PowerPoint プレゼンテーション

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "PowerPoint プレゼンテーション"

Transcription

1 漢 方 基 本 講 座 八 網 六 病 位 気 血 水 五 臓 論 医 療 法 人 財 団 北 聖 会 北 聖 病 院 漢 方 内 科 後 藤 博 三

2 = I-1. 証 とは 証 とは 患 者 が 現 時 点 で 現 している 症 状 を 陰 陽 虚 実 寒 熱 表 裏 六 病 位 気 血 水 五 臓 などの 漢 方 医 学 上 の 基 本 概 念 をとおして 認 識 し さらに 病 態 の 特 異 性 を 示 す 症 候 を 捕 らえた 結 果 を 総 合 して 得 られる 診 断 であり 治 療 の 指 示 である 西 洋 医 学 東 洋 医 学 診 断 診 断 治 療 病 因 を 解 析 治 療 生 体 の 反 応 を 解 析

3 I-2. 証 をたてる 生 体 は 種 々の 影 響 により 変 化 していく 流 動 的 な 存 在 である その 病 態 を 東 洋 医 学 の 概 念 を 通 して 診 断 し その 病 態 に 応 じた 漢 方 薬 を 選 択 することが 証 をたてることである 生 体 の 証 流 動 的 生 体 の 東 洋 医 学 的 病 態 ( 陰 陽 気 血 水 など) は 変 化 する 症 状 四 診 陰 陽 虚 実 気 血 水 など の 概 念 生 体 の 証 に 一 致 する 方 剤 を 選 択 する 方 剤 の 証 漢 方 薬 A 漢 方 薬 B 漢 方 薬 C 普 遍 的 漢 方 薬 の 適 応 病 態 は 方 剤 により 不 変

4 II. 漢 方 の 基 本 概 念 と 診 断 法 八 綱 陰 陽 虚 実 寒 熱 表 裏 六 病 位 太 陽 病 少 陽 病 陽 明 病 太 陰 病 少 陰 病 厥 陰 病 気 血 水 気 虚 気 鬱 気 逆 瘀 血 血 虚 水 滞 五 臓 論 肝 心 脾 肺 腎

5 II. 漢 方 の 基 本 概 念 と 診 断 法 1. 陰 陽 (いんよう) 種 々の 要 因 により 生 体 の 恒 常 性 が 乱 された 場 合 生 体 の 呈 する 修 復 反 応 の 性 質 が 総 じて 熱 性 活 動 性 発 揚 性 のものを 陽 の 病 態 ( 陽 証 )とい う これに 対 して 総 じて 寒 性 非 活 動 性 沈 降 性 のものを 陰 の 病 態 ( 陰 証 )という 陽 証 暑 がりで 薄 着 を 好 む 首 から 上 に 汗 をかく 冷 水 を 好 んで 多 飲 する 顔 面 が 紅 潮 眼 球 の 充 血 高 体 温 傾 向 脈 が 速 い 陰 証 寒 がりで 厚 着 を 好 む 電 気 毛 布 など 温 熱 刺 激 を 好 む 顔 面 が 蒼 白 低 体 温 傾 向 背 部 腰 部 首 の 周 囲 が 寒 がる 四 肢 末 梢 が 冷 える

6 II. 漢 方 の 基 本 概 念 と 診 断 法 2. 虚 実 (きょじつ) 実 の 病 態 ( 実 証 )とは 生 体 に 加 わった 外 乱 因 子 が 強 力 で これに 対 し て 動 員 された 気 血 の 力 が 旺 盛 な 病 態 である これに 対 して 動 員 された 気 血 の 力 が 弱 い 病 態 を 虚 の 病 態 ( 虚 証 )という 実 証 虚 証 眼 光 音 声 に 力 がある 脈 が 充 実 腹 力 が 充 実 皮 膚 の 色 つ やがよい 発 赤 腫 脹 の 著 しい 皮 疹 激 しい 疼 痛 便 臭 の 強 い 便 眼 光 音 声 に 力 がない 脈 が 無 力 腹 力 が 軟 弱 皮 膚 の 色 つ やが 悪 い 自 然 発 汗 傾 向 寝 汗 便 臭 の 少 ない 便 胃 下 垂

7 陰 証 寒 性 傾 向 陰 陽 虚 実 の 概 念 図 実 陽 証 熱 性 傾 向 陰 実 証 生 体 の 反 応 性 が 強 い 陽 虚 証 生 体 の 反 応 性 が 弱 い 虚

8 陰 陽 虚 実 を 考 慮 した 方 剤 の 選 択 法 1) 陽 実 陽 虚 陰 実 陰 虚 を 判 断 する 2)その 処 方 群 の 中 で 主 症 状 に 対 応 する 方 剤 を 選 択 する 感 冒 に 頻 用 される 方 剤 の 陰 陽 虚 実 における 位 置 実 麻 黄 湯 葛 根 湯 陰 麻 黄 附 子 細 辛 湯 桂 枝 麻 黄 各 半 湯 桂 枝 二 越 婢 一 湯 陽 真 武 湯 虚 桂 枝 湯 小 青 竜 湯

9 陽 証 と 陰 証 は 生 体 の も つ エ ネ ル ギ ー の 違 い 陽 証 陰 証 実 証 と 虚 証 は 生 体 の 反 応 性 の 違 い 生 体 の 反 応 性 外 因 ( 外 邪 ) 陽 証 では 強 い 外 因 (インフ ルエンザなど)に 対 して 強 実 い 反 応 ( 高 熱 関 節 痛 激 しい 咳 嗽 など)を 示 し 弱 虚 い 外 因 ( 感 冒 など)に 対 し て 弱 い 反 応 ( 軽 い 咽 頭 痛 な ど)を 示 す 虚 陰 証 ではいずれの 外 因 に 対 虚 しても 弱 い 反 応 しか 呈 すこ とができない

10 症 例 1 20 才 の 男 子 学 生 今 朝 から 少 し 頭 が 重 かったが 講 義 に 無 理 を して 出 ていたところ 夕 方 4 時 頃 から 頭 痛 が 強 まり 熱 感 も 出 てきた 午 後 5 時 来 院 体 温 は 38.5 脈 は 浮 数 実 で 舌 に 著 変 なし 自 然 発 汗 の 傾 向 は なく 後 頭 部 から 肩 甲 間 部 にか けて 背 筋 が 強 くこっている 自 覚 的 にも 後 頭 部 の 緊 迫 感 がある 症 例 2 20 才 の 女 子 学 生 ここ 数 日 精 神 的 なス トレスが 重 なったためか 熟 睡 できなかっ た 今 日 の 昼 頃 から 軽 い 頭 重 感 と 身 体 の 違 和 感 があった 夕 方 になると 咽 頭 痛 と 悪 寒 が 加 わったが 家 庭 教 師 のアルバイ トがあり 無 理 をして 出 かけた これを 終 える 頃 から 本 格 的 に 気 分 が 悪 くなった ため 受 診 脈 はやや 浮 で 弱 舌 には 特 変 がない 手 足 が 冷 えており 顔 色 もさえ ない 日 頃 の 元 気 がすっかり 失 せている 自 汗 の 傾 向 はなく 体 温 が37.4 であ るのに 熱 感 がなく ひたすらゾクゾクと 寒 いという 陽 証 の 病 態 麻 黄 湯 : 喀 痰 咳 嗽 発 熱 葛 根 湯 : 発 熱 咳 嗽 項 背 部 のこり 小 青 竜 湯 : 水 様 鼻 汁 咳 嗽 桂 枝 湯 : 発 熱 頭 痛 陰 証 の 病 態 麻 黄 附 子 細 辛 湯 : 咳 嗽 咽 頭 痛 真 武 湯 : 頭 痛

11 II. 漢 方 の 基 本 概 念 と 診 断 法 3. 寒 熱 (かんねつ) 生 体 が 外 乱 因 子 によって 恒 常 性 を 乱 された 場 合 生 体 が 呈 する 病 状 が 熱 性 ( 熱 感 充 血 局 所 温 度 の 上 昇 )であるか 寒 性 ( 冷 感 冷 え 血 流 の 低 下 局 所 温 度 の 低 下 )であるか 分 かつ 考 え 方 である 寒 熱 の 認 識 は 陰 陽 の 認 識 の 一 部 を 構 成 する 要 素 であるが もっぱら 局 所 的 な 病 状 の 認 識 法 として 用 いられる 熱 証 の 所 見 として 顔 面 の 充 血 紅 潮 口 渇 頻 脈 灼 熱 性 の 疼 痛 などがあり 寒 証 の 所 見 として 顔 面 蒼 白 徐 脈 四 肢 の 冷 えなどがある 同 一 人 に 寒 熱 が 混 在 することも 多 く 上 熱 下 寒 ( 上 部 に 熱 感 があり 下 半 身 に 冷 えがある)などがその 例 である

12 熱 真 熱 仮 寒 上 熱 下 寒 黄 連 解 毒 湯 など 白 虎 加 人 参 湯 四 逆 散 など 加 味 逍 遥 散 苓 桂 朮 甘 湯 など 四 肢 厥 冷 寒 真 寒 仮 熱 当 帰 四 逆 湯 など 真 武 湯 人 参 湯 など 四 逆 湯 など

13 寒 熱 に 基 づいた 方 剤 の 選 択 法 主 訴 ) 蕁 麻 疹 症 例 A) 40 才 男 性 時 々 生 じる 蕁 麻 疹 で 来 院 赤 ら 顔 で 暑 がり 他 覚 所 見 として 脈 候 はやや 沈 実 舌 候 は 紅 舌 黄 苔 腹 候 は 腹 力 実 解 答 : 黄 連 解 毒 湯 ( 少 陽 病 期 実 証 ) 症 例 B) 36 才 女 性 時 々 生 じる 蕁 麻 疹 で 来 院 上 半 身 はそれほどでも ないが 下 肢 は 少 し 冷 える 蕁 麻 疹 発 症 時 に 時 に 熱 感 とたまに カーと 上 半 身 が 熱 くなることがある 他 覚 所 見 として 脈 候 は 弦 で 弱 舌 候 は 紅 舌 白 苔 腹 候 は 腹 力 やや 軟 解 答 : 加 味 逍 遥 散 ( 少 陽 病 期 虚 証 )

14 II. 漢 方 の 基 本 概 念 と 診 断 法 4. 表 裏 (ひょうり) 表 証 とは 頭 痛 発 熱 項 背 筋 のこわばり 関 節 痛 など 体 表 部 に 症 状 が 表 出 されている 状 態 をいう これに 対 して 裏 証 とは 腹 満 下 痢 便 秘 などの 症 候 から 成 り 立 っている また 咳 嗽 胸 痛 などの 胸 郭 内 症 状 や 悪 心 嘔 吐 など 上 部 消 化 器 症 状 は 半 表 半 裏 (はんぴょうはんり) としてとらえる 次 に 述 べる 六 病 位 に 照 らし 合 わせると 表 証 は 太 陽 病 期 (たいようびょうき) 半 表 半 裏 証 は 少 陽 病 期 (しょうようびょ うき) 裏 証 は 陽 明 病 期 (ようめいびょうき)から 厥 陰 病 期 (けっち んびょうき)に 対 応 する 例 えば 葛 根 湯 陰 陽 では 陽 証 虚 実 では 実 証 寒 熱 では 熱 証 表 裏 では 表 証 六 病 位 では 太 陽 病 気 血 水 では 気 鬱 五 臓 論 では 肺 特 徴 項 背 の 強 ばり

