学 習 評 価 項 目 の 主 な 変 更 点 とその 理 由 各 章 の 共 通 事 項 変 更 なし Ⅰ. 医 療 面 接 および 身 体 診 察 手 技 に 関 する 共 通 の 学 習 評 価 項 目 変 更 なし Ⅱ. 医 療 面 接 (4) 患 者 さんに 聞 く( 話 を 聴 く) ア

Size: px
Start display at page:

Download "学 習 評 価 項 目 の 主 な 変 更 点 とその 理 由 各 章 の 共 通 事 項 変 更 なし Ⅰ. 医 療 面 接 および 身 体 診 察 手 技 に 関 する 共 通 の 学 習 評 価 項 目 変 更 なし Ⅱ. 医 療 面 接 (4) 患 者 さんに 聞 く( 話 を 聴 く) ア"

Transcription

1 診 療 参 加 型 臨 床 実 習 に 参 加 する 学 生 に 必 要 と される 技 能 と 態 度 に 関 する 学 習 評 価 項 目 ( 第 2.6 版 ) 社 団 法 人 医 療 系 大 学 間 共 用 試 験 実 施 評 価 機 構 実 施 小 委 員 会 事 後 評 価 解 析 小 委 員 会 ( 平 成 24 年 8 月 7 日 ) 目 次 学 習 評 価 項 目 の 主 な 変 更 点 とその 理 由 Ⅰ. 診 察 に 関 する 共 通 の 学 習 評 価 項 目 Ⅱ. 医 療 面 接 Ⅲ. 全 身 状 態 の 把 握 Ⅳ.バイタルサインの 測 定 ( 四 肢 動 脈 の 診 察 などを 含 む) Ⅴ. 頭 頸 部 診 察 Ⅵ. 胸 部 診 察 Ⅶ. 腹 部 診 察 Ⅷ. 神 経 診 察 Ⅸ. 基 本 的 臨 床 手 技 Ⅹ. 救 急 学 生 が 臨 床 実 習 中 に 学 習 し 卒 業 時 には 身 につけておくべきだが 臨 床 実 習 開 始 前 には 備 わっていなくてもよいと 判 断 した 項 目 には*を 付 記 した ただし 卒 業 時 に 身 につけておくべき 技 能 と 態 度 のすべてを 網 羅 しているわけではない

2 学 習 評 価 項 目 の 主 な 変 更 点 とその 理 由 各 章 の 共 通 事 項 変 更 なし Ⅰ. 医 療 面 接 および 身 体 診 察 手 技 に 関 する 共 通 の 学 習 評 価 項 目 変 更 なし Ⅱ. 医 療 面 接 (4) 患 者 さんに 聞 く( 話 を 聴 く) アレルギー 歴 を 聞 く を アレルギー 歴 ( 薬 品 食 物 など 外 因 性 のもの)を 聞 く に 変 更 した 理 由 :アレルギー 体 質 などの 内 因 性 アレルギーのみを 聞 く 事 をさけるため Ⅲ. 全 身 状 態 の 把 握 変 更 なし Ⅳ.バイタルサインの 測 定 変 更 なし Ⅴ. 頭 頸 部 診 察 (1) (3) 頭 部 の 診 察 1) 頭 顔 を 観 察 する: を 顔 顔 貌 を 観 察 する に 変 更 した 理 由 : 表 現 を 医 学 教 育 モデル コア カリキュラム 平 成 22 年 度 改 訂 版 に 準 拠 するため (2) (3) 頭 部 の 診 察 2) 眼 眼 瞼 結 膜 を 観 察 する: 指 で 下 眼 瞼 を 貧 血 の 有 無 を を 貧 血 の 有 無 などを に 変 更 した 理 由 : 表 現 を 他 の 記 述 と 統 一 するため (3) (3) 頭 部 の 診 察 2) 眼 対 光 反 射 を 観 察 する 以 下 の 項 目 に 視 野 と 眼 底 に 関 する 項 目 を 追 加 し 次 のように 並 べ 替 えた 視 野 を 観 察 する( Ⅷ. 神 経 診 察 を 参 照 ) 眼 球 運 動 を 観 察 する( Ⅷ. 神 経 診 察 を 参 照 ) 対 光 反 射 を 観 察 する( Ⅷ. 神 経 診 察 を 参 照 ) 眼 底 を 観 察 する( Ⅷ. 神 経 診 察 を 参 照 ) 理 由 : 項 目 を 医 学 教 育 モデル コア カリキュラム 平 成 22 年 度 改 訂 版 に 準 拠 して 追 加 し 順 序 を 神 経 ステーションに 合 わせるため (4) 頸 部 の 診 察 3) 頸 部 血 管 VI. 胸 部 診 察 を 参 照 を 頸 部 血 管 を 診 察 する ( VI. 胸 部 診 察 を 参 照 ) に 変 更 した 理 由 : 表 現 を 他 の 記 述 と 統 一 するため

3 Ⅵ. 胸 部 診 察 変 更 なし Ⅶ. 腹 部 診 察 (1) (3) 全 般 的 事 項 触 診 では 腹 壁 の 緊 張 をとるために 膝 を 軽 く 曲 げる を 触 診 では 腹 壁 の 緊 張 がある 場 合 は 膝 を 軽 く 曲 げる に 変 更 し た 理 由 : 表 現 をより 適 切 にするため (2) (4) 基 本 的 診 察 法 3) 打 診 腹 部 全 体 の 打 診 打 診 しながら 口 頭 やアイコンタクトなどで 痛 みを 確 認 する を 打 診 しながら 口 頭 や 顔 の 表 情 などで 痛 みを 確 認 する に 変 更 した 理 由 : 表 現 をより 適 切 にするため (3) (4) 基 本 的 診 察 法 5) 触 診 触 診 の 基 本 手 技 で 膝 を 軽 く 曲 げるなどの 指 示 をする を 削 除 した 触 診 しながら 口 頭 やアイコンタクトなどで 痛 みを 確 認 する を 触 診 しながら 口 頭 や 顔 の 表 情 などで 痛 みを 確 認 する に 変 更 した 理 由 : 表 現 をより 適 切 にするため (4) (4) 基 本 的 診 察 法 5) 触 診 浅 い 触 診 で 片 手 で 浅 く 探 るように 触 診 する を 片 手 で 示 指 から 小 指 まで 指 をそろえて 浅 く 圧 迫 しながら 触 診 する 指 は 立 てない に 変 更 した 呼 気 時 に 腹 壁 が 上 がる 分 だけ 手 が 沈 む 程 度 に 触 診 する を 削 除 した 片 手 で 腹 壁 をそっと 押 し 腹 壁 筋 の 随 意 不 随 意 の 緊 張 の 有 無 を 確 認 する を 腹 壁 筋 の 筋 抵 抗 は 随 意 不 随 意 の 緊 張 の 有 無 から 判 定 する に 変 更 した 筋 性 防 御 が 不 明 瞭 な 場 合 左 右 を 比 較 するなどの 工 夫 をする を 削 除 した 理 由 : 表 現 をより 適 切 にするため Ⅷ. 神 経 診 察 変 更 なし Ⅸ. 基 本 的 臨 床 手 技 (1)ステーション 名 を 外 科 系 基 本 手 技 ( 基 本 的 臨 床 手 技 ) から 基 本 的 臨 床 手 技 に 変 更 した 理 由 : 表 現 を 医 学 教 育 モデル コア カリキュラム 平 成 22 年 度 改 訂 版 に 合 わ せるため (2) 一 般 手 技 (3) 病 棟 手 洗 い( 衛 生 的 手 洗 い) 1) 速 乾 性 アルコール 手 指 消 毒 薬 ( 以 下 速 乾 消 毒 薬 )による 衛 生 的 手 洗 い を (3) 手 指 消 毒 衛 生 的 手 洗 い 1) 速 乾 性 アルコール 手 指 消 毒 薬 ( 以 下 速 乾 消

4 毒 薬 )による 手 指 消 毒 に 変 更 した 理 由 : 表 現 をわかりやすくするため (3) 外 科 手 技 (2) 医 療 安 全 袖 が 邪 魔 にならないように 配 慮 する に 以 下 を 追 加 した 使 用 する 器 具 を 確 認 する 縫 合 針 の 数 の 事 前 事 後 確 認 は 特 に 重 要 である 縫 合 針 を 紛 失 しないよう 安 全 な 場 所 ( 滅 菌 シャーレ 等 )に 置 く( 針 の 飛 散 を 防 止 するためシャーレ 内 にゼリーを 入 れるなどの 工 夫 もある) シャーレ 内 の 針 を 把 持 するときは 必 ず 持 針 器 を 用 いる( 針 を 手 指 で 直 接 つま むと 針 刺 し 事 故 を 起 こす 危 険 性 がある) 針 を 安 全 な 場 所 に 置 き 数 が 合 っていることを 確 認 する 針 を 廃 棄 するときは 持 針 器 で 把 持 してシャープス コンテナに 廃 棄 する 理 由 : 医 療 安 全 で 重 要 な 項 目 を 追 加 するため (4) 外 科 手 技 (5) 縫 合 3) 皮 膚 消 毒 の 創 周 囲 の 皮 膚 を 中 心 から 外 側 に 向 かい 同 心 円 状 に 必 要 十 分 な 範 囲 で2 回 以 上 消 毒 する 消 毒 剤 の 乾 燥 後 に 穴 開 きシーツ(ドレープ)で 創 周 囲 を 覆 い 清 潔 術 野 を 作 る を 創 周 囲 の 皮 膚 を 中 心 から 外 側 に 向 かい 同 心 円 状 に 滅 菌 シーツの 開 窓 部 のサ イズより 広 い 範 囲 を2 回 以 上 消 毒 する 消 毒 薬 の 乾 燥 後 に 滅 菌 シーツで 創 部 を 覆 い 清 潔 術 野 を 作 る 術 野 の 清 潔 状 態 を 保 つ に 変 更 追 加 した 理 由 : 表 現 を 適 切 にし 必 要 な 項 目 を 追 加 するため (5) 外 科 手 技 (5) 縫 合 6) 縫 合 ( 臨 床 実 習 では 指 導 医 の 指 導 のもとで 行 う) に 以 下 を 追 加 した 使 用 する 器 具 を 確 認 する 縫 合 針 の 数 の 事 前 事 後 確 認 は 特 に 重 要 である 縫 合 針 を 紛 失 しないよう 安 全 な 場 所 ( 滅 菌 シャーレ 等 )に 置 く( 針 の 飛 散 を 防 止 するためシャーレ 内 にゼリーを 入 れるなどの 工 夫 もある) シャーレ 内 の 針 を 把 持 するときは 必 ず 持 針 器 を 用 いる( 針 を 手 指 で 直 接 つま むと 針 刺 し 事 故 を 起 こす 危 険 性 がある) 理 由 : 医 療 安 全 で 重 要 な 項 目 を 追 加 するため (6) 外 科 手 技 (5) 縫 合 6) 縫 合 ( 臨 床 実 習 では 指 導 医 の 指 導 のもとで 行 う) の 針 を 安 全 な 場 所 に 置 く( 廃 棄 するときは シャープス コンテナなどの 容 器 へ) を 針 を 安 全 な 場 所 に 置 き 数 が 合 っていることを 確 認 する 針 を 廃 棄 するときは 持 針 器 で 把 持 してシャープス コンテナに 廃 棄 する

5 に 追 加 変 更 した 理 由 : 医 療 安 全 で 重 要 な 項 目 を 追 加 するため Ⅹ. 救 急 (1) (4) 乳 児 への 心 肺 蘇 生 法 を (3) 小 児 への 心 肺 蘇 生 法 の 下 に 追 加 した 理 由 : 将 来 乳 児 の 課 題 を 作 成 するため (2) (3) 小 児 への 心 肺 蘇 生 法 の 中 に 医 療 従 事 者 が 二 人 いる 場 合 ( 二 人 法 )を 追 加 し た 理 由 : 成 人 とは 異 なり 小 児 乳 児 の 場 合 には 一 人 法 と 二 人 法 とで 胸 骨 圧 迫 と 人 工 呼 吸 比 や 胸 骨 圧 迫 の 方 法 が 異 なるため (3) (3) 小 児 への 心 肺 蘇 生 法 の 最 初 に 脈 の 確 認 は 頸 動 脈 または 大 腿 動 脈 で 行 う という 文 言 を 加 えた 理 由 : 小 児 の 脈 を 触 れる 位 置 についてガイドラインに 合 わせるため

6 Ⅰ. 医 療 面 接 および 身 体 診 察 手 技 に 関 する 共 通 の 学 習 評 価 項 目 (1) 医 療 安 全 個 人 情 報 保 護 院 内 感 染 医 療 廃 棄 物 ( 実 習 施 設 のマニュアルに 従 う) 患 者 さんの 安 全 を 常 に 心 がける 患 者 さんの 姓 名 を 確 認 し 医 療 面 接 または 身 体 診 察 手 技 を 行 うことに 対 す る 了 承 を 得 る 小 児 高 齢 者 等 介 助 陪 席 が 望 ましいと 思 われる 患 者 さんでは 看 護 師 (または 他 の 医 療 職 )や 患 者 さんのご 家 族 に 介 助 陪 席 等 を 依 頼 する 有 害 事 象 発 生 時 は 直 ちに 指 導 医 に 報 告 する 患 者 さんの 個 人 情 報 の 守 秘 や 取 り 扱 いに 配 慮 する 院 内 感 染 による 罹 患 予 防 のためウイルス 抗 体 検 査 やワクチン 接 種 などを 受 け る 感 染 症 ( 麻 疹 インフルエンザ 等 )に 罹 患 またはそれが 疑 われる 時 は 指 導 医 に 連 絡 し その 指 示 に 従 う 診 察 手 技 の 内 容 や 自 分 の 服 装 に 応 じてユニフォーム( 白 衣 )の 袖 を 捲 り 腕 時 計 などを 外 す 衛 生 的 手 洗 いや 器 具 の 消 毒 を 行 う 状 況 に 応 じてスタンダードプレコーションに 配 慮 する( 手 袋 マスクなど) 医 療 廃 棄 物 を 適 切 に 処 理 する (2)マナー 身 だしなみ ( 実 習 施 設 診 療 科 の 決 まりに 従 う) 礼 儀 正 しく 振 舞 い 親 切 に 人 に 接 する グループ 行 動 や 廊 下 の 歩 行 の 際 に 患 者 さんやご 家 族 に 不 快 感 を 与 えない 患 者 さんやご 家 族 実 習 施 設 の 職 員 に 不 快 感 を 与 えず 清 潔 な 印 象 を 与 える 身 だしなみを 心 がける 髪 型 毛 髪 の 色 ヒゲ 爪 の 手 入 れ アクセサリー 化 粧 口 臭 体 臭 ユニフォーム( 白 衣 )を 着 用 する ボタンをきちんと 留 め 名 札 をつける 胸 元 袖 口 裾 から あるいは 生 地 を 通 して 見 える 衣 服 の 色 模 様 などに 注 意 する 診 察 中 に 飛 び 出 さないよう ポケットの 内 容 を 必 要 最 小 限 にする 汚 れたら 速 やかに 取 り 替 える 履 物 は 動 きやすく 清 潔 感 があり 音 が 大 きすぎず 足 にフィットしている (サンダルは 不 可 ) (3) 共 通 の 事 前 準 備 実 施 手 順 および 配 慮

7 小 児 高 齢 者 等 介 助 陪 席 が 望 ましいと 思 われる 患 者 さんでは 看 護 師 (または 他 の 医 療 職 )や 患 者 さんのご 家 族 に 介 助 陪 席 等 を 依 頼 する 診 察 手 技 の 内 容 や 自 分 の 服 装 に 応 じてユニフォーム( 白 衣 )の 袖 を 捲 り 腕 時 計 などを 外 す 衛 生 的 手 洗 いや 器 具 の 消 毒 を 行 う 速 乾 性 アルコール 手 指 消 毒 薬 ( 以 下 速 乾 性 消 毒 薬 )あるいは 流 水 と 石 鹸 を 用 いた 手 洗 いを 行 う 聴 診 器 などの 患 者 さんに 触 れる 診 察 器 具 をアルコール 綿 などで 消 毒 する 速 乾 性 消 毒 薬 を 使 う 場 合 は 十 分 に 乾 いた 後 に 診 察 を 始 める 状 況 に 応 じてスタンダードプレコーションに 配 慮 する( 手 袋 マスクなど) 患 者 さんに 挨 拶 し 自 己 紹 介 をする できるだけ 同 じ 目 の 高 さで おはようございます お 待 たせしました な ど 明 確 に 挨 拶 する 患 者 さんに 対 して 自 分 の 姓 名 または 姓 を 聞 こえるように 明 確 に 告 げる( 難 しい 漢 字 は 名 札 を 示 す) 患 者 さんの 姓 名 を 確 認 し 医 療 面 接 または 身 体 診 察 手 技 を 行 うことに 対 す る 了 承 を 得 る 患 者 さんの 姓 名 を 丁 寧 に( 読 み 上 げて 文 字 を 示 してなど) 確 認 する 患 者 さ んに 名 乗 ってもらう 場 合 は 確 認 のためにという 目 的 を 告 げる 患 者 さんに 医 療 面 接 または 身 体 診 察 手 技 の 目 的 と 内 容 を 伝 え 了 承 を 得 る 診 察 手 技 の 内 容 に 応 じて 患 者 さんに 装 着 物 ( 眼 鏡 腕 時 計 義 歯 アク セサリー 等 )を 外 したり 衣 服 を 捲 ったり 脱 いだりしてもらう 患 者 さんに 診 察 や 手 技 の 内 容 に 適 した 体 位 や 肢 位 をとってもらう 患 者 さんのプライバシーおよび 羞 恥 心 環 境 に 配 慮 する 場 を 設 定 する( 大 部 屋 から 個 室 への 移 動 窓 やベッド 周 囲 のカーテンを 閉 める エアコンや 照 明 の 調 節 など) 診 察 しない 身 体 部 位 をバスタオルなどで 覆 う 診 察 や 手 技 の 内 容 に 応 じて 適 切 なコミュニケーションを 図 る 患 者 さんが 戸 惑 わないように 予 告 や 指 示 などの 声 かけをする 診 察 や 手 技 会 話 の 内 容 に 応 じて 適 切 なアイコンタクトを 保 つ 患 者 さんにわかり 易 く 丁 寧 な 言 葉 遣 いで 会 話 する 患 者 さんの 状 態 にあった 適 切 な 声 の 大 きさ 話 のスピード 声 の 音 調 を 保 つ 患 者 さんが 過 度 に 緊 張 しないように 自 分 の 表 情 や 仕 草 声 の 音 調 などに 配 慮 す る * 診 察 の 区 切 りで 患 者 さんに 所 見 を 説 明 する 疾 病 や 診 察 手 技 に 伴 う 苦 痛 に 配 慮 する 苦 痛 を 伴 う 可 能 性 がある 場 合 は 事 前 に 予 告 する 必 要 に 応 じて 手 および 聴 診 器 を 温 める 痛 みがあるとわかっている 場 合 は その 部 位 の 打 診 や 触 診 は 最 後 にする 表 情 や 体 動 を 観 察 したり 質 問 したり 合 図 してもらうなどして 苦 痛 を 伴 ってい るかどうかを 確 認 する *( 症 状 の 強 い 場 合 ) 面 接 または 診 察 手 技 を 行 うことが 可 能 かどうかを 患 者 さんに 確 認 する *( 症 状 の 強 い 場 合 ) 患 者 さんが 楽 な 姿 勢 でいられるように 配 慮 する

8 必 要 に 応 じて 体 位 変 換 の 介 助 や 移 動 の 際 のエスコートを 行 う 終 了 後 に 挨 拶 または 協 力 に 対 するお 礼 を 述 べる 診 察 終 了 後 次 のステップ(どこで 待 っていただくなど)の 説 明 をする 医 療 廃 棄 物 を 適 切 に 処 理 する 患 者 さんの 視 点 に 立 った 安 全 性 の 高 い 医 療 の 提 供 が 社 会 的 責 務 である 医 療 安 全 に 関 する 知 識 の 習 得 に 加 え ダブルチェックやチェックリスト 法 などの 具 体 的 な 事 故 予 防 に 関 する 手 技 の 習 得 が 必 要 である さらに 医 療 上 の 事 故 の 予 防 に 加 え 発 生 後 の 対 応 に 関 する 学 習 も 必 要 である また 医 療 従 事 者 自 身 の 安 全 確 保 に 関 する 学 習 内 容 も 盛 り 込 むことが 適 当 である このような 学 習 は 医 学 生 が 臨 床 実 習 開 始 前 までに 行 う 必 要 があり また 実 習 施 設 の 実 情 に 合 わせた 内 容 で 行 うこ とが 重 要 である 実 習 施 設 における 急 変 患 者 さんへの 対 応 は 原 則 として 医 療 従 事 者 が 行 うべき であるが 医 療 従 事 者 が 到 着 するまでの 間 医 学 生 が 対 応 せざるを 得 ない 状 況 も 考 えられる 従 って 急 変 患 者 さんへの 対 応 については 臨 床 実 習 開 始 前 から 臨 床 実 習 を 通 して 十 分 に 学 習 する 必 要 がある

