JIDEA Ver. 7 Japan Inter-industry Dynamic Econometric Analysis

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "JIDEA Ver. 7 Japan Inter-industry Dynamic Econometric Analysis"

Transcription

1 2030 年 の 日 本 産 業 経 済 の 姿 日 本 産 業 連 関 ダイナミックモデル(JIDEA) によるシミュレーション Japan Inter-industry Dynamic Econometric Analysis Ver. 8.6 ( 一 財 ) 国 際 貿 易 投 資 研 究 所 (ITI)

2 計 量 経 済 モデルとは? 連 立 方 程 式 体 系 による 経 済 事 象 の 模 像 - モデルが 表 現 する 経 済 事 象 にはマクロとミクロ( 産 業 部 門 別 ) の 二 つの 観 点 がある - モデルが 基 礎 とする 統 計 にはクロス セクションとタイム シ リーズがあり それらを 合 わせたパネルデータがある 産 業 連 関 モデルにはボトムアップとトップダウンの 二 つの 型 があ る

3 産 業 連 関 表 の 概 念 われわれのモデルは 産 業 連 関 表 をベースとしている 産 業 連 関 表 は 産 業 相 互 間 の 財 取 引 財 の 最 終 需 要 先 および 財 生 産 におけ る 費 用 内 訳 を 示 す 総 合 データである 1995 日 本 産 業 連 関 表 (10 10 部 門 表 ) ( 単 位 1000 億 円 ) 中 間 産 出 中 間 投 入 金 融 電 力 保 険 製 造 ガス 不 動 運 輸 サー 分 類 鉱 業 業 建 設 水 道 商 業 産 通 信 ビス 不 明 農 林 水 産 在 庫 純 増 輸 出 需 要 合 計 輸 入 計 1 農 林 水 産 鉱 業 製 造 業 建 設 電 力 ガス 水 道 商 業 金 融 保 険 不 動 産 運 輸 通 信 サービス 分 類 不 明 内 生 部 門 計 家 計 外 消 費 支 出 雇 用 者 所 得 付 営 業 余 剰 加 資 本 減 耗 引 当 価 値 間 接 税 補 助 金 付 加 価 値 部 門 計 国 内 生 産 額 内 生 部 門 計 家 計 外 消 費 支 出 民 間 消 費 支 出 一 般 政 府 消 費 支 出 最 終 需 要 国 内 総 固 定 資 本 形 成 最 終 需 要 計 国 内 生 産 額

4 JIDEAモデルの 構 造 モデルは 産 業 連 関 表 を 時 系 列 に 並 べた 立 体 構 造 となっている A F Q p d d p e x p i m e m p f p e f p i f d m 7 v p 価 格 デフレーター 雇 用 および 世 界 市 場 データ 産 業 連 関 表 ( )

5 モデル 推 計 の 基 本 概 念 ; 実 質 サイド; ( 消 費 投 資 輸 出 輸 入 など 過 去 のデータを 基 に 関 数 を 設 定 回 帰 計 算 により パラメータを 推 定 する) Q = AQ + F M(p,..)D ただし Q: 国 内 生 産 額 ベクトル( 実 質 ) A: 中 間 投 入 係 数 マトリックス( 実 質 ) F: 輸 入 を 控 除 していない 最 終 需 要 計 ベクトル( 実 質 ) M(p,..): 相 対 価 格 等 により 線 型 で 導 かれる 輸 入 シェア 関 数 D: 国 内 需 要 (= 国 内 生 産 + 輸 入 - 輸 出 ) 付 加 価 値 サイド; ( 賃 金 資 本 減 耗 営 業 余 剰 商 品 税 など 過 去 のデータを 基 に 関 数 を 設 定 回 帰 計 算 により パラメータを 推 定 する) p = p*ad + pm*am + v ただし p: 国 内 生 産 価 格 ベクトル AD: 中 間 投 入 係 数 Aから AM を 引 く( 国 内 産 中 間 投 入 係 数 マトリックス) pm: 輸 入 デフレーター ベクトル AM: 中 間 投 入 係 数 マトリックスAに 対 角 化 した 輸 入 シェア 行 列 を 掛 ける( 輸 入 中 間 投 入 係 数 マトリックス) v: 単 位 付 加 価 値 ( 名 目 付 加 価 値 額 を 実 質 生 産 額 で 割 る) 本 モデルの 基 本 概 念 およびそれを 実 現 するソフト(G7 Interdyme)はメリーランド 大 学 クロッ パー アーモン 教 授 により 考 案 された

6 JIDEAモデルの 概 念 図 世 界 貿 易 モデル 実 質 可 処 分 所 得 対 日 需 要 日 本 輸 入 価 格 民 間 総 固 定 資 本 形 人 口 政 府 総 固 成 関 数 iprr 産 出 額 3 期 ラグ 定 資 本 形 輸 出 関 数 expr 家 計 消 費 関 数 cohr 家 計 外 消 費 政 府 消 費 成 資 本 マトリックス 対 日 需 要 一 人 当 り 可 処 分 所 得 cobr cogr ingr 資 本 財 別 支 出 を 投 相 対 価 格 相 対 価 格 資 額 に 転 換 最 終 需 要 計 fd = cohr + cobr + cogr + ingr + iprr + venr + expr impr 輸 入 シェア 関 数 impr 必 要 労 働 力 emp 労 働 生 産 性 関 数 prd Seidel 計 算 Q = AQ + fd m(q) 中 間 投 入 係 数 マトリックス A 雇 用 者 所 得 関 数 家 計 外 所 得 関 数 営 業 余 剰 関 数 資 本 減 耗 引 当 関 数 間 接 税 関 数 補 助 金 関 数 wag oth pro dep tax sub 付 加 価 値 合 計 va = wag + oth + pro + dep + tax + sub 単 位 付 加 価 値 unitva = va / Q Seidel 計 算 p = pad + pmam + unitva 生 産 価 格 指 数 pdo

7 モデルの 計 算 フロー START t 年 データの 読 み 込 み 価 格 ザイデル 産 出 額 デフレーター pdo 初 期 値 設 定 t-1 期 のデータを 初 期 値 に 代 入 initkgdp = gdpr[t - 1] 国 内 需 要 輸 出 輸 入 デフレーターの 推 計 pdd, pex, pim 最 終 需 要 部 門 推 計 cobr, cohr, cogr, iprr, expr 各 初 期 値 の 再 計 算 gdpr の 算 出 最 終 需 要 合 計 を 計 算 Yes (initkgdp gdpr) /initkgdp > 生 産 ザイデル outr, impr を 計 算 Initkgdp = gdpr No t = t + 1 労 働 力 投 入 係 数 の 推 計 prd 必 要 労 働 力 を 推 計 emp t 期 データのセーブ 付 加 価 値 部 門 の 推 計 wag, oth, pro, tax, dep, sub 単 位 付 加 価 値 額 計 を 算 出 unitva t 2030 年 END No Yes

8 モデルの 特 徴 産 業 連 関 表 をデータベースとするボトムアップ モデル 時 系 列 データを 基 礎 に 推 計 した 回 帰 方 程 式 需 要 と 供 給 が 価 格 を 介 して 均 衡 する 一 般 均 衡 モデル 生 産 消 費 投 資 輸 出 入 賃 金 価 格 などが 内 生 化 され 相 互 に 影 響 するダイ ナミック モデル 中 間 投 入 係 数 をトレンドで 伸 ばし 技 術 進 歩 を 取 り 込 み 応 用 面 での 得 意 分 野 産 業 間 の 生 産 波 及 価 格 波 及 をシミュレーションできる 産 業 別 最 終 需 要 ( 生 産 消 費 投 資 輸 出 入 )の 相 互 波 及 産 業 別 付 加 価 値 ( 雇 用 賃 金 営 業 余 剰 資 本 減 耗 )の 相 互 波 及 産 業 別 最 終 需 要 付 加 価 値 の 相 互 波 及 マクロ 経 済 の 変 化 が 個 別 産 業 にどのように 影 響 するか またはその 逆 のシミュレーションが 可 能 である

9 予 測 のための 主 要 な 前 提 条 件 (ベースラインの 設 定 ) 過 去 の 主 要 経 済 構 造 を 変 えない ただし 直 近 年 の 経 済 変 動 は 実 績 値 で 補 正 (2011~2013 年 ) 東 日 本 大 震 災 の 復 興 予 算 として 決 定 済 みの2014~2015 年 の 政 府 投 資 政 府 消 費 を 追 加 補 正 - 消 費 税 引 き 上 げ アベノミックスおよびオリンピック 開 催 の 影 響 は 加 えず 中 間 投 入 係 数 は 過 去 のトレンドで 延 長 し 技 術 変 化 を 反 映 主 要 外 生 変 数 値 - 人 口 は 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 の 中 位 予 測 - 労 働 参 加 率 労 働 生 産 性 ( 過 去 のトレンドで 延 長 ) - 為 替 レート(2013 年 上 半 期 値 で 固 定 ) 外 国 の 対 日 需 要 日 本 の 輸 入 価 格 - 政 府 投 資 (1 期 前 の 政 府 投 資 総 額 を 用 いた 配 分 関 数 )

10 JIDEAによる 推 計 結 果 ベースライン シミュレーション 収 束 状 況

11 日 本 の 産 業 経 済 動 向 ; ベースライン シミュレーション 低 迷 する 家 計 消 費 縮 小 する 経 済 規 模 GDP 支 出 サイド (2005 年 価 格 兆 円 ) 財 サービス 輸 入 財 サービス 輸 出 在 庫 変 動 政 府 固 定 資 本 形 成 民 間 固 定 資 本 形 成 政 府 消 費 家 計 消 費 家 計 外 消 費

