災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ"

Transcription

1 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23 年 3 月 31 日 現 在 の 法 令 通 達 等 に 基 づいて 作 成 しています 目 次 1 申 告 期 限 の 延 長 [Q1] 地 域 指 定 された 地 域 に 納 税 地 がある 法 人 が 災 害 により 確 定 申 告 書 を 申 告 期 限 までに 提 出 することができない 場 合 にはどうしたらよいでしょうか 5... [Q2] 地 域 指 定 された 地 域 以 外 の 地 域 に 納 税 地 がある 法 人 が 災 害 により 確 定 申 告 書 を 申 告 期 限 までに 提 出 することができない 場 合 にはどうしたらよいでしょうか 6 2 災 害 関 係 費 用 全 般 [Q3] 災 害 による 損 失 や 被 災 者 に 対 する 支 援 に 関 する 法 人 税 の 取 扱 いとして どのようなもの がありますか 7 3 資 産 の 評 価 損 [Q4] 災 害 により 保 有 する 資 産 に 著 しい 損 傷 が 生 じていますが 税 務 上 評 価 損 の 計 上 が 認 められるのでしょうか また 評 価 損 の 計 上 の 対 象 となるのは どのような 資 産 ですか 9 4 復 旧 のために 支 出 する 費 用 [Q5] 二 次 災 害 を 回 避 するなどの 目 的 で 被 災 した 建 物 について 耐 震 性 を 高 めるための 補 強 工 事 を 行 った 場 合 に その 工 事 に 要 した 費 用 は 税 務 上 損 金 の 額 に 算 入 されるのでしょう か 10 [Q6] 被 災 した 鉄 道 線 路 電 線 路 ガス 管 水 道 管 コンベアなどの 一 部 を 取 り 替 えた 場 合 に は 修 繕 費 として 処 理 してよろしいですか 10 [Q7] 損 壊 した 護 岸 を 復 旧 するために 要 した 費 用 は 修 繕 費 として 処 理 してよろしいですか 今 回 の 被 害 の 大 きさにかんがみ 損 壊 部 分 も 含 めて 拡 張 工 事 を 行 うことを 検 討 しています が 損 壊 した 護 岸 の 復 旧 と 拡 張 工 事 を 一 度 の 工 事 で 行 う 場 合 には どのように 取 り 扱 われ ますか [Q8] 被 災 資 産 以 外 の 資 産 について 耐 震 性 を 高 めるための 工 事 を 行 った 場 合 に その 工 事 に 要 した 費 用 は 修 繕 費 として 処 理 してよろしいですか 11 [Q9] 被 災 した 建 物 等 の 修 繕 に 代 えて 新 規 に 資 産 を 取 得 した 場 合 その 取 得 費 用 を 修 繕 費 とす ることは 認 められますか

2 [Q10] 被 災 した 工 場 を 取 り 壊 してその 敷 地 にパイルの 打 ち 込 みをし 補 強 した 場 合 の 費 用 は 修 繕 費 として 処 理 してよろしいですか 12 [Q11] 地 震 による 地 盤 沈 下 又 は 地 割 れにより 地 盛 りを 行 った 場 合 その 費 用 は 損 金 の 額 に 算 入 できますか 12 [Q12] 法 人 が 災 害 により 被 害 を 受 けた 製 造 設 備 に 係 る 修 繕 費 用 や 被 災 したことによる 操 業 休 止 中 に 支 払 った 人 件 費 については 原 価 外 処 理 ( 費 用 処 理 )が 認 められるのでしょうか 12 5 従 業 員 等 に 支 給 する 災 害 見 舞 金 品 [Q13] 災 害 見 舞 金 品 が 福 利 厚 生 費 として 取 り 扱 われるための 一 定 の 基 準 とは どのような ものですか 13 [Q14] 既 に 退 職 した 従 業 員 又 は 採 用 内 定 者 に 対 して 従 業 員 と 同 一 の 基 準 で 支 給 した 災 害 見 舞 金 品 は どのように 取 り 扱 われますか 13 6 災 害 見 舞 金 に 充 てるために 同 業 団 体 等 へ 拠 出 する 分 担 金 等 [Q15] 構 成 員 相 互 の 扶 助 等 に 係 る 規 約 等 には どのようなことを 定 める 必 要 がありますか 14 [Q16] あらかじめ 定 められている 規 約 等 に 基 づく 分 担 金 でなければ 損 金 の 額 に 算 入 されない のでしょうか 14 7 取 引 先 に 対 する 災 害 見 舞 金 等 [Q17] 災 害 見 舞 金 とはどの 程 度 の 金 額 をいうのでしょうか 取 引 先 で 発 生 した 災 害 損 失 額 の 範 囲 内 であれば 金 額 の 多 寡 を 問 わないのでしょうか 15 [Q18] 法 人 が 被 災 した 取 引 先 の 役 員 や 使 用 人 に 対 して 個 別 に 支 出 する 災 害 見 舞 金 は どのよ うに 取 り 扱 われますか 15 8 取 引 先 に 対 する 売 掛 金 等 の 免 除 等 [Q19] 当 社 では 商 社 を 通 じた 取 引 により 商 品 を 納 入 している 得 意 先 が 災 害 により 被 害 を 受 け ました この 得 意 先 とは 当 社 が 自 ら 価 格 交 渉 を 行 うなど 実 質 的 な 取 引 関 係 にあることか ら その 復 旧 支 援 を 目 的 として この 得 意 先 に 係 る 売 掛 金 の 一 部 について 商 社 を 通 じて 免 除 することを 検 討 しています ところで 法 人 が 災 害 により 被 害 を 受 けた 取 引 先 の 復 旧 過 程 において 復 旧 支 援 を 目 的 として 売 掛 金 等 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 した 場 合 には その 売 掛 金 等 を 免 除 したことによ る 損 失 は 損 金 の 額 に 算 入 されるとのことですが この 場 合 の 取 引 先 には 当 社 の 得 意 先 のように 直 接 取 引 を 行 っていない 者 も 含 まれるのでしょうか 16 [Q20] 被 災 した 法 人 と 取 引 をしているのは 当 社 も 含 めて 10 社 程 度 ですが 当 社 だけが 売 掛 債 権 を 免 除 しても 寄 附 金 又 は 交 際 費 等 以 外 の 費 用 として 取 り 扱 われるのでしょうか 16 [Q21] 売 掛 債 権 の 免 除 は いつまでに 行 ったものが 損 金 として 認 められるのでしょうか 17 9 取 引 先 に 対 する 低 利 又 は 無 利 息 による 融 資 [Q22] 法 人 が 災 害 により 被 害 を 受 けた 取 引 先 に 対 して 低 利 又 は 無 利 息 による 融 資 を 行 う 場 合 に 通 常 収 受 すべき 利 息 と 実 際 に 収 受 している 利 息 との 差 額 が 寄 附 金 に 該 当 しないものと されるためには その 融 資 期 間 や 融 資 額 に 何 か 制 限 はありますか 17 [Q23] 既 に 行 っている 貸 付 けに 係 る 貸 付 金 の 利 子 を 減 免 した 場 合 は どのように 取 り 扱 われる のでしょうか

3 10 自 社 製 品 等 の 被 災 者 に 対 する 提 供 [Q24] 当 社 では 得 意 先 の 従 業 員 等 が 避 難 している 特 定 の 避 難 所 に 対 して 救 援 物 資 として 自 社 製 品 を 提 供 しました 法 人 が 被 災 した 地 域 の 住 民 に 対 して 自 社 製 品 を 提 供 した 場 合 その 提 供 に 要 する 費 用 の 額 は 損 金 の 額 に 算 入 されるとのことですが 当 社 のように 特 定 の 避 難 所 に 対 して 行 う 自 社 製 品 の 提 供 も 同 様 に 取 り 扱 われますか 18 [Q25] 自 社 製 品 等 とはどのようなものをいうのですか 他 の 者 から 購 入 したものも 含 まれる のでしょうか 18 [Q26] メーカーである 当 社 が 当 社 の 製 品 等 を 取 り 扱 っている 小 売 業 者 に 対 し 災 害 により 滅 失 又 は 損 壊 した 商 品 ( 当 社 製 品 )と 同 種 の 商 品 を 交 換 又 は 無 償 で 補 てんした 場 合 にも そ の 交 換 又 は 補 てんに 要 した 費 用 は 交 際 費 等 に 該 当 しないものとして 取 り 扱 われますか 19 [Q27] 当 社 の 社 員 を 災 害 復 旧 活 動 にボランティアとして 派 遣 した 場 合 に ボランティア 活 動 中 の 給 与 相 当 額 は 寄 附 金 として 取 り 扱 われますか 法 人 税 に 関 するその 他 の 取 扱 い [Q28] 法 人 が 被 災 に 伴 って 義 援 金 や 見 舞 金 を 受 け 取 った 場 合 には 税 務 上 益 金 の 額 に 算 入 されるのでしょうか 消 費 税 の 取 扱 い [Q29] 被 災 により 消 費 税 の 課 税 仕 入 れに 係 る 帳 簿 書 類 を 消 失 したのですが 消 費 税 の 仕 入 税 額 控 除 は 認 められますか 21 [Q30] 従 業 員 や 取 引 先 に 対 して 金 銭 により 支 出 する 災 害 見 舞 金 は 消 費 税 法 上 どのように 取 り 扱 われますか 21 [Q31] 自 社 製 品 等 を 被 災 者 等 に 無 償 で 提 供 した 場 合 消 費 税 法 上 どのように 取 り 扱 われますか 21 [Q32] 被 災 した 取 引 先 に 対 して その 取 引 先 が 復 旧 過 程 にある 期 間 内 に 復 旧 支 援 を 目 的 として 売 掛 金 等 の 債 権 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 した 場 合 消 費 税 法 上 はどのように 取 り 扱 われます か 源 泉 所 得 税 の 取 扱 い [Q33] 当 社 では 被 災 した 従 業 員 や 役 員 に 対 し 住 宅 や 家 財 の 損 害 の 程 度 に 応 じて 見 舞 金 を 支 給 することにしました この 見 舞 金 については 給 与 として 源 泉 徴 収 が 必 要 でしょうか 23 [Q34] 当 社 では 慶 弔 見 舞 金 規 程 を 改 めて 従 業 員 や 役 員 の 父 母 等 の 家 屋 が 災 害 により 被 害 を 受 けた 場 合 従 業 員 や 役 員 に 対 し 一 定 の 見 舞 金 を 支 給 することにしました この 見 舞 金 に ついては 給 与 として 源 泉 徴 収 が 必 要 でしょうか 23 [Q35] 当 社 では 被 災 した 従 業 員 に 対 して 当 面 の 生 活 に 必 要 な 資 金 を 無 利 息 で 貸 与 すること にしました この 場 合 貸 付 期 間 に 応 ずる 利 子 相 当 額 の 経 済 的 利 益 については 給 与 とし て 源 泉 徴 収 が 必 要 でしょうか 24 [Q36] 当 社 では 自 宅 が 災 害 により 居 住 不 能 になった 従 業 員 や 役 員 に 対 して 新 たな 住 居 に 入 居 できるまで 又 は 自 宅 の 修 繕 が 完 了 して 居 住 可 能 となるまでの 間 無 償 で 社 宅 を 貸 与 する ことにしました この 場 合 無 償 で 社 宅 を 貸 与 することによる 経 済 的 利 益 については 給 与 として 源 泉 徴 収 が 必 要 でしょうか 24 [Q37] 当 社 では 従 業 員 が 災 害 や 計 画 停 電 により 通 勤 に 利 用 する 鉄 道 が 利 用 できないため タ クシーなど 他 の 交 通 手 段 を 利 用 した 場 合 には 他 の 交 通 手 段 に 係 る 交 通 費 を 支 給 すること にしています この 場 合 において その 支 給 する 交 通 費 は 給 与 として 源 泉 徴 収 が 必 要 でし ょうか

4 カッコ 内 の 略 語 は 次 のとおりです 通 法 国 税 通 則 法 通 令 国 税 通 則 法 施 行 令 法 法 法 人 税 法 法 令 法 人 税 法 施 行 令 所 法 所 得 税 法 所 令 所 得 税 法 施 行 令 消 法 消 費 税 法 消 令 消 費 税 法 施 行 令 措 法 租 税 特 別 措 置 法 措 令 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 法 基 通 法 人 税 基 本 通 達 所 基 通 所 得 税 基 本 通 達 消 基 通 消 費 税 法 基 本 通 達 措 通 租 税 特 別 措 置 法 関 係 通 達 - 4 -