15 表 証 とは 頭 痛 発 熱 項 背 筋 のこわばり 関 節 痛 など 体 表 部 に 症 状 が 表 出 されている 状 態 半 表 半 裏 (はんぴょうはん り)とは 咳 嗽 胸 痛 などの 胸 郭 内 症 状 や 悪 心 嘔 吐 など 上 部 消 化 器 症 状 裏 証 とは 腹 満 下 痢 便 秘 などの 症 候 から 成 り 立 ってい る

16 主 訴 ) 下 痢 表 裏 に 基 づいた 方 剤 の 選 択 法 症 例 A) 今 朝 から 頭 痛 悪 寒 発 熱 があり 食 欲 不 振 と 下 痢 がある 他 覚 所 見 として 手 足 は 冷 たく 脈 候 はやや 浮 虚 舌 候 は 紅 舌 白 苔 腹 候 は 腹 力 軟 弱 で 振 水 音 を 認 める 解 答 : 桂 枝 人 参 湯 構 成 生 薬 : 桂 皮 人 参 白 朮 甘 草 乾 姜 症 例 B) 元 来 食 が 細 く 疲 れやすい 数 ヶ 月 前 から 下 痢 を 時 々 生 じるようにな った また 腹 部 を 中 心 に 冷 えを 自 覚 する 他 覚 所 見 として 脈 候 はやや 沈 で 弱 舌 候 は 紅 舌 白 苔 腹 候 は 腹 力 軟 弱 で 振 水 音 を 認 める 解 答 : 人 参 湯 構 成 生 薬 : 人 参 白 朮 甘 草 乾 姜

17 陰 陽 虚 実 に 表 裏 を 加 えた 概 念 図 ウイルス 性 胃 腸 炎 に 用 いられる 漢 方 薬 実 裏 にちかい 葛 根 湯 黄 芩 湯 表 実 陰 麻 黄 湯 葛 根 湯 真 武 湯 桂 枝 人 参 湯 五 苓 散 陽 陰 麻 黄 附 子 細 辛 湯 桂 枝 麻 黄 各 半 湯 桂 枝 二 越 婢 一 湯 陽 虚 真 武 湯 桂 枝 人 参 湯 虚 桂 枝 湯 小 青 竜 湯 表 証 と 裏 証 の 両 面 をもつ

18 陰 陽 と 虚 実 寒 熱 表 裏 の 関 係 実 虚 陽 熱 寒 陰 表 裏

19 II. 漢 方 の 基 本 概 念 と 診 断 法 5. 六 病 位 (ろくびょうい) 疾 病 状 態 は 生 体 の 側 の 気 血 水 の 量 と 外 乱 因 子 の 変 化 に 伴 い 時 々 刻 々と 流 動 するという 理 念 が 六 病 位 による 疾 病 のステージ 分 類 である 疾 病 のステージを 陽 と 陰 に 大 別 し 陽 の 群 を 太 陽 病 期 少 陽 病 期 陽 明 病 期 に 分 け 陰 の 群 を 太 陰 病 期 少 陰 病 期 厥 陰 病 期 に 分 類 する 前 述 した 証 は 時 々 刻 々と 変 化 する というのは この 概 念 に 基 づき 病 態 が 変 化 すると 考 えるからである 例 えば かぜのひき 初 めには 太 陽 病 期 の 症 状 がしばしば 認 められる それが 治 癒 せず 進 行 すると 食 欲 不 振 や 弛 張 熱 などの 症 状 が 現 れ 少 陽 病 期 に 移 行 する さらに 高 熱 が 遷 延 する 陽 明 病 期 や 体 力 の 極 端 に 疲 弊 した 太 陰 少 陰 病 期 に 移 行 し ていく 厥 陰 病 期 は 重 篤 な 肺 炎 などに 移 行 した 末 期 的 な 病 状 である

20 水 際 病 毒 体 力 内 陸 首 都 圏 首 都 裏 表 半 表 半 裏 太 陽 病 期 少 陽 病 期 陽 明 病 期 太 陰 病 期 少 陰 病 期 厥 陰 病 期

21 六 病 位 における 主 要 症 状 と 主 な 治 療 方 剤 陰 陽 病 位 主 要 症 候 主 な 治 療 方 剤 陽 証 太 陽 病 期 悪 寒 発 熱 頭 痛 項 背 部 のこわばり 疼 痛 関 節 痛 葛 根 湯 小 青 竜 湯 少 陽 病 期 悪 心 嘔 吐 食 欲 不 振 胸 内 苦 悶 弛 張 熱 小 柴 胡 湯 半 夏 厚 朴 湯 陽 明 病 期 腹 満 便 秘 口 渇 身 体 深 部 の 熱 感 大 承 気 湯 白 虎 加 人 参 湯 陰 証 太 陰 病 期 腹 満 腹 痛 食 欲 不 振 下 痢 腹 の 冷 え 少 陰 病 期 全 身 倦 怠 感 手 足 の 冷 え 背 部 悪 寒 胸 内 苦 悶 下 痢 厥 陰 病 期 全 身 の 冷 え 不 消 化 下 痢 便 口 内 乾 燥 胸 内 苦 悶 小 建 中 湯 当 帰 芍 薬 散 真 武 湯 麻 黄 附 子 細 辛 湯 茯 苓 四 逆 湯

22 六 病 位 に 基 づいた 方 剤 の 選 択 法 主 訴 ) 咳 痰 症 例 A) 今 朝 から 悪 寒 発 熱 があり 喀 痰 を 伴 う 咳 嗽 がある 自 汗 はない 他 覚 所 見 として 脈 候 は 浮 実 舌 候 は 紅 舌 白 苔 腹 候 は 腹 力 中 等 度 胸 脇 苦 満 を 認 める 解 答 : 麻 黄 湯 ( 太 陽 病 期 陽 証 実 証 表 証 熱 証 ) 構 成 生 薬 : 麻 黄 杏 仁 桂 皮 甘 草 症 例 B) 一 週 間 前 から 喀 痰 を 伴 う 咳 嗽 がある 夕 方 に 熱 っぽい 自 汗 と 口 渇 がある 他 覚 所 見 として 脈 候 はやや 浮 で 弦 実 舌 候 は 紅 舌 白 苔 腹 候 は 腹 力 中 等 度 解 答 : 麻 杏 甘 石 湯 ( 少 陽 病 期 陽 証 実 証 半 表 半 裏 証 熱 証 ) 構 成 生 薬 : 麻 黄 杏 仁 石 膏 甘 草

23 麻 黄 湯 と 麻 杏 甘 石 湯 麻 黄 杏 仁 + 桂 皮 = 麻 黄 湯 陽 実 表 証 太 陽 病 甘 草 + 石 膏 = 麻 杏 甘 石 湯 陽 実 半 表 半 裏 証 少 陽 病

24 6. 気 血 水 この 概 念 は 気 血 水 が 生 体 の 基 本 をなすという 東 洋 医 学 の 理 念 に 基 づ き 気 血 水 の 不 調 により 病 気 が 生 ずるとする 考 え 方 である 気 血 水 のいずれが 主 役 となるかで 病 状 も 異 なり 治 療 方 針 も 違 ってくる 以 下 にその 病 状 と 治 療 の 主 体 となる 漢 方 薬 を 概 説 する 1) 気 気 とは 生 命 活 動 を 営 む 根 源 的 なエネルギーである 気 の 異 常 による 病 態 には 次 の3つがある 気 虚 (ききょ): 気 の 量 に 不 足 を 生 じた 病 態 である 生 命 体 としての 活 力 の 低 下 として 表 現 される 治 療 薬 として 薬 用 人 参 を 主 体 とした 人 参 湯 類 と 桂 皮 を 主 体 とした 桂 枝 湯 類 が 用 いられる

25 気 欝 (きうつ): 本 来 順 調 に 体 内 を 巡 っている 気 の 循 環 に 停 滞 を 来 した 病 態 である 停 滞 した 部 位 により 種 々の 症 状 を 呈 する 治 療 薬 として 香 蘇 散 や 半 夏 厚 朴 湯 などが 用 いられる

26 気 逆 (きぎゃく): 気 の 循 環 の 失 調 した 病 態 である 腹 部 を 起 点 に 胸 内 に 動 悸 を 生 じ さら に 頭 痛 などを 起 こすもの 胸 部 を 起 点 に 咳 嗽 胸 満 感 を 伴 って 咽 喉 部 絞 扼 感 顔 面 紅 潮 怒 責 などを 起 こすもの 心 窩 部 の 不 快 感 で 発 し 胃 液 を 吐 出 するもの 四 肢 末 梢 を 起 点 として 冷 痛 が 中 枢 側 へ 波 及 するもの が 認 められる 治 療 方 剤 として 桂 皮 甘 草 を 配 剤 する 桂 枝 人 参 湯 苓 桂 甘 棗 湯 桂 枝 加 竜 骨 牡 蛎 湯 や 加 味 逍 遥 散 呉 茱 萸 湯 などが 用 いられる

27 気 虚 気 欝 気 逆 主 症 状 身 体 がだるい 気 力 がない 疲 れやすい 食 欲 不 振 風 邪 をひきやすい 抑 うつ 傾 向 喉 のつかえ 季 肋 部 のつかえ 感 腹 部 膨 満 感 朝 調 子 が 悪 い 冷 えのぼせ 動 悸 発 作 発 作 性 に 生 じる 症 状 ( 頭 痛 咳 腹 痛 ) 顔 面 紅 潮 臨 床 応 用 消 化 器 疾 患 悪 性 腫 瘍 諸 疾 患 の 重 症 時 高 齢 者 の 諸 疾 患 など うつ 状 態 咽 喉 神 経 症 喘 息 過 敏 性 腸 症 候 群 頭 痛 症 など 片 頭 痛 不 整 脈 喘 息 発 作 過 敏 性 腸 症 候 群 更 年 期 障 害 など 使 用 方 剤 人 参 湯 類 ( 人 参 湯 六 君 子 湯 ) 桂 枝 湯 類 ( 桂 枝 湯 小 建 中 湯 )など 香 蘇 散 半 夏 厚 朴 湯 など 桂 枝 人 参 湯 加 味 逍 遥 散 苓 桂 甘 棗 湯 など

