14千監第    号

Size: px
Start display at page:

Download "                                14千監第    号"

Transcription

1 千 葉 市 監 査 委 員 告 示 第 17 号 地 方 自 治 法 ( 昭 和 2 2 年 法 律 第 6 7 号 ) 第 条 第 4 項 の 規 定 に よ り 千 葉 市 職 員 措 置 請 求 (22 千 監 ( 住 ) 第 3 号 ) に 係 る 監 査 の 結 果 を 別 紙 のとおり 公 表 します 平 成 22 年 1 1 月 9 日 千 葉 市 監 査 委 員 古 川 光 一 同 大 島 有 紀 子 同 近 藤 千 鶴 子 同 中 島 賢 治

2 第 1 請 求 の 受 付 1 請 求 の 要 旨 1) 千 葉 市 長 は 千 葉 市 中 央 区 新 宿 2 丁 目 9 番 8 号 にある 千 葉 韓 国 会 館 が 千 葉 市 市 税 条 例 ( 以 下 市 税 条 例 という ) 第 9 条 第 1 項 第 3 号 千 葉 市 市 税 条 例 施 行 規 則 別 表 第 2( 当 該 条 例 区 分 中 の3 4)を 適 用 し 平 成 20 年 度 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 全 額 免 除 した ( 証 1) 2) 在 日 本 大 韓 民 国 民 団 千 葉 県 地 方 本 部 ( 以 下 民 団 千 葉 県 本 部 という )が 千 葉 韓 国 人 商 工 協 同 組 合 を 納 税 義 務 者 とし 駐 日 韓 国 大 使 館 の 委 任 業 務 も 行 な っているとした 減 免 申 請 書 を 平 成 20 年 4 月 21 日 千 葉 市 中 央 区 長 に 提 出 し た ( 証 2) 3) 民 団 千 葉 県 本 部 は 平 成 20 年 4 月 22 日 付 け 千 葉 市 長 宛 て 要 望 書 で 民 団 千 葉 県 本 部 所 有 の 千 葉 韓 国 会 館 は 韓 国 人 の 戸 籍 整 理 や 旅 券 書 類 等 の 作 成 申 請 業 務 を 行 なっている 所 とし 営 利 を 目 的 にするとか 個 人 が 使 用 するといっ た 建 物 ではなく 極 めて 公 共 性 の 高 い いわゆる 公 民 館 的 な 役 割 を 果 たしてい る 建 物 とし 平 成 20 年 度 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 免 除 を 求 めた ( 証 3) 4) 千 葉 市 中 央 区 長 は 納 税 義 務 者 を 千 葉 韓 国 人 商 工 協 同 組 合 とした 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 を 全 額 減 免 すると 平 成 20 年 6 月 9 日 付 けで 決 裁 した ( 証 1) 5) 民 団 千 葉 県 本 部 の 駐 日 大 使 館 の 委 嘱 事 務 について 千 葉 地 裁 に 於 いて 係 争 中 の 平 成 21 年 ( 行 ウ) 第 46 号 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 免 除 取 消 等 請 求 事 件 ( 以 下 平 成 21 年 ( 行 ウ) 第 46 号 とい う)で 被 告 である 千 葉 市 は 平 成 21 年 度 の 駐 日 大 使 館 から 委 嘱 を 受 けた 旅 券 事 務 が 行 われていないとし また 委 嘱 を 受 けている 事 務 が 減 免 事 由 に 該 当 するような 事 務 であることが 確 認 できなかったとし その 部 分 (81.17パ ーセント)に 関 して 減 免 処 分 を 取 り 消 した ( 証 4) これは 平 成 20 年 9 月 26 日 に 韓 国 の 旅 券 法 令 が 改 正 されたためである 市 税 条 例 第 9 条 第 3 項 では 第 1 項 の 規 定 により 減 免 を 受 けた 者 は その 事 由 が 消 滅 したときには 直 ちにその 旨 を 市 長 に 申 告 しなければならな い としている ( 証 5) 本 来 であれば 旅 券 法 令 が 改 正 になった 時 点 で 民 団 千 葉 県 本 部 自 らが 申 告 しなくてはならない しかし 民 団 千 葉 県 本 部 は 翌 年 度 も 韓 国 人 の 戸 籍 整 理 や 旅 券 書 類 等 の 作 成 申 請 業 務 を 行 っている 所 とし 虚 偽 による 減 免 申 請 を 行 なっており それらの 行 為 は 確 信 的 であり 悪 質 といえる ( 証 6) 6) 千 葉 市 中 央 区 長 の 不 作 為 について 上 記 の 事 実 は 平 成 21 年 ( 行 ウ) 第 46 号 によって 明 らかになったこ とである

3 これらのことは 民 団 千 葉 県 本 部 の 虚 偽 報 告 を 鵜 呑 みにした 結 果 だけで はなく 平 成 18 年 度 の 聴 取 調 査 を 不 問 とするなどの 千 葉 市 の 不 作 為 及 び 隠 蔽 による 結 果 であり 一 連 の 行 為 は 減 免 事 務 取 扱 要 領 が 正 常 に 機 能 していな いという 証 左 である 7) 韓 国 の 旅 券 法 令 が 改 正 された 平 成 20 年 9 月 26 日 以 降 の 民 団 千 葉 県 本 部 の 固 定 資 産 税 は 按 分 して 一 部 減 免 処 分 取 消 としなければならない 本 来 であれば 千 葉 市 中 央 区 長 租 税 に 責 務 のある 中 央 区 役 所 課 税 課 長 ほか 担 当 職 員 が 精 査 していれば 千 葉 市 に 損 害 を 与 えることはなかったはずである しかも 前 回 の 請 求 人 による 住 民 監 査 請 求 においても 精 査 することなく ま た 平 成 21 年 ( 行 ウ) 第 46 号 が 提 起 されても 精 査 することなく 綿 々 と 民 団 千 葉 県 本 部 に 減 免 措 置 を 行 なうのは 異 常 である 平 成 21 年 ( 行 ウ) 第 46 号 で 明 らかになっているように 平 成 20 年 度 の 旅 券 事 務 以 外 の 大 使 館 の 委 嘱 業 務 も 精 査 して 然 るべきである 8) 前 回 の 請 求 人 による 住 民 監 査 請 求 において 監 査 委 員 が 県 本 部 は 県 内 在 日 韓 国 人 の 自 治 組 織 として その 構 成 員 の 殆 どは 歴 史 的 な 背 景 の 下 に 我 が 国 に 生 まれ と 述 べ 特 別 優 遇 するに 至 っている ( 証 7) 外 務 省 の 調 査 によると 昭 和 34 年 の 時 点 で 戦 時 徴 用 によって 日 本 に 渡 り 自 由 意 志 により 日 本 に 留 まった 朝 鮮 半 島 出 身 者 は たったの245 人 である みな 自 分 の 自 由 意 思 によって 日 本 に 留 った 者 または 日 本 生 まれだ 日 本 政 府 が 本 人 の 意 志 に 反 して 日 本 に 留 めているような 朝 鮮 人 は 犯 罪 者 を 除 き1 名 もいない とあり 現 在 日 本 で 居 住 する 韓 国 朝 鮮 人 は 戦 後 の 混 乱 に 乗 じた 不 法 入 国 者 又 は 自 ら 進 んで 内 地 に 職 を 求 めてきた 個 別 渡 航 者 自 由 意 志 によって 留 まった 者 たちと その 子 孫 である ( 証 8) このように 千 葉 韓 国 会 館 への 減 免 措 置 は 特 定 の 民 族 への 特 別 優 遇 措 置 に 他 ならない 9) 平 成 20 年 度 の 大 使 館 の 委 嘱 業 務 に 関 して 減 免 事 由 に 該 当 しない 旅 券 法 令 が 改 正 された 月 日 からの 按 分 の 減 免 処 分 取 消 は 当 然 のことであるが 旅 券 事 務 以 外 の 大 使 館 の 委 嘱 業 務 も 精 査 して 判 断 すべきである それは 証 4 で 明 らかになっているとおり 平 成 21 年 度 の 旅 券 事 務 以 外 の 大 使 館 からの 委 嘱 を 受 けている 事 務 が 減 免 事 由 に 該 当 するような 事 務 でな かったとされていることからである このように 千 葉 市 中 央 区 長 租 税 に 責 務 のある 中 央 区 役 所 課 税 課 長 ほか 担 当 職 員 が 住 民 監 査 等 により 何 回 も 精 査 する 機 会 があったにも 係 わらず その 責 務 を 怠 り 平 成 20 年 度 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 一 部 免 除 を 取 り 消 さな かったため 千 葉 市 に 損 害 をもたらした よって 監 査 委 員 は 千 葉 市 長 に 対 し 次 のとおり 勧 告 することを 求 める

4 千 葉 市 長 は 民 団 千 葉 県 本 部 に 係 る 平 成 20 年 度 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 大 使 館 の 委 嘱 事 務 に 係 る 部 分 (81.17パーセント)の 免 除 額 を 当 該 年 度 の 千 葉 市 中 央 区 長 及 び 中 央 区 役 所 課 税 課 長 の 不 作 為 による 損 害 だとし て 千 葉 市 中 央 区 長 及 び 中 央 区 役 所 課 税 課 長 に 当 該 免 除 額 を 支 払 うように 求 め ること 1 年 以 上 経 過 して 請 求 した 理 由 大 使 館 の 委 嘱 業 務 が 行 なわれていなかったという 事 実 は 請 求 人 が 千 葉 市 を 被 告 として 提 訴 している 平 成 21 年 ( 行 ウ) 第 46 号 により 平 成 22 年 8 月 25 日 に 明 らかになったことである これらの 証 拠 等 は 現 地 調 査 を 怠 った 為 に 減 免 事 務 取 扱 要 領 が 正 常 に 機 能 せず 平 成 21 年 ( 行 ウ) 第 46 号 の 被 告 弁 護 士 によって 明 らかになった ことであり 請 求 人 が 知 り 得 る 状 態 ではなかった 仮 に 請 求 人 が 知 り 得 るとしたならば それは 当 事 者 である 千 葉 市 も 知 って いたことになり 結 果 違 法 と 認 識 して 何 らかの 意 図 を 持 って 隠 蔽 したと 言 え る 証 4 で 大 使 館 からの 委 嘱 業 務 が 平 成 20 年 9 月 26 日 以 降 行 なわれて いなかったことが 明 らかになり 今 回 の 請 求 となった 地 方 自 治 法 第 242 条 第 1 項 の 規 定 により 別 紙 事 実 証 明 書 を 添 え 必 要 な 措 置 を 請 求 します ( 以 上 原 文 のまま 掲 載 ) ( 別 紙 事 実 証 明 書 略 ) 2 請 求 人 ( 略 ) 3 請 求 書 の 提 出 日 平 成 22 年 9 月 9 日 4 請 求 の 要 件 審 査 本 件 監 査 請 求 は 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 以 下 自 治 法 とい う ) 第 242 条 第 1 項 及 び 第 2 項 の 所 定 の 要 件 を 具 備 しているものと 認 め 監 査 を 実 施 することとした

