< F2D817988EA8EED817A93AE95A88EE688B58BC688C493E08E9197BF>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<5461726F2D817988EA8EED817A93AE95A88EE688B58BC688C493E08E9197BF>"

Transcription

1 第 一 種 動 物 取 扱 業 の 遵 守 事 項 動 動 物 物 の 健 の 康 愛 及 護 及 び 安 び 全 管 を 理 保 に 持 関 するとともに 法 律 により 生 活 環 第 境 一 の 種 保 動 全 物 等 取 を 扱 図 業 るため 者 は 基 準 等 を 守 って 適 正 に 営 業 するよう 義 務 づけられています

2 ( 表 犬 細 記 環 猫 目 境 等 ) 販 省 売 令 業 : 者 動 第 : 物 一 第 の 種 一 愛 動 種 護 物 動 及 取 物 び 扱 取 管 業 扱 理 者 業 に が 者 関 遵 のうち する 守 すべき 法 律 ( 犬 施 動 昭 又 行 物 和 は 規 の 48 猫 則 管 年 の ( 理 法 販 平 の 律 売 成 方 第 を 18 法 105 行 年 等 う 環 の 号 者 境 細 ) 省 目 令 ( 第 平 1 成 号 18 ) 年 1 月 環 境 省 告 示 第 20 号 ) 18 法 条 省 令 細 目 標 識 規 定 掲 示 7 条 すい げなければならない 第 一 場 種 所 動 に 物 取 氏 扱 名 業 又 者 は は 名 称 環 境 登 省 録 令 番 で 号 定 めるところにより その 他 の 環 境 省 令 で 定 める 事 事 業 項 所 を ごとに 記 載 した 公 標 衆 識 の を 見 掲 や における 事 号 等 法 業 までに 第 所 十 以 八 外 掲 顧 条 げる 客 の 場 標 事 出 所 識 項 入 で の を 口 営 掲 記 から 示 載 をする は した 見 やすい 様 識 場 式 別 合 第 章 にあっては 位 九 を 置 により に 顧 掲 客 示 と する 次 接 併 に するすべての せて 方 掲 法 げる により 様 事 式 項 第 行 を 職 十 うものとする ただし 記 員 により 載 について その した 第 標 一 識 号 を から 事 第 胸 業 五 部 所 一 二 三 四 顧 客 第 から 一 種 見 動 やすい 物 取 扱 位 業 置 者 に の 掲 氏 示 名 する ( 法 方 人 法 にあっては により 行 うものとする 五 事 登 業 録 所 に 番 の の 係 号 年 名 る 月 称 第 日 一 及 種 び 所 動 有 在 物 効 地 取 期 扱 間 業 の の 末 種 日 別 名 称 ) 21 六 責 任 者 の 氏 名 Ⅰ 項 条 第 種 動 物 取 扱 業 者 は 動 物 の 健 康 及 基 び 準 安 遵 全 守 を 義 保 務 8 条 る 障 法 基 が 準 生 を ずることを 遵 守 しなければならない 防 止 するため その 取 り 扱 う 動 物 持 するとともに 管 理 の 方 法 等 生 関 活 し 環 環 境 境 の 省 保 令 全 で 上 定 の め支 一 二 第 二 十 一 条 第 にあっては 一 項 の 環 境 省 離 令 乳 で 等 定 を める 終 えて 基 準 は 成 体 次 が に 食 掲 べる げるものとする 三 ことができるようになった 備 動 物 ( 哺 乳 類 飼 に 養 属 環 する 境 の 動 変 物 化 に 及 限 餌 び る )を と 輸 同 送 様 に の 対 販 餌 して 売 を に 自 十 供 力 分 すること で な 食 耐 べる 痺 わった 等 外 形 動 上 及 物 明 び を らかなものに 貸 販 出 売 業 又 者 は にあっては 貸 出 限 しに る )を 供 すること 目 二 視 日 によって 間 以 上 その 観 察 状 し 態 ( 健 下 康 痢 上 おう の 問 題 吐 があること 四 肢 の 性 麻 が 販 夜 動 環 幼 売 間 物 境 齢 前 展 の 販 の 示 健 輸 売 説 の 康 送 の 明 規 確 耐 制 等 制 認 性 限 四 五 が 前 場 販 認 八 合 売 められなかった 時 には 業 から 者 にあっては 当 午 貸 該 後 出 販 八 業 売 時 者 動 をしようとする までの 及 物 び 第 を 展 一 販 間 示 種 売 において 業 動 又 者 物 は にあっては 取 貸 動 扱 出 物 行 業 しに について その うこと 者 を 供 相 すること た 適 正 な 飼 養 又 は 保 管 が 行 われるように 契 約 に 犬 手 一 たって あらかじめ 又 方 部 は として 経 猫 生 過 の 理 措 展 動 置 示 物 生 あり を 態 行 販 う 売 習 場 しようとする 性 次 合 等 に には 掲 合 げる 致 午 的 当 該 該 第 記 動 一 録 物 を の 動 含 特 物 む )を 性 取 及 扱 び 業 交 状 者 付 態 に して 署 に 名 関 説 等 明 による するとともに 情 報 確 を 認 当 を 該 行 第 わせること ただし ロからヌまでに 一 当 種 該 動 文 物 書 取 を 扱 受 業 領 者 したことについて に 対 して 文 書 ( 電 磁 当 し 掲 イ ロ ハ ニ げる 性 平 飼 品 情 種 均 成 養 熟 報 等 寿 については 時 の 命 その の 名 保 標 称 管 他 準 に の 体 適 重 飼 した 必 養 要 標 期 飼 に 準 間 養 応 体 に 施 長 設 じて 係 その の る 説 情 構 明 報 造 他 及 すれば の び 体 規 の 足 大 模 りるものとする ホ ヘ 適 切 な 給 運 餌 及 び 給 休 養 水 きさに 係 る 情 報 ト チ リチに その を 不 主 な 予 可 妊 防 又 人 掲 逆 方 は と げるもののほかみだりな 的 去 な 法 動 勢 方 物 の 法 共 措 により 通 置 感 の 実 染 方 施 症 法 その している 及 びその 繁 他 殖 の 費 を 当 場 制 用 該 合 ( 限 動 を 除 哺 するための 物 く ) 乳 が 類 係 に るおそれの 属 する 措 置 動 ( 高 不 物 い 妊 に 疾 又 限 病 は る ) の 去 種 勢 の 類 措 及 置 び ヌ ル ヲ は 性 生 遺 推 別 年 棄 定 の 月 禁 判 される 日 止 定 ( 結 その 輸 果 生 入 他 年 等 当 月 をされた 該 日 動 物 に 係 る 関 係 法 令 の 規 定 による 規 制 の 内 容 -1/13- 及 び 動 輸 物 入 であって 年 月 日 等 ) 生 年 月 日 が 明 らかでない 場 合 にあって

