Microsoft Word - 動愛条例施行規則(改正後)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 動愛条例施行規則(改正後)"

Transcription

1 千 葉 県 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 27 年 3 月 13 日 規 則 第 4 号 ) 千 葉 県 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 条 例 施 行 規 則 改 正 平 成 二 七 年 一 二 月 四 日 規 則 第 七 一 号 平 成 二 十 七 年 三 月 十 三 日 規 則 第 四 号 千 葉 県 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 条 例 施 行 規 則 ( 趣 旨 ) 第 一 条 この 規 則 は 千 葉 県 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 条 例 ( 平 成 二 十 六 年 千 葉 県 条 例 第 四 十 二 号 以 下 条 例 という )の 施 行 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 多 頭 飼 養 の 届 出 ) 第 二 条 条 例 第 十 四 条 第 一 項 又 は 附 則 第 五 項 前 段 の 規 定 による 届 出 は 犬 又 は 猫 の 多 頭 飼 養 届 出 書 ( 別 記 第 一 号 様 式 )によるものとする 2 条 例 第 十 四 条 第 一 項 及 び 附 則 第 五 項 前 段 に 規 定 する 規 則 で 定 める 書 類 は 飼 養 施 設 ( 条 例 第 十 一 条 第 三 号 に 規 定 する 飼 養 施 設 をいう 以 下 同 じ )の 平 面 図 及 び 飼 養 施 設 の 付 近 の 見 取 り 図 とする 3 条 例 第 十 四 条 第 一 項 第 五 号 に 規 定 する 規 則 で 定 める 事 項 は 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 とする 一 条 例 第 十 四 条 第 一 項 第 三 号 に 掲 げる 犬 又 は 猫 の 雌 雄 の 別 二 飼 養 施 設 の 周 辺 の 生 活 環 境 を 保 全 する 方 法 4 条 例 第 十 四 条 第 二 項 に 規 定 する 規 則 で 定 める 場 合 は 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 とする 一 診 療 施 設 ( 獣 医 療 法 ( 平 成 四 年 法 律 第 四 十 六 号 ) 第 二 条 第 二 項 に 規 定 する 診 療 施 設 をいう ) において 獣 医 師 が 診 療 のために 犬 又 は 猫 を 飼 養 し 又 は 保 管 する 場 合 二 身 体 障 害 者 補 助 犬 法 ( 平 成 十 四 年 法 律 第 四 十 九 号 ) 第 三 条 第 一 項 に 規 定 する 訓 練 事 業 者 が 同 法 第 二 条 第 一 項 に 規 定 する 身 体 障 害 者 補 助 犬 を 育 成 する 目 的 で 犬 を 飼 養 し 又 は 保 管 する 場 合 三 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 平 成 十 八 年 環 境 省 令 第 一 号 ) 第 十 条 の 五 第 三 項 各 号 に 掲 げる 場 合 において 犬 又 は 猫 を 飼 養 し 又 は 保 管 する 場 合 ( 多 頭 飼 養 の 変 更 の 届 出 ) 第 三 条 条 例 第 十 五 条 本 文 の 規 定 による 届 出 は 犬 又 は 猫 の 多 頭 飼 養 変 更 届 出 書 ( 別 記 第 二 号 様 式 ) によるものとする 2 条 例 第 十 五 条 ただし 書 に 規 定 する 規 則 で 定 める 軽 微 な 変 更 は 次 の 各 号 に 掲 げる 変 更 とする 一 犬 ( 生 後 九 十 一 日 未 満 の 犬 を 除 く 以 下 この 項 において 同 じ ) 又 は 猫 ( 生 後 九 十 一 日 未 満 の 猫 を 除 く 以 下 同 じ )の 数 ( 犬 及 び 猫 の 飼 養 又 は 保 管 をする 場 合 にあっては これらの 数 を 合 算 した 数 以 下 同 じ )の 減 少 ( 犬 又 は 猫 の 数 が 十 未 満 となる 減 少 を 除 く ) 二 犬 又 は 猫 の 数 の 三 十 パーセント 未 満 の 増 加 三 不 妊 又 は 去 勢 の 措 置 が 実 施 されている 犬 又 は 猫 の 数 の 変 更 ( 特 定 動 物 による 侵 害 の 発 生 時 の 届 出 ) 第 四 条 条 例 第 十 七 条 第 二 項 の 規 定 による 届 出 は 特 定 動 物 による 侵 害 発 生 届 出 書 ( 別 記 第 三 号 様 式 ) によるものとする ( 犬 の 係 留 義 務 の 適 用 除 外 ) 第 五 条 条 例 第 十 八 条 第 二 号 に 規 定 する 規 則 で 定 める 犬 は 次 の 各 号 に 掲 げる 犬 であって 適 正 にそ の 犬 を 取 り 扱 うことができる 者 の 監 督 の 下 にあり かつ 人 の 生 命 身 体 又 は 財 産 に 害 を 加 え 人 に 迷 惑 を 及 ぼし 及 び 自 然 環 境 の 保 全 上 の 支 障 を 生 じさせることがないようにするための 適 正 なし つけ 及 び 訓 練 がなされているものとする 一 人 命 の 救 助 のために 使 役 する 犬 二 検 疫 又 は 麻 薬 銃 器 爆 発 物 等 の 探 知 のために 使 役 する 犬 三 狩 猟 のために 使 役 する 犬 四 人 家 畜 農 作 物 等 に 対 する 野 生 鳥 獣 による 被 害 を 防 ぐための 追 い 払 い 犬 ( 犬 による 侵 害 の 発 生 時 の 届 出 等 ) 第 六 条 条 例 第 二 十 条 第 二 項 第 一 号 の 規 定 による 届 出 は こう 傷 届 出 書 ( 別 記 第 四 号 様 式 )によるも のとする 1/3