5 第 2 監 査 の 実 施 1 監 査 の 対 象 事 項 千 葉 市 中 央 区 長 ( 以 下 中 央 区 長 という )は 千 葉 韓 国 会 館 ( 以 下 本 件 会 館 という )に 係 る 平 成 21 年 度 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 減 免 につい て 一 部 取 消 処 分 を 行 ったにもかかわらず 平 成 20 年 度 分 についてはこれに 相 当 するような 処 分 を 行 っていないが そのことが 違 法 又 は 不 当 な 財 産 の 管 理 を 怠 る 事 実 ( 以 下 怠 る 事 実 という )に 該 当 するか 否 か 2 監 査 対 象 部 局 中 央 区 役 所 及 び 財 政 局 を 監 査 対 象 部 局 とし 関 係 書 類 を 調 査 するとともに 関 係 職 員 の 事 情 聴 取 を 行 った なお 組 織 改 正 及 び 千 葉 市 市 税 条 例 施 行 規 則 ( 昭 和 49 年 規 則 第 11 号 以 下 規 則 という )の 改 正 により 平 成 22 年 10 月 12 日 から 区 長 への 税 の 賦 課 徴 収 に 関 する 事 務 の 委 任 は 廃 止 され 中 央 区 内 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 賦 課 徴 収 に 関 する 事 務 は 財 政 局 税 務 部 東 部 市 税 事 務 所 の 所 管 となっている 3 請 求 人 の 証 拠 の 提 出 及 び 陳 述 自 治 法 第 242 条 第 6 項 の 規 定 に 基 づき 請 求 人 に 対 し 平 成 22 年 9 月 27 日 に 証 拠 の 提 出 及 び 陳 述 の 機 会 を 与 えたところ 請 求 人 から 新 たな 証 拠 の 提 出 は なかったが 請 求 内 容 の 補 足 説 明 がなされた その 際 自 治 法 第 242 条 第 7 項 の 規 定 に 基 づき 中 央 区 役 所 及 び 財 政 局 の 職 員 が 立 会 った 4 関 係 職 員 等 の 陳 述 平 成 22 年 9 月 27 日 に 中 央 区 役 所 及 び 財 政 局 の 職 員 から 陳 述 の 聴 取 を 行 っ た その 際 自 治 法 第 242 条 第 7 項 の 規 定 に 基 づき 請 求 人 が 立 会 った 5 関 係 人 に 対 する 事 情 聴 取 自 治 法 第 199 条 第 8 項 の 規 定 に 基 づき 平 成 22 年 10 月 13 日 に 関 係 人 で ある 在 日 本 大 韓 民 国 民 団 千 葉 県 地 方 本 部 ( 以 下 県 本 部 という )の 団 長 副 団 長 及 び 事 務 局 長 から 事 情 聴 取 を 行 った

6 第 3 監 査 の 結 果 1 事 実 の 確 認 (1) 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 について 固 定 資 産 税 とは 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 の 規 定 により 普 通 税 として 市 町 村 が 課 すものであり 納 税 義 務 者 は 毎 年 1 月 1 日 現 在 当 該 市 町 村 において 土 地 家 屋 及 び 償 却 資 産 の 固 定 資 産 を 所 有 する 者 であ る その 税 額 は 各 固 定 資 産 の 価 格 を 基 に 算 定 された 課 税 標 準 額 に 対 し 標 準 税 率 1.4/100を 乗 じて 得 た 額 である 都 市 計 画 税 とは 地 方 税 法 第 5 条 第 6 項 の 規 定 により 目 的 税 として 市 町 村 が 課 すものであり 都 市 計 画 法 に 基 づく 都 市 計 画 事 業 又 は 土 地 区 画 整 理 事 業 法 に 基 づく 土 地 区 画 整 理 事 業 に 要 する 費 用 に 充 てられるものである 納 税 義 務 者 は 前 記 と 同 様 であり その 税 額 は 前 記 標 準 額 に 対 し 標 準 税 率 0.3/100を 乗 じて 得 た 額 である なお 両 税 については 地 方 税 法 に 基 づき 不 均 一 の 課 税 をすることができる とされている (2) 平 成 20 年 度 及 び21 年 度 における 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 減 免 につい て ア 地 方 税 法 における 取 扱 い 固 定 資 産 税 の 減 免 について 地 方 税 法 第 367 条 では 市 町 村 長 は 1 天 災 その 他 特 別 の 事 情 がある 場 合 において 固 定 資 産 税 の 減 免 を 必 要 とすると 認 める 者 2 貧 困 に 因 り 生 活 のため 公 私 の 扶 助 を 受 ける 者 3その 他 特 別 の 事 情 がある 者 に 限 り 当 該 市 町 村 の 条 例 の 定 めるところにより 当 該 税 を 減 免 することができるとしている なお 都 市 計 画 税 の 減 免 については 地 方 税 法 第 702 条 の8 第 7 項 の 規 定 により 都 市 計 画 税 を 固 定 資 産 税 と 併 せて 賦 課 徴 収 している 場 合 で 市 町 村 長 が 固 定 資 産 税 を 減 免 したときは 都 市 計 画 税 についても 当 該 固 定 資 産 税 と 同 じ 割 合 により 減 免 されるとしている イ 市 税 条 例 における 取 扱 い 千 葉 市 ( 以 下 市 という )は 千 葉 市 市 税 条 例 ( 昭 和 49 年 条 例 第 6 号 以 下 条 例 という ) 第 9 条 第 1 項 において 1 災 害 を 受 けた 場 合 で 減 免 を 必 要 とするとき 2 貧 困 により 公 私 の 扶 助 を 受 ける 場 合 で 減 免 を 必 要 とするとき 3 公 益 上 その 他 の 事 由 により 特 に 減 免 を 必 要 とするときのい ずれかに 該 当 する 場 合 市 長 が 市 民 税 固 定 資 産 税 その 他 の 税 を 減 免 する ことができるとしている そして 同 条 第 2 項 において 減 免 を 受 けようとする 者 は 納 期 限 前 7 日 ま でに 市 長 が 定 める 事 項 を 記 載 した 申 請 書 にその 事 由 を 証 明 する 書 類 を 添 え

7 て 市 長 に 提 出 しなければならないとしている また 市 は 条 例 第 50 条 において 条 例 の 施 行 に 関 し 必 要 な 事 項 を 規 則 で 定 めることとしている ウ 市 税 条 例 施 行 規 則 における 取 扱 い 市 は 規 則 第 8 条 において 市 民 税 や 固 定 資 産 税 等 を 減 免 するときは 別 表 第 1から 別 表 第 5の 該 当 する 範 囲 内 において 必 要 に 応 じて 減 免 するもの としており 固 定 資 産 税 の 前 記 イ3に 該 当 する 箇 所 は 次 のとおりである なお 下 記 の 別 表 第 2 中 3( 以 下 表 中 3 という )については 平 成 22 年 3 月 に 規 則 が 改 正 され その 他 これらに 類 するもの との 文 言 が 削 除 されている 別 表 第 2 固 定 資 産 税 区 分 減 免 の 範 囲 減 免 の 割 合 適 用 * 条 例 第 9 1 学 校 法 人 又 は 私 立 学 校 法 ( 昭 和 全 額 直 接 その 用 条 第 1 項 第 3 号 に 該 当 する 場 合 24 年 法 律 第 270 号 ) 第 64 条 第 4 項 の 法 人 以 外 のものが 知 事 の 認 可 を 得 て 設 立 した 各 種 学 校 において 直 接 教 育 の 用 に 供 する 固 定 資 産 に 供 し 又 は 当 該 事 実 が 発 生 した 日 以 後 に 到 2 学 校 法 人 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 全 額 来 する 納 期 財 団 法 人 宗 教 法 人 並 びに 社 会 福 祉 法 人 以 外 のものが その 設 置 する 幼 稚 園 において 直 接 保 育 の 用 に 供 する 固 定 資 産 3 町 内 会 自 治 会 その 他 これらに 類 全 額 において 納 付 する 当 該 年 度 の 税 額 について 適 用 するもの するものが 所 有 し 又 は 他 から 無 料 で 借 り 受 けて 公 共 的 施 設 として 直 接 その 本 来 の 用 に 供 する 固 定 資 産 とする 4 その 他 直 接 公 益 の 用 に 供 する 固 定 資 産 ( 有 料 で 使 用 するものを 除 く ) 市 長 が 適 当 と 認 める 割 合 で 市 長 が 必 要 と 認 めるもの * 条 例 第 9 条 第 1 項 第 1 号 及 び 第 2 号 に 該 当 する 場 合 は 略 エ 減 免 事 務 取 扱 要 領 における 取 扱 い (ア) 減 免 の 認 定 基 準 以 上 の 法 条 例 規 則 の 定 めを 受 けて 市 は 条 例 第 9 条 に 定 める 固 定

8 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 減 免 事 務 に 係 る 取 扱 いの 明 確 化 統 一 化 を 図 るた め 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) を 定 めている その 中 で 表 中 3に 記 載 の 町 内 会 自 治 会 その 他 これらに 類 するもの が 所 有 する 固 定 資 産 については 町 内 会 自 治 会 が 所 有 する 固 定 資 産 で 会 本 来 の 業 務 に 使 用 するほか 地 域 住 民 に 広 く 開 放 し 区 役 所 等 の 事 業 又 はこれらに 関 連 する 公 共 事 業 のために 無 償 で 貸 与 するなど 直 接 会 の 用 に 供 する 固 定 資 産 を 対 象 とする としている また 前 記 ウ 別 表 第 2 中 4( 以 下 表 中 4 という )に 記 載 の 直 接 公 益 の 用 に 供 する 固 定 資 産 については 要 領 中 Ⅲ 認 定 基 準 について 3 市 税 条 例 第 9 条 第 1 項 第 3 号 において 固 定 資 産 の 名 称 のいかんにか かわらず それが 不 特 定 多 数 の 人 の 使 用 又 は 利 用 等 のために 現 に 供 され その 利 益 が 増 進 するようなもの としている そして それらに 該 当 するものとして チビッ 子 広 場 運 動 広 場 や 防 火 水 槽 用 地 など15 種 の 施 設 を 例 示 し そのうちの 一 つとして 公 益 法 人 等 若 しくは それ 以 外 の 者 が 所 有 しかつ 公 益 の 用 に 供 される 固 定 資 産 が 掲 げられているが その 取 扱 いについては 法 人 によっては 特 定 の 者 の 福 利 厚 生 等 共 益 的 な 性 格 の 事 業 や 付 随 的 な 収 益 事 業 を 行 っている 場 合 もあることから 市 民 に 対 し 広 く 開 放 し 専 ら 公 益 の 用 に 供 してい る 特 定 の 部 分 については 減 免 をすることができる とし 専 ら 公 益 の 用 に 供 している 部 分 については 団 体 が 不 特 定 又 は 多 数 の 者 に 広 く 開 放 し 市 民 に 対 し 無 料 セミナー 相 談 会 等 開 催 し 市 民 に 使 用 又 は 利 用 され その 利 益 を 増 進 させる 等 公 益 の 用 に 供 している 事 務 所 及 び 会 議 室 をいう としている (イ) 減 免 の 事 務 処 理 要 領 中 Ⅱ 事 務 処 理 について によると 市 は 減 免 の 決 定 に 際 し 公 益 法 人 等 ( 法 人 税 法 別 表 第 二 に 掲 げる 法 人 であり 民 法 第 34 条 の 規 定 により 設 立 された 社 団 法 人 及 び 財 団 法 人 学 校 法 人 宗 教 法 人 その 他 公 益 を 目 的 とする 事 業 を 行 う 法 人 をいう 以 下 同 じ )が 所 有 する 固 定 資 産 に ついてその 減 免 事 由 を 証 する 書 類 として 1 定 款 2 収 支 決 算 書 3 事 業 計 画 ( 報 告 ) 書 4 平 面 図 を 徴 することとしている また 市 は 決 裁 の 流 れについて 1 減 免 基 準 が 明 確 なものは 区 役 所 課 税 課 長 2 減 免 基 準 が 明 確 でないものは 市 財 政 局 税 務 部 税 制 課 と 協 議 をし た 後 に 区 長 が 行 うものとしている さらに 公 益 法 人 等 以 外 の 者 が 所 有 する 固 定 資 産 については 現 地 調 査 や 周 辺 自 治 会 からの 聴 き 取 り 調 査 等 により 公 益 の 用 に 供 されている 部 分 の 判 定 を 行 うこととしている

