十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が"

Transcription

1 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が 一 層 拡 大 深 化 し 一 国 一 地 域 で 生 じた 混 乱 や 安 全 保 障 上 の 問 題 が 直 ちに 国 際 社 会 全 体 に 拡 大 するリスクが 増 大 している 中 国 インド 等 の 更 なる 発 展 米 国 の 影 響 力 の 相 対 的 な 変 化 に 伴 うパ ワーバランスの 変 化 により 国 際 社 会 の 多 極 化 が 進 行 している 他 方 米 国 は 世 界 の 平 和 と 安 定 のための 役 割 を 引 き 続 き 果 たしていくと 考 え られる 国 家 間 では 領 土 や 主 権 海 洋 における 経 済 権 益 等 をめぐり グレー ゾーンの 事 態 が 増 加 傾 向 にある 海 洋 では 海 賊 行 為 等 の 発 生 に 加 え 沿 岸 国 による 自 国 権 利 の 一 方 的 な 主 張 行 動 により 公 海 の 自 由 が 不 当 に 侵 害 される 状 況 が 生 じている 技 術 革 新 の 急 速 な 進 展 を 背 景 として 宇 宙 空 間 サイバー 空 間 といっ た 領 域 の 安 定 的 利 用 の 確 保 が 国 際 社 会 の 安 全 保 障 上 の 重 要 課 題 となっ ている アジア 太 平 洋 地 域 における 安 全 保 障 環 境 グレーゾーンの 事 態 が 長 期 化 する 傾 向 が 生 じており これらがより 重 大 な 事 態 に 転 じる 可 能 性 が 懸 念 されている 北 朝 鮮 は 地 域 の 緊 張 を 高 める 行 為 を 繰 り 返 し 我 が 国 を 含 む 地 域 国 際 社 会 の 安 全 保 障 にとって 重 大 な 不 安 定 要 因 となっている 特 に 北 朝 鮮 の 核 ミサイル 開 発 は 我 が 国 に 対 する 挑 発 的 言 動 とあいまって 我 が 国 の 安 全 に 対 する 重 大 かつ 差 し 迫 った 脅 威 となっている 中 国 は 地 域 と 世 界 においてより 協 調 的 な 形 で 積 極 的 な 役 割 を 果 たす ことが 強 く 期 待 されている 一 方 継 続 的 に 高 い 水 準 で 国 防 費 を 増 加 させ

2 十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 国 として 今 後 も 強 い 関 心 を 持 って 注 視 していく 必 要 がある また 地 域 国 際 社 会 の 安 全 保 障 上 も 懸 念 される ロシアは 軍 改 革 を 進 展 させ 軍 事 力 の 近 代 化 に 向 けた 取 組 が 見 られ る また ロシア 軍 の 活 動 は 引 き 続 き 活 発 化 の 傾 向 にある 米 国 は アジア 太 平 洋 地 域 へのリバランスを 明 確 にし 財 政 面 等 の 制 約 の 中 でも 同 盟 国 等 との 関 係 の 強 化 等 を 図 りつつ 地 域 への 関 与 プ レゼンスの 維 持 強 化 を 進 めている 我 が 国 の 地 理 的 特 性 等 海 洋 国 家 である 我 が 国 にとって 開 かれ 安 定 した 海 洋 の 秩 序 を 強 化 し 海 上 交 通 及 び 航 空 交 通 の 安 全 を 確 保 することが 平 和 と 繁 栄 の 基 礎 である 我 が 国 は 自 然 災 害 が 多 いなど 安 全 保 障 上 の 脆 弱 性 を 抱 え 東 日 本 大 震 災 のような 大 規 模 震 災 が 発 生 した 場 合 その 影 響 は 国 際 社 会 にも 波 及 し 得 る 今 後 南 海 トラフ 巨 大 地 震 等 への 対 処 に 万 全 を 期 す 必 要 性 が 増 している 以 上 を 踏 まえた 結 論 主 要 国 間 の 大 規 模 武 力 紛 争 の 蓋 然 性 は 引 き 続 き 低 いと 考 えられるが 様 々な 安 全 保 障 上 の 課 題 や 不 安 定 要 因 がより 顕 在 化 先 鋭 化 してきてお り 22 大 綱 の 策 定 以 降 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 は 一 層 厳 し さを 増 している 安 全 保 障 上 の 課 題 や 不 安 定 要 因 は 多 様 かつ 広 範 であり 一 国 のみで は 対 応 が 困 難 である 課 題 等 への 対 応 に 利 益 を 共 有 する 各 国 が 地 域 国 際 社 会 の 安 定 のために 協 調 しつつ 積 極 的 に 対 応 する 必 要 性 が 更 に 増 大 している Ⅲ 我 が 国 の 防 衛 の 基 本 方 針 1 基 本 方 針 NSSを 踏 まえ 国 際 協 調 主 義 に 基 づく 積 極 的 平 和 主 義 の 観 点 から

3 我 が 国 の 安 全 及 びアジア 太 平 洋 地 域 の 平 和 と 安 定 を 追 求 しつつ 世 界 の 平 和 と 安 定 及 び 繁 栄 の 確 保 に これまで 以 上 に 積 極 的 に 寄 与 していく かかる 基 本 理 念 の 下 総 合 的 な 防 衛 体 制 を 構 築 し 各 種 事 態 の 抑 止 対 処 のための 体 制 を 強 化 するとともに 日 米 同 盟 を 強 化 しつつ 諸 外 国 との 二 国 間 多 国 間 の 安 全 保 障 協 力 を 積 極 的 に 推 進 するほか 防 衛 力 の 能 力 発 揮 のための 基 盤 の 確 立 を 図 る 我 が 国 は 日 本 国 憲 法 の 下 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるよ うな 軍 事 大 国 にはならないとの 基 本 方 針 に 従 い 文 民 統 制 を 確 保 し 非 核 三 原 則 を 守 りつつ 実 効 性 の 高 い 統 合 的 な 防 衛 力 を 効 率 的 に 整 備 する 核 兵 器 の 脅 威 に 対 しては 米 国 の 拡 大 抑 止 の 信 頼 性 の 維 持 強 化 及 び BMDや 国 民 保 護 を 含 む 我 が 国 自 身 の 取 組 により 適 切 に 対 応 するとと もに 核 軍 縮 不 拡 散 のための 取 組 に 積 極 的 能 動 的 な 役 割 を 果 たして いく 2 我 が 国 自 身 の 努 力 (1) 総 合 的 な 防 衛 体 制 の 構 築 一 層 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 の 下 実 効 性 の 高 い 統 合 的 な 防 衛 力 を 効 率 的 に 整 備 し 統 合 運 用 を 基 本 とする 柔 軟 かつ 即 応 性 の 高 い 運 用 に 努 める 平 素 から 関 係 機 関 が 緊 密 な 連 携 を 確 保 する 各 種 事 態 の 発 生 に 際 しては 迅 速 的 確 に 意 思 決 定 を 行 い 地 方 公 共 団 体 民 間 団 体 等 と も 連 携 を 図 り 事 態 の 推 移 に 応 じ 政 府 一 体 となってシームレスに 対 応 し 国 民 の 生 命 財 産 と 領 土 領 海 領 空 を 確 実 に 守 り 抜 く 各 種 災 害 への 対 応 や 国 民 の 保 護 のための 各 種 体 制 を 引 き 続 き 整 備 する 緊 急 事 態 において 在 外 邦 人 等 の 安 全 確 保 のために 万 全 の 態 勢 を 整 える 関 連 する 各 種 計 画 等 の 体 系 化 を 図 りつつ シミュレーションや 総 合 的 な 訓 練 演 習 を 拡 充 し 対 処 態 勢 の 実 効 性 を 高 める (2) 我 が 国 の 防 衛 力 - 統 合 機 動 防 衛 力 の 構 築 防 衛 力 は 我 が 国 の 安 全 保 障 の 最 終 的 な 担 保 である 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 が 刻 々と 変 化 する 中 で 防 衛 力 を 不

4 断 に 見 直 し その 変 化 に 適 応 していかなければならない 想 定 される 各 種 事 態 への 対 応 について 統 合 運 用 の 観 点 からの 能 力 評 価 を 実 施 し 総 合 的 な 観 点 から 特 に 重 視 すべき 機 能 能 力 を 導 き 出 すことにより 限 られた 資 源 を 重 点 的 かつ 柔 軟 に 配 分 していく 必 要 が ある 平 素 からの 常 時 継 続 的 な 情 報 収 集 警 戒 監 視 偵 察 活 動 ( 常 続 監 視 ) や 事 態 の 推 移 に 応 じた 対 処 態 勢 の 迅 速 な 構 築 により 事 態 の 深 刻 化 を 防 止 する 各 種 事 態 が 発 生 した 場 合 には 必 要 な 海 上 優 勢 航 空 優 勢 を 確 保 して 実 効 的 に 対 処 し 被 害 を 最 小 化 することが 重 要 である 統 合 運 用 による 適 切 な 活 動 を 機 動 的 かつ 持 続 的 に 実 施 していくこと に 加 え 防 衛 力 をより 強 靭 なものとするため 各 種 活 動 を 下 支 えする 防 衛 力 の 質 及 び 量 を 必 要 かつ 十 分 に 確 保 し 抑 止 力 及 び 対 処 力 を 高 めていく アジア 太 平 洋 地 域 の 安 定 化 に 向 け 二 国 間 多 国 間 の 協 力 関 係 を 強 化 する グローバルな 安 全 保 障 上 の 課 題 等 への 取 組 として 国 際 平 和 協 力 活 動 等 をより 積 極 的 に 実 施 していく 以 上 の 観 点 から 今 後 の 防 衛 力 については 多 様 な 活 動 を 統 合 運 用 によりシームレスかつ 状 況 に 臨 機 に 対 応 して 機 動 的 に 行 い 得 る 実 効 的 なものとしていくことが 必 要 である このため 幅 広 い 後 方 支 援 基 盤 の 確 立 に 配 意 しつつ 高 度 な 技 術 力 と 情 報 指 揮 通 信 能 力 に 支 えられ ハード 及 びソフト 両 面 における 即 応 性 持 続 性 強 靭 性 及 び 連 接 性 も 重 視 した 統 合 機 動 防 衛 力 を 構 築 す る 3 日 米 同 盟 の 強 化 日 米 安 全 保 障 体 制 は 我 が 国 自 身 の 努 力 とあいまって 我 が 国 の 安 全 保 障 の 基 軸 であり また 日 米 同 盟 は 我 が 国 のみならず アジア 太 平 洋 地 域 さらには 世 界 全 体 の 安 定 と 繁 栄 のための 公 共 財 として 機 能 し ている 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 は 一 層 厳 しさを 増 しており 日 米 同 盟 を 強 化 し よりバランスのとれた より 実 効 的 なものとすることが 我 が