12 縮 小 する 人 口 と 進 む 人 口 の 老 齢 化 人 口 推 移 と 就 業 者 数 (10 万 人 ) 総 人 口 15 歳 以 上 人 口 65 歳 以 上 人 口 労 働 力 人 口 就 業 者 数 失 業 者 数

13 一 人 当 たり 可 処 分 所 得 の 低 下 一 人 当 たり 可 処 分 所 得 と 消 費 (2005 年 価 格 10 万 円 ) 雇 用 者 一 人 当 たり 賃 金 人 口 一 人 当 り 可 処 分 所 得 人 口 一 人 当 り 消 費 注 : 消 費 者 物 価 で 実 質 化

14 産 業 構 造 の 変 化 その 他 サービスの 拡 大 と 建 築 土 木 製 造 業 の 縮 小 部 門 別 実 質 生 産 額 構 成 比 100% 80% 60% 40% 20% その 他 サービス 公 共 サービス 運 輸 通 信 不 動 産 帰 属 家 賃 金 融 保 険 商 業 電 気 ガス 水 道 建 築 土 木 製 造 業 計 鉱 業 農 林 水 産 0%

15 製 造 業 の 部 門 別 生 産 変 化 全 体 的 に 低 下 が 目 立 つが 一 般 特 殊 機 械 輸 送 機 器 はレベルを 維 持 年 製 造 業 生 産 指 数 の 変 化 (2005 年 =100) 17 その 他 製 造 業 16 精 密 機 器 01 農 林 水 産 鉱 業 03 食 料 飲 料 15 輸 送 機 器 繊 維 14 電 気 機 器 木 製 品 パルプ 2010 年 2030 年 13 一 般 特 殊 機 械 06 化 学 品 12 金 属 製 品 07 石 油 石 炭 製 品 11 非 鉄 金 属 10 鉄 鋼 業 08 ゴム プラスチック 09 ガラス セメント 他 注 : 製 造 業 に 農 林 水 産 鉱 業 を 含 めた

16 サービス 業 の 部 門 別 生 産 変 化 通 信 情 報 医 療 保 健 介 護 対 事 業 所 サービスが 高 い 伸 び 年 サービス 業 生 産 指 数 の 変 化 (2005 年 =100) 33 その 他 32 対 個 人 サービス 31 対 事 業 所 サービス 30 その 他 公 共 サービス 18 建 築 土 木 電 気 ガス 20 水 道 廃 棄 物 処 理 21 商 業 22 金 融 保 険 2010 年 2030 年 29 医 療 保 健 介 護 23 不 動 産 帰 属 家 賃 28 教 育 研 究 24 運 輸 27 公 務 25 通 信 26 情 報

17 財 別 実 質 家 計 消 費 (2005 年 価 格 兆 円 ) その 他 サービス 公 共 サービス 運 輸 通 信 情 報 不 動 産 帰 属 家 賃 金 融 保 険 商 業 電 気 ガス 水 道 製 造 業 計 鉱 業 農 林 水 産 消 費 と 投 資 消 費 は 低 下 サービスの 比 重 増 大 投 資 は 減 少 製 造 業 は 堅 調 を 維 持 民 間 総 固 定 資 本 形 成 (2005 年 価 格 兆 円 ) 民 間 政 府 総 固 定 資 本 形 成 額 推 移 (2005 年 価 格 兆 円 ) その 他 サービス 公 共 サービス 民 間 固 定 資 本 形 成 政 府 固 定 資 本 形 成 運 輸 通 信 不 動 産 帰 属 家 賃 金 融 保 険 商 業 電 気 ガス 水 道 建 築 土 木 製 造 業 計 鉱 業 農 林 水 産

18 90.00 貿 易 財 別 輸 出 額 推 移 (2005 年 価 格 兆 円 ) その 他 製 造 業 精 密 機 器 輸 出 と 輸 入 輸 送 機 器 電 気 機 器 一 般 特 殊 機 械 金 属 金 属 製 品 ガラス セメント 他 ゴム プラスチック 石 油 石 炭 製 品 化 学 品 木 製 品 パルプ 貿 易 財 は 赤 字 が 継 続 サービス 財 は 黒 字 継 続 繊 維 食 料 飲 料 鉱 業 農 林 水 産 貿 易 財 別 輸 入 額 推 移 (2005 年 価 格 兆 円 ) 貿 易 財 サービス 財 貿 易 収 支 推 移 (2005 年 価 格 兆 円 ) 貿 易 財 輸 出 計 貿 易 財 輸 入 計 サービス 財 輸 出 計 サービス 財 輸 入 計 貿 易 財 貿 易 収 支 サービス 財 貿 易 収 支 その 他 製 造 業 精 密 機 器 輸 送 機 器 電 気 機 器 一 般 特 殊 機 械 金 属 金 属 製 品 ガラス セメント 他 ゴム プラスチック 石 油 石 炭 製 品 化 学 品 木 製 品 パルプ 繊 維 食 料 飲 料 鉱 業 農 林 水 産

19 就 業 構 造 の 変 化 その 他 サービス 公 共 サービスの 拡 大 と 製 造 業 の 縮 小 部 門 別 就 業 者 数 ( 万 人 ) その 他 サービス 公 共 サービス 運 輸 通 信 情 報 不 動 産 帰 属 家 賃 金 融 保 険 商 業 電 気 ガス 水 道 建 築 土 木 製 造 業 計 鉱 業 農 林 水 産

20 製 造 業 労 働 生 産 性 の 変 化 全 般 的 に 製 造 業 の 労 働 生 産 性 は 向 上 を 想 定 年 製 造 業 労 働 生 産 性 指 数 の 推 移 (2005 年 =100) 17 その 他 製 造 業 01 農 林 水 産 鉱 業 16 精 密 機 器 食 料 飲 料 輸 送 機 器 繊 維 電 気 機 器 木 製 品 パルプ 2010 年 2030 年 13 一 般 特 殊 機 械 06 化 学 品 12 金 属 製 品 07 石 油 石 炭 製 品 11 非 鉄 金 属 08 ゴム プラスチック 10 鉄 鋼 業 09 ガラス セメント 他

21 サービス 業 の 労 働 生 産 性 変 化 通 信 情 報 対 事 業 所 サービスの 生 産 性 向 上 は 情 報 化 の 進 展 を 想 定 年 サービス 業 労 働 生 産 性 指 数 の 推 移 (2005 年 =100) 33 その 他 18 建 築 土 木 電 気 ガス 32 対 個 人 サービス 水 道 廃 棄 物 処 理 対 事 業 所 サービス 商 業 その 他 公 共 サービス 金 融 保 険 2010 年 2030 年 29 医 療 保 健 介 護 23 不 動 産 帰 属 家 賃 28 教 育 研 究 24 運 輸 27 公 務 25 通 信 26 情 報

ITI

ITI 論 文 日 本 の 輸 入 価 格 低 下 が 日 本 経 済 に 与 える 影 響 小 野 充 人 Mitsuhito Ono 一 財 国 際 貿 易 投 資 研 究 所 客 員 研 究 員 日 本 貿 易 振 興 機 構 海 外 調 査 部 主 査 要 約 関 税 の 撤 廃 引 き 下 げによる 輸 入 価 格 の 低 下 が 日 本 経 済 にどのような 影 響 を 与 えるかをシミュレーションした

More information

ITI-sasai91

ITI-sasai91 論 文 2030 年 日 本 の 就 業 構 造 ~JIDEA85 モデルによる 経 済 産 業 予 測 ~ JIDEA 研 究 グループ 1 ( 財 ) 国 際 貿 易 投 資 研 究 所 要 約 日 本 産 業 連 関 動 学 モデル(JIDEA)を 更 新 し 2030 年 までの 日 本 の 産 業 構 造 経 済 発 展 の 経 路 をシミュレーションした 人 口 減 少 の 影 響 を

More information

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体 平 成 25 年 度 香 川 県 県 民 経 済 計 算 推 計 結 果 平 成 27 年 12 月 香 川 県 政 策 部 統 計 調 査 課 ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を

More information

Microsoft Word - H25年度の概要

Microsoft Word - H25年度の概要 1 県 民 経 済 計 算 の 概 要 1. 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 概 要 平 成 25 年 度 の 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 について 主 な 経 済 指 標 は 次 のとおりです 3 千 葉 県 [ 参 考 ] 全 国 実 数 増 加 率 実 数 増 加 率 1 県 ( 国 ) 内 総 生 産 県 ( 国 ) 民 所 得 名 目 19 兆 8,112

More information

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類 1 市 町 村 民 所 得 の 概 念 (1) 市 町 村 民 所 得 の 概 念 市 町 村 民 所 得 推 計 は 県 民 経 済 計 算 の 概 念 を 市 町 村 という 行 政 区 域 に 適 用 して 市 町 村 単 位 での 1 年 間 に 生 み 出 された 価 値 ( 付 加 価 値 )を 生 産 分 配 の 二 面 からとらえることにより 市 町 村 経 済 の 規 模 や 産

More information

タイトル

タイトル Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート テーマ: 原 油 2ドル/バレルの 衝 撃 発 表 日 :8 年 5 月 23 日 ( 金 ) ~ 今 年 度 1ドル=1 円 想 定 で 家 計 負 担 増 74,756 円 / 年 経 常 利 益 13.3% 押 下 げ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利 廣 (3-5221-4531)

