Microsoft Word - 1 表紙A

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 1 表紙A"

Transcription

1 第 2 章 現 状 の 把 握 2.1 町 内 の 社 会 的 条 件 人 口 と 世 帯 数 瑞 穂 町 の 人 口 の 推 移 を 図 2.1.1(1) 人 口 の 近 隣 地 域 との 比 較 を 図 2.1.1(2) 世 帯 数 の 推 移 を 図 2.1.1(3) 世 帯 数 の 近 隣 地 域 との 比 較 を 図 2.1.1(4)に 示 します 住 民 基 本 台 帳 のデータをみると 昭 和 31(1956) 年 に 9,729 人 であった 人 口 が 平 成 23(2011) 年 に は 33,661 人 となり 56 年 間 に 約 3.5 倍 増 加 しています 平 成 元 (1989) 年 の 29,845 人 から 平 成 16(2004) 年 の 33,991 人 まで 多 少 の 変 動 はあったものの 増 加 を 続 けていましたが 平 成 16 年 以 降 は 減 少 に 転 じています この 傾 向 は 今 後 も 続 くものと 予 測 され ます 世 帯 数 は 平 成 元 (1989) 年 の 8,956 世 帯 から 増 加 を 続 け 平 成 23(2011) 年 は 13,716 世 帯 となっ ています 瑞 穂 町 の 平 成 19(2007) 年 の1 世 帯 当 たり 人 員 は 2.55 人 で 東 京 都 の 平 均 値 (2.13 人 )と 比 較 すると 多 くなっています しかし 近 年 は 全 国 的 に 核 家 族 化 長 寿 化 や 晩 婚 化 非 婚 化 により 単 独 世 帯 が 増 加 していると 考 えられ 世 帯 当 たりの 人 員 が 減 少 している 傾 向 が 瑞 穂 町 でも 見 られます 平 成 19(2007) 年 に 公 表 された 東 京 都 区 市 町 村 別 人 口 の 予 測 ( 東 京 都 総 務 局 )によると 瑞 穂 町 における 生 産 年 齢 人 口 ( 労 働 市 場 に 現 われる 可 能 性 を 含 む 人 口 で 通 常 15 歳 から 65 歳 未 満 の 人 口 をいう )は 既 に 減 少 しており 平 成 22(2010) 年 の 21,466 人 が 平 成 37(2025) 年 には 18,061 人 と 約 16% 減 少 すると 予 測 されています 人 口 35,000 瑞 穂 町 の 人 口 の 推 移 34,000 33,000 32,000 31,000 30,000 29,000 28,000 27,000 年 図 2.1.1(1) 瑞 穂 町 の 人 口 ( 平 成 元 年 ~ 平 成 23 年 : 各 年 4 月 ) 瑞 穂 町 人 口 世 帯 数 の 推 移 ( 住 民 基 本 台 帳 ) を 基 に 作 成 2-1

2 単 位 : 千 人 人 口 の 推 移 - 近 隣 地 域 との 比 較 平 成 2 年 平 成 7 年 平 成 12 年 平 成 17 年 瑞 穂 町 あきる 野 市 青 梅 市 奥 多 摩 町 羽 村 市 日 の 出 町 檜 原 村 福 生 市 武 蔵 村 山 市 図 2.1.1(2) 近 隣 地 域 との 比 較 国 勢 調 査 を 基 に 作 成 世 帯 数 16,000 瑞 穂 町 の 世 帯 数 の 推 移 14,000 12,000 10,000 8,000 6,000 4,000 2,000 0 年 図 2.1.1(3) 瑞 穂 町 の 世 帯 数 ( 平 成 元 年 ~ 平 成 23 年 : 各 年 4 月 1 日 ) 瑞 穂 町 人 口 世 帯 数 の 推 移 ( 住 民 基 本 台 帳 ) を 基 に 作 成 単 位 : 千 世 帯 世 帯 数 の 推 移 - 近 隣 地 域 との 比 較 平 成 2 年 平 成 7 年 平 成 12 年 平 成 17 年 瑞 穂 町 あきる 野 市 青 梅 市 奥 多 摩 町 羽 村 市 日 の 出 町 檜 原 村 福 生 市 武 蔵 村 山 市 図 2.1.1(4) 近 隣 地 域 との 比 較 ( 国 勢 調 査 ) 国 勢 調 査 を 基 に 作 成 2-2

3 2.1.2 産 業 の 概 況 事 業 所 企 業 統 計 調 査 ( 平 成 18 年 ) によると 瑞 穂 町 の 事 業 所 数 は 1,594 件 従 業 者 数 は 18,436 人 となっています 事 業 所 数 は 製 造 業 30.9%(493 件 ) 卸 売 小 売 業 25.1%(400 件 ) その 他 のサービス 業 ( 医 療 福 祉 を 除 く )16.3%(244 件 )となっています( 図 2.1.2(1)) 従 業 者 数 は 製 造 業 39.3%(7,244 人 ) 卸 売 小 売 業 18.4%(3,384 人 ) その 他 のサービス 業 ( 医 療 福 祉 を 除 く )12.9%(2,096 人 ) 運 輸 業 10.9%(2,007 人 )となっています( 図 2.1.2(3)) これらの 状 況 を 近 隣 地 域 と 比 較 すると 瑞 穂 町 は 二 次 産 業 の 事 業 所 数 従 業 者 数 が 多 いこと が 分 かります( 図 2.1.2(2),(4)) 瑞 穂 町 の 業 種 別 事 業 所 割 合 その 他 16.3% 農 業 0.3% 建 設 業 11.4% 飲 食 店 宿 泊 業 7.3% 不 動 産 業 0.9% 医 療 福 祉 3.4% 製 造 業 30.9% 金 融 保 険 業 0.6% 卸 売 小 売 業 25.1% 運 輸 業 3.6% 電 気 ガス 熱 供 給 水 道 業 0.0% 図 2.1.2(1) 瑞 穂 町 の 業 種 別 事 業 所 割 合 ( 平 成 18 年 ) 東 京 都 総 務 局 統 計 部 経 済 統 計 課 事 業 所 企 業 統 計 調 査 報 告 ( 平 成 18 年 )を 基 に 作 成 2-3

4 業 種 地 域 別 事 業 所 割 合 その 他 サービス 業 三 次 産 業 二 次 産 業 一 次 産 業 100% 80% % 40% % 0% 瑞 穂 町 青 梅 市 福 生 市 武 蔵 村 山 市 羽 村 市 あきる 野 市 日 の 出 町 檜 原 村 奥 多 摩 町 図 2.1.2(2) 産 業 別 事 業 所 割 合 の 近 隣 地 域 比 較 ( 平 成 18 年 ) 東 京 都 総 務 局 統 計 部 経 済 統 計 課 事 業 所 企 業 統 計 調 査 報 告 ( 平 成 18 年 ) を 基 に 作 成 一 次 産 業 : 農 業 林 業 漁 業 鉱 業 二 次 産 業 : 建 設 業 製 造 業 三 次 産 業 : 運 輸 業 情 報 通 信 卸 売 小 売 業 その 他 その 他 のサービス 業 : 医 療 福 祉 教 育 学 習 支 援 業 複 合 サービス 業 その 他 瑞 穂 町 の 業 種 別 従 業 者 割 合 医 療 福 祉 7.2% その 他 12.9% 農 業 0.2% 建 設 業 5.0% 飲 食 店 宿 泊 業 5.4% 不 動 産 業 0.3% 金 融 保 険 業 0.5% 卸 売 小 売 業 18.4% 運 輸 業 10.9% 製 造 業 39.3% 電 気 ガス 熱 供 給 水 道 業 0.0% 図 2.1.2(3) 瑞 穂 町 の 業 種 別 従 業 者 割 合 ( 平 成 18 年 ) 東 京 都 総 務 局 統 計 部 経 済 統 計 課 事 業 所 企 業 統 計 調 査 報 告 ( 平 成 18 年 ) を 基 に 作 成 2-4

5 業 種 地 域 別 従 業 者 割 合 その 他 のサービス 業 三 次 産 業 二 次 産 業 一 次 産 業 100% 90% 80% % 60% 50% 40% 30% 20% 10% 0% 瑞 穂 町 青 梅 市 福 生 市 武 蔵 村 山 市 羽 村 市 あきる 野 市 日 の 出 町 檜 原 村 奥 多 摩 町 図 2.1.2(4) 産 業 別 従 業 者 割 合 の 近 隣 地 域 比 較 ( 平 成 18 年 ) 東 京 都 総 務 局 統 計 部 経 済 統 計 課 事 業 所 企 業 統 計 調 査 報 告 ( 平 成 18 年 ) を 基 に 作 成 一 次 産 業 : 農 業 林 業 漁 業 鉱 業 二 次 産 業 : 建 設 業 製 造 業 三 次 産 業 : 運 輸 業 情 報 通 信 卸 売 小 売 業 その 他 その 他 のサービス 業 : 医 療 福 祉 教 育 学 習 支 援 業 複 合 サービス 業 その 他 2-5

6 2.1.3 土 地 利 用 平 成 10(1998) 年 から 平 成 22(2010) 年 の 土 地 利 用 状 況 ( 地 目 別 面 積 )の 推 移 を 図 2.1.3(1)に 示 します 瑞 穂 町 の 総 面 積 は 約 1,683ha であり 地 目 別 ではその 他 ( 国 有 地 等 )が 約 568ha で 33.7% 宅 地 が 約 515ha で 30.6% 畑 が 約 314ha で 18.7%を 占 めています 宅 地 は 平 成 10 年 の 443ha から 平 成 22 年 には 515ha と 増 加 しています 畑 は 平 成 10 年 の 335ha から 平 成 22 年 には 314ha と 減 少 しています 山 林 原 野 は 平 成 10 年 の 193ha から 平 成 22 年 には 183ha と 減 少 しています その 他 ( 国 有 地 等 ) 以 外 では 畑 及 び 山 林 原 野 が 減 少 し 宅 地 が 増 加 しています 100% 90% 80% 70% 60% 50% 40% 30% 20% 10% 0% 35.6% 35.5% 35.5% 35.5% 35.4% 35.3% 35.1% 35.0% 34.8% 34.5% 34.6% 34.0% 33.7% 11.5% 11.4% 11.3% 11.3% 11.2% 11.1% 11.2% 11.2% 11.2% 11.1% 11.0% 10.9% 10.9% 6.7% 6.6% 6.3% 6.3% 6.7% 6.8% 6.8% 6.7% 6.8% 6.2% 6.1% 6.0% 6.1% 19.9% 19.7% 19.6% 19.4% 19.4% 19.3% 19.2% 19.0% 18.9% 18.7% 18.5% 18.6% 18.7% 26.3% 26.7% 27.2% 27.4% 27.3% 27.5% 27.8% 28.1% 28.3% 29.5% 29.8% 30.4% 30.6% H10 H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 宅 地 畑 雑 種 地 山 林 原 野 その 他 ( 国 有 地 等 ) 図 2.1.3(1) 瑞 穂 町 の 土 地 利 用 状 況 ( 地 目 別 面 積 )の 推 移 ( 各 年 1 月 1 日 ) 瑞 穂 町 産 業 構 造 などのデータ を 基 に 作 成 都 市 計 画 条 件 回 廊 計 画 の 検 討 範 囲 の 都 市 計 画 条 件 を 図 2.1.4(1)に 示 します これによると 回 廊 計 画 の 対 象 地 は 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 や 近 隣 商 業 地 域 等 の 多 様 な 用 途 地 域 にわたっています 回 廊 計 画 の 中 で 中 心 的 な 拠 点 となる 狭 山 池 上 流 部 は 建 物 の 建 築 が 抑 制 される 市 街 化 調 整 区 域 及 び 農 業 振 興 地 域 となっており 計 画 の 実 施 に 当 たっては 十 分 な 検 討 が 必 要 です 2-6