3 法 省 令 細 目 ワ カ 不 妊 又 は 去 勢 の 措 置 実 施 状 況 ( 規 哺 定 乳 類 に 属 する 動 物 に 限 る ) ヨ て 繁 繁 殖 を 殖 を 行 行 った った 者 者 の が 氏 明 名 らかでない 又 は 名 称 及 場 び 合 登 にあっては 録 番 号 又 は 当 所 該 在 動 地 物 ( を 輸 輸 入 された 出 した 動 者 物 の であっ タ は にあっては 所 名 有 称 及 の び 譲 氏 所 渡 名 在 した ( 地 自 譲 己 者 の 渡 所 された 氏 有 名 しない 又 動 は 物 名 であって 動 称 物 及 を び 販 所 売 在 繁 しようとする 地 殖 ) を 行 った 者 場 が 合 明 らかでない 限 る ) 氏 場 名 合 又 レ り かつ 当 該 動 物 の 関 病 親 係 及 歴 者 ワクチンの び からの 同 腹 聴 子 取 係 り 接 る 等 遺 種 によっても 伝 状 況 性 疾 患 の 知 発 ることが 生 状 況 ( 困 哺 難 であるものを 乳 類 属 する 除 動 く ) 物 に 限 治 顧 療 客 証 の 明 署 等 名 の 確 交 認 付 六 七 ソイからレまでに 情 ワクチンの 販 報 売 提 供 を 受 接 にあっては けたことについて 種 等 を 掲 行 げるもののほか った 契 法 約 動 第 物 二 当 顧 について 十 たって 客 一 条 署 の 名 当 四 飼 獣 等 該 の 養 医 による 動 規 又 師 物 定 は が の に 保 確 発 適 基 管 認 行 正 づき をしている を した な 情 行 飼 疾 報 わせること 養 を 病 又 提 等 は 間 供 の 保 に 治 した 管 疾 療 に 病 必 際 ワクチン 等 は 要 の な 治 事 当 療 項 接 種 に 係 る 証 明 書 を 顧 客 に 交 付 すること また 当 該 動 物 の 仕 入 先 から 受 け 取 っ 該 た すること 疾 病 等 の 治 療 ワクチンの 接 種 等 に 係 る 証 明 書 がある 場 合 には これも 併 せて 交 付 貸 出 前 の 情 報 提 供 八 適 の イ ロ 貸 正 動 飼 品 出 な 物 種 養 業 飼 の 特 等 又 者 養 性 の は にあっては 又 及 名 保 は び 称 管 保 状 に 管 態 適 が に した 行 関 貸 われるように する 飼 出 養 しをしようとする 情 施 設 報 を の 構 貸 契 造 出 先 及 約 に び 当 対 規 動 模 たって あらかじめ して 物 の 提 生 供 理 すること 生 態 習 性 次 等 に 掲 合 げるそ 致 した ハ ニ ホ ヘ その 適 主 遺 切 な 予 棄 な 防 人 給 運 禁 方 と 餌 止 法 動 及 その 物 び 共 給 休 他 養 通 水 当 感 該 方 染 動 ト 法 チ 性 不 別 妊 又 の 判 は 定 去 結 勢 の 果 措 置 の 実 施 症 物 その に 係 ( 他 る 哺 の 関 乳 係 類 法 に 令 属 の する が 規 係 定 るおそれの による に 限 規 制 る ) 高 の い 内 疾 容 病 の 種 類 及 び 競 り 九 リ ヌイからリまでに 競 当 りあっせん 該 動 物 のワクチンの 業 者 にあっては 掲 げるもののほか 接 種 状 況 十 者 と 第 により 五 号 に 掲 五 げる 号 に 販 掲 売 げる に 係 販 る 売 契 に 約 係 実 時 る 施 の 契 説 した 約 明 当 時 競 及 該 の りにおいて び 動 説 第 物 明 一 の が 種 適 行 動 正 われていることを 売 物 な 買 取 飼 が 扱 養 行 業 又 われる 者 は による 保 管 際 に 必 に 確 認 要 するこ な 販 事 法 売 項 台 時 帳 の 記 説 録 明 等 確 認 二 十 一 条 の 四 の 規 定 に 基 づく 情 報 提 供 及 び 第 六 号 に 掲 げる 当 該 情 報 提 供 についての 第 業 て にした りにおいて による 様 式 上 第 で これを 十 売 並 買 一 びに された により 第 五 動 八 記 年 物 号 録 間 について に した 保 掲 管 台 げる すること 帳 を 貸 調 第 出 製 五 しに し 競 号 りあっせん に 係 当 掲 る 契 該 げる 約 販 時 売 販 業 の 又 売 情 者 は 報 にあっては 貸 係 提 出 る 供 契 しに の 約 実 時 係 施 の る 実 説 状 顧 況 施 明 客 につい した 及 を び 明 確 競 顧 いる 売 客 販 一 業 による 売 動 場 者 業 物 合 が 者 確 の は この 及 仕 認 法 び 入 に 顧 れ 係 二 客 る 限 十 を 文 販 りでない 二 明 確 書 売 条 にした 等 の 写 の 六 しを 動 第 上 物 一 で これを の 項 販 取 に 引 売 基 を 業 づく 行 者 犬 うに から 五 猫 年 受 等 当 間 け の 保 個 取 管 体 るとともに すること ただし に 関 帳 簿 当 を 該 写 備 しに え 当 犬 付 該 猫 けて 係 取 等 引 る 違 反 者 取 引 の 禁 止 の 相 手 方 が 動 物 の 取 引 に 関 する 関 係 法 令 に 違 反 していないこと 及 び 違 反 するおそれが販 十 ないことを 引 いないことが 法 二 を 第 行 前 二 各 わないこと 十 号 六 聴 に 条 取 確 掲 第 認 し げるもののほか 一 された 項 違 特 の に 許 反 が 可 場 確 特 を 合 認 定 受 にあっては された けていることを 動 物 動 の 物 場 取 の 引 合 管 に にあっては 理 当 当 の 該 特 許 たっては あらかじめ その 方 定 可 法 動 証 等 物 に により の 当 関 取 該 し 引 取 環 引 を 確 境 の 大 認 行 相 臣 し わないこと が 手 許 定 方 可 める と を 相 動 受 細 手 物 けて 目 方 の をが取 飼 養 施 設 2 の 条 管 理 飼 一 養 び 遵 施 設 周 定 守 の 辺 期 すること 二 三 清 一 掃 日 的 管 一 に 回 消 生 理 清 以 毒 活 は 及 掃 上 環 及 巡 び 境 次 び 回 保 の に 消 を 守 保 掲 点 毒 行 全 げるところにより を 検 い 行 支 実 うとともに 保 障 施 守 が 点 状 生 じないように 況 検 について 行 汚 うこと うものとする 保 管 すること 物 記 残 清 録 さ 潔 した 等 を 台 を 保 帳 適 つこと 切 を に 調 処 製 理 し これを 衛 生 管 五 理 年 及 四 五 飼 動 養 物 施 設 の の 鳴 開 き 口 声 により 部 臭 を 気 適 切 周 に 動 辺 物 の 毛 等 により 周 辺 の 生 活 環 境 を 著 しく 損 なわないよう 間 -2/13- の 管 生 理 活 すること 環 境 を 著 しく 損 なう 事 態 が 発 生 するおそれがある 場

4 法 省 令 細 目 六 合 にあっては 鳴 き 声 が 外 部 に 伝 播 しにくくするための 規 定 七 を 臭 著 しく 気 拡 損 なう 散 又 は 事 動 態 物 が 発 の 毛 生 等 するおそれがある の 飛 散 により 飼 場 養 合 施 にあっては 設 の 環 境 又 空 はその 気 じること 清 浄 周 機 辺 の 脱 生 臭 活 装 環 置 境 八 汚 その 物 ねずみ はえ 動 用 侵 物 入 の 密 逸 の 閉 走 防 を 容 止 防 器 又 蚊 等 止 は のみその 駆 を するため 除 備 を えること 行 うための 他 飼 の 養 衛 施 生 設 動 備 の 物 を 管 が 備 理 侵 えること 入 必 するおそれがある 要 な 措 置 を 講 じ 場 必 合 要 にあっては に 応 じて 施 設 備 の 構 造 3 規 条 模 等 飼 一 養 的 錠 施 設 に 備 備 を える 備 えること の ケージ は 設 備 個 の 々の 構 造 動 物 規 が 模 自 等 然 姿 勢 次 で に 立 掲 ち げるとおりとする 傷 養 な 運 病 期 動 間 作 ができるように より 物 が を 長 の 容 期 飼 易 間 養 に 若 にわたる しくは 行 うための 保 場 管 合 をし 十 にあっては 一 層 分 の な 広 又 さ は 動 必 物 空 要 を 間 に 上 一 応 を がる 時 的 じて 有 に するものとすること ただし するものとすること また 横 保 たわる 走 管 登 等 羽 特 る ばたく 別 泳 な ぐ 事 等 情 飛 がある の ぶ 日 常 場 合 にあっては この 限 りでない 等 飼 二 三 四 けるおそれがないような 態 ケージ の 維 持 及 及 び び 管 訓 理 練 がしやすい 場 は の は 床 安 突 動 全 内 構 起 物 な 物 構 壁 造 の 及 造 種 穴 及 天 び 類 くぼみ 材 び 井 材 及 質 習 とすること 質 び 性 附 属 運 斜 設 動 備 能 面 等 力 は によって 清 数 等 掃 が に 容 応 易 じて 動 である 物 が 傷 動 害 等 物 等 衛 の 生 逸 を 受 を 防 止 できる 構 造 及 び 強 度 とすること 状 4 条 飼 一 養 施 設 に 備 える 設 備 給 餌 の 及 管 び 理 給 は 水 のための 次 に 掲 げるところにより 器 具 を 備 えること ただし 行 うものとする 一 時 的 に 飼 養 又 走 設 備 の 管 理 三 二 及 保 ケージ び 管 水 をする 浴 び 等 の に 等 休 清 の 特 息 掃 等 を 別 ができる 一 な 事 日 生 情 一 態 回 がある 及 設 以 び 備 上 習 を 行 場 性 並 備 い 合 びに えること にあっては この 残 さ 飼 養 汚 期 物 間 等 に を 応 適 じて 限 切 りでない に 処 遊 理 具 すること ただし 止 まり 木 砂 場 は 四 五 草 い 床 地 ふん 保 敷 きを 等 管 において 尿 業 に 敷 者 係 く 及 等 る び 訓 の 動 飼 練 措 物 養 業 置 の 又 衛 者 を は 生 講 にあっては 保 管 じること 理 をする のため ケージ 等 特 前 別 号 な に 事 掲 情 等 げるもののほか がある には ふん 場 合 尿 にあってはこの の 受 飼 け 養 皿 又 を は 備 保 え 管 限 をする りでな 六 動 物 を 搬 出 逸 するたびにケージ 走 を 防 止 するため ケージ 等 の 清 掃 及 等 び 及 消 び 訓 毒 を 練 場 に うこと 必 要 に 応 じて 施 錠 設 備 を 備 又 えは 飼 養 保 5 条 管 動 一 物 イ ること ロケージ の 飼 動 管 飼 養 物 理 養 又 の は は 飼 保 養 次 保 管 又 管 に は 掲 をする 当 保 げるところにより たる 管 は 動 職 物 員 次 数 の に に 種 掲 見 をしないこと ただし 類 げる 合 及 行 ったものとすること び 方 うものとする 数 法 は により 飼 養 行 施 うこと ハケージ にケージ 等 の に 外 入 で れる 飼 養 動 又 物 は の 保 種 管 類 をする 及 び 数 は ケージ 場 合 にあっては この 等 設 の 構 の 構 造 管 及 造 理 及 び 限 を 徹 び 規 りでない 模 底 規 に 模 した 見 並 びに 合 上 ったもの で 動 一 物 時 的 の ホ ニ 置 等 とすること 示 幼 異 又 が 動 発 種 齢 は 物 生 な 又 同 等 することを 犬 は 一 として 複 のケージ 数 猫 の 周 等 動 囲 の 等 避 社 の 物 内 けること 会 生 の に 化 活 飼 入 (その 環 養 れる 境 又 に は 動 種 適 保 特 応 物 管 有 した の をする 組 の 社 み 行 合 会 動 場 行 わせを が 合 採 動 には ケージ られるようになることをいう 様 考 式 慮 を し 身 に 付 等 過 度 け の な 構 家 動 造 庭 物 若 動 しくは 間 物 の 闘 配 以 下 同 じ )を 必 要 とする 動 物 については その 健 全 な 育 成 及 び 社 会 化 を 推 進 する 争 ヘ ために 保 管 業 者 適 切 及 な び 訓 期 練 間 業 親 者 にあっては 兄 弟 姉 妹 等 とともに 飼 養 又 は 飼 保 養 管 又 をする は 保 管 動 をすること 物 間 における 感 染 性 の展 ト ること 一 疾 保 動 時 病 的 のまん 物 をすることが に の 競 保 生 りあっせん 延 管 理 又 は 生 闘 妥 場 態 当 争 合 業 の であると にも 習 発 者 性 生 が 等 を 同 に 競 防 認 様 適 りの 止 められる した するため 措 実 温 置 施 度 を 講 に 場 ずるよう 明 当 合 親 るさ たって を 除 子 き 努 換 めるものとする 気 同 顧 当 腹 客 該 競 湿 子 の りに 度 等 動 等 とともに 物 付 が を 確 個 される 保 々に され 飼 収 動 養 容 物 又 す及 をは び の う 管 騒 理 以 音 を 下 が 行 同 防 じ )に うこと 止 されるよう 犬 特 及 に 飼 養 又 は 保 管 をする 環 境 ( 以 下 飼 養 環 境 という ) -3/13- び 猫 販 以 売 外 業 の 者 動 が 物 の 夜 展 間 示 ( を 午 行 後 う 八 場 時 合 から には 午 前 明 八 るさの 時 までの 抑 制 間 等 をい の

