自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "自動継続自由金利型定期預金(M型)規定"

Transcription

1 1.( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 号 の 取 引 は 三 井 住 友 信 託 の 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 といいます )ができます 1 普 通 預 金 2 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 自 由 金 利 型 定 期 預 金 自 動 継 続 新 型 定 期 預 金 ( 固 定 型 ) 新 型 定 期 預 金 ( 固 定 型 ) 自 動 継 続 新 型 定 期 預 金 ( 変 動 型 ) 新 型 定 期 預 金 ( 変 動 型 ) 年 金 式 定 期 預 金 自 動 継 続 長 期 金 利 連 動 型 変 動 金 利 定 期 預 金 長 期 金 利 連 動 型 変 動 金 利 定 期 預 金 自 動 継 続 変 動 金 利 型 定 期 預 金 ( 標 準 型 )および 変 動 金 利 型 定 期 預 金 ( 標 準 型 )( 以 下 これらを 定 期 預 金 といいます ) 3 国 債 等 公 共 債 ( 以 下 国 債 等 といいます ) 保 護 預 りおよび 振 替 決 済 口 座 への 受 入 れ 4 第 2 号 の 定 期 預 金 第 3 号 の 国 債 等 を 担 保 とする 当 座 貸 越 (2) 普 通 預 金 については 単 独 で 利 用 することもできます (3) 第 1 項 各 号 に 掲 げる 取 引 については この 規 定 の 定 めによるほか 当 社 のそれぞれの 取 引 の 約 款 規 定 等 により 取 扱 います (4) この 取 引 においては 第 1 項 第 3 号 の 取 引 を 複 数 の 種 類 の 通 帳 に 分 けて 取 扱 います この 規 定 の 各 条 項 における 通 帳 はこれらの 通 帳 を 含 むものとします (5) 総 合 口 座 は 原 則 として 未 成 年 のお 客 さまはご 利 用 いただけません 2.( 取 扱 店 の 範 囲 ) (1) 普 通 預 金 は 通 帳 記 載 の 取 引 店 ( 以 下 取 引 店 といいます )のほか 当 社 の 国 内 本 支 店 でも 預 入 れまたは 払 戻 し( 当 座 貸 越 を 利 用 した 普 通 預 金 の 払 戻 しを 含 みます )ができます (2) 定 期 預 金 の 預 入 金 は 当 社 所 定 の 金 額 以 上 とし これらの 預 け 入 れ 解 約 または 書 替 継 続 は 取 引 店 のほか 当 社 の 国 内 本 支 店 でも 取 扱 います (3) 国 債 等 の 預 入 れ 引 出 し 振 替 えまたは 保 護 預 り 振 替 決 済 口 座 への 受 入 れの 解 約 等 は 取 引 店 のみで 取 扱 いま す 3.( 定 期 預 金 等 の 申 込 み) 定 期 預 金 を 申 込 むときは 定 期 預 金 申 込 書 を 通 帳 とともに 提 出 してください 4.( 預 金 の 払 戻 し 等 ) (1) 普 通 預 金 の 払 戻 し 定 期 預 金 の 解 約 金 等 または 預 金 証 書 の 発 行 等 を 請 求 するときは 当 社 所 定 の 請 求 書 等 に 届 出 の 印 章 により 記 名 押 印 して この 通 帳 ( 通 帳 が 複 数 冊 にわたる 場 合 は 取 引 を 行 う 普 通 預 金 定 期 預 金 また は 国 債 等 の 記 載 された 通 帳 のすべて)とともに 提 出 してください (2) 普 通 預 金 から 各 種 料 金 等 の 自 動 支 払 いをするときは あらかじめ 当 社 所 定 の 手 続 をしてください (3) 普 通 預 金 から 同 日 に 数 件 の 支 払 いをする 場 合 に その 総 額 が 払 戻 すことができる 金 額 ( 当 座 貸 越 を 利 用 できる 範 囲 内 の 金 額 を 含 みます )をこえるときは そのいずれを 支 払 うかは 当 社 の 任 意 とします 5.