28 2) 血 血 とは 血 液 のみを 指 すのでなく 東 洋 医 学 では 生 体 の 物 質 的 側 面 を 支 え る 赤 色 の 液 体 を 意 味 する このことから 皮 膚 や 毛 髪 感 覚 器 の 異 常 も 血 の 異 常 として 捉 える 血 の 異 常 による 病 態 には 次 の2つがある 血 虚 (けっきょ): 血 の 量 に 不 足 を 生 じた 病 態 である 消 耗 性 疾 患 外 科 的 侵 襲 消 化 管 出 血 不 正 性 器 出 血 などの 血 の 消 費 の 亢 進 や 成 長 に 見 合 った 血 の 生 成 ができない 薬 物 などにより 血 の 生 成 が 障 害 されるなど によりもたらされる 治 療 方 剤 として 四 物 湯 や 芎 帰 膠 艾 湯 が 代 表 的 であ る 術 後 などで 気 虚 を 伴 う 場 合 は 十 全 大 補 湯 なども 頻 用 されている

29 瘀 血 (おけつ): 気 とともに 体 内 を 順 調 に 巡 るべき 血 の 流 通 に 障 害 をきたした 病 態 である 外 的 なストレス( 寒 湿 熱 ) 打 撲 手 術 の 他 に 精 神 的 ストレス 運 動 不 足 睡 眠 不 足 便 秘 などによりもたらされる 桃 核 承 気 湯 桂 枝 茯 苓 丸 当 帰 芍 薬 散 などが 代 表 的 な 瘀 血 改 善 薬 である

30 主 症 状 血 虚 貧 血 肌 荒 れ 脱 毛 眼 精 疲 労 耳 鳴 筋 力 低 下 瘀 血 肩 こり 生 理 不 順 便 秘 しみ そばかす 臨 床 応 用 皮 膚 科 疾 患 神 経 筋 疾 患 術 後 諸 疾 患 に 随 伴 する 貧 血 など 婦 人 科 疾 患 動 脈 硬 化 性 疾 患 皮 膚 科 精 神 科 疾 患 外 傷 など 使 用 方 剤 四 物 湯 芎 帰 膠 艾 湯 など 桃 核 承 気 湯 桂 枝 茯 苓 丸 当 帰 芍 薬 散 など

31 3) 水 水 とは 生 体 の 物 質 的 側 面 を 支 える 無 色 の 液 体 である この 水 が 偏 在 し た 病 態 を 水 滞 (すいたい)あるいは 水 毒 (すいどく)という 外 乱 因 子 ( 風 寒 湿 )あるいは 気 血 の 異 常 ( 気 虚 瘀 血 ) 五 臓 の 異 常 ( 特 に 腎 )によって 生 じる 水 滞 の 生 じる 部 位 で 適 応 となる 方 剤 も 選 択 される 身 体 の 重 い 感 じ めまいなどを 主 とする 全 身 型 では 五 苓 散 や 真 武 湯 朝 のこわばり 関 節 痛 を 主 とする 皮 膚 関 節 型 では 桂 枝 二 越 脾 一 湯 や 防 己 黄 耆 湯 喘 息 などの 胸 内 型 で 水 様 鼻 汁 を 伴 う 場 合 は 小 青 竜 湯 つわりなどの 悪 心 嘔 吐 などの 心 下 型 では 小 半 夏 加 茯 苓 湯 など がその 例 である

32 全 身 型 皮 膚 関 節 型 胸 内 型 心 下 型 主 症 状 身 体 がだるい 全 身 のむくみ 下 痢 めまい 感 立 ちくらみ 尿 利 異 常 こわばり 関 節 腫 脹 皮 疹 水 様 鼻 汁 喘 鳴 悪 心 嘔 吐 臨 床 応 用 浮 腫 性 疾 患 自 律 神 経 失 調 症 めまい 症 泌 尿 器 科 疾 患 消 化 器 疾 患 など 頸 椎 症 関 節 リウマチ 変 形 性 膝 関 節 症 皮 膚 疾 患 など アレルギー 性 鼻 炎 気 管 支 喘 息 心 不 全 など 逆 流 性 食 道 炎 機 能 性 胃 腸 症 など 使 用 方 剤 五 苓 散 真 武 湯 など 桂 枝 二 越 脾 一 湯 防 己 黄 耆 湯 など 小 青 竜 湯 など 小 半 夏 加 茯 苓 湯 など

33 気 血 水 の 概 念 による 処 方 の 選 択 法 1) 主 症 状 を 気 血 水 の 概 念 にあてはめて 処 方 群 を 選 択 する 2)その 処 方 群 の 中 で 陰 陽 虚 実 等 の 概 念 を 導 入 し 処 方 を 絞 る 例 : 生 理 不 順 瘀 血 の 処 方 群 を 選 択 陰 陽 虚 実 から 処 方 を 絞 る 特 異 的 症 候 から 処 方 を 絞 る 例 : 陽 実 証 例 :のぼせ 桃 核 承 気 湯 大 黄 牡 丹 皮 湯 桂 枝 茯 苓 丸 加 味 逍 遥 散 当 帰 芍 薬 散 桃 核 承 気 湯 大 黄 牡 丹 皮 湯 桃 核 承 気 湯

34 主 訴 )めまい ふらつき 気 血 水 による 処 方 の 選 択 法 症 例 A) 出 産 後 めまい ふらつき 感 が 生 じ 増 悪 傾 向 にある 自 覚 的 には 冷 え 性 で 尿 不 利 雲 の 上 を 歩 いているような 感 じがする 他 覚 所 見 として 脈 候 は 沈 細 舌 候 は 紅 舌 白 苔 腹 候 は 腹 力 軟 臍 上 悸 を 認 める 解 答 : 真 武 湯 陰 虚 証 少 陰 病 期 水 滞 構 成 生 薬 : 茯 苓 芍 薬 白 朮 生 姜 附 子 症 例 B) たまに めまい ふらつき 感 が 生 じ 最 近 増 悪 傾 向 にある 自 覚 的 には 冷 え 性 で 尿 不 利 肩 こりが 著 しい 生 理 は 不 順 傾 向 他 覚 所 見 として 脈 候 は 沈 細 舌 候 は 紅 舌 白 苔 腹 候 は 腹 力 軟 左 右 臍 傍 の 圧 痛 を 認 め る 解 答 : 当 帰 芍 薬 散 陰 虚 証 太 陰 病 期 瘀 血 構 成 生 薬 : 当 帰 芍 薬 川 芎 茯 苓 沢 瀉 蒼 朮

35 気 血 水 と 方 剤 の 関 係 人 参 湯 類 桂 枝 湯 類 十 全 大 補 湯 など 気 半 夏 白 朮 天 麻 湯 など 血 水 四 物 湯 類 五 苓 散 真 武 湯 など 心 身 一 如 当 帰 芍 薬 散 など 疾 病 の 発 現 と 助 長 において 心 と 身 体 とが 密 接 不 可 分 の 相 関 関 係 にあることを 約 言 した 語 で 東 洋 と 西 洋 とを 問 わず 古 代 医 学 が 本 質 的 に 具 有 した 最 も 重 要 な 理 念 の 一 つ

36 7. 五 臓 この 概 念 は 体 内 の 諸 器 官 を 五 臓 に 分 け( 現 在 の5つの 臓 器 と 重 なる 部 分 はあるが 同 一 ではない) 各 臓 器 の 異 常 がどのような 病 症 をおこす かにより 成 り 立 つ 考 え 方 である その 五 臓 の 働 きと 失 調 病 態 を 概 説 す る また 五 臓 は 互 いに 影 響 を 及 ぼし 相 生 相 剋 関 係 を 形 成 する 1) 肝 : 肝 は 精 神 活 動 を 安 定 化 させる 新 陳 代 謝 を 行 う 血 を 貯 蔵 し 全 身 に 栄 養 を 供 給 する 骨 格 筋 の 緊 張 を 維 持 するなどの 働 きをする 肝 の 異 常 により 痙 攣 発 作 易 怒 性 栄 養 不 良 眼 精 疲 労 爪 の 成 長 異 常 などが 生 じる 治 療 方 剤 として 抑 肝 散 釣 藤 散 などの 処 方 があ る

37 2) 心 : 心 は 意 識 水 準 を 保 つ 覚 醒 睡 眠 のリズムを 調 整 する 血 を 循 環 させるなどの 働 きをする 心 の 異 常 により 失 神 不 眠 逆 上 感 不 安 感 動 悸 舌 炎 などが 生 じる 治 療 方 剤 として 黄 連 解 毒 湯 半 夏 瀉 心 湯 などがある 3) 脾 : 脾 は 食 物 を 吸 収 し 水 穀 の 器 を 生 成 する 血 の 流 通 をなめらか にし 血 管 からの 漏 出 を 防 ぐ 筋 肉 の 形 成 維 持 を 行 うなどの 働 きをす る 脾 の 異 常 により 焦 燥 感 抑 うつ 易 疲 労 筋 力 低 下 出 血 傾 向 食 欲 低 下 下 痢 口 角 炎 などが 生 じる 治 療 方 剤 として 人 参 湯 六 君 子 湯 などがある

38 4) 肺 : 肺 は 呼 吸 により 気 を 取 り 入 れてその 一 部 を 赤 色 化 し 血 を 生 成 し 一 部 を 水 に 転 化 する 皮 膚 の 機 能 を 制 御 し その 防 衛 力 を 保 持 するなど の 働 きをする 肺 の 異 常 により 憂 うつ 易 感 染 性 鼻 閉 呼 吸 困 難 病 的 な 発 汗 などが 生 じる 治 療 方 剤 として 小 青 竜 湯 麦 門 冬 湯 などが ある 5) 腎 : 腎 は 成 長 発 育 生 殖 能 を 制 御 し 骨 歯 牙 の 形 成 と 維 持 水 分 代 謝 の 調 整 呼 吸 能 の 維 持 思 考 力 判 断 力 集 中 力 を 維 持 するなど の 働 きをする 腎 の 異 常 により 易 驚 性 発 育 不 良 インポテンツ 骨 代 謝 異 常 水 分 代 謝 異 常 排 尿 障 害 腟 炎 難 聴 などが 生 じる 治 療 方 剤 として 八 味 地 黄 丸 牛 車 腎 気 丸 などがある

39 五 臓 論 による 処 方 の 選 択 法 主 訴 ) 全 身 倦 怠 感 症 例 A) 55 才 男 性 最 近 仕 事 が 忙 しく 過 労 気 味 であった 全 身 倦 怠 感 も 自 覚 するようになったため 近 医 で 諸 検 査 を 受 けたが 明 らかな 異 常 所 見 を 認 めず 全 身 倦 怠 感 とともに 食 欲 不 振 冷 えも 生 じてきた ため 当 科 を 初 診 した 他 覚 所 見 として 脈 候 は 沈 細 舌 候 は 紅 舌 白 苔 で 舌 縁 に 歯 痕 を 認 める 腹 候 は 腹 力 軟 心 下 痞 鞕 を 認 める 解 答 : 人 参 湯 陰 虚 証 太 陰 病 期 脾 虚 症 例 B) 70 才 男 性 最 近 全 身 倦 怠 感 が 続 くため 当 科 を 初 診 した 食 欲 は 以 前 と 変 わらない 時 に 腰 痛 を 自 覚 し 夜 間 尿 も 一 晩 に2 回 ほど ある 下 肢 は 冷 える 他 覚 所 見 として 脈 候 は 沈 細 舌 候 は 紅 舌 で 鏡 面 舌 腹 候 は 腹 力 軟 小 腹 不 仁 を 認 める 解 答 : 八 味 地 黄 丸 陰 虚 証 太 陰 病 期 腎 虚

