250501_手引き_H23年度以降入学生用.pptx

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "250501_手引き_H23年度以降入学生用.pptx"

Transcription

1 阪 府 私 等 学 校 等 授 業 料 援 補 助 事 務 の 引 き 私 等 学 校 等 [ 全 日 制 課 程 ] 私 専 修 学 校 高 等 課 程 平 成 23 年 度 以 降 入 学 生 用 平 成 25 年 7 月 阪 府 府 化 部 私 学 学 課 大 阪 市 住 之 江 区 南 港 北 大 阪 府 咲 洲 庁 舎 38 階 TEL (06) ( 代 表 ) 小 中 高 振 興 グループ 内 線 専 各 振 興 グル-プ 内 線

2 目 次 1. 事 務 の 手 順 予 定 表 P3 2. 授 業 料 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 の 概 要 P4 3. 授 業 料 支 援 補 助 金 の 実 施 要 領 について P5 (1) 授 業 料 支 援 補 助 金 の 対 象 者 ( 受 給 資 格 要 件 ) P5 (2) 授 業 料 支 援 補 助 金 の 申 請 について( 手 続 き) P12 (3) 所 得 基 準 の 判 定 方 法 P14 (4) 特 例 措 置 について P17 (5) 年 度 途 中 の 事 情 変 更 P19 (6) 補 助 金 の 交 付 申 請 変 更 交 付 申 請 P19 (7) 授 業 料 支 援 事 業 の 実 施 P19 (8) 実 績 報 告 書 の 提 出 P19 (9) 残 額 の 返 納 P19 (10) 補 助 事 業 者 の 義 務 P19 (11) 授 業 料 減 免 補 助 金 との 併 給 P19 (12) 経 過 措 置 期 間 の 終 了 P19 (13) 在 学 期 間 が3 年 を 超 える 生 徒 に 対 する 授 業 料 支 援 P19 4. 授 業 料 支 援 補 助 金 の 算 定 について P21 (1) 標 準 授 業 料 以 下 の 授 業 料 等 を 学 則 に 定 めている 学 校 の 場 合 P21 (2) 標 準 授 業 料 を 超 える 授 業 料 等 を 学 則 に 定 めている 学 校 の 場 合 P27 参 考 大 阪 府 私 立 高 等 学 校 等 授 業 料 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 大 阪 府 私 立 高 校 生 等 就 学 支 援 推 進 校 指 定 要 綱 学 校 法 人 委 員 会 報 告 第 30 号 2

3 1. 事 務 の 手 順 予 定 表 25 年 度 大 阪 府 学 校 法 人 等 保 護 者 4 月 ( 中 旬 ) 交 付 決 定 通 知 ( 上 旬 ) 全 学 年 分 の 交 付 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 提 出 ( 下 旬 )2 3 年 生 4~9 月 分 補 助 金 振 込 み ( 概 算 払 ) 請 求 書 提 出 2 3 年 生 の 授 業 料 支 援 事 業 実 施 5 月 6 月 ( 中 旬 ) 申 請 書 様 式 を 学 校 に 送 付 ( 中 ~ 下 旬 ) 生 徒 保 護 者 へ 申 請 書 類 を 配 布 7 月 9 生 徒 保 護 者 から 提 出 された 申 請 書 類 をチェック 授 業 料 支 援 申 請 書 ( 様 式 1 号 )へ の 記 入 提 出 課 税 証 明 書 等 の 添 付 10 月 ( 中 旬 ) 変 更 交 付 決 定 通 知 1 10/1 在 学 確 認 ( 上 旬 ) 変 更 交 付 申 請 1( 様 式 第 4 号 ) 提 出 ( 中 旬 ) 請 求 書 提 出 授 業 料 支 援 決 定 通 知 書 ( 様 式 第 7 号 ) ( 下 旬 )1 年 生 の 全 額 2 3 年 生 10 ~3 月 分 補 助 金 振 込 み( 概 算 払 ) 1 年 生 ( 年 間 ) 及 び2 3 年 生 の 授 業 料 支 援 事 業 実 施 2 月 3 月 ( 下 旬 ) 変 更 交 付 決 定 通 知 2 ( 減 額 分 ) 返 納 通 知 送 付 ( 下 旬 ) 変 更 交 付 決 定 通 知 3 ( 増 額 分 ) ( 下 旬 ) 変 更 交 付 決 定 分 3 補 助 金 振 込 み( 概 算 払 ) ( 上 旬 ) 変 更 交 付 申 請 2( 減 額 分 ) ( 様 式 第 4 号 ) 提 出 ( 上 旬 ) 変 更 交 付 申 請 3( 増 額 分 ) ( 様 式 第 4 号 ) 提 出 ( 下 旬 ) 交 付 請 求 書 ( 様 式 第 6 号 ) 提 出 26 年 度 4 月 ( 中 旬 ) 実 績 報 告 額 の 確 定 通 知 書 返 納 通 知 書 送 付 ( 上 旬 ) 実 績 報 告 ( 注 意 )このスケジュールは 変 更 となる 場 合 もあります 変 更 交 付 申 請 1は 全 学 校 対 象 23は 該 当 校 のみです 3

4 2. 授 業 料 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 の 概 要 (1) 目 的 平 成 23 年 度 の 私 立 高 等 学 校 等 の 入 学 生 から 大 阪 の 子 どもたちが 中 学 校 卒 業 時 の 進 路 選 択 段 階 で すでに 授 業 料 無 償 である 国 公 立 高 校 と 同 様 に 私 立 の 高 校 や 専 修 学 校 高 等 課 程 についても 自 らの 希 望 や 能 力 に 応 じて 自 由 に 学 校 選 択 できる 機 会 を 提 供 するため 大 阪 府 内 に 在 住 する 保 護 者 等 で 年 収 めやす610 万 円 未 満 の 世 帯 ( )については 私 立 高 等 学 校 等 の 授 業 料 を 実 質 無 償 化 年 収 めやす800 万 円 未 満 の 世 帯 ( )については 授 業 料 の 保 護 者 負 担 が10 万 円 となるよう 私 立 高 等 学 校 等 授 業 料 支 援 補 助 金 ( 以 下 授 業 料 支 援 補 助 金 )の 対 象 範 囲 を 拡 充 しました 注 実 際 の 判 定 は 市 町 村 民 税 所 得 割 額 で 判 断 します 年 収 はめやすであり 扶 養 する 子 どもの 人 数 や 年 齢 によって 基 準 となる 市 町 村 民 税 所 得 割 額 が 段 階 的 に 設 定 されています (14 頁 参 照 ) (2) 主 なポイント 補 助 対 象 となる 私 立 高 等 学 校 等 の 条 件 大 阪 府 私 立 高 校 生 等 就 学 支 援 推 進 校 指 定 要 綱 に 基 づき 知 事 が 指 定 する 私 立 高 校 生 等 就 学 支 援 推 進 校 が 対 象 です 私 立 高 校 生 等 就 学 支 援 推 進 校 とは 高 校 生 等 の 就 学 支 援 に 積 極 的 に 協 力 する 私 立 高 等 学 校 や 専 修 学 校 高 等 課 程 等 で 知 事 が 指 定 します 補 助 対 象 となる 生 徒 の 条 件 国 の 就 学 支 援 金 を 受 給 している 生 徒 が 対 象 です 在 住 要 件 は 保 護 者 等 ( 親 権 者 全 員 )と 生 徒 対 象 者 を 大 阪 府 内 に 在 住 する 保 護 者 等 ( 親 権 者 全 員 )と 生 徒 とします 申 請 者 は 生 徒 国 の 就 学 支 援 金 制 度 との 整 合 を 図 るため 申 請 者 を 生 徒 とします 所 得 基 準 は 保 護 者 等 ( 親 権 者 合 算 ) で 判 定 所 得 基 準 は 学 資 負 担 者 ではなく 市 町 村 民 税 所 得 割 額 の 保 護 者 等 ( 親 権 者 合 算 ) で 判 断 します 所 得 基 準 は 扶 養 する 子 どもの 人 数 年 齢 に 応 じて 市 町 村 民 税 所 得 割 額 による 所 得 基 準 を 段 階 的 に 設 定 する 方 式 となっています 保 護 者 等 ( 親 権 者 全 員 )の 課 税 証 明 書 上 の 扶 養 親 族 欄 に 記 載 されている19 歳 未 満 の 子 どもの 人 数 ( 扶 養 子 ども 数 )で 判 定 します ( 詳 しくはP14 以 降 を 参 照 ) 他 府 県 に 在 住 しており 保 護 者 の 市 町 村 民 税 所 得 割 額 が51,300 円 未 満 の 者 で 昨 年 度 の 年 度 途 中 において 国 就 学 支 援 金 の 加 算 基 準 が 変 更 されたことにより 加 算 の 対 象 外 となる 者 については 大 阪 府 授 業 料 支 援 補 助 金 の 特 例 措 置 として 平 成 25 年 4 月 から6 月 までの 期 間 に 限 り 国 就 学 支 援 金 の 加 算 支 給 に 相 当 する 額 を 交 付 し ます ( 但 し 平 成 24 年 度 特 例 措 置 として 交 付 された 者 に 限 る ) 平 成 21 年 度 以 前 に 入 学 した 生 徒 の 経 過 措 置 は 平 成 24 年 度 で 終 了 しました 4

5 3. 授 業 料 支 援 補 助 金 の 実 施 要 領 について (1) 授 業 料 支 援 補 助 金 の 対 象 者 ( 受 給 資 格 要 件 ) 次 の1から4の 要 件 をすべて 満 たしていることが 必 要 です 1 生 徒 が 就 学 支 援 金 を 受 給 していること 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 不 徴 収 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 ( 平 成 22 年 法 律 第 18 号 以 下 法 という ) 第 4 条 に 定 める 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 ( 以 下 就 学 支 援 金 という )を 受 給 していること が 必 要 です 平 成 年 度 市 町 村 民 税 所 得 割 額 が 18,900 円 に1 2の 合 計 を 加 えた 額 未 満 (116 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 21,300 円 216 歳 以 上 19 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 11,100 円 )の 世 帯 の 生 徒 については 就 学 支 援 金 一 律 分 (118,800 円 )に 加 えて 加 算 分 (1.5 倍 または2 倍 )を 受 けていることが 必 要 です 扶 養 親 族 の 数 とは 税 法 上 の 扶 養 親 族 の 数 であり 課 税 証 明 書 等 に 記 載 されている 扶 養 親 族 のうち19 歳 未 満 の 者 の 数 平 成 24 年 度 からは 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 第 3 版 )により 学 校 が 遡 って 生 徒 を 退 学 や 除 籍 と し 且 つ 学 費 を 返 還 しないために 授 業 料 債 権 が 消 滅 しない 場 合 退 学 除 籍 を 通 知 した 日 までの 間 の 就 学 支 援 金 を 受 給 することができるようになりましたが 授 業 料 支 援 補 助 金 については 従 来 どおり 退 学 や 除 籍 の 日 の 属 する 月 の 授 業 料 までが 給 付 の 対 象 となります Q1. 就 学 支 援 金 の 支 給 を 受 けていない 者 が 府 の 授 業 料 支 援 補 助 金 を 受 けることはできるか A1.できません 就 学 支 援 金 が 給 付 されない 生 徒 の 事 例 (1) 留 年 等 により 私 立 高 等 学 校 等 に 在 学 し 就 学 支 援 金 の 支 給 期 間 が36 月 ( 通 信 制 48 月 )を 超 える 者 (2) 高 等 学 校 等 ( 修 業 年 限 3 年 未 満 のものを 除 く)を 卒 業 し 又 は 修 了 した 者 Q2. 保 護 者 等 ( 父 母 合 算 )の 市 町 村 民 税 所 得 割 額 が 18,900 円 に1 2の 合 計 を 加 えた 額 未 満 (116 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 21,300 円 216 歳 以 上 19 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 11,100 円 )で 無 償 化 に 該 当 しているが 何 らかの 事 情 により 加 算 支 給 の 届 出 を 行 っていない 場 合 ( 就 学 支 援 金 118,800 円 のみ 受 給 ) 授 業 料 支 援 補 助 金 を 受 けることはできるか A2. 府 の 授 業 料 支 援 補 助 金 の 支 給 対 象 は 就 学 支 援 金 ( 加 算 支 給 含 む)を 受 給 している 者 が 対 象 です ので まずは 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 加 算 支 給 に 関 する 届 出 書 ( 様 式 13( 省 令 様 式 第 2 号 )) と ともに 加 算 支 給 を 遡 及 適 用 させるための 理 由 書 を 私 学 大 学 課 に 提 出 してください 府 の 授 業 料 支 援 補 助 金 は 就 学 支 援 金 の 加 算 支 給 が 認 められた 月 から 支 給 対 象 となりますので 加 算 支 給 を 受 けられない 期 間 が 生 じる 場 合 その 期 間 の 授 業 料 支 援 補 助 金 は 受 給 できません ( 授 業 料 支 援 補 助 金 が 受 給 できない 期 間 は 標 準 授 業 料 を 越 える 部 分 の 学 校 負 担 分 も 発 生 しません ) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 第 3 版 ) 2 就 学 支 援 金 の 支 給 における (2) 就 学 支 援 金 の 加 算 の 留 意 事 項 及 び 平 成 24 年 6 月 7 日 私 第 号 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 事 務 処 理 に 係 る 留 意 事 項 について( 通 知 ) をご 確 認 ください Q3. 退 学 届 が2 月 に 提 出 されたが 退 学 日 を 遡 って12 月 31 日 とし 既 に 納 付 された1 月 から3 月 分 の 授 業 料 を 生 徒 保 護 者 に 返 納 しない 場 合 2 月 分 までの 授 業 料 支 援 補 助 金 を 受 けることはできるか A3. 府 の 授 業 料 支 援 補 助 金 の 受 給 は 在 学 する 期 間 のみとなります したがって 12 月 31 日 に 遡 って 退 学 となった 場 合 在 学 期 間 が12 月 までとなるため 授 業 料 支 援 補 助 金 の 受 給 期 間 も12 月 までとな ります 5

6 2 10 月 1 日 ( 基 準 日 )において 大 阪 府 内 の 私 立 高 等 学 校 等 のうち 知 事 が 指 定 する 就 学 支 援 推 進 校 に 在 学 していること 就 学 支 援 推 進 校 とは 大 阪 府 私 立 高 校 生 等 就 学 支 援 推 進 校 指 定 要 綱 に 基 づき 知 事 が 指 定 する 大 阪 府 内 の 私 立 高 等 学 校 等 です 10 月 1 日 ( 基 準 日 )において 就 学 支 援 推 進 校 に 在 学 していることが 必 要 です 9 月 30 日 以 前 に 当 該 推 進 校 を 転 学 又 は 退 学 ( 以 下 転 退 学 という )した 場 合 当 推 進 校 における 当 該 年 度 の 授 業 料 支 援 補 助 金 の 受 給 資 格 要 件 に 該 当 しないことになります 基 準 日 以 降 に 就 学 支 援 推 進 校 から 転 退 学 した 生 徒 は 転 退 学 日 の 属 する 月 まで 授 業 料 支 援 補 助 金 を 月 割 によ り 支 給 します 就 学 支 援 推 進 校 が 標 準 授 業 料 (580,000 円 )を 超 える 授 業 料 を 学 則 で 定 めている 場 合 には 標 準 授 業 料 と 当 該 授 業 料 額 との 差 額 分 を 就 学 支 援 推 進 校 ( 学 校 法 人 )が 負 担 することとなります 就 学 支 援 推 進 校 ( 学 校 法 人 )が 負 担 することとなる 授 業 料 は 標 準 授 業 料 を 超 える 授 業 料 額 に 係 る 部 分 であり その 負 担 の 方 法 については 学 校 独 自 の 授 業 料 減 免 制 度 等 を 適 用 するなどにより 行 ってください 生 徒 の 卒 業 時 期 が9 月 30 日 である 生 徒 については 基 準 日 が10 月 1 日 であれば 卒 業 年 次 が 対 象 とならないた め 9 月 30 日 の 在 学 をもって 10 月 1 日 の 在 学 とみなします Q4. 授 業 料 支 援 補 助 金 は10 月 1 日 ( 基 準 日 )において 在 学 していない 生 徒 には 支 給 されないが 受 給 資 格 要 件 1の 生 徒 が 就 学 支 援 金 を 受 給 していること の 判 断 は 毎 月 1 日 と 考 えてよいか 例 えば 基 準 日 (10 月 1 日 ) 時 点 において 就 学 支 援 金 を 受 給 していない 場 合 は 授 業 料 支 援 補 助 金 は 支 給 されな いこととなるのか A4. 授 業 料 支 援 補 助 金 の 受 給 資 格 要 件 ( 在 学 要 件 )は 10 月 1 日 を 基 準 日 としています 一 方 就 学 支 援 金 ( 加 算 支 給 含 む)は 毎 月 1 日 現 在 の 在 学 で 判 断 しますので 就 学 支 援 金 の 受 給 資 格 の 消 滅 休 学 による 支 給 停 止 又 は 再 開 など 生 徒 が 受 給 する 就 学 支 援 金 ( 加 算 支 給 含 む)の 状 況 に 応 じて 授 業 料 支 援 補 助 金 は 月 割 により 算 定 されることとなります 10 月 1 日 に 就 学 支 援 金 を 実 際 に 支 給 されていな くても 就 学 支 援 金 の 受 給 資 格 さえあれば 授 業 料 支 援 補 助 金 は 受 給 できます Q5. 標 準 授 業 料 (580,000 円 )を 超 える 部 分 について 学 校 が 負 担 した 場 合 会 計 処 理 の 取 扱 いはどう なるのか A5. 会 計 処 理 の 方 法 については 学 校 法 人 等 で 判 断 いただきますが 就 学 支 援 推 進 校 として 標 準 授 業 料 を 超 える 授 業 料 を 学 校 ( 学 校 法 人 等 )が 負 担 する 場 合 は 学 校 独 自 の 特 待 生 の 授 業 料 減 免 制 度 等 と 分 けて 表 示 いただくこととなります この 場 合 の 会 計 科 目 及 び 会 計 処 理 については 下 記 の 処 理 を 参 考 にしてください 1 支 出 の 部 における 教 育 研 究 経 費 ( 大 科 目 )に 次 の 科 目 ( 小 科 目 )を 新 たに 設 定 する 場 合 資 金 収 支 計 算 書 資 金 収 支 内 訳 表 の 支 出 科 目 就 学 支 援 費 消 費 収 支 計 算 書 消 費 収 支 内 訳 表 の 支 出 科 目 就 学 支 援 費 2 就 学 支 援 費 の 会 計 処 理 について 授 業 料 等 の 減 免 に 関 する 会 計 処 理 及 び 監 査 上 の 取 扱 いについて( 学 校 法 人 委 員 会 報 告 第 30 号 ) における 授 業 料 等 の 減 免 の 処 理 と 同 様 ( 参 考 資 料 を 参 照 ) Q6. 就 学 支 援 推 進 校 において 授 業 料 が 標 準 授 業 料 (580,000 円 ) 以 下 の 学 校 についても 授 業 料 減 免 規 定 等 を 整 備 しなければならないか A6. 授 業 料 減 免 規 定 等 を 整 備 する 必 要 はありません 6