9 Ⅱ. 医 療 面 接 (1) 診 察 時 の 配 慮 Ⅰ. 医 療 面 接 および 身 体 診 察 手 技 に 関 する 共 通 の 学 習 評 価 項 目 を 参 照 (2) 導 入 部 分 :オープニング 適 切 な 呼 びいれをする ( 失 礼 でない 声 かけ 明 確 な 発 音 次 の 方 どうぞ などではなく 名 前 で 呼 び 入 れる) 患 者 さんが 入 室 し 易 いように 配 慮 する (ドアをあける 導 く 荷 物 置 場 を 示 すなど) 患 者 さんに 椅 子 をすすめる ( 必 要 があれば 介 助 する) 同 じ 目 の 高 さで 患 者 さんに 対 して 挨 拶 をする 患 者 さんに 対 して 自 己 紹 介 をする ( 姓 名 ないしは 姓 のみ 明 確 な 発 音 難 しい 漢 字 は 名 札 を 示 す) 患 者 さんの 姓 名 を 確 認 する 患 者 さんに 名 乗 ってもらう 場 合 は 確 認 のため にという 目 的 を 告 げる 面 接 を 行 うことの 了 承 を 患 者 さんから 得 る *( 症 状 の 強 い 場 合 ) 面 接 を 行 うことが 可 能 かどうかを 患 者 さんに 確 認 する *( 症 状 の 強 い 場 合 ) 患 者 さんが 楽 な 姿 勢 で 面 接 を 行 えるように 配 慮 する 適 切 な 座 り 方 をする ( 患 者 さんとの 距 離 体 の 向 き 姿 勢 メモの 位 置 ) 面 接 の 冒 頭 で 患 者 さんの 訴 えを 十 分 に 聴 く (3) 患 者 さんとの 良 好 な( 共 感 的 )コミュニケーション 患 者 さんと 適 切 なアイコンタクトを 保 つ ( 質 問 する 時 だけではなく 患 者 さんの 話 を 聴 く 時 にも 適 切 なアイコンタクトを 保 つ) 患 者 さんにわかり 易 い 言 葉 で 会 話 する 患 者 さんに 対 して 適 切 な 姿 勢 態 度 で 接 する 聴 いている 時 に 患 者 さんにとって 気 になる 動 作 をしない ( 時 計 を 見 る ペンを 回 す 頬 杖 をつくなど) 患 者 さんの 状 態 にあった 適 切 な 声 の 大 きさ 話 のスピード 声 の 音 調 を 保 つ 積 極 的 な 傾 聴 を 心 がける ( 冒 頭 以 外 でもできるだけ 開 放 型 質 問 を 用 いて 患 者 さんが 言 いたいことを 自 由 に 話 せるように 配 慮 する) コミュニケーションを 促 進 させるような 言 葉 がけ うなずき あいづちを 適 切 に 使 う 患 者 さんが 話 し 易 い 聴 き 方 をする ( 遮 らない 過 剰 なあいづちをしないな ど) 患 者 さんの 言 葉 を 繰 り 返 したり 適 切 に 言 い 換 え(パラフレーズ)たりする 聴 きながら 必 要 があれば 適 宜 メモをとる 患 者 さんの 気 持 ちや 患 者 さんのおかれた 状 況 に 共 感 していることを 言 葉 と 態 度 で 患 者 さんに 伝 える ( 言 葉 がけの 内 容 に 態 度 が 伴 わない 場 合 は 不 適 切 ) 患 者 さんの 訴 えや 経 過 を 患 者 さんの 言 葉 を 使 って 適 切 に 要 約 する

10 患 者 さんの 訴 えや 経 過 の 要 約 に 間 違 いがないかを 確 認 する (4) 患 者 さんに 聞 く( 話 を 聴 く): 医 学 的 情 報 症 状 のある 部 位 を 聞 く 症 状 の 性 状 を 聞 く ( 症 状 の 性 質 頻 度 持 続 時 間 など) 症 状 の 程 度 を 聞 く ( 症 状 の 強 度 頻 度 持 続 時 間 など) 症 状 の 経 過 を 聞 く ( 症 状 の 発 症 時 期 持 続 期 間 頻 度 や 程 度 の 変 化 など) 症 状 の 起 きる 状 況 を 聞 く 症 状 を 増 悪 寛 解 させる 因 子 を 聞 く 症 状 に 随 伴 する 他 の 症 状 を 聞 く 症 状 に 対 する 患 者 さんの 対 応 を 聞 く ( 受 診 行 動 を 含 む) 睡 眠 の 状 況 を 聞 く 排 便 の 状 況 を 聞 く 食 欲 ( 食 思 )の 状 況 を 聞 く 体 重 変 化 を 聞 く ( 女 性 の 場 合 ) 月 経 歴 を 聞 く 症 状 が 患 者 さんの 日 常 生 活 に 及 ぼす 程 度 を 聞 く 既 往 歴 を 聞 く 常 用 薬 等 を 聞 く 家 族 歴 を 聞 く ( 血 縁 家 族 と 同 居 家 族 の 違 いを 意 識 して 聞 く) アレルギー 歴 ( 薬 品 食 物 など 外 因 性 のもの)を 聞 く 嗜 好 ( 飲 酒 喫 煙 など)を 聞 く 生 活 習 慣 ( 一 日 の 過 ごし 方 )を 聞 く 社 会 歴 ( 職 歴 職 場 環 境 など)を 聞 く 生 活 環 境 ( 衛 生 環 境 人 間 関 係 など) 家 庭 環 境 (ペット 家 族 構 成 など) を 聞 く 海 外 渡 航 歴 を 聞 く *システムレビュー(System review)を 行 う (5) 患 者 さんに 聞 く( 話 を 聴 く): 心 理 社 会 的 情 報 患 者 さんの 生 活 や 仕 事 などの 社 会 的 状 況 を 聞 く 患 者 さんの 思 いや 不 安 などの 心 理 的 状 況 を 聞 く 患 者 さんの 病 気 や 医 療 に 関 する 考 えや 理 解 ( 解 釈 モデル )を 聞 く 患 者 さんの 検 査 や 治 療 に 関 する 希 望 や 期 待 好 みなどを 聞 く 患 者 さんの 過 去 の 受 療 行 動 を 聞 く 患 者 さんの 過 去 の 対 処 行 動 を 聞 く 患 者 さんの 特 に 気 になっていること 心 配 していることを 詳 しく 聞 く 他 医 受 診 ( 代 替 医 療 も 含 む)の 有 無 と 処 方 内 容 を 聞 く (6) 患 者 さんに 話 を 伝 える 患 者 さんにわかり 易 い 言 葉 で 話 をする 患 者 さんが 話 を 理 解 できているかどうか 確 認 する 話 の 途 中 でも 患 者 さんに 質 問 がないかを 確 認 する 患 者 さんが 質 問 や 意 見 を 話 せるように 配 慮 する ( 雰 囲 気 会 話 の 間 など)

11 ( 注 ) 患 者 さんとの 診 療 計 画 の 相 談 のプロセスは 省 略 する (7) 締 めくくり 部 分 : 診 察 への 移 行 /クロージング 聞 き 漏 らしや 質 問 がないか 尋 ねる (まだお 聞 きしていないことや ご 質 問 はございますか?) 面 接 終 了 後 患 者 さんが 次 にどうしたら 良 いかを 適 切 に 伝 える ( 身 体 診 察 へ 移 行 する 場 合 ) 身 体 診 察 を 始 めることの 同 意 を 得 る (クロージングする 場 合 ) 患 者 さんが 退 室 する 際 に 配 慮 する ( 必 要 があれば 介 助 する) 挨 拶 をする (おだいじに お 気 をつけて など) * 何 かあればいつでも 連 絡 できることを 患 者 さんに 伝 える (8) 全 体 をとおして 順 序 立 った 面 接 : 主 訴 の 聞 き 取 り 現 病 歴 その 他 の 医 学 的 情 報 心 理 社 会 的 情 報 の 聴 取 などを 系 統 的 に あまり 前 後 せずに 順 序 立 てて 進 める 流 れに 沿 った 円 滑 な 面 接 : 患 者 さんの 話 の 流 れに 沿 って 面 接 を 進 め 話 題 を 変 えるときには( 特 に 家 族 歴 既 往 心 理 社 会 的 情 報 などの 聴 取 に 移 るとき) 唐 突 でなく 適 切 な 言 葉 がけをする (たとえば 症 状 と 関 連 することもある ので ご 家 族 のことについて 伺 わせてください など) (9)* 報 告 1) 態 度 コミュニケーション 報 告 を 受 ける 人 に 対 して 適 切 に 挨 拶 や 自 己 紹 介 をする 適 当 な 声 の 大 きさ スピードで 報 告 する 適 切 な 姿 勢 視 線 などで 報 告 する わかりやすく 明 瞭 な 言 葉 遣 いで 報 告 する 正 しい 医 学 用 語 を 適 切 に 使 用 する 患 者 さんに 敬 意 をはらった 態 度 で 報 告 する 相 手 が 理 解 したか 質 問 があるか 確 認 する 締 めくくりの 挨 拶 を 述 べる 2) 情 報 冒 頭 に 患 者 さんの 基 本 情 報 全 体 像 および 主 たるプロブレムを 簡 潔 な 言 葉 で 伝 える 症 状 の 必 須 7 項 目 ( 部 位 性 状 程 度 経 過 状 況 増 悪 寛 解 因 子 随 伴 症 状 )を 中 心 にプロブレムの 概 要 を 伝 える プロブレムに 関 連 する 他 の 医 学 的 情 報 を 伝 える プロブレムに 関 連 する 心 理 社 会 的 情 報 を 伝 える 患 者 さんの 解 釈 モデルや 希 望 を 伝 える 上 記 の 情 報 を 簡 潔 に 順 序 立 てて 報 告 する 3) 臨 床 推 論 (clinical reasoning) プロブレムの 解 決 に 向 けてその 段 階 での 推 論 を 伝 える プロブレムの 解 決 に 向 けてその 段 階 で 必 要 なプラン( 診 断 治 療 教 育 )を 伝 える

12 Ⅲ. 全 身 状 態 の 把 握 全 身 状 態 の 把 握 は 診 療 の 全 過 程 を 通 して 行 われる (1) 診 察 時 の 配 慮 Ⅰ. 医 療 面 接 および 身 体 診 察 手 技 に 関 する 共 通 の 学 習 評 価 項 目 を 参 照 (2) 医 療 安 全 高 齢 者 や 日 常 生 活 動 作 意 識 に 障 害 がある 患 者 さんに 転 倒 予 防 など 適 切 な 対 応 をする 診 察 を 患 者 さんの 安 全 に 配 慮 した 環 境 で 行 う (3) 第 一 印 象 短 時 間 で 全 身 状 態 を 推 測 する * 緊 急 度 重 症 度 精 神 状 態 により 対 応 が 異 なることを 理 解 する 1) 救 急 の 対 応 を 要 する 場 合 は Ⅹ. 救 急 を 参 照 (4) 視 診 体 型 体 格 発 達 を 観 察 する: 肥 満 やせ 低 身 長 筋 肉 質 など * 小 児 の 場 合 は 成 長 発 達 の 状 況 も 把 握 する 身 なりを 観 察 する: 清 潔 さ 化 粧 の 状 態 や 着 衣 の 乱 れなど 体 位 姿 勢 動 作 を 観 察 する: 患 者 さんの 体 位 ( 臥 位 座 位 立 位 など) 起 立 歩 行 着 脱 衣 の 様 子 麻 痺 や 振 戦 不 随 意 運 動 など 呼 吸 状 態 を 観 察 する: 過 呼 吸 努 力 性 呼 吸 起 座 呼 吸 など 顔 貌 を 観 察 する: 苦 悶 様 顔 貌 仮 面 様 顔 貌 満 月 様 顔 貌 など 皮 膚 を 観 察 する: 蒼 白 黄 染 紅 潮 チアノーゼなど 浮 腫 を 観 察 する: 全 身 性 浮 腫 局 所 性 浮 腫 躯 幹 四 肢 を 観 察 する: 変 形 欠 損 など 眼 鏡 補 聴 器 装 具 の 有 無 を 観 察 する (5) 触 診 脈 拍 を 触 診 する: 頻 脈 徐 脈 不 整 緊 張 など 発 汗 の 状 態 を 把 握 する: 乾 燥 湿 潤 体 表 温 を 把 握 する: 冷 感 熱 感 (6) 反 応 指 示 に 対 する 反 応 : 反 応 の 早 さ 適 切 さなど (7) 臭 い 体 臭 口 臭 :アルコール 臭 ケトン 臭 尿 臭 便 臭 など (8)バイタルサイン

13 Ⅳ.バイタルサインの 測 定 を 参 照 (9) 身 体 計 測 身 長 を 測 定 する 体 重 を 測 定 する Body mass index(bmi)を 身 長 と 体 重 から 求 める

14 Ⅳ.バイタルサインの 測 定 ( 四 肢 動 脈 の 診 察 などを 含 む) (1) 診 察 時 の 配 慮 Ⅰ. 医 療 面 接 および 身 体 診 察 手 技 に 関 する 共 通 の 学 習 評 価 項 目 を 参 照 (2) 医 療 安 全 血 圧 の 測 定 では マンシェットの 加 圧 で 患 者 さんに 苦 痛 傷 害 を 与 えないよ うにする 体 温 の 測 定 では 体 温 計 が 体 液 等 により 汚 染 されていないように 留 意 する ( 体 温 計 の 使 用 前 または 使 用 後 にアルコール 綿 で 清 潔 にする) (3) 意 識 レベル Ⅷ. 神 経 診 察 (14) 意 識 レベルの 診 察 を 参 照 Ⅹ. 救 急 (5) 意 識 障 害 患 者 への 初 期 対 応 を 参 照 (4) 体 温 測 温 部 が 腋 窩 の 最 深 部 にあたるように 体 温 計 を 挿 入 する 腋 窩 を 閉 じて 決 められた 時 間 ( 体 温 計 の 必 要 時 間 ) 測 定 する (5) 呼 吸 の 観 察 * 体 位 を 確 認 する ( 呼 吸 困 難 のときの 起 坐 位 側 臥 位 など 特 異 な 体 位 の 有 無 ) 胸 部 全 体 を 露 出 して 診 察 をする 呼 吸 の 異 常 ( 型 リズム 速 さ 深 さ)の 有 無 を 確 認 する 呼 吸 数 を 測 定 する (30 秒 数 えて2 倍 する) 呼 吸 数 を 数 えたらその 結 果 を 述 べ る ( 毎 分 回 です) (6) 上 肢 の 脈 拍 血 圧 測 定 ( 座 位 仰 臥 位 ) 1) 脈 拍 リラックスするように 声 をかける 両 側 の 橈 骨 動 脈 に 検 者 の3 本 の 指 ( 示 指 中 指 環 指 )をあてる 左 右 差 の 有 無 を 確 認 する 不 整 の 有 無 を 確 認 する 3 本 の 指 を 使 って 緊 張 度 を 診 る * 脈 の 性 質 ( 大 脈 小 脈 速 脈 遅 脈 奇 脈 など)を 診 る 左 右 差 がないのを 確 認 してから 片 方 の 腕 で 脈 拍 数 を 数 える (15 秒 数 えて4 倍 する) 脈 拍 数 を 数 えたらその 結 果 を 述 べる ( 毎 分 回 です) 2) 血 圧 測 定 の 準 備 これから 血 圧 を 測 定 する 旨 を 告 げ リラックスしてもらう 血 圧 計 を 使 用 できる 状 態 にセットする マンシェットの 大 きさが 患 者 さんの 年 齢 や 体 格 に 対 して 適 切 であることを 確

15 認 する 枕 や 支 持 台 を 利 用 して 上 腕 の 位 置 が 心 臓 の 高 さとなるように 調 節 する( 座 位 のみ) 十 分 に 上 腕 を 露 出 する 肘 が 曲 がらないようにする ( 特 に 座 位 のときに 注 意 ) 上 腕 動 脈 を 触 診 して 位 置 を 同 定 する マンシェットのゴム 嚢 の 中 央 が 上 腕 動 脈 の 真 上 にくるように 巻 く (ゴム 管 は 上 でも 下 でもよい) マンシェットの 下 端 と 肘 窩 との 間 隔 は 約 2cmあけて 巻 く マンシェットは 指 が1 2 本 入 る 程 度 のきつさで 巻 く 3) 血 圧 ( 触 診 法 ) 橈 骨 動 脈 を 適 切 に 触 れる ( 肘 窩 上 腕 動 脈 でもよい) 水 銀 柱 を70mmHgまで 速 やかに 上 昇 させその 後 10mmHgずつ 上 げてゆく 橈 骨 動 脈 の 脈 が 触 れなくなった 圧 からさらに20~30mmHg 上 まで 速 やかに 上 昇 させる その 後 1 秒 間 に2mmHgずつカフ 圧 を 下 げる 脈 が 触 れ 始 める 値 を 収 縮 期 血 圧 とする 収 縮 期 血 圧 値 が 決 定 した 後 は 急 速 にカフ 圧 を 下 げる 4) 血 圧 ( 聴 診 法 ) 聴 診 器 のイヤピースを 外 耳 道 の 方 向 にあわせて 装 着 し チェストピースを 適 切 に 把 持 する 聴 診 器 のチェストピースを 肘 窩 の 上 腕 動 脈 の 上 に 置 く( 膜 型 でもベル 型 でも よい) 触 診 法 で 決 定 した 収 縮 期 血 圧 から20~30mmHg 上 までカフ 圧 を 速 やかに 上 げる その 後 1 秒 間 に2mmHgずつカフ 圧 を 下 げる Korotkoff 音 が 聞 こえ 始 めた 値 を 収 縮 期 血 圧 とする Korotkoff 音 が 聞 こえ 始 めても 同 じスピードでカフ 圧 を 下 げる Korotkoff 音 が 聞 こえなくなった 値 を 拡 張 期 血 圧 とする ただし Korotkoff 音 が 聞 こえなくなっても10mmHgはゆっくりカフ 圧 を 下 げ 再 度 聞 こえること がないのを 確 認 する ( 聴 診 間 隙 の 確 認 ) それ 以 後 は 急 速 にカフ 圧 を 下 げる 30 秒 おいてもう1 回 測 定 し 2 回 の 平 均 値 をとって 血 圧 とする 同 様 に 反 対 側 の 血 圧 を 測 定 する ( 初 診 では 必 ず 両 側 で 測 定 する) 血 圧 値 を 正 しく 述 べる ( 単 位 mmhgをつけて 収 縮 期 血 圧 / 拡 張 期 血 圧 の 順 に 述 べる) (7) 下 肢 の 脈 拍 血 圧 測 定 ( 仰 臥 位 ) 1) 後 脛 骨 動 脈 の 触 診 仰 臥 位 になってもらう 内 果 の 背 側 やや 下 方 に 沿 うように 示 指 中 指 (または 中 指 環 指 )の 指 先 を あてて 拍 動 を 触 知 する 両 側 の 後 脛 骨 動 脈 を 同 時 に 触 診 し 左 右 差 を 確 認 する 2) 足 背 動 脈 の 触 診 仰 臥 位 になってもらう

16 長 母 趾 伸 筋 腱 を 確 認 する( 母 趾 をやや 背 屈 させるとわかりやすい) 長 母 趾 伸 筋 腱 のやや 外 側 に 示 指 中 指 (または 中 指 環 指 )の 指 先 をあてて 拍 動 を 触 知 する 両 側 の 足 背 動 脈 を 同 時 に 触 診 し 左 右 差 を 確 認 する ( 注 ) 健 常 者 でも 足 背 動 脈 は 触 れにくいことがある 3) 膝 窩 動 脈 の 触 診 仰 臥 位 になってもらう 一 方 の 膝 関 節 を 軽 く 曲 げた 状 態 にして 両 手 で 保 持 する 両 手 で 包 み 込 むように 母 指 は 膝 蓋 骨 の 前 面 に 置 き 示 指 ~ 環 指 (または~ 小 指 )は 指 先 を 合 わせる 形 で 膝 窩 に 深 く 入 れる 通 常 は 示 指 中 指 の 指 先 で 膝 窩 動 脈 の 拍 動 を 感 じる 両 側 を 触 知 し 左 右 差 を 確 認 する 4)* 大 腿 動 脈 の 触 診 仰 臥 位 になってもらう 鼠 径 部 を 露 出 させる( 羞 恥 心 に 配 慮 する) 前 腸 骨 棘 と 恥 骨 結 合 の 中 点 付 近 の 鼠 径 靱 帯 の 下 方 にて 示 指 中 指 (または 中 指 環 指 )の 指 先 で 触 知 する 両 側 を 触 診 し 左 右 差 の 有 無 を 確 認 する 5)* 下 腿 の 血 圧 ( 触 診 法 ) 後 脛 骨 動 脈 を 触 診 する ( 足 背 動 脈 でも 良 い) ゴム 嚢 の 中 央 が 後 脛 骨 動 脈 の 真 上 にくるように 上 腕 用 のマンシェットを 巻 く マンシェットの 下 端 が 内 果 の 直 上 にあるように 巻 く マンシェットは 指 が1 2 本 入 る 程 度 のきつさで 巻 く 上 腕 の 血 圧 測 定 と 同 じ 手 順 で 触 診 法 により 血 圧 を 測 定 する 上 肢 と 下 肢 の 血 圧 からAnkle-Brachial Index(ABI)を 計 算 する 6)* 大 腿 の 血 圧 ( 聴 診 法 ) 腹 臥 位 になってもらう 膝 窩 動 脈 の 走 行 を 確 認 する 大 腿 用 マンシェットをゴム 嚢 中 央 が 大 腿 後 面 で 大 腿 の 下 1/3が 覆 われるように 巻 く 上 肢 の 血 圧 測 定 ( 聴 診 法 )と 同 じ 手 順 で 膝 窩 動 脈 に 聴 診 器 をあて 血 圧 を 測 定 する (8) 下 腿 浮 腫 の 診 察 両 側 の 足 背 部 ないしは 脛 骨 前 面 で 浮 腫 の 有 無 を 見 る 母 指 または 示 指 ~ 環 指 の 指 腹 で5 秒 以 上 ( 約 10 秒 ) 圧 迫 し 圧 痕 の 有 無 を 観 察 する 圧 痕 があれば 浮 腫 ありとする * 圧 痕 の 深 さにより1~4 度 に 分 類 する

17 Ⅴ. 頭 頸 部 診 察 (1) 診 察 時 の 配 慮 Ⅰ. 医 療 面 接 および 身 体 診 察 手 技 に 関 する 共 通 の 学 習 評 価 項 目 を 参 照 (2) 医 療 安 全 安 全 な 診 療 器 具 の 使 用 耳 鏡 鼻 鏡 舌 圧 子 ペンライト 音 叉 などは 患 者 さんに 外 傷 や 苦 痛 を 与 えな いよう 正 しく 使 用 する 耳 鏡 鼻 鏡 舌 圧 子 など 患 者 さんに 使 用 した 器 具 は 適 切 に 処 理 をする (3) 頭 部 の 診 察 1) 頭 顔 顔 貌 を 観 察 する: 顔 色 表 情 および 左 右 差 浮 腫 ( 特 に 眼 瞼 眼 瞼 周 囲 ) 発 汗 過 多 皮 疹 など 頭 髪 を 観 察 する: 脱 毛 頭 髪 の 色 調 など 頭 皮 を 観 察 する: 頭 髪 を 掻 き 分 けて 頭 皮 全 体 を 観 察 する 皮 疹 瘢 痕 腫 瘤 など 頭 皮 頭 蓋 を 触 診 する: 変 形 腫 瘤 圧 痛 など 2) 眼 眼 瞼 結 膜 を 観 察 する: 指 で 下 眼 瞼 を 押 し 下 げて 眼 瞼 結 膜 を 露 出 させ 充 血 浮 腫 貧 血 の 有 無 などを 観 察 する 眼 球 結 膜 を 観 察 する: 下 眼 瞼 を 押 し 下 げ 上 方 視 してもらう または 上 眼 瞼 を 押 さえて 下 方 視 してもらうなどの 方 法 で 角 膜 の 上 または 下 の 眼 球 結 膜 を 観 察 する 充 血 黄 染 出 血 など 眼 球 突 出 を 観 察 する: 眼 球 突 出 が 疑 われる 場 合 は 側 面 または 後 上 方 から 確 認 する 瞳 孔 虹 彩 を 観 察 する: 左 右 差 および 色 形 レンズの 混 濁 など 視 野 を 観 察 する( Ⅷ. 神 経 診 察 を 参 照 ) 眼 球 運 動 を 観 察 する( Ⅷ. 神 経 診 察 を 参 照 ) 対 光 反 射 を 観 察 する( Ⅷ. 神 経 診 察 を 参 照 ) 眼 底 を 観 察 する( Ⅷ. 神 経 診 察 を 参 照 ) 3) 耳 耳 介 およびその 周 囲 を 観 察 する: 変 形 結 節 皮 疹 など * 耳 介 およびその 周 囲 を 触 診 する: 耳 介 の 牽 引 による 痛 み 耳 介 前 後 部 の 圧 痛 を 確 認 する 聴 力 を 検 査 する( Ⅷ. 神 経 診 察 を 参 照 ) * 聴 力 に 異 常 がある 場 合 音 叉 を 用 いWeber 試 験 Rinne 試 験 を 行 う 耳 鏡 を 使 って 診 察 する ( 臨 床 実 習 前 にはシミュレーターなどを 用 いて 学 習 し できるだけ 安 全 に 行 えるようにトレーニングし 臨 床 実 習 では 指 導 医 の 指 導 のもとで 行 う)