More information

Microsoft Word - 【参考資料】トラック輸送状況の実態調査結果概要

Microsoft Word - 【参考資料】トラック輸送状況の実態調査結果概要 トラック 輸 送 状 況 の 実 態 調 査 ( 版 ) 結 果 概 要 参 考 資 料 平 成 28 年 2 月 1 日 版 調 査 概 要 有 効 回 答 数 運 送 事 業 者 1,252 社 ドライバー5,029 名 (うち 女 性 62 名 ) 調 査 期 間 平 成 27 年 9 月 14 日 ( 月 )~20 日 ( 日 )の 7 日 間 1. 回 答 ドライバーの 概 要 3ページ

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

も 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 11 表 3-2) 2030 年 の 就 業 率 は ゼロ 成 長 参 加 現 状 で 53.2%と 2014 年 の 57.3%から 低 下 するが 経 済 再 生 参 加 進 展 では 59.0%に 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 10 1

も 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 11 表 3-2) 2030 年 の 就 業 率 は ゼロ 成 長 参 加 現 状 で 53.2%と 2014 年 の 57.3%から 低 下 するが 経 済 再 生 参 加 進 展 では 59.0%に 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 10 1 平 成 27 年 12 月 16 日 ( 水 ) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 ( 理 事 長 菅 野 和 夫 ) 経 済 社 会 と 労 働 部 門 副 主 任 研 究 員 中 野 諭 ( 電 話 )03-5903-6223 URL:http://www.jil.go.jp/ 平 成 27 年 労 働 力 需 給 の 推 計 新 たな 全 国 推 計 を 踏 まえた

More information

                                 18

                                 18 18.9.29 スライド 法 における 変 動 率 (スライド 率 )についての 考 察 小 林 達 哉 1. 不 動 産 鑑 定 評 価 基 準 に 基 づく 算 式 (1) 現 行 賃 料 を 定 めた 時 点 における 純 賃 料 変 動 率 (スライド 率 )+ 価 格 時 点 におけ る 必 要 諸 経 費 等 (2) 実 際 実 質 賃 料 ( 実 際 支 払 賃 料 ) 現 行 賃 料

More information

地球温暖化対策推進法に基づく

地球温暖化対策推進法に基づく 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 25(2013) 温 の 集 計 結 果 平 成 28 年 6 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 は 温 スを 相 当 程 度 多 く する

More information

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効 果 ガス 排 出 量 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 22(2010) 年 度 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 集 計 結 果 平 成 25 年 9 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478> 資 料 3 年 金 分 野 の 改 革 の 進 捗 状 況 について 平 成 26 年 10 月 10 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 1. 年 金 制 度 の 検 討 課 題 1 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 平 成 16 年 改 正 による 年 金 財 政 フレームが 完 成 するとともに 社 会 経 済 状 態 の 変 化 に 対 応 した 社

More information

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車 Ⅳ 産 分 類 別 愛 知 県 内 ランキング 表 以 下 事 所 数 及 び 従 者 数 は 必 要 な 事 項 の 数 値 が 得 られた 事 所 を 対 象 として 集 した 表 Ⅳ 1 産 ( 小 分 類 ) 別 事 所 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 事 所 数 構 成 比 (%) 累 (%) 1 専 門 料 理 店 日 本 料 理 店, 焼 肉 店,ラーメン

More information

自動車産業の現状

自動車産業の現状 産 業 の 現 状 2013 年 8 月 一 般 社 団 法 人 日 本 工 業 会 我 が 国 の 経 済 雇 用 を 支 える 産 業 産 業 は 広 範 な 関 連 産 業 を 持 ち 日 本 経 済 や 雇 用 確 保 に 大 きく 貢 献 する 基 幹 産 業 である 関 連 : 548 万 人 (8.8%) * 国 内 就 業 人 口 中 の 割 合 就 業 人 口 うち 製 造 部 門

More information

Microsoft Word レポート(最終)

Microsoft Word レポート(最終) 景 気 動 向 指 数 からみる 消 費 税 増 税 後 の 県 内 景 気 < はじめに > 26 4 月 に 消 費 税 が5%から8%へと 引 き 上 げられた 本 県 経 済 は 増 税 直 後 か ら 一 部 で 増 税 に 伴 う 駆 け 込 み 需 要 の 反 動 減 がみられるなど 全 体 として 弱 い 動 きが 続 き 増 税 から2 近 くたった 現 在 においても 直 接 的

More information

Z eimu information 生 命 保 険 料 控 除 の 改 正 今 年 は 生 命 保 険 料 控 除 が 改 正 された 年 です 年 末 調 整 に 先 駆 けて 生 命 保 険 料 控 除 証 明 書 や 記 載 書 類 の 見 方 や 注 意 すべきポイ ントについてお 届 け

Z eimu information 生 命 保 険 料 控 除 の 改 正 今 年 は 生 命 保 険 料 控 除 が 改 正 された 年 です 年 末 調 整 に 先 駆 けて 生 命 保 険 料 控 除 証 明 書 や 記 載 書 類 の 見 方 や 注 意 すべきポイ ントについてお 届 け 今 年 もあと2ヶ 月 足 らずとなりました 月 日 の 経 つのは 早 いですが 今 年 やるべきことのやり 残 しがないか 今 一 度 振 り 返 ってみてはいかがでしょうか 掲 載 内 容 に 関 してご 不 明 点 等 あれば お 気 軽 に 当 事 務 所 までお 問 い 合 わせください 11 2012 生 命 保 険 料 控 除 の 改 正 年 末 調 整 11 月 にすべきこと 育

More information

1 徹 底 した 大 企 業 本 位 の アベノミクス ⑴ 賃 金 上 昇 は 大 企 業 のみ 実 質 賃 金 が 低 下 安 倍 晋 三 首 相 は 昨 年 2 月 に 経 団 連 経 済 同 友 会 日 本 商 工 会 議 所 の 経 済 3 団 体 トップと 首 相 官 邸 で 会 談 し

1 徹 底 した 大 企 業 本 位 の アベノミクス ⑴ 賃 金 上 昇 は 大 企 業 のみ 実 質 賃 金 が 低 下 安 倍 晋 三 首 相 は 昨 年 2 月 に 経 団 連 経 済 同 友 会 日 本 商 工 会 議 所 の 経 済 3 団 体 トップと 首 相 官 邸 で 会 談 し 2013 27.8 509.2 42.8 11 2014 1.4 3 2.0 2015 6.0 1 8 24.3 4.2 2015 1 徹 底 した 大 企 業 本 位 の アベノミクス ⑴ 賃 金 上 昇 は 大 企 業 のみ 実 質 賃 金 が 低 下 安 倍 晋 三 首 相 は 昨 年 2 月 に 経 団 連 経 済 同 友 会 日 本 商 工 会 議 所 の 経 済 3 団 体 トップと 首

More information

1. 消 費 の 低 迷 を 背 景 とした 日 本 経 済 の 停 滞 の 見 方 を 維 持 : 成 長 の 微 修 正 2015 年 度 は 前 年 度 の 落 ち 込 みを 回 復 せ ず 景 気 の 現 状 をみると 2015 年 度 の 実 質 GDP 1 は+0.8%となり 2 年 振

1. 消 費 の 低 迷 を 背 景 とした 日 本 経 済 の 停 滞 の 見 方 を 維 持 : 成 長 の 微 修 正 2015 年 度 は 前 年 度 の 落 ち 込 みを 回 復 せ ず 景 気 の 現 状 をみると 2015 年 度 の 実 質 GDP 1 は+0.8%となり 2 年 振 2016 年 5 月 24 日 新 生 銀 行 金 融 調 査 部 MRFRD-20160004 消 費 の 実 態 は 弱 く 景 気 は 停 滞 との 見 方 を 維 持 ~2016 2017 年 度 の 日 本 経 済 の 見 通 し~ 実 質 GDP の 予 想 2016 年 度 ( 増 税 あり) 0.5% ( 増 税 なし) 0.5% 2017 年 度 ( 増 税 あり) 0.3% (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203230303683528358836792B28DB895F18D908F91814548508C668DDA977081693032816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203230303683528358836792B28DB895F18D908F91814548508C668DDA977081693032816A2E646F63> 06 年 度 物 流 コスト 調 査 報 告 書 ( 概 要 ) 07 年 3 月 社 団 法 人 日 本 ロジスティクスシステム 協 会 1. 調 査 の 目 的 物 流 費 の 低 減 は マクロ 的 には 物 価 の 安 定 に 寄 与 するとともに ミクロ 的 には 企 業 経 営 の 根 本 課 題 として 認 識 され きわめて 重 要 な 意 義 をもっている しかし 物 流 費 の

More information

1 道 民 経 済 計 算 の 概 要 (1) 道 民 経 済 計 算 のねらい 道 民 経 済 計 算 は 北 海 道 の 経 済 の 循 環 と 構 造 を 生 産 分 配 支 出 の 各 面 から 計 量 的 に 把 握 することにより 本 道 経 済 の 実 態 を 包 括 的 体 系 的

