Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)"

Transcription

1 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保 障 及 び 防 衛 協 力 は 次 の 事 項 を 強 調 する 切 れ 目 のない 力 強 い 柔 軟 かつ 実 効 的 な 日 米 共 同 の 対 応 日 米 両 政 府 の 国 家 安 全 保 障 政 策 間 の 相 乗 効 果 政 府 一 体 となっての 同 盟 としての 取 組 地 域 の 及 び 他 のパートナー 並 びに 国 際 機 関 との 協 力 日 米 同 盟 のグローバルな 性 質 日 米 両 政 府 は 日 米 同 盟 を 継 続 的 に 強 化 する 各 政 府 は その 国 家 安 全 保 障 政 策 に 基 づ き 各 自 の 防 衛 態 勢 を 維 持 する 日 本 は 国 家 安 全 保 障 戦 略 及 び 防 衛 計 画 の 大 綱 に 基 づき 防 衛 力 を 保 持 する 米 国 は 引 き 続 き その 核 戦 力 を 含 むあらゆる 種 類 の 能 力 を 通 じ 日 本 に 対 して 拡 大 抑 止 を 提 供 する 米 国 はまた 引 き 続 き アジア 太 平 洋 地 域 にお いて 即 応 態 勢 にある 戦 力 を 前 方 展 開 するとともに それらの 戦 力 を 迅 速 に 増 強 する 能 力 を 維 持 する 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 ( 以 下 指 針 という )は 二 国 間 の 安 全 保 障 及 び 防 衛 協 力 の 実 効 性 を 向 上 させるため 日 米 両 国 の 役 割 及 び 任 務 並 びに 協 力 及 び 調 整 の 在 り 方 につ いての 一 般 的 な 大 枠 及 び 政 策 的 な 方 向 性 を 示 す これにより 指 針 は 平 和 及 び 安 全 を 促 進 し 紛 争 を 抑 止 し 経 済 的 な 繁 栄 の 基 盤 を 確 実 なものとし 日 米 同 盟 の 重 要 性 について の 国 内 外 の 理 解 を 促 進 する Ⅱ. 基 本 的 な 前 提 及 び 考 え 方 指 針 並 びにその 下 での 行 動 及 び 活 動 は 次 の 基 本 的 な 前 提 及 び 考 え 方 に 従 う A. 日 本 国 とアメリカ 合 衆 国 との 間 の 相 互 協 力 及 び 安 全 保 障 条 約 ( 日 米 安 全 保 障 条 約 ) 及 びその 関 連 取 極 に 基 づく 権 利 及 び 義 務 並 びに 日 米 同 盟 関 係 の 基 本 的 な 枠 組 みは 変 更 さ れない 1

2 B. 日 本 及 び 米 国 により 指 針 の 下 で 行 われる 全 ての 行 動 及 び 活 動 は 紛 争 の 平 和 的 解 決 及 び 国 家 の 主 権 平 等 に 関 するものその 他 の 国 際 連 合 憲 章 の 規 定 並 びにその 他 の 関 連 する 国 際 約 束 を 含 む 国 際 法 に 合 致 するものである C. 日 本 及 び 米 国 により 行 われる 全 ての 行 動 及 び 活 動 は 各 々の 憲 法 及 びその 時 々におい て 適 用 のある 国 内 法 令 並 びに 国 家 安 全 保 障 政 策 の 基 本 的 な 方 針 に 従 って 行 われる 日 本 の 行 動 及 び 活 動 は 専 守 防 衛 非 核 三 原 則 等 の 日 本 の 基 本 的 な 方 針 に 従 って 行 われる D. 指 針 は いずれの 政 府 にも 立 法 上 予 算 上 行 政 上 又 はその 他 の 措 置 をとることを 義 務 付 けるものではなく また 指 針 は いずれの 政 府 にも 法 的 権 利 又 は 義 務 を 生 じさせ るものではない しかしながら 二 国 間 協 力 のための 実 効 的 な 態 勢 の 構 築 が 指 針 の 目 標 であることから 日 米 両 政 府 が 各 々の 判 断 に 従 い このような 努 力 の 結 果 を 各 々の 具 体 的 な 政 策 及 び 措 置 に 適 切 な 形 で 反 映 することが 期 待 される Ⅲ. 強 化 された 同 盟 内 の 調 整 指 針 の 下 での 実 効 的 な 二 国 間 協 力 のため 平 時 から 緊 急 事 態 まで 日 米 両 政 府 が 緊 密 な 協 議 並 びに 政 策 面 及 び 運 用 面 の 的 確 な 調 整 を 行 うことが 必 要 となる 二 国 間 の 安 全 保 障 及 び 防 衛 協 力 の 成 功 を 確 かなものとするため 日 米 両 政 府 は 十 分 な 情 報 を 得 て 様 々なレベルにおいて 調 整 を 行 うことが 必 要 となる この 目 標 に 向 かって 日 米 両 政 府 は 情 報 共 有 を 強 化 し 切 れ 目 のない 実 効 的 な 全 ての 関 係 機 関 を 含 む 政 府 全 体 にわたる 同 盟 内 の 調 整 を 確 保 するため あらゆる 経 路 を 活 用 する この 目 的 のため 日 米 両 政 府 は 新 たな 平 時 から 利 用 可 能 な 同 盟 調 整 メカニズムを 設 置 し 運 用 面 の 調 整 を 強 化 し 共 同 計 画 の 策 定 を 強 化 する A. 同 盟 調 整 メカニズム 持 続 する 及 び 発 生 する 脅 威 は 日 米 両 国 の 平 和 及 び 安 全 に 対 し 深 刻 かつ 即 時 の 影 響 を 与 え 得 る 日 米 両 政 府 は 日 本 の 平 和 及 び 安 全 に 影 響 を 与 える 状 況 その 他 の 同 盟 としての 対 応 を 必 要 とする 可 能 性 があるあらゆる 状 況 に 切 れ 目 のない 形 で 実 効 的 に 対 処 するため 同 盟 調 整 メカニズムを 活 用 する このメカニズムは 平 時 から 緊 急 事 態 までのあらゆる 段 階 において 自 衛 隊 及 び 米 軍 により 実 施 される 活 動 に 関 連 した 政 策 面 及 び 運 用 面 の 調 整 を 強 化 する このメカニズムはまた 適 時 の 情 報 共 有 並 びに 共 通 の 情 勢 認 識 の 構 築 及 び 維 持 に 寄 与 する 日 米 両 政 府 は 実 効 的 な 調 整 を 確 保 するため 必 要 な 手 順 及 び 基 盤 ( 施 設 及 び 情 報 通 信 システムを 含 む )を 確 立 するとともに 定 期 的 な 訓 練 演 習 を 実 施 する 2

3 日 米 両 政 府 は 同 盟 調 整 メカニズムにおける 調 整 の 手 順 及 び 参 加 機 関 の 構 成 の 詳 細 を 状 況 に 応 じたものとする この 手 順 の 一 環 として 平 時 から 連 絡 窓 口 に 係 る 情 報 が 共 有 さ れ 及 び 保 持 される B. 強 化 された 運 用 面 の 調 整 柔 軟 かつ 即 応 性 のある 指 揮 統 制 のための 強 化 された 二 国 間 の 運 用 面 の 調 整 は 日 米 両 国 にとって 決 定 的 に 重 要 な 中 核 的 能 力 である この 文 脈 において 日 米 両 政 府 は 自 衛 隊 と 米 軍 との 間 の 協 力 を 強 化 するため 運 用 面 の 調 整 機 能 が 併 置 されることが 引 き 続 き 重 要 であることを 認 識 する 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 緊 密 な 情 報 共 有 を 確 保 し 平 時 から 緊 急 事 態 までの 調 整 を 円 滑 にし 及 び 国 際 的 な 活 動 を 支 援 するため 要 員 の 交 換 を 行 う 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 緊 密 に 協 力 し 及 び 調 整 しつつ 各 々の 指 揮 系 統 を 通 じて 行 動 する C. 共 同 計 画 の 策 定 日 米 両 政 府 は 自 衛 隊 及 び 米 軍 による 整 合 のとれた 運 用 を 円 滑 かつ 実 効 的 に 行 うことを 確 保 するため 引 き 続 き 共 同 計 画 を 策 定 し 及 び 更 新 する 日 米 両 政 府 は 計 画 の 実 効 性 及 び 柔 軟 適 時 かつ 適 切 な 対 処 能 力 を 確 保 するため 適 切 な 場 合 に 運 用 面 及 び 後 方 支 援 面 の 所 要 並 びにこれを 満 たす 方 策 をあらかじめ 特 定 することを 含 め 関 連 情 報 を 交 換 する 日 米 両 政 府 は 平 時 において 日 本 の 平 和 及 び 安 全 に 関 連 する 緊 急 事 態 について 各 々 の 政 府 の 関 係 機 関 を 含 む 改 良 された 共 同 計 画 策 定 メカニズムを 通 じ 共 同 計 画 の 策 定 を 行 う 共 同 計 画 は 適 切 な 場 合 に 関 係 機 関 からの 情 報 を 得 つつ 策 定 される 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 は 引 き 続 き 方 向 性 の 提 示 このメカニズムの 下 での 計 画 の 策 定 に 係 る 進 捗 の 確 認 及 び 必 要 に 応 じた 指 示 の 発 出 について 責 任 を 有 する 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 は 適 切 な 下 部 組 織 により 補 佐 される 共 同 計 画 は 日 米 両 政 府 双 方 の 計 画 に 適 切 に 反 映 される Ⅳ. 日 本 の 平 和 及 び 安 全 の 切 れ 目 のない 確 保 持 続 する 及 び 発 生 する 脅 威 は 日 本 の 平 和 及 び 安 全 に 対 し 深 刻 かつ 即 時 の 影 響 を 与 え 得 る この 複 雑 さを 増 す 安 全 保 障 環 境 において 日 米 両 政 府 は 日 本 に 対 する 武 力 攻 撃 を 伴 わない 時 の 状 況 を 含 め 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 段 階 においても 切 れ 目 のな い 形 で 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するための 措 置 をとる この 文 脈 において 日 米 両 政 府 はまた パートナーとの 更 なる 協 力 を 推 進 する 3