40 五 臓 の 相 生 相 剋 関 係 木 腹 が 立 つ 肝 水 腎 心 火 イライラ 動 悸 肺 脾 食 欲 低 下 金 土 相 生 関 係 相 剋 関 係

41 漢 方 の 基 本 概 念 の 臨 床 応 用 八 綱 時 間 経 過 で 考 えやすい 六 病 位 愁 訴 気 血 水 の 概 念 に あてはめやすい 気 血 水 五 臓 の 異 常 ととらえると 考 えやすい 五 臓 論

<4D F736F F F696E74202D2093FA8FED906697C382C996F097A782C28ABF95FB2E707074>

<4D F736F F F696E74202D2093FA8FED906697C382C996F097A782C28ABF95FB2E707074> 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 168 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 20 年 (2008)3 月 13 日 入 門 講 座 はじめての 漢 方 診 療 (6) 診 察 の 実 際 : 四 診 飯 塚 病 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 N5 N5 漢 方 漢 方 中 国 由 来 の 医 学 漢 とは 中 国 のことを 指 す 漢

More information

スライド 1

スライド 1 青 竜 塾 平 成 27 年 度 第 4 回 漢 方 生 薬 と 方 剤 滋 陰 剤 医 療 法 人 社 団 ひのき 会 証 クリニック 吉 祥 寺 神 田 檜 山 幸 孝 http://www.kampo-future.com 虚 実 寒 熱 の2 次 元 座 標 における 方 剤 の 位 置 http://www.kampo-future.com 陰 陽 虚 実 の2 次 元 座 標 における

More information

第37回 漢方で見える!聞こえる!(漢方)

第37回 漢方で見える!聞こえる!(漢方) 第 37 回 漢 方 教 室 ( 漢 方 ) 漢 方 で 見 える! 聞 こえる!- 目 や 耳 の 病 気 は 漢 方 で 治 せるか?- Ⅰ. 漢 方 治 療 の 適 応 1 西 洋 医 学 と 漢 方 の 病 気 に 対 するアプローチの 違 い 漢 方 : 患 者 側 からのアプローチ 不 快 な 自 覚 症 状 など ホスト 側 ( 生 体 側 )に 着 目 ホストの defense 力

More information

<タイトル>DES被害の軌跡(1)

<タイトル>DES被害の軌跡(1) 書 評 : 平 成 薬 証 論 を 読 んで 野 口 衛 私 は, 平 成 22 年 12 月 6 日 より 同 20 日 まで, 糖 尿 病 の 検 査 のため 大 阪 市 内 の 西 淀 病 院 に 入 院 することになり,この 間 に 標 記 著 作 に 目 を 通 すことにした そこで, 以 下 に, 簡 単 にその 感 想 を 述 べることにする 1 は じ め に 本 書 の 著 者 渡

More information

Microsoft PowerPoint - 漢方講座.ppt

Microsoft PowerPoint - 漢方講座.ppt 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 165 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 19 年 (2007)11 月 8 日 入 門 講 座 はじめての 漢 方 診 療 (4) 少 陽 2) 諸 方 と 運 用 飯 塚 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 しょう 漢 方 医 学 的 な 態 ( 証 )の 二 大 別 N8 陽 証 陰 証 陽 性 の 態

More information

一般用漢方製剤の添付文書等に記載する使用上の注意の一部改正について_3

一般用漢方製剤の添付文書等に記載する使用上の注意の一部改正について_3 143. 十 全 大 補 湯 添 付 文 書 等 に 記 載 すべき 事 項 してはいけないこと ( 守 らないと 現 在 の 症 状 が 悪 化 したり 副 作 用 が 起 こりやすくなる) 次 の 人 は 服 用 しないこと 相 談 すること 1. 次 の 人 は 服 用 前 に 医 師 薬 剤 師 又 は 登 録 販 売 者 に 相 談 すること (3) 胃 腸 の 弱 い 人 (4) 高 齢

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版)

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版) 表 1. 臨 床 検 査 値 の 異 常 変 動 を 有 害 事 象 と 判 断 するための 基 準 臨 床 検 査 項 目 赤 血 球 数 ヘモグロビン 量 ヘマトクリット 値 白 血 球 数 好 酸 球 数 血 小 板 数 AST(GOT) ALT(GPT) γ-gtp ALP LDH LAP CK 総 ビリルビン 直 接 ビリルビン 血 清 クレアチニン BUN Na K Cl 血 糖 ( 空

More information

症 状 斑 点 赤 い- 血 熱 血 瘀 白 い- 血 虚 気 滞 発 疹 血 熱 風 風 熱 疱 水 痘 - 湿 熱 膿 疱 - 熱 風 団 ( 皮 膚 面 に 急 に 盛 り 上 がってくるもの)- 風 風 熱 風 寒 落 屑 熱 血 虚 びらん 湿 湿 熱 かさぶた 痂 皮 (かひ) 膿 がた

症 状 斑 点 赤 い- 血 熱 血 瘀 白 い- 血 虚 気 滞 発 疹 血 熱 風 風 熱 疱 水 痘 - 湿 熱 膿 疱 - 熱 風 団 ( 皮 膚 面 に 急 に 盛 り 上 がってくるもの)- 風 風 熱 風 寒 落 屑 熱 血 虚 びらん 湿 湿 熱 かさぶた 痂 皮 (かひ) 膿 がた 皮 膚 病 病 理 外 邪 --- 風 邪 病 気 の 出 方 突 発 速 やかに 消 える あちこちに 出 来 る 移 動 する 全 身 に 広 がる かゆみを 伴 う 湿 性 はあまりない ( 風 湿 は 別 ) 風 寒 --- 冷 風 に 当 ると 出 る 寒 気 を 伴 う 風 熱 --- 熱 赤 み 風 湿 湿 邪 病 気 の 出 方 水 痘 湿 潤 分 泌 物 多 い 糜 爛 し 易 い

More information

3_62-95

3_62-95 六 二 疼 痛 沈 遅 枝 加 芍 藥 生 姜 各 一 両 人 参 三 両 新 加 沈 証 過 多 遅 足 証 残 存 筋 養 疼 痛 枝 調 栄 衛 加 芍 藥 滋 養 栄 枝 加 芍 藥 生 姜 各 加 生 姜 温 補 焦 一 両 人 参 新 加 人 参 三 両 益 生 津 過 多 は 沈 遅 舌 は 正 常 枝 加 芍 藥 生 姜 各 一 両 人 参 三 両 新 加 の 証 方 意 悪 風 風

More information

Microsoft PowerPoint - 筑豊漢方女性.ppt

Microsoft PowerPoint - 筑豊漢方女性.ppt 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 152 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 18 年 (2006)3 月 9 日 女 性 のための 漢 方 ~ 当 帰 芍 薬 散, 加 味 逍 遥 散, 桂 枝 茯 苓 丸 を 中 心 に~ 飯 塚 病 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 しょう 漢 方 医 学 的 な 病 態 ( 証 )の 二 大 別 陽

More information

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況 市 販 直 後 調 査 平 成 26 年 5 月 ~ 平 成 26 年 11 月 製 造 販 売 :サノフィ 株 式 会 社 163-1488 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 三 丁 目 20 番 2 号 発 売 4 ヵ 月 間 の 副 作 用 発 現 状 況 謹 啓 先 生 方 におかれましては 時 下 ますますご 清 祥 のことと お 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 が 製

More information

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦 36 36 野 崎 京 子 野 崎 長 阪 府 推 薦 136 奈 川 県 ペ 麻 酔 京 都 部 卒 京 都 部 麻 酔 入 局 後 北 野 阪 市 国 立 京 都 阪 赤 十 字 住 友 阪 市 17 3 月 阪 府 豊 中 市 ペ 野 崎 長 阪 府 面 肝 玉 母 ド 頼 長 福 田 正 博 氏 評 博 3 男 1 女 母 顔 著 書 安 向 マガジハ 野 崎 http://www.myclinic.ne.jp/nozaki/

More information

51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100

51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 別 紙 一 連 番 号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 催 眠 鎮 静 薬 1-1 催 眠 鎮 静 薬 2-1 催 眠 鎮 静 薬 3-1 鎮 暈 薬

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

Microsoft PowerPoint - 大野Dr..ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 大野Dr..ppt [互換モード] 運 動 における 安 全 管 理 バイタルサインということばを ご 存 じですか? ヒトの 生 命 に 基 本 的 な 徴 候 生 命 の 維 持 に 直 接 関 係 する 安 全 管 理 に 最 低 必 要 な 情 報 脈 拍 呼 吸 体 温 血 圧 意 識 状 態 など 脈 拍 をどこで 測 るかご 存 じですか? 脈 拍 を 測 ってみましょう 親 指 側 の 手 首 に 脈 を 触 れ ます

More information

気血津液学説: :奈良上眞作成

気血津液学説: :奈良上眞作成 大 阪 医 療 技 術 学 園 専 門 学 校 東 洋 医 療 技 術 教 員 養 成 学 科 講 義 ノート 気 血 津 液 学 説 気 ( 簡 略 解 説 ) 奈 良 上 眞 参 考 文 献 呉 敦 序 主 編 : 中 医 基 礎 理 論, 上 海 科 学 技 術 出 版 社,1995, 中 国 上 海. 気 血 津 液 気 血 津 液 人 体 の 生 命 活 動 を 維 持 する 基 本 物

More information

スライド 1

スライド 1 NPO 法 人 健 康 医 療 開 発 機 構 第 7 回 シンポジウム 未 来 志 向 の 漢 方 ポジティブな 多 世 代 共 生 社 会 を 目 指 して 2014 年 3 月 2 日 学 士 会 館 漢 方 への 期 待 ~ 国 民 の 目 線 から NPO 法 人 みんなの 漢 方 理 事 長 女 性 医 療 ジャーナリスト 増 田 美 加 長 年 の 取 材 を 通 して 感 じたこと

More information

Microsoft PowerPoint - 高齢者.ppt

Microsoft PowerPoint - 高齢者.ppt 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 154 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 18 年 (2006)7 月 13 日 高 齢 者 のための 漢 方 治 療 ~ 尿 路 不 定 愁 訴 痛 み ほてり 感 不 眠 など~ 飯 塚 病 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 八 味 地 黄 丸 の 投 与 基 準 P19 ( 厚 生 省 長 寿 科 学

