Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 平 成 26 年 度 広 島 県 産 休 育 休 等 代 替 職 員 登 録 試 験 受 験 案 内 受 付 期 間 平 成 26 年 7 月 1 日 ( 火 )~ 平 成 26 年 7 月 31 日 ( 木 ) 郵 送 :7 月 31 日 までの 消 印 有 効 インターネット:7 月 31 日 午 後 5 時 15 分 までの 申 請 有 効 受 付 時 間 午 前 8 時 30 分 ~ 午 後 5 時 15 分 ( 土 曜 日, 日 曜 日, 祝 日 を 除 く ) 試 験 日 広 島 会 場 平 成 26 年 8 月 23 日 ( 土 ) [ 広 島 ( 廿 日 市 を 含 む), 呉, 東 広 島 地 域 ] 福 山 会 場 平 成 26 年 8 月 24 日 ( 日 ) [ 尾 道 三 原, 福 山 地 域 ] 三 次 会 場 平 成 26 年 8 月 24 日 ( 日 ) [ 三 次 庄 原 地 域 ] 会 場 の 場 所 については, 裏 面 の 会 場 案 内 図 をご 覧 ください 平 成 26 年 6 月 30 日 広 島 県 総 務 局 人 事 課

2

3 広 島 県 庁 や 県 内 の 地 方 機 関 ( 知 事 部 局, 教 育 委 員 会 県 立 学 校 及 び 広 島 市 を 除 く 県 内 の 市 町 立 の 小 中 学 校 を 含 む 及 び 警 察 本 部 の 各 機 関 )で, 平 成 26 年 10 月 1 日 以 降 に 次 の 各 制 度 に 基 づき 勤 務 していただく 職 員 を 募 集 します 産 休 育 児 休 業 職 員 (1)があった 場 合 産 休 育 休 代 替 臨 時 職 員 (A) 配 偶 者 同 行 休 業 職 員 (2)があった 場 合 配 偶 者 同 行 休 業 代 替 臨 時 職 員 (B) 以 下,1と2を 産 休 育 休 等 職 員,AとBを 産 休 育 休 等 代 替 臨 時 職 員 といいます 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 (3)があった 場 合 育 児 短 時 間 勤 務 サポート 嘱 託 員 (C) 高 齢 者 部 分 休 業 職 員 (4)があった 場 合 高 齢 者 部 分 休 業 サポート 嘱 託 員 (D) 以 下,3と4を 育 児 短 時 間 勤 務 等 職 員,CとDを 育 児 短 時 間 勤 務 等 サポート 嘱 託 員 といいます 登 録 試 験 合 格 後 に,まず 産 休 育 休 等 代 替 登 録 職 員 として 登 録 していただき, 産 休 育 休 等 職 員 があった 場 合 に, 条 件 が 一 致 した 方 に 産 休 育 休 等 代 替 臨 時 職 員 として, 育 児 短 時 間 勤 務 等 職 員 があった 場 合 に, 条 件 が 一 致 した 方 に 育 児 短 時 間 勤 務 等 サポート 嘱 託 員 として 勤 務 していただきます( 育 児 短 時 間 勤 務 等 サポー ト 嘱 託 員 について, 詳 しくはQ&AのQ14~Q18をご 覧 ください) なお, 育 児 休 業 が 長 期 になる 場 合 などで 育 休 任 期 付 職 員 又 は 配 偶 者 同 行 休 業 任 期 付 職 員 が 必 要 となった 場 合 は, 登 録 者 の 中 から, 別 に 選 考 を 実 施 し, 採 用 することがあります 登 録 期 間 は, 登 録 開 始 日 ( 平 成 26 年 10 月 1 日 )から3 年 間 です(ただし, 登 録 期 間 中 2 回 の 任 用 を 限 度 とし, 産 休 育 休 等 代 替 臨 時 職 員 については,1 回 目 の 任 用 と2 回 目 の 任 用 の 間 は2か 月 以 上 の 中 断 期 間 が 必 要 です) なお, 登 録 更 新 制 度 を 設 けておりますので, 登 録 期 間 の 更 新 は 可 能 です( 登 録 更 新 期 間 3 年, 更 新 回 数 に 制 限 なし 詳 しくはQ&AのQ4 Q5をご 覧 ください) 1 募 集 職 種 職 種 登 録 予 定 数 主 な 業 務 内 容 広 島 呉 35 人 程 度 5 人 程 度 東 広 島 5 人 程 度 庶 務 的 な 一 般 事 務 一 般 事 務 職 尾 道 三 原 ( 文 書 の 作 成, 会 計 帳 票 類 の 作 成 等 ) 10 人 程 度 福 山 三 次 庄 原 5 人 程 度 総 合 土 木 職 県 内 全 域 10 人 程 度 道 路 河 川, 土 木 工 事, 農 村 整 備 等 の 企 画 測 量 設 計 事 務 等 農 業 職 県 内 全 域 5 人 程 度 農 業 の 振 興 等 に 関 する 事 務 試 験 研 究 等 広 島 地 域 呉 地 域 東 広 島 地 域 尾 道 三 原 地 域 福 山 地 域 三 次 庄 原 地 域 県 庁 舎 総 務 事 務 所 等 その 他 庁 舎 ( 一 部 ) 庄 原 市 三 次 市 北 広 島 町 神 石 高 原 町 安 芸 高 田 市 安 芸 太 田 町 世 羅 町 府 中 市 広 島 市 東 広 島 市 府 中 町 尾 道 市 三 原 市 福 山 市 廿 日 市 市 海 田 町 竹 原 市 坂 町 熊 野 町 大 竹 市 江 田 島 市 呉 市 大 崎 上 島 町 [ 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ] この 登 録 地 域 図 は,おおまかな 登 録 地 域 の 区 分 を 示 したものであり, 住 所 によって 登 録 地 域 が 指 定 されているわけではありません - 1 -

4 2 応 募 資 格 年 齢 :18 歳 以 上 ( 平 成 26 年 10 月 1 日 現 在 ) 次 のア~エのいずれかに 該 当 する 方 は, 応 募 することができません ア 成 年 被 後 見 人 及 び 被 保 佐 人 ( 準 禁 治 産 者 を 含 む ) イ 禁 錮 以 上 の 刑 に 処 せられ,その 執 行 を 終 わるまで 又 はその 執 行 を 受 けることがなくなるまでの 者 ウ 広 島 県 の 機 関 から 懲 戒 免 職 の 処 分 を 受 け,その 処 分 の 日 から2 年 を 経 過 しない 者 エ 日 本 国 憲 法 施 行 の 日 以 後 において, 日 本 国 憲 法 又 はその 下 に 成 立 した 政 府 を 暴 力 で 破 壊 することを 主 張 する 政 党 その 他 の 団 体 を 結 成 し, 又 はこれに 加 入 した 者 3 提 出 書 類 及 び 受 験 申 込 先 (1) 提 出 書 類 広 島 県 産 休 育 休 等 代 替 職 員 登 録 試 験 受 験 申 込 書 (1 部 ) 申 込 みは, 郵 送, インターネット 又 は 人 事 課 への 持 参 にて 行 ってください インターネットの 場 合 は, 広 島 県 市 町 電 子 システム による 電 子 申 込 を 利 用 してください 広 島 県 ホームページ 内 人 事 課 ページ(http://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/8/)からアクセスで きます ご 使 用 の 機 種 や 環 境 によって, 一 部 対 応 できないことがありますので, 予 めご 了 承 ください 受 験 申 込 書 に 記 載 された 個 人 情 報 については, 産 休 育 休 等 代 替 職 員 登 録 試 験 及 び 合 格 後 の 産 休 育 休 等 代 替 登 録 事 務 等, 産 休 育 休 等 代 替 関 連 事 務 を 行 うためのみに 使 用 します それ 以 外 の 目 的 の ために 使 用 したり, 本 人 の 同 意 なく 第 三 者 に 提 供 することはありません (2) 申 込 み 先 ( 問 い 合 わせ 先 ) 広 島 市 中 区 基 町 10 番 52 号 広 島 県 総 務 局 人 事 課 電 話 (ダイヤルイン) (3) 受 験 票 は, 後 日 送 付 します( 受 験 票 には 写 真 ( 縦 4.5 横 3.5cm)の 貼 付 が 必 要 となります) 受 験 票 が, 平 成 26 年 8 月 18 日 ( 月 )までに 到 着 しないときは, 広 島 県 総 務 局 人 事 課 に 必 ず 問 い 合 わせ てください 4 試 験 等 の 方 法 ( 全 職 種 統 一 ) 試 験 項 目 問 題 形 式 内 容 教 養 試 験 (60 分 ) 択 一 式 代 替 職 員 として 必 要 な 一 般 的 知 識 教 養 についての 筆 記 試 験 作 文 試 験 (50 分 ) 記 述 式 主 として 文 章 による 表 現 力 についての 試 験 で, 課 題 は 身 近 な 事 例 から 出 題 面 接 試 験 個 別 面 接 5 試 験 の 日 時, 場 所 及 び 合 格 発 表 登 録 地 域 広 島, 呉, 東 広 島 尾 道 三 原, 福 山 三 次 庄 原 平 成 26 年 8 月 23 日 ( 土 ) 平 成 26 年 8 月 24 日 ( 日 ) 平 成 26 年 8 月 24 日 ( 日 ) 日 時 受 付 : 午 前 8 時 30 分 から 試 験 : 午 前 9 時 30 分 から 受 付 : 午 前 8 時 30 分 から 試 験 : 午 前 9 時 30 分 から 受 付 : 午 前 8 時 30 分 から 試 験 : 午 前 9 時 30 分 から 広 島 会 場 福 山 会 場 三 次 会 場 場 所 会 場 については, 裏 面 会 場 案 内 図 をご 覧 ください 広 島 県 庁 舎 広 島 県 福 山 庁 舎 広 島 県 三 次 庁 舎 ( 広 島 市 中 区 基 町 10-52) ( 福 山 市 三 吉 町 一 丁 目 1-1) ( 三 次 市 十 日 市 東 四 丁 目 6-1) 合 格 発 表 平 成 26 年 9 月 上 旬 ( 合 格 不 合 格 に 関 わらず, 全 員 に 文 書 で 連 絡 します ) 6 任 用 予 定 時 期 平 成 26 年 10 月 1 日 以 降 - 2 -

5 7 産 休 育 休 等 代 替 職 員 の 勤 務 条 件 等 知 事 部 局 の 場 合 は, 次 のとおりです( 教 育 委 員 会 及 び 警 察 本 部 の 機 関 は 異 なることがあります ) 産 休 育 休 等 代 替 臨 時 職 員 について (1) 給 与 賃 金 日 額 :7,400 円 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) このほかに, 時 間 外 勤 務 手 当, 交 通 費 ( 月 額 14,000 円 以 内 )が 支 給 されます (2) 有 給 休 暇 (6か 月 を 超 えて 任 用 した 場 合 ) 産 休 育 休 等 代 替 臨 時 職 員 として 任 用 された 日 から6か 月 間 の 勤 務 日 の8 割 以 上 勤 務 した 日 の 翌 日 から, 10 日 間 を 限 度 に 有 給 休 暇 が 付 与 されます(6か 月 間 の 勤 務 日 の8 割 以 上 勤 務 した 日 の 翌 日 から6か 月 間 を 経 過 する 日 までは,このうち5 日 を 限 度 に 取 得 することができます ) (3) 休 日 原 則 として, 土 曜 日, 日 曜 日, 国 民 の 祝 日, 年 末 年 始 (12 月 29 日 ~1 月 3 日 ) (4) 勤 務 時 間 午 前 8 時 30 分 から 午 後 5 時 15 分 まで(ただし, 時 間 外 勤 務 をしていただく 場 合 があります ) なお, 勤 務 時 間 は, 変 更 される 場 合 があります (5) 勤 務 期 間 原 則 として, 産 休 育 児 休 業 職 員 の 産 休 ( 産 前 8 週 産 後 8 週 程 度 ) 及 び 育 児 休 業 期 間 (1 年 以 内 ) 並 び に 配 偶 者 同 行 休 業 職 員 の 配 偶 者 同 行 休 業 期 間 (1 年 以 内 ) (6) 登 録 の 変 更, 抹 消 代 替 職 員 の 登 録 内 容 の 変 更 や 登 録 の 抹 消 は, 本 人 の 申 し 出 により 行 います (7) 県 の 他 の 制 度 による 臨 時 職 員 への 任 用 登 録 者 が 産 休 育 休 代 替 及 び 配 偶 者 同 行 休 業 代 替 以 外 の 臨 時 職 員 として 県 に 任 用 された 場 合 には, 任 用 終 了 後 はその 後 2か 月 間 産 休 育 休 等 代 替 臨 時 職 員 として 任 用 される 資 格 を 失 います (8) 育 児 短 時 間 勤 務 等 サポート 嘱 託 員 への 任 用 登 録 者 が 育 児 短 時 間 勤 務 等 サポート 嘱 託 員 へ 任 用 されその 期 間 が 終 了 した 後 は, 期 間 を 空 けることなく 産 休 育 休 等 代 替 臨 時 職 員 として 任 用 されることは 可 能 です 育 児 短 時 間 勤 務 等 サポート 嘱 託 員 について (1) 報 酬 (1 日 6 時 間 の1 月 116 時 間 15 分 勤 務 の 場 合 ) 日 額 :6,400 円 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) このほかに 通 勤 費 ( 日 額 1,000 円 以 内 )が 支 給 されます (2) 有 給 休 暇 勤 務 日 数 又 は 勤 務 時 間 及 び 任 用 期 間 に 応 じて 定 められた 日 数 が 付 与 されます ( 例 )1 月 116 時 間 15 分 勤 務 で10 月 1 日 から1 年 間 任 用 される 場 合 は, 任 用 初 日 に10 日 が 付 与 さ れ,4 月 1 日 に 更 に10 日 が 付 与 されます (3) 特 別 休 暇 1 月 の 勤 務 日 数 が20 日 又 は1 月 116 時 間 15 分 勤 務 の 場 合 は, 夏 季 休 暇 などが 付 与 されます (4) 無 給 休 暇 出 産 休 暇 ( 出 産 予 定 日 の8 週 間 前 の 日 から 出 産 の 日 後 8 週 間 を 経 過 する 日 までの 期 間 内 において 必 要 と 認 める 期 間 )などを 取 得 することができます (5) 休 日 原 則 として, 土 曜 日, 日 曜 日, 国 民 の 祝 日, 年 末 年 始 (12 月 29 日 ~1 月 3 日 ) (6) 勤 務 時 間 1 月 116 時 間 15 分 の 範 囲 内 で, 別 途, 個 別 に 定 める 時 間 を 勤 務 していただきます (7) 勤 務 期 間 原 則 として, 育 児 短 時 間 勤 務 期 間 (1 年 以 内 ) 又 は 高 齢 者 部 分 休 業 期 間 (1 年 以 内 ) (ただし, 育 児 短 時 間 勤 務 が 延 長 された 場 合 など,1 年 以 内 を 限 度 に 再 度 任 用 される 可 能 性 があります ) - 3 -