5 法 省 令 細 目 疾 病 等 の 措 置 動 物 の 繁 殖 動 物 の 輸 送 チ 飼 動 養 物 環 の 境 種 の 類 管 理 数 に 配 発 慮 すること 育 状 況 健 康 規 状 定 態 及 び 飼 養 環 境 応 じ 餌 の 種 類 を 選 択 し ヌ リ の 適 をする 切 走 時 な る 間 量 を 場 設 登 合 けること 回 る には これによる 数 等 泳 により ぐ 飛 給 ぶ 餌 及 の 動 運 び 物 給 動 のストレスを 水 が を 困 行 難 なケージ うこと 軽 減 等 するために において 動 必 物 要 の に 飼 応 養 じて 又 は 運 保 動 管 ル 当 又 該 時 間 内 に 顧 貸 客 出 業 見 者 学 及 者 び 等 展 が 示 犬 業 又 者 は であって 猫 の 飼 養 夜 施 間 設 に 内 に 営 立 業 ち 入 ること 等 にあっては けること ストレスを 販 は 売 猫 の 休 特 軽 息 が に 減 妨 するため 展 げられることがないようにすること 長 示 時 間 連 にあっては 必 続 して 要 に 応 犬 じてその 又 長 は 時 猫 間 の 連 途 展 続 中 示 して において を 行 展 う 示 場 を 展 合 行 示 には その う を 場 行 合 わない には 途 により 中 時 におい 動 間 物 を 設 犬 の ワ ヲ て には 展 示 を 行 及 わない び 訓 練 時 業 間 者 を 設 にあっては けること 生 貸 態 出 及 業 動 び 者 物 習 にあっては の 性 生 に 理 関 して 生 態 一 般 貸 人 し 習 に 出 性 誤 した 等 解 に 配 を 動 与 慮 動 物 し えるおそれのある 物 が 撮 に 演 影 に 芸 をさせ 使 訓 用 練 される 等 が 又 形 過 場 は 態 訓 酷 合 による なものとならない 練 には をする 撮 影 動 が 等 物 本 行 の 来 われ 場 の合 ヨ カ ないようにすること また について 利 用 一 の 日 時 一 死 回 間 記 体 以 録 は 上 環 した 巡 境 台 速 回 等 やかにかつ を 帳 が を 行 適 調 切 い に 製 し これを 配 動 貸 慮 適 物 出 先 切 されるようにすること の において に 数 処 及 理 び 五 状 年 態 間 動 保 確 物 認 に するとともに その 過 度 の 苦 痛 を 与 えないよう 実 施 状 況 レ タ による 宅 により 地 に 立 生 地 鳴 周 活 き している 辺 環 声 の 境 への 生 臭 活 影 気 環 場 響 境 合 が 動 を にあっては 著 物 じないよう しく の 毛 等 損 なわないようにすること ねずみ はえ 長 時 間 動 にわたる 物 を 管 理 蚊 のみその 又 は 深 特 夜 における に 他 飼 の 衛 養 生 鳴 施 き 設 動 声 が 物 等 住 講 動 じること 物 の 逸 走 時 に 備 え 必 要 に 応 じて 捕 獲 体 制 の 整 備 個 体 識 別 の 実 施 等 の 措 置 を 二 ソ 措 ること また その には その 販 置 売 を 講 業 じること 者 生 展 理 示 業 生 者 生 態 理 及 び 貸 生 習 出 態 性 業 及 を 踏 者 び まえ にあっては 習 性 を 踏 飼 まえて 養 可 野 能 生 性 必 由 を 考 要 来 に の 慮 応 して 動 じた 物 適 を 馴 切 業 (じゅん) な に 種 供 を する 選 択 場 す化 合 イ 又 飼 新 は 養 たな 導 施 設 入 における に 動 係 物 る の 契 飼 約 動 養 の 物 施 設 相 の 疾 への 手 病 方 導 等 入 に からの に 係 当 る 聴 たっては 措 取 置 りにより 次 当 に 確 該 掲 認 動 げる し それまでの 物 が 方 健 法 康 により であることを 行 間 うこと 必 要 目 に視 ハ ロ に 日 応 常 飼 疾 当 じて 的 養 病 たって な の 他 又 予 健 の は 防 康 動 保 等 管 物 当 のために 理 と をする 該 競 を 接 りに 触 行 させないようにすること うこと 動 付 物 必 される の 疾 要 に 病 及 応 動 び じてワクチン 物 傷 を 害 一 の 時 的 予 に 防 接 競 保 寄 りあっせん 種 管 生 を する 虫 行 の うこと 場 寄 合 生 業 も の 者 同 予 が 様 防 とする 競 又 りの は 駆 実 除 施 等 三 ニ ホねずみ はえ ともに その 動 発 物 生 が 疾 必 及 病 要 び にかかり に 侵 応 入 蚊 じて の のみその 防 獣 止 医 又 師 は 傷 による 駆 他 害 除 の を 衛 負 診 行 生 った 療 動 を 物 受 場 により けさせること 合 には 動 物 速 が やかに 健 康 被 必 害 要 を な 受 処 けないよう 置 を 行 うと イ 動 物 の 繁 は 次 に 掲 げる 方 法 により にあっては 行 うこと ロ るために る 動 物 幼 齢 の 動 物 させる 高 齢 の 動 物 には 等 を 遺 繁 伝 殖 性 の 疾 用 に 患 等 供 の 問 題 又 を は 遺 生 じさせるおそれのあ るために 生 の じさせるおそれのある 保 護 増 殖 を 行 う 場 合 にあってはこの 組 合 せによって にあっては 限 りでない をさせないこと ただし 伝 性 疾 患 等 希 の 少 な 問 動 題 物 を 負 担 がかかることを 避 させる け 飼 養 には みだりに 施 設 の 構 造 及 び 繁 規 模 殖 させることにより 職 員 数 等 を 踏 まえて その 母 体 に 過 度 な繁 四 ハ 殖 の 販 回 売 数 業 を 者 適 切 貸 なものとし 出 業 者 及 び 展 必 示 要 業 に 者 応 にあっては じ 繁 殖 を 制 限 販 するための 売 貸 出 し 措 又 置 は を 展 講 示 じること 次 るために た 台 帳 を 調 動 製 物 し これを を 繁 殖 させる 五 場 年 合 間 にあっては 保 管 動 物 の 繁 殖 の 実 施 状 況 について の 用 に 記 供 録 す イ 動 に 物 掲 の げる 輸 送 方 は 法 により 次 に 掲 行 げる われるようにすること 方 法 により 行 うこと 他 者 に 委 託 する 場 合 にあっても し より 輸 衝 送 撃 設 による 備 ( 動 転 物 倒 の を 輸 防 送 -4/13- 止 に 係 る 設 備 をいう 以 下 同 じ )は 確 実 に 固 定 する 等 に

