中国の環境汚染と日中環境協力

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "中国の環境汚染と日中環境協力"

Transcription

1 2013 年 5 月 1 日 全 6 頁 中 国 の 環 境 汚 染 と 日 中 環 境 協 力 常 務 理 事 金 森 俊 樹 [ 要 約 ] 本 年 初 から 北 京 を 始 めとする 中 国 各 地 で 大 気 中 の PM2.5( 直 径 2.5 マイクロメートル の 微 粒 子 中 国 では 正 式 名 称 として 細 顆 粒 物 と 呼 ぶようになっている)の 値 が 急 上 昇 し 改 めて 中 国 の 深 刻 な 環 境 汚 染 が 明 らかとなった PM2.5 は 偏 西 風 によってわが 国 にも 飛 来 しており 中 国 の 環 境 汚 染 は わが 国 にとっても 他 人 事 ではなくなってい る (*) 本 稿 は 時 事 通 信 主 宰 内 外 情 勢 調 査 会 会 報 J 2 TOP(2013 年 5 月 号 )に 掲 載 した 同 タイトルの 原 稿 を 加 筆 修 正 したものである 1. 全 人 代 を 通 じての 中 国 での 関 心 度 は? ネット 上 で 霧 の 都 ロンドンならぬ 霾 都 (スモッグの 都 ) 北 京 人 肉 吸 塵 器 家 に 帰 る 道 がわからなくなって 生 活 や 家 族 への 愛 着 が 高 まった PM2.5 は 北 京 が 外 からの 攻 撃 を 阻 止 するために 仕 掛 けた 超 大 規 模 兵 器 といったブラックユーモアが 飛 び 交 う 中 で 開 催 された 全 人 代 だが 実 は 中 国 のメディアが 行 ったあるアンケート 調 査 によると 一 般 の 人 々の 全 人 代 に 向 けての 最 大 の 関 心 事 は やはり 住 宅 問 題 と 経 済 成 長 という 生 活 収 入 に 直 結 した 話 で 現 在 日 本 にとって 対 中 関 係 で 最 大 の 関 心 事 である 外 交 と 環 境 は 相 対 的 に 関 心 が 低 い 中 国 政 府 は その 活 動 報 告 の 中 で 環 境 対 策 に 触 れ 中 央 政 府 の 環 境 予 算 を 2,100 億 元 ( 日 本 円 で 約 3 兆 円 ) 対 前 年 予 算 比 18.8%と 大 幅 に 増 やすとしたが 表 明 された 対 策 は 基 本 的 に 現 行 第 12 次 5 ヵ 年 計 画 を 踏 襲 したもので 環 境 予 算 も 対 実 績 比 では 5.1%の 伸 びに 留 まっている 株 式 会 社 大 和 総 研 丸 の 内 オフィス 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 一 丁 目 9 番 1 号 グラントウキョウ ノースタワー このレポートは 投 資 勧 誘 を 意 図 して 提 供 するものではありません このレポートの 掲 載 情 報 は 信 頼 できると 考 えられる 情 報 源 から 作 成 しておりますが その 正 確 性 完 全 性 を 保 証 する ものではありません また 記 載 された 意 見 や 予 測 等 は 作 成 時 点 のものであり 今 後 予 告 なく 変 更 されることがあります 大 和 総 研 の 親 会 社 である 大 和 総 研 ホールディングスと 大 和 証 券 は 大 和 証 券 グループ 本 社 を 親 会 社 とする 大 和 証 券 グループの 会 社 です 内 容 に 関 する 一 切 の 権 利 は 大 和 総 研 にあります 無 断 での 複 製 転 載 転 送 等 はご 遠 慮 ください

2 2 / 6 ( 参 考 1) 北 京 市 大 気 汚 染 指 数 厳 重 汚 染 重 度 汚 染 中 度 汚 染 軽 度 汚 染 50 全 人 代 年 1 月 2013 年 2 月 2013 年 3 月 2013 年 4 月 ( 注 ) 北 京 市 東 城 天 壇 地 区 の 指 数 ( 資 料 ) 北 京 市 環 境 保 護 局 発 表 の 空 気 質 量 指 数 より 筆 者 作 成 本 年 の 成 長 率 目 標 は 前 年 と 同 じ 7.5%と 設 定 された 環 境 面 にも 配 慮 した 抑 え 目 の 目 標 のよう にも 見 えるが 実 は 中 国 政 府 の 掲 げる 成 長 率 目 標 はここ 10 年 余 り 一 貫 して 7-8%だ そして 低 目 の 目 標 設 定 をして 超 過 達 成 を 誇 示 した 以 前 と 異 なり 前 年 の 実 績 7.8%からしても もはやそ れほど 高 い 成 長 は 望 み 難 いにもかかわらず 所 得 格 差 が 拡 大 する 中 で ある 程 度 の 成 長 率 は 提 示 せざるを 得 ないという 事 情 から 出 た むしろ 高 めの 数 値 と 理 解 すべきだ 各 地 方 政 府 は 全 人 代 に 先 駆 け 各 地 方 人 代 でそれぞれの 成 長 率 目 標 を 設 定 しているが 上 海 を 除 く 全 ての 省 区 市 で 7.5%を 上 回 る 目 標 値 で 大 半 が 10%を 超 えている そしてこれら 多 くの 地 方 政 府 が 20-30% の 固 定 資 産 投 資 目 標 を 掲 げており これまでの 投 資 主 導 での 成 長 パターンから 抜 けきれていな い 各 地 方 政 府 のこうした 高 めの 成 長 率 目 標 も 実 は 前 年 より 下 げられているところが 多 いが 全 人 代 で 全 国 の 目 標 値 が 下 げられなかったことで 地 方 政 府 からすれば 引 き 続 き 投 資 主 導 で 高 成 長 を 図 ることが 容 易 になった 相 対 的 に 遅 れている 中 西 部 はなおインフラ 需 要 が 強 く ま た 住 民 の 成 長 への 願 望 も 沿 海 部 に 比 べ 強 い 地 域 格 差 所 得 格 差 の 是 正 を 掲 げる 中 央 としては 高 めの 成 長 率 を 容 認 せざるを 得 ず また 全 体 の 目 標 達 成 もそう 簡 単 ではなくなりつつある 状 況 下 では 成 長 率 志 向 の 強 い 地 方 に 依 存 せざるを 得 ない 全 人 代 で 掲 げられた 成 長 率 目 標 はむし ろ 短 期 的 に 成 長 率 を 犠 牲 にしてでも 環 境 面 等 で 改 革 を 進 めるモメンタムを 削 ぐ 危 うさを 抱 え ている

3 3 / 6 ( 参 考 2) 成 長 率 目 標 と 実 績 (%) 成 長 率 実 績 8% 前 後 7% 前 後 予 測 目 標 7.5% 前 後 ( 資 料 ) 国 家 統 計 局 各 種 報 道 より 筆 者 作 成 ( 参 考 3) 中 国 各 地 方 の 2013 年 成 長 率 目 標 ( 注 ) 赤 い 7.5%ラインは 中 央 政 府 が 掲 げる 全 国 目 標 ( 資 料 ) 中 国 各 種 報 道 より 筆 者 作 成 2. 中 国 の 環 境 対 策 - 大 気 汚 染 防 止 を 中 心 に 中 国 では 主 として 1990 年 代 から 環 境 保 護 基 本 法 の 下 で 大 気 水 質 土 壌 等 の 各 分 野 につ いて 国 地 方 の 各 レベルで 環 境 法 制 基 準 が 整 備 強 化 されてきた 大 気 汚 染 を 例 にとると 1987 年 に 大 気 汚 染 防 治 弁 法 が 制 定 され その 後 改 正 が 重 ねられている 同 法 の 関 連 で 大 気 の 質 基 準 があり 二 酸 化 硫 黄 窒 素 酸 化 物 等 の 大 気 中 濃 度 の 基 準 が 設 定 されている PM2.5 について

