Save this PDF as:

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第 26 条 の 規 定 に 基 づき 一 般 職 に 属 する 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 について 別 紙 第 1 のとおり 報 告 し 併 せて 給 与 の 改 定 について 別 紙 第 2のとおり 勧 告 しま す なお 同 法 に 規 定 するこの 制 度 の 趣 旨 にかんがみ この 勧 告 の 完 全 な 実 現 のため 速 やかに 所 要 の 措 置 をとられるよう 要 請 します

2

3 別 紙 第 1 報 告 本 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 等 の 実 態 民 間 の 給 与 生 計 費 その 他 の 職 員 の 給 与 決 定 等 に 関 係 のある 諸 事 情 について 調 査 し 検 討 を 行 っ てきたので その 結 果 を 報 告 する 1 人 事 委 員 会 勧 告 制 度 の 基 本 的 な 考 え 方 地 方 公 務 員 法 において 職 員 の 給 与 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条 件 は 社 会 一 般 の 情 勢 に 適 応 するように 随 時 適 当 な 措 置 を 講 じなければならない とする とともに 給 与 については 生 計 費 並 びに 国 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 の 職 員 並 び に 民 間 事 業 の 従 事 者 の 給 与 その 他 の 事 情 を 考 慮 して 定 められなければならない と 給 与 以 外 の 勤 務 条 件 については 国 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 の 職 員 との 間 に 権 衡 を 失 しないように 適 当 な 考 慮 が 払 われなければならない としている また 地 方 公 務 員 には その 地 位 の 特 殊 性 及 び 職 務 の 公 共 性 に 鑑 み 憲 法 で 保 障 された 労 働 基 本 権 が 制 約 されていることから その 労 働 基 本 権 制 約 の 代 償 措 置 として 人 事 委 員 会 の 勧 告 制 度 が 設 けられている これらを 踏 まえ 本 委 員 会 は 県 内 民 間 事 業 所 における 給 与 等 の 実 態 国 や 他 の 地 方 公 共 団 体 の 状 況 社 会 経 済 情 勢 等 を 総 合 的 に 検 討 し 職 員 の 給 与 等 に 関 し 報 告 及 び 勧 告 を 行 っている 中 でも 職 員 の 給 与 水 準 の 決 定 に 当 たっては 社 会 一 般 の 情 勢 に 適 応 した 適 正 な 給 与 を 確 保 するため 県 内 民 間 事 業 所 の 従 業 員 の 給 与 を 詳 細 に 調 査 把 握 し 職 員 の 給 与 水 準 を 民 間 従 業 員 の 給 与 水 準 と 均 衡 させる ことを 基 本 としている 2 職 員 の 給 与 (1) 近 年 の 状 況 - 1 -

4 職 員 の 給 与 については 昨 年 7 月 から 本 年 3 月 までの 間 福 岡 県 職 員 等 の 給 与 の 特 例 に 関 する 条 例 ( 平 成 25 年 福 岡 県 条 例 第 30 号 )に 基 づく 給 与 減 額 支 給 措 置 ( 以 下 給 与 減 額 支 給 措 置 という )が 実 施 されたところであるが 近 年 では 民 間 給 与 の 厳 しい 状 況 を 反 映 して 減 少 傾 向 が 続 き 行 政 職 給 料 表 適 用 職 員 の 平 均 年 間 給 与 について 減 少 に 転 じた 平 成 11 年 度 の 改 定 前 と 平 成 25 年 度 ( 給 与 減 額 支 給 措 置 がなかったとした 場 合 のもの)を 比 較 すると 12.4% 減 少 している (2) 県 職 員 給 与 等 実 態 調 査 本 委 員 会 は 本 年 4 月 1 日 現 在 における 職 員 の 給 与 等 の 実 態 を 把 握 するため 平 成 26 年 県 職 員 給 与 等 実 態 調 査 を 実 施 したが その 概 要 は 次 のとおりである ア 職 員 の 構 成 職 員 には その 従 事 する 職 務 の 種 類 に 応 じ 行 政 職 医 療 職 研 究 職 公 安 職 教 育 職 任 期 付 職 員 の6 種 9 給 料 表 が 適 用 されている 職 員 数 は 全 職 員 で48,772 人 ( 昨 年 48,993 人 ) 行 政 職 給 料 表 適 用 職 員 で8,924 人 ( 同 8,993 人 )であり 平 均 年 齢 は 全 職 員 で43.4 歳 ( 昨 年 43.7 歳 ) 行 政 職 給 料 表 適 用 職 員 で42.9 歳 ( 同 42.9 歳 )である ( 参 考 資 料 第 1 表 ) これらを10 年 前 の 平 成 16 年 4 月 と 比 較 すると 職 員 数 が 全 職 員 で3,373 人 (6.5%) 行 政 職 給 料 表 適 用 職 員 で1,304 人 (12.7%) 減 少 し 平 均 年 齢 が 全 職 員 で0.2 歳 行 政 職 給 料 表 適 用 職 員 で0.6 歳 上 昇 している ただし 年 齢 については 最 も 上 昇 した 平 成 21 年 4 月 と 比 較 すると 全 職 員 で0.7 歳 行 政 職 給 料 表 適 用 職 員 で0.8 歳 下 降 している イ 平 均 給 与 月 額 本 年 4 月 現 在 における 平 均 給 与 月 額 は 全 職 員 平 均 で412,328 円 ( 昨 年 416,101 円 ) 行 政 職 給 料 表 適 用 職 員 平 均 で392,387 円 ( 同 394,115 円 )である ( 参 考 資 料 第 3 表 ) これらを 給 料 表 の 引 下 げ 改 定 が 始 まった 平 成 14 年 度 の 改 定 前 と 比 較 する と 全 職 員 平 均 で9.2% 行 政 職 給 料 表 適 用 職 員 平 均 で5.8% 減 少 している - 2 -

5 3 民 間 の 給 与 (1) 最 近 の 状 況 毎 月 勤 労 統 計 調 査 地 方 調 査 ( 福 岡 県 事 業 所 規 模 30 人 以 上 )によると パートタイム 労 働 者 を 除 く 一 般 労 働 者 の 本 年 4 月 の 給 与 について 昨 年 同 月 に 比 べ 所 定 内 給 与 は1.3% 所 定 外 給 与 は12.9%それぞれ 増 加 している (2) 職 種 別 民 間 給 与 実 態 調 査 本 委 員 会 は 職 員 の 給 与 と 民 間 の 給 与 との 比 較 検 討 を 行 うため 人 事 院 北 九 州 市 人 事 委 員 会 福 岡 市 人 事 委 員 会 等 と 共 同 して 企 業 規 模 50 人 以 上 か つ 事 業 所 規 模 50 人 以 上 の 県 内 の 民 間 事 業 所 2,019 事 業 所 のうちから 層 化 無 作 為 抽 出 法 によって 抽 出 した524 事 業 所 を 対 象 に 平 成 26 年 職 種 別 民 間 給 与 実 態 調 査 を 実 施 し 本 年 4 月 分 として 個 々の 従 業 員 に 支 払 われた 給 与 月 額 等 を 詳 細 に 調 査 するとともに 特 別 給 や 諸 手 当 の 支 給 状 況 等 について 調 査 した ( 参 考 資 料 第 13 表 ~ 第 22 表 ) このうち 民 間 における 給 与 改 定 の 状 況 をみると 表 1のとおり 係 員 につ いて ベースアップを 実 施 した 事 業 所 の 割 合 は30.9%( 昨 年 13.4%) ベース ダウンを 実 施 した 事 業 所 の 割 合 は0.4%( 同 1.2%)となっている 表 1 民 間 における 給 与 改 定 の 状 況 ( 単 位 :%) 役 職 段 階 項 目 ベースアップ 実 施 ベースアップ 中 止 ベースダウン ベースアップ の 慣 行 なし 係 員 課 長 級 ( 注 ) ベースアップ 慣 行 の 有 無 が 不 明 及 びベースアップの 実 施 が 未 定 の 事 業 所 を 除 いて 集 計 した - 3 -

6 また 民 間 における 定 期 昇 給 の 実 施 状 況 をみると 表 2のとおり 係 員 につ いて 定 期 昇 給 を 実 施 した 事 業 所 の 割 合 は83.9%( 昨 年 81.8%)となっている 昇 給 額 については 昨 年 に 比 べて 増 額 となっている 事 業 所 の 割 合 は28.8%( 昨 年 20.0%) 減 額 となっている 事 業 所 の 割 合 は2.8%( 同 6.4%)となっている 表 2 民 間 における 定 期 昇 給 の 実 施 状 況 ( 単 位 :%) 項 目 定 期 昇 給 制 度 あり 定 期 昇 給 定 期 昇 給 実 施 定 期 昇 給 制 度 なし 役 職 段 階 増 額 減 額 変 化 なし 中 止 係 員 課 長 級 ( 注 ) 定 期 昇 給 の 有 無 が 不 明 定 期 昇 給 の 実 施 が 未 定 及 びベースアップと 定 期 昇 給 を 分 離 することが できない 事 業 所 を 除 いて 集 計 した 4 民 間 給 与 との 比 較 (1) 民 間 給 与 との 較 差 平 成 26 年 県 職 員 給 与 等 実 態 調 査 及 び 平 成 26 年 職 種 別 民 間 給 与 実 態 調 査 の 結 果 に 基 づき 公 務 にあっては 行 政 職 民 間 にあってはこれに 相 当 する 事 務 技 術 関 係 職 種 の 職 務 に 従 事 する 者 について 主 な 給 与 決 定 要 素 である 役 職 段 階 年 齢 学 歴 を 同 じくすると 認 められる 者 同 士 の 給 与 額 を 対 比 させ 精 密 に 比 較 (ラスパイレス 方 式 )したところ その 較 差 は 表 3のとおり 1 人 当 たり 平 均 にして 職 員 の 給 与 が 民 間 の 給 与 を943 円 (0.25%) 下 回 っていた ( 参 考 資 料 第 4 表 第 17 表 ) - 4 -

7 表 3 職 員 給 与 と 民 間 給 与 との 較 差 民 間 の 給 与 職 員 の 給 与 較 差 (A) - (B) (A) (B) (A) - (A)-(B) (B) ,984 円 379,041 円 (B) 943 円 (0.25%) ( 注 ) 民 間 職 員 ともに 本 年 度 の 新 規 学 卒 の 採 用 者 は 含 まれていない (2) 特 別 給 1 昨 年 8 月 から 本 年 7 月 までの1 年 間 において 民 間 事 業 所 で 支 払 われた 特 別 00 給 は 表 4のとおり 平 均 所 定 内 給 与 月 額 の4.11 月 分 に 相 当 しており 職 員 の (B) 期 末 手 当 勤 勉 手 当 の 年 間 の 平 均 支 給 月 数 (3.95 月 )が0.16 月 下 回 っていた 表 4 民 間 における 特 別 給 の 支 給 状 況 平 均 所 定 内 給 与 月 額 下 半 期 上 半 期 (A1) (A2) 349,352 円 354,618 円 特 別 給 の 支 給 額 下 半 期 上 半 期 (B1) (B2) 698,518 円 749,860 円 特 別 給 の 支 給 割 合 下 半 期 (B1)/(A1) 上 半 期 (B2)/(A2) 2.00 月 分 2.11 月 分 年 間 4.11 月 分 ( 注 ) 下 半 期 とは 平 成 25 年 8 月 から 平 成 26 年 1 月 まで 上 半 期 とは 平 成 26 年 2 月 から7 月 までの 期 間 をいう 5 物 価 及 び 生 計 費 総 務 省 統 計 局 の 消 費 者 物 価 指 数 は 本 年 4 月 において 昨 年 同 月 に 比 べ 全 国 では3.4% 福 岡 市 では2.6% 上 昇 している ( 参 考 資 料 第 24 表 ) - 5 -