6 法 省 令 細 目 ロ 規 定 ハ により し 航 中 確 空 は 認 輸 できるよう 送 常 中 時 についてはこの 動 物 の 必 状 要 態 な を 設 限 目 備 りでない 視 を ( 備 監 え 視 カメラ 又 は 必 等 要 を な 利 体 用 制 して を 確 行 保 うものを すること ただ 含 む ) ニ の 数 に 見 する 合 ったものとすること 動 物 の 種 類 及 び 数 は 輸 送 設 備 の 構 造 及 び 規 模 並 びに 輸 送 に 従 事 者 ホ ヘ 的 動 な 輸 物 動 送 の 作 設 健 を 備 康 容 は 及 易 び 個 に 定 安 々の 行 期 全 的 うための を な 動 守 清 物 るための 掃 が 自 十 然 分 特 消 な 姿 広 別 毒 の 勢 さ な で 及 実 事 立 情 施 び ち 空 がある により 間 上 を がる 有 場 清 したものとすること ただし 合 横 潔 は この たわる を 保 つこと 限 羽 りでない ばたく 等 日 常 るさ 必 要 換 に 気 応 じて 湿 度 空 等 調 が 設 確 備 保 を されるようにすること ただし 備 える 等 により 動 物 の 生 理 生 動 態 物 等 の に 健 適 康 及 温 び 度 安 全 明 を チ ト び 特 守 回 別 動 るための 数 な 物 により 事 の 情 疲 種 がある 特 労 類 給 又 別 餌 数 は な 苦 事 場 情 発 痛 合 給 を がある 育 は この 軽 状 水 を 況 減 するために 及 行 場 び うこと ただし 合 限 健 は この りでない 康 状 態 輸 に 限 送 応 りでない じ 動 はできる 餌 物 の 種 健 類 康 限 を 及 り 選 び 短 択 安 くするとともに し 全 を 適 守 切 るための な 量 及 顧 客 接 触 等 の 制 限 五 リ と 輸 衛 送 中 生 は 管 理 必 要 事 に 故 応 及 じて び 逸 休 走 の 息 又 防 は 止 運 並 動 びに のための 周 辺 生 時 活 間 環 を 確 境 保 の すること 方 ること 接 法 触 により させ を 顧 行 客 又 うこと は 取 顧 引 客 の 等 場 に 所 譲 を り 提 渡 供 し する 若 者 しくは その 他 引 の き 関 渡 係 す 者 場 ( 合 以 にあっては 保 下 全 に 顧 必 客 要 等 な という ) 措 次 置 に を 掲 講 げる じ イ ロ 又 動 人 は 物 と 顧 に 動 客 過 物 度 に の 譲 なストレスがかかり 共 り 通 渡 感 し 染 症 若 にかかることのないよう しくは 引 き 顧 にあっては 渡 客 さないようにすること 等 が 危 害 夜 受 顧 間 け 客 に 等 犬 が 又 に 動 は 対 物 動 して 猫 に 物 を 接 若 動 触 顧 しくは 物 する 客 への と 場 接 顧 接 触 合 触 客 させ ハ について 販 売 業 指 者 導 するとともに 貸 出 者 及 び 展 動 示 業 に 者 適 にあっては 度 な 休 息 を 与 飼 えること 養 又 は 保 管 をする 動 物 の 健 には 保 持 するため 顧 客 等 が 動 物 にみだりに 食 物 を 与 えることのないよう 必 要 措 方 置 等 康 法 をが 六 のものが 講 その じること 他 動 与 物 えられることのないようにすること 顧 管 客 理 等 は 次 動 に 物 掲 に げる 食 物 方 を 法 与 によること えることを 認 める 場 合 には 認 めた 食 物 以 外 その 他 の 動 物 管 理 ロ イ 機 合 生 第 じた 疾 会 は できる を 一 病 与 場 種 えるよう 回 合 動 復 は 物 の 取 限 見 動 扱 りその 努 込 物 業 めること みがない が の 廃 命 止 あるものであることにかんがみ 等 に 苦 により 痛 を 等 与 やむを えない 飼 養 得 又 ず 方 は 動 法 保 物 によること 管 を 殺 継 処 続 分 することが 譲 しなければならない 渡 し 等 によって 困 難 な 動 生 存 物 のが ニ ハ を 動 毒 へび 物 え 等 飼 又 の 養 は 有 又 医 毒 は 動 師 保 による 物 管 の をする 飼 迅 養 速 場 な 合 救 保 にあっては 急 管 処 をする 置 が 行 場 災 える 合 には 時 体 制 における 抗 整 毒 備 素 すること 血 動 清 物 等 の の 健 救 康 急 及 医 び 薬 安 品 場 職 の 確 員 備 保 蓄 間 並 等 の びに 連 の 絡 対 体 策 人 制 を の 及 講 生 命 び じること 動 身 物 体 の 又 逸 は 走 財 時 産 の に 捕 対 獲 する 体 制 侵 の 害 整 の 備 防 止 動 を 物 図 の るために 避 難 方 法 の 平 確 時 立 より 餌 全 広 告 の 6 規 条 制 行 第 一 うものとする 二 イ 条 びに 第 から 氏 一 名 登 種 前 又 録 動 条 は 年 物 までに 名 月 取 称 日 扱 及 業 掲 事 び の げるもののほか 実 業 登 施 所 録 に の 係 名 有 る 称 効 広 及 期 告 び 間 については 第 所 の 一 在 末 種 地 日 並 動 びに 物 第 取 一 次 扱 種 業 動 取 掲 は 物 扱 げる 取 責 次 扱 任 方 に 業 者 法 掲 の の げるところにより ロ こと 安 易 な 飼 養 又 は 保 管 の 助 長 を 防 止 するため 事 実 に 反 した 飼 養 又 種 は 氏 別 保 名 管 を 行 登 の 掲 うこと 幼 齢 時 の 愛 らしさ 生 態 及 び 習 性 に 反 した 行 等 を 過 度 に 強 調 等 により 録 容 載 番 易 する 号 さ 並 販 売 動 物 の 表 示 等 二 真 ら イ 顧 等 販 見 品 客 により 売 やすい 種 等 業 等 に 者 確 の 動 にあっては 位 認 名 物 置 できるようにすること また 称 に 文 関 書 して ( 誤 電 販 った 磁 売 的 に な 理 供 解 記 しているすべての を 録 与 を えることのない 含 む )により 動 物 ごとに 動 物 表 内 を 示 容 顧 すること とすること ロ 成 熟 時 等 の 標 準 体 重 標 準 体 長 等 体 の 大 きさに 係 る 情 報 次 客 に が 掲 目 げる 視 により 情 報 を 顧 又 客 は 写 ハ 性 別 の 判 定 結 果 か ニ される 生 年 生 月 年 日 月 ( 日 輸 及 入 び 等 輸 をされた 入 -5/13- 年 月 動 日 物 等 であって ) 生 年 月 日 が 明 らかでない 場 合 は 推 定

7 法 省 令 細 目 規 定 責 三 四 扱 ホ ヘ 法 責 動 生 所 第 任 物 産 有 二 者 の 地 者 十 が 仕 得 等 の 二 入 た 氏 条 れ 知 名 第 識 ( 三 販 を 自 項 売 己 の 等 都 他 の 所 道 の 動 有 府 職 物 しない 県 員 の 知 全 取 事 員 引 が 動 に 状 実 伝 物 況 施 達 を ( し 販 習 売 得 動 しようとする 先 させるための 物 に 取 係 扱 る 責 情 任 報 場 を 研 措 合 含 修 置 に む )について において を 限 講 る ) じること 動 物 取 五 録 二 競 した 十 限 りあっせん 二 りでない 台 条 帳 の を 六 調 第 業 製 一 し これを 者 項 にあっては に 基 づき 五 犬 年 猫 実 間 等 施 保 の 個 する 管 体 すること ただし 競 に りに 関 参 帳 加 簿 を 備 事 え 業 犬 付 者 猫 けている が 等 第 販 一 売 種 業 場 動 者 合 物 が は こ 取 扱 法 業 第 記 違 取 任 反 引 者 状 研 の 況 修 競 の り 記 伝 排 録 達 除 の こと する 登 競 録 及 りに を び 受 違 けていることを 反 当 するおそれがないことを 該 事 業 者 を 参 確 加 認 させないこと 感 染 性 等 聴 動 疾 取 物 病 し の 取 予 引 違 防 に 反 が 関 確 する 認 された 関 係 法 場 令 合 に 違 にあっては 反 していない 実 施 21 の2 のために じて 獣 医 必 師 による 要 な 措 診 置 動 療 を は その 物 適 を 切 受 取 に けさせることその り 実 取 扱 施 り うことが するよう 扱 う 動 物 困 努 の 難 めなければならない 他 健 になった のその 康 状 態 取 を り 日 常 扱 的 う 譲 に 動 渡 確 物 し 認 の 等 感 すること 染 性 の 疾 必 病 の 要 予 に 防 応 21 の3 なければならない うことが 困 難 になった は 場 合 第 には 一 販 種 売 動 に 当 物 際 該 取 しての 動 扱 物 業 の を 情 廃 譲 報 止 渡 提 しその する 供 場 方 他 合 法 の その 等 適 切 他 な 措 業 置 として 講 ずるよう 動 物 を 取 努 り め扱 21 の4 条 動 対 は 第 面 物 一 として ( 取 当 種 対 扱 該 動 面 業 動 物 環 によることが 者 物 取 境 を 扱 省 除 販 業 令 く )に 売 者 で する のうち 定 めるものを 困 場 対 難 合 犬 し な には あらかじめ 場 猫 当 合 その 該 含 として 販 む )により 他 売 の に 環 係 境 る 省 動 書 当 令 物 面 該 で の 又 動 定 現 は 物 める 在 電 を の 磁 購 場 動 状 的 入 合 物 態 記 しようとする には の を 録 販 直 ( 売 接 電 対 を 見 子 面 業 せるとともに 的 に として 方 相 者 式 当 ( する 第 営 む 磁 一 者 的 方 式 その 他 人 の 知 覚 によっては 認 識 することができない 方 式 で 作 られる 記 録 であって 方 種 電 管 のために の 子 方 計 法 算 必 機 要 生 な 年 情 月 報 日 情 として 報 当 処 該 理 環 動 の 境 物 用 省 に 令 係 供 で る されるものをいう )を 繁 定 殖 めるものを を 行 った 提 者 供 の しなければならない 氏 名 用 その いて 他 当 の 該 適 動 正 物 な の 飼 飼 養 養 又 又 は は 保 管 気 環 境 省 令 で 定 める 動 物 は 哺 乳 類 鳥 類 又 は 爬 虫 類 に 属 する 動 物 とす保 Ⅰ の2 8 条 法 る Ⅱ の2 項 は 二 三 一 第 二 次 品 性 平 十 に 種 均 成 一 掲 熟 等 寿 条 げる 時 の 命 その の 名 四 事 標 称 の 項 他 準 適 とする の 体 正 重 飼 な 養 飼 標 期 養 準 間 又 体 に は 長 係 保 その る 管 情 のために 報 他 の 体 必 の 大 要 な きさに 情 報 として 係 る 情 報 環 境 省 令 で 定 めるもの 四 五 六 七 その 飼 適 主 切 な 予 養 な 防 人 給 運 方 と 餌 法 動 保 及 物 管 び に 給 休 共 適 養 水 通 した 感 染 飼 症 養 その 施 設 の 他 構 の 造 当 及 該 び 動 規 物 模 八 九 を 不 前 妊 可 号 又 逆 に は 的 掲 去 な げるもののほかみだりな 勢 方 の 法 措 により 置 の 実 方 施 法 している 及 びその 繁 費 殖 場 を 用 合 ( 制 を 限 除 哺 するための く ) 乳 がかかるおそれの 類 に 属 する 措 置 動 ( 物 高 不 に い 妊 限 疾 又 る ) 病 は の 去 種 勢 の 類 措 及 置 び は 一 二 三 遺 推 不 棄 性 生 の 定 妊 別 年 禁 される 又 の 月 止 判 は 日 定 去 その ( 結 勢 生 輸 の 果 他 年 入 措 当 月 等 置 該 日 をされた の 動 及 実 物 び 施 に 輸 状 動 係 入 況 物 る 年 ( であって 関 月 哺 係 日 乳 法 等 類 令 ) に の 属 生 規 する 年 定 月 による 動 日 物 が に 明 規 制 限 らかでない の る ) 内 容 十 て 四 繁 殖 を 行 った 者 の が 氏 明 名 らかでない 又 は 名 称 及 び 登 録 番 号 又 は 所 在 地 ( 入 された 場 動 合 物 にあって 名 称 及 び 所 在 地 譲 渡 された であっ -6/13- 動 物 であって 場 合 にあっては 繁 殖 を 行 当 った 該 動 者 物 が を 明 輸 らかでない 出 した 者 の 場 氏 合 名 にあ 又 は

