熊本市耐震改修促進計画 骨子(案)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "熊本市耐震改修促進計画 骨子(案)"

Transcription

1 第 1 章 想 定 される 地 震 規 模 と 被 害 の 予 測 第 1 章 想 定 される 地 震 規 模 と 被 害 の 予 測 第 1 章 想 定 される 地 震 規 模 と 被 害 の 予 測 1. 近 年 の 地 震 活 動 (1) 日 本 各 地 で 発 生 している 主 な 地 震 阪 神 淡 路 大 震 災 ( 兵 庫 県 南 部 地 震 ) 平 成 7 年 1 月 17 日 に 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 では 約 25 万 棟 の 家 屋 が 全 半 壊 し 6,434 人 の 尊 い 命 が 犠 牲 となりました このうち 地 震 直 後 に 発 生 した 死 者 ( 約 5,500 人 )の 約 9 割 は 建 築 物 の 倒 壊 や 家 具 の 下 敷 きによる 圧 死 等 により 命 を 奪 われ 倒 壊 した 建 築 物 の 多 くが 昭 和 56 年 以 前 いわゆる 新 耐 震 基 準 の 施 行 以 前 に 着 工 された 建 築 物 であったことが 明 らかになっており 建 築 物 の 耐 震 化 の 重 要 性 が 再 認 識 されました また 木 造 住 宅 が 密 集 する 市 街 地 では 出 火 により 被 害 が 拡 大 し 密 集 市 街 地 が 抱 える 防 災 上 の 脆 弱 性 が 明 らかとなりました 福 岡 県 西 方 沖 地 震 平 成 17 年 3 月 20 日 に 発 生 した 福 岡 県 西 方 沖 地 震 では 死 者 1 人 負 傷 者 1,087 人 建 築 物 全 壊 133 棟 半 壊 244 棟 などの 被 害 をもた らしました 特 に 福 岡 市 内 の 都 市 部 では 窓 ガラスの 破 損 落 下 による 通 行 人 への 被 害 や 屋 外 看 板 等 の 落 下 が 発 生 するとともに エレベーター への 閉 じ 込 めによる 被 害 も 多 数 報 告 されました また ブロック 塀 の 倒 壊 による 被 害 も 発 生 しており 建 築 物 の 耐 震 化 促 進 のみならず 建 築 物 を 取 り 巻 く 総 合 的 な 安 全 対 策 の 必 要 性 が 叫 ばれ るようになりました 東 日 本 大 震 災 ( 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 ) 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 では 日 本 に おける 観 測 史 上 最 大 のマグニチュード 9.0 を 記 録 し 死 者 行 方 不 明 者 約 2 万 人 の 未 曾 有 の 被 害 をもたらしました 特 に この 地 震 により 発 生 した 大 津 波 は 防 潮 堤 を 乗 り 越 えて 市 街 地 が 丸 ごと 飲 み 込 まれるなど 壊 滅 的 な 被 害 をもたらしまし た 更 に 東 京 電 力 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 では 地 震 と 津 波 によ り 重 大 な 原 子 力 事 故 が 発 生 し 周 辺 地 域 が 避 難 区 域 に 指 定 され 住 民 の 避 難 生 活 が 続 いていま す ( 平 成 28 年 3 月 現 在 ) 3

2 (2) 九州地方における地震の発生確率の分布 今後 30 年以内に震度 6 弱以上の揺れに見舞われる確率(超過確率)は 本計画策定時の平成 19 年と比べると 東日本大震災の発生や今後予測される南海トラフ地震 活断層の評価の見直しな どにより 全国的に増加しています その中で九州地方においても同様に確率が増加しており 特に熊本市における確率は 平成 19 年ではほぼ全域で 3 以下であったのが 平成 26 年では 26 以上の地域が見られるなど 大きく増加しており 大地震がいつ発生してもおかしくはあり ません 図 1-1 今後 30 年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率の分布図(平均ケース 全地震) 2007 年版(基準日 平成 19 年 1 月1日) 2014 年版(基準日 平成 26 年 4 月1日) 確率 26 以上 高い やや高い 未満 資料 地震調査研究推進本部地震調査委員会 全国地震動予測地図 2014 全国を概観した地震動予測地図 2007 年版 4

3 第 1 章 想 定 される 地 震 規 模 と 被 害 の 予 測 (3) 熊 本 市 周 辺 における 地 震 熊 本 県 内 の 気 象 官 署 で 震 度 4 以 上 を 記 録 した 地 震 は 九 州 の 内 陸 部 に 震 央 を 持 つ 地 震 と 四 国 沖 や 日 向 灘 などの 海 域 で 発 生 する 地 震 があります 海 域 で 発 生 した 地 震 には 地 震 規 模 が 大 きなもの もありましたが 距 離 が 離 れているため 熊 本 市 域 で 大 きな 被 害 が 生 じた 記 録 はありません 日 本 において 地 震 観 測 が 開 始 された 1885 年 以 後 の 観 測 記 録 によれば 九 州 中 部 における 主 な 被 害 地 震 の 震 央 は 熊 本 市 を 含 む 別 府 - 島 原 地 溝 帯 に 沿 って 分 布 しており これらの 規 模 は マグニチュード 6.0~6.9 の 範 囲 にあります また 熊 本 市 では 1889 年 に 内 陸 直 下 型 と 考 えら れている 熊 本 地 震 (マグニチュード 6.3)が 発 生 しています 表 1-1 熊 本 市 で 震 度 4 以 上 を 記 録 した 地 震 発 震 年 月 日 震 度 震 央 地 震 規 模 主 な 被 害 等 ( 明 治 22) 烈 熊 本 地 方 M6.3 震 度 烈 は 震 度 5 相 当 ( 明 治 24) 強 大 分 付 近 M6.3 震 度 強 は 震 度 4 相 当 ( 明 治 27) 強 熊 本 地 方 M6.3 阿 蘇 地 方 で 被 害 あり ( 家 屋 損 壊 山 崩 れ 等 ) ( 明 治 28) 強 熊 本 地 方 M6.3 阿 蘇 地 方 で 被 害 あり ( 家 屋 損 壊 等 ) ( 明 治 31) 強 肥 後 国 東 部 M6.7 熊 本 県 内 人 吉 市 で 被 害 あり ( 壁 に 亀 裂 がはいる 等 ) ( 明 治 32) 強 宮 崎 付 近 M ( 明 治 38) 4 安 芸 灘 M7 1 / ( 明 治 39) 4 日 向 灘 M ( 明 治 40) 4 熊 本 県 北 部 M5.4 植 木 町 山 鹿 町 等 で 小 被 害 あり ( 明 治 42) 4 宮 崎 熊 本 県 境 M7.6 熊 本 でも 被 害 あり ( 大 正 2) 4 日 向 灘 M ( 大 正 11) 4 千 々 石 湾 M6.9 天 草 地 方 宇 土 半 島 熊 本 八 代 付 近 等 で 被 害 あり ( 昭 和 12) 4 熊 本 県 中 央 M5.1 上 益 城 郡 秋 津 村 で 石 橋 1ヶ 所 倒 壊 ( 昭 和 14) 4 日 向 灘 M6.5 熊 本 地 方 でも 小 被 害 あり ( 昭 和 16) 4 日 向 灘 M7.2 人 吉 地 方 で 被 害 あり ( 家 屋 倒 壊 死 者 2 名 ) ( 昭 和 21) 4 紀 伊 半 島 沖 ( 南 海 地 震 ) M ( 昭 和 23) 4 日 向 灘 M ( 昭 和 43) 4 足 摺 岬 沖 ( 日 向 灘 地 震 ) M ( 昭 和 45) 4 日 向 灘 M ( 昭 和 51) 4 熊 本 県 北 部 M4.5 熊 本 付 近 では 金 峰 山 系 の 火 山 性 地 震 緑 川 の 構 造 性 地 震 等 の 局 発 地 震 の 誘 発 による 被 害 あり 熊 本 県 下 でも 被 害 あり ( 家 屋 倒 壊 壁 のひび 割 れ 等 ) ( 昭 和 52) 4 熊 本 県 北 東 部 M6.1 一 の 宮 町 を 中 心 に 被 害 あり ( 家 屋 倒 壊 山 崩 れ 等 ) ( 昭 和 52) 4 熊 本 県 北 部 M ( 昭 和 56) 4 熊 本 付 近 M ( 昭 和 59) 4 日 向 灘 M7.1 熊 本 でも 被 害 あり ( 昭 和 62) 4 日 向 灘 M ( 平 成 8 年 ) 4 日 向 灘 M ( 平 成 9 年 ) 4 鹿 児 島 県 薩 摩 地 方 M ( 平 成 12 年 ) 5 弱 熊 本 県 熊 本 地 方 M ( 平 成 12 年 ) 4 熊 本 県 熊 本 地 方 M ( 平 成 12 年 ) 4 熊 本 県 熊 本 地 方 M ( 平 成 17 年 ) 4 福 岡 県 北 西 沖 M ( 平 成 17 年 ) 4 熊 本 県 天 草 芦 北 地 方 M ( 平 成 26 年 ) 4 伊 予 灘 M ( 平 成 26 年 ) 4 日 向 灘 M ( 平 成 27 年 ) 4 大 分 県 南 部 M5.7 資 料 : 熊 本 市 震 災 対 策 基 礎 調 査 (H7~8 年 度 ) 気 象 庁 震 度 データベース( 平 成 27 年 11 月 時 点 ) 5