4 日 米 両 政 府 は これらの 措 置 が 各 状 況 に 応 じた 柔 軟 適 時 かつ 実 効 的 な 二 国 間 の 調 整 に 基 づいてとられる 必 要 があること 及 び 同 盟 としての 適 切 な 対 応 のためには 省 庁 間 調 整 が 不 可 欠 であることを 認 識 する したがって 日 米 両 政 府 は 適 切 な 場 合 に 次 の 目 的 の ために 政 府 全 体 にわたる 同 盟 調 整 メカニズムを 活 用 する 状 況 を 評 価 すること 情 報 を 共 有 すること 及 び 柔 軟 に 選 択 される 抑 止 措 置 及 び 事 態 の 緩 和 を 目 的 とした 行 動 を 含 む 同 盟 としての 適 切 な 対 応 を 実 施 するための 方 法 を 立 案 すること 日 米 両 政 府 はまた これらの 二 国 間 の 取 組 を 支 えるため 日 本 の 平 和 及 び 安 全 に 影 響 を 与 える 可 能 性 がある 事 項 に 関 する 適 切 な 経 路 を 通 じた 戦 略 的 な 情 報 発 信 を 調 整 する A. 平 時 からの 協 力 措 置 日 米 両 政 府 は 日 本 の 平 和 及 び 安 全 の 維 持 を 確 保 するため 日 米 同 盟 の 抑 止 力 及 び 能 力 を 強 化 するための 外 交 努 力 によるものを 含 む 広 範 な 分 野 にわたる 協 力 を 推 進 する 自 衛 隊 及 び 米 軍 は あらゆるあり 得 べき 状 況 に 備 えるため 相 互 運 用 性 即 応 性 及 び 警 戒 態 勢 を 強 化 する このため 日 米 両 政 府 は 次 のものを 含 むが これに 限 られない 措 置 をとる 1. 情 報 収 集 警 戒 監 視 及 び 偵 察 日 米 両 政 府 は 日 本 の 平 和 及 び 安 全 に 対 する 脅 威 のあらゆる 兆 候 を 極 力 早 期 に 特 定 し 並 びに 情 報 収 集 及 び 分 析 における 決 定 的 な 優 越 を 確 保 するため 共 通 の 情 勢 認 識 を 構 築 し 及 び 維 持 しつつ 情 報 を 共 有 し 及 び 保 護 する これには 関 係 機 関 間 の 調 整 及 び 協 力 の 強 化 を 含 む 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 各 々のアセットの 能 力 及 び 利 用 可 能 性 に 応 じ 情 報 収 集 警 戒 監 視 及 び 偵 察 (ISR) 活 動 を 行 う これには 日 本 の 平 和 及 び 安 全 に 影 響 を 与 え 得 る 状 況 の 推 移 を 常 続 的 に 監 視 することを 確 保 するため 相 互 に 支 援 する 形 で 共 同 のISR 活 動 を 行 うことを 含 む 2. 防 空 及 びミサイル 防 衛 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 弾 道 ミサイル 発 射 及 び 経 空 の 侵 入 に 対 する 抑 止 及 び 防 衛 態 勢 を 維 持 し 及 び 強 化 する 日 米 両 政 府 は 早 期 警 戒 能 力 相 互 運 用 性 ネットワーク 化 による 監 視 範 囲 及 びリアルタイムの 情 報 交 換 を 拡 大 するため 並 びに 弾 道 ミサイル 対 処 能 力 の 4

5 総 合 的 な 向 上 を 図 るため 協 力 する さらに 日 米 両 政 府 は 引 き 続 き 挑 発 的 なミサ イル 発 射 及 びその 他 の 航 空 活 動 に 対 処 するに 当 たり 緊 密 に 調 整 する 3. 海 洋 安 全 保 障 日 米 両 政 府 は 航 行 の 自 由 を 含 む 国 際 法 に 基 づく 海 洋 秩 序 を 維 持 するための 措 置 に 関 し 相 互 に 緊 密 に 協 力 する 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 必 要 に 応 じて 関 係 機 関 との 調 整 による ものを 含 め 海 洋 監 視 情 報 の 共 有 を 更 に 構 築 し 及 び 強 化 しつつ 適 切 な 場 合 に ISR 及 び 訓 練 演 習 を 通 じた 海 洋 における 日 米 両 国 のプレゼンスの 維 持 及 び 強 化 等 の 様 々な 取 組 において 協 力 する 4.アセット( 装 備 品 等 )の 防 護 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 訓 練 演 習 中 を 含 め 連 携 して 日 本 の 防 衛 に 資 する 活 動 に 現 に 従 事 している 場 合 であって 適 切 なときは 各 々のアセット( 装 備 品 等 )を 相 互 に 防 護 する 5. 訓 練 演 習 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 相 互 運 用 性 持 続 性 及 び 即 応 性 を 強 化 するため 日 本 国 内 外 双 方 において 実 効 的 な 二 国 間 及 び 多 国 間 の 訓 練 演 習 を 実 施 する 適 時 かつ 実 践 的 な 訓 練 演 習 は 抑 止 を 強 化 する 日 米 両 政 府 は これらの 活 動 を 支 えるため 訓 練 場 施 設 及 び 関 連 装 備 品 が 利 用 可 能 アクセス 可 能 かつ 現 代 的 なものであることを 確 保 するために 協 力 する 6. 後 方 支 援 日 本 及 び 米 国 は いかなる 段 階 においても 各 々 自 衛 隊 及 び 米 軍 に 対 する 後 方 支 援 の 実 施 を 主 体 的 に 行 う 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 日 本 国 の 自 衛 隊 とアメリカ 合 衆 国 軍 隊 との 間 における 後 方 支 援 物 品 又 は 役 務 の 相 互 の 提 供 に 関 する 日 本 国 政 府 とアメリカ 合 衆 国 政 府 との 間 の 協 定 ( 日 米 物 品 役 務 相 互 提 供 協 定 ) 及 びその 関 連 取 決 めに 規 定 する 活 動 につ いて 適 切 な 場 合 に 補 給 整 備 輸 送 施 設 及 び 衛 生 を 含 むが これらに 限 らない 後 方 支 援 を 相 互 に 行 う 7. 施 設 の 使 用 日 米 両 政 府 は 自 衛 隊 及 び 米 軍 の 相 互 運 用 性 を 拡 大 し 並 びに 柔 軟 性 及 び 抗 たん 性 を 向 上 させるため 施 設 区 域 の 共 同 使 用 を 強 化 し 施 設 区 域 の 安 全 の 確 保 に 当 たって 協 力 する 日 米 両 政 府 はまた 緊 急 事 態 へ 備 えることの 重 要 性 を 認 識 し 適 切 な 場 合 に 民 間 の 空 港 及 び 港 湾 を 含 む 施 設 の 実 地 調 査 の 実 施 に 当 たって 協 力 する 5

6 B. 日 本 の 平 和 及 び 安 全 に 対 して 発 生 する 脅 威 への 対 処 同 盟 は 日 本 の 平 和 及 び 安 全 に 重 要 な 影 響 を 与 える 事 態 に 対 処 する 当 該 事 態 について は 地 理 的 に 定 めることはできない この 節 に 示 す 措 置 は 当 該 事 態 にいまだ 至 ってない 状 況 において 両 国 の 各 々の 国 内 法 令 に 従 ってとり 得 るものを 含 む 早 期 の 状 況 把 握 及 び 二 国 間 の 行 動 に 関 する 状 況 に 合 わせた 断 固 たる 意 思 決 定 は 当 該 事 態 の 抑 止 及 び 緩 和 に 寄 与 する 日 米 両 政 府 は 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため 平 時 からの 協 力 的 措 置 を 継 続 する ことに 加 え 外 交 努 力 を 含 むあらゆる 手 段 を 追 求 する 日 米 両 政 府 は 同 盟 調 整 メカニズ ムを 活 用 しつつ 各 々の 決 定 により 次 に 掲 げるものを 含 むが これらに 限 らない 追 加 的 措 置 をとる 1. 非 戦 闘 員 を 退 避 させるための 活 動 日 本 国 民 又 は 米 国 国 民 である 非 戦 闘 員 を 第 三 国 から 安 全 な 地 域 に 退 避 させる 必 要 が ある 場 合 各 政 府 は 自 国 民 の 退 避 及 び 現 地 当 局 との 関 係 の 処 理 について 責 任 を 有 する 日 米 両 政 府 は 適 切 な 場 合 に 日 本 国 民 又 は 米 国 国 民 である 非 戦 闘 員 の 退 避 を 計 画 する に 当 たり 調 整 し 及 び 当 該 非 戦 闘 員 の 退 避 の 実 施 に 当 たって 協 力 する これらの 退 避 活 動 は 輸 送 手 段 施 設 等 の 各 国 の 能 力 を 相 互 補 完 的 に 使 用 して 実 施 される 日 米 両 政 府 は 各 々 第 三 国 の 非 戦 闘 員 に 対 して 退 避 に 係 る 援 助 を 行 うことを 検 討 することができる 日 米 両 政 府 は 退 避 者 の 安 全 輸 送 手 段 及 び 施 設 通 関 出 入 国 管 理 及 び 検 疫 安 全 な 地 域 衛 生 等 の 分 野 において 協 力 を 実 施 するため 適 切 な 場 合 に 同 盟 調 整 メカニズ ムを 通 じ 初 期 段 階 からの 調 整 を 行 う 日 米 両 政 府 は 適 切 な 場 合 に 訓 練 演 習 の 実 施 によるものを 含 め 非 戦 闘 員 を 退 避 させるための 活 動 における 調 整 を 平 時 から 強 化 する 2. 海 洋 安 全 保 障 日 米 両 政 府 は 各 々の 能 力 を 考 慮 しつつ 海 洋 安 全 保 障 を 強 化 するため 緊 密 に 協 力 する 協 力 的 措 置 には 情 報 共 有 及 び 国 際 連 合 安 全 保 障 理 事 会 決 議 その 他 の 国 際 法 上 の 根 拠 に 基 づく 船 舶 の 検 査 を 含 み 得 るが これらに 限 らない 3. 避 難 民 への 対 応 のための 措 置 日 米 両 政 府 は 日 本 への 避 難 民 の 流 入 が 発 生 するおそれがある 又 は 実 際 に 始 まるよう な 状 況 に 至 る 場 合 には 国 際 法 上 の 関 係 する 義 務 に 従 った 人 道 的 な 方 法 で 避 難 民 を 扱 い つつ 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 維 持 するために 協 力 する 当 該 避 難 民 への 対 応 については 日 本 が 主 体 的 に 実 施 する 米 国 は 日 本 からの 要 請 に 基 づき 適 切 な 支 援 を 行 う 6