4 4 / 6 も 日 本 に 比 べると 緩 いものの 年 および 1 日 平 均 の 基 準 値 がある 環 境 法 制 基 準 という 点 では それなりに 整 備 されてきてはいる 政 府 は 2000 年 代 中 頃 から 環 境 と 成 長 の 両 立 を 意 識 するようになっており 2008 年 に 環 境 保 護 総 局 を 部 へと 省 庁 レベルの 組 織 に 格 上 げ また 現 12 次 5 ヵ 年 計 画 でも GDP 単 位 当 りの 温 室 効 果 ガス エネルギー 消 費 量 を 2015 年 までに 各 々17% 16% 削 減 すること サービス 産 業 省 エ ネ 環 境 関 連 等 7つの 戦 略 産 業 の 対 GDP 付 加 価 値 比 率 を 各 々47% 8%にまで 高 めること 窒 素 酸 化 物 や 二 酸 化 硫 黄 の 排 出 総 量 抑 制 等 の 目 標 が 設 定 されている 本 年 の 全 人 代 政 府 活 動 報 告 で は これら 目 標 を 再 確 認 するとともに 生 態 文 明 モデル 地 区 の 開 発 PM2.5 の 観 測 地 点 を 増 やし データの 充 実 や 一 層 の 公 開 を 進 めるとしている より 具 体 的 な 対 策 としては 2 月 車 の 排 ガス 規 制 を 段 階 的 に 強 化 し 日 米 欧 並 みしていくこと が 決 められ 北 京 で 先 行 実 施 されている 中 国 では 車 の 台 数 が 過 去 30 年 間 年 平 均 15%で 増 加 し 続 けており 2012 年 約 1 億 2 千 万 台 に 達 している その 排 ガス 規 制 強 化 は 急 務 だが 先 進 国 並 みの 規 制 が 全 国 に 広 がるのは 2017 年 また 主 要 排 出 源 である 既 存 の 車 特 に 排 ガス 規 制 が 導 入 された 1999 年 頃 以 前 の 車 およびディーゼル 車 をどうするかという 問 題 がある また 3 月 大 気 汚 染 物 質 特 別 排 出 規 制 に 関 する 公 告 が 発 表 され 北 京 天 津 等 重 点 地 域 で 火 力 発 電 製 鉄 石 油 金 属 化 学 セメント 6 業 種 の 新 規 プロジェクトを 対 象 に 特 別 排 出 制 限 値 を 設 け 火 力 発 電 と 製 鉄 で 4 月 から 先 行 適 用 するとされている さらに 環 境 保 護 部 幹 部 の 発 言 として PM2.5 の 削 減 を 大 都 市 圏 の 業 績 評 価 基 準 にしていくといったことも 伝 えられている 北 京 市 は 全 人 代 後 の 3 月 末 大 気 汚 染 汚 水 ごみ 処 理 違 法 建 築 を 4 害 として 年 の 3 ヵ 年 計 画 を 策 定 総 額 で 1 千 億 元 超 の 投 資 を 見 込 んでいる この 中 で 2013 年 大 気 汚 染 対 策 として 車 の 利 用 規 制 強 化 大 気 質 観 測 に 揮 発 性 有 機 物 ( 多 くは 車 の 排 ガスに 含 まれる)を 加 えること クリーンエネルギー 促 進 により 農 村 での 石 炭 燃 料 依 存 を 下 げること( 北 京 の 大 気 汚 染 物 質 の 40%は 外 から 来 たものとの 認 識 ) 公 共 交 通 機 関 の 比 率 を 46%にまで 高 める 他 ユーロ 6 基 準 の 公 共 交 通 機 関 を 試 験 的 に 導 入 することなどが 示 されている さらに 各 地 区 部 門 には 具 体 的 計 画 を 提 出 させ 実 行 できなかった 場 合 に 責 任 を 問 う( 中 国 語 で 言 う 軍 令 状 )としている 3. 環 境 対 策 は 進 むのか 日 本 の 経 験 から 何 を 伝 えるべきか 中 国 当 局 も 中 国 経 済 が 発 展 方 式 を 転 換 してより 質 の 高 い 持 続 的 成 長 を 図 っていく 時 期 にな っていることは 認 識 しており 環 境 対 策 にも 本 格 的 に 取 り 組 んでいく(あるいは いかざるを 得 ない)ことは 間 違 いない ただ そのスピードや 実 効 性 には 上 記 1で 述 べたように 懸 念 が 残 る 特 に 以 下 のような 点 に 注 意 が 必 要 だ 1 中 国 は 世 界 第 二 位 の 経 済 大 国 とはいえ なお 中 所 得 国 で 8 千 万 人 とも 1 億 人 とも 言 われる 大 量 の 貧 困 層 を 抱 え 所 得 格 差 地 域 格 差 の 是 正 が 最 大 の 政 策 課 題 となっている このた め ある 程 度 の 成 長 率 を 維 持 し 底 上 げを 図 ることが 必 須 と 考 えられており 環 境 面 への 配

5 5 / 6 慮 から 短 期 的 にせよ 成 長 率 が 大 きく 落 ち 込 むことにはなお 抵 抗 感 が 強 い ただし 深 刻 化 する 環 境 問 題 を 放 置 すると 人 々の 生 活 健 康 に 影 響 が 及 び( 清 華 大 学 と ADB の 共 同 研 究 チームが 1 月 に 発 表 した 中 国 環 境 分 析 報 告 書 によると 大 気 汚 染 が 毎 年 もたらしている 健 康 被 害 のコストは 約 6 千 億 元 GDP の 1.2%) 環 境 問 題 自 体 が 中 国 当 局 の 恐 れる 社 会 不 安 要 因 になっていく 危 険 性 はあり 放 置 もできないというディレンマに 直 面 している 2 これまで 多 くの 環 境 法 制 が 整 備 され また 10 年 間 で 約 4 兆 元 (60 兆 円 )の 環 境 対 策 費 が 使 われたとされているが 政 策 の 実 効 があがっていない この 背 景 には なお 成 長 志 向 の 強 い 地 方 政 府 の 意 識 があり 地 方 レベルの 環 境 保 護 部 門 の 人 事 評 価 権 限 もそうした 地 方 政 府 にあることが 指 摘 できる 成 長 志 向 が 強 いため 環 境 汚 染 産 業 への 管 理 監 督 も 甘 くなり がちである さらに 管 轄 区 域 をまたがる 汚 染 については 責 任 の 押 し 付 け 合 い 政 策 協 調 の 欠 如 といった 事 態 が 生 じている このため 環 境 保 護 総 局 ( 当 時 )が 2006 年 から 地 方 に 順 次 監 督 センターを 設 置 し 直 接 人 材 を 派 遣 するなど 改 善 策 を 講 じてきているが な お 職 員 の 監 督 管 理 能 力 行 政 部 門 の 縦 割 り( 他 省 庁 の 環 境 対 策 への 権 限 が 弱 いこと)など の 問 題 が 指 摘 されている PM2.5 が 飛 来 する 危 険 性 を 受 け 日 本 の 環 境 省 は 中 国 環 境 保 護 部 と 情 報 交 換 共 同 調 査 に 向 け ての 協 議 を 開 始 している また 民 間 レベルでも 環 境 技 術 面 での 協 力 の 可 能 性 について 話 し 合 いが 行 われているが 中 国 側 の 反 応 は 現 下 の 政 治 外 交 関 係 もあり 協 力 に 対 して 積 極 論 消 極 論 拒 否 論 が 交 錯 しているようである こうした 共 同 調 査 や 技 術 協 力 はもちろん 重 要 だが まずその 前 提 として 日 本 の 経 験 を 伝 える 形 で 次 のような 点 の 認 識 を 中 国 側 にも 改 めて 確 認 共 有 してもらうことが 有 効 だろう 1 日 本 の 公 害 対 策 は 公 害 問 題 の 経 済 的 本 質 が 外 部 不 経 済 であることを 明 確 に 認 識 すること から 始 まったこと この 点 は 社 会 主 義 市 場 経 済 を 志 向 する 中 国 にとっても 同 様 であ る こうした 認 識 から 資 源 価 格 体 系 の 改 革 1 環 境 関 連 税 制 の 整 備 2 環 境 保 護 や 省 エネ 関 連 投 資 促 進 のための 財 政 措 置 など 外 部 不 経 済 を 内 部 化 する 措 置 を 積 極 的 に 検 討 する 素 地 が 形 成 される 2 日 本 は 環 境 問 題 が 国 境 といった 人 為 的 な 境 界 を 無 意 味 にする 負 の 国 際 地 域 公 共 財 であ るとの 認 識 から 国 際 地 域 協 力 に 積 極 的 に 対 応 してきたこと こうした 認 識 の 共 有 によ り 中 国 も 国 際 的 な 環 境 協 力 に 積 極 的 になり また 国 内 的 にも 地 方 政 府 の 責 任 のなすり 合 いといった 事 態 を 抑 えることになる 1 ガソリンの 小 売 価 格 は 従 来 世 界 市 場 価 格 が 直 近 22 作 業 日 で 平 均 ±4% 以 上 変 動 した 場 合 に 国 家 発 展 改 革 委 員 会 が±8%の 範 囲 内 で 調 整 することができるとの 方 式 になっていたが 2013 年 3 月 末 発 展 改 革 委 は 世 界 市 場 価 格 との 連 動 性 をより 高 める 観 点 から 122 日 を 10 日 に 短 縮 2 国 内 価 格 調 整 の 目 安 としていた 世 界 市 場 価 格 の 変 動 幅 ±4%の 基 準 を 廃 止 3 参 考 とする 世 界 原 油 の 品 目 を 調 整 するとの 新 措 置 を 発 表 した また 天 然 ガスについては コスト 加 算 方 式 が 基 本 となっているが 広 東 省 と 広 西 自 治 区 で 2011 年 から 行 われている 価 格 改 革 実 験 を 基 礎 として 資 源 の 不 足 程 度 や 市 場 の 需 給 を 反 映 した 価 格 形 成 メカニズムを 確 立 することが 検 討 されている 模 様 2 中 国 ではすでに 石 油 天 然 ガス 原 料 炭 等 に 資 源 税 が 課 せられ 近 年 従 量 税 から 従 価 税 への 移 行 が 行 われて いる

