表1-4out_ilCS2.eps

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "表1-4out_ilCS2.eps"

Transcription

1 4 履 修 方 法 [] 時 間 割 の 作 成 所 属 学 部 学 科 課 程 等 が 定 める 履 修 基 準 に 基 づいて 各 科 目 の 履 修 に 関 する 説 明 及 びシラバス( 授 業 案 内 ) 等 を 参 考 にしながら 各 自 で 時 間 割 を 作 成 してください. Guidance0 及 び 所 属 学 部 の 履 修 案 内 で 必 修 科 目 を 確 認 し 履 修 計 画 を 立 ててください. 学 部 学 科 指 定 クラスブロック 時 間 割 (09~3 ページ)を 参 考 にして 普 遍 教 育 科 目 では 英 語 科 目 外 国 語 科 目 情 報 リテラシー 科 目 教 養 コア 科 目 を 専 門 教 育 科 目 では 共 通 専 門 基 礎 科 目 を 時 間 割 の 中 に 配 置 してください 高 学 年 になればなるほど 学 部 の 専 門 科 目 が 多 くなりますので これらの 科 目 は 年 次 のうちに 履 修 するようにしてください 年 次 で 履 修 することが 要 求 されている 共 通 専 門 基 礎 科 目 は 学 部 学 科 課 程 等 ごとに 指 定 された 授 業 科 目 が 時 間 割 上 に 箇 所 しかなく 選 択 の 余 地 がないことが 多 いため 優 先 的 に 時 間 割 に 組 み 込 む 必 要 があります 必 ずしも 必 修 ではなく 複 数 の 授 業 科 目 の 中 から 選 択 する 選 択 必 修 であったり 教 養 科 目 に 分 類 されているが 所 属 学 部 において 準 専 門 基 礎 科 目 として 年 次 に 履 修 すること が 推 奨 されているような 授 業 科 目 もあります 3. 教 養 科 目 は 時 間 割 作 成 の 最 終 段 階 で 配 置 します 教 養 コア 科 目 の 履 修 を 通 して 興 味 を 持 った 分 野 等 から 可 能 な 限 り 多 くの 授 業 科 目 を 履 修 してください 幅 広 く 深 い 教 養 を 身 につけ 専 門 科 目 を 広 い 視 野 のもとに 位 置 づけたり 学 際 的 総 合 的 な 知 見 や 思 考 法 を 養 っていくことが 望 まれます 資 格 取 得 に 関 する 授 業 科 目 等 は 年 次 から 計 画 的 に 履 修 することが 必 要 です [] シラバス( 授 業 案 内 )について 履 修 計 画 を 立 てる 際 には 履 修 したい 授 業 科 目 のシラバス( 授 業 案 内 )を 読 み 各 授 業 内 容 についての 情 報 を 集 めてください 普 遍 教 育 科 目 等 シラバスは 以 下 の 方 法 で 閲 覧 することができます 総 合 校 舎 A 号 館 階 普 遍 教 育 室 側 ホール 及 びD 号 館 階 ホール 各 学 部 の 学 務 担 当 窓 口 で Syllabus0 冊 子 を 閲 覧 する 学 内 LANに 接 続 されているパソコンで 履 修 登 録 システムより 閲 覧 する 3 千 葉 大 学 ホームページ(http://www.chibau.jp/)にアクセスし 学 生 生 活 就 職 支 援 内 の シラ バス をクリックし 閲 覧 する( 各 学 部 シラバスの 閲 覧 が 可 能 ) シラバスは 授 業 のロードマップです 授 業 内 容 だけでなく 学 習 目 標 の 設 定 と 到 達 する 手 順 が 示 されていま す どのような 授 業 を 組 み 合 わせて 履 修 計 画 をたてるか 各 自 の 学 習 体 系 の 構 築 に 有 効 に 活 用 してください 授 業 の 目 的 目 標 授 業 計 画 授 業 内 容 評 価 方 法 評 価 基 準 教 員 の 連 絡 先 オフィスアワー 普 遍 教 育 の 教 育 目 標 (3ページ 参 照 )に 基 づいて 授 業 を 受 けることにより どのような 知 識 やスキルが 身 につくのかなど 学 習 の 到 達 目 標 となる 具 体 的 事 項 が 示 されています 授 業 の 予 定 表 です 授 業 の 目 的 目 標 で 示 された 到 達 目 標 の 達 成 過 程 が 時 系 列 的 に 示 されています 毎 回 の 課 題 やテーマ トピックスのほか 学 習 の 目 標 達 成 に 不 可 欠 な 授 業 外 学 習 ( 予 習 や 復 習 )についても 詳 しい 情 報 が 提 供 されています 評 価 の 方 法 だけでなく どのような 基 準 で 評 価 区 分 が 決 定 されるのかについても 詳 細 に 記 載 されています 学 習 の 質 問 や 学 習 上 の 相 談 などを 受 け 付 けるために 教 員 が 必 ずいる 時 間 と 場 所 をオフィ スアワーとして 明 示 しています 非 常 勤 講 師 ( 時 間 割 所 属 欄 :*)は 授 業 時 にしか 来 校 さ れませんので 連 絡 事 項 がある 場 合 は 授 業 時 に 行 うようにしてください (この 項 目 は 上 記 の 及 びの 閲 覧 方 法 にて 確 認 することができます ) 授 業 に 関 する 変 更 等 は 総 合 校 舎 A 号 館 階 普 遍 教 育 室 側 ホール 及 びD 号 館 階 ホールに 設 置 されてい る 電 子 掲 示 板 (プラズマディスプレイ) 等 にて 確 認 してください

2 [3] 履 修 登 録 授 業 科 目 を 履 修 するには 履 修 登 録 という 手 続 きが 必 要 です 学 内 LANに 接 続 されているパソコンから 履 修 登 録 システム により 履 修 登 録 (Web 登 録 )を 行 ってください 学 外 からのアクセスはできません 履 修 登 録 方 法 等 の 詳 細 は 69 ページで 説 明 します 履 修 登 録 単 位 数 について 制 限 を 設 けている 学 部 もあり ますので 各 学 部 の 履 修 案 内 等 も 参 考 にしてください () 履 修 登 録 修 正 取 消 期 間 履 修 登 録 区 分 前 期 後 期 通 期 科 目 後 期 科 目 の み 登 録 期 間 ( 登 録 取 消 が 可 能 ) 4 月 日 ( 木 )~ 4 月 5 日 ( 水 ) 修 正 期 間 ( 登 録 取 消 が 可 能 ) 4 月 6 日 ( 木 )~ 5 月 7 日 ( 月 ) 0 月 日 ( 月 )~0 月 5 日 ( 月 ) 取 消 期 間 ( 取 消 のみ 可 能 ) 5 月 8 日 ( 火 )~ 5 月 4 日 ( 月 ) 0 月 6 日 ( 火 )~0 月 日 ( 月 ) () 履 修 登 録 に 関 する 注 意 事 項 英 語 科 目 ( 基 礎 英 語 中 級 上 級 英 語 等 を 除 く) スポーツ 健 康 科 目 ( 実 技 科 目 ) 自 然 系 基 礎 実 験 ( 物 理 学 化 学 生 物 学 地 学 ) 履 修 クラス 希 望 カードでの 抽 選 により 履 修 クラスを 決 定 します 掲 示 にて 抽 選 結 果 を 確 認 してから 履 修 登 録 を 行 ってください 前 期 分 の 履 修 クラス 希 望 カードは 4 月 9 日 ( 月 )7 時 までに 所 属 学 部 学 務 担 当 窓 口 に 提 出 してくだ さい ( 詳 細 は 履 修 クラス 希 望 カード 及 び 7 ページ 38 ページを 参 照 ) 期 別 ( 前 期 後 期 集 中 )に 関 わらず4 月 8 日 ( 水 )までに 必 ず 履 修 登 録 を 完 了 してください ( 詳 細 は 49 ページを 参 照 ) 前 期 科 目 第 回 目 の 授 業 に 出 席 し 履 修 登 録 を 行 ってください 後 期 科 目 通 期 科 目 わかる 範 囲 内 で 前 期 の 履 修 登 録 期 間 中 に 登 録 を 行 ってください 後 期 開 始 後 受 講 の 許 可 が 得 られなかった 場 合 は 後 期 の 履 修 登 録 ( 修 正 取 消 ) 期 間 中 に 登 録 を 取 り 消 してください 掲 示 ( 総 合 校 舎 A 号 館 階 ) 等 にて 開 講 予 定 を 確 認 し 前 期 の 履 修 登 録 期 間 中 に 登 録 を 行 ってください 後 期 登 録 期 間 では 登 録 削 除 等 はできません 第 回 目 の 授 業 において 受 講 希 望 学 生 が 想 定 人 数 を 上 回 った 場 合 講 義 室 の 収 容 人 数 及 び 授 業 形 態 等 により 適 正 な 授 業 規 模 を 確 保 するため 授 業 担 当 教 員 による 選 考 が 行 なわれ 受 講 が 許 可 され ないことがあります 受 講 の 許 可 を 得 ずに 履 修 登 録 をすると 履 修 登 録 が 削 除 される 場 合 があります (3) 履 修 登 録 の 確 認 履 修 登 録 後 は 履 修 科 目 登 録 確 認 表 ( 時 間 割 )を 印 刷 して 間 違 いがないことを 確 認 してください 指 定 期 間 中 なら 何 回 でも 履 修 登 録 の 変 更 はできますが 期 間 を 過 ぎるとできなくなります 履 修 登 録 及 び 登 録 内 容 の 確 認 は 学 生 自 身 が 自 分 の 責 任 において 行 うものです 普 遍 教 育 は 卒 業 要 件 の 異 なるさまざまな 学 部 学 科 学 年 の 学 生 が 履 修 しているため 履 修 登 録 シス テムで 履 修 可 能 な 科 目 を 自 動 的 に 選 択 するような 設 定 にはなっていません 卒 業 要 件 や 各 学 部 の 履 修 案 内 の 内 容 を 理 解 したうえで 自 分 の 責 任 において 履 修 登 録 を 行 い 必 ず 履 修 科 目 登 録 確 認 表 を 印 刷 し 正 しく 登 録 ができていることを 確 認 してください 同 じ 曜 日 時 限 に 開 講 してい る 同 一 名 称 科 目 もありますので 授 業 コードや 担 当 教 員 名 を 確 認 することも 重 要 です 履 修 登 録 をしてい なかったり 授 業 科 目 を 誤 って 登 録 した 場 合 は 成 績 評 価 が 行 われない 場 合 があります (4) 履 修 登 録 の 取 消 履 修 登 録 した 授 業 科 目 について 登 録 の 取 り 消 しを 行 わないまま 途 中 で 履 修 を 放 棄 した 場 合 不 合 格 とな り GPA( 科 目 成 績 平 均 値 : 詳 細 は 9 ページ 参 照 )が 下 がります この 対 応 として 授 業 を 履 修 登 録 し てからシラバスの 内 容 と 自 分 の 想 定 した 授 業 内 容 レベルが 異 なった 等 の 事 由 で 履 修 を 取 りやめた 場 合 は 履 修 登 録 取 消 期 間 に 取 り 消 しが 可 能 です なお 履 修 登 録 取 消 期 間 以 後 に 病 気 や 事 故 等 やむを 得 ない 事 情 が 発 生 し 履 修 登 録 の 取 り 消 しを 希 望 する 場 合 は 所 属 学 部 の 学 務 担 当 窓 口 に 相 談 してください

3 (5) 履 修 登 録 手 続 きの 流 れ 年 間 の 履 修 計 画 を 立 てる ( 各 授 業 の 内 容 は シラバス( 授 業 案 内 )を 参 照 ) 英 語 科 目 ( 基 礎 英 語 充 実 科 目 群 発 展 科 目 群 ) スポーツ 健 康 科 目 ( 実 技 科 目 ) 情 報 リテラシー 科 目 教 養 コア 科 目 クラス 分 け 抽 選 の 申 込 み 履 修 クラス 希 望 カード 基 礎 英 語 受 講 希 望 票 ( 希 望 者 のみ)を 所 属 学 部 へ 提 出 前 期 4 月 9 日 ( 月 ) 7:00 まで 年 次 生 以 上 の 希 望 カードは 4 月 上 旬 に 所 属 学 部 で 配 付 後 期 6 月 9 日 ( 金 ) 7:00 まで 希 望 カードは6 月 中 旬 ごろ 所 属 学 部 で 配 付 クラス 分 け 発 表 を 見 る クラス 分 け 発 表 総 合 校 舎 A 号 館 階 掲 示 板 医 学 部 園 芸 学 部 理 学 部 数 学 情 報 数 理 学 科 の 学 生 は 各 学 部 の 指 示 に 従 ってくださ い 再 履 修 者 等 は 総 合 校 舎 4 階 情 報 授 業 支 援 室 窓 口 で 受 付 履 修 科 目 を 選 択 学 部 学 科 課 程 別 指 定 クラス から 履 修 希 望 する 授 業 を 選 択 授 業 日 程 は 4 ページ 参 照 抽 選 結 果 を 見 る 抽 選 結 果 発 表 総 合 校 舎 B 号 館 屋 外 掲 示 コーナー 前 期 4 月 日 ( 水 ) 5:00までに 発 表 後 期 7 月 6 日 ( 金 ) 8:30までに 発 表 4 第 回 目 の 授 業 に 出 席 受 講 許 可 5 履 修 登 録 履 修 科 目 をパソコンで 履 修 登 録 する 履 修 科 目 登 録 確 認 表 をプリントして 登 録 内 容 を 確 認 する 登 録 科 目 の 追 加 取 り 消 しを 行 う < 履 修 登 録 修 正 取 消 期 間 > 前 期 登 録 期 間 : 4 月 日 ( 木 )~5 日 ( 水 ) 修 正 期 間 :4 月 6 日 ( 木 )~5 月 7 日 ( 月 ) 取 消 期 間 : 5 月 8 日 ( 火 )~4 日 ( 月 ) 後 期 登 録 修 正 期 間 : 0 月 日 ( 月 )~5 日 ( 月 ) 取 消 期 間 :0 月 6 日 ( 火 )~ 日 ( 月 ) 履 修 科 目 の 決 定 授 業 を 受 ける 評 価 を 受 ける 成 績 通 知 表 の 交 付 ( 各 学 部 の 指 示 による) 成 績 問 い 合 わせ( 疑 義 がある 場 合 成 績 通 知 より5 日 以 内 )

