 鳴 りません はじめからやり 直 してください 3-17

72 3 運 転 する 前 に/ウインドーの 開 閉 ウインドーの 開 閉 パワーウインドー エンジンスイッチが ON のときに パ ワーウインドースイッチ(1)を 操 作 す ると ウインドーの 開 閉 ができます (1) 80J1268 走 行 中 に 後 席 ウインドーだけを 開 けて いると 耳 を 圧 迫 するような 音 が 発 生 する 場 合 があります これは 開 いてい るウインドー 周 辺 の 気 圧 変 動 にともな う 現 象 で 異 常 ではありません 空 の ビンなどの 口 に 横 から 息 を 吹 きかけ たときに 音 が 鳴 る 現 象 と 同 じです 後 席 ウインドーを 開 けたままでこの 音 を 軽 減 したい 場 合 は 次 のような 方 法 があります 前 席 ウインドーも 開 ける 後 席 ウインドーの 開 き 具 合 を 変 え る 例 えばウインドーが 全 開 なら 半 開 にする パワーウインドーは 強 い 力 で 開 閉 し ます 閉 めるときは 手 や 首 をはさま ないように 注 意 してください 窓 から 手 を 入 れてパワーウインドー スイッチを 操 作 しないでください 手 や 首 をはさむおそれがあります ウインドーロックスイッチ 運 転 席 ドアにあるウインドーロックス イッチの ロック 側 を 押 すと 助 手 席 / 後 席 ウインドーの 開 閉 ができなくなりま す ロックを 解 除 するときは ウインドー ロックスイッチの 解 除 側 を 押 します ウインドーガラスを 開 閉 するときは ガラスに 触 れないでください 巻 き 込 まれるおそれがあります L R 鉛 バッテリー 保 護 のため エンジンが かかっているときにウインドーを 開 閉 してください 50M

73 お 子 さまにはパワーウインドースイッ チを 操 作 させないでください お 子 さ まが 誤 って 操 作 すると 重 大 な 傷 害 に つながるおそれがあります お 子 さま を 乗 せているときは ウインドーロッ クスイッチを ロック 位 置 にしてく ださい ウインドーロックスイッチが ロック 位 置 のときでも 運 転 席 ウインドーは 開 閉 できます 運 転 席 での 開 閉 各 席 のウインドーが 開 閉 できます 運 転 する 前 に/ウインドーの 開 閉 運 転 席 ウインドーの 開 閉 (オート 機 構 付 ) ウインドースイッチを 軽 く 操 作 する と 操 作 している 間 だけ 開 閉 します スイッチから 手 を 離 すと ウインドー はその 位 置 で 止 まります ウインドースイッチを 強 く 操 作 する と オート 機 構 が 作 動 してスイッチか ら 手 を 離 しても 自 動 で 全 開 または 全 閉 します 途 中 で 止 めたいときは 操 作 した 方 向 と 逆 の 方 向 に 軽 く 操 作 します 運 転 席 ウインドーのキーOFF 後 作 動 機 構 運 転 席 ウインドーは エンジンスイッチ を ON の 位 置 から ACC または LOCK (OFF)にしたあとでも 30 秒 以 内 は 開 閉 が 可 能 です 3 L R (1) (3) 30 秒 以 内 でも 運 転 席 ドアを 開 けて 閉 めると 運 転 席 ウインドーの 開 閉 ができません 運 転 席 ウインドーの 開 閉 が 可 能 な 間 は 運 転 席 ウインドースイッチの AUTO の 文 字 が 点 灯 しています (2) (4) (1) 運 転 席 ウインドースイッチ (オート 機 構 付 ) (2) 助 手 席 ウインドースイッチ (3) 右 後 席 ウインドースイッチ (4) 左 後 席 ウインドースイッチ 50M0023 助 手 席 / 後 席 ウインドーの 開 閉 ウインドースイッチを 操 作 している 間 だ け 開 閉 します スイッチから 手 を 離 すと ウインドーはその 位 置 で 止 まります 3-19

74 3 運 転 する 前 に/ウインドーの 開 閉 はさみ 込 み 防 止 機 構 運 転 席 ウインドーには 安 全 装 置 として はさみ 込 み 防 止 機 構 があります オート 機 構 を 作 動 させて 自 動 で 閉 めて いるときに 異 物 をはさみ 込 むなどし てウインドーに 一 定 以 上 の 負 荷 がかか ると ウインドーの 動 く 方 向 が 反 転 し 少 し 開 いて 停 止 します ( 過 負 荷 検 知 方 式 ) はさまれる 異 物 の 形 状 や 硬 さ はさま れかたによっては 過 負 荷 検 知 されず はさみ 込 み 防 止 機 構 が 作 動 しない 場 合 があります 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそ れがありますので 十 分 に 注 意 して 開 閉 操 作 を 行 なってください はさみ 込 み 防 止 機 構 は スイッチを 引 き 上 げ 続 けた 状 態 では 作 動 しません また 閉 まりきる 直 前 は はさみ 込 み を 検 知 できない 領 域 があります 指 な どをはさまないように 気 をつけてくだ さい ウインドーの 故 障 で はさみ 込 み 防 止 機 構 が 作 動 し 自 動 で 閉 めること ができない 場 合 があります この 場 合 運 転 席 ウインドースイッチを 引 き 上 げ 続 けると 完 全 に 閉 めること ができます 悪 路 などを 走 行 中 にウインドーを 自 動 で 閉 めると 衝 撃 や 荷 重 がウイン ドーに 加 わって はさみ 込 み 防 止 機 構 が 作 動 することがあります はさみ 込 み 防 止 機 構 の 初 期 設 定 のしかた 鉛 バッテリー 端 子 やヒューズ(7-25 ページ 参 照 )を 外 すなどして パワーウ インドーシステムへの 電 源 供 給 を 一 度 絶 ってしまうと 運 転 席 ウインドーが 自 動 で 開 かなくなるとともに 自 動 で 閉 めた ときに はさみ 込 み 防 止 機 構 が 作 動 しな くなってしまいます この 場 合 次 の 手 順 ではさみ 込 み 防 止 機 構 の 初 期 設 定 を 行 なってください ま た 運 転 席 ウインドーが 自 動 で 開 くこと も 閉 めることもできなくなった 場 合 も 同 様 に 初 期 設 定 を 行 なってください エンジンを 始 動 します 運 転 席 ウインドースイッチを 押 し 続 け ウインドーを 完 全 に 開 けます 運 転 席 ウインドースイッチを 引 き 上 げ 続 け ウインドーを 完 全 に 閉 めま す そのままスイッチを 2 秒 以 上 引 き 上 げ 続 けます 運 転 席 ウインドーが 自 動 開 閉 できる ようになったか 確 認 します はさみ 込 み 防 止 機 構 は 必 ず 初 期 設 定 してください 初 期 設 定 が 完 了 するま では はさみ 込 み 防 止 機 構 が 作 動 しま せん 手 順 1 ~ 4 を 何 度 繰 り 返 しても 運 転 席 ウインドーが 自 動 開 閉 できない 場 合 システムの 異 常 が 考 えられます 日 産 販 売 会 社 で 点 検 を 受 けてくださ い 3-20

75 助 手 席 後 席 での 開 閉 各 部 の 調 節 運 転 する 前 に/ 各 部 の 調 節 ルームミラー 自 席 のウインドーだけ 開 閉 できます ウインドースイッチを 操 作 している 間 だけ 開 閉 します スイッチから 手 を 離 すと ウインドーはその 位 置 で 止 まり ます お 子 さまを 乗 せているときは 運 転 席 ドアのウインドーロックスイッチを ロック 位 置 にしてください 3-18ページ (ウインドーロックスイッチ) ミラー 全 体 を 動 かして 角 度 を 調 節 しま す 3 (1) 82K080 必 ず 走 行 前 に 調 節 してください 走 行 中 に 調 節 すると 前 方 不 注 意 で 思 わぬ 事 故 につながるおそれがあります 50M0024 (1) 助 手 席 / 後 席 ウインドースイッチ( ) イラストは 助 手 席 ドアを 代 表 していま す ウインドーロックスイッチが ロック 位 置 のときは 助 手 席 / 後 席 ウイン ドーの 開 閉 ができません 3-21

76 運 転 する 前 に/ 各 部 の 調 節 3 角 度 の 調 節 ドアミラー ドアミラー 角 度 調 節 スイッチ エンジンスイッチが ACC または ON のときに 使 用 できます 1 2 左 右 切 替 えスイッチ(1)を 調 節 したいミラーの 側 へ 押 します 角 度 調 節 スイッチ(2)を 押 して 上 下 左 右 にミラーを 動 かします 格 納 狭 い 場 所 で 駐 車 するときなどに ドアミ ラーを 車 の 後 ろ 方 向 に 倒 すことができま す L R (1) 50M0026 上 図 のドアミラーは 代 表 例 です お 車 のタイプにより 異 なります (2) 50M0025 必 ず 走 行 前 に 調 節 してください 走 行 中 に 調 節 すると 前 方 不 注 意 で 思 わぬ 事 故 につながるおそれがあります ドアミラーを 倒 したまま 走 行 しない でください 後 方 の 確 認 ができず 事 故 を 起 こすおそれがあります ドアミラーは 車 体 より 張 り 出 してい ます ドアミラーを 車 外 の 人 やもの に 当 てないように 気 をつけてくださ い 調 節 後 は 左 右 切 替 えスイッチを 中 立 の 位 置 へもどしてください 3-22

お 知 りになりたいことをさがすときは 次 のような 方 法 で 検 索 されますと すばやくさがせます タイトルからさがす 総 合 目 次 各 章 のはじめの 目 次 ヘッダー 取 り 付 け 位 置 警 告 灯 表 示 灯 からさがす イラスト 目 次 1-2ページ ブザー 音 からさがす 警

