( 初 任 本 俸 の 基 準 ) 第 4 条 新 たに 採 用 する 者 の 初 任 本 俸 は 6 等 級 29 号 俸 を 大 学 卒 業 者 の 基 準 とし 学 歴 職 歴 能 力 等 を 総 合 的 に 勘 案 して 決 定 する ( 昇 給 ) 第 5 条 昇 給 は 職 員 各 人

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "( 初 任 本 俸 の 基 準 ) 第 4 条 新 たに 採 用 する 者 の 初 任 本 俸 は 6 等 級 29 号 俸 を 大 学 卒 業 者 の 基 準 とし 学 歴 職 歴 能 力 等 を 総 合 的 に 勘 案 して 決 定 する ( 昇 給 ) 第 5 条 昇 給 は 職 員 各 人"

Transcription

1 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 2 月 29 日 2004 年 ( 総 企 ) 規 程 第 9 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 15 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 職 員 の 給 与 に 関 する 事 項 を 定 めることを 目 的 とする 2 機 構 の 業 務 に 従 事 する 者 であって 臨 時 に 勤 務 するもの 又 は 常 時 機 構 の 業 務 に 従 事 し ないものに 対 する 給 与 の 支 給 については 別 に 定 める ( 給 与 の 区 分 ) 第 2 条 職 員 の 給 与 は 次 の 区 分 のとおりとする (1) 基 本 給 イ 本 俸 ロ 扶 養 手 当 (2) 諸 手 当 イ 職 責 手 当 ロ 特 別 都 市 手 当 ハ 広 域 異 動 手 当 ニ 超 過 勤 務 手 当 ホ 通 勤 手 当 ヘ 単 身 赴 任 手 当 ト 住 居 手 当 チ 寒 冷 地 手 当 リ 坑 内 作 業 手 当 ヌ 特 地 勤 務 手 当 ル 特 地 勤 務 手 当 に 準 ずる 手 当 ヲ 夜 勤 手 当 (3) 賞 与 ( 本 俸 の 決 定 ) 第 3 条 職 員 の 本 俸 は 職 員 の 業 績 評 価 等 及 び 職 務 遂 行 能 力 に 基 づき 別 表 第 1の 俸 給 表 によりその 月 額 を 定 めて これを 支 給 する

2 ( 初 任 本 俸 の 基 準 ) 第 4 条 新 たに 採 用 する 者 の 初 任 本 俸 は 6 等 級 29 号 俸 を 大 学 卒 業 者 の 基 準 とし 学 歴 職 歴 能 力 等 を 総 合 的 に 勘 案 して 決 定 する ( 昇 給 ) 第 5 条 昇 給 は 職 員 各 人 の 業 績 評 価 等 の 結 果 に 基 づき 年 1 回 行 う 2 職 員 が 昇 給 したときにおける 号 俸 等 は 別 に 定 める ( 能 力 等 級 と 対 応 職 務 ) 第 6 条 能 力 等 級 の 能 力 要 件 は 別 表 第 2に 定 める 2 能 力 等 級 と 対 応 する 主 な 職 務 の 関 係 は 別 表 第 3のとおりとする ( 昇 格 ) 第 7 条 理 事 長 は 職 員 各 人 の 長 期 にわたる 業 績 評 価 等 の 結 果 に 基 づき 職 員 の 格 付 け られた 能 力 等 級 が 必 要 とする 能 力 を 十 分 満 たし 直 近 上 位 の 等 級 に 格 付 けすることが 適 当 と 認 められる 場 合 に 昇 格 させることができる 2 職 員 が 昇 格 したときにおいて 受 ける 号 俸 等 は 別 に 定 める ( 降 格 ) 第 8 条 理 事 長 は 職 務 遂 行 能 力 が 著 しく 低 下 し 若 しくは 不 足 していると 認 められる とき 勤 労 意 欲 が 著 しく 喪 失 したと 判 断 されるとき 又 は 就 業 規 則 第 53 条 の 懲 戒 に 該 当 する 行 為 があったときは 職 員 を 降 格 させることができる 2 職 員 が 降 格 したときにおいて 受 ける 号 俸 等 は 別 に 定 める ( 給 与 の 支 給 日 ) 第 9 条 給 与 ( 寒 冷 地 手 当 賞 与 及 び 通 勤 手 当 を 除 く )の 支 給 日 は 毎 月 16 日 とし その 月 の 初 日 から 末 日 までの 期 間 につきその 月 額 を 支 給 する ただし その 日 が 休 日 に 当 たるときは その 日 前 においてその 日 に 最 も 近 い 休 日 でない 日 とする 2 前 項 の 規 定 にかかわらず 超 過 勤 務 手 当 及 び 坑 内 作 業 手 当 は 前 月 の 初 日 から 前 月 の 末 日 までの 分 をその 月 の 翌 月 の16 日 に 支 給 する この 場 合 において 前 項 ただし 書 きの 規 定 を 準 用 する ( 給 与 の 支 給 方 法 ) 第 10 条 給 与 は 職 員 の 指 定 する 本 人 名 義 の 口 座 への 振 込 みによって 支 払 う ただし 職 員 が 希 望 した 場 合 は 通 貨 によって 直 接 職 員 に 支 払 う 2 法 令 等 に 基 づき 職 員 の 給 与 から 控 除 すべき 金 額 がある 場 合 には その 職 員 に 支 払 う

3 べき 給 与 から 控 除 すべき 金 額 を 控 除 して 支 払 う ( 給 与 の 日 割 計 算 ) 第 11 条 新 たに 職 員 となった 者 には その 日 から 給 与 を 支 給 し 昇 給 昇 格 等 により 本 俸 に 異 動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 本 俸 に 基 づき 給 与 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 したときは その 日 まで 給 与 を 支 給 する 3 前 2 項 の 規 定 により 給 与 を 支 給 する 場 合 であって その 月 の 初 日 から 末 日 までの 分 を 支 給 するとき 以 外 のときは その 給 与 の 額 は その 月 の 現 日 数 から 日 曜 日 及 び 土 曜 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 りによって 計 算 する 4 職 員 が 休 職 期 間 満 了 による 退 職 定 年 退 職 業 務 上 の 疾 病 による 退 職 死 亡 並 び に 機 構 の 都 合 による 退 職 をしたときは 第 2 項 の 規 定 にかかわらず その 月 分 の 給 与 を 全 額 支 給 する ( 扶 養 手 当 ) 第 12 条 扶 養 手 当 は 扶 養 親 族 を 有 する 職 員 に 対 して 支 給 する 2 扶 養 親 族 の 範 囲 は 次 に 掲 げる 者 で 他 に 生 計 の 途 がなく 主 としてその 職 員 の 扶 養 を 受 けている 者 とする (1) 配 偶 者 ( 婚 姻 の 届 出 をしていないが 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 がある 者 を 含 む 以 下 同 じ ) (2) 満 22 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 子 及 び 孫 (3) 満 60 歳 以 上 の 父 母 及 び 祖 父 母 (4) 満 22 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 弟 妹 (5) 重 度 心 身 障 害 者 3 扶 養 手 当 の 月 額 は 第 2 項 第 1 号 に 該 当 する 扶 養 親 族 については 13,000 円 とし 同 項 第 2 号 から 第 5 号 までに 掲 げる 者 ( 以 下 扶 養 親 族 たる 子 父 母 等 という )につい ては1 人 につき 6,500 円 ( 職 員 に 配 偶 者 がない 場 合 にあっては そのうち1 人 につい ては 11,000 円 )とする 4 扶 養 親 族 たる 子 のうちに 満 15 歳 に 達 する 日 後 の 最 初 の4 月 1 日 から 満 22 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 ( 以 下 特 定 期 間 という )にある 子 がいる 場 合 における 扶 養 手 当 の 月 額 は 前 項 の 規 定 にかかわらず 5,000 円 に 特 定 期 間 にある 当 該 扶 養 親 族 たる 子 の 数 を 乗 じて 得 た 額 を 同 項 の 規 定 による 額 に 加 算 した 額 とする 第 13 条 新 たに 職 員 となった 者 に 扶 養 親 族 がある 場 合 又 は 職 員 に 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 事 実 が 生 じた 場 合 においては その 職 員 は 直 ちに その 旨 を 給 与 支 払 者 に 届 け 出 なければならない

4 (1) 新 たに 扶 養 親 族 たる 要 件 を 具 備 するに 至 った 者 がある 場 合 (2) 扶 養 親 族 たる 要 件 を 欠 くに 至 った 者 がある 場 合 ( 前 条 第 2 項 第 2 号 又 は 第 4 号 に 該 当 する 扶 養 親 族 が 満 22 歳 に 達 した 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 の 経 過 により 扶 養 親 族 たる 要 件 を 欠 くに 至 った 場 合 を 除 く ) (3) 扶 養 親 族 たる 子 父 母 等 がある 職 員 が 配 偶 者 のない 職 員 となった 場 合 ( 前 号 に 該 当 する 場 合 を 除 く ) (4) 扶 養 親 族 たる 子 父 母 等 がある 職 員 が 配 偶 者 を 有 するに 至 った 場 合 ( 第 1 号 に 該 当 する 場 合 を 除 く ) 2 扶 養 手 当 の 支 給 は 新 たに 職 員 となった 者 に 扶 養 親 族 がある 場 合 においてはその 者 が 職 員 となった 日 扶 養 親 族 がない 職 員 に 前 項 第 1 号 に 掲 げる 事 実 が 生 じた 場 合 にお いてはその 事 実 が 生 じた 日 の 属 する 月 の 翌 月 (これらの 日 が 月 の 初 日 であるときは その 日 の 属 する 月 )から 開 始 し 扶 養 手 当 を 受 けている 職 員 が 離 職 し 又 は 死 亡 した 場 合 においてはそれぞれその 者 が 離 職 し 又 は 死 亡 した 日 扶 養 手 当 を 受 けている 職 員 の 扶 養 親 族 で 同 項 の 規 定 による 届 出 に 係 るもののすべてが 扶 養 親 族 たる 要 件 を 欠 く に 至 った 場 合 においてはその 事 実 が 生 じた 日 の 属 する 月 (これらの 日 が 月 の 初 日 であ るときは その 日 の 属 する 月 の 前 月 )をもって 終 わる ただし 扶 養 手 当 の 支 給 の 開 始 については 同 項 の 規 定 による 届 出 が これに 係 る 事 実 の 生 じた 日 から15 日 を 経 過 した 後 にされたときは その 届 出 を 受 理 した 日 の 属 する 月 の 翌 月 (その 日 が 月 の 初 日 であるときは その 日 の 属 する 月 )から 行 うものとする 3 扶 養 手 当 は これを 受 けている 職 員 に 更 に 第 1 項 第 1 号 に 掲 げる 事 実 が 生 じた 場 合 扶 養 手 当 を 受 けている 職 員 の 扶 養 親 族 で 同 項 の 規 定 による 届 出 に 係 るものの 一 部 が 扶 養 親 族 たる 要 件 を 欠 くに 至 った 場 合 扶 養 手 当 を 受 けている 職 員 について 同 項 第 3 号 若 しくは 第 4 号 に 掲 げる 事 実 が 生 じた 場 合 又 は 職 員 の 扶 養 親 族 たる 子 で 同 項 の 規 定 に よる 届 出 に 係 るもののうち 特 定 期 間 にある 子 でなかった 者 が 特 定 期 間 にある 子 となっ た 場 合 においては これらの 事 実 が 生 じた 日 の 属 する 月 の 翌 月 (これらの 日 が 月 の 初 日 であるときは その 日 の 属 する 月 )からその 支 給 額 を 改 定 する 前 項 ただし 書 の 規 定 は 扶 養 手 当 を 受 けている 職 員 に 更 に 第 1 項 第 1 号 に 掲 げる 事 実 が 生 じた 場 合 にお ける 扶 養 手 当 の 支 給 額 の 改 定 ( 扶 養 親 族 たる 子 父 母 等 で 同 項 の 規 定 による 届 出 に 係 るものがある 職 員 で 配 偶 者 のないものが 扶 養 親 族 たる 配 偶 者 を 有 するに 至 った 場 合 に おける 扶 養 親 族 たる 子 父 母 等 に 係 る 扶 養 手 当 の 支 給 額 の 改 定 を 除 く ) 及 び 扶 養 手 当 を 受 けている 職 員 のうち 扶 養 親 族 たる 子 父 母 等 で 同 項 の 規 定 による 届 出 に 係 るもの がある 職 員 が 配 偶 者 のない 職 員 となった 場 合 における 扶 養 親 族 たる 子 父 母 等 に 係 る 扶 養 手 当 の 支 給 額 の 改 定 について 準 用 する 4 前 条 及 びこの 条 に 規 定 するもののほか 扶 養 手 当 の 支 給 に 関 し 必 要 な 事 項 は 別 に 定 める

5 ( 職 責 手 当 ) 第 14 条 職 責 手 当 は 別 表 第 4に 掲 げる 職 務 の 区 分 に 応 じ それぞれの 区 分 に 掲 げる 額 を 支 給 する 2 前 項 に 規 定 するもののほか 職 責 手 当 の 支 給 に 関 し 必 要 な 事 項 は 別 に 定 める ( 特 別 都 市 手 当 ) 第 15 条 特 別 都 市 手 当 は 別 表 第 5 に 掲 げる 事 務 所 に 在 勤 する 職 員 に 支 給 するものと し その 月 額 は 本 俸 扶 養 手 当 及 び 職 責 手 当 の 月 額 の 合 計 額 に 別 表 第 5 に 掲 げる 事 務 所 に 応 じてそれぞれ 同 表 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 とする 第 16 条 前 条 に 規 定 する 事 務 所 に 勤 務 する 職 員 がその 事 務 所 を 異 にして 異 動 した 場 合 又 はその 事 務 所 が 移 転 した 場 合 (これらの 職 員 が 当 該 異 動 又 は 移 転 の 日 の 前 日 に 在 勤 していた 地 域 に 引 き 続 き6か 月 を 超 えて 在 勤 していた 場 合 その 他 当 該 場 合 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められる 場 合 として 別 に 定 める 場 合 に 限 る )において 当 該 異 動 又 は 移 転 ( 以 下 この 条 において 異 動 等 という )の 直 後 に 勤 務 する 事 務 所 に 係 る 特 別 都 市 手 当 の 支 給 割 合 が 当 該 異 動 等 の 前 日 に 勤 務 していた 地 域 に 係 る 特 別 都 市 手 当 の 支 給 割 合 に 達 しないこととなるとき 又 は 当 該 異 動 等 の 直 後 に 勤 務 する 地 域 が 同 条 に 規 定 する 事 務 所 に 該 当 しないこととなるときは 当 該 職 員 には 当 該 異 動 等 の 日 から2 年 を 経 過 するまでの 間 当 該 異 動 等 の 日 の 前 日 における 事 務 所 に 勤 務 するものとした 場 合 に 前 条 の 規 定 により 支 給 されることとなる 特 別 都 市 手 当 に 次 の 各 号 に 掲 げる 期 間 の 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た 月 額 の 特 別 都 市 手 当 を 支 給 する ただし 当 該 異 動 等 の 日 から2 年 を 経 過 するまでの 間 に 当 該 職 員 がさらに 事 務 所 を 異 にして 異 動 した 場 合 又 はその 事 務 所 が 移 転 した 場 合 における 特 別 都 市 手 当 の 支 給 については 別 に 定 める (1) 当 該 異 動 等 の 日 から 同 日 以 後 1 年 を 経 過 するまでの 期 間 異 動 等 前 の 支 給 割 合 ( 異 動 等 前 の 支 給 割 合 が 当 該 異 動 等 の 後 に 改 定 された 場 合 にあっては 当 該 異 動 等 の 日 の 前 日 の 支 給 割 合 次 号 において 同 じ ) (2) 当 該 異 動 等 の 日 から 同 日 以 後 2 年 を 経 過 するまでの 期 間 ( 前 号 に 掲 げる 期 間 を 除 く ) 異 動 等 前 の 支 給 割 合 に100 分 の80を 乗 じて 得 た 割 合 2 国 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 2 条 第 4 項 に 規 定 する 行 政 執 行 法 人 若 しくは 地 方 公 共 団 体 又 は 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 28 年 政 令 第 215 号 ) 第 9 条 の2 各 号 に 掲 げる 法 人 その 他 これに 準 ずる 法 人 で 別 に 定 めるもの に 使 用 される 者 ( 以 下 国 家 公 務 員 等 という )であった 者 が 引 き 続 き 職 員 となり 前 条 第 1 号 に 規 定 する 事 務 所 に 勤 務 することとなった 場 合 又 は 同 条 に 規 定 する 事 務 所 以 外 の 事 務 所 に 勤 務 することとなった 場 合 において 勤 務 することとなった 日 の 前 日 における 勤 務 地 等 を 考 慮 して 前 項 の 規 定 による 特 別 都 市 手 当 の 支 給 される 職 員 との 権