5 国 の 安 全 の 確 保 にとってこれまで 以 上 に 重 要 となっている (1) 日 米 同 盟 の 抑 止 力 及 び 対 処 力 の 強 化 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 の 見 直 しを 進 め 日 米 防 衛 協 力 を 更 に 強 化 し 日 米 同 盟 の 抑 止 力 及 び 対 処 力 を 強 化 していく 西 太 平 洋 での 日 米 のプレゼンスを 高 め グレーゾーンの 事 態 におけ る 協 力 を 含 め 平 素 から 各 種 事 態 までのシームレスな 協 力 態 勢 を 構 築 する 共 同 訓 練 演 習 共 同 の 情 報 収 集 警 戒 監 視 偵 察 (ISR) 活 動 米 軍 自 衛 隊 の 施 設 区 域 の 共 同 使 用 の 拡 大 を 推 進 各 種 の 運 用 協 力 及 び 政 策 調 整 を 一 層 緊 密 に 推 進 する (2) 幅 広 い 分 野 における 協 力 の 強 化 拡 大 海 賊 対 処 能 力 構 築 支 援 人 道 支 援 災 害 救 援 平 和 維 持 テロ 対 策 等 における 協 力 のほか 海 洋 宇 宙 サイバー 分 野 における 協 力 を 強 化 し 国 際 社 会 の 平 和 と 安 定 に 寄 与 する 災 害 対 応 に 関 し 米 軍 が 国 民 の 安 全 に 大 いに 寄 与 した 東 日 本 大 震 災 の 事 例 を 踏 まえつつ 国 内 外 における 自 衛 隊 と 米 軍 との 連 携 を 一 層 強 化 する 情 報 協 力 及 び 情 報 保 全 の 取 組 装 備 技 術 面 での 協 力 等 の 幅 広 い 分 野 での 協 力 関 係 を 不 断 に 強 化 拡 大 する (3) 在 日 米 軍 駐 留 に 関 する 施 策 の 着 実 な 実 施 在 日 米 軍 の 円 滑 かつ 効 果 的 な 駐 留 を 安 定 的 に 支 えるとともに 在 日 米 軍 再 編 を 着 実 に 進 め 米 軍 の 抑 止 力 を 維 持 しつつ 地 元 負 担 を 軽 減 していく 普 天 間 飛 行 場 の 移 設 を 含 む 在 沖 縄 米 軍 施 設 区 域 の 整 理 統 合 縮 小 負 担 の 分 散 等 により 沖 縄 の 負 担 軽 減 を 図 っていく 4 安 全 保 障 協 力 の 積 極 的 な 推 進 (1)アジア 太 平 洋 地 域 における 協 力 域 内 の 対 立 的 な 機 運 や 相 互 の 警 戒 感 を 軽 減 するための 協 調 的 な 各 種 取 組 を 多 層 的 に 推 進 する 韓 国 との 緊 密 な 連 携 を 推 進 し 情 報 保 護 協 定 や 物 品 役 務 相 互 提 供 協

6 定 の 締 結 等 今 後 の 連 携 の 基 盤 の 確 立 に 努 める オーストラリアとの 関 係 を 一 層 深 化 させ 国 際 平 和 協 力 活 動 等 の 分 野 での 協 力 を 強 化 するとともに 共 同 訓 練 等 を 積 極 的 に 行 い 相 互 運 用 性 の 向 上 を 図 る 日 米 韓 日 米 豪 の 三 国 間 の 枠 組 みによる 協 力 関 係 を 強 化 する 中 国 との 安 全 保 障 対 話 や 交 流 を 推 進 するとともに 不 測 の 事 態 を 防 止 回 避 するための 信 頼 醸 成 措 置 の 構 築 を 進 めていく 中 国 による 我 が 国 周 辺 海 空 域 等 における 活 動 の 急 速 な 拡 大 活 発 化 に 関 しては 冷 静 かつ 毅 然 として 対 応 していく ロシアとの 安 全 保 障 対 話 ハイレベル 交 流 及 び 幅 広 い 部 隊 間 交 流 を 推 進 するとともに 共 同 訓 練 演 習 を 深 化 させる 東 南 アジア 諸 国 等 との 関 係 をより 一 層 強 化 し 共 同 訓 練 演 習 や 能 力 構 築 支 援 等 を 積 極 的 に 推 進 するほか 防 災 面 の 協 力 を 強 化 する インドとは 海 洋 安 全 保 障 分 野 を 始 めとする 幅 広 い 分 野 において 共 同 訓 練 演 習 国 際 平 和 協 力 活 動 の 共 同 実 施 等 を 通 じて 関 係 強 化 を 図 る 能 力 構 築 支 援 を ODAを 含 む 外 交 政 策 との 調 整 を 十 分 に 図 りつつ 推 進 する 能 力 構 築 支 援 の 対 象 国 及 び 支 援 内 容 を 拡 充 していく 多 国 間 安 全 保 障 協 力 対 話 において 米 豪 とも 連 携 しながら 域 内 協 力 関 係 の 構 築 に 主 体 的 に 貢 献 していく 多 国 間 共 同 訓 練 演 習 に 積 極 的 に 参 加 していく (2) 国 際 社 会 との 協 力 グローバルな 安 全 保 障 上 の 課 題 等 は 一 国 のみで 対 応 することが 極 めて 困 難 である 平 素 から 国 際 社 会 と 連 携 しつつ グローバルな 安 全 保 障 環 境 の 改 善 のため 各 種 取 組 を 推 進 する 軍 備 管 理 軍 縮 不 拡 散 能 力 構 築 支 援 等 に 関 する 各 種 取 組 を 継 続 強 化 する その 際 特 にEU NATO 及 びOSCE 並 びに 英 仏 を 始 めとする 欧 州 諸 国 との 協 力 を 一 層 強 化 する 国 際 平 和 協 力 活 動 等 を 積 極 的 かつ 多 層 的 に 推 進 する 特 に 自 衛 隊 の 能 力 を 活 用 した 活 動 を 引 き 続 き 積 極 的 に 実 施 する

7 Ⅳ 防 衛 力 の 在 り 方 1 防 衛 力 の 役 割 (1) 各 種 事 態 における 実 効 的 な 抑 止 及 び 対 処 各 種 兆 候 を 早 期 に 察 知 するため 我 が 国 周 辺 を 広 域 にわたり 常 続 監 視 し 情 報 優 越 を 確 保 する このような 活 動 等 により 力 による 現 状 変 更 を 許 容 しないとの 我 が 国 の 意 思 を 明 示 し 各 種 事 態 の 発 生 を 未 然 に 防 止 する グレーゾーンの 事 態 を 含 む 各 種 事 態 に 対 し 兆 候 段 階 からシームレ スかつ 機 動 的 に 対 応 し その 長 期 化 にも 持 続 的 に 対 応 し 得 る 態 勢 を 確 保 する 複 数 の 事 態 が 連 続 的 又 は 同 時 並 行 的 に 発 生 する 場 合 においても 事 態 に 応 じ 実 効 的 な 対 応 を 行 う 特 に 周 辺 海 空 域 における 安 全 確 保 島 嶼 部 に 対 する 攻 撃 への 対 応 弾 道 ミサイル 攻 撃 への 対 応 宇 宙 空 間 及 びサイバー 空 間 にお ける 対 応 及 び 大 規 模 災 害 等 への 対 応 を 重 視 する (2)アジア 太 平 洋 地 域 の 安 定 化 及 びグローバルな 安 全 保 障 環 境 の 改 善 我 が 国 周 辺 において 常 続 監 視 や 訓 練 演 習 等 の 各 種 活 動 を 適 時 適 切 に 実 施 し 地 域 の 安 全 保 障 環 境 の 安 定 を 確 保 する 同 盟 国 等 と 連 携 しつつ 二 国 間 多 国 間 の 防 衛 協 力 交 流 共 同 訓 練 演 習 能 力 構 築 支 援 等 を 多 層 的 に 推 進 する 軍 備 管 理 軍 縮 不 拡 散 に 関 する 各 種 取 組 を 強 化 する 国 際 平 和 協 力 活 動 海 賊 対 処 能 力 構 築 支 援 等 の 各 種 活 動 を 積 極 的 に 推 進 する 特 に 訓 練 演 習 の 実 施 防 衛 協 力 交 流 の 推 進 能 力 構 築 支 援 の 推 進 海 洋 安 全 保 障 の 確 保 国 際 平 和 協 力 活 動 の 実 施 及 び 軍 備 管 理 軍 縮 及 び 不 拡 散 の 努 力 への 協 力 を 重 視 する 2 自 衛 隊 の 体 制 整 備 に 当 たっての 重 視 事 項 (1) 基 本 的 考 え 方 自 衛 隊 は 上 記 の 防 衛 力 の 役 割 を 実 効 的 に 果 たし 得 る 体 制 を 保 持 す ることとし 今 後 の 防 衛 力 整 備 において 特 に 重 視 すべき 機 能 能 力 を