4 2. 想 定 される 地 震 規 模 と 被 害 の 予 測 熊 本 市 防 災 アセスメント 調 査 (H25) において 想 定 されている 地 震 の 規 模 被 害 予 測 につい て 以 下 に 整 理 します (1) 想 定 される 地 震 の 規 模 市 域 に 大 きな 影 響 を 与 える 地 震 として 立 田 山 断 層 と 布 田 川 日 奈 久 断 層 帯 を 震 源 とする 内 陸 直 下 型 の 地 震 と 南 海 トラフ 地 震 を 想 定 しています 表 1-2 想 定 地 震 の 設 定 項 目 立 田 山 断 層 布 田 川 日 奈 久 断 層 帯 ( 中 部 南 西 部 連 動 北 東 部 単 独 ) 南 海 トラフ 地 震 の 規 模 ~ 最 大 震 度 6 強 7 5 強 ( 一 部 6 弱 ) 資 料 : 熊 本 市 地 域 防 災 計 画 ( 地 震 津 波 災 害 対 策 編 H27) 図 1-2 活 断 層 の 分 布 図 1-3 南 海 トラフ 位 置 図 資 料 : 熊 本 市 地 域 防 災 計 画 ( 地 震 津 波 災 害 対 策 編 H27) 資 料 : 地 震 調 査 研 究 推 進 本 部 ホームページ 国 の 地 震 調 査 研 究 推 進 本 部 が 平 成 25 年 度 に 発 表 した 主 要 活 断 層 帯 の 長 期 評 価 で 立 田 山 断 層 は 対 象 になっていない が 本 市 市 街 地 の 直 下 にある 断 層 で 被 害 も 甚 大 である 事 から 立 田 山 断 層 の 被 害 想 定 を 行 っている 6

5 第1章 想定される地震規模と被害の予測 (2) 被害の予測 ① 震度予測 各地震の震度分布での最大値を合成し 市域で想定される最大の震度分布を以下に示します 南区の南方では 最大震度が6強から7の強い揺れを示しており その他中央区 東区 西区 では最大震度は6強となっています 北区と沿岸部では最大震度は5弱から5強と 他の地域よ りも低くなっています 図1-4 地震動の予測 震度 震度2 震度3 震度4 震度5弱 震度5強 震度6弱 震度6強 震度7 凡例 九州新幹線 高速道路 国道 資料 熊本市防災アセスメント調査(H25) 布田川 日奈久断層帯(中部 南西部連動 北東部単独) 南海トラフ 立田山断層の地震の最大震度の重ね合 わせを示す 7

6 図1-5 ② 液状化 液状化の予測 液状化 は 地下水位が高く 砂を多 く含むような軟弱な地盤において 地震に 伴う振動により液体のような泥水状態とな 凡例 九州新幹線 高速道路 る現象 です 国道 0.00 より大きい 5.00 未満(可能性あり) 各地震の液状化の可能性を示す指標(PL 5.00 以上 可能性が高い 値)の最大値を合成し 市域で想定される最 大の液状化可能性の分布を右図に示します 表層地質が 埋め立て等の人工改変地や 白川 緑川等の河川沿いにある比較的近年 の堆積物層の箇所で 液状化の可能性が高 くなっています 資料 熊本市防災アセスメント調査(H25) 布田川 日奈久断層帯(中部 南西部連動 北 東部単独) 南海トラフ 立田山断層の地震の 結果を重ね合わせ 最大の危険度を示す ③ 急傾斜地崩壊 図1-6 急傾斜地崩壊分布図 県が急傾斜地崩壊危険箇所として指定し ている急傾斜地危険箇所に対し 急傾斜地 の高さや勾配 地盤等の状況から 危険度 ランク別に分類し この危険度ランクと震 度の大きさ 及び斜面の整備率から 地震 による崩壊危険度を予測しました 各地震の急傾斜地崩壊危険箇所数を合成 し 市域で想定される最大の崩壊危険箇所 の分布を右図に示します 最大震度が高い南区の南方や 西区に 急傾斜地崩壊危険箇所が多く分布していま す 資料 熊本市防災アセスメント調査(H25) 布田川 日奈久断層帯(中部 南西部連動 北 東部単独) 南海トラフ 立田山断層の地震の 急傾斜崩壊危険箇所の重ね合わせを示す 凡例 落橋 急傾斜地 九州新幹線 高速道路 国道 8

7 第1章 想定される地震規模と被害の予測 ④ 津波 図1-7 津波浸水の予測 津波の想定を行う地震は 断層が海域に ある布田川 日奈久断層帯(中部 南西部連 動)と南海トラフです 布田川 日奈久断層帯(中部 南西部連動) と南海トラフを合成した 市域で想定され る浸水範囲及び浸水深の分布を右図に示 します 熊本市では 西区と南区の沿岸部におい て 市域の約 6 にあたる範囲で浸水する ことになります 水深 0.3m未満 0.3m以上 1.0m未満 1.0m以上 2.0m未満 資料 熊本市防災アセスメント調査(H25) 布田川 日奈久断層帯(中部 南西部連動)と 南海トラフの地震の結果を重ね合わせた範囲 と最大の浸水深を示す 2.0m以上 5.0m未満 凡例 九州新幹線 高速道路 国道 9

8 5 地 震 被 害 の 予 測 揺 れに 伴 う 被 害 予 測 では 死 者 数 が 最 も 多 いのは 布 田 川 日 奈 久 断 層 帯 ( 中 部 南 西 部 連 動 型 ) で 89 人 全 壊 家 屋 数 が 最 も 多 いのは 布 田 川 日 奈 久 断 層 帯 ( 中 部 単 独 型 )で 1,387 棟 となってい ます 表 1-3 熊 本 市 の 地 震 被 害 の 予 測 対 象 地 震 項 目 検 討 対 象 数 量 布 田 川 日 奈 久 断 層 帯 ( 中 部 南 西 部 連 動 型 ) 南 海 トラフ ( 最 大 値 ) 布 田 川 日 布 田 川 日 奈 奈 久 断 層 帯 久 断 層 帯 ( 中 部 単 独 型 ) ( 北 東 部 単 独 型 ) 立 田 山 断 層 死 者 数 89 人 0 人 87 人 19 人 56 人 揺 れ 重 傷 者 数 734,474 人 728 人 0 人 774 人 322 人 629 人 人 的 被 害 急 傾 斜 地 崩 壊 津 波 負 傷 者 数 7,750 人 500 人 7,692 人 6,998 人 9,434 人 死 者 数 2 人 0 人 2 人 1 人 2 人 重 傷 者 数 734,474 人 1 人 0 人 1 人 1 人 1 人 負 傷 者 数 2 人 0 人 2 人 1 人 2 人 死 者 数 23 人 22 人 人 人 人 重 傷 者 数 734,474 人 175 人 218 人 人 人 人 負 傷 者 数 424 人 526 人 人 人 人 死 者 数 7 人 6 人 8 人 0 人 1 人 地 震 火 災 重 傷 者 数 734,474 人 1 人 1 人 1 人 0 人 0 人 負 傷 者 数 1 人 1 人 1 人 1 人 1 人 建 物 被 害 揺 れ 液 状 化 急 傾 斜 地 崩 壊 津 波 全 壊 家 屋 数 1,332 棟 0 棟 1,387 棟 315 棟 539 棟 半 壊 家 屋 数 4,509 棟 273 棟 4,504 棟 3,123 棟 3,998 棟 全 壊 家 屋 数 583 棟 1,275 棟 653 棟 480 棟 500 棟 半 壊 家 屋 数 845 棟 1,913 棟 946 棟 700 棟 725 棟 全 壊 家 屋 数 13 棟 1 棟 12 棟 8 棟 12 棟 半 壊 家 屋 数 28 棟 1 棟 26 棟 18 棟 27 棟 全 壊 家 屋 数 1,077 棟 1,535 棟 棟 棟 棟 半 壊 家 屋 数 3,977 棟 4,531 棟 棟 棟 棟 全 出 火 数 3 棟 5 棟 5 棟 2 棟 3 棟 地 震 火 災 炎 上 出 火 数 2 棟 2 棟 3 棟 1 棟 2 棟 資 料 : 熊 本 市 地 域 防 災 計 画 ( 地 震 津 波 その 他 災 害 対 策 編 H27) 10

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477>

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477> 佐 賀 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 3 月 佐 賀 県 県 土 づくり 本 部 建 築 住 宅 課 目 次 はじめに 1 第 1 章 計 画 の 概 要 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 3 2. 計 画 策 定 の 位 置 づけ 3 3. 計 画 の 期 間 4 4. 計 画 の 基 本 構 成 4 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の

More information

男鹿市耐震改修促進計画

男鹿市耐震改修促進計画 男 鹿 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 第 2 期 計 画 ) 平 成 28 年 3 月 男 鹿 市 男 鹿 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 男 鹿 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 1 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 計 画 の 目 的 2 3 計 画 の 位 置 づけ 2 第 1 章 想 定 される 地 震 の 規 模 及 び 被 害 の 状 況 3 1 男 鹿 市

More information

(Microsoft Word - H27.3.27 \222\206\222\303\216s\221\317\220k\211\374\217C\221\243\220i\214v\211\346.doc)

(Microsoft Word - H27.3.27 \222\206\222\303\216s\221\317\220k\211\374\217C\221\243\220i\214v\211\346.doc) 中 津 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 大 分 県 中 津 市 ( 平 成 27 年 3 月 ) 目 次 第 1 章 総 則 1. 目 的 2. 位 置 付 け 3. 計 画 期 間 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1. 想 定 される 地 震 の 規 模 被 害 の 状 況 2. 耐 震 化 の 現 状 3. 耐 震 改 修 等 の 目 標

More information

目 次. 6 熊 本 地 震 の 概 要... 3. 地 形 地 質 概 要... 6 () 九 州 地 域 の 地 形 地 質 概 要... 6 () 熊 本 地 方 の 地 形 地 質 概 要... 7 3. 観 測 データ 概 要... () 観 測 点 一 覧... () 各 観 測 点 の

目 次. 6 熊 本 地 震 の 概 要... 3. 地 形 地 質 概 要... 6 () 九 州 地 域 の 地 形 地 質 概 要... 6 () 熊 本 地 方 の 地 形 地 質 概 要... 7 3. 観 測 データ 概 要... () 観 測 点 一 覧... () 各 観 測 点 の 6 年 熊 本 地 震 における 各 観 測 データについて 6.4.6 エス エー アイ 構 造 設 計 株 式 会 社. はじめに 6 年 4 月 に 熊 本 地 方 で 発 生 した 一 連 の 地 震 活 動 により 数 多 くの 方 々が 被 災 され 多 くの 尊 い 命 が 奪 われている また 建 物 の 倒 壊 崩 壊 により 避 難 生 活 を 強 いられる 方 々は 何 十 万

