02-ARTICLES-神原他_00-神原他

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "02-ARTICLES-神原他_00-神原他"

Transcription

1 高 齢 者 のドライマウスのリスク 因 子 に 関 する 研 究 歯 科 外 来 受 診 高 齢 者 における 検 討 遠 藤 眞 美, 久 保 田 有 香, 久 保 田 潤 平, 村 松 宰 2), 内 山 公 男 3) 岸 本 悦 央 4), 佐 藤 裕 二 5), 山 下 喜 久 6), 柏 崎 晴 彦 7), 伊 藤 加 代 子, 柿 木 保 明 Risk factors associated with dry mouth in elderly patients Endoh M,Kubota A,Kubota J,Muramatsu T 2),Uchiyama K 3) Kishimoto E 4),Sato Y 5),Yamashita Y 6),Kashiwazaki H 7),Ito K,Kakinoki Y 九 州 歯 科 大 学 生 体 機 能 学 講 座 老 年 障 害 者 歯 科 学 分 野, 2) 日 本 医 療 大 学 3) 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 栃 木 医 療 センター 歯 科 口 腔 外 科 4) 岡 山 大 学 医 歯 薬 総 合 研 究 科 長 寿 社 会 医 学 講 座 予 防 歯 科 分 野, 5) 昭 和 大 学 歯 学 部 高 齢 者 歯 科 学 教 室 6) 九 州 大 学 大 学 院 歯 学 研 究 院 口 腔 予 防 医 学 7) 北 海 道 大 学 大 学 院 歯 学 研 究 科 口 腔 健 康 科 学 講 座 高 齢 者 口 腔 健 康 管 理 学 分 野 新 潟 大 学 医 歯 学 総 合 病 院 加 齢 歯 科 診 療 室 キーワード: 口 腔 乾 燥 症 高 齢 者 歯 科 外 来 要 旨 近 年 高 齢 者 のドライマウスに 関 して 多 くの 研 究 がなされており 様 々な 要 因 が 考 えられているが 臨 床 疫 学 的 な 手 法 を 用 いて 研 究 を 実 施 した 報 告 は 少 ない そこで 今 回 は 歯 科 外 来 受 診 高 齢 者 におけるドラ イマウスのリスク 因 子 について2 年 間 の 変 化 を 探 索 するため 独 自 に 作 成 した 質 問 票 調 査 を 使 用 して 全 国 の 病 院 歯 科 6 施 設 にて 調 査 を 行 い 平 成 22 年 および 平 成 24 年 の 両 方 でデータを 得 られた 対 象 者 に 関 して 分 析 を 行 った その 結 果 ドライマウスの 予 防 的 観 点 として 口 腔 環 境 を 整 える 対 応 と 共 に 全 身 的 社 会 的 な 対 応 や 配 慮 がドライマウスの 予 防 的 観 点 として 重 要 である 可 能 性 が 推 察 された 緒 言 近 年 高 齢 者 の 多 くが 口 のかわき などの ドライマウス 症 状 を 自 覚 していると 推 察 されて 著 者 連 絡 先 福 岡 県 北 九 州 市 小 倉 北 区 真 鶴 2 丁 目 6-1 九 州 歯 科 大 学 生 体 機 能 学 講 座 老 年 障 害 者 歯 科 学 分 野 遠 藤 眞 美 TEL: FAX: いる 1,2) また 高 齢 者 における 口 腔 乾 燥 状 態 が 摂 食 機 能 や 嚥 下 機 能 と 関 連 することや 咀 嚼 や 嚥 下 に 関 する 何 らかの 問 題 を 自 覚 している 高 齢 者 が 口 腔 乾 燥 を 自 覚 している 場 合 が 多 いことも 報 告 さ れている 3 5) そのような 背 景 から 歯 科 医 療 従 事 者 のドライマウスへの 適 切 な 対 応 が 重 要 とさ れ 様 々な 工 夫 や 対 応 が 報 告 されている しかし 臨 床 疫 学 的 な 手 法 を 用 いた 経 年 的 な 調 査 報 告 が 少 ないこともあり 病 態 の 把 握 やリスク 因 子 が 明 ら かになっているとはいい 難 いく その 対 応 は 歯 科 医 療 従 事 者 の 主 観 的 な 臨 床 経 験 に 基 づく 場 合 が 多 60

2 ヘルスサイエンス ヘルスケア Volume 13,No.2(2013) いと 予 想 される したがって, 高 齢 者 におけるド ライマウスのリスク 因 子 を 理 解 し 適 切 な 診 断 や 対 応 予 防 法 の 確 立 が 課 題 といえる そこで 今 回 歯 科 外 来 受 診 高 齢 者 の 口 腔 環 境 な どについて 調 査 し 高 齢 者 のドライマウスのリス ク 因 子 について 探 索 したので 報 告 する 対 象 および 方 法 1. 対 象 対 象 は 全 国 の 病 院 歯 科 外 来 6 施 設 にて 歯 科 治 療 を 目 的 に 歯 科 外 来 受 診 をした 高 齢 者 のうち 平 成 22および 平 成 24 年 の 両 年 とも9 月 1 日 11 月 31 日 に 診 査 可 能 であった 者 とした 対 象 者 の 主 訴 および 歯 科 治 療 の 処 置 は 限 定 せず 口 腔 がん 口 腔 および 関 連 部 位 における 放 射 線 治 療 の 既 往 唾 液 腺 疾 患 シェーグレン 症 候 群 などの 自 己 免 疫 疾 患 患 者 は 除 外 した なお 解 析 は 欠 損 データのな い 対 象 者 について 実 施 した 2. 方 法 質 問 票 作 成 および 調 査 方 法 平 成 22 年 に 全 身 状 態 口 腔 内 状 態 服 薬 状 況 生 活 習 慣 や 嗜 好 口 腔 ケアの 状 況 QOLなど100 項 目 の 調 査 を 実 施 した 6) その 結 果 結 果 からド ライマウスのリスク 因 子 として 重 要 であると 推 察 された 項 目 を 抽 出 し 新 たな 調 査 票 を 作 成 して 平 成 24 年 に 調 査 を 実 施 した 調 査 項 目 を 表 1に 示 し た 調 査 は 両 年 とも 平 成 24 年 9 月 1 日 11 月 31 日 と した 調 査 方 法 は 歯 科 医 師 が 診 査 後 に 調 査 票 に 記 入 し 主 観 的 な 質 問 については 対 象 者 の 自 記 式 とした なお 本 研 究 は 九 州 歯 科 大 学 倫 理 委 員 会 および 表 1 質 問 票 調 査 項 目 61

3 各 施 設 の 倫 理 委 員 会 の 承 認 後 に 調 査 を 実 施 した 2) 統 計 解 析 本 報 告 においては 平 成 24 年 の 調 査 結 果 を 使 用 し 横 断 的 な 解 析 を 実 施 した ⑴ 基 本 統 計 基 本 統 計 については カテゴリー 回 答 ごとの 度 数 分 布 および 測 定 値 などの 連 続 変 量 の 平 均 値 等 を 求 めた 口 腔 乾 燥 については 舌 背 粘 膜 部 7, の 唾 液 湿 潤 度 検 査 10 秒 法 の 結 果 から 3mm 未 満 をドライマウス 群 3 6mmを 正 常 群 7mm 以 上 を 嚥 下 低 下 群 と 分 類 して 検 討 し た また 本 分 類 を 使 用 してカッパ 統 計 量 によ る 平 成 22 年 と 24 年 の 唾 液 湿 潤 度 検 査 によるド ライマウスの 判 断 の 一 致 率 を 検 討 した ⑵ 単 回 帰 ロジスティック 分 析 唾 液 湿 潤 度 検 査 (キソウェット R ) 舌 上 10 秒 法 による 計 測 結 果 3 6mm= 0 3mm 未 満 = 1 を 従 属 変 数 とし 年 齢 および 性 別 を 調 整 要 因 変 数 その 他 の 調 査 項 目 を 独 立 変 数 とし たロジスティック 単 回 帰 分 析 を 実 施 した 分 析 については 統 計 パッケージ(SPSS ver.19)を 用 いた 結 果 基 本 統 計 調 査 票 有 効 回 収 数 は111 人 であった 平 均 年 齢 は 76.0± 6.5 歳 で 70 歳 未 満 が 17 人 (17.3%) 70 代 が 57 人 (58.2%) 80 代 が 21 人 (21.4%) 90 代 が3 人 (3.1%)であった 性 別 は 男 性 37 人 (33.3%) 女 性 74 人 (66.7%)であった 12 人 (10.8%)が 自 立 した 生 活 を 営 んでおり 27 人 (24.3%)が 要 支 援 26 人 (23.4%)が 要 介 護 認 定 を 受 けていた 平 均 体 重 は 53.1± 11.8Kg 平 均 身 長 は 155.0± 8.1cmであった 約 90%が 血 清 アルブミン 値 を 不 明 と 回 答 した 認 知 症 が73 人 (65.8%) 認 められ 71 人 (64.0%)の 対 象 者 が 常 用 薬 を 服 用 していた 上 顎 の 平 均 歯 数 は 8.3± 5.1 歯 で 0 歯 が 11 人 (9.9%)で 下 顎 の 平 均 歯 数 は 8.0± 4.7 歯 で 0 歯 が 12 人 (10.8%)であった 16 人 (14.4%)に 専 門 的 な 指 導 を 含 む 口 腔 ケアの 支 援 が 必 要 と 判 断 さ れた 義 歯 の 必 要 性 については 上 顎 において 部 分 床 義 歯 が 34 人 (30.6%)および 全 部 床 義 歯 が 39 人 (35.1%) 下 顎 では 部 分 床 義 歯 が32 人 (28.8%) 全 部 床 義 歯 が40 人 (36.0%)であった 口 腔 粘 膜 の 保 湿 状 態 について 唾 液 湿 潤 度 検 査 10 秒 法 の 舌 背 粘 膜 部 で 平 均 2.8± 2.2mmおよび 舌 下 小 丘 部 の 平 均 5.9± 5.1mmで 舌 背 粘 膜 部 計 測 値 が 3mm 未 満 のドライマウス 群 が 測 定 可 能 者 の 53 人 (53.6%)に 認 められた 舌 背 粘 膜 部 の 唾 液 湿 潤 度 検 査 結 果 による 分 類 を 表 2に 示 した 口 腔 水 分 計 の 舌 背 粘 膜 部 は 平 均 28.2±4.2%( 表 3) 頬 粘 膜 部 は 平 均 29.8±3.2%であった( 表 3) 反 復 唾 液 嚥 下 テスト( 以 下 RSST) 実 施 可 能 者 は 95 人 で その 平 均 値 は 4.1± 2.3 回 であり 3 回 以 上 可 能 であった 者 が73 人 (65.8%)であった 3 回 以 上 可 能 であった 者 の 3 回 時 の 平 均 積 算 時 間 は 25.7± 19.4 秒 であった 他 の 口 腔 機 能 に 関 して は 基 本 的 に 口 呼 吸 をしている 者 が12 人 (10.8%) 日 常 的 に 開 口 している 者 が8 人 (7.2%)であった 各 口 腔 感 覚 を いつも 自 覚 するとの 回 答 を 口 腔 乾 燥 感 で 12 人 (10.8%) 嚥 下 困 難 感 で 3 人 (2.7%)に 認 めた( 表 4) 唾 液 湿 潤 度 検 査 結 果 によるドライマウスの 分 類 表 2 舌 背 粘 膜 部 の 唾 液 湿 潤 度 検 査 結 果 による 分 類 表 3 口 腔 水 分 計 測 定 結 果 62