9 (3) 減 免 に 係 る 市 長 権 限 の 区 長 委 任 について 市 は 条 例 第 2 条 の2において 市 長 の 権 限 の 一 部 を 規 則 で 定 めるところに より 区 長 に 委 任 することができるとしている これを 受 けて 市 は 規 則 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 において 市 税 に 係 る 徴 収 金 の 賦 課 徴 収 に 関 することを 区 長 に 委 任 するとしているが 同 条 第 2 項 第 9 号 の 規 定 では 別 表 第 1から 別 表 第 5までに 規 定 する 減 免 で その 範 囲 と 割 合 について 基 準 がないものに 関 することは この 限 りでないとしている 表 中 4の 減 免 の 割 合 は 市 長 が 適 当 と 認 める 割 合 とされており そのうち 公 益 法 人 等 については 要 領 中 別 表 第 1-2においては 任 意 とされている また 市 は 市 決 裁 規 程 ( 平 成 4 年 訓 令 ( 甲 ) 第 1 号 ) 第 4 条 において 区 長 課 長 等 が 市 長 に 代 わって 常 時 決 裁 できる 事 項 を 別 表 第 1 及 び 第 2のとおりと し そのうち 減 免 に 係 る 事 務 の 専 決 者 の 区 分 は 次 のとおりである 平 成 22 年 3 月 に 至 り 規 則 改 正 により 前 記 第 2 条 第 2 項 第 9 号 の 規 定 が 削 除 され 減 免 の 範 囲 と 割 合 について 基 準 の 有 無 にかかわらず 全 て 区 長 に 委 任 されることとなった 別 表 第 1 2 財 務 に 関 する 事 項 (1) 歳 入 予 算 の 執 行 専 決 者 副 市 長 局 長 区 長 部 長 専 決 事 項 (1)~(4) 略 (5) 減 免 基 準 の ( 区 長 に 明 確 でない 限 る ) 歳 入 の 減 免 (6) 減 免 基 準 の 明 確 な 歳 入 の 減 免 (7)~(10) 略 * 別 表 第 1 中 1 2(2) 2(3) 及 び3は 略 課 長 第 一 類 及 び 第 二 類 の 事 業 所 の 長 ( 保 健 所 にあっては 総 務 課 長 環 境 保 健 研 究 所 にあって は 医 科 学 課 長 に 限 る ) (4) 本 件 減 免 決 定 について ア 減 免 対 象 減 免 の 対 象 とされた 土 地 及 び 建 物 は 下 記 (ア) 及 び(イ)に 表 示 するとお りであり それらに 係 る 固 定 資 産 税 等 の 納 税 義 務 者 は 千 葉 韓 国 人 商 工 協 同

10 組 合 ( 以 下 組 合 という )となっているが 減 免 申 請 の 申 請 者 は 県 本 部 である 在 日 本 大 韓 民 国 民 団 ( 以 下 民 団 という )とは 在 日 韓 国 人 を 構 成 員 とする 民 族 団 体 であり 昭 和 21 年 に 設 立 された 東 京 都 港 区 に 中 央 本 部 が 所 在 し その 他 各 都 道 府 県 に 地 方 本 部 が 置 かれ 千 葉 県 では 本 件 会 館 に 県 本 部 と 県 本 部 千 葉 支 部 ( 以 下 千 葉 支 部 という )が ほかに 船 橋 市 川 柏 などの 県 内 8 市 に 各 支 部 が 置 かれている そして 綱 領 には 1 大 韓 民 国 の 国 是 を 遵 守 する 2 在 日 同 胞 の 権 益 を 擁 護 する 3 在 日 同 胞 の 経 済 発 展 をめざす 4 在 日 同 胞 の 文 化 向 上 を 図 る 5 世 界 平 和 と 国 際 親 善 を 図 るとの5 項 目 が 定 められている また 組 合 は 中 小 企 業 等 協 同 組 合 法 に 定 める 協 同 組 合 として61 年 5 月 に 設 立 されたが 本 件 会 館 を 主 たる 事 務 所 としており 設 立 の 目 的 は 登 記 簿 では 組 合 員 の 事 業 用 消 耗 品 等 の 共 同 購 買 や 組 合 員 に 対 する 事 業 資 金 の 貸 付 等 とされている 両 者 の 関 係 については 請 求 書 に 添 付 の 証 2 県 本 部 からの 減 免 申 請 書 の 写 し に 県 本 部 と 組 合 とは 同 一 の 組 織 体 である 旨 記 載 され 申 請 書 の 納 税 義 務 者 との 続 柄 の 欄 にも 同 一 体 と 記 載 されている (ア) 土 地 (イ) 建 物 1 階 2 階 千 葉 市 中 央 区 新 宿 2 丁 目 9 番 5 地 積 99.40m2 9 番 6 地 積 89.56m2 9 番 7 地 積 m2 千 葉 市 中 央 区 新 宿 2 丁 目 9 番 8 号 合 計 m2 前 記 (ア)の 土 地 に 所 在 する 鉄 骨 造 陸 屋 根 3 階 建 延 床 面 積 m2の 事 務 所 であり 各 階 の 用 途 の 内 訳 は 下 表 のとおりとされている 用 途 面 積 (m2) 県 本 部 事 務 室 千 葉 支 部 事 務 室 倉 庫 6.53 会 議 室 共 用 部 分 (ホール 廊 下 トイレ 湯 沸 かし 室 階 段 ) 組 合 事 務 室 LL 教 室 韓 国 教 育 院 教 室 共 用 部 分 ( 廊 下 トイレ 湯 沸 かし 室 階 段 物 置 ) 68.77

11 3 階 大 会 議 室 厨 房 共 用 部 分 ( 廊 下 トイレ 階 段 ) イ 経 緯 (ア) 平 成 20 年 度 本 件 会 館 に 係 る 平 成 20 年 度 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 減 免 に 至 る 経 緯 は 次 のとおりである 年 月 日 市 の 調 査 等 の 状 況 平 成 20 年 県 本 部 から 前 記 ア(ア) 及 び(イ)に 課 せられた 平 成 20 年 度 4 月 21 日 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 に 係 る 減 免 申 請 書 が 提 出 される 平 成 20 年 中 央 区 役 所 課 税 課 職 員 が 減 免 申 請 の 対 象 施 設 へ 赴 き 現 地 調 査 5 月 27 日 を 行 った その 結 果 中 央 区 役 所 課 税 課 が 把 握 した 内 容 は 概 ね 次 のとおりである 1 県 本 部 は 本 件 会 館 において 平 成 19 年 度 国 民 登 録 移 動 状 況 129 件 家 族 関 係 登 録 357 件 旅 券 発 給 315 件 合 計 8 01 件 の 在 日 韓 国 人 の 戸 籍 整 理 や 旅 券 作 成 等 に 係 る 事 務 を 行 っ ていた 2 本 件 会 館 の2 階 LL 教 室 において 千 葉 韓 国 教 育 院 が 主 催 す る 韓 国 語 講 座 が 通 年 で 週 8 回 1 回 90 分 で 開 催 されており 平 成 20 年 の 受 講 者 は96 名 であり そのうち 日 本 人 受 講 者 は 90 名 とそのほとんどに 及 んでいる また 在 日 韓 国 人 の 子 どもはほとんど 韓 国 語 を 話 すことがで きず これらの 子 ども 達 や 日 本 人 児 童 に 対 し 受 講 料 無 料 で 土 曜 学 校 や 夏 期 講 座 を 開 催 している 3 県 本 部 は 平 成 4 年 から 毎 年 10 月 第 二 日 曜 日 に 市 や 市 国 際 交 流 協 会 の 後 援 の 下 に 在 日 韓 国 人 を 含 む 多 数 の 市 民 が 参 加 する 10 月 のマダン という 日 韓 友 好 親 善 の 集 いを 千 葉 中 央 公 園 において 行 っているが そのための 練 習 を 本 件 会 館 3 階 の 大 会 議 室 で 行 っている 平 成 20 年 前 記 減 免 申 請 に 対 し 市 は 表 中 3 及 び4の 規 定 により これ 6 月 9 日 を 承 認 し 全 額 免 除 することを 中 央 区 役 所 課 税 課 長 の 決 裁 により 決 定 し 同 日 付 けで 組 合 に 対 し 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 に 関 する 通 知 書 により 賦 課 更 正 する 旨 中 央 区 長 名 で 通 知 した (イ) 平 成 21 年 度 本 件 会 館 に 係 る 平 成 21 年 度 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 減 免 に 至

