職員のための

Size: px
Start display at page:

Download "職員のための"

Transcription

1 職 員 のための 子 育 てサポートQ&A 平 成 27 年 8 月 改 訂 総 務 政 策 局 総 務 課 総 務 政 策 局 教 職 員 課

2 ~ 目 次 ~ 特 定 事 業 主 行 動 計 画 P6 Q1 Q2 北 海 道 教 育 委 員 会 職 員 子 育 て 支 援 行 動 計 画 とは 職 員 に 対 して どの 様 な 休 暇 や 給 付 等 の 支 援 を 行 っていますか 女 性 職 員 向 け P7 Q3 Q4 Q5 Q6 Q7 妊 娠 していることが 判 明 しました 職 場 にはどのように 届 け 出 たら よいのですか 平 日 に 病 院 や 保 健 所 が 行 う 母 親 学 級 ( 保 健 指 導 )に 参 加 したいので すが つわりがひどくて 十 分 な 睡 眠 が 取 れません 妊 娠 中 混 んでいるバスや 地 下 鉄 に 乗 って 通 勤 するのはつらいので 時 間 をずらして 出 退 勤 をすることができるのでしょうか おなかも 大 きくなり 現 在 の 仕 事 がきつくなってきたのですが 何 か 手 だてはありませんか 出 産 関 係 P9 Q8 Q9 Q10 産 前 産 後 休 暇 の 取 得 できる 期 間 と 手 続 きを 教 えてください 出 産 予 定 日 より 出 産 が 早 まったり 遅 くなったりした 場 合 産 前 の 期 間 はどのように 取 り 扱 われるのでしょうか また 出 産 の 日 は 産 前 産 後 のいずれの 期 間 に 含 まれるのですか 出 産 費 用 の 補 助 はありますか 男 性 職 員 向 け P10 Q11 Q12 Q13 Q14 配 偶 者 が 出 産 する 予 定 ですが 休 暇 を 取 得 することができますか 配 偶 者 が 出 産 のため 入 院 するときに 一 人 では 大 変 なので 付 き 添 いたいと 思 っています 配 偶 者 の 両 親 に 付 添 いを 頼 むこともできる のですが このような 場 合 でも 配 偶 者 出 産 休 暇 を 取 得 できます か 配 偶 者 が 出 産 前 に 実 家 に 戻 ってしばらく 暮 らし 実 家 近 くの 病 院 で 出 産 する 場 合 実 家 に 戻 る 配 偶 者 を 送 るために 配 偶 者 出 産 休 暇 を 取 得 することができますか 育 児 参 加 休 暇 は 具 体 的 にどういう 場 合 に 取 得 できますか - 1 -

3 Q15 Q16 Q17 配 偶 者 や 子 の 祖 父 母 など 自 分 以 外 に 子 の 世 話 をすることができる 家 族 等 がいても 育 児 参 加 休 暇 を 取 得 して 育 児 に 参 加 することが できますか 育 児 参 加 休 暇 は 配 偶 者 の 産 前 産 後 の 期 間 に5 日 以 内 で 取 得 で きることとされていますが 第 1 子 の 場 合 には 産 後 の 期 間 に5 日 以 内 で 取 得 できるということでしょうか 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまで とは どういうことでしょうか 子 育 て 中 の 職 員 向 け P12 Q18 Q19 Q20 Q21 Q22 Q23 子 どもが 怪 我 をしたり 急 な 発 熱 の 場 合 に 休 暇 を 取 得 できますか 子 の 負 傷 疾 病 を 証 明 するために 医 師 の 証 明 書 等 を 提 出 しなけれ ばならないのですか 負 傷 した 疾 病 にかかった 子 の 世 話 とは どのような 場 合 です か 子 の 看 護 休 暇 は 子 どもが2 人 以 上 いる 職 員 の 場 合 には 何 日 付 与 されるのでしょうか 夫 婦 とも 職 員 である 場 合 子 の 看 護 休 暇 の 付 与 日 数 は 調 整 されるで しょうか 育 児 休 暇 とは どのような 制 度 ですか 育 児 休 業 関 係 P14 Q24 Q25 Q26 Q27 Q28 Q29 Q30 Q31 Q32 Q33 Q34 Q35 育 児 休 業 はどのような 制 度 ですか また どのような 職 員 が 育 児 休 業 を 取 得 することができるのですか 育 児 休 業 の 再 取 得 は 可 能 ですか 職 員 の 配 偶 者 が 専 業 主 婦 ですが 職 員 は 育 児 休 業 が 取 得 できますか 育 児 休 業 中 ですが 期 間 を 延 長 できますか 産 後 休 暇 の 後 に 仕 事 の 引 継 ぎのため3 日 間 程 出 勤 してから 育 児 休 業 を 取 得 したいのですが 可 能 ですか 育 児 休 業 中 の 給 与 などはどうなりますか 育 児 休 業 を 取 得 すると 退 職 手 当 にどのような 影 響 がありますか 育 児 休 業 中 に 共 済 組 合 から 給 付 を 受 けられるのでしょうか 育 児 休 業 中 にも 共 済 の 掛 金 や 互 助 会 費 を 支 払 うのでしょうか 育 児 休 業 の 取 得 手 続 きはどのようにすればよいのですか 育 児 休 業 の 申 し 出 をしたら 上 司 から 君 の 仕 事 の 代 わりがいない から と 言 われました 育 児 休 業 が 取 れないのでしょうか 女 性 職 員 が 第 1 子 の 育 児 休 業 中 に 第 2 子 が 生 まれることになりまし た この 場 合 第 1 子 の 育 児 休 業 はどうなるのですか - 2 -

4 Q36 Q37 Q38 育 児 休 業 の 終 了 前 に 子 どもを 保 育 園 に 預 けて 職 場 に 復 帰 したいの ですが 可 能 ですか 育 児 休 業 が 承 認 された 期 間 の 満 了 前 に 終 了 することがありますか 育 児 休 業 を 終 えて 職 務 に 復 帰 したときの 職 務 給 与 等 はどうなりま すか 部 分 休 業 関 係 P19 Q39 Q40 Q41 Q42 Q43 Q44 Q45 部 分 休 業 制 度 とはどのような 制 度 ですか また 男 性 も 部 分 休 業 を 取 得 することができるのですか どのような 職 員 が 部 分 休 業 できますか 育 児 休 業 の 後 に 部 分 休 業 を 取 ることは 可 能 ですか また 何 度 でも 取 れますか 部 分 休 業 を 取 得 するためには,どのような 手 続 きが 必 要 ですか 育 児 休 暇 を 取 得 済 みですが 部 分 休 業 を 併 せて 取 得 できますか 既 に 部 分 休 業 を 承 認 されている 日 に 年 次 有 給 休 暇 を 取 得 して1 日 休 みたいのですが 可 能 ですか 部 分 休 業 を 取 得 した 時 間 の 給 与 はどうなりますか 育 児 短 時 間 勤 務 関 係 P22 Q46 Q47 Q48 Q49 Q50 Q51 Q52 Q53 Q54 Q55 Q56 Q57 Q58 育 児 短 時 間 勤 務 とはどのような 制 度 ですか また どのような 職 員 が 育 児 短 時 間 勤 務 をすることができるのですか どのような 勤 務 の 形 態 を 選 択 できるのですか 子 どもが 小 学 校 就 学 前 まで 一 括 して 請 求 できますか 夫 婦 で 育 児 短 時 間 勤 務 をすることはできますか 育 児 短 時 間 勤 務 の 取 得 手 続 きはどのようにすればよいのですか 育 児 短 時 間 勤 務 が 認 められない 場 合 はありますか 育 児 短 時 間 勤 務 の 期 間 を 延 長 することはできますか 同 じ 子 について 何 度 も 育 児 短 時 間 勤 務 をすることはできますか 育 児 短 時 間 勤 務 の 期 間 の 途 中 で 勤 務 する 時 間 帯 を 変 更 することはで きますか どのような 場 合 に 育 児 短 時 間 勤 務 が 終 了 するのですか 育 児 短 時 間 勤 務 をしている 職 員 の 年 次 有 給 休 暇 の 付 与 日 数 や 繰 り 越 し 日 数 等 はどうなるのですか 育 児 短 時 間 勤 務 をしている 職 員 がその 他 の 育 児 のための 制 度 を 利 用 することはできますか 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 が2 人 います 第 2 子 が 小 学 校 に 入 学 するまで 連 続 ( 更 新 )して 育 児 短 時 間 勤 務 を 活 用 したいと - 3 -

5 Q59 Q60 Q61 考 えていますが どの 様 に 手 続 きをしたら 良 いですか 育 児 短 時 間 勤 務 をしている 職 員 の 給 与 はどうなりますか 育 児 短 時 間 勤 務 をすると 給 料 が 減 額 されますが 共 済 の 掛 金 及 び 互 助 会 費 はどうなりますか 第 2 子 の 産 前 休 暇 取 得 により 育 児 短 時 間 勤 務 の 承 認 期 間 が 予 定 よ り 早 く 取 消 しとなりましたが 共 済 の 長 期 掛 金 の 一 部 免 除 について 何 か 手 続 きが 必 要 ですか 早 出 遅 出 勤 務 深 夜 勤 務 及 び 時 間 外 勤 務 等 の 制 限 P29 Q62 共 働 きの 職 員 ですが 夜 遅 くまで 子 どもを 預 かってくれるところが ありません 育 児 休 業 や 部 分 休 業 のほかに 育 児 のために 利 用 できる 手 だてはないのでしょうか Q63 早 出 遅 出 勤 務 はどのような 場 合 に 認 められますか Q64 早 出 遅 出 勤 務 に 係 る 勤 務 時 間 はどのようになるのですか Q65 小 学 生 の 子 を 学 童 保 育 に 託 児 している 場 合 も 早 出 勤 務 遅 出 勤 務 のどちらも 利 用 できますか Q66 早 出 遅 出 勤 務 を 請 求 する 際 には どのような 手 続 きが 必 要 ですか Q67 早 出 遅 出 勤 務 は 1 日 置 きに 利 用 できますか Q68 子 が 生 まれる 前 に 早 出 遅 出 勤 務 を 請 求 できますか Q69 早 出 遅 出 勤 務 の 要 件 を 満 たしていても 請 求 が 認 められない 場 合 があ りますか Q70 早 出 遅 出 勤 務 と 育 児 休 暇 の 併 用 はできますか Q71 育 児 のための 早 出 遅 出 勤 務 時 間 外 勤 務 の 制 限 及 び 深 夜 勤 務 の 制 限 を 請 求 した 期 間 がまもなく 満 了 するのですが その 後 も 必 要 となりました 期 間 の 延 長 はできますか Q72 育 児 のための 早 出 遅 出 勤 務 時 間 外 勤 務 の 制 限 及 び 深 夜 勤 務 の 制 限 を 同 時 に 請 求 することはできますか Q73 夫 婦 そろって 早 出 遅 出 勤 務 時 間 外 勤 務 の 制 限 及 び 深 夜 勤 務 の 制 限 を 請 求 することができますか 共 済 組 合 及 び 互 助 会 関 係 等 P33 Q74 Q75 Q76 Q77 共 済 組 合 及 び 互 助 会 から 出 産 費 がもらえると 聞 きましたが どのよ うな 手 続 きが 必 要 ですか 退 職 後 に 出 産 したのですが 共 済 組 合 から 出 産 費 はもらえますか 育 児 休 業 を 取 得 したら 共 済 組 合 員 の 資 格 はどうなるのですか 育 児 休 業 期 間 中 の 共 済 掛 金 及 び 互 助 会 費 の 支 払 いはどうなりますか - 4 -

6 Q78 Q79 Q80 第 1 子 の 育 児 休 業 期 間 中 に 第 2 子 が 生 まれた 場 合 共 済 掛 金 及 び 互 助 会 費 は 再 度 免 除 になるのですか その 場 合 どのような 手 続 きが 必 要 ですか 育 児 休 業 期 間 中 に 共 済 組 合 から 手 当 が 支 給 されると 聞 きましたが 育 児 休 業 手 当 金 を 受 けるにはどのような 手 続 きが 必 要 ですか 産 前 休 暇 産 後 休 暇 期 間 中 についても 共 済 掛 金 免 除 制 度 が 新 たに 設 けられたと 聞 きましたが 子 育 てに 関 する 主 な 休 暇 給 付 等 支 援 制 度 一 覧 P36-5 -

7 特 定 事 業 主 行 動 計 画 Q1 北 海 道 教 育 委 員 会 職 員 子 育 て 支 援 行 動 計 画 とは A) わが 国 における 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 にかんがみ 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもたちが 健 やかに 生 まれ 育 成 される 環 境 の 整 備 を 目 的 として 国 地 方 公 共 団 体 企 業 等 が 一 体 となって 総 合 的 な 取 組 を 進 めるため 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 ( 以 下 法 という )が 平 成 15 年 7 月 に 成 立 しました 道 教 委 では 平 成 17 年 度 から21 年 度 までを 前 期 計 画 平 成 22 年 度 から26 年 度 までを 後 期 計 画 として 北 海 道 教 育 委 員 会 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 以 下 行 動 計 画 という )を 策 定 し 仕 事 と 子 育 ての 両 立 支 援 に 関 する 普 及 啓 発 や 子 育 て 支 援 制 度 の 周 知 徹 底 に 重 点 を 置 いて 取 り 組 んできました 平 成 26 年 4 月 法 の 有 効 期 限 が10 年 間 延 長 されたことから 平 成 27 年 度 から36 年 度 までを 計 画 期 間 とする 北 海 道 教 育 委 員 会 職 員 子 育 て 支 援 行 動 計 画 を 策 定 することとなり 1 職 員 全 員 の 意 識 改 革 2 時 間 外 勤 務 等 の 縮 減 など 働 き 方 そのものの 見 直 し 3 子 育 てを 行 う 女 性 職 員 の 活 躍 促 進 という3つのテーマとともに 効 果 的 な 取 組 を 継 続 して 進 めていくための 数 値 目 標 を 設 定 するなどして その 着 実 な 推 進 を 図 る よう 取 り 組 んでいきます 職 員 に 対 して どの 様 な 休 暇 や 給 付 等 の 支 援 を 行 っていますか A) 休 暇 は 母 親 に 対 する 産 前 産 後 休 暇 や 父 親 に 対 する 育 児 参 加 休 暇 など があり 給 付 は 出 産 費 などがあります 最 終 項 に 子 育 てに 関 する 主 な 休 暇 給 付 等 支 援 制 度 一 覧 として 記 載 していますので 参 考 にしてください - 6 -

