使 用 機 器 撮 影 条 件 使 用 装 置 は GE Healthcare 社 製 Revolution GSI を 用 い ファントムは Phantom Laboratory 社 製 Catphan Phantom CTP-500 を 使 用 した ( 図 2) 撮 影 条 件 は( 表 1)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "使 用 機 器 撮 影 条 件 使 用 装 置 は GE Healthcare 社 製 Revolution GSI を 用 い ファントムは Phantom Laboratory 社 製 Catphan Phantom CTP-500 を 使 用 した ( 図 2) 撮 影 条 件 は( 表 1)"

Transcription

1 特 集 被 ばく 低 減 3.~ 専 門 部 報 告 (CT 部 会 )~ 当 院 での 被 ばく 線 量 低 減 の 工 夫 ODM (Organ Dose Modulation)の 基 礎 的 検 討 大 阪 赤 十 字 病 院 加 賀 久 喜 はじめに 近 年 CT の 性 能 は 飛 躍 的 な 進 歩 を 遂 げており これに 伴 い 検 査 件 数 の 増 加 適 応 も 拡 大 している 我 々 診 療 放 射 線 技 師 は 臨 床 的 に 有 用 な 情 報 が 得 られる 範 囲 で 必 要 最 小 限 の 被 ばく 線 量 にとどめる ALARA の 原 則 に 従 って 検 査 を 行 うことが 求 められているが CT 検 査 の 場 合 組 織 による 放 射 線 感 受 性 を 考 え ると 人 体 前 面 に 集 中 する 高 感 受 性 組 織 である 水 晶 体 甲 状 腺 乳 腺 に 注 意 しなければならな い 検 査 時 これらの 臓 器 は X 線 束 内 に 存 在 してしまうが これらが CT 検 査 の 対 象 となることは 少 なく よって 関 心 臓 器 でない 臓 器 が 受 ける 不 随 的 な 被 ばく 線 量 の 低 減 を 図 ることことが 重 要 となる 当 院 に 2015 年 10 月 に 導 入 された Revolution GSI はこのような 放 射 線 感 受 性 の 高 い 体 表 臓 器 に 対 し て 患 者 前 面 での 被 ばく 線 量 を 低 減 するための 新 しい 機 構 として Organ Dose Modulation (ODM)が 搭 載 されている ODM は 放 射 線 感 受 性 の 高 い 臓 器 に 対 しての 被 曝 ばく 線 量 の 低 減 を 目 的 に 開 発 された スキャン 方 法 である この 手 法 の 特 徴 は Auto Exposure Control(AEC)の 技 術 を 用 いて 水 晶 体 や 乳 腺 などの 放 射 線 感 受 性 の 高 い 臓 器 に 入 る 管 電 流 を 低 くなるよう 変 調 を 行 うことにより 放 射 線 感 受 性 の 高 い 臓 器 が 存 在 する 体 の 前 面 側 の 管 電 流 をさらに 低 減 している 1.2 ODM は 頭 部 と 胸 部 2 つの 撮 影 モードが 搭 載 されている 頭 部 ODM では 水 晶 体 の 被 ばくを 低 減 しさ ら 前 脳 などの 部 位 に 影 響 が 及 ばないようにアイソセンターより 上 方 に 片 側 45 度 ずつ 計 90 度 方 向 の 管 電 流 を 調 整 する 同 様 に 胸 部 モードでは 乳 腺 の 被 ばく 線 量 を 低 減 させるため 約 180 度 前 方 の 管 電 流 を 調 整 する 両 撮 影 モードともアイソセンターより 上 方 の 管 電 流 を 調 整 するため 通 常 の AEC と 同 様 に 患 者 の ポジショニングが 重 要 となる 3 ( 図 1)

2 使 用 機 器 撮 影 条 件 使 用 装 置 は GE Healthcare 社 製 Revolution GSI を 用 い ファントムは Phantom Laboratory 社 製 Catphan Phantom CTP-500 を 使 用 した ( 図 2) 撮 影 条 件 は( 表 1)に 示 す

3 実 験 方 法 ノイズの 評 価 として Catphan Phantom CTP-500 の 486module を 用 い 図 3 に 示 す 位 置 に RO(Region of Interest)を 設 定 しそれぞれの CT 値 の 標 準 偏 差 値 の SD(Standard Deviation)にて ODM の ON と OFF の 評 価 を 行 った ファントム 内 の ODM 動 作 点 は 頭 部 ODM で ROI1 8 胸 部 ODM で となっている ( 図 3) 空 間 分 解 能 の 評 価 として Catphan Phantom CTP-500 の 528module を 用 い 1 5Line Pair/mm 2 4Line Pair/mm 3 3Line Pair/の Ladder のプロファイルカーブを 描 き ODM の ON と OFF のそ の 振 幅 形 状 を 評 価 した ( 図 4)

4 低 コントラスト 分 解 能 の 評 価 として Catphan Phantom CTP-500 の 515module を 用 い 頭 部 ODM で は 0.3%/8.0mm のモジールを 用 い ODM の ON と OFF の CNR(Contrast-to-Nois Ratio)の 評 価 を 行 った 同 様 に 胸 部 ODM では 0.5%/15mm のモジールを 用 い 評 価 を 行 った ( 図 5) 臨 床 画 像 の 評 価 として 頭 部 ODM の ON と OFF の 画 像 を 取 得 しその 画 像 の 比 較 及 び 水 晶 体 部 の 頭 部 ODM の ON と OFF させた 時 の SD 値 と CTDIvol と DLP(Dose-Length Product)の 値 を 比 較 した ( 図 6)

5 結 果 頭 部 ODM モード ON/OFF 時 で 撮 影 された Catphan Phantom の ma テーブルを 示 す( 表 2) ODM on で A(Anterior) 方 向 の 管 電 流 が 調 整 されており 被 ばく 線 量 も CTDIvol DLP 供 に 約 11% 低 減 され ている 胸 部 ODM モード ON/OFF 時 で 撮 影 された Catphan Phantom の ma テーブルを 示 す( 表 3) ODM on で A L(Left) R(Right) 方 向 の 管 電 流 が 調 整 されており 被 ばく 線 量 も CTDIvol DLP 供 に 約 32% 低 減 されている

6 頭 部 ODM モード ON/OFF 時 で 撮 影 された 486module の SD 値 を 示 す ( 図 7) ODM の 動 作 するア イソセンターより 前 方 90 度 前 方 向 のみ 若 干 の SD 値 の 低 下 を 認 めるが 他 の ROI では SD 値 に 変 化 は 認 めない 胸 部 ODM モード ON/OFF 時 で 撮 影 された 486module の SD 値 を 示 す( 図 8) ODM の 動 作 するア イソセンターより 前 方 180 度 方 向 及 び 後 方 180 度 方 向 の SD 値 の 低 下 を 認 め その 変 化 の 割 合 は 頭 部 ODM より 大 きい

7 頭 部 ODM モード ON/OFF 時 で 撮 影 された 528module のプロファイルカーブを 示 す( 図 9) 各 Ladder において ON/OFF を 行 っても 振 幅 に 差 は 認 めない 胸 部 ODM モード ON/OFF 時 で 撮 影 された 528module のプロファイルカーブを 示 す( 図 10) 各 Ladder において ON/OFF を 行 っても 振 幅 に 差 は 認 めない

8 515module を 用 いた CNR を 示 す( 表 4) 頭 部 ODM は ODM の ON/OFF 時 でも CNR の 差 は 認 めな いが 胸 部 ODM においては 約 52%の CNR の 低 下 を 認 めた 頭 部 ODM の ON/OFF 時 の 画 像 及 び 水 晶 体 の SD と CTDI vol DLP を 示 す( 図 11) ( 表 5) 水 晶 体 を 含 む 副 鼻 腔 領 域 と 頭 蓋 内 の 脳 実 質 において 画 像 の 劣 化 は 認 められない 水 晶 体 の SD 値 も 左 右 と も ODM の ON/OFF 時 においても 差 は 認 めない CTDI vol DLP 値 は ODM を 使 用 することにより 12% の 被 ばく 線 量 の 低 減 効 果 を 認 めた

9 まとめ 頭 部 領 域 においては ODM を 使 用 することによりファントム 実 験 においてノイズや 空 間 分 解 能 コ ントラスト 分 解 能 を 落 とすことなく 約 11%の 被 ばく 線 量 の 低 減 が 図 られた また 臨 床 画 像 においても 画 質 の 低 下 は 認 めず 約 12%の 水 晶 体 被 ばくを 低 減 することが 可 能 となり 出 血 や 外 傷 等 で 繰 り 返 しフォ ロー 検 査 が 必 要 な 患 者 には 有 用 である また 胸 部 領 域 においてはファントム 実 験 ではノイズや 空 間 分 解 能 を 落 とすことなく 約 32%の 線 量 低 減 効 果 を 認 めたがコントラスト 分 解 能 の 若 干 の 低 下 が 表 れた 胸 部 領 域 で 低 コントラスト 分 解 を 優 先 するような 撮 影 時 には 注 意 が 必 要 であるが 高 コントラスト 分 解 能 を 優 先 するような 肺 腫 瘍 などのフォロー 検 査 では 問 題 とならないであろう ODM を 使 用 することにより 放 射 線 感 受 性 の 高 い 臓 器 への 被 ばく 線 量 を 低 減 することが 可 能 となり より 被 ばく 線 量 の 低 い 有 益 な 検 査 が 行 えると 考 える 参 考 文 献 1. Organ Dose Modulation 放 射 線 感 受 性 が 高 い 組 織 への 配 慮 GEtoday.vol44 2. 小 児 CT における 被 ばく 線 量 低 減 への 取 り 組 み 日 本 小 児 放 射 線 学 会 雑 誌 vol 30 NO Organ Dose Modulation(ODM)による 水 晶 体 被 ばく 低 減 効 果 の 検 証 GEtoday.vol