1 道 民 経 済 計 算 の 概 要 (1) 道 民 経 済 計 算 のねらい 道 民 経 済 計 算 は 北 海 道 の 経 済 の 循 環 と 構 造 を 生 産 分 配 支 出 の 各 面 から 計 量 的 に 把 握 することにより 本 道 経 済 の 実 態 を 包 括 的 体 系 的 第 3 編 道 民 経 済 計 算 の し く み 第 1 章 道 民 経 済 計 算 の し く み - 287 - 1 道 民 経 済 計 算 の 概 要 (1) 道 民 経 済 計 算 のねらい 道 民 経 済 計 算 は 北 海 道 の 経 済 の 循 環 と 構 造 を 生 産 分 配 支 出 の 各 面 から 計 量 的 に 把 握 することにより 本 道 経 済 の 実 態 を 包 括

More information

日本経済の中期見通し(2015~2030 年度)

日本経済の中期見通し(2015~2030 年度) 2016 3 7 日 本 経 済 の 中 期 見 通 し(2015~2030 年 度 ) ~ 豊 かな 生 活 と 高 い 生 産 性 の 好 循 環 の 実 現 に 向 けて~ 2010 20162020 2017 4 10 2020 7 2010 201120150.6 20162020 0.7 20202021 2025 2 15 0.3 2020 20262030 0.7 105-8501

More information

( 運 用 原 則 ) b 従 前 建 築 主 からの 贈 与 ( 贈 与 予 定 も 含 む この 場 合 三 親 等 以 内 に 限 る ) により 取 得 した 者 が 行 う 場 合 c 当 該 建 築 物 が 従 前 建 築 主 の 負 債 の 返 済 に 伴 う 競 売 により 落 札

( 運 用 原 則 ) b 従 前 建 築 主 からの 贈 与 ( 贈 与 予 定 も 含 む この 場 合 三 親 等 以 内 に 限 る ) により 取 得 した 者 が 行 う 場 合 c 当 該 建 築 物 が 従 前 建 築 主 の 負 債 の 返 済 に 伴 う 競 売 により 落 札 都 市 計 画 法 施 行 令 第 36 条 第 1 項 第 3 号 ホ( 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 物 の 用 途 変 更 について)に 関 する 判 断 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 都 市 計 画 法 ( 以 下 法 という ) 施 行 令 ( 以 下 令 という ) 第 36 条 第 1 項 第 3 号 ホ( 建 築 物 の 用 途 変 更 )の 判 断

More information

Taro-25 目次、概念と構成等

Taro-25 目次、概念と構成等 1 県 民 経 済 計 算 の 目 的 県 民 経 済 計 算 の 概 念 と 構 成 県 民 経 済 計 算 は 国 民 経 済 計 算 ( 国 連 提 案 の 現 行 国 際 標 準 方 式 93SNA(a System of National Accounts)による 計 算 体 系 )の 基 本 的 な 考 え 方 や 計 算 体 系 を 県 段 階 に 援 用 し 県 という 行 政 区

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE98BC68C6F8963834583468375837D834B835783938782343930>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE98BC68C6F8963834583468375837D834B835783938782343930> 490 2016 8/23 Weeklyエコノミスト レター 2016 年 8 月 16 日 号 2016 2017 年 度 経 済 見 通 し (16 年 8 月 ) 経 済 金 融 フラッシュ 2016 年 8 月 18 日 号 貿 易 統 計 16 年 7 月 ~ 円 高 が 進 む 中 輸 出 数 量 は 横 ばい 圏 で 踏 みとどまる 統 計 調 査 資 料 2016 年 4-6 月 期

More information

産業廃棄物管理票(マニフェスト)交付等状況報告書に関するQ&A

産業廃棄物管理票(マニフェスト)交付等状況報告書に関するQ&A 産 業 廃 棄 物 管 理 票 (マニフェスト) 交 付 等 状 況 報 告 書 に 関 するQ&A 1. 報 告 対 象 期 間 Q1-1 当 社 は 決 算 が12 月 締 めのため 各 種 伝 票 やデータについても 暦 年 でまとめています が 当 該 報 告 もこれによってまとめてよいでしょうか A1-1 廃 棄 物 処 理 法 施 行 規 則 第 8の27 条 により 毎 年 6 月 30

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203230313630393236208C6F8DCF2092868D91208DC5905682CC8C6F8DCF8FEE90A882C68DA18CE382CC8CA992CA82B52E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203230313630393236208C6F8DCF2092868D91208DC5905682CC8C6F8DCF8FEE90A882C68DA18CE382CC8CA992CA82B52E646F6378> グローバル マクロ トピックス 1/ 9/ 投 資 情 報 部 シニアエコノミスト 吉 川 健 治 貨 物 輸 送 電 力 使 用 量 が 月 に 底 打 ち 改 革 より 成 長 優 先 か~ 中 国 最 新 の 経 済 情 勢 と 今 後 の 見 通 し 中 国 政 府 は 構 造 改 革 よりも 安 定 成 長 の 維 持 を 優 先 する 方 向 にあるようだ 1 年 月 を 底 に 粗 鋼

More information

産業トピックス

産業トピックス 平 成 2 年 (28 年 )9 月 12 日 ~オリンピック 後 難 度 を 増 す 政 策 運 営 ~ 1. 経 済 動 向 (1)オリンピック 後 の 景 気 後 退 回 避 策 中 国 では 未 だ 実 質 GDP が 二 桁 成 長 ながら 景 気 は 減 速 傾 向 にあり オ リンピックという 節 目 を 経 て 景 気 後 退 に 陥 るのではないかという 危 惧 が 広 がっている

More information

Q4. 生 産 性 向 上 設 備 投 資 促 進 税 制 に 関 する 問 い 合 わせ 先 はどこですか? A4. 経 済 産 業 省 に 設 けられた 生 産 性 税 制 電 話 相 談 窓 口 にお 尋 ね 下 さい 電 話 番 号 :03-3501-1565 対 応 時 間 : 平 日 9

Q4. 生 産 性 向 上 設 備 投 資 促 進 税 制 に 関 する 問 い 合 わせ 先 はどこですか? A4. 経 済 産 業 省 に 設 けられた 生 産 性 税 制 電 話 相 談 窓 口 にお 尋 ね 下 さい 電 話 番 号 :03-3501-1565 対 応 時 間 : 平 日 9 生 産 性 向 上 設 備 投 資 促 進 税 制 に 係 る 証 明 書 発 行 に 関 するQ&A 1. 税 制 全 体 に 関 する 件 Q1. 生 産 性 向 上 設 備 投 資 促 進 税 制 の 目 的 は 何 ですか? A1. 産 業 競 争 力 強 化 法 の 施 行 に 伴 い 質 の 高 い 設 備 投 資 の 促 進 を 行 うことによって 事 業 者 の 生 産 性 向 上

More information

2016年夏のボーナス見通し

2016年夏のボーナス見通し 216 年 4 月 6 日 経 済 レポート 216 年 夏 のボーナス 見 通 し ~ 小 幅 ながらも 2 年 ぶりに 増 加 へ~ 調 査 部 研 究 員 藤 田 隼 平 216 年 夏 の 民 間 企 業 ( 調 査 産 業 計 事 業 所 規 模 人 以 上 )の ボ ー ナ ス は 2 年 ぶりに 増 加 すると 予 測 する 労 働 需 給 がタイトな 中 今 年 の 春 闘 では 基

More information

ア 産 業 別 平 均 賃 金 男 女 計 の 平 均 賃 金 を 産 業 別 にみると 金 融 業, 保 険 業 が 346,180 ( 平 均 36.1 歳 勤 続 15.6 と 最 も 高 年 く ) 次 い で 建 設 業 の 329,446 ( 平 均 42.4 歳 勤 続 11.9 情

ア 産 業 別 平 均 賃 金 男 女 計 の 平 均 賃 金 を 産 業 別 にみると 金 融 業, 保 険 業 が 346,180 ( 平 均 36.1 歳 勤 続 15.6 と 最 も 高 年 く ) 次 い で 建 設 業 の 329,446 ( 平 均 42.4 歳 勤 続 11.9 情 平 成 21 年 中 小 企 業 賃 金 退 職 金 等 実 態 調 査 結 果 の 概 要 静 岡 県 産 業 部 就 業 支 援 局 労 働 政 策 室 1 調 査 目 的 本 調 査 は 県 内 の 主 要 産 業 に 属 する 中 小 企 業 の 賃 金 退 職 金 等 の 実 態 を 明 らかにすることにより 中 小 企 業 の 賃 金 労 務 改 善 に 役 立 てるとともに 労 働 行

More information

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正)

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正) 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 支 給 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 売 上 高 や 生 産 量 の 減 少 等 に 伴 う 人 員 削 減 により 離 職 した 者 を 正 規 雇 用 した 事 業 主 に 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 ( 以 下 奨 励 金 という )を 支 給 するために 必 要 な 事 項 を 定 める ( 定 義

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

Microsoft Word - 調査報告書.doc

Microsoft Word - 調査報告書.doc . 企 業 の 現 状 把 握.. 企 業 の 海 外 高 度 人 材 活 用 実 績 本 調 査 の 企 業 アンケート 送 付 総 数,66 社 のうち 9 社 (9.8%)から 回 答 を 得 た そのうち 海 外 高 度 人 材 を 活 用 している( 経 験 がある 企 業 を 含 む)は 社 (5.%)であった 実 績 は 無 いが 活 用 したいと 考 えている 企 業 が 社 (6.9%)

More information

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか?