6 衡 上 必 要 があると 認 められるときは 当 該 職 員 には 別 に 定 めるところにより 同 項 の 規 定 に 準 じて 特 別 都 市 手 当 を 支 給 する 3 前 条 及 びこの 条 に 規 定 するもののほか 特 別 都 市 手 当 の 支 給 に 関 し 必 要 な 事 項 は 別 に 定 める ( 広 域 異 動 手 当 ) 第 16 条 の2 職 員 がその 事 務 所 を 異 にして 異 動 した 場 合 又 はその 事 務 所 が 移 転 した 場 合 において 当 該 異 動 又 は 移 転 ( 以 下 この 条 において 異 動 等 という )につき 事 務 所 間 の 距 離 ( 異 動 等 の 日 の 前 日 に 在 勤 していた 事 務 所 の 所 在 地 と 当 該 異 動 等 の 直 後 に 在 勤 する 事 務 所 の 所 在 地 との 間 の 距 離 をいう 以 下 この 項 において 同 じ ) 及 び 住 居 と 事 務 所 との 間 の 距 離 ( 異 動 等 の 直 前 の 住 居 と 当 該 異 動 等 の 直 後 に 在 勤 する 事 務 所 との 間 の 距 離 をいう 以 下 この 項 において 同 じ )がいずれも60キロメートル 以 上 である とき( 当 該 住 居 と 事 務 所 の 間 の 距 離 が60キロメートル 未 満 である 場 合 に 相 当 すると 認 められる 場 合 であって 通 勤 に 要 する 時 間 等 を 考 慮 して 当 該 住 居 と 事 務 所 との 間 の 距 離 が60キロメートル 以 上 である 場 合 に 相 当 すると 認 められる 場 合 として 別 に 定 め る 場 合 を 含 む )は 当 該 職 員 には 当 該 異 動 等 の 日 から3 年 を 経 過 する 日 までの 間 本 俸 扶 養 手 当 及 び 職 責 手 当 の 月 額 の 合 計 額 に 当 該 異 動 等 に 係 る 事 務 所 間 の 距 離 の 次 の 各 号 に 掲 げる 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た 月 額 の 広 域 異 動 手 当 を 支 給 する ただし 当 該 異 動 等 に 当 たり 一 定 の 期 間 内 に 当 該 異 動 等 の 日 の 前 日 に 在 勤 していた 事 務 所 への 異 動 等 が 予 定 されている 場 合 その 他 の 広 域 異 動 手 当 を 支 給 するこ とが 適 当 と 認 められない 場 合 は この 限 りではない (1) 300キロメートル 以 上 100 分 の10 (2) 60キロメートル 以 上 300キロメートル 未 満 100 分 の5 2 前 項 の 規 定 により 広 域 異 動 手 当 を 支 給 されることとなる 職 員 のうち 当 該 支 給 に 係 る 異 動 等 ( 以 下 この 項 において 当 初 広 域 異 動 等 という )の 日 から3 年 を 経 過 する 日 までの 間 の 異 動 等 ( 以 下 この 項 において 再 異 動 等 という )により 前 項 の 規 定 に より 更 に 広 域 異 動 手 当 が 支 給 されることとなるものについては 当 該 再 異 動 等 に 係 る 広 域 異 動 手 当 の 支 給 割 合 が 当 初 広 域 異 動 手 当 に 係 る 広 域 異 動 手 当 の 支 給 割 合 を 上 回 る とき 又 は 当 初 広 域 異 動 等 に 係 る 広 域 異 動 手 当 の 支 給 割 合 と 同 一 の 割 合 になるときにあ っては 当 該 再 異 動 等 の 日 以 後 は 当 初 広 域 異 動 等 に 係 る 広 域 異 動 手 当 を 支 給 せず 当 該 再 異 動 等 に 係 る 広 域 異 動 手 当 の 支 給 割 合 が 当 初 広 域 異 動 等 に 係 る 広 域 異 動 手 当 の 支 給 割 を 下 回 るときにあっては 当 初 広 域 異 動 等 に 係 る 広 域 異 動 手 当 が 支 給 されることとな る 期 間 は 当 該 再 異 動 等 に 係 る 広 域 異 動 手 当 を 支 給 しない 3 前 2 項 の 規 定 により 広 域 異 動 手 当 を 支 給 されることとなる 職 員 が 前 2 条 の 規 定 に より 特 別 都 市 手 当 を 支 給 される 職 員 である 場 合 における 広 域 異 動 手 当 の 支 給 割 合 は 前 2 項 の 規 定 による 広 域 異 動 手 当 の 支 給 割 合 から 当 該 特 別 都 市 手 当 の 支 給 割 合 を 減 じ

7 た 割 合 とする この 場 合 において 前 2 項 の 規 定 による 広 域 異 動 手 当 の 支 給 割 合 が 当 該 特 別 都 市 手 当 の 支 給 割 合 以 下 であるときは 広 域 異 動 手 当 は 支 給 しない 4 前 各 項 に 規 定 するもののほか 広 域 異 動 手 当 の 支 給 に 関 し 必 要 な 事 項 は 別 に 定 め る ( 超 過 勤 務 手 当 ) 第 17 条 超 過 勤 務 手 当 は 職 員 が 就 業 規 則 第 11 条 の 規 定 により 勤 務 時 間 ( 就 業 規 則 第 7 条 に 規 定 する 勤 務 時 間 をいう 以 下 同 じ ) 以 外 の 時 間 又 は 休 日 に 勤 務 を 命 ぜられ た 場 合 において 勤 務 時 間 を 超 えて 勤 務 した 全 時 間 又 は 休 日 に 勤 務 した 全 時 間 に 対 し 勤 務 1 時 間 につき 次 条 に 規 定 する 勤 務 1 時 間 当 たりの 給 与 額 に 次 の 各 号 に 掲 げる 区 分 に 応 じてそれぞれ 当 該 各 号 で 定 める 割 合 (その 勤 務 時 間 が 午 後 10 時 から 翌 日 の 午 前 5 時 までの 間 である 場 合 は その 割 合 に100 分 の25を 加 算 した 額 )を 乗 じて 得 た 額 を 当 該 職 員 に 支 給 する (1) 休 日 以 外 の 日 における 所 定 の 勤 務 時 間 を 超 える 勤 務 100 分 の125 (2) 休 日 における 勤 務 100 分 の135 2 勤 務 時 間 以 外 の 時 間 又 は 休 日 に 勤 務 を 命 ぜられ 勤 務 時 間 を 超 えてした 勤 務 ( 就 業 規 則 第 9 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 法 定 休 日 を 除 く )の 時 間 が1 箇 月 について60 時 間 を 超 えた 職 員 には その60 時 間 を 超 えて 勤 務 した 全 時 間 に 対 して 前 項 の 規 定 に かかわらず 勤 務 1 時 間 つき 次 条 に 規 定 する 勤 務 1 時 間 当 たりの 給 与 額 に100 分 の 150(その 勤 務 時 間 が 午 後 10 時 から 翌 日 の 午 前 5 時 までの 間 である 場 合 は 10 0 分 の175)を 乗 じて 得 た 額 を 超 過 勤 務 手 当 として 支 給 する 3 就 業 規 則 第 11 条 の2に 規 定 する 超 勤 代 休 時 間 を 指 定 した 場 合 において 当 該 超 勤 代 休 時 間 に 職 員 が 勤 務 しなかったときは 前 項 に 規 定 する60 時 間 を 超 えて 勤 務 した 全 時 間 のうち 当 該 超 勤 代 休 時 間 の 指 定 に 代 えられた 超 過 勤 務 手 当 の 支 給 に 係 る 時 間 に 対 しては 当 該 時 間 1 時 間 につき 次 条 に 規 定 する 勤 務 1 時 間 当 たりの 給 与 額 に10 0 分 の150(その 勤 務 時 間 が 午 後 10 時 から 翌 日 の 午 前 5 時 までの 間 である 場 合 は 100 分 の175)から 第 1 項 に 規 定 する 割 合 を 減 じた 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 超 過 勤 務 手 当 を 支 給 することを 要 しない 4 超 過 勤 務 手 当 は 別 表 第 4により 職 務 の 区 分 1から9に 区 分 される 職 員 には 支 給 し ない ( 勤 務 1 時 間 当 たりの 給 与 額 の 算 出 ) 第 18 条 前 条 に 規 定 する 勤 務 1 時 間 当 たりの 給 与 額 は 本 俸 月 額 職 責 手 当 の 月 額 及 びこれらに 対 する 特 別 都 市 手 当 広 域 異 動 手 当 の 月 額 の 合 計 額 に12を 乗 じ その 額 を 年 間 所 定 労 働 時 間 で 除 した 額 とする

8 ( 通 勤 手 当 ) 第 19 条 通 勤 手 当 は 次 の 各 号 に 掲 げる 職 員 の 区 分 に 従 い 当 該 各 号 に 定 める 額 を 支 給 する (1) 通 勤 のため 交 通 機 関 等 を 利 用 する 職 員 にあっては 別 に 定 めるところにより 算 出 したその 者 の 支 給 単 位 期 間 の 通 勤 に 要 する 運 賃 等 の 額 に 相 当 する 額 ( 以 下 運 賃 等 相 当 額 という ) とする ただし 運 賃 等 相 当 額 を 支 給 単 位 期 間 の 月 数 で 除 して 得 た 額 ( 以 下 1か 月 当 たりの 運 賃 等 相 当 額 という )が55,000 円 を 超 えるとき は 支 給 単 位 期 間 につき 55,000 円 に 支 給 単 位 期 間 の 月 数 を 乗 じて 得 た 額 (その 者 が2 以 上 の 交 通 期 間 等 を 利 用 するものとして 当 該 運 賃 等 の 額 を 算 出 する 場 合 におい て 1か 月 当 たりの 運 賃 等 相 当 額 の 合 計 額 が55,000 円 を 超 えるときは その 者 の 通 勤 手 当 に 係 る 支 給 単 位 期 間 のうち 最 も 長 い 支 給 単 位 期 間 につき 55,000 円 に 当 該 支 給 単 位 期 間 の 月 数 を 乗 じて 得 た 額 )とする (2) 通 勤 のため 自 動 車 等 の 交 通 用 具 を 使 用 することを 常 例 とする 職 員 に 支 給 する 通 勤 手 当 の 額 は 次 に 掲 げる 職 員 の 区 分 に 応 じ 支 給 単 位 期 間 につき それぞれ 次 に 定 める 額 とする イ 自 動 車 等 の 使 用 距 離 ( 以 下 この 号 において 使 用 距 離 という )が 片 道 5 キロ メートル 未 満 である 職 員 2,000 円 ロ 使 用 距 離 が 片 道 5 キロメートル 以 上 10 キロメートル 未 満 である 職 員 4,200 円 ハ 使 用 距 離 が 片 道 10 キロメートル 以 上 15 キロメートル 未 満 である 職 員 7,100 円 ニ 使 用 距 離 が 片 道 15 キロメートル 以 上 20 キロメートル 未 満 である 職 員 10,000 円 ホ 使 用 距 離 が 片 道 20 キロメートル 以 上 25 キロメートル 未 満 である 職 員 12,900 円 ヘ 使 用 距 離 が 片 道 25 キロメートル 以 上 30 キロメートル 未 満 である 職 員 15,800 円 ト 使 用 距 離 が 片 道 30 キロメートル 以 上 35 キロメートル 未 満 である 職 員 18,700 円 チ 使 用 距 離 が 片 道 35 キロメートル 以 上 40 キロメートル 未 満 である 職 員 21,600 円 リ 使 用 距 離 が 片 道 40 キロメートル 以 上 45キロメートル 未 満 である 職 員 24,400 円 ヌ 使 用 距 離 が 片 道 45キロメートル 以 上 50キロメートル 未 満 である 職 員 26,200 円 ル 使 用 距 離 が 片 道 50キロメートル 以 上 55キロメートル 未 満 である 職 員 28,000 円 ヲ 使 用 距 離 が 片 道 55キロメートル 以 上 60キロメートル 未 満 である 職 員 29,800 円 ワ 使 用 距 離 が 片 道 60キロメートル 以 上 である 職 員 31,600 円 2 事 務 所 を 異 にする 異 動 又 は 勤 務 する 事 務 所 の 移 転 に 伴 い 所 在 する 地 域 を 異 にする 事

9 務 所 に 勤 務 することとなったことにより 通 勤 の 実 情 に 変 更 を 生 ずることとなった 前 項 第 1 号 に 掲 げる 職 員 で 当 該 異 動 又 は 事 務 所 の 移 転 の 直 前 の 住 居 ( 当 該 住 居 に 相 当 するものとして 別 に 定 める 住 居 を 含 む )からの 通 勤 のため 新 幹 線 鉄 道 等 の 特 別 急 行 列 車 高 速 自 動 車 国 道 その 他 の 交 通 機 関 等 ( 以 下 新 幹 線 鉄 道 等 という )でそ の 利 用 が 通 勤 事 情 の 改 善 に 相 当 程 度 資 するものであると 認 められるものを 利 用 し そ の 利 用 に 係 る 特 別 料 金 等 (その 利 用 に 係 る 運 賃 等 の 額 から 運 賃 等 相 当 額 の 算 出 の 基 礎 となる 運 賃 等 に 相 当 する 額 を 減 じた 額 をいう 以 下 同 じ )を 負 担 することを 常 例 と する 職 員 の 通 勤 手 当 の 額 は 同 項 の 規 定 にかかわらず 次 の 各 号 に 掲 げる 通 勤 手 当 の 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 定 める 額 とする (1) 新 幹 線 鉄 道 等 に 係 る 通 勤 手 当 支 給 単 位 期 間 につき 別 に 定 めるところにより 算 出 したその 者 の 支 給 単 位 期 間 の 通 勤 に 要 する 特 別 料 金 等 の 額 の2 分 の1に 相 当 する 額 ただし 当 該 額 を 支 給 単 位 期 間 の 月 数 で 除 して 得 た 額 ( 以 下 1か 月 当 たりの 特 別 料 金 等 2 分 の1 相 当 額 という )が20,000 円 を 超 えるときは 支 給 単 位 期 間 につ き 20,000 円 に 支 給 単 位 期 間 の 月 数 を 乗 じて 得 た 額 (その 者 が2 以 上 の 新 幹 線 鉄 道 等 を 利 用 するものとして 当 該 特 別 料 金 等 の 額 を 算 出 する 場 合 において 1か 月 当 た りの 特 別 料 金 等 2 分 の1 相 当 額 の 合 計 額 が20,000 円 を 超 えるときは その 者 の 新 幹 線 鉄 道 等 に 係 る 通 勤 手 当 に 係 る 支 給 単 位 期 間 のうち 最 も 長 い 支 給 単 位 期 間 につき 20,000 円 に 当 該 支 給 単 位 期 間 の 月 数 を 乗 じて 得 た 額 ) (2) 前 号 に 掲 げる 通 勤 手 当 以 外 の 通 勤 手 当 前 項 の 規 定 による 額 3 前 項 の 規 定 は 国 家 公 務 員 等 から 引 き 続 いて 職 員 となった 者 のうち 第 1 項 第 1 号 に 掲 げる 職 員 で 当 該 適 用 の 直 前 の 住 居 ( 当 該 住 居 に 相 当 するものとして 別 に 定 める 住 居 を 含 む )からの 通 勤 のため 新 幹 線 鉄 道 等 でその 利 用 が 通 勤 事 情 の 改 善 に 相 当 程 度 資 するものであると 認 められるものを 利 用 し その 利 用 に 係 る 特 別 料 金 等 を 負 担 す ることを 常 例 とするもの( 別 に 定 める 法 人 に 限 る )その 他 前 項 の 規 定 による 通 勤 手 当 を 支 給 される 職 員 との 権 衡 上 必 要 があると 認 められるものの 通 勤 手 当 の 額 の 算 出 に ついて 準 用 する 4 通 勤 手 当 は 支 給 単 位 期 間 に 係 る 最 初 の 月 の 第 9 条 に 規 定 する 支 給 日 に 支 給 する 5 通 勤 手 当 を 支 給 される 職 員 につき 離 職 その 他 別 に 定 める 事 由 が 生 じた 場 合 には 当 該 職 員 に 支 給 単 位 期 間 のうちこれらの 事 由 が 生 じた 後 の 期 間 を 考 慮 して 別 に 定 め る 額 を 返 納 させるものとする 6 この 条 において 支 給 単 位 期 間 とは 通 勤 手 当 の 支 給 の 単 位 となる 期 間 として6 か 月 を 超 えない 範 囲 内 で1か 月 を 単 位 として 別 に 定 める 期 間 ( 自 動 車 等 に 係 る 通 勤 手 当 にあっては 1か 月 )をいう 7 前 各 項 に 規 定 するもののほか 通 勤 手 当 の 支 給 及 び 返 納 に 関 し 必 要 な 事 項 は 別 に 定 める