More information

1959 ( 昭 34) 9.23~ 26 台 風 第 15 号 ( 伊 勢 湾 台 風 ) 1960 低 気 圧 と 前 ( 昭 35) 線 10.6~ 7 梅 雨 前 線 ( 昭 和 36 年 梅 1961 雨 前 線 豪 雨 ) ( 昭 36) 6.24~ 29 南 部 台 風 第 15 号

1959 ( 昭 34) 9.23~ 26 台 風 第 15 号 ( 伊 勢 湾 台 風 ) 1960 低 気 圧 と 前 ( 昭 35) 線 10.6~ 7 梅 雨 前 線 ( 昭 和 36 年 梅 1961 雨 前 線 豪 雨 ) ( 昭 36) 6.24~ 29 南 部 台 風 第 15 号 三 重 県 における 戦 後 の 主 な 気 象 災 害 主 な 被 害 発 生 年 月 日 要 因 主 な 被 害 地 域 概 況 死 者 行 方 不 明 者 ( 名 ) 負 傷 者 ( 名 ) 住 宅 全 壊 流 出 ( 棟 ) 住 宅 半 壊 一 部 破 損 ( 棟 ) 床 上 浸 1987 年 水 ( 棟 ) までは 住 家 半 壊 の み 床 下 浸 水 ( 棟 ) 台 風 第 28 号

More information

第6節  災害想定

第6節  災害想定 第 5 節 災 害 の 想 定 第 1 項 既 往 災 害 の 事 例 1. 既 往 災 害 事 例 資 料 編 * 1 参 照 昭 和 30 年 代 後 半 からの 治 山 治 水 事 業 対 策 の 進 展 基 本 法 による 防 災 体 制 の 充 実 気 象 観 測 施 設 の 整 備 情 報 伝 達 手 段 の 発 達 や 普 及 等 により 昭 和 28 年 の 大 水 害 以 後 は

More information

<927C93638E7391CF906B89FC8F4391A390698C7689E62E786477>

<927C93638E7391CF906B89FC8F4391A390698C7689E62E786477> 竹 田 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 9 月 目 次 第 1 章 総 則...1 1. 計 画 策 定 の 背 景... 1 2. 目 的... 1 3. 位 置 付 け... 1 4. 計 画 期 間... 1 5. 対 象 区 域 対 象 建 築 物... 1 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標...3 1. 大 分 県

More information

福井県耐震改修促進計画

福井県耐震改修促進計画 福 井 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 18 年 12 月 策 定 平 成 24 年 3 月 改 定 平 成 28 年 3 月 改 定 福 井 県 福 井 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 はじめに (1) 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 (2) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律

More information

重 要 水 防 箇 所 区 間 及 び 急 傾 斜 山 腹 崩 壊 危 険 箇 所 河 川 番 号 河 川 名 地 先 名 予 想 される 災 害 1 上 生 川 合 志 市 野 々 島 ~ 合 志 市 上 生 (Bランク 県 知 事 管 理 区 間 ) 溢 水 ( 堤 防 高 不 足 ) 2 野

重 要 水 防 箇 所 区 間 及 び 急 傾 斜 山 腹 崩 壊 危 険 箇 所 河 川 番 号 河 川 名 地 先 名 予 想 される 災 害 1 上 生 川 合 志 市 野 々 島 ~ 合 志 市 上 生 (Bランク 県 知 事 管 理 区 間 ) 溢 水 ( 堤 防 高 不 足 ) 2 野 資 料 編 110 重 要 水 防 箇 所 区 間 及 び 急 傾 斜 山 腹 崩 壊 危 険 箇 所 河 川 番 号 河 川 名 地 先 名 予 想 される 災 害 1 上 生 川 合 志 市 野 々 島 ~ 合 志 市 上 生 (Bランク 県 知 事 管 理 区 間 ) 溢 水 ( 堤 防 高 不 足 ) 2 野 々 島 川 合 志 市 野 々 島 辻 ~ (C ランク 県 知 事 管 理 区

More information

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc 第 5 編 建 築 物 被 害 の 想 定 5-1 5.1 被 害 基 準 5-1 5.2 現 況 データ 5-5 5.3 揺 れによる 被 害 5-13 5.3.1 予 測 方 針 5-13 5.3.2 予 測 手 法 5-14 5.3.3 予 測 結 果 5-16 5.4 液 状 化 による 被 害 5-20 5.4.1 予 測 方 針 5-20 5.4.2 予 測 手 法 5-21 5.4.3

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C46967B926E906B8DD08A5192B28DB895F18D908F915F566F6C312E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C46967B926E906B8DD08A5192B28DB895F18D908F915F566F6C312E646F6378> 平 成 28 年 熊 本 地 震 災 害 調 査 報 告 書 ( 第 1 報 ) 名 古 屋 工 業 大 学 豊 橋 技 術 科 学 大 学 合 同 調 査 グループ 平 成 28 年 6 月 1 調 査 概 要 1.1 調 査 目 的 平 成 28 年 4 月 14 日 および 16 日 に 発 生 した 熊 本 県 を 中 心 とする 地 震 被 害 について, 特 に, 土 構 造 物 及 び

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 速 報 (Ver.2) 平 成 28 年 4 月 25 日 基 礎 地 盤 コンサルタンツ 株 式 会 社 はじめに 平 成 28 年 4 月 14 日 21 時 26 分 頃 熊 本 地 方 を 震 源 とするM6.5の 地 震 が 発 生 しました この 地 震 で 熊 本 市 に 隣 接 する 益 城 町 で 震 度 7を 観 測 し 多

More information

九 重 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 20 年 3 月 九 重 町 目 次 第 1 章 総 則 - 1-1 目 的 - 1-2 位 置 付 け - 3-3 計 画 期 間 - 3 - 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 - 4-1 地 震 被 害 の 想 定 - 4 - (1) 九 重 町 に 被 害 をもたらした 過 去 の 地 震

More information

Taro-資料編2

Taro-資料編2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 平 成 25 年 10 月 29 日 告 示 1055 号 平 成 七 年 一 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 により 六 千 四 百 三 十 四 人 の 尊 い 命 が 奪 われ た このうち 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 は 五 千 五 百 二 人 であり

More information

地 震 はいつ 発 生 するの? 栃 木 県 の 過 去 の 地 震 被 害 を 見 ると 内 陸 部 の 活 断 層 を 震 源 とする 直 下 型 地 震 による 被 害 が 大 きく なっています しかし 平 成 20 年 6 月 の 岩 手 宮 城 内 陸 地 震 は これまで 活 断 層

地 震 はいつ 発 生 するの? 栃 木 県 の 過 去 の 地 震 被 害 を 見 ると 内 陸 部 の 活 断 層 を 震 源 とする 直 下 型 地 震 による 被 害 が 大 きく なっています しかし 平 成 20 年 6 月 の 岩 手 宮 城 内 陸 地 震 は これまで 活 断 層 下 野 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 概 要 版 耐 震 改 修 促 進 計 画 ってなに?? 計 画 の 背 景 と 目 的 平 成 7 年 1 月 に 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 では 6,400 人 余 の 命 が 失 われました このうち 約 5,000 人 が 倒 壊 した 建 物 に 巻 き 込 まれて 亡 くなっています 倒 壊 した 建 築 物 の 多

More information

Microsoft PowerPoint - (資料2)2UP印刷.pptx

Microsoft PowerPoint - (資料2)2UP印刷.pptx 熊 本 地 震 による 農 地 農 業 用 施 設 の 被 災 状 況 と 対 応 について 目 次 熊 本 地 震 の 概 要 2 熊 本 地 震 による 農 林 水 産 関 係 被 害 の 概 要 5 農 地 農 業 用 施 設 の 被 害 の 状 況 6 被 災 後 の 対 応 ( 職 員 等 の 派 遣 ) 13 被 災 後 の 対 応 ( 災 害 復 旧 事 業 の 実 施 ) 15 1

More information

<95F18D908F9182525F313030373232>

<95F18D908F9182525F313030373232> 平 成 21 年 度 臼 杵 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 7 月 臼 杵 市 報 告 書 目 次 第 1 章 計 画 策 定 の 目 的 1-1 耐 震 化 の 必 要 性 1 1-2 計 画 の 目 的 1 1-3 計 画 の 位 置 づけ 1 1-4 計 画 の 期 間 2 1-5 計 画 の 対 象 2 第 2 章 臼 杵 市 における 地 震 の 危 険 性 2-1

More information

浦河沖を震源とする地震(第2報)

浦河沖を震源とする地震(第2報) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 ( 第 58 報 ) 1 地 震 の 概 要 1 公 表 資 料 平 成 28 年 6 月 3 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 点 平 成 28 年 熊 本 地 震 は4 月 14 日 21 時 26 分 以 降 に 発 生 した 熊 本 県 を 中 心 とする 一 連

More information

平成28年(2016年)熊本地震の評価

平成28年(2016年)熊本地震の評価 平 成 28 年 5 月 13 日 地 震 調 査 研 究 推 進 本 部 地 震 調 査 委 員 会 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 * の 評 価 [ 地 震 活 動 の 概 要 ] 4 月 14 日 21 時 26 分 に 熊 本 県 熊 本 地 方 の 深 さ 約 10km でマグニチュード(M) 6.5 の 地 震 が 発 生 した また 4 月 16 日 01 時

More information

表 1-4 火 災 による 焼 失 棟 からの 災 害 廃 棄 物 発 生 量 原 単 位 (トン / 棟 ) 1 火 災 による 減 量 率 2 火 災 後 の 災 害 廃 棄 物 原 単 位 (トン/ 棟 ) 木 造 29.3 34% 19.3 非 木 造 213.3 16% 179.2 備 考