10 施 設 における 被 ばく 低 減 への 取 り 組 み 日 本 赤 十 字 社 和 歌 山 医 療 センター 小 林 弘 幸 使 用 機 器 東 芝 Aquilion 16,Aquilion 64,Aquilion CX DRL2015 と 当 センターの 撮 影 線 量 の 比 較 を 行 いました 比 較 の 際 はコンソールに 表 示 される CTDIvol と DLP を 用 いました また 当 センターの CT の CTDIvol の 表 示 値 は 撮 影 範 囲 内 の 最 大 値 が 表 示 されています 表 示 値 と 実 測 値 の 誤 差 を 把 握 するためメーカーの 方 に 協 力 頂 いて CTDI の 実 測 を 行 いました 撮 影 線 量 が 高 めのプロトコールに 関 しては CT 撮 影 のガイドライン GALACTIC を 参 考 に AEC の 設 定 を 再 検 討 実 際 に 画 像 評 価 のために 低 コントラスト 評 価 ファントムを 自 作 し 技 師 による 視 覚 評 価 を 行 いました 自 作 低 コントラスト 分 解 能 評 価 ファントムは 手 軽 に 手 に 入 るものを 利 用 しています プ ラスチック 容 器 (CT 値 :10)になるように 希 釈 した 水 を 入 れ プラスチック 容 器 に 低 コント ラストターゲットとして 耐 震 マット( 素 材 :ポリウレタ ンゲル CT 値 :0)を 貼 り 付 けて います 容 器 は 直 径 約 16cm の 円 形 で 小 児 や 頭 部 を 想 定 した 状 態 や 18cm 26cm の 長 方 形 の 容 器 に 水 をはり 中 に 先 ほどのファントムを 挿 入 することで 体 幹 部 を 想 定 したファントムに も 出 来 ます 自 作 ファントムを 用 いることで 診 断 に 使 用 する D-FOV WW/WL での 評 価 が 容 易 にな りました またコントラストも 造 影 剤 の 濃 度 を 変 えることで 容 易 に 変 更 可 能 です 自 作 ファントム

11 こちらのファントムを 用 いて AEC の 設 定 条 件 を 検 討 した 結 果 以 前 はスライス 厚 7mm 腹 部 標 準 関 数 (FC13)で SD8 を 用 いていましたが SD12 に 変 更 しました CTDIvol は 標 準 体 型 (160cm 55kg)の 方 で 35mGy から 21mGy に 変 化 しました( 約 40% 低 減 ) また 頭 部 の 検 査 の 際 以 前 は 全 症 例 で 頭 蓋 底 を 1mm 4 列, 大 脳 基 底 核 レベ ル 以 降 を 2mm 4 列 で 撮 影 していました 現 在 はフォローアップの 検 査 などで 頭 蓋 底 を 2mm 4 列 大 脳 基 底 核 レベル 以 降 を 4mm 4 列 の 2 stack scan や 0.5mm 64 列 のコンベンショ ナルスキャン(64 列 の Volume Scan 東 芝 製 では ConeXact)を 使 用 することでオーバ ービーミングによる 被 ばく 線 量 を 低 減 しています これによって 画 質 を 維 持 したまま 被 ばく 低 減 につとめています 頭 部 領 域 の 画 質 の 変 更 を 伴 う 撮 影 条 件 の 変 更 は 今 後 の 検 討 課 題 です 体 幹 部 ルーチン 撮 影 の 当 センターでの 撮 影 条 件 (AEC の 設 定 値 ) 管 電 圧 AEC 設 定 SD 値 AEC 設 定 カーネル AEC 設 定 スライス 厚 回 転 速 度 120kV 12 FC13( 腹 部 標 準 ) 7mm 0.5sec 頭 部 ルーチン 撮 影 の 当 センターでの 撮 影 条 件 スキャン 方 式 管 電 圧 (kv) 管 電 流 (mas) 回 転 時 間 (sec) ビーム 幅 (mm row) CTDI (mgy) DLP (mgy cm) S&S stack ConeXact

12 当 院 のCT における 被 ばく 低 減 への 取 り 組 み 成 田 赤 十 字 病 院 笹 田 勇 造 はじめに 2016 年 は 日 本 において DRL2015 という 新 しい 指 標 が 発 表 された 東 日 本 大 震 災 以 降, 医 療 被 ばくに 対 する 国 民 的 な 関 心 が 高 まっている また 被 ばく 線 量 の 指 標 が 示 されたことで 医 療 における 放 射 線 防 護 の 関 心 も 同 様 に 高 まっている 当 院 では 2 台 の CT 装 置 を 保 有 しておりますが 被 ばく 低 減 の 意 識 を 高 め る 目 的 で DRL2015 のデータを 参 考 に 比 較 する 方 法 1-1 使 用 機 器 SIEMENS SOMATOM Definition AS+( 以 下 SIEMENS) GE Optima 660 Advance( 以 下 GE) 2 装 置 の 主 な 被 ばく 低 減 機 能 は 以 下 の 通 りである 表 1: 成 田 赤 十 字 病 院 CT 装 置 の 主 な 被 ばく 低 減 機 能 SIEMENS SOMATOM Definition AS+ GE Optima 660 Advance 逐 次 近 似 法 (SAFIRE) 逐 次 近 似 法 (ASiR) 管 電 圧 自 動 調 整 機 構 (CARE kv) 管 電 流 自 動 調 整 機 構 (smart ma) 管 電 流 自 動 調 整 機 構 (CARE DOSE 4D) Organ Dose Modulation( 臓 器 適 用 型 ma 変 調 機 能 )

13 1-2 実 験 方 法 当 院 のCTは SIEMENS 社 製 の CT 装 置 を 2010 年 に 更 新 した 後 被 ばく 低 減 機 能 をさらに 追 加 導 入 し 使 用 している GE 社 製 の CT 装 置 は 2015 年 に 更 新 している さらに 2015 年 10 月 より SIEMENS の CARE kv を 追 加 で 導 入 し これまでの 画 像 から 低 管 電 圧 を 使 用 することで 大 きく 変 化 し かなりの 調 整 が 必 要 かと 思 われたが 放 射 線 科 医 からの 意 見 も 少 なくス ムーズに 移 行 できた 機 器 の 更 新 と 新 機 能 の 導 入 により 各 装 置 をメーカーでの 推 奨 プロトコルを 基 準 に 画 像 を 再 構 成 している 被 ばく 線 量 と 画 質 の 違 いを 把 握 するためまず 被 ばく 線 量 の 評 価 について DRL2015 をベースに 各 装 置 の 線 量 の 比 較 をした 再 構 成 関 数 ref.mas pitch 管 電 圧 (kv) Quality ref. mas 回 転 時 間 (sec) 頭 部 単 純 ルーチン H40s medium 420mA 胸 部 1 相 胸 部 ~ 骨 盤 1 相 I40s medium I70f verysharpasa 220mA 0.90 CARE kv I40s medium I70f verysharpasa 240mA 0.95 CARE kv 上 腹 部 ~ 骨 盤 1 相 I40s medium 240mA 0.80 CARE kv 肝 臓 ダイナミック I40s medium 240mA 0.80 CARE kv 冠 動 脈 I36 Heartview medium ASA 表 3:CT 撮 影 条 件 (SIEMENS) SIEMENS SOMATOM Definition AS+ 180mA 0.18 CARE kv 120kV 130mA 120kV 200mA 120kV 200mA 120kV 200mA 120kV 180mA 再 構 成 関 数 Noise Index(NI) pitch 管 電 圧 (kv) 回 転 時 間 (sec) 頭 部 単 純 ルーチン stnd 胸 部 1 相 stnd lung 胸 部 ~ 骨 盤 1 相 stnd lung 上 腹 部 ~ 骨 盤 1 相 stnd 肝 臓 ダイナミック stnd 冠 動 脈 stnd 表 4:CT 撮 影 条 件 (GE) GE Optima 660 Advance (0.625mm) 当 院 での DRL 項 目 の 上 記 撮 影 条 件 にてデータを 収 集 し 当 院 での CT 検 査 における 被 ばく 線 量 を 算 出 し 比 較 を 行 った