( 定 期 預 金 の 満 期 取 扱 い) (1) 定 期 預 金 は 満 期 日 に 自 動 的 に 解 約 し 利 息 とともに 支 払 います この 場 合 元 利 金 はこの 取 引 の 普 通 預 金 に 入 金 するものとします ただし 当 該 定 期 預 金 の 規 定 に 別 段 の 定 めがあるときは 当 該 規 定 に 従 います (2) 自 動 継 続 扱 いの 定 期 預 金 は 第 8 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 により 質 権 の 対 象 となっていることで 当 該 定 期 預 金 の 規 定 により 自 動 継 続 を 行 わないとされている 場 合 でも 当 該 規 定 の 別 段 の 定 めによるものとして 自 動 継 続 を 行 う ものとし 満 期 日 に 前 回 と 同 一 の 種 類 期 間 の 定 期 預 金 に 自 動 的 に 継 続 します 継 続 された 定 期 預 金 についても 同 様 とします ただし 当 該 規 定 に 基 づき 質 権 の 設 定 以 外 の 事 由 により 自 動 継 続 を 行 わない 旨 の 定 めがあるとき は 当 該 定 めに 従 うものとします (3) 自 動 継 続 を 停 止 するときは 満 期 日 ( 継 続 したときは 継 続 後 の 満 期 日 )までにその 旨 を 取 引 店 に 申 出 てください (4) 自 動 継 続 を 停 止 した 定 期 預 金 については 当 該 定 期 預 金 の 規 定 により 満 期 日 以 後 かつ 解 約 可 能 となった 後 の

2 解 約 の 申 し 出 があった 日 に 支 払 います 6.( 普 通 預 金 利 息 の 支 払 ) 普 通 預 金 の 利 息 は 毎 年 2 月 と8 月 の 第 2 日 曜 日 の 翌 営 業 日 に 普 通 預 金 に 組 入 れます 7.( 当 座 貸 越 ) (1) 普 通 預 金 について その 残 高 をこえて 払 戻 しの 請 求 または 各 種 料 金 等 の 自 動 支 払 いの 請 求 があった 場 合 には 当 社 はこの 取 引 の 定 期 預 金 および 国 債 等 を 担 保 に 不 足 額 を 当 座 貸 越 として 自 動 的 に 貸 出 し 普 通 預 金 へ 入 金 のうえ 払 戻 しまたは 自 動 支 払 いします (2) 前 項 による 当 座 貸 越 の 限 度 額 ( 以 下 極 度 額 といいます )は 次 の 第 1 号 と 第 2 号 の 金 額 の 合 計 額 とします 1 この 取 引 のうち 定 期 預 金 についてはその 合 計 額 の 90%(1,000 円 未 満 は 切 捨 てます )または 500 万 円 のうち いずれか 少 ない 金 額 2 この 取 引 の 国 債 等 のうち 利 付 国 債 政 府 保 証 債 地 方 債 についてはその 額 面 合 計 額 の 80%(1,000 円 未 満 は 切 捨 てます )と 割 引 国 債 についてはその 額 面 合 計 額 の 60%(1,000 円 未 満 は 切 捨 てます )との 合 計 額 また は 200 万 円 のうちいずれか 少 ない 金 額 (3) 前 項 第 2 号 の 割 合 は 金 融 情 勢 の 変 化 により 変 更 することがあります この 場 合 当 社 は 変 更 日 および 変 更 後 の 割 合 を 店 頭 に 掲 示 し それにより 貸 越 金 が 新 極 度 額 を 越 えることとなるときは 当 社 からの 請 求 がありしだい 直 ちに 新 極 度 額 をこえる 金 額 に 見 合 う 国 債 等 を 担 保 に 差 入 れるか または 新 極 度 額 をこえる 金 額 を 支 払 ってください (4) 第 1 項 による 貸 越 金 の 残 高 がある 場 合 には 普 通 預 金 に 受 入 れまたは 振 込 まれた 資 金 ( 受 入 れた 証 券 類 の 金 額 は 決 済 されるまでこの 資 金 から 除 きます )は 貸 越 金 残 高 に 達 するまで 自 動 的 に 返 済 にあてます なお 貸 越 金 の 利 率 に 差 異 がある 場 合 には 第 9 条 第 1 項 第 1 号 の 貸 越 利 率 の 高 い 順 にその 返 済 にあてます 8.( 貸 越 金 の 担 保 ) (1) この 取 引 に 定 期 預 金 または 国 債 等 があるときは 第 2 項 の 順 序 に 従 い 次 により 貸 越 金 の 担 保 とします 1 この 取 引 の 定 期 預 金 には 556 万 円 を 限 度 に 貸 越 金 の 担 保 として 質 権 を 設 定 します 2 この 取 引 の 国 債 等 は その 種 類 ごとに 次 の 金 額 を 限 度 とし かつ 前 条 第 2 項 第 2 号 の 金 額 を 担 保 とするに 足 りる まで 貸 越 金 の 担 保 として 差 入 れられ その 国 債 等 は 担 保 としてその 引 渡 しを 受 けます A. 割 引 国 債 を 担 保 とする 場 合 335 万 円 B. 利 付 国 債 を 担 保 とする 場 合 250 万 円 C. 