7 回 廊 計 画 検 討 範 囲 2.1.4(1) 瑞 穂 町 都 市 計 画 図 2-7

8 2.1.5 交 通 条 件 瑞 穂 町 における 交 通 網 は 図 2.1.5(1)に 示 すとおりです 交 通 分 類 ごとの 現 状 を 以 下 に 述 べます (1) 車 両 交 通 箱 根 ケ 崎 は 青 梅 街 道 ( 都 道 5 号 線 )と 東 京 環 状 ( 国 道 16 号 )が 交 差 しているほか 青 梅 街 道 のバ イパス 路 線 である 新 青 梅 街 道 ( 都 道 5 号 線 )の 終 点 となっており 首 都 圏 の 道 路 交 通 上 重 要 な 位 置 を 占 めています 図 2.1.5(1) 交 通 網 (2) 鉄 道 交 通 町 内 の 鉄 道 は 八 王 子 と 高 崎 を 結 節 する JR 八 高 線 が 通 じており 箱 根 ケ 崎 駅 1 駅 が 存 在 しま す なお 八 高 線 は 平 成 8(1996) 年 に 八 王 子 - 高 麗 川 間 が 電 化 され 現 在 では 川 越 - 八 王 子 間 を 直 通 で 結 節 しています 箱 根 ケ 崎 駅 の 乗 降 客 数 は 近 年 増 加 傾 向 にあり 平 成 20(2008) 年 の1 日 あたり 平 均 乗 降 人 数 は 4,000 人 を 超 えています 2-8

9 運 行 状 況 は 通 勤 時 間 帯 に1 時 間 当 たり4 本 運 行 されているものの 日 中 は1 時 間 当 たり2 本 と 少 なくなっています JR 八 高 線 箱 根 ケ 崎 駅 発 の 電 車 運 行 状 況 を 表 2.1.5(1)に 示 します 表 2.1.5(1) JR 八 高 線 箱 根 ケ 崎 駅 発 電 車 運 行 状 況 ( 平 成 23 年 6 月 現 在 ) 高 麗 川 高 崎 方 面 ( 下 り) 八 王 子 方 面 ( 上 り) 平 日 土 曜 休 日 平 日 土 曜 休 日 朝 (5:00~9:00) 3~4 本 3~4 本 1~4 本 1~4 本 日 中 (9:00~17:00) 2 本 2 本 2~3 本 2~3 本 夜 間 (17:00~24:00) 1~3 本 1~3 本 2~3 本 1~3 本 (3) バス 路 線 町 内 のバス 路 線 は 都 営 バス 立 川 バス 西 武 バスが 運 行 しており 箱 根 ケ 崎 駅 を 中 心 に 入 間 小 平 福 生 昭 島 羽 村 立 川 方 面 を 結 節 する 路 線 が 発 着 しています それぞれの 運 行 状 況 は 次 のとおりで 平 日 土 日 ( 日 中 )で1 時 間 当 たり2 本 休 日 ( 日 中 )1~2 本 となっています また 町 内 を 運 行 するコミュニティバスの 運 行 はありませんが 高 齢 者 や 障 がい 者 を 対 象 とする 福 祉 バスが 運 行 されています 表 2.1.5(2)バスの 運 行 状 況 ( 平 成 23 年 6 月 現 在 ) 箱 根 ケ 崎 駅 を 運 行 本 数 バス 事 業 者 中 心 とした 行 先 平 日 土 曜 日 日 曜 日 ( 朝 ) 3~4 本 ( 朝 ) 3~4 本 ( 朝 ) 2~3 本 青 梅 車 庫 ( 日 中 ) 2~3 本 ( 日 中 ) 2~3 本 ( 日 中 ) 1~2 本 都 営 バス ( 朝 ) 2 本 ( 朝 ) 2 本 ( 朝 ) 1~2 本 柳 沢 駅 ( 日 中 ) 2~3 本 ( 日 中 ) 2~3 本 ( 日 中 ) 1~2 本 ( 朝 ) 3~5 本 ( 朝 ) 2~3 本 ( 朝 ) 2~3 本 立 川 駅 北 口 ( 日 中 ) 2 本 ( 日 中 ) 2 本 ( 日 中 ) 2 本 ( 朝 ) 1~2 本 ( 朝 ) 1 本 ( 朝 ) 0~1 本 昭 島 駅 北 口 ( 日 中 ) 0~1 本 ( 日 中 ) 0~1 本 ( 日 中 ) 0~1 本 立 川 バス ( 朝 ) 0~2 本 ( 朝 ) 0~2 本 ( 朝 ) 1 本 羽 村 駅 東 口 ( 日 中 ) 1~2 本 ( 日 中 ) 0~2 本 ( 日 中 ) 0~1 本 ( 朝 ) 4 本 ( 朝 ) 2~3 本 ( 朝 ) 2~3 本 福 生 駅 東 口 ( 日 中 ) 2~3 本 ( 日 中 ) 2~3 本 ( 日 中 ) 2~3 本 ( 朝 ) 1 本 ( 朝 ) 1 本 ( 朝 ) 1 本 入 間 市 駅 ( 日 中 ) 0 本 ( 日 中 ) 0 本 ( 日 中 ) 0 本 西 武 バス ( 朝 ) 0 本 ( 朝 ) 0 本 ( 朝 ) 0 本 小 手 指 駅 南 口 ( 日 中 ) 夕 方 1 本 のみ ( 日 中 ) 夕 方 1 本 のみ ( 日 中 ) 夕 方 1 本 のみ 2-9

10 2.2 既 存 の 観 光 資 源 町 内 の 観 光 レクリエーション 施 設 や 歴 史 的 資 源 景 観 資 源 自 然 環 境 資 源 について 現 地 踏 査 既 存 資 料 により 次 のように 調 査 しました 観 光 レクリエーション 資 源 町 内 の 観 光 レクリエーション 資 源 は 表 2.2.1(1)に 示 すように 多 種 多 様 な 資 源 が 存 在 します 中 でも 町 の 特 徴 である 狭 山 丘 陵 の 豊 かな 自 然 環 境 を 利 用 した 遊 歩 道 や 公 園 ( 六 道 山 など)が 充 実 しています また 企 画 展 やコンサートなどのイベントが 行 える 耕 心 館 瑞 穂 ビューパークなどの 施 設 は 観 光 施 設 として 利 活 用 を 考 える 必 要 があります 表 2.2.1(1) 観 光 レクリエーション 資 源 種 別 内 容 遊 歩 道 主 に 狭 山 丘 陵 を 利 用 して 9 コース 所 要 時 間 20 分 ~180 分 観 光 施 設 3 施 設 計 画 中 1 施 設 公 園 施 設 3 か 所 町 内 の 公 園 緑 地 18 か 所 ウォーキングコース 16 コース 町 民 農 園 145 区 画 (30 m2/1 区 画 ) 歴 史 的 資 源 町 内 の 歴 史 的 資 源 ( 指 定 文 化 財 遺 跡 寺 院 神 社 石 造 文 化 財 歴 史 的 景 観 など)は 表 2.2.2(1)に 示 すとおり 数 々の 資 源 が 存 在 します これらは 狭 山 丘 陵 と 残 堀 川 とに 挟 まれた 殿 ケ 谷 地 区 石 畑 地 区 及 び 箱 根 ケ 崎 地 区 に 多 数 分 布 しています 表 2.2.2(1) 歴 史 的 資 源 種 別 内 容 東 京 都 指 定 文 化 財 1 か 所 瑞 穂 町 指 定 文 化 財 20 か 所 遺 跡 20 か 所 寺 院 神 社 教 会 14か 所 ( 寺 院 3 神 社 10 教 会 1) 石 造 文 化 財 11 か 所 歴 史 的 景 観 11 か 所 景 観 資 源 (1) 自 然 的 景 観 瑞 穂 町 らしい 景 観 を 知 ることで 町 の 良 さを 再 発 見 するため みずほ 10 景 が 選 定 されています 中 でも 町 の 代 表 的 な 自 然 景 観 である 狭 山 丘 陵 を 生 かした 六 道 山 公 園 狭 山 丘 陵 ( 駒 形 富 士 山 地 区 からの 眺 望 ) 瑞 穂 ビューパークからの 眺 望 は 貴 重 な 自 然 景 観 資 源 です 2-10

11 (2) 歴 史 的 景 観 町 には 数 々の 文 化 財 や 神 社 仏 閣 などの 歴 史 的 建 造 物 があり 神 社 仏 閣 の 鎮 守 の 森 などは 町 民 に 安 らぎを 与 える 歴 史 的 景 観 を 形 成 しています 耕 心 館 は 武 蔵 野 の 旧 家 のたたずまいを 残 し 屋 敷 林 に 囲 まれた 歴 史 と 当 時 の 文 化 を 感 じさせ る 静 的 空 間 と 現 代 の 活 動 拠 点 として 利 用 する 町 民 の 動 的 空 間 が 調 和 し 落 ち 着 きと 活 力 ある 雰 囲 気 を 醸 し 出 しています 公 共 施 設 町 内 の 公 共 施 設 は 表 2.2.4(1)に 示 すように 数 多 くの 施 設 があります 計 画 を 実 施 する 上 では 利 用 者 の 利 便 性 向 上 を 図 るため 情 報 入 手 が 可 能 で 便 益 施 設 の 充 実 している 公 共 施 設 を 有 効 に 活 用 する 必 要 があります 特 に 不 特 定 多 数 の 観 光 者 が 立 ち 入 りやす い 教 育 文 化 施 設 ( 瑞 穂 ビューパーク スカイホール 郷 土 資 料 館 など)の 利 用 が 考 えられます 表 2.2.4(1) 公 共 施 設 名 称 施 設 数 教 育 文 化 施 設 6 保 健 福 祉 関 係 施 設 8 コミュニティ 関 係 施 設 8 ス ポ ー ツ 施 設 8 そ の 他 の 施 設

