YACレポート2013.indd

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "YACレポート2013.indd"

Transcription

1 税 務 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について YAC 税 理 士 法 人 シニアマネージャー 山 田 晴 康 ( 公 認 会 計 士 ) 自 民 公 明 両 党 は 1 月 24 日 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 決 定 しました 今 回 の 税 制 改 正 では 安 倍 政 権 が 掲 げるデフレ 脱 却 と 景 気 浮 揚 を 税 制 面 から 後 押 しするため 企 業 に 対 して 設 備 投 資 や 雇 用 拡 大 などを 促 す 減 税 制 度 に 重 点 が 置 かれています 他 方 平 成 26 年 4 月 及 び 平 成 27 年 10 月 に 控 えた 消 費 税 率 の 引 き 上 げに 備 え 消 費 税 増 税 を 円 滑 に 実 施 するため の 環 境 整 備 も 進 められており その 中 で 富 裕 層 への 課 税 が 強 化 されています これは 経 済 格 差 の 拡 大 に 歯 止 めをか けるとともに 消 費 税 増 税 に 対 する 低 所 得 層 の 負 担 感 を 和 らげるためですが 個 人 所 得 課 税 や 資 産 課 税 などで 富 裕 層 には 相 当 な 負 担 増 が 強 いられることになります 相 続 税 については 富 裕 層 だけではなく 今 まで 自 分 は 相 続 税 とは 無 縁 と 考 えていた 一 般 家 庭 にまで 影 響 が 及 ぶ 可 能 性 が 高 く 事 前 検 討 をしっかりと 行 っておくことが 肝 要 であると 考 えます さらに 震 災 からの 復 興 を 支 援 するための 税 制 上 の 追 加 措 置 も 講 じられています このような 状 況 を 踏 まえ 以 下 では 平 成 25 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 を 記 述 させていただきます なお 税 制 改 正 大 綱 は の 概 要 を 示 すものであり 改 正 の 詳 細 は 改 正 法 案 の 公 表 並 びに 法 律 及 び 政 省 令 の 公 布 を 待 たなければなりません また 今 後 の 国 会 審 議 等 によりその 内 容 に 変 更 が 生 じる 可 能 性 がありますので ご 留 意 くださいますようお 願 いいたします Ⅰ. 法 人 課 税 平 成 25 年 度 税 制 改 正 の 特 徴 の 一 つは 安 倍 晋 三 首 相 が デフレからの 脱 却 を 政 権 の 最 優 先 課 題 に 位 置 付 けたのを 受 けて 民 間 企 業 の 雇 用 拡 大 や 設 備 投 資 を 狙 った 減 税 措 置 が 盛 り 込 まれたことです 企 業 が 蓄 積 してきた 内 部 留 保 を 雇 用 や 設 備 投 資 に 回 し 景 気 浮 揚 につなげることを 意 図 しています < 表 1 企 業 に 関 係 する 主 な 改 正 内 容 とその 影 響 > 項 目 影 響 ポイント 適 用 時 期 所 得 拡 大 促 進 税 制 生 産 等 設 備 投 資 促 進 税 制 研 究 開 発 税 制 減 税 減 税 減 税 交 際 費 ( 中 小 企 業 ) 減 税 グリーン 投 資 減 税 減 税 平 均 給 与 などを 増 やした 企 業 に 対 し 給 与 増 加 額 の 10%を 法 人 税 額 から 控 除 設 備 投 資 を 前 年 度 比 10% 超 増 やした 企 業 に 対 し 投 資 額 の 30%を 特 別 償 却 もしくは 3% の 税 額 控 除 試 験 研 究 費 を 控 除 できる 法 人 税 額 の 上 限 を 30%に 引 き 上 げ 年 800 万 円 までの 交 際 費 を 全 額 損 金 算 入 定 めなし 従 来 は 600 万 円 を 上 限 に 90%を 損 金 算 入 コージェネレーション 設 備 ( 熱 電 併 給 型 動 力 発 生 装 置 )を 対 象 設 備 に 追 加 し 即 時 償 却 制 表 2 参 照 度 の 期 限 を 2 年 間 延 長 平 成 25 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで に 開 始 する 各 事 業 年 度 平 成 25 年 4 月 1 日 から 平 成 27 年 3 月 31 日 まで に 開 始 する 各 事 業 年 度 平 成 25 年 4 月 1 日 から 平 成 27 年 3 月 31 日 まで に 開 始 する 各 事 業 年 度 具 体 的 には 雇 用 対 策 では 給 与 と 雇 用 の 増 加 を 促 す 2 つの 減 税 策 が 用 意 されました 新 設 の 所 得 拡 大 促 進 税 制 では 基 準 年 度 に 比 べて 給 与 などの 支 給 額 を 5% 以 上 増 やした 企 業 を 対 象 に 増 加 額 の 10%を 法 人 税 から 控 除 できるように なります また 既 存 の 雇 用 促 進 税 制 が 拡 充 され 新 規 雇 用 を 増 やす 企 業 の 成 長 力 の 下 支 えが 行 われます 雇 用 者 数 3

2 を 前 事 業 年 度 に 比 べて 10% 以 上 及 び 5 人 以 上 ( 中 小 企 業 は 2 人 以 上 ) 増 やせば 増 員 1 人 あたり 40 万 円 を 法 人 税 か ら 控 除 できます( 従 来 の 20 万 円 の 2 倍 ) この 所 得 拡 大 促 進 税 制 と 雇 用 促 進 税 制 は 選 択 適 用 となりますので 今 後 は どちらの 税 制 が 自 社 にとって 有 利 となるのか 検 討 する 必 要 があります その 他 の 主 な 改 正 は 表 1のとおりですが 法 人 課 税 における 改 正 は 既 存 の 減 税 措 置 の 手 直 しが 中 心 で 期 限 付 きの 時 限 措 置 が 多 くなっています また 研 究 開 発 税 制 は 薬 品 や 自 動 車 業 界 など 特 定 の 業 種 や 企 業 に 恩 恵 が 偏 っているよ うな 印 象 は 拭 えません 中 小 企 業 の 交 際 費 を 年 間 800 万 円 までとはいえ 全 額 損 金 として 認 めるという 改 正 は 大 いに 評 価 すべきものです が この だけは いつから 適 用 するつもりなのかが 明 記 されていないことも 気 になります 国 内 企 業 の 負 担 を 和 らげ 国 際 的 な 競 争 力 を 高 めるためには 時 限 措 置 などの 一 時 的 なカンフル 剤 ではなく 法 人 税 率 のさらなる 引 き 下 げなどの 思 い 切 った 改 正 が 必 要 になってくるものと 考 えます さて 平 成 24 年 度 は 太 陽 光 発 電 設 備 を 導 入 した もしくは 導 入 の 検 討 をされた 企 業 も 多 かったものと 思 います 太 陽 光 発 電 設 備 の 即 時 償 却 を 認 めるグリーン 投 資 減 税 は 対 象 設 備 の 追 加 に 加 えて 指 定 期 間 も 延 長 されています グリーン 投 資 減 税 の 改 正 後 の 概 要 を 表 2にまとめましたのでご 参 考 ください < 表 2グリーン 投 資 減 税 の の 概 要 > 対 象 設 備 指 定 期 間 及 び 特 別 償 却 限 度 額 指 定 期 間 新 エネルギー 利 用 設 備 等 平 成 24 年 5 月 29 日 から 太 陽 光 発 電 設 備 平 成 27 年 3 月 31 日 まで (2 年 間 延 長 ) 風 力 発 電 設 備 特 別 償 却 限 度 額 取 得 価 額 から 普 通 償 却 限 度 額 を 控 除 した 金 額 二 酸 化 炭 素 排 出 抑 制 設 備 等 コージェネレーション 設 備 (100%の 即 時 償 却 が 可 能 ) 指 定 期 間 新 エネルギー 利 用 設 備 等 平 成 23 年 6 月 30 日 から (バイオマス 利 用 設 備 等 ) エネルギー 使 用 合 理 化 設 備 エネルギー 使 用 制 御 設 備 定 置 用 蓄 電 設 備 等 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (2 年 間 延 長 ) 特 別 償 却 限 度 額 取 得 価 額 30% Ⅱ. 個 人 所 得 課 税 個 人 所 得 課 税 の 改 正 項 目 については 消 費 税 増 税 へ 向 けた 環 境 整 備 という 面 が 全 面 に 出 ています 平 成 27 年 10 月 の 消 費 税 率 10% 移 行 時 に 食 料 品 など 生 活 必 需 品 の 消 費 税 率 を 低 く 抑 える 軽 減 税 率 の 導 入 を 目 指 す ことになったほか 消 費 税 増 税 の 影 響 が 大 きい 住 宅 や 自 動 車 には 購 入 者 負 担 を 軽 減 するために 住 宅 ローン 減 税 の 拡 充 や 自 動 車 取 得 税 の 廃 止 が 手 当 てされるなど 主 に 家 計 の 負 担 を 軽 くする 措 置 が 多 く 盛 り 込 まれています その 一 方 で 経 済 格 差 の 拡 大 に 歯 止 めをかけ 消 費 税 増 税 に 対 する 低 所 得 層 の 負 担 感 を 和 らげるためにという 謳 い 文 句 で 富 裕 層 への 課 税 が 強 化 されています 後 述 の 相 続 税 増 税 は 資 産 家 に 対 して 応 分 負 担 を 求 めるものであり 避 け られない 面 があるものの 勤 労 や 起 業 の 意 欲 をそぎかねない 所 得 税 増 税 には 優 秀 な 人 材 や 富 裕 層 の 海 外 流 出 などを 懸 念 する 声 も 上 がっています < 表 3 家 計 に 関 係 する 主 な 改 正 内 容 とその 影 響 その 1> 項 目 影 響 ポイント 所 得 税 増 税 課 税 所 得 4,000 万 円 超 の 部 分 に 45%の 最 高 税 率 を 適 用 具 体 的 には 所 得 格 差 の 是 正 及 び 所 得 税 の 所 得 再 分 配 機 能 の 回 復 を 図 る 観 点 から 平 成 27 年 分 の 所 得 税 より 課 税 4