18 耳 鏡 の 挿 入 による 外 耳 道 への 傷 害 を 起 こさないように 十 分 に 配 慮 する 耳 鏡 使 用 時 に 耳 介 を 後 上 方 に 引 いて 外 耳 道 入 口 部 を 観 察 し 病 変 の 有 無 を 確 認 する 耳 鏡 を 正 しくセットして 横 から 覗 きながら 外 耳 道 内 へ 耳 鏡 の 先 端 を 挿 入 する 耳 鏡 の 先 端 を 挿 入 後 安 全 確 保 のため 耳 鏡 を 保 持 している 手 の 一 部 を 患 者 さん の 頭 部 に 当 てて 固 定 し 耳 鏡 を 覗 きながら 痛 みを 生 じないように 注 意 深 く 進 める 耳 鏡 で 外 耳 道 鼓 膜 を 観 察 する 4) 鼻 副 鼻 腔 鼻 の 全 体 の 形 状 皮 膚 の 所 見 を 観 察 する: 変 形 皮 疹 など 副 鼻 腔 ( 上 顎 洞 前 頭 洞 )の 圧 痛 叩 打 痛 を 確 認 する * 片 方 ずつ 鼻 翼 を 圧 迫 して 鼻 孔 を 塞 ぎ 呼 気 または 吸 気 で 通 気 を 確 認 する 方 法 や 金 属 板 の 曇 りを 確 認 する 方 法 などにより 鼻 閉 塞 の 有 無 を 確 認 する * 鼻 鏡 を 用 いて 前 鼻 腔 を 観 察 する 5) 口 唇 口 腔 咽 頭 口 唇 を 観 察 する:チアノーゼ 水 疱 色 素 沈 着 潰 瘍 など 歯 を 観 察 する: 欠 損 う 歯 歯 垢 歯 石 や 歯 列 の 所 見 など 歯 肉 を 観 察 する: 発 赤 腫 脹 出 血 色 素 沈 着 など 頬 粘 膜 を 観 察 する: 潰 瘍 出 血 斑 鵞 口 瘡 や 耳 下 腺 管 開 口 部 の 所 見 など 舌 を 観 察 する: 舌 を 観 察 することを 告 げ 口 を 大 きく 開 けてもらう または 舌 を 出 してもらい 舌 背 を 観 察 する 適 切 な 指 示 ( 例 舌 を 右 に 寄 せてくださ い など) または 舌 圧 子 の 使 用 により 舌 縁 を 観 察 する 発 赤 腫 瘤 潰 瘍 舌 乳 頭 萎 縮 舌 苔 巨 舌 など 口 腔 底 舌 下 面 を 観 察 する: 適 切 な 指 示 により 舌 を 挙 上 してもらい 口 腔 底 舌 下 面 を 観 察 する 腫 瘤 舌 小 帯 短 縮 や 顎 下 腺 管 開 口 部 の 所 見 など 硬 口 蓋 を 観 察 する: 口 蓋 を 十 分 に 観 察 できるように 患 者 さんに 頸 部 を 後 屈 してもらう または 観 察 者 が 下 方 から 口 蓋 を 覗 き 込 む 発 赤 腫 瘤 潰 瘍 出 血 斑 など 軟 口 蓋 咽 頭 後 壁 を 観 察 する: 発 赤 腫 脹 リンパ 濾 胞 の 腫 大 出 血 後 鼻 漏 など 口 蓋 扁 桃 を 観 察 する: 腫 脹 左 右 差 発 赤 白 苔 など ペンライトを 適 切 に 使 用 する: 観 察 部 位 に 的 確 に 光 を 当 て 口 腔 内 に 入 れた り 口 唇 に 触 れたりしないようにする 咽 頭 後 壁 および 口 蓋 扁 桃 を 観 察 する 際 には 高 い 声 で"あー"と 発 声 してもら うなどの 方 法 で 十 分 な 視 野 を 確 保 する 舌 圧 子 を 用 いて 診 察 する 際 咽 頭 後 壁 観 察 時 は 必 要 に 応 じて 舌 の 中 央 部 を 舌 圧 子 で 押 し 下 げ 頬 粘 膜 や 歯 歯 肉 の 観 察 時 は 舌 圧 子 で 頬 粘 膜 を 歯 列 から 引 き 離 す 舌 圧 子 は 不 潔 にならないように 操 作 し 使 用 後 は 感 染 性 廃 棄 物 として 適 切 に 廃 棄 する 6) 唾 液 腺 耳 下 腺 を 触 診 する: 示 指 ~ 環 指 の 指 腹 を 使 って 触 診 する 顎 下 腺 を 触 診 する: 患 者 さんに 軽 く 頸 部 を 前 屈 してもらい 示 指 ~ 環 指 の 指 腹 を 使 って 触 診 する

19 7) 頭 頸 部 リンパ 節 後 頭 部 のリンパ 節 を 触 診 する: 示 指 ~ 環 指 (または 示 指 と 中 指 )の 指 腹 を 皮 膚 に 密 着 させ 円 を 描 くように 触 診 する 耳 介 後 部 のリンパ 節 を 触 診 する: 示 指 ~ 環 指 (または 示 指 と 中 指 )の 指 腹 を 皮 膚 に 密 着 させ 円 を 描 くように 触 診 する 耳 介 前 部 のリンパ 節 を 触 診 する: 示 指 ~ 環 指 (または 示 指 と 中 指 )の 指 腹 を 皮 膚 に 密 着 させ 円 を 描 くように 触 診 する 顎 下 部 のリンパ 節 を 触 診 する: 患 者 さんに 軽 く 頸 部 を 前 屈 してもらい 下 顎 骨 に 向 かって 掘 るように 触 診 する オトガイ 下 部 のリンパ 節 を 触 診 する: 軽 く 頸 部 を 前 屈 してもらいオトガイ 部 に 向 かって 掘 るように 触 診 する 下 顎 角 直 下 のリンパ 節 を 触 診 する: 示 指 ~ 環 指 (または 示 指 と 中 指 )の 指 腹 を 皮 膚 に 密 着 させ 円 を 描 くように 触 診 する 胸 鎖 乳 突 筋 より 表 層 のリンパ 節 ( 浅 頸 リンパ 節 )を 触 診 する: 示 指 ~ 環 指 (または 示 指 と 中 指 )の 指 腹 を 皮 膚 に 密 着 させ 円 を 描 くように 触 診 する 胸 鎖 乳 突 筋 より 深 部 のリンパ 節 ( 深 頸 リンパ 節 )を 触 診 する: 患 者 さんの 頸 部 を 診 察 している 側 に 傾 けてもらうなどの 方 法 で 胸 鎖 乳 突 筋 の 緊 張 をとり 同 筋 をつかむようにしてその 裏 のリンパ 節 を 触 診 する 後 頸 三 角 のリンパ 節 を 触 診 する: 僧 帽 筋 前 縁 胸 鎖 乳 突 筋 後 縁 鎖 骨 で 囲 ま れた 後 頸 三 角 を 示 指 ~ 環 指 (または 示 指 と 中 指 )の 指 腹 を 皮 膚 に 密 着 させ 円 を 描 くように 隈 なく 触 診 する 鎖 骨 上 窩 のリンパ 節 を 触 診 する: 鎖 骨 の 裏 側 を 探 るように 触 診 する 片 側 ずつ 触 診 しているリンパ 節 に 意 識 を 集 中 して 丁 寧 に 診 察 する * 腫 脹 がある 場 合 数 部 位 大 きさ 形 状 集 簇 性 表 面 の 性 状 硬 さ 圧 痛 可 動 性 を 診 る (4) 頸 部 の 診 察 1) 甲 状 腺 甲 状 腺 を 観 察 する: 嚥 下 してもらいながら 正 面 から 甲 状 腺 を 観 察 し 腫 大 が 疑 われる 場 合 は 側 面 からも 観 察 する 甲 状 腺 峡 部 を 触 診 する: 輪 状 軟 骨 の 位 置 を 確 認 し 利 き 手 の 示 指 の 指 腹 で 甲 状 腺 峡 部 を 軽 く 触 診 する (または 母 指 の 指 腹 で 触 診 する)

20 甲 状 腺 葉 部 を 触 診 する: 片 手 の 母 指 で 気 管 を 固 定 し 対 側 の 母 指 の 指 腹 で 胸 鎖 乳 突 筋 の 裏 側 に 向 かって 触 診 する または 背 部 から 両 側 の 示 指 ~ 環 指 の 指 腹 を 使 って 甲 状 腺 峡 部 および 両 葉 を 触 診 する 嚥 下 してもらいながら 正 面 から もしくは 背 部 から 甲 状 腺 葉 部 を 触 診 する * 甲 状 腺 腫 が 疑 われるときは 甲 状 腺 の 聴 診 により 血 管 雑 音 の 有 無 を 確 認 す る 2)* 気 管 気 管 の 視 診 および 触 診 : 短 縮 偏 位 など 3) 頸 部 血 管 頸 部 血 管 を 診 察 する( Ⅵ. 胸 部 診 察 を 参 照 )

21 Ⅵ. 胸 部 診 察 (1) 診 察 時 の 配 慮 Ⅰ. 医 療 面 接 および 身 体 診 察 手 技 に 関 する 共 通 の 学 習 評 価 項 目 を 参 照 (2) 医 療 安 全 高 齢 者 や 動 作 に 障 害 がある 患 者 さんでは 体 位 変 換 時 の 転 倒 予 防 に 注 意 する 激 しく 咳 をしている 患 者 さんを 診 察 する 場 合 は 互 いにマスクを 着 用 し 感 染 防 御 に 注 意 する 痛 みのある 領 域 の 打 診 や 叩 打 診 は 苦 痛 を 与 えないように 実 施 する ハンマーや 握 り 拳 を 用 いた 脊 椎 の 叩 打 診 では あらかじめ 叩 くことを 知 らせ る 頸 動 脈 の 診 察 では 聴 診 であらかじめ 血 管 雑 音 のないことを 確 認 した 上 で 触 診 を 行 う (3) 聴 診 器 の 使 用 聴 診 器 のイヤピースを 外 耳 道 の 方 向 にあわせて 装 着 し チェストピースを 適 切 に 把 持 する 目 的 に 応 じて 膜 型 ベル 型 を 使 い 分 ける (ベル 型 は 低 音 域 Ⅲ 音 Ⅳ 音 の 聴 診 に 使 う) (4) 肺 の 診 察 ( 前 胸 部 ) 1) 視 診 胸 部 全 体 を 露 出 して 診 察 をする 解 剖 学 的 部 位 ( 胸 骨 角 剣 状 突 起 )を 特 定 する 皮 膚 所 見 ( 皮 疹 着 色 班 手 術 瘢 痕 など)を 確 認 する 胸 郭 の 形 状 輪 郭 ( 変 形 左 右 差 など)を 確 認 する 呼 吸 数 を 測 定 する (30 秒 数 えて2 倍 する) 呼 吸 の 異 常 ( 型 リズム 速 さ 深 さ)を 確 認 する 呼 吸 時 の 胸 壁 運 動 の 左 右 差 を 確 認 する 鎖 骨 上 窩 肋 間 の 吸 気 時 の 陥 凹 の 有 無 を 確 認 する 2) 打 診 左 ( 右 ) 手 を 広 げ その 中 指 の 中 節 骨 部 またはDIP 関 節 部 を 曲 げた 右 ( 左 ) 中 指 で 手 首 のスナップを 効 かせて 弾 むように 原 則 として2 回 ずつ 叩 き 打 診 す る 肺 尖 側 胸 部 胸 郭 下 端 を 含 む 胸 部 全 体 (8ヵ 所 以 上 )を 打 診 する 左 右 交 互 に 上 から 下 へ 打 診 して 左 右 差 を 確 認 する 3) 聴 診 深 呼 吸 をしてもらう 吸 気 と 呼 気 とで 聴 診 する 肺 尖 側 胸 部 胸 郭 下 端 を 含 む 胸 部 全 体 (8ヵ 所 以 上 )を 聴 診 する 左 右 を 交 互 に 比 較 して 聴 く

22 (5) 肺 の 診 察 ( 背 部 ) 1) 視 診 患 者 さんの 背 面 に 移 動 する (または 患 者 さんに 背 中 を 向 けてもらう) 解 剖 学 的 部 位 ( 第 7 頸 椎 棘 突 起 ( 隆 椎 )や 肩 甲 骨 下 角 )を 特 定 する 皮 膚 所 見 ( 皮 疹 着 色 斑 手 術 瘢 痕 など)を 確 認 する 胸 郭 の 形 状 輪 郭 ( 変 形 左 右 差 など)を 確 認 する 2)* 触 診 声 音 振 盪 を 確 認 する 3) 打 診 背 部 全 体 (8ヵ 所 以 上 )を 打 診 する ( 前 胸 部 と 比 べてより 下 部 まで 行 う) 左 右 交 互 に 打 診 して 左 右 差 を 確 認 する 両 側 の 肺 底 部 の 清 音 と 濁 音 の 境 界 を 確 認 する ( 片 側 ずつ 肩 甲 線 を 頭 側 より 打 診 し 決 定 する) * 横 隔 膜 の 呼 吸 性 移 動 を 確 認 する 4) 聴 診 深 呼 吸 をしてもらう 聴 診 器 を 密 着 させる 左 右 を 比 較 して 聴 く 背 部 全 体 (8ヵ 所 以 上 )を 聴 診 する ( 前 胸 部 と 比 べてより 下 部 まで 行 う) 吸 気 と 呼 気 とで 聴 診 する * 声 音 聴 診 を 確 認 する (6)その 他 背 部 の 診 察 1) 叩 打 痛 隆 椎 より 尾 側 で 脊 椎 の 叩 打 痛 を 確 認 する (ハンマー 握 り 拳 のいずれでも よいが ハンマーの 場 合 は 自 身 の 指 などの 上 からたたき 直 接 叩 打 しない) (7) 心 臓 の 診 察 ( 心 臓 の 診 察 は 基 本 的 に 臥 位 左 側 臥 位 で 行 うことが 推 奨 されているが 状 況 に 応 じ 座 位 で 行 う) 1) 視 診 心 尖 拍 動 を 確 認 する 胸 壁 拍 動 ( 右 室 隆 起 による 胸 骨 下 部 および 傍 胸 骨 拍 動 大 動 脈 瘤 による 拍 動 な ど)を 確 認 する ( 注 ) 心 尖 拍 動 は 左 側 臥 位 で 確 認 しやすい 2) 触 診 心 尖 拍 動 の 位 置 と 広 がりと 持 続 を 第 5 肋 間 左 鎖 骨 中 線 付 近 で 指 先 と 手 掌 で 確 認 する 前 胸 部 ( 胸 骨 下 部 および 傍 胸 骨 )の 胸 壁 拍 動 を 手 掌 近 位 部 で 確 認 する 振 戦 (スリル)を 手 掌 遠 位 部 で4 領 域 に 相 当 する 範 囲 を 確 認 する ( 注 ) 心 尖 拍 動 は 左 側 臥 位 で 触 れやすい 3) 聴 診 4 領 域 { 心 尖 部 ( 第 5 肋 間 左 鎖 骨 中 線 ) 三 尖 弁 領 域 ( 第 4 5 肋 間 胸 骨 左 縁 )

23 肺 動 脈 弁 領 域 ( 第 2 肋 間 胸 骨 左 縁 ) 大 動 脈 弁 領 域 ( 第 2 肋 間 胸 骨 右 縁 )} を 膜 型 で 聴 診 する (4 領 域 と 表 現 しているが 各 弁 に 相 当 するものではない 聴 診 は 心 基 部 から 心 尖 部 に 向 かっても 心 尖 部 から 心 基 部 に 向 かって 聴 診 しても 良 い なお 聴 診 部 位 として4 領 域 の 他 に 第 3 肋 間 胸 骨 左 縁 Erbの 領 域 も 重 要 である) 心 尖 部 はベル 型 でも 聴 診 する ( 注 ) 臥 位 で 診 察 するときは 仰 臥 位 で4 領 域 を 聴 取 したあと 左 側 臥 位 で 心 尖 部 をベル 型 で 聴 取 する 聴 診 音 を 同 定 する Ⅰ 音 とⅡ 音 を 同 定 する 肺 動 脈 弁 領 域 でⅡ 音 の 分 裂 を 確 認 する 心 尖 部 でベル 型 を 用 いてⅢ 音 Ⅳ 音 を 確 認 する ( 左 側 臥 位 でよく 聞 こえる) 雑 音 を 聴 取 した 場 合 には 収 縮 期 雑 音 か 拡 張 期 雑 音 か 区 別 する (8) 頸 部 血 管 の 診 察 1) 視 診 外 頸 静 脈 を 観 察 する ( 正 常 では 仰 臥 位 で 輪 郭 を 認 める 座 位 では 認 めない ことが 多 いが 息 こらえをすれば 怒 張 し 確 認 できる) * 上 半 身 を45 に 保 ち 内 頸 静 脈 の 拍 動 を 観 察 する 2) 聴 診 下 顎 角 直 下 約 2cmのところの 頸 動 脈 の 聴 診 をする ( 両 側 ) 3) 触 診 一 側 ずつ 頸 動 脈 を 甲 状 軟 骨 の 高 さで 示 指 中 指 (または 母 指 )の 指 腹 を 使 っ て 軽 く 触 診 をする 触 診 は 必 ず 聴 診 の 後 に 行 う( 聴 診 で 雑 音 があるときには 行 わない 動 脈 硬 化 が 強 い 患 者 さんでは 行 わない)

24 Ⅶ. 腹 部 診 察 (1) 診 察 時 の 配 慮 Ⅰ. 医 療 面 接 および 身 体 診 察 手 技 に 関 する 共 通 の 学 習 評 価 項 目 を 参 照 (2) 医 療 安 全 1) 腹 部 全 般 腹 部 を 露 出 させることを 事 前 に 説 明 し 同 意 を 得 る 痛 みのある 領 域 の 打 診 や 叩 打 診 及 び 触 診 は 過 度 に 苦 痛 を 与 えないように 実 施 する 2)* 直 腸 診 直 腸 診 の 目 的 を 患 者 さんに 説 明 する 直 腸 診 の 方 法 の 概 略 を 患 者 さんに 説 明 する 患 者 さんが 直 腸 診 の 内 容 を 理 解 したことを 確 認 し 実 施 の 承 諾 を 得 る 看 護 師 (または 他 の 医 療 職 )が 陪 席 していることを 確 認 する 糞 便 体 液 による 汚 染 防 止 に 留 意 し 使 用 後 の 用 具 は 感 染 性 廃 棄 物 入 れに 廃 棄 する (3) 全 般 的 注 意 事 項 ベッドに 仰 向 けになってもらい 腹 部 を 十 分 に 露 出 する 一 般 的 には 患 者 さんの 右 側 に 立 って 右 手 で 診 察 することが 推 奨 されている 可 能 な 限 り 心 窩 部 から 恥 丘 鼠 径 部 までの 範 囲 を 診 察 できるようにする バスタオルなどを 用 いて 羞 恥 心 に 配 慮 する 以 下 特 に 記 載 がない 場 合 の 診 察 体 位 は 仰 臥 位 とする 視 診 - 聴 診 - 打 診 - 触 診 の 順 序 で 診 察 を 進 める 腹 痛 のある 患 者 さんの 場 合 は まずその 場 所 を 聞 いておく 視 診 聴 診 打 診 では 十 分 な 診 察 範 囲 を 確 保 するために 両 膝 を 伸 ばした 状 態 で 診 察 を 行 う 触 診 では 腹 壁 の 緊 張 がある 場 合 は 膝 を 軽 く 曲 げる 膝 の 下 へ 枕 を 挿 入 す る 上 肢 を 挙 上 している 場 合 は 体 の 脇 に 下 ろさせる などの 工 夫 をする (4) 基 本 的 診 察 法 1) 視 診 腹 部 の 輪 郭 形 状 ( 平 坦 膨 隆 陥 凹 )および 腫 瘤 の 有 無 を 判 断 する 上 方 および 側 方 からくまなく 観 察 する 形 状 は 胸 郭 レベルまたは 剣 状 突 起 と 恥 骨 結 合 とを 結 ぶ 仮 想 線 を 基 準 にする 皮 疹 着 色 斑 手 術 瘢 痕 静 脈 怒 張 皮 膚 線 条 腫 瘤 拍 動 などの 有 無 を 判 断 する 2) 聴 診 聴 診 への 導 入 聴 診 器 で 腹 部 の 音 を 聴 くことを 説 明 する