12 2.3 自 然 環 境 資 源 ( 水 と 緑 )の 現 状 自 然 環 境 資 源 ( 水 と 緑 )の 内 容 町 内 の 自 然 環 境 資 源 を 表 2.3.1(1)に 示 します また 自 然 環 境 資 源 の 位 置 を 図 2.3.1(1)に 示 します 表 2.3.1(1) 自 然 環 境 資 源 内 容 名 称 特 徴 摘 要 狭 山 丘 陵 ( 西 端 ) 良 好 でまとまった 自 然 緑 地 東 京 都 管 理 狭 山 池 公 園 落 ちついた 庭 園 カワセミ 生 息 狭 山 池 緑 地 周 辺 まとまった 雑 木 林 (カタクリ 群 生 地 ) 残 堀 川 貴 重 な 水 辺 尾 引 谷 貴 重 な 谷 津 とまとまった 自 然 緑 地 瑞 穂 町 教 育 委 員 会 発 行 瑞 穂 町 文 化 財 地 図 において 歴 史 的 景 観 資 源 に 挙 げているもの 公 園 緑 地 の 現 状 平 成 22(2010) 年 4 月 1 日 現 在 の 瑞 穂 町 の 公 園 数 と 面 積 は 50 か 所 で 87.8ha となっており 人 口 1 人 当 たりの 公 園 面 積 は m2です これは 東 京 都 及 び 全 国 の 1 人 当 たり 公 園 面 積 ( 都 5.37 m2/ 全 国 8.9 m2)より 広 くなっています また 多 摩 地 域 市 町 村 と 比 べても 1 人 当 たりの 公 園 面 積 は 広 い 状 況 にあります 公 園 面 積 の 内 訳 について 見 ると 町 立 公 園 が 15.8ha 都 立 公 園 が 72.0ha となっています 表 2.3.2(1) 公 園 緑 地 の 現 状 種 別 瑞 穂 町 東 京 都 全 国 1 人 当 たりの ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 公 園 面 積 m2/ 人 m2/ 人 m2/ 人 2 1 東 京 市 町 村 自 治 調 査 会 発 行 ( 平 成 23 年 3 月 ) 多 摩 地 域 データブック ~ 多 摩 地 域 主 要 統 計 表 ~ 34 ページから 引 用 2 東 京 都 発 行 都 市 公 園 緑 地 整 備 方 針 ( 平 成 18 年 3 月 ) 3 ページから 引 用 1 人 当 たり 公 園 面 積 (m2/ 人 ) 奥 多 摩 町 檜 原 村 日 の 出 町 瑞 穂 町 西 東 京 市 あきる 野 市 羽 村 市 稲 城 市 多 摩 市 武 蔵 村 山 市 東 久 留 米 市 清 瀬 市 東 大 和 市 狛 江 市 福 生 市 国 立 市 国 分 寺 市 東 村 山 市 日 野 市 小 平 市 小 金 井 市 町 田 市 調 布 市 昭 島 市 府 中 市 青 梅 市 三 鷹 市 武 蔵 野 市 立 川 市 八 王 子 市 図 (1) 多 摩 地 域 市 町 村 の 公 園 面 積 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 ) 1 東 京 市 町 村 自 治 調 査 会 発 行 ( 平 成 23 年 3 月 ) 多 摩 地 域 データブック ~ 多 摩 地 域 主 要 統 計 表 ~ 34 ページを 基 に 作 成 2-12

13 平 成 11(1999) 年 3 月 に 策 定 された 瑞 穂 町 緑 の 基 本 計 画 では 町 全 体 の 緑 地 面 積 目 標 を 町 域 の 48% 1 人 当 たり 目 標 公 園 面 積 を 20 m2/ 人 として 整 備 が 進 められてきました 現 在 1 人 当 たりの 公 園 面 積 は 目 標 値 を 超 えていますが この 面 積 には 都 立 野 山 北 六 道 山 公 園 の 開 園 面 積 の 増 加 が 含 まれています 表 2.3.2(2) 瑞 穂 町 緑 の 基 本 計 画 緑 の 基 本 計 画 目 標 町 全 体 の 緑 の 面 積 48% 1 人 当 たり 公 園 面 積 20 m2/ 人 瑞 穂 町 緑 の 基 本 計 画 ( 平 成 11 年 3 月 ) から 引 用 農 地 山 林 の 現 状 農 地 山 林 面 積 の 増 減 状 況 を 表 2.3.3(1)に 示 します 瑞 穂 町 内 では 平 成 10(1998) 年 から 平 成 22(2010) 年 の 間 に 農 地 が 20.4ha(6%) 山 林 が 9.0ha(5%) 減 少 しています これを 首 都 圏 の 減 少 率 と 比 べると 農 地 については 減 少 率 が 少 なく 山 林 については 減 少 率 が 多 くなっていま す このため 農 地 の 保 全 を 更 に 進 めるとともに 山 林 の 保 全 を 積 極 的 に 行 い 減 少 率 を 低 減 する 必 要 があります 表 2.3.3(1) 農 地 山 林 の 現 状 首 都 圏 瑞 穂 町 1 種 別 面 積 (ha) 面 積 ( 万 ha) 増 減 (ha) 平 成 10 年 平 成 22 年 平 成 2 年 平 成 17 年 20.4 農 地 ( 畑 ) , ,540 (6% 減 ) , ,620 山 林 (5% 減 ) 瑞 穂 町 産 業 構 造 などのデータ を 基 に 作 成 2 国 土 交 通 白 書 ( 平 成 19(2007) 年 ) 65 ページから 引 用 3 林 地 の 値 を 示 す ( 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 神 奈 川 県 ) 2 増 減 ( 万 ha) 36,860 (13% 減 ) 14,043 (3% 減 ) 河 川 親 水 空 間 の 現 状 狭 山 池 上 流 域 を 水 源 として 北 西 から 南 東 に 流 れている 残 堀 川 が 主 な 河 川 です 残 堀 川 の 一 部 では 親 水 性 に 配 慮 した 護 岸 整 備 が 行 われ 良 好 な 水 辺 環 境 を 創 出 していま す しかし 大 部 分 は 河 川 改 修 が 掘 割 河 川 形 式 で 行 われたため 俯 瞰 的 河 川 の 風 景 を 楽 しむ ことはできますが 水 辺 へアクセスしにくいのが 現 状 です 自 然 環 境 資 源 ( 水 と 緑 )の 活 用 における 問 題 瑞 穂 町 は 貴 重 で 良 好 な 自 然 環 境 である 狭 山 丘 陵 西 側 に 位 置 しています 都 立 野 山 北 六 道 山 公 園 の 東 側 の 武 蔵 村 山 市 には 村 山 温 泉 かたくりの 湯 中 央 部 には 里 山 民 家 があり 観 光 者 の 丘 陵 散 策 の 拠 点 として 利 用 されています この 反 面 西 側 の 瑞 穂 町 には 拠 点 となる 施 設 が 少 ないため 散 策 者 のニーズを 満 たすことがで きず 結 果 として 町 内 を 素 通 りするか 瑞 穂 町 の 東 側 で 引 き 返 していることが 推 測 されます 2-13

14 2-14 図 2.3.5(1) 自 然 環 境 資 源 ( 水 と 緑 )の 活 用 における 問 題 (イメージ 図 )

あきる野市土地利用方針(案)

あきる野市土地利用方針(案) あきる 野 土 利 用 方 針 平 成 24 年 11 月 あきる 野 あ き る 野 土 利 用 方 針 1 策 定 の 趣 旨 目 的 P2 2 土 利 用 の 現 状 と 課 題 P2 (1) 域 の 特 性 P2 (2) 化 区 域 及 び 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 P7 (3) 域 の 土 利 用 の 課 題 P10 3 域 における 適 正 な 土 利 用 の 形 成

More information

160202shiryoan4.xdw

160202shiryoan4.xdw 平 成 27 年 度 第 1 回 調 布 市 総 合 交 通 計 画 策 定 等 検 討 委 員 会 資 料 1 公 共 交 通 ネットワークの 今 後 の 方 向 性 について < 目 次 > 1. 公 共 交 通 不 便 地 域 の 対 応 について 1 2. 路 線 バス 再 編 の 方 向 性 について 21 平 成 28 年 2 月 3 日 調 布 市 1. 公 共 交 通 不 便 地 域

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について ( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 9 月 あ き る 野 市 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について( 中 間 報 告 ) 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 中 間 報 告 1 定 住 促 進 について 1 (1) 今 後 の 人 口 推 移 について 1 図 1: 後 期 基 本 計 画 による 人

More information

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総 村 山 の 概 要 村 山 の 概 要 1) 位 置 及 び 地 勢 村 山 は 京 都 の 北 西 部 北 緯 35 度 45 分 経 139 度 28 分 に 位 置 し 荒 川 から 多 摩 川 に かけて 広 がる 洪 積 層 武 蔵 野 台 地 のほぼ 中 央 部 京 都 心 部 から 約 30kmの 圏 内 に 位 置 してい ます 域 の 北 側 は 埼 玉 県 所 沢 側 は 清 瀬

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

農 地 を 相 続 した 場 合 の 課 税 の 特 例 ( 相 続 税 納 税 猶 予 制 度 ) 農 地 を 農 業 目 的 で 使 用 している 限 りにおいては 到 底 実 現 しない 高 い 評 価 額 により 相 続 税 が 課 税 された 場 合 には 農 業 を 継 続 したくても

農 地 を 相 続 した 場 合 の 課 税 の 特 例 ( 相 続 税 納 税 猶 予 制 度 ) 農 地 を 農 業 目 的 で 使 用 している 限 りにおいては 到 底 実 現 しない 高 い 評 価 額 により 相 続 税 が 課 税 された 場 合 には 農 業 を 継 続 したくても 相 続 税 贈 与 税 納 税 猶 予 制 度 の 概 要 について 資 料 6 農 地 を 相 続 した 場 合 の 課 税 の 特 例 ( 相 続 税 納 税 猶 予 制 度 ) 農 地 を 農 業 目 的 で 使 用 している 限 りにおいては 到 底 実 現 しない 高 い 評 価 額 により 相 続 税 が 課 税 された 場 合 には 農 業 を 継 続 したくても 相 続 税 を 払

More information

団 体 名 事 業 名 貸 付 額 団 体 名 事 業 名 貸 付 額 田 柄 第 三 小 学 校 大 規 模 改 造 ( 校 舎 老 朽 ) 199,000 学 園 東 小 学 校 シャッター 改 修 2,500 練 馬 区 田 柄 第 三 小 学 校 大 規 模 改 造 ( 屋 内 運 動 場

団 体 名 事 業 名 貸 付 額 団 体 名 事 業 名 貸 付 額 田 柄 第 三 小 学 校 大 規 模 改 造 ( 校 舎 老 朽 ) 199,000 学 園 東 小 学 校 シャッター 改 修 2,500 練 馬 区 田 柄 第 三 小 学 校 大 規 模 改 造 ( 屋 内 運 動 場 Ⅰ 定 款 に 定 める 事 業 の 実 績 当 協 会 は 東 京 都 内 の 区 市 町 村 の 健 全 な 発 展 を 図 るために 市 町 村 振 興 宝 くじの 収 益 金 等 を 活 用 し 区 市 町 村 の 財 政 支 援 のための 貸 付 事 業 等 区 市 町 村 を 支 援 する 事 業 を 行 い もって 都 民 福 祉 の 増 進 に 資 することを 目 的 とし 度 は

More information

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街 第 4 章 地 区 別 構 想 地 区 別 構 想 は 市 民 による 地 区 まちづくり 会 議 を 開 催 し 望 ましい 将 来 の 姿 にするための 話 し 合 いの 中 で 出 された 地 区 の 課 題 や 必 要 な 提 案 等 をもとに きめ 細 かなまちづくりの 将 来 像 を 描 いていま 1. 地 区 区 分 区 分 については 地 区 の 形 成 過 程 特 性 や 課 題