8 明 らかにするため 想 定 される 各 種 事 態 について 統 合 運 用 の 観 点 か ら 能 力 評 価 を 実 施 した 能 力 評 価 の 結 果 を 踏 まえ 南 西 地 域 の 防 衛 態 勢 の 強 化 を 始 め 各 種 事 態 における 実 効 的 な 抑 止 対 処 の 実 現 の 前 提 となる 海 上 優 勢 航 空 優 勢 の 確 実 な 維 持 に 向 けた 防 衛 力 整 備 を 優 先 することとする 大 規 模 な 陸 上 兵 力 を 動 員 した 着 上 陸 侵 攻 のような 侵 略 事 態 への 備 えについては 最 小 限 の 専 門 的 知 見 や 技 能 の 維 持 継 承 に 必 要 な 範 囲 に 限 り 保 持 し より 一 層 の 効 率 化 合 理 化 を 徹 底 する (2) 重 視 すべき 機 能 能 力 米 軍 との 相 互 運 用 性 にも 配 意 した 統 合 機 能 の 充 実 に 留 意 しつつ 特 に 以 下 の 機 能 能 力 について 重 点 的 に 強 化 する 警 戒 監 視 能 力 我 が 国 周 辺 海 空 域 において 常 続 監 視 を 広 域 にわたって 実 施 する 情 勢 の 悪 化 に 応 じて 態 勢 を 柔 軟 に 増 強 する 情 報 機 能 各 種 事 態 等 の 兆 候 の 早 期 察 知 等 を 行 うための 情 報 の 収 集 処 理 体 制 及 び 収 集 情 報 の 分 析 共 有 体 制 を 強 化 する 輸 送 能 力 所 要 の 部 隊 を 機 動 的 に 展 開 移 動 させるため 平 素 から 民 間 輸 送 力 との 連 携 を 図 りつつ 統 合 輸 送 能 力 を 強 化 する 指 揮 統 制 情 報 通 信 能 力 全 国 の 部 隊 を 機 動 的 統 合 的 に 運 用 し 得 る 指 揮 統 制 の 体 制 の 確 立 のため 陸 上 自 衛 隊 の 各 方 面 隊 を 束 ねる 統 一 司 令 部 の 新 設 等 を 実 施 する 島 嶼 部 における 基 盤 通 信 網 や 各 自 衛 隊 間 のデータリンク 機 能 を 始 めとして 充 実 強 化 を 図 る 島 嶼 部 に 対 する 攻 撃 への 対 応 海 上 優 勢 航 空 優 勢 の 確 実 な 維 持 のため 航 空 機 や 艦 艇 ミサイ ル 等 による 攻 撃 への 対 処 能 力 を 強 化 する 島 嶼 への 侵 攻 があった 場 合 に 速 やかに 上 陸 奪 回 確 保 するため の 水 陸 両 用 作 戦 能 力 を 整 備 する

9 弾 道 ミサイル 攻 撃 への 対 応 北 朝 鮮 の 弾 道 ミサイル 能 力 の 向 上 を 踏 まえ 我 が 国 の 弾 道 ミサイ ル 対 処 能 力 の 総 合 的 な 向 上 を 図 る 日 米 間 の 適 切 な 役 割 分 担 に 基 づき 日 米 同 盟 全 体 の 抑 止 力 の 強 化 のため 我 が 国 自 身 の 抑 止 対 処 能 力 の 強 化 を 図 るよう 弾 道 ミサ イル 発 射 手 段 等 に 対 する 対 応 能 力 の 在 り 方 についても 検 討 の 上 必 要 な 措 置 を 講 ずる 宇 宙 空 間 及 びサイバー 空 間 における 対 応 各 種 人 工 衛 星 を 活 用 した 情 報 収 集 能 力 や 指 揮 統 制 情 報 通 信 能 力 を 強 化 するほか 宇 宙 状 況 監 視 の 取 組 等 を 通 じて 衛 星 の 抗 たん 性 を 高 める サイバー 空 間 においては 統 合 的 な 常 続 監 視 対 処 能 力 を 強 化 す るとともに 専 門 的 な 知 識 技 術 を 持 つ 人 材 や 最 新 の 機 材 を 継 続 的 に 強 化 確 保 する 大 規 模 災 害 等 への 対 応 十 分 な 規 模 の 部 隊 を 迅 速 に 輸 送 展 開 するとともに 長 期 間 にわた り 持 続 可 能 な 対 処 態 勢 を 構 築 する 国 際 平 和 協 力 活 動 等 への 対 応 人 員 部 隊 の 安 全 確 保 のための 防 護 能 力 を 強 化 する 輸 送 展 開 能 力 情 報 通 信 能 力 補 給 衛 生 等 の 体 制 整 備 に 取 り 組 む 情 報 収 集 能 力 及 び 教 育 訓 練 人 事 管 理 体 制 を 強 化 する 3 各 自 衛 隊 の 体 制 (1) 陸 上 自 衛 隊 機 動 運 用 を 基 本 とする 作 戦 基 本 部 隊 ( 機 動 師 団 機 動 旅 団 及 び 機 甲 師 団 ) 及 び 専 門 的 機 能 ( 空 挺 水 陸 両 用 作 戦 特 殊 作 戦 航 空 輸 送 特 殊 武 器 防 護 及 び 国 際 平 和 協 力 活 動 等 )を 備 えた 機 動 運 用 部 隊 地 対 艦 誘 導 弾 部 隊 地 対 空 誘 導 弾 部 隊 機 動 運 用 を 基 本 とする 部 隊 以 外 の 作 戦 基 本 部 隊 ( 師 団 旅 団 ) (2) 海 上 自 衛 隊

10 護 衛 艦 部 隊 及 び 艦 載 回 転 翼 哨 戒 機 部 隊 潜 水 艦 部 隊 固 定 翼 哨 戒 機 部 隊 掃 海 部 隊 (3) 航 空 自 衛 隊 警 戒 管 制 部 隊 及 び 航 空 警 戒 管 制 部 隊 戦 闘 機 部 隊 及 び 空 中 給 油 輸 送 部 隊 航 空 輸 送 部 隊 地 対 空 誘 導 弾 部 隊 Ⅴ 防 衛 力 の 能 力 発 揮 のための 基 盤 1 訓 練 演 習 平 素 から 訓 練 演 習 を 通 じ 各 種 計 画 を 不 断 に 検 証 し 見 直 す 戦 術 技 量 の 向 上 のため 訓 練 演 習 の 充 実 強 化 に 努 める その 際 関 係 機 関 や 民 間 部 門 とも 連 携 し より 実 践 的 な 訓 練 演 習 を 体 系 的 かつ 計 画 的 に 実 施 する 南 西 地 域 において 地 元 との 関 係 に 留 意 しつつ 米 軍 施 設 区 域 の 自 衛 隊 による 共 同 使 用 を 進 めること 等 により 良 好 な 訓 練 環 境 を 確 保 する 2 運 用 基 盤 駐 屯 地 基 地 等 の 復 旧 能 力 を 含 む 抗 たん 性 を 高 める 各 自 衛 隊 施 設 及 び 宿 舎 の 整 備 を 進 め 即 応 性 を 確 保 する 民 間 空 港 港 湾 についても 事 態 に 応 じて 早 期 に 自 衛 隊 等 の 運 用 基 盤 と して 使 用 し 得 るよう 平 素 からの 体 制 の 在 り 方 も 含 め 検 討 を 行 う 各 種 家 族 支 援 施 策 を 実 施 する 装 備 品 の 運 用 基 盤 の 充 実 強 化 ( 必 要 な 弾 薬 の 確 保 備 蓄 装 備 品 の 維 持 整 備 )を 図 る 3 人 事 教 育 各 自 衛 隊 の 任 務 特 性 を 踏 まえつつ 適 正 な 階 級 構 成 及 び 年 齢 構 成 を 確 保 するための 施 策 を 実 施 する

11 女 性 自 衛 官 の 更 なる 活 用 や 再 任 用 を 含 む 人 材 を 有 効 に 活 用 するための 施 策 及 び 栄 典 礼 遇 に 関 する 施 策 を 推 進 する 統 合 運 用 体 制 を 強 化 するため 教 育 訓 練 の 充 実 統 幕 関 係 府 省 等 での 勤 務 等 を 通 じ 各 種 事 態 等 に 柔 軟 に 即 応 できる 人 材 を 確 保 する 多 様 な 募 集 施 策 を 推 進 する 地 方 公 共 団 体 や 関 係 機 関 との 連 携 強 化 等 により 再 就 職 支 援 を 推 進 する 専 門 的 技 能 を 要 するものを 含 む 幅 広 い 分 野 で 予 備 自 衛 官 の 活 用 を 進 め るとともに 予 備 自 衛 官 等 の 充 足 向 上 等 のための 施 策 を 実 施 する 4 衛 生 自 衛 隊 病 院 の 拠 点 化 高 機 能 化 等 を 進 め 防 衛 医 科 大 学 校 病 院 等 の 運 営 改 善 を 含 め 効 率 的 かつ 質 の 高 い 医 療 体 制 を 確 立 する 医 官 看 護 師 救 急 救 命 士 等 の 確 保 育 成 を 一 層 重 視 する 第 一 線 の 救 護 能 力 の 向 上 や 迅 速 な 後 送 態 勢 の 整 備 を 図 る 5 防 衛 生 産 技 術 基 盤 我 が 国 の 防 衛 生 産 技 術 基 盤 の 維 持 強 化 を 早 急 に 図 るため 我 が 国 の 防 衛 生 産 技 術 基 盤 全 体 の 将 来 ビジョンを 示 す 戦 略 を 策 定 する 装 備 品 の 民 間 転 用 等 を 推 進 する 国 際 協 調 主 義 に 基 づく 積 極 的 平 和 主 義 の 観 点 から 防 衛 装 備 品 の 活 用 等 による 平 和 貢 献 国 際 協 力 に 一 層 積 極 的 に 関 与 するとともに 防 衛 装 備 品 等 の 共 同 開 発 生 産 等 に 参 画 することが 求 められている こうした 状 況 を 踏 まえ 武 器 輸 出 三 原 則 等 がこれまで 果 たしてきた 役 割 にも 十 分 配 意 した 上 で 移 転 を 禁 止 する 場 合 の 明 確 化 移 転 を 認 め 得 る 場 合 の 限 定 及 び 厳 格 審 査 目 的 外 使 用 及 び 第 三 国 移 転 に 係 る 適 正 管 理 の 確 保 等 に 留 意 しつつ 武 器 等 の 海 外 移 転 に 関 し 新 たな 安 全 保 障 環 境 に 適 合 する 明 確 な 原 則 を 定 める 6 装 備 品 の 効 率 的 な 取 得 装 備 品 の 効 果 的 効 率 的 な 取 得 のため プロジェクト マネージャー の 仕 組 みを 制 度 化 し 技 術 的 視 点 も 含 め ライフサイクルを 通 じたプロ