12 る 経 緯 は 次 のとおりである 年 月 日 市 の 調 査 等 の 状 況 平 成 21 年 県 本 部 から 前 記 ア(ア) 及 び(イ)に 課 せられた 平 成 21 年 度 4 月 14 日 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 に 係 る 減 免 申 請 書 が 提 出 される 平 成 21 年 中 央 区 役 所 課 税 課 職 員 が 減 免 申 請 の 対 象 施 設 へ 赴 き 現 地 調 査 5 月 26 日 を 行 った その 結 果 中 央 区 役 所 課 税 課 が 把 握 した 内 容 は 概 ね 次 のとおりである 1 県 本 部 は 本 件 会 館 において 平 成 20 年 度 国 民 登 録 移 動 状 況 141 件 家 族 関 係 登 録 712 件 旅 券 発 給 421 件 合 計 1, 274 件 の 在 日 韓 国 人 の 戸 籍 整 理 や 旅 券 作 成 等 に 係 る 事 務 を 行 っていた 2 本 件 会 館 の2 階 LL 教 室 において 千 葉 韓 国 教 育 院 が 主 催 す る 韓 国 語 講 座 が 通 年 で 週 9 回 1 回 90 分 で 開 催 されており 平 成 21 年 の 受 講 者 は99 名 であり そのうち 日 本 人 受 講 者 は 92 名 とそのほとんどに 及 んでいる また 在 日 韓 国 人 の 子 どもはほとんど 韓 国 語 を 話 すことがで きず これらの 子 ども 達 や 日 本 人 児 童 に 対 し 受 講 料 無 料 で 土 曜 学 校 や 夏 期 講 座 を 開 催 している 3 県 本 部 は 平 成 4 年 から 毎 年 10 月 第 二 日 曜 日 に 市 や 市 国 際 交 流 協 会 の 後 援 の 下 に 在 日 韓 国 人 を 含 む 多 数 の 市 民 が 参 加 する 10 月 のマダン という 日 韓 友 好 親 善 の 集 いを 千 葉 中 央 公 園 において 行 っているが そのための 練 習 を 本 件 会 館 3 階 の 大 会 議 室 で 行 っている 4 その 他 大 会 議 室 では 県 本 部 の 総 会 や 会 議 各 種 交 流 の 集 ま りなどが 行 われており 平 成 20 年 には 本 国 の 大 学 教 育 学 部 の 学 生 が 教 育 実 習 で 来 日 し 在 日 韓 国 人 の 子 どもに 韓 国 文 化 を 教 えるための 仮 面 劇 が 開 催 された 平 成 21 年 前 記 減 免 申 請 に 対 し 市 は 表 中 3 及 び4の 規 定 により これ 5 月 29 日 を 承 認 し 全 額 免 除 することを 中 央 区 役 所 課 税 課 長 の 決 裁 により 決 定 し 同 日 付 けで 組 合 に 対 し 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 に 関 する 通 知 書 により 賦 課 更 正 する 旨 中 央 区 長 名 で 通 知 した (5) 平 成 21 年 度 減 免 処 分 の 一 部 取 消 について 市 は 平 成 22 年 2 月 16 日 の 新 聞 報 道 等 の 内 容 と 平 成 21 年 度 減 免 申 請 内 容 について 再 検 証 するために 同 年 3 月 23 日 及 び5 月 10 日 に 県 本 部 及 び 組 合 に 対 し 文 書 による 事 実 確 認 の 照 会 を 行 ったほか 6 月 24 日 には 駐 日 韓 国 大 使 館 に 対 し 聴 き 取 り 調 査 を 行 った

13 その 結 果 県 本 部 が 本 件 会 館 において 大 使 館 領 事 館 が 行 うべき 事 務 を 代 行 して 行 っていることの 事 実 を 確 認 できなかったとして 22 年 8 月 12 日 付 け で21 年 度 の 減 免 処 分 のうち 韓 国 語 講 座 として 利 用 されている2 階 のLL 教 室 韓 国 教 育 院 教 室 を 除 いた 全 体 の81.17%( 廊 下 等 の 共 有 部 分 につい ては 面 積 按 分 ) 及 び 土 地 の 同 一 割 合 についても 取 り 消 すこととし 中 央 区 長 の 決 裁 により 決 定 した そして 同 月 19 日 付 けで 中 央 区 長 名 により 組 合 に 対 し 固 定 資 産 税 ( 都 市 計 画 税 ) 減 免 の 一 部 取 消 通 知 書 により 減 免 処 分 の 一 部 取 消 をする 旨 及 び 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 に 関 する 通 知 書 により 賦 課 更 正 をする 旨 を 通 知 した (6) 取 消 訴 訟 について ところで 本 件 会 館 に 係 る 平 成 21 年 度 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 減 免 処 分 については 千 葉 地 方 裁 判 所 において 原 告 請 求 人 被 告 市 間 の 平 成 21 年 ( 行 ウ) 第 46 号 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 免 除 取 消 等 請 求 事 件 ( 以 下 本 件 訴 訟 という )として 現 在 争 われているところである 市 は 本 件 訴 訟 において 22 年 2 月 12 日 に 裁 判 所 に 対 し 提 出 した 答 弁 書 では 本 件 会 館 については その 使 用 規 則 の 内 容 や 本 件 会 館 で 通 年 開 催 されて いる 韓 国 語 講 座 に 地 域 住 民 が 多 数 参 加 していることから 地 域 住 民 に 広 く 開 放 されている と 言 え その 用 に 供 する 部 分 は 表 中 3に 準 ずると 言 うことができ る また 前 記 事 実 から 当 該 部 分 は 要 領 に 記 載 されている 不 特 定 又 は 多 数 の 者 に 広 く 開 放 し 市 民 に 対 し 無 料 セミナー 相 談 会 等 開 催 し 市 民 に 使 用 又 は 利 用 され その 利 益 を 増 進 させる ものとも 言 えるので 公 益 の 用 に 供 され ており 表 中 4に 該 当 すると 述 べている さらに 県 本 部 は 駐 日 韓 国 大 使 館 から 領 事 事 務 の 委 嘱 を 受 け その 事 務 を 本 件 会 館 において 行 っているが 地 方 税 法 第 348 条 第 9 項 第 1 号 は 外 国 の 政 府 が 所 有 する 大 使 館 等 の 施 設 の 用 に 供 する 固 定 資 産 に 対 しては 固 定 資 産 税 を 課 することができないと 定 めており 駐 日 韓 国 大 使 館 から 委 嘱 を 受 けた 事 務 を 執 り 行 う 施 設 の 用 に 供 する 固 定 資 産 は 大 使 館 に 準 ずるものとして 公 益 法 人 以 外 の 者 が 所 有 し かつ 公 益 の 用 に 供 される 固 定 資 産 と 見 て 表 中 4に 該 当 すると 言 うことができると 述 べている しかしながら 22 年 8 月 25 日 に 提 出 した 準 備 書 面 (2)においては 同 年 2 月 16 日 の 新 聞 報 道 から 20 年 9 月 26 日 に 韓 国 の 旅 券 法 令 が 改 正 され たことにより 県 本 部 が 本 件 会 館 で 駐 日 韓 国 大 使 館 から 委 嘱 を 受 けて 旅 券 事 務 を 行 っているとの 内 容 に 疑 義 が 生 じ 県 本 部 に 照 会 したところ 21 年 度 は 旅 券 事 務 は 行 っていないことが 判 明 したこと 併 せて 同 大 使 館 から 委 嘱 を 受 けた 事 務 を 行 っているという 内 容 について 県 本 部 及 び 同 大 使 館 に 対 し 調 査 を 行 っ たが 委 嘱 を 受 けている 事 務 が 減 免 事 由 に 該 当 するような 事 務 であることを 確 認 できなかったことから 22 年 8 月 19 日 に 減 免 処 分 の 一 部 を 取 り 消 したこ とを 明 らかにした

14 2 監 査 対 象 部 局 の 説 明 (1) 平 成 21 年 度 減 免 処 分 の 一 部 取 消 について 一 部 取 消 に 至 ったのは 平 成 22 年 2 月 16 日 付 けの 新 聞 報 道 において 韓 国 の 旅 券 法 令 が 改 正 されたことなどによって 成 田 市 の 民 団 の 施 設 では 旅 券 事 務 が 行 われていないことが 確 認 された 旨 の 記 載 がされていたことにより 本 件 会 館 の 固 定 資 産 税 等 の 減 免 処 分 の 理 由 としていた 駐 日 韓 国 大 使 館 から 委 嘱 を 受 けて 旅 券 事 務 を 行 っているとの 内 容 にも 疑 義 が 生 じたことを 契 機 としてい る それを 受 けて 改 めて 県 本 部 に 照 会 したところ 20 年 9 月 26 日 に 韓 国 の 旅 券 法 が 改 正 され 21 年 度 は 旅 券 事 務 は 行 っていないことが 判 明 したもの である あわせて 同 大 使 館 から 委 嘱 を 受 けた 事 務 を 行 っているという 内 容 について 県 本 部 及 び 同 大 使 館 に 対 し 改 めて 国 家 事 務 の 代 行 であるかどうかの 調 査 を 行 ったところ 22 年 7 月 13 日 までに 得 られた 回 答 及 び 資 料 では 委 嘱 を 受 け ている 事 務 が 本 市 が21 年 度 の 減 免 事 由 に 該 当 すると 考 えていた 本 来 国 が 行 うべき 事 務 の 代 行 であること の 確 認 が 取 れなかった したがって 申 請 書 に 記 載 された 内 容 と 齟 齬 がなかった 韓 国 語 講 座 に 利 用 さ れている 部 分 を 除 き 減 免 処 分 を 取 り 消 すこととしたものである (2) 平 成 20 年 度 の 減 免 処 分 に 係 る 調 査 について 平 成 20 年 度 の 減 免 処 分 に 係 る 調 査 についても 旅 券 法 の 改 正 部 分 など21 年 度 の 調 査 と 重 複 する 部 分 については 並 行 して 行 っていた 現 時 点 では 20 年 度 中 に 旅 券 事 務 の 法 改 正 が 行 われたということは 判 明 し ているが 21 年 度 減 免 に 係 る 調 査 の 過 程 で そもそも 大 使 館 から 委 嘱 を 受 け た 事 務 について 減 免 の 前 提 としていた 国 家 事 務 の 代 行 であることの 確 認 を 行 うことが 困 難 であることがわかり まずは 直 近 の21 年 度 の 処 分 についての 調 査 及 び 判 断 を 優 先 して 行 うこととした 一 度 行 った 処 分 について 取 り 消 す 判 断 を 行 うに 当 たっては 調 査 はより 慎 重 に 行 う 必 要 があると 考 えたため 21 年 度 分 の 調 査 として 県 本 部 に 対 する 照 会 だけでなく 駐 日 韓 国 大 使 館 を 訪 問 して 職 員 に 聴 き 取 りを 行 うなどの 調 査 を 行 ったことも 結 果 的 に 時 間 がかかった 要 因 となった 最 終 的 に 同 大 使 館 から 文 書 による 資 料 の 提 出 が 困 難 であるとの 回 答 を 得 た のが 7 月 中 旬 であり 減 免 事 由 が 確 認 できないとして 21 年 度 の 処 分 の 一 部 取 消 の 判 断 に 至 ったのは8 月 中 旬 になってしまった 県 本 部 から 提 出 を 受 けた 資 料 も 外 国 語 で 記 載 されるなど 内 容 の 確 認 が 難 し いものも 多 く 現 在 までの 間 に20 年 度 処 分 に 係 る 調 査 までは 終 えることがで きなかった 20 年 度 の 減 免 事 由 についても 現 段 階 では 大 使 館 領 事 館 が 行 うべき 領 事