表 1-4 火 災 による 焼 失 棟 からの 災 害 廃 棄 物 発 生 量 原 単 位 (トン / 棟 ) 1 火 災 による 減 量 率 2 火 災 後 の 災 害 廃 棄 物 原 単 位 (トン/ 棟 ) 木 造 29.3 34% 19.3 非 木 造 213.3 16% 179.2 備 考 資 料 3-2 九 州 ブロック 各 県 の 地 震 津 波 による 被 害 想 定 試 算 1. 福 岡 県 (1) 推 計 手 法 1) 基 礎 データ 地 震 に 関 する 防 災 アセスメント 調 査 報 告 書 ( 平 成 24 年 3 月 ) 及 び 津 波 に 関 する 防 災 アセスメント 報 告 書 ( 平 成 24 年 3 月 )で 想 定 されている 建 物 被 害 棟 数 火

More information

平 成 28 年 熊 本 地 震 における 消 防 機 関 の 活 動 ( 熊 本 県 内 )について 被 害 の 状 況 ( 消 防 庁 被 害 報 第 54 報 ( 平 成 28 年 5 月 20 日 9 時 00 分 現 在 )) 平 成 28 年 4 月 14 日 ( 前 震 ) 及 び16

平 成 28 年 熊 本 地 震 における 消 防 機 関 の 活 動 ( 熊 本 県 内 )について 被 害 の 状 況 ( 消 防 庁 被 害 報 第 54 報 ( 平 成 28 年 5 月 20 日 9 時 00 分 現 在 )) 平 成 28 年 4 月 14 日 ( 前 震 ) 及 び16 資 料 4 平 成 28 年 4 月 熊 本 地 震 の 被 害 状 況 及 び 消 防 機 関 の 活 動 について 消 防 庁 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 消 防 機 関 の 活 動 ( 熊 本 県 内 )について 被 害 の 状 況 ( 消 防 庁 被 害 報 第 54 報 ( 平 成 28 年 5 月 20 日 9 時 00 分 現 在 )) 平 成 28 年 4 月 14

More information

目 次 第 1 章 総 則 1. 計 画 策 定 及 び 改 定 の 背 景 2 (1) 兵 庫 県 南 部 地 震 ( 阪 神 淡 路 大 震 災 )の 被 害 状 況 2 (2) 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 ( 東 日 本 大 震 災 )の 被 害 状 況 3 (3) 中 央 防 災

目 次 第 1 章 総 則 1. 計 画 策 定 及 び 改 定 の 背 景 2 (1) 兵 庫 県 南 部 地 震 ( 阪 神 淡 路 大 震 災 )の 被 害 状 況 2 (2) 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 ( 東 日 本 大 震 災 )の 被 害 状 況 3 (3) 中 央 防 災 大 分 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 平 成 27 年 度 改 正 版 ) [ 平 成 26 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ] 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 26 年 4 月 改 正 ) ( 平 成 28 年 3 月 改 正 ) 大 分 市 目 次 第 1 章 総 則 1. 計 画 策 定 及 び 改 定 の 背 景 2 (1) 兵 庫 県 南 部 地 震 ( 阪 神 淡 路

More information

八街市耐震改修促進計画

八街市耐震改修促進計画 八 街 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 3 月 八 街 市 目 次 はじめに -------------------------------------------------- 1 第 1. 計 画 策 定 の 主 旨 -------------------------------------- 3 第 2. 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する

More information

Microsoft Word - 「平成28年(2016年)熊本地震」_20号.docx

Microsoft Word - 「平成28年(2016年)熊本地震」_20号.docx 地 震 解 説 資 料 第 2 0 号 平 成 28 年 10 日 11 時 00 分 福 岡 管 区 気 象 台 大 分 地 方 気 象 台 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 について 大 分 県 中 部 では 強 い 揺 れを 伴 う 余 震 が 発 生 する 可 能 性 は 低 下 地 震 調 査 委 員 会 の 評 価 結 果 を 踏 まえた 留 意 事 項 現 在 も

More information

浅口市耐震改修促進計画

浅口市耐震改修促進計画 浅 口 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 28 年 4 月 浅 口 市 目 次 第 1 計 画 の 概 要 1 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 背 景 等 1 3 計 画 の 位 置 付 け 2 4 計 画 の 期 間 2 5 耐 震 化 を 図 る 建 築 物 3 第 2 想 定 される 地 震 の 規 模 想 定 される 被 害 の 状 況 5 1 想 定 される 地 震

More information

日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2

日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2 土 砂 災 害 とその 対 策 平 成 17 年 8 月 26 日 国 土 交 通 省 河 川 局 砂 防 部 砂 防 計 画 課 課 長 補 佐 草 野 慎 一 1 日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2 日 本 は 土 砂 災 害 との 共 存 を 運 命 づけられた 唯 一 の 先 進 国 ヨーロッパの 先 進 諸 国 の 多 くは 安 定 した 地 質 の 上 にあり 火 山 噴 火 や 地

More information

REP02_01.exe

REP02_01.exe 第 1 編 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 及 び 構 成 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 姶 良 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 市 防 災 関 係 機 関 住 民 等 がその 全 機 能 を 発 揮 し 相 互 に 有 機 的 な

More information

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477>

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477> 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 銚 子 市 被 害 記 録 集 銚 子 市 平 成 24 年 3 月 刊 行 にあたって このたびの 東 日 本 大 震 災 により 被 災 された 皆 様 にこころからお 見 舞 い 申 し 上 げます また 復 旧 復 興 に 尽 力 されている 方 々に 敬 意 を 表 します 東 日 本 大 震 災 は 我 が 国 において 戦 後

More information

H19年度

H19年度 首 都 直 下 地 震 等 による 東 京 の 被 害 想 定 概 要 版 東 京 都 0 目 次 Ⅰ.はじめに 1 1. 背 景 と 目 的 1 Ⅱ. 想 定 される 被 害 4 Ⅱ-1. 被 害 想 定 の 前 提 条 件 4 1. 想 定 するシーン 4 2. 想 定 対 象 項 目 5 Ⅱ-2. 被 害 の 全 体 像 6 1. 首 都 直 下 地 震 6 2. 海 溝 型 地 震 8 3.

More information

東北地方太平洋沖地震  国土交通省国土技術政策総合研究所 及び 建築研究所

東北地方太平洋沖地震  国土交通省国土技術政策総合研究所 及び 建築研究所 平 成 23 年 3 月 24 日 国 土 交 通 省 国 土 技 術 政 策 総 合 研 究 所 独 立 行 政 法 人 建 築 研 究 所 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 による 建 築 物 被 害 第 一 次 調 査 栗 原 市 仙 台 市 における 木 造 を 中 心 とした 建 築 物 被 害 ( 速 報 ) 1. 調 査 目 的 震 度 7を 記 録 した 栗

More information

ÿþ

ÿþ 地 震 対 策 情 報 その1 知 って 備 えて 生 きのびるため! 自 分 たちのまちを 知 ろうー 岩 倉 市 は 平 成 15 年 12 月 17 日 に 東 南 海 南 海 地 震 の 地 震 防 災 対 策 推 進 地 域 に 指 定 されたことを 受 け 地 震 災 害 に 対 する 危 機 意 識 を 持 っていただくことと 正 しい 知 識 を 持 って 行 動 できるよう シリーズでチラシを

More information

<819A91E592C392AC91CF906B89FC8F4391A390698C7689E65F8C7689E68F91>

<819A91E592C392AC91CF906B89FC8F4391A390698C7689E65F8C7689E68F91> 大 津 町 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 3 月 大 津 町 目 次 第 1 章 計 画 策 定 の 趣 旨 1 1 計 画 の 背 景 と 目 的 1 2 計 画 の 位 置 付 け 3 3 計 画 の 期 間 4 4 対 象 区 域 4 5 対 象 建 築 物 4 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 化 の 現 状 と 目 標 7 1 想 定 される 地 震 と

More information

富 良 野 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ~ 既 存 建 築 物 の 耐 震 化 に 向 けて~ 平 成 21 年 3 月 富 良 野 市 目 次 第 1 章 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 1. 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 1 2. 計 画 の 位 置 づけ 1 3. 計 画 期 間 1 第 2 章 富 良 野 市 の 概 況 1. 位 置 2 2. 地 勢 2 3.

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

秋田県耐震改修促進計画(素案)

秋田県耐震改修促進計画(素案) 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 21 年 3 月 湯 沢 市 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 1 第 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 の 規 模 及 び 被 害 の 状 況 2 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 2 2 被 害 想 定 結 果 4 第 2 住 宅 公 共 建 築 物 の 耐 震

More information

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾 少 子 高 齢 化 社 会 に 向 けての 地 震 防 災 分 野 の 課 題 1. 地 震 防 災 で 少 子 化 が 問 題 になってくると 考 えられる 段 階 2. 都 市 密 集 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 3. 中 山 間 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 4. 海 岸 における 津 波 による 被 災 および 対 応 に 関 して 東 京 電

More information

2016 年 熊 本 地 震 の 震 度 分 布 前 震 2016/04/14 21:26:34.4 11km M6.5 本 震 2016/04/16 01:25:05.4 12km M7.3 気 象 庁 Webより 2

2016 年 熊 本 地 震 の 震 度 分 布 前 震 2016/04/14 21:26:34.4 11km M6.5 本 震 2016/04/16 01:25:05.4 12km M7.3 気 象 庁 Webより 2 地 震 観 測 データから 見 た 熊 本 地 震 青 井 真 防 災 科 学 技 術 研 究 所 地 震 津 波 火 山 ネットワークセンター 地 震 の 背 景 地 震 発 生 の 長 期 評 価 について 震 源 分 布 メカニズム 余 震 の 多 発 前 震 本 震 の 強 震 動 地 震 波 形 過 去 の 被 害 地 震 との 比 較 断 層 破 壊 過 程 ( 有 限 断 層 ) 地

More information

目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 す

目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 す 深 谷 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 28 年 3 月 深 谷 市 目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目

More information

2 改 正 の 概 要 しています ⑴ 耐 震 化 の 促 進 のための 規 制 強 化 ⅰ 耐 震 診 断 の 義 務 化 耐 震 診 断 結 果 の 公 表 今 回 の 改 正 により 次 のイからハまでの 建 築 物 のうち 昭 和 56 年 以 前 のいわゆる 旧 耐 震 基 準 により 建