12 ジェクト 管 理 を 強 化 する 更 なる 長 期 契 約 の 導 入 の 可 否 等 を 検 討 し ライフサイクルを 通 じての 費 用 対 効 果 の 向 上 を 図 る 民 間 能 力 の 有 効 活 用 等 による 補 給 態 勢 の 改 革 により 即 応 性 対 処 能 力 の 向 上 を 目 指 す 取 得 プロセスの 透 明 化 及 び 契 約 制 度 の 適 正 化 を 不 断 に 追 求 する 7 研 究 開 発 研 究 開 発 の 開 始 に 当 たり 防 衛 力 整 備 上 の 優 先 順 位 との 整 合 性 を 確 保 する 新 たな 脅 威 に 対 応 し 戦 略 的 に 重 要 な 分 野 において 技 術 的 優 位 性 を 確 保 し 得 るよう 中 長 期 的 な 視 点 に 基 づく 研 究 開 発 を 推 進 する 安 全 保 障 分 野 にも 有 効 に 活 用 し 得 るよう 大 学 研 究 機 関 との 連 携 の 充 実 等 により デュアルユース 技 術 の 積 極 的 な 活 用 に 努 める 以 上 の 目 的 を 達 成 するための 防 衛 省 の 研 究 開 発 態 勢 について 検 討 する 8 地 域 コミュニティーとの 連 携 各 種 事 態 において 自 衛 隊 が 的 確 に 対 処 するため 地 方 公 共 団 体 警 察 消 防 機 関 等 の 関 係 機 関 との 連 携 を 一 層 強 化 する 防 衛 施 設 周 辺 対 策 事 業 を 引 き 続 き 推 進 する 平 素 から 地 方 公 共 団 体 や 地 元 住 民 に 対 し 積 極 的 な 広 報 等 を 行 い その 理 解 及 び 協 力 を 獲 得 する 部 隊 の 改 編 等 に 当 たっては 地 域 の 特 性 に 配 慮 する 同 時 に 駐 屯 地 等 の 運 営 に 当 たっては 地 元 経 済 への 寄 与 に 配 慮 する 9 情 報 発 信 の 強 化 自 衛 隊 の 任 務 の 効 果 的 な 遂 行 に 必 要 な 国 内 外 の 理 解 を 得 るため 戦 略 的 な 広 報 活 動 を 強 化 し 多 様 な 情 報 媒 体 を 活 用 して 情 報 発 信 の 充 実 に 努 める 10 知 的 基 盤 の 強 化 教 育 機 関 等 における 安 全 保 障 教 育 の 推 進 に 取 り 組 む 防 衛 研 究 所 を 中 心 とする 研 究 体 制 の 強 化 とともに 政 府 内 の 他 の 研 究

13 教 育 機 関 や 国 内 外 の 大 学 シンクタンク 等 との 各 種 連 携 を 推 進 する 11 防 衛 省 改 革 の 推 進 文 官 と 自 衛 官 の 一 体 感 の 醸 成 防 衛 力 整 備 の 全 体 最 適 化 統 合 運 用 機 能 の 強 化 政 策 立 案 情 報 発 信 機 能 の 強 化 等 の 実 現 のため 防 衛 省 の 業 務 組 織 を 不 断 に 見 直 し 改 革 を 推 進 する Ⅵ 留 意 事 項 本 大 綱 に 定 める 防 衛 力 の 在 り 方 は おおむね10 年 程 度 の 期 間 を 念 頭 に 置 いたものであり NSCで 定 期 的 に 体 系 的 な 評 価 を 行 うとともに 統 合 運 用 を 踏 まえた 能 力 評 価 に 基 づく 検 証 も 実 施 しつつ 円 滑 迅 速 的 確 な 移 行 を 推 進 する 評 価 検 証 の 中 で 情 勢 に 重 要 な 変 化 が 見 込 まれる 場 合 には その 時 点 における 安 全 保 障 環 境 等 を 勘 案 し 検 討 を 行 い 所 要 の 修 正 を 行 う 格 段 に 厳 しさを 増 す 財 政 事 情 を 勘 案 し 防 衛 力 整 備 の 一 層 の 効 率 化 合 理 化 を 図 り 経 費 抑 制 に 努 める 国 の 他 の 諸 施 策 との 調 和 を 図 りつつ 防 衛 力 全 体 として 円 滑 に 十 全 な 機 能 を 果 たし 得 るようにする

14 ( 別 表 ) 区 分 現 状 ( 平 成 25 年 度 末 ) 将 来 編 成 定 数 約 15 万 9 千 人 15 万 9 千 人 常 備 自 衛 官 定 員 約 15 万 1 千 人 15 万 1 千 人 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 約 8 千 人 8 千 人 3 個 機 動 師 団 4 個 機 動 旅 団 陸 上 自 衛 隊 機 動 運 用 部 隊 中 央 即 応 集 団 1 個 機 甲 師 団 1 個 機 甲 師 団 1 個 空 挺 団 基 幹 部 隊 1 個 水 陸 機 動 団 1 個 ヘリコプター 団 地 域 配 備 部 隊 8 個 師 団 5 個 師 団 6 個 旅 団 2 個 旅 団 地 対 艦 誘 導 弾 部 隊 5 個 地 対 艦 ミサイル 連 隊 5 個 地 対 艦 ミサイル 連 隊 地 対 空 誘 導 弾 部 隊 8 個 高 射 特 科 群 / 連 隊 7 個 高 射 特 科 群 / 連 隊 護 衛 艦 部 隊 4 個 護 衛 隊 群 (8 個 護 衛 隊 ) 4 個 護 衛 隊 群 (8 個 護 衛 隊 ) 5 個 護 衛 隊 6 個 護 衛 隊 基 幹 部 隊 潜 水 艦 部 隊 5 個 潜 水 隊 6 個 潜 水 隊 掃 海 部 隊 1 個 掃 海 隊 群 1 個 掃 海 隊 群 海 上 自 衛 隊 哨 戒 機 部 隊 9 個 航 空 隊 9 個 航 空 隊 護 衛 艦 47 隻 54 隻 主 要 装 備 (イーシ ス システム 搭 載 護 衛 艦 ) (6 隻 ) (8 隻 ) 潜 水 艦 16 隻 22 隻 作 戦 用 航 空 機 約 170 機 約 170 機 航 空 警 戒 管 制 部 隊 8 個 警 戒 群 20 個 警 戒 隊 28 個 警 戒 隊 航 空 自 衛 隊 基 幹 部 隊 1 個 警 戒 航 空 隊 (2 個 飛 行 隊 ) 1 個 警 戒 航 空 隊 (3 個 飛 行 隊 ) 戦 闘 機 部 隊 航 空 偵 察 部 隊 12 個 飛 行 隊 1 個 飛 行 隊 13 個 飛 行 隊 空 中 給 油 輸 送 部 隊 1 個 飛 行 隊 2 個 飛 行 隊 航 空 輸 送 部 隊 3 個 飛 行 隊 3 個 飛 行 隊 地 対 空 誘 導 弾 部 隊 6 個 高 射 群 6 個 高 射 群 主 要 装 備 作 戦 用 航 空 機 約 340 機 約 360 機 うち 戦 闘 機 約 260 機 約 280 機 注 1: 戦 車 及 び 火 砲 の 現 状 ( 平 成 25 年 度 末 定 数 )の 規 模 はそれぞれ 約 700 両 約 600 両 / 門 であるが 将 来 の 規 模 はそれぞれ 約 300 両 約 300 両 / 門 とする 注 2: 弾 道 ミサイル 防 衛 にも 使 用 し 得 る 主 要 装 備 基 幹 部 隊 については 上 記 の 護 衛 艦 (イージス システム 搭 載 護 衛 艦 ) 航 空 警 戒 管 制 部 隊 及 び 地 対 空 誘 導 弾 部 隊 の 範 囲 内 で 整 備 することとする

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63> 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 平 成 22 年 12 月 17 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める これに 伴 い 平 成 16 年 12 月 10 日 付 け 閣 議 決 定 平 成 17 年 度 以 降 に 係 る 防 衛

More information

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応 抜 粋 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について

More information

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 ) I 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 )について 平 成 12 年 12 月 15 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 12 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 13 年 度 から 平 成 17 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

( 別 紙 ) 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 ) Ⅰ 計 画 の 方 針 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までの 防 衛 力 整 備 に 当 たっては 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 に

( 別 紙 ) 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 ) Ⅰ 計 画 の 方 針 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までの 防 衛 力 整 備 に 当 たっては 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 に 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 につい て 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について ( 平

More information

< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464>

< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464> 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 8 年 度 ~ 平 成 12 年 度 )について 平 成 7 年 12 月 14 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 7 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 8 年 度 から 平 成 12 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 8 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱

More information

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464>

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464> 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 昭 和 51 年 10 月 29 日 昭 和 51 年 10 月 29 日 国 防 会 議 決 定 閣 議 決 定 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める 別 紙 防 衛 計 画 の 大 綱 一. 目 的 及 び 趣 旨 わが 国 が 憲 法 上 許 される

More information

<5461726F2D303392868AFA9668897197CD90AE94F58C7689E62E6A7464>

<5461726F2D303392868AFA9668897197CD90AE94F58C7689E62E6A7464> 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 3 年 度 ~ 平 成 7 年 度 )について 平 成 2 年 12 月 20 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 3 年 度 から 平 成 7 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 3 年 度 以 降 の 防 衛 計 画 の 基 本 的 考 え 方 について ( 平 成 2 年

More information

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 ( 骨 子 ) Ⅰ. 概 観 日 米 同 盟 は 日 本 の 安 全 とアジア 太 平 洋 地 域 の 平 和 と 安 定 のために 不 可 欠 な 基 礎 同 盟 に 基 づいた 緊 密 かつ 協 力 的 な 関 係 は 世 界 における 課 題 に 対 処 する 上 で 重 要 な 役 割 を 果 たす 閣 僚 は 役 割 任 務 能 力

More information

防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0%

防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0% 平 成 27 年 度 防 衛 関 係 予 算 のポイント 平 成 27 年 1 月 井 口 主 計 官 防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0%の

