租税調査会研究報告第7号

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "租税調査会研究報告第7号"

Transcription

1 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに 資 本 取 引 の 発 生 形 態 自 己 株 式 の 取 得 と 処 分 新 株 予 約 権 の 発 行... 9 (1) 新 株 予 約 権 の 性 質... 9 (2) 発 行 会 社 側 の 税 務 ( 会 計 処 理 との 比 較 ) (3) 取 得 者 の 税 務 ( 会 計 処 理 との 比 較 ) (4) 税 制 適 格 ストック オプション (5) 新 株 予 約 権 付 社 債 資 本 金 準 備 金 の 額 の 減 少 等 (1) 資 本 金 の 額 の 減 少 (いわゆる 減 資 )の 態 様 (2) 準 備 金 の 額 の 減 少 と 配 当 剰 余 金 の 配 当 等 i -

2 本 研 究 報 告 で 使 用 する 法 律 等 の 略 号 は 次 のとおりである 会 : 会 社 法 金 商 法 : 金 融 商 品 取 引 法 法 : 法 人 税 法 所 : 所 得 税 法 施 規 : 施 行 規 則 計 規 : 計 算 規 則 措 : 租 税 特 別 措 置 法 令 : 当 該 税 目 に 係 る 法 律 の 施 行 令 基 : 当 該 税 目 に 係 る 法 律 の 基 本 通 達 1: 第 1 条 1: 第 1 項 一 : 第 1 号 - ii -

3 1.はじめに 証 券 市 場 の 活 性 化 や 資 金 調 達 手 段 の 改 善 等 を 目 的 に 原 則 として 禁 止 されていた 自 己 株 式 の 取 得 を 許 容 する 改 正 商 法 が 平 成 13 年 10 月 から 施 行 され また 新 株 予 約 権 の 発 行 を 広 く 認 める 改 正 商 法 が 平 成 14 年 4 月 から 施 行 された さらに 平 成 18 年 5 月 から 施 行 された 会 社 法 では 自 己 株 式 の 取 得 を 剰 余 金 の 配 当 等 として 取 り 扱 うこととされている 会 計 面 においても 企 業 会 計 基 準 委 員 会 が 平 成 14 年 2 月 に 企 業 会 計 基 準 第 1 号 自 己 株 式 及 び 法 定 準 備 金 の 取 崩 等 に 関 する 会 計 基 準 ( 以 下 基 準 1 号 という なお 平 成 17 年 12 月 の 改 正 の 際 に 基 準 名 が 自 己 株 式 及 び 準 備 金 の 額 の 減 少 等 に 関 する 会 計 基 準 と 変 更 された )を 公 表 し その 後 平 成 18 年 8 月 に 改 正 がなされている また 平 成 17 年 12 月 には 企 業 会 計 基 準 第 8 号 ストック オプション 等 に 関 する 会 計 基 準 ( 以 下 基 準 8 号 という )も 公 表 された このようないわゆる 資 本 取 引 に 関 する 税 務 処 理 については 取 引 の 多 様 化 に 対 応 すべ く 平 成 18 年 5 月 以 降 に 発 行 されるストック オプションに 関 し ストック オプション 費 用 の 損 金 算 入 規 定 が 定 められた また 平 成 22 年 度 の 税 制 改 正 では 現 物 分 配 の 規 定 の 整 備 が 行 われ 完 全 支 配 関 係 にある 法 人 間 での 分 配 を 適 格 現 物 分 配 として 組 織 再 編 成 の 一 形 態 として 位 置 付 けることとされた 資 本 取 引 に 対 する 税 務 上 会 計 上 の 処 理 は 完 全 に 整 備 されたとはいい 難 く また 種 類 株 式 の 処 理 など 今 後 の 検 討 が 必 要 な 点 もあ り 更 に 充 実 した 研 究 が 求 められるが 新 たな 基 準 等 に 適 合 させるため 本 研 究 報 告 を 再 び 改 正 することとした なお 以 下 では 現 行 の 税 務 上 の 処 理 を 中 心 に 説 明 し 必 要 に 応 じ 会 計 処 理 との 比 較 を 行 うこととする 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態 法 人 税 法 では 資 本 等 取 引 を 法 人 の 資 本 金 等 の 額 の 増 加 又 は 減 少 を 生 ずる 取 引 並 び に 法 人 が 行 う 利 益 又 は 剰 余 金 の 分 配 及 び 残 余 財 産 の 分 配 又 は 引 渡 し と 定 義 している( 法 225) 具 体 的 に 資 本 金 等 が 増 加 する 形 態 としては 新 株 の 発 行 による 増 資 が 行 われた 場 合 吸 収 合 併 を 行 った 合 併 存 続 会 社 の 場 合 株 式 交 換 を 行 った 完 全 親 会 社 の 場 合 又 は 吸 収 分 割 を 行 った 分 割 承 継 会 社 の 場 合 などがある 減 少 する 形 態 としては いわゆる 減 資 に 伴 い 剰 余 金 の 配 当 が 行 われた 場 合 分 割 型 分 割 が 行 われた 分 割 会 社 の 場 合 などがある 資 本 等 取 引 に 該 当 する 場 合 には 益 金 の 額 や 損 金 の 額 が 発 生 しないため 資 本 等 取 引 か 否 かは 重 要 な 問 題 となる 本 研 究 報 告 では 主 として 自 己 株 式 の 取 得 や 処 分 ( 売 却 や 消 却 )が 行 われた 場 合 などにどのような 取 扱 いがなされるかを 説 明 するに 留 めているが 最 終 的 には 取 引 が 税 務 上 の 資 本 等 取 引 に 該 当 するか 否 か 組 織 再 編 税 制 との 関 連 はど うか さらに 会 計 上 の 概 念 との 差 異 についても 深 く 研 究 したいと 考 えている 3. 自 己 株 式 の 取 得 と 処 分 (1) 自 己 株 式 の 取 得 1 自 己 株 式 の 取 得 の 形 態 - 1 -

4 会 社 法 における 自 己 株 式 の 取 得 の 形 態 としては 自 己 株 式 の 取 得 と 財 源 規 制 (7 頁 図 表 参 照 )に 掲 げるものがある 旧 商 法 では 買 受 け という 表 現 が 用 いら れていた( 旧 商 210)が 対 価 が 現 金 でない 場 合 も 含 まれるので 取 得 という 表 現 に 変 更 されている 2 会 社 側 の 税 務 ( 会 計 処 理 との 比 較 ) ア. 自 己 株 式 に 関 する 税 務 上 の 取 扱 いの 改 正 平 成 18 年 度 改 正 前 の 法 人 税 法 では 有 価 証 券 とは 証 券 取 引 法 第 2 条 第 1 項 ( 定 義 )に 規 定 する 有 価 証 券 その 他 これに 準 ずるもので 政 令 で 定 めるものをいうもの とされており 法 人 税 法 に 自 己 株 式 を 有 価 証 券 から 除 外 する 特 段 の 規 定 がなかっ たため 自 己 株 式 は 法 人 税 法 上 の 有 価 証 券 として 取 り 扱 われていたが 平 成 18 年 度 改 正 において 有 価 証 券 から 自 己 の 株 式 又 は 出 資 を 除 くものと 定 義 され( 法 2 二 十 一 ) 自 己 株 式 の 取 得 は 資 本 金 等 の 額 及 び 利 益 積 立 金 額 を 減 算 することとさ れた( 法 令 81 十 七 十 八 91 十 一 十 二 ) このため 有 価 証 券 の 購 入 費 用 としてその 取 得 価 額 に 加 えられ 損 金 とならなかった 購 入 手 数 料 がその 取 得 時 に 損 金 の 額 に 算 入 されることとなった これにより 取 得 に 伴 う 付 随 費 用 を 営 業 外 費 用 として 計 上 することになっている 会 計 処 理 と 税 務 の 処 理 の 統 一 が 図 られること となった( 基 準 1 号 第 14 項 ) なお 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 までの 本 研 究 報 告 では 時 価 以 外 の 価 額 により 自 己 株 式 の 取 得 や 売 却 が 行 われた 場 合 の 記 述 がなされていた 上 述 したように 平 成 18 年 改 正 税 法 では 自 己 株 式 の 取 引 を 保 有 している 場 合 を 含 め 資 本 等 取 引 に 準 じ て 一 体 化 して 取 り 扱 うこととなったため 発 行 会 社 では 時 価 以 外 の 取 引 がなされ ても 実 際 の 取 引 価 額 との 差 額 を 益 金 の 額 や 損 金 の 額 に 算 入 する 必 要 がないとも 考 えられる この 点 については 明 確 な 解 釈 が 現 在 のところ 確 立 されているとはい い 難 いので 本 研 究 報 告 では 時 価 以 外 の 取 引 がなされた 場 合 の 取 扱 いについては 言 及 しないこととしている イ. 相 対 取 引 による 自 己 株 式 取 得 の 場 合 平 成 18 年 度 改 正 では 種 類 株 式 の 取 得 に 関 する 取 扱 いが 新 たに 加 えられ 1つ の 種 類 株 式 のみが 発 行 されている 場 合 と2 以 上 の 種 類 株 式 が 発 行 されている 場 合 とに 分 け 規 定 がなされている (ア) 1つの 種 類 株 式 のみが 発 行 されている 場 合 この 場 合 には 取 得 資 本 金 額 ( 取 得 直 前 の 資 本 金 等 の 額 に 取 得 株 式 数 の 発 行 済 株 式 数 に 占 める 割 合 を 乗 じたもの)を 資 本 金 等 の 額 から 減 算 することとさ れている( 法 令 81 十 七 イ) また 自 己 株 式 の 取 得 に 伴 い 交 付 した 金 銭 その 他 の 資 産 ( 以 下 交 付 金 銭 等 という )が 取 得 資 本 金 額 を 超 える 場 合 には その 超 える 部 分 の 金 額 を 利 益 積 立 金 額 から 取 り 崩 すことになっている( 法 令 91 十 二 ) これらを 仕 訳 で 示 せ ば 次 のようになる - 2 -

5 資 本 金 等 の 額 利 益 積 立 金 額 現 金 預 金 なお 交 付 金 銭 等 が 取 得 資 本 金 額 を 下 回 る 場 合 には 資 本 金 等 の 額 を 減 算 す る 額 は 交 付 金 銭 等 の 額 を 限 度 とする (イ) 2 以 上 の 種 類 株 式 が 発 行 されている 場 合 この 場 合 には 種 類 株 式 ごとに 区 分 して 処 理 がなされる すなわち 各 種 類 株 式 ごとに 計 算 される 取 得 資 本 金 額 ( 取 得 直 前 の 当 該 種 類 資 本 金 額 に 取 得 当 該 種 類 株 式 数 の 発 行 済 当 該 種 類 株 式 数 に 占 める 割 合 を 乗 じたもの)を 資 本 金 等 の 額 から 減 算 することとされている( 法 令 81 十 七 ロ) また 交 付 金 銭 等 がこの 取 得 資 本 金 額 を 超 える 場 合 には その 超 える 部 分 の 金 額 を 利 益 積 立 金 額 から 取 り 崩 すことになっている( 法 令 91 十 二 ) ここで 種 類 資 本 金 額 とは 種 類 株 式 の 交 付 時 に 増 加 した 資 本 金 等 の 額 をいう( 法 令 8 2) ( 注 ) 平 成 18 年 3 月 31 日 に 保 有 した2 以 上 の 種 類 株 式 の 種 類 資 本 金 額 の 算 定 方 法 として 次 の3 方 法 が 定 められている( 法 令 附 44) ある 種 類 の 株 式 の 種 類 資 本 金 額 は 次 のいずれかの 方 法 により 算 定 された 金 額 とする 1 種 類 資 本 金 額 合 計 額 - ある 種 類 株 式 以 外 の 株 式 の 発 行 価 額 の 合 計 額 ある 種 類 の 株 式 の 価 額 2 資 本 金 等 の 額 発 行 済 株 式 の 価 額 の 合 計 額 3 その 他 合 理 的 な 方 法 会 計 上 も 法 人 税 法 上 の 取 扱 いと 同 様 に 自 己 株 式 の 取 得 は 資 産 取 得 取 引 では なく 資 本 取 引 とされ 交 付 金 銭 等 の 総 額 を 純 資 産 の 部 の 株 主 資 本 から 控 除 するも のとされている( 基 準 1 号 第 7 項 ) また 取 得 原 価 で 一 括 して 株 主 資 本 全 体 の 控 除 項 目 とする 方 法 を 採 用 した 理 由 については 自 己 株 式 を 取 得 したのみでは 発 行 済 株 式 総 数 が 減 少 するわけではなく 取 得 後 の 処 分 もあり 得 る 点 に 着 目 し 自 己 株 式 の 保 有 は 処 分 又 は 消 却 までの 暫 定 的 な 状 態 であると 考 えられたことによる とされている( 基 準 1 号 第 32 項 ) 以 上 のことから 相 対 取 引 による 取 得 の 場 合 会 計 と 税 務 処 理 の 違 いから 申 告 調 整 を 行 うことが 必 要 になる なお 平 成 22 年 度 の 税 制 改 正 により 完 全 支 配 関 係 法 人 間 の 株 式 の 発 行 法 人 へ の 売 却 及 び 取 得 予 定 取 得 自 己 株 式 の 売 却 について 売 却 株 主 の 法 人 税 法 上 の 取 扱 いが 改 正 されたが 会 社 側 ( 発 行 法 人 )の 税 務 上 の 取 扱 いに 変 更 はない ウ. 市 場 における 自 己 株 式 取 得 の 場 合 会 社 が 市 場 において 自 己 株 式 を 取 得 した 場 合 の 税 務 上 の 取 扱 いは 相 対 取 引 の 場 合 と 異 なり 交 付 金 銭 等 に 剰 余 金 の 配 当 等 からなるものはないものとされ 当 該 発 行 会 社 においては 利 益 積 立 金 額 の 取 崩 しは 行 わず 対 価 の 額 ( 交 付 金 銭 等 ) - 3 -