5 1 申 告 期 限 の 延 長 地 域 指 定 による 期 限 の 延 長 [Q1] 地 域 指 定 された 地 域 に 納 税 地 がある 法 人 が 災 害 により 確 定 申 告 書 を 申 告 期 限 ま でに 提 出 することができない 場 合 にはどうしたらよいでしょうか 災 害 などの 理 由 により 国 税 に 関 する 申 告 納 付 などをその 期 限 までにすることができな いと 認 める 場 合 には 所 轄 の 税 務 署 長 などは 次 により その 理 由 のやんだ 日 から2か 月 以 内 に 限 り 申 告 納 付 などの 期 限 を 延 長 することができることとされています( 通 法 11) イ 地 域 指 定 ( 通 令 31) 災 害 などの 理 由 により 都 道 府 県 の 全 部 又 は 一 部 にわたり 期 限 までに 申 告 納 付 などを 行 うことができないと 認 める 場 合 には 国 税 庁 長 官 は 地 域 及 び 期 日 を 指 定 してその 期 限 を 延 長 することとされています ロ 個 別 指 定 ( 通 令 32) 地 域 指 定 がされている 場 合 を 除 き 所 轄 の 税 務 署 長 は 納 税 者 の 申 請 により 期 日 を 指 定 して 申 告 納 付 などの 期 限 を 延 長 することとされています したがって 上 記 イの 地 域 指 定 があった 場 合 指 定 された 地 域 に 納 税 地 がある 法 人 で 法 定 申 告 期 限 までに 確 定 申 告 書 を 提 出 することができない 法 人 にあっては 指 定 された 期 日 ま でに 申 告 すればよいことになります 地 域 指 定 による 申 告 期 限 の 延 長 があった 場 合 において さらに 災 害 その 他 やむを 得 ない 理 由 により 確 定 申 告 書 をその 延 長 された 期 限 までに 提 出 することができないと 認 められると きは 所 轄 の 税 務 署 長 は 納 税 者 の 申 請 により その 理 由 のやんだ 日 から2か 月 以 内 に 限 り 期 日 を 指 定 して 申 告 納 付 などの 期 限 を 再 延 長 することができることとされています( 通 法 11 通 令 32) ( 注 ) 東 日 本 大 震 災 における 地 域 指 定 による 期 限 延 長 については 平 成 23 年 3 月 15 日 付 で 青 森 県 岩 手 県 宮 城 県 福 島 県 茨 城 県 を 指 定 して 行 われており その 期 限 が 平 成 23 年 3 月 11 日 以 降 に 到 来 する 申 告 納 付 などについて その 期 限 を 別 途 国 税 庁 告 示 で 定 め る 期 日 まで 延 長 することとされています( 平 成 23 年 国 税 庁 告 示 第 8 号 ) - 5 -

6 個 別 指 定 による 期 限 の 延 長... [Q2] 地 域 指 定 された 地 域 以 外 の 地 域 に 納 税 地 がある 法 人 が 災 害 により 確 定 申 告 書 を 申 告 期 限 までに 提 出 することができない 場 合 にはどうしたらよいでしょうか 災 害 などの 理 由 により 国 税 に 関 する 申 告 納 付 などをその 期 限 までにすることができな いと 認 める 場 合 には 地 域 指 定 がされている 場 合 を 除 き 所 轄 の 税 務 署 長 は 納 税 者 の 申 請 に より その 理 由 のやんだ 日 から2か 月 以 内 に 限 り 期 日 を 指 定 して 申 告 納 付 などの 期 限 を 延 長 することができることとされています( 通 法 11 通 令 32) したがって 地 域 指 定 された 地 域 以 外 の 地 域 に 納 税 地 がある 法 人 で 法 人 税 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 申 告 を 期 限 までにすることができない 法 人 が 個 別 指 定 による 申 告 期 限 の 延 長 を 求 めるときには 災 害 などの 理 由 がやんだ 後 相 当 の 期 間 内 に 期 限 内 に 申 告 をすることがで きない 理 由 を 記 載 した 書 面 をもって 所 轄 の 税 務 署 長 に 申 請 する 必 要 があります( 通 令 33) なお 地 域 指 定 以 外 の 地 域 に 納 税 地 がある 法 人 が 災 害 により 期 限 までに 法 人 税 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 申 告 をすることができない 場 合 とは 例 えば 次 のような 場 合 をいいます 1 本 社 事 務 所 が 損 害 を 受 け 帳 簿 書 類 等 の 全 部 又 は 一 部 が 滅 失 する 等 直 接 的 な 被 害 を 受 けたことにより 申 告 等 を 行 うことが 困 難 な 場 合 2 交 通 手 段 通 信 手 段 の 遮 断 や 停 電 ( 計 画 停 電 を 含 む)などのライフラインの 遮 断 により 申 告 等 を 行 うことが 困 難 な 場 合 3 会 計 処 理 を 行 っていた 事 業 所 が 被 災 し 帳 簿 書 類 の 滅 失 や 会 計 データが 破 損 したことか ら 決 算 が 確 定 しないため 申 告 等 を 行 うことが 困 難 な 場 合 4 工 場 支 店 等 が 被 災 し 合 理 的 な 損 害 見 積 額 の 計 算 を 行 うのに 相 当 期 間 を 要 し 決 算 が 確 定 しないため 申 告 等 を 行 うことが 困 難 な 場 合 5 連 結 納 税 の 適 用 を 受 けている 場 合 において 連 結 子 法 人 が 被 災 し 連 結 所 得 の 計 算 に 必 要 な 会 計 データの 破 損 があったことなどから 申 告 等 を 行 うことが 困 難 な 場 合 6 災 害 の 影 響 により 株 主 総 会 が 開 催 できず 決 算 が 確 定 しないため 申 告 等 を 行 うこと が 困 難 な 場 合 このような 場 合 のほか 税 理 士 が 交 通 手 段 通 信 手 段 の 遮 断 や 停 電 ( 計 画 停 電 を 含 む)などのライフラインの 遮 断 納 税 者 から 預 かった 帳 簿 書 類 の 滅 失 又 は 申 告 書 作 成 に 必 要 なデータの 破 損 等 の 理 由 で 関 与 先 法 人 の 申 告 等 を 行 うことが 困 難 な 場 合 にも 個 別 指 定 の 申 請 をすることが できます 上 記 のように 個 別 指 定 により 期 限 延 長 される 場 合 を 除 き 災 害 などの 理 由 により 決 算 が 確 定 しないため 法 人 税 の 確 定 申 告 書 をその 提 出 期 限 までに 提 出 することができない 場 合 には 所 轄 の 税 務 署 長 は 納 税 者 の 申 請 により 期 日 を 指 定 してその 提 出 期 限 を 延 長 することができ ることとされています( 法 法 751) なお 決 算 が 確 定 しない 法 人 が 申 告 書 の 提 出 期 限 の 延 - 6 -

7 長 を 求 める 場 合 には 事 業 年 度 終 了 の 日 の 翌 日 から 45 日 以 内 に その 決 算 が 確 定 しない 理 由 等 を 記 載 した 申 請 書 を 所 轄 の 税 務 署 長 に 提 出 する 必 要 があります( 法 法 752) ( 注 )1 法 人 税 法 第 75 条 の 規 定 による 延 長 期 間 については 利 子 税 を 納 付 しなければなりま せん( 法 法 757)が 国 税 通 則 法 第 11 条 の 規 定 による 延 長 期 間 については 利 子 税 が 免 除 されます( 通 法 ) 2 事 業 年 度 終 了 の 日 から 45 日 を 経 過 した 日 後 災 害 などの 理 由 により 決 算 が 確 定 しな いため 確 定 申 告 書 を 期 限 までに 提 出 できない 場 合 には 所 轄 の 税 務 署 長 は 納 税 者 か らの 申 請 に 基 づき 期 日 を 指 定 して 確 定 申 告 書 の 提 出 期 限 を 延 長 することができます この 場 合 納 税 者 は 提 出 期 限 延 長 の 申 請 書 を 災 害 などの 理 由 の 発 生 後 直 ちに 提 出 する ものとし その 申 請 のあった 日 から 15 日 以 内 に 承 認 又 は 却 下 がなかったときは その 申 請 に 係 る 指 定 を 受 けようとする 日 を 税 務 署 長 が 指 定 した 日 としてその 承 認 があった ものとすることとされています( 法 基 通 ) 2 災 害 関 係 費 用 全 般 災 害 関 係 費 用 [Q3] 災 害 による 損 失 や 被 災 者 に 対 する 支 援 に 関 する 法 人 税 の 取 扱 いとして どのような ものがありますか 被 災 した 法 人 の 災 害 による 損 失 や 被 災 者 に 対 して 支 援 を 行 った 法 人 に 関 する 法 人 税 の 取 扱 いとしては 次 のようなものが 定 められています なお これらの 取 扱 いのうち ⑴から⑷までの 項 目 は 被 災 した 法 人 側 における 取 扱 いとな り ⑸から⑽までの 項 目 は 被 災 者 に 対 して 支 援 を 行 った 法 人 側 における 取 扱 いとなります ⑴ 災 害 により 滅 失 損 壊 した 資 産 等 法 人 の 有 する 商 品 店 舗 事 務 所 等 の 資 産 が 災 害 により 被 害 を 受 けた 場 合 に その 被 災 に 伴 い 次 のような 損 失 又 は 費 用 が 生 じたときには その 損 失 又 は 費 用 の 額 は 損 金 の 額 に 算 入 されます( 法 法 223) 1 商 品 や 原 材 料 等 の 棚 卸 資 産 店 舗 や 事 務 所 等 の 固 定 資 産 などの 資 産 が 災 害 により 滅 失 又 は 損 壊 した 場 合 の 損 失 2 損 壊 した 資 産 の 取 壊 し 又 は 除 去 のための 費 用 3 土 砂 その 他 の 障 害 物 の 除 去 のための 費 用 ⑵ 資 産 の 評 価 損 関 連 する 質 問 :Q4 法 人 の 有 する 棚 卸 資 産 固 定 資 産 又 は 一 定 の 繰 延 資 産 につき 災 害 による 著 しい 損 傷 が 生 じたことにより その 時 価 が 帳 簿 価 額 を 下 回 ることとなった 場 合 には 帳 簿 価 額 と 時 価 と の 差 額 につき 損 金 経 理 をすることにより 損 金 の 額 に 算 入 することができます( 法 法 33 2) - 7 -

8 ⑶ 復 旧 のために 支 出 する 費 用 関 連 する 質 問 :Q5~Q12 法 人 が 災 害 により 被 害 を 受 けた 固 定 資 産 ( 以 下 被 災 資 産 といいます )について 支 出 する 次 のような 費 用 に 係 る 資 本 的 支 出 と 修 繕 費 の 区 分 については 次 のとおりとなりま す( 法 基 通 7-8-6) 1 被 災 資 産 についてその 原 状 を 回 復 するための 費 用 は 修 繕 費 となります 2 被 災 資 産 の 被 災 前 の 効 用 を 維 持 するために 行 う 補 強 工 事 排 水 又 は 土 砂 崩 れの 防 止 等 のために 支 出 する 費 用 について 修 繕 費 とする 経 理 をしているときは この 処 理 が 認 め られます 3 被 災 資 産 について 支 出 する 費 用 (1 又 は2に 該 当 するものを 除 きます )の 額 のうち 資 本 的 支 出 か 修 繕 費 か 明 らかでないものがある 場 合 その 金 額 の 30% 相 当 額 を 修 繕 費 と し 残 額 を 資 本 的 支 出 とする 経 理 をしているときは この 処 理 が 認 められます ( 注 ) 法 人 が 災 害 により 被 害 を 受 けた 製 造 設 備 に 対 して 支 出 する 修 繕 費 用 等 について 企 業 会 計 上 適 正 な 原 価 計 算 に 基 づいて 原 価 外 処 理 ( 費 用 処 理 )をしているときは 税 務 上 もこの 処 理 が 認 められます ⑷ 災 害 による 損 失 金 の 繰 越 し 法 人 の 有 する 棚 卸 資 産 固 定 資 産 等 について 災 害 により 生 じた 損 失 に 係 る 欠 損 金 額 ( 災 害 損 失 欠 損 金 額 )がある 場 合 には その 損 失 の 発 生 した 事 業 年 度 が 青 色 申 告 書 を 提 出 しな かった 事 業 年 度 であっても その 災 害 損 失 欠 損 金 額 に 相 当 する 金 額 は その 事 業 年 度 から 7 年 間 にわたって 繰 り 越 して 控 除 されます( 法 法 58) ⑸ 従 業 員 等 に 支 給 する 災 害 見 舞 金 品 関 連 する 質 問 :Q13 14 法 人 が 災 害 により 被 害 を 受 けた 従 業 員 等 又 はその 親 族 等 に 対 して 一 定 の 基 準 に 従 って 支 給 する 災 害 見 舞 金 品 は 福 利 厚 生 費 として 損 金 の 額 に 算 入 されます( 措 通 61 の4⑴-10 ⑵) また 法 人 が 自 己 の 従 業 員 等 と 同 等 の 事 情 にある 専 属 下 請 先 の 従 業 員 等 又 はその 親 族 等 に 対 して 一 定 の 基 準 に 従 って 支 給 する 災 害 見 舞 金 品 についても 同 様 に 損 金 の 額 に 算 入 されます( 措 通 61 の4⑴-18⑷) ⑹ 災 害 見 舞 金 に 充 てるために 同 業 団 体 等 へ 拠 出 する 分 担 金 等 関 連 する 質 問 :Q15 16 法 人 が 所 属 する 同 業 団 体 等 の 構 成 員 の 有 する 事 業 用 資 産 について 災 害 により 損 失 が 生 じた 場 合 に その 損 失 の 補 てんを 目 的 とする 構 成 員 相 互 の 扶 助 等 に 係 る 規 約 等 に 基 づき 合 理 的 な 基 準 に 従 って 同 業 団 体 等 から 賦 課 され 拠 出 した 分 担 金 等 は その 支 出 する 事 業 年 度 の 損 金 の 額 に 算 入 されます( 法 基 通 の4) ⑺ 取 引 先 に 対 する 災 害 見 舞 金 等 関 連 する 質 問 :Q17 Q18 法 人 が 被 災 前 の 取 引 関 係 の 維 持 回 復 を 目 的 として 取 引 先 の 復 旧 過 程 においてその 取 引 先 に 対 して 行 った 災 害 見 舞 金 の 支 出 事 業 用 資 産 の 供 与 等 のために 要 した 費 用 は 交 際 費 等 に 該 当 しないものとして 損 金 の 額 に 算 入 されます( 措 通 61 の4⑴-10 の3) - 8 -