14 結 果 当 院 での DRL2015 との 比 較 を 以 下 に 示 す 表 5: 成 田 赤 十 字 病 院 CTにおけるDRL2015との 比 較 SIEMENS SOMATOM GE Optima 660 Definition AS+ Advance DRL 2015 AD(JART 推 奨 線 量 ) CTDIvol (mgy) DLP (mgy cm) CTDIvol (mgy) DLP (mgy cm) CTDIvol (mgy) DLP (mgy cm) CTDIvol (mgy) DLP (mgy cm) 頭 部 単 純 ルーチン 胸 部 1 相 胸 部 ~ 骨 盤 1 相 上 腹 部 ~ 骨 盤 1 相 肝 臓 ダイナミック 冠 動 脈 当 院 では SIEMENS を 外 来 入 院 GE は 救 急 入 院 を 主 において 撮 影 を 行 っているため GE の 装 置 では 肝 臓 ダイナミックなどの 予 定 造 影 検 査 や 冠 動 脈 などの 心 臓 検 査 は 行 っていない DRL2015 は 75 パーセ ンタイルの 為 実 際 には AD( 達 成 可 能 線 量 )の 50 パーセンタイルを 被 ばく 低 減 の 目 標 と 考 えている DRL2015 と 比 較 し 冠 動 脈 の 線 量 が SIEMENS で 過 線 量 になっている また AD と 比 較 すると 胸 部 1 相 で GE が 過 線 量 となっていることがわかる 考 察 胸 部 1 相 に 関 して SIEMENS と GE での 差 が 顕 著 であり 各 々の 推 奨 プロトコルでは 表 3に 示 す 通 り SIEMENS の 推 奨 が 低 く 設 定 されているためと 思 われる GE は 逆 に 線 量 を 見 直 し AD まで 近 づけら れるように 今 後 再 構 成 関 数 の 再 設 定 や SD(NI)の 再 設 定 などの 検 討 を 行 い 2 装 置 間 の 被 ばく 線 量 と 画 質 の 差 をなくす 課 題 がある 心 臓 検 査 に 関 しては 疾 患 的 要 因 ( 高 心 拍 不 整 脈 など)も 多 く 線 量 が 高 めになってしまうのではない かと 思 われる スキャン 範 囲 の 設 定 を 含 めこれも 今 後 の 検 討 課 題 に 挙 げられる まとめ 実 際 に DRL2015 との 比 較 を 行 うことで 実 際 に 行 っている 検 査 の 被 ばく 線 量 の 把 握 ができ 設 定 プロ トコルの 見 直 しを 行 うことが 出 来 た 当 院 のプロトコルを 紹 介 する 事 で 被 ばく 線 量 の 過 不 足 などあると 思 うが もっといい 条 件 下 で 撮 影 されている 施 設 も 多 いと 思 われる そのためのひとつの 指 標 となれば 幸 いに 思 う

放射線の人体に与える影響および 放射線とアイソトープの安全取扱の実際Ⅱ   北海道大学大学院医学研究科  加藤千恵次

放射線の人体に与える影響および 放射線とアイソトープの安全取扱の実際Ⅱ   北海道大学大学院医学研究科  加藤千恵次 医 用 画 像 機 器 工 学 Ⅱ 診 療 放 射 線 技 師 国 家 試 験 に 出 題 される X 線 CTの 問 題 は 非 常 に 少 なく10 問 程 度 しかし 診 療 放 射 線 技 師 はCT 操 作 を 主 な 業 務 として 従 事 する 場 合 が 多 い 現 在 の 放 射 線 技 師 業 務 の 実 態 が 放 射 線 技 師 国 家 試 験 内 容 に 反 映 されていない

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

08-RT_…V_à_ficndd.indd

08-RT_…V_à_ficndd.indd 4 CT MSCT CT Xstent CT CT SnapShot Pulse X CT LightSpeed VCT GE HealthcareAW Volume- Share 2 GE HealthcareSTELLANT D Medrad CT retrospective 1 0.16 0.2480 prospective X 2 3 padding 4 X padding 200msec

More information

36program

36program 介 助 犬 とは 肢 体 不 自 由 者 に 落 としたものを 拾 って 渡 す, 手 が 届 かないものを 持 って 来 る 等 の 動 作 を 行 なうよう 訓 練 され 自 立 と 社 会 参 加 促 進 をする 生 きた 補 装 具 である. 将 来 介 助 犬 使 用 者 になり 得 る 生 徒 がいる 特 別 支 援 学 校 の 教 師 に 介 助 犬 についての 理 解 度 を 調 査

More information

第63回 診療放射線技師国家試験

第63回 診療放射線技師国家試験 第 65 回 診 療 放 射 線 技 師 国 家 試 験 エックス 線 撮 影 技 術 学 問 68 画 像 検 査 時 の 診 療 放 射 線 技 師 の 対 応 で 適 切 なのはどれか 1. X 線 造 影 剤 を 投 与 するために 静 脈 を 穿 刺 した 2. マンモグラフィの 際 に 圧 迫 板 で 乳 房 を 圧 迫 した 3. 胸 部 X 線 撮 影 の 際 に 義 歯 を 外 すように

More information

vol.54.pmd

vol.54.pmd 平 成 25 年 度 神 奈 川 県 立 がんセンター がん 臨 床 講 座 予 定 表 ( 毎 週 水 曜 日 18:30-19:30 管 理 医 局 棟 3 階 総 合 診 断 室 ) 日 付 曜 日 演 題 名 所 属 講 師 名 ( 敬 称 略 ) 平 成 25 年 4 月 17 日 水 病 理 診 断 の ABC 病 理 診 断 科 横 瀬 智 之 24 日 水 放 射 線 治 療 総 論

More information

医療被ばく解説_1_医療被ばくについて

医療被ばく解説_1_医療被ばくについて 1. 医 療 被 ばくについて 1.1. 医 療 被 ばくの 原 則 医 療 被 ばくの 原 則 : 放 射 線 検 査 は 個 々の 患 者 に 対 して 正 当 化 及 び 最 適 化 がなされていなければならない 正 当 化 放 射 線 検 査 では 被 ばくすることによるリスクより 検 査 をして 疾 患 を 発 見 するというベネフィットの 方 が 大 きい 検 査 を 指 示 する 医

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

様式S−1−11 応募内容ファイル

様式S−1−11 応募内容ファイル 核 医 学 診 療 科 専 門 医 養 成 コース 概 要 当 院 における 核 医 学 診 療 全 般 を 受 け 持 っています 年 間 の 核 医 学 検 査 件 数 はシングルフォト ン(SPECTなど) 関 連 約 7500 件,PET 関 連 約 2000 件 で, 核 医 学 診 断 が 関 連 する 全 臓 器 とその 機 能 に 関 する 診 断 をカバーしています 甲 状 腺 外

More information

【不妊外来問診票2012版】

【不妊外来問診票2012版】 記 入 した 日 付 ( 年 月 日 ) 血 圧 測 定 ( / )mmhg 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 夫 (またはパートナー)の 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 1 本 日 はどのようなことで 受 診 されましたか?( 心 配 な 点 やご 希 望 など) 該 当 項 目 があれば 印 を 付 けて 下 さい ( ) 話 相 談 のみ 希 望 ( ) 不 妊 検 査 を 希

More information

Microsoft PowerPoint - 高木.pptx

Microsoft PowerPoint - 高木.pptx X 線 CT 撮 影 における 標 準 化 ~~ 改 訂 のポイント 千 葉 市 海 浜 病 院 放 射 線 科 卓 X 線 CT 検 査 における 標 準 化 ( 改 訂 2 版 ) 本 放 射 線 技 術 学 会 平 成 26 年 度 学 術 調 査 研 究 班 平 成 27 年 9 発 刊 CT 撮 影 標 準 化 の 背 景 マルチスライスCTの 性 能 向 上 2005~ 1998 4 列

More information

hyoushi

hyoushi 序 昨 年 度 から 表 題 を 年 報 改 めます 年 報 を 発 行 す る 目 的 は 実 績 を 公 表 することであり また 記 録 することよっ 歴 史 を 記 述 しることもなります しかし 年 報 を 発 行 する 社 会 的 意 義 とし を 公 表 する 事 が 重 要 である と 考 え 積 極 的 力 を 注 できました をどう 捉 えるかは ろろな 観 点 や 意 見 があると

More information

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算 心 血 管 循 環 器 分 野 心 疾 患 入 院 患 者 総 数 1632 1979 2238 期 間 中 の 主 病 名 (I20~I52)の 退 院 患 者 数 心 疾 患 緊 急 入 院 患 者 総 数 416 469 498 上 記 のうち 予 定 されない 入 院 患 者 数 発 症 後 1 週 間 以 内 の 急 性 心 筋 梗 塞 入 院 患 者 数 ( 人 ) 90 75 98 上

More information

講 義 の 内 容 放 射 線 の 基 礎 放 射 線 の 単 位 低 線 量 被 曝 のリスク 放 射 線 防 護

講 義 の 内 容 放 射 線 の 基 礎 放 射 線 の 単 位 低 線 量 被 曝 のリスク 放 射 線 防 護 地 域 ワークショップ 福 井 2012.12.1. 放 射 線 の 基 礎 と 防 護 の 考 え 方 東 京 大 学 大 学 院 医 学 系 研 究 科 鈴 木 崇 彦 講 義 の 内 容 放 射 線 の 基 礎 放 射 線 の 単 位 低 線 量 被 曝 のリスク 放 射 線 防 護 放 射 線 の 特 徴 は? 物 質 を 透 過 する 線 量 が 大 きくなると 障 害 を 引 き 起 こす