6 (8) 登 録 の 変 更, 抹 消 代 替 職 員 の 登 録 内 容 の 変 更 や 登 録 の 抹 消 は, 本 人 の 申 し 出 により 行 います (9) 県 の 臨 時 職 員 への 任 用 登 録 者 が 臨 時 職 員 ( 産 休 育 休 等 代 替 臨 時 職 員 を 含 む)として 県 に 任 用 された 場 合, 任 用 終 了 後 は 期 間 を 空 けることなく 育 児 短 時 間 勤 務 等 サポート 嘱 託 員 として 任 用 されることは 可 能 です 8 育 休 等 任 期 付 職 員 の 選 考 の 対 象 職 員 が 長 期 (1 年 を 超 える)の 育 児 休 業 又 は 配 偶 者 同 行 休 業 をする 場 合, 必 要 に 応 じ, 育 休 請 求 期 間 又 は 配 偶 者 同 行 休 業 申 請 期 間 を 任 用 の 限 度 として, 任 期 を 定 めた 職 員 ( 育 休 任 期 付 職 員 配 偶 者 同 行 休 業 任 期 付 職 員 以 下 育 休 等 任 期 付 職 員 といいます)を 選 考 により 採 用 します この 度 の 試 験 による 登 録 者 は,この 育 休 等 任 期 付 職 員 の 選 考 の 対 象 となる 場 合 があります( 詳 しくは,Q&AのQ11 Q19を 参 考 にしてください ) - 4 -

7 ( こ こ か ら 切 広 島 県 産 休 育 休 等 代 替 職 員 登 録 試 験 受 験 申 込 書 ( 注 )チェックボックス( 欄 )は, 該 当 するものへチェックをしてください フリガナ 生 年 月 日 氏 名 フリガナ 現 住 所 - 受 験 会 場 大 正 年 月 日 ( 満 歳 ) 自 宅 電 話 携 帯 電 話 ( ) - ( ) - 広 島 会 場 福 山 会 場 三 次 会 場 性 別 男 女 り FAX ( ) - 取 っ フリガナ 連 絡 先 - ( 現 住 所 以 外 の 連 絡 先 が 必 要 な 場 合 に 記 入 ) 電 話 FAX ( ) - ( ) - て 希 望 する 登 録 職 種 ( に 一 箇 所 のみチェッ クを 入 れてください) 事 務 職 総 合 土 木 職 農 業 職 受 験 希 望 する 登 録 地 域 ( 希 望 地 区 順 に 記 載 し てください) 第 1 希 望 広 島 ( 廿 日 市 を 含 む) 呉 東 広 島 尾 道 三 原 福 山 三 次 庄 原 第 2 希 望 第 3 希 望 申 込 書 県 職 員 歴 県 職 員 ( 正 規 職 員 に 限 る) 歴 がある 人 のみ 記 入 県 臨 時 職 員 歴 最 近 のもののみ 記 入 ( 過 去 1 年 間 ) 職 種 名 所 属 機 関 勤 務 期 間 ~ 任 用 期 間 ~ 退 職 時 所 属 の み 提 出 し て く だ さ い ) 年 月 学 歴 年 月 職 歴

8 年 月 年 月 その 他 特 記 すべき 事 項 賞 罰 免 許 資 格 自 己 PR 志 望 の 動 機 本 人 希 望 記 入 欄 ( 待 遇 職 種 勤 務 時 間 勤 務 地 その 他 について 希 望 があれば 記 入 ) 最 寄 駅 線 駅 扶 養 家 族 ( 配 偶 者 を 除 く) 人 配 偶 者 有 無 配 偶 者 の 扶 養 義 務 有 無 保 護 者 ( 本 人 が 未 成 年 の 場 合 のみ 記 入 ) フリガナ フリガナ 氏 名 現 住 所 - 自 宅 電 話 ( ) - FAX ( ) - 私 は 産 休 育 休 等 代 替 職 員 登 録 試 験 を 受 験 したいので 申 し 込 みます なお, 私 はこの 試 験 の 受 験 案 内 に 掲 げ てある 応 募 資 格 をすべて 満 たしており,またこの 申 込 書 のすべての 記 載 事 項 に 相 違 はありません はい いいえ 平 成 年 月 日 ( 注 ) 記 入 事 項 を 確 認 のうえ,チェックボックスにチェックを 入 れ, 申 込 書 を 記 入 した 日 付 を 記 入 してください

9 産 休 育 休 等 代 替 職 員 登 録 制 度 Q&A < 登 録 制 度 > Q1 産 休 育 休 等 代 替 職 員 登 録 制 度 とはどのような 制 度 なのですか? A1 県 の 一 般 職 員 が 産 休 育 休 及 び 配 偶 者 同 行 休 業 を 取 得 した 場 合 に 産 休 育 休 等 代 替 臨 時 職 員 として 勤 務 し ていただく 方 (Q12~13をご 覧 ください)や, 育 児 短 時 間 勤 務 を 行 う 場 合 及 び 高 齢 者 部 分 休 業 を 取 得 し た 場 合 に 育 児 短 時 間 勤 務 等 サポート 嘱 託 員 として 勤 務 していただく 方 (Q14~18をご 覧 ください), 育 休 等 任 期 付 職 員 の 選 考 の 対 象 となる 方 (Q11 及 びQ19をご 覧 ください)について,あらかじめ 登 録 してい ただいておくという 制 度 です Q2 登 録 された 場 合 すぐに 雇 ってもらえるのですか? A2 登 録 したからといってすぐに 勤 務 していただけるとは 限 りません 一 般 職 員 に 産 休 育 休 者, 配 偶 者 同 行 休 業 者, 育 児 短 時 間 勤 務 者 又 は 高 齢 者 部 分 休 業 者 が 出 た 場 合 に 登 録 者 に 勤 務 をお 願 いすることとなりますの で, 登 録 いただいた 平 成 26 年 10 月 1 日 以 降, 順 次, 産 休 育 休 等 代 替 職 員 として 勤 務 していただくこと となります なお, 産 休 育 休 等 代 替 職 員 の 勤 務 開 始 の 時 期 は, 知 事 部 局 の 場 合, 原 則 年 4 回 (4 月,7 月,10 月, 1 月 )としています( 教 育 委 員 会 及 び 警 察 本 部 は 随 時 となります ) Q3 登 録 するとどのようなメリットがあるのですか? A3 産 休 育 休 等 代 替 職 員 のうち, 知 事 部 局 の 一 般 事 務 関 係 の 臨 時 職 員 及 び 育 児 短 時 間 勤 務 等 サポート 嘱 託 員 については, 原 則 としてこの 登 録 者 からのみ 雇 用 します また, 知 事 部 局 の 場 合, 一 般 的 な 県 の 臨 時 職 員 よ りも 賃 金 が 高 くなっています( 一 般 6,900 円 登 録 者 7,400 円 / 育 児 短 時 間 勤 務 等 サポート 嘱 託 員 については 1 日 6 時 間 の1 月 116 時 間 15 分 勤 務 の 場 合, 一 般 5,950 円 登 録 者 6,400 円 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) その 他, 通 常 は, 直 前 1 年 以 内 に 県 に 任 用 実 績 がある 方 は,1 年 間 は 臨 時 職 員 として 任 用 することができ ませんが,この 制 度 の 登 録 者 が 産 休 育 休 等 代 替 臨 時 職 員 として 任 用 される 場 合 は, 前 回 の 臨 時 職 員 の 任 用 期 間 から2か 月 を 空 ければ 任 用 されることができます( 育 児 短 時 間 勤 務 等 サポート 嘱 託 員 については, 臨 時 職 員 として 勤 務 する 場 合, 引 き 続 き 任 用 されることはできます ) Q4 登 録 期 間 は 何 年 間 ですか? 期 間 中 であれば, 産 休 育 休 等 代 替 職 員 に 何 回 でも 任 用 されるのですか? A4 登 録 期 間 は3 年 間 で, 登 録 期 間 中 の 産 休 育 休 等 代 替 職 員 の 任 用 は2 回 までです ただし, 登 録 期 間 を 更 新 することは 可 能 です(Q5をご 覧 ください) また, 登 録 期 間 中 に 任 用 が 開 始 されれば, 任 用 中 に 登 録 期 間 が 切 れても 引 き 続 きその 任 用 は 継 続 します 産 休 育 休 等 代 替 職 員 任 用 例 ( 知 事 部 局 標 準 例 : 産 休 育 休 代 替 臨 時 職 員 を2 回 行 う 場 合 ) - 5 -

10 Q5 登 録 期 間 の 更 新 制 度 とはどのような 制 度 ですか? A5 当 初 の 登 録 期 間 3 年 間 が 満 了 する 前 に 所 定 の 手 続 を 行 うことにより, 登 録 期 間 を3 年 間 更 新 できる 制 度 で す( 更 新 回 数 に 制 限 はありません ) 新 たな 登 録 期 間 となった3 年 間 について, 登 録 期 間 中 の 産 休 育 休 等 代 替 職 員 の 任 用 は2 回 までです( 一 回 目 の 登 録 期 間 の 際 と 同 様 ですので, 詳 しくはQ4を 参 照 してください) Q6 地 域 別 登 録 とはどのような 制 度 ですか? A6 県 内 の 各 地 域 によって, 産 休 育 休 等 職 員 及 び 育 児 短 時 間 勤 務 等 職 員 の 数 が 異 なることなどから,あらか じめ 勤 務 可 能 地 域 別 に 登 録 することになります ただし, 場 合 によっては, 他 の 地 域 の 産 休 育 休 等 代 替 職 員 として 勤 務 していただけないか 検 討 をお 願 いする 場 合 もあります また, 家 庭 の 事 情 等 で 引 っ 越 された 場 合 などは, 登 録 地 域 の 異 動 も 可 能 です なお, 知 事 部 局 の 機 関 のほか, 広 島 県 教 育 委 員 会 ( 教 育 事 務 所, 県 立 学 校 等 ) 及 び 広 島 県 警 察 本 部 ( 警 察 署 等 )の 機 関 において, 一 般 事 務 として 勤 務 いただく 場 合 もあります(この 場 合, 勤 務 条 件 が 異 なることが あります) Q7 勤 務 場 所 が 遠 いなどの 理 由 により, 登 録 者 が 任 用 を 断 ることもできますか? A7 できます Q8 任 用 期 間 中, 異 動 することはありますか? A8 組 織 の 改 廃 や 産 休 育 休 取 得 職 員 が 異 動 になった 場 合 等, 特 別 な 場 合 には 異 動 することがあります Q9 登 録 中 に 他 のアルバイトなどをしても 良 いですか? A9 登 録 中 は 産 休 育 休 等 職 員 及 び 育 児 短 時 間 勤 務 等 職 員 がいつ 出 るか 分 からないので, 原 則 待 機 となります が,アルバイト 等 をしたからといって, 登 録 を 抹 消 することはありません ただし, 県 の 他 の 臨 時 職 員 とし て 任 用 された 場 合 は, 任 用 の 終 了 後 の2か 月 間 は 産 休 育 休 等 代 替 臨 時 職 員 には 任 用 することができません ( 育 児 短 時 間 勤 務 等 サポート 嘱 託 員 は,そのような 制 限 はありませんので, 引 き 続 き 任 用 されることができ ま す ) なお, 産 休 育 休 等 代 替 臨 時 職 員 任 用 後 は 県 の 他 の 臨 時 職 員 としては1 年 間 任 用 することができません Q10 登 録 には 国 籍 要 件 がありますか? A10 ありません ただし, 育 休 等 任 期 付 職 員 の 選 考 は 職 種 によって 国 籍 条 項 があり, 一 般 事 務 職 には 日 本 国 籍 を 要 することとしています Q11 登 録 した 場 合, 県 の 正 規 職 員 として 採 用 される 可 能 性 がありますか? A11 育 休 等 任 期 付 職 員 ( ) 以 外 の 職 員 になることは,ありません 育 休 等 任 期 付 職 員 について 長 期 に 代 替 が 必 要 となる 職 員 の 育 児 休 業 又 は 配 偶 者 同 行 休 業 期 間 中 の 事 務 を 処 理 していくため, 当 該 期 間 を 任 期 とした 職 員 ( 育 休 等 任 期 付 職 員 )の 採 用 を 行 う 場 合 があります 育 休 等 任 期 付 職 員 は, 任 期 が 定 められている 等 のほかは, 一 般 の 職 員 と 同 様 に 地 方 公 務 員 法 が 適 用 され ます 育 休 等 任 期 付 職 員 の 採 用 は, 職 員 の 長 期 (1 年 を 超 える)の 育 休 請 求 があった 時 など, 採 用 の 必 要 が 生 じた 都 度, 選 考 を 実 施 します 一 般 事 務 の 場 合 は,この 登 録 試 験 に 合 格 した 登 録 者 の 中 から 選 考 ( 書 類 審 査 等 )を 実 施 し, 採 用 します - 6 -