7 4. 捜 索 救 難 日 米 両 政 府 は 適 切 な 場 合 に 捜 索 救 難 活 動 において 協 力 し 及 び 相 互 に 支 援 する 自 衛 隊 は 日 本 の 国 内 法 令 に 従 い 適 切 な 場 合 に 関 係 機 関 と 協 力 しつつ 米 国 による 戦 闘 捜 索 救 難 活 動 に 対 して 支 援 を 行 う 5. 施 設 区 域 の 警 護 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 各 々の 施 設 区 域 を 関 係 当 局 と 協 力 して 警 護 する 責 任 を 有 する 日 本 は 米 国 からの 要 請 に 基 づき 米 軍 と 緊 密 に 協 力 し 及 び 調 整 しつつ 日 本 国 内 の 施 設 区 域 の 追 加 的 な 警 護 を 実 施 する 6. 後 方 支 援 日 米 両 政 府 は 実 効 的 かつ 効 率 的 な 活 動 を 可 能 とするため 適 切 な 場 合 に 相 互 の 後 方 支 援 ( 補 給 整 備 輸 送 施 設 及 び 衛 生 を 含 むが これらに 限 らない )を 強 化 する これらには 運 用 面 及 び 後 方 支 援 面 の 所 要 の 迅 速 な 確 認 並 びにこれを 満 たす 方 策 の 実 施 を 含 む 日 本 政 府 は 中 央 政 府 及 び 地 方 公 共 団 体 の 機 関 が 有 する 権 限 及 び 能 力 並 びに 民 間 が 有 する 能 力 を 適 切 に 活 用 する 日 本 政 府 は 自 国 の 国 内 法 令 に 従 い 適 切 な 場 合 に 後 方 支 援 及 び 関 連 支 援 を 行 う 7. 施 設 の 使 用 日 本 政 府 は 日 米 安 全 保 障 条 約 及 びその 関 連 取 極 に 従 い 必 要 に 応 じて 民 間 の 空 港 及 び 港 湾 を 含 む 施 設 を 一 時 的 な 使 用 に 供 する 日 米 両 政 府 は 施 設 区 域 の 共 同 使 用 に おける 協 力 を 強 化 する C. 日 本 に 対 する 武 力 攻 撃 への 対 処 行 動 日 本 に 対 する 武 力 攻 撃 への 共 同 対 処 行 動 は 引 き 続 き 日 米 間 の 安 全 保 障 及 び 防 衛 協 力 の 中 核 的 要 素 である 日 本 に 対 する 武 力 攻 撃 が 予 測 される 場 合 日 米 両 政 府 は 日 本 の 防 衛 のために 必 要 な 準 備 を 行 いつつ 武 力 攻 撃 を 抑 止 し 及 び 事 態 を 緩 和 するための 措 置 をとる 日 本 に 対 する 武 力 攻 撃 が 発 生 した 場 合 日 米 両 政 府 は 極 力 早 期 にこれを 排 除 し 及 び 更 なる 攻 撃 を 抑 止 するため 適 切 な 共 同 対 処 行 動 を 実 施 する 日 米 両 政 府 はまた 第 Ⅳ 章 に 掲 げるものを 含 む 必 要 な 措 置 をとる 7

8 1. 日 本 に 対 する 武 力 攻 撃 が 予 測 される 場 合 日 本 に 対 する 武 力 攻 撃 が 予 測 される 場 合 日 米 両 政 府 は 攻 撃 を 抑 止 し 及 び 事 態 を 緩 和 するため 包 括 的 かつ 強 固 な 政 府 一 体 となっての 取 組 を 通 じ 情 報 共 有 及 び 政 策 面 の 協 議 を 強 化 し 外 交 努 力 を 含 むあらゆる 手 段 を 追 求 する 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 必 要 な 部 隊 展 開 の 実 施 を 含 め 共 同 作 戦 のための 適 切 な 態 勢 をと る 日 本 は 米 軍 の 部 隊 展 開 を 支 援 するための 基 盤 を 確 立 し 及 び 維 持 する 日 米 両 政 府 による 準 備 には 施 設 区 域 の 共 同 使 用 補 給 整 備 輸 送 施 設 及 び 衛 生 を 含 むが これらに 限 らない 相 互 の 後 方 支 援 及 び 日 本 国 内 の 米 国 の 施 設 区 域 の 警 護 の 強 化 を 含 み 得 る 2. 日 本 に 対 する 武 力 攻 撃 が 発 生 した 場 合 a. 整 合 のとれた 対 処 行 動 のための 基 本 的 考 え 方 外 交 努 力 及 び 抑 止 にもかかわらず 日 本 に 対 する 武 力 攻 撃 が 発 生 した 場 合 日 米 両 国 は 迅 速 に 武 力 攻 撃 を 排 除 し 及 び 更 なる 攻 撃 を 抑 止 するために 協 力 し 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 回 復 する 当 該 整 合 のとれた 行 動 は この 地 域 の 平 和 及 び 安 全 の 回 復 に 寄 与 する 日 本 は 日 本 の 国 民 及 び 領 域 の 防 衛 を 引 き 続 き 主 体 的 に 実 施 し 日 本 に 対 する 武 力 攻 撃 を 極 力 早 期 に 排 除 するため 直 ちに 行 動 する 自 衛 隊 は 日 本 及 びその 周 辺 海 空 域 並 び に 海 空 域 の 接 近 経 路 における 防 勢 作 戦 を 主 体 的 に 実 施 する 米 国 は 日 本 と 緊 密 に 調 整 し 適 切 な 支 援 を 行 う 米 軍 は 日 本 を 防 衛 するため 自 衛 隊 を 支 援 し 及 び 補 完 する 米 国 は 日 本 の 防 衛 を 支 援 し 並 びに 平 和 及 び 安 全 を 回 復 するような 方 法 で この 地 域 の 環 境 を 形 成 するための 行 動 をとる 日 米 両 政 府 は 日 本 を 防 衛 するためには 国 力 の 全 ての 手 段 が 必 要 となることを 認 識 し 同 盟 調 整 メカニズムを 通 じて 行 動 を 調 整 するため 各 々の 指 揮 系 統 を 活 用 しつつ 各 々 政 府 一 体 となっての 取 組 を 進 める 米 国 は 日 本 に 駐 留 する 兵 力 を 含 む 前 方 展 開 兵 力 を 運 用 し 所 要 に 応 じその 他 のあら ゆる 地 域 からの 増 援 兵 力 を 投 入 する 日 本 は これらの 部 隊 展 開 を 円 滑 にするために 必 要 な 基 盤 を 確 立 し 及 び 維 持 する 日 米 両 政 府 は 日 本 に 対 する 武 力 攻 撃 への 対 処 において 各 々 米 軍 又 は 自 衛 隊 及 びそ の 施 設 を 防 護 するための 適 切 な 行 動 をとる 8

9 b. 作 戦 構 想 ⅰ. 空 域 を 防 衛 するための 作 戦 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 日 本 の 上 空 及 び 周 辺 空 域 を 防 衛 するため 共 同 作 戦 を 実 施 する 自 衛 隊 は 航 空 優 勢 を 確 保 しつつ 防 空 作 戦 を 主 体 的 に 実 施 する このため 自 衛 隊 は 航 空 機 及 び 巡 航 ミサイルによる 攻 撃 に 対 する 防 衛 を 含 むが これに 限 られない 必 要 な 行 動 をとる 米 軍 は 自 衛 隊 の 作 戦 を 支 援 し 及 び 補 完 するための 作 戦 を 実 施 する ⅱ. 弾 道 ミサイル 攻 撃 に 対 処 するための 作 戦 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 日 本 に 対 する 弾 道 ミサイル 攻 撃 に 対 処 するため 共 同 作 戦 を 実 施 する 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 弾 道 ミサイル 発 射 を 早 期 に 探 知 するため リアルタイムの 情 報 交 換 を 行 う 弾 道 ミサイル 攻 撃 の 兆 候 がある 場 合 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 日 本 に 向 けられた 弾 道 ミサイル 攻 撃 に 対 して 防 衛 し 弾 道 ミサイル 防 衛 作 戦 に 従 事 する 部 隊 を 防 護 するた めの 実 効 的 な 態 勢 を 維 持 する 自 衛 隊 は 日 本 を 防 衛 するため 弾 道 ミサイル 防 衛 作 戦 を 主 体 的 に 実 施 する 米 軍 は 自 衛 隊 の 作 戦 を 支 援 し 及 び 補 完 するための 作 戦 を 実 施 する ⅲ. 海 域 を 防 衛 するための 作 戦 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 日 本 の 周 辺 海 域 を 防 衛 し 及 び 海 上 交 通 の 安 全 を 確 保 するため 共 同 作 戦 を 実 施 する 自 衛 隊 は 日 本 における 主 要 な 港 湾 及 び 海 峡 の 防 備 日 本 周 辺 海 域 における 艦 船 の 防 護 並 びにその 他 の 関 連 する 作 戦 を 主 体 的 に 実 施 する このため 自 衛 隊 は 沿 岸 防 衛 対 水 上 戦 対 潜 戦 機 雷 戦 対 空 戦 及 び 航 空 阻 止 を 含 むが これに 限 られない 必 要 な 行 動 をとる 米 軍 は 自 衛 隊 の 作 戦 を 支 援 し 及 び 補 完 するための 作 戦 を 実 施 する 9

10 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 当 該 武 力 攻 撃 に 関 与 している 敵 に 支 援 を 行 う 船 舶 活 動 の 阻 止 にお いて 協 力 する こうした 活 動 の 実 効 性 は 関 係 機 関 間 の 情 報 共 有 その 他 の 形 態 の 協 力 を 通 じて 強 化 さ れる ⅳ. 陸 上 攻 撃 に 対 処 するための 作 戦 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 日 本 に 対 する 陸 上 攻 撃 に 対 処 するため 陸 海 空 又 は 水 陸 両 用 部 隊 を 用 いて 共 同 作 戦 を 実 施 する 自 衛 隊 は 島 嶼 に 対 するものを 含 む 陸 上 攻 撃 を 阻 止 し 排 除 するための 作 戦 を 主 体 的 に 実 施 する 必 要 が 生 じた 場 合 自 衛 隊 は 島 嶼 を 奪 回 するための 作 戦 を 実 施 する この ため 自 衛 隊 は 着 上 陸 侵 攻 を 阻 止 し 排 除 するための 作 戦 水 陸 両 用 作 戦 及 び 迅 速 な 部 隊 展 開 を 含 むが これに 限 られない 必 要 な 行 動 をとる 自 衛 隊 はまた 関 係 機 関 と 協 力 しつつ 潜 入 を 伴 うものを 含 め 日 本 における 特 殊 作 戦 部 隊 による 攻 撃 等 の 不 正 規 型 の 攻 撃 を 主 体 的 に 撃 破 する 米 軍 は 自 衛 隊 の 作 戦 を 支 援 し 及 び 補 完 するための 作 戦 を 実 施 する ⅴ. 領 域 横 断 的 な 作 戦 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 日 本 に 対 する 武 力 攻 撃 を 排 除 し 及 び 更 なる 攻 撃 を 抑 止 するため 領 域 横 断 的 な 共 同 作 戦 を 実 施 する これらの 作 戦 は 複 数 の 領 域 を 横 断 して 同 時 に 効 果 を 達 成 することを 目 的 とする 領 域 横 断 的 な 協 力 の 例 には 次 に 示 す 行 動 を 含 む 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 適 切 な 場 合 に 関 係 機 関 と 協 力 しつつ 各 々のISR 態 勢 を 強 化 し 情 報 共 有 を 促 進 し 及 び 各 々のISRアセットを 防 護 する 米 軍 は 自 衛 隊 を 支 援 し 及 び 補 完 するため 打 撃 力 の 使 用 を 伴 う 作 戦 を 実 施 すること ができる 米 軍 がそのような 作 戦 を 実 施 する 場 合 自 衛 隊 は 必 要 に 応 じ 支 援 を 行 う ことができる これらの 作 戦 は 適 切 な 場 合 に 緊 密 な 二 国 間 調 整 に 基 づいて 実 施 され る 日 米 両 政 府 は 第 Ⅵ 章 に 示 す 二 国 間 協 力 に 従 い 宇 宙 及 びサイバー 空 間 における 脅 威 に 対 処 するために 協 力 する 10