More information

図 表 1 防 関 係 費 予 算 のポイント( 概 要 ) 28 年 度 の 防 関 係 費 は 5 兆 541 億 円 (+1.5%) 中 期 防 対 象 経 費 は 4 兆 8,607 億 円 (+0.8%) 中 期 防 対 象 経 費 については 中 期 防 力 整 備 計 画 に 沿 って

図 表 1 防 関 係 費 予 算 のポイント( 概 要 ) 28 年 度 の 防 関 係 費 は 5 兆 541 億 円 (+1.5%) 中 期 防 対 象 経 費 は 4 兆 8,607 億 円 (+0.8%) 中 期 防 対 象 経 費 については 中 期 防 力 整 備 計 画 に 沿 って 平 成 28 年 度 防 関 係 費 について 主 計 局 主 計 官 堀 内 斉 1.はじめに 平 成 28 年 度 の 防 関 係 費 については 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 計 画 の 大 綱 について 及 び 中 期 防 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について ( 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会

More information

一 方 リーマンショックに 端 を 発 した 金 融 危 機 以 降 米 国 や 欧 州 諸 国 では 財 政 事 情 の 悪 化 から 国 防 費 の 削 減 を 迫 られており 結 果 としてグローバルな 軍 事 バランス に 大 きな 変 化 が 生 じ 潜 在 的 な 不 安 定 要 因 を

一 方 リーマンショックに 端 を 発 した 金 融 危 機 以 降 米 国 や 欧 州 諸 国 では 財 政 事 情 の 悪 化 から 国 防 費 の 削 減 を 迫 られており 結 果 としてグローバルな 軍 事 バランス に 大 きな 変 化 が 生 じ 潜 在 的 な 不 安 定 要 因 を 平 成 25 年 6 月 4 日 新 防 衛 計 画 の 大 綱 策 定 に 係 る 提 言 ( 防 衛 を 取 り 戻 す ) 自 由 民 主 党 一 はじめに 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 が 策 定 されて 以 降 わが 国 周 辺 にお いては 北 朝 鮮 が 弾 道 ミサイル 発 射 や 核 実 験 を 強 行 し また 中 国 がわが 国 周 辺

More information

Microsoft Word - 【セット】2+2仮訳(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】2+2仮訳(エンバーゴ無し) 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 共 同 発 表 変 化 する 安 全 保 障 環 境 のためのより 力 強 い 同 盟 新 たな 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 岸 田 外 務 大 臣 中 谷 防 衛 大 臣 ケリー 国 務 長 官 カーター 国 防 長 官 1. 概 観 2015 年 4 月 27 日 ニューヨークにおいて 岸 田 文 雄 外

More information

防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を 推

防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を 推 平 成 28 年 度 防 衛 関 係 予 算 のポイント 平 成 27 年 12 月 堀 内 主 計 官 防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

Microsoft Word - 280720 ピンナップ(お知らせ)【エンバーゴ差替え】

Microsoft Word - 280720 ピンナップ(お知らせ)【エンバーゴ差替え】 (お 知 らせ) 28.8.31 防 衛 装 備 庁 取 得 戦 略 計 画 の 策 定 について 防 衛 装 備 庁 では 平 成 27 年 11 月 にプロジェクト 管 理 重 点 対 象 装 備 品 (プ ロジェクト マネージャー 及 び 統 合 プロジェクト チームを 置 いて 重 点 的 にプ ロジェクト 管 理 を 実 施 する 装 備 品 )として 選 定 した12 品 目 の 装 備

More information

積極的平和主義と統合機動防衛力への転換

積極的平和主義と統合機動防衛力への転換 積 極 的 平 和 主 義 と 統 合 機 動 防 衛 力 への 転 換 国 家 安 全 保 障 戦 略 新 防 衛 大 綱 新 中 期 防 平 成 26 年 度 防 衛 関 係 費 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 沓 脱 和 人 今 井 和 昌 はじめに 政 府 は 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 (NSC) 及 び 閣 議 において 中 長 期 的

More information

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 序 章 2015 年 の 東 アジア - 厳 しさを 増 す 戦 略 環 境 - 1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 上 に シリア 領

More information

平成24年度 政策評価等の実施状況及びこれらの結果の政策への反映状況に関する報告 20_防衛省(個表)

平成24年度 政策評価等の実施状況及びこれらの結果の政策への反映状況に関する報告 20_防衛省(個表) 防 衛 省 表 20-4 防 衛 省 における 政 策 評 価 の 結 果 及 びこれらの 政 策 への 反 映 状 況 ( 個 表 ) 政 策 ごとの 評 価 結 果 については 総 務 省 ホームページ(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/seisaku_n/portal/index.htm l)を 参 照 されたい また 政 策 評 価 の 結

More information

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去 2014 年 6 月 27 日 政 府 の 15 事 例 に 関 する 見 解 憲 法 総 合 調 査 会 安 全 保 障 総 合 調 査 会 民 主 党 は 3 月 4 日 に 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 憲 法 解 釈 の 変 更 に 関 する 見 解 をとりまとめて 以 降 も 安 保 法 制 懇 の 報 告 やその 後 の 総 理 発 言 政 府 から 与 党 への 15 事 例 の

More information

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして 第 9 章 日 本 の 海 洋 安 全 保 障 政 策 カントリー プロファイル 小 谷 哲 男 1. 海 洋 法 の 解 釈 (1) 領 海 における 無 害 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 1996 年 に 国 連 海 洋 法 条 約 を 批 准 した 後 同 条 約 による 海 域 の 区 分 に 応 じて 領 海 及 び 接 続 水 域 に 関 する 法 律 ( 領 海 法

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 24 年 度 防 衛 予 算 案 の 概 要 防 衛 省 注 1: 本 文 中 の 計 数 は 特 に 記 載 のある 場 合 を 除 き 装 備 品 等 の 製 造 等 に 要 する 初 度 費 を 除 く 経 費 を 表 示 している 2: 本 文 中 の 計 数 は 特 に 記 載 のある 場 合 を 除 き 契 約 ベースである 3: 本 文 中 の 青 字 は 新 規 事 業 を

More information

大 臣 官 房 企 画 評 価 課 活 動 指 標 名 / 年 度 実 績 評 価 事 業 概 要 説 明 書 -2 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 1 活 動 実 績 (H20については 補 正 予 算 後 ベース) 単 位 当 りコスト (

大 臣 官 房 企 画 評 価 課 活 動 指 標 名 / 年 度 実 績 評 価 事 業 概 要 説 明 書 -2 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 1 活 動 実 績 (H20については 補 正 予 算 後 ベース) 単 位 当 りコスト ( 事 業 開 始 年 度 大 臣 官 房 企 画 評 価 課 事 業 概 要 説 明 書 -1 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 根 拠 法 改 革 会 議 報 告 書 (20.7.15) 1 実 施 方 法 ( 該 当 項 目 にチェッ ク)) 直 接 実 施 業 務 委 託 補 助 金 貸 付 その 他 上 記 実 施 方 法 が 業 務 委

More information

平成27年度防衛関係費の概要

平成27年度防衛関係費の概要 平 成 27 年 度 防 衛 関 係 費 の 概 要 3 年 連 続 の 増 額 となった 防 衛 予 算 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 横 山 絢 子 1.はじめに 平 成 27 年 1 月 14 日 平 成 27 年 度 予 算 政 府 案 が 閣 議 決 定 され 防 衛 関 係 費 として 対 前 年 度 比 2.0%(953 億 円 ) 増 となる4 兆 9,801 億 円 が

More information

資料6:事前分析表

資料6:事前分析表 第 6 回 防 衛 省 政 策 評 価 に 関 する 有 識 者 会 議 資 料 (4.8.0) 資 料 6 目 標 管 理 型 の 政 策 評 価 ( 事 前 分 析 表 ) 平 成 4 年 事 前 分 析 表 (FU 変 更 試 作 案 ) 8 月 7 日 調 整 達 成 手 段 は4 年 レビュー 時 点 平 成 4 年 実 施 施 策 に 係 る 事 前 分 析 表 ( 防 衛 省 4( 施

More information

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関 北 関 東 防 衛 局 330-9721 埼 玉 県 さいたま 市 中 央 区 新 都 心 2-1 さいたま 新 都 心 合 同 庁 舎 2 号 館 TEL(048)600-1800 FAX(048)600-1831 http://www.mod.go.jp/rdb/n-kanto/ 防 衛 局 防 衛 省 設 置 法 第 33 条 防 衛 省 組 織 令 第 211 条 防 衛 事 務 所 防 衛

More information

例 を 適 用 した 上 で, 平 成 22 年 4 月 26 日 付 け 防 官 文 第 5676 号 によ り 表 紙 部 分 を 全 部 開 示 し, 同 年 12 月 22 日 付 け 防 官 文 第 15726 号 により, 本 件 対 象 文 書 について, 法 5 条 1 号 ないし4

例 を 適 用 した 上 で, 平 成 22 年 4 月 26 日 付 け 防 官 文 第 5676 号 によ り 表 紙 部 分 を 全 部 開 示 し, 同 年 12 月 22 日 付 け 防 官 文 第 15726 号 により, 本 件 対 象 文 書 について, 法 5 条 1 号 ないし4 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 23 年 3 月 31 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 153 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 1 月 17 日 ( 平 成 23 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 422 号 ) 事 件 名 : 陸 上 自 衛 隊 史 ( 平 成 19 年 度 )の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

防 衛 省 表 19-4 防 衛 省 における 政 策 評 価 の 結 果 及 びこれらの 政 策 への 反 映 状 況 ( 個 表 ) 政 策 ごとの 評 価 結 果 については 総 務 省 ホームページ(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/seisaku_n/seisaku_fusyou.ht ml)を 参 照 されたい また 政 策 評 価 の

More information

要約平成19年度安全保障環境の変化が我が国の防衛機器産業に及ぼす影響に関する調査研究報告書

要約平成19年度安全保障環境の変化が我が国の防衛機器産業に及ぼす影響に関する調査研究報告書 調 査 研 究 報 告 書 の 要 約 19 事 業 環 境 1 署 名 平 成 19 年 度 安 全 保 障 環 境 の 変 化 が 我 が 国 の 防 衛 機 器 産 業 に 及 ぼす 影 響 に 関 する 調 査 研 究 報 告 書 発 行 機 関 名 社 団 法 人 日 本 機 械 工 業 連 合 会 日 本 戦 略 研 究 フォーラム 発 行 年 月 平 成 20 年 3 月 頁 数 190