11 < 産 休 育 休 等 代 替 臨 時 職 員 > Q12 産 休 育 休 等 代 替 臨 時 職 員 の 勤 務 条 件 はどのようなものですか? A12 知 事 部 局 の 場 合 は, 次 のとおりです( 教 育 委 員 会 警 察 本 部 の 機 関 は 異 なることがあります) (1) 給 与 賃 金 日 額 :7,400 円 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) このほか, 時 間 外 勤 務 手 当, 交 通 費 ( 月 額 14,000 円 以 内 )が 支 給 されます (2) 有 給 休 暇 (6か 月 を 超 えて 任 用 した 場 合 ) 産 休 育 休 等 代 替 臨 時 職 員 として 任 用 された 日 から6か 月 間 の 勤 務 日 の8 割 以 上 勤 務 した 日 の 翌 日 から, 10 日 間 を 限 度 に 有 給 休 暇 が 付 与 されます(6か 月 間 の 勤 務 日 の8 割 以 上 勤 務 した 日 の 翌 日 から6か 月 間 を 経 過 する 日 までは,このうち5 日 を 限 度 に 取 得 することができます) (3) 休 日 原 則, 土 曜 日, 日 曜 日, 国 民 の 祝 日, 年 末 年 始 (12 月 29 日 ~1 月 3 日 ) (4) 勤 務 時 間 午 前 8 時 30 分 から 午 後 5 時 15 分 まで(ただし, 時 間 外 勤 務 をしていただく 場 合 があります ) なお, 勤 務 時 間 は, 変 更 される 場 合 があります (5) 勤 務 期 間 原 則 として, 職 員 の 産 休 期 間 ( 産 前 8 週 産 後 8 週 程 度 ) 及 び 育 児 休 業 期 間 (1 年 以 内 ) 並 びに 配 偶 者 同 行 休 業 期 間 (1 年 以 内 )となります 勤 務 開 始 の 時 期 は, 知 事 部 局 では 原 則 4 月,7 月,10 月,1 月 です( 教 育 委 員 会 及 び 警 察 本 部 は 随 時 となります ) なお,1つの 登 録 期 間 につき, 任 用 は2 回 を 限 度 とします Q13 任 期 終 了 後 に, 休 業 から 復 帰 した 職 員 への 業 務 引 継 が 必 要 になる 場 合 はありますか? A13 文 書 等 による 引 継 ぎでは 不 十 分 な 場 合 には, 任 期 終 了 日 の 翌 々 日 から5 勤 務 日 以 内 に,1 日 の 業 務 引 継 を お 願 いすることがあります この 場 合 は,7,400 円 の 賃 金 及 び666 円 の 範 囲 内 の 交 通 費 を 支 給 します ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) < 育 児 短 時 間 勤 務 等 サポート 嘱 託 員 > Q14 育 児 短 時 間 勤 務 等 サポート 嘱 託 員 とはどのようなものですか? A14 職 員 が 育 児 短 時 間 勤 務 を 行 う 場 合 又 は 高 齢 者 部 分 休 業 を 取 得 する 場 合 に 公 務 の 運 営 に 支 障 が 生 じることの ないよう,それらの 職 員 などの 業 務 を 担 う 非 常 勤 職 員 として 育 児 短 時 間 勤 務 サポート 嘱 託 員 及 び 高 齢 者 部 分 休 業 サポート 嘱 託 員 を 任 用 することとしたものです Q15 育 児 短 時 間 勤 務 等 サポート 嘱 託 員 となった 場 合,どのような 仕 事 をするのですか? A15 一 般 事 務 をしていただきます 育 児 短 時 間 勤 務 等 職 員 は 引 続 き 職 場 で 勤 務 していることから, 原 則,その 仕 事 のうちで 担 当 可 能 な 部 分 的 業 務 を 行 っていただくことになります ただし,それぞれの 職 場 の 状 況 や 育 児 短 時 間 勤 務 等 職 員 の 仕 事 の 内 容 などから, 当 該 職 員 の 担 当 業 務 以 外 のその 職 場 の 業 務 を 行 っていただく 場 合 もあります Q16 育 児 短 時 間 勤 務 等 サポート 嘱 託 員 の 勤 務 条 件 は? A16 知 事 部 局 の 場 合 は, 次 のとおりです( 教 育 委 員 会 警 察 本 部 の 機 関 は 異 なることがあります ) (1) 報 酬 日 額 (1 日 6 時 間 の1 月 116 時 間 15 分 勤 務 の 場 合 ):6,400 円 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) そのほか, 通 勤 費 ( 日 額 1,000 円 以 内 )が 支 給 されます - 7 -

12 (2) 有 給 休 暇 勤 務 日 数 又 は 勤 務 時 間 及 び 任 命 期 間 に 応 じて 定 められた 日 数 が 付 与 されます ( 例 )1 月 116 時 間 15 分 勤 務 で10 月 1 日 から1 年 間 任 用 される 場 合 は, 任 用 初 日 に10 日 が 付 与 さ れ,4 月 1 日 に 更 に10 日 が 付 与 されます (3) 特 別 休 暇 1 月 の 勤 務 日 数 が20 日 又 は1 月 116 時 間 15 分 勤 務 である 場 合 には, 病 気 休 暇 や 夏 季 休 暇 が 付 与 さ れます (4) 無 給 休 暇 出 産 休 暇 ( 出 産 予 定 日 の8 週 間 前 の 日 から 出 産 の 日 後 8 週 間 を 経 過 する 日 までの 期 間 内 において 必 要 と 認 める 期 間 )などを 取 得 することができます (5) 休 日 原 則 として, 土 曜 日, 日 曜 日, 国 民 の 祝 日, 年 末 年 始 (12 月 29 日 ~1 月 3 日 ) (6) 勤 務 時 間 1 月 116 時 間 15 分 の 範 囲 内 で, 別 途, 個 別 に 定 める 時 間 を 勤 務 していただきます (7) 勤 務 期 間 原 則 として, 育 児 短 時 間 勤 務 期 間 (1 年 以 内 ) 又 は 高 齢 者 部 分 休 業 期 間 (1 年 以 内 )を 限 度 として 勤 務 していただきます なお, 育 児 短 時 間 勤 務 が 延 長 された 場 合 など,1 年 間 を 限 度 に 再 度 任 用 される 可 能 性 があります Q17 育 児 短 時 間 勤 務 等 サポート 嘱 託 員 としての 任 用 期 間 終 了 後 すぐに, 別 所 属 の 育 児 短 時 間 勤 務 等 サポート 嘱 託 員 になれますか? A17 別 所 属 から 任 用 についての 連 絡 があれば, 育 児 短 時 間 勤 務 等 サポート 嘱 託 員 としての 任 用 期 間 終 了 後 すぐ に, 別 所 属 の 育 児 短 時 間 勤 務 等 サポート 嘱 託 員 になることができます 育 児 短 時 間 勤 務 等 サポート 嘱 託 員 には, 産 休 育 休 等 代 替 臨 時 職 員 から, 再 度 の 産 休 育 休 等 代 替 臨 時 職 員 になる 場 合 にあるような 任 用 制 限 ( 再 度 の 任 用 までの 空 白 期 間 を 設 ける 必 要 )はありません Q18 県 の 産 休 育 休 等 代 替 臨 時 職 員 や 育 休 等 任 期 付 職 員 としての 任 用 期 間 終 了 後 すぐに, 育 児 短 時 間 勤 務 等 サ ポート 嘱 託 員 になれますか? A18 所 属 から 育 児 短 時 間 勤 務 等 サポート 嘱 託 員 の 任 用 について 連 絡 があれば,なることができます また, 育 児 短 時 間 勤 務 等 サポート 嘱 託 員 としての 任 用 期 間 終 了 後 すぐ, 県 の 臨 時 職 員 や 産 休 育 休 等 代 替 臨 時 職 員 になることもできます 育 児 短 時 間 勤 務 等 サポート 嘱 託 員 と, 臨 時 職 員 や 産 休 育 休 等 代 替 臨 時 職 員 との 間 には, 任 用 制 限 ( 再 度 の 任 用 までの 空 白 期 間 を 設 ける 必 要 )はありません < 育 休 等 任 期 付 職 員 > Q19 育 休 等 任 期 付 職 員 の 採 用 ( 選 考 ), 勤 務 条 件 等 はどのようなものですか? A19 育 休 等 任 期 付 職 員 は, 職 員 の 育 児 休 業 期 間 又 は 配 偶 者 同 行 休 業 期 間 にその 職 員 の 業 務 を 処 理 するため, 任 期 を 定 めて 採 用 する 一 般 職 の 地 方 公 務 員 です 任 期 の 定 めがあること 等 以 外 は, 地 方 公 務 員 法 が 適 用 されま す (1) 採 用 時 期 原 則 として, 職 員 から1 年 を 超 える 育 児 休 業 の 請 求 があった 場 合 又 は 配 偶 者 同 行 休 業 の 申 請 があった 場 合 において, 任 命 権 者 が 必 要 の 都 度, 登 録 者 の 中 から 選 考 を 実 施 し 採 用 します 採 用 時 期 は, 必 要 の 都 度 となりますので, 不 定 期 となります また, 育 休 等 任 期 付 職 員 として 採 用 された 経 験 がある 人 については, 育 休 等 任 期 付 職 員 の 任 期 満 了 後, 原 則 として1 年 の 間 は, 再 度, 育 休 等 任 期 付 職 員 には 採 用 しません - 8 -

13 なお, 育 休 等 任 期 付 職 員 の 任 期 満 了 後,2か 月 間 を 空 ければ 産 休 育 休 等 代 替 臨 時 職 員 に 任 用 されるこ とはできます (2) 任 期 任 期 は, 各 職 員 の 育 児 休 業 請 求 期 間 又 は 配 偶 者 同 行 休 業 申 請 期 間 に 応 じ, 採 用 時 に 決 定 することになり ます (3) 給 与 等 給 与 は, 職 員 の 給 与 に 関 する 条 例 が 適 用 されます 給 料 は, 学 歴 や 勤 務 経 験 の 年 数 を 換 算 し 初 任 給 を 決 定 し, 月 額 で 支 給 されます 給 料 以 外 に, 諸 手 当 ( 通 勤 手 当, 扶 養 手 当, 住 居 手 当, 時 間 外 勤 務 手 当, 期 末 勤 勉 手 当, 退 職 手 当 など)が 支 給 されます (4) 勤 務 時 間 休 暇 等 職 員 の 勤 務 時 間 及 び 休 暇 等 に 関 する 条 例 及 び 規 則 等 が 適 用 されます - 9 -

14 会 場 案 内 図 広 島 会 場 広 島 県 庁 本 館 広 島 市 中 区 基 町 JR 広 島 駅 から 徒 歩 25 分 広 電 電 車 紙 屋 町 東 電 停 から 徒 歩 3 分 アストラムライン 県 庁 前 駅 から 徒 歩 2 分 広 島 バスセンターから 徒 歩 5 分 N 広 島 バスセンター 議 会 棟 北 館 中 央 警 察 著 東 館 市 営 基 町 駐 車 場 紙 屋 町 紙 屋 町 立 町 至 広 島 駅 至 宇 品 広 島 県 庁 本 館 南 館 農 林 庁 舎 税 務 庁 舎 福 山 会 場 広 島 県 福 山 庁 舎 第 3 庁 舎 福 山 市 三 吉 町 一 丁 目 1-1 福 山 城 東 小 学 校 福 山 庁 舎 国 道 号 線 N JR 福 山 駅 JR 福 山 駅 北 口 から 徒 歩 20 分 天 満 屋 国 道 2 号 線 三 次 会 場 広 島 県 三 次 庁 舎 第 3 庁 舎 三 次 市 十 日 市 東 四 丁 目 6-1 三 次 庁 舎 N JR 三 次 駅 から 徒 歩 5 分 備 北 交 通 バスターミナルから 徒 歩 3 分 備 北 交 通 バスターミナル サングリーン 三 次 郵 便 局 JR 三 次 駅 至 広 島 平 安 閣

1 育 休 付 職 員 及 び 育 短 付 職 員 について 育 休 付 職 員 とは 県 庁 や 県 の 出 先 機 関 ( 知 事 部 局 教 育 委 員 会 公 営 企 業 等 の 各 機 関 で 育 児 休 業 を 取 得 する 職 員 の 代 替 職 員 として 勤 務 をします 給 与

1 育 休 付 職 員 及 び 育 短 付 職 員 について 育 休 付 職 員 とは 県 庁 や 県 の 出 先 機 関 ( 知 事 部 局 教 育 委 員 会 公 営 企 業 等 の 各 機 関 で 育 児 休 業 を 取 得 する 職 員 の 代 替 職 員 として 勤 務 をします 給 与 260-8667 千 葉 市 中 央 区 市 場 町 1-1( 県 庁 南 庁 舎 5 階 問 合 せ 先 人 事 委 員 会 事 務 局 用 課 電 話 043-223-3717 ホームページ http://www.pref.chiba.lg.jp/ 受 付 間 千 葉 県 では 育 児 休 業 や 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 の 代 替 として 付 職 員 ( 育 休 付 職 員 及 び