6 を 資 本 金 等 の 額 から 減 算 する( 法 令 81 十 八 ) したがって 直 接 控 除 する 点 を 除 き 会 計 上 の 処 理 と 一 致 する 3 売 却 株 主 の 税 務 ( 会 計 処 理 との 比 較 ) ア. 相 対 取 引 による 売 却 の 場 合 相 対 取 引 により 自 己 株 式 を 発 行 会 社 が 取 得 する 場 合 には 税 務 上 発 行 会 社 は 自 己 株 式 の 取 得 に 伴 う 交 付 金 銭 等 を 資 本 金 等 の 払 戻 しの 部 分 からなるものと 配 当 等 の 部 分 からなるものとに 区 分 する 取 引 の 相 手 方 の 株 主 側 では 受 領 する 交 付 金 銭 等 のうち 資 本 金 等 の 払 戻 しの 部 分 の 金 額 を 超 える 金 額 が みなし 配 当 と なる( 法 241 四 所 251 四 ) ただし 相 続 又 は 遺 贈 により 財 産 を 取 得 した 個 人 で 納 付 すべき 相 続 税 があるものが 相 続 税 の 申 告 書 の 提 出 期 限 の 翌 日 以 後 3 年 を 経 過 する 日 までの 間 に 非 上 場 株 式 を 発 行 会 社 に 譲 渡 した 場 合 は みなし 配 当 課 税 は 行 わず 譲 渡 課 税 となる( 措 9の7) 相 対 取 引 による 自 己 株 式 の 取 得 に 係 る 取 得 会 社 と 株 主 の 処 理 会 社 側 株 主 側 資 本 金 等 の 額 ( 取 得 資 本 金 額 ) 交 付 金 銭 等 譲 渡 損 株 主 所 有 株 式 簿 価 利 益 積 立 金 額 みなし 配 当 会 計 上 は 株 式 の 発 行 法 人 にとって 自 己 株 式 の 取 得 に 当 たる 取 引 に 関 し 相 手 方 である 売 却 株 主 の 会 計 処 理 について 特 に 定 めを 設 けていない 実 務 上 当 該 株 主 は 交 付 金 銭 等 と 当 該 株 式 の 帳 簿 価 額 の 差 額 を 有 価 証 券 の 譲 渡 損 益 として 会 計 処 理 するものと 思 われる 完 全 支 配 関 係 法 人 間 の 株 式 の 発 行 法 人 への 売 却 の 場 合 平 成 22 年 度 の 税 制 改 正 により 内 国 法 人 が 所 有 株 式 を 発 行 した 他 の 内 国 法 人 で 当 該 内 国 法 人 との 間 に 完 全 支 配 関 係 があるものから みなし 配 当 の 額 が 生 ずる 基 因 となる 事 由 (みなし 配 当 事 由 )により 金 銭 その 他 の 資 産 の 交 付 を 受 けた 場 合 又 は 当 該 事 由 により 当 該 他 の 内 国 法 人 の 株 式 を 有 しないこととなった 場 合 には その 株 式 の 譲 渡 対 価 の 額 は 譲 渡 原 価 の 額 に 相 当 する 金 額 とされ 当 該 事 由 により 生 ずる 株 式 の 譲 渡 損 益 が 生 じないこととされた( 法 61の216) この 場 合 の 譲 渡 益 相 当 額 又 は 譲 渡 損 相 当 額 は 当 該 内 国 法 人 の 資 本 金 等 の 額 に 加 算 又 は 減 算 することとされ( 法 令 81 十 九 ) 当 該 他 の 内 国 法 人 が 種 類 株 式 発 行 法 人 の 場 合 には 資 本 金 等 の 額 に 加 算 又 は 減 算 する 金 額 は 発 行 済 株 式 の 時 価 総 額 に 占 める 各 種 類 株 式 の 時 価 の 割 合 により 按 分 する( 法 令 86) - 4 -

7 取 得 予 定 取 得 自 己 株 式 の 売 却 の 場 合 平 成 22 年 度 の 税 制 改 正 により 発 行 法 人 により 自 己 株 式 としての 取 得 が 行 われ ることが 予 定 されている 株 式 を 取 得 した 場 合 において その 後 発 行 法 人 の 自 己 株 取 得 が 行 われた 場 合 には 当 該 株 式 について 生 じる 配 当 等 の 額 (その 予 定 され ていた 自 己 株 式 としての 取 得 に 基 因 するみなし 配 当 の 額 に 限 る)については 受 取 配 当 の 益 金 不 算 入 制 度 は 適 用 しないこととされた( 法 233 法 令 20の2) イ. 市 場 における 売 却 の 場 合 発 行 会 社 が 市 場 において 自 己 株 式 を 取 得 した 場 合 には 税 務 上 は 相 対 取 引 の 場 合 と 異 なり 交 付 金 銭 等 に 剰 余 金 の 配 当 等 からなるものはないものとし 株 主 に みなし 配 当 を 課 すことはない( 法 241 四 法 令 233 所 251 四 所 令 611) したがって 当 該 株 主 においては 交 付 金 銭 等 と 当 該 株 式 の 帳 簿 価 額 の 差 額 が 有 価 証 券 の 譲 渡 損 益 とされる 会 計 上 も 同 様 の 取 扱 いとなる 市 場 買 付 相 対 取 引 売 却 株 主 の 税 務 上 の 取 扱 い 個 人 株 主 譲 渡 課 税 ( 所 251 四 括 弧 書 措 37の 10) みなし 配 当 部 分 は 配 当 課 税 ( 所 251 四 ) ( 注 ) 相 続 人 等 による 売 却 が 譲 渡 所 得 になる 場 合 あり( 措 9の7) みなし 配 当 以 外 の 部 分 は 譲 渡 課 税 ( 措 37の10) 法 人 株 主 譲 渡 課 税 ( 法 241 四 括 弧 書 法 61の2 1) みなし 配 当 部 分 は 配 当 課 税 ( 法 241 四 ) ( 注 ) 取 得 予 定 取 得 自 己 株 式 の 場 合 は 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入 の 適 用 なし( 法 233 法 令 20の2) みなし 配 当 以 外 の 部 分 は 譲 渡 課 税 ( 法 61の21) ( 注 ) 完 全 支 配 関 係 法 人 間 の 場 合 は 譲 渡 損 益 の 計 上 なし( 法 61の216) (2) 自 己 株 式 の 処 分 等 1 自 己 株 式 の 処 分 等 の 形 態 自 己 株 式 の 処 分 等 の 形 態 としては 売 却 消 却 取 得 請 求 権 ( 条 項 ) 付 株 式 の 取 得 対 価 株 式 無 償 割 当 新 株 予 約 権 の 行 使 及 び 株 式 交 換 移 転 合 併 時 などの 代 用 株 式 としての 移 転 がある 2 会 社 側 の 税 務 ( 会 計 処 理 との 比 較 ) ア. 売 却 ( 新 株 発 行 に 準 じた 処 理 ) 税 務 上 株 式 の 発 行 会 社 が 取 得 した 自 己 株 式 を 売 却 ( 新 株 発 行 手 続 を 準 用 した 処 理 )をした 場 合 平 成 18 年 度 税 制 改 正 前 は 発 行 会 社 における 当 該 自 己 株 式 の 譲 - 5 -

8 渡 益 又 は 譲 渡 損 に 相 当 する 金 額 は 資 本 積 立 金 の 増 加 又 は 減 少 とするとされてい た 同 改 正 により 自 己 株 式 については 取 得 時 に 資 本 金 等 の 額 を 減 算 することと されたため 売 却 時 には 対 価 のすべてが 資 本 金 等 の 額 の 増 加 額 となる( 法 令 81 一 ) 会 計 上 自 己 株 式 の 新 株 発 行 手 続 を 準 用 した 処 分 について 次 のように 取 り 扱 うとされている すなわち 自 己 株 式 の 処 分 差 益 は その 他 資 本 剰 余 金 に 計 上 し 自 己 株 式 処 分 差 損 は その 他 資 本 剰 余 金 から 減 額 し 控 除 しきれない 場 合 は そ の 他 利 益 剰 余 金 のうち 繰 越 利 益 剰 余 金 から 減 額 する( 基 準 1 号 第 9 項 第 10 項 第 12 項 ) なお 自 己 株 式 の 処 分 と 新 株 の 発 行 が 同 時 に 行 われた 場 合 は 会 社 法 では 払 込 価 額 から 自 己 株 式 の 帳 簿 価 額 を 控 除 したものが 資 本 金 等 増 加 限 度 額 とさ れており 会 計 処 理 上 も 同 様 に 取 り 扱 われる( 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 2 号 自 己 株 式 及 び 準 備 金 の 額 の 減 少 等 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 ( 以 下 指 針 2 号 という ) 第 11 項 会 計 規 14) 以 上 のような 取 扱 いがなされるため 取 得 時 に 対 価 の 金 額 の 全 額 が 資 本 金 等 の 額 か ら 減 額 され 処 分 時 に 自 己 株 式 処 分 差 益 が 生 じる 場 合 及 び 自 己 株 式 処 分 差 損 が 生 じその 全 額 がその 他 資 本 剰 余 金 から 控 除 される 場 合 は 税 務 処 理 と 会 計 処 理 は 結 果 的 に 一 致 することがある しかし 前 述 のとおり 相 対 取 引 による 場 合 には 自 己 株 式 の 取 得 価 額 は 税 務 処 理 と 会 計 処 理 とで 異 なることがあるので 自 己 株 式 処 分 差 益 につ いても 差 異 が 生 じることになる さらに 会 計 上 自 己 株 式 処 分 差 損 が 生 じる 場 合 で 繰 越 利 益 剰 余 金 から 減 額 される 場 合 は 税 務 処 理 では 通 常 資 本 金 等 の 額 を 減 算 する ので この 点 についても 税 務 処 理 と 会 計 処 理 とで 差 異 が 生 じることになる この 場 合 には 会 計 上 繰 越 利 益 剰 余 金 から 減 額 された 金 額 について 税 務 上 は 当 該 金 額 につ いて 利 益 積 立 金 額 を 増 額 し 同 時 に 資 本 金 等 の 額 を 減 算 する 申 告 調 整 を 行 うこととな る イ. 消 却 株 式 の 発 行 法 人 が 取 得 した 自 己 株 式 を 消 却 した 場 合 税 務 上 自 己 株 式 は 取 得 時 に 資 本 金 等 の 額 又 は 利 益 積 立 金 額 から 減 額 されているので 処 理 の 必 要 がない 会 計 上 は 消 却 手 続 が 完 了 したときに 消 却 の 対 象 となった 自 己 株 式 の 帳 簿 価 額 をその 他 資 本 剰 余 金 から 減 額 することになっている( 基 準 1 号 第 11 項 ) したがって 税 務 上 相 対 取 引 により 取 得 し 利 益 積 立 金 額 が 減 額 されている ような 場 合 には 会 計 上 と 結 果 が 異 なることになる - 6 -

9 自 己 株 式 の 取 得 と 財 源 規 制 取 得 できる 場 合 根 拠 条 文 分 配 可 能 額 による 制 限 取 得 条 項 付 株 式 ( 発 行 する 全 部 の 株 式 対 象 ) 会 1071 三 制 限 ( 会 1705) 取 得 条 項 付 種 類 株 式 会 1081 六 制 限 ( 会 1705) 全 部 取 得 条 項 付 種 類 株 式 会 1081 七 制 限 ( 会 4611 四 ) 取 得 請 求 権 付 株 式 ( 発 行 する 全 部 の 株 式 対 象 ) 会 1071 二 制 限 ( 会 1661) 取 得 請 求 権 付 種 類 株 式 会 1081 五 制 限 ( 会 1661) 譲 渡 制 限 株 式 会 138 一 ハ 二 ハ 制 限 ( 会 4611 一 ) 相 続 人 等 に 対 する 売 渡 請 求 会 1761 制 限 ( 会 4611 五 ) 単 元 未 満 株 式 の 買 取 請 求 会 1921 制 限 なし 所 在 不 明 株 主 の 株 式 買 取 り 会 1973 制 限 ( 法 4611 六 ) 端 数 株 式 会 2344 制 限 ( 法 4611 七 ) 事 業 全 部 の 譲 受 会 155 十 会 施 規 27 七 制 限 なし 合 併 会 155 十 一 会 施 規 27 六 制 限 なし 吸 収 分 割 会 155 十 二 制 限 なし 株 主 との 合 意 による 取 得 会 1561 制 限 ( 会 4611 二 三 ) 無 償 取 得 会 施 規 27 一 制 限 なし 割 当 取 得 会 施 規 27 二 三 四 制 限 なし 反 対 株 主 からの 株 式 買 取 請 求 会 116 会 施 規 27 五 制 限 ( 会 4641)( 組 織 再 編 の 場 合 を 除 く) 子 会 社 からの 株 式 取 得 会 163 制 限 ( 会 4611 二 ) (3) 自 己 株 式 の 取 得 と 処 分 に 係 る 仕 訳 例 参 考 として 自 己 株 式 の 取 得 と 処 分 に 係 る 仕 訳 例 を 示 すが 当 該 仕 訳 例 は 税 務 上 の ものである 例 1 相 対 取 引 による 取 得 と 処 分 1. 前 提 発 行 会 社 の 純 資 産 の 部 の 構 成 (1 株 当 たり) 資 本 金 等 の 額 150 利 益 積 立 金 額 40 計 190 交 付 金 銭 等 の 金 額 190 各 株 主 の 株 式 の 取 得 価 額 200 譲 渡 価 額

10 取 得 時 2. 仕 訳 発 行 会 社 譲 渡 株 主 ( 法 人 ) 譲 渡 株 主 ( 個 人 ) ( 借 方 ) ( 借 方 ) ( 借 方 ) 資 本 金 等 の 額 150 現 預 金 190 現 預 金 190 利 益 積 立 金 額 40 譲 渡 損 50 譲 渡 損 50 ( 貸 方 ) ( 貸 方 ) ( 貸 方 ) 現 預 金 190 有 価 証 券 200 有 価 証 券 200 みなし 配 当 40 みなし 配 当 40 消 却 時 仕 訳 なし 仕 訳 なし 仕 訳 なし 譲 渡 時 ( 借 方 ) 現 預 金 300 ( 貸 方 ) 資 本 金 等 の 額 300 みなし 配 当 の 源 泉 については 無 視 する 仕 訳 なし 仕 訳 なし 例 2 市 場 取 引 による 取 得 と 処 分 1. 前 提 発 行 会 社 の 純 資 産 の 部 の 構 成 (1 株 当 たり) 資 本 金 等 の 額 150 利 益 積 立 金 額 40 計 190 交 付 金 銭 等 の 金 額 190 各 株 主 の 株 式 の 取 得 価 額 200 譲 渡 価 額 仕 訳 発 行 会 社 譲 渡 株 主 ( 法 人 ) 譲 渡 株 主 ( 個 人 ) ( 借 方 ) ( 借 方 ) ( 借 方 ) 資 本 金 等 の 額 190 現 預 金 190 現 預 金 190 取 得 時 ( 貸 方 ) 譲 渡 損 10 譲 渡 損 10 現 預 金 190 ( 貸 方 ) ( 貸 方 ) 有 価 証 券 200 有 価 証 券 200 消 却 時 仕 訳 なし 仕 訳 なし 仕 訳 なし 譲 渡 時 ( 借 方 ) 現 預 金 300 ( 貸 方 ) 資 本 金 等 の 額 300 仕 訳 なし 仕 訳 なし - 8 -