9 ⑻ 取 引 先 に 対 する 売 掛 金 等 の 免 除 等 関 連 する 質 問 :Q19~Q21 法 人 が 災 害 を 受 けた 取 引 先 の 復 旧 過 程 において 復 旧 支 援 を 目 的 として 売 掛 金 貸 付 金 等 の 債 権 を 免 除 する 場 合 には その 免 除 することによる 損 失 は 寄 附 金 又 は 交 際 費 等 以 外 の 費 用 として 損 金 の 額 に 算 入 されます また 既 契 約 のリース 料 貸 付 利 息 割 賦 代 金 の 減 免 を 行 う 場 合 及 び 災 害 発 生 後 の 取 引 につき 従 前 の 取 引 条 件 を 変 更 する 場 合 も 同 様 に 取 り 扱 われます( 法 基 通 9-4-6の2 措 通 61 の4⑴-10 の2) ⑼ 取 引 先 に 対 する 低 利 又 は 無 利 息 による 融 資 関 連 する 質 問 :Q22 23 法 人 が 災 害 を 受 けた 取 引 先 の 復 旧 過 程 において 復 旧 支 援 を 目 的 として 低 利 又 は 無 利 息 による 融 資 を 行 った 場 合 における 通 常 収 受 すべき 利 息 と 実 際 に 収 受 している 利 息 との 差 額 は 寄 附 金 に 該 当 しないものとして 損 金 の 額 に 算 入 されます( 法 基 通 9-4-6の3) ⑽ 自 社 製 品 等 の 被 災 者 に 対 する 提 供 関 連 する 質 問 :Q24~Q27 法 人 が 不 特 定 又 は 多 数 の 被 災 者 を 救 援 するために 緊 急 に 行 う 自 社 製 品 等 の 提 供 に 要 す る 費 用 は 寄 附 金 又 は 交 際 費 等 に 該 当 しないもの( 広 告 宣 伝 費 に 準 ずるもの)として 損 金 の 額 に 算 入 されます( 法 基 通 9-4-6の4 措 通 61 の4⑴-10 の4) 3 資 産 の 評 価 損 被 災 資 産 の 評 価 損 [Q4] 災 害 により 保 有 する 資 産 に 著 しい 損 傷 が 生 じていますが 税 務 上 評 価 損 の 計 上 が 認 められるのでしょうか また 評 価 損 の 計 上 の 対 象 となるのは どのような 資 産 で すか 法 人 の 有 する 商 品 店 舗 事 務 所 等 の 資 産 につき 災 害 による 著 しい 損 傷 が 生 じたことによ り その 資 産 の 時 価 が 帳 簿 価 額 を 下 回 ることとなった 場 合 には その 時 価 と 帳 簿 価 額 との 差 額 について 損 金 経 理 をすることにより 評 価 損 を 計 上 して 損 金 の 額 に 算 入 することができ ます( 法 法 332 法 令 681) この 場 合 評 価 損 を 計 上 することができる 資 産 には 被 災 した 資 産 ということを 前 提 とす れば 棚 卸 資 産 固 定 資 産 及 び 固 定 資 産 を 利 用 するために 支 出 した 分 担 金 等 に 係 る 繰 延 資 産 がこれに 該 当 します - 9 -

10 4 復 旧 のために 支 出 する 費 用 被 災 資 産 の 耐 震 性 を 高 めるための 補 強 工 事 費 用 [Q5] 二 次 災 害 を 回 避 するなどの 目 的 で 被 災 した 建 物 について 耐 震 性 を 高 めるための 補 強 工 事 を 行 った 場 合 に その 工 事 に 要 した 費 用 は 税 務 上 損 金 の 額 に 算 入 されるので しょうか 二 次 災 害 を 回 避 するなどの 目 的 で 被 災 した 建 物 について 耐 震 性 を 高 めるために 行 った 補 強 工 事 は 同 規 模 の 地 震 や 余 震 の 発 生 を 想 定 し 被 災 建 物 の 崩 壊 等 の 被 害 を 防 止 するなど 被 災 前 の 効 用 を 維 持 するためのものが 多 いと 考 えられます このため 法 人 が 被 災 資 産 (その 被 害 に 基 づき 評 価 損 を 計 上 したものを 除 きます )の 被 災 前 の 効 用 を 維 持 するために 行 う 補 強 工 事 排 水 又 は 土 砂 崩 れの 防 止 等 のために 支 出 した 費 用 について 修 繕 費 として 経 理 したときは その 処 理 が 認 められます( 法 基 通 7-8-6⑵) 被 災 した 鉄 道 線 路 等 の 取 替 費 用 [Q6] 被 災 した 鉄 道 線 路 電 線 路 ガス 管 水 道 管 コンベアなどの 一 部 を 取 り 替 えた 場 合 には 修 繕 費 として 処 理 してよろしいですか これらの 取 替 工 事 は 被 災 資 産 (その 被 害 に 基 づき 評 価 損 を 計 上 したものを 除 きます )の 被 災 前 の 効 用 を 維 持 するためのものであると 考 えられます このため これらの 取 替 工 事 のために 支 出 した 費 用 について 法 人 が これを 修 繕 費 とし て 経 理 したときは その 処 理 が 認 められます( 法 基 通 7-8-6⑵) 損 壊 した 護 岸 の 拡 張 工 事 費 用 [Q7] 損 壊 した 護 岸 を 復 旧 するために 要 した 費 用 は 修 繕 費 として 処 理 してよろしいです か 今 回 の 被 害 の 大 きさにかんがみ 損 壊 部 分 も 含 めて 拡 張 工 事 を 行 うことを 検 討 して いますが 損 壊 した 護 岸 の 復 旧 と 拡 張 工 事 を 一 度 の 工 事 で 行 う 場 合 には どのように 取 り 扱 われますか

11 損 壊 した 護 岸 の 復 旧 のために 要 する 費 用 のうち 被 災 前 の 効 用 を 維 持 するための 原 状 回 復 費 用 は 修 繕 費 に 該 当 します 他 方 原 状 回 復 と 併 せてその 護 岸 の 拡 張 工 事 を 行 った 場 合 には その 拡 張 工 事 部 分 は 原 則 として 資 本 的 支 出 として 新 たな 減 価 償 却 資 産 を 取 得 したものとされます( 法 令 ) なお この 場 合 の 資 本 的 支 出 と 修 繕 費 の 区 分 については 新 たに 拡 張 した 部 分 のみを 資 本 的 支 出 として 差 し 支 えありませんが その 区 分 を 合 理 的 に 行 うことが 困 難 な 場 合 には 法 人 が 損 壊 した 護 岸 のために 要 する 費 用 の 30% 相 当 額 を 修 繕 費 とし 残 額 を 資 本 的 支 出 とする 経 理 をしているときは その 処 理 が 認 められます( 法 基 通 7-8-6⑶)... 被 災 資 産 以 外 の 資 産 の 耐 震 性 を 高 める 工 事 費 用... [Q8] 被 災 資 産 以 外 の 資 産 について 耐 震 性 を 高 めるための 工 事 を 行 った 場 合 に その 工 事 に 要 した 費 用 は 修 繕 費 として 処 理 してよろしいですか 被 災 資 産 以 外 の 資 産 について 耐 震 性 を 高 めるための 工 事 を 行 った 場 合 には 原 則 として その 工 事 に 要 した 費 用 は その 資 産 の 使 用 可 能 期 間 の 延 長 又 は 価 額 の 増 加 をもたらすものと して 資 本 的 支 出 に 該 当 し その 支 出 金 額 が 新 たな 減 価 償 却 資 産 の 取 得 価 額 となります( 法 令 ) 被 災 資 産 の 修 繕 に 代 えて 新 規 に 取 得 した 資 産 の 取 得 費 用 [Q9] 被 災 した 建 物 等 の 修 繕 に 代 えて 新 規 に 資 産 を 取 得 した 場 合 その 取 得 費 用 を 修 繕 費 とすることは 認 められますか 法 人 が 被 災 資 産 (その 被 害 に 基 づき 評 価 損 を 計 上 したものを 除 きます )の 修 繕 に 代 えて 新 規 に 資 産 を 取 得 した 場 合 には 新 たな 資 産 の 取 得 に 該 当 し その 取 得 のために 支 出 した 金 額 は 資 産 の 取 得 価 額 となります( 法 基 通 7-8-6( 注 )1) したがって その 取 得 費 用 を 修 繕 費 として 処 理 することは 認 められません なお この 場 合 被 災 した 建 物 等 を 取 り 壊 しているときには その 建 物 等 の 帳 簿 価 額 を 除 却 損 として 計 上 することになります

12 被 災 工 場 敷 地 のパイル 打 込 費 用 [Q10] 被 災 した 工 場 を 取 り 壊 してその 敷 地 にパイルの 打 ち 込 みをし 補 強 した 場 合 の 費 用 は 修 繕 費 として 処 理 してよろしいですか 今 回 の 地 震 による 液 状 化 現 象 等 により 地 盤 の 強 化 が 必 要 となった 場 合 に 被 災 した 工 場 を 取 り 壊 してその 敷 地 にパイルを 打 ち 込 んだときは そのパイルの 打 ち 込 みは その 土 地 の 被 災 前 の 効 用 を 維 持 するために 行 う 工 事 であり 土 地 の 利 用 目 的 の 変 更 その 他 土 地 の 効 用 を 著 しく 増 加 させるための 支 出 には 該 当 しません このため 法 人 が こうしたパイルの 打 ち 込 みに 要 した 費 用 を 修 繕 費 として 経 理 したとき は その 処 理 が 認 められます( 法 基 通 7-8-6⑵) 地 盤 沈 下 地 割 れと 地 盛 費 用 [Q11] 地 震 による 地 盤 沈 下 又 は 地 割 れにより 地 盛 りを 行 った 場 合 その 費 用 は 損 金 の 額 に 算 入 できますか その 地 盛 りを 行 った 費 用 については 被 災 資 産 (その 被 害 に 基 づき 評 価 損 を 計 上 したもの を 除 きます )につき 原 状 を 回 復 するために 要 した 復 旧 費 用 として 支 出 した 日 を 含 む 事 業 年 度 の 損 金 の 額 に 算 入 することができます( 法 基 通 7-8-6⑴) 修 繕 費 用 の 原 価 外 処 理 [Q12] 法 人 が 災 害 により 被 害 を 受 けた 製 造 設 備 に 係 る 修 繕 費 用 や 被 災 したことによる 操 業 休 止 中 に 支 払 った 人 件 費 については 原 価 外 処 理 ( 費 用 処 理 )が 認 められるのでしょ うか 災 害 により 被 害 を 受 けた 製 造 設 備 に 係 る 修 繕 費 用 や 被 災 したことによる 操 業 休 止 中 に 支 払 った 人 件 費 などについて 適 正 な 原 価 計 算 に 基 づいて 原 価 外 処 理 ( 費 用 処 理 )していると きは 税 務 上 もその 原 価 外 処 理 が 認 められます