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

ロトコールを 作 成 し 皮 膚 線 量 を 予 測 すること 皮 膚 障 害 のしきい 値 である 3Gy を 超 えたと 考 えられる 患 者 には 追 跡 調 査 を 行 うことを 勧 告 している 今 後 各 施 設 で IVR に 使 用 している 装 置 の 線 量 率 の 測 定 それ

ロトコールを 作 成 し 皮 膚 線 量 を 予 測 すること 皮 膚 障 害 のしきい 値 である 3Gy を 超 えたと 考 えられる 患 者 には 追 跡 調 査 を 行 うことを 勧 告 している 今 後 各 施 設 で IVR に 使 用 している 装 置 の 線 量 率 の 測 定 それ 放 射 線 科 学 放 射 線 被 ばくについての 最 近 の 話 題 石 口 恒 男 画 像 診 断 とインターベンショナルラジオロジー(IVR) および 放 射 線 防 護 を 専 門 とする 放 射 線 科 医 として 患 者 さんやご 家 族 の 方 々から 医 療 被 ばくについ ての 相 談 を 受 けることが 少 なくない ここでは 被 ばくに 関 する 最 近 の 話 題 を いくつかご

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4 日 付 時 限 内 容 4 月 6 日 2 総 論 GIO: 耳 鼻 咽 喉 科 疾 患 を 持 つ 患 者 の 診 断 と 治 療 ができるようになるために これらの 系 の 基 本 的 知 識 特 性 を 理 解 する SBO: 1. 耳 疾 患 について 説 明 できる 2. 鼻 疾 患 について 説 明 できる 3. 咽 頭 喉 頭 疾 患 について 説 明 できる 4 月 13 日 2 鼻

More information

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4.7 ICD-9-CM 分 類 コードによる 年 齢 階 層 別 年 間 退 院 患 者 数 ( 平 成 24 年 1 月 ~ 平 成 24 年 12 月 ) コード 術 名 総 数 0 才 ~4 1.02 穿 頭 脳 室 ドレナージ 術 5 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 1 0 70.4 1.09 慢 性 硬 膜 下 血 腫 穿 孔 洗 浄 術 32 0 0 0 0 0 2

More information

公益社団法人 広島県放射線技師会平成23年度事業計画(案)

公益社団法人 広島県放射線技師会平成23年度事業計画(案) 公 益 社 団 法 人 広 島 県 診 療 放 射 線 技 師 会 平 成 27 年 度 事 業 報 告 総 括 本 会 の 平 成 27 年 度 の 事 業 も 滞 りなく 遂 行 することができました 会 員 の 皆 様 のご 協 力 に 感 謝 申 し 上 げます 年 4 回 の 研 修 会 支 部 研 修 会 研 究 会 開 催 レントゲン 週 間 イベント 市 民 公 開 講 座 という

More information

Microsoft PowerPoint - )大腸癌をお受けになる方に図(南堺_更新用 [互換モード]

Microsoft PowerPoint - )大腸癌をお受けになる方に図(南堺_更新用 [互換モード] 南 堺 病 院 で 大 腸 癌 の 治 療 をお 受 けになる 方 に 南 堺 病 院 では 患 者 さんの 人 権 を 尊 重 し 患 者 さんにご 満 足 頂 け 喜 んで 退 院 して 頂 けるよう な 治 療 を 目 指 しています 手 術 前 には 十 分 な 説 明 をし ご 納 得 頂 いた 上 で 最 も 良 いと 思 われる 治 療 法 を 選 択 して 頂 くことにしております

More information

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身 第 11 部 麻 酔 通 則 1 麻 酔 の 費 用 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各 の 所 定 点 数 により 算 定 する ただし 麻 酔 に 当 た って 薬 剤 又 は 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 保 険 医 療 材 料 ( 以 下 この 部 において 特 定 保 険 医 療 材 料 という )を 使 用 した 場 合 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各

More information

Microsoft Word - conference

Microsoft Word - conference 当 科 では 診 断 IVR 放 射 線 治 療 の 三 部 門 を 軸 に 臨 床 研 究 に 日 夜 励 んでいま 院 内 の 医 学 生, 研 修 医, 他 科 医 師 はご 連 絡 いただかなくても いつでも 参 加 可 能 でただし 突 然 のスケジュール 変 更 もあり 得 るので 事 前 にお 問 い 合 わせいただいた 方 が 無 難 で 院 外 の 方 でもご 興 味 がありましたら

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション みんなで 考 えよう 病 理 検 査 室 の 安 全 対 策 獨 協 医 科 大 学 越 谷 病 院 病 理 診 断 科 古 谷 津 純 一 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 の 医 療 事 故 防 止 事 業 部 では, 全 国 から 医 療 事 故 を 収 集 解 析 し, 事 故 防 止 のための 啓 蒙 活 動 を 実 施 しています. 今 回 は,2004 年 10 月 から2010

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E> 九 州 ブロック 医 療 保 険 協 議 会 社 会 保 険 委 員 協 議 会 議 事 録 平 成 26 年 10 月 25 日 15:00~17:30 場 所 : 別 府 ロイヤルホテル 4. 協 議 事 項 1) 提 案 事 項 1. 超 音 波 の 算 定 について 1 子 宮 内 胎 児 死 亡 で 自 然 流 産 を 待 つ 場 合 経 過 観 察 として 超 音 波 断 層 法 を1

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

Microsoft Word - 210202菊地

Microsoft Word - 210202菊地 中 耳 炎 の 病 態 と 予 防 埼 玉 医 科 大 学 総 合 医 療 センター 耳 鼻 咽 喉 科 菊 地 茂 1.はじめに 中 耳 炎 とは 中 耳 に 生 じる 炎 症 の 総 称 で 中 耳 炎 には 急 性 中 耳 炎 慢 性 中 耳 炎 滲 出 性 中 耳 炎 真 珠 腫 性 中 耳 炎 癒 着 性 中 耳 炎 結 核 性 中 耳 炎 壊 疽 性 中 耳 炎 航 空 性 中 耳 炎

More information

Microsoft PowerPoint - JIRA講演 2011.06.01 抜粋 [互換モード]

Microsoft PowerPoint - JIRA講演 2011.06.01 抜粋 [互換モード] 社 団 法 人 日 本 画 像 医 療 システム 工 業 会 ( 平 成 23 年 6 月 1 日 ) 環 境 放 射 線 (μsv)と 医 療 放 射 線 (mgy) ー 福 島 原 発 事 故 を 契 機 に 放 射 線 被 ばくを 考 えるー 埼 玉 県 立 がんセンター 放 射 線 技 術 部 諸 澄 邦 彦 今 問 題 になっている 放 射 線 被 ばくとは? 放 射 線? 放 射 能?

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門 平 成 24 年 度 に 実 施 した 個 別 指 導 において 保 険 医 療 機 関 ( 医 科 )に 改 善 を 求 めた 主 な 指 摘 事 項 四 国 厚 生 支 局 平 成 26 年 2 月 目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8

More information

第 15 回 先 端 医 療 センター 再 生 医 療 審 査 委 員 会 審 査 結 果 日 時 : 平 成 20 年 2 月 26 日 ( 火 )16:00~ 場 所 : 先 端 医 療 センター4 階 大 会 議 室 委 員 長 : 山 岡 義 生 委 員 : 井 上 明 大 内 ますみ 大 田 清 志 守 殿 貞 夫 神 田 勉 玉 岡 かおる 永 井 謙 一 西 田 芳 矢 村 上 雅 義

More information

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention 専 攻 医 ( 後 期 臨 床 研 修 )プログラム 西 宮 市 立 中 央 病 院 6. 麻 酔 科 ペインクリニック 科 当 院 の 麻 酔 科 は 手 術 臨 床 麻 酔 に 加 えて 活 発 なペインクリニック 科 と 緩 和 医 療 に 特 徴 があります 日 本 麻 酔 科 学 会 日 本 ペインクリニック 学 会 日 本 緩 和 医 療 学 会 の 研 修 指 定 病 院 であり 2

More information

東 京 電 力 ホールディングス 株 式 会 社 労 働 環 境 改 善 2016/9/29 在 分 野 名 括 り 5 内 容 これまで1ヶ 月 の 動 きと 今 後 1ヶ 月 の 予 定 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 備 考 員 の 確 保 状 況 と 地 元 雇 用 率 の 実

東 京 電 力 ホールディングス 株 式 会 社 労 働 環 境 改 善 2016/9/29 在 分 野 名 括 り 5 内 容 これまで1ヶ 月 の 動 きと 今 後 1ヶ 月 の 予 定 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 備 考 員 の 確 保 状 況 と 地 元 雇 用 率 の 実 東 京 電 力 ホールディングス 株 式 会 社 労 働 環 境 改 善 2016/9/29 在 分 野 名 括 り 管 理 対 象 区 域 の 運 用 区 分 及 び 放 射 線 防 護 装 備 の 適 正 化 管 理 対 象 区 域 の 運 用 区 分 に 応 じた 放 射 線 防 護 装 備 の 適 正 化 の 運 用 開 始 (2016 年 3 月 8 日 ~) 労 働 環 境 改 善 スケジュール