More information

経 者 の 部 の 職 務 経 についての 注 意 事 項 1 看 護 師 助 産 師 免 許 取 得 後 の 医 療 機 関 等 における( 正 ) 看 護 師 助 産 師 としての 職 務 経 に は 病 院 ( 公 的 病 院 を 含 む) 診 療 所 老 人 保 健 施 設 等 において (

経 者 の 部 の 職 務 経 についての 注 意 事 項 1 看 護 師 助 産 師 免 許 取 得 後 の 医 療 機 関 等 における( 正 ) 看 護 師 助 産 師 としての 職 務 経 に は 病 院 ( 公 的 病 院 を 含 む) 診 療 所 老 人 保 健 施 設 等 において ( 平 成 28 年 度 札 幌 市 職 員 選 考 採 用 試 平 成 28 年 (2016 年 )5 月 2 日 札 幌 市 病 院 局 経 営 管 理 部 市 立 札 幌 病 院 看 護 師 助 産 師 選 考 採 用 試 案 内 試 日 第 1 回 平 成 28 年 6 月 17 日 ( 金 ) ~ 平 成 28 年 6 月 19 日 ( 日 ) 第 2 回 平 成 28 年 8 月 5 日 (

More information

~ 4. 試 験 内 容 日 時 会 場 及 び 合 発 表 試 験 内 容 試 験 日 時 試 験 会 場 ( 詳 細 3ページ) 通 知 日 合 通 知 通 知 方 法 1. 書 類 審 査 試 験 書 類 審 査 のため 試 験 日 時 等 なし 平 成 27 年 9 月 8 日 ( 火 )

~ 4. 試 験 内 容 日 時 会 場 及 び 合 発 表 試 験 内 容 試 験 日 時 試 験 会 場 ( 詳 細 3ページ) 通 知 日 合 通 知 通 知 方 法 1. 書 類 審 査 試 験 書 類 審 査 のため 試 験 日 時 等 なし 平 成 27 年 9 月 8 日 ( 火 ) 申 し 込 み 受 付 平 成 27 年 8 月 10 日 ( 月 )~21 日 ( 金 ) 平 成 27 年 度 帯 広 市 職 員 採 用 資 試 験 ( 後 ) を 受 験 する 方 は 受 験 できません 1. 試 験 区 分 採 用 予 定 数 及 び 受 験 資 試 験 区 分 採 用 予 定 数 受 験 資 総 合 職 事 務 ( 任 付 短 時 勤 務 職 員 ) 5 名 程 度 (

More information

平成12年度

平成12年度 平 成 27 年 度 (2015 年 度 ) 公 益 財 団 法 人 広 島 観 光 コンヘ ンションヒ ューロー 契 約 職 員 採 用 (Ⅰ 種 ) 受 験 案 内 平 成 2 8 年 2 月 1 日 公 益 財 団 法 人 広 島 観 光 コンヘ ンションヒ ューロー 第 1 次 平 成 28 年 2 月 21 日 ( 日 ) 申 込 受 付 期 間 平 成 28 年 2 月 1 日 ( 月

More information

Microsoft Word - 【最終】28民間-受験案内_280421

Microsoft Word - 【最終】28民間-受験案内_280421 この 試 験 は 文 化 芸 術 スポーツ 分 野 又 は 地 域 おこし 協 力 隊 等 での 経 験 等 を 活 かし 意 欲 を 持 って 本 県 の 地 方 創 生 元 気 づくりの 展 開 に 向 けた 取 組 に 貢 献 していただけるかた 鳥 取 県 へのIターン Jターン Uターンを 希 望 しているかた 民 間 企 業 等 で 培 った 経 験 を 活 かし 鳥 取 県 職 員 として

More information

公立大学法人会津大学

公立大学法人会津大学 公 立 大 学 法 人 会 津 大 学 育 休 代 替 職 員 採 用 試 験 受 験 案 内 会 津 大 学 事 務 局 総 務 予 算 課 総 務 係 965-8580 会 津 若 松 市 一 箕 町 鶴 賀 90 番 地 電 話 (0242)37-2500 会 津 大 学 又 は 会 津 大 学 短 期 大 学 部 において 育 児 休 業 を 取 得 する 職 員 の 代 替 職 員 として

More information

Microsoft Word - 【最新】試験案内(心理).doc

Microsoft Word - 【最新】試験案内(心理).doc 科 学 捜 査 研 究 所 職 員 募 集 ( 心 理 ) 平 成 27 年 度 岐 阜 県 警 察 職 員 ( 鑑 定 業 務 ) 採 用 選 考 案 内 1 区 分 採 用 予 定 人 員 職 務 内 容 等 区 分 採 用 予 定 人 員 職 務 内 容 等 鑑 定 業 務 に 従 事 する 職 ( 研 究 職 ) 若 干 人 警 察 本 部 刑 事 部 科 学 捜 査 研 究 所 の 職 員

More information

1 育 児 休 業 代 替 任 期 付 職 員 ( 一 般 事 務 職 )とは 育 児 休 業 代 替 任 期 付 職 員 とは 一 般 の 職 員 が 育 児 休 業 を 取 得 した 際 に 代 替 職 員 とし て 勤 務 する 職 員 です 一 般 事 務 職 については 候 補 者 として

1 育 児 休 業 代 替 任 期 付 職 員 ( 一 般 事 務 職 )とは 育 児 休 業 代 替 任 期 付 職 員 とは 一 般 の 職 員 が 育 児 休 業 を 取 得 した 際 に 代 替 職 員 とし て 勤 務 する 職 員 です 一 般 事 務 職 については 候 補 者 として 川 崎 市 育 児 休 業 代 替 任 期 付 職 員 一 般 事 務 職 の 候 補 者 登 録 案 内 川 崎 市 総 務 企 画 局 人 事 部 人 事 課 概 要 登 録 選 考 ( 教 養 考 査 及 び 作 文 考 査 )を 実 施 し ます 登 録 選 考 実 施 日 平 成 2 8 年 7 月 31 日 ( 日 ) 受 付 期 間 平 成 28 年 6 月 1 日 ( 水 ) ~ 平

More information

1 試 験 区 分 採 用 予 定 人 員 勤 務 先 及 び 勤 務 内 容 並 びに 受 験 資 格 試 験 区 分 事 務 大 学 卒 病 院 事 務 大 学 卒 土 木 大 学 卒 採 用 予 定 人 員 3 名 程 度 1 名 程 度 1 名 程 度 勤 務 先 及 び 勤 務 内 容 さ

1 試 験 区 分 採 用 予 定 人 員 勤 務 先 及 び 勤 務 内 容 並 びに 受 験 資 格 試 験 区 分 事 務 大 学 卒 病 院 事 務 大 学 卒 土 木 大 学 卒 採 用 予 定 人 員 3 名 程 度 1 名 程 度 1 名 程 度 勤 務 先 及 び 勤 務 内 容 さ 平 成 28 年 度 さぬき 市 職 員 募 集 要 項 A 事 務 大 学 卒 病 院 事 務 大 学 卒 土 木 大 学 卒 建 築 大 学 卒 税 務 専 門 職 保 健 師 保 育 士 幼 稚 園 教 諭 申 込 受 付 平 成 28 年 7 月 19 日 火 ~ 8 月 15 日 月 第 1 次 試 験 平 成 28 年 9 月 18 日 日 1 試 験 区 分 採 用 予 定 人 員 勤

More information

1 試 験 区 分 採 用 予 定 人 員 勤 務 先 及 び 勤 務 内 容 並 びに 受 験 資 格 試 験 区 分 採 用 予 定 勤 務 先 及 び 人 員 勤 務 内 容 受 験 資 格 事 務 1 名 程 度 さぬき 市 の 市 長 部 次 のすべての 要 件 を 満 たしている 人 大

1 試 験 区 分 採 用 予 定 人 員 勤 務 先 及 び 勤 務 内 容 並 びに 受 験 資 格 試 験 区 分 採 用 予 定 勤 務 先 及 び 人 員 勤 務 内 容 受 験 資 格 事 務 1 名 程 度 さぬき 市 の 市 長 部 次 のすべての 要 件 を 満 たしている 人 大 平 成 28 年 度 身 体 障 害 者 を 対 象 とした さぬき 市 職 員 募 集 要 項 B 事 務 申 込 受 付 平 成 28 年 7 月 19 日 火 ~ 8 月 15 日 月 第 1 次 試 験 平 成 28 年 9 月 18 日 日 1 試 験 区 分 採 用 予 定 人 員 勤 務 先 及 び 勤 務 内 容 並 びに 受 験 資 格 試 験 区 分 採 用 予 定 勤 務 先

More information

平成20年7月25日

平成20年7月25日 平 成 28 年 8 月 10 日 平 成 28 年 度 一 般 財 団 法 人 北 海 道 建 設 技 術 センター 職 員 採 用 試 験 案 内 社 会 人 経 験 者 採 用 技 術 職 ( 土 木 ) 受 付 期 間 平 成 28 年 8 月 10 日 ( 水 )~8 月 26 日 ( 金 )( 最 終 日 消 印 有 効 ) 試 験 日 第 1 次 試 験 論 文 試 験 (90 分 )

More information

富田林市職員採用資格試験要綱

富田林市職員採用資格試験要綱 富 田 林 市 職 員 採 用 資 格 試 験 実 施 要 綱 平 成 27 年 6 月 2 日 富 田 林 市 職 員 採 用 選 考 委 員 会 富 田 林 市 職 員 採 用 資 格 試 験 を 次 のとおり 実 施 します 1. 職 種 受 験 資 格 及 び 採 用 予 定 人 員 職 種 受 験 資 格 ( 次 のすべての 条 件 を 満 たす 人 ) 採 用 予 学 歴 等 年 齢 定

More information

平成15年度

平成15年度 成 26 年 度 熊 本 市 員 採 用 選 考 試 験 案 内 民 間 企 業 等 経 験 者 務 技 術 ( 土 木 ) 技 術 ( 建 築 ) 成 26 年 5 月 1 日 熊 本 市 人 委 員 会 第 一 次 試 験 日 成 26 年 6 月 22 日 ( 日 ) 申 込 受 付 期 間 成 26 年 5 月 13 日 ( 火 )~5 月 22 日 ( 木 ) 申 込 は 原 則 として

More information

平成22年度

平成22年度 平 成 27 年 度 横 浜 市 職 員 採 用 試 験 受 験 案 内 ( 高 校 卒 程 度 免 許 資 格 職 など) 平 成 27 年 6 月 横 浜 市 人 事 委 員 会 募 集 職 種 事 務 土 木 機 械 電 気 保 育 士 司 書 学 校 栄 養 職 員 ( 救 急 救 命 士 ) 第 一 次 試 験 日 平 成 27 年 9 月 27 日 ( 日 ) 24 時 間 申 込 可

More information

公立大学法人岩手県立大学職員採用選考試験受験案内

公立大学法人岩手県立大学職員採用選考試験受験案内 平 成 25 年 度 身 体 障 がい 者 を 対 象 とした 公 立 大 学 法 人 職 員 採 用 選 考 受 験 案 内 ~ 任 期 付 職 員 事 務 局 一 般 系 ~ 公 立 大 学 法 人 担 当 : 事 務 局 企 画 室 人 事 給 与 グループ 020-0193 岩 手 県 岩 手 郡 滝 沢 村 滝 沢 字 巣 子 152-52 電 話 :019-694-2038( 企 画 室

More information

種 目 の 方 法 第 1 次 種 目 基 礎 能 力 ( 多 肢 選 択 式 ) 専 門 ( 多 肢 選 択 式 ) 専 門 ( 記 述 式 ) 労 働 基 準 監 督 A 労 働 基 準 監 督 B 比 率 公 務 員 として 必 要 な 基 礎 的 な 能 力 ( 知 能 及 び 知 識 )に

種 目 の 方 法 第 1 次 種 目 基 礎 能 力 ( 多 肢 選 択 式 ) 専 門 ( 多 肢 選 択 式 ) 専 門 ( 記 述 式 ) 労 働 基 準 監 督 A 労 働 基 準 監 督 B 比 率 公 務 員 として 必 要 な 基 礎 的 な 能 力 ( 知 能 及 び 知 識 )に 平 成 28 年 度 国 家 公 務 員 労 働 基 準 監 督 官 採 用 大 学 卒 業 程 度 受 験 案 内 人 事 院 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 監 督 官 は 5,200 万 人 の 労 働 者 の 職 業 生 活 や 生 命 と 健 康 を 守 り 人 間 尊 重 の 基 本 理 念 に 立 脚 した 法 定 の 労 働 条 件 を 確 保 することを 任 務 とし 厚 生

More information

平成17年度福岡県国民健康保険団体連合会職員採用試験案内

平成17年度福岡県国民健康保険団体連合会職員採用試験案内 平 成 23 年 度 福 岡 県 国 民 健 康 保 険 団 体 連 合 会 職 員 採 用 試 験 案 内 1. 試 験 の 種 類 及 び 採 用 予 定 人 数 等 試 験 の 種 類 採 用 職 種 採 用 予 定 人 数 職 務 の 内 容 ( 大 学 卒 業 程 度 ) ( 短 期 大 学 卒 業 程 度 ) ( 高 等 学 校 卒 業 程 度 ) 一 般 事 務 2 人 福 岡 県 国

More information

平成15年度

平成15年度 平 成 26 年 度 熊 本 市 職 員 採 用 選 考 試 験 案 内 平 成 26 年 5 月 1 日 熊 本 市 人 事 委 員 会 第 一 次 試 験 日 平 成 26 年 6 月 22 日 ( 日 ) 申 込 受 付 期 間 平 成 26 年 5 月 13 日 ( 火 )~5 月 22 日 ( 木 ) 申 込 は 原 則 として 郵 送 で 行 ってください 1 職 種 採 用 予 定 者