11 自 衛 隊 及 び 米 軍 の 特 殊 作 戦 部 隊 は 作 戦 実 施 中 適 切 に 協 力 する c. 作 戦 支 援 活 動 日 米 両 政 府 は 共 同 作 戦 を 支 援 するため 次 の 活 動 において 協 力 する ⅰ. 通 信 電 子 活 動 日 米 両 政 府 は 適 切 な 場 合 に 通 信 電 子 能 力 の 効 果 的 な 活 用 を 確 保 するため 相 互 に 支 援 する 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 共 通 の 状 況 認 識 の 下 での 共 同 作 戦 のため 自 衛 隊 と 米 軍 との 間 の 効 果 的 な 通 信 を 確 保 し 共 通 作 戦 状 況 図 を 維 持 する ⅱ. 捜 索 救 難 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 適 切 な 場 合 に 関 係 機 関 と 協 力 しつつ 戦 闘 捜 索 救 難 活 動 を 含 む 捜 索 救 難 活 動 において 協 力 し 及 び 相 互 に 支 援 する ⅲ. 後 方 支 援 作 戦 上 各 々の 後 方 支 援 能 力 の 補 完 が 必 要 となる 場 合 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 各 々の 能 力 及 び 利 用 可 能 性 に 基 づき 柔 軟 かつ 適 時 の 後 方 支 援 を 相 互 に 行 う 日 米 両 政 府 は 支 援 を 行 うため 中 央 政 府 及 び 地 方 公 共 団 体 の 機 関 が 有 する 権 限 及 び 能 力 並 びに 民 間 が 有 する 能 力 を 適 切 に 活 用 する iv. 施 設 の 使 用 日 本 政 府 は 必 要 に 応 じ 日 米 安 全 保 障 条 約 及 びその 関 連 取 極 に 従 い 施 設 の 追 加 提 供 を 行 う 日 米 両 政 府 は 施 設 区 域 の 共 同 使 用 における 協 力 を 強 化 する v.cbrn( 化 学 生 物 放 射 線 核 ) 防 護 日 本 政 府 は 日 本 国 内 でのCBRN 事 案 及 び 攻 撃 に 引 き 続 き 主 体 的 に 対 処 する 米 国 は 日 本 における 米 軍 の 任 務 遂 行 能 力 を 主 体 的 に 維 持 し 回 復 する 日 本 からの 要 請 に 基 づき 米 国 は 日 本 の 防 護 を 確 実 にするため CBRN 事 案 及 び 攻 撃 の 予 防 並 びに 対 処 関 連 活 動 において 適 切 に 日 本 を 支 援 する 11

12 D. 日 本 以 外 の 国 に 対 する 武 力 攻 撃 への 対 処 行 動 日 米 両 国 が 各 々 米 国 又 は 第 三 国 に 対 する 武 力 攻 撃 に 対 処 するため 主 権 の 十 分 な 尊 重 を 含 む 国 際 法 並 びに 各 々の 憲 法 及 び 国 内 法 に 従 い 武 力 の 行 使 を 伴 う 行 動 をとることを 決 定 する 場 合 であって 日 本 が 武 力 攻 撃 を 受 けるに 至 っていないとき 日 米 両 国 は 当 該 武 力 攻 撃 への 対 処 及 び 更 なる 攻 撃 の 抑 止 において 緊 密 に 協 力 する 共 同 対 処 は 政 府 全 体 にわたる 同 盟 調 整 メカニズムを 通 じて 調 整 される 日 米 両 国 は 当 該 武 力 攻 撃 への 対 処 行 動 をとっている 他 国 と 適 切 に 協 力 する 自 衛 隊 は 日 本 と 密 接 な 関 係 にある 他 国 に 対 する 武 力 攻 撃 が 発 生 し これにより 日 本 の 存 立 が 脅 かされ 国 民 の 生 命 自 由 及 び 幸 福 追 求 の 権 利 が 根 底 から 覆 される 明 白 な 危 険 が ある 事 態 に 対 処 し 日 本 の 存 立 を 全 うし 日 本 国 民 を 守 るため 武 力 の 行 使 を 伴 う 適 切 な 作 戦 を 実 施 する 協 力 して 行 う 作 戦 の 例 は 次 に 概 要 を 示 すとおりである 1.アセットの 防 護 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 適 切 な 場 合 に アセットの 防 護 において 協 力 する 当 該 協 力 には 非 戦 闘 員 の 退 避 のための 活 動 又 は 弾 道 ミサイル 防 衛 等 の 作 戦 に 従 事 しているアセット の 防 護 を 含 むが これに 限 らない 2. 捜 索 救 難 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 適 切 な 場 合 に 関 係 機 関 と 協 力 しつつ 戦 闘 捜 索 救 難 活 動 を 含 む 捜 索 救 難 活 動 において 協 力 し 及 び 支 援 を 行 う 3. 海 上 作 戦 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 適 切 な 場 合 に 海 上 交 通 の 安 全 を 確 保 することを 目 的 とするもの を 含 む 機 雷 掃 海 において 協 力 する 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 適 切 な 場 合 に 関 係 機 関 と 協 力 しつつ 艦 船 を 防 護 するための 護 衛 作 戦 において 協 力 する 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 適 切 な 場 合 に 関 係 機 関 と 協 力 しつつ 当 該 武 力 攻 撃 に 関 与 して いる 敵 に 支 援 を 行 う 船 舶 活 動 の 阻 止 において 協 力 する 12

13 4. 弾 道 ミサイル 攻 撃 に 対 処 するための 作 戦 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 各 々の 能 力 に 基 づき 適 切 な 場 合 に 弾 道 ミサイルの 迎 撃 におい て 協 力 する 日 米 両 政 府 は 弾 道 ミサイル 発 射 の 早 期 探 知 を 確 実 に 行 うため 情 報 交 換 を 行 う 5. 後 方 支 援 作 戦 上 各 々の 後 方 支 援 能 力 の 補 完 が 必 要 となる 場 合 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 各 々の 能 力 及 び 利 用 可 能 性 に 基 づき 柔 軟 かつ 適 時 に 後 方 支 援 を 相 互 に 行 う 日 米 両 政 府 は 支 援 を 行 うため 中 央 政 府 及 び 地 方 公 共 団 体 の 機 関 が 有 する 権 限 及 び 能 力 並 びに 民 間 が 有 する 能 力 を 適 切 に 活 用 する E. 日 本 における 大 規 模 災 害 への 対 処 における 協 力 日 本 において 大 規 模 災 害 が 発 生 した 場 合 日 本 は 主 体 的 に 当 該 災 害 に 対 処 する 自 衛 隊 は 関 係 機 関 地 方 公 共 団 体 及 び 民 間 主 体 と 協 力 しつつ 災 害 救 援 活 動 を 実 施 する 日 本 における 大 規 模 災 害 からの 迅 速 な 復 旧 が 日 本 の 平 和 及 び 安 全 の 確 保 に 不 可 欠 であること 及 び 当 該 災 害 が 日 本 における 米 軍 の 活 動 に 影 響 を 与 える 可 能 性 があることを 認 識 し 米 国 は 自 国 の 基 準 に 従 い 日 本 の 活 動 に 対 する 適 切 な 支 援 を 行 う 当 該 支 援 には 捜 索 救 難 輸 送 補 給 衛 生 状 況 把 握 及 び 評 価 並 びにその 他 の 専 門 的 能 力 を 含 み 得 る 日 米 両 政 府 は 適 切 な 場 合 に 同 盟 調 整 メカニズムを 通 じて 活 動 を 調 整 する 日 米 両 政 府 は 日 本 における 人 道 支 援 災 害 救 援 活 動 に 際 しての 米 軍 による 協 力 の 実 効 性 を 高 めるため 情 報 共 有 によるものを 含 め 緊 密 に 協 力 する さらに 米 軍 は 災 害 関 連 訓 練 に 参 加 することができ これにより 大 規 模 災 害 への 対 処 に 当 たっての 相 互 理 解 が 深 まる V. 地 域 の 及 びグローバルな 平 和 と 安 全 のための 協 力 相 互 の 関 係 を 深 める 世 界 において 日 米 両 国 は アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 の 平 和 安 全 安 定 及 び 経 済 的 な 繁 栄 の 基 盤 を 提 供 するため パートナーと 協 力 しつつ 主 導 的 役 割 を 果 たす 半 世 紀 をはるかに 上 回 る 間 日 米 両 国 は 世 界 の 様 々な 地 域 におけ る 課 題 に 対 して 実 効 的 な 解 決 策 を 実 行 するため 協 力 してきた 日 米 両 政 府 の 各 々がアジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 の 平 和 及 び 安 全 のための 国 際 的 な 活 動 に 参 加 することを 決 定 する 場 合 自 衛 隊 及 び 米 軍 を 含 む 日 米 両 政 府 は 適 切 13