More information

13_1304_ xlsx

13_1304_ xlsx 160-0017 東 京 都 新 宿 区 左 門 町 18 診 療 時 間 やアクセス 方 法 等 情 報 はこちら 機 能 区 分 選 択 状 況 (2014( 平 成 26) 年 7 月 1 日 時 点 機 能 ) 病 床 機 能 区 分 高 度 急 性 期 急 性 期 回 復 期 慢 性 期 未 回 答 機 能 区 分 選 択 状 況 (6 年 が 経 過 した 日 における 病 床 機 能

More information

点 数 表 に 定 義 された 副 傷 病 名 がある 場 合 に 限 らないようにすること ) 入 院 後 の 検 査 で 発 見 された 傷 病 であっても, 入 院 時 に 既 にその 病 態 があったと 主 治 医 が 判 断 できる 場 合 は, 入 院 時 併 存 症 として 扱 うこと

点 数 表 に 定 義 された 副 傷 病 名 がある 場 合 に 限 らないようにすること ) 入 院 後 の 検 査 で 発 見 された 傷 病 であっても, 入 院 時 に 既 にその 病 態 があったと 主 治 医 が 判 断 できる 場 合 は, 入 院 時 併 存 症 として 扱 うこと 4 診 断 情 報 ⑴ 主 傷 病 名,⑶ 入 院 の 契 機 となった 傷 病 名,⑸ 医 療 資 源 を 最 も 投 入 した 傷 病 名 が 同 一 の 場 合,すべてに 同 一 傷 病 名 を 入 力 する 記 載 する 傷 病 名 は, 原 則 としてレセ 電 算 傷 病 名 マスターから 選 択 すること 病 名 については,ICD10へのコーディング が 適 切 に 行 えるように 入

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63> 搭 乗 者 傷 害 ( 入 通 院 / 一 時 金 ) 特 約 < 用 語 のご 説 明 - 定 義 > この 特 約 において 使 用 される 次 の 用 語 は それぞれ 次 の 定 義 によります (1) 正 規 の 乗 車 装 置 乗 車 人 員 が 動 揺 衝 撃 等 により 転 落 または 転 倒 することなく 安 全 な 乗 車 を 確 保 できる 構 造 を 備 えた 道 路 運 送

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

職業被ばく解説

職業被ばく解説 職 業 被 ばく 防 護 について 1. 放 射 線 障 害 と 防 護 活 動 の 歴 史 1895 年 にレントゲンがX 線 を 発 見 してから 間 もなく 放 射 線 障 害 の 報 告 がなされた 当 初 放 射 線 の 人 体 への 影 響 をほとんど 知 らないままX 線 を 利 用 した 結 果 多 くのX 線 取 扱 者 に 皮 膚 障 害 が 発 生 し それが 皮 膚 癌 等

More information

原稿

原稿 Gaihoren News Extra 暫 定 版 外 保 連 の 要 望 のうち 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 で 考 慮 された 項 目 ( 技 術 新 設 ) 2016.3.18 NO 名 称 要 望 内 容 要 望 点 数 改 定 内 容 1 緩 和 ケア 地 域 連 携 加 算 保 険 収 載 2 経 皮 酸 素 ガス 分 圧 連 続 測 定 (tcpo2 局 所 の 虚

More information

スライド 1

スライド 1 脳 機 能 とリハビリテーション 研 究 会 News Letter Aug, 2015, Vol 11 発 行 脳 機 能 とリハビリテーション 研 究 会 事 務 局 第 21 回 脳 機 能 とリハビリテーション 研 究 会 学 術 集 会 2014 年 4 月 20 日 に 開 催 されました 第 21 回 脳 機 能 とリハビリテーション 研 究 会 学 術 集 会 のご 報 告 をさせて

More information

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療 資 料 5 筑 後 市 立 病 院 概 要 平 成 22 年 度 版 視 察 団 体 埼 玉 県 東 松 山 市 市 議 会 視 察 日 平 成 17 年 10 月 20 日 ( 木 ) 筑 後 市 立 病 院 目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3.

More information

Microsoft Word - ①PET-CT 説明書 コンパクトに改良 紹介患者用に編集.doc

Microsoft Word - ①PET-CT 説明書 コンパクトに改良 紹介患者用に編集.doc カルテNo. PET-CT 検 査 について 検 査 日 時 : 月 日 ( ) 時 分 ( 開 始 予 定 ) 絶 食 時 間 : 月 日 朝 食 抜 き 時 分 から 様 用 スムーズに 行 うために 検 査 時 間 の 45 分 前 迄 に 紹 介 患 者 様 窓 口 へお 越 し 下 さい ( 検 査 時 間 を 30 分 以 上 過 ぎると 検 査 ができなくなる 場 合 があります )

More information

2016 January 内 診 療 科 月 ( 新 患 ) 熊 部 呼 吸 器 ( 再 診 ) 山 口 科 血 液 外 山 消 化 器 大 園 鈴 木 腎 臓 外 科 消 化 器 外 科 大 地 火 山 口 中 嶋 外 山 工 藤 水 外 山 戸 井 田 木 中 嶋 山 口 外 山 大 地 金 熊 部 外 山 大 園 鈴 木 石 躍 備 考 ( 水 ) 午 後 気 管 支

More information

044 多発血管炎性肉芽腫症

044 多発血管炎性肉芽腫症 44 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 概 要 1. 概 要 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 は 以 前 はウェゲナー 肉 芽 腫 症 と 称 されていた 疾 患 で 病 理 組 織 学 的 に(1) 全 身 の 壊 死 性 肉 芽 腫 性 血 管 炎 (2) 上 気 道 と 肺 を 主 とする 壊 死 性 肉 芽 腫 性 炎 (3) 半 月 体 形 成 腎 炎 を 呈 し その 発

More information

第8回地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会

第8回地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会 平 成 23 年 度 第 4 回 神 戸 市 保 健 医 療 審 議 会 保 健 医 療 連 絡 協 議 専 門 分 科 会 ( 議 事 録 ) 日 時 : 平 成 23 年 10 月 17 日 ( 月 ) 午 後 1 時 30 分 ~2 時 32 分 場 所 : 神 戸 市 役 所 1 号 館 14 階 大 会 議 室 議 題 : 病 院 開 設 許 可 事 務 に 係 る 意 見 について 神

More information

2010 年 3 月 号 Vol.70 1 月 28 日 ( 木 )に 楽 天 の 山 崎 武 司 選 手 が 小 児 病 棟 を 激 励 に 訪 れました 写 真 はサインボールを 手 渡 す 山 崎 選 手 です ( 関 連 記 事 P 6) 平 成 21 年 度 災 害 医 療 研 修 救 護 技 術 を 習 得 2 第 9 回 QCサークル 活 動 発 表 会 4 年 連 続 最 優 秀 賞

More information

11年11月 治験審査委員会 会議の記録の概要

11年11月 治験審査委員会 会議の記録の概要 2015 年 5 月 治 験 審 査 委 員 会 会 議 の 記 録 の 開 催 日 時 : 2015 年 5 月 20 日 ( 水 ) 16:00~17:45 開 催 場 所 : 獨 協 医 科 大 学 越 谷 病 院 第 3 会 議 室 委 員 名 簿 及 び 出 欠 氏 名 職 業 資 格 及 び 所 属 委 員 区 分 出 欠 委 員 長 鈴 木 利 根 医 師 眼 科 専 門 副 委 員

More information

平成15年度 埼玉医科大学大学院医学研究科 博士課程 学生募集要項(案)

平成15年度 埼玉医科大学大学院医学研究科 博士課程 学生募集要項(案) 平 成 27 年 度 ( 後 期 入 学 ) 埼 玉 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 博 士 課 程 学 生 募 集 要 項 < 一 般 選 抜 > < 社 会 人 選 抜 > < 外 国 人 選 抜 > < 科 目 等 履 修 生 > 目 次 埼 玉 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 博 士 課 程 概 要 1 博 士 課 程 募 集 要 項 4 埼 玉 医 科 大

More information

平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 概 要 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課

平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 概 要 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 診 療 報 酬 改 定 説 明 会 講 堂 日 時 : 平 成 22 年 3 月 5 日 ( 金 )10 時 から16 時 30 分 場 所 : 三 田 共 用 会 議 所 講 堂 (1 階 ) 及 び 大 会 議 室 (3 階 ) 時 間 議 事 説 明 者 所 要 10:00~10:05 保 険 局 長 挨 拶 外 口 局 長 5 分 10:05~10:20 医 療 課 長 説 明 佐 藤 課

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

148 X 線 防 護 衣 遮 蔽 シート 破 損 による 透 過 散 乱 線 の 影 響 について 医 療 法 人 あかね 会 土 谷 総 合 病 院 放 射 線 室 山 下 由 香 利 丸 山 尚 也 今 田 直 幸 奥 貴 行 石 橋 徹 稲 田 智 是 竹 里 美 沖 野 瑞 穂 背 景 目

