Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)"

Transcription

1 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保 障 及 び 防 衛 協 力 は 次 の 事 項 を 強 調 する 切 れ 目 のない 力 強 い 柔 軟 かつ 実 効 的 な 日 米 共 同 の 対 応 日 米 両 政 府 の 国 家 安 全 保 障 政 策 間 の 相 乗 効 果 政 府 一 体 となっての 同 盟 としての 取 組 地 域 の 及 び 他 のパートナー 並 びに 国 際 機 関 との 協 力 日 米 同 盟 のグローバルな 性 質 日 米 両 政 府 は 日 米 同 盟 を 継 続 的 に 強 化 する 各 政 府 は その 国 家 安 全 保 障 政 策 に 基 づ き 各 自 の 防 衛 態 勢 を 維 持 する 日 本 は 国 家 安 全 保 障 戦 略 及 び 防 衛 計 画 の 大 綱 に 基 づき 防 衛 力 を 保 持 する 米 国 は 引 き 続 き その 核 戦 力 を 含 むあらゆる 種 類 の 能 力 を 通 じ 日 本 に 対 して 拡 大 抑 止 を 提 供 する 米 国 はまた 引 き 続 き アジア 太 平 洋 地 域 にお いて 即 応 態 勢 にある 戦 力 を 前 方 展 開 するとともに それらの 戦 力 を 迅 速 に 増 強 する 能 力 を 維 持 する 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 ( 以 下 指 針 という )は 二 国 間 の 安 全 保 障 及 び 防 衛 協 力 の 実 効 性 を 向 上 させるため 日 米 両 国 の 役 割 及 び 任 務 並 びに 協 力 及 び 調 整 の 在 り 方 につ いての 一 般 的 な 大 枠 及 び 政 策 的 な 方 向 性 を 示 す これにより 指 針 は 平 和 及 び 安 全 を 促 進 し 紛 争 を 抑 止 し 経 済 的 な 繁 栄 の 基 盤 を 確 実 なものとし 日 米 同 盟 の 重 要 性 について の 国 内 外 の 理 解 を 促 進 する Ⅱ. 基 本 的 な 前 提 及 び 考 え 方 指 針 並 びにその 下 での 行 動 及 び 活 動 は 次 の 基 本 的 な 前 提 及 び 考 え 方 に 従 う A. 日 本 国 とアメリカ 合 衆 国 との 間 の 相 互 協 力 及 び 安 全 保 障 条 約 ( 日 米 安 全 保 障 条 約 ) 及 びその 関 連 取 極 に 基 づく 権 利 及 び 義 務 並 びに 日 米 同 盟 関 係 の 基 本 的 な 枠 組 みは 変 更 さ れない 1

2 B. 日 本 及 び 米 国 により 指 針 の 下 で 行 われる 全 ての 行 動 及 び 活 動 は 紛 争 の 平 和 的 解 決 及 び 国 家 の 主 権 平 等 に 関 するものその 他 の 国 際 連 合 憲 章 の 規 定 並 びにその 他 の 関 連 する 国 際 約 束 を 含 む 国 際 法 に 合 致 するものである C. 日 本 及 び 米 国 により 行 われる 全 ての 行 動 及 び 活 動 は 各 々の 憲 法 及 びその 時 々におい て 適 用 のある 国 内 法 令 並 びに 国 家 安 全 保 障 政 策 の 基 本 的 な 方 針 に 従 って 行 われる 日 本 の 行 動 及 び 活 動 は 専 守 防 衛 非 核 三 原 則 等 の 日 本 の 基 本 的 な 方 針 に 従 って 行 われる D. 指 針 は いずれの 政 府 にも 立 法 上 予 算 上 行 政 上 又 はその 他 の 措 置 をとることを 義 務 付 けるものではなく また 指 針 は いずれの 政 府 にも 法 的 権 利 又 は 義 務 を 生 じさせ るものではない しかしながら 二 国 間 協 力 のための 実 効 的 な 態 勢 の 構 築 が 指 針 の 目 標 であることから 日 米 両 政 府 が 各 々の 判 断 に 従 い このような 努 力 の 結 果 を 各 々の 具 体 的 な 政 策 及 び 措 置 に 適 切 な 形 で 反 映 することが 期 待 される Ⅲ. 強 化 された 同 盟 内 の 調 整 指 針 の 下 での 実 効 的 な 二 国 間 協 力 のため 平 時 から 緊 急 事 態 まで 日 米 両 政 府 が 緊 密 な 協 議 並 びに 政 策 面 及 び 運 用 面 の 的 確 な 調 整 を 行 うことが 必 要 となる 二 国 間 の 安 全 保 障 及 び 防 衛 協 力 の 成 功 を 確 かなものとするため 日 米 両 政 府 は 十 分 な 情 報 を 得 て 様 々なレベルにおいて 調 整 を 行 うことが 必 要 となる この 目 標 に 向 かって 日 米 両 政 府 は 情 報 共 有 を 強 化 し 切 れ 目 のない 実 効 的 な 全 ての 関 係 機 関 を 含 む 政 府 全 体 にわたる 同 盟 内 の 調 整 を 確 保 するため あらゆる 経 路 を 活 用 する この 目 的 のため 日 米 両 政 府 は 新 たな 平 時 から 利 用 可 能 な 同 盟 調 整 メカニズムを 設 置 し 運 用 面 の 調 整 を 強 化 し 共 同 計 画 の 策 定 を 強 化 する A. 同 盟 調 整 メカニズム 持 続 する 及 び 発 生 する 脅 威 は 日 米 両 国 の 平 和 及 び 安 全 に 対 し 深 刻 かつ 即 時 の 影 響 を 与 え 得 る 日 米 両 政 府 は 日 本 の 平 和 及 び 安 全 に 影 響 を 与 える 状 況 その 他 の 同 盟 としての 対 応 を 必 要 とする 可 能 性 があるあらゆる 状 況 に 切 れ 目 のない 形 で 実 効 的 に 対 処 するため 同 盟 調 整 メカニズムを 活 用 する このメカニズムは 平 時 から 緊 急 事 態 までのあらゆる 段 階 において 自 衛 隊 及 び 米 軍 により 実 施 される 活 動 に 関 連 した 政 策 面 及 び 運 用 面 の 調 整 を 強 化 する このメカニズムはまた 適 時 の 情 報 共 有 並 びに 共 通 の 情 勢 認 識 の 構 築 及 び 維 持 に 寄 与 する 日 米 両 政 府 は 実 効 的 な 調 整 を 確 保 するため 必 要 な 手 順 及 び 基 盤 ( 施 設 及 び 情 報 通 信 システムを 含 む )を 確 立 するとともに 定 期 的 な 訓 練 演 習 を 実 施 する 2

3 日 米 両 政 府 は 同 盟 調 整 メカニズムにおける 調 整 の 手 順 及 び 参 加 機 関 の 構 成 の 詳 細 を 状 況 に 応 じたものとする この 手 順 の 一 環 として 平 時 から 連 絡 窓 口 に 係 る 情 報 が 共 有 さ れ 及 び 保 持 される B. 強 化 された 運 用 面 の 調 整 柔 軟 かつ 即 応 性 のある 指 揮 統 制 のための 強 化 された 二 国 間 の 運 用 面 の 調 整 は 日 米 両 国 にとって 決 定 的 に 重 要 な 中 核 的 能 力 である この 文 脈 において 日 米 両 政 府 は 自 衛 隊 と 米 軍 との 間 の 協 力 を 強 化 するため 運 用 面 の 調 整 機 能 が 併 置 されることが 引 き 続 き 重 要 であることを 認 識 する 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 緊 密 な 情 報 共 有 を 確 保 し 平 時 から 緊 急 事 態 までの 調 整 を 円 滑 にし 及 び 国 際 的 な 活 動 を 支 援 するため 要 員 の 交 換 を 行 う 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 緊 密 に 協 力 し 及 び 調 整 しつつ 各 々の 指 揮 系 統 を 通 じて 行 動 する C. 共 同 計 画 の 策 定 日 米 両 政 府 は 自 衛 隊 及 び 米 軍 による 整 合 のとれた 運 用 を 円 滑 かつ 実 効 的 に 行 うことを 確 保 するため 引 き 続 き 共 同 計 画 を 策 定 し 及 び 更 新 する 日 米 両 政 府 は 計 画 の 実 効 性 及 び 柔 軟 適 時 かつ 適 切 な 対 処 能 力 を 確 保 するため 適 切 な 場 合 に 運 用 面 及 び 後 方 支 援 面 の 所 要 並 びにこれを 満 たす 方 策 をあらかじめ 特 定 することを 含 め 関 連 情 報 を 交 換 する 日 米 両 政 府 は 平 時 において 日 本 の 平 和 及 び 安 全 に 関 連 する 緊 急 事 態 について 各 々 の 政 府 の 関 係 機 関 を 含 む 改 良 された 共 同 計 画 策 定 メカニズムを 通 じ 共 同 計 画 の 策 定 を 行 う 共 同 計 画 は 適 切 な 場 合 に 関 係 機 関 からの 情 報 を 得 つつ 策 定 される 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 は 引 き 続 き 方 向 性 の 提 示 このメカニズムの 下 での 計 画 の 策 定 に 係 る 進 捗 の 確 認 及 び 必 要 に 応 じた 指 示 の 発 出 について 責 任 を 有 する 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 は 適 切 な 下 部 組 織 により 補 佐 される 共 同 計 画 は 日 米 両 政 府 双 方 の 計 画 に 適 切 に 反 映 される Ⅳ. 日 本 の 平 和 及 び 安 全 の 切 れ 目 のない 確 保 持 続 する 及 び 発 生 する 脅 威 は 日 本 の 平 和 及 び 安 全 に 対 し 深 刻 かつ 即 時 の 影 響 を 与 え 得 る この 複 雑 さを 増 す 安 全 保 障 環 境 において 日 米 両 政 府 は 日 本 に 対 する 武 力 攻 撃 を 伴 わない 時 の 状 況 を 含 め 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 段 階 においても 切 れ 目 のな い 形 で 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するための 措 置 をとる この 文 脈 において 日 米 両 政 府 はまた パートナーとの 更 なる 協 力 を 推 進 する 3

4 日 米 両 政 府 は これらの 措 置 が 各 状 況 に 応 じた 柔 軟 適 時 かつ 実 効 的 な 二 国 間 の 調 整 に 基 づいてとられる 必 要 があること 及 び 同 盟 としての 適 切 な 対 応 のためには 省 庁 間 調 整 が 不 可 欠 であることを 認 識 する したがって 日 米 両 政 府 は 適 切 な 場 合 に 次 の 目 的 の ために 政 府 全 体 にわたる 同 盟 調 整 メカニズムを 活 用 する 状 況 を 評 価 すること 情 報 を 共 有 すること 及 び 柔 軟 に 選 択 される 抑 止 措 置 及 び 事 態 の 緩 和 を 目 的 とした 行 動 を 含 む 同 盟 としての 適 切 な 対 応 を 実 施 するための 方 法 を 立 案 すること 日 米 両 政 府 はまた これらの 二 国 間 の 取 組 を 支 えるため 日 本 の 平 和 及 び 安 全 に 影 響 を 与 える 可 能 性 がある 事 項 に 関 する 適 切 な 経 路 を 通 じた 戦 略 的 な 情 報 発 信 を 調 整 する A. 平 時 からの 協 力 措 置 日 米 両 政 府 は 日 本 の 平 和 及 び 安 全 の 維 持 を 確 保 するため 日 米 同 盟 の 抑 止 力 及 び 能 力 を 強 化 するための 外 交 努 力 によるものを 含 む 広 範 な 分 野 にわたる 協 力 を 推 進 する 自 衛 隊 及 び 米 軍 は あらゆるあり 得 べき 状 況 に 備 えるため 相 互 運 用 性 即 応 性 及 び 警 戒 態 勢 を 強 化 する このため 日 米 両 政 府 は 次 のものを 含 むが これに 限 られない 措 置 をとる 1. 情 報 収 集 警 戒 監 視 及 び 偵 察 日 米 両 政 府 は 日 本 の 平 和 及 び 安 全 に 対 する 脅 威 のあらゆる 兆 候 を 極 力 早 期 に 特 定 し 並 びに 情 報 収 集 及 び 分 析 における 決 定 的 な 優 越 を 確 保 するため 共 通 の 情 勢 認 識 を 構 築 し 及 び 維 持 しつつ 情 報 を 共 有 し 及 び 保 護 する これには 関 係 機 関 間 の 調 整 及 び 協 力 の 強 化 を 含 む 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 各 々のアセットの 能 力 及 び 利 用 可 能 性 に 応 じ 情 報 収 集 警 戒 監 視 及 び 偵 察 (ISR) 活 動 を 行 う これには 日 本 の 平 和 及 び 安 全 に 影 響 を 与 え 得 る 状 況 の 推 移 を 常 続 的 に 監 視 することを 確 保 するため 相 互 に 支 援 する 形 で 共 同 のISR 活 動 を 行 うことを 含 む 2. 防 空 及 びミサイル 防 衛 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 弾 道 ミサイル 発 射 及 び 経 空 の 侵 入 に 対 する 抑 止 及 び 防 衛 態 勢 を 維 持 し 及 び 強 化 する 日 米 両 政 府 は 早 期 警 戒 能 力 相 互 運 用 性 ネットワーク 化 による 監 視 範 囲 及 びリアルタイムの 情 報 交 換 を 拡 大 するため 並 びに 弾 道 ミサイル 対 処 能 力 の 4