8 女 性 職 員 向 け 妊 娠 していることが 判 明 しました 職 場 にはどのように 届 け 出 たらよいの ですか A) 大 切 な 胎 児 を 育 てるための 妊 産 婦 等 に 対 する 支 援 措 置 や 父 親 母 親 と なる 職 員 に 対 する 支 援 措 置 もありますので 出 来 るだけ 早 期 に 管 理 職 員 等 に 申 し 出 るようにしましょう 最 初 の 申 し 出 は 口 頭 で 構 いません その 後 育 児 計 画 書 を 作 成 提 出 してください また 特 別 休 暇 の 申 請 や 職 務 専 念 義 務 免 除 の 申 し 出 時 に 母 子 健 康 手 帳 の 提 示 や 医 師 の 証 明 書 などが 必 要 となります 平 日 に 病 院 や 保 健 所 が 行 う 母 親 学 級 ( 保 健 指 導 )に 参 加 したいのですが A) 集 団 で 行 う 母 親 学 級 であっても 母 子 保 健 法 に 基 づく 保 健 指 導 であれば 職 務 専 念 義 務 免 除 ( 妊 娠 出 産 後 の 通 院 )の 申 出 ができます ( 初 回 申 請 時 に 母 子 健 康 手 帳 の 提 示 が 必 要 です ) 妊 娠 出 産 後 の 通 院 ( 職 務 専 念 義 務 免 除 ) 保 健 指 導 又 は 健 康 診 査 を 受 ける 場 合 1 妊 娠 から 妊 娠 23 週 まで 4 週 間 に1 日 以 内 2 妊 娠 24 週 から35 週 まで 2 週 間 に1 日 以 内 3 妊 娠 36 週 から 出 産 まで 1 週 間 に1 日 以 内 4 出 産 後 1 年 まで その 間 に1 日 以 内 5 医 師 等 の 特 別 な 指 示 があった 場 合 指 示 された 日 数 なお 健 康 診 査 に 基 づく 保 健 指 導 が 健 康 診 査 とは 別 の 日 に 実 施 される 場 合 には 医 師 等 の 特 別 な 指 示 があったものとみなされます つわりがひどくて 十 分 な 睡 眠 が 取 れません A) つわり 等 の 障 害 により 勤 務 することが 困 難 な 場 合 は 妊 娠 中 14 日 以 内 の 特 別 休 暇 ( 妊 娠 障 害 休 暇 )が 取 得 できます なお 時 間 単 位 や 分 単 位 で 取 得 が 可 能 ですが 時 間 分 単 位 で 使 用 し た 場 合 は 残 日 数 の 計 算 は1 日 使 用 したものと 見 なされますので 注 意 し てください - 7 -

9 妊 娠 中 混 んでいるバスや 地 下 鉄 に 乗 って 通 勤 するのはつらいので 時 間 をずらして 出 退 勤 をすることができるのでしょうか A) 通 勤 に 利 用 する 交 通 機 関 ( 自 家 用 車 を 含 む )の 混 雑 によりその 母 体 又 は 胎 児 の 健 康 保 持 に 影 響 があると 認 められる 場 合 妊 娠 中 の 女 性 職 員 の 申 出 により 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりに 1 日 につき1 時 間 を 超 えな い 範 囲 内 において 職 務 専 念 義 務 が 免 除 ( 通 勤 緩 和 )されます なお 通 勤 に 利 用 する 交 通 機 関 ( 自 家 用 車 を 含 む )の 混 雑 とは 通 常 の 勤 務 をする 場 合 の 登 庁 又 は 退 庁 の 時 間 において 常 例 として 利 用 する 交 通 機 関 の 乗 降 場 車 内 の 混 雑 道 路 における 混 雑 をいいます また 1 日 につき1 時 間 以 内 の 範 囲 内 で 認 められていますので 出 勤 時 又 は 退 勤 時 のどちらかに1 時 間 としたり 出 勤 時 に30 分 退 勤 時 に 30 分 として 分 けて 取 得 しても 構 いません おなかも 大 きくなり 現 在 の 仕 事 がきつくなってきたのですが 何 か 手 だ てはありませんか A) 職 場 の 上 司 に 相 談 してみましょう 勤 務 時 間 を 短 縮 することはできませんが 妊 産 婦 である 女 性 職 員 が 申 し 出 れば 深 夜 勤 務 時 間 外 勤 務 休 日 勤 務 を 制 限 ( 妊 産 婦 の 勤 務 制 限 ) でき また 請 求 により 筋 肉 労 働 や 出 張 の 制 限 など( 妊 産 婦 の 業 務 の 軽 減 措 置 等 )ができます 更 に 事 務 分 担 の 見 直 しや 業 務 への 応 援 体 制 を 組 むなど 職 場 内 で 協 力 することができます また 申 出 により 業 務 が 母 体 又 は 胎 児 の 健 康 保 持 に 影 響 があると 認 められる 場 合 は 適 宜 の 休 養 や 補 食 のために 必 要 な 時 間 の 職 務 専 念 義 務 が 免 除 ( 妊 娠 中 の 休 憩 )されます - 8 -

10 出 産 関 係 産 前 産 後 休 暇 の 取 得 できる 期 間 と 手 続 きを 教 えてください A) 産 前 については 出 産 予 定 日 の 前 日 から 起 算 して8 週 間 ( 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 ) 前 から 出 産 日 までの 間 において 必 要 とする 期 間 につ いて 特 別 休 暇 ( 産 前 休 暇 )の 取 得 ができます 産 後 については 特 別 休 暇 ( 産 後 休 暇 )として 出 産 日 の 翌 日 から8 週 間 を 経 過 する 日 までは 就 業 できません ただし 産 後 6 週 間 を 経 過 した 職 員 が 申 し 出 た 場 合 で 医 師 から 支 障 ないと 認 められれば 職 場 に 復 帰 することができます なお 出 産 とは 妊 娠 満 12 週 以 後 の 分 べんをいい これは 出 産 流 産 などの 事 情 は 一 切 問 いませんが 仮 に 流 産 し 8 週 間 の 特 別 休 暇 の 期 間 を 過 ぎてもまだ 母 胎 が 回 復 しないような 場 合 には 病 気 休 暇 を 申 請 して ください 出 産 予 定 日 より 出 産 が 早 まったり 遅 くなったりした 場 合 産 前 の 期 間 はど のように 取 り 扱 われるのでしょうか また 出 産 の 日 は 産 前 産 後 のいずれ の 期 間 に 含 まれるのですか A) 出 産 が 予 定 日 より 早 まっても 遅 くなっても 出 産 の 日 当 日 までが 産 前 の 特 別 休 暇 となります なお 出 産 日 の 翌 日 から8 週 間 が 産 後 の 特 別 休 暇 となります 出 産 費 用 の 補 助 はありますか A) 出 産 に 際 しては 共 済 組 合 から 出 産 費 出 産 費 附 加 金 又 は 家 族 出 産 費 家 族 出 産 費 附 加 金 が 支 給 されます また 北 海 道 公 立 学 校 教 職 員 互 助 会 から 出 産 給 付 金 ( 学 校 職 員 )が 北 海 道 職 員 互 助 会 から 出 産 見 舞 金 ( 教 育 庁 等 職 員 )が 支 給 されます 共 済 組 合 では 出 産 費 及 び 家 族 出 産 費 を 医 療 機 関 等 に 支 払 う 直 接 支 払 制 度 を 実 施 しており これにより 出 産 時 における 組 合 員 の 医 療 機 関 等 での 費 用 の 窓 口 負 担 が 軽 減 されます Q74 参 照 - 9 -

11 男 性 職 員 向 け 配 偶 者 が 出 産 する 予 定 ですが 休 暇 を 取 得 することができますか A) 職 員 の 配 偶 者 の 出 産 に 係 る 入 退 院 の 付 き 添 い 出 産 時 の 付 き 添 い 出 産 に 係 る 入 院 中 の 世 話 子 の 出 生 の 届 出 等 の 場 合 において 配 偶 者 の 出 産 に 係 る 入 院 等 の 日 から 当 該 出 産 の 日 後 2 週 間 を 経 過 するまでの 間 の3 日 以 内 で 特 別 休 暇 ( 配 偶 者 出 産 休 暇 )が 取 得 できます また 配 偶 者 が 出 産 する 場 合 であって その 出 産 予 定 日 の8 週 間 ( 多 胎 出 産 の 場 合 は14 週 間 ) 前 から 出 産 の 日 後 8 週 間 を 経 過 するまでの 期 間 において 男 性 職 員 が 出 産 に 係 る 子 又 は 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するま での 子 の 養 育 の 場 合 において 5 日 以 内 で 特 別 休 暇 ( 育 児 参 加 休 暇 ) が 取 得 できます 特 に 配 偶 者 出 産 休 暇 や 育 児 参 加 休 暇 については 父 親 である 男 性 職 員 のみに 認 められているものですので 積 極 的 に 取 得 するとともに 休 暇 取 得 に 係 る 自 分 の 意 志 が 尊 重 され 円 滑 に 取 得 できるよう 育 児 計 画 書 な どを 有 効 に 活 用 し 子 育 てがはじまる 前 に 管 理 職 員 に 申 出 を 行 いましょ う 配 偶 者 が 出 産 のため 入 院 するときに 一 人 では 大 変 なので 付 き 添 いたい と 思 っています 配 偶 者 の 両 親 に 付 添 いを 頼 むこともできるのですが この ような 場 合 でも 配 偶 者 出 産 休 暇 を 取 得 できますか A) 職 員 以 外 に 付 き 添 うことができる 家 族 等 がいても 職 員 が 配 偶 者 に 付 き 添 うために 取 得 することは 可 能 です 配 偶 者 が 出 産 前 に 実 家 に 戻 ってしばらく 暮 らし 実 家 近 くの 病 院 で 出 産 す る 場 合 実 家 に 戻 る 配 偶 者 を 送 るために 配 偶 者 出 産 休 暇 を 取 得 すること ができますか A) 入 退 院 の 付 添 い 等 のために 認 められるものなので そのような 場 合 に は 取 得 することはできません

12 育 児 参 加 休 暇 は 具 体 的 にどういう 場 合 に 取 得 できますか A) 生 まれた 子 への 授 乳 や 付 添 い また 上 の 子 の 保 育 所 等 への 送 迎 など 生 まれてくる 子 や 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 上 の 子 の 生 活 上 の 世 話 をする 場 合 に 取 得 することができます よって 生 まれてくる 子 が 第 1 子 の 場 合 は 産 前 の 期 間 は 休 暇 を 取 得 する 事 由 がないため 産 後 期 間 のみの 取 得 となります 配 偶 者 や 子 の 祖 父 母 など 自 分 以 外 に 子 の 世 話 をすることができる 家 族 等 がいても 育 児 参 加 休 暇 を 取 得 して 育 児 に 参 加 することができますか A) 育 児 参 加 休 暇 は 子 の 世 話 をすることができる 家 族 の 有 無 にかかわら ず 実 際 に 職 員 が 育 児 を 行 うのであれば 取 得 できます 育 児 参 加 休 暇 は 配 偶 者 の 産 前 産 後 の 期 間 に5 日 以 内 で 取 得 できるこ ととされていますが 第 1 子 の 場 合 には 産 後 の 期 間 に5 日 以 内 で 取 得 でき るということでしょうか A) 第 1 子 の 場 合 は 産 前 の 期 間 にはこの 休 暇 を 取 得 する 事 由 がない( 養 育 する 子 がいない)ため 事 実 上 産 後 の 期 間 のみの 取 得 になります なお 上 の 子 ( 小 学 校 就 学 前 )がいる 場 合 には その 子 の 養 育 のため に 産 前 の 期 間 から 取 得 することができます Q14 参 照 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまで とは どういうことでしょうか A) 子 が 満 6 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までを 指 します

13 子 育 て 中 の 職 員 向 け 子 どもが 怪 我 をしたり 急 な 発 熱 の 場 合 に 休 暇 を 取 得 できますか A) 中 学 校 就 学 の 終 期 に 達 するまでの 子 ( )を 養 育 する 職 員 が 子 の 看 護 をする 場 合 は 特 別 休 暇 ( 子 の 看 護 休 暇 )が1 年 のうち 子 ども1 人 につ き5 日 以 内 ( 養 育 する 子 が3 人 以 上 の 場 合 は15 日 を 上 限 )で 取 得 する ことができます また ここでいう 子 の 看 護 とは 負 傷 した 疾 病 にかかった 子 の 世 話 を 行 う 場 合 や 健 康 診 査 予 防 接 種 に 付 き 添 う 場 合 をいいます その 子 が 中 学 生 の 場 合 にあっては 医 師 の 指 示 が 必 要 です なお 子 の 看 護 休 暇 の 付 与 日 数 を 全 て 取 得 した 後 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 に 予 防 接 種 法 又 は 結 核 予 防 法 に 定 める 予 防 接 種 ( 種 と うの 検 診 及 びツベルクリン 反 応 検 査 を 含 む )を 受 けさせる 場 合 は 申 出 により1 日 を 超 えない 範 囲 で 職 務 専 念 義 務 が 免 除 ( 子 の 予 防 接 種 )さ れます 子 の 負 傷 疾 病 を 証 明 するために 医 師 の 証 明 書 等 を 提 出 しなければなら ないのですか A) 子 の 負 傷 疾 病 を 証 明 するにあたっては 特 に 医 師 の 証 明 書 等 の 提 出 は 義 務 づけられていません しかし 所 属 長 が 判 断 するにあたって 必 要 と 認 めれば 医 師 の 証 明 書 等 の 提 出 を 求 められることもあります 負 傷 した 疾 病 にかかった 子 の 世 話 とは どのような 場 合 ですか A) 子 が 負 傷 疾 病 により 看 護 の 必 要 があり 職 員 が 休 まざるを 得 ないと 認 められる 場 合 をいいます なお 職 員 以 外 に 専 業 主 婦 ( 夫 ) 等 といった 他 の 看 護 可 能 な 家 族 等 がいる 場 合 には 通 常 その 者 が 看 護 にあたるものと 考 えられますが そ の 者 が 何 らかの 事 情 ( 本 人 が 病 気 等 )により 子 どもの 看 護 ができない 状 態 であることもあり 得 ることから そのような 場 合 には 事 情 を 所 属 長 に 詳 しく 説 明 してください

14 子 の 看 護 休 暇 は 子 どもが2 人 以 上 いる 職 員 の 場 合 には 何 日 付 与 される のでしょうか A) 養 育 する 子 が2 人 の 場 合 は10 日 以 内 3 人 以 上 の 場 合 は15 日 以 内 (15 日 が 上 限 )となります 夫 婦 とも 職 員 である 場 合 子 の 看 護 休 暇 の 付 与 日 数 は 調 整 されるのでしょ うか A) 夫 婦 とも 職 員 で 要 件 を 満 たすものである 場 合 には 父 親 母 親 それぞ れ1 年 に5 日 以 内 ( 子 が2 人 の 場 合 は10 日 以 内 3 人 以 上 の 場 合 は1 5 日 以 内 )となります 育 児 休 暇 とは どのような 制 度 ですか A) 育 児 休 暇 とは 生 後 2 年 に 達 しない 子 を 育 てる 女 性 男 性 の 職 員 が 子 を 養 育 ( 子 への 授 乳 や 子 の 保 育 施 設 への 送 迎 など)する 場 合 に 1 日 2 回 合 わせて2 時 間 以 内 30 分 以 上 を 単 位 として 取 得 できる 特 別 休 暇 です す 夫 婦 で 職 員 の 場 合 は 両 者 を 合 わせて1 日 2 時 間 以 内 の 取 得 となりま ただし 男 性 職 員 は 次 に 該 当 する 場 合 は 取 得 できません ( 配 偶 者 の 病 気 等 により 当 該 子 を 育 てることができない 状 況 にある 場 合 は こ の 限 りではありません ) 1 配 偶 者 が 育 児 休 業 等 を 取 得 している 場 合 2 育 児 休 暇 の 承 認 を 受 けようとする 時 間 に 配 偶 者 が 育 児 休 暇 を 取 得 し ている 場 合 3 配 偶 者 が 産 前 産 後 休 暇 を 取 得 している 場 合 4 配 偶 者 が 当 該 子 と 同 居 し かつ 就 業 していない 又 は1 週 間 の 就 業 日 数 が2 日 以 下 の 場 合 請 求 は 休 暇 の 使 用 時 間 帯 が 一 緒 であれば 1ヵ 月 程 度 まとめて 請 求 でき あらかじめ 取 得 している 場 合 に 限 り 残 りの 勤 務 時 間 に 年 次 有 給 休 暇 を 利 用 し 勤 務 しないことができます また 1 日 2 回 の 休 暇 をまと めて1 回 で 取 得 することができます なお 男 性 職 員 が 請 求 する 場 合 は 休 暇 等 処 理 簿 に 配 偶 者 の 状 況 を 併 せて 記 入 してください