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

2014 年 倉 吉 市 市 勢 要 覧 統 計 資 料 編 自 然 経 済 行 政 位 置 市 域 1 上 水 道 の 普 及 状 況 32-1 面 積 1 下 水 道 等 の 普 及 状 況 32-2 気 象 2 住 宅 の 種 類 戸 数 33 ごみの 量 資 源 ごみの 量 33 人 口 市 税 34-1 2 人 口 世 帯 数 の 推 移 3 学 校 35-1~36-2 人 口 集 中

More information

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 網 走 市 統 計 書 平 成 27 年 版 網 走 市 は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 踏 まえ 基 本 的 かつ 総 合 的 な

More information

<5461726F2D906C8CFB93AE91D48A773134816991E6313389F1816A2E6A7464>

<5461726F2D906C8CFB93AE91D48A773134816991E6313389F1816A2E6A7464> 第 13 回 東 京 の 社 会 空 間 構 造 (2) 脱 工 業 化 と 社 会 階 層 別 居 住 分 化 1. 郊 外 化 と 脱 工 業 化 1965 年 以 降 の 大 都 市 の 郊 外 化 過 程 は 同 時 に 都 市 経 済 の 脱 工 業 化 の 過 程 であった 脱 工 業 化 の 2 つの 意 味 1 大 都 市 からの 工 場 (とくに 量 産 工 場 )の 郊 外 地

More information

6. 区 域 の 概 要 注 ) 矢 島 都 市 計 画 区 域 には 用 途 地 域 及 び 都 市 計 画 道 路 の 指 定 はありません 5-42

6. 区 域 の 概 要 注 ) 矢 島 都 市 計 画 区 域 には 用 途 地 域 及 び 都 市 計 画 道 路 の 指 定 はありません 5-42 5-4 矢 島 都 市 計 画 区 域 旧 矢 島 町 の 矢 島 都 市 計 画 区 域 約 450ha を 対 象 として 地 区 別 の 検 討 を 行 います 1) 区 域 の 現 況 と 課 題 1 現 況 1. 概 況 由 利 高 原 鉄 道 の 矢 島 駅 を 中 心 に 西 部 の 丘 陵 地 と 北 東 部 の 国 道 108 号 や 子 吉 川 を 外 郭 としてコンパクトな 市

More information

4 盛 岡 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 盛 岡 広 域 都 市 計 画 区 域 マスタープラン) 平 成 27 年 3 月 岩 手 県 Ⅰ. 都 市 計 画 の 目 標 Ⅰ-1. 都 市 計 画 区 域 の 名 称 規 模 等 本 方 針 は 盛 岡 広 域 都 市 計 画 区 域 ( 以 下 本 区 域 という )を 対 象 とし

More information

この 表 は の 住 宅 別 営 繕 工 事 の 予 定 です 掲 載 されている 案 件 が 発 注 されない 場 合 公 表 時 期 内 容 江 東 区 亀 戸 七 丁 目 アパート 耐 震 改 修 9~11 115 戸 第 4 四 半 期 亀 戸 七 丁 目 第 2アパート 屋 上 防 水 4

この 表 は の 住 宅 別 営 繕 工 事 の 予 定 です 掲 載 されている 案 件 が 発 注 されない 場 合 公 表 時 期 内 容 江 東 区 亀 戸 七 丁 目 アパート 耐 震 改 修 9~11 115 戸 第 4 四 半 期 亀 戸 七 丁 目 第 2アパート 屋 上 防 水 4 この 表 は の 住 宅 別 営 繕 工 事 の 予 定 です 掲 載 されている 案 件 が 発 注 されない 場 合 公 表 時 期 内 容 千 代 田 区 飯 田 橋 二 丁 目 アパート 消 火 器 取 替 2 113 戸 第 2 四 半 期 中 央 区 明 石 町 アパート 共 用 灯 改 修 ( 高 層 ) 4 82 戸 第 2 四 半 期 佃 二 丁 目 アパート 給 水 ポンプ8 年

More information

【参考資料1】医療従事者等の認知症対応力向上支援事業」の実施状況

【参考資料1】医療従事者等の認知症対応力向上支援事業」の実施状況 参 考 資 料 9 医 療 従 事 等 の 認 知 症 対 応 力 向 上 支 援 事 業 の 実 施 状 況 について 事 業 概 要 医 療 従 事 等 の 認 知 症 対 応 力 向 上 支 援 事 業 は 地 方 独 立 行 政 法 人 東 京 都 健 康 長 寿 医 療 セン を 認 知 症 医 療 従 事 等 の 研 修 の 拠 点 として 位 置 づけ 都 内 の 認 知 症 ケアに

More information

申 込 地 番 号 に がついている 地 は 優 遇 抽 せんのある 地 です ( 優 遇 資 格 のある なしにかかわらず 申 込 みができます ) 単 身 者 の 方 は 申 込 地 番 号 に と 書 かれている 地 に 申 込 みができます 申 込 地 番 号 専 用 面 積 (m) 千 代

申 込 地 番 号 に がついている 地 は 優 遇 抽 せんのある 地 です ( 優 遇 資 格 のある なしにかかわらず 申 込 みができます ) 単 身 者 の 方 は 申 込 地 番 号 に と 書 かれている 地 に 申 込 みができます 申 込 地 番 号 専 用 面 積 (m) 千 代 世 帯 向 ( 一 般 住 宅 ) 地 一 覧 (500 戸 ) 地 の 特 徴 4 申 込 地 番 号 に がついている 地 には 優 遇 抽 せんがあります ( 資 格 等 については 0 ページをご 覧 ください ) 単 身 者 の 方 は 申 込 地 番 号 が 白 抜 きで と 書 かれており 対 象 が~ 人 3 人 の 地 に 申 込 みができます ほとんどの 地 一 覧 の は 現

More information

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道 2 月 14 日 から 16 日 の 大 雪 等 の 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 26 年 2 月 16 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 概 況 ( 気 象 庁 ) (1) 気 象 の 概 況 (2 月 16 日 現 在 ) 前 線 を 伴 った 低 気 圧 が 14 日 (

More information

飯能市の都市計画

飯能市の都市計画 平 成 26 年 4 月 版 飯 能 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 Ⅰ 市 の 概 要 1 市 の 位 置 1 2 市 の 沿 革 1 3 人 口 1 Ⅱ 都 市 計 画 1 都 市 計 画 の 意 義 3 2 都 市 計 画 マスタープラン 3 3 都 市 計 画 の 決 定 3 4 都 市 計 画 の 決 定 手 続 4 5 都 市 計 画 提 案 制 度 5 Ⅲ 土 地 利 用

More information

埼 玉 県 春 日 部 市 春 日 部 豊 町 17:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 入 間 仏 子 11:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 武 蔵 藤 沢 11:00~23:00 11

埼 玉 県 春 日 部 市 春 日 部 豊 町 17:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 入 間 仏 子 11:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 武 蔵 藤 沢 11:00~23:00 11 バーミヤン 火 鍋 しゃぶしゃぶ 食 べ 放 題 販 売 時 間 一 覧 2016.7.1 現 在 制 限 時 間 100 分 ( 終 了 20 分 前 がラストオーダーになります) 都 道 府 県 市 町 村 店 舗 名 火 鍋 販 売 時 間 火 鍋 販 売 時 間 火 鍋 販 売 時 間 最 終 時 間 茨 城 県 水 戸 市 水 戸 河 和 田 11:00~23:00 11:00~23:00

More information

Microsoft Word - 【最新】都市マス131219.docx

Microsoft Word - 【最新】都市マス131219.docx 5-4 南 部 地 区 () 南 部 地 区 の 概 要 地 域 資 源 本 地 区 は 市 の 南 に 位 置 し 東 から 熊 川 緑 地 拝 島 駅 を 経 由 し 福 生 南 公 園 に 至 る 地 区 です 歴 史 的 に 古 くから 開 けてきた 地 区 ですが 基 盤 整 備 が 整 わないまま 市 街 化 が 進 展 したため 狭 あい 道 路 や 行 き 止 まりなどの 問 題 が

More information

Ⅱ 1. 人 口 構 造 及 び 世 帯 と 年 金 (1) 人 口 構 造 わが 国 は 諸 外 国 にも 例 をみないスピードで 高 齢 化 が 進 行 している そこで 年 金 保 険 の 事 業 状 況 に ついて 説 明 するに 先 立 ち 人 口 構 造 の 現 状 及 び 今 後 の 見 通 しについて 触 れる 日 本 人 の 平 成 24 年 の 平 均 寿 命 ( 厚 生 労 働 省

More information

mizuho-REMR-2015-6-CC.indd

mizuho-REMR-2015-6-CC.indd 6 June,215 賃 貸 共 同 住 宅 の 空 室 率 と 人 口 移 動 の 関 係 2 経 済 トレンド ウォッチ 4 不 動 産 場 トレンド ウォッチ 6 京 圏 京 都 神 奈 埼 玉 千 葉 の の 状 況 8 本 レポートに 関 するお 問 い 合 わせ 先 みずほ 信 託 銀 行 株 式 会 社 不 動 産 業 務 部 金 伸 幸 TEL.3-3274-979 代 表 賃 貸

More information

<819A3131303230385F5F8BD5936498418C678C7689E62E786477>

<819A3131303230385F5F8BD5936498418C678C7689E62E786477> .ことでんをとりまく 現 状 -1. 地 域 現 況 (1) 人 口 動 向 1 沿 線 市 町 の 人 口 推 移 ことでん 沿 線 市 町 の 人 口 は 概 ね 横 ばい 傾 向 にあります このようななか 公 共 交 通 の 利 用 が 期 待 される 1 歳 代 ( 学 生 )の 人 口 は 減 少 傾 向 にあります 一 方 ことでん 沿 線 における 高 齢 化 が 進 行 し 高 齢

More information

12 105021 昭 島 中 神 196-0025 昭 島 市 朝 日 町 042-546-4472 2-4-15 11 時 23 時 25 台 1 台 90 席 28 席 0 席 中 央 道 八 王 子 IC 約 4.4km JR 青 梅 線 中 神 約 0.5km 13 105023 相 模

12 105021 昭 島 中 神 196-0025 昭 島 市 朝 日 町 042-546-4472 2-4-15 11 時 23 時 25 台 1 台 90 席 28 席 0 席 中 央 道 八 王 子 IC 約 4.4km JR 青 梅 線 中 神 約 0.5km 13 105023 相 模 大 型 バス 駐 車 可 能 台 店 舗 コート 店 舗 名 住 所 電 話 番 号 &FAX 開 店 時 間 閉 店 時 間 駐 車 場 台 数 数 椅 子 席 数 座 敷 席 数 カウンター 席 数 スロープ 設 置 多 目 的 トイ レ おむつ 交 換 台 最 寄 高 速 道 路 最 寄 高 速 IC ICからの 距 離 ( 直 線 距 離 ) 最 寄 鉄 道 最 寄 駅 1 105002 八

More information

H27県報別冊表紙

H27県報別冊表紙 平 成 2 7 年 9 月 1 7 日 千 葉 県 報 号 外 特 第 1 号 別 冊 平 成 27 年 基 準 地 の 単 位 面 積 当 たりの 価 格 等 千 葉 県 目 次 千 葉 市 中 央 区 1 酒 々 井 町 62 千 葉 市 花 見 川 区 4 栄 町 63 千 葉 市 稲 毛 区 5 神 崎 町 63 千 葉 市 若 葉 区 7 多 古 町 63 千 葉 市 緑 区 8 東 庄