14 なときは 次 に 示 す 活 動 等 において 相 互 に 及 びパートナーと 緊 密 に 協 力 する この 協 力 はまた 日 米 両 国 の 平 和 及 び 安 全 に 寄 与 する A. 国 際 的 な 活 動 における 協 力 日 米 両 政 府 は 各 々の 判 断 に 基 づき 国 際 的 な 活 動 に 参 加 する 共 に 活 動 を 行 う 場 合 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 実 行 可 能 な 限 り 最 大 限 協 力 する 日 米 両 政 府 は 適 切 な 場 合 に 同 盟 調 整 メカニズムを 通 じ 当 該 活 動 の 調 整 を 行 うこと ができ また これらの 活 動 において 三 か 国 及 び 多 国 間 の 協 力 を 追 求 する 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 円 滑 かつ 実 効 的 な 協 力 のため 適 切 な 場 合 に 手 順 及 びベストプラクティスを 共 有 する 日 米 両 政 府 は 引 き 続 き この 指 針 に 必 ずしも 明 示 的 には 含 まれない 広 範 な 事 項 に ついて 協 力 する 一 方 で 地 域 的 及 び 国 際 的 な 活 動 における 日 米 両 政 府 による 一 般 的 な 協 力 分 野 は 次 のものを 含 む 1. 平 和 維 持 活 動 日 米 両 政 府 が 国 際 連 合 憲 章 に 従 って 国 際 連 合 により 権 限 を 与 えられた 平 和 維 持 活 動 に 参 加 する 場 合 日 米 両 政 府 は 適 切 なときは 自 衛 隊 と 米 軍 との 間 の 相 互 運 用 性 を 最 大 限 に 活 用 するため 緊 密 に 協 力 する 日 米 両 政 府 はまた 適 切 な 場 合 に 同 じ 任 務 に 従 事 する 国 際 連 合 その 他 の 要 員 に 対 する 後 方 支 援 の 提 供 及 び 保 護 において 協 力 するこ とができる 2. 国 際 的 な 人 道 支 援 災 害 救 援 日 米 両 政 府 が 大 規 模 な 人 道 災 害 及 び 自 然 災 害 の 発 生 を 受 けた 関 係 国 政 府 又 は 国 際 機 関 からの 要 請 に 応 じて 国 際 的 な 人 道 支 援 災 害 救 援 活 動 を 実 施 する 場 合 日 米 両 政 府 は 適 切 なときは 参 加 する 自 衛 隊 と 米 軍 との 間 の 相 互 運 用 性 を 最 大 限 に 活 用 しつつ 相 互 に 支 援 を 行 うため 緊 密 に 協 力 する 協 力 して 行 う 活 動 の 例 には 相 互 の 後 方 支 援 運 用 面 の 調 整 計 画 策 定 及 び 実 施 を 含 み 得 る 3. 海 洋 安 全 保 障 日 米 両 政 府 が 海 洋 安 全 保 障 のための 活 動 を 実 施 する 場 合 日 米 両 政 府 は 適 切 なとき は 緊 密 に 協 力 する 協 力 して 行 う 活 動 の 例 には 海 賊 対 処 機 雷 掃 海 等 の 安 全 な 海 上 交 通 のための 取 組 大 量 破 壊 兵 器 の 不 拡 散 のための 取 組 及 びテロ 対 策 活 動 のための 取 組 を 含 み 得 る 14

15 4.パートナーの 能 力 構 築 支 援 パートナーとの 積 極 的 な 協 力 は 地 域 及 び 国 際 の 平 和 及 び 安 全 の 維 持 及 び 強 化 に 寄 与 する 変 化 する 安 全 保 障 上 の 課 題 に 対 処 するためのパートナーの 能 力 を 強 化 することを 目 的 として 日 米 両 政 府 は 適 切 な 場 合 に 各 々の 能 力 及 び 経 験 を 最 大 限 に 活 用 するこ とにより 能 力 構 築 支 援 活 動 において 協 力 する 協 力 して 行 う 活 動 の 例 には 海 洋 安 全 保 障 防 衛 医 学 防 衛 組 織 の 構 築 人 道 支 援 災 害 救 援 又 は 平 和 維 持 活 動 のための 部 隊 の 即 応 性 の 向 上 を 含 み 得 る 5. 非 戦 闘 員 を 退 避 させるための 活 動 非 戦 闘 員 の 退 避 のために 国 際 的 な 行 動 が 必 要 となる 状 況 において 日 米 両 政 府 は 適 切 な 場 合 に 日 本 国 民 及 び 米 国 国 民 を 含 む 非 戦 闘 員 の 安 全 を 確 保 するため 外 交 努 力 を 含 むあらゆる 手 段 を 活 用 する 6. 情 報 収 集 警 戒 監 視 及 び 偵 察 日 米 両 政 府 が 国 際 的 な 活 動 に 参 加 する 場 合 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 各 々のアセットの 能 力 及 び 利 用 可 能 性 に 基 づき 適 切 なときは ISR 活 動 において 協 力 する 7. 訓 練 演 習 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 国 際 的 な 活 動 の 実 効 性 を 強 化 するため 適 切 な 場 合 に 共 同 訓 練 演 習 を 実 施 し 及 びこれに 参 加 し 相 互 運 用 性 持 続 性 及 び 即 応 性 を 強 化 する また 日 米 両 政 府 は 引 き 続 き 同 盟 との 相 互 運 用 性 の 強 化 並 びに 共 通 の 戦 術 技 術 及 び 手 順 の 構 築 に 寄 与 するため 訓 練 演 習 においてパートナーと 協 力 する 機 会 を 追 求 する 8. 後 方 支 援 日 米 両 政 府 は 国 際 的 な 活 動 に 参 加 する 場 合 相 互 に 後 方 支 援 を 行 うために 協 力 する 日 本 政 府 は 自 国 の 国 内 法 令 に 従 い 適 切 な 場 合 に 後 方 支 援 を 行 う B. 三 か 国 及 び 多 国 間 協 力 日 米 両 政 府 は 三 か 国 及 び 多 国 間 の 安 全 保 障 及 び 防 衛 協 力 を 推 進 し 及 び 強 化 する 特 に 日 米 両 政 府 は 地 域 の 及 び 他 のパートナー 並 びに 国 際 機 関 と 協 力 するための 取 組 を 強 化 し 並 びにそのための 更 なる 機 会 を 追 求 する 日 米 両 政 府 はまた 国 際 法 及 び 国 際 的 な 基 準 に 基 づく 協 力 を 推 進 すべく 地 域 及 び 国 際 15

16 機 関 を 強 化 するために 協 力 する Ⅵ. 宇 宙 及 びサイバー 空 間 に 関 する 協 力 A. 宇 宙 に 関 する 協 力 日 米 両 政 府 は 宇 宙 空 間 の 安 全 保 障 の 側 面 を 認 識 し 責 任 ある 平 和 的 かつ 安 全 な 宇 宙 の 利 用 を 確 実 なものとするための 両 政 府 の 連 携 を 維 持 し 及 び 強 化 する 当 該 取 組 の 一 環 として 日 米 両 政 府 は 各 々の 宇 宙 システムの 抗 たん 性 を 確 保 し 及 び 宇 宙 状 況 監 視 に 係 る 協 力 を 強 化 する 日 米 両 政 府 は 能 力 を 確 立 し 向 上 させるため 適 切 な 場 合 に 相 互 に 支 援 し 宇 宙 空 間 の 安 全 及 び 安 定 に 影 響 を 与 え その 利 用 を 妨 げ 得 る 行 動 や 事 象 についての 情 報 を 共 有 する 日 米 両 政 府 はまた 宇 宙 システムに 対 して 発 生 する 脅 威 に 対 応 するために 情 報 を 共 有 し また 海 洋 監 視 並 びに 宇 宙 システムの 能 力 及 び 抗 たん 性 を 強 化 する 宇 宙 関 係 の 装 備 技 術 (ホステッド ペイロードを 含 む )における 協 力 の 機 会 を 追 求 する 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 各 々の 任 務 を 実 効 的 かつ 効 率 的 に 達 成 するため 宇 宙 の 利 用 に 当 た って 引 き 続 き 早 期 警 戒 ISR 測 位 航 法 及 びタイミング 宇 宙 状 況 監 視 気 象 観 測 指 揮 統 制 及 び 通 信 並 びに 任 務 保 証 のために 不 可 欠 な 関 係 する 宇 宙 システムの 抗 たん 性 の 確 保 等 の 分 野 において 協 力 し かつ 政 府 一 体 となっての 取 組 に 寄 与 する 各 々の 宇 宙 システムが 脅 威 にさらされた 場 合 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 適 切 なときは 危 険 の 軽 減 及 び 被 害 の 回 避 において 協 力 する 被 害 が 発 生 した 場 合 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 適 切 なときは 関 係 能 力 の 再 構 築 において 協 力 する B.サイバー 空 間 に 関 する 協 力 日 米 両 政 府 は サイバー 空 間 の 安 全 かつ 安 定 的 な 利 用 の 確 保 に 資 するため 適 切 な 場 合 に サイバー 空 間 における 脅 威 及 び 脆 弱 性 に 関 する 情 報 を 適 時 かつ 適 切 な 方 法 で 共 有 する また 日 米 両 政 府 は 適 切 な 場 合 に 訓 練 及 び 教 育 に 関 するベストプラクティスの 交 換 を 含 め サイバー 空 間 における 各 種 能 力 の 向 上 に 関 する 情 報 を 共 有 する 日 米 両 政 府 は 適 切 な 場 合 に 民 間 との 情 報 共 有 によるものを 含 め 自 衛 隊 及 び 米 軍 が 任 務 を 達 成 する 上 で 依 拠 する 重 要 インフラ 及 びサービスを 防 護 するために 協 力 する 自 衛 隊 及 び 米 軍 は 次 の 措 置 をとる 各 々のネットワーク 及 びシステムを 監 視 する 態 勢 を 維 持 すること サイバーセキュリティに 関 する 知 見 を 共 有 し 教 育 交 流 を 行 うこと 16

17 任 務 保 証 を 達 成 するために 各 々のネットワーク 及 びシステムの 抗 たん 性 を 確 保 するこ と サイバーセキュリティを 向 上 させるための 政 府 一 体 となっての 取 組 に 寄 与 すること 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においてもサイバーセキュリティのための 実 効 的 な 協 力 を 確 実 に 行 うため 共 同 演 習 を 実 施 すること 自 衛 隊 及 び 日 本 における 米 軍 が 利 用 する 重 要 インフラ 及 びサービスに 対 するものを 含 め 日 本 に 対 するサイバー 事 案 が 発 生 した 場 合 日 本 は 主 体 的 に 対 処 し 緊 密 な 二 国 間 調 整 に 基 づき 米 国 は 日 本 に 対 し 適 切 な 支 援 を 行 う 日 米 両 政 府 はまた 関 連 情 報 を 迅 速 か つ 適 切 に 共 有 する 日 本 が 武 力 攻 撃 を 受 けている 場 合 に 発 生 するものを 含 め 日 本 の 安 全 に 影 響 を 与 える 深 刻 なサイバー 事 案 が 発 生 した 場 合 日 米 両 政 府 は 緊 密 に 協 議 し 適 切 な 協 力 行 動 をとり 対 処 する Ⅶ. 日 米 共 同 の 取 組 日 米 両 政 府 は 二 国 間 協 力 の 実 効 性 を 更 に 向 上 させるため 安 全 保 障 及 び 防 衛 協 力 の 基 盤 として 次 の 分 野 を 発 展 させ 及 び 強 化 する A. 防 衛 装 備 技 術 協 力 日 米 両 政 府 は 相 互 運 用 性 を 強 化 し 効 率 的 な 取 得 及 び 整 備 を 推 進 するため 次 の 取 組 を 行 う 装 備 品 の 共 同 研 究 開 発 生 産 試 験 評 価 並 びに 共 通 装 備 品 の 構 成 品 及 び 役 務 の 相 互 提 供 において 協 力 する 相 互 の 効 率 性 及 び 即 応 性 のため 共 通 装 備 品 の 修 理 及 び 整 備 の 基 盤 を 強 化 する 効 率 的 な 取 得 相 互 運 用 性 及 び 防 衛 装 備 技 術 協 力 を 強 化 するため 互 恵 的 な 防 衛 調 達 を 促 進 する 防 衛 装 備 技 術 に 関 するパートナーとの 協 力 の 機 会 を 探 求 する B. 情 報 協 力 情 報 保 全 日 米 両 政 府 は 共 通 の 情 勢 認 識 が 不 可 欠 であることを 認 識 し 国 家 戦 略 レベルを 含 む あらゆるレベルにおける 情 報 協 力 及 び 情 報 共 有 を 強 化 する 日 米 両 政 府 は 緊 密 な 情 報 協 力 及 び 情 報 共 有 を 可 能 とするため 引 き 続 き 秘 密 情 報 の 保 護 に 関 連 した 政 策 慣 行 及 び 手 続 の 強 化 における 協 力 を 推 進 する 日 米 両 政 府 はまた 情 報 共 有 に 関 してパートナーとの 協 力 の 機 会 を 探 求 する 17