お 知 りになりたいことをさがすときは 次 のような 方 法 で 検 索 されますと すばやくさがせます タイトルからさがす 総 合 目 次 各 章 のはじめの 目 次 ヘッダー 取 り 付 け 位 置 警 告 灯 表 示 灯 からさがす イラスト 目 次 1-2ページ ブザー 音 からさがす 警 本 書 の 見 かた 本 ページは 見 本 を 使 って 本 書 の 基 本 的 な 読 みかたを 説 明 しています (1) 3 お 知 りになりたいことをさがすときは 次 のような 方 法 で 検 索 されますと すばやくさがせます タイトルからさがす 総 合 目 次 各 章 のはじめの 目 次 ヘッダー 取 り 付 け 位 置 警 告 灯 表 示 灯 からさがす イラスト 目 次 1-2ページ

More information

お 知 りになりたいことをさがすときは 次 のような 方 法 で 検 索 されますと すばやくさがせます タイトルからさがす 総 合 目 次 各 章 のはじめの 目 次 ヘッダー 取 り 付 け 位 置 警 告 灯 表 示 灯 からさがす イラスト 目 次 1-2ページ ブザー 音 からさがす 警

お 知 りになりたいことをさがすときは 次 のような 方 法 で 検 索 されますと すばやくさがせます タイトルからさがす 総 合 目 次 各 章 のはじめの 目 次 ヘッダー 取 り 付 け 位 置 警 告 灯 表 示 灯 からさがす イラスト 目 次 1-2ページ ブザー 音 からさがす 警 本 書 の 見 かた 本 ページは 見 本 を 使 って 本 書 の 基 本 的 な 読 みかたを 説 明 しています (1) 3 お 知 りになりたいことをさがすときは 次 のような 方 法 で 検 索 されますと すばやくさがせます タイトルからさがす 総 合 目 次 各 章 のはじめの 目 次 ヘッダー 取 り 付 け 位 置 警 告 灯 表 示 灯 からさがす イラスト 目 次 1-2ページ

More information

窓 や 網 戸 の 開 閉 時 の 注 意 事 項 窓 網 戸 のすき 間 やアーム 部 分 で 手 や 指 をはさまないようご 注 意 ください 特 にお 子 様 にはご 注 意 ください 窓 や 網 戸 を 開 閉 する 際 は 開 閉 位 置 に 手 や 足 を 出 さないでください 手 や

窓 や 網 戸 の 開 閉 時 の 注 意 事 項 窓 網 戸 のすき 間 やアーム 部 分 で 手 や 指 をはさまないようご 注 意 ください 特 にお 子 様 にはご 注 意 ください 窓 や 網 戸 を 開 閉 する 際 は 開 閉 位 置 に 手 や 足 を 出 さないでください 手 や 安 全 上 のご 注 意 下 記 は 商 品 を 安 全 にご 使 用 いただくために 必 ず 守 っていただきたい 事 項 です なお 個 々の 商 品 の 注 意 事 項 については 各 商 品 の 説 明 ページにも 記 載 されていますので 併 せてご 確 認 ください 窓 や 網 戸 シャッターについての 注 意 事 項 注 意 ご 使 用 中 窓 や 網 戸 のはずれ 止 めがずれることがあります

More information

Ⅰ 交 通 法 規 (40 問 ) 次 の 設 問 について 正 しいと 思 うものについては 解 答 用 紙 の の 欄 に 誤 っていると 思 うもの については 解 答 用 紙 の の 欄 に マークを 付 けなさい 問 1. 車 両 通 行 帯 が 設 けられていない 道 路 を 通 行 中

Ⅰ 交 通 法 規 (40 問 ) 次 の 設 問 について 正 しいと 思 うものについては 解 答 用 紙 の の 欄 に 誤 っていると 思 うもの については 解 答 用 紙 の の 欄 に マークを 付 けなさい 問 1. 車 両 通 行 帯 が 設 けられていない 道 路 を 通 行 中 第 44 回 全 国 トラックドライバー コンテスト 学 科 競 技 問 題 用 紙 ( 制 限 時 間 :60 分 間 ) 平 成 24 年 10 月 27 日 実 施 注 意 事 項 1 2 3 解 答 はすべて 別 紙 の 解 答 用 紙 (マークシート 方 式 )に 記 入 すること 解 答 用 紙 (マークシート 方 式 )は 鉛 筆 を 使 用 して 必 要 な 箇 所 にマークし 誤

More information

230 カメラシステムについて カメラシステムについて 安 全 にお 使 いになるために 注 意. カメラシステムは 障 害 物 などの 確 認 を 補 助 するシステムです 車 両 の 操 作 を するときは 周 囲 の 安 全 をミラーや 目 視 で 直 接 確 認 してください. 目 安 ライ

230 カメラシステムについて カメラシステムについて 安 全 にお 使 いになるために 注 意. カメラシステムは 障 害 物 などの 確 認 を 補 助 するシステムです 車 両 の 操 作 を するときは 周 囲 の 安 全 をミラーや 目 視 で 直 接 確 認 してください. 目 安 ライ 音 声 操 作 の 使 い 方 を 覚 える 229 カメラシステム カ メ ラ シ ス テ ム : 車 種 グレード オプションなどにより 装 着 の 有 無 が 異 なります :ディーラーオプションです 230 カメラシステムについて カメラシステムについて 安 全 にお 使 いになるために 注 意. カメラシステムは 障 害 物 などの 確 認 を 補 助 するシステムです 車 両 の 操 作

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63> 平 成 19 年 7 月 版 安 全 衛 生 チェックリスト 総 務 部 労 務 課 安 全 衛 生 係 学 部 名 棟 名 称 階 室 名 室 番 記 入 者 氏 名 記 入 日 該 当 記 入 文 字 : 対 応 済 項 目 マーク: 未 対 応 項 目 X マーク 第 1 章 実 験 室 等 の 安 全 衛 生 チェック 1. 化 学 物 質 ( 化 学 的 危 険 等 ) 等 を 取 り 扱

More information

54300269.fm

54300269.fm 目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載 器 についての 注 意 事 項 各 部 の 名 称 とはたらき... 9 本 体 アンテナ ETC 車

More information

製 品 型 番 :MEF-01WH 取 扱 説 明 書 必 ずお 読 みください 本 製 品 の 仕 様 は 改 良 改 善 のため 予 告 なく 変 更 になる 場 合 がありますので あらかじめご 了 承 ください お 買 い 上 げいただき 誠 にありがとうございます 本 製 品 をより 効 果 的 にお 使 い いただくために ご 使 用 前 に 必 ずこの 取 扱 説 明 書 を 最 後

More information

<90EC8DE88E738FC196688BC78ED497BC8AC7979D97768D6A81758E7B8D7381762E786477>

<90EC8DE88E738FC196688BC78ED497BC8AC7979D97768D6A81758E7B8D7381762E786477> 川 崎 市 消 防 局 車 両 管 理 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 崎 市 消 防 局 車 両 管 理 規 程 ( 平 成 21 年 消 防 局 訓 令 第 3 号 以 下 規 程 という )に 基 づき 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 用 語 の 意 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当

More information

冷 熱 衝 撃 装 置 基 本 編 第 5 章 点 検 保 守 テストエリア 扉 パッキン ダンパーパッキン シリコンコードヒーター (ダンパー 用 ) シリコンコードヒーター (ドレーン 用 ) 扉 駆 動 用 ベルト 扉 スイッチ 温 度 検 出 端 温 度 スイッチ (OHP3(TS1) TS

冷 熱 衝 撃 装 置 基 本 編 第 5 章 点 検 保 守 テストエリア 扉 パッキン ダンパーパッキン シリコンコードヒーター (ダンパー 用 ) シリコンコードヒーター (ドレーン 用 ) 扉 駆 動 用 ベルト 扉 スイッチ 温 度 検 出 端 温 度 スイッチ (OHP3(TS1) TS 基 本 編 第 5 章 点 検 保 守 冷 熱 衝 撃 装 置 第 5 章 点 検 保 守 本 装 置 をより 長 く 快 適 にお 使 いいただくために 定 期 的 に 行 っていただきたい 点 検 と 保 守 について 説 明 しま す お 願 い 取 扱 説 明 書 に 示 す 使 用 方 法 での 機 器 の 使 用 自 主 定 期 点 検 の

More information

この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました 後 も 大 切 に 保 管 してくださ

この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました 後 も 大 切 に 保 管 してくださ 1-7483-21 Instruction Manual ELECTRIC ASPIRATOR アスピレータ GAS-1 取 扱 説 明 書 この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました

More information

目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載

目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載 目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載 器 についての 注 意 事 項 各 部 の 名 称 とはたらき... 9 本 体 アンテナ ETC 車

More information

アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 : アルゴンガス 化 学 名 : アルゴン(Argon) 会 社 名 : 鈴 商 総 合 ガス

アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 : アルゴンガス 化 学 名 : アルゴン(Argon) 会 社 名 : 鈴 商 総 合 ガス 化 学 物 質 等 安 全 データシート 整 理 番 号 05 Ar 作 成 平 成 5 年 3 月 31 日 改 訂 平 成 11 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 21 年 12 月 15 日 [ 連 絡 先 ] 製 品 名 アルゴンガス アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及

More information

1 基 本 事 項 佐 用 町 が 主 催 するイベントを 支 える 一 員 として 全 ての 来 場 者 にご 満 足 いただけるよ う 安 全 衛 生 及 びサービス モラルなど 徹 底 するよう 心 がけてください この 要 項 に 定 める 出 店 条 件 や 規 定 などを 逸 脱 するよ

1 基 本 事 項 佐 用 町 が 主 催 するイベントを 支 える 一 員 として 全 ての 来 場 者 にご 満 足 いただけるよ う 安 全 衛 生 及 びサービス モラルなど 徹 底 するよう 心 がけてください この 要 項 に 定 める 出 店 条 件 や 規 定 などを 逸 脱 するよ 佐 用 町 露 店 出 店 募 集 要 項 1 基 本 事 項 佐 用 町 が 主 催 するイベントを 支 える 一 員 として 全 ての 来 場 者 にご 満 足 いただけるよ う 安 全 衛 生 及 びサービス モラルなど 徹 底 するよう 心 がけてください この 要 項 に 定 める 出 店 条 件 や 規 定 などを 逸 脱 するような 行 為 が 見 受 けられる 店 舗 につ いては