13 ( 注 ) 原 価 計 算 基 準 によれば 製 造 原 価 に 算 入 すべき 原 価 は 正 常 な 状 態 の 下 における 経 営 活 動 を 前 提 として 把 握 された 価 値 の 消 費 であり 異 常 な 事 態 を 原 因 とする 価 値 の 減 少 を 含 まないものとされています( 原 価 計 算 基 準 第 一 章 三 ) そして 異 常 な 事 態 を 原 因 とす る 価 値 の 減 少 として 火 災 震 災 風 水 害 等 の 偶 発 的 事 故 による 損 失 が 掲 げられていま す( 同 第 一 章 五 ( 二 )2) 5 従 業 員 等 に 支 給 する 災 害 見 舞 金 品 被 災 した 自 己 の 従 業 員 等 に 対 する 災 害 見 舞 金 品 [Q13] 災 害 見 舞 金 品 が 福 利 厚 生 費 として 取 り 扱 われるための 一 定 の 基 準 とは どのよ うなものですか 法 人 が 被 災 した 自 己 の 従 業 員 に 支 給 する 災 害 見 舞 金 品 が 福 利 厚 生 費 として 取 り 扱 われる ための 一 定 の 基 準 とは 1 被 災 した 全 従 業 員 に 対 して 被 災 した 程 度 に 応 じて 支 給 される ものであるなど 各 被 災 者 に 対 する 支 給 が 合 理 的 な 基 準 によっていること 2その 金 額 もそ の 支 給 を 受 ける 者 の 社 会 的 地 位 等 に 照 らし 被 災 に 対 する 見 舞 金 として 社 会 通 念 上 相 当 である ことが 必 要 です また 一 定 の 基 準 については あらかじめ 社 内 の 慶 弔 規 程 等 に 定 めていたもののほか 今 回 の 災 害 を 機 に 新 たに 定 めた 規 程 等 であっても これに 該 当 するものとして 取 り 扱 われま す 退 職 した 従 業 員 や 採 用 内 定 者 に 対 する 災 害 見 舞 金 [Q14] 既 に 退 職 した 従 業 員 又 は 採 用 内 定 者 に 対 して 従 業 員 と 同 一 の 基 準 で 支 給 した 災 害 見 舞 金 品 は どのように 取 り 扱 われますか 既 に 退 職 した 従 業 員 又 は 採 用 内 定 者 に 対 する 災 害 見 舞 金 品 であっても 被 災 した 自 己 の 従 業 員 等 と 同 一 の 基 準 に 従 って 支 給 するものは 福 利 厚 生 費 として 損 金 の 額 に 算 入 されます( 措 通 61 の4⑴-10⑵)

14 6 災 害 見 舞 金 に 充 てるために 同 業 団 体 等 へ 拠 出 する 分 担 金 等 相 互 扶 助 等 に 係 る 規 約 等 [Q15] 構 成 員 相 互 の 扶 助 等 に 係 る 規 約 等 には どのようなことを 定 める 必 要 がありますか 構 成 員 相 互 の 扶 助 等 に 係 る 規 約 等 には 次 に 掲 げるような 事 項 が 定 められていることが 必 要 です( 法 基 通 の4) 1 災 害 見 舞 金 の 交 付 は 構 成 員 の 事 業 用 資 産 の 損 失 を 原 因 とするものであること 2 災 害 見 舞 金 は その 同 業 団 体 等 の 構 成 員 ( 下 部 団 体 を 含 む )に 対 して 交 付 するもので あること 3 構 成 員 が 拠 出 する 分 担 金 等 は その 同 業 団 体 等 が 定 める 規 約 等 に 基 づいて 災 害 発 生 後 に 賦 課 され 拠 出 するもので かつ その 金 額 も 災 害 の 規 模 や 構 成 員 の 事 業 規 模 等 に 応 じて 算 定 されるなど 合 理 的 な 基 準 に 従 って 算 定 されるものであること ( 注 )1 同 業 団 体 等 には 一 般 社 団 法 人 等 の 法 人 格 を 有 する 団 体 のほか 人 格 のない 社 団 等 も 含 まれます 2 同 一 の 連 合 会 傘 下 の 異 なる 同 業 団 体 等 の 間 における 災 害 見 舞 金 の 取 扱 いについては 義 援 金 に 関 する 税 務 上 の 取 扱 いFAQ ( 平 成 23 年 3 月 )のQ6を 参 照 してくださ い 新 たに 定 めた 規 約 等 に 基 づく 分 担 金 [Q16] あらかじめ 定 められている 規 約 等 に 基 づく 分 担 金 でなければ 損 金 の 額 に 算 入 され ないのでしょうか 法 人 が 拠 出 する 分 担 金 等 は あらかじめ 定 められている 規 約 等 に 基 づくもののほか 災 害 の 発 生 を 契 機 に 新 たに 定 められた 規 約 等 に 基 づくものであっても その 拠 出 が 合 理 的 な 基 準 に 従 って 災 害 発 生 後 に 賦 課 され 拠 出 されるものであれば 損 金 の 額 に 算 入 されます

15 7 取 引 先 に 対 する 災 害 見 舞 金 等 災 害 見 舞 金 の 程 度 [Q17] 災 害 見 舞 金 とはどの 程 度 の 金 額 をいうのでしょうか 取 引 先 で 発 生 した 災 害 損 失 額 の 範 囲 内 であれば 金 額 の 多 寡 を 問 わないのでしょうか 被 災 した 取 引 先 に 対 する 災 害 見 舞 金 が 交 際 費 等 に 該 当 しないものとして 取 り 扱 われるのは それが 被 災 前 の 取 引 関 係 の 維 持 回 復 を 目 的 として 取 引 先 の 復 旧 過 程 において 支 出 される ものであり 慰 安 贈 答 のための 費 用 というより むしろ 取 引 先 の 救 済 を 通 じて 自 らが 蒙 る 損 失 を 回 避 するための 費 用 とみることができるからです( 措 通 61 の4⑴-10 の3) したがって 法 人 がこのような 災 害 見 舞 金 を 支 出 するに 当 たって その 取 引 先 の 被 災 の 程 度 取 引 先 との 取 引 の 状 況 等 を 勘 案 した 相 応 の 災 害 見 舞 金 であれば その 金 額 の 多 寡 は 問 い ません また 法 人 が 災 害 見 舞 金 を 支 出 した 場 合 に 取 引 先 から 領 収 書 の 発 行 を 求 め 難 い 事 情 にあ ることも 考 えられますが このようなときには 法 人 の 帳 簿 書 類 に 支 出 先 の 所 在 地 名 称 支 出 年 月 日 を 記 録 しておくことが 必 要 です 取 引 先 の 役 員 等 に 個 別 に 支 出 する 災 害 見 舞 金 [Q18] 法 人 が 被 災 した 取 引 先 の 役 員 や 使 用 人 に 対 して 個 別 に 支 出 する 災 害 見 舞 金 は ど のように 取 り 扱 われますか 法 人 が 得 意 先 等 社 外 の 者 の 慶 弔 禍 福 に 際 し 支 出 する 金 品 等 の 費 用 は 慰 安 贈 答 のた めに 要 する 費 用 に 当 たることから 交 際 費 等 として 取 り 扱 われます( 措 通 61 の4⑴-15⑶) 法 人 が 被 災 した 取 引 先 の 役 員 や 使 用 人 に 対 して 個 別 に 支 出 する 災 害 見 舞 金 は 個 人 事 業 主 に 対 するものを 除 き 取 引 先 の 救 済 を 通 じてその 法 人 の 事 業 上 の 損 失 を 回 避 するというより は いわゆる 付 き 合 い 等 としての 性 質 を 有 するものであると 考 えざるを 得 ないことから こ のような 支 出 は 交 際 費 等 に 該 当 するものとして 取 り 扱 われることになります なお 取 引 先 の 役 員 や 使 用 人 であっても 法 人 からみて 自 己 の 役 員 や 使 用 人 と 同 等 の 事 情 にある 専 属 下 請 先 の 役 員 や 使 用 人 に 対 して 自 己 の 役 員 や 使 用 人 と 同 様 の 基 準 に 従 って 支 給 する 災 害 見 舞 金 品 については 交 際 費 等 に 該 当 しないものとして 取 り 扱 われます( 措 通 61 の4⑴-18⑷)

16 8 取 引 先 に 対 する 売 掛 金 等 の 免 除 等 取 引 先 の 範 囲 [Q19] 当 社 では 商 社 を 通 じた 取 引 により 商 品 を 納 入 している 得 意 先 が 災 害 により 被 害 を 受 けました この 得 意 先 とは 当 社 が 自 ら 価 格 交 渉 を 行 うなど 実 質 的 な 取 引 関 係 にある ことから その 復 旧 支 援 を 目 的 として この 得 意 先 に 係 る 売 掛 金 の 一 部 について 商 社 を 通 じて 免 除 することを 検 討 しています ところで 法 人 が 災 害 により 被 害 を 受 けた 取 引 先 の 復 旧 過 程 において 復 旧 支 援 を 目 的 として 売 掛 金 等 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 した 場 合 には その 売 掛 金 等 を 免 除 したこと による 損 失 は 損 金 の 額 に 算 入 されるとのことですが この 場 合 の 取 引 先 には 当 社 の 得 意 先 のように 直 接 取 引 を 行 っていない 者 も 含 まれるのでしょうか お 尋 ねの 取 引 先 には 得 意 先 仕 入 先 下 請 工 場 特 約 店 代 理 店 等 のように 直 接 取 引 を 行 うもののほか 商 社 等 を 通 じた 取 引 であっても 自 ら 価 格 交 渉 等 を 行 っている 場 合 の 商 品 納 入 先 など 実 質 的 な 取 引 関 係 にあると 認 められる 者 も 含 まれます( 法 基 通 9-4-6の 2( 注 )) 一 部 の 者 が 行 う 売 掛 債 権 の 免 除 [Q20] 被 災 した 法 人 と 取 引 をしているのは 当 社 も 含 めて 10 社 程 度 ですが 当 社 だけが 売 掛 債 権 を 免 除 しても 寄 附 金 又 は 交 際 費 等 以 外 の 費 用 として 取 り 扱 われるのでしょうか 法 人 が 売 掛 金 等 の 債 権 を 免 除 した 場 合 に その 免 除 したことによる 損 失 が 寄 附 金 や 交 際 費 等 以 外 の 費 用 として 取 り 扱 われるのは その 免 除 が 取 引 先 の 復 旧 過 程 においてその 復 旧 支 援 を 目 的 として 行 われるものであるからです( 法 基 通 9-4-6の2) この 場 合 の 復 旧 支 援 は それを 行 うかどうかは 個 々の 企 業 の 判 断 によらざるを 得 ないので あり その 被 災 した 法 人 の 取 引 先 のすべてが 復 旧 支 援 を 行 うことが 前 提 とされているわけで はありません したがって 被 災 した 法 人 に 対 する 復 旧 支 援 のための 売 掛 債 権 の 免 除 が 一 部 の 法 人 のみに よってなされていたとしても その 免 除 が 取 引 先 の 復 旧 過 程 において 復 旧 支 援 を 目 的 として 行 われるものについては 寄 附 金 又 は 交 際 費 等 以 外 の 費 用 として 損 金 の 額 に 算 入 されます