More information

1 の 方 法 種 目 方 法 内 容 配 点 時 間 1 2 基 教 礎 養 自 己 P R シート 論 人 文 物 択 一 式 知 識 分 野 20 問 必 須 解 答 知 能 分 野 20 問 必 須 解 答 記 述 式 記 述 式 1 題 必 須 解 答 1,2 0 字 程 度 ( 1 日

1 の 方 法 種 目 方 法 内 容 配 点 時 間 1 2 基 教 礎 養 自 己 P R シート 論 人 文 物 択 一 式 知 識 分 野 20 問 必 須 解 答 知 能 分 野 20 問 必 須 解 答 記 述 式 記 述 式 1 題 必 須 解 答 1,2 0 字 程 度 ( 1 日 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 神 奈 川 チャレンジ 早 期 枠 のお 知 らせ 神 奈 川 県 職 員 採 用 Ⅰ 種 行 政 ( 神 奈 川 チャレンジ 早 期 枠 ) 民 間 企 業 志 望 だけど 公 務 員 にも 興 味 がある そんな 方 にもチャレンジしていただきたい です 専 門 はありません 自 己 PRシートやプレゼンテーションで 意 欲 向 上 心 行 動 力

More information

(4) 公 認 会 計 士 又 は 会 計 士 補 の 資 格 を 有 する 者 (5) 税 理 士 の 資 格 を 有 する 者 (6) 中 小 企 業 診 断 士 の 登 録 を 受 けている 者 (7) 上 記 (4)~(6)の 者 と 同 等 程 度 の 能 力 を 有 する 者 1 上 記

(4) 公 認 会 計 士 又 は 会 計 士 補 の 資 格 を 有 する 者 (5) 税 理 士 の 資 格 を 有 する 者 (6) 中 小 企 業 診 断 士 の 登 録 を 受 けている 者 (7) 上 記 (4)~(6)の 者 と 同 等 程 度 の 能 力 を 有 する 者 1 上 記 平 成 26 年 度 中 途 採 用 及 び 平 成 27 年 度 採 用 経 営 指 導 員 ( 商 工 会 職 員 ) 採 用 試 験 実 施 要 領 1 試 験 日 時 及 び 場 所 等 1 次 試 験 ( 筆 記 試 験 ) 日 時 : 平 成 26 年 11 月 9 日 ( 日 ) 受 付 午 前 8 時 50 分 ~ 午 前 9 時 20 分 試 験 午 前 9 時 30 分 ~ 正

More information

平成15年度採用の北広島市職員採用資格試験を次のとおり行います

平成15年度採用の北広島市職員採用資格試験を次のとおり行います 平 成 26 年 度 北 広 島 市 職 員 採 用 資 格 案 内 北 広 島 市 では 民 間 企 業 等 で 得 た 経 や 能 力 を 活 かし 創 造 的 な 組 織 へと 変 革 させる 発 想 と 行 動 力 を 持 って まちづくりに 挑 戦 する 方 を 求 めています 北 広 島 市 職 員 採 用 委 員 会 事 務 民 間 企 業 等 職 務 経 者 平 成 27 年 4 月

More information

募集要綱H13年度

募集要綱H13年度 第 一 次 試 験 日 9 月 18 日 ( 日 ) 申 込 期 間 8 月 24 日 ( 水 )~8 月 26 日 ( 金 ) 持 参 による 申 込 みとなります 写 真 川 越 北 消 防 署 南 古 谷 分 署 警 備 担 当 消 防 士 沖 山 晃 平 (H26 年 採 用 ) 川 越 中 央 消 防 署 警 備 課 救 助 担 当 消 防 副 士 長 鶴 島 宏 治 (H18 年 採 用

More information

育休代替任期付職員制度について

育休代替任期付職員制度について 市 原 市 育 休 代 替 任 期 付 職 員 制 度 の 手 引 き 1 制 度 の 趣 旨 について Q1. 育 休 代 替 任 期 付 職 員 とは どのような 職 員 ですか? A1. 育 休 代 替 任 期 付 職 員 とは 育 児 休 業 を 取 得 する 職 員 にかわって 期 間 限 定 で 勤 務 する 職 員 です もう 少 し 解 説 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等

More information

授 業 料 免 除 制 度 について 愛 知 県 立 大 学 愛 知 県 立 芸 術 大 学 では 経 済 的 困 窮 災 害 その 他 特 別 な 理 由 により 授 業 料 の 納 付 が 困 難 な 学 生 に 対 し 授 業 料 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 する 制 度 がありま

授 業 料 免 除 制 度 について 愛 知 県 立 大 学 愛 知 県 立 芸 術 大 学 では 経 済 的 困 窮 災 害 その 他 特 別 な 理 由 により 授 業 料 の 納 付 が 困 難 な 学 生 に 対 し 授 業 料 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 する 制 度 がありま 授 業 料 免 除 制 度 の 改 定 について 愛 知 県 立 大 学 愛 知 県 立 芸 術 大 学 では 経 済 的 困 窮 災 害 その 他 特 別 な 理 由 により 授 業 料 の 納 付 が 困 難 な 学 生 に 対 し 授 業 料 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 する 制 度 がありますが その 審 査 基 準 等 を 改 定 しますので お 知 らせします 平 成 25

More information

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ 第 3 章 定 年 後 の 収 入 と 支 出 1 退 職 手 当 制 度 の 概 要 (1) 算 定 式 及 び 支 給 制 限 等 退 職 手 当 は 職 員 が 退 職 した 場 合 に 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 ( 以 下 退 手 法 といいま す )に 基 づいて 支 給 されます 退 職 手 当 は 次 のように 計 算 されます 退 職 手 当 = 基 本 額 ( 退 職

More information

平成13年度

平成13年度 平 成 28 年 度 福 井 県 職 員 採 用 Ⅰ 種 試 験 案 内 ( 行 政 ( 移 住 定 住 促 進 枠 )) 福 井 県 人 事 委 員 会 90-8580 福 井 市 大 手 3 丁 目 7 番 号 0 7 7 6 ( 20) 0 5 9 3 ( 直 通 ) http://info.pref.fukui.jp /jinji-i/ 受 付 期 間 平 成 28 年 8 月 5 日 (

More information

Microsoft Word - H28事務の手引き表紙・目次.(総合事務)

Microsoft Word - H28事務の手引き表紙・目次.(総合事務) 退 職 手 当 部 門 福 利 厚 生 部 門 事 務 処 理 の 手 引 き ( 事 務 担 当 者 用 ) 平 成 28 年 度 版 岡 山 県 市 町 村 総 合 事 務 組 合 目 次 岡 山 県 市 町 村 総 合 事 務 組 合 について 1 事 業 内 容 及 び 対 象 となる 職 員 1 2 組 合 を 組 織 する 地 方 公 共 団 体 1 給 料 額 等 の 報 告 について

More information

試 験 の 区 分 採 用 予 定 数 勤 務 地 試 験 の 区 分 採 用 予 定 数 採 用 時 の 勤 務 地 刑 務 A 北 海 道 約 3 0 名 刑 務 B 北 海 道 約 2 5 名 北 海 道 刑 務 A( 社 会 人 ) 北 海 道 刑 務 B( 社 会 人 ) 北 海 道 刑

試 験 の 区 分 採 用 予 定 数 勤 務 地 試 験 の 区 分 採 用 予 定 数 採 用 時 の 勤 務 地 刑 務 A 北 海 道 約 3 0 名 刑 務 B 北 海 道 約 2 5 名 北 海 道 刑 務 A( 社 会 人 ) 北 海 道 刑 務 B( 社 会 人 ) 北 海 道 刑 平 成 28 年 度 国 家 公 務 員 刑 務 官 採 用 試 験 - 高 等 学 校 卒 業 程 度 - 受 験 資 格 受 験 案 内 人 事 院 法 務 省 刑 務 官 は 刑 務 所 少 年 刑 務 所 又 は 拘 置 所 に 勤 務 し 被 収 容 者 に 対 し 日 常 生 活 の 指 導 職 業 訓 練 指 導 悩 みごとに 対 する 指 導 などを 行 うとともに 刑 務 所 等

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

市 長 からのメッセージ 私 は 市 民 一 人 一 人 が 洲 本 に 住 むことに 誇 りと 愛 着 をもてるまち づくりをめざしています まちづくりの 原 点 は 人 であり 人 がいて 地 域 ができ まちが 生 ま れるとの 考 えの 下 に 対 話 とつながりを 大 切 にした まちづく

市 長 からのメッセージ 私 は 市 民 一 人 一 人 が 洲 本 に 住 むことに 誇 りと 愛 着 をもてるまち づくりをめざしています まちづくりの 原 点 は 人 であり 人 がいて 地 域 ができ まちが 生 ま れるとの 考 えの 下 に 対 話 とつながりを 大 切 にした まちづく 市 長 からのメッセージ 私 は 市 民 一 人 一 人 が 洲 本 に 住 むことに 誇 りと 愛 着 をもてるまち づくりをめざしています まちづくりの 原 点 は 人 であり 人 がいて 地 域 ができ まちが 生 ま れるとの 考 えの 下 に 対 話 とつながりを 大 切 にした まちづくり を 進 めてきました 私 と 一 緒 に 汗 を 流 し 情 熱 をもってまちづくりに 取 り 組

More information

001平成28年度後期授業料免除について

001平成28年度後期授業料免除について 平 成 28 年 度 後 期 授 業 料 免 除 について * 授 業 料 免 除 申 請 と 同 時 に 受 付 ける 東 日 本 大 震 災 被 災 者 の 方 向 けの 支 援 制 度 ( 在 学 生 のみ)もあります * 授 業 料 免 除 授 業 料 徴 収 猶 予 入 学 料 免 除 入 学 料 徴 収 猶 予 及 び 東 日 本 大 震 災 被 災 者 の 方 向 けの 支 援 制 度

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030342D31208EF38CB188C493E0816994438AFA9574904588F5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030342D31208EF38CB188C493E0816994438AFA9574904588F5816A2E646F63> 平 成 28 年 度 堺 市 職 員 採 用 試 験 受 験 案 内 保 育 士 ( 任 期 付 職 員 ) 試 験 日 : 平 成 28 年 6 月 26 日 ( 日 ) 受 付 期 間 : インターネットによる 受 験 申 込 み 平 成 28 年 5 月 9 日 ( 月 ) 午 前 9 時 ~ 5 月 23 日 ( 月 ) 午 後 5 時 までの 受 信 分 有 効 郵 送 による 受 験 申

More information

Taro-★平成28年度実施 学校栄養

Taro-★平成28年度実施 学校栄養 平 成 28 年 度 実 施 沖 縄 県 公 立 学 校 学 校 栄 養 職 員 候 補 者 選 考 試 験 実 施 要 項 沖 縄 県 教 育 委 員 会 主 なスケジュール( 予 定 ) 各 種 様 式 配 布 平 成 28 年 4 月 28 日 ( 木 )~(ホームページからのダウンロード 郵 送 ) 電 子 申 請 による 書 類 作 成 は 平 成 28 年 4 月 22 日 ( 金 )0:00~5

More information

平成15年度

平成15年度 平 成 28 年 度 熊 本 市 職 員 採 用 選 考 試 験 案 内 ( ) 平 成 28 年 4 月 21 日 熊 本 市 人 事 委 員 会 第 一 次 試 験 日 平 成 28 年 6 月 26 日 ( 日 ) 申 込 受 付 期 間 平 成 28 年 4 月 22 日 ( 金 )~5 月 13 日 ( 金 ) 申 込 みは 郵 送 で 行 ってください ( 窓 口 での 受 付 はできません

More information

(2) 応 募 書 類 応 募 書 類 1. 2016 年 度 国 際 基 督 教 大 学 大 学 院 新 入 学 生 奨 学 金 申 請 書 2. 申 請 者 (および 配 偶 者 )の 所 得 証 明 書 市 区 町 村 役 場 発 行 のものに 限 る 父 母 のものは 必 要 ありません 本

(2) 応 募 書 類 応 募 書 類 1. 2016 年 度 国 際 基 督 教 大 学 大 学 院 新 入 学 生 奨 学 金 申 請 書 2. 申 請 者 (および 配 偶 者 )の 所 得 証 明 書 市 区 町 村 役 場 発 行 のものに 限 る 父 母 のものは 必 要 ありません 本 2016 年 度 国 際 基 督 教 大 学 大 学 院 新 入 学 生 奨 学 金 募 集 要 項 1. 概 要 (1) ICU 大 学 院 新 入 学 生 奨 学 金 とは ICU では 修 学 意 欲 が 充 分 にありながら 経 済 的 な 援 助 が 必 要 な 大 学 院 博 士 前 期 課 程 の 学 生 に 対 して 国 際 基 督 教 大 学 大 学 院 新 入 学 生 奨 学 金

More information

建築士事務所登録と変更等のご案内

建築士事務所登録と変更等のご案内 建 築 士 事 務 所 登 録 と 変 更 等 の 手 引 き 1 建 築 士 事 務 所 の 登 録 とは( 建 築 士 法 第 23 条 ) 平 成 23 年 4 月 2 登 録 ( 新 規 及 び 更 新 )の 申 請 手 続 き (1) 法 人 の 場 合 (2) 個 人 の 場 合 3 変 更 の 届 出 ( 建 築 士 法 第 23 条 の5) 4 廃 業 等 の 届 出 ( 建 築 士

More information

目 次 授 業 料 免 除 の 申 請 について 1 申 請 書 の 配 付 受 付 期 間 場 所 2 平 成 26 年 度 ( 前 期 分 ) 授 業 料 免 除 申 請 要 領 3 提 出 書 類 4~5 所 得 に 関 する 証 明 書 の 見 本 6~8 提 出 書 類 記 入 要 領 9

目 次 授 業 料 免 除 の 申 請 について 1 申 請 書 の 配 付 受 付 期 間 場 所 2 平 成 26 年 度 ( 前 期 分 ) 授 業 料 免 除 申 請 要 領 3 提 出 書 類 4~5 所 得 に 関 する 証 明 書 の 見 本 6~8 提 出 書 類 記 入 要 領 9 目 次 授 業 料 免 除 の 申 請 について 1 申 請 書 の 配 付 受 付 期 間 場 所 2 平 成 26 年 度 ( 前 期 分 ) 授 業 料 免 除 申 請 要 領 3 提 出 書 類 4~5 所 得 に 関 する 証 明 書 の 見 本 6~8 提 出 書 類 記 入 要 領 9 記 載 例 10~16 学 業 成 績 の 基 準 ( 参 考 資 料 1) 17 標 準 修 得

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

平 成 26 年 度 熊 本 県 育 英 資 金 育 英 奨 学 生 募 集 のしおり ( 修 学 貸 与 ) 高 等 学 校 中 等 教 育 学 校 ( 後 期 課 程 ) 高 等 専 門 学 校 専 修 学 校 ので 期 限 どおりに 返 還 していただく 必 要 が あ り ま す!! 育 英 資 金 の 返 還 金 は 後 輩 の 将 来 の 奨 学 金 として 再 び 活 用 されてい ます!!