4 ヘルスサイエンス ヘルスケア Volume 13,No.2(2013) を 使 用 してカッパ 統 計 量 による 平 成 22 年 と 24 年 の 唾 液 湿 潤 度 検 査 によるドライマウスの 判 断 の 一 致 率 をみると ドライマウス 群 において 平 成 22 表 4 口 腔 感 覚 の 自 覚 年 と 24 年 の 間 で 大 きな 変 化 がみられず また 7mm 以 上 の 嚥 下 困 難 障 害 を 疑 うものが 増 加 した 様 子 も 認 められなかった(κ 値 :0.30 2) 単 変 量 ロジスティック 分 析 単 変 量 ロジスティック 分 析 を 実 施 した 結 果 を 表 5に 示 した ドライマウスに 対 し 回 帰 係 数 の 有 意 確 率 がp<0.05で 有 意 であった 変 数 は 口 腔 ケアの 必 要 性 あり 口 腔 清 掃 に 用 いる 道 具 が 歯 間 ブラシ 歯 磨 剤 時 々 人 との 関 わりを 控 える 時 々 口 の 中 で 熱 い 物 冷 たい 物 甘 いものがしみる および 1 日 の 水 分 量 であった 表 5 単 変 量 ロジスティック 分 析 結 果 63

5 表 5 2 考 察 歯 科 外 来 に 通 院 する 高 齢 者 に 対 してドライマウ スのリスク 因 子 に 関 する 調 査 を 平 成 22 年 および 24 年 の2 年 にわたり 同 対 象 者 に 実 施 し 平 成 24 年 の 結 果 について 本 報 告 では 分 析 を 行 った 口 腔 癌 や 唾 液 腺 疾 患 による 唾 液 分 泌 低 下 症 を 原 因 とする ドライマウスについての 原 因 やリスク 因 子 は 明 ら かになりつつあるものの 口 腔 乾 燥 感 や 粘 膜 保 湿 低 下 による 高 齢 者 のドライマウスに 関 するリスク 因 子 は 不 明 な 部 分 が 多 く 積 極 的 な 検 索 が 必 要 であ る しかし 本 邦 で 実 施 されてきた 調 査 において 使 用 されている 質 問 票 の 多 くは 唾 液 分 泌 低 下 症 の 主 な 原 因 といえるシェーグレン 症 候 群 の 診 断 基 準 を 準 用 している 場 合 が 多 く 多 様 な 要 因 を 分 析 するとは 言 えない そこで 臨 床 的 にドライマウ スと 関 連 があると 考 えられてきた 項 目 を 抽 出 して 質 問 票 を 作 成 した ドライマウスの 症 状 として 歯 科 専 門 家 の 他 覚 的 所 見 のない 口 腔 乾 燥 感 のみ と 所 見 のある 唾 液 分 布 異 常 唾 液 分 泌 低 下 がある 9) これらに 関 する 項 目 がどのように 関 連 しているかは 不 明 であるが,それぞれに 関 連 する 項 目 をリスク 因 子 として 抽 出 し 平 成 22 年 に 約 100 項 目 の 調 査 票 を 作 成 した しかし この 調 査 票 は 回 答 時 間 がかかること 血 液 データなどが 不 明 であったこと 6) から 平 成 24 年 の 本 研 究 では 項 目 を 減 らして 実 施 した 本 結 果 から 外 来 に 通 院 することができる 比 較 的 全 身 状 態 の 良 い 高 齢 者 においても 約 半 数 以 上 が 唾 液 湿 潤 度 検 査 からドライマウス 群 と 判 断 され た したがって 高 齢 者 に 増 加 している 本 邦 にお けるドライマウスに 対 する 対 応 のニーズが 高 まる ことが 予 想 される 唾 液 湿 潤 度 検 査 は 障 害 児 者 や 要 介 護 高 齢 者 においても 実 施 できる 簡 便 な 方 法 であり 本 法 によるリスク 因 子 を 抽 出 するこ とによって 将 来 コミュニケーションが 困 難 な 場 合 や 症 状 が 複 雑 な 場 合 にも 応 用 できると 考 え た また 舌 背 粘 膜 部 と 舌 下 粘 膜 部 の 貯 留 唾 液 を 測 定 する 方 法 であり 本 法 によって 嚥 下 機 能 を 評 価 する 方 法 (KY 分 類 )も 提 唱 されている 10) 舌 背 部 粘 膜 の 唾 液 湿 潤 度 が 3mm 未 満 では 粘 膜 の 乾 燥 状 態 でドライマウスとされ 舌 下 部 に 唾 液 がな い 場 合 は 唾 液 分 泌 低 下 や 唾 液 の 過 蒸 散 の 可 能 性 唾 液 がある 場 合 は 舌 運 動 機 能 低 下 などにより 分 泌 された 唾 液 が 舌 背 部 上 に 上 がらない 状 態 である 7mm 以 上 では 本 来 嚥 下 している 余 剰 な 唾 液 を 飲 み 込 めていない 状 態 であり 嚥 下 機 能 低 下 の 可 能 性 を 示 すとしている 本 結 果 では,ドライマウス が 約 半 数 に 認 められたことから 3mm 未 満 に 対 1 して 粘 膜 の 保 湿 を 促 す 口 腔 保 湿 剤 の 使 用 や, 開 口 などによる 過 蒸 散 を 改 善 するために 口 腔 周 64

6 ヘルスサイエンス ヘルスケア Volume 13,No.2(2013) 囲 筋 に 対 する 機 能 的 口 腔 ケアが 重 要 と 推 察 され た 9,1 単 変 量 ロジスティック 分 析 結 果 から ドライマ ウス 発 症 と 口 腔 ケアの 必 要 性 あり 口 の 中 で 熱 い 物 冷 たい 物 甘 い 物 がときどきしみる と いう 口 腔 内 の 問 題 がドライマウスのリスク 発 症 に 影 響 している 可 能 性 がわかった 一 方 で 日 常 の 口 腔 ケア 時 に 歯 間 ブラシの 使 用 と 歯 磨 き 剤 の 使 用 においてはドライマウス 発 現 に 対 して 負 の 関 連 をしており 高 齢 者 のドライマウスは 加 齢 や 副 用 薬 剤 によるために 対 応 法 がないので 受 け 入 れるようにと 指 導 されている 傾 向 があるものの その 発 症 予 防 に 通 常 の 歯 科 治 療 や 口 腔 保 健 指 導 が 効 果 を 示 すことが 推 測 された また 時 々 人 と の 関 わりを 控 える という 社 会 活 動 の 項 目 との 関 連 が 認 めらたことから 社 会 的 な 対 応 や 配 慮 もド ライマウスの 予 防 的 観 点 として 重 要 である 可 能 性 も 推 察 された 以 上 の 結 果 をもとに 今 後 は 横 断 的 検 索 だけでなく 平 成 22 年 と 24 年 の 調 査 結 果 について 比 較 検 討 を 行 いたいと 考 えている 結 論 本 研 究 では 歯 科 外 来 に 通 院 した 高 齢 者 のうち 平 成 22 年 度 および 平 成 24 年 度 の 両 調 査 で 研 究 協 力 を 得 られた 対 象 者 に 対 して 平 成 24 年 の 横 断 的 研 究 としてドライマウスのリスク 因 子 に 関 する 検 討 を 行 った その 結 果 ドライマウスの 予 防 的 観 点 として 口 腔 保 健 指 導 などによって 口 腔 環 境 を 整 える 対 応 と 共 に 社 会 的 な 対 応 が 重 要 である 可 能 性 が 推 察 された 文 献 久 保 田 有 香, 遠 藤 眞 美 : 歯 学 部 付 属 病 院 高 齢 者 歯 科 における 患 者 動 態 の 検 討. 九 州 歯 会 誌,2012; 66, ) 遠 藤 眞 美, 野 本 たかと, 他 : 歯 科 診 療 所 で 実 施 した 口 腔 機 能 向 上 事 業 の3 年 間 の 成 果. 厚 生 労 働 省 科 学 研 究 費 補 助 金 長 寿 科 学 総 合 研 究 事 業 平 成 24 年 総 括 分 担 報 告 書, ) 柿 木 保 明, 西 原 達 次, 他 : 唾 液 を 指 標 とした 口 腔 機 能 向 上 プログラム 作 成 平 成 19 年 度 総 括 分 担 研 究 報 告 書 厚 生 労 働 省 厚 生 労 働 科 学 研 究 費 補 助 金 長 寿 科 学 総 合 研 究 事 業,83-90, ) 柿 木 保 明, 西 原 達 次, 他 : 唾 液 を 指 標 とした 口 腔 機 能 向 上 プログラム 作 成 平 成 20 年 度 総 括 分 担 研 究 報 告 書 厚 生 労 働 省 厚 生 労 働 科 学 研 究 費 補 助 金 長 寿 科 学 総 合 研 究 事 業,23-31, ) 柿 木 保 明, 西 原 達 次, 他 : 唾 液 を 指 標 とした 口 腔 機 能 向 上 プログラム 作 成 平 成 21 年 度 総 括 分 担 研 究 報 告 書 厚 生 労 働 省 厚 生 労 働 科 学 研 究 費 補 助 金 長 寿 科 学 総 合 研 究 事 業,34-42, ) 柿 木 保 明, 遠 藤 眞 美, 他 : 一 般 高 齢 者 に 対 するドラ イマウスリスクファクター 探 索 を 目 的 とした 質 問 票 の 作 成, 高 齢 者 のドライマウスの 実 態 調 査 及 び 標 準 的 ケア 指 針 の 策 定 に 関 する 研 究 平 成 22 年 度 総 括 分 担 研 究 報 告 書 厚 生 労 働 省 厚 生 労 働 科 学 研 究 費 補 助 金 長 寿 科 学 総 合 研 究 事 業, , ) Yasuaki Kakinoki Tatsuji Nishihara, et al.: Usefulness of new wetness tester for diagnosis of dry mouth in disabled patients. Gerodontology, 21: , 柿 木 保 明, 眞 木 吉 信, 他 : 障 害 者 要 介 護 者 におけ る 口 腔 乾 燥 症 の 診 断 評 価 ガイドライン, 日 歯 医 学 会 誌, 27,30-34, ) 遠 藤 眞 美, 柿 木 保 明 : 唾 液 の 力 唾 は 万 病 の 薬, 歯 科 衛 生 士,35:59-63, ) 遠 藤 眞 美, 柿 木 保 明 : 舌 の 衰 えをチェックして 患 者 さんの 食 べる 話 す を 守 ろう! 歯 科 衛 生 士, 37:96-102, 遠 藤 眞 美 : 口 腔 乾 燥 症 への 対 応 の 実 際 対 症 療 法 を 中 心 に 歯 科 医 療 2013 年 秋 号 別 冊,27:36-42,