17 売 掛 債 権 の 免 除 の 時 期 [Q21] 売 掛 債 権 の 免 除 は いつまでに 行 ったものが 損 金 として 認 められるのでしょうか 法 人 が 売 掛 金 等 の 債 権 を 免 除 した 場 合 に その 免 除 をしたことによる 損 失 が 寄 附 金 や 交 際... 費 等 以 外 の 費 用 として 取 り 扱 われるのは その 免 除 が 取 引 先 の 復 旧 過 程 において その 復 旧 支 援 を 目 的 として 行 われるものであるからです( 法 基 通 9-4-6の2) したがって 売 掛 債 権 の 免 除 は 災 害 発 生 後 相 当 の 期 間 内 例 えば 店 舗 等 の 損 壊 により やむなく 仮 店 舗 により 営 業 を 行 っている 場 合 のように 被 災 した 取 引 先 が 通 常 の 営 業 活 動 を 再 開 するための 復 旧 過 程 にある 期 間 内 に 行 うことが 前 提 となります 9 取 引 先 に 対 する 低 利 又 は 無 利 息 による 融 資 取 引 先 に 対 する 低 利 融 資 等 [Q22] 法 人 が 災 害 により 被 害 を 受 けた 取 引 先 に 対 して 低 利 又 は 無 利 息 による 融 資 を 行 う 場 合 に 通 常 収 受 すべき 利 息 と 実 際 に 収 受 している 利 息 との 差 額 が 寄 附 金 に 該 当 しない ものとされるためには その 融 資 期 間 や 融 資 額 に 何 か 制 限 はありますか 取 引 先 に 対 する 低 利 又 は 無 利 息 による 融 資 を 行 う 場 合 に 通 常 収 受 すべき 利 息 と 実 際 に 収 受 している 利 息 との 差 額 が 寄 附 金 として 取 り 扱 われないのは その 融 資 が 被 害 を 受 けた 取 引 先 の 復 旧 過 程 において 復 旧 支 援 を 目 的 として 行 われるものであり その 復 旧 支 援 を 通 じて 自 らが 蒙 る 損 失 を 回 避 するためのものであるとみることができるからです( 法 基 通 の3) したがって その 融 資 が 被 災 した 取 引 先 の 復 旧 支 援 を 図 るものであり かつ その 取 引 先 の 被 災 の 程 度 取 引 の 状 況 等 を 勘 案 した 合 理 性 を 有 するものである 限 りにおいては 特 にそ の 融 資 期 間 や 融 資 額 に 制 限 はありません 既 貸 付 額 の 利 子 の 減 免 [Q23] 既 に 行 っている 貸 付 けに 係 る 貸 付 金 の 利 子 を 減 免 した 場 合 は どのように 取 り 扱 わ れるのでしょうか

18 既 に 行 っている 貸 付 けに 係 る 貸 付 金 の 利 子 を 減 免 した 場 合 その 減 免 が 災 害 により 被 害 を 受 けた 取 引 先 の 復 旧 過 程 においてその 復 旧 支 援 を 目 的 として 行 われるものであるときには 売 掛 金 等 の 債 権 の 減 免 と 同 様 その 免 除 による 損 失 は 寄 附 金 又 は 交 際 費 等 以 外 の 費 用 とし て 損 金 の 額 に 算 入 されます( 法 基 通 9-4-6の2 措 通 61 の4⑴-10 の2) 10 自 社 製 品 等 の 被 災 者 に 対 する 提 供 被 災 者 に 対 して 自 社 製 品 等 を 提 供 するための 費 用 [Q24] 当 社 では 得 意 先 の 従 業 員 等 が 避 難 している 特 定 の 避 難 所 に 対 して 救 援 物 資 とし て 自 社 製 品 を 提 供 しました 法 人 が 被 災 した 地 域 の 住 民 に 対 して 自 社 製 品 を 提 供 した 場 合 その 提 供 に 要 する 費 用 の 額 は 損 金 の 額 に 算 入 されるとのことですが 当 社 のよう に 特 定 の 避 難 所 に 対 して 行 う 自 社 製 品 の 提 供 も 同 様 に 取 り 扱 われますか 法 人 が 災 害 による 被 害 を 受 けた 不 特 定 又 は 多 数 の 者 を 救 援 するために 緊 急 に 行 う 自 社 製 品 等 の 提 供 に 要 する 費 用 の 額 は 寄 附 金 及 び 交 際 費 等 に 該 当 しないもの( 広 告 宣 伝 費 に 準 ず るもの)として 損 金 の 額 に 算 入 されますが この 取 扱 いは 自 社 製 品 等 の 提 供 が 国 等 が 行 う 被 災 者 に 対 する 物 資 の 供 給 と 同 様 の 側 面 を 有 していること また 一 方 では その 経 済 的 効 果 からいえば 広 告 宣 伝 費 に 準 ずる 側 面 を 有 していることによるものです( 法 基 通 の4) したがって あらかじめ 特 定 のごく 限 られた 者 のみに 対 する 贈 答 ( 利 益 供 与 )を 目 的 とし て 行 われた 自 社 製 品 等 の 提 供 は 寄 附 金 又 は 交 際 費 等 に 該 当 します ただし お 尋 ねのように 得 意 先 の 従 業 員 等 が 避 難 している 特 定 の 避 難 所 に 対 して 行 う 自 社 製 品 の 提 供 であっても 多 数 の 被 災 者 に 対 して 救 援 のために 緊 急 に 提 供 した 自 社 製 品 につ いては あらかじめ 特 定 のごく 限 られた 者 のみに 対 する 贈 答 ( 利 益 供 与 )とは 異 なることか ら 広 告 宣 伝 費 に 準 ずるものに 該 当 します 自 社 製 品 等 の 範 囲 [Q25] 自 社 製 品 等 とはどのようなものをいうのですか 他 の 者 から 購 入 したものも 含 まれ るのでしょうか 自 社 製 品 等 を 不 特 定 又 は 多 数 の 被 災 者 に 提 供 する 場 合 に その 提 供 のために 要 する 費 用 が

19 寄 附 金 又 は 交 際 費 等 以 外 の 費 用 として 取 り 扱 われるのは その 提 供 が 経 済 的 効 果 からいえ ば 広 告 宣 伝 費 に 準 ずる 側 面 も 有 しているとみることができることによるものです( 法 基 通 9-4-6の4) したがって 自 社 製 品 等 とは 原 則 として 法 人 が 製 造 等 を 行 った 製 品 でその 製 品 に 法 人 名 等 が 表 示 されているものをいいますが 法 人 名 が 表 示 されていない 物 品 や 他 から 購 入 した 物 品 であっても その 提 供 に 当 たって 企 業 のイメージアップなど 実 質 的 に 宣 伝 的 効 果 を 生 じさせるようなものであれば これに 含 めて 差 し 支 えありません 被 災 小 売 業 者 に 対 する 商 品 ( 自 社 製 品 )の 交 換 無 償 補 てん [Q26] メーカーである 当 社 が 当 社 の 製 品 等 を 取 り 扱 っている 小 売 業 者 に 対 し 災 害 によ り 滅 失 又 は 損 壊 した 商 品 ( 自 社 製 品 )と 同 種 の 商 品 を 交 換 又 は 無 償 で 補 てんした 場 合 に も その 交 換 又 は 補 てんに 要 した 費 用 は 交 際 費 等 に 該 当 しないものとして 取 り 扱 われま すか 取 引 先 に 対 して 自 社 製 品 である 事 業 用 資 産 を 提 供 した 場 合 その 提 供 に 要 した 費 用 は 災 害 見 舞 金 と 同 様 に 取 扱 い 寄 附 金 又 は 交 際 費 等 以 外 の 費 用 として 損 金 の 額 に 算 入 されます また 直 接 の 取 引 先 ではない 自 社 の 製 品 等 を 取 り 扱 っている 小 売 業 者 に 対 して 災 害 によ り 損 壊 した 商 品 を 無 償 で 交 換 した 場 合 や 滅 失 した 商 品 を 無 償 で 補 てんした 場 合 にも それに 要 した 費 用 は 広 告 宣 伝 費 又 は 販 売 促 進 費 としての 側 面 を 有 しているとみることができるため 寄 附 金 又 は 交 際 費 等 に 該 当 しないものとして 損 金 の 額 に 算 入 されます( 措 通 61 の4⑴-10 の3( 注 )1) ボランティア 活 動 中 の 人 件 費 [Q27] 当 社 の 社 員 を 災 害 復 旧 活 動 にボランティアとして 派 遣 した 場 合 に ボランティア 活 動 中 の 給 与 相 当 額 は 寄 附 金 として 取 り 扱 われますか ボランティアとして 被 災 地 で 活 動 する 社 員 の 形 態 には 会 社 の 業 務 命 令 によりボランティ アとして 参 加 している 場 合 や 個 人 としての 資 格 で 参 加 している 場 合 などがあると 考 えられま すが いずれの 場 合 にも その 社 員 に 対 して 支 給 する 給 与 相 当 額 は 寄 附 金 には 該 当 しませ ん

20 ( 注 ) 有 給 休 暇 等 を 利 用 して 個 人 としての 資 格 で 参 加 している 社 員 に 対 して 支 給 する 給 与 相 当 額 は 寄 附 金 には 該 当 しません 11 法 人 税 に 関 するその 他 の 取 扱 い 義 援 金 や 見 舞 金 を 受 け 取 った 法 人 [Q28] 法 人 が 被 災 に 伴 って 義 援 金 や 見 舞 金 を 受 け 取 った 場 合 には 税 務 上 益 金 の 額 に 算 入 されるのでしょうか 法 人 税 法 上 法 人 が 受 けた 義 援 金 や 見 舞 金 の 収 入 金 額 は 益 金 の 額 に 算 入 されます( 法 法 22 2) ( 注 ) 災 害 により 被 害 を 受 けた 法 人 の 有 する 商 品 店 舗 事 務 所 等 の 資 産 の 損 失 額 は 損 金 の 額 に 算 入 されます

21 12 消 費 税 の 取 扱 い 帳 簿 及 び 請 求 書 等 の 保 存 [Q29] 被 災 により 消 費 税 の 課 税 仕 入 れに 係 る 帳 簿 書 類 を 消 失 したのですが 消 費 税 の 仕 入 税 額 控 除 は 認 められますか お 尋 ねの 場 合 は 災 害 その 他 やむを 得 ない 事 情 により 帳 簿 及 び 請 求 書 等 を 保 存 できなかっ た 場 合 に 該 当 しますので 帳 簿 及 び 請 求 書 等 の 保 存 がない 課 税 仕 入 れについても 仕 入 税 額 控 除 は 認 められます( 消 法 307ただし 書 き) 従 業 員 や 取 引 先 に 対 する 災 害 見 舞 金 [Q30] 従 業 員 や 取 引 先 に 対 して 金 銭 により 支 出 する 災 害 見 舞 金 は 消 費 税 法 上 どのように 取 り 扱 われますか 金 銭 により 支 出 する 災 害 見 舞 金 は 消 費 税 の 課 税 対 象 ではないため 不 課 税 取 引 となりま す したがって お 尋 ねの 災 害 見 舞 金 は 支 出 した 事 業 者 における 課 税 仕 入 れにも 受 取 っ た 事 業 者 における 課 税 売 上 げにもなりません( 消 基 通 5-1-2) 自 社 製 品 等 の 被 災 者 に 対 する 提 供 [Q31] 自 社 製 品 等 を 被 災 者 等 に 無 償 で 提 供 した 場 合 消 費 税 法 上 どのように 取 り 扱 われま すか お 尋 ねの 自 社 製 品 等 は 被 災 者 等 に 対 して 無 償 で 提 供 されるものですので 対 価 を 得 て 行 われる 資 産 の 譲 渡 等 に 該 当 せず 不 課 税 取 引 となります なお 課 税 売 上 割 合 が 95% 未 満 で 仕 入 税 額 控 除 を 個 別 対 応 方 式 により 行 う 場 合 自 社 製 品 等 の 提 供 のために 要 した 課 税 仕 入 れ 等 の 区 分 は 提 供 した 自 社 製 品 等 の 態 様 に 応 じ 次 のと おりとなります 1 自 社 製 造 商 品 の 提 供 自 社 で 製 造 している 商 品 ( 課 税 資 産 )の 材 料 費 等 の 費 用 は 課 税 売 上 げにのみ 要 する 課