More information

基 本 契 約 受 託 自 動 車 PL ( 生 産 物 ) 施 設 がセットされています 受 託 自 動 車 対 人 対 物 + 自 損 事 故 整 備 修 理 点 検 等 ( 以 下 整 備 作 業 といいます )のため お 客 様 からお 預 かりしたお 車 ( 以 下 受 託 車 といいます

基 本 契 約 受 託 自 動 車 PL ( 生 産 物 ) 施 設 がセットされています 受 託 自 動 車 対 人 対 物 + 自 損 事 故 整 備 修 理 点 検 等 ( 以 下 整 備 作 業 といいます )のため お 客 様 からお 預 かりしたお 車 ( 以 下 受 託 車 といいます 日 整 連 加 入 資 格 各 自 動 車 整 備 振 興 会 の 会 員 である 整 備 事 業 者 が 加 入 できます 自 動 車 整 備 業 共 済 平 成 26 年 10 月 1 日 ~ 平 成 27 年 9 月 1 日 加 入 用 SINCE 1971 会 員 の 皆 様 ( 整 備 事 業 者 )の 業 務 遂 行 中 の 事 故 は お 客 様 が 付 する 意 の 自 動 車 が

More information

<5461726F2D8376838C8358967B95B6816988C4816A31323035323476657231>

<5461726F2D8376838C8358967B95B6816988C4816A31323035323476657231> 平 成 年 5 月 日 製 品 安 全 セ ン タ ー 乾 燥 機 及 び 除 湿 機 による 故 の 防 止 について( 注 意 喚 起 ) NITE 製 品 安 全 センターに 通 知 された 製 品 故 情 報 のうち 乾 燥 機 ( 1) 及 び 除 湿 機 ( )の 故 は 故 発 生 日 で 見 ると 平 成 18 年 度 から 年 度 に61 件 ( ) ありました 被 害 状 況 は

More information

30

30 M5000/M5600 M7000 リモコンアップグレードについて EZ7000リモコンをEZ5000/EZ5600でご 使 用 いただく 場 合 EZ7000 独 自 の 機 能 (スマートドア 機 能 メンテナンス 時 期 表 示 機 能 )はご 使 用 いただけません 機 能 設 定 (FUNCTION)モードでスマートドア 機 能 (Smart)をONに 設 定 した 場 合 自 動 警 戒

More information

NYT1553-1.indd

NYT1553-1.indd 点 検 整 備 チェックリスト お 知 らせ 保 証 書 別 添 付 もくじ 取 扱 説 明 書 スポーツ 車 B-PKT38 B-PKT43 B-PKT48 安 全 上 のご 注 意 (2 ~7 ページ)を ずお 読 みください 安 全 上 のご 注 意 (1) 改 造 や 分 解 た 指 定 以 外 の 注 油 はしい 調 整 後 の 締 め 付 けを 確 認 せず らい( 車 輪 の 脱 着

More information

DT-03取扱説明書

DT-03取扱説明書 はじめに 壁 掛 / 卓 上 型 温 度 調 節 計 デジサーモ DT-03 取 扱 説 明 書 この 度 は 東 邦 電 子 製 品 デジサーモ(DT-03)をご 購 入 頂 きまして 誠 にありがとうございます 本 製 品 をご 使 用 になる 前 に 本 書 を 良 くお 読 み 頂 き 内 容 をご 理 解 した 上 で ご 使 用 をお 願 い 致 します 尚 本 書 は 大 切 に 保

More information

6.1 点 検 保 守 項 目 リスト 点 検 項 目 リスト 各 項 目 の 説 明 については 6.2 点 検 を 参 照 してください 以 下 の 点 検 項 目 リストにあげた 項 目 が 正 常 に 動 作 しないときは お 買 い 上 げ 店 または 当 社 にご 連 絡 ください 表

6.1 点 検 保 守 項 目 リスト 点 検 項 目 リスト 各 項 目 の 説 明 については 6.2 点 検 を 参 照 してください 以 下 の 点 検 項 目 リストにあげた 項 目 が 正 常 に 動 作 しないときは お 買 い 上 げ 店 または 当 社 にご 連 絡 ください 表 本 装 置 をより 長 く 快 適 にお 使 いいただくために 定 期 的 に 行 っていただきたい 点 検 と 保 守 について 説 明 します 111 6.1 点 検 保 守 項 目 リスト 点 検 項 目 リスト 各 項 目 の 説 明 については 6.2 点 検 を 参 照 してください 以 下 の 点 検 項 目 リストにあげた 項 目 が 正 常 に 動 作 しないときは お 買 い 上

More information

EPS20_H1_4.indd

EPS20_H1_4.indd 一 般 家 庭 用 ヘアーアイロン 形 名 :EPS20 取 扱 説 明 書 保 証 書 付 き 保 証 書 は 裏 表 紙 に 付 いております 販 売 店 にて 必 ず 記 入 を 受 け 大 切 に 保 管 してください も く じ 安 全 上 のご 注 意 1 2 各 部 のなまえとはたらき 3 お 買 い 上 げありがとうござい ました ご 使 用 になる 前 に この 取 扱 説 明 書

More information

inst_manual_2.ai

inst_manual_2.ai 保 管 用 保 証 書 付 DBX-AZR DBX-AZE もくじ 安 全 上 のご 注 意 1 ~ 2 取 扱 説 明 書 コンデンス 除 湿 機 AZシリーズ CONDENSE この 度 はコンデンス 除 湿 機 AZをお 買 い 上 げいただき 誠 にありがとう ございます ご 使 用 になる 前 にこの 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みいただき 正 しく お 使 いください お 読 みになった

More information

無印良品マイナスイオンヘアーアイロンIMH-50

無印良品マイナスイオンヘアーアイロンIMH-50 IMH-50 マイナスイオン ヘアーアイロン 形 名 IMH-50 取 扱 説 明 書 お 買 い 上 げありがとうございました ご 使 用 になる 前 に この 取 扱 説 明 書 を 必 ずお 読 みいただき 正 しくご 使 用 ください この 説 明 書 は 必 ず 保 管 してください 安 全 上 のご 注 意 1 各 部 のなまえとはたらき 3 使 いかた 4 髪 のクセの 伸 ばしかた

More information

目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載

目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載 目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載 器 についての 注 意 事 項 各 部 の 名 称 とはたらき... 9 本 体 アンテナ ETC 車

More information

01 小 諸 市 の 水 道 について 02 引 っ 越 しのときは 小 諸 市 の 水 道 の 歴 史 は 古 く 小 諸 町 時 代 の 大 正 13 年 近 隣 市 町 村 に 先 駆 けて 創 設 されました これまで 未 給 水 地 区 の 解 消 給 水 区 域 の 拡 張 施 設 の

01 小 諸 市 の 水 道 について 02 引 っ 越 しのときは 小 諸 市 の 水 道 の 歴 史 は 古 く 小 諸 町 時 代 の 大 正 13 年 近 隣 市 町 村 に 先 駆 けて 創 設 されました これまで 未 給 水 地 区 の 解 消 給 水 区 域 の 拡 張 施 設 の 小 諸 市 上 水 道 課 保 存 版 01 小 諸 市 の 水 道 について 02 引 っ 越 しのときは 小 諸 市 の 水 道 の 歴 史 は 古 く 小 諸 町 時 代 の 大 正 13 年 近 隣 市 町 村 に 先 駆 けて 創 設 されました これまで 未 給 水 地 区 の 解 消 給 水 区 域 の 拡 張 施 設 の 整 備 改 善 を 図 ることにより 地 域 の 発 展 と

More information

安 全 上 のご 注 意 必 ずお 守 りください 安 全 上 のご 注 意 必 ずお 守 りください 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 説 明 しています 誤 った 使 いかたをしたときに 生 じる 内 容 を 次 のように 区 分 して

安 全 上 のご 注 意 必 ずお 守 りください 安 全 上 のご 注 意 必 ずお 守 りください 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 説 明 しています 誤 った 使 いかたをしたときに 生 じる 内 容 を 次 のように 区 分 して 品 名 品 番 ストレート&カール ヘアアイロン FHI-910 お 買 い 上 げ 日 年 月 日 保 証 期 間 お 買 い 上 げ 日 より1 年 間 ( 本 体 ) お 客 様 販 売 店 ご 住 所 お 名 前 お 電 話 住 所 店 名 電 話 販 売 店 様 へ 本 保 証 書 に 必 ず 明 記 の 上 お 渡 し 下 さい 様 ストレート&カール ヘアアイロン 家 庭 用 FHI-910

More information

取扱説明書

取扱説明書 東 芝 ハンガースチーマー( 家 庭 用 ) 取 扱 説 明 書 形 名 TAS-2 保 証 書 付 保 証 書 はこの 取 扱 説 明 書 の 裏 表 紙 についていますのでお 買 い 上 げ 日 販 売 店 名 などの 記 入 をお 確 かめください このたびは 東 芝 ハンガースチーマーをお 買 い 上 げいた だきまして まことにありがとうございました この 商 品 を 安 全 に 正 しく

More information

TL220_本文.indd

TL220_本文.indd 一 般 家 庭 用 フェイスシェーバー 形 名 :TL220 取 扱 説 明 書 保 証 書 付 き 保 証 書 は 裏 表 紙 に 付 いております 販 売 店 にて 必 ず 記 入 を 受 け 大 切 に 保 管 してください も く じ 各 部 のなまえとはたらき 1 安 全 上 のご 注 意 8 9 お 買 い 上 げありがとうございました ご 使 用 になる 前 に この 取 扱 説 明

More information

「設備機器の保守・点検のポイント」

「設備機器の保守・点検のポイント」 施 設 管 理 に 役 立 つ 点 検 のポイント ( 公 社 ) 全 国 ビルメンテナンス 協 会 建 築 物 の 機 能 や 性 能 を 良 好 な 状 態 に 保 ち 利 用 者 に 安 全 で 衛 生 的 な 環 境 を 提 供 し 更 に 建 物 の 長 寿 命 化 を 図 るためには 適 切 な 維 持 保 全 が 重 要 である 建 築 設 備 の 維 持 保 全 は 日 常 の 点

More information

各 部 の 名 称 と 機 能 0 9 2 8 7 3 4 5 6 2 3-2

各 部 の 名 称 と 機 能 0 9 2 8 7 3 4 5 6 2 3-2 各 部 の 名 称 と 機 能... -2 W-SIM(ウィルコムシム)... -3 W-SIMを 取 り 付 け/ 取 り 外 す... -3 電 池 パックと 充 電 器 のお 取 り 扱 い... -4 電 池 パックと 充 電 器 を... -4 電 池 パックを 取 り 付 け/ 取 り 外 す... -5 充 電 す... -5 電 源 を 入 れ/ 切... -6 電 源 を 入 れ...