2 改 正 の 概 要 しています ⑴ 耐 震 化 の 促 進 のための 規 制 強 化 ⅰ 耐 震 診 断 の 義 務 化 耐 震 診 断 結 果 の 公 表 今 回 の 改 正 により 次 のイからハまでの 建 築 物 のうち 昭 和 56 年 以 前 のいわゆる 旧 耐 震 基 準 により 建 耐 震 改 修 促 進 法 の 改 正 について 国 土 交 通 省 住 宅 局 建 築 指 導 課 課 長 補 佐 広 瀬 行 久 目 次 1 今 回 の 改 正 に 至 る 背 景 2 改 正 の 概 要 ⑴ 耐 震 化 の 促 進 のための 規 制 強 化 ⅰ 耐 震 診 断 の 義 務 化 耐 震 診 断 結 果 の 公 表 ⅱ 全 ての 建 築 物 の 耐 震 化 の 促 進 ⑵ 耐 震

More information

1.2 東 日 本 大 震 災 の 教 訓 東 日 本 大 震 災 では 広 域 にわたって 震 度 6 弱 以 上 の 揺 れが 観 測 され 津 波 被 害 の みならず 揺 れによる 被 害 も 多 くみられました 内 閣 府 の 調 べでは 建 築 物 の 被 害 だけでも 約 10 兆 4

1.2 東 日 本 大 震 災 の 教 訓 東 日 本 大 震 災 では 広 域 にわたって 震 度 6 弱 以 上 の 揺 れが 観 測 され 津 波 被 害 の みならず 揺 れによる 被 害 も 多 くみられました 内 閣 府 の 調 べでは 建 築 物 の 被 害 だけでも 約 10 兆 4 1.はじめに 1.1 頻 発 する 被 害 地 震 日 本 は 世 界 有 数 の 地 震 大 国 であり 特 に 1995 年 阪 神 大 震 災 を 契 機 として 被 害 地 震 が 頻 発 しています 下 の 図 は 過 去 20 年 に 最 大 震 度 6 弱 以 上 の 地 震 の 発 生 した 場 所 を 示 していますが 日 本 国 内 どこでも 地 震 の 大 きな 揺 れの 被

More information

岡崎市建築物耐震改修促進計画

岡崎市建築物耐震改修促進計画 平 成 20 年 3 月 ( 平 成 26 年 3 月 一 部 改 訂 ) ( 平 成 28 年 3 月 一 部 改 訂 ) 岡 崎 市 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 計 画 策 定 の 背 景 改 訂 の 概 要... 1 2. 岡 崎 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 目 的 と 位 置 付 け... 3 3. 岡 崎 市 における 地 震 被 害 の 想 定...

More information

地 震 等 の 際 の 紛 失 盗 難 の 場 合 平 均 保 険 料 は 年 間 6 万 円 強 建 物 平 均 契 約 金 額 は 1000 万 円 強 家 財 は 約 450 万 円 吉 田 實 (2011) 図 解 よくわかる 地 震 保 険 日 刊 工 業 新 聞 社 pp.18-19 参

地 震 等 の 際 の 紛 失 盗 難 の 場 合 平 均 保 険 料 は 年 間 6 万 円 強 建 物 平 均 契 約 金 額 は 1000 万 円 強 家 財 は 約 450 万 円 吉 田 實 (2011) 図 解 よくわかる 地 震 保 険 日 刊 工 業 新 聞 社 pp.18-19 参 瀧 川 ゼミ 地 震 保 険 編 2014 年 5 月 5 日 ( 月 ) 文 責 : 阿 部 栗 田 西 村 法 律 地 震 保 険 に 関 する 法 律 第 一 条 この 法 律 は 保 険 会 社 等 が 負 う 地 震 保 険 責 任 を 政 府 が 再 保 険 することにより 地 震 保 険 の 普 及 を 図 り もつて 地 震 等 による 被 災 者 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF8742817C3181468EA991528FF08C8F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF8742817C3181468EA991528FF08C8F2E646F63> 1. 天 竜 区 の 自 然 条 件 資 料 3 気 象 気 温 天 竜 春 野 / 佐 久 間 / 龍 山 / 水 窪 降 雨 量 風 向 風 力 地 形 地 質 特 徴 年 平 均 気 温 は 15.2 であり 山 間 地 に 位 置 する 割 に 気 温 が 高 い 地 域 です 山 間 部 特 有 の 内 陸 性 気 候 に 属 し 気 温 の 日 較 差 や 年 較 差 が 大 きいです

More information

9 図表 9 ①日本海中部地震 ②新潟地震相当 ③想定北断層 ④想定南断層 全域 3,600m メッシュで計算した 4 地震の予想最高津波高さの平面分布図 (3) シミュレーションの結果 その2 詳細検討 津波高さがより高い想定北断層及び想定南断層を対象として さらに兵庫県沿岸に 近づくほどに細かなメッシュ 沖合 3,600m 陸域 200m で詳細な検討を行った結果 が 図表 10 である 図表

More information

那 覇 市 で 想 定 される 地 震 と 被 害 沖 縄 県 の 位 置 する 南 西 諸 島 周 辺 では 鹿 児 島 県 の 喜 界 島 付 近 や 台 湾 の 東 海 岸 付 近 で 比 較 的 活 発 な 地 震 活 動 が 認 められ 県 内 においても 過 去 に 多 くの 地 震 被

那 覇 市 で 想 定 される 地 震 と 被 害 沖 縄 県 の 位 置 する 南 西 諸 島 周 辺 では 鹿 児 島 県 の 喜 界 島 付 近 や 台 湾 の 東 海 岸 付 近 で 比 較 的 活 発 な 地 震 活 動 が 認 められ 県 内 においても 過 去 に 多 くの 地 震 被 那 覇 市 耐 震 診 断 耐 震 改 修 のすすめ あなたの 家 は 地 震 に 耐 えられますか? ホップ ステップ ジャンプで 地 震 に 強 い 建 築 物 を!! ナハタイシンジャー 那 覇 市 で 想 定 される 地 震 と 被 害 沖 縄 県 の 位 置 する 南 西 諸 島 周 辺 では 鹿 児 島 県 の 喜 界 島 付 近 や 台 湾 の 東 海 岸 付 近 で 比 較 的 活

More information

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 公 共 土 木 施 設 の 被 災 状 況 と 斜 面 被 害 愛 媛 県 技 術 士 会 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 1 被 災 調 査 員 : 愛 媛 県 技 術 士 会 会 長 須 賀 幸 一 ( 芙 蓉 コンサルタント) 副 会 長 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 副 会 長 米 虫 聡 ( アースコンサルタント)

More information

01.eps

01.eps 岐阜県内の主な活断層と海溝型地震 層 断 地 断 大原 山 寺 地域の危険度マップ 地震ハザードマップを作成するにあたり 震 地震 層帯 町では 地震による被害が大きいとされる 関ヶ原 養老断層系地震 と 切迫性の 高い 複合型東海地震 を想定地震として 町で予想される震度 建物の被害状況を 平成17年3月に内閣府が策定した 地震防災マップ作成技術資料 にもとづき計算 阿 高 跡 川 津 地域の危険度マップとは

More information

背 景 図 は 国 土 地 理 院 の 電 子 国 土 を 使 用 本 図 には 中 田 高 今 泉 俊 文 編,2002 活 断 層 詳 細 デジタルマップ, 東 京 大 学 出 版 会 の 活 断 層 シェープファイル を 使 用 し た( 製 品 シリアル 番 号 :DAFM2041) 現 地

背 景 図 は 国 土 地 理 院 の 電 子 国 土 を 使 用 本 図 には 中 田 高 今 泉 俊 文 編,2002 活 断 層 詳 細 デジタルマップ, 東 京 大 学 出 版 会 の 活 断 層 シェープファイル を 使 用 し た( 製 品 シリアル 番 号 :DAFM2041) 現 地 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 現 地 調 査 平 成 28 年 4 月 20 日 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 (4 月 14 日 21 時 26 分 発 生 )の 翌 15 日 から 18 日 に 地 表 地 震 断 層 の 有 無 について 緊 急 調 査 を 実 施 した 阿 蘇 郡 西 原 村 から 上 益 城 郡 益 城 町 嘉 島 町 御

More information

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震 平 成 16 年 (2004 年 ) 新 潟 県 中 越 地 震 ( 確 定 報 ) 平 成 21 年 10 月 21 日 ( 水 )10 時 00 分 消 防 庁 1 地 震 の 概 要 震 度 6 弱 以 上 のもの (1) 発 生 日 時 平 成 16 年 10 月 23 日 17 時 56 分 頃 1 震 央 地 名 新 潟 県 中 越 地 方 ( 北 緯 37 度 18 分 東 経 138

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 ( 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 ( 第 5 回 ) 議 事 次 第 日 時 : 平 成 28 年 4 月 16 日 ( 土 )11:30~ 場 所 : 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 安 倍 内 閣 総 理 大 臣 挨 拶 2. 丸 川 大 臣 から 原 子 力 発 電 所 の 状 況 報 告

More information

津市地域防災計画(案)

津市地域防災計画(案) 1 被 害 想 定 ( 危 機 管 理 部 ) 本 市 に 被 害 を 及 ぼす 地 震 は 南 海 トラフを 震 源 とし 広 域 的 な 被 害 を 特 徴 とするプレート 境 界 型 地 震 及 び 地 殻 上 部 の 活 断 層 を 震 源 とし 局 所 的 な 被 害 を 特 徴 とする 内 陸 直 下 型 地 震 である 現 在 国 の 中 央 防 災 会 議 及 び 三 重 県 等 が

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 ( これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (1) 発 生 日 時 平 成 28 年 4 月 16 日 01:25 (2) 震 源 及 び 規 模

More information

Microsoft Word - 03_県地域防災計画(印刷用)0611 時点

Microsoft Word - 03_県地域防災計画(印刷用)0611 時点 震 災 対 策 編 第 1 部 災 害 予 防 計 画 第 2 章 被 害 想 定 (2) 被 害 等 の 概 況 区 分 人 的 被 害 建 物 被 害 交 通 施 設 被 害 ライフ ライン 施 設 362 内 容 ( 死 傷 者 ) 鹿 野 吉 岡 断 層 による 地 震 の 場 合 の 冬 18 時 の 設 定 が 最 も 死 者 及 び 負 傷 者 が 多 くなる この 地 震 の 場 合