25 聴 診 器 が 冷 たくないか 触 って 確 認 する 冷 たいときは 温 める 聴 診 器 が 冷 たかったら その 旨 を 伝 えるように 促 す 腸 蠕 動 音 の 聴 診 腹 壁 の 一 か 所 に 膜 型 聴 診 器 を 軽 く 当 てて 腸 蠕 動 音 を 聴 診 する 腸 蠕 動 音 の 聴 診 は 十 分 時 間 をかけて 聴 取 する (1 2か 所 の 聴 診 でよい) * 腸 蠕 動 音 の 頻 度 ( 亢 進 低 下 消 失 )や 性 状 ( 金 属 性 などの 異 常 音 の 有 無 ) を 判 断 する 腹 部 の 血 管 音 の 聴 診 膜 型 聴 診 器 を 押 し 当 てて 大 動 脈 音 を 直 上 で 聴 診 する * 膜 型 聴 診 器 を 押 し 当 てて 左 右 の 腎 動 脈 音 を 直 上 で 聴 診 する * 膜 型 聴 診 器 を 押 し 当 てて 左 右 総 腸 骨 動 脈 音 を 直 上 で 聴 診 する * 振 水 音 を 聴 診 する イレウスが 疑 われる 場 合 には 上 腹 部 に 膜 型 聴 診 器 を 押 し 当 てて 腹 部 全 体 を 両 手 で 強 めに 揺 すって 聴 診 する 3) 打 診 打 診 の 基 本 手 技 腹 部 をたたいて( 打 診 で) 診 察 することを 説 明 する 手 が 冷 たくないことを 確 認 し 必 要 に 応 じて 温 める 手 が 冷 たかったら その 旨 を 伝 えるように 促 す 左 ( 右 ) 手 を 広 げ その 中 指 の 中 節 骨 部 またはDIP 関 節 部 を 曲 げた 右 ( 左 ) 中 指 で 手 首 のスナップを 効 かせて 弾 むように 原 則 として2 回 ずつ 叩 き 打 診 す る 痛 みがあるとわかっている 場 合 は 痛 い 部 位 の 打 診 を 最 後 に 行 う 腹 部 全 体 の 打 診 腹 部 の9 領 域 ( 左 上 中 下 中 央 上 中 下 右 上 中 下 )を 打 診 する 打 診 しながら 口 頭 や 顔 の 表 情 などで 痛 みを 確 認 する 打 診 音 の 異 常 の 有 無 を 確 認 する 肝 臓 の 打 診 肝 臓 の 上 界 ( 肺 肝 境 界 )を 右 鎖 骨 中 線 で 頭 側 からの 打 診 で 判 断 する 肝 臓 の 下 界 を 右 鎖 骨 中 線 で 尾 側 からの 打 診 で 判 断 する 脾 臓 の 打 診 Traube 三 角 ( 第 6 肋 骨 肋 骨 下 縁 前 腋 窩 線 で 囲 まれた 範 囲 )に 濁 音 界 がない ( 鼓 音 である)かどうかを 判 断 する 4)* 叩 打 診 肝 臓 の 叩 打 診 右 肋 骨 弓 頭 側 に 平 手 をおき 反 対 側 の 手 拳 の 尺 側 面 で 優 しく 叩 き 肝 臓 の 叩 打 痛 の 有 無 を 診 察 する 脾 臓 の 叩 打 診 左 肋 骨 弓 頭 側 に 平 手 をおき 反 対 側 の 手 拳 の 尺 側 面 で 優 しく 叩 き 脾 臓 の 叩 打 痛 の 有 無 を 診 察 する 腎 臓 の 叩 打 診 側 臥 位 または 座 位 でCVA(cost-vertebral angle)に 平 手 をおいて 反 対 側 の 手 拳 の 尺 側 面 で 優 しく 叩 き 叩 打 痛 の 有 無 を 診 察 する 平 手 をおかずに 直 接 叩 打 しないこと 両 側 で 行 い 比 較 する

26 5) 触 診 触 診 の 基 本 手 技 腹 部 を 触 って 診 察 することを 説 明 する 手 が 冷 たくないことを 確 認 し 必 要 に 応 じて 温 める 手 が 冷 たかったら その 旨 を 伝 えるように 促 す 腹 部 の9 領 域 ( 左 上 中 下 中 央 上 中 下 右 上 中 下 )を 触 診 する 痛 みがあるとわかっている 部 位 は 最 後 に 触 診 する 触 診 しながら 口 頭 や 顔 の 表 情 などで 痛 みを 確 認 する 浅 い 触 診 片 手 で 示 指 から 小 指 まで 指 をそろえて 浅 く 圧 迫 しながら 触 診 する 指 は 立 て ない 腹 壁 を1cm 以 上 圧 迫 しない 程 度 に 行 う 圧 痛 筋 抵 抗 表 層 の 臓 器 や 腫 瘤 の 有 無 を 判 断 する 腹 壁 筋 の 筋 抵 抗 は 随 意 不 随 意 の 緊 張 の 有 無 から 判 定 する ( 筋 性 防 御 筋 強 直 ) 深 い 触 診 片 手 または 両 手 で( 片 手 を 腹 壁 におき 反 対 の 手 で 力 を 加 え) 深 く 探 るよ うに 触 診 する 手 を 押 し 下 げ 少 し 手 前 に 引 くように 触 診 する 腫 瘤 の 有 無 を 判 断 する 肝 臓 の 触 診 打 診 で 推 定 した 肝 臓 の 下 縁 よりも 十 分 に 尾 側 の 右 鎖 骨 中 線 上 に 右 ( 左 ) 手 をお く 左 ( 右 ) 手 を 背 部 におき 肝 臓 を 持 ち 上 げながら 触 診 する ( 肝 臓 を 持 ち 上 げ ないで 片 手 で あるいは 両 手 を 腹 部 に 重 ねるように 添 えて 触 診 してもよい) 患 者 さんに 腹 式 呼 吸 をしてもらい 呼 気 時 に 右 ( 左 ) 手 の 指 を 深 く 入 れる 次 の 吸 気 時 の 腹 壁 の 上 がりよりも 少 し 遅 れて 右 ( 左 ) 手 が 上 がるようにして 肝 臓 の 下 縁 を 触 れる 示 指 中 指 の 指 先 (やや 母 指 側 )または 肋 骨 弓 に 平 行 に 置 いた 示 指 の 母 指 側 の 側 面 で 触 れる 手 を 置 く 部 位 を 少 しずつ 頭 側 へ 近 づけながら 触 診 を 繰 り 返 す 脾 臓 の 触 診 胸 郭 / 肋 骨 籠 (rib cage)を 後 ろから 支 える 様 に 左 ( 右 ) 手 を 背 部 にあてる 患 者 さんに 右 側 臥 位 になってもらってもよい 右 ( 左 ) 手 を 左 肋 骨 弓 の 尾 側 に 置 く 患 者 さんに 腹 式 呼 吸 をしてもらい 呼 気 時 に 右 ( 左 ) 手 の 指 を 深 く 入 れる 次 の 吸 気 時 に 腹 壁 の 上 がりよりも 少 し 遅 れて 右 ( 左 ) 手 が 上 がるようにして 脾 臓 を 触 診 する * 腎 臓 の 触 診 左 ( 右 ) 手 を 背 部 の 第 12 肋 骨 の 尾 側 に 平 行 に 置 き 指 先 が 肋 骨 脊 柱 角 (CVA) に 届 くようにする 右 腎 を 腹 側 ( 上 方 )に 持 ち 上 げるようにする 右 ( 左 ) 手 を 上 腹 部 腹 直 筋 の 外 側 に 平 行 になるように 置 く 患 者 さんに 腹 式 呼 吸 をしてもらう

27 最 吸 気 時 に 腹 壁 の 上 がりよりも 少 し 遅 れて 右 ( 左 ) 手 が 上 がるようにする 次 の 呼 気 時 に 腎 臓 を 両 手 で 捕 獲 する 気 持 ちで 腎 下 極 を 挟 み 込 むように 触 診 す る ( 腎 臓 は 上 方 に 滑 る) 右 腎 と 同 様 に 左 腎 を 触 診 する ( 可 能 であれば 患 者 さんの 左 側 に 移 動 する) (5) 病 態 に 応 じた 精 密 診 察 法 1)* 腹 水 の 評 価 看 護 師 または 患 者 さん 自 身 の 手 の 側 面 を 腹 部 正 中 線 上 に 縦 に 立 ててもらい 側 腹 部 を 手 指 で 軽 く 叩 いて 衝 撃 を 加 え 対 側 の 側 腹 部 に 置 いた 別 の 手 に 波 動 を 感 じとる Shifting dullnessによって 腹 水 の 有 無 を 判 断 する 仰 臥 位 で 打 診 音 が 変 化 する 部 をマークする 続 いて 側 臥 位 に 移 行 してもら い 打 診 音 が 変 化 する 部 ( 濁 音 界 )をマークし 比 較 する 2) 痛 みがある 部 位 の 触 診 痛 みがあるとわかっている 場 合 は その 部 位 の 触 診 は 最 後 にする 触 診 しながら 口 頭 やアイコンタクトなどで 痛 みを 確 認 する 苦 痛 に 配 慮 して 静 かに ソフトに 触 診 する * 一 本 の 指 の 末 節 掌 側 を 使 って 限 局 した 圧 痛 点 を 探 り 確 認 する ( 最 強 点 以 外 にも 数 箇 所 で 確 認 ) * 虫 垂 炎 が 疑 われる 場 合 McBurneyの 圧 痛 点 を 同 定 し Rovsing 徴 候 ( 左 下 腹 部 を 押 さえたときの 右 下 腹 部 痛 )の 有 無 を 確 認 する * 急 性 胆 嚢 炎 が 疑 われる 場 合 Murphyの 徴 候 ( 右 肋 弓 下 の 圧 痛 による 吸 気 の 途 絶 )を 確 認 する 3)* 腹 膜 刺 激 徴 候 の 評 価 触 診 の 前 に 患 者 さんに 咳 をしてもらい 痛 みが 誘 発 されるか 確 認 する ( 咳 嗽 試 験 ) 咳 嗽 試 験 や 圧 痛 点 ではっきりしない 場 合 数 本 の 指 の 末 節 掌 側 で 圧 痛 の 有 無 を 確 認 し ゆっくり 押 し 付 けて(2~3 秒 くらいのイメージ) 急 に 圧 を 抜 く (0.5 秒 くらいのイメージ) 押 し 付 けた 痛 みと 離 した 瞬 間 の 痛 みを 比 較 して 質 問 し 痛 みの 増 強 の 有 無 を 確 認 する ( 反 跳 痛 ;rebound tenderness) 患 者 さんにベッドを 降 りてもらい つま 先 立 ちから 急 に 踵 をおろした 際 に 腹 部 に 響 くかを 確 認 する ( 踵 落 し 衝 撃 試 験 )

28 参 考 資 料 : マクギーの 身 体 診 断 学 -エビデンスにもとづくグローバル スタンダード 原 著 第 2 版 ( 診 断 と 治 療 社 2009 年 )より 引 用 急 性 の 腹 痛 腹 膜 炎 を 検 出 する 諸 徴 候 尤 度 比 (LR) 所 見 感 度 (%) 特 異 度 (%) 所 見 あり 所 見 なし 腹 部 の 診 察 筋 性 防 御 13~76 56~ 筋 強 直 6~40 86~ NS 反 跳 性 圧 痛 40~95 20~ 打 診 による 圧 痛 NS 0.5 異 常 な 蠕 動 音 25~61 44~ 95 NS 0.8 直 腸 指 診 直 腸 の 圧 痛 20~61 44~ 95 NS NS そのほかのテスト 腹 壁 圧 痛 テスト 陽 性 1~ 5 32~ NS 咳 嗽 テスト 陽 性 73~84 44~ NS = 有 意 差 なし 所 見 ありの 場 合 のLR = 陽 性 LR 所 見 なしの 場 合 のLR = 陰 性 LR 4)* 腹 部 腫 瘤 の 触 診 浅 い 触 診 と 深 い 触 診 とにより 腫 瘤 の 有 無 を 判 断 する 腫 瘤 がある 場 合 L~Tを 観 察 して 表 現 する L:Location 位 置 M:Mobility 可 動 性 N:Nodularity 表 面 の 性 状 O:relationship to Other organs 他 臓 器 との 関 係 P:Pulsatility 拍 動 の 有 無 Q:Quality 硬 さ R:Respiratory mobility 呼 吸 性 移 動 の 有 無 S:Size & Shape 大 きさと 形 T:Tenderness 圧 痛 の 有 無 5)* 直 腸 診 ( 臨 床 実 習 前 にはシミュレーターを 用 いて 学 習 し 臨 床 実 習 では 指 導 医 の 指 導 の もとで 行 う) 直 腸 診 の 目 的 を 患 者 さんに 説 明 する 直 腸 診 の 方 法 の 概 略 を 患 者 さんに 説 明 する 患 者 さんが 直 腸 診 の 内 容 を 理 解 したことを 確 認 し 実 施 の 承 諾 を 得 る 看 護 師 (または 他 の 医 療 職 )が 陪 席 していることを 確 認 する 患 者 さんに 適 切 な 診 察 体 位 ( 左 側 臥 位 または 切 石 位 )になってもらう 直 腸 診 に 必 要 な 部 位 以 外 はバスタオルで 覆 う 両 手 もしくは 右 ( 左 ) 手 に 処 置 用 手 袋 をたるみなく 着 用 する 肛 門 部 の 自 発 痛 の 有 無 を 尋 ね あれば 部 位 および 性 状 を 聞 く 肛 門 周 囲 を 視 診 する 発 赤 ただれ 潰 瘍 瘻 孔 脱 肛 結 節 痔 核 などの 有 無 を 判 断 する 肛 門 周 囲 を 触 診 することを 患 者 さんに 説 明 する 肛 門 周 囲 を 触 診 する 熱 感 波 動 硬 結 圧 痛 などの 有 無 を 判 断 する

29 肛 門 内 指 診 を 行 うことを 患 者 さんに 説 明 する 適 量 の 潤 滑 剤 を 手 袋 の 示 指 に 塗 布 する 肛 門 内 指 診 を 適 切 に 行 う 優 しく 右 ( 左 ) 手 の 示 指 を 挿 入 する 狭 窄 弛 緩 硬 結 圧 痛 などの 有 無 を 判 断 する 直 腸 内 指 診 を 適 切 に 行 う 十 分 深 部 に 示 指 を 進 め 直 腸 粘 膜 の 全 周 を 触 診 する 狭 窄 腫 瘤 結 節 圧 痛 直 腸 周 囲 ( 前 立 腺 や 子 宮 頸 部 など)の 病 変 の 有 無 を 判 断 する 示 指 を 静 かに 引 き 抜 き 指 先 に 付 着 した 便 の 性 状 を 観 察 する 肛 門 周 囲 を 清 拭 する 糞 便 体 液 による 汚 染 防 止 に 留 意 し 使 用 後 の 用 具 は 感 染 性 廃 棄 物 入 れに 廃 棄 する

30 Ⅷ. 神 経 診 察 ( 注 ) 以 下 の 文 章 は 右 利 きの 検 者 を 想 定 して 説 明 してあるので 左 利 きの 場 合 に は 適 宜 読 み 替 えて 行 う (1) 診 察 時 の 配 慮 Ⅰ. 医 療 面 接 および 身 体 診 察 手 技 に 関 する 共 通 の 学 習 評 価 項 目 を 参 照 (2) 医 療 安 全 表 在 感 覚 の 検 査 具 としては 従 来 筆 やルーレットが 用 いられてきたが 皮 膚 の 損 傷 や 感 染 予 防 の 観 点 から 触 覚 検 査 にはティッシュペーパー 痛 覚 検 査 には 楊 枝 の 先 端 など ディスポーザブルなものを 使 用 するのが 望 ましい Babinski 徴 候 の 検 査 具 には 従 来 ハンマーの 柄 鍵 などが 用 いられてきた が 皮 膚 の 損 傷 や 感 染 予 防 の 観 点 から 楊 枝 の 頭 部 など ディスポーザブルな ものを 使 用 することが 望 ましい 舌 圧 子 ペンライト 音 叉 楊 枝 は 患 者 さんに 外 傷 や 苦 痛 を 与 えないよう 正 しく 使 用 する つぎ 足 歩 行 Romberg 試 験 では 危 険 がないように 患 者 さんの 近 くにいて 見 守 る 意 識 レベルの 診 察 で 疼 痛 刺 激 を 与 える 時 は 青 あざが 残 らないように 注 意 す る (3) 診 察 の 順 序 脳 神 経 ( 座 位 ) 上 肢 の 運 動 系 ( 座 位 ) 起 立 歩 行 ( 立 位 ) 下 肢 の 運 動 系 ( 臥 位 ) 感 覚 系 ( 臥 位 ) 反 射 ( 臥 位 )の 順 序 で 診 察 を 進 める ( 注 ) 系 統 的 であれば 診 察 の 順 序 は 上 記 以 外 でもよい 意 識 障 害 認 知 機 能 や 言 語 ( 失 語 と 構 音 障 害 の 有 無 ) 不 随 意 運 動 について は 医 療 面 接 の 段 階 で 大 まかに 判 定 しておく 同 様 に 視 力 や 聴 力 についても 医 療 面 接 の 段 階 で 詳 細 な 検 査 が 必 要 かどう かを 判 断 しておく 病 歴 から 筋 力 低 下 が 疑 われる 場 合 には 四 肢 の 徒 手 筋 力 検 査 を 追 加 する 髄 膜 刺 激 徴 候 の 有 無 が 問 題 になる 場 合 には 必 要 な 検 査 を 追 加 する 意 識 障 害 の 有 無 が 問 題 になる 場 合 には 必 要 な 検 査 を 追 加 する (4) 脳 神 経 の 診 察 ( 座 位 ) 1) 視 野 検 者 が 見 本 を 見 せながら 片 側 の 眼 を 患 者 さんの 手 で 覆 ってもらう 視 線 を 動 かさず 検 者 の 眼 を 見 ているように 指 示 する 見 本 を 見 せながら 検 者 の 指 が 動 くのが 見 えたら 知 らせるよう 伝 える 検 者 の 指 は 患 者 さんと 検 者 のほぼ 中 間 地 点 にあるようにする 検 者 も 患 者 さんに 合 わせて 対 応 する 側 の 目 を 閉 じる( 手 で 覆 ってもよい) 視 野 の 右 上 右 下 左 上 左 下 計 4 か 所 を 調 べる

31 必 ず 両 眼 を 検 査 する ( 注 ) 患 者 さんの 視 線 を 固 定 するために 検 者 の 指 を 注 視 させる 方 法 もある 2) 眼 球 運 動 眼 振 指 標 ( 検 者 の 右 示 指 など)を 患 者 さんの 眼 前 に 示 し 顔 を 動 かさずに 眼 で 指 標 を 追 うよう 伝 える 指 標 が 患 者 さんの 眼 に 近 すぎないように 注 意 する ( 眼 前 50cm 程 度 ) 指 標 はゆっくりと 円 滑 に 動 かす 左 右 上 下 4 方 向 への 動 きを 検 査 する 左 右 上 下 4 方 向 の 最 終 地 点 で 指 標 の 動 きを 止 め 眼 振 の 有 無 を 観 察 する 同 時 に 複 視 の 有 無 を 尋 ねる ( 注 ) 複 視 があるとき 右 上 右 下 左 上 左 下 を 追 加 し 正 面 とで 計 9 方 向 を 検 査 する 3)* 輻 輳 と 近 見 反 射 患 者 さんの 眼 前 50cm のあたりに 示 指 をかざし 指 先 を 見 ているよう 指 示 する 患 者 さんの 眼 前 15cm 位 まで 指 先 をゆっくり 近 づけて 両 側 眼 球 の 内 転 瞳 孔 の 収 縮 を 観 察 する 4) 瞼 裂 瞳 孔 / 対 光 反 射 患 者 さんの 前 方 を 手 で 示 しながら 遠 くを 見 ているよう 指 示 する 瞼 裂 ( 眼 瞼 下 垂 や 左 右 差 の 有 無 など)を 観 察 する 瞳 孔 の 形 大 きさ( 正 円 かどうか 縮 瞳 散 瞳 瞳 孔 不 同 の 有 無 )を 観 察 す る ペンライトを 見 せながら 光 で 眼 を 照 らすことを 患 者 さんに 告 げる 患 者 さんの 視 線 の 外 側 から 瞳 孔 に 光 をあてる 光 を 当 てた 側 の 瞳 孔 ( 直 接 対 光 反 射 )と 反 対 側 の 瞳 孔 ( 間 接 対 光 反 射 )の 収 縮 を 観 察 する 5) 眼 底 眼 底 鏡 を 見 せながら 眼 の 奥 を 見 る 検 査 ( 眼 底 検 査 )を 行 うことを 告 げる 眼 を 動 かさず 前 方 を 見 ていてほしいことを 告 げる 患 者 さんの 右 眼 は 検 者 の 右 眼 で 左 眼 は 検 者 の 左 眼 で 検 査 する 検 者 の 空 いた 手 で 患 者 さんの 頭 部 を 支 える 眼 底 鏡 が 患 者 さんと 離 れすぎないようにする (5cm 以 内 ) * 乳 頭 ( 萎 縮 浮 腫 など) 網 膜 ( 出 血 など) 動 静 脈 ( 径 交 叉 など)の 異 常 の 有 無 を 観 察 する 6) 顔 面 の 感 覚 検 査 器 具 を 見 せながら 顔 の 触 覚 と 痛 覚 を 検 査 することを 告 げる 3 枝 の 各 領 域 を 区 別 して 検 査 する 領 域 毎 に 左 右 差 を 確 認 する ( 注 ) 痛 覚 検 査 ではあらかじめ 検 査 器 具 による 感 覚 を 確 認 してもらう ( 注 ) 表 在 感 覚 の 検 査 具 としては 従 来 筆 やルーレットが 用 いられてきたが 皮 膚 の 損 傷 や 感 染 予 防 の 観 点 から 触 覚 検 査 にはティッシュペーパー 痛 覚 検 査 には 楊 枝 の 先 端 など ディスポーザブルなものを 使 用 するのが 望 まし い