政 府 保 証 債 を 担 保 とする 場 合 250 万 円 D. 地 方 債 を 担 保 とする 場 合 250 万 円 (2) この 取 引 に 定 期 預 金 または 国 債 等 があるときは 第 9 条 第 1 項 第 1 号 の 貸 越 利 率 の 低 いものから 順 次 担 保 としま す なお 貸 越 利 率 が 同 一 となるものがあるときは 次 の 各 号 により 取 扱 います 1 定 期 預 金 を 担 保 とする 貸 越 利 率 と 国 債 等 を 担 保 とする 貸 越 利 率 が 同 一 の 場 合 には まず 定 期 預 金 を 担 保 と します 2 貸 越 利 率 が 同 一 となる 定 期 預 金 が 数 口 ある 場 合 には 預 入 日 ( 継 続 をしたときはその 継 続 日 )の 早 い 順 序 に 従 い 担 保 とします 3 国 債 等 が 数 種 ある 場 合 は 次 の 順 序 に 従 い 担 保 とします なお 同 種 の 国 債 等 が 数 口 ある 場 合 には 償 還 期 日 の 早 い 順 償 還 期 日 が 同 じ 場 合 には 取 扱 番 号 の 若 い 順 とします A. 割 引 国 債 B. 利 付 国 債 C. 政 府 保 証 債 D. 地 方 債 (3)1 貸 越 金 の 担 保 となっている 定 期 預 金 について 解 約 ( 仮 ) 差 押 または 証 書 の 発 行 ( 以 下 解 約 等 といいま す )があった 場 合 には 前 条 第 2 項 第 1 号 により 算 出 される 金 額 については その 解 約 等 の 金 額 を 除 外 するこ

3 ととし 前 各 項 と 同 様 の 方 法 により 貸 越 金 の 担 保 とします ただし ( 仮 ) 差 押 の 対 象 が 定 期 預 金 の 一 部 となる 場 合 には 当 該 定 期 預 金 全 額 を 除 外 するものとします 2 貸 越 金 の 担 保 となっている 国 債 等 について 引 出 し 振 替 え 買 取 り 償 還 または( 仮 ) 差 押 があった 場 合 には 前 条 第 2 項 第 2 号 により 算 出 される 金 額 については 引 出 し 振 替 え 買 取 り 償 還 または( 仮 ) 差 押 にかかる 国 債 等 の 全 額 を 控 除 することとし 前 各 項 と 同 様 の 方 法 により 貸 越 金 の 担 保 とします ただし ( 仮 ) 差 押 の 対 象 が 国 債 等 の 一 部 となる 場 合 には 当 該 国 債 等 全 額 を 除 外 するものとします 3 前 各 号 の 場 合 貸 越 金 が 新 極 度 額 をこえることとなるときは 直 ちに 新 極 度 額 をこえる 金 額 を 支 払 ってくださ い 4 当 社 は ( 仮 ) 差 押 えの 対 象 となった 定 期 預 金 または 国 債 等 を ( 仮 ) 差 押 の 管 理 を 目 的 として 総 合 口 座 通 帳 とは 別 に 管 理 することができるものとします 9.( 貸 越 金 利 息 等 ) (1)1 貸 越 金 の 利 息 は 付 利 単 位 を 100 円 とし 毎 年 2 月 と8 月 の 第 2 日 曜 日 の 翌 営 業 日 に1 年 を 365 日 として 日 割 計 算 のうえ 普 通 預 金 から 引 落 しまたは 貸 越 元 金 に 組 入 れます A. 定 期 預 金 を 貸 越 金 の 担 保 とする 場 合 契 約 ごとにその 適 用 利 率 に 年 0.5%を 加 えた 利 率 B. 国 債 等 を 貸 越 金 の 担 保 とする 場 合 店 頭 掲 示 の 貸 越 利 率 2 前 号 の 組 入 れにより 極 度 額 をこえる 場 合 には 当 社 からの 請 求 がありしだい 直 ちに 極 度 額 をこえる 金 額 を 支 払 ってください 3 この 取 引 による 定 期 預 金 の 全 額 の 解 約 等 国 債 等 の 全 部 の 引 出 し 振 替 え 買 取 りまたは 償 還 により 定 期 預 金 国 債 等 のいずれの 残 高 も 零 となった 場 合 には 第 1 号 にかかわらず 貸 越 金 の 利 息 を 同 時 に 支 払 ってくださ い なお 定 期 預 金 の 一 部 について 解 約 等 国 債 等 の 一 部 について 引 出 し 振 替 え 買 取 りまたは 償 還 があっ た 場 合 でも 貸 越 元 利 金 の 額 が 残 存 する 定 期 預 金 国 債 等 の 金 額 にそれぞれ 第 7 条 第 2 項 第 1 号 および 第 2 号 で 定 める 割 合 を 乗 じた 額 を 上 回 る 場 合 は 同 様 とします (2) 貸 越 利 率 については 金 融 情 勢 に 応 じて 変 更 することがあります この 場 合 の 新 利 率 の 適 用 は 当 社 が 定 めた 日 からとします (3) 国 債 等 の 口 座 管 理 手 数 料 は 担 保 差 入 れ 後 も 引 続 き 支 払 ってください (4) 当 社 に 対 する 債 務 を 履 行 しなかった 場 合 の 損 害 金 の 割 合 は 年 14%( 年 365 日 の 日 割 計 算 )とします 10.