More information

本 書 の 見 かた 表 示 やマークについて 安 全 に 関 する 表 示 車 に 乗 っている 人 や 歩 行 者 を 含 めた 他 の 人 が 傷 害 を 受 ける 可 能 性 のあることや 車 体 が 損 傷 する 可 能 性 があることを 回 避 法 とともに 示 しています 警 告 指

本 書 の 見 かた 表 示 やマークについて 安 全 に 関 する 表 示 車 に 乗 っている 人 や 歩 行 者 を 含 めた 他 の 人 が 傷 害 を 受 ける 可 能 性 のあることや 車 体 が 損 傷 する 可 能 性 があることを 回 避 法 とともに 示 しています 警 告 指 このたびは を お 買 い 上 げいただき ありがとうございます 本 書 は 車 両 の 取 り 扱 いかたについて 必 要 事 項 重 要 事 項 をご 説 明 しています 安 全 で 快 適 にお 使 いいただくために ご 使 用 の 前 に 必 ずお 読 みください また 法 律 で 使 用 者 に 点 検 整 備 の 義 務 が 規 定 されており 使 用 者 の 保 守 管 理 責 任 が

More information

目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置 時 の 注 意 事 項 9

目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置 時 の 注 意 事 項 9 製 品 仕 様 書 PLS (Plasma Lighting System) 投 光 灯 (PSF1871A) 2015. 4 目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置

More information

安 全 にご 使 用 いただくために お 使 いになる 人 や 他 の 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 未 然 に 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 次 のよう に 説 明 しています 表 示 内 容 を 無 視 して 誤 った 使 い 方 をしたときに 生 じる 危 害

安 全 にご 使 用 いただくために お 使 いになる 人 や 他 の 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 未 然 に 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 次 のよう に 説 明 しています 表 示 内 容 を 無 視 して 誤 った 使 い 方 をしたときに 生 じる 危 害 熱 風 工 具 ファン 付 きダクトヒーター ( 寒 冷 地 タイプ) HFD3075 HFD3100 HFD3150 HFD3200 HFD3300 取 扱 説 明 書 お 買 いあげいただき ありがとうございます ファン 付 きダクトヒーター を 安 全 にご 使 用 いただくため お 使 いになる 前 にこの 取 扱 説 明 書 をお 読 みください お 読 みになった 後 は 後 日 お 役

More information

キーレスアクセス&プッシュスタート キーレスアクセス&プッシュスタートについて キーレスアクセス & プッシュスタートはアク セスキーを 携 帯 することにより 全 てのドア とリヤゲートの 施 錠 および 解 錠 エンジンの 始 動 および 停 止 が 行 えるシステムです また 施 錠 解 錠

キーレスアクセス&プッシュスタート キーレスアクセス&プッシュスタートについて キーレスアクセス & プッシュスタートはアク セスキーを 携 帯 することにより 全 てのドア とリヤゲートの 施 錠 および 解 錠 エンジンの 始 動 および 停 止 が 行 えるシステムです また 施 錠 解 錠 2 運 転 す る 前 に キーレスアクセス&プッシュスタート キーレスアクセス&プッシュスタートについて 2-2 キーレスアクセス 機 能 を 使 用 してのドアの 施 錠 解 錠 2-5 電 波 式 リモコンドアロックによるドアの 施 錠 解 錠 (ボタン 操 作 による 施 錠 解 錠 ) 2-10 エンジンの 始 動 停 止 2-12 警 告 音 および 警 告 表 示 による 警 報 2-19

More information

乙種第4類(危険物取扱者試験)

乙種第4類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 4 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令

More information

147

147 第 8 章 維 持 管 理 1. 維 持 管 理 給 水 装 置 は 需 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 でありその 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 う 必 要 がある 給 水 用 具 によっては 間 違 った 使 用 方 法 や 適 切

More information

基 本 契 約 受 託 PL ( 生 産 物 責 ) 施 設 責 がセットされています 受 託 対 人 対 物 責 + 損 事 故 整 備 修 理 点 検 等 ( 以 下 整 備 作 業 といいます )のため お 客 様 からお 預 かりしたお ( 以 下 受 託 といいます )で 事 故 を 起

基 本 契 約 受 託 PL ( 生 産 物 責 ) 施 設 責 がセットされています 受 託 対 人 対 物 責 + 損 事 故 整 備 修 理 点 検 等 ( 以 下 整 備 作 業 といいます )のため お 客 様 からお 預 かりしたお ( 以 下 受 託 といいます )で 事 故 を 起 日 整 連 加 入 資 格 各 整 備 振 興 会 の 会 員 である 整 備 事 業 者 が 加 入 できます 平 成 27 年 10 月 1 日 ~ 平 成 28 年 9 月 1 日 加 入 用 SINCE1971 整 備 業 共 済 おもな 特 徴 会 員 の 皆 様 ( 整 備 事 業 者 )の 業 務 遂 行 中 の 事 故 は お 客 様 が 付 する 意 の が 適 用 されません 万

More information

安全データシート

安全データシート 2016.06.01 1/7 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :プリンス スーパー NET 130g 会 社 名 :スタイル 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 墨 田 区 両 国 4-31-11ヒューリック 両 国 ビル5F 担 当 部 門 :SMG 部 電 話 番 号 :03-5625-8180 FAX :03-5625-8185 緊 急 連

More information

5. 個 ロッカー 下 箱 入 学 と 同 時 に 個 人 用 ロッカー 下 足 箱 を 各 1 個 貸 与 します その 使 用 管 理 は 学 生 本 人 に 責 任 を 持 ち 行 ってもら います 鍵 を 使 用 する 場 合 は 各 自 で 南 京 錠 ( 生 協 購 買 で 販 売 して

5. 個 ロッカー 下 箱 入 学 と 同 時 に 個 人 用 ロッカー 下 足 箱 を 各 1 個 貸 与 します その 使 用 管 理 は 学 生 本 人 に 責 任 を 持 ち 行 ってもら います 鍵 を 使 用 する 場 合 は 各 自 で 南 京 錠 ( 生 協 購 買 で 販 売 して 6 学 生 生 活 について 1. 原 付 転 通 学 原 付 自 転 車 による 通 学 は 学 生 課 に 所 定 の 用 紙 で 駐 輪 場 使 用 届 を 提 出 し 使 用 ステッカーの 交 付 を 受 け 原 付 自 転 車 のよくわかる 部 分 に 貼 付 してください 駐 輪 場 の 収 容 台 数 の 都 合 により 受 付 台 数 には 制 限 があります 使 用 上 の 確 認

More information

12

12 12. 維 持 管 理 12.1 維 持 管 理 1 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり その 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 うことが 必 要 である 2 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 等 が

More information

BK0113800JA.book

BK0113800JA.book このたびはタウンボックス,ミニキャブバンをお 買 い 上 げいただき,ありがとうございます J09200101054 この 取 扱 説 明 書 は,お 客 様 のお 車 をいつも 安 全 快 適 に 運 転 していただ くための 正 しい 取 り 扱 いについて 説 明 しています また,お 車 のお 手 入 れや 万 一 のときの 処 置 についても 記 載 してあります ので,ご 使 用 前 に

More information

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験)

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 1 2 3 5 6 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に

More information

整 水 モードについて スイッチ 整 水 モード レベル 用 途 ph 目 安 レベル 表 示 整 水 ランプ ( 通 水 時 ) 4 調 理 用 9.0 ~ 10.5 黄 色 点 灯 1 水 素 水. スイッチ 電 解 水 素 水 モード 3 飲 用 8.5 ~ 飲 用 8.0 ~ 9

整 水 モードについて スイッチ 整 水 モード レベル 用 途 ph 目 安 レベル 表 示 整 水 ランプ ( 通 水 時 ) 4 調 理 用 9.0 ~ 10.5 黄 色 点 灯 1 水 素 水. スイッチ 電 解 水 素 水 モード 3 飲 用 8.5 ~ 飲 用 8.0 ~ 9 分 岐 水 栓 について 切 り 替 えレバーを 回 して 原 水 シャワー 整 水 に 切 り 替 えることができます p p 水 道 水 を 使 う 場 合 は 原 水 または シャワー に 切 り 替 えてお 使 いください p p 整 水 ( 電 解 水 素 水 / 浄 水 / 酸 性 水 )を 使 う 場 合 は 整 水 に 切 り 替 えてお 使 いください 切 り 替 え レ バ ー

More information

株式会社エム・デー・エス 本社工場 環境行動計画

株式会社エム・デー・エス 本社工場 環境行動計画 大 久 保 産 業 株 式 会 社 活 動 期 間 (2014 年 6 月 ~2015 年 5 月 ) 2015 年 8 月 19 日 発 行 ごあいさつ 大 久 保 産 業 は 昭 和 2 年 (1927 年 ) 機 械 工 具 専 門 商 とし 創 業 以 来 お 客 様 との 信 頼 関 係 を 基 礎 に 顧 客 満 足 度 の 向 上 を 最 重 点 として 堅 実 に 時 代 の 変 化

More information

BK0149800JA.book

BK0149800JA.book このたびはミニキャブバンをお 買 い 上 げいただき,あり がとうございます J09200101184 この 取 扱 説 明 書 は,お 客 様 のお 車 をいつも 安 全 快 適 に 運 転 していただ くための 正 しい 取 り 扱 いについて 説 明 しています また,お 車 のお 手 入 れや 万 一 のときの 処 置 についても 記 載 してあります ので,ご 使 用 前 に 必 ずお 読