6 6 / 6 3 環 境 問 題 の 改 善 と 経 済 成 長 を 二 律 背 反 的 にとらえないこと 日 本 の 経 験 は 環 境 保 護 への 取 組 みが むしろ 新 たな 環 境 関 連 投 資 やビジネスの 創 出 をもたらす 意 味 で 成 長 のエンジ ンとなることを 示 している 中 国 でも 今 回 の 大 気 汚 染 問 題 を 契 機 に 株 式 市 場 において 新 エネルギーや 省 エネ 等 の 戦 略 的 新 興 産 業 株 が 急 騰 する 動 きが 見 られ( 環 保 風 暴 例 え ば 証 券 日 報 によると 全 人 代 直 前 の 2 月 18 日 の 週 上 海 証 券 交 易 所 で 環 境 省 エネ 関 連 銘 柄 の 上 昇 率 は 全 体 より 6.73%ポイント 高 く 25 日 にはストップ 高 となった 24 銘 柄 のうち 12 銘 柄 は 環 境 省 エネ 関 連 で 何 れも 10% 前 後 の 上 昇 率 ) また 現 行 5 ヵ 年 計 画 で 規 定 さ れている7つの 戦 略 産 業 の 投 資 収 益 率 が 相 対 的 に 高 いことが すでに 明 らかになってきて いる 4 環 境 への 取 組 みは 地 域 経 済 の 活 性 化 また 環 境 関 連 の 公 共 事 業 を 通 じ 地 域 インフラを 整 備 していく 原 動 力 になり 得 ること 中 国 においても 農 村 部 はインフラ 整 備 が 遅 れてい る 一 方 豊 かな 自 然 や 資 源 等 の 潜 在 的 優 位 性 も 実 は 持 っている 環 境 問 題 への 取 組 み 強 化 は 中 国 にとって 最 大 の 政 策 課 題 である 都 市 と 農 村 の 地 域 格 差 是 正 にも 資 するという 意 味 で 一 挙 両 得 ( 中 国 語 でも 同 じ 表 現 )であること 5 日 本 は 公 害 問 題 克 服 において 多 くの 面 で 地 方 政 府 が 環 境 対 策 を 企 画 し 実 行 したことが 効 果 的 であったこと また 中 央 レベルでは 環 境 省 の 役 割 発 言 力 が 不 断 に 強 化 されてきた こと 北 京 の 米 国 大 使 館 が 独 自 に PM2.5 を 計 測 し 発 表 し 始 めた 際 中 国 政 府 が 内 政 干 渉 と 言 わんば かりに 不 快 感 を 示 したことからもわかるように 環 境 協 力 と 言 っても データの 共 有 や 制 度 面 の 問 題 等 微 妙 な 側 面 があることも 日 本 として 理 解 すべきだ しかし 中 国 は 以 前 から 不 動 産 バブルを 始 め 様 々な 問 題 について 日 本 の 経 験 から 学 ぼうとする 姿 勢 は 強 い 深 刻 な 公 害 問 題 を 克 服 した 過 去 の 日 本 の 経 験 も 然 りである 日 本 の 経 験 として 上 記 のような 点 を 伝 えることで 微 妙 な 問 題 や 予 想 される 中 国 側 の 抵 抗 感 を 回 避 し 具 体 的 な 環 境 協 力 をよりスムースに 進 め 中 国 が 国 内 的 にも 実 効 ある 環 境 対 策 を 採 っていくことにつながるのではないだろうか 以 上

Microsoft Word - 答申本文.doc

Microsoft Word - 答申本文.doc 第 3 章 窒 素 酸 化 物 対 策 の 環 境 改 善 効 果 予 測 1 対 策 効 果 予 測 について 第 2 章 で 検 討 した 更 なる 対 策 について 対 策 の 実 施 による 将 来 の NOx 排 出 量 や 環 境 濃 度 の 低 減 効 果 等 を 把 握 することは 対 策 を 進 めていく 上 で 重 要 な 根 拠 となる そのため 第 1 章 -3で 設 定 した

More information

復興特別法人税の前倒し廃止の検討

復興特別法人税の前倒し廃止の検討 税 制 A to Z 2013 年 11 月 25 日 全 6 頁 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 の 検 討 民 間 投 資 活 性 化 等 のための 税 制 改 正 大 綱 の 解 説 その 4( 最 終 回 ) 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 平 成 25 年 10 月 1 日 自 由 民 主 党 および 公 明 党 は 民 間 投 資 活

More information

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か 金 融 資 本 市 場 215 年 9 月 3 日 全 1 頁 企 業 年 金 の 先 行 きは 縮 小 か 普 及 拡 大 か 厚 生 年 金 基 金 と 同 時 に DB DC においても 全 体 的 な 見 直 しが 進 む 金 融 調 査 部 研 究 員 佐 川 あぐり [ 要 約 ] 214 年 4 月 に 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

労働市場から消えた25~44歳男性

労働市場から消えた25~44歳男性 経 済 社 会 構 造 分 析 レポート 経 済 構 造 分 析 レポート No.43 労 働 市 場 から 消 えた 25~44 歳 男 性 地 域 間 で 広 がる 格 差 抱 える 問 題 はそれぞれ 異 なる 2016 年 4 月 8 日 全 16 頁 経 済 調 査 部 研 究 員 山 口 茜 [ 要 約 ] 25~44 歳 女 性 就 業 率 は この 30 年 間 で 上 昇 傾 向

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

年収1,000万円前後の層に負担増が集中する

年収1,000万円前後の層に負担増が集中する 税 制 A to Z 2014 年 1 月 28 日 全 12 頁 年 収 1,000 万 円 前 後 の 層 に 負 担 増 が 集 中 する 平 成 26 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 所 得 税 )と 家 計 関 連 の 予 算 の 解 説 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 本 稿 は 平 成 26 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 以 下 大 綱 )のうち

More information

スライド 1

スライド 1 元 気 な 日 本 復 活 予 算 5つのポイント メリハリ/ 従 来 型 の 配 分 を 大 胆 に 組 み 替 えます 拡 充 社 会 保 障 5% 増 科 学 研 究 費 補 助 金 3 割 増 重 点 化 別 枠 で 成 長 と 雇 用 に 重 点 化 見 直 し 公 共 事 業 を 実 質 5% 削 減 税 制 措 置 法 人 減 税 ( 以 降 別 枠 関 連 予 算 は と 表 示 )

More information

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書 平 成 24 年 度 国 の 予 算 編 成 に 対 する 東 京 都 の 提 案 要 求 ( 平 成 23 年 11 月 ) 提 案 要 求 先 内 閣 官 房 総 務 省 法 務 省 外 務 省 財 務 省 厚 生 労 働 省 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 環 境 省 防 衛 省 都 所 管 局 知 事 本 局 総 務 局 都 市 整 備 局 環 境 局 福 祉 保 健 局 建 設 局

More information

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で みずほインサイト 政 策 2015 年 12 月 18 日 COP21 がパリ 協 定 を 採 択 地 球 温 暖 化 抑 止 に 向 けた 今 後 の 課 題 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 堀 千 珠 03-3591-1304 chizu.hori@mizuho-ri.co.jp 2015 年 11 月 末 からフランスで 開 催 された 気 候 変 動 枠 組 条 約 第 21 回 締

More information

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか?

