業 においては 減 産 を 口 実 とした 人 員 削 減 を 加 速 させている 自 動 車 業 界 においては トヨタの2009 年 3 月 期 の 連 結 業 績 予 想 は4500 億 円 減 で 派 遣 期 間 従 業 員 の 削 減 は4100 名 ホンダは1400 億 円 の 損 益

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "業 においては 減 産 を 口 実 とした 人 員 削 減 を 加 速 させている 自 動 車 業 界 においては トヨタの2009 年 3 月 期 の 連 結 業 績 予 想 は4500 億 円 減 で 派 遣 期 間 従 業 員 の 削 減 は4100 名 ホンダは1400 億 円 の 損 益"

Transcription

1 新 自 由 主 義 派 の 詭 弁 を 許 すな! 3 月 1 日 に 放 映 されたテレビ 朝 日 の サンデープロジェクト に 登 場 した 竹 中 平 蔵 元 総 務 省 は アメリカ 型 資 本 主 義 が 破 綻 したのではなく 社 会 民 主 主 義 や 中 国 の 経 済 も 崩 壊 した との 詭 弁 を 弄 して 1980 年 代 から 採 用 されてきた 新 自 由 主 義 経 済 モデルが 昨 今 の 金 融 経 済 危 機 の 主 因 である 事 実 を 否 定 した 同 氏 は 昨 今 9 月 15 日 に 生 じたリーマン ブラザーズの 破 綻 に 端 を 発 したアメリカ 発 の 金 融 経 済 危 機 の 発 生 後 においても 規 制 緩 和 路 線 や 雇 用 形 態 の 多 様 化 など 同 氏 が 小 泉 政 権 下 で 推 進 した 新 自 由 主 義 の 正 当 性 を 強 弁 するだけでなく 自 分 自 身 が 新 自 由 主 義 者 であることさえ 否 定 するなど 詭 弁 を 弄 して 居 直 り を 続 けている 人 類 の 歴 史 が 重 要 な 過 渡 期 にあると 認 識 し 新 自 由 主 義 の 反 人 道 的 な 犯 罪 性 を 糾 弾 して 脱 新 自 由 主 義 を 目 指 す 筆 者 は ここに 至 っても 新 自 由 主 義 の 正 当 性 を 強 弁 し 続 ける 竹 中 氏 ら 新 自 由 主 義 派 の 詭 弁 を 暴 いておきたい 1. 経 済 雇 用 情 勢 2 月 16 日 内 閣 府 が2008 年 10 月 ~12 月 期 の GDP 速 報 を 発 表 し 物 価 変 動 の 影 響 を 除 いた 実 質 GDP は 前 期 比 3.3% 減 年 率 換 算 で12.7%を 記 録 したと 公 表 した 実 質 GDP 減 少 幅 では 1974 年 1 月 ~3 月 期 の13.1%に 続 く 戦 後 2 位 の 最 低 記 録 で 実 質 GDP のマイナス 成 長 は3 四 半 期 連 続 となった 同 日 与 謝 野 経 済 財 政 相 ( 当 時 )は 日 本 経 済 の 現 状 について 戦 後 最 悪 戦 後 最 大 の 経 済 危 機 だ と 言 い 切 った 欧 州 諸 国 (ユーロ 圏 )は 年 率 5.7%(2008 年 10~12 月 の 対 前 年 度 比 ではマイナス1.2%) 他 方 アメリカは 速 報 値 より2.4% 低 下 して 年 率 6.2% となったものの 日 本 は 先 進 諸 国 の 中 では 突 出 して 経 済 交 代 が 最 悪 となった 同 期 の 実 質 GDP の 内 訳 では 輸 出 は13.9% 減 と 減 少 幅 は1975 年 1~3 月 期 (9.7%) を 上 回 り 過 去 最 大 の 下 落 幅 となった しかし 門 真 一 夫 日 銀 調 査 統 計 局 長 によれば 2009 年 1~3 月 期 も2008 年 10~12 月 期 と 同 等 か 場 合 によってはそれ 以 上 のマイナス 成 長 となる 可 能 性 を 意 識 せざるを 得 なくなった との 状 況 にあり 日 本 経 済 が 過 去 にないマイナス 成 長 に 陥 っている 可 能 性 がある 政 府 が2 月 19 日 に 発 表 した 月 例 経 済 報 告 は 景 気 の 基 調 判 断 を5ヶ 月 連 続 で 下 方 修 正 して 急 速 な 悪 化 が 続 いており 厳 しい 状 況 にある との 異 例 の 表 現 を 行 った 判 断 を 引 き 下 げた 最 大 の 要 因 は GDP の5 割 超 を 占 める 個 人 消 費 の 減 少 傾 向 がはっき りしたことである 同 日 与 謝 野 経 済 財 政 相 は これまで 個 人 消 費 は 比 較 的 不 況 に 強 かった 今 回 緩 やかだが 消 費 にも 影 響 が 出 始 めたことには 十 分 注 意 したい と 述 べ 国 内 需 要 の 低 下 が 景 気 後 退 を 助 長 しているとの 見 方 を 示 した 特 に 輸 出 に 依 存 してきた 自 動 車 電 気 業 界 の 減 産 状 況 が 著 しい また これら 企

2 業 においては 減 産 を 口 実 とした 人 員 削 減 を 加 速 させている 自 動 車 業 界 においては トヨタの2009 年 3 月 期 の 連 結 業 績 予 想 は4500 億 円 減 で 派 遣 期 間 従 業 員 の 削 減 は4100 名 ホンダは1400 億 円 の 損 益 で8000 名 以 上 削 減 である 自 動 車 業 界 全 体 で 本 年 5 月 末 までの2 万 7200 名 の 削 減 が 発 表 されている 電 気 電 子 業 界 においても 日 立 製 作 所 が7000 億 円 の 損 益 で 内 外 にて7000 名 の 削 減 配 置 転 換 パナソニックが3800 億 円 の 損 益 で 内 外 にて1 万 5000 名 の 削 減 ソニー が1500 億 円 の 損 益 で 内 外 にて1 万 6000 名 以 上 の 削 減 東 芝 が2800 億 円 の 損 益 で 非 正 社 員 4500 名 の 削 減 NEC が2900 億 円 の 損 益 で 内 外 にて2 万 人 相 当 の 削 減 を 発 表 している 電 気 電 子 業 界 では 国 内 で 判 明 しているだけで5600 名 の 削 減 加 えて 内 外 にて5 万 8000 名 の 削 減 が 予 想 されている このような 企 業 の 損 益 減 産 人 員 削 減 の 結 果 特 に 非 正 規 社 員 の 解 雇 が 拡 大 して おり 2 月 27 日 厚 生 労 働 省 が 発 表 したところでは 昨 年 10 月 以 降 本 年 3 月 末 まで に 生 じる 非 正 規 社 員 の 失 職 者 数 は15 万 7806 人 に 達 する 見 込 みであるが 派 遣 請 負 業 界 団 体 は40 万 人 になるとの 見 通 しを 発 表 している また さらに 正 規 社 員 の 解 雇 も 年 度 末 に 向 けて 増 大 しつつあり 本 年 1 月 現 在 の 完 全 失 業 者 数 は277 万 名 で あるが 今 後 一 層 完 全 失 業 者 が 増 加 する 可 能 性 が 大 である 2. 新 自 由 主 義 派 の 詭 弁 このような 雇 用 情 勢 の 悪 化 をもたらしたのは 新 自 由 主 義 経 済 モデルの 下 での 労 働 法 制 の 改 悪 にあったことは 明 らかである にもかかわらず 新 自 由 主 義 派 はい まだに 雇 用 形 態 の 多 様 化 を 賛 美 している 竹 中 平 蔵 元 総 務 省 ジャーナリスト の 財 部 誠 一 氏 白 石 真 澄 関 西 大 学 教 授 らの 新 自 由 主 義 派 である 彼 らは テレ ビなどのメディアを 通 じて いまだに 雇 用 形 態 の 多 様 化 こそ 各 人 が 自 分 の 好 む 就 労 形 態 を 選 びうるシステムであると 主 張 して 賛 美 している 彼 らは 期 間 就 業 者 パート アルバイトにおいては 各 人 が 望 む 条 件 で 就 労 しうるのであるから 被 雇 用 者 にとって 有 利 な 雇 用 システムであると 主 張 する 確 かに 出 稼 ぎなどの 期 間 就 業 者 パ ート アルバイトにおいてはそのような 場 合 もありうることは 否 定 し 難 い しかし 派 遣 労 働 に 満 足 している 派 遣 労 働 者 は 皆 無 である 彼 らは 正 規 社 員 になることを 希 望 しているが 企 業 側 の 都 合 で 切 り 捨 て 要 員 として 利 用 されているに 過 ぎない 財 部 誠 一 氏 は 1 月 中 に サンデープロジェクト で 行 った 森 永 卓 郎 氏 とのやり 取 りにおいて 年 末 年 始 に 日 比 谷 公 園 にて 組 織 された 派 遣 村 に 関 して トヨタの 本 拠 である 愛 知 県 内 を 取 材 したが トヨタが 削 減 した 期 間 工 は 年 収 500~600 万 円 をえていた 人 々であり 派 遣 切 りや 雇 い 止 めの 対 象 となった 人 々が マスコミが 報 道 した 派 遣 村 に 集 まった 人 々のように 現 金 所 持 が 僅 かだったり 皆 無 であったりす るはずがないと 主 張 し 派 遣 村 に 集 まった 人 々がホームレスに 過 ぎないかのように 述 べ 非 正 規 雇 用 者 の 解 雇 問 題 の 深 刻 さを 指 摘 した 森 永 氏 を 非 難 した しかし この