10 ( 単 身 赴 任 手 当 ) 第 20 条 事 務 所 を 異 にする 異 動 又 は 勤 務 する 事 務 所 の 移 転 に 伴 い 住 居 を 移 転 し 父 母 の 疾 病 をその 他 の 別 に 定 めるやむを 得 ない 事 情 により 同 居 していた 配 偶 者 と 別 居 することとなった 職 員 で 当 該 異 動 又 は 事 務 所 の 移 転 の 直 前 の 住 居 から 当 該 異 動 又 は 事 務 所 の 移 転 の 直 後 に 勤 務 する 事 務 所 に 通 勤 することが 通 勤 距 離 等 を 考 慮 して 別 に 定 める 基 準 に 照 らして 困 難 であると 認 められるもののうち 単 身 で 生 活 することを 常 況 とする 職 員 には 単 身 赴 任 手 当 を 支 給 する ただし 配 偶 者 の 住 居 から 勤 務 する 事 務 所 に 通 勤 することが 通 勤 距 離 等 を 考 慮 して 別 に 定 める 基 準 に 照 らして 困 難 であると 認 められない 場 合 は この 限 りではない 2 単 身 赴 任 手 当 の 月 額 は 30,000 円 ( 別 に 定 めるところにより 算 定 した 職 員 の 住 居 と 配 偶 者 の 住 居 との 間 の 交 通 距 離 ( 以 下 単 に 交 通 距 離 という )が 別 に 定 める 距 離 以 上 である 職 員 にあっては その 額 に 70,000 円 を 超 えない 範 囲 内 で 交 通 距 離 の 区 分 に 応 じ て 別 に 定 める 額 を 加 算 した 額 )とする 3 国 家 公 務 員 等 であった 者 から 引 き 続 いて 職 員 となり これに 伴 い 住 居 を 移 転 し 父 母 の 疾 病 その 他 の 別 に 定 めるやむを 得 ない 事 情 により 同 居 していた 配 偶 者 と 別 居 す ることとなった 職 員 で 当 該 適 用 の 直 前 の 住 居 から 当 該 適 用 の 直 後 に 勤 務 する 事 務 所 に 通 勤 することが 通 勤 距 離 等 を 考 慮 して 別 に 定 める 基 準 に 照 らして 困 難 であると 認 め られるもののうち 単 身 で 生 活 することを 常 況 とする 職 員 ( 任 用 の 事 情 等 を 考 慮 して 別 に 定 める 職 員 に 限 る )その 他 第 1 項 の 規 定 による 単 身 赴 任 手 当 を 支 給 される 職 員 と の 権 衡 上 必 要 があると 認 められるものとして 別 に 定 める 職 員 には 前 2 項 の 規 定 に 準 じて 単 身 赴 任 手 当 を 支 給 する 4 前 3 項 に 規 定 するもののほか 単 身 赴 任 手 当 の 支 給 の 調 整 に 関 する 事 項 その 他 単 身 赴 任 手 当 の 支 給 に 関 し 必 要 な 事 項 は 別 に 定 める ( 住 居 手 当 ) 第 21 条 住 居 手 当 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 職 員 ( 宿 舎 貸 与 規 程 の 規 定 によ り 宿 舎 を 貸 与 され 使 用 料 を 支 払 っている 職 員 国 又 は 地 方 公 共 団 体 から 公 務 員 宿 舎 を 貸 与 され 使 用 料 を 支 払 っている 職 員 及 び 父 母 又 は 配 偶 者 の 父 母 が 居 住 している 住 居 の 一 部 を 借 り 受 けてこれに 居 住 している 職 員 を 除 く )に 支 給 する (1) 自 ら 居 住 するため 住 宅 ( 貸 間 を 含 む 次 号 について 同 じ )を 借 り 受 け 月 額 12,000 円 を 超 える 家 賃 ( 使 用 料 を 含 む )を 支 払 っている 職 員 (2) 第 20 条 第 1 項 又 は 第 3 項 の 規 定 により 単 身 赴 任 手 当 を 支 給 される 職 員 で 配 偶 者 が 居 住 するための 住 居 ( 宿 舎 貸 与 規 程 の 規 定 による 宿 舎 国 又 は 地 方 公 共 団 体 か ら 貸 与 されている 公 務 員 宿 舎 及 び 父 母 又 は 配 偶 者 の 父 母 が 居 住 している 住 居 を 除 く )を 借 り 受 け 月 額 12,000 円 を 超 える 家 賃 を 支 払 っている 職 員 又 はこれらの 職 員 との 権 衡 上 必 要 があると 認 められる 職 員

11 2 住 居 手 当 の 月 額 は 次 の 各 号 に 掲 げる 職 員 の 区 分 に 応 じて 当 該 各 号 に 掲 げる 額 ( 当 該 各 号 のいずれにも 該 当 する 職 員 にあっては 当 該 各 号 に 掲 げる 額 の 合 計 額 )とする (1) 前 項 第 1 号 に 掲 げる 職 員 次 に 掲 げる 職 員 の 区 分 に 応 じて それぞれ 次 に 掲 げる 額 (その 額 に 100 円 未 満 の 端 数 を 生 じたときは これを 切 り 捨 てた 額 )に 相 当 する 額 (イ) 月 額 23,000 円 以 下 の 家 賃 を 支 払 っている 職 員 家 賃 の 月 額 から 12,000 円 を 控 除 した 額 (ロ) 月 額 23,000 円 を 超 える 家 賃 を 支 払 っている 職 員 家 賃 の 月 額 から 23,000 円 を 控 除 した 額 の2 分 の1(その 控 除 した 額 の2 分 の1が 16,000 円 を 超 えるときは 16,000 円 )を 11,000 円 に 加 算 した 額 (2) 前 項 第 2 号 に 掲 げる 職 員 前 号 の 規 定 の 例 により 算 出 した 額 の2 分 の1に 相 当 す る 額 (その 額 に 100 円 未 満 の 端 数 を 生 じたときは これを 切 り 捨 てた 額 ) 3 前 2 項 に 規 定 するもののほか 住 居 手 当 の 支 給 に 関 し 必 要 な 事 項 は 別 に 定 める ( 寒 冷 地 手 当 ) 第 22 条 寒 冷 地 手 当 は 寒 冷 地 に 勤 務 する 職 員 に 対 し 別 に 定 めるところにより 支 給 する ( 坑 内 作 業 手 当 ) 第 23 条 坑 内 作 業 手 当 は 次 に 掲 げる 職 員 に 支 給 する (1) 掘 さく 中 の 構 造 坑 道 の 坑 内 で 地 質 構 造 調 査 の 作 業 に 従 事 する 職 員 (2) 休 廃 止 鉱 山 の 坑 内 で 鉱 害 防 止 に 必 要 な 作 業 に 従 事 する 職 員 2 坑 内 作 業 手 当 の 額 は 前 項 第 1 号 に 掲 げる 職 員 にあっては1 日 につき 360 円 前 項 第 2 号 に 掲 げる 職 員 にあっては1 日 につき 600 円 とする ただし 作 業 時 間 が1 日 4 時 間 に 満 たない 場 合 は その 手 当 の 額 は 100 分 の60とする ( 特 地 勤 務 手 当 ) 第 24 条 特 地 勤 務 手 当 は 次 の 表 に 掲 げる 事 務 所 ( 以 下 特 地 事 務 所 という )に 勤 務 する 職 員 に 支 給 する 事 務 所 支 給 割 合 むつ 小 川 原 国 家 石 油 備 蓄 基 地 事 務 所 100 分 の4 上 五 島 国 家 石 油 備 蓄 基 地 事 務 所 100 分 の8 2 特 地 勤 務 手 当 の 月 額 は 特 地 勤 務 手 当 基 礎 額 に 前 項 に 定 める 支 給 割 合 を 乗 じて 得 た 額 とする 3 前 項 の 特 地 勤 務 手 当 基 礎 額 は 特 地 事 務 所 に 勤 務 することとなった 日 に 受 けていた

12 本 俸 及 び 扶 養 手 当 の 月 額 の 合 計 額 の2 分 の1に 相 当 する 額 と 現 に 受 ける 本 俸 及 び 扶 養 手 当 の 月 額 の 合 計 額 2 分 の1に 相 当 する 額 を 合 算 した 額 とする ( 特 地 勤 務 手 当 に 準 ずる 手 当 ) 第 25 条 特 地 勤 務 手 当 に 準 ずる 手 当 は 職 員 が 特 地 事 務 所 に 勤 務 するため 異 動 し 住 居 を 移 転 した 場 合 に 当 該 異 動 の 日 から 起 算 して3 年 ( 異 動 の 日 から 起 算 して3 年 を 経 過 する 際 その 有 する 技 術 経 験 等 に 照 らし 3 年 を 超 えて 引 き 続 き 勤 務 させること が 必 要 であると 理 事 長 が 認 めた 職 員 にあっては 6 年 )に 達 する 日 まで 支 給 する 2 特 地 勤 務 手 当 に 準 ずる 手 当 の 月 額 は 次 の 各 号 の 定 めるところにより 支 給 する (1) 前 項 に 規 定 する 異 動 の 日 に 受 けていた 本 俸 及 び 扶 養 手 当 の 月 額 の 合 計 額 に 異 動 の 日 から 起 算 して4 年 に 達 するまでの 間 は100 分 の5 異 動 の 日 から 起 算 して4 年 に 達 した 後 から5 年 に 達 するまでの 間 は100 分 の4 異 動 の 日 から 起 算 して5 年 に 達 した 後 は100 分 の2を 乗 じて 得 た 額 とする (2) 職 員 がむつ 小 川 原 備 蓄 事 務 所 及 び 上 五 島 備 蓄 事 務 所 以 外 の 事 務 所 に 異 動 した 場 合 は 当 該 異 動 の 日 の 前 日 をもって 支 給 は 終 わる 3 前 2 項 の 規 定 により 特 地 勤 務 手 当 に 準 ずる 手 当 を 支 給 される 職 員 のうち 第 16 条 の 2の 規 定 により 広 域 異 動 手 当 を 支 給 される 職 員 の 当 該 特 地 勤 務 手 当 に 準 ずる 手 当 の 月 額 は 異 動 の 日 に 受 けていた 本 俸 及 び 扶 養 手 当 の 月 額 の 合 計 額 に 前 項 の 規 定 による 支 給 割 合 から100 分 の2を 減 じた 割 合 を 乗 じて 得 た 額 とする ( 夜 勤 手 当 ) 第 25 条 の2 夜 勤 手 当 は 正 規 の 勤 務 時 間 として 午 後 10 時 から 翌 日 の 午 前 5 時 までの 間 に 勤 務 することを 命 ぜられた 職 員 に 支 給 する 2 夜 勤 手 当 の 額 は 前 項 に 規 定 する 時 間 内 において 実 際 に 勤 務 した 全 時 間 に 対 して 勤 務 1 時 間 につき 第 18 条 に 規 定 する 勤 務 1 時 間 あたりの 給 与 額 に 100 分 の 25 を 乗 じ て 得 た 額 とする ( 賞 与 ) 第 26 条 賞 与 は 6 月 1 日 及 び12 月 1 日 ( 以 下 この 条 及 び 附 則 第 4 項 第 5 号 におい てこれらの 日 を 基 準 日 という )にそれぞれ 在 職 する 職 員 に 対 して 理 事 長 が 別 に 定 める 日 に 支 給 する これらの 基 準 日 前 1 か 月 以 内 に 退 職 ( 機 構 を 退 職 し 引 き 続 き 国 家 公 務 員 又 は 行 政 執 行 法 人 以 外 の 独 立 行 政 法 人 の 職 員 となった 者 を 除 く )し 又 は 死 亡 した 職 員 についても 同 様 とする 2 賞 与 は それぞれの 基 準 日 ( 退 職 し 又 は 死 亡 した 職 員 にあっては 退 職 し 又 は 死 亡 した 日 ) 現 在 における 本 俸 及 び 扶 養 手 当 の 月 額 並 びにこれらに 対 する 特 別 都 市 手 当 広 域 異 動 手 当 の 月 額 の 合 計 額 ( 表 1に 定 める 職 員 にあっては その 額 に 本 俸 月 額 及

13 びこれに 対 する 特 別 都 市 手 当 広 域 異 動 手 当 の 月 額 の 合 計 額 にそれぞれ 同 表 に 定 める 加 算 率 を 乗 じて 得 た 額 を 加 算 した 額 及 び 表 2に 定 める 地 位 にある 職 員 にあっては そ の 額 に 本 俸 の 月 額 にそれぞれ 同 表 に 定 める 割 増 率 を 乗 じて 得 た 額 を 加 算 した 額 )を 基 礎 として 支 給 係 数 を 乗 じた 額 を 算 定 基 礎 額 とする 3 支 給 係 数 は 機 構 の 業 務 の 実 績 及 び 社 会 一 般 の 情 勢 を 考 慮 して 理 事 長 が 定 めるもの とする 4 算 定 基 礎 額 に 職 員 の 職 務 に 応 じて 別 に 定 める 割 合 を 乗 じた 額 ( 以 下 賞 与 の 固 定 部 分 の 基 礎 額 という )に 基 準 日 以 前 6か 月 間 におけるその 者 の 在 職 期 間 ( 国 家 公 務 員 又 は 行 政 執 行 法 人 以 外 の 独 立 行 政 法 人 の 職 員 の 身 分 を 離 れ 機 構 に 採 用 されたものにつ いては その 職 員 であった 期 間 を 通 算 することができる 次 項 において 同 じ )の 区 分 に 応 じて 別 に 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た 額 を 賞 与 の 固 定 部 分 として 支 給 する 5 算 定 基 礎 額 から 賞 与 の 固 定 部 分 の 基 礎 額 を 減 じた 額 に 基 準 日 以 前 6か 月 間 におけ るその 者 の 勤 務 期 間 の 区 分 に 応 じて 別 に 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た 額 に 職 員 各 人 の 業 績 評 価 に 応 じて0.8から1.2の 間 の 評 価 係 数 を 乗 じた 額 を 業 績 給 として 支 給 する 6 前 5 項 に 規 定 するもののほか 賞 与 の 支 給 に 関 し 必 要 な 事 項 は 別 に 定 める 表 1 本 俸 及 び 特 別 都 市 手 当 の 月 額 に 対 する 加 算 率 職 務 の 区 分 技 監 特 命 参 与 特 命 審 議 役 本 部 の 部 長 特 命 グループリーダー 及 び 支 部 長 並 びにこれらと 同 等 の 職 で 理 事 長 の 指 定 する 者 支 部 の 部 長 及 びこれと 同 等 の 職 で 理 事 長 の 指 定 する 者 本 部 の 課 長 室 長 特 命 調 査 役 特 命 チームリー ダー 担 当 調 査 役 支 部 の 担 当 審 議 役 及 び 支 部 の 課 長 並 びにこれらと 同 等 の 職 で 理 事 長 の 指 定 す る 者 支 部 の 主 査 並 びに 課 長 代 理 及 びこれと 同 等 の 職 で 理 事 長 の 指 定 する 者 一 般 職 員 ( 別 に 定 める 職 員 ) 加 算 率 100 分 の 分 の 分 の 分 の 分 の5 表 2 管 理 監 督 の 地 位 にある 職 員 の 本 俸 の 月 額 に 対 する 割 増 率 職 務 の 区 分 割 増 率 技 監 特 命 参 与 特 命 審 議 役 本 部 の 部 長 特 命 100 分 の23 グループリーダー 及 び 支 部 長 並 びにこれらと 同