3 所 得 が 4,000 万 円 を 超 える 部 分 に 適 用 される 所 得 税 率 が 40%から 45%に 引 き 上 げられます 住 民 税 率 10%を 加 える と 計 55%が 課 されることになります シンガポールなどのアジア 諸 国 では 富 裕 層 の 誘 致 企 業 誘 致 のために 所 得 税 や 相 続 税 の 引 き 下 げを 行 っているところもあり 一 部 には 富 裕 層 の 海 外 流 出 や 優 良 企 業 の 海 外 への 移 転 を 心 配 する 声 もあるようです 安 倍 政 権 が 目 指 す 日 本 経 済 の 再 生 成 長 力 強 化 との 兼 ね 合 いで 制 度 の 導 入 にあたっては 難 しい 判 断 が 求 められたものと 思 います 納 税 者 側 としては これを 機 にグローバル 展 開 も 視 野 に 入 れた 経 営 戦 略 等 の 構 築 を 行 う 必 要 性 が 生 じてくるものと 考 えられます 次 に 個 人 所 得 課 税 の 減 税 について 主 な 改 正 は 表 4のとおりです < 表 4 家 計 に 関 係 する 主 な 改 正 内 容 とその 影 響 その 2> 項 目 影 響 ポイント 住 宅 ローン 減 税 減 税 平 成 26 年 4 月 から 平 成 29 年 12 月 末 の 入 居 で 年 間 最 高 控 除 額 40 万 円 認 定 長 期 優 良 住 宅 認 定 低 炭 素 住 宅 の 場 合 は 年 間 最 高 控 除 額 50 万 円 住 宅 の 省 エネ 改 修 減 税 工 事 費 などの 10%を 所 得 税 額 から 控 除 する 制 度 を 一 部 拡 充 自 動 車 取 得 税 減 税 平 成 26 年 4 月 に 縮 小 平 成 27 年 10 月 に 廃 止 小 額 投 資 非 課 税 制 度 減 税 年 100 万 円 までの 株 式 株 式 投 信 への 投 資 について 配 当 や 譲 渡 益 を 5 年 間 非 課 税 このうち 改 正 が 影 響 する 方 が 多 い 住 宅 借 入 金 等 を 有 する 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 ( 住 宅 ローン 減 税 ) につい て 詳 しくご 説 明 します 平 成 25 年 12 月 末 に 適 用 期 限 が 終 了 する 住 宅 ローン 減 税 については 適 用 期 限 が 4 年 間 延 長 されたうえで 消 費 税 率 の 引 上 げが 予 定 されている 平 成 26 年 4 月 1 日 以 降 の 控 除 額 等 が 大 幅 に 拡 充 されます から 平 成 26 年 3 月 31 日 までの 期 間 については 現 行 制 度 が 延 長 され 平 成 26 年 4 月 1 日 以 降 の 控 除 限 度 額 は 現 行 制 度 の 2 倍 に 拡 充 される 予 定 です 住 宅 借 入 金 等 の 年 末 残 高 の 限 度 額 及 び 控 除 限 度 額 は 以 下 のとおりです < 表 5 住 宅 ローン 減 税 ( 一 般 住 宅 )> 居 住 年 月 日 控 除 期 間 住 宅 借 入 金 等 の 年 末 残 高 の 限 度 額 控 除 率 控 除 限 度 額 ( 年 額 ) 現 行 平 成 25 年 12 月 31 日 まで 10 年 2,000 万 円 1.00% 20 万 円 2,000 万 円 20 万 円 ~ 平 成 26 年 3 月 31 日 10 年 1.00% 平 成 26 年 4 月 1 日 4,000 万 円 ( 1) 40 万 円 ( 1) 一 般 住 宅 の 対 価 等 の 額 に 係 る 消 費 税 率 が 8% 又 は 10%でない 場 合 には 2,000 万 円 となります < 表 6 住 宅 ローン 減 税 ( 認 定 長 期 優 良 住 宅 認 定 低 炭 素 住 宅 )> 居 住 年 月 日 控 除 期 間 住 宅 借 入 金 等 の 年 末 残 高 の 限 度 額 控 除 率 控 除 限 度 額 ( 年 額 ) 現 行 平 成 25 年 12 月 31 日 まで 10 年 3,000 万 円 1.00% 30 万 円 3,000 万 円 30 万 円 ~ 平 成 26 年 3 月 31 日 10 年 1.00% 平 成 26 年 4 月 1 日 5,000 万 円 ( 2) 50 万 円 ( 2) 認 定 住 宅 の 対 価 等 の 額 に 係 る 消 費 税 率 が 8% 又 は 10%でない 場 合 には 3,000 万 円 となります 現 行 制 度 では その 年 分 の 控 除 額 がその 年 分 の 所 得 税 額 を 超 える 場 合 には その 超 える 金 額 を 翌 年 度 分 の 住 民 税 か 5

4 ら 97,500 円 を 限 度 として 控 除 することができますが その 住 民 税 の 控 除 限 度 額 が 以 下 のように 引 き 上 げられます < 表 7 住 宅 ローン 減 税 ( 控 除 限 度 額 ( 住 民 税 ))> 居 住 年 月 日 控 除 期 間 現 行 平 成 25 年 12 月 31 日 まで 所 得 税 の 課 税 総 所 得 金 額 等 5% ( 最 高 97,500 円 ) ~ 平 成 26 年 3 月 31 日 平 成 26 年 4 月 1 日 所 得 税 の 課 税 総 所 得 金 額 等 5% ( 最 高 97,500 円 ) 所 得 税 の 課 税 総 所 得 金 額 等 7% ( 最 高 136,500 円 ( 3) ) ( 3) 住 宅 の 対 価 等 の 額 に 係 る 消 費 税 率 が 8% 又 は 10%でない 場 合 には 最 高 97,500 円 となります Ⅲ. 資 産 課 税 1. 相 続 税 相 続 税 については 基 礎 控 除 ( 非 課 税 枠 )を 引 き 下 げることにより 課 税 ベースの 拡 大 が 行 われています 現 行 の 相 続 税 法 の 遺 産 に 係 る 基 礎 控 除 額 がバブル 経 済 の 地 価 上 昇 時 に 設 定 されたものであったため その 後 の 土 地 価 格 の 下 落 やデフレ 経 済 の 下 において 相 続 税 の 課 税 割 合 が 著 しく 下 落 していました そこで 遺 産 に 係 る 基 礎 控 除 額 につい ても その 下 落 水 準 に 見 合 った 形 で 現 行 の 60%に 引 き 下 げられます また 富 の 再 分 配 機 能 の 向 上 を 狙 って 税 率 構 造 が 見 直 され 各 法 定 相 続 人 の 法 定 相 続 分 に 応 じた 取 得 金 額 が 1 億 円 超 の 部 分 の 税 率 が 引 き 上 げられています この 基 礎 控 除 の 引 き 下 げ 及 び 税 率 構 造 の 見 直 しは 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 の 相 続 から 適 用 されます < 表 8 相 続 税 の 改 正 ; 基 礎 控 除 > 内 容 現 行 相 続 税 の 基 礎 控 除 の 引 き 下 げ 定 額 控 除 :5,000 万 円 法 定 相 続 人 比 例 控 除 : 1,000 万 円 法 定 相 続 人 数 定 額 控 除 :3,000 万 円 法 定 相 続 人 比 例 控 除 : 600 万 円 法 定 相 続 人 数 < 表 9 相 続 税 の 改 正 ; 税 率 構 造 > 内 容 現 行 税 率 構 造 の 見 直 し 法 定 相 続 分 に 応 じた 取 得 金 額 税 率 法 定 相 続 分 に 応 じた 取 得 金 額 税 率 1,000 万 円 以 下 10% ( 最 高 税 率 の 55%へ の 引 き 上 げ 及 び 法 定 相 続 人 の 取 得 金 額 1 億 円 超 の 税 率 の 見 直 し) 1,000 万 円 超 3,000 万 円 以 下 15% 3,000 万 円 超 5,000 万 円 以 下 20% 改 正 なし 5,000 万 円 超 1 億 円 以 下 30% 1 億 円 超 3 億 円 以 下 40% 1 億 円 超 2 億 円 以 下 40% 2 億 円 超 3 億 円 以 下 45% 3 億 円 超 50% 3 億 円 超 6 億 円 以 下 50% 6 億 円 超 55% 一 方 で 土 地 の 課 税 価 格 に 関 しては 地 価 の 高 い 都 心 部 への 配 慮 から 緩 和 の 方 向 での 改 正 が 行 われます 個 人 の 土 地 所 有 者 の 居 住 や 事 業 の 継 続 に 関 し 小 規 模 宅 地 等 についての 相 続 税 の 課 税 価 格 の 計 算 の 特 例 がありますが 居 住 用 宅 地 の 限 度 面 積 を 拡 大 するとともに 居 住 用 宅 地 と 事 業 用 宅 地 の 完 全 併 用 を 可 能 とする 等 の 拡 充 が 行 われました 具 体 的 には 現 行 制 度 では 被 相 続 人 又 は 被 相 続 人 と 生 計 を 一 にしていた 被 相 続 人 の 親 族 の 居 住 の 用 に 供 されていた 6

5 宅 地 (240 m2 以 下 の 小 規 模 宅 地 )の 課 税 価 格 に 算 入 すべき 価 額 は 一 定 の 要 件 のもと その 宅 地 の 価 額 の 20%に 減 額 できることとされていますが この 小 規 模 宅 地 の 判 定 基 準 が 240 m2から 330 m2へ 引 き 上 げられます 事 業 用 と 併 用 す る 場 合 には 完 全 併 用 が 可 能 となるため 事 業 用 宅 地 の 限 度 面 積 400 m2と 併 せて 最 大 で 730 m2まで 特 例 が 適 用 できま す この 小 規 模 宅 地 等 の 特 例 に 係 る 適 用 要 件 の 緩 和 は 以 後 の 相 続 から 適 用 されるため 基 礎 控 除 の 引 き 下 げ 及 び 税 率 構 造 の 見 直 しの 改 正 よりも 1 年 早 く 適 用 可 能 となっています < 表 10 相 続 税 の 改 正 ; 小 規 模 宅 地 等 > 居 住 年 月 日 限 度 面 積 併 用 の 可 否 併 用 した 場 合 の 限 度 面 積 現 行 居 住 用 240 m2 事 業 用 400 m2 居 住 用 330 m2 事 業 用 400 m2 730 m2 以 上 相 続 税 の 改 正 にかかわる 主 な 内 容 を 記 載 しましたが 中 でも 基 礎 控 除 の 引 き 下 げによる 影 響 は 非 常 に 大 きく 今 までは 相 続 税 とほぼ 無 関 係 だったサラリーマン 世 帯 も 相 続 税 の 対 象 となる 可 能 性 がでてきます 具 体 例 で 考 えてみましょう 家 族 構 成 が 夫 婦 子 供 一 人 という 例 は 多 いと 思 いますが この 場 合 の 基 礎 控 除 は 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 の 相 続 につ いては 4,200 万 円 になります 現 行 制 度 の 基 礎 控 除 7,000 万 円 と 比 較 すると 2,800 万 円 も 非 課 税 枠 が 縮 小 しています 先 祖 代 々の 財 産 がない 会 社 勤 めの 方 でも 一 代 で 稼 いだ 預 貯 金 や 有 価 証 券 マイホームの 評 価 額 などに 亡 くなった ときに 遺 族 に 支 払 われる 生 命 保 険 金 を 加 えると 4,200 万 円 を 超 えるケースは 決 して 珍 しくありません 今 回 の 改 正 に より こういった 方 にも 相 続 税 が 課 されることになるわけです このように 相 続 税 の 大 衆 課 税 化 が 行 われていますので 資 産 家 の 方 はもちろん 会 社 役 員 の 方 部 長 クラスの 方 々 にとっても 相 続 税 対 策 というのはこれから 真 剣 に 考 えていかないといけない 事 項 になってきています 特 に 換 金 できない 財 産 がたくさんある 方 は 納 税 資 金 の 面 でも 十 分 な 対 策 が 必 要 になります < 表 11 事 例 ; 基 礎 控 除 の 比 較 > 現 行 基 礎 控 除 7,000 万 円 4,200 万 円 ( 定 額 控 除 ) (5,000 万 円 ) (3,000 万 円 ) ( 法 定 相 続 人 比 例 控 除 ) (1,000 万 円 2 名 ) (600 万 円 2 名 ) 2. 贈 与 税 贈 与 税 の 改 正 の 基 本 的 な 考 え 方 は 高 齢 者 の 保 有 する 資 産 を 現 役 世 代 により 早 期 に 移 転 させ その 有 効 活 用 を 通 じ て 成 長 と 富 の 創 出 の 好 循 環 につなげることにあります < 表 12 贈 与 税 の 主 な 改 正 内 容 > 項 目 影 響 ポイント 税 率 構 造 の 見 直 し 減 税 子 や 孫 等 が 受 贈 者 となる 場 合 の 贈 与 税 の 税 率 構 造 を 緩 和 増 税 贈 与 税 の 最 高 税 率 を 相 続 税 に 合 わせて 55%へ 相 続 時 精 算 課 税 減 税 贈 与 者 の 年 齢 要 件 を 65 歳 以 上 から 60 歳 以 上 に 引 き 下 げ 受 贈 者 に 孫 を 追 加 孫 への 教 育 資 金 減 税 1,500 万 円 を 上 限 に 贈 与 税 を 非 課 税 7