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378> 自 衛 隊 の 対 テロ 戦 (テロ 対 策 )の 現 状 と 課 題 ( 概 要 ) 樋 口 譲 次 1 テロリズム(テロ)の 定 義 アメリカ 陸 軍 の 研 究 (1988 年 )によれば これまで テロリズム(テロ)には1 00 以 上 の 定 義 付 けが 行 われており 普 遍 的 に 認 められたテロリズムの 定 義 はない と されている その 前 提 の 上 で 一 般 的 に テロとは

More information

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 17 年 10 月 13 日 ( 平 成 17 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 498 号 ) 答 申 日 : 平 成 20 年 1 月 31 日 ( 平 成 19 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 411 号 ) 事 件 名 : 昭 和 52 年 度 兵 術 年 報 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第 1 審 査

More information

Vol. 5 6 む ね 5 途 技 術 水 準 勘 検 討 修 正 福 田 麻 生 作 業 8 麻 生 織 有 者 談 勝 俣 ポ 唆 経 再 検 討 鳩 山 足 末 予 計 画 整 計 画 先 延 談 織 改 鳩 山 位 置 付 困 難 鳩 山 普 天 移 問 題 ぐ 膠 着 ち ゃ 状 況 打

Vol. 5 6 む ね 5 途 技 術 水 準 勘 検 討 修 正 福 田 麻 生 作 業 8 麻 生 織 有 者 談 勝 俣 ポ 唆 経 再 検 討 鳩 山 足 末 予 計 画 整 計 画 先 延 談 織 改 鳩 山 位 置 付 困 難 鳩 山 普 天 移 問 題 ぐ 膠 着 ち ゃ 状 況 打 集 考 想 神 謙 慶應義塾学准教授 混 格有 略文家 評価針 巻 指針文 整標水準今 計画 以 役割任務兵装 2010 決 2009歴史 位置付明求 略反映せ 文存総 付公式文望 府体包括 経緯 治導試 略 NSS 領府 転換初 4ご QDR 2004 決 想 来針 官邸官房心整 省比 7 Vol. 5 6 む ね 5 途 技 術 水 準 勘 検 討 修 正 福 田 麻 生 作 業 8 麻 生 織

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 北 神 塾 第 五 講 世 界 の 中 の 日 本 日 本 の 外 交 安 全 保 障 防 衛 方 針 2 平 成 26 年 9 月 12 日 北 神 圭 朗 1 中 国 の 軍 事 戦 略 1. 中 国 の 軍 事 費 はすでに 日 本 の 3 倍 を 超 えた しかも 単 純 に 経 済 成 長 に 合 わせて 軍 備 拡 張 が 行 われているのではなく 確 固 たる 長 期 戦 略 に 基

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加)

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加) 防 衛 省 自 衛 隊 の 警 戒 監 視 態 勢 について 平 成 6 年 11 月 防 衛 省 警 戒 監 視 活 動 海 上 自 衛 隊 は P-3C 哨 戒 機 により 北 海 道 の 周 辺 海 域 日 本 海 並 びに 東 シナ 海 を 航 行 する 船 舶 などの 状 況 を それ ぞれの 海 域 において 監 視 している 航 空 自 衛 隊 においても レーダーサイトによる 常 時

More information

Microsoft Word - 20130308071.docx

Microsoft Word - 20130308071.docx 平 成 25 年 度 防 衛 関 係 費 の 概 要 11 年 ぶりに 増 額 された 防 衛 予 算 くつぬぎ 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 沓 脱 かずひと いまい 和 人 今 井 かずまさ 和 昌 はじめに 平 成 25 年 1 月 29 日 平 成 25 年 度 予 算 政 府 案 が 閣 議 決 定 され 防 衛 関 係 費 として 対 前 年 度 比 0.8%(400 億 円

More information

2009.11.23 第 9 回 憲 法 セミナー 福 井 516 名 2010.04.09 改 憲 世 論 調 査 ( 読 売 ) 賛 成 43% 反 対 42% ( 資 料 1 2) 九 条 の 会 の 結 成 数 と 世 論 調 査 における 改 憲 反 対 の 率 の 推 移 2

2009.11.23 第 9 回 憲 法 セミナー 福 井 516 名 2010.04.09 改 憲 世 論 調 査 ( 読 売 ) 賛 成 43% 反 対 42% ( 資 料 1 2) 九 条 の 会 の 結 成 数 と 世 論 調 査 における 改 憲 反 対 の 率 の 推 移 2 9 条 の 会 北 九 州 憲 法 ネット 結 成 10 周 年 記 念 憲 法 講 演 会 資 料 2014.11.29 渡 辺 治 ( 資 料 1) 九 条 の 会 の 発 展 と 世 論 の 変 化 年 結 成 数 活 動 状 況 備 考 内 訳 2004.04 改 憲 世 論 調 査 ( 読 売 ) 賛 成 65% 反 対 22.7% 2004.6.10. 九 条 の 会 呼 びかけ 2004.7.29.

More information

Microsoft Word - 基地協211117表紙重点要望.doc

Microsoft Word - 基地協211117表紙重点要望.doc 基 地 対 策 関 係 施 策 の 充 実 強 化 に 関 する 要 望 我 々 基 地 関 係 市 町 村 議 会 は 基 地 に 対 する 周 辺 住 民 の 十 分 な 理 解 と 協 力 を 得 るため 生 活 環 境 の 整 備 や 住 民 福 祉 の 向 上 等 に 鋭 意 努 力 しているところである しかしながら 基 地 関 係 市 町 村 は 基 地 所 在 に 伴 う 特 殊 な

More information

参 考 資 料 ( 防 衛 関 係 費 ) 我 が 国 周 辺 の 安 全 保 障 環 境 (2010 年 以 降 ) (13 年 10 月 1 日 現 在 ) 中 国 軍 事 力 水 上 艦 艇 潜 水 艦 等 の 増 強 空 母 遼 寧 の 就 役 (12 年 9 月 ) 第 4 世 代 戦 闘 機 の 増 強 次 世 代 ステルス 戦 闘 機 の 開 発 との 指 摘 中 国 による 我 が

More information

(4)さらに 我 が 国 の 防 衛 に する 活 動 に 現 に 従 事 する 米 軍 部 隊 に 対 して 攻 撃 が 発 生 し それが 状 況 によっては 武 力 攻 撃 にま で 拡 大 していくような 事 態 においても 自 衛 隊 と 米 軍 が 緊 密 に 連 携 して 切 れ 目

(4)さらに 我 が 国 の 防 衛 に する 活 動 に 現 に 従 事 する 米 軍 部 隊 に 対 して 攻 撃 が 発 生 し それが 状 況 によっては 武 力 攻 撃 にま で 拡 大 していくような 事 態 においても 自 衛 隊 と 米 軍 が 緊 密 に 連 携 して 切 れ 目 4 わが 国 周 辺 の 兵 力 推 移 の 概 要 ( 万 人 ) ( 万 トン) ( 作 戦 機 数 ) 250 250 8,000 200 陸 上 兵 力 海 上 兵 力 航 空 兵 力 1993 2003 2013 200 1993 2003 2013 6,000 1993 2003 2013 150 100 50 150 100 50 4,000 2,000 0 0 極 東 ロシア 中 国

More information

<5461726F2D3138303430358DC08AD48E7392B782A982E782CC8DC481588EBF>

<5461726F2D3138303430358DC08AD48E7392B782A982E782CC8DC481588EBF> 問 1 キャンプ 座 間 への 米 陸 軍 新 司 令 部 の 移 転 は 世 界 的 な 米 軍 の 改 編 の 一 環 として 行 われ また 沖 縄 の 負 担 軽 減 も 含 む 日 米 再 編 協 議 の 中 で 統 合 任 務 可 能 な 作 戦 司 令 部 として 米 国 本 土 より 移 転 してくる 唯 一 の 基 地 であり ます このことは 機 能 強 化 として 認 められたところでありますが

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E63433378D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E63433378D862E646F63> 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 2 1 年 2 月 1 9 日 ( 平 成 2 1 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 1 0 9 号 ) 答 申 日 : 平 成 2 1 年 1 2 月 1 5 日 ( 平 成 2 1 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 4 3 7 号 ) 事 件 名 : 陸 上 自 衛 隊 史 ( 平 成 1 8 年 度 )の 一 部 開 示 決 定 に 関

More information

5 AF CC - JAAGA Convention 2014 QDR Speech_J.docx

5 AF CC - JAAGA Convention 2014 QDR Speech_J.docx 皆 様 こんばんは 只 今 ご 紹 介 に 与 りました アンジェレラでございます 米 空 軍 幹 部 達 にとって 名 高 いイベントである 日 米 エアフォース 友 好 協 会 総 会 へお 招 き 頂 きまして まこ とにありがとうございます 素 晴 らしいメンバーの 方 々の 前 で 講 演 する 場 を 設 けてくださった 協 会 会 長 吉 田 元 空 将 にも 感 謝 を 申 し 上

More information

防衛産業政策の実行に向けた提言

防衛産業政策の実行に向けた提言 防 衛 産 業 政 策 の 実 行 に 向 けた 提 言 2015 年 9 月 15 日 経 団 連 は 防 衛 生 産 技 術 基 盤 の 強 化 や 装 備 品 の 国 際 共 同 開 発 生 産 の 推 進 に 向 けた 提 言 を 重 ねてきた 昨 年 4 月 に 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 1 が 閣 議 決 定 され てから わが 国 と 欧 米 やアジアの 諸 国 等 との

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

国家安全保障戦略

国家安全保障戦略 国 家 安 全 保 障 戦 略 について 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 国 家 安 全 保 障 戦 略 について 別 紙 のとおり 定 める 本 決 定 は 国 防 の 基 本 方 針 について ( 昭 和 32 年 5 月 20 日 国 防 会 議 及 び 閣 議 決 定 )に 代 わるものとする ( 別 紙 ) 国 家 安 全 保