5 総 合 的 な 向 上 を 図 るため 協 力 する さらに 日 米 両 政 府 は 引 き 続 き 挑 発 的 なミサ イル 発 射 及 びその 他 の 航 空 活 動 に 対 処 するに 当 たり 緊 密 に 調 整 する 3. 海 洋 安 全 保 障 日 米 両 政 府 は 航 行 の 自 由 を 含 む 国 際 法 に 基 づく 海 洋 秩 序 を 維 持 するための 措 置 に 関 し 相 互 に 緊 密 に 協 力 する 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 必 要 に 応 じて 関 係 機 関 との 調 整 による ものを 含 め 海 洋 監 視 情 報 の 共 有 を 更 に 構 築 し 及 び 強 化 しつつ 適 切 な 場 合 に ISR 及 び 訓 練 演 習 を 通 じた 海 洋 における 日 米 両 国 のプレゼンスの 維 持 及 び 強 化 等 の 様 々な 取 組 において 協 力 する 4.アセット( 装 備 品 等 )の 防 護 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 訓 練 演 習 中 を 含 め 連 携 して 日 本 の 防 衛 に 資 する 活 動 に 現 に 従 事 している 場 合 であって 適 切 なときは 各 々のアセット( 装 備 品 等 )を 相 互 に 防 護 する 5. 訓 練 演 習 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 相 互 運 用 性 持 続 性 及 び 即 応 性 を 強 化 するため 日 本 国 内 外 双 方 において 実 効 的 な 二 国 間 及 び 多 国 間 の 訓 練 演 習 を 実 施 する 適 時 かつ 実 践 的 な 訓 練 演 習 は 抑 止 を 強 化 する 日 米 両 政 府 は これらの 活 動 を 支 えるため 訓 練 場 施 設 及 び 関 連 装 備 品 が 利 用 可 能 アクセス 可 能 かつ 現 代 的 なものであることを 確 保 するために 協 力 する 6. 後 方 支 援 日 本 及 び 米 国 は いかなる 段 階 においても 各 々 自 衛 隊 及 び 米 軍 に 対 する 後 方 支 援 の 実 施 を 主 体 的 に 行 う 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 日 本 国 の 自 衛 隊 とアメリカ 合 衆 国 軍 隊 との 間 における 後 方 支 援 物 品 又 は 役 務 の 相 互 の 提 供 に 関 する 日 本 国 政 府 とアメリカ 合 衆 国 政 府 との 間 の 協 定 ( 日 米 物 品 役 務 相 互 提 供 協 定 ) 及 びその 関 連 取 決 めに 規 定 する 活 動 につ いて 適 切 な 場 合 に 補 給 整 備 輸 送 施 設 及 び 衛 生 を 含 むが これらに 限 らない 後 方 支 援 を 相 互 に 行 う 7. 施 設 の 使 用 日 米 両 政 府 は 自 衛 隊 及 び 米 軍 の 相 互 運 用 性 を 拡 大 し 並 びに 柔 軟 性 及 び 抗 たん 性 を 向 上 させるため 施 設 区 域 の 共 同 使 用 を 強 化 し 施 設 区 域 の 安 全 の 確 保 に 当 たって 協 力 する 日 米 両 政 府 はまた 緊 急 事 態 へ 備 えることの 重 要 性 を 認 識 し 適 切 な 場 合 に 民 間 の 空 港 及 び 港 湾 を 含 む 施 設 の 実 地 調 査 の 実 施 に 当 たって 協 力 する 5

6 B. 日 本 の 平 和 及 び 安 全 に 対 して 発 生 する 脅 威 への 対 処 同 盟 は 日 本 の 平 和 及 び 安 全 に 重 要 な 影 響 を 与 える 事 態 に 対 処 する 当 該 事 態 について は 地 理 的 に 定 めることはできない この 節 に 示 す 措 置 は 当 該 事 態 にいまだ 至 ってない 状 況 において 両 国 の 各 々の 国 内 法 令 に 従 ってとり 得 るものを 含 む 早 期 の 状 況 把 握 及 び 二 国 間 の 行 動 に 関 する 状 況 に 合 わせた 断 固 たる 意 思 決 定 は 当 該 事 態 の 抑 止 及 び 緩 和 に 寄 与 する 日 米 両 政 府 は 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため 平 時 からの 協 力 的 措 置 を 継 続 する ことに 加 え 外 交 努 力 を 含 むあらゆる 手 段 を 追 求 する 日 米 両 政 府 は 同 盟 調 整 メカニズ ムを 活 用 しつつ 各 々の 決 定 により 次 に 掲 げるものを 含 むが これらに 限 らない 追 加 的 措 置 をとる 1. 非 戦 闘 員 を 退 避 させるための 活 動 日 本 国 民 又 は 米 国 国 民 である 非 戦 闘 員 を 第 三 国 から 安 全 な 地 域 に 退 避 させる 必 要 が ある 場 合 各 政 府 は 自 国 民 の 退 避 及 び 現 地 当 局 との 関 係 の 処 理 について 責 任 を 有 する 日 米 両 政 府 は 適 切 な 場 合 に 日 本 国 民 又 は 米 国 国 民 である 非 戦 闘 員 の 退 避 を 計 画 する に 当 たり 調 整 し 及 び 当 該 非 戦 闘 員 の 退 避 の 実 施 に 当 たって 協 力 する これらの 退 避 活 動 は 輸 送 手 段 施 設 等 の 各 国 の 能 力 を 相 互 補 完 的 に 使 用 して 実 施 される 日 米 両 政 府 は 各 々 第 三 国 の 非 戦 闘 員 に 対 して 退 避 に 係 る 援 助 を 行 うことを 検 討 することができる 日 米 両 政 府 は 退 避 者 の 安 全 輸 送 手 段 及 び 施 設 通 関 出 入 国 管 理 及 び 検 疫 安 全 な 地 域 衛 生 等 の 分 野 において 協 力 を 実 施 するため 適 切 な 場 合 に 同 盟 調 整 メカニズ ムを 通 じ 初 期 段 階 からの 調 整 を 行 う 日 米 両 政 府 は 適 切 な 場 合 に 訓 練 演 習 の 実 施 によるものを 含 め 非 戦 闘 員 を 退 避 させるための 活 動 における 調 整 を 平 時 から 強 化 する 2. 海 洋 安 全 保 障 日 米 両 政 府 は 各 々の 能 力 を 考 慮 しつつ 海 洋 安 全 保 障 を 強 化 するため 緊 密 に 協 力 する 協 力 的 措 置 には 情 報 共 有 及 び 国 際 連 合 安 全 保 障 理 事 会 決 議 その 他 の 国 際 法 上 の 根 拠 に 基 づく 船 舶 の 検 査 を 含 み 得 るが これらに 限 らない 3. 避 難 民 への 対 応 のための 措 置 日 米 両 政 府 は 日 本 への 避 難 民 の 流 入 が 発 生 するおそれがある 又 は 実 際 に 始 まるよう な 状 況 に 至 る 場 合 には 国 際 法 上 の 関 係 する 義 務 に 従 った 人 道 的 な 方 法 で 避 難 民 を 扱 い つつ 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 維 持 するために 協 力 する 当 該 避 難 民 への 対 応 については 日 本 が 主 体 的 に 実 施 する 米 国 は 日 本 からの 要 請 に 基 づき 適 切 な 支 援 を 行 う 6

7 4. 捜 索 救 難 日 米 両 政 府 は 適 切 な 場 合 に 捜 索 救 難 活 動 において 協 力 し 及 び 相 互 に 支 援 する 自 衛 隊 は 日 本 の 国 内 法 令 に 従 い 適 切 な 場 合 に 関 係 機 関 と 協 力 しつつ 米 国 による 戦 闘 捜 索 救 難 活 動 に 対 して 支 援 を 行 う 5. 施 設 区 域 の 警 護 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 各 々の 施 設 区 域 を 関 係 当 局 と 協 力 して 警 護 する 責 任 を 有 する 日 本 は 米 国 からの 要 請 に 基 づき 米 軍 と 緊 密 に 協 力 し 及 び 調 整 しつつ 日 本 国 内 の 施 設 区 域 の 追 加 的 な 警 護 を 実 施 する 6. 後 方 支 援 日 米 両 政 府 は 実 効 的 かつ 効 率 的 な 活 動 を 可 能 とするため 適 切 な 場 合 に 相 互 の 後 方 支 援 ( 補 給 整 備 輸 送 施 設 及 び 衛 生 を 含 むが これらに 限 らない )を 強 化 する これらには 運 用 面 及 び 後 方 支 援 面 の 所 要 の 迅 速 な 確 認 並 びにこれを 満 たす 方 策 の 実 施 を 含 む 日 本 政 府 は 中 央 政 府 及 び 地 方 公 共 団 体 の 機 関 が 有 する 権 限 及 び 能 力 並 びに 民 間 が 有 する 能 力 を 適 切 に 活 用 する 日 本 政 府 は 自 国 の 国 内 法 令 に 従 い 適 切 な 場 合 に 後 方 支 援 及 び 関 連 支 援 を 行 う 7. 施 設 の 使 用 日 本 政 府 は 日 米 安 全 保 障 条 約 及 びその 関 連 取 極 に 従 い 必 要 に 応 じて 民 間 の 空 港 及 び 港 湾 を 含 む 施 設 を 一 時 的 な 使 用 に 供 する 日 米 両 政 府 は 施 設 区 域 の 共 同 使 用 に おける 協 力 を 強 化 する C. 日 本 に 対 する 武 力 攻 撃 への 対 処 行 動 日 本 に 対 する 武 力 攻 撃 への 共 同 対 処 行 動 は 引 き 続 き 日 米 間 の 安 全 保 障 及 び 防 衛 協 力 の 中 核 的 要 素 である 日 本 に 対 する 武 力 攻 撃 が 予 測 される 場 合 日 米 両 政 府 は 日 本 の 防 衛 のために 必 要 な 準 備 を 行 いつつ 武 力 攻 撃 を 抑 止 し 及 び 事 態 を 緩 和 するための 措 置 をとる 日 本 に 対 する 武 力 攻 撃 が 発 生 した 場 合 日 米 両 政 府 は 極 力 早 期 にこれを 排 除 し 及 び 更 なる 攻 撃 を 抑 止 するため 適 切 な 共 同 対 処 行 動 を 実 施 する 日 米 両 政 府 はまた 第 Ⅳ 章 に 掲 げるものを 含 む 必 要 な 措 置 をとる 7