7 Risk factors associated with dry mouth in elderly patients Endoh M,Kubota A,Kubota J,Muramatsu T 2),Uchiyama K 3) Kishimoto E 4),Sato Y 5),Yamashita Y 6),Kashiwazaki H 7),Ito K,and Kakinoki Y Division of Special Needs and Geriatric Dentistry, Department of Physical Functions, Kyushu Dental University 2) Japan Health care collage 3) Tochigi medical center 4) Okayama University Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical sciences 5) Showa University 6) Growth and Development Faculty of Dental Acience, Kyushu University 7) Graduate school of Dental Medicine, Hokkaido University Niigata University Medical and Dental Hospital Key Words : dry mouth, elderly, outpatient Many elderly patients frequently suffer from dry mouth. However, treatment methods for dry mouth have not been standardized. Therefore, improved understanding of the epidemiology of dry mouth is important to improve treatment strategies and oral health in elderly patients. To identify factors associated with dry mouth, we conducted a cross-sectional study involving 111 Japanese elderly individuals at six dental hospitals. Patients completed an original questionnaire and a clinical assessment between September and November in 2012 and This study was approved by the ethical committee of Kyushu Dental College and each participating hospital or college. Based on the primary outcome of tongue dorsum moisture, >50% were classified as having dry mouth. In conclusion, good oral condition, oral health care, and social communication were potential factors associated with dry mouth in elderly patients. Health Science and Health Care 13(2): 60 66,

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4 日 付 時 限 内 容 4 月 6 日 2 総 論 GIO: 耳 鼻 咽 喉 科 疾 患 を 持 つ 患 者 の 診 断 と 治 療 ができるようになるために これらの 系 の 基 本 的 知 識 特 性 を 理 解 する SBO: 1. 耳 疾 患 について 説 明 できる 2. 鼻 疾 患 について 説 明 できる 3. 咽 頭 喉 頭 疾 患 について 説 明 できる 4 月 13 日 2 鼻

More information

St. Luke’s Quality and Healthcare Report

St. Luke’s Quality and Healthcare Report 厚 生 労 働 省 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 平 成 17 ~ 平 成 19 ) 新 医 師 臨 床 研 修 制 度 の 評 価 に 関 する 調 査 研 究 ( 主 任 研 究 者 : 福 井 次 矢 ) 共 同 研 究 者 : 高 橋 理 大 出 幸 子 矢 野 栄 二 野 村 恭 子 小 俣 富 美 雄 徳 田 安 春 青 木 誠 木 村 琢 磨 川 南 勝 彦 遠 藤 弘 良 水

More information

1.1 65 歳 以 上 が 人 口 の25%を 超 えると 何 が 起 こるのか? 112 市 町 村 における 地 域 包 括 ケアシステム 構 築 のプロセス( 概 念 図 ) 厚 生 労 働 省 ホームページ(http://www.mhlw.go.jp/ stf/seisakunitsuit

1.1 65 歳 以 上 が 人 口 の25%を 超 えると 何 が 起 こるのか? 112 市 町 村 における 地 域 包 括 ケアシステム 構 築 のプロセス( 概 念 図 ) 厚 生 労 働 省 ホームページ(http://www.mhlw.go.jp/ stf/seisakunitsuit 1 章 超 高 齢 社 会 における 正 しいインプラント 治 療 のあり 方 1.1 65 歳 以 上 が 人 口 の25%を 超 えると 何 が 起 こるのか? 越 前 谷 澄 典 岩 城 正 明 川 口 和 子 鈴 木 仙 一 1.1.1 超 高 齢 社 会 におけるインプラント の 役 割 現 在 無 歯 顎 患 者 数 は500 万 人 といわれている また 歯 はあるが 著 しく 動 揺

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 摂 食 機 能 障 害 リハビリテーション 部 課 長 補 佐 言 語 聴 覚 士 長 谷 川 和 子 経 管 栄 養 3 食 経 口 摂 取 ( 経 管 離 脱 率 ) 入 院 患 者 数 654 人 699 人 342 人 入 院 時 経 管 44 人 28 人 28 人 72.2 歳 72.4 歳 肺 炎 発 症 率 20.8% 10.7% 人 50 40 40 3030 2020 10 10

More information

栄養管理手順について

栄養管理手順について 栄 養 管 理 手 順 について 平 成 27 年 6 月 29 日 管 理 栄 養 士 栄 養 管 理 の 意 義 患 者 様 の 病 気 の 治 癒 回 復 を 支 援 し 手 術 などの 合 併 症 の 予 防 に 貢 献 すること 栄 養 ケア マネジメント 平 成 17 年 に 介 護 保 険 制 度 に 導 入 給 食 の 提 供 者 栄 養 療 法 を 担 う 医 療 チームの 一 員

More information

糖尿病と歯周病の関係

糖尿病と歯周病の関係 糖 尿 病 と 歯 周 病 の 関 係 ー お 口 の 中 の 変 化 から 初 期 症 状 を 発 見?! ー 入 野 田 歯 科 医 院 入 野 田 昌 史 日 本 糖 尿 病 対 策 推 進 会 議 で 作 成 されたポスターです 血 糖 値 が 下 がらないのは 歯 周 病 かもしれません 糖 尿 病 の 第 6 合 併 症 が 歯 周 病 と 言 われています 歯 の 喪 出 で 過 栄

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF825389D4936388CF88F582BB82CC82502E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF825389D4936388CF88F582BB82CC82502E707074> 新 健 康 フロンティア 戦 略 賢 人 会 議 働 き 盛 りと 高 齢 者 の 健 康 安 心 分 科 会 提 出 資 料 国 立 保 健 医 療 科 学 院 口 腔 保 健 部 花 田 信 弘 1. 口 腔 の 保 健 医 療 および 介 護 の 現 状 分 析 平 成 17 年 に 行 われた 歯 科 疾 患 実 態 調 査 では 80 歳 で 自 分 の 歯 を20 歯 以 上 有 する

More information

首 は 下 あ ご の 骨 の 下 か ら 鎖 骨 の 上 ま で 自 分 の 首 を 両 手 で は さ ん で お さ え て み ま し ょ う 師 首 っ て ど ん な 仕 事 を し て い る か な 子 頭 を の せ て い る 頭 を お さ え て い る 頭 を 動 か し

首 は 下 あ ご の 骨 の 下 か ら 鎖 骨 の 上 ま で 自 分 の 首 を 両 手 で は さ ん で お さ え て み ま し ょ う 師 首 っ て ど ん な 仕 事 を し て い る か な 子 頭 を の せ て い る 頭 を お さ え て い る 頭 を 動 か し の ど の 仕 事 2 0 1 5 年 3 月 4 日 黒 川 理 科 研 究 会 永 澤 義 人 私 は ふ だ ん は 自 分 の か ら だ に つ い て 深 く 考 え る こ と は ほ と ん ど あ り ま せ ん で も 一 昨 年 食 道 癌 に な り 担 当 医 か ら 食 道 癌 の 後 遺 症 で い ち ば ん 多 く 恐 ろ し い の は 誤 飲 に よ る 肺 炎

More information

理学療法検査技術習得に向けた客観的臨床能力試験(OSCE)の試行

理学療法検査技術習得に向けた客観的臨床能力試験(OSCE)の試行 An Application of an Objective Structured Clinical Examination for Learning Skills in Assessment of Physical Therapy A Task Involving Measurements on the Range of Motion Test Chikako Fujita1) Hiroyasu

More information

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 資 料 5 医 療 費 等 現 状 について 健 康 祉 政 策 課 1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 状 況 (4)1 人 当 たり

More information

Yogo

Yogo 2011 Vol.53 No.5 Yogo Jpn J School Health Jpn J School Health Yogo Graduate School of Education, Okayama University Division of Developmental Studies and Support, Graduate School of Education, Okayama

More information

05_藤田先生_責

05_藤田先生_責 This report shows innovation of competency of our faculty of social welfare. The aim of evaluation competency is improvement in the Social welfare education effects, by understanding of studentʼs development

More information

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 情 報 基 本 方 針 の 決 定 ~ 諮 問 書 ~1 平 成 28 年 1 月 13 日 厚 生 労 働 省 から 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 に 向 けて 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 諮 問 書 が 発 出 されました いよいよ 中 医 協 で 細 部 にわたる 審 議 が 行 われることになります それと 同