6 具 体 的 には 資 産 移 転 を 促 すため 表 13のとおり 直 系 尊 属 からの 贈 与 について 税 率 構 造 を 緩 和 しています また 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 適 用 範 囲 を 広 げています これらの 改 正 は 以 後 の 相 続 から 適 用 されます < 表 13 贈 与 税 の 改 正 ; 税 率 構 造 > 内 容 現 行 直 系 尊 属 からの 贈 与 ( 受 贈 者 20 歳 以 上 ) 課 税 標 準 税 率 課 税 標 準 税 率 200 万 円 以 下 10% 改 正 なし 200 万 円 超 300 万 円 以 下 15% 200 万 円 超 400 万 円 以 下 15% 300 万 円 超 400 万 円 以 下 20% 400 万 円 超 600 万 円 以 下 20% 400 万 円 超 600 万 円 以 下 30% 600 万 円 超 1,000 万 円 以 下 30% 600 万 円 超 1,000 万 円 以 下 40% 1,000 万 円 超 1,500 万 円 以 下 40% 1,500 万 円 超 3,000 万 円 以 下 45% 1,000 万 円 超 50% 3,000 万 円 超 4,500 万 円 以 下 50% 4,500 万 円 超 55% 上 記 以 外 の 贈 与 課 税 標 準 税 率 課 税 標 準 税 率 200 万 円 以 下 10% 200 万 円 超 300 万 円 以 下 15% 300 万 円 超 400 万 円 以 下 20% 改 正 なし 400 万 円 超 600 万 円 以 下 30% 600 万 円 超 1,000 万 円 以 下 40% 1,000 万 円 超 1,500 万 円 以 下 45% 1,000 万 円 超 50% 1,500 万 円 超 3,000 万 円 以 下 50% 3,000 万 円 超 55% 次 に 新 しい 制 度 である 教 育 資 金 の 一 括 贈 与 に 係 る 贈 与 税 の 非 課 税 措 置 について 述 べます この 制 度 は 一 言 でいえば 30 歳 未 満 の 子 や 孫 に 教 育 資 金 を 一 括 で 贈 与 したら 贈 与 税 が 非 課 税 となる 制 度 です 重 要 な 適 用 要 件 を 以 下 で 確 認 します 注 意 すべきは 30 歳 になった 時 点 で 使 わなかった 部 分 は 贈 与 税 がかかること 贈 与 時 と 資 金 を 使 った 時 の 手 続 きを 忘 れずに 行 うことです 細 かな 手 続 きや 書 式 等 は 今 後 発 表 されますが 教 育 資 金 の 範 囲 塾 や 習 い 事 の 範 囲 などは 特 に 注 目 です 上 手 く 使 えば 資 金 援 助 や 相 続 対 策 としてとても 有 効 になります ただし 当 制 度 を 利 用 できる 期 間 には 限 りがありますので 早 めの 検 討 を 行 いましょう < 表 14 贈 与 税 の 改 正 ; 教 育 資 金 の 一 括 贈 与 に 係 る 贈 与 税 の 非 課 税 措 置 のポイント> NO ポイント 1 贈 与 を 受 ける 人 ( 受 贈 者 ) 30 歳 未 満 の 者 2 贈 与 をする 人 ( 贈 与 者 ) 受 贈 者 の 両 親 祖 父 母 曾 祖 父 母 など 直 系 尊 属 3 贈 与 するもの 教 育 資 金 学 校 に 支 払 われる 入 学 金 その 他 の 金 銭 ( 授 業 料 など) 学 校 以 外 の 者 に 支 払 われる 一 定 のもの ( 塾 習 い 事 等 ) ( 今 後 文 部 科 学 大 臣 が 定 めることになっています) 4 贈 与 の 期 間 平 成 25 年 4 月 1 日 から 平 成 27 年 12 月 31 日 まで 5 非 課 税 の 金 額 受 贈 者 1 人 につき 1,500 万 円 学 校 以 外 に 支 払 われるものは 500 万 円 6 贈 与 時 の 手 続 き 金 融 機 関 に 信 託 等 を 行 う 7 申 告 この 特 例 を 受 ける 旨 を 申 告 する ( 金 融 機 関 経 由 で 税 務 署 へ) 8 教 育 資 金 を 使 った 時 の 手 続 払 い 出 した 金 銭 を 教 育 資 金 の 支 払 いに 充 てたことを 証 明 する 書 類 を 金 融 機 関 に 提 出 する 金 融 機 関 は この 書 類 を 受 贈 者 が 30 歳 に 達 した 後 6 年 間 保 存 する 9 終 了 時 受 贈 者 が 30 歳 になったら 終 了 使 い 切 らなかった 分 は その 時 点 で 贈 与 税 を 課 税 金 融 機 関 から 税 務 署 に いくら 使 ったかなどが 報 告 される 受 贈 者 が 途 中 で 亡 くなった 場 合 は 贈 与 税 は 課 税 されない 8

7 3. 事 業 承 継 税 制 事 業 承 継 税 制 は 平 成 21 年 度 に 創 設 された 事 業 後 継 者 が 先 代 の 経 営 者 から 相 続 や 贈 与 により 自 分 の 会 社 の 株 を 取 得 した 場 合 に その 株 式 にかかる 相 続 税 の 80% 相 当 額 又 はその 株 式 にかかる 贈 与 税 の 全 額 の 納 税 を 猶 予 するという 制 度 です 会 社 経 営 者 にとっては 相 続 対 策 として 非 常 に 有 効 な 制 度 なはずなのですが 創 設 以 来 利 用 実 績 が 非 常 に 少 なく ほとんど 使 われてきませんでした その 理 由 としては 事 前 の 手 続 きが 非 常 に 煩 雑 であること 納 税 猶 予 を 受 け 続 けるために 設 けられている 要 件 ( 雇 用 確 保 要 件 等 )が 経 営 の 不 安 定 な 中 小 企 業 にとってはとても 厳 しいこと 納 税 猶 予 を 受 けた 後 にやむを 得 ず 相 続 税 を 納 付 すべきこととなった 場 合 に 課 される 利 子 税 の 負 担 が 大 きいこと 等 が 挙 げられていました これを 受 けて 今 回 の 税 制 改 正 では 適 用 要 件 の 見 直 しや 事 前 手 続 きの 簡 素 化 利 子 税 の 負 担 軽 減 等 の 措 置 が 取 ら れました 具 体 的 な 改 正 の 内 容 は そもそもの 事 業 承 継 税 制 が 非 常 に 複 雑 な 制 度 であることから ここでご 説 明 するには 複 雑 すぎるものになってしまっていますので その 中 でもわかり 易 く 重 要 と 思 われる 部 分 についてのみ 表 15で 触 れてお きます < 表 15 事 業 承 継 税 制 の 改 正 > 内 容 現 行 経 営 承 継 相 続 人 の 要 件 の 緩 和 ( 相 続 税 の 納 税 猶 予 ) 経 済 産 業 大 臣 による 事 前 確 認 制 度 の 廃 止 ( 相 続 税 の 納 税 猶 予 ) 贈 与 者 に 対 する 要 件 の 緩 和 ( 贈 与 税 の 納 税 猶 予 ) 利 子 税 の 負 担 軽 減 要 件 の 一 つに 相 続 開 始 の 直 前 にお いて 先 代 経 営 者 ( 被 相 続 人 )の 親 族 であること が 求 められていた 相 続 開 始 前 に 中 小 企 業 における 経 営 の 承 継 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 に 基 づき 会 社 が 計 画 的 な 事 業 承 継 に 係 る 取 組 みを 行 っていることにつ いての 経 済 産 業 大 臣 の 確 認 を 受 けなければならない 贈 与 の 時 までに 会 社 の 役 員 を 退 任 すること 贈 与 者 が 会 社 から 給 与 等 の 支 給 を 受 けた 場 合 には 納 税 猶 予 が 取 り 消 される 納 税 猶 予 を 受 けていた 税 額 を 納 付 することとなった 場 合 には 猶 予 期 間 に 応 じた 利 子 税 も 合 わせて 納 付 しなければならない 左 記 要 件 の 撤 廃 ( 親 族 以 外 の 方 が 事 業 を 承 継 する 場 合 にも 使 えること になります) 左 記 の 事 前 確 認 制 度 の 廃 止 ( 相 続 開 始 後 に 適 用 を 検 討 することが 可 能 になります) 贈 与 時 において 会 社 の 役 員 でな いこと とする 要 件 を 贈 与 時 に おいて 会 社 の 代 表 権 を 有 していな いこと と 改 める 贈 与 者 が 会 社 から 給 与 の 支 給 等 を 受 けた 場 合 であっても 納 税 猶 予 の 取 消 事 由 に 該 当 しないこととす る 5 年 経 過 後 に 猶 予 税 額 を 納 付 する 場 合 については 利 子 税 を 免 除 する まずは 納 税 猶 予 の 適 用 対 象 となる 経 営 承 継 相 続 人 の 要 件 から 先 代 経 営 者 ( 被 相 続 人 )の 親 族 であること が 撤 廃 されます これにより 経 営 者 の 親 族 以 外 に 事 業 を 承 継 する 場 合 にも 納 税 猶 予 の 適 用 を 受 けることが 可 能 になるた め 同 制 度 の 利 用 の 幅 がぐんと 広 がることが 予 想 されます 次 に 同 制 度 適 用 上 の 大 きな 障 壁 の 一 つになっていた 経 済 産 業 大 臣 の 事 前 確 認 制 度 が 廃 止 されます 事 前 確 認 を 9