2 2 条 例 第 二 十 条 第 三 項 の 規 定 による 報 告 は 検 診 を 行 った 獣 医 師 が 発 行 した 診 断 書 の 写 しを 知 事 に 提 出 することにより 行 うものとする ( 措 置 命 令 等 の 方 法 ) 第 七 条 条 例 第 二 十 一 条 第 一 項 又 は 第 二 項 の 規 定 による 命 令 は 措 置 ( 引 渡 し) 命 令 書 ( 別 記 第 五 号 様 式 )を 交 付 して 行 うものとする ( 野 犬 等 の 掃 討 の 方 法 ) 第 八 条 条 例 第 二 十 三 条 第 一 項 前 段 の 規 定 により 薬 物 を 使 用 して 行 う 野 犬 等 の 掃 討 ( 以 下 野 犬 等 の 掃 討 という )は 必 要 な 時 間 を 限 って 道 路 空 地 広 場 堤 防 その 他 適 当 な 場 所 に 毒 餌 を 置 くことによって 行 うものとする 2 知 事 は 毒 餌 を 置 く 場 合 には 毒 餌 ごとに それが 毒 餌 である 旨 を 表 示 した 標 識 を 添 えておかな ければならない 3 知 事 は 当 該 職 員 に 毒 餌 の 置 かれた 場 所 を 巡 視 させ かつ 野 犬 等 の 掃 討 の 時 間 が 経 過 する 前 に 毒 餌 を 回 収 させなければならない ( 野 犬 等 の 掃 討 をする 旨 の 周 知 の 方 法 ) 第 九 条 条 例 第 二 十 三 条 第 一 項 後 段 の 規 定 による 周 知 は 野 犬 等 の 掃 討 を 実 施 する 区 域 期 間 及 び 時 間 薬 物 の 種 類 並 びに 毒 餌 の 状 態 について 次 の 各 号 に 掲 げる 措 置 を 講 ずることにより 行 わなけれ ばならない 一 野 犬 等 の 掃 討 を 実 施 する 区 域 内 及 びその 周 辺 に 居 住 する 狂 犬 病 予 防 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 二 百 四 十 七 号 ) 第 四 条 の 規 定 により 登 録 した 犬 を 飼 養 し 又 は 保 管 する 者 に 対 し 文 書 で 通 知 する こと 二 野 犬 等 の 掃 討 を 実 施 する 区 域 内 及 びその 周 辺 で 公 衆 の 見 やすい 場 所 に 掲 示 すること 三 野 犬 等 の 掃 討 を 実 施 する 区 域 内 及 びその 周 辺 の 住 民 に 対 し 放 送 回 覧 その 他 の 方 法 によって 通 知 すること 2 前 項 第 一 号 の 通 知 は 野 犬 等 の 掃 討 の 開 始 の 日 ( 以 下 開 始 日 という )の 三 日 前 までに 行 い 同 項 第 二 号 の 掲 示 は 開 始 日 の 三 日 前 から 野 犬 等 の 掃 討 の 終 了 の 日 まで 行 い 同 項 第 三 号 の 通 知 は 開 始 日 の 三 日 前 から 開 始 日 までの 間 に 行 わなければならない ( 身 分 を 示 す 証 明 書 ) 第 十 条 条 例 第 二 十 二 条 第 三 項 及 び 第 二 十 五 条 第 二 項 に 規 定 する 身 分 を 示 す 証 明 書 は 身 分 証 明 書 ( 別 記 第 六 号 様 式 )とする ( 動 物 愛 護 管 理 員 の 証 票 ) 第 十 一 条 条 例 第 二 十 六 条 に 規 定 する 動 物 愛 護 管 理 員 は その 業 務 に 従 事 するときは その 身 分 を 示 す 証 票 を 携 帯 し 関 係 者 の 請 求 があったときは これを 提 示 しなければならない 2 前 項 に 規 定 する 身 分 を 示 す 証 票 は 動 物 愛 護 管 理 員 証 ( 別 記 第 七 号 様 式 )とする ( 引 取 り 等 をした 動 物 の 公 示 ) 第 十 二 条 条 例 第 二 十 七 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 規 則 で 定 める 事 項 は 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 とす る 一 引 取 り 等 をした 日 二 引 取 り 等 をした 場 所 三 動 物 の 種 類 四 性 別 五 体 格 六 毛 色 首 輪 その 他 の 特 徴 七 その 他 知 事 が 必 要 と 認 める 事 項 附 則 ( 施 行 期 日 ) 1 この 規 則 は 平 成 二 十 七 年 四 月 一 日 から 施 行 する ( 千 葉 県 犬 取 締 条 例 施 行 規 則 の 廃 止 ) 2 千 葉 県 犬 取 締 条 例 施 行 規 則 ( 昭 和 四 十 三 年 千 葉 県 規 則 第 七 十 七 号 )は 廃 止 する 附 則 ( 平 成 二 十 七 年 十 二 月 四 日 規 則 第 七 十 一 号 ) この 規 則 は 平 成 二 十 八 年 四 月 一 日 から 施 行 する 2/3

3 別 記 第 一 号 様 式 ( 第 二 条 第 一 項 ) 第 二 号 様 式 ( 第 三 条 第 一 項 ) 第 三 号 様 式 ( 第 四 条 ) 第 四 号 様 式 ( 第 六 条 第 一 項 ) 第 五 号 様 式 ( 第 七 条 ) 一 部 改 正 平 成 27 年 規 則 71 号 第 六 号 様 式 ( 第 十 条 ) 第 七 号 様 式 ( 第 十 一 条 第 二 項 ) 3/3

4 第 一 号 様 式 ( 第 二 条 第 一 項 ) 犬 又 は 猫 の 多 頭 飼 養 届 出 書 様 届 出 者 ( 法 人 にあっては 名 称 及 び 代 表 者 の ) 千 葉 県 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 条 例 第 14 条 第 1 項 ( 附 則 第 5 項 前 段 )の 規 定 によ り 次 のとおり 届 け 出 ます 飼 養 施 設 の 所 在 地 犬 頭 オス 頭 ( 頭 ) メス 頭 ( 頭 ) 犬 又 は 猫 の 数 猫 頭 オス 頭 ( 頭 ) メス 頭 ( 頭 ) 合 計 頭 施 設 の 規 模 犬 屋 内 ( 延 べ 床 面 積 m2) 屋 外 ( 敷 地 面 積 m2) 猫 屋 内 ( 延 べ 床 面 積 m2) 屋 外 ( 敷 地 面 積 m2) 飼 養 又 は 保 管 の 方 法 施 設 の 構 造 犬 柵 おり 鎖 等 その 他 ( ) 猫 柵 おり その 他 ( ) 雌 雄 の 分 離 あり なし ふん 尿 等 の 処 理 方 法 一 般 廃 棄 物 として 処 理 業 者 に 委 託 その 他 ( ) 動 物 死 体 の 処 理 方 法 一 般 廃 棄 物 として 処 理 業 者 に 委 託 その 他 ( ) 周 辺 の 生 活 環 境 を 保 全 する 方 法 注 1 犬 又 は 猫 の 数 欄 の( ) 内 は 不 妊 去 勢 措 置 実 施 済 みの 犬 又 は 猫 の 数 を 再 掲 すること 2 飼 養 又 は 保 管 の 方 法 欄 は 該 当 する の 中 にレ 印 を 記 入 し その 他 に 該 当 する 場 合 は ( ) 内 に 具 体 的 内 容 を 記 入 すること 3 周 辺 の 生 活 環 境 を 保 全 する 方 法 欄 は 鳴 き 声 臭 気 毛 の 飛 散 等 を 防 止 し 及 び 軽 減 させるための 措 置 の 具 体 的 内 容 を 記 入 すること 4 飼 養 施 設 の 平 面 図 及 び 付 近 の 見 取 り 図 を 添 付 すること

5 第 二 号 様 式 ( 第 三 条 第 一 項 ) 犬 又 は 猫 の 多 頭 飼 養 変 更 届 出 書 様 届 出 者 ( 法 人 にあっては 名 称 及 び 代 表 者 の ) 千 葉 県 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 条 例 第 15 条 の 規 定 により 次 のとおり 届 け 出 ます 多 頭 飼 養 の( 変 更 ) 届 出 飼 養 施 設 の 所 在 地 変 更 事 項 届 出 者 の 若 しくは 名 称 ( 代 表 者 の ) 又 は 犬 又 は 猫 の 数 施 設 の 規 模 施 設 の 構 造 雌 雄 の 分 離 ふん 尿 等 の 処 理 方 法 動 物 死 体 の 処 理 方 法 周 辺 の 生 活 環 境 を 保 全 する 方 法 変 更 前 変 更 内 容 変 更 後 注 1 飼 養 施 設 の 変 更 を 伴 う 場 合 は 飼 養 施 設 の 平 面 図 を 添 付 すること 2 変 更 事 項 欄 は 該 当 する の 中 にレ 印 を 記 入 すること

6 第 三 号 様 式 ( 第 四 条 ) 特 定 動 物 による 侵 害 発 生 届 出 書 様 届 出 者 ( 法 人 にあっては 名 称 及 び 代 表 者 の ) 飼 養 又 は 保 管 をする 特 定 動 物 が 人 の 生 命 又 は 身 体 に 害 を 加 えたので 千 葉 県 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 条 例 第 17 条 第 2 項 の 規 定 により 次 のとおり 届 け 出 ます 特 定 動 物 の 飼 養 又 は 保 管 の 許 可 許 可 許 可 番 号 種 類 年 齢 歳 カ 月 特 定 動 物 性 別 識 別 措 置 の 種 類 ( 番 号 等 ) 体 格 特 徴 過 去 における 当 該 特 定 動 物 による 事 故 の 有 無 有 ( 回 ) 無 事 故 発 生 日 時 時 分 頃 事 故 発 生 場 所 事 故 の 概 要 被 害 者 事 故 の 原 因 新 たな 侵 害 を 防 止 するために 講 じた 措 置 新 たな 侵 害 を 防 止 するために 講 じようとする 措 置 備 考

