目 次 導 入 編 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 (

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 ("

Transcription

1 認 定 ( 仮 認 定 )NPO 法 人 制 度 申 請 の 手 引 き ( 改 訂 版 ) 平 成 28 年 5 月 神 奈 川 県 NPO 協 働 推 進 課

2 目 次 導 入 編 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 (5) 欠 格 事 由... 3 (6) 認 定 等 の 有 効 期 間 等 認 定 NPO 法 人 等 になるまでのフロー 認 定 等 申 請 手 続 事 前 チェックシート... 6 解 説 編 認 定 手 続 等 の 概 要 認 定 仮 認 定 又 は 認 定 の 有 効 期 間 の 更 新 を 受 けるための 申 請 手 続 (1) 認 定 を 受 けようとする 場 合 (2) 仮 認 定 を 受 けようとする 場 合 (3) 認 定 の 有 効 期 間 の 更 新 を 受 けようとする 場 合 (4) 認 定 NPO 法 人 等 の 役 員 報 酬 規 程 等 の 提 出 義 務 認 定 等 の 基 準 の 概 要 (1) 認 定 の 基 準 の 概 要 (2) 欠 格 事 由 の 概 要 認 定 NPO 法 人 としての 認 定 を 受 けるための 基 準 (1) パブリックサポートテスト(PST)に 関 する 基 準 (2) 活 動 の 対 象 に 関 する 基 準 (3) 運 営 組 織 及 び 経 理 に 関 する 基 準 (4) 事 業 活 動 に 関 する 基 準... 42

3 (5) 情 報 公 開 に 関 する 基 準 (6) 事 業 報 告 書 等 の 提 出 に 関 する 基 準 (7) 不 正 行 為 等 に 関 する 基 準 (8) 設 立 後 の 経 過 期 間 に 関 する 基 準 仮 認 定 NPO 法 人 としての 仮 認 定 を 受 けるための 基 準 (9) 設 立 の 日 からの 経 過 期 間 に 関 する 基 準 (10) 認 定 又 は 仮 認 定 の 有 無 に 関 する 基 準 欠 格 事 由 認 定 NPO 法 人 等 の 税 制 上 の 措 置 認 定 ( 仮 認 定 ) 申 請 書 等 記 載 例 認 定 を 受 けるための 申 請 書 及 び 添 付 書 類 一 覧 ( 兼 チェック 表 ) 仮 認 定 を 受 けるための 申 請 書 及 び 添 付 書 類 一 覧 ( 兼 チェック 表 ) 認 定 ( 仮 認 定 ) 特 定 非 営 利 活 動 法 人 認 定 ( 仮 認 定 ) 申 請 書 ( 第 14 号 様 式 ) 寄 附 者 名 簿 ( 第 15 号 様 式 ) 認 定 基 準 等 チェック 表 ( 第 1 表 相 対 値 基 準 原 則 用 ) 認 定 基 準 等 チェック 表 ( 第 1 表 相 対 値 基 準 小 規 模 法 人 用 ) 受 け 入 れた 寄 附 金 の 明 細 表 第 1 表 付 表 1( 相 対 値 基 準 原 則 用 ) 受 け 入 れた 寄 附 金 の 明 細 表 第 1 表 付 表 1( 相 対 値 基 準 小 規 模 法 人 用 ) 受 け 入 れた 寄 附 金 の 明 細 表 第 1 表 付 表 1( 次 葉 ) 社 員 から 受 け 入 れた 会 費 の 明 細 表 第 1 表 付 表 2( 相 対 値 基 準 用 ) 認 定 基 準 等 チェック 表 ( 第 1 表 絶 対 値 基 準 用 ) 認 定 基 準 等 チェック 表 ( 第 1 表 条 例 個 別 指 定 法 人 用 ) 認 定 基 準 等 チェック 表 ( 第 2 表 ) 認 定 基 準 等 チェック 表 ( 第 2 表 条 例 個 別 指 定 法 人 用 ) 認 定 基 準 等 チェック 表 ( 第 3 表 ) 役 員 の 状 況 ( 第 3 表 付 表 1) 帳 簿 組 織 の 状 況 ( 第 3 表 付 表 2) 認 定 基 準 等 チェック 表 ( 第 4 表 )... 87

4 役 員 等 に 対 する 報 酬 等 の 状 況 ( 第 4 表 付 表 1) 役 員 等 に 対 する 資 産 の 譲 渡 等 の 状 況 等 ( 第 4 表 付 表 2) 認 定 基 準 等 チェック 表 ( 第 5 表 ) 認 定 基 準 等 チェック 表 ( 第 表 ) 欠 格 事 由 チェック 表 役 員 等 氏 名 一 覧 表 寄 附 金 充 当 予 定 事 業 一 覧 ( 第 16 号 様 式 ) 確 認 させていただく 資 料 ( 例 ) 認 定 の 更 新 認 定 の 有 効 期 間 の 更 新 の 申 請 書 及 び 添 付 書 類 一 覧 ( 兼 チェック 表 ) 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 認 定 有 効 期 間 更 新 申 請 書 ( 第 17 号 様 式 ) 認 定 NPO 法 人 等 の 管 理 運 営 記 載 例 認 定 NPO 法 人 等 の 報 告 義 務 (1) 事 業 年 度 終 了 後 の 役 員 報 酬 規 程 等 の 報 告 (2) 助 成 金 及 び 海 外 送 金 等 の 報 告 (3) その 他 の 報 告 認 定 NPO 法 人 等 の 情 報 公 開 (1) 認 定 NPO 法 人 等 の 情 報 公 開 ( 閲 覧 ) (2) 所 轄 庁 の 情 報 公 開 ( 閲 覧 謄 写 ) 認 定 NPO 法 人 等 所 轄 庁 における 閲 覧 等 書 類 一 覧 認 定 NPO 法 人 等 に 対 する 監 督 等 (1) 認 定 NPO 法 人 等 に 対 する 報 告 及 び 検 査 (2) 認 定 NPO 法 人 等 に 対 する 勧 告 命 令 等 (3) その 他 の 事 業 の 停 止 (4) 認 定 NPO 法 人 等 に 対 する 認 定 等 の 取 消 し (5) 罰 則 認 定 ( 仮 認 定 ) 特 定 非 営 利 活 動 法 人 役 員 報 酬 規 程 等 提 出 書 ( 第 20 号 様 式 )

5 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 第 54 条 第 2 項 第 3 号 に 定 める 事 項 を 記 載 した 書 類 認 定 基 準 等 チェック 表 ( 第 3 表 ) 役 員 の 状 況 ( 第 3 表 付 表 1) 帳 簿 組 織 の 状 況 ( 第 3 表 付 表 2) 認 定 基 準 等 チェック 表 ( 第 4 表 ) 認 定 基 準 等 チェック 表 ( 第 5 表 ) 認 定 基 準 等 チェック 表 ( 第 表 ) 欠 格 事 由 チェック 表 認 定 ( 仮 認 定 ) 特 定 非 営 利 活 動 法 人 助 成 金 支 給 実 績 提 出 書 ( 第 21 号 様 式 ) 認 定 ( 仮 認 定 ) 特 定 非 営 利 活 動 法 人 の 海 外 送 金 等 に 係 る 提 出 書 ( 第 22 号 様 式 ) 所 轄 庁 以 外 の 関 係 知 事 に 対 する 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 第 44 条 第 1 項 の 認 定 に 係 る 関 係 書 類 の 提 出 書 ( 様 式 第 1 号 ) 所 轄 庁 以 外 の 関 係 知 事 に 対 する 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 第 58 条 第 1 項 の 仮 認 定 に 係 る 関 係 書 類 の 提 出 書 ( 様 式 第 4 号 ) 所 轄 庁 以 外 の 関 係 知 事 に 対 する 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 第 51 条 第 2 項 の 有 効 期 間 の 更 新 に 係 る 関 係 書 類 の 提 出 書 ( 様 式 第 2 号 ) 役 員 の 変 更 等 届 出 書 ( 第 4 号 様 式 ) 定 款 変 更 届 出 書 ( 第 6 号 様 式 ) 認 定 ( 仮 認 定 ) 特 定 非 営 利 活 動 法 人 定 款 変 更 認 証 提 出 書 ( 第 18 号 様 式 ) 定 款 変 更 認 証 申 請 書 ( 第 5 号 様 式 ) 代 表 者 氏 名 変 更 届 出 書 ( 第 19 号 様 式 ) 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 第 53 条 第 4 項 の 都 道 府 県 知 事 に 対 する 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 の 事 務 所 の 新 設 に 係 る 関 係 書 類 の 提 出 書 ( 様 式 第 3 号 ) 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 第 62 条 において 準 用 する 同 法 第 53 条 第 4 項 の 都 道 府 県 知 事 に 対 する 仮 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 の 事 務 所 の 新 設 に 係 る 関 係 書 類 の 提 出 書 ( 様 式 第 5 号 ) 認 定 NPO 法 人 等 の 合 併 NPO 法 人 の 合 併 合 併 法 人 に 係 る 認 定 等 の 基 準 の 適 用 (1) 合 併 によって 設 立 されたNPO 法 人 が 申 請 を 行 う 場 合

6 (2) 認 定 NPO 法 人 等 の 合 併 法 第 63 条 第 1 項 又 は 第 2 項 の 合 併 の 認 定 申 請 書 及 び 添 付 書 類 一 覧 ( 兼 チェック 表 ) 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 等 合 併 認 定 申 請 書 ( 第 23 号 様 式 ) 所 轄 庁 以 外 の 関 係 知 事 に 対 する 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 第 63 条 第 1 項 の 合 併 の 認 定 に 係 る 関 係 書 類 の 提 出 書 ( 様 式 第 6 号 ) 所 轄 庁 以 外 の 関 係 知 事 に 対 する 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 第 63 条 第 2 項 の 合 併 の 認 定 に 係 る 関 係 書 類 の 提 出 書 ( 様 式 第 7 号 ) Q&A 神 奈 川 県 内 の 所 轄 庁 一 覧 本 書 において 使 用 している 省 略 語 は 次 のとおりです 法 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 ( 平 成 10 年 法 律 第 7 号 ) 法 令 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 施 行 令 ( 平 成 23 年 政 令 第 319 号 ) 法 規 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 施 行 規 則 ( 平 成 23 年 内 閣 府 令 第 55 号 ) 法 附 則 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 70 号 ) 附 則 NPO 法 人 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 第 2 条 第 2 項 に 規 定 する 特 定 非 営 利 活 動 法 人 認 定 NPO 法 人 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 第 44 条 第 1 項 に 規 定 する 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 仮 認 定 NPO 法 人 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 第 58 条 第 1 項 に 規 定 する 仮 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 認 定 NPO 法 人 等 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 及 び 仮 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 所 轄 庁 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 第 9 条 に 規 定 するその 主 たる 事 務 所 が 所 在 する 都 道 府 県 知 事 (その 事 務 所 が 一 の 指 定 都 市 の 区 域 内 のみに 所 在 する 特 定 非 営 利 活 動 法 人 にあっ ては 当 該 指 定 都 市 の 長 ) 措 法 租 税 特 別 措 置 法 ( 昭 和 32 年 法 律 第 26 号 ) 措 令 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 ( 昭 和 32 年 政 令 第 43 号 ) 措 規 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 ( 昭 和 32 年 大 蔵 省 令 第 15 号 ) 法 人 法 法 人 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 34 号 ) 法 人 令 法 人 税 法 施 行 令 ( 昭 和 40 年 政 令 第 97 号 ) 法 人 規 法 人 税 法 施 行 規 則 ( 昭 和 40 年 大 蔵 省 令 第 12 号 ) 所 法 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 ) 所 令 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭 和 40 年 政 令 第 96 号 ) 所 規 所 得 税 法 施 行 規 則 ( 昭 和 40 年 大 蔵 省 令 第 11 号 ) 相 規 相 続 税 法 施 行 規 則 ( 昭 和 25 年 大 蔵 省 令 第 17 号 ) 組 登 令 組 合 等 登 記 令 ( 昭 和 39 年 3 月 23 日 政 令 第 29 号 ) 行 手 法 行 政 手 続 法 ( 平 成 5 年 11 月 12 日 法 律 第 88 号 )

7 導 入 編 1

8 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要 認 定 NPO 法 人 制 度 は NPO 法 人 への 寄 附 を 促 すことにより NPO 法 人 の 活 動 を 支 援 するために 税 制 上 設 け られた 措 置 として NPO 法 人 のうち 一 定 の 要 件 を 満 たすものについて これまで 国 税 庁 長 官 が 認 定 を 行 う 制 度 でしたが 平 成 23 年 の 法 改 正 により 所 轄 庁 が 認 定 を 行 う 新 たな 認 定 制 度 が 創 設 され 平 成 24 年 4 月 1 日 から 実 施 されています ⑴ 認 定 NPO 法 人 とは 認 定 NPO 法 人 とは NPO 法 人 のうちその 運 営 組 織 及 び 事 業 活 動 が 適 正 であって 公 益 の 増 進 に 資 するもの につき 一 定 の 基 準 (パブリック サポート テストを 含 みます )に 適 合 したものとして 所 轄 庁 の 認 定 を 受 けた NPO 法 人 をいいます( 法 ) ⑵ 仮 認 定 NPO 法 人 とは 仮 認 定 NPO 法 人 とは NPO 法 人 であって 新 たに 設 立 されたもの( 設 立 後 5 年 以 内 のものをいいます ) のうち その 運 営 組 織 及 び 事 業 活 動 が 適 正 であって 特 定 非 営 利 活 動 の 健 全 な 発 展 の 基 盤 を 有 し 公 益 の 増 進 に 資 すると 見 込 まれるものにつき 一 定 の 基 準 (パブリック サポート テストは 含 まれません )に 適 合 したものとして 所 轄 庁 の 仮 認 定 を 受 けた NPO 法 人 をいいます( 法 ) ⑶ 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット 1 寄 附 者 に 対 する 税 制 上 の 措 置 イ 個 人 が 寄 附 した 場 合 個 人 が 認 定 NPO 法 人 等 に 対 し その 認 定 NPO 法 人 等 の 行 う 特 定 非 営 利 活 動 に 係 る 事 業 に 関 連 する 寄 附 をした 場 合 には 特 定 寄 附 金 に 該 当 し 寄 附 金 控 除 ( 所 得 控 除 ) 又 は 税 額 控 除 のいずれかの 控 除 を 選 択 適 用 できます( 措 法 41 の 18 の212) また 都 道 府 県 又 は 市 区 町 村 が 条 例 で 指 定 した 認 定 NPO 法 人 等 に 個 人 が 寄 附 した 場 合 個 人 住 民 税 ( 地 方 税 )の 計 算 において 寄 附 金 税 額 控 除 が 適 用 されます( 地 方 税 法 37 の21 三 四 314 の71 三 四 ) ロ 法 人 が 寄 附 した 場 合 法 人 が 認 定 NPO 法 人 等 に 対 し その 認 定 NPO 法 人 等 の 行 う 特 定 非 営 利 活 動 に 係 る 事 業 に 関 連 する 寄 附 をした 場 合 は 一 般 寄 附 金 の 損 金 算 入 限 度 額 とは 別 に 特 定 公 益 増 進 法 人 に 対 する 寄 附 金 の 額 と 合 わせて 特 別 損 金 算 入 限 度 額 の 範 囲 内 で 損 金 算 入 が 認 められます( 措 法 66 の 11 の22) ハ 相 続 人 等 が 相 続 財 産 等 を 寄 附 した 場 合 相 続 又 は 遺 贈 により 財 産 を 取 得 した 者 が その 取 得 した 財 産 を 相 続 税 の 申 告 期 限 までに 認 定 NPO 法 人 ( 仮 認 定 NPO 法 人 は 適 用 されません )に 対 し その 認 定 NPO 法 人 が 行 う 特 定 非 営 利 活 動 に 係 る 事 業 に 関 連 する 寄 附 をした 場 合 その 寄 附 をした 財 産 の 価 額 は 相 続 税 の 課 税 価 格 の 計 算 の 基 礎 に 算 入 されません( 措 法 7010) 2 認 定 NPO 法 人 のみなし 寄 附 金 制 度 認 定 NPO 法 人 が その 収 益 事 業 に 属 する 資 産 のうちからその 収 益 事 業 以 外 の 事 業 で 特 定 非 営 利 活 動 に 係 る 事 業 に 支 出 した 金 額 は その 収 益 事 業 に 係 る 寄 附 金 の 額 とみなされ 一 定 の 範 囲 内 で 損 金 算 入 が 認 められます( 仮 認 定 NPO 法 人 は 適 用 されません 措 法 66 の 11 の21) 2