More information

<4D F736F F F696E74202D2093FA8FED906697C382C996F097A782C28ABF95FB2E707074>

<4D F736F F F696E74202D2093FA8FED906697C382C996F097A782C28ABF95FB2E707074> 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 173 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 20 年 (2008)11 月 13 日 入 門 講 座 はじめての 漢 方 診 療 (11) 気 の 異 常 とその 治 療 飯 塚 病 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 21 世 紀 の 医 療 における 知 の 創 造 漢 方 中 国 由 来 の 医 学 漢

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

メイン・サブ記事一覧2

メイン・サブ記事一覧2 591 ガンの 三 大 療 法 ( 外 科 抗 ガン 剤 放 射 線 ) 後 遺 症 副 作 用 に 可 視 総 合 光 線 療 法 で 効 果 が 見 られた 症 例 いぼに 対 する 可 視 総 合 光 線 療 法 平 成 27 年 8 月 590 589 588 587 586 585 584 583 582 581 580 579 578 577 576 575 574 573 股 関 節

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

51 胃 腸 薬 3-2 胃 腸 鎮 痛 剤 3 号 A 52 胃 腸 薬 4-2 胃 腸 鎮 痛 剤 4 号 A 53 胃 腸 薬 5-1 健 胃 消 化 剤 1 号 A 54 胃 腸 薬 6-2 胃 腸 鎮 痛 剤 5 号 A 55 胃 腸 薬 7-1 センブリ 重 曹 散 56 胃 腸 薬 8

51 胃 腸 薬 3-2 胃 腸 鎮 痛 剤 3 号 A 52 胃 腸 薬 4-2 胃 腸 鎮 痛 剤 4 号 A 53 胃 腸 薬 5-1 健 胃 消 化 剤 1 号 A 54 胃 腸 薬 6-2 胃 腸 鎮 痛 剤 5 号 A 55 胃 腸 薬 7-1 センブリ 重 曹 散 56 胃 腸 薬 8 一 連 番 号 薬 局 製 剤 指 針 による 処 方 番 号 1 催 眠 鎮 静 薬 1-1 催 眠 剤 1 号 A 2 催 眠 鎮 静 薬 2-1 鎮 静 剤 1 号 A 3 催 眠 鎮 静 薬 3-1 催 眠 剤 2 号 A 4 鎮 暈 薬 1-1 よい 止 め 1 号 5 解 熱 鎮 痛 薬 1-2 解 熱 鎮 痛 剤 1 号 A 6 解 熱 鎮 痛 薬 2-3 解 熱 鎮 痛 剤 8 号

More information

更 年 期 障 害 の 所 見 パターンと 臨 床 的 意 味 とまとめ 更 年 期 障 害 症 例 12 症 例 1 更 年 期 障 害 による 全 身 倦 怠 2 膀 胱 炎 女 性 44 歳 銀 行 員 ( 三 十 年 の 軌 跡 P263) 女 性 41 歳 主 婦 ( 新 治 療 法 の

更 年 期 障 害 の 所 見 パターンと 臨 床 的 意 味 とまとめ 更 年 期 障 害 症 例 12 症 例 1 更 年 期 障 害 による 全 身 倦 怠 2 膀 胱 炎 女 性 44 歳 銀 行 員 ( 三 十 年 の 軌 跡 P263) 女 性 41 歳 主 婦 ( 新 治 療 法 の 長 野 式 臨 床 研 究 会 平 成 23 年 第 13 期 マスタークラス 大 阪 セミナーQ&A 第 3 回 23 年 5 月 22 日 テーマ 更 年 期 障 害 講 師 長 野 康 司 1 更 年 期 障 害 更 年 期 とは 卵 巣 機 能 衰 退 消 失 の 時 期 である 生 殖 期 ( 性 成 熟 期 )と 非 生 殖 期 ( 老 年 期 )の 移 行 期 をいう 一 般 的 に

More information

下 記 のような 体 調 変 化 はございますか? 目 のかゆみ 目 のまわりのかゆみ 目 薬 をさしたとき しみること 目 が 充 血 すること 目 が 見 えづらくなる もやがかかったように 見 えること 目 がころころする ショボショボする 涙 が 出 ること 目 のまわりが 黒 くなる まつ

下 記 のような 体 調 変 化 はございますか? 目 のかゆみ 目 のまわりのかゆみ 目 薬 をさしたとき しみること 目 が 充 血 すること 目 が 見 えづらくなる もやがかかったように 見 えること 目 がころころする ショボショボする 涙 が 出 ること 目 のまわりが 黒 くなる まつ の 注 意 事 項 2015 年 6 月 作 成 主 にインタビューフォームと 添 付 文 書 を 参 照 している 重 大 な 副 作 用 と 頻 度 の 高 い 副 作 用 の 一 部 を 抜 粋 しているため すべての 副 作 用 を 網 羅 していない 最 新 の 添 付 文 書 情 報 を 反 映 しているとは 限 らないので 注 意 してください

More information

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎 マイコプラズマ 肺 炎 マイコプラズマ 肺 炎 [ 日 本 での 感 染 症 発 生 動 向 調 査 ] 晩 秋 から 早 春 にかけて 多 い 患 者 の 年 齢 は 幼 児 期 学 童 期 青 年 期 (5 歳 から35 歳 )が 中 心 流 行 は 学 童 から 始 まり 家 庭 内 感 染 へと 広 まる 病 原 体 分 離 例 でみると7 歳 から8 歳 にピーク 5 歳 未 満 の 幼

More information

第32回 漢方でがんと向き合う(漢方)

第32回 漢方でがんと向き合う(漢方) 第 32 回 漢 方 教 室 ( 漢 方 ) 漢 方 でがんと 向 き 合 う- 心 と 体 の 免 疫 力 をアップ- Ⅰ. 日 本 における 漢 方 治 療 の 現 状 西 洋 医 学 を 学 んだ 医 師 と 薬 剤 師 だけが 漢 方 治 療 を 実 践 できる( 免 許 の 一 本 化 ) 保 険 医 療 制 度 の 中 で 西 洋 医 学 治 療 と 同 時 に 漢 方 治 療 を 行

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

Microsoft Word マスターQ&A.doc

Microsoft Word マスターQ&A.doc 長 野 式 臨 床 研 究 会 平 成 20 年 第 10 期 マスタークラス 大 阪 セミナーQ&A 第 6 回 20 年 11 月 23 日 テーマ 動 悸 眩 暈 講 師 長 野 康 司 動 悸 治 療 上 の 注 意 点 まとめ * 動 悸 治 療 のポイント 1 腹 部 瘀 血 処 置 ( 動 悸 治 療 のためには 必 須 ) 2 肝 門 脈 うっ 血 処 置 ( 腹 部 瘀 血 に 連

More information

syounin385

syounin385 1 催 眠 鎮 静 薬 1-1 催 眠 剤 1 号 A 2 催 眠 鎮 静 薬 2-1 鎮 静 剤 1 号 A 3 催 眠 鎮 静 薬 3-1 催 眠 剤 2 号 A 4 鎮 暈 薬 1-1 よい 止 め1 号 5 解 熱 鎮 痛 薬 1-2 解 熱 鎮 痛 剤 1 号 A 6 解 熱 鎮 痛 薬 2-3 解 熱 鎮 痛 剤 8 号 A 7 解 熱 鎮 痛 薬 4-2 解 熱 鎮 痛 剤 9 号 8

More information

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後 主 治 医 様 下 記 太 線 枠 内 をご 記 入 願 います 登 園 許 可 証 光 輪 はさみこども 園 園 長 殿 入 所 園 児 氏 名. 病 名 平 成 年 月 日 から 病 状 も 回 復 し 集 団 生 活 に 支 障 がない 状 態 になったので 登 園 可 能 と 判 断 します 平 成 年 月 日 医 療 機 関 名 医 師 名 印 こども 園 は 乳 幼 児 が 集 団 で

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20BEC1D8BCDEDD82A8926D82E782B95F38505F838D83532E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20BEC1D8BCDEDD82A8926D82E782B95F38505F838D83532E646F63> - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 み 下 さい - 使 用 上 の 注 意 改 訂 のお 知 らせ 2011 年 7 月 販 売 マルホ 株 式 会 社 製 造 販 売 高 田 製 薬 株 式 会 社 この 度 セチリジン 塩 酸 塩 錠 5 mg タカタ セチリジン 塩 酸 塩 錠 10 mg タカタ の 添 付 文 書 使 用 上 の 注 意 を

More information

第43回 月経トラブルは漢方におまかせ(漢方)

第43回 月経トラブルは漢方におまかせ(漢方) 第 43 回 漢 方 教 室 ( 漢 方 ) 月 経 トラブルは 漢 方 におまかせ- 月 経 痛 や 月 経 不 順 で 悩 まない- Ⅰ. 月 経 トラブルの 頻 度 1 女 性 特 有 のイベント 初 潮 月 経 妊 娠 出 産 授 乳 更 年 期 閉 経 2 月 経 痛 の 頻 度 1) 月 経 痛 の 程 度 ( 学 生 アンケート 調 査 ) (++)15% (+)34% 女 子 学 生

More information

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤 ~ 度 成 作 成 : 薬 剤 科 医 薬 品 情 報 室 青 医 薬 品 発 品 称 用 法 用 量 欄 注 釈 用 ] 適 ] 添 付 文 記 載 い 用 法 用 量 当 院 適 応 中 心 記 載 禁 ] 投 禁 忌 患 者 状 態 併 用 禁 忌 薬 示 い ] 重 篤 作 用 頻 度 高 い 作 用 中 心 注 意 代 表 的 い 記 載 い 特 ] 薬 剤 特 長 薬 剤 系 統 利 使

More information

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診 ~ 予 防 接 種 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 みください~ 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 をご 希 望 の 方 へ 市 では 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 法 律 に 基 づかない 任 意 接 種 と して 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 費 用 の 約 9 割 を 助 成 していましたが 予 防 接 種

More information

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention 専 攻 医 ( 後 期 臨 床 研 修 )プログラム 西 宮 市 立 中 央 病 院 6. 麻 酔 科 ペインクリニック 科 当 院 の 麻 酔 科 は 手 術 臨 床 麻 酔 に 加 えて 活 発 なペインクリニック 科 と 緩 和 医 療 に 特 徴 があります 日 本 麻 酔 科 学 会 日 本 ペインクリニック 学 会 日 本 緩 和 医 療 学 会 の 研 修 指 定 病 院 であり 2

More information

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 )

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 ) 肩 こり 2011 年 9 月 3 日 文 責 : 今 井 力 第 1 肩 こりの 定 義 1 定 義 肩 こり を 明 確 に 定 義 する 教 科 書 的 な 記 載 は 見 当 たらない しかも, 肩 こり と 一 般 的 にいわれるものには, 肩 のこり 背 中 のこり 首 の 筋 肉 の こり 頭 痛 までもが 含 まれる よって,さまざまな 自 覚 的 な 症 状 群 をまと めて 表