18 C. 教 育 研 究 交 流 日 米 両 政 府 は 安 全 保 障 及 び 防 衛 に 関 する 知 的 協 力 の 重 要 性 を 認 識 し 関 係 機 関 の 構 成 員 の 交 流 を 深 め 各 々の 研 究 教 育 機 関 間 の 意 思 疎 通 を 強 化 する そのような 取 組 は 安 全 保 障 防 衛 当 局 者 が 知 識 を 共 有 し 協 力 を 強 化 するための 恒 久 的 な 基 盤 となる Ⅷ. 見 直 しのための 手 順 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 は 適 切 な 下 部 組 織 の 補 佐 を 得 て この 指 針 が 変 化 する 情 況 に 照 らして 適 切 なものであるか 否 かを 定 期 的 に 評 価 する 日 米 同 盟 関 係 に 関 連 する 諸 情 勢 に 変 化 が 生 じ その 時 の 状 況 を 踏 まえて 必 要 と 認 める 場 合 には 日 米 両 政 府 は 適 時 かつ 適 切 な 形 でこの 指 針 を 更 新 する 18

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

<5461726F2D303392868AFA9668897197CD90AE94F58C7689E62E6A7464>

<5461726F2D303392868AFA9668897197CD90AE94F58C7689E62E6A7464> 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 3 年 度 ~ 平 成 7 年 度 )について 平 成 2 年 12 月 20 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 3 年 度 から 平 成 7 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 3 年 度 以 降 の 防 衛 計 画 の 基 本 的 考 え 方 について ( 平 成 2 年

More information

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464>

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464> 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 昭 和 51 年 10 月 29 日 昭 和 51 年 10 月 29 日 国 防 会 議 決 定 閣 議 決 定 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める 別 紙 防 衛 計 画 の 大 綱 一. 目 的 及 び 趣 旨 わが 国 が 憲 法 上 許 される

More information

honbu-38H06_kunrei31

honbu-38H06_kunrei31 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 6 年 12 月 27 日 本 部 訓 令 第 31 号 ) 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 を 次 のように 定 める 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 徳 島 県 警 察 航 空 機 使 用 管 理 規 程 ( 平 成 2 年 徳

More information

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 ( 骨 子 ) Ⅰ. 概 観 日 米 同 盟 は 日 本 の 安 全 とアジア 太 平 洋 地 域 の 平 和 と 安 定 のために 不 可 欠 な 基 礎 同 盟 に 基 づいた 緊 密 かつ 協 力 的 な 関 係 は 世 界 における 課 題 に 対 処 する 上 で 重 要 な 役 割 を 果 たす 閣 僚 は 役 割 任 務 能 力

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 熊 谷 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 8 月 熊 谷 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 6 第 3

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71>

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71> 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 平 成 6 年 9 月 1 日 本 部 訓 令 第 26 号 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 航 空 隊 ( 第 3 条 - 第 13 条 ) 第 3 章 運 用 ( 第 14- 第 25

More information

< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464>

< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464> 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 8 年 度 ~ 平 成 12 年 度 )について 平 成 7 年 12 月 14 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 7 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 8 年 度 から 平 成 12 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 8 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱

More information

航空隊及び教育航空隊の編制に関する訓令

航空隊及び教育航空隊の編制に関する訓令 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 10 号 自 衛 隊 法 施 行 令 ( 昭 和 29 年 政 令 第 179 号 ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 航 空 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 昭 和 36 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 48 号 )の 全 部 を 次 のように 改 正 する 昭 和 40 年 3 月 20 日 防 衛 庁 長 官 小 泉 純 也 航 空 隊 及

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

航空機の防衛生産・技術基盤に必要な論点・視点

航空機の防衛生産・技術基盤に必要な論点・視点 航 空 自 衛 隊 の 戦 闘 機 における 防 衛 生 産 技 術 基 盤 の 役 割 平 成 23 年 1 月 25 日 防 衛 省 航 空 幕 僚 監 部 1 目 次 1 我 が 国 の 航 空 作 戦 における 戦 闘 機 の 役 割 等 2 航 空 自 衛 隊 における 運 用 支 援 の 現 状 3 航 空 自 衛 隊 における 防 衛 生 産 技 術 基 盤 の 役 割 2 1 我 が

More information

Microsoft Word - 060804基本計画.doc

Microsoft Word - 060804基本計画.doc イラク 人 道 復 興 支 援 特 措 法 に 基 づく 対 応 措 置 に 関 する 基 本 計 画 1 基 本 方 針 平 成 15 年 3 月 20 日 米 国 を 始 めとする 国 々は イラクが 国 際 社 会 の 平 和 と 安 全 に 与 えている 脅 威 を 取 り 除 くための 最 後 の 手 段 として イラクに 対 する 武 力 行 使 を 開 始 した その 後 イラクにおける

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

自衛官俸給表の1等陸佐、1等海佐及び1等空佐の(一)欄又は(二)欄に定める額の俸給の支給を受ける職員の占める官職を定める訓令

自衛官俸給表の1等陸佐、1等海佐及び1等空佐の(一)欄又は(二)欄に定める額の俸給の支給を受ける職員の占める官職を定める訓令 防 衛 省 訓 令 第 2 9 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 2 9 年 法 律 第 1 6 5 号 ) 第 3 0 条 の 2 第 1 項 第 5 号 の 規 定 に 基 づ き 自 衛 官 以 外 の 隊 員 の 標 準 職 務 遂 行 能 力 を 定 め る 訓 令 を 次 の よ う に 定 め る 平 成 2 6 年 5 月 3 0 日 防 衛 大 臣 小 野 寺 五 典 自 衛 官 以

More information

航空隊等の内部組織に関する達

航空隊等の内部組織に関する達 平 成 10 年 12 月 2 日 海 上 自 衛 隊 達 第 32 号 航 空 隊 及 び 教 育 航 空 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 昭 和 40 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 10 号 ) 第 32 条 整 備 補 給 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 平 成 10 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 28 号 ) 第 11 条 及 び 航 空 基 地 隊 の 編

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

0439 研究開発推進事業(防衛省所管計上)250614

0439 研究開発推進事業(防衛省所管計上)250614 事 業 番 号 0439 会 計 区 分 根 拠 法 令 ( 具 体 的 な 条 項 も 記 載 ) 防 衛 省 設 置 法 第 4 条 第 1 号 経 理 装 備 局 技 術 計 画 官 現 用 防 護 マスク(00 式 個 人 用 防 護 装 備 )と 同 等 防 護 性 能 を 有 し 広 視 野 化 放 射 能 除 染 呼 吸 追 随 ブロワー 小 型 化 及 び 現 用 通 信 装 置 (

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可 ミスミグループ コーポレートガバナンス 基 本 方 針 本 基 本 方 針 は ミスミグループ( 以 下 当 社 グループ という)のコーポレートガバナン スに 関 する 基 本 的 な 考 え 方 を 定 めるものである 1. コーポレートガバナンスの 原 則 (1) 当 社 グループのコーポレートガバナンスは 当 社 グループの 持 続 的 な 成 長 と 中 長 期 的 な 企 業 価 値 の

More information

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc)

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc) 平 成 26 年 2 月 20 日 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 ( 以 下 当 基 金 という)は 年 金 給 付 等 積 立 金 ( 以 下 年 金 資 産 という)の 運 用 にあたり 以 下 の 基 本 方 針 を 定 める 当 基 金 から 年 金 資 産 の 管 理 又

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

〔自 衛 隊〕

〔自 衛 隊〕 基 交 付 金 及 び 調 整 交 付 金 等 総 務 省 所 管 (1) 基 交 付 金 ( 趣 旨 ) 基 交 付 金 は 国 有 提 供 施 設 等 所 在 市 町 村 助 成 交 付 金 に 関 する 法 律 ( 昭 和 32 年 法 律 104 号 ) の 定 めるところにより 国 が 所 有 する 固 定 資 産 のうち 米 軍 等 に 使 用 させている 固 定 資 産 並 びに 自

More information

した 開 示 決 定 等 に 当 たっては, 法 11 条 を 適 用 して, 平 成 23 年 5 月 13 日 まで 開 示 決 定 等 の 期 限 を 延 長 し, 同 年 4 月 11 日 付 け 防 官 文 第 452 0 号 により,1 枚 目 を 一 部 開 示 した そして, 同 年

した 開 示 決 定 等 に 当 たっては, 法 11 条 を 適 用 して, 平 成 23 年 5 月 13 日 まで 開 示 決 定 等 の 期 限 を 延 長 し, 同 年 4 月 11 日 付 け 防 官 文 第 452 0 号 により,1 枚 目 を 一 部 開 示 した そして, 同 年 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 23 年 8 月 11 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 413 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 2 月 27 日 ( 平 成 23 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 500 号 ) 事 件 名 : 海 賊 対 処 行 動 の 実 施 に 関 する 統 合 幕 僚 長 指 令 の 一 部 開 示 決 定 に 関

More information

目 次 1 計 画 の について 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 3 主 な 事 項 1 ( 別 紙 ) 計 画 の 記 載 項 目 及 び 主 な 内 容 等 3 ( 参 考 ) 原 子 力 災 害 対 策 計 画 とは 11

目 次 1 計 画 の について 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 3 主 な 事 項 1 ( 別 紙 ) 計 画 の 記 載 項 目 及 び 主 な 内 容 等 3 ( 参 考 ) 原 子 力 災 害 対 策 計 画 とは 11 資 料 3-2 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 災 害 対 策 計 画 ) 概 要 目 次 1 計 画 の について 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 3 主 な 事 項 1 ( 別 紙 ) 計 画 の 記 載 項 目 及 び 主 な 内 容 等 3 ( 参 考 ) 原 子 力 災 害 対 策 計 画 とは 11 1 計 画 の について 神 奈 川 県 では 神 奈