8 法 省 令 細 目 っては 当 該 動 物 を 譲 渡 した 者 の 氏 名 又 規 は 定 七 り かつ 五 六 当 所 該 有 動 者 物 の 関 の 氏 係 病 親 名 者 及 歴 ( からの ワクチンの び 自 己 同 の 腹 聴 取 所 子 に り 有 係 等 しない 接 る によっても 遺 種 伝 状 況 性 名 等 疾 を 称 知 患 販 及 の ることが 売 び 発 しようとする 所 生 在 状 地 況 困 )( 難 であるものを 哺 乳 場 類 合 に 属 限 する る ) 除 く ) 動 物 限 十 八 前 各 号 に 掲 げるもののほか 動 当 物 該 取 動 扱 物 責 の 任 適 者 正 な 飼 養 又 は 保 管 に 必 要 な 項 Ⅰ 22 Ⅲ 項 条 る 第 業 一 務 種 を 動 適 物 正 取 に 扱 実 業 施 者 するため は 事 環 業 境 所 省 動 ごとに 令 物 で 取 定 扱 めるところにより 責 環 任 境 者 省 を 令 選 で 任 定 しなければならない めるところにより 動 物 取 扱 責 任 者 当 該 動 事 物 業 取 所 扱 に 責 係 9 条 いう )を 者 研 修 ( 都 受 道 けさせなければならない 府 県 知 事 が 行 う 動 物 取 扱 責 任 者 業 務 必 要 な 知 識 及 び 能 力 に 関 する 研 修 を任 とする 法 二 第 二 事 十 業 二 所 条 の 第 動 一 物 項 取 の 扱 動 責 物 任 取 者 扱 以 責 外 任 のすべての 者 は 次 の 要 職 件 員 を に 満 対 たす し 職 動 員 物 のうちから 取 扱 責 任 者 研 選 任 修 において するもの 22 得 た 知 識 及 び は 技 術 犬 に 猫 関 等 する 健 康 指 犬 安 導 猫 全 を 計 等 行 画 健 の う 康 能 定 安 力 めるところに 全 計 を 画 有 の すること 遵 守 従 い その 業 務 を 行 わなければ 22 の2 ならない は その 飼 養 又 は 獣 保 医 管 師 をする 等 との 犬 連 猫 携 等 確 健 保 康 及 び 安 全 を 確 保 するため 獣 医 22 の3 師 等 との 適 切 な 連 は やむを 携 の 確 保 得 を ない 図 らなければならない 場 合 終 生 除 飼 き 養 の 販 確 売 保 の 用 に 供 することが 困 難 となった 犬 猫 22 の4 等 についても 引 き 続 き 幼 当 齢 該 の 犬 犬 猫 又 等 は の 猫 終 に 生 係 飼 る 養 販 の 確 売 保 等 を の 制 図 限 らなければならない の5 った 犬 又 は 猫 であって ( 販 売 出 の 生 用 後 に 五 供 十 する 六 犬 を 又 経 は 過 猫 しないものについて の 繁 殖 を 行 う 者 に 限 る )は その 販 売 のため 又 繁 は 殖 販 を 売 行 22 用 に 供 するために 引 渡 し 又 犬 は 猫 展 等 示 の をしてはならない 個 体 に 関 する 帳 簿 の 備 経 付 過 け 措 等 置 あり Ⅰ の6 項 条 個 犬 体 猫 ごとに その 等 販 売 業 者 は 所 有 環 するに 境 省 令 至 で った 定 めるところにより 日 その 販 売 若 しくは 帳 簿 を 引 備 渡 しをした え その 日 所 又 有 は する 死 亡 した 日 の Ⅰ 10 の2 項 条 その 法 一 第 他 二 の 十 環 二 境 条 省 の 令 六 で 第 品 定 一 種 める 項 等 の 事 環 名 項 境 称 を 省 記 令 載 で し これを 定 める 事 項 保 は 存 しなければならない 次 のとおりとする 三 二 あって 名 又 は 名 繁 称 殖 及 び 繁 行 生 殖 った 年 在 者 月 地 の 者 日 譲 氏 が ( 渡 名 明 輸 を 譲 された 又 らかでない 入 渡 は 等 した 名 をされた 犬 称 者 猫 の 等 場 犬 氏 であって 登 合 猫 名 録 にあっては 等 又 番 であって は 号 名 又 繁 称 は 殖 及 所 当 を び 在 該 行 生 所 地 犬 った 年 在 ( 猫 月 地 輸 等 者 日 ) 入 を された が 輸 明 出 らかでない した 犬 猫 者 等 の で氏 六 四 五 場 合 にあっては を 所 当 推 有 該 定 するに 犬 される 猫 等 至 販 った 生 売 年 業 日 月 者 日 に 及 販 び 売 輸 した 入 年 者 月 又 日 は 譲 等 渡 ) 七 八 登 当 録 該 番 犬 号 猫 又 等 は の 所 販 在 売 地 又 は 引 しをした 日 した 者 の 氏 名 又 は 名 称 及 び -7/13- 渡 しの 相 手 方 の が 氏 動 名 物 又 の は 取 引 名 に 称 関 及 する び 登 関 録 係 番 法 号 令 又 に は 違 所 反 在 してい 地

9 法 省 令 細 目 九 ないことの 当 該 犬 猫 確 等 認 の 状 販 況 売 を に 際 行 しての った 者 法 の 第 氏 二 名 規 十 定 十 生 号 一 した に 当 掲 該 場 げる 犬 合 猫 に 当 等 限 該 情 の が る 死 報 亡 提 次 の 供 ( 号 原 についての 犬 において 因 猫 等 販 売 同 じ )した 顧 業 客 者 一 による が 条 飼 の 養 日 確 四 又 認 に は の 規 実 定 管 施 する している 状 情 況 報 提 間 供 に 死 及 亡 び の 第 事 八 実 条 が 第 発 六 10 Ⅱ 10 の2 法 前 第 項 二 に 十 規 二 定 条 の 六 保 存 第 は 一 項 電 の 帳 磁 簿 的 は 方 法 記 ( 電 載 子 の 的 日 方 から 法 五 磁 年 気 間 的 保 存 方 しなければならない 10 Ⅲ の2 条 帳 る 認 簿 識 の することができない 保 存 に 当 たっては 方 取 法 引 をいう )による 伝 票 又 は 検 案 書 記 等 録 の に 当 係 該 る 帳 記 簿 録 の 法 媒 記 その 体 載 により 事 他 項 の に 人 行 関 の うことができ 知 する 覚 によって 22 条 Ⅳ の2 項 載 犬 された 猫 等 販 書 売 類 業 を 者 整 は 理 し 環 境 保 省 存 令 するよう で 定 めるところにより 努 めなければならない 環 境 省 令 で 定 める 期 間 ごとに 情 報 が 次 記 Ⅱ の6 項 掲 二 三 一 げる 事 項 を 都 中 道 開 に 府 始 新 販 県 知 した たに 売 事 若 しくは に 所 届 有 け するに 引 出 渡 なければならない していた 至 し った 又 は 死 亡 の 事 実 が 生 じた 犬 猫 等 の 当 該 区 分 ごと 及 に 10 四 五 び 当 その 種 該 類 期 他 ごとの 間 環 が 境 数 終 省 了 令 した で 定 届 日 める 出 に は 所 事 有 項 次 していた 項 の 期 間 犬 終 猫 了 等 後 の 六 種 十 類 ごとの 以 内 数 10 Ⅰ の3 とする る 法 届 第 出 二 書 十 を 二 条 当 の 該 六 届 第 出 二 に 項 係 の る 環 事 境 業 省 所 令 の で 所 定 在 める 地 を 管 轄 は する 毎 年 都 四 道 月 府 一 県 に 知 日 事 から に 様 翌 提 式 年 出 第 の して 十 一 行 の うもの 二 によ 10 Ⅱ の3 日 まで)の まで( 平 期 成 間 二 とする 十 五 年 度 においては 平 成 二 十 五 年 九 月 一 日 から 平 成 二 十 六 年 三 月 三 十 の3 から 前 項 登 の 録 期 を 間 受 は けた 新 たに 年 度 の 第 三 一 月 種 三 動 十 物 一 取 日 扱 までの 業 の 登 期 録 間 を 受 とする けた 場 合 にあっては 登 録 を 受 けた 日 一 Ⅳ Ⅲ 10 の3 項 条 との 法 第 合 二 計 十 数 二 を 条 報 の 告 六 するものとする 第 二 項 第 二 号 及 び 第 三 号 の 数 の 報 告 に 当 たっては 当 該 期 間 中 の 各 月 ご -8/13-

10 1 び 販 確 売 認 時 記 ( における 録 貸 台 出 帳 時 におけ 説 明 及 様 式 様 第 11 式 表 の 区 分 に 販 従 売 って 記 録 説 台 明 帳 記 等 録 情 を 事 報 調 項 提 製 供 し 5 保 管 署 期 名 年 間 確 等 認 保 等 管 の する 実 施 必 状 要 況 があります 販 売 保 管 貸 出 し 訓 練 展 示 競 りあっせん 譲 受 飼 養 ( る 記 省 録 令 情 台 第 報 8 帳 提 条 供 第 ) 10 実 号 施 関 状 係 ) 況 当 貸 該 出 契 約 時 の 情 にした 報 提 供 の で 5 実 施 状 況 係 競 る りあっせん 文 書 の 写 しを 業 者 販 : 売 販 業 売 者 契 から 約 時 受 の け 説 取 明 るとともに 及 び 顧 客 による 当 該 確 販 認 売 に業 2 帳 者 犬 の 及 猫 び 調 等 顧 製 販 客 売 を 保 業 明 管 者 は 確 :5の にした 不 要 帳 上 簿 で 5 を 備 え 年 付 間 けている 保 管 場 合 は この 台 検 飼 状 養 況 施 記 設 録 及 台 び 帳 動 物 の 点 されるものであれば がすべて 9 飼 養 施 数 設 の 及 び 清 状 掃 態 の 消 毒 及 び の 保 実 守 施 点 状 検 況 の 実 施 状 況 3 第 1 号 カ 2 関 係 ) 3 第 5 条 でも 繁 殖 実 施 状 況 記 録 台 帳 がすべて 10 一 日 一 回 繁 以 殖 上 の 実 巡 施 回 状 況 確 認 して 記 録 し 5 年 間 保 管 ハ 関 係 ) されるものであれば でも 5 ( 細 取 目 引 第 状 6 条 況 第 記 4 録 号 台 関 帳 係 ) ( 任 載 参 該 意 されるものであれば 当 考 様 事 式 様 項 でも がすべて 式 可 第 ) 11 記 報 動 を 物 含 の む ) 仕 入 れ 販 売 等 の 動 物 の 取 引 状 況 ( 販 売 先 に 係 る 情 5 5 帳 の 年 猫 調 間 等 製 保 販 管 売 保 業 管 者 は :5の 不 要 帳 簿 を 備 え 付 けている 場 合 は この 台 ( 帳 法 犬 簿 第 猫 22 等 条 の の6 個 体 第 に 1 項 関 する( 係 ) 任 意 様 式 ) 犬 省 猫 令 等 第 販 10 売 条 業 の2 者 のみ: 第 1 項 帳 規 簿 定 に の 記 事 載 項 (P.7~8 参 照 ) ( 犬 猫 等 販 売 -9/13- し 5 : 記 年 録 間 台 保 帳 管 の 調 製 保 管 が 業 必 者 のみ) 要 な 業 種, : 関 係 文 書 の 写 しの 保 管 が 必 要 な 業 種 各 種 記 録 台 帳 等 下