14 等 の 職 で 理 事 長 の 指 定 する 者 支 部 の 部 長 及 びこれと 同 等 の 職 で 理 事 長 の 指 定 する 者 本 部 の 課 長 室 長 特 命 調 査 役 特 命 チームリー ダー 担 当 調 査 役 支 部 の 担 当 審 議 役 及 び 支 部 の 課 長 並 びにこれらと 同 等 の 職 で 理 事 長 の 指 定 す る 者 100 分 の 分 の14 ( 給 与 の 減 額 ) 第 27 条 職 員 が 勤 務 しないときは その 勤 務 しないことにつき 別 に 定 める 場 合 を 除 き その 勤 務 しない1 時 間 につき 第 18 条 に 規 定 する 勤 務 1 時 間 当 たりの 給 与 額 を 減 額 した 給 与 を 支 給 する ( 傷 病 による 欠 勤 者 の 給 与 ) 第 28 条 職 員 が 業 務 上 負 傷 し 又 は 疾 病 にかかり 欠 勤 した 場 合 には その 欠 勤 の 全 期 間 について 基 本 給 職 責 手 当 特 別 都 市 手 当 広 域 異 動 手 当 単 身 赴 任 手 当 及 び 住 居 手 当 の 全 額 を 支 給 する 2 職 員 が 業 務 上 の 理 由 によらない 傷 病 にかかり 欠 勤 した 場 合 には 普 通 傷 病 のときに あっては6か 月 結 核 性 疾 病 のときにあっては 1 年 間 基 本 給 特 別 都 市 手 当 広 域 異 動 手 当 単 身 赴 任 手 当 及 び 住 居 手 当 の 全 額 を 支 給 する ( 育 児 休 業 等 取 得 者 の 給 与 ) 第 29 条 職 員 が 育 児 休 業 している 期 間 については 給 与 を 支 給 しない ただし 第 2 6 条 第 1 項 に 規 定 するそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 をしている 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6か 月 以 内 の 期 間 において 勤 務 した 期 間 がある 職 員 には 当 該 基 準 日 に 係 る 賞 与 を 支 給 する 2 育 児 短 時 間 勤 務 をしている 職 員 の 本 俸 月 額 は その 者 に 適 用 される 俸 給 表 に 定 める 俸 給 月 額 のうち その 者 の 等 級 及 び 号 俸 に 応 じた 額 に 育 児 短 時 間 勤 務 における1 週 間 の 勤 務 時 間 を 就 業 規 則 第 7 条 及 び 第 8 条 による1 週 間 の 勤 務 時 間 で 除 して 得 た 数 を 乗 じて 得 た 額 とする 3 育 児 時 間 により 勤 務 しない 場 合 には その 勤 務 しない1 時 間 につき 第 18 条 に 規 定 する1 時 間 当 たりの 給 与 額 を 減 額 した 給 与 を 支 給 する 4 育 児 休 業 を 取 得 した 職 員 が 復 職 した 場 合 において 部 内 の 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは その 育 児 休 業 の 期 間 を100 分 の100 以 下 の 換 算 率 に より 換 算 して 得 た 期 間 を 引 き 続 き 勤 務 したものとみなして 次 期 昇 給 期 において 本 俸 月 額 の 調 整 を 行 うものとする

15 5 前 3 項 に 規 定 するもののほか 育 児 休 業 者 の 給 与 については 別 に 定 める ( 介 護 休 業 取 得 者 の 給 与 ) 第 30 条 介 護 休 業 を 取 得 した 職 員 には その 勤 務 しない1 時 間 につき 第 18 条 に 規 定 する 勤 務 1 時 間 当 たりの 給 与 額 を 減 額 した 給 与 を 支 給 する 2 介 護 休 業 を 取 得 した 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 には 当 該 介 護 休 業 を 取 得 し た 期 間 の2 分 の1に 相 当 する 期 間 を 引 き 続 き 勤 務 した 期 間 とみなして 次 期 昇 給 期 に おいて 本 俸 月 額 の 調 整 を 行 うものとする 3 前 2 項 に 規 定 するもののほか 介 護 休 業 取 得 者 の 給 与 について 必 要 な 事 項 は 別 に 定 める ( 休 職 者 の 給 与 ) 第 31 条 職 員 が 業 務 上 負 傷 し 若 しくは 疾 病 にかかり 又 は 通 勤 により 負 傷 し 若 し くは 疾 病 にかかり 休 職 となったときは その 休 職 の 期 間 中 基 本 給 特 別 都 市 手 当 広 域 異 動 手 当 住 居 手 当 及 び 賞 与 ( 以 下 この 条 において 本 俸 等 という ) 並 びに 単 身 赴 任 手 当 の 全 額 を 支 給 する 2 職 員 が 就 業 規 則 第 36 条 第 1 項 第 37 条 第 1 項 及 び 第 38 条 第 2 項 の 規 定 により 休 職 を 命 ぜられた 場 合 の 休 職 期 間 の 給 与 については 次 の 各 号 に 定 める 割 合 を 本 俸 等 の 月 額 に 乗 じて 得 た 額 を 支 給 することができる (1) 就 業 規 則 第 36 条 第 1 項 の 場 合 であって 当 該 休 職 期 間 が1 年 に 達 するまでは 100 分 の80 当 該 休 職 期 間 が1 年 を 超 えるときは 100 分 の60 (2) 就 業 規 則 第 37 条 第 1 項 第 1 号 及 び 第 2 号 の 規 定 により 休 職 を 命 ぜられた 場 合 は 100 分 の60 (3) 就 業 規 則 第 37 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 により 休 職 を 命 ぜられた 場 合 は その 都 度 理 事 長 が 定 める (4) 就 業 規 則 第 38 条 第 2 項 の 規 定 により 復 職 を 取 り 消 された 場 合 は 第 1 号 の 規 定 を 準 用 する 3 第 1 項 及 び 前 項 に 定 める 職 員 が 当 該 各 項 に 規 定 する 期 間 内 で 第 26 条 第 1 項 に 規 定 する 基 準 日 前 1か 月 以 内 に 退 職 し 又 は 死 亡 したときは 第 1 項 及 び 前 項 の 例 による 額 の 賞 与 を 支 給 することができる ( 端 数 の 処 理 ) 第 32 条 この 規 程 の 各 条 項 により 計 算 した 金 額 に50 銭 未 満 の 端 数 が 生 じたときには その 端 数 を 切 り 捨 て 50 銭 以 上 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは その 端 数 を1 円 と して 計 算 する

16 ( 在 外 職 員 の 給 与 ) 第 33 条 在 外 職 員 の 給 与 については 別 に 定 める ( 雑 則 ) 第 34 条 この 規 程 の 実 施 に 関 し 必 要 な 事 項 は 別 に 定 める 附 則 1 この 規 程 は 平 成 16 年 2 月 29 日 から 実 施 する 2 この 規 程 の 実 施 の 日 の 前 日 において 石 油 公 団 又 は 金 属 鉱 業 事 業 団 の 職 員 であった 者 でこの 規 程 の 実 施 の 日 に 引 き 続 いて 機 構 の 職 員 となった 者 の 在 職 期 間 については そ の 者 の 石 油 公 団 又 は 金 属 鉱 業 事 業 団 の 職 員 としての 在 職 期 間 を 機 構 の 職 員 としての 在 職 期 間 とみなす 3 平 成 16 年 度 における 昇 給 は 第 5 条 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 次 の 表 に 定 める ところにより 行 う この 規 程 の 実 施 の 日 の 前 日 に 平 成 16 年 度 の 機 構 にお 昇 給 の 基 礎 おけるその 者 の 昇 給 の 時 期 けるその 者 の 昇 給 の 時 期 平 成 16 年 4 月 1 日 平 成 16 年 4 月 1 日 4 号 俸 上 位 の 号 俸 平 成 16 年 7 月 1 日 1 号 俸 上 位 の 号 俸 平 成 16 年 7 月 1 日 4 号 俸 上 位 の 号 俸 平 成 16 年 10 月 1 日 3 号 俸 上 位 の 号 俸 平 成 17 年 1 月 1 日 2 号 俸 上 位 の 号 俸 4 平 成 30 年 3 月 31 日 までの 間 職 員 ( 別 表 第 1に 掲 げる 俸 給 表 の 適 用 を 受 ける 職 員 のうち その 職 員 の 属 する 等 級 が1 等 級 から4 等 級 にある 者 であってその 号 俸 がそ の 等 級 における 最 低 の 号 俸 でないものに 限 る 以 下 この 項 及 び 次 項 において 特 定 職 員 という )に 対 する 次 に 掲 げる 給 与 の 支 給 にあたっては 当 該 特 定 職 員 が55 歳 に 達 した 日 後 における 最 初 の4 月 1 日 ( 特 定 職 員 以 外 の 者 が55 歳 に 達 した 日 後 におけ る 最 初 の4 月 1 日 後 に 特 定 職 員 となった 場 合 にあっては 特 定 職 員 となった 日 ) 以 後 次 の 各 号 に 掲 げる 給 与 の 額 から それぞれ 当 該 各 号 に 定 める 額 に 相 当 する 額 を 減 ずる (1) 本 俸 月 額 当 該 特 定 職 員 の 本 俸 月 額 に100 分 の1.5を 乗 じて 得 た 額 ( 当 該 特 定 職 員 の 本 俸 月 額 に100 分 の98.5を 乗 じて 得 た 額 が 当 該 特 定 職 員 の 属 する 等 級 における 最 低 の 号 俸 の 本 俸 月 額 に 達 しない 場 合 ( 以 下 この 項 及 び 附 則 第 6 項 に おいて 最 低 号 俸 に 達 しない 場 合 という )にあっては 当 該 特 定 職 員 の 本 俸 月 額 から 当 該 特 定 職 員 の 属 する 等 級 における 最 低 の 号 俸 の 本 俸 月 額 を 減 じた 額 ( 以 下 こ の 項 及 び 附 則 第 6 項 において 本 俸 月 額 減 額 基 礎 額 という )) (2) 職 責 手 当 当 該 特 定 職 員 の 職 責 手 当 の 月 額 に100 分 の1.5を 乗 じて 得 た 額

17 (3) 特 別 都 市 手 当 当 該 特 定 職 員 の 本 俸 月 額 及 び 職 責 手 当 の 月 額 に 対 する 特 別 都 市 手 当 の 月 額 に100 分 の1.5を 乗 じて 得 た 額 ( 最 低 号 俸 に 達 しない 場 合 にあって は 本 俸 月 額 減 額 基 礎 額 に 対 する 特 別 都 市 手 当 の 月 額 及 び 職 責 手 当 の 月 額 に 対 する 特 別 都 市 手 当 の 月 額 に100 分 の1.5を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 ) (4) 広 域 異 動 手 当 当 該 特 定 職 員 の 本 俸 月 額 及 び 職 責 手 当 の 月 額 に 対 する 広 域 異 動 手 当 の 月 額 に100 分 の1.5を 乗 じて 得 た 額 ( 最 低 号 俸 に 達 しない 場 合 にあって は 本 俸 月 額 減 額 基 礎 額 に 対 する 広 域 異 動 手 当 の 月 額 及 び 職 責 手 当 の 月 額 に 対 する 広 域 異 動 手 当 の 月 額 に100 分 の1.5を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 ) (5) 賞 与 それぞれその 基 準 日 現 在 において 当 該 特 定 職 員 が 受 けるべき 本 俸 月 額 並 びにこれに 対 する 特 別 都 市 手 当 及 び 広 域 異 動 手 当 の 月 額 の 合 計 額 ( 第 26 条 表 1に 定 める 職 員 にあっては 当 該 合 計 額 に 当 該 合 計 額 にそれぞれ 同 表 に 定 める 加 算 率 を 乗 じて 得 た 額 ( 同 条 表 2に 定 める 地 位 にある 職 員 にあっては その 額 に 本 俸 月 額 にそれぞれ 同 表 に 定 める 割 増 率 を 乗 じて 得 た 額 を 加 算 した 額 )を 加 算 した 額 )に 同 条 第 3 項 に 定 める 支 給 係 数 を 乗 じて 得 た 額 に 同 条 第 4 項 に 定 める 職 員 の 職 務 に 応 じて 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た 額 に 賞 与 の 固 定 部 分 にあっては 同 項 在 職 期 間 の 区 分 に 応 じて 別 に 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た 額 ( 賞 与 の 業 績 部 分 にあっては 同 条 第 5 項 に 定 める 勤 務 期 間 の 区 分 に 応 じて 別 に 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た 額 )に 評 価 係 数 を 乗 じて 得 た 額 に100 分 の1.5を 乗 じて 得 た 額 ( 最 低 号 俸 に 達 しない 場 合 にあって は それぞれその 基 準 日 現 在 において 当 該 特 定 職 員 が 受 けるべき 本 俸 月 額 減 額 基 礎 額 並 びにこれに 対 する 特 別 都 市 手 当 及 び 広 域 異 動 手 当 の 月 額 の 合 計 額 ( 同 条 表 1に 定 める 職 員 にあっては 当 該 合 計 額 に 本 俸 月 額 減 額 基 礎 額 並 びにこれに 対 する 特 別 都 市 手 当 及 び 広 域 異 動 手 当 の 月 額 の 合 計 額 にそれぞれ 同 表 に 定 める 加 算 率 を 乗 じ て 得 た 額 ( 同 条 表 2に 定 める 地 位 にある 職 員 にあっては 当 該 合 計 額 に 本 俸 月 額 減 額 基 礎 額 にそれぞれ 同 表 に 定 める 割 増 率 を 乗 じて 得 た 額 を 加 算 した 額 )を 加 算 し た 額 )に 同 条 第 3 項 に 定 める 支 給 係 数 を 乗 じて 得 た 額 に 同 条 第 4 項 に 定 める 職 員 の 職 務 に 応 じて 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た 額 に 賞 与 の 固 定 部 分 にあっては 同 項 に 定 める 在 職 期 間 の 区 分 に 応 じて 別 に 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た 額 ( 賞 与 の 業 績 部 分 に あっては 同 条 第 5 項 に 定 める 勤 務 期 間 の 区 分 に 応 じて 別 に 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た 額 に 評 価 係 数 を 乗 じて 得 た 額 )) (6) 特 地 勤 務 手 当 当 該 特 定 職 員 の 本 俸 月 額 に 対 する 特 地 勤 務 手 当 の 月 額 の2 分 の 1に 相 当 する 額 に100 分 の1.5を 乗 じて 得 た 額 ( 最 低 号 俸 に 達 しない 場 合 にあ っては 本 俸 月 額 減 額 基 礎 額 に 対 する 特 地 勤 務 手 当 の 月 額 の2 分 の1に 相 当 する 額 ) (7) 特 地 勤 務 手 当 に 準 ずる 手 当 平 成 22 年 12 月 1 日 以 降 新 たに 当 該 手 当 の 支 給 を 受 けることとなった 場 合 において 第 25 条 第 1 項 に 定 める 異 動 の 日 に 受 けるべ き 本 俸 月 額 に 対 する 特 地 勤 務 手 当 に 準 ずる 手 当 の 月 額 に100 分 の1.5を 乗 じて 得 た 額 ( 最 低 号 俸 に 達 しない 場 合 にあっては 本 俸 月 額 基 礎 額 に 対 する 特 地 勤 務 手