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか? 日 本 経 済 予 測 Monthly 216 年 6 月 21 日 全 頁 日 本 経 済 見 通 し: 何 故 個 人 消 費 は 低 迷 して いるのか? 国 内 要 因 が 景 気 下 支 え 役 となるが 海 外 発 の 景 気 下 振 れリスクは 残 存 エコノミック インテリジェンス チーム 執 行 役 員 チーフエコノミスト 熊 谷 亮 丸 シニアエコノミスト 長 内 智 エコノミスト

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037>

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037> 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 平 成 27 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は じ め に 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は 自 動 車 の 生 産 販 売 使 用 の 各 段 階 にわたる 総 合 団 体 として クルマ 社 会 の 健 全 な 発 展 に 貢 献 し 持 続 可 能 な 社 会 の

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題 奨 学 金 制 度 の 拡 充 とそれに 伴 う 財 政 的 視 点 からの 課 題 予 算 委 員 会 調 査 室 藤 井 亮 二 人 材 こそが 日 本 が 世 界 に 誇 る 最 大 の 資 源 である 平 成 25 年 6 月 14 日 に 閣 議 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 -JAPAN is BACK- の 一 文 である 今 夏 の 参 院 選 において 各 政 党 は 就

More information

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A その 他 法 律 2012 年 10 月 5 日 全 13 頁 いまさら 人 には 聞 けない 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )のQ&A 金 融 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では 航 空 法 放 送 法 など 個 別 業 法 による 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )に 関 す る 基 本 的 な 事 項 をQ&A

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

厚生労働省

厚生労働省 わが 国 の 自 治 体 立 病 院 の 主 流 は 地 方 公 営 企 業 法 の 財 務 規 定 のみが 適 用 される 一 部 適 用 と なるが 近 年 はこれを 全 部 適 用 とし 企 業 管 理 者 を 設 置 することにより 人 事 労 務 等 をも 委 ねる 手 法 を 採 用 する 事 例 が 段 階 的 に 増 えつつある 下 記 図 1.15 は 経 営 のあり 方 の 差

More information

欧州に学ぶマイナス金利の経済への影響

欧州に学ぶマイナス金利の経済への影響 経 済 分 析 レポート 年 月 日 全 頁 欧 州 に 学 ぶ 金 利 の 経 済 への 影 響 日 銀 による 金 利 導 入 の 影 響 をどう 捉 えるか? エコノミック インテリジェンス チーム エコノミスト 岡 本 佳 佑 [ 要 約 ] 月 9 日 日 本 銀 行 が 金 利 付 き 量 的 質 的 金 融 緩 和 の 導 入 を 決 定 した 世 界 を 見 渡 せば 金 利 を 導

More information

Microsoft Word - 温対編_1章_130531

Microsoft Word - 温対編_1章_130531 第 1 地 球 温 暖 化 問 題 と 我 が 国 の 現 状 地 球 温 暖 化 は 人 間 活 動 によって 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 など 温 室 効 果 ガスの 濃 度 が 増 加 し これに 伴 って 太 陽 からの 日 射 や 地 表 面 から 放 射 する 熱 の 一 部 がバランスを 超 えて 温 室 効 果 ガ スに 吸 収 されることにより 地 表 面 の 温 度 が

More information

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義 コンサルティングレポート 2013 年 10 月 11 日 全 13 頁 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 の 現 状 と 政 策 的 意 義 コンサルティング ソリューション 第 一 部 主 任 コンサルタント 米 川 誠 [ 要 約 ] 本 年 3 月 20 日 阪 神 三 宮 駅 の 全 面 改 良 工 事 が 完 成 した これにより アクセス 性 向 上 乗 り 換 え 時 間 短

More information

森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001 森 林 林 業 基 本 法 森 林 の 多 面 的 機 能 の 持 続 的 発 揮 2

森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001 森 林 林 業 基 本 法 森 林 の 多 面 的 機 能 の 持 続 的 発 揮 2 第 3 回 [ミネラルウォーターに 関 する 税 ] 検 討 会 2005.11.15 森 林 の 水 源 涵 養 機 能 森 林 と 地 下 水 の 関 係 を 中 心 に 東 京 農 業 大 学 太 田 猛 彦 1 森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001

More information

世 界 平 均 地 上 気 温 の 上 昇 量 の 予 測 出 典 : 平 成 19 年 度 国 土 交 通 白 書 各 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 影 響 地 球 温 暖 化 の 原 因 となっている 温 室 効 果 ガスには 二 酸 化 炭 素 以 外 にも メタン 一 酸

世 界 平 均 地 上 気 温 の 上 昇 量 の 予 測 出 典 : 平 成 19 年 度 国 土 交 通 白 書 各 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 影 響 地 球 温 暖 化 の 原 因 となっている 温 室 効 果 ガスには 二 酸 化 炭 素 以 外 にも メタン 一 酸 Ⅱ. 運 輸 部 門 における 主 要 な 環 境 問 題 の 現 状 1 地 球 環 境 問 題 の 現 状 わたしたちの 住 む 地 球 は 地 球 温 暖 化 やオゾン 層 の 破 壊 等 深 刻 な 環 境 問 題 に 直 面 しています 次 世 代 の 人 々に 安 心 した 生 活 を 営 める 惑 星 を 受 け つぐため わたしたちの 世 代 が 早 急 な 対 策 を 講 じ ることが

More information

目 次 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 1 2 計 画 施 設 概 要 1 3 特 記 仕 様 書 の 適 用 1 4 業 務 区 分 1 5 履 行 期 間 1 6 設 計 与 条 件 1 7 設 計 概 要 2 第 2 章 業 務 仕 様 1 設 計 業 務 の 内 容 及 び

目 次 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 1 2 計 画 施 設 概 要 1 3 特 記 仕 様 書 の 適 用 1 4 業 務 区 分 1 5 履 行 期 間 1 6 設 計 与 条 件 1 7 設 計 概 要 2 第 2 章 業 務 仕 様 1 設 計 業 務 の 内 容 及 び 建 築 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 平 成 28 年 5 月 那 智 勝 浦 町 目 次 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 1 2 計 画 施 設 概 要 1 3 特 記 仕 様 書 の 適 用 1 4 業 務 区 分 1 5 履 行 期 間 1 6 設 計 与 条 件 1 7 設 計 概 要 2 第 2 章 業 務 仕 様 1 設 計 業 務 の 内 容 及 び 範

More information

企業の利益分配から見た賃金・設備投資の先行き

企業の利益分配から見た賃金・設備投資の先行き 経 済 分 析 レポート 215 年 8 月 11 日 全 7 頁 企 業 の 利 益 分 配 から 見 た 賃 金 設 備 投 資 の 先 行 き が 設 備 投 資 のけん 引 役 に 小 林 俊 介 久 後 翔 太 郎 橋 本 政 彦 [ 要 約 ] 足 下 の 日 本 経 済 はこれまでの 拡 大 傾 向 が 一 服 しているが 企 業 収 益 は 極 めて 高 い 水 準 で の 推 移

More information

Microsoft PowerPoint - 【最終】140801 荏原実業スライド.pptx

Microsoft PowerPoint - 【最終】140801 荏原実業スライド.pptx 地 球 と 一 緒 に 深 呼 吸 環 境 保 全 のリ-ディングカンパニーを 目 指 す 証 券 コード6328 荏 原 実 業 株 式 会 社 214 年 12 月 期 第 2Q 決 算 説 明 会 214 年 8 月 1 日 www.ejk.co.jp 14/12 月 期 第 2Q 決 算 報 告 計 画 に 対 して 下 期 への 後 ズレが 見 られたものの 前 期 比 では 増 収 増

More information

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」 中 国 における 地 方 財 政 問 題 と 地 方 債 発 行 の 実 行 可 能 性 についての 研 究 李 建 偉 中 国 国 務 院 発 展 研 究 中 心 マクロ 経 済 研 究 部 副 処 長 1. 中 国 の 地 方 財 政 が 直 面 している 主 要 な 問 題 1.1. 分 税 制 改 革 実 施 後 中 央 と 地 方 における 財 政 管 理 権 と 事 務 処 理 権 の

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

資  料3 総理の新提案(美しい星へのいざない「Invitation to 『Cool Earth 50』」~3つの提案、3つの原則~)

資  料3 総理の新提案(美しい星へのいざない「Invitation to 『Cool Earth 50』」~3つの提案、3つの原則~) 美 しい 星 へのいざない Invitation to Cool Earth 50 ~ 3つの 提 案 3つの 原 則 ~ 資 料 3 冒 頭 杉 田 日 本 経 済 新 聞 社 社 長 アジア 各 国 指 導 者 の 皆 様 御 来 賓 の 皆 様 本 日 各 方 面 でアジアを 代 表 する 皆 様 方 の 前 で スピーチをする 機 会 をいただい たことを 誠 にうれしく 思 います 本 日

More information

子ども手当・高校無償化と税制改正の影響(詳細版)