More information

留 意 事 項 授 業 料 免 除 申 請 者 は 免 除 の 許 可 又 は 不 許 可 の 通 知 があるまで 授 業 料 の 支 払 いが 猶 予 されます したがって その 間 授 業 料 を 支 払 わないでください ( 10 月 初 旬 に 財 務 課 経 理 係 か ら 送 付 さ れ

留 意 事 項 授 業 料 免 除 申 請 者 は 免 除 の 許 可 又 は 不 許 可 の 通 知 があるまで 授 業 料 の 支 払 いが 猶 予 されます したがって その 間 授 業 料 を 支 払 わないでください ( 10 月 初 旬 に 財 務 課 経 理 係 か ら 送 付 さ れ 平 成 25 年 度 ( 後 期 ) 小 樽 商 科 大 学 授 業 料 免 除 徴 収 猶 予 申 請 のしおり 目 次 Ⅰ 授 業 料 免 除 の 対 象 者 2 Ⅱ 提 出 書 類 3 Ⅲ 授 業 料 免 除 願 の 記 入 要 領 5 Ⅳ 家 庭 調 書 の 記 入 要 領 5 Ⅴ 所 得 の 区 分 算 定 方 法 6 Ⅵ 授 業 料 免 除 が 許 可 されなかった 場 合 及 び 半

More information

目 次 保 育 園 とは? p1 保 育 園 に 入 所 できる 基 準 p1 保 育 の 実 施 期 間 p1 保 育 時 間 p2 開 放 保 育 p2 町 内 の 保 育 園 p3 保 育 園 のクラス 編 成 p4 延 長 保 育 とは p4 休 日 保 育 とは p4 保 育 園 の 給

目 次 保 育 園 とは? p1 保 育 園 に 入 所 できる 基 準 p1 保 育 の 実 施 期 間 p1 保 育 時 間 p2 開 放 保 育 p2 町 内 の 保 育 園 p3 保 育 園 のクラス 編 成 p4 延 長 保 育 とは p4 休 日 保 育 とは p4 保 育 園 の 給 保 育 園 入 所 案 内 平 成 25 年 度 版 大 磯 町 子 育 て 支 援 課 保 育 園 幼 稚 園 係 ( 平 成 24 年 10 月 改 定 ) 目 次 保 育 園 とは? p1 保 育 園 に 入 所 できる 基 準 p1 保 育 の 実 施 期 間 p1 保 育 時 間 p2 開 放 保 育 p2 町 内 の 保 育 園 p3 保 育 園 のクラス 編 成 p4 延 長 保 育

More information

留 意 事 項 1. 授 業 料 免 除 申 請 者 は 免 除 の 許 可 又 は 不 許 可 の 通 知 があるまで 授 業 料 の 支 払 いが 猶 予 されま す したがって その 間 授 業 料 を 支 払 わないでください 前 期 は4 月 24 日 後 期 は10 月 24 日 ( 銀

留 意 事 項 1. 授 業 料 免 除 申 請 者 は 免 除 の 許 可 又 は 不 許 可 の 通 知 があるまで 授 業 料 の 支 払 いが 猶 予 されま す したがって その 間 授 業 料 を 支 払 わないでください 前 期 は4 月 24 日 後 期 は10 月 24 日 ( 銀 平 成 27 年 度 ( 後 期 ) 小 樽 商 科 大 学 授 業 料 免 除 徴 収 猶 予 申 請 のしおり 目 次 Ⅰ 授 業 料 免 除 の 対 象 者 2 Ⅱ 提 出 書 類 3 Ⅲ 授 業 料 免 除 願 の 記 入 要 領 5 Ⅳ 家 庭 調 書 の 記 入 要 領 5 Ⅴ 授 業 料 免 除 が 許 可 されなかった 場 合 及 び 半 額 免 除 となった 場 合 6 Ⅵ 授 業

More information

社 員 が 退 職 すると き( 資 格 喪 失 届 の 住 所 ) 社 員 が 退 職 すると き( 同 月 得 喪 ) 制 度 移 行 後 の 取 得 届 喪 失 届 等 算 定 基 礎 届 月 額 変 更 届 社 員 が 退 職 後 すぐに 引 越 しすることがわかっている 場 合 資 格 喪

社 員 が 退 職 すると き( 資 格 喪 失 届 の 住 所 ) 社 員 が 退 職 すると き( 同 月 得 喪 ) 制 度 移 行 後 の 取 得 届 喪 失 届 等 算 定 基 礎 届 月 額 変 更 届 社 員 が 退 職 後 すぐに 引 越 しすることがわかっている 場 合 資 格 喪 よくあるご 質 問 加 入 中 の 手 続 きについて 加 入 者 証 とは 何 ですか? 基 金 から 届 いた 案 内 の 中 に 加 入 者 証 と 書 いてありますが どのようなも のですか? 加 入 者 証 とは? 基 金 の 加 入 者 であることを 証 明 するもので 入 社 時 に 発 行 して 会 社 へお 渡 ししています 年 金 手 帳 などに 挟 んである 場 合 もありますのでご

More information

H26 公表原案.xls

H26 公表原案.xls 水 戸 市 公 告 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 7 年 水 戸 市 条 例 第 3 号 ) 第 6 条 の 規 定 に 基 づき, 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について, 次 のとおり 公 表 する 平 成 6 年 9 月 8 日 水 戸 市 長 高 橋 靖 平 成 6 年 度 水 戸 市 事 行 政 の

More information

目 次 1. 保 育 申 込 みにあたって 2 2. 申 込 み 手 続 きについて 3~4 3. 申 込 み 後 に 必 要 な 類 5~6 4. 保 育 料 について 7~8 ( 平 成 25 年 度 保 育 費 用 一 覧 表 参 考 ) 5. 亀 山 市 保 育 について 9~10 資 料

目 次 1. 保 育 申 込 みにあたって 2 2. 申 込 み 手 続 きについて 3~4 3. 申 込 み 後 に 必 要 な 類 5~6 4. 保 育 料 について 7~8 ( 平 成 25 年 度 保 育 費 用 一 覧 表 参 考 ) 5. 亀 山 市 保 育 について 9~10 資 料 平 成 26 年 度 亀 山 市 保 育 ご 案 内 亀 山 市 健 康 福 祉 部 子 ども 総 合 センター 子 ども 家 庭 室 ( 亀 山 市 総 合 保 健 福 祉 センター あいあい 内 ) TEL 0595-84-3315 FAX 0595-82-8180 保 育 手 続 きやそ 他 詳 しいことについては こちらへお 問 い 合 わせください H26.2.20 版 目 次 1. 保

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20905682B582A28DDD97AF8AC7979D90A7937857475F93FA967B8CEA5F32303132313032328F4390B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20905682B582A28DDD97AF8AC7979D90A7937857475F93FA967B8CEA5F32303132313032328F4390B32E646F63> 留 学 生 ハンドブック 2011.4-2013.3 (P9-18) 差 し 替 え 版 ~ 新 しい 在 留 管 理 制 度 ~ V. 在 留 手 続 き 2012/10/22 作 成 来 日 して 帰 国 するまでに 必 要 な 法 的 手 続 きの 一 覧 日 本 に 来 てから 帰 国 するまでに 行 なう 法 的 な 手 続 きには 次 のようなものがあります 詳 しい 内 容 に ついては

More information

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464>

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464> 京 都 府 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 平 成 27 年 12 月 京 都 府 この 報 告 書 は 京 都 府 における 職 員 数 や 給 与 勤 務 条 件 人 件 費 の 状 況 などを 広 く 府 民 の 皆 様 に 公 表 することにより 本 府 の 人 事 行 政 の 透 明 性 をさらに 高 めるとともに その 適 正 な 運 営 を 確 保 するた め 職 員

More information

公 認 会 計 士 の 登 録 について 公 認 会 計 士 となる 資 格 を 有 する 者 が 公 認 会 計 士 となり 公 認 会 計 士 業 務 を 行 うためには 日 本 公 認 会 計 士 協 会 に 備 える 公 認 会 計 士 名 簿 に 登 録 を 受 けなければなりません (

公 認 会 計 士 の 登 録 について 公 認 会 計 士 となる 資 格 を 有 する 者 が 公 認 会 計 士 となり 公 認 会 計 士 業 務 を 行 うためには 日 本 公 認 会 計 士 協 会 に 備 える 公 認 会 計 士 名 簿 に 登 録 を 受 けなければなりません ( 公 認 会 計 士 開 業 登 録 の 手 引 目 次 公 認 会 計 士 の 登 録 について 1 公 認 会 計 士 開 業 登 録 申 請 に 必 要 な 提 出 書 類 3 登 録 に 係 る 費 用 振 込 先 8 登 録 後 の 会 費 10 書 類 の 提 出 先 11 登 録 審 査 会 開 催 日 程 一 覧 11 申 請 書 の 作 成 方 法 12 付 録 ( 旧 姓 使 用

More information

特 別 永 住 者 書 の 交 付 戸 籍 住 民 課 住 民 記 録 係 5722-9795 特 別 永 住 者 のかたは 特 別 永 住 者 書 ( 旧 外 国 人 登 録 書 =みなし 特 別 永 住 者 書 )の 有 効 期 間 の 更 新 申 請 紛 失 等 による 再 交 付 の 手 続

特 別 永 住 者 書 の 交 付 戸 籍 住 民 課 住 民 記 録 係 5722-9795 特 別 永 住 者 のかたは 特 別 永 住 者 書 ( 旧 外 国 人 登 録 書 =みなし 特 別 永 住 者 書 )の 有 効 期 間 の 更 新 申 請 紛 失 等 による 再 交 付 の 手 続 戸 籍 の 戸 籍 住 民 課 戸 籍 係 5722-9786 戸 籍 のあるところを 本 籍 地 といいます 戸 籍 の 記 載 は によって 行 われますので 記 載 の 内 容 に 異 動 があった ときは 本 籍 地 または 所 在 地 の 区 市 町 村 の 戸 籍 係 へ 期 間 内 に てください は 本 人 確 認 ができるもの ( 運 転 免 許 やパスポートなど)もお 持 ちください

More information

<32303136944E937893FC8A778ED291CE8FDB8140937E95E58F5795E58F5797768D802E786477>

<32303136944E937893FC8A778ED291CE8FDB8140937E95E58F5795E58F5797768D802E786477> 2016 度 学 者 対 象 命 館 学 学 院 学 内 進 学 予 約 採 型 奨 学 冬 募 集 募 集 要 項 願 などの 出 願 に 必 要 な 類 は 学 オフィスで 配 布 しています 出 願 締 切 1 8 ( )17:00 * 締 切 後 は いかなる 理 由 でも 出 願 は 受 け 付 けません * 本 による 提 出 を 原 則 とします < 個 情 報 の 取 り 扱 いについて>

More information

Microsoft Word - ①H28 上級試験要綱

Microsoft Word - ①H28 上級試験要綱 平 成 28 年 度 蓬 田 村 職 員 採 用 試 験 案 内 ( 上 級 一 般 大 学 卒 業 程 度 ) 受 付 期 間 5 月 23 日 ( 月 )6 月 10 日 ( 金 ) 1 次 試 験 日 平 成 28 年 7 月 24 日 ( 日 ) 試 験 日 試 験 会 場 青 森 公 立 大 学 試 験 実 施 科 目 教 養 試 験 専 門 試 験 各 種 検 査 及 び 受 験 資 格

More information

Ⅰ 調 査 の 対 象 平 成 7 年 6 月 日 から 平 成 8 年 5 月 日 までの 間 に 貴 社 が 行 った 下 請 取 引 について, 報 告 し てください 下 請 法 の 適 用 を 受 ける 下 請 取 引 を 行 っているか 否 かについては, 次 の 第 取 引 の 内 容

Ⅰ 調 査 の 対 象 平 成 7 年 6 月 日 から 平 成 8 年 5 月 日 までの 間 に 貴 社 が 行 った 下 請 取 引 について, 報 告 し てください 下 請 法 の 適 用 を 受 ける 下 請 取 引 を 行 っているか 否 かについては, 次 の 第 取 引 の 内 容 公 取 下 第 50 号 平 成 8 年 6 月 4 日 代 表 者 殿 公 正 取 引 委 員 会 下 請 事 業 者 との 取 引 に 関 する 調 査 について 公 印 省 略 公 正 取 引 委 員 会 は, 下 請 取 引 の 公 正 化 を 図 るため, 下 請 代 金 支 払 遅 延 等 防 止 法 ( 以 下 下 請 法 といいます )を 中 小 企 業 庁 と 協 力 して 運 用