More information

<3032834183938350815B836782DC82C682DF2E786C73>

<3032834183938350815B836782DC82C682DF2E786C73> 自 動 車 リサイクル 部 品 活 用 に 関 するアンケート 調 査 結 果 一 般 ユーザー 回 答 編 一 般 ユーザー 回 答 者 5,6 名 北 海 道 256 名 青 森 県 4 名 岩 手 県 43 名 宮 城 県 63 名 秋 田 県 32 名 山 形 県 47 名 福 島 県 45 名 茨 城 県 09 名 栃 木 県 79 名 群 馬 県 84 名 埼 玉 県 300 名 千 葉

More information

目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載

目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載 目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載 器 についての 注 意 事 項 各 部 の 名 称 とはたらき... 9 本 体 アンテナ ETC 車

More information

XL-C7400G 設置ガイド

XL-C7400G 設置ガイド B5WY-1121-02 XL-C7400G このたびは ページプリンタ XL-C7400G をご 購 入 いただき まことにありがとうございます 本 書 では ご 購 入 されたプリンタを 梱 包 箱 から 取 り 出 し 使 用 できるようにするまでを 説 明 しています プリンタの 設 置 からプリンタドライバのインストールに 関 する 詳 細 は XL-C7400G オンラインマニュアル の

More information

1. LEDとは LEDとは LightEmitingDiodeの 略 で 光 を 発 生 する 半 導 体 (ダイオード) のことである 順 方 向 に 電 気 を 流 すことで 発 光 する 半 導 体 素 子 であり 第 4の 明 かりとも 呼 ばれています 最 近 では 交 通 信 号 機

1. LEDとは LEDとは LightEmitingDiodeの 略 で 光 を 発 生 する 半 導 体 (ダイオード) のことである 順 方 向 に 電 気 を 流 すことで 発 光 する 半 導 体 素 子 であり 第 4の 明 かりとも 呼 ばれています 最 近 では 交 通 信 号 機 照 明 から 始 めるECO 改 革 省 エネLED 照 明 環 境 を 守 るため 未 来 を 照 らすクリーンな 照 明 です Miyu 株 式 会 社 ミュウテック 1. LEDとは LEDとは LightEmitingDiodeの 略 で 光 を 発 生 する 半 導 体 (ダイオード) のことである 順 方 向 に 電 気 を 流 すことで 発 光 する 半 導 体 素 子 であり 第 4の

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

目 次 01. はじめに 3 02. サーモファインダーPro の 活 用 法 3 03. 作 動 原 理 3 04. 機 能 4 05. 使 用 上 の 注 意 5 06. 警 告 5 07. 製 品 概 要 6 08. 使 用 方 法 7 09. 電 池 交 換 11 10. 製 品 仕 様 1

目 次 01. はじめに 3 02. サーモファインダーPro の 活 用 法 3 03. 作 動 原 理 3 04. 機 能 4 05. 使 用 上 の 注 意 5 06. 警 告 5 07. 製 品 概 要 6 08. 使 用 方 法 7 09. 電 池 交 換 11 10. 製 品 仕 様 1 Thermofinder Pro 取 扱 説 明 書 皮 膚 赤 外 線 体 温 計 型 式 FS-300 管 理 医 療 機 器 医 療 機 器 承 認 番 号 22400BZX00011000 Ver 1.0 1001 サーモファインダーPro 取 扱 説 明 書 1 目 次 01. はじめに 3 02. サーモファインダーPro の 活 用 法 3 03. 作 動 原 理 3 04. 機 能

More information

ジャッキ 工 具 スペアタイヤ ジャッキ ジャッキハンドル カーゴルームの 床 下 に 収 められています 1 サブトランクの 中 央 のリッド(フタ)と 左 側 のリッド(フタ)を 開 けます 700725 2 サブトランクを 取 り 出 します 700650 3 ジャッキホルダーからジャッキを

ジャッキ 工 具 スペアタイヤ ジャッキ ジャッキハンドル カーゴルームの 床 下 に 収 められています 1 サブトランクの 中 央 のリッド(フタ)と 左 側 のリッド(フタ)を 開 けます 700725 2 サブトランクを 取 り 出 します 700650 3 ジャッキホルダーからジャッキを 7 万 一 の と き ジャッキ 工 具 スペアタイヤ ジャッキ ジャッキハンドル 7-2 工 具 7-3 応 急 用 スペアタイヤ 7-4 パンクしたタイヤの 交 換 タイヤ 交 換 手 順 7-8 発 炎 筒 について 7-13 故 障 したとき 踏 切 で 動 けなくなったとき 7-15 高 速 道 路 自 動 車 専 用 道 路 で 動 けなくなったとき 7-15 路 上 でエンジンがかからなくなったとき

More information

分 及 びリース 車 両 を 除 く )672 台 を 対 象 とした なお 保 有 状 況 については 平 成 20 年 度 末 現 在 維 持 管 理 経 費 については 平 成 20 年 度 中 の 執 行 経 費 利 用 状 況 等 については 平 成 21 年 4 月 から9 月 末 まで

分 及 びリース 車 両 を 除 く )672 台 を 対 象 とした なお 保 有 状 況 については 平 成 20 年 度 末 現 在 維 持 管 理 経 費 については 平 成 20 年 度 中 の 執 行 経 費 利 用 状 況 等 については 平 成 21 年 4 月 から9 月 末 まで 静 岡 市 報 号 外 静 岡 市 葵 区 追 手 町 5 番 1 号 発 行 所 静 岡 市 役 所 編 集 兼 発 行 人 静 岡 市 長 発 行 日 毎 月 1 日 随 時 監 査 公 表 静 岡 市 監 査 公 表 第 13 号 地 方 自 治 法 第 199 条 第 2 項 の 規 定 による 監 査 を 行 った 結 果 は 次 のとおりである 同 条 第 9 項 の 規 定 により これを

More information

<8AEE91628E9197BF2E786C73>

<8AEE91628E9197BF2E786C73> エアコン 分 解 洗 浄 エアコンフィルター 清 掃 マニュアル 目 次 Ⅰ. 現 調 A. エアコン 台 数 確 認 a. 室 内 機 b. 室 外 機 c. リモコン 確 認 d. 室 内 機 室 外 機 の 台 数 一 致 確 認 * EHPとGHPの 違 い B. 電 源 位 置 容 量 確 認 C. 水 場 ( 洗 い 場 )の 確 認 D. 入 店 方 法 作 業 時 間 帯 の 確 認

More information

国立大学法人東京医科歯科大学湯島地区お茶の水門側駐車整理要項

国立大学法人東京医科歯科大学湯島地区お茶の水門側駐車整理要項 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 湯 島 地 区 構 内 駐 車 場 管 理 運 営 要 項 平 成 1 7 年 9 月 2 6 日 制 定 ( 目 的 ) 第 1 条 こ の 要 項 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 ( 以 下 本 学 と い う ) の 湯 島 地 区 構 内 駐 車 場 ( 以 下 駐 車 場 と い う ) の 管 理 運 営

More information

平成14年度 償却資産申告の手引

平成14年度 償却資産申告の手引 償 却 資 産 ( 固 定 資 産 税 ) 申 告 の 手 引 償 却 資 産 の 所 有 者 は 毎 年 1 月 1 日 ( 賦 課 期 日 ) 現 在 における 償 却 資 産 の 状 況 ( 資 産 の 種 類 数 量 取 得 年 月 取 得 価 額 耐 用 年 数 等 )を 当 該 償 却 資 産 所 在 地 の 市 町 村 長 に 申 告 するよう 地 方 税 法 第 383 条 で 定

More information

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料 床 の 機 能 床 床 材 料 野 口 貴 文 構 築 機 能 積 載 荷 重 の 支 持 振 動 などの 障 害 に 対 する 十 分 な 耐 力 居 住 機 能 人 に 対 する 安 全 性 快 適 性 下 階 に 対 する 防 音 防 振 防 水 精 密 機 器 に 対 する 障 害 防 止 床 に 対 する 要 求 条 件 床 に 対 する 要 求 と 材 料 性 能 (1) 安 全 性 居

More information

J999CHI12J.indd

J999CHI12J.indd はじめに コマンダースイッチ コマンダースイッチはステアリングから 自 然 に 手 を 下 ろした 位 置 に 配 置 されているためス ムーズな 操 作 が 可 能 です さらに 中 央 のコマンダーノブに 手 を 添 えた 時 の 指 の 位 置 がそのままスイッチの 位 置 になっ ているため 手 元 を 確 認 せずに 安 全 に 操 作 できます 停 車 中 はタッチパネルでの 操 作 もできます

More information

Microsoft PowerPoint - 白黒ビル管講習会資料.ppt[読み取り専用]

Microsoft PowerPoint - 白黒ビル管講習会資料.ppt[読み取り専用] 特 定 建 築 物 における 加 湿 について 東 京 都 特 別 区 第 4ブロック 平 成 19 年 度 ビル 衛 生 管 理 講 習 会 平 成 20 年 1 月 31 日 本 日 の 内 容 1 加 湿 の 必 要 性 2 湿 度 不 足 の 原 因 対 応 3 加 湿 器 の 維 持 管 理 4 加 湿 器 リニューアル 事 例 空 気 調 和 と 加 湿 器 空 気 調 和 とは 温 度

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378> 2016 3 目 次 1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 特 例 付 加 年 金 等 も 申 請 される 方 2 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 へ 2-1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 3 2-2 農 業 者 老 齢 年 金 の 金 額 4 2-3 年 金 の 受 取 り 税 金 5 2-4 現 況 届 の 提 出 7 2-5 受 給

More information

目 次 1.はじめに 2 2. 使 用 上 の 注 意 2 3. 保 守 点 検 要 領 3 4. 処 理 工 程 (フローシート) 4 5. 各 槽 のはたらき 4 6. 試 運 転 時 の 確 認 事 項 5 7. 種 汚 泥 の 投 入 について 8 8. 清 掃 の 注 意 事 項 8 9.