( 国 債 等 の 償 還 金 等 の 受 入 れ) この 取 引 の 国 債 等 の 償 還 金 および 利 金 の 支 払 いがある 場 合 に 貸 越 残 高 があるときは 保 護 預 り 規 定 兼 振 替 決 済 口 座 管 理 規 定 にかかわらず 当 社 がこれを 受 けとり この 取 引 の 普 通 預 金 へ 入 金 します また この 取 引 の 国 債 等 の 買 取 代 金 の 支 払 いがある 場 合 に 貸 越 残 高 があるときも 同 様 とします 11.( 届 出 事 項 の 変 更 通 帳 の 再 発 行 等 ) (1) 通 帳 や 印 章 を 失 ったとき または 印 章 氏 名 住 所 その 他 の 届 出 事 項 に 変 更 があったときは 直 ちに 当 社 所 定 の 書 面 によって 取 引 店 に 届 出 てください (2) 家 庭 裁 判 所 の 審 判 により 補 助 保 佐 後 見 が 開 始 された 場 合 もしくは 任 意 後 見 監 督 人 が 選 任 された 場 合 には 直 ちに 成 年 後 見 人 等 または 任 意 後 見 人 の 氏 名 その 他 当 社 が 定 める 事 項 を 書 面 によって 取 引 店 にお 届 けください すでに 補 助 保 佐 後 見 の 審 判 を 受 けている 場 合 または 任 意 後 見 監 督 人 が 選 任 されている 場 合 もしくはこれらの 届 出 事 項 に 取 消 または 変 更 等 があった 場 合 も 同 様 にお 届 けください (3) 前 各 項 の 届 出 の 前 に 生 じた 損 害 については 当 社 は 責 任 を 負 いません (4) 通 帳 または 印 章 を 失 った 場 合 の 普 通 預 金 の 払 戻 し 解 約 定 期 預 金 の 支 払 い 解 約 あるいは 預 金 証 書 の 発 行 または 通 帳 の 再 発 行 は 当 社 所 定 の 手 続 きをした 後 に 行 います この 場 合 相 当 の 期 間 をおき また 保 証 人 を 求 めることがあります (5) 通 帳 を 再 発 行 する 場 合 には 当 社 店 頭 に 掲 示 する 再 発 行 手 数 料 をいただきます

4 (6) 届 出 のあった 氏 名 住 所 にあてて 当 社 が 通 知 または 送 付 書 類 を 発 送 した 場 合 には 延 着 し または 到 達 しなかっ たときでも 通 常 到 達 すべき 時 に 到 達 したものとみなします 12.( 印 鑑 照 合 等 ) この 取 引 において 支 払 請 求 書 諸 届 その 他 の 書 類 に 使 用 された 印 影 を 届 出 の 印 鑑 と 相 当 の 注 意 をもって 照 合 し 相 違 ないものと 認 めて 取 扱 いましたうえは それらの 書 類 につき 偽 造 変 造 その 他 の 事 故 があってもそのために 生 じた 損 害 については 当 社 は 責 任 を 負 いません 13.( 即 時 支 払 ) (1) 次 の 各 号 の 一 にでも 該 当 した 場 合 に 貸 越 元 利 金 等 があるときは 当 社 からの 請 求 がなくても それらを 支 払 ってく ださい 1 支 払 いの 停 止 または 破 産 手 続 開 始 もしくは 民 事 再 生 手 続 開 始 の 申 立 があったとき 2 貸 越 金 の 担 保 となっている 定 期 預 金 国 債 等 について ( 仮 ) 差 押 の 命 令 通 知 が 発 送 されたとき 3 相 続 の 開 始 があったとき 4 第 9 条 第 1 項 第 2 号 により 極 度 額 をこえたまま6か 月 を 経 過 したとき 5 住 所 変 更 の 届 出 を 怠 るなどにより 当 社 において 所 在 が 明 らかでなくなったとき (2) 次 の 各 場 合 に 貸 越 元 利 金 等 があるときは 当 社 からの 請 求 がありしだい それらを 支 払 ってください 1 当 社 に 対 する 債 務 の 一 つでも 返 済 が 遅 れているとき 2 その 他 債 権 の 保 全 を 必 要 とする 相 当 の 事 由 が 生 じたとき 14.