4 英 語 科 目 ( 発 展 科 目 群 等 ) 外 国 語 科 目 スポーツ 健 康 科 目 ( 講 義 科 目 ) 教 養 科 目 共 通 専 門 基 礎 科 目 ( 講 義 演 習 科 目 ) 共 通 専 門 基 礎 科 目 ( 実 験 科 目 ) 自 然 系 基 礎 実 験 科 目 履 修 科 目 を 選 択 受 講 対 象 が 指 定 (クラス 指 定 ) されている 場 合 があります 3 履 修 登 録 を 行 う 期 別 ( 前 期 後 期 集 中 ) 開 講 期 間 必 修 選 択 に 関 わらず 受 講 する 学 生 は 4 月 8 日 ( 水 )までに パソコンによる 履 修 登 録 を 行 う 後 期 科 目 で 履 修 を 希 望 する 科 目 または 必 修 の 科 目 はで きるだけ 前 期 の 登 録 期 間 に 履 修 登 録 を 行 ってください 通 期 科 目 は 必 ず 前 期 の 登 録 期 間 に 履 修 登 録 を 行 ってく ださい クラス 分 け 発 表 を 見 る 履 修 クラス 発 表 地 学 生 物 学 4 月 0 日 ( 金 ) 物 理 学 化 学 4 月 5 日 ( 水 ) 総 合 校 舎 A 号 館 階 の 掲 示 板 クラス 発 表 が 履 修 登 録 した 内 容 と 違 う 前 期 の 履 修 登 録 修 正 期 間 に 必 ず 登 録 の 変 更 または 取 消 を 行 ってください 英 語 及 びスポーツ 健 康 科 目 ( 実 技 科 目 )の 抽 選 結 果 は 総 合 校 舎 B 号 館 屋 外 掲 示 コーナーに 掲 示 します 抽 選 にもれた 場 合 の 手 続 き 方 法 も 併 せて 掲 示 します 抽 選 にもれた 場 合 は 空 きクラス 受 入 可 能 人 数 を 確 認 し 追 加 履 修 の 手 続 きを 行 ってください スポーツ 健 康 科 目 の 講 義 科 目 は 教 養 科 目 の 履 修 方 法 と 同 じです 教 養 コア 科 目 は 学 部 学 科 課 程 等 で 指 定 された 曜 日 時 限 以 外 で 受 講 することはできません ただし 平 成 3 年 度 以 前 の 入 学 者 で 未 修 得 の 学 生 は 該 当 する 科 目 群 (A~F)の 中 の 科 目 から 選 択 して 履 修 してください ( 対 象 学 部 学 科 課 程 等 は 問 いません ) 3 自 然 系 の 基 礎 実 験 科 目 については 開 講 期 別 ( 前 期 後 期 集 中 ) 必 修 選 択 を 問 わず 受 講 する 学 生 は 4 月 8 日 ( 水 ) までに 履 修 登 録 を 完 了 させてください 期 限 までに 履 修 登 録 をしていない 場 合 は 受 講 できません また 後 期 開 講 後 の 受 付 は 行 いません ( 詳 細 は 49 ページを 参 照 ) 各 科 目 とも 受 講 予 定 者 数 を 超 えた 場 合 は 調 整 を 行 い 他 のクラスへ 移 動 する 場 合 もありますので 掲 示 に 注 意 して ください 松 戸 開 講 科 目 の 履 修 登 録 については 園 芸 学 部 学 務 担 当 窓 口 へお 問 い 合 わせください 4 受 講 希 望 科 目 の 第 回 目 の 授 業 に 出 席 した 後 履 修 登 録 を 行 ってください 受 講 希 望 学 生 が 想 定 人 数 を 上 回 った 場 合 受 講 が 許 可 されないこともありますので 留 意 してください 受 講 の 許 可 が 得 られず その 授 業 科 目 を 受 講 できない 場 合 は 空 きクラスがあれば 至 急 移 動 し あるいは 違 う 曜 日 時 限 の 科 目 を 選 び 受 講 の 許 可 を 得 るようにしてください 教 養 コア 科 目 の 場 合 は 指 定 クラスの 中 で 同 時 に 開 講 している 他 の 授 業 科 目 に 移 動 してください スポーツ 健 康 科 目 の 前 期 回 目 の 授 業 は 曜 日 時 限 ごとに 全 体 ガイダンスを 行 いますので 受 講 を 希 望 する 学 生 は 必 ず 出 席 してください 後 期 については 回 目 の 授 業 から 実 技 を 行 います 5 配 付 された 資 料 を 参 考 にして 履 修 計 画 を 立 て パソコンで 履 修 登 録 を 行 ってください 後 期 開 講 の 英 語 及 びスポーツ 健 康 科 目 は 希 望 カードによりクラス 分 けを 行 うため 抽 選 結 果 を 確 認 してから 後 期 にパソコンで 履 修 登 録 をしてください (6 月 下 旬 に 抽 選 を 行 います ) 年 次 生 が 後 期 に 教 養 科 目 を 履 修 する 場 合 教 養 コア 科 目 で 興 味 を 持 った 分 野 から 受 講 するよう 心 がけてくだ さい 履 修 登 録 した 内 容 を 画 面 やプリントアウトして 確 認 し エラーがある 場 合 は なくなるまで 修 正 してください 注 意 事 項 履 修 登 録 システム は 接 続 して30 分 経 過 すると 登 録 ができなくなりますので 途 中 で 一 旦 登 録 する ボタンをク リックし 再 度 行 ってください 履 修 登 録 システム で 変 更 したパスワードを 忘 れてしまった 場 合 接 続 できない 場 合 等 については 総 合 メディア 基 盤 センター 窓 口 へお 問 い 合 わせください

5 [4] 授 業 情 報 について 授 業 科 目 に 関 する 変 更 事 項 ( 開 講 情 報 教 室 変 更 担 当 者 変 更 ) 及 び 授 業 担 当 教 員 より 連 絡 のあった 休 講 情 報 試 験 情 報 補 講 情 報 等 は 掲 示 にてお 知 らせしますので 以 下 の 方 法 で 確 認 してください 総 合 校 舎 A 号 館 階 普 遍 教 育 室 側 ホール 及 びD 号 館 階 ホールに 設 置 されている 電 子 掲 示 板 (プラズマディスプレイ)にて 確 認 する 千 葉 大 学 通 知 版 システム(https://cubbs.chibau.jp)を 利 用 して 学 部 学 生 通 知 板 から 確 認 する 集 中 講 義 については 開 講 日 程 場 所 等 が 確 定 次 第 総 合 校 舎 A 号 館 階 に 開 講 予 定 を 掲 示 します [5] 自 然 災 害 事 故 及 び 交 通 機 関 のストライキ 等 に 伴 う 授 業 の 措 置 について. 自 然 災 害 事 故 及 び 交 通 機 関 のストライキ 等 に 伴 い 各 キャンパスの 最 寄 駅 を 運 行 する 全 線 の 列 車 が 運 行 停 止 となった 場 合 午 前 6 時 30 分 までに 運 行 しない 場 合 は 第 及 び 第 時 限 の 授 業 を 臨 時 休 講 とする 午 前 0 時 までに 運 行 しない 場 合 は 第 3 第 4 及 び 第 5 時 限 の 授 業 を 臨 時 休 講 とする 3 正 午 までに 運 行 しない 場 合 は 第 6 及 び 第 7 時 限 の 授 業 を 臨 時 休 講 とする. 台 風 等 により 気 象 庁 から 各 キャンパスの 所 在 地 域 に 暴 風 警 報 ( 以 下 警 報 という )が 発 令 された 場 合 午 前 6 時 30 分 までに 警 報 が 解 除 されない 場 合 は 第 及 び 第 時 限 の 授 業 を 臨 時 休 講 とする 午 前 0 時 までに 警 報 が 解 除 されない 場 合 は 第 3 第 4 及 び 第 5 時 限 の 授 業 を 臨 時 休 講 とする 3 正 午 までに 警 報 が 解 除 されない 場 合 は 第 6 及 び 第 7 時 限 の 授 業 を 臨 時 休 講 とする 4 授 業 の 開 始 後 警 報 が 発 令 された 場 合 は 当 日 のその 後 に 開 始 する 授 業 を 臨 時 休 講 とする 3. 各 キャンパスの 最 寄 駅 を 運 行 する 全 線 の 列 車 が 運 行 停 止 とはなっていないが 台 風 の 接 近 等 により 運 行 停 止 が 見 込 まれる 場 合 又 はその 他 の 事 由 により 通 学 及 び 帰 宅 が 困 難 と 判 断 される 場 合 各 部 局 の 状 況 等 を 勘 案 し 教 育 担 当 理 事 がキャンパスごとに 決 定 する 4. 部 局 の 事 情 により 上 記 ~3の 取 扱 いにより 難 い 特 別 の 事 情 がある 場 合 当 該 部 局 長 の 判 断 により 取 扱 いを 決 定 することができる なお この 場 合 は 当 該 措 置 後 速 やかに 教 育 担 当 理 事 にその 状 況 を 報 告 する 5. 休 講 等 の 措 置 に 係 る 学 生 及 び 教 員 等 への 周 知 方 法 ホームページ 統 合 メール 通 知 板 及 び 一 斉 メール 配 信 等 を 活 用 し 速 やかな 周 知 を 図 る 6. 教 育 実 習 等 の 場 合 の 取 扱 い 教 育 実 習 臨 床 実 習 介 護 等 体 験 実 習 及 びインターンシップ 等 の 場 合 は 各 実 習 先 の 指 示 に 従 う 7. 自 然 災 害 等 による 甚 大 な 被 害 により 交 通 機 関 の 復 旧 が 長 期 にわたる 場 合 その 状 況 に 即 し 学 長 が 適 宜 決 定 する 及 び3の 最 寄 駅 は 西 千 葉 地 区 西 千 葉 駅 及 びみどり 台 駅 亥 鼻 地 区 千 葉 駅 及 び 京 成 千 葉 駅 松 戸 地 区 松 戸 駅 及 び 柏 の 葉 地 区 柏 の 葉 キャンパス 駅 とする [6] 公 欠 について 次 に 該 当 する 事 由 で 授 業 に 出 席 することができない 場 合 公 欠 届 及 び 添 付 書 類 を 提 出 することにより 公 欠 扱 いとなります () 該 当 する 欠 席 事 由 忌 引 き( 二 親 等 以 内 )の 場 合 学 校 保 健 安 全 法 施 行 規 則 第 8 条 に 規 定 する 感 染 症 に 罹 患 した 場 合 又 は 感 染 したおそれがある 場 合 3 教 育 実 習 介 護 等 体 験 等 のうち 当 該 学 生 の 所 属 する 学 部 教 育 委 員 会 等 の 長 が 必 要 と 認 めた 場 合 4 課 外 活 動 において 関 東 甲 信 越 大 学 体 育 大 会 東 日 本 医 学 生 体 育 大 会 等 又 は 全 国 大 会 以 上 の 大 会 に 出 場 する 場 合 () 公 欠 届 の 手 続 き. 所 属 学 部 での 確 認 期 間 : 事 前 または 出 席 可 能 となった 後 一 週 間 以 内 必 要 なもの : 公 欠 届 ( 所 属 学 部 の 学 務 担 当 窓 口 で 受 け 取 り 記 入 したもの) 添 付 書 類 ( 公 欠 届 の 裏 面 記 入 上 の 注 意 を 参 照 してください ). 担 当 教 員 への 提 出 当 該 授 業 科 目 の 担 当 教 員 へ 提 出 してください ( 非 常 勤 講 師 ( 時 間 割 所 属 欄 *)の 先 生 方 は 授 業 がある 日 にしか 大 学 に 来 ませんので 授 業 終 了 後 や 休 み 時 間 等 に 提 出 するようにしてください )

6 [7] 試 験 について 普 遍 教 育 科 目 及 び 共 通 専 門 基 礎 科 目 では 特 に 試 験 期 間 を 設 けていません 各 授 業 科 目 において 授 業 期 間 内 に 適 宜 試 験 等 が 実 施 されます () 試 験 を 受 ける 際 の 注 意 事 項 試 験 心 得 試 験 を 受 ける 際 は 教 員 (または 試 験 監 督 者 )の 指 示 に 従 ってください また 次 のことを 遵 守 しなければなりません. 教 員 (または 試 験 監 督 者 )の 指 示 する 座 席 に 着 席 してください. 学 生 証 を 机 上 右 上 に 置 いてください 学 生 証 を 携 行 しなかった 者 は 試 験 を 受 けられない ことがあります 3. 試 験 開 始 30 分 以 上 の 遅 刻 者 は 試 験 室 に 入 室 できません 4. 試 験 開 始 後 30 分 以 上 経 過 しなければ 試 験 室 から 退 出 できません 5. 試 験 中 不 正 行 為 またはこれとまぎらわしい 行 為 をしてはなりません 6. 不 正 行 為 が 確 認 されたときは 直 ちに 試 験 を 停 止 し 答 案 用 紙 証 拠 物 件 等 を 没 収 すること とします * 注 意 試 験 中 または 後 日 不 正 行 為 が 発 覚 した 場 合 不 正 行 為 者 は 学 則 の 定 めるところに 従 い 懲 戒 処 分 を 受 けます () 追 試 験 の 申 請 普 遍 教 育 科 目 及 び 共 通 専 門 基 礎 科 目 において 病 気 事 故 等 不 可 抗 力 ( 部 活 動 等 は 該 当 しません )に より 試 験 等 が 受 けられなかった 学 生 は しかるべき 事 由 証 明 とともに 追 試 験 の 申 請 をすることができます 担 当 教 員 がそれを 正 当 と 認 めた 場 合 追 試 験 を 受 けることができます 受 付 期 間 : 試 験 日 より 週 間 以 内 受 付 場 所 : 普 遍 教 育 担 当 窓 口 ( 総 合 校 舎 A 号 館 階 ) 必 要 なもの : 印 鑑 事 由 証 明 ( 診 断 書 等 ) [8] 成 績 評 価 () 成 績 評 価 区 分 みなさんの 学 習 成 績 は その 授 業 への 出 席 を 基 本 的 条 件 とし 平 常 点 ( 小 テスト 発 表 等 ) 学 期 末 試 験 レポート 等 により 以 下 の 区 分 に 評 価 されます それぞれの 授 業 科 目 における 評 価 基 準 は シラバス( 授 業 案 内 ) 等 を 参 照 してください 評 価 区 分 評 点 判 定 内 容 *GP 秀 (S) 00~90 点 合 格 学 習 目 標 を 十 分 に 達 成 したものと 認 められ 特 に 優 れた 成 績 を 示 す 4 点 優 (A) 89~80 点 合 格 学 習 目 標 を 達 成 したものと 認 められ 優 れた 成 績 を 示 す 3 点 良 (B) 79~70 点 合 格 学 習 目 標 の 根 幹 的 な 部 分 は 達 成 したものと 認 められ 妥 当 な 成 績 を 示 す 点 可 (C) 69~60 点 合 格 学 習 目 標 の 最 低 限 は 達 成 できたと 認 められる 成 績 を 示 す 点 不 可 (F) 59 点 以 下 不 合 格 学 習 目 標 の 最 低 限 が 達 成 できていないと 認 められる 成 績 を 示 す 0 点 認 定 合 格 他 大 学 等 で 修 得 し 本 学 が 単 位 認 定 したものを 示 す 対 象 外 上 記 の 評 価 区 分 の 他 に 成 績 通 知 表 には 以 下 の 区 分 が 表 示 される 場 合 があります 保 留 未 定 その 時 点 で 成 績 評 価 が 保 留 となっていることを 示 す 対 象 外 未 報 告 担 当 教 員 より 成 績 報 告 がされてないことを 示 す ( 前 期 終 了 未 定 対 象 外 時 点 の 通 期 後 期 科 目 など ) *GP(Grade Point): 次 ページにあるGPAを 算 出 するための 基 礎 点 です