8 また 本 委 員 会 が 同 局 の 家 計 調 査 を 基 礎 として 算 定 した 本 年 4 月 における 福 岡 市 の 標 準 生 計 費 は 表 5のとおりである ( 参 考 資 料 第 23 表 ) 表 5 本 年 4 月 における 福 岡 市 の 標 準 生 計 費 1 人 世 帯 2 人 世 帯 3 人 世 帯 4 人 世 帯 5 人 世 帯 118,660 円 172,480 円 189,560 円 206,660 円 223,760 円 6 人 事 院 勧 告 人 事 院 は 本 年 8 月 7 日 国 家 公 務 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 を 行 い 併 せて 国 家 公 務 員 の 人 事 管 理 に 関 する 報 告 を 行 った (1) 国 家 公 務 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 ア 民 間 給 与 との 較 差 に 基 づく 給 与 改 定 月 例 給 については 国 家 公 務 員 の 月 例 給 が 民 間 給 与 を1,090 円 (0.27%) 下 回 っていることから 民 間 給 与 との 均 衡 を 図 るため 俸 給 の 水 準 改 定 を 行 うこととし 当 該 改 定 に 当 たっては 世 代 間 の 給 与 配 分 の 観 点 から 若 年 層 に 重 点 を 置 きながら 広 い 範 囲 の 号 俸 について 引 上 げを 行 うこととしている 特 別 給 については 国 家 公 務 員 の 年 間 支 給 月 数 が 民 間 事 業 所 の 年 間 支 給 割 合 を0.17 月 分 下 回 っていたことから 支 給 月 数 を0.15 月 分 引 き 上 げることと している イ 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 し 民 間 賃 金 の 低 い 地 域 を 中 心 に 公 務 員 給 与 が 高 いのではないか 等 の 指 摘 が 依 然 として 見 られており また 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 踏 まえると 給 与 カーブ の 見 直 しが 必 要 であり さらには 公 務 に 必 要 な 人 材 を 確 保 し 組 織 の 能 率 的 な 運 営 を 図 っていく 必 要 があることから 俸 給 表 や 諸 手 当 の 在 り 方 を 含 めた 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しを 行 うこととしている ウ 雇 用 と 年 金 の 接 続 及 び 再 任 用 職 員 の 給 与 雇 用 と 年 金 の 接 続 については 引 き 続 き 再 任 用 の 運 用 状 況 や 各 府 省 におけ - 6 -

9 る 問 題 点 等 の 把 握 に 努 めるとともに 民 間 企 業 における 継 続 雇 用 や 退 職 管 理 の 実 情 定 年 前 も 含 めた 人 事 管 理 全 体 の 取 組 状 況 等 を 詳 細 に 把 握 し 雇 用 と 年 金 の 接 続 のための 適 切 な 制 度 が 整 備 されるよう 積 極 的 に 取 り 組 むことと している 再 任 用 職 員 の 給 与 については 引 き 続 き 民 間 企 業 の 再 雇 用 者 の 給 与 の 動 向 等 を 注 視 するとともに 各 府 省 における 今 後 の 再 任 用 制 度 の 運 用 状 況 を 踏 ま え 諸 手 当 の 取 扱 いを 含 め その 在 り 方 について 必 要 な 検 討 を 行 っていくこ ととしている (2) 国 家 公 務 員 の 人 事 管 理 に 関 する 報 告 国 家 公 務 員 制 度 に 関 しては 長 年 の 公 務 員 制 度 改 革 の 議 論 を 経 て 本 年 4 月 に 国 家 公 務 員 法 等 の 改 正 が 行 われたところであるが 現 下 の 人 事 行 政 の 諸 課 題 に 対 応 していくため 特 に 能 力 実 績 に 基 づく 人 事 管 理 の 推 進 女 性 の 採 用 登 用 の 拡 大 勤 務 環 境 の 整 備 等 に 対 応 した 人 事 施 策 の 策 定 推 進 に 積 極 的 に 取 り 組 んでいくことが 重 要 であるとしている それぞれの 概 要 は 別 記 のとおりである - 7 -

10 む す び 職 員 の 給 与 決 定 等 に 関 係 のある 諸 情 勢 については 以 上 述 べてきたとおりであり これらを 踏 まえて 総 合 的 に 検 討 した 結 果 職 員 の 給 与 等 についての 本 委 員 会 の 意 見 は 次 のとおりである 1 給 与 について (1) 民 間 給 与 との 較 差 に 基 づく 給 与 改 定 ア 月 例 給 (ア) 給 料 表 職 種 別 民 間 給 与 実 態 調 査 において 本 年 の 春 季 賃 金 改 定 でベースアップ を 実 施 した 民 間 事 業 所 の 割 合 は 昨 年 より 約 18ポイント 増 加 するなど 賃 金 の 引 上 げを 図 る 傾 向 が 認 められ こうした 動 きを 反 映 して 本 年 4 月 分 の 給 与 の 公 民 較 差 は 職 員 給 与 が 民 間 給 与 を943 円 下 回 っていた この 較 差 を 埋 めるため 月 例 給 については 人 事 院 勧 告 における 国 家 公 務 員 の 俸 給 表 の 引 上 げ 改 定 に 準 じて 職 員 の 給 料 表 を 改 定 ( 教 育 職 給 料 表 ( 二 ) 及 び 教 育 職 給 料 表 ( 三 )については 行 政 職 給 料 表 との 均 衡 を 基 本 に 改 定 )する 必 要 がある (イ) 初 任 給 調 整 手 当 医 師 及 び 歯 科 医 師 並 びに 獣 医 師 に 対 する 初 任 給 調 整 手 当 については 給 料 表 の 改 定 状 況 を 勘 案 し 所 要 の 改 定 を 行 う 必 要 がある イ 特 別 給 民 間 事 業 所 における 特 別 給 の 好 調 な 支 給 状 況 を 反 映 して 職 員 の 期 末 手 当 勤 勉 手 当 の 年 間 支 給 月 数 が 民 間 事 業 所 の 特 別 給 の 年 間 支 給 割 合 を0.16 月 分 下 回 っていた このため 特 別 給 については 民 間 の 特 別 給 の 支 給 状 況 等 を 踏 まえ 勤 勉 手 当 の 支 給 月 数 を0.15 月 分 引 き 上 げる 必 要 がある (2) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 し 人 事 院 は 本 年 地 域 間 の 給 与 配 分 の 見 直 し 世 代 間 の 給 与 配 分 の 見 直 し - 8 -

11 職 務 や 勤 務 実 績 に 応 じた 給 与 配 分 といった 課 題 への 対 応 や 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 踏 まえ 俸 給 表 や 諸 手 当 の 在 り 方 を 含 めた 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しを 勧 告 し た 本 県 としては 本 県 の 給 与 制 度 が 地 方 公 務 員 法 の 均 衡 の 原 則 にのっとり 国 の 給 与 制 度 を 考 慮 する 必 要 があること 雇 用 と 年 金 の 接 続 が 本 県 においても 重 要 な 課 題 であること 等 を 踏 まえ 本 県 の 実 情 を 考 慮 しながら 以 下 のとおり 所 要 の 措 置 を 講 ずる 必 要 がある ア 給 料 表 人 事 院 勧 告 における 国 家 公 務 員 の 俸 給 表 の 引 下 げ 改 定 に 準 じて 職 員 の 給 料 表 を 改 定 する その 際 勤 務 成 績 に 応 じた 昇 給 機 会 の 確 保 や 職 員 の 士 気 の 維 持 向 上 の 観 点 から 職 員 の 在 職 実 態 等 を 考 慮 して 一 定 の 号 給 の 増 設 を 行 う なお 給 料 表 の 水 準 の 引 下 げに 当 たっては 職 員 の 生 活 への 影 響 や 本 県 の 実 情 を 考 慮 して 激 変 を 緩 和 するため5 年 間 の 経 過 措 置 を 講 ずる また 管 理 職 手 当 については 現 在 平 成 22 年 度 から 国 が 実 施 している 俸 給 等 の1.5% 減 額 支 給 措 置 を 考 慮 して 手 当 の 額 を3% 引 き 下 げているが 国 の 減 額 支 給 措 置 の 取 扱 いに 準 じ 前 述 の 経 過 措 置 の 終 了 時 に 手 当 の 額 を 当 該 引 下 げの 前 の 額 に 復 元 する イ 地 域 手 当 (ア) 県 内 の 地 域 手 当 県 内 の 地 域 手 当 については 平 成 18 年 度 からの 給 与 構 造 改 革 以 降 支 給 地 域 を 福 岡 市 と 福 岡 市 以 外 の 地 域 の2 区 分 とし 支 給 割 合 を 現 在 それぞれ 4.75%と3.5%としているところである 今 回 国 において 地 域 手 当 の 見 直 しが 勧 告 されたところであるが 県 内 の 支 給 地 域 については 国 の 見 直 しの 状 況 を 踏 まえつつも 制 度 として8 年 間 定 着 してきたこと 等 を 勘 案 すると 現 行 どおり 福 岡 市 と 福 岡 市 以 外 の 地 域 の2 区 分 とすることが 適 当 である その 上 で 給 料 表 の 水 準 の 引 下 げを 踏 まえ 県 内 の 支 給 割 合 については 現 行 の 支 給 割 合 の 比 率 国 の 見 直 しの 状 況 円 滑 な 人 事 管 理 等 を 総 合 的 に - 9 -