11 様 式 第 11 ( 第 8 条 第 10 号 関 係 ) 第 年 一 月 種 日 動 物 取 扱 業 取 の 種 別 販 売 貸 出 し 販 売 貸 出 し 販 住 氏 所 名 ) 引 の 相 手 方 ( 種 数 類 )) 取 引 内 容 現 済 物 確 否 認 対 済 面 説 否 明 顧 済 客 確 否 認 情 済 報 提 否 供 説 明 等 実 施 者 ( 登 録 番 号 ) 売 時 に お け る 説 明 及 び 確 認 ( 貸 出 時 に お け る 情 報 提 供 ) 実 施 状 況 記 録 台 帳 備 12 考 取 引 相 手 方 には 相 手 方 第 一 種 動 物 取 扱 業 者 である 登 録 番 号 を 記 入 すること 3 物 なかった の 現 在 物 場 の 確 合 状 認 には 態 を 及 見 び 否 せること を で 対 面 説 及 明 囲 び 欄 対 面 については による 情 報 提 動 物 供 の を 実 愛 施 護 した 及 び 場 管 合 理 に に 関 済 する を で 法 律 第 21 囲 むこと また これらを 条 の4に 基 づく 販 売 に 実 係 施 る し動 4 合 に 説 情 済 明 報 を で 等 提 実 供 施 者 欄 囲 については 欄 むこと また これを には 実 施 動 者 物 が の 複 愛 数 護 実 いる 及 施 び しなかった 場 管 合 理 には に 関 する 場 複 合 数 法 には の 律 実 施 施 行 否 者 規 を で 名 則 を 第 記 8 入 条 すること 囲 第 むこと 8 号 に 基 づく 情 報 提 供 を 実 施 した 場 -10/13-

12 参 考 様 式 第 9 ( 第 一 種 動 物 取 扱 業 者 遵 守 基 準 細 目 第 2 条 第 3 号 及 び 第 5 条 第 1 号 カ 関 係 ) 飼 第 一 養 種 施 動 物 設 取 の 扱 業 所 の 在 種 地 別 販 売 保 管 貸 出 し 訓 練 展 示 その 他 年 月 日 点 検 : 時 間 済 飼 清 養 掃 否 施 設 済 の 消 点 毒 否 検 等 保 の 済 守 状 点 否 況 検 異 常 動 無 物 数 の 異 数 常 及 有 び 異 状 常 態 無 の 状 点 態 異 検 常 有 点 検 担 当 者 氏 名 備 考 飼 養 施 設 及 び 動 物 の 点 検 状 況 記 録 台 帳 備 12考 この 動 台 物 の 帳 の 数 大 及 び きさは 状 態 の 点 日 本 検 工 欄 業 の 規 格 A4とすること 異 常 有 に 該 当 した 場 合 には 備 考 欄 にその 詳 細 を 記 入 すること -11/13-

13 参 考 様 式 第 10 ( 第 一 種 動 物 取 扱 業 者 遵 守 基 準 細 目 第 5 条 第 3 号 ハ 関 係 ) 第 動 一 種 動 物 取 扱 業 の 種 別 販 売 貸 出 し 展 示 交 物 配 等 の 種 類 出 繁 年 月 日 ( 号 個 体 名 雌 称 識 等 別 ) 番 ( 号 個 体 名 雄 称 識 等 別 ) 番 卵 産 予 定 日 産 出 卵 産 年 月 日 産 出 産 産 卵 数 出 の 産 健 雌 の 産 否 状 卵 態 後 健 疾 病 新 康 生 状 子 態 卵 の 死 亡 等 : 殖 実 施 状 況 記 録 台 帳 備 考 備 321 考 交 雌 配 等 雄 年 月 欄 日 には 欄 には 動 物 の 交 識 配 別 年 番 月 号 日 ( 名 交 称 配 等 年 月 交 日 配 が した 明 確 個 でない 体 を 特 場 定 合 する は 同 情 居 報 開 を 始 記 年 入 月 すること 4 場 この 合 新 台 にあっては 生 帳 子 の 卵 大 の きさは 状 態 孵 化 欄 日 年 本 には 月 工 日 業 又 は 出 規 期 産 格 A4とすること 間 又 を は 併 孵 記 化 すること 時 の 健 康 疾 病 等 死 亡 等 の 個 体 日 数 ) を 等 記 を 入 記 すること 入 すること 卵 の -12/13-

14 参 考 様 式 第 11 ( 第 一 動 物 取 扱 業 者 遵 守 基 準 細 目 第 6 条 第 4 号 関 係 ) 第 年 一 月 種 日 動 物 取 扱 業 の 種 別 販 売 保 管 貸 出 し 訓 練 相 手 方 展 の示 その 他 氏 名 取 引 の 相 手 方 取 引 内 容 関 係 の 法 状 令 況 遵 守 担 氏 当 名 者 備 考 取 ( 住 登 所 録 ) 番 号 ) ( 種 数 取 類 ) 引 ) の 区 分 ) 遵 守 違 反 引 状 況 記 録 台 帳 備 312 するおそれがないことを 考 いることを 取 相 引 手 の 内 方 相 容 の 手 関 欄 方 係 には 法 欄 令 には 遵 仕 守 入 の れ 相 状 手 況 販 方 が 売 欄 第 等 については の 一 取 種 引 動 の 物 区 取 分 扱 を 業 記 者 入 である すること 場 関 合 にその 関 係 登 法 録 令 番 について 号 を 記 入 違 すること 反 を で 囲 許 むこと 可 証 等 により 聴 確 取 した 認 した 場 場 合 合 に 特 に 遵 守 特 を で 定 動 物 の 取 囲 引 むこと また に 当 たっては 聴 相 取 により 手 方 が 違 法 反 第 26 が 反 していないこと 確 条 認 第 1 された 項 の 場 許 合 可 及 を には び 受 違 けて 反 違 -13/13-

Microsoft Word - 動愛条例施行規則(改正後)

Microsoft Word - 動愛条例施行規則(改正後) 千 葉 県 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 27 年 3 月 13 日 規 則 第 4 号 ) 千 葉 県 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 条 例 施 行 規 則 改 正 平 成 二 七 年 一 二 月 四 日 規 則 第 七 一 号 平 成 二 十 七 年 三 月 十 三 日 規 則 第 四 号 千 葉 県 動 物 の 愛 護

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D4C93878CA793AE95A888A48CEC835A8393835E815B8CA28143944C8FF7936E977697CC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D4C93878CA793AE95A888A48CEC835A8393835E815B8CA28143944C8FF7936E977697CC2E646F63> 広 島 県 動 物 愛 護 センター 犬 猫 譲 渡 要 領 第 1 趣 旨 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 法 律 ( 昭 和 48 年 法 律 第 105 号 ) 第 35 条 及 び 広 島 県 動 物 愛 護 管 理 条 例 ( 昭 和 55 年 条 例 第 2 号 ) 第 11 条 及 び 犬 及 び 猫 の 引 取 り 並 びに 負 傷 動 物 等 の 収 容 に 関

More information

動物の愛護及び管理に関する法律が改正されました

動物の愛護及び管理に関する法律が改正されました 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 法 律 が 改 正 されました 動 物 取 扱 業 者 編 第 一 種 動 物 取 扱 業 者 の 義 務 犬 猫 等 販 売 業 者 の 義 務 犬 猫 等 健 康 安 全 計 画 第 二 種 動 物 取 扱 業 の 届 出 Pick UP Pick UP 幼 齢 動 物 の 販 売 規 制 現 物 確 認 対 面 説 明 の 義 務 化 人 と

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

札 幌 市 動 物 愛 護 のあり 方 の 検 討 について 構 成 イメージ 資 料 2 目 標 : 人 と 動 物 が 共 生 する 社 会 の 実 現 1 動 物 愛 護 精 神 の 涵 養 2 動 物 の 管 理 体 制 の 整 備 3 動 物 の 福 祉 向 上 課 題 と 要 望 ( 背

札 幌 市 動 物 愛 護 のあり 方 の 検 討 について 構 成 イメージ 資 料 2 目 標 : 人 と 動 物 が 共 生 する 社 会 の 実 現 1 動 物 愛 護 精 神 の 涵 養 2 動 物 の 管 理 体 制 の 整 備 3 動 物 の 福 祉 向 上 課 題 と 要 望 ( 背 札 幌 市 動 物 管 理 センターの 名 称 とその 体 制 資 料 1 札 幌 市 動 物 管 理 センターの 名 称 とその 体 制 について (1) 体 制 について [ 第 2 回 会 議 の 内 容 ] 現 在 の 施 設 は 研 修 室 などの 設 備 が 不 足 している 現 在 の 2 所 体 制 を 1 所 体 制 にしてほしい 開 かれたセンターがよい 犬 猫 の 命 のバトンを