15 事 務 の 代 行 をしているという 確 認 はとれていないが 現 在 までの 段 階 では 韓 国 の 旅 券 法 改 正 前 に 県 本 部 が 行 っていた 旅 券 に 関 する 事 務 が 大 使 館 の 代 行 事 務 でないという 確 認 には 至 っていない したがって 今 後 の 調 査 としては 少 なくとも 当 該 部 分 の 確 認 を 行 う 必 要 が あると 認 識 している (3) 監 査 請 求 の 請 求 期 間 徒 過 について 平 成 21 年 度 に 行 った 処 分 の 取 消 は 当 初 の 処 分 理 由 であった 国 の 事 務 の 代 行 の 事 実 が 確 認 できなかったことによるものであり 旅 券 法 の 改 正 といった 事 後 的 な 事 情 の 変 更 によるものではない したがって 仮 に 20 年 度 処 分 の 取 消 について 21 年 度 処 分 を 取 り 消 し たのと 同 じ 理 由 により 当 然 取 り 消 すべきこととなるとしても それは 21 年 度 処 分 と 同 様 20 年 度 についても 当 初 処 分 の 適 法 性 が 問 題 となるからである と 考 える とすれば 20 年 度 処 分 に 係 る 取 消 事 由 は 20 年 度 当 初 処 分 において 国 の 事 務 の 代 行 の 事 実 確 認 を 尽 くさずに 減 免 処 分 を 行 ったことが 違 法 と 評 価 さ れることによって はじめて 認 められるものであり 当 初 の 処 分 は 適 法 であっ たのに 法 改 正 や21 年 度 処 分 取 消 等 の 事 後 的 な 事 情 により 違 法 と 評 価 される 事 情 が 発 生 したといったものではないと 考 えている 20 年 度 の 処 分 について 処 分 当 初 から 違 法 であったと 評 価 されるならば 期 間 制 限 の 適 用 を 受 ける 事 例 であると 考 えている 正 当 な 理 由 については 請 求 人 は 昭 和 58 年 以 降 本 件 固 定 資 産 の 減 免 処 分 が 行 われていることについて 平 成 21 年 11 月 2 日 に 行 われた21 千 監 ( 住 ) 第 3 号 の 陳 述 に 立 ち 会 った 際 に 知 り 得 たはずであり また 遅 くとも21 年 12 月 18 日 には 本 件 減 免 処 分 の 決 裁 についての 部 分 開 示 を 受 けており 本 件 減 免 処 分 の 内 容 を 知 り 得 たはずである したがって 減 免 処 分 の 存 在 及 び 内 容 について 請 求 人 は 遅 くとも21 年 12 月 18 日 までには 了 知 しているはずであり その 時 から8か 月 以 上 経 って から 監 査 請 求 をしていることから 本 件 監 査 請 求 は 1 年 を 経 過 してなされた ことに 正 当 な 理 由 は 認 められないと 考 えている 3 関 係 人 調 査 関 係 人 調 査 において 明 らかにされた 主 な 事 項 は 次 のとおりである (1) 減 免 の 一 部 取 消 処 分 に 対 する 対 応 について 本 件 会 館 は 昭 和 58 年 8 月 23 日 に 建 てられ それ 以 後 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 減 免 を 受 けており 中 央 区 役 所 課 税 課 に 対 し 施 設 の 使 用 状 況 等 につい て 十 分 な 説 明 をしていること 平 成 18 年 度 以 降 は 毎 年 度 同 課 職 員 が 本 件 会 館 の 現 地 調 査 を 行 っていたことから 本 件 会 館 に 係 る 減 免 については 理 解 を 得 て いると 思 っていた

16 なお 中 央 区 役 所 課 税 課 に 対 し 毎 年 度 3 月 に 開 催 されている 県 本 部 の 定 期 地 方 委 員 会 で 議 題 とされる 活 動 報 告 書 を 提 出 している しかしながら 今 回 減 免 の 根 拠 となる 事 実 の 一 部 について 確 認 できなか った ということで 韓 国 語 教 室 として 使 用 されている 部 分 を 除 く 約 82%が 課 税 されることとなった 21 年 度 の 減 免 処 分 については 本 件 訴 訟 が 係 属 中 であると 伺 っており こ うした 状 況 の 中 で 一 部 取 消 を 行 ったのは 到 底 納 得 することができない また 関 東 地 方 の 県 庁 所 在 地 の 地 方 本 部 の 各 事 務 所 においても その 多 くが 減 免 を 受 けている 以 上 のとおりであるので 本 件 処 分 について 去 る10 月 8 日 に 千 葉 市 長 に 対 し 行 政 不 服 審 査 法 ( 昭 和 37 年 9 月 15 日 法 律 第 160 号 )に 基 づく 審 査 請 求 を 提 出 したところである (2) 大 使 館 委 任 業 務 について 昭 和 24 年 に 大 韓 民 国 駐 日 代 表 部 代 表 から 在 日 本 大 韓 民 国 居 留 民 団 ( 現 民 団 ) 団 長 宛 てに 提 出 された 貴 在 日 本 大 韓 民 国 居 留 民 団 は 大 韓 民 国 政 府 が 公 認 した 唯 一 の 韓 国 人 団 体 である と 記 載 された 文 書 が 大 使 館 委 任 業 務 を 行 ってい る 根 拠 である 昔 は 大 韓 民 国 駐 日 代 表 部 のみでは 旅 券 発 給 業 務 戸 籍 謄 本 の 作 成 などの 事 務 処 理 ができなかったため 全 国 の 地 方 本 部 がその 代 行 を 行 い 全 て 民 団 を 通 じ て 本 国 の 面 ( 基 礎 自 治 体 である 郡 市 の 下 に 置 かれた 行 政 区 分 の 一 つ) 事 務 所 に 書 類 を 送 って 処 理 をしていた 県 本 部 で 行 う 事 務 は 領 事 館 への 旅 券 の 申 請 家 族 関 係 証 明 書 基 本 証 明 書 婚 姻 関 係 証 明 書 入 養 関 係 証 明 書 親 養 子 関 係 証 明 書 など 多 岐 に 亘 っている 申 請 にあたっては 様 々な 書 類 の 作 成 が 必 要 と なり 個 人 で 領 事 館 に 申 請 する 場 合 には1 回 では 終 わらないことが 多 く また ほとんどの 団 員 は 韓 国 語 ができないため 書 類 作 成 のほとんどを 県 本 部 におい て 行 っている また 朝 鮮 の 国 籍 から 韓 国 国 籍 に 変 更 する 国 民 登 録 については 民 団 しか 申 請 することができず その 際 に 基 準 地 ( 本 籍 地 )を 設 定 するのであるが これ については 申 請 者 から 出 身 地 などを 確 認 して 民 団 が 当 該 地 の 面 事 務 所 とや りとりをして 行 っている こうしたことから 我 々は 韓 国 政 府 から 大 使 館 業 務 を 委 任 されていると 認 識 している しかしながら 韓 国 政 府 からこれらの 業 務 を 委 任 されていること について 確 認 できる 文 書 は 残 されていない さらに 各 市 町 村 役 場 の 外 国 人 登 録 担 当 課 においても 各 種 の 申 請 事 項 の 際 に 諸 関 係 証 明 書 の 翻 訳 などが 必 要 となるが 前 記 のとおりほとんどの 団 員 は 韓 国 語 ができないため 翻 訳 作 業 も 県 本 部 で 行 っており 翻 訳 者 の 記 名 と 県 本 部 代 表 者 の 記 名 及 び 押 印 により その 翻 訳 が 正 しいものであることを 認 証 している ちなみに 市 中 央 区 役 所 市 民 課 に 対 しては 平 成 21 年 度 に17 件 提 出 して

17 いる (3) 旅 券 法 改 正 の 民 団 業 務 内 容 への 影 響 について 韓 国 の 旅 券 法 が 改 正 され 指 紋 押 捺 することとなり 本 人 による 申 請 しかで きなくなったため 民 団 が 代 行 して 申 請 することができなくなった しかしながら 申 請 書 類 の 作 成 が 非 常 に 煩 雑 なため 現 在 でも 民 団 では 本 人 が 領 事 館 に 提 出 する 書 類 の 作 成 を 行 っている 4 判 断 (1) 本 件 監 査 請 求 の 期 間 徒 過 について 自 治 法 第 242 条 第 2 項 では 住 民 監 査 請 求 は 当 該 行 為 のあった 日 又 は 終 わった 日 から1 年 を 経 過 したときは これをすることができない ただし 正 当 な 理 由 があるときは この 限 りでない とされているが 本 件 監 査 請 求 にお いて 取 り 消 すべきとされている 平 成 20 年 度 減 免 処 分 は20 年 6 月 9 日 付 け で 行 われており 本 件 監 査 請 求 の 提 出 された22 年 9 月 9 日 までには2 年 3か 月 を 経 過 していることから 監 査 請 求 の 期 間 制 限 との 関 係 が 問 題 となる この 点 について 請 求 人 は 本 件 訴 訟 において22 年 8 月 25 日 に 市 が 提 出 した 準 備 書 面 によって 21 年 度 減 免 処 分 の 一 部 取 消 と その 原 因 である 大 使 館 からの 委 嘱 業 務 が20 年 9 月 26 日 以 降 行 われていなかったことが 明 らか になった 結 果 今 回 の 請 求 となったものであり 20 年 度 減 免 処 分 の 日 から1 年 を 経 過 していることに 正 当 な 理 由 があるとしている これに 対 し 監 査 対 象 部 局 は 20 年 度 減 免 処 分 について 21 年 度 減 免 処 分 の 取 消 と 同 じ 理 由 により 取 り 消 すべきとしても それは 21 年 度 減 免 処 分 と 同 様 国 の 事 務 の 代 行 の 事 実 確 認 を 尽 くさずに 減 免 処 分 を 行 ったことが 違 法 と 評 価 されることによってはじめて 認 められるものであり 期 間 制 限 の 適 用 を 受 ける 事 例 である そして 正 当 な 理 由 については 請 求 人 は 本 件 減 免 処 分 の 存 在 及 び 内 容 について 遅 くとも 本 件 減 免 処 分 の 決 裁 についての 部 分 開 示 を 受 けた21 年 12 月 18 日 までには 了 知 しているはずであり その 時 から8か 月 以 上 経 ってから 監 査 請 求 をしていることから 本 件 監 査 請 求 は 1 年 を 経 過 してなされたことに 正 当 な 理 由 は 認 められないとしている そこで 本 件 監 査 請 求 の 期 間 徒 過 について 検 討 する 請 求 人 の 主 張 は 平 成 20 年 になされた 韓 国 の 旅 券 法 の 改 正 により 県 本 部 が 旅 券 事 務 を 行 っていないとしてなされた 平 成 21 年 度 の 減 免 処 分 の 取 消 を 受 けて 平 成 20 年 度 の 減 免 処 分 についても 取 り 消 すべきであるのにもかかわら ず これを 怠 っているというもので 一 見 すると 法 律 上 の 期 間 制 限 はないと されている 怠 る 事 実 についての 請 求 であるように 見 られる しかしながら 具 体 的 な 監 査 請 求 の 対 象 は 当 該 請 求 において 請 求 人 が 何 を 対 象 として 取 り 上 げたのかを 請 求 書 の 記 載 内 容 添 付 書 面 等 に 照 らして 客 観 的 実 質 的 に 判 断 すべきものである ( 平 成 14 年 7 月 2 日 最 高 裁 判 決 )と