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか? 日 本 経 済 予 測 Monthly 216 年 6 月 21 日 全 頁 日 本 経 済 見 通 し: 何 故 個 人 消 費 は 低 迷 して いるのか? 国 内 要 因 が 景 気 下 支 え 役 となるが 海 外 発 の 景 気 下 振 れリスクは 残 存 エコノミック インテリジェンス チーム 執 行 役 員 チーフエコノミスト 熊 谷 亮 丸 シニアエコノミスト 長 内 智 エコノミスト

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 新 規 - 社 除 外 - 社 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 新 規 - 社 除 外 - 社 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 平 成 28 年 10 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 9 月 14 日 上 場 会 社 名 株 式 会 社 オハラ 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 5218 URL http://www.ohara-inc.co.jp 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 執 行 役 員 ( 氏 名 ) 齋 藤 弘 和

More information

アベノミクスに対する群馬県内企業の意識調査

アベノミクスに対する群馬県内企業の意識調査 特 別 企 画 : アベノミクスに 対 する 群 馬 県 内 企 業 の 意 識 調 査 県 内 企 業 の 39.4%がアベノミクスで 国 内 景 気 を 押 し 上 げと 実 感 ~ 一 方 自 社 業 績 にプラス 影 響 は 21.1% 政 府 には 財 政 の 健 全 化 を 求 める ~ はじめに 2012 年 12 月 に 発 足 した 安 倍 政 権 は 大 胆 な 金 融 政 策

More information

国税連携ファイル記録項目一覧

国税連携ファイル記録項目一覧 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 KOA010 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) KOB381 事 業 基 盤 強 化 設 備 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 す る 明

More information

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx 悪 化 した 企 業 収 益 が 雇 用 と 所 得 に 与 える 影 響 国 内 の 消 費 は 政 府 の 景 気 対 策 の 効 果 もあって このところ 持 ち 直 しの 動 きが 続 いている が 雇 用 所 得 環 境 は 依 然 として 厳 しい 情 勢 が 続 いている 以 下 では 昨 年 末 以 降 の 景 気 後 退 による 製 造 業 を 中 心 とした 企 業 収 益 の

More information

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額 リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 社 団 法 人 日 本 貿 易 会 調 査 グループ 米 国 での 金 融 不 安 の 発 生 とそれに 拍 車 を 掛 けた 年 9 月 のリーマンショックから1 年 が 経 過 した 米 国 経 済 の 急 速 な 景 気 後 退 は 米 国 と 相 互 依 存 関 係 を 深 める 世 界 各 国 の 実 体 経 済 にも 波 及 し 世 界 貿 易

More information

住宅に係る消費税の負担軽減の具体化についての要望

住宅に係る消費税の負担軽減の具体化についての要望 宅 に 係 る 消 費 の 負 担 軽 減 の 具 体 化 についての 要 望 ( 説 明 資 料 ) 社 団 法 人 宅 生 産 団 体 連 合 会 社 会 保 障 の 安 定 財 源 の 確 保 等 を 図 る 制 の 抜 本 改 革 を 行 うための 消 費 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 抜 粋 ( 平 成 24 年 3 月 30 日 閣 議 決 定 ) 第 七 条

More information

0300072008520000E001.xls

0300072008520000E001.xls ( 平 成 年 度 調 査 ) 道 府 県 税 の 課 税 状 況 等 に 関 する 調 調 査 表 一 覧 表 頁 番 号 表 番 号 調 査 表 類 法 人 の 道 府 県 民 税 等 に 関 する 調 P () 道 府 県 民 税 額 等 に 関 する 調 法 人 県 民 税 5P 7 () 業 種 別 及 び 割 基 準 別 に 関 する 調 法 人 県 民 税 7P 9 () 資 本 金

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353190BB91A28BC682CC8A438A4F90B68E5983568374836782C697418F6F82CC8D82957489C189BF926C89BB2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353190BB91A28BC682CC8A438A4F90B68E5983568374836782C697418F6F82CC8D82957489C189BF926C89BB2E70707478> 今 月 のトピックス No.251-1(216 年 3 月 17 日 ) (21 年 =1) 95Q2 98Q2 14 実 質 実 効 為 替 レート( 右 目 盛 ) 12 1 8 製 造 業 の 海 外 生 産 シフトと 輸 出 の 高 付 加 価 値 化 1.リーマンショック 以 降 の 日 本 の 輸 出 の 弱 さの 背 景 には 構 造 的 要 因 日 本 の 輸 出 を 数 量 ベースでみると

More information

(別表)日本標準産業分類の分類項目と類似業種比準価額計算上の業種目との対比表(平成21年分)

(別表)日本標準産業分類の分類項目と類似業種比準価額計算上の業種目との対比表(平成21年分) ( 別 表 ) 日 本 標 準 産 分 類 の 分 類 項 目 と 類 似 種 比 準 価 額 計 算 上 の 種 目 との 対 比 表 ( 平 成 21 年 分 ) A B C 農, 林 01 農 011 耕 種 農 012 畜 産 農 013 農 ( 園 芸 を 除 く) 014 園 芸 02 林 021 育 林 022 素 材 生 産 023 特 用 林 産 物 生 産 (きのこ 類 の 栽

More information

<91E6825295942E786477>

<91E6825295942E786477> 第 3 部 参 考 資 料 第 1 章 現 行 推 計 方 法 への 経 緯 第 2 章 取 引 主 体 の 分 類 第 3 章 用 語 解 説 第 4 章 推 計 方 法 第 5 章 SNA 経 済 活 動 別 分 類 と 日 本 標 準 産 業 分 類 との 対 応 第 6 章 平 成 25 年 度 の 主 なできごと 第 1 章 現 行 推 計 方 法 への 経 緯 1 国 における 経 緯

More information

Microsoft PowerPoint - 講義⑧New

Microsoft PowerPoint - 講義⑧New 国 民 所 得 1 エンゲル 係 数 : 生 活 費 に 占 める 食 事 の 割 合 所 得 の 増 加 と 逆 に 動 く 指 数 なぜなら 食 費 : 所 得 が 増 加 してもそれほど 増 えない 娯 楽 費 : 所 得 が 増 加 すると 増 加 する このエンゲル 係 数 を 国 際 比 較 すれば 各 国 の 生 活 水 準 を 比 べることができる しかし ある 国 の 衣 服 費

More information

<8A54977693992E786C73>

<8A54977693992E786C73> 事 業 所 企 業 統 計 調 査 1 調 査 の 概 要 事 業 所 企 業 統 計 調 査 ( 総 務 省 所 管 指 定 統 計 第 2 号 )は すべての 事 業 所 及 び 企 業 を 対 象 として 事 業 の 種 類 や 従 業 者 数 等 事 業 所 及 び 企 業 の 基 本 的 事 項 を 調 査 し 行 政 施 策 のための 基 礎 資 料 並 びに 各 種 統 計 調 査 実

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

(4) 株 式 利 子 および 配 当 等 の 権 益 性 投 資 所 得 は 所 得 を 分 配 する 企 業 の 所 在 地 に 基 づき 確 定 する; (5) 利 息 所 得 賃 貸 料 所 得 特 許 権 使 用 料 所 得 は これらの 所 得 を 負 担 もしくは 支 払 う 企 業

(4) 株 式 利 子 および 配 当 等 の 権 益 性 投 資 所 得 は 所 得 を 分 配 する 企 業 の 所 在 地 に 基 づき 確 定 する; (5) 利 息 所 得 賃 貸 料 所 得 特 許 権 使 用 料 所 得 は これらの 所 得 を 負 担 もしくは 支 払 う 企 業 中 華 人 民 共 和 国 企 業 所 得 税 法 実 施 条 例 第 1 章 総 則 第 1 条 中 華 人 民 共 和 国 企 業 所 得 税 法 ( 以 下 企 業 所 得 税 法 と 略 称 )の 規 定 に 基 づ き 本 条 例 を 制 定 する 第 2 条 企 業 所 得 税 法 第 1 条 にいう 個 人 独 資 企 業 パートナーシップ 企 業 とは 中 国 の 法 律 行 政 法

More information

経済・物価情勢の展望(2015年4月)

経済・物価情勢の展望(2015年4月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2015 年 4 月 30 日 日 本 銀 行 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にか けて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけ ては 消 費 税 率 引 き 上

More information

2014 年 5 月 14 日 発 行 [ 執 筆 担 当 ] 山 本 康 雄 ( 外 需 ) 徳 田 秀 信 ( 総 括 )

2014 年 5 月 14 日 発 行 [ 執 筆 担 当 ] 山 本 康 雄 ( 外 需 ) 徳 田 秀 信 ( 総 括 ) みずほ 日 本 経 済 情 報 2014 年 5 月 号 [ 日 本 経 済 の 概 況 ] 日 本 経 済 は 消 費 増 税 の 影 響 で 一 時 的 に 落 ち 込 んでいる 経 済 の 活 動 水 準 は 潜 在 生 産 量 ( 物 価 変 動 に 対 して 中 立 的 とみられる 生 産 量 )を 引 き 続 き 下 回 っている 先 行 きの 日 本 経 済 は 消 費 増 税 後 の

More information

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光 震 災 後 の 個 人 消 費 の 動 向 について 震 災 の 影 響 を 受 けた 消 費 者 マインドの 急 激 な 悪 化 自 粛 ムードの 広 がり サプライ チェーン 寸 断 による 供 給 制 約 といった 要 因 等 を 背 景 に 3 月 の 個 人 消 費 は 大 幅 な 落 ち 込 みを 記 録 した 4 月 以 降 は これら 要 因 が 徐 々に 緩 和 してきていることから

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

RTSMS 事 前 調 査 票 受 審 組 織 名 称 代 表 所 在 地 代 表 者 ご 担 当 者 受 審 時 期 マネジメントシステム の 構 築 状 況 調 査 票 記 入 日 : 年 月 日 和 文 英 文 所 属 役 職 氏 名 住 所 ( 受 審 組 織 所 在 地 と 異 なる 場