7 () 成 績 通 知 と 問 い 合 わせ セメスターごとの 成 績 は 電 算 処 理 されて 所 属 学 部 から 学 生 ( 保 証 人 )に 通 知 されます 成 績 通 知 表 に は 各 学 期 のGPAと 累 積 のGPAが 記 載 されます 万 一 普 遍 教 育 科 目 及 び 共 通 専 門 基 礎 科 目 の 成 績 に 疑 義 がある 場 合 には 担 当 教 員 へ 問 い 合 わせること ができます ただし 評 価 を 得 るための 基 本 事 項 ( 授 業 への 出 席 試 験 の 受 験 レポートの 提 出 等 )や 履 修 登 録 間 違 いでは 問 い 合 わせの 対 象 にはなりませんので 具 体 的 根 拠 がある 場 合 のみ 受 け 付 けられます 調 査 の 結 果 誤 りが 発 見 された 場 合 には 学 生 に 通 知 するとともに 訂 正 の 処 置 が 取 られます 受 付 期 間 : 成 績 通 知 から5 日 以 内 受 付 場 所 : 普 遍 教 育 担 当 窓 口 ( 総 合 校 舎 A 号 館 階 ) 必 要 なもの : 印 鑑 成 績 通 知 表 なお 学 部 が 開 講 する 授 業 科 目 ( 学 部 開 放 科 目 を 含 む)の 成 績 の 疑 義 については 当 該 学 部 の 指 示 に 従 ってください (3)GPA: 科 目 成 績 平 均 値 (Grade Point Average) 授 業 科 目 の 履 修 にあたっては 単 位 の 修 得 だけではなく 優 れた 成 績 を 得 るように 努 力 しなければなり ません そのため 学 習 到 達 度 を 測 定 する 方 法 として GPA( 科 目 成 績 平 均 値 )を 算 出 し 成 績 通 知 表 に 記 載 しています GPAの 算 出 は 不 合 格 科 目 も 対 象 になります 履 修 登 録 した 授 業 科 目 について 登 録 の 取 り 消 しを 行 わないまま 途 中 で 履 修 を 放 棄 した 場 合 不 合 格 となり GPAが 下 がりますので 注 意 してください GPAは 次 のように 算 出 されます 4.0 秀 (S) の 修 得 単 位 数 +3.0 優 (A) の 修 得 単 位 数 +.0 良 (B) の 修 得 単 位 数 +.0 可 (C) の 修 得 単 位 数 総 履 修 登 録 単 位 数 ( 不 可 (F) の 単 位 数 を 含 む) ただし 他 大 学 で 修 得 した 単 位 互 換 科 目 認 定 科 目 および 卒 業 要 件 とならない 科 目 は GPAの 算 出 から 除 外 されます GPAの 主 な 利 用 方 法 等 は 以 下 のとおりです 学 部 学 科 課 程 等 によって 利 用 方 法 は 異 なりますの で 詳 細 は 各 学 部 の 履 修 案 内 等 を 参 照 してください. 各 学 生 が 自 分 の 学 習 の 結 果 を 総 合 的 に 判 定 する 指 標 となります 自 分 自 身 の 学 習 に 役 立 ててくだ さい. 各 学 部 学 科 課 程 等 において 学 習 指 導 に 利 用 したり コース 講 座 研 究 室 等 の 決 定 奨 学 金 の 申 請 などの 参 考 資 料 として 利 用 する 場 合 があります 3. 企 業 への 就 職 の 場 合 については 自 社 の 試 験 面 接 結 果 を 重 視 する 傾 向 が 強 く 在 学 中 の 成 績 はそ れほど 重 視 されていないのが 現 状 です それは 大 学 が 教 育 の 質 について 社 会 に 対 して 情 報 発 信 して こなかった 結 果 でもあります 社 会 が 大 学 教 育 の 質 に 目 を 向 ければ 当 然 重 要 な 意 味 を 持 ってくる と 考 えています 4. 留 学 したい 場 合 の 英 文 の 成 績 証 明 書 に GPAの 記 載 が 必 要 であれば 記 載 することができます その 際 には GPAの 算 出 には 不 合 格 科 目 が 含 まれていることが 記 述 されます ( 所 属 学 部 において 発 行 することができます )

8 [9] 他 大 学 との 単 位 互 換 科 目 の 履 修 () 放 送 大 学 の 科 目 履 修 本 学 は 放 送 大 学 との 間 で 千 葉 大 学 と 放 送 大 学 との 間 における 単 位 互 換 に 関 する 協 定 書 を 取 り 交 わ しています この 協 定 書 及 び 同 協 定 書 の 覚 書 に 基 づき 本 学 の 指 定 した 科 目 について 放 送 大 学 の 特 別 聴 講 学 生 となって 単 位 を 修 得 すれば 放 送 大 学 での 成 績 によって 普 遍 教 育 科 目 等 として 評 価 されます 履 修 希 望 者 は 出 願 期 間 内 に 普 遍 教 育 担 当 窓 口 で 特 別 聴 講 学 生 出 願 票 を 受 け 取 り 必 要 事 項 を 記 入 し 提 出 してください ( 放 送 大 学 学 生 証 用 に 写 真 が 必 要 です ) 履 修 期 間 第 学 期 ( 前 期 ):4 月 ~9 月 第 学 期 ( 後 期 ):0 月 ~ 翌 年 3 月 特 別 聴 講 学 生 の 出 願 についての 掲 示 第 学 期 ( 前 期 ): 前 年 度 の 月 頃 ( 平 成 4 年 度 前 期 の 受 付 は 既 に 終 了 ) 第 学 期 ( 後 期 ): 当 該 年 度 の7 月 頃 対 象 学 生 第 学 期 ( 前 期 ):~4 年 次 学 生 ( 受 付 時 ~3 年 次 ) 第 学 期 ( 後 期 ):~3 年 次 学 生 授 業 料,000 円 / 科 目 ) 千 葉 大 学 が 指 定 する 平 成 4 年 度 の 放 送 大 学 授 業 科 目 これらの 授 業 科 目 は 前 期 後 期 とも 開 講 されており 単 位 は 千 葉 大 学 での 認 定 単 位 数 及 び 区 分 を 表 します 授 業 科 目 の 内 容 等 に 関 しては 放 送 大 学 ホームページ(http://www.ouj.ac.jp/) 授 業 科 目 案 内 また は 普 遍 教 育 担 当 窓 口 で 確 認 してください 授 業 科 目 名 メディア 単 位 区 分 授 業 科 目 名 メディア 単 位 区 分 英 語 講 読 ( 08) 英 語 動 物 の 科 学 ( 09) 実 践 英 語 ( 0) 英 語 分 子 生 物 学 ( 09) 英 語 圏 の 言 語 と 文 化 ( ) 英 語 初 歩 からの 生 物 学 ( 08) ドイツ 語 入 門 Ⅰ( ) 生 物 界 の 変 遷 ( ) ドイツ 語 入 門 Ⅱ( ) 惑 星 地 球 の 進 化 ( 07) フランス 語 入 門 Ⅰ( ) 世 界 の 名 作 を 読 む( ) スペイン 語 入 門 Ⅰ( 07) 人 口 減 少 社 会 のライフスタイル( ) 中 国 語 入 門 Ⅰ( 0) 子 ども 若 者 の 文 化 と 教 育 ( ) 韓 国 語 入 門 Ⅰ( ) 舞 台 芸 術 への 招 待 ( ) コンピュータのしくみ( 08) 情 報 現 代 哲 学 への 挑 戦 ( ) ネットワークとサービス( ) 情 報 比 較 行 動 学 ( ) 進 化 する 情 報 社 会 ( ) 情 報 精 神 分 析 とユング 心 理 学 ( ) 地 中 海 世 界 の 歴 史 ( 09) 観 光 の 新 しい 潮 流 と 地 域 ( ) 感 染 症 と 生 体 防 御 ( 08) 科 学 的 探 究 の 方 法 ( ) 植 物 の 科 学 ( 09)

9 ) 履 修 上 の 注 意 修 得 した 授 業 科 目 のうち 卒 業 要 件 の 単 位 として 認 定 されるのは 4 単 位 までです 個 人 で 出 願 履 修 し 単 位 を 修 得 した 場 合 は 上 記 指 定 科 目 であっても 卒 業 要 件 単 位 として 認 定 され ません () 千 葉 圏 域 コンソーシアム( 神 田 外 語 大 学 敬 愛 大 学 城 西 国 際 大 学 )の 科 目 履 修 本 学 は 神 田 外 語 大 学 敬 愛 大 学 城 西 国 際 大 学 との 間 で 千 葉 圏 域 コンソーシアム を 形 成 し 単 位 互 換 協 定 書 を 取 り 交 わしています 各 大 学 の 開 放 科 目 について 特 別 聴 講 学 生 となって 単 位 を 修 得 す れば 普 遍 教 育 科 目 等 の 単 位 として 認 定 されます 履 修 希 望 者 は 普 遍 教 育 ホームページ(http://www.fuhenchibau.jp/)または 普 遍 教 育 担 当 窓 口 に て 募 集 要 項 等 を 確 認 し 手 続 きを 行 ってください 出 願 期 間 方 法 については 大 学 によって 異 なります 出 願 期 間 のめやす 前 期 : 前 年 度 の3 月 頃 後 期 :8 月 下 旬 ~9 月 頃 対 象 学 生 前 期 :~4 年 次 学 生 ( 受 付 時 ~3 年 次 ) 後 期 :~3 年 次 学 生 授 業 料 等 検 定 料 入 学 料 授 業 料 は 徴 収 されません ( 教 材 等 が 必 要 な 場 合 は 各 自 で 負 担 してください ) 開 放 科 目 各 大 学 の 開 放 科 目 については 出 願 期 間 までに 掲 示 及 び 普 遍 教 育 ホームページに 掲 載 し ます 授 業 内 容 については 各 大 学 のホームページよりシラバスを 確 認 してください (3) 海 外 留 学 について 在 学 中 に 海 外 の 大 学 へ 留 学 し 単 位 を 修 得 した 科 目 については 申 請 により 所 定 の 手 続 を 経 た 場 合 単 位 が 認 定 されることがあります 申 請 にあたっては 留 学 前 に 所 属 学 部 窓 口 に 留 学 計 画 書 を 提 出 し 帰 国 後 に 成 績 証 明 書 を 添 付 のうえ 海 外 留 学 修 得 単 位 認 定 申 請 書 を 提 出 してください 詳 しくは 所 属 学 部 学 務 担 当 窓 口 へ 問 い 合 わせてください

Ⅰ 単 位 制 学 位 大 学 における 授 業 科 目 の 履 修 は 単 位 制 によって 行 われる 単 位 制 とは 一 定 の 基 準 により 単 位 を 付 与 された 各 授 業 科 目 を 履 修 要 領 にしたがって 履 修 し 所 定 の 春 期 秋 期 の 試 験 (またはこれ

Ⅰ 単 位 制 学 位 大 学 における 授 業 科 目 の 履 修 は 単 位 制 によって 行 われる 単 位 制 とは 一 定 の 基 準 により 単 位 を 付 与 された 各 授 業 科 目 を 履 修 要 領 にしたがって 履 修 し 所 定 の 春 期 秋 期 の 試 験 (またはこれ 履 修 試 験 進 級 及 び 卒 業 Contents - 29 - Ⅰ 単 位 制 学 位 30 1. 授 業 日 数 と 単 位 算 定 の 基 準 30 2. 履 修 登 録 32 3. 授 業 時 間 33 Ⅱ 授 業 34 1. 出 席 欠 席 公 欠 34 2. 休 講 35 3. 補 講 35 Ⅲ 試 験 35 1. 定 期 試 験 35 2. 小 試 験 レポート 35 3. 追

More information

<81798DC58F49817A91538CB48D653134303931312E786477>

<81798DC58F49817A91538CB48D653134303931312E786477> 2014 年 度 履 修 登 録 の 手 引 き 後 期 セメスター 編 立 命 館 大 学 産 業 社 会 学 部 前 期 セメスターに 配 布 した 2014 年 度 履 修 登 録 の 手 引 き も 必 要 に 応 じて 参 照 してください 目 次 1.2014 年 度 後 期 履 修 受 講 登 録 に 関 するスケジュール 1 2. 受 講 登 録 ( 辞 退 ) 方 法 再 確 認