More information

9 支 給 要 件 対 象 社 員 求 人 の 要 件 ハローワークが 実 施 する 面 接 会 で 対 象 となる 若 者 を 採 用 し た 場 合 にも 対 象 になります ハローワークが 実 施 する 面 接 会 の 場 合 本 奨 励 金 においてはその 開 催 日 を 紹 介 日 とみな

9 支 給 要 件 対 象 社 員 求 人 の 要 件 ハローワークが 実 施 する 面 接 会 で 対 象 となる 若 者 を 採 用 し た 場 合 にも 対 象 になります ハローワークが 実 施 する 面 接 会 の 場 合 本 奨 励 金 においてはその 開 催 日 を 紹 介 日 とみな 1 支 給 要 件 対 象 事 業 主 対 象 事 業 主 の 範 囲 東 京 労 働 局 管 内 で 若 者 応 援 宣 言 をしており 35 歳 未 満 の 若 者 を 採 用 すれば 奨 励 金 の 対 象 になります 本 奨 励 金 は 東 京 労 働 局 管 内 のハローワークから 紹 介 を 受 けた 日 において 都 内 の 若 者 応 援 宣 言 企 業 又 はユースエール 認 定

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2%の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2%の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 平 成 26 年 度 鶴 岡 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 平 成 24 年 度 の 人 件 費 率 平 成 人 % % 25 年 度 134,630

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc)

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc) 目 的 ) 地 方 独 立 行 政 法 人 奈 良 県 立 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 1 づき 与 に 関 この 地 する 方 規 独 事 程 立 項 は 行 を 政 定 地 法 めることを 方 人 独 奈 立 良 行 県 政 立 目 法 病 的 人 院 とする 奈 機 良 構 県 ( 立 以 病 下 院 機 法 構 人 就 という )に 業 規 則 ( 以 下 勤 就 務 業 する

More information

平成13年度

平成13年度 平 成 27 年 度 福 井 県 交 通 巡 視 員 採 用 試 験 案 内 福 井 県 人 事 委 員 会 90-8580 福 井 市 大 手 3 丁 目 7 番 号 0 7 7 6 ( 20) 0 5 9 3 ( 直 通 ) http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/jinji-i/ 受 付 期 間 平 成 28 年 月 8 日 ( 月 )~ 月 27 日 ( 水 ) 第

More information

平成28年度市・県民税申告の手引き作成中罫線

平成28年度市・県民税申告の手引き作成中罫線 平 成 28 年 度 ( 平 成 27 年 分 ) 市 県 民 税 申 告 の 手 引 き 渋 川 市 市 民 税 県 民 税 につきましては 日 ごろからご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 市 県 民 税 の 申 告 は 皆 様 からの 申 告 に 基 づいて 税 額 を 決 定 するために 必 要 な 手 続 きです 今 回 申 告 していただく 所 得 は 平 成 27

More information

26年度給与公表様式(菰野町).xls

26年度給与公表様式(菰野町).xls の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 (25 年 度 末 ) A 25 年 度 人 千 41,329 1,767,541 実 質 収 支 千 54,695 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) B B/A 24 年 度 の 人 件 費 率 千 2,467,197 22.9 22.8

More information

【H.1-4】H28年度在学採用募集要項(高校等)

【H.1-4】H28年度在学採用募集要項(高校等) 平 成 28 年 度 宮 崎 県 育 英 資 金 在 学 採 用 募 集 要 項 高 等 学 校 高 等 専 門 学 校 専 修 学 校 ( 高 等 課 程 ) 奨 学 生 1 宮 崎 県 育 英 資 金 の 目 的 将 来 有 能 な 人 材 を 育 成 するため 向 学 心 に 富 み 優 れた 素 質 を 有 しながら 経 済 的 理 由 により 修 学 が 困 難 な 学 生 又 は 生 徒

More information

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負 [ 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 ] 経 営 者 にも 退 職 金 を ゆとりある 老 後 を 支 える 安 心 の 共 済 です 小 規 模 企 業 共 済 制 度 のしおり 小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個

More information

82号.ai

82号.ai 表 1 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 検 定 小 学 校 採 択 使 用 開 始 検 定 中 学 校 採 択 使 用 開 始 ( 旧 学 習 指 導 要 領 )( 新 学 習 指 導 要 領 ) 表 2 採 択 地 区 市 郡 町 採 択 地 区 市 郡 町 採 択 地 区 市 郡 町 広 島 広 島 市 安 芸 安 芸 郡 ( 府 中 町 海 田

More information

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 10 月 11 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 21 年 4 月 1 日 平 成 22 年 8 月 1 日 平 成 23 年 7 月 20 日 平 成 25 年 3 月 22 日 平 成 26 年 3 月 25 日 平 成 26

More information

平 成 2 1 年 度 か ら 新 留 萌 市 財 政 健 全 化 計 画 に 基 づ く 給 与 抑 制 措 置 を 実 施 し て い る が 平 成 2 4 年 度 及 び 平 成 2 6 年 度 に 見 直 し を 行 っ た こ と に よ り 平 成 2 6 年 4 月 1 日 の ラ

平 成 2 1 年 度 か ら 新 留 萌 市 財 政 健 全 化 計 画 に 基 づ く 給 与 抑 制 措 置 を 実 施 し て い る が 平 成 2 4 年 度 及 び 平 成 2 6 年 度 に 見 直 し を 行 っ た こ と に よ り 平 成 2 6 年 4 月 1 日 の ラ 平 成 26 年 度 公 表 分 留 萌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 25 年 度 の 件 費 率 25 年 度 千 千 千 2 3, 4 4 0 1

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378> 2016 3 目 次 1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 特 例 付 加 年 金 等 も 申 請 される 方 2 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 へ 2-1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 3 2-2 農 業 者 老 齢 年 金 の 金 額 4 2-3 年 金 の 受 取 り 税 金 5 2-4 現 況 届 の 提 出 7 2-5 受 給

More information

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が 子 育 て 支 援 制 度 Q&A ( 平 成 22 年 6 月 30 日 現 在 ) この 度 東 北 大 学 の 子 育 て 支 援 のための 職 員 等 の 休 暇 制 度 育 児 休 業 制 度 を Q&A 方 式 でわかりやすく 説 明 をしましたので ご 活 用 ください なお 不 明 な 点 等 がありましたら 遠 慮 なく 各 部 局 の 人 事 担 当 係 又 は 総 務 部 人

More information

2-3 現 在 もハローワークに 求 人 票 を 提 出 していますが 本 事 業 を 受 託 するにあたり 改 めて 求 人 票 を 出 し 直 す 必 要 はあ るのか 必 ず 改 めて 求 人 票 を 出 していただき 求 人 票 の 備 考 欄 に 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造

2-3 現 在 もハローワークに 求 人 票 を 提 出 していますが 本 事 業 を 受 託 するにあたり 改 めて 求 人 票 を 出 し 直 す 必 要 はあ るのか 必 ず 改 めて 求 人 票 を 出 していただき 求 人 票 の 備 考 欄 に 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造 平 成 25-26 年 度 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造 事 業 介 護 雇 用 プログラム 委 託 業 務 ( 平 成 25 年 度 募 集 分 )Q&A ( 別 紙 4) ( 平 成 25.12) 番 号 質 問 回 答 1 応 募 資 格 について 1-1 応 募 は 法 人 名 と 施 設 名 どちらで 行 えばいいですか 県 内 に 複 数 施 設 を 有 している 場 合

More information

内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 住 家 以 外 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 被 災 証 明 の 申 請

内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 住 家 以 外 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 被 災 証 明 の 申 請 平 成 27 年 12 月 17 日 発 行 平 成 27 年 9 月 関 東 東 北 豪 雨 災 害 により 被 害 を 受 けられた 皆 さまへ 第 2 版 ( 給 付 減 免 支 援 制 度 などについて) 常 総 市 内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について...

More information

市県民税のしおり

市県民税のしおり 市 県 民 税 のしおり 739-8601 東 広 島 市 西 条 栄 町 8 番 29 号 東 広 島 市 財 務 部 市 民 税 課 TEL (082)420-0910( 直 通 ) FAX (082)422-6810 http://www.city.higashihiroshima.hiroshima.jp/ 目 次 市 県 民 税 の 申 告 申 告 が 必 要 な 人 p 2 申 告 書

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

島根県職員採用試験受験案内1504.indd

島根県職員採用試験受験案内1504.indd 平 成 27 年 度 島 根 県 職 員 ( 経 験 者 ) 採 用 試 験 島 根 県 職 員 ( 地 区 別 ) 採 用 試 験 受 験 案 内 島 根 県 人 事 委 員 会 690-8501 松 江 市 殿 街 1 番 地 TEL(0852)22-5438 島 根 県 人 事 委 員 会 ホームページ http://www.pref.shimane.lg.jp/jinjiiinkai/ 受

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 2 年 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものです ( 単 位 : ) 3 職 員 の 平 均 給 与 月

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 2 年 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものです ( 単 位 : ) 3 職 員 の 平 均 給 与 月 別 紙 3 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 23 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B 73,89 18,96,951 629,218,05,29 ( 注 )1 件 費 とは 一 般 職 に 支 給 される 給 与 と 市 長

More information

1526452.dsz

1526452.dsz 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 都 民 税 申 告 の 手 引 申 告 書 の 提 出 期 限 は 平 成 28 年 3 月 15 日 ( 火 )です 特 別 区 民 税 都 民 税 ( 住 民 税 )の 申 告 につきましては 毎 年 ご 協 力 をいただきありがとうございます 平 成 28 年 度 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりましたので 申 告 書 をお 送

More information

- 目 次 - ページ Q1: 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 とはどのような 制 度 でしょうか 3 Q2: 新 たに 従 業 員 を 採 用 したときは どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 5 Q3: 従 業 員 が 退 職 したとき 等 は どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 8 Q4: 扶 養 家 族 を 被 扶 養 者 とするときや 被 扶 養 者 に 異 動

More information

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0 長 岡 技 術 科 学 大 学 出 産 子 育 てのための 手 続 パンフレット 総 務 課 平 成 26 年 4 月 現 在 1. 職 務 専 念 義 務 免 除 について 妊 娠 12 週 以 降 又 は 出 産 後 1 年 を 経 過 しない 職 員 ( )が, 医 師 又 は 助 産 師 から 指 示 を 受 け, 保 健 指 導 又 は 健 康 診 査 を 受 けるため 通 院 する 等

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208EF68BC697BF96C68F9C905C90BF977697CC3230313330386F7269>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208EF68BC697BF96C68F9C905C90BF977697CC3230313330386F7269> 平 成 25 年 度 一 橋 大 学 後 期 授 業 料 免 除 申 請 要 領 授 業 料 免 除 申 請 について 次 に 掲 げる 免 除 対 象 者 のいずれかに 該 当 する 場 合 は 本 人 の 申 請 に 基 づき 選 考 のうえ 授 業 料 の 全 額 又 は 半 額 を 免 除 します 免 除 を 希 望 する 者 は 学 期 ごとに 申 請 してください 注 意 申 請 しても

More information

大分大学職員給与規程(案)

大分大学職員給与規程(案) 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 16 年 規 程 第 18 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 5 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 分

More information

書 類 の 説 明 1 最 新 の 所 得 証 明 書 ( 課 税 証 明 書 ) 原 本 を 提 出 してください 就 学 者 を 除 く 家 族 全 員 について 提 出 してください 住 民 票 を 置 いている 市 区 町 村 役 場 に 申 請 してください ( 税 務 署 で 発 行 さ

書 類 の 説 明 1 最 新 の 所 得 証 明 書 ( 課 税 証 明 書 ) 原 本 を 提 出 してください 就 学 者 を 除 く 家 族 全 員 について 提 出 してください 住 民 票 を 置 いている 市 区 町 村 役 場 に 申 請 してください ( 税 務 署 で 発 行 さ 収 入 に 関 する 書 類 について 家 計 審 査 表 とあわせて 以 下 の 表 に 記 載 の 収 入 に 関 する 書 類 をすべて 提 出 してください は 必 ず 必 要 な 書 類 です は ある 場 合 のみ あるいは 該 当 する 場 合 のみ 提 出 してください 収 入 に 関 する 書 類 についての 注 意 事 項 1. 就 学 者 を 除 く 家 族 全 員 について

More information

目 次 再 任 用 制 度 とは 1 再 任 用 制 度 の 対 象 者 4 採 用 任 期 勤 務 形 態 5 休 暇 6 給 与 7 その 他 の 諸 制 度 8 表 1 再 任 用 職 員 の 俸 給 月 額 9 表 2 再 任 用 職 員 の 医 療 年 金 保 険 11 表 3 再 任 用

目 次 再 任 用 制 度 とは 1 再 任 用 制 度 の 対 象 者 4 採 用 任 期 勤 務 形 態 5 休 暇 6 給 与 7 その 他 の 諸 制 度 8 表 1 再 任 用 職 員 の 俸 給 月 額 9 表 2 再 任 用 職 員 の 医 療 年 金 保 険 11 表 3 再 任 用 再 任 用 を 希 望 される 皆 様 へ 内 閣 官 房 内 閣 人 事 局 平 成 27 年 度 目 次 再 任 用 制 度 とは 1 再 任 用 制 度 の 対 象 者 4 採 用 任 期 勤 務 形 態 5 休 暇 6 給 与 7 その 他 の 諸 制 度 8 表 1 再 任 用 職 員 の 俸 給 月 額 9 表 2 再 任 用 職 員 の 医 療 年 金 保 険 11 表 3 再 任 用