More information

表紙PDF作成用/PDF表紙作成用

表紙PDF作成用/PDF表紙作成用 200 Vol.51 No.2 Jpn J School Health Jpn J School Health Graduate School of Education, Okayama University Jpn J School Health Jpn J School Health p p p p p p p pp p p p p p p p p p p p ppp Jpn J School

More information

(4) 研 修 手 当 月 手 当 248,000 円 夏 期 及 び 年 末 には 謝 礼 として それぞれ 150,000 円 支 給 住 居 手 当 として 最 高 28,500 円 まで 該 当 者 に 支 給 通 勤 手 当 を 該 当 者 に 支 給 臨 時 服 務 手 当 (5) 社

(4) 研 修 手 当 月 手 当 248,000 円 夏 期 及 び 年 末 には 謝 礼 として それぞれ 150,000 円 支 給 住 居 手 当 として 最 高 28,500 円 まで 該 当 者 に 支 給 通 勤 手 当 を 該 当 者 に 支 給 臨 時 服 務 手 当 (5) 社 京 都 第 一 赤 十 字 病 院 看 護 職 員 募 集 要 項 (2 次 募 集 ) 京 都 第 一 赤 十 字 病 院 研 修 歯 科 医 師 募 集 要 項 募 集 職 種 研 修 歯 科 医 師 募 集 人 員 1 名 試 験 日 平 成 28 年 8 月 10 日 ( 水 ) 受 験 票 試 験 日 の 案 内 を 応 募 期 間 終 了 後 別 途 送 付 選 考 方 法 筆 記 試

More information

鈴木隆雄委員資料

鈴木隆雄委員資料 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 58 回 ) 平 成 28 年 5 月 25 日 鈴 木 隆 雄 委 員 提 出 資 料 後 期 高 齢 者 の 保 健 事 業 のあり 方 に 関 する 研 究 (ポイント) 平 成 27 年 度 厚 生 労 働 科 学 研 究 特 別 研 究 ( 班 長 : 鈴 木 隆 雄 ( 国 立 長 寿 医 療 研 究 センター 理 事 長 特

More information

Breastfeedin g among Mothers at One Month Postpartum: Structure of Intentions Department of Maternal and Child Health Nursing, Midwifery, School of Nursing, Faculty of Medical Sciences, University of Fukui

More information

名称未設定-1

名称未設定-1 Study on Clinical Factors Affecting the Fungal Culture Test - Relevance of Dry Mouth - Yoshiko YAMAMURA, Yukihiro MOMOTA, Hideyuki TAKANO, Koichi KANI, Katsumi MOTEGI, Fumihiro MATSUMOTO, Masayuki AZUMA

More information

第 3 章 歯 科 疾 患 の 予 防 及 び 口 腔 機 能 の 維 持 向 上 のた めの 課 題 全 般 高 齢 者 障 害 者 の 章 立 てが 必 要 ご 意 見 ありがとうございます 今 後 の 課 題 とさせて 頂 きます う 蝕 の 予 防 高 校 生 以 上 の 一 般 成 人 も

第 3 章 歯 科 疾 患 の 予 防 及 び 口 腔 機 能 の 維 持 向 上 のた めの 課 題 全 般 高 齢 者 障 害 者 の 章 立 てが 必 要 ご 意 見 ありがとうございます 今 後 の 課 題 とさせて 頂 きます う 蝕 の 予 防 高 校 生 以 上 の 一 般 成 人 も 県 民 からの 意 見 募 集 和 歌 山 県 歯 と 口 腔 の 健 康 づくり 計 画 ( 案 )に 対 する 意 見 募 集 結 果 及 び について 県 民 募 集 期 間 : 意 見 提 出 件 数 : 12 月 27 日 ~1 月 26 日 意 見 提 出 件 数 65 名 ( 個 人 )149 件 全 般 口 腔 の 健 康 が 全 身 の 健 康 に 関 係 することを 県 民 に

More information

表紙PDF作成用/PDF表紙作成用

表紙PDF作成用/PDF表紙作成用 2008 Vol.50 No.1 Jpn J School Health Jpn J School Health Jpn J School Health Jpn J School Health Hosen Junior High School, Okayama City Notre Dame Seishin University Graduate School Jpn J School Health

More information

Title Author(s) Kobe University Repository : Kernel 認知症高齢者と家族介護者間のコミュニケーション改善のために訪問看護師が実施した支援のプロセス : 共依存事例について (The Support Process in Improving Communication Between Elderly with Dementia and the Family

More information

60: -. TAKEHANA, Y., ASAKURA, T. and TAKAHASHI, H..: Self-management behavior of children with type 1 diabetes during school life. Bull. Tokyo Gakugei

60: -. TAKEHANA, Y., ASAKURA, T. and TAKAHASHI, H..: Self-management behavior of children with type 1 diabetes during school life. Bull. Tokyo Gakugei Title 1 型 糖 尿 病 を 持 つ 子 どもの 学 校 生 活 における 現 状 と 課 題 ( fulltext ) Author(s) 竹 鼻, ゆかり; 朝 倉, 隆 司 ; 高 橋, 浩 之 Citation 東 京 学 芸 大 学 紀 要. 芸 術 スポーツ 科 学 系, 60: 233-243 Issue Date 2008-10-31 URL http://hdl.handle.net/2309/95733

More information

Vol. No. Honda, et al.,

Vol. No. Honda, et al., A Study of Effects of Foot Bath before Exercise on Fall Prevention Yoko Honda Yoko Aso Aki Ibe Megumi Katayama Tomoko Tamaru Key Words fall prevention, foot bath, elderly, fall prevention programs Honda,

More information

<88A4926D8CA782AA82F1835A E815B815E82AA82F1835A E815B836A B835891E6398D86>

<88A4926D8CA782AA82F1835A E815B815E82AA82F1835A E815B836A B835891E6398D86> 第 9 号 平 成 16 年 7 月 1 日 発 行 愛 知 県 がんセンター Tel.052-762-6111 代 私 たちは 病 む 人 の 立 場 にたって 最 新 の 研 究 成 果 に 基 づく 最 良 の 心 あるがん 医 療 を 提 供 します The mission of Aichi Cancer Center is to provide patients suffering from

More information

untitled

untitled Vol. 19 No. 1 2009 13 23 Λ1 Λ2 2 1) 10 1 Infertility 1785 1978 1980 1983 IVF-ET 2) 1 1 1 6 65% 1 80% Λ1 Λ2 701-0193 288 E-Mail: hiro210691@yahoo.co.jp 13 14 2 90% 3 93% 2 10% 40% 40% 15% 5% 3) 2 4) 5)

More information

- 1 - - 2 - - 3 - - 4 - - 5 - - 6 - - 7 - - 8 - - 9 - - 10 - - 11 - - 12 - - 13 - - 14 - Evaluation of the suicide risk factors based on the survey on suicide and suicide attempt cases at the psychiatric

More information

Perspective-Taking Perspective-Taking.... Vol. No.

Perspective-Taking Perspective-Taking.... Vol. No. Nurses Thinking Process in Understanding Patients Unconscious Denial Tomoko Hayashi Key Words putting oneself in the patient s place, perspective-taking, misunderstand patient s perspective, modifying

More information

Kyushu Communication Studies 第2号

Kyushu Communication Studies 第2号 Kyushu Communication Studies. 2004. 2:1-11 2004 How College Students Use and Perceive Pictographs in Cell Phone E-mail Messages IGARASHI Noriko (Niigata University of Health and Welfare) ITOI Emi (Bunkyo

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

1 Department of Legal Medicine, Toyama University School of Medicine 2 3 4 5 6 7 8 Department of Ophthalmology, Graduate School of Medicine and Pharmaceutical Sciences, University of Toyama VEGF Key words

More information

2014 6 7 12 原 著 S 1, 2 1 1 1 1 2 1 2 2012 6 1 2013 8 26 S S S 148 4 72 49 6 / 60 7 / 12 20 7 / S S OTC 7

2014 6 7 12 原 著 S 1, 2 1 1 1 1 2 1 2 2012 6 1 2013 8 26 S S S 148 4 72 49 6 / 60 7 / 12 20 7 / S S OTC 7 2014 6 1 6 Review Article Proposal for Outcome Verification of Iyakubungyo and Future Directions Miwako Kamei 1, Mitsuko Onda 2, Kazuko Akagi 3, Tomohide Akase 4, Noriko Fukushima 5, Noriko Miyamoto 6

More information

医科歯科連携のチーム医療における歯科衛生士の取り組み状況に関するアンケート調査報告書

医科歯科連携のチーム医療における歯科衛生士の取り組み状況に関するアンケート調査報告書 医 科 歯 科 連 携 のチーム 医 療 における 歯 科 衛 生 士 の 取 り 組 み 状 況 に 関 するアンケート 調 査 報 告 書 平 成 26 年 1 月 公 益 社 団 法 人 日 本 歯 科 衛 生 士 会 目 次 はじめに 1 Ⅰ 調 査 の 概 要 3 Ⅱ 調 査 結 果 の 詳 細 5 Ⅲ 自 由 記 載 19 Ⅳ 集 計 票 21 Ⅴ 資 料 51 はじめに 近 年 患

More information

表 1. 味 覚 の 分 類 と 基 本 成 分 図 3. 味 覚 に 関 連 する 神 経 と 伝 導 経 路 な 器 官 です 新 陳 代 謝 に 不 可 欠 なミネラルの 一 つ に 亜 鉛 があり 亜 鉛 欠 乏 は 味 覚 障 害 の 原 因 として 注 目 されています 3 味 覚 に

表 1. 味 覚 の 分 類 と 基 本 成 分 図 3. 味 覚 に 関 連 する 神 経 と 伝 導 経 路 な 器 官 です 新 陳 代 謝 に 不 可 欠 なミネラルの 一 つ に 亜 鉛 があり 亜 鉛 欠 乏 は 味 覚 障 害 の 原 因 として 注 目 されています 3 味 覚 に 学 術 味 覚 障 害 の 原 因 と 対 応 大 阪 歯 科 大 学 口 腔 外 科 学 第 一 講 座 准 教 授 井 関 富 雄 はじめに 近 年 口 腔 疾 患 と 重 大 な 全 身 疾 患 の 因 果 関 係 が 徐 々に 解 明 されるようになり 国 民 の 口 腔 への 関 心 が 高 まっています 我 々 歯 科 医 師 は 今 までの 歯 周 疾 患 硬 組 織 疾 患 および