More information

untitled

untitled Ⅰ 学 生 生 活 1. 事 務 案 内 [1] 諸 手 続 き 一 覧 表 学 生 サービスセンター 全 学 共 通 教 育 係 共 通 教 育 の 修 学 指 導 に 関 すること ( 学 務 課 ) 教 師 教 育 資 格 教 育 支 援 係 教 育 実 習 学 芸 員 資 格 介 護 等 体 験 に 関 すること 共 通 教 育 棟 1 号 館 2 階 証 明 書 担 当 学 生 証 通 学

More information

1.Web 履 修 登 録 とは 大 学 では 同 じ 学 科 の 学 生 であっても 全 員 が 同 じ 科 目 を 受 けるわけではなく 各 自 が 選 択 した 科 目 を 履 修 しますので 学 生 ごとに 履 修 科 目 が 異 なります 学 生 は 毎 学 期 の 始 めに その 学 期

1.Web 履 修 登 録 とは 大 学 では 同 じ 学 科 の 学 生 であっても 全 員 が 同 じ 科 目 を 受 けるわけではなく 各 自 が 選 択 した 科 目 を 履 修 しますので 学 生 ごとに 履 修 科 目 が 異 なります 学 生 は 毎 学 期 の 始 めに その 学 期 東 北 工 業 大 学 ( 注 ) 各 種 問 い 合 わせ 窓 口 統 合 認 証 システムのパスワードを 忘 れた 場 合 の 再 発 行 について 情 報 サービスセンター 演 習 システム 管 理 室 八 木 山 ( 八 木 山 キャンパス8 号 館 1 階 ) 長 町 ( 長 町 キャンパス2 号 館 3 階 ) 統 合 認 証 システムのユーザID パスワードとは 本 学 情 報 サービスセンターが

More information

180404

180404 学 生 のみなさまへ 平 成 26 年 度 履 修 登 録 についてのお 知 らせ 履 修 する 授 業 科 目 の 登 録 は 履 修 登 録 システム で 行 うこととなっています 履 修 登 録 システムでは 履 修 登 録 の 他 に 学 生 本 人 の 基 本 情 報 ( 電 話 住 所 等 )の 入 力 内 容 確 認 や 学 生 自 身 で 住 所 の 変 更 ができる 学 生 基 本

More information

03-全学部入試一般入学試験p27-.indd

03-全学部入試一般入学試験p27-.indd 平 成 27 年 度 全 学 部 入 試 一 般 入 学 試 験 試 験 日 と 実 施 学 部 2 月 試 験 ( 前 期 ) 特 別 奨 学 生 採 用 対 象 試 験 - 成 績 上 位 者 100 名 に 奨 学 金 を 給 付 - 試 験 会 場 熊 谷 キャンパス 横 浜 さいたま 柏 高 崎 札 幌 仙 台 新 潟 静 岡 福 岡 2 月 試 験 ( 後 期 ) 試 験 会 場 熊 谷

More information

Microsoft Word - 【最終】28民間-受験案内_280421

Microsoft Word - 【最終】28民間-受験案内_280421 この 試 験 は 文 化 芸 術 スポーツ 分 野 又 は 地 域 おこし 協 力 隊 等 での 経 験 等 を 活 かし 意 欲 を 持 って 本 県 の 地 方 創 生 元 気 づくりの 展 開 に 向 けた 取 組 に 貢 献 していただけるかた 鳥 取 県 へのIターン Jターン Uターンを 希 望 しているかた 民 間 企 業 等 で 培 った 経 験 を 活 かし 鳥 取 県 職 員 として

More information

(4) 本 学 において 個 別 の 入 学 資 格 審 査 により 高 等 学 校 を 卒 業 した 者 と 同 等 以 上 の 学 力 があると 認 めた 者 で 18 歳 に 達 した 者 及 び 平 成 27 年 3 月 31 日 までに18 歳 に 達 する 者 注 1. 本 学 は 分

(4) 本 学 において 個 別 の 入 学 資 格 審 査 により 高 等 学 校 を 卒 業 した 者 と 同 等 以 上 の 学 力 があると 認 めた 者 で 18 歳 に 達 した 者 及 び 平 成 27 年 3 月 31 日 までに18 歳 に 達 する 者 注 1. 本 学 は 分 第 1 学 年 学 生 募 集 要 項 1 募 集 人 員 募 集 の 方 法 等 (1) 募 集 人 員 学 部 課 程 工 学 部 機 械 創 造 工 学 課 程 電 気 電 子 情 報 工 学 課 程 物 質 材 料 工 学 課 程 環 境 社 会 基 盤 工 学 課 程 生 物 機 能 工 学 課 程 情 報 経 営 システム 工 学 課 程 募 集 人 員 前 期 日 程 50 人 (2)

More information

6 出 願 書 類 (1)2017 年 度 朝 日 大 学 出 願 確 認 票 大 学 提 出 用 ( 本 学 所 定 の 用 紙 ) (2) 写 真 ( 正 面 上 半 身 脱 帽 で3カ 月 以 内 に 撮 影 した 背 景 無 地 の 写 真 縦 4cm 横 3cm) 出 願 確 認 票 の

6 出 願 書 類 (1)2017 年 度 朝 日 大 学 出 願 確 認 票 大 学 提 出 用 ( 本 学 所 定 の 用 紙 ) (2) 写 真 ( 正 面 上 半 身 脱 帽 で3カ 月 以 内 に 撮 影 した 背 景 無 地 の 写 真 縦 4cm 横 3cm) 出 願 確 認 票 の 歯 学 部 AO 入 学 試 験 ( Ⅰ 期 Ⅱ 期 ) 本 学 専 願 インターネット 出 願 1 出 願 資 格 本 学 専 願 で 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 者 (1) 高 等 学 校 ( 中 等 教 育 学 校 を 含 む 以 下 同 じ)を 卒 業 した 者 または2017 年 3 月 卒 業 見 込 みの 者 (2) 通 常 の 課 程 による12 年 の 学 校 教

More information

教 務 Webシステム( 学 生 用 ) 操 作 説 明 書 目 次. 概 要 2 2. 注 意 事 項 3 2-. 利 用 全 般 の 注 意 事 項 3 2-2. 学 習 申 告 上 の 注 意 事 項 4 3. 日 程 について 5 4. ログイン 6 5. トップページ 7 6. 学 部 -

教 務 Webシステム( 学 生 用 ) 操 作 説 明 書 目 次. 概 要 2 2. 注 意 事 項 3 2-. 利 用 全 般 の 注 意 事 項 3 2-2. 学 習 申 告 上 の 注 意 事 項 4 3. 日 程 について 5 4. ログイン 6 5. トップページ 7 6. 学 部 - 教 務 Webシステム ( 学 生 用 ) 操 作 説 明 書 修 正 版 更 新 日 :204//07 表 紙 国 立 大 学 法 人 東 京 工 業 大 学 204 年 月 教 務 Webシステム( 学 生 用 ) 操 作 説 明 書 目 次. 概 要 2 2. 注 意 事 項 3 2-. 利 用 全 般 の 注 意 事 項 3 2-2. 学 習 申 告 上 の 注 意 事 項 4 3. 日 程

More information

学 歌

学 歌 学 歌 平 成 0 年 度 学 年 暦 ( 工 学 部 ) 平 成 0 年 度 学 年 暦 ( 情 報 工 学 部 ) 目 次 九 州 工 業 大 学 のあゆみ 学 科 の 変 遷 3 組 織 6 九 州 工 業 大 学 学 則 7 工 学 部 Ⅰ 九 州 工 業 大 学 工 学 部 学 修 細 則 4 人 間 科 学 科 目 履 修 課 程 表 ⑴ 人 間 科 学 基 礎 科 目 8 ⑵ 副 専

More information

1 の 方 法 種 目 方 法 内 容 配 点 時 間 1 2 基 教 礎 養 自 己 P R シート 論 人 文 物 択 一 式 知 識 分 野 20 問 必 須 解 答 知 能 分 野 20 問 必 須 解 答 記 述 式 記 述 式 1 題 必 須 解 答 1,2 0 字 程 度 ( 1 日

1 の 方 法 種 目 方 法 内 容 配 点 時 間 1 2 基 教 礎 養 自 己 P R シート 論 人 文 物 択 一 式 知 識 分 野 20 問 必 須 解 答 知 能 分 野 20 問 必 須 解 答 記 述 式 記 述 式 1 題 必 須 解 答 1,2 0 字 程 度 ( 1 日 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 神 奈 川 チャレンジ 早 期 枠 のお 知 らせ 神 奈 川 県 職 員 採 用 Ⅰ 種 行 政 ( 神 奈 川 チャレンジ 早 期 枠 ) 民 間 企 業 志 望 だけど 公 務 員 にも 興 味 がある そんな 方 にもチャレンジしていただきたい です 専 門 はありません 自 己 PRシートやプレゼンテーションで 意 欲 向 上 心 行 動 力

More information

[静岡大学の理念]

[静岡大学の理念] 各 位 静 岡 大 学 大 学 院 人 文 社 会 科 学 研 究 科 本 研 究 科 経 済 専 攻 第 2 次 募 集 要 項 については 次 項 以 降 に 掲 載 しておりますが 実 際 の 出 願 にあたっては 下 記 の 請 求 方 法 により 学 生 募 集 要 項 を 入 手 し 所 定 の 様 式 により 出 願 をお 願 いします 記 学 生 募 集 要 項 の 請 求 方 法

More information

個 人 情 報 の 取 り 扱 いについて 出 願 および 入 学 手 続 にあたってお 知 らせいただいた 氏 名 住 所 その 他 の 個 人 情 報 は 1 入 学 試 験 実 施 ( 出 願 処 理 試 験 実 施 )2 合 格 発 表 3 入 学 手 続 と これらに 付 随 する 事 項

個 人 情 報 の 取 り 扱 いについて 出 願 および 入 学 手 続 にあたってお 知 らせいただいた 氏 名 住 所 その 他 の 個 人 情 報 は 1 入 学 試 験 実 施 ( 出 願 処 理 試 験 実 施 )2 合 格 発 表 3 入 学 手 続 と これらに 付 随 する 事 項 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 上 智 大 学 大 学 院 入 試 要 項 ( 共 通 ) 文 学 研 究 科 ( 哲 学 専 攻 ) 実 践 宗 教 学 研 究 科 ( 死 生 学 専 攻 ) 含 む この 入 試 要 項 ( 共 通 )には 上 智 大 学 大 学 院 入 学 試 験 における 全 専 攻 共 通 事 項 ( 出 願 資 格 出 願 手 続 入 試 日 程 奨 学

More information

1 試 験 区 分 採 用 予 定 人 員 勤 務 先 及 び 勤 務 内 容 並 びに 受 験 資 格 試 験 区 分 事 務 大 学 卒 病 院 事 務 大 学 卒 土 木 大 学 卒 採 用 予 定 人 員 3 名 程 度 1 名 程 度 1 名 程 度 勤 務 先 及 び 勤 務 内 容 さ

1 試 験 区 分 採 用 予 定 人 員 勤 務 先 及 び 勤 務 内 容 並 びに 受 験 資 格 試 験 区 分 事 務 大 学 卒 病 院 事 務 大 学 卒 土 木 大 学 卒 採 用 予 定 人 員 3 名 程 度 1 名 程 度 1 名 程 度 勤 務 先 及 び 勤 務 内 容 さ 平 成 28 年 度 さぬき 市 職 員 募 集 要 項 A 事 務 大 学 卒 病 院 事 務 大 学 卒 土 木 大 学 卒 建 築 大 学 卒 税 務 専 門 職 保 健 師 保 育 士 幼 稚 園 教 諭 申 込 受 付 平 成 28 年 7 月 19 日 火 ~ 8 月 15 日 月 第 1 次 試 験 平 成 28 年 9 月 18 日 日 1 試 験 区 分 採 用 予 定 人 員 勤

More information

Ⅰ 募 集 人 員 入 試 日 程 入 試 区 分 学 部 人 間 心 理 社 会 学 部 メディアコミュニケーション 学 部 現 代 社 会 経 営 社 会 マス コミュニケーション 情 報 文 化 こどもコミュニケーション 推 薦 入 試 1 1 期 23 名 15 名 20 名 20 名 15

Ⅰ 募 集 人 員 入 試 日 程 入 試 区 分 学 部 人 間 心 理 社 会 学 部 メディアコミュニケーション 学 部 現 代 社 会 経 営 社 会 マス コミュニケーション 情 報 文 化 こどもコミュニケーション 推 薦 入 試 1 1 期 23 名 15 名 20 名 20 名 15 Ⅰ 募 集 人 員 入 試 日 程 入 試 区 分 学 部 人 間 心 理 社 会 学 部 メディアコミュニケーション 学 部 現 代 社 会 経 営 社 会 マス コミュニケーション 情 報 文 化 こどもコミュニケーション 推 薦 入 試 1 1 期 23 名 15 名 20 名 20 名 15 名 2 期 7 名 6 名 6 名 6 名 6 名 20 名 一 般 入 試 1 期 17 名 10

More information

平 成 28 度 秋 入 学 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 社 会 人 入 学 試 験 要 項 1. 趣 旨 大 学 院 への 社 会 人 入 学 制 度 は 企 業 官 公 庁 等 の 在 職 者 または 一 定 期 間 実 践 的 な 社 会 人

平 成 28 度 秋 入 学 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 社 会 人 入 学 試 験 要 項 1. 趣 旨 大 学 院 への 社 会 人 入 学 制 度 は 企 業 官 公 庁 等 の 在 職 者 または 一 定 期 間 実 践 的 な 社 会 人 平 成 28 度 秋 入 学 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 入 学 試 験 要 項 社 会 人 入 試 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 アドミッションポリシー 21 世 紀 の 知 識 基 盤 社 会 において 大 学 院 における 高 い 専 門 的 知 識 能 力 をもつ 高 度 専 門 職 業 人 の 養 成 や 産 業