8 1. 日 本 に 対 する 武 力 攻 撃 が 予 測 される 場 合 日 本 に 対 する 武 力 攻 撃 が 予 測 される 場 合 日 米 両 政 府 は 攻 撃 を 抑 止 し 及 び 事 態 を 緩 和 するため 包 括 的 かつ 強 固 な 政 府 一 体 となっての 取 組 を 通 じ 情 報 共 有 及 び 政 策 面 の 協 議 を 強 化 し 外 交 努 力 を 含 むあらゆる 手 段 を 追 求 する 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 必 要 な 部 隊 展 開 の 実 施 を 含 め 共 同 作 戦 のための 適 切 な 態 勢 をと る 日 本 は 米 軍 の 部 隊 展 開 を 支 援 するための 基 盤 を 確 立 し 及 び 維 持 する 日 米 両 政 府 による 準 備 には 施 設 区 域 の 共 同 使 用 補 給 整 備 輸 送 施 設 及 び 衛 生 を 含 むが これらに 限 らない 相 互 の 後 方 支 援 及 び 日 本 国 内 の 米 国 の 施 設 区 域 の 警 護 の 強 化 を 含 み 得 る 2. 日 本 に 対 する 武 力 攻 撃 が 発 生 した 場 合 a. 整 合 のとれた 対 処 行 動 のための 基 本 的 考 え 方 外 交 努 力 及 び 抑 止 にもかかわらず 日 本 に 対 する 武 力 攻 撃 が 発 生 した 場 合 日 米 両 国 は 迅 速 に 武 力 攻 撃 を 排 除 し 及 び 更 なる 攻 撃 を 抑 止 するために 協 力 し 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 回 復 する 当 該 整 合 のとれた 行 動 は この 地 域 の 平 和 及 び 安 全 の 回 復 に 寄 与 する 日 本 は 日 本 の 国 民 及 び 領 域 の 防 衛 を 引 き 続 き 主 体 的 に 実 施 し 日 本 に 対 する 武 力 攻 撃 を 極 力 早 期 に 排 除 するため 直 ちに 行 動 する 自 衛 隊 は 日 本 及 びその 周 辺 海 空 域 並 び に 海 空 域 の 接 近 経 路 における 防 勢 作 戦 を 主 体 的 に 実 施 する 米 国 は 日 本 と 緊 密 に 調 整 し 適 切 な 支 援 を 行 う 米 軍 は 日 本 を 防 衛 するため 自 衛 隊 を 支 援 し 及 び 補 完 する 米 国 は 日 本 の 防 衛 を 支 援 し 並 びに 平 和 及 び 安 全 を 回 復 するような 方 法 で この 地 域 の 環 境 を 形 成 するための 行 動 をとる 日 米 両 政 府 は 日 本 を 防 衛 するためには 国 力 の 全 ての 手 段 が 必 要 となることを 認 識 し 同 盟 調 整 メカニズムを 通 じて 行 動 を 調 整 するため 各 々の 指 揮 系 統 を 活 用 しつつ 各 々 政 府 一 体 となっての 取 組 を 進 める 米 国 は 日 本 に 駐 留 する 兵 力 を 含 む 前 方 展 開 兵 力 を 運 用 し 所 要 に 応 じその 他 のあら ゆる 地 域 からの 増 援 兵 力 を 投 入 する 日 本 は これらの 部 隊 展 開 を 円 滑 にするために 必 要 な 基 盤 を 確 立 し 及 び 維 持 する 日 米 両 政 府 は 日 本 に 対 する 武 力 攻 撃 への 対 処 において 各 々 米 軍 又 は 自 衛 隊 及 びそ の 施 設 を 防 護 するための 適 切 な 行 動 をとる 8

9 b. 作 戦 構 想 ⅰ. 空 域 を 防 衛 するための 作 戦 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 日 本 の 上 空 及 び 周 辺 空 域 を 防 衛 するため 共 同 作 戦 を 実 施 する 自 衛 隊 は 航 空 優 勢 を 確 保 しつつ 防 空 作 戦 を 主 体 的 に 実 施 する このため 自 衛 隊 は 航 空 機 及 び 巡 航 ミサイルによる 攻 撃 に 対 する 防 衛 を 含 むが これに 限 られない 必 要 な 行 動 をとる 米 軍 は 自 衛 隊 の 作 戦 を 支 援 し 及 び 補 完 するための 作 戦 を 実 施 する ⅱ. 弾 道 ミサイル 攻 撃 に 対 処 するための 作 戦 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 日 本 に 対 する 弾 道 ミサイル 攻 撃 に 対 処 するため 共 同 作 戦 を 実 施 する 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 弾 道 ミサイル 発 射 を 早 期 に 探 知 するため リアルタイムの 情 報 交 換 を 行 う 弾 道 ミサイル 攻 撃 の 兆 候 がある 場 合 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 日 本 に 向 けられた 弾 道 ミサイル 攻 撃 に 対 して 防 衛 し 弾 道 ミサイル 防 衛 作 戦 に 従 事 する 部 隊 を 防 護 するた めの 実 効 的 な 態 勢 を 維 持 する 自 衛 隊 は 日 本 を 防 衛 するため 弾 道 ミサイル 防 衛 作 戦 を 主 体 的 に 実 施 する 米 軍 は 自 衛 隊 の 作 戦 を 支 援 し 及 び 補 完 するための 作 戦 を 実 施 する ⅲ. 海 域 を 防 衛 するための 作 戦 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 日 本 の 周 辺 海 域 を 防 衛 し 及 び 海 上 交 通 の 安 全 を 確 保 するため 共 同 作 戦 を 実 施 する 自 衛 隊 は 日 本 における 主 要 な 港 湾 及 び 海 峡 の 防 備 日 本 周 辺 海 域 における 艦 船 の 防 護 並 びにその 他 の 関 連 する 作 戦 を 主 体 的 に 実 施 する このため 自 衛 隊 は 沿 岸 防 衛 対 水 上 戦 対 潜 戦 機 雷 戦 対 空 戦 及 び 航 空 阻 止 を 含 むが これに 限 られない 必 要 な 行 動 をとる 米 軍 は 自 衛 隊 の 作 戦 を 支 援 し 及 び 補 完 するための 作 戦 を 実 施 する 9

10 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 当 該 武 力 攻 撃 に 関 与 している 敵 に 支 援 を 行 う 船 舶 活 動 の 阻 止 にお いて 協 力 する こうした 活 動 の 実 効 性 は 関 係 機 関 間 の 情 報 共 有 その 他 の 形 態 の 協 力 を 通 じて 強 化 さ れる ⅳ. 陸 上 攻 撃 に 対 処 するための 作 戦 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 日 本 に 対 する 陸 上 攻 撃 に 対 処 するため 陸 海 空 又 は 水 陸 両 用 部 隊 を 用 いて 共 同 作 戦 を 実 施 する 自 衛 隊 は 島 嶼 に 対 するものを 含 む 陸 上 攻 撃 を 阻 止 し 排 除 するための 作 戦 を 主 体 的 に 実 施 する 必 要 が 生 じた 場 合 自 衛 隊 は 島 嶼 を 奪 回 するための 作 戦 を 実 施 する この ため 自 衛 隊 は 着 上 陸 侵 攻 を 阻 止 し 排 除 するための 作 戦 水 陸 両 用 作 戦 及 び 迅 速 な 部 隊 展 開 を 含 むが これに 限 られない 必 要 な 行 動 をとる 自 衛 隊 はまた 関 係 機 関 と 協 力 しつつ 潜 入 を 伴 うものを 含 め 日 本 における 特 殊 作 戦 部 隊 による 攻 撃 等 の 不 正 規 型 の 攻 撃 を 主 体 的 に 撃 破 する 米 軍 は 自 衛 隊 の 作 戦 を 支 援 し 及 び 補 完 するための 作 戦 を 実 施 する ⅴ. 領 域 横 断 的 な 作 戦 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 日 本 に 対 する 武 力 攻 撃 を 排 除 し 及 び 更 なる 攻 撃 を 抑 止 するため 領 域 横 断 的 な 共 同 作 戦 を 実 施 する これらの 作 戦 は 複 数 の 領 域 を 横 断 して 同 時 に 効 果 を 達 成 することを 目 的 とする 領 域 横 断 的 な 協 力 の 例 には 次 に 示 す 行 動 を 含 む 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 適 切 な 場 合 に 関 係 機 関 と 協 力 しつつ 各 々のISR 態 勢 を 強 化 し 情 報 共 有 を 促 進 し 及 び 各 々のISRアセットを 防 護 する 米 軍 は 自 衛 隊 を 支 援 し 及 び 補 完 するため 打 撃 力 の 使 用 を 伴 う 作 戦 を 実 施 すること ができる 米 軍 がそのような 作 戦 を 実 施 する 場 合 自 衛 隊 は 必 要 に 応 じ 支 援 を 行 う ことができる これらの 作 戦 は 適 切 な 場 合 に 緊 密 な 二 国 間 調 整 に 基 づいて 実 施 され る 日 米 両 政 府 は 第 Ⅵ 章 に 示 す 二 国 間 協 力 に 従 い 宇 宙 及 びサイバー 空 間 における 脅 威 に 対 処 するために 協 力 する 10

11 自 衛 隊 及 び 米 軍 の 特 殊 作 戦 部 隊 は 作 戦 実 施 中 適 切 に 協 力 する c. 作 戦 支 援 活 動 日 米 両 政 府 は 共 同 作 戦 を 支 援 するため 次 の 活 動 において 協 力 する ⅰ. 通 信 電 子 活 動 日 米 両 政 府 は 適 切 な 場 合 に 通 信 電 子 能 力 の 効 果 的 な 活 用 を 確 保 するため 相 互 に 支 援 する 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 共 通 の 状 況 認 識 の 下 での 共 同 作 戦 のため 自 衛 隊 と 米 軍 との 間 の 効 果 的 な 通 信 を 確 保 し 共 通 作 戦 状 況 図 を 維 持 する ⅱ. 捜 索 救 難 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 適 切 な 場 合 に 関 係 機 関 と 協 力 しつつ 戦 闘 捜 索 救 難 活 動 を 含 む 捜 索 救 難 活 動 において 協 力 し 及 び 相 互 に 支 援 する ⅲ. 後 方 支 援 作 戦 上 各 々の 後 方 支 援 能 力 の 補 完 が 必 要 となる 場 合 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 各 々の 能 力 及 び 利 用 可 能 性 に 基 づき 柔 軟 かつ 適 時 の 後 方 支 援 を 相 互 に 行 う 日 米 両 政 府 は 支 援 を 行 うため 中 央 政 府 及 び 地 方 公 共 団 体 の 機 関 が 有 する 権 限 及 び 能 力 並 びに 民 間 が 有 する 能 力 を 適 切 に 活 用 する iv. 施 設 の 使 用 日 本 政 府 は 必 要 に 応 じ 日 米 安 全 保 障 条 約 及 びその 関 連 取 極 に 従 い 施 設 の 追 加 提 供 を 行 う 日 米 両 政 府 は 施 設 区 域 の 共 同 使 用 における 協 力 を 強 化 する v.cbrn( 化 学 生 物 放 射 線 核 ) 防 護 日 本 政 府 は 日 本 国 内 でのCBRN 事 案 及 び 攻 撃 に 引 き 続 き 主 体 的 に 対 処 する 米 国 は 日 本 における 米 軍 の 任 務 遂 行 能 力 を 主 体 的 に 維 持 し 回 復 する 日 本 からの 要 請 に 基 づき 米 国 は 日 本 の 防 護 を 確 実 にするため CBRN 事 案 及 び 攻 撃 の 予 防 並 びに 対 処 関 連 活 動 において 適 切 に 日 本 を 支 援 する 11