12 勘 案 し 福 岡 市 を6% 福 岡 市 以 外 の 地 域 を5%にそれぞれ 引 き 上 げる ただし 当 該 支 給 割 合 の 引 上 げに 当 たっては 給 料 表 の 水 準 の 引 下 げに 際 して 経 過 措 置 を 講 ずることを 踏 まえ 段 階 的 に 行 うこととする なお 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までの 間 の 支 給 割 合 は 福 岡 市 を 5% 福 岡 市 以 外 の 地 域 を3.75%とする (イ) 県 外 の 地 域 及 び 医 療 職 給 料 表 ( 一 ) 適 用 職 員 の 支 給 割 合 国 の 取 扱 いに 準 じて 見 直 す ウ 単 身 赴 任 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 国 の 取 扱 いに 準 じて 見 直 す (3) 再 任 用 職 員 の 給 与 民 間 における 再 雇 用 者 に 対 する 単 身 赴 任 手 当 の 支 給 状 況 等 を 考 慮 して 再 任 用 職 員 に 対 して 単 身 赴 任 手 当 を 支 給 する 必 要 がある (4) 教 育 職 員 の 給 与 公 立 学 校 の 教 育 職 員 の 給 与 については 国 において それぞれの 職 務 に 応 じ てメリハリのある 教 員 給 与 体 系 の 確 立 に 向 けた 検 討 が 続 けられているところ であるが 職 務 の 特 殊 性 や 困 難 性 等 により 措 置 されている 諸 手 当 等 のうち 給 料 の 調 整 額 特 殊 勤 務 手 当 ( 教 員 特 殊 業 務 手 当 ) 及 び 管 理 職 手 当 の 在 り 方 につい ては 国 や 他 の 地 方 公 共 団 体 の 動 向 等 に 留 意 し 教 育 委 員 会 と 連 携 しながら 引 き 続 き 調 査 研 究 を 進 めていく 必 要 がある (5) 本 庁 職 員 の 処 遇 改 善 本 庁 の 業 務 に 従 事 する 職 員 の 業 務 の 特 殊 性 困 難 性 を 踏 まえ 本 庁 において 必 要 な 人 材 を 確 保 することが 困 難 になっている 事 情 を 併 せ 考 慮 し 本 庁 の 職 員 の 処 遇 の 改 善 について 検 討 する 必 要 がある 2 勤 務 環 境 の 整 備 等 について (1) 時 間 外 勤 務 の 縮 減 等

13 時 間 外 勤 務 の 縮 減 は 職 員 の 健 康 保 持 労 働 意 欲 や 活 力 の 維 持 職 員 の 仕 事 と 家 庭 生 活 の 両 立 支 援 更 には 女 性 の 活 躍 推 進 に 向 けた 環 境 整 備 の 観 点 から 重 要 な 課 題 である 本 委 員 会 は この 課 題 について これまでも 繰 り 返 し 言 及 してきたところで あるが 依 然 として 長 時 間 の 時 間 外 勤 務 を 行 っている 部 署 や 職 員 が 見 受 けられ る 状 況 にある 任 命 権 者 においては 時 間 外 勤 務 縮 減 の 重 要 性 を 認 識 し 各 職 場 での 取 組 を 引 き 続 き 促 進 する 必 要 がある その 際 職 員 一 人 ひとりが 計 画 的 に 業 務 に 取 り 組 むことが 重 要 であり 管 理 監 督 者 においては 積 極 的 なリーダーシップを 発 揮 し 勤 務 状 況 の 適 切 な 把 握 や 事 前 命 令 事 後 確 認 の 徹 底 等 に 努 めることが 強 く 求 められる 特 に 教 育 委 員 会 においては 教 職 員 の 総 実 働 時 間 の 縮 減 に 向 けて 今 年 度 実 施 している 勤 務 実 態 調 査 により 多 忙 化 要 因 を 検 証 し 具 体 的 な 取 組 を 進 める 必 要 がある また 年 次 休 暇 等 についても 計 画 的 連 続 的 な 使 用 を 引 き 続 き 促 進 する 必 要 がある (2) メンタルヘルス 対 策 等 メンタルヘルス 対 策 は 職 員 の 健 康 や 良 好 な 業 務 執 行 体 制 保 持 の 観 点 から 重 要 な 課 題 であり 任 命 権 者 においては 予 防 から 不 調 者 の 早 期 発 見 職 場 復 帰 支 援 までの 総 合 的 な 取 組 を 行 っているところである その 結 果 精 神 疾 患 によ る 病 気 休 職 者 数 は 減 少 傾 向 を 示 しているものの 依 然 として 病 気 休 職 者 数 の 半 数 を 超 える 状 態 にあることから 引 き 続 き 創 意 工 夫 し 実 効 性 を 高 めながら 取 組 を 継 続 することが 必 要 である また 職 場 におけるハラスメントは 職 員 の 尊 厳 を 不 当 に 傷 つける 許 されな い 行 為 であり 職 員 の 働 く 意 欲 を 低 下 させ 職 場 環 境 を 悪 化 させるものである 任 命 権 者 においては 全 ての 職 員 が 安 心 して 職 務 に 専 念 し 県 政 推 進 にその 能 力 を 十 分 に 発 揮 できる 職 場 環 境 の 整 備 に 向 けて ハラスメントの 発 生 防 止 につ いて 意 識 啓 発 を 徹 底 することが 重 要 である

14 (3) 両 立 支 援 の 推 進 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づき 策 定 された 特 定 事 業 主 行 動 計 画 は 本 年 度 で 終 了 となるが この 間 任 命 権 者 の 取 組 により 男 性 職 員 の 子 育 て 参 加 が 徐 々に 向 上 するなど 職 員 の 次 世 代 育 成 に 対 する 認 識 は 高 まり 安 心 して 子 育 てできる 職 場 環 境 が 整 備 されつつある 任 命 権 者 においては 同 法 の 有 効 期 限 が10 年 間 延 長 されたことを 受 け より 一 層 の 両 立 支 援 の 推 進 のため 具 体 的 な 目 標 を 設 定 した 行 動 計 画 を 策 定 し 今 後 とも 積 極 的 に 取 り 組 む 必 要 がある なお 少 子 高 齢 化 の 進 展 に 伴 い 今 後 介 護 に 直 面 する 職 員 が 増 加 していく ことが 予 想 されるため 仕 事 と 介 護 の 両 立 支 援 策 について 検 討 を 進 める 必 要 が ある (4) 一 般 職 非 常 勤 職 員 等 の 勤 務 条 件 等 本 県 では 多 様 化 高 度 化 する 行 政 ニーズに 対 応 するため 一 般 職 非 常 勤 職 員 臨 時 的 任 用 職 員 といった 多 様 な 任 用 勤 務 形 態 を 活 用 している その 任 用 にあたっては 本 年 7 月 に 発 出 された 総 務 省 通 知 ( 総 行 公 第 59 号 )を 踏 まえ 勤 務 内 容 に 応 じた 適 切 な 任 用 期 間 の 設 定 や 勤 務 条 件 などの 確 保 に 努 めていく 必 要 がある 3 女 性 登 用 の 拡 大 について 女 性 の 活 躍 を 推 進 することによって 企 業 経 営 の 向 上 や 地 域 経 済 の 活 性 化 を 図 ろうとする 動 きが 進 んでいる 本 県 においても 政 策 方 針 決 定 過 程 への 女 性 の 参 画 拡 大 を 進 めており 課 長 相 当 職 以 上 に 占 める 女 性 職 員 の 割 合 は 年 々 増 加 して いる 任 命 権 者 においては 引 き 続 き 将 来 の 管 理 職 登 用 を 見 据 えた 人 事 配 置 や 女 性 職 員 の 主 体 的 な 能 力 開 発 を 促 す 研 修 の 実 施 管 理 職 員 の 意 識 改 革 の 推 進 などの 取 組 を 積 極 的 に 進 める 必 要 がある 4 公 務 員 倫 理 の 徹 底 について

15 職 員 には 全 体 の 奉 仕 者 として 高 い 職 業 倫 理 が 求 められることから 職 員 研 修 の 強 化 及 び 飲 酒 運 転 防 止 のための 個 人 面 談 等 の 対 策 を 講 じてきたところであるが 本 年 度 学 校 長 の 薬 物 事 犯 等 の 重 大 な 不 祥 事 が 発 生 し 公 務 に 対 する 県 民 の 信 頼 が 著 しく 損 なわれていることは 極 めて 遺 憾 である 任 命 権 者 においては 不 祥 事 発 生 の 原 因 や 背 景 を 詳 細 に 分 析 するなど 改 めて 再 発 防 止 の 徹 底 に 努 める 必 要 がある また 職 員 一 人 ひとりは 全 体 の 奉 仕 者 としての 自 覚 を 改 めて 強 く 持 ち 公 私 にわたり 自 らの 行 動 を 律 することにより 県 民 の 信 頼 回 復 を 図 っていくことが 肝 要 である 5 人 事 評 価 制 度 について 人 事 評 価 制 度 については これまでも 職 員 の 士 気 及 び 組 織 活 力 の 維 持 向 上 の 観 点 から 各 職 員 の 勤 務 実 績 が 人 事 評 価 に 的 確 に 反 映 され その 結 果 を 活 用 した 人 事 管 理 を 推 進 する 必 要 があることに 言 及 してきた 任 命 権 者 においては 人 事 評 価 制 度 がより 実 効 性 のあるものとなるよう 評 価 者 に 対 する 研 修 や 目 標 設 定 評 価 に 当 たっての 職 員 と 評 価 者 との 対 話 の 充 実 運 用 実 態 の 検 証 などにより 評 価 に 対 する 職 員 の 納 得 性 や 制 度 に 対 する 信 頼 性 の 向 上 を 図 っているところである 今 後 は 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 34 号 )の 施 行 に 向 けて 職 員 の 理 解 と 納 得 を 得 ながら 評 価 結 果 を 給 与 等 に 反 映 させるための 所 要 の 整 備 を 着 実 に 進 めていく 必 要 がある 6 雇 用 と 年 金 の 接 続 について 本 年 の 人 事 院 報 告 では 平 成 28 年 度 に 年 金 支 給 開 始 年 齢 が62 歳 に 引 き 上 げられ 再 任 用 希 望 者 が 増 加 する 見 込 みであることを 踏 まえ 公 務 内 外 での 職 員 の 能 力 の 活 用 60 歳 前 からの 退 職 管 理 を 含 む 人 事 管 理 の 見 直 しを 進 めていく 必 要 があると された また 本 年 4 月 公 布 の 国 家 公 務 員 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 22 号 ) 附 則 では 政 府 は 平 成 28 年 度 までに 雇 用 と 年 金 の 接 続 のための 措 置 を 講 ず

16 ることについて 検 討 するものとされている 本 県 においては 従 来 から 原 則 として 希 望 する 者 は 再 任 用 を 行 っているところ であるが 雇 用 と 年 金 の 接 続 が 引 き 続 き 確 実 になされるには 再 任 用 制 度 の 適 切 な 運 用 を 図 っていく 必 要 があるとともに 中 長 期 的 視 点 に 立 って 再 任 用 者 数 の 増 加 を 見 込 んだ 上 での 人 事 管 理 及 び 執 行 体 制 の 在 り 方 などについて 検 討 を 進 め ることが 求 められる 7 おわりに 人 事 委 員 会 の 給 与 勧 告 制 度 は 職 員 の 労 働 基 本 権 制 約 の 代 償 措 置 として 設 けら れているものであり 地 方 公 務 員 法 の 情 勢 適 応 の 原 則 や 均 衡 の 原 則 にのっとった ものとして 長 年 職 員 の 給 与 決 定 方 式 として 定 着 し 行 政 運 営 の 安 定 に 寄 与 し ている 近 年 行 政 需 要 が 増 大 かつ 複 雑 化 する 中 で 職 員 にあっては 県 行 政 に 向 けら れた 県 民 の 期 待 と 信 頼 に 応 えるべく 日 々 職 務 に 精 励 しているところであるが 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 と 県 行 政 を 取 り 巻 く 厳 しい 状 況 を 十 分 に 認 識 し 一 人 ひとり が 常 に 全 体 の 奉 仕 者 としての 強 い 使 命 感 と 高 い 倫 理 観 を 持 ち 効 果 的 効 率 的 な 業 務 遂 行 や 県 民 サービスの 向 上 に より 一 層 努 める 必 要 がある 本 年 の 勧 告 は 公 民 較 差 を 解 消 するための 月 例 給 及 び 特 別 給 の 引 上 げとともに 本 県 の 給 与 制 度 に 関 し 所 要 の 見 直 しを 行 うものとなった 議 会 及 び 知 事 におかれては 人 事 委 員 会 の 給 与 勧 告 制 度 の 意 義 や 役 割 に 深 い 理 解 を 示 され 別 紙 第 2の 勧 告 どおり 実 施 されるよう 要 請 する