11 4. 新 株 予 約 権 の 発 行 (1) 新 株 予 約 権 の 性 質 新 株 予 約 権 とは 株 式 会 社 に 対 して 行 使 することにより 当 該 株 式 会 社 の 株 式 の 交 付 を 受 けることができる 権 利 ( 会 2 二 十 一 )をいうが その 内 容 としてあらかじめ 定 め た 価 額 ( 以 下 行 使 価 額 という )で 株 式 を 取 得 できることが 定 められ 新 株 予 約 権 を 取 得 した 者 は 行 使 時 の 時 価 と 行 使 価 額 の 差 額 について 経 済 的 利 益 を 享 受 すること ができる 新 株 予 約 権 は 取 締 役 や 従 業 員 へのストック オプションとして 利 用 され るほか 役 員 退 職 金 制 度 の 代 替 手 段 としての 株 式 報 酬 型 ストック オプション 1 として の 利 用 も 見 受 けられる このほか 資 金 調 達 や 企 業 買 収 の 局 面 また 合 併 等 の 組 織 再 編 の 対 価 としても 用 いられることがある さらに 敵 対 的 買 収 に 対 する 防 衛 策 とし ての 発 行 や 株 主 等 に 対 する 無 償 割 当 ても 行 われている また この 新 株 予 約 権 を 表 章 する 新 株 予 約 権 証 券 の 発 行 が 可 能 であり 金 融 商 品 取 引 法 上 有 価 証 券 の 一 つとされている( 金 商 法 21 九 ) 新 株 予 約 権 の 最 も 典 型 的 な 用 途 の 一 つはストック オプションであり その 発 行 手 続 から 見 た 形 態 は 次 の3 通 りのものが 見 受 けられる ストック オプションの 発 行 形 態 発 行 形 態 払 込 み 報 酬 決 議 発 行 決 議 公 正 発 行 ( 職 務 執 行 報 酬 債 権 と 相 殺 報 酬 議 案 として 決 議 公 開 会 社 の 場 合 取 締 の 対 価 として 発 行 ) ( 会 ) 役 会 決 議 ( 会 240) 公 正 発 行 ( ) 無 償 同 上 同 上 有 利 発 行 無 償 有 利 発 行 決 議 若 しく は 報 酬 決 議 株 主 総 会 特 別 決 議 ( 会 六 ) 無 償 発 行 でありながら 公 正 発 行 というのは 一 見 わかりづらい 面 があるが 新 株 予 約 権 の 公 正 価 値 が 会 社 が 提 供 を 受 けることを 期 待 できる 便 益 との 見 合 いにおいて 会 社 が 本 来 負 担 すべき 費 用 額 を( 付 与 対 象 者 に 特 に 有 利 といえるほどに 大 きく) 超 えるような ことはないとの 前 提 に 立 つものである 2 株 式 会 社 は 自 己 の 新 株 予 約 権 を 有 償 又 は 無 償 で 取 得 することもできる この 取 得 については 財 源 規 制 は 存 在 しない なお 新 株 予 約 権 はそれ 自 体 財 貨 性 を 有 し 株 式 会 社 が 自 己 の 新 株 予 約 権 を 取 得 した 場 合 にも 混 同 は 生 じないとされている 新 株 予 約 権 と 社 債 を 組 み 合 わせて 新 株 予 約 権 付 社 債 ( 会 2 二 十 二 )として 発 行 する こともできるが この 場 合 新 株 予 約 権 又 は 社 債 だけの 譲 渡 はできないとされている 1 ストック オプションとは 自 社 の 株 式 を 原 資 産 とするコール オプション( 一 定 の 金 額 の 支 払 により 原 資 産 である 自 社 の 株 式 を 取 得 する 権 利 )のうち 特 に 企 業 がその 従 業 員 や 取 締 役 等 に 対 し それらの 者 か ら 受 けた 労 働 や 業 務 執 行 等 のサービスの 対 価 ( 報 酬 )として 付 与 するものをいう ストック オプションに は 権 利 行 使 により 対 象 となる 株 式 を 取 得 することができるというストック オプション 本 来 の 権 利 の 確 定 につき 勤 務 条 件 や 業 績 条 件 等 の 一 定 の 条 件 が 付 されているものが 多 い ただし 後 述 するような 税 務 上 の 制 約 から 取 締 役 等 に 対 して 交 付 する 場 合 付 与 することに 代 えて あえて 払 込 みを 行 わせることも 多 い 2 新 株 予 約 権 ハンドブック ( 太 田 洋 山 本 憲 光 豊 田 祐 子 編 集 代 表 商 事 法 務 )312 頁 参 照 - 9 -

12 ( 会 25423) また 新 株 予 約 権 の 行 使 に 際 しては 金 銭 の 払 込 みを 必 要 とするもの と 金 銭 以 外 の 財 産 の 給 付 を 必 要 とするものとに 分 類 されるが 転 換 社 債 型 の 新 株 予 約 権 付 社 債 は 発 行 会 社 に 対 する 金 銭 債 権 たる 社 債 を 出 資 の 目 的 として 給 付 するもの で かつ 新 株 予 約 権 の 行 使 により 社 債 が 消 滅 するものに 当 たることになる 新 株 予 約 権 は 権 利 行 使 により 発 行 される 株 数 の 制 限 がなく(ただし 発 行 可 能 株 式 総 数 の 範 囲 内 ) また 取 得 者 の 範 囲 行 使 期 間 の 制 限 等 がない 新 株 予 約 権 の 税 務 上 の 取 扱 いをまとめると 以 下 のとおりとなる ス ト ッ ク オ プ シ ョ ン 等 一 般 の 新 株 予 約 権 1.ストック オプション 等 役 務 の 提 供 その 他 の 行 為 に 係 る 対 価 の 全 部 又 は 一 部 として 個 人 に 対 して 発 行 又 は 割 り 当 てられるも の (1) 譲 渡 禁 止 等 特 約 注 2 が 付 さ れている もの 新 株 予 約 権 の 税 務 上 の 取 扱 い 1 原 則 2 税 制 適 格 ストック オプション (2) 譲 渡 禁 止 等 特 約 が 付 され ていないもの 2. 役 務 の 提 供 その 他 の 行 為 に 係 る 対 価 の 全 部 又 は 一 部 として 法 人 に 対 して 発 行 又 は 割 り 当 てられるもの 3. 時 価 発 行 4. 有 利 発 行 (1) 譲 渡 禁 止 等 特 約 が 付 され ているもの (2) 譲 渡 禁 止 等 特 約 が 付 され ていないもの 5. 株 主 無 償 割 当 処 理 なし 発 行 法 人 ( 借 方 の 処 理 ) 法 541 法 令 111の21 注 給 与 等 課 税 事 由 3 の 生 じた 日 に 役 務 提 供 法 542 給 与 等 課 税 事 由 注 3 なく 損 金 不 算 入 役 員 給 与 の 損 金 不 算 入 制 度 ( 法 34) 等 の 各 制 度 の 規 定 による 寄 附 金 の 損 金 不 算 入 制 度 ( 法 37) 等 の 各 制 度 の 規 定 による 払 込 価 額 に 相 当 する 資 金 の 受 入 処 理 役 員 給 与 の 損 金 不 算 入 制 度 ( 法 34) 等 の 各 制 度 の 規 定 による ( 注 )1. 上 記 のいずれの 場 合 にも 株 式 の 譲 渡 時 に 課 税 されるが 記 載 を 省 略 している 被 付 与 者 個 人 所 362 所 令 84 四 所 令 1091 二 付 与 時 課 税 なし 行 使 時 課 税 あり 所 令 84 四 措 29の 2 付 与 時 課 税 なし 行 使 時 課 税 なし 所 362 所 令 1091 五 一 付 与 時 課 税 あり 行 使 時 課 税 なし 所 令 1091 一 付 与 時 課 税 なし 行 使 時 課 税 なし 所 令 84 四 所 令 1091 二 付 与 時 課 税 なし 行 使 時 課 税 あり 所 362 所 令 1091 五 一 付 与 時 課 税 あり 行 使 時 課 税 なし 所 令 1091 三 付 与 時 課 税 なし 行 使 時 課 税 なし 法 人 法 222 法 令 1191 四 付 与 時 課 税 あり 行 使 時 課 税 なし 法 令 1191 二 付 与 時 課 税 なし 行 使 時 課 税 なし 法 222 法 令 1191 四 付 与 時 課 税 あり 行 使 時 課 税 なし 法 令 1191 三 付 与 時 課 税 なし 行 使 時 課 税 なし 2. 譲 渡 禁 止 等 特 約 とは 新 株 予 約 権 の 発 行 条 件 において その 譲 渡 についての 制 限 その 他 特 別 の 条 件 が 付 されているものをいう( 所 令 84) 3. 給 与 等 課 税 事 由 とは その 役 務 の 提 供 につき 所 得 税 法 等 の 規 定 により 給 与 所 得 等 として 課 税 される 収 入 金 額 を 生 ずべき 事 由 をいい( 法 541) ここにいう 給 与 所 得 等 とは 給 与 所 得 事 業 所 得 退 職 所 得 及 び 雑 所 得 とされている( 法 令 111の21)

13 (2) 発 行 会 社 側 の 税 務 ( 会 計 処 理 との 比 較 ) 1 役 務 提 供 その 他 の 行 為 の 対 価 として 発 行 又 は 割 当 てを 受 ける 新 株 予 約 権 の 場 合 役 務 提 供 その 他 の 行 為 の 対 価 として 発 行 又 は 割 当 てを 受 ける 新 株 予 約 権 のうち 最 も 典 型 的 なものがストック オプションである ストック オプションとは 自 社 株 式 オプションのうち 特 に 企 業 が その 従 業 員 等 に 報 酬 として 付 与 するものを いうとされる( 基 準 8 号 第 2 項 (2)) 会 計 上 ストック オプションを 付 与 し こ れに 応 じて 企 業 が 従 業 員 等 から 取 得 するサービス 相 当 額 は その 取 得 に 応 じて 費 用 として 計 上 し 対 応 する 金 額 を ストック オプションの 権 利 の 行 使 又 は 失 効 が 確 定 するまでの 間 貸 借 対 照 表 の 純 資 産 の 部 に 新 株 予 約 権 として 計 上 する( 基 準 8 号 第 4 項 ) 3 具 体 的 には ストック オプションの 付 与 日 における 公 正 な 評 価 額 ( 払 込 金 額 がある 場 合 はその 差 額 )を 付 与 日 から 権 利 確 定 日 までの 期 間 にわたって 費 用 計 上 する ストック オプションが 権 利 行 使 され 新 株 を 発 行 する 場 合 には 新 株 予 約 権 と して 計 上 した 額 のうち 当 該 権 利 行 使 に 対 応 する 部 分 を 払 込 資 本 に 振 り 替 える な お 権 利 が 行 使 され 自 己 株 式 を 処 分 する 場 合 には 新 株 予 約 権 の 帳 簿 価 額 と 新 株 予 約 権 の 行 使 に 伴 う 払 込 金 額 の 合 計 額 を 自 己 株 式 の 処 分 の 対 価 として 自 己 株 式 処 分 差 額 を 計 算 し 自 己 株 式 を 募 集 株 式 の 発 行 等 の 手 続 により 処 分 する 場 合 に 準 じて 原 則 としてその 他 資 本 剰 余 金 の 増 減 ( 残 高 が 負 の 値 となった 場 合 には その 他 利 益 剰 余 金 から 減 額 )とするとされている( 基 準 8 号 第 8 項 基 準 1 号 第 9 項 第 10 項 第 11 項 ) また 権 利 が 行 使 されず 行 使 期 間 が 満 了 し 当 該 新 株 予 約 権 が 失 効 し たときは 当 該 失 効 に 対 応 する 額 を 失 効 が 確 定 した 会 計 期 間 の 利 益 として 計 上 する ( 基 準 8 号 第 9 項 ) 税 務 上 法 人 が 個 人 から 役 務 の 提 供 を 受 ける 対 価 として 新 株 予 約 権 (その 役 務 の 提 供 の 対 価 として その 個 人 に 生 ずる 債 権 をその 新 株 予 約 権 と 引 換 えにする 払 込 み に 代 えて 相 殺 すべきものに 限 られる )を 発 行 した 場 合 当 該 個 人 において その 役 務 の 提 供 につき 所 得 税 法 等 の 規 定 により 給 与 所 得 等 として 課 税 される 収 入 金 額 を 生 ずべき 事 由 ( 給 与 等 課 税 事 由 )が 生 じた 日 において その 役 務 提 供 を 受 けたもの として 法 人 税 法 の 規 定 が 適 用 されることとされている( 法 541) ここでは 役 務 提 供 費 用 の 帰 属 事 業 年 度 に 関 する 特 例 的 取 扱 いのみが 定 められており 当 該 役 務 提 供 費 用 が 損 金 算 入 されるかどうかについては 役 員 給 与 の 損 金 不 算 入 制 度 ( 法 34) 等 の 各 制 度 の 規 定 により 判 断 されることになる なお ここにいう 給 与 所 得 等 とは 給 与 所 得 事 業 所 得 退 職 所 得 及 び 雑 所 得 とされている( 法 令 111の21) ただし 法 人 が 発 行 する 新 株 予 約 権 が 所 得 税 法 施 行 令 第 84 条 に 規 定 する 権 利 の 譲 渡 について の 制 限 その 他 特 別 の 条 件 が 付 されている 権 利 に 該 当 しない 場 合 には その 新 株 予 約 権 については 上 記 の 役 務 提 供 費 用 の 帰 属 事 業 年 度 に 関 する 特 例 的 取 扱 いの 適 用 が 3 会 社 計 算 規 則 においても 株 式 会 社 が 新 株 予 約 権 を 発 行 する 場 合 には 当 該 新 株 予 約 権 と 引 換 えにされた 金 銭 の 払 込 みの 金 額 金 銭 以 外 の 財 産 の 給 付 の 額 又 は 当 該 株 式 会 社 に 対 する 債 権 をもってされた 相 殺 の 額 そ の 他 適 切 な 価 格 を 増 加 すべき 新 株 予 約 権 の 額 とする ( 同 55 条 第 1 項 )とされており 役 務 提 供 その 他 の 対 価 として 発 行 する 場 合 及 びその 他 の 場 合 のいずれの 場 合 にも 上 記 の 会 計 基 準 等 による 処 理 と 整 合 的 に 定 めら れている