More information

はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては 公 正 な 使 用 により 最 小 の 費 用 で 最 大 の 効 果 をあげるよう 経 費 を 効 率 的 に 使 用 することが

はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては 公 正 な 使 用 により 最 小 の 費 用 で 最 大 の 効 果 をあげるよう 経 費 を 効 率 的 に 使 用 することが 平 成 26 年 7 月 作 成 平 成 26 年 度 科 学 研 究 費 補 助 金 使 用 のルール 長 浜 バイオ 大 学 研 究 推 進 機 構 事 務 室 center.jim@nagahama-i-bio.ac.jp 1 はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては

More information

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3 販 路 拡 大 促 進 事 業 委 託 業 務 プロポーザル 募 集 要 項 留 意 事 項 平 成 28 年 第 1 回 岐 阜 県 議 会 定 例 会 おいて 本 事 業 係 る 予 算 案 が 可 決 成 立 しな い 場 合 は 今 回 の 企 画 提 案 よる 委 託 業 務 の 執 行 は 行 いませんので 予 めご 承 知 願 いま す なお 上 記 伴 い プロポーザル 参 加 者

More information

Microsoft Word - 短 131 28第1部 第3章 授業

Microsoft Word - 短 131 28第1部 第3章 授業 第 3 章 授 業 1. 授 業 回 数 授 業 は 各 学 期 とも 15 回 行 うことを 標 準 としています ただし 8 回 で 完 結 するものもあります 2. 学 年 暦 ( 学 事 日 程 ) 本 学 における 今 年 度 の 学 事 日 程 は 表 紙 裏 にある 予 定 表 のとおり 計 画 されています なお 各 学 期 とも 15 回 の 授 業 回 数 を 確 保 するため

More information

Ⅰ 持 出 厳 禁 100-100 帝 京 大 学 宇 都 宮 キャンパス オンライン 履 修 登 録 システム (Web 履 修 登 録 ) 社 会 的 スキル 確 認 LMS 操 作 マニュアル 同 時 アクセスによる 不 具 合 を 防 ぐため 人 数 に 制 限 をしています 履 修 を 決 めた 科 目 から 順 次 登 録 を 済 ませる 等 余 裕 をもって 行 いましょう 登 録 後 は

More information

大阪芸術大学 WEB履修登録システム操作マニュアル

大阪芸術大学 WEB履修登録システム操作マニュアル 2016( 平 成 28) 年 度 WEB 履 修 登 録 システム 操 作 マニュアル 大 阪 芸 術 大 学 - 1 - 1.はじめに 1-1 WEB 履 修 登 録 システムについて 1-2 予 備 登 録 と 本 登 録 について 2.ログインの 方 法 2-1 ユーザーID パスワード 2-2 学 内 (インターネットルーム)で 利 用 する 場 合 2-3 学 外 から 利 用 する 場

More information

種 目 の 方 法 第 1 次 種 目 基 礎 能 力 ( 多 肢 選 択 式 ) 専 門 ( 多 肢 選 択 式 ) 専 門 ( 記 述 式 ) 労 働 基 準 監 督 A 労 働 基 準 監 督 B 比 率 公 務 員 として 必 要 な 基 礎 的 な 能 力 ( 知 能 及 び 知 識 )に

種 目 の 方 法 第 1 次 種 目 基 礎 能 力 ( 多 肢 選 択 式 ) 専 門 ( 多 肢 選 択 式 ) 専 門 ( 記 述 式 ) 労 働 基 準 監 督 A 労 働 基 準 監 督 B 比 率 公 務 員 として 必 要 な 基 礎 的 な 能 力 ( 知 能 及 び 知 識 )に 平 成 28 年 度 国 家 公 務 員 労 働 基 準 監 督 官 採 用 大 学 卒 業 程 度 受 験 案 内 人 事 院 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 監 督 官 は 5,200 万 人 の 労 働 者 の 職 業 生 活 や 生 命 と 健 康 を 守 り 人 間 尊 重 の 基 本 理 念 に 立 脚 した 法 定 の 労 働 条 件 を 確 保 することを 任 務 とし 厚 生

More information

8

8 平 成 28 年 度 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 所 整 備 事 業 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 八 尾 市 地 域 福 祉 部 高 齢 介 護 課 1 0 1. 募 集 の 趣 旨 八 尾 市 ( 以 下 市 という )では 第 6 期 八 尾 市 高 齢 者 保 健 福 祉 計 画 及 び 介 護 保 険 事 業 計 画 ( 以 下 第 6 期 計

More information

Microsoft Word - 2016saionji.doc

Microsoft Word - 2016saionji.doc 2016 年 度 経 営 学 部 西 園 寺 育 英 奨 学 金 募 集 要 項 1. 主 旨 と 目 的 立 命 館 大 学 では 2000 年 度 から 西 園 寺 育 英 奨 学 金 制 度 を 発 足 させました 2012 年 度 に 全 学 の 奨 学 金 制 度 改 革 を 行 い 西 園 寺 育 英 奨 学 金 もこれに 併 せて 成 績 優 秀 者 を 励 ますというこれまでの 趣

More information

公立大学法人会津大学

公立大学法人会津大学 公 立 大 学 法 人 会 津 大 学 育 休 代 替 職 員 採 用 試 験 受 験 案 内 会 津 大 学 事 務 局 総 務 予 算 課 総 務 係 965-8580 会 津 若 松 市 一 箕 町 鶴 賀 90 番 地 電 話 (0242)37-2500 会 津 大 学 又 は 会 津 大 学 短 期 大 学 部 において 育 児 休 業 を 取 得 する 職 員 の 代 替 職 員 として

More information

いよいよ2 年 次 のスタートです! これから 履 修 の 説 明 をします 特 に 不 安 がある 人 はしっかり 聞 きましょう! 年 度 末 には3 年 次 配 当 科 目 履 修 のための 要 件 チェックが 行 われます 要 件 を 満 たしていない 場 合 来 年 度 1 学 期 3 年

いよいよ2 年 次 のスタートです! これから 履 修 の 説 明 をします 特 に 不 安 がある 人 はしっかり 聞 きましょう! 年 度 末 には3 年 次 配 当 科 目 履 修 のための 要 件 チェックが 行 われます 要 件 を 満 たしていない 場 合 来 年 度 1 学 期 3 年 2 年 次 生 履 修 オリエンテーション Copyright, 2002 Reitaku University, Academic Office 学 務 部 教 務 グループ 平 成 28 年 4 月 1 いよいよ2 年 次 のスタートです! これから 履 修 の 説 明 をします 特 に 不 安 がある 人 はしっかり 聞 きましょう! 年 度 末 には3 年 次 配 当 科 目 履 修 のための

More information

教 育 目 標 本 学 では 医 学 領 域 を 主 にした 学 問 を 基 盤 に 理 学 療 法 士 として 必 要 な 高 い 専 門 知 識 と 技 術 の 修 得 学 問 への 探 求 心 の 育 成 患 者 の 心 理 の 理 解 と 援 助 に 努 め 多 様 な 職 種 及 び 社

教 育 目 標 本 学 では 医 学 領 域 を 主 にした 学 問 を 基 盤 に 理 学 療 法 士 として 必 要 な 高 い 専 門 知 識 と 技 術 の 修 得 学 問 への 探 求 心 の 育 成 患 者 の 心 理 の 理 解 と 援 助 に 努 め 多 様 な 職 種 及 び 社 目 次 教 育 目 標 養 成 する 人 材 像 アドミッションポリシー 1 選 抜 方 式 募 集 人 員 1 入 学 検 定 料 1 A O 入 試 2 社 会 人 / 大 卒 者 入 試 3 推 薦 入 試 4 一 般 入 試 5 出 願 手 続 6 出 願 上 の 注 意 8 試 験 当 日 の 注 意 事 項 8 合 格 発 表 通 知 の 方 法 8 学 納 金 等 9 入 学 辞 退

More information

目 次 Ⅰ. 公 的 研 究 費 の 管 理 執 行 について 1. 公 的 研 究 費 の 取 り 扱 い 方 法 2 2. 預 金 の 方 法 2 3. 預 金 の 管 理 3 4. 預 金 口 座 の 解 約 3 5. 研 究 費 の 執 行 期 限 3 6. 研 究 費 の 合 算 使 用

目 次 Ⅰ. 公 的 研 究 費 の 管 理 執 行 について 1. 公 的 研 究 費 の 取 り 扱 い 方 法 2 2. 預 金 の 方 法 2 3. 預 金 の 管 理 3 4. 預 金 口 座 の 解 約 3 5. 研 究 費 の 執 行 期 限 3 6. 研 究 費 の 合 算 使 用 平 成 2 6 年 度 日 本 医 科 大 学 公 的 研 究 費 ( 直 接 経 費 ) 取 扱 要 領 平 成 26 年 4 月 1 日 日 本 医 科 大 学 事 務 局 研 究 推 進 部 研 究 推 進 課 目 次 Ⅰ. 公 的 研 究 費 の 管 理 執 行 について 1. 公 的 研 究 費 の 取 り 扱 い 方 法 2 2. 預 金 の 方 法 2 3. 預 金 の 管 理 3 4.

More information

Microsoft Word - マニュアル2014.doc

Microsoft Word - マニュアル2014.doc 1.はじめに 1-1 WEB 履 修 登 録 システムについて 1-2 予 備 登 録 と 本 登 録 について 2.ログインの 方 法 2-1 ユーザーID パスワード 2-2 学 内 (インターネットルーム)で 利 用 する 場 合 2-3 学 外 から 利 用 する 場 合 2-4 操 作 上 の 諸 注 意 2-5 タイムアウトについて 2-6 登 録 作 業 の 途 中 で 利 用 可 能

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332D622991E58A77894093FC8E8E95E58F5797768D80>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332D622991E58A77894093FC8E8E95E58F5797768D80> 聖 心 女 子 大 学 University of the Sacred Heart, Tokyo 2017( 平 成 29) 年 度 大 学 院 文 学 研 究 科 学 生 募 集 要 項 ( 9 月 期 入 試 / 2 月 期 入 試 ) < 修 士 課 程 博 士 前 期 課 程 > 英 語 英 文 学 専 攻 日 本 語 日 本 文 学 専 攻 哲 学 専 攻 史 学 専 攻 社 会 文 化

More information

奈 良 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 第 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 について 1. 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 ( 以 下 のいずれかに 該 当 する 方 は 公 有 財 産 売 却 へ 参 加 することができません) (1) 地 方 自 治

奈 良 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 第 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 について 1. 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 ( 以 下 のいずれかに 該 当 する 方 は 公 有 財 産 売 却 へ 参 加 することができません) (1) 地 方 自 治 奈 良 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ( 以 下 公 有 財 産 売 却 といいます)をご 利 用 いただくには 以 下 の 誓 約 書 および 奈 良 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン をよくお 読 みいただき 同 意 してい ただくことが 必 要 です また 公 有 財 産 売 却 の 手 続 きなどに 関 して 奈 良 市 インターネット 公 有 財 産

More information

Microsoft Word - ★2016【科目等履修生】 募集要項_20160127.docx

Microsoft Word - ★2016【科目等履修生】 募集要項_20160127.docx 2016 年 度 科 目 等 履 修 生 ( 一 般 履 修 生 ) 募 集 要 項 早 稲 田 大 学 グローバルエデュケーションセンター 1. 出 願 資 格 高 等 学 校 卒 業 ( 卒 業 見 込 み 者 を 含 む)またはこれと 同 等 以 上 の 学 力 があると 認 められた 者 ただし 大 学 院 生 対 象 科 目 を 履 修 希 望 する 場 合 は 学 部 卒 業 者 またはこれと

More information

経 者 の 部 の 職 務 経 についての 注 意 事 項 1 看 護 師 助 産 師 免 許 取 得 後 の 医 療 機 関 等 における( 正 ) 看 護 師 助 産 師 としての 職 務 経 に は 病 院 ( 公 的 病 院 を 含 む) 診 療 所 老 人 保 健 施 設 等 において (

経 者 の 部 の 職 務 経 についての 注 意 事 項 1 看 護 師 助 産 師 免 許 取 得 後 の 医 療 機 関 等 における( 正 ) 看 護 師 助 産 師 としての 職 務 経 に は 病 院 ( 公 的 病 院 を 含 む) 診 療 所 老 人 保 健 施 設 等 において ( 平 成 28 年 度 札 幌 市 職 員 選 考 採 用 試 平 成 28 年 (2016 年 )5 月 2 日 札 幌 市 病 院 局 経 営 管 理 部 市 立 札 幌 病 院 看 護 師 助 産 師 選 考 採 用 試 案 内 試 日 第 1 回 平 成 28 年 6 月 17 日 ( 金 ) ~ 平 成 28 年 6 月 19 日 ( 日 ) 第 2 回 平 成 28 年 8 月 5 日 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031362E30342E30315F91E5924A91E58A77925A8AFA91E58A7795948A7791A5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031362E30342E30315F91E5924A91E58A77925A8AFA91E58A7795948A7791A5> 大 谷 大 学 短 期 大 学 部 学 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 大 谷 大 学 短 期 大 学 部 ( 以 下 本 学 という )は 教 育 基 本 法 及 び 学 校 教 育 法 による 短 期 大 学 として 仏 教 の 精 神 に 基 づき 職 業 に 必 要 な 専 門 教 育 を 施 し 教 養 ある 有 能 な 社 会 人 を 育 成 することを 目 的 とする

More information

AO-29-通し.indd

AO-29-通し.indd 平 成 29 年 度 (2017 年 度 ) 教 育 学 部 学 校 教 育 課 程 AO 入 試 学 生 募 集 要 項 添 付 用 紙 ( 綴 じ 込 み) この 要 項 には, 次 の 本 学 部 所 定 の 用 紙 が 綴 じ 込 みで 添 付 されています AO 入 試 志 願 票 AO 入 試 写 真 票 受 験 票 AO 入 試 自 己 推 薦 書 AO 入 試 自 己 推 薦 書 補