9 ⑷ 認 定 の 基 準 認 定 NPO 法 人 等 になるためには 次 の 基 準 に 適 合 する 必 要 があります( 法 45 59) 1 パブリック サポート テスト(PST)に 適 合 すること( 仮 認 定 NPO 法 人 は 除 きます ) 2 事 業 活 動 において 共 益 的 な 活 動 の 占 める 割 合 が 50% 未 満 であること 3 運 営 組 織 及 び 経 理 が 適 切 であること 4 事 業 活 動 の 内 容 が 適 正 であること 5 情 報 公 開 を 適 切 に 行 っていること 6 事 業 報 告 書 等 を 所 轄 庁 に 提 出 していること 7 法 令 違 反 不 正 の 行 為 公 益 に 反 する 事 実 等 がないこと 8 設 立 の 日 から1 年 を 超 える 期 間 が 経 過 していること ( 注 ) 上 記 1~8の 基 準 を 満 たしていても( 仮 認 定 NPO 法 人 は1を 除 きます ) 欠 格 事 由 ( 法 47)に 該 当 する NPO 法 人 は 認 定 ( 仮 認 定 ) 受 けることはできないこととなります ⑸ 欠 格 事 由 次 のいずれかの 欠 格 事 由 に 該 当 する NPO 法 人 は 認 定 等 を 受 けることができません( 法 47) 1 役 員 のうちに 次 のいずれかに 該 当 する 者 がある 法 人 イ 認 定 又 は 仮 認 定 を 取 り 消 された 法 人 において その 取 消 しの 原 因 となった 事 実 があった 日 以 前 1 年 内 に 当 該 法 人 のその 業 務 を 行 う 理 事 であった 者 でその 取 消 しの 日 から5 年 を 経 過 しない 者 ロ 禁 錮 以 上 の 刑 に 処 せられ その 執 行 を 終 わった 日 又 はその 執 行 を 受 けることがなくなった 日 から 5 年 を 経 過 しない 者 ハ NPO 法 暴 力 団 員 不 当 行 為 防 止 法 に 違 反 したことにより 若 しくは 刑 法 204 条 等 若 しくは 暴 力 行 為 等 処 罰 法 の 罪 を 犯 したことにより 又 は 国 税 若 しくは 地 方 税 に 関 する 法 律 に 違 反 したことにより 罰 金 刑 に 処 せられ その 執 行 を 終 わった 日 又 はその 執 行 を 受 けることがなくなった 日 から5 年 を 経 過 しない 者 ニ 暴 力 団 又 はその 構 成 員 等 2 認 定 又 は 仮 認 定 を 取 り 消 され その 取 消 しの 日 から5 年 を 経 過 しない 法 人 3 定 款 又 は 事 業 計 画 書 の 内 容 が 法 令 等 に 違 反 している 法 人 4 国 税 又 は 地 方 税 の 滞 納 処 分 が 執 行 されている 又 は 当 該 滞 納 処 分 の 終 了 の 日 から3 年 を 経 過 しない 法 人 5 国 税 又 は 地 方 税 に 係 る 重 加 算 税 等 を 課 された 日 から3 年 を 経 過 しない 法 人 6 暴 力 団 又 は 暴 力 団 若 しくは 暴 力 団 の 構 成 員 等 の 統 制 下 にある 法 人 ⑹ 認 定 等 の 有 効 期 間 等 認 定 の 有 効 期 間 は 所 轄 庁 による 認 定 の 日 から 起 算 して5 年 となります( 法 511) 仮 認 定 の 有 効 期 間 は 所 轄 庁 による 仮 認 定 の 日 から 起 算 して3 年 となります( 法 60) なお 認 定 の 有 効 期 間 の 満 了 後 引 き 続 き 認 定 NPO 法 人 として 特 定 非 営 利 活 動 を 行 おうとする 認 定 NPO 法 人 は その 有 効 期 間 の 更 新 を 受 ける 必 要 があります( 仮 認 定 の 有 効 期 間 の 更 新 はありません )( 法 512 ) 3

10 2 認 定 NPO 法 人 等 になるまでのフロー 申 請 者 1 設 立 認 証 申 請 任 意 団 体 か ら N P O 法 人 へ N P O 法 人 か ら 認 定 N P O 法 人 等 へ NPO 法 人 ( 申 請 に 必 要 な 主 な 書 類 ) 法 定 款 2 役 員 に 係 る 次 に 掲 げる 書 類 イ 役 員 名 簿 ( 役 員 の 氏 名 及 び 住 所 又 は 居 所 並 びに 各 役 員 についての 報 酬 の 有 無 を 記 載 した 名 簿 ) ロ 各 役 員 が 法 第 20 条 各 号 に 該 当 しないこと 及 び 第 21 条 の 規 定 に 違 反 しないことを 誓 約 し 並 びに 就 任 を 承 諾 する 書 面 の 謄 本 ハ 各 役 員 の 住 所 又 は 居 所 を 証 する 書 面 として 都 道 府 県 又 は 指 定 都 市 の 条 例 で 定 めるもの 3 社 員 のうち 10 人 以 上 の 者 の 氏 名 及 び 住 所 又 は 居 所 を 記 載 した 書 面 4 法 第 2 条 第 2 項 第 2 号 及 び 第 12 条 第 1 項 第 3 号 に 該 当 することを 確 認 したことを 示 す 書 面 5 設 立 趣 旨 書 6 設 立 についての 意 思 の 決 定 を 証 する 議 事 録 の 謄 本 7 設 立 当 初 の 事 業 年 度 及 び 翌 事 業 年 度 の 事 業 計 画 書 8 設 立 当 初 の 事 業 年 度 及 び 翌 事 業 年 度 の 活 動 予 算 書 2 設 立 認 証 3 事 業 報 告 書 等 の 提 出 法 29 4 事 前 相 談 事 前 の 自 己 チェック(P6~19) 問 い 合 わせ 先 (P199) 5 認 定 ( 仮 認 定 ) 申 請 申 請 書 及 び 添 付 書 類 (P54~55) 6 実 態 確 認 等 確 認 させていただく 資 料 ( 例 )(P104) 所 轄 庁 ( 都 道 府 県 又 は 指 定 都 市 ) 認 定 NPO 法 人 等 7 認 定 ( 仮 認 定 ) 4

11 3 認 定 等 申 請 手 続 認 定 又 は 仮 認 定 を 受 けようとするNPO 法 人 は 認 定 申 請 書 等 を 都 道 府 県 又 は 指 定 都 市 の 条 例 で 定 め るところにより 所 轄 庁 に 提 出 することとされています( 法 44 58) ただし 申 請 書 の 提 出 に 当 たっては 提 出 日 を 含 む 事 業 年 度 の 初 日 において 設 立 の 日 から1 年 を 超 え る 期 間 が 経 過 している 必 要 があります( 法 451 八 59 一 ) 認 定 又 は 仮 認 定 を 受 けるための 申 請 書 及 びその 添 付 書 類 記 載 事 項 申 請 書 1 申 請 者 (NPO 法 人 )の 名 称 2 代 表 者 の 氏 名 3 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 とその 他 の 事 務 所 の 所 在 地 4 設 立 の 年 月 日 5 申 請 者 (NPO 法 人 )が 現 に 行 っている 事 業 の 概 要 等 申 請 書 の 添 付 書 類 1 寄 附 者 名 簿 ( 実 績 判 定 期 間 内 の 日 を 含 む 各 事 業 年 度 分 ) 2 各 認 定 基 準 に 適 合 する 旨 及 び 欠 格 事 由 に 該 当 しない 旨 を 説 明 する 書 類 3 寄 附 金 を 充 当 する 予 定 の 具 体 的 な 事 業 の 内 容 を 記 載 した 書 類 ( 注 )1の 書 類 については 条 例 個 別 指 定 の 基 準 に 適 合 する 法 人 仮 認 定 NPO 法 人 としての 仮 認 定 を 受 けようとする 法 人 は 添 付 の 必 要 はありません( 法 ) 5

12 4 事 前 チェックシート 認 定 又 は 仮 認 定 を 受 けるためには 法 令 に 定 められた 次 に 掲 げる 基 準 等 ( 仮 認 定 を 受 ける 場 合 は1を 除 く) に 適 合 する 必 要 があります ( 注 ) 仮 認 定 は 設 立 の 日 から5 年 を 経 過 した 法 人 及 び 過 去 に 認 定 又 は 仮 認 定 を 受 けたことがある 法 人 は 受 けることができません 申 請 書 の 提 出 を 検 討 されている 方 は まず 以 下 の9 項 目 ( 仮 認 定 を 受 ける 場 合 は1を 除 く)のチェックポイン トを 確 認 してください 項 目 1イ ロ 2 4D Eは 実 績 判 定 期 間 において 項 目 1ハは 申 請 日 の 前 日 において 項 目 3 4A B C 5 6 7は 認 定 時 まで 継 続 して 各 基 準 に 適 合 しておく 必 要 があります 実 績 判 定 期 間 とは 認 定 基 準 等 の 判 定 対 象 となる 期 間 のことです チェックに 当 たっては 直 前 に 終 了 した 事 業 年 度 以 前 の5 事 業 年 度 分 ( 初 めて 認 定 又 は 仮 認 定 を 受 けようとする 法 人 は2 事 業 年 度 分 )の 各 科 目 の 合 計 金 額 を 使 用 します 詳 しくは 次 のページでご 確 認 ください チェックポイント 1 仮 認 定 除 く ( ) イ 相 対 値 基 準 収 入 金 額 に 占 める 寄 附 金 の 割 合 が20% 以 上 である(P8) 又 は ロ 絶 対 値 基 準 年 3,000 以 上 の 寄 附 者 の 数 が 平 均 100 人 以 上 である(P9) 又 は ハ 条 例 個 別 指 定 都 道 府 県 又 は 市 区 町 村 の 条 例 による 個 別 指 定 を 受 けている(P10) 適 否 2 事 業 活 動 において 共 益 的 な 活 動 の 占 める 割 合 が50% 未 満 である(P11) 適 否 3 運 営 組 織 及 び 経 理 が 適 切 である(P13) 適 否 4 事 業 活 動 の 内 容 が 適 正 である(P14) 適 否 5 情 報 公 開 を 適 切 に 行 っている(P15) 適 否 6 所 轄 庁 に 対 して 事 業 報 告 書 などを 提 出 している(P16) 適 否 7 法 令 違 反 不 正 の 行 為 公 益 に 反 する 事 実 等 がない(P17) 適 否 8 設 立 の 日 から1 年 を 超 える 期 間 が 経 過 している(P18) 適 否 9 欠 格 事 由 のいずれにも 該 当 しない(P19) 適 否 ご 注 意 く だ さ い! このチェックシートは 認 定 基 準 等 を 満 たしているかどうかを 簡 易 的 に 自 己 チェックするためのもので 全 ての チェック 項 目 が 適 となった 場 合 でも 必 ず 認 定 又 は 仮 認 定 を 受 けることができるとは 限 りません ご 不 明 な 点 がある 場 合 や 認 定 基 準 等 の 具 体 的 な 手 続 等 についてお 尋 ねになりたい 場 合 には 所 轄 庁 にお 問 い 合 わせください 6

13 実 績 判 定 期 間 に つ い て 実 績 判 定 期 間 とは 認 定 を 受 けようとする 法 人 の 直 前 に 終 了 した 事 業 年 度 の 末 日 以 前 5 年 ( 過 去 に 認 定 を 受 けたことのない 法 人 又 は 仮 認 定 を 受 ける 法 人 の 場 合 は2 年 ) 内 に 終 了 した 各 事 業 年 度 のうち 最 も 早 い 事 業 年 度 の 初 日 から 当 該 末 日 までの 期 間 をいいます A. 申 請 ( 予 定 ) 年 月 日 ( 年 月 日 ) B. 直 前 終 了 事 業 年 度 (1 年 月 日 ~ 年 月 日 ) Bの1 年 前 事 業 年 度 Bの2 年 前 事 業 年 度 Bの3 年 前 事 業 年 度 Bの4 年 前 事 業 年 度 2 ( 年 月 日 ~ 年 月 日 ) 3 ( 年 月 日 ~ 年 月 日 ) 4 ( 年 月 日 ~ 年 月 日 ) 5 ( 年 月 日 ~ 年 月 日 ) 認 定 を 受 けたことのない 法 人 又 は 仮 認 定 を 受 ける 法 人 申 請 区 分 過 去 に 認 定 を 受 けたことの ある 法 人 実 績 2 事 業 年 度 (1~2 決 算 期 ) 判 定 期 間 5 事 業 年 度 (1~5 決 算 期 ) 実 績 判 定 期 間 ( 年 月 日 ~ 年 月 日 ) 認 定 を 受 けたことのある 法 人 B. 1 年 月 (5 事 業 年 度 ) A. 年 月 実 績 判 定 期 間 認 定 を 受 けたことのない 法 人 仮 認 定 を 受 ける 法 人 実 績 判 定 期 間 (2 事 業 年 度 ) 7

14 基 準 1については イ ロ ハのいずれかの 基 準 を 選 択 して 適 用 いただくことになります 仮 認 定 NPO 法 人 としての 仮 認 定 を 受 けようとするNPO 法 人 は 認 定 基 準 1の 確 認 は 必 要 ありません 認 定 基 準 等 1-イ パブリックサポートテスト(PST)について 相 対 値 基 準 実 績 判 定 期 間 における ( 注 A. 活 動 計 算 書 の 総 収 入 金 額 ) ( ) B. 国 地 方 公 共 団 体 からの 補 助 金 等 ( ) C. 資 産 売 却 による 臨 時 収 入 D.1,000 未 満 の 寄 附 金 ( 同 一 者 からの 合 計 額 ) ( ) ( ) E. 氏 名 又 は 名 称 が 明 らかでない 寄 附 金 ( ) F. 差 引 金 額 (A - B - C - D - E) ( ) ( 注 ) 総 収 入 金 額 欄 には 活 動 計 算 書 の 経 常 収 益 計 と 経 常 外 収 益 の 合 計 額 を 記 載 します 実 績 判 定 期 間 における G. 受 け 入 れた 寄 附 金 総 額 ( ) H. 同 一 者 からの 寄 附 金 のうち Gの10%を 超 える 額 の 合 計 ( ) I. 1,000 未 満 の 寄 附 金 ( 同 一 者 からの 合 計 額 ) J. 氏 名 又 は 名 称 が 明 らかでない 寄 附 金 K. 差 引 金 額 (G - H - I - J) ( ) ( ) ( ) Kの 金 額 ( ) Fの 金 額 ( ) 20%である はい ( 適 ) 認 定 基 準 等 1-イに 適 合 すると 思 われます ( 否 ) 認 定 基 準 等 に 適 合 しません いいえ 初 めて 認 定 を 受 けようとする 場 合 は 実 績 判 定 期 間 に 係 る 寄 附 者 名 簿 を 作 成 し 申 請 書 に 添 付 してください 8

15 基 準 1については イ ロ ハのいずれかの 基 準 を 選 択 して 適 用 いただくことになります 仮 認 定 NPO 法 人 としての 仮 認 定 を 受 けようとするNPO 法 人 は 認 定 基 準 1の 確 認 は 必 要 ありません 認 定 基 準 等 1-ロ パブリックサポートテスト(PST)について 絶 対 値 基 準 実 績 判 定 期 間 において 年 間 3,000 以 上 の 寄 附 者 の 数 が 年 平 均 100 人 以 上 である はい ( 適 ) 認 定 基 準 等 1-ロに 適 合 すると 思 われます ( 否 ) 認 定 基 準 等 に 適 合 しません いいえ ( 注 意 事 項 ) 寄 附 者 の 氏 名 ( 法 人 団 体 にあっては その 名 称 ) 及 びその 住 所 が 明 らかな 寄 附 者 のみを 数 えます 寄 附 者 本 人 と 生 計 を 一 にする 者 を 含 めて 一 人 として 数 えます 申 請 法 人 の 役 員 及 びその 役 員 と 生 計 を 一 にする 者 が 寄 附 者 の 場 合 は これらの 者 は 寄 附 者 数 に 含 めません 実 績 判 定 期 間 中 に 年 3,000 以 上 の 寄 附 者 が100 人 以 上 でない 事 業 年 度 がある 場 合 には 次 の 算 式 により 年 平 均 100 人 となるかどうか 判 定 してください 実 績 判 定 期 間 中 に 一 月 に 満 たない 月 がある 場 合 は それを 一 月 とみなして 月 数 を 数 えます 自 至 自 至 自 至 自 至 自 至 実 績 判 定 期 間 月 数 (A) 年 月 日 年 月 日 年 月 日 年 月 日 年 月 日 年 月 日 年 月 日 年 月 日 年 月 日 年 月 日 月 月 月 月 月 年 3,000 以 上 の 寄 附 者 数 (B) 人 人 人 人 人 合 計 月 人 Bの 合 計 ( ) 12 Aの 合 計 ( ) = 年 平 均 人 100 初 めて 認 定 を 受 けようとする 場 合 は 実 績 判 定 期 間 に 係 る 寄 附 者 名 簿 を 作 成 し 申 請 書 に 添 付 してください 9