7 3 生 徒 及 びその 保 護 者 等 ( 親 権 者 全 員 )が 大 阪 府 内 に 住 所 を 有 していること 保 護 者 等 ( 親 権 者 全 員 )が 事 実 上 の 別 居 状 態 にあり 父 又 は 母 のいずれかが 他 府 県 に 住 民 票 がある 場 合 は 原 則 授 業 料 支 援 補 助 金 の 対 象 にはなりません ただし 保 護 者 等 ( 親 権 者 全 員 )のうち いずれかひとりが 単 身 赴 任 等 の 理 由 により 住 民 票 をやむを 得 ず 他 府 県 に 移 している 場 合 は その 者 の 生 活 の 本 拠 が 大 阪 府 内 にあると 認 められる 場 合 に 限 り 大 阪 府 内 在 住 とみなす 場 合 があります 9 月 30 日 以 前 に 大 阪 府 内 から 大 阪 府 外 に 転 出 した 場 合 は 年 度 途 中 であっても 補 助 の 対 象 外 となるため 事 情 変 更 の 申 立 書 を 提 出 させ 補 助 金 額 の 再 計 算 を 行 ってください Q7. 単 身 赴 任 の 場 合 で 保 護 者 等 ( 父 母 )の 生 活 の 本 拠 が 大 阪 府 内 にあるということは どのように 確 認 すればよいか A7. 勤 務 する 会 社 が 発 行 する 証 明 書 ( 辞 令 の 写 し 等 )などにより 単 身 赴 任 のため やむを 得 ず 他 府 県 に 住 所 があることが 確 認 できる 場 合 は 大 阪 府 内 在 住 とみなします この 場 合 住 民 票 の 提 出 は 不 要 です Q8. 課 税 証 明 書 の 住 所 ( 平 成 24 年 1 月 1 日 現 在 )は 他 府 県 の 住 所 となっているが 生 徒 とその 保 護 者 等 ( 父 母 )が 大 阪 府 内 に 転 居 (10 月 1 日 時 点 では 大 阪 府 内 に 住 所 がある)してきた この 場 合 生 徒 及 びその 保 護 者 等 ( 父 母 )が 大 阪 府 内 に 住 所 を 有 していること の 受 給 資 格 要 件 を 満 たすか また 受 給 額 の 算 定 はどのように 行 うか A8. 10 月 1 日 ( 基 準 日 ) 時 点 で 大 阪 府 内 に 生 徒 および 保 護 者 ( 親 権 者 全 員 )の 住 所 があることが 受 給 要 件 となります 基 準 日 の 翌 日 以 降 に 大 阪 府 内 に 転 居 した 場 合 は 受 給 資 格 要 件 を 満 たし ません 受 給 額 については 住 民 票 により 大 阪 府 内 に 転 居 した 日 付 を 確 認 の 後 転 居 の 翌 月 ( 転 居 した 日 が1 日 であれば 当 月 )から 月 割 りで 算 定 します Q9. 授 業 料 の 保 護 者 負 担 額 が10 万 円 の 方 も Q8のとおり 大 阪 府 内 に 転 居 してきた 場 合 保 護 者 負 担 額 も 月 割 り 計 算 を 行 うのか A9. 月 割 りで 計 算 します なお 保 護 者 負 担 額 を 月 割 りし 1 円 未 満 の 端 数 が 出 た 場 合 は 端 数 は 切 捨 てます Q10. 授 業 料 支 援 申 請 書 ( 様 式 第 1 号 )に 記 載 している 申 請 者 ( 生 徒 ) 及 び 保 護 者 等 ( 父 母 )の 住 所 ( 実 際 に 居 住 している 住 所 を 記 載 )が 住 民 票 の 住 所 と 異 なることが 判 明 した この 場 合 申 請 書 の 申 請 者 ( 生 徒 ) 及 び 保 護 者 等 ( 父 母 )の 住 所 欄 は どちらを 記 載 させるべきか A10. 実 際 に 居 住 している 住 所 と 住 民 票 の 住 所 が 共 に 府 内 の 場 合 は 授 業 料 支 援 申 請 書 ( 様 式 第 1 号 )の 申 請 者 ( 生 徒 ) 及 び 保 護 者 等 ( 父 母 )の 住 所 欄 には 実 際 に 居 住 している 住 所 を 記 載 してく ださい どちらかが 府 外 である 場 合 は 支 援 補 助 金 の 対 象 外 となる 可 能 性 があるため 実 際 に 居 住 している 住 所 と 住 民 票 の 住 所 が 異 なる 理 由 を 確 認 してください 7

8 4 保 護 者 等 ( 親 権 者 合 算 )の 市 町 村 民 税 所 得 割 額 が 基 準 額 を 満 たすこと 保 護 者 等 とは 国 の 就 学 支 援 金 と 同 様 生 徒 に 対 し 親 権 を 行 う 父 母 等 です ( 国 と 同 じ 取 り 扱 い ) 市 町 村 民 税 所 得 割 額 は 税 額 控 除 や 調 整 控 除 がなされた 後 の 額 です 平 成 25 年 度 の 授 業 料 支 援 補 助 金 の 補 助 ( 給 付 )の 限 度 額 は 以 下 のとおりです 市 町 村 民 税 所 得 割 額 標 準 授 業 料 授 業 料 の 授 業 料 支 援 就 学 支 援 金 (D) 年 収 めやす 補 助 金 額 保 護 者 負 担 平 成 年 度 (A) (A)+(B)+(C) ( 年 額 ) (B) (C) (D) A 250 万 円 未 満 237,600 円 342,400 円 0 円 B 9ページの 350 万 円 未 満 178,200 円 401,800 円 0 円 580,000 円 早 見 表 の C 610 万 円 未 満 461,200 円 0 円 とおり 118,800 円 D 800 万 円 未 満 361,200 円 100,000 円 580,000 円 授 業 料 支 援 補 助 金 は 就 学 支 援 金 ( 国 制 度 )の 上 乗 せ 制 度 です 生 徒 が 就 学 支 援 金 (A)を 受 給 していることが 授 業 料 支 援 補 助 金 の 支 給 要 件 となります 市 町 村 民 税 所 得 割 額 は 保 護 者 等 ( 父 母 等 の 親 権 者 ) 合 算 により 判 定 します 配 偶 者 控 除 が 適 用 される 場 合 で も 年 収 100 万 円 以 上 の 収 入 がある 配 偶 者 は 市 町 村 民 税 所 得 割 額 が 課 税 されることがあるため 年 収 が100 万 円 以 上 かどうか 確 認 してください ( 国 制 度 と 同 じ 事 務 処 理 方 法 で 可 ) 年 度 途 中 の 転 退 学 について 転 退 学 日 が9 月 30 日 以 前 の 場 合 当 該 校 では 授 業 料 支 援 補 助 金 は 支 給 されま せん(ただし 特 例 措 置 に 該 当 する 場 合 があります ) 基 準 日 (10 月 1 日 ) 以 降 に 転 退 学 した 生 徒 の 場 合 その 転 退 学 日 の 属 する 月 まで 月 割 計 算 により 支 給 対 象 となります ( 納 付 すべき 授 業 料 債 権 が 発 生 している 場 合 に 限 ります ) 平 成 25 年 度 の 授 業 料 支 援 補 助 金 は 14 月 ~6 月 (3ヶ 月 分 )については 平 成 24 年 度 の 市 町 村 民 税 所 得 割 額 27 月 ~3 月 (9ヶ 月 分 )については 平 成 25 年 度 の 市 町 村 民 税 所 得 割 額 をもって それぞれ 確 認 してくださ い ( 月 割 計 算 ) 課 税 年 度 によって 補 助 (ランク)が 異 なる 場 合 は 補 助 金 額 ( 年 間 )を 別 表 のとおり 調 整 し 当 該 限 度 額 の 範 囲 内 で 授 業 料 支 援 補 助 金 を 算 定 することになります 保 護 者 ( 親 権 者 )や 生 活 保 護 法 に 基 づく 生 活 扶 助 の 受 給 状 況 等 の 変 更 は 年 度 途 中 でもあっても 補 助 額 が 変 更 となる 可 能 性 があるため 事 情 変 更 の 申 立 書 を 提 出 させ 補 助 額 の 再 計 算 を 行 ってください 授 業 料 支 援 補 助 金 の 限 度 額 は 授 業 料 から 学 校 が 独 自 に 行 う 授 業 料 減 免 額 ( 奨 学 金 の 支 払 に 代 えて 授 業 料 を 差 し 引 く 給 付 型 奨 学 金 等 を 含 む)を 控 除 した 後 就 学 支 援 金 を 控 除 して 算 定 します Q11. 授 業 料 支 援 補 助 金 の 対 象 となる 授 業 料 についてはどのようなものが 含 まれるのか A11. 授 業 料 支 援 補 助 金 の 対 象 となる 授 業 料 は 授 業 料 と 表 示 するもののほか 施 設 整 備 費 教 育 充 実 費 その 他 名 目 の 如 何 にかかわらず 原 則 当 該 推 進 校 に 在 学 するすべての 生 徒 が 一 律 に 納 付 すべき 費 用 として 学 則 で 規 定 されるものです 授 業 料 に 含 まれないもの( 補 助 対 象 にならない 経 費 ) 保 護 者 会 費 修 学 旅 行 積 立 金 などの 実 費 相 当 分 入 学 金 や 制 服 代 などの 一 時 的 な 費 用 8

9 平 成 23 年 度 以 降 入 学 生 平 成 24 年 度 市 町 村 民 税 所 得 割 額 早 見 表 ( 単 位 : 円 ) 年 収 のめやす 生 保 2,500,000 3,500,000 6,100,000 8,000,000 ランク A B C1 C2 D 19 歳 未 満 の 扶 養 親 族 数 ~18 歳 ~15 歳 平 成 24 年 度 の 市 町 村 民 税 所 得 割 額 ( 親 権 者 合 算 ) 0 人 0 人 0 人 生 保 0 100~18,800 18,900~51,200 51,300~135, ,900~224,000 1 人 1 人 0 人 生 保 0 100~29,900 30,000~51,200 51,300~143, ,200~231,200 0 人 1 人 生 保 0 100~40,100 40,200~51,200 51,300~155, ,800~243,800 2 人 0 人 生 保 0 100~41,000 41,100~51,200 51,300~152, ,800~238,400 2 人 1 人 1 人 生 保 0 100~51,200 51,300~162, ,900~251,000 0 人 2 人 生 保 0 100~61,400 61,500~175, ,600~263,600 3 人 0 人 生 保 0 100~52,100 52,200~163, ,500~245,600 3 人 2 人 1 人 生 保 0 100~62,300 62,400~173, ,500~258,200 1 人 2 人 生 保 0 100~72,500 72,600~183, ,500~270,800 0 人 3 人 生 保 0 100~82,700 82,800~195, ,300~283,400 4 人 0 人 生 保 0 100~63,200 63,300~174, ,300~252,800 3 人 1 人 生 保 0 100~73,400 73,500~184, ,300~265,400 4 人 2 人 2 人 生 保 0 100~83,600 83,700~194, ,300~278,000 1 人 3 人 生 保 0 100~93,800 93,900~204, ,300~290,600 0 人 4 人 生 保 0 100~104, ,100~215, ,100~303,200 5 人 0 人 生 保 0 100~74,300 74,400~185, ,100~260,000 4 人 1 人 生 保 0 100~84,500 84,600~195, ,100~272,600 5 人 3 人 2 人 生 保 0 100~94,700 94,800~205, ,100~285,200 2 人 3 人 生 保 0 100~104, ,000~215, ,100~297,800 1 人 4 人 生 保 0 100~115, ,200~225, ,100~310,400 0 人 5 人 生 保 0 100~125, ,400~235, ,100~323,000 6 人 0 人 生 保 0 100~85,400 85,500~195, ,900~267,200 5 人 1 人 生 保 0 100~95,600 95,700~205, ,900~279,800 4 人 2 人 生 保 0 100~105, ,900~215, ,900~292,400 6 人 3 人 3 人 生 保 0 100~116, ,100~225, ,900~305,000 2 人 4 人 生 保 0 100~126, ,300~235, ,900~317,600 1 人 5 人 生 保 0 100~136, ,500~245, ,900~330,200 0 人 6 人 生 保 0 100~146, ,700~255, ,900~342,800 7 人 0 人 生 保 0 100~96,500 96,600~206, ,700~274,400 6 人 1 人 生 保 0 100~106, ,800~216, ,700~287,000 5 人 2 人 生 保 0 100~116, ,000~226, ,700~299,600 7 人 4 人 3 人 生 保 0 100~127, ,200~236, ,700~312,200 3 人 4 人 生 保 0 100~137, ,400~246, ,700~324,800 2 人 5 人 生 保 0 100~147, ,600~256, ,700~337,400 1 人 6 人 生 保 0 100~157, ,800~266, ,700~350,000 0 人 7 人 生 保 0 100~167, ,000~276, ,700~362,600 9

10 平 成 23 年 度 以 降 入 学 生 平 成 25 年 度 市 町 村 民 税 所 得 割 額 早 見 表 ( 単 位 : 円 ) 年 収 のめやす 生 保 2,500,000 3,500,000 6,100,000 8,000,000 ランク A B C D 19 歳 未 満 の 扶 養 親 族 数 ~18 歳 ~15 歳 平 成 25 年 度 の 市 町 村 民 税 所 得 割 額 ( 親 権 者 合 算 ) 0 人 0 人 0 人 生 保 0 100~18,800 18,900~135, ,900~224,000 1 人 1 人 0 人 生 保 0 100~29,900 30,000~143, ,200~231,200 0 人 1 人 生 保 0 100~40,100 40,200~155, ,800~243,800 2 人 0 人 生 保 0 100~41,000 41,100~152, ,800~238,400 2 人 1 人 1 人 生 保 0 100~51,200 51,300~162, ,900~251,000 0 人 2 人 生 保 0 100~61,400 61,500~175, ,600~263,600 3 人 0 人 生 保 0 100~52,100 52,200~163, ,500~245,600 3 人 2 人 1 人 生 保 0 100~62,300 62,400~173, ,500~258,200 1 人 2 人 生 保 0 100~72,500 72,600~183, ,500~270,800 0 人 3 人 生 保 0 100~82,700 82,800~195, ,300~283,400 4 人 0 人 生 保 0 100~63,200 63,300~174, ,300~252,800 3 人 1 人 生 保 0 100~73,400 73,500~184, ,300~265,400 4 人 2 人 2 人 生 保 0 100~83,600 83,700~194, ,300~278,000 1 人 3 人 生 保 0 100~93,800 93,900~204, ,300~290,600 0 人 4 人 生 保 0 100~104, ,100~215, ,100~303,200 5 人 0 人 生 保 0 100~74,300 74,400~185, ,100~260,000 4 人 1 人 生 保 0 100~84,500 84,600~195, ,100~272,600 5 人 3 人 2 人 生 保 0 100~94,700 94,800~205, ,100~285,200 2 人 3 人 生 保 0 100~104, ,000~215, ,100~297,800 1 人 4 人 生 保 0 100~115, ,200~225, ,100~310,400 0 人 5 人 生 保 0 100~125, ,400~235, ,100~323,000 6 人 0 人 生 保 0 100~85,400 85,500~195, ,900~267,200 5 人 1 人 生 保 0 100~95,600 95,700~205, ,900~279,800 4 人 2 人 生 保 0 100~105, ,900~215, ,900~292,400 6 人 3 人 3 人 生 保 0 100~116, ,100~225, ,900~305,000 2 人 4 人 生 保 0 100~126, ,300~235, ,900~317,600 1 人 5 人 生 保 0 100~136, ,500~245, ,900~330,200 0 人 6 人 生 保 0 100~146, ,700~255, ,900~342,800 7 人 0 人 生 保 0 100~96,500 96,600~206, ,700~274,400 6 人 1 人 生 保 0 100~106, ,800~216, ,700~287,000 5 人 2 人 生 保 0 100~116, ,000~226, ,700~299,600 7 人 4 人 3 人 生 保 0 100~127, ,200~236, ,700~312,200 3 人 4 人 生 保 0 100~137, ,400~246, ,700~324,800 2 人 5 人 生 保 0 100~147, ,600~256, ,700~337,400 1 人 6 人 生 保 0 100~157, ,800~266, ,700~350,000 0 人 7 人 生 保 0 100~167, ,000~276, ,700~362,600 10