More information

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令 防 衛 庁 訓 令 第 14 号 自 衛 隊 法 施 行 規 則 ( 昭 和 29 年 総 理 府 令 第 40 号 ) 第 27 条 及 び 第 36 条 の 規 定 に 基 き 自 衛 官 及 び 防 衛 大 学 校 の 学 生 の 採 用 のための 身 体 検 査 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 昭 和 29 年 9 月 13 日 防 衛 庁 長 官 木 村 篤 太 郎 自

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

Taro-入浴介護(2008)

Taro-入浴介護(2008) Ⅰ 生 活 文 化 としての 入 浴 入 浴 介 護 入 浴 は わ た し た ち 人 類 が 持 つ 生 活 の 営 み の 中 で 不 思 議 な 魅 力 を 有 す る 部 分 で あ る 食 事 や 排 泄 睡 眠 性 行 動 攻 撃 逃 避 な ど の よ う に 固 体 や 種 族 の 維 持 の た め に 絶 対 に 必 要 な も の で は な く 何 か の 理 由 で そ

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 びに 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相 談

More information

【不妊外来問診票2012版】

【不妊外来問診票2012版】 記 入 した 日 付 ( 年 月 日 ) 血 圧 測 定 ( / )mmhg 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 夫 (またはパートナー)の 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 1 本 日 はどのようなことで 受 診 されましたか?( 心 配 な 点 やご 希 望 など) 該 当 項 目 があれば 印 を 付 けて 下 さい ( ) 話 相 談 のみ 希 望 ( ) 不 妊 検 査 を 希

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション めまい 目 次 めまいの 原 因 種 類 めまいの 診 察 ( 問 診 身 体 診 察 検 査 ) 末 梢 性 めまいの 症 例 中 枢 性 めまいの 症 例 まとめ めまいの 原 因 めまい= 頭 か 耳?ではない! 他 にも 低 血 糖 起 立 性 低 血 圧 頚 椎 症 疲 労 やストレスなど 原 因 は 様 々 めまいの 種 類 末 梢 性 めまい( 内 耳 ) 40% 中 枢 性 めまい(

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

脳 神 経 外 科 と 漢 方 細 辛 湯 苓 甘 姜 味 辛 夏 仁 湯 等 が 使 われます 初 めの 3 つの 処 方 には 麻 黄 が 入 っています 漢 方 の 中 で 飲 むと 胃 を 傷 める 生 薬 があり その 一 つが 麻 黄 もう 一 つが 地 黄 です 地 黄 は 体 が 比

脳 神 経 外 科 と 漢 方 細 辛 湯 苓 甘 姜 味 辛 夏 仁 湯 等 が 使 われます 初 めの 3 つの 処 方 には 麻 黄 が 入 っています 漢 方 の 中 で 飲 むと 胃 を 傷 める 生 薬 があり その 一 つが 麻 黄 もう 一 つが 地 黄 です 地 黄 は 体 が 比 特 別 講 演 Ⅱ 症 状 に 基 づく 漢 方 処 方 清 水 弘 之 清 水 クリニック 院 長 漢 方 の 診 断 としては まず 患 者 の 体 質 を 全 体 的 につかんで さらにその 体 質 から 臨 床 症 状 を 生 理 機 能 の 歪 みとしてとらえる その 際 に 気 血 水 という 3 つの 概 念 のうち どの 歪 みであるのかをとらえることが 薬 方 を 決 定 するのに

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について 健 感 発 0307 第 2 号 平 成 25 年 3 月 7 日 都 道 府 県 各 政 令 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 特 別 区 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 第 12 条 第 1 項 及 び 第 14 条 第 2 項 に 基 づく 届 出 の 基

More information

Microsoft Word - 【HP用】運営状況(~H27)

Microsoft Word - 【HP用】運営状況(~H27) 相 談 実 績 1 年 度 別 相 談 実 績 H19 年 度 H2 年 度 H21 年 度 H22 年 度 H23 年 度 H24 年 度 H25 年 度 H26 年 度 H27 年 度 (9 月 ~) 572 1,41 2,7 2,17 2,111 2,116 2,491 3,61 4,186 (81) (117) (167) (175) (175) (176) (27) (255) (348)

More information

49 胃 腸 薬 1-1 ( ) 複 方 ロートエキス シ アスターセ 散 50 2-2 ( ) 胃 腸 鎮 痛 剤 2 号 A 51 3-2 ( ) 胃 腸 鎮 痛 剤 3 号 A 52 4-2 ( ) 胃 腸 鎮 痛 剤 4 号 A 53 5-1 ( ) 健 胃 消 化 剤 1 号 A 54 6

49 胃 腸 薬 1-1 ( ) 複 方 ロートエキス シ アスターセ 散 50 2-2 ( ) 胃 腸 鎮 痛 剤 2 号 A 51 3-2 ( ) 胃 腸 鎮 痛 剤 3 号 A 52 4-2 ( ) 胃 腸 鎮 痛 剤 4 号 A 53 5-1 ( ) 健 胃 消 化 剤 1 号 A 54 6 製 造 販 売 承 認 を 要 する 薬 局 製 剤 指 針 収 載 品 目 (420 品 目 ) 及 び 1 催 眠 鎮 静 薬 1-1 ( ) 催 眠 剤 1 号 A 2 2-1 ( ) 鎮 静 剤 1 号 A 3 3-1 ( ) 催 眠 剤 2 号 A 4 鎮 暈 薬 1-1 ( ) よい 止 め1 号 5 解 熱 鎮 痛 薬 1-2 ( ) 解 熱 鎮 痛 剤 1 号 A 6 2-3 ( )

More information

科 学 的 データが 報 告 されてきた 28.8% 漢 方 薬 の 使 用 動 機 患 者 QOLを 高 め 全 人 的 医 療 がで きる 生 活 習 慣 病 等 疾 病 の 進 展 抑 制 に 期 待 医 療 経 済 的 に 見 て 薬 剤 費 用 の 節 減 となる 患 者 から 強 い 要

科 学 的 データが 報 告 されてきた 28.8% 漢 方 薬 の 使 用 動 機 患 者 QOLを 高 め 全 人 的 医 療 がで きる 生 活 習 慣 病 等 疾 病 の 進 展 抑 制 に 期 待 医 療 経 済 的 に 見 て 薬 剤 費 用 の 節 減 となる 患 者 から 強 い 要 膠 原 病 における 漢 方 医 学 治 療 許 志 泉 順 天 堂 大 学 膠 原 病 内 科 2004.7.7 科 学 的 データが 報 告 されてきた 28.8% 漢 方 薬 の 使 用 動 機 患 者 QOLを 高 め 全 人 的 医 療 がで きる 生 活 習 慣 病 等 疾 病 の 進 展 抑 制 に 期 待 医 療 経 済 的 に 見 て 薬 剤 費 用 の 節 減 となる 患 者 から

More information

(6) 薬 剤 師 のとった 措 置 ( 複 数 回 答 ) ( 件 ) 平 成 18 年 度 平 成 17 年 度 平 成 16 年 度 平 成 15 年 度 使 用 の 中 止 を 指 示 244(28.0%) 210(29.5%) 304(30.1%) 477(27.0%) 服 薬 指 導 2

(6) 薬 剤 師 のとった 措 置 ( 複 数 回 答 ) ( 件 ) 平 成 18 年 度 平 成 17 年 度 平 成 16 年 度 平 成 15 年 度 使 用 の 中 止 を 指 示 244(28.0%) 210(29.5%) 304(30.1%) 477(27.0%) 服 薬 指 導 2 (5) 副 作 用 の 相 談 のあった 一 般 薬 の 薬 効 分 類 と 主 な 症 状 ( 複 数 回 答 ) ( 件 ) 平 成 18 年 度 平 成 17 年 度 平 成 16 年 度 平 成 15 年 度 薬 効 別 分 類 主 な 症 状 薬 効 別 分 類 主 な 症 状 薬 効 別 分 類 主 な 症 状 薬 効 別 分 類 主 な 症 状 風 邪 薬 (216) 解 熱 鎮 痛

More information

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63>

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63> 日 本 褥 瘡 学 会 第 3 回 実 態 調 査 患 者 用 下 記 の 質 問 に 対 して 該 当 するものの 番 号 に 印 を その 他 の 項 目 を 選 択 する 場 合 には 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください Q1 患 者 ID を 記 入 してください これはあなたがどの 患 者 について 解 答 したか 確 認 できるようにするための 質 問 です 訂 正 の 時

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc 膵 臓 がんの 症 状 と 治 療 2010 年 4 月 26 日 作 成 医 療 法 人 財 団 神 戸 海 星 病 院 目 次 1 2 3 4 5 膵 臓 の 解 剖 特 徴 診 断 方 法 進 行 度 当 院 での 治 療 法 Ⅰ. 手 術 治 療 Ⅱ. 内 視 鏡 的 ステント 留 置 術 1 2 2 3 4 4 9 Ⅲ. 化 学 療 法 10 手 術 実 績 膵 臓 悪 性 腫 瘍 手 術

More information

製造販売承認を要する薬局製剤指針収載医薬品一覧

製造販売承認を要する薬局製剤指針収載医薬品一覧 販 売 名 :[ ] ( 以 下 [ ] 部 分 に 全 て 共 通 適 用 ) 1 催 眠 鎮 静 薬 1-1 [ ] 催 眠 剤 1 号 A 48 歯 科 口 腔 用 薬 5 [ ]シ フ カイン アネスタミン 液 2 催 眠 鎮 静 薬 2-1 [ ] 鎮 静 剤 1 号 A 49 胃 腸 薬 1-1 [ ] 複 方 ロートエキス シ アスターセ 散 3 催 眠 鎮 静 薬 3-1 [ ] 催

More information

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4.7 ICD-9-CM 分 類 コードによる 年 齢 階 層 別 年 間 退 院 患 者 数 ( 平 成 24 年 1 月 ~ 平 成 24 年 12 月 ) コード 術 名 総 数 0 才 ~4 1.02 穿 頭 脳 室 ドレナージ 術 5 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 1 0 70.4 1.09 慢 性 硬 膜 下 血 腫 穿 孔 洗 浄 術 32 0 0 0 0 0 2

More information

Microsoft Word - Q&A

Microsoft Word - Q&A Q & A よくあるお 問 い 合 わせ なぜ 中 国 足 心 道 で 病 気 を 治 療 できるのですか? 中 国 足 心 道 の 最 大 の 原 理 である 神 経 反 射 原 理 とは その 病 気 を 治 すための 反 射 区 という 足 の 部 分 に 正 しい 位 置 と 深 さと 強 さによる 刺 激 を 与 え 刺 激 が 脳 に 伝 わることに よって 病 気 を 治 すというものです