16 基 準 1については イ ロ ハのいずれかの 基 準 を 選 択 して 適 用 いただくことになります 仮 認 定 NPO 法 人 としての 仮 認 定 を 受 けようとするNPO 法 人 は 認 定 基 準 1の 確 認 は 必 要 ありません 認 定 基 準 等 1-ハ パブリックサポートテスト(PST)について 条 例 個 別 指 定 法 人 都 道 府 県 又 は 市 区 町 村 の 条 例 により 個 人 住 民 税 の 優 遇 措 置 を 受 ける 法 人 として 個 別 に 指 定 を 受 けている はい いいえ 申 請 日 の 前 日 において 条 例 の 効 力 が 生 じている はい いいえ 条 例 個 別 指 定 を 受 けた 都 道 府 県 又 は 市 区 町 村 の 域 内 に 事 務 所 がある 主 たる 事 務 所 であるか 従 たる 事 務 所 であるかは 問 いません はい いいえ ( 適 ) 認 定 基 準 等 1-ハに 適 合 すると 思 われます ( 否 ) 認 定 基 準 等 に 適 合 しません 申 請 書 に 寄 附 者 名 簿 の 添 付 は 必 要 ありません 10

17 認 定 基 準 等 2 活 動 の 対 象 に つ い て 実 績 判 定 期 間 における 事 業 活 動 A. 会 員 等 のみを 対 象 と した 物 品 の 販 売 やサー ビスの 提 供 B. 会 員 等 のみが 参 加 す る 会 議 や 会 報 誌 の 発 行 C. 特 定 のグループにの み 便 益 が 及 ぶ 活 動 D. 特 定 の 人 物 や 著 作 物 に 関 する 普 及 啓 発 や 広 告 宣 伝 などの 活 動 E. 特 定 の 者 の 意 に 反 し た 行 為 を 求 める 活 動 F. 特 定 の 地 域 に 居 住 す る 者 にのみ 便 益 が 及 ぶ 活 動 AからF( 条 例 で 個 別 に 指 定 されている 法 人 は AからE)の 事 業 活 動 の 割 合 は NPO 法 人 の 事 業 活 動 全 体 の50% 未 満 である はい いいえ ( 適 ) 認 定 基 準 等 2に 適 合 すると 思 われます ( 否 ) 認 定 基 準 等 に 適 合 しません 会 員 等 の 定 義 については P12を 参 照 願 います 11

18 認 定 基 準 等 2 ( 参 考 ) 会 員 等 に つ い て はい 法 人 の 役 員 か いいえ A (P11のA 欄 の 会 員 等 の 定 義 を 確 認 する 場 合 ) 継 続 反 復 して 物 品 の 販 売 やサービスの 提 供 等 ( 資 産 の 譲 渡 若 しくは 貸 付 又 は 役 務 の 提 供 )を 受 け ている 者 として 名 簿 等 で 管 理 されている 者 か B (P11のB 欄 の 会 員 等 の 定 義 を 確 認 する 場 合 ) 会 議 や 意 見 交 換 会 等 ( 相 互 の 交 流 連 絡 意 見 交 換 )に 参 加 している 者 とし て 名 簿 等 で 管 理 されてい る 者 か いいえ はい いいえ はい いいえ 上 記 の 物 品 の 販 売 や サービスの 提 供 等 ( 資 産 の 譲 渡 若 しくは 貸 付 又 は 役 務 の 提 供 )は 不 特 定 多 数 の 者 を 対 象 としたもの はい いいえ 不 特 定 多 数 の 者 を 対 象 とし た 物 品 の 販 売 やサービス の 提 供 等 ( 資 産 の 譲 渡 若 し くは 貸 付 又 は 役 務 の 提 供 ) を 受 ける 以 外 に 法 人 の 運 営 又 は 業 務 の 執 行 に 関 係 しない 者 か はい 会 員 等 に 該 当 します 会 員 等 に 該 当 しないと 思 われます 12

19 認 定 基 準 等 3 運 営 組 織 及 び 経 理 に つ い て 役 員 総 数 のうち 役 員 及 びその 役 員 の 親 族 ( 配 偶 者 3 親 等 以 内 の 親 族 ) 等 で 構 成 されるグループ の 人 数 の 占 める 割 合 が1/3 以 下 である いいえ はい 役 員 総 数 のうち 特 定 の 法 人 の 役 員 又 は 使 用 人 並 びにこれらの 者 の 親 族 ( 配 偶 者 3 親 等 以 内 の 親 族 ) 等 で 構 成 されるグループの 人 数 の 占 める 割 合 が1/3 以 下 である いいえ はい 公 認 会 計 士 若 しくは 監 査 法 人 の 監 査 を 受 けてい る 又 は 青 色 申 告 法 人 と 同 等 に 取 引 を 帳 簿 に 記 録 し 保 存 している いいえ はい 各 社 員 の 表 決 権 が 平 等 である はい 支 出 した 金 銭 について 使 途 が 不 明 なものはな く また 帳 簿 に 虚 偽 の 記 載 はしていない いいえ いいえ はい ( 適 ) 認 定 基 準 等 3に 適 合 すると 思 われます ( 否 ) 認 定 基 準 等 に 適 合 しません 13

20 認 定 基 準 等 4 事 業 活 動 に つ い て A. 宗 教 活 動 及 び 政 治 活 動 は 行 っていない はい B. 役 員 社 員 職 員 若 しくは 寄 附 者 若 しくはこれ らの 者 の 親 族 ( 配 偶 者 3 親 等 以 内 の 親 族 ) 等 に 対 して 特 別 の 利 益 を 与 えていない いいえ いいえ はい C. 営 利 を 目 的 とした 事 業 を 行 う 者 や 上 記 Aの 活 動 を 行 う 者 又 は 特 定 の 公 職 の 候 補 者 ( 公 職 に ある 者 )に 寄 附 を 行 っていない いいえ はい D. 実 績 判 定 期 間 において 次 の 割 合 は80% 以 上 である 特 定 非 営 利 活 動 に 係 る 事 業 費 ( ) 総 事 業 費 ( ) いいえ はい E. 実 績 判 定 期 間 において 次 の 割 合 は70% 以 上 である 受 入 寄 附 金 総 額 のうち 特 定 非 営 利 活 動 に 係 る 事 業 費 に 充 てた 額 ( ) 受 入 寄 附 金 の 総 額 ( ) いいえ はい ( 適 ) 認 定 基 準 等 4に 適 合 すると 思 われます ( 否 ) 認 定 基 準 等 に 適 合 しません 事 業 費 とは 法 人 の 事 業 の 目 的 のために 直 接 要 した 費 用 で 管 理 費 以 外 のものをいいます 14

21 認 定 基 準 等 5 情 報 公 開 に つ い て 事 業 報 告 書 や 役 員 名 簿 などの 情 報 を 一 般 に 公 開 することができる いいえ はい 一 般 の 人 から 情 報 公 開 の 請 求 があった 場 合 閲 覧 に 応 じることができる いいえ はい ( 適 ) 認 定 基 準 等 5に 適 合 すると 思 われます ( 否 ) 認 定 基 準 等 に 適 合 しません 閲 覧 の 対 象 となる 書 類 事 業 報 告 書 等 役 員 名 簿 及 び 定 款 等 各 認 定 基 準 に 適 合 する 旨 及 び 欠 格 事 由 に 該 当 しない 旨 を 説 明 する 書 類 寄 附 金 を 充 当 する 予 定 の 具 体 的 な 事 業 の 内 容 を 記 載 した 書 類 役 員 報 酬 又 は 職 員 給 与 の 支 給 に 関 する 規 程 収 益 の 明 細 その 他 資 金 に 関 する 事 項 資 産 の 譲 渡 等 に 関 する 事 項 寄 附 金 に 関 する 事 項 等 を 記 載 した 書 類 助 成 金 の 支 給 を 行 った 場 合 に 事 後 に 所 轄 庁 に 提 出 した 書 類 の 写 し 海 外 への 送 金 又 は 金 銭 の 持 ち 出 し(その 金 額 が200 万 以 下 のものを 除 く )を 行 う 場 合 等 に 所 轄 庁 に 提 出 した 書 類 の 写 し 15

22 認 定 基 準 6 所 轄 庁 へ の 書 類 提 出 に つ い て 各 事 業 年 度 において 事 業 報 告 書 等 を 所 轄 庁 に 提 出 している いいえ はい ( 適 ) 認 定 基 準 6に 適 合 すると 思 われます ( 否 ) 認 定 基 準 に 適 合 しません 事 業 報 告 書 等 事 業 報 告 書 財 産 目 録 貸 借 対 照 表 活 動 計 算 書 年 間 役 員 名 簿 社 員 のうち10 人 以 上 の 者 の 氏 名 及 び 住 所 又 は 居 所 を 記 載 した 書 面 16

23 認 定 基 準 7 不 正 行 為 等 に つ い て 法 令 又 は 法 令 に 基 づいてする 行 政 庁 の 処 分 に 違 反 する 事 実 はない いいえ はい 偽 りや 不 正 の 行 為 によって 利 益 を 得 た 事 実 又 は 得 ようとした 事 実 はない いいえ はい 公 益 に 反 する 事 実 はない いいえ はい ( 適 ) 認 定 基 準 7に 適 合 すると 思 われます ( 否 ) 認 定 基 準 に 適 合 しません 17

24 認 定 基 準 8 設 立 後 の 経 過 期 間 に つ い て A. 登 記 上 の 設 立 年 月 日 ( 年 月 日 ) B. A の1 年 を 経 過 した 日 ( ) ( 年 月 日 ) C. 申 請 書 の 提 出 年 月 日 ( 年 月 日 ) D. C の 事 業 年 度 の 初 日 ( 年 月 日 ) D は B より 遅 い 日 付 である はい いいえ ( 適 ) 認 定 基 準 8に 適 合 すると 思 われます ( 否 ) 認 定 基 準 に 適 合 しません 合 併 によって 設 立 したNPO 法 人 が 申 請 を 行 う 場 合 は 各 合 併 消 滅 法 人 の 設 立 の 日 から1 年 を 経 過 した 日 のうち 最 も 早 い 日 を 記 入 します また 合 併 によって 存 続 したNPO 法 人 が 申 請 を 行 う 場 合 は 合 併 法 人 及 び 各 合 併 消 滅 法 人 の 設 立 の 日 から1 年 を 経 過 した 日 のうち 最 も 早 い 日 を 記 入 します 18

25 欠 格 事 由 に つ い て 〇 役 員 のうちに 次 のA~Dのいずれかに 該 当 する 者 がある A. 認 定 又 は 仮 認 定 を 取 り 消 された 法 人 に おいて その 取 消 しの 原 因 となった 事 実 が あった 日 以 前 1 年 内 に 当 該 法 人 のその 業 務 を 行 う 理 事 であった 者 でその 取 消 しの 日 から5 年 を 経 過 しない 者 B. 禁 錮 以 上 の 刑 に 処 せられ その 執 行 を 終 わった 日 又 はその 執 行 を 受 けることがなくなった 日 から5 年 を 経 過 しない 者 はい C. NPO 法 若 しくは 暴 力 団 員 不 当 行 為 防 止 法 に 違 反 したことにより 若 しくは 刑 法 204 条 等 若 しくは 暴 力 行 為 等 処 罰 法 の 罪 を 犯 したことにより 又 は 国 税 若 しくは 地 方 税 に 関 する 法 律 に 違 反 したことにより 罰 金 刑 に 処 せられ その 執 行 を 終 わった 日 又 はその 執 行 を 受 けることがなくなった 日 か D. 暴 力 団 又 はその 構 成 員 ( 暴 力 団 の 構 成 団 体 の 構 成 員 を 含 む) 若 しくは 暴 力 団 の 構 成 員 でなく なった 日 から5 年 を 経 過 しない 者 (J.において 暴 力 団 の 構 成 員 等 といいます ) いいえ E. 認 定 又 は 仮 認 定 を 取 り 消 され その 取 消 しの 日 から5 年 を 経 過 しない はい いいえ F. 定 款 又 は 事 業 計 画 書 の 内 容 が 法 令 等 に 違 反 している はい いいえ G. 国 税 又 は 地 方 税 の 滞 納 処 分 が 執 行 されているもの 又 は 当 該 滞 納 処 分 の 終 了 の 日 から 3 年 を 経 過 しない はい いいえ H. 国 税 に 係 る 重 加 算 税 又 は 地 方 税 に 係 る 重 加 算 金 を 課 された 日 から3 年 を 経 過 しない はい いいえ 〇 次 のいずれかに 該 当 する 法 人 I. 暴 力 団 J. 暴 力 団 又 は 暴 力 団 の 構 成 員 等 の 統 制 下 にある 法 人 はい いいえ ( 適 ) 欠 格 事 由 に 該 当 しないと 思 われます ( 否 ) 欠 格 事 由 に 該 当 します 19

26 解 説 編 20

27 認 定 手 続 等 の 概 要 NPO 法 人 特 定 非 営 利 活 動 を 行 うことを 主 たる 目 的 とする 等 の 一 定 の 要 件 を 満 たし 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 の 規 定 に 基 づき 所 轄 庁 の 認 証 を 受 けて 設 立 された 特 定 非 営 利 活 動 法 人 を いいます( 法 ) 事 前 相 談 申 請 書 提 出 認 定 申 請 をお 考 えの 方 は まず 事 前 相 談 をお 願 いします 神 奈 川 県 内 の 所 轄 庁 一 覧 についてはP190 をご 確 認 ください 認 定 を 受 けるための 基 準 についてはP29~45 をご 確 認 ください NPO 法 人 の 所 轄 庁 に 認 定 ( 仮 認 定 ) 申 請 書 を 提 出 してください 申 請 手 続 についてはP22~28 をご 確 認 ください 申 請 様 式 については 認 定 ( 仮 認 定 ) 申 請 書 等 様 式 P53~103 をご 確 認 ください 実 態 確 認 等 所 轄 庁 の 担 当 者 が 実 態 確 認 等 を 行 う 場 合 があります( 法 73) 確 認 させていただく 資 料 ( 例 )についてはP104 をご 確 認 ください 認 定 NPO 法 人 NPO 法 人 のうち その 運 営 組 織 及 び 事 業 活 動 が 適 正 であって 公 益 の 増 進 に 資 するものとし て 所 轄 庁 の 認 定 を 受 けたものをいいます( 法 ) 仮 認 定 NPO 法 人 NPO 法 人 の 設 立 の 日 から 5 年 経 過 しないものう ち その 運 営 組 織 及 び 事 業 活 動 が 適 正 であって 特 定 非 営 利 活 動 の 健 全 な 発 展 の 基 盤 を 有 し 公 益 の 増 進 に 資 すると 見 込 まれるものとして 所 轄 庁 の 仮 認 定 を 受 けたものをいいます( 法 ) 役 員 報 酬 規 程 等 の 提 出 (P112) 認 定 NPO 法 人 等 は 役 員 報 酬 規 程 等 助 成 金 支 給 の 実 績 及 び 海 外 送 金 等 (2 百 万 超 )の 提 出 書 を 所 轄 庁 や 所 轄 庁 以 外 の 関 係 知 事 に 提 出 しなければなりません( 法 ) 情 報 公 開 (P116) 認 定 NPO 法 人 等 は 事 業 報 告 書 等 役 員 名 簿 定 款 認 定 等 申 請 の 添 付 書 類 役 員 報 酬 規 程 等 の 閲 覧 の 請 求 があった 場 合 には 正 当 な 理 由 がある 場 合 を 除 いて これ をその 事 務 所 において 閲 覧 させな ければなりません ( 法 ) 21 異 動 の 届 出 等 (P114) 認 定 NPO 法 人 等 は 認 定 等 され たとき 代 表 者 の 変 更 があったと きなど 所 定 の 異 動 変 更 等 が 生 じ た 場 合 には その 旨 を 記 載 した 書 類 等 ( 添 付 書 類 を 含 みます )を 所 轄 庁 や 所 轄 庁 以 外 の 関 係 知 事 に 提 出 しなければなりません( 法 ~ 法 規 )