12 D. 日 本 以 外 の 国 に 対 する 武 力 攻 撃 への 対 処 行 動 日 米 両 国 が 各 々 米 国 又 は 第 三 国 に 対 する 武 力 攻 撃 に 対 処 するため 主 権 の 十 分 な 尊 重 を 含 む 国 際 法 並 びに 各 々の 憲 法 及 び 国 内 法 に 従 い 武 力 の 行 使 を 伴 う 行 動 をとることを 決 定 する 場 合 であって 日 本 が 武 力 攻 撃 を 受 けるに 至 っていないとき 日 米 両 国 は 当 該 武 力 攻 撃 への 対 処 及 び 更 なる 攻 撃 の 抑 止 において 緊 密 に 協 力 する 共 同 対 処 は 政 府 全 体 にわたる 同 盟 調 整 メカニズムを 通 じて 調 整 される 日 米 両 国 は 当 該 武 力 攻 撃 への 対 処 行 動 をとっている 他 国 と 適 切 に 協 力 する 自 衛 隊 は 日 本 と 密 接 な 関 係 にある 他 国 に 対 する 武 力 攻 撃 が 発 生 し これにより 日 本 の 存 立 が 脅 かされ 国 民 の 生 命 自 由 及 び 幸 福 追 求 の 権 利 が 根 底 から 覆 される 明 白 な 危 険 が ある 事 態 に 対 処 し 日 本 の 存 立 を 全 うし 日 本 国 民 を 守 るため 武 力 の 行 使 を 伴 う 適 切 な 作 戦 を 実 施 する 協 力 して 行 う 作 戦 の 例 は 次 に 概 要 を 示 すとおりである 1.アセットの 防 護 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 適 切 な 場 合 に アセットの 防 護 において 協 力 する 当 該 協 力 には 非 戦 闘 員 の 退 避 のための 活 動 又 は 弾 道 ミサイル 防 衛 等 の 作 戦 に 従 事 しているアセット の 防 護 を 含 むが これに 限 らない 2. 捜 索 救 難 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 適 切 な 場 合 に 関 係 機 関 と 協 力 しつつ 戦 闘 捜 索 救 難 活 動 を 含 む 捜 索 救 難 活 動 において 協 力 し 及 び 支 援 を 行 う 3. 海 上 作 戦 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 適 切 な 場 合 に 海 上 交 通 の 安 全 を 確 保 することを 目 的 とするもの を 含 む 機 雷 掃 海 において 協 力 する 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 適 切 な 場 合 に 関 係 機 関 と 協 力 しつつ 艦 船 を 防 護 するための 護 衛 作 戦 において 協 力 する 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 適 切 な 場 合 に 関 係 機 関 と 協 力 しつつ 当 該 武 力 攻 撃 に 関 与 して いる 敵 に 支 援 を 行 う 船 舶 活 動 の 阻 止 において 協 力 する 12

13 4. 弾 道 ミサイル 攻 撃 に 対 処 するための 作 戦 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 各 々の 能 力 に 基 づき 適 切 な 場 合 に 弾 道 ミサイルの 迎 撃 におい て 協 力 する 日 米 両 政 府 は 弾 道 ミサイル 発 射 の 早 期 探 知 を 確 実 に 行 うため 情 報 交 換 を 行 う 5. 後 方 支 援 作 戦 上 各 々の 後 方 支 援 能 力 の 補 完 が 必 要 となる 場 合 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 各 々の 能 力 及 び 利 用 可 能 性 に 基 づき 柔 軟 かつ 適 時 に 後 方 支 援 を 相 互 に 行 う 日 米 両 政 府 は 支 援 を 行 うため 中 央 政 府 及 び 地 方 公 共 団 体 の 機 関 が 有 する 権 限 及 び 能 力 並 びに 民 間 が 有 する 能 力 を 適 切 に 活 用 する E. 日 本 における 大 規 模 災 害 への 対 処 における 協 力 日 本 において 大 規 模 災 害 が 発 生 した 場 合 日 本 は 主 体 的 に 当 該 災 害 に 対 処 する 自 衛 隊 は 関 係 機 関 地 方 公 共 団 体 及 び 民 間 主 体 と 協 力 しつつ 災 害 救 援 活 動 を 実 施 する 日 本 における 大 規 模 災 害 からの 迅 速 な 復 旧 が 日 本 の 平 和 及 び 安 全 の 確 保 に 不 可 欠 であること 及 び 当 該 災 害 が 日 本 における 米 軍 の 活 動 に 影 響 を 与 える 可 能 性 があることを 認 識 し 米 国 は 自 国 の 基 準 に 従 い 日 本 の 活 動 に 対 する 適 切 な 支 援 を 行 う 当 該 支 援 には 捜 索 救 難 輸 送 補 給 衛 生 状 況 把 握 及 び 評 価 並 びにその 他 の 専 門 的 能 力 を 含 み 得 る 日 米 両 政 府 は 適 切 な 場 合 に 同 盟 調 整 メカニズムを 通 じて 活 動 を 調 整 する 日 米 両 政 府 は 日 本 における 人 道 支 援 災 害 救 援 活 動 に 際 しての 米 軍 による 協 力 の 実 効 性 を 高 めるため 情 報 共 有 によるものを 含 め 緊 密 に 協 力 する さらに 米 軍 は 災 害 関 連 訓 練 に 参 加 することができ これにより 大 規 模 災 害 への 対 処 に 当 たっての 相 互 理 解 が 深 まる V. 地 域 の 及 びグローバルな 平 和 と 安 全 のための 協 力 相 互 の 関 係 を 深 める 世 界 において 日 米 両 国 は アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 の 平 和 安 全 安 定 及 び 経 済 的 な 繁 栄 の 基 盤 を 提 供 するため パートナーと 協 力 しつつ 主 導 的 役 割 を 果 たす 半 世 紀 をはるかに 上 回 る 間 日 米 両 国 は 世 界 の 様 々な 地 域 におけ る 課 題 に 対 して 実 効 的 な 解 決 策 を 実 行 するため 協 力 してきた 日 米 両 政 府 の 各 々がアジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 の 平 和 及 び 安 全 のための 国 際 的 な 活 動 に 参 加 することを 決 定 する 場 合 自 衛 隊 及 び 米 軍 を 含 む 日 米 両 政 府 は 適 切 13

14 なときは 次 に 示 す 活 動 等 において 相 互 に 及 びパートナーと 緊 密 に 協 力 する この 協 力 はまた 日 米 両 国 の 平 和 及 び 安 全 に 寄 与 する A. 国 際 的 な 活 動 における 協 力 日 米 両 政 府 は 各 々の 判 断 に 基 づき 国 際 的 な 活 動 に 参 加 する 共 に 活 動 を 行 う 場 合 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 実 行 可 能 な 限 り 最 大 限 協 力 する 日 米 両 政 府 は 適 切 な 場 合 に 同 盟 調 整 メカニズムを 通 じ 当 該 活 動 の 調 整 を 行 うこと ができ また これらの 活 動 において 三 か 国 及 び 多 国 間 の 協 力 を 追 求 する 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 円 滑 かつ 実 効 的 な 協 力 のため 適 切 な 場 合 に 手 順 及 びベストプラクティスを 共 有 する 日 米 両 政 府 は 引 き 続 き この 指 針 に 必 ずしも 明 示 的 には 含 まれない 広 範 な 事 項 に ついて 協 力 する 一 方 で 地 域 的 及 び 国 際 的 な 活 動 における 日 米 両 政 府 による 一 般 的 な 協 力 分 野 は 次 のものを 含 む 1. 平 和 維 持 活 動 日 米 両 政 府 が 国 際 連 合 憲 章 に 従 って 国 際 連 合 により 権 限 を 与 えられた 平 和 維 持 活 動 に 参 加 する 場 合 日 米 両 政 府 は 適 切 なときは 自 衛 隊 と 米 軍 との 間 の 相 互 運 用 性 を 最 大 限 に 活 用 するため 緊 密 に 協 力 する 日 米 両 政 府 はまた 適 切 な 場 合 に 同 じ 任 務 に 従 事 する 国 際 連 合 その 他 の 要 員 に 対 する 後 方 支 援 の 提 供 及 び 保 護 において 協 力 するこ とができる 2. 国 際 的 な 人 道 支 援 災 害 救 援 日 米 両 政 府 が 大 規 模 な 人 道 災 害 及 び 自 然 災 害 の 発 生 を 受 けた 関 係 国 政 府 又 は 国 際 機 関 からの 要 請 に 応 じて 国 際 的 な 人 道 支 援 災 害 救 援 活 動 を 実 施 する 場 合 日 米 両 政 府 は 適 切 なときは 参 加 する 自 衛 隊 と 米 軍 との 間 の 相 互 運 用 性 を 最 大 限 に 活 用 しつつ 相 互 に 支 援 を 行 うため 緊 密 に 協 力 する 協 力 して 行 う 活 動 の 例 には 相 互 の 後 方 支 援 運 用 面 の 調 整 計 画 策 定 及 び 実 施 を 含 み 得 る 3. 海 洋 安 全 保 障 日 米 両 政 府 が 海 洋 安 全 保 障 のための 活 動 を 実 施 する 場 合 日 米 両 政 府 は 適 切 なとき は 緊 密 に 協 力 する 協 力 して 行 う 活 動 の 例 には 海 賊 対 処 機 雷 掃 海 等 の 安 全 な 海 上 交 通 のための 取 組 大 量 破 壊 兵 器 の 不 拡 散 のための 取 組 及 びテロ 対 策 活 動 のための 取 組 を 含 み 得 る 14

15 4.パートナーの 能 力 構 築 支 援 パートナーとの 積 極 的 な 協 力 は 地 域 及 び 国 際 の 平 和 及 び 安 全 の 維 持 及 び 強 化 に 寄 与 する 変 化 する 安 全 保 障 上 の 課 題 に 対 処 するためのパートナーの 能 力 を 強 化 することを 目 的 として 日 米 両 政 府 は 適 切 な 場 合 に 各 々の 能 力 及 び 経 験 を 最 大 限 に 活 用 するこ とにより 能 力 構 築 支 援 活 動 において 協 力 する 協 力 して 行 う 活 動 の 例 には 海 洋 安 全 保 障 防 衛 医 学 防 衛 組 織 の 構 築 人 道 支 援 災 害 救 援 又 は 平 和 維 持 活 動 のための 部 隊 の 即 応 性 の 向 上 を 含 み 得 る 5. 非 戦 闘 員 を 退 避 させるための 活 動 非 戦 闘 員 の 退 避 のために 国 際 的 な 行 動 が 必 要 となる 状 況 において 日 米 両 政 府 は 適 切 な 場 合 に 日 本 国 民 及 び 米 国 国 民 を 含 む 非 戦 闘 員 の 安 全 を 確 保 するため 外 交 努 力 を 含 むあらゆる 手 段 を 活 用 する 6. 情 報 収 集 警 戒 監 視 及 び 偵 察 日 米 両 政 府 が 国 際 的 な 活 動 に 参 加 する 場 合 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 各 々のアセットの 能 力 及 び 利 用 可 能 性 に 基 づき 適 切 なときは ISR 活 動 において 協 力 する 7. 訓 練 演 習 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 国 際 的 な 活 動 の 実 効 性 を 強 化 するため 適 切 な 場 合 に 共 同 訓 練 演 習 を 実 施 し 及 びこれに 参 加 し 相 互 運 用 性 持 続 性 及 び 即 応 性 を 強 化 する また 日 米 両 政 府 は 引 き 続 き 同 盟 との 相 互 運 用 性 の 強 化 並 びに 共 通 の 戦 術 技 術 及 び 手 順 の 構 築 に 寄 与 するため 訓 練 演 習 においてパートナーと 協 力 する 機 会 を 追 求 する 8. 後 方 支 援 日 米 両 政 府 は 国 際 的 な 活 動 に 参 加 する 場 合 相 互 に 後 方 支 援 を 行 うために 協 力 する 日 本 政 府 は 自 国 の 国 内 法 令 に 従 い 適 切 な 場 合 に 後 方 支 援 を 行 う B. 三 か 国 及 び 多 国 間 協 力 日 米 両 政 府 は 三 か 国 及 び 多 国 間 の 安 全 保 障 及 び 防 衛 協 力 を 推 進 し 及 び 強 化 する 特 に 日 米 両 政 府 は 地 域 の 及 び 他 のパートナー 並 びに 国 際 機 関 と 協 力 するための 取 組 を 強 化 し 並 びにそのための 更 なる 機 会 を 追 求 する 日 米 両 政 府 はまた 国 際 法 及 び 国 際 的 な 基 準 に 基 づく 協 力 を 推 進 すべく 地 域 及 び 国 際 15