17 別 記 人 事 院 勧 告 の 概 要 A 給 与 勧 告 本 年 の 給 与 勧 告 のポイント 月 例 給 ボーナスともに7 年 ぶりの 引 上 げ 1 民 間 給 与 との 較 差 (0.27%)を 埋 めるため 世 代 間 の 給 与 配 分 の 観 点 から 若 年 層 に 重 点 を 置 きながら 俸 給 表 の 水 準 を 引 上 げ 2 ボーナスを 引 上 げ(0.15 月 分 ) 勤 務 実 績 に 応 じた 給 与 の 推 進 のため 勤 勉 手 当 に 配 分 俸 給 表 や 諸 手 当 の 在 り 方 を 含 めた 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 し 1 地 域 の 民 間 給 与 水 準 を 踏 まえて 俸 給 表 の 水 準 を 平 均 2% 引 下 げ 2 地 域 手 当 の 見 直 し( 級 地 区 分 等 の 見 直 し 新 データによる 支 給 地 域 の 指 定 見 直 し) 3 職 務 や 勤 務 実 績 に 応 じた 給 与 配 分 ( 広 域 異 動 手 当 単 身 赴 任 手 当 の 引 上 げ 等 ) * 平 成 27 年 4 月 から3 年 間 で 実 施 俸 給 引 下 げには3 年 間 の 経 過 措 置 段 階 的 実 施 に 必 要 な 原 資 確 保 のため 平 成 27 年 1 月 の 昇 給 を1 号 俸 抑 制 Ⅰ 給 与 勧 告 制 度 の 基 本 的 考 え 方 国 家 公 務 員 給 与 は 社 会 一 般 の 情 勢 に 適 応 するように 国 会 が 随 時 変 更 することができる その 変 更 に 関 し 必 要 な 勧 告 報 告 を 行 うことは 国 家 公 務 員 法 に 定 められた 人 事 院 の 責 務 勧 告 は 労 働 基 本 権 制 約 の 代 償 措 置 として 国 家 公 務 員 に 対 し 適 正 な 給 与 を 確 保 する 機 能 を 有 するもので あり 能 率 的 な 行 政 運 営 を 維 持 する 上 での 基 盤 公 務 には 市 場 の 抑 制 力 という 給 与 決 定 上 の 制 約 がないことから 給 与 水 準 は 経 済 雇 用 情 勢 等 を 反 映 し て 労 使 交 渉 等 によって 決 定 される 民 間 の 給 与 水 準 に 準 拠 して 定 めることが 最 も 合 理 的 Ⅱ 民 間 給 与 との 較 差 等 に 基 づく 給 与 改 定 1 民 間 給 与 との 比 較 約 12,400 民 間 事 業 所 の 約 50 万 人 の 個 人 別 給 与 を 実 地 調 査 ( 完 了 率 88.1%) * 民 間 の 組 織 形 態 の 変 化 に 対 応 するため 本 年 から 基 幹 となる 役 職 段 階 ( 部 長 課 長 係 長 係 員 ) の 間 に 位 置 付 けられる 従 業 員 の 個 人 別 給 与 等 を 把 握 し 官 民 の 給 与 比 較 の 対 象 に 追 加 月 例 給 公 務 と 民 間 の4 月 分 給 与 を 調 査 し 主 な 給 与 決 定 要 素 である 役 職 段 階 勤 務 地 域 学 歴 年 齢 の 同 じ 者 同 士 を 比 較 民 間 給 与 との 較 差 1,090 円 0.27% 行 政 職 ( 一 ) 現 行 給 与 408,472 円 平 均 年 齢 43.5 歳 俸 給 988 円 はね 返 り 分 ( 注 ) 102 円 ( 注 ) 俸 給 等 の 改 定 に 伴 い 諸 手 当 の 額 が 増 減 する 分 ボーナス 昨 年 8 月 から 本 年 7 月 までの 直 近 1 年 間 の 民 間 の 支 給 実 績 ( 支 給 割 合 )と 公 務 の 年 間 の 支 給 月 数 を 比 較 民 間 の 支 給 割 合 4.12 月 ( 公 務 の 支 給 月 数 3.95 月 ) 2 給 与 改 定 の 内 容 と 考 え 方 月 例 給 (1) 俸 給 表 1 行 政 職 俸 給 表 ( 一 ) 改 定 率 平 均 0.3% 世 代 間 の 給 与 配 分 の 見 直 しの 観 点 から 若 年 層 に 重 点 を 置 いて 改 定 初 任 給 民 間 との 間 に 差 があることを 踏 まえ1 級 の 初 任 給 を 2,000 円 引 上 げ 2 その 他 の 俸 給 表 行 政 職 ( 一 )との 均 衡 を 基 本 に 改 定 ( 指 定 職 俸 給 表 は 改 定 なし) (2) 初 任 給 調 整 手 当 医 療 職 俸 給 表 ( 一 )の 改 定 状 況 を 勘 案 し 改 定 (3) 通 勤 手 当 交 通 用 具 使 用 者 に 係 る 通 勤 手 当 について 民 間 の 支 給 状 況 等 を 踏 まえ 使 用 距 離 の 区 分 に 応 じ 100 円 か ら 7,100 円 までの 幅 で 引 上 げ

18 (4) 寒 冷 地 手 当 新 たな 気 象 データ(メッシュ 平 年 値 2010)に 基 づき 支 給 地 域 を 見 直 し ボーナス 民 間 の 支 給 割 合 に 見 合 うよう 引 上 げ 3.95 月 分 4.10 月 分 勤 務 実 績 に 応 じた 給 与 を 推 進 するため 引 上 げ 分 を 勤 勉 手 当 に 配 分 ( 一 般 の 職 員 の 場 合 の 支 給 月 数 ) 6 月 期 12 月 期 26 年 度 期 末 手 当 勤 勉 手 当 月 ( 支 給 済 み) 月 ( 支 給 済 み) 月 ( 改 定 なし) 月 ( 現 行 月 ) 27 年 度 期 末 手 当 月 月 以 降 勤 勉 手 当 0.75 月 0.75 月 [ 実 施 時 期 等 ] 月 例 給 : 俸 給 表 初 任 給 調 整 手 当 及 び 通 勤 手 当 は 平 成 26 年 4 月 1 日 寒 冷 地 手 当 は 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 所 要 の 経 過 措 置 ) ボーナス: 法 律 の 公 布 日 Ⅲ 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 し 次 のような 課 題 に 対 応 するため 俸 給 表 諸 手 当 の 在 り 方 を 含 めた 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しを 勧 告 民 間 賃 金 の 低 い 地 域 における 官 民 給 与 の 実 情 をより 適 切 に 反 映 するための 見 直 し 官 民 の 給 与 差 を 踏 まえた 50 歳 台 後 半 層 の 水 準 の 見 直 し 公 務 組 織 の 特 性 円 滑 な 人 事 運 用 の 要 請 等 を 踏 まえた 諸 手 当 の 見 直 し 1 地 域 間 の 給 与 配 分 の 見 直 し 世 代 間 の 給 与 配 分 の 見 直 し [ 俸 給 表 等 の 見 直 し] 1 行 政 職 俸 給 表 ( 一 ) 民 間 賃 金 水 準 の 低 い12 県 を 一 つのグループとした 場 合 の 官 民 格 差 と 全 国 の 較 差 と の 率 の 差 (2.18ポイント( 平 成 24 年 ~26 年 の 平 均 値 ))を 踏 まえ 俸 給 表 水 準 を 平 均 2% 引 下 げ 1 級 ( 全 号 俸 ) 及 び2 級 の 初 任 給 に 係 る 号 俸 は 引 下 げなし 3 級 以 上 の 級 の 高 位 号 俸 は50 歳 台 後 半 層 における 官 民 の 給 与 差 を 考 慮 して 最 大 4% 程 度 引 下 げ 40 歳 台 や50 歳 台 前 半 層 の 勤 務 成 績 に 応 じた 昇 給 機 会 の 確 保 の 観 点 から5 級 6 級 に 号 俸 を 増 設 2 指 定 職 俸 給 表 行 政 職 ( 一 )の 平 均 改 定 率 と 同 程 度 の 引 下 げ 改 定 3 1 及 び2 以 外 の 俸 給 表 行 政 職 ( 一 )との 均 衡 を 基 本 とし 各 俸 給 表 における 50 歳 台 後 半 層 の 在 職 実 態 等 にも 留 意 しつつ 引 下 げ 医 療 職 ( 一 )については 引 下 げなし 公 安 職 等 について 号 俸 を 増 設 4 その 他 委 員 顧 問 参 与 等 の 手 当 の 改 定 55 歳 超 職 員 ( 行 政 職 ( 一 )6 級 相 当 以 上 )の 俸 給 等 の1.5 % 減 額 支 給 措 置 の 廃 止 等 [ 地 域 手 当 の 見 直 し] 1 級 地 区 分 支 給 割 合 級 地 区 分 を1 区 分 増 設 俸 給 表 水 準 の 引 下 げに 合 わせ 支 給 割 合 を 見 直 し 1 級 地 20% 2 級 地 16% 3 級 地 15% 4 級 地 12% 5 級 地 10% 6 級 地 6% 7 級 地 3% * 賃 金 指 数 93.0 以 上 の 地 域 を 支 給 地 域 とすることを 基 本 ( 現 行 は 95.0 以 上 ) * 1 級 地 ( 東 京 都 特 別 区 )の 支 給 割 合 は 現 行 の 給 与 水 準 を 上 回 らない 範 囲 内 ( 全 国 同 一 水 準 の 行 政 サー ビスの 提 供 円 滑 な 人 事 管 理 の 要 請 等 を 踏 まえると 地 域 間 給 与 の 調 整 には 一 定 の 限 界 ) 2 支 給 地 域 賃 金 構 造 基 本 統 計 調 査 ( 平 成 15 年 ~24 年 )のデータに 基 づき 見 直 し( 級 地 区 分 の 変 更 は 上 下 とも1 段 階 まで) 3 特 例 1 級 地 以 外 の 最 高 支 給 割 合 が 16%となることに 伴 い 大 規 模 空 港 区 域 内 の 官 署 に 在 勤 する 職 員 に 対 する 支 給 割 合 の 上 限 ( 現 行 15%) 医 師 に 対 する 支 給 割 合 ( 同 )をそれぞれ 16%に 改 定