7 第 四 号 様 式 ( 第 六 条 第 一 項 ) こ う 傷 届 出 書 様 届 出 者 ( 法 人 にあっては 名 称 及 び 代 表 者 の ) 飼 養 又 は 保 管 をする 犬 が 人 をかんだので 千 葉 県 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 条 例 第 20 条 第 2 項 第 1 号 の 規 定 により 次 のとおり 届 け 出 ます 飼 養 又 は 保 管 をする 犬 種 類 呼 び 名 年 齢 性 別 毛 色 体 格 大 中 小 特 徴 過 去 におけるこう 傷 事 故 の 有 無 有 ( 回 ) 無 狂 犬 病 予 防 措 置 登 録 番 号 第 年 度 号 注 射 済 票 番 号 第 年 度 号 最 終 注 射 事 故 発 生 日 時 時 分 頃 事 故 発 生 場 所 こう 傷 部 位 程 度 事 故 発 生 時 の 犬 の 管 理 状 態 犬 舎 等 に 係 留 中 係 留 して 運 動 中 放 し 飼 い その 他 ( ) 事 故 発 生 時 の 状 況 犬 に 手 を 出 した 係 留 しようとした 配 達 訪 問 等 の 際 通 行 中 遊 戯 中 その 他 ( ) 被 害 者 治 療 の 有 無 有 無 病 院 名 備 考 注 事 故 発 生 時 の 犬 の 管 理 状 態 及 び 事 故 発 生 時 の 状 況 欄 は 該 当 する の 中 に レ 印 を 記 入 し その 他 に 該 当 する 場 合 は ( ) 内 に 具 体 的 内 容 を 記 入 すること

8 第 五 号 様 式 ( 第 七 条 ) 措 置 ( 引 渡 し ) 命 令 書 第 号 千 葉 県 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 条 例 第 21 条 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 により 次 のとおり 措 置 ( 引 渡 し)することを 命 ずる 印 飼 養 又 は 保 管 をする 犬 種 類 呼 び 名 年 齢 性 別 毛 色 体 格 大 中 小 特 徴 命 令 事 項 理 由 履 行 期 限 まで 備 考 教 示 1 この 処 分 に 不 服 がある 場 合 には この 処 分 があったことを 知 った 日 の 翌 日 から 起 算 して3 月 以 内 に に 対 して 審 査 請 求 をすることができます(なお この 処 分 があったことを 知 った 日 の 翌 日 から 起 算 して3 月 以 内 であっても この 処 分 の 日 の 翌 日 から 起 算 して1 年 を 経 過 すると 審 査 請 求 をす ることができなくなります ) 2 この 処 分 については この 処 分 があったことを 知 った 日 の 翌 日 から 起 算 して6 箇 月 以 内 に 千 葉 県 を 被 告 として( 訴 訟 において 千 葉 県 を 代 表 する 者 は となります ) 処 分 の 取 消 し の 訴 えを 提 起 することができます(なお この 処 分 があったことを 知 った 日 の 翌 日 から 起 算 し て6 箇 月 以 内 であっても この 処 分 の 日 の 翌 日 から 起 算 して1 年 を 経 過 すると 処 分 の 取 消 しの 訴 えを 提 起 することができなくなります ) ただし 上 記 1の 審 査 請 求 をした 場 合 は 当 該 審 査 請 求 に 対 する 裁 決 があったことを 知 った 日 の 翌 日 から 起 算 して6 箇 月 以 内 に 処 分 の 取 消 しの 訴 え を 提 起 することができます

9 第 六 号 様 式 ( 第 十 条 ) ( 表 ) 身 分 証 明 書 第 号 写 真 所 属 生 上 記 の 者 は 千 葉 県 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 条 例 第 22 条 及 び 第 25 条 に 規 定 する 当 該 職 員 であることを 証 する 6 セ ン チ メ ー ト ル 印 9センチメートル ( 裏 ) 千 葉 県 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 条 例 ( 抜 粋 ) ( 野 犬 等 の 捕 獲 及 び 抑 留 ) 第 二 十 二 条 知 事 は 当 該 職 員 に 野 犬 等 を 捕 獲 させ 及 び 抑 留 させること ができる 2 当 該 職 員 は 野 犬 等 が 人 の 土 地 建 物 車 両 又 は 船 舶 にいる 場 合 で あって その 野 犬 等 による 人 の 生 命 又 は 身 体 に 対 する 侵 害 が 発 生 するお それがあり その 野 犬 等 を 捕 獲 するためやむを 得 ないと 認 めるときは 合 理 的 に 必 要 と 判 断 される 限 度 において その 場 所 に 立 ち 入 ることがで きる ただし その 場 所 の 管 理 者 又 はこれに 代 わるべき 者 が 正 当 な 理 由 により 拒 んだときは この 限 りでない 3 略 ( 立 入 検 査 ) 第 二 十 五 条 知 事 は 第 十 四 条 から 第 二 十 三 条 までの 規 定 の 施 行 に 必 要 な 限 度 において 当 該 職 員 に 動 物 の 飼 養 又 は 保 管 をしている 土 地 建 物 その 他 関 係 のある 場 所 に 立 ち 入 り 飼 養 施 設 若 しくは 書 類 その 他 の 物 件 を 検 査 させ 又 は 関 係 者 に 質 問 させることができる 2 3 略

10 第 七 号 様 式 ( 第 十 一 条 第 二 項 ) ( 表 ) 動 物 愛 護 管 理 員 証 第 号 写 真 所 属 生 上 記 の 者 は 千 葉 県 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 条 例 第 26 条 に 規 定 する 動 物 愛 護 管 理 員 であることを 証 する 6 セ ン チ メ ー ト ル 印 9センチメートル ( 裏 ) 千 葉 県 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 条 例 ( 抜 粋 ) ( 動 物 愛 護 管 理 員 ) 第 二 十 六 条 知 事 は 法 第 二 十 四 条 第 一 項 ( 法 第 二 十 四 条 の 四 において 読 み 替 えて 準 用 する 場 合 を 含 む ) 若 しくは 第 三 十 三 条 第 一 項 又 は 前 条 第 一 項 の 規 定 による 立 入 検 査 その 他 の 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 事 務 を 行 わせるため 動 物 愛 護 管 理 員 を 置 く

(3) 登 録 後 において 市 が 指 定 する 研 修 会 等 に 構 成 員 を 参 加 させる 意 思 があり 動 物 の 適 正 な 飼 養 及 び 愛 護 の 推 進 について 自 己 啓 発 に 努 める 団 体 (4) 手 術 の 費 用 負 担 等 の 責 任 を 自 ら 負 うこ

(3) 登 録 後 において 市 が 指 定 する 研 修 会 等 に 構 成 員 を 参 加 させる 意 思 があり 動 物 の 適 正 な 飼 養 及 び 愛 護 の 推 進 について 自 己 啓 発 に 努 める 団 体 (4) 手 術 の 費 用 負 担 等 の 責 任 を 自 ら 負 うこ 飼 い 猫 等 避 妊 去 勢 手 術 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 この 要 綱 は 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 法 律 ( 昭 和 48 年 法 律 第 105 号 )の 趣 旨 に 基 づき 猫 の 飼 い 主 及 び 所 有 者 不 明 猫 ( 市 内 に 生 息 する 所 有 者 及 び 飼 い 主 が 不 明 である 猫 をいう 以 下 同

More information

岩手県獣医師会災害時被災動物救護活動細則改正(新旧対照表)

岩手県獣医師会災害時被災動物救護活動細則改正(新旧対照表) 岩 手 県 獣 医 師 会 災 害 時 動 物 救 護 活 動 細 則 ( 目 的 ) 第 1 この 細 則 は 岩 手 県 獣 医 師 会 災 害 時 動 物 救 護 対 策 要 領 ( 以 下 救 護 対 策 要 領 と いう )に 基 づき 被 災 した 動 物 の 救 護 活 動 を 円 滑 に 行 うための 具 体 的 な 対 応 につい て 定 める ( 対 象 動 物 ) 第 2 救