子ども手当・高校無償化と税制改正の影響(詳細版) Legal and Tax Report 2009 年 12 月 30 日 全 8 頁 子 ども 手 当 高 校 無 償 化 と 税 制 改 正 の 影 響 ( 詳 細 版 ) 制 度 調 査 部 是 枝 俊 悟 2010 年 度 税 制 改 正 大 綱 (4) 個 人 所 得 課 税 の 改 正 と 政 府 の 育 児 教 育 施 策 [ 要 約 ] 2009 年 12 月 22 日 に 2010

More information

英国保守党党首選の行方と解散総選挙の可能性

英国保守党党首選の行方と解散総選挙の可能性 欧 州 経 済 2016 年 7 月 8 日 全 5 頁 英 国 保 守 党 党 首 選 の 行 方 と 解 散 総 選 挙 の 可 能 性 スコットランド 議 会 がリスク 要 因 ユーロウェイブ@ 欧 州 経 済 金 融 市 場 Vol.71 ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅 野 泰 夫 [ 要 約 ] 7 月 7 日 には 保 守 党 党 首 選 の 第 二 回 投 票 が 実

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

b 稼 働 後 40 年 を 経 過 した 原 発 は 順 次 廃 炉 とし 延 長 を 認 めず 新 設 も 認 めない c 重 要 な 電 源 として 今 後 もリプレイス( 建 て 替 え)や 新 設 が 必 要 d その 他 (その 他 の 場 合 は300 字 以 内 で 具 体 的 にお

b 稼 働 後 40 年 を 経 過 した 原 発 は 順 次 廃 炉 とし 延 長 を 認 めず 新 設 も 認 めない c 重 要 な 電 源 として 今 後 もリプレイス( 建 て 替 え)や 新 設 が 必 要 d その 他 (その 他 の 場 合 は300 字 以 内 で 具 体 的 にお 参 議 院 選 挙 に 向 けた 政 策 アンケート 地 球 温 暖 化 対 策 についてのアンケート 調 査 の 結 果 の 公 開 CASAは7 月 の 参 議 院 選 挙 に 向 け 各 党 に 地 球 温 暖 化 対 策 についてのアンケート 調 査 を 行 い ました アンケートは 公 明 党 おおさか 維 新 の 会 新 党 改 革 日 本 のこころを 大 切 にする 党 に 送 付 し

More information

適時開示などに関する東証規則改正

適時開示などに関する東証規則改正 Legal and Tax Report 適 時 開 示 などに 関 する 東 証 上 場 制 度 総 合 整 備 プログラム 東 証 規 則 改 正 2010 年 1 月 8 日 全 5 頁 制 度 調 査 部 横 山 淳 [ 要 約 ] 2009 年 12 月 22 日 東 証 は 上 場 制 度 整 備 の 実 行 計 画 2009( 速 やかに 実 施 する 事 項 ) に 基 づ く 業

More information

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日 広 角 視 点 : 名 目 マイナス 金 利 のプラス 効 果 ホセ ビニャルス サイモン グレイ ケリー エコールド 2016 年 4 月 10 日 成 長 見 通 しとインフレ 率 への 重 大 なリスクが 認 識 される 中 で IMF は 一 部 の 中 央 銀 行 が 実 施 した マイナス 政 策 金 利 を 支 持 しています このような 大 胆 な 政 策 は 過 去 に 例 がなく

More information

英国:男女共同育児休暇制度

英国:男女共同育児休暇制度 欧 州 経 済 2013 年 4 月 4 日 全 5 頁 英 国 : 男 女 共 同 育 児 休 暇 制 度 柔 軟 な 休 暇 取 得 制 度 でイクメンは 増 えるのか? ロンドンリサーチセンター 研 究 員 沼 知 聡 子 [ 要 約 ] 英 国 連 立 政 権 による 雇 用 法 改 革 の 一 環 として 2015 年 より 男 女 共 同 育 児 休 暇 (Shared Parental

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

新 設 拡 充 又 は 延 長 を 必 要 と す る 理 由 (1) 政 策 目 的 1 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 等 を 踏 まえ 以 下 の 見 直 しを 行 う 自 動 車 税 軽 自 動 車 税 消 費 税 10% 時 点 までにグリーン 化 特 例 の 現 行

新 設 拡 充 又 は 延 長 を 必 要 と す る 理 由 (1) 政 策 目 的 1 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 等 を 踏 まえ 以 下 の 見 直 しを 行 う 自 動 車 税 軽 自 動 車 税 消 費 税 10% 時 点 までにグリーン 化 特 例 の 現 行 平 成 28 年 度 税 制 改 正 ( 租 税 特 別 措 置 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 ) 制 度 名 車 体 課 税 の 抜 本 的 見 直 し ( 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 自 動 車 課 ) 税 目 自 動 車 重 量 税 ( 自 動 車 重 量 税 法 全 文 自 動 車 重 量 税 法 施 行 令 全 文 自 動 車 重 量 税 法 施 行 規 則

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

1.トピック: 二 極 化 が 進 展 する 中 国 の 住 宅 市 場 回 復 の 色 を 増 す 中 国 の 住 宅 市 場 1 級 都 市 や 一 部 の 2 級 都 市 ではバブルの 恐 れも 3 級 都 市 などの 地 方 の 中 小 都 市 では 住 宅 市 場 の 回 復 ペースは 緩

1.トピック: 二 極 化 が 進 展 する 中 国 の 住 宅 市 場 回 復 の 色 を 増 す 中 国 の 住 宅 市 場 1 級 都 市 や 一 部 の 2 級 都 市 ではバブルの 恐 れも 3 級 都 市 などの 地 方 の 中 小 都 市 では 住 宅 市 場 の 回 復 ペースは 緩 みずほ 中 国 経 済 情 報 216 年 5 月 号 トピック 二 極 化 が 進 展 する 中 国 の 住 宅 市 場 中 国 の 住 宅 市 場 は 足 元 回 復 の 色 を 濃 くしているが 著 しい 二 極 化 が 進 展 しており 大 都 市 ではバブルが 懸 念 される 一 方 地 方 の 中 小 都 市 では 過 剰 在 庫 が 住 宅 市 場 の 回 復 の 重 し になっている

More information

経済・物価情勢の展望(2015年10月)

経済・物価情勢の展望(2015年10月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 10 月 ) 2015 年 10 月 30 日 日 本 銀 行 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にかけて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけては 消 費 税 率 引 き 上

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

公営地下鉄の建設資金と収益状況

公営地下鉄の建設資金と収益状況 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古

More information

いよいよ適用開始 投信制度改革 目論見書・運用報告書などの見直し

いよいよ適用開始 投信制度改革 目論見書・運用報告書などの見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 いよいよ 適 用 開 始 投 信 制 度 改 革 目 論 見 書 運 用 報 告 書 などの 見 直 し 手 数 料 情 報 リスク 情 報 運 用 報 告 書 の 二 段 階 化 2014 年 12 月 8 日 全 15 頁 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2014 年 12 月 1 日 から 一 連 の 投 信 制 度

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 1 第 7 回 検 討 会 資 料 2 各 論 点 の 方 向 性 について 論 点 項 目 ( 案 ) Ⅰ 自 動 車 関 係 諸 税 の 在 り 方 について( 簡 素 化 及 び 負 担 の 軽 減 等 について) (1) 車 体 課 税 のあり 方 について 1 現 行 の 車 体 課 税 の 体 系 と 今 後 のあり 方 について 2 自 動 車 に 関 する 国 都 道 府 県

More information

産業トピックス

産業トピックス 平 成 2 年 (28 年 )9 月 12 日 ~オリンピック 後 難 度 を 増 す 政 策 運 営 ~ 1. 経 済 動 向 (1)オリンピック 後 の 景 気 後 退 回 避 策 中 国 では 未 だ 実 質 GDP が 二 桁 成 長 ながら 景 気 は 減 速 傾 向 にあり オ リンピックという 節 目 を 経 て 景 気 後 退 に 陥 るのではないかという 危 惧 が 広 がっている

More information

Microsoft Word - 201210613.docx

Microsoft Word - 201210613.docx 年 月 期 GDP 速 報 (1 次 速 報 )の 概 要 ~ 後 退 局 面 の 早 期 脱 却 の 可 否 を 占 う 世 界 経 済 底 打 ちのタイミング~ 調 査 情 報 担 当 室 竹 田 智 哉 1. 後 退 局 面 入 りしたと 見 られる 我 が 国 経 済 年 月 期 のGDP 成 長 率 (1 次 速 報 値 年 11 月 12 日 公 表 )は 名 実 ともに 0.9%( 年