3 主 張 も 事 実 を 歪 曲 するものである 派 遣 村 の 村 長 をつとめた 湯 浅 誠 氏 によれば 生 活 相 談 のデータから 判 断 すると 最 終 的 に 入 村 した505 名 の 内 訳 は 派 遣 切 り 被 害 者 日 雇 い 派 遣 労 働 者 その 他 の 理 由 での 生 活 困 窮 者 以 前 からの 野 宿 状 態 の 人 不 明 の 人 それぞれ 約 2 割 であっ た( 派 遣 村 は 何 を 問 いかけているのか 世 界 2009 年 3 月 号 所 収 ) 即 ち ホ ームレス 状 態 の 人 々もいたにせよ 約 2 割 に 過 ぎないのであって 入 村 者 すべてをホ ームレス 状 態 にある 特 殊 な 人 々であるかのように 歪 曲 するとともに 不 安 定 雇 用 であ る 期 間 工 のあり 方 を 擁 護 する 材 部 氏 の 姿 勢 は 議 論 の 本 質 を 歪 曲 するものである 新 自 由 主 義 派 の 主 張 は 小 泉 政 権 下 で 社 会 福 祉 制 作 が 縮 小 されたために いか にセーフティネットが 破 壊 されてきたかを 無 視 軽 視 し 新 自 由 主 義 的 改 革 の 不 徹 底 こそ 経 済 危 機 の 原 因 であるかのように 主 張 する 小 泉 政 権 化 では 2002 年 の 児 童 扶 養 手 当 削 減 法 成 立 70 歳 以 上 の 医 療 窓 口 負 担 の 引 き 上 げ 雇 用 保 険 料 引 き 上 げ 2003 年 の 介 護 保 険 料 引 き 上 げ 失 業 給 付 削 減 生 活 保 護 の 扶 助 基 準 などの 引 き 上 げ 老 齢 加 算 の 廃 止 物 価 スライドでの 年 金 削 除 2004 年 の 厚 生 年 金 保 険 料 の 引 き 上 げ 開 始 年 金 額 抑 制 のマクロ 経 済 スライド 導 入 2005 年 の 介 護 関 係 の 食 居 住 費 の 全 額 自 己 負 担 導 入 生 活 ほどの 母 子 換 算 (16~18 歳 廃 止 ) 国 民 年 金 保 険 料 の 引 き 上 げ 開 始 2006 年 の 医 療 現 役 並 み 所 得 者 窓 口 負 担 の3 割 化 リハビリへの 期 間 制 限 長 期 入 院 者 の 食 居 住 費 負 担 増 長 期 入 院 追 い 出 しの 仕 組 み 開 始 介 護 保 険 の 再 度 引 き 上 げ 軽 度 の 人 のサービス 削 減 障 害 者 自 立 支 援 法 による 自 己 負 担 原 則 1 割 導 入 施 設 食 居 住 費 全 額 負 担 化 が 行 われ 社 会 福 祉 の 縮 小 が 強 行 された そ の 後 の 安 倍 福 田 両 政 権 においてもこの 路 線 が 継 続 され 2007 年 には 生 活 保 護 の 母 子 換 算 (15 歳 以 下 ) 廃 止 失 業 給 付 条 件 の 改 悪 2008 年 には 介 護 型 療 養 病 床 の 廃 止 や 医 療 型 療 養 病 床 の 削 減 を 目 指 す 医 療 費 適 正 化 計 画 が 開 始 された 新 自 由 主 義 は 市 場 放 任 による カジノ 資 本 主 義 化 を 生 じさせて 金 融 経 済 危 機 をもたらす 一 方 で 不 安 定 雇 用 の 拡 大 など 雇 用 者 に 有 利 な 雇 用 システムの 確 立 と 並 んで 財 政 健 全 化 を 口 実 として 社 会 福 祉 面 での 支 援 の 削 減 をすすめる 弱 者 切 り 捨 て を 本 質 としている 新 自 由 主 義 はこのような 経 済 本 位 企 業 収 益 本 位 の 経 済 モデルを 強 要 して 労 働 力 を 切 り 捨 て 可 能 な 商 品 としてしか 扱 わない 非 人 道 的 な 経 済 システムである しかし 悪 質 なのは 新 自 由 主 義 派 であるにもかかわらず 自 らは 新 自 由 主 義 者 ではないとの 詭 弁 を 弄 する 人 々である その 筆 頭 が 竹 中 平 蔵 氏 である 彼 は 自 分 の 指 導 の 下 で 公 的 資 金 の 投 入 によって 不 良 債 権 問 題 の 一 部 を 解 決 したのであるから 自 分 は 新 自 由 主 義 派 ではないと 強 弁 する しかし 公 的 資 金 の 注 入 が 新 自 由 主 義 経 済 モデルの 原 則 に 反 するものであることは 確 かであるものの 公 的 資 金 の 注 入 を 行 っただけでその 方 針 が 新 自 由 主 義 であるとは 言 えない 重 要 なのはここの 経 済 政 策 ではなく 全 体 的 な 路 線 であり 政 策 の 方 向 性 である 竹 中 平 蔵 氏 が 推 進 した 政

4 策 の 原 理 が 新 自 由 主 義 であったことは 本 人 がいかに 否 定 しようとも 否 定 し 難 い 事 実 である しかし 新 自 由 主 義 派 が 麻 生 政 権 批 判 を 通 じて 再 び 勢 力 の 盛 り 返 しを 図 りつつ ある 2 月 12 日 に 小 泉 元 首 相 は 郵 政 民 営 化 を 堅 持 し 推 進 する 集 い の 役 員 会 に 出 席 し 小 泉 構 造 改 革 路 線 の 堅 持 を 主 張 した この 小 泉 発 言 がきっかけとなって 麻 生 降 ろし が 自 民 党 内 で 本 格 化 し 始 めた 小 泉 元 首 相 と 政 治 的 姿 勢 を 同 じくする 勢 力 の 代 表 は 中 川 秀 直 元 幹 事 長 である しかし 中 川 氏 に 対 しては 加 藤 紘 一 氏 が2 月 18 日 の 朝 日 ニュースレターの 番 組 収 録 の 中 で いつまでも 小 泉 元 首 相 と 一 緒 に 新 自 由 主 義 経 済 をやっていてはいけない と 述 べ 脱 小 泉 を 忠 告 した 自 民 党 内 にお いては 小 泉 構 造 改 革 路 線 を 継 続 すべきと 考 える 都 道 府 県 連 の 幹 事 長 は 千 葉 県 連 神 奈 川 県 連 静 岡 県 連 京 都 府 連 佐 賀 県 連 長 崎 県 連 の6 府 県 連 にすぎず 転 換 すべきだとする 都 道 府 県 連 は 東 京 都 連 北 海 道 連 など26 都 道 県 連 に 及 ぶ( 大 阪 府 連 など15 府 県 連 は 無 回 答 朝 日 新 聞 本 年 2 月 19 日 付 け) このような 世 論 のみ でなく 自 民 党 内 にも 存 在 する 新 自 由 主 義 に 批 判 的 な 動 向 をも 無 視 して 新 自 由 主 義 派 が 再 び 政 権 を 掌 握 する 可 能 性 は 今 や 皆 無 と 言 えるだろう 新 自 由 主 義 派 を 政 治 論 争 の 主 要 論 点 にすべき 時 期 に 至 っている 3. 新 自 由 主 義 の 放 棄 サンデープロジェクト の 総 合 司 会 である 田 原 総 一 郎 氏 は 3 月 1 日 放 映 におけ る 竹 中 氏 の 対 談 相 手 である 国 民 新 党 の 亀 井 静 香 氏 が 竹 中 氏 との 議 論 を 新 自 由 主 義 の 是 非 に 焦 点 化 しようとしたのに 対 して 議 論 を 郵 政 民 営 化 に 矮 小 するだけではなく 更 には かんぽの 宿 のオリックス 不 動 産 への 売 却 問 題 にすり 替 えてしまい 本 来 議 論 すべき 議 論 に 争 点 化 することを 逃 してしまった 田 原 市 の 司 会 は 常 に 目 先 の 誠 意 問 題 に 集 中 しすぎており 本 質 的 な 議 論 を 歪 曲 してきたが 人 類 史 上 で 重 要 なこの 時 点 においては 新 自 由 主 義 の 是 非 資 本 主 義 の 是 非 に 関 する 議 論 を 優 先 すべきではな かろうか 議 論 を 資 本 主 義 の 是 非 まで 進 め 人 類 の 歴 史 の 中 で 資 本 主 義 システムが 主 流 となっ たのは 過 去 250 年 に 過 ぎないのに 対 して 社 会 主 義 的 な 理 想 主 義 は 数 千 年 の 歴 史 を 有 することを 想 起 すべきであろう 数 千 年 いわたって 続 いてきた 理 想 主 義 の19 世 紀 的 な 現 われ 方 がマルクス 主 義 やアナーキズムなどの 社 会 主 義 の 形 をとったに 過 ぎず 理 想 主 義 は 古 くはプラトンの 国 家 近 世 ではトマス モアの ユートピア (15 16 年 )やカンパネラの 太 陽 の 都 (1602 年 ) 近 代 ではルソーの 人 間 不 平 等 起 源 論 (1757 年 )にも 表 現 されていた 人 類 史 を 貫 くこのような 理 想 主 義 が 時 代 が 近 代 を 脱 却 していないが 故 に 21 世 紀 においてもいまだに 社 会 主 義 の 名 称 をとっている 社 会 主 義 国 であるキューバをはじめ チャベス ベネズエラ 政 権 モラレス ボリ