8 受 けるためには たくさんの 書 類 の 準 備 や 経 済 産 業 局 とのやり 取 りのために 非 常 に 多 くの 手 間 やコストがかかってし まい これが 同 制 度 の 利 用 における 大 きな 問 題 になっていました 今 回 の 改 正 によりこの 事 前 確 認 が 不 要 になると 手 続 きが 容 易 になるだけでなく 相 続 が 開 始 してから 同 制 度 の 利 用 を 検 討 することも 可 能 になるため 事 業 承 継 税 制 の 使 い 勝 手 は 格 段 に 向 上 するものと 思 われます 贈 与 税 の 納 税 猶 予 制 度 についても 贈 与 者 に 対 する 要 件 が 緩 和 されます もともとの 制 度 では 贈 与 者 が 贈 与 の 時 までに 役 員 を 退 任 していることが 求 められていましたが これが 代 表 権 を 有 していなければ 役 員 であっても 構 わない という 要 件 に 改 められます また 納 税 猶 予 を 受 けた 後 に 贈 与 者 である 先 代 の 経 営 者 が 会 社 から 給 料 を 受 け 取 った 場 合 には 納 税 猶 予 が 取 り 消 され るという 定 めが 廃 止 されることになります これらにより 贈 与 税 の 納 税 猶 予 も 随 分 使 いやすくなることが 予 想 されます 利 子 税 の 負 担 も 軽 減 されます これまでは 納 税 猶 予 の 適 用 を 受 けた 後 やむを 得 ない 事 由 で 猶 予 されていた 税 額 を 納 付 すべきこととなった 場 合 猶 予 されていた 期 間 に 応 じた 利 子 税 を 合 わせて 納 付 することとされていました 今 回 の 改 正 により 申 告 期 限 後 5 年 を 経 過 した 後 に 猶 予 税 額 を 納 付 すべき 事 由 に 該 当 し 猶 予 されていた 税 額 の 全 部 又 は 一 部 を 納 付 する 場 合 には 利 子 税 が 免 除 されることとなります これは 納 税 猶 予 の 適 用 を 検 討 する 際 の 将 来 の 不 安 を 軽 減 する 改 正 であり 大 いに 歓 迎 すべき 内 容 だと 思 います 以 上 は 今 回 の 改 正 の 内 容 の 一 部 であり この 他 にも 事 業 承 継 税 制 の 使 い 勝 手 を 良 くし 利 用 実 績 を 増 やすための 様 々な が 挙 げられています とは 言 え まだまだ 複 雑 な 要 件 や 手 続 きがたくさん 残 っています この 制 度 の 利 用 を 実 際 に 検 討 する 場 合 には こ こでご 紹 介 できなかった 細 かい 要 件 や 手 続 きについて 必 ず 専 門 家 にご 相 談 下 さい 今 回 の 改 正 が 多 くのオーナー 社 長 にとって 効 果 は 大 きいもののその 使 い 勝 手 の 悪 さから 活 用 されていなかった 同 制 度 について 利 用 を 検 討 する 契 機 になればと 思 います Ⅳ. 復 興 支 援 のための 税 制 上 の 措 置 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 は 日 本 経 済 再 生 のシンボルとなるものであり 目 に 見 える 形 で 前 進 加 速 せることが 不 可 欠 なものとなっています そのため 平 成 25 年 税 制 改 正 においても 必 要 な 措 置 が 手 当 てされました < 表 16 震 災 復 興 支 援 税 制 の 主 な 改 正 内 容 > 項 目 影 響 ポイント 譲 渡 所 得 の 特 別 控 除 減 税 土 地 の 買 取 りに 係 る 譲 渡 所 得 に 対 し 5,000 万 円 の 特 別 控 除 住 宅 ローン 減 税 減 税 住 宅 ローン 減 税 の 最 大 控 除 額 が 最 大 600 万 円 に 拡 充 固 定 資 産 税 免 除 減 税 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 免 除 する 措 置 等 の 適 用 期 限 が1 年 延 長 具 体 的 には 高 台 移 転 を 更 に 推 進 するため 一 定 の 要 件 を 満 たす 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 で 行 われる 土 地 の 買 取 りに 係 る 譲 渡 所 得 に 対 し 5,000 万 円 の 特 別 控 除 を 可 能 とする 制 度 が 創 設 されます 従 来 は 被 災 地 内 にある 土 地 を 地 方 公 共 団 体 等 が 買 い 取 る 場 合 は 土 地 等 の 譲 渡 所 得 について 2,000 万 円 の 特 別 控 除 ができる 制 度 がありましたが さら に 制 度 拡 充 となりました 10

9 また 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 負 担 増 により 被 災 者 の 方 々の 住 宅 再 取 得 等 が 滞 ることのないよう 再 建 住 宅 の 取 得 等 に 係 る 住 宅 ローン 減 税 については 被 災 地 以 外 における 住 宅 ローン 減 税 を 上 回 る 拡 充 が 行 われます 平 成 26 年 4 月 1 日 以 降 平 成 29 年 末 までの 間 に 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 が 新 たに 再 建 住 宅 を 取 得 等 する 場 合 各 年 60 万 円 の 減 税 最 大 控 除 額 は 10 年 間 で 600 万 円 になります ただし この 控 除 額 は 借 入 金 額 5,000 万 円 が 前 提 となっているため 最 大 控 除 額 600 万 円 の 適 用 を 受 けるためには 5,000 万 円 以 上 の 再 建 住 宅 を 購 入 し 借 入 金 額 5,000 万 円 以 上 を 10 年 間 維 持 する 必 要 があります 被 災 地 の 現 状 を 考 えると このような 高 額 な 住 宅 取 得 は 現 実 的 ではないため 真 に 支 援 が 必 要 な 被 災 者 向 けの 税 制 ではなく 富 裕 層 優 遇 となっているとの 声 も 上 がっています < 表 17 住 宅 ローン 減 税 ( 震 災 復 興 支 援 税 制 )> 居 住 年 月 日 控 除 期 間 一 般 住 宅 ~ 平 成 26 年 3 月 31 日 ( 表 4) 平 成 26 年 4 月 1 日 10 年 震 災 復 興 支 援 ~ 平 成 26 年 3 月 31 日 平 成 26 年 4 月 1 日 10 年 住 宅 借 入 金 等 の 年 末 残 高 の 限 度 額 ( 1) 再 建 住 宅 を 居 住 の 用 に 供 した 日 に 基 づいて 適 用 されます 控 除 率 控 除 限 度 額 ( 年 額 ) 2,000 万 円 20 万 円 1.00% 4,000 万 円 40 万 円 3,000 万 円 36 万 円 1.20% 5,000 万 円 ( 1) 60 万 円 このほか 東 日 本 大 震 災 に 係 る 津 波 により 甚 大 な 被 害 を 受 けた 区 域 のうち 市 町 村 長 が 指 定 する 区 域 における 土 地 及 び 家 屋 について 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 免 除 する 措 置 等 の 適 用 期 限 が1 年 延 長 されました 以 上 11

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと Tax news letter www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします

More information

Microsoft PowerPoint - 【速報版】図解 平成26年度税制改正大綱.pptx

Microsoft PowerPoint - 【速報版】図解 平成26年度税制改正大綱.pptx 平 成 26 年 度 税 制 改 正 大 綱 速 報 版 情 報 提 供 税 理 士 法 人 名 南 経 営 広 報 室 平 成 26 年 度 税 制 改 正 の 全 体 像 ~ 主 要 項 目 一 覧 ~ 個 人 所 得 税 高 所 得 層 の 給 与 所 得 控 除 の 上 限 の 引 下 げ ゴルフ 会 員 権 等 の 損 益 通 算 の 廃 止 金 融 証 券 税 制 NISA( 少 額 投

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 平 成 23 年 度 税 制 改 正 平 成 22 年 度 税 制 改 正 により 平 成 23 年 度 から 適 用 される 措 置 http://www.up-firm.com 1 平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平

More information

国税

国税 Guide to Metropolitan Taxes for 2016 (3) 年 金 所 得 者 公 的 年 金 等 の 収 入 金 額 が400 万 円 以 下 であり かつ その 公 的 年 金 等 の 全 部 が 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 場 合 において 公 的 年 金 等 に 係 る 雑 所 得 以 外 の 所 得 金 額 が20 万 円 以 下 である 場 合 には 確 定

More information

Microsoft Word - 0114_資産税ニュース(大綱)_履歴削除_FINAL.docx

Microsoft Word - 0114_資産税ニュース(大綱)_履歴削除_FINAL.docx 2015 年 度 税 制 改 正 大 綱 資 産 税 関 連 の 主 な 改 正 点 Issue 15, January 2015 In brief 自 由 民 主 党 公 明 党 両 党 は 2014 年 12 月 30 日 に 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 以 下 2015 年 度 税 制 改 正 大 綱 )を 決 定 しました 企 業 オーナー 及 び 富 裕 層 に 関

More information

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって 平 成 16 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 は じ め に わが 国 経 済 の 喫 緊 の 課 題 は デフレの 克 服 内 需 拡 大 特 に GDPの6 割 を 占 める 個 人 消 費 を 中 心 とした 民 間 需 要 の 回 復 にある 税 制 の 見 直 しは これらの 課 題 を 解 決 するうえで 多 くの 企 業 を 活 性 化 さ せ また 個 人 の 消

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

修 繕 基 本 融 資 額 補 修 資 金 引 方 移 転 資 金 整 地 資 金 730 万 円 440 万 円 440 万 円 引 方 移 転 資 金 と 整 地 資 金 の 両 方 を 利 用 する 場 合 は 合 計 で 440 万 円 が 限 度 となる 引 方 移 転 資 金 および 整

修 繕 基 本 融 資 額 補 修 資 金 引 方 移 転 資 金 整 地 資 金 730 万 円 440 万 円 440 万 円 引 方 移 転 資 金 と 整 地 資 金 の 両 方 を 利 用 する 場 合 は 合 計 で 440 万 円 が 限 度 となる 引 方 移 転 資 金 および 整 三 訂 版 住 宅 ローン 相 談 マニュアル 補 遺 1 平 成 28 年 6 月 ビジネス 教 育 出 版 社 三 訂 版 住 宅 ローン 相 談 マニュアル をご 購 入 いただきありがとうございます 住 宅 ローンに 関 する 改 正 情 報 等 を 下 記 のとおりお 知 らせさせていただきます 記 1.マイナンバー 制 度 ( 関 連 ページ 5 6 10 31 ページ) (1) 平 成

More information

2014_06_04 相続税関係セミナー [互換モード]

2014_06_04 相続税関係セミナー [互換モード] 相 続 税 セミナー ~ 相 続 税 改 正 と 対 策 ~ 平 成 26 年 6 月 4 日 久 納 公 認 会 計 士 事 務 所 公 認 会 計 士 税 理 士 久 納 幹 史 1 相 続 税 の 現 状 ( 平 成 24 年 データ) 相 続 税 申 告 するのは 死 亡 した 方 の 約 4% ( 昭 和 63 年 改 正 前 から 比 較 し 約 半 減 ) 年 間 の 相 続 税 申

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 金 融 証 券 税 制 公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 の 投 資 信 託 の 受 益 権 3 証 券 投 資 信 託 以 外 の 公

More information

Ⅲ. 低 炭 素 循 環 型 社 会 関 連 税 制 1. 省 エネ グリーン 化 の 推 進 1 認 定 省 エネ 住 宅 ( 仮 称 )の 普 及 促 進 のため 以 下 の 措 置 を 創 設 住 宅 ローン 減 税 制 度 の 控 除 対 象 借 入 限 度 額 の 引 き 上 げ(H24

Ⅲ. 低 炭 素 循 環 型 社 会 関 連 税 制 1. 省 エネ グリーン 化 の 推 進 1 認 定 省 エネ 住 宅 ( 仮 称 )の 普 及 促 進 のため 以 下 の 措 置 を 創 設 住 宅 ローン 減 税 制 度 の 控 除 対 象 借 入 限 度 額 の 引 き 上 げ(H24 平 成 24 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 の 概 要 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) Ⅰ. 暮 らしの 安 全 安 心 確 保 関 連 税 制 1. 住 まいの 質 の 向 上 無 理 のない 負 担 での 住 宅 の 確 保 等 1 新 築 住 宅 に 係 る 固 定 資 産 税 の 減 額 措 置 ( 戸 建 て3 年 間 マンション5 年 間 1/2)を2 年 間 延 長 2