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

札 幌 市 動 物 愛 護 のあり 方 の 検 討 について 構 成 イメージ 資 料 2 目 標 : 人 と 動 物 が 共 生 する 社 会 の 実 現 1 動 物 愛 護 精 神 の 涵 養 2 動 物 の 管 理 体 制 の 整 備 3 動 物 の 福 祉 向 上 課 題 と 要 望 ( 背

札 幌 市 動 物 愛 護 のあり 方 の 検 討 について 構 成 イメージ 資 料 2 目 標 : 人 と 動 物 が 共 生 する 社 会 の 実 現 1 動 物 愛 護 精 神 の 涵 養 2 動 物 の 管 理 体 制 の 整 備 3 動 物 の 福 祉 向 上 課 題 と 要 望 ( 背 札 幌 市 動 物 管 理 センターの 名 称 とその 体 制 資 料 1 札 幌 市 動 物 管 理 センターの 名 称 とその 体 制 について (1) 体 制 について [ 第 2 回 会 議 の 内 容 ] 現 在 の 施 設 は 研 修 室 などの 設 備 が 不 足 している 現 在 の 2 所 体 制 を 1 所 体 制 にしてほしい 開 かれたセンターがよい 犬 猫 の 命 のバトンを

More information

<5461726F2D817988EA8EED817A93AE95A88EE688B58BC688C493E08E9197BF>

<5461726F2D817988EA8EED817A93AE95A88EE688B58BC688C493E08E9197BF> 第 一 種 動 物 取 扱 業 の 遵 守 事 項 動 動 物 物 の 健 の 康 愛 及 護 及 び 安 び 全 管 を 理 保 に 持 関 するとともに 法 律 により 生 活 環 第 境 一 の 種 保 動 全 物 等 取 を 扱 図 業 るため 者 は 基 準 等 を 守 って 適 正 に 営 業 するよう 義 務 づけられています ( 表 犬 細 記 環 猫 目 境 等 ) 販 省 売 令

More information

岐阜市飼い主不明なねこ不妊手術補助金交付要綱

岐阜市飼い主不明なねこ不妊手術補助金交付要綱 岐 阜 市 飼 い 主 不 明 な 猫 不 妊 手 術 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 3 月 30 日 決 裁 平 成 25 年 5 月 29 日 決 裁 平 成 27 年 3 月 13 日 決 裁 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 飼 い 主 不 明 な 猫 の 増 加 を 抑 制 することにより 市 民 の 快 適 な 生 活 環 境 を 保 持 することを 目

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D4C93878CA793AE95A888A48CEC835A8393835E815B8CA28143944C8FF7936E977697CC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D4C93878CA793AE95A888A48CEC835A8393835E815B8CA28143944C8FF7936E977697CC2E646F63> 広 島 県 動 物 愛 護 センター 犬 猫 譲 渡 要 領 第 1 趣 旨 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 法 律 ( 昭 和 48 年 法 律 第 105 号 ) 第 35 条 及 び 広 島 県 動 物 愛 護 管 理 条 例 ( 昭 和 55 年 条 例 第 2 号 ) 第 11 条 及 び 犬 及 び 猫 の 引 取 り 並 びに 負 傷 動 物 等 の 収 容 に 関

More information

J④

J④ 細 則 第 26 号 ペット 飼 育 管 理 細 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 細 則 は 男 山 第 4 住 宅 管 理 規 約 ( 以 下 規 約 という ) 第 71 条 ( 細 則 ) の 規 定 により ペット 飼 育 に 関 わる 諸 事 項 を 定 める ( 定 義 ) 第 2 条 この 細 則 における 用 語 の 定 義 は 規 約 第 2 条 ( 定 義 ) 及 び 細

More information

<483233208254904588F58EE8939682CC8FF38BB52E786C73>

<483233208254904588F58EE8939682CC8FF38BB52E786C73> 5 職 の の 状 況 (1) 期 末 勤 勉 宮 城 県 1 人 当 たり 平 均 支 給 額 (22 年 度 ) - 1,691 千 (22 年 度 支 給 割 合 ) (22 年 度 支 給 割 合 ) 期 末 勤 勉 期 末 勤 勉 2.60 月 分 1.35 月 分 2.60 月 分 1.35 月 分 ( 1.45 ) 月 分 ( 0.65 ) 月 分 ( 1.45 ) 月 分 ( 0.65

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (22 年 度 末 ) A B 22 年 度 1,025,619 539,469,112 4,455,499 151,781,717 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年 度 の 件 費 率 28.1 27.9 (2)

More information

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464>

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464> 京 都 府 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 平 成 27 年 12 月 京 都 府 この 報 告 書 は 京 都 府 における 職 員 数 や 給 与 勤 務 条 件 人 件 費 の 状 況 などを 広 く 府 民 の 皆 様 に 公 表 することにより 本 府 の 人 事 行 政 の 透 明 性 をさらに 高 めるとともに その 適 正 な 運 営 を 確 保 するた め 職 員

More information

とがわかります また この 時 期 は 繁 殖 期 にあたり 成 猫 に 対 して 子 猫 の 割 合 が 高 くなっています 引 き 取 りを 求 める 理 由 では 産 まれたが 飼 育 できない が 最 も 多 く 繁 殖 を 求 めない 飼 い 主 に 対 して 避 妊 去 勢 手 術 をす

とがわかります また この 時 期 は 繁 殖 期 にあたり 成 猫 に 対 して 子 猫 の 割 合 が 高 くなっています 引 き 取 りを 求 める 理 由 では 産 まれたが 飼 育 できない が 最 も 多 く 繁 殖 を 求 めない 飼 い 主 に 対 して 避 妊 去 勢 手 術 をす 島 根 県 の 犬 猫 データ 26 年 度 版 健 康 福 祉 部 薬 事 衛 生 課 1. 犬 の 登 録 狂 犬 病 予 防 注 射 実 施 頭 数 平 成 26 年 度 末 の 県 内 の 犬 の 登 録 頭 数 は 37,198 頭 ( 前 年 度 38,245 頭 )であり これに 対 する 狂 犬 病 予 防 注 射 実 施 頭 数 は 28,379 頭 ( 前 年 度 29,392

More information

はじめに

はじめに 第 3 版 町 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 適 正 な 土 地 利 用 の 調 整 に 関 する 条 例 の 手 引 き 町 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 適 正 な 土 地 利 用 の 調 整 に 関 する 条 例 施 行 規 則 を 一 部 改 正 し2011 年 4 月 1 日 に 施 行 しました (2012 年 7 月 17 日 付 庁 舎 移 転 等 に

More information

我孫子市小規模水道条例

我孫子市小規模水道条例 我 孫 子 市 小 規 模 水 道 条 例 施 行 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 我 孫 子 市 小 規 模 水 道 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 46 号 以 下 条 例 という ) の 施 行 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 める ( 検 査 項 目 等 ) 第 2 条 条 例 第 3 条 第 2 項 に 規 定 する 基 準 ( 以 下 水 質 基

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 平 成 4 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 4 年 度 末 ) 平 成 4 年 度 379,678 豊 橋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 ( 注 ) 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 などを 含 む A 114,956,597 実 質 収 支 3,87,17

More information

(4) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 平 成 26 年 度 398,627 減 額 前 人 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 383,279 15,348 397,629 (0.25%) 勧 告 A B A-B ( 平 均 改 定 率 ) 給 与

(4) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 平 成 26 年 度 398,627 減 額 前 人 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 383,279 15,348 397,629 (0.25%) 勧 告 A B A-B ( 平 均 改 定 率 ) 給 与 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 北 海 道 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 26 年 度 公 表 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 平 成 24 年 度 の 人 件 費 率 平 成 人 千 千 千 % %