32 7)* 角 膜 反 射 ティッシュペーパーか 乾 いた 脱 脂 綿 の 先 端 を 細 くよじる 検 者 の 指 を 注 視 させて 視 線 をややそらす 角 膜 の 虹 彩 部 分 ( 茶 目 の 部 分 )をよじった 細 い 先 端 で 軽 くふれ 瞬 目 を 観 察 する 8)* 咬 筋 と 側 頭 筋 咀 嚼 運 動 を 繰 り 返 してほしい 旨 を 告 げる 左 右 の 咬 筋 を 手 指 の 手 掌 面 で 触 れて 筋 収 縮 を 確 認 する 左 右 の 側 頭 筋 を 手 指 の 手 掌 面 で 触 れて 筋 収 縮 を 確 認 する 9) 顔 面 筋 上 方 への 眼 球 運 動 などにより 額 にしわ 寄 せをしてもらい しわの 出 現 の 程 度 左 右 差 を 観 察 する 両 眼 をギューッと 固 く 閉 じてもらい まつげ 徴 候 の 有 無 を 観 察 する 眼 を 開 けてもらった 後 見 本 を 示 しながら 歯 を 見 せて イー と 言 っても らい 口 角 の 偏 位 鼻 唇 溝 の 左 右 差 などを 観 察 する ( 口 を 固 く 閉 じてもらっ てもよい) 10) 聴 力 聴 力 を 検 査 する 指 こすり 音 叉 などで 聴 力 を 評 価 する 検 者 の 聴 力 を 基 準 として 患 者 さんの 聴 力 を 確 認 する: 指 こすりの 場 合 は 最 初 に 検 者 の 耳 で 指 こすりの 音 を 確 認 し その 音 を 患 者 さんが 聞 き 取 れるか 確 認 する 音 叉 の 場 合 は 患 者 さんが 聞 こえなくなった 時 点 で 素 早 く 検 者 の 聴 力 と 比 較 する 指 こすり 音 叉 などの 音 を 左 右 の 耳 から 同 じ 距 離 で 聞 いてもらい 聞 こえ 方 に 左 右 差 があるかを 尋 ねる 方 法 も 行 われる * 音 叉 は 低 音 用 (128Hz)と 高 音 用 (4000Hz)を 使 いわける * 聴 力 に 異 常 がある 場 合 音 叉 を 用 いWeber 試 験 Rinne 試 験 を 行 う 11) 軟 口 蓋 咽 頭 後 壁 の 動 き 口 を 大 きく 開 けて アー と 少 し 長 く 声 を 出 してもらう 軟 口 蓋 の 動 き 偏 位 の 有 無 カーテン 徴 候 の 有 無 を 舌 圧 子 とペンライトを 使 用 し 観 察 する 舌 圧 子 は 清 潔 に 操 作 し 使 用 後 は 感 染 性 廃 棄 物 として 適 切 に 廃 棄 する 12) 舌 舌 を 見 たいことを 告 げ 口 を 大 きく 開 けてもらい 舌 の 萎 縮 と 線 維 束 性 収 縮 の 有 無 を 観 察 する 検 者 が 見 本 を 示 した 上 で 舌 をまっすぐに 出 してもらい 舌 の 偏 位 の 有 無 を 観 察 する 13) 胸 鎖 乳 突 筋 頸 部 の 筋 肉 の 検 査 を 行 うことを 告 げ 手 で 方 向 を 示 しながら 側 方 を 向 いて もらう 顎 に 手 をあてることを 告 げ 患 者 さんの 顔 を 向 けた 側 の 顎 に 検 者 の 手 掌 をあ てがい 反 対 側 の 手 を 肩 に 置 く 検 者 の 手 で 顎 を 引 き 戻 すので 負 けないように 頑 張 って 力 を 入 れてほしいこ

33 とを 告 げる 胸 鎖 乳 突 筋 の 筋 力 を 判 定 する 反 対 側 の 手 で 収 縮 した 胸 鎖 乳 突 筋 を 触 診 する 必 ず 両 側 を 検 査 する (5) 上 肢 の 運 動 系 の 診 察 ( 座 位 ) 1) 上 半 身 の 不 随 意 運 動 手 を 膝 においてゆったりと 座 ってもらう 安 静 時 の 振 戦 その 他 の 不 随 意 運 動 ( 頭 部 の 振 戦 舞 踏 運 動 など)の 有 無 を 観 察 する 両 上 肢 を 前 方 に 伸 ばし 手 掌 を 下 に 向 けて 指 を 少 し 広 げてもらい 手 指 の 姿 勢 時 振 戦 の 有 無 を 観 察 する 指 を 広 げたままで 手 首 を 背 屈 してもらい 固 定 姿 勢 保 持 困 難 (asterixis 羽 ばたき 振 戦 と 言 われることもあるが 厳 密 には 振 戦 ではない)の 有 無 を 観 察 す る ( 注 ) 上 半 身 の 不 随 意 運 動 は 臥 位 でも 評 価 できる 2)Barré 徴 候 ( 上 肢 ) 良 い 肢 位 をガイドしながら 両 上 肢 を 前 方 に 伸 ばし 手 掌 を 上 に 向 け 指 をつ けてもらう 両 眼 を 閉 じてもらい そのまま 水 平 を 保 つよう 頑 張 ってもらう 上 肢 の 降 下 手 掌 の 凹 み 前 腕 回 内 肘 関 節 屈 曲 の 有 無 を 観 察 する 3) 筋 トーヌス( 肘 関 節 ) 検 者 が 患 者 さんの 手 を 動 かすので 患 者 さんは 力 を 抜 いて 自 分 では 手 を 動 かさないようにしてほしい 旨 を 伝 える 左 手 で 患 者 さんの 肘 関 節 伸 側 を 軽 く 持 ち 右 手 で 患 者 さんの 手 を 持 って 肘 関 節 の 屈 曲 伸 展 を 適 切 なスピードで 繰 り 返 す 筋 トーヌスの 異 常 ( 筋 強 剛 痙 縮 など)の 有 無 を 判 定 する ( 注 ) 上 肢 の 筋 トーヌスは 前 腕 の 回 内 回 外 手 関 節 の 屈 伸 でも 評 価 できる 4) 鼻 指 鼻 試 験 検 者 の 右 示 指 を 出 して 見 せ 患 者 さんにも 同 じように 指 を 出 してもらう 左 手 で 患 者 さんの 指 のつけねあたりを 持 ち 検 者 の 右 示 指 の 指 尖 と 患 者 さん の 鼻 のあたまとの 間 を 行 ったり 来 たりする 動 作 を2 3 回 ガイドする 患 者 さんが 手 を 伸 ばすとようやく 指 に 届 く 程 度 の 距 離 で 検 査 を 行 う 検 者 の 指 は 少 しずつ 位 置 を 変 えるので 頑 張 って 指 を 付 けてほしい 旨 を 伝 え る 運 動 の 円 滑 さ 振 戦 や 測 定 異 常 の 有 無 などを 観 察 する 5) 手 回 内 回 外 試 験 検 者 が 見 本 を 示 しながら 両 手 を 前 に 出 し 軽 く 肘 を 屈 曲 して 手 の 回 内 と 回 外 をできるだけ 速 く 反 復 してもらう ( 片 手 ずつ 行 ってもよい 肘 は 伸 ばし てもよい) 反 復 拮 抗 運 動 不 能 (dysdiadochokinesis adiadochokinesis)の 有 無 を 判 定 する

34 6)* 上 肢 体 幹 の 視 診 上 半 身 を 露 出 してもらい 上 肢 体 幹 の 筋 萎 縮 線 維 束 性 収 縮 の 有 無 を 観 察 する (6) 握 力 と 上 肢 の 徒 手 筋 力 検 査 ( 座 位 ) 1) 徒 手 筋 力 検 査 の 判 定 法 重 力 の 負 荷 がかかる 肢 位 で 他 動 的 な 関 節 可 動 域 の 最 終 点 で 最 大 の 力 を 出 し てもらい これに 対 して 検 者 が 抵 抗 して 評 価 する 抵 抗 はゆっくり 徐 々に 増 すように 加 える 3 以 上 であるか3 未 満 であるかをはじめに 判 定 する 6 段 階 評 価 の 基 準 5: 強 い 抵 抗 に 抗 して 全 関 節 可 動 域 の 運 動 が 可 能 4: 弱 い 抵 抗 に 抗 して 全 関 節 可 動 域 の 運 動 が 可 能 3: 重 力 に 抗 して 全 関 節 可 動 域 の 運 動 が 可 能 2: 重 力 を 取 り 除 けば 全 関 節 可 動 域 の 運 動 が 可 能 1: 筋 の 収 縮 はふれるが 関 節 の 運 動 はみられない 0: 筋 の 収 縮 もふれない 2) 利 き 手 と 握 力 問 いかけるなどして 利 き 手 を 確 認 する 握 力 計 を 渡 し 握 る 部 位 を 指 示 して 片 手 で 強 く 握 ってもらう 3) 三 角 筋 検 者 が 見 本 を 示 し 両 上 肢 を90 まで 側 方 挙 上 してもらう 腕 を 上 から 押 すので それに 負 けないよう 頑 張 ってほしい 旨 を 伝 える 肘 関 節 のやや 近 位 部 を 両 手 で 押 して 筋 力 を 判 定 する 4) 上 腕 二 頭 筋 検 者 が 力 こぶを 作 るように 見 本 を 見 せて 片 側 の 腕 を 曲 げてもらう 肘 関 節 を 伸 展 するので それに 負 けないよう 頑 張 ってほしい 旨 を 伝 える 患 者 さんの 肩 口 を 左 手 で 押 さえ 右 手 で 患 者 さんの 前 腕 遠 位 端 を 握 り 肘 関 節 を 伸 展 して 抵 抗 する 筋 力 を 判 定 する 5) 上 腕 三 頭 筋 検 者 が 腕 を 伸 ばすように 見 本 を 示 し 片 側 の 腕 を 伸 ばしてもらう 肘 関 節 を 屈 曲 するので それに 負 けないよう 頑 張 ってほしい 旨 を 伝 える 患 者 さんの 肘 関 節 のやや 近 位 部 を 左 手 で 押 さえ 右 手 で 前 腕 遠 位 端 を 持 ち 肘 関 節 を 屈 曲 して 抵 抗 する 筋 力 を 判 定 する ( 注 ) 上 腕 を 外 転 した 位 置 で 肘 窩 を 左 手 で 固 定 し 前 腕 を 垂 らした 位 置 から 水 平 にあげてもらう 方 法 もある 6) 手 根 伸 筋 群 ( 手 関 節 の 背 屈 ) 検 者 が 手 背 を 上 に 向 けて 手 関 節 を 背 屈 する 見 本 を 示 し そのようにまねても らう 手 関 節 を 掌 屈 するので それに 負 けないよう 頑 張 ってほしい 旨 を 伝 える 左 手 で 患 者 さんの 前 腕 を 手 関 節 の 近 くで 握 り 右 手 の 掌 側 を 患 者 さんの 手 背

35 にあてがい 手 関 節 を 掌 屈 して 抵 抗 する 筋 力 を 判 定 する 7) 手 根 屈 筋 群 ( 手 関 節 の 掌 屈 ) 検 者 が 手 掌 を 上 に 向 けて 手 関 節 を 掌 屈 する 見 本 を 示 し そのようにまねても らう 手 関 節 を 背 屈 するので それに 負 けないよう 頑 張 ってほしい 旨 を 伝 える 左 手 で 患 者 さんの 前 腕 を 手 関 節 の 近 くで 握 り 右 手 掌 を 患 者 さんの 手 掌 にあ てがい 手 関 節 を 背 屈 して 抵 抗 する 筋 力 を 判 定 する 8)* 母 指 小 指 対 立 筋 検 者 が 母 指 と 小 指 を 対 立 させる 見 本 を 示 し 母 指 と 小 指 を 対 立 してもらう 対 立 を 開 くので それに 負 けないよう 頑 張 ってほしい 旨 を 伝 える 患 者 さんの 母 指 と 小 指 の 基 部 に 母 指 をあてて 開 き 抵 抗 する 筋 力 を 判 定 する (7) 起 立 と 歩 行 の 診 察 ( 立 位 ) 1) 通 常 歩 行 診 察 室 内 の 空 いた 場 所 を 示 し 座 位 から 立 ち 上 がって 普 段 どおりに 歩 いても らう ( 可 能 であれば 廊 下 などを 使 用 することが 望 ましい) 歩 行 の 異 常 ( 片 麻 痺 歩 行 Parkinson 歩 行 失 調 性 歩 行 動 揺 歩 行 鶏 歩 な ど)の 有 無 を 観 察 する 2)つぎ 足 歩 行 検 者 が 足 の 先 と 踵 が 交 互 につくようにしながら 一 直 線 上 を 歩 く 動 作 を 見 本 として 示 し そのように 歩 いてもらう ( 下 手 な 場 合 には 慣 れるまで 何 度 か 試 みる) 歩 行 の 異 常 (ふらつき よろめきなど)の 有 無 を 観 察 する 危 険 のないよう 患 者 さんの 近 くにいて 見 守 る ( 注 )かかと 歩 行 つま 先 歩 行 しゃがみ 立 ちは 下 肢 筋 力 のスクリーニングに 役 立 つ 3)Romberg 試 験 検 者 が 踵 とつま 先 をそろえて 立 つ 姿 勢 を 見 本 として 示 し そのように 立 っ てもらう 開 眼 のままで 体 が 動 揺 しないか しばらく 観 察 する そばにいて 支 えるので 体 がふらついても 心 配 がないことを 説 明 した 上 で 患 者 さんに 眼 を 閉 じてもらう 閉 眼 による 体 の 大 きな 動 揺 がないかしばらく 観 察 して Romberg 徴 候 の 有 無 を 判 定 する 危 険 のないよう 患 者 さんのそばにいて 見 守 る (いつでも 抱 えられる 体 勢 ) (8) 下 肢 の 運 動 系 の 診 察 ( 臥 位 ) 1) 体 位 や 衣 服 の 準 備 寝 た 位 置 での 診 察 を 行 うことを 説 明 する 靴 下 をぬいで 診 察 ベッドにうつ 伏 せになって 寝 てもらう 2)Barré 徴 候 ( 下 肢 )

36 検 者 の 手 をそえて 良 い 肢 位 をガイドしながら 両 膝 関 節 を 90 曲 げてもら う そのまま 両 足 が 接 しないように 膝 を 曲 げた 状 態 を 維 持 してもらう 下 肢 の 下 降 の 有 無 を 判 定 する ( 注 ) 膝 関 節 は45 曲 げてもよい 3) 踵 膝 試 験 仰 臥 位 で 行 う 手 で 患 者 さんの 下 肢 を 持 ち 次 のようにガイドする 足 関 節 を 少 し 背 屈 した 状 態 で 踵 を 適 度 な 高 さから 反 対 側 の 膝 に 正 確 にのせて すねに 沿 って 足 首 までまっすぐ 踵 をすべらせる 患 者 さんが 理 解 したところで 実 際 にこの 動 作 を2 3 回 行 ってもらい 運 動 の 円 滑 さ 足 のゆれや 測 定 異 常 の 有 無 などを 観 察 する ( 注 ) 同 様 の 検 査 が 様 々な 名 称 手 技 で 行 われているので 必 ずしも 上 記 の 方 法 と 同 一 である 必 要 はない ( 注 ) 膝 叩 き 試 験 を 追 加 してもよい 4)* 筋 トーヌス( 膝 関 節 ) 検 者 が 患 者 さんの 下 肢 を 動 かすが 患 者 さんは 力 を 抜 いたままで 自 分 では 下 肢 を 動 かさないようにしてほしい 旨 を 伝 える 左 手 を 患 者 さんの 大 腿 遠 位 部 にあて 右 手 で 患 者 さんの 足 首 を 持 って 膝 関 節 の 屈 曲 伸 展 を 適 切 なスピードで 繰 り 返 す 筋 トーヌスの 異 常 の 有 無 ( 筋 強 剛 痙 縮 )を 判 定 する ( 注 ) 筋 トーヌスは 足 関 節 の 底 屈 背 屈 でも 評 価 できる 5)* 下 肢 体 幹 の 視 診 下 肢 等 を 露 出 してもらい 下 肢 体 幹 の 筋 萎 縮 線 維 束 性 収 縮 の 有 無 を 観 察 する (9) 下 肢 の 徒 手 筋 力 検 査 ( 座 位 立 位 臥 位 ) 1) 腸 腰 筋 検 者 が 股 関 節 を 屈 曲 するように 見 本 を 示 し 患 者 さんの 大 腿 部 が 腹 部 につく ような 方 向 に 股 関 節 を 屈 曲 してもらう ( 膝 は 曲 げたまま) 股 関 節 の 屈 曲 を 戻 すので それに 負 けないよう 頑 張 ってほしい 旨 を 伝 える 大 腿 前 面 に 手 をあて 股 関 節 が 伸 展 する 方 向 に 力 を 加 えて 抵 抗 する 筋 力 を 判 定 する 2) 大 腿 四 頭 筋 検 者 が 膝 関 節 をピーンと 伸 ばすように 見 本 を 示 し そのようにまねてもらう 膝 関 節 を 屈 曲 するので それに 負 けないよう 頑 張 ってほしい 旨 を 伝 える 大 腿 部 を 左 手 で 下 から 支 え 右 手 で 足 関 節 の 近 位 部 を 上 から 握 り 膝 関 節 を 屈 曲 して 抵 抗 する 筋 力 を 判 定 する 3)* 大 腿 屈 筋 群 検 者 が 見 本 を 示 し 膝 関 節 を 最 大 屈 曲 してもらう

37 患 者 さんの 下 腿 遠 位 部 を 右 手 で 握 る 膝 関 節 を 伸 展 するので それに 負 けないよう 頑 張 ってほしい 旨 を 伝 える 下 肢 を 伸 展 するように 引 っ 張 り 抵 抗 する 筋 力 を 判 定 する 4) 前 脛 骨 筋 検 者 が 手 関 節 を 背 屈 して 見 本 を 示 し 足 関 節 を 背 屈 してもらう 足 関 節 を 底 屈 するので それに 負 けないよう 頑 張 ってほしい 旨 を 伝 える 患 者 さんの 足 背 に 手 をあてがい 足 関 節 を 底 屈 し 抵 抗 する 筋 力 を 判 定 する 5)* 下 腿 三 頭 筋 検 者 が 手 関 節 を 掌 屈 して 見 本 を 示 し 足 関 節 を 底 屈 してもらう 足 関 節 を 背 屈 するので それに 負 けないよう 頑 張 ってほしい 旨 を 伝 える 患 者 さんの 足 底 に 手 をあてがい 足 関 節 を 背 屈 し 抵 抗 する 筋 力 を 判 定 する 6)* 下 腿 三 頭 筋 ( 立 位 での 方 法 ) 立 位 で 行 う 検 者 が 片 足 立 ちになって 踵 を 最 大 に 浮 かせる 見 本 を 示 す 手 を 壁 について 支 えてもよい 患 者 さんも 踵 を 最 大 に 浮 かせる 運 動 を 繰 り 返 してほしい 旨 を 伝 える 踵 が 十 分 に 上 がっていることを 確 認 し 筋 力 を 判 定 する ( 注 ) 重 力 の 負 荷 を 考 慮 して 筋 力 を 評 価 するためには 腸 腰 筋 大 腿 四 頭 筋 前 脛 骨 筋 は 座 位 下 腿 三 頭 筋 は 立 位 大 腿 屈 筋 群 は 腹 臥 位 でそれぞれ 行 う (10) 感 覚 系 の 診 察 ( 臥 位 ) 1) 四 肢 の 触 覚 と 痛 覚 検 査 具 を 見 せて 四 肢 の 触 覚 を 検 査 することを 告 げる 左 右 の 前 腕 下 腿 などに 触 覚 刺 激 を 加 え 触 覚 を 普 通 に 感 じるかどうか 左 右 差 や 上 下 肢 での 差 がないかどうかを 確 認 する 必 要 があれば 同 一 肢 の 近 位 部 と 遠 位 部 に 差 がないかどうかも 確 認 する 痛 覚 についても 同 様 に 検 査 する ( 注 ) 表 在 感 覚 の 検 査 具 としては 従 来 筆 やルーレットが 用 いられてきたが 皮 膚 の 損 傷 や 感 染 予 防 の 観 点 から 触 覚 検 査 にはティッシュペーパー 痛 覚 検 査 には 楊 枝 の 先 端 など ディスポーザブルなものを 使 用 するのが 望 まし い ( 注 ) 病 歴 から 単 ニューロパチーや 多 発 ニューロパチー レベルを 持 った 感 覚 障 害 などが 疑 われる 場 合 には 必 要 に 応 じて 同 一 肢 の 近 位 部 と 遠 位 部 での 差 末 梢 神 経 支 配 や 髄 節 支 配 を 念 頭 においた 検 査 を 行 う 2) 下 肢 の 振 動 覚 音 叉 を 見 せて これを 振 動 させて 検 査 することを 伝 える 音 叉 に 強 い 振 動 を 与 え 患 者 さんの 胸 骨 や 手 背 などで 振 動 の 感 じを 体 験 し てもらう 振 動 を 感 じたことを 確 認 した 後 音 叉 を 叩 き 患 者 さんの 内 果 などに 押 し 当 てる

38 音 叉 の 振 動 は 徐 々に 弱 まって 消 失 することを 説 明 して 振 動 を 感 じなくなっ たら はい と 言 うなど 合 図 するように 伝 える 合 図 があった 時 点 で 検 者 の 手 に 感 じる 振 動 の 大 小 で 振 動 覚 障 害 の 有 無 を 判 定 する 3)* 下 肢 の 位 置 感 覚 指 の 位 置 の 感 覚 の 検 査 ( 足 の 指 が 上 か 下 かどちらに 動 いたかをあててもらう 検 査 )を 行 う 旨 を 説 明 する 患 者 さんに 閉 眼 してもらう 検 者 の 左 手 で 患 者 さんの 母 趾 を 第 2 趾 と 離 れるように 拡 げ 右 母 指 と 示 指 で 患 者 さんの 母 趾 の 側 面 をつまみ 水 平 位 から 上 または 下 に 動 かし どちらに 動 いたか 答 えてもらう ( 第 2 趾 で 行 ってもよい) 動 かす 時 には これから 動 かすことを 患 者 さんに 告 げる 位 置 感 覚 異 常 の 有 無 を 判 定 する (11) 反 射 の 診 察 ( 臥 位 ) ( 注 ) 反 射 の 診 察 法 には 様 々な 方 法 があり ここでは 代 表 的 なものを 示 した 1) 衣 服 の 準 備 と 検 査 法 の 原 則 ハンマーを 見 せながら これで 顎 や 手 足 を 軽 く 叩 く 反 射 の 検 査 を 行 うことを 説 明 する 上 肢 は 肘 の 上 まで 下 肢 は 膝 の 上 まで 露 出 するよう 説 明 する 肩 や 手 足 の 力 を 抜 いて リラックスするよう 告 げる ハンマーを 握 りしめず バランスのよい 部 分 を 持 つ 手 首 のスナップをきかせて 適 切 なスピードで 滑 らかにハンマーを 振 る 反 射 について 判 定 ( 正 常 低 下 消 失 亢 進 )する 2) 下 顎 反 射 口 を 半 分 くらい 開 けて 楽 にしてもらう 患 者 さんの 下 顎 の 真 ん 中 に 検 者 の 左 示 指 の 指 先 掌 側 を 水 平 にあてがう 指 のDIP 関 節 付 近 をハンマーで 叩 く 3) 上 腕 二 頭 筋 反 射 検 者 がガイドしつつ 両 上 肢 を 軽 く 外 転 し 肘 を 曲 げて 両 手 がお 腹 の 上 に 乗 るような 肢 位 などをとってもらう 肘 関 節 の 屈 側 で 上 腕 二 頭 筋 の 腱 を 検 者 の 左 母 指 または 示 指 の 掌 側 で 押 さえ 指 をハンマーで 叩 く 4) 上 腕 三 頭 筋 反 射 検 者 がガイドしつつ 肘 関 節 を 約 90 屈 曲 し 前 腕 屈 側 が 腹 部 に 乗 るような 肢 位 などをとってもらう 肘 関 節 の 約 3cm 近 位 部 の 伸 側 をハンマーで 叩 く 5) 橈 骨 反 射 ( 腕 橈 骨 筋 反 射 ) 検 者 がガイドしつつ 両 上 肢 を 軽 く 外 転 し 肘 を 曲 げて 手 掌 が 腹 部 に 乗 るよ うな 肢 位 などをとってもらう