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25 贈 与 税 1. 贈 与 税 とは 贈 与 税 は 個 人 が 個 人 から 財 産 の 贈 与 ( 贈 与 者 の 死 亡 によって 効 力 が 生 ずる 死 因 贈 与 は 相 続 税 の 適 用 となり 除 かれます)を 受 けたときに 課 される 税 金 です 法 人 からの 贈 与 は 贈 与 税 ではなく 所 得 税 ( 一 時 所 得 等 )として 課 税 されます 2. 贈 与 税

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

2. 住 宅 土 地 税 制 (1) 次 の 住 宅 取 得 等 に 係 る 特 例 の 適 用 期 限 が 平 成 31 年 6 月 30 日 まで 1 年 6 カ 月 延 長 される 1 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 ( 住 宅 ローン 控 除 ) 2 特 定 の 増 改 築 等 に

2. 住 宅 土 地 税 制 (1) 次 の 住 宅 取 得 等 に 係 る 特 例 の 適 用 期 限 が 平 成 31 年 6 月 30 日 まで 1 年 6 カ 月 延 長 される 1 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 ( 住 宅 ローン 控 除 ) 2 特 定 の 増 改 築 等 に 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 のポイント( 抜 粋 ) 平 成 27 年 1 月 30 日 中 川 税 理 士 社 労 士 事 務 所 東 京 都 目 黒 区 青 葉 台 3-10-1 パシフィックマークス 青 葉 台 7 階 TEL:03-3769-1656FAX:03-3769-1657 http://www.nakagawaoffice.com/ e-mail:k.nakagawa@nakagawaoffice.com

More information

平成14年度

平成14年度 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 一 般 社 団 法 人 愛 媛 県 法 人 会 連 合 会 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 目 的 は 大 きく2つある 1つは 社 会 保 障 の 機 能 強 化 で あり もう1つは 財 政 の 健 全 化 である 一 見 すると 相 反 する 目 的 のようにも 見

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

<4D F736F F D2091E682568FCD8F5A91EE82CC8EE693BE82E294848B7082C882C782C982A982A982ED82E990C58BE082F E82B782E92E646F63>

<4D F736F F D2091E682568FCD8F5A91EE82CC8EE693BE82E294848B7082C882C782C982A982A982ED82E990C58BE082F E82B782E92E646F63> 第 7 章 住 宅 の 取 得 や 売 却 などにかかわる 税 金 をチェックする Q36 住 宅 の 取 得 時 や 売 却 時 にはどんな 税 金 がかかってくるの? A 新 築 やリフォームといった 住 宅 の 建 築 や 住 宅 の 購 入 に 際 しては さまざまな 税 金 が 課 されま す どんな 税 金 がどんなときにかかるのかをチェックしてみましょう 住 まいの 取 得 にかかる

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926D82C182C493BE82B782E9837D8343837A815B838090DF90C58F7032303133303631368D5D8CCB90EC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926D82C182C493BE82B782E9837D8343837A815B838090DF90C58F7032303133303631368D5D8CCB90EC2E646F63> 税 理 士 が 教 える 知 って 得 するマイホーム 節 税 術 2013 年 度 税 制 改 正 の 概 要 とスケジュール- 家 計 相 続 税 基 礎 控 除 を4 割 圧 縮 相 続 税 小 規 模 宅 地 等 の 特 例 要 件 緩 和 教 育 資 金 の 一 括 贈 与 1,500 万 円 まで 非 課 税 (~15 年 12 月 末 ) リフォーム 減 税 の 拡 充 延 長 (~17

More information

我 が 国 経 済 はデフレからの 脱 却 に 向 けたアベノミクスにより 回 復 しつつあるも のの 個 人 消 費 や 民 間 投 資 は 力 強 さを 欠 き 新 興 国 の 成 長 鈍 化 や 英 国 のEU 離 脱 の 動 き 等 により 成 長 が 減 速 する 恐 れがある このような

我 が 国 経 済 はデフレからの 脱 却 に 向 けたアベノミクスにより 回 復 しつつあるも のの 個 人 消 費 や 民 間 投 資 は 力 強 さを 欠 き 新 興 国 の 成 長 鈍 化 や 英 国 のEU 離 脱 の 動 き 等 により 成 長 が 減 速 する 恐 れがある このような 平 成 29 年 度 住 宅 土 地 関 連 税 制 改 正 住 宅 関 連 予 算 要 望 平 成 28 年 8 月 一 般 社 団 法 人 住 宅 生 産 団 体 連 合 会 我 が 国 経 済 はデフレからの 脱 却 に 向 けたアベノミクスにより 回 復 しつつあるも のの 個 人 消 費 や 民 間 投 資 は 力 強 さを 欠 き 新 興 国 の 成 長 鈍 化 や 英 国 のEU 離

More information

平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 の 概 要 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ デフレ 脱 却 経 済 再 生 をより 確 実 なものにしていくため 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 高 齢 者 層 から 若 年 層 への 資 産 の 早 期

平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 の 概 要 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ デフレ 脱 却 経 済 再 生 をより 確 実 なものにしていくため 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 高 齢 者 層 から 若 年 層 への 資 産 の 早 期 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 27 年 1 月 14 日 閣 議 決 定 ) k 主 な 改 正 内 容 k l 相 続 税 節 税 にも 有 効! 若 年 層 への 資 産 移 転 スムーズに 結 婚 子 育 て 資 金 一 括 贈 与 の 非 課 税 措 置 の 創 設 など l 法 人 税 率 引 下 げ! 各 租 税 特 別 措 置 も 拡 充 所 得 拡 大 促

More information

国民年金基金は国民年金の第1号被保険者(自営業の方やフリーで働く方、およびその配偶者の方)の保険料を納めている方で、20歳以上60歳未満の方が加入することができます

国民年金基金は国民年金の第1号被保険者(自営業の方やフリーで働く方、およびその配偶者の方)の保険料を納めている方で、20歳以上60歳未満の方が加入することができます 平 成 27 年 5 月 2 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 個 人 資 産 相 談 業 務 > 解 答 と 解 説 第 1 問 問 1 判 定 問 2 記 号 ロ ホ チ 問 3 11.0510 22,733( 万 円 ) 30.0554 4151( 万 円 ) 第 2 問 問 4 問 5 問 6 5.32(%) 第 3 問 問 7 記 号 ロ ホ ト 問 8 720( 万 円

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 平 成 26 年 7 月 名 古 屋 商 工 会 議 所 我 が 国 の 経 済 情 勢 は 安 倍 政 権 下 での 金 融 財 政 政 策 が 功 を 奏 し 極 端 な 円 高 水 準 の 是 正 や 株 価 の 上 昇 とともに 本 年 4 月 以 降 の 消 費 増 税 の 影 響 を 吸 収 しつ つ 経 済 再 生 とデフレ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AAE90AC94C581758A6D92E8905C8D9082C591B982F082B582C882A282BD82DF82CC218176814089BC87422E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AAE90AC94C581758A6D92E8905C8D9082C591B982F082B582C882A282BD82DF82CC218176814089BC87422E646F63> 確 定 申 告 で 損 をしないための!! 損 をしない シリーズ 第 一 弾 専 門 的 知 識 により 税 金 の 額 は 変 わります! ズバリ 私 が 皆 様 の 質 問 に お 答 えします 南 九 州 税 理 士 会 イメージキャラクター 税 理 士 皆 尾 たすく 目 次 届 出 で 損 をしないための!! P. P. 2 ~ P. 5 1 所 得 税 の 青 色 承 認 申 請 書

More information

Microsoft PowerPoint - 【速報】図解・平成27年度税制改正大綱(1月6日時点).pptx

Microsoft PowerPoint - 【速報】図解・平成27年度税制改正大綱(1月6日時点).pptx 図 解 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 速 報 版 税 理 士 法 人 名 南 経 営 平 成 27 年 1 月 6 日 時 点 情 報 平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 全 体 像 ~ 主 要 項 目 一 覧 ~ 個 人 所 得 税 医 療 用 機 器 等 の 特 別 償 却 制 度 の 延 長 縮 減 ふるさと 納 税 制 度 の 拡 充 等 NISA( 少 額 投 資 非

More information

Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 社 会 保 障 関 係 費 の 財 源 や 臨 時 財 政 対 策 債 の 償 還 財 源 はもとより 地 方 団 体 が 地 域 の 実 情 に 沿 った

Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 社 会 保 障 関 係 費 の 財 源 や 臨 時 財 政 対 策 債 の 償 還 財 源 はもとより 地 方 団 体 が 地 域 の 実 情 に 沿 った 地 方 創 生 の 推 進 に 向 けて Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 2 税 源 の 偏 在 性 が 小 さく 税 収 が 安 定 的 な 地 方 税 体 系 の 構 築 Ⅱ 思 い 切 った 施 策 の 展 開 と 必 要 な 財 源 の 確 保 等 1 地 方 創 生 人 口 減 少

More information

第25回税制調査会 総25-1

第25回税制調査会 総25-1 平 27.10.27 総 2 5-1 説 明 資 料 相 続 税 贈 与 税 平 成 27 年 10 月 27 日 ( 火 ) 財 務 省 目 次 1. 資 産 課 税 をめぐる 経 済 社 会 構 造 の 変 化 1 家 計 における 資 産 形 成 の 変 容 4 相 続 の 変 容 13 今 後 の 人 口 動 態 の 見 通 し 27 2. 相 続 税 の 現 状 30 3. 贈 与 税 の

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1 オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 オーナー 経 営 者 の 場 合 自 社 株 式 の 大 部 分 を 所 有 しているケースがほとんどです その ようなオーナー

Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1 オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 オーナー 経 営 者 の 場 合 自 社 株 式 の 大 部 分 を 所 有 しているケースがほとんどです その ようなオーナー 経 営 承 継 円 滑 化 法 の 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1.オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 2. 納 税 資 金 確 保 の 必 要 性 3. 円 滑 な 事 業 承 継 を 行 うための 経 営 承 継 円 滑 化 法 Ⅱ 納 税 資 金 の 確 保 対 策 1.