More information

第 2 章 人 口 面 積 財 政 の 状 況 1 人 口 及 び 年 齢 構 成 の 変 化 本 市 の 人 口 は 新 市 誕 生 時 の 将 来 推 計 を 超 える 勢 いで 増 加 していますが 第 2 次 総 合 計 画 策 定 時 の 人 口 推 計 ( 中 位 推 計 )では 平 成

第 2 章 人 口 面 積 財 政 の 状 況 1 人 口 及 び 年 齢 構 成 の 変 化 本 市 の 人 口 は 新 市 誕 生 時 の 将 来 推 計 を 超 える 勢 いで 増 加 していますが 第 2 次 総 合 計 画 策 定 時 の 人 口 推 計 ( 中 位 推 計 )では 平 成 第 1 章 作 成 の 経 緯 と 視 点 1. 作 成 の 経 緯 本 市 では 新 市 建 設 計 画 に 基 づき 公 共 施 設 等 の 整 備 を 進 めてきた 一 方 で 公 共 施 設 の 適 正 配 置 等 に 関 する 基 本 計 画 を 策 定 し 公 共 施 設 の 適 正 配 置 有 効 活 用 に 取 り 組 んできました また 国 から 各 地 方 公 共 団 体 に 対

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8BE688E6837D8358816997B383508DE881458B8D8B76816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8BE688E6837D8358816997B383508DE881458B8D8B76816A> 竜 ヶ 崎 牛 久 都 市 計 画 ( 龍 ケ 崎 市, 牛 久 市, 利 根 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備, 開 発 及 び 保 全 の 方 針 茨 城 県 1 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 竜 ヶ 崎 牛 久 1 1) 都 市 計 画 区 域 の 名 称 及 び 範 囲 竜 ヶ 崎 牛 久 1 2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 竜 ヶ 崎 牛 久 1 3) 地 域

More information

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc 第 4 章 土 地 利 用 計 画 第 4 章 土 地 利 用 計 画 4-1 都 市 計 画 区 域 の 設 定 現 在 本 市 には 松 阪 都 市 計 画 嬉 野 都 市 計 画 三 雲 都 市 計 画 の3つの 都 市 計 画 があ るが 新 市 としての 一 体 的 な 都 市 づくりに 向 けて 本 市 の 都 市 計 画 区 域 を 以 下 のように 設 定 されることを 前 提 に

More information

Microsoft Word - P001.doc

Microsoft Word - P001.doc 平 成 18 年 (2006 年 ) 伊 万 里 市 目 次 変 遷 図 5 土 地 及 び 気 象 6 人 口 及 び 労 働 力 9 産 業 事 業 所 24 農 業 28 林 業 41 水 産 業 42 製 造 業 45 商 業 51 財 政 54 市 民 所 得 58 社 会 福 祉 60 教 育 文 化 63 観 光 70 保 健 衛 生 73 建 設 76 電 気 ガス 水 道 79 治

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203036939D8C768366815B835E81698ACF8CF5816082BB82CC91BC816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203036939D8C768366815B835E81698ACF8CF5816082BB82CC91BC816A2E646F63> 14 14 観 光 137. 観 光 客 の 動 向 ( 単 位 : 千 人 ) 年 次 区 分 平 成 18 年 平 成 19 年 平 成 20 年 平 成 21 年 平 成 22 年 総 計 5 434 5 397 5 280 5 271 5 388 観 光 客 数 日 帰 り 4 892 4 816 4 734 4 804 4 902 宿 泊 542 581 546 467 486 J R 653

More information

2/10 千 分 の 千 八 十 九 千 分 の 千 百 八 千 分 の 千 百 九 二 級 地 就 労 継 続 支 援 千 分 の 千 六 十 四 千 分 の 千 六 十 六 千 分 の 千 六 十 八 千 分 の 千 六 十 九 千 分 の 千 七 十 四 千 分 の 千 九 十 千 分 の 千

2/10 千 分 の 千 八 十 九 千 分 の 千 百 八 千 分 の 千 百 九 二 級 地 就 労 継 続 支 援 千 分 の 千 六 十 四 千 分 の 千 六 十 六 千 分 の 千 六 十 八 千 分 の 千 六 十 九 千 分 の 千 七 十 四 千 分 の 千 九 十 千 分 の 千 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 一 単 位 の 単 価 発 令 : 平 成 18 年 9 月 29 日 号 外 厚 生 労 働 省 告 示 第 539 号 最 終 改 正 : 平 成 24 年 3 月 14 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 127 号 改 正 内 容 : 平 成 24 年 3 月 14 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 127 号 [ 平 成 24 年 3 月 14 日

More information

郵便局及び会社の営業所の一覧(2016年7月31日現在)

郵便局及び会社の営業所の一覧(2016年7月31日現在) 法 第 6 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する の 及 び 所 在 等 所 在 000010 中 野 サンクォーレ 内 東 京 都 中 野 区 中 野 4-3-1 000020 荻 窪 川 南 東 京 都 杉 並 区 荻 窪 2-31-7 000030 練 馬 中 村 東 京 都 練 馬 区 中 村 北 3-15-5 000040 板 橋 大 山 東 京 都 板 橋 区 大 山 西 町 52-12

More information

2013 年 倉 吉 市 市 勢 要 覧 統 計 資 料 編 市 章 市 民 憲 章 はク はラ は 吉 で クとラと 吉 を 組 み 合 わせてまとめたものです 円 形 を 型 どるは 円 満 なる 融 和 を 示 し 市 民 の 強 固 なる 団 結 を 表 現 また 中 央 の 突 起 は 将 来 倉 吉 市 の 発 展 を 表 徴 しています 昭 和 29 年 3 月 29 日 議 決 わたくしたち

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

◆安全と安心

◆安全と安心 第 6 章 地 域 別 の 環 境 配 慮 宇 土 市 を 分 割 した7 地 区 について,それぞれの 特 性 を 踏 まえた 計 画 の 方 向 性 について, 地 域 別 の 環 境 配 慮 指 針 として 明 らかにします なお, 地 区 区 分 は 上 位 計 画 である 宇 土 市 総 合 計 画 や 関 連 計 画 である 宇 土 市 都 市 計 画 マス タープラン * の 考 え

More information

地 区 別 のまちづくり 方 針 12 地 区 の 区 域 図 2

地 区 別 のまちづくり 方 針 12 地 区 の 区 域 図 2 第 4 回 横 須 賀 市 都 市 計 画 マスタープラン 検 討 会 議 資 料 資 料 1 第 4 回 横 須 賀 市 都 市 計 画 マスタープラン 検 討 会 議 資 料 1. 追 浜 地 区 のまちづくり 方 針 ---------------------- 3 2. 田 浦 地 区 のまちづくり 方 針 ---------------------- 9 3. 逸 見 地 区 のまちづくり

More information

表 14-3-1 農 業 農 村 整 備 事 業 等 に 係 る 事 前 評 価 の 結 果 一 覧 事 業 名 経 営 体 育 成 基 盤 整 備 事 業 予 算 科 目 経 営 体 育 成 基 盤 整 備 事 業 費 補 助 事 業 の 主 な 目 的 将 来 の 地 域 農 業 を 担 う 経 営 体 を 育 成 しながら 地 域 農 業 の 展 開 方 向 等 を 勘 案 して 必 要 となる

More information

< F2D FC8D658D908EA681798ED E88E6>

< F2D FC8D658D908EA681798ED E88E6> 働 省 告 示 が い 制 改 革 推 進 本 部 お け 検 討 踏 ま え て 保 健 祉 策 見 直 ま で 間 お い て た め 関 係 律 整 備 関 律 成 年 律 伴 い 並 び づ く 祉 サ ー ビ ス 及 び 準 該 当 祉 サ ー ビ ス 要 費 用 額 算 関 準 成 年 働 省 告 示 百 づ く 要 費 用 額 算 関 準 成 年 働 省 告 示 づ く 要 費 用 額

More information

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 九 度 山 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 九 度 山 町 目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 将 来

More information

<5461726F2D313230353136817990568B8C817A8ED28145926E88E68BE695AA>

<5461726F2D313230353136817990568B8C817A8ED28145926E88E68BE695AA> 1 臣 が め 位 価 ( 平 省 告 示 ( 傍 線 部 改 正 部 改 正 案 現 づ づ 要 費 用 額 算 関 ( 平 要 費 用 額 算 関 ( 平 省 告 示 省 告 示 づ 要 費 用 額 算 関 ( 平 づ 要 費 用 額 算 関 ( 平 省 告 示 省 告 示 づ 要 費 用 額 算 関 づ 要 費 用 額 算 関 ( ( 平 省 告 示 平 省 告 示 臣 が め 位 価 ( 以

More information

茨 城 県 土 浦 湖 北 高 校 土 浦 市 菅 谷 町 1525 番 地 1 栃 木 県 作 新 学 院 高 等 学 校 宇 都 宮 市 一 の 沢 1 丁 目 1 41 栃 木 県 学 悠 館 高 校 栃 木 市 沼 和 田 町 2 番 2 号 栃 木 県 那 須 清 峰 高 校 那 須 塩

茨 城 県 土 浦 湖 北 高 校 土 浦 市 菅 谷 町 1525 番 地 1 栃 木 県 作 新 学 院 高 等 学 校 宇 都 宮 市 一 の 沢 1 丁 目 1 41 栃 木 県 学 悠 館 高 校 栃 木 市 沼 和 田 町 2 番 2 号 栃 木 県 那 須 清 峰 高 校 那 須 塩 都 道 府 県 所 属 名 住 所 北 海 道 大 麻 高 等 学 校 江 別 市 大 麻 147 番 地 北 海 道 士 別 翔 雲 高 校 士 別 市 東 六 条 北 6 丁 目 24 番 地 北 海 道 旭 川 北 高 校 旭 川 市 花 咲 町 3 丁 目 北 海 道 富 良 野 高 校 富 良 野 市 末 広 町 1 1 北 海 道 札 幌 開 成 高 校 札 幌 市 東 区 北 22 条

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

Taro-b07.jtd

Taro-b07.jtd 1 臣 が め 位 価 変 更 点 線 部 改 正 案 現 行 月 月 月 及 び 月 及 び 等 等 月 づ き 臣 が め 月 づ き 臣 が め 位 価 次 よ う め 月 か ら 適 位 価 次 よ う め 月 か ら 適 等 等 七 七 及 び 及 び 臣 が め 位 価 以 位 価 と う 臣 が め 位 価 円 次 円 次 険 律 険 律 事 業 事 業 2 事 業 行 う 事 事 業

More information

指定工事店一覧表

指定工事店一覧表 1 株 式 会 社 ユーコー 国 分 寺 市 東 戸 倉 042-323-2323 3 下 田 工 業 株 式 会 社 国 分 寺 市 本 多 042-321-0265 4 田 中 工 業 所 国 分 寺 市 光 町 042-572-3311 5 冨 山 設 備 工 業 株 式 会 社 国 分 寺 市 本 町 042-321-0191 6 株 式 会 社 内 野 工 務 店 国 分 寺 市 戸 倉