More information

草 加 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 改 訂 版 ) 目 次 第 1 章 はじめに 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 草 加 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 位 置 付 け 2 3 用 語 の 定 義 3 第 2 章 計 画 の 基 本 的 事 項 1

草 加 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 改 訂 版 ) 目 次 第 1 章 はじめに 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 草 加 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 位 置 付 け 2 3 用 語 の 定 義 3 第 2 章 計 画 の 基 本 的 事 項 1 草 加 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 改 訂 版 ) ( 平 成 21 年 度 ~ 平 成 27 年 度 ) 平 成 25 年 3 月 改 訂 草 加 市 草 加 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 改 訂 版 ) 目 次 第 1 章 はじめに 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 草 加 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 位 置 付 け 2

More information

長野県既存建築物耐震改修促進計画

長野県既存建築物耐震改修促進計画 長 野 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 第 Ⅱ 期 ) 平 成 28 年 3 月 策 定 長 野 県 目 次 はじめに 1 計 画 の 目 的 1 2 本 計 画 の 位 置 づけと 他 の 県 計 画 との 関 係 1~2 3 市 町 村 との 連 携 3 4 計 画 期 間 3 5 耐 震 化 の 必 要 性 4 6 本 計 画 の 対 象 とする 建 築 物 6 第 1 建 築 物 の

More information

報告書

報告書 2 群 馬 県内 の 地質 活 断層 過 去 の地 震の 概要 2.1 県内の地質 群 馬 県 の 地 質 図 を 図 2.1-1 に 群 馬 県 と そ の 周 辺 の 地 質 構 造 図 を 図 2.1-2 に 示 す 県内の地質は 県の南西部 東部 北部に中 古生界が分布し その間に第三系が 分布している また 県北西部 中央部 東部に活火山が分布し 利根川や渡良瀬川 及びその支流による谷や盆地に第四系が分布している

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63> 阿 武 隈 川 鳴 瀬 川 北 上 川 の 被 害 株 式 会 社 エイト 日 本 技 術 開 発 保 全 耐 震 防 災 事 業 部 東 京 支 社 保 全 耐 震 防 災 部 土 谷 基 大 岩 田 克 司 藤 本 哲 生 1.はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 (Mw=9.0)が 発 生 し 宮 城 県 栗 原 市 築 館 で 最 大 震 度

More information

このため 地 震 による 死 者 数 を 半 減 させること 等 を 目 的 に 建 築 物 の 耐 震 化 をより 一 層 促 進 するため 平 成 25 年 5 月 に 耐 震 改 修 促 進 法 が 改 正 ( 平 成 25 年 11 月 施 行 )されました 宇 部 市 耐 震 改 修 促

このため 地 震 による 死 者 数 を 半 減 させること 等 を 目 的 に 建 築 物 の 耐 震 化 をより 一 層 促 進 するため 平 成 25 年 5 月 に 耐 震 改 修 促 進 法 が 改 正 ( 平 成 25 年 11 月 施 行 )されました 宇 部 市 耐 震 改 修 促 ( 趣 旨 ) 改 正 後 宇 部 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 趣 旨 ) 現 行 第 1 章 計 画 の 基 本 的 事 項 第 1 節 計 画 の 背 景 と 目 的 1 計 画 の 背 景 平 成 7 年 1 月 17 日 に 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 を 契 機 に 現 行 の 建 築 基 準 法 の 構 造 基 準 ( 以 下 現 行 基 準 という )を 満

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303136303530322096688DD08A778F7098418C6791CC95F18D9089EF208E968CE3947A957A9770>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303136303530322096688DD08A778F7098418C6791CC95F18D9089EF208E968CE3947A957A9770> 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 地 盤 土 砂 災 害 の 知 見 と 今 後 の 防 災 展 望 公 益 社 団 法 人 地 盤 工 学 会 会 長 東 畑 郁 生 ( 関 東 学 院 大 学 客 員 教 授 ) 地 盤 工 学 会 調 査 団 副 団 長 安 福 規 之 ( 九 州 大 学 教 授 ) 山 口 弘 志 ( 中 央 開 発 株 式 会 社 ) 清 田 隆 ( 東 京 大

More information

地域防災計画 資料編2016.indd

地域防災計画 資料編2016.indd 薩 摩 川 内 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 目 次 第 1 部 総 則 第 2 部 災 害 予 防 計 画 - 01 - 第 3 部 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 部 特 殊 災 害 対 策 計 画 - 02 - 1.4.1 薩 摩 川 内 市 域 における 年 間 降 水 量 -- 1 -- 1.4.2 災 害 の 記 録 発 生 日 時 川 内 地 域 川 位 等 速 額

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し 平 常 時 からの

More information

地震の将来予測への取組 -地震調査研究の成果を防災に活かすために-

地震の将来予測への取組 -地震調査研究の成果を防災に活かすために- 地震調査研究推進本部は 地震調査研究を一元的に推進する政府の特別の機関です 地震調査研究推進本部は 平成7年1月に 発生した阪神 淡路大震災の教訓 地震調査 基本的な目標 分に伝達 活用される体制になっていなかっ たこと を踏まえ 同年7月 地震防災対策 役 割 特別措置法 に基づき設置された政府の特別 1 総合的かつ基本的な施策の立案 の機関です 行政施策に直結すべき地震調査研究の責任 体制を明らかにし

More information

熊本地震現地調査結果報告書

熊本地震現地調査結果報告書 熊 本 地 震 現 地 調 査 結 果 ( 速 報 ) 報 告 書 平 成 28 年 4 月 27 日 中 央 開 発 株 式 会 社 目 次 Ⅰ. 熊 本 地 震 の 概 要... 1 Ⅰ-1 地 震 の 概 要... 1 Ⅰ-2 熊 本 県 周 辺 の 地 質 構 造... 6 Ⅰ-3 別 府 - 島 原 地 溝... 7 Ⅰ-4 布 田 川 - 日 奈 久 断 層 帯... 8 Ⅱ. 液 状

More information

熊 本 県 地 域 防 災 計 画 ( 地 震 津 波 災 害 対 策 編 ) 平 成 26 年 度 修 正 熊 本 県 防 災 会 議 沿 革 平 成 9 年 6 月 3 日 作 成 平 成 14 年 5 月 16 日 修 正 平 成 19 年 5 月 23 日 修 正 平 成 10 年 5 月 19 日 修 正 平 成 15 年 5 月 19 日 修 正 平 成 20 年 5 月 27 日 修

More information

目 次 第 1 章 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 趣 旨 1 1. 計 画 策 定 の 目 的 2 2. 耐 震 化 を 取 り 巻 く 社 会 動 向 3 3. 計 画 の 位 置 づけ 5 第 2 章 遠 賀 町 における 耐 震 化 の 課 題 7 1. 想 定 される 地 震 規 模

目 次 第 1 章 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 趣 旨 1 1. 計 画 策 定 の 目 的 2 2. 耐 震 化 を 取 り 巻 く 社 会 動 向 3 3. 計 画 の 位 置 づけ 5 第 2 章 遠 賀 町 における 耐 震 化 の 課 題 7 1. 想 定 される 地 震 規 模 遠 賀 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 20 年 6 月 遠 賀 町 目 次 第 1 章 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 趣 旨 1 1. 計 画 策 定 の 目 的 2 2. 耐 震 化 を 取 り 巻 く 社 会 動 向 3 3. 計 画 の 位 置 づけ 5 第 2 章 遠 賀 町 における 耐 震 化 の 課 題 7 1. 想 定 される 地 震 規 模 と 被 害 の 想

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

Microsoft PowerPoint - 防災気象講習会_20130531_地震.pptx

Microsoft PowerPoint - 防災気象講習会_20130531_地震.pptx 防 災 気 象 講 習 会 1 平 成 25 年 2 月 25 日 の 栃 木 県 北 部 で 発 生 した 地 震 とその 後 の 状 況 について 2 緊 急 地 震 速 報 を 活 用 した 避 難 訓 練 について 平 成 25 年 5 月 31 日 宇 都 宮 地 方 気 象 台 防 災 業 務 課 藤 崎 発 生 時 刻 平 成 25 年 2 月 25 日 16 時 23 分 震 源 栃

More information

untitled

untitled 3-1 基 本 理 念 第 3 章 防 災 街 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 本 指 針 の 基 本 理 念 は 以 下 のとおりです ~みんなでつくろう 災 害 に 強 く 安 全 安 心 な 生 活 都 心 ~ 3-2 防 災 街 づくりの 方 針 基 本 理 念 に 基 づく 取 組 の 方 向 性 をより 具 体 的 に 示 すために 以 下 の3つの 視 点 から 防 災 街 づくりの

More information

徳 島 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 26 年 3 月 徳 島 市 目 次 はじめに 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 計 画 の 目 的 と 位 置 付 け 3 3 計 画 の 対 象 期 間 3 第 1 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1-1 概 要 4 1-2 想 定 される 地 震 の 規 模 被 害 等 の

More information

目 次 はじめに 1 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 2 計 画 の 位 置 付 け 1 3 計 画 の 目 的 等 2 第 1 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1 想 定 される 地 震 の 規 模 想 定 される 被

目 次 はじめに 1 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 2 計 画 の 位 置 付 け 1 3 計 画 の 目 的 等 2 第 1 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1 想 定 される 地 震 の 規 模 想 定 される 被 岡 山 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 1 月 岡 山 県 目 次 はじめに 1 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 2 計 画 の 位 置 付 け 1 3 計 画 の 目 的 等 2 第 1 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1 想 定 される 地 震 の 規 模 想 定 される 被 害 の 状 況 4

More information

5

5 4 5 14 3 6 7 8 9 17 3 30m AVS30 10 30 S GIS 11 12 佐伯市住宅 建築物耐震改修促進計画 案 佐伯市全域の調査ボーリングのデータ 佐伯市都市計画区域における調査ボーリングデータ 13 佐伯市住宅 建築物耐震改修促進計画 案 (3) 佐伯市ゆれやすさマップ 大分県地震被害想定調査による 12 ケースの震源断層の情報を用いて佐伯市ゆれやすさマ ップを検討した結果