( 解 約 等 ) (1) 普 通 預 金 口 座 を 解 約 する 場 合 には 通 帳 を 持 参 のうえ 取 引 店 のほか 当 社 国 内 本 支 店 に 申 出 てください この 場 合 この 取 引 は 終 了 するものとし 貸 越 元 利 金 等 があるときはそれらを 支 払 ってください なお 通 帳 に 定 期 預 金 または 国 債 等 の 記 載 がある 場 合 で 定 期 預 金 の 残 高 があるときは 別 途 に 預 金 証 書 または 通 帳 を 発 行 し 国 債 等 の 残 高 があるときは 別 途 に 債 券 保 護 預 り 通 帳 ( 兼 振 替 決 済 口 座 通 帳 )を 発 行 します (2) 前 条 各 項 の 事 由 があるときは 当 社 はいつでも 貸 越 を 中 止 しまたは 貸 越 取 引 を 解 約 できるものとします 15.( 差 引 計 算 等 ) (1) この 取 引 による 当 社 に 対 する 債 務 を 履 行 しなければならない 場 合 には 当 社 は 次 のとおり 取 扱 うことができるものと します 1 この 取 引 の 定 期 預 金 については その 満 期 日 前 でも 預 金 と 貸 越 元 利 金 等 とを 相 殺 できるものとします また 相 殺 できる 場 合 は 事 前 の 通 知 および 所 定 の 手 続 を 省 略 し この 取 引 の 定 期 預 金 を 解 約 し 貸 越 元 利 金 等 の 弁 済 にあてることもできるものとします 弁 済 にあてる 場 合 の 定 期 預 金 の 解 約 にあたっては 約 定 利 率 を 適 用 するもの とし 解 約 する 定 期 預 金 が 一 部 解 約 可 能 な 場 合 は 貸 越 元 利 金 と 同 額 の 定 期 預 金 元 金 を 解 約 するものとします また 解 約 金 がこの 取 引 による 債 務 を 上 回 る 場 合 は その 上 回 る 金 額 についてこの 取 引 の 普 通 預 金 に 入 金 する ものとします 入 金 後 の 普 通 預 金 の 残 高 が 10,000 円 以 上 となった 場 合 ( 一 部 解 約 の 場 合 を 除 きます )は そ の 全 額 で 解 約 された 定 期 預 金 の 満 期 日 ( 以 下 当 初 満 期 日 といいます )を 満 期 日 とする 当 社 所 定 の 定 期 預 金 を 作 成 するものとします この 場 合 通 帳 払 戻 請 求 書 等 によらず 手 続 きするものとします (ただし 当 初 満 期 日 までの 期 間 が1ヵ 月 に 満 たない 場 合 を 除 きます ) 2 この 取 引 の 国 債 等 ( 個 人 向 け 国 債 を 除 きます )については 事 前 に 通 知 することなく これを 一 般 に 適 当 と 認 め られる 方 法 時 期 価 額 等 によって 処 分 のうえ その 取 得 金 から 諸 費 用 を 差 し 引 いた 残 額 を 貸 越 元 利 金 等 の 弁 済 にあてることができるものとします 3 前 号 によるほか 事 前 に 通 知 のうえ 一 般 に 適 当 と 認 められる 時 期 価 額 等 によって 貸 越 元 利 金 等 の 全 部 また は 一 部 の 弁 済 に 代 えて この 国 債 等 ( 個 人 向 け 国 債 を 除 きます )を 取 得 することもできるものとします 4 この 取 引 の 個 人 向 け 国 債 については 事 前 に 通 知 することなく 中 途 換 金 請 求 があったものとして 取 扱 い その 代 金 から 諸 費 用 を 差 し 引 いた 残 額 を 債 務 の 弁 済 にあてることができるものとします

5 5 前 各 号 により なお 残 りの 債 務 がある 場 合 には 直 ちに 支 払 ってください (2) 前 項 によって 差 引 計 算 等 をする 場 合 収 益 金 預 金 利 息 貸 越 金 の 利 息 損 害 金 の 計 算 については その 期 間 を 計 算 実 行 の 日 までとします 16.( 譲 渡 質 入 れの 禁 止 ) (1) 普 通 預 金 定 期 預 金 その 他 のこの 取 引 にかかるいっさいの 権 利 およびこの 通 帳 は 譲 渡 または 質 入 れすることは できません ただし 振 替 決 済 口 座 に 受 入 れる 国 債 等 については この 限 りではありません (2) 前 項 本 文 の 場 合 において 当 社 がやむをえないものと 認 めて 質 入 れを 承 諾 するときは 当 社 所 定 の 書 式 により 行 います 17.