More information

untitled

untitled 3 関 係 機 関 3.1 指 定 行 政 機 関 名 称 担 当 部 署 所 在 地 内 閣 府 大 臣 官 房 企 画 調 整 課 東 京 都 千 代 田 区 永 田 町 1-6-1 国 家 公 安 委 員 会 連 絡 先 は 警 察 庁 と 同 様 東 京 都 千 代 田 区 霞 ヶ 関 2-1-2 警 察 庁 警 備 局 警 備 企 画 課 東 京 都 千 代 田 区 霞 ヶ 関 2-1-2

More information

<5461726F2D8E9197BF8254817C82508740814091E592C38E7393C195CA95DB>

<5461726F2D8E9197BF8254817C82508740814091E592C38E7393C195CA95DB> 資 料 5-1 大 津 市 における 歴 史 的 風 土 特 別 保 存 地 区 の 都 市 計 画 決 定 について 目 次 1. 大 津 市 の 古 都 指 定 に 関 する 歴 史 的 風 土 部 会 での 審 議 経 緯 1 2. 大 津 市 の 古 都 指 定 についての 理 由 等 2 3. 大 津 市 の 歴 史 的 風 土 特 別 保 存 地 区 の 都 市 計 画 決 定 の 考

More information

目次

目次 第 四 次 中 城 村 国 土 利 用 計 画 平 成 24 年 4 月 中 城 村 目 次 計 画 の 目 的 と 前 提 第 1 章 村 土 利 用 に 関 する 基 本 構 想 1. 村 土 利 用 の 基 本 方 針 1 (1) 土 地 利 用 の 基 本 的 な 考 え 方 1 (2) 地 域 特 性 1 (3) 土 地 利 用 の 状 況 4 (4) 土 地 利 用 の 基 本 的 方

More information

Microsoft Word - 表紙目次集_061215案なし_.doc

Microsoft Word - 表紙目次集_061215案なし_.doc 明 治 公 園 マネジメントプラン 明 治 公 園 の 管 理 運 営 整 備 等 の 取 組 み 方 針 平 成 18 年 12 月 東 京 都 建 設 局 191 目 次 Ⅰ 基 本 事 項 193 Ⅱ 現 況 特 性 1 明 治 公 園 の 概 要 194 (1) 現 況 (2) 沿 革 (3) 行 政 計 画 上 の 位 置 づけ (4) 公 園 の 立 地 条 件 2 明 治 公 園 の

More information

第1章 甘楽町人口ビジョン

第1章 甘楽町人口ビジョン 第 1 章 甘 楽 町 口 ビジョン 1. 甘 楽 町 口 ビジョンの 位 置 づけ 国 県 の 口 ビジョンを 勘 案 しつつ 甘 楽 町 における 口 の 現 状 を 分 析 し 口 に 関 する 町 民 の 認 識 を 共 有 し 今 後 目 指 すべき 将 来 の 方 向 と 口 の 将 来 展 望 を 掲 示 する ものです この 甘 楽 町 口 ビジョンは 甘 楽 町 版 総 合 戦 略

More information

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求 平 成 29 年 度 国 立 大 学 法 人 等 施 設 整 備 概 算 要 求 事 業 82 国 立 大 学 法 人 377 事 業 4 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 18 事 業 25 国 立 高 等 専 門 学 校 31 事 業 計 426 事 業 1) 概 算 要 求 事 業 は, 今 後 の 予 算 編 成 過 程 等 において 実 施 事 業 とならな いなど 変 更 の 可

More information

航 空 賃 名 鉄 バス 片 道 往 復 泊 距 離 運 賃 特 急 等 北 海 道 大 学 1,520.1 16,630 13,730 30,910 58,480 はやぶさ 利 用 札 幌 札 幌 市 北 海 道 工 業 大 学 46.6 1,070 34,950 1,240 37,260 73,

航 空 賃 名 鉄 バス 片 道 往 復 泊 距 離 運 賃 特 急 等 北 海 道 大 学 1,520.1 16,630 13,730 30,910 58,480 はやぶさ 利 用 札 幌 札 幌 市 北 海 道 工 業 大 学 46.6 1,070 34,950 1,240 37,260 73, 一 般 職 2 級 相 当 国 立 大 学 独 立 行 政 法 人 公 立 私 立 教 育 職 研 究 職 大 学 研 究 所 大 学 研 究 所 学 長 理 事 長 学 長 副 学 長 理 事 副 学 長 理 事 監 事 教 授 研 究 所 長 教 授 研 究 所 長 学 長 研 究 所 長 准 教 授 研 究 センター 准 教 授 研 究 部 長 副 学 長 研 究 部 長 名 誉 教 授 研

More information

Taro-04日南(2.19).jtd

Taro-04日南(2.19).jtd 日 南 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 都 市 計 画 区 域 マスタープラン) 平 成 23 年 4 月 宮 崎 県 目 次 第 1 章 基 本 的 事 項 第 1 節 本 県 の 目 指 す 都 市 づくり 1 第 2 節 圏 域 の 設 定 と 将 来 都 市 構 造 3 1. 圏 域 の 設 定 2. 本 県 の 将 来 都 市 構

More information

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330>

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330> 門 真 営 住 宅 長 寿 命 化 計 画 平 成 22 年 3 月 門 真 はじめに 門 真 では 平 成 22 年 3 月 現 在 487 戸 の 営 住 宅 を 管 理 しており これらの 住 宅 ストックを 良 好 な 社 会 的 資 産 として 有 効 に 活 用 していくことは 極 めて 重 要 な 課 題 である 本 では 昭 和 20~30 年 代 に 建 設 された 木 造 営

More information

本 市 は 佐 賀 県 の 西 北 部 にあり 伊 万 里 湾 が 深 く 入 り 込 んだ 天 然 の 良 港 を 擁 しています 江 戸 時 代 には 焼 物 の 積 出 港 として 栄 え イマリ の 名 が 世 界 に 広 まりました 21 世 紀 に 伝 えたい 景 観 新 さが 百 景

本 市 は 佐 賀 県 の 西 北 部 にあり 伊 万 里 湾 が 深 く 入 り 込 んだ 天 然 の 良 港 を 擁 しています 江 戸 時 代 には 焼 物 の 積 出 港 として 栄 え イマリ の 名 が 世 界 に 広 まりました 21 世 紀 に 伝 えたい 景 観 新 さが 百 景 平 成 17 年 (2005 年 ) 伊 万 里 市 本 市 は 佐 賀 県 の 西 北 部 にあり 伊 万 里 湾 が 深 く 入 り 込 んだ 天 然 の 良 港 を 擁 しています 江 戸 時 代 には 焼 物 の 積 出 港 として 栄 え イマリ の 名 が 世 界 に 広 まりました 21 世 紀 に 伝 えたい 景 観 新 さが 百 景 に 伊 万 里 市 からは 里 小 路 の 小

More information

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 第 6 章 市 街 化 調 整 区 域 の 立 地 基 準 ( 開 発 許 可 の 基 準 その2)( ) 第 1 節 立 地 基 準 の 構 成 ( 目 的 ) 前 条 の 規 定 にかかわらず 市 街 化 調 整 区 域 に 係 る 開 発 行 為 ( 主 として 第 二 種 特 定 工 作 物 の 建 設 の 用 に 供 す る 目 的 で 行 う 開 発 行 為 を 除 く )については 当

More information

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14

More information

Microsoft Word - ★03一章0414.doc

Microsoft Word - ★03一章0414.doc 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 時 代 の 潮 流 やまちづくりの 現 状 からみた 課 題 を 整 理 し まちづくりの 目 標 と 目 指 す 県 土 の 姿 を 示 します 5 第 1 時 代 の 潮 流 と 課 題 1 人 口 減 少 超 高 齢 社 会 の 同 時 進 行 本 県 の 人 口 は これまで 一 貫 して 増 加 を

More information

Microsoft Word - 資料3-2(表紙)

Microsoft Word - 資料3-2(表紙) 都 県 説 明 資 料 資 料 3-2 埼 玉 県 地 域 包 括 ケアシステムの 構 築 に 向 けた 埼 玉 県 の 取 組 地 域 包 括 ケアシステムの 構 築 に 向 けた 埼 玉 県 の 取 組 1 - 課 題 と 解 決 の 方 向 性 - 課 題 働 き 手 が 大 きく 減 少 していく 中 で 急 増 する75 歳 以 上 高 齢 者 をどのよう に 支 えていくか 2010 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093738E738C698ACF837D8358835E815B83768389839381698C8892E8816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093738E738C698ACF837D8358835E815B83768389839381698C8892E8816A2E646F63> 住 宅 地 板 橋 区 の 景 観 要 素 戸 建 て 住 宅 地 板 橋 の 景 8 板 橋 区 の 歴 史 を 伝 える 良 好 な 住 宅 地 の 姿 常 盤 台 一 二 丁 目 は 昭 和 11 年 には 田 園 都 市 構 想 の 一 環 として 東 武 鉄 道 による 常 盤 台 住 宅 地 の 分 譲 が 始 まり 公 園 駅 前 広 場 街 路 樹 を 配 置 する など 健 康 住

More information

Ⅰ Ⅰ. 石 川 県 開 発 審 査 会 附 議 基 準 この 基 準 は 開 発 審 査 会 へ 附 議 する 基 準 であり 許 可 基 準 ではありません 平 成 26 年 8 月 1 日 石 川 県 土 木 部 建 築 住 宅 課 目 次 石 川 県 開 発 審 査 会 附 議 基 準 1 法 第 34 条 第 14 号 の 規 定 により 附 議 することが 妥 当 と 考 える 開 発 行

More information

2. 特 徴 的 なバ 利 用 特 性 など < 目 的 別 の 市 への 依 存 度 > 通 勤 や 通 学 買 い 物 など 日 常 生 活 の で 隣 接 す る 市 への 依 存 度 は 高 いです さらに 主 な 利 用 交 通 手 段 は 自 家 用 車 が 約 7 割 を 占 め 鉄

2. 特 徴 的 なバ 利 用 特 性 など < 目 的 別 の 市 への 依 存 度 > 通 勤 や 通 学 買 い 物 など 日 常 生 活 の で 隣 接 す る 市 への 依 存 度 は 高 いです さらに 主 な 利 用 交 通 手 段 は 自 家 用 車 が 約 7 割 を 占 め 鉄 共 交 通 の 現 状 と 再 構 築 方 針 案 について 資 料 3 第 1 章 共 交 通 の 現 状 と 課 題 1. 山 ノ 内 の 共 交 通 特 性 の 共 交 通 は 長 電 鉄 長 線 長 ~ 湯 田 があります 日 常 生 活 に 利 用 される 路 線 バは 上 林 線 須 賀 線 菅 角 線 の 3 路 線 が から 隣 接 する 市 街 にかけて 運 行 しています 当 市

More information

130117_『高齢社会をむかえた東京23区の将来 人口と建物の関係から見て

130117_『高齢社会をむかえた東京23区の将来 人口と建物の関係から見て 第 60 回 (n300)nsri 都 市 環 境 フォーラム 2013.1.17 超 高 齢 社 会 をむかえた 東 京 23 区 の 将 来 人 口 と 建 物 の 関 係 から 見 て 早 稲 田 大 学 特 命 教 授 伊 藤 滋 1 総 人 口 の 推 移 予 測 東 京 23 区 の 人 口 東 京 23 区 の 総 人 口 は 2010 年 の907 万 人 から 2030 年 には985