RTSMS 事 前 調 査 票 受 審 組 織 名 称 代 表 所 在 地 代 表 者 ご 担 当 者 受 審 時 期 マネジメントシステム の 構 築 状 況 調 査 票 記 入 日 : 年 月 日 和 文 英 文 所 属 役 職 氏 名 住 所 ( 受 審 組 織 所 在 地 と 異 なる 場 道 路 交 通 安 全 マネジメントシステム 事 前 調 査 票 この 度 は 貴 社 事 業 所 の 道 路 交 通 安 全 マネジメントシステム(RTSMS) の 認 証 申 請 をいただき 誠 にありがとうございます 審 査 を 実 施 するにあたり 貴 社 事 業 所 の 事 業 内 容 等 の 概 要 を 事 前 に 把 握 しておきたいと 存 じます この 事 前 調 査 票 の 設 問

More information

216 年 2 月 3 日 1. インドネシア 消 費 者 物 価 上 昇 率 が 6 年 ぶりの 低 水 準 に 止 まるなかで 高 まる 追 加 利 下 げ 期 待 1 月 1 日 インドネシア 中 銀 は 政 策 金 利 であるBIレートを7.%から7.2%へ.2% ポイント 引 き 下 げた

216 年 2 月 3 日 1. インドネシア 消 費 者 物 価 上 昇 率 が 6 年 ぶりの 低 水 準 に 止 まるなかで 高 まる 追 加 利 下 げ 期 待 1 月 1 日 インドネシア 中 銀 は 政 策 金 利 であるBIレートを7.%から7.2%へ.2% ポイント 引 き 下 げた 216 年 2 月 3 日 ASEAN インド 月 報 (216 年 2 月 ) 目 次 ASEAN インドのマクロ 経 済 動 向 インドネシア 1 マレーシア 2 フィリピン 3 シンガポール タイ ベトナム 6 インド 7 アジア 主 要 国 地 域 の 主 要 経 済 指 標 ( 国 地 域 別 ) 8 アジア 主 要 国 地 域 の 主 要 経 済 指 標 比 較 13 経 済 調 査 室

More information

27概念と構成

27概念と構成 1 県 民 経 済 計 算 の 概 要 (1) 県 民 経 済 計 算 とは 私 たちの 経 済 活 動 は 生 産 活 動 を 営 むことによって 財 (モノ) サービスを 生 産 し 新 たな 価 値 ( 付 加 価 値 )をつくりだし その 付 加 価 値 はその 生 産 に 参 加 した 人 や 企 業 などに 分 配 さ れ 分 配 された 所 得 は 消 費 や 投 資 として 支 出

More information

財 政 問 題 の 長 期 展 望 1 6 4 2-2 -4-6 -8-1 基 礎 的 財 政 収 支 の 長 期 予 測 中 央 政 府 地 方 政 府 ベース 一 般 政 府 ベース -12 198 199 2 21 22 23 24 ( 注 )マクロモデルによる 予 測 値 超 高 齢 日 本

財 政 問 題 の 長 期 展 望 1 6 4 2-2 -4-6 -8-1 基 礎 的 財 政 収 支 の 長 期 予 測 中 央 政 府 地 方 政 府 ベース 一 般 政 府 ベース -12 198 199 2 21 22 23 24 ( 注 )マクロモデルによる 予 測 値 超 高 齢 日 本 資 料 2 財 政 制 度 等 審 議 会 財 政 制 度 分 科 会 報 告 超 高 齢 日 本 における 政 府 財 政 の 課 題 と 長 期 展 望 株 式 会 社 大 和 総 研 調 査 提 言 企 画 室 長 鈴 木 準 hitoshi.suzuki@dir.co.jp 214 年 3 月 1 日 Japanese Economic Research 財 政 問 題 の 長 期 展 望

More information

2

2 1 2 3 2013 年 度 コマツの 連 結 売 上 高 は 前 年 比 +3.6% 増 収 の1 兆 9,536 億 円 営 業 利 益 は 前 年 比 +13.7% 増 益 の2,404 億 円 となりました 営 業 利 益 率 も1.1ポイント 改 善 し 12.3%となりました 建 設 機 械 車 両 : 中 国 日 本 において 建 機 需 要 が 増 加 しましたが 鉱 山 機 械 需

More information

Microsoft Word - 07i31j_01.doc

Microsoft Word - 07i31j_01.doc 先 進 主 要 7カ 国 (G7)の 格 付 け 見 直 し 07-I-31 2007 年 8 月 13 日 株 式 会 社 日 本 格 付 研 究 所 (JCR)は G7の 外 貨 建 ておよび 自 国 通 貨 建 て 長 期 優 先 債 務 の 格 付 け 及 び 見 通 しを 見 直 し 据 え 置 きとしましたのでお 知 らせします 対 象 国 外 貨 建 て 長 期 優 先 債 務 自 国

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 28 年 度 税 制 改 正 について ( 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 ) 平 成 27 年 12 月 中 小 企 業 庁 < 主 な 改 正 事 項 > 新 たな 機 械 装 置 の 投 資 に 係 る 固 定 資 産 税 の 特 例 の 創 設 中 小 企 業 者 等 の 少 額 減 価 償 却 資 産 の 取 得 価 額 の 損 金 算 入 の 特 例 の 延 長

More information

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477>

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477> 琴 平 町 人 口 ビジョン 平 成 27 年 1 月 琴 平 町 目 次 1 章 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 1 1.1 人 口 ビジョンの 策 定 の 目 的... 1 1.2 人 口 ビジョンの 期 間... 1 2 章 人 口 の 現 状 分 析... 2 2.1 人 口 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計... 2 (2) 年 齢 3

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

<875681418757816995BD90AC82508253944E937881408E7392AC91BA96AF81453F3F3F3F14>

<875681418757816995BD90AC82508253944E937881408E7392AC91BA96AF81453F3F3F3F14> Ⅲ 市 町 村 民 所 得 の 概 念 - 85 - Ⅲ 市 町 村 民 所 得 の 概 念 1 基 本 的 な 考 え 方 市 町 村 民 所 得 とは 一 定 期 間 ( 通 常 1カ 年 )において 市 町 村 居 住 者 の 生 産 活 動 により 新 たに 付 加 された 価 値 の 貨 幣 評 価 額 である それはまた この 生 産 に 参 加 した 諸 要 素 の 所 得 となり 次

More information

2

2 1 2 3 2014 年 度 上 期 のコマツの 連 結 売 上 高 は 前 年 同 期 比 +1.9% 増 収 の9,425 億 円 営 業 利 益 は 前 年 同 期 比 +15.3% 増 益 の1,256 億 円 となりました 営 業 利 益 率 も+1.5ポ イント 改 善 し 13.3%となりました 純 利 益 は 前 年 同 期 比 1.0% 減 益 の779 億 円 となりました [

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について ( 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 税 制 ) 平 成 25 年 2 月 中 小 企 業 庁 1. 事 業 承 継 税 制 の 拡 充 1 ( 相 続 税 贈 与 税 ) 拡 充 中 小 企 業 経 営 者 の 平 均 年 齢 が 約 60 歳 となっており 事 業 承 継 の 円 滑 化 は 喫 緊 の 課 題 事 業 承 継 税 制

More information

Ⅱ 1. 人 口 構 造 及 び 世 帯 と 年 金 (1) 人 口 構 造 わが 国 は 諸 外 国 にも 例 をみないスピードで 高 齢 化 が 進 行 している そこで 年 金 保 険 の 事 業 状 況 に ついて 説 明 するに 先 立 ち 人 口 構 造 の 現 状 及 び 今 後 の 見 通 しについて 触 れる 日 本 人 の 平 成 24 年 の 平 均 寿 命 ( 厚 生 労 働 省

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E598BC698418AD6955C81698267825182518F4390B394C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E598BC698418AD6955C81698267825182518F4390B394C5816A> 早 分 かり 産 業 連 関 表 一 そのしくみと 使 い 方 一 熊 本 県 企 画 振 興 部 統 計 調 査 課 目 次 Ⅰ 産 業 連 関 表 が 表 すもの 1 産 業 連 関 表 とは 1 2 産 業 連 関 表 の 沿 革 1 3 簡 単 な 経 済 取 引 の 例 2 4 産 業 連 関 表 のしくみと 見 方 4 5 生 産 者 価 格 と 購 入 者 価 格 6 6 産 業 連

More information

<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド

<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド < 購 入 換 金 手 数 料 なし> ニッセイTOPIXインデックスファンド 投 資 信 託 説 明 書 ( 請 求 目 論 見 書 ) < 訂 正 事 項 分 > 2016.01.26 ニッセイアセットマネジメント 株 式 会 社 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 第 2 項 第 2 号 に 規 定 する 詳 細 情 報 を 記

More information

経済分析第170号

経済分析第170号 内 閣 府 経 済 社 会 総 合 研 究 所 経 済 分 析 170 号 2003 年 第 6 章 TFP の 計 測 とその 要 因 分 析 河 井 啓 希 乾 友 彦 1 産 業 別 TFP の 計 測 と 数 量 変 化 ならびに 価 格 変 化 の 要 因 分 析 1.1 分 析 手 法 われわれの 分 析 方 法 は 生 産 者 行 動 の 理 論 を 前 提 にしている いま 一 国