148 X 線 防 護 衣 遮 蔽 シート 破 損 による 透 過 散 乱 線 の 影 響 について 医 療 法 人 あかね 会 土 谷 総 合 病 院 放 射 線 室 山 下 由 香 利 丸 山 尚 也 今 田 直 幸 奥 貴 行 石 橋 徹 稲 田 智 是 竹 里 美 沖 野 瑞 穂 背 景 目 147 CTスカウト 像 によるX 線 防 護 衣 の 保 守 管 理 について 医 療 法 人 あかね 会 土 谷 総 合 病 院 放 射 線 室 丸 山 尚 也 山 下 由 香 利 今 田 直 幸 舛 田 隆 則 石 橋 徹 松 本 頼 明 稲 田 智 背 景 目 的 当 院 ではこれまでX 線 防 護 衣 の 保 守 管 理 とし て 目 視 およびX 線 透 視 装 置 を 用 いて 遮 蔽

More information

報告

報告 北 区 中 央 地 域 における 在 宅 医 療 介 護 意 見 交 換 会 川 崎 病 院 における 在 宅 医 療 介 護 連 携 カンファレンス ( 第 6 回 岡 山 市 訪 問 診 療 ステップアップ 研 修 会 ) 主 催 : 川 崎 医 科 大 学 付 属 川 崎 病 院 北 区 中 央 地 域 保 健 医 療 福 祉 連 携 懇 話 会 岡 山 市 共 催 : 岡 山 市 医 師 会

More information

1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5

1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5 資 料 Ⅱ-2 救 急 搬 送 実 施 基 準 宮 城 県 平 成 25 年 X 月 1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5 月 1 日 に

More information

(4) 研 修 手 当 月 手 当 248,000 円 夏 期 及 び 年 末 には 謝 礼 として それぞれ 150,000 円 支 給 住 居 手 当 として 最 高 28,500 円 まで 該 当 者 に 支 給 通 勤 手 当 を 該 当 者 に 支 給 臨 時 服 務 手 当 (5) 社

(4) 研 修 手 当 月 手 当 248,000 円 夏 期 及 び 年 末 には 謝 礼 として それぞれ 150,000 円 支 給 住 居 手 当 として 最 高 28,500 円 まで 該 当 者 に 支 給 通 勤 手 当 を 該 当 者 に 支 給 臨 時 服 務 手 当 (5) 社 京 都 第 一 赤 十 字 病 院 看 護 職 員 募 集 要 項 (2 次 募 集 ) 京 都 第 一 赤 十 字 病 院 研 修 歯 科 医 師 募 集 要 項 募 集 職 種 研 修 歯 科 医 師 募 集 人 員 1 名 試 験 日 平 成 28 年 8 月 10 日 ( 水 ) 受 験 票 試 験 日 の 案 内 を 応 募 期 間 終 了 後 別 途 送 付 選 考 方 法 筆 記 試

More information

北海道医療大学歯学部シラバス

北海道医療大学歯学部シラバス 病 理 学 口 腔 病 理 学 口 腔 病 理 学 [ 講 義 ] 第 3 学 年 後 期 必 修 担 当 者 名 教 授 / 安 彦 善 裕 講 師 / 講 師 / 佐 藤 惇 助 教 / 非 常 勤 講 師 / 下 野 正 基 非 常 勤 講 師 / 松 原 茂 非 常 勤 講 師 / 浜 野 弘 規 概 要 口 腔 病 理 学 は 歯 をはじめ 口 腔 領 域 に 発 生 する 疾 病 や 病

More information

求む

求む 静 岡 県 病 理 専 門 医 研 修 ネットワークプログラム( 全 県 版 ) 1 はじめに 病 理 科 の 専 門 医 は 卒 後 2 年 間 の 臨 床 研 修 終 了 後 4 年 の 病 理 研 修 ( 病 理 診 断 の 実 務 学 術 的 実 績 )ののちに 受 験 資 格 が 得 られる 病 理 専 門 医 が 主 たるものです 日 本 病 理 学 会 の 認 定 する 病 理 専 門

More information

4

4 公 益 社 団 法 人 平 成 26 年 度 広 島 県 診 療 放 射 線 技 師 会 定 時 総 会 次 第 1. 開 会 の 辞 2. 会 長 挨 拶 3. 議 長 選 出 4. 議 事 運 営 委 員 選 出 5. 議 事 1) 平 成 26 年 事 業 報 告 2) 平 成 26 年 庶 務 報 告 3) 平 成 26 年 決 算 報 告 4) 平 成 26 年 監 査 報 告 5) 平

More information

頸動脈エコーポケットガイド

頸動脈エコーポケットガイド E. 頸 動 脈 2D 断 層 超 音 波 検 査 1.アプローチ 方 法 1) 観 察 断 面 の 設 定 2D 断 層 法 による 頸 動 脈 エコー 検 査 のアプローチ 方 法 は, 血 管 短 軸 断 面 と 血 管 長 軸 断 面 の 2 方 向 がある 血 管 長 軸 断 面 は,リニアプローブを 用 いると, 一 断 面 で 血 管 が 広 範 囲 に 観 察 できる 利 点 をもつ

More information

X 線 CT 画 像 の 定 量 画 質 評 価 法 に 関 する 研 究 2016 年 2 月 遠 地 志 太 学 位 論 文 ( 医 療 技 術 学 ) X 線 CT 画 像 の 定 量 画 質 評 価 法 に 関 する 研 究 Quantitative methods for image quality assessment of x-ray computed tomography 2015

More information

特定疾患医療受給者証交付申請書

特定疾患医療受給者証交付申請書 第 1 号 様 式 の1 申 請 種 類 特 定 疾 患 医 療 給 証 交 付 申 請 書 新 規 更 新 医 療 機 関 追 加 転 入 再 登 録 給 生 計 中 心 療 医 療 機 関 ( 給 証 に 記 載 ) 重 要 事 項 フリガナ 氏 名 疾 患 名 給 番 号 ( 新 規 転 入 以 外 ) 生 年 月 日 明 大 昭 平 年 月 日 生 性 別 職 住 氏 住 業 所 名 所 収

More information

災 害 廃 棄 物 広 域 処 理 の 住 民 対 話 の 難 しさ 循 環 3R 活 動 災 害 廃 棄 物 広 域 処 理 住 民 活 動 不 安 反 対 原 子 力 利 用 反 対 運 動 住 民 理 解 2

災 害 廃 棄 物 広 域 処 理 の 住 民 対 話 の 難 しさ 循 環 3R 活 動 災 害 廃 棄 物 広 域 処 理 住 民 活 動 不 安 反 対 原 子 力 利 用 反 対 運 動 住 民 理 解 2 基 調 講 演 : 循 環 3Rシンポジウム @ 千 代 田 区 内 幸 町 ホール 災 害 廃 棄 物 広 域 処 理 と 住 民 対 話 平 成 24 年 7 月 19 日 森 久 起 1 災 害 廃 棄 物 広 域 処 理 の 住 民 対 話 の 難 しさ 循 環 3R 活 動 災 害 廃 棄 物 広 域 処 理 住 民 活 動 不 安 反 対 原 子 力 利 用 反 対 運 動 住 民 理

More information

094-149_新_臨床研修-2_cs5.indd

094-149_新_臨床研修-2_cs5.indd 高 齢 医 学 科 科 長 のメッセージ 皆 さんが 活 躍 する10 年 後 20 年 後 には 65 歳 以 上 が 全 人 口 の35 40%となり 高 齢 医 学 のニー ズはより 高 まっていきます チーム 医 療 地 域 医 療 を 学 ぶために 最 適 の 環 境 を 提 供 しています 科 長 森 本 茂 人 (もりもと しげと) 教 授 老 年 病 学 高 血 圧 高 齢 者 肺

More information

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易 障 害 に 係 る 認 定 基 準 ( 別 添 ) 障 害 の 区 分 留 意 事 項 視 覚 (1) 両 眼 の 視 力 の 和 とは 各 眼 毎 の 視 力 を 別 々に 測 定 した 数 値 を 合 算 したものをいう (2) 矯 正 視 力 とは 眼 科 的 に 最 も 適 正 な 常 用 し 得 る 矯 正 眼 鏡 コン タクトレンズ 又 は 眼 内 レンズによって 得 られた 視 力 をいう

More information

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プ ログラ ム 平 成 25 年 度 版 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療 ( 母 体 胎 児 専 門 医 ) 第 7 条 一 般 目 標 母 体 胎 児 専 門 医 は 正 常 及 び 異 常 な 妊 娠 分 娩 ならびに 合 併 症 妊 娠 に 対 する 診 療 を 行 い, 助 言 を 提 供 する 母 体 胎 児 医 療 の 専 門 医 であり, 以 下 の 知 識 と 技 能 を 習 得 することが 必 要 である. (1) 妊 娠 分 娩 経 過 の 正 常 及

More information

分 は 単 純 撮 影 でも 比 較 的 よくわかります 最 近 では デジタルカメラ 同 様 に フィルムを 使 用 しないコンピュータ 写 真 を 利 用 してモニタで 観 察 するデジタル 画 像 診 断 が 広 く 普 及 し 大 きな 規 模 の 病 院 ではほとんどフィルムを 使 用 し