More information

02石出猛史.indd

02石出猛史.indd 87 139 149 2011 2011 5 17 7 1874 3 1867 Key words: 7 1874 1 2 1 1832 1905 1 23 Takeshi Ishide: The forerunners of Chiba University Medical School The Kyoritsu Hospital & Chiba Public Hospital Era. Department

More information

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文 教 員 一 覧 総 合 科 学 部 総 合 科 学 研 究 科 総 合 科 学 科 ( 総 合 科 学 プログラム) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 文 化 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 言 語 コミュニケーション 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 行 動 科 学 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 (スポーツ 健 康 科 学 授 業

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

社会保障における未病の位置づけ

社会保障における未病の位置づけ 産 官 学 民 で 支 える 笑 顔 あふれる 超 高 齢 社 会 東 京 大 学 高 齢 社 会 総 合 研 究 機 構 辻 哲 夫 1 今 後 の 日 本 の 高 齢 化 - 後 期 高 齢 者 の 増 加 後 期 高 齢 者 の 姿 生 存 率 から 見 た 場 合 老 いて 死 ぬのが 普 通 となって 老 いの 期 間 が 延 びている( 百 歳 の 壁 は 厚 い?) 医 療 介 護 健

More information

北海道医療大学歯学部シラバス

北海道医療大学歯学部シラバス 病 理 学 口 腔 病 理 学 口 腔 病 理 学 [ 講 義 ] 第 3 学 年 後 期 必 修 担 当 者 名 教 授 / 安 彦 善 裕 講 師 / 講 師 / 佐 藤 惇 助 教 / 非 常 勤 講 師 / 下 野 正 基 非 常 勤 講 師 / 松 原 茂 非 常 勤 講 師 / 浜 野 弘 規 概 要 口 腔 病 理 学 は 歯 をはじめ 口 腔 領 域 に 発 生 する 疾 病 や 病

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

202

202 201 Presenteeism 202 203 204 Table 1. Name Elements of Work Productivity Targeted Populations Measurement items of Presenteeism (Number of Items) Reliability Validity α α 205 α ä 206 Table 2. Factors of

More information

52 新 潟 歯 学 会 誌 43(1):2013 した 唾 石 は 容 易 に 摘 出 され, 術 後 創 部 の 治 癒 は 良 好 で あった 摘 出 標 本 所 見 : 径 2mm の 黄 白 色 を 呈 する 球 状 の 石 灰 化 様 硬 固 物 であった( 写 真 2) 症 例 2 患

52 新 潟 歯 学 会 誌 43(1):2013 した 唾 石 は 容 易 に 摘 出 され, 術 後 創 部 の 治 癒 は 良 好 で あった 摘 出 標 本 所 見 : 径 2mm の 黄 白 色 を 呈 する 球 状 の 石 灰 化 様 硬 固 物 であった( 写 真 2) 症 例 2 患 Niigata Dent. J. 43(1):51-55, 2013 51 - 臨 床 - 小 唾 液 腺 に 発 生 した 唾 石 症 の3 例 横 林 敏 夫, 須 田 大 亮, 細 尾 麻 衣, 五 島 秀 樹 長 野 赤 十 字 病 院 口 腔 外 科 ( 主 任 : 横 林 敏 夫 部 長 ) Sialolithiasis of the minor salivary glands: Report

More information

(Microsoft Word - \224\362\223\20720\224N\220\254\211\312\203\214\203|\201[\203g120207)

(Microsoft Word - \224\362\223\20720\224N\220\254\211\312\203\214\203|\201[\203g120207) ISBN978-4-9905933-0-8 日 本 一 健 康 長 寿 誰 もが 生 き 生 きまちづくり - 飛 島 20 年 の 軌 跡 と 成 果 - 監 修 髙 山 忠 雄 編 集 安 梅 勅 江 篠 原 亮 次 澤 田 優 子 杉 澤 悠 圭 飛 島 日 本 一 健 康 長 寿 研 究 会 は じ め に こ の 度 の 日 本 一 健 康 長 寿 誰 も が 生 き 生 き ま ち づ

More information

医学部紀要_37.indd

医学部紀要_37.indd 島 根 大 学 医 学 部 紀 要, 第 37 巻,67 ~ 72 頁,2014 年 12 月 短 報 40 歳 未 満 の 就 労 者 の 胃 がん 検 診 受 診 希 望 への 影 響 要 因 (40 歳 未 満 の 就 労 者 / 胃 がん 検 診 ) 河 内 亨 介 1) 矢 田 昭 子 2) 2) 佐 藤 美 紀 子 Impact Factors of Workers Under the

More information

Title 出 産 に 関 わる 里 帰 りと 養 育 性 形 成 Author(s) 小 林, 由 希 子 ; 陳, 省 仁 Citation 北 海 道 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 院 紀 要, 106: 119-134 Issue Date 2008-12-18 DOI 10.14943/b.edu.106.119 Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/35078

More information

阿部Doc

阿部Doc Bulletin of Osaka University of Pharmaceutical Sciences 1 (2007) Articles Medical Reform and Medical Service Market for Restructuring of the Community Medical System Isao ABE Osaka University of Pharmaceutical

More information

第 15 回 先 端 医 療 センター 再 生 医 療 審 査 委 員 会 審 査 結 果 日 時 : 平 成 20 年 2 月 26 日 ( 火 )16:00~ 場 所 : 先 端 医 療 センター4 階 大 会 議 室 委 員 長 : 山 岡 義 生 委 員 : 井 上 明 大 内 ますみ 大 田 清 志 守 殿 貞 夫 神 田 勉 玉 岡 かおる 永 井 謙 一 西 田 芳 矢 村 上 雅 義

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

明海大学歯学雑誌 37‐2/1.秦泉寺

明海大学歯学雑誌 37‐2/1.秦泉寺 J Meikai Dent Med 37, 153 158, 8 153 1 7 5ml /1 min Wong-Baker Face Rating Scale FS 5 1 9. g 3 5ml /1 min, FS 1 66 6ml /1 min FS 5 1 9. g 3 6ml /1 min, FS 3 Two Cases of Xerostomia that Showed an Improvement

More information

untitled

untitled 11-19 2012 1 2 3 30 2 Key words acupuncture insulated needle cervical sympathetick trunk thermography blood flow of the nasal skin Received September 12, 2011; Accepted November 1, 2011 I 1 2 1954 3 564-0034

More information

表紙PDF作成用/PDF表紙作成用

表紙PDF作成用/PDF表紙作成用 2008 Vol.50 No.2 Jpn J School Health Jpn J School Health Graduate School of International Studies, J.F. Oberlin University Research Fellow of the Japan Society for the Promotion of Science College of

More information

00.\...ec5

00.\...ec5 Yamagata Journal of Health Science, Vol. 6, 23 Kyoko SUGAWARA, Junko GOTO, Mutuko WATARAI Asako HIRATUKA, Reiko ICHIKAWA Recently in Japan, there has been a gradual decrease in the practice of community

More information

日本消化器病学会雑誌第102巻第8号

日本消化器病学会雑誌第102巻第8号 χ χ χ χ χ χ χ χ β The Health Administration Center, Tohoku University ; Department of Gastroenterology, Tohoku University Hospital Department of Endoscopic Diagnostics and Therapeutics, Chiba University

More information

~S*i1~8BE~ (.:c(1)-)~ j]dgj1~f:g:~j, fff~~~ lli~ ~IPJ (.:c(1)=)j] j]dlli~~:thj, fff~~~tfj~ ~IPJ (.:c(1) =) ~ j]dgj~~:g:~j, fff~~~lliaa ij]ue~-a~*jbe, i"ij13'~~~f'ffjt lli~*~~~, 1987 j]dlli~j!!~ : ~Bft~1DJ:~~,

More information

1., 1 COOKPAD 2, Web.,,,,,,.,, [1]., 5.,, [2].,,.,.,, 5, [3].,,,.,, [4], 33,.,,.,,.. 2.,, 3.., 4., 5., ,. 1.,,., 2.,. 1,,

1., 1 COOKPAD 2, Web.,,,,,,.,, [1]., 5.,, [2].,,.,.,, 5, [3].,,,.,, [4], 33,.,,.,,.. 2.,, 3.., 4., 5., ,. 1.,,., 2.,. 1,, THE INSTITUTE OF ELECTRONICS, INFORMATION AND COMMUNICATION ENGINEERS TECHNICAL REPORT OF IEICE.,, 464 8601 470 0393 101 464 8601 E-mail: matsunagah@murase.m.is.nagoya-u.ac.jp, {ide,murase,hirayama}@is.nagoya-u.ac.jp,

More information

様式S−1−11 応募内容ファイル

様式S−1−11 応募内容ファイル リウマチ 膠 原 病 内 科 (2) 概 要 リウマチ 膠 原 病 内 科 (2)では, 関 節 リウマチ,その 他 の 膠 原 病 疾 患 を 通 して, 全 人 的 医 療 を 目 標 と して 日 々の 診 療 に 当 たっております 関 節 リウマチ, 全 身 性 エリテマトーデスといった 膠 原 病 は 全 身 に 多 彩 な 合 併 症 を 来 すことが 特 徴 です 当 科 はこのような

More information

スライド 1

スライド 1 1. すい 臓 の 生 理 学 血 糖 値 を 下 げる 唯 一 のホルモン : インスリン すい 臓 から 分 泌 される すい 臓 の 働 き 消 化 液 の 分 泌 ホルモンの 分 泌 すい 臓 のホルモン 分 泌 に 関 わる 細 胞 の 集 まり 食 物 の 消 化 を 助 ける 血 糖 値 に 関 係 する ランゲルハンス 島 細 胞 の 名 称 分 泌 されるホルモン ホルモンの 役

More information

Microsoft PowerPoint - 20140214「消化器がんの予防と検診」配布資料[1]