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

Microsoft PowerPoint - 漢方講座 (NXPowerLite) (NXPowerLite).ppt

Microsoft PowerPoint - 漢方講座 (NXPowerLite) (NXPowerLite).ppt 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 164 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 19 年 (2007)10 月 11 日 入 門 講 座 はじめての 漢 方 診 療 (3) 少 陽 病 1) 柴 胡 剤 飯 塚 病 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 しょう 漢 方 医 学 的 な 病 態 ( 証 )の 二 大 別 N8 陽 証 陰 証 陽 性

More information

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と A70 結 核 b43 b45 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 b51 消 化 器 系 に 関 連 する 機 能 b54 代 謝 と 内 分 泌 系 に 関 連 する 機 能 b81 皮 膚 の 機 能 A71 麻 疹 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原

( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原 神 * 石 原 神 2* 佐 藤 神 佐 藤 神

More information

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73>

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73> [ 薬 と 疾 病 ] C13 薬 の 効 くプロセス 医 薬 品 の 作 用 する 過 程 を 理 解 するために 代 表 的 な 薬 物 の 作 用 作 用 機 序 および 体 内 での 運 命 に 関 する 基 本 的 知 識 と 態 度 を 修 得 し それらを 応 用 する 基 本 的 技 能 を 身 につける (1) 薬 の 作 用 と 生 体 内 運 命 作 用 部 位 に 達 した

More information

安全性情報302.indd

安全性情報302.indd 3 重 要 な 副 作 用 等 に 関 する 情 報 平 成 25 年 4 月 23 日 及 び 同 年 5 月 17 日 に 改 訂 を 指 導 した 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 のうち 重 要 な 副 作 用 等 について, 改 訂 内 容 等 とともに 改 訂 の 根 拠 となった 症 例 の 概 要 等 に 関 する 情 報 を 紹 介 いたします 1 アンブリセンタン 販 売

More information

子宮頚癌を合併した妊娠2例

子宮頚癌を合併した妊娠2例 講 演 1 ~ 第 2 回 漢 方 産 業 化 推 進 研 究 会 ~ 女 性 と 漢 方 ~ 豊 かさに 向 けて~ 太 極 パンダ つくばセントラル 病 院 産 婦 人 科 東 邦 大 学 大 学 院 看 護 学 研 究 科 非 常 勤 講 師 東 邦 大 学 薬 学 部 生 薬 学 教 室 訪 問 研 究 員 慶 應 大 学 北 館 ホール 2016 年 1 月 20 日 ( 水 ) 岡 村

More information

57 胃 腸 薬 9-1 塩 酸 リモナ-テ 58 胃 腸 薬 10-2 胃 腸 鎮 痛 剤 7 号 A 59 胃 腸 薬 11-1 胃 腸 鎮 痛 剤 1 号 60 胃 腸 薬 12-2 健 胃 剤 2 号 A 61 胃 腸 薬 13 便 秘 薬 62 胃 腸 薬 14 複 方 タ イオウ センナ

57 胃 腸 薬 9-1 塩 酸 リモナ-テ 58 胃 腸 薬 10-2 胃 腸 鎮 痛 剤 7 号 A 59 胃 腸 薬 11-1 胃 腸 鎮 痛 剤 1 号 60 胃 腸 薬 12-2 健 胃 剤 2 号 A 61 胃 腸 薬 13 便 秘 薬 62 胃 腸 薬 14 複 方 タ イオウ センナ 1 催 眠 鎮 静 薬 1-1 催 眠 剤 1 号 A 2 催 眠 鎮 静 薬 2-1 鎮 静 剤 1 号 A 3 催 眠 鎮 静 薬 3-1 催 眠 剤 2 号 A 4 鎮 暈 薬 1-1 よい 止 め1 号 5 解 熱 鎮 痛 薬 1-2 解 熱 鎮 痛 剤 1 号 A 6 解 熱 鎮 痛 薬 2-3 解 熱 鎮 痛 剤 8 号 A 7 解 熱 鎮 痛 薬 4-2 解 熱 鎮 痛 剤 9 号 8

More information

(1) 鼻 腔 と 気 管 の 線 毛 上 皮 ( 線 毛 エスカレーターの 異 物 排 出 作 用 )と 粘 液 細 胞 の 働 き 3. 肺 のしくみ (156) 胸 膜 壁 側 胸 膜 ( 肋 膜 ) 胸 腔 表 面 を 被 う ( 単 層 扁 平 上 皮 の 中 皮 細 胞 からなる 漿 膜

(1) 鼻 腔 と 気 管 の 線 毛 上 皮 ( 線 毛 エスカレーターの 異 物 排 出 作 用 )と 粘 液 細 胞 の 働 き 3. 肺 のしくみ (156) 胸 膜 壁 側 胸 膜 ( 肋 膜 ) 胸 腔 表 面 を 被 う ( 単 層 扁 平 上 皮 の 中 皮 細 胞 からなる 漿 膜 E 呼 吸 器 系 のしくみと 働 き (151) 1 呼 吸 の 種 類 外 呼 吸 ( 肺 呼 吸 ) 内 呼 吸 ( 組 織 呼 吸 ) 肺 でガス 交 換 が 行 われるためには 換 気 血 流 拡 散 の 条 件 が 必 要 である その 後 酸 素 は 末 梢 組 織 に 送 られる ( 空 気 と 血 液 とのガス 交 換 ) 血 液 によって 運 ばれた 酸 素 は 細 胞 が 必

More information

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4 2015 年 6 月 改 訂 薬 価 基 準 収 載 処 方 箋 医 薬 品 : 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 使 用 前 に 必 ずお 読 みください - 新 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 の 解 説 禁 忌 ( 次 の 患 者 には 投 与 しないこと) 本 剤 の 成 分 に 対

More information

Microsoft Word 報道発表資料様式 _最終_.doc

Microsoft Word 報道発表資料様式  _最終_.doc Press Release 報 道 関 係 者 各 位 平 成 21 年 11 月 11 日 新 型 インフルエンザ 対 策 推 進 本 部 事 務 局 ( 医 薬 食 品 局 安 全 対 策 課 ) 課 長 ; 森 ( 内 2747) 安 全 使 用 推 進 室 長 ; 佐 藤 ( 内 2755) 電 話 ; 03(5253)1111( 内 2749) 夜 間 直 通 ; 03(3595)2435

More information

秋 田 県 精 神 科 救 急 搬 送 及 び 受 入 れ 対 応 事 例 集 ( 身 体 合 併 症 を 有 する 精 神 疾 患 患 者 の 受 入 医 療 機 関 確 保 のための 基 準 と 対 応 ) 平 成 28 年 2 月 1 日 秋 田 県 健 康 福 祉 部 障 害 福 祉 課 目 次 秋 田 県 精 神 科 救 急 搬 送 及 び 受 入 れ 対 応 事 例 集 の 概 要 1

More information

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身 第 11 部 麻 酔 通 則 1 麻 酔 の 費 用 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各 の 所 定 点 数 により 算 定 する ただし 麻 酔 に 当 た って 薬 剤 又 は 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 保 険 医 療 材 料 ( 以 下 この 部 において 特 定 保 険 医 療 材 料 という )を 使 用 した 場 合 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各

More information

<8BA492CA8349815B835F815B8356815B83678140566F6C2E332E786C73>

<8BA492CA8349815B835F815B8356815B83678140566F6C2E332E786C73> 呼 吸 器 外 科 クリニカルパス 適 応 基 準 術 式 : 肺 葉 切 除 肺 全 摘 胸 腔 鏡 下 (VATS 下 ) 肺 部 分 切 除 縦 隔 腫 瘍 切 除 胸 腔 鏡 下 (VATS 下 ) 肺 葉 切 除 肺 区 域 切 除 呼 吸 器 外 科 手 術 予 定 患 者 において( 縦 隔 鏡 生 検 リンパ 節 郭 清 は 除 く)は 全 て 術 前 共 通 パスを 使 用 する

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

044 多発血管炎性肉芽腫症

044 多発血管炎性肉芽腫症 44 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 概 要 1. 概 要 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 は 以 前 はウェゲナー 肉 芽 腫 症 と 称 されていた 疾 患 で 病 理 組 織 学 的 に(1) 全 身 の 壊 死 性 肉 芽 腫 性 血 管 炎 (2) 上 気 道 と 肺 を 主 とする 壊 死 性 肉 芽 腫 性 炎 (3) 半 月 体 形 成 腎 炎 を 呈 し その 発

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プ ログラ ム 平 成 25 年 度 版 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の

More information

第25回 夏に負けない漢方(漢方)

第25回 夏に負けない漢方(漢方) 第 25 回 漢 方 教 室 ( 漢 方 ) 夏 に 負 けない 漢 方 -バテない 冷 えない カゼ 引 かない- Ⅰ. 今 年 の 夏 は 暑 くなる! 気 象 庁 3ヶ 月 予 報 観 測 史 上 最 も 暑 かった 昨 年 には 及 ばないが 南 からの 湿 った 空 気 の 流 入 が 弱 まるなど 東 西 日 本 では 晴 れの 日 が 多 く 高 温 傾 向 となる 東 日 本 大 震

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

<355F8389837E836D83938FF98DC58F495F835F834383672E786477>

<355F8389837E836D83938FF98DC58F495F835F834383672E786477> ラノミン 錠 50 ラノミン 錠 100 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2006 年 3 月 作 成 この 薬 は? 販 売 名 一 般 名 含 有 量 (1 錠 中 ) ラノミン 錠 50 RANOMIN TABLETS 50mg cilostazol 50mg ラノミン 錠 100 RANOMIN TABLETS 100mg cilostazol 100mg 患 者 向 医 薬 品 ガイドについて

More information

Vol.13 熱 中 症 になってしまうのは 炎 天 下 だけのことと 思 っていませんか? 実 は 室 内 で 熱 中 症 を 発 症 して 救 急 搬 送 される 人 も 多 いのです 特 に 高 齢 者 に 多 くみられるのですが 若 いからといっ て 油 断 は 禁 物 です 部 屋 で 普

Vol.13 熱 中 症 になってしまうのは 炎 天 下 だけのことと 思 っていませんか? 実 は 室 内 で 熱 中 症 を 発 症 して 救 急 搬 送 される 人 も 多 いのです 特 に 高 齢 者 に 多 くみられるのですが 若 いからといっ て 油 断 は 禁 物 です 部 屋 で 普 2016 年 夏 号 ( 第 23 号 ) Vol.13 だるい と 感 じる 方 への 漢 方 薬 ( 職 員 紹 介 ) 霧 島 記 念 病 院 広 報 誌 (1) Vol.13 熱 中 症 になってしまうのは 炎 天 下 だけのことと 思 っていませんか? 実 は 室 内 で 熱 中 症 を 発 症 して 救 急 搬 送 される 人 も 多 いのです 特 に 高 齢 者 に 多 くみられるのですが