14 ないとされている( 法 令 111の22) このような 帰 属 事 業 年 度 に 関 する 特 例 的 取 扱 いがない 場 合 ( 所 得 税 法 上 付 与 時 課 税 の 場 合 )には 付 与 した 法 人 においては 原 則 どおり 債 務 確 定 時 の 提 供 費 用 となり そのときに 損 金 性 が 判 断 される 帰 属 事 業 年 度 に 関 する 特 例 的 取 扱 いを 受 ける 場 合 には 権 利 行 使 時 に 給 与 等 課 税 事 由 が 生 じ そのときに 役 務 提 供 を 受 けたものとみなされる したがって 会 計 上 付 与 日 における 公 正 な 評 価 額 ( 払 込 金 額 がある 場 合 にはその 差 額 )を 付 与 日 から 権 利 確 定 日 までの 期 間 にわたって 費 用 計 上 するところ その 費 用 について 税 務 上 は 権 利 行 使 時 までは 損 金 算 入 が 認 められない なお 当 該 費 用 については 税 務 上 権 利 行 使 時 において 役 務 提 供 費 用 の 内 容 に 応 じて 例 えば 給 与 賞 与 等 として 取 り 扱 われることになる また 発 行 又 は 割 当 てを 行 ったストック オプションが 租 税 特 別 措 置 法 第 29 条 の 2に 規 定 する 税 制 適 格 ストック オプションに 該 当 する 場 合 には 被 付 与 者 におい て 給 与 所 得 等 として 課 税 されないので この 特 例 的 取 扱 いは 適 用 されず 損 金 不 算 入 となる これらの 役 務 の 提 供 に 係 る 費 用 の 額 は 新 株 予 約 権 の 発 行 が 正 常 な 取 引 条 件 で 行 われた 場 合 に 限 り その 新 株 予 約 権 の 発 行 のときの 価 額 に 相 当 する 金 額 と されている( 法 令 111の23) なお ストック オプションの 権 利 が 行 使 されず 行 使 期 間 が 満 了 し 当 該 新 株 予 約 権 が 失 効 したときは 会 計 上 その 会 計 期 間 の 利 益 として 計 上 されるが 税 務 上 は 益 金 不 算 入 とされている( 法 543)ので 申 告 書 上 減 算 処 理 ( 別 表 5 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 上 では 上 述 の 役 務 提 供 費 用 の 帰 属 事 業 年 度 に 関 する 特 例 的 取 扱 いに 係 る 税 務 上 の 損 金 不 算 入 額 についての 減 少 )を 行 う 2 その 他 の 場 合 会 計 上 会 社 法 に 基 づき 現 金 を 対 価 として 発 行 された 新 株 予 約 権 は その 発 行 に 伴 う 払 込 金 額 ( 会 2381 三 )を 純 資 産 の 部 に 新 株 予 約 権 として 計 上 する( 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 17 号 払 込 資 本 を 増 加 させる 可 能 性 のある 部 分 を 含 む 複 合 金 融 商 品 に 関 する 会 計 処 理 ( 以 下 指 針 17 号 という ) 第 4 項 ) 買 収 防 衛 策 として の 新 株 予 約 権 については 適 用 される 会 計 基 準 がない( 基 準 8 号 第 27 項 )ものの 通 常 対 価 関 係 にある 給 付 の 受 入 を 伴 わず また 払 込 金 額 もないことから 交 付 さ れた 新 株 予 約 権 はゼロ 評 価 され 会 計 処 理 は 行 われない なお 新 株 予 約 権 の 無 償 割 当 の 場 合 も 同 様 に 会 計 処 理 は 行 わないものと 思 われる 権 利 が 行 使 され 新 株 を 発 行 する 場 合 には 当 該 新 株 予 約 権 の 発 行 に 伴 う 払 込 金 額 ( 会 2381 三 )と 新 株 予 約 権 の 行 使 に 伴 う 払 込 金 額 ( 会 2361 二 )の 合 計 額 を 資 本 金 又 は 資 本 金 及 び 資 本 準 備 金 に 振 り 替 える( 指 針 17 号 第 5 項 (1)) その 合 計 額 が 発 行 する 株 式 の 公 正 価 値 を 下 回 る 場 合 にも 差 額 の 認 識 をしない 権 利 が 行 使 され 自 己 株 式 を 処 分 する 場 合 には 当 該 新 株 予 約 権 の 発 行 に 伴 う 払 込 金 額 と 新 株 予 約 権 の 行 使 に 伴 う 払 込 金 額 の 合 計 額 を 自 己 株 式 の 処 分 の 対 価 として 自 己 株 式 処 分 差 額 を 計 算 し 自 己 株 式 を 募 集 株 式 の 発 行 等 の 手 続 により 処 分 する 場 合 に 準 じて 原 則 として その 他 資 本 剰 余 金 の 増 減 ( 残 高 が 負 の 値 となった 場 合 に

15 は その 他 利 益 剰 余 金 から 減 額 )とするとされている( 指 針 17 号 第 5 項 (2) 基 準 1 号 第 9 項 第 10 項 第 12 項 ) また 権 利 が 行 使 されず 行 使 期 間 が 満 了 し 当 該 新 株 予 約 権 が 失 効 したときは 当 該 失 効 に 対 応 する 額 を 失 効 が 確 定 した 会 計 期 間 の 利 益 として 計 上 する( 指 針 17 号 第 6 項 ) 発 行 会 社 側 の 新 株 予 約 権 の 会 計 処 理 新 株 予 約 権 発 行 時 新 株 予 約 権 行 使 時 失 効 時 新 株 予 約 権 の 発 行 に 伴 う 払 込 金 額 を 純 資 産 の 部 に 計 上 左 の 金 額 と 新 株 予 約 権 の 行 使 に 伴 う 払 込 金 額 を 資 本 金 ( 又 は 資 本 金 及 び 資 本 準 備 金 )に 振 替 新 株 予 約 権 の 発 行 に 伴 う 払 込 金 額 を 利 益 に 計 上 税 務 上 は 新 株 予 約 権 を 利 用 した 取 引 は 従 前 より 資 本 等 取 引 に 類 似 した 取 引 と 考 えられていたことから( 財 団 法 人 大 蔵 財 務 協 会 平 成 18 年 度 版 改 正 税 法 のすべて ) その 発 行 時 において 新 株 予 約 権 に 伴 う 払 込 金 額 とそのときにおける 時 価 との 差 額 については 益 金 の 額 にも 損 金 の 額 にも 算 入 しないこととする 規 定 が 設 けられてい る( 法 545) また 新 株 予 約 権 の 行 使 時 において 新 株 予 約 権 の 帳 簿 価 額 を 資 本 金 等 の 額 に 振 り 替 えるとする 規 定 が 設 けられている( 法 2 十 六 法 令 81 二 ) 税 務 上 会 社 法 に 基 づき 発 行 された 新 株 予 約 権 については これらの 規 定 を 除 き 特 別 の 規 定 は 設 けられていないが 基 本 的 には 会 計 と 同 様 の 処 理 となる (3) 取 得 者 の 税 務 ( 会 計 処 理 との 比 較 ) 有 価 証 券 である 新 株 予 約 権 を 取 得 した 場 合 の 税 務 上 の 取 扱 いについては 特 に 有 利 な 発 行 価 額 で 取 得 した 場 合 において 課 税 対 象 となる 時 期 や 取 得 者 の 属 性 により 処 理 ( 所 得 区 分 )が 異 なる 場 合 があるかなどが 問 題 となる 課 税 対 象 となる 時 期 については 権 利 付 与 時 権 利 行 使 時 株 式 売 却 時 などが 想 定 される 新 株 予 約 権 の 課 税 に 関 しては 法 人 税 法 の 益 金 について 定 める 同 法 第 22 条 や 所 得 税 法 の 収 入 金 額 について 定 める 同 法 第 36 条 が 根 拠 法 となる 政 令 や 基 本 通 達 にも 次 のよ うな 規 定 がある

16 新 株 予 約 権 の 課 税 に 関 する 規 定 例 形 態 取 扱 い 法 令 等 新 株 予 約 権 の 有 利 発 行 又 は 役 務 の 提 供 そ の 他 の 行 為 による 対 価 の 全 部 若 しくは 一 部 であることとされ るもの 新 株 予 約 権 で 当 該 権 利 の 譲 渡 についての 制 限 その 他 特 別 の 条 件 が 付 されているものを 与 えられた 場 合 権 利 行 使 日 において 行 使 時 の 時 価 から 当 該 新 株 予 約 権 の 取 得 価 額 にその 行 使 に 際 し 払 い 込 むべき 額 を 加 算 した 金 額 を 控 除 した 金 額 が 収 入 金 額 とな る 所 令 84 四 新 株 予 約 権 の 行 使 に より 取 得 した 株 式 の 取 得 価 額 新 株 予 約 権 の 行 使 により 取 得 した 株 式 ( 所 令 84 三 又 は 四 の 規 定 の 適 用 を 受 けるものの 行 使 により 取 得 したものを 除 く )1 株 当 たりの 取 得 価 額 は 次 の 算 式 により 計 算 した 金 額 による ( 算 式 ) 株 式 1 株 当 たり の 払 込 金 額 + 当 該 新 株 予 約 権 の 当 該 行 使 直 前 の 取 得 価 額 当 該 行 使 により 取 得 した 株 式 の 数 所 基 48-6 の2 新 株 予 約 権 付 社 債 に 係 る 新 株 予 約 権 の 行 使 により 取 得 した 株 式 の 取 得 価 額 株 式 の 払 込 金 額 に 新 株 予 約 権 付 社 債 の 取 得 価 額 から 社 債 の 額 面 金 額 を 控 除 した 金 額 を 加 えた 金 額 ( 注 1) 新 株 の 発 行 価 額 が 合 理 的 に 算 出 されている 場 合 に 限 る ( 注 2) 他 の 合 理 的 に 算 出 されたものも 認 められる 所 基 48-6 の3 会 計 上 の 処 理 としては 新 株 予 約 権 の 取 得 者 は 有 価 証 券 の 取 得 として 時 価 により 資 産 計 上 を 行 う 時 価 の 算 定 はデリバティブ 取 引 の 評 価 方 法 に 準 ずる( 指 針 17 号 第 7 項 第 37 項 ) したがって 発 行 者 側 の 純 資 産 に 計 上 される 金 額 と 必 ずしも 一 致 しな い 新 株 予 約 権 は 保 有 目 的 により 売 買 目 的 有 価 証 券 又 はその 他 有 価 証 券 として 計 上 され 権 利 行 使 時 には 前 者 の 場 合 は 行 使 時 の 新 株 予 約 権 の 時 価 により 後 者 の 場 合 は 帳 簿 価 額 により 株 式 に 振 り 替 えられる( 指 針 17 号 第 8 項 ) 権 利 行 使 されずに 行 使 期 限 が 到 来 したときは 帳 簿 価 額 を 損 失 として 処 理 する( 指 針 17 号 第 10 項 ) 1 時 価 発 行 の 場 合 ア. 新 株 予 約 権 を 付 与 された 時 点 新 株 予 約 権 証 券 は 金 融 商 品 取 引 法 第 2 条 第 1 項 第 9 号 において 有 価 証 券 とさ れており 新 株 予 約 権 の 取 得 は 税 務 上 も 有 価 証 券 の 取 得 に 該 当 する( 法 2 二 十 一 ) したがって 取 得 のために 払 い 込 んだ 金 額 ( 取 得 のために 要 した 費 用 がある 場 合 にはその 費 用 の 額 を 加 算 した 金 額 )が 新 株 予 約 権 の 取 得 価 額 となる( 所 令 法 61の2 23 法 令 1191 一 ) イ. 新 株 予 約 権 を 行 使 した 時 点 新 株 予 約 権 の 行 使 により 株 式 を 取 得 した 場 合 その 株 式 を 取 得 するために 払 い 込 んだ 金 額 ( 取 得 のために 要 した 他 の 費 用 がある 場 合 にはその 費 用 の 額 を 加 算 し た 金 額 ) 及 び 新 株 予 約 権 の 取 得 価 額 の 合 計 額 がその 株 式 全 体 の 取 得 価 額 となる( 所 基 48-6の2 法 61の2 23 法 令 1191 二 )

17 ウ. 新 株 予 約 権 の 行 使 により 取 得 した 株 式 を 譲 渡 した 場 合 一 般 の 株 式 の 譲 渡 と 異 なるところはなく 株 式 の 譲 渡 損 益 として 取 り 扱 われる ( 措 37の101 法 61の21) 2 有 利 発 行 等 の 場 合 有 利 発 行 等 の 場 合 には 新 株 予 約 権 のうちそれを 引 き 受 ける 者 に 特 に 有 利 な 条 件 又 は 金 額 であることとされるもの 及 びストック オプションに 代 表 される 役 務 の 提 供 その 他 の 行 為 に 係 る 対 価 の 全 部 又 は 一 部 として 発 行 又 は 割 り 当 てられるものがあ る 最 も 典 型 的 なケースとして 新 株 予 約 権 の 被 付 与 者 が 個 人 である 場 合 を 想 定 して 記 述 する なお 以 下 において 譲 渡 禁 止 等 特 約 が 付 されているもの とは 発 行 条 件 において その 譲 渡 についての 制 限 その 他 特 別 の 条 件 が 付 されているものをい う( 所 令 841) また 新 株 予 約 権 の 被 付 与 者 が 法 人 である 場 合 には 内 容 として は 下 記 のイと 同 様 となる( 法 222 法 令 1191 四 ) ア. 譲 渡 禁 止 等 特 約 が 付 されているもの (ア) 新 株 予 約 権 を 付 与 された 時 点 一 般 に 発 行 されている 新 株 予 約 権 には その 譲 渡 が 禁 止 されているものや 権 利 行 使 期 間 まで 期 間 がおかれているものが 多 い このような 条 件 の 下 に 発 行 さ れた 新 株 予 約 権 の 場 合 その 被 付 与 者 としては 権 利 行 使 後 でなければ 新 株 予 約 権 による 利 益 を 享 受 できない したがって 譲 渡 禁 止 等 特 約 が 付 されている 新 株 予 約 権 の 場 合 には その 付 与 時 において 課 税 関 係 は 生 じないものと 考 えられ る 所 得 税 法 施 行 令 第 84 条 においても 付 与 時 課 税 がないことを 前 提 に 規 定 さ れている( 次 頁 の 図 を 参 照 ) (イ) 新 株 予 約 権 を 行 使 した 時 点 ( 税 制 適 格 ストック オプションの 場 合 について は 後 述 する ) 新 株 予 約 権 で 譲 渡 禁 止 特 約 が 付 されたものを 与 えられた 場 合 当 該 権 利 の 行 使 により 取 得 した 株 式 のその 行 使 の 日 における 価 額 から 当 該 新 株 予 約 権 の 行 使 に 係 る 新 株 予 約 権 の 取 得 価 額 にその 行 使 に 際 し 払 い 込 むべき 額 を 加 算 した 金 額 を 控 除 した 金 額 ( 次 頁 の 図 におけるAの 部 分 )が 収 入 金 額 となる( 所 令 841)

18 経 済 的 利 益 に 対 する 課 税 株 価 売 却 時 時 価 ( 譲 渡 価 額 ) B 権 利 行 使 時 時 価 A C 権 利 行 使 価 額 () 新 株 予 約 権 の 取 得 価 額 を 含 む 時 間 権 利 付 与 権 利 行 使 株 式 売 却 この 場 合 に 一 定 の 新 株 予 約 権 を 金 銭 の 払 込 みを 要 しないこととするもの 等 それを 引 き 受 ける 者 に 有 利 な 条 件 で 発 行 割 当 てをした 株 式 会 社 は 新 株 予 約 権 の 行 使 をした 者 の 各 人 別 に 権 利 行 使 の 者 の 氏 名 又 は 名 称 住 所 等 行 使 年 月 日 新 株 予 約 権 の 発 行 割 当 てに 係 る 払 い 込 まれるべき 額 及 びその 行 使 に 際 して 払 い 込 まれる 額 等 を 記 載 した 調 書 を 当 該 行 使 をした 日 の 属 する 年 の 翌 年 1 月 31 日 までにその 株 式 会 社 の 本 店 所 在 地 の 所 轄 税 務 署 へ 提 出 することが 義 務 付 けられている( 所 228の2 所 令 3541 所 施 規 97の2) この 一 定 の 新 株 予 約 権 とは それを 引 き 受 ける 者 に 特 に 有 利 な 条 件 金 額 である 新 株 予 約 権 又 は 役 務 の 提 供 その 他 の 行 為 に 係 る 対 価 の 全 部 若 しくは 一 部 として 発 行 割 当 てをす る 新 株 予 約 権 等 をいう また この 金 銭 の 払 込 みを 要 しないこととするもの 等 の 有 利 な 条 件 とは 新 株 予 約 権 の 発 行 割 当 てに 係 る 金 銭 により 払 い 込 まれる べき 額 と 新 株 予 約 権 の 行 使 に 際 して 払 い 込 まれるべき 額 との 合 計 額 を 当 該 新 株 予 約 権 の 行 使 によって 交 付 することとなる 株 式 の 数 で 除 して 計 算 した 金 額 が 当 該 新 株 予 約 権 の 発 行 割 当 ての 決 議 ( 会 2382 等 ) 時 のその 株 式 会 社 の 株 式 1 株 当 たりの 価 額 に 相 当 する 金 額 に 満 たない 場 合 における 当 該 新 株 予 約 権 の 発 行 割 当 てとされている( 所 令 3542) 新 株 予 約 権 の 価 値 は 一 般 に 現 時 点 で 権 利 を 行 使 した 場 合 の 価 値 である 本 源 的 価 値 と 将 来 への 期 待 度 に 対 する 価 値 である 時 間 的 価 値 から 形 成 され ると 説 明 されるが 上 記 のとおり 所 得 税 においては 新 株 予 約 権 の 時 価 を 本 源 的 価 値 に 基 づいて 評 価 していると 考 えられる この 場 合 の 新 株 予 約 権 の 本 源 的 価 値 とは その 発 行 時 点 での 株 価 と 権 利 行 使 価 額 との 差 額 であり 例 えば 発 行 時 点 の 株 価 と 同 額 で 将 来 の 一 定 の 期 間 に 株 式 を 取 得 する 権 利 であればその 価