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

明和町建築物耐震改修促進計画

明和町建築物耐震改修促進計画 明 和 町 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 < 平 成 28 年 3 月 改 定 > 平 成 28 年 3 月 明 和 町 H28.3.31 第 1 章 はじめに 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 計 画 の 位 置 づけ 2 第 2 章 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 の 目 的 等 3 (1) 計 画 の 目 的 3 (2) 対 象 区 域 計 画 期 間 対 象 建

More information

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係)

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係) 様 式 第 17 法 第 49 条 第 4 項 第 8 号 関 係 ( 特 別 地 域 内 工 作 物 の 新 ( 改 増 ) 築 の 許 可 等 ) 目 場 行 為 地 及 びその 付 近 の 状 況 自 然 公 園 法 第 20 条 第 3 項 の 許 可 等 に 関 する 事 項 的 工 作 物 の 種 類 施 行 方 法 敷 地 面 積 規 構 行 為 者 住 所 宮 城 県 牡 鹿 郡 女

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C46967B926E906B94ED8A5192B28DB895F18D908F91816993BD96BC94C5816A303531332E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C46967B926E906B94ED8A5192B28DB895F18D908F91816993BD96BC94C5816A303531332E646F6378> 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 被 害 調 査 ( 速 報 ) 早 稲 田 大 学 創 造 理 工 学 部 建 築 学 科 広 島 大 学 大 学 院 工 学 研 究 院 1.はじめに 4 月 14 日 夜 に 発 生 した 強 い 地 震 により 熊 本 県 を 中 心 に 多 くの 被 害 をもたらした 本 報 告 の 作 成 者 の 一 人 である 宮 津 は 4 月 21

More information

<90EC8DE88E73926E906B94ED8A51917A92E892B28DB88C8B89CA8B7982D18A658EED96688DD08C7689E688C482C982C282A282C42E786477>

<90EC8DE88E73926E906B94ED8A51917A92E892B28DB88C8B89CA8B7982D18A658EED96688DD08C7689E688C482C982C282A282C42E786477> 総 務 委 員 会 資 料 所 管 事 務 の 調 査 ( 報 告 ) 川 崎 市 地 震 被 害 想 定 調 査 結 果 及 び 各 種 防 災 計 画 案 について 資 料 1 川 崎 市 地 震 被 害 想 定 調 査 結 果 の 概 要 資 料 2 川 崎 市 地 震 防 災 戦 略 ( 改 定 素 案 )の 概 要 資 料 3 川 崎 市 地 震 防 災 戦 略 ( 改 定 素 案 ) 資

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825089F183828366838B8C9F93A289EF8B638E968A54977681798DC58F4994C58267826F9770817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825089F183828366838B8C9F93A289EF8B638E968A54977681798DC58F4994C58267826F9770817A2E646F63> 記 者 発 表 資 料 平 成 2 3 年 9 月 1 4 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 南 海 トラフの 巨 大 地 震 モデル 検 討 会 ( 第 1 回 ) 議 事 概 要 について 1. 第 1 回 検 討 会 の 概 要 日 時 : 平 成 23 年 8 月 28 日 ( 日 )14:00~16:30 場 所 : 中 央 合 同 庁 舎 5 号 館 防 災 A 会 議 室 出 席

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB926E92B28DB88C8B89CA82C68ACF91AA8BAD906B93AE82CC95AA90CD82C98AEE82C382AD89768FE992AC96F08FEA8EFC95D382CC94ED8A518F57928682CC8CB488F682C98AD682B782E98D6C8E4076322E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB926E92B28DB88C8B89CA82C68ACF91AA8BAD906B93AE82CC95AA90CD82C98AEE82C382AD89768FE992AC96F08FEA8EFC95D382CC94ED8A518F57928682CC8CB488F682C98AD682B782E98D6C8E4076322E646F6378> 現 地 調 査 結 果 と 観 測 強 震 動 の 分 析 に 基 づく 益 城 町 役 場 周 辺 の 被 害 集 中 の 原 因 に 関 する 考 察 京 都 大 学 防 災 研 究 所 川 瀬 博 松 島 信 一 宝 音 図 京 都 大 学 工 学 研 究 科 長 嶋 史 明 仲 野 健 一 1. 調 査 分 析 の 概 要 今 回 の 熊 本 地 震 における 被 害 の 発 生 要 因 を

More information

Taro-【確定版】改訂 耐震改修促

Taro-【確定版】改訂 耐震改修促 岐 阜 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 3 月 平 成 23 年 10 月 策 定 改 訂 目 次 はじめに 1 計 画 策 定 の 経 緯 1 2 岐 阜 県 震 災 対 策 検 証 委 員 会 の 提 言 と 計 画 改 定 の 方 針 1 第 1 想 定 される 地 震 の 規 模 想 定 される 被 害 状 況 1 想 定 される 地 震 の 規 模 3 2 人 的 被

More information

(Microsoft Word - \221\317\220k\214v\211\346hp.doc)

(Microsoft Word - \221\317\220k\214v\211\346hp.doc) 守 口 市 立 小 中 学 校 耐 震 化 推 進 計 画 平 成 20 年 3 月 守 口 市 教 育 委 員 会 目 次 第 1 章 耐 震 化 計 画 の 主 旨 1 第 1 節 計 画 策 定 の 背 景 1 文 部 科 学 省 の 対 応 2 国 土 交 通 省 の 対 応 第 2 節 小 中 学 校 耐 震 化 計 画 の 位 置 づけ 第 3 節 計 画 期 間 第 2 章 小 中 学

More information

目 次 第 1 部 総 則 1 第 1 章 計 画 の 目 的 2 第 1 節 計 画 の 目 的 3 第 2 節 計 画 の 性 格 と 内 容 3 第 3 節 計 画 の 理 念 3 第 4 節 計 画 の 位 置 づけ 4 第 5 節 計 画 の 修 正 4 第 6 節 計 画 の 周 知 4

目 次 第 1 部 総 則 1 第 1 章 計 画 の 目 的 2 第 1 節 計 画 の 目 的 3 第 2 節 計 画 の 性 格 と 内 容 3 第 3 節 計 画 の 理 念 3 第 4 節 計 画 の 位 置 づけ 4 第 5 節 計 画 の 修 正 4 第 6 節 計 画 の 周 知 4 ( ) 平 成 27 年 3 月 豊 後 高 田 市 防 災 会 議 目 次 第 1 部 総 則 1 第 1 章 計 画 の 目 的 2 第 1 節 計 画 の 目 的 3 第 2 節 計 画 の 性 格 と 内 容 3 第 3 節 計 画 の 理 念 3 第 4 節 計 画 の 位 置 づけ 4 第 5 節 計 画 の 修 正 4 第 6 節 計 画 の 周 知 4 第 2 章 豊 後 高 田 市

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 地 盤 工 学 会 平 成 28 年 熊 本 地 震 地 盤 災 害 調 査 団 液 状 化 班 報 告 ( 平 成 28 年 6 月 21 日 ) 平 成 28 年 熊 本 地 震 液 状 化 被 害 平 成 28 年 熊 本 地 震 による 熊 本 平 野 で 生 じた 液 状 化 とその 被 害 について(その2)( 速 報 ) 村 上 哲 ( 福 岡 大 学 ) 石 蔵 良 平 ( 九 州

More information

熊本県熊本地方を震源とする地震(平成28 年熊本地震)について

熊本県熊本地方を震源とする地震(平成28 年熊本地震)について 2016 年 4 月 15 日 146 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 ( 平 成 28 年 熊 本 地 震 )について 羽 生 昇 平 Shohei Habu デューデリジェンス 事 業 部 主 任 コンサルタント 飛 鳥 馬 隆 志 Takashi Asuma BCMコンサルティング 事 業 部 上 席 コンサルタント 末 岡 正 嗣 Masatsugu Sueoka BCMコンサルティング

More information

松阪市耐震改修促進計画

松阪市耐震改修促進計画 松 阪 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 28 年 4 月 松 阪 市 第 1 章 はじめに 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 計 画 の 位 置 づけ 2 第 2 章 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 の 目 的 等 3 (1) 計 画 の 目 的 3 (2) 対 象 区 域 計 画 期 間 対 象 建 築 物 3 2 想 定 される 地 震 と 被 害 の 状 況 8 (1)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090858AAA92AC91CF906B89FC8F4391A390698C7689E68140955C8E86814096DA8E9F>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090858AAA92AC91CF906B89FC8F4391A390698C7689E68140955C8E86814096DA8E9F> 第 1 版 朝 倉 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 朝 倉 市 平 成 26 年 6 月 - 1 - 目 次 第 1 章 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 趣 旨 1. 計 画 策 定 の 目 的 2 2. 耐 震 化 を 取 り 巻 く 社 会 動 向 3 3. 計 画 の 位 置 づけ 6 朝 倉 市 地 域 防 災 計 画 ( 震 災 対 策 編 抜 粋 ) 7 第 2 章 朝 倉 市

More information

産 業 経 済 を 支 える 交 通 インフラ 企 業 の 生 産 活 動 を 支 えるのは 路 港 湾 等 の 交 通 インフラ 円 滑 かつ 効 率 的 な 輸 送 サービスを 提 供 し 続 けることが 我 が 国 の 産 業 活 動 を 継 続 する 前 提 条 件 高 速 路 貨 物 鉄

産 業 経 済 を 支 える 交 通 インフラ 企 業 の 生 産 活 動 を 支 えるのは 路 港 湾 等 の 交 通 インフラ 円 滑 かつ 効 率 的 な 輸 送 サービスを 提 供 し 続 けることが 我 が 国 の 産 業 活 動 を 継 続 する 前 提 条 件 高 速 路 貨 物 鉄 資 料 3 地 域 の 産 業 経 済 の 再 生 とそれを 支 える 都 市 交 通 基 盤 平 成 23 年 6 月 2 日 国 土 交 通 大 臣 大 畠 章 宏 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 産 業 経 済 を 支 える 交 通 インフラ 企 業 の 生 産 活 動 を 支 えるのは 路 港 湾 等 の 交 通