28 1 認 定 仮 認 定 又 は 認 定 の 有 効 期 間 の 更 新 を 受 けるための 申 請 手 続 ⑴ 認 定 を 受 けようとする 場 合 イ 認 定 NPO 法 人 として 認 定 を 受 けようとする NPO 法 人 は 所 轄 庁 の 条 例 で 定 めるところにより 次 の 1~3の 書 類 を 添 付 した 申 請 書 を 所 轄 庁 に 提 出 し 認 定 を 受 けることとなります( 法 442) ( 注 ) 申 請 書 及 び 添 付 書 類 については 認 定 ( 仮 認 定 ) 申 請 書 等 様 式 P53~103 をご 覧 ください 1 実 績 判 定 期 間 内 の 日 を 含 む 各 事 業 年 度 の 寄 附 者 名 簿 ( 寄 附 金 の 支 払 者 ごとの 氏 名 ( 法 人 の 名 称 ) と 住 所 並 びに 寄 附 金 の 額 受 け 入 れた 年 月 日 を 記 載 したもの) ( 注 ) 実 績 判 定 期 間 とは 認 定 を 受 けようとする NPO 法 人 の 直 前 に 終 了 した 事 業 年 度 の 末 日 以 前 5 年 ( 過 去 に 認 定 を 受 けたことのない 法 人 の 場 合 は2 年 ) 内 に 終 了 した 各 事 業 年 度 のうち 最 も 早 い 事 業 年 度 の 初 日 から 当 該 末 日 までの 期 間 となります( 法 443) 詳 しくは 26 頁 参 考 ( 実 績 判 定 期 間 ) を 参 照 してくださ い 2 認 定 の 基 準 に 適 合 する 旨 を 説 明 する 書 類 及 び 欠 格 事 由 に 該 当 しない 旨 を 説 明 する 書 類 ( 注 ) 認 定 の 各 基 準 については 33 頁 ~45 頁 を 欠 格 事 由 については 46 頁 ~47 頁 をご 覧 ください 3 寄 附 金 を 充 当 する 予 定 の 具 体 的 な 事 業 の 内 容 を 記 載 した 書 類 ロ 認 定 の 申 請 書 の 提 出 は 申 請 書 を 提 出 した 日 を 含 む 事 業 年 度 開 始 の 日 において 設 立 の 日 以 後 1 年 を 超 える 期 間 が 経 過 している 必 要 があります( 法 451 八 ) ハ 認 定 の 有 効 期 間 は 所 轄 庁 による 認 定 の 日 から 起 算 して5 年 となります( 法 511) 認 定 の 有 効 期 間 の 満 了 後 引 き 続 き 認 定 NPO 法 人 として 特 定 非 営 利 活 動 を 行 おうとする 認 定 NPO 法 人 は その 有 効 期 間 の 更 新 を 受 ける 必 要 があります( 次 頁 の (3) 認 定 の 有 効 期 間 の 更 新 を 受 けよう とする 場 合 を 参 照 してください )( 法 512) 1 認 定 申 請 書 NPO 法 人 2 認 定 所 轄 庁 認 定 NPO 法 人 ( 役 員 報 酬 規 程 等 提 出 書 等 の 提 出 義 務 ) ⑵ 仮 認 定 を 受 けようとする 場 合 イ 仮 認 定 NPO 法 人 として 仮 認 定 を 受 けようとする NPO 法 人 は 所 轄 庁 の 条 例 で 定 めるところにより 次 の1 及 び2の 書 類 を 添 付 した 申 請 書 を 所 轄 庁 に 提 出 し 仮 認 定 を 受 けることとなります( 法 ) ( 注 ) 申 請 書 及 び 添 付 書 類 については 認 定 ( 仮 認 定 ) 申 請 書 等 様 式 P53~103 をご 覧 ください 1 仮 認 定 の 基 準 に 適 合 する 旨 を 説 明 する 書 類 及 び 欠 格 事 由 に 該 当 しない 旨 を 説 明 する 書 類 ( 注 1) 仮 認 定 の 各 基 準 及 び 欠 格 事 由 については 4 仮 認 定 NPO 法 人 としての 仮 認 定 を 受 けるための 基 準 (45 頁 )をご 覧 ください ( 注 2) 仮 認 定 の 各 基 準 に 係 る 実 績 判 定 期 間 は 仮 認 定 を 受 けようとする NPO 法 人 の 直 前 に 終 了 した 事 業 年 度 の 末 日 以 前 2 年 内 に 終 了 した 各 事 業 年 度 のうち 最 も 早 い 事 業 年 度 の 初 日 から 当 該 末 日 までの 期 22

29 間 となります( 法 ) 詳 しくは 27 頁 ~28 頁 を 参 照 してください 2 寄 附 金 を 充 当 する 予 定 の 具 体 的 な 事 業 の 内 容 を 記 載 した 書 類 ロ 仮 認 定 の 申 請 ができる NPO 法 人 は 次 の 掲 げる 基 準 に 適 合 する 必 要 があります( 法 451 八 59 一 ~ 三 ) 1 仮 認 定 の 申 請 書 を 提 出 した 日 を 含 む 事 業 年 度 開 始 の 日 において 設 立 の 日 以 後 1 年 を 超 える 期 間 が 経 過 していること 2 仮 認 定 の 申 請 書 を 提 出 した 日 の 前 日 において その 設 立 の 日 から5 年 を 経 過 しない 法 人 であるこ と 3 認 定 又 は 仮 認 定 を 受 けたことがないこと ハ 仮 認 定 の 有 効 期 間 は 所 轄 庁 による 仮 認 定 の 日 から 起 算 して3 年 となります( 法 60) 仮 認 定 の 有 効 期 間 が 経 過 したときは 仮 認 定 は 失 効 しますので 仮 認 定 の 有 効 期 間 中 又 は 有 効 期 間 の 経 過 後 に 認 定 NPO 法 人 として 認 定 を 受 けたい 場 合 は 認 定 の 申 請 を 行 う 必 要 があります なお 仮 認 定 の 有 効 期 間 中 に 認 定 NPO 法 人 として 認 定 を 受 けた 場 合 には 仮 認 定 の 効 力 を 失 います( 法 611 四 ) ⑶ 認 定 の 有 効 期 間 の 更 新 を 受 けようとする 場 合 イ 認 定 の 有 効 期 間 の 更 新 を 受 けようとする 認 定 NPO 法 人 は 有 効 期 間 の 満 了 の 日 の6 月 前 から3 月 前 までの 間 ( 以 下 更 新 申 請 期 間 といいます )に 所 轄 庁 の 条 例 で 定 めるところにより 次 の1~2 の 書 類 を 添 付 した 有 効 期 間 の 更 新 の 申 請 書 を 所 轄 庁 に 提 出 し 有 効 期 間 の 更 新 を 受 けることとなりま す( 法 51235) 1 認 定 の 基 準 に 適 合 する 旨 を 説 明 する 書 類 及 び 欠 格 事 由 に 該 当 しない 旨 を 説 明 する 書 類 2 寄 附 金 を 充 当 する 予 定 の 具 体 的 な 事 業 の 内 容 を 記 載 した 書 類 ( 注 1) 認 定 の 有 効 期 間 の 更 新 の 申 請 書 には 寄 附 者 名 簿 の 提 出 は 不 要 ですが 当 該 名 簿 の 作 成 の 日 から5 年 間 事 務 所 に 備 え 置 く 必 要 があります( 法 一 ) ( 注 2) 認 定 の 有 効 期 間 の 更 新 の 申 請 に 係 る 実 績 判 定 期 間 は 更 新 を 受 けようとする NPO 法 人 の 直 前 に 終 了 した 事 業 年 度 の 末 日 以 前 5 年 内 に 終 了 した 各 事 業 年 度 のうち 最 も 早 い 事 業 年 度 の 初 日 から 当 該 末 日 までの 期 間 となります( 法 ) ( 注 3) 上 記 1 2に 係 る 書 類 については 既 に 所 轄 庁 に 提 出 している 当 該 書 類 の 内 容 に 変 更 がないときは その 添 付 を 省 略 することができます( 法 515ただし 書 ) ロ 認 定 の 有 効 期 間 の 更 新 がされた 場 合 の 認 定 の 有 効 期 間 は 従 前 の 認 定 の 有 効 期 間 の 満 了 の 日 の 翌 日 から 起 算 して5 年 となります( 法 511) なお 認 定 の 有 効 期 間 の 更 新 の 申 請 があった 場 合 において 従 前 の 認 定 期 間 の 満 了 の 日 までに 当 該 申 請 に 対 する 処 分 がされないときは 従 前 の 認 定 は 従 前 の 認 定 の 有 効 期 間 の 満 了 後 も 処 分 がなされ るまでの 間 は なお 効 力 を 有 することとなります( 法 514) ⑷ 認 定 NPO 法 人 等 の 役 員 報 酬 規 程 等 の 提 出 義 務 イ 認 定 NPO 法 人 等 は 都 道 府 県 又 は 指 定 都 市 の 条 例 で 定 めるところにより 毎 事 業 年 度 1 回 役 員 報 酬 規 程 等 を 所 轄 庁 (2 以 上 の 都 道 府 県 の 区 域 内 に 事 務 所 を 設 置 する 認 定 NPO 法 人 等 にあっては 所 轄 庁 及 び 所 轄 庁 以 外 の 関 係 知 事 )に 提 出 しなければなりません( 法 ) ロ 認 定 又 は 仮 認 定 ( 以 下 認 定 等 といいます )の 通 知 を 受 けた 認 定 NPO 法 人 等 ( 所 轄 庁 以 外 の 都 道 府 県 の 区 域 内 に 事 務 所 を 設 置 する 法 人 に 限 ります )は 遅 滞 なく 次 に 掲 げる 書 類 を 所 轄 庁 以 外 の 関 23

30 係 知 事 に 提 出 しなければなりません( 法 法 規 272) 1 法 規 第 27 条 第 2 項 に 規 定 する 様 式 第 1 号 2 直 近 の 事 業 報 告 書 等 (A 事 業 報 告 書 B 活 動 計 算 書 C 貸 借 対 照 表 D 財 産 目 録 E 年 間 役 員 名 簿 ( 直 近 の 事 業 年 度 において 役 員 であったことのある 者 全 員 の 氏 名 及 び 住 所 又 は 居 所 並 びにこれら の 者 の 当 該 事 業 年 度 における 報 酬 の 有 無 を 記 載 した 名 簿 をいいます ) F 直 近 の 事 業 年 度 末 日 にお ける 社 員 のうち 10 人 以 上 の 者 の 氏 名 ( 法 人 の 場 合 は その 名 称 及 び 代 表 者 の 氏 名 ) 及 び 住 所 又 は 居 所 を 記 載 した 書 面 ) 3 役 員 名 簿 4 定 款 等 (A 定 款 B 認 証 に 関 する 書 類 の 写 し C 登 記 事 項 証 明 書 の 写 し) 5 所 轄 庁 に 提 出 した 申 請 書 及 び 添 付 書 類 の 写 し 6 認 定 又 は 仮 認 定 に 関 する 書 類 の 写 し ハ 認 定 の 有 効 期 間 の 更 新 の 通 知 を 受 けた 認 定 NPO 法 人 ( 所 轄 庁 以 外 の 都 道 府 県 の 区 域 内 に 事 務 所 を 設 置 する 法 人 に 限 ります )は 遅 滞 なく 次 に 掲 げる 書 類 を 所 轄 庁 以 外 の 関 係 知 事 に 提 出 しなければな りません( 法 法 規 28) 1 法 規 第 28 条 に 規 定 する 様 式 第 2 号 2 所 轄 庁 に 提 出 した 認 定 の 有 効 期 間 の 更 新 を 受 けるための 申 請 書 及 び 添 付 書 類 の 写 し 3 認 定 の 更 新 に 関 する 書 類 の 写 し 参 考 1 認 定 NPO 法 人 等 の 名 称 等 の 使 用 制 限 認 定 NPO 法 人 等 でない 者 は その 名 称 又 は 商 号 中 に 認 定 NPO 法 人 であると 誤 認 されるおそれのある 文 字 を 用 いてはならず また 何 人 も 不 正 の 目 的 をもって 他 の 認 定 NPO 法 人 等 であると 誤 認 されるおそ れのある 名 称 又 は 商 号 を 使 用 してはならないこととされております( 法 ) なお これらの 規 定 に 違 反 している 場 合 には 罰 則 の 適 用 があります( 法 78 二 ~ 五 ) 2 所 轄 庁 による 認 定 等 の 通 知 所 轄 庁 は NPO 法 人 からの 申 請 について 認 定 等 又 は 認 定 の 有 効 期 間 の 更 新 をしたときはその 旨 を 当 該 申 請 法 人 に 対 し 書 面 により 通 知 することになります また 認 定 等 又 は 認 定 の 有 効 期 間 の 更 新 をしな いことを 決 定 したときはその 旨 とその 理 由 を 申 請 法 人 に 対 し 書 面 により 通 知 することになります( 法 ) また 所 轄 庁 は 所 轄 庁 以 外 の 都 道 府 県 の 区 域 内 に 事 務 所 を 設 置 する NPO 法 人 について 認 定 等 を 行 っ たときは その 認 定 NPO 法 人 等 の 名 称 その 他 一 定 の 事 項 を その 主 たる 事 務 所 が 所 在 する 都 道 府 県 以 外 の 都 道 府 県 でその 事 務 所 が 所 在 する 都 道 府 県 の 知 事 ( 以 下 所 轄 庁 以 外 の 関 係 知 事 といいます )に 通 知 することとされております( 法 法 規 271) 3 認 定 の 公 示 所 轄 庁 は 認 定 NPO 法 人 等 の 認 定 等 又 は 認 定 の 有 効 期 間 の 更 新 をしたときは インターネットの 利 用 その 他 適 切 な 方 法 により 次 に 掲 げる 事 項 を 公 示 することとされております( 法 ) ( 公 示 事 項 ) 1 認 定 NPO 法 人 等 の 名 称 2 代 表 者 の 氏 名 3 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 とその 他 の 事 務 所 の 所 在 地 4 認 定 等 の 有 効 期 間 5 1~4に 掲 げるもののほか 所 轄 庁 の 条 例 で 定 める 事 項 また 所 轄 庁 は 認 定 NPO 法 人 等 について 以 下 に 掲 げる 事 項 に 変 更 があったときも インターネッ 24

31 トの 利 用 その 他 適 切 な 方 法 により その 旨 を 公 示 することとされております( 法 ) 6 上 記 ( 公 示 事 項 )1 3 5に 掲 げる 事 項 に 係 る 定 款 の 変 更 の 認 証 をしたとき 7 上 記 ( 公 示 事 項 )3 5に 掲 げる 事 項 に 係 る 定 款 変 更 ( 所 轄 庁 の 認 証 を 受 けなければならない 事 項 を 除 きます )の 届 出 を 受 けたとき 8 代 表 者 の 氏 名 に 変 更 があった 旨 の 届 出 を 受 けたとき 9 上 記 ( 公 示 事 項 )5に 掲 げる 事 項 に 変 更 があったとき 4 認 定 等 の 失 効 認 定 NPO 法 人 等 は 次 のいずれかに 掲 げる 事 由 が 生 じたとき その 認 定 等 の 効 力 を 失 います( 法 ) イ 認 定 等 の 有 効 期 間 が 経 過 したとき( 法 514の 場 合 にあっては 更 新 拒 否 処 分 されたとき) ロ 認 定 NPO 法 人 等 が 認 定 NPO 法 人 等 でない NPO 法 人 と 合 併 をした 場 合 その 合 併 が 法 631の 認 定 を 経 ずにその 効 力 を 生 じたとき( 法 634の 場 合 にあっては その 合 併 の 不 認 定 処 分 がされたとき) ハ 認 定 NPO 法 人 等 が 解 散 したとき ニ 仮 認 定 NPO 法 人 が 認 定 NPO 法 人 として 認 定 を 受 けたとき なお 所 轄 庁 は 認 定 NPO 法 人 等 が 認 定 等 の 効 力 を 失 ったとき インターネットの 利 用 その 他 適 切 な 方 法 により その 旨 を 公 示 することとされております( 法 572) また 所 轄 庁 は 所 轄 庁 以 外 の 都 道 府 県 の 区 域 内 に 事 務 所 を 設 置 する 認 定 NPO 法 人 等 がその 認 定 等 の 効 力 を 失 ったときは その 旨 を 所 轄 庁 以 外 の 関 係 知 事 に 通 知 することとされております( 法 ) 5 協 力 依 頼 所 轄 庁 は NPO 法 の 施 行 のために 必 要 があると 認 めるときは 官 庁 公 共 団 体 その 他 の 者 に 照 会 し 又 は 協 力 を 求 めることができるものとされています( 法 73) この 規 定 により 所 轄 庁 が 認 定 申 請 中 の NPO 法 人 や 認 定 NPO 法 人 等 に 対 し 申 請 書 の 内 容 の 確 認 や 認 定 又 は 仮 認 定 を 取 り 消 すべき 理 由 が 発 生 していな いかどうか 等 を 確 認 するために 実 態 確 認 を 実 施 することがあります 25