39 手 関 節 の2~3cm 近 位 部 で 腕 橈 骨 筋 を 伸 展 する 方 向 に 橈 骨 遠 位 端 をハンマー で 叩 く ( 注 ) 手 関 節 近 位 部 に 指 をのせて これをハンマーで 叩 いてもよい 6) 膝 蓋 腱 反 射 両 膝 を 約 120~150 に 屈 曲 してもらう 片 膝 を 立 てて 膝 を 組 んでもらうなど 適 切 な 方 法 で 膝 関 節 を 屈 曲 した 肢 位 をとってもらう 膝 蓋 腱 を 左 手 で 確 認 し その 部 位 をハンマーで 叩 く 7)アキレス 腱 反 射 下 肢 を 軽 く 外 転 して 膝 関 節 を 軽 く 曲 げる 肢 位 下 肢 を 膝 関 節 で 軽 く 曲 げて 対 側 下 肢 の 下 腿 前 面 に 乗 せる 肢 位 片 膝 を 立 てて 膝 を 組 んでもらう 肢 位 などを とってもらう 足 を 左 手 で 持 ち 足 関 節 を 背 屈 した 位 置 にして アキレス 腱 をハンマーで 叩 く この 際 患 者 さんの 足 関 節 を2 3 回 屈 伸 し 力 が 抜 けていることを 確 認 す る ( 注 ) 壁 に 向 かってベッド 上 に 膝 立 ちしてもらい 足 底 先 端 に 左 手 をあて 交 互 にアキレス 腱 をハンマーで 叩 く 方 法 もある 8)Hoffmann 反 射 検 者 の 左 母 指 と 示 指 または 中 指 で 患 者 さんの 中 指 のつけねを 手 背 側 から 包 むように 持 ち 手 関 節 をやや 背 屈 させる 検 者 の 右 示 指 と 中 指 DIP 関 節 付 近 で 患 者 さんの 中 指 をはさみ 検 者 の 母 指 の 掌 側 を 患 者 さんの 中 指 の 爪 にあて 下 方 に 向 かって 弾 くように 刺 激 する 母 指 が 屈 曲 するかどうかを 観 察 する 9)*Trömner 反 射 患 者 さんの 手 を 軽 く 背 屈 させ 検 者 は 左 手 で 患 者 さんの 中 指 の 基 節 を 支 える 検 者 の 右 示 指 あるいは 中 指 で 患 者 さんの 中 指 の 手 掌 側 先 端 を 強 くはじく 母 指 が 屈 曲 するかどうかを 観 察 する 10)Babinski 徴 候 ( 反 射 ) 検 査 具 を 見 せ 足 の 裏 をこすることを 説 明 する 患 者 さんの 足 を 左 手 で 固 定 して 足 底 の 外 側 を 踵 から 上 にゆっくりと 小 趾 の つけね 付 近 までこする さらに 内 側 に 向 けて 曲 げてもよいが 母 趾 のつけね まではこすらない 母 趾 の 背 屈 がみられるかどうかを 観 察 する ( 注 )Babinski 徴 候 の 検 査 具 には 従 来 ハンマーの 柄 鍵 などが 用 いられてき たが 皮 膚 の 損 傷 や 感 染 予 防 の 観 点 から 楊 枝 の 頭 部 など ディスポーザブ ルなものを 使 用 することが 望 ましい 11)*Chaddock 反 射 患 者 さんの 足 の 外 果 の 下 を 後 ろから 前 へ 検 査 具 (Babinski 徴 候 に 用 いたもの)

40 でこする 母 趾 の 背 屈 がみられるかどうかを 観 察 する 必 ず 両 側 を 検 査 する (12) 髄 膜 刺 激 徴 候 の 診 察 ( 臥 位 ) 1) 項 部 硬 直 首 の 硬 さを 検 査 することを 告 げ 枕 をはずす 頭 部 に 触 ることを 告 げ 患 者 さんの 後 頭 部 を 両 手 でかかえる 検 者 が 患 者 さんの 頭 を 動 かすので 自 分 では 首 を 曲 げたり 頭 を 動 かしたりし ないように 説 明 する はじめに 左 右 に 回 してみて 力 が 入 っていないことを 確 認 した 後 ゆっくりと 頭 部 を 前 屈 させ 項 部 硬 直 の 有 無 を 判 定 する ( 注 ) 患 者 さん 自 身 に あごが 胸 につくように 頭 部 を 前 屈 してもらい 髄 膜 刺 激 徴 候 の 有 無 を 検 査 する 方 法 もある(neck flexion test) この 方 法 は 座 位 でも 臥 位 でも 行 える 2)*Kernig 徴 候 足 を 曲 げて 伸 ばす 検 査 を 行 う 旨 を 説 明 する 検 者 の 手 でガイドしながら 患 者 さんの 片 側 の 股 関 節 を90 屈 曲 してもらい さらに 膝 関 節 も90 屈 曲 してもらう 患 者 さんの 大 腿 伸 側 を 膝 関 節 のやや 近 位 を 左 手 でつかみ 右 手 で 患 者 さんの 踵 を 下 から 押 して 膝 関 節 を135 までゆっくりと 伸 展 させていき Kernig 徴 候 の 有 無 を 判 定 する (13) 認 知 機 能 の 診 察 ( 注 ) 病 歴 聴 取 の 段 階 で 認 知 機 能 の 異 常 が 疑 われたら 他 の 診 察 の 前 に 下 記 の 検 査 を 行 う 1) 見 当 識 時 ( 年 月 日 曜 日 )を 尋 ねる 場 所 を 尋 ねる 人 を 尋 ねる 2) 記 憶 生 年 月 日 出 生 地 出 身 小 学 校 などについて 尋 ねる ( 遠 隔 記 憶 ) 朝 の 食 事 内 容 昨 日 の 天 気 などについて 尋 ねる ( 近 時 記 憶 ) 数 字 の 逆 唱 (3 桁 と4 桁 )を 行 ってもらう ( 即 時 記 憶 ) 3) 計 算 100から7を 順 に3~5 回 引 き 算 してもらう 4) 常 識 総 理 大 臣 の 名 前 テレビで 話 題 の 事 件 など 常 識 的 な 事 項 について 尋 ねる 5)* 失 語 日 常 的 3 物 品 ( 時 計 めがね 財 布 鍵 など)を 見 せ 呼 称 してもらう 言 語 理 解 の 検 査 として 右 手 で 左 の 耳 を 触 って 下 さい などの 命 令 をし 施 行 してもらう (ジェスチャーを 加 えないこと) 何 か 文 章 を 言 って 復 唱 できるかを 検 査 する

41 (14) 意 識 レベルの 診 察 ( 注 ) 意 識 障 害 の 患 者 を 診 察 する 場 合 には バイタルサインの 測 定 を 優 先 し 安 定 していることを 確 認 した 後 に 意 識 レベルを 診 察 する( Ⅹ. 救 急 (5) 意 識 障 害 患 者 への 初 期 対 応 を 参 照 ) 開 眼 しているかどうか 観 察 する 開 眼 している 時 見 当 識 ( 時 場 所 人 )を 検 査 し 言 語 反 応 ( 会 話 の 混 乱 不 適 切 な 言 葉 理 解 不 能 の 応 答 発 語 の 有 無 )を 観 察 する 見 当 識 障 害 がある 時 名 前 や 生 年 月 日 を 尋 ねる 握 手 離 握 手 などの 合 目 的 な 運 動 反 応 を 左 右 で 確 認 する 開 眼 していない 時 普 通 に 呼 びかけて 開 眼 するかどうかを 観 察 する 普 通 に 呼 びかけて 開 眼 した 時 見 当 識 を 検 査 し 言 語 理 解 と 運 動 反 応 を 観 察 する 普 通 に 呼 びかけても 開 眼 しない 時 大 きな 声 をかけたり 体 を 揺 さぶったりし て 開 眼 するかどうかを 観 察 する( 頸 椎 頸 髄 損 傷 が 疑 われる 場 合 は 肩 を 軽 く 叩 く Ⅹ. 救 急 (5) 意 識 障 害 患 者 への 初 期 対 応 を 参 照 ) 大 声 や 体 の 揺 さぶりでようやく 開 眼 した 時 言 語 反 応 と 運 動 反 応 を 観 察 する 大 声 や 体 の 揺 さぶりでも 開 眼 しない 時 痛 み 刺 激 を 加 えながら 呼 びかけを 繰 り 返 し 開 眼 するかどうかを 観 察 する 痛 み 刺 激 は 胸 骨 左 右 の 眼 窩 上 切 痕 ( 眼 窩 上 孔 ) 左 右 の 手 指 あるいは 足 趾 の 爪 床 などを 圧 迫 する 方 法 で 行 う ( 注 ) 有 効 な 痛 み 刺 激 の 与 え 方 ( 青 あざが 残 らないように 注 意 する) 1) 握 り 拳 を 作 り 中 指 の 近 位 指 節 間 関 節 で 胸 骨 の 前 面 を 強 く 圧 迫 する 2) 母 指 先 で 両 側 の 眼 窩 上 切 痕 ( 眼 窩 上 孔 ) 部 を 強 く 圧 迫 する 3)ハンマーの 柄 などを 用 いて 左 右 の 手 指 または 足 趾 の 爪 床 を 鈍 的 に 強 く 圧 迫 する 痛 み 刺 激 と 呼 びかけの 繰 り 返 しで 辛 うじて 開 眼 した 時 言 語 反 応 と 運 動 反 応 を 観 察 する 痛 み 刺 激 を 加 えても 開 眼 しない 時 痛 みに 対 する 反 応 ( 払 いのけるような 動 作 しかめ 顔 屈 曲 逃 避 異 常 屈 曲 反 応 伸 展 反 応 [ 除 脳 姿 勢 ] 無 反 応 )を 観 察 する 意 識 レベルをComa Scale( 表 1 表 2)で 評 価 する

42 表 1 Japan Coma Scale (JCS) による 意 識 障 害 の 評 価 Ⅰ. 刺 激 しないでも 覚 醒 している 状 態 (1 桁 で 表 現 ) 1 だいたい 意 識 清 明 だが 今 ひとつはっきりしない 2 見 当 識 障 害 がある 3 自 分 の 名 前 生 年 月 日 が 言 えない Ⅱ. 刺 激 すると 覚 醒 する 状 態 : 刺 激 をやめると 眠 り 込 む(2 桁 で 表 現 ) 10 普 通 の 呼 びかけで 容 易 に 開 眼 する: 合 目 的 な 運 動 ( 例 えば 右 手 を 握 れ 離 せ) をするし 言 葉 も 出 るが 間 違 いが 多 い 20 大 きな 声 または 体 をゆさぶることにより 開 眼 する: 簡 単 な 命 令 に 応 じる 例 えば 離 握 手 30 痛 み 刺 激 を 加 えつつ 呼 びかけを 繰 り 返 すと 辛 うじて 開 眼 する Ⅲ. 刺 激 しても 覚 醒 しない 状 態 (3 桁 で 表 現 ) 100 痛 み 刺 激 に 対 し 払 いのけるような 動 作 をする 200 痛 み 刺 激 で 少 し 手 足 を 動 かしたり 顔 をしかめる 300 痛 み 刺 激 に 反 応 しない 表 現 の 例 :JCS Ⅰ-3 JCS Ⅱ-20 JCS Ⅲ-100など 表 2 Glasgow Coma Scale (GCS) による 意 識 障 害 の 評 価 観 察 項 目 反 応 スコア 開 眼 (E ; Eyes Open) 自 発 的 に 開 眼 する E4 呼 びかけにて 開 眼 する E3 痛 み 刺 激 にて 開 眼 する E2 全 く 開 眼 しない E1 言 語 (V ; Best Verbal Response) 見 当 識 あり V5 混 乱 した 会 話 V4 不 適 切 な 言 葉 V3 理 解 不 能 な 音 声 V2 全 くなし V1 運 動 (M ; Best Motor Response) 命 令 に 従 う M6 疼 痛 部 位 へ M5 逃 避 する M4 異 常 屈 曲 M3 異 常 伸 展 M2 全 くなし M1 表 現 の 例 :GCS 15 (E4V5M6) GCS 12 (E3V3M6) GCS 8 (E2V2M4)など

はじめに わが 国 の 臨 床 医 学 教 育 における 臨 床 実 習 を 見 学 型 から 診 療 参 加 型 へ 転 換 すべし といわれて 久 しいが ここ1 2 年 その 機 運 が 高 まってきている その 際 に 医 学 生 が 実 際 の 診 療 に 参 加 するための 条 件 とし

はじめに わが 国 の 臨 床 医 学 教 育 における 臨 床 実 習 を 見 学 型 から 診 療 参 加 型 へ 転 換 すべし といわれて 久 しいが ここ1 2 年 その 機 運 が 高 まってきている その 際 に 医 学 生 が 実 際 の 診 療 に 参 加 するための 条 件 とし 診 療 参 加 型 臨 床 実 習 に 参 加 する 学 生 に 必 要 と される 技 能 と 態 度 に 関 する 学 習 評 価 項 目 ( 第 2.5 版 ) 社 団 法 人 医 療 系 大 学 間 共 用 試 験 実 施 評 価 機 構 医 学 系 OSCE 実 施 小 委 員 会 事 後 評 価 解 析 小 委 員 会 ( 平 成 23 年 8 月 16 日 ) 1/62 はじめに わが

More information

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4.7 ICD-9-CM 分 類 コードによる 年 齢 階 層 別 年 間 退 院 患 者 数 ( 平 成 24 年 1 月 ~ 平 成 24 年 12 月 ) コード 術 名 総 数 0 才 ~4 1.02 穿 頭 脳 室 ドレナージ 術 5 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 1 0 70.4 1.09 慢 性 硬 膜 下 血 腫 穿 孔 洗 浄 術 32 0 0 0 0 0 2

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身 第 11 部 麻 酔 通 則 1 麻 酔 の 費 用 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各 の 所 定 点 数 により 算 定 する ただし 麻 酔 に 当 た って 薬 剤 又 は 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 保 険 医 療 材 料 ( 以 下 この 部 において 特 定 保 険 医 療 材 料 という )を 使 用 した 場 合 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各

More information

はじめに 数 次 にわたる 入 念 なトライアルを 経 て 平 成 17 年 12 月 から 共 用 試 験 が 正 式 実 施 される この 共 用 試 験 の 目 的 は 臨 床 実 習 前 の 学 生 の 能 力 を 知 識 技 能 能 力 の 面 で 適 正 に 評 価 し 臨 床 実 習

はじめに 数 次 にわたる 入 念 なトライアルを 経 て 平 成 17 年 12 月 から 共 用 試 験 が 正 式 実 施 される この 共 用 試 験 の 目 的 は 臨 床 実 習 前 の 学 生 の 能 力 を 知 識 技 能 能 力 の 面 で 適 正 に 評 価 し 臨 床 実 習 診 療 参 加 型 臨 床 実 習 に 参 加 する 学 生 に 必 要 と される 技 能 と 態 度 に 関 する 学 習 評 価 項 目 ( 正 式 実 施 第 1 版 ) 社 団 法 人 医 療 系 大 学 間 共 用 試 験 実 施 評 価 機 構 医 学 系 OSCE 実 施 小 委 員 会 事 後 評 価 解 析 小 委 員 会 ( 平 成 17 年 10 月 3 日 ) 2006 共

More information

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63>

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63> 日 本 褥 瘡 学 会 第 3 回 実 態 調 査 患 者 用 下 記 の 質 問 に 対 して 該 当 するものの 番 号 に 印 を その 他 の 項 目 を 選 択 する 場 合 には 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください Q1 患 者 ID を 記 入 してください これはあなたがどの 患 者 について 解 答 したか 確 認 できるようにするための 質 問 です 訂 正 の 時

More information

メイン・サブ記事一覧2

メイン・サブ記事一覧2 591 ガンの 三 大 療 法 ( 外 科 抗 ガン 剤 放 射 線 ) 後 遺 症 副 作 用 に 可 視 総 合 光 線 療 法 で 効 果 が 見 られた 症 例 いぼに 対 する 可 視 総 合 光 線 療 法 平 成 27 年 8 月 590 589 588 587 586 585 584 583 582 581 580 579 578 577 576 575 574 573 股 関 節

More information

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令 防 衛 庁 訓 令 第 14 号 自 衛 隊 法 施 行 規 則 ( 昭 和 29 年 総 理 府 令 第 40 号 ) 第 27 条 及 び 第 36 条 の 規 定 に 基 き 自 衛 官 及 び 防 衛 大 学 校 の 学 生 の 採 用 のための 身 体 検 査 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 昭 和 29 年 9 月 13 日 防 衛 庁 長 官 木 村 篤 太 郎 自

More information

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と A70 結 核 b43 b45 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 b51 消 化 器 系 に 関 連 する 機 能 b54 代 謝 と 内 分 泌 系 に 関 連 する 機 能 b81 皮 膚 の 機 能 A71 麻 疹 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加

More information

深く靭帯の伸長と短縮を考えたい

深く靭帯の伸長と短縮を考えたい 靭 帯 の 伸 長 と 短 縮 を 考 えたい 聞 きたかった 疑 問 を 患 者 さんのためにはっきり させたい のような 同 じ 疑 問 を 持 つ 仲 間 のため に なぜ と 聞 き 深 く 理 解 をして 施 術 効 果 通 電 効 果 を 最 大 限 に 引 き 出 したい 身 体 に 無 駄 な 機 能 は 有 りません 靭 帯 の 機 能 は 運 動 器 系 を 守 っています 総

More information

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版)

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版) 表 1. 臨 床 検 査 値 の 異 常 変 動 を 有 害 事 象 と 判 断 するための 基 準 臨 床 検 査 項 目 赤 血 球 数 ヘモグロビン 量 ヘマトクリット 値 白 血 球 数 好 酸 球 数 血 小 板 数 AST(GOT) ALT(GPT) γ-gtp ALP LDH LAP CK 総 ビリルビン 直 接 ビリルビン 血 清 クレアチニン BUN Na K Cl 血 糖 ( 空

More information

東 京 有 明 医 療 大 学 保 健 医 療 学 部 柔 道 整 復 学 科 木 村 明 彦 神 経 系 のまとめ 2 大 脳 半 球 や 大 脳 と 小 脳 の 間 に 入 り 大 脳 鎌 小 脳 テント 硬 膜 静 脈 洞 を 構 成 する 脊 髄 硬 膜 : 脊 髄 を 包 む 外 葉 と

東 京 有 明 医 療 大 学 保 健 医 療 学 部 柔 道 整 復 学 科 木 村 明 彦 神 経 系 のまとめ 2 大 脳 半 球 や 大 脳 と 小 脳 の 間 に 入 り 大 脳 鎌 小 脳 テント 硬 膜 静 脈 洞 を 構 成 する 脊 髄 硬 膜 : 脊 髄 を 包 む 外 葉 と 神 経 系 国 試 のために (2014/05/14 改 変 ) 東 京 有 明 医 療 大 学 保 健 医 療 学 部 柔 道 整 復 学 科 木 村 明 彦 神 経 系 のまとめ 1 (218-01) は 教 科 書 P219 の 図 01 を 参 照 総 論 Ⅰ. 神 経 系 総 論 (218-01) 中 枢 神 経 ( 脳 脊 髄 )と 末 梢 神 経 ( 脳 神 経 と 脊 髄 神 経 )

More information

Taro-入浴介護(2008)

Taro-入浴介護(2008) Ⅰ 生 活 文 化 としての 入 浴 入 浴 介 護 入 浴 は わ た し た ち 人 類 が 持 つ 生 活 の 営 み の 中 で 不 思 議 な 魅 力 を 有 す る 部 分 で あ る 食 事 や 排 泄 睡 眠 性 行 動 攻 撃 逃 避 な ど の よ う に 固 体 や 種 族 の 維 持 の た め に 絶 対 に 必 要 な も の で は な く 何 か の 理 由 で そ

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

原稿

原稿 Gaihoren News Extra 暫 定 版 外 保 連 の 要 望 のうち 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 で 考 慮 された 項 目 ( 技 術 新 設 ) 2016.3.18 NO 名 称 要 望 内 容 要 望 点 数 改 定 内 容 1 緩 和 ケア 地 域 連 携 加 算 保 険 収 載 2 経 皮 酸 素 ガス 分 圧 連 続 測 定 (tcpo2 局 所 の 虚

More information

3.4 衝 突 個 体 の 医 学 的 剖 検 による 海 ワシ 類 の 衝 突 原 因 の 考 察 3.4.1 海 ワシ 類 の 医 学 的 剖 検 結 果 ( 個 人 情 報 保 護 の 観 点 から 一 部 をマスキングしています) 3-72 骨 遠 位 端 を 欠 く 右 脛 腓 骨 遠 位 端 と 左 脛 腓 骨 近 位 端 に 骨 折 を 認 める 3) 剖 検 所 見 頭 骨 は 眼

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

障 害 程 度 等 級 表 級 別 体 幹 機 能 障 害 指 数 1 級 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 っていることができないもの 18 2 級 1 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 位 又 は 起 立 位 を 保 つことが 困 難 なもの 2 体 幹 の 機 能 障 害 により

障 害 程 度 等 級 表 級 別 体 幹 機 能 障 害 指 数 1 級 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 っていることができないもの 18 2 級 1 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 位 又 は 起 立 位 を 保 つことが 困 難 なもの 2 体 幹 の 機 能 障 害 により 第 4の3 体 幹 機 能 障 害 障 害 程 度 等 級 表 級 別 体 幹 機 能 障 害 指 数 1 級 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 っていることができないもの 18 2 級 1 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 位 又 は 起 立 位 を 保 つことが 困 難 なもの 2 体 幹 の 機 能 障 害 により 立 ち 上 ることが 困 難 なもの 3 級 体 幹 の 機 能

More information

Microsoft PowerPoint - 大野Dr..ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 大野Dr..ppt [互換モード] 運 動 における 安 全 管 理 バイタルサインということばを ご 存 じですか? ヒトの 生 命 に 基 本 的 な 徴 候 生 命 の 維 持 に 直 接 関 係 する 安 全 管 理 に 最 低 必 要 な 情 報 脈 拍 呼 吸 体 温 血 圧 意 識 状 態 など 脈 拍 をどこで 測 るかご 存 じですか? 脈 拍 を 測 ってみましょう 親 指 側 の 手 首 に 脈 を 触 れ ます