5 ビア 政 権 コレア エクアドル 政 権 などラテンアメリカには 社 会 主 義 を 模 索 する 政 権 が 続 出 してきている 20 世 紀 的 な 社 会 主 義 路 線 を 継 承 するキューバを 除 いて ベネ ズエラ ボリビア エクアドルにおいては 従 来 の 社 会 主 義 モデルにこだわらない 新 し い 社 会 主 義 モデルを 模 索 している このような 方 向 性 にこそ 単 なる 脱 新 自 由 主 義 だけでなく 真 に 新 自 由 主 義 を 克 服 する 道 がありうるだろう そのような 意 味 で 日 本 においても まず 反 新 自 由 主 義 を 軸 に 結 集 できる 政 治 勢 力 が 連 合 して 真 の 第 二 曲 を 形 成 すべきである そのためには 社 会 党 共 産 党 新 社 会 党 地 方 的 な 生 活 者 ネットワーク 新 左 翼 諸 派 などの 最 大 公 約 数 的 に 共 通 の 目 的 を 有 する 政 治 勢 力 や 知 識 人 などの 無 党 派 層 は 団 結 すべきである 過 去 の 経 緯 もあ り これらの 諸 勢 力 が 結 集 することは 容 易 ではないことは 事 実 であろう しかし 過 去 数 年 における 与 論 の 動 向 を 見 ても 人 々が 資 本 主 義 の 究 極 的 なモデルである 新 自 由 主 義 を 批 判 し 始 め 弱 者 に 手 厚 く 対 処 する 政 治 勢 力 が 復 権 しつつあるという 今 こ そ 人 類 にとって 最 も 好 ましい 方 向 性 を 明 確 に 提 示 して 新 たな 軸 を 形 成 していく 時 期 である この 好 機 を 逃 してはならない その 意 味 で 2 月 28 日 に 開 催 された 社 会 党 全 国 会 議 において 民 主 党 との 連 立 政 権 樹 立 に 反 対 意 見 が 多 数 表 明 された 点 を 評 価 したい 新 自 由 主 義 を 党 全 体 で 明 確 に 批 判 できない 民 主 党 と 野 合 すべきではない 反 新 自 由 主 義 で 一 致 できる 諸 勢 力 の 連 合 戦 線 を 形 成 して 現 在 の 混 迷 した 政 局 を 打 開 すべきである

Microsoft Word - 16_2

Microsoft Word - 16_2 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 213 年 8 月 号 ユーロ 圏 中 核 国 に 広 がる 経 済 悪 化 の 影 響 < 要 旨 > 昨 年 9 月 以 降 ユーロ 圏 の 金 融 市 場 は 落 ち 着 いているが 周 縁 国 のみならず 中 核 国 においても 実 体 経 済 の 悪 化 が 長 引 くと 銀 行 の 経 営 状 況 ひいては 金 融 システムの 安 定 性

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

裁判所での法律相談センター広報について

裁判所での法律相談センター広報について 法 曹 人 口 問 題 に 関 する 各 会 員 の 現 状 及 び 意 見 等 の 調 査 回 答 受 付 期 間 平 成 22 年 1 月 14 日 ~4 月 28 日 回 答 数 173 名 総 会 員 数 ( 平 成 22 年 4 月 30 日 時 点 ) 486 名 回 答 率 35.59% 資 料 1 アンケート 結 果 についての 分 析 2 アンケート 結 果 (グラフによる 集 計

More information

る 年 金 額 は 毎 年 度 見 直 し 物 価 上 昇 率 か 賃 金 上 昇 率 をそのまま 上 乗 せする マクロスライ ドは 物 価 や 賃 金 が 上 がると 年 金 額 も 増 えてしまうため 一 定 額 を 抑 える 仕 組 みだ 年 金 を 受 け 取 るすべての 人 を 対 象

る 年 金 額 は 毎 年 度 見 直 し 物 価 上 昇 率 か 賃 金 上 昇 率 をそのまま 上 乗 せする マクロスライ ドは 物 価 や 賃 金 が 上 がると 年 金 額 も 増 えてしまうため 一 定 額 を 抑 える 仕 組 みだ 年 金 を 受 け 取 るすべての 人 を 対 象 公 的 年 金 給 付 0.9% 増 15 年 度 抑 制 策 を 実 施 日 本 経 済 新 聞 2015/1/30 厚 生 労 働 省 は 30 日 2015 年 度 の 公 的 年 金 の 受 取 額 を 発 表 した 厚 生 年 金 を 受 け 取 る 夫 婦 二 人 のモデル 世 帯 では 22 万 1507 円 となり 14 年 度 より 2441 円 増 える 年 金 の 伸 び を

More information

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日 民 主 党 政 権 の 樹 立 と 崩 壊 - 略 年 表 別 紙 グラフ 参 照 前 史 1986 年 7 月 6 日 第 38 回 衆 院 選 ( 第 14 回 参 院 選 とのダブル 選 挙 )で 中 曽 根 自 民 党 が 圧 勝 1987 年 2 月 中 曽 根 内 閣 は 新 型 間 接 税 売 上 税 ( 5% ) 法 案 を 提 出 5 月 廃 案 に 1988 年 7 月 リクルート

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

片岡氏提出資料

片岡氏提出資料 第 4 回 今 後 の 経 済 財 政 動 向 等 についての 集 中 点 検 会 合 ( 於 : 総 理 大 臣 官 邸 4 階 大 会 議 室 ) 消 費 税 再 増 税 と 日 本 経 済 2014 年 11 月 17 日 三 菱 UFJリサーチ&コンサルティング 株 式 会 社 経 済 社 会 政 策 部 主 任 研 究 員 片 岡 剛 士 1 2013 年 以 降 の 日 本 経 済 の

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題 奨 学 金 制 度 の 拡 充 とそれに 伴 う 財 政 的 視 点 からの 課 題 予 算 委 員 会 調 査 室 藤 井 亮 二 人 材 こそが 日 本 が 世 界 に 誇 る 最 大 の 資 源 である 平 成 25 年 6 月 14 日 に 閣 議 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 -JAPAN is BACK- の 一 文 である 今 夏 の 参 院 選 において 各 政 党 は 就