18 されているが 今 回 の21 年 度 減 免 処 分 の 一 部 取 消 の 理 由 は 韓 国 の 旅 券 法 の 改 正 という 事 情 変 更 によるものではなく 大 使 館 領 事 館 が 行 うべき 事 務 を 代 行 して 行 っていることの 事 実 を 確 認 できなかった ことによるものであるか ら それを 前 提 とすると 本 件 監 査 請 求 は 実 質 的 には 平 成 20 年 度 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 減 免 処 分 の 違 法 性 を 主 張 するものであり その 意 味 で 監 査 対 象 部 局 が 主 張 するように 期 間 制 限 が 問 題 になる 事 案 である こうした 怠 る 事 実 に 係 る 監 査 請 求 の 期 間 制 限 に 関 する 裁 判 例 についてみる と 昭 和 62 年 2 月 20 日 最 高 裁 判 決 では 当 該 普 通 地 方 公 共 団 体 の 長 その 他 の 財 務 会 計 職 員 の 特 定 の 財 務 会 計 上 の 行 為 を 違 法 であるとし 当 該 行 為 が 違 法 無 効 であることに 基 づいて 発 生 する 実 体 法 上 の 請 求 権 の 不 行 使 をもって 財 産 の 管 理 を 怠 る 事 実 としているものである 監 査 請 求 のときは 当 該 監 査 請 求 につ いては 怠 る 事 実 に 係 る 請 求 権 の 発 生 原 因 たる 当 該 行 為 のあった 日 又 は 終 わっ た 日 を 基 準 として 自 治 法 第 242 条 第 2 項 の 規 定 を 適 用 すべきものと 解 する のが 相 当 であるとされている こうしたことからすると 本 件 監 査 請 求 については 期 間 制 限 の 規 定 に 抵 触 するものと 考 えられる そこで 期 間 を 徒 過 したことについての 正 当 な 理 由 の 有 無 について 検 討 する 本 件 では 中 央 区 長 が 所 要 の 調 査 を 行 い これに 基 づき 平 成 21 年 度 減 免 処 分 の 一 部 取 消 をしたのは 本 年 8 月 19 日 のことである 請 求 人 は 同 人 がこれを 知 ったのは 本 件 訴 訟 において 被 告 市 が 本 年 8 月 2 5 日 付 けで 提 出 した 準 備 書 面 によるものであると 主 張 しているが これに 対 し 監 査 対 象 部 局 は 請 求 人 は 平 成 20 年 度 減 免 処 分 についても その 理 由 を 昨 年 度 の 監 査 請 求 (21 千 監 ( 住 ) 第 3 号 以 下 同 じ ) 時 には 知 り 得 たとしてい る 本 件 訴 訟 の 内 容 や 経 緯 からすれば 一 般 市 民 まして 減 免 処 分 の 違 法 性 を 争 っている 請 求 人 にとっては 監 査 対 象 部 局 が 減 免 処 分 を 取 り 消 すことは 思 いも かけないことで 到 底 考 えられないところであり 請 求 人 が 違 法 であると 主 張 す る 事 実 ( 中 央 区 長 が 平 成 21 年 度 減 免 処 分 を 取 り 消 した 根 拠 事 由 )を 知 り 得 る ことになったのは 前 記 の22 年 8 月 25 日 であるとする 請 求 人 の 主 張 は 正 当 な 理 由 たり 得 るものと 考 えられる 事 実 を 知 り 得 ることになってから 請 求 までの 期 間 について 裁 判 例 では 概 ね 3か 月 を 超 えたものでは 期 間 制 限 に 触 れるとされたものはあるが 3か 月 以 内 では ほぼ 許 容 されているので 本 件 監 査 請 求 ではその 範 囲 内 にあると 言 える したがって 本 件 監 査 請 求 は 自 治 法 第 242 条 第 1 項 及 び 第 2 項 の 所 定 の 要 件 を 具 備 している 適 法 な 請 求 であると 考 える (2) 平 成 21 年 度 減 免 処 分 と 一 部 取 消 処 分 について 次 に 平 成 21 年 度 減 免 処 分 と 一 部 取 消 処 分 について 検 討 する まず 21 年 度 減 免 処 分 の 一 部 取 消 の 理 由 についてであるが これについて

19 監 査 対 象 部 局 は 請 求 人 が 指 摘 している 旅 券 法 の 改 正 によるものではなく 決 裁 書 では 当 該 物 件 は 本 来 大 使 館 領 事 館 が 行 うべき 事 務 について 委 嘱 を 受 けてその 一 部 を 代 行 していること 及 び 地 域 住 民 に 対 して 韓 国 語 講 座 を 行 っ ていることにより 公 共 性 の 高 い 物 件 であるとして 減 免 を 行 っていた この 減 免 処 分 に 対 し 本 件 訴 訟 が 提 起 されたこと また 新 聞 報 道 で 韓 国 の 旅 券 法 改 正 により 旅 券 発 給 事 務 が 廃 止 されていたことが 確 認 され 減 免 理 由 に 疑 義 が 生 じたことから 民 団 県 地 方 本 部 及 び 大 使 館 に 対 して 再 調 査 を 行 った 結 果 大 使 館 領 事 館 が 行 うべき 事 務 を 代 行 して 行 っていることの 事 実 確 認 が できなかったため この 部 分 についての 減 免 を 取 り 消 す なお 韓 国 語 講 座 と して 利 用 されている 部 分 については 減 免 の 根 拠 として 事 実 が 変 わることはな いため 減 免 は 維 持 することとする としており 要 するに21 年 度 減 免 処 分 の 理 由 は 本 来 大 使 館 領 事 館 が 行 うべき 事 務 ( 韓 国 政 府 の 行 うべき 事 務 ) について 委 嘱 を 受 けてその 一 部 を 代 行 していること 及 び 地 域 住 民 に 対 して 韓 国 語 講 座 を 行 っていることであったとしている しかしながら 昨 年 度 の 監 査 請 求 における 監 査 対 象 部 局 の 説 明 では 県 本 部 が 本 件 会 館 において 在 日 韓 国 人 の 戸 籍 整 理 及 び 旅 券 発 給 書 類 の 作 成 業 務 等 の 大 使 館 委 任 業 務 を 行 っていることや 日 本 人 が 多 く 参 加 し 費 用 も 実 費 程 度 の 韓 国 語 講 座 を 行 い 地 域 における 日 韓 相 互 の 文 化 交 流 や 地 域 コミュニティづく りに 貢 献 していること さらに 本 国 の 文 化 を 在 日 韓 国 人 や 日 本 人 に 紹 介 するた めの 活 動 や 練 習 を 行 っていることに 鑑 み 施 設 全 体 が 表 中 4の 細 目 を 定 めた 要 領 中 の 15 公 益 法 人 等 若 しくは それ 以 外 の 者 が 所 有 しかつ 公 益 の 用 に 供 さ れる 固 定 資 産 に 該 当 すると 総 合 的 に 判 断 し 規 則 第 8 条 の 規 定 により 減 免 す ることとした としている さらに 21 年 度 減 免 処 分 の 決 裁 書 においては 不 特 定 多 数 の 者 に 開 かれた 本 物 件 の 利 用 及 び 日 韓 友 好 親 善 活 動 等 を 確 認 したとして 韓 国 語 講 座 とともに 10 月 のマダン という 行 事 についても 記 載 されている 以 上 のように 21 年 度 減 免 処 分 の 理 由 とその 一 部 取 消 処 分 の 理 由 との 相 関 関 係 については 整 合 性 を 欠 くものであると 言 わざるを 得 ない また 一 部 取 消 に 当 たり 市 は 県 本 部 及 び 組 合 に 対 して 3 月 と5 月 に 文 書 による 事 実 確 認 の 調 査 をしているほか 6 月 には 駐 日 韓 国 大 使 館 に 対 して 聴 き 取 り 調 査 を 行 っている 組 合 からは 市 の 照 会 に 対 しそれぞれ2 回 の 文 書 による 回 答 がなされており 駐 日 韓 国 大 使 館 員 からも 説 明 を 受 けたとのことであるが これらの 調 査 結 果 を どのように 評 価 し 何 をもって 事 実 の 確 認 ができなかったとしているのか 監 査 対 象 部 局 の 説 明 では 明 らかにされたとは 言 えず 減 免 処 分 の 取 消 理 由 の 根 拠 としては 明 確 でない 加 えて 21 年 度 減 免 処 分 の 一 部 取 消 処 分 については これについて 定 める 法 令 の 規 定 は 見 当 たらないから その 法 的 根 拠 はこれを 行 政 法 上 の 一 般 理 論 に