目 次 1.はじめに 2 2. 使 用 上 の 注 意 2 3. 保 守 点 検 要 領 3 4. 処 理 工 程 (フローシート) 4 5. 各 槽 のはたらき 4 6. 試 運 転 時 の 確 認 事 項 5 7. 種 汚 泥 の 投 入 について 8 8. 清 掃 の 注 意 事 項 8 9. 第 3.1 版 (H23.9 改 訂 ) 維 持 管 理 要 領 書 コ ン パ ク ト タ イ プ ダイキ 小 規 模 合 併 処 理 浄 化 槽 TRB-14~35 型 TRB 2-40~50 型 注 意 維 持 管 理 要 領 書 本 文 に 出 てくる 警 告 および 注 意 表 示 の 部 分 は 浄 化 槽 を 使 用 する 前 に 特 に 注 意 深 く 読 み よく 理 解 してください

More information

取扱説明書

取扱説明書 卓 上 封 かん 機 EF-100 取 扱 説 明 書 目 次 1. 必 ずお 読 みください... 1 1.1. はじめに... 1 1.2. ご 使 用 上 の 注 意... 1 1.3. ご 使 用 上 のお 願 い... 3 2. 同 梱 品 をご 確 認 ください... 3 3. 本 体 各 部 の 名 称 と 働 き... 4 4. お 使 いになる 前 に(ご 使 用 前 の 準 備

More information

6 呼 水 装 置 2 台 7 常 用 電 源 2 式 8 配 線 点 検 及 び 絶 縁 測 定 2 式 9 放 水 試 験 2 式 (5) 連 結 送 水 管 設 備 1 送 水 口 1 基 2 放 水 口 3 基 (6) 消 火 器 具 1 粉 末 消 火 器 ( 加 圧 式 4 型 ) 外

6 呼 水 装 置 2 台 7 常 用 電 源 2 式 8 配 線 点 検 及 び 絶 縁 測 定 2 式 9 放 水 試 験 2 式 (5) 連 結 送 水 管 設 備 1 送 水 口 1 基 2 放 水 口 3 基 (6) 消 火 器 具 1 粉 末 消 火 器 ( 加 圧 式 4 型 ) 外 ( 別 紙 4) 消 防 用 設 備 の 点 検 等 及 び 保 守 業 務 1 機 器 一 覧 (1) 自 動 火 災 報 知 設 備 一 式 1 受 信 機 R 型 250 回 線 1 台 2 表 示 機 2 台 3 中 継 器 10 個 4 煙 感 知 器 (アナログ 式 ) 148 個 5 熱 感 知 機 (アナログ 式 ) 72 個 6 スポット 型 感 知 器 ( 差 動 式 補 償 式

More information

< 火 災 等 被 災 者 のための 支 援 マニュアル 目 次 > ページ 1 災 害 お 見 舞 い 1 2 生 活 資 金 の 貸 付 3 3 応 急 仮 設 住 宅 4 4 市 営 住 宅 の 特 定 入 居 5 5 火 災 廃 棄 物 の 処 理 6 6 罹 災 証 明 書 の 交 付 8

< 火 災 等 被 災 者 のための 支 援 マニュアル 目 次 > ページ 1 災 害 お 見 舞 い 1 2 生 活 資 金 の 貸 付 3 3 応 急 仮 設 住 宅 4 4 市 営 住 宅 の 特 定 入 居 5 5 火 災 廃 棄 物 の 処 理 6 6 罹 災 証 明 書 の 交 付 8 火 災 等 被 災 者 の 方 のための 支 援 マニュアル 秩 父 市 平 成 25 年 4 月 < 火 災 等 被 災 者 のための 支 援 マニュアル 目 次 > ページ 1 災 害 お 見 舞 い 1 2 生 活 資 金 の 貸 付 3 3 応 急 仮 設 住 宅 4 4 市 営 住 宅 の 特 定 入 居 5 5 火 災 廃 棄 物 の 処 理 6 6 罹 災 証 明 書 の 交 付 8

More information

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日 別 記 様 式 1-11 給 排 水 区 分 概 要 給 水 源 水 道 水 井 水 排 水 再 利 用 水 ( ) 給 水 方 式 直 結 方 式 直 結 増 圧 方 式 受 水 タンク 方 式 ( 受 水 タンク 高 置 タンク) 受 水 タンク 置 場 所 地 下 室 内 (B F) 地 上 階 室 内 ( F) 屋 外 排 水 方 法 公 共 下 水 道 合 併 処 理 浄 化 槽 ( 放

More information

エコアクション21

エコアクション21 エコアクション 21 - 環 境 活 動 レポート - 平 成 25 年 版 ( 第 五 号 ) ( 平 成 25 年 5 月 ~ 平 成 26 年 4 月 ) 平 成 26 年 5 月 26 日 認 証 登 録 番 号 0005547 株 式 会 社 トップ 1 / 12 事 業 の 概 要 事 業 所 名 及 び 代 表 者 氏 名 株 式 会 社 トップ 代 表 取 締 役 髙 安 紀 足 所

More information

11. 東 北. 大 学 応 急 応 学 生 寄 急 宿 舎 の 概 学 要 生 寄 宿 舎 の 概 要 Ⅰ. 名 称 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 原 則 として 東 日 本 大 震 災 で 被 災 した 学 生 が 入 居 する 施 設 ただし 施 設 の 有 効 利 用 の 観

11. 東 北. 大 学 応 急 応 学 生 寄 急 宿 舎 の 概 学 要 生 寄 宿 舎 の 概 要 Ⅰ. 名 称 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 原 則 として 東 日 本 大 震 災 で 被 災 した 学 生 が 入 居 する 施 設 ただし 施 設 の 有 効 利 用 の 観 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 入 居 案 内 11. 東 北. 大 学 応 急 応 学 生 寄 急 宿 舎 の 概 学 要 生 寄 宿 舎 の 概 要 Ⅰ. 名 称 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 原 則 として 東 日 本 大 震 災 で 被 災 した 学 生 が 入 居 する 施 設 ただし 施 設 の 有 効 利 用 の 観 点 から 日 本 人 学 生 及 び 外

More information

<4D F736F F F696E74202D EE688B590E096BE8F AAE8C8B82F095CF8D5829>

<4D F736F F F696E74202D EE688B590E096BE8F AAE8C8B82F095CF8D5829> デッキ 施 工 取 扱 説 明 書 14.01 版 1. 安 全 上 のご 注 意 本 製 品 はデッキ 用 途 として 設 計 製 品 化 されたものであり 本 書 はその 施 工 取 扱 いのガイドラインを 提 供 するものです よって 他 の 用 途 に 使 用 して 不 具 合 を 起 こした 場 合 や 当 社 ガイドラインよる 標 準 施 工 法 以 外 の 施 工 の 場 合 は 当

More information

1. 安 全 に 関 するご 注 意 この 製 品 は 産 業 機 器 に 使 用 する 電 子 除 湿 器 です 本 来 の 目 的 以 外 では 絶 対 に 使 用 しないでください ご 使 用 になる 前 に 安 全 に 関 するご 注 意 をよくお 読 みの 上 正 しくお 使 いください

1. 安 全 に 関 するご 注 意 この 製 品 は 産 業 機 器 に 使 用 する 電 子 除 湿 器 です 本 来 の 目 的 以 外 では 絶 対 に 使 用 しないでください ご 使 用 になる 前 に 安 全 に 関 するご 注 意 をよくお 読 みの 上 正 しくお 使 いください ( 電 子 除 湿 器 ) ODE-F110-AW ODE-F122-AW ODE-N103-AW ODE-N105-AW 取 扱 説 明 書 ご 使 用 になる 前 に 必 ずこの 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みください いつも 側 に 置 いてお 使 いください 目 次 1. 安 全 に 関 するご 注 意 2 2. 各 部 の 名 称 3 3. 取 付 方 法 4 4. 配 線 6 5.

More information

           目    次

           目    次 第 10 章 維 持 管 理 第 10 章 維 持 管 理 1 給 水 装 置 の 維 持 管 理 給 水 装 置 は 年 月 の 経 過 に 伴 う 材 質 の 劣 化 により 故 障 漏 水 等 の 事 故 が 発 生 す ることがある 事 故 を 未 然 に 防 止 するため 又 は 最 小 限 に 抑 えるためには 維 持 管 理 を 行 うことが 重 要 である (1) 給 水 装 置 工

More information

JLIA基準(圧力調整器)/選定と設置

JLIA基準(圧力調整器)/選定と設置 JLIA-B-2 圧 力 調 整 器 H23 改 正 第 4 章 圧 力 調 整 器 の 選 定 と 設 置 4.1 圧 力 調 整 器 の 選 定 LP ガス 用 圧 力 調 整 器 に 求 められる 機 能 は 燃 焼 器 具 を 使 用 する 時 に 要 求 されるガス 量 とガス 圧 を 供 給 し 正 常 な 燃 焼 を 保 つことである この 機 能 を 満 足 させるため 4.1.1~4.1.3

More information

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ 防 衛 庁 訓 令 第 32 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 165 号 ) 第 107 条 第 5 項 の 規 定 に 基 づき 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 平 成 7 年 4 月 17 日 防 衛 庁 長 官 玉 沢 徳 一 郎 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 改 正 平 成 19

More information

3 芸 術 創 造 館 駐 車 場 管 制 機 器 保 守 点 検 業 務 (1) 具 体 業 務 の 内 容 保 守 点 検 大 阪 市 立 芸 術 創 造 館 指 定 管 理 者 は 対 象 機 器 が 有 効 的 に 機 能 するよう 定 期 的 に 点 検 を 実 施 し 良 好 な 状 態

3 芸 術 創 造 館 駐 車 場 管 制 機 器 保 守 点 検 業 務 (1) 具 体 業 務 の 内 容 保 守 点 検 大 阪 市 立 芸 術 創 造 館 指 定 管 理 者 は 対 象 機 器 が 有 効 的 に 機 能 するよう 定 期 的 に 点 検 を 実 施 し 良 好 な 状 態 芸 術 創 造 館 施 設 維 持 管 理 等 検 業 務 仕 様 書 1 スタジオ 等 機 材 保 守 点 検 業 務 (1) 具 体 業 務 内 容 保 守 点 検 大 阪 市 立 芸 術 創 造 館 指 定 管 理 者 はスタジオ 等 機 材 に 対 し 一 切 の 点 検 調 整 を 行 い 機 材 の 安 全 かつ 良 好 な 状 態 を 保 つこと 1 スタジオのミキシングルームに 収