More information

手引き 前編

手引き 前編 診 断 書 意 見 書 1 診 断 書 の 作 成 について 身 体 障 害 者 障 害 程 度 等 級 表 においては 肢 体 不 自 由 を 上 肢 下 肢 体 幹 及 び 乳 幼 児 期 以 前 の 非 進 行 性 の 脳 病 変 による 運 動 機 能 障 害 に 区 分 している したがって 肢 体 不 自 由 診 断 書 の 作 成 に 当 たっては これを 念 頭 に 置 き それぞれの

More information

Microsoft Word - 方法及び技術的基準の補足的事項

Microsoft Word - 方法及び技術的基準の補足的事項 別 紙 児 童 生 徒 学 生 幼 児 及 び 職 員 の 健 康 診 断 の 方 法 及 び 技 術 的 基 準 の 補 足 的 事 項 について 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 56 号 ) 第 13 条 第 1 項 及 び 同 法 第 15 条 第 1 項 の 健 康 診 断 の 方 法 及 び 技 術 的 基 準 については 同 法 第 17 条 第 1 項 の

More information

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易 障 害 に 係 る 認 定 基 準 ( 別 添 ) 障 害 の 区 分 留 意 事 項 視 覚 (1) 両 眼 の 視 力 の 和 とは 各 眼 毎 の 視 力 を 別 々に 測 定 した 数 値 を 合 算 したものをいう (2) 矯 正 視 力 とは 眼 科 的 に 最 も 適 正 な 常 用 し 得 る 矯 正 眼 鏡 コン タクトレンズ 又 は 眼 内 レンズによって 得 られた 視 力 をいう

More information

第63回 診療放射線技師国家試験

第63回 診療放射線技師国家試験 第 65 回 診 療 放 射 線 技 師 国 家 試 験 エックス 線 撮 影 技 術 学 問 68 画 像 検 査 時 の 診 療 放 射 線 技 師 の 対 応 で 適 切 なのはどれか 1. X 線 造 影 剤 を 投 与 するために 静 脈 を 穿 刺 した 2. マンモグラフィの 際 に 圧 迫 板 で 乳 房 を 圧 迫 した 3. 胸 部 X 線 撮 影 の 際 に 義 歯 を 外 すように

More information

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 )

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 ) 肩 こり 2011 年 9 月 3 日 文 責 : 今 井 力 第 1 肩 こりの 定 義 1 定 義 肩 こり を 明 確 に 定 義 する 教 科 書 的 な 記 載 は 見 当 たらない しかも, 肩 こり と 一 般 的 にいわれるものには, 肩 のこり 背 中 のこり 首 の 筋 肉 の こり 頭 痛 までもが 含 まれる よって,さまざまな 自 覚 的 な 症 状 群 をまと めて 表

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

整体講座

整体講座 経 絡 重 要 穴 自 習 用 新 潟 整 体 協 会 電 話 :025-222-7075 経 絡 働 症 状 経 絡 働 症 状 肺 経 外 気 取 入 交 換 肺 機 能 司 呼 吸 器 系 症 状 皮 膚 症 状 浮 腫 呼 吸 器 関 連 不 調 大 腸 経 肺 経 対 外 気 取 入 交 換 大 腸 働 司 便 秘 目 耳 鼻 歯 頭 顔 五 感 不 調 胃 経 気 取 入 消 化 消 化

More information

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4 2015 年 6 月 改 訂 薬 価 基 準 収 載 処 方 箋 医 薬 品 : 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 使 用 前 に 必 ずお 読 みください - 新 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 の 解 説 禁 忌 ( 次 の 患 者 には 投 与 しないこと) 本 剤 の 成 分 に 対

More information

修飾語コード

修飾語コード 別 添 4 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 修 飾 語 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 修 飾 語 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 通 常 傷 病 名 の 前 後 に 使 用 する 部 位 病 因 診 断 確 定 度 等 とする (2)

More information

DKIX01CH.mcd

DKIX01CH.mcd 106 C 指 示 があるまで 開 かないこと 平 成 24 年 月 11 日 16 時 00 分 17 時 00 分 注 意 事 項 1. 試 験 問 題 の 数 は 31 問 で 解 答 時 間 は 正 味 時 間 である 2. 解 答 方 法 は 次 のとおりである 各 問 題 にはからまでの つの 選 択 肢 があるので そのうち 質 問 に 適 した 選 択 肢 を つ 選 び 答 案 用

More information

15レクチャーシリーズ 理 学 療 法 テキスト/ 運 動 器 障 害 理 学 療 法 学 Ⅱ 目 次 執 筆 者 一 覧 ii 刊 行 のことば 序 文 v iii 16 頸 部 疾 患 (1) 総 論 三 木 屋 良 輔 1 1. 頸 部 の 構 造 2 1) 頸 椎 脊 髄 神 経 2 2)

15レクチャーシリーズ 理 学 療 法 テキスト/ 運 動 器 障 害 理 学 療 法 学 Ⅱ 目 次 執 筆 者 一 覧 ii 刊 行 のことば 序 文 v iii 16 頸 部 疾 患 (1) 総 論 三 木 屋 良 輔 1 1. 頸 部 の 構 造 2 1) 頸 椎 脊 髄 神 経 2 2) 15レクチャーシリーズ 理 学 療 法 テキスト 運 動 器 障 害 学 Ⅱ 序 文 一 般 の 人 たち,あるいは 入 学 間 もない 学 生 がイメージする リハビリテーション といえば, 運 動 器 障 害 に 対 する 理 学 療 法 ではないでしょうか.たとえば, 牽 引 やホッ トパックなどを 受 け, 足 首 に 重 りを 巻 いて 膝 関 節 を 伸 展 させたり, 滑 車 運 動

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 健 康 市 民 講 座 男 性 女 性 の 鼠 径 ヘルニア と 腹 部 のヘルニア 平 成 22 年 9 月 18 日 豊 見 城 中 央 病 院 消 化 器 外 科 仲 地 厚 金 城 さん 50 歳 男 性 足 の 付 け 根 に 脱 腸 があります 若 いころは 重 い 荷 物 を 運 ぶ 仕 事 をして おりました 島 袋 さん 65 歳 男 性 尿 が 出 るまで 時 間 がかかり 病

More information

スライド 1

スライド 1 有 訴 者 の 状 況 65 歳 以 上 では 国 民 の 約 半 数 が 有 訴 者 : 腰 痛 肩 こり 手 足 の 関 節 痛 有 訴 者 率 ( 人 口 千 対 ) 体 がだるい 物 忘 れ 眼 のかすみ 咳. 痰. 鼻 汁 かゆみ 男 41.9 30.2 34.4 55.0 49.3 女 57.2 48.8 54.0 50.2 48.0 肩 こり 腰 痛 手 足 の 関 節 痛 足 のむくみ.ダルさ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC58F49817A92B98EE68CA793FB97638E998C928D4E90668DB8837D836A83858341838B81698C92906688E39770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC58F49817A92B98EE68CA793FB97638E998C928D4E90668DB8837D836A83858341838B81698C92906688E39770816A2E646F63> 鳥 取 県 乳 幼 児 健 康 診 査 ニュアル 健 診 医 用 成 月 鳥 取 県 母 子 保 健 対 策 協 議 会 鳥 取 県 健 康 対 策 協 議 会 母 子 保 健 対 策 専 門 委 員 会 目 次 10 11 乳 幼 児 健 診 について に 所 見 取 方 一 般 身 体 所 見 取 方 発 達 所 見 取 方 か 月 児 健 診 イント ~ か 月 児 健 診 イント ~ か 月

More information

2 第 1 章 運 動 器 疾 患 に 関 する 理 学 療 法 ケーススタディ 表 1 理 学 療 法 初 期 中 間 評 価 ROM 140 155 155 MMT 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 5 5 5 図 1 問 題 点 の 要 約 155 80 4 1 3. 初 期 評

2 第 1 章 運 動 器 疾 患 に 関 する 理 学 療 法 ケーススタディ 表 1 理 学 療 法 初 期 中 間 評 価 ROM 140 155 155 MMT 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 5 5 5 図 1 問 題 点 の 要 約 155 80 4 1 3. 初 期 評 第 1 章 運 動 器 疾 患 に 関 する 理 学 療 法 ケーススタディ 第 1 節 肩 関 節 における 運 動 器 疾 患 に 対 する 理 学 療 法 症 例 1 交 通 事 故 により 左 上 腕 骨 大 結 節 骨 折 と 左 肩 関 節 腱 板 断 裂 を 受 傷 した 競 輪 選 手 の 一 症 例 12 8 1. 症 例 紹 介 34 X 9 5 12 12 X 11 1 8 2.

More information

採択一覧

採択一覧 10000 E019 九 州 内 分 泌 外 科 甲 状 腺 上 皮 小 体 5 13 日 ( 金 ) 14:20-15:00 第 2 会 場 (3F 会 議 室 4) 胸 腺 カルチノイドを 合 併 した 多 発 性 内 分 泌 腫 瘍 症 1 型 症 10001 S095 九 州 外 科 胃 十 二 指 腸 悪 性 1 14 日 ( 土 ) 10:51-11:55 第 2 会 場 (3F 会 議

More information

2 腕 を 振 って 脚 を 曲 げ 伸 ばす 腕 と 脚 を 刺 激 して 全 身 の 血 行 を 促 進 します 肩 膝 股 関 節 の 運 動 です [1] 肩 三 角 筋 棘 上 筋 膝 大 腿 二 頭 筋 半 膜 様 筋 半 腱 様 筋 大 腿 四 頭 筋 股 腸 腰 筋 大 腿 筋 膜

2 腕 を 振 って 脚 を 曲 げ 伸 ばす 腕 と 脚 を 刺 激 して 全 身 の 血 行 を 促 進 します 肩 膝 股 関 節 の 運 動 です [1] 肩 三 角 筋 棘 上 筋 膝 大 腿 二 頭 筋 半 膜 様 筋 半 腱 様 筋 大 腿 四 頭 筋 股 腸 腰 筋 大 腿 筋 膜 1 背 伸 びをする 背 筋 を 十 分 に 伸 ばして よい 運 動 姿 勢 をつくります < 図 解 >ラジオ 体 操 第 一 (かんぽ 生 命 より 引 用 ) 肩 の 関 節 の 運 動 です [1]で 三 角 筋 棘 上 筋 [2]で 大 胸 筋 広 背 筋 大 円 筋 [1] 腕 を 前 から 上 に 上 げて 背 伸 びをする [2] 腕 を 横 から 下 ろす この 動 作 を 2

More information

(1) 鼻 腔 と 気 管 の 線 毛 上 皮 ( 線 毛 エスカレーターの 異 物 排 出 作 用 )と 粘 液 細 胞 の 働 き 3. 肺 のしくみ (156) 胸 膜 壁 側 胸 膜 ( 肋 膜 ) 胸 腔 表 面 を 被 う ( 単 層 扁 平 上 皮 の 中 皮 細 胞 からなる 漿 膜

(1) 鼻 腔 と 気 管 の 線 毛 上 皮 ( 線 毛 エスカレーターの 異 物 排 出 作 用 )と 粘 液 細 胞 の 働 き 3. 肺 のしくみ (156) 胸 膜 壁 側 胸 膜 ( 肋 膜 ) 胸 腔 表 面 を 被 う ( 単 層 扁 平 上 皮 の 中 皮 細 胞 からなる 漿 膜 E 呼 吸 器 系 のしくみと 働 き (151) 1 呼 吸 の 種 類 外 呼 吸 ( 肺 呼 吸 ) 内 呼 吸 ( 組 織 呼 吸 ) 肺 でガス 交 換 が 行 われるためには 換 気 血 流 拡 散 の 条 件 が 必 要 である その 後 酸 素 は 末 梢 組 織 に 送 られる ( 空 気 と 血 液 とのガス 交 換 ) 血 液 によって 運 ばれた 酸 素 は 細 胞 が 必

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

5) 医 師 会 現 地 対 策 本 部 からのヘリ 搬 送 依 頼 訓 練 6)START 法 によるトリアージ 訓 練 2. 訓 練 内 容 1) 高 崎 市 長 から 医 師 会 長 への 出 動 依 頼 訓 練 及 び 医 師 会 長 の 対 応 訓 練 実 施 者 : 市 対 策 本 部

5) 医 師 会 現 地 対 策 本 部 からのヘリ 搬 送 依 頼 訓 練 6)START 法 によるトリアージ 訓 練 2. 訓 練 内 容 1) 高 崎 市 長 から 医 師 会 長 への 出 動 依 頼 訓 練 及 び 医 師 会 長 の 対 応 訓 練 実 施 者 : 市 対 策 本 部 平 成 21 年 度 高 崎 市 医 師 会 災 害 医 療 訓 練 平 成 22 年 3 月 15 日 救 急 医 療 対 策 委 員 会 大 規 模 事 故 に 対 応 する 高 崎 市 医 師 会 行 動 マニュアル に 則 り 大 規 模 事 故 を 想 定 した 災 害 医 療 訓 練 が 下 記 の 要 領 で 行 なわれました 訓 練 への 参 加 者 は 高 崎 市 医 師 会 会

More information

にも 影 響 がある 事 を 憂 慮 しなければならない (1) 額 段 縄 文 柴 犬 の 額 段 が 浅 いという 事 は 額 が 広 く 平 らであり 四 肢 や 体 形 の 隅 々にまで 深 く 関 連 する 別 に 言 い 換 えるなら 額 段 と 言 う 部 分 の 捉 え 方 は 他

にも 影 響 がある 事 を 憂 慮 しなければならない (1) 額 段 縄 文 柴 犬 の 額 段 が 浅 いという 事 は 額 が 広 く 平 らであり 四 肢 や 体 形 の 隅 々にまで 深 く 関 連 する 別 に 言 い 換 えるなら 額 段 と 言 う 部 分 の 捉 え 方 は 他 縄 文 柴 犬 審 査 基 準 JSRC 縄 文 柴 犬 研 究 センター 2009.04 1. 縄 文 柴 犬 とその 保 存 縄 文 柴 犬 の 歴 史 は 日 本 文 化 の 歴 史 に 深 く 関 わり 凡 そ1 万 年 前 の 縄 文 時 代 には 単 なる 家 畜 としての 役 割 だけでなく 家 族 の 一 員 仲 間 として 共 に 移 動 しながら 生 活 をして いたと 推 測

More information

「解剖学用語 改訂13版」解剖学会ホームページ公開版

「解剖学用語 改訂13版」解剖学会ホームページ公開版 感 覚 器 感 覚 器 視 覚 器 眼 および 関 連 する 構 造 視 神 経 眼 球 内 部 篩 板 前 部 篩 板 内 部 篩 板 後 部 眼 窩 部 管 内 部 ; 視 神 経 管 部 頭 蓋 内 部 視 神 経 外 鞘 視 神 経 内 鞘 鞘 間 鮎 眼 球 前 極 後 極 赤 道 経 線 外 眼 球 軸 内 眼 球 軸 視 軸 眼 球 前 区 眼 球 後 区 眼 胞 眼 杯 眼 球 線

More information

4) 心 臓 に 出 入 りする 血 管 (115) 右 心 房 に 入 る 血 管 上 大 静 脈 ( 静 脈 血 ) 1 本 下 大 静 脈 ( 静 脈 血 ) 1 本 頭 上 肢 から 静 脈 血 を 集 める 胸 部 腹 部 下 肢 から 集 める 冠 状 静 脈 ( 洞 ) 1 本 心 臓

4) 心 臓 に 出 入 りする 血 管 (115) 右 心 房 に 入 る 血 管 上 大 静 脈 ( 静 脈 血 ) 1 本 下 大 静 脈 ( 静 脈 血 ) 1 本 頭 上 肢 から 静 脈 血 を 集 める 胸 部 腹 部 下 肢 から 集 める 冠 状 静 脈 ( 洞 ) 1 本 心 臓 D 循 環 器 系 のしくみと 働 き 1. 循 環 器 系 とは (113) 血 液 によって 酸 素 や 栄 養 を 組 織 細 胞 に 供 給 し 組 織 で 生 成 された 老 廃 物 の 二 酸 化 炭 素 や 尿 素 アンモニアなどを 処 理 する 器 官 ( 肺 と 腎 臓 )まで 運 搬 血 液 循 環 体 循 環 心 臓 ポンプで 全 身 に 動 脈 血 を 運 び 静 脈 血 を

More information

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4 日 付 時 限 内 容 4 月 6 日 2 総 論 GIO: 耳 鼻 咽 喉 科 疾 患 を 持 つ 患 者 の 診 断 と 治 療 ができるようになるために これらの 系 の 基 本 的 知 識 特 性 を 理 解 する SBO: 1. 耳 疾 患 について 説 明 できる 2. 鼻 疾 患 について 説 明 できる 3. 咽 頭 喉 頭 疾 患 について 説 明 できる 4 月 13 日 2 鼻

More information

(Microsoft Word - \216O\212p\213\320\202\314\216g\202\242\225\373\202P.doc)

(Microsoft Word - \216O\212p\213\320\202\314\216g\202\242\225\373\202P.doc) 三 角 巾 の 使 い 方 創 傷 部 の 被 覆 包 帯 圧 迫 包 帯 止 血 支 持 包 帯 固 定 包 帯 等 広 く 活 用 できる たたみ 三 角 巾 の 作 り 方 地 面 ( 床 面 ) 衣 類 等 に 接 触 させることなく 手 に 持 ったままの 状 態 で 操 作 し 三 角 巾 の 汚 染 を 防 止 す る ア. 基 底 中 央 を 左 手 で 持 ち 右 手 で 頂 点

More information

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況 市 販 直 後 調 査 平 成 26 年 5 月 ~ 平 成 26 年 11 月 製 造 販 売 :サノフィ 株 式 会 社 163-1488 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 三 丁 目 20 番 2 号 発 売 4 ヵ 月 間 の 副 作 用 発 現 状 況 謹 啓 先 生 方 におかれましては 時 下 ますますご 清 祥 のことと お 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 が 製

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦 36 36 野 崎 京 子 野 崎 長 阪 府 推 薦 136 奈 川 県 ペ 麻 酔 京 都 部 卒 京 都 部 麻 酔 入 局 後 北 野 阪 市 国 立 京 都 阪 赤 十 字 住 友 阪 市 17 3 月 阪 府 豊 中 市 ペ 野 崎 長 阪 府 面 肝 玉 母 ド 頼 長 福 田 正 博 氏 評 博 3 男 1 女 母 顔 著 書 安 向 マガジハ 野 崎 http://www.myclinic.ne.jp/nozaki/

More information

CRF_Japan Neurosurgery Registry AB ver1.02

CRF_Japan Neurosurgery Registry AB ver1.02 Japan Neurosurgery Registry on NCD Case Report Form 記 入 の 手 引 き 注 意 事 項 このCase Report Form( 以 下,CRF)は National Clinical Database( 以 下,NCD)への 症 例 登 録 にあたっての 補 助 資 料 です. 各 項 目 の 定 義 については 本 CRFをご 参 照 ください.

More information

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention 専 攻 医 ( 後 期 臨 床 研 修 )プログラム 西 宮 市 立 中 央 病 院 6. 麻 酔 科 ペインクリニック 科 当 院 の 麻 酔 科 は 手 術 臨 床 麻 酔 に 加 えて 活 発 なペインクリニック 科 と 緩 和 医 療 に 特 徴 があります 日 本 麻 酔 科 学 会 日 本 ペインクリニック 学 会 日 本 緩 和 医 療 学 会 の 研 修 指 定 病 院 であり 2

More information

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後 主 治 医 様 下 記 太 線 枠 内 をご 記 入 願 います 登 園 許 可 証 光 輪 はさみこども 園 園 長 殿 入 所 園 児 氏 名. 病 名 平 成 年 月 日 から 病 状 も 回 復 し 集 団 生 活 に 支 障 がない 状 態 になったので 登 園 可 能 と 判 断 します 平 成 年 月 日 医 療 機 関 名 医 師 名 印 こども 園 は 乳 幼 児 が 集 団 で

More information

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前 破 裂 脳 動 脈 瘤 に 対 する 開 頭 クリッピング 術 とは くも 膜 下 出 血 について 頭 蓋 骨 の 内 側 には 硬 膜 くも 膜 軟 膜 と 呼 ばれる 脳 組 織 を 包 んで いる 組 織 があります くも 膜 と 軟 膜 のすき 間 は くも 膜 下 腔 と 呼 ば れています くも 膜 下 腔 に 出 血 を 起 こした 状 態 がくも 膜 下 出 血 で す くも 膜

More information

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 訪 問 看 護 について 診 療 報 酬 改 定 の 主 な 改 正 点 は 次 のとおりです なお 詳 しくは このあとの 表 で 医 療 保 険 と 介 護 保 険 との 較 訪 問 看 護 ステーションが う 訪 問 看 護 について 記 載 しています 平 成 26 年 改 定 同 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 において 同 に3 以 上 訪 問 した 場 合 の 点 数

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 びに 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相 談

More information

第37回 漢方で見える!聞こえる!(漢方)

第37回 漢方で見える!聞こえる!(漢方) 第 37 回 漢 方 教 室 ( 漢 方 ) 漢 方 で 見 える! 聞 こえる!- 目 や 耳 の 病 気 は 漢 方 で 治 せるか?- Ⅰ. 漢 方 治 療 の 適 応 1 西 洋 医 学 と 漢 方 の 病 気 に 対 するアプローチの 違 い 漢 方 : 患 者 側 からのアプローチ 不 快 な 自 覚 症 状 など ホスト 側 ( 生 体 側 )に 着 目 ホストの defense 力

More information

●終身・定期総合医療共済/終身・定期総合医療共済ジュニア特約●

●終身・定期総合医療共済/終身・定期総合医療共済ジュニア特約● 15.7 終 身 定 期 総 合 医 療 / 終 身 定 期 総 合 医 療 ジュニア 特 約 終 身 定 期 総 合 医 療 のしくみ 年 定 期 型 終 身 型 入 院 金 金 退 院 金 通 院 金 ご 契 約 保 障 期 間 ( 年 ) 満 了 ご 契 約 保 障 期 間 ( 終 身 ) お 支 払 事 由 など(お 支 払 事 由 の 詳 細 およびお 支 払 いできない 場 合 等 については

More information

膝痛予防の知恵と運動

膝痛予防の知恵と運動 2007.12.18 ストレッチと 筋 力 トレーニングのしかた 1 本 日 のメニューは 体 力 測 定 ストレッチについて 筋 力 トレーニングについて 2 1. 体 力 測 定 について 3 体 力 測 定 分 類 ( 福 岡 県 で 実 施 している 項 目 ) 筋 力 : 握 力 下 肢 筋 力 平 衡 性 : 開 眼 片 足 立 ち 時 間 ファンクショナルリーチ 敏 捷 性 :Timed