More information

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 1. 促 進 正 概 要 1 近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 主 海 溝 型 評 価 結 果 主 要 活 層 評 価 結 果 文 部

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

調査手法編

調査手法編 2. 想 定 起 震 断 層 震 源 モデル 2.1 想 定 起 震 断 層 海 溝 から 遠 い 内 陸 の 群 馬 県 において 地 震 被 害 想 定 を 実 施 するにあたり 震 源 となる 起 震 断 層 の 候 補 は 後 述 (2.2)の 理 由 により 以 下 の2 点 を 条 件 とした a) 群 馬 県 内 に 十 分 な 長 さを 有 する 活 断 層 b) より 長 い( 県

More information

3. 広 域 交 通 ネットワークの 施 設 被 害 / 復 旧 の 状 況 をどう 見 るか?~ 既 往 震 災 との 比 較 を 含 めて~ a) 幹 線 道 路 ネットワークに 関 して 道 路 に 関 する 施 設 被 害 は かなり 広 いエリアで 発 生 しているが 大 きな 被 害 の

3. 広 域 交 通 ネットワークの 施 設 被 害 / 復 旧 の 状 況 をどう 見 るか?~ 既 往 震 災 との 比 較 を 含 めて~ a) 幹 線 道 路 ネットワークに 関 して 道 路 に 関 する 施 設 被 害 は かなり 広 いエリアで 発 生 しているが 大 きな 被 害 の 土 木 学 会 熊 本 地 震 広 域 交 通 ネットワーク 調 査 団 調 査 報 告 ( 速 報 ) 2016 年 4 月 27 日 家 田 仁 ( 政 策 研 究 大 学 院 大 学 団 長 ) 岩 倉 成 志 ( 芝 浦 工 業 大 学 ) 平 田 輝 満 ( 茨 城 大 学 ) 柳 沼 秀 樹 ( 東 京 理 科 大 学 ) 目 次 1. 調 査 活 動 の 概 要 2. 大 局 的 に

More information

熊本地震被害調査 ver. 3.0

熊本地震被害調査 ver. 3.0 2016 年 熊 本 地 震 地 盤 被 害 と 復 旧 状 況 ver. 4.0 一 次 : 4 月 16 日 ~17 日 二 次 : 4 月 22 日 ~24 日 三 次 : 4 月 29 日 ~5 月 1 日 東 京 大 学 生 産 技 術 研 究 所 清 田 隆 ( 一 次 二 次 三 次 ) 長 岡 技 術 科 学 大 学 池 田 隆 明 ( 一 次 二 次 ) 東 京 大 学 内 村 太

More information

Microsoft Word - 09安城中部.docx

Microsoft Word - 09安城中部.docx 安 城 市 校 区 別 地 震 防 災 カルテ 学 区 : 安 城 中 部 小 学 校 区 自 助 共 助 公 助 自 分 たちが 住 んでいる 地 区 の 状 況 や 被 害 想 定 防 災 施 設 を 把 握 し 地 震 に 強 いまちづくりを 進 めていきましょう 安 城 市 目 次 安 城 中 部 小 学 校 区 のむかしと 今 1 1. 校 区 の 位 置 図 2 2. 校 区 の 構 成

More information

通 信 訓 練 救 援 物 資 情 報 伝 達 訓 練 (11 月 から12 月 上 旬 のうち1 日 ) 新 規 県 災 害 対 策 本 部 市 町 村 防 災 関 係 機 関 が 連 携 し 通 信 用 資 器 材 やシステムを 用 いた 情 報 伝 達 訓 練 を 併 せて 救 援 物 資 の

通 信 訓 練 救 援 物 資 情 報 伝 達 訓 練 (11 月 から12 月 上 旬 のうち1 日 ) 新 規 県 災 害 対 策 本 部 市 町 村 防 災 関 係 機 関 が 連 携 し 通 信 用 資 器 材 やシステムを 用 いた 情 報 伝 達 訓 練 を 併 せて 救 援 物 資 の 平 成 26 年 7 月 29 日 記 者 発 表 平 成 26 年 度 防 災 訓 練 について 災 害 対 応 力 の 強 化 に 資 するため 防 災 訓 練 の 更 なる 充 実 を 図 るとともに 実 践 的 な 訓 練 を します 訓 練 計 画 方 針 訓 練 計 画 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 上 旬 中 旬 下 旬 上 旬 中 旬 下 旬 上 旬 中 旬 下

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089748FF389BB94AD90B694CD88CD8B7982D182BB82CC89658BBF48509770>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089748FF389BB94AD90B694CD88CD8B7982D182BB82CC89658BBF48509770> 調 査 地 概 要 図 液 状 化 発 生 範 囲 及 びその 影 響 Kaiapoi 土 木 学 会 調 査 団 地 盤 工 学 会 調 査 団 清 田 隆 東 京 大 学 生 産 技 術 研 究 所 Kaiapoi 南 部 撮 影 : 安 田 教 授 東 京 電 気 大 学 Kaiapoi 北 部 2010 年 の 地 震 後 2010 年 の 地 震 後 川 の 南 側 にある 公 園 2010

More information

599 年 5 月 26 日 (5 月 28 日 )( 推 古 7 年 4 月 27 日 ) 大 和 国 ( 奈 良 県 )で 地 震 M7 家 屋 倒 壊 日 本 書 紀 に 記 述 記 録 に 残 る 日 本 初 の 震 災 記 録 [17] 679 年 初 頭 ( 天 武 7 年 12 月 )

599 年 5 月 26 日 (5 月 28 日 )( 推 古 7 年 4 月 27 日 ) 大 和 国 ( 奈 良 県 )で 地 震 M7 家 屋 倒 壊 日 本 書 紀 に 記 述 記 録 に 残 る 日 本 初 の 震 災 記 録 [17] 679 年 初 頭 ( 天 武 7 年 12 月 ) 被 害 地 震 年 代 表 日 本 地 震 学 会 及 びWikiペディアより 抜 粋 西 暦 500 年 以 前 地 震 の 文 字 による 記 録 は416 年 から 始 まる 文 字 以 外 では 堆 積 物 によって 地 震 の 発 生 が 推 定 されることがある 縄 文 時 代 弥 生 時 代 古 墳 時 代 2012 年 までの 時 点 から 約 2 000 年 ~4000 年 前 の2000

More information

Microsoft Word - 平成28年熊本地震の調査報告_セミナー用

Microsoft Word - 平成28年熊本地震の調査報告_セミナー用 平 成 28 年 熊 本 地 震 調 査 報 告 ( 木 造 住 宅 ) ホームズ 君 すまいの 安 心 フォーラム 株 式 会 社 インテグラル 2016 年 6 月 23 日 益 城 町 木 山 宮 園 地 区 惣 領 地 区 判 断 基 準 全 壊 半 壊 外 観 上 被 害 無 未 調 査 調 査 概 要 本 調 査 は 平 成 28 年 熊 本 地 震 の 被 災 地 における 木 造 住

More information

ÿþ‘yö\¿−ûg

ÿþ‘yö\¿−ûg 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 における 福 島 県 南 部 地 域 の 木 造 建 築 物 の 被 害 調 査 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 被 害 調 査 福 島 県 南 中 部 域 在 来 木 軸 構 法 大 谷 石 土 蔵 1. はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 は 福 島 県 南 中 部 域 にも 甚 大

More information

(2) 第 804 号 防 災 平 成 28 年 6 月 1 日 平 成 28 年 度 災 害 復 旧 実 務 講 習 会 を 開 催 公 益 社 団 法 人 全 国 防 災 協 会 会 場 : 東 京 都 千 代 田 区 科 学 技 術 館 (サイエンスホール) 今 年 度 の 災 害 復 旧 実

(2) 第 804 号 防 災 平 成 28 年 6 月 1 日 平 成 28 年 度 災 害 復 旧 実 務 講 習 会 を 開 催 公 益 社 団 法 人 全 国 防 災 協 会 会 場 : 東 京 都 千 代 田 区 科 学 技 術 館 (サイエンスホール) 今 年 度 の 災 害 復 旧 実 平 成 28 年 6 月 1 日 防 災 第 804 号 1 毎月1回1日発行 発行 公益社団法人 全国防災協会 103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町 2-8 新小伝馬町ビル 6 F 電話 03 6661 9730 FAX 03 6661 9733 発行責任者 水落雅彦 印刷所 株 白 橋 平成28年熊本地震対応 阿蘇大橋地区復旧技術検討会 第 1 回 を開催しました 平成28年 5 月20日九州地方整備局

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303332318DA188E48F4390B3816A89FC92E85F956990EC8BE691CF906B8C7689E65F8A54977694C581798AAE90AC94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303332318DA188E48F4390B3816A89FC92E85F956990EC8BE691CF906B8C7689E65F8A54977694C581798AAE90AC94C5817A2E646F63> 品 川 区 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 25 年 3 月 改 定 地 震 により 想 定 される 被 害 の 半 減 を 目 指 し 住 宅 建 築 物 の 耐 震 診 断 および 耐 震 改 修 を 計 画 的 かつ 総 合 的 に 推 進 し 災 害 に 強 いまちづくりを 実 現 するため 平 成 19 年 12 月 に 品 川 区 耐 震 改 修 促 進 計

More information

目 次 はじめに (1) 京 都 府 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 位 置 づけ 3 (2) 耐 震 化 の 必 要 性 - 過 去 の 震 災 の 教 訓 3 (3) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 について 5 1 府 内 の 建 築 物 の

目 次 はじめに (1) 京 都 府 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 位 置 づけ 3 (2) 耐 震 化 の 必 要 性 - 過 去 の 震 災 の 教 訓 3 (3) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 について 5 1 府 内 の 建 築 物 の 京 都 府 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 案 ) 平 成 28 年 月 京 都 府 目 次 はじめに (1) 京 都 府 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 位 置 づけ 3 (2) 耐 震 化 の 必 要 性 - 過 去 の 震 災 の 教 訓 3 (3) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 について 5 1 府 内 の 建 築 物 の

More information