11 参 考 平 成 23 年 9 月 12 日 付 け 私 第 1944 号 通 知 学 校 設 置 者 が 実 施 する 奨 学 事 業 と 授 業 料 援 補 助 の 取 扱 い 等 について( 通 知 ) 従 来 より 授 業 料 の 減 免 を う 特 待 については 授 業 料 援 補 助 の 対 象 外 とし( 阪 府 私 等 学 校 等 授 業 料 援 補 助 交 付 要 綱 第 6 条 第 1 項 ) また 実 際 には 奨 学 を 給 せずに 奨 学 を 給 付 するとして 授 業 料 との 相 殺 を う 特 待 についても 授 業 料 の 減 免 と 同 じことであることから 補 助 対 象 外 とする 旨 通 知 してきたところ 平 成 22 年 度 授 業 料 援 補 助 等 の 現 地 調 査 において 学 校 設 置 者 が 独 に 実 施 する 奨 学 事 業 の 財 源 に 授 業 料 支 援 補 助 を 充 当 させる 事 案 が 多 数 受 けられた 学 校 設 置 者 が 独 に う 奨 学 事 業 は 学 校 法 の 負 担 により 実 施 すべき 事 業 学 校 法 が う 奨 学 ( 減 免 含 む) 事 業 の 財 源 に 授 業 料 援 補 助 を 充 当 させることは 学 校 法 が 実 施 すべき 奨 学 事 業 に 対 し 阪 府 が 補 助 することとなり 適 切 ではないため 学 校 法 が う 奨 学 事 業 の 財 源 に 充 当 した 分 にかかる 授 業 料 援 補 助 の 申 請 は わないようにしてください 授 業 料 援 補 助 の 計 算 方 法 ( 阪 府 私 等 学 校 等 授 業 料 援 補 助 交 付 要 綱 より) 1 授 業 料 の 額 から 就 学 援 の 額 を 控 除 して 得 た 額 ( 徒 が 減 免 の 適 用 を 受 ける 場 合 にあっては 授 業 料 の 額 )から 2 当 該 減 免 額 及 び3 就 学 援 の 額 を 控 除 して 得 た 額 )と 補 助 限 度 額 を 較 し いずれ か 低 い 額 授 業 料 援 補 助 の 計 算 の 順 序 1 授 業 料 -2 減 免 額 -3 就 学 援 = 補 助 額 奨 学 を 給 付 するとしながら 実 際 には 奨 学 を 徒 に 払 わずに 奨 学 の 払 いに 代 えて 授 業 料 を 差 し 引 く 特 待 生 については 実 際 に 徒 に 奨 学 が 引 き 渡 されないことから 授 業 料 の 減 免 と 同 じ 取 り 扱 いとする 授 業 料 援 補 助 の 計 算 の 順 序 1 授 業 料 -2 授 業 料 を 差 し 引 く 場 合 の 給 付 型 奨 学 の 額 -3 就 学 援 = 補 助 額 となる 11

12 (2) 授 業 料 支 援 補 助 金 の 申 請 について( 手 続 き) 就 学 支 援 推 進 校 は 授 業 料 支 援 補 助 金 の 対 象 となる 者 ( 受 給 資 格 要 件 を 満 たす 者 )から 授 業 料 支 援 申 請 書 ( 様 式 第 1 号 )に 以 下 の(ア)(イ)の 書 類 を 添 付 させ 府 への 補 助 金 変 更 交 付 申 請 書 の 提 出 期 限 を 考 慮 して 設 定 した 期 限 日 までに 提 出 させてください (ア) 市 町 村 民 税 所 得 割 額 を 証 明 する 書 類 扶 養 親 族 欄 が 記 載 された 全 部 事 項 証 明 が 必 要 保 護 者 等 添 付 書 類 注 意 事 項 1.サラリーマンなど 住 民 税 の 全 額 を 給 料 から 天 引 きされ ている 人 平 成 24 年 度 市 ( 町 村 ) 民 税 府 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 通 知 書 の 写 し 平 成 25 年 度 市 ( 町 村 ) 民 税 府 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 通 知 書 の 写 し 5 月 末 から6 月 にかけて 勤 務 先 を 経 由 して 交 付 されるもの 2. 個 人 で 事 業 を 経 営 してい る 人 など 市 ( 町 村 ) 民 税 府 民 税 の 全 額 を 市 町 村 や 銀 行 の 窓 口 で 納 めている 人 平 成 24 年 度 市 ( 町 村 ) 民 税 府 民 税 納 税 通 知 書 の 写 し 平 成 25 年 度 市 ( 町 村 ) 民 税 府 民 税 納 税 通 知 書 の 写 し 6 月 中 に 市 町 村 の 税 務 担 当 課 か ら 直 接 自 宅 等 へ 送 付 されるもの 3. 市 ( 町 村 ) 民 税 府 民 税 を 給 料 からの 天 引 きと 市 町 村 や 銀 行 の 窓 口 等 の 両 方 で 納 めている 人 上 記 1 及 び2の 写 し 例 えば 給 与 所 得 と 事 業 所 得 の 両 方 に 収 入 が ある 場 合 が 該 当 上 記 1と2の 注 意 事 項 欄 参 照 4. 市 ( 町 村 ) 民 税 府 民 税 が 非 課 税 の 人 または 上 記 1, 2,3の 通 知 を 紛 失 した 人 5. 生 活 保 護 法 に 基 づく 生 活 扶 助 を 受 給 している 人 平 成 24 年 及 び 平 成 25 年 の 市 町 村 発 行 の1か ら3の 書 類 のうちのどれか 1 市 ( 町 村 ) 民 税 府 民 税 課 税 証 明 書 2 非 課 税 証 明 書 3 非 課 税 通 知 書 の 写 し 生 活 保 護 法 に 基 づく 保 護 ( 生 活 扶 助 )を 受 けて いることを 証 明 する 書 類 ( 生 徒 との 扶 養 関 係 が わかるもの) 1 月 1 日 現 在 の 住 所 地 の 市 町 村 ( 税 の 窓 口 )で 証 明 書 の 交 付 を 受 ける ( 交 付 手 数 料 が 必 要 ) 市 町 村 ( 生 活 保 護 担 当 窓 口 )で 交 付 される (イ)16 歳 以 上 19 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 健 康 保 険 証 の 写 し 市 町 村 民 税 所 得 割 額 ( 保 護 者 合 算 )が18,900 円 未 満 の 場 合 は 不 要 です 健 康 保 険 証 が 手 元 にない 場 合 は 母 子 手 帳 や 住 民 票 確 定 申 告 書 ( 控 )の 写 しでも 可 年 齢 が 確 認 できるページの 写 しを 提 出 させてください 1 平 成 24 年 度 の 市 町 村 民 税 所 得 割 額 に 関 する 証 明 書 により 平 成 25 年 4 月 ~6 月 (3ヶ 月 分 :3/12) 平 成 25 年 度 の 市 町 村 民 税 所 得 割 額 に 関 する 証 明 書 により 平 成 25 年 7 月 ~ 平 成 26 年 3 月 (9ヶ 月 分 :9/12)の 授 業 料 支 援 補 助 金 を 決 定 しますので 2 年 分 提 出 させてください 2 就 学 支 援 金 の 加 算 支 給 の 届 出 において 同 じ 証 明 書 類 が 既 に 提 出 されている 場 合 は 授 業 料 支 援 補 助 金 の 申 請 については 添 付 を 省 略 することができます 3 他 府 県 の 市 町 村 が 発 行 した 証 明 書 類 であれば 併 せて 住 民 票 も 提 出 させてください ( 単 身 赴 任 による 府 外 在 住 者 は 不 要 ) 4 平 成 年 度 の 市 町 村 民 税 所 得 割 額 が18,900 円 未 満 の 場 合 は (イ)の 健 康 保 険 証 の 写 しは 不 要 です 12

13 授 業 料 58 万 円 の 場 合 の 補 助 金 額 一 覧 別 表 平 成 24 年 度 平 成 25 年 度 授 業 料 支 援 補 助 金 額 ( 年 額 ) 4 月 ~6 月 7 月 ~3 月 市 町 村 民 税 所 得 割 額 市 町 村 民 税 所 得 割 額 合 計 [3/12ヶ 月 ] [9/12ヶ 月 ] ( 前 々 年 所 得 ) ( 前 年 所 得 ) ア + イ ア イ A 342,400 円 342,400 円 A B 301,350 円 386,950 円 C 345,900 円 431,500 円 85,600 円 D 270,900 円 356,500 円 対 象 外 0 円 85,600 円 A 100,450 円 256,800 円 357,250 円 B 401,800 円 401,800 円 B C 345,900 円 446,350 円 D 100,450 円 270,900 円 371,350 円 対 象 外 0 円 100,450 円 C A 256,800 円 372,100 円 115,300 円 B 301,350 円 416,650 円 C 461,200 円 461,200 円 D 270,900 円 386,200 円 115,300 円 対 象 外 0 円 115,300 円 A 256,800 円 347,100 円 D B 90,300 円 301,350 円 391,650 円 C 345,900 円 436,200 円 D 361,200 円 361,200 円 対 象 外 90,300 円 0 円 90,300 円 A 256,800 円 256,800 円 対 象 外 B 301,350 円 301,350 円 0 円 C 345,900 円 345,900 円 D 270,900 円 270,900 円 ランク 判 定 については 9 10ページの 早 見 表 を 参 照 13

14 (3) 所 得 基 準 の 判 定 方 法 ( 平 成 24 年 7 月 25 日 の 国 就 学 支 援 金 の 加 算 支 給 に 係 る 政 令 改 正 を 受 けて) 1. 市 町 村 民 税 所 得 割 額 の 扶 養 親 族 欄 のうち 16 歳 未 満 と その 他 の 欄 を 確 認 する その 他 欄 は 一 般 と 記 載 されて いることがあります Q12. 課 税 証 明 書 等 に 扶 養 親 族 欄 の 記 載 がない 場 合 はどうすればいいか A12. 扶 養 親 族 欄 がない 課 税 証 明 書 等 が 添 付 されている 場 合 は 税 法 上 の 扶 養 親 族 数 が 分 かる 書 類 を 再 提 出 させてください 税 法 上 の 扶 養 親 族 数 が 分 かる 書 類 の 例 課 税 証 明 書 ( 全 部 事 項 証 明 ) 源 泉 徴 収 票 ( 写 し) 確 定 申 告 書 ( 控 )( 写 し) Q13. 扶 養 親 族 欄 の 16 歳 未 満 その 他 の 欄 が 0 人 であったり 実 際 に 扶 養 している 子 ども の 数 と 異 なる 場 合 は 扶 養 子 ども 数 はどのように 判 定 するのか A13. 保 護 者 が 扶 養 している 子 どもがいたとしても 扶 養 子 ども 数 については あくまでも 税 法 上 の 扶 養 親 族 の 数 で 判 断 します したがって 課 税 証 明 書 等 の 扶 養 親 族 が0 人 の 場 合 は 早 見 表 の19 歳 未 満 の 扶 養 親 族 数 0 人 の 欄 で 所 得 基 準 を 判 定 してください Q14. 課 税 の 際 に 扶 養 親 族 の 申 告 に 誤 りがあり その 訂 正 が 行 われた 場 合 国 就 学 支 援 金 の 加 算 支 給 に 関 する 届 出 や 授 業 料 支 援 補 助 金 は 遡 って 給 付 できるか A14. 申 告 の 誤 りの 原 因 が 保 護 者 にある 場 合 は 加 算 支 給 は 届 出 の 翌 月 からとなるのが 原 則 で す 今 年 度 は 就 学 支 援 金 の 変 更 交 付 申 請 の 締 切 が9 月 中 旬 授 業 料 支 援 補 助 金 の 締 切 が10 月 中 旬 ですので それまでに 正 しい 扶 養 親 族 数 による 授 業 料 支 援 申 請 を 行 うよう 保 護 者 に 指 示 してください 修 正 が 行 われることが 明 らかであるが 期 日 までに 課 税 証 明 書 の 再 提 出 が 間 に 合 わない 場 合 は 一 旦 修 正 後 の 見 込 みでランク 判 定 を 行 って 10 月 中 旬 の 変 更 交 付 申 請 を 作 成 してください ( 結 果 的 に 扶 養 親 族 数 の 修 正 がされなかった 場 合 は 年 度 末 の 変 更 交 付 申 請 で 対 応 します ) 14

15 Q15. 保 護 者 の 離 婚 や 死 去 により 親 権 者 が 一 人 となったが 当 該 親 権 者 が 子 を 実 質 的 に 扶 養 しているにもかかわらず 課 税 証 明 書 等 の 扶 養 親 族 が0 人 となっている 場 合 扶 養 子 ども 数 をカウントしてよいか A15. 扶 養 子 ども 数 については あくまでも 税 法 上 の 扶 養 親 族 の 数 で 判 断 しますので 課 税 証 明 書 等 の 扶 養 親 族 が0 人 の 場 合 は 0 人 の 欄 で 判 定 します 平 成 25 年 に 離 婚 した 場 合 平 成 24 年 12 月 末 の 時 点 では 父 親 が 子 を 扶 養 に 入 れていることが 多 く 親 権 者 が 母 親 となっ ても 母 親 の 課 税 証 明 書 の 扶 養 親 族 欄 は0 人 となるため この 場 合 も 扶 養 子 ども 数 は 税 法 上 の 扶 養 親 族 の 数 で 判 断 しますので 0 人 となります ( 昨 年 度 までと 同 じ 取 扱 いで す ) Q16. 課 税 証 明 書 等 の 扶 養 親 族 欄 に 16 歳 未 満 の 記 載 がない A16. 課 税 証 明 書 等 の 記 載 方 法 は 市 町 村 によって 異 なります 扶 養 親 族 欄 に 16 歳 未 満 の 記 載 がない 場 合 は 所 得 要 件 の 判 定 に 必 要 な 扶 養 親 族 の 状 況 が 分 かるように 備 考 欄 等 に 16 歳 未 満 の 扶 養 親 族 を 記 載 してもらえるよう 市 町 村 に 依 頼 しておりますが 証 明 方 法 に ついては 課 税 証 明 書 等 を 発 行 した 市 町 村 に お 問 合 せください なお その 他 欄 は 一 般 と 記 載 されていることがあります Q17. 生 徒 本 人 保 護 者 の 責 によって 減 額 となる 税 額 更 正 があったことにより 過 年 度 の 要 件 を 満 たすこととなった 場 合 は 授 業 料 支 援 補 助 金 は 遡 って 給 付 できるか A17. 減 額 となる 税 額 更 正 の 原 因 が 生 徒 本 人 保 護 者 の 責 による 場 合 は 過 年 度 に 遡 って 給 付 はできません なお 過 年 度 の 授 業 料 支 援 補 助 金 を 交 付 されている 方 で 増 額 となる 税 額 更 正 により 対 象 にならなくなった 場 合 は 生 徒 本 人 保 護 者 の 責 の 有 無 に 関 係 なく 当 該 過 年 度 の 授 業 料 支 援 補 助 金 を 返 還 していただくことになります < 手 続 き 方 法 > 返 還 となる 事 案 が 発 生 した 場 合 は 私 学 大 学 課 あてご 連 絡 をお 願 いします Q18. 生 徒 本 人 保 護 者 の 責 に 帰 さない 理 由 によって 減 額 となる 税 額 更 正 があったことにより 過 年 度 の 要 件 を 満 たすこととなった 場 合 は 授 業 料 支 援 補 助 金 は 遡 って 給 付 できるか A18. 減 額 となる 税 額 更 正 の 原 因 が 生 徒 本 人 保 護 者 の 責 によらない 場 合 保 護 者 が 税 額 更 正 通 知 書 を 受 け 取 った 日 から15 日 以 内 に 授 業 料 支 援 申 請 書 を 学 校 へ 提 出 した 場 合 には 遡 って 給 付 ができます < 生 徒 本 人 保 護 者 の 責 によらない 場 合 > 市 町 村 が 保 護 者 の 市 町 村 民 税 所 得 割 額 を 誤 って 過 大 に 課 税 した 場 合 保 護 者 が 正 しく 年 末 調 整 を 行 ったにもかかわらず 勤 務 先 の 責 により 市 町 村 民 税 所 得 割 額 が 誤 って 過 大 に 課 税 された 場 合 < 手 続 き 方 法 > 授 業 料 支 援 申 請 書 に 税 額 更 正 通 知 書 の 写 しおよび 市 町 村 または 勤 務 先 からの 理 由 書 を 提 出 させてください 15