15 育 児 休 業 関 係 育 児 休 業 はどのような 制 度 ですか また どのような 職 員 が 育 児 休 業 を 取 得 することができるのですか A) 育 児 休 業 とは 職 員 が3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するために 3 歳 の 誕 生 日 の 前 日 まで 休 業 できる 制 度 であり 育 児 と 仕 事 の 両 立 をしながら 継 続 して 勤 務 することを 可 能 にすることを 目 的 としています 3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 する 職 員 であれば 男 女 を 問 わず 最 長 でそ の 子 が3 歳 の 誕 生 日 の 前 日 まで その 子 につき 原 則 として1 回 に 限 り 育 児 休 業 をすることができます 非 常 勤 職 員 は 取 得 要 件 や 期 間 が 異 なる 臨 時 的 職 員 や 定 年 後 引 き 続 き 勤 務 している 職 員 は 除 く 育 児 休 業 の 再 取 得 は 可 能 ですか A) 育 児 休 業 の 再 取 得 は 次 のとおりです 1 育 児 休 業 等 計 画 書 に 基 づき 1 回 目 終 了 後 3 月 以 上 を 経 過 した 場 合 2 男 性 職 員 で 配 偶 者 の 産 後 期 間 中 に 最 初 の 育 児 休 業 をした 場 合 3それ 以 外 は 配 偶 者 が 負 傷 又 は 疾 病 により 入 院 したなどの 特 別 な 事 情 がない 限 り 再 取 得 はできません 1イメージ 職 員 : 育 児 休 業 育 児 休 業 (1 回 目 ) (2 回 目 ) 2イメージ 3 月 以 上 出 生 の 日 ( 産 後 期 間 ) 出 生 の 日 の 翌 日 から8 週 妻 産 後 休 暇 夫 最 初 の 育 児 休 業 再 び 育 児 休 業

16 職 員 の 配 偶 者 が 専 業 主 婦 ですが 職 員 は 育 児 休 業 が 取 得 できますか A) 職 員 の 配 偶 者 が 専 業 主 婦 であるとか 職 員 の 父 母 が 同 居 しているな ど 配 偶 者 等 の 状 況 にかかわらず 取 得 可 能 です なお 配 偶 者 が 職 員 で 育 児 休 業 中 であっても 取 得 可 能 です 育 児 休 業 中 ですが 期 間 を 延 長 できますか A) 育 児 休 業 の 延 長 は 1 回 に 限 りできます ただし 配 偶 者 が 負 傷 又 は 疾 病 により 入 院 したなどの 特 別 な 事 情 があ る 場 合 は 再 度 延 長 することができます( 再 度 手 続 きが 必 要 ) 産 後 休 暇 の 後 に 仕 事 の 引 継 ぎのため3 日 間 程 出 勤 してから 育 児 休 業 を 取 得 したいのですが 可 能 ですか A) 取 得 可 能 です 育 児 休 業 の 期 間 は 産 後 の 休 暇 に 引 き 続 いている 必 要 はありません ただし 一 旦 育 児 休 業 に 入 れば 承 認 されたその 期 間 を 中 断 すること はできないこととされているので 注 意 してください 育 児 休 業 中 の 給 与 などはどうなりますか A) 1 育 児 休 業 期 間 中 給 与 ( 給 料 諸 手 当 )は 支 給 されません 職 務 に 復 帰 した 場 合 は 育 児 休 業 をした 期 間 を100 分 の100 以 下 の 換 算 率 により 換 算 して 得 た 期 間 を 引 き 続 き 勤 務 したものとみなして 号 俸 の 調 整 が 行 われます 2 期 末 勤 勉 手 当 は 基 準 日 に 育 児 休 業 中 であっても 基 準 日 以 前 6 箇 月 以 内 の 期 間 において 勤 務 実 績 があれば 支 給 されます ただし 算 定 の 基 礎 となる 在 職 期 間 等 から 育 児 休 業 の 一 定 期 間 ( 期 末 手 当 は1 月 を 超 えた 場 合 は2 分 の1 勤 勉 手 当 は 全 期 間 )が 除 算 されます

17 育 児 休 業 を 取 得 すると 退 職 手 当 にどのような 影 響 がありますか A) 退 職 手 当 は 基 本 額 及 び 調 整 額 の 計 算 の 基 礎 となる 勤 続 期 間 等 につい て 育 児 休 業 期 間 の2 分 の1( 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 が1 歳 に 達 した 日 の 属 する 月 までの 期 間 については 3 分 の1)が 除 算 されます 育 児 休 業 中 に 共 済 組 合 から 給 付 を 受 けられるのでしょうか A) 子 どもが1 歳 に 達 するまでの 期 間 ( 父 母 ともに 組 合 員 で ともに 子 が 1 歳 に 達 する 前 に 育 児 休 業 をする 場 合 は 子 が1 歳 2 箇 月 に 達 する 日 ま で( 子 の 出 生 の 日 と 産 後 休 暇 を 含 み 最 大 1 年 間 分 )) 共 済 組 合 から 育 児 休 業 手 当 金 として 休 業 日 数 180 日 まで 給 料 日 額 の67%に1.25を 乗 じて 得 た 額 が 残 りの 日 数 は 給 料 日 額 の50%に1.25を 乗 じて 得 た 額 ( 給 付 上 限 相 当 額 あり)が 支 給 されます なお やむを 得 ない 事 情 がある 場 合 には 子 が1 歳 6 箇 月 に 達 するま での 期 間 支 給 延 長 を 請 求 することができます Q79 参 照 育 児 休 業 中 にも 共 済 の 掛 金 や 互 助 会 費 を 支 払 うのでしょうか A) 育 児 休 業 期 間 中 は 免 除 されます Q77 参 照 育 児 休 業 の 取 得 手 続 きはどのようにすればよいのですか A) 育 児 休 業 を 始 めようとする 日 のおおよそ1 月 前 までに 育 児 休 業 承 認 請 求 書 に 子 の 氏 名 生 年 月 日 及 び 続 柄 を 証 明 する 書 類 ( 戸 籍 抄 本 母 子 健 康 手 帳 の 写 しなど)を 添 付 し 所 属 長 経 由 で 総 務 課 ( 教 育 職 員 外 ) 又 は 教 職 員 課 ( 教 育 職 員 )に 提 出 します また 共 済 等 の 手 続 きのため 育 児 休 業 掛 金 免 除 ( 変 更 ) 申 出 書 に 学 校 職 員 は 育 児 休 業 に 係 る 育 児 休 業 承 認 通 知 書 の 写 しを 教 育 庁 等 職 員 は 辞 令 書 の 写 し 及 び 母 子 健 康 手 帳 ( 子 の 出 生 日 欄 )の 写 しを 添 付 し 所 属 長 経 由 で 共 済 組 合 に 提 出 します ( 互 助 会 は 会 費 が 給 与 から チェックオフ( 天 引 き)されている 職 員 は 手 続 不 要 です ) なお Q25のイメージ1による 再 取 得 をする 場 合 は 育 児 休 業 等 計 画 書 を 忘 れずに 一 緒 に 提 出 してください

18 育 児 休 業 の 申 し 出 をしたら 上 司 から 君 の 仕 事 の 代 わりがいないから と 言 われました 育 児 休 業 が 取 れないのでしょうか A) 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 では 請 求 があったとき は 当 該 請 求 に 係 る 期 間 について 当 該 請 求 をした 職 員 の 業 務 を 処 理 する ための 措 置 を 講 ずることが 著 しく 困 難 である 場 合 を 除 き これを 承 認 し なければならない( 第 2 条 第 3 項 ) とされており 所 属 長 は よほど の 事 情 がない 限 り 育 児 休 業 の 申 請 を 承 認 しなければなりません しかし 育 児 休 業 は 最 長 で3 年 に 及 ぶものですから その 期 間 代 替 職 員 の 活 用 や 業 務 分 担 の 見 直 し 等 の 措 置 を 講 じる 必 要 があり その 準 備 に 所 要 の 時 間 が 必 要 です 直 前 になって 育 児 休 業 の 申 し 出 を 受 けてもそ の 準 備 ができないので 希 望 どおりの 育 児 休 業 が 取 得 できず また 円 滑 な 業 務 の 遂 行 ができない 状 況 が 発 生 することも 考 えられますので で きるだけ 早 い 時 期 から 育 児 休 業 を 取 得 する 意 思 のあることを 職 場 の 上 司 や 所 属 長 に 伝 え 育 児 休 業 の 期 間 などについて 相 談 するようにしましょ う 女 性 職 員 が 第 1 子 の 育 児 休 業 中 に 第 2 子 が 生 まれることになりました この 場 合 第 1 子 の 育 児 休 業 はどうなるのですか A) 産 前 産 後 の 期 間 は 女 性 が 母 体 の 健 康 維 持 と 出 産 後 の 母 体 の 回 復 に 専 念 するための 休 養 の 期 間 で 育 児 休 業 に 優 先 するものとされています 学 校 職 員 の 場 合 第 1 子 の 育 児 休 業 期 間 中 に 第 2 子 の 出 産 のため 産 前 休 暇 を 取 得 すると 育 児 休 業 の 承 認 は 効 力 を 失 うことになります なお 教 育 庁 等 職 員 の 場 合 育 児 休 業 等 養 育 状 況 変 更 届 を 提 出 す ることで 育 児 休 業 の 承 認 は 効 力 を 失 うことになります また 産 後 休 暇 が 終 了 した 後 第 2 子 について 育 児 休 業 を 取 得 するこ とも 可 能 です 育 児 休 業 の 終 了 前 に 子 どもを 保 育 園 に 預 けて 職 場 に 復 帰 したいのです が 可 能 ですか A) 子 どもを 保 育 園 に 託 児 するなどして 子 の 世 話 をしなくなった 場 合 休 業 予 定 より 早 く 職 場 に 復 帰 することは 可 能 です その 手 続 きとしては 休 業 に 係 る 子 を 養 育 しなくなったとして 育 児 休 業 等 養 育 状 況 変 更 届 を 提 出 し 育 児 休 業 の 承 認 を 取 消 すことになります

19 育 児 休 業 が 承 認 された 期 間 の 満 了 前 に 終 了 することがありますか A) 育 児 休 業 については 期 間 満 了 前 に 育 児 休 業 の 承 認 が 失 効 する 場 合 や 取 消 される 場 合 があります 1 次 の 事 由 が 生 じた 場 合 には 育 児 休 業 の 承 認 が 失 効 します ア 職 員 が 産 前 の 休 暇 を 取 得 又 は 出 産 した 場 合 イ 職 員 が 休 職 又 は 停 職 の 処 分 を 受 けた 場 合 ウ 子 が 死 亡 し 又 は 職 員 の 子 でなくなった 場 合 2 次 の 事 由 が 生 じた 場 合 には 育 児 休 業 の 承 認 が 取 消 されます エ 子 を 養 育 しなくなった 場 合 オ 別 の 子 について 育 児 休 業 を 承 認 しようとする 場 合 なお 上 記 2の 事 由 が 生 じた 場 合 には 速 やかに 育 児 休 業 等 養 育 状 況 変 更 届 を 総 務 課 ( 教 育 職 員 以 外 ) 又 は 教 職 員 課 ( 教 育 職 員 )に 提 出 してください ( 教 育 庁 等 職 員 は 上 記 1の 事 由 が 生 じた 場 合 も 提 出 してください ) 育 児 休 業 を 終 えて 職 務 に 復 帰 したときの 職 務 給 与 等 はどうなりますか A) 1 職 務 育 児 休 業 の 承 認 を 受 けた 時 点 の( 休 業 中 に 配 置 換 等 異 動 の 発 令 を 受 けた 場 合 は 異 動 後 の) 職 に 復 帰 することになります 2 給 料 復 帰 した 月 は 日 割 り 計 算 によって 復 帰 後 の 期 間 に 相 当 する 額 が 支 給 されます 3 期 末 勤 勉 手 当 勤 務 実 績 によります Q29 参 照

20 部 分 休 業 関 係 部 分 休 業 制 度 とはどのような 制 度 ですか また 男 性 も 部 分 休 業 を 取 得 す ることができるのですか A) 部 分 休 業 とは 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 どもを 託 児 など しながら 養 育 しつつ 勤 務 するための 制 度 で 託 児 の 態 様 通 勤 の 状 況 等 に 応 じて 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりに 1 日 を 通 じて2 時 間 以 内 30 分 単 位 で 取 得 することができる 制 度 です 男 性 職 員 も 取 得 できることから 夫 婦 とも 職 員 の 場 合 には この 制 度 を2 人 で 利 用 すれば 保 育 所 への 送 迎 を 分 担 することが 可 能 です なお 夫 婦 が 同 一 時 間 帯 に 部 分 休 業 を 取 得 することも 可 能 です どのような 職 員 が 部 分 休 業 できますか A) 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 どもを 養 育 している 職 員 であれば 職 種 男 女 を 問 わず 取 得 することができます ( 育 児 短 時 間 勤 務 をし ている 場 合 を 除 く ) 育 児 休 業 の 後 に 部 分 休 業 を 取 ることは 可 能 ですか また 何 度 でも 取 れま すか A) 育 児 休 業 期 間 と 重 ならなければ 子 どもが 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 する までの 間 育 児 休 業 の 前 後 に 取 得 することができます また 部 分 休 業 は1 日 単 位 で 取 得 することができますが 所 属 先 の 業 務 との 関 係 もあり ますので なるべく あらかじめ 必 要 な 期 間 と 時 間 について 包 括 的 に 請 求 し 承 認 を 受 けてください 部 分 休 業 を 取 得 するためには どのような 手 続 きが 必 要 ですか A) 部 分 休 業 承 認 請 求 書 に 子 の 氏 名 生 年 月 日 及 び 続 柄 を 証 明 する 書 類 ( 戸 籍 抄 本 母 子 健 康 手 帳 の 写 しなど)を 添 付 し 所 属 長 へ 提 出 し てください

21 育 児 休 暇 を 取 得 済 みですが 部 分 休 業 を 併 せて 取 得 できますか A) 育 児 休 暇 は 生 後 2 年 に 達 しない 子 を 育 てる 職 員 が 1 日 2 回 それぞ れ30 分 以 上 を 単 位 として2 時 間 以 内 の 休 暇 を 取 得 できるものです 一 方 部 分 休 業 は 子 どもが 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 間 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりに1 日 2 時 間 以 内 (30 分 単 位 で 取 得 ) で 取 得 することができます 注 男 性 職 員 は 一 定 の 要 件 を 満 たす 必 要 があります Q23 参 照 育 児 休 暇 を 承 認 されている 場 合 は 部 分 休 業 の2 時 間 から 育 児 休 暇 の 取 得 時 間 を 減 じて 部 分 休 業 を 取 得 することになるので 両 方 合 わせ ても1 日 の 取 得 時 間 は2 時 間 以 内 となります 既 に 部 分 休 業 を 承 認 されている 日 に 年 次 有 給 休 暇 を 取 得 して1 日 休 み たいのですが 可 能 ですか A) 部 分 休 業 制 度 は その 前 又 は 後 に 勤 務 することを 前 提 としていますの で 部 分 休 業 に 引 き 続 いて 年 次 有 給 休 暇 を 取 得 する 場 合 には 部 分 休 業 の 承 認 は 取 消 されます したがって 所 属 長 から 承 認 の 取 消 しを 受 けた 上 で 年 次 有 給 休 暇 の 承 認 を 得 ることになります また 承 認 を 受 けている 時 間 に 勤 務 する 場 合 も 同 様 の 承 認 取 消 しの 手 続 きを 行 います 取 消 しの 手 続 きは 学 校 職 員 については 口 頭 等 で 所 属 長 にその 旨 を 伝 えます また 教 育 庁 等 職 員 の 場 合 は 部 分 休 業 処 理 簿 に 部 分 休 業 の 取 消 時 間 を 記 入 し 所 属 長 の 承 認 を 受 けてください なお 子 どもの 養 育 状 況 に 変 更 が 生 じた 場 合 には 部 分 休 業 養 育 状 況 変 更 届 を 提 出 してください