19 2 職 務 や 勤 務 実 績 に 応 じた 給 与 配 分 (1) 広 域 異 動 手 当 円 滑 な 異 動 及 び 適 切 な 人 材 配 置 の 確 保 のため 広 域 的 な 異 動 を 行 う 職 員 の 給 与 水 準 を 確 保 異 動 前 後 の 官 署 間 の 距 離 区 分 に 応 じて 300km 以 上 は 10%( 現 行 6%) 60km 以 上 300km 未 満 は5% ( 現 行 3%)に 引 上 げ (2) 単 身 赴 任 手 当 公 務 が 民 間 を 下 回 っている 状 況 等 を 踏 まえ 基 礎 額 ( 現 行 23,000 円 )を 7,000 円 引 上 げ 加 算 額 ( 現 行 年 間 9 回 の 帰 宅 回 数 相 当 )を 年 間 12 回 相 当 の 額 に 引 上 げ 遠 距 離 異 動 に 伴 う 経 済 的 負 担 の 実 情 等 を 踏 まえ 交 通 距 離 の 区 分 を2 区 分 増 設 (3) 本 府 省 業 務 調 整 手 当 本 府 省 における 人 材 確 保 のため 係 長 級 は 基 準 となる 俸 給 月 額 の6% 相 当 額 ( 現 行 4%) 係 員 級 は4% 相 当 額 ( 現 行 2%)に 引 上 げ (4) 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 管 理 監 督 職 員 が 平 日 深 夜 に 及 ぶ 長 時 間 の 勤 務 を 行 っている 実 態 災 害 への 対 処 等 の 臨 時 緊 急 の 必 要 によりやむを 得 ず 平 日 深 夜 ( 午 前 0 時 から 午 前 5 時 までの 間 )に 勤 務 した 場 合 勤 務 1 回 につき 6,000 円 を 超 えない 範 囲 内 の 額 を 支 給 (5) その 他 人 事 評 価 結 果 を 反 映 した 昇 給 効 果 の 在 り 方 については 今 後 の 人 事 評 価 の 運 用 状 況 等 を 踏 まえ つつ 引 き 続 き 検 討 技 能 労 務 関 係 職 種 の 給 与 については 今 後 もその 在 職 実 態 や 民 間 の 給 与 等 の 状 況 を 注 視 3 実 施 時 期 等 俸 給 表 は 平 成 27 年 4 月 1 日 に 切 替 え 地 域 手 当 の 支 給 割 合 は 段 階 的 に 引 上 げ その 他 の 措 置 も 平 成 30 年 4 月 までに 計 画 的 に 実 施 激 変 緩 和 のための 経 過 措 置 (3 年 間 の 現 給 保 障 ) 見 直 し 初 年 度 の 改 正 原 資 を 得 るため 平 成 27 年 1 月 1 日 の 昇 給 を1 号 俸 抑 制 Ⅳ 雇 用 と 年 金 の 接 続 及 び 再 任 用 職 員 の 給 与 雇 用 と 年 金 の 接 続 公 務 の 再 任 用 は 短 時 間 が 約 7 割 補 完 的 な 業 務 を 担 当 することが 一 般 的 平 成 28 年 度 に 年 金 支 給 開 始 年 齢 が62 歳 に 引 き 上 げられ 再 任 用 希 望 者 が 増 加 する 見 込 み 職 員 の 能 力 経 験 の 公 務 外 での 活 用 業 務 運 営 や 定 員 配 置 の 柔 軟 化 による 公 務 内 での 職 員 の 活 用 60 歳 前 からの 退 職 管 理 を 含 む 人 事 管 理 の 見 直 しを 進 めていく 必 要 本 院 としても 引 き 続 き 再 任 用 の 運 用 状 況 や 問 題 点 の 把 握 に 努 めるとともに 民 間 企 業 における 継 続 雇 用 等 の 実 情 定 年 前 も 含 めた 人 事 管 理 全 体 の 状 況 等 を 詳 細 に 把 握 し 意 見 の 申 出 ( 平 成 23 年 )を 踏 まえ 雇 用 と 年 金 の 接 続 のため 適 切 な 制 度 が 整 備 されるよう 積 極 的 に 取 組 再 任 用 職 員 の 給 与 転 居 を 伴 う 異 動 をする 職 員 の 増 加 と 民 間 の 支 給 状 況 を 踏 まえ 再 任 用 職 員 に 単 身 赴 任 手 当 を 支 給 [ 実 施 時 期 : 平 成 27 年 4 月 1 日 ] 本 年 初 めて 公 的 年 金 が 全 く 支 給 されない 民 間 の 再 雇 用 者 の 個 人 別 給 与 額 を 把 握 今 後 もその 動 向 を 注 視 するとともに 各 府 省 の 今 後 の 再 任 用 制 度 の 運 用 状 況 を 踏 まえ 再 任 用 職 員 の 給 与 の 在 り 方 について 必 要 な 検 討

20 B 公 務 員 人 事 管 理 に 関 する 報 告 1 国 家 公 務 員 法 等 の 改 正 事 項 に 関 する 人 事 院 の 取 組 (1) 国 家 公 務 員 法 等 の 改 正 内 閣 総 理 大 臣 は 新 たに 幹 部 職 員 人 事 の 一 元 管 理 幹 部 候 補 育 成 課 程 機 構 及 び 定 員 に 関 する 事 務 等 を 行 う こととなり 従 来 から 行 っていた 事 務 も 併 せて 担 う 組 織 として 内 閣 人 事 局 を 設 置 人 事 院 は 引 き 続 き 人 事 行 政 の 公 正 の 確 保 及 び 労 働 基 本 権 制 約 の 代 償 機 能 を 担 う 今 後 は それぞれが 担 う 機 能 を 十 全 に 発 揮 し 所 掌 する 制 度 を 適 切 に 運 用 していくことが 重 要 (2) 改 正 事 項 に 関 する 人 事 院 の 取 組 の 方 向 性 幹 部 職 員 人 事 の 一 元 管 理 について 公 正 確 保 の 観 点 から 意 見 を 述 べるなどの 対 応 を 行 う 任 用 採 用 試 験 及 び 研 修 について 人 事 行 政 の 公 正 の 確 保 に 絶 えず 留 意 しつつ 引 き 続 き 所 掌 することとさ れた 事 務 を 適 切 に 実 施 級 別 定 数 の 設 定 改 定 等 について 人 事 院 が 労 使 双 方 の 意 見 を 聴 取 して 作 成 した 設 定 改 正 案 を 意 見 として 提 出 すること 等 により 労 働 基 本 権 制 約 の 代 償 機 能 を 的 確 に 果 たす 2 能 力 実 績 に 基 づく 人 事 管 理 の 推 進 人 事 評 価 制 度 の 運 用 の 改 善 の 取 組 への 必 要 な 協 力 を 行 うとともに 評 価 者 向 け 研 修 等 の 実 施 を 通 じ 各 府 省 の 人 材 育 成 を 支 援 評 価 結 果 の 任 免 給 与 等 への 適 切 な 活 用 を 各 府 省 に 要 請 3 女 性 の 採 用 登 用 の 拡 大 と 両 立 支 援 の 推 進 (1) 女 性 の 採 用 の 拡 大 に 向 けた 取 組 より 多 くの 優 秀 な 女 性 が 試 験 を 受 験 するよう 誘 致 活 動 の 強 化 及 び 総 合 職 試 験 の 内 容 等 の 見 直 し (2) 女 性 職 員 の 登 用 に 向 けた 研 修 の 拡 充 等 の 取 組 地 方 機 関 の 女 性 職 員 を 対 象 とする 研 修 を 拡 充 するなど 女 性 職 員 の 登 用 に 向 けた 研 修 を 充 実 (3) 育 児 介 護 のための 両 立 支 援 策 の 検 討 育 児 について 職 員 の 具 体 的 なニーズ 民 間 企 業 における 両 立 支 援 策 の 措 置 状 況 等 を 精 査 しながら 育 児 時 間 等 の 在 り 方 について 検 討 介 護 について セミナー 等 を 開 催 し 必 要 な 情 報 の 提 供 や 職 員 の 具 体 的 ニーズの 把 握 を 行 う 在 宅 勤 務 等 のテレワークについて 利 用 する 職 員 の 勤 務 時 間 管 理 の 在 り 方 等 について 検 討 (4) 男 性 職 員 の 育 児 休 業 等 両 立 支 援 制 度 の 利 用 促 進 各 府 省 に 対 して 男 性 職 員 に 育 児 休 業 等 の 両 立 支 援 制 度 の 活 用 を 促 すよう 要 請 するとともに 意 識 啓 発 のための セミナーを 開 催 4 勤 務 環 境 の 整 備 (1) 長 時 間 労 働 慣 行 の 見 直 し 民 間 企 業 における 取 組 状 況 や 超 過 勤 務 が 生 ずる 要 因 等 に 関 する 職 員 の 意 識 について 調 査 を 行 い より 実 効 性 の ある 超 過 勤 務 の 縮 減 策 について 検 討 (2) ハラスメント 防 止 対 策 セクハラ 防 止 研 修 の 実 施 徹 底 や 受 講 促 進 苦 情 相 談 体 制 の 整 備 等 の 措 置 を 一 層 充 実 していく 必 要 民 間 企 業 のパワハラ 防 止 の 取 組 等 を 参 考 にハンドブックを 作 成 し 配 布 するなど 意 識 啓 発 を 促 進 (3) 心 の 健 康 づくりの 推 進 職 員 が 円 滑 に 職 場 復 帰 できるよう 試 し 出 勤 等 の 活 用 を 促 す 心 の 不 調 者 の 発 生 を 未 然 に 防 ぐ 観 点 から e ラーニング 教 材 を 作 成 し 配 布 するとともに 職 場 環 境 改 善 の 取 組 を 推 進 (4) 非 常 勤 職 員 の 勤 務 環 境 の 整 備 採 用 後 一 定 期 間 継 続 勤 務 した 後 の 夏 季 における 弾 力 的 な 年 次 休 暇 付 与 について 所 要 の 措 置 を 講 じる 5 平 成 27 年 度 採 用 試 験 等 の 見 直 し 総 合 職 試 験 における 外 部 英 語 試 験 の 活 用 及 び 試 験 日 程 の 後 ろ 倒 しの 円 滑 な 実 施 に 向 けて 準 備 を 推 進 6 研 修 の 充 実 より 効 果 的 な 研 修 を 実 施 すべく 新 たな 研 修 技 法 の 開 発 やカリキュラム 作 成 等 に 取 り 組 む