16 2. 課 税 証 明 書 等 の 扶 養 親 族 その 他 の 欄 に 含 まれる 者 のうち 16 歳 以 上 19 歳 未 満 ( 平 成 24 年 度 課 税 分 は 生 年 月 日 が 平 成 5 年 1 月 2 日 から 平 成 8 年 1 月 1 日 平 成 25 年 度 課 税 分 は 生 年 月 日 が 平 成 6 年 1 月 2 日 から 平 成 9 年 1 月 1 日 )の 扶 養 親 族 の 数 を 健 康 保 険 証 の 写 しの 生 年 月 日 により 確 認 する 健 康 保 険 証 の 写 しに 代 わる 書 類 母 子 手 帳 住 民 票 の 写 し 等 確 定 申 告 書 ( 控 ) Q19. 平 成 24 年 中 に 死 亡 した16 歳 以 上 19 歳 未 満 の 扶 養 親 族 がいる 場 合 平 成 25 年 度 の 課 税 額 で 判 定 する 際 に 扶 養 子 ども 数 としてカウントできるか A19. 平 成 24 年 中 (4 月 ~6 月 分 については 平 成 23 年 中 )に 死 亡 した 扶 養 親 族 がいる 場 合 課 税 証 明 書 等 には 扶 養 親 族 として 人 数 が 記 載 されますが 死 亡 した 者 の 健 康 保 険 証 は 返 還 されてしまうため この 場 合 母 子 手 帳 の 写 しのほか 死 亡 した 者 が 含 まれる 住 民 票 の 写 し 等 で 代 替 し 生 年 月 日 を 確 認 してください 3. 市 町 村 民 税 所 得 割 額 と 扶 養 子 ども 数 から 早 見 表 でランクを 確 認 する 16

17 (4) 特 例 措 置 について 24 文 科 初 第 496 号 平 成 24 年 7 月 23 日 付 け 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 加 算 基 準 変 更 に 伴 う 対 応 等 につい て( 依 頼 ) において 国 は 加 算 基 準 の 変 更 に 伴 う 混 乱 を 回 避 し 新 基 準 を 円 滑 に 実 施 する 観 点 から 1 年 間 に 限 り 保 護 者 等 の 市 町 村 民 税 所 得 割 額 の 合 算 が51,300 円 未 満 であって 新 基 準 に 該 当 しない 者 について 高 校 生 修 学 支 援 基 金 を 活 用 した 特 例 措 置 を 設 けることとしました なお この 特 例 措 置 は 就 学 支 援 金 の 加 算 基 準 変 更 に 伴 う 混 乱 を 避 け 新 制 度 を 円 滑 に 実 施 する 観 点 から 設 けられたものであるため このような 混 乱 が 生 じないと 考 えられる 加 算 基 準 変 更 後 の 入 学 生 については 対 象 外 となります 1. 補 助 の 方 法 特 例 措 置 対 象 者 に 対 し 大 阪 府 授 業 料 支 援 補 助 金 の 特 例 措 置 として 1 年 間 ( 平 成 24 年 7 月 ~ 平 成 25 年 6 月 )に 限 り 加 算 支 給 に 相 当 する 額 を 給 付 します この 特 例 措 置 は 大 阪 府 授 業 料 支 援 補 助 金 として 学 校 に 交 付 するため 大 阪 府 授 業 料 支 援 補 助 金 の 変 更 交 付 申 請 書 に 特 例 措 置 のページを 挿 入 しますので 国 就 学 支 援 金 とは 区 別 し 大 阪 府 授 業 料 支 援 補 助 金 の 交 付 申 請 で 該 当 する 金 額 を 申 請 してださい 2. 対 象 者 府 外 在 住 の 生 徒 ( 大 阪 府 私 立 高 等 学 校 等 授 業 料 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 24 年 8 月 17 日 改 正 附 則 第 2 項 ) 就 学 支 援 推 進 校 以 外 の 学 校 に 在 学 する 生 徒 ( 同 第 2 項 ) 通 信 制 高 校 の3 年 次 生 ( 同 第 3 項 ) 基 準 日 (10 月 1 日 )の 前 日 以 前 に 転 退 学 した 府 内 在 住 の 生 徒 ( 同 第 4 項 ) 基 準 日 の 翌 日 以 降 に 転 入 した 府 内 在 住 の 生 徒 ( 同 第 4 項 ) 3. 補 助 金 額 全 日 制 課 程 専 修 学 校 高 等 課 程 (Fランク) 19 歳 未 満 の 扶 養 親 族 数 年 収 めやす 3,500,000 円 未 満 ~18 歳 ~15 歳 平 成 24 年 度 の 所 得 割 額 補 助 限 度 額 ( 月 額 ) 0 人 0 人 0 人 18,900 円 ~51,200 円 1 人 1 人 0 人 30,000 円 ~51,200 円 0 人 1 人 40,200 円 ~51,200 円 4,950 円 2 人 2 人 0 人 41,100 円 ~51,200 円 通 信 制 課 程 (Fランク) 19 歳 未 満 の 扶 養 親 族 数 年 収 めやす 3,500,000 円 未 満 ~18 歳 ~15 歳 平 成 24 年 度 の 所 得 割 額 補 助 限 度 額 (1 単 位 あたり) 0 人 0 人 0 人 18,900 円 ~51,200 円 1 人 1 人 0 人 30,000 円 ~51,200 円 0 人 1 人 40,200 円 ~51,200 円 2,406 円 2 人 2 人 0 人 41,100 円 ~51,200 円 4. 生 徒 に 提 出 させる 申 請 書 様 式 国 就 学 支 援 金 の 加 算 支 給 に 関 する 届 出 書 を 提 出 させてください 17

18 5. 特 例 措 置 の 会 計 処 理 方 法 特 例 措 置 は 従 来 の 授 業 料 支 援 補 助 金 と 同 じく 学 校 の 授 業 料 減 免 事 業 に 対 して 府 が 補 助 金 を 交 付 するも のです したがって 会 計 処 理 方 法 も 従 来 の 授 業 料 支 援 補 助 金 と 同 じく 府 からの 補 助 金 収 入 として 処 理 し てください 6. 注 意 府 内 在 住 者 ( 授 業 料 無 償 化 対 象 者 )は これまでどおり 授 業 料 支 援 補 助 金 の 交 付 により 無 償 となります 早 見 表 等 でC1ランクとC2ランクを 区 別 しているのは 今 後 国 へ 財 源 要 求 を 行 う 際 の 資 料 として 必 要 になるた めであり 授 業 料 無 償 化 対 象 者 については C1とC2に 事 務 処 理 上 の 差 はありません Q20. 加 算 基 準 変 更 後 に 編 入 学 した 生 徒 は 特 例 措 置 の 対 象 とならないとしているが 具 体 的 には いつから 対 象 外 となるのか A20. 加 算 基 準 変 更 の 法 令 改 正 が 平 成 24 年 7 月 25 日 に 行 われましたので 平 成 24 年 8 月 以 降 の 編 入 学 等 については 特 例 措 置 の 対 象 となりません ただし 転 学 の 場 合 は 学 籍 の 継 続 性 があるため 前 籍 校 で 特 例 措 置 を 受 けていれば 引 き 続 き 特 例 措 置 の 対 象 となり ます Q21. 基 準 日 (10 月 1 日 )の 前 日 以 前 に 転 退 学 した 府 内 在 住 の 生 徒 や 基 準 日 (10 月 1 日 )の 翌 日 以 降 に 転 入 してきた 府 内 在 住 の 生 徒 が 特 例 措 置 の 対 象 となるのはなぜか Q21. 基 準 日 の 前 日 以 前 に 転 退 学 したり 基 準 日 の 翌 日 以 降 に 転 入 してきた 者 は 府 内 在 住 の 生 徒 であっても 通 常 授 業 料 支 援 補 助 金 の 対 象 とはなりませんが 国 就 学 支 援 金 の 加 算 支 給 に 該 当 する 額 を 授 業 料 支 援 補 助 金 の 特 例 措 置 として 交 付 するものです この 場 合 あくまで 特 例 措 置 のみを 対 象 として 国 就 学 支 援 金 の 加 算 支 給 に 該 当 する 額 が 交 付 されるものであり 授 業 料 支 援 補 助 金 が 全 額 交 付 されて 授 業 料 が 無 償 となるわけ ではありません 18

19 (5) 年 度 途 中 の 事 情 変 更 年 度 途 中 において 以 下 の 事 柄 が 発 生 した 場 合 は 年 度 途 中 であっても 補 助 額 が 変 更 されることがあるため 事 情 変 更 の 申 し 立 てを 行 わせるとともに 必 要 書 類 を 提 出 させてください 書 類 の 提 出 については 別 添 の 事 情 変 更 の 申 立 書 を 参 考 にしてください 1 大 阪 府 外 に 転 出 した 場 合 大 阪 府 内 に 居 住 している 方 が 大 阪 府 外 に 転 居 した 場 合 府 内 から 府 内 へ 転 居 した 場 合 は 事 情 変 更 の 申 し 立 ての 必 要 はありません 2 保 護 者 ( 親 権 者 )が 変 更 される 場 合 離 婚 等 により 父 母 のどちらか 一 方 のみが 親 権 者 となった 場 合 養 子 縁 組 ( 再 婚 に 伴 う 養 子 縁 組 も 含 む)により 親 権 者 に 変 更 があった 場 合 未 成 年 後 見 人 が 決 定 された 場 合 等 3 所 得 要 件 が 変 更 となった 場 合 年 度 途 中 で 生 活 保 護 法 に 基 づく 保 護 ( 生 活 扶 助 )を 受 けることになった 場 合 生 活 保 護 法 に 基 づく 保 護 ( 生 活 扶 助 )が 停 止 された 場 合 収 入 の 修 正 申 告 や 税 額 の 更 正 決 定 により 市 町 村 民 税 所 得 割 額 が 変 更 となった 場 合 等 (6) 補 助 金 の 交 付 申 請 変 更 交 付 申 請 補 助 金 の 変 更 交 付 申 請 書 は 生 徒 の 異 動 状 況 を 踏 まえて 府 が 指 定 する 期 日 ( 平 成 25 年 10 月 11 日 を 予 定 )ま でに 私 学 大 学 課 まで 提 出 してください 府 が 指 定 する 期 日 を 越 えて 変 更 交 付 申 請 をすることはできません また 府 が 指 定 する 期 日 を 越 えて 保 護 者 からの 申 請 書 を 受 理 した 場 合 補 助 金 の 交 付 を 受 けられませんので やむを 得 ない 事 由 により 期 日 までに 保 護 者 が 申 請 書 を 提 出 しない 場 合 は 私 学 大 学 課 まで 連 絡 してください (7) 授 業 料 支 援 事 業 の 実 施 就 学 支 援 推 進 校 は 補 助 金 の 交 付 を 受 けたときは 速 やかに 授 業 料 の 還 付 または 徴 収 する 授 業 料 との 相 殺 等 の 方 法 により 申 請 者 に 対 し 授 業 料 支 援 事 業 を 実 施 してください また 申 請 者 に 対 し 支 援 額 を 授 業 料 支 援 決 定 通 知 書 ( 様 式 第 7 号 )にて 通 知 するとともに 補 助 事 業 が 完 了 し たときは 次 の(8)により 実 績 報 告 書 を 提 出 してください (8) 実 績 報 告 書 の 提 出 補 助 事 業 の 完 了 後 30 日 以 内 又 は 府 が 指 定 する 期 日 ( 別 途 連 絡 )までに 実 績 報 告 書 ( 様 式 第 8 号 )を 府 に 提 出 してください (9) 残 額 の 返 納 府 は 実 績 報 告 書 ( 様 式 第 8 号 )に 基 づき 補 助 金 の 額 を 確 定 し 学 校 法 人 あてに 確 定 通 知 書 を 送 付 します 確 定 額 が 交 付 決 定 額 を 下 回 る 場 合 には 返 納 通 知 も 併 せて 送 付 しますので 必 ず 期 限 までに 残 額 を 返 納 し 併 せて 領 収 証 書 の 写 しを 府 に 送 付 してください (りそな 銀 行 以 外 の 銀 行 から 振 り 込 む 場 合 は 府 が 指 定 する 期 限 の2~3 日 前 に 納 付 してください ) (10) 補 助 事 業 者 の 義 務 補 助 事 業 者 ( 学 校 法 人 等 )は 授 業 料 支 援 事 業 を 実 施 することにより 知 り 得 た 個 人 情 報 の 保 護 の 重 要 性 を 認 識 し 個 人 情 報 の 取 扱 いに 当 たっては 個 人 の 権 利 利 益 を 侵 害 することのないよう 十 分 な 措 置 を 講 じ るなど 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 府 の 施 策 に 協 力 する 責 務 があります (11) 授 業 料 減 免 補 助 金 との 併 給 大 阪 府 私 立 高 等 学 校 等 授 業 料 減 免 補 助 金 と 併 せて 受 けることはできません 授 業 料 支 援 補 助 金 と 授 業 料 減 免 補 助 金 を 比 較 し 金 額 の 多 い 制 度 のみを 適 用 してください ( 授 業 料 減 免 補 助 金 を 選 択 した 場 合 授 業 料 支 援 補 助 金 の 申 請 は 変 更 交 付 申 請 や 実 績 報 告 で 減 額 してください ) 19

20 (12) 経 過 措 置 期 間 の 終 了 平 成 22 年 3 月 31 日 以 前 に 既 に 在 学 している 者 であっても 満 20 歳 に 達 した 日 の 属 する 年 度 までは 経 過 措 置 として 授 業 料 支 援 補 助 金 を 交 付 してきました 平 成 25 年 度 以 降 は 該 当 する 生 徒 がいなくなることから 経 過 措 置 は 終 了 となります (13) 在 学 期 間 が3 年 を 超 える 生 徒 に 対 する 授 業 料 支 援 休 学 に 伴 い 就 学 支 援 金 を 支 給 停 止 していたことにより 在 学 期 間 が4 年 目 を 迎 える 年 度 の4 月 末 から9 月 末 までに 就 学 支 援 金 の 支 給 期 間 (36 月 )が 満 了 する 生 徒 については 9 月 末 までにおいて 就 学 支 援 金 が 支 給 され る 期 間 については 授 業 料 支 援 補 助 金 の 交 付 対 象 となります 20

21 4. 授 業 料 支 援 補 助 金 の 算 定 について (1) 標 準 授 業 料 (58 万 円 ) 以 下 の 授 業 料 等 を 学 則 に 定 めている 学 校 の 場 合 事 例 1 市 町 村 民 税 所 得 割 額 (C) 市 町 村 民 税 所 得 割 額 平 成 24 年 度 C 平 成 25 年 度 C 授 業 料 等 授 業 料 ( 年 額 )500,000 円 施 設 整 備 費 ( 年 額 )30,000 円 学 校 独 自 の 減 免 制 度 の 適 用 無 算 出 プロセス1( 授 業 料 支 援 補 助 金 の 補 助 対 象 と 学 校 負 担 額 の 算 定 ) 授 業 料 施 設 整 備 費 計 減 免 制 度 減 免 後 の 授 業 料 (A) (B) (A+B=C) (D) (C-D=E) C(12/12) 500,000 円 30,000 円 530,000 円 0 円 530,000 円 補 助 対 象 (G) 減 免 後 の 授 業 料 標 準 授 業 料 学 校 負 担 額 E F F (E) (F) (E-F) E<F E C(12/12) 530,000 円 580,000 円 530,000 円 0 円 算 出 プロセス2( 補 助 金 額 の 算 定 ) H24 所 得 割 (4-6 月 ) H25 所 得 割 (7-3 月 ) 補 助 対 象 ( 授 業 料 の 額 ) (G) 就 学 支 援 金 (H) 保 護 者 負 担 額 (I) 補 助 金 額 (G)-(H)-(I) C(12/12) 530,000 円 118,800 円 0 円 411,200 円 学 校 の 補 助 申 請 額 21

22 事 例 2 市 町 村 民 税 所 得 割 額 ( 対 象 外 D) 市 町 村 民 税 所 得 割 額 平 成 24 年 度 対 象 外 平 成 25 年 度 D 授 業 料 等 授 業 料 ( 年 額 )480,000 円 施 設 整 備 費 ( 年 額 )30,000 円 学 校 独 自 の 減 免 制 度 の 適 用 無 算 出 プロセス1( 授 業 料 支 援 補 助 金 の 補 助 対 象 と 学 校 負 担 額 の 算 定 ) 授 業 料 施 設 整 備 費 計 減 免 制 度 減 免 後 の 授 業 料 (A) (B) (A+B=C) (D) (C-D=E) 対 象 外 (3/12) 120,000 円 7,500 円 127,500 円 0 円 127,500 円 D(9/12) 360,000 円 22,500 円 382,500 円 0 円 382,500 円 合 計 480,000 円 30,000 円 510,000 円 0 円 510,000 円 補 助 対 象 (G) 減 免 後 の 授 業 料 標 準 授 業 料 学 校 負 担 額 E F F (E) (F) (E-F) E<F E 対 象 外 (3/12) 127,500 円 145,000 円 127,500 円 0 円 D(9/12) 382,500 円 435,000 円 382,500 円 0 円 合 計 510,000 円 580,000 円 510,000 円 0 円 対 象 外 の 保 護 者 負 担 は 補 助 対 象 (G)- 就 学 支 援 金 (E)となります 127,500 円 -29,700 円 =97,800 円 算 出 プロセス2( 補 助 金 額 の 算 定 ) H24 所 得 割 (4-6 月 ) H25 所 得 割 (7-3 月 ) 補 助 対 象 ( 授 業 料 の 額 ) (G) 就 学 支 援 金 (H) 保 護 者 負 担 額 (I) 補 助 金 額 (G)-(H)-(I) 対 象 外 (3/12) 127,500 円 29,700 円 97,800 円 0 円 D(9/12) 382,500 円 89,100 円 75,000 円 218,400 円 合 計 510,000 円 118,800 円 172,800 円 218,400 円 学 校 の 補 助 申 請 額 22