18 当 に 準 ずる 手 当 の 月 額 ) (8) 第 28 条 及 び 第 31 条 の 規 定 により 支 給 される 給 与 当 該 特 定 職 員 に 適 用 される 次 に 掲 げる 規 定 の 区 分 に 応 じ それぞれ 次 に 定 める 額 イ 第 28 条 第 1 項 前 各 号 に 定 める 額 ロ 第 28 条 第 2 項 及 び 第 31 条 第 1 項 第 1 号 及 び 第 3 号 から 第 5 号 に 定 める 額 ハ 第 31 条 第 2 項 第 1 号 第 1 号 及 び 第 3 号 から 第 5 号 に 定 める 額 に100 分 の 80( 当 該 休 職 期 間 が1 年 を 超 える 場 合 にあっては100 分 の60)を 乗 じて 得 た 額 ニ 第 31 条 第 2 項 第 2 号 及 び 第 3 号 第 1 号 及 び 第 3 号 から 第 5 号 に 定 める 額 に 100 分 の60を 乗 じて 得 た 額 5 前 項 に 規 定 するもののほか 特 定 職 員 以 外 の 者 が 月 の 初 日 以 外 の 日 に 特 定 職 員 とな った 場 合 における 同 項 の 減 ずる 額 の 計 算 その 他 同 項 の 規 定 の 実 施 に 関 し 必 要 な 事 項 は 人 事 院 規 則 に 準 じて 実 施 する 6 附 則 第 4 項 の 規 定 により 給 与 が 減 ぜられて 支 給 される 職 員 についての 第 17 条 第 25 条 の2 第 27 条 第 29 条 及 び 第 30 条 に 規 定 する 勤 務 1 時 間 当 たりの 給 与 額 は 第 18 条 の 規 定 にかかわらず 同 条 の 規 定 により 算 出 した 給 与 額 から 本 俸 月 額 及 び 職 責 手 当 の 月 額 並 びにこれらに 対 する 特 別 都 市 手 当 及 び 広 域 異 動 手 当 の 月 額 の 合 計 額 に12を 乗 じ その 額 を 年 間 所 定 労 働 時 間 で 除 して 得 た 額 に100 分 の1.5を 乗 じて 得 た 額 ( 最 低 号 俸 に 達 しない 場 合 にあっては 本 俸 月 額 減 額 基 礎 額 及 び 職 責 手 当 の 月 額 に100 分 の1.5を 乗 じて 得 た 額 並 びにこれらに 対 する 特 別 都 市 手 当 及 び 広 域 異 動 手 当 の 月 額 の 合 計 額 に12を 乗 じ その 額 を 年 間 所 定 労 働 時 間 で 除 して 得 た 額 )に 相 当 する 額 を 減 じた 額 とする 7 平 成 25 年 3 月 31 日 において 独 立 行 政 法 人 新 エネルギー 産 業 技 術 総 合 開 発 機 構 ( 以 下 開 発 機 構 という )の 職 員 であった 者 で 同 年 4 月 1 日 に 引 き 続 いて 機 構 の 職 員 となった 者 の 在 職 期 間 については その 者 の 開 発 機 構 の 職 員 としての 在 職 期 間 を 機 構 の 職 員 としての 在 職 期 間 とみなす 8 前 項 に 規 定 する 者 の 給 与 に 係 る 経 過 措 置 等 に 関 し 必 要 な 事 項 は 別 に 定 めるものとす る 附 則 この 規 程 は 平 成 16 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則

19 1 この 規 程 は 平 成 17 年 8 月 1 日 から 施 行 し 平 成 16 年 2 月 29 日 から 適 用 する 2 改 正 後 の 規 程 を 適 用 する 場 合 においては 改 正 前 の 規 程 に 基 づいて 支 給 された 給 与 は 改 正 後 の 規 程 による 給 与 の 内 払 いとみなす 附 則 1 この 規 程 は 平 成 17 年 12 月 1 日 から 施 行 する 2 平 成 17 年 12 月 に 支 給 する 賞 与 の 額 は 改 正 後 の 規 程 第 26 条 第 2 項 の 規 定 にか かわらず この 規 定 により 算 定 される 賞 与 の 額 ( 以 下 基 準 額 という )から 次 に 掲 げる 額 の 合 計 額 ( 以 下 調 整 額 という )に 相 当 する 額 を 減 じた 額 とする こ の 場 合 において 調 整 額 が 基 準 額 以 上 となるときは 賞 与 は 支 給 しない (1) 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 同 月 2 日 から 同 年 12 月 1 日 までの 間 に 新 たに 職 員 となっ た 者 にあっては 新 たに 職 員 となった 日 )において 職 員 が 受 けるべき 本 俸 扶 養 手 当 職 責 手 当 特 別 都 市 手 当 住 居 手 当 単 身 赴 任 手 当 ( 第 20 条 第 2 項 に 規 定 す る 別 に 定 める 額 を 除 く ) 特 地 勤 務 手 当 及 び 特 地 勤 務 手 当 に 準 ずる 手 当 の 月 額 の 合 計 額 に100 分 の0.36を 乗 じて 得 た 額 ( 附 則 第 3 項 において 附 則 第 2 項 第 1 号 基 礎 額 という )に 同 年 4 月 から 施 行 日 の 属 する 月 の 前 月 までの 月 数 ( 同 年 4 月 1 日 から 施 行 日 の 前 日 までの 期 間 において 在 職 しなかった 期 間 給 与 を 支 給 されなかった 期 間 その 他 の 別 に 定 める 期 間 がある 職 員 にあっては 当 該 月 数 から 当 該 期 間 を 考 慮 して 別 に 定 める 月 数 を 減 じた 月 数 )を 乗 じて 得 た 額 (2) 平 成 17 年 6 月 に 支 給 された 賞 与 の 額 に100 分 の0.36を 乗 じて 得 た 額 3 附 則 第 2 項 第 1 号 基 礎 額 又 は 前 項 第 2 号 に 掲 げる 額 に1 円 未 満 の 端 数 を 生 じたとき は これを 切 り 捨 てるものとする 附 則 1 この 規 程 は 平 成 18 年 4 月 1 日 から 施 行 する 2 平 成 18 年 4 月 1 日 ( 以 下 切 替 日 という )の 前 日 から 引 き 続 き 俸 給 表 の 適 用 を 受 ける 職 員 で その 者 の 受 ける 本 俸 月 額 が 同 日 において 受 けていた 本 俸 月 額 に 達 し ないこととなる 職 員 には 本 俸 月 額 のほか その 差 額 に 相 当 する 額 を 本 俸 として 支 給 する 3 切 替 日 以 降 に 新 たに 俸 給 表 の 適 用 を 受 けることとなった 職 員 について 任 用 の 事 情 等 を 考 慮 して 前 項 の 規 定 による 本 俸 を 支 給 される 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 めら れるときは 当 該 職 員 には 前 項 の 規 定 に 準 じて 本 俸 を 支 給 する 附 則 1 この 規 程 は 平 成 19 年 4 月 1 日 から 施 行 する 2 平 成 18 年 4 月 1 日 ( 以 下 切 替 日 という )の 前 日 から 引 き 続 き 在 職 している

20 職 員 で その 者 の 受 ける 本 俸 月 額 が 切 替 日 前 日 において 受 けていた 本 俸 月 額 に 達 しな いこととなる 職 員 には 平 成 22 年 6 月 30 日 までの 間 本 俸 月 額 のほか その 差 額 に 相 当 する 額 に 次 の 各 号 に 掲 げる 期 間 の 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た 額 (その 額 に 100 円 未 満 の 端 数 があるときは その 端 数 を 切 り 捨 てた 額 )を 本 俸 と して 支 給 する (1) 平 成 19 年 4 月 1 日 から 平 成 19 年 6 月 30 日 まで 100 分 の100 (2) 平 成 19 年 7 月 1 日 から 平 成 20 年 6 月 30 日 まで 100 分 の80 (3) 平 成 20 年 7 月 1 日 から 平 成 21 年 6 月 30 日 まで 100 分 の60 (4) 平 成 21 年 7 月 1 日 から 平 成 22 年 6 月 30 日 まで 100 分 の30 3 平 成 19 年 4 月 1 日 ( 以 下 基 準 日 という )の 前 日 から 引 き 続 き 在 職 している 職 員 で その 者 の 受 ける 職 責 手 当 が 同 日 において 受 けていた 職 責 手 当 ( 以 下 経 過 措 置 基 準 額 という )に 達 しないこととなる 職 員 で 次 の 各 号 に 該 当 する 職 員 には 次 の 各 号 に 掲 げる 額 を 支 給 する (1) 平 成 19 年 4 月 1 日 から 平 成 20 年 3 月 31 日 まで 間 は 経 過 措 置 基 準 額 と 改 正 後 の 規 程 第 14 条 に 基 づく 職 責 手 当 の 額 ( 以 下 新 規 程 職 責 手 当 額 という )と の 差 額 が 5,000 円 を 超 える 場 合 は 経 過 措 置 基 準 額 から 5,000 円 を 減 じた 額 (2) 平 成 20 年 4 月 1 日 から 平 成 21 年 3 月 31 日 まで 間 は 経 過 措 置 基 準 額 と 新 規 程 職 責 手 当 額 との 差 額 が 10,000 円 を 超 える 場 合 は 経 過 措 置 基 準 額 から 10,000 円 を 減 じた 額 4 基 準 日 の 前 日 から 引 き 続 き 在 職 している 職 員 で その 者 の 受 ける 職 責 手 当 が 経 過 措 置 基 準 額 を 上 回 ることとなる 職 員 で 次 の 各 号 に 該 当 する 職 員 には 次 の 各 号 に 掲 げる 額 を 支 給 する (1) 平 成 19 年 4 月 1 日 から 平 成 20 年 3 月 31 日 まで 間 は 経 過 措 置 基 準 額 と 新 規 程 職 責 手 当 額 との 差 額 が 5,000 円 を 超 える 場 合 は 経 過 措 置 基 準 額 に 5,000 円 を 加 算 した 額 (2) 平 成 20 年 4 月 1 日 から 平 成 21 年 3 月 31 日 まで 間 は 経 過 措 置 基 準 額 と 新 規 程 職 責 手 当 額 との 差 額 が 10,000 円 を 超 える 場 合 は 経 過 措 置 基 準 額 に 10,000 円 を 加 算 した 額 5 基 準 日 以 降 に 職 務 の 区 分 が 異 動 となる 者 の 職 責 手 当 は 前 2 項 の 規 定 にかかわらず 第 14 条 に 基 づく 額 とする 6 平 成 20 年 3 月 31 日 までの 間 においては 改 正 後 の 規 程 第 16 条 の2 第 1 項 第 1 号 中 100 分 の6 とあるのは 100 分 の4 と 同 項 第 2 号 中 100 分 の3 とあるのは 100 分 の2 とする 7 改 正 後 の 規 程 第 16 条 の2の 規 定 は 平 成 16 年 4 月 2 日 からこの 規 程 の 施 行 の 日 の 前 日 までの 間 に 職 員 がその 在 勤 する 事 務 所 を 異 にして 移 動 した 場 合 又 は 職 員 の 在 勤 する 事 務 所 が 移 転 した 場 合 についても 適 用 する この 場 合 において 同 条 第 1 項 中 当

21 該 異 動 等 の 日 から とあるのは 平 成 19 年 4 月 1 日 から 当 該 異 動 等 の 日 以 後 と する 附 則 この 規 程 は 平 成 19 年 7 月 1 日 から 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 19 年 12 月 1 日 から 施 行 し 平 成 19 年 4 月 1 日 から 適 用 する 附 則 1 この 規 程 は 平 成 21 年 12 月 1 日 から 施 行 する 2 平 成 21 年 12 月 に 支 給 する 賞 与 の 額 は 改 正 後 の 規 程 第 26 条 第 2 項 の 規 定 にか かわらず この 規 定 により 算 定 される 賞 与 の 額 ( 以 下 基 準 額 という )から 次 に 掲 げる 額 の 合 計 額 ( 以 下 調 整 額 という )に 相 当 する 額 を 減 じた 額 とする こ の 場 合 において 調 整 額 が 基 準 額 以 上 となるときは 賞 与 は 支 給 しない (1) 平 成 21 年 4 月 1 日 ( 同 月 2 日 から 同 年 12 月 1 日 までの 間 に 新 たに 職 員 ( 適 用 される 俸 給 表 が 次 の 表 に 掲 げるもの 以 外 の 職 員 ( 以 下 減 額 改 定 対 象 職 員 という ) のとなった 者 にあっては 新 たに 職 員 となった 日 )において 職 員 が 受 けるべき 本 俸 扶 養 手 当 職 責 手 当 特 別 都 市 手 当 広 域 異 動 手 当 住 居 手 当 単 身 赴 任 手 当 ( 第 20 条 第 2 項 に 規 定 する 別 に 定 める 額 を 除 く ) 特 地 勤 務 手 当 及 び 特 地 勤 務 手 当 に 準 ずる 手 当 の 月 額 の 合 計 額 に100 分 の0.24を 乗 じて 得 た 額 ( 附 則 第 3 項 に おいて 附 則 第 2 項 第 1 号 基 礎 額 という )に 同 年 4 月 から 施 行 日 の 属 する 月 の 前 月 までの 月 数 ( 同 年 4 月 1 日 から 施 行 日 の 前 日 までの 期 間 において 在 職 しなか った 期 間 給 与 を 支 給 されなかった 期 間 減 額 改 定 対 象 職 員 以 外 の 職 員 であった 期 間 その 他 の 別 に 定 める 期 間 がある 職 員 にあっては 当 該 月 数 から 当 該 期 間 を 考 慮 し て 別 に 定 める 月 数 を 減 じた 月 数 )を 乗 じて 得 た 額 等 級 号 俸 6 等 級 1 号 俸 から57 号 俸 5 等 級 1 号 俸 から10 号 俸 (2) 平 成 21 年 6 月 1 日 において 減 額 改 定 対 象 職 員 であった 者 に 同 月 に 支 給 された 賞 与 の 額 に100 分 の0.24を 乗 じて 得 た 額 3 附 則 第 2 項 第 1 号 基 礎 額 又 は 前 項 第 2 号 に 掲 げる 額 に1 円 未 満 の 端 数 を 生 じたとき は これを 切 り 捨 てるものとする 附 則