21 別 紙 第 2 勧 告 次 の 事 項 を 実 現 するため 福 岡 県 職 員 の 給 与 に 関 する 条 例 ( 昭 和 32 年 福 岡 県 条 例 第 41 号 以 下 県 職 員 給 与 条 例 という ) 福 岡 県 警 察 職 員 の 給 与 に 関 する 条 例 ( 昭 和 32 年 福 岡 県 条 例 第 50 号 以 下 警 察 職 員 給 与 条 例 という ) 福 岡 県 公 立 学 校 職 員 の 給 与 に 関 する 条 例 ( 昭 和 32 年 福 岡 県 条 例 第 51 号 以 下 学 校 職 員 給 与 条 例 という ) 福 岡 県 一 般 職 の 任 期 付 研 究 員 の 採 用 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 12 年 福 岡 県 条 例 第 76 号 以 下 任 期 付 研 究 員 条 例 という ) 及 び 福 岡 県 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 14 年 福 岡 県 条 例 第 57 号 以 下 任 期 付 職 員 条 例 という )を 改 正 することを 勧 告 する Ⅰ 平 成 26 年 4 月 の 民 間 給 与 との 比 較 による 給 与 改 定 等 のための 関 係 条 例 の 改 正 1 県 職 員 給 与 条 例 警 察 職 員 給 与 条 例 及 び 学 校 職 員 給 与 条 例 の 改 正 (1) 給 料 表 現 行 の 給 料 表 を 別 表 第 1のとおり 改 定 すること (2) 諸 手 当 ア 初 任 給 調 整 手 当 について (ア) 医 療 職 給 料 表 ( 一 )の 適 用 を 受 ける 医 師 及 び 歯 科 医 師 に 対 する 支 給 月 額 の 限 度 を307,900 円 とすること (イ) 医 療 職 給 料 表 ( 二 )の 適 用 を 受 ける 獣 医 師 に 対 する 支 給 月 額 の 限 度 を 30,200 円 とすること イ 勤 勉 手 当 について (ア) 平 成 26 年 12 月 期 の 支 給 割 合 a b 以 外 の 職 員 勤 勉 手 当 の 支 給 割 合 を0.825 月 分 ( 再 任 用 職 員 にあっては 月 分 )とすること b 特 定 管 理 職 員 勤 勉 手 当 の 支 給 割 合 を1.025 月 分 ( 再 任 用 職 員 にあっては 月 分 )とすること

22 (イ) 平 成 27 年 6 月 期 以 降 の 支 給 割 合 a b 以 外 の 職 員 6 月 及 び12 月 に 支 給 される 勤 勉 手 当 の 支 給 割 合 をそれぞれ0.75 月 分 ( 再 任 用 職 員 にあっては それぞれ0.35 月 分 )とすること b 特 定 管 理 職 員 6 月 及 び12 月 に 支 給 される 勤 勉 手 当 の 支 給 割 合 をそれぞれ0.95 月 分 ( 再 任 用 職 員 にあっては それぞれ0.45 月 分 )とすること ウ 単 身 赴 任 手 当 について 再 任 用 職 員 に 対 して 単 身 赴 任 手 当 を 支 給 すること 2 任 期 付 研 究 員 条 例 の 改 正 (1) 給 料 表 現 行 の 給 料 表 を 別 表 第 2のとおり 改 定 すること (2) 期 末 手 当 について ア 平 成 26 年 12 月 期 の 支 給 割 合 期 末 手 当 の 支 給 割 合 を1.7 月 分 とすること イ 平 成 27 年 6 月 期 以 降 の 支 給 割 合 6 月 及 び12 月 に 支 給 される 期 末 手 当 の 支 給 割 合 をそれぞれ1.55 月 分 とす ること 3 任 期 付 職 員 条 例 の 改 正 (1) 給 料 表 現 行 の 給 料 表 を 別 表 第 3のとおり 改 定 すること (2) 特 定 任 期 付 職 員 の 期 末 手 当 について ア 平 成 26 年 12 月 期 の 支 給 割 合 期 末 手 当 の 支 給 割 合 を1.7 月 分 とすること イ 平 成 27 年 6 月 期 以 降 の 支 給 割 合 6 月 及 び12 月 に 支 給 される 期 末 手 当 の 支 給 割 合 をそれぞれ1.55 月 分 とす ること

23 Ⅱ 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しのための 関 係 条 例 の 改 正 1 県 職 員 給 与 条 例 警 察 職 員 給 与 条 例 及 び 学 校 職 員 給 与 条 例 の 改 正 (1) 給 料 表 Ⅰの1の(1)による 改 定 後 の 給 料 表 ( 医 療 職 給 料 表 ( 一 )を 除 く )を 別 表 第 4のとおり 改 定 すること (2) 諸 手 当 ア 地 域 手 当 について (ア) 地 域 手 当 の 支 給 割 合 次 に 掲 げる 地 域 の 区 分 に 応 じ それぞれ 次 に 定 める 割 合 とすること a 東 京 都 特 別 区 100 分 の20 b 大 阪 市 100 分 の16 c 名 古 屋 市 100 分 の15 d 福 岡 市 100 分 の6 e 福 岡 市 を 除 く 福 岡 県 内 の 地 域 100 分 の5 (イ) 医 師 及 び 歯 科 医 師 に 係 る 特 例 地 域 手 当 の 支 給 割 合 を 当 分 の 間 100 分 の16とすること イ 単 身 赴 任 手 当 について 単 身 赴 任 手 当 の 基 礎 額 を 月 額 30,000 円 とし 職 員 の 住 居 と 配 偶 者 の 住 居 との 間 の 交 通 距 離 の 区 分 に 応 じて 加 算 することとされている 額 の 限 度 を 月 額 70,000 円 とすること ウ 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 について (ア) 管 理 監 督 職 員 が 災 害 への 対 処 その 他 の 臨 時 又 は 緊 急 の 必 要 により 福 岡 県 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 福 岡 県 条 例 第 1 号 ) 第 3 条 第 1 項 第 4 条 第 5 条 及 び 第 8 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づく 週 休 日 又 は 第 10 条 の 規 定 に 基 づく 休 日 若 しくは 第 11 条 の 規 定 に 基 づく 休 日 の 代 休 日 以 外 の 日 の 午 前 0 時 から 午 前 5 時 までの 間 ( 正 規 の 勤 務 時 間 以 外 の 時 間 に 限 る )に 勤 務 した 場 合 に 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 を 支 給 すること (イ) (ア)の 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 の 額 は (ア)による 勤 務 1 回 につき 6,

24 円 を 超 えない 範 囲 内 において 人 事 委 員 会 規 則 で 定 める 額 とすること 2 任 期 付 研 究 員 条 例 の 改 正 Ⅰの2の(1)による 改 定 後 の 給 料 表 を 別 表 第 5のとおり 改 定 すること 3 任 期 付 職 員 条 例 の 改 正 Ⅰの3の(1)による 改 定 後 の 給 料 表 を 別 表 第 6のとおり 改 定 すること Ⅲ 改 定 の 実 施 時 期 等 1 改 定 の 実 施 時 期 この 改 定 は 平 成 26 年 4 月 1 日 から 実 施 すること ただし Ⅰの1の(2)のイ の(ア) 2の(2)のア 及 び3の(2)のアについては 平 成 26 年 12 月 1 日 から Ⅰの1 の(2)のイの(イ) 及 びウ 2の(2)のイ 並 びに3の(2)のイ Ⅱ 並 びにⅢの2につ いては 平 成 27 年 4 月 1 日 から 実 施 すること 2 経 過 措 置 等 (1) 平 成 32 年 3 月 31 日 までの 間 における 差 額 の 支 給 ア Ⅱによる 改 定 後 の 給 料 表 の 適 用 の 日 ( 以 下 切 替 日 という )の 前 日 か ら 引 き 続 き 同 一 の 給 料 表 の 適 用 を 受 ける 職 員 で その 者 の 受 ける 給 料 月 額 が 同 日 において 受 けていた 給 料 月 額 に 達 しないこととなるもの( 人 事 委 員 会 規 則 で 定 める 職 員 を 除 く )には 平 成 32 年 3 月 31 日 までの 間 給 料 月 額 のほか その 差 額 に 相 当 する 額 を 給 料 として 支 給 すること イ 切 替 日 の 前 日 から 引 き 続 き 給 料 表 の 適 用 を 受 ける 職 員 (アの 職 員 を 除 く )について アによる 給 料 を 支 給 される 職 員 との 権 衡 上 必 要 があると 認 められるときは 当 該 職 員 には 人 事 委 員 会 規 則 の 定 めるところにより アに 準 じて 給 料 を 支 給 すること ウ 切 替 日 以 降 に 新 たに 給 料 表 の 適 用 を 受 けることとなった 職 員 について 任 用 の 事 情 等 を 考 慮 してア 又 はイによる 給 料 を 支 給 される 職 員 との 権 衡 上 必 要 があると 認 められるときは 当 該 職 員 には 人 事 委 員 会 規 則 の 定 める

25 ところにより ア 又 はイに 準 じて 給 料 を 支 給 すること (2) 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 特 例 措 置 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 32 年 3 月 31 日 までの 間 における 地 域 手 当 の 支 給 割 合 については Ⅱの1の(2)のアの(ア) 中 次 に 定 める 割 合 とあるのは 次 に 定 める 割 合 を 超 えない 範 囲 内 で 人 事 委 員 会 規 則 で 定 める 割 合 とし Ⅱの 1の(2)のアの(イ) 中 100 分 の16 とあるのは 100 分 の16を 超 えない 範 囲 内 で 人 事 委 員 会 規 則 で 定 める 割 合 とすること (3) 単 身 赴 任 手 当 の 基 礎 額 の 月 額 の 特 例 措 置 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 32 年 3 月 31 日 までの 間 における 単 身 赴 任 手 当 の 基 礎 額 の 月 額 については Ⅱの1の(2)のイ 中 30,000 円 とあるのは 30,000 円 を 超 えない 範 囲 内 で 人 事 委 員 会 規 則 で 定 める 額 とすること 3 その 他 所 要 の 措 置 2に 掲 げるもののほか この 改 定 に 伴 い 所 要 の 措 置 を 講 ずること

26 別 表 第 1 イ 職 員 の 区 分 あ 行 政 職 給 料 表 職 務 の 級 号 給 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 10 級 給 料 月 額 給 料 月 額 給 料 月 額 給 料 月 額 給 料 月 額 給 料 月 額 給 料 月 額 給 料 月 額 給 料 月 額 給 料 月 額 円 円 円 円 円 円 円 円 円 円 1 137, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,400 この 表 は の 適 高 用 等 を 学 受 校 ける及 この 表 は の 適 高 用 等 を 学 受 校 ける 及 び職

27 この 表 は の 適 高 用 等 を 学 受 校 ける及 この 表 は の 適 高 用 等 を 学 受 校 ける 及 び職 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,600 再 任 用 職 員 以 外 の 職 員 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

28 93 244, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,600 再 任 用 職 員 あ 備 考 , , , , , , , , , , ,500 この 表 は 他 の 給 料 表 の 適 用 を 受 けない 全 ての 職 員 に 適 用 する

29 ロ 医 療 職 給 料 表 ( 一 ) 職 員 の 区 分 あ 職 務 の 級 号 給 1 級 2 級 3 級 4 級 給 料 月 額 給 料 月 額 給 料 月 額 給 料 月 額 円 円 円 円 1 240, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,800 この 表 は の 適 高 用 等 を 学 受 校 ける 及 びこれに 職 員 のうち その 準 ずるもの職

30 再 任 用 職 員 以 外 の 職 員 この 表 は の 適 高 用 等 を 学 受 校 ける 及 びこれに 職 員 のうち その 準 ずるもの職 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

31 93 482, , , ,800 再 任 用 職 員 あ , , , , ,700 備 考 この 表 は 本 庁 医 療 機 関 等 ( 病 院 保 健 福 祉 環 境 事 務 所 保 健 環 境 研 究 所 等 をいう 以 下 同 じ )に 勤 務 する 医 師 及 び 歯 科 医 師 で 人 事 委 員 会 規 則 で 定 めるものに 適 用 する