19 額 はゼロとなる 同 様 の 考 え 方 は 財 産 評 価 基 本 通 達 193-2にもみられる なお 被 付 与 者 における 所 得 税 法 上 の 所 得 区 分 については 発 行 法 人 と 権 利 を 与 えられた 者 との 関 係 に 応 じて 雇 用 契 約 等 の 場 合 は 給 与 所 得 業 務 等 に 関 連 する 場 合 は 事 業 所 得 又 は 雑 所 得 に 当 たるとされている( 所 基 23~35 共 6) (ウ) 新 株 予 約 権 の 行 使 により 取 得 した 株 式 を 譲 渡 した 場 合 ( 税 制 適 格 ストック オプションの 場 合 については 後 述 する ) 一 般 の 株 式 の 譲 渡 と 異 なるところはなく 株 式 の 譲 渡 損 益 として 取 り 扱 われ る( 措 37の101 法 61の21) イ. 譲 渡 禁 止 等 特 約 が 付 されていないもの (ア) 新 株 予 約 権 を 付 与 された 時 点 譲 渡 禁 止 等 特 約 が 付 されていない 新 株 予 約 権 においては 市 場 若 しくは 相 対 により 発 行 の 時 点 において 他 者 へ 譲 渡 することが 予 定 されていることもあるが そのようなものである 場 合 には 株 主 割 当 てによるものを 除 き その 被 付 与 者 において 付 与 時 に 取 得 した 有 価 証 券 として 受 けた 経 済 的 利 益 について 課 税 を 受 けると 考 えられる( 所 362) この 場 合 の 経 済 的 利 益 の 額 ( 使 用 者 が 役 員 又 は 使 用 人 に 対 して 支 給 する 有 価 証 券 について 所 基 36-36を 参 照 )は 付 与 時 にお ける 新 株 予 約 権 の 時 価 となる (イ) 新 株 予 約 権 を 行 使 した 時 点 譲 渡 禁 止 等 特 約 が 付 されていない 新 株 予 約 権 を 与 えられた 場 合 で 付 与 時 に 課 税 されているときは 権 利 行 使 時 においては 課 税 されないと 考 えられる 当 該 権 利 の 行 使 により 取 得 した 株 式 の 取 得 価 額 は その 行 使 価 額 に 新 株 予 約 権 の 取 得 価 額 及 び 取 得 のために 要 した 他 の 費 用 を 加 算 した 金 額 となる( 所 令 1091 一 ) なお 新 株 予 約 権 の 発 行 会 社 に 支 払 調 書 の 提 出 義 務 があることについては 上 記 2のア(イ)と 同 様 である( 所 228の2) (ウ) 新 株 予 約 権 の 行 使 により 取 得 した 株 式 を 譲 渡 した 場 合 一 般 の 株 式 の 譲 渡 と 異 なるところはなく 株 式 の 譲 渡 損 益 として 取 り 扱 われ る( 措 37の101) (4) 税 制 適 格 ストック オプション 税 務 上 次 のような 一 定 の 要 件 に 該 当 するストック オプションについては 行 使 時 における 被 付 与 者 の 経 済 的 利 益 の 非 課 税 制 度 の 特 例 が 設 けられている( 措 29の2 措 令 19の3) なお この 要 件 に 該 当 するストック オプションを 付 与 する 株 式 会 社 は 特 定 新 株 予 約 権 等 の 付 与 に 関 する 調 書 をその 付 与 をした 日 の 属 する 年 の 翌 年 1 月 31 日 までに 本 店 所 在 地 の 所 轄 税 務 署 に 提 出 しなければならない( 措 29の25) また この 特 例 に 該 当 する 場 合 には 被 付 与 者 において 給 与 所 得 等 として 課 税 され ないので 発 行 会 社 において 役 務 提 供 費 用 の 帰 属 事 業 年 度 に 関 する 特 例 的 取 扱 いは 適 用 されず 損 金 不 算 入 になる( 法 542)

20 税 制 適 格 ストック オプション 項 目 内 容 対 象 者 自 社 の 取 締 役 又 は 従 業 員 子 会 社 ( 所 有 割 合 50% 超 )の 取 締 役 又 は 従 業 員 ( 措 29の21 措 令 19の32) 年 間 権 利 行 使 価 額 1,200 万 円 以 下 ( 措 29の21 二 ) 行 使 期 間 付 与 決 議 後 2 年 後 から 付 与 決 議 後 10 年 内 ( 措 29の21 一 ) 行 使 価 額 付 与 時 の 時 価 以 上 ( 措 29の21 三 ) オプションの 譲 渡 譲 渡 不 可 ( 措 29の21 四 ) その 他 大 口 株 主 ( 上 場 会 社 は10 分 の1 超 非 上 場 会 社 は3 分 の1 超 ) 及 びその 特 別 利 害 関 係 者 を 除 く( 措 令 19の334) 参 考 普 通 株 式 ( 新 株 予 約 権 )と 種 類 株 式 の 評 価 について 平 成 13 年 11 月 の 商 法 改 正 と 平 成 18 年 5 月 に 施 行 された 会 社 法 により 株 式 の 権 利 内 容 については 無 議 決 権 株 以 外 の 権 利 内 容 が 定 められる 種 類 株 式 が 認 められるようにな った 税 務 上 の 種 類 株 式 の 評 価 が 必 ずしも 明 確 ではなかったことから 平 成 15 年 3 月 13 日 に 種 類 株 式 の 貸 借 対 照 表 価 額 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い( 企 業 会 計 基 準 委 員 会 実 務 対 応 報 告 第 10 号 ) と 種 類 株 式 の 時 価 評 価 に 関 する 検 討 ( 日 本 公 認 会 計 士 協 会 租 税 調 査 会 研 究 資 料 第 1 号 ) が 公 表 されていた 税 務 上 の 種 類 株 式 の 評 価 については 平 成 19 年 2 月 26 日 付 課 審 6-1ほか2 課 共 同 相 続 等 により 取 得 した 種 類 株 式 の 評 価 について( 平 成 19 年 2 月 19 日 付 平 成 中 庁 第 1 号 に 対 する 回 答 ) により 三 類 型 の 種 類 株 式 について その 評 価 方 法 が 示 さ れていた 事 業 承 継 目 的 での 活 用 が 期 待 される 種 類 株 式 として その 具 体 的 な 評 価 方 法 等 について 配 当 優 先 の 無 議 決 権 株 式 の 評 価 社 債 類 似 株 式 の 評 価 拒 否 権 付 株 式 の 評 価 の 三 区 分 に 限 定 して 記 載 されていた これらの 事 業 承 継 目 的 に 関 する 種 類 株 式 に 関 する 照 会 文 書 において 今 後 取 引 相 場 のない 株 式 に 係 る 原 則 的 評 価 方 式 や 下 記 の 評 価 方 法 の 単 純 な 組 合 せによっては 適 正 な 時 価 が 得 られないと 考 えられる 種 類 株 式 の 活 用 が 期 待 されることとなった 場 合 には その 評 価 方 法 についても 明 確 にすべく ご 検 討 いただけるものと 理 解 している との 記 載 があった 平 成 22 年 12 月 に 経 済 産 業 省 から 未 上 場 企 業 が 発 行 する 種 類 株 式 に 関 する 研 究 会 の 報 告 書 が 公 表 された この 報 告 書 中 種 類 株 式 の 評 価 について 米 国 では 種 類 株 式 と 普 通 株 式 の 株 価 には 価 格 差 があるのが 一 般 的 であり ベンチャーファイナンスについ ては 比 較 的 株 価 が 高 くなる 種 類 株 式 を 用 い ストック オプションについては 比 較 的 株 価 が 低 くなる 普 通 株 式 を 用 いることが 多 いとの 記 載 がある 日 本 では 種 類 株 式 と 普 通 株 式 に 価 格 差 があることが 税 務 上 必 ずしも 明 確 ではな かったため ベンチャーファイナンス 及 びストック オプション 共 に 普 通 株 式 を 用 い ることが 多 い ストック オプションの 権 利 行 使 価 額 については 直 近 のベンチャー ファイナンスの 株 価 により 決 定 されることが 多 いとの 記 載 もされている

21 しかし 経 済 産 業 省 では 未 上 場 企 業 が 発 行 する 種 類 株 式 に 関 する 研 究 会 報 告 書 4 を 公 表 し その 中 で 普 通 株 式 と 種 類 株 式 とは 異 なる 株 式 であり 評 価 についても 別 々 に 決 定 されるとしている 一 株 当 たりの 価 額 に 関 して 未 公 開 会 社 の 株 式 については 売 買 事 例 のあるものは 最 近 において 売 買 の 行 われたもののうち 適 正 と 認 められる 価 額 とすることとされていますが ( 所 得 税 基 本 通 達 23~25 共 9(4)イ) 普 通 株 式 のほかに 種 類 株 式 を 発 行 している 未 公 開 会 社 が 新 たに 普 通 株 式 を 対 象 とするストックオプションを 付 与 する 場 合 種 類 株 式 の 発 行 は この 売 買 事 例 には 該 当 しません ( 国 税 庁 確 認 済 ) (5) 新 株 予 約 権 付 社 債 会 計 処 理 上 新 株 予 約 権 付 社 債 は (ⅰ) 募 集 事 項 において 社 債 と 新 株 予 約 権 がそ れぞれ 単 独 で 存 在 し 得 ないこと 及 び 新 株 予 約 権 が 付 された 社 債 を 当 該 新 株 予 約 権 行 使 時 における 出 資 の 目 的 とすること( 会 2361 二 三 )をあらかじめ 明 確 にしている 新 株 予 約 権 付 社 債 ( 以 下 転 換 社 債 型 という )と(ⅱ)その 他 のものに 区 分 され 以 下 のように 会 計 処 理 される( 指 針 17 号 ) 税 務 上 は 新 株 予 約 権 と 社 債 等 の 処 理 に 準 じた 取 扱 いとなろう なお 新 株 予 約 権 付 社 債 について 社 債 の 額 が 払 込 みに 充 当 される 場 合 社 債 の 譲 渡 となり 取 得 する 株 式 の 時 価 との 差 額 が 譲 渡 損 益 となるところ 当 該 新 株 予 約 権 付 社 債 に 付 された 新 株 予 約 権 の 行 使 により その 取 得 の 対 価 として 当 該 取 得 をする 法 人 の 株 式 が 交 付 される 場 合 の 新 株 予 約 権 の 行 使 については 当 該 交 付 を 受 けた 株 式 の 価 額 が 当 該 譲 渡 をした 新 株 予 約 権 付 社 債 の 価 額 とおおむね 同 額 となっていないと 認 められる 場 合 を 除 き 当 該 新 株 予 約 権 付 社 債 に 係 る 譲 渡 損 益 を 繰 り 延 べる 規 定 が 設 けられている( 法 61の213 四 所 57の43 四 ) 転 換 社 債 型 新 株 予 約 権 付 社 債 新 株 予 約 権 付 社 債 の 会 計 処 理 発 行 者 取 得 者 1 発 行 時 の 会 計 処 理 取 得 価 額 を 社 債 の 対 価 部 分 転 換 社 債 型 新 株 予 約 権 付 社 債 の 払 込 と 新 株 予 約 権 の 対 価 部 分 に 区 金 額 は 以 下 のいずれかの 方 法 により 会 分 せず 普 通 社 債 の 取 得 に 準 計 処 理 する( 指 針 17 号 第 18 項 ) じて 処 理 し 権 利 を 行 使 した ア. 社 債 と 新 株 予 約 権 のそれぞれの 払 ときは 株 式 に 振 り 替 える( 指 込 金 額 を 合 算 し 普 通 社 債 に 準 じて 針 17 号 第 20 項 ) 処 理 する( 一 括 法 ) イ. 払 込 金 額 を 社 債 の 対 価 部 分 と 新 株 予 約 権 の 対 価 部 分 に 区 分 した 上 で 社 債 の 対 価 部 分 は 普 通 社 債 の 発 行 に 準 じて 処 理 し 新 株 予 約 権 の 対 価 部 分 は 新 株 予 約 権 の 発 行 者 側 の 会 計 処 理 に 準 じて 処 理 する( 区 分 法 ) 4 当 該 報 告 書 は 平 成 23 年 11 月 に 未 上 場 企 業 が 発 行 する 種 類 株 式 研 究 会 から 公 表 されたものであり 経 済 産 業 省 Webサイト( 閲 覧 できる

22 その 他 の 新 株 予 約 権 付 社 債 2 行 使 時 の 会 計 処 理 ( 権 利 行 使 により 新 株 を 発 行 する 場 合 )( 指 針 17 号 第 19 項 ) 発 行 時 に 一 括 法 を 採 用 しているとき は 当 該 転 換 社 債 型 新 株 予 約 権 付 社 債 の 帳 簿 価 額 を 資 本 金 又 は 資 本 金 及 び 資 本 準 備 金 に 振 り 替 える また 発 行 時 に 区 分 法 を 採 用 してい るときは 当 該 転 換 社 債 型 新 株 予 約 権 付 社 債 における 社 債 の 対 価 部 分 と 新 株 予 約 権 の 対 価 部 分 の 合 計 額 を 資 本 金 又 は 資 本 金 及 び 資 本 準 備 金 に 振 り 替 える 1 発 行 時 の 会 計 処 理 払 込 金 額 を 社 債 の 対 価 部 分 と 新 株 予 約 権 の 対 価 部 分 に 区 分 する 社 債 の 対 価 部 分 は 普 通 社 債 の 発 行 に 準 じて 処 理 し 新 株 予 約 権 の 対 価 部 分 は 新 株 予 約 権 の 発 行 者 側 の 会 計 処 理 に 準 じて 処 理 する( 指 針 17 号 第 21 項 ) 2 行 使 時 の 会 計 処 理 転 換 社 債 型 新 株 予 約 権 付 社 債 の 発 行 時 に 区 分 法 を 採 用 している 場 合 に 準 じ て 処 理 する( 指 針 17 号 第 21 項 ) 取 得 価 額 を 社 債 の 対 価 部 分 と 新 株 予 約 権 の 対 価 部 分 に 区 分 し それぞれ 普 通 社 債 及 び 新 株 予 約 権 の 会 計 処 理 に 準 じ て 処 理 する( 指 針 17 号 第 22 項 ) 5. 資 本 金 準 備 金 の 額 の 減 少 等 (1) 資 本 金 の 額 の 減 少 (いわゆる 減 資 )の 態 様 1 資 本 金 の 額 の 減 少 (いわゆる 減 資 )の 意 義 会 社 法 において 資 本 金 の 額 の 減 少 (いわゆる 減 資 )は 単 なる 資 本 金 の 計 数 を 減 少 させることであって 会 社 財 産 の 払 戻 し 株 式 の 消 却 を 必 ずしも 伴 うものでは ないと 整 理 されている( 会 447) 旧 商 法 では 株 主 に 払 い 戻 す 金 額 株 式 の 消 却 額 及 び 欠 損 てん 補 の 額 の 合 計 額 は 減 少 すべき 資 本 の 金 額 を 超 えてはならないとされ( 旧 商 3751) 減 資 において 会 社 財 産 の 払 戻 し 株 式 の 消 却 を 伴 うことも 想 定 されていた 一 方 時 価 で 行 う 自 己 株 式 の 取 得 ( 旧 商 2101)と 任 意 消 却 ( 旧 商 212)は 減 資 とは 異 なる 取 扱 いとしてい た 会 社 法 においては 株 主 に 対 する 会 社 財 産 の 払 戻 しは 剰 余 金 の 配 当 等 ( 会 ) とされ 発 行 済 株 式 数 の 減 少 は 株 主 の 持 株 数 に 応 じて 減 少 及 び 消 却 する 場 合 は 株 式 の 併 合 ( 会 180) となり 株 主 の 持 株 数 に 応 じない 消 却 の 場 合 は 自 己 株 式 の 取 得 ( 会 )と 消 却 ( 会 178) として 資 本 金 の 額 の 減 少 とは 別 個 に 取 り 扱 われている