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63> 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 平 成 22 年 12 月 17 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める これに 伴 い 平 成 16 年 12 月 10 日 付 け 閣 議 決 定 平 成 17 年 度 以 降 に 係 る 防 衛

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

学校安全の推進に関する計画の取組事例

学校安全の推進に関する計画の取組事例 学 校 安 全 の 推 進 に 関 する 計 画 と Ⅱ 学 校 安 全 を 推 進 するための 方 策 項 目 1. 安 全 に 関 する 教 育 の 充 実 方 策 (1) 安 全 教 育 にお ける 主 体 的 に 行 動 する 態 度 や 共 助 公 助 の 視 点 (2) 教 育 手 法 の 改 善 被 災 地 へのボランティア 活 動 を 行 う 学 校 等 の 生 きる 力 をはぐくむ

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

2014/6/27 長 崎 大 学 電 気 工 作 物 保 安 規 程 長 崎 大 学 電 気 工 作 物 保 安 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 106 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 以 下 法 という ) 第 42 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき, 長 崎 大 学 ( 以 下

More information

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定 射 水 市 建 設 工 事 施 行 に 関 する 工 事 成 績 評 定 要 領 平 成 8 年 3 月 7 告 示 第 44 号 ( 目 的 ) 第 条 この 要 領 は 射 水 市 が 所 掌 する 工 事 の 成 績 評 定 ( 以 下 評 定 という )に 必 要 な 事 項 を 定 め 公 正 かつ 的 確 な 評 定 を 行 うことにより もって 請 負 業 者 の 選 定 及 び 指

More information

<5461726F2D8179835A8362836794C5817A313230333039817988C495B6817A>

<5461726F2D8179835A8362836794C5817A313230333039817988C495B6817A> - 1 - 省 百 七 旅 客 部 改 省 令 平 成 省 令 伴 並 平 成 省 令 並 ま づ 並 令 づ く 領 平 成 月 大 臣 前 田 武 志 づ く 領 語 お 使 語 監 督 針 平 成 省 千 百 お 使 語 - 2 - 務 名 簿 款 寄 附 為 登 記 証 明 組 織 図 保 制 証 機 器 機 器 設 設 備 記 載 決 算 報 足 経 的 礎 証 績 分 証 程 七 イ 概

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051102 87 取 組 施 策 国 や 研 究 機 関 への 派 遣 研 修 による 資 質 向 上 の 推 進 鳥 インフルエンザ 等 新 たな 感 染 症 等 に 対 する 検 査 技 術 の 習 得 など 職 員 の 専 門

新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051102 87 取 組 施 策 国 や 研 究 機 関 への 派 遣 研 修 による 資 質 向 上 の 推 進 鳥 インフルエンザ 等 新 たな 感 染 症 等 に 対 する 検 査 技 術 の 習 得 など 職 員 の 専 門 新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051101 86 取 組 施 策 地 方 政 府 を 担 う 職 員 像 の 策 定 と 人 材 育 成 ( 新 人 材 育 成 ビジョンの 策 定 ) 平 成 17 年 度 静 岡 市 人 材 育 成 ビジョン を 策 定 平 成 20 年 度 進 捗 管 理 に 伴 う 一 部 改 訂 職 員 セッションの 試 行 を 行 った

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

文化政策情報システムの運用等

文化政策情報システムの運用等 名 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 番 号 0406 平 成 25 年 行 政 レビューシート ( 文 部 科 学 省 ) 文 化 政 策 情 報 システム 運 用 等 担 当 部 局 庁 文 化 庁 作 成 責 任 者 平 成 8 年 度 なし 担 当 課 室 長 官 官 房 政 策 課 政 策 課 長 清 水 明 会 計 区 分 一 般 会 計 政 策 施 策 名 根 拠 法 令 ( 具

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

<95CA8E86825281698C668EA695B68F91967B95B6816A8F4390B394C5>

<95CA8E86825281698C668EA695B68F91967B95B6816A8F4390B394C5> 京 都 市 消 防 局 訓 令 乙 第 7 号 各 部 消 防 学 校 各 消 防 署 京 都 市 消 防 局 通 信 規 程 の 全 部 を 次 のように 改 正 する 平 成 27 年 10 月 23 日 京 都 市 消 防 局 長 杉 本 栄 一 京 都 市 消 防 局 通 信 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 通 信 施 設 の 管 理 ( 第

More information

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 17 年 10 月 13 日 ( 平 成 17 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 498 号 ) 答 申 日 : 平 成 20 年 1 月 31 日 ( 平 成 19 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 411 号 ) 事 件 名 : 昭 和 52 年 度 兵 術 年 報 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第 1 審 査

More information

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係 22 災 害 時 の 臨 港 道 路 における 放 置 車 両 対 策 の 充 実 強 化 東 京 都 現 在 提 案 実 現 後 災 害 時 における 放 置 車 両 の 移 動 権 限 の 付 与 等 大 規 模 災 害 発 生 時 の 放 置 車 両 対 策 ( 平 成 26 年 11 月 災 害 対 策 基 本 法 改 正 ) 管 理 者 管 理 対 象 放 置 車 両 の 移 動 権 限

More information

平成24年度 政策評価等の実施状況及びこれらの結果の政策への反映状況に関する報告 20_防衛省(個表)

平成24年度 政策評価等の実施状況及びこれらの結果の政策への反映状況に関する報告 20_防衛省(個表) 防 衛 省 表 20-4 防 衛 省 における 政 策 評 価 の 結 果 及 びこれらの 政 策 への 反 映 状 況 ( 個 表 ) 政 策 ごとの 評 価 結 果 については 総 務 省 ホームページ(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/seisaku_n/portal/index.htm l)を 参 照 されたい また 政 策 評 価 の 結

More information

名称

名称 平 成 20 年 度 ライフサイクルコスト 管 理 年 次 報 告 書 装 備 施 設 本 部 平 成 20 年 8 月 27 日 目 次 次 期 固 定 翼 哨 戒 機 P-1 1 装 備 品 の 概 要 2 2 LCCグラフ( 累 積 ) 3 3 LCC 算 定 方 法 及 び 前 提 条 件 等 3 4 CBS 総 括 表 4 5 LCCに 影 響 を 与 えうる 要 因 5 戦 闘 機 F-2

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20925093C689D789B582B581698AAE90AC92CA926D816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20925093C689D789B582B581698AAE90AC92CA926D816A2E646F63> 消 防 危 第 245 号 平 成 1 7 年 1 0 月 2 6 日 各 都 道 府 県 消 防 防 災 主 管 部 長 東 京 消 防 庁 各 指 定 都 市 消 防 長 殿 消 防 庁 危 険 物 保 安 室 長 給 油 取 扱 所 等 における 単 独 荷 卸 しに 係 る 運 用 について 危 険 物 取 扱 者 の 立 会 いなしに 移 動 タンク 貯 蔵 所 に 乗 務 する 危 険

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

田 原 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 編 水 防 計 画 地 震 災 害 対 策 編 津 波 災 害 対 策 編 津 波 避 難 計 画 原 子 力 災 害 対 策 編 ( 平 成 27 年 6 月 修 正 ) 田 原 市 防 災 会 議 第 1 編 総 則 第 1 章 計 画 の 目 的 方 針 等 1 第 2 章 本 市 の 概 況 5 第 3 章 予 想 される

More information

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63>

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63> 平 成 22 年 11 月 9 日 高 校 等 の 授 業 料 無 償 化 の 拡 大 検 討 案 以 下 は 大 阪 府 の 検 討 案 の 概 要 であり 最 終 的 には 平 成 23 年 2 月 議 会 での 予 算 の 議 決 を 経 て 方 針 を 確 定 する 予 定 です Ⅰ. 検 討 案 の 骨 子 平 成 23 年 度 から 大 阪 の 子 どもたちが 中 学 校 卒 業 時 の

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

防 衛 省 表 19-4 防 衛 省 における 政 策 評 価 の 結 果 及 びこれらの 政 策 への 反 映 状 況 ( 個 表 ) 政 策 ごとの 評 価 結 果 については 総 務 省 ホームページ(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/seisaku_n/seisaku_fusyou.ht ml)を 参 照 されたい また 政 策 評 価 の

More information

Microsoft Word - h doc

Microsoft Word - h doc 消 防 予 第 192 号 平 成 9 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 殿 消 防 庁 予 防 課 長 消 防 用 設 備 等 に 係 る 届 出 等 に 関 する 運 用 について( 通 知 ) 消 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 17 条 14 規 定 に 基 づく 消 防 用 設 備 等 着 工 届 法 第 17 条 32 規 定 に 基 づく 消 防

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版)

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版) 福 島 県 警 察 職 員 男 女 共 同 参 画 推 進 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 4 月 改 定 ) 福 島 県 警 察 目 次 第 1 総 論 1 計 画 改 定 の 趣 旨 2 計 画 期 間 第 2 具 体 的 取 組 Ⅰ 意 識 改 革 幹 部 を 始 めとした 全 職 員 の 意 識 改 革 の 徹 底 Ⅱ 女 性 警 察 官 の 採 用 拡 大 1 女 性 警 察 官 の

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73>

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73> 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 22 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛

More information

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第081号.doc

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第081号.doc 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 19 年 4 月 18 日 ( 平 成 19 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 182 号 ) 答 申 日 : 平 成 19 年 6 月 1 日 ( 平 成 19 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 81 号 ) 事 件 名 : 海 上 における 警 備 行 動 ( 領 水 内 潜 没 航 行 潜 水 艦 ) 等 の 経 過 概 要 及 び 所

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303332318DA188E48F4390B3816A89FC92E85F956990EC8BE691CF906B8C7689E65F8A54977694C581798AAE90AC94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303332318DA188E48F4390B3816A89FC92E85F956990EC8BE691CF906B8C7689E65F8A54977694C581798AAE90AC94C5817A2E646F63> 品 川 区 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 25 年 3 月 改 定 地 震 により 想 定 される 被 害 の 半 減 を 目 指 し 住 宅 建 築 物 の 耐 震 診 断 および 耐 震 改 修 を 計 画 的 かつ 総 合 的 に 推 進 し 災 害 に 強 いまちづくりを 実 現 するため 平 成 19 年 12 月 に 品 川 区 耐 震 改 修 促 進 計

More information

(5) 事 業 者 等 自 転 車 及 び 自 動 車 の 製 造 輸 入 販 売 又 は 修 理 を 業 として 行 っている 者 及 びそ れらの 者 の 団 体 並 びにその 他 の 事 業 者 をいう (6) 所 有 者 等 自 動 車 の 所 有 権 占 有 権 若 しくは 使 用 権 を