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

b 稼 働 後 40 年 を 経 過 した 原 発 は 順 次 廃 炉 とし 延 長 を 認 めず 新 設 も 認 めない c 重 要 な 電 源 として 今 後 もリプレイス( 建 て 替 え)や 新 設 が 必 要 d その 他 (その 他 の 場 合 は300 字 以 内 で 具 体 的 にお

b 稼 働 後 40 年 を 経 過 した 原 発 は 順 次 廃 炉 とし 延 長 を 認 めず 新 設 も 認 めない c 重 要 な 電 源 として 今 後 もリプレイス( 建 て 替 え)や 新 設 が 必 要 d その 他 (その 他 の 場 合 は300 字 以 内 で 具 体 的 にお 参 議 院 選 挙 に 向 けた 政 策 アンケート 地 球 温 暖 化 対 策 についてのアンケート 調 査 の 結 果 の 公 開 CASAは7 月 の 参 議 院 選 挙 に 向 け 各 党 に 地 球 温 暖 化 対 策 についてのアンケート 調 査 を 行 い ました アンケートは 公 明 党 おおさか 維 新 の 会 新 党 改 革 日 本 のこころを 大 切 にする 党 に 送 付 し

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

平 成 20 年 12 月 17 日 草 加 市 議 会 議 長 大 久 保 和 敏 提 出 者 宇 佐 美 正 隆 賛 成 者 佐 藤 勇 芝 野 勝 利 浅 井 昌 志 大 野 ミヨ 子 新 井 貞 夫 暮 らせる 年 金 の 実 現 を 求 める 意 見 書 上 記 の 議 案 を 別 紙 の

平 成 20 年 12 月 17 日 草 加 市 議 会 議 長 大 久 保 和 敏 提 出 者 宇 佐 美 正 隆 賛 成 者 佐 藤 勇 芝 野 勝 利 浅 井 昌 志 大 野 ミヨ 子 新 井 貞 夫 暮 らせる 年 金 の 実 現 を 求 める 意 見 書 上 記 の 議 案 を 別 紙 の 平 成 2 0 年 草 加 市 議 会 1 2 月 定 例 会 議 員 提 出 議 案 草 加 市 議 会 平 成 20 年 12 月 17 日 草 加 市 議 会 議 長 大 久 保 和 敏 提 出 者 宇 佐 美 正 隆 賛 成 者 佐 藤 勇 芝 野 勝 利 浅 井 昌 志 大 野 ミヨ 子 新 井 貞 夫 暮 らせる 年 金 の 実 現 を 求 める 意 見 書 上 記 の 議 案 を 別

More information

第2部-6.indd

第2部-6.indd 第 6 章 金 融 保 険 業 第 6 章 金 融 保 険 業 1 金 融 保 険 業 の 概 況 (1) 再 編 が 進 む 金 融 保 険 業 金 融 保 険 業 は 金 融 取 引 の 規 制 緩 和 を 背 景 に 銀 行 業 や 証 券 業 保 険 業 等 の 業 態 の 垣 根 を 越 えて 収 益 力 の 高 い 金 融 コングロマリット( 複 合 企 業 )を 目 指 す 時 代 に

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A> 参 考 資 料 資 料 No.5 財 政 制 度 財 政 用 語 目 次 地 方 交 付 税 について 1 普 通 交 付 税 における 財 源 調 整 機 能 2 財 政 力 指 数 3 標 準 財 政 規 模 4 地 方 債 について 5 地 方 債 の 効 果 6 地 方 債 の 償 還 7 人 事 委 員 会 勧 告 制 度 8 民 間 給 与 との 比 較 方 法 9 地 方 財 政 をめぐる

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478> 資 料 3 年 金 分 野 の 改 革 の 進 捗 状 況 について 平 成 26 年 10 月 10 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 1. 年 金 制 度 の 検 討 課 題 1 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 平 成 16 年 改 正 による 年 金 財 政 フレームが 完 成 するとともに 社 会 経 済 状 態 の 変 化 に 対 応 した 社

More information

博士論文

博士論文 論 文 要 約 伊 関 友 伸 自 治 体 病 院 の 歴 史 住 民 医 療 の 歩 みとこれから ( 三 輪 書 店 ) 本 論 文 は はじめに おわりに のほか 全 7 章 で 構 成 する はじめに は 研 究 の 動 機 研 究 目 的 研 究 の 視 点 などについて 記 述 している 本 論 文 の 主 要 なテーマは 自 治 体 病 院 の 存 在 意 義 である 自 治 体 病

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF 平 成 27 年 度 企 業 年 金 税 制 改 正 に 関 する 要 望 平 成 26 年 8 月 8 日 企 業 年 金 連 合 会 少 子 高 齢 化 の 進 展 を 背 景 に 公 的 年 金 がスリム 化 していく 中 で 高 齢 期 における 所 得 保 障 としての 企 業 年 金 には 公 的 年 金 を 補 完 する 重 要 な 役 割 が 求 められている 企 業 年 金 連 合

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 参 考 資 料 1 ( 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 ) 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 した 成 長 志 向 の 法 人

More information

Microsoft Word - J_20120613エンゲル.docx

Microsoft Word - J_20120613エンゲル.docx Economic Trends マ クロ 経 済 分 析 レポート テーマ:エンゲル 係 数 上 昇 で 広 がる 生 活 格 差 212 年 6 月 13 日 ( 水 ) ~ 食 料 エネルギー 価 格 上 昇 と 所 得 減 で 必 要 となるインフレ 目 標 の 見 直 し~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利 廣 (3-5221-4531)

More information

アベノミクス: 背 景 90 年 代 バブル 崩 壊 と 日 本 経 済 の 構 造 転 換 経 済 成 熟 化 少 子 高 齢 化 長 期 停 滞 デフレ 最 後 の 日 本 型 ケインズ 主 義 ( 赤 字 財 政 と 公 共 事 業 ) 失 敗 と 遺 産 ( 国 債 発 行 残 高 の 激

アベノミクス: 背 景 90 年 代 バブル 崩 壊 と 日 本 経 済 の 構 造 転 換 経 済 成 熟 化 少 子 高 齢 化 長 期 停 滞 デフレ 最 後 の 日 本 型 ケインズ 主 義 ( 赤 字 財 政 と 公 共 事 業 ) 失 敗 と 遺 産 ( 国 債 発 行 残 高 の 激 アベノミクスと 雇 用 改 革 竹 田 茂 夫 法 政 大 学 経 済 学 部 2013 11.16 アベノミクス 雇 用 改 革 背 景 政 策 理 念 背 景 労 働 法 制 をめぐる 対 立 1 アベノミクス: 背 景 90 年 代 バブル 崩 壊 と 日 本 経 済 の 構 造 転 換 経 済 成 熟 化 少 子 高 齢 化 長 期 停 滞 デフレ 最 後 の 日 本 型 ケインズ 主 義

More information

224kugikai1-8.indd

224kugikai1-8.indd 8 6 5 丁 番 号 電 話 54- 代 ホムペジ http://www.kugikai.city.chuo.lg.jp/ ゅ 情 8 程 企 画 常 8 休 企 画 7 福 祉 広 連 合 約 変 約 8 程 休 終 8 常 7 個 情 6 印 鑑 次 酬 弁 償 陳 料 答 弁 旨 ~ 常 旨 石 川 島 4 4 撮 影 8 6 4 間 矢 信 派 ほ 8 7 命 同 4 同 件 6 矢 信

More information

年 金 抑 制 デフレ 下 でも 実 施 二 重 引 き 下 げ へ (2015 年 1 月 22 日 読 売 新 聞 ) 厚 生 労 働 省 の 社 会 保 障 審 議 会 年 金 部 会 は21 日 公 的 年 金 制 度 の 改 革 に 関 する 報 告 書 を 取 りまとめた 年 金 の 抑

年 金 抑 制 デフレ 下 でも 実 施 二 重 引 き 下 げ へ (2015 年 1 月 22 日 読 売 新 聞 ) 厚 生 労 働 省 の 社 会 保 障 審 議 会 年 金 部 会 は21 日 公 的 年 金 制 度 の 改 革 に 関 する 報 告 書 を 取 りまとめた 年 金 の 抑 社 説 公 的 年 金 見 直 し 低 所 得 者 対 策 を 急 げ 東 京 新 聞 2015 年 1 月 23 日 厚 生 労 働 省 の 審 議 会 がまとめた 公 的 年 金 制 度 の 見 直 しに 関 する 報 告 書 は 給 付 抑 制 の 仕 組 み 強 化 が 柱 で 高 齢 者 に 痛 みを 強 いるものだ 高 齢 者 の 貧 困 が 拡 大 する 中 低 所 得 者 対 策 を

More information

Ⅱ. 本 報 告 書 の 概 要 企 業 再 生 債 権 管 理 ニュースレター 1. 本 報 告 書 において 検 討 された 3 つの 制 度 モデル 本 検 討 会 においては 商 取 引 債 権 者 も 債 権 カット 対 象 となることにより 事 業 価 値 維 持 が 困 難 となるとい