( 保 険 事 故 発 生 時 における 預 金 者 等 からの 相 殺 ) (1) 定 期 預 金 は 満 期 日 が 未 到 来 であっても 当 社 に 預 金 保 険 法 に 定 める 保 険 事 故 が 生 じた 場 合 には 当 社 に 対 す る 借 入 金 等 の 債 務 ( 委 託 者 及 び 受 益 者 全 員 の 同 意 がなく かつ 元 本 補 てん 契 約 のない 信 託 勘 定 からの 債 務 を 除 きます 以 下 本 条 について 同 じです )と 相 殺 する 場 合 に 限 り 当 該 相 殺 額 について 期 限 が 到 来 したものとして 定 期 預 金 は 元 利 金 について 当 該 債 務 とその 対 当 額 で 相 殺 することができます なお 定 期 預 金 が 第 8 条 第 1 項 第 1 号 により 貸 越 金 の 担 保 となっている 場 合 にも 同 様 の 取 扱 いとします (2) 前 項 により 相 殺 する 場 合 の 手 続 計 算 方 法 等 については 定 期 預 金 の 各 預 金 規 定 の 定 めにより 取 扱 います ただ し 相 殺 により 貸 越 金 が 新 極 度 額 をこえることとなるときは 新 極 度 額 をこえる 金 額 を 優 先 して 貸 越 金 に 充 当 する こととします 18.( 規 定 の 変 更 等 ) (1) この 規 定 の 各 条 項 その 他 の 条 件 は 金 融 情 勢 その 他 諸 般 の 状 況 の 変 化 その 他 相 当 の 事 由 があると 認 められる 場 合 には 店 頭 表 示 その 他 相 当 の 方 法 で 公 表 することにより 変 更 できるものとします (2) 前 項 の 変 更 は 公 表 の 際 に 定 める 相 当 な 期 間 を 経 過 した 日 から 適 用 されるものとします 19.( 貸 付 信 託 保 有 者 に 関 する 特 約 ) 貸 付 信 託 保 有 者 は すべての 記 名 式 貸 付 信 託 記 名 式 貸 付 信 託 受 益 証 券 収 益 振 込 口 金 銭 信 託 ならびに 貸 付 信 託 を 担 保 とする 当 座 貸 越 の 取 引 が 存 続 する 期 間 に 限 り 以 下 の 特 約 を 適 用 します (1) この 規 定 において 総 合 口 座 を 信 託 総 合 口 座 と 読 み 替 えます (2) 第 1 条 第 1 項 第 4 号 の 次 に 次 の 4 号 を 加 えます 5 記 名 式 貸 付 信 託 ( 以 下 貸 付 信 託 といいます ) 6 収 益 振 込 口 金 銭 信 託 7 第 6 号 の 貸 付 信 託 を 担 保 とする 当 座 貸 越 8 記 名 式 貸 付 信 託 受 益 証 券 ( 以 下 受 益 証 券 といいます )の 預 り (3) 第 2 条 第 4 項 の 次 に 次 の 2 項 を 加 えます (5) 貸 付 信 託 へ 信 託 された 金 銭 の 支 払 いは 取 引 店 のほか 当 社 の 国 内 本 支 店 でも 取 扱 います (6) 収 益 振 込 口 金 銭 信 託 へ 信 託 する 金 銭 は この 取 引 による 貸 付 信 託 の 収 益 金 に 限 るものとし その 受 入 れまた は 支 払 いは 取 引 店 のほか 当 社 の 国 内 本 支 店 でも 取 扱 います (4) 第 4 条 第 1 項 を 次 の 通 り 改 めます 普 通 預 金 の 払 戻 しまたは 貸 付 信 託 収 益 振 込 口 金 銭 信 託 定 期 預 金 の 解 約 金 等 貸 付 信 託 の 買 取 り 譲 渡 の 承 諾 受 益 証 券 預 金 証 書 あるいは 信 託 証 書 の 発 行 等 を 請 求 するときは 当 社 所 定 の 請 求 書 等 に 届 出 の 印 章 により 記 名 押 印 して この 通 帳 ( 通 帳 が 複 数 冊 にわたる 場 合 は 取 引 を 行 う 普 通 預 金 貸 付 信 託 収 益 振 込 口 金 銭 信 託 定 期 預 金 または 国 債 等 の 記 載 された 通 帳 のすべて)とともに 提 出 してください (5) 第 7 条 第 1 項 中 定 期 預 金 および 国 債 等 を 貸 付 信 託 定 期 預 金 および 国 債 等 に 改 めます (6) 第 7 条 第 2 項 第 1 号 を 次 の 通 り 改 めます この 取 引 のうち 貸 付 信 託 についてはその 信 託 金 の 合 計 額 の 90%(1,000 円 未 満 は 切 捨 てます ) 定 期 預 金 につ