22 税 仕 入 れに 該 当 します 2 購 入 した 商 品 等 の 提 供 イ 通 常 自 社 で 販 売 している 商 品 ( 課 税 資 産 )の 仕 入 れは 課 税 売 上 げにのみ 要 する 課 税 仕 入 れに 該 当 します ロ 被 災 者 に 必 要 とされる 物 品 を 提 供 するために 購 入 したイ 以 外 の 物 品 ( 課 税 資 産 )の 購 入 費 用 は 課 税 非 課 税 共 通 用 の 課 税 仕 入 れに 該 当 します( 消 基 通 ) ( 注 ) 自 社 製 品 等 を 被 災 者 等 に 提 供 する 際 に 支 出 した 費 用 ( 被 災 地 までの 旅 費 宿 泊 費 等 ) に 係 る 課 税 仕 入 れは 課 税 非 課 税 共 通 用 の 課 税 仕 入 れに 該 当 します 売 掛 債 権 の 免 除 [Q32] 被 災 した 取 引 先 に 対 して その 取 引 先 が 復 旧 過 程 にある 期 間 内 に 復 旧 支 援 を 目 的 と して 売 掛 金 等 の 債 権 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 した 場 合 消 費 税 法 上 はどのように 取 り 扱 わ れますか 消 費 税 の 課 税 取 引 に 係 る 売 掛 金 等 の 債 権 の 額 の 全 部 又 は 一 部 の 減 額 により 売 上 げに 係 る 対 価 の 返 還 等 を 行 った 場 合 は その 返 還 等 をした 対 価 に 含 まれる 消 費 税 額 を 課 税 標 準 額 に 対 する 消 費 税 額 から 控 除 することとされています( 消 法 381) したがって 法 人 が 被 災 した 取 引 先 に 対 して その 取 引 先 が 復 旧 過 程 にある 期 間 内 に 復 旧 支 援 を 目 的 として 売 掛 金 等 の 債 権 ( 課 税 取 引 に 係 る 債 権 に 限 ります )の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 した 場 合 で その 売 掛 金 の 免 除 による 損 失 の 額 が 法 人 税 法 上 の 寄 附 金 及 び 交 際 費 等 以 外 の 費 用 とされるものについては 当 該 費 用 として 処 理 した 売 掛 債 権 に 係 る 消 費 税 額 を その 処 理 した 課 税 期 間 の 課 税 標 準 額 に 対 する 消 費 税 額 から 控 除 することができます ( 注 ) 金 銭 の 貸 付 けは 不 課 税 取 引 ですので その 貸 付 金 の 全 部 又 は 一 部 の 返 済 を 免 除 した 場 合 は 消 費 税 の 課 税 関 係 は 生 じません

23 13 源 泉 所 得 税 の 取 扱 い 災 害 見 舞 金 の 支 給 1 [Q33] 当 社 では 被 災 した 従 業 員 や 役 員 に 対 し 住 宅 や 家 財 の 損 害 の 程 度 に 応 じて 見 舞 金 を 支 給 することにしました この 見 舞 金 については 給 与 として 源 泉 徴 収 が 必 要 でしょ うか 個 人 が 心 身 又 は 資 産 に 加 えられた 損 害 につき 支 払 を 受 ける 相 当 の 見 舞 金 ( 役 務 の 対 価 たる 性 質 を 有 するものを 除 きます )については 所 得 税 は 課 されません ( 所 法 91 十 七 所 令 30 三 ) 会 社 が 被 災 者 の 所 有 資 産 の 損 害 の 程 度 ( 全 壊 半 壊 床 上 浸 水 床 下 浸 水 など)に 基 づ き 見 舞 金 の 支 給 額 を 定 めるなど 損 害 の 程 度 に 応 じて 一 定 の 基 準 をもって 見 舞 金 の 支 給 額 を 定 めている 場 合 には 相 当 の 見 舞 金 に 該 当 すると 考 えられるため 給 与 として 源 泉 徴 収 を する 必 要 はありません 災 害 見 舞 金 の 支 給 2 [Q34] 当 社 では 慶 弔 見 舞 金 規 程 を 改 めて 従 業 員 や 役 員 の 父 母 等 の 家 屋 が 災 害 により 被 害 を 受 けた 場 合 従 業 員 や 役 員 に 対 し 一 定 の 見 舞 金 を 支 給 することにしました この 見 舞 金 については 給 与 として 源 泉 徴 収 が 必 要 でしょうか 個 人 が 支 払 を 受 ける 葬 祭 料 香 典 又 は 災 害 等 の 見 舞 金 で その 金 額 がその 受 贈 者 の 社 会 的 地 位 贈 与 者 との 関 係 等 に 照 らし 社 会 通 念 上 相 当 と 認 められるものについては 課 税 しない ものとされています( 所 基 通 9-23) 会 社 が 従 業 員 や 役 員 に 対 し 従 業 員 や 役 員 と 被 災 した 親 族 との 関 係 被 災 の 程 度 に 応 じ た 一 定 の 基 準 により 見 舞 金 を 支 給 する 場 合 には その 支 払 われる 見 舞 金 が 社 会 通 念 上 相 当 な ものと 認 められるときは 給 与 として 源 泉 徴 収 をする 必 要 はありません

24 生 活 資 金 の 無 利 息 貸 付 け [Q35] 当 社 では 被 災 した 従 業 員 に 対 して 当 面 の 生 活 に 必 要 な 資 金 を 無 利 息 で 貸 与 する ことにしました この 場 合 貸 付 期 間 に 応 ずる 利 子 相 当 額 の 経 済 的 利 益 については 給 与 として 源 泉 徴 収 が 必 要 でしょうか 災 害 疾 病 等 により 臨 時 的 に 多 額 の 生 活 資 金 を 要 することとなった 従 業 員 や 役 員 に 対 し その 資 金 に 充 てるために 無 利 息 又 は 低 利 で 貸 し 付 けた 金 額 につき その 返 済 に 要 する 期 間 と して 合 理 的 と 認 められる 期 間 内 に 従 業 員 や 役 員 が 受 ける 経 済 的 利 益 については 課 税 しなく て 差 し 支 えないこととされています( 所 基 通 36-28⑴) 例 えば 被 災 した 従 業 員 に 対 して 生 活 に 必 要 な 資 金 を 損 害 の 程 度 に 応 じた 返 済 期 間 を 定 め 無 利 息 で 貸 し 付 けた 場 合 の 利 息 相 当 額 の 経 済 的 利 益 については 合 理 的 と 認 められる 期 間 内 に 受 ける 経 済 的 利 益 と 考 えられますので 給 与 として 源 泉 徴 収 をする 必 要 はありませ ん 社 宅 の 無 償 貸 与 [Q36] 当 社 では 自 宅 が 災 害 により 居 住 不 能 になった 従 業 員 や 役 員 に 対 して 新 たな 住 居 に 入 居 できるまで 又 は 自 宅 の 修 繕 が 完 了 して 居 住 可 能 となるまでの 間 無 償 で 社 宅 を 貸 与 することにしました この 場 合 無 償 で 社 宅 を 貸 与 することによる 経 済 的 利 益 につい ては 給 与 として 源 泉 徴 収 が 必 要 でしょうか 個 人 が 心 身 又 は 資 産 に 加 えられた 損 害 につき 支 払 を 受 ける 相 当 の 見 舞 金 ( 役 務 の 対 価 たる 性 質 を 有 するものを 除 きます )については 所 得 税 は 課 されません ( 所 法 91 十 七 所 令 30 三 ) 例 えば 被 災 した 方 が 新 たな 住 居 に 入 居 できるまで 又 は 自 宅 の 修 繕 が 完 了 して 居 住 可 能 と なるまでの 間 無 償 で 社 宅 を 貸 与 する 場 合 には その 貸 与 期 間 に 受 ける 家 賃 相 当 額 の 経 済 的 利 益 は 相 当 の 見 舞 金 に 該 当 するものと 考 えられるため 給 与 として 源 泉 徴 収 をする 必 要 はありません

25 他 の 交 通 手 段 による 交 通 費 の 支 給 [Q37] 当 社 では 従 業 員 が 災 害 や 計 画 停 電 により 通 勤 に 利 用 する 鉄 道 が 利 用 できないため タクシーなど 他 の 交 通 手 段 を 利 用 した 場 合 には 他 の 交 通 手 段 に 係 る 交 通 費 を 支 給 する ことにしています この 場 合 において その 支 給 する 交 通 費 は 給 与 として 源 泉 徴 収 が 必 要 でしょうか 給 与 所 得 者 が 勤 務 する 場 所 を 離 れてその 職 務 を 遂 行 するための 旅 行 をした 場 合 に その 旅 行 に 必 要 な 支 出 に 充 てるために 支 給 される 金 品 で その 旅 行 に 通 常 必 要 と 認 められるものは 非 課 税 とされています( 所 法 91 四 ) 通 勤 に 利 用 する 交 通 手 段 が 災 害 などにより 利 用 することができないため 他 の 交 通 手 段 を 利 用 した 場 合 に 支 給 する 実 費 相 当 額 の 交 通 費 については その 利 用 した 交 通 手 段 が 合 理 的 な ものであれば その 支 給 した 交 通 費 は 旅 費 に 準 じて 非 課 税 と 考 えられるため 給 与 として 源 泉 徴 収 をする 必 要 はありません ( 注 ) 災 害 などにより 交 通 手 段 が 遮 断 されたため やむを 得 ず 宿 泊 した 場 合 において 実 費 で 支 給 する 宿 泊 費 用 も 同 様 に 取 り 扱 われると 考 えられます 問 合 せ 先 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQについて お 知 りになりたいことがありまし たら 電 話 相 談 センターをご 利 用 ください 電 話 相 談 センターのご 利 用 は 所 轄 の 税 務 署 にお 電 話 いただき 自 動 音 声 にしたがって 番 号 1 を 選 択 してください なお 個 別 的 なご 相 談 については 番 号 2 を 選 択 して 所 轄 の 税 務 署 へご 相 談 ください

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 ( 災 害 損 失 など) に 関 す る 法 人 税 の 取 扱 い に 係 る 質 疑 応 答 事 例 平 成 28 年 6 月 国 税 庁 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 については 平 成 28 年 6 月 16 日 付 課 法 2-5ほか2 課 共 同 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 諸 費 用 の

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A 目 次 Q1 震 災 で 家 財 道 具 を 失 ってしまいました この 損 害 を 税 金 で 控 除 する 制 度 があると 聞 きました 雑 損 控 除 について 教 えてください Q2 私 は サラリーマン(または 年 金 受 給 者 )なのですが 震 災 による 被 害 を 受 けた 場 合 支 給 される 給 与 (または 年 金 )について 源 泉 徴 収 の 猶 予 や 源 泉 所

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭 国 外 転 出 時 課 税 制 度 (FAQ) 平 成 27 年 4 月 国 税 庁 平 成 27 年 度 税 制 改 正 において 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 及 び 贈 与 等 により 非 居 住 者 に 資 産 が 移 転 した 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 が 創 設 され 平 成 27 年 7 月 1 日 から 施 行 されます このFAQは

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を 学 校 法 人 会 計 の 特 徴 や 企 業 会 計 との 違 い 学 校 法 人 は 学 校 を 運 営 し 教 育 研 究 を 遂 行 することを 目 的 としており 企 業 のよう に 利 益 を 追 求 する 経 済 活 動 そのものを 事 業 目 的 とすることはできません 学 校 法 人 会 計 では 文 部 科 学 省 令 により 定 められた 学 校 法 人 会 計 基 準 に 基

More information

義援金に関する税務上の取扱いFAQ

義援金に関する税務上の取扱いFAQ 義 援 金 に 関 する 税 務 上 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 3 月 国 税 庁 この 度 の 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 の 発 生 により 被 災 された 方 を 支 援 するために 県 の 災 害 対 策 本 部 等 に 義 援 金 や 寄 附 金 ( 以 下 義 援 金 といいます )を 支 払 った 場 合 の 税 務 上 の 取 扱 い や 募 金 団 体 に

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE> Ⅱ 会 計 科 目 の 説 明 (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 区 分 大 科 目 小 科 目 内 容 収 入 学 生 生 徒 等 納 学 則 に 記 載 されている 納 付 金 をいう( 在 学 条 件 として 義 務 的 に の 部 付 金 収 入 又 一 律 に 納 付 すべきものをいう ) 授 業 料 収 入 聴 講 料 補 講 料 教 職 課 程 履 修 費 を 含 む 入 学

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

Ⅱ 義 援 金 を 募 集 する 募 金 団 体 の 確 認 手 続 [Q7] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 預 かり これを 取 りまとめた 上 で 一 括 して 地 方 公 共 団 体 に 対 して 支 払 います 預 かった 義 援 金 が 国 等 に 対

Ⅱ 義 援 金 を 募 集 する 募 金 団 体 の 確 認 手 続 [Q7] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 預 かり これを 取 りまとめた 上 で 一 括 して 地 方 公 共 団 体 に 対 して 支 払 います 預 かった 義 援 金 が 国 等 に 対 義 援 金 に 関 する 税 務 上 の 取 扱 いFAQ 平 成 28 年 4 月 国 税 庁 平 成 28 年 4 月 の 熊 本 地 震 により 被 害 を 受 けられた 方 を 支 援 するために 熊 本 県 下 や 大 分 県 下 の 災 害 対 策 本 部 等 に 義 援 金 や 寄 附 金 ( 以 下 義 援 金 といいます )を 支 払 った 場 合 の 税 務 上 の 取 扱 いや