More information

5

5 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 55 回 ) 資 料 5 平 成 28 年 2 月 17 日 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 現 状 課 題 介 護 保 険 制 度 では 所 得 の 状 況 に 応 じて 保 険 料 や 利 用 者 負 担 額 等 を 負

More information

NY-11-0129 Word Proposal Template New

NY-11-0129 Word Proposal Template New 2015 年 度 税 制 改 正 Issue 110, April 2015 In brief 2015 年 3 月 31 日 2015 年 度 税 制 改 正 法 ( 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 及 び 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ) 及 び 関 連 する 政 省 令 が 公 布 され 法 人 税 については 一 部 の 規 定 を 除

More information

平成21年2月17日

平成21年2月17日 平 成 26 年 12 月 18 日 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 公 益 社 団 法 人 福 岡 中 部 法 人 会 福 岡 地 区 の5 公 益 社 団 法 人 会 は 平 成 28 年 度 の 税 制 改 正 に 関 して 中 小 企 業 に 係 る 税 制 を 中 心 に 下 記 のとおり その 実 現 を 強 く 要 望 します 記 1 重 点 要 望 事 項 1

More information

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場 平 成 27 年 分 住 宅 の 取 得 に 係 る 税 額 控 除 のあらまし 居 住 者 が 住 宅 の 新 築 取 得 又 は 増 改 築 をした 場 合 で 一 定 の 要 件 を 満 たすときは 次 のAからEの 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けることによって 居 住 の 用 に 供 した 年 分 以 後 の 各 年 分 の 所 得 税 額 から 一 定 の 金 額 を 控 除 する

More information

法 人 税 ~ 法 人 実 効 税 率 の 引 下 げ2 法 人 税 等 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 率 中 小 法 人 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 のうち 年 間 所 得 800 万 円 超 の 金 額

法 人 税 ~ 法 人 実 効 税 率 の 引 下 げ2 法 人 税 等 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 率 中 小 法 人 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 のうち 年 間 所 得 800 万 円 超 の 金 額 法 人 税 ~ 法 人 実 効 税 率 の 引 下 げ1 1. 改 正 の 概 要 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 について 法 人 税 の 税 率 が 段 階 的 に 引 下 げられます 平 成 28 及 び29 :23.9%( 改 正 前 ) 23.4 23.4%( ) 平 成 30 :23.9%( 改 正 前 ) 23.2 23.2%( ) 法 人 税 の

More information

期 の1 株 当 たりの 利 益 をマイナスすることによって 求 めることができる 下 期 (2014 年 10 月 ~2015 年 3 月 )の1 株 当 たりの 利 益 52 円 (98.5 円 -46.5 円 =52 円 ) よって 下 期 の 利 益 が 多 い 問 5 3 ユーロ 定 期

期 の1 株 当 たりの 利 益 をマイナスすることによって 求 めることができる 下 期 (2014 年 10 月 ~2015 年 3 月 )の1 株 当 たりの 利 益 52 円 (98.5 円 -46.5 円 =52 円 ) よって 下 期 の 利 益 が 多 い 問 5 3 ユーロ 定 期 一 発 合 格!FP 技 能 士 2 級 AFP 完 全 攻 略 実 戦 問 題 集 16-17 年 版 別 冊 FP 技 能 士 2 級 AFP 2016 年 1 月 実 施 試 験 解 答 & 解 説 実 技 試 験 資 産 設 計 提 案 業 務 ( 日 本 FP 協 会 ) 問 題 解 答 解 説 第 1 問 問 1 (ア) (イ) (ウ) (エ) (ア) 適 切 弁 護 士 資 格 を 有

More information

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4%

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4% 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 平 成 27 年 9 月 17 日 一 般 社 団 法 人 不 動 産 協 会 我 が 国 の 経 済 は 緩 やかな 回 復 を 続 けているが 少 子 化 高 齢 化 を 伴 う 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 産 業 構 造 の 転 換 グローバル 化 の 急 激 な 進 展 等 著 しい 構 造 変 化 に 直 面 している そのような

More information

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要 相 続 人 様 へ の お 願 い 相 続 税 の 申 告 にあたり 以 下 の 各 項 目 についてのご 確 認 をお 願 い 致 します Ⅰ 被 相 続 人 に 関 する 確 認 事 項 1 被 相 続 人 について 有 被 相 続 人 の 戸 籍 ( 除 本 籍 地 の 市 区 町 村 要 月 日 籍 ) 謄 本 ( 出 生 から 役 所 ( 場 ) 否 ( 通 ) 相 続 開 始 まで) 被

More information

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください ~ 平 成 25 年 度 税 制 改 正 ~ 新 しい 事 業 承 継 税 制 の 概 要 平 成 25 年 6 月 1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 第 3 市 町 村 税 関 係 市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 基 づいてとりまとめた 一 平 成 25 年 度 決 算 状 況 1

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について ( 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 税 制 ) 平 成 25 年 2 月 中 小 企 業 庁 1. 事 業 承 継 税 制 の 拡 充 1 ( 相 続 税 贈 与 税 ) 拡 充 中 小 企 業 経 営 者 の 平 均 年 齢 が 約 60 歳 となっており 事 業 承 継 の 円 滑 化 は 喫 緊 の 課 題 事 業 承 継 税 制

More information

参 考 税 制 改 正 大 綱 決 定 暮 らしはどう 変 わる? 12 月 10 日 19 時 10 分 自 民 公 明 両 党 は 10 日 それぞれ 税 制 調 査 会 の 総 会 を 開 き 消 費 税 の 軽 減 税 率 の 取 り 扱 いを 除 いて 来 年 度 の 税 制 改 正 大

参 考 税 制 改 正 大 綱 決 定 暮 らしはどう 変 わる? 12 月 10 日 19 時 10 分 自 民 公 明 両 党 は 10 日 それぞれ 税 制 調 査 会 の 総 会 を 開 き 消 費 税 の 軽 減 税 率 の 取 り 扱 いを 除 いて 来 年 度 の 税 制 改 正 大 イイケン 先 生 の 恐 縮 ですが 一 言 コラム 第 659 回 平 成 28 年 暮 らしはどう 変 わりますか? 2015.12.13 暮 らしの 動 向 を 大 きく 左 右 する 一 つの 要 因 は 税 制 の 在 り 方 にある ご 存 知 のように 税 は 政 策 的 側 面 がある 故 毎 年 のように その 制 度 が 変 わる 自 民 公 明 両 党 は 与 党 としての 来

More information

Microsoft Word - 平成26年度税制改正カンタン解説_白黒両面.doc

Microsoft Word - 平成26年度税制改正カンタン解説_白黒両面.doc 平 成 26 年 度 税 制 改 正 案 カンタン 解 説 今 年 の 税 制 改 正 大 綱 は 9 月 に 秋 の 税 制 改 正 大 綱 が 発 表 されたという 点 が 特 徴 的 です 秋 の 税 制 改 正 大 綱 は 本 年 4 月 に 控 えた 消 費 税 増 税 を 受 けての 景 気 対 策 のための 税 制 改 正 で 法 人 の 設 備 投 資 を 支 援 する 内 容 が

More information

消費税増税先送りに伴う他政策への影響

消費税増税先送りに伴う他政策への影響 税 制 A to Z 2014 年 11 月 21 日 全 13 頁 消 費 税 増 税 先 送 りに 伴 う 他 政 策 への 影 響 住 宅 ローン 減 税 自 動 車 税 制 年 金 制 度 給 付 措 置 などに 影 響 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 安 倍 首 相 は 2014 年 11 月 18 日 に 記 者 会 見 を 行 い 消 費 税 率 の 10%への

More information

所 得 税 の 控 除 ( 投 資 型 減 税 ) 3. 所 得 税 の 控 除 ⑴ 投 資 型 減 税 リフォームのための 借 入 金 の 有 無 にかかわらずご 利 用 できます マンション 共 用 部 分 の 改 修 工 事 を 行 う 場 合 は 全 体 工 事 費 用 のうち 申 請 者

所 得 税 の 控 除 ( 投 資 型 減 税 ) 3. 所 得 税 の 控 除 ⑴ 投 資 型 減 税 リフォームのための 借 入 金 の 有 無 にかかわらずご 利 用 できます マンション 共 用 部 分 の 改 修 工 事 を 行 う 場 合 は 全 体 工 事 費 用 のうち 申 請 者 減 税 制 度 の 種 類 税 制 の 組 み 合 わせ 1. 住 宅 リフォームの 減 税 制 度 について 住 宅 リフォームを 行 うと 要 件 を 満 たす 場 合 は 税 の 優 遇 を 受 けることができます 優 遇 を 受 けることのできる 税 の 種 類 は 次 のとおりです 所 得 税 の 控 除 所 得 税 とは 1 月 1 日 から12 月 31 日 までの1 年 間 に 生

More information

平成27年度市税のしおり

平成27年度市税のしおり 枚 方 市 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 目 次 個 人 の 市 民 税 均 等 割 と 所 得 割 ---------------------------------------- 2 市 民 税 と 府 民 税 所 得 税 と 個 人 市 府 民 税 個 人 市 府 民 税 を 納 める 人 ( 納 税 義

More information

申 請 免 除 申 請 免 除 ( 学 生 以 外 ) 学 生 納 付 特 例 制 度 若 年 者 納 付 猶 予 制 度 法 定 免 除 世 帯 構 成 図 表 1 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 の 種 類 と 所 得 基 準 本 人 世 帯 主 配 偶 者 の 所 得 に 応 じて 免

申 請 免 除 申 請 免 除 ( 学 生 以 外 ) 学 生 納 付 特 例 制 度 若 年 者 納 付 猶 予 制 度 法 定 免 除 世 帯 構 成 図 表 1 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 の 種 類 と 所 得 基 準 本 人 世 帯 主 配 偶 者 の 所 得 に 応 じて 免 みずほインサイト 政 策 2014 年 3 月 6 日 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 者 が 増 加 懸 念 される 将 来 の 低 年 金 者 の 増 加 政 策 調 査 部 上 席 主 任 研 究 員 堀 江 奈 保 子 03-3591-1308 naoko.horie@mizuho-ri.co.jp 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 者 の 増 加 が 続 いており 2012

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

東 日 本 大 震 災 の 被 害 にあわれた みなさまの 支 援 や ご 負 担 軽 減 のための 税 制 の 優 遇 措 置 を まとめました ぜひご 活 用 ください 平 成 23 年 6 月 16 日 発 行 の 申 告 納 付 などの 期 限 が 延 長 されます の 納 付 が 一 時 的 に 猶 予 されます 地 方 税 の 申 告 などの 期 限 が 延 長 されます 地 方 税

More information

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評 1 第 2 回 事 業 経 営 と 相 続 贈 与 税 ( 相 続 税 評 価 と 取 引 価 格 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 4 月 7 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 相 続 税 法 とその 通 達 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 取 引 相 場 のない 株 式 の 税 務 森 富 幸 著 2008.10

More information

PR版

PR版 平 成 2 9 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 28 年 9 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> 1 < 健 康 医 療 > 1 < 医 療 保 険 > 3 < 介 護 社 会 福 祉 > 3 < 年 金 > 4 < 雇 用 > 4 < 生 活 衛 生 > 5 6 * 印 を 付 している 項 目 は 他 省 庁 が 主 管 で 要 望 をしている

More information

要 望 事 項 (1) 緊 急 の 経 済 対 策 としての 住 宅 政 策 の 実 施 について 1 省 エネ 住 宅 ポイントの 再 実 施 この 場 合 長 期 優 良 住 宅 等 の 場 合 はポイント 加 算 を 実 施 2 フラット 35S 拡 充 による 優 良 等 住 宅 取 得 の

要 望 事 項 (1) 緊 急 の 経 済 対 策 としての 住 宅 政 策 の 実 施 について 1 省 エネ 住 宅 ポイントの 再 実 施 この 場 合 長 期 優 良 住 宅 等 の 場 合 はポイント 加 算 を 実 施 2 フラット 35S 拡 充 による 優 良 等 住 宅 取 得 の 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 平 成 28 年 7 月 26 日 一 般 社 団 法 人 プレハブ 建 築 協 会 会 長 樋 口 武 男 平 成 28 年 度 補 正 予 算 並 びに 平 成 29 年 度 住 宅 関 連 税 制 及 び 予 算 制 度 改 正 要 望 昨 年 政 府 は 新 三 本 の 矢 として 希 望 を 生 み 出 す 経 済 夢 をつなぐ 子 育 て 支

More information

< 問 3> 正 解 2 教 育 資 金 や 老 後 資 金 住 宅 ローンの 返 済 などのライフイベントについて 資 金 計 画 を 立 て る 際 積 立 目 標 額 や 元 利 合 計 額 年 金 額 やローン 返 済 額 などを 計 算 することは 重 要 である これらの 金 額 を 複