23 会 社 法 における 発 行 済 株 式 数 を 減 少 させる 手 続 持 株 数 に 応 じた 減 少 及 び 消 却 の 場 合 株 式 の 併 合 ( 会 180) 株 式 数 の 減 少 株 主 との 合 意 に 基 づく 取 得 自 己 株 式 の 取 得 ( 会 ) + 自 己 株 式 の 消 却 ( 会 1781) 持 株 数 に 応 じな い 消 却 の 場 合 株 主 との 合 意 のない 取 得 株 式 の 一 部 の 消 却 取 得 条 項 付 株 式 の 取 得 ( 会 )( 注 1) + 自 己 株 式 の 消 却 ( 会 1781) ( 注 1): 定 款 変 更 により 規 定 を 設 ける 場 合 はすべての 株 主 の 総 意 ( 会 ) ( 注 2): 株 主 総 会 の 特 別 決 議 ( 会 3092) 一 又 は 二 以 上 の 種 類 の 株 式 の 全 部 の 消 却 全 部 取 得 条 項 付 株 式 の 取 得 ( 会 1081) ( 注 2) + 自 己 株 式 の 消 却 ( 会 1781) 旧 商 法 の 減 資 のタイプと 会 社 法 での 手 続 対 応 旧 商 法 会 社 法 での 手 続 株 式 消 却 なし 株 式 消 却 あり 無 償 減 資 有 償 減 資 無 償 減 資 有 償 減 資 資 本 金 の 額 の 減 少 資 本 金 の 額 の 減 少 + 剰 余 金 の 配 当 等 資 本 金 の 額 の 減 少 + 全 部 取 得 条 項 付 株 式 の 取 得 + 自 己 株 式 の 消 却 資 本 金 の 額 の 減 少 + 自 己 株 式 の 取 得 + 自 己 株 式 の 消 却 2 資 本 金 の 額 の 減 少 の 手 続 会 社 法 においては 資 本 金 の 計 数 を 減 少 させ 減 少 する 資 本 金 の 額 を 資 本 準 備 金 その 他 資 本 剰 余 金 への 振 替 額 と 減 資 の 効 力 の 発 生 日 の 決 定 を 要 する( 会 447) 原 則 : 株 主 総 会 の 特 別 決 議 ( 会 3092 九 ) 例 外 : 欠 損 てん 補 + 剰 余 金 が 生 じない 定 時 株 主 総 会 の 普 通 決 議 株 式 発 行 と 同 時 に 資 本 金 の 額 が 資 本 金 減 少 前 の 金 額 を 下 回 らない 取 締 役 会 決 議 ( 会 4473)

24 3 会 社 側 の 税 務 ア. 資 本 金 の 額 の 減 少 の 会 計 処 理 資 本 金 の 額 の 減 少 によって 生 じる 剰 余 金 は 減 少 の 法 的 手 続 が 完 了 したときに 資 本 準 備 金 その 他 資 本 剰 余 金 に 計 上 する( 基 準 1 号 第 19 項 第 20 項 会 計 規 48 ~52) イ. 資 本 金 の 額 の 減 少 の 税 務 処 理 平 成 18 年 度 税 制 改 正 において 資 本 金 等 の 額 は 法 人 が 株 主 等 から 出 資 を 受 けた 金 額 と 利 益 積 立 金 額 は 法 人 の 所 得 の 金 額 で 留 保 している 金 額 と 明 確 にされている ( 法 2 一 六 一 八 法 令 8 9) 資 本 金 の 額 の 減 少 は 税 務 上 資 本 金 等 の 額 の 中 で 資 本 金 の 減 少 と 改 正 前 の 資 本 積 立 金 の 増 加 という 処 理 になる 資 本 金 の 額 の 減 少 ( 会 447)の 場 合 発 行 法 人 法 人 株 主 個 人 株 主 資 本 金 の 額 の 減 少 と 従 前 の 資 本 積 立 金 の 増 加 ( 法 令 81 十 三 ) 仕 訳 なし 仕 訳 なし 4 株 主 の 税 務 ア. 資 本 金 の 額 の 減 少 の 会 計 処 理 処 理 はない イ. 資 本 金 の 額 の 減 少 の 税 務 処 理 処 理 はない (2) 準 備 金 の 額 の 減 少 と 配 当 1 準 備 金 の 額 の 減 少 の 意 義 会 社 法 においては 準 備 金 の 額 の 減 少 は 単 なる 計 数 の 変 動 として 整 理 されてい る( 会 448) 旧 商 法 における 準 備 金 の 減 少 に 伴 う 払 戻 しは 会 社 法 では 計 数 の 変 動 としての 準 備 金 の 額 の 減 少 と 剰 余 金 の 配 当 とを 並 行 して 行 うこととなる 2 会 社 側 の 税 務 ( 会 計 処 理 との 比 較 ) ア. 準 備 金 の 取 崩 し 資 本 準 備 金 を 取 り 崩 した 場 合 には 欠 損 てん 補 を 除 き 会 計 上 はその 他 資 本 剰 余 金 として 処 理 する( 基 準 1 号 第 20 項 ) 税 務 上 も 資 本 金 等 の 金 額 内 の 区 分 が 変 わるだけで 実 質 的 な 影 響 はない 利 益 準 備 金 を 取 り 崩 した 場 合 には 欠 損 てん 補 を 除 き 会 計 上 はその 他 利 益 剰 余 金 を 増 額 する( 基 準 1 号 第 21 項 ) 税 務 上 は 利 益 積 立 金 額 の 区 分 が 変 わるだけ で 実 質 的 な 影 響 はない イ. 準 備 金 取 崩 額 による 配 当 利 益 準 備 金 取 崩 額 を 財 源 とする 配 当 がなされた 場 合 には 会 計 上 はその 他 利 益

25 剰 余 金 から 税 務 上 は 利 益 積 立 金 額 からの 配 当 としてそれぞれ 取 り 扱 われるため 両 者 の 基 本 的 な 処 理 に 差 異 はない 資 本 準 備 金 取 崩 額 (その 他 資 本 剰 余 金 )を 財 源 とする 配 当 がなされた 場 合 には 会 計 上 はその 他 資 本 剰 余 金 からの 減 額 税 務 上 は 交 付 金 銭 等 の 金 額 を 払 戻 等 対 応 資 本 金 等 額 とみなし 配 当 の 額 に 按 分 し 前 者 を 資 本 金 等 の 額 から 後 者 を 利 益 積 立 金 額 から 減 算 する( 法 令 81 十 八 91 八 ) したがって 会 計 処 理 とは 不 一 致 が 生 じる 3 株 主 の 税 務 ( 会 計 処 理 との 比 較 ) ア. 準 備 金 の 取 崩 し 準 備 金 の 取 崩 しがなされても 株 主 は 会 計 処 理 税 務 処 理 の 必 要 はない イ. 準 備 金 取 崩 額 による 配 当 資 本 準 備 金 取 崩 額 (その 他 資 本 剰 余 金 )を 財 源 とする 配 当 がなされた 場 合 には 税 務 上 はみなし 配 当 が 発 生 し( 法 241 三 ) 会 計 上 は 当 該 有 価 証 券 が 売 買 目 的 有 価 証 券 である 場 合 を 除 き 原 則 として その 金 額 は 当 該 有 価 証 券 の 帳 簿 価 額 か ら 減 額 されるため( 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 3 号 その 他 資 本 剰 余 金 の 処 分 によ る 配 当 を 受 けた 株 主 の 会 計 処 理 ( 以 下 指 針 3 号 という ) 第 3 項 ) 税 務 処 理 と 会 計 処 理 が 異 なることになる したがって 会 計 上 有 価 証 券 の 帳 簿 価 額 の 減 額 処 理 がなされている 資 本 準 備 金 取 崩 額 (その 他 資 本 剰 余 金 )を 財 源 とする 配 当 受 領 額 について 税 務 上 みな し 配 当 相 当 額 を 受 取 配 当 金 として 認 識 する 申 告 調 整 が 必 要 になる なお 会 計 上 当 該 有 価 証 券 が 売 買 目 的 有 価 証 券 である 場 合 には 当 該 配 当 受 領 額 を 受 取 配 当 金 として 計 上 するが( 指 針 3 号 第 4 項 ) 税 務 上 は 資 本 金 等 の 額 から 減 算 する 額 は 有 価 証 券 の 帳 簿 価 額 を 減 算 する 6. 剰 余 金 の 配 当 等 (1) 会 社 法 における 剰 余 金 の 配 当 会 社 法 においては 利 益 の 配 当 に 限 らず 自 己 株 式 の 取 得 に 伴 う 株 主 への 分 配 や 分 割 型 分 割 による 分 割 法 人 が 株 主 に 資 産 等 を 交 付 する 行 為 も 剰 余 金 の 配 当 等 となる そして この 剰 余 金 の 配 当 等 は 株 主 総 会 等 の 決 議 で 分 配 可 能 額 があればいつで も 何 回 でも 行 うことができる( 会 ) (2) 会 計 処 理 1 会 社 側 剰 余 金 の 配 当 により 減 額 するその 他 資 本 剰 余 金 又 はその 他 利 益 剰 余 金 については 会 社 の 意 思 決 定 機 関 で 定 められた 結 果 に 従 うこととなる また 後 述 する 株 主 側 の 会 計 処 理 が その 財 源 により 異 なることから 会 社 は 配 当 の 原 資 を 速 やかに 公 表 す ることが 望 ましいとされている( 指 針 3 号 第 16 項 なお 書 き)

26 2 株 主 側 その 他 利 益 剰 余 金 の 処 分 による 配 当 は 受 取 配 当 金 を 計 上 する( 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 14 号 金 融 商 品 に 関 する 実 務 指 針 第 94 項 ) その 他 資 本 剰 余 金 の 処 分 による 配 当 は 原 則 として 払 込 資 本 の 払 戻 しであるこ とから 元 本 の 払 戻 しとして 有 価 証 券 の 帳 簿 価 額 から 控 除 することとなる( 指 針 3 号 第 3 項 ) ただし 例 外 として 以 下 の 事 由 の 場 合 には 受 取 配 当 金 として 計 上 することとなる ( 例 外 事 由 )( 指 針 3 号 第 4 項 第 5 項 第 6 項 ) 売 買 目 的 有 価 証 券 の 配 当 有 価 証 券 を 時 価 まで 減 損 処 理 した 期 における 配 当 企 業 再 編 前 の 留 保 利 益 を 原 資 とするものと 認 められる 配 当 優 先 株 式 ( 償 還 が 約 定 されているもの)に 係 る 配 当 原 資 の 不 明 な 場 合 3 現 物 配 当 配 当 の 効 力 発 生 日 における 配 当 財 産 の 時 価 と 適 正 な 帳 簿 価 額 との 差 額 は 配 当 の 効 力 発 生 日 の 属 する 期 の 損 益 として 配 当 財 産 の 種 類 等 に 応 じた 表 示 区 分 に 計 上 し 配 当 財 産 の 時 価 をもって その 他 資 本 剰 余 金 又 はその 他 利 益 剰 余 金 ( 繰 越 利 益 剰 余 金 )を 減 額 する( 指 針 2 号 第 10 項 ) なお 減 額 するその 他 資 本 剰 余 金 又 はその 他 利 益 剰 余 金 ( 繰 越 利 益 剰 余 金 )につ いては 取 締 役 会 等 の 会 社 の 意 思 決 定 機 関 で 定 められた 結 果 に 従 うこととなる ただし 以 下 の 場 合 などは 配 当 財 産 の 適 正 な 帳 簿 価 額 で 減 額 する ア. 分 割 型 分 割 イ. 企 業 集 団 内 の 企 業 へ 配 当 する 場 合 (3) 配 当 関 係 の 税 務 処 理 1 受 取 配 当 金 ア. 法 人 税 法 人 株 主 が 金 銭 により 配 当 を 受 け 取 った 場 合 には 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入 の 対 象 となる( 法 23) 資 本 剰 余 金 の 減 少 に 伴 う 分 配 は 分 割 型 分 配 を 除 き みなし 配 当 として 処 理 さ れる( 法 23 24) イ. 所 得 税 個 人 株 主 が 金 銭 により 配 当 を 受 け 取 った 場 合 には 配 当 所 得 となる( 所 24) 法 人 税 同 様 資 本 剰 余 金 の 減 少 に 伴 う 分 配 は 分 割 型 分 配 を 除 き みなし 配 当 として 処 理 される( 所 24 25) 2 みなし 配 当 法 人 の 株 主 が 当 該 法 人 の 次 に 掲 げる 事 由 により 金 銭 その 他 の 資 産 の 交 付 を 受 けた 場 合 において その 金 銭 の 額 及 び 金 銭 以 外 の 資 産 の 価 額 の 合 計 額 が 対 応 する 資 本 金