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション めまい 目 次 めまいの 原 因 種 類 めまいの 診 察 ( 問 診 身 体 診 察 検 査 ) 末 梢 性 めまいの 症 例 中 枢 性 めまいの 症 例 まとめ めまいの 原 因 めまい= 頭 か 耳?ではない! 他 にも 低 血 糖 起 立 性 低 血 圧 頚 椎 症 疲 労 やストレスなど 原 因 は 様 々 めまいの 種 類 末 梢 性 めまい( 内 耳 ) 40% 中 枢 性 めまい(

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9892C592C58AD494C28377838B836A834182CC906697C381418347815B8358834E8389836283768CB48D658141323031312E31322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9892C592C58AD494C28377838B836A834182CC906697C381418347815B8358834E8389836283768CB48D658141323031312E31322E646F63> 腰 椎 椎 間 板 ヘルニアについて - 正 しい 理 解 とより 良 い 治 療 を 受 けるために- 金 明 博 [はじめに] 整 形 外 科 の 外 来 を 訪 れる 患 者 さんの 多 くは 腰 痛 を 主 訴 にされてい ます その 腰 痛 の 患 者 さんが 心 配 している 病 気 の 中 で 腰 椎 椎 間 板 ヘルニアほ ど 有 名 な 病 気 はないでしょう 腰 椎 椎 間 板

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

11 切 断 又 は 離 断 変 形 麻 痺 11 切 離 断 部 位 手 関 節 前 腕 肘 関 節 上 腕 肩 関 節 左 リスフラン 関 節 部 位 左 ショパール 関 節 足 関 節 下 腿 膝 関 節 大 腿 股 関 節 左 左 手 ( 足 ) 関 節 手 ( 足 ) 指 の 切 離 断

11 切 断 又 は 離 断 変 形 麻 痺 11 切 離 断 部 位 手 関 節 前 腕 肘 関 節 上 腕 肩 関 節 左 リスフラン 関 節 部 位 左 ショパール 関 節 足 関 節 下 腿 膝 関 節 大 腿 股 関 節 左 左 手 ( 足 ) 関 節 手 ( 足 ) 指 の 切 離 断 診 断 書 ( 肢 体 の 障 害 用 )[ 様 式 第 120 号 の3] 新 旧 対 照 表 ( 傍 線 部 分 は 改 訂 部 分 ) ( 表 面 ) (フリガナ) 氏 名 改 訂 案 現 行 ( 表 面 ) (フリガナ) 氏 名 昭 和 生 年 月 日 平 成 年 月 日 生 ( 歳 ) 性 別 男 女 昭 和 平 成 年 月 日 生 ( 歳 ) 男 女 住 所 住 所 地 の 郵 便 番

More information

Microsoft Word - 210202菊地

Microsoft Word - 210202菊地 中 耳 炎 の 病 態 と 予 防 埼 玉 医 科 大 学 総 合 医 療 センター 耳 鼻 咽 喉 科 菊 地 茂 1.はじめに 中 耳 炎 とは 中 耳 に 生 じる 炎 症 の 総 称 で 中 耳 炎 には 急 性 中 耳 炎 慢 性 中 耳 炎 滲 出 性 中 耳 炎 真 珠 腫 性 中 耳 炎 癒 着 性 中 耳 炎 結 核 性 中 耳 炎 壊 疽 性 中 耳 炎 航 空 性 中 耳 炎

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

■難病医療費助成制度の御案内

■難病医療費助成制度の御案内 制 度 の 趣 旨 難 病 医 療 費 助 成 制 度 の 御 案 内 [ 新 規 申 請 の 方 へ] 難 病 医 療 費 助 成 制 度 が 平 成 27 年 1 月 1 日 から 新 しくなります この 制 度 は 効 果 的 な 治 療 方 法 が 確 立 されるまでの 間 長 期 の 療 養 による 医 療 費 の 経 済 的 な 負 担 が 大 きい 方 を 支 援 するという 目 的

More information

3. 健 康 保 険 の 規 定 以 外 の 特 例 的 取 扱 い 目 診 察 料 3 [ 初 診 料 (3) 救 急 医 療 管 理 加 算 (3) 再 診 料 (4) 外 来 管 理 加 算 に 関 する 特 例 (4)] 監 視 料 5 [ 特 別 監 視 料 (5)] 指 導 管 理 料

3. 健 康 保 険 の 規 定 以 外 の 特 例 的 取 扱 い 目 診 察 料 3 [ 初 診 料 (3) 救 急 医 療 管 理 加 算 (3) 再 診 料 (4) 外 来 管 理 加 算 に 関 する 特 例 (4)] 監 視 料 5 [ 特 別 監 視 料 (5)] 指 導 管 理 料 労 災 診 療 費 算 定 基 準 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1. 単 価 昭 和 36 年 11 月 11 日 11 円 50 銭 ( 武 見 会 長 大 野 労 災 補 償 部 長 協 定 ) 昭 和 45 年 4 月 1 日 改 定 私 的 医 療 機 関 12 円 公 的 医 療 機 関 等 ( 非 課 税 医 療 機 関 ) 11 円 50 銭 2. 点 数 昭 和

More information

目 次 1 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 簡 易 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 平 成 22 年 3 月 以 前 にかんぽ 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 P.1 P.2 2 できる

目 次 1 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 簡 易 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 平 成 22 年 3 月 以 前 にかんぽ 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 P.1 P.2 2 できる 保 険 金 等 を できる 場 合 と できない 場 合 の 事 例 集 この 事 例 集 は 保 険 金 等 をできる 場 合 またはできない 場 合 の 代 表 的 な 事 例 です ご 契 約 の 保 険 種 類 特 約 種 類 加 入 時 期 によっては 取 扱 いが 異 なる 場 合 があります ので 実 際 の 契 約 での 取 扱 いに 関 しては 保 険 証 券 ご 契 約 のしおり

More information

Microsoft PowerPoint - 市民講座 [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 市民講座 [互換モード] 市 民 講 座 みみ はな のどの 癌 の 話 市 立 函 館 病 院 耳 鼻 咽 喉 科 科 長 坪 田 大 耳 鼻 科 と 癌 は 関 係 があるの? 耳 鼻 咽 喉 科 は 頭 蓋 内, 眼 窩 内, 歯 牙 咬 合 を 除 く 頭 部 頸 部 の 外 科 疾 患 を 対 象 と しており, 医 学 部 医 科 大 学 や 一 部 病 院 では, 耳 鼻 咽 喉 科 頭 頸 部 外 科 と 言

More information

第5回Mindsセミナー

第5回Mindsセミナー Mindsの 概 要 説 明 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 EBM 医 療 情 報 部 部 長 国 際 医 療 福 祉 大 学 臨 床 医 学 研 究 センター 教 授 吉 田 雅 博 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 の 事 業 1) 医 療 情 報 サービス 事 業 Minds ( 平 成 15 年 度 より) 厚 生 労 働 省 の 補 助 金 事 業 医 療 関 係 者 患

More information

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 情 報 基 本 方 針 の 決 定 ~ 諮 問 書 ~1 平 成 28 年 1 月 13 日 厚 生 労 働 省 から 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 に 向 けて 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 諮 問 書 が 発 出 されました いよいよ 中 医 協 で 細 部 にわたる 審 議 が 行 われることになります それと 同

More information

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プ ログラ ム 平 成 25 年 度 版 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の

More information

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に 別 紙 24 基 準 感 染 防 止 対 策 地 域 連 携 加 算 チェック 項 目 表 A: 適 切 に 行 われている あるいは 十 分 である B: 適 切 に 行 われているが 改 善 が 必 要 あるいは 十 分 ではない C: 不 適 切 である あるいは 行 われていない X: 判 定 不 能 ( 当 該 医 療 機 関 では 実 施 の 必 要 性 がない 項 目 確 認 が 行

More information

想 定 1 発 症 時 間 :18 時 30 分 ( 通 報 1 分 前 ) 住 所 : 市 町 目 番 号 対 象 物 : マンション 号 室 通 報 内 容 : 自 宅 で 夕 食 中 に 夫 が 食 べ 物 を 喉 に 詰 めて 苦 しそう 妻 からの 通 報 通 報 者 : ( 性 ) (

想 定 1 発 症 時 間 :18 時 30 分 ( 通 報 1 分 前 ) 住 所 : 市 町 目 番 号 対 象 物 : マンション 号 室 通 報 内 容 : 自 宅 で 夕 食 中 に 夫 が 食 べ 物 を 喉 に 詰 めて 苦 しそう 妻 からの 通 報 通 報 者 : ( 性 ) ( シミュレーション 訓 練 1 訓 練 の 目 的 電 話 という 相 手 の 行 動 や 動 作 が 把 握 できない 状 況 の 中 で 胸 骨 圧 迫 等 の 口 頭 指 導 を 行 なうことから バイスタンダーに 口 頭 指 導 の 内 容 が 正 確 に 伝 わらず 有 効 な 応 急 手 当 が 行 われていないことが 考 えられる こうしたことから 指 令 員 の 口 頭 指 導 がバイスタン

More information

Microsoft Word - 腰痛.doc

Microsoft Word - 腰痛.doc 第 41 回 東 北 鍼 灸 学 会 青 森 大 会 ( 八 戸 市 ) 平 成 19 年 9 月 鍼 灸 臨 床 研 修 会 講 演 第 2 席 腰 痛 福 島 県 鍼 灸 師 会 三 瓶 真 一 はじめに 開 業 鍼 灸 院 にて 腰 痛 はもっとも 来 院 頻 度 の 多 い 疾 患 であろう 海 外 では 生 涯 罹 患 率 が 84.1% 年 間 罹 患 率 が 48.9%(1998,Cassidy)という

More information

運 動 発 達 と 呼 吸 機 能 の 発 達 1 頚 定 と 呼 吸 機 能 口 呼 吸 と 鼻 呼 吸 の 分 離 鼻 咽 腔 閉 鎖 能 開 鼻 声 の 消 失 体 幹 の 伸 展 回 旋 と 呼 吸 機 能 生 後 4ヶ ヶ 月 腹 臥 位 での 胸 腰 椎 移 行 部 の 伸 展 横 隔

運 動 発 達 と 呼 吸 機 能 の 発 達 1 頚 定 と 呼 吸 機 能 口 呼 吸 と 鼻 呼 吸 の 分 離 鼻 咽 腔 閉 鎖 能 開 鼻 声 の 消 失 体 幹 の 伸 展 回 旋 と 呼 吸 機 能 生 後 4ヶ ヶ 月 腹 臥 位 での 胸 腰 椎 移 行 部 の 伸 展 横 隔 乳 児 期 ( 出 生 後 1 年 )の) の 特 徴 体 重 は3 倍 身 長 は1.5 倍 体 重 あたりの 必 要 栄 養 量 は 成 人 の3 倍 寝 たきり 状 態 から 二 足 歩 行 へ 原 始 反 射 に 支 配 された 爬 虫 類 状 態 から 立 ち 直 り 反 応 平 衡 反 応 を 獲 得 した 人 間 へ 反 射 性 把 握 から 支 える 手 そして 巧 緻 動 作 へ

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20815A8E9589C88C9F906681798F4390B394C5817A82522E8252955C8E86957482AB81698C929066955B82C882B5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20815A8E9589C88C9F906681798F4390B394C5817A82522E8252955C8E86957482AB81698C929066955B82C882B5816A2E646F63> 平 成 26 年 度 版 鳥 取 県 乳 幼 児 健 康 診 査 マニュアル スタッフ 用 ~ 歯 科 健 康 診 査 部 ~ 成 月 鳥 取 県 母 子 保 健 対 策 協 議 会 鳥 取 県 健 康 対 策 協 議 会 母 子 保 健 対 策 専 門 委 員 会 め び 成 度 版 鳥 取 県 乳 幼 児 健 康 診 査 マニュアル 歯 科 健 康 診 査 部 ついて 改 訂 ま 本 マニュアル

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63> 搭 乗 者 傷 害 ( 入 通 院 / 一 時 金 ) 特 約 < 用 語 のご 説 明 - 定 義 > この 特 約 において 使 用 される 次 の 用 語 は それぞれ 次 の 定 義 によります (1) 正 規 の 乗 車 装 置 乗 車 人 員 が 動 揺 衝 撃 等 により 転 落 または 転 倒 することなく 安 全 な 乗 車 を 確 保 できる 構 造 を 備 えた 道 路 運 送

More information

4) 眼 裂 瞳 孔 対 光 反 射 動 眼 神 経 ペンライト 患 者 の 前 方 を 手 で 示 して しばらく 前 方 を 見 ていてください 眼 けん 下 垂 ありません 眼 裂 と 瞳 孔 は 正 常 で 左 右 差 はありません ( 縮 瞳 散 瞳 なし) ペンライトを 見 せながら 空

4) 眼 裂 瞳 孔 対 光 反 射 動 眼 神 経 ペンライト 患 者 の 前 方 を 手 で 示 して しばらく 前 方 を 見 ていてください 眼 けん 下 垂 ありません 眼 裂 と 瞳 孔 は 正 常 で 左 右 差 はありません ( 縮 瞳 散 瞳 なし) ペンライトを 見 せながら 空 頭 頸 部 診 察 (A F K P) 1) 導 入 こんにちは と 申 します 確 認 のためにお 名 前 をおっしゃっていただけますか? ありがとうございます これから 頭 と 首 を 診 察 します 2) 頭 部 顔 面 の 診 察 いまから 頭 と 顔 を 診 察 します いろいろ 見 たふり 頭 を 触 ります 失 礼 します 頭 皮 を 見 たり 触 ったりする 3) 眼 の 診 察 今

More information

centernews_18

centernews_18 寒 い 日 が 続 きますがいかがお 過 ごしでしょうか 平 成 21 年 度 の 菊 池 地 域 リハビリテーション 広 域 支 援 センター 活 動 といたしましては 本 年 度 も 介 護 予 防 を 中 心 に 研 修 会 を 実 施 しております 毎 年 好 評 いただいている 介 護 予 防 研 修 会 ( 介 助 テクニック 認 知 症 運 動 機 能 向 上 栄 養 改 善 口 腔

More information

1分冊_表紙1

1分冊_表紙1 この 約 の 概 要 5 年 ごと 配 当 付 定 疾 病 保 障 終 身 保 険 約 条 項 目 次 第 1 条 約 保 険 金 の 支 払 第 2 条 約 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 3 条 約 保 険 金 の 免 責 事 由 に 該 当 した 場 合 の 取 扱 第 4 条 約 保 険 金 の 請 求 支 払 時 期 および 支 払 場 所 第 5 条 約 定 疾 病 保

More information

Microsoft Word - 介護予防マニュアル120307入稿版【履歴反映】.doc

Microsoft Word - 介護予防マニュアル120307入稿版【履歴反映】.doc 運 動 器 疾 患 対 策 プログラム( 膝 痛 腰 痛 対 策 転 倒 骨 折 予 防 ) 膝 痛 腰 痛 及 び 骨 折 は 高 齢 者 の 生 活 機 能 を 著 しく 低 下 させる こうした 運 動 器 疾 患 の 有 無 に 加 えて 生 活 機 能 の 制 限 の 有 無 把 握 し 可 能 性 がある 場 合 には 積 極 的 に 対 策 をとる エビデンス 膝 痛 腰 痛 は 複

More information

2)トレーニングプログラムの 実 際 具 体 的 な 集 団 トレーニングのプログラムの 流 れです 参 考 にしてください 1( 準 備 運 動 ) 体 力 測 定 結 果 の 柔 軟 性 や 関 節 の 痛 み 等 を 考 慮 可 動 範 囲 の 修 正 種 目 の 取 り 止 め 種 目 の

2)トレーニングプログラムの 実 際 具 体 的 な 集 団 トレーニングのプログラムの 流 れです 参 考 にしてください 1( 準 備 運 動 ) 体 力 測 定 結 果 の 柔 軟 性 や 関 節 の 痛 み 等 を 考 慮 可 動 範 囲 の 修 正 種 目 の 取 り 止 め 種 目 の 5.トレーニングプログラムの 作 成 1) 集 団 プログラムと 個 別 プログラムの 作 成 にあたって 参 加 者 全 員 の 身 体 状 況 にあった 集 団 プログラムと 参 加 者 一 人 一 人 にアプローチした 個 別 プログラ ムを 作 成 し 誰 であっても 諸 機 能 が 向 上 していくようにプログラムを 決 定 することが 望 ましいです 1 集 団 プログラム ウォーミングアップ

More information

【不妊外来問診票2012版】

【不妊外来問診票2012版】 記 入 した 日 付 ( 年 月 日 ) 血 圧 測 定 ( / )mmhg 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 夫 (またはパートナー)の 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 1 本 日 はどのようなことで 受 診 されましたか?( 心 配 な 点 やご 希 望 など) 該 当 項 目 があれば 印 を 付 けて 下 さい ( ) 話 相 談 のみ 希 望 ( ) 不 妊 検 査 を 希

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ 腫 の 進 行 程 度 などにより,これら

はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ 腫 の 進 行 程 度 などにより,これら ABVD 療 法 の 手 引 き 2013 年 1 月 国 立 がん 研 究 センター 中 央 病 院 血 液 腫 瘍 科 薬 剤 部 看 護 部 はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ

More information

リンパ浮腫KHSC.pptx

リンパ浮腫KHSC.pptx えきか かくせい 腋 窩 リンパ 節 郭 清 をうけられた 患 者 さんへ (リンパ 浮 腫 について) はじめに この 冊 子 の 内 容 はおもに 腋 (わき)のリンパ 節 を 切 除 された ( 腋 窩 リンパ 節 郭 清 ) 患 者 さんを 対 象 にしています 腋 のリンパ 節 を 切 除 した 場 合 術 後 しばらくは 腋 のつっぱり 感 や 肩 関 節 の 動 かしにくさ 痛 みなど

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

<4D F736F F F696E74202D2093FA8FED906697C382C996F097A782C28ABF95FB2E707074>

<4D F736F F F696E74202D2093FA8FED906697C382C996F097A782C28ABF95FB2E707074> 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 168 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 20 年 (2008)3 月 13 日 入 門 講 座 はじめての 漢 方 診 療 (6) 診 察 の 実 際 : 四 診 飯 塚 病 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 N5 N5 漢 方 漢 方 中 国 由 来 の 医 学 漢 とは 中 国 のことを 指 す 漢

More information

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤 ~ 度 成 作 成 : 薬 剤 科 医 薬 品 情 報 室 青 医 薬 品 発 品 称 用 法 用 量 欄 注 釈 用 ] 適 ] 添 付 文 記 載 い 用 法 用 量 当 院 適 応 中 心 記 載 禁 ] 投 禁 忌 患 者 状 態 併 用 禁 忌 薬 示 い ] 重 篤 作 用 頻 度 高 い 作 用 中 心 注 意 代 表 的 い 記 載 い 特 ] 薬 剤 特 長 薬 剤 系 統 利 使

More information

Microsoft Word マスターQ&A.doc

Microsoft Word マスターQ&A.doc 長 野 式 臨 床 研 究 会 平 成 20 年 第 10 期 マスタークラス 大 阪 セミナーQ&A 第 6 回 20 年 11 月 23 日 テーマ 動 悸 眩 暈 講 師 長 野 康 司 動 悸 治 療 上 の 注 意 点 まとめ * 動 悸 治 療 のポイント 1 腹 部 瘀 血 処 置 ( 動 悸 治 療 のためには 必 須 ) 2 肝 門 脈 うっ 血 処 置 ( 腹 部 瘀 血 に 連

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

ても 1 日 の 業 務 量 が 一 定 せず 例 えば 次 の(ア) 又 は(イ)に 該 当 するような 状 態 が 発 症 直 前 に3か 月 程 度 継 続 しているような 場 合 をいうものであるこ と (ア) 通 常 の1 日 の 業 務 量 のおおむね20% 以 上 業 務 量 が 増

ても 1 日 の 業 務 量 が 一 定 せず 例 えば 次 の(ア) 又 は(イ)に 該 当 するような 状 態 が 発 症 直 前 に3か 月 程 度 継 続 しているような 場 合 をいうものであるこ と (ア) 通 常 の1 日 の 業 務 量 のおおむね20% 以 上 業 務 量 が 増 上 肢 業 務 に 基 づく 疾 病 の 取 扱 いについて の 実 施 について 平 成 9 年 4 月 1 日 地 基 補 第 104 号 各 支 部 事 務 長 あて 補 償 課 長 第 1 次 改 正 平 成 16 年 4 月 19 日 地 基 補 第 105 号 標 記 の 件 については 下 記 事 項 に 留 意 のうえ その 実 施 に 遺 漏 のないように 取 り 扱 われたい なお

More information

13_1304_ xlsx

13_1304_ xlsx 160-0017 東 京 都 新 宿 区 左 門 町 18 診 療 時 間 やアクセス 方 法 等 情 報 はこちら 機 能 区 分 選 択 状 況 (2014( 平 成 26) 年 7 月 1 日 時 点 機 能 ) 病 床 機 能 区 分 高 度 急 性 期 急 性 期 回 復 期 慢 性 期 未 回 答 機 能 区 分 選 択 状 況 (6 年 が 経 過 した 日 における 病 床 機 能

More information

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診 ~ 予 防 接 種 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 みください~ 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 をご 希 望 の 方 へ 市 では 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 法 律 に 基 づかない 任 意 接 種 と して 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 費 用 の 約 9 割 を 助 成 していましたが 予 防 接 種

More information

医療保険普通保険約款

医療保険普通保険約款 医 療 保 険 ご 契 約 のしおり( 約 款 特 約 ) 医 療 保 険 普 通 保 険 約 款 目 次 主 な 用 語 の 定 義 1. 保 険 金 を 支 払 う 場 合 第 1 条 入 院 保 険 金 および 手 術 保 険 金 を 支 払 う 場 合 第 2 条 入 院 保 険 金 および 手 術 保 険 金 の 支 払 限 度 2. 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 第 3 条 入

More information

児童、生徒、学生、幼児及び職員の健康診断の方法及び技術的基準の補足的事項及び健康診断票の様式例の取扱について

児童、生徒、学生、幼児及び職員の健康診断の方法及び技術的基準の補足的事項及び健康診断票の様式例の取扱について ( 公 印 省 略 ) 私 青 号 外 平 成 7 年 各 私 立 学 校 設 置 者 殿 大 分 県 生 活 環 境 部 私 学 振 興 青 少 年 課 長 児 童 生 徒 学 生 幼 児 及 び 職 員 の 健 康 診 断 の 方 法 及 び 技 術 的 基 準 の 補 足 的 事 項 及 び 健 康 診 断 票 の 様 式 例 の 取 扱 について 記 のことについて 別 添 のとおり 文 部

More information