More information

津市公告第  号

津市公告第  号 津 市 育 休 代 替 任 期 付 職 員 採 用 試 験 ( 名 簿 記 載 期 間 平 成 28 年 10 月 1 日 から 平 成 33 年 9 月 30 日 まで) 受 験 案 内 募 集 職 種 幼 稚 園 教 諭 受 付 期 間 平 成 28 年 7 月 1 日 ( 金 )から 平 成 28 年 7 月 20 日 ( 水 )まで 試 験 日 第 1 次 試 験 平 成 28 年 7 月

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

1 平 成 28 年 度 保 育 所 等 入 所 案 内 このしおりには, 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度, 石 岡 市 保 育 所 等 の 入 所 申 込 みに 関 する 手 続 きや 必 要 書 類 などについて, 重 要 なことを 記 載 しています 内 容 をご 確 認 のうえ,お 申 し 込 みください 平 成 28 年 4 月 1 日 ( 当 初 ) 入 所 の 申 し 込 み 受

More information

Microsoft Word - ②募集要項.doc

Microsoft Word - ②募集要項.doc 県 営 住 宅 滞 納 家 賃 回 収 弁 護 士 業 務 委 託 提 案 募 集 要 項 静 岡 県 県 営 住 宅 の 退 去 者 の 滞 納 家 賃 回 収 に 係 る 弁 護 士 業 務 委 託 に 関 する 提 案 募 集 について は 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 募 集 要 項 によるものとする 1 業 務 概 要 (1) 目 的 静 岡 県 が 管 理 する 県 営

More information

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック 両 立 支 援 ハンドブック ~ 働 くパパママ 子 育 て 応 援 プラン~ 平 成 27 年 9 月 沖 縄 県 教 育 委 員 会 教 育 庁 総 務 課 目 次 1 妊 娠 したら (1) 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 p1 (2) 妊 娠 障 害 休 暇 p1 (3) 妊 婦 通 勤 緩 和 休 暇 p2 (4) 妊 娠 中 の 休 息 又 は 補 食 のための 職

More information

マイナンバー 制 度 は 行 政 の 効 率 化 国 民 の 利 便 性 向 上 公 平 公 正 な 社 会 を 実 現 するための 社 会 基 盤 です マイナンバー( 社 会 保 障 税 番 号 ) 制 度 は 社 会 保 障 税 災 害 対 策 の 分 野 で 効 率 的 に 情 報 を 管

マイナンバー 制 度 は 行 政 の 効 率 化 国 民 の 利 便 性 向 上 公 平 公 正 な 社 会 を 実 現 するための 社 会 基 盤 です マイナンバー( 社 会 保 障 税 番 号 ) 制 度 は 社 会 保 障 税 災 害 対 策 の 分 野 で 効 率 的 に 情 報 を 管 マイナンバー( 社 会 保 障 税 番 号 ) 制 度 における 民 間 事 業 者 の 対 応 平 成 27 年 10 月 からのマイナンバーの 通 知 平 成 28 年 1 月 からのマイナンバー 利 用 開 始 まで 期 間 が 迫 ってきました マイナンバーは 社 会 保 障 税 災 害 対 策 の3 分 野 での 利 用 から 制 度 が スタートしますが 従 業 員 を 雇 用 している

More information

第1号様式

第1号様式 平 成 26 年 度 保 育 所 入 所 の し お り お 子 さんの 保 育 所 への 入 所 を 希 望 される 方 は 市 役 所 保 育 課 保 育 係 に 申 込 書 を 提 出 してください 保 育 所 への 入 所 決 定 は 福 祉 事 務 所 が 行 います 保 育 所 とは? 保 護 者 や 同 居 の 親 族 が 就 労 病 気 などで 昼 間 にお 子 さんを 保 育 できない

More information

高校・大学

高校・大学 平 成 29 年 度 宮 崎 県 育 英 資 金 予 約 採 用 募 集 要 項 高 等 学 校 高 等 専 門 学 校 専 修 学 校 高 等 課 程 奨 学 生 1 宮 崎 県 育 英 資 金 の 目 的 将 来 有 能 な 人 材 を 育 成 するため 向 学 心 に 富 み 優 れた 素 質 を 有 しながら 経 済 的 理 由 により 修 学 が 困 難 な 学 生 又 は 生 徒 に 対

More information

名 部 分 に 張 り 付 けてください ( 入 学 試 験 の 出 願 用 封 筒 は 使 用 しないでく ださい ) 2 出 願 期 間 : 平 成 28(2016) 年 11 月 7 日 ( 月 ) 11 月 25 日 ( 金 ) 最 終 日 消 印 有 効 3 出 願 先 : 605-850

名 部 分 に 張 り 付 けてください ( 入 学 試 験 の 出 願 用 封 筒 は 使 用 しないでく ださい ) 2 出 願 期 間 : 平 成 28(2016) 年 11 月 7 日 ( 月 ) 11 月 25 日 ( 金 ) 最 終 日 消 印 有 効 3 出 願 先 : 605-850 平 成 29(2017) 年 度 京 都 女 子 大 学 入 学 前 予 約 採 用 型 奨 学 金 募 集 要 項 本 奨 学 金 は 平 成 29(2017) 年 4 月 に 京 都 女 子 大 学 への 入 学 を 第 一 志 望 とし 本 学 の 一 般 入 学 試 験 前 期 (A 方 式 B 方 式 または C 方 式 )を 受 験 する 者 のうち 経 済 的 理 由 で 本 学 入

More information

Q6. 私 は11 月 30 日 に 退 職 しますが 調 書 を 提 出 する 必 要 がありますか? A 退 職 予 定 の 場 合 でも 平 成 26 年 10 月 1 日 時 点 での 確 認 になりますので 記 載 内 容 を 確 認 のうえ 添 付 書 類 と 一 緒 に 事 業 主 へ

Q6. 私 は11 月 30 日 に 退 職 しますが 調 書 を 提 出 する 必 要 がありますか? A 退 職 予 定 の 場 合 でも 平 成 26 年 10 月 1 日 時 点 での 確 認 になりますので 記 載 内 容 を 確 認 のうえ 添 付 書 類 と 一 緒 に 事 業 主 へ 平 成 26 年 度 被 扶 養 者 資 格 再 確 認 に 関 するQ&A 調 書 について ( 被 保 険 者 用 ) Q1.なぜ 毎 年 被 扶 養 者 資 格 再 確 認 ( 調 書 )を 行 うのですか? A 健 康 保 険 法 施 行 規 則 第 50 条 に 基 づき 保 険 者 として 被 扶 養 者 資 格 の 再 確 認 を 実 施 し ています 就 職 や 収 入 超 過 等

More information

3 申 込 方 法 及 び 提 出 書 類 (1) 新 規 申 込 者 ( 更 新 申 込 者 を 除 く 全 ての 者 ) 平 成 8 年 4 月 1 日 現 在 産 休 休 代 替 職 員 特 別 認 定 制 度 により 都 公 立 学 校 で 任 用 中 の 者 は 新 規 では なく 更 新

3 申 込 方 法 及 び 提 出 書 類 (1) 新 規 申 込 者 ( 更 新 申 込 者 を 除 く 全 ての 者 ) 平 成 8 年 4 月 1 日 現 在 産 休 休 代 替 職 員 特 別 認 定 制 度 により 都 公 立 学 校 で 任 用 中 の 者 は 新 規 では なく 更 新 平 成 8 年 度 東 京 都 公 立 学 校 臨 時 的 任 用 職 員 採 用 候 補 者 選 考 実 施 要 項 - 妊 娠 出 産 休 暇 児 休 業 代 替 職 員 募 集 - 諭 養 護 諭 平 成 8 年 3 月 1 日 東 京 都 委 員 会 東 京 都 委 員 会 は 東 京 都 公 立 学 校 に 勤 務 している 諭 及 び 養 護 諭 が 妊 娠 出 産 休 暇 又 は 児

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20985697EE8CFA90B6944E8BE090BF8B8182CC8EE888F85F372E37>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20985697EE8CFA90B6944E8BE090BF8B8182CC8EE888F85F372E37> 老 齢 厚 生 年 金 請 求 の 手 引 年 金 請 求 に 必 要 な 手 続 について 保 存 版 ( 年 金 が 支 給 されるときまで 大 切 に 保 管 してください ) 平 成 27 年 度 定 年 退 職 者 用 公 立 学 校 共 済 組 合 東 京 支 部 目 次 Ⅰ 年 金 制 度 の 概 要 1 老 齢 基 礎 年 金 繰 上 げ 受 給 受 取 り 総 額 ( 累 計 額

More information

Taro-2. 27 後期・申請案内

Taro-2. 27 後期・申請案内 平 成 28 年 度 授 業 料 免 除 ( 後 期 ) 申 請 について 1. 授 業 料 免 除 制 度 について 経 済 的 理 由 により 授 業 料 の 納 入 が 困 難 であり,かつ, 学 業 優 秀 と 認 められる 者 又 は 次 の 特 別 な 事 情 により 授 業 料 の 納 入 が 著 しく 困 難 な 者 について, 本 人 の 申 請 に 基 づき 審 査 選 考 の

More information

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3 販 路 拡 大 促 進 事 業 委 託 業 務 プロポーザル 募 集 要 項 留 意 事 項 平 成 28 年 第 1 回 岐 阜 県 議 会 定 例 会 おいて 本 事 業 係 る 予 算 案 が 可 決 成 立 しな い 場 合 は 今 回 の 企 画 提 案 よる 委 託 業 務 の 執 行 は 行 いませんので 予 めご 承 知 願 いま す なお 上 記 伴 い プロポーザル 参 加 者

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E93788E7381458CA796AF90C582CC8EE888F882AB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E93788E7381458CA796AF90C582CC8EE888F882AB2E646F63> 平 成 年 度 市 民 県 民 申 告 の 手 引 き 日 頃, 本 市 の 務 事 務 にご 協 力 をいただきましてありがとうございます 市 民 県 民 申 告 は,この 手 引 きをご 参 照 のうえ, 期 限 内 に 正 しい 申 告 をされますようお 願 いいたし ます ( 申 告 期 限 近 くは, 大 変 混 雑 しますのでお 早 めにお 願 いいたします ) この 申 告 は,あなたの

More information

兵庫県公報(平成25年5月31日 第2496号)

兵庫県公報(平成25年5月31日 第2496号) 発 兵 庫 県 公 報 金 曜 日 第 2496 号 目 行 人 兵 庫 県 神 戸 市 中 央 区 下 山 手 通 5 丁 目 10 番 1 号 毎 週 火 曜 日 及 び 金 曜 日 発 行 その 日 が 休 日 のときはその 翌 日 ( 兵 庫 県 民 の 旗 = 県 旗 ) 次 告 示 ヘ ーシ 土 地 改 良 区 役 員 の 退 任 の 届 出 ( 農 地 整 備 課 ) 1 土 地 改

More information

マイナンバー 制 度 は 行 政 を 効 率 化 し 国 民 の 利 便 性 を 高 め 公 平 公 正 な 社 会 を 実 現 する 社 会 基 盤 です 公 平 公 正 な 社 会 の 実 現 所 得 や 他 の 行 政 サービスの 受 給 状 況 を 把 握 しやすくなるため 負 担 を 不

マイナンバー 制 度 は 行 政 を 効 率 化 し 国 民 の 利 便 性 を 高 め 公 平 公 正 な 社 会 を 実 現 する 社 会 基 盤 です 公 平 公 正 な 社 会 の 実 現 所 得 や 他 の 行 政 サービスの 受 給 状 況 を 把 握 しやすくなるため 負 担 を 不 民 間 事 業 者 の 対 応 平 成 27 年 1 月 版 愛 称 :マイナちゃん MjAxNS8wMS8xOSAxMDozMzoyOCA0MTQ0OQ== 内 閣 官 房 内 閣 府 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 総 務 省 国 税 庁 厚 生 労 働 省 マイナンバー 制 度 は 行 政 を 効 率 化 し 国 民 の 利 便 性 を 高 め 公 平 公 正 な 社 会 を 実

More information

2 出 願 資 格 平 成 27 年 4 月 1 日 以 降 に 本 学 に 在 学 する 者 以 外 の 者 で 次 に 該 当 するものとします (1) 一 般 高 等 学 校 又 は 中 等 教 育 学 校 を 卒 業 した 者 ( 見 込 みの 者 を 含 む) (2) 特 例 制 度 を

2 出 願 資 格 平 成 27 年 4 月 1 日 以 降 に 本 学 に 在 学 する 者 以 外 の 者 で 次 に 該 当 するものとします (1) 一 般 高 等 学 校 又 は 中 等 教 育 学 校 を 卒 業 した 者 ( 見 込 みの 者 を 含 む) (2) 特 例 制 度 を 平 成 27 年 度 岡 山 県 立 大 学 科 目 等 履 修 生 募 集 要 項 1 募 集 人 員 (1) 一 般 学 部 名 保 健 福 祉 学 部 情 報 工 学 部 デザイン 学 部 募 集 人 員 ( 注 )1 正 規 課 程 の 学 生 の 教 育 に 支 障 のない 範 囲 内 とします 2 保 健 福 祉 学 部 の 授 業 科 目 によっては 次 の(2)の 者 の 履 修 を

More information

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版 年 金 相 談 マニュアル 相 談 事 例 編 2010.07 - 目 次 - 1. 資 格 記 録 1 受 給 要 件 10 厚 生 年 金 の 適 用 関 係 10 2. 国 民 年 金 保 険 料 納 付 還 付 15 納 付 17 任 意 加 入 期 間 の 保 険 料 還 付 23 3. 過 去 記 録 整 備 27 4.ユーザID パスワード 39 5. ねんきん 定 期 便 ( 平 成

More information