More information

も くじ 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 基 本 的 な 方 針 1 第 3 計 画 期 間 及 び 目 標 2 第 4 連 携 協 働 による 施 策 の 推 進 のための 役 割 2 第 5 山 梨 県 の 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 の 現 況 1 犬 の 飼 養 数

も くじ 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 基 本 的 な 方 針 1 第 3 計 画 期 間 及 び 目 標 2 第 4 連 携 協 働 による 施 策 の 推 進 のための 役 割 2 第 5 山 梨 県 の 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 の 現 況 1 犬 の 飼 養 数 山 梨 県 動 物 愛 護 管 理 推 進 計 画 ( 素 案 ) 平 成 26 年 月 山 梨 県 平 成 20 年 3 月 策 定 平 成 26 年 月 改 正 も くじ 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 基 本 的 な 方 針 1 第 3 計 画 期 間 及 び 目 標 2 第 4 連 携 協 働 による 施 策 の 推 進 のための 役 割 2 第 5 山 梨 県 の 動 物

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

岩手県獣医師会災害時被災動物救護活動細則改正(新旧対照表)

岩手県獣医師会災害時被災動物救護活動細則改正(新旧対照表) 岩 手 県 獣 医 師 会 災 害 時 動 物 救 護 活 動 細 則 ( 目 的 ) 第 1 この 細 則 は 岩 手 県 獣 医 師 会 災 害 時 動 物 救 護 対 策 要 領 ( 以 下 救 護 対 策 要 領 と いう )に 基 づき 被 災 した 動 物 の 救 護 活 動 を 円 滑 に 行 うための 具 体 的 な 対 応 につい て 定 める ( 対 象 動 物 ) 第 2 救

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 ( 平 成 27 年 度 ) 地 方 競 馬 全 国 協 会 1 地 方 競 馬 全 国 協 会 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 変 更 ( 平 成 17 年 3 月 24 日 16 地 全 協 畜 第 128 号 ) 平 成 22 年 2 月 22 日 21 地 全 協 畜 第 82 号 平 成 22 年 4

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

Microsoft Word - P01-12.doc

Microsoft Word - P01-12.doc 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 種 雄 馬 管 理 規 程 設 定 昭 和 50 年 7 月 1 日 改 正 昭 和 54 年 9 月 26 日 改 正 昭 和 60 年 6 月 7 日 改 正 平 成 5 年 4 月 1 日 改 正 平 成 14 年 3 月 18 日 改 正 平 成 17 年 11 月 1 日 改 正 平 成 19 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 8

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働 第 4 ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 1 経 過 措 置 に 関 する 概 要 (1) ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 イ 平 成 27 年 9 月 30 日 から( 旧 ) 一 般 労 働 者 派 遣 事 業 及 び( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 は 廃 止 と なり 労 働 者 派 遣 事

More information

第2章 学校環境衛生基準 第3

第2章 学校環境衛生基準 第3 の 等 及 び 等 の の 基 準 の A 検 査 項 目 及 び 基 準 値 の 設 定 根 拠 等 の 解 説 検 査 項 目 基 準 (1) 大 掃 除 の 実 施 大 掃 除 は 定 期 に 行 われていること (2) 雨 水 の 排 水 溝 等 屋 上 等 の 雨 水 排 水 溝 に 泥 や 砂 等 が 堆 積 していないこと また 雨 水 配 水 管 の 末 端 は 砂 や 泥 等 により

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 )

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 ) 任 期 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 16 規 程 第 10 号 平 成 16 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 17 規 程 第 4 号 平 成 17 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 57 号 平 成 19 年 3 月 13 日 平 18 規 程 第 101 号 平 成 19 年 3 月 30 日 平 19 規 程 第 20 号 平 成 19 年 8 月 23 日 平 19 規

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

施設整備交付要綱

施設整備交付要綱 東 京 都 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 6 衛 医 対 第 1125 号 17 福 保 医 政 第 165 号 平 成 7 年 2 月 1 日 平 成 17 年 7 月 15 日 7 衛 医 対 第 1186 号 18 福 保 医 政 第 1050 号 平 成 7 年 10 月 25 日 平 成 18 年 12 月 15 日 8 衛 医 計 第 3 1

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

19

19 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 則 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 (

More information

我孫子市小規模水道条例

我孫子市小規模水道条例 我 孫 子 市 小 規 模 水 道 条 例 施 行 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 我 孫 子 市 小 規 模 水 道 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 46 号 以 下 条 例 という ) の 施 行 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 める ( 検 査 項 目 等 ) 第 2 条 条 例 第 3 条 第 2 項 に 規 定 する 基 準 ( 以 下 水 質 基

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A> 平 成 24 年 度 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 ( 以

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 平 成 26 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 資 料 熊 本 市 障 がい 保 健 福 祉 課 目 次 Ⅰ 指 導 監 査 について 1~ 5 Ⅱ 平 成 26 年 度 指 導 監 査 方 針 6~13 Ⅲ 過 去 の 実 地 指 導 の 結 果 14~36 Ⅳ 請 求 関 係 について 37~43 Ⅴ その 他 44~49 Ⅰ 指 導 監 査 について 1

More information

J④

J④ 細 則 第 26 号 ペット 飼 育 管 理 細 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 細 則 は 男 山 第 4 住 宅 管 理 規 約 ( 以 下 規 約 という ) 第 71 条 ( 細 則 ) の 規 定 により ペット 飼 育 に 関 わる 諸 事 項 を 定 める ( 定 義 ) 第 2 条 この 細 則 における 用 語 の 定 義 は 規 約 第 2 条 ( 定 義 ) 及 び 細

More information

( 初 任 本 俸 の 基 準 ) 第 4 条 新 たに 採 用 する 者 の 初 任 本 俸 は 6 等 級 29 号 俸 を 大 学 卒 業 者 の 基 準 とし 学 歴 職 歴 能 力 等 を 総 合 的 に 勘 案 して 決 定 する ( 昇 給 ) 第 5 条 昇 給 は 職 員 各 人

( 初 任 本 俸 の 基 準 ) 第 4 条 新 たに 採 用 する 者 の 初 任 本 俸 は 6 等 級 29 号 俸 を 大 学 卒 業 者 の 基 準 とし 学 歴 職 歴 能 力 等 を 総 合 的 に 勘 案 して 決 定 する ( 昇 給 ) 第 5 条 昇 給 は 職 員 各 人 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 2 月 29 日 2004 年 ( 総 企 ) 規 程 第 9 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 15 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 職

More information

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で 防 災 科 学 技 術 研 究 所 職 員 給 与 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 14 条 ) 第 2 章 給 与 第 1 節 俸 給 ( 第 15 条 - 第 21 条 ) 第 2 節 諸 手 当 ( 第 22 条 - 第 37 条 ) 第 3 章 給 与 の 特 例 ( 第 38 条 - 第 42 条 ) 附 則 ( 平 成 13 年 4 月 1 日 13 規 程

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AB38ED294C091975F92B28DB893E097652E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AB38ED294C091975F92B28DB893E097652E646F63> 公 開 用 医 療 関 連 サービスマーク 制 度 調 査 内 容 ( 患 者 搬 送 業 務 ) 一 般 財 団 法 人 医 療 関 連 サービス 振 興 会 1. 認 定 申 請 時 の 提 出 書 類 及 び 実 地 調 査 時 の 確 認 書 類 等 P 2 2. 調 査 内 容 P 3~P8 Ⅰ. 認 定 申 請 時 の 提 出 書 類 1. 医 療 関 連 サービスマーク 認 定 申 請

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 平 成 26 年 3 月 25 日 ) 改 正 平 26 規 程 第 16 号 平 成 26 年 11 月 28 日 平 26 規 程 第 41 号 平 成 27 年 1 月 28 日 平 26 規 程 第 67 号 平 成 27 年 3 月 31 日 平 27 規 程 第 28 号 平 成 28 年 3 月

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

-4- 他 照 射 録 診 療 放 射 線 技 師 は 放 射 線 を 人 体 に 対 して 照 射 したときは 遅 滞 なく 必 要 事 項 を 記 載 した 照 射 録 を 作 成 し その 照 射 について 指 示 をした 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 署 名 を 受 けているか ( 診

-4- 他 照 射 録 診 療 放 射 線 技 師 は 放 射 線 を 人 体 に 対 して 照 射 したときは 遅 滞 なく 必 要 事 項 を 記 載 した 照 射 録 を 作 成 し その 照 射 について 指 示 をした 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 署 名 を 受 けているか ( 診 病 院 医 療 監 視 チェック 表 ( 放 射 線 関 係 ) 病 院 名 検 査 日 検 査 者 管 理 調 査 項 目 - 医 療 法 の 手 続 --5 診 療 放 射 線 機 器 の 届 出 - 患 者 入 院 状 況 --5 器 具 同 位 元 素 治 療 患 者 の 放 射 線 治 療 室 以 外 の 入 院 禁 止 --6 放 射 線 治 療 室 への 他 の 患 者 の 入 院 防

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc 18 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 給 与 規 程 27.4.24 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務

More information

国立大学法人富山大学職員給与規則

国立大学法人富山大学職員給与規則 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 給 与 規 則 平 成 17 年 1 0 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 10 月 1 日 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 2 1 年 4 月 1 日 改 正 平 成 2 1 年 21 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

大分大学職員給与規程(案)

大分大学職員給与規程(案) 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 16 年 規 程 第 18 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 5 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 分

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464> 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 9 号 改 正 平 成 20 年 3 月 19 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 14 号 改 正 平 成 21 年 2 月 27 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 8 号 改 正 平 成 21 年 7 月 9 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 2

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1 平 成 26 年 度 札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 1 2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 4 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 6 4 職 員 の 手 当 の 状 況 8 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 12 6 職 員 数 の 状 況 13 7 公 営 企 業 職 員 の 状 況 (1)

More information

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 25 年 6 月 稲 沢 市 民 病 院 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

務 に 従 事 する 職 員 ロ 課 外 活 動 指 導 における 学 生 の 教 育, 特 定 の 課 外 活 動 の 技 術 的 な 指 導 及 び 各 種 大 会 の 校 外 引 率 業 務 に 従 事 する 職 員 ハ 学 生 寮 における 学 生 の 教 育, 生 活 指 導 及 び 相