16 機 関 を 強 化 するために 協 力 する Ⅵ. 宇 宙 及 びサイバー 空 間 に 関 する 協 力 A. 宇 宙 に 関 する 協 力 日 米 両 政 府 は 宇 宙 空 間 の 安 全 保 障 の 側 面 を 認 識 し 責 任 ある 平 和 的 かつ 安 全 な 宇 宙 の 利 用 を 確 実 なものとするための 両 政 府 の 連 携 を 維 持 し 及 び 強 化 する 当 該 取 組 の 一 環 として 日 米 両 政 府 は 各 々の 宇 宙 システムの 抗 たん 性 を 確 保 し 及 び 宇 宙 状 況 監 視 に 係 る 協 力 を 強 化 する 日 米 両 政 府 は 能 力 を 確 立 し 向 上 させるため 適 切 な 場 合 に 相 互 に 支 援 し 宇 宙 空 間 の 安 全 及 び 安 定 に 影 響 を 与 え その 利 用 を 妨 げ 得 る 行 動 や 事 象 についての 情 報 を 共 有 する 日 米 両 政 府 はまた 宇 宙 システムに 対 して 発 生 する 脅 威 に 対 応 するために 情 報 を 共 有 し また 海 洋 監 視 並 びに 宇 宙 システムの 能 力 及 び 抗 たん 性 を 強 化 する 宇 宙 関 係 の 装 備 技 術 (ホステッド ペイロードを 含 む )における 協 力 の 機 会 を 追 求 する 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 各 々の 任 務 を 実 効 的 かつ 効 率 的 に 達 成 するため 宇 宙 の 利 用 に 当 た って 引 き 続 き 早 期 警 戒 ISR 測 位 航 法 及 びタイミング 宇 宙 状 況 監 視 気 象 観 測 指 揮 統 制 及 び 通 信 並 びに 任 務 保 証 のために 不 可 欠 な 関 係 する 宇 宙 システムの 抗 たん 性 の 確 保 等 の 分 野 において 協 力 し かつ 政 府 一 体 となっての 取 組 に 寄 与 する 各 々の 宇 宙 システムが 脅 威 にさらされた 場 合 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 適 切 なときは 危 険 の 軽 減 及 び 被 害 の 回 避 において 協 力 する 被 害 が 発 生 した 場 合 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 適 切 なときは 関 係 能 力 の 再 構 築 において 協 力 する B.サイバー 空 間 に 関 する 協 力 日 米 両 政 府 は サイバー 空 間 の 安 全 かつ 安 定 的 な 利 用 の 確 保 に 資 するため 適 切 な 場 合 に サイバー 空 間 における 脅 威 及 び 脆 弱 性 に 関 する 情 報 を 適 時 かつ 適 切 な 方 法 で 共 有 する また 日 米 両 政 府 は 適 切 な 場 合 に 訓 練 及 び 教 育 に 関 するベストプラクティスの 交 換 を 含 め サイバー 空 間 における 各 種 能 力 の 向 上 に 関 する 情 報 を 共 有 する 日 米 両 政 府 は 適 切 な 場 合 に 民 間 との 情 報 共 有 によるものを 含 め 自 衛 隊 及 び 米 軍 が 任 務 を 達 成 する 上 で 依 拠 する 重 要 インフラ 及 びサービスを 防 護 するために 協 力 する 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 次 の 措 置 をとる 各 々のネットワーク 及 びシステムを 監 視 する 態 勢 を 維 持 すること サイバーセキュリティに 関 する 知 見 を 共 有 し 教 育 交 流 を 行 うこと 16

17 任 務 保 証 を 達 成 するために 各 々のネットワーク 及 びシステムの 抗 たん 性 を 確 保 するこ と サイバーセキュリティを 向 上 させるための 政 府 一 体 となっての 取 組 に 寄 与 すること 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においてもサイバーセキュリティのための 実 効 的 な 協 力 を 確 実 に 行 うため 共 同 演 習 を 実 施 すること 自 衛 隊 及 び 日 本 における 米 軍 が 利 用 する 重 要 インフラ 及 びサービスに 対 するものを 含 め 日 本 に 対 するサイバー 事 案 が 発 生 した 場 合 日 本 は 主 体 的 に 対 処 し 緊 密 な 二 国 間 調 整 に 基 づき 米 国 は 日 本 に 対 し 適 切 な 支 援 を 行 う 日 米 両 政 府 はまた 関 連 情 報 を 迅 速 か つ 適 切 に 共 有 する 日 本 が 武 力 攻 撃 を 受 けている 場 合 に 発 生 するものを 含 め 日 本 の 安 全 に 影 響 を 与 える 深 刻 なサイバー 事 案 が 発 生 した 場 合 日 米 両 政 府 は 緊 密 に 協 議 し 適 切 な 協 力 行 動 をとり 対 処 する Ⅶ. 日 米 共 同 の 取 組 日 米 両 政 府 は 二 国 間 協 力 の 実 効 性 を 更 に 向 上 させるため 安 全 保 障 及 び 防 衛 協 力 の 基 盤 として 次 の 分 野 を 発 展 させ 及 び 強 化 する A. 防 衛 装 備 技 術 協 力 日 米 両 政 府 は 相 互 運 用 性 を 強 化 し 効 率 的 な 取 得 及 び 整 備 を 推 進 するため 次 の 取 組 を 行 う 装 備 品 の 共 同 研 究 開 発 生 産 試 験 評 価 並 びに 共 通 装 備 品 の 構 成 品 及 び 役 務 の 相 互 提 供 において 協 力 する 相 互 の 効 率 性 及 び 即 応 性 のため 共 通 装 備 品 の 修 理 及 び 整 備 の 基 盤 を 強 化 する 効 率 的 な 取 得 相 互 運 用 性 及 び 防 衛 装 備 技 術 協 力 を 強 化 するため 互 恵 的 な 防 衛 調 達 を 促 進 する 防 衛 装 備 技 術 に 関 するパートナーとの 協 力 の 機 会 を 探 求 する B. 情 報 協 力 情 報 保 全 日 米 両 政 府 は 共 通 の 情 勢 認 識 が 不 可 欠 であることを 認 識 し 国 家 戦 略 レベルを 含 む あらゆるレベルにおける 情 報 協 力 及 び 情 報 共 有 を 強 化 する 日 米 両 政 府 は 緊 密 な 情 報 協 力 及 び 情 報 共 有 を 可 能 とするため 引 き 続 き 秘 密 情 報 の 保 護 に 関 連 した 政 策 慣 行 及 び 手 続 の 強 化 における 協 力 を 推 進 する 日 米 両 政 府 はまた 情 報 共 有 に 関 してパートナーとの 協 力 の 機 会 を 探 求 する 17

18 C. 教 育 研 究 交 流 日 米 両 政 府 は 安 全 保 障 及 び 防 衛 に 関 する 知 的 協 力 の 重 要 性 を 認 識 し 関 係 機 関 の 構 成 員 の 交 流 を 深 め 各 々の 研 究 教 育 機 関 間 の 意 思 疎 通 を 強 化 する そのような 取 組 は 安 全 保 障 防 衛 当 局 者 が 知 識 を 共 有 し 協 力 を 強 化 するための 恒 久 的 な 基 盤 となる Ⅷ. 見 直 しのための 手 順 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 は 適 切 な 下 部 組 織 の 補 佐 を 得 て この 指 針 が 変 化 する 情 況 に 照 らして 適 切 なものであるか 否 かを 定 期 的 に 評 価 する 日 米 同 盟 関 係 に 関 連 する 諸 情 勢 に 変 化 が 生 じ その 時 の 状 況 を 踏 まえて 必 要 と 認 める 場 合 には 日 米 両 政 府 は 適 時 かつ 適 切 な 形 でこの 指 針 を 更 新 する 18

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 ( 骨 子 ) Ⅰ. 概 観 日 米 同 盟 は 日 本 の 安 全 とアジア 太 平 洋 地 域 の 平 和 と 安 定 のために 不 可 欠 な 基 礎 同 盟 に 基 づいた 緊 密 かつ 協 力 的 な 関 係 は 世 界 における 課 題 に 対 処 する 上 で 重 要 な 役 割 を 果 たす 閣 僚 は 役 割 任 務 能 力

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63> 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 平 成 22 年 12 月 17 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める これに 伴 い 平 成 16 年 12 月 10 日 付 け 閣 議 決 定 平 成 17 年 度 以 降 に 係 る 防 衛

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

Microsoft Word - 【セット】2+2仮訳(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】2+2仮訳(エンバーゴ無し) 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 共 同 発 表 変 化 する 安 全 保 障 環 境 のためのより 力 強 い 同 盟 新 たな 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 岸 田 外 務 大 臣 中 谷 防 衛 大 臣 ケリー 国 務 長 官 カーター 国 防 長 官 1. 概 観 2015 年 4 月 27 日 ニューヨークにおいて 岸 田 文 雄 外

More information

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464>

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464> 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 昭 和 51 年 10 月 29 日 昭 和 51 年 10 月 29 日 国 防 会 議 決 定 閣 議 決 定 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める 別 紙 防 衛 計 画 の 大 綱 一. 目 的 及 び 趣 旨 わが 国 が 憲 法 上 許 される

More information

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応 抜 粋 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について

More information

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 ) I 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 )について 平 成 12 年 12 月 15 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 12 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 13 年 度 から 平 成 17 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして 第 9 章 日 本 の 海 洋 安 全 保 障 政 策 カントリー プロファイル 小 谷 哲 男 1. 海 洋 法 の 解 釈 (1) 領 海 における 無 害 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 1996 年 に 国 連 海 洋 法 条 約 を 批 准 した 後 同 条 約 による 海 域 の 区 分 に 応 じて 領 海 及 び 接 続 水 域 に 関 する 法 律 ( 領 海 法

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 序 章 2015 年 の 東 アジア - 厳 しさを 増 す 戦 略 環 境 - 1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 上 に シリア 領

More information

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 17 年 10 月 13 日 ( 平 成 17 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 498 号 ) 答 申 日 : 平 成 20 年 1 月 31 日 ( 平 成 19 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 411 号 ) 事 件 名 : 昭 和 52 年 度 兵 術 年 報 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第 1 審 査

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 北 神 塾 第 五 講 世 界 の 中 の 日 本 日 本 の 外 交 安 全 保 障 防 衛 方 針 2 平 成 26 年 9 月 12 日 北 神 圭 朗 1 中 国 の 軍 事 戦 略 1. 中 国 の 軍 事 費 はすでに 日 本 の 3 倍 を 超 えた しかも 単 純 に 経 済 成 長 に 合 わせて 軍 備 拡 張 が 行 われているのではなく 確 固 たる 長 期 戦 略 に 基

More information

<5461726F2D303392868AFA9668897197CD90AE94F58C7689E62E6A7464>

<5461726F2D303392868AFA9668897197CD90AE94F58C7689E62E6A7464> 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 3 年 度 ~ 平 成 7 年 度 )について 平 成 2 年 12 月 20 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 3 年 度 から 平 成 7 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 3 年 度 以 降 の 防 衛 計 画 の 基 本 的 考 え 方 について ( 平 成 2 年

More information

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去 2014 年 6 月 27 日 政 府 の 15 事 例 に 関 する 見 解 憲 法 総 合 調 査 会 安 全 保 障 総 合 調 査 会 民 主 党 は 3 月 4 日 に 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 憲 法 解 釈 の 変 更 に 関 する 見 解 をとりまとめて 以 降 も 安 保 法 制 懇 の 報 告 やその 後 の 総 理 発 言 政 府 から 与 党 への 15 事 例 の

More information

【セット】サイバー戦略指針

【セット】サイバー戦略指針 防 衛 省 自 衛 隊 によるサイバー 空 間 の 安 定 的 効 果 的 な 利 用 に 向 けて 平 成 24 年 9 月 防 衛 省 目 次 1. 趣 旨 2. 基 本 認 識 (1)サイバー 空 間 の 意 義 性 格 (2)サイバー 空 間 におけるリスク 1 サイバー 攻 撃 2 その 他 のリスク 3. 基 本 方 針 (1) 防 衛 省 自 衛 隊 の 能 力 態 勢 強 化 (2)

More information

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭 安 全 保 障 法 制 整 備 に 関 するQ&A 平 成 26 年 7 月 自 由 民 主 党 Q1 なぜ 今 憲 法 解 釈 を 見 直 し 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 を 容 認 する 必 要 があるのです か? 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 によらなくても 個 別 的 自 衛 権 や 既 存 の 法 制 度 の 下 での 対 応 が 可 能 ではないですか? A1 国 民 の

More information

( 別 紙 ) 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 ) Ⅰ 計 画 の 方 針 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までの 防 衛 力 整 備 に 当 たっては 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 に

( 別 紙 ) 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 ) Ⅰ 計 画 の 方 針 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までの 防 衛 力 整 備 に 当 たっては 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 に 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 につい て 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について ( 平