Ⅱ. 本 報 告 書 の 概 要 企 業 再 生 債 権 管 理 ニュースレター 1. 本 報 告 書 において 検 討 された 3 つの 制 度 モデル 本 検 討 会 においては 商 取 引 債 権 者 も 債 権 カット 対 象 となることにより 事 業 価 値 維 持 が 困 難 となるとい 2015 年 9 月 号 事 業 再 生 ADR への 多 数 決 原 理 導 入 に 向 けた 動 き ~ 本 年 3 月 の 有 識 者 検 討 会 報 告 書 について~ Ⅰ. はじめに Ⅱ. 本 報 告 書 の 概 要 Ⅲ. 今 後 の 課 題 と 展 望 森 濱 田 松 本 法 律 事 務 所 弁 護 士 山 崎 良 太 TEL 03 5223 7790 ryota.yamasaki@mhmjapan.com

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

年度経営計画書

年度経営計画書 平 成 23 年 度 経 営 計 画 の 評 価 滋 賀 県 信 用 保 証 協 会 は 公 的 な 保 証 機 関 として 中 小 企 業 者 の 資 金 調 達 の 円 滑 化 を 図 り 中 小 企 業 者 の 健 全 な 育 成 と 地 域 経 済 の 発 展 に 貢 献 してきました 平 成 23 年 度 の 年 度 経 営 計 画 に 対 する 実 施 評 価 は 以 下 のとおりです

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産 ご 蛇 易 下 呂 式 No. 発 発 : 青 森 県 編 集 : 広 編 集 - 青 森 県 下 北 郡 大 字 易 字 大 川 目 - TEL --(FAX 兼 ) 常 任 総 常 任 大 原 子 力 発 電 般 質 動 編 集 記 般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目

More information

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生 2012 年 6 月 14 日 森 本 紀 行 資 産 運 用 コラム 厚 生 年 金 基 金 の 脱 退 と 解 散 をめぐる 社 会 問 題 前 回 は 総 合 型 厚 生 年 金 基 金 について 解 散 と 任 意 脱 退 をめぐる 解 き 得 ない 難 問 が 検 討 さ れたのでした 今 回 は 続 編 として その 難 問 が 具 体 的 な 社 会 問 題 化 していることについて

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

1 はじめに 財 政 の 役 割 資 源 配 分 ( 公 共 財 供 給 ) 所 得 再 分 配 経 済 安 定 化 ( 景 気 調 整 ) 地 方 自 治 体 の 役 割 は 資 源 配 分 ( 公 共 財 の 安 定 供 給 )とされる ( 所 得 再 分 配 や 経 済 安 定 化 は 国 の

1 はじめに 財 政 の 役 割 資 源 配 分 ( 公 共 財 供 給 ) 所 得 再 分 配 経 済 安 定 化 ( 景 気 調 整 ) 地 方 自 治 体 の 役 割 は 資 源 配 分 ( 公 共 財 の 安 定 供 給 )とされる ( 所 得 再 分 配 や 経 済 安 定 化 は 国 の 企 業 活 力 研 究 所 地 方 税 研 究 会 報 告 レジュメ < 資 料 1> 個 人 住 民 税 の 課 税 ベース 拡 大 による 地 方 税 制 改 革 京 都 産 業 大 学 経 済 学 部 八 塩 裕 之 1 1 はじめに 財 政 の 役 割 資 源 配 分 ( 公 共 財 供 給 ) 所 得 再 分 配 経 済 安 定 化 ( 景 気 調 整 ) 地 方 自 治 体 の 役 割

More information

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案 平 成 24 年 度 事 業 計 画 1. 租 研 をめぐる 環 境 わが 国 は 内 外 の 経 済 社 会 構 造 の 激 しい 変 化 の 中 で 短 期 中 長 期 共 に 多 くの 問 題 に 直 面 し ている 昨 年 発 生 した 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 については 政 府 による 復 興 対 策 や 税 制 特 例 措 置 等 により 今 後 の 日 本 経

More information

Ⅰ マイナンバー 制 度 導 入 による 企 業 の 実 務 対 応 1 本 人 確 認 の 方 法 (1) 従 業 員 とその 扶 養 家 族 への 本 人 確 認 マイナンバーを 取 得 する 際 は 他 人 のなりすまし 等 を 防 止 するため 厳 格 な 本 人 確 認 を 行 わなくては

Ⅰ マイナンバー 制 度 導 入 による 企 業 の 実 務 対 応 1 本 人 確 認 の 方 法 (1) 従 業 員 とその 扶 養 家 族 への 本 人 確 認 マイナンバーを 取 得 する 際 は 他 人 のなりすまし 等 を 防 止 するため 厳 格 な 本 人 確 認 を 行 わなくては 不 正 防 止 リスク 対 策 Ⅰ マイナンバー 制 度 導 入 による 企 業 の 実 務 対 応 1. 本 人 確 認 の 方 法 2.マイナンバー 提 出 を 拒 否 された 場 合 の 対 応 方 法 3 ガイドライン 変 更 点 4. 実 務 ( 人 事 労 務 編 ) 5. 実 務 ( 経 理 編 ) Ⅱ マイナンバー 漏 えいと 対 応 方 法 1. 漏 えい 時 の 会 社 の 報

More information

金融緩和強化のための新しい枠組み:「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」

金融緩和強化のための新しい枠組み:「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」 2016 年 9 月 21 日 日 本 銀 行 金 融 緩 和 強 化 のための 新 しい 枠 組 み: 長 短 金 利 操 作 付 き 量 的 質 的 金 融 緩 和 1. 日 本 銀 行 は 本 日 政 策 委 員 会 金 融 政 策 決 定 会 合 において 量 的 質 的 金 融 緩 和 および マイナス 金 利 付 き 量 的 質 的 金 融 緩 和 のもとでの 経 済 物 価 動 向 と

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題 第 1 回 厚 生 年 金 基 金 制 度 に 関 す る 専 門 委 員 会 平 成 2 4 年 1 1 月 2 日 資 料 3-1 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しについて ( 試 案 ) この 試 案 は 代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 みとする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 広 く 国 民 の 論 議 に 供 するため 議 論

More information

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長 高 速 道 路 の 計 画 的 更 新 と 料 金 徴 収 期 間 の 延 長 道 路 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 村 田 和 彦 1.はじめに 我 が 国 においては 昭 和 30 年 代 に 入 ると 経 済 規 模 の 拡 大 に 伴 い 自 動 車 交 通 が 激 増 し 高 速 交 通 のための 高 規 格 の 道 路 に 対

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

11 12 平 成 16 年 年 金 制 度 改 正 の 年 を 迎 えて 平 成 16 年 度 税 制 改 革 で 年 金 はこう 変 わる 2004 年 1 月 50p 年 金 改 革 275.90/n1/475 2004 年 2 月 50p 年 金 税 制 の 課 税 強 化 は17 年 分

11 12 平 成 16 年 年 金 制 度 改 正 の 年 を 迎 えて 平 成 16 年 度 税 制 改 革 で 年 金 はこう 変 わる 2004 年 1 月 50p 年 金 改 革 275.90/n1/475 2004 年 2 月 50p 年 金 税 制 の 課 税 強 化 は17 年 分 年 金 時 代 冊 子 名 : 年 金 時 代 出 版 者 : 社 会 保 険 研 究 所 大 きさ:25.5cm 配 架 場 所 2F-E03 id 内 容 発 行 年 月 日 頁 概 要 分 類 番 号 1 2 3 4 5 社 会 保 障 審 議 会 年 金 部 会 が 本 格 議 論 に 着 手 総 報 酬 制 の 導 入 で 四 月 から 厚 生 年 金 健 保 はこう 変 わる 雇 用 と

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

2015年度 コンプライアンス違反企業の倒産動向調査

2015年度 コンプライアンス違反企業の倒産動向調査 東 京 都 新 宿 区 本 塩 町 22-8 TEL: 03-5919-9341 URL:http://www.tdb.co.jp/ 件 数 は 前 比 3 割 増 で 過 去 最 多 ~ 成 長 戦 略 の 陰 で 歪 みが 表 面 化 ~ はじめに 2015 は 企 業 コンプライアンスの 問 題 が 数 多 く 取 り 沙 汰 された 東 芝 グループの 不 適 切 な 会 計 処 理 が 発

More information

Microsoft Word - 201210613.docx

Microsoft Word - 201210613.docx 年 月 期 GDP 速 報 (1 次 速 報 )の 概 要 ~ 後 退 局 面 の 早 期 脱 却 の 可 否 を 占 う 世 界 経 済 底 打 ちのタイミング~ 調 査 情 報 担 当 室 竹 田 智 哉 1. 後 退 局 面 入 りしたと 見 られる 我 が 国 経 済 年 月 期 のGDP 成 長 率 (1 次 速 報 値 年 11 月 12 日 公 表 )は 名 実 ともに 0.9%( 年