More information

海賊対策の強化に向けた提言

海賊対策の強化に向けた提言 海 賊 対 策 の 強 化 に 向 けた 提 言 2011 年 10 月 18 日 ( 社 ) 日 本 経 済 団 体 連 合 会 ソマリア 沖 アデン 湾 はアジアと 欧 州 を 結 ぶ 海 上 輸 送 の 要 衝 であり 同 海 域 に 出 没 する 海 賊 問 題 への 対 応 は 世 界 各 国 の 海 上 輸 送 の 安 全 の 確 保 にとって 重 要 な 鍵 である そこで NATO(

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

271030_表紙-2.xdw

271030_表紙-2.xdw 空 中 給 油 機 KC-130の 鹿 屋 基 地 への 訓 練 移 転 に 係 るこれまでの 対 応 と 防 衛 省 との 協 議 について 平 成 27 年 10 月 30 日 鹿 屋 市 目 次 Ⅰ 鹿 屋 基 地 に 係 る 在 日 米 軍 再 編 について P1 P1 Ⅱ 空 中 給 油 機 KC-130の 鹿 屋 基 地 に おける 訓 練 概 要 P4 P2 Ⅲ 防 衛 省 への 主

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

航空機の防衛生産・技術基盤に必要な論点・視点

航空機の防衛生産・技術基盤に必要な論点・視点 航 空 自 衛 隊 の 戦 闘 機 における 防 衛 生 産 技 術 基 盤 の 役 割 平 成 23 年 1 月 25 日 防 衛 省 航 空 幕 僚 監 部 1 目 次 1 我 が 国 の 航 空 作 戦 における 戦 闘 機 の 役 割 等 2 航 空 自 衛 隊 における 運 用 支 援 の 現 状 3 航 空 自 衛 隊 における 防 衛 生 産 技 術 基 盤 の 役 割 2 1 我 が

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

5月8日証言要旨

5月8日証言要旨 5 月 8 日 証 言 要 旨 2006 年 4 月 20 日 明 治 大 学 山 田 朗 Ⅰ 緒 論 戦 争 と 軍 事 を 解 析 す る 基 本 的 視 点 1 戦 争 と 報 道 (1) 戦 争 報 道 の 大 半 は 当 事 者 からの 発 表 であり 情 報 戦 心 理 戦 の 要 素 を 含 ん でいる (2)マスメディアによる 報 道 は 映 像 を 伴 うものであっても 実 態 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378> 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の 状 況 に 関 する 年 次 報 告 書 平 成 28 年 8 月 経 済 産 業 省 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 の 運 用 指 針 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 以 下 運 用 指 針 という )5.(1)により 経 済 産 業 省 は 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の

More information

untitled

untitled 防 衛 省 自 衛 隊 : 防 衛 省 開 発 航 空 機 の 民 間 転 用 に 関 する 検 討 会 開 催 要 綱 http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/meeting/kaihatsukokuki/kaisai/kaisai.html 1/1 ページ PDFページ 1/7 2010/04/25 文 字 サイズ よくある 質 問 サイトマップ 検 索 詳

More information

2015年度事業戦略説明会 防衛・宇宙ドメイン説明会

2015年度事業戦略説明会 防衛・宇宙ドメイン説明会 防 衛 宇 宙 ドメイン 説 明 会 2015 年 6 月 8 日 常 務 執 行 役 員 ドメインCEO 防 衛 宇 宙 ドメイン 長 水 谷 久 和 目 次 1. 事 業 概 要 2. 2012 事 業 計 画 総 括 3. 2015 事 業 計 画 4. 個 別 事 業 戦 略 5. まとめ 1 1. 事 業 概 要 2 1-1. 組 織 構 成 代 表 取 締 役 常 務 執 行 役 員 ドメインCEO

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭 安 全 保 障 法 制 整 備 に 関 するQ&A 平 成 26 年 7 月 自 由 民 主 党 Q1 なぜ 今 憲 法 解 釈 を 見 直 し 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 を 容 認 する 必 要 があるのです か? 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 によらなくても 個 別 的 自 衛 権 や 既 存 の 法 制 度 の 下 での 対 応 が 可 能 ではないですか? A1 国 民 の

More information

営業秘密管理指針(案)の概要

営業秘密管理指針(案)の概要 ( 別 紙 1-2) 外 為 法 に 基 づく 対 内 投 資 規 制 の 見 直 しについて ( 参 考 資 料 ) 平 成 1 9 年 6 月 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 外 国 投 資 家 による 対 内 直 接 投 資 が 国 の 安 全 を 損 ない 公 の 秩 序 の 維 持 を 妨 げ 公 衆 の 安 全 の 保 護 に 支 障 を 来 す 等 のおそれがある 場

More information

資 料 1 防 衛 関 係 費 平 成 25 年 10 月 16 日 財 務 省 主 計 局 安 全 保 障 政 策 と 防 衛 力 整 備 我 が 国 の 安 全 保 障 をめぐる 環 境 が 一 層 厳 しさを 増 す 中 で 良 好 な 国 際 関 係 を 維 持 しつつ 豊 かで 平 和 な 社 会 を 発 展 させていくためには 安 全 保 障 政 策 をより 一 層 戦 略 的 体 系

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63> 資 料 防 衛 省 改 革 会 議 ( 第 2 回 ) 説 明 資 料 平 成 19 年 12 月 防 衛 省 Ⅰ 給 油 量 取 り 違 え 事 案 ( 中 間 報 告 )の 概 要 Ⅱ 過 去 におけるその 他 の 事 案 1 陸 上 自 衛 隊 における 違 法 射 撃 事 案 2 海 上 自 衛 隊 におけるCIWSの 不 時 発 射 事 案 Ⅲ 文 民 統 制 の 徹 底 1 給 油 量

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16

平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16 平 成 24 年 度 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 警 察 庁 平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16,541 百 万 円 21,026

More information

意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言

意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言 資 料 3 安 全 保 障 と 防 衛 力 に 関 する 懇 談 会 平 成 21 年 4 月 9 日 北 海 道 千 歳 市 長 山 口 幸 太 郎 意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言 北 海 道 ( 千 歳 市 )と 防 衛 施 設 自 衛 隊 の 係 わり 北 海 道 千 歳 市 大 正

More information

【セット】サイバー戦略指針

【セット】サイバー戦略指針 防 衛 省 自 衛 隊 によるサイバー 空 間 の 安 定 的 効 果 的 な 利 用 に 向 けて 平 成 24 年 9 月 防 衛 省 目 次 1. 趣 旨 2. 基 本 認 識 (1)サイバー 空 間 の 意 義 性 格 (2)サイバー 空 間 におけるリスク 1 サイバー 攻 撃 2 その 他 のリスク 3. 基 本 方 針 (1) 防 衛 省 自 衛 隊 の 能 力 態 勢 強 化 (2)

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

Microsoft Word - 060804基本計画.doc

Microsoft Word - 060804基本計画.doc イラク 人 道 復 興 支 援 特 措 法 に 基 づく 対 応 措 置 に 関 する 基 本 計 画 1 基 本 方 針 平 成 15 年 3 月 20 日 米 国 を 始 めとする 国 々は イラクが 国 際 社 会 の 平 和 と 安 全 に 与 えている 脅 威 を 取 り 除 くための 最 後 の 手 段 として イラクに 対 する 武 力 行 使 を 開 始 した その 後 イラクにおける

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

250128 1200_25予算パンフ(案)表紙あり【set】縛りなし

250128 1200_25予算パンフ(案)表紙あり【set】縛りなし 我 が 国 の 防 衛 と 予 算 ( 案 ) Defense Programs and Budget of Japan 平 成 25 年 度 予 算 の 概 要 防 衛 省 Ministry of Defense 余 白 目 次 我 が 国 の 防 衛 と 予 算 平 成 25 年 度 予 算 の 概 要 平 成 25 年 度 予 算 の 考 え 方 1 Ⅱ 日 米 同 盟 の 強 化 Ⅰ 各 種

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め 政 府 全 体 における 外 国 人 材 の 受 入 れ 活 用 に 関 する 動 き 等 日 本 語 小 委 (H27.04.17) 参 考 資 料 4 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 ~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~ ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 2 章 2.イノベーションの 促 進 等 による 民 需 主 導 の 成

More information

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他 インフラ 長 寿 命 化 基 本 計 画 平 成 25 年 11 月 インフラ 老 朽 化 対 策 の 推 進 に 関 する 関 係 省 庁 連 絡 会 議 目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割

More information

自 衛 隊 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 () 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 問 あなたは 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 関 心 がありますか この 中 からつだけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 関 心 がある( 小 計 ) 69.8% 7.5% 非

自 衛 隊 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 () 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 問 あなたは 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 関 心 がありますか この 中 からつだけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 関 心 がある( 小 計 ) 69.8% 7.5% 非 自 衛 隊 防 衛 問 題 に 関 する 世 論 調 査 の 概 要 調 査 対 象 全 国 0 歳 以 上 の 日 本 国 籍 を 有 する 者 3,000 人 有 効 回 収 数,680 人 ( 回 収 率 56.0%) 平 成 7 3 内 閣 府 政 府 広 報 室 調 査 時 期 平 成 7 8 日 ~ 8 日 ( 調 査 員 による 個 別 面 接 聴 取 ) 調 査 目 的 自 衛 隊

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

平成28年度防衛関係費の概要

平成28年度防衛関係費の概要 平 成 28 年 度 防 衛 関 係 費 の 概 要 初 の5 兆 円 超 えとなった 防 衛 予 算 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 横 山 絢 子 1.はじめに 平 成 27 年 12 月 24 日 平 成 28 年 度 予 算 政 府 案 が 閣 議 決 定 され 防 衛 関 係 費 として 対 前 年 度 比 1.5%(740 億 円 ) 増 となる5 兆 541 億 円 が 計 上

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63> 第 1 編 総 論 第 1 章 市 の 責 務 計 画 の 位 置 づけ 構 成 等 廿 日 市 市 ( 市 長 及 びその 他 の 執 行 機 関 をいう 以 下 市 という )は 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 する 責 務 にかんがみ 国 民 の 保 護 のための 措 置 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するため 以 下 のとおり 市 の 責 務 を 明 らかにするとともに

More information

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版))