6 いてはその 合 計 額 の 90%(1,000 円 未 満 は 切 捨 てます )の 合 計 額 または 500 万 円 のうちいずれか 少 ない 金 額 (7) 第 8 条 第 1 項 中 定 期 預 金 または 国 債 等 を 貸 付 信 託 定 期 預 金 または 国 債 等 に 改 めます (8) 第 8 条 第 1 項 第 1 号 を 次 の 通 り 改 めます この 取 引 の 貸 付 信 託 および 定 期 預 金 には 次 の 金 額 を 限 度 に 貸 越 金 の 担 保 として 質 権 を 設 定 します A. 貸 付 信 託 を 担 保 とする 場 合 556 万 円 B. 定 期 預 金 を 担 保 とする 場 合 556 万 円 (9) 第 8 条 第 2 項 中 定 期 預 金 または 国 債 等 を 貸 付 信 託 定 期 預 金 または 国 債 等 に 改 めます (10) 第 8 条 第 2 項 第 1 号 を 次 の 通 り 改 めます 貸 付 信 託 または 定 期 預 金 を 担 保 とする 貸 越 利 率 と 国 債 等 を 担 保 とする 貸 越 利 率 が 同 一 の 場 合 には まず 貸 付 信 託 または 定 期 預 金 を 担 保 とします (11) 第 8 条 第 2 項 第 2 号 を 次 の 通 り 改 めます 貸 越 利 率 が 同 一 となる 貸 付 信 託 または 定 期 預 金 が 数 口 ある 場 合 には 信 託 契 約 日 ( 継 続 をしたときはその 継 続 日 ) または 預 入 日 ( 継 続 をしたときはその 継 続 日 )の 早 い 順 序 に 従 い 担 保 とします さらに 信 託 契 約 日 ( 継 続 をしたときは その 継 続 日 )または 預 入 日 ( 継 続 をしたときはその 継 続 日 )も 同 一 となる 場 合 には 定 期 預 金 貸 付 信 託 の 順 としま す (12) 第 8 条 第 3 項 第 2 号 の 次 に 次 の 1 号 を 加 え 第 8 条 第 3 項 第 3 号 から 第 4 号 を 第 8 条 第 3 項 第 4 号 から 第 5 号 に 改 めます 3 貸 越 金 の 担 保 となっている 貸 付 信 託 について 償 還 買 取 り 譲 渡 ( 仮 ) 差 押 または 受 益 証 券 の 発 行 ( 以 下 償 還 等 といいます )があった 場 合 には 前 条 第 2 項 第 1 号 により 算 出 される 金 額 については その 償 還 等 の 金 額 を 除 外 することとし 前 各 項 と 同 様 の 方 法 により 貸 越 金 の 担 保 とします ただし ( 仮 ) 差 押 の 対 象 が 貸 付 信 託 の 一 部 となる 場 合 には 当 該 貸 付 信 託 を 10,000 円 単 位 で 除 外 するものとし ます (13) 前 項 による 第 8 条 第 3 項 第 5 号 を 次 の 通 り 改 めます 5 当 社 は ( 仮 ) 差 押 えの 対 象 となった 貸 付 信 託 定 期 預 金 または 国 債 等 を ( 仮 ) 差 押 の 管 理 を 目 的 として 信 託 総 合 口 座 通 帳 とは 別 に 管 理 することができるものとします (14) 第 9 条 第 1 項 第 1 号 Bの 次 に 次 のCを 加 えます C. 貸 付 信 託 を 貸 越 金 の 担 保 とする 場 合 契 約 ごとにその 予 想 配 当 率 に 年 0.5%を 加 えた 利 率 (15) 第 9 条 第 1 項 第 3 号 を 次 の 通 り 改 めます この 取 引 による 貸 付 信 託 の 全 額 の 償 還 等 定 期 預 金 の 全 額 の 解 約 等 国 債 等 の 全 部 の 引 出 し 振 替 え 買 取 り または 償 還 により 貸 付 信 託 定 期 預 金 国 債 等 のいずれの 残 高 も 零 となった 場 合 には 第 1 号 にかかわらず 貸 越 金 の 利 息 を 同 時 に 支 払 ってください なお 貸 付 信 託 の 一 部 について 償 還 等 定 期 預 金 の 一 部 について 解 約 等 国 債 等 の 一 部 について 引 出 し 振 替 え 買 取 りまたは 償 還 があった 場 合 でも 貸 越 元 利 金 の 額 が 残 存 する 貸 付 信 託 定 期 預 金 国 債 等 の 金 額 にそれぞれ 第 7 条 第 2 項 第 1 号 および 第 2 号 で 定 める 割 合 を 乗 じた 額 を 上 回 る 場 合 は 同 様 とします (16) 第 11 条 第 4 項 を 次 の 通 り 改 めます 通 帳 または 印 章 を 失 った 場 合 の 普 通 預 金 の 払 戻 し 解 約 もしくは 貸 付 信 託 収 益 振 込 口 金 銭 信 託 の 信 託 金 また は 収 益 金 の 支 払 い 定 期 預 金 の 解 約 金 の 支 払 い および 受 益 証 券 預 金 証 書 もしくは 信 託 証 書 の 発 行 ならびに 貸 付 信 託 の 買 取 り 譲 渡 の 承 諾 または 通 帳 の 再 発 行 は 当 社 所 定 の 手 続 きをした 後 に 行 います この 場 合 相 当 の 期 間 をおき また 保 証 人 を 求 めることがあります (17) 第 13 条 第 1 項 第 2 号 中 定 期 預 金 国 債 等 を 貸 付 信 託 定 期 預 金 国 債 等 に 改 めます (18) 第 14 条 第 1 項 を 次 の 通 り 改 めます 普 通 預 金 口 座 を 解 約 する 場 合 には 通 帳 を 持 参 のうえ 取 引 店 のほか 当 社 国 内 本 支 店 に 申 出 てください この 場