22 この 規 程 は 平 成 22 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 1 この 規 程 は 平 成 22 年 12 月 1 日 から 施 行 する ただし 第 5 項 の 規 定 は 平 成 23 年 4 月 1 日 から 施 行 する 2 平 成 22 年 12 月 に 支 給 する 賞 与 の 固 定 部 分 の 額 は 改 正 後 の 職 員 給 与 規 程 ( 以 下 改 正 後 の 規 程 という ) 第 26 条 の 規 定 にかかわらず この 規 定 により 算 定 される 賞 与 の 固 定 部 分 の 額 ( 以 下 基 準 額 という )から 次 に 掲 げる 額 の 合 計 額 ( 以 下 調 整 額 という )に 相 当 する 額 を 減 じた 額 とする この 場 合 において 調 整 額 が 基 準 額 以 上 となるときは 賞 与 の 固 定 部 分 は 支 給 しない (1) 平 成 22 年 4 月 1 日 ( 同 月 2 日 から 同 年 12 月 1 日 までの 間 に 新 たに 職 員 ( 適 用 される 俸 給 表 が 次 の 表 に 掲 げる 以 外 の 職 員 ( 以 下 減 額 改 定 職 員 という ))とな った 者 にあっては 新 たに 職 員 となった 日 )において 職 員 が 受 けるべき 本 俸 月 額 扶 養 手 当 職 責 手 当 特 別 都 市 手 当 広 域 異 動 手 当 住 居 手 当 単 身 赴 任 手 当 ( 第 20 条 第 2 項 に 規 定 する 別 に 定 める 額 を 除 く ) 特 地 勤 務 手 当 及 び 特 地 勤 務 手 当 に 準 ずる 手 当 の 月 額 の 合 計 額 に100 分 の0.28を 乗 じて 得 た 額 ( 第 3 項 において 第 2 項 第 1 号 基 礎 額 という )に 同 年 4 月 から 施 行 日 の 属 する 月 の 前 月 までの 月 数 ( 同 年 4 月 1 日 から 施 行 日 の 前 日 までの 期 間 において 在 職 しなかった 期 間 給 与 を 支 給 されなかった 期 間 減 額 改 定 対 象 職 員 以 外 の 職 員 であった 期 間 その 他 人 事 院 規 則 に 定 める 期 間 がある 職 員 にあっては 当 該 月 数 から 当 該 期 間 を 考 慮 して 人 事 院 規 則 で 定 める 月 数 を 減 じた 月 数 )を 乗 じて 得 た 額 等 級 号 俸 6 等 級 1 号 俸 から105 号 俸 5 等 級 1 号 俸 から58 号 俸 4 等 級 1 号 俸 から27 号 俸 (2) 平 成 22 年 6 月 1 日 において 減 額 改 定 対 象 職 員 であった 者 に 同 月 に 支 給 された 賞 与 の 額 に100 分 の0.28を 乗 じて 得 た 額 3 第 2 項 第 1 号 基 礎 額 又 は 前 項 第 2 号 に 掲 げる 額 に1 円 未 満 の 端 数 を 生 じたときは これを 切 り 捨 てるものとする 4 平 成 22 年 4 月 1 日 前 に55 歳 に 達 した 職 員 に 対 する 改 正 後 の 規 程 附 則 第 4 項 の 規 定 の 適 用 については 同 項 中 当 該 特 定 職 員 が55 歳 に 達 した 日 後 における 最 初 の4 月 1 日 とあるのは 改 正 後 の 規 程 の 施 行 の 日 と 55 歳 に 達 した 日 後 における 最 初 の4 月 1 日 後 とあるのは 同 日 後 とする 5 平 成 23 年 4 月 1 日 において43 歳 に 満 たない 職 員 ( 同 日 において 別 表 第 1に 掲

23 げる 俸 給 表 の 適 用 を 受 ける 職 員 でその 職 員 の 属 する 等 級 における 最 高 の 号 俸 を 受 ける ものを 除 く )のうち 平 成 21 年 7 月 1 日 において 給 与 構 造 改 革 基 づく 昇 給 抑 制 を 受 けた 者 については 平 成 23 年 4 月 1 日 における 号 俸 は この 項 の 規 定 の 適 用 がない ものとした 場 合 に 同 日 に 受 けることとなる 号 俸 の1 号 俸 上 位 の 号 俸 とする 附 則 1 この 規 程 は 平 成 24 年 6 月 5 日 から 施 行 し 平 成 24 年 6 月 1 日 から 適 用 する 2 平 成 24 年 4 月 1 日 において36 歳 に 満 たない 職 員 ( 同 日 において 別 表 第 1に 掲 げる 俸 給 表 の 適 用 を 受 ける 職 員 でその 職 員 の 属 する 等 級 における 最 高 の 号 俸 を 受 ける 者 ( 以 下 除 外 職 員 という )を 除 く )のうち 平 成 18 年 7 月 1 日 平 成 19 年 7 月 1 日 及 び 平 成 20 年 7 月 1 日 のこの 規 程 第 5 条 の 規 定 による 昇 給 その 他 の 号 俸 の 決 定 の 状 況 ( 以 下 調 整 考 慮 事 項 という )を 考 慮 して 調 整 の 必 要 があるものとして 別 に 定 める 職 員 の 平 成 24 年 6 月 1 日 における 号 俸 は この 項 の 規 定 の 適 用 がないも のとした 場 合 に 同 日 に 受 けることとなる 号 俸 の1 号 俸 ( 職 員 の 調 整 考 慮 事 項 を 考 慮 し て 特 に 調 整 の 必 要 があるものとして 別 に 定 める 職 員 にあっては2 号 俸 ) 上 位 の 号 俸 と する 3 平 成 25 年 4 月 1 日 において 別 に 定 める 年 齢 に 満 たない 職 員 ( 同 日 において 除 外 職 員 である 者 を 除 く )のうち 当 該 職 員 の 調 整 考 慮 事 項 及 び 平 成 24 年 6 月 1 日 におけ る 号 俸 の 調 整 の 状 況 を 考 慮 して 調 整 の 必 要 があるものとして 別 に 定 める 職 員 の 平 成 25 年 4 月 1 日 における 号 俸 は この 項 の 規 定 の 適 用 がないものとした 場 合 に 同 日 に 受 けることとなる 号 俸 の1 号 俸 ( 職 員 の 調 整 考 慮 事 項 を 考 慮 して 特 に 調 整 の 必 要 があ るものとして 別 に 定 める 職 員 にあっては2 号 俸 ) 上 位 の 号 俸 とする 4 平 成 26 年 4 月 1 日 において 別 に 定 める 年 齢 に 満 たない 職 員 ( 同 日 において 除 外 職 員 である 者 を 除 く )のうち 当 該 職 員 の 調 整 考 慮 事 項 並 びに 平 成 24 年 6 月 1 日 及 び 平 成 25 年 4 月 1 日 における 号 俸 の 調 整 の 状 況 を 考 慮 して 調 整 の 必 要 があるものとし て 別 に 定 める 職 員 の 平 成 26 年 4 月 1 日 における 号 俸 は この 項 の 規 定 の 適 用 がない ものとした 場 合 に 同 日 に 受 けることとなる 号 俸 の1 号 俸 ( 職 員 の 調 整 考 慮 事 項 を 考 慮 して 特 に 調 整 の 必 要 があるものとして 別 に 定 める 職 員 にあっては2 号 俸 ) 上 位 の 号 俸 とする 5 平 成 24 年 6 月 1 日 から 平 成 26 年 5 月 31 日 までの 間 ( 以 下 特 例 期 間 という ) においては 別 表 第 1に 掲 げる 俸 給 表 の 適 用 を 受 ける 職 員 に 対 する 本 俸 月 額 の 支 給 に 当 たっては 本 俸 月 額 から 本 俸 月 額 に 当 該 職 員 に 適 用 される 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げ る 職 務 の 等 級 の 区 分 に 応 じそれぞれ 同 表 の 右 欄 に 定 める 割 合 ( 以 下 支 給 減 額 率 と いう )を 乗 じて 得 た 額 に 相 当 する 額 を 減 ずる

24 等 級 支 給 減 額 率 1 等 級 及 び2 等 級 100 分 の 等 級 及 び4 等 級 100 分 の 等 級 及 び6 等 級 100 分 の 特 例 期 間 においては この 規 程 に 基 づき 支 給 される 給 与 のうち 次 に 掲 げる 給 与 の 支 給 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 給 与 の 額 から 当 該 各 号 に 定 める 額 に 相 当 する 額 を 減 ずる (1) 職 責 手 当 当 該 職 員 の 職 責 手 当 ( 別 表 第 4により 職 務 の 区 分 1から9に 区 分 され る 職 責 手 当 に 限 る 以 下 次 号 第 3 号 及 び 第 7 号 並 びに 次 項 において 同 じ )の 月 額 に100 分 の10を 乗 じて 得 た 額 (2) 特 別 都 市 手 当 当 該 職 員 の 本 棒 月 額 に 対 する 特 別 都 市 手 当 の 月 額 に 当 該 職 員 の 支 給 減 額 率 を 乗 じて 得 た 額 及 び 当 該 職 員 の 職 責 手 当 に 対 する 特 別 都 市 手 当 の 月 額 に 100 分 の10を 乗 じて 得 た 額 (3) 広 域 異 動 手 当 当 該 職 員 の 本 棒 月 額 に 対 する 広 域 異 動 手 当 の 月 額 に 当 該 職 員 の 支 給 減 額 率 を 乗 じて 得 た 額 及 び 当 該 職 員 の 職 責 手 当 に 対 する 広 域 異 動 手 当 の 月 額 に 100 分 の10を 乗 じて 得 た 額 (4) 特 地 勤 務 手 当 当 該 職 員 の 本 棒 月 額 に 対 する 特 地 勤 務 手 当 の 月 額 に 当 該 職 員 の 支 給 減 額 率 を 乗 じて 得 た 額 (5) 特 地 勤 務 手 当 に 準 ずる 手 当 当 該 職 員 の 本 棒 月 額 に 対 する 特 地 勤 務 手 当 に 準 ずる 手 当 の 月 額 に 当 該 職 員 の 支 給 減 額 率 を 乗 じて 得 た 額 (6) 賞 与 当 該 職 員 が 受 けるべき 賞 与 の 固 定 部 分 の 額 に100 分 の9.77を 乗 じて 得 た 額 及 び 賞 与 の 業 績 給 の 額 に100 分 の9.77を 乗 じて 得 た 額 (7) 第 28 条 及 び 第 31 条 の 規 定 により 支 給 される 給 与 当 該 職 員 に 適 用 される 次 の イからニまでに 掲 げる 規 定 の 区 分 に 応 じ 当 該 イからニまでに 定 める 額 イ 第 28 条 第 1 項 前 項 及 び 前 各 号 に 定 める 額 ロ 第 28 条 第 2 項 及 び 第 31 条 第 1 項 前 項 並 びに 第 2 号 第 3 号 及 び 前 号 に 定 め る 額 ハ 第 31 条 第 2 項 第 1 号 及 び 第 2 号 前 項 並 びに 第 2 号 第 3 号 及 び 前 号 に 定 める 額 に 同 項 第 1 号 又 は 第 2 号 の 規 定 により 当 該 職 員 に 支 給 される 給 与 の 割 合 を 乗 じて 得 た 額 ニ 第 31 条 第 3 項 前 号 に 定 める 額 7 特 例 期 間 においては 第 17 条 第 25 条 の2 第 27 条 第 29 条 及 び 第 30 条 に 規 定 する 勤 務 1 時 間 当 たりの 給 与 額 は 第 18 条 の 規 定 にかかわらず 同 条 の 規 定 により 算 出 した 給 与 額 から 本 俸 月 額 及 び 職 責 手 当 の 月 額 並 びにこれらに 対 する 特 別 都 市 手 当 及 び 広 域 異 動 手 当 の 月 額 の 合 計 額 に12を 乗 じ その 額 を 年 間 所 定 労 働 時 間 で 除 して 得 た 額 に 当 該 職 員 の 支 給 減 額 率 を 乗 じて 得 た 額 に 相 当 する 額 を 減 じた 額 とす

25 る 8 特 例 期 間 においては 附 則 第 4 項 の 規 定 の 適 用 を 受 ける 職 員 に 対 する 第 5 項 第 6 項 各 号 及 び 前 項 の 規 定 の 適 用 については 第 5 項 中 本 俸 月 額 に とあるのは 本 俸 月 額 から 附 則 第 4 項 第 1 号 に 定 める 額 に 相 当 する 額 を 減 じた 額 に と 第 6 項 第 1 号 中 職 責 手 当 ( 別 表 第 4により 職 務 の 区 分 1から9に 区 分 される 職 責 手 当 に 限 る 以 下 次 号 第 3 号 及 び 第 7 号 並 びに 次 項 において 同 じ )の 月 額 とあるのは 職 責 手 当 ( 別 表 第 4により 職 務 の 区 分 1から9に 区 分 される 職 責 手 当 に 限 る 以 下 次 号 第 3 号 及 び 第 7 号 並 びに 次 項 において 同 じ )の 月 額 から 附 則 第 4 項 第 2 号 に 定 める 額 に 相 当 する 額 を 減 じた 額 と 同 項 第 2 号 中 特 別 都 市 手 当 の 月 額 とあるのは 特 別 都 市 手 当 の 月 額 から 附 則 第 4 項 第 3 号 に 定 める 額 に 相 当 する 額 を 減 じた 額 と 同 項 第 3 号 中 広 域 異 動 手 当 の 月 額 とあるのは 広 域 異 動 手 当 の 月 額 から 附 則 第 4 項 第 4 号 に 定 める 額 に 相 当 する 額 を 減 じた 額 と 同 項 第 4 号 中 特 地 勤 務 手 当 の 月 額 とあるのは 特 地 勤 務 手 当 の 月 額 から 附 則 第 4 項 第 6 号 に 定 める 額 に 相 当 する 額 を 減 じた 額 と 同 項 第 5 号 中 特 地 勤 務 手 当 に 準 ずる 手 当 の 月 額 とあるのは 特 地 勤 務 手 当 に 準 ずる 手 当 の 月 額 から 附 則 第 4 項 第 7 号 に 定 める 額 に 相 当 する 額 を 減 じた 額 と 同 項 第 6 号 中 賞 与 の 固 定 部 分 の 額 とあるのは 賞 与 の 固 定 部 分 の 額 から 附 則 第 4 項 第 5 号 に 定 める 賞 与 の 固 定 部 分 の 減 ずる 額 に 相 当 する 額 を 減 じた 額 と 同 号 中 賞 与 の 業 績 給 の 額 とあるのは 賞 与 の 業 績 給 の 額 から 附 則 第 4 項 第 5 号 に 定 める 賞 与 の 業 績 給 の 減 ずる 額 に 相 当 する 額 を 減 じた 額 と 同 項 第 7 号 イ 中 前 項 及 び 前 各 号 に 定 める 額 とあるのは 第 8 項 の 規 定 により 読 み 替 えられた 前 項 及 び 前 各 号 に 定 める 額 と 同 号 ロ 及 びハ 中 前 項 並 びに 第 2 号 第 3 号 及 び 前 号 に 定 める 額 とあるのは 第 8 項 の 規 定 により 読 み 替 えられた 前 項 並 びに 第 2 号 第 3 号 及 び 前 号 に 定 める 額 と 同 号 ニ 中 前 号 に 定 める 額 とあるのは 第 8 項 の 規 定 により 読 み 替 えられた 前 号 に 定 める 額 と 前 項 中 除 して 得 た 額 に とあるのは 除 して 得 た 額 から 附 則 第 6 項 の 規 定 により 給 与 額 から 減 ずることとされる 額 に 相 当 する 額 を 減 じた 額 に とする 9 第 5 項 から 前 項 までの 規 定 に 基 づき 給 与 の 支 給 に 当 たって 減 ずることとされる 額 を 算 定 する 場 合 において 当 該 額 に1 円 未 満 の 端 数 を 生 じたときは これを 切 り 捨 てる ものとする 10 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 在 外 職 員 給 与 規 程 の 適 用 を 受 ける 職 員 の 特 例 期 間 における 同 規 程 に 基 づく 海 外 本 俸 及 び 賞 与 の 支 給 に 当 たっては 第 5 項 から 前 項 の 規 定 を 準 用 する 附 則 この 規 程 は 平 成 25 年 4 月 1 日 から 施 行 する