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 自 営 業 ( 個 人 事 業 者 ) 決 算 説 明 会 はじめて 決 算 書 を 作 成 される 方 ( 不 動 産 所 得 編 ) 平 成 27 年 1 月 31 日 横 浜 中 青 色 申 告 会 (ご 案 内 ) 税 理 士 飯 田 真 之 自 営 業 者 ( 個 人 事 業 者 ) 決 算 説 明 会 ( 不 動 産 所 得 編 ) 目 次 1.はじめに 確 定 申 告 書 と 決 算

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

00_改正税法の概要_白表紙

00_改正税法の概要_白表紙 所 得 税 法 等 ( 扶 養 控 除 関 係 )の 改 正 1 年 少 扶 養 親 族 に 対 する 扶 養 控 除 の 廃 止 ⑴ 年 少 扶 養 親 族 ( 扶 養 親 族 のうち 年 齢 16 歳 未 満 の 者 をいいます )に 対 す る 扶 養 控 除 が 廃 止 されました ( 平 成 23 年 分 以 降 適 用 ) ⑵ 上 記 ⑴の 改 正 にあわせて 扶 養 控 除 の 対 象

More information

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場 平 成 27 年 分 住 宅 の 取 得 に 係 る 税 額 控 除 のあらまし 居 住 者 が 住 宅 の 新 築 取 得 又 は 増 改 築 をした 場 合 で 一 定 の 要 件 を 満 たすときは 次 のAからEの 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けることによって 居 住 の 用 に 供 した 年 分 以 後 の 各 年 分 の 所 得 税 額 から 一 定 の 金 額 を 控 除 する

More information

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金 別 表 第 二 ( 第 17 条 関 係 ) 水 道 用 水 供 給 事 業 勘 定 科 目 表 収 益 の 部 款 項 目 節 説 明 細 節 事 業 収 益 すべての 収 益 的 収 入 を 記 載 し 営 業 収 益 営 業 外 収 益 及 び 特 別 利 益 に 区 分 する 営 業 収 益 営 業 外 収 益 給 水 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 の 営 業 収 益 受 取 利

More information

<89EF88F5954B8C C8E86>

<89EF88F5954B8C C8E86> 会 員 必 携 ( 平 成 25 年 10 月 1 日 現 在 ) 関 東 信 越 税 理 士 会 朝 霞 支 部 351-0015 朝 霞 市 幸 町 1 丁 目 3 番 6 号 石 川 ビル2F TEL 048-465-0025 FAX 048-468-1043 http://www.asaka-zeirishikai.gr.jp/ 目 次 ( 関 連 規 則 等 対 応 表 示 ) 関 東 信

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

250912資料.xdw

250912資料.xdw 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 について ~ 会 計 基 準 の 概 要 運 用 指 針 ~ 平 成 25 年 9 月 12 日 ( 木 ) 小 野 瀬 木 下 税 理 士 法 人 小 野 瀬 公 認 会 計 士 事 務 所 大 木 芳 則 本 日 の 研 修 の 目 的 1. 新 会 計 基 準 の 構 成 について 理 解 しましょう! > 基 準 本 文 > 基 準 注 解 > 運 用

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63> 社 会 福 祉 法 人 設 立 提 出 書 類 様 式 集 平 成 5 年 4 月 座 間 市 福 祉 部 福 祉 長 寿 課 目 次 第 号 様 式 ( 第 条 関 係 ) 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 書... 様 式 社 会 福 祉 法 人 設 立 計 画 概 要... 3 様 式 定 款 案... 様 式 3 財 産 目 録... 様 式 4 贈 与 契 約 書... 3

More information

役 員 選 挙 規 程 第 1 章 総 則 第 1 条 役 員 の 選 出 は 定 款 第 22 条 に 基 づき この 規 程 によって 行 う 第 2 章 選 挙 管 理 委 員 会 第 2 条 役 員 を 選 出 するために 理 事 会 の 承 認 を 得 て 選 挙 管 理 委 員 会 を

役 員 選 挙 規 程 第 1 章 総 則 第 1 条 役 員 の 選 出 は 定 款 第 22 条 に 基 づき この 規 程 によって 行 う 第 2 章 選 挙 管 理 委 員 会 第 2 条 役 員 を 選 出 するために 理 事 会 の 承 認 を 得 て 選 挙 管 理 委 員 会 を 一 般 社 団 法 人 長 崎 県 診 療 放 射 線 技 師 会 規 程 役 員 選 挙 規 程 第 1 章 総 則 第 1 条 役 員 の 選 出 は 定 款 第 22 条 に 基 づき この 規 程 によって 行 う 第 2 章 選 挙 管 理 委 員 会 第 2 条 役 員 を 選 出 するために 理 事 会 の 承 認 を 得 て 選 挙 管 理 委 員 会 を 設 ける 第 3 条 選

More information

確 定 申 告 書 を 提 出 することができるが 居 住 者 が 年 の 中 途 で 出 国 する 場 合 において その 年 分 の 所 得 税 につ いてその 申 告 書 を 提 出 することができる 場 合 に 該 当 するときは 税 務 署 長 に 対 し 確 定 申 告 書 を 提 出

確 定 申 告 書 を 提 出 することができるが 居 住 者 が 年 の 中 途 で 出 国 する 場 合 において その 年 分 の 所 得 税 につ いてその 申 告 書 を 提 出 することができる 場 合 に 該 当 するときは 税 務 署 長 に 対 し 確 定 申 告 書 を 提 出 036-8900-1090-19 税 16 第 6 6 回 税 理 士 試 験 所 得 税 法 はじめに 第 一 問 の 理 論 については いずれも 本 年 度 の 予 想 出 題 論 点 として 注 目 され 対 策 していた 論 点 からの 出 題 であったため ある 程 度 の 解 答 を 作 成 できた 受 験 生 が 多 かったと 思 われる 第 二 問 の 計 算 については

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199935995748F9196CA8DEC90AC8AEE8F805F8E77906A5F5F95BD32312E30342E303190A792E85F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199935995748F9196CA8DEC90AC8AEE8F805F8E77906A5F5F95BD32312E30342E303190A792E85F2E646F63> 添 付 書 面 作 成 基 準 ( 指 針 ) 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 日 本 税 理 士 会 連 合 会 一 はじめに 税 理 士 の 使 命 は 税 理 士 法 第 1 条 に 規 定 する 独 立 した 公 正 な 立 場 において 国 民 の 納 税 義 務 の 適 正 な 実 現 を 図 ることであり この 使 命 に 沿 って 税 理 士 業 務 を 遂 行 することで

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031957B92868E7382CC8DE096B18F94955C8169955C8E86816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031957B92868E7382CC8DE096B18F94955C8169955C8E86816A2E646F6378> 府 中 市 の 財 務 諸 表 ( 平 成 2 年 度 決 算 ) 広 島 県 府 中 市 平 成 22 年 3 月 は じ め に 今 日 わが 国 全 体 の 財 政 状 況 は 危 機 的 状 況 にあるといわれる 中 で 公 会 計 について 現 在 の 現 金 主 義 による 財 務 情 報 に 加 え 資 産 債 務 の 現 状 とその 推 移 などの 情 報 を 国 が 示 した 統

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出 所 得 税 法 等 ( 国 外 転 出 時 の 特 例 の 創 設 )の 改 正 目 次 一 制 度 創 設 の 趣 旨 81 二 制 度 の 内 容 82 一 制 度 創 設 の 趣 旨 株 式 等 のキャピタルゲインについては 株 式 等 の 売 却 等 により 実 現 した 時 点 で 株 式 を 売 却 した 納 税 者 が 居 住 している 国 において 課 税 されること が 原 則 となっています

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

Microsoft Word - 事業報告_監査法人用_FINAL.doc

Microsoft Word - 事業報告_監査法人用_FINAL.doc 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 2 月 28 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 そ の 他 貸 倒 引 当 金 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 建 物 構 築

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

減 免 の 趣 旨 固 定 資 産 税 の 減 免 は 徴 収 猶 予 納 期 の 延 長 等 の 措 置 を 講 じてもなお 納 税 が 困 難 であると 認 められるような 担 税 力 の 薄 弱 な 者 に 対 する 救 済 措 置 である 一 方 資 産 の 使 用 目 的 及 び 状 況

減 免 の 趣 旨 固 定 資 産 税 の 減 免 は 徴 収 猶 予 納 期 の 延 長 等 の 措 置 を 講 じてもなお 納 税 が 困 難 であると 認 められるような 担 税 力 の 薄 弱 な 者 に 対 する 救 済 措 置 である 一 方 資 産 の 使 用 目 的 及 び 状 況 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 ( 最 終 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 ) 帯 広 市 税 条 例 による 減 免 措 置 減 免 の 趣 旨 固 定 資 産 税 の 減 免 は 徴 収 猶 予 納 期 の 延 長 等 の 措 置 を 講 じてもなお 納 税 が 困 難 であると 認 められるような 担 税 力 の 薄 弱 な 者 に 対 する

More information

 

  法 令 及 び 定 款 に 基 づ く インターネット 開 示 事 項 1 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 2 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 平 成 25 年 度 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 ~ 平 成 26 年 3 月 31 日 ) 三 菱 食 品 株 式 会 社 法 令 及 び 当 社 定 款 第 16 条 の 規 定 に 基 づき 当 社 ホームページ (http://www.mitsubishi-shokuhin.com/)に

More information

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと 035-8900-1094-16 税 15 第 6 5 回 税 理 士 試 験 消 費 税 法 はじめに 第 一 問 第 二 問 ともに2 題 形 式 での 出 題 であり それぞれ 問 1 問 2の 配 点 の 内 訳 が 明 らかにされてい なかった 今 回 の 本 試 験 は 資 料 や 問 題 文 の 読 み 取 りが 厳 しい 内 容 もあったが 基 本 的 な 事 項 を 確

More information

Microsoft Word - 新規 Microsoft Word 文書.docx

Microsoft Word - 新規 Microsoft Word 文書.docx ss 震 災 と 生 活 保 護 制 度 Q&A 作 成 : 生 活 保 護 問 題 対 策 全 国 会 議 Q1( 避 難 所 での 生 活 保 護 受 給 ) 私 は 今 避 難 所 で 生 活 しています 生 活 保 護 の 申 請 に 行 ったら 炊 き 出 し 配 給 等 に よって 最 低 生 活 が 確 保 されているし 居 住 地 ( 被 災 地 )と 離 れているからダメと 言 われま

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併 復 興 特 別 所 得 税 ( 源 泉 徴 収 関 係 )Q&A 平 成 24 年 4 月 国 税 庁 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 のための 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 の 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 23 年 法 律 第 117 号 )( 以 下 復 興 財 源 確 保 法 といいます )が 公 布 され 平 成 25 年 1 月 1

More information

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱 幕 別 町 マイホーム 応 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 幕 別 町 への 移 住 促 進 と 町 内 居 住 者 の 定 住 に 資 するため 住 宅 を 新 築 又 は 購 入 する 者 に 対 し 当 該 住 宅 の 取 得 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 す ることにより 人 口 減 少 の 著 しい 子 育 て 世 代

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AAE90AC94C581758A6D92E8905C8D9082C591B982F082B582C882A282BD82DF82CC218176814089BC87422E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AAE90AC94C581758A6D92E8905C8D9082C591B982F082B582C882A282BD82DF82CC218176814089BC87422E646F63> 確 定 申 告 で 損 をしないための!! 損 をしない シリーズ 第 一 弾 専 門 的 知 識 により 税 金 の 額 は 変 わります! ズバリ 私 が 皆 様 の 質 問 に お 答 えします 南 九 州 税 理 士 会 イメージキャラクター 税 理 士 皆 尾 たすく 目 次 届 出 で 損 をしないための!! P. P. 2 ~ P. 5 1 所 得 税 の 青 色 承 認 申 請 書

More information

平成20年

平成20年 第 5 章 税 法 その 他 の 分 野 1. 不 動 産 取 得 税 (H24-24) 不 動 産 取 得 税 に 関 する 次 の 記 述 のうち 正 しいものはどれか (1) 不 動 産 取 得 税 の 課 税 標 準 となるべき 額 が 土 地 の 取 得 にあっては 10 万 円 家 屋 の 取 得 のうち 建 築 に 係 るものにあっては1 戸 につき 23 万 円 その 他 のものにあっては

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

2 居 住 者 乙 の 取 扱 い ⑴ 住 宅 について 受 けた 損 害 の 取 扱 い 1 雑 損 控 除 居 住 者 又 はその 者 と 生 計 を 一 にする 配 偶 者 その 他 の 親 族 でその 年 分 の 課 税 標 準 の 合 計 額 が 基 礎 控 除 の 額 に 相 当 する