分 は 単 純 撮 影 でも 比 較 的 よくわかります 最 近 では デジタルカメラ 同 様 に フィルムを 使 用 しないコンピュータ 写 真 を 利 用 してモニタで 観 察 するデジタル 画 像 診 断 が 広 く 普 及 し 大 きな 規 模 の 病 院 ではほとんどフィルムを 使 用 し 胸 部 レントゲンで 肺 の 病 気 をみる 国 際 医 療 センター 画 像 診 断 科 酒 井 文 和 1. 胸 部 画 像 診 断 の 方 法 (1) どのような 画 像 診 断 法 があるか 画 像 診 断 ( 放 射 線 診 断 )で 使 用 される 検 査 方 法 には X 線 (レントゲン 線 )を 利 用 する 単 純 撮 影 各 種 造 影 透 視 撮 影 X 線 CT 検 査 磁

More information

( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原

( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原 神 * 石 原 神 2* 佐 藤 神 佐 藤 神

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874030363033313492868AD495F18D908F91816989EF8B638CE3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874030363033313492868AD495F18D908F91816989EF8B638CE3816A2E646F63> 資 料 1-1 大 腸 がん 罹 患 率 の 推 移 ( 男 性 ) 140 120 大 腸 胃 肺 100 80 60 40 胃 がん 87.1 大 腸 がん 69.5 肺 がん 55.7 年 齢 調 整 罹 患 率 ( 人 口 10 万 対 ) 20 0 1975 1976 1977 1978 1979 1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989

More information

職業理解のための説明会 医療に関する仕事

職業理解のための説明会 医療に関する仕事 オープンキャンパス2011 模 擬 講 義 診 断 に 役 立 つ 画 像 処 理 広 島 国 際 大 学 川 下 郁 生 2011 年 7 月 23 日 内 容 画 像 診 断 とは? 診 療 放 射 線 技 師 の 役 割 医 用 画 像 のコンピュータ 支 援 診 断 医 用 画 像 の3 次 元 画 像 表 示 技 術 画 像 診 断 とは? 人 間 の 体 内 の 状 態 を 絵 ( 画

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

CT データが 必 要 とされるため 被 曝 線 量 を 考 慮 して 比 較 的 低 い 管 電 流 で 撮 像 が 行 われて いる 体 格 に 応 じてこの 設 定 は 変 化 させているものの 体 格 の 大 きな 被 検 者 では 診 断 を 目 的 とした CT と 比 較 して 画 質

CT データが 必 要 とされるため 被 曝 線 量 を 考 慮 して 比 較 的 低 い 管 電 流 で 撮 像 が 行 われて いる 体 格 に 応 じてこの 設 定 は 変 化 させているものの 体 格 の 大 きな 被 検 者 では 診 断 を 目 的 とした CT と 比 較 して 画 質 第 4 章 PET-CT 近 年 の 腫 瘍 PET に 対 する 高 い 関 心 は 以 前 より 核 医 学 診 療 に 携 わってきた 者 にとっては 喜 びであるとともに 驚 きでもあり その 過 熱 ぶりにいたっては 時 に 一 抹 の 不 安 感 さえ 抱 かせられるものである 日 本 においては PET ブームであるが アメリカでは 現 在 第 二 次 PET ブームとしての PET/CT

More information

先行研究のサマリー

先行研究のサマリー 健 診 事 後 措 置 就 業 上 の 措 置 に 関 する 医 師 の 意 見 就 業 判 定 について( 産 業 医 バージョン) 想 定 : 産 業 医 が 就 業 判 定 を 行 う 際 に 参 照 するマニュアル Ⅰ はじめに 職 場 における 健 康 診 断 の 目 的 は 健 診 結 果 を 基 に 健 康 状 態 を 評 価 し 有 所 見 者 には 受 診 勧 奨 や 保 健 指

More information

1 各 臓 器 疾 患 別 の 詳 しい 診 療 内 容 (1) 食 道 疾 患 について (2) 胃 疾 患 について (3) 腸 疾 患 について (4) 胆 道 疾 患 について (5) 膵 疾 患 について (6) 肝 臓 疾 患 について (1) 食 道 疾 患 について まず 良 性 疾 患 として 逆 流 性 食 道 炎 の 増 加 が 目 立 ちます 動 物 性 脂 肪 や 刺 激 物

More information

Microsoft PowerPoint - K-net秦提出用改.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - K-net秦提出用改.ppt [互換モード] 癌 の 画 像 診 断 ( 胸 部 泌 尿 器 その 他 ) 広 島 市 立 広 島 民 病 院 放 射 線 科 秦 良 一 郎 本 日 の 内 容 胸 部 泌 尿 器 その 他 1. 肺 癌 2. 腎 癌 3. 悪 性 リンパ 腫 本 日 の 講 演 は 開 業 医 の 先 生 方 から 紹 介 された 腫 瘤 性 病 変 を 放 射 線 科 医 がどのような 視 点 から 良 悪 性 を 鑑 別

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E4F93638E7396AF956189408AEE967B8C7689E6288CE394BC292E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E4F93638E7396AF956189408AEE967B8C7689E6288CE394BC292E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 1. 医 療 機 能 の 方 向 性 1 市 民 病 院 が 果 たすべき 役 割 < 外 部 環 境 見 通 し> 少 子 高 齢 化 に 伴 い 今 後 は 循 環 器 等 の 高 齢 者 疾 患 を 中 心 に 診 療 圏 の 疾 患 需 要 は 増 加 傾 向 にある 医 師 不 足 の 中 近 隣 の 丹 波 医 療 圏 等 からの 患 者 増 加 が 見 込 まれる 小 児 周 産 期

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 摂 食 機 能 障 害 リハビリテーション 部 課 長 補 佐 言 語 聴 覚 士 長 谷 川 和 子 経 管 栄 養 3 食 経 口 摂 取 ( 経 管 離 脱 率 ) 入 院 患 者 数 654 人 699 人 342 人 入 院 時 経 管 44 人 28 人 28 人 72.2 歳 72.4 歳 肺 炎 発 症 率 20.8% 10.7% 人 50 40 40 3030 2020 10 10

More information

目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12

目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12 津 島 市 民 病 院 病 院 年 報 [ 平 成 22 年 度 ] 2 0 1 0 目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12 10 年 度

More information

019 肺 がんになるとどんな 症 状 が 現 れるのですか この 症 状 があれば, 肺 がんに 違 いないというものはありません 多 くの 患 者 さんは, 咳, 痰, 血 痰 ( 痰 に 血 が 混 じること), 発 熱, 息 苦 しさ, 動 悸, 胸 の 痛 みなど 一 般 的 な 呼 吸

019 肺 がんになるとどんな 症 状 が 現 れるのですか この 症 状 があれば, 肺 がんに 違 いないというものはありません 多 くの 患 者 さんは, 咳, 痰, 血 痰 ( 痰 に 血 が 混 じること), 発 熱, 息 苦 しさ, 動 悸, 胸 の 痛 みなど 一 般 的 な 呼 吸 診 断 と 進 行 度 ( 臨 床 病 期 分 類 ) 執 筆 者 坂 英 雄 中 山 優 子 西 村 恭 昌 019 肺 がんになるとどんな 症 状 が 現 れるのですか この 症 状 があれば, 肺 がんに 違 いないというものはありません 多 くの 患 者 さんは, 咳, 痰, 血 痰 ( 痰 に 血 が 混 じること), 発 熱, 息 苦 しさ, 動 悸, 胸 の 痛 みなど 一 般 的 な

More information

はじめに 1 背 景 及 び 趣 旨 我 が 国 は 国 民 皆 保 険 のもと 世 界 最 長 の 平 均 寿 命 や 高 い 保 健 医 療 水 準 を 達 成 してきた しかし 急 速 な 少 子 高 齢 化 や 国 民 の 意 識 変 化 などにより 大 幅 な 疾 病 構 造 の 変 化

はじめに 1 背 景 及 び 趣 旨 我 が 国 は 国 民 皆 保 険 のもと 世 界 最 長 の 平 均 寿 命 や 高 い 保 健 医 療 水 準 を 達 成 してきた しかし 急 速 な 少 子 高 齢 化 や 国 民 の 意 識 変 化 などにより 大 幅 な 疾 病 構 造 の 変 化 特 定 健 康 診 査 等 実 施 計 画 福 岡 県 情 報 サービス 産 業 健 康 保 険 組 合 平 成 25 年 4 月 1 日 はじめに 1 背 景 及 び 趣 旨 我 が 国 は 国 民 皆 保 険 のもと 世 界 最 長 の 平 均 寿 命 や 高 い 保 健 医 療 水 準 を 達 成 してきた しかし 急 速 な 少 子 高 齢 化 や 国 民 の 意 識 変 化 などにより 大

More information

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について 健 感 発 0307 第 2 号 平 成 25 年 3 月 7 日 都 道 府 県 各 政 令 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 特 別 区 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 第 12 条 第 1 項 及 び 第 14 条 第 2 項 に 基 づく 届 出 の 基