26 附 則 1 この 規 程 は 平 成 26 年 12 月 5 日 から 施 行 し 平 成 26 年 4 月 1 日 から 適 用 する 2 改 正 後 の 規 程 を 適 用 する 場 合 においては 改 正 前 の 規 程 に 基 づいて 支 給 された 給 与 は 改 正 後 の 規 程 による 給 与 の 内 払 いとみなす 附 則 1 この 規 程 は 平 成 27 年 4 月 1 日 から 施 行 する 2 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 以 下 切 替 日 という )の 前 日 から 引 き 続 き 俸 給 表 の 適 用 を 受 ける 職 員 で その 者 の 受 ける 本 俸 月 額 が 同 日 において 受 けていた 本 俸 月 額 に 達 し ないこととなる 職 員 には 平 成 30 年 3 月 31 日 までの 間 本 俸 月 額 のほか その 差 額 に 相 当 する 額 ( 別 表 第 1に 掲 げる 俸 給 表 の 適 用 を 受 ける 職 員 のうち その 職 員 の 属 する 等 級 が1 等 級 から4 等 級 にある 者 であってその 号 俸 がその 等 級 における 最 低 の 号 俸 でない 者 ( 以 下 この 項 において 特 定 職 員 という )にあっては 55 歳 に 達 した 日 後 における 最 初 の4 月 1 日 ( 特 定 職 員 以 外 の 者 が55 歳 に 達 した 日 後 における 最 初 の4 月 1 日 後 に 特 定 職 員 となった 場 合 にあっては 特 定 職 員 となった 日 ) 以 後 当 該 額 に100 分 の98.5を 乗 じて 得 た 額 )を 俸 給 として 支 給 する 3 切 替 日 以 降 に 新 たに 俸 給 表 の 適 用 を 受 けることとなった 職 員 について 任 用 の 事 情 等 を 考 慮 して 前 項 の 規 定 による 俸 給 を 支 給 される 職 員 との 権 衡 上 必 要 があると 認 め られるときは 当 該 職 員 には 前 項 の 規 定 に 準 じて 本 俸 を 支 給 する 4 切 替 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までの 間 においては 第 15 条 に 規 定 する 別 表 第 5の 支 給 割 合 にかかわらず 次 表 に 掲 げる 支 給 割 合 とする 事 務 所 割 合 1 機 構 本 部 が 所 在 する 事 務 所 100 分 の6.5 2 福 岡 県 福 岡 市 に 所 在 する 事 務 所 100 分 の4 5 切 替 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までの 間 における 単 身 赴 任 手 当 の 支 給 に 関 する 規 程 第 20 条 第 2 項 の 適 用 については 同 項 中 30,000 円 とあるのは 26,000 円 とする 6 切 替 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までの 間 に 職 員 がその 在 勤 する 官 署 を 異 にして 異 動 した 場 合 又 は 職 員 の 在 勤 する 官 署 が 移 転 した 場 合 における 当 該 職 員 に 対 する 当 該 異 動 又 は 移 転 に 係 る 広 域 異 動 手 当 の 支 給 に 関 する 規 程 第 16 条 の2 第 1 項 の 適 用 については 同 項 第 1 号 中 100 分 の10 とあるのは 100 分 の8 と 同 項 第 2 号 中 100 分 の5 とあるのは 100 分 の4 とする 7 切 替 日 前 に 職 員 がその 在 勤 する 官 署 を 異 にして 異 動 した 場 合 又 は 職 員 の 在 勤 する 官 署 が 移 転 した 場 合 における 当 該 職 員 に 対 する 当 該 異 動 又 は 移 転 に 係 る 広 域 異 動 手 当 の 支 給 に 関 する 規 程 第 16 条 の2 第 1 項 の 適 用 については 同 項 第 1 号 中 100

27 分 の10 とあるのは 100 分 の6 と 同 項 第 2 号 中 100 分 の5 とあるの は 100 分 の3 とする

28 別 表 第 1 俸 給 表 等 級 1 等 級 2 等 級 3 等 級 4 等 級 5 等 級 6 等 級 号 俸 俸 給 月 額 昇 給 額 俸 給 月 額 昇 給 額 俸 給 月 額 昇 給 額 俸 給 月 額 昇 給 額 俸 給 月 額 昇 給 額 俸 給 月 額 昇 給 額 1 446,800 2, ,500 2, ,800 2, ,500 2, ,300 2, ,700 1, ,400 2, ,100 2, ,300 2, ,000 2, ,400 2, ,500 1, ,000 2, ,600 2, ,800 2, ,500 2, ,500 2, ,300 1, ,600 2, ,100 2, ,200 2, ,900 2, ,600 2, ,100 1, ,200 2, ,600 2, ,600 2, ,300 2, ,600 2, ,900 1, ,800 2, ,200 2, ,100 2, ,800 2, ,000 2, ,800 1, ,400 2, ,700 2, ,600 2, ,200 2, ,400 2, ,700 1, ,900 2, ,200 2, ,100 2, ,600 2, ,800 2, ,600 1, ,400 2, ,700 2, ,500 2, ,000 2, ,200 2, ,500 2, ,000 2, ,000 2, ,000 2, ,500 2, ,600 2, ,500 2, ,600 2, ,300 2, ,500 2, ,000 2, ,000 2, ,500 2, ,100 2, ,600 2, ,900 2, ,400 2, ,300 2, ,500 1, ,600 2, ,800 2, ,300 2, ,800 2, ,600 2, ,400 2, ,100 2, ,200 2, ,800 2, ,300 2, ,000 2, ,600 2, ,600 2, ,600 2, ,200 2, ,800 2, ,400 2, ,700 2, ,100 2, ,000 2, ,600 2, ,200 2, ,800 2, ,800 2, ,600 2, ,300 2, ,000 2, ,600 2, ,100 2, ,900 2, ,200 2, ,700 2, ,500 2, ,100 2, ,500 2, ,200 2, ,700 2, ,100 2, ,000 2, ,500 2, ,900 2, ,500 2, ,200 2, ,500 2, ,500 2, ,900 2, ,300 2, ,800 2, ,700 2, ,800 2, ,900 2, ,300 2, ,600 2, ,000 2, ,200 2, ,200 2, ,400 2, ,700 2, ,000 2, ,400 2, ,700 2, ,600 2, ,800 2, ,100 2, ,400 2, ,800 2, ,100 2, ,000 2, ,200 2, ,400 2, ,800 2, ,200 2, ,500 2, ,400 2, ,600 2, ,700 2, ,200 2, ,600 2, ,000 2, ,900 2, ,100 2, ,000 2, ,600 2, ,100 2, ,500 2, ,400 2, ,500 2, ,300 2, ,900 2, ,600 2, ,000 2, ,800 2, ,900 2, ,600 2, ,200 2, ,000 2, ,500 2, ,200 2, ,300 2, ,900 2, ,500 2, ,400 2, ,900 2, ,700 2, ,700 2, ,200 2, ,700 2, ,800 2, ,300 2, ,200 2, ,100 2, ,500 2, ,900 2, ,200 2, ,700 2, ,700 2, ,500 2, ,700 2, ,100 2, ,600 2, ,100 2, ,100 2, ,900 2, ,900 2, ,200 2, ,000 2, ,500 2, ,500 2, ,100 2, ,100 2, ,300 2, ,400 2, ,900 2, ,900 2, ,300 2, ,300 2, ,400 2, ,800 2, ,200 2, ,300 2, ,400 2, ,500 2, ,400 2, ,200 2, ,500 2, ,700 2, ,500 2, ,600 2, ,400 2, ,500 2, ,800 2, ,100 2, ,800 2, ,700 2, ,400 2, ,600 2, ,100 2, ,500 2, ,000 2, ,800 2, ,400 2, ,700 2, ,400 2, ,900 2, ,200 2, ,800 2, ,400 2, ,700 2, ,700 2, ,200 2, ,400 2, ,800 2, ,400 1, ,700 2, ,000 2, ,500 2, ,700 2, ,900 2, ,300 1, ,900 2, ,200 2, ,800 2, ,900 2, ,000 2, ,200 1, ,000 2, ,400 2, ,100 2, ,100 2, ,000 2, ,100 1, ,100 2, ,600 2, ,400 2, ,300 2, ,000 2, ,900 1, ,200 2, ,800 2, ,700 2, ,600 2, ,000 1, ,700 1, ,300 2, ,000 2, ,000 2, ,900 2, ,900 1, ,500 1, ,300 2, ,200 2, ,300 2, ,200 2, ,800 1, ,300 1, ,300 2, ,300 2, ,500 2, ,400 2, ,700 1, ,000 1, ,300 2, ,500 2, ,800 2, ,600 2, ,600 1, ,600 1, ,500 2, ,700 2, ,100 2, ,700 2, ,500 1, ,200 1, ,700 2, ,900 2, ,400 2, ,800 2, ,400 1, ,800 1, ,900 2, ,000 2, ,600 2, ,900 2, ,200 1, ,400 1, ,000 2, ,100 2, ,800 2, ,100 2, ,900 1, ,000 1, ,300 2, ,100 2, ,000 2, ,300 2, ,600 1, ,600 1, ,500 2, ,100 2, ,200 2, ,400 2, ,300 1, ,200 1, ,700 2, ,100 2, ,400 2, ,500 2, ,000 1, ,700 1, ,900 2, ,200 2, ,500 2, ,600 2, ,700 1, ,100 1, ,000 2, ,300 2, ,600 2, ,700 2, ,400 1, ,500 1, ,100 2, ,400 2, ,600 2, ,700 2, ,100 1, ,900 1, ,100 2, ,400 2, ,600 1, ,700 2, ,700 1, ,300 1, ,100 2, ,400 2, ,500 1, ,800 2, ,400 1, ,700 1, ,100 2, ,400 2, ,400 1, ,900 2, ,100 1, ,100 1, ,100 2, ,400 1, ,300 1, ,900 2, ,700 1, ,400 1, ,100 2, ,300 1, ,200 1, ,900 2, ,300 1, ,700 1, ,100 2, ,200 1, ,000 1, ,900 1, ,900 1, ,100 1, ,100 2, ,100 1, ,800 1, ,800 1, ,500 1, ,400 1, ,100 2, ,000 1, ,500 1, ,700 1, ,000 1, ,700 1, ,100 1, ,800 1, ,200 1, ,600 1, ,500 1, ,000 1, ,000 1, ,600 1, ,900 1, ,500 1, ,000 1, ,300 1, ,900 1,900

29 71 607,400 1, ,500 1, ,300 1, ,500 1, ,600 1, ,800 1, ,200 1, ,100 1, ,100 1, ,000 1, ,800 1, ,700 1, ,900 1, ,700 1, ,900 1, ,500 1, ,000 1, ,500 1, ,700 1, ,400 1, ,600 1, ,900 1, ,100 1, ,300 1, ,400 1, ,100 1, ,200 1, ,300 1, ,200 1, ,100 1, ,100 1, ,700 1, ,800 1, ,700 1, ,300 1, ,800 1, ,800 1, ,300 1, ,400 1, ,000 1, ,400 1, ,500 1, ,400 1, ,900 1, ,100 1, ,400 1, ,400 1, ,100 1, ,000 1, ,500 1, ,700 1, ,800 1, , ,700 1, ,500 1, ,100 1, ,300 1, ,100 1, , ,200 1, ,000 1, ,600 1, ,900 1, ,400 1, , ,700 1, ,400 1, ,900 1, ,400 1, ,700 1, , ,100 1, , ,100 1, ,800 1, ,000 1, , ,400 1, ,300 1, ,200 1, ,300 1, , ,700 1, ,500 1, ,600 1, ,600 1, , ,000 1, ,700 1, ,100 1, ,900 1, , ,300 1, ,900 1, ,600 1, ,200 1, , ,600 1, ,100 1, ,000 1, ,400 1, , ,800 1, ,300 1, ,400 1, ,600 1, , ,000 1, ,400 1, ,700 1, ,700 1, , ,200 1, ,500 1, ,000 1, ,800 1, , ,400 1, ,500 1, ,300 1, ,900 1, , ,600 1, ,500 1, ,500 1, ,000 1, , ,700 1, ,500 1, ,800 1, ,200 1, , ,900 1, , ,100 1, ,300 1, , ,100 1, , ,400 1, ,400 1, , ,300 1, ,300 1, ,600 1, ,500 1, , ,400 1, ,300 1, ,900 1, ,500 1, , ,400 1, ,300 1, ,100 1, ,500 1, , ,400 1, , ,300 1, , , , , ,500 1, ,400 1, , , , ,600 1, ,400 1, , , , ,700 1, ,400 1, , , , ,700 1, ,400 1, , , , , , , ,800 -

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc 18 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 給 与 規 程 27.4.24 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務

More information

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で 防 災 科 学 技 術 研 究 所 職 員 給 与 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 14 条 ) 第 2 章 給 与 第 1 節 俸 給 ( 第 15 条 - 第 21 条 ) 第 2 節 諸 手 当 ( 第 22 条 - 第 37 条 ) 第 3 章 給 与 の 特 例 ( 第 38 条 - 第 42 条 ) 附 則 ( 平 成 13 年 4 月 1 日 13 規 程

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

職 員 でその 職 務 の 級 が 七 級 以 上 である 者 にあつては 三 号 俸 ) 上 位 の 号 俸 に 昇 給 させることを 標 準 として 行 うことができる ただし 勤 務 成 績 が 特 に 良 好 であつて 理 事 長 が 必 要 あると 認 める 者 に ついては 八 号 俸

職 員 でその 職 務 の 級 が 七 級 以 上 である 者 にあつては 三 号 俸 ) 上 位 の 号 俸 に 昇 給 させることを 標 準 として 行 うことができる ただし 勤 務 成 績 が 特 に 良 好 であつて 理 事 長 が 必 要 あると 認 める 者 に ついては 八 号 俸 地 方 競 馬 全 国 協 会 職 員 給 与 規 程 ( 原 文 縦 書 ) 昭 和 三 十 七 年 十 一 月 一 日 昭 和 三 十 七 年 度 規 約 第 六 号 最 終 改 正 平 成 二 八 年 三 月 一 一 日 平 成 二 七 年 度 規 約 第 七 号 ( 目 的 ) 第 一 条 地 方 競 馬 全 国 協 会 の 職 員 の 給 与 に 関 する 事 項 は この 規 程 の 定

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

19

19 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 則 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 (

More information

<5461726F2D824F8253817C824F82528D9197A791E58A779640906C938C8B9E>

<5461726F2D824F8253817C824F82528D9197A791E58A779640906C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 54 号 改 正 平 成 16 年 10 月 1 日 規 則 第 199 号 平 成 17 年 7 月 1 日 規 則 第 48 号 平 成 17 年 11 月 22 日 規 則 第 85 号 平 成 18 年 3 月 28 日 規 則 第 18 号 平 成 19 年 3 月 20

More information

(1) 各 給 与 項 目 の 計 算 上 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを 切 り 捨 てて 計 算 する ただし 1 時 間 あたりの 算 定 給 与 額 に1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは 四 捨 五 入 する (2) 給 与 の 総 支 給 額 に1 円

(1) 各 給 与 項 目 の 計 算 上 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを 切 り 捨 てて 計 算 する ただし 1 時 間 あたりの 算 定 給 与 額 に1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは 四 捨 五 入 する (2) 給 与 の 総 支 給 額 に1 円 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 職 員 給 与 規 程 最 終 改 正 平 成 15 年 10 月 1 日 独 信 基 (101) 平 成 15 年 第 35 号 平 成 28 年 4 月 20 日 独 信 基 602 平 成 28 年 度 第 5 号 制 定 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 の 業 務 に 常 時 従 事

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

Microsoft Word - 5-26職員給与規程

Microsoft Word - 5-26職員給与規程 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 5 月 10 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 28

More information

職 員 給 与 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-28 号 改 正 平 成 15 年 12 月 1 日 規 程 第 15-103 号 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 16-31 号 改 正 平 成 16 年 10 月 28 日 規 程 第 16-54

職 員 給 与 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-28 号 改 正 平 成 15 年 12 月 1 日 規 程 第 15-103 号 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 16-31 号 改 正 平 成 16 年 10 月 28 日 規 程 第 16-54 職 員 給 与 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-28 号 改 正 平 成 15 年 12 月 1 日 規 程 第 15-103 号 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 16-31 号 改 正 平 成 16 年 10 月 28 日 規 程 第 16-54 号

More information

大分大学職員給与規程(案)

大分大学職員給与規程(案) 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 16 年 規 程 第 18 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 5 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 分

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

国立大学法人富山大学職員給与規則

国立大学法人富山大学職員給与規則 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 給 与 規 則 平 成 17 年 1 0 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 10 月 1 日 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 2 1 年 4 月 1 日 改 正 平 成 2 1 年 21 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日

More information

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】 特 定 任 期 付 職 員 ( 特 定 事 務 ) 給 与 規 程 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 19 年 度 規 程 第 56 号 一 部 改 正 平 成 21 年 3 月 31 日 平 成 20 年 度 規 程 第 45 号 一 部 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 21 年 度 規 程 第 42 号 一 部 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 平 成 21

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう ) 第 21 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 同 規 則 第 3 条 第 1 項 の 規 定 により 任 命 された 者 (