< 問 3> 正 解 2 教 育 資 金 や 老 後 資 金 住 宅 ローンの 返 済 などのライフイベントについて 資 金 計 画 を 立 て る 際 積 立 目 標 額 や 元 利 合 計 額 年 金 額 やローン 返 済 額 などを 計 算 することは 重 要 である これらの 金 額 を 複 平 成 28 年 5 月 3 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 個 人 資 産 相 談 業 務 > 解 答 と 解 説 第 1 問 番 号 問 1 問 2 問 3 正 解 3 2 2 < 問 1> 正 解 3 3)の 語 句 の 組 み 合 わせが 適 切 長 女 Cさんは 大 学 生 であるが 大 学 生 であっても 20 歳 に 達 した 日 から 国 民 年 金 に 第 1 号

More information

第2部-6.indd

第2部-6.indd 第 6 章 金 融 保 険 業 第 6 章 金 融 保 険 業 1 金 融 保 険 業 の 概 況 (1) 再 編 が 進 む 金 融 保 険 業 金 融 保 険 業 は 金 融 取 引 の 規 制 緩 和 を 背 景 に 銀 行 業 や 証 券 業 保 険 業 等 の 業 態 の 垣 根 を 越 えて 収 益 力 の 高 い 金 融 コングロマリット( 複 合 企 業 )を 目 指 す 時 代 に

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

<88F38DFC8169979D985F837D8358835E815B8CA9967B81694135816A2020816A>

<88F38DFC8169979D985F837D8358835E815B8CA9967B81694135816A2020816A> 1-1 相 続 税 又 は 贈 与 税 の 納 税 義 務 者 及 び 課 税 財 産 の 範 囲 1 3の 下 線 部 分 を 修 正 する 1. 相 続 税 の 納 税 義 務 者 次 の 者 は 相 続 税 を 納 める 義 務 がある 居 住 無 制 限 納 税 義 務 者 ( 法 1の3 一 ) 相 続 又 は 遺 贈 により 財 産 を 取 得 した 個 人 でその 財 産 を 取 得

More information

贈 与 税 の 概 要 贈 与 税 の 申 告 納 付 手 続 の 概 要 は 以 下 の 通 りです 1. 概 要 個 人 から 個 人 が 贈 与 によって 財 産 を 取 得 した 場 合 には 以 下 のように 贈 与 税 が 課 税 されます 贈 与 税 という 発 想 が ないと 相 続

贈 与 税 の 概 要 贈 与 税 の 申 告 納 付 手 続 の 概 要 は 以 下 の 通 りです 1. 概 要 個 人 から 個 人 が 贈 与 によって 財 産 を 取 得 した 場 合 には 以 下 のように 贈 与 税 が 課 税 されます 贈 与 税 という 発 想 が ないと 相 続 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 贈 与 税 の 概 要 住 宅 取 得 等 資 金 の 贈 与 税 の 非 課 税 特 例 相 続 時 精 算 課 税 制 度 http://www.up-firm.com 1 贈 与 税 の 概 要 贈 与 税 の 申 告 納 付 手 続 の 概 要 は 以 下 の 通 りです

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

林 業 用 機 軽 油 引 取 林 業 素 材 生 産 業 ( 年 間 素 材 生 産 量 1,000 税 率 :32.1 円 /リットル 械 施 設 税 ( 道 府 m 3 以 上 )に 係 る 一 定 の 機 械 ( 集 材 機 等 )の 等 の 取 得 県 税 ) 動 力 源 のための 軽 油

林 業 用 機 軽 油 引 取 林 業 素 材 生 産 業 ( 年 間 素 材 生 産 量 1,000 税 率 :32.1 円 /リットル 械 施 設 税 ( 道 府 m 3 以 上 )に 係 る 一 定 の 機 械 ( 集 材 機 等 )の 等 の 取 得 県 税 ) 動 力 源 のための 軽 油 林 業 木 材 産 業 関 係 税 制 の 概 要 H28.4 税 目 山 林 の 伐 所 得 税 < 山 林 所 得 に 係 る 所 得 税 の 計 算 > 所 得 税 額 速 算 表 採 譲 ( 山 林 所 1 山 林 所 得 の 計 算 課 税 所 得 の 金 額 (A) 算 式 渡 林 業 得 ) 概 算 経 費 控 除 ( 必 要 経 費 計 算 の 簡 便 化 ) 195 万 円 以 下

More information

法 律 の 概 要 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 概 要 ( 制 度 の 見 直 しに 関 する 部 分 ) 本 ページ 以 降 厚 生 年 金 は と 表 記 施 行 日 以

法 律 の 概 要 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 概 要 ( 制 度 の 見 直 しに 関 する 部 分 ) 本 ページ 以 降 厚 生 年 金 は と 表 記 施 行 日 以 厚 生 年 金 制 度 の 見 直 し 2014 年 4 月 Member of Multinational Group of Actuaries and Consultants 法 律 の 概 要 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 概 要 ( 制 度 の 見 直 しに 関 する 部

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478> 資 料 3 年 金 分 野 の 改 革 の 進 捗 状 況 について 平 成 26 年 10 月 10 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 1. 年 金 制 度 の 検 討 課 題 1 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 平 成 16 年 改 正 による 年 金 財 政 フレームが 完 成 するとともに 社 会 経 済 状 態 の 変 化 に 対 応 した 社

More information

続 く 30 31 32 33 34 35 36 所 割 5.5% 所 割 6% 所 割 所 割 8% 7.5% * 特 別 徴 収 制 度 が 任 意 的 なもから 強 制 的 なもに 改 められ た 割 5.4% * 寮 等 みを * でない 社 団 又 は * 中 間 申 (ただし,30 年

続 く 30 31 32 33 34 35 36 所 割 5.5% 所 割 6% 所 割 所 割 8% 7.5% * 特 別 徴 収 制 度 が 任 意 的 なもから 強 制 的 なもに 改 められ た 割 5.4% * 寮 等 みを * でない 社 団 又 は * 中 間 申 (ただし,30 年 1 制 に 関 す る 調 (1) 率 等 推 移 * 昭 和 25 年 現 行 地 方 制 定 年 度 25 26 27 28 29 均 等 割 100 円 所 割 ( 配 賦 課 方 式 ) 5% 所 課 市 町 村 源 * 内 前 年 分 所 総 額 を 一 部 を 道 府 に 移 譲 基 礎 として 所 割 課 総 額 を して 創 設 算 定 し,これを 内 市 町 村 に ( については,

More information

<4D F736F F D BD90AC E937890C590A789FC90B D>

<4D F736F F D BD90AC E937890C590A789FC90B D> 平 成 27 年 11 月 5 日 一 般 社 団 法 人 全 国 住 宅 産 業 協 会 会 長 神 山 和 郎 平 成 28 年 度 住 宅 土 地 税 制 改 正 要 望 わが 国 経 済 は 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 傾 向 が 続 くなかで 政 府 の 経 済 対 策 等 の 下 支 えもあり 景 気 は 穏 やかな 回 復 基 調 が 続 くことが 期 待 されていますが 消

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 3 市 民 税 Ⅰ 概 要 1 個 人 市 民 税 (1) 個 人 市 民 税 の 概 要 1 月 1 日 現 在 区 内 に 住 所 を 有 する 住 民 が その 地 方 公 共 団 体 に 納 税 する 税 金 であ る 市 民 税 は 県 民 税 とあわせて 住 民 税 と 呼 ばれている 住 民 税 は 市 や 県 の 仕 事 を 行 うために 必 要 な 費 用 を 住 民 が その

More information

153055_FP相続贈与_-N-_[本文].indb

153055_FP相続贈与_-N-_[本文].indb も く じ はじめに 相 続 基 礎 6 1 相 続 開 始 6 (1) 相 続 意 味 6 (2) 相 続 開 始 と 場 所 6 (3) 失 踪 宣 告 6 (4) 認 定 死 亡 6 (5) 同 時 死 亡 6 2 相 続 人 範 囲 7 (1) 相 続 人 種 類 7 (2) 子 7 (3) 直 系 尊 属 8 (4) 兄 弟 姉 妹 8 (5) 配 偶 者 8 (6) 推 定 相 続 人

More information

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF)

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF) 1 相 発 生 後 にやるべきこと POINT 1 相 発 生 後 には 税 務 申 告 だけでなく 生 活 に 関 連 する 諸 手 など やるべきこ とが 数 多 くあります 2 期 限 に 注 意 して 手 きを 進 める 必 要 があります 174 第 4 章 相 と 税 金 1 相 発 生 後 にやるべきこと 第 6 節 1 相 発 生 直 後 に 行 う 手 き( 遺 言 書 の 確 認

More information

Microsoft Word - 6相続対策.doc

Microsoft Word - 6相続対策.doc Volume 6 吉 田 正 一 税 理 士 事 務 所 相 続 対 策 と 事 業 承 継 税 制 相 続 対 策 と 事 業 承 継 税 制 は じ め に こんにちは 税 理 士 の 吉 田 正 一 です 経 営 承 継 円 滑 化 法 が 成 立 して 20 年 10 月 からの 自 社 株 の 相 続 対 策 が 大 きく 変 わります さらに 相 続 税 の 計 算 方 式 も 変 わる

More information

Japan Tax Newsletter

Japan Tax Newsletter Japan Tax Newsletter 税 理 士 法 人 トーマツ 2015 年 1 月 臨 時 号 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 概 要 1 法 人 税 率 の 引 下 げ P. 2 2 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 等 P. 2 3 欠 損 金 の 繰 越 控 除 制 度 等 の 見 直 し P. 3 4 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入

More information

新 設 拡 充 又 は 延 長 を 必 要 と す る 理 由 (1) 政 策 目 的 1 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 等 を 踏 まえ 以 下 の 見 直 しを 行 う 自 動 車 税 軽 自 動 車 税 消 費 税 10% 時 点 までにグリーン 化 特 例 の 現 行

新 設 拡 充 又 は 延 長 を 必 要 と す る 理 由 (1) 政 策 目 的 1 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 等 を 踏 まえ 以 下 の 見 直 しを 行 う 自 動 車 税 軽 自 動 車 税 消 費 税 10% 時 点 までにグリーン 化 特 例 の 現 行 平 成 28 年 度 税 制 改 正 ( 租 税 特 別 措 置 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 ) 制 度 名 車 体 課 税 の 抜 本 的 見 直 し ( 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 自 動 車 課 ) 税 目 自 動 車 重 量 税 ( 自 動 車 重 量 税 法 全 文 自 動 車 重 量 税 法 施 行 令 全 文 自 動 車 重 量 税 法 施 行 規 則

More information

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 項 目 平 成 28 年 8 月 金 融 庁 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 金 融 所 得

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

置 を 講 ずること 2 資 本 金 等 の 額 が 資 本 金 + 資 本 準 備 金 を 下 回 る 場 合 には 資 本 金 + 資 本 準 備 金 をもとに 判 断 すること とされたことにより 関 係 条 例 を 改 正 するもの (2) 住 宅 借 入 金 等 特 別 税 額 控 除 (