27 等 の 額 を 超 えるときは 当 該 超 える 部 分 の 金 額 は 剰 余 金 の 配 当 とみなす( 法 24 所 25) (みなし 配 当 の 事 由 ) 合 併 ( 適 格 合 併 を 除 く ) 分 割 型 分 割 ( 適 格 分 割 型 分 割 を 除 く ) 資 本 の 払 戻 し( 剰 余 金 の 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものに 限 る )の うち 分 割 型 分 割 によるもの 以 外 のものをいう ) 又 は 解 散 による 残 余 財 産 の 分 配 自 己 の 株 式 又 は 出 資 の 取 得 出 資 の 消 却 出 資 の 払 戻 し 等 組 織 変 更 法 人 税 自 己 株 式 として 取 得 されることを 予 定 して 取 得 した 株 式 は 自 己 株 式 取 得 時 の みなし 配 当 についての 益 金 不 算 入 制 度 が 不 適 用 となり 益 金 算 入 となる( 法 233) 3 現 物 配 当 ア. 定 義 現 物 配 当 については 法 人 税 法 上 現 物 分 配 とし 次 のような 定 義 を 定 めてい る 現 物 分 配 とは 法 人 がその 株 主 等 に 対 して 次 の 事 由 により 金 銭 以 外 の 資 産 の 交 付 をすることをいう( 法 2 十 二 の 六 ) ( 現 物 分 配 の 事 由 ) 剰 余 金 の 配 当 若 しくは 利 益 の 配 当 又 は 剰 余 金 の 分 配 みなし 配 当 ( 法 法 241 三 ~ 六 ) また 適 格 現 物 分 配 を 組 織 再 編 成 の 一 形 態 として 位 置 づけ 次 のように 定 義 し ている 適 格 現 物 分 配 とは 内 国 法 人 を 現 物 分 配 法 人 とする 現 物 分 配 のうち その 現 物 分 配 により 資 産 の 移 転 を 受 ける 者 がその 現 物 分 配 の 直 前 において 当 該 内 国 法 人 と の 間 に 完 全 支 配 関 係 がある 内 国 法 人 ( 普 通 法 人 又 は 協 同 組 合 等 に 限 る )のみで あるものをいう( 法 2 十 二 の 十 五 ) イ. 現 物 分 配 ( 除 く 適 格 現 物 分 配 )の 課 税 上 の 取 扱 い (ア) 現 物 分 配 法 人 利 益 又 は 剰 余 金 の 分 配 は 資 本 等 取 引 として 課 税 の 対 象 外 とされている( 法 225)が 現 物 配 当 の 場 合 は 法 人 の 資 産 の 譲 渡 という 面 と 株 主 に 対 する 資 産 の 流 出 という 面 の2つの 面 がある つまり 法 人 の 資 産 の 譲 渡 という 面 においては 法 人 が 剰 余 金 の 配 当 又 は 利 益 の 配 当 として 金 銭 以 外 の 資 産 を 移 転 した 場 合 無 償 による 資 産 の 譲 渡 に 該 当 し 原 則 としてその 資 産 の 譲 渡 益 又 は 譲 渡 損 の 額 は 益 金 の 額 又 は 損 金 の 額 に 算 入 されることとなる( 法 222 3) また 株 主 に 対 する 資 産 の 流 出 という 面

28 については 株 主 に 対 して 資 産 が 流 出 したことによる 損 失 について 資 本 等 取 引 と して 課 税 の 対 象 外 とされる なお この 場 合 財 産 額 に 見 合 った 源 泉 所 得 税 の 徴 収 義 務 が 生 じることとな る( 所 1811) (イ) 株 主 における 税 務 上 の 取 扱 い 株 主 においては 配 当 の 対 価 が 現 物 ( 資 産 の 時 価 による 配 当 )となるだけで あり 金 銭 による 配 当 の 場 合 と 取 扱 いは 同 様 の 課 税 関 係 となる ウ. 適 格 現 物 分 配 の 課 税 上 の 取 扱 い (ア) 現 物 分 配 法 人 内 国 法 人 が 適 格 現 物 分 配 により 被 現 物 分 配 法 人 にその 有 する 資 産 の 移 転 をし たときは その 被 現 物 分 配 法 人 に 移 転 をした 資 産 のその 適 格 現 物 分 配 の 直 前 の 帳 簿 価 額 による 譲 渡 をしたものとして その 内 国 法 人 の 各 事 業 年 度 の 所 得 の 金 額 を 計 算 し( 法 62の53) 結 果 として 課 税 所 得 は 生 じないこととなる (イ) 株 主 ( 被 現 物 分 配 法 人 )における 取 扱 い 法 人 株 主 においては 適 格 現 物 分 配 により 移 転 を 受 けた 資 産 の 取 得 価 額 は 現 物 分 配 法 人 における 適 格 現 物 分 配 の 直 前 の 帳 簿 価 額 に 相 当 する 金 額 とされた ( 法 令 123の61) なお 適 格 現 物 分 配 により 移 転 を 受 けた 資 産 が 自 己 の 株 式 である 場 合 には その 現 物 分 配 法 人 における 適 格 現 物 分 配 の 直 前 の 帳 簿 価 額 に 相 当 する 金 額 が 被 現 物 分 配 法 人 の 資 本 金 等 の 額 の 減 少 額 となる( 法 2 十 六 法 令 81 十 八 ) なお 所 得 税 法 上 適 格 現 物 分 配 は 組 織 再 編 成 の 一 形 態 と 位 置 付 けられてい ることから 配 当 等 から 除 かれており 配 当 等 に 係 る 源 泉 徴 収 は 不 要 とされて いる( 所 241) 適 格 現 物 分 配 は 帳 簿 価 額 での 資 産 移 転 となることから 適 格 組 織 再 編 に 係 る 繰 越 欠 損 金 の 利 用 制 限 特 定 資 産 譲 渡 等 損 失 の 損 金 算 入 の 制 限 の 規 定 の 適 用 を 受 けることとなる( 法 574 法 62の7) 以 上

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

<4D F736F F D EF8ED EF8C768AEE8F8082C C90C E A837E B312E646F63>

<4D F736F F D EF8ED EF8C768AEE8F8082C C90C E A837E B312E646F63> 3 税 務 上 金 等 額 会 社 法 会 計 基 準 と 法 人 税 法 1. います 税 資 務 本 上 金 の 等 株 の 主 額 資 の 本 増 の 減 (1) 発 行 または 部 の 自 増 己 減 株 は 式 の 譲 人 渡 税 法 施 行 令 8 条 9 条 にそのすべてが 記 載 されて の 付 交 自 付 己 とされます( 株 式 の 譲 渡 は 計 規 会 計 36) では 会

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63> 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 9 号 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 適 用 指 針 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

募集新株予約権(有償ストック・オプション)の発行に関するお知らせ

募集新株予約権(有償ストック・オプション)の発行に関するお知らせ 各 位 平 成 28 年 6 月 24 日 会 社 名 株 式 会 社 モバイルファクトリー 代 表 者 名 代 表 取 締 役 宮 嶌 裕 二 (コード 番 号 3912 東 証 マザーズ) 問 合 せ 先 執 行 役 員 計 数 管 理 部 長 谷 本 洋 (TEL. 03-3447-1181) 募 集 新 株 予 約 権 ( 有 償 ストック オプション)の 発 行 に 関 するお 知 らせ

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information

Microsoft Word sozei-sample1.doc

Microsoft Word sozei-sample1.doc 第 1 章 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入 Ⅱ 第 1 節 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入 の 趣 旨 (A) 法 人 が, 他 の 内 国 法 人 から 利 益 の 配 当 等 を 受 けた 場 合 には, 企 業 会 計 上, 営 業 外 収 益 に 計 上 されるため, 収 益 の 額 を 構 成 する しかし, 法 人 税 法 上 は, 別 段 の 定 めにより, 原

More information

第一部【証券情報】

第一部【証券情報】 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 本 書 の 日 付 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 い( 本 投 資 法 人 が 上 場 することを 前 提 とします )は 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

TOBに 応 じた 株 主 の 会 計 税 務 処 理 1.みなし 配 当 の 課 税 関 係 上 場 会 社 が 株 式 公 開 買 付 で 自 己 株 式 を 取 得 する 場 合 は 市 場 取 引 で 取 得 するケースと 相 違 して 原 則 として 株 主 にみなし 配 当 課 税 と

TOBに 応 じた 株 主 の 会 計 税 務 処 理 1.みなし 配 当 の 課 税 関 係 上 場 会 社 が 株 式 公 開 買 付 で 自 己 株 式 を 取 得 する 場 合 は 市 場 取 引 で 取 得 するケースと 相 違 して 原 則 として 株 主 にみなし 配 当 課 税 と 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter TOBに 応 じた 株 主 の 会 計 税 務 処 理 企 業 買 収 ストラクチャーの 有 利 選 択 ( 法 人 株 主 と 個 人 株 主 の 財 務 戦 略 ) http://www.up-firm.com 1 TOBに 応 じた 株 主 の 会 計 税 務 処 理

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

Taro-匿名組合 151009 栄

Taro-匿名組合 151009 栄 匿 名 組 合 の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 匿 名 組 合 とは 匿 名 組 合 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 営 業 のために 出 資 をし その 営 業 から 生 ず る 利 益 を 分 配 することを 約 する 各 当 事 者 が 出 資 をして 共 同 の 事 業 を 営 むことを 約 する 契 約 である( 商 法 535) 出 資 は 財 産 出 資 のみ

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです な お 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで ) 項 目 株 主 資 本 ( 単 位 : 百 万 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 連 結 会

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで ) 項 目 株 主 資 本 ( 単 位 : 百 万 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 連 結 会 法 令 および 定 款 に 基 づく インターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 木 村 化 工 機

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに 第 7 章 会 計 規 程 1. 会 計 規 程 の 概 要 (1) 規 程 及 び 目 的 平 成 18 年 度 に 病 院 事 業 管 理 者 を 設 置 して 札 幌 市 病 院 局 会 計 規 程 ( 平 成 18 年 札 幌 市 病 院 局 規 程 第 37 号 以 下 この 章 で 規 程 という )を 定 め これに 則 って 会 計 処 理 が 行 わ れていなお 規 程 の 具 体

More information

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 1 流 動 資 産 8,394,416 流 動 負 債 12,053,662 現 金 及 び 預 金 234,676 買 掛 金 1,838,002 受 取 手 形 15,672 関 係 会 社 短 期 借 入 金 3,352,137 売 掛 金 4,409,667 1 年 内 償 還 予 定 の

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を 外 形 標 準 課 税 に 関 する 申 告 誤 り 事 例 ( 調 査 で 判 明 した 事 例 ) 平 成 28 年 3 月 福 井 県 税 事 務 所 目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった

More information

第316回取締役会議案

第316回取締役会議案 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 30,235,443 流 動 負 債 25,122,730 現 金 及 び 預 金 501,956 支 払 手 形 2,652,233 受 取 手 形 839,303 買 掛 金 20,067,598 売 掛 金 20,810,262

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第 日 本 ユニシス 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 当 会 社 における 株 主 権 行 使 手 続 きその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 につい ては 株 式 会 社 証 券 保 管 振 替 機 構 ( 以 下 機 構 という) 又 は 株 主 が 振 替 口 座 を 開 設 している 証 券 会 社 銀 行 又

More information

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 ( 以 下 本 会 とう ) と 称 ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 宮 崎 県 宮 崎 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 平 成 28 年 7 月 1 日 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す 9 退 職 金 事 務 に 関 する 注 意 事 項 1 労 務 管 理 の 観 点 から( 労 働 契 約 法 労 働 基 準 法 関 係 ) そもそも 退 職 金 の 支 給 は 法 人 の 任 意 で 必 ず 支 払 わなくてはならないものではありませんが 賃 金 の 後 払 いとして あるいは 長 年 の 功 労 への 報 償 や 退 職 後 の 生 活 保 障 として 制 度 を 設 ける

More information

税金読本(8-5)特定口座と確定申告

税金読本(8-5)特定口座と確定申告 と 確 申 告 8-5 複 数 の 証 券 会 社 で 源 泉 徴 収 を 開 設 している 場 合 の 損 益 通 算 の 方 法 における 株 式 債 券 投 資 信 託 と 税 金 源 泉 徴 収 と 確 申 告 源 泉 徴 収 の 場 合 内 の 譲 するか 否 かは 1つの ごとに 選 渡 益 については 確 申 告 は 不 要 です 択 することができます つまり 投 資 家 が 内 の

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

Microsoft Word )40期決算公開用.doc

Microsoft Word )40期決算公開用.doc 貸 借 対 照 表 [ 株 式 会 社 ニラク] ( 平 成 21 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 有 価 証 券 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 貸 倒 引 当 金 固 定

More information

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します この 申 告 書 は 事 務 所 又 は

More information

第 41 期

第 41 期 決 算 公 告 平 成 24 年 6 月 28 日 各 位 大 阪 市 中 央 区 南 船 場 一 丁 目 17 番 26 号 株 式 会 社 アプラス 代 表 取 締 役 社 長 野 口 郷 司 第 3 期 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 24 年 3 月 31 日 まで) 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 及 び 個 別 注 記 表 貸 借 対 照 表 損 益 計 算

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 株 式 会 社 化 に 伴 う から 特 定 の 員 への 株 式 譲 渡 に 係 る 課 税 関 係 と 手 続 きについて 平 成 20 年 2 月 商 工 中 金 当 資 料 は 貴 において 本 件 取 引 に 関 する 検 討 をされるに 際 して ご 参 考 のための 情 報 提 供 のみを 目 的 として 国 税 庁 の 確 認 を 受 けた 内 容 に 基 づき 商 工 中 金 が

More information

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い)

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い) (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 の 通 りです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します (2) この 申 告 書 は 千

More information

1.ポイントについての 会 計 処 理 例 (1) 会 計 基 準 等 の 状 況 我 が 国 においては ポイントについて 個 別 の 会 計 処 理 の 基 準 等 は 存 在 しておらず ポイント 発 行 企 業 は 企 業 会 計 原 則 等 に 則 り 会 計 処 理 をしている 具 体

1.ポイントについての 会 計 処 理 例 (1) 会 計 基 準 等 の 状 況 我 が 国 においては ポイントについて 個 別 の 会 計 処 理 の 基 準 等 は 存 在 しておらず ポイント 発 行 企 業 は 企 業 会 計 原 則 等 に 則 り 会 計 処 理 をしている 具 体 決 済 WG4-2 ポイント 及 びプリペイドカードに 関 する 会 計 処 理 について ( 改 訂 ) 平 成 20 年 7 月 2 日 金 融 庁 1.ポイントについての 会 計 処 理 例 (1) 会 計 基 準 等 の 状 況 我 が 国 においては ポイントについて 個 別 の 会 計 処 理 の 基 準 等 は 存 在 しておらず ポイント 発 行 企 業 は 企 業 会 計 原 則

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 (

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 ( 平 成 27 年 12 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 27 年 5 月 13 日 上 場 会 社 名 KLab 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 3656 URL http://www.klab.com/jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 真 田 哲 弥 問 合 せ 先 責

More information

連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 1 連 結 子 会 社 の 数 及 び 名 称 連 結 子 会 社 の 数 0 社 連 結 子 会 社 の 名 称

連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 1 連 結 子 会 社 の 数 及 び 名 称 連 結 子 会 社 の 数 0 社 連 結 子 会 社 の 名 称 第 18 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての イ ン タ ー ネ ッ ト 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 自 平 成 27 年 4 月 1 日 至 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 株 式 会 社 Eストアー 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 及 び 計 算 書 類 の 個 別

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 青 森 県 青 森 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 協 会 は 県 民 の 正 しい 計 量 思 想 の 啓 発 及 び

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

している 5. これに 対 して 親 会 社 の 持 分 変 動 による 差 額 を 資 本 剰 余 金 として 処 理 した 結 果 資 本 剰 余 金 残 高 が 負 の 値 となるような 場 合 の 取 扱 いの 明 確 化 を 求 めるコメントが 複 数 寄 せられた 6. コメントでは 親

している 5. これに 対 して 親 会 社 の 持 分 変 動 による 差 額 を 資 本 剰 余 金 として 処 理 した 結 果 資 本 剰 余 金 残 高 が 負 の 値 となるような 場 合 の 取 扱 いの 明 確 化 を 求 めるコメントが 複 数 寄 せられた 6. コメントでは 親 第 265 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (3) 2013 年 5 月 29 日 プロジェクト 項 目 企 業 結 合 (ステップ2) 公 開 草 案 に 対 するコメントへの 対 応 I. 検 討 の 経 緯 1. 平 成 25 年 1 月 に 企 業 会 計 基 準 公 開 草 案 第 49 号 企 業 結 合 に 関 する 会 計 基 準 (