More information

炎 症 の 定 義 を 説 明 できる 到 達 目 標 自 己 評 価 炎 症 の 分 類 組 織 形 態 学 的 変 化 と 経 時 的 変 化 を 説 明 できる 血 漿 タンパク 質 の 種 類 と 機 能 を 説 明 できる 白 血 球 の 種 類 と 機 能 を 説 明 できる 血 漿 タ

炎 症 の 定 義 を 説 明 できる 到 達 目 標 自 己 評 価 炎 症 の 分 類 組 織 形 態 学 的 変 化 と 経 時 的 変 化 を 説 明 できる 血 漿 タンパク 質 の 種 類 と 機 能 を 説 明 できる 白 血 球 の 種 類 と 機 能 を 説 明 できる 血 漿 タ 10: 免 疫 膠 原 病 アレルギーコース 1. 免 疫 膠 原 病 アレルギーコースの 概 要 本 コースでは 人 体 の 免 疫 応 答 の 異 常 に 関 連 する 疾 患 を 学 習 する 免 疫 応 答 の 異 常 とは 免 疫 能 低 下 免 疫 寛 容 の 破 綻 および 過 敏 反 応 等 であり 疾 患 として 免 疫 不 全 症 膠 原 病 アレルギー 性 疾 患 に 該 当

More information

(研究目的)

(研究目的) 中 医 学 によるアレルギー 性 鼻 炎 の 分 析 原 田 浩 一 目 次 1. はじめに 2. アレルギー 性 鼻 炎 とは 3. 生 活 環 境 からみたアレルギー 性 鼻 炎 の 原 因 4. 中 医 学 によるアレルギー 性 鼻 炎 の 分 析 1 五 臓 の 生 理 とアレルギー 性 鼻 炎 2 アレルギー 性 鼻 炎 の 発 生 メカニズム 5. 症 例 検 討 6. アレルギー 性

More information

腰痛と漢方鍼治療

腰痛と漢方鍼治療 腰 痛 と 漢 方 鍼 治 療 天 野 靖 之 はじめに 腰 痛 は 肩 こりと 供 に 慢 性 急 性 を 問 わず 鍼 灸 治 療 の 最 適 応 症 である ところが 来 院 する 初 診 患 者 の 多 くは 整 形 外 科 接 骨 院 カイロプラクティックなどの 治 療 を 経 験 して 最 後 のよりどころとして 鍼 灸 治 療 に 来 院 する 者 が 多 いのが 現 状 である 鍼

More information

整体講座

整体講座 経 絡 重 要 穴 自 習 用 新 潟 整 体 協 会 電 話 :025-222-7075 経 絡 働 症 状 経 絡 働 症 状 肺 経 外 気 取 入 交 換 肺 機 能 司 呼 吸 器 系 症 状 皮 膚 症 状 浮 腫 呼 吸 器 関 連 不 調 大 腸 経 肺 経 対 外 気 取 入 交 換 大 腸 働 司 便 秘 目 耳 鼻 歯 頭 顔 五 感 不 調 胃 経 気 取 入 消 化 消 化

More information

PM2.5による健康影響

PM2.5による健康影響 中 国 におけるPM2.5に 関 する 説 明 相 談 会 PM2.5による 健 康 影 響 京 都 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 金 谷 久 美 子 kanatani.kumiko.2r@kyotou.ac.jp 1 本 日 の 内 容 1. どんな 疾 患 の 可 能 性?(15 分 ) 1. 過 去 の 事 例 から 2. 実 験 結 果 から 3. 疫 学 調 査 から 2. どんな

More information

6/13

6/13 漢 方 薬 を 服 用 する 為 の 基 礎 知 識 Q1. 近 頃 漢 方 薬 を 飲 んでいる 人 が 増 えましたがどのようなものですか? なんにでも 漢 方 薬 で 効 くのでしょうか? A1. 漢 方 薬 を 服 用 している 服 用 してみたい 方 はたくさんいます しかし そのような 方 の 中 には 漢 方 薬 の 本 質 を 知 らずに 間 違 って 使 われている 方 も 多 く

More information

患者向医薬品ガイド(案)

患者向医薬品ガイド(案) プレタール 散 20% 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2016 年 5 月 更 新 この 薬 は? 販 売 名 一 般 名 含 有 量 プレタール 散 20% Pletaal powder 20% シロスタゾール Cilostazol 200mg (1g 中 ) 患 者 向 医 薬 品 ガイドについて 患 者 向 医 薬 品 ガイドは 患 者 の 皆 様 や 家 族 の 方 などに 医 療 用 医

More information

Microsoft Word - IF48new.DOC

Microsoft Word - IF48new.DOC 2007 年 8 月 作 成 ( 第 3 版 ) インタビューフォーム 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 875200 医 療 用 漢 方 製 剤 ジュウゼンタイホトウ 本 草 十 全 大 補 湯 エキス 顆 粒 -M H48 剤 形 顆 粒 剤 含 量 規 格 一 般 名 十 全 大 補 湯 製 造 会 社 名 本 草 製 薬 株 式 会 社 販 売 会 社 名 本 草 製 薬 株 式 会

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

2 99% 支 配 言 げ 思 視 点 変 症 状 思 当 肌 荒 大 人 ニ ビ 抜 け 毛 冷 症 肩 頭 痛 便 秘 病 院 行 ほ け ツ 不 そ ほ 実 深 関 係 バ 不 忙 現 代 社 会 そ 子 年 々 増 加 言 換 活 化 バ 整 ば そ 不 悩 格 段 改 善 そ け 整 ば

2 99% 支 配 言 げ 思 視 点 変 症 状 思 当 肌 荒 大 人 ニ ビ 抜 け 毛 冷 症 肩 頭 痛 便 秘 病 院 行 ほ け ツ 不 そ ほ 実 深 関 係 バ 不 忙 現 代 社 会 そ 子 年 々 増 加 言 換 活 化 バ 整 ば そ 不 悩 格 段 改 善 そ け 整 ば ボ ヴ ォ ワ ( 思 想 家 ) 人 2 99% 支 配 言 げ 思 視 点 変 症 状 思 当 肌 荒 大 人 ニ ビ 抜 け 毛 冷 症 肩 頭 痛 便 秘 病 院 行 ほ け ツ 不 そ ほ 実 深 関 係 バ 不 忙 現 代 社 会 そ 子 年 々 増 加 言 換 活 化 バ 整 ば そ 不 悩 格 段 改 善 そ け 整 ば ハ 肌 ツ ヤ ツ ヤ 3 じ 髪 瞳 特 有 美 手 入 ケ

More information

銀杏52.indd

銀杏52.indd 病 院 だより No.53 1 愛 知 県 厚 生 農 業 協 同 組 合 連 合 会 愛 知 県 稲 沢 市 祖 父 江 町 本 甲 拾 町 野 7 番 地 TEL(0587)97-2131 FAX(0587)97-3633 から 望 む 祖 父 江 町 伊 吹 山 2 病 院 だより No.53 動 脈 硬 化 の 早 期 診 断 と 評 価 について ~ 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 など 突

More information

    <脉診の基本とその手順>

    <脉診の基本とその手順> < 脉 診 の 基 本 とその 手 順 > 名 古 屋 漢 方 鍼 医 会 はじめに 凡 そ 診 脉 は 須 らく 先 ず 時 脉 胃 脉 と 臓 腑 の 平 脉 とを 知 りて 然 る 後 に 病 脉 に 及 ぶこと を 要 す ( 診 家 枢 要. 景 岳 全 書 - 脉 診 章 等 ) 脉 診 を 行 うには 平 脉 ( 健 康 人 の 脉 )を 知 ってから 病 脉 ( 病 人 の 脉 )を

More information

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4 日 付 時 限 内 容 4 月 6 日 2 総 論 GIO: 耳 鼻 咽 喉 科 疾 患 を 持 つ 患 者 の 診 断 と 治 療 ができるようになるために これらの 系 の 基 本 的 知 識 特 性 を 理 解 する SBO: 1. 耳 疾 患 について 説 明 できる 2. 鼻 疾 患 について 説 明 できる 3. 咽 頭 喉 頭 疾 患 について 説 明 できる 4 月 13 日 2 鼻

More information

2 9. どんな 食 べ 物 に 反 応 を 起 こしますか?( 複 数 回 答 可 ) リンゴ モモ トマト メロン キウイ スイカ その 他 フルーツ 野 菜 ( ) ナッツ 類 豆 腐 豆 乳 その 他 マメ 類 ( ) 牛 乳 卵 鶏 肉 牛 肉 豚 肉 魚 類 ( ) 小 麦 グルコサミン

2 9. どんな 食 べ 物 に 反 応 を 起 こしますか?( 複 数 回 答 可 ) リンゴ モモ トマト メロン キウイ スイカ その 他 フルーツ 野 菜 ( ) ナッツ 類 豆 腐 豆 乳 その 他 マメ 類 ( ) 牛 乳 卵 鶏 肉 牛 肉 豚 肉 魚 類 ( ) 小 麦 グルコサミン 1 果 物 アレルギーコンポーネント 研 究 会 患 者 様 用 質 問 紙 1. 通 知 番 号 を 記 入 してください 2. あなた(のお 子 さま)の 年 齢 は 3. あなた(のお 子 さま)の 性 別 は 男 女 4. 現 在 お 住 まいの 都 道 府 県 5. これまで 一 番 長 く 住 んでいた 都 道 府 県 6. その 都 道 府 県 での 在 住 期 間 ( 年 ) 7.

More information

旧 処 方 番 号 新 処 方 番 号 処 方 名 1 1 安 中 散 桂 皮 3-5 延 胡 索 3-4 牡 蛎 3-4 茴 香 1.5-2 縮 砂 1-2 甘 草 1-2 良 姜 0.5-1 (1) 散 :1 回 1-2g 1 日 2-3 回 (2) 体 力 中 等 度 以 下 で 腹 部 は

旧 処 方 番 号 新 処 方 番 号 処 方 名 1 1 安 中 散 桂 皮 3-5 延 胡 索 3-4 牡 蛎 3-4 茴 香 1.5-2 縮 砂 1-2 甘 草 1-2 良 姜 0.5-1 (1) 散 :1 回 1-2g 1 日 2-3 回 (2) 体 力 中 等 度 以 下 で 腹 部 は 参 考 資 料 2-2 一 般 用 漢 方 製 剤 承 認 基 準 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 平 成 23 年 4 月 15 日 旧 処 方 番 号 新 処 方 番 号 処 方 名 1 1 安 中 散 桂 皮 3-5 延 胡 索 3-4 牡 蛎 3-4 茴 香 1.5-2 縮 砂 1-2 甘 草 1-2 良 姜 0.5-1 (1) 散 :1 回 1-2g 1 日 2-3 回 (2) 体

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ 腫 の 進 行 程 度 などにより,これら

はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ 腫 の 進 行 程 度 などにより,これら ABVD 療 法 の 手 引 き 2013 年 1 月 国 立 がん 研 究 センター 中 央 病 院 血 液 腫 瘍 科 薬 剤 部 看 護 部 はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ

More information