More information

Z eimu information 災 害 義 援 金 に 係 る ふるさと 納 税 の 取 扱 い 総 務 省 が 公 表 した ふるさと 納 税 に 関 する 現 況 調 査 結 果 ( 平 成 27 年 9 月 30 日 時 点 ) によれば 27 年 度 上 半 期 (4~9 月 )での

Z eimu information 災 害 義 援 金 に 係 る ふるさと 納 税 の 取 扱 い 総 務 省 が 公 表 した ふるさと 納 税 に 関 する 現 況 調 査 結 果 ( 平 成 27 年 9 月 30 日 時 点 ) によれば 27 年 度 上 半 期 (4~9 月 )での 7 月 の 祝 日 といえば 海 の 日 です もともとは 海 の 記 念 日 という 日 でしたが 1996 年 か らは 国 民 の 祝 日 海 の 日 となり 今 年 で21 年 目 を 迎 えます 早 いものですね 掲 載 内 容 に 関 してご 不 明 点 等 あれば お 気 軽 に 当 事 務 所 までお 問 い 合 わせください 7 2016 災 害 義 援 金 に 係 る ふるさと

More information

4. 農 業 所 得 減 少 の 要 因 農 産 物 生 産 量 の 減 少 米 の 消 費 量 減 少 輸 入 品 との 競 合 農 家 戸 数 の 減 少 高 齢 化 販 売 価 格 の 低 下 価 格 支 持 政 策 の 縮 小 廃 止 ウルグアイラウンド 輸 入 価 格 の 低 下 円 高

4. 農 業 所 得 減 少 の 要 因 農 産 物 生 産 量 の 減 少 米 の 消 費 量 減 少 輸 入 品 との 競 合 農 家 戸 数 の 減 少 高 齢 化 販 売 価 格 の 低 下 価 格 支 持 政 策 の 縮 小 廃 止 ウルグアイラウンド 輸 入 価 格 の 低 下 円 高 213.7.25 農 林 中 金 総 合 研 究 所 清 水 徹 朗 農 業 所 得 の 動 向 と 倍 増 の 実 現 性 1.はじめに アベノミクスと 日 本 再 興 戦 略 農 業 成 長 産 業 論 攻 めの 農 林 水 産 業 参 議 院 選 挙 における 自 民 党 の 公 約 政 策 集 (J ファイル) 15 のヒ シ ョンと 1 の 具 体 策 農 業 農 村 所 得 倍 増 目

More information

1. はじめに 大 阪 光 の 饗 宴 実 行 委 員 会 は 大 阪 の 都 市 ブランドの 向 上 観 光 誘 客 促 進 ならびに 経 済 活 性 化 をめざし 2015 年 度 においても 2014 年 度 に 引 き 続 き OSAKA 光 のルネサンス 及 び 御 堂 筋 イルミネーショ

1. はじめに 大 阪 光 の 饗 宴 実 行 委 員 会 は 大 阪 の 都 市 ブランドの 向 上 観 光 誘 客 促 進 ならびに 経 済 活 性 化 をめざし 2015 年 度 においても 2014 年 度 に 引 き 続 き OSAKA 光 のルネサンス 及 び 御 堂 筋 イルミネーショ 大 阪 光 の 饗 宴 の 経 済 効 果 調 査 報 告 書 ( 概 要 版 ) 2016 年 3 月 1. はじめに 大 阪 光 の 饗 宴 実 行 委 員 会 は 大 阪 の 都 市 ブランドの 向 上 観 光 誘 客 促 進 ならびに 経 済 活 性 化 をめざし 2015 年 度 においても 2014 年 度 に 引 き 続 き OSAKA 光 のルネサンス 及 び 御 堂 筋 イルミネーション

More information

片岡氏提出資料

片岡氏提出資料 第 4 回 今 後 の 経 済 財 政 動 向 等 についての 集 中 点 検 会 合 ( 於 : 総 理 大 臣 官 邸 4 階 大 会 議 室 ) 消 費 税 再 増 税 と 日 本 経 済 2014 年 11 月 17 日 三 菱 UFJリサーチ&コンサルティング 株 式 会 社 経 済 社 会 政 策 部 主 任 研 究 員 片 岡 剛 士 1 2013 年 以 降 の 日 本 経 済 の

More information

財政学

財政学 講 義 ノート2 佐 藤 主 光 (もとひろ) 一 橋 大 学 経 済 学 研 究 科 政 策 大 学 院 1 2 制 度 の 視 点 : 我 が 国 の 税 制 ( 国 税 地 方 税 )の 概 要 税 収 の 規 模 ( 国 民 負 担 率 ) 税 収 内 訳 税 の 分 類 化 ( 直 接 税 と 間 接 税 など) 機 能 の 視 点 : 課 税 の 果 たす 役 割 と 財 政 の 三 機

More information

Microsoft Word - N-20081110容積率.doc

Microsoft Word - N-20081110容積率.doc Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート テーマ: 容 積 率 緩 和 が 住 宅 投 資 に 及 ぼす 影 響 発 表 日 :08 年 11 月 12 日 ( 水 ) ~20%の 緩 和 で 名 目 GDP1.3 兆 円 分 の 潜 在 需 要 創 出 ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利 廣 (03-5221-4531)

More information

目 次 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 1 1 人 口 動 態 2 2 市 内 総 生 産 からみた 産 業 構 造 5 3 工 業 統 からみた 製 造 業 の 特 性 6 4 第 三 次 産 業 の 集 積 8 5 サービス 業 の 動 向 10 6 鶴 ヶ 島

目 次 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 1 1 人 口 動 態 2 2 市 内 総 生 産 からみた 産 業 構 造 5 3 工 業 統 からみた 製 造 業 の 特 性 6 4 第 三 次 産 業 の 集 積 8 5 サービス 業 の 動 向 10 6 鶴 ヶ 島 経 営 発 達 支 援 画 策 定 推 進 事 業 鶴 ヶ 島 市 地 域 経 済 状 況 調 査 分 析 事 業 平 成 27 年 4 月 30 日 鶴 ヶ 島 市 商 工 会 株 式 会 社 ぶぎん 地 域 経 済 研 究 所 目 次 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 1 1 人 口 動 態 2 2 市 内 総 生 産 からみた 産 業 構 造 5 3 工 業 統

More information

( 簡 易 版 ファクト シート) 会 社 発 表 決 算 データに 基 づくスプリングキャピタル 社 試 算 経 営 指 標 等 ( 金 額 単 位 : 百 万 円 ) 2009/12 2010/12 2011/12 2012/12 2013/12 2014/12 情 報 元 有 報 有 報 有

( 簡 易 版 ファクト シート) 会 社 発 表 決 算 データに 基 づくスプリングキャピタル 社 試 算 経 営 指 標 等 ( 金 額 単 位 : 百 万 円 ) 2009/12 2010/12 2011/12 2012/12 2013/12 2014/12 情 報 元 有 報 有 報 有 ( 簡 易 版 ファクト シート 経 営 指 標 ランキング レポート 経 営 指 標 比 較 レポート) 本 レポートは オプテックス エフエー 株 式 会 社 とスプリングキャピタル 社 ( 以 下 SC 社 )の 契 約 に 基 づき SC 社 が 作 成 したものである オプテックス エフ エー 株 式 会 社 は 本 レポートの 作 成 にあたり 定 性 情 報 経 営 指 標 ランキングに

More information

記 載 例 ( 決 算 書 1ページ) 損 益 計 算 書 売 上 ( 収 入 ) 金 額 1 ( 雑 収 入 を 含 む) 決 算 書 ページの 月 別 売 上 ( 収 入 ) 金 額 及 び 仕 入 金 額 の 売 上 ( 収 入 ) 金 額 の 計 の 金 額 を 記 入 します 期 首 商

記 載 例 ( 決 算 書 1ページ) 損 益 計 算 書 売 上 ( 収 入 ) 金 額 1 ( 雑 収 入 を 含 む) 決 算 書 ページの 月 別 売 上 ( 収 入 ) 金 額 及 び 仕 入 金 額 の 売 上 ( 収 入 ) 金 額 の 計 の 金 額 を 記 入 します 期 首 商 平 成 分 青 色 申 告 決 算 書 ( 一 般 用 )の 書 き 方 この 説 明 書 は 所 得 税 の 青 色 申 告 決 算 書 ( 一 般 用 ) を 作 成 するための 青 色 申 告 決 算 書 の 書 き 方 について 説 明 して あります 事 業 所 得 を 生 ずべき 業 務 を 以 上 営 む 方 で そのうちに 有 限 責 任 事 業 組 合 の 組 合 事 業 から 生

More information

本文

本文 Feb, 16 日 本 経 済 情 報 16 年 月 号 内 容 1. 景 気 の 現 状 15 年 ~1 月 期 の 実 質 GDP 成 長 率 は 四 半 期 ぶりの マイナス 成 長 予 想 以 上 に 低 迷 す る 個 人 消 費 設 備 投 資 は 予 想 外 の 増 勢 加 速 輸 出 は 財 を 中 心 に 再 び 減 少. 今 後 の 見 通 し マイナス 金 利 の 効 果 は

More information

経済百葉箱 第48号

経済百葉箱 第48号 第 4 号 ( ) 公 益 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2 年 3 月 2 日 公 表 資 源 高 のもたらす 消 費 者 物 価 への 影 響 原 油 高 は 農 産 物 高 よりも 転 嫁 が 進 むが デフレ 脱 却 には 要 時 間 問 題 意 識 資 源 高 の 物 価 への 影 響 短 期 予 測