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B90A78CC0957488EA94CA8BA3918893FC8E44899E95E588C493E08140816993648E71313030373035816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B90A78CC0957488EA94CA8BA3918893FC8E44899E95E588C493E08140816993648E71313030373035816A2E646F63> 制 限 付 一 般 競 争 入 札 の 応 募 案 内 ( 工 事 電 子 方 式 ) 明 石 市 財 務 部 契 約 課 この 応 募 案 内 は 明 石 市 財 務 部 契 約 課 及 び 明 石 市 水 道 部 ( 以 下 契 約 課 という )の 発 注 する 工 事 の 制 限 付 一 般 競 争 入 札 ( 電 子 方 式 )の 参 加 にあたり 必 要 な 手 続 きや 注 意 事 項

More information

<30315F3030348D738E9695CA93FA92F628323031328A778A4F97702981693132303131348A9993638F4390B3816A2E786C73>

<30315F3030348D738E9695CA93FA92F628323031328A778A4F97702981693132303131348A9993638F4390B3816A2E786C73> 1 工 学 院 大 学 学 則 第 1 章 目 的 第 1 条 本 学 は 教 育 基 本 法 および 学 校 教 育 法 に 則 り 大 学 として 広 く 知 識 を 授 け 人 格 の 完 成 をはかるとともに 工 学 に 関 する 高 等 の 理 論 とその 応 用 を 教 授 ならびに 研 究 し 人 類 の 福 祉 に 貢 献 し 得 る 人 材 を 育 成 することを 目 的 とする

More information

平成22年度

平成22年度 平 成 27 年 度 横 浜 市 職 員 採 用 試 験 受 験 案 内 ( 高 校 卒 程 度 免 許 資 格 職 など) 平 成 27 年 6 月 横 浜 市 人 事 委 員 会 募 集 職 種 事 務 土 木 機 械 電 気 保 育 士 司 書 学 校 栄 養 職 員 ( 救 急 救 命 士 ) 第 一 次 試 験 日 平 成 27 年 9 月 27 日 ( 日 ) 24 時 間 申 込 可

More information

修正案_Yahoo!_H26.9

修正案_Yahoo!_H26.9 群 馬 県 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン(Yahoo! 版 ) 第 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 など 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 以 下 のいずれかに 該 当 する 方 は 公 有 財 産 売 却 へ 参 加 することができません (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 または 第 2 項 各 号 に

More information

1 試 験 区 分 採 用 予 定 人 員 勤 務 先 及 び 勤 務 内 容 並 びに 受 験 資 格 試 験 区 分 採 用 予 定 勤 務 先 及 び 人 員 勤 務 内 容 受 験 資 格 事 務 1 名 程 度 さぬき 市 の 市 長 部 次 のすべての 要 件 を 満 たしている 人 大

1 試 験 区 分 採 用 予 定 人 員 勤 務 先 及 び 勤 務 内 容 並 びに 受 験 資 格 試 験 区 分 採 用 予 定 勤 務 先 及 び 人 員 勤 務 内 容 受 験 資 格 事 務 1 名 程 度 さぬき 市 の 市 長 部 次 のすべての 要 件 を 満 たしている 人 大 平 成 28 年 度 身 体 障 害 者 を 対 象 とした さぬき 市 職 員 募 集 要 項 B 事 務 申 込 受 付 平 成 28 年 7 月 19 日 火 ~ 8 月 15 日 月 第 1 次 試 験 平 成 28 年 9 月 18 日 日 1 試 験 区 分 採 用 予 定 人 員 勤 務 先 及 び 勤 務 内 容 並 びに 受 験 資 格 試 験 区 分 採 用 予 定 勤 務 先

More information

~ 目 次 ~ 1. 履 修 登 録 のながれ 1 2. 利 用 可 能 な 機 能 について 2 3.Web 履 修 登 録 画 面 へのログイン ログアウト 方 法 3 4. 予 備 登 録 ( 定 員 設 定 科 目 の 履 修 ) (1) 予 備 登 録 5 (2) 予 備 登 録 状 況

~ 目 次 ~ 1. 履 修 登 録 のながれ 1 2. 利 用 可 能 な 機 能 について 2 3.Web 履 修 登 録 画 面 へのログイン ログアウト 方 法 3 4. 予 備 登 録 ( 定 員 設 定 科 目 の 履 修 ) (1) 予 備 登 録 5 (2) 予 備 登 録 状 況 Web 履 修 登 録 マニュアル 問 い 合 わせ 先 履 修 方 法 や 授 業 に 関 すること 学 部 事 務 課 ( 本 館 2 階 ) システムへのアクセスやパスワード 等 について 情 報 基 盤 センターオフィス(3 号 館 1 階 ) ~ 目 次 ~ 1. 履 修 登 録 のながれ 1 2. 利 用 可 能 な 機 能 について 2 3.Web 履 修 登 録 画 面 へのログイン

More information

180404

180404 平 成 28 年 度 履 修 登 録 について 履 修 する 授 業 科 目 の 登 録 は 教 育 情 報 システム ( 学 生 ポータル)で 行 うこととなっています 学 生 ポータルでは 履 修 登 録 の 他 に 学 生 本 人 の 基 本 情 報 の 内 容 確 認 や 学 生 自 身 で 連 絡 先 等 の 変 更 ができる 連 絡 先 情 報 入 力 の 機 能 があります 最 初 の

More information

平成27年度日本赤十字北海道看護大学 学生募集要項

平成27年度日本赤十字北海道看護大学 学生募集要項 目 次 はじめに/アドミッションポリシー/ 特 待 生 制 度 1 平 成 27 年 度 入 学 試 験 の 概 要 2 推 薦 入 学 試 験 4 一 般 入 学 試 験 ( 前 期 ) 6 一 般 入 学 試 験 ( 後 期 ) 8 大 学 入 試 センター 試 験 利 用 入 学 試 験 10 社 会 人 入 学 試 験 12 授 業 料 等 の 納 付 金 14 奨 学 金 15 注 意 事

More information

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件 入 札 公 告 ( 件 名 :S16-386 ソフトウェアの 調 達 に 関 する 入 札 実 施 の 件 ) 2016 年 9 月 30 日 日 本 銀 行 では 下 記 の 要 領 によるソフトウェアの 調 達 を 一 般 競 争 入 札 に 付 します 日 本 銀 行 システム 情 報 局 記 1. 電 子 入 札 システムの 利 用 本 入 札 案 件 は 原 則 として 日 本 銀 行 電

More information

1 平 成 28 年 度 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 事 業 者 募 集 要 項 平 成 28 年 3 月 高 崎 市 福 祉 部 長 寿 社 会 課 1. 募 集 の 趣 旨 本 市 では 施 設 入 所 を 必 要 とする 人 に 対 して 幅 広 い 選 択 肢 の 中 から 必 要 なサービスを 提 供 できる 体 制 を 整 備 するため 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介

More information

4. 私 は 御 代 田 町 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 入 札 説 明 書 入 札 公 告 等 の 各 条 項 をよく 読 み 入 札 物 件 の 状 況 など これらについてすべて 承 知 のうえ 参 加 しますので 後 日 これらの 事 柄 について 御 代 田 町

4. 私 は 御 代 田 町 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 入 札 説 明 書 入 札 公 告 等 の 各 条 項 をよく 読 み 入 札 物 件 の 状 況 など これらについてすべて 承 知 のうえ 参 加 しますので 後 日 これらの 事 柄 について 御 代 田 町 御 代 田 町 インターネット 公 有 財 産 売 却 ( 以 下 公 有 財 産 売 却 といいます)をご 利 用 いた だくには 以 下 の 誓 約 書 および 御 代 田 町 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン ( 以 下 本 ガイドライン といいます) をよくお 読 みいただき 同 意 していただくことが 必 要 です また 公 有 財 産 売 却 の 手 続 きなどに 関

More information

1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等

1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等 北 見 市 障 害 福 祉 サービス 請 求 等 ( 地 域 生 活 支 援 事 業 除 く)の 手 引 き - 目 次 - 1. 対 象 サービス -2-2. 障 害 福 祉 サービスの 流 れ( 概 要 ) -3-3. 契 約 -4- 受 給 者 証 への 記 載 契 約 内 容 報 告 書 についてはこちら 4. サービス 提 供 -5- 計 画 サービス 提 供 の 確 認 についてはこちら

More information

<95CA8E86825281408AD490DA8BC696B183568358836583808B40945C8A5497762E786C73>

<95CA8E86825281408AD490DA8BC696B183568358836583808B40945C8A5497762E786C73> 間 接 業 務 システム 機 能 概 要 ( 人 事 給 与 総 務 ) 別 紙 3 人 事 給 与 人 事 共 通 システム 人 事 システムを 使 用 する 者 の 利 用 範 囲 及 び 閲 覧 の 制 限 を 行 うこと 管 者 権 限 付 与 が 必 要 な 機 能 に 関 しては 別 にログインID PWの 設 定 を 行 うこと システム 内 で 起 案 確 認 承 認 等 が 行 われた

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

各種申請手続及び届出の手引きQ&A

各種申請手続及び届出の手引きQ&A 各 種 申 請 手 続 及 び 届 出 に 関 するQ&A 1 研 修 事 業 者 指 定 申 請 研 修 事 業 指 定 申 請 (Q1-1) 通 学 形 式 の 事 業 者 として 指 定 を 受 けましたが 新 たに 通 信 形 式 での 研 修 を 計 画 した 場 合 研 修 事 業 の 指 定 申 請 のみを 行 えばよいですか (A1-1) 違 います 事 業 者 指 定 された 形

More information

公立大学法人岩手県立大学職員採用選考試験受験案内

公立大学法人岩手県立大学職員採用選考試験受験案内 平 成 25 年 度 身 体 障 がい 者 を 対 象 とした 公 立 大 学 法 人 職 員 採 用 選 考 受 験 案 内 ~ 任 期 付 職 員 事 務 局 一 般 系 ~ 公 立 大 学 法 人 担 当 : 事 務 局 企 画 室 人 事 給 与 グループ 020-0193 岩 手 県 岩 手 郡 滝 沢 村 滝 沢 字 巣 子 152-52 電 話 :019-694-2038( 企 画 室

More information

出 願 から 入 学 手 続 までの 流 れ 受 験 する 専 攻 入 試 の 種 類 及 び 日 程 の 決 定 2 日 程 一 覧 を 参 照 出 願 書 類 の 準 備 出 願 受 付 開 始 ( 第 2 期 ) 8 月 10 日 ( 水 )~ 入 学 志 願 票 調 査 票 証 明 書 類

出 願 から 入 学 手 続 までの 流 れ 受 験 する 専 攻 入 試 の 種 類 及 び 日 程 の 決 定 2 日 程 一 覧 を 参 照 出 願 書 類 の 準 備 出 願 受 付 開 始 ( 第 2 期 ) 8 月 10 日 ( 水 )~ 入 学 志 願 票 調 査 票 証 明 書 類 平 成 28(2016) 年 度 10 月 入 学 平 成 29(2017) 年 度 4 月 入 学 産 業 技 術 大 学 院 大 学 産 業 技 術 研 究 科 ( 専 門 職 学 位 課 程 ) 情 報 アーキテクチャ 専 攻 創 造 技 術 専 攻 AIIT 単 位 バンク 登 録 生 ( 科 目 等 履 修 生 ) 向 け 入 試 学 生 募 集 要 項 第 2 期 AIIT 単 位 バンク

More information

目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入

目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入 目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入 学 手 続 等 8 12 ホームページ 10 13 問 い 合 わせ 先 10 願 書 等 の 記 入

More information

1510-0536.indd

1510-0536.indd 平 成 28(2016) 年 度 大 学 院 前 期 博 士 課 程 ( 修 士 課 程 ) 学 生 募 集 要 項 ( 再 募 集 ) 経 営 学 研 究 科 経 済 学 研 究 科 法 学 研 究 科 文 学 研 究 科 理 学 研 究 科 生 活 科 学 研 究 科 医 学 研 究 科 創 造 都 市 研 究 科 看 護 学 研 究 科 の 募 集 要 項 は 別 途 発 行 大 阪 市 立

More information

1 育 休 付 職 員 及 び 育 短 付 職 員 について 育 休 付 職 員 とは 県 庁 や 県 の 出 先 機 関 ( 知 事 部 局 教 育 委 員 会 公 営 企 業 等 の 各 機 関 で 育 児 休 業 を 取 得 する 職 員 の 代 替 職 員 として 勤 務 をします 給 与

1 育 休 付 職 員 及 び 育 短 付 職 員 について 育 休 付 職 員 とは 県 庁 や 県 の 出 先 機 関 ( 知 事 部 局 教 育 委 員 会 公 営 企 業 等 の 各 機 関 で 育 児 休 業 を 取 得 する 職 員 の 代 替 職 員 として 勤 務 をします 給 与 260-8667 千 葉 市 中 央 区 市 場 町 1-1( 県 庁 南 庁 舎 5 階 問 合 せ 先 人 事 委 員 会 事 務 局 用 課 電 話 043-223-3717 ホームページ http://www.pref.chiba.lg.jp/ 受 付 間 千 葉 県 では 育 児 休 業 や 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 の 代 替 として 付 職 員 ( 育 休 付 職 員 及 び

More information

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 の 手 引 き 横 浜 市 健 康 福 祉 局 監 査 課 電 話 045(671)4195 FAX 045(662)1658 E- mail kf-kansa-shomu@city.yokohama.jp 平 成 25 年 7 月 改 訂 目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2

More information

取引規定(ANA_.doc

取引規定(ANA_.doc スルガ Visa デビットカード 会 員 規 約 第 1 条 ( 会 員 ) 1.スルガ 銀 行 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という )に 普 通 預 金 ( 総 合 口 座 取 引 の 普 通 預 金 を 含 む ) 口 座 を 開 設 し 本 規 約 を 承 認 のうえ 当 社 が 運 営 するデビットカード 取 引 システム( 以 下 カードシステム という )への 入 会 を 申 し

More information

豊 岡 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 第 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 など 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 次 のいずれかに 該 当 する 方 は 公 有 財 産 売 却 へ 参 加 することができません (1) 地 方 自 治 法 施