(5) 事 業 者 等 自 転 車 及 び 自 動 車 の 製 造 輸 入 販 売 又 は 修 理 を 業 として 行 っている 者 及 びそ れらの 者 の 団 体 並 びにその 他 の 事 業 者 をいう (6) 所 有 者 等 自 動 車 の 所 有 権 占 有 権 若 しくは 使 用 権 を 深 谷 市 放 置 自 転 車 自 動 車 の 発 生 防 止 及 び 処 理 に 関 する 条 例 平 成 18 年 1 月 1 日 条 例 第 26 号 改 正 平 成 22 年 9 月 30 日 条 例 第 23 号 平 成 23 年 9 月 29 日 条 例 第 40 号 深 谷 市 放 置 自 転 車 自 動 車 の 発 生 防 止 及 び 処 理 に 関 する 条 例 目 次 第 1 章

More information

福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地 域 では, 防 犯 を 始 め 様 々な 安 心 安 全 活 動 に 熱 心

福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地 域 では, 防 犯 を 始 め 様 々な 安 心 安 全 活 動 に 熱 心 福 山 市 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 に 関 するガイドライン 2014 年 ( 平 成 26 年 )4 月 市 民 局 市 民 部 生 活 安 全 推 進 課 福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

2 生 活 安 全 部 地 域 課 鉄 道 警 察 隊 長 ( 以 下 隊 長 という )は 被 害 相 談 所 の 名 称 を 記 載 した 表 示 板 を 庁 舎 入 口 付 近 に 掲 出 するものとする 3 隊 長 は 臨 時 の 被 害 相 談 所 を 設 置 するときは 当 該 相 談

2 生 活 安 全 部 地 域 課 鉄 道 警 察 隊 長 ( 以 下 隊 長 という )は 被 害 相 談 所 の 名 称 を 記 載 した 表 示 板 を 庁 舎 入 口 付 近 に 掲 出 するものとする 3 隊 長 は 臨 時 の 被 害 相 談 所 を 設 置 するときは 当 該 相 談 女 性 のための 安 全 相 談 所 等 設 置 運 用 要 領 の 制 定 について( 例 規 ) ( 平 成 12 年 5 月 17 日 例 規 第 21 号 ) [ 沿 革 ] 平 成 13 年 12 月 例 規 第 55 号 改 正 この 度 地 域 警 察 部 門 における 女 性 の 安 全 対 策 を 更 に 充 実 強 化 するため みだしの 要 領 を 別 記 のとおり 制 定 し

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6 様 式 租 税 特 別 措 置 等 に 係 る 政 策 の 事 前 評 価 書 1 政 策 評 価 の 対 象 とした 産 業 活 力 の 再 生 及 び 産 業 活 動 の 革 新 に 関 する 特 別 措 置 法 に 基 づく 登 録 免 租 税 特 別 措 置 等 の 名 称 許 税 の 特 例 措 置 の 延 長 ( 国 税 32)( 登 録 免 許 税 : 外 ) 2 要 望 の 内 容

More information

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 社 会 保 険 等 加 入 促 進 計 画 平 成 24 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 1 計 画 策 定 の 趣 旨 目 的 この 計 画 は 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 ( 以 下 日 造 協 という ) 及 び 日 造 協 の 正 会 員 ( 以 下 会 員

More information

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協 平 成 26 年 度 における 東 北 地 区 の 独 占 禁 止 法 の 運 用 状 況 等 について 平 成 27 年 6 月 10 日 公 正 取 引 委 員 会 事 務 総 局 東 北 事 務 所 第 1 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 処 理 状 況 1 公 正 取 引 委 員 会 は, 迅 速 かつ 実 効 性 のある 事 件 審 査 を 行 うとの 基 本 方 針 の 下, 国

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

Taro-データ公安委員会相互協力事

Taro-データ公安委員会相互協力事 公 安 委 員 会 相 互 協 力 事 務 処 理 要 綱 の 制 定 について( 例 規 ) 最 終 改 正 平 成 26.2.7 例 規 組 二 第 5 号 京 都 府 警 察 本 部 長 から 各 部 長 各 所 属 長 あて 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 事 務 取 扱 いに 関 する 訓 令 ( 平 成 4 年 京 都 府 警 察 本

More information

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案)

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案) 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 認 可 保 育 所 管 理 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 ( 以 下 事 業 団 という )が 設 置 経 営 する 認 可 保 育 所 ( 以 下 園 という )の 運 営 管 理 については 法 令 に 定 めるものの ほか この 規 程 に 定 めるところによる

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画 徳 山 大 学 公 的 研 究 費 取 扱 規 程 ( 平 成 27 年 1 月 30 日 制 定 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 徳 山 大 学 教 育 職 員 倫 理 綱 領 及 び 徳 山 大 学 における 研 究 に 携 わる 者 の 行 動 規 範 の 定 めに 従 い, 徳 山 大 学 ( 以 下 本 学 という )において 公 的 研 究 費 を 適 正 に 運 営

More information

J J.フロント リテイリング 株 式 会 社 内 部 統 制 システム 構 築 の 基 本 方 針 制 定 平 成 19 年 09 月 03 日 改 定 平 成 19 年 11 月 26 日 改 定 平 成 21 年 05 月 26 日 改 定 平 成 22 年 03 月 01 日 改 定 平 成 25 年 04 月 01 日 改 定 平 成 26 年 03 月 01 日 改 定 平 成 27 年 05

More information

実施状況(市ヶ谷地区(防衛省)に係る施設の管理・運営業務)

実施状況(市ヶ谷地区(防衛省)に係る施設の管理・運営業務) 資 料 2 28.6.16 防 衛 省 民 間 競 争 入 札 実 施 事 業 防 衛 省 市 ヶ 谷 地 区 における 施 設 管 理 業 務 の 実 施 状 況 について ( 平 成 26 年 度 及 び27 年 度 ) Ⅰ 事 業 の 概 要 1. 委 託 業 務 内 容 防 衛 省 市 ヶ 谷 地 区 の 施 設 管 理 業 務 建 築 設 備 点 検 保 守 業 務 電 気 設 備 点 検

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

Microsoft Word - 220401 要綱.doc

Microsoft Word - 220401 要綱.doc 国 立 市 開 発 行 為 等 指 導 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 立 市 における 開 発 行 為 等 によって 無 秩 序 な 市 街 化 が 行 われる ことを 規 制 し 良 好 な 市 街 地 の 造 成 並 びに 快 適 な 生 活 環 境 を 保 持 するとともに 人 間 を 大 切 にするまちづくり の 実 現 をはかることを 目 的

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる 独 立 行 政 法 人 の 役 員 の 退 職 金 に 係 る 業 績 勘 案 率 の 算 定 ルールについて 平 成 27 年 5 月 25 日 総 務 大 臣 決 定 独 立 行 政 法 人 特 殊 法 人 及 び 認 可 法 人 の 役 員 の 退 職 金 について ( 平 成 27 年 3 月 24 日 閣 議 決 定 以 下 閣 議 決 定 という )に 基 づき 独 立 行 政 法 人

More information

<4D F736F F D D CF88F592B795F18D CF88F589EF8D8791CC816A2E646F63>

<4D F736F F D D CF88F592B795F18D CF88F589EF8D8791CC816A2E646F63> 平 成 26 年 第 2 回 定 例 会 総 務 委 員 会 委 員 長 報 告 資 料 平 成 26 年 6 月 19 日 総 務 委 員 長 織 田 勝 久 議 案 第 65 号 川 崎 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について * 消 費 税 増 税 と 一 体 をなす 地 方 税 法 の 一 部 改 正 には 反 対 であり これに 伴 う 条 例 改

More information

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 ) I 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 )について 平 成 12 年 12 月 15 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 12 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 13 年 度 から 平 成 17 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛

More information

(8) 日 本 国 籍 を 有 し 日 本 国 憲 法 及 びその 下 に 成 立 した 政 府 を 暴 力 等 で 破 壊 すること を 主 張 する 団 体 等 その 他 を 結 成 し 又 は 加 入 し 若 しくは 協 力 していないことを 証 明 又 は 誓 約 し 若 しくは 保 証 で

(8) 日 本 国 籍 を 有 し 日 本 国 憲 法 及 びその 下 に 成 立 した 政 府 を 暴 力 等 で 破 壊 すること を 主 張 する 団 体 等 その 他 を 結 成 し 又 は 加 入 し 若 しくは 協 力 していないことを 証 明 又 は 誓 約 し 若 しくは 保 証 で 舞 監 公 示 第 50 号 27.10.1 自 衛 艦 及 び 支 援 船 の 改 造 改 修 工 事 及 び 搭 載 機 器 等 の 装 備 工 事 並 びに 調 査 工 事 の 契 約 希 望 者 募 集 要 項 ( 公 募 ) 次 の 契 約 について 公 募 を 実 施 するので 参 加 を 希 望 する 者 は 下 記 に 基 づき 資 料 等 を 提 出 して 下 さい ( 公 募 実

More information

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 呉 医 療 センタ- 医 療 機 器 安 全 管 理 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 4 条 ) 第 2 章 組 織 及 び 職 務 ( 第 5 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 研 修 ( 第 11 条 ~ 第 12 条 ) 第 4 章 保 守 点 検 及 び 修 理 ( 第 13 条 ~ 第 16 条 ) 第 5 章

More information

基 地 交 付 金 等 に 関 す る 要 望 書

基 地 交 付 金 等 に 関 す る 要 望 書 立 川 飛 行 場 に 関 する 要 望 書 立 川 飛 行 場 は 南 関 東 地 域 の 広 域 的 な 災 害 対 策 活 動 の 拠 点 となる 広 域 防 災 基 地 内 にありますが 同 飛 行 場 は 人 口 が 密 集 した 市 街 地 に 所 在 しております そのため 立 川 飛 行 場 の 周 辺 自 治 体 の 住 民 からは 航 空 機 騒 音 に 対 する 苦 情 や 航

More information

b) 参 加 表 明 書 の 提 出 時 において 東 北 地 方 整 備 局 ( 港 湾 空 港 関 係 を 除 く) における 平 成 27 28 年 度 土 木 関 係 建 設 コンサルタント 業 務 に 係 る 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 認 定 を 受 けて

b) 参 加 表 明 書 の 提 出 時 において 東 北 地 方 整 備 局 ( 港 湾 空 港 関 係 を 除 く) における 平 成 27 28 年 度 土 木 関 係 建 設 コンサルタント 業 務 に 係 る 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 認 定 を 受 けて 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 ( 総 合 評 価 落 札 方 式 )に 係 る 手 続 き 開 始 の 公 示 次 のとおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 の 選 定 の 手 続 を 開 始 します 平 成 28 年 9 月 27 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 東 北 地 方 整 備 局 三 陸 国 道 事 務 所 長 永 井 浩 泰 1. 業 務 概 要 (1)

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 LPガス 販 売 事 業 者 一 般 社 団 法 人 山 形 県 LPガス 協 会 山 形 県 高 圧 ガス 地 域 防 災 協 議 会 関 係 機 関 県

More information