More information

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正)

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 基 本 年 俸 給 の 決 定 ( 第 8 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 業 績 給 ( 第 12 条 第 13 条 ) 第 4 章 手 当 ( 第 14 条 - 第 40 条 ) 第 5 章 給 与 の 特 例 等 ( 第 41 条

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc)

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc) 目 的 ) 地 方 独 立 行 政 法 人 奈 良 県 立 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 1 づき 与 に 関 この 地 する 方 規 独 事 程 立 項 は 行 を 政 定 地 法 めることを 方 人 独 奈 立 良 行 県 政 立 目 法 病 的 人 院 とする 奈 機 良 構 県 ( 立 以 病 下 院 機 法 構 人 就 という )に 業 規 則 ( 以 下 勤 就 務 業 する

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

ninki-kyuyo

ninki-kyuyo 任 期 制 職 員 給 与 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 17 号 ) 改 正 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 31 号 ) 改 正 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 平 成 28 年 規 程 第 43 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 13 条 ) 第 2 章 給 与 第 1 節 本

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 プロパー 職 員 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 職 員 就 業 規 程 ( 以 下 就 業 規 程 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき プロパー 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする

More information

2 前 項 の 場 合 控 除 すべき 給 料 の1 時 間 あたりの 金 額 の 計 算 は 以 下 のとおりとする (1) 月 給 の 場 合 基 本 給 1か 月 平 均 所 定 労 働 時 間 数 ( ) (365- 年 間 所 定 休 日 日 数 ) 1 日 の 所 定 労 働 時 間 =

2 前 項 の 場 合 控 除 すべき 給 料 の1 時 間 あたりの 金 額 の 計 算 は 以 下 のとおりとする (1) 月 給 の 場 合 基 本 給 1か 月 平 均 所 定 労 働 時 間 数 ( ) (365- 年 間 所 定 休 日 日 数 ) 1 日 の 所 定 労 働 時 間 = 2 給 与 規 程 関 係 この 項 目 では 就 業 規 則 の 給 与 に 関 する 事 項 について 別 に 定 めた 給 与 規 程 として 参 考 例 を 記 載 しています 法 人 会 給 与 規 程 ( 参 考 例 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 就 業 規 則 第 条 の 規 程 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 する 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 給 与 規 程 ( 平 26 規 程 第 75 号 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 海 洋 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 以 下 就

More information

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 - 1-27.4.1 最 終 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 教 職 員 ( 以 下 教

More information

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 12 号 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 24 年 12 月 7 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 17 年 10 月 3 日 規 程 第 50 号 最 終 改 正 平 成 24 年 10 月 24 日 規 程 第 26 号 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 高 エネルギー 加 速 器 研 究 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 1 5 号 改 正 平 成 17 年 3 月 29 日 規 程 第 36 号 改 正 平 成 18 年 3 月 30 日 規 程 第 49 号 改 正 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 9 号 改 正 平 成 21 年 3 月

More information

職員退職手当規則【 】

職員退職手当規則【 】 広 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 100 号 広 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 広 島 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 78 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 4 条 及 び 広 島 大 学 船 員 就 業 規

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 28 号 ) 改 正 平 20.3 機 構 規 程 51 平 21.3 機 構 規 程 111 平 23.3 機 構 規 程 93 平 25.8 機 構 規 程 014 平 27.8 機 構 規 程 22 平 28.3 機

More information

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 58 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 常 時 勤 務 する 職 員 のうち

More information

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 物 質 材 料 研 究 機 構 定 年 制 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 31 日 18 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 19 年 5 月 8 日 19 規 程 第 33 号 改 正 : 平 成 20 年 2 月 18 日 20 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 29 日 22 規 程 第 22 号 ( 目 的 )

More information

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-29 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 20-92 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日

More information

与 規 則 第 42 条 に 規 定 する 教 職 調 整 額 の 月 額 の 合 計 額 ( 職 員 が 退 職 の 日 において 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 によりその 給 与 (これに 相 当 する 給 与 を 含 む )の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 され ない 場

与 規 則 第 42 条 に 規 定 する 教 職 調 整 額 の 月 額 の 合 計 額 ( 職 員 が 退 職 の 日 において 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 によりその 給 与 (これに 相 当 する 給 与 を 含 む )の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 され ない 場 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 職 員 の 退 職 金 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 法 人 規 則 第 8 号 改 正 平 成 16 年 法 人 規 則 第 27 号 平 成 17 年 法 人 規 則 第 28 号 平 成 17 年 法 人 規 則 第 29 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 25 号 平 成

More information

2004syuki027職員退職手当規程

2004syuki027職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 度 九 大 就 規 第 27 号 制 定 : 平 成 16 年 4 月 1 日 最 終 改 正 : 平 成 27 年 3 月 30 日 ( 平 成 26 年 度 九 大 就 規 第 21 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 就 業 通 則 ( 平 成 16

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

(4) 勤 続 20 年 を 超 え 30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 200 (5) 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 100 ( 退 職 手 当 の 調 整 額 ) 第 5 条 の3 退 職 手

(4) 勤 続 20 年 を 超 え 30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 200 (5) 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 100 ( 退 職 手 当 の 調 整 額 ) 第 5 条 の3 退 職 手 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 2 月 29 日 2004 年 ( 総 企 ) 規 程 第 12 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 ( 以 下 機 構 という )

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B>

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B> 独 立 行 政 法 人 自 動 車 事 故 対 策 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 7 号 改 正 平 成 16 年 3 月 24 日 平 成 16 年 機 構 規 程 第 4 号 改 正 平 成 18 年 3 月 27 日 平 成 18 年 機 構 規 程 ( 総 務 ) 第 4 号 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日

More information

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事 独 立 行 政 法 人 国 際 観 光 振 興 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 改 正 平 成 18 年 3 月 23 日 規 程 第 6 号 平 成 19 年 8 月 10 日 規 程 第 19 号 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 22 号 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 3 号 平 成 25

More information

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 20 年 7 月 8 日 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 23 年 1 月 1 日 改 正 平 成 24 年 10 月 1 日

More information

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 する 職 員 が 退 職 ( 死 亡 を

More information

< F2D904588F591DE90458EE893968B4B91A52E6A7464>

< F2D904588F591DE90458EE893968B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 制 定 平 成 16 年 4 月 7 日 平 成 16 年 規 則 第 41 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 1 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 56 条

More information

Microsoft Word - ac16-8.doc

Microsoft Word - ac16-8.doc 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 6 年 4 月 日 制 定 平 成 6 年 規 程 第 29 号 ( 趣 旨 ) 第 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 6 年 規 則 第 5 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 8 条 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

役員退職金支給規程

役員退職金支給規程 平 成 17 年 10 月 1 日 17( 規 程 ) 第 62 号 ( 改 正 ) 平 成 21 年 12 月 1 日 21( 規 程 ) 第 42 号 ( 改 正 ) 平 成 25 年 3 月 26 日 24( 規 程 ) 第 56 号 ( 改 正 ) 平 成 26 年 6 月 30 日 26( 規 程 ) 第 32 号 ( 改 正 ) 平 成 27 年 4 月 14 日 27( 規 程 ) 第

More information

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章 駐 労 規 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 3 号 改 正 改 正 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 11 号 平 成 18 年 6 月 29 日 駐 労 規 第 13 号 平 成 19 年 7 月 27 日 駐 労 規 第 12 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 駐 労 規 第 8 号 改 正 平 成 22 年 3

More information

本 給 月 額 という )に,その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して, 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする ただし, 大 学 教 員 基 準 日 後 に 退 職 した 大 学 教 員 に 対 する 勤 続 期 間 は,そ

本 給 月 額 という )に,その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して, 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする ただし, 大 学 教 員 基 準 日 後 に 退 職 した 大 学 教 員 に 対 する 勤 続 期 間 は,そ 国 立 大 学 法 人 三 重 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 三 重 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 80 条 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法 人 三 重 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務 する 職 員 ( 国 立 大 学 法 人 三 重 大

More information

shokuin-taisyoku

shokuin-taisyoku 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 19 号 ) ( 総 則 ) 第 1 条 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 ( 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 第 2 条 に 規

More information

24 通勤手当に関する規則の運用について

24 通勤手当に関する規則の運用について 通 勤 手 当 に 関 する 規 則 の 運 用 について ( 昭 和 33 年 10 月 7 日 岡 人 委 第 407 号 通 知 ) ( 沿 革 ) 昭 和 34 年 10 月 14 日 第 394 号 昭 和 40 年 12 月 28 日 第 560 号 昭 和 41 年 7 月 15 日 第 212 号 昭 和 43 年 12 月 26 日 第 775 号 昭 和 44 年 12 月 23

More information

< F2D F591DE90458EE893968B4B92F62E6A7464>

< F2D F591DE90458EE893968B4B92F62E6A7464> 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 事 務 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 54 条 及 び 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 教 員 就 業 規 則 ( 以 下 教 員 就 業 規

More information

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神

More information

給与規程

給与規程 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 給 与 規 程 は, 就 業 規 則 第 47 条 に 規 定 する 社 員 の 給 与 について 定 める 2 嘱 託 社 員,パートタイマー 社 員,その 他 の 臨 時 社 員 の 給 与 は 別 に 定 める ( 給 与 の 種 類 ) 第 2 条 社 員 の 給 与 は, 給 料 および 次 に 掲 げる 諸 手 当 とする

More information

(3) 16 年 以 上 20 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の160 (4) 21 年 以 上 25 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の200 (5) 26 年 以 上 30 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分

(3) 16 年 以 上 20 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の160 (4) 21 年 以 上 25 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の200 (5) 26 年 以 上 30 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 78 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 15 年 法 律 第 112 号 ) 第 35 条 の 規 定 により 準 用 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 50 条

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 改 正 平 成 18 年 10 月 2 日 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 改 正 平 成 23 年 10 月 1 日 改 正 平 成 26 年 3 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は

More information

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 33 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 21 号 以 下 教 職 員 就 業 規 則 という ) 第 44 条 の 規 定 に 基

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 施 行 規 程 ( 平 成 10 年 3 月 3 1 日 ) 平 成 10 年 規 程 第 3 号 ( 趣 旨 ) 改 正 平 成 11 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平 成 14 年 2 月 26 日 規 程 第 2 号 平 成 14 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平

More information

<4D F736F F D E8D9197A791E58A C986189CC8E5291E58A778BB F591DE90458EE893968B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D E8D9197A791E58A C986189CC8E5291E58A778BB F591DE90458EE893968B4B92F62E646F63> 国 立 大 学 法 人 和 歌 山 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 法 人 和 歌 山 大 学 規 程 第 37 号 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 19 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 15 年 法 律 第 112 号 以 下 法 人 法 という ) 附 則 第 4 条 の

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

宇都宮大学○○○○規程

宇都宮大学○○○○規程 国 立 大 学 法 人 宇 都 宮 大 学 旅 費 規 程 制 定 平 成 16 規 程 第 27 号 一 部 改 正 平 成 17 規 程 第 32 号 平 成 17 規 程 第 63 号 平 成 18 規 程 第 31 号 平 成 18 規 程 第 60 号 平 成 19 規 程 第 19 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 14 条 ) 第 2 章 国 内 旅 費 ( 第

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

<4D F736F F D2096F088F582CC8B8B975E814191DE90458EE B4997A B794EF82C98AD682B782E98B4B91A E352E3129>

<4D F736F F D2096F088F582CC8B8B975E814191DE90458EE B4997A B794EF82C98AD682B782E98B4B91A E352E3129> 国 立 大 学 法 人 室 蘭 工 業 大 学 役 員 の 給 与, 退 職 手 当, 紀 律, 旅 費 に 関 する 規 則 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 9 号 改 正 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 125 号 改 正 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 164 号 改 正 平 成 17 年 度 室 工 大 規 則 第 25 号 改 正 平 成 17 年

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

3 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 則 第 2 条 第 5 号 及 び 第 6 号 に 規 定 する 有 期 雇 用 職 員 の 給 料 は 他 の 職 員 との 権 衡 を 考 慮 して 予 算 の 範 囲 内 において 決 定 するもの とする ( 職

3 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 則 第 2 条 第 5 号 及 び 第 6 号 に 規 定 する 有 期 雇 用 職 員 の 給 料 は 他 の 職 員 との 権 衡 を 考 慮 して 予 算 の 範 囲 内 において 決 定 するもの とする ( 職 地 方 独 立 行 政 法 人 長 野 県 立 病 院 機 構 有 期 雇 用 職 員 給 与 規 程 平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 4-2 沿 革 平 成 22 年 11 月 30 日 規 程 4-1-2= 一 部 改 正 平 成 23 年 11 月 30 日 規 程 4-1-5= 一 部 改 正 平 成 26 年 12 月 25 日 規 程 4-2-1= 一 部 改 正 平 成 27

More information

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 の 労 働 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 3 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

国立大学法人島根大学職員の育児休業等に関する規程

国立大学法人島根大学職員の育児休業等に関する規程 国 立 大 学 法 人 島 根 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 16 年 島 大 規 則 第 17 号 ) ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 平 成 16 年 10 月 27 日 一 部 改 正 平 成 17 年 3 月 8 日 一 部 改 正 平 成 17 年 6 月 22 日 一 部 改 正 平 成 18 年 3 月 22 日 一 部 改

More information

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329>

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 1 0 号 最 新 改 正 平 成 24 年 12 月 28 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 管 理 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規

More information

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63> 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 (2) 子 が1 歳 に 達 する 日 を 超 えて 雇 用 関 係 が 継 続 することが 見 込 まれること (3) 子 が1 歳 に 達 する 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 労 働 契 約 期 間 が 満 了 し 更 新 されないことが 明 らかでないこと 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人

More information

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 2 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 15 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 36 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 3 号 平 成 20 年 12 月 25 日 20 規 程

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号)

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号) 規 程 第 36 号 理 事 長 決 定 平 成 22 年 1 月 1 日 制 定 施 行 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 25 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 26 年 4 月 1 日 改 正 施 行 日 本 年 金 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 日 本 年 金 機 構 職 員 就 業 規 則 ( 規 程

More information

Taro-syokuin-taisyoku-teate.JTD

Taro-syokuin-taisyoku-teate.JTD 国 立 大 学 法 人 山 口 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 66 号 改 正 平 成 17 年 1 月 11 日 規 則 第 1 号 平 成 17 年 3 月 24 日 規 則 第 48 号 平 成 18 年 3 月 23 日 規 則 第 38 号 平 成 19 年 3 月 22 日 規 則 第 44 号 平 成 23 年 3 月 31 日

More information

となるため 退 職 をし かつ 引 き 続 き 国 家 公 務 員 等 として 在 職 (その 者 が 更 に 引 き 続 き 当 該 国 家 公 務 員 以 外 の 他 の 国 等 の 機 関 に 係 る 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 場 合 を 含 む )した 後 引 き 続 い

となるため 退 職 をし かつ 引 き 続 き 国 家 公 務 員 等 として 在 職 (その 者 が 更 に 引 き 続 き 当 該 国 家 公 務 員 以 外 の 他 の 国 等 の 機 関 に 係 る 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 場 合 を 含 む )した 後 引 き 続 い 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 規 程 第 5 号 最 新 改 正 平 成 27 年 7 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 の 退 職 手 当 について は この 規 程 の 定 めるところによる 2 この

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休 - 140 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 12 月 24 日 法 律 第 110 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 新 潟 県 条 例 第 4 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 4 年 3 月 30 日 人 委 規 則 第 14-1 号 ) 育 児 休

More information

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5 職 員 退 職 金 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 平 成 15 年 規 程 第 10 号 ) 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 19 年 規 程 第 7 号 平 成 20 年 5 月 20 日 平 成 20 年 規 程 第 12 号 平 成 22 年 6 月 23 日 平 成 22 年 規 程 第 15 号 平 成 25 年 9 月 30 日 平 成 25

More information

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464> 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 9 号 改 正 平 成 20 年 3 月 19 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 14 号 改 正 平 成 21 年 2 月 27 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 8 号 改 正 平 成 21 年 7 月 9 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 2

More information