Microsoft PowerPoint - 20140214「消化器がんの予防と検診」配布資料[1] 消 化 器 がんの 予 防 と 1.がん について 2. 消 化 器 がん 食 道 がん 胃 がん 大 腸 がん 肝 臓 がん 膵 臓 がん 3.がんを 予 防 する 4. 早 期 発 見 で 治 す 5. 個 別 化 予 防 滋 賀 県 立 成 人 病 センター 疾 病 介 護 予 防 推 進 室 水 田 和 彦 平 成 26 年 2 月 14 日 予 防 受 治 療 発 生 断 可 能 症 状

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A8AE089BB8A7797C396408E9E82CC88AB90539A7193668ACF8E408CA48B8681408EC08E7B8C7689E68F915F90978C5E814091E63394C53132303832302E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A8AE089BB8A7797C396408E9E82CC88AB90539A7193668ACF8E408CA48B8681408EC08E7B8C7689E68F915F90978C5E814091E63394C53132303832302E646F6378> 癌 化 学 療 法 時 の 悪 心 嘔 吐 観 察 研 究 がん 治 療 と CINV 研 究 会 版 数 : 第 3 版 2012 年 5 月 2 日 改 訂 第 3.1 版 2012 年 8 月 20 日 改 訂 第 3.2 版 目 次 1. 背 景 および 研 究 の 意 義 1 2. 研 究 の 目 的 1 3. 研 究 デザイン 1 3.1 研 究 の 種 類 デザイン 1 3.2 研 究

More information

< 研 究 要 旨 > 目 的 本 研 究 は, 医 療 介 入 の 時 期 判 断 が 必 要 な 授 乳 期 の 乳 腺 炎 を 鑑 別 診 断 する 授 乳 期 の 乳 腺 炎 診 断 アセスメントツール(ATLM) を 開 発 し, その 信 頼 性 と 妥 当 性 を 検 討 する ことを

< 研 究 要 旨 > 目 的 本 研 究 は, 医 療 介 入 の 時 期 判 断 が 必 要 な 授 乳 期 の 乳 腺 炎 を 鑑 別 診 断 する 授 乳 期 の 乳 腺 炎 診 断 アセスメントツール(ATLM) を 開 発 し, その 信 頼 性 と 妥 当 性 を 検 討 する ことを 日 本 助 産 学 会 研 究 助 成 金 ( 学 術 研 究 助 成 ) 研 究 報 告 書 2010 年 度 学 術 研 究 助 成 医 療 介 入 の 時 期 判 断 が 必 要 な 授 乳 期 の 乳 腺 炎 のための 鑑 別 診 断 ツールの 開 発 長 田 知 恵 子 ( 静 岡 県 立 大 学 看 護 学 部 ) 1 < 研 究 要 旨 > 目 的 本 研 究 は, 医 療 介 入 の

More information

日産婦誌60巻12号研修コーナー

日産婦誌60巻12号研修コーナー AIH AID ICI IUI HIFI ( 表 E-4-4)-1) 人 工 授 精 の 種 類 ArtificalInseminationwithHusband ssemen ArtificalInseminationwithDonor ssemen Intra-cervicalInsemination Intra-uterineInsemination HysteroscopicIntra-falopianInsemination

More information

ヒアリング資料4 古谷委員提出資料

ヒアリング資料4 古谷委員提出資料 隙 間 ない 救 済 の 検 証 と 石 綿 健 康 被 害 対 策 見 直 しの 課 題 石 綿 健 康 被 害 救 済 小 委 員 会 2010.5.21 古 谷 杉 郎 石 綿 対 策 全 国 連 絡 会 議 事 務 局 長 136-0071 東 京 都 江 東 区 亀 戸 7-10-11 ZビルZ ビル5F TEL 03-3636 3636-38823882 FAX 03-3636 3636-38813881

More information

骨 内 インプラント 粘 膜 内 インプラント があるが 現 在 では 骨 内 インプラントが 臨 床 応 用 されている 3 手 術 (2 回 法 ) ⑴ 一 次 手 術 土 台 となるインプラント 体 を 埋 入 する 手 術 ⑵ 二 次 手 術 インプラント 体 にアバットメント( 土 台 )

骨 内 インプラント 粘 膜 内 インプラント があるが 現 在 では 骨 内 インプラントが 臨 床 応 用 されている 3 手 術 (2 回 法 ) ⑴ 一 次 手 術 土 台 となるインプラント 体 を 埋 入 する 手 術 ⑵ 二 次 手 術 インプラント 体 にアバットメント( 土 台 ) テーマ: 歯 牙 障 害 交 通 医 療 研 究 会 平 成 24 年 1 月 21 日 藤 本 一 郎 第 1 基 礎 知 識 1 歯 の 名 称 文 献 : 歯 科 用 語 の 解 説 を 参 照 2 歯 式 永 久 歯 は 数 字 乳 歯 はアルファベット 歯 式 は 自 分 と 相 対 する 人 が 口 を 開 いた 状 態 で 表 しているため 自 分 とは 逆 になる 第 2 歯 牙 障

More information

pp 427 438 2006 Dimensional Change Card Sort ****** ** 2005 9 30 2004 8 2002 4 Zelazo, P. D., Carter, A., Reznick, J. S. & Frye, D. 1997 10 2003 Zelaz

pp 427 438 2006 Dimensional Change Card Sort ****** ** 2005 9 30 2004 8 2002 4 Zelazo, P. D., Carter, A., Reznick, J. S. & Frye, D. 1997 10 2003 Zelaz Title 幼 児 の 実 行 機 能 の 発 達 過 程 : Dimensional Change C を 用 いたルールの 理 解 とその 使 用 に 関 する 検 討 Author(s) 浮 穴, 寿 香 ; 橋 本, 創 一 ; 出 口, 利 定 Citation 東 京 学 芸 大 学 紀 要. 総 合 教 育 科 学 系, 57: 427-438 Issue Date 2006-02-00

More information

(3) 臨 床 身 体 的, 精 神 的, 医 学 的, 情 緒 的 およびこれらの 重 複 した 障 害 のために, 歯 科 医 療 上, 通 法 治 療 に 困 難 を 伴 う 患 者 をいわゆる 歯 科 的 障 害 者 といい,これらの 患 者 に 適 切 な 行 動 管 理 および 全 身

(3) 臨 床 身 体 的, 精 神 的, 医 学 的, 情 緒 的 およびこれらの 重 複 した 障 害 のために, 歯 科 医 療 上, 通 法 治 療 に 困 難 を 伴 う 患 者 をいわゆる 歯 科 的 障 害 者 といい,これらの 患 者 に 適 切 な 行 動 管 理 および 全 身 2003 年 年 報 顎 顔 面 機 能 修 復 学 講 座 障 害 者 歯 科 学 分 野 DentistryforPersonswithDisabili ties 障 害 者 歯 科 学 分 野 助 教 授 山 崎 統 資 講 師 篠 塚 修 大 学 院 生 関 口 五 郎, 玉 盛 康 香 竹 内 陽 平, 田 村 昌 平 専 攻 生 有 福 愛 美, 松 嶋 麻 実 鈴 木 香 織, 渡 遼

More information

ポスター 特 別 支 援 学 校 における 口 腔 ケア 研 修 の 実 態 調 査 松 岡 陽 子 25 特 別 支 援 学 校 における 歯 科 医 療 機 関 との 連 携 体 制 -アンケート 調 査 による 問 題 点 抽 出 - 土 田 佳 代 26 口 唇 口 蓋 裂 児

ポスター 特 別 支 援 学 校 における 口 腔 ケア 研 修 の 実 態 調 査 松 岡 陽 子 25 特 別 支 援 学 校 における 歯 科 医 療 機 関 との 連 携 体 制 -アンケート 調 査 による 問 題 点 抽 出 - 土 田 佳 代 26 口 唇 口 蓋 裂 児 ポスター 発 表 B 会 場 ( 大 ホールC) ポスター 討 論 時 間 演 題 番 号 奇 数 21 日 ( 月 祝 ) 11:40~12:05,22 日 ( 火 休 )14:40~15:10 演 題 番 号 偶 数 21 日 ( 月 祝 ) 12:05~12:30,22 日 ( 火 休 )14:10~14:40 ポスター1 日 本 歯 科 衛 生 学 会 第 10 回 学 術 大 会 会 員

More information

untitled

untitled 54 3 2008 215 230 : 19 8 21 : 20 4 24 200 1. はじめに 1898 31 1~3) 1899 32 35 4) 1902 35 1 5) 1902 35 1 18 1 9.6 km 100 kg 1 23 4 5 216 54 3 2008 1 210 15 1 23 6 55 6 11 4 2 km 15 1 24 5 2 24 24 600 m 25 3

More information

保険薬局におけるハイリスク薬取り扱い時の注意点

保険薬局におけるハイリスク薬取り扱い時の注意点 薬 剤 師 の 病 棟 業 務 の 進 め 方 (Ver.1.2) 一 般 社 団 法 人 日 本 病 院 薬 剤 師 会 平 成 28 年 6 月 4 日 1.はじめに 長 寿 社 会 の 到 来 疾 病 構 造 の 変 化 や 意 識 の 変 化 に 伴 い 国 民 の 医 療 ニーズは 多 様 化 している また 科 学 技 術 の 進 歩 により 医 療 技 術 も 高 度 化 し 専 門

More information

Microsoft PowerPoint - 市民講座 [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 市民講座 [互換モード] 市 民 講 座 みみ はな のどの 癌 の 話 市 立 函 館 病 院 耳 鼻 咽 喉 科 科 長 坪 田 大 耳 鼻 科 と 癌 は 関 係 があるの? 耳 鼻 咽 喉 科 は 頭 蓋 内, 眼 窩 内, 歯 牙 咬 合 を 除 く 頭 部 頸 部 の 外 科 疾 患 を 対 象 と しており, 医 学 部 医 科 大 学 や 一 部 病 院 では, 耳 鼻 咽 喉 科 頭 頸 部 外 科 と 言

More information

ABSTRACT The movement to increase the adult literacy rate in Nepal has been growing since democratization in 1990. In recent years, about 300,000 peop

ABSTRACT The movement to increase the adult literacy rate in Nepal has been growing since democratization in 1990. In recent years, about 300,000 peop Case Study Adult Literacy Education as an Entry Point for Community Empowerment The Evolution of Self-Help Group Activities in Rural Nepal Chizu SATO Masamine JIMBA, MD, PhD, MPH Izumi MURAKAMI, MPH Massachusetts