More information

Taro-18警察用航空機の運用等に関

Taro-18警察用航空機の運用等に関 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 最 終 改 正 平 成 24.3.13 京 都 府 警 察 本 部 訓 令 第 5 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 8 条 ) 第 2 章 運 用 ( 第 9 条 - 第 22 条 ) 第 3 章 ヘリコプター テレビシステム( 第 23 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 整 備 ( 第 26 条 第 27 条

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

Microsoft Word - P01-12.doc

Microsoft Word - P01-12.doc 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 種 雄 馬 管 理 規 程 設 定 昭 和 50 年 7 月 1 日 改 正 昭 和 54 年 9 月 26 日 改 正 昭 和 60 年 6 月 7 日 改 正 平 成 5 年 4 月 1 日 改 正 平 成 14 年 3 月 18 日 改 正 平 成 17 年 11 月 1 日 改 正 平 成 19 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 8

More information

京都市危険物事務処理規程

京都市危険物事務処理規程 京 都 市 危 険 物 事 務 処 理 規 程 昭 和 63 年 4 月 1 日 京 都 市 消 防 局 訓 令 甲 第 2 号 各 部 消 防 学 校 各 消 防 署 京 都 市 危 険 物 事 務 処 理 規 程 を 次 のように 定 める 京 都 市 危 険 物 事 務 処 理 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 訓 令 は, 消 防 法, 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令,

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A> 平 成 24 年 度 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 ( 以

More information

Taro-H25給与定員管理

Taro-H25給与定員管理 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 沖 縄 県 の 給 与 定 員 管 理 等 の 状 況 について 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 平 成 23 ( 平 成 24 年 度 末 ) A 実 質 収 支 B B A 年 度 の 人 件 費 率 人 千 円 千 円 千 円 % % 平 成 24 年 度 1,437,994

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) H25 年 度 143 358,385 358,242 (0.04) 0.00

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) H25 年 度 143 358,385 358,242 (0.04) 0.00 熊 本 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 23 年 度 の 件 費 率 H24 年 度 731,815 277,665,883 2,881,104 47,758,592

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092C091DD8ED88C5F96F18F91976C8EAE816990D891D68C5F96F192F78C8B977082518252824F8258824F82505F2E646F632E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092C091DD8ED88C5F96F18F91976C8EAE816990D891D68C5F96F192F78C8B977082518252824F8258824F82505F2E646F632E646F63> 賃 貸 借 契 約 書 貸 主 ( 以 下 甲 という )と 借 主 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 ( 以 下 乙 という )と 入 居 者 ( 東 日 本 大 震 災 により 被 災 した 者 のうち 本 契 約 により 入 居 する 者 以 下 丙 という )とは 別 紙 の(1)に 記 載 する 賃 貸 借 契 約 の 目 的 物 ( 以 下 本 物 件 という )について 居 住

More information

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378>

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378> 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 岐 阜 市 の 給 与 定 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 人 件 費 率 年 度 人 08,307 1,9,10 9,07,66 7,1,77 18.8 18.7 ( 注 ) 人

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用 鳥 取 県 大 規 模 店 舗 立 地 誘 導 条 例 ( 平 成 21 年 3 月 27 日 鳥 取 県 条 例 第 5 号 ) 目 次 前 文 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 大 規 模 店 舗 の 立 地 の 誘 導 ( 第 8 条 - 第 17 条 ) 第 3 章 雑 則 ( 第 18 条 - 第 20 条 ) 附 則 本 県 には 都 市 部 はもちろん

More information

<976C8EAE817995CA8B4C91E6312C328D86976C8EAE2C976C8EAE2831298160283329817A2E786C73>

<976C8EAE817995CA8B4C91E6312C328D86976C8EAE2C976C8EAE2831298160283329817A2E786C73> 新 潟 県 産 休 等 代 替 職 員 制 度 実 施 要 綱 第 1 性 格 及 び 目 的 産 休 代 替 職 員 制 度 は 市 町 村 又 は 社 会 福 祉 法 人 等 が 設 置 する 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 又 は 傷 病 のため 長 期 間 にわたって 継 続 する 休 暇 を 必 要 とす る 場 合 当 該 児 童 福 祉 施 設 等 の 長 がその

More information

平成23年3月15日

平成23年3月15日 熊 本 大 震 災 動 物 救 護 活 動 等 について( 第 Ⅲ 報 ) 他 県 からの 救 援 活 動 や 学 校 等 の 一 部 再 開 が 報 道 されるなど 明 るい 兆 しも 見 え だしてきていますが 依 然 として 余 震 が 続 いており 多 くの 被 災 者 の 方 が 避 難 生 活 を 余 儀 なくされていると 聞 いており 被 災 された 皆 様 には 心 からお 見 舞

More information

<5461726F2D8BB388F5906C8E968B4B91A52E6A7464>

<5461726F2D8BB388F5906C8E968B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 教 員 人 事 規 則 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 平 成 1 6 年 規 則 第 2 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 1 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 3 条 第 1 項

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

ウ その 他 の 浴 場 ( 個 室 付 浴 場 ) 照 明 換 気 等 構 造 設 備 衛 生 管 理 及 び 風 紀 などの 指 導 施 設 数 延 監 視 件 数 違 反 施 設 数 処 分 件 数 警 告 書 交 付 件 数 163 335 10 1 5 エ 苦 情 処 理 等 種 別 件

ウ その 他 の 浴 場 ( 個 室 付 浴 場 ) 照 明 換 気 等 構 造 設 備 衛 生 管 理 及 び 風 紀 などの 指 導 施 設 数 延 監 視 件 数 違 反 施 設 数 処 分 件 数 警 告 書 交 付 件 数 163 335 10 1 5 エ 苦 情 処 理 等 種 別 件 イ 理 化 学 細 菌 学 的 検 査 等 1 理 容 所 美 容 所 暖 房 期 及 び 冷 房 期 における 作 業 所 内 の 空 気 検 査 ( 一 酸 化 炭 素 二 酸 化 炭 素 )を 実 施 し 換 気 方 法 について 改 善 指 導 し 事 故 防 止 に 努 めている 2 テトラクロロエチレン 使 用 クリーニング 所 ドライ 溶 剤 の 安 全 な 取 り 扱 いのため テトラクロロエチレン

More information

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1 平 成 26 年 度 札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 1 2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 4 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 6 4 職 員 の 手 当 の 状 況 8 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 12 6 職 員 数 の 状 況 13 7 公 営 企 業 職 員 の 状 況 (1)

More information

この約款は、この組合が漁船損害等補償法(昭和27年法律第28号

この約款は、この組合が漁船損害等補償法(昭和27年法律第28号 保 険 約 款 山 口 県 漁 船 保 険 組 合 目 次 第 1 部 漁 船 保 険 ( 第 1 条 - 第 68 条 ) -------------------------------------------------- 1 第 1 章 保 険 契 約 ( 第 1 条 - 第 47 条 ) -------------------------------------------------- 1

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

<303031204832338D828DE88E7382CC8B8B975E814592E888F58AC7979D939982C982C282A282C42E786477>

<303031204832338D828DE88E7382CC8B8B975E814592E888F58AC7979D939982C982C282A282C42E786477> 別 紙 3 高 崎 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) * 外 国 人 を 含 まない 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 人 件 費 率 22 年 度 人 千 千 千 % % 370,714

More information

Microsoft Word - H22.4.1市費産休・育休臨任要綱.doc

Microsoft Word - H22.4.1市費産休・育休臨任要綱.doc 川 崎 市 立 学 校 の 市 費 負 担 教 員 の 出 産 及 び 育 児 休 業 に 伴 う 代 替 教 員 の 臨 時 的 任 用 等 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 崎 市 立 学 校 の 市 費 負 担 教 員 に 係 る 産 休 代 替 教 員 及 び 育 休 代 替 教 員 の 臨 時 的 任 用 勤 務 時 間 給 与 等 に 関 し 必 要