豊 岡 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 第 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 など 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 次 のいずれかに 該 当 する 方 は 公 有 財 産 売 却 へ 参 加 することができません (1) 地 方 自 治 法 施 誓 約 書 及 び 豊 岡 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 豊 岡 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ( 以 下 公 有 財 産 売 却 という )をご 利 用 いただくには 以 下 の 誓 約 書 および 豊 岡 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン( 以 下 本 ガイドライン と いう ) をよくお 読 みいただき 同 意 していただくことが

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832348F438E6D89DB92F695E58F5797768D80816982578C8E93FC8E8E814582518C8E93FC8E8E816A5B323031312D332D32388AAE90AC94C55D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832348F438E6D89DB92F695E58F5797768D80816982578C8E93FC8E8E814582518C8E93FC8E8E816A5B323031312D332D32388AAE90AC94C55D2E646F63> 平 成 24 年 度 (2012 年 度 ) 埼 玉 大 学 大 学 院 文 化 科 学 研 究 科 ( 修 士 課 程 ) 学 生 募 集 要 項 一 般 入 試 社 会 人 入 試 私 費 外 国 人 留 学 生 入 試 国 際 協 力 特 別 入 試.. 埼 玉 大 学 大 学 院 文 化 科 学 研 究 科 . : : 平 成 24 年 度 (2012 年 度 ) 埼 玉 大 学 大 学 院

More information

目 次 1. 法 学 既 者 コース 学 生 募 集 要 項 1 2. 法 学 未 者 コース 学 生 募 集 要 項 法 曹 実 務 専 攻 案 内 入 学 資 格 認 定 申 請 所 定 用 紙 ( 別 紙 1~4)( 該 当 者 のみ) 出 願 所 定 用

目 次 1. 法 学 既 者 コース 学 生 募 集 要 項 1 2. 法 学 未 者 コース 学 生 募 集 要 項 法 曹 実 務 専 攻 案 内 入 学 資 格 認 定 申 請 所 定 用 紙 ( 別 紙 1~4)( 該 当 者 のみ) 出 願 所 定 用 平 成 28 年 度 (2016 年 度 ) 横 浜 国 立 大 学 大 学 院 国 際 社 会 科 学 府 専 門 職 学 位 課 法 曹 実 務 専 攻 ( 法 科 大 学 院 ) 法 学 既 者 コース 法 学 未 者 コース 学 生 募 集 要 項 このPDF 版 募 集 要 項 ( 抜 粋 )は 見 本 です 出 願 する 際 は 必 ず 冊 子 の 募 集 要 項 を 請 求 し 出 願

More information

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 い 関 する 行 動 規 範 平 成 27 月 6 月 1 日 制 定 国 立 病 院 機 構 における 研 究 活 動 とり 分 け 公 的 研 究 費 等 ( 注 )は 国 民 の 信 頼 と 負 託 によって 支 えられているものであり その 不 正 使 用 はこれを 大 きく 損

More information

志 願 の 手 続 の 流 れ 志 願 の 手 続 の 流 れ 志 願 資 格 の 確 認 この 志 願 のてびき の2ページを 読 んで 志 願 資 格 があるか 確 認 してください 2ページの 志 願 資 格 A 欄 の2~5に 該 当 する 人 とB 欄 の1に 該 当 しない 人 は 志

志 願 の 手 続 の 流 れ 志 願 の 手 続 の 流 れ 志 願 資 格 の 確 認 この 志 願 のてびき の2ページを 読 んで 志 願 資 格 があるか 確 認 してください 2ページの 志 願 資 格 A 欄 の2~5に 該 当 する 人 とB 欄 の1に 該 当 しない 人 は 志 平 成 28 年 度 神 奈 川 県 公 立 高 等 学 校 入 学 者 選 抜 志 願 のてびき 全 日 制 の 課 程 別 科 志 願 する 皆 さんへ この 志 願 のてびき は 平 成 28 年 度 神 奈 川 県 公 立 高 等 学 校 入 学 者 選 抜 で 全 日 制 の 課 程 別 科 に 志 願 する 際 に 必 要 になる 資 料 の 取 扱 いや 手 続 の 流 れ 等 を 以

More information

個人向け国債事務取扱要領

個人向け国債事務取扱要領 でんさいサービス 利 用 規 定 愛 知 信 用 金 庫 ( 以 下 当 金 庫 といいます)は 株 式 会 社 全 銀 電 子 債 権 ネットワーク( 以 下 でんさい ネット といいます)の 窓 口 金 融 機 関 として 利 用 者 ( 以 下 お 客 様 といいます)に 提 供 するでんさい サービス( 以 下 本 サービス といいます)について 次 のとおり 取 扱 いを 行 います なお

More information

Microsoft Word - 【最新】試験案内(心理).doc

Microsoft Word - 【最新】試験案内(心理).doc 科 学 捜 査 研 究 所 職 員 募 集 ( 心 理 ) 平 成 27 年 度 岐 阜 県 警 察 職 員 ( 鑑 定 業 務 ) 採 用 選 考 案 内 1 区 分 採 用 予 定 人 員 職 務 内 容 等 区 分 採 用 予 定 人 員 職 務 内 容 等 鑑 定 業 務 に 従 事 する 職 ( 研 究 職 ) 若 干 人 警 察 本 部 刑 事 部 科 学 捜 査 研 究 所 の 職 員

More information

20151221_keizokuQandA.xlsx

20151221_keizokuQandA.xlsx 奨 学 生 番 号 は 返 還 終 了 まで 必 要 となる 重 要 な 番 号 です 奨 学 生 番 号 は 採 用 時 に 交 付 された 奨 学 生 証 返 還 誓 約 書 ( 本 人 控 ) 等 に 記 載 されて おりますので まずはそれらを 確 認 してください 001 スカラネット パーソナル の 登 録 奨 学 生 番 号 が 分 からない どうしてもわからない 場 合 は 大 阪

More information

日本育英会奨学金2次募集について

日本育英会奨学金2次募集について 2010 年 度 立 教 大 学 課 外 活 動 奨 励 奨 学 金 募 集 要 項 学 部 学 生 対 象 対 象 この 奨 学 金 は 経 済 的 に 困 窮 しながらも 学 業 及 び 本 学 公 認 の 課 外 活 動 (クラブ サークル 活 動 ) に 対 する 強 い 意 欲 を 持 つ 学 部 1 年 次 ~ 3 年 次 生 ( 出 願 資 格 および 下 図 参 照 )を 対 象 とする

More information

3 公 募 の 条 件 等 (1) 広 告 スペース 使 用 の 応 募 ができる 者 広 告 スペースを 使 用 する 者 ( 以 下 広 告 掲 載 者 という )として 応 募 するために は 次 の 項 目 のいずれにも 該 当 することが 必 要 です ア 大 阪 府 一 般 競 争 入

3 公 募 の 条 件 等 (1) 広 告 スペース 使 用 の 応 募 ができる 者 広 告 スペースを 使 用 する 者 ( 以 下 広 告 掲 載 者 という )として 応 募 するために は 次 の 項 目 のいずれにも 該 当 することが 必 要 です ア 大 阪 府 一 般 競 争 入 門 真 運 転 免 許 試 験 場 庁 舎 における 広 告 スペースの 使 用 に 関 する 公 募 実 施 要 領 1 広 告 スペースを 有 する 施 設 の 概 要 (1) 名 称 大 阪 府 警 察 本 部 交 通 部 門 真 運 転 免 許 試 験 場 (2) 住 大 阪 府 門 真 市 一 番 町 23 番 16 号 (3) 利 用 時 間 ア 運 転 免 許 の 更 新 申 請 更

More information

26-社会人-とおし.indd

26-社会人-とおし.indd 平 成 26 年 度 社 会 人 入 試 学 生 募 集 要 項 夜 間 主 コース 横 浜 国 立 大 学 経 営 学 部 添 付 用 紙 ( 綴 込 み) この 要 項 には 次 の 本 学 所 定 の 用 紙 が 綴 込 みで 添 付 されています 1 入 学 願 書 受 験 票 写 真 票 2 在 職 証 明 書 3 志 望 理 由 書 4 入 学 確 約 書 5 入 学 検 定 料 の 払

More information

業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水

業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水 網 走 市 水 道 事 業 検 針 収 納 等 業 務 委 託 業 務 仕 様 書 網 走 市 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水 道

More information

平 成 25 年 12 月 12 日 ( 医 学 部 を 除 く) 学 生 各 位 佐 賀 大 学 長 佛 淵 孝 夫 ICカード 学 生 証 の 発 行 について( 通 知 ) このたび 本 学 は 情 報 セキュリティ 水 準 の 向 上 や 本 学 構 成 員 の 学 習 教 育 研 究 診

平 成 25 年 12 月 12 日 ( 医 学 部 を 除 く) 学 生 各 位 佐 賀 大 学 長 佛 淵 孝 夫 ICカード 学 生 証 の 発 行 について( 通 知 ) このたび 本 学 は 情 報 セキュリティ 水 準 の 向 上 や 本 学 構 成 員 の 学 習 教 育 研 究 診 学 部 等 文 化 教 育 学 部 1~3 年 経 済 学 部 1~3 年 理 工 学 部 1~3 年 農 学 部 1~3 年 教 育 学 研 究 科 1 年 経 済 学 研 究 科 1 年 工 学 系 研 究 科 ( 博 士 前 期 課 程 ) 1 年 工 学 系 研 究 科 ( 博 士 後 期 課 程 ) 1~2 年 農 学 研 究 科 1 年 鹿 児 島 大 学 大 学 院 連 合 農 学 研

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 第 五 部 交 付 決 定 後 の 各 種 変 更 手 続 きについて 1 第 五 部 目 次 1. 様 式 の 作 成 提 出 方 法 について 2. よく 行 われる よく 問 い 合 わせのある 手 続 きについて 1. 代 表 者 が 所 属 機 関 を 変 更 した 場 合 2. 補 助 事 業 者 ( 分 担 者 )を 変 更 する 場 合 3. 補 助 事 業 を 廃 止 する 場 合

More information

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ 就 業 規 則 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は ( 以 下 会 社 という)の 秩 序 を 維 持 し 業 務 の 円 滑 な 運 営 を 期 すため 社 員 の 就 業 に 関 する 労 働 条 件 および 服 務 規 律 を 定 めたものである 第 2 条 ( 社 員 の 定 義 ) 1. 社 員 とは 会 社 と 雇 用 契 約 を 締 結 した 者 のうち

More information

津市公告第  号

津市公告第  号 津 市 育 休 代 替 任 期 付 職 員 採 用 試 験 ( 名 簿 記 載 期 間 平 成 28 年 10 月 1 日 から 平 成 33 年 9 月 30 日 まで) 受 験 案 内 募 集 職 種 幼 稚 園 教 諭 受 付 期 間 平 成 28 年 7 月 1 日 ( 金 )から 平 成 28 年 7 月 20 日 ( 水 )まで 試 験 日 第 1 次 試 験 平 成 28 年 7 月

More information

日本育英会

日本育英会 2016 年 度 奨 学 金 ガイドブック 目 次 学 内 奨 学 金 P. 1 ( 上 野 奨 学 金 富 士 通 育 英 基 金 奨 学 金 立 石 信 雄 外 国 人 留 学 生 奨 学 金 奨 学 留 学 制 度 後 援 会 奨 学 金 ) 日 本 学 生 支 援 機 構 奨 学 金 P. 4 地 方 公 共 団 体 民 間 団 体 等 の 奨 学 金 P. 7 掲 示 連 絡 について 学

More information

返 還 卒 業 後 に 返 還 月 賦 返 還 と 月 賦 半 年 賦 併 用 返 還 の 2 種 類 があります 第 一 種 奨 学 金 月 賦 返 還 の 例 ( 貸 与 期 間 :48 ヵ 月 ) 通 学 形 態 貸 与 月 額 返 還 総 額 返 還 月 賦 額 返 還 回 数 ( 期 間

返 還 卒 業 後 に 返 還 月 賦 返 還 と 月 賦 半 年 賦 併 用 返 還 の 2 種 類 があります 第 一 種 奨 学 金 月 賦 返 還 の 例 ( 貸 与 期 間 :48 ヵ 月 ) 通 学 形 態 貸 与 月 額 返 還 総 額 返 還 月 賦 額 返 還 回 数 ( 期 間 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 奨 学 金 奨 学 金 概 要 この 奨 学 金 は 経 済 的 理 由 により 修 学 に 困 難 がある 優 れた 学 生 に 奨 学 金 を 貸 与 することにより 教 育 の 機 会 均 等 に 寄 与 することを 目 的 としています 貸 与 型 奨 学 金 のため 返 還 の 義 務 があり 卒 業 後 に 必 ず 返 還 しなくてはなりません

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483235814532368C7091B1905C90BF817582E682AD82A082E982A896E28D8782B98169827081958260816A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483235814532368C7091B1905C90BF817582E682AD82A082E982A896E28D8782B98169827081958260816A81762E646F63> よくあるお 問 合 せ 平 成 25 26 年 度 川 崎 市 競 争 入 札 参 加 資 格 申 請 ( 業 者 登 録 ) Q&A 1 電 子 申 請 について Q1-1: 継 続 申 請 の 場 合 のログイン 場 所 及 び 入 力 箇 所 はどこでしょうか ( 継 続 申 請 のみ) P.01 Q1-2: ユーザーID パスワードがうまく 入 らないのですが ( 継 続 申 請 のみ) P.02

More information

個人向け国債の事務取扱いに関する細則

個人向け国債の事務取扱いに関する細則 個 人 向 け 国 債 の 事 務 取 扱 いに 関 する 細 則 目 次 1.この 細 則 の 適 用 2. 用 語 の 定 義 3. 募 集 に 関 する 事 務 4. 払 込 等 に 関 する 事 務 5. 中 途 換 金 に 関 する 事 務 6. 手 数 料 に 関 する 事 務 7. 振 替 先 口 座 の 確 認 8. 所 要 事 項 の 決 定 等 9. 雑 則 [ 参 考 1] 計

More information

平成■■年■■月■■日

平成■■年■■月■■日 入 札 公 告 事 後 審 査 型 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 を 行 うので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6の 規 定 及 び 西 宮 市 上 下 水 道 局 契 約 規 程 ( 昭 和 42 年 西 宮 市 水 道 局 管 理 規 程 第 13 号 )において 準 用 する 西 宮 市 契 約 規 則 ( 昭 和