More information

2

2 NEWS NEWS H26 年 度 東 北 ブロック DMAT 参 集 訓 練 2 平 成 26 年 度 東 北 AIDS/HIV 看 護 研 修 / 宮 城 県 総 合 防 災 訓 練 NEWS 東 西 南 北 4 9 月 管 理 診 療 会 議 報 告 / 地 域 医 療 連 携 室 だより 5 仙 台 市 医 師 会 主 催 第 26 回 病 院 親 善 野 球 大 会 / 第 3 回 仙 台

More information

と 運 動 持 久 力 を 豊 富 に 含 んだ 赤 血 球 は 細 い 血 管 もスムーズに 流 れます 一 般 に 牛 脂 や 豚 脂 などの 動 物 性 脂 肪 には 飽 和 脂 肪 酸 が 多 く 含 ま れ 常 温 では 固 体 です これに 対 して 大 豆 油 やごま 油 のような 植

と 運 動 持 久 力 を 豊 富 に 含 んだ 赤 血 球 は 細 い 血 管 もスムーズに 流 れます 一 般 に 牛 脂 や 豚 脂 などの 動 物 性 脂 肪 には 飽 和 脂 肪 酸 が 多 く 含 ま れ 常 温 では 固 体 です これに 対 して 大 豆 油 やごま 油 のような 植 エイコサペンタエン 酸 ()は 青 魚 の 脂 肪 に 多 く 含 まれている 必 須 脂 肪 酸 です これまでに 心 血 管 系 疾 患 の 予 防 炎 症 を 抑 える 作 用 などが 知 られていま したが 新 たに 運 動 持 久 力 を 高 め ドライアイの 症 状 を 和 らげる 効 果 もあるこ とが 分 かってきました の 新 しい 機 能 について 小 林 悟 先 生 守 口 徹

More information

A Study on Life-Table based on the Death Rate from a Specific Disease by Fumio Nakamura, M. D. Department of Hygiene Okayama University Medical School (Director: Professor Masahiko O. D., M. P. H.) In

More information

1. はじめに 統 合 失 調 症 患 者 の 暴 力 に 関 連 するリスクファクターに 関 して 1980 年 代 から 多 くの 研 究 が 行 われ TCO( 脅 威 / 制 御 蹂 躙 ) 症 状 命 令 性 幻 聴 被 害 妄 想 サ イコパシー 物 質 使 用 障 害 メンタライジング

1. はじめに 統 合 失 調 症 患 者 の 暴 力 に 関 連 するリスクファクターに 関 して 1980 年 代 から 多 くの 研 究 が 行 われ TCO( 脅 威 / 制 御 蹂 躙 ) 症 状 命 令 性 幻 聴 被 害 妄 想 サ イコパシー 物 質 使 用 障 害 メンタライジング 要 約 Factors associated with violence among Japanese patients with schizophrenia prior to psychiatric emergency hospitalization: A case-controlled study ( 精 神 科 救 急 によって 入 院 した 日 本 人 統 合 失 調 症 患 者 の 暴 力

More information

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載!

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! 7 国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! イラストで 解 説 した 講 義 用 に 最 適 なテキスト 補 足 しておくべき 事 項 や, 知 っておくと 役 立 つちょっと した 知 識 などを 解 説 Sample 75% 縮 小 日

More information

<836F F312E706466>

<836F F312E706466> A S V P I Volume. t=.df=p

More information

市区町村別平均寿命の全国順位の変化からみた青森県市町村平均寿命の解析

市区町村別平均寿命の全国順位の変化からみた青森県市町村平均寿命の解析 Analysis of the life expectancy at birth of the municipalities in Aomori Prefecture by the change in a nationwide order of the life expectancy at birth Koichi Takemori 1) Seiji Mikami2) Naomi Kudo 1) Yutaka

More information

第 2 部 各 論 1 糖 尿 病 に 関 する 柏 市 の 現 状 及 び 健 康 課 題 糖 尿 病 に 関 する 柏 市 の 現 状 から, 柏 市 の 健 康 課 題 を 抽 出 します 柏 市 の 現 状 データ 疾 病 の 指 摘 状 況 再 掲 図 4 成 人 の 疾 病 の 指 摘

第 2 部 各 論 1 糖 尿 病 に 関 する 柏 市 の 現 状 及 び 健 康 課 題 糖 尿 病 に 関 する 柏 市 の 現 状 から, 柏 市 の 健 康 課 題 を 抽 出 します 柏 市 の 現 状 データ 疾 病 の 指 摘 状 況 再 掲 図 4 成 人 の 疾 病 の 指 摘 7 糖 尿 病 生 活 習 慣 を 整 えて, 糖 尿 病 の 発 症 及 び 重 症 化 を 防 ぐまち ~ 生 活 習 慣 病 予 防 の 知 識 を 正 しく 身 につけ, 生 活 習 慣 の 改 善 により, 自 分 とまわりの 人 の 健 康 を 守 りましょう!~ 85 第 2 部 各 論 1 糖 尿 病 に 関 する 柏 市 の 現 状 及 び 健 康 課 題 糖 尿 病 に 関 する

More information

スライド 1

スライド 1 全 国 健 康 保 険 協 会 広 島 支 部 データヘルス 計 画 ~ 安 定 した 経 営 は 従 業 員 の 健 康 づくりから~ 概 要 版 ~ ヘルスケア 通 信 簿 に 基 づく 事 業 所 毎 の 健 康 課 題 の 把 握 と 特 徴 に 合 った 保 健 事 業 の 提 案 ~ ヘルスケア 通 信 簿 は 全 国 健 康 保 険 協 会 の 商 標 登 録 です 平 成 27 年

More information

第80回日本温泉気候物理医学会.indd

第80回日本温泉気候物理医学会.indd 第80回 The 80 th Annual Meeting of the Japanese Society of Balneology, Climatology and Physical Medicine 日本温泉気候物理医学会 総会 学術集会 プログラム 抄録集 温泉の恵み 自然の力 会 期 会 場 会 長 2015 年 6月20日 21日 軽井沢プリンスホテル ウェスト 倉 林 均 埼玉医科大学リハビリテーション医学教授

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

Microsoft Word - 43_12_JRNRF_Suzuki.docx

Microsoft Word - 43_12_JRNRF_Suzuki.docx ( 様 式 4) 二 国 間 交 流 事 業 共 同 研 究 報 告 書 平 成 26 年 7 月 2 日 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 理 事 長 殿 共 同 研 究 代 表 者 所 属 部 局 慶 應 義 塾 大 学 医 学 部 内 科 学 ( 消 化 器 ) (ふりがな) すず き ひでかず 職 氏 名 准 教 授 鈴 木 秀 和 1. 事 業 名 相 手 国 ( 韓 国

More information

五 十 嵐 めぐみ, 清 水 瑠 美 子 酒 井 映 子, 佐 藤 祐 造 人 に 最 適 な 栄 養 ケアを 行 い その 実 務 遂 行 上 の 機 能 や 方 法, 手 順 を 効 率 的 に 行 うためのシステムである 5) このような 適 切 な 栄 養 管 理 の 重 要 性 が 医 療

五 十 嵐 めぐみ, 清 水 瑠 美 子 酒 井 映 子, 佐 藤 祐 造 人 に 最 適 な 栄 養 ケアを 行 い その 実 務 遂 行 上 の 機 能 や 方 法, 手 順 を 効 率 的 に 行 うためのシステムである 5) このような 適 切 な 栄 養 管 理 の 重 要 性 が 医 療 愛 知 学 院 大 学 心 身 科 学 部 紀 要 第 7 号 (13-2 1) 医 療 機 関 における 栄 養 管 理 の 取 り 組 みに 関 する 一 考 察 五 十 嵐 めぐみ* 1, 2) 清 水 瑠 美 子 * 酒 井 映 子 *2) 佐 藤! 祐 造 *2) 目 的 : 近 年, 医 療 費 の 高 騰 が 問 題 であり, 効 果 的 な 抑 制 方 法 が 検 討 されているが,

More information

設 広 報 誌 や 法 人 ホームページを 利 用 し 開 示 に 行 う 事 業 所 運 営 状 況 や 事 故 苦 情 情 報 についても 開 示 を 行 っている (5) 特 定 計 画 相 談 支 援 事 業 障 害 者 総 合 支 援 法 の 理 念 に 基 づき 障 害 者 特 定 相

設 広 報 誌 や 法 人 ホームページを 利 用 し 開 示 に 行 う 事 業 所 運 営 状 況 や 事 故 苦 情 情 報 についても 開 示 を 行 っている (5) 特 定 計 画 相 談 支 援 事 業 障 害 者 総 合 支 援 法 の 理 念 に 基 づき 障 害 者 特 定 相 1. 施 設 運 営 支 援 方 針 予 算 計 画 平 成 26 年 度 東 堀 切 くすのき 園 事 業 計 画 書 (1) 施 設 運 営 法 人 理 念 自 分 を 愛 するように あなたの 隣 人 を 愛 せよ の 具 現 化 のため 事 業 運 営 のさらなる 安 定 と 法 人 及 び 事 業 所 が 定 めた 経 営 目 標 に 従 い 利 用 者 支 援 サービスの 質 的 な 向

More information

17 外 国 人 看 護 師 候 補 者 就 労 研 修 支 援 18 看 護 職 員 の 就 労 環 境 改 善 19 8020 運 動 推 進 特 別 20 歯 科 医 療 安 全 管 理 体 制 推 進 特 別 21 在 宅 歯 科 医 療 連 携 室 整 備 22 地 域 災 害 拠 点 病

17 外 国 人 看 護 師 候 補 者 就 労 研 修 支 援 18 看 護 職 員 の 就 労 環 境 改 善 19 8020 運 動 推 進 特 別 20 歯 科 医 療 安 全 管 理 体 制 推 進 特 別 21 在 宅 歯 科 医 療 連 携 室 整 備 22 地 域 災 害 拠 点 病 資 料 22 ( 別 紙 第 1 2 号 様 式 ) 平 成 24 年 度 医 療 提 供 体 制 推 進 費 補 助 金 における 計 画 評 価 シート 1 の 概 要 神 奈 川 県 ( 金 額 の 単 位 は 千 円 ) 補 助 金 等 名 称 医 療 提 供 体 制 推 進 費 補 助 金 補 助 年 度 平 成 24 年 度 担 当 課 神 奈 川 県 保 健 福 祉 局 保 健 医 療