置 を 講 ずること 2 資 本 金 等 の 額 が 資 本 金 + 資 本 準 備 金 を 下 回 る 場 合 には 資 本 金 + 資 本 準 備 金 をもとに 判 断 すること とされたことにより 関 係 条 例 を 改 正 するもの (2) 住 宅 借 入 金 等 特 別 税 額 控 除 ( 第 3 回 南 相 馬 市 議 会 臨 時 会 市 長 提 出 議 案 の 要 旨 平 成 27 年 5 月 12 日 提 出 1. 件 数 8 件 内 訳 議 案 8 件 ( 専 決 処 分 の 報 告 及 びその 承 認 ( 条 例 関 係 ) 3 件 一 般 会 計 補 正 予 算 1 件 工 事 請 負 契 約 の 締 結 1 件 財 産 の 取 得 1 件 専 決 処 分 の 報 告 及

More information

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し 税 制 抜 本 改 革 に 伴 う 車 体 課 税 及 び 地 方 法 人 課 税 の 見 直 し 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 総 務 委 員 会 調 査 室 星 友 佳 1.はじめに 平 成 24 年 8 月 社 会 保 障 税 一 体 改 革 の 一 環 として 消 費 税 率 の 引 上 げ 等 を 内 容 とす る 税 制 抜 本 改 革 法 1 が 成 立

More information

経 営 財 務 12/24 号 3095 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 適 用 に 伴 う 税 効 果 会 計 に 関 するQ&A 改 正 の 公 開 草 案 例 : 個 別 F/S における 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 が 400 あったとする 連 結 修 正 仕

経 営 財 務 12/24 号 3095 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 適 用 に 伴 う 税 効 果 会 計 に 関 するQ&A 改 正 の 公 開 草 案 例 : 個 別 F/S における 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 が 400 あったとする 連 結 修 正 仕 経 営 財 務 12/17 号 3094 中 国 進 出 の 会 計 関 連 情 報 日 本 の 消 費 税 に 相 当 するものとして 増 値 税 がある 有 形 品 に 対 して 増 値 税 が 無 形 サービスに 対 しては 営 業 税 が 課 される ( 営 業 税 は 仕 入 税 額 控 除 ができない 但 し 現 在 は 増 値 税 に 統 合 される 過 程 にある 上 海 で 実 験

More information

( 資 料 1 ) 地 方 財 政 計 画 歳 入 歳 出 一 覧 ( 通 常 収 支 分 ) ⑴ 歳 入 歳 出 総 括 表 ( 単 位 : 億 円 %) 区 分 平 成 27 年 度 A 平 成 26 年 度 B 増 減 額 A-B C 増 減 率 C/B ( 歳 入 ) 地 方 税 374,9

( 資 料 1 ) 地 方 財 政 計 画 歳 入 歳 出 一 覧 ( 通 常 収 支 分 ) ⑴ 歳 入 歳 出 総 括 表 ( 単 位 : 億 円 %) 区 分 平 成 27 年 度 A 平 成 26 年 度 B 増 減 額 A-B C 増 減 率 C/B ( 歳 入 ) 地 方 税 374,9 地 方 税 法 等 の 改 正 目 一 平 成 27 年 度 地 方 財 政 計 画 924 二 平 成 27 年 度 の 地 方 税 収 見 込 み 928 三 個 人 住 民 税 932 四 地 方 法 人 課 税 ( 法 人 住 民 税 法 人 事 業 税 ) 945 五 地 方 消 費 税 949 六 自 動 車 取 得 税 952 七 軽 自 動 車 税 961 次 八 軽 油 引 取 税

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

Microsoft Word リスク説明書(HP掲載用:消費税対応)

Microsoft Word リスク説明書(HP掲載用:消費税対応) 家 賃 返 済 特 約 付 きフラット35に 関 する 覚 書 に 関 する 制 度 リスク 説 明 Ⅰ 制 度 内 容 について< 住 宅 金 融 支 援 機 構 が 実 施 する 内 容 の 説 明 > 1~17は 住 宅 金 融 支 援 機 構 が 実 施 する 家 賃 返 済 特 約 付 きフラット35 の 制 度 内 容 留 意 点 等 についての 説 明 です なお 本 内 容 については

More information

不動産コンサルティング業務委託契約書(案)

不動産コンサルティング業務委託契約書(案) Ⅰ. 学 習 にあたって この 学 習 にあたって は 不 動 産 コンサルティング 技 能 試 験 の 受 験 のために 学 習 すべき 範 囲 なら びに 学 習 上 の 留 意 点 を 示 したものです 以 下 各 科 目 別 に 説 明 します なお 試 験 問 題 の 主 な 出 題 範 囲 については Ⅱ.に 記 載 していますので 参 照 してください 1. 事 業 実 務 不 動 産

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

繰 越 欠 損 金 利 用 制 限 資 本 金 1 億 円 超 の 法 人 の 繰 越 欠 損 金 の 控 除 限 度 額 を 段 階 的 に 引 下 げ 中 小 法 人 については 現 行 のまま 欠 損 金 の 繰 越 期 間 を 10 年 ( 現 行 :9 年 )に 延 長 ( 平 成 29

繰 越 欠 損 金 利 用 制 限 資 本 金 1 億 円 超 の 法 人 の 繰 越 欠 損 金 の 控 除 限 度 額 を 段 階 的 に 引 下 げ 中 小 法 人 については 現 行 のまま 欠 損 金 の 繰 越 期 間 を 10 年 ( 現 行 :9 年 )に 延 長 ( 平 成 29 2015 年 1 月 発 行 平 成 27 年 度 税 制 改 正 ( 速 報 ) 昨 年 末 12 月 30 日 に 自 民 党 と 公 明 党 か 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 公 表 されました 12 月 に 解 散 総 選 挙 が 行 われたため 通 常 時 期 よりも 遅 い 大 綱 の 公 表 となりました 今 回 の 税 制 改 正 の 焦 点 は 法 人 課 税

More information

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 平 成 28 年 6 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 8 月 12 日 上 場 会 社 名 穴 吹 興 産 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 8928 URL http://www.anabuki.ne.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 穴 吹 忠 嗣 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

事 務 所 通 信 はじめに 1. 年 末 調 整 と 今 月 の 記 事 今 年 も 残 すところあと 2 か 月 を 切 り 10 月 初 旬 まで の 暑 さが 嘘 のような 冷 え 込 みとなって 体 調 を 崩 した というお 話 をよく 聞 きます 季 節 の 変 わり 目 は 気 を

事 務 所 通 信 はじめに 1. 年 末 調 整 と 今 月 の 記 事 今 年 も 残 すところあと 2 か 月 を 切 り 10 月 初 旬 まで の 暑 さが 嘘 のような 冷 え 込 みとなって 体 調 を 崩 した というお 話 をよく 聞 きます 季 節 の 変 わり 目 は 気 を No.2 2013 年 11 月 号 11 月 5 日 発 刊 事 務 所 通 信 教 育 資 金 贈 与 の 非 課 税 措 置 と 税 制 改 正 大 綱 はじめに 1. 年 末 調 整 と 今 月 の 記 事 11 月 の 税 務 処 理 として 代 表 的 な 年 末 調 整 今 回 は 簡 単 に 備 忘 録 として 取 上 げました 今 月 のワンポイント 解 説 は 話 題 の 教 育

More information

空 白

空 白 空 白 空 白 Ⅰ 償 却 資 産 のあらまし 1 償 却 資 産 とは 償 却 資 産 とは 土 地 及 び 家 屋 以 外 の 事 業 の 用 に 供 することができる 資 産 で その 減 価 償 却 額 又 は 減 価 償 却 費 が 法 人 税 法 又 は 所 得 税 法 の 規 定 による 所 得 の 計 算 上 損 金 又 は 必 要 な 経 費 に 算 入 されるもの(これに 類

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037>

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037> 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 平 成 27 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は じ め に 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は 自 動 車 の 生 産 販 売 使 用 の 各 段 階 にわたる 総 合 団 体 として クルマ 社 会 の 健 全 な 発 展 に 貢 献 し 持 続 可 能 な 社 会 の

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 28 年 度 税 制 改 正 について ( 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 ) 平 成 27 年 12 月 中 小 企 業 庁 < 主 な 改 正 事 項 > 新 たな 機 械 装 置 の 投 資 に 係 る 固 定 資 産 税 の 特 例 の 創 設 中 小 企 業 者 等 の 少 額 減 価 償 却 資 産 の 取 得 価 額 の 損 金 算 入 の 特 例 の 延 長

More information

<5461726F2D95BD90AC3139944E95E291AB8E968D802D338389834383742E6A>

<5461726F2D95BD90AC3139944E95E291AB8E968D802D338389834383742E6A> ライフプラン 関 係 1. 児 童 手 当 の 改 正 ( 平 成 19 年 4 月 実 施 ) 下 記 のように 3 歳 未 満 の 子 は 一 律 10,000 円 に 引 上 げられる 0 歳 ~3 歳 未 満 3 歳 以 上 小 学 校 修 了 前 まで 改 正 後 一 人 につき 10,000 円 第 一 子 第 二 子 は 一 人 につき 5,000 円 第 三 子 以 降 は 一 人

More information

3. 口 座 開 設 のお 手 続 きに 必 要 なもの 書 類 ご 準 備 記 入 捺 印 していただく 方 贈 与 する 方 贈 与 を 受 ける 方 親 権 者 1 戸 籍 謄 本 または 住 民 票 の 写 し( 原 本 ) 2 3 本 人 確 認 資 料 ( 原 本 ) 4 贈 与 契 約

3. 口 座 開 設 のお 手 続 きに 必 要 なもの 書 類 ご 準 備 記 入 捺 印 していただく 方 贈 与 する 方 贈 与 を 受 ける 方 親 権 者 1 戸 籍 謄 本 または 住 民 票 の 写 し( 原 本 ) 2 3 本 人 確 認 資 料 ( 原 本 ) 4 贈 与 契 約 とりぎん 教 育 資 金 贈 与 専 用 口 座 ご 利 用 のご 案 内 1.お 申 込 みにあたって 本 口 座 は 平 成 25 年 度 税 制 改 正 における 教 育 資 金 の 一 括 贈 与 に 係 る 贈 与 税 の 非 課 税 措 置 ( 以 下 非 課 税 措 置 とします)の 対 応 商 品 です 口 座 開 設 にあたり 当 行 と 教 育 資 金 管 理 契 約 を 締 結

More information

野村資本市場研究所|教育資金に見る早期世代間資産移転とリバース・モーゲージ(PDF)

野村資本市場研究所|教育資金に見る早期世代間資産移転とリバース・モーゲージ(PDF) 特 集 : 貯 蓄 から 投 へ 新 たな 展 開 教 育 に 見 る 早 期 世 代 間 産 移 転 とリバース モーゲージ 教 育 に 見 る 早 期 世 代 間 産 移 転 とリバース モーゲージ 小 島 俊 郎 要 約 1. 我 が 国 大 学 短 大 進 学 率 は 1992 年 に 38.9%だったが 2014 年 には 56.7% と 高 専 専 門 学 校 を 加 えた 高 等 教

More information

新しい賠償基準について

新しい賠償基準について 新 しい 賠 償 基 準 について 避 難 指 示 区 域 内 から 避 難 されている 方 々へのご 説 明 資 料 2013 年 3 月 経 済 産 業 省 1 新 しい 賠 償 基 準 に 関 する 説 明 資 料 ( 避 難 指 示 区 域 用 ) 目 次 Ⅰ. 新 しい 賠 償 基 準 の 方 針 Ⅱ. 新 しい 賠 償 基 準 の 全 体 像 Ⅲ. 財 物 賠 償 Ⅳ. 営 業 損 害

More information