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208EF68BC697BF96C68F9C905C90BF977697CC3230313330386F7269>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208EF68BC697BF96C68F9C905C90BF977697CC3230313330386F7269> 平 成 25 年 度 一 橋 大 学 後 期 授 業 料 免 除 申 請 要 領 授 業 料 免 除 申 請 について 次 に 掲 げる 免 除 対 象 者 のいずれかに 該 当 する 場 合 は 本 人 の 申 請 に 基 づき 選 考 のうえ 授 業 料 の 全 額 又 は 半 額 を 免 除 します 免 除 を 希 望 する 者 は 学 期 ごとに 申 請 してください 注 意 申 請 しても

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208A7793E08D758DC08370839383743135817C87548AFA81698A7790B68E78898789DB816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208A7793E08D758DC08370839383743135817C87548AFA81698A7790B68E78898789DB816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> : : : 0 015 年 度 版 学 内 講 座 ガイド 未 来 の 自 分 のために! 採 ( 教 用 員 試 験 看 護 ) 師 等 の 講 座 名 15 小 論 文 対 策 講 座 秘 書 技 能 検 定 ( 級 ) 対 策 講 座 介 護 事 務 講 座 MOS (Word 010) 試 験 対 策 講 座 MOS (Excel 010) 試 験 対 策 講 座 医 療 事 務 講 座 公

More information

年月日

年月日 2017 度 法 政 大 学 大 学 院 理 工 学 研 究 科 募 集 要 項 Ⅰ. 一 般 入 試 学 内 推 薦 入 試 要 項 Ⅱ. 一 般 推 薦 入 試 要 項 Ⅲ. 社 会 人 特 別 入 試 要 項 法 政 大 学 大 学 院 理 工 学 研 究 科 - 0 - 内 容 入 試 要 項 社 会 人 特 別 入 試 要 項 入 学 試 験 出 願 書 類 注 意 このPDFデータは 参

More information

平 成 27 年 4 月 より 施 行 予 定 の 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 により 保 育 所 等 の 保 育 施 設 の 入 所 の 手 続 きが 変 わります 入 所 を 希 望 する 場 合 は 保 護 者 の 労 働 等 を 理 由 とした お 子 さんへの 保 育 の 必

平 成 27 年 4 月 より 施 行 予 定 の 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 により 保 育 所 等 の 保 育 施 設 の 入 所 の 手 続 きが 変 わります 入 所 を 希 望 する 場 合 は 保 護 者 の 労 働 等 を 理 由 とした お 子 さんへの 保 育 の 必 平 成 27 年 度 保 育 所 入 所 案 内 保 育 所 とは 保 護 者 が 働 いていたり 病 気 の 状 態 にあるなどの 理 由 により 保 育 が 必 要 な 乳 幼 児 を 家 庭 の 保 護 者 に 代 わって 保 育 することを 目 的 とする 児 童 福 祉 施 設 です 保 育 所 の 利 用 を 希 望 する 場 合 には 保 護 者 が 法 律 に 定 める 要 件 に

More information

250501_手引き_H23年度以降入学生用.pptx

250501_手引き_H23年度以降入学生用.pptx 阪 府 私 等 学 校 等 授 業 料 援 補 助 事 務 の 引 き 私 等 学 校 等 [ 全 日 制 課 程 ] 私 専 修 学 校 高 等 課 程 平 成 23 年 度 以 降 入 学 生 用 平 成 25 年 7 月 阪 府 府 化 部 私 学 学 課 559-8555 大 阪 市 住 之 江 区 南 港 北 1-14-16 大 阪 府 咲 洲 庁 舎 38 階 TEL (06)6941-0351(

More information

2 出 願 資 格 平 成 27 年 4 月 1 日 以 降 に 本 学 に 在 学 する 者 以 外 の 者 で 次 に 該 当 するものとします (1) 一 般 高 等 学 校 又 は 中 等 教 育 学 校 を 卒 業 した 者 ( 見 込 みの 者 を 含 む) (2) 特 例 制 度 を

2 出 願 資 格 平 成 27 年 4 月 1 日 以 降 に 本 学 に 在 学 する 者 以 外 の 者 で 次 に 該 当 するものとします (1) 一 般 高 等 学 校 又 は 中 等 教 育 学 校 を 卒 業 した 者 ( 見 込 みの 者 を 含 む) (2) 特 例 制 度 を 平 成 27 年 度 岡 山 県 立 大 学 科 目 等 履 修 生 募 集 要 項 1 募 集 人 員 (1) 一 般 学 部 名 保 健 福 祉 学 部 情 報 工 学 部 デザイン 学 部 募 集 人 員 ( 注 )1 正 規 課 程 の 学 生 の 教 育 に 支 障 のない 範 囲 内 とします 2 保 健 福 祉 学 部 の 授 業 科 目 によっては 次 の(2)の 者 の 履 修 を

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 平 成 26 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 資 料 熊 本 市 障 がい 保 健 福 祉 課 目 次 Ⅰ 指 導 監 査 について 1~ 5 Ⅱ 平 成 26 年 度 指 導 監 査 方 針 6~13 Ⅲ 過 去 の 実 地 指 導 の 結 果 14~36 Ⅳ 請 求 関 係 について 37~43 Ⅴ その 他 44~49 Ⅰ 指 導 監 査 について 1

More information

注意 〇申込書は別になっています。

注意                                                              〇申込書は別になっています。 人 事 委 員 会 平 成 8 年 度 (06 年 度 ) 神 奈 川 県 職 員 採 用 のお 知 らせ (Ⅰ 種 ( 行 政 ( 秋 季 チャレンジ) 及 び 総 合 土 木 ( 秋 季 技 術 職 )を 含 む ) 公 立 小 中 学 校 等 事 務 職 員 採 用 Ⅰ 種 免 許 資 格 職 職 員 採 用 ( 大 卒 程 度 ) 経 者 採 用 ) の 会 場 で 受 者 が 申 込 者

More information

施 設 内 容 : 展 示 室 (2) 旧 体 育 館 延 床 面 積 : m2 構 造 階 高 : 鉄 骨 造 1 階 建 建 築 年 : 昭 和 49 年 施 設 内 容 : 展 示 室 3 施 設 管 理 に 関 する 条 例 等 十 日 町 市 里 山 文 化 交 流 施 設

施 設 内 容 : 展 示 室 (2) 旧 体 育 館 延 床 面 積 : m2 構 造 階 高 : 鉄 骨 造 1 階 建 建 築 年 : 昭 和 49 年 施 設 内 容 : 展 示 室 3 施 設 管 理 に 関 する 条 例 等 十 日 町 市 里 山 文 化 交 流 施 設 十 日 町 市 里 山 文 化 交 流 施 設 東 川 美 術 館 指 定 管 理 者 募 集 要 項 指 定 管 理 者 制 度 は 市 が 指 定 する 民 間 事 業 者 等 に 施 設 の 管 理 運 営 業 務 を 代 行 していた だく 制 度 で 民 間 事 業 者 が 有 する 発 想 やノウハウを 活 用 し サービスの 向 上 と 管 理 運 営 経 費 の 縮 減 を 図 るものです

More information

6. 予 算 限 度 額 総 額 4,273,000 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む) 以 内 とする なお この 予 算 限 度 額 には 返 礼 品 代 は 含 まれない 7. 受 注 決 定 までの 事 務 手 順 項 目 日 程 プロポーザル 公 募 要 項 の

6. 予 算 限 度 額 総 額 4,273,000 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む) 以 内 とする なお この 予 算 限 度 額 には 返 礼 品 代 は 含 まれない 7. 受 注 決 定 までの 事 務 手 順 項 目 日 程 プロポーザル 公 募 要 項 の 南 相 馬 市 ふるさと 応 援 寄 附 金 推 進 業 務 プロポーザル 募 集 要 項 1. 目 的 南 相 馬 市 が 行 う 南 相 馬 市 ふるさと 応 援 寄 附 金 のインターネットを 利 用 した 受 付 サイ ト 構 築 返 礼 品 等 に 関 連 する 業 務 及 びその 他 関 連 業 務 の 代 行 業 務 に 関 し 事 業 者 を 選 定 するため 公 募 型 プロポーザル(

More information

札地第 号

札地第 号 ( 仮 称 ) 札 幌 市 暴 力 団 の 排 除 の 推 進 に 関 する 条 例 素 案 ~ご 意 見 を 募 集 します~ 札 幌 市 で は 札 幌 市 における 暴 力 団 の 排 除 の 推 進 に 関 し 基 本 理 念 を 定 め 市 民 事 業 者 市 の 役 割 を 明 ら か に す る と と も に 施 策 等 に つ い て 規 定 す る こ と で 平 穏 な 市 民

More information

沖縄キリスト教短期大学学則(新)

沖縄キリスト教短期大学学則(新) 沖 縄 キリスト 教 短 期 大 学 学 則 第 1 章 総 則 ( 的 ) 第 1 条 沖 縄 キリスト 教 短 期 大 学 ( 以 下 本 短 大 という )は 教 育 基 本 法 及 び 学 校 教 育 法 に 従 い キリスト 教 精 神 に 基 づいた 学 校 教 育 を 施 し 人 格 の 完 成 をめざし 社 会 に 有 用 なる 人 材 を 育 成 することを 的 とする ( 自 己

More information

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 第 1 項 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 ( 以 下 大 学 という )に

More information

目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び 開 館 日 2 4 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 2

目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び 開 館 日 2 4 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 2 佐 賀 市 文 化 交 流 プラザ 指 定 管 理 者 管 理 運 営 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 8 月 佐 賀 市 経 済 部 商 業 振 興 課 目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び

More information

(Microsoft Word - 1 \225\\\216\206)

(Microsoft Word - 1 \225\\\216\206) 校 担 当 者 用 平 成 28 年 度 高 等 校 等 奨 金 抜 粋 異 動 補 導 事 務 の て び き この 冊 子 には 奨 生 採 用 後 の 奨 金 の 交 付 奨 生 の 異 動 及 び 補 導 に 係 る 事 項 につい て 校 における 事 務 及 び 留 意 事 項 について 説 明 したものです あわせて 終 了 時 及 び 終 了 後 の 手 きの 概 要 についても 記

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

(2) 応 募 書 類 応 募 書 類 1. 2016 年 度 国 際 基 督 教 大 学 大 学 院 新 入 学 生 奨 学 金 申 請 書 2. 申 請 者 (および 配 偶 者 )の 所 得 証 明 書 市 区 町 村 役 場 発 行 のものに 限 る 父 母 のものは 必 要 ありません 本

(2) 応 募 書 類 応 募 書 類 1. 2016 年 度 国 際 基 督 教 大 学 大 学 院 新 入 学 生 奨 学 金 申 請 書 2. 申 請 者 (および 配 偶 者 )の 所 得 証 明 書 市 区 町 村 役 場 発 行 のものに 限 る 父 母 のものは 必 要 ありません 本 2016 年 度 国 際 基 督 教 大 学 大 学 院 新 入 学 生 奨 学 金 募 集 要 項 1. 概 要 (1) ICU 大 学 院 新 入 学 生 奨 学 金 とは ICU では 修 学 意 欲 が 充 分 にありながら 経 済 的 な 援 助 が 必 要 な 大 学 院 博 士 前 期 課 程 の 学 生 に 対 して 国 際 基 督 教 大 学 大 学 院 新 入 学 生 奨 学 金

More information

独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 監 査 を 行 う 会 計 監 査 人 の 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 要 領 国 立 研 究 開 発 国 立 環 境 研 究 所 は 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 によ

独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 監 査 を 行 う 会 計 監 査 人 の 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 要 領 国 立 研 究 開 発 国 立 環 境 研 究 所 は 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 によ 会 計 監 査 人 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 説 明 書 ( 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 会 計 監 査 人 業 務 ( 平 成 28 年 度 から 平 成 32 年 度 )) 平 成 28 年 9 月 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

平 成 28 年 4 月 本 学 大 学 院 先 端 物 質 科 学 研 究 科 ( 博 士 課 程 前 期 )に 入 学 させる 学 生 を 次 のとおり 募 集 します 1. 募 集 人 員 及 び 試 験 場 等 専 攻 名 募 集 人 員 願 書 受 付 場 所 試 験 場 量 子 物 質

平 成 28 年 4 月 本 学 大 学 院 先 端 物 質 科 学 研 究 科 ( 博 士 課 程 前 期 )に 入 学 させる 学 生 を 次 のとおり 募 集 します 1. 募 集 人 員 及 び 試 験 場 等 専 攻 名 募 集 人 員 願 書 受 付 場 所 試 験 場 量 子 物 質 平 成 28 年 度 広 島 大 学 大 学 院 先 端 物 質 科 学 研 究 科 ( 博 士 課 程 前 期 ) 学 生 募 集 要 項 Application for General Admission to Master s Program, Graduate School of Advanced Sciences of Matter, Hiroshima University April

More information

Q26 予 約 を 完 了 した 講 習 を 他 の 講 習 に 振 替 えたいのですが 受 講 申 込 書 編 Q27 受 講 申 込 書 はいつまでに 送 付 すれば 良 いのですか Q28 受 講 申 込 書 の 印 刷 ができません Q29 受 講 申 込 書 の 証 明 者 は 誰 でしょ

Q26 予 約 を 完 了 した 講 習 を 他 の 講 習 に 振 替 えたいのですが 受 講 申 込 書 編 Q27 受 講 申 込 書 はいつまでに 送 付 すれば 良 いのですか Q28 受 講 申 込 書 の 印 刷 ができません Q29 受 講 申 込 書 の 証 明 者 は 誰 でしょ 筑 波 大 学 教 員 免 許 状 更 新 講 習 Q & A(よくある 質 問 ) 平 成 27 年 1 月 15 日 現 在 目 次 受 講 者 登 録 編 項 目 をクリックすると 各 回 答 にジャンプします Q 1 受 講 者 登 録 の 方 法 Q 2 受 講 者 登 録 の 時 期 Q 3 User ID のメールが 届 かない 場 合 Q 4 パソコンが 出 来 ない(パソコンを 持

More information