20 求 めるほかないが 本 件 のような 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 減 免 処 分 という 授 益 的 行 政 行 為 の 取 消 については 原 処 分 によって 与 えられた 利 益 は 受 益 者 が 不 正 の 手 段 を 講 じるなどの 事 情 がない 限 り 尊 重 されるべきものである そう すると これを 自 ら 取 り 消 すことは 特 段 の 公 益 上 の 必 要 が 認 められない 限 り 許 されるものではない( 塩 野 宏 行 政 法 Ⅰ 参 照 )と 解 されている そもそも 平 成 21 年 度 減 免 処 分 の 違 法 性 が 主 張 された 昨 年 度 の 監 査 請 求 に おいて 監 査 対 象 部 局 は 監 査 委 員 に 対 して 県 本 部 の 行 っている 旅 券 発 給 事 務 は 取 次 業 務 ということで 間 接 的 に 領 事 館 業 務 をしているということで そ こで 旅 券 を 発 給 しているわけではありません と 説 明 しており このことから すれば 市 は 旅 券 事 務 ばかりではなく その 他 の 戸 籍 関 係 事 務 についても 同 様 に 県 本 部 が 担 ってきた 事 務 が 韓 国 政 府 や 大 使 館 領 事 館 との 長 年 にわた る 相 互 協 力 関 係 の 中 で いわば 行 政 機 関 の 窓 口 で 行 う 自 国 民 に 対 するサービス 的 な 業 務 であったことを 十 分 に 了 解 していたと 言 うべきであり それをことさ らに 大 使 館 領 事 館 が 行 うべき 事 務 の 代 行 に 限 定 するような 解 釈 はこれま でしてきていないのである (3) 平 成 20 年 度 減 免 処 分 について 当 監 査 委 員 としては 前 記 に 述 べたような 本 件 会 館 の 利 用 状 況 等 の 事 実 関 係 などに 基 づき 昨 年 度 の 監 査 請 求 において 本 件 会 館 については 在 外 公 館 的 業 務 を 初 め 県 本 部 について 自 治 会 類 似 の 公 益 性 を 認 めうるから 在 日 韓 国 人 及 びその 地 域 における 役 割 地 域 交 流 などの 活 動 その 他 多 岐 に 亘 る 互 助 的 事 業 を 踏 まえ 監 査 対 象 部 局 が 結 論 として 本 件 会 館 を 全 体 的 にその 公 益 性 を 認 め 全 額 を 減 免 したことについては 首 肯 できる としたものである このことは 実 態 として 在 外 公 館 的 業 務 や 自 治 会 類 似 の 公 益 的 な 利 用 に 供 さ れていることから 判 断 したのであり 監 査 対 象 部 局 は 20 年 度 の 減 免 の 事 由 についても 現 段 階 では 大 使 館 領 事 館 が 行 うべき 領 事 事 務 の 代 行 をしている という 確 認 は 取 れていないとしてなお 調 査 の 必 要 があるとしているのである が 決 裁 文 書 上 も20 年 度 と21 年 度 とで 減 免 の 事 由 に 差 異 はなく 監 査 委 員 の 判 断 は 平 成 20 年 度 減 免 処 分 についても 変 わりはなく 維 持 されるべきも のと 考 えている (4) 審 査 請 求 について ところで 本 年 10 月 8 日 に 至 り 組 合 ( 県 本 部 )は 千 葉 市 長 に 対 して 中 央 区 長 が 行 った 平 成 21 年 度 減 免 処 分 の 一 部 取 消 処 分 について 審 査 請 求 を 提 出 したところであるが その 主 な 理 由 は 正 式 な 領 事 館 や 役 場 及 び 公 民 館 とは 違 うものの 準 領 事 館 準 役 場 的 また 公 民 館 的 な 役 割 を 担 っている 公 的 な 建 物 で あることを 認 めて これまで 減 免 の 根 拠 としてきたところ 今 年 度 になって 一 部 について 確 認 ができない とは 到 底 納 得 することはできないというものであ る 当 該 審 査 請 求 については 地 方 税 法 に 基 づき30 日 以 内 に 裁 決 がされること

21 となり 今 後 必 要 な 審 査 手 続 きが 進 められることとなるが どのような 結 論 と なるか 現 段 階 では 明 らかでない (5) 中 央 区 長 及 び 中 央 区 役 所 課 税 課 長 ほか 担 当 職 員 の 不 作 為 について 請 求 人 は 中 央 区 長 及 び 中 央 区 役 所 課 税 課 長 ほか 担 当 職 員 ( 以 下 中 央 区 長 等 という )が 住 民 監 査 請 求 等 により 何 回 も 精 査 する 機 会 があったにもか かわらず その 責 務 を 怠 ったことによる 不 作 為 であると 主 張 しているが 前 記 のとおり 平 成 20 年 度 減 免 処 分 が 違 法 なものとは 考 えられず また 21 年 度 減 免 処 分 について 本 件 訴 訟 として 係 属 中 であること 21 年 度 減 免 処 分 の 一 部 取 消 について 審 査 請 求 手 続 中 であることから 中 央 区 長 等 に20 年 度 減 免 処 分 について その 一 部 取 消 処 分 を 行 わなければならないような 義 務 があるとは 考 えられず 責 務 を 怠 っているとか 不 作 為 であるとの 請 求 人 の 主 張 は 当 たらな い 5 結 論 以 上 により 現 時 点 で 本 件 会 館 に 係 る 平 成 20 年 度 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 について 減 免 を 行 ったことは 違 法 又 は 不 当 な 財 産 処 分 であると 判 断 するこ とはできず したがって 平 成 21 年 度 減 免 処 分 の 一 部 取 消 処 分 に 相 当 するよう な 処 分 を 平 成 20 年 度 分 についてもするべきであり それをしないことは 財 産 の 管 理 を 違 法 又 は 不 当 に 怠 っていることにあたるとの 請 求 人 の 主 張 には 理 由 がな いものと 判 断 する

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等

枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 監 査 結 果 報 告 書 ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 給 付 金 返 還 差 止 に 係 る 住 民 監 査 請 求 ) 枚 方 市 監 査 委 員 枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される 狭 監 発 第 25 号 平 成 28 年 6 月 14 日 様 狭 山 市 監 査 委 員 磯 野 和 夫 狭 山 市 職 員 措 置 請 求 書 について( 通 知 ) 平 成 28 年 4 月 6 日 付 けで 提 出 された 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 1 項 の 規 定 による 監 査 請 求 について 請 求 内 容 を 監 査 した 結 果 を

More information

減 免 の 趣 旨 固 定 資 産 税 の 減 免 は 徴 収 猶 予 納 期 の 延 長 等 の 措 置 を 講 じてもなお 納 税 が 困 難 であると 認 められるような 担 税 力 の 薄 弱 な 者 に 対 する 救 済 措 置 である 一 方 資 産 の 使 用 目 的 及 び 状 況

減 免 の 趣 旨 固 定 資 産 税 の 減 免 は 徴 収 猶 予 納 期 の 延 長 等 の 措 置 を 講 じてもなお 納 税 が 困 難 であると 認 められるような 担 税 力 の 薄 弱 な 者 に 対 する 救 済 措 置 である 一 方 資 産 の 使 用 目 的 及 び 状 況 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 ( 最 終 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 ) 帯 広 市 税 条 例 による 減 免 措 置 減 免 の 趣 旨 固 定 資 産 税 の 減 免 は 徴 収 猶 予 納 期 の 延 長 等 の 措 置 を 講 じてもなお 納 税 が 困 難 であると 認 められるような 担 税 力 の 薄 弱 な 者 に 対 する

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E>

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E> 42-00 42 00 審 理 の 終 結 及 び 再 開 1. 審 理 の 終 結 ( 結 審 ) 審 判 長 は 特 許 無 効 審 判 以 外 の 審 判 においては 事 件 が 審 決 をするのに 熟 し たときは 審 理 の 終 結 を 当 事 者 及 び 参 加 人 ( 以 下 単 に 当 事 者 という )に 通 知 し なければならない( 特 1561 実 41 意 52 商 561

More information

「知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その2)監査結果

「知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その2)監査結果 平 成 28 年 7 月 15 日 問 い 合 わせ 先 監 査 事 務 局 監 査 事 務 局 総 務 課 電 話 03-5320-7011 知 事 専 用 車 の 使 用 を 違 法 不 当 としてその 使 用 に 要 した 経 費 の 返 還 を 求 める 住 民 監 査 請 求 (その2) 監 査 結 果 について 東 京 都 監 査 委 員 同 同 同 同 山 加 朱 美 吉 倉 正 美

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 市 町 村 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 介 護 保 険 関 係 団 体 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 費 用 負 担 の 見 直 しに 係 る 事 務 処 理 の 取 扱 いについて 計 29 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.490

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4.

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4. 公 益 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 ( 理 事 理 事 会 会 計 監 査 人 評 議 員 評 議 員 会 社 員 社 員 総 会 ) 目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要 札 幌 市 管 工 事 業 協 同 組 合 定 款 昭 和 48 年 12 月 18 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

目     次

目     次 制 裁 規 程 第 1 章 総 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 定 款 第 57 条 に 基 づき 会 員 及 び 会 員 を 所 属 商 品 先 物 取 引 業 者 とする 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 者 ( 以 下 会 員 等 という )の 商 品 先 物 取 引 業 務 ( 定 款 第 3 条 第 1 項 第 5 号 に 定 める 業 務 をいう 以 下 この 規 程 において

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 3 6 7 条 お よ び 第 7 0 2 条 の 8 第 7 項 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 5 1 条 の 規 定 を 根 拠 と す る 固 定 資 産 税 お よ び 都 市 計 画 税

( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 3 6 7 条 お よ び 第 7 0 2 条 の 8 第 7 項 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 5 1 条 の 規 定 を 根 拠 と す る 固 定 資 産 税 お よ び 都 市 計 画 税 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 ( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 3 6 7 条 お よ び 第 7 0 2 条 の 8 第 7 項 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 5 1 条 の 規 定 を 根 拠 と す る 固 定 資 産 税 お よ び 都 市 計 画 税 の 減 免

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

た 滞 納 処 分 の 効 力 には 影 響 がないこ (2) 賦 課 処 分 のかしが 明 白 かつ 重 大 であり 第 5 賦 課 処 分 が 無 効 である 場 合 の 滞 納 処 分 は そ の 前 提 を 欠 く 処 分 と な り 無 効 と な る こ 滞 納 情 報 の 管 理 1

た 滞 納 処 分 の 効 力 には 影 響 がないこ (2) 賦 課 処 分 のかしが 明 白 かつ 重 大 であり 第 5 賦 課 処 分 が 無 効 である 場 合 の 滞 納 処 分 は そ の 前 提 を 欠 く 処 分 と な り 無 効 と な る こ 滞 納 情 報 の 管 理 1 第 5 章 第 1 意 義 滞 納 処 分 事 務 第 1 節 通 則 滞 納 処 分 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 納 付 ( 納 入 )が 遅 滞 した 場 合 において 原 則 として 督 促 を 前 提 条 件 とし て 徴 税 吏 員 が 滞 納 者 の 財 産 を 差 し 押 さえ その 換 価 代 金 等 を 地 方 団 体 の 徴 収 金 に 充 てる 行 政 処 分 をいい

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され 主 文 1 札 幌 市 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 が 原 告 に 対 して 平 成 24 年 12 月 6 日 付 けでした 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 家 屋 について 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 された 平 成 24 年 度 の 価 格 についての 審 査 の 申 出 を 棄 却 する 旨 の 決 定 のうち, 価 格 1 億 2698 万

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求監査結果

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求監査結果 平 成 2 8 年 7 月 8 日 問 い 合 わ せ 先 監 査 事 務 局 監 査 事 務 局 総 務 課 電 話 03-5320-7011 知 事 専 用 車 の 使 用 を 違 法 不 当 と し て そ の 使 用 に 要 し た 経 費 の 返 還 を 求 める 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 について 第 1 請 求 の 受 付 東 京 都 監 査 委 員 同 同 同 同 山

More information

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その4)監査結果

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その4)監査結果 平 成 2 8 年 8 月 1 日 問 い 合 わ せ 先 監 査 事 務 局 監 査 事 務 局 総 務 課 電 話 03-5320-7011 知 事 専 用 車 の 使 用 を 違 法 不 当 と し て そ の 使 用 に 要 し た 経 費 の 返 還 を 求 める 住 民 監 査 請 求 (その4) 監 査 結 果 について 東 京 都 監 査 委 員 同 同 同 同 山 加 朱 美 吉