More information

国会ニュースNo19.indd

国会ニュースNo19.indd The Diet News ニュ ゆ 参 院 9 広 非 核 則 広 島 祈 念 式 典 非 核 則 触 宣 主 党 代 表 ジ 非 核 則 触 長 崎 式 典 触 何 故 真 伺 併 不 戦 誓 思 尋 ね 広 島 祈 念 式 典 挨 拶 非 核 則 堅 持 当 然 前 我 界 唯 戦 争 被 爆 核 兵 器 界 際 主 導 表 明 我 是 非 核 則 揺 ぎ 戦 争 惨 禍 二 繰 返 ア ノ

More information

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響 子 育 て 世 帯 に 対 する 手 当 等 と 扶 養 控 除 縮 減 の 影 響 ~ 最 近 の 制 度 改 変 に 伴 う 所 得 別 の 影 響 試 算 ~ 調 査 情 報 担 当 室 鈴 木 克 洋 1.はじめに 子 育 て 世 帯 に 対 する 支 援 ( 子 育 て 支 援 )の 充 実 が 政 策 課 題 の 一 つとなってい る この 子 育 て 支 援 は 次 代 の 社 会 を

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

神奈川県西部県有施設等調査報告書

神奈川県西部県有施設等調査報告書 2012/1 豊 島 区 庁 舎 整 備 事 業 に 関 する 調 査 報 告 書 251659264 作 成 :みんなの 党 横 浜 市 会 市 会 議 員 大 岩 まさかず 写 真 : 豊 島 区 庁 舎 ( 新 庁 舎 ) 調 査 の 概 要 調 査 概 要 項 目 内 容 豊 島 区 庁 舎 整 備 事 業 豊 島 区 では 新 区 庁 舎 の 整 備 にあたり 一 般 財 源 の 負 担

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

①【資料1】短時間労働者に対する被用者保険の適用拡大

①【資料1】短時間労働者に対する被用者保険の適用拡大 平 成 27 年 10 月 2 日 第 89 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 1 短 時 労 に 対 す 被 用 保 険 適 用 拡 大 平 成 27 年 10 月 2 日 厚 生 労 省 1. 適 用 拡 大 影 響 について 1 平 成 28 年 10 月 施 行 適 用 拡 大 枠 組 み 被 用 でありがら 被 用 保 険 恩 恵 受 けられい 非 正 規 労

More information

中国の環境汚染と日中環境協力

中国の環境汚染と日中環境協力 2013 年 5 月 1 日 全 6 頁 中 国 の 環 境 汚 染 と 日 中 環 境 協 力 常 務 理 事 金 森 俊 樹 [ 要 約 ] 本 年 初 から 北 京 を 始 めとする 中 国 各 地 で 大 気 中 の PM2.5( 直 径 2.5 マイクロメートル の 微 粒 子 中 国 では 正 式 名 称 として 細 顆 粒 物 と 呼 ぶようになっている)の 値 が 急 上 昇 し 改

More information

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施 参 考 資 料 1 第 1 回 検 討 委 員 会 資 料 平 成 25 年 度 老 人 保 険 健 康 増 進 等 事 業 養 護 老 人 ホーム 軽 費 老 人 ホーム の 現 状 等 について 高 齢 者 の 住 まいについて 1サービス 付 き 齢 者 向 け 住 宅 2 有 料 ホーム 3 養 護 ホーム 4 軽 費 ホーム 5 認 知 症 高 齢 者 グループホーム 根 拠 法 高 齢

More information

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括)

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括) 第 4 次 行 政 改 革 大 綱 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 と 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 平 成 27 年 5 月 企 画 総 務 部 目 次 1 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 P.1~2 2 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 P.2~7 ( 資 料 ) 実 施 状 況 一 覧 表 P.8~20 1 平 成 26 年 度

More information

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること 11/01/14 関 東 ブロック 新 人 研 修 会 静 岡 県 司 法 書 士 会 中 里 功 多 重 債 務 整 理 事 件 3 - 消 費 者 破 産 - 本 稿 は 個 人 破 産 の 中 でもいわゆる 消 費 者 破 産 ( 非 事 業 者 に 関 する 破 産 事 件 )に 関 する 基 礎 的 論 点 の 修 得 を 目 的 としており 事 業 者 の 破 産 事 件 や 会 社 の

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤 氏 の 学 位 論 文 審 査 が 実 施 された まず 周 家 彤 氏 から 本 審 査 の 申 請 の 際 に 提 出 した 履 歴 書 の

2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤 氏 の 学 位 論 文 審 査 が 実 施 された まず 周 家 彤 氏 から 本 審 査 の 申 請 の 際 に 提 出 した 履 歴 書 の 様 式 D 学 位 記 番 号 甲 第 45 号 氏 名 周 家 彤 論 文 題 目 長 春 市 における 満 州 国 旧 祉 群 の 保 存 と 変 遷 学 位 審 査 委 員 主 査 西 尾 林 太 郎 副 査 谷 澤 明 副 査 馬 場 毅 2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤

More information

平 成 24 年 度 決 算 報 告 去 る9 月 19 日 に 開 催 した 第 113 回 代 議 員 会 において 当 基 金 の 平 成 24 年 度 決 算 が 議 決 承 認 されましたので お 知 らせします 24 年 度 の 年 金 資 産 運 用 状 況 は 欧 州 の 財 政 再

平 成 24 年 度 決 算 報 告 去 る9 月 19 日 に 開 催 した 第 113 回 代 議 員 会 において 当 基 金 の 平 成 24 年 度 決 算 が 議 決 承 認 されましたので お 知 らせします 24 年 度 の 年 金 資 産 運 用 状 況 は 欧 州 の 財 政 再 213 年 NO.5 西 日 本 段 ボール 厚 生 年 金 基 金 平 成 24 年 度 決 算 報 告 去 る9 月 19 日 に 開 催 した 第 113 回 代 議 員 会 において 当 基 金 の 平 成 24 年 度 決 算 が 議 決 承 認 されましたので お 知 らせします 24 年 度 の 年 金 資 産 運 用 状 況 は 欧 州 の 財 政 再 建 に 対 する 不 透 明

More information

財 政 問 題 の 長 期 展 望 1 6 4 2-2 -4-6 -8-1 基 礎 的 財 政 収 支 の 長 期 予 測 中 央 政 府 地 方 政 府 ベース 一 般 政 府 ベース -12 198 199 2 21 22 23 24 ( 注 )マクロモデルによる 予 測 値 超 高 齢 日 本

財 政 問 題 の 長 期 展 望 1 6 4 2-2 -4-6 -8-1 基 礎 的 財 政 収 支 の 長 期 予 測 中 央 政 府 地 方 政 府 ベース 一 般 政 府 ベース -12 198 199 2 21 22 23 24 ( 注 )マクロモデルによる 予 測 値 超 高 齢 日 本 資 料 2 財 政 制 度 等 審 議 会 財 政 制 度 分 科 会 報 告 超 高 齢 日 本 における 政 府 財 政 の 課 題 と 長 期 展 望 株 式 会 社 大 和 総 研 調 査 提 言 企 画 室 長 鈴 木 準 hitoshi.suzuki@dir.co.jp 214 年 3 月 1 日 Japanese Economic Research 財 政 問 題 の 長 期 展 望

More information

103 万 円 /130 万 円 の 壁 は 全 国 一 律 で 良 いのか? はじめに 筆 者 は 最 低 賃 金 の 額 は 物 価 に 合 わせて 都 道 府 県 によって 異 な るのに 多 くのパートタイマーが 働 く 時 間 の 基 準 とする 103 万 円 /130 万 円 の 壁

103 万 円 /130 万 円 の 壁 は 全 国 一 律 で 良 いのか? はじめに 筆 者 は 最 低 賃 金 の 額 は 物 価 に 合 わせて 都 道 府 県 によって 異 な るのに 多 くのパートタイマーが 働 く 時 間 の 基 準 とする 103 万 円 /130 万 円 の 壁 103 万 円 /130 万 円 の 壁 は 全 国 一 律 で 良 いのか? 曽 根 涼 平 目 次 はじめに 2 Ⅰ 配 偶 者 控 除 について 2 Ⅱ 最 低 賃 金 制 度 4 Ⅲ 計 算 6 1 先 行 文 献 6 2 検 証 7 3 GDPの 計 算 11 おわりに 15-1 - 103 万 円 /130 万 円 の 壁 は 全 国 一 律 で 良 いのか? はじめに 筆 者 は 最