22 部 分 休 業 を 取 得 した 時 間 の 給 与 はどうなりますか A) 給 料 月 額 は 1 月 間 の 部 分 休 業 の 総 時 間 数 に 応 じて 減 額 されます 給 料 の 月 額 を 基 礎 として 支 給 される 地 域 手 当 等 も 減 額 されます 扶 養 手 当 通 勤 手 当 住 居 手 当 等 は 減 額 されません 期 末 手 当 は 減 額 されませんが 勤 勉 手 当 については 基 準 日 以 前 の6 月 間 に 部 分 休 業 をした 日 が90 日 を 超 えた 場 合 は その 勤 務 をしなかった 期 間 を 勤 務 期 間 から 除 算 します また 3 歳 未 満 の 子 を 養 育 する 場 合 部 分 休 業 の 取 得 により 減 額 され た 給 料 の 額 に 対 する 共 済 組 合 の 長 期 掛 金 及 び 互 助 会 費 については 申 し 出 により 免 除 ( 減 額 )となります 互 助 会 費 の 免 除 等 に 関 する 手 続 きについては 会 費 がチェックオフ ( 天 引 き)されている 職 員 は 手 続 不 要 です

23 育 児 短 時 間 勤 務 関 係 育 児 短 時 間 勤 務 とはどのような 制 度 ですか また どのような 職 員 が 育 児 短 時 間 勤 務 をすることができるのですか A) 育 児 短 時 間 勤 務 とは 職 員 の 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 を 養 育 するために 常 勤 職 員 のまま いくつかある 勤 務 の 形 態 から 選 択 し 希 望 する 日 及 び 時 間 帯 に 勤 務 することができる 制 度 です また 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 を 養 育 しようとする 職 員 が 取 得 できますが 非 常 勤 職 員 で 在 職 期 間 や 勤 務 日 数 等 の 要 件 を 満 たさな い 方 臨 時 的 職 員 及 び 定 年 後 引 き 続 き 勤 務 している 職 員 の 方 は 取 得 でき ません どのような 勤 務 の 形 態 を 選 択 できるのですか A) 1 週 間 当 たりの 勤 務 時 間 が 1 週 間 19 時 間 25 分 から24 時 間 35 分 となる 短 時 間 勤 務 を 選 択 できます 具 体 的 には, 次 のように 定 められ ています 一 般 の 職 員 は 次 の4つの 勤 務 の 形 態 から 選 択 することとなります 1 週 休 日 が 土 日 で 月 ~ 金 曜 日 に1 日 3 時 間 55 分 勤 務 する 勤 務 形 態 ( 週 19 時 間 35 分 勤 務 ) 2 週 休 日 が 土 日 で 月 ~ 金 曜 日 に1 日 4 時 間 55 分 勤 務 する 勤 務 形 態 ( 週 24 時 間 35 分 勤 務 ) 3 週 休 日 が 土 日 と 月 ~ 金 のうち2 日 で 月 ~ 金 曜 日 のうちの3 日 に7 時 間 45 分 勤 務 する 勤 務 形 態 ( 週 23 時 間 15 分 勤 務 ) 4 週 休 日 が 土 日 と 月 ~ 金 のうち2 日 で 月 ~ 金 曜 日 のうちの3 日 のう ち 2 日 に7 時 間 45 分 1 日 に3 時 間 55 分 勤 務 する 勤 務 形 態 ( 週 19 時 間 25 分 勤 務 ) 交 替 制 勤 務 職 員 は, 次 の3つの 勤 務 の 形 態 から 選 択 することとなりま す ( 交 替 制 勤 務 職 員 とは 図 書 館 美 術 館 及 び 指 定 管 理 者 が 管 理 を 行 う 所 管 機 関 に 勤 務 する 職 員 並 びに 船 員 及 び 寄 宿 舎 指 導 員 のことです ) 14 週 間 ごとの 期 間 につき8 日 以 上 を 週 休 日 とし 1 週 間 当 たりの 勤 務 時 間 が19 時 間 25 分 19 時 間 35 分 23 時 間 15 分 24 時 間 35 分 となるように 勤 務 する 勤 務 形 態 24 週 間 以 内 の 期 間 につき1 週 間 当 たり1 日 以 上 を 週 休 日 とし,1 週 間 当 たりの 勤 務 時 間 が19 時 間 25 分 19 時 間 35 分 23 時 間 1 5 分 24 時 間 35 分 となるように 勤 務 する 勤 務 形 態

24 3 船 員 で52 週 間 以 内 の 期 間 につき1 週 間 当 たり1 日 以 上 の 割 合 かつ 毎 4 週 間 につき4 日 以 上 を 週 休 日 とし 1 週 間 当 たり19 時 間 25 分 19 時 間 35 分 23 時 間 15 分 24 時 間 35 分 かつ 毎 4 週 間 に つき1 週 間 当 たり38 時 間 45 分 以 下 となるように 勤 務 する 勤 務 形 態 子 どもが 小 学 校 就 学 前 まで 一 括 して 請 求 できますか A) 育 児 短 時 間 勤 務 の 請 求 は 1 月 以 上 1 年 以 下 の 期 間 で 行 います した がって 小 学 校 就 学 前 までの 期 間 が1 年 を 超 えている 場 合 は 一 括 して 請 求 することができません なお 期 間 の 延 長 を 請 求 することはできます Q52 参 照 夫 婦 で 育 児 短 時 間 勤 務 をすることはできますか A) 夫 婦 で 取 得 することは 可 能 で 時 間 等 が 重 なっても 問 題 ありません 育 児 短 時 間 勤 務 の 取 得 手 続 きはどのようにすればよいのですか A) 育 児 短 時 間 勤 務 承 認 請 求 書 によりおおよそ1 月 前 までに 子 の 氏 名 生 年 月 日 及 び 続 柄 を 証 明 する 書 類 ( 戸 籍 抄 本 母 子 健 康 手 帳 の 写 しなど) を 添 付 のうえ 所 属 長 を 経 由 し 総 務 課 ( 教 育 職 員 以 外 ) 又 は 教 職 員 課 ( 教 育 職 員 )に 提 出 してください 共 済 等 については 免 除 や 減 額 があります Q60 参 照 育 児 短 時 間 勤 務 が 認 められない 場 合 はありますか A) 任 命 権 者 は 請 求 した 職 員 の 業 務 を 処 理 するための 措 置 ( 業 務 分 担 の 変 更 職 員 の 配 置 換 え 等 )を 講 ずることが 困 難 である 場 合 を 除 いて 承 認 しなければなりません したがって これらの 措 置 を 検 討 する 必 要 がありますので 可 能 な 限 り 早 い 時 期 に 所 属 長 に 相 談 してください

25 育 児 短 時 間 勤 務 の 期 間 を 延 長 することはできますか A) 養 育 する 子 が 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまで 育 児 短 時 間 勤 務 の 期 間 を 延 長 することができます なお 請 求 できる 延 長 の 期 間 (1 月 以 上 1 年 以 下 の 期 間 )をはじめ 請 求 の 手 続 き 及 び 承 認 の 基 準 は 初 回 の 場 合 と 同 様 です 同 じ 子 について 何 度 も 育 児 短 時 間 勤 務 をすることはできますか A) 原 則 として 前 回 の 育 児 短 期 間 勤 務 から1 年 を 経 過 した 場 合 に 同 一 の 子 について 再 度 の 取 得 が 可 能 です また 1 年 を 経 過 していない 場 合 でも 次 の 場 合 には 再 度 の 取 得 が 可 能 です 1Q55のア 又 はオに 該 当 して 前 回 の 承 認 の 失 効 取 消 しとなった 後 ア 若 しくはオに 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 す することとなった 場 合 2 休 職 停 職 の 処 分 を 受 けて 前 回 の 承 認 が 失 効 した 後 休 職 停 職 が 終 了 した 場 合 3 職 員 の 負 傷 疾 病 身 体 精 神 上 の 障 害 により 養 育 できない 状 況 が 相 当 期 間 継 続 することが 見 込 まれたことにより 前 回 の 承 認 が 取 消 され た 後 回 復 した 場 合 4Q55のカに 該 当 して 前 回 の 承 認 が 取 消 された 場 合 5 育 児 短 時 間 勤 務 の 終 了 時 に 予 測 できなかった 事 実 が 生 じたことによ り 育 児 短 時 間 勤 務 をしなければ 子 の 養 育 に 著 しい 支 障 が 生 じる 場 合 6 前 回 の 請 求 の 際 育 児 休 業 等 計 画 書 を 提 出 し その 計 画 に 則 って 職 員 が 育 児 短 時 間 勤 務 をした 後 3 月 以 上 経 過 した 場 合 育 児 短 時 間 勤 務 の 期 間 の 途 中 で 勤 務 する 時 間 帯 を 変 更 することはできま すか A) 勤 務 する 時 間 帯 を 変 更 することは 現 に 承 認 されている 育 児 短 時 間 勤 務 と 内 容 の 異 なる 勤 務 をすることとなるので 現 在 承 認 されている 育 児 短 時 間 勤 務 の 承 認 を 取 消 し 新 たな 育 児 短 時 間 勤 務 の 承 認 を 受 けてくだ さい この 場 合 は 再 取 得 となります Q552カ 取 消 Q534 再 取 得 参 照

26 どのような 場 合 に 育 児 短 時 間 勤 務 が 終 了 するのですか A) 育 児 短 時 間 勤 務 の 承 認 期 間 が 満 了 した 場 合 に 終 了 するほか 育 児 短 時 間 勤 務 の 承 認 が 失 効 したり 取 消 された 場 合 に 終 了 します 1 次 の 事 由 が 生 じた 場 合 には 育 児 短 時 間 勤 務 の 承 認 が 失 効 します ア 職 員 が 産 前 休 暇 を 取 得 した 場 合 又 は 出 産 した 場 合 イ 職 員 が 休 職 又 は 停 職 の 処 分 を 受 けた 場 合 ウ 子 が 死 亡 し 又 は 職 員 の 子 でなくなった 場 合 2 次 の 事 由 が 生 じた 場 合 には 育 児 短 時 間 勤 務 の 承 認 が 取 消 されます エ 子 を 養 育 しなくなった 場 合 オ 別 の 子 について 育 児 短 時 間 勤 務 を 承 認 しようとする 場 合 カ 内 容 の 異 なる 育 児 短 時 間 勤 務 を 承 認 しようとする 場 合 なお 上 記 2の 事 由 が 生 じた 場 合 には 速 やかに 育 児 休 業 等 養 育 状 況 変 更 届 を 総 務 課 ( 教 育 職 員 以 外 ) 又 は 教 職 員 課 ( 教 育 職 員 )に 提 出 してください ( 教 育 庁 等 職 員 は 上 記 1の 事 由 が 生 じた 場 合 も 提 出 してください ) 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 の 年 次 有 給 休 暇 の 付 与 日 数 や 繰 り 越 し 日 数 等 はどうな るのですか A) 付 与 日 数 については 勤 務 日 数 又 は 勤 務 時 間 数 に 応 じて 換 算 されるこ ととなります 繰 り 越 し 日 数 については 年 間 の 付 与 日 数 が 限 度 となります 年 の 途 中 で 育 児 短 時 間 勤 務 を 始 めた 場 合 等 勤 務 形 態 が 変 わる 場 合 の 年 次 有 給 休 暇 は1 週 間 当 たりの 勤 務 時 間 数 又 は 勤 務 日 数 に 応 じて 換 算 さ れます 育 児 短 時 間 勤 務 をしている 職 員 がその 他 の 育 児 のための 制 度 を 利 用 するこ とはできますか A) 育 児 短 時 間 勤 務 をしている 職 員 におけるその 他 の 育 児 のための 制 度 の 利 用 の 可 否 は 次 のとおりです 1 部 分 休 業 については 育 児 短 時 間 勤 務 制 度 と 同 様 に 育 児 のた めに 勤 務 時 間 を 週 38 時 間 45 分 より 短 くするものであるため 利 用 できません

27 2 育 児 休 暇 については 1 日 の 勤 務 時 間 が3 時 間 55 分 以 下 の 場 合 は1 日 1 回 30 分 1 日 の 勤 務 時 間 が3 時 間 55 分 を 超 える 日 にあっ ては1 日 2 回 各 30 分 (1 日 1 回 1 時 間 でも 可 ) 取 得 できます 3 早 出 遅 出 勤 務 については 利 用 できません 育 児 短 時 間 勤 務 は 職 員 の 請 求 により 勤 務 する 時 間 帯 を 定 めている ものであり この 勤 務 する 時 間 帯 を 変 更 したい 場 合 は 現 に 承 認 され ている 育 児 短 時 間 勤 務 の 承 認 を 取 消 し 新 たな 育 児 短 時 間 勤 務 を 承 認 する 必 要 があります 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 が2 人 います 第 2 子 が 小 学 校 に 入 学 するまで 連 続 ( 更 新 )して 育 児 短 時 間 勤 務 を 活 用 したいと 考 えています が どの 様 に 手 続 きをしたら 良 いですか A) 最 初 から 第 2 子 を 対 象 として 育 児 短 時 間 勤 務 の 承 認 を 受 けてくださ い 仮 に 第 1 子 を 対 象 として 育 児 短 時 間 勤 務 の 承 認 を 受 けていた 場 合 引 き 続 き 連 続 ( 更 新 )して 第 2 子 に 係 る 育 児 短 時 間 勤 務 はできません この 場 合 は Q552オ 別 の 子 について 育 児 短 時 間 勤 務 を 承 認 しよ うとする 場 合 に 該 当 し 承 認 が 取 消 されることから 育 児 短 時 間 勤 務 終 了 後 第 2 子 に 係 る 再 取 得 ( 注 )までに1 年 間 の 経 過 期 間 が 必 要 と なります 注 双 子 等 複 数 の 子 に 係 る 育 児 短 時 間 勤 務 の 取 扱 い 職 員 が 双 子 等 複 数 の 小 学 校 の 始 期 に 達 するまでの 子 を 養 育 して いる 場 合 において そのうち1 人 について 育 児 短 時 間 勤 務 の 承 認 を 受 けて 当 該 育 児 短 時 間 勤 務 のその 他 の 子 についても 養 育 した 事 実 が 認 められるときは その 他 の 子 についても 既 に 育 児 短 時 間 勤 務 をしたものとして 取 り 扱 われます よって 新 たな 取 得 でなく 再 取 得 の 取 扱 い となります 育 児 短 時 間 勤 務 をしている 職 員 の 給 与 はどうなりますか A) 育 児 短 時 間 勤 務 をしている 職 員 の 給 与 は 次 のとおりです 1 給 料 月 額 は 1 週 間 当 たりの 勤 務 時 間 数 に 応 じて 定 める 額 となりま す また 昇 格 昇 給 についてはフルタイム 勤 務 職 員 と 同 様 の 基 準 が 適 用 されます 2 給 料 の 調 整 額 初 任 給 調 整 手 当 教 職 調 整 額 地 域 手 当 へき 地 特 地 勤 務 手 当 等 管 理 職 手 当 義 務 教 育 等 教 員 特 別 手 当 定 時 制 通 信