務 に 従 事 する 職 員 ロ 課 外 活 動 指 導 における 学 生 の 教 育, 特 定 の 課 外 活 動 の 技 術 的 な 指 導 及 び 各 種 大 会 の 校 外 引 率 業 務 に 従 事 する 職 員 ハ 学 生 寮 における 学 生 の 教 育, 生 活 指 導 及 び 相 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 非 常 勤 教 職 員 就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 11 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 4 月 20 日 一 部 改 正 平 成 18 年 4 月 4 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

(Microsoft Word - \211^\215s\212\307\227\235\213K\222\366)

(Microsoft Word - \211^\215s\212\307\227\235\213K\222\366) 運 行 管 理 規 程 平 成 制 定 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 規 程 は ( 事 業 者 名 ) 運 行 管 理 規 程 と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 この 規 程 は 旅 客 自 動 車 運 送 事 業 運 輸 規 則 ( 以 下 運 輸 規 則 という ) 第 48 条 の2の 定 めに 基 づき 運 行 管 理 者 の 職 務 及 び 権 限 並 びに

More information

Microsoft Word - ③改正後全文(交付要綱).docx

Microsoft Word - ③改正後全文(交付要綱).docx 参 考 ( 改 正 後 全 文 ) 厚 生 労 働 省 発 老 0717 第 2 号 平 成 2 4 年 7 月 1 7 日 最 終 改 正 厚 生 労 働 省 発 老 0309 第 2 号 平 成 2 8 年 3 月 9 日 指 定 都 市 市 長 各 中 核 市 市 長 殿 市 区 町 村 長 厚 生 労 働 事 務 次 官 ( 公 印 省 略 ) 地 域 介 護 福 祉 空 間 整 備 等 施

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7>

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7> 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 ) ( 抄 ) ( 医 薬 品 等 の 製 造 販 売 の 承 認 ) 第 十 四 条 医 薬 品 ( 厚 生 労 働 大 臣 が 基 準 を 定 めて 指 定 する 医 薬 品 及 び 第 二 十 三 条 の 二 第 一 項 の 規 定 により 指 定 する 体 外 診 断 用 医 薬 品 を 除 く ) 医 薬 部 外 品 ( 厚 生 労

More information

14職員の兼業・兼職の取扱いについて(H27.4.1改正)

14職員の兼業・兼職の取扱いについて(H27.4.1改正) 平 成 16 年 4 月 1 通 知 平 成 27 年 4 月 1 最 終 改 正 ( 一 部 改 正 ) 平 成 17 年 4 月 1, 平 成 18 年 1 月 1, 平 成 18 年 4 月 1, 平 成 19 年 4 月 1, 平 成 19 年 10 月 1, 平 成 21 年 4 月 1, 平 成 22 年 4 月 1, 平 成 22 年 7 月 1, 平 成 23 年 4 月 1, 平

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 昭 和 六 十 一 年 四 月 十 七 日 労 働 省 令 第 二 十 号 ) 目 次 第 一 章 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 に 関 する 措 置 第 一 節 業 務 の 範 囲 ( 第 一 条

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 2 月 12 日 厚 生 労 働 大 臣 長 妻 昭 殿 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 会 長 遠 藤 久 夫 答 申 書 ( 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 について) 平 成 22 年 1 月 15 日 付 け 厚 生 労 働 省 発 保 0115 第 1 号 をもって 諮 問 のあった 件 について 別 紙 1から 別 紙 6までの 改 正 案 を

More information

   国立大学法人富山大学不動産貸付事務取扱細則

   国立大学法人富山大学不動産貸付事務取扱細則 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 不 動 産 貸 付 事 務 取 扱 細 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 20 年 7 月 22 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 平 成 24 年 8 月 1 日 改 正 平 成 25 年 2 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 施 行 規 程 ( 平 成 10 年 3 月 3 1 日 ) 平 成 10 年 規 程 第 3 号 ( 趣 旨 ) 改 正 平 成 11 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平 成 14 年 2 月 26 日 規 程 第 2 号 平 成 14 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC)

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC) ( 目 的 ) 広 島 コインランドリー 営 業 施 設 衛 生 指 導 要 綱 第 の 管 1 確 理 条 保 及 この 及 び びその 利 要 用 綱 に は, 適 関 正 する 県 な 内 利 基 ( 用 準 県 の 等 保 普 を 健 及 定 所 を めることにより,コインランドリー が 図 管 り,もって 轄 する 区 域 公 )のコインランドリー 衆 衛 生 の 向 上 に 寄 与 営

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466> 京 都 市 老 保 護 措 置 費 の 支 弁 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 養 護 老 ホーム( 以 下 施 設 という )の 入 所 者 に 係 る 老 福 祉 法 第 11 条 第 1 項 の 規 定 による 措 置 に 要 する 費 用 ( 以 下 措 置 費 という )の 支 弁 に 関 し, 必 要 な 事 項 を 定 める ものとする ( 事 務

More information

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 2 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 15 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 36 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 3 号 平 成 20 年 12 月 25 日 20 規 程

More information

加茂商工会議所・定款(H12.5改正)

加茂商工会議所・定款(H12.5改正) 加 茂 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

県 民 局 次 世 代 育 成 部 次 世 代 育 成 課 保 育 所 認 可 等 の 手 引 き ~ 新 設 編 ~ 平 成 27 年 10 月 目 次 はじめに 2 第 1 章 保 育 所 設 置 認 可 の 手 続 き 4 第 2 章 保 育 所 設 置 届 出 の 手 続 き 26 1 はじめに 保 育 所 認 可 等 の 手 引 き~ 新 設 編 ~ は 児 童 福 祉 法 に 基 づく

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

(案)

(案) ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助

More information

仕 様 書

仕 様 書 仕 様 書 件 名 : 施 設 入 所 及 び 施 設 利 用 時 食 事 サービス 提 供 業 務 委 託 ( 案 ) 委 託 期 間 : 平 成 24 年 4 月 1 日 ( 予 定 )~ 履 行 場 所 : 山 梨 県 都 留 郡 富 士 河 口 湖 町 船 津 社 会 福 祉 法 人 博 友 会 高 齢 者 関 連 施 設 ( 仮 称 ) Ⅰ 入 所 時 及 び 施 設 利 用 時 食 事

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63> 東 京 芸 術 大 学 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 21 年 5 月 11 日 平 成 21 年 7 月 17 日 平 成 22 年 3 月 30 日 平 成 22 年 6 月 22 日 第 1 章 総

More information

3 担 当 部 署 4 担 当 者 名 5 住 所 6 電 話 番 号 7メールアドレス 1 セキュリティ 上 の 都 合 により フリーメール 及 び 添 付 ファイルは 開 封 しない 2 やむを 得 ない 事 由 により メールにより 入 手 できない 場 合 に 限 り 書 留 郵 便 によ

3 担 当 部 署 4 担 当 者 名 5 住 所 6 電 話 番 号 7メールアドレス 1 セキュリティ 上 の 都 合 により フリーメール 及 び 添 付 ファイルは 開 封 しない 2 やむを 得 ない 事 由 により メールにより 入 手 できない 場 合 に 限 り 書 留 郵 便 によ 次 のとおり 条 件 付 一 般 競 争 入 札 に 付 します 入 札 広 告 平 成 28 年 9 月 16 日 契 約 責 任 者 本 州 四 国 連 絡 高 速 道 路 株 式 会 社 岡 山 管 理 センター 所 長 稲 垣 博 記 1. 工 事 概 要 (1) 工 事 名 鴻 ノ 池 SAトイレ 改 修 工 事 (2) 工 事 場 所 自 ) 岡 山 県 倉 敷 市 児 島 塩 生 字

More information

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96>

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96> 肉 用 牛 関 係 事 業 等 一 覧 表 ( 平 成 25 年 度 当 初 版 ) 目 的 は 具 体 的 には 対 応 する 事 業 実 施 主 体 事 業 の 特 徴 又 は 窓 口 1 規 模 拡 大 を 共 同 利 用 牛 舎 一 般 予 算 図 る を 整 備 したい 強 い 農 業 づくり 交 付 金 公 社 農 協 都 道 府 県 協 業 法 人 経 営 の 開 始 に 伴 う 共

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 平 成 4 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 4 年 度 末 ) 平 成 4 年 度 379,678 豊 橋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 ( 注 ) 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 などを 含 む A 114,956,597 実 質 収 支 3,87,17

More information

( 服 務 従 事 者 ) 9 従 事 者 数 および 資 格 等 区 分 人 員 用 件 など 管 理 栄 養 士 または 栄 養 士 調 理 指 導 責 任 者 調 理 師 又 は 調 理 員 調 理 員 洗 浄 作 業 員 1 人 以 上 ( 常 勤 ) 常 時 1 人 以 上 勤 務 ( 常

( 服 務 従 事 者 ) 9 従 事 者 数 および 資 格 等 区 分 人 員 用 件 など 管 理 栄 養 士 または 栄 養 士 調 理 指 導 責 任 者 調 理 師 又 は 調 理 員 調 理 員 洗 浄 作 業 員 1 人 以 上 ( 常 勤 ) 常 時 1 人 以 上 勤 務 ( 常 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 に 関 する 仕 様 書 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 の 実 施 については この 仕 様 書 の 定 めるところによる ( 総 則 ) 1 件 名 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 2 履 行 場 所 施 設 名 熊 本 市 立 熊 本 市 民 病 院 所 在 地 熊 本 市 東

More information

① - 1 - 労 働 部 律 平 成 律 部 政 平 成 政 伴 並 昭 和 律 昭 和 政 基 づ 並 実 部 平 成 月 日 労 働 大 臣 田 村 憲 久 部 部 昭 和 部 目 申 請 様 式 も - 2-2 労 働 申 請 申 請 人 役 員 含 む イ ハ ま ニ 麻 大 麻 へ ん 覚 醒 毒 係 部 分 除 否 通 常 営 日 営 相 談 緊 急 電 話 番 連 絡 先 外 対 製 造

More information