2 居 住 者 乙 の 取 扱 い ⑴ 住 宅 について 受 けた 損 害 の 取 扱 い 1 雑 損 控 除 居 住 者 又 はその 者 と 生 計 を 一 にする 配 偶 者 その 他 の 親 族 でその 年 分 の 課 税 標 準 の 合 計 額 が 基 礎 控 除 の 額 に 相 当 する 第 63 回 税 理 士 試 験 所 得 税 法 第 一 問 50 点 問 1(30 点 ) 居 住 者 甲 の 取 扱 い ⑴ 受 取 損 害 賠 償 金 の 取 扱 い 1 非 課 税 所 得 とされる 場 合 次 に 掲 げる 所 得 については 所 得 税 を 課 さない イ 心 身 に 加 えられた 損 害 につき 支 払 を 受 ける 慰 謝 料 その 他 の 損 害 賠 償 金 (その

More information

山 口 県 ソフトテニス 連 盟 規 約 ( 平 成 27 年 2 月 14 日 施 行 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 連 盟 は 山 口 県 ソフトテニス 連 盟 ( 以 下 連 盟 という )と 称 し 英 文 名 では Yamaguchi Soft-Tennis As

山 口 県 ソフトテニス 連 盟 規 約 ( 平 成 27 年 2 月 14 日 施 行 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 連 盟 は 山 口 県 ソフトテニス 連 盟 ( 以 下 連 盟 という )と 称 し 英 文 名 では Yamaguchi Soft-Tennis As 会 規 集 目 次 規 約 1~ 7 会 計 規 程 8~10 専 門 委 員 会 規 程 11~13 申 し 合 わせ 事 項 14~18 山 口 県 ソフトテニス 連 盟 山 口 県 ソフトテニス 連 盟 規 約 ( 平 成 27 年 2 月 14 日 施 行 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 連 盟 は 山 口 県 ソフトテニス 連 盟 ( 以 下 連 盟 という )と

More information

出 張 報 告 書 A4 Excel 出 張 旅 費 精 算 書 A4 Excel 身 元 保 証 書 等 書 式 誓 約 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 書 A4 Word 誓 約 並 びに 身 元 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 契 約 書 A4 Word 雇 用 契 約

出 張 報 告 書 A4 Excel 出 張 旅 費 精 算 書 A4 Excel 身 元 保 証 書 等 書 式 誓 約 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 書 A4 Word 誓 約 並 びに 身 元 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 契 約 書 A4 Word 雇 用 契 約 2015 改 訂 版 税 理 士 業 務 書 式 文 例 集 収 録 書 式 一 覧 修 正 新 規 削 除 印 のある 書 式 は 解 説 が 付 いています 大 分 類 中 分 類 書 式 名 サイズ 種 類 挨 拶 通 知 文 例 編 案 内 挨 拶 文 例 事 務 所 移 転 のご 案 内 A4 Word 事 務 所 移 転 並 びに 電 話 番 号 変 更 のお 知 らせ A4 Word

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408140918D8D878C768E5A96E291E88F57814596E291E88250>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408140918D8D878C768E5A96E291E88F57814596E291E88250> 税 理 士 試 験 相 続 税 法 の 計 算 は 相 続 税 全 般 に 関 する 理 解 度 を 測 定 するため 個 別 の 財 産 評 価 課 税 価 格 の 算 定 相 続 税 の 総 額 及 び 各 相 続 人 等 の 納 付 すべき 税 額 までの 算 出 を 求 め る 総 合 問 題 となっています 限 られた 制 限 時 間 の 中 で 合 格 点 をとるためには 総 合 問 題

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案)

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 貸 付 規 程 運 用 方 針 第 1 条 関 係 貸 付 けの 対 象 となる 組 合 員 は 定 款 第 13 条 第 1 号 及 び 第 3 号 に 掲 げる 者 とする 第 6 条 関 係 1 第 一 号 ロ( 物 資 貸 付 ) 第 二 号 ( 特 別 貸 付 ) 第 三 号 ( 住 宅 貸 付 ) 及 び 第 四 号 ( 特 別 住 宅 貸 付 )の

More information

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 平 成 24 年 10 月 沼 津 市 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 ( 以 下 温 泉 施 設 という )の 指 定 管 理 業 務 は 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例 ( 以 下 条 例 という ) 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例

More information

あぐり1月号

あぐり1月号 VOL.30 2008/1/1 今 月 号 の 掲 載 内 容 医 療 費 控 除 Q&A 1P~ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 5P~ 今 月 のトピック 確 定 申 告 7P~ 2008 年 税 務 カレンダー 9P あけましておめでとうございます 今 年 もよろしくお 願 い 致 します 清 田 会 計 事 務 所 は 電 子 申 告 を 推 進 しています 当 事 務 所 ホームページも

More information

例 えば 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 はもとより 貨 物 利 用 運 送 事 業 倉 庫 業 港 湾 運 送 事 業 等 の ように 経 営 するすべての 事 業 をその 種 類 ごとに 記 載 する 8 従 業 員 数 の 欄 は 期 中 の 平 均 従 業 員 を 記 載 する

例 えば 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 はもとより 貨 物 利 用 運 送 事 業 倉 庫 業 港 湾 運 送 事 業 等 の ように 経 営 するすべての 事 業 をその 種 類 ごとに 記 載 する 8 従 業 員 数 の 欄 は 期 中 の 平 均 従 業 員 を 記 載 する (1) 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 報 告 規 則 では 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 の 様 式 及 び 勘 定 科 目 については 定 められていない が この 趣 旨 は 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 法 が 事 業 規 制 の 緩 和 を 目 的 としたことにかんがみ 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 についても 一 般 に 公 開

More information

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 するQ& 平 成 12 年 8 月 ( 平 成 24 年 3 月 最 終 改 訂 ) 総 務 省 行 政 管 理 局 財 務 省 主 計 局 日 本 公 認 会 計 士 協 会 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい

More information

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可 日 本 ブランド 農 業 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

所 得 税 法 上 級 コース 計 算 テキスト 1 コントロールタワー 回 数 教 材 テ ー マ 計 算 テキスト トレーニング ポイントチェック 理 論 マスター 理 論 テキスト 個 別 計 算 問 題 集 [TAC 出 版 ] 第 1 回 講 義 1 所 得 税 の 学 習 にあたって 所

所 得 税 法 上 級 コース 計 算 テキスト 1 コントロールタワー 回 数 教 材 テ ー マ 計 算 テキスト トレーニング ポイントチェック 理 論 マスター 理 論 テキスト 個 別 計 算 問 題 集 [TAC 出 版 ] 第 1 回 講 義 1 所 得 税 の 学 習 にあたって 所 第 1 回 講 義 体 験 用 テキスト 所 得 税 法 上 級 コース 計 算 テキスト 1 コントロールタワー 回 数 教 材 テ ー マ 計 算 テキスト トレーニング ポイントチェック 理 論 マスター 理 論 テキスト 個 別 計 算 問 題 集 [TAC 出 版 ] 第 1 回 講 義 1 所 得 税 の 学 習 にあたって 所 得 控 除 (その1) 所 得 控 除 (その2) P.

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63> 3 月 決 算 法 人 の 決 算 申 告 のポイント 平 成 23 年 4 月 7 日 九 州 北 部 税 理 士 会 福 岡 支 部 夜 間 研 修 税 理 士 有 田 義 博 目 次 平 成 22 年 度 税 制 改 正 から... 1 いわゆる 自 販 機 節 税 封 じ( 消 費 税 )... 1 1. 平 成 22 年 度 改 正 の 内 容... 1 2. 適 用 時 期 ( 改 正

More information

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12 東 京 建 設 職 能 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 45 年 7 月 23 日 制 定 昭 和 55 年 5 月 26 日 一 部 改 正 平 成 4 年 3 月 4 日 一 部 改 正 平 成 15 年 3 月 5 日 一 部 改 正 昭 和 46 年 2 月 27 日 一 部 改 正 昭 和 56 年 2 月 26 日 一 部 改 正 平 成 5 年 3 月 4 日 一 部

More information

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予 猶 予 申 請 の 手 引 き 猶 予 制 度 とは 税 金 を 滞 納 すると 納 付 するまで 延 滞 金 がかかります また 督 促 状 を 受 けて 10 日 を 経 過 してもなお 納 付 されない 場 合 は 財 産 を 調 査 し 差 押 えなどの 滞 納 処 分 を 受 ける ことがあります ただし 税 金 を 一 時 に 納 付 することが 困 難 な 理 由 があり 納 税 について

More information

平成25年度決算への新会計基準の影響

平成25年度決算への新会計基準の影響 平 成 25 年 度 決 算 への 新 会 計 基 準 の 影 響 枚 方 市 上 下 水 道 局 2015/03/31 新 会 計 基 準 適 用 による 決 算 への 影 響 解 説 目 次 平 成 25 年 度 決 算 の 概 況... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 の 特 徴... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 見 直 しの 概 要... 3 借 入 賅 本 金 制 度

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

別添資料

別添資料 貸 借 対 照 表 ( 平 成 18 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 520,174 流 動 負 債 543,802 現 金 及 び 預 金 割 賦 債 権 営 業 貸 付 金 その 他 の 営 業 貸 付 債 権 賃 貸 料 等 未 収 入 金 カ ー ド 未 収 入 金 営 業 投 資 有

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

科 目 予 算 額 決 算 額 差 異 Ⅱ 投 資 活 動 収 支 の 部 1. 投 資 活 動 収 入 特 定 資 産 取 崩 収 入 13,811,848 62,532,864 48,721,016 退 職 給 付 引 当 資 産 取 崩 収 入 2,811,848 54,237,864 51,

科 目 予 算 額 決 算 額 差 異 Ⅱ 投 資 活 動 収 支 の 部 1. 投 資 活 動 収 入 特 定 資 産 取 崩 収 入 13,811,848 62,532,864 48,721,016 退 職 給 付 引 当 資 産 取 崩 収 入 2,811,848 54,237,864 51, 平 成 2 3 年 度 収 支 決 算 書 1. 収 支 計 算 書 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 科 目 予 算 額 決 算 額 差 異 Ⅰ 事 業 活 動 収 支 の 部 1. 事 業 活 動 収 入 特 定 資 産 運 用 収 入 174,685 120,519 54,166 特 定 資 産 受 取 利 息 収 入 174,685 120,519

More information

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 (1) 連 結 子 会 社 の 数 3 社 連 結 子 会 社 の 名 称 株 式 会 社 ミック 株 式 会 社 モリワン 株 式 会 社 テッ

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 (1) 連 結 子 会 社 の 数 3 社 連 結 子 会 社 の 名 称 株 式 会 社 ミック 株 式 会 社 モリワン 株 式 会 社 テッ 第 42 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての インターネット 開 示 事 項 第 42 期 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 1 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 2 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 はるやま 商 事 株 式 会 社 本 内 容 は 法 令 及 び 当 社 定 款 第 17 条 の

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

<4D F736F F D B AD6938C81408E968BC695F18D908F AFA2E646F63>

<4D F736F F D B AD6938C81408E968BC695F18D908F AFA2E646F63> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 8 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 そ の 他 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 建 物 構 築 物 機 械 装 置

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

務 署 処 理 欄 原 則 として 記 載 する 必 要 はありません ただし 売 上 金 欄 については 損 益 書 売 上 ( 収 入 ) 金 合 ( 雑 収 入 営 業 外 収 益 及 び 特 別 損 益 を 除 きます )を 100 万 円 単 位 (100 万 円 未 満 端 数 は 切

務 署 処 理 欄 原 則 として 記 載 する 必 要 はありません ただし 売 上 金 欄 については 損 益 書 売 上 ( 収 入 ) 金 合 ( 雑 収 入 営 業 外 収 益 及 び 特 別 損 益 を 除 きます )を 100 万 円 単 位 (100 万 円 未 満 端 数 は 切 別 表 一 ( 一 ) 及 び 別 表 一 ( 一 ) 次 葉 普 通 ( 特 定 医 療 を 除 く ) 一 般 社 団 等 及 び 格 ない 社 団 等 分 申 告 書 ( 平 成 26 年 10 月 1 日 以 後 開 始 事 業 年 度 等 用 ) 1 こ 表 用 途 こ 表 は 普 通 ( 措 置 第 67 条 2 第 1 項 ( 特 定 医 療 率 特 例 )) 規 定 により 承 認

More information