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

第25回税制調査会 総25-2

第25回税制調査会 総25-2 主 要 税 目 ( 地 方 税 )の 税 収 ( 決 算 額 地 方 財 政 計 画 ベース)の 推 移 10 11 固 定 資 産 税 の 性 格 1 わが 国 税 制 の 現 状 と 課 題 -21 世 紀 に 向 けた 国 民 の 参 加 と 選 択 -( 抄 )( 平 成 12 年 7 月 税 制 調 査 会 ) 第 一 基 本 的 考 え 方 四 税 制 の 検 討 の 視 点 4. 地

More information

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 島 根 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 指 針 平 成 27 年 3 月 島 根 県 < 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 3 長 寿

More information

国土技術政策総合研究所 研究資料

国土技術政策総合研究所 研究資料 第 1 節 目 的 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 1 目 的 本 ガイドラインは 下 水 道 事 業 における 大 幅 なコスト 縮 減 や 省 エネルギー 創 エネルギー 効 果 の 増 大 に 寄 与 するため 下 水 道 革 新 的 技 術 実 証 事 業 (B-DASH プロジェクト)の 革 新 的 技 術 の1つである 下 水 道 バイオマスからの 電 力 創 造 システムに 関

More information

まえがき目次.indd

まえがき目次.indd ま え が き 本 書 新 石 油 読 本 は 石 油 製 品 販 売 店 の 皆 さまを 中 心 に 油 田 がどのように 探 鉱 開 発 され 生 産 されて 日 本 に 輸 送 されるのか また 日 本 に 到 着 した 原 油 が 製 品 化 され 給 油 所 で 販 売 されるまでのサプライチェーン 全 般 の 基 礎 知 識 をやさしく 解 説 した 書 籍 が 欲 しい という 要 望

More information

Ⅰ. 量 的 質 的 金 融 緩 和 の 拡 大 量 的 質 的 金 融 緩 和 の 拡 大 マネタリーベースの 年 間 増 加 ペースを 60~70 兆 円 から 80 兆 円 に 拡 大 長 期 国 債 の 保 有 残 高 の 年 間 増 加 額 を 80 兆 円 に +30 兆 円 長 期 国

Ⅰ. 量 的 質 的 金 融 緩 和 の 拡 大 量 的 質 的 金 融 緩 和 の 拡 大 マネタリーベースの 年 間 増 加 ペースを 60~70 兆 円 から 80 兆 円 に 拡 大 長 期 国 債 の 保 有 残 高 の 年 間 増 加 額 を 80 兆 円 に +30 兆 円 長 期 国 資 料 2014 年 12 月 19 日 日 本 銀 行 Ⅰ. 量 的 質 的 金 融 緩 和 の 拡 大 量 的 質 的 金 融 緩 和 の 拡 大 マネタリーベースの 年 間 増 加 ペースを 60~70 兆 円 から 80 兆 円 に 拡 大 長 期 国 債 の 保 有 残 高 の 年 間 増 加 額 を 80 兆 円 に +30 兆 円 長 期 国 債 買 入 れの 平 均 残 存 期 間

More information

Microsoft Word - 1502(last).docx

Microsoft Word - 1502(last).docx 今 号 のトピックス 環 境 保 護 汚 染 物 質 排 出 削 減 1. 環 境 保 護 部 2014 年 の 汚 染 物 質 総 量 削 減 目 標 を 達 成 2.2014 年 浙 江 省 の PM2.5 平 均 濃 度 53μg/m3 2013 年 比 13.1% 減 3. 浙 江 省 が 2015 年 環 境 汚 染 対 策 を 発 表 水 大 気 工 業 重 金 属 を 重 点 に 4.

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

防衛省薬物乱用防止月間について(通達)

防衛省薬物乱用防止月間について(通達) 防 人 1 第 4664 号 18.5.12 防 人 計 第 354 号 1 9. 1. 9 長 官 官 房 長 施 設 等 機 関 の 長 各 幕 僚 長 情 報 本 部 長 殿 技 術 研 究 本 部 長 装 備 本 部 長 防 衛 施 設 庁 長 官 事 務 次 官 防 衛 省 薬 物 乱 用 防 止 月 間 について( 通 達 ) 昨 今 の 自 衛 官 による 薬 物 乱 用 の 続 発

More information

職 業 能 力 開 発 研 究 誌,31 巻,1 号 2015 2.2. 市 場 の 動 向 わが 国 の 水 素 エネルギー 導 入 に 向 けた 取 り 組 みを 紹 介 する 2013 年 3 月 経 済 産 業 省 は 水 素 をエネルギー 源 として 活 用 する 水 素 社 会 の 実

職 業 能 力 開 発 研 究 誌,31 巻,1 号 2015 2.2. 市 場 の 動 向 わが 国 の 水 素 エネルギー 導 入 に 向 けた 取 り 組 みを 紹 介 する 2013 年 3 月 経 済 産 業 省 は 水 素 をエネルギー 源 として 活 用 する 水 素 社 会 の 実 研 究 資 料 水 素 関 連 ビジネス 市 場 動 向 の 一 考 察 A Study of Hydrogen-Related Business Market Trends 藤 井 享 ( 日 立 製 作 所 産 業 ソリューション 営 業 本 部 営 業 企 画 部 ) Toru Fujii 水 素 エネルギーは 高 いエネルギー 効 率 と 環 境 にやさしい 負 荷 特 性 により 将 来

More information

[ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 ] みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 経 済 調 査 部 市 川 雄 介 TEL(03)3591-1416 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 とし

[ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 ] みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 経 済 調 査 部 市 川 雄 介 TEL(03)3591-1416 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 とし 2008 年 9 月 9 日 発 行 定 額 減 税 : 想 定 されるスケジュールと 効 果 [ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 ] みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 経 済 調 査 部 市 川 雄 介 yusuke.ichikawa@mizuho-ri.co.jp TEL(03)3591-1416 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作

More information

消費税増税先送りに伴う他政策への影響

消費税増税先送りに伴う他政策への影響 税 制 A to Z 2014 年 11 月 21 日 全 13 頁 消 費 税 増 税 先 送 りに 伴 う 他 政 策 への 影 響 住 宅 ローン 減 税 自 動 車 税 制 年 金 制 度 給 付 措 置 などに 影 響 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 安 倍 首 相 は 2014 年 11 月 18 日 に 記 者 会 見 を 行 い 消 費 税 率 の 10%への

More information

経済・物価情勢の展望(2015年4月)

経済・物価情勢の展望(2015年4月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2015 年 4 月 30 日 日 本 銀 行 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にか けて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけ ては 消 費 税 率 引 き 上

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

中国都市交通の現状と課題

中国都市交通の現状と課題 中 国 都 市 交 通 の 現 状 と 課 題 ( 財 ) 自 治 体 国 際 化 協 会 CLAIR REPORT NUMBER 8 ( July 5, 2005 ) 財 団 法 人 自 治 体 国 際 化 協 会 ( 北 京 事 務 所 ) 目 次 はじめに 概 要 ⅰ 第 章 中 国 都 市 交 通 発 展 の 歴 史 第 節 初 期 の 交 通 輸 送 の 全 体 状 況 第 2 節 新 中

More information

3 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 及 び 推 進 体 制 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 [ 基 本 理 念 ] 人 類 が 自 然 と 調 和 し 未 来 にわたり 持 続 可 能 な 発 展 を 実 現 するため NTTグルー

3 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 及 び 推 進 体 制 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 [ 基 本 理 念 ] 人 類 が 自 然 と 調 和 し 未 来 にわたり 持 続 可 能 な 発 展 を 実 現 するため NTTグルー 地 球 温 暖 化 対 策 実 施 状 況 書 1 地 球 温 暖 化 対 策 事 業 者 の 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 事 業 者 ( 届 出 者 ) の 名 称 地 球 温 暖 化 対 策 事 業 者 ( 届 出 者 ) の 住 所 西 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 名 古 屋 支 店 名 古 屋 市 中 区 大 須 四 丁 目 9 番 60 号 工 場 等 の 名 称 NTT

More information

JSA2001/ごあいさつ

JSA2001/ごあいさつ 2007 年 12 月 20 日 海 事 記 者 会 各 位 社 団 法 人 日 本 船 主 協 会 2007 年 海 運 界 10 大 ニュースについて 当 協 会 は 本 年 の 海 運 界 10 大 ニュースを 別 紙 のとおり 選 定 いたしましたので お 知 らせいたします 以 上 本 件 に 関 する 問 い 合 わせ 先 ( 社 ) 日 本 船 主 協 会 総 務 部 (TEL:03-3264-7181