More information

無症候性頸動脈高度狭窄症の治療成績に関する観察研究

無症候性頸動脈高度狭窄症の治療成績に関する観察研究 Web 掲 示 用 (2008 年 2 月 7 日 版 ) 2009 年 4 月 から 開 始 する 循 環 器 病 委 託 研 究 (20 公 1) 全 国 共 同 研 究 無 症 候 性 頚 動 脈 狭 窄 症 の 自 然 経 過 と 治 療 成 績 に 関 する 観 察 研 究 のプロトコールを 名 古 屋 市 立 大 学 脳 神 経 外 科 ホームページ http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/noge.dir/indexj.htm

More information

2. 研 究 手 法 と 成 果 研 究 チームは 高 分 子 材 料 にイオンビームを 照 射 することによって, 高 分 子 表 面 を 改 質 し, 抗 血 栓 性, 細 胞 接 着 性 などの 性 質 を 制 御 することができ, 生 体 材 料 への 応 用 が 可 能 であることを 報

2. 研 究 手 法 と 成 果 研 究 チームは 高 分 子 材 料 にイオンビームを 照 射 することによって, 高 分 子 表 面 を 改 質 し, 抗 血 栓 性, 細 胞 接 着 性 などの 性 質 を 制 御 することができ, 生 体 材 料 への 応 用 が 可 能 であることを 報 報 道 発 表 資 料 2004 年 1 月 30 日 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 東 京 女 子 医 科 大 学 イオンビーム 照 射 で 人 工 硬 膜 の 生 体 適 合 性 が 大 幅 に 向 上 - 脳 外 科 手 術 後 の 髄 液 漏 を 防 ぎ 動 脈 瘤 治 療 にも 有 効 な 新 手 法 - 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 ( 野 依 良 治

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

者 )や 付 添 いや 介 護 をする 者 の 被 ばくのことをいいます 放 射 線 を 使 用 する 検 査 や 治 療 は それによって 受 ける 患 者 さんの 利 益 ( 病 気 の 発 見 やがん 治 療 など)が 不 利 益 ( 放 射 線 被 ばくによる 健 康 への 影 響 )よりも

者 )や 付 添 いや 介 護 をする 者 の 被 ばくのことをいいます 放 射 線 を 使 用 する 検 査 や 治 療 は それによって 受 ける 患 者 さんの 利 益 ( 病 気 の 発 見 やがん 治 療 など)が 不 利 益 ( 放 射 線 被 ばくによる 健 康 への 影 響 )よりも 放 射 線 防 護 放 射 線 治 療 の 際 に 看 護 師 が 気 を つけなければならないことは 何 ですか? 患 者 さんは 放 射 線 治 療 に 関 してどのようなイメージをもっているでしょうか 治 療 に 対 する 期 待 とともに 髪 の 毛 が 抜 ける 広 島 長 崎 の 原 爆 といった 放 射 線 の 健 康 への 影 響 に ついての 不 安 も 抱 いているのではないでしょうか

More information

操 作 可 能 な 針 なら 手 術 による 二 次 ダメージ を 防 げる 脳 内 出 血 を 減 量 する(debulk) ための 手 術 は 神 経 外 科 医 の 間 ではあまり 人 気 がない というのも 血 栓 が 小 さい 場 合 か あるいは 容 易 に 届 く 脳 の 表 面 にあ

操 作 可 能 な 針 なら 手 術 による 二 次 ダメージ を 防 げる 脳 内 出 血 を 減 量 する(debulk) ための 手 術 は 神 経 外 科 医 の 間 ではあまり 人 気 がない というのも 血 栓 が 小 さい 場 合 か あるいは 容 易 に 届 く 脳 の 表 面 にあ 蓄 電 池 エネルギーシステム 分 野 ( 蓄 電 池 ) (1099-6) 仮 訳 操 作 可 能 な 針 を 使 ったロボットで 脳 血 栓 を 治 療 ( 米 国 ) 著 者 :David Salisbury 氏 2013 年 8 月 8 日 ( 木 )9:00AM 投 稿 You Tube 動 画 脳 内 出 血 によって 発 生 した 圧 損 傷 を 治 療 する 外 科 手 術 はロボットに

More information

採択一覧

採択一覧 10000 E019 九 州 内 分 泌 外 科 甲 状 腺 上 皮 小 体 5 13 日 ( 金 ) 14:20-15:00 第 2 会 場 (3F 会 議 室 4) 胸 腺 カルチノイドを 合 併 した 多 発 性 内 分 泌 腫 瘍 症 1 型 症 10001 S095 九 州 外 科 胃 十 二 指 腸 悪 性 1 14 日 ( 土 ) 10:51-11:55 第 2 会 場 (3F 会 議

More information

<94AD8D73977095BD90AC3237944E82538C8E8D865F825320202E707562202893C782DD8EE682E890EA977029>

<94AD8D73977095BD90AC3237944E82538C8E8D865F825320202E707562202893C782DD8EE682E890EA977029> ( ) 新 年 度 のごあいさつ 出 水 総 合 医 療 センター 院 長 瀬 戸 弘 平 成 27 年 度 となりましたが 昨 年 度 末 に 当 医 療 セ ンターでは 施 設 再 編 工 事 がどうにか 終 了 し 最 終 工 事 の 整 形 外 科 外 来 ができあがり 移 転 しました 新 しい 外 来 での 診 療 もスタートし 整 形 外 科 の 常 勤 医 師 はまだ 中 沢 整 形

More information

目 次 1 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 簡 易 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 平 成 22 年 3 月 以 前 にかんぽ 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 P.1 P.2 2 できる

目 次 1 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 簡 易 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 平 成 22 年 3 月 以 前 にかんぽ 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 P.1 P.2 2 できる 保 険 金 等 を できる 場 合 と できない 場 合 の 事 例 集 この 事 例 集 は 保 険 金 等 をできる 場 合 またはできない 場 合 の 代 表 的 な 事 例 です ご 契 約 の 保 険 種 類 特 約 種 類 加 入 時 期 によっては 取 扱 いが 異 なる 場 合 があります ので 実 際 の 契 約 での 取 扱 いに 関 しては 保 険 証 券 ご 契 約 のしおり

More information

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文 教 員 一 覧 総 合 科 学 部 総 合 科 学 研 究 科 総 合 科 学 科 ( 総 合 科 学 プログラム) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 文 化 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 言 語 コミュニケーション 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 行 動 科 学 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 (スポーツ 健 康 科 学 授 業

More information

<81798C788E4095618940817A95BD90AC3232944E93788B92935F9561894090849145976C8EAE81698F4390B394C5816A2E786C73>

<81798C788E4095618940817A95BD90AC3232944E93788B92935F9561894090849145976C8EAE81698F4390B394C5816A2E786C73> ( 様 式 2) 県 2 次 医 療 圏 の 概 要 1. 圏 域 図 所 属 する2 次 医 療 圏 が 分 かるよう がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 名 を 記 載 すること 2. 概 要 2 次 医 療 圏 名 面 積 (km2) 人 口 人 口 割 合 (%) 人 口 密 度 病 院 数 ( 平 成 年 月 日 現 在 ) がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 既 指 定 病 院 数

More information

№ 平 成 26 年 度 保 険 事 例 研 究 会 実 施 予 定 ( 東 京 ) 平 成 26 年 4 月 実 施 日 報 告 者 研 究 課 題 内 容 備 考 1 平 成 26 年 5 月 14 日 ( 水 ) 複 数 の 保 険 契 約 に 1 事 件 複 数 の 保 険 契 約 に 基 づく 解 約 返 戻 金 請 求 権 他 を 弁 護 士 濱 口 善 紀 氏 (1 事 件 ) 東 京 高

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 証 券 コード:7749 Ⅰ. 業 績 の 推 移 売 上 高 ( 百 万 円 ) 営 業 経 常 利 益 ( 百 万 円 ) 1 1, 8, 1,31 1,339 3,41 3,219 11,62 3,399 11,574 3,168 11,926 2,995 5, 4, 3, 6, 3,13 2,828 3,93 2,786 2,62 4, 1, 24/3 25/3 26/3 27/3 28/3

More information

基 本 情 報.csv 3: 歯 科 診 療 所 4: 助 産 所 5 正 式 名 称 フリガナ 全 角 正 式 名 称 全 角 機 関 英 語 略 名 称 _ローマ 字 全 角 開 設 者 名 称 全 角 管 理 者 名 称 全 角 郵

基 本 情 報.csv 3: 歯 科 診 療 所 4: 助 産 所 5 正 式 名 称 フリガナ 全 角 正 式 名 称 全 角 機 関 英 語 略 名 称 _ローマ 字 全 角 開 設 者 名 称 全 角 管 理 者 名 称 全 角 郵 CSVファイル 出 力 における 注 意 事 項 について 1.CSVファイルの 区 切 り 文 字 は 半 角 カンマとしてください 出 力 する 項 目 データ 内 に 半 角 カンマが 含 まれる 場 合 は 全 角 カンマへ 変 換 して 出 力 してください 2.CSVファイルの1 行 目 は 項 目 名 をタイトルとして 出 力 してください 3. 属 性 の 半 角 / 全 角 に 従

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information