28 教 育 手 当 及 び 産 業 教 育 手 当 は 給 料 月 額 と 同 様 勤 務 時 間 数 に 応 じた 額 が 支 給 されます 3 扶 養 手 当 住 居 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 は フルタイム 勤 務 時 と 同 額 が 支 給 されます 4 通 勤 手 当 は 原 則 として フルタイム 勤 務 時 と 同 様 に 支 給 ( 交 通 機 関 利 用 の 場 合 は 定 期 券 又 は 通 勤 所 要 回 数 に 応 じた 回 数 券 等 の 額 交 通 用 具 使 用 の 場 合 は 距 離 に 応 じた 定 額 )されます ただし 交 通 用 具 に 係 る 手 当 額 は 平 均 1 箇 月 当 たりの 通 勤 所 要 回 数 が10 回 未 満 となる 場 合 は 半 額 となります 5 時 間 外 勤 務 手 当 休 日 勤 務 手 当 夜 間 勤 務 手 当 宿 日 直 手 当 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 については フルタイム 勤 務 職 員 と 同 様 勤 務 実 績 に 応 じて 支 給 されます ただし 時 間 外 勤 務 手 当 については 1 日 7 時 間 45 分 までは 支 給 割 合 が100 分 の100となります 6 期 末 手 当 勤 勉 手 当 については その 基 礎 額 の 計 算 は 給 料 月 額 等 をフルタイム 勤 務 時 の 給 料 月 額 等 に 割 り 戻 して 行 われます また 期 末 手 当 の 在 職 期 間 の 算 定 は 育 児 短 時 間 勤 務 をすることに より 短 縮 された 勤 務 時 間 の 短 縮 分 の2 分 の1に 相 当 する 期 間 が 在 職 期 間 から 除 算 されます 勤 勉 手 当 の 勤 務 期 間 の 算 定 は 育 児 短 時 間 勤 務 をすることにより 短 縮 された 勤 務 時 間 の 短 縮 分 に 相 当 する 期 間 が 勤 務 期 間 から 除 算 されます 7 特 殊 勤 務 手 当 は 月 額 制 特 殊 勤 務 手 当 については 1 週 間 当 たりの 勤 務 時 間 数 に 応 じた 額 月 額 制 以 外 の 特 殊 勤 務 手 当 については フル タイム 勤 務 職 員 と 同 様 勤 務 実 績 に 応 じた 額 を 支 給 されます 8 退 職 手 当 については 退 職 手 当 の 基 本 額 及 び 調 整 額 の 計 算 の 基 礎 と なる 勤 務 期 間 等 について 育 児 短 時 間 勤 務 をした 期 間 の3 分 の1に 相 当 する 期 間 を 除 算 されます 育 児 短 時 間 勤 務 をすると 給 料 が 減 額 されますが 共 済 の 掛 金 及 び 互 助 会 費 はどうなりますか A) 3 歳 未 満 の 子 を 養 育 する 場 合 申 し 出 により 給 料 の 減 額 となった 部 分 について 長 期 掛 金 と 互 助 会 費 が 免 除 ( 減 額 )されます 育 児 部 分 休 業 等 掛 金 免 除 ( 変 更 ) 申 出 書 に 育 児 短 時 間 勤 務 の 承 認 通 知 書 等 の 写 しを 添 付 し 所 属 長 経 由 で 共 済 組 合 へ 提 出 してください なお 互 助 会 費 については 給 料 からチェックオフ( 天 引 き)されて いる 場 合 は 手 続 不 要 です

29 第 2 子 の 産 前 休 暇 取 得 により 育 児 短 時 間 勤 務 の 承 認 期 間 が 予 定 より 早 く 取 消 しとなりましたが 共 済 の 長 期 掛 金 の 一 部 免 除 について 何 か 手 続 きが 必 要 ですか A) 長 期 掛 金 の 一 部 免 除 期 間 が 変 更 となる 場 合 は 育 児 部 分 休 業 掛 金 免 除 ( 変 更 ) 申 出 書 に 育 児 短 時 間 勤 務 の 終 了 した 日 がわかる 書 類 ( 育 児 休 業 等 養 育 状 況 変 更 届 の 写 し 等 )を 添 付 して 速 やかに 所 属 長 に 提 出 してください

30 早 出 遅 出 勤 務 深 夜 勤 務 及 び 時 間 外 勤 務 の 制 限 共 働 きの 職 員 ですが 夜 遅 くまで 子 どもを 預 かってくれるところがありま せん 育 児 休 業 や 部 分 休 業 のほかに 育 児 のために 利 用 できる 手 だてはない のでしょうか A) 小 学 校 に 就 学 するまでの 子 どもを 養 育 するために 必 要 があれば 早 出 遅 出 勤 務 時 間 外 勤 務 の 制 限 及 び 深 夜 勤 務 の 制 限 を 受 けるこ とができます 早 出 遅 出 勤 務 とは 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 を 養 育 す る 職 員 又 は 小 学 校 に 就 学 している 子 を 出 迎 えに 行 く 場 合 又 は 見 送 りに 行 く 職 員 について あらかじめ 定 められた 特 定 の 時 間 に 勤 務 時 間 の 割 振 り を 行 う 制 度 です 時 間 外 勤 務 の 制 限 とは 1 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 を 養 育 する 職 員 が 当 該 子 を 養 育 するために 請 求 した 場 合 に 当 該 請 求 をした 職 員 の 業 務 を 処 理 するた めの 措 置 を 講 ずることが 著 しく 困 難 な 場 合 を 除 き 1 月 につき24 時 間 1 年 について150 時 間 を 超 えて 時 間 外 勤 務 をさせることを 制 限 する 制 度 です 23 歳 に 満 たない 子 のある 職 員 が 当 該 子 を 養 育 するために 請 求 した 場 合 は 当 該 請 求 をした 職 員 の 業 務 を 処 理 するための 措 置 を 講 ずること が 著 しく 困 難 である 場 合 を 除 き 時 間 外 勤 務 を 制 限 する 制 度 です いずれの 場 合 も 災 害 その 他 避 けることのできない 事 由 に 基 づく 臨 時 の 勤 務 を 除 きます 深 夜 勤 務 の 制 限 とは 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 を 養 育 する 職 員 が 請 求 したとき その 配 偶 者 も 深 夜 において 子 を 養 育 すること ができない 場 合 等 に 深 夜 ( 午 後 10 時 から 翌 日 午 前 5 時 まで)に 勤 務 を 制 限 する 制 度 です 対 象 は 職 員 の 配 偶 者 で 当 該 子 の 親 である 者 が 次 のいずれかに 該 当 する 必 要 があります 1 深 夜 に 就 業 していること( 就 業 日 数 が1 月 につき3 日 以 下 の 場 合 を 除 く) 2 負 傷 疾 病 等 により 子 を 養 育 することが 困 難 であること 36 週 間 ( 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 ) 以 内 に 出 産 する 予 定 又 は 産 後 8 週 間 を 経 過 しないこと

31 早 出 遅 出 勤 務 はどのような 場 合 に 認 められますか A) 早 出 遅 出 勤 務 が 認 められる 場 合 は それぞれの 事 由 によって 異 なります 子 を 養 育 する 以 下 の 場 合 (1) 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 の 場 合 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 とは 満 6 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 子 をいいます 保 育 園 への 送 迎 や ベビーシッターが 来 るまでの 間 面 倒 を 見 ている 場 合 などに 利 用 が 可 能 です (2) 小 学 校 に 就 学 している 子 の 場 合 次 の 事 業 を 行 う 施 設 にその 子 ( 各 事 業 を 利 用 するものに 限 る )を 出 迎 えに 行 く 場 合 又 は 見 送 りに 行 く 場 合 利 用 が 可 能 です 1 児 童 福 祉 法 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 学 童 保 育 ) 2 児 童 福 祉 法 施 行 規 則 に 規 定 するファミリー サポート センター 事 業 における 相 互 援 助 活 動 3 障 害 者 自 立 支 援 法 に 規 定 する 児 童 デイサービス 又 は 日 中 における 一 時 的 な 見 守 り 等 の 支 援 4 学 校 家 庭 地 域 の 連 携 による 教 育 支 援 活 動 促 進 事 業 ( 文 部 科 学 省 補 助 事 業 )における 放 課 後 等 の 学 習 その 他 の 活 動 ( 放 課 後 子 ども 教 室 ) また 配 偶 者 の 就 業 等 の 状 況 に 関 わりなく また 職 員 の 父 母 など 職 員 と 当 該 子 の 親 である 配 偶 者 以 外 に 家 族 が 面 倒 を 見 ることができる 場 合 で も 請 求 することができます 早 出 遅 出 勤 務 に 係 る 勤 務 時 間 はどのようになるのですか A) 早 出 遅 出 勤 務 の 勤 務 時 間 の 割 振 りについては あらかじめ 定 められた 区 分 から 選 択 して 請 求 します 学 校 職 員 は 校 長 が 勤 務 時 間 の 区 分 を 定 めています 教 育 庁 等 職 員 は 次 表 のとおりです 区 分 勤 務 時 間 休 憩 時 間 備 考 早 出 (1) 7:45~16:30 12:00~13:00 1 時 間 早 出 早 出 (2) 8:00~16:45 12:00~13:00 45 分 早 出 早 出 (3) 8:15~17:00 12:00~13:00 30 分 早 出 早 出 (4) 8:30~17:15 12:00~13:00 15 分 早 出 遅 出 (1) 9:00~17:45 12:00~13:00 15 分 遅 出 遅 出 (2) 9:15~18:00 12:00~13:00 30 分 遅 出 遅 出 (3) 9:30~18:15 12:00~13:00 45 分 遅 出 遅 出 (4) 9:45~18:30 12:00~13:00 1 時 間 遅 出

32 小 学 生 の 子 を 学 童 保 育 に 託 児 している 場 合 も 早 出 勤 務 遅 出 勤 務 の どちらも 利 用 できますか A) 出 迎 え 又 は 見 送 り のための 制 度 であることから 早 出 勤 務 遅 出 勤 務 のいずれも 利 用 できます 早 出 遅 出 勤 務 を 請 求 する 際 には どのような 手 続 きが 必 要 ですか A) 早 出 遅 出 勤 務 を 請 求 しようとする 職 員 は 所 属 長 へ 早 出 遅 出 勤 務 請 求 書 を 提 出 しなければなりません 提 出 は あらかじめ 提 出 すればよいこととなっていますが 勤 務 時 間 の 割 振 りに 関 する 措 置 であることから 極 端 に 間 際 に 請 求 された 場 合 必 要 な 措 置 を 講 ずることができず 認 められない 場 合 もあります なお 一 回 に 請 求 できる 期 間 については 上 限 はありません( 要 件 を 満 た す 間 は 何 回 でも 請 求 することができます ) 早 出 遅 出 勤 務 は 1 日 置 きに 利 用 できますか A) 早 出 遅 出 勤 務 は 柔 軟 な 対 応 が 可 能 です 例 えば 夫 婦 で1 日 置 きに 保 育 園 の 送 迎 を 分 担 するため 1 日 置 き に 利 用 したり 月 曜 日 は 配 偶 者 が 休 みのため 火 曜 日 から 金 曜 日 まで 利 用 するなど 特 定 の 曜 日 のみ 利 用 することもできます 子 が 生 まれる 前 に 早 出 遅 出 勤 務 を 請 求 できますか A) 早 出 遅 出 勤 務 の 請 求 は 子 が 出 生 する 前 においても 可 能 です この 場 合 には 職 員 は 子 が 出 生 した 後 速 やかに 当 該 子 の 氏 名 及 び 生 年 月 日 を 所 属 長 へ 届 け 出 なければなりませんが 産 後 休 暇 の 届 出 をし た 女 子 職 員 は 改 めて 届 け 出 る 必 要 はありません 早 出 遅 出 勤 務 の 要 件 を 満 たしていても 請 求 が 認 めらない 場 合 がありますか A) 公 務 の 運 営 に 支 障 が 生 じる 場 合 には 認 められないことがあります 請 求 に 対 し 所 属 長 は 速 やかに 文 書 で 請 求 を 認 めるか 認 めないかに ついて 通 知 することとなります

33 なお 一 度 は 公 務 の 運 営 に 支 障 がない( 早 出 遅 出 勤 務 をさせる)と 通 知 しても その 後 の 状 況 の 変 化 で 公 務 の 運 営 に 支 障 がある( 認 められ ない)とされる 場 合 があります その 場 合 は 支 障 があるとされる 日 の 前 日 までに 通 知 しなければなりません 早 出 遅 出 勤 務 と 育 児 休 暇 の 併 用 はできますか A) 保 育 所 への 送 迎 等 のために 早 出 遅 出 勤 務 と 育 児 休 暇 を 併 用 すること は 可 能 です <イメージ 図 > 1 時 間 遅 出 勤 務 と 育 児 休 暇 の 併 用 9:45 12:00 13:00 16:30 18:30 勤 務 休 憩 勤 務 育 児 休 暇 (2h) 育 児 のための 早 出 遅 出 勤 務 時 間 外 勤 務 の 制 限 及 び 深 夜 勤 務 の 制 限 を 請 求 した 期 間 がまもなく 満 了 するのですが その 後 も 必 要 となりまし た 期 間 の 延 長 はできますか A) 子 が 小 学 校 に 就 学 するまでの 間 など 各 制 度 の 期 間 内 であれば 請 求 す ることができます 育 児 のための 早 出 遅 出 勤 務 時 間 外 勤 務 の 制 限 及 び 深 夜 勤 務 の 制 限 を 同 時 に 請 求 することはできますか A) 職 員 がそれぞれの 要 件 を 満 たす 場 合 には 請 求 できます 夫 婦 そろって 早 出 遅 出 勤 務 時 間 外 勤 務 の 制 限 及 び 深 夜 勤 務 の 制 限 を 請 求 することができますか A) 早 出 遅 出 勤 務 及 び 時 間 外 勤 務 の 制 限 については 同 時 期 に 受 けることができますが 深 夜 勤 務 の 制 限 については ひとりが 制 限 を 受 けていれば もうひとりは 認 められません

34 共 済 組 合 及 び 互 助 会 関 係 等 共 済 組 合 及 び 互 助 会 から 出 産 費 がもらえると 聞 きましたが どのような 手 続 が 必 要 ですか A) 共 済 組 合 直 接 支 払 制 度 を 利 用 する 場 合 医 療 機 関 に 支 払 う 分 娩 費 用 を 共 済 組 合 から 直 接 医 療 機 関 に 支 払 うこと ができます 組 合 員 は 高 額 な 分 娩 費 用 を 事 前 に 用 意 する 必 要 がありませ ん 1 共 済 組 合 から 医 療 機 関 へ 支 払 う 額 分 娩 費 用 (ただし 42 万 円 ( 受 診 医 療 機 関 が 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 場 合 は40 万 4 千 円 )を 限 度 とする ) 2 共 済 組 合 から 組 合 員 へ 支 払 う 給 付 金 額 組 合 員 ( 被 扶 養 者 )の 出 産 =42 万 円 - 分 娩 代 + 附 加 金 5 万 円 出 産 費 家 族 出 産 費 同 附 加 金 請 求 書 に 医 療 機 関 等 と 取 り 交 わ す 合 意 文 書 ( 契 約 書 同 意 書 等 )の 写 し 領 収 請 求 書 の 写 しを 添 付 して 所 属 長 に 提 出 してください 分 娩 費 用 が42 万 円 以 上 でも 附 加 金 は 給 付 されますので 同 様 の 手 続 きを 行 ってください 直 接 支 払 制 度 を 利 用 しない 場 合 出 産 費 =42 万 円 (ただし 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 場 合 は40 万 4 千 円 ) 出 産 費 附 加 金 =5 万 円 医 療 機 関 で 分 娩 費 用 を 支 払 った 後 に 請 求 します 出 産 費 家 族 出 産 費 同 附 加 金 請 求 書 に 医 師 の 証 明 を 受 け 領 収 収 請 求 書 の 写 し 及 び 直 接 支 払 制 度 を 利 用 しない 旨 の 合 意 文 書 ( 契 約 書 同 意 書 等 )の 写 しを 添 付 して 所 属 長 に 提 出 してください 互 助 会 1 北 海 道 公 立 学 校 教 職 員 互 助 会 員 の 場 合 6 万 円 出 産 給 付 金 請 求 書 を 北 海 道 公 立 学 校 教 職 員 互 助 会 に 提 出 してく ださい 添 付 書 類 として 医 療 機 関 等 の 証 明 又 は 出 生 証 明 書 母 子 健 康 手 帳 ( 証 明 欄 )の 写 しを 添 付 してください