More information

目 次 絵 で 見 る 目 次 1 安 全 なドライブのために お 車 を 安 全 に 運 転 していただくための 正 しい 取 り 扱 いについて 説 明 しています 環 境 にやさしく 快 適 なドライブのために 3 各 部 の 開 閉 4 安 全 装 備 5 メーター スイッチ 6 運 転 装

目 次 絵 で 見 る 目 次 1 安 全 なドライブのために お 車 を 安 全 に 運 転 していただくための 正 しい 取 り 扱 いについて 説 明 しています 環 境 にやさしく 快 適 なドライブのために 3 各 部 の 開 閉 4 安 全 装 備 5 メーター スイッチ 6 運 転 装 このたびはランサーをお 買 い 上 げいただき,ありがとう ございます J09200100480 この 取 扱 説 明 書 は,お 客 様 のお 車 をいつも 安 全 快 適 に 運 転 していただ くための 正 しい 取 り 扱 いについて 説 明 しています また,お 車 のお 手 入 れや 万 一 のときの 処 置 についても 記 載 してあります ので,ご 使 用 前 に 必 ずお 読 みください

More information

はじめにお 読 みください 仕 様 一 覧 この 度 は ケルヒャー 家 庭 用 乾 湿 両 用 バキュームクリーナーをお 買 い 上 げいただき 誠 にありがとうございます ご 使 用 前 に 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みいただき 正 しく 安 全 にご 使 用 ください この 製 品 は

はじめにお 読 みください 仕 様 一 覧 この 度 は ケルヒャー 家 庭 用 乾 湿 両 用 バキュームクリーナーをお 買 い 上 げいただき 誠 にありがとうございます ご 使 用 前 に 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みいただき 正 しく 安 全 にご 使 用 ください この 製 品 は ケルヒャー 家 庭 用 乾 湿 両 用 バキュームクリーナー MV 3 取 扱 説 明 書 はじめにお 読 みください ご 使 用 の 注 意 点 組 み 立 て 方 使 い 方 お 手 入 れ 点 検 保 管 故 障 かな?と 思 ったら 補 修 部 品 オプション 保 証 アフターサービス MV 3 / 2015.03 5.965-415.0 はじめにお 読 みください 仕 様 一 覧 この 度

More information

返還金同意書作成支援ツール_操作説明書

返還金同意書作成支援ツール_操作説明書 20131101_ 東 北 厚 生 局 返 還 金 同 意 書 等 作 成 支 援 ツール 操 作 説 明 書 平 成 25 年 12 月 東 北 厚 生 局 1. はじめに 返 還 金 同 意 書 作 成 支 援 ツールは 保 険 医 療 機 関 及 び 保 険 薬 局 において 診 療 報 酬 を 誤 って 請 求 したこと 等 により 保 険 者 に 診 療 報 酬 を 返 還 する 場 合

More information

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水 無 機 リチウム 系 ミックスタイプ 浸 透 シーラ コンクリートキーパー 説 明 資 料 営 業 担 当 : 津 波 直 樹 TEL:098-878-7878 FAX:098-870-1587 1 アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ

More information

目 次 1. はじめに... 1 2. 安 全 に 関 する 基 本 方 針 ( 安 全 方 針 安 全 重 点 施 策 )... 2 3. 安 全 確 保 のための 具 体 的 取 り 組 み( 安 全 重 点 施 策 の 進 捗 状 況 ) (1) 本 社 現 業 一 体 での 問 題 等 早

目 次 1. はじめに... 1 2. 安 全 に 関 する 基 本 方 針 ( 安 全 方 針 安 全 重 点 施 策 )... 2 3. 安 全 確 保 のための 具 体 的 取 り 組 み( 安 全 重 点 施 策 の 進 捗 状 況 ) (1) 本 社 現 業 一 体 での 問 題 等 早 2015 安 全 報 告 書 目 次 1. はじめに... 1 2. 安 全 に 関 する 基 本 方 針 ( 安 全 方 針 安 全 重 点 施 策 )... 2 3. 安 全 確 保 のための 具 体 的 取 り 組 み( 安 全 重 点 施 策 の 進 捗 状 況 ) (1) 本 社 現 業 一 体 での 問 題 等 早 期 把 握 による 事 故 防 止... 3 (2) 事 故 情 報 の

More information

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

<4D F736F F D2088E28EB895A88EE688B582A282CC82B582A882E85F F2E646F63>

<4D F736F F D2088E28EB895A88EE688B582A282CC82B582A882E85F F2E646F63> 遺 失 物 取 扱 いのしおり ( 施 設 占 有 者 の 皆 様 方 へ) 愛 知 県 警 察 は じ め に 皆 様 方 が 管 理 している 建 物 などの 施 設 内 で お 客 様 が 落 とし 物 を 拾 って 届 出 があっても 手 続 が 分 からないために 警 察 に 提 出 せ ず そのままにされているようなことはないでしょうか そのままでは その 落 とし 物 が 持 ち 主

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

IP Video 9100(A)

IP Video 9100(A) 人 感 センサー 付 きドアスコープカメラ (SDカード 録 画 暗 視 機 能 付 き) 取 扱 説 明 書 型 番 :BSC-006N 目 次 1. 概 要...2 2. 注 意...2 3. 各 部 の 名 称 と 機 能...2 4. 取 付 方 法...3 5. 操 作 方 法... 5 6.パラメータ...6 7. 付 属 品...6 保 証 書...7 本 取 扱 説 明 書 にある

More information

はじめに 本 マニュアルは お 客 様 ご 自 身 でメンテナンスいただける 内 容 を 集 めた 事 例 集 です お 手 入 れや 商 品 に 備 わっている 調 整 機 能 により 改 善 できる 現 象 をまとめています 難 しい 場 合 はお 買 い 上 げの 販 売 店 もしくは 裏 表

はじめに 本 マニュアルは お 客 様 ご 自 身 でメンテナンスいただける 内 容 を 集 めた 事 例 集 です お 手 入 れや 商 品 に 備 わっている 調 整 機 能 により 改 善 できる 現 象 をまとめています 難 しい 場 合 はお 買 い 上 げの 販 売 店 もしくは 裏 表 はじめに 本 マニュアルは お 客 様 ご 自 身 でメンテナンスいただける 内 容 を 集 めた 事 例 集 です お 手 入 れや 商 品 に 備 わっている 調 整 機 能 により 改 善 できる 現 象 をまとめています 難 しい 場 合 はお 買 い 上 げの 販 売 店 もしくは 裏 表 紙 の 修 理 ご 相 談 窓 口 へご 用 命 ください パナソニック 住 まいの 設 備 と 建

More information

入 浴 補 助 下 肢 又 は 体 幹 機 能 に 障 害 を 有 し 入 浴 に 介 護 を 要 す る 身 体 障 害 者 入 浴 に 介 護 をが 必 要 な 難 病 患 者 等 入 浴 時 の 移 動 座 位 の 保 持 浴 槽 への 入 水 等 を 補 助 でき 対 象 者 又 は 介 護

入 浴 補 助 下 肢 又 は 体 幹 機 能 に 障 害 を 有 し 入 浴 に 介 護 を 要 す る 身 体 障 害 者 入 浴 に 介 護 をが 必 要 な 難 病 患 者 等 入 浴 時 の 移 動 座 位 の 保 持 浴 槽 への 入 水 等 を 補 助 でき 対 象 者 又 は 介 護 日 常 生 活 給 付 品 目 一 覧 表 種 目 品 目 対 象 者 障 害 の 種 別 及 び 程 度 対 象 年 齢 ( 原 則 ) 性 能 等 基 準 額 ( 円 ) 耐 年 数 等 介 護 特 殊 寝 台 下 肢 又 は 体 幹 機 能 障 害 2 級 以 上 の 身 体 障 害 者 寝 たきりの 状 態 にある 難 病 患 者 等 腕 脚 等 の 訓 練 ができる 器 を 備 え 原 則

More information

輸出用フマキラーベープマットf

輸出用フマキラーベープマットf 2014 年 1 月 27 日 ( 第 2 版 ) 1/5 安 全 データシート 作 成 日 ( 初 版 ) 改 訂 日 ( 第 2 版 ) 2011 年 12 月 27 日 2014 年 1 月 27 日 1. 及 び 会 社 情 報 名 スキンベープミスト 200mL スキンベープミスト ハローキティ 200mL ( 販 売 名 :スキンベープB2) 会 社 名 フマキラー 株 式 会 社 所

More information

千代田区

千代田区 千 代 田 区 ワンルームマンション 等 建 築 物 に 関 する 指 導 要 綱 良 好 な 近 隣 関 係 及 び 地 域 の 健 全 な 生 活 環 境 の 保 持 向 上 のために 千 代 田 区 ワンルームマンション 等 建 築 物 を 建 築 される 方 へ 千 代 田 区 は 多 様 な 人 々が 住 み 働 き 集 う 心 豊 かなまち 千 代 田 の 実 現 をめざして 景 観 まちづくりを

More information

2 テストの 実 施 期 間 平 成 26 年 8 月 ~ 平 成 26 年 10 月 3 テスト 品 コンプレッションウエアを4 銘 柄 として 体 に 圧 着 させるタイプではないス ポーツウエアを1 銘 柄 購 入 しました テスト 品 の 概 要 を 表 1に 示 します 表 1 テスト 品