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

Microsoft Word - レポートフォーマット1

Microsoft Word - レポートフォーマット1 NYマーケットレポート(2015 年 3 月 13 日 ) NY 市 場 では 序 盤 に 発 表 された 米 生 産 者 物 価 指 数 が 予 想 外 の 悪 化 となり 4ヵ 月 連 続 のマイナスとなったことや ミシガン 大 学 消 費 者 信 頼 感 指 数 が 昨 年 11 月 以 来 4ヵ 月 ぶりの 低 水 準 となったことを 受 けて 米 経 済 に 対 する 楽 観 的 な 見

More information

京 都 議 定 書 のCO2 削 減 目 標 達 成 に 必 要 な 森 林 吸 収 量 を 確 保 するため 森 林 所 有 者 に 再 造 林 など 森 林 の 適 切 な 管 理 を 義 務 付 け 適 切 な 管 理 を 行 った 者 に 対 して 森 林 管 理 直 接 支 払 い 制 度

京 都 議 定 書 のCO2 削 減 目 標 達 成 に 必 要 な 森 林 吸 収 量 を 確 保 するため 森 林 所 有 者 に 再 造 林 など 森 林 の 適 切 な 管 理 を 義 務 付 け 適 切 な 管 理 を 行 った 者 に 対 して 森 林 管 理 直 接 支 払 い 制 度 2008 年 10 月 民 主 党 北 海 道 総 支 部 連 合 会 政 策 調 査 委 員 会 衆 議 院 選 挙 に 係 わる 北 海 道 重 点 政 策 はじめに 第 45 回 衆 議 院 選 挙 の 政 権 公 約 (マニフェスト)は 民 主 党 本 部 が 近 く 発 表 することにな ってい この 衆 議 院 選 挙 に 係 わる 北 海 道 重 点 政 策 は 11 月 にも 想 定

More information

Microsoft Word - 101009金融危機シンポジウム

Microsoft Word - 101009金融危機シンポジウム 金 融 危 機 シンポジウム 第 2 編 危 機 後 の 金 融 界 第 2 回 日 本 の 金 融 市 場 の 活 性 化 に 向 けて 山 澤 光 太 郎 氏 株 式 会 社 大 阪 証 券 取 引 所 取 締 役 常 務 執 行 役 員 日 時 :2010 年 7 月 28 日 ( 水 ) 場 所 : 早 稲 田 大 学 日 本 橋 キャンパス ホール 報 告 日 本 の 金 融 市 場 は

More information

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版))

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版)) 広 報 用 資 料 2014 年 度 定 期 航 空 協 会 年 次 総 会 資 料 1 2013 年 度 事 業 報 告 P.1 2 2014 年 度 事 業 方 針 P.10 3 役 員 の 選 任 P.12 2014 年 5 月 23 日 1 2013 年 度 事 業 報 告 定 期 航 空 協 会 規 約 第 3 条 に 示 された 本 会 の 目 的 達 成 のため 2013 年 度 事

More information

指 定 - 第 2 表 エネルギー 管 理 指 定 工 場 等 のエネルギーの 使 用 量 及 び 販 売 した 副 生 エネルギーの 量 平 成 27 年 度 エネルギーの 種 類 単 位 使 用 量 販 売 した 副 生 エネルギーの 量 数 値 熱 量 GJ 数 値 熱 量 GJ 原 油 (コ

指 定 - 第 2 表 エネルギー 管 理 指 定 工 場 等 のエネルギーの 使 用 量 及 び 販 売 した 副 生 エネルギーの 量 平 成 27 年 度 エネルギーの 種 類 単 位 使 用 量 販 売 した 副 生 エネルギーの 量 数 値 熱 量 GJ 数 値 熱 量 GJ 原 油 (コ 指 定 工 場 等 定 期 報 告 書 (エクセル 形 式 支 援 ツールによる 記 載 例 ) エネルギー 管 理 指 定 工 場 等 単 位 の 報 告 指 定 - 第 1 表 エネルギー 管 理 指 定 工 場 等 の 名 称 等 工 業 株 式 会 社 には 三 つの 指 定 工 場 等 が 存 在 しますが 本 記 載 例 は 高 岡 工 場 の 例 を 示 したものです エネルギー 管

More information

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx 瀬 戸 内 海 環 境 保 全 特 別 措 置 法 ( 昭 和 四 十 八 年 十 月 二 日 法 律 第 百 十 号 ) 第 章 総 則 ( 第 条 - 第 二 条 の 二 ) 第 二 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 計 画 ( 第 三 条 - 第 四 条 の 二 ) 第 三 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 特 別 の 措 置 第 節 特 定 施

More information

目 改 正 項 目 軽 自 動 車 率 の 引 上 げ 〇 国 及 び 地 方 を 通 じた 自 動 車 関 連 制 の 見 直 しに 伴 い 軽 自 動 車 の 標 準 率 が 次 のとおり 引 き 上 げられます 車 種 区 分 引 上 げ 幅 50cc 以 下 1,000 円 2,000 円

目 改 正 項 目 軽 自 動 車 率 の 引 上 げ 〇 国 及 び 地 方 を 通 じた 自 動 車 関 連 制 の 見 直 しに 伴 い 軽 自 動 車 の 標 準 率 が 次 のとおり 引 き 上 げられます 車 種 区 分 引 上 げ 幅 50cc 以 下 1,000 円 2,000 円 平 成 26 年 2 月 19 日 政 策 総 務 財 政 委 員 会 配 付 資 料 財 政 局 平 成 26 年 度 制 改 正 ( 地 方 )の 概 要 について 平 成 26 年 度 制 改 正 のうち に 関 係 する 主 な 改 正 事 項 は 次 のとおりです なお これらの 事 項 について 地 方 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 が 可 決 された 場 合 には

More information

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」 山 崎 志 郎 8 経 済 総 動 員 体 制 の 経 済 構 造 歴 史 学 研 究 会 日 本 史 研 究 会 編,2005 日 本 史 講 座 第 9 巻 近 代 の 転 換 報 告 者 : 松 岡 美 根 子 2006.04.29(SAT) 筆 者 : 山 崎 志 郎 ( 教 授 )1957 年 生 首 都 大 学 東 京 都 市 教 養 学 部 経 営 学 系 経 営 学 コース 社 会

More information

野村資本市場研究所|わが国における相続・贈与税一体化の影響 (PDF)

野村資本市場研究所|わが国における相続・贈与税一体化の影響 (PDF) 個 人 マーケット わが 国 における 相 続 贈 与 税 一 体 化 の 影 響 平 成 15 年 度 税 制 改 正 において 贈 与 税 の 相 続 時 精 算 課 税 制 度 が 創 設 された これにより 相 続 税 と 贈 与 税 の 一 体 化 が 可 能 となり 高 齢 者 世 帯 に 偏 っている 個 人 金 融 資 産 の 次 世 代 へ の 移 転 が 図 られていくことが 期

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

Microsoft Word - GBI欧米 doc

Microsoft Word - GBI欧米 doc September 12, 2014 1.ブラジルの 貸 出 金 利 はなぜ 高 いのか 2.ドバイの 財 政 状 態 は 依 然 ぜい 弱 と 診 断 した IMF 1.ブラジルの 貸 出 金 利 はなぜ 高 いのか 1.ブラジル 民 間 銀 行 の 高 い 貸 出 金 利 ブラジルが 高 金 利 の 国 であることはよく 知 られていることである ブラジル 国 立 銀 行 の 政 策 金 利 であるSelic

More information

タイトル

タイトル Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート テーマ: 原 油 2ドル/バレルの 衝 撃 発 表 日 :8 年 5 月 23 日 ( 金 ) ~ 今 年 度 1ドル=1 円 想 定 で 家 計 負 担 増 74,756 円 / 年 経 常 利 益 13.3% 押 下 げ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利 廣 (3-5221-4531)

More information

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的 会 津 若 松 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 5 月 会 津 若 松 市 目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

経 済 調 査 部 エコノミスト 齋 藤 周 3-3591-1283 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が 信

経 済 調 査 部 エコノミスト 齋 藤 周 3-3591-1283 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が 信 みずほリポート 214 年 6 月 9 日 相 続 税 法 改 正 と 貸 家 着 工 税 制 改 正 が 貸 家 着 工 に 与 える 影 響 試 算 213 年 の 貸 家 着 工 は 前 年 比 +11.8%と 大 幅 に 増 加 低 金 利 や 住 宅 価 格 の 先 高 観 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 駆 け 込 みに 加 えて 213 年 度 税 制 改 正 で 決 定 した