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

1 事情聴取の要旨

1 事情聴取の要旨 区 分 所 有 の 併 用 住 宅 に 係 る 固 定 資 産 税 の 賦 課 徴 収 を 怠 る 事 実 に 関 する 住 民 監 査 請 求 について, 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 と い う ) 第 2 4 2 条 第 4 項 の 規 定 に より 監 査 したので,その 結 果 を 同 項 の 規 定 により 次 のとおり 公 表 します 平 成 23 年 9 月 8 日 高 松 市

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう ) 第 21 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 同 規 則 第 3 条 第 1 項 の 規 定 により 任 命 された 者 (

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc)

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc) 目 的 ) 地 方 独 立 行 政 法 人 奈 良 県 立 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 1 づき 与 に 関 この 地 する 方 規 独 事 程 立 項 は 行 を 政 定 地 法 めることを 方 人 独 奈 立 良 行 県 政 立 目 法 病 的 人 院 とする 奈 機 良 構 県 ( 立 以 病 下 院 機 法 構 人 就 という )に 業 規 則 ( 以 下 勤 就 務 業 する

More information

Microsoft Word - 報告書 21年度.doc

Microsoft Word - 報告書 21年度.doc Ⅳ. 固 定 資 産 税 固 定 資 産 税 の 概 要 固 定 資 産 税 は 土 地 家 屋 及 び 償 却 資 産 (これらを 総 称 して 固 定 資 産 という)の 資 産 価 値 に 対 して 課 される 市 町 村 税 で 賦 課 期 日 である 毎 年 1 月 1 日 現 在 の 所 有 者 に 対 して 課 される 税 である 税 額 は 課 税 標 準 額 の 1.4%であり 課

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2 全 国 天 然 木 化 粧 合 単 板 工 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 昭 和 47 年 4 月 10 日 設 立 認 可 昭 和 47 年 4 月 21 日 成 立 昭 和 49 年 10 月 3 日 定 款 変 更 昭 和 51 年 6 月 17 日 定 款 変 更 昭 和 53 年 6 月 19 日 定 款 変 更 昭 和 57 年 7 月 1 日 定 款 変 更 昭 和 62 年

More information

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ 羽 曳 野 市 固 定 資 産 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 制 定 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は 羽 曳 野 市 税 条 例 ( 昭 和 57 年 羽 曳 野 市 条 例 第 28 号 以 下 条 例 という ) 第 75 条 に 規 定 す る 固 定 資 産 税 の 減 免 ( 以 下 減 免 と い う )の 取 扱 い に つ

More information

Taro-◆220630育児休業規程.jtd

Taro-◆220630育児休業規程.jtd 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 36 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 41 条 および 公 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 概 要 - 1 - 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 にその

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 4 固 定 資 産 税 Ⅰ 概 要 1 固 定 資 産 税 の 概 要 固 定 資 産 税 は 毎 年 1 月 1 日 ( 賦 課 期 日 ) 現 在 において 土 地 家 屋 償 却 資 産 を 所 有 している 者 がその 固 定 資 産 の 価 格 を 基 に 算 定 された 税 額 をその 固 定 資 産 の 所 在 す る 市 町 村 に 納 める 税 金 である 1 申 告 固 定

More information

新たな在留管理制度・外国人住民基本台帳制度に関する各市区町村に対するアンケート結果をふまえての意見書

新たな在留管理制度・外国人住民基本台帳制度に関する各市区町村に対するアンケート結果をふまえての意見書 2012 年 6 月 7 日 新 たな 在 留 管 理 制 度 外 国 人 住 民 基 本 台 帳 制 度 に 関 する 各 市 区 町 村 に 対 する アンケート 結 果 をふまえての 意 見 書 東 京 弁 護 士 会 会 長 斎 藤 義 房 当 会 は 本 年 7 月 9 日 に 予 定 されている 新 たな 在 留 管 理 制 度 ( 以 下 新 在 管 制 度 という) 及 び 外 国

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

※全体は前回の監査請求に基づき作成している

※全体は前回の監査請求に基づき作成している 平 監 収 第 1 0 0 号 平 成 20 年 12 月 19 日 請 求 人 殿 小 平 市 監 査 委 員 舛 川 博 昭 小 平 市 監 査 委 員 島 村 速 雄 住 民 監 査 請 求 に 基 づく 監 査 の 結 果 について( 通 知 ) 平 成 20 年 11 月 6 日 付 けをもって 提 出 された 小 平 市 職 員 措 置 請 求 書 について 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾 審 査 基 準 平 成 26 年 11 月 6 日 作 成 法 令 名 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 等 による 犯 罪 被 害 者 等 の 支 援 に 関 する 法 律 根 拠 条 項 : 第 11 条 第 1 項 処 分 の 概 要 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 についての 裁 定 原 権 者 ( 委 任 先 ): 京 都 府 公 安 委 員 会 法

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可 日 本 ブランド 農 業 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称

More information

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc 在 日 コリアンの 相 続 処 理 を 巡 る 実 務 上 の 諸 問 題 2015 年 10 月 4 日 弁 護 士 李 春 熙 第 1 はじめに 1 在 日 コリアンの 相 続 は 植 民 地 と 分 断 の 時 代 を 生 きた 彼 ら/ 彼 女 らの 歴 史 の 縮 図 2 在 日 コリアンの 相 続 事 件 の 特 徴 (1) 日 本 韓 国 朝 鮮 のそれぞれの 法 律 が 適 用 される

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131303132368179926D8E96817A8EC08E7B97768D6A8740816982A882E082C4816A5F94BD89662E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131303132368179926D8E96817A8EC08E7B97768D6A8740816982A882E082C4816A5F94BD89662E646F6378> 保 発 0131 第 4 号 平 成 23 年 1 月 31 日 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 長 出 産 育 児 一 時 金 等 の 支 給 申 請 及 び 支 払 方 法 について 出 産 育 児 一 時 金 等 については 緊 急 の 少 子 化 対 策 の 一 環 として 安 心 して 出 産 できる 環 境 を 整 備 する 観 点 から 平 成 21 年 10

More information

定 款

定 款 ダイヤモンド 工 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第

More information

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章 駐 労 規 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 3 号 改 正 改 正 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 11 号 平 成 18 年 6 月 29 日 駐 労 規 第 13 号 平 成 19 年 7 月 27 日 駐 労 規 第 12 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 駐 労 規 第 8 号 改 正 平 成 22 年 3

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

審 査 請 求 人 は, 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 に 付 された 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 357 号 に 係 る 事 件 の 証 拠 を 収 集 する 目 的 で 本 件 文 書 を 請 求 した 当 該 事 件 については, 審 査 会 の 結 論

審 査 請 求 人 は, 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 に 付 された 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 357 号 に 係 る 事 件 の 証 拠 を 収 集 する 目 的 で 本 件 文 書 を 請 求 した 当 該 事 件 については, 審 査 会 の 結 論 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 26 年 10 月 24 日 及 び 平 成 27 年 1 月 26 日 ( 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 576 号 及 び 平 成 27 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 28 号 ) 答 申 日 : 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 平 成 27 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 45 号 及 び 同 第 46

More information

愛媛県高速運輸事業協同組合定款

愛媛県高速運輸事業協同組合定款 愛 媛 県 高 速 運 輸 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 )

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 5 事 業 認 定 の 概 要 6 事 業 認 定 とは 何 か 6 都 市 計 画 事 業 の 取

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

京橋製本協同組合定款

京橋製本協同組合定款 京 橋 製 本 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条

More information

を 経 なければならない 3 前 項 の 規 定 にかかわらず 規 約 の 変 更 のう ち 軽 微 な 事 項 及 び 関 係 法 令 の 改 正 ( 条 項 の 移 動 等 当 該 法 令 に 規 定 する 内 容 の 実 質 的 な 変 更 を 伴 わないものに 限 )に 伴 う 規 定 の

を 経 なければならない 3 前 項 の 規 定 にかかわらず 規 約 の 変 更 のう ち 軽 微 な 事 項 及 び 関 係 法 令 の 改 正 ( 条 項 の 移 動 等 当 該 法 令 に 規 定 する 内 容 の 実 質 的 な 変 更 を 伴 わないものに 限 )に 伴 う 規 定 の 定 款 中 の 変 更 しようとする 箇 所 を 記 載 した 書 面 ( 定 款 変 更 条 文 新 旧 対 照 表 ) 第 1 章 総 変 更 後 の 新 条 文 則 第 1 章 総 変 更 前 の 旧 条 文 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員

More information

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) 連 合 : 新 谷 信 幸 ( 連 合 総 合 労 働

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10 入 札 及 び 契 約 心 得 航 空 自 衛 隊 第 3 輸 送 航 空 隊 基 地 業 務 群 会 計 隊 契 約 班 目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63> 食 肉 センター 事 業 特 別 会 計 に 係 る 過 少 申 告 加 算 税 および 延 滞 税 の 支 出 差 止 め に 関 する 住 民 監 査 請 求 について, 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査 したので,その 結 果 を 同 項 の 規 定 により 次 のとおり 公 表 します 平 成 20 年 11 月 11 日

More information

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み )

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み ) 小 規 模 個 人 再 生 給 与 所 得 者 等 再 生 再 生 手 続 開 始 申 立 書 印 紙 10,000 [ 該 当 す る に を 付 す る か, の よ う に 黒 く 塗 り つ ぶ し て く だ さ い ] 鹿 児 島 地 方 裁 判 所 支 部 御 中 平 成 年 月 日 ふりがな 氏 名 : 申 立 人 生 年 月 日 : 昭 和 平 成 年 月 日 年 齢 : 歳 住

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること 11/01/14 関 東 ブロック 新 人 研 修 会 静 岡 県 司 法 書 士 会 中 里 功 多 重 債 務 整 理 事 件 3 - 消 費 者 破 産 - 本 稿 は 個 人 破 産 の 中 でもいわゆる 消 費 者 破 産 ( 非 事 業 者 に 関 する 破 産 事 件 )に 関 する 基 礎 的 論 点 の 修 得 を 目 的 としており 事 業 者 の 破 産 事 件 や 会 社 の

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

<5461726F2D3933208CA795F18CB48D65816993648E718366815B835E816A20>

<5461726F2D3933208CA795F18CB48D65816993648E718366815B835E816A20> 住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 新 潟 市 西 区 寺 尾 東 二 丁 目 23 番 37 号 山 下 省 三 2 請 求 の 要 旨 平 成 20 年 4 月 に 県 立 がんセンター 新 潟 病 院 に 採 用 された 職 員 に 対 する 以 下 の 赴 任 旅 費 の 支 出 は 違 法 不 当 である (1) 平 成 20 年

More information

定 款

定 款 定 款 東 京 地 方 税 理 士 会 データ 通 信 協 同 組 合 定 款 東 京 地 方 税 理 士 会 データ 通 信 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は, 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき, 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い, もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を

More information