More information

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正)

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正) 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 38 号 最 終 改 正 平 成 26 年 12 月 18 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 任 免 ( 第 5 条 第 29 条 ) 第 1 節 採 用 ( 第 5 条 第 9 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 等

More information

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 ( 平 成 27 年 度 ) 地 方 競 馬 全 国 協 会 1 地 方 競 馬 全 国 協 会 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 変 更 ( 平 成 17 年 3 月 24 日 16 地 全 協 畜 第 128 号 ) 平 成 22 年 2 月 22 日 21 地 全 協 畜 第 82 号 平 成 22 年 4

More information

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71>

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71> 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 平 成 6 年 9 月 1 日 本 部 訓 令 第 26 号 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 航 空 隊 ( 第 3 条 - 第 13 条 ) 第 3 章 運 用 ( 第 14- 第 25

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 昭 和 六 十 一 年 四 月 十 七 日 労 働 省 令 第 二 十 号 ) 目 次 第 一 章 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 に 関 する 措 置 第 一 節 業 務 の 範 囲 ( 第 一 条

More information

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7>

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7> 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 ) ( 抄 ) ( 医 薬 品 等 の 製 造 販 売 の 承 認 ) 第 十 四 条 医 薬 品 ( 厚 生 労 働 大 臣 が 基 準 を 定 めて 指 定 する 医 薬 品 及 び 第 二 十 三 条 の 二 第 一 項 の 規 定 により 指 定 する 体 外 診 断 用 医 薬 品 を 除 く ) 医 薬 部 外 品 ( 厚 生 労

More information

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464> 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 9 号 改 正 平 成 20 年 3 月 19 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 14 号 改 正 平 成 21 年 2 月 27 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 8 号 改 正 平 成 21 年 7 月 9 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 2

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

より 確 認 できること 同 時 に 近 隣 の 生 活 環 境 に 悪 影 響 を 及 ぼす 恐 れがないこと 5 譲 渡 動 物 を 保 管 する 団 体 等 は 11 に 規 定 するセンターが 実 施 する 講 習 会 を 修 了 しているとともに 新 しい 飼 い 主 に 対 して 譲 渡

より 確 認 できること 同 時 に 近 隣 の 生 活 環 境 に 悪 影 響 を 及 ぼす 恐 れがないこと 5 譲 渡 動 物 を 保 管 する 団 体 等 は 11 に 規 定 するセンターが 実 施 する 講 習 会 を 修 了 しているとともに 新 しい 飼 い 主 に 対 して 譲 渡 栃 木 県 収 容 動 物 譲 渡 実 施 要 領 1 目 的 この 要 領 は 命 ある 動 物 の 生 存 の 機 会 を 拡 大 するとともに 県 民 への 動 物 愛 護 精 神 の 醸 成 を 目 的 として 栃 木 県 動 物 愛 護 指 導 センター( 以 下 センター という )が 行 う 収 容 動 物 の 譲 渡 に 関 して 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 譲

More information

第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 に 適

第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 に 適 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 28 年 3 月 山 形 県 企 業 局 第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び

More information

Taro 宮崎県営住宅指定管理

Taro 宮崎県営住宅指定管理 愛 媛 県 県 営 住 宅 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 愛 媛 県 目 次 第 1 県 営 住 宅 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 事 項 1 1 管 理 に 係 る 基 本 理 念 1 2 関 係 規 定 の 遵 守 1 3 管 理 運 営 を 行 うにあたっての 留 意 事 項 2 第 2 指 定 管 理 者 が 管 理 を 行 う 県 営 住 宅 3 第 3 業 務

More information

Taro-zyorei.jtd

Taro-zyorei.jtd 沖 縄 県 港 湾 管 理 条 例 - 抄 - ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 港 湾 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 218 号 以 下 法 という )の 規 定 により 県 が 管 理 する 港 湾 の 利 用 及 び 管 理 に 関 して 必 要 な 事 項 を 定 めるもの とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 条 例 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語

More information

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文)

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文) 消 防 法 等 施 行 細 則 昭 和 48 年 7 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 50 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 昭 和 55 年 5 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 昭 和 59 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 平 成 2 年 5 月 23 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 平 成 4

More information

【様式1】

【様式1】 様 式 1 避 難 施 設 運 営 組 織 ( 事 前 対 策 ) < 運 営 管 理 責 任 者 > 氏 名 所 属 又 は 住 所 TEL 備 考 会 長 副 会 長 避 難 施 設 従 事 職 員 ( 市 職 員 ) 施 設 管 理 者 < 避 難 施 設 運 営 班 > ( 印 : 班 長 印 : 副 班 長 ) 氏 名 自 治 会 名 住 所 TEL 備 考 総 務 班 名 簿 班 食 料

More information

平 成 25 年 度 乳 用 種 初 生 牛 の 経 営 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 26 年 2 月 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構 はじめに この 報 告 書 は 公 益 社 団 法 人 中 央 畜 産 会 に 委 託 して 実 施 した 平 成 25 年 度 乳 用 種 初 生 牛 の 経 営 に 関 する 調 査 の 成 果 を 取 りまとめたものである

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FEE95F1814583568358836583808CA48B868B408D5C9640906C95B68F918AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FEE95F1814583568358836583808CA48B868B408D5C9640906C95B68F918AC7979D8B4B92F6> 情 報 システム 研 究 機 構 法 人 文 書 管 理 規 程 平 成 2 4 月 1 日 制 定 目 次 第 1 章 総 則 第 2 章 管 理 体 制 第 3 章 作 成 第 4 章 整 理 第 5 章 保 存 第 6 章 法 人 文 書 ファイル 管 理 簿 第 7 章 移 管, または 保 存 期 間 の 延 長 第 8 章 点 検 監 査 及 び 管 理 状 況 の 報 告 等 第 9

More information

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう ) 第 21 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 同 規 則 第 3 条 第 1 項 の 規 定 により 任 命 された 者 (

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( 比 較 ベース) 39.3 歳 309,368 434,2

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( 比 較 ベース) 39.3 歳 309,368 434,2 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 24 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 ( 年 度 末 ) A 千 239,272 62,594,887 実 質 収 支 千 2,514,423 件 費 B 千 12,997,986 件 費 率 B/A % 20.8 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 決

More information

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物 京 都 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 4 月 15 日 制 定 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 平 成 27 年 4 月 10 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 本 市 に 存 する 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 を 促 進 するため, 当 該 木 造 住 宅 の

More information

<5461726F2D8179835A8362836794C5817A313230333039817988C495B6817A>

<5461726F2D8179835A8362836794C5817A313230333039817988C495B6817A> - 1 - 省 百 七 旅 客 部 改 省 令 平 成 省 令 伴 並 平 成 省 令 並 ま づ 並 令 づ く 領 平 成 月 大 臣 前 田 武 志 づ く 領 語 お 使 語 監 督 針 平 成 省 千 百 お 使 語 - 2 - 務 名 簿 款 寄 附 為 登 記 証 明 組 織 図 保 制 証 機 器 機 器 設 設 備 記 載 決 算 報 足 経 的 礎 証 績 分 証 程 七 イ 概

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

認 し 通 常 の 立 入 検 査 に 際 しても 許 可 内 容 が 遵 守 されていることを 確 認 するこ と 2 学 校 薬 剤 師 業 務 の 兼 任 学 校 薬 剤 師 の 業 務 を 兼 任 する 場 合 の 取 扱 いは 次 のとおりとする (1) 許 可 要 件 1 薬 局 等 の