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 3 市 民 税 Ⅰ 概 要 1 個 人 市 民 税 (1) 個 人 市 民 税 の 概 要 1 月 1 日 現 在 区 内 に 住 所 を 有 する 住 民 が その 地 方 公 共 団 体 に 納 税 する 税 金 であ る 市 民 税 は 県 民 税 とあわせて 住 民 税 と 呼 ばれている 住 民 税 は 市 や 県 の 仕 事 を 行 うために 必 要 な 費 用 を 住 民 が その

More information

中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価準備書

中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価準備書 5-2 地 域 交 通 ( 交 通 混 雑 交 通 安 全 ) 工 事 中 ( 工 事 用 車 両 の 走 行 )により 地 域 交 通 ( 交 通 混 雑 交 通 安 全 )への 影 響 のおそれ があることから 環 境 影 響 評 価 を 行 った (1) 現 況 調 査 1) 調 査 項 目 ア. 地 域 社 会 の 状 況 調 査 項 目 は 日 常 生 活 圏 等 の 状 況 の 状 況

More information

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施 北 部 大 阪 都 市 画 事 業 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 事 業 事 業 画 書 高 槻 市 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 組 合 目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行

More information

法 律 にもとづき 4 年 に 一 度 以 上 のお 客 さま 電 気 設 備 の 安 全 調 査 を 国 に 登 録 された 調 査 機 関 へ 委 託 しております 各 委 託 先 調 査 機 関 の 調 査 区 域 は 以 下 のとおりです 市 町 村 合 併 に 伴 い 一 部 表 示 が

法 律 にもとづき 4 年 に 一 度 以 上 のお 客 さま 電 気 設 備 の 安 全 調 査 を 国 に 登 録 された 調 査 機 関 へ 委 託 しております 各 委 託 先 調 査 機 関 の 調 査 区 域 は 以 下 のとおりです 市 町 村 合 併 に 伴 い 一 部 表 示 が 平 成 28 年 度 のお 客 さま 電 気 設 備 の 安 全 調 査 について 平 素 は 電 気 事 業 にご 理 解 を 賜 り 誠 にありがとうございます 弊 社 は 法 律 にもとづき4 年 に 一 度 以 上 お 客 さまの 電 気 設 備 の 安 全 調 査 を 国 に 登 録 さ れた 調 査 機 関 へ 委 託 し 実 施 しております この 度 平 成 28 年 度 の 委 託

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

( 有 ) 水 谷 設 備 企 画 所 沢 市 下 安 松 502 番 地 7 04-2944-4979 ( 株 ) 貫 井 産 業 所 沢 市 上 安 松 909 番 地 04-2993-0110 ( 株 )ヤマニエコライフ 所 沢 市 東 新 井 町 254 番 地 1 04-2994-5527

( 有 ) 水 谷 設 備 企 画 所 沢 市 下 安 松 502 番 地 7 04-2944-4979 ( 株 ) 貫 井 産 業 所 沢 市 上 安 松 909 番 地 04-2993-0110 ( 株 )ヤマニエコライフ 所 沢 市 東 新 井 町 254 番 地 1 04-2994-5527 狭 山 市 指 定 給 水 装 置 工 事 事 業 者 ( 市 外 ) 入 間 市 ( 株 ) 島 崎 土 建 入 間 市 東 町 2 丁 目 3 番 41 号 04-2962-2789 ( 株 ) 荒 井 工 業 所 入 間 市 豊 岡 5 丁 目 3 番 36 号 04-2962-3577 ( 有 ) 寺 井 工 業 入 間 市 宮 前 町 7 番 6 号 04-2964-3131 ( 株 )

More information

第 52 投 票 区 甲 府 市 立 城 南 中 学 校 甲 府 市 大 里 町 2590 番 地 1 第 53 投 票 区 相 川 保 育 園 甲 府 市 小 松 町 316 番 地 第 54 投 票 区 甲 府 市 東 部 浄 化 センター 甲 府 市 住 吉 三 丁 目 28 番 1 号 第

第 52 投 票 区 甲 府 市 立 城 南 中 学 校 甲 府 市 大 里 町 2590 番 地 1 第 53 投 票 区 相 川 保 育 園 甲 府 市 小 松 町 316 番 地 第 54 投 票 区 甲 府 市 東 部 浄 化 センター 甲 府 市 住 吉 三 丁 目 28 番 1 号 第 甲 府 市 第 1 投 票 区 南 部 市 民 センター 甲 府 市 下 今 井 町 15 番 地 第 2 投 票 区 旧 甲 府 市 立 相 生 小 学 校 甲 府 市 相 生 二 丁 目 17 番 1 号 第 3 投 票 区 甲 府 市 立 舞 鶴 小 学 校 甲 府 市 丸 の 内 二 丁 目 35 番 5 号 第 4 投 票 区 旧 甲 府 市 立 穴 切 小 学 校 甲 府 市 宝 二 丁

More information

法第34条第1号から9号に係る基準

法第34条第1号から9号に係る基準 * 印 は 運 用 又 は 注 を 表 す 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 等 の 許 可 基 準 第 1 章 総 則 第 1 目 的 この 基 準 は 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 の 許 可 の 範 囲 を 明 確 化 することによって 法 律 の 運 用 を 円 滑 に 行 い 開 発 許 可 権 限 の 公 平 な 行 使 に 資

More information

予 測 される 東 京 の 将 来 の 姿 ( 案 ) 付 表 目 次 資 料 3 付 表 番 号 タ イ ト ル 参 照 1 東 京 の 人 口 の 推 移 第 7 回 資 料 2 東 京 の 将 来 人 口 推 計 ( 年 齢 3 分 別 ) 第 7 回 資 料 3 東 京 の 高 齢 者 世 帯 の 推 移 第 7 回 資 料 4 町 村 別 合 計 特 殊 出 生 率 第 7 回 資 料 5

More information

用 語 解 説 75 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 用 途 地 域 の 指 定 の 変 遷 78 都 市 計 画 図 の 変 遷 80 都 市 計 画 マスタープランの 変 遷 82 参 考 資 料 用 語 解 説 あ 行 ITS NPO Intelligent Transport Systems の 略 で 高 度 道 路 交 通 システムのこと 最 先 端 の 情 報 通 信 技

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

の の 鉄 に 係 る 都 1 平 方 メー の の の 周 辺 の 土 地 の 豊 野 町 蟹 沢 字 坂 下 852 番 11,100 農 家 住 宅 が 建 ち 並 ぶ 東 3m 信 濃 浅 野 調 区 442 住 宅 W2-31 2-4.3 1 : 1.2 郊 外 の 住 宅 篠 ノ 井 布

の の 鉄 に 係 る 都 1 平 方 メー の の の 周 辺 の 土 地 の 豊 野 町 蟹 沢 字 坂 下 852 番 11,100 農 家 住 宅 が 建 ち 並 ぶ 東 3m 信 濃 浅 野 調 区 442 住 宅 W2-31 2-4.3 1 : 1.2 郊 外 の 住 宅 篠 ノ 井 布 平 成 28 年 地 価 公 示 一 覧 表 ( 価 格 時 点 平 成 28 年 1 月 1 日 ) (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) の の 鉄 に 係 る 都 1 平 方 メー の の の 周 辺 の 土 地 の 市 吉 田 2 丁 目 392 番 6 65,800 中 規 模 一 般 住 宅 が 建 南 4.7m 桐 原 1 住 居

More information

1. 広 島 市 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口 は 117 万 人 ( 平 成 22 年 国 調 )であり 全 国 11 位 昭 和 3 年 代 に 5 万 人 に 達 し 周 辺 市 町 村 との 合 併 により 市 域 の 拡 大 した 昭 和 6 年 には 1 万 人 を 超 え

1. 広 島 市 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口 は 117 万 人 ( 平 成 22 年 国 調 )であり 全 国 11 位 昭 和 3 年 代 に 5 万 人 に 達 し 周 辺 市 町 村 との 合 併 により 市 域 の 拡 大 した 昭 和 6 年 には 1 万 人 を 超 え 215 年 1 月 株 式 会 社 日 本 政 策 投 資 銀 行 中 国 支 店 株 式 会 社 日 本 経 済 研 究 所 総 務 本 部 経 営 企 画 部 人 口 減 少 時 代 における 広 島 都 市 圏 の 現 状 と 女 性 の 就 業 状 況 < 要 旨 > - 国 勢 調 査 にみる 人 口 動 向 を 中 心 に- 広 島 都 市 圏 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口

More information

概要版

概要版 あま 市 都 市 計 画 マスタープラン( 平 成 24 年 度 策 定 ) 概 要 版 都 市 計 画 マスタープランとは 策 定 の 趣 旨 目 的 都 市 計 画 マスタープラン とは 都 市 計 画 法 第 18 条 の 2 に 規 定 される 市 町 村 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 方 針 を 指 します 都 市 計 画 マスタープラン は 概 ね 次 に 示 す 基 本 的

More information

練 馬 区 有 限 会 社 井 口 製 作 所 練 馬 区 南 大 泉 二 丁 目 1 番 8 号 03-3923-2003 練 馬 区 有 限 会 社 日 置 設 備 工 業 練 馬 区 南 大 泉 二 丁 目 1 番 53 号 03-3921-6824 練 馬 区 横 田 設 備 工 業 株 式

練 馬 区 有 限 会 社 井 口 製 作 所 練 馬 区 南 大 泉 二 丁 目 1 番 8 号 03-3923-2003 練 馬 区 有 限 会 社 日 置 設 備 工 業 練 馬 区 南 大 泉 二 丁 目 1 番 53 号 03-3921-6824 練 馬 区 横 田 設 備 工 業 株 式 新 宿 区 有 限 会 社 水 谷 設 備 企 画 新 宿 支 店 新 宿 区 百 人 町 一 丁 目 20 番 26 号 ムサシノビル9 階 03-5337-8174 江 東 区 有 限 会 社 スズカン 工 業 江 東 区 亀 戸 七 丁 目 52 番 5 号 03-3684-0281 江 東 区 櫻 井 工 業 株 式 会 社 江 東 区 深 川 二 丁 目 8 番 19 号 03-3641-9121

More information

Microsoft Word - 090512通常版.doc

Microsoft Word - 090512通常版.doc ~ 都 市 計 画 見 直 し 方 針 について~ 都 市 計 画 とは? 都 市 計 画 は 人 や 自 動 車 交 通 など 移 動 を 支 える 交 通 機 能 をはじめ 都 市 構 造 や 街 区 形 成 等 を 担 う 市 街 地 形 成 機 能 さらには 都 市 防 災 性 向 上 や 上 下 水 道 施 設 共 同 溝 等 ライフライン 収 容 等 を 担 う 空 間 機 能 など 多

More information

1001 有 限 会 社 高 橋 設 備 工 業 東 大 和 市 新 堀 2-1097-20 042-564-8568 1002 株 式 会 社 森 武 工 務 店 瑞 穂 町 殿 ヶ 谷 804-12 042-556-2603 1003 株 式 会 社 田 口 設 備 東 大 和 市 清 水 3-