More information

防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を 推

防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を 推 平 成 28 年 度 防 衛 関 係 予 算 のポイント 平 成 27 年 12 月 堀 内 主 計 官 防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378> 自 衛 隊 の 対 テロ 戦 (テロ 対 策 )の 現 状 と 課 題 ( 概 要 ) 樋 口 譲 次 1 テロリズム(テロ)の 定 義 アメリカ 陸 軍 の 研 究 (1988 年 )によれば これまで テロリズム(テロ)には1 00 以 上 の 定 義 付 けが 行 われており 普 遍 的 に 認 められたテロリズムの 定 義 はない と されている その 前 提 の 上 で 一 般 的 に テロとは

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

5 AF CC - JAAGA Convention 2014 QDR Speech_J.docx

5 AF CC - JAAGA Convention 2014 QDR Speech_J.docx 皆 様 こんばんは 只 今 ご 紹 介 に 与 りました アンジェレラでございます 米 空 軍 幹 部 達 にとって 名 高 いイベントである 日 米 エアフォース 友 好 協 会 総 会 へお 招 き 頂 きまして まこ とにありがとうございます 素 晴 らしいメンバーの 方 々の 前 で 講 演 する 場 を 設 けてくださった 協 会 会 長 吉 田 元 空 将 にも 感 謝 を 申 し 上

More information

< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464>

< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464> 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 8 年 度 ~ 平 成 12 年 度 )について 平 成 7 年 12 月 14 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 7 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 8 年 度 から 平 成 12 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 8 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

例 を 適 用 した 上 で, 平 成 22 年 4 月 26 日 付 け 防 官 文 第 5676 号 によ り 表 紙 部 分 を 全 部 開 示 し, 同 年 12 月 22 日 付 け 防 官 文 第 15726 号 により, 本 件 対 象 文 書 について, 法 5 条 1 号 ないし4

例 を 適 用 した 上 で, 平 成 22 年 4 月 26 日 付 け 防 官 文 第 5676 号 によ り 表 紙 部 分 を 全 部 開 示 し, 同 年 12 月 22 日 付 け 防 官 文 第 15726 号 により, 本 件 対 象 文 書 について, 法 5 条 1 号 ないし4 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 23 年 3 月 31 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 153 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 1 月 17 日 ( 平 成 23 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 422 号 ) 事 件 名 : 陸 上 自 衛 隊 史 ( 平 成 19 年 度 )の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

Microsoft Word - 280720 ピンナップ(お知らせ)【エンバーゴ差替え】

Microsoft Word - 280720 ピンナップ(お知らせ)【エンバーゴ差替え】 (お 知 らせ) 28.8.31 防 衛 装 備 庁 取 得 戦 略 計 画 の 策 定 について 防 衛 装 備 庁 では 平 成 27 年 11 月 にプロジェクト 管 理 重 点 対 象 装 備 品 (プ ロジェクト マネージャー 及 び 統 合 プロジェクト チームを 置 いて 重 点 的 にプ ロジェクト 管 理 を 実 施 する 装 備 品 )として 選 定 した12 品 目 の 装 備

More information

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関 北 関 東 防 衛 局 330-9721 埼 玉 県 さいたま 市 中 央 区 新 都 心 2-1 さいたま 新 都 心 合 同 庁 舎 2 号 館 TEL(048)600-1800 FAX(048)600-1831 http://www.mod.go.jp/rdb/n-kanto/ 防 衛 局 防 衛 省 設 置 法 第 33 条 防 衛 省 組 織 令 第 211 条 防 衛 事 務 所 防 衛

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに 尖 閣 問 題 で 武 力 紛 争 が 起 こったら 石 垣 島 はどうなるか 2015 年 9 月 14 日 FB に 投 稿 石 垣 市 新 川 在 住 笹 尾 哲 夫 最 近 自 衛 隊 は 尖 閣 紛 争 をどう 戦 うか ( 西 村 金 一 岩 切 成 夫 末 次 富 美 雄 共 著 祥 伝 社 新 書 2014 年 刊 )という 本 を 読 みました 西 村 さんは 元 防 衛 省 自

More information

防 衛 省 表 19-4 防 衛 省 における 政 策 評 価 の 結 果 及 びこれらの 政 策 への 反 映 状 況 ( 個 表 ) 政 策 ごとの 評 価 結 果 については 総 務 省 ホームページ(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/seisaku_n/seisaku_fusyou.ht ml)を 参 照 されたい また 政 策 評 価 の

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

一 方 リーマンショックに 端 を 発 した 金 融 危 機 以 降 米 国 や 欧 州 諸 国 では 財 政 事 情 の 悪 化 から 国 防 費 の 削 減 を 迫 られており 結 果 としてグローバルな 軍 事 バランス に 大 きな 変 化 が 生 じ 潜 在 的 な 不 安 定 要 因 を

一 方 リーマンショックに 端 を 発 した 金 融 危 機 以 降 米 国 や 欧 州 諸 国 では 財 政 事 情 の 悪 化 から 国 防 費 の 削 減 を 迫 られており 結 果 としてグローバルな 軍 事 バランス に 大 きな 変 化 が 生 じ 潜 在 的 な 不 安 定 要 因 を 平 成 25 年 6 月 4 日 新 防 衛 計 画 の 大 綱 策 定 に 係 る 提 言 ( 防 衛 を 取 り 戻 す ) 自 由 民 主 党 一 はじめに 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 が 策 定 されて 以 降 わが 国 周 辺 にお いては 北 朝 鮮 が 弾 道 ミサイル 発 射 や 核 実 験 を 強 行 し また 中 国 がわが 国 周 辺

More information

2009.11.23 第 9 回 憲 法 セミナー 福 井 516 名 2010.04.09 改 憲 世 論 調 査 ( 読 売 ) 賛 成 43% 反 対 42% ( 資 料 1 2) 九 条 の 会 の 結 成 数 と 世 論 調 査 における 改 憲 反 対 の 率 の 推 移 2

2009.11.23 第 9 回 憲 法 セミナー 福 井 516 名 2010.04.09 改 憲 世 論 調 査 ( 読 売 ) 賛 成 43% 反 対 42% ( 資 料 1 2) 九 条 の 会 の 結 成 数 と 世 論 調 査 における 改 憲 反 対 の 率 の 推 移 2 9 条 の 会 北 九 州 憲 法 ネット 結 成 10 周 年 記 念 憲 法 講 演 会 資 料 2014.11.29 渡 辺 治 ( 資 料 1) 九 条 の 会 の 発 展 と 世 論 の 変 化 年 結 成 数 活 動 状 況 備 考 内 訳 2004.04 改 憲 世 論 調 査 ( 読 売 ) 賛 成 65% 反 対 22.7% 2004.6.10. 九 条 の 会 呼 びかけ 2004.7.29.

More information

防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0%

防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0% 平 成 27 年 度 防 衛 関 係 予 算 のポイント 平 成 27 年 1 月 井 口 主 計 官 防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0%の

More information

平成24年度 政策評価等の実施状況及びこれらの結果の政策への反映状況に関する報告 20_防衛省(個表)

平成24年度 政策評価等の実施状況及びこれらの結果の政策への反映状況に関する報告 20_防衛省(個表) 防 衛 省 表 20-4 防 衛 省 における 政 策 評 価 の 結 果 及 びこれらの 政 策 への 反 映 状 況 ( 個 表 ) 政 策 ごとの 評 価 結 果 については 総 務 省 ホームページ(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/seisaku_n/portal/index.htm l)を 参 照 されたい また 政 策 評 価 の 結

More information

図 表 1 防 関 係 費 予 算 のポイント( 概 要 ) 28 年 度 の 防 関 係 費 は 5 兆 541 億 円 (+1.5%) 中 期 防 対 象 経 費 は 4 兆 8,607 億 円 (+0.8%) 中 期 防 対 象 経 費 については 中 期 防 力 整 備 計 画 に 沿 って

図 表 1 防 関 係 費 予 算 のポイント( 概 要 ) 28 年 度 の 防 関 係 費 は 5 兆 541 億 円 (+1.5%) 中 期 防 対 象 経 費 は 4 兆 8,607 億 円 (+0.8%) 中 期 防 対 象 経 費 については 中 期 防 力 整 備 計 画 に 沿 って 平 成 28 年 度 防 関 係 費 について 主 計 局 主 計 官 堀 内 斉 1.はじめに 平 成 28 年 度 の 防 関 係 費 については 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 計 画 の 大 綱 について 及 び 中 期 防 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について ( 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会

More information

<5461726F2D3138303430358DC08AD48E7392B782A982E782CC8DC481588EBF>

<5461726F2D3138303430358DC08AD48E7392B782A982E782CC8DC481588EBF> 問 1 キャンプ 座 間 への 米 陸 軍 新 司 令 部 の 移 転 は 世 界 的 な 米 軍 の 改 編 の 一 環 として 行 われ また 沖 縄 の 負 担 軽 減 も 含 む 日 米 再 編 協 議 の 中 で 統 合 任 務 可 能 な 作 戦 司 令 部 として 米 国 本 土 より 移 転 してくる 唯 一 の 基 地 であり ます このことは 機 能 強 化 として 認 められたところでありますが

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63> 第 1 編 総 論 第 1 章 市 の 責 務 計 画 の 位 置 づけ 構 成 等 廿 日 市 市 ( 市 長 及 びその 他 の 執 行 機 関 をいう 以 下 市 という )は 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 する 責 務 にかんがみ 国 民 の 保 護 のための 措 置 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するため 以 下 のとおり 市 の 責 務 を 明 らかにするとともに

More information

Microsoft Word - 060804基本計画.doc

Microsoft Word - 060804基本計画.doc イラク 人 道 復 興 支 援 特 措 法 に 基 づく 対 応 措 置 に 関 する 基 本 計 画 1 基 本 方 針 平 成 15 年 3 月 20 日 米 国 を 始 めとする 国 々は イラクが 国 際 社 会 の 平 和 と 安 全 に 与 えている 脅 威 を 取 り 除 くための 最 後 の 手 段 として イラクに 対 する 武 力 行 使 を 開 始 した その 後 イラクにおける

More information

大 臣 官 房 企 画 評 価 課 活 動 指 標 名 / 年 度 実 績 評 価 事 業 概 要 説 明 書 -2 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 1 活 動 実 績 (H20については 補 正 予 算 後 ベース) 単 位 当 りコスト (

大 臣 官 房 企 画 評 価 課 活 動 指 標 名 / 年 度 実 績 評 価 事 業 概 要 説 明 書 -2 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 1 活 動 実 績 (H20については 補 正 予 算 後 ベース) 単 位 当 りコスト ( 事 業 開 始 年 度 大 臣 官 房 企 画 評 価 課 事 業 概 要 説 明 書 -1 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 根 拠 法 改 革 会 議 報 告 書 (20.7.15) 1 実 施 方 法 ( 該 当 項 目 にチェッ ク)) 直 接 実 施 業 務 委 託 補 助 金 貸 付 その 他 上 記 実 施 方 法 が 業 務 委

More information

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加)

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加) 防 衛 省 自 衛 隊 の 警 戒 監 視 態 勢 について 平 成 6 年 11 月 防 衛 省 警 戒 監 視 活 動 海 上 自 衛 隊 は P-3C 哨 戒 機 により 北 海 道 の 周 辺 海 域 日 本 海 並 びに 東 シナ 海 を 航 行 する 船 舶 などの 状 況 を それ ぞれの 海 域 において 監 視 している 航 空 自 衛 隊 においても レーダーサイトによる 常 時

More information

積極的平和主義と統合機動防衛力への転換

積極的平和主義と統合機動防衛力への転換 積 極 的 平 和 主 義 と 統 合 機 動 防 衛 力 への 転 換 国 家 安 全 保 障 戦 略 新 防 衛 大 綱 新 中 期 防 平 成 26 年 度 防 衛 関 係 費 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 沓 脱 和 人 今 井 和 昌 はじめに 政 府 は 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 (NSC) 及 び 閣 議 において 中 長 期 的

More information

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定 大 分 県 警 察 継 続 計 画 策 定 について 平 成 2 4 年 1 1 月 1 日 大 通 達 甲 ( 備 ) 第 10 号 大 通 達 甲 ( 警 ) 第 16 号 大 通 達 甲 ( 生 ) 第 13 号 大 通 達 甲 ( 刑 ) 第 15 号 大 通 達 甲 ( 交 ) 第 9 号 大 分 県 警 察 本 部 長 から 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 各 警 察