35 2 北 海 道 職 員 互 助 会 員 の 場 合 7 万 円 出 産 見 舞 金 請 求 書 を 北 海 道 職 員 互 助 会 に 提 出 してください 添 付 書 類 として 戸 籍 謄 本 母 子 健 康 手 帳 又 は 出 生 証 明 書 の 写 しを 添 付 してください 退 職 後 に 出 産 したのですが 共 済 組 合 から 出 産 費 はもらえますか A) 1 年 以 上 組 合 員 ( 職 員 )であった 方 が 退 職 後 6 月 以 内 に 出 産 した 場 合 には 共 済 組 合 から 出 産 費 が 支 給 されます 手 続 き 及 び 支 給 額 につい ては Q74と 同 様 です 必 要 書 類 を 直 接 共 済 組 合 に 提 出 してください 出 産 費 附 加 金 は 支 給 されません 育 児 休 業 を 取 得 したら 共 済 組 合 員 の 資 格 はどうなるのですか A) 育 児 休 業 を 取 得 しても 共 済 組 合 員 の 資 格 は 変 更 ありません 今 までどおり 組 合 員 証 ( 保 険 証 )を 使 用 して 病 院 の 受 診 ができ 共 済 年 金 の 加 入 期 間 として 算 定 されます 育 児 休 業 期 間 中 の 共 済 掛 金 及 び 互 助 会 費 の 支 払 いはどうなりますか A) 育 児 休 業 期 間 中 は 共 済 掛 金 が 免 除 されます 育 児 休 業 掛 金 免 除 ( 変 更 ) 申 出 書 に 学 校 職 員 は 育 児 休 業 承 認 通 知 書 の 写 し 教 育 庁 等 職 員 は 育 児 休 業 に 係 る 辞 令 書 の 写 し 及 び 母 子 健 康 手 帳 ( 子 の 出 産 日 欄 )の 写 しを 添 付 して 所 属 長 に 提 出 してください また 互 助 会 費 は 会 費 がチェックオフ( 天 引 き)されている 職 員 は 手 続 不 要 です 第 1 子 の 育 児 休 業 期 間 中 に 第 2 子 が 生 まれた 場 合 共 済 掛 金 及 び 互 助 会 費 は 再 度 免 除 になるのですか その 場 合 どのような 手 続 きが 必 要 ですか A) 第 2 子 のために 育 児 休 業 を 再 度 取 得 した 場 合 には 第 1 子 と 同 様 の 条 件 で 掛 金 の 免 除 を 受 けることができます 手 続 きはQ77と 同 様 です

36 育 児 休 業 期 間 中 に 共 済 組 合 から 手 当 が 支 給 されると 聞 きましたが 育 児 休 業 手 当 金 を 受 けるにはどのような 手 続 きが 必 要 ですか A) 育 児 休 業 手 当 金 請 求 ( 変 更 請 求 ) 書 に 育 児 休 業 承 認 通 知 書 の 写 し ( 育 児 休 業 承 認 通 知 書 が 発 行 されない 場 合 は 育 児 休 業 の 辞 令 書 の 写 し 及 び 母 子 健 康 手 帳 の 写 しを 添 付 して 所 属 長 に 提 出 してください なお 給 付 内 容 は 次 のとおりです 休 業 日 数 が180 日 に 達 するまで :1 日 につき 給 料 日 額 の67% 1.25 残 りの 期 間 :1 日 につき 給 料 日 額 の50% 1.25 産 前 休 暇 産 後 休 暇 期 間 中 についても 共 済 掛 金 免 除 制 度 が 新 たに 設 けら れたと 聞 きましたが A) 平 成 26 年 度 から 出 産 日 ( 出 産 日 が 出 産 の 予 定 日 後 であるときは 出 産 予 定 日 ) 以 前 42 日 ( 多 胎 妊 娠 の 場 合 にあっては98 日 )が 属 する 月 から 出 産 の 日 後 56 日 目 の 属 する 月 の 前 月 までの 期 間 共 済 掛 金 が 免 除 されることとなりました 産 前 産 後 休 業 掛 金 免 除 申 出 書 に 母 子 健 康 手 帳 ( 出 産 予 定 日 欄 と 出 生 日 欄 )の 写 し 及 び 休 暇 処 理 簿 の 写 しを 添 付 して 所 属 長 に 提 出 して ください

新潟市特定事業主行動計画

新潟市特定事業主行動計画 新 潟 市 職 員 子 育 て 支 援 プログラム ( 新 潟 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ) 仕 事 と 子 育 て 支 援 ブック 平 成 22 年 4 月 目 次 第 1 章 母 性 や 育 児 を 支 える 各 種 休 暇 休 業 制 度 等 の 概 要 第 1 女 性 職 員 の 健 康, 安 全 及 び 福 祉 1 頁 第 2 子 育 てに 関 係 する 特 別 休 暇 3

More information

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック 両 立 支 援 ハンドブック ~ 働 くパパママ 子 育 て 応 援 プラン~ 平 成 27 年 9 月 沖 縄 県 教 育 委 員 会 教 育 庁 総 務 課 目 次 1 妊 娠 したら (1) 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 p1 (2) 妊 娠 障 害 休 暇 p1 (3) 妊 婦 通 勤 緩 和 休 暇 p2 (4) 妊 娠 中 の 休 息 又 は 補 食 のための 職

More information

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 沖 縄 県 職 員 のための 子 育 てハンドブック 22 年 3 月 総 務 部 人 事 課 1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 中

More information

は じ め に 我 が 国 の 経 済 社 会 が 持 続 的 に 発 展 していくために 女 性 の 力 は 我 が 国 最 大 の 潜 在 力 であるとし 平 成 26 年 6 月 に 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014- 未 来 への 挑 戦 - で 女 性 の 活 躍

は じ め に 我 が 国 の 経 済 社 会 が 持 続 的 に 発 展 していくために 女 性 の 力 は 我 が 国 最 大 の 潜 在 力 であるとし 平 成 26 年 6 月 に 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014- 未 来 への 挑 戦 - で 女 性 の 活 躍 国 も 家 庭 も 守 りたい 防 衛 省 職 員 のための は じ め に 我 が 国 の 経 済 社 会 が 持 続 的 に 発 展 していくために 女 性 の 力 は 我 が 国 最 大 の 潜 在 力 であるとし 平 成 26 年 6 月 に 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014- 未 来 への 挑 戦 - で 女 性 の 活 躍 推 進 が 大 きな 柱 に 掲 げられました

More information

素 案

素 案 職 員 のための 子 育 て 応 援 ハンドブック 平 成 27 年 10 月 高 崎 市 総 務 部 職 員 課 はじめに 働 きながら 子 どもを 産 み 育 てていくためには 家 族 の 協 力 が 何 より 大 切 ですが 子 育 て の 大 切 さを 理 解 し 支 援 する 職 場 環 境 も 重 要 です 高 崎 市 では 男 性 女 性 を 問 わず 子 育 て 中 の 職 員 も

More information

子 育 て 応 援 コーナーについて 県 では 職 員 が 仕 事 と 子 育 ての 両 立 を 図 りやすい 職 場 環 境 を 整 え 次 代 を 担 う 子 ど もたちの 育 成 を 支 援 するため 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づき 平 成 17 年 に 策 定

子 育 て 応 援 コーナーについて 県 では 職 員 が 仕 事 と 子 育 ての 両 立 を 図 りやすい 職 場 環 境 を 整 え 次 代 を 担 う 子 ど もたちの 育 成 を 支 援 するため 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づき 平 成 17 年 に 策 定 子 育 て 応 援 コーナーについて 県 では 職 員 が 仕 事 と 子 育 ての 両 立 を 図 りやすい 職 場 環 境 を 整 え 次 代 を 担 う 子 ど もたちの 育 成 を 支 援 するため 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づき 平 成 17 年 に 策 定 した 長 野 県 職 員 子 育 て 支 援 プラン( 前 期 プラン) を 改 定 し 後 期 長

More information

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版 育 児 休 業 Q&A 平 成 26 年 改 定 県 立 学 校 版 教 育 人 事 課 目 次 育 児 休 業 の 意 義 目 的 1 Q1 育 児 休 業 の 目 的 は? Q2 育 児 休 業 を 取 得 することによってどういう 効 果 があるの? 育 児 休 業 をすることができる 職 員 2 Q3 誰 でも 育 児 休 業 をすることができるの? Q4 育 児 休 業 中 の 身 分 はどうなるの?

More information

目 次 はじめに 第 1 章 制 度 の 解 説 第 1 節 妊 娠 から 出 産 まで 1 妊 産 婦 健 康 診 断 休 暇 2 妊 婦 の 通 勤 緩 和 3 妊 娠 障 害 特 別 休 暇 4 体 育 実 技 免 除 5 大 規 模 校 における 妊 娠 中 の 養 護 教 諭 の 業 務

目 次 はじめに 第 1 章 制 度 の 解 説 第 1 節 妊 娠 から 出 産 まで 1 妊 産 婦 健 康 診 断 休 暇 2 妊 婦 の 通 勤 緩 和 3 妊 娠 障 害 特 別 休 暇 4 体 育 実 技 免 除 5 大 規 模 校 における 妊 娠 中 の 養 護 教 諭 の 業 務 子 育 て 応 援 ハンドブック 平 成 28 年 8 月 改 訂 京 都 市 教 育 委 員 会 ( 府 費 負 担 教 職 員, 高 等 学 校 幼 稚 園 教 員, 事 務 担 当 職 員 用 ) 目 次 はじめに 第 1 章 制 度 の 解 説 第 1 節 妊 娠 から 出 産 まで 1 妊 産 婦 健 康 診 断 休 暇 2 妊 婦 の 通 勤 緩 和 3 妊 娠 障 害 特 別 休 暇

More information

は じ め に 仕 事 と 生 活 の 調 和 (ワークライフバランス)の 推 進 は 男 女 とも に 育 児 介 護 等 時 間 制 約 のある 職 員 が 増 える 中 で 公 務 の 持 続 可 能 性 の 向 上 の 観 点 からも 極 めて 重 要 です 全 ての 職 員 が 働 きやす

は じ め に 仕 事 と 生 活 の 調 和 (ワークライフバランス)の 推 進 は 男 女 とも に 育 児 介 護 等 時 間 制 約 のある 職 員 が 増 える 中 で 公 務 の 持 続 可 能 性 の 向 上 の 観 点 からも 極 めて 重 要 です 全 ての 職 員 が 働 きやす 防 衛 職 員 の 両 立 支 援 < 上 司 男 性 職 員 向 け> は じ め に 仕 事 と 生 活 の 調 和 (ワークライフバランス)の 推 進 は 男 女 とも に 育 児 介 護 等 時 間 制 約 のある 職 員 が 増 える 中 で 公 務 の 持 続 可 能 性 の 向 上 の 観 点 からも 極 めて 重 要 です 全 ての 職 員 が 働 きやすく その 時 々の 状 況

More information

子 育 てをサポート サポートする 休 暇 等 制 度 1 出 産 前 後 の 休 暇 休 暇 等 名 称 妊 娠 出 産 後 通 院 休 暇 ( 特 別 休 暇 ) 妊 娠 中 の 職 員 及 び 出 産 後 1 年 以 内 の 職 員 が 保 健 指 導 又 は 健 康 審 査 を 受 ける 場

子 育 てをサポート サポートする 休 暇 等 制 度 1 出 産 前 後 の 休 暇 休 暇 等 名 称 妊 娠 出 産 後 通 院 休 暇 ( 特 別 休 暇 ) 妊 娠 中 の 職 員 及 び 出 産 後 1 年 以 内 の 職 員 が 保 健 指 導 又 は 健 康 審 査 を 受 ける 場 後 期 計 画 の 1 計 画 期 間 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 27 年 3 月 31 日 までの3 年 間 とする 2 具 体 的 な 職 員 が 仕 事 と 子 育 てを 両 立 させることができ 職 員 全 体 が 働 きやすい 環 境 をつくるこ とによって すべての 職 員 がその 能 力 を 十 分 発 揮 できるようにするため 次 の 行 動 計 画 を 策 定

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については 2015/3/10 8. 事 例 別 事 務 処 理 へ 職 員 が 満 3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 する 場 合 特 別 な 事 情 がある 場 合 を 除 き1 回 に 限 り 延 長 できる ( 男 性 職 員 の 場 合 は 配 偶 者 の 出 産 後 8 週 間 以 内 に 最 初 の を 取 得 していれば 特 別 な 事 情 がなくても 再 度 取 得 することができる )

More information

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0 長 岡 技 術 科 学 大 学 出 産 子 育 てのための 手 続 パンフレット 総 務 課 平 成 26 年 4 月 現 在 1. 職 務 専 念 義 務 免 除 について 妊 娠 12 週 以 降 又 は 出 産 後 1 年 を 経 過 しない 職 員 ( )が, 医 師 又 は 助 産 師 から 指 示 を 受 け, 保 健 指 導 又 は 健 康 診 査 を 受 けるため 通 院 する 等

More information

組合員・会員資格の得喪等について

組合員・会員資格の得喪等について 欠 勤 休 業 等 で 給 与 が 減 額 又 は 無 給 になったとき 共 済 1 傷 病 手 当 金 傷 病 手 当 金 附 加 金 組 合 員 が 公 務 によらない 病 気 やけがによる 療 養 のため 引 き 続 き 勤 務 ができない 場 合 で その 期 間 内 に 給 与 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないとき その 間 の 経 済 的 損 失 を 補 てんし 生 活

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

- 目 次 - ページ Q1: 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 とはどのような 制 度 でしょうか 3 Q2: 新 たに 従 業 員 を 採 用 したときは どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 5 Q3: 従 業 員 が 退 職 したとき 等 は どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 8 Q4: 扶 養 家 族 を 被 扶 養 者 とするときや 被 扶 養 者 に 異 動

More information

国立大学法人島根大学職員の育児休業等に関する規程

国立大学法人島根大学職員の育児休業等に関する規程 国 立 大 学 法 人 島 根 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 16 年 島 大 規 則 第 17 号 ) ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 平 成 16 年 10 月 27 日 一 部 改 正 平 成 17 年 3 月 8 日 一 部 改 正 平 成 17 年 6 月 22 日 一 部 改 正 平 成 18 年 3 月 22 日 一 部 改

More information

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休 - 140 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 12 月 24 日 法 律 第 110 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 新 潟 県 条 例 第 4 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 4 年 3 月 30 日 人 委 規 則 第 14-1 号 ) 育 児 休

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する 掛 金 負 担 金 について 目 次 頁 費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 1 標 準 報 酬 1 掛 金 等 額 の 算 定 方 法 2 掛 金 等 の 納 付 2 産 前 産 後 休 業 期 間 中 の 掛 金 等 免 除 5 等 終 了 後 に 報 酬 が 低 下 した 場 合 の 標 準 報 酬 月 額 の 改 定 8 海 外 居 住 等 に 係 る 介 護 保 険 の 適 用

More information

次世代育成支援に係る諸制度について

次世代育成支援に係る諸制度について 平 成 2 8 年 4 月 広 島 県 教 育 委 員 会 事 務 局 管 理 部 総 務 課 教 職 員 課 仕 事 と 子 育 ての 両 立 のためのサポートハンドブック 目 次 目 次 頁 ( 資 料 ) 出 産 育 児 に 関 する 休 暇 休 業 制 度 等 一 覧 1 はじめに 1 2 妊 娠 から 出 産 までに 利 用 できる 制 度 2 特 別 休 暇 (1) 妊 娠 障 害 休

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が 子 育 て 支 援 制 度 Q&A ( 平 成 22 年 6 月 30 日 現 在 ) この 度 東 北 大 学 の 子 育 て 支 援 のための 職 員 等 の 休 暇 制 度 育 児 休 業 制 度 を Q&A 方 式 でわかりやすく 説 明 をしましたので ご 活 用 ください なお 不 明 な 点 等 がありましたら 遠 慮 なく 各 部 局 の 人 事 担 当 係 又 は 総 務 部 人

More information

も く じ 1 妊 娠 出 産 のための 休 暇 取 得 例 2 2 妊 娠 から 産 後 8 週 までの 手 続 きについて (1) 妊 娠 から 出 産 まで 3 (2) 出 産 から 産 後 8 週 まで. 10 3 休 暇 にまつわる Q&A 12 4 勤 務 上 の 配 慮 の 解 説.