32 参 考 ( 実 績 判 定 期 間 ) 実 績 判 定 期 間 とは 認 定 仮 認 定 又 は 認 定 の 有 効 期 間 の 更 新 を 受 けようとする 法 人 の 直 前 に 終 了 した 事 業 年 度 の 末 日 以 前 5 年 ( 過 去 に 認 定 を 受 けたことのない 法 人 又 は 仮 認 定 を 受 けようとする 法 人 の 場 合 は2 年 ) 内 に 終 了 した 各 事 業 年 度 のうち 最 も 早 い 事 業 年 度 の 初 日 から 当 該 末 日 までの 期 間 をいいます( 法 ) 具 体 例 1 過 去 に 認 定 を 受 けたことのない 法 人 ( 又 は 仮 認 定 を 受 けようとする 法 人 )の 申 請 の 場 合 事 業 年 度 4 月 1 日 ~ 翌 年 3 月 31 日 事 業 報 告 書 等 の 所 轄 庁 への 提 出 日 n+2 年 6 月 30 日 申 請 書 を 提 出 した 日 n+2 年 7 月 31 日 実 績 判 定 期 間 n 年 4 月 1 日 ( 第 1 期 )~n+2 年 3 月 31 日 ( 第 2 期 ) 過 去 に 認 定 を 受 けたことのない 法 人 ( 又 は 仮 認 定 を 受 けようとする 法 人 )が 申 請 を 行 う 場 合 の 実 績 判 定 期 間 は n 年 4 月 1 日 ( 第 1 期 )からn+2 年 3 月 31 日 ( 第 2 期 )までの2 年 間 となり 実 績 判 定 期 間 で 算 定 する 認 定 基 準 (PST 基 準 等 )については 第 1 期 から 第 2 期 までの 事 業 報 告 書 等 に 基 づき 算 定 することと なります 過 去 に 認 定 を 受 けたことのない 法 人 仮 認 定 を 受 けようとする 法 人 の 実 績 判 定 期 間 (2 年 ) 第 1 期 第 2 期 第 3 期 第 4 期 n 年 n+1 年 n+2 年 n+3 年 4/1 4/1 4/1 審 査 期 間 4/1 認 定 の 有 効 期 間 (5 年 ) ( 仮 認 定 の 場 合 は3 年 ) 提 出 日 6/30 第 2 期 事 業 報 告 書 申 請 日 7/31 認 定 認 定 申 請 書 具 体 例 2 認 定 の 有 効 期 間 内 に 更 新 を 受 けようとする 場 合 のタイムスケジュールを 作 成 すると おおむね 次 表 のとお りとなります 事 業 年 度 : 4 月 1 日 ~ 翌 年 3 月 31 日 事 業 報 告 書 等 の 所 轄 庁 への 提 出 日 :n+2 年 6 月 30 日 初 回 の 認 定 申 請 書 の 提 出 日 :n+3 年 3 月 16 日 認 定 の 有 効 期 間 :n+3 年 8 月 1 日 ~n+8 年 7 月 31 日 更 新 申 請 期 間 :n+8 年 1 月 31 日 ~n+8 年 4 月 30 日 26

33 更 新 の 申 請 書 の 提 出 日 ケースA: 更 新 申 請 期 間 中 のn+8 年 1 月 31 日 ~n+8 年 3 月 31 日 の 間 に 更 新 の 申 請 書 を 提 出 する 場 合 実 績 判 定 期 間 :n+2 年 4 月 1 日 ( 第 3 期 )~n+7 年 3 月 31 日 ( 第 7 期 ) 更 新 申 請 期 間 中 のn+8 年 1 月 31 日 ~n+8 年 3 月 31 日 の 間 に 更 新 の 申 請 書 を 提 出 する 場 合 の 実 績 判 定 期 間 は n+2 年 4 月 1 日 ( 第 3 期 )~n+7 年 3 月 31 日 ( 第 7 期 )となります この 場 合 の 実 績 判 定 期 間 で 算 定 する 認 定 基 準 (PST 基 準 等 )については 第 3 期 から 第 7 期 まで の 事 業 報 告 書 等 に 基 づき 算 定 することとなります ケースB: 更 新 申 請 期 間 中 のn+8 年 4 月 1 日 ~n+8 年 4 月 30 日 に 更 新 の 申 請 書 を 提 出 する 場 合 実 績 判 定 期 間 :n+3 年 4 月 1 日 ( 第 4 期 )~n+8 年 3 月 31 日 ( 第 8 期 ) 更 新 申 請 期 間 中 のn+8 年 4 月 1 日 ~n+8 年 4 月 30 日 に 更 新 の 申 請 書 を 提 出 する 場 合 の 実 績 判 定 期 間 は n+3 年 4 月 1 日 ( 第 4 期 )~n+8 年 3 月 31 日 ( 第 8 期 )となります この 場 合 の 実 績 判 定 期 間 で 算 定 する 認 定 基 準 (PST 基 準 等 )については 第 4 期 から 第 8 期 までの 事 業 報 告 書 等 に 基 づき 算 定 することとなりますので 第 8 期 の 事 業 年 度 終 了 後 早 期 に 事 業 報 告 書 等 を 作 成 し 認 定 基 準 等 を 算 定 する 必 要 があることに 留 意 願 います 最 初 の 認 定 申 請 の 実 績 判 定 期 間 (2 年 ) (A) 更 新 申 請 の 実 績 判 定 期 間 (5 年 ) (B) 更 新 申 請 の 実 績 判 定 期 間 (5 年 ) 第 1 期 第 2 期 第 3 期 第 4 期 第 5 期 第 6 期 第 7 期 第 8 期 第 9 期 n 年 n+1 年 n+2 年 4/1 4/1 4/1 4/1 n+3 年 n+4 年 n+5 年 n+6 年 審 査 期 間 4/1 4/1 4/1 認 定 の 有 効 期 間 (5 年 ) (n+3 年 8 月 1 日 ~n+8 年 7 月 31 日 ) n+7 年 n+8 年 4/1 4/1 提 出 日 6/30 第 2 期 事 業 報 告 書 申 請 日 3/16 認 定 申 請 書 認 定 更 新 申 請 期 間 ( 認 定 の 有 効 期 間 満 了 の 日 の6 月 前 から3 月 前 ま での 間 )に 認 定 の 有 効 期 間 の 更 新 の 申 請 が 必 要 となります この 場 合 更 新 の 申 請 の 提 出 日 により 実 績 判 定 期 間 が(A) 期 間 又 は(B) 期 間 となります 実 績 判 定 期 間 が(B)の 場 合 実 績 判 定 期 間 で 算 定 する 認 定 基 準 (PST 基 準 等 )については 第 8 期 の 事 業 報 告 書 等 を 含 めて 算 定 することとなりますので 第 8 期 の 事 業 年 度 終 了 後 早 期 に 事 業 報 告 書 等 を 作 成 し 認 定 基 準 等 を 算 定 する 必 要 があることに 留 意 願 います 具 体 例 3 仮 認 定 の 有 効 期 間 中 に 認 定 を 受 けようとする 場 合 のタイムスケジュールを 作 成 すると おおむね 次 表 のと おりとなります 事 業 年 度 :4 月 1 日 ~ 翌 年 3 月 31 日 事 業 報 告 書 の 所 轄 庁 への 提 出 日 :n+2 年 6 月 30 日 仮 認 定 申 請 書 の 提 出 日 :n+2 年 8 月 31 日 仮 認 定 申 請 に 係 る 実 績 判 定 期 間 :n 年 4 月 1 日 ( 第 1 期 )~n+2 年 3 月 31 日 ( 第 2 期 ) 仮 認 定 の 有 効 期 間 :n+2 年 12 月 16 日 ~n+5 年 11 月 15 日 認 定 申 請 書 の 提 出 日 :n+5 年 7 月 31 日 認 定 申 請 に 係 る 実 績 判 定 期 間 :n+3 年 4 月 1 日 ( 第 4 期 )~n+5 年 3 月 31 日 ( 第 5 期 ) 認 定 の 有 効 期 間 :n+5 年 11 月 16 日 ~n+10 年 11 月 15 日 27

34 仮 認 定 申 請 の 実 績 判 定 期 間 (2 年 ) 最 初 の 認 定 申 請 の 実 績 判 定 期 間 (2 年 ) 第 1 期 第 2 期 第 3 期 第 4 期 第 5 期 第 6 期 第 7 期 第 8 期 n 年 n+1 年 n+2 年 n+3 年 n+4 年 n+5 年 4/1 4/1 4/1 4/1 4/1 審 査 期 間 仮 認 定 の 有 効 期 間 (3 年 ) 提 出 日 6/30 提 出 日 6/30 第 2 期 事 業 報 告 書 4/1 審 査 期 間 仮 認 定 第 5 期 認 定 事 業 報 告 書 申 請 日 8/31 申 請 日 7/31 仮 認 定 申 請 書 認 定 申 請 書 n+6 年 n+7 年 4/1 4/1 認 定 の 有 効 期 間 (5 年 ) 仮 認 定 NPO 法 人 が 認 定 NPO 法 人 として 認 定 を 受 けたとき 仮 認 定 の 効 力 を 失 います( 法 61) 28

35 2 認 定 等 の 基 準 の 概 要 ⑴ 認 定 の 基 準 の 概 要 認 定 NPO 法 人 としての 認 定 を 受 けるためには その 運 営 組 織 及 び 事 業 活 動 が 適 正 であって 公 益 の 増 進 に 資 することにつき 次 に 掲 げる(1)から(8)までの 基 準 に 適 合 する 必 要 があります ( 法 ) また 仮 認 定 NPO 法 人 として 仮 認 定 を 受 けるためには NPO 法 人 として 新 たに 設 立 されたも のののうち その 運 営 組 織 及 び 事 業 活 動 が 適 正 であって 特 定 非 営 利 活 動 の 健 全 な 発 展 の 基 盤 を 有 し 公 益 の 増 進 に 資 すると 見 込 まれることにつき 次 に 掲 げる(2)から(10)までの 基 準 に 適 合 する 必 要 があります ( 法 ) 次 表 は 認 定 基 準 等 の 概 要 をまとめたものですが 詳 細 については 33 頁 以 降 をご 覧 ください 項 目 認 定 基 準 の 概 要 (1) パブリックサ ポートテスト (PST)につ いて 広 く 市 民 からの 支 援 を 受 けているかどうかを 判 断 するための 基 準 と して 次 の3つの 基 準 のいずれかに 適 合 すること 1 相 対 値 基 準 イ 原 則 実 績 判 定 期 間 における 寄 附 金 等 収 入 金 額 経 常 収 入 金 額 ( 注 ) 寄 附 金 等 収 入 金 額 経 常 収 入 金 額 の 詳 細 については 34~36 頁 を 参 照 してください 1 5 ロ 小 規 模 法 人 の 特 例 実 績 判 定 期 間 における 受 入 寄 附 金 総 額 -ホの 金 額 +ヘの 金 額 総 収 入 金 額 -ニの 金 額 1 5 ( 注 1) 上 記 の 小 規 模 法 人 の 特 例 を 適 用 するか 否 は 法 人 の 選 択 になります ( 注 2) 小 規 模 法 人 の 定 義 ニの 金 額 ホの 金 額 ヘの 金 額 については 33 頁 及 び 36~37 頁 を 参 照 してください 上 記 イ 又 はロの 相 対 値 基 準 の 計 算 において その 法 人 に 国 の 補 助 金 等 が ある 場 合 には 法 人 の 選 択 により 国 の 補 助 金 等 をPSTの 分 母 分 子 に 算 入 することができます その 詳 細 については 37 頁 ~38 頁 を 参 照 してくだ さい 2 絶 対 値 基 準 実 績 判 定 期 間 内 の 各 事 業 年 度 中 の 寄 附 金 の 額 の 総 額 が 3,000 以 上 である 寄 附 者 の 数 の 合 計 数 が 年 平 均 100 人 以 上 であること ( 注 1) 氏 名 又 は 名 称 及 び 住 所 が 明 らかな 寄 附 者 のみを 数 えます ( 注 2) 寄 附 者 本 人 と 生 計 を 一 にする 者 も 含 めて 一 人 として 数 えます ( 注 3) 寄 附 者 が そのNPO 法 人 の 役 員 及 び 役 員 と 生 計 を 一 にする 者 で ある 場 合 は これらの 者 は 寄 附 者 数 に 含 めません 3 条 例 個 別 指 定 基 準 都 道 府 県 又 は 市 区 町 村 が 個 人 住 民 税 の 寄 附 金 税 額 控 除 の 対 象 とし て 条 例 により 個 別 に 指 定 した NPO 法 人 (その 都 道 府 県 又 は 市 区 町 村 の 区 域 内 に 事 務 所 を 有 する NPO 法 人 に 限 ります )については パブリ ックサポートテスト 基 準 を 満 たしているものとして 取 り 扱 われます 29

36 (2) 活 動 の 対 象 に ついて 実 績 判 定 期 間 における 事 業 活 動 のうち 次 に 掲 げる 活 動 の 占 める 割 合 が 50% 未 満 であること イ 会 員 等 に 対 する 資 産 の 譲 渡 等 及 び 会 員 等 が 対 象 である 活 動 ロ 特 定 の 範 囲 の 者 に 便 益 が 及 ぶ 活 動 ハ 特 定 の 著 作 物 又 は 特 定 の 者 に 関 する 活 動 ニ 特 定 の 者 の 意 に 反 した 活 動 (1)3の 都 道 府 県 又 は 市 区 町 村 が 条 例 により 個 別 に 指 定 した NPO 法 人 につ いては ロのうち 便 益 の 及 ぶ 者 が 地 縁 に 基 づく 地 域 に 居 住 する 者 等 であ る 活 動 を 除 いて 判 定 することとなります (3) 運 営 組 織 及 び 経 理 について 次 のいずれの 基 準 にも 適 合 していること イ 運 営 組 織 が 次 のいずれにも 該 当 すること 役 員 のうち 親 族 関 係 を 有 する 者 1 役 員 の 総 数 等 で 構 成 す る 最 も 大 きなグループの 人 数 役 員 のうち 特 定 の 法 人 の 役 員 2 役 員 の 総 数 又 は 使 用 人 等 で 構 成 する 最 も 大 きなグループの 人 数 ロ 各 社 員 の 表 決 権 が 平 等 であること ハ 会 計 について 公 認 会 計 士 若 しくは 監 査 法 人 の 監 査 を 受 けている か 法 人 税 法 施 行 規 則 第 53 条 ~ 第 59 条 に 規 定 する 青 色 申 告 法 人 と 同 等 に 取 引 を 記 録 し 帳 簿 を 保 存 していること ニ 不 適 正 な 経 理 を 行 っていないこと (4) 事 業 活 動 につ いて 次 のいずれの 基 準 にも 適 合 していること イ 次 に 掲 げる 活 動 を 行 っていないこと 1 宗 教 活 動 2 政 治 活 動 3 特 定 の 公 職 者 等 又 は 政 党 を 推 薦 支 持 又 は 反 対 する 活 動 ロ 役 員 社 員 職 員 若 しくは 寄 附 者 若 しくはこれらの 者 の 親 族 等 に 特 別 の 利 益 を 与 えないこと 及 び 営 利 を 目 的 とした 事 業 を 行 う 者 や 上 記 イの 活 動 を 行 う 者 または 特 定 の 公 職 の 候 補 者 ( 公 職 にある 者 )に 寄 附 を 行 っていないこと ハ 実 績 判 定 期 間 における 特 定 非 営 利 活 動 に 係 る 事 業 費 総 事 業 費 80% (5) 情 報 公 開 につ いて (6) 事 業 報 告 書 類 等 の 提 出 について ニ 実 績 判 定 期 間 における 受 入 寄 附 金 総 額 のうち 特 定 受 入 寄 附 金 総 額 70% 非 営 利 活 動 に 係 る 事 業 費 に 充 て た 額 次 に 掲 げる 書 類 をその 事 務 所 において 閲 覧 させること イ 事 業 報 告 書 等 役 員 名 簿 及 び 定 款 等 ロ 1 各 認 定 の 基 準 に 適 合 する 旨 及 び 欠 格 事 由 に 該 当 しない 旨 を 説 明 する 書 類 並 びに 寄 附 金 を 充 当 する 予 定 の 具 体 的 な 事 業 の 内 容 を 記 載 した 書 類 2 役 員 報 酬 又 は 職 員 給 与 の 支 給 に 関 する 規 程 及 び 収 益 の 明 細 そ の 他 の 資 金 に 関 する 事 項 資 産 の 譲 渡 等 に 関 する 事 項 寄 附 金 に 関 する 事 項 その 他 一 定 の 事 項 等 を 記 載 した 書 類 3 助 成 の 実 績 並 びに 海 外 送 金 等 の 金 額 及 び 使 途 並 びにその 予 定 日 を 記 載 した 書 類 各 事 業 年 度 において 事 業 報 告 書 等 を 法 第 29 条 の 規 定 により 所 轄 庁 に 提 出 していること 30