23 事 例 3 市 町 村 民 税 所 得 割 額 (C B) 生 徒 が10 月 15 日 付 けで 退 学 市 町 村 民 税 所 得 割 額 平 成 24 年 度 C 平 成 25 年 度 B 授 業 料 等 授 業 料 ( 年 額 )520,000 円 学 校 独 自 の 減 免 制 度 無 算 出 プロセス1( 授 業 料 支 援 補 助 金 の 補 助 対 象 と 学 校 負 担 額 の 算 定 ) 授 業 料 施 設 整 備 費 計 減 免 制 度 減 免 後 の 授 業 料 (A) (B) (A+B=C) (D) (C-D=E) C(3/12) 130,000 円 0 円 130,000 円 0 円 130,000 円 B(4/12) 173,333 円 0 円 173,333 円 0 円 173,333 円 合 計 303,333 円 0 円 303,333 円 0 円 303,333 円 補 助 対 象 (G) 減 免 後 の 授 業 料 標 準 授 業 料 学 校 負 担 額 E F F (E) (F) (E-F) E<F E C(3/12) 130,000 円 145,000 円 130,000 円 0 円 B(4/12) 173,333 円 193,333 円 173,333 円 0 円 合 計 303,333 円 338,333 円 303,333 円 0 円 注 : 標 準 授 業 料 は 退 学 の 日 の 属 する 月 までの 月 割 計 算 となります 580,000 円 4/12 月 =193,333 円 ( 円 未 満 切 捨 て) 算 出 プロセス2( 補 助 金 額 の 算 定 ) H24 所 得 割 (4-6 月 ) H25 所 得 割 (7-3 月 ) 補 助 対 象 ( 授 業 料 の 額 ) (G) 就 学 支 援 金 (H) 保 護 者 負 担 額 (I) 補 助 金 額 (G)-(H)-(I) C(3/12) 130,000 円 29,700 円 0 円 100,300 円 B(4/12) 173,333 円 59,400 円 0 円 113,933 円 合 計 303,333 円 89,100 円 0 円 214,233 円 23 学 校 の 補 助 申 請 額

24 事 例 4 市 町 村 民 税 所 得 割 額 (C D) 生 徒 が5 月 15 日 付 けで 他 府 県 から 府 内 に 転 居 市 町 村 民 税 所 得 割 額 平 成 24 年 度 C 平 成 25 年 度 D 授 業 料 等 授 業 料 ( 年 額 )480,000 円 施 設 整 備 費 ( 年 額 )30,000 円 学 校 独 自 の 減 免 制 度 の 適 用 無 算 出 プロセス1( 授 業 料 支 援 補 助 金 の 補 助 対 象 と 学 校 負 担 額 の 算 定 ) 授 業 料 施 設 整 備 費 計 減 免 制 度 減 免 後 の 授 業 料 (A) (B) (A+B=C) (D) (C-D=E) C(1/12) 40,000 円 2,500 円 42,500 円 0 円 42,500 円 D(9/12) 360,000 円 22,500 円 382,500 円 0 円 382,500 円 合 計 400,000 円 25,000 円 425,000 円 0 円 425,000 円 補 助 対 象 (G) 減 免 後 の 授 業 料 標 準 授 業 料 学 校 負 担 額 E F F (E) (F) (E-F) E<F E C(1/12) 42,500 円 48,333 円 42,500 円 0 円 D(9/12) 382,500 円 435,000 円 382,500 円 0 円 合 計 425,000 円 483,333 円 425,000 円 0 円 標 準 授 業 料 は 転 居 した 月 以 降 の 月 割 計 算 となります 580,000 円 1/12 月 =48,333 円 ( 円 未 満 切 捨 て) 算 出 プロセス2( 補 助 金 額 の 算 定 ) H24 所 得 割 (4-6 月 ) H25 所 得 割 (7-3 月 ) 補 助 対 象 ( 授 業 料 の 額 ) (G) 就 学 支 援 金 (H) 保 護 者 負 担 額 (I) 補 助 金 額 (G)-(H)-(I) C(1/12) 42,500 円 9,900 円 0 円 32,600 円 D(9/12) 382,500 円 89,100 円 75,000 円 218,400 円 合 計 425,000 円 99,000 円 75,000 円 251,000 円 学 校 の 補 助 申 請 額 24

25 事 例 5 市 町 村 民 税 所 得 割 額 (A B) 市 町 村 民 税 所 得 割 額 平 成 24 年 度 A 平 成 25 年 度 B 授 業 料 等 授 業 料 ( 年 額 )400,000 円 施 設 整 備 費 ( 年 額 )30,000 円 学 校 独 自 の 減 免 制 度 の 適 用 有 授 業 料 のみ 半 額 免 除 400,000 円 1/2=200,000 円 ( 減 免 額 ) 算 出 プロセス1( 授 業 料 支 援 補 助 金 の 補 助 対 象 と 学 校 負 担 額 の 算 定 ) 授 業 料 (A) 施 設 整 備 費 (B) 計 (A+B=C) 減 免 制 度 (D) 減 免 後 の 授 業 料 (C-D=E) A(3/12) 100,000 円 7,500 円 107,500 円 50,000 円 57,500 円 B(9/12) 300,000 円 22,500 円 322,500 円 150,000 円 172,500 円 合 計 400,000 円 30,000 円 430,000 円 200,000 円 230,000 円 補 助 対 象 (G) 減 免 後 の 授 業 料 標 準 授 業 料 学 校 負 担 額 E F F (E) (F) (E-F) E<F E A(3/12) 57,500 円 145,000 円 57,500 円 0 円 B(9/12) 172,500 円 435,000 円 172,500 円 0 円 合 計 230,000 円 580,000 円 230,000 円 0 円 算 出 プロセス2( 補 助 金 額 の 算 定 ) 施 設 整 備 費 は 国 の 就 学 支 援 金 の 対 象 となり ません 授 業 料 のみが 対 象 となります 200,000 3/12=50,000 H24 所 得 割 (4-6 月 ) H25 所 得 割 (7-3 月 ) 補 助 対 象 ( 授 業 料 の 額 ) (G) 就 学 支 援 金 (H) 保 護 者 負 担 額 (I) 補 助 金 額 (G)-(H)-(I) A(3/12) 57,500 円 50,000 円 0 円 7,500 円 B(9/12) 172,500 円 133,650 円 0 円 38,850 円 合 計 230,000 円 183,650 円 0 円 46,350 円 25 学 校 の 補 助 申 請 額

26 事 例 6 市 町 村 民 税 所 得 割 額 (A B) 市 町 村 民 税 所 得 割 額 平 成 24 年 度 A 平 成 25 年 度 B 授 業 料 等 授 業 料 ( 年 額 )400,000 円 施 設 整 備 費 ( 年 額 )30,000 円 学 校 独 自 の 減 免 制 度 の 適 用 給 付 型 奨 学 金 奨 学 生 ( 特 待 生 ) 授 業 料 及 び 施 設 整 備 費 から 国 就 学 支 援 金 を 除 いた 額 を 現 金 で 給 付 算 出 プロセス1( 授 業 料 支 援 補 助 金 の 補 助 対 象 と 学 校 負 担 額 の 算 定 ) 授 業 料 (A) 施 設 整 備 費 (B) 計 (A+B=C) 減 免 制 度 (D) 減 免 後 の 授 業 料 (C-D=E) A(3/12) 100,000 円 7,500 円 107,500 円 0 円 107,500 円 B(9/12) 300,000 円 22,500 円 322,500 円 0 円 322,500 円 合 計 400,000 円 30,000 円 430,000 円 0 円 430,000 円 学 校 独 自 の 給 付 型 奨 学 金 制 度 に おいて 授 業 料 の 納 入 ( ) 及 び 生 徒 に 対 する 奨 学 金 の 実 際 の 現 金 による 支 払 いが 確 認 できる 場 合 授 業 料 支 援 補 助 金 を 受 給 できます 2 3 年 生 における 授 業 料 支 援 の 早 期 実 施 において 特 待 生 以 外 の 授 業 料 を 年 度 当 初 から 相 殺 している 学 校 については 特 待 生 の 授 業 料 の 納 付 がなくても 奨 学 金 の 実 際 の 支 払 いがあれば 授 業 料 支 援 補 助 金 の 対 象 とします 補 助 対 象 (G) 減 免 後 の 授 業 料 標 準 授 業 料 学 校 負 担 額 E F F (E) (F) (E-F) E<F E A(3/12) 107,500 円 145,000 円 107,500 円 0 円 B(9/12) 322,500 円 435,000 円 322,500 円 0 円 合 計 430,000 円 580,000 円 430,000 円 0 円 算 出 プロセス2( 補 助 金 額 の 算 定 ) H24 所 得 割 (4-6 月 ) H25 所 得 割 (7-3 月 ) 補 助 対 象 ( 授 業 料 の 額 ) (G) 就 学 支 援 金 (H) 保 護 者 負 担 額 (I) 補 助 金 額 (G)-(H)-(I) A(3/12) 107,500 円 59,400 円 0 円 48,100 円 B(9/12) 322,500 円 133,650 円 0 円 188,850 円 合 計 430,000 円 183,650 円 0 円 236,950 円 学 校 の 補 助 申 請 額 26

27 (2) 標 準 授 業 料 (58 万 円 )を 超 える 授 業 料 等 を 学 則 に 定 めている 学 校 の 場 合 事 例 7 市 町 村 民 税 所 得 割 額 (C) 市 町 村 民 税 所 得 割 額 平 成 24 年 度 C 平 成 25 年 度 C 授 業 料 等 授 業 料 ( 年 額 )600,000 円 施 設 整 備 費 ( 年 額 )30,000 円 学 校 独 自 の 減 免 制 度 の 適 用 無 算 出 プロセス1( 授 業 料 支 援 補 助 金 の 補 助 対 象 と 学 校 負 担 額 の 算 定 ) 授 業 料 施 設 整 備 費 計 減 免 制 度 減 免 後 の 授 業 料 (A) (B) (A+B=C) (D) (C-D=E) C(12/12) 600,000 円 30,000 円 630,000 円 0 円 630,000 円 補 助 対 象 (G) 減 免 後 の 授 業 料 標 準 授 業 料 学 校 負 担 額 E F F (E) (F) (E-F) E<F E C(12/12) 630,000 円 580,000 円 580,000 円 50,000 円 算 出 プロセス2( 補 助 金 額 の 算 定 ) H24 所 得 割 (4-6 月 ) H25 所 得 割 (7-3 月 ) 補 助 対 象 ( 授 業 料 の 額 ) (G) 就 学 支 援 金 (H) 保 護 者 負 担 額 (I) 補 助 金 額 (G)-(H)-(I) C(12/12) 580,000 円 118,800 円 0 円 461,200 円 学 校 の 補 助 申 請 額 27

28 事 例 8 市 町 村 民 税 所 得 割 額 ( 対 象 外 D) 市 町 村 民 税 所 得 割 額 平 成 24 年 度 対 象 外 平 成 25 年 度 D 授 業 料 等 授 業 料 ( 年 額 )580,000 円 施 設 整 備 費 ( 年 額 )30,000 円 学 校 独 自 の 減 免 制 度 の 適 用 無 算 出 プロセス1( 授 業 料 支 援 補 助 金 の 補 助 対 象 と 学 校 負 担 額 の 算 定 ) 授 業 料 施 設 整 備 費 計 減 免 制 度 減 免 後 の 授 業 料 (A) (B) (A+B=C) (D) (C-D=E) 対 象 外 (3/12) 145,000 円 7,500 円 152,500 円 0 円 152,500 円 D(9/12) 435,000 円 22,500 円 457,500 円 0 円 457,500 円 合 計 580,000 円 30,000 円 610,000 円 0 円 610,000 円 補 助 対 象 (G) 減 免 後 の 授 業 料 標 準 授 業 料 学 校 負 担 額 E F F (E) (F) (E-F) E<F E 対 象 外 (3/12) 152,500 円 145,000 円 145,000 円 7,500 円 D(9/12) 457,500 円 435,000 円 435,000 円 22,500 円 合 計 610,000 円 580,000 円 580,000 円 30,000 円 対 象 外 の 保 護 者 負 担 は 補 助 対 象 (G)- 就 学 支 援 金 (E)となります 145,000 円 -29,700 円 =115,300 円 算 出 プロセス2( 補 助 金 額 の 算 定 ) H24 所 得 割 (4-6 月 ) H25 所 得 割 (7-3 月 ) 補 助 対 象 ( 授 業 料 の 額 ) (G) 就 学 支 援 金 (H) 保 護 者 負 担 額 (I) 補 助 金 額 (G)-(H)-(I) 対 象 外 (3/12) 145,000 円 29,700 円 115,300 円 0 円 D(9/12) 435,000 円 89,100 円 75,000 円 270,900 円 合 計 580,000 円 118,800 円 190,300 円 270,900 円 学 校 の 補 助 申 請 額 28

29 事 例 9 市 町 村 民 税 所 得 割 額 (C B) 生 徒 が10 月 15 日 付 けで 退 学 市 町 村 民 税 所 得 割 額 平 成 24 年 度 C 平 成 25 年 度 B 授 業 料 等 授 業 料 ( 年 額 )600,000 円 学 校 独 自 の 減 免 制 度 無 算 出 プロセス1( 授 業 料 支 援 補 助 金 の 補 助 対 象 と 学 校 負 担 額 の 算 定 ) 授 業 料 施 設 整 備 費 計 減 免 制 度 減 免 後 の 授 業 料 (A) (B) (A+B=C) (D) (C-D=E) C(3/12) 150,000 円 0 円 150,000 円 0 円 150,000 円 B(4/12) 200,000 円 0 円 200,000 円 0 円 200,000 円 合 計 350,000 円 0 円 350,000 円 0 円 350,000 円 補 助 対 象 (G) 減 免 後 の 授 業 料 標 準 授 業 料 学 校 負 担 額 E F F (E) (F) (E-F) E<F E C(3/12) 150,000 円 145,000 円 145,000 円 5,000 円 B(4/12) 200,000 円 193,333 円 193,333 円 6,667 円 合 計 350,000 円 338,333 円 338,333 円 11,667 円 注 : 標 準 授 業 料 は 退 学 の 日 の 属 する 月 までの 月 割 計 算 となります 580,000 円 4/12 月 =193,333 円 ( 円 未 満 切 捨 て) 算 出 プロセス2( 補 助 金 額 の 算 定 ) H24 所 得 割 (4-6 月 ) H25 所 得 割 (7-3 月 ) 補 助 対 象 ( 授 業 料 の 額 ) (G) 就 学 支 援 金 (H) 保 護 者 負 担 額 (I) 補 助 金 額 (G)-(H)-(I) C(3/12) 145,000 円 29,700 円 0 円 115,300 円 B(4/12) 193,333 円 59,400 円 0 円 133,933 円 合 計 338,333 円 89,100 円 0 円 249,233 円 29 学 校 の 補 助 申 請 額

30 事 例 10 市 町 村 民 税 所 得 割 額 (C D) 生 徒 が5 月 15 日 付 けで 他 府 県 から 府 内 に 転 居 市 町 村 民 税 所 得 割 額 平 成 24 年 度 C 平 成 25 年 度 D 授 業 料 等 授 業 料 ( 年 額 )600,000 円 施 設 整 備 費 ( 年 額 )40,000 円 学 校 独 自 の 減 免 制 度 の 適 用 無 算 出 プロセス1( 授 業 料 支 援 補 助 金 の 補 助 対 象 と 学 校 負 担 額 の 算 定 ) 授 業 料 施 設 整 備 費 計 減 免 制 度 減 免 後 の 授 業 料 (A) (B) (A+B=C) (D) (C-D=E) C(1/12) 50,000 円 3,333 円 53,333 円 0 円 53,333 円 D(9/12) 450,000 円 30,000 円 480,000 円 0 円 480,000 円 合 計 500,000 円 33,333 円 533,333 円 0 円 533,333 円 補 助 対 象 (G) 減 免 後 の 授 業 料 標 準 授 業 料 学 校 負 担 額 E F F (E) (F) (E-F) E<F E C(1/12) 53,333 円 48,333 円 48,333 円 5,000 円 D(9/12) 480,000 円 435,000 円 435,000 円 45,000 円 合 計 533,333 円 483,333 円 483,333 円 50,000 円 標 準 授 業 料 は 転 居 した 月 以 降 の 月 割 計 算 となります 580,000 円 1/12 月 =48,333 円 ( 円 未 満 切 捨 て) 算 出 プロセス2( 補 助 金 額 の 算 定 ) H24 所 得 割 (4-6 月 ) H25 所 得 割 (7-3 月 ) 補 助 対 象 ( 授 業 料 の 額 ) (G) 就 学 支 援 金 (H) 保 護 者 負 担 額 (I) 補 助 金 額 (G)-(H)-(I) C(1/12) 48,333 円 9,900 円 0 円 38,433 円 D(9/12) 435,000 円 89,100 円 75,000 円 270,900 円 合 計 483,333 円 99,000 円 75,000 円 309,333 円 学 校 の 補 助 申 請 額 30