も く じ 1 妊 娠 出 産 のための 休 暇 取 得 例 2 2 妊 娠 から 産 後 8 週 までの 手 続 きについて (1) 妊 娠 から 出 産 まで 3 (2) 出 産 から 産 後 8 週 まで. 10 3 休 暇 にまつわる Q&A 12 4 勤 務 上 の 配 慮 の 解 説. 初 版 平 成 17 年 4 月 1 日 改 定 平 成 26 年 6 月 1 日 改 定 回 数 4 回 妊 娠 出 産 育 児 ハンドブック 平 成 26 年 第 4 版 ~ 妊 娠 出 産 編 ~ この 冊 子 は 妊 娠 から 出 産 までの 期 間 に 利 用 できる 仕 事 と 育 児 の 両 立 に 役 立 つ 各 種 制 度 をまとめたものです 男 性 の 育 児 参 加 を 促 進

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57> 平 成 18 年 12 月 平 成 19 年 10 月 ( 追 加 改 正 ) 平 成 20 年 5 月 ( 改 正 ) ポジティブアクション 推 進 プロジェクト 一 人 で 悩 む 前 に まずご 相 談 ください 妊 娠 したのですが どのような 手 続 をすればいいのですか? 産 休 から 育 児 休 暇 への 流 れは 次 の 通 りです 産 前 休 暇 出 産 産 後 休 暇 育 児 休

More information

tokutei2-7.xls

tokutei2-7.xls 出 産 育 児 に 関 する 制 度 一 覧 親 になる ことが 判 明 子 どもが 生 まれる 前 出 産 子 育 て 期 間 中 1 妊 娠 障 害 休 暇 ( 女 性 のみ) 2 妊 娠 中 の 通 勤 緩 和 職 免 ( 女 性 のみ) 3 妊 産 婦 の 就 業 制 限 ( 女 性 のみ) 4 保 健 指 導 職 免 除 ( 女 性 のみ) 5 産 前 産 後 休 暇 ( 女 性 のみ)

More information

Microsoft Word - 18 疑義照会回答(年金給付)これ(17)に組込予定(エクセル原稿のワード版) - 黒田作業中 -

Microsoft Word - 18  疑義照会回答(年金給付)これ(17)に組込予定(エクセル原稿のワード版) - 黒田作業中 - 疑 義 照 会 ( 年 金 給 付 ) 1. 老 齢 給 付 年 金 P1 1~30 2. 障 害 基 礎 年 金 P14 1~15 3. 障 害 給 付 年 金 ( 障 害 厚 生 ) P21 1~7 4. 遺 族 基 礎 年 金 P24 1~4 5. 遺 族 給 付 年 金 ( 遺 族 厚 生 遺 族 基 礎 ) P26 1~10 6. 老 齢 年 金 ( 旧 )( 厚 生 年 金 ) P31

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E937391E58A7782CC88E78E998E78898791CC90A782C982C282A282C481698FED8BCE816A323031332E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E937391E58A7782CC88E78E998E78898791CC90A782C982C282A282C481698FED8BCE816A323031332E646F6378> ( 教 職 員 ) 育 児 を 行 う 教 職 員 への 支 援 ( 多 様 な 働 き 方 の 提 案 ) 休 業 制 度 1. 育 児 休 業 (3 歳 の 誕 生 日 の 前 日 まで) 育 児 介 護 規 程 第 3 条 休 業 し 職 務 を 離 れて 子 を 養 育 できる 制 度 です 2. 育 児 短 時 間 勤 務 ( 小 学 校 3 学 年 の 終 期 まで) 育 児 介 護 規

More information

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章 駐 労 規 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 3 号 改 正 改 正 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 11 号 平 成 18 年 6 月 29 日 駐 労 規 第 13 号 平 成 19 年 7 月 27 日 駐 労 規 第 12 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 駐 労 規 第 8 号 改 正 平 成 22 年 3

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

各種申請手続及び届出の手引きQ&A

各種申請手続及び届出の手引きQ&A 各 種 申 請 手 続 及 び 届 出 に 関 するQ&A 1 研 修 事 業 者 指 定 申 請 研 修 事 業 指 定 申 請 (Q1-1) 通 学 形 式 の 事 業 者 として 指 定 を 受 けましたが 新 たに 通 信 形 式 での 研 修 を 計 画 した 場 合 研 修 事 業 の 指 定 申 請 のみを 行 えばよいですか (A1-1) 違 います 事 業 者 指 定 された 形

More information

Taro-◆220630育児休業規程.jtd

Taro-◆220630育児休業規程.jtd 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 36 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 41 条 および 公 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう ) 第 21 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 同 規 則 第 3 条 第 1 項 の 規 定 により 任 命 された 者 (

More information

休 憩 時 間 休 憩 時 間 は 勤 務 時 間 の 途 中 で 自 分 の 時 間 として 自 由 に 利 用 することが 法 律 で 保 障 されている 時 間 です 学 校 職 場 では1 日 45 分 です 勤 務 する 義 務 がないの で 給 与 の 対 象 外 です 仕 事 による 肉 体 的 精 神 的 な 疲 労 を 回 復 するために 労 働 基 準 法 で 決 められています

More information

250501_手引き_H23年度以降入学生用.pptx

250501_手引き_H23年度以降入学生用.pptx 阪 府 私 等 学 校 等 授 業 料 援 補 助 事 務 の 引 き 私 等 学 校 等 [ 全 日 制 課 程 ] 私 専 修 学 校 高 等 課 程 平 成 23 年 度 以 降 入 学 生 用 平 成 25 年 7 月 阪 府 府 化 部 私 学 学 課 559-8555 大 阪 市 住 之 江 区 南 港 北 1-14-16 大 阪 府 咲 洲 庁 舎 38 階 TEL (06)6941-0351(

More information

仕 事 と 家 庭 の 両 立 の た め の 支 援 制 度 制 度 内 容 妊 婦 健 診 を 保 健 指 導 又 は 健 康 診 査 を 受 けるために 必 要 な 時 間 を 確 保 してもら 妊 受 け る た め えるように 会 社 に 請 求 することができます 娠 妊 婦 健 診 の

仕 事 と 家 庭 の 両 立 の た め の 支 援 制 度 制 度 内 容 妊 婦 健 診 を 保 健 指 導 又 は 健 康 診 査 を 受 けるために 必 要 な 時 間 を 確 保 してもら 妊 受 け る た め えるように 会 社 に 請 求 することができます 娠 妊 婦 健 診 の もくじ はじめに p1 妊 娠 したら p3 出 産 のときには p5 育 児 のための 休 み p6 子 育 てをしながら 働 くために p9 子 どもがけがや 病 気 の 時 には p12 年 次 有 給 休 暇 制 度 p13 家 族 の 介 護 のために p14 仕 事 と 生 活 の 調 和 のために p15 お 問 い 合 わせ 相 談 窓 口 p16 両 立 を 支 援 するための 法

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B 務 第 864 号 会 第 972 号 平 成 23 年 12 月 28 日 各 所 属 長 殿 岐 阜 県 警 察 本 部 長 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 要 領 の 制 定 について これまで 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについては 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いに ついて ( 平 成 22 年 9 月 1 日 付 け 務

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

目 次 Ⅰ 給 与 の 状 況 はじめに P 1 1 給 与 水 準 に つ い て P 2 2 給 料 表 に つ い て P 6 3 昇 格 昇 給 基 準 等 に つ い て P 8 4 技 能 労 務 職 給 料 表 に つ い て P 10 5 勤 務 成 績 の 評 定 について P 1

目 次 Ⅰ 給 与 の 状 況 はじめに P 1 1 給 与 水 準 に つ い て P 2 2 給 料 表 に つ い て P 6 3 昇 格 昇 給 基 準 等 に つ い て P 8 4 技 能 労 務 職 給 料 表 に つ い て P 10 5 勤 務 成 績 の 評 定 について P 1 平 成 24 年 度 市 町 村 職 員 の 給 与 定 員 管 理 勤 務 条 件 等 の 状 況 平 成 25 年 2 月 高 知 県 総 務 部 市 町 村 振 興 課 担 当 : 行 政 担 当 寺 村 ( 給 与 ) 坂 本 ( 定 員 管 理 勤 務 条 件 ) 山 元 ( 福 利 厚 生 ) 野 瀬 電 話 :088-823-9313 目 次 Ⅰ 給 与 の 状 況 はじめに P 1

More information

1510新宮町2(SG13)行政最終.indd

1510新宮町2(SG13)行政最終.indd 保 国 民 健 康 保 制 度 問 住 民 課 963-1733 国 民 健 康 保 健 康 保 制 度 とは 病 気 やケガをしたときに 安 心 して 医 療 機 関 などにかかることができるように みなさんが 納 めた 保 税 などで みんなで 助 け 合 おうという 制 度 で す 日 本 では 国 民 皆 保 制 度 になっています この 健 康 保 制 度 のなかで 国 民 健 康 保 はみなさん

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ 第 3 章 定 年 後 の 収 入 と 支 出 1 退 職 手 当 制 度 の 概 要 (1) 算 定 式 及 び 支 給 制 限 等 退 職 手 当 は 職 員 が 退 職 した 場 合 に 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 ( 以 下 退 手 法 といいま す )に 基 づいて 支 給 されます 退 職 手 当 は 次 のように 計 算 されます 退 職 手 当 = 基 本 額 ( 退 職

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63> 東 京 芸 術 大 学 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 21 年 5 月 11 日 平 成 21 年 7 月 17 日 平 成 22 年 3 月 30 日 平 成 22 年 6 月 22 日 第 1 章 総

More information

職 員 給 与 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-28 号 改 正 平 成 15 年 12 月 1 日 規 程 第 15-103 号 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 16-31 号 改 正 平 成 16 年 10 月 28 日 規 程 第 16-54

職 員 給 与 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-28 号 改 正 平 成 15 年 12 月 1 日 規 程 第 15-103 号 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 16-31 号 改 正 平 成 16 年 10 月 28 日 規 程 第 16-54 職 員 給 与 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-28 号 改 正 平 成 15 年 12 月 1 日 規 程 第 15-103 号 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 16-31 号 改 正 平 成 16 年 10 月 28 日 規 程 第 16-54 号

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又 群 馬 県 市 町 村 会 館 管 理 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 5 年 4 月 1 日 条 例 第 2 号 改 正 平 成 5 年 6 月 8 日 条 例 第 1 号 平 成 7 年 3 月 31 日 条 例 第 4 号 平 成 12 年 2 月 15 日 条 例 第 1 号 平 成 12 年 11 月 10 日 条 例 第 2 号 平 成 14 年 2

More information

タ マ ゴ を 大 切 に 抱 き 温 め 続 け て 21 日 間 か わ い い ヒ ヨ コ の 誕 生 で す ニワトリは タマゴから 21 日 目 で 生 まれるそうです だけどヒトは タマゴで 生 まれるものではありませんし そう 短 期 間 で 生 まれるものでもありません 自 らのおなかのな かで 子 どもの 胎 動 を 徐 々に 感 じ 日 々 少 しずつ 成 長 する 我 が 子

More information

2-3 現 在 もハローワークに 求 人 票 を 提 出 していますが 本 事 業 を 受 託 するにあたり 改 めて 求 人 票 を 出 し 直 す 必 要 はあ るのか 必 ず 改 めて 求 人 票 を 出 していただき 求 人 票 の 備 考 欄 に 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造

2-3 現 在 もハローワークに 求 人 票 を 提 出 していますが 本 事 業 を 受 託 するにあたり 改 めて 求 人 票 を 出 し 直 す 必 要 はあ るのか 必 ず 改 めて 求 人 票 を 出 していただき 求 人 票 の 備 考 欄 に 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造 平 成 25-26 年 度 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造 事 業 介 護 雇 用 プログラム 委 託 業 務 ( 平 成 25 年 度 募 集 分 )Q&A ( 別 紙 4) ( 平 成 25.12) 番 号 質 問 回 答 1 応 募 資 格 について 1-1 応 募 は 法 人 名 と 施 設 名 どちらで 行 えばいいですか 県 内 に 複 数 施 設 を 有 している 場 合

More information

ア. 市 長 事 務 部 及 び 行 政 委 員 会 等 の 状 況 職 員 数 給 与 費 (A) 給 料 期 末 勤 勉 その 他 の 手 当 手 当 計 (B) 17,942 (9) 73,455,664 29,765,941 25,618,225 128,839,830 ( 注 )1. 職

ア. 市 長 事 務 部 及 び 行 政 委 員 会 等 の 状 況 職 員 数 給 与 費 (A) 給 料 期 末 勤 勉 その 他 の 手 当 手 当 計 (B) 17,942 (9) 73,455,664 29,765,941 25,618,225 128,839,830 ( 注 )1. 職 第 2 章 職 員 の 給 与 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条 件 の 状 況 地 方 公 務 員 の 給 与 は 国 や 他 の 地 方 公 共 団 体 の 職 員 民 間 企 業 の 従 業 員 の 給 与 等 を 考 慮 して 定 めることになっています 市 には 公 平 中 立 な 機 関 である 事 委 員 会 が 設 置 されており 事 委 員 会 は 毎 年 市 内 民 間

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

育 児 休 業 関 連 の 諸 制 度 産 前 6 週 間 出 産 産 後 8 週 間 子 が 1 歳 子 が 1 歳 2 ヶ 月 子 が 3 歳 子 が 小 学 校 入 学 女 性 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 保 育 所 に 入 所 を 希 望 しているが 入 所 できない 等 の 場

育 児 休 業 関 連 の 諸 制 度 産 前 6 週 間 出 産 産 後 8 週 間 子 が 1 歳 子 が 1 歳 2 ヶ 月 子 が 3 歳 子 が 小 学 校 入 学 女 性 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 保 育 所 に 入 所 を 希 望 しているが 入 所 できない 等 の 場 育 児 介 護 休 業 法 が 改 正 されます 改 正 育 児 介 護 休 業 法 が 平 成 22 年 6 月 30 日 に 施 行 されます 今 回 の 育 児 休 業 関 係 の 改 正 は 少 子 化 の 流 れを 変 え 男 女 ともに 子 育 てをしながら 働 き 続 けることができる 社 会 を 目 指 して 行 われます また 介 護 休 業 関 係 の 改 正 は 高 齢 化 が

More information

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc 18 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 給 与 規 程 27.4.24 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務

More information

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す 山 口 県 警 察 に 勤 務 する 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 訓 令 平 成 7 年 3 月 31 日 本 部 訓 令 第 1 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 訓 令 は 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 山 口 県 条 例 第 11 号 以 下 勤 務 時 間 条 例 という ) 及