37 (7) 不 正 行 為 等 に ついて (8) 設 立 後 の 経 過 期 間 について (9) 過 去 の 認 定 等 の 有 無 について (10) 設 立 の 日 から の 経 過 期 間 につ いて 法 令 又 は 法 令 に 基 づいてする 行 政 庁 の 処 分 に 違 反 する 事 実 偽 りそ の 他 不 正 の 行 為 により 利 益 を 得 又 は 得 ようとした 事 実 その 他 公 益 に 反 する 事 実 等 がないこと 認 定 又 は 仮 認 定 の 申 請 書 を 提 出 した 日 を 含 む 事 業 年 度 の 初 日 におい て 設 立 の 日 以 後 1 年 を 超 える 期 間 が 経 過 していること 過 去 に 認 定 又 は 仮 認 定 を 受 けたことがないこと 仮 認 定 の 申 請 書 を 提 出 した 日 の 前 日 において 設 立 の 日 から5 年 を 経 過 しない 法 人 であること 認 定 NPO 法 人 等 の 上 記 基 準 のうち (1)の1と2 (2) (4)のハとニの 基 準 は 実 績 判 定 期 間 において 適 合 する 必 要 がありますが (3) (4)のイとロ (5) (6) (7)の 基 準 は 実 績 判 定 期 間 内 の 各 事 業 年 度 だけでなく 認 定 時 又 は 仮 認 定 時 まで 適 合 している 必 要 があります(ただ し 実 績 判 定 期 間 中 に 認 定 又 は 仮 認 定 を 受 けていない 期 間 が 含 まれる 場 合 には その 期 間 につ いては(5)ロの 基 準 を 除 きます )( 法 451 九 ) 認 定 又 は 仮 認 定 を 受 けた 後 に(3) (4)のイとロ (7)の 基 準 に 適 合 しなくなった 場 合 には 所 轄 庁 は 認 定 又 は 仮 認 定 を 取 り 消 すことができます( 法 672) ⑵ 欠 格 事 由 の 概 要 認 定 又 は 仮 認 定 の 基 準 の 規 定 にかかわらず 次 のいずれかの 欠 格 事 由 に 該 当 する 法 人 は 認 定 又 は 仮 認 定 を 受 けることができません( 法 47 62) 次 表 は 各 欠 格 事 由 の 概 要 をまとめたものですが 詳 細 については 46 頁 ~47 頁 をご 覧 ください 項 目 欠 格 事 由 の 概 要 (1) 役 員 のうち 次 のいずれかに 該 当 する 者 がある (2) 認 定 等 取 消 の 日 から5 年 を 経 過 し ていない (3) 定 款 又 は 事 業 計 画 書 の 内 容 が 法 令 に 違 反 している NPO 法 人 の 役 員 のうちに 次 のいずれかに 該 当 する 者 がある 場 合 には 欠 格 事 由 に 該 当 します 1 認 定 NPO 法 人 が 認 定 を 取 り 消 された 場 合 又 は 仮 認 定 NPO 法 人 が 仮 認 定 を 取 り 消 された 場 合 において その 取 消 しの 原 因 となった 事 実 があった 日 以 前 1 年 内 に 当 該 認 定 NPO 法 人 又 は 当 該 仮 認 定 NPO 法 人 のその 業 務 を 行 う 理 事 であった 者 でその 取 消 しの 日 から5 年 を 経 過 しないもの 2 禁 錮 以 上 の 刑 に 処 せられ その 執 行 を 終 わった 日 又 はその 執 行 を 受 け ることがなくなった 日 から5 年 を 経 過 しない 者 3 法 若 しくは 暴 力 団 員 不 当 行 為 防 止 法 に 違 反 したことにより 若 しくは 刑 法 第 204 条 等 若 しくは 暴 力 行 為 等 処 罰 法 の 罪 を 犯 したことにより 又 は 国 税 若 しくは 地 方 税 に 関 する 法 律 に 違 反 したことにより 罰 金 刑 に 処 せられ その 執 行 が 終 わった 日 又 はその 執 行 を 受 けることがなくなった 日 から5 年 を 経 過 しない 者 4 暴 力 団 の 構 成 員 等 認 定 又 は 仮 認 定 を 取 り 消 され その 取 消 しの 日 から5 年 を 経 過 しない 場 合 には 欠 格 事 由 に 該 当 します NPO 法 人 の 定 款 又 は 事 業 計 画 書 の 内 容 が 法 令 又 は 法 令 に 基 づいてする 行 政 庁 の 処 分 に 違 反 している 場 合 には 欠 格 事 由 に 該 当 します 31

38 (4) 国 税 又 は 地 方 税 の 滞 納 処 分 を 受 け ている (5) 国 税 に 係 る 重 加 算 税 又 は 地 方 税 に 係 る 重 加 算 金 を 課 されてから3 年 を 経 過 していない (6) 次 のいずれかに 該 当 する 国 税 又 は 地 方 税 の 滞 納 処 分 の 執 行 がされている NPO 法 人 又 は 当 該 滞 納 処 分 の 終 了 の 日 から3 年 を 経 過 していない NPO 法 人 は 欠 格 事 由 に 該 当 しま す 国 税 に 係 る 重 加 算 税 又 は 地 方 税 に 係 る 重 加 算 金 を 課 された 日 から3 年 を 経 過 していない NPO 法 人 は 欠 格 事 由 に 該 当 します NPO 法 人 が 次 のいずれかに 該 当 する 場 合 は 欠 格 事 由 に 該 当 します 1 暴 力 団 2 暴 力 団 又 は 暴 力 団 の 構 成 員 等 の 統 制 の 下 にある 32

39 3 認 定 NPO 法 人 としての 認 定 を 受 けるための 基 準 認 定 NPO 法 人 としての 認 定 を 受 けるためには 次 の⑴~⑻の 認 定 基 準 に 適 合 する 必 要 があります( 法 451 法 令 1~5) ⑴ パブリックサポートテスト(PST)に 関 する 基 準 パブリックサポートテスト 基 準 の 判 定 に 当 たっては 次 の1~3のいずれかの 基 準 を 選 択 できます 1 相 対 値 基 準 実 績 判 定 期 間 における 経 常 収 入 金 額 のうちに 寄 附 金 等 収 入 金 額 の 占 める 割 合 が5 分 の1 以 上 である こと なお 小 規 模 法 人 の 特 例 の 適 用 国 の 補 助 金 等 を 算 入 するかどうかの 選 択 に 応 じて 次 の4つのケー スに 分 かれます 項 目 選 択 しない 小 規 模 法 人 の 特 例 選 択 する 国 の 補 助 金 等 相 対 値 基 準 計 算 上 の 分 母 分 子 に 算 入 しない 場 合 算 式 1 原 則 (34~36 頁 参 照 ) 算 式 3 相 対 値 基 準 計 算 上 の 分 国 の 補 助 金 等 を 算 入 する 実 母 績 判 分 定 子 期 に 間 算 内 入 の する 各 事 場 場 合 ( 小 規 模 法 人 の 特 例 業 年 度 中 の 寄 附 金 の 額 の 合 適 用 なし) 総 額 が 3,000 以 上 の 寄 附 者 の 合 計 人 数 (37~38 頁 参 照 ) 実 績 判 定 期 間 の 月 数 12 算 式 2 小 規 模 法 人 の 特 例 (36~37 頁 参 照 ) 算 式 4 国 の 補 助 金 等 を 算 入 する 場 合 ( 小 規 模 法 人 の 特 例 適 用 あり) (38 頁 参 照 ) 100 人 小 規 模 法 人 の 特 例 小 規 模 法 人 の 特 例 を 適 用 するか 否 かは 法 人 の 選 択 になります この 特 例 を 選 択 適 用 できる 法 人 は 実 績 判 定 期 間 における 総 収 入 金 額 に 12 を 乗 じて これを 実 績 判 定 期 間 の 月 数 で 除 した 金 額 が 800 万 未 満 で かつ 実 績 判 定 期 間 において 受 け 入 れた 寄 附 金 の 額 の 総 額 が 3,000 以 上 である 寄 附 者 ( 役 員 又 は 社 員 を 除 きます )の 数 が 50 人 以 上 である 法 人 に 限 られます( 法 452 法 令 3) 算 式 実 績 判 定 期 間 の 総 収 入 金 額 12 < 800 万 実 績 判 定 期 間 の 月 数 かつ 実 績 判 定 期 間 において 受 け 入 れた 寄 附 金 の 額 の 総 額 が 3,000 以 上 である 寄 附 者 ( 役 員 社 員 除 く)の 数 50 人 33

40 2 絶 対 値 基 準 算 式 5 実 績 判 定 期 間 内 の 各 事 業 年 度 中 の 寄 附 金 の 額 の 総 額 が3,000 以 上 である 寄 附 者 の 数 の 合 計 数 が 年 平 均 100 人 以 上 であること(39 頁 参 照 ) ( 注 1) 寄 附 者 の 氏 名 ( 法 人 にあっては その 名 称 ) 及 びその 住 所 が 明 らかな 寄 附 者 のみを 数 えます ( 注 2) 寄 附 者 数 の 算 出 に 当 たっては 寄 附 者 本 人 と 生 計 を 一 にする 者 を 含 めて 一 人 として 数 えます ( 注 3) 申 請 法 人 の 役 員 及 びその 役 員 と 生 計 を 一 にする 者 が 寄 附 者 である 場 合 は これらの 者 は 寄 附 者 数 に 含 め ません 算 式 実 績 判 定 期 間 内 の 各 事 業 年 度 中 の 寄 附 金 の 額 の 総 額 が 3,000 以 上 の 寄 附 者 の 合 計 人 数 実 績 判 定 期 間 の 月 数 人 3 条 例 個 別 指 定 基 準 認 定 NPO 法 人 として 認 定 を 受 けるための 申 請 書 を 提 出 した 日 の 前 日 において 都 道 府 県 又 は 市 区 町 村 の 条 例 により 個 人 住 民 税 の 寄 附 金 税 額 控 除 の 対 象 となる 法 人 として 個 別 に 指 定 を 受 けていること(その 都 道 府 県 又 は 市 区 町 村 の 区 域 内 に 事 務 所 を 有 する NPO 法 人 に 限 ります ) ただし 認 定 申 請 書 を 提 出 する 前 日 において 条 例 の 効 力 が 生 じている 必 要 があります 算 式 1 相 対 値 基 準 ( 原 則 ) 実 績 判 定 期 間 における 寄 附 金 等 収 入 金 額 経 常 収 入 金 額 1 5 経 常 収 入 金 額 とは? 総 収 入 金 額 - イの 金 額 寄 附 金 等 収 入 金 額 とは? 受 入 寄 附 金 総 額 - ロの 金 額 + ハの 金 額 ( 解 説 ) ( 注 1) 実 績 判 定 期 間 における 経 常 収 入 金 額 ( 総 収 入 金 額 からイの 金 額 を 控 除 した 金 額 )のうちに 寄 附 金 等 収 入 金 額 ( 受 入 寄 附 金 総 額 からロの 金 額 を 控 除 した 金 額 ( 一 定 の 要 件 を 満 たす 法 人 にあっては それにハ 34

41 の 金 額 を 加 算 した 金 額 ))の 占 める 割 合 が5 分 の1 以 上 であること( 法 451 一 イ 法 令 1) ( 注 1) 総 収 入 金 額 とは 活 動 計 算 書 の 経 常 収 益 計 と 経 常 外 収 益 計 の 合 計 額 です ただし 活 動 計 算 書 に ホ ランティア 受 入 評 価 益 施 設 等 受 入 評 価 益 等 の 法 人 自 身 が 金 額 換 算 し 計 上 した 科 目 に 係 る 金 額 について は 経 常 収 益 計 から 控 除 することとなります イの 金 額 次 に 掲 げる 金 額 の 合 計 額 ( 法 451 一 イ(1) 法 規 5) 1 国 等 ( 国 地 方 公 共 団 体 法 人 税 法 別 表 第 一 に 掲 げる 独 立 行 政 法 人 地 方 独 立 行 政 法 人 国 立 大 学 法 人 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 及 び 我 が 国 が 加 盟 している 国 際 機 関 をいいます 以 下 同 じです )からの 補 助 金 そ の 他 国 等 が 反 対 給 付 を 受 けないで 交 付 するもの( 以 下 国 の 補 助 金 等 といいます ) 2 委 託 の 対 価 としての 収 入 で 国 等 から 支 払 われるもの 3 法 律 又 は 政 令 の 規 定 に 基 づき 行 われる 事 業 でその 対 価 の 全 部 又 は 一 部 につき その 対 価 を 支 払 うべき 者 に 代 わり 国 又 は 地 方 公 共 団 体 が 負 担 することとされている 場 合 のその 負 担 部 分 4 資 産 の 売 却 による 収 入 で 臨 時 的 なもの 5 遺 贈 ( 贈 与 者 の 死 亡 により 効 力 を 生 ずる 贈 与 を 含 みます )により 受 け 入 れた 寄 附 金 贈 与 者 の 被 相 続 人 に 係 る 相 続 の 開 始 のあったことを 知 った 日 の 翌 日 から 10 か 月 以 内 に 当 該 相 続 により 当 該 贈 与 者 が 取 得 した 財 産 の 全 部 又 は 一 部 を 当 該 贈 与 者 からの 贈 与 ( 贈 与 者 の 死 亡 により 効 力 を 生 ずる 贈 与 を 除 きます )に より 受 け 入 れた 寄 附 金 のうち 一 者 当 たり 基 準 限 度 超 過 額 に 相 当 する 部 分 6 実 績 判 定 期 間 における 同 一 の 者 から 受 け 入 れた 寄 附 金 の 額 の 合 計 額 が 1,000 に 満 たないもの 7 寄 附 者 の 氏 名 ( 法 人 にあっては その 名 称 ) 及 びその 住 所 が 明 らかでない 寄 附 金 ( 注 2) 役 員 が 寄 附 者 の 場 合 他 の 寄 附 者 のうちに 当 該 役 員 の 配 偶 者 及 び3 親 等 以 内 の 親 族 並 びに 当 該 役 員 と 特 殊 の 関 係 のある 者 がいるときは これらの 者 は 役 員 と 同 一 の 者 とみなします(いわゆる 親 族 合 算 )( 法 規 8) 上 記 の 特 殊 の 関 係 とは 次 に 掲 げる 関 係 をいいます( 法 規 4ニ 16) a 婚 姻 の 届 出 をしていないが 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にある 関 係 b 使 用 人 である 関 係 及 び 使 用 人 以 外 の 者 で 当 該 役 員 から 受 ける 金 銭 その 他 の 財 産 によって 生 計 を 維 持 している 関 係 c a 又 はbに 掲 げる 関 係 のある 者 の 配 偶 者 及 び 三 親 等 以 内 の 親 族 でこれらの 者 と 生 計 を 一 にしている 関 係 3 親 等 以 内 の 親 族 図 3 曽 祖 父 母 曽 祖 父 母 3 2 祖 父 母 祖 父 母 2 3 伯 叔 父 母 配 3 1 父 母 父 母 1 伯 叔 父 母 3 2 兄 弟 姉 妹 配 2 役 員 配 偶 者 兄 弟 姉 妹 2 3 兄 弟 姉 妹 の 子 配 3 1 子 配 1 兄 弟 姉 妹 の 子 3 ( 注 ) は 血 族 を 示 す 2 孫 配 2 は 姻 族 を 示 す 3 曽 孫 配 3 35