More information

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx 地 方 法 人 課 税 関 係 資 料 資 料 1 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 改 革 の 趣 旨 欧 米 各 国 も 行 ってきたように 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる ことにより 法 人 課 税 を 成 長 志 向 型 の 構 造 に 変 える より 広 く 負 担 を 分 かち 合 い 稼 ぐ 力 のある 企 業 等 の 税 負

More information

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx 悪 化 した 企 業 収 益 が 雇 用 と 所 得 に 与 える 影 響 国 内 の 消 費 は 政 府 の 景 気 対 策 の 効 果 もあって このところ 持 ち 直 しの 動 きが 続 いている が 雇 用 所 得 環 境 は 依 然 として 厳 しい 情 勢 が 続 いている 以 下 では 昨 年 末 以 降 の 景 気 後 退 による 製 造 業 を 中 心 とした 企 業 収 益 の

More information

改 案 の 具 体 的 内 容 (ポイント) 新 しい 年 制 度 の 格 所 得 例 年 ( 社 会 保 険 式 ): 職 種 を 問 わず 全 ての が 同 じ 制 度 に 加 し 所 得 が 同 じなら 同 じ 保 険 料 同 じ 給 付 最 低 保 障 年 ( 税 財 源 ): 齢 期 に

改 案 の 具 体 的 内 容 (ポイント) 新 しい 年 制 度 の 格 所 得 例 年 ( 社 会 保 険 式 ): 職 種 を 問 わず 全 ての が 同 じ 制 度 に 加 し 所 得 が 同 じなら 同 じ 保 険 料 同 じ 給 付 最 低 保 障 年 ( 税 財 源 ): 齢 期 に Ⅲ 年 金 基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度 が 雇 就 労 や の 選 択 に 影 響 3 低 年 無 年 者 の 存 在 4 年

More information

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象 比 例 大 激 戦 9 条 守 れの1 票 共 産 党 へ 改 憲 問 題 が 大 争 点 に しんぶん 赤 旗 2016 年 7 月 6 日 ( 水 ) 投 票 日 まで4 日 となった 参 院 選 は 比 例 代 表 も 選 挙 区 も 大 激 戦 大 接 戦 のまま 最 終 盤 に 入 り 安 保 法 制 = 戦 争 法 の 廃 止 と 憲 法 9 条 改 悪 が 大 争 点 に 浮 上 憲

More information

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04 HR News Letter 2011 年 4 月 号 平 澤 国 際 社 労 士 事 務 所 東 京 都 港 区 芝 大 門 1-3-5 山 田 ビル 3 階 TEL 03-5402-8491 http://www.jp-hrpayroll.com/ ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

.

. 成 7 度 015 度 の 業 務 の 実 施 状 況 評 価 ついて 成 8 8 月 地 域 経 済 活 性 化 支 援 機 構. 成 7 度 の 業 務 実 施 の 背 景 等. 機 構 の 設 立 改 組 の 経 緯 0 秋 降 金 融 経 情 勢 急 大 幅 悪 等 国 地 域 経 迷 余 儀 く 中 地 域 経 再 建 図 用 経 営 資 源 過 大 債 い 事 業 者 事 業 再 生 支

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

日本の資金循環と改正PFI法

日本の資金循環と改正PFI法 日 本 の 資 金 循 環 と 改 正 PFI 法 - 資 金 循 環 の 観 点 からみた 改 正 PFI 法 の 意 義 - 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 公 共 経 営 戦 略 コンサルティング 部 副 主 任 コンサルタント 竹 端 克 利 1.はじめに 2. 日 本 の 資 金 循 環 構 造 の 変 遷 2011 年 5 月 24 日 に 民 間 資 金 等 の 活 用 に

More information

順 調 な 経 済 発 展 であれば 得 ら れた 経 済 成 長 曲 線 空 白 の 20 年 そしてサラリーマンの 平 均 年 収 は 平 成 9 年 の 467 万 円 から37 万 円 も 低 下 している 土 地 などの 資 産 価 値 も 大 きく 縮 小 している 勿 論 株 式 も

順 調 な 経 済 発 展 であれば 得 ら れた 経 済 成 長 曲 線 空 白 の 20 年 そしてサラリーマンの 平 均 年 収 は 平 成 9 年 の 467 万 円 から37 万 円 も 低 下 している 土 地 などの 資 産 価 値 も 大 きく 縮 小 している 勿 論 株 式 も 日 本 経 済 失 われた 10 年 空 白 の 20 年 寺 尾 塾 2010 年 8 月 23 日 山 本 一 満 今 回 は 日 本 経 済 の 停 滞 の 原 因 を 探 ってみたいと 考 える 言 葉 による 説 明 を 少 なくし 視 覚 的 に 理 解 しやすいグラフを 多 用 して 経 済 停 滞 と 財 政 金 融 政 策 を 見 直 したい 資 料 は 世 界 経 済 のネタ 帳

More information

Microsoft PowerPoint - 2011年9月cajs会議報告公開用

Microsoft PowerPoint - 2011年9月cajs会議報告公開用 政 策 空 間 における 政 党 と 有 権 者 大 学 院 人 文 社 会 科 学 研 究 科 国 際 公 共 政 策 専 攻 竹 中 佳 彦 テーマ 1 政 策 空 間 における 政 党 と 有 権 者 の 位 置 前 回 (7 月 27 日 )の 発 表 の 残 り 2 日 本 人 の 政 党 支 持 前 回 の 報 告 に 対 する 質 疑 政 党 支 持 とは 何 か? だれが 支 持 しているのか?

More information

集 景 気 復 8 余 優 秀 材 獲 州 商 品 差 既 確 資 コ 嫁 維 選 択 良 横 並 根 残 値 型 底 流 慣 影 響 逃 契 約 務 ズ 背 景 州 北 ツ 紹 訓 練 公 セ ィ 充 達 契 約 仕 勤 務 共 員 際 責 任 待 セ ィ 伴 許 状 況 降 遅 激 グ バ 抗

集 景 気 復 8 余 優 秀 材 獲 州 商 品 差 既 確 資 コ 嫁 維 選 択 良 横 並 根 残 値 型 底 流 慣 影 響 逃 契 約 務 ズ 背 景 州 北 ツ 紹 訓 練 公 セ ィ 充 達 契 約 仕 勤 務 共 員 際 責 任 待 セ ィ 伴 許 状 況 降 遅 激 グ バ 抗 集 景 気 復 7 季 控 関 心 寄 末 次 倍 閣 足 却 ノ ミ 融 円 円 消 着 家 減 却 水 浮 評 脈 昨 官 邸 立 六 興 盛 込 標 供 留 復 ひ 豊 感 将 希 望 従 膝 虚 心 坦 懐 建 述 包 括 共 通 認 速 各 有 当 初 倍 首 相 界 待 言 通 刻 早 貢 献 言 含 例 差 底 例 積 極 針 明 無 雰 気 明 記 小 零 細 績 厳 ろ 多 ろ 少

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

度 に 関 する 研 究 の 成 果 を 通 じて 緊 急 保 証 制 度 の 効 果 を 検 証 し 特 別 保 証 制 度 の 問 題 点 を 踏 まえて 今 後 の 緊 急 保 証 制 度 の 在 り 方 について 所 見 を 述 べることとする. 特 別 保 証 制 度 と 緊 急 保 証

度 に 関 する 研 究 の 成 果 を 通 じて 緊 急 保 証 制 度 の 効 果 を 検 証 し 特 別 保 証 制 度 の 問 題 点 を 踏 まえて 今 後 の 緊 急 保 証 制 度 の 在 り 方 について 所 見 を 述 べることとする. 特 別 保 証 制 度 と 緊 急 保 証 緊 急 保 証 制 度 とかつての 特 別 保 証 制 度 の 違 い 経 済 産 業 委 員 会 調 査 室 うちだ 内 田 ひろずみ 衡 純 1.はじめに 原 油 原 材 料 価 格 の 高 騰 と 米 国 のサブプライムローン 問 題 を 契 機 とする 世 界 的 な 金 融 危 機 は 内 外 需 要 の 停 滞 による 大 幅 な 景 気 の 後 退 をもたらし 我 が 国 企 業 の

More information

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 先 課 題 推 進 枠 や 地 財 政 計 画 における