認 し 通 常 の 立 入 検 査 に 際 しても 許 可 内 容 が 遵 守 されていることを 確 認 するこ と 2 学 校 薬 剤 師 業 務 の 兼 任 学 校 薬 剤 師 の 業 務 を 兼 任 する 場 合 の 取 扱 いは 次 のとおりとする (1) 許 可 要 件 1 薬 局 等 の 別 紙 薬 局 等 における 管 理 薬 剤 師 の 兼 任 の 取 扱 いについて 1 共 通 事 項 管 理 薬 剤 師 兼 任 許 可 申 請 は 平 成 10 年 4 月 27 日 付 け 保 衛 第 283 号 保 健 福 祉 部 長 通 知 薬 局 及 び 医 薬 品 販 売 業 の 構 造 設 備 規 則 及 び 許 可 等 の 取 扱 いについて による 学 校 薬 剤 師 の 兼

More information

役 員 選 挙 規 程 第 1 章 総 則 第 1 条 役 員 の 選 出 は 定 款 第 22 条 に 基 づき この 規 程 によって 行 う 第 2 章 選 挙 管 理 委 員 会 第 2 条 役 員 を 選 出 するために 理 事 会 の 承 認 を 得 て 選 挙 管 理 委 員 会 を

役 員 選 挙 規 程 第 1 章 総 則 第 1 条 役 員 の 選 出 は 定 款 第 22 条 に 基 づき この 規 程 によって 行 う 第 2 章 選 挙 管 理 委 員 会 第 2 条 役 員 を 選 出 するために 理 事 会 の 承 認 を 得 て 選 挙 管 理 委 員 会 を 一 般 社 団 法 人 長 崎 県 診 療 放 射 線 技 師 会 規 程 役 員 選 挙 規 程 第 1 章 総 則 第 1 条 役 員 の 選 出 は 定 款 第 22 条 に 基 づき この 規 程 によって 行 う 第 2 章 選 挙 管 理 委 員 会 第 2 条 役 員 を 選 出 するために 理 事 会 の 承 認 を 得 て 選 挙 管 理 委 員 会 を 設 ける 第 3 条 選

More information

Microsoft Word - 規則15 倉吉市公共施設等における放置自動車の適正な処理に関する条例施行規則

Microsoft Word - 規則15 倉吉市公共施設等における放置自動車の適正な処理に関する条例施行規則 倉 吉 市 公 共 施 設 等 における 放 置 自 動 車 の 適 正 な 処 理 に 関 する 条 例 施 行 規 則 をここに 公 布 する 平 成 27 年 3 月 26 日 石 田 耕 太 郎 倉 吉 市 規 則 第 15 号 倉 吉 市 公 共 施 設 等 における 放 置 自 動 車 の 適 正 な 処 理 に 関 する 条 例 施 行 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則

More information

国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 4 9 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 教 育 研 究 の 特 性 に 留 意 して 国 立

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

PMK220プライバシーマーク付与適格性審査の実施基準

PMK220プライバシーマーク付与適格性審査の実施基準 プライバシーマーク 付 与 適 格 性 審 査 の 実 施 基 準 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 プライバシーマーク 推 進 センター 改 廃 履 歴 版 制 定 改 定 日 改 定 箇 所 理 由 施 行 日 1.0 平 成 22 年 10 月 15 日 プライバシーマーク 制 度 設 置 及 び 運 営 要 平 成 23 年 3 月 1 日 領 の 全

More information

別 記 様 式 (その1) 平 成 年 度 狂 犬 病 予 防 集 合 注 射 指 定 獣 医 師 参 加 申 込 書 平 成 年 月 日 会 長 理 事 様 申 請 者 住 所 氏 名 今 般 社 団 法 人 京 都 府 獣 医 師 会 狂 犬 病 予 防 注 射 実 施 規 程 第 4 条 並

別 記 様 式 (その1) 平 成 年 度 狂 犬 病 予 防 集 合 注 射 指 定 獣 医 師 参 加 申 込 書 平 成 年 月 日 会 長 理 事 様 申 請 者 住 所 氏 名 今 般 社 団 法 人 京 都 府 獣 医 師 会 狂 犬 病 予 防 注 射 実 施 規 程 第 4 条 並 別 記 様 式 (その1) 平 成 年 度 狂 犬 病 予 防 集 合 注 射 指 定 獣 医 師 参 加 申 込 書 別 記 様 式 (その2) 平 成 年 度 狂 犬 病 予 防 集 合 注 射 不 参 加 理 由 書 別 記 様 式 (その3) 平 成 年 度 狂 犬 病 予 防 注 射 指 名 獣 医 師 申 込 書 ( 個 別 注 射 申 込 書 ) 第 1 号 様 式 狂 犬 病 予 防

More information

( 日 本 中 央 競 馬 会 競 馬 施 行 規 程 -2-) (1) 名 称 (2) 住 所 (3) 代 表 者 ( 競 馬 に 関 する 馬 主 としてのすべての 事 務 につきその 法 人 を 代 表 する1 人 の 者 ( 役 員 に 限 る ) 以 下 法 人 の 代 表 者 について

( 日 本 中 央 競 馬 会 競 馬 施 行 規 程 -2-) (1) 名 称 (2) 住 所 (3) 代 表 者 ( 競 馬 に 関 する 馬 主 としてのすべての 事 務 につきその 法 人 を 代 表 する1 人 の 者 ( 役 員 に 限 る ) 以 下 法 人 の 代 表 者 について ( 日 本 中 央 競 馬 会 競 馬 施 行 規 程 -1-) 日 本 中 央 競 馬 会 競 馬 施 行 規 程 ( 平 成 19 年 8 月 31 日 理 事 長 達 第 28 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 馬 主 ( 第 4 条 - 第 16 条 ) 第 3 章 競 走 馬 登 録 ( 第 17 条 - 第 29 条 ) 第 4 章 服

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

簡 易 受 付 簿 様 式 1 ( 避 難 所 名 : ) ( 枚 目 ) 平 成 年 No 氏 名 性 別 お 住 まい 備 考 例 目 黒 太 郎 男 女 ( 中 目 黒 1 丁 目 1 ) 区 外 右 足 切 り 傷 1 男 女 ( 丁 目 ) 区 外 2 男 女 ( 丁 目 ) 区 外 3

簡 易 受 付 簿 様 式 1 ( 避 難 所 名 : ) ( 枚 目 ) 平 成 年 No 氏 名 性 別 お 住 まい 備 考 例 目 黒 太 郎 男 女 ( 中 目 黒 1 丁 目 1 ) 区 外 右 足 切 り 傷 1 男 女 ( 丁 目 ) 区 外 2 男 女 ( 丁 目 ) 区 外 3 Ver.2.01 2015.01.19 様 式 編 様 式 編 では 災 害 時 に 利 用 する 書 式 を 載 せてありま す 平 常 時 から 訓 練 等 でどのように 利 用 するか 検 証 し ましよう 簡 易 受 付 簿 様 式 1 ( 避 難 所 名 : ) ( 枚 目 ) 平 成 年 No 氏 名 性 別 お 住 まい 備 考 例 目 黒 太 郎 男 女 ( 中 目 黒 1 丁 目

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

主 催 者 は 以 下 の 各 号 の 一 に 該 当 する 者 に 対 し 入 場 券 の 販 売 をしない また その 者 が 当 該 事 由 にかかわらず 自 ら 又 は 第 三 者 を 通 じ 入 場 券 を 取 得 した 場 合 主 催 者 はその 者 に 対 し 第 6 条 に 基 づき

主 催 者 は 以 下 の 各 号 の 一 に 該 当 する 者 に 対 し 入 場 券 の 販 売 をしない また その 者 が 当 該 事 由 にかかわらず 自 ら 又 は 第 三 者 を 通 じ 入 場 券 を 取 得 した 場 合 主 催 者 はその 者 に 対 し 第 6 条 に 基 づき 試 合 観 戦 契 約 約 款 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 本 約 款 は 試 合 の 観 客 の 観 戦 に 関 する 事 項 を 定 め もって 円 滑 な 試 合 進 行 と 観 客 の 安 全 かつ 平 穏 な 試 合 観 戦 を 確 保 することを 目 的 とする (2 項 ) 本 約 款 において 以 下 の 用 語 の 意 義 は 特 に 文 脈 上 他 の 意 義