2 テストの 実 施 期 間 平 成 26 年 8 月 ~ 平 成 26 年 10 月 3 テスト 品 コンプレッションウエアを4 銘 柄 として 体 に 圧 着 させるタイプではないス ポーツウエアを1 銘 柄 購 入 しました テスト 品 の 概 要 を 表 1に 示 します 表 1 テスト 品 コンプレッションウエアスポーツ 用 インナーウエア)の に 関 する 商 品 比 較 テスト 1 はじめに 埼 玉 県 内 の 消 費 生 活 相 談 窓 口 には 洗 濯 による 衣 類 などの に 関 する 相 談 が 最 近 5 年 間 平 成 22 年 1 月 ~ 平 成 26 年 12 月 )に30 件 寄 せられています 平 成 26 年 コ ンプレッションウエアを 家 庭 で 洗 濯

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20454D5393FC96E5B6DEB2C4DECCDEAFB82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20454D5393FC96E5B6DEB2C4DECCDEAFB82E646F63> 3. 省 エネルギーに 取 り 組 みましょう まずは 現 状 把 握 から 始 めましょう 今 まで 以 上 に 効 果 的 な 省 エネルギー 活 動 に 取 り 組 んでいくには まずは 現 状 把 握 に 努 める 必 要 があります 担 当 者 を 中 心 に 次 のような 流 れで 現 状 把 握 活 動 を 始 めましょう 電 気 や 燃 料 の 使 用 状 況 の 確 認 が 必 要

More information

浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 の 審 査 補 正 1 1:H

浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 の 審 査 補 正 1 1:H 資 料 No.1-1 高 浜 発 電 所 3 4 号 機 工 事 計 画 の 概 要 について 平 成 27 年 9 月 3 日 関 西 電 力 株 式 会 社 浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設

More information

1. 千 歳 市 の 概 要 (1) 人 口 94,820 人 (H27.4.1 現 在 ) (2) 世 帯 数 46,338 世 帯 (H27.4.1 現 在 ) (3) 面 積 594.50km 2 (4) 市 道 延 長 車 道 総 延 長 802.4km(H27.4.1 現 在 ) 車 道

1. 千 歳 市 の 概 要 (1) 人 口 94,820 人 (H27.4.1 現 在 ) (2) 世 帯 数 46,338 世 帯 (H27.4.1 現 在 ) (3) 面 積 594.50km 2 (4) 市 道 延 長 車 道 総 延 長 802.4km(H27.4.1 現 在 ) 車 道 平 成 27 年 度 千 歳 市 の 除 雪 ~パートナーシップ 除 雪 排 雪 支 援 制 度 の 利 用 風 景 ~ 千 歳 市 建 設 部 道 路 管 理 課 1. 千 歳 市 の 概 要 (1) 人 口 94,820 人 (H27.4.1 現 在 ) (2) 世 帯 数 46,338 世 帯 (H27.4.1 現 在 ) (3) 面 積 594.50km 2 (4) 市 道 延 長 車 道

More information

小型動力ポンプ付積載車仕様書

小型動力ポンプ付積載車仕様書 . 平 成 24 年 度 小 型 動 力 ポンプ 付 積 載 車 仕 様 書 京 丹 波 町 概 要 この 仕 様 書 は 平 成 24 年 度 事 業 において 京 丹 波 町 が 購 入 する 小 型 動 力 ポンプ 付 積 載 車 ( 以 下 積 載 車 という )について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 1 総 則 1 積 載 車 は 道 路 運 送 車 両 法 ( 昭 和

More information

< 火 災 被 災 者 の 支 援 について 目 次 > 1 災 害 見 舞 い 社 会 福 祉 課 1 ヘ ーシ 2 生 活 資 金 の 貸 付 社 会 福 祉 協 議 会 3 3 市 営 住 宅 の 特 定 入 居 ( 一 時 使 用 ) 都 市 整 備 課 4 4 火 災 廃 棄 物 の 処

< 火 災 被 災 者 の 支 援 について 目 次 > 1 災 害 見 舞 い 社 会 福 祉 課 1 ヘ ーシ 2 生 活 資 金 の 貸 付 社 会 福 祉 協 議 会 3 3 市 営 住 宅 の 特 定 入 居 ( 一 時 使 用 ) 都 市 整 備 課 4 4 火 災 廃 棄 物 の 処 火 災 被 災 者 の 支 援 について 宇 城 市 平 成 27 年 4 月 < 火 災 被 災 者 の 支 援 について 目 次 > 1 災 害 見 舞 い 社 会 福 祉 課 1 ヘ ーシ 2 生 活 資 金 の 貸 付 社 会 福 祉 協 議 会 3 3 市 営 住 宅 の 特 定 入 居 ( 一 時 使 用 ) 都 市 整 備 課 4 4 火 災 廃 棄 物 の 処 理 衛 生 環 境 課

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20935F8C9F8D8096DA955C8E8681699492946E816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20935F8C9F8D8096DA955C8E8681699492946E816A> 電 気 設 備 保 守 点 検 項 目 表 白 馬 長 野 ( 別 紙 1) 項 目 (1) 受 変 電 設 備 白 馬 長 野 有 料 道 路 電 気 設 備 保 守 点 検 管 理 業 務 施 設 の 点 検 項 目 設 備 名 点 検 機 能 検 査 及 び 調 整 項 目 作 業 方 法 受 変 電 設 備 1. 盤 面 状 態 ランプの 不 点 清 掃 不 点 ランプの 交 換 ( 電 気

More information

DIGNO® C 404KC ユーザーガイド Chapter1

DIGNO® C 404KC ユーザーガイド Chapter1 ご 利 用 にあたって 各 部 の 名 称 とはたらき...8 USIMカードについて...9 内 部 ストレージ/SDカードについて...12 充 電 する... 16 電 源 を 入 れる/ 切 る...17 タッチパネルの 使 いかた...18 初 期 設 定 について...19 8 各 部 の 名 称 とはたらき 本 体 について 名 称 説 明 ノイズキャ ンセル 用 マイク 周 囲 の

More information

洗 浄 液 の 液 量 について 洗 浄 槽 に 半 分 以 上 洗 浄 液 が 入 っていることを 確 認 してください 洗 浄 液 が 少 なかったり 空 の 状 態 で 動 作 させますと 異 常 に 発 熱 し 火 災 の 原 因 となります アース 線 の 接 続 について 電 源 プラグ

洗 浄 液 の 液 量 について 洗 浄 槽 に 半 分 以 上 洗 浄 液 が 入 っていることを 確 認 してください 洗 浄 液 が 少 なかったり 空 の 状 態 で 動 作 させますと 異 常 に 発 熱 し 火 災 の 原 因 となります アース 線 の 接 続 について 電 源 プラグ 取 扱 説 明 書 Instruction Manual 超 音 波 洗 浄 器 取 -07564101 VS-F100 この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました 後 も 大 切 に 保

More information

Ⅰ 調 査 の 対 象 平 成 7 年 6 月 日 から 平 成 8 年 5 月 日 までの 間 に 貴 社 が 行 った 下 請 取 引 について, 報 告 し てください 下 請 法 の 適 用 を 受 ける 下 請 取 引 を 行 っているか 否 かについては, 次 の 第 取 引 の 内 容

Ⅰ 調 査 の 対 象 平 成 7 年 6 月 日 から 平 成 8 年 5 月 日 までの 間 に 貴 社 が 行 った 下 請 取 引 について, 報 告 し てください 下 請 法 の 適 用 を 受 ける 下 請 取 引 を 行 っているか 否 かについては, 次 の 第 取 引 の 内 容 公 取 下 第 50 号 平 成 8 年 6 月 4 日 代 表 者 殿 公 正 取 引 委 員 会 下 請 事 業 者 との 取 引 に 関 する 調 査 について 公 印 省 略 公 正 取 引 委 員 会 は, 下 請 取 引 の 公 正 化 を 図 るため, 下 請 代 金 支 払 遅 延 等 防 止 法 ( 以 下 下 請 法 といいます )を 中 小 企 業 庁 と 協 力 して 運 用

More information

他 のオプションサービス 等 と 併 せてご 利 用 の 場 合 の 留 意 事 項 サービス 名 等 ナンバー リクエスト 通 話 中 着 信 留 意 事 項 非 通 知 でかかってきた 場 合 は 着 信 しないため 非 通 知 等 の 表 示 はされません 通 話 中 着 信 等 での 割 り

他 のオプションサービス 等 と 併 せてご 利 用 の 場 合 の 留 意 事 項 サービス 名 等 ナンバー リクエスト 通 話 中 着 信 留 意 事 項 非 通 知 でかかってきた 場 合 は 着 信 しないため 非 通 知 等 の 表 示 はされません 通 話 中 着 信 等 での 割 り 発 信 者 番 号 表 示 のサービス 概 要 発 信 者 番 号 表 示 の 機 能 発 信 者 番 号 表 示 は ドコモ 光 電 話 バリュー の 月 額 使 用 料 に 含 まれるオプションサービスです 着 信 番 号 表 示 かけてきた を 電 話 機 のディスプレイに 表 示 します また かけてきた が 通 知 されない 場 合 は その 理 由 を 表 示 しま す 着 信 履 歴

More information

注 意 事 項 ルーツは 置 くだけで 使 える 安 心 感 安 全 性 を 向 上 した 床 置 き 型 手 すりです 下 記 内 容 を 必 ず 守 ってご 使 用 ください 1ルーツは 単 独 で 使 用 する 製 品 です 絶 対 に 他 社 製 品 と 組 み 合 わせたり 連 結 して

注 意 事 項 ルーツは 置 くだけで 使 える 安 心 感 安 全 性 を 向 上 した 床 置 き 型 手 すりです 下 記 内 容 を 必 ず 守 ってご 使 用 ください 1ルーツは 単 独 で 使 用 する 製 品 です 絶 対 に 他 社 製 品 と 組 み 合 わせたり 連 結 して 床 置 き 型 手 すり ルーツ ア ウトドア 段 差 タイプ 目 次 ステップ 台 付 き 注 意 事 項 P1 各 部 名 称 P2 組 み 立 ておよび 設 置 方 法 P3 フィッティングおよび 高 さ 調 整 方 法 P6 運 搬 保 管 方 法 P7 お 手 入 れ 方 法 P8 点 検 項 目 P8 このようなときには P9 各 部 寸 法 および 仕 様 P10 この 度 は 当 社

More information