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E63433378D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E63433378D862E646F63> 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 2 1 年 2 月 1 9 日 ( 平 成 2 1 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 1 0 9 号 ) 答 申 日 : 平 成 2 1 年 1 2 月 1 5 日 ( 平 成 2 1 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 4 3 7 号 ) 事 件 名 : 陸 上 自 衛 隊 史 ( 平 成 1 8 年 度 )の 一 部 開 示 決 定 に 関

More information

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 には 当 初 その 被 害 の 原 因 が 明

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 24 年 度 防 衛 予 算 案 の 概 要 防 衛 省 注 1: 本 文 中 の 計 数 は 特 に 記 載 のある 場 合 を 除 き 装 備 品 等 の 製 造 等 に 要 する 初 度 費 を 除 く 経 費 を 表 示 している 2: 本 文 中 の 計 数 は 特 に 記 載 のある 場 合 を 除 き 契 約 ベースである 3: 本 文 中 の 青 字 は 新 規 事 業 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378> 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の 状 況 に 関 する 年 次 報 告 書 平 成 28 年 8 月 経 済 産 業 省 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 の 運 用 指 針 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 以 下 運 用 指 針 という )5.(1)により 経 済 産 業 省 は 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB91E38ED089EF814091E634358D7581408365834C83588367>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB91E38ED089EF814091E634358D7581408365834C83588367> 基 礎 からわかる 現 代 社 会 第 45 講 日 本 の 国 際 貢 献 PKO 国 連 平 和 維 持 活 動 協 力 法 日 本 の PKO 参 加 5 原 則 1 当 事 者 間 の 停 戦 合 意 2 当 事 国 の 合 意 3 中 立 公 平 4 武 器 使 用 は 正 当 防 衛 の 場 合 のみ 5 上 記 1~3の3 原 則 が 崩 れれば 撤 収 か 中 断 PKO 監 視 団

More information

要約平成19年度安全保障環境の変化が我が国の防衛機器産業に及ぼす影響に関する調査研究報告書

要約平成19年度安全保障環境の変化が我が国の防衛機器産業に及ぼす影響に関する調査研究報告書 調 査 研 究 報 告 書 の 要 約 19 事 業 環 境 1 署 名 平 成 19 年 度 安 全 保 障 環 境 の 変 化 が 我 が 国 の 防 衛 機 器 産 業 に 及 ぼす 影 響 に 関 する 調 査 研 究 報 告 書 発 行 機 関 名 社 団 法 人 日 本 機 械 工 業 連 合 会 日 本 戦 略 研 究 フォーラム 発 行 年 月 平 成 20 年 3 月 頁 数 190

More information

となる( 別 添 の2006 年 4 月 28 日 付 概 念 図 参 照 ) この 施 設 は 合 意 され た 運 用 上 の 能 力 を 確 保 するとともに 安 全 性 騒 音 及 び 環 境 への 影 響 という 問 題 に 対 処 するものである 合 意 された 支 援 施 設 を 含

となる( 別 添 の2006 年 4 月 28 日 付 概 念 図 参 照 ) この 施 設 は 合 意 され た 運 用 上 の 能 力 を 確 保 するとともに 安 全 性 騒 音 及 び 環 境 への 影 響 という 問 題 に 対 処 するものである 合 意 された 支 援 施 設 を 含 仮 訳 再 編 実 施 のための 日 米 のロードマップ 2006 年 5 月 1 日 ライス 国 務 長 官 ラムズフェルド 国 防 長 官 麻 生 外 務 大 臣 額 賀 防 衛 庁 長 官 概 観 2005 年 10 月 29 日 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 の 構 成 員 たる 閣 僚 は その 文 書 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 において 在

More information

自 衛 隊 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 () 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 問 あなたは 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 関 心 がありますか この 中 からつだけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 関 心 がある( 小 計 ) 69.8% 7.5% 非

自 衛 隊 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 () 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 問 あなたは 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 関 心 がありますか この 中 からつだけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 関 心 がある( 小 計 ) 69.8% 7.5% 非 自 衛 隊 防 衛 問 題 に 関 する 世 論 調 査 の 概 要 調 査 対 象 全 国 0 歳 以 上 の 日 本 国 籍 を 有 する 者 3,000 人 有 効 回 収 数,680 人 ( 回 収 率 56.0%) 平 成 7 3 内 閣 府 政 府 広 報 室 調 査 時 期 平 成 7 8 日 ~ 8 日 ( 調 査 員 による 個 別 面 接 聴 取 ) 調 査 目 的 自 衛 隊

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

会報宇宙2016.indd

会報宇宙2016.indd 山 川 宏 京 都 大 学 教 授 内 閣 府 宇 宙 政 策 委 員 会 委 員 山 川 宏 1.はじめに 2008 年 5 月 に 超 党 派 で 成 立 した 宇 宙 基 本 法 は 宇 宙 開 発 利 用 を 国 家 戦 略 の 一 つと 位 置 付 け 宇 宙 開 発 利 用 に 関 する 施 策 を 総 合 的 かつ 計 画 的 に 推 進 すること を 目 的 としたものです この 宇

More information

実施状況(市ヶ谷地区(防衛省)に係る施設の管理・運営業務)

実施状況(市ヶ谷地区(防衛省)に係る施設の管理・運営業務) 資 料 2 28.6.16 防 衛 省 民 間 競 争 入 札 実 施 事 業 防 衛 省 市 ヶ 谷 地 区 における 施 設 管 理 業 務 の 実 施 状 況 について ( 平 成 26 年 度 及 び27 年 度 ) Ⅰ 事 業 の 概 要 1. 委 託 業 務 内 容 防 衛 省 市 ヶ 谷 地 区 の 施 設 管 理 業 務 建 築 設 備 点 検 保 守 業 務 電 気 設 備 点 検

More information

集団的自衛権の行使容認と安全保障法制整備の基本方針

集団的自衛権の行使容認と安全保障法制整備の基本方針 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 容 認 と 安 全 保 障 法 制 整 備 の 基 本 方 針 閣 議 決 定 を 受 けての 国 会 論 戦 の 概 要 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 中 内 康 夫 はじめに 安 全 保 障 法 制 の 見 直 しに 向 けて 検 討 を 進 めてきた 安 倍 内 閣 は 平 成 26 年 7 月 1 日 新 た な 安 全 保 障 法 制 の 整

More information

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA>

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA> 要 旨 現 行 日 米 地 位 協 定 と 意 見 の 趣 旨 との 対 照 表 日 米 地 位 協 定 ( 要 旨 ) 意 見 の 趣 旨 2 条 1 施 設 区 域 の 提 供 と 返 還 (2 条 関 係 ) 1(a) 合 衆 国 は, 安 保 条 約 6 条 に 基 づき, 日 本 (1) 施 設 区 域 の 提 供 について 国 内 の 施 設 区 域 の 使 用 を 許 与 される 個

More information

MAGTF(マグタフ) 入 門 講 座 海 兵 空 陸 任 務 部 隊 兵 空 陸 任 務 部 隊 MAGTF(マグタフ) は 様 々な 軍 事 作 戦 任 務 を 行 うための 海 兵 隊 の 基 本 海 的 な 組 織 規 模 の 拡 大 縮 小 が 可 能 で 多 用 途 に 使 え 広 範

MAGTF(マグタフ) 入 門 講 座 海 兵 空 陸 任 務 部 隊 兵 空 陸 任 務 部 隊 MAGTF(マグタフ) は 様 々な 軍 事 作 戦 任 務 を 行 うための 海 兵 隊 の 基 本 海 的 な 組 織 規 模 の 拡 大 縮 小 が 可 能 で 多 用 途 に 使 え 広 範 MAGTF(マグタフ) 入 門 講 座 海 兵 空 陸 任 務 部 隊 兵 空 陸 任 務 部 隊 MAGTF(マグタフ) は 様 々な 軍 事 作 戦 任 務 を 行 うための 海 兵 隊 の 基 本 海 的 な 組 織 規 模 の 拡 大 縮 小 が 可 能 で 多 用 途 に 使 え 広 範 囲 にわたる 有 事 危 機 紛 争 に 対 応 可 能 な 遠 征 兵 力 を 戦 闘 部 隊 指

More information

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

(4)さらに 我 が 国 の 防 衛 に する 活 動 に 現 に 従 事 する 米 軍 部 隊 に 対 して 攻 撃 が 発 生 し それが 状 況 によっては 武 力 攻 撃 にま で 拡 大 していくような 事 態 においても 自 衛 隊 と 米 軍 が 緊 密 に 連 携 して 切 れ 目

(4)さらに 我 が 国 の 防 衛 に する 活 動 に 現 に 従 事 する 米 軍 部 隊 に 対 して 攻 撃 が 発 生 し それが 状 況 によっては 武 力 攻 撃 にま で 拡 大 していくような 事 態 においても 自 衛 隊 と 米 軍 が 緊 密 に 連 携 して 切 れ 目 4 わが 国 周 辺 の 兵 力 推 移 の 概 要 ( 万 人 ) ( 万 トン) ( 作 戦 機 数 ) 250 250 8,000 200 陸 上 兵 力 海 上 兵 力 航 空 兵 力 1993 2003 2013 200 1993 2003 2013 6,000 1993 2003 2013 150 100 50 150 100 50 4,000 2,000 0 0 極 東 ロシア 中 国

More information

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書 平 成 24 年 度 国 の 予 算 編 成 に 対 する 東 京 都 の 提 案 要 求 ( 平 成 23 年 11 月 ) 提 案 要 求 先 内 閣 官 房 総 務 省 法 務 省 外 務 省 財 務 省 厚 生 労 働 省 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 環 境 省 防 衛 省 都 所 管 局 知 事 本 局 総 務 局 都 市 整 備 局 環 境 局 福 祉 保 健 局 建 設 局

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

LGWAN(エルジーワン) 総 合 行 政 ネットワーク( Local Government )の Wide 略 称 Area Network 地 方 公 共 団 体 の 組 織 内 ネットワークを 相 互 に 接 続 し 地 方 公 共 団 体 間 のコミュニケーションの 円 滑 化 情 報 共

LGWAN(エルジーワン) 総 合 行 政 ネットワーク( Local Government )の Wide 略 称 Area Network 地 方 公 共 団 体 の 組 織 内 ネットワークを 相 互 に 接 続 し 地 方 公 共 団 体 間 のコミュニケーションの 円 滑 化 情 報 共 参 考 茂 原 市 国 民 保 護 計 画 用 語 集 あ 行 安 定 ヨウ 素 剤 原 子 力 施 設 等 の 事 故 に 備 えて 服 用 するために 調 合 した 放 射 能 をもたないヨウ 素 をいう 被 ばく 前 に 安 定 ヨウ 素 剤 を 服 用 することにより 甲 状 腺 (ヨウ 素 が 濃 集 しやすい )をヨウ 素 で 飽 和 して おくと 被 ばくしても 放 射 性 ヨウ 素

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

ある 東 西 冷 戦 間 アジアには 朝 鮮 戦 争 とベトナム 戦 争 に 代 表 されるように 冷 戦 が 熱 戦 化 した 歴 史 がある そのいずれにも 米 中 は 敵 対 する 関 係 で 直 接 的 間 接 的 に 関 与 した 特 に 朝 鮮 戦 争 において 両 国 は 直 接 戦

ある 東 西 冷 戦 間 アジアには 朝 鮮 戦 争 とベトナム 戦 争 に 代 表 されるように 冷 戦 が 熱 戦 化 した 歴 史 がある そのいずれにも 米 中 は 敵 対 する 関 係 で 直 接 的 間 接 的 に 関 与 した 特 に 朝 鮮 戦 争 において 両 国 は 直 接 戦 台 湾 有 事 は 日 本 有 事 その 時 に わが 国 はどう 備 えなければならないか? 樋 口 譲 次 はじめに アジアを 主 戦 場 とした 米 中 冷 戦 はすでに 始 まっている 中 東 における 対 テロ 戦 に 一 応 の 決 着 をつけた 米 国 は 戦 略 の 重 点 をアジアへ 向 けて 急 転 換 している その 矛 先 は 21 世 紀 の 東 アジア/アジア 太 平 洋