31 事 例 11 市 町 村 民 税 所 得 割 額 (A B) 市 町 村 民 税 所 得 割 額 平 成 24 年 度 A 平 成 25 年 度 B 授 業 料 等 授 業 料 ( 年 額 )550,000 円 施 設 整 備 費 ( 年 額 )80,000 円 学 校 独 自 の 減 免 制 度 の 適 用 有 授 業 料 のみ 半 額 免 除 550,000 円 1/2=275,000 円 ( 減 免 額 ) 算 出 プロセス1( 授 業 料 支 援 補 助 金 の 補 助 対 象 と 学 校 負 担 額 の 算 定 ) 授 業 料 (A) 施 設 整 備 費 (B) 計 (A+B=C) 減 免 制 度 (D) 減 免 後 の 授 業 料 (C-D=E) A(3/12) 137,500 円 20,000 円 157,500 円 68,750 円 88,750 円 B(9/12) 412,500 円 60,000 円 472,500 円 206,250 円 266,250 円 合 計 550,000 円 80,000 円 630,000 円 275,000 円 355,000 円 補 助 対 象 (G) 減 免 後 の 授 業 料 標 準 授 業 料 学 校 負 担 額 E F F (E) (F) (E-F) E<F E A(3/12) 88,750 円 145,000 円 88,750 円 0 円 B(9/12) 266,250 円 435,000 円 266,250 円 0 円 合 計 355,000 円 580,000 円 355,000 円 0 円 算 出 プロセス2( 補 助 金 額 の 算 定 ) H24 所 得 割 (4-6 月 ) H25 所 得 割 (7-3 月 ) 補 助 対 象 ( 授 業 料 の 額 ) (G) 就 学 支 援 金 (H) 保 護 者 負 担 額 (I) 補 助 金 額 (G)-(H)-(I) A(3/12) 88,750 円 59,400 円 0 円 29,350 円 B(9/12) 266,250 円 133,650 円 0 円 132,600 円 合 計 355,000 円 193,050 円 0 円 161,950 円 31 学 校 の 補 助 申 請 額

32 事 例 12 市 町 村 民 税 所 得 割 額 (A B) 市 町 村 民 税 所 得 割 額 平 成 24 年 度 A 平 成 25 年 度 B 授 業 料 等 授 業 料 ( 年 額 )600,000 円 施 設 整 備 費 ( 年 額 )30,000 円 学 校 独 自 の 減 免 制 度 の 適 用 給 付 型 奨 学 金 奨 学 生 ( 特 待 生 ) 授 業 料 及 び 施 設 整 備 費 から 国 就 学 支 援 金 を 除 いた 額 を 現 金 で 給 付 算 出 プロセス1( 授 業 料 支 援 補 助 金 の 補 助 対 象 と 学 校 負 担 額 の 算 定 ) 授 業 料 (A) 施 設 整 備 費 (B) 計 (A+B=C) 減 免 制 度 (D) 減 免 後 の 授 業 料 (C-D=E) A(3/12) 150,000 円 7,500 円 157,500 円 0 円 157,500 円 B(9/12) 450,000 円 22,500 円 472,500 円 0 円 472,500 円 合 計 600,000 円 30,000 円 630,000 円 0 円 630,000 円 学 校 独 自 の 給 付 型 奨 学 金 制 度 にお いて 授 業 料 の 納 入 ( ) 及 び 生 徒 に 対 する 奨 学 金 の 実 際 の 現 金 によ る 支 払 いが 確 認 できる 場 合 授 業 料 支 援 補 助 金 を 受 給 できます 2 3 年 生 における 授 業 料 支 援 の 早 期 実 施 において 特 待 生 以 外 の 授 業 料 を 年 度 当 初 から 相 殺 している 学 校 については 特 待 生 の 授 業 料 の 納 付 がなくても 奨 学 金 の 実 際 の 支 払 いがあれば 授 業 料 支 援 補 助 金 の 対 象 とします 補 助 対 象 (G) 減 免 後 の 授 業 料 標 準 授 業 料 学 校 負 担 額 E F F (E) (F) (E-F) E<F E A(3/12) 157,500 円 145,000 円 145,000 円 12,500 円 B(9/12) 472,500 円 435,000 円 435,000 円 37,500 円 合 計 630,000 円 580,000 円 580,000 円 50,000 円 算 出 プロセス2( 補 助 金 額 の 算 定 ) H24 所 得 割 (4-6 月 ) H25 所 得 割 (7-3 月 ) 補 助 対 象 ( 授 業 料 の 額 ) (G) 就 学 支 援 金 (H) 保 護 者 負 担 額 (I) 補 助 金 額 (G)-(H)-(I) A(3/12) 145,000 円 59,400 円 0 円 85,600 円 B(9/12) 435,000 円 133,650 円 0 円 301,350 円 合 計 580,000 円 193,650 円 0 円 386,950 円 学 校 の 補 助 申 請 額 32

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

無年金外国人高齢者福祉手当要綱

無年金外国人高齢者福祉手当要綱 東 浦 町 無 年 金 外 国 人 住 民 高 齢 者 福 祉 手 当 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 う 改 正 後 の 年 金 制 度 において 国 民 年 金 の 受 給 資 格 を 有 しない 在 日 の 外 国 人 住 民 高 齢 者

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63> ( 第 6 回 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する 検 討 会 川 渕 委 員 配 布 資 料 ) 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 1 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 < 高 額 介 護 合 算 療 養 費 関 連 > ( 問 1) 高 額 介 護 合 算 療 養 費 は 医 療 保 険 に 係 る

More information

Microsoft Word - 18 疑義照会回答(年金給付)これ(17)に組込予定(エクセル原稿のワード版) - 黒田作業中 -

Microsoft Word - 18  疑義照会回答(年金給付)これ(17)に組込予定(エクセル原稿のワード版) - 黒田作業中 - 疑 義 照 会 ( 年 金 給 付 ) 1. 老 齢 給 付 年 金 P1 1~30 2. 障 害 基 礎 年 金 P14 1~15 3. 障 害 給 付 年 金 ( 障 害 厚 生 ) P21 1~7 4. 遺 族 基 礎 年 金 P24 1~4 5. 遺 族 給 付 年 金 ( 遺 族 厚 生 遺 族 基 礎 ) P26 1~10 6. 老 齢 年 金 ( 旧 )( 厚 生 年 金 ) P31

More information

65 歳 以 上 の 介 護 保 険 料 が 健 康 保 険 に 含 まれていた 時 より 高 額 になったと 思 うのですが 40 歳 から64 歳 までの 健 康 保 険 に 含 まれる 介 護 保 険 分 は 会 社 での 健 康 保 険 のルールに 基 づき 会 社 での 月 額 報 酬 等

65 歳 以 上 の 介 護 保 険 料 が 健 康 保 険 に 含 まれていた 時 より 高 額 になったと 思 うのですが 40 歳 から64 歳 までの 健 康 保 険 に 含 まれる 介 護 保 険 分 は 会 社 での 健 康 保 険 のルールに 基 づき 会 社 での 月 額 報 酬 等 介 護 保 険 に 関 するQ&A 65 歳 になられる 方 65 歳 になったら 保 険 料 の 通 知 が 来 るのはなぜですか 介 護 保 険 料 は40 歳 から64 歳 までの 方 ( 第 2 号 被 保 険 者 )については 健 康 ( 医 療 ) 保 険 料 の 中 に 含 めて ご 加 入 の 健 康 ( 医 療 ) 保 険 組 合 のルールに 基 づいて 支 払 うことになっています

More information

組合員・会員資格の得喪等について

組合員・会員資格の得喪等について 欠 勤 休 業 等 で 給 与 が 減 額 又 は 無 給 になったとき 共 済 1 傷 病 手 当 金 傷 病 手 当 金 附 加 金 組 合 員 が 公 務 によらない 病 気 やけがによる 療 養 のため 引 き 続 き 勤 務 ができない 場 合 で その 期 間 内 に 給 与 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないとき その 間 の 経 済 的 損 失 を 補 てんし 生 活

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

平 成 26 年 度 熊 本 県 育 英 資 金 育 英 奨 学 生 募 集 のしおり ( 修 学 貸 与 ) 高 等 学 校 中 等 教 育 学 校 ( 後 期 課 程 ) 高 等 専 門 学 校 専 修 学 校 ので 期 限 どおりに 返 還 していただく 必 要 が あ り ま す!! 育 英 資 金 の 返 還 金 は 後 輩 の 将 来 の 奨 学 金 として 再 び 活 用 されてい ます!!

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

                                       

                                        定 年 退 職 者 の 退 職 共 済 年 金 のしおり 地 方 職 員 共 済 組 合 大 阪 府 支 部 福 利 厚 生 グループ( 年 金 担 当 ) 目 次 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 1 受 給 資 格 と 支 給 開 始 年 齢 1 2 厚 生 年 金 保 険 又 は 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 の 年 金 の 請 求 3 3 老 齢 基 礎 年

More information

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 沖 縄 県 職 員 のための 子 育 てハンドブック 22 年 3 月 総 務 部 人 事 課 1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 中

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

Microsoft Word - 8-2疑義照会回答(厚生年金保険 適用)決裁・更新用  修正板

Microsoft Word - 8-2疑義照会回答(厚生年金保険 適用)決裁・更新用  修正板 疑 義 照 会 ( ) その 他 3 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 資 格 取 得 日 に 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 の 資 格 取 得 日 に 申 請 日 の 受 理 日 より 以 前 の 日 に 遡 及 することの 可 否 をご 教 示 願 います 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 の 資 格 取 得 日 には 厚 生 年 金 保 険 法 第 10 条 第 1 項

More information

筑 波 大 学 平 成 28 年 度 第 1 期 ( 春 学 期 ) 授 業 料 免 除 申 請 のしおり 留 学 生 以 外 用 ~ 新 入 生 版 ~ 申 請 期 間 平 成 28 年 度 新 入 生 平 成 28 年 4 月 7 日 ( 木 )~ 平 成 28 年 4 月 18 日 ( 月 )( 厳 守 ) 4 月 13 日 ( 水 )までに 対 応 支 援 室 にて 申 請 書 類 の 確

More information

§5 被扶養者の認定及び取消し

§5 被扶養者の認定及び取消し 7 被 扶 養 者 の 認 定 及 び 取 消 し( 法 第 2 条 第 1 項 第 2 号, 施 行 令 第 条, 運 用 方 針 第 2 条 関 係, 法 第 55 条, 施 行 規 程 第 94 条 ) 共 済 組 合 の 被 扶 養 者 主 として 組 合 員 の 収 入 により 生 計 を 維 持 し, 組 合 員 と 一 定 の 身 分 関 係 にある 人 は, 被 扶 養 者 とし て

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

001平成28年度後期授業料免除について

001平成28年度後期授業料免除について 平 成 28 年 度 後 期 授 業 料 免 除 について * 授 業 料 免 除 申 請 と 同 時 に 受 付 ける 東 日 本 大 震 災 被 災 者 の 方 向 けの 支 援 制 度 ( 在 学 生 のみ)もあります * 授 業 料 免 除 授 業 料 徴 収 猶 予 入 学 料 免 除 入 学 料 徴 収 猶 予 及 び 東 日 本 大 震 災 被 災 者 の 方 向 けの 支 援 制 度

More information

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい 公 定 価 格 に 関 す る F A Q ( よ く あ る 質 問 ) Ver.9( 平 成 27 年 6 月 17 日 時 点 版 ) このFAQは 仮 単 価 を 基 に 年 間 の 運 営 費 額 を 定 する 際 の 参 考 となるよう 現 行 の 幼 稚 園 保 育 所 等 における 取 り 扱 いを 基 に 作 成 したもので あり 今 後 詳 細 を 検 討 していく 過 程 で

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 施 設 支 援 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き( 改 訂 案 ) 平 成 23 年 10 月 版 Ver.6 留 意 点 10 月 1 日 からの 施 行 を 予 定 している 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 関 係 の 改 正 箇 所 は 赤 字 下 線 今 後 の 政 省 令 等 の 改 正 作 業 等 により 内 容 の 変 更 がありうる

More information

子 ども 子 育 て 新 制 度 について 子 ども 子 育 て 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まります 新 制 度 のスタートに 伴 い 教 育 保 育 施 設 を 利 用 する 際 には 支 給 認 定 を 受 ける 必 要 があ ります 保 育 所 への 入 所 を 希

子 ども 子 育 て 新 制 度 について 子 ども 子 育 て 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まります 新 制 度 のスタートに 伴 い 教 育 保 育 施 設 を 利 用 する 際 には 支 給 認 定 を 受 ける 必 要 があ ります 保 育 所 への 入 所 を 希 平 成 27 年 度 入 所 用 生 駒 市 保 育 所 入 所 案 内 保 育 所 ( 保 育 園 )とは 保 育 所 ( 保 育 園 )は 保 護 者 が 働 いたり 病 気 の 状 態 にあったりして 家 庭 において 十 分 保 育 することができない 児 童 を 保 護 者 にかわって 保 育 することを 目 的 とした 児 童 福 祉 施 設 です 保 護 者 が 希 望 する 保 育

More information

(2) 家 庭 調 書 ( 第 2 号 様 式 ) 5ページの 家 庭 調 書 の 記 入 について を 参 照 してください (3) 世 帯 全 員 の 住 民 票 別 居 同 居 を 問 わず 生 計 を 一 つにする 家 族 について, 市 役 所 等 で 発 行 する申 請 者 本 人 を

(2) 家 庭 調 書 ( 第 2 号 様 式 ) 5ページの 家 庭 調 書 の 記 入 について を 参 照 してください (3) 世 帯 全 員 の 住 民 票 別 居 同 居 を 問 わず 生 計 を 一 つにする 家 族 について, 市 役 所 等 で 発 行 する申 請 者 本 人 を 平 成 27 度 授 業 料 免 除 授 業 料 徴 収 猶 予 申 請 要 領 1. 提 出 書 類 平 成 27 度 免 除 ( 猶 予 ) 申 請 書 類 確 認 票 の1~25 項 目 中 の1~6 項 目 は 必 ず 提 出 し,7~25 項 目 は 該 当 する 全 ての 書 類 を 提 出 してください 2. 提 出 期 限 授 業 料 免 除, 授 業 料 徴 収 猶 予 申 請 の

More information

Microsoft Word - 01 表紙

Microsoft Word - 01 表紙 高 校 生 等 に 対 する 修 学 支 援 制 度 ガイドブック 平 成 27 年 12 月 兵 庫 県 教 育 委 員 会 事 務 局 高 校 教 育 課 目 次 ページ はじめに 1 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 2 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 6 兵 庫 県 内 の 各 市 町 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 25 兵 庫

More information

授 業 料 免 除 制 度 について 愛 知 県 立 大 学 愛 知 県 立 芸 術 大 学 では 経 済 的 困 窮 災 害 その 他 特 別 な 理 由 により 授 業 料 の 納 付 が 困 難 な 学 生 に 対 し 授 業 料 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 する 制 度 がありま

授 業 料 免 除 制 度 について 愛 知 県 立 大 学 愛 知 県 立 芸 術 大 学 では 経 済 的 困 窮 災 害 その 他 特 別 な 理 由 により 授 業 料 の 納 付 が 困 難 な 学 生 に 対 し 授 業 料 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 する 制 度 がありま 授 業 料 免 除 制 度 の 改 定 について 愛 知 県 立 大 学 愛 知 県 立 芸 術 大 学 では 経 済 的 困 窮 災 害 その 他 特 別 な 理 由 により 授 業 料 の 納 付 が 困 難 な 学 生 に 対 し 授 業 料 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 する 制 度 がありますが その 審 査 基 準 等 を 改 定 しますので お 知 らせします 平 成 25

More information

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 鳥 取 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 32 年 鳥 取 県 規 則 第 22 号 以 下 規 則 とい う ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 ( 以 下 本 補 助 金

More information

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書..