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

Microsoft Word - 01 原稿

Microsoft Word - 01 原稿 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 千 葉 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 26 年 度 普 通 会 計 ( 決 算 額 )に 占 める 件 費 の 状 況 は 次 のとおりです ( 平 成 27 年 度 ) 件 費 の 内 訳 は 教 育 関 係 職 員 ( 市 町 村 立 小 中 学 校 の 教 員 を 含 む)が 67.5% 警 察 関

More information

本 仮 訳 は 2015 年 2 月 3 日 に 韓 国 で 制 定 された 輸 入 食 品 安 全 管 理 特 別 法 (2016 年 2 月 4 日 施 行 )に 付 随 して 制 定 された 輸 入 食 品 安 全 管 理 特 別 法 施 行 令 (2016 年 2 月 4 日 施 行 )を

本 仮 訳 は 2015 年 2 月 3 日 に 韓 国 で 制 定 された 輸 入 食 品 安 全 管 理 特 別 法 (2016 年 2 月 4 日 施 行 )に 付 随 して 制 定 された 輸 入 食 品 安 全 管 理 特 別 法 施 行 令 (2016 年 2 月 4 日 施 行 )を 農 林 水 産 省 補 助 事 業 韓 国 輸 入 食 品 安 全 管 理 特 別 法 施 行 令 ( 仮 訳 ) 2016 年 7 月 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) ソウル 事 務 所 農 林 水 産 食 品 部 農 林 水 産 食 品 課 本 仮 訳 は 2015 年 2 月 3 日 に 韓 国 で 制 定 された 輸 入 食 品 安 全 管 理 特 別 法 (2016 年 2

More information

再 生 可 能 エネルギーの 導 入 促 進 新 再 生 可 能 エネルギー 推 進 指 針 策 定 事 業 環 境 政 策 課 4,800 千 円 自 立 分 散 型 で 災 害 に 強 く CO 2 排 出 量 の 少 ない 再 生 可 能 エネルギーの 導 入 を 促 進 するため 山 口 県

再 生 可 能 エネルギーの 導 入 促 進 新 再 生 可 能 エネルギー 推 進 指 針 策 定 事 業 環 境 政 策 課 4,800 千 円 自 立 分 散 型 で 災 害 に 強 く CO 2 排 出 量 の 少 ない 再 生 可 能 エネルギーの 導 入 を 促 進 するため 山 口 県 Ⅱ 緊 急 課 題 等 への 対 応 1 再 生 可 能 エネルギーの 導 入 促 進 東 日 本 大 震 災 後 国 民 の 間 に 拡 がった 再 生 可 能 エネルギーの 導 入 に 対 する 機 運 の 高 まりを 契 機 とし 国 は 今 夏 に 新 しい エネルギー 基 本 計 画 を 策 定 するとともに 固 定 価 格 買 取 制 度 の 開 始 などにより その 導 入 を 進 めることとしています

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

<5461726F2D30393039303496F290488B4094AD3039303491E682508D8620>

<5461726F2D30393039303496F290488B4094AD3039303491E682508D8620> 薬 食 機 発 0904 第 1 号 平 成 21 年 9 月 4 日 都 道 府 県 各 政 令 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 特 別 区 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 審 査 管 理 課 医 療 機 器 審 査 管 理 室 長 薬 事 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 等 の 施 行 に 伴 う 医 療 機 器 の 販 売 業 及 び 賃 貸 業 の 取 扱 いについて

More information

陸上自衛隊退職手当支給規則

陸上自衛隊退職手当支給規則 陸 上 自 衛 隊 退 職 手 当 支 給 規 則 昭 和 35 年 1 月 29 日 陸 上 自 衛 隊 達 第 32 7 号 改 正 昭 和 36 年 5 月 22 日 達 第 122 32 号 昭 和 38 年 8 月 7 日 達 第 50 10 1 号 昭 和 42 年 9 月 5 日 達 第 32 7 1 号 昭 和 45 年 4 月 8 日 達 第 63 2 号 昭 和 45 年 10

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 下 関 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 人 件 費 率 人 % % 24 年 度 278,962 117,798,811 3,247,399 21,495,273

More information

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案)

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案) 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 認 可 保 育 所 管 理 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 ( 以 下 事 業 団 という )が 設 置 経 営 する 認 可 保 育 所 ( 以 下 園 という )の 運 営 管 理 については 法 令 に 定 めるものの ほか この 規 程 に 定 めるところによる

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が 福 島 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 23 年 度 (23 年 度 末 ) 人 1,991,865 2,231,214,824 A 5,986,441 275,881,976 B 人 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

在職年数

在職年数 東 京 都 市 町 村 職 員 退 職 手 当 組 合 退 職 手 当 支 給 条 例 施 行 規 則 ( 昭 和 51 年 3 月 31 日 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 51 年 4 月 9 日 規 則 第 2 号 昭 和 54 年 3 月 24 日 規 則 第 2 号 昭 和 60 年 5 月 1 日 規 則 第 1 号 昭 和 61 年 4 月 1 日 規 則 第 1 号 平 成 2

More information

(適用範囲)第1条 この運送約款は、当社が経営する航路で行う旅客及び手回り品の運送に適用されます

(適用範囲)第1条 この運送約款は、当社が経営する航路で行う旅客及び手回り品の運送に適用されます 種 子 屋 久 高 速 船 株 式 会 社 運 送 約 款 旅 客 運 送 の 部 第 1 章 総 則 ( 適 用 範 囲 ) 第 1 条 この 運 送 約 款 は 当 社 が 経 営 する 航 路 で 行 う 旅 客 及 び 手 回 り 品 の 運 送 に 適 用 され ます 2 この 運 送 約 款 に 定 めのない 事 項 については 法 令 の 規 定 又 は 一 般 の 慣 習 によります

More information

も くじ 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 基 本 的 な 方 針 1 第 3 計 画 期 間 及 び 目 標 2 第 4 連 携 協 働 による 施 策 の 推 進 のための 役 割 2 第 5 山 梨 県 の 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 の 現 況 1 犬 の 飼 養 数

も くじ 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 基 本 的 な 方 針 1 第 3 計 画 期 間 及 び 目 標 2 第 4 連 携 協 働 による 施 策 の 推 進 のための 役 割 2 第 5 山 梨 県 の 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 の 現 況 1 犬 の 飼 養 数 山 梨 県 動 物 愛 護 管 理 推 進 計 画 ( 素 案 ) 平 成 26 年 月 山 梨 県 平 成 20 年 3 月 策 定 平 成 26 年 月 改 正 も くじ 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 基 本 的 な 方 針 1 第 3 計 画 期 間 及 び 目 標 2 第 4 連 携 協 働 による 施 策 の 推 進 のための 役 割 2 第 5 山 梨 県 の 動 物

More information

① - 1 - 労 働 部 律 平 成 律 部 政 平 成 政 伴 並 昭 和 律 昭 和 政 基 づ 並 実 部 平 成 月 日 労 働 大 臣 田 村 憲 久 部 部 昭 和 部 目 申 請 様 式 も - 2-2 労 働 申 請 申 請 人 役 員 含 む イ ハ ま ニ 麻 大 麻 へ ん 覚 醒 毒 係 部 分 除 否 通 常 営 日 営 相 談 緊 急 電 話 番 連 絡 先 外 対 製 造

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

島根大学における学生等の授業料その他の費用に関する規則

島根大学における学生等の授業料その他の費用に関する規則 島 根 大 学 における 学 生 等 の 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 則 ( 平 成 16 年 島 大 規 則 第 164 号 ) ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 平 成 17 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 17 年 9 月 26 日 一 部 改 正 平 成 1 8 年 3 月 8 日 一 部 改 正 平 成 18 年 9 月 19 日 一

More information