More information

航空機の防衛生産・技術基盤に必要な論点・視点

航空機の防衛生産・技術基盤に必要な論点・視点 航 空 自 衛 隊 の 戦 闘 機 における 防 衛 生 産 技 術 基 盤 の 役 割 平 成 23 年 1 月 25 日 防 衛 省 航 空 幕 僚 監 部 1 目 次 1 我 が 国 の 航 空 作 戦 における 戦 闘 機 の 役 割 等 2 航 空 自 衛 隊 における 運 用 支 援 の 現 状 3 航 空 自 衛 隊 における 防 衛 生 産 技 術 基 盤 の 役 割 2 1 我 が

More information

営業秘密管理指針(案)の概要

営業秘密管理指針(案)の概要 ( 別 紙 1-2) 外 為 法 に 基 づく 対 内 投 資 規 制 の 見 直 しについて ( 参 考 資 料 ) 平 成 1 9 年 6 月 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 外 国 投 資 家 による 対 内 直 接 投 資 が 国 の 安 全 を 損 ない 公 の 秩 序 の 維 持 を 妨 げ 公 衆 の 安 全 の 保 護 に 支 障 を 来 す 等 のおそれがある 場

More information

日 本 国 における 新 たな 航 空 機 (MV-22) ( 仮 訳 ) 1. 概 況 : 米 海 兵 隊 は,MV-22ティルトローター 機 により 航 空 機 部 隊 の 更 新 を 行 い, 普 天 間 飛 行 場 において, 同 機 1 機 につき1 機 のCH-46ヘリコプターを 退 役

日 本 国 における 新 たな 航 空 機 (MV-22) ( 仮 訳 ) 1. 概 況 : 米 海 兵 隊 は,MV-22ティルトローター 機 により 航 空 機 部 隊 の 更 新 を 行 い, 普 天 間 飛 行 場 において, 同 機 1 機 につき1 機 のCH-46ヘリコプターを 退 役 日 本 国 における 新 たな 航 空 機 (MV-22)に 関 する 合 同 委 員 会 への 覚 書 ( 仮 訳 ) 参 照 : a. 日 本 国 とアメリカ 合 衆 国 との 間 の 相 互 協 力 及 び 安 全 保 障 条 約 第 六 条 に 基 づ く 施 設 及 び 区 域 並 びに 日 本 国 における 合 衆 国 軍 隊 の 地 位 に 関 する 協 定 ( 日 米 地 位 協 定

More information

(3) 不 開 示 とした 部 分 について ア 文 書 29, 文 書 48, 文 書 101, 文 書 102 及 び 文 書 124の 大 臣 発 電 信 案 FAX 公 信 案 の 総 番 号 (1 頁 目 左 上 ( 日 付 の 上 ), 左 下 ( 転 報 の 下 )) 及 びパターンコ

(3) 不 開 示 とした 部 分 について ア 文 書 29, 文 書 48, 文 書 101, 文 書 102 及 び 文 書 124の 大 臣 発 電 信 案 FAX 公 信 案 の 総 番 号 (1 頁 目 左 上 ( 日 付 の 上 ), 左 下 ( 転 報 の 下 )) 及 びパターンコ 諮 問 庁 : 外 務 大 臣 諮 問 日 : 平 成 23 年 2 月 8 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 49 号 ) 答 申 日 : 平 成 26 年 2 月 25 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 400 号 ) 事 件 日 : 在 日 米 軍 の 移 動 につづられている 文 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第 1

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

271030_表紙-2.xdw

271030_表紙-2.xdw 空 中 給 油 機 KC-130の 鹿 屋 基 地 への 訓 練 移 転 に 係 るこれまでの 対 応 と 防 衛 省 との 協 議 について 平 成 27 年 10 月 30 日 鹿 屋 市 目 次 Ⅰ 鹿 屋 基 地 に 係 る 在 日 米 軍 再 編 について P1 P1 Ⅱ 空 中 給 油 機 KC-130の 鹿 屋 基 地 に おける 訓 練 概 要 P4 P2 Ⅲ 防 衛 省 への 主

More information

honbu-38H06_kunrei31

honbu-38H06_kunrei31 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 6 年 12 月 27 日 本 部 訓 令 第 31 号 ) 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 を 次 のように 定 める 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 徳 島 県 警 察 航 空 機 使 用 管 理 規 程 ( 平 成 2 年 徳

More information

平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16

平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16 平 成 24 年 度 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 警 察 庁 平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16,541 百 万 円 21,026

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E634313481603432318D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E634313481603432318D862E646F63> 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 2 1 年 6 月 5 日 ( 平 成 2 1 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 2 6 8 号 ないし 同 第 275 号 ) 答 申 日 : 平 成 2 1 年 1 2 月 8 日 ( 平 成 2 1 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 4 1 4 号 ないし 同 第 4 2 1 号 ) 事 件 名 : 平 成 1 4 年 2 月 から6 月

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ 防 衛 庁 訓 令 第 32 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 165 号 ) 第 107 条 第 5 項 の 規 定 に 基 づき 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 平 成 7 年 4 月 17 日 防 衛 庁 長 官 玉 沢 徳 一 郎 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 改 正 平 成 19

More information

資料6:事前分析表

資料6:事前分析表 第 6 回 防 衛 省 政 策 評 価 に 関 する 有 識 者 会 議 資 料 (4.8.0) 資 料 6 目 標 管 理 型 の 政 策 評 価 ( 事 前 分 析 表 ) 平 成 4 年 事 前 分 析 表 (FU 変 更 試 作 案 ) 8 月 7 日 調 整 達 成 手 段 は4 年 レビュー 時 点 平 成 4 年 実 施 施 策 に 係 る 事 前 分 析 表 ( 防 衛 省 4( 施

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

国民の保護に関する業務計画

国民の保護に関する業務計画 国 民 の 保 護 に 関 する 業 務 計 画 平 成 26 年 12 月 中 部 電 力 株 式 会 社 1 2 目 次 第 1 章 総 則... 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的... 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針... 1 第 3 節 国 が 想 定 する 武 力 攻 撃 事 態 等 における 電 力 供 給 電

More information

中 央 区 国 民 保 護 計 画 平 成 19 年 3 月 ( 平 成 28 年 4 月 変 更 ) 中 央 区 1 目 次 第 1 編 総 論 第 1 章 中 央 区 の 責 務 計 画 の 位 置 づけ 構 成 等... 5 第 2 章 国 民 保 護 措 置 に 関 する 基 本 方 針... 7 第 3 章 関 係 機 関 の 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 等... 9 第 4 章

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9B964082A982E795BD986182C688C0915395DB8FE182F08D6C82A682E9>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9B964082A982E795BD986182C688C0915395DB8FE182F08D6C82A682E9> 憲 法 から 平 和 と 安 全 保 障 を 考 える 日 本 の 未 来 はどうなるか? 関 西 学 院 大 学 法 学 部 長 岡 徹 一 統 幕 内 部 文 書 の 衝 撃 1 ガイドラインこそが 防 衛 当 局 にとっての 最 高 法 規 4.27 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 第 3 次 ガイドライン 合 意 4.29 安 倍 首 相 米 議 会 演 説 安 保 法 制 の

More information

Microsoft Word - HOPS コラム原稿(集団的自衛権議論の「盲点」としての台湾問題)簡略訂正版.docx

Microsoft Word - HOPS コラム原稿(集団的自衛権議論の「盲点」としての台湾問題)簡略訂正版.docx 我 が 国 の 安 全 保 障 政 策 と 台 湾 問 題 ~ 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 議 論 の 盲 点? 准 教 授 柿 澤 未 知 1.はじめに 2013 年 9 月 に 外 務 省 から 北 海 道 大 学 公 共 政 策 大 学 院 に 出 向 してきて 早 いもので 既 に1 年 が 経 過 した 外 務 省 においては 一 貫 して 台 湾 中 国 に 関 する 情 勢 分

More information

資料10-1-2 H-ⅡAロケット26号機の打上げに係る飛行安全計画

資料10-1-2 H-ⅡAロケット26号機の打上げに係る飛行安全計画 資 料 10-1-2 H-ⅡAロケット26 号 機 の 打 上 げに 係 る 飛 行 安 全 計 画 平 成 26 年 8 月 独 立 行 政 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 説 明 者 宇 宙 輸 送 ミッション 本 部 宇 宙 輸 送 安 全 計 画 室 室 長 加 納 康 臣 まえがき 本 計 画 は 人 工 衛 星 等 打 上 げ 基 準 第 4 条 に 基 づき 打 上 げに

More information

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報 災 害 発 生 時 には 職 員 及 び 関 係 機 関 との 間 で 1 現 状 がどうなっているか 2 今 後 の 見 通 しはどうか 3 今 後 何 をするべきか について 状 況 認 識 の 統 一 を 図 ることが 最 も 重 要 である このことを 常 に 心 掛 ければ ほとんどの 課 題 は 解 決 できる 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 1 章 災 害 応 急 活 動 組

More information

具 体 的 な 取 組 内 容 第 1 節 市 の 活 動 体 制 災 害 応 急 対 策 を 円 滑 に 展 開 するため 次 の 事 項 を 中 心 に マニュアル 性 も 考 慮 しつつ 対 策 内 容 を 点 検 整 備 の 上 明 示 する なお 災 害 応 急 活 動 の 実 施 に 当

具 体 的 な 取 組 内 容 第 1 節 市 の 活 動 体 制 災 害 応 急 対 策 を 円 滑 に 展 開 するため 次 の 事 項 を 中 心 に マニュアル 性 も 考 慮 しつつ 対 策 内 容 を 点 検 整 備 の 上 明 示 する なお 災 害 応 急 活 動 の 実 施 に 当 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 Ⅰ 風 水 害 等 対 策 編 第 1 章 応 急 活 動 計 画 基 本 的 な 考 え 方 市 の 地 域 に 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 のおそれがある 場 合 は 市 県 国 防 災 関 係 機 関 及 び 市 民 は 一 致 協 力 して 災 害 応 急 対 策 に 従 事 する 者 の 安 全 の 確 保 を 図 るよう 十 分 配

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

あわら市地域防災計画資料編

あわら市地域防災計画資料編 あわら 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 あわら 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 目 次 1 条 例 規 則 要 綱 等... 1 (1) あわら 市 防 災 会 議 条 例... 1 (2) あわら 市 災 害 対 策 本 部 条 例... 3 (3) あわら 市 災 害 対 策 本 部 運 営 要 綱... 4 (4) 嶺 北 消 防 組 合 警 防 規 定... 16 (5)

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

米 艦 防 護 ( 事 例 8 9 12 13)( 続 き) [ 邦 人 への 危 害 ] 憲 法 九 条 のもとで 許 容 されております 自 衛 権 の 発 動 としての 武 力 の 行 使 につきまして は 政 府 は 従 来 から 自 衛 権 発 動 は 三 要 件 に 該 当 する そうい

米 艦 防 護 ( 事 例 8 9 12 13)( 続 き) [ 邦 人 への 危 害 ] 憲 法 九 条 のもとで 許 容 されております 自 衛 権 の 発 動 としての 武 力 の 行 使 につきまして は 政 府 は 従 来 から 自 衛 権 発 動 は 三 要 件 に 該 当 する そうい 米 艦 防 護 ( 事 例 8 9 12 13) 事 例 8~15と 関 連 する 過 去 の 答 弁 [ 自 衛 艦 と 米 艦 が 極 めて 接 近 しているような 場 合 ] 武 力 攻 撃 に 当 たらない 武 器 の 使 用 といたしまして 自 己 等 や 武 器 等 の 防 護 のための 武 器 使 用 の 規 定 こ れはテロ 特 法 の 十 二 条 あるいは 自 衛 隊 法 の 九

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

1青森県防災ヘリコプター運航管理要綱

1青森県防災ヘリコプター運航管理要綱 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 十 五 日 法 律 第 二 百 三 十 一 号 ) E-1 航 空 法 ( 抜 粋 ) 最 終 改 正 : 平 成 二 六 年 六 月 一 三 日 法 律 第 七 〇 号 (この 法 律 の 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 国 際 民 間 航 空 条 約 の 規 定 並 びに 同 条 約 の 附 属 書 として 採 択 された 標 準 方 式 及 び 手

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information