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版)) 広 報 用 資 料 2014 年 度 定 期 航 空 協 会 年 次 総 会 資 料 1 2013 年 度 事 業 報 告 P.1 2 2014 年 度 事 業 方 針 P.10 3 役 員 の 選 任 P.12 2014 年 5 月 23 日 1 2013 年 度 事 業 報 告 定 期 航 空 協 会 規 約 第 3 条 に 示 された 本 会 の 目 的 達 成 のため 2013 年 度 事

More information

20年度隊友会要望書(案―1)

20年度隊友会要望書(案―1) 平 成 25 年 度 政 策 提 言 書 公 益 社 団 法 人 隊 友 会 目 次 ( 提 言 項 目 ) ( 頁 ) はじめに 1 1 憲 法 の 改 正 2 (1) 国 を 防 衛 する 実 力 組 織 を 軍 として 憲 法 に 明 記 (2) 軍 ( 刑 ) 法 や 軍 事 裁 判 所 などの 軍 事 司 法 制 度 の 整 備 2 日 米 共 同 防 衛 国 際 共 同 行 動 の 実

More information

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに 尖 閣 問 題 で 武 力 紛 争 が 起 こったら 石 垣 島 はどうなるか 2015 年 9 月 14 日 FB に 投 稿 石 垣 市 新 川 在 住 笹 尾 哲 夫 最 近 自 衛 隊 は 尖 閣 紛 争 をどう 戦 うか ( 西 村 金 一 岩 切 成 夫 末 次 富 美 雄 共 著 祥 伝 社 新 書 2014 年 刊 )という 本 を 読 みました 西 村 さんは 元 防 衛 省 自

More information

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477>

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477> 基 地 対 策 関 係 施 策 の 充 実 強 化 に 関 する 要 望 我 々 基 地 を 抱 える 関 係 市 町 村 議 会 は 飛 行 場 にお ける 航 空 機 騒 音 や 墜 落 事 故 演 習 場 における 誤 射 山 火 事 在 日 米 軍 による 事 件 事 故 などが 発 生 して いる 状 況 において 基 地 に 対 する 周 辺 住 民 の 理 解 と 協 力 を 得 るため

More information

MAGTF(マグタフ) 入 門 講 座 海 兵 空 陸 任 務 部 隊 兵 空 陸 任 務 部 隊 MAGTF(マグタフ) は 様 々な 軍 事 作 戦 任 務 を 行 うための 海 兵 隊 の 基 本 海 的 な 組 織 規 模 の 拡 大 縮 小 が 可 能 で 多 用 途 に 使 え 広 範

MAGTF(マグタフ) 入 門 講 座 海 兵 空 陸 任 務 部 隊 兵 空 陸 任 務 部 隊 MAGTF(マグタフ) は 様 々な 軍 事 作 戦 任 務 を 行 うための 海 兵 隊 の 基 本 海 的 な 組 織 規 模 の 拡 大 縮 小 が 可 能 で 多 用 途 に 使 え 広 範 MAGTF(マグタフ) 入 門 講 座 海 兵 空 陸 任 務 部 隊 兵 空 陸 任 務 部 隊 MAGTF(マグタフ) は 様 々な 軍 事 作 戦 任 務 を 行 うための 海 兵 隊 の 基 本 海 的 な 組 織 規 模 の 拡 大 縮 小 が 可 能 で 多 用 途 に 使 え 広 範 囲 にわたる 有 事 危 機 紛 争 に 対 応 可 能 な 遠 征 兵 力 を 戦 闘 部 隊 指

More information

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 には 当 初 その 被 害 の 原 因 が 明

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定 大 分 県 警 察 継 続 計 画 策 定 について 平 成 2 4 年 1 1 月 1 日 大 通 達 甲 ( 備 ) 第 10 号 大 通 達 甲 ( 警 ) 第 16 号 大 通 達 甲 ( 生 ) 第 13 号 大 通 達 甲 ( 刑 ) 第 15 号 大 通 達 甲 ( 交 ) 第 9 号 大 分 県 警 察 本 部 長 から 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 各 警 察

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

2 初 めて 統 合 任 務 部 隊 が 編 成 された 阪 神 淡 路 大 震 災 等 の 教 訓 を 踏 まえ 2005 年 3 月 に 統 合 幕 僚 監 部 が 新 編 され これを 契 機 に 自 衛 隊 の 運 用 は 統 合 運 用 を 基 本 とされてい たが 統 合 任 務 部 隊

2 初 めて 統 合 任 務 部 隊 が 編 成 された 阪 神 淡 路 大 震 災 等 の 教 訓 を 踏 まえ 2005 年 3 月 に 統 合 幕 僚 監 部 が 新 編 され これを 契 機 に 自 衛 隊 の 運 用 は 統 合 運 用 を 基 本 とされてい たが 統 合 任 務 部 隊 東 日 本 大 地 震 に 対 する 海 上 自 衛 隊 の 活 動 状 況 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 一 帯 を 震 源 地 とするマグニチュー ド 9.0 の 大 地 震 が 発 生 した 発 災 から 約 3 時 間 後 に 自 衛 隊 に 対 して 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 命 令 が 発 出 され 翌 々 日

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

<955C8E862E6169>

<955C8E862E6169> 提 言 の 趣 旨 歴 史 的 な 政 権 交 代 の 結 果 日 本 の 外 交 安 全 保 障 政 策 が 民 主 党 によって 見 直 されること となった 民 主 党 はマニフェストの 中 で 日 本 外 交 の 基 礎 として 緊 密 で 対 等 な 日 米 同 盟 関 係 をつくるため 主 体 的 な 外 交 戦 略 を 構 築 するとし 日 米 地 位 協 定 の 改 定 を 提 起

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

行政機関ガイド北海道(防衛省)

行政機関ガイド北海道(防衛省) 防 衛 省 陸 上 自 衛 隊 北 部 方 面 隊 ( 北 部 方 面 総 監 部 ) 064-8510 札 幌 市 中 央 区 南 26 条 西 10 丁 目 ( 札 幌 駐 屯 地 ) TEL (011)511-7116 ( 下 部 機 関 ) 第 2 師 団 司 令 部 070-8630 旭 川 市 春 光 町 国 有 無 番 地 ( 旭 川 駐 屯 地 ) TEL (0166)51-6111

More information

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地 韓 国 は 日 本 なしには 北 朝 鮮 と 戦 えない それでも 反 日 政 策 を 続 けるのか? 樋 口 譲 次 日 本 は 韓 国 防 衛 の 生 命 線 わが 国 に 在 韓 国 連 軍 後 方 司 令 部 が 置 かれている 事 実 を 知 っている 国 民 は それほど 多 くはないであろう 在 韓 国 連 軍 は 1950 年 6 月 の 朝 鮮 戦 争 勃 発 にともない 国 連

More information

会報宇宙2016.indd

会報宇宙2016.indd 山 川 宏 京 都 大 学 教 授 内 閣 府 宇 宙 政 策 委 員 会 委 員 山 川 宏 1.はじめに 2008 年 5 月 に 超 党 派 で 成 立 した 宇 宙 基 本 法 は 宇 宙 開 発 利 用 を 国 家 戦 略 の 一 つと 位 置 付 け 宇 宙 開 発 利 用 に 関 する 施 策 を 総 合 的 かつ 計 画 的 に 推 進 すること を 目 的 としたものです この 宇

More information

となる( 別 添 の2006 年 4 月 28 日 付 概 念 図 参 照 ) この 施 設 は 合 意 され た 運 用 上 の 能 力 を 確 保 するとともに 安 全 性 騒 音 及 び 環 境 への 影 響 という 問 題 に 対 処 するものである 合 意 された 支 援 施 設 を 含

となる( 別 添 の2006 年 4 月 28 日 付 概 念 図 参 照 ) この 施 設 は 合 意 され た 運 用 上 の 能 力 を 確 保 するとともに 安 全 性 騒 音 及 び 環 境 への 影 響 という 問 題 に 対 処 するものである 合 意 された 支 援 施 設 を 含 仮 訳 再 編 実 施 のための 日 米 のロードマップ 2006 年 5 月 1 日 ライス 国 務 長 官 ラムズフェルド 国 防 長 官 麻 生 外 務 大 臣 額 賀 防 衛 庁 長 官 概 観 2005 年 10 月 29 日 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 の 構 成 員 たる 閣 僚 は その 文 書 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 において 在

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030302D312D348D5A814082CD82B582AA82ABB8DEDBB0CADED9A5BAD3DDBDDE2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030302D312D348D5A814082CD82B582AA82ABB8DEDBB0CADED9A5BAD3DDBDDE2E646F63> 第 6 章 北 極 海 と 日 米 同 盟 金 田 秀 昭 はじめに 近 年 地 球 温 暖 化 の 影 響 を 受 けて 夏 季 においては 北 極 海 の 万 年 氷 が 融 氷 するという 変 化 が 生 じ 砕 氷 能 力 の 無 い 船 舶 の 航 行 が 可 能 となった この 結 果 北 極 海 に 関 しては 欧 州 とアジアを 短 距 離 で 結 ぶ 国 際 的 な 海 上 交 通

More information

〔自 衛 隊〕

〔自 衛 隊〕 基 交 付 金 及 び 調 整 交 付 金 等 総 務 省 所 管 (1) 基 交 付 金 ( 趣 旨 ) 基 交 付 金 は 国 有 提 供 施 設 等 所 在 市 町 村 助 成 交 付 金 に 関 する 法 律 ( 昭 和 32 年 法 律 104 号 ) の 定 めるところにより 国 が 所 有 する 固 定 資 産 のうち 米 軍 等 に 使 用 させている 固 定 資 産 並 びに 自

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082698268826882602E92868D9182CC8376838C835B8393835881698DC58F498CB48D65816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082698268826882602E92868D9182CC8376838C835B8393835881698DC58F498CB48D65816A2E646F63> 第 二 章 軍 事 科 学 技 術 中 国 は 装 備 の 近 代 化 を 急 いでいる ロシアからの 最 新 鋭 兵 器 を 次 々に 買 い 世 界 最 大 の 兵 器 輸 入 国 になった 中 国 は 軍 事 力 の 矛 先 について 台 湾 独 立 阻 止 と 海 洋 権 益 の 保 護 を 挙 げている だが ICBM や SLBM など 戦 略 兵 器 の 開 発 能 力 強 化 も 同

More information