42 ロの 金 額 次 に 掲 げる 金 額 の 合 計 額 ( 法 451 一 イ(2) 法 規 6 7) 1 受 け 入 れた 寄 附 金 の 額 のうち 一 者 当 たり 基 準 限 度 超 過 額 に 相 当 する 金 額 2 実 績 判 定 期 間 における 同 一 の 者 から 受 け 入 れた 寄 附 金 の 額 の 合 計 額 が 1,000 に 満 たないものの 合 計 額 3 寄 附 者 の 氏 名 ( 法 人 にあっては その 名 称 ) 及 びその 住 所 が 明 らかでない 寄 附 金 ( 注 3) 役 員 が 寄 附 者 の 場 合 は 他 の 寄 附 者 のうちに 当 該 役 員 の 配 偶 者 及 び3 親 等 以 内 の 親 族 並 びに 当 該 役 員 と 特 殊 の 関 係 のある 者 がいるときは これらの 者 は 役 員 と 同 一 の 者 とみなします(いわゆる 親 族 合 算 )( 法 規 8) 上 記 特 殊 の 関 係 については イの 金 額 ( 注 1)をご 覧 ください ( 注 4) 一 者 当 たり 基 準 限 度 超 過 額 とは 同 一 の 者 からの 寄 附 金 の 額 の 合 計 額 のうち 受 入 寄 附 金 総 額 の 100 分 の 10 を 超 える 部 分 の 金 額 をいいます ただし 特 定 公 益 増 進 法 人 認 定 NPO 法 人 からの 寄 附 金 については 同 一 の 法 人 からの 寄 附 金 の 額 の 合 計 額 のうち 受 入 寄 附 金 総 額 の 100 分 の 50 を 超 える 部 分 の 金 額 となります( 法 規 6) ( 注 5) 一 者 当 たり 基 準 限 度 超 過 額 及 び 1,000 未 満 ( 同 一 の 者 からの 合 計 額 )の 寄 附 金 の 判 定 については 実 績 判 定 期 間 に 受 け 入 れた 寄 附 金 の 合 計 額 で 計 算 します( 法 451 一 イ 法 規 7) ハの 金 額 ( 法 451 一 イ(3) 法 規 4) 社 員 から 受 け 入 れた 会 費 の 合 計 額 から この 合 計 額 のうち 共 益 的 な 活 動 等 に 係 る 部 分 の 金 額 ( (2) 活 動 の 対 象 に 関 する 基 準 に 定 める 割 合 (39 頁 参 照 )を 乗 じて 計 算 した 金 額 をいいます )を 控 除 した 金 額 (ただし 受 入 寄 附 金 総 額 ロの 金 額 を 限 度 とします ) ( 注 6) ハの 金 額 をPSTの 分 子 に 加 算 するには 次 の 要 件 を 満 たす 必 要 があります( 法 規 4) (イ) 社 員 の 会 費 の 額 が 合 理 的 と 認 められる 基 準 により 定 められていること (ロ) 社 員 ( 役 員 並 びに 役 員 の 配 偶 者 及 び3 親 等 以 内 の 親 族 関 係 並 びに 役 員 と 特 殊 の 関 係 のある 者 を 除 きます 特 殊 の 関 係 については イの 金 額 ( 注 1)と 同 様 です )の 数 が 20 人 以 上 であること ( 注 7) 上 記 の 共 益 的 な 活 動 等 に 係 る 部 分 の 金 額 とは 社 員 から 受 け 入 れた 会 費 の 合 計 額 に 法 人 の 行 った 事 業 活 動 に 係 る 事 業 費 の 額 等 の 合 理 的 な 指 標 に 基 づき 算 出 した 事 業 活 動 に 占 める 共 益 的 な 活 動 等 の 割 合 (39 頁 (2)の 事 業 活 動 のうちに 会 員 等 に 対 する 共 益 的 な 活 動 等 の 占 める 割 合 をいいます )を 乗 じた 金 額 をいいます 算 式 2 相 対 値 基 準 ( 小 規 模 法 人 の 特 例 ) 実 績 判 定 期 間 における 受 入 寄 附 金 総 額 - ホの 金 額 + ヘの 金 額 1 総 収 入 金 額 - ニの 金 額 5 ( 注 ) 小 規 模 法 人 の 要 件 (33 頁 参 照 )に 該 当 する 法 人 であれば 本 特 例 を 選 択 適 用 可 能 ( 解 説 ) 実 績 判 定 期 間 における 総 収 入 金 額 からニの 金 額 を 控 除 した 金 額 のうちに 受 入 寄 附 金 総 額 からホの 金 額 を 控 除 した 金 額 ( 一 定 の 要 件 を 満 たす 法 人 にあっては それにへの 金 額 を 加 算 した 金 額 )の 占 める 割 合 が5 分 の1 以 上 であること( 法 令 52) 36

43 ニの 金 額 次 に 掲 げる 金 額 の 合 計 額 ( 法 451 一 イ(1) 法 令 52 一 法 規 5 252) 1 国 の 補 助 金 等 2 委 託 の 対 価 としての 収 入 で 国 等 から 支 払 われるもの 3 法 律 又 は 政 令 の 規 定 に 基 づき 行 われる 事 業 でその 対 価 の 全 部 又 は 一 部 につき その 対 価 を 支 払 うべき 者 に 代 わり 国 又 は 地 方 公 共 団 体 が 負 担 することとされている 場 合 のその 負 担 部 分 4 資 産 の 売 却 による 収 入 で 臨 時 的 なもの 5 遺 贈 ( 贈 与 者 の 死 亡 により 効 力 を 生 ずる 贈 与 を 含 みます )により 受 け 入 れた 寄 附 金 贈 与 者 の 被 相 続 人 に 係 る 相 続 の 開 始 のあったことを 知 った 日 の 翌 日 から 10 か 月 以 内 に 当 該 相 続 により 当 該 贈 与 者 が 取 得 した 財 産 の 全 部 又 は 一 部 を 当 該 贈 与 者 からの 贈 与 ( 贈 与 者 の 死 亡 により 効 力 を 生 ずる 贈 与 を 除 きます ) により 受 け 入 れた 寄 附 金 のうち 一 者 当 たり 基 準 限 度 超 過 額 に 相 当 する 部 分 ( 注 8) ここに 掲 げるものは 算 式 1 のイの 金 額 の1~5と 同 一 です ホの 金 額 ( 法 451 一 イ(2) 法 令 52 二 法 規 6) 受 け 入 れた 寄 附 金 のうち 一 者 当 たり 基 準 限 度 超 過 額 の 合 計 額 ( 注 9) これは 算 式 1 のロの 金 額 の1と 同 一 です なお 算 式 1 原 則 の 場 合 と 異 なり 小 規 模 法 人 の 特 例 を 選 択 適 用 する 場 合 には 役 員 が 寄 附 者 の 場 合 であっても いわゆる 親 族 合 算 を 行 う 必 要 はありません ( 注 10) 一 者 当 たり 基 準 限 度 超 過 額 については 算 式 1 の( 注 4)をご 参 照 ください への 金 額 ( 法 令 52 法 規 4 251) 社 員 から 受 け 入 れた 会 費 の 合 計 額 から この 合 計 額 のうち 共 益 的 な 活 動 等 に 係 る 部 分 の 金 額 ( ⑵ 活 動 の 対 象 に 関 する 基 準 に 定 める 割 合 (39 頁 参 照 )を 乗 じて 計 算 した 金 額 )を 控 除 した 金 額 (ただし 受 入 寄 附 金 総 額 ホの 金 額 を 限 度 とします ) ( 注 11) これは 算 式 1 の ハの 金 額 と 同 一 です( 注 6 注 7をご 覧 ください) ( 注 12) ヘの 金 額 をPSTの 分 子 に 加 算 するには 次 の 要 件 を 満 たす 必 要 があります( 法 規 4 251) (イ) 社 員 の 会 費 の 額 が 合 理 的 と 認 められる 基 準 により 定 められていること (ロ) 社 員 ( 役 員 及 び 役 員 と 親 族 関 係 を 有 する 者 並 びに 役 員 と 特 殊 の 関 係 のある 者 を 除 きます )の 数 が 20 人 以 上 で あること ( 注 13) 共 益 的 な 活 動 等 に 係 る 部 分 の 金 額 は 社 員 から 受 け 入 れた 会 費 の 合 計 額 に 法 人 の 行 った 事 業 活 動 に 係 る 事 業 費 の 額 等 の 合 理 的 な 指 標 に 基 づき 算 出 した 事 業 活 動 に 占 める 共 益 的 な 活 動 等 の 割 合 (39 頁 (2)の 事 業 活 動 のうちに 会 員 等 に 対 する 共 益 的 な 活 動 等 の 占 める 割 合 をいいます )を 乗 じた 金 額 となります 算 式 3 相 対 値 基 準 ( 国 の 補 助 金 等 を 算 入 する 場 合 ( 小 規 模 法 人 の 特 例 適 用 なし)) 実 績 判 定 期 間 における 寄 附 金 等 収 入 金 額 + チの 金 額 1 経 常 収 入 金 額 + トの 金 額 5 ( 注 ) 国 の 補 助 金 等 をPSTに 算 入 するか 否 か 選 択 適 用 可 能 37

44 ( 解 説 ) 国 の 補 助 金 等 を 受 け 入 れている 場 合 選 択 により 当 該 国 の 補 助 金 等 を 相 対 値 基 準 計 算 上 の 分 母 分 子 に 算 入 することが 可 能 です( 法 令 51) ただし 分 子 に 算 入 する 国 の 補 助 金 等 の 額 ( チの 金 額 )は 受 入 寄 附 金 総 額 からロの 金 額 (36 頁 参 照 )を 控 除 した 金 額 が 限 度 となります( 分 母 には 国 の 補 助 金 等 の 額 の 全 額 ( トの 金 額 )を 算 入 します ) 上 記 算 式 のうち 寄 附 金 等 収 入 金 額 及 び 経 常 収 入 金 額 については 算 式 1 (34 頁 )を 参 照 してくだ さい トの 金 額 ( 法 令 51) 国 の 補 助 金 等 の 全 額 チの 金 額 次 のいずれか 少 ない 金 額 ( 法 令 51) 1 国 の 補 助 金 等 の 額 2 受 入 寄 附 金 総 額 からロの 金 額 (36 頁 参 照 )を 控 除 した 金 額 算 式 4 相 対 値 基 準 ( 国 の 補 助 金 等 を 算 入 する 場 合 ( 小 規 模 法 人 の 特 例 適 用 あり)) 実 績 判 定 期 間 における 受 入 寄 附 金 総 額 - ホの 金 額 + ヘの 金 額 + リの 金 額 総 収 入 金 額 - ニの 金 額 + トの 金 額 1 5 ( 注 ) 国 の 補 助 金 等 をPSTに 算 入 するか 否 か 選 択 適 用 可 能 ( 解 説 ) 小 規 模 法 人 の 特 例 を 選 択 適 用 する 小 規 模 法 人 で 国 の 補 助 金 等 を 受 けている 場 合 選 択 により 当 該 国 の 補 助 金 等 を 相 対 値 基 準 計 算 上 の 分 母 分 子 に 算 入 することが 可 能 です( 法 令 53) ただし 分 子 に 算 入 する 国 の 補 助 金 等 の 額 ( リの 金 額 )は 受 入 寄 附 金 総 額 からホの 金 額 を 控 除 した 金 額 が 限 度 となります ( 分 母 には 国 の 補 助 金 等 の 全 額 ( トの 金 額 )を 算 入 します ) 上 記 算 式 のうち ニの 金 額 ホの 金 額 及 びヘの 金 額 については 37 頁 を 参 照 してください トの 金 額 ( 法 令 53) 国 の 補 助 金 等 の 全 額 リの 金 額 次 のいずれか 少 ない 金 額 ( 法 令 53) 1 国 の 補 助 金 等 の 額 2 受 入 寄 附 金 総 額 からホの 金 額 を 控 除 した 金 額 38

45 算 式 5 絶 対 値 基 準 実 績 判 定 期 間 内 の 各 事 業 年 度 中 の 寄 附 金 の 額 の 総 額 が 3,000 以 上 の 寄 附 者 の 合 計 人 数 実 績 判 定 期 間 の 月 数 人 ( 注 )1 寄 附 者 の 氏 名 ( 法 人 にあっては その 名 称 ) 及 びその 住 所 の 明 らかな 寄 附 者 のみを 数 えます 2 寄 附 者 本 人 と 生 計 を 一 にする 者 も 含 めて 一 人 として 数 えます 3 寄 附 者 が その NPO 法 人 の 役 員 及 び 役 員 と 生 計 を 一 にする 者 である 場 合 は これらの 者 は 寄 附 者 数 に 含 めません 4 月 数 は 暦 に 従 って 計 算 し 一 月 未 満 の 端 数 は 切 り 上 げて 一 月 とします ( 解 説 ) 実 績 判 定 期 間 内 の 各 事 業 年 度 中 の 寄 附 金 の 額 の 総 額 が 3,000 以 上 である 寄 附 者 の 数 の 合 計 数 が 年 平 均 100 人 以 上 であること( 法 451 一 ロ 法 令 2 法 規 9) なお 実 績 判 定 期 間 の 各 事 業 年 度 単 位 で 年 3,000 以 上 の 寄 附 者 数 が100 人 以 上 となっている 場 合 には 上 記 算 式 を 当 てはめるまでもなく 基 準 に 適 合 することとなります 条 例 個 別 指 定 基 準 認 定 NPO 法 人 として 認 定 を 受 けるための 申 請 書 を 提 出 した 日 の 前 日 において 都 道 府 県 又 は 市 区 町 村 の 条 例 に より 個 人 住 民 税 の 寄 附 金 税 額 控 除 の 対 象 となる 法 人 として 個 別 に 指 定 を 受 けていること ( 注 )1 その 都 道 府 県 又 は 市 区 町 村 の 区 域 内 に 事 務 所 を 有 する NPO 法 人 に 限 ります 2 認 定 申 請 書 を 提 出 する 前 日 において 条 例 の 効 力 が 生 じている 必 要 があります ( 解 説 ) 条 例 による 個 別 指 定 とは 個 人 住 民 税 の 寄 附 金 控 除 の 対 象 となる 寄 附 金 を 受 け 入 れる NPO 法 人 として こ れらの 寄 附 金 を 定 める 条 例 により 定 められている 場 合 認 定 に 係 る PST 基 準 を 満 たすものとして 認 められる というものです( 当 該 条 例 を 定 めている 都 道 府 県 又 は 市 区 町 村 の 区 域 内 に 事 務 所 を 有 する NPO 法 人 に 限 りま す )( 法 451 一 ハ 地 方 税 法 37 の21 四 314 の71 四 ) なお 条 例 による 個 別 指 定 については 寄 附 金 税 額 控 除 の 対 象 となる 寄 附 金 を 受 け 入 れる NPO 法 人 の 名 称 及 び 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 が 条 例 で 明 らかにされていることが 必 要 です ⑵ 活 動 の 対 象 に 関 する 基 準 実 績 判 定 期 間 における イ 会 員 等 に 対 する 資 産 の 譲 渡 等 及 び 会 員 等 が 対 象 である 活 動 ロ 特 定 の 範 囲 の 者 に 便 益 が 及 ぶ 活 動 の 事 業 活 動 に 占 める 割 合 < 50% ハ 特 定 の 著 作 物 又 は 特 定 の 者 に 関 する 活 動 ニ 特 定 の 者 の 意 に 反 した 活 動 39

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

1 法律の目的と法人格取得の効果

1 法律の目的と法人格取得の効果 第 1 章 認 定 NPO 法 人 制 度 について ( 問 1) 認 定 NPO 法 人 制 度 とは どのような 制 度 でしょうか ( 答 ) NPO 法 人 のうち 一 定 の 基 準 等 に 適 合 するものとして 所 轄 庁 の 認 定 又 は 仮 認 定 を 受 けた 法 人 ( 以 下 認 定 NPO 法 人 等 といいます )に 対 して 支 出 した 寄 附 について 次 のような

More information

<944692E893C192E894F1896397988A8893AE9640906C90A7937882CC8EE888F882AB8169944692E895D2816A2E786477>

<944692E893C192E894F1896397988A8893AE9640906C90A7937882CC8EE888F882AB8169944692E895D2816A2E786477> 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 制 度 の 手 引 きQ&A 163 164 第 1 章 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 制 度 の 概 要 第 2 章 認 定 NPO 法 人 制 度 について ( 問 1) 認 定 NPO 法 人 制 度 とは どのような 制 度 でしょうか ( 問 2) 認 定 等 を 受 けたいと 考 えていますが どこに 相 談 すればよいでしょうか

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

④(参考)税額控除手引(厚労省)

④(参考)税額控除手引(厚労省) 税 額 控 除 に 係 る 証 明 事 務 ~ 申 請 の 手 引 き~ 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 福 祉 基 盤 課 2015 年 4 月 1 日 Ⅰ 総 論 1. 税 額 控 除 制 度 について (1) 概 要 現 下 の 厳 しい 経 済 状 況 及 び 雇 用 情 勢 に 対 応 して 税 制 の 整 備 を 図 るための 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