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書.. 社 会 保 険 労 働 保 険 労 務 管 理 主 要 手 続 一 覧 (2012.4 現 在 ) 1. 社 会 保 険 の 基 本... 4 関 係 諸 機 関 の 連 絡 先... 4 各 種 手 続 きの 確 認... 5 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 新 規 適 用 届... 7 労 働 保 険 保 険 関 係 成 立 届 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 設 置 届... 8

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添 茨 木 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 等 で 年 金 制 度 上 の 理 由 により 国 民 年 金 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 141 号 )に 規 定 する 老 齢 年 金 等 を 受 給 することができない 高 齢 者 に 対 し 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 ( 以 下 高

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 大 津 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 を 減 免 することに 要 する 経 費 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において 当 該 設 置 者 に 補 助 金 を 交 付 し もって 就 学 前 教 育 の 振 興 を 図 ることを 目 的 とする ( 定

More information

奨学資金の受領から返還までの手続

奨学資金の受領から返還までの手続 奨 学 資 金 の 受 領 から 返 還 までの 手 続 Ⅰ 奨 学 資 金 の 受 領 1 奨 学 資 金 の 交 付 スケジュールと 貸 与 月 額 奨 学 資 金 は 新 規 採 用 時 や 年 度 初 め 年 度 末 などの 特 別 な 場 合 を 除 いて 毎 月 15 日 頃 に 交 付 されます (4 5 月 分 は 進 級 確 認 に 時 間 を 要 するため 5 月 中 旬 に 交

More information

- 目 次 - ページ Q1: 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 とはどのような 制 度 でしょうか 3 Q2: 新 たに 従 業 員 を 採 用 したときは どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 5 Q3: 従 業 員 が 退 職 したとき 等 は どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 8 Q4: 扶 養 家 族 を 被 扶 養 者 とするときや 被 扶 養 者 に 異 動

More information

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc 18 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 給 与 規 程 27.4.24 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 市 町 村 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 介 護 保 険 関 係 団 体 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 費 用 負 担 の 見 直 しに 係 る 事 務 処 理 の 取 扱 いについて 計 29 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.490

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc 利 用 者 負 担 について 1. 所 得 区 分 認 定 個 別 減 免 補 足 給 付 の 認 定 方 法 について 2 (1) 負 担 上 限 月 額 を 定 める 際 の 所 得 区 分 の 設 定 について 2 (2) 個 別 減 免 の 収 入 資 産 等 の 認 定 について 7 (3) 補 足 給 付 の 認 定 について 14 2. 生 活 保 護 境 界 層 対 象 者 に 対

More information

目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年 金 について 1 2. 年 金 給 付 について 1 3. 年 金 の 支 払 方 法 2 4. 年 金 の 支 給 を 受 けているときに 毎 年 必 要 な 手 続 き 3 5. 住 所

目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年 金 について 1 2. 年 金 給 付 について 1 3. 年 金 の 支 払 方 法 2 4. 年 金 の 支 給 を 受 けているときに 毎 年 必 要 な 手 続 き 3 5. 住 所 年 金 の し お り ( 平 成 25 年 1 月 改 訂 版 ) 日 本 金 属 プレス 工 業 厚 生 年 金 基 金 130 8554 東 京 都 墨 田 区 両 国 4 丁 目 30 番 7 号 金 属 プレス 会 館 8 階 03(5638)7811 FAX03(5638)7815 目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年

More information

<8E9696B195D28169483238944E378C8E816A2E786264>

<8E9696B195D28169483238944E378C8E816A2E786264> 市 町 村 職 員 の 退 職 手 当 の 手 引 き ~ 事 務 編 ~ ( 平 成 28 年 7 月 ) 福 島 県 市 町 村 総 合 事 務 組 合 ~ 事 務 編 ~ 目 次 第 1 職 員 関 係 の 報 告 等 事 項 1 職 員 を 採 用 したとき( 又 は 特 別 職 が 就 任 したとき) 1 (1) 特 別 職 (2) 一 般 職 2 退 職 したとき 2 (1) 特 別 職

More information

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については 2015/3/10 8. 事 例 別 事 務 処 理 へ 職 員 が 満 3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 する 場 合 特 別 な 事 情 がある 場 合 を 除 き1 回 に 限 り 延 長 できる ( 男 性 職 員 の 場 合 は 配 偶 者 の 出 産 後 8 週 間 以 内 に 最 初 の を 取 得 していれば 特 別 な 事 情 がなくても 再 度 取 得 することができる )

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック 両 立 支 援 ハンドブック ~ 働 くパパママ 子 育 て 応 援 プラン~ 平 成 27 年 9 月 沖 縄 県 教 育 委 員 会 教 育 庁 総 務 課 目 次 1 妊 娠 したら (1) 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 p1 (2) 妊 娠 障 害 休 暇 p1 (3) 妊 婦 通 勤 緩 和 休 暇 p2 (4) 妊 娠 中 の 休 息 又 は 補 食 のための 職

More information

授業料免除申請のしおり

授業料免除申請のしおり 北 海 道 大 学 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 ) 申 請 のしおり ( 平 成 25 年 度 版 ) 目 次 〇 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 概 要 申 請 資 格 について 1 本 学 の 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )について 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 ) 申 請 における 注 意 事 項 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 申

More information

部 分 解 除 について Q 平 成 18 年 4 月 1 日 以 降 の 加 入 者 を 解 除 したいのですが どのような 手 続 きをとればよいので しょうか? A 約 款 様 式 第 13 号 の2 退 職 手 当 共 済 契 約 部 分 解 除 通 知 書 を 提 出 してください その

部 分 解 除 について Q 平 成 18 年 4 月 1 日 以 降 の 加 入 者 を 解 除 したいのですが どのような 手 続 きをとればよいので しょうか? A 約 款 様 式 第 13 号 の2 退 職 手 当 共 済 契 約 部 分 解 除 通 知 書 を 提 出 してください その Ⅶ.よくある 質 問 集 被 共 済 職 員 の 加 入 要 件 について Q 当 法 人 では 正 規 職 員 のみを 共 済 制 度 に 加 入 させることとしているが それで 良 いでしょうか A 誤 りです 非 正 規 職 員 ( 臨 時 職 員 パート 職 員 等 呼 称 は 様 々かと 思 われます)についても 雇 用 期 間 と 労 働 時 間 から 判 断 し 加 入 要 件 を 満

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

Microsoft Word - (予約)申請書記入例H28.docx

Microsoft Word - (予約)申請書記入例H28.docx 滋 賀 県 奨 学 資 金 申 請 書 類 一 覧 および 記 入 例 ( 予 約 募 集 ) 提 出 書 類 について 世 帯 の 区 分 ( 申 請 書 類 )の 確 認 滋 賀 県 奨 学 資 金 の 申 請 は 世 帯 の 区 分 により 提 出 書 類 が 異 なります 次 のアからウのうち 該 当 する 世 帯 を 選 択 して 提 出 書 類 を 確 認 してください 世 帯 の 区

More information

目 次 はじめに 第 1 章 制 度 の 解 説 第 1 節 妊 娠 から 出 産 まで 1 妊 産 婦 健 康 診 断 休 暇 2 妊 婦 の 通 勤 緩 和 3 妊 娠 障 害 特 別 休 暇 4 体 育 実 技 免 除 5 大 規 模 校 における 妊 娠 中 の 養 護 教 諭 の 業 務

目 次 はじめに 第 1 章 制 度 の 解 説 第 1 節 妊 娠 から 出 産 まで 1 妊 産 婦 健 康 診 断 休 暇 2 妊 婦 の 通 勤 緩 和 3 妊 娠 障 害 特 別 休 暇 4 体 育 実 技 免 除 5 大 規 模 校 における 妊 娠 中 の 養 護 教 諭 の 業 務 子 育 て 応 援 ハンドブック 平 成 28 年 8 月 改 訂 京 都 市 教 育 委 員 会 ( 府 費 負 担 教 職 員, 高 等 学 校 幼 稚 園 教 員, 事 務 担 当 職 員 用 ) 目 次 はじめに 第 1 章 制 度 の 解 説 第 1 節 妊 娠 から 出 産 まで 1 妊 産 婦 健 康 診 断 休 暇 2 妊 婦 の 通 勤 緩 和 3 妊 娠 障 害 特 別 休 暇

More information

職員のための

職員のための 職 員 のための 子 育 てサポートQ&A 平 成 27 年 8 月 改 訂 総 務 政 策 局 総 務 課 総 務 政 策 局 教 職 員 課 ~ 目 次 ~ 特 定 事 業 主 行 動 計 画 P6 Q1 Q2 北 海 道 教 育 委 員 会 職 員 子 育 て 支 援 行 動 計 画 とは 職 員 に 対 して どの 様 な 休 暇 や 給 付 等 の 支 援 を 行 っていますか 女 性 職

More information

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ 第 3 章 定 年 後 の 収 入 と 支 出 1 退 職 手 当 制 度 の 概 要 (1) 算 定 式 及 び 支 給 制 限 等 退 職 手 当 は 職 員 が 退 職 した 場 合 に 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 ( 以 下 退 手 法 といいま す )に 基 づいて 支 給 されます 退 職 手 当 は 次 のように 計 算 されます 退 職 手 当 = 基 本 額 ( 退 職

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

1526452.dsz

1526452.dsz 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 都 民 税 申 告 の 手 引 申 告 書 の 提 出 期 限 は 平 成 28 年 3 月 15 日 ( 火 )です 特 別 区 民 税 都 民 税 ( 住 民 税 )の 申 告 につきましては 毎 年 ご 協 力 をいただきありがとうございます 平 成 28 年 度 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりましたので 申 告 書 をお 送

More information

Q6. 私 は11 月 30 日 に 退 職 しますが 調 書 を 提 出 する 必 要 がありますか? A 退 職 予 定 の 場 合 でも 平 成 26 年 10 月 1 日 時 点 での 確 認 になりますので 記 載 内 容 を 確 認 のうえ 添 付 書 類 と 一 緒 に 事 業 主 へ

Q6. 私 は11 月 30 日 に 退 職 しますが 調 書 を 提 出 する 必 要 がありますか? A 退 職 予 定 の 場 合 でも 平 成 26 年 10 月 1 日 時 点 での 確 認 になりますので 記 載 内 容 を 確 認 のうえ 添 付 書 類 と 一 緒 に 事 業 主 へ 平 成 26 年 度 被 扶 養 者 資 格 再 確 認 に 関 するQ&A 調 書 について ( 被 保 険 者 用 ) Q1.なぜ 毎 年 被 扶 養 者 資 格 再 確 認 ( 調 書 )を 行 うのですか? A 健 康 保 険 法 施 行 規 則 第 50 条 に 基 づき 保 険 者 として 被 扶 養 者 資 格 の 再 確 認 を 実 施 し ています 就 職 や 収 入 超 過 等

More information

目 次 1.あなたが 受 取 る 年 金 について 1 頁 2. 年 金 の 請 求 について 1 頁 3. 支 給 開 始 年 月 と 支 給 期 間 について 2 頁 4. 年 金 の 支 払 方 法 について 2 頁 5. 基 金 の 年 金 について 4 頁 支 給 額 が 変 更 される

目 次 1.あなたが 受 取 る 年 金 について 1 頁 2. 年 金 の 請 求 について 1 頁 3. 支 給 開 始 年 月 と 支 給 期 間 について 2 頁 4. 年 金 の 支 払 方 法 について 2 頁 5. 基 金 の 年 金 について 4 頁 支 給 額 が 変 更 される 年 金 の し お り 全 国 測 量 業 厚 生 年 金 基 金 このしおりの 最 後 に 届 出 用 紙 ( 住 所 受 取 方 法 変 更 届 氏 名 変 更 届 )がありますの で 住 所 受 取 方 法 氏 名 の 変 更 があった 場 合 に 切 取 ってお 使 いください なお 用 紙 がなくなったときは 基 金 に 請 求 してください 各 種 届 出 用 紙 はホームページからのダウンロードもできます

More information

個人向け国債事務取扱要領

個人向け国債事務取扱要領 でんさいサービス 利 用 規 定 愛 知 信 用 金 庫 ( 以 下 当 金 庫 といいます)は 株 式 会 社 全 銀 電 子 債 権 ネットワーク( 以 下 でんさい ネット といいます)の 窓 口 金 融 機 関 として 利 用 者 ( 以 下 お 客 様 といいます)に 提 供 するでんさい サービス( 以 下 本 サービス といいます)について 次 のとおり 取 扱 いを 行 います なお

More information

〇 授 業 料 免 除 の 概 要 申 請 資 格 について 本 学 の 授 業 料 免 除 について 本 学 では, 授 業 料 免 除 の 区 分 を 全 額 免 除, 半 額 免 除,1/4 免 除 の3 区 分 で 実 施 して おり, 本 学 の 授 業 料 免 除 予 算 額 の 範 囲

〇 授 業 料 免 除 の 概 要 申 請 資 格 について 本 学 の 授 業 料 免 除 について 本 学 では, 授 業 料 免 除 の 区 分 を 全 額 免 除, 半 額 免 除,1/4 免 除 の3 区 分 で 実 施 して おり, 本 学 の 授 業 料 免 除 予 算 額 の 範 囲 北 海 道 大 学 授 業 料 免 除 申 請 のしおり ( 平 成 24 年 度 版 ) 目 次 〇 授 業 料 免 除 の 概 要 申 請 資 格 について 1 本 学 の 授 業 料 免 除 について 授 業 料 免 除 の 申 請 資 格 学 力 基 準 留 年 者, 修 業 年 限 超 過 者 の 申 請 について 〇 提 出 書 類 申 請 書 類 の 記 入 等 について 3 提 出

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093C195CA92A58EFB82C98AD682B782E9827081954182512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093C195CA92A58EFB82C98AD682B782E9827081954182512E646F63> 特 別 徴 収 に 関 するQ&A 2 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 介 護 保 険 課 国 民 健 康 保 険 課 高 齢 者 医 療 制 度 施 行 準 備 室 問 1 年 度 途 中 において 保 険 料 が 増 額 された 場 合 は 特 別 徴 収 と 普 通 徴 収 を 併 用 すること( 併 徴 )が 可 能 であるとのことだが 特 別 徴 収 依 頼 の 時 点

More information

2-3 現 在 もハローワークに 求 人 票 を 提 出 していますが 本 事 業 を 受 託 するにあたり 改 めて 求 人 票 を 出 し 直 す 必 要 はあ るのか 必 ず 改 めて 求 人 票 を 出 していただき 求 人 票 の 備 考 欄 に 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造

2-3 現 在 もハローワークに 求 人 票 を 提 出 していますが 本 事 業 を 受 託 するにあたり 改 めて 求 人 票 を 出 し 直 す 必 要 はあ るのか 必 ず 改 めて 求 人 票 を 出 していただき 求 人 票 の 備 考 欄 に 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造 平 成 25-26 年 度 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造 事 業 介 護 雇 用 プログラム 委 託 業 務 ( 平 成 25 年 度 募 集 分 )Q&A ( 別 紙 4) ( 平 成 25.12) 番 号 質 問 回 答 1 応 募 資 格 について 1-1 応 募 は 法 人 名 と 施 設 名 どちらで 行 えばいいですか 県 内 に 複 数 施 設 を 有 している 場 合

More information

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版 年 金 相 談 マニュアル 相 談 事 例 編 2010.07 - 目 次 - 1. 資 格 記 録 1 受 給 要 件 10 厚 生 年 金 の 適 用 関 係 10 2. 国 民 年 金 保 険 料 納 付 還 付 15 納 付 17 任 意 加 入 期 間 の 保 険 料 還 付 23 3. 過 去 記 録 整 備 27 4.ユーザID パスワード 39 5. ねんきん 定 期 便 ( 平 成

More information

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号)

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号) 規 程 第 36 号 理 事 長 決 定 平 成 22 年 1 月 1 日 制 定 施 行 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 25 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 26 年 4 月 1 日 改 正 施 行 日 本 年 金 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 日 本 年 金 機 構 職 員 就 業 規 則 ( 規 程

More information

申 告 書 類 作 成 記 入 要 領 1. 平 成 28 年 分 給 与 所 得 者 の 扶 養 控 除 等 ( 異 動 ) 申 告 書 これは 平 成 28 年 1 月 以 降 各 月 の 研 究 奨 励 金 に 課 される 所 得 税 額 を 決 定 するために 必 要 な 書 類 です あな

申 告 書 類 作 成 記 入 要 領 1. 平 成 28 年 分 給 与 所 得 者 の 扶 養 控 除 等 ( 異 動 ) 申 告 書 これは 平 成 28 年 1 月 以 降 各 月 の 研 究 奨 励 金 に 課 される 所 得 税 額 を 決 定 するために 必 要 な 書 類 です あな 特 別 研 究 員 の 皆 様 へ 平 成 27 年 10 月 9 日 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 人 材 育 成 事 業 部 研 究 者 養 成 課 年 末 調 整 に 必 要 な 申 告 書 類 提 出 のお 願 い 標 題 の 件 について 平 成 27 年 分 の 年 末 調 整 に 必 要 な 書 類 を 送 付 いたしますので 申 告 書 類 作 成 記 入 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208EF68BC697BF96C68F9C905C90BF977697CC3230313330386F7269>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208EF68BC697BF96C68F9C905C90BF977697CC3230313330386F7269> 平 成 25 年 度 一 橋 大 学 後 期 授 業 料 免 除 申 請 要 領 授 業 料 免 除 申 請 について 次 に 掲 げる 免 除 対 象 者 のいずれかに 該 当 する 場 合 は 本 人 の 申 請 に 基 づき 選 考 のうえ 授 業 料 の 全 額 又 は 半 額 を 免 除 します 免 除 を 希 望 する 者 は 学 期 ごとに 申 請 してください 注 意 申 請 しても

More information

目 次 授 業 料 免 除 の 申 請 について 1 申 請 書 の 配 付 受 付 期 間 場 所 2 平 成 26 年 度 ( 前 期 分 ) 授 業 料 免 除 申 請 要 領 3 提 出 書 類 4~5 所 得 に 関 する 証 明 書 の 見 本 6~8 提 出 書 類 記 入 要 領 9

目 次 授 業 料 免 除 の 申 請 について 1 申 請 書 の 配 付 受 付 期 間 場 所 2 平 成 26 年 度 ( 前 期 分 ) 授 業 料 免 除 申 請 要 領 3 提 出 書 類 4~5 所 得 に 関 する 証 明 書 の 見 本 6~8 提 出 書 類 記 入 要 領 9 目 次 授 業 料 免 除 の 申 請 について 1 申 請 書 の 配 付 受 付 期 間 場 所 2 平 成 26 年 度 ( 前 期 分 ) 授 業 料 免 除 申 請 要 領 3 提 出 書 類 4~5 所 得 に 関 する 証 明 書 の 見 本 6~8 提 出 書 類 記 入 要 領 9 記 載 例 10~16 学 業 成 績 の 基 準 ( 参 考 資 料 1) 17 標 準 修 得

More information

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0 長 岡 技 術 科 学 大 学 出 産 子 育 てのための 手 続 パンフレット 総 務 課 平 成 26 年 4 月 現 在 1. 職 務 専 念 義 務 免 除 について 妊 娠 12 週 以 降 又 は 出 産 後 1 年 を 経 過 しない 職 員 ( )が, 医 師 又 は 助 産 師 から 指 示 を 受 け, 保 健 指 導 又 は 健 康 診 査 を 受 けるため 通 院 する 等