1001 有 限 会 社 高 橋 設 備 工 業 東 大 和 市 新 堀 2-1097-20 042-564-8568 1002 株 式 会 社 森 武 工 務 店 瑞 穂 町 殿 ヶ 谷 804-12 042-556-2603 1003 株 式 会 社 田 口 設 備 東 大 和 市 清 水 3- 0001 株 式 会 社 峯 岸 設 備 工 業 所 国 立 市 中 1-19-5 042-575-0123 0003 兼 六 工 業 株 式 会 社 国 立 市 中 2-20-4 042-576-0011 0005 株 式 会 社 新 倉 工 務 店 国 立 市 東 2-12-3 042-575-0241 0006 有 限 会 社 建 工 設 備 商 会 国 立 市 富 士 見 台 3-5-16

More information

5 視 察 報 告 5 月 10 日 ( 月 ) 千 歳 市 ( 人 口 :92,393 人 面 積 :594.95km 2 ) 千 歳 市 は 北 海 道 の 中 南 部 に 位 置 し 日 本 海 と 太 平 洋 の 間 に 広 がる 広 大 な 石 狩 平 野 の 南 端 の 地 域 であり

5 視 察 報 告 5 月 10 日 ( 月 ) 千 歳 市 ( 人 口 :92,393 人 面 積 :594.95km 2 ) 千 歳 市 は 北 海 道 の 中 南 部 に 位 置 し 日 本 海 と 太 平 洋 の 間 に 広 がる 広 大 な 石 狩 平 野 の 南 端 の 地 域 であり 平 成 22 年 度 総 務 常 任 委 員 会 県 外 行 政 視 察 報 告 書 1 期 日 : 平 成 22 年 5 月 10 日 ( 月 )~5 月 12 日 ( 水 ) 2 視 察 地 : 北 海 道 千 歳 市 5 月 10 日 北 海 道 苫 小 牧 市 5 月 11 日 北 海 道 札 幌 市 5 月 12 日 3 視 察 者 総 務 常 任 委 員 会 委 員 長 平 山 五 郎

More information

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域 5. 景 観 形 成 及 び 自 然 環 境 保 全 の 方 針 5-1. 景 観 形 成 の 方 針 景 観 形 成 の 方 針 市 街 地 のシンボル 景 観 軸 形 成 や 景 観 拠 点 ゾーンの 景 観 維 持 市 民 との 協 働 による 景 観 形 成 と 自 然 環 境 の 保 全 活 用 市 民 やまちを 訪 れる 人 々が 潤 いや 安 らぎを 感 じるとともに 市 民 の 誇

More information

ÿþ

ÿþ (2) 騒 音 振 動 悪 臭 の 防 止 ア 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 (ア) 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 と 地 域 類 型 指 定 時 の 区 分 地 域 類 型 夜 ( 午 前 6 時 ~ 午 後 10 時 ) ( 午 後 10 時 ~ 午 前 6 時 ) A 55 デシベル 以 下 5 デシベル 以 下 類 型 指 定 地 域 ( 概 要 ) 第 1 種 低 層 住 居

More information

<338E9197BF95D25F3031916790442E786477>

<338E9197BF95D25F3031916790442E786477> 第 1 章 組 織 1-1 周 南 市 防 災 会 議 条 例 ( 平 成 15 年 4 月 21 日 条 例 第 15 号 ) 改 正 平 成 17 年 6 月 30 日 条 例 第 34 号 平 成 17 年 6 月 30 日 条 例 第 34 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 16 条 第 6 項

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

<93B9984890AE94F5>

<93B9984890AE94F5> 7. 道 路 整 備 7.1. 広 域 的 な 道 路 網 状 況 三 好 町 は 愛 知 県 のほぼ 中 央 部 に 位 置 し 東 名 高 速 道 路 ( 東 名 三 好 IC) 等 を 介 し 名 古 屋 市 中 心 部 や 空 港 港 湾 他 県 等 広 域 的 に 繋 がれている 近 隣 の 名 古 屋 市 や 豊 田 市 へは 東 西 に 走 る 国 道 153 号 により 結 ばれ 東

More information

仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 について 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 基 本 的 事 項 (2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有

仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 について 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 基 本 的 事 項 (2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 都 市 計 画 法 第 6 条 の 2 に 規 定 する 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 25 年 3 月 宮 城 県 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域

More information

<874450313481605031358EE597768E968BC688EA97972E786C7378>

<874450313481605031358EE597768E968BC688EA97972E786C7378> 45 ( 単 位 : 千 円 ) 款 民 生 費 項 児 童 福 祉 費 事 業 区 分 新 規 拡 大 保 育 所 外 国 語 指 導 助 手 派 遣 事 業 政 策 (4つの 柱 ) 未 来 づくり 教 育 のまちづくり 担 当 部 局 所 属 福 祉 部 子 育 て 支 援 課 国 庫 支 出 金 県 支 出 金 市 債 その 他 1,744 一 般 財 源 1,744 認 可 保 育 所 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4995F18D908F915F8F4390B38CE35F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4995F18D908F915F8F4390B38CE35F2E646F63> 和 歌 山 県 観 光 統 計 調 査 報 告 書 平 成 21 年 (2009 年 )3 月 和 歌 山 県 目 次 1.はじめに... 3 1-1. 調 査 目 的...3 1-2. 実 施 調 査 内 容...3 2. 調 査 結 果 と 分 析 ( 単 純 集 計 結 果 )... 6 2-1. 県 内 アンケート 調 査 結 果...6 2-1-1. 回 答 者 プロフィール...6 2-1-2.

More information

Microsoft Word - 01_01_宇都宮区域MP_1228

Microsoft Word - 01_01_宇都宮区域MP_1228 宇 都 宮 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 28 年 3 月 栃 木 県 - 目 次 - 1. 都 市 計 画 の 目 標... 1 1-1 目 標 年 次 及 び 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 規 模... 1 (1) 目 標 年 次... 1 (2) 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 規 模... 1 1-2 本 区 域 の

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け せ ん ぬ ま し ちゅうおうぶ 気 仙 沼 市 中 央 部 地 区 ち く 面 積 950 ha 計 画 期 間 平 成 19 年 度 ~

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け せ ん ぬ ま し ちゅうおうぶ 気 仙 沼 市 中 央 部 地 区 ち く 面 積 950 ha 計 画 期 間 平 成 19 年 度 ~ 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 3 回 変 更 ) け せ ん ぬ ま し 気 仙 沼 市 ち ゅ う お う ぶ 中 央 部 ち く 地 区 み や ぎ け せ ん ぬ ま し 宮 城 県 気 仙 沼 市 平 成 24 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け

More information

30 関 東 信 越 東 京 国 際 大 学 埼 玉 県 川 越 市 的 場 関 東 信 越 文 京 学 院 大 学 埼 玉 県 ふじみ 野 市 亀 久 保 1196

30 関 東 信 越 東 京 国 際 大 学 埼 玉 県 川 越 市 的 場 関 東 信 越 文 京 学 院 大 学 埼 玉 県 ふじみ 野 市 亀 久 保 1196 正 会 員 ブロック 正 会 員 所 属 校 郵 便 番 号 住 所 URL 1 北 海 道 旭 川 大 学 079-8501 北 海 道 旭 川 市 永 山 3 条 23 丁 目 1-9 http://www.asahikawa-u.ac.jp/ 2 北 海 道 札 幌 学 院 大 学 069-8555 北 海 道 江 別 市 文 京 台 11 http://www.sgu.ac.jp 3 北 海

More information

平成28年度国立大学法人等施設整備実施予定事業<当初予算>

平成28年度国立大学法人等施設整備実施予定事業<当初予算> 平 成 28 年 度 国 立 大 学 法 人 等 施 設 整 備 実 施 予 定 事 業 < 当 初 予 算 > 79 国 立 大 学 法 人 175 事 業 4 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 7 事 業 6 国 立 高 等 専 門 学 校 6 事 業 計 188 事 業 1)これらの 事 業 は 予 定 であり, 今 後, 財 政 法 に 基 づく 財 務 省 との 実 施 計 画 協

More information

本 資 料 に 掲 載 する 情 報 について 様 々な 注 意 を 払 って 掲 載 しておりますが 内 容 の 正 確 性 有 用 性 安 全 性 その 他 いかなる 保 証 を 行 うものでもありません つきましては 本 資 料 の 情 報 を 参 考 に 取 られた 行 動 の 結 果 生 じた 損 害 等 であっても 当 社 は 一 切 責 任 を 負 いませんので あくまでご 自 身 の

More information

Microsoft Word - 090401_橿原市都市MP-★本編修正案.doc

Microsoft Word - 090401_橿原市都市MP-★本編修正案.doc 5. 地 域 別 まちづくりの 方 針 ( 地 域 別 構 想 ) (1) 地 域 区 分 について 地 域 別 構 想 の 地 域 区 分 の 方 法 として まちづくりの 特 性 が 類 似 している 地 域 によって 地 域 を 区 分 すると 本 市 の 都 市 拠 点 を 担 う 大 和 八 木 駅 周 辺 の 中 心 市 街 地 が 形 成 されている 中 部 地 域 藤 原 宮 跡 や

More information

sora

sora 地 域 と 人 をつなぐ 確 かな 暮 らしあなんTOWN! 総 合 戦 略 [ 阿 南 町 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 ] 平 成 28 年 2 月 阿 南 町 - 目 次 - はじめに... 1 第 1 章 計 画 の 概 要... 3 1. 計 画 の 位 置 づけ... 3 2. 計 画 期 間... 5 3.まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 の 基 本 的 な 考

More information

6 T140229-1(4) 日 通 トランスポート 株 式 会 社 横 浜 中 央 支 店 神 奈 川 県 横 浜 市 鶴 見 区 大 黒 町 9 番 17 号 DPL 横 浜 大 黒 5 階 2010/09/10 2016/09/10 2018/09/09 7 T140229-2(4) 日 通

6 T140229-1(4) 日 通 トランスポート 株 式 会 社 横 浜 中 央 支 店 神 奈 川 県 横 浜 市 鶴 見 区 大 黒 町 9 番 17 号 DPL 横 浜 大 黒 5 階 2010/09/10 2016/09/10 2018/09/09 7 T140229-2(4) 日 通 平 成 28 年 9 月 9 日 発 行 分 グリーン 経 営 認 証 登 録 事 業 者 認 証 登 録 された 環 境 にやさしい 運 輸 事 業 者 一 覧 はこちら http://www.green-m.jp/#list 新 規 登 録 トラック 事 業 者 ( )は 登 録 回 数 5630 T110256(1) 日 隆 産 業 株 式 会 社 東 京 営 業 所 埼 玉 県 加 須 市

More information

人口ビジョン報告書

人口ビジョン報告書 資 料 1 柴 田 町 人 口 ビジョン ( 案 ) 宮 城 県 柴 田 町 27 年 9 月 目 次 第 1 章 総 論... 1 第 1 節 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 の 目 的 と 位 置 づけ... 1 1 国 県 の 動 き... 1 2 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 計 画 期 間... 7 第 2 章 人 口 ビジョン... 9 第 1 節 柴 田 町

More information

平 成 27 年 1 月 16 日 ( 金 ) 第 3 回 加 古 川 市 地 域 公 共 交 通 活 性 化 協 議 会 資 料 1 加 古 川 市 の 交 通 を と り ま く 現 状 - 目 次 - 1. 加 古 川 市 の 概 況 1 (1) 位 置 地 勢 1 (2) 人 口 2 (3) 経 済 5 (4) 観 光 6 2. 加 古 川 市 における 交 通 の 現 状 7 (1) 鉄

More information