More information

Microsoft Word - 201210613.docx

Microsoft Word - 201210613.docx 年 月 期 GDP 速 報 (1 次 速 報 )の 概 要 ~ 後 退 局 面 の 早 期 脱 却 の 可 否 を 占 う 世 界 経 済 底 打 ちのタイミング~ 調 査 情 報 担 当 室 竹 田 智 哉 1. 後 退 局 面 入 りしたと 見 られる 我 が 国 経 済 年 月 期 のGDP 成 長 率 (1 次 速 報 値 年 11 月 12 日 公 表 )は 名 実 ともに 0.9%( 年

More information

経済・物価情勢の展望(2015年10月)

経済・物価情勢の展望(2015年10月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 10 月 ) 2015 年 10 月 30 日 日 本 銀 行 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にかけて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけては 消 費 税 率 引 き 上

More information

松 山 市 の 事 業 所 平 成 18 年 事 業 所 企 業 統 計 調 査 結 果 報 告 書 松 山 市 は じ め に この 統 計 書 は, 平 成 18 年 10 月 1 日 現 在 で 実 施 された 平 成 18 年 事 業 所 企 業 統 計 調 査 の 結 果 か ら, 松 山 市 のデータについて, 主 な 事 項 を 産 業 別 経 営 組 織 別 地 区 別 等 に 分

More information

添 付 資 料 の 目 次 1. 当 四 半 期 決 算 に 関 する 定 性 的 情 報 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 説 明 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 説 明 3 (3) 連 結 業 績 予 想 などの 将 来 予 測 情 報 に 関 する 説 明 3 2.サマリー 情 報 ( 注 記 事 項 )に 関 する 事 項 3 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間

More information

平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結) 平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 4 月 28 日 上 場 会 社 名 京 成 電 鉄 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 9009 URL http://www.keisei.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 三 枝 紀 生 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information

43_1

43_1 新 興 国 景 気 減 速 の 影 響 はどこまで 拡 がるか ~グローバル 経 済 金 融 レビュー 2015 年 秋 ~ < 要 旨 > 9 月 の 米 国 雇 用 者 数 の 伸 びが 鈍 化 したことで 米 国 景 気 が 堅 調 な 回 復 を 続 けて 世 界 経 済 を 支 える というシナリオの 不 確 実 性 が 意 識 されるようになってきた 米 国 雇 用 増 減 の 業 種

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037>

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037> 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 平 成 27 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は じ め に 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は 自 動 車 の 生 産 販 売 使 用 の 各 段 階 にわたる 総 合 団 体 として クルマ 社 会 の 健 全 な 発 展 に 貢 献 し 持 続 可 能 な 社 会 の

More information

(Microsoft Word - \202U\214\216\202Q\202X\223\372.doc)

(Microsoft Word - \202U\214\216\202Q\202X\223\372.doc) No.86 00.6.9 発 行 ネットジャーナル Weeklyエコノミスト レター 00 年 6 月 5 日 号 BRICs 経 済 : BRICsは 危 機 第 波 の 防 波 堤 になれるか? 経 済 金 融 フラッシュ 00 年 6 月 8 日 号 商 業 販 売 統 計 0 年 5 月 ~ 小 売 業 は 前 月 比 で 5 ヵ 月 ぶりに 減 少 3 4 経 営 TOPICS 統 計 調

More information

不動産コンサルティング業務委託契約書(案)

不動産コンサルティング業務委託契約書(案) Ⅰ. 学 習 にあたって この 学 習 にあたって は 不 動 産 コンサルティング 技 能 試 験 の 受 験 のために 学 習 すべき 範 囲 なら びに 学 習 上 の 留 意 点 を 示 したものです 以 下 各 科 目 別 に 説 明 します なお 試 験 問 題 の 主 な 出 題 範 囲 については Ⅱ.に 記 載 していますので 参 照 してください 1. 事 業 実 務 不 動 産

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

<31352095DB8CAF97BF97A6955C2E786C73>

<31352095DB8CAF97BF97A6955C2E786C73> 標 準 報 酬 月 額 等 級 表 ( 厚 生 年 金 ) 標 準 報 酬 報 酬 月 額 厚 生 年 金 保 険 料 厚 生 年 金 保 険 料 率 14.642% ( 平 成 18 年 9 月 ~ 平 成 19 年 8 月 ) 等 級 月 額 全 額 ( 円 ) 折 半 額 ( 円 ) 円 以 上 円 未 満 1 98,000 ~ 101,000 14,349.16 7,174.58 2 104,000

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション カンボジア 投 資 セミナー( 日 本 アセアンセンター 駐 日 カンボジア 王 国 大 使 館 主 催 ) カンボジアでのビジネスの 可 能 性 ~カンボジアへの 投 資 促 進 に 関 する 調 査 結 果 を 踏 まえて~ 2006 年 11 月 15 日 : 名 古 屋 11 月 17 日 : 東 京 JICAカンボジア 国 経 済 政 策 支 援 調 査 団 1 目 次 1. 調 査 の

More information

ネットジャーナル Weekly エコノミスト レター 要 旨 ニッセイ 基 礎 研 究 所 2016 年 4 月 1 日 号 日 銀 短 観 (3 月 調 査 ) ~ 大 企 業 製 造 業 の 景 況 感 は 悪 化 先 行 きも 悲 観 的 要 旨 1 日 銀 短 観 3 月 調 査 では 大

ネットジャーナル Weekly エコノミスト レター 要 旨 ニッセイ 基 礎 研 究 所 2016 年 4 月 1 日 号 日 銀 短 観 (3 月 調 査 ) ~ 大 企 業 製 造 業 の 景 況 感 は 悪 化 先 行 きも 悲 観 的 要 旨 1 日 銀 短 観 3 月 調 査 では 大 472 2016 4/5 Weeklyエコノミスト レター 2016 年 4 月 1 日 号 日 銀 短 観 (3 月 調 査 ) ~ 大 企 業 製 造 業 の 景 況 感 は 悪 化 先 行 きも 悲 観 的 経 済 金 融 フラッシュ 2016 年 3 月 30 日 号 鉱 工 業 生 産 16 年 2 月 ~ 東 日 本 大 震 災 依 頼 の 減 産 幅 だが 過 度 の 悲 観 は 不

More information

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo 大 日 本 木 材 防 腐 (7907) 平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 添 付 資 料 の 目 次 1. 経 営 成 績 財 政 状 態 に 関 する 分 析 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 分 析 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 分 析 3 (3) 利 益 配 分 に 関 する 基 本 方 針 及 び 当 期 次 期 の 配 当 4 2. 企 業 集 団 の 状

More information

1.トピック: 二 極 化 が 進 展 する 中 国 の 住 宅 市 場 回 復 の 色 を 増 す 中 国 の 住 宅 市 場 1 級 都 市 や 一 部 の 2 級 都 市 ではバブルの 恐 れも 3 級 都 市 などの 地 方 の 中 小 都 市 では 住 宅 市 場 の 回 復 ペースは 緩

1.トピック: 二 極 化 が 進 展 する 中 国 の 住 宅 市 場 回 復 の 色 を 増 す 中 国 の 住 宅 市 場 1 級 都 市 や 一 部 の 2 級 都 市 ではバブルの 恐 れも 3 級 都 市 などの 地 方 の 中 小 都 市 では 住 宅 市 場 の 回 復 ペースは 緩 みずほ 中 国 経 済 情 報 216 年 5 月 号 トピック 二 極 化 が 進 展 する 中 国 の 住 宅 市 場 中 国 の 住 宅 市 場 は 足 元 回 復 の 色 を 濃 くしているが 著 しい 二 極 化 が 進 展 しており 大 都 市 ではバブルが 懸 念 される 一 方 地 方 の 中 小 都 市 では 過 剰 在 庫 が 住 宅 市 場 の 回 復 の 重 し になっている

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

我 が 国 の 経 済 雇 用 を 支 える 自 動 車 産 業 自 動 車 産 業 は 広 範 な 関 連 産 業 を 持 ち 日 本 経 済 や 雇 用 確 保 に 大 きく 貢 献 する 基 幹 産 業 である 自 動 車 関 連 : 547 万 人 (8.7%) 就 業 人 口 うち 製 造

我 が 国 の 経 済 雇 用 を 支 える 自 動 車 産 業 自 動 車 産 業 は 広 範 な 関 連 産 業 を 持 ち 日 本 経 済 や 雇 用 確 保 に 大 きく 貢 献 する 基 幹 産 業 である 自 動 車 関 連 : 547 万 人 (8.7%) 就 業 人 口 うち 製 造 今 後 の 経 済 財 政 動 向 等 についての 点 検 会 合 資 料 平 成 26 年 11 月 18 日 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 工 業 会 0 我 が 国 の 経 済 雇 用 を 支 える 自 動 車 産 業 自 動 車 産 業 は 広 範 な 関 連 産 業 を 持 ち 日 本 経 済 や 雇 用 確 保 に 大 きく 貢 献 する 基 幹 産 業 である 自 動 車

More information

世界測地系対応 全国メッシュ地図

世界測地系対応 全国メッシュ地図 Census Japan 2010 < 2010 年 国 勢 調 査 統 計 地 図 データ( 町 丁 字 等 ) > Version 2012.12 USER GUIDE データの 内 容 Census Japan 2010 は 政 府 統 計 の 総 合 窓 口 (e-stat)にて 公 開 されている 平 成 22 年 国 勢 調 査 ( 小 地 域 統 計 )の 基 本 的 な 統 計 指

More information