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

目 次 I 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 1 採 用 選 考 の 状 況 1 2 昇 任 選 考 の 状 況 3 3 職 員 数 6 4 新 規 採 用 職 員 数 10 5 退 職 者 数 10 6 区 内 在 住 職 員 数 11 7 定 員 適 正 化 計 画

目 次 I 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 1 採 用 選 考 の 状 況 1 2 昇 任 選 考 の 状 況 3 3 職 員 数 6 4 新 規 採 用 職 員 数 10 5 退 職 者 数 10 6 区 内 在 住 職 員 数 11 7 定 員 適 正 化 計 画 平 成 2 6 年 度 新 宿 区 の 人 事 行 政 の 運 営 状 況 平 成 27 年 11 月 新 宿 区 目 次 I 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 1 採 用 選 考 の 状 況 1 2 昇 任 選 考 の 状 況 3 3 職 員 数 6 4 新 規 採 用 職 員 数 10 5 退 職 者 数 10 6 区 内 在 住 職 員 数 11 7 定 員 適 正

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

職 員 の 平 均 給 料 の 月 額 初 任 給 などの 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 及 び 平 均 給 料 平 均 給 与 の 月 額 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 支 給 分 ) 平 均 年 齢 平 均 給 料 の 月 額 平 均 給 与 月 額 医 師 41.2

職 員 の 平 均 給 料 の 月 額 初 任 給 などの 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 及 び 平 均 給 料 平 均 給 与 の 月 額 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 支 給 分 ) 平 均 年 齢 平 均 給 料 の 月 額 平 均 給 与 月 額 医 師 41.2 平 成 25 年 度 掛 川 市 袋 井 市 病 院 企 業 団 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 掛 川 市 袋 井 市 病 院 企 業 団 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 に 基 づき 掛 川 市 袋 井 市 病 院 企 業 団 の 任 免 給 与 勤 務 条 件 などの 概 要 についてお 知 らせします 1. 職 員 の 任

More information

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1 育 児 介 護 休 業 規 定 第 1 章 目 的 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 定 は 従 業 員 の 育 児 介 護 休 業 育 児 介 護 のための 時 間 外 労 働 および 深 夜 業 の 制 限 並 びに 育 児 介 護 短 時 間 勤 務 等 に 関 する 取 り 扱 いについて 定 めるものである ( 適 用 対 象 者 ) 第 2 章 育 児 休 業 制 度 第 2 条 育

More information

平 成 27 年 4 月 より 施 行 予 定 の 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 により 保 育 所 等 の 保 育 施 設 の 入 所 の 手 続 きが 変 わります 入 所 を 希 望 する 場 合 は 保 護 者 の 労 働 等 を 理 由 とした お 子 さんへの 保 育 の 必

平 成 27 年 4 月 より 施 行 予 定 の 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 により 保 育 所 等 の 保 育 施 設 の 入 所 の 手 続 きが 変 わります 入 所 を 希 望 する 場 合 は 保 護 者 の 労 働 等 を 理 由 とした お 子 さんへの 保 育 の 必 平 成 27 年 度 保 育 所 入 所 案 内 保 育 所 とは 保 護 者 が 働 いていたり 病 気 の 状 態 にあるなどの 理 由 により 保 育 が 必 要 な 乳 幼 児 を 家 庭 の 保 護 者 に 代 わって 保 育 することを 目 的 とする 児 童 福 祉 施 設 です 保 育 所 の 利 用 を 希 望 する 場 合 には 保 護 者 が 法 律 に 定 める 要 件 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944490508F6F8E5988E78E998EE891B182AB834B834383685F89FC92E894C5313530343031816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944490508F6F8E5988E78E998EE891B182AB834B834383685F89FC92E894C5313530343031816A2E646F6378> 妊 娠 出 産 育 児 のための 事 務 手 続 きガイドブック 常 勤 教 職 員 向 け 東 京 農 工 大 学 男 女 共 同 参 画 推 進 室 未 来 育 成 機 構 はじめに 妊 娠 出 産 育 児 などのライフイベントが 発 生 した 時 には 様 々な 事 務 手 続 きが 必 要 となりま す また それらに 伴 う 休 暇 制 度 や 支 援 制 度 を 有 効 に 活 用 して

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

H26 公表原案.xls

H26 公表原案.xls 水 戸 市 公 告 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 7 年 水 戸 市 条 例 第 3 号 ) 第 6 条 の 規 定 に 基 づき, 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について, 次 のとおり 公 表 する 平 成 6 年 9 月 8 日 水 戸 市 長 高 橋 靖 平 成 6 年 度 水 戸 市 事 行 政 の

More information

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で 防 災 科 学 技 術 研 究 所 職 員 給 与 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 14 条 ) 第 2 章 給 与 第 1 節 俸 給 ( 第 15 条 - 第 21 条 ) 第 2 節 諸 手 当 ( 第 22 条 - 第 37 条 ) 第 3 章 給 与 の 特 例 ( 第 38 条 - 第 42 条 ) 附 則 ( 平 成 13 年 4 月 1 日 13 規 程

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正)

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 基 本 年 俸 給 の 決 定 ( 第 8 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 業 績 給 ( 第 12 条 第 13 条 ) 第 4 章 手 当 ( 第 14 条 - 第 40 条 ) 第 5 章 給 与 の 特 例 等 ( 第 41 条

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc)

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc) 目 的 ) 地 方 独 立 行 政 法 人 奈 良 県 立 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 1 づき 与 に 関 この 地 する 方 規 独 事 程 立 項 は 行 を 政 定 地 法 めることを 方 人 独 奈 立 良 行 県 政 立 目 法 病 的 人 院 とする 奈 機 良 構 県 ( 立 以 病 下 院 機 法 構 人 就 という )に 業 規 則 ( 以 下 勤 就 務 業 する

More information

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい 公 定 価 格 に 関 す る F A Q ( よ く あ る 質 問 ) Ver.9( 平 成 27 年 6 月 17 日 時 点 版 ) このFAQは 仮 単 価 を 基 に 年 間 の 運 営 費 額 を 定 する 際 の 参 考 となるよう 現 行 の 幼 稚 園 保 育 所 等 における 取 り 扱 いを 基 に 作 成 したもので あり 今 後 詳 細 を 検 討 していく 過 程 で

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則 金 ケ 崎 町 規 則 第 13 号 金 ケ 崎 町 小 学 生 医 療 費 給 付 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 小 学 生 に 対 して 医 療 費 の 一 部 を 給 付 することにより 保 護 者 の 負 担 を 軽 減 し もって 小 学 生 の 健 全 な 育 成 と 福 祉 の 増 進 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 規 則

More information

大分大学職員給与規程(案)

大分大学職員給与規程(案) 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 16 年 規 程 第 18 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 5 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 分

More information

制 度 名 制 度 の 主 旨 休 業 等 ( 無 給 短 時 間 勤 務 ( 平 成 21 年 4 月 1 日 施 行 ) 3 歳 未 満 ( 3 歳 に 達 す る 日 ( 誕 生 日 の 前 日 )ま で)の 子 を 養 育 す る 職 員 が 一 定 期 間 休 業 することを 認 め られ

制 度 名 制 度 の 主 旨 休 業 等 ( 無 給 短 時 間 勤 務 ( 平 成 21 年 4 月 1 日 施 行 ) 3 歳 未 満 ( 3 歳 に 達 す る 日 ( 誕 生 日 の 前 日 )ま で)の 子 を 養 育 す る 職 員 が 一 定 期 間 休 業 することを 認 め られ ~ 子 どもが 生 まれた( 生 まれる) 教 職 員 の 皆 さんへ ~ 子 育 て に 関 す る 休 暇 制 度 等 の 概 要 教 職 員 の 子 育 てを 支 援 するため 次 のような 休 暇 や 休 業 の 制 度 があります 子 どもが 生 まれる 女 性 職 員 だけでなく 父 親 になった(なる 予 定 の) 男 性 職 員 も こうした 休 暇 制 度 等 を 活 用 しながら

More information

市県民税のしおり

市県民税のしおり 市 県 民 税 のしおり 739-8601 東 広 島 市 西 条 栄 町 8 番 29 号 東 広 島 市 財 務 部 市 民 税 課 TEL (082)420-0910( 直 通 ) FAX (082)422-6810 http://www.city.higashihiroshima.hiroshima.jp/ 目 次 市 県 民 税 の 申 告 申 告 が 必 要 な 人 p 2 申 告 書

More information

(2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 決 算 ) 職 員 給 与 費 とは 職 員 に 支 給 する 給 与 の 総 額 をいいます 職 員 数 給 与 費 1 人 当 たりの 給 与 費 (B/A) (A) 給 料 職 員 手 当 期 末 勤 勉 手 当 計 (B) 6

(2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 決 算 ) 職 員 給 与 費 とは 職 員 に 支 給 する 給 与 の 総 額 をいいます 職 員 数 給 与 費 1 人 当 たりの 給 与 費 (B/A) (A) 給 料 職 員 手 当 期 末 勤 勉 手 当 計 (B) 6 広 域 大 和 斎 場 組 合 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 地 方 公 務 員 法 及 び 広 域 大 和 斎 場 組 合 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 の 規 定 により 広 域 大 和 斎 場 組 合 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 を 次 のとおり 公 表 します 1 職 員 の 任 免 及 び 職 員

More information

子 ども 子 育 て 新 制 度 について 子 ども 子 育 て 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まります 新 制 度 のスタートに 伴 い 教 育 保 育 施 設 を 利 用 する 際 には 支 給 認 定 を 受 ける 必 要 があ ります 保 育 所 への 入 所 を 希

子 ども 子 育 て 新 制 度 について 子 ども 子 育 て 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まります 新 制 度 のスタートに 伴 い 教 育 保 育 施 設 を 利 用 する 際 には 支 給 認 定 を 受 ける 必 要 があ ります 保 育 所 への 入 所 を 希 平 成 27 年 度 入 所 用 生 駒 市 保 育 所 入 所 案 内 保 育 所 ( 保 育 園 )とは 保 育 所 ( 保 育 園 )は 保 護 者 が 働 いたり 病 気 の 状 態 にあったりして 家 庭 において 十 分 保 育 することができない 児 童 を 保 護 者 にかわって 保 育 することを 目 的 とした 児 童 福 祉 施 設 です 保 護 者 が 希 望 する 保 育

More information

Q 証 明 書 類 は 原 本 でないといけませんか? A 基 本 的 に 写 しで 構 いません 但 し 発 行 日 等 に 条 件 がありますので 下 記 を 参 照 願 います 前 期 後 期 市 町 村 民 税 県 民 税 課 税 証 明 書 平 成 27 年 度 ( 平 成 26 年 分

Q 証 明 書 類 は 原 本 でないといけませんか? A 基 本 的 に 写 しで 構 いません 但 し 発 行 日 等 に 条 件 がありますので 下 記 を 参 照 願 います 前 期 後 期 市 町 村 民 税 県 民 税 課 税 証 明 書 平 成 27 年 度 ( 平 成 26 年 分 千 葉 大 学 授 業 料 免 除 Q&A( 平 成 28 年 度 版 ) 周 知 方 法 Q 授 業 料 免 除 及 び 納 入 猶 予 の 実 施 に 伴 う 周 知 はどのようにされるのでしょうか? A 原 則 として 掲 示 や 千 葉 大 学 HP 及 び 千 葉 大 学 一 斉 メールにより 行 いますので 見 落 としのないよう に 各 自 が 注 意 をしていてください 主 な 掲

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

19

19 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 則 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 (

More information

1 平 成 28 年 度 保 育 所 等 入 所 案 内 このしおりには, 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度, 石 岡 市 保 育 所 等 の 入 所 申 込 みに 関 する 手 続 きや 必 要 書 類 などについて, 重 要 なことを 記 載 しています 内 容 をご 確 認 のうえ,お 申 し 込 みください 平 成 28 年 4 月 1 日 ( 当 初 ) 入 所 の 申 し 込 み 受

More information

Microsoft Word - 16 育児休業手当金(16ikukyuu.pdf)最終版

Microsoft Word - 16 育児休業手当金(16ikukyuu.pdf)最終版 育 児 休 業 手 当 金 1 支 給 要 件 組 合 員 が 育 児 休 業 を 取 得 したときに 支 給 する 2 支 給 期 間 (1) (2) 以 外 の 場 合 は 育 児 休 業 を 開 始 した 日 から 育 児 休 業 に 係 る 子 が1 歳 に 達 する 日 ( 1)( 育 児 休 業 に 係 る 子 が1 歳 に 達 する 日 前 に 育 児 休 業 が 終 了 した 場 合

More information

平成21年度 保育所入所案内

平成21年度 保育所入所案内 保 育 等 とは この 入 案 内 での 保 育 等 とは 浦 添 市 内 の 認 可 保 育 小 規 模 保 育 事 業 内 保 育 のことです 保 育 等 では 保 護 者 が 働 いている または 疾 病 などのために 家 庭 において 十 分 保 育 することができない 児 童 を 家 庭 の 保 護 者 にかわって 保 育 することを 目 的 とした 児 童 福 祉 施 設 です したがって

More information

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法 目 次 第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 2ページ 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 2ページ 2. 社 会 福 祉 法 人 が 行 うことができる 事 業 は 2ページ (1) 社 会 福 祉 事 業 とは 2ページ (2) 公 益 事 業 とは 6ページ (3) 収 益 事 業 とは 7ページ 3. 社 会 福 祉 法 人 となる 要 件 は 7ページ (1) 資 産 について

More information

Microsoft Word - 5-26職員給与規程

Microsoft Word - 5-26職員給与規程 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 5 月 10 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 28

More information

Q1 4 月 から 児 童 手 当 の 支 給 額 はどうなるのですか? Q2 児 童 手 当 には 所 得 制 限 が 設 けられるとのことですが 具 体 的 な 基 準 はどのよう になるのですか? Q3 4 月 以 降 児 童 手 当 を 受 け 取 るためには 手 続 きが 必 要 ですか?

Q1 4 月 から 児 童 手 当 の 支 給 額 はどうなるのですか? Q2 児 童 手 当 には 所 得 制 限 が 設 けられるとのことですが 具 体 的 な 基 準 はどのよう になるのですか? Q3 4 月 以 降 児 童 手 当 を 受 け 取 るためには 手 続 きが 必 要 ですか? 児 童 手 当 Q&A ~ 平 成 24 年 4 月 から 新 しい 児 童 手 当 が 始 まります!~ 厚 生 労 働 省 Q1 4 月 から 児 童 手 当 の 支 給 額 はどうなるのですか? Q2 児 童 手 当 には 所 得 制 限 が 設 けられるとのことですが 具 体 的 な 基 準 はどのよう になるのですか? Q3 4 月 以 降 児 童 手 当 を 受 け 取 るためには 手

More information

2 前 項 の 場 合 控 除 すべき 給 料 の1 時 間 あたりの 金 額 の 計 算 は 以 下 のとおりとする (1) 月 給 の 場 合 基 本 給 1か 月 平 均 所 定 労 働 時 間 数 ( ) (365- 年 間 所 定 休 日 日 数 ) 1 日 の 所 定 労 働 時 間 =

2 前 項 の 場 合 控 除 すべき 給 料 の1 時 間 あたりの 金 額 の 計 算 は 以 下 のとおりとする (1) 月 給 の 場 合 基 本 給 1か 月 平 均 所 定 労 働 時 間 数 ( ) (365- 年 間 所 定 休 日 日 数 ) 1 日 の 所 定 労 働 時 間 = 2 給 与 規 程 関 係 この 項 目 では 就 業 規 則 の 給 与 に 関 する 事 項 について 別 に 定 めた 給 与 規 程 として 参 考 例 を 記 載 しています 法 人 会 給 与 規 程 ( 参 考 例 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 就 業 規 則 第 条 の 規 程 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 する 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information