More information

第12回出版甲子園 慶大生が大学生に向けて説明する、年金が破綻しない理由 3次企画書

第12回出版甲子園 慶大生が大学生に向けて説明する、年金が破綻しない理由 3次企画書 1 タイトル: 慶 大 生 が 大 学 生 に 向 けて 説 明 する 年 金 が 破 綻 しない 理 由 2 サブタイトル: ~ 意 識 高 い 系 大 人 が 問 題 から 目 を 逸 らし 続 けてきた 歴 史 ~ 3 キャッチコピー: 年 金 制 度 の 視 点 から 考 える 年 金 政 策 アベノミクス 軽 減 税 率 4 企 画 概 要 : 本 企 画 は 年 金 制 度 の 是 非

More information

連合「改正高年齢者雇用安定法」に関する取り組みについて

連合「改正高年齢者雇用安定法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 改 正 法 案 は 2012 年 3 月 9 日 に 国 会 に 提 出 され 一 部 修 正 の 上 同 年 8 月 29

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63> 平 成 27 年 度 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 財 政 投 融 資 計 画 の 概 要 平 成 27 年 4 月 中 小 企 業 庁 中 小 企 業 対 策 費 の 予 算 及 び 財 政 投 融 資 計 画 1. 中 小 企 業 対 策 費 27 年 度 予 算 額 ( 注 1) 26 年 度 予 算 額 ( 注 2) 対 前 年 比 政 府 全 体 1,856 億

More information

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定 大 分 県 警 察 継 続 計 画 策 定 について 平 成 2 4 年 1 1 月 1 日 大 通 達 甲 ( 備 ) 第 10 号 大 通 達 甲 ( 警 ) 第 16 号 大 通 達 甲 ( 生 ) 第 13 号 大 通 達 甲 ( 刑 ) 第 15 号 大 通 達 甲 ( 交 ) 第 9 号 大 分 県 警 察 本 部 長 から 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 各 警 察

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

日 本 銀 行 の 金 融 緩 和 について- 覚 書 井 澤 秀 記 I はじめに 日 本 銀 行 は 2013 年 4 月 に 黒 田 新 総 裁 の 下 アベノミクスの3 本 の 矢 の 一 つである 大 胆 な 金 融 政 策 を 異 次 元 の 量 的 質 的 金 融 緩 和 として マネ

日 本 銀 行 の 金 融 緩 和 について- 覚 書 井 澤 秀 記 I はじめに 日 本 銀 行 は 2013 年 4 月 に 黒 田 新 総 裁 の 下 アベノミクスの3 本 の 矢 の 一 つである 大 胆 な 金 融 政 策 を 異 次 元 の 量 的 質 的 金 融 緩 和 として マネ 日 本 銀 行 の 金 融 緩 和 について- 覚 書 井 澤 秀 記 I はじめに 日 本 銀 行 は 2013 年 4 月 に 黒 田 新 総 裁 の 下 アベノミクスの3 本 の 矢 の 一 つである 大 胆 な 金 融 政 策 を 異 次 元 の 量 的 質 的 金 融 緩 和 として マネタリー ベースを 倍 増 して2 年 程 度 で 消 費 者 物 価 上 昇 率 2 % という 日

More information

たことも 今 後 のエネルギ 政 策 を 考 える 上 で 重 要 である (この 投 票 結 果 は 若 者 はインター ネットなどで メディア 以 外 の 情 報 を 比 較 的 多 く 入 手 しているからとも 考 えられる) アンケート 結 果 の 15% 以 下 という 数 値 が 3.1

たことも 今 後 のエネルギ 政 策 を 考 える 上 で 重 要 である (この 投 票 結 果 は 若 者 はインター ネットなどで メディア 以 外 の 情 報 を 比 較 的 多 く 入 手 しているからとも 考 えられる) アンケート 結 果 の 15% 以 下 という 数 値 が 3.1 私 の 意 見 政 治 家 への 期 待 碇 本 岩 男 1 まえがき 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 の 事 故 から 約 3 年 が 経 過 し 多 くの 科 学 的 客 観 的 事 実 が 明 らか になっているにも 関 わらず 相 変 わらず 恣 意 的 ( 間 違 った) 情 報 を 鵜 呑 みにし 脱 原 発 を 安 易 に 口 にする 政 治 家 がいる エネルギ 政 策 原

More information

ニュースリリース | 第3回市民のリスク意識調査 資料編

ニュースリリース | 第3回市民のリスク意識調査 資料編 第 3 回 市 民 のリスク 意 識 調 査 資 料 編 2 0 0 9 年 7 月 1 0 日 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 1. 調 査 概 要 ( 1 ) 調 査 方 法 : 非 公 開 型 イ ン タ ー ネ ッ ト ア ン ケ ー ト ( 株 式 会 社 マ ク ロ ミ ル ) ( 2 ) 調 査 対 象 : イ ン タ ー ネ ッ ト 調 査 モ ニ タ ー ( 日 本 在

More information

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース みずほインサイト 日 本 経 済 13 年 1 月 7 日 日 本 企 業 のマネーフローに 変 化 は みられるか みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 市 場 調 査 部 金 融 調 査 部 3-3591-18/3-3591-1351 13 年 7~9 月 期 における 日 本 企 業 の 資 金 運 用 ( 資 金 の 使 い 途 )は 大 企 業 では 投 融 資 の 増 加 を 背

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 般 論... 決... 平 般, 誌 臨... NO.! 春 ド 花 ウォキグ 何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 セ 毎 木 曜 各 約

More information

Q3. 固 定 資 産 税 の 税 率 は どのように 決 定 したのですか? A3. 今 後 の 収 入 見 込 み 及 び 財 政 需 要 を 可 能 な 限 り 把 握 したうえで 財 源 不 足 額 を 算 出 する 必 要 があると 考 え 中 期 財 政 見 通 しを 作 成 したところ

Q3. 固 定 資 産 税 の 税 率 は どのように 決 定 したのですか? A3. 今 後 の 収 入 見 込 み 及 び 財 政 需 要 を 可 能 な 限 り 把 握 したうえで 財 源 不 足 額 を 算 出 する 必 要 があると 考 え 中 期 財 政 見 通 しを 作 成 したところ 平 成 27 年 12 月 箱 根 町 固 定 資 産 税 の 税 率 改 正 に 関 するQ&A 今 回 の 税 率 改 正 について 質 問 と 回 答 の 形 にまとめましたので ご 覧 ください 質 問 の 区 分 頁 1 固 定 資 産 税 の 税 率 改 正 について (Q1 ~Q5 ) 1~2 2 箱 根 町 の 財 政 状 況 について (Q6 ~Q10) 2~6 3 箱 根 町 のこれまでの

More information

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書 平 成 20 年 度 羽 村 市 各 会 計 決 算 及 び 基 金 運 用 状 況 審 査 意 見 書 羽 村 市 監 査 委 員 文 中 及 び 各 表 中 の 金 額 を 千 円 単 位 で 表 示 した 場 合 は 単 位 未 満 は 原 則 として 四 捨 五 入 した パーセンテージ 間 又 は 指 数 間 の 単 純 差 引 はポイントで 表 した 比 率 (%)は 原 則 として 小

More information

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 平 成 25 年 5 月 神 奈 川 県 南 足 柄 市 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革

More information

Oike Library No37.indd

Oike Library No37.indd 財 産 分 与 における 将 来 の 退 職 金 の 取 扱 について 弁 護 士 茶 木 真 理 子 第 1 はじめに 離 婚 の 際 の 財 産 分 与 ( 民 法 766 条 )にあたり 争 点 の 一 つとなるのが 退 職 金 の 取 扱 である 離 婚 時 に 既 に 支 給 を 受 けている 退 職 金 については 賃 金 の 後 払 いと 言 われる 性 格 から 清 算 的 財 産

More information

..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 因 均 引 荷 デ 換 友 好 向 循 尽 態 系 災 布 具 数 値 掲 ヘ シ 背 景 帰 観 察 回 締 驚 拒 否 脳 談 マ 領 官 僚 座 司 仰 何 座 Mark Lynas, How do I kno w hi na wrecked t he

..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 因 均 引 荷 デ 換 友 好 向 循 尽 態 系 災 布 具 数 値 掲 ヘ シ 背 景 帰 観 察 回 締 驚 拒 否 脳 談 マ 領 官 僚 座 司 仰 何 座 Mark Lynas, How do I kno w hi na wrecked t he ..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 6 代 害 病 頻 石 油 危 舞 活 課 基 閣 域 属 品 残 留 土 壌 絶 模 倍 グ ロ 歴 史 程 複 雑 活 服 維 6 略 換 次 循 促 G D 単 省 酸 硫 黄 び 農 森 林 被 覆 概 次 小 康 ゆ 突 握 伊 藤 忠 評 論 石 田 暖 析 説 命 初 8 億 満 億 6 億 億 突 急 浪 ヘ シ 概 模 左 右 所 迫 広 卒

More information