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20615F95DB88E78F8A93FC8F8A82CC82B288C493E02E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20615F95DB88E78F8A93FC8F8A82CC82B288C493E02E646F6378> 平 成 26 年 度 保 育 所 入 所 のご 案 内 目 次 1 保 育 所 とは P1 2 申 込 みができる 方 は P1 3 申 込 受 付 の 時 期 P2 4 市 内 保 育 所 及 び 申 込 み 可 能 児 童 一 覧 P3 5 入 所 までの 流 れ P4 6 保 育 時 間 について P5 7 申 込 みに 必 要 な 書 類 P6 8 申 込 み 時 の 注 意 P7~P8 9

More information

平 成 27 年 度 版 ( 第 1 期 分 ( 春 学 期 )) 授 業 料 免 除 申 請 書 類 学 群 大 学 院 共 通 申 請 期 限 : 第 1 期 分 平 成 27 年 5 月 26 日 ( 火 )( 厳 守 ) 5 月 19 日 ( 火 )までに 申 請 書 類 の 確 認 を 受 けてください 第 2 期 分 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 )( 厳 守 ) 掲 示

More information

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考 平 成 25 年 度 知 的 財 産 権 制 度 説 明 会 ( 実 務 者 向 け)テキスト 産 業 財 産 権 登 録 の 実 務 平 成 25 年 度 この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に

More information

1 1.は じ め に 広 島 大 学 では 経 済 的 な 理 由 などにより 授 業 料 を 納 入 することが 困 難 な 人 に 対 して 授 業 料 全 額 または 半 額 を 免 除 する 制 度 を 設 けています 免 除 者 選 考 は 一 定 学 力 基 準 を 満 たしている 人 について 予 算 範 囲 内 で 家 庭 経 済 状 況 等 に より 困 窮 度 高 い 人 から 全

More information

1 1.は じ め に 広 島 大 学 では 経 済 的 な 理 由 などにより 授 業 料 を 納 入 することが 困 難 な 人 に 対 して 授 業 料 の 全 額 または 半 額 を 免 除 する 制 度 を 設 けています 免 除 者 の 選 考 は 一 定 の 学 力 基 準 を 満 たしている 人 について 予 算 の 範 囲 内 で 家 庭 の 経 済 状 況 等 に より 困 窮 度

More information

8.手当・年金・貸付等

8.手当・年金・貸付等 9 章 手 当 年 金 貸 付 等 手 当 年 金 等 一 覧 対 象 者 や 金 額 の 詳 細 は 該 当 ページを 参 照 してください 年 金 関 係 主 な 対 象 金 額 ページ (1)(2) 障 がい 基 礎 年 金 (3) 特 別 障 がい 給 付 金 (4) 重 度 障 がい 者 特 例 支 援 事 業 (5) 障 がい 厚 生 年 金 障 が い 手 当 金 20 歳 以 上 で

More information

〇 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 概 要 申 請 資 格 について 本 学 の 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )について 下 記 の 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 申 請 資 格 の1つに 該 当 し, 免 除 ( 徴 収 猶 予 ) が 必 要 と 認 め

〇 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 概 要 申 請 資 格 について 本 学 の 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )について 下 記 の 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 申 請 資 格 の1つに 該 当 し, 免 除 ( 徴 収 猶 予 ) が 必 要 と 認 め 北 海 道 大 学 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 ) 申 請 のしおり ( 平 成 24 年 度 版 ) 目 次 〇 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 概 要 申 請 資 格 について 1 本 学 の 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )について 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 申 請 資 格 学 力 基 準 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 申

More information

陸上自衛隊退職手当支給規則

陸上自衛隊退職手当支給規則 陸 上 自 衛 隊 退 職 手 当 支 給 規 則 昭 和 35 年 1 月 29 日 陸 上 自 衛 隊 達 第 32 7 号 改 正 昭 和 36 年 5 月 22 日 達 第 122 32 号 昭 和 38 年 8 月 7 日 達 第 50 10 1 号 昭 和 42 年 9 月 5 日 達 第 32 7 1 号 昭 和 45 年 4 月 8 日 達 第 63 2 号 昭 和 45 年 10

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 平 成 26 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 資 料 熊 本 市 障 がい 保 健 福 祉 課 目 次 Ⅰ 指 導 監 査 について 1~ 5 Ⅱ 平 成 26 年 度 指 導 監 査 方 針 6~13 Ⅲ 過 去 の 実 地 指 導 の 結 果 14~36 Ⅳ 請 求 関 係 について 37~43 Ⅴ その 他 44~49 Ⅰ 指 導 監 査 について 1

More information

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した 年 金 Q&A( 年 金 と 税 金 ) < 日 本 年 金 機 構 の HP より> Q. 申 告 書 を 提 出 した 場 合 の 源 泉 徴 収 税 額 は どのように 計 算 するのですか 日 本 年 金 機 構 よりお 支 払 いしている 厚 生 年 金 等 にかかる 所 得 税 および 復 興 特 別 所 得 税 につ きましては 申 告 書 を 提 出 された 場 合 以 下 の 計

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

(Microsoft Word - 1 \225\\\216\206)

(Microsoft Word - 1 \225\\\216\206) 校 担 当 者 用 平 成 28 年 度 高 等 校 等 奨 金 抜 粋 異 動 補 導 事 務 の て び き この 冊 子 には 奨 生 採 用 後 の 奨 金 の 交 付 奨 生 の 異 動 及 び 補 導 に 係 る 事 項 につい て 校 における 事 務 及 び 留 意 事 項 について 説 明 したものです あわせて 終 了 時 及 び 終 了 後 の 手 きの 概 要 についても 記

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

1) 保 育 所 認 定 こども 園 地 域 型 保 育 とは 保 育 所 共 働 きなど 家 庭 で 保 育 ができない 保 護 者 に 代 わって 保 育 を 行 なう 児 童 福 祉 施 設 * 利 用 時 間 : 朝 ~ 夕 (0 歳 ~ 満 3 歳 未 満 ) 3 号 認 定 が 必 要

1) 保 育 所 認 定 こども 園 地 域 型 保 育 とは 保 育 所 共 働 きなど 家 庭 で 保 育 ができない 保 護 者 に 代 わって 保 育 を 行 なう 児 童 福 祉 施 設 * 利 用 時 間 : 朝 ~ 夕 (0 歳 ~ 満 3 歳 未 満 ) 3 号 認 定 が 必 要 ~ 保 育 所 認 定 こども 園 (2 3 号 認 定 子 ども) 地 域 型 保 育 の 入 園 向 け~ 平 成 28 年 度 保 育 利 用 のご 案 内 利 根 町 役 場 子 育 て 支 援 課 子 ども 福 祉 係 新 制 度 では 幼 稚 園 や 認 定 こども 園 保 育 所 等 を 利 用 するために 子 どものための 教 育 保 育 給 付 にかかる 認 定 を 受 けていただく

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

01【事務連絡】障害児通所支援に係る多子軽減措置の実施について(室長+国保連+課長)

01【事務連絡】障害児通所支援に係る多子軽減措置の実施について(室長+国保連+課長) 事 務 連 絡 平 成 26 年 1 月 10 日 各 都 道 府 県 指 定 都 市 児 童 相 談 所 設 置 市 障 害 福 祉 主 管 課 御 中 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 障 害 福 祉 課 障 害 児 発 達 障 害 者 支 援 室 就 学 前 の 障 害 児 通 所 支 援 に 係 る 利 用 者 負 担 の 多 子 軽 減 措 置 について

More information

毎 年 1 月 1 日 から12 月 31 日 までに 本 口 座 から 払 い 戻 しをされた 金 額 と 当 行 へご 提 出 いただいた 同 年 中 の 結 婚 子 育 て 資 金 のお 支 払 いに 係 る 領 収 書 等 の 金 額 のいずれか 低 い 金 額 が 同 年 の 非 課 税

毎 年 1 月 1 日 から12 月 31 日 までに 本 口 座 から 払 い 戻 しをされた 金 額 と 当 行 へご 提 出 いただいた 同 年 中 の 結 婚 子 育 て 資 金 のお 支 払 いに 係 る 領 収 書 等 の 金 額 のいずれか 低 い 金 額 が 同 年 の 非 課 税 商 品 説 明 書 1. 商 品 名 普 通 預 金 ( 結 婚 子 育 て 資 金 贈 与 非 課 税 口 ) (2015 年 6 月 16 日 現 在 ) 2. 申 込 受 付 当 行 の 国 内 本 支 店 窓 口 3. 商 品 概 要 普 通 預 金 ( 結 婚 子 育 て 資 金 贈 与 非 課 税 口 ) ( 以 下 本 口 座 という) は 租 税 特 別 措 置 法 第 70 条 の2の3の

More information

12 番 号 記 載 平 成 27 年 中 に 交 付 源 泉 徴 収 票 に マイナンバーを 記 載 必 要 があ るのか 記 載 必 要 はありません 法 定 調 等 の 税 務 関 係 類 への 個 人 番 号 法 人 番 号 の 記 載 は 平 成 年 1 月 以 降 の 金 銭 等 の 支

12 番 号 記 載 平 成 27 年 中 に 交 付 源 泉 徴 収 票 に マイナンバーを 記 載 必 要 があ るのか 記 載 必 要 はありません 法 定 調 等 の 税 務 関 係 類 への 個 人 番 号 法 人 番 号 の 記 載 は 平 成 年 1 月 以 降 の 金 銭 等 の 支 1 制 度 紙 ナンバーのままでもよいのか 紙 ナンバーでも 同 様 の 効 果 があるのか 通 知 カード( 紙 ナンバー)のままでもかまいません 通 知 カード( 紙 ナンバー)の 場 合 マイナンバーを 提 示 す る 際 運 転 免 許 証 などの 本 人 確 認 類 を 合 わせて 提 示 必 要 があります 個 人 番 号 カード(プラスチック) の 場 合 は マイナンバーを 提 示

More information

熊本市戸建木造住宅耐震改修事業

熊本市戸建木造住宅耐震改修事業 平 成 28 年 度 戸 建 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 利 用 の 手 引 き ( 市 民 向 け) 熊 本 市 戸 建 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 強 計 画 設 計 耐 震 改 修 工 事 目 次 耐 震 診 断 から 耐 震 改 修 までの 流 れ p 1 補 強 計 画 設 計 補 助 制 度 利 用 について p 2 耐 震 改 修 工 事 補 助 制 度 利

More information

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則 金 ケ 崎 町 規 則 第 13 号 金 ケ 崎 町 小 学 生 医 療 費 給 付 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 小 学 生 に 対 して 医 療 費 の 一 部 を 給 付 することにより 保 護 者 の 負 担 を 軽 減 し もって 小 学 生 の 健 全 な 育 成 と 福 祉 の 増 進 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 規 則

More information

( 地 方 税 ) 前 年 所 得 課 税 と 特 別 徴 収 ( 天 引 き) も 給 与 から 特 別 徴 収 されますが 所 得 税 の 場 合 とそのしくみ が 異 なっています 所 得 税 は 毎 月 の 給 与 の 金 額 に 応 じて 源 泉 徴 収 される 現 年 所 得 課 税 の

( 地 方 税 ) 前 年 所 得 課 税 と 特 別 徴 収 ( 天 引 き) も 給 与 から 特 別 徴 収 されますが 所 得 税 の 場 合 とそのしくみ が 異 なっています 所 得 税 は 毎 月 の 給 与 の 金 額 に 応 じて 源 泉 徴 収 される 現 年 所 得 課 税 の 第 7 章 給 与 所 得 者 と 税 金 Q 私 の 給 料 から 天 引 きされている 税 金 は 何 ですか? A 給 与 所 得 者 の 方 が 給 与 をもらうときには すでに 税 金 が 天 引 きされている 場 合 があります その 税 金 は 所 得 税 と です 所 得 税 ( 国 税 ) 源 泉 徴 収 と 年 末 調 整 所 得 税 は まず 毎 月 の 給 与 や 賞 与 などから

More information

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹 16 資 金 が 必 要 なとき 共 済 組 合 1 貸 付 けについて (1) 貸 付 申 込 みから 送 金 まで 申 込 締 切 日 毎 月 25 日 ( 休 日 の 場 合 は その 前 日 ) 貸 付 決 定 送 金 申 込 締 切 日 の 翌 月 10 日 頃 に 貸 付 決 定 通 知 書 を 送 付 申 込 締 切 日 の 翌 月 26 日 ( 休 日 の 場 合 はその 前 日 )に

More information

2 申 請 (1) 申 請 書 類 3~4ページを 参 照 (2) 申 請 方 法 学 生 本 人 ( 保 護 の 付 添 い 可 )が 受 付 場 所 へ 直 接 持 参 又 は 郵 送 により 申 請 してください なお 郵 送 申 請 の 場 合 は 配 達 の 記 録 が 残 る 手 段 (

2 申 請 (1) 申 請 書 類 3~4ページを 参 照 (2) 申 請 方 法 学 生 本 人 ( 保 護 の 付 添 い 可 )が 受 付 場 所 へ 直 接 持 参 又 は 郵 送 により 申 請 してください なお 郵 送 申 請 の 場 合 は 配 達 の 記 録 が 残 る 手 段 ( 東 日 本 大 震 災 被 災 対 象 平 成 27 年 度 前 期 後 期 分 授 業 料 免 除 申 請 について 東 日 本 大 震 災 で 被 災 された 方 で 授 業 料 の 納 付 が 困 難 である 場 合 は 授 業 料 の 免 除 が 許 可 され ることがあります 授 業 料 の 免 除 を 希 望 する 場 合 は 下 記 により 申 請 書 類 を 提 出 してください 1

More information

<5461726F2D8EF696C693FC8A7790B6905C90BF82C982C282A282C4288ED0>

<5461726F2D8EF696C693FC8A7790B6905C90BF82C982C282A282C4288ED0> ( 新 入 生 :8 月 11 月 選 抜 大 学 院 ) 平 成 28 年 度 社 会 人 教 育 支 援 授 業 料 免 除 ( 前 期 分 )の 申 請 について 下 記 の 申 請 資 格 に 該 当 する 場 合, 申 請 に 基 づき, 選 考 の 上, 授 業 料 の 全 額 又 は 一 部 を 免 除 し ます 授 業 料 免 除 の 申 請 受 付 は, 前 期 と 後 期 に 区

More information

9 支 給 要 件 対 象 社 員 求 人 の 要 件 ハローワークが 実 施 する 面 接 会 で 対 象 となる 若 者 を 採 用 し た 場 合 にも 対 象 になります ハローワークが 実 施 する 面 接 会 の 場 合 本 奨 励 金 においてはその 開 催 日 を 紹 介 日 とみな

9 支 給 要 件 対 象 社 員 求 人 の 要 件 ハローワークが 実 施 する 面 接 会 で 対 象 となる 若 者 を 採 用 し た 場 合 にも 対 象 になります ハローワークが 実 施 する 面 接 会 の 場 合 本 奨 励 金 においてはその 開 催 日 を 紹 介 日 とみな 1 支 給 要 件 対 象 事 業 主 対 象 事 業 主 の 範 囲 東 京 労 働 局 管 内 で 若 者 応 援 宣 言 をしており 35 歳 未 満 の 若 者 を 採 用 すれば 奨 励 金 の 対 象 になります 本 奨 励 金 は 東 京 労 働 局 管 内 のハローワークから 紹 介 を 受 けた 日 において 都 内 の 若 者 応 援 宣 言 企 業 又 はユースエール 認 定

More information

退職後の諸給付等の手引

退職後の諸給付等の手引 退 職 後 の 諸 給 付 等 の 手 引 ( 平 成 28 年 1 月 退 職 手 当 に 関 すること 給 与 厚 生 課 給 付 班 ( 県 083-933-2069 退 職 共 済 年 金 等 共 済 組 合 の 長 期 給 付 に 関 すること 福 利 給 付 班 ( 共 済 組 合 083-933-4581 任 意 継 続 組 合 員 退 職 後 の 短 期 給 付 に 関 すること 福

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

ただし 平 成 26 年 1 月 から3 月 までの 間 に 失 職 し 平 成 26 年 4 月 以 降 も 引 き 続 き 失 職 している 場 合 ( 平 成 26 年 度 に 新 入 学 ( 編 転 入 学 を 含 む )をした 者 であって 平 成 25 年 度 に 私 立 高 校 等 に

ただし 平 成 26 年 1 月 から3 月 までの 間 に 失 職 し 平 成 26 年 4 月 以 降 も 引 き 続 き 失 職 している 場 合 ( 平 成 26 年 度 に 新 入 学 ( 編 転 入 学 を 含 む )をした 者 であって 平 成 25 年 度 に 私 立 高 校 等 に 平 成 26 年 度 大 阪 府 私 立 高 等 学 校 等 授 業 料 減 免 事 業 補 助 金 事 務 処 理 要 領 1 趣 旨 この 要 領 は 大 阪 府 私 立 高 等 学 校 等 授 業 料 減 免 事 業 補 助 金 の 事 務 処 理 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 補 助 事 業 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 は 大 阪 府 京

More information

Microsoft PowerPoint - H25給付生奨学金(後期)要項

Microsoft PowerPoint - H25給付生奨学金(後期)要項 平 成 25 年 度 (2013 年 度 ) 明 星 大 学 給 付 生 奨 学 金 ( 後 期 ) 募 集 要 項 学 生 サポートセンター( 日 野 校 ) 青 梅 事 務 室 ( 青 梅 校 ) 出 願 の 注 意 出 願 の 申 し 込 みは 自 分 で 行 いましょう 願 書 書 類 一 式 を 保 護 者 に 預 け 各 種 問 合 せ 書 類 の 手 配 を 任 せてしまう 等 出 願

More information