More information

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年 公 益 法 人 会 計 基 準 の 運 用 指 針 ( 平 成 20 年 4 月 平 成 21 年 10 月 改 正 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 ) 抜 粋 12. 財 務 諸 表 の 科 目 ここに 示 した 財 務 諸 表 を 作 成 する 際 の 科 目 は 一 般 的 標 準 的 なものであり 事 業 の 種 類 規 模 等 に 応 じて 科 目 を 追 加 することができる

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有 平 成 22 年 3 月 期 第 2 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 11 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

事 業 税 の 外 形 標 準 課 税 事 業 税 は 都 道 府 県 が 所 得 ( 利 益 )に 対 して 課 税 します 1. 個 人 事 業 税 業 種 区 分 税 率 ( 標 準 税 率 ) 第 1 種 事 業 ( 物 品 販 売 業 製 造 業 金 銭 貸 付 業 飲 食 店 業 不 動

事 業 税 の 外 形 標 準 課 税 事 業 税 は 都 道 府 県 が 所 得 ( 利 益 )に 対 して 課 税 します 1. 個 人 事 業 税 業 種 区 分 税 率 ( 標 準 税 率 ) 第 1 種 事 業 ( 物 品 販 売 業 製 造 業 金 銭 貸 付 業 飲 食 店 業 不 動 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 事 業 税 の 外 形 標 準 課 税 減 資 による 欠 損 填 補 と 資 本 金 等 の 額 http://www.up-firm.com 1 事 業 税 の 外 形 標 準 課 税 事 業 税 は 都 道 府 県 が 所 得 ( 利 益 )に 対 して 課 税 します

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 1,424,389 流 動 負 債 1,460,450 現 金 及 び 預 金 988,384 買 掛 金 753 売 掛 金 334,616 短 期 借 入 金 182,000 リ ー ス 債 権 15,287 一 年 内 返 済 予 定 の 長

More information

面 を 保 佐 人 又 は 補 助 人 の 同 意 を 要 する 場 合 は 同 意 を 証 する 書 面 を 提 出 する ものとする 前 項 の 場 合 代 理 人 は 代 理 人 自 身 の 本 人 であることを 証 する 書 面 を 保 佐 人 及 び 補 助 人 は 株 主 本 人 の 保

面 を 保 佐 人 又 は 補 助 人 の 同 意 を 要 する 場 合 は 同 意 を 証 する 書 面 を 提 出 する ものとする 前 項 の 場 合 代 理 人 は 代 理 人 自 身 の 本 人 であることを 証 する 書 面 を 保 佐 人 及 び 補 助 人 は 株 主 本 人 の 保 日 立 工 機 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 則 ( 制 定 1951 年 12 月 4 日 ) 改 正 2016 年 1 月 12 日 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 当 会 社 の 株 主 の 権 利 の 行 使 等 に 関 する 取 扱 いその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 については 振 替 機 関 である 株 式 会 社 証 券 保 管

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 21 年 3 月 期 平 成 20 年 7 月 31 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経 理 部 長 (

More information

別添資料

別添資料 貸 借 対 照 表 ( 平 成 18 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 520,174 流 動 負 債 543,802 現 金 及 び 預 金 割 賦 債 権 営 業 貸 付 金 その 他 の 営 業 貸 付 債 権 賃 貸 料 等 未 収 入 金 カ ー ド 未 収 入 金 営 業 投 資 有

More information

企業結合ステップ2に関連するJICPA実務指針等の改正について③・資本連結実務指針(その2)

企業結合ステップ2に関連するJICPA実務指針等の改正について③・資本連結実務指針(その2) 会 計 監 査 企 業 結 合 ステップ2に 関 連 するJICPA 実 務 指 針 等 の 改 正 について3 資 本 連 結 実 務 指 針 (その2) 公 認 会 計 士 長 ながぬま 沼 ようすけ 洋 佑 1.はじめに 平 成 26 年 2 月 24 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 (JICPA)は 企 業 会 計 基 準 委 員 会 (ASBJ)によ り 平 成 25 年 9 月

More information

資    料 (法人課税)

資    料 (法人課税) 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 際 課 税 関 係 ) 1 外 国 税 額 控 除 制 度 の 適 正 化 外 国 税 額 控 除 制 度 は 国 際 的 二 重 課 税 を 排 除 するために 外 国 で 納 付 した 外 国 税 額 を 国 外 所 得 に 対 しわが 国 で 納 付 すべき 法 人 の 税 額 ( 控 除 限 度 額 )の 範 囲 内 で 控 除

More information

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定 資 料 10 減 損 損 失 及 び 資 本 金 の 変 動 に 関 する 調 査 記 載 上 の 注 意 事 項 当 調 査 は 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 資 本 金 の の 変 動 等 を 把 握 するために 調 査 する ものである 調 査 対 象 は 地 方 公 営 企 業 状 況 調 査 の 対 象 となっている 法 適 用 企 業 とする Ⅰ 提 出 物 について

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

Microsoft Word - (会社法用)2013.03期_02.計算書類.doc

Microsoft Word - (会社法用)2013.03期_02.計算書類.doc 計 算 書 類 第 1 期 平 成 24 年 7 月 31 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 1. 貸 借 対 照 表 2. 損 益 計 算 書 3. 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 4. 個 別 注 記 表 株 式 会 社 あきんどスシロー 貸 借 対 照 表 ( 平 成 25 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者 とし 死 亡 保 険 金 及 び 満 期 保 険 金 のいずれも 会 社 を 受 取 人 とする 養 老 保 険 に 加 入 してい る 場 合 を 解 説 します 資 金 繰 りの 都

養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者 とし 死 亡 保 険 金 及 び 満 期 保 険 金 のいずれも 会 社 を 受 取 人 とする 養 老 保 険 に 加 入 してい る 場 合 を 解 説 します 資 金 繰 りの 都 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 Up Newsletter 養 老 保 険 の 減 額 逓 増 定 期 保 険 の 取 扱 い 変 更 介 護 費 用 保 険 の 導 入 企 業 の 保 険 のポイント http://www.up-firm.com 1 養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者

More information

第1章 簿記の一巡

第1章 簿記の一巡 第 1 節 現 金 1. 現 金 の 範 囲 (A) 簿 記 でいう 現 金 とは, 紙 幣 や 硬 貨 等 の 通 貨 に 加 え, 通 貨 代 用 証 券 を 含 んでいる 通 貨 代 用 証 券 は,すぐに 換 金 できるため, 簿 記 上 では 現 金 勘 定 ( 資 産 )として 扱 われる 現 金 = 通 貨 + 通 貨 代 用 証 券 通 貨 代 用 証 券 は, 金 融 機 関 などでいつでも

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF689768ED092639640906C8FE395FB978E8CEA8BA689EF814592E88ABC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF689768ED092639640906C8FE395FB978E8CEA8BA689EF814592E88ABC2E646F63> 公 益 社 団 法 人 上 方 落 語 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 上 方 落 語 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 府 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 上 方 落 語 を 中

More information

Microsoft Word - 1608 ETF・日経400ベア決算短信.doc

Microsoft Word - 1608 ETF・日経400ベア決算短信.doc 平 成 ( 平 成 27 年 8 月 21 日 ~ 平 成 28 年 8 月 20 日 ) 決 算 短 信 平 成 28 年 9 月 28 日 上 場 取 引 所 東 証 フ ァ ン ド 名 JPX 日 経 400ベア 上 場 投 信 (インバース) コ ー ド 番 号 1468 連 動 対 象 指 標 JPX 日 経 400インバース インデックス 主 要 投 資 資 産 公 社 債 売 買 単

More information

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給 外 形 標 準 課 税 に 関 するQ&A 平 成 26 年 3 月 福 島 県 1 付 加 価 値 割 総 論 Q1 期 首 では 資 本 金 1 億 5 千 万 円 だったが 減 資 をしたため 期 末 では 資 本 金 9 千 万 円 にな りました 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となります A1 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となるか 否 かは 各 事 業 年 度 終 了 の 日

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 金 額 ( 単 位 : 百 万 円 ) 売 上 高 99,163 売 上 原 価 90,815 売 上 総 利 益 8,347 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 4,661 営 業 利 益

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 金 額 ( 単 位 : 百 万 円 ) 売 上 高 99,163 売 上 原 価 90,815 売 上 総 利 益 8,347 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 4,661 営 業 利 益 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 金 額 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 59,772 流 動 負 債 30,678 現 金 及 び 預 金 7,239 支 払 手 形 121 受 取 手 形 1,047 買 掛 金 22,341 売 掛 金 43,230 短 期 借 入 金 5,506 商

More information

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx 全 国 エリアマネジメントネットワーク 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 会 は 全 国 エリアマネジメントネットワーク( 以 下 本 会 という )と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 会 は 全 国 のエリアマネジメント 組 織 による 連 携 協 議 の 場 を 提 供 し エリアマネジメン トに 係 る 政 策 提 案 情 報 共 有 及 び 普 及 啓

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有 平 成 22 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 平 成 22 年 2 月 10 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

財団法人山梨社会保険協会寄付行為

財団法人山梨社会保険協会寄付行為 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 山 梨 県 甲 府 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 山 梨

More information

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併 復 興 特 別 所 得 税 ( 源 泉 徴 収 関 係 )Q&A 平 成 24 年 4 月 国 税 庁 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 のための 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 の 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 23 年 法 律 第 117 号 )( 以 下 復 興 財 源 確 保 法 といいます )が 公 布 され 平 成 25 年 1 月 1

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

6-1 第 6 章 ストック オプション 会 計 設 例 1 基 本 的 処 理 Check! 1. 費 用 の 計 上 ( 1 年 度 ) 2. 費 用 の 計 上 ( 2 年 度 )- 権 利 不 確 定 による 失 効 見 積 数 の 変 動 - 3. 費 用 の 計 上 ( 3 年 度 )-

6-1 第 6 章 ストック オプション 会 計 設 例 1 基 本 的 処 理 Check! 1. 費 用 の 計 上 ( 1 年 度 ) 2. 費 用 の 計 上 ( 2 年 度 )- 権 利 不 確 定 による 失 効 見 積 数 の 変 動 - 3. 費 用 の 計 上 ( 3 年 度 )- テキスト 6-1 第 6 章 ストック オプション 会 計 設 例 1 基 本 的 処 理 Check! 1. 費 用 の 計 上 ( 1 年 度 ) 2. 費 用 の 計 上 ( 2 年 度 )- 権 利 不 確 定 による 失 効 見 積 数 の 変 動 - 3. 費 用 の 計 上 ( 3 年 度 )- 権 利 の 確 定 - 4. 権 利 行 使 ( 新 株 の 発 行 ) 5. 権 利 行

More information

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり 平 成 21 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 2 月 10 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 改 正 平 成 14 年 3 月 29 日 規 則 第 11 号 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 5 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22

More information

( 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 内 容 ) 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 な 内 容 は 次 とおりです 1 納 義 務 者 法 人 は 基 準 法 人 額 につき 復 興 特 別 法 人 を 納 める 義 務 があります( 復 興 財 源 確 保 法 42) なお 人 格 な

( 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 内 容 ) 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 な 内 容 は 次 とおりです 1 納 義 務 者 法 人 は 基 準 法 人 額 につき 復 興 特 別 法 人 を 納 める 義 務 があります( 復 興 財 源 確 保 法 42) なお 人 格 な 復 興 特 別 法 人 あらまし 東 日 本 大 震 災 から 復 興 ため 施 策 を 実 施 する ために 必 要 な 財 源 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 関 係 平 成 24 3 月 国 庁 平 成 23 12 月 2 日 に 公 布 された 東 日 本 大 震 災 から 復 興 ため 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

有 価 証 券 に 関 する 事 項 3 有 価 証 券 の 種 類 別 の 平 均 残 高 4 貯 証 率 の 期 末 値 及 び 期 中 平 均 値 ニ 組 合 の 業 務 の 運 営 に 関 する 次 に 掲 げる 事 項 (1) リスク 管 理 の 体 制 (2) 法 令 遵 守 の 体 制

有 価 証 券 に 関 する 事 項 3 有 価 証 券 の 種 類 別 の 平 均 残 高 4 貯 証 率 の 期 末 値 及 び 期 中 平 均 値 ニ 組 合 の 業 務 の 運 営 に 関 する 次 に 掲 げる 事 項 (1) リスク 管 理 の 体 制 (2) 法 令 遵 守 の 体 制 テ ィスクローシ ャー 誌 の 記 載 項 目 について このディスクロージャー 資 料 は 農 業 協 同 組 合 法 施 行 規 則 並 びに 金 融 庁 告 示 農 林 水 産 省 告 示 の 規 定 に 基 づいて 作 成 しています なお 同 規 則 告 示 に 規 定 する 開 示 項 目 は 次 のとおりです 単 体 農 業 協 同 組 合 法 施 行 規 則 第 204 条 第 1

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene.

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene. 平 成 23 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 ( 役 職

More information

Microsoft Word - 外貨建取引.docx

Microsoft Word - 外貨建取引.docx 外 貨 建 取 引 第 1 回 : 外 貨 建 取 引 と 在 外 支 店 の 換 算 2010.09.02 新 日 本 有 限 責 任 監 査 法 人 公 認 会 計 士 山 岸 聡 はじめに 外 貨 建 取 引 等 会 計 処 理 基 準 ( 以 下 会 計 基 準 )および 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 4 号 外 貨 建 取 引 等 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針

More information

財団法人○○会における最初の評議員の選任方法(案)

財団法人○○会における最初の評議員の選任方法(案) 一 般 財 団 法 人 生 産 科 学 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 生 産 科 学 研 究 奨 励 会 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 事 務 所 を 福 岡 市 東 区 松 香 台 1 丁 目 10 番 1 号 におく 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って 第 6 号 様 式 ( 確 定 中 間 修 正 申 告 書 ) 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 し た 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用

More information

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 (

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 ( 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 定 款 第 1 章 総 則 認 可 平 成 25 年 12 月 24 日 施 行 平 成 26 年 1 月 6 日 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 ( 以 下 協 会 という ) と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

科 目 予 算 額 決 算 額 差 異 Ⅱ 投 資 活 動 収 支 の 部 1. 投 資 活 動 収 入 特 定 資 産 取 崩 収 入 13,811,848 62,532,864 48,721,016 退 職 給 付 引 当 資 産 取 崩 収 入 2,811,848 54,237,864 51,

科 目 予 算 額 決 算 額 差 異 Ⅱ 投 資 活 動 収 支 の 部 1. 投 資 活 動 収 入 特 定 資 産 取 崩 収 入 13,811,848 62,532,864 48,721,016 退 職 給 付 引 当 資 産 取 崩 収 入 2,811,848 54,237,864 51, 平 成 2 3 年 度 収 支 決 算 書 1. 収 支 計 算 書 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 科 目 予 算 額 決 算 額 差 異 Ⅰ 事 業 活 動 収 支 の 部 1. 事 業 活 動 収 入 特 定 資 産 運 用 収 入 174,685 120,519 54,166 特 定 資 産 受 取 利 息 収 入 174,685 120,519

More information