1 法律の目的と法人格取得の効果

1 法律の目的と法人格取得の効果 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 に 係 る 諸 手 続 きQ&A 第 1 章 法 律 の 概 要 ( 問 1)どのような 活 動 が 20 の 分 野 に 該 当 しますか また 逆 にどのような 活 動 が 該 当 しませんか ( 答 ) 法 律 の 別 表 には 20 の 活 動 分 野 が 列 挙 され それらの 活 動 に 該 当 しないと 特 定 非 営 利 活 動 とはみな されません

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 58 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 常 時 勤 務 する 職 員 のうち

More information

財団法人日本相撲連盟寄附行為

財団法人日本相撲連盟寄附行為 公 益 財 団 法 人 日 本 相 撲 連 盟 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 日 本 相 撲 連 盟 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 新 宿 区 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 我 が 国 におけるアマチュア

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc 18 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 給 与 規 程 27.4.24 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 - 1-27.4.1 最 終 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 教 職 員 ( 以 下 教

More information

第1条を次のように改める

第1条を次のように改める 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 埼 玉 県 熊 谷 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 精 神 疾 患 を 持 つ 人

More information

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 は 商 品 先 物 取 引 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 239 号 以 下 法 という ) 第 206 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 主 務 大 臣 から 委 任 を 受 けた 外 務 員 の 登 録 事 務 に 関 し 外 務 員 の 登 録 申 請 手 続 き 登 録 の 拒

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号) 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 静 岡 県 静 岡 市 清 水 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 12 号 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 24 年 12 月 7 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出 所 得 税 法 等 ( 国 外 転 出 時 の 特 例 の 創 設 )の 改 正 目 次 一 制 度 創 設 の 趣 旨 81 二 制 度 の 内 容 82 一 制 度 創 設 の 趣 旨 株 式 等 のキャピタルゲインについては 株 式 等 の 売 却 等 により 実 現 した 時 点 で 株 式 を 売 却 した 納 税 者 が 居 住 している 国 において 課 税 されること が 原 則 となっています

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で 防 災 科 学 技 術 研 究 所 職 員 給 与 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 14 条 ) 第 2 章 給 与 第 1 節 俸 給 ( 第 15 条 - 第 21 条 ) 第 2 節 諸 手 当 ( 第 22 条 - 第 37 条 ) 第 3 章 給 与 の 特 例 ( 第 38 条 - 第 42 条 ) 附 則 ( 平 成 13 年 4 月 1 日 13 規 程

More information

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329>

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 1 0 号 最 新 改 正 平 成 24 年 12 月 28 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 管 理 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

特定非営利活動促進法に係る諸手続きの手引きQ&A

特定非営利活動促進法に係る諸手続きの手引きQ&A 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 に 係 る 諸 手 続 きの 手 引 きQ&A 第 1 章 法 律 の 概 要 ( 問 1)どのような 活 動 が20の 分 野 に 該 当 しますか また 逆 にどのような 活 動 が 該 当 し ませんか ( 問 2) 今 回 の 改 正 により 活 動 分 野 が 追 加 されましたが 改 正 法 の 施 行 日 以 前 から 今 回 追 加 された 活

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4.

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4. 公 益 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 ( 理 事 理 事 会 会 計 監 査 人 評 議 員 評 議 員 会 社 員 社 員 総 会 ) 目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項

More information

加茂商工会議所・定款(H12.5改正)

加茂商工会議所・定款(H12.5改正) 加 茂 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

2004syuki027職員退職手当規程

2004syuki027職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 度 九 大 就 規 第 27 号 制 定 : 平 成 16 年 4 月 1 日 最 終 改 正 : 平 成 27 年 3 月 30 日 ( 平 成 26 年 度 九 大 就 規 第 21 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 就 業 通 則 ( 平 成 16

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

< F2D F591DE90458EE893968B4B92F62E6A7464>

< F2D F591DE90458EE893968B4B92F62E6A7464> 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 事 務 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 54 条 及 び 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 教 員 就 業 規 則 ( 以 下 教 員 就 業 規

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

公益財団法人プラン・ジャパン定款

公益財団法人プラン・ジャパン定款 定 款 公 益 財 団 法 人 プラン インターナショナル ジャパン 公 益 財 団 法 人 プラン インターナショナル ジャパン 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 プラン インターナショナル ジャパン( 以 下 本 財 団 という ) と 称 し その 英 文 名 を Plan International Japan と 称 する (

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 高 エネルギー 加 速 器 研 究 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 1 5 号 改 正 平 成 17 年 3 月 29 日 規 程 第 36 号 改 正 平 成 18 年 3 月 30 日 規 程 第 49 号 改 正 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 9 号 改 正 平 成 21 年 3 月

More information

00_改正税法の概要_白表紙

00_改正税法の概要_白表紙 所 得 税 法 等 ( 扶 養 控 除 関 係 )の 改 正 1 年 少 扶 養 親 族 に 対 する 扶 養 控 除 の 廃 止 ⑴ 年 少 扶 養 親 族 ( 扶 養 親 族 のうち 年 齢 16 歳 未 満 の 者 をいいます )に 対 す る 扶 養 控 除 が 廃 止 されました ( 平 成 23 年 分 以 降 適 用 ) ⑵ 上 記 ⑴の 改 正 にあわせて 扶 養 控 除 の 対 象

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

認 定 等 取 得 後 の 手 続 き 1. 認 定 NPO 法 人 等 の 報 告 義 務 (1) 認 定 NPO 法 人 等 に 義 務 付 けられている 報 告 認 定 NPO 法 人 等 になると より 多 くの 支 援 者 に 対 して 説 明 責 任 があることから 一 般 のNPO 法

認 定 等 取 得 後 の 手 続 き 1. 認 定 NPO 法 人 等 の 報 告 義 務 (1) 認 定 NPO 法 人 等 に 義 務 付 けられている 報 告 認 定 NPO 法 人 等 になると より 多 くの 支 援 者 に 対 して 説 明 責 任 があることから 一 般 のNPO 法 4 運 営 1 認 定 等 取 得 後 の 手 続 き 1. 認 定 NPO 法 人 等 の 報 告 義 務 103 2. 事 業 年 度 終 了 後 3か 月 以 内 の 報 告 103 3. 助 成 金 の 支 給 を 行 った 場 合 の 報 告 109 4. 海 外 への 送 金 または 金 銭 の 持 ち 出 しを 行 う 場 合 の 報 告 110 5. 代 表 者 を 変 更 した 場

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神

More information

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B>

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B> 独 立 行 政 法 人 自 動 車 事 故 対 策 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 7 号 改 正 平 成 16 年 3 月 24 日 平 成 16 年 機 構 規 程 第 4 号 改 正 平 成 18 年 3 月 27 日 平 成 18 年 機 構 規 程 ( 総 務 ) 第 4 号 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予 猶 予 申 請 の 手 引 き 猶 予 制 度 とは 税 金 を 滞 納 すると 納 付 するまで 延 滞 金 がかかります また 督 促 状 を 受 けて 10 日 を 経 過 してもなお 納 付 されない 場 合 は 財 産 を 調 査 し 差 押 えなどの 滞 納 処 分 を 受 ける ことがあります ただし 税 金 を 一 時 に 納 付 することが 困 難 な 理 由 があり 納 税 について

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63> 社 会 福 祉 法 人 設 立 提 出 書 類 様 式 集 平 成 5 年 4 月 座 間 市 福 祉 部 福 祉 長 寿 課 目 次 第 号 様 式 ( 第 条 関 係 ) 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 書... 様 式 社 会 福 祉 法 人 設 立 計 画 概 要... 3 様 式 定 款 案... 様 式 3 財 産 目 録... 様 式 4 贈 与 契 約 書... 3

More information

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 物 質 材 料 研 究 機 構 定 年 制 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 31 日 18 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 19 年 5 月 8 日 19 規 程 第 33 号 改 正 : 平 成 20 年 2 月 18 日 20 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 29 日 22 規 程 第 22 号 ( 目 的 )

More information

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働 第 4 ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 1 経 過 措 置 に 関 する 概 要 (1) ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 イ 平 成 27 年 9 月 30 日 から( 旧 ) 一 般 労 働 者 派 遣 事 業 及 び( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 は 廃 止 と なり 労 働 者 派 遣 事

More information

在職年数

在職年数 東 京 都 市 町 村 職 員 退 職 手 当 組 合 退 職 手 当 支 給 条 例 施 行 規 則 ( 昭 和 51 年 3 月 31 日 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 51 年 4 月 9 日 規 則 第 2 号 昭 和 54 年 3 月 24 日 規 則 第 2 号 昭 和 60 年 5 月 1 日 規 則 第 1 号 昭 和 61 年 4 月 1 日 規 則 第 1 号 平 成 2

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

shokuin-taisyoku

shokuin-taisyoku 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 19 号 ) ( 総 則 ) 第 1 条 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 ( 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 第 2 条 に 規

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

19

19 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 則 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 (

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

< F2D904588F591DE90458EE893968B4B91A52E6A7464>

< F2D904588F591DE90458EE893968B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 制 定 平 成 16 年 4 月 7 日 平 成 16 年 規 則 第 41 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 1 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 56 条

More information

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 20 年 7 月 8 日 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 23 年 1 月 1 日 改 正 平 成 24 年 10 月 1 日

More information

本 書 において 使 用 している 主 な 省 略 語 は 次 のとおりです NPO 法 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 ( 平 成 10 年 法 律 第 7 号 ) NPO 法 人 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 第 2 条 第 2 項 に 規 定 する 特 定 非 営 利 活 動

本 書 において 使 用 している 主 な 省 略 語 は 次 のとおりです NPO 法 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 ( 平 成 10 年 法 律 第 7 号 ) NPO 法 人 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 第 2 条 第 2 項 に 規 定 する 特 定 非 営 利 活 動 特 定 非 営 利 活 動 法 人 の 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 北 九 州 市 本 書 において 使 用 している 主 な 省 略 語 は 次 のとおりです NPO 法 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 ( 平 成 10 年 法 律 第 7 号 ) NPO 法 人 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 第 2 条 第 2 項 に 規 定 する 特 定 非 営 利 活

More information

平成21年度税制改正について

平成21年度税制改正について 相 続 税 法 等 の 改 正 所 得 税 関 係 のその 他 の 改 正 目 一 特 定 退 職 金 共 済 制 度 の 改 正 185 二 家 事 関 連 費 等 の 必 要 経 費 不 算 入 制 度 の 改 正 188 三 電 子 証 明 書 を 有 する 個 人 の 電 子 情 報 処 理 組 織 による 申 告 に 係 る 所 得 税 額 の 特 別 控 除 制 度 の 改 正 190

More information

Taro-syokuin-taisyoku-teate.JTD

Taro-syokuin-taisyoku-teate.JTD 国 立 大 学 法 人 山 口 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 66 号 改 正 平 成 17 年 1 月 11 日 規 則 第 1 号 平 成 17 年 3 月 24 日 規 則 第 48 号 平 成 18 年 3 月 23 日 規 則 第 38 号 平 成 19 年 3 月 22 日 規 則 第 44 号 平 成 23 年 3 月 31 日

More information

<5461726F2D824F8253817C824F82528D9197A791E58A779640906C938C8B9E>

<5461726F2D824F8253817C824F82528D9197A791E58A779640906C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 54 号 改 正 平 成 16 年 10 月 1 日 規 則 第 199 号 平 成 17 年 7 月 1 日 規 則 第 48 号 平 成 17 年 11 月 22 日 規 則 第 85 号 平 成 18 年 3 月 28 日 規 則 第 18 号 平 成 19 年 3 月 20

More information

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負 [ 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 ] 経 営 者 にも 退 職 金 を ゆとりある 老 後 を 支 える 安 心 の 共 済 です 小 規 模 企 業 共 済 制 度 のしおり 小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 ( 災 害 損 失 など) に 関 す る 法 人 税 の 取 扱 い に 係 る 質 疑 応 答 事 例 平 成 28 年 6 月 国 税 庁 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 については 平 成 28 年 6 月 16 日 付 課 法 2-5ほか2 課 共 同 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 諸 費 用 の

More information

国立大学法人富山大学職員給与規則

国立大学法人富山大学職員給与規則 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 給 与 規 則 平 成 17 年 1 0 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 10 月 1 日 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 2 1 年 4 月 1 日 改 正 平 成 2 1 年 21 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日

More information

50_事業年度終了前後のスケジュール例

50_事業年度終了前後のスケジュール例 NPO 法 人 設 立 運 営 の 手 引 き 平 成 24 年 5 月 ( 平 成 26 年 3 月 一 部 改 訂 ) 島 根 県 環 境 生 活 総 務 課 NPO 活 動 推 進 室 690-8501 松 江 市 殿 町 1 番 地 TEL.(0852)22-5096 FAX.(0852)22-5636 E-mail:npo@pref.shimane.lg.jp http:www.pref.shimane.lg.jp/npo/

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63> 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 調 査 及 び 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 等 支 援 に 関 する 特 別 法 ( 法 律 第 10986 号 2011.8.4 一 部 改 正 2011.8.4 施 行 ) 仮 訳 第 1 条 ( 目 的 ) この 法 は 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 の 真 相 を 究 明 し 歴 史 の 真 実 を 明 らかにするとともに 1965

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

Taro-一般社団定款(H25.11.26)

Taro-一般社団定款(H25.11.26) 定 款 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 1 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 第 5 条 - 第 7 条 ) 1 第 3 章 会 員 及 び 特 別 会 員 ( 第 8 条 - 第 18 条 ) 2 第 4 章 会 員

More information

大分大学職員給与規程(案)

大分大学職員給与規程(案) 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 16 年 規 程 第 18 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 5 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 分

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-29 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 20-92 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日

More information

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 青 森 県 青 森 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 協 会 は 県 民 の 正 しい 計 量 思 想 の 啓 発 及 び

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

§5 被扶養者の認定及び取消し

§5 被扶養者の認定及び取消し 7 被 扶 養 者 の 認 定 及 び 取 消 し( 法 第 2 条 第 1 項 第 2 号, 施 行 令 第 条, 運 用 方 針 第 2 条 関 係, 法 第 55 条, 施 行 規 程 第 94 条 ) 共 済 組 合 の 被 扶 養 者 主 として 組 合 員 の 収 入 により 生 計 を 維 持 し, 組 合 員 と 一 定 の 身 分 関 係 にある 人 は, 被 扶 養 者 とし て

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 する 職 員 が 退 職 ( 死 亡 を

More information

第 2 章 医 療 法 人 の 法 人 税 349 第 2 節 医 療 法 人 の 資 本 等 1 資 本 金 等 の 額 ⑴ 資 本 金 等 の 額 とは 資 本 金 等 の 額 とは 法 人 が 株 主 等 から 出 資 を 受 けた 金 額 をいいます( 法 法 2 十 六 ) 持 分 の 定

第 2 章 医 療 法 人 の 法 人 税 349 第 2 節 医 療 法 人 の 資 本 等 1 資 本 金 等 の 額 ⑴ 資 本 金 等 の 額 とは 資 本 金 等 の 額 とは 法 人 が 株 主 等 から 出 資 を 受 けた 金 額 をいいます( 法 法 2 十 六 ) 持 分 の 定 348 第 Ⅱ 部 医 療 法 人 の 税 務 第 2 章 医 療 法 人 の 法 人 税 第 1 節 法 人 税 法 上 の 法 人 の 種 類 1 法 人 税 法 上 の 種 類 法 人 税 法 上 の 法 人 は 普 通 法 人 公 共 法 人 公 益 法 人 等 及 び 協 同 組 合 等 に 区 分 され( 法 法 2 五 六 七 九 ) それぞれにおいて 異 なる 課 税 関 係 が 定

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考 平 成 25 年 度 知 的 財 産 権 制 度 説 明 会 ( 実 務 者 向 け)テキスト 産 業 財 産 権 登 録 の 実 務 平 成 25 年 度 この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に

More information

002363-016第6号様式記載の手引.indd

002363-016第6号様式記載の手引.indd 第 6 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1)この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 び これらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します なお 事 業 税 及 び 地 方 法

More information

無年金外国人高齢者福祉手当要綱

無年金外国人高齢者福祉手当要綱 東 浦 町 無 年 金 外 国 人 住 民 高 齢 者 福 祉 手 当 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 う 改 正 後 の 年 金 制 度 において 国 民 年 金 の 受 給 資 格 を 有 しない 在 日 の 外 国 人 住 民 高 齢 者

More information