More information

院内肺炎予防策

院内肺炎予防策 3-3. 院 内 肺 炎 予 防 策 Ⅰ. 病 院 感 染 肺 炎 (Nosocomial Pneumonia ; NP) なんらかの 基 礎 疾 患 のため 入 院 治 療 を 行 っている 患 者 が, 入 院 後 48 時 間 から 72 時 間 後 に 発 症 する 下 気 道 の 肺 炎 である Ⅱ. 肺 炎 の 疫 学 米 国 では, 肺 炎 は 尿 路 感 染 についで 多 く 全 病

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

EVALUATION OF NOCTURNAL PENILE TUMESCENCE (NPT) IN THE DIFFERENTIAL DIAGNOSIS OF IMPOTENCE Masaharu Aoki, Yoshiaki Kumamoto, Kazutomi Mohri and Kazunori Ohno Department of Urology, Sapporo Medical College

More information

総研大文化科学研究第 11 号 (2015)

総研大文化科学研究第 11 号 (2015) 栄 元 総研大文化科学研究第 11 号 (2015) 45 ..... 46 総研大文化科学研究第 11 号 (2015) 栄 租借地都市大連における 満洲日日新聞 の役割に関する一考察 総研大文化科学研究第 11 号 (2015) 47 48 総研大文化科学研究第 11 号 (2015) 栄 租借地都市大連における 満洲日日新聞 の役割に関する一考察 総研大文化科学研究第 11 号 (2015)

More information

現 状 課 題 う 蝕 予 防 のため その 原 因 や 予 防 方 法 の 知 識 の 普 及 啓 発 及 び 歯 科 保 健 指 導 等 の 取 組 が 必 要 です 1 歳 6 か 月 児 でう 蝕 のない 者 の 推 移 をみると 年 々 増 加 傾 向 にあります ( 表 1 参 照 )

現 状 課 題 う 蝕 予 防 のため その 原 因 や 予 防 方 法 の 知 識 の 普 及 啓 発 及 び 歯 科 保 健 指 導 等 の 取 組 が 必 要 です 1 歳 6 か 月 児 でう 蝕 のない 者 の 推 移 をみると 年 々 増 加 傾 向 にあります ( 表 1 参 照 ) 第 2 章 歯 科 口 腔 保 健 医 療 を 推 進 するための 基 本 的 事 項 1 歯 科 疾 患 の 予 防 及 び 口 腔 機 能 の 維 持 向 上 に 関 する 目 標 計 画 (1) 乳 幼 児 期 概 ね 0 歳 から 5 歳 基 本 的 な 計 画 事 項 健 全 な 歯 口 腔 の 育 成 や 口 腔 機 能 の 獲 得 のための 事 業 等 を 進 めます 健 康 行 動

More information

第57巻2号/投稿規定・目次・表2・奥付・背

第57巻2号/投稿規定・目次・表2・奥付・背 Feature articlesdiet in a society with a growing elderly population and a low birth rate Original The problems of breastfeeding Kazuhisa Maeda, Ryuji Mitani, Satoko Endo, Yoshika Saijo, and Toshihiro

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874030363033313492868AD495F18D908F91816989EF8B638CE3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874030363033313492868AD495F18D908F91816989EF8B638CE3816A2E646F63> 資 料 1-1 大 腸 がん 罹 患 率 の 推 移 ( 男 性 ) 140 120 大 腸 胃 肺 100 80 60 40 胃 がん 87.1 大 腸 がん 69.5 肺 がん 55.7 年 齢 調 整 罹 患 率 ( 人 口 10 万 対 ) 20 0 1975 1976 1977 1978 1979 1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989

More information

Core Ethics Vol. Sex Reassignment Surgery SRS SRS GID GID SRS GID GID GID GID GID QOL QOL QOL -- QOL

Core Ethics Vol. Sex Reassignment Surgery SRS SRS GID GID SRS GID GID GID GID GID QOL QOL QOL -- QOL Core Ethics Vol. MTF Gender Identity Disorder GID GID GID GID QOL GID QOL QOL GID QOL GID QOL QOL QOL GID QOL Gender Identity Disorder QOL GID Core Ethics Vol. Sex Reassignment Surgery SRS SRS GID GID

More information

医 療 情 報 ヘッドライン 1 厚 生 労 働 省 健 康 サポート 薬 局 に 研 修 修 了 薬 剤 師 を 常 駐 かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 の 機 能 を 提 言 厚 生 労 働 省 は 2 月 12 日 付 で 健 康 サ ポート 薬 局 に 係 る 研 修 実 施 要 綱 に 関

医 療 情 報 ヘッドライン 1 厚 生 労 働 省 健 康 サポート 薬 局 に 研 修 修 了 薬 剤 師 を 常 駐 かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 の 機 能 を 提 言 厚 生 労 働 省 は 2 月 12 日 付 で 健 康 サ ポート 薬 局 に 係 る 研 修 実 施 要 綱 に 関 2016 417 3/8 健 康 サポート 薬 局 に 研 修 修 了 薬 剤 師 を 常 駐 かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 の 機 能 を 提 言 厚 生 労 働 省 がん 脳 卒 中 などの 疾 病 治 療 と 就 業 を 両 立 させるための 支 援 ガイドラインを 公 表 厚 生 労 働 省 統 計 調 査 資 料 介 護 保 険 事 業 状 況 報 告 ( 暫 定 ) ( 平 成 27

More information

1.ケース 記 録 ( 一 括 入 力 ) リリース 前 の 一 括 入 力 と 一 覧 入 力 が 簡 素 化 されています 旧 画 面 新 画 面 簡 素 化 一 括 入 力 ( 間 食 )を 一 括 入 力 ( 朝 食 昼 食 夕 食 )に 取 り 込 みました 一 括 入 力 ( 栄 養 補

1.ケース 記 録 ( 一 括 入 力 ) リリース 前 の 一 括 入 力 と 一 覧 入 力 が 簡 素 化 されています 旧 画 面 新 画 面 簡 素 化 一 括 入 力 ( 間 食 )を 一 括 入 力 ( 朝 食 昼 食 夕 食 )に 取 り 込 みました 一 括 入 力 ( 栄 養 補 2015 年 1 月 21 日 リリース 機 能 操 作 説 明 書 目 次 1.ケース 記 録 ( 一 括 入 力 ) 2.ケース 記 録 ( 分 析 機 能 ) 3.ケース 記 録 (タグ) 4.セレクト 帳 票 5. 新 規 マスター(タグ セレクト 帳 票 名 ) 6. 暮 らしのご 様 子 バイタル 一 覧 ダウンロード 7. 施 設 介 護 経 過 記 録 の 印 刷 8. 自 立 支

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

日本アレルギー学会第27期理事会

日本アレルギー学会第27期理事会 化 粧 品 中 のタンパク 加 水 分 解 物 の 安 全 性 に 関 する 特 別 委 員 会 報 告 第 2 回 ( 第 6 回 ) 化 粧 品 中 のタンパク 加 水 分 解 物 の 安 全 性 に 関 する 特 別 委 員 会 日 時 :2012 年 10 月 8 日 ( 月 祝 日 ) 11:00~15:30 場 所 : 日 本 アレルギー 学 会 事 務 局 会 議 室 出 席 者 :

More information

本 書 の 内 容 がん 体 験 者 の 悩 みや 負 担 に 関 するデータベースについて 全 国 のがん 体 験 者 7,885 人 を 対 象 とした 実 態 調 査 結 果 から 抽 出 された 悩 みや 負 担 は 2 万 6 千 件 余 りでした この 悩 み 等 を 静 岡 がんセンタ

本 書 の 内 容 がん 体 験 者 の 悩 みや 負 担 に 関 するデータベースについて 全 国 のがん 体 験 者 7,885 人 を 対 象 とした 実 態 調 査 結 果 から 抽 出 された 悩 みや 負 担 は 2 万 6 千 件 余 りでした この 悩 み 等 を 静 岡 がんセンタ 本 書 の 内 容 と 活 用 方 法 を 紹 介 しています また 支 援 ツールとして Web 版 がんよろず 相 談 Q&A や サバイバーシップのサイト これまでに 発 行 した 冊 子 (がん よろず 相 談 Q&A シリーズ 学 びの 広 場 シリーズなど)の 紹 介 を 掲 載 しています 11 本 書 の 内 容 がん 体 験 者 の 悩 みや 負 担 に 関 するデータベースについて

More information

(データベース 名 ) 31 次 情 報 1 次 情 報 の 有 無 : あり なし なし の 場 合 4へ (1 次 情 報 が あり の 場 合 : 食 経 験 に 関 する 安 全 性 の 評 価 の 詳 細 を 記 載 すること) 評 価 が 十 分 8へ 評 価 が 不 十 分 4へ (

(データベース 名 ) 31 次 情 報 1 次 情 報 の 有 無 : あり なし なし の 場 合 4へ (1 次 情 報 が あり の 場 合 : 食 経 験 に 関 する 安 全 性 の 評 価 の 詳 細 を 記 載 すること) 評 価 が 十 分 8へ 評 価 が 不 十 分 4へ ( 商 品 名 :イミダペプチド 安 全 性 評 価 シート 食 経 験 の 評 価 1 喫 食 実 績 による 食 経 験 の 評 価 既 存 情 報 を 用 いた 評 価 喫 食 実 績 の 有 無 : あり なし ( あり の 場 合 に 実 績 に 基 づく 安 全 性 の 評 価 を 記 載 ) 当 該 製 品 イミダペプチド は 機 能 性 関 与 成 分 であるイミダゾールジペプ チド(カルノシン

More information

16_.....E...._.I.v2006

16_.....E...._.I.v2006 55 1 18 Bull. Nara Univ. Educ., Vol. 55, No.1 (Cult. & Soc.), 2006 165 2002 * 18 Collaboration Between a School Athletic Club and a Community Sports Club A Case Study of SOLESTRELLA NARA 2002 Rie TAKAMURA

More information