More information

しての 使 用 を 抑 制 する 法 律 が 制 定 されて いる 2 エタノールとバイオディーゼル 油 のバイオ 燃 料 については 予 測 期 間 を 通 じてガソリン 混 合 に 対 する 税 控 除 と 輸 入 関 税 が 残 ると 見 込 んだ この 結 果 エ タノールの 生 産 は 予

しての 使 用 を 抑 制 する 法 律 が 制 定 されて いる 2 エタノールとバイオディーゼル 油 のバイオ 燃 料 については 予 測 期 間 を 通 じてガソリン 混 合 に 対 する 税 控 除 と 輸 入 関 税 が 残 ると 見 込 んだ この 結 果 エ タノールの 生 産 は 予 海 外 情 報 2016 年 までの 農 業 予 測 米 国 農 務 省 局 間 農 業 予 測 委 員 会 米 国 農 務 省 (USDA) の 局 間 農 業 予 測 委 員 会 (Interagency Agricultural Projections Committee) は 2007 年 2 月 2016 年 ま で の 農 業 予 測 米 国 農 務 省 (USDA Agricultural

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63> 平 成 27 年 度 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 財 政 投 融 資 計 画 の 概 要 平 成 27 年 4 月 中 小 企 業 庁 中 小 企 業 対 策 費 の 予 算 及 び 財 政 投 融 資 計 画 1. 中 小 企 業 対 策 費 27 年 度 予 算 額 ( 注 1) 26 年 度 予 算 額 ( 注 2) 対 前 年 比 政 府 全 体 1,856 億

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378> 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 2.1 事 業 の 目 的 我 が 国 のエネルギー 政 策 のグランドデザインは 慎 重 に 描 く 必 要 性 がある 一 方 で 国 内 の 電 力 需 給 は 今 後 数 年 間 厳 しい 状 況 が 継 続 する 見 通 しであり 一 日 も 早 い 新 規 電 源 の 開 発 が 求 められている

More information

2 政 策 目 的 達 成 時 期 我 が 国 皮 革 産 業 及 び 革 靴 産 業 が 構 造 改 善 を 行 い アジア 諸 国 からの 低 価 格 品 及 び 欧 州 からの 高 価 格 品 と 対 抗 しうる 国 際 競 争 力 が 備 わるまで 本 制 度 を 維 持 する 必 要 があ

2 政 策 目 的 達 成 時 期 我 が 国 皮 革 産 業 及 び 革 靴 産 業 が 構 造 改 善 を 行 い アジア 諸 国 からの 低 価 格 品 及 び 欧 州 からの 高 価 格 品 と 対 抗 しうる 国 際 競 争 力 が 備 わるまで 本 制 度 を 維 持 する 必 要 があ 整 理 番 号 : 経 済 産 業 省 7 平 成 28 年 度 関 税 率 関 税 制 度 改 正 要 望 事 項 調 査 票 ( 延 長 ) 要 望 元 : 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 紙 業 服 飾 品 課 品 名 ( 関 税 率 関 係 ) 又 は 皮 革 革 靴 の 関 税 割 当 制 度 制 度 名 ( 関 税 制 度 関 係 ) 改 正 要 望 の 内 容 改 正 を 要

More information

IMF理事会、対日4条協議を完了; プレスリリースNo. 14/374; 2014年7月31日

IMF理事会、対日4条協議を完了; プレスリリースNo. 14/374; 2014年7月31日 国 際 通 貨 基 金 コミュニケー ション 局 ( 参 考 仮 訳 ) プレスリリース No. 14/374 即 時 解 禁 国 際 通 貨 基 金 (IMF) 米 国 ワシントン DC 2014 年 7 月 31 日 IMF 理 事 会 対 日 4 条 協 議 を 完 了 2014 年 7 月 23 日 国 際 通 貨 基 金 (IMF) 理 事 会 は 対 日 4 条 協 議 を 完 了 した

More information

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ の 保 守 管 理 問 題 原 子 力 規 制 委 員 会 の 勧 告 までの 経 緯 環 境 委 員 会 調 査 室 大 嶋 健 志 1. はじめに 平 成 27 年 11 月 13 日 原 子 力 規 制 委 員 会 は 馳 浩 文 部 科 学 大 臣 に 対 して 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ に 関 連 して 勧 告 を 行 った この 勧 告

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203033332090A28A4582CC90CE96FB8E598BC68B7982D1974191979770945297BF82CC8FAB97889357965D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203033332090A28A4582CC90CE96FB8E598BC68B7982D1974191979770945297BF82CC8FAB97889357965D2E646F63> ミニレポート 2010-033 平 成 23 年 2 月 21 日 世 界 の 石 油 産 業 及 び 輸 送 用 燃 料 の 将 来 展 望 ~ 米 ハート 社 による 2030 年 までの 長 期 予 測 ~ 本 レポートでは 2010 年 11 月 に 米 国 ハート エネルギー コンサルティング 社 が 発 表 した 2030 年 までの 世 界 の 石 油 需 給 と 精 製 業 界 輸

More information

議 案 目 録 議 案 第 7 3 号 明 石 市 住 民 投 票 条 例 検 討 委 員 会 条 例 制 定 のこと 第 7 4 号 明 石 市 農 業 委 員 会 委 員 の 選 挙 区 及 び 各 選 挙 区 において 選 挙 すべき 委 員 の 数 に 関 する 条 例 を 廃 止 する 条

議 案 目 録 議 案 第 7 3 号 明 石 市 住 民 投 票 条 例 検 討 委 員 会 条 例 制 定 のこと 第 7 4 号 明 石 市 農 業 委 員 会 委 員 の 選 挙 区 及 び 各 選 挙 区 において 選 挙 すべき 委 員 の 数 に 関 する 条 例 を 廃 止 する 条 平 成 25 年 6 月 定 例 市 議 会 提 出 議 案 概 要 書 総 務 部 法 務 課 総 務 部 総 務 課 財 務 部 財 政 課 議 案 目 録 議 案 第 7 3 号 明 石 市 住 民 投 票 条 例 検 討 委 員 会 条 例 制 定 のこと 第 7 4 号 明 石 市 農 業 委 員 会 委 員 の 選 挙 区 及 び 各 選 挙 区 において 選 挙 すべき 委 員 の 数

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

資 料 1 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 ( 抜 粋 ) 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 四 消 費 課 税 2 車 体 課 税 の 見 直 し ( 地 方 税 ) (1) 自 動 車 の 廃 止 自 動 車 は 平 成 29 年 3 月 31 日 をもって

資 料 1 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 ( 抜 粋 ) 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 四 消 費 課 税 2 車 体 課 税 の 見 直 し ( 地 方 税 ) (1) 自 動 車 の 廃 止 自 動 車 は 平 成 29 年 3 月 31 日 をもって 平 成 28 年 度 税 制 改 正 結 果 概 要 ( 車 体 課 税 関 係 ) 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 ( 抜 粋 ) 資 料 1 ( 参 考 ) 平 成 28 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 ( 抜 粋 ) < 基 本 的 な 考 え 方 > 資 料 2 ( 参 考 ) 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 ( 抜 粋 ) < 基 本 的 な

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し 税 制 抜 本 改 革 に 伴 う 車 体 課 税 及 び 地 方 法 人 課 税 の 見 直 し 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 総 務 委 員 会 調 査 室 星 友 佳 1.はじめに 平 成 24 年 8 月 社 会 保 障 税 一 体 改 革 の 一 環 として 消 費 税 率 の 引 上 げ 等 を 内 容 とす る 税 制 抜 本 改 革 法 1 が 成 立

More information

Microsoft Word - 20160407 経済 インド・利下げ.docx

Microsoft Word - 20160407 経済 インド・利下げ.docx グローバル マクロ トピックス 01/ /7 投 資 情 報 部 シニアエコノミスト 折 原 豊 水 インド 中 銀 は 利 下 げ 実 施 底 堅 いルピー インド 準 備 銀 行 は 月 会 合 で 政 策 金 利 (レポ)を0.% 引 き 下 げ.0%に 事 前 の 市 場 予 想 通 りの 結 果 利 下 げの 理 由 として 物 価 見 通 しの 安 定 や 投 資 等 の 弱 含 み 1

More information

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに 1 現 行 の 電 気 料 金 制 度 と 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 2 月 3 日 2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって 平 成 16 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 は じ め に わが 国 経 済 の 喫 緊 の 課 題 は デフレの 克 服 内 需 拡 大 特 に GDPの6 割 を 占 める 個 人 消 費 を 中 心 とした 民 間 需 要 の 回 復 にある 税 制 の 見 直 しは これらの 課 題 を 解 決 するうえで 多 くの 企 業 を 活 性 化 さ せ また 個 人 の 消

More information