32 ハ 医 療 職 給 料 表 ( 二 ) 職 員 の 区 分 あ 職 務 の 級 号 給 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 給 料 月 額 給 料 月 額 給 料 月 額 給 料 月 額 給 料 月 額 給 料 月 額 給 料 月 額 給 料 月 額 円 円 円 円 円 円 円 円 1 142, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,700 この 表 は の 適 高 用 等 を 学 受 校 ける 及 びこれに 職 員 のうち そのこの 準 ずるも 表

33 この 表 は の 適 高 用 等 を 学 受 校 ける 及 びこれに 職 員 のうち そのこの 準 ずるも 表 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,500 再 任 用 職 員 以 外 の 職 員 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

34 93 294, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,700 再 任 用 職 員 あ , , , , , , , , ,700 備 考 この 表 は 本 庁 病 院 保 健 福 祉 環 境 事 務 所 家 畜 保 健 衛 生 所 等 に 勤 務 する 獣 医 師 薬 剤 師 診 療 放 射 線 技 師 栄 養 士 その 他 の 職 員 で 人 事 委 員 会 規 則 で 定 めるものに 適 用 する

35 ニ 医 療 職 給 料 表 ( 三 ) 職 員 の 区 分 あ 職 務 の 級 号 給 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 給 料 月 額 給 料 月 額 給 料 月 額 給 料 月 額 給 料 月 額 給 料 月 額 円 円 円 円 円 円 1 155, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,000 この 表 は の 適 高 用 等 を 学 受 校 ける 及 びこれに 職 員 のうち そこの 準 ずる 表 は の 適

36 この 表 は の 適 高 用 等 を 学 受 校 ける 及 びこれに 職 員 のうち そこの 準 ずる 表 は の 適 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,000 再 任 用 職 員 以 外 の 職 員 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

資料1:勧告の仕組みとポイント26.10.17改【完成】

資料1:勧告の仕組みとポイント26.10.17改【完成】 給与勧告の仕組みと報告のポイント 平成 26 年 10 月 静岡県人事委員会 目 次 1 給 与 勧 告 の 仕 組 み ページ 1 給 与 勧 告 の 対 象 職 員 1 2 給 与 勧 告 の 手 順 2 3 民 間 給 与 との 比 較 方 法 (ラスパイレス 比 較 ) 3 4 民 間 給 与 と 職 員 給 与 との 比 較 4 2 本 年 の 給 与 改 定 1 本 年 の 給 与 改

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 研 究 開 発 法 人 土 木 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 研 究 所 は 土 木 技 術 に 関 する 研 究 開 発 技 術

More information

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73>

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73> 国 立 大 学 法 人 新 潟 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 18 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 本 学 が 定 める 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において, 役 員 の 本 給

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73>

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73> 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 22 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛

More information

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc)

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc) 津 島 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 市 職 員 の 給 与 は 地 方 自 治 法 地 方 公 務 員 法 等 の 定 めに 基 づき 市 の 条 例 規 則 により 定 められてい ます 今 回 はその 状 況 を 公 表 します 平 成 26 年 4 月 1 日 の 数 値 は 平 成 26 年 の 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 地 方 公 共 団 体 定 員 管

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 43.7 歳 32,743 353,826 341,321

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 43.7 歳 32,743 353,826 341,321 平 成 24 年 度 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 千 千 千 23 年 度 16,465 1,969,859 183,816 2,34,765 21.3

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42 独 立 行 政 法 人 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 は 北 方 領 土 問 題 その 他 北 方 地 域 に 関 する

More information

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 東 庄 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 分 ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 件 費 率 千 千 千 年 度 15,408 5,093,505 1,033,984 517,441 0.3 0.8 ()

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 本 巣 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 21 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) (A) (B) 35,523 歳 出 額 14,360,892 実 質 収 支 件 費 999,985 2,521,801 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 17.6 20 年 度 の 件 費 率 18.8

More information

<483233899396EC8E73904588F58B8B975E8CF6955C8CB48D652E786C73>

<483233899396EC8E73904588F58B8B975E8CF6955C8CB48D652E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について ( 平 成 23 年 4 月 1 日 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (21 年 度 末 ) A 21 年 度 3,455 19,33,478 実 質 収 支 472,685 件 費 B 3,364,471 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 2 年 度 の 件 費 率 17.7

More information

職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 年 4 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 44. 歳 6,4,6 6 4.4 歳,44 4,7 7,6 4. 歳 7,

職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 年 4 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 44. 歳 6,4,6 6 4.4 歳,44 4,7 7,6 4. 歳 7, 別 紙 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 4 年 度 (4 年 度 末 ),7 4,,4 A 千 千 千,4 4, B. B/A 年 度 の 件 費 率. () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 4 年 度

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 例 ) 15 15 1 1 95 95 9 9 ( 例 ) 15 (H2) (H2) (H24) (H24) (H25.4.1) (H25.4.1) (H24) 94.4 95. 1. (H24) 12.1 1.2

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 例 ) 15 15 1 1 95 95 9 9 ( 例 ) 15 (H2) (H2) (H24) (H24) (H25.4.1) (H25.4.1) (H24) 94.4 95. 1. (H24) 12.1 1.2 平 成 25 年 度 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 千 千 千 5,594,744,222 164,19 62,94

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている.

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている. 別 紙 高 山 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 月 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 千 千 千 2,9 2,64,628 6,8 467,928 8. 2.4 (2) 職 員 給 与 費

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 最 飛 騨 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 実 質 収 支 (H23 年 度 末 ) A B B/A H22 年 度 の 人 件 費 率 人 千 円 千 円 千 円 % % 23 年 度 26,858 17,655,457 1,317,559

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4 鉾 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 )23 年 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) A B B/A 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % 24 年 度 51,778 20,041,814 1,173,725

More information

波佐見町の給与・定員管理等について

波佐見町の給与・定員管理等について 波 佐 見 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 人 件 費 24 年 度 15,253 人 5,698,68 113,830 46,156 13.1 %

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 白 鷹 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 23 年 度 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A H22 年 度 15,653 7,495,399 471,366 1,214,22 16.1 B B/A H21 年 度 の 件

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 161,7 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 161,7 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 158,172 44,66,25 1,13,136 7,281,69 16.3 16.7 (2) 職 員 給 与

More information

別紙3

別紙3 別 紙 3 1 総 括 平 成 26 年 度 栃 木 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 24 年 度 の 件 費 率 % % 25 年 度 146,544 56,331,297

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1,

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1, 原 子 力 損 害 賠 償 廃 炉 等 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 機 構 は 未 曽 有 の 大 事 故 となった 平 成 23 年 3 月 の 東 京 電 力 福 島

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( )

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( ) 1 総 括 増 毛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 5,9 4,748,27 24,475 1,134,346 23.9 24.1 (2) 職

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73>

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73> 日 本 司 法 支 援 センター( 法 人 番 号 2011205001573)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 センターの 主 要 事 業 は 総 合 法 律 支 援 に 関 する 事 業 である 役

More information

<976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8267323820288F4390B38DCF95AA292E786C73>

<976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8267323820288F4390B38DCF95AA292E786C73> 別 紙 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 8 年 日 ) A B B/A 5 年 度 の 件 費 率 6 年 度,6,9,979 千 千 千 5,5 58,6 8..4 () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 現 況 ( 平 成 22 1 号 給 の 給 料 月 額 137,9 188,9 226,7 266,4 294,3 最 高 号 給 の 給 料 月 額 247,9 314,9 362,8 399,9 415,1 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 現 況 ( 平 成 22 1 号 給 の 給 料 月 額 137,9 188,9 226,7 266,4 294,3 最 高 号 給 の 給 料 月 額 247,9 314,9 362,8 399,9 415,1 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (21 年 度 末 ) A B B/A 2 年 度 の 件 費 率 21 年 度 61,319 27,554,966 1,5,665 4,594,2 % 16.7 % 19.6 (2) 職 員 給

More information

平 成 2 1 年 度 か ら 新 留 萌 市 財 政 健 全 化 計 画 に 基 づ く 給 与 抑 制 措 置 を 実 施 し て い る が 平 成 2 4 年 度 及 び 平 成 2 6 年 度 に 見 直 し を 行 っ た こ と に よ り 平 成 2 6 年 4 月 1 日 の ラ

平 成 2 1 年 度 か ら 新 留 萌 市 財 政 健 全 化 計 画 に 基 づ く 給 与 抑 制 措 置 を 実 施 し て い る が 平 成 2 4 年 度 及 び 平 成 2 6 年 度 に 見 直 し を 行 っ た こ と に よ り 平 成 2 6 年 4 月 1 日 の ラ 平 成 26 年 度 公 表 分 留 萌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 25 年 度 の 件 費 率 25 年 度 千 千 千 2 3, 4 4 0 1

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2%の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2%の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 25 年 度 住 民 基 本 台 帳 人 口 (26 年 1 月 1 日 ) 平 成 26 年 度 歳 出 額 の 給 与 定 員 管 理 等 について 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 A B BB B/A ( 参 考 ) 24 年 度 人 件 費 率 人 千 円 千 円 千 円 % % % 35,702 人 18,334,848

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B A-B ( 改 定 率 ) 19 年 度 ( ) 0.0 ( 注 ) 民 間 給 与 公 務 員

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B A-B ( 改 定 率 ) 19 年 度 ( ) 0.0 ( 注 ) 民 間 給 与 公 務 員 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 19 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 南 三 陸 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について (19 年 度 末 ) 18,285 歳 出 額 A 8,398,986 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 18 年 度 の 件 費 率 180,597 1,853,799 22.1

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1) 一 般 行 政 職 福 島 県 国 類 似 団 体 平 均 年 齢 平

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1) 一 般 行 政 職 福 島 県 国 類 似 団 体 平 均 年 齢 平 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 24 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 ( 各 年 度 末 ) 40,427 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) A B B/A 23 年 度 の 件 費 率 % % 24,380,602 1,175,572 3,729,291 15.3 16.6 (2) 職

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 給 料 表 の 見 直 し ( 給 料 表 の 改 定 実 施 時 期 ) 平 成 27 年 4 月 日 ( 内 容 ) 一 般 行 政 職 の 給 料 表 について, 国 の 見 直 し 内 容 を 踏 まえ 平 均

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 給 料 表 の 見 直 し ( 給 料 表 の 改 定 実 施 時 期 ) 平 成 27 年 4 月 日 ( 内 容 ) 一 般 行 政 職 の 給 料 表 について, 国 の 見 直 し 内 容 を 踏 まえ 平 均 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 25 78,620 28,350,60,043,224 5,35,540 8.7 7.5 (2) 職 員 給 与 費 の 状

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 1 給 料 表 の 見 直 し [ 実 施 ] 実 施 内 容 ( 給 料 表 の 改 定 実 施 時 期 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 内 容 ) 行 政 職 給 料 表 について 国 の 見 直 し 内

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 1 給 料 表 の 見 直 し [ 実 施 ] 実 施 内 容 ( 給 料 表 の 改 定 実 施 時 期 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 内 容 ) 行 政 職 給 料 表 について 国 の 見 直 し 内 千 歳 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ) 25 年 度 人 95,459 43,717,187 実 質 収 支 A 418,757 人 件 費 B 6,088,907 人 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 24 年 度 の 人

More information

Microsoft Word - 公表資料(H22).doc

Microsoft Word - 公表資料(H22).doc 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 野 迫 川 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 (2 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 2 年 度 の 件 費 率 2 年 度 556,96,86 8,9 27,59 2..9 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 一 般 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 )24 年 度 の (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 件 費 率 25 年 度 千 円 千 円 千 円 % % 61,419 20,666,887 1,276,279 4,024,627

More information

d02 国際交流基金 様式1

d02 国際交流基金 様式1 独 立 行 政 法 人 国 際 交 流 基 金 ( 法 人 番 号 3011105603801)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 法 人 は 外 交 政 策 に 資 する 国 際 文 化 交 流 事 業

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 24 年 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % % 25 年 度 41,213 25,799,074 423,690 4,234,063 16.4 18.0 (2)

More information

一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (4 年 4 月 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 級 級 級 4 級 5 級 号 給 の 給 料 月 額 5, 85,,9,9 89, 最 高 号 給 の 給 料 月 額 4,7 7,8 54,7 88, 4, ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与

一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (4 年 4 月 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 級 級 級 4 級 5 級 号 給 の 給 料 月 額 5, 85,,9,9 89, 最 高 号 給 の 給 料 月 額 4,7 7,8 54,7 88, 4, ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 の 給 与 定 員 管 理 等 について の 職 員 は 平 成 4 年 4 月 日 現 在 で7 ( 特 別 職 を 含 む)です 皆 さんの 生 活 に 密 接 にかかわる 福 祉 医 療 教 育 土 木 産 業 観 光 消 防 などさまざま な 野 で 働 いています 村 職 員 の 給 与 は 村 議 会 の 議 決 を 経 て 定 められた 給 与 条 例 により 支 給 されています その

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

80 鹿児島大学

80 鹿児島大学 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 鹿 児 島 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 2 年 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものです ( 単 位 : ) 3 職 員 の 平 均 給 与 月

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 2 年 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものです ( 単 位 : ) 3 職 員 の 平 均 給 与 月 別 紙 3 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 23 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B 73,89 18,96,951 629,218,05,29 ( 注 )1 件 費 とは 一 般 職 に 支 給 される 給 与 と 市 長

More information

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 水 準 の 公 表 について Ⅰ. 公 表 の 経 緯 について 国 立 大 学 法 人 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて (H22.11.1 閣 議 決 定 ) 3(4) 独 立 行 政 法 人 ( 総 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 91 号 ) 第 4 条 第 13 号 に 規 定 する

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 最 高 号 給 の 給 料 月 額 243,7 37,8 35

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 最 高 号 給 の 給 料 月 額 243,7 37,8 35 別 紙 1 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 千 千 千 13,86 7,431,661 284,84 1,349,392 18.2 19.8 (2)

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

2 特 別 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 の 支 給 割 公 務 員 の 支 給 格 差 勧 告 年 間 支 給 数 合 A 数 B A-B ( 改 定 数 ) 年 度 ( 注 ) 民 間 の 支 給 割 合 は 民 間 事 業 所 で 支 払 われた 賞 与 等 の 特 別

2 特 別 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 の 支 給 割 公 務 員 の 支 給 格 差 勧 告 年 間 支 給 数 合 A 数 B A-B ( 改 定 数 ) 年 度 ( 注 ) 民 間 の 支 給 割 合 は 民 間 事 業 所 で 支 払 われた 賞 与 等 の 特 別 梼 原 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 ( 一 般 会 計 松 診 四 万 診 会 計 ) 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 区 分 人 口 23 年 度 の ( 年 度 末 ) A B (B/A) 人 件 費 率 H25.3.31 千 千 千 %

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8,

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8, 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 件 費 率 年 度,,1,9 1, 9,9 1.1 1. 件 費 には 村 長 副 村 長 教 育 長 の 給 与 議 会 議 員 各 種 委 員

More information

1 総括

1 総括 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 伊 東 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 )25 年 度 の 人 件 費 率 26 年 度 71,782 人 26,079,012 564,552 5,245,658

More information

70 愛媛大学

70 愛媛大学 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 役 員 給 与 規 程 により

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B (21 年 度 末 ) 21 年 度 58,068 22,793,598 272,455 4,911,157 件 費 率 B/A % 21.5 ( 参 考 ) 20 年 度 の 件 費 率 % 24.8 (2) 職

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的 矢 掛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 25 年 度 5,055 千 7,78,45 千 48,9 千 877,259.3 2.8 (2) 職 員 給

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考 石 井 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (4 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 4 年 度 6,69 8,136,675 373,713 1,54,11 18.95 19.18 () 職 員 給 与

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与 電 子 版 職 員 給 与 のあらまし < 公 営 企 業 版 > 平 成 24 年 度 目 次 公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 2 工 業 用 水 道 事 業 3 下 水 道 事 業 4 自 動 車 運 送 事 業 5 高 速 度 鉄 道 事 業 6 病 院 事 業 < 問 い 合 わせ 先 > 上 下 水 道 局 総 務 部 総 務 課 交 通 局 総 務 部 労 務 課

More information

技 能 労 務 職 平 均 年 齢. 7. 9.9 歳,7 平 均 給 料 月 額 歳 7,,8, 歳,9,57, 7,7 7,9 9,5 - (8,85) (5,) 類 似 団 体 5. 歳 9,8 9, 85, ( 注 ) 平 均 給 料 月 額 とは 平 成 5 年 月 日 現 在 における

技 能 労 務 職 平 均 年 齢. 7. 9.9 歳,7 平 均 給 料 月 額 歳 7,,8, 歳,9,57, 7,7 7,9 9,5 - (8,85) (5,) 類 似 団 体 5. 歳 9,8 9, 85, ( 注 ) 平 均 給 料 月 額 とは 平 成 5 年 月 日 現 在 における の 給 与 定 員 管 理 等 について 職 員 の 給 与 などは 村 議 会 の 審 議 を 経 て 給 与 条 例 で 定 められています その 内 容 についてお 知 らせします 新 島 村 の 職 員 は 平 成 5 年 月 日 で ( 特 別 職 の 村 長 副 村 長 教 育 長 を 含 む) 福 祉 医 療 教 育 土 木 観 光 産 業 など みなさんの 暮 らしに 関 わるさまざまな

More information

12 理化学研究所

12 理化学研究所 国 立 研 究 開 発 法 人 理 化 学 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 理 化 学 研 究 所 は 長 い 歴 史 を 有 し これまで 世 界 の 第 一 線 にて 研 究 をリー ドしてきたところである

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 岐 阜 県 類 似 団 体 平 均 年 齢 平 均 給

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 岐 阜 県 類 似 団 体 平 均 年 齢 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 H23 年 度 (H23 年 度 末 ) 92,515 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 A B 47,237,799 3,355,983 7,34,613 件 費 率 B/A 15.5 ( 参 考 ) H22 年 度 の 件 費 率 14.3 (2) 職

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 白 岡 町 ( 市 )の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 (2 3 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 % 50,5 5 3 11, 6 78, 9 49 4 5 6, 9 48 2,760, 245 2 3. 6 ( 参 考 ) 22

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

<4831398CF6955C976C8EAE8140816982DE82C28E73816A2E786C73>

<4831398CF6955C976C8EAE8140816982DE82C28E73816A2E786C73> 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (18 年 度 末 ) むつ 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について A B B/A 17 年 度 の 件 費 率 18 年 度 65,960 32,435,254 2,134,451 5,440,498 16.77 18.00 (2)

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 110 105 (H25.4.1) 104.1 (H25.4.1) (H25.7.1) 105.2 104.1 (H25.7.1) 103.1 (H25.4.1) 106.9 (H25.7.1) 104.0 100 9

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 110 105 (H25.4.1) 104.1 (H25.4.1) (H25.7.1) 105.2 104.1 (H25.7.1) 103.1 (H25.4.1) 106.9 (H25.7.1) 104.0 100 9 茅 野 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 人 件 費 率 24 年 度 人 % % 55,760 22,775,329 804,761 3,955,168

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 93,8 33,985,381 9,329 5,769,881 17. 17.8 (2) 職 員 給 与 費 の

More information

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版)

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版) 福 島 県 警 察 職 員 男 女 共 同 参 画 推 進 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 4 月 改 定 ) 福 島 県 警 察 目 次 第 1 総 論 1 計 画 改 定 の 趣 旨 2 計 画 期 間 第 2 具 体 的 取 組 Ⅰ 意 識 改 革 幹 部 を 始 めとした 全 職 員 の 意 識 改 革 の 徹 底 Ⅱ 女 性 警 察 官 の 採 用 拡 大 1 女 性 警 察 官 の

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

件名

件名 湖 北 地 域 消 防 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 趣 旨 ) 平 成 18 年 4 月 1 日 条 例 第 15 号 改 正 平 成 20 年 3 月 3 日 条 例 第 2 号 平 成 22 年 3 月 29 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 8 月 26 日 条 例 第 8 号 平 成 22 年 11 月 25 日 条 例 第 12 号 平 成 23

More information

<904588F582CC8B8B975E814592E888F58AC7979D82CC8CF6955C4832322E348DEC90AC2E786C73>

<904588F582CC8B8B975E814592E888F58AC7979D82CC8CF6955C4832322E348DEC90AC2E786C73> 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 幌 延 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (1 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 件 費 率 1 年 度,9,1,468 77,6 76,98 13.8 18.7 () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 の 給 与 定 員 管 理 等 について 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 81,619 27,450,520 1,365,377 4,783,695 17.4%

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 年 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 年 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 別 紙 新 篠 津 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 一 般 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 件 費 率 年 度,,,,,.. () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 一 般 会 計 決 算 ) 職 員 数 給 与 費 一 当

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

2 技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 (A) 平 均 給 与 月 額 ( 国 ベース) 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 (B) A/B 真 庭 市 49

2 技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 (A) 平 均 給 与 月 額 ( 国 ベース) 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 (B) A/B 真 庭 市 49 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 22 年 度 住 民 基 本 台 帳 人 口 (H22 年 度 末 ) 50,605 人 真 庭 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 31,121,198 千 円 1,321,257 千 円 5,711,211 千 円 ( 注 ) 平 成 22 年 度 の 歳 出 額 に 対

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. (H2.4.1) 92. (H25.4.1) 12.7 (H25.4.1) 参 考 値 94.8 (H25.7.1) 99.4 (H25.4.1) 14.5 (H25.4.1) (H25.7.1) 13.2 12.2 (H25.

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. (H2.4.1) 92. (H25.4.1) 12.7 (H25.4.1) 参 考 値 94.8 (H25.7.1) 99.4 (H25.4.1) 14.5 (H25.4.1) (H25.7.1) 13.2 12.2 (H25. 平 成 25 年 度 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) (A) 24 年 度 千 千 19,973 13,566,146 243,191 件 費 (B) 千 2,7,115 件 費 率 ( 参 考 ) (B/A) 23 年 度 の 件 費 率

More information