7 合 この 取 引 は 終 了 するものとし 貸 越 元 利 金 等 があるときはそれらを 支 払 ってください なお 通 帳 に 貸 付 信 託 収 益 振 込 口 金 銭 信 託 定 期 預 金 または 国 債 等 の 記 載 がある 場 合 で 貸 付 信 託 収 益 振 込 口 金 銭 信 託 または 定 期 預 金 の 残 高 があるときは 別 途 に 受 益 証 券 信 託 証 書 預 金 証 書 または 通 帳 を 発 行 し 国 債 等 の 残 高 があ るときは 別 途 に 債 券 保 護 預 り 通 帳 ( 兼 振 替 決 済 口 座 通 帳 )を 発 行 します (19) 第 15 条 第 1 項 第 4 号 の 次 に 次 の 1 号 を 加 え 第 15 条 第 1 項 第 5 号 を 第 15 条 第 1 項 第 6 号 に 改 めます 5この 取 引 の 貸 付 信 託 については その 償 還 日 前 でも 信 託 金 および 収 益 金 と 貸 越 元 利 金 等 とを 相 殺 できるものと します また 相 殺 できる 場 合 は 事 前 の 通 知 および 所 定 の 手 続 を 省 略 し この 取 引 の 貸 付 信 託 を 償 還 し もしく は 買 取 りまたは 処 分 のうえ 貸 越 元 利 金 等 の 弁 済 にあてることもできるものとします 弁 済 にあてる 場 合 の 貸 付 信 託 の 買 取 りまたは 処 分 にあたっては 当 社 所 定 の 買 取 割 引 料 を 収 受 するものとします また 償 還 金 または 取 得 金 がこの 取 引 による 債 務 を 上 回 る 場 合 は その 上 回 る 金 額 についてこの 取 引 の 普 通 預 金 に 入 金 するものとしま す (20) 第 16 条 第 1 項 中 定 期 預 金 を 貸 付 信 託 収 益 振 込 口 金 銭 信 託 および 定 期 預 金 に 改 めます (21) 第 16 条 第 2 項 を 次 の 通 り 改 めます (2) 前 項 本 文 の 場 合 において 当 社 がやむをえないものと 認 めて 質 入 れを 承 諾 するときは 当 社 所 定 の 書 式 によ り 行 います また 貸 付 信 託 または 受 益 証 券 の 譲 渡 を 承 認 する 場 合 も 同 様 とします (22) 第 17 条 第 1 項 を 次 の 通 り 改 めます 貸 付 信 託 収 益 振 込 口 金 銭 信 託 ( 以 下 貸 付 信 託 等 といいます )および 定 期 預 金 は 償 還 日 または 満 期 日 が 未 到 来 であっても 当 社 に 預 金 保 険 法 に 定 める 保 険 事 故 が 生 じた 場 合 には 当 社 に 対 する 借 入 金 等 の 債 務 ( 委 託 者 及 び 受 益 者 全 員 の 同 意 がなく かつ 元 本 補 てん 契 約 のない 信 託 勘 定 に 属 する 債 務 を 除 きます 以 下 本 条 に ついて 同 じです )と 相 殺 する 場 合 に 限 り 当 該 相 殺 額 について 期 限 が 到 来 したものとして 貸 付 信 託 等 は 元 本 に ついて また 定 期 預 金 は 元 利 金 について 各 々 当 該 債 務 とその 対 当 額 で 相 殺 することができます なお 貸 付 信 託 および 定 期 預 金 が 第 8 条 第 1 項 第 1 号 により 貸 越 金 の 担 保 となっている 場 合 にも 同 様 の 取 扱 いとします (23) 第 17 条 第 2 項 中 定 期 預 金 の 各 預 金 規 定 を 貸 付 信 託 等 の 各 信 託 約 款 および 定 期 預 金 の 各 預 金 規 定 に 改 めます 以 上

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 自 動 継 続 ) (1) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 ( 以 下 この 預 金 といいます )は 通 帳 記 載 の 満 期 日 に 前 回 と 同 一 期 間 の 自 由 金 利 型 定 期 預 金 に 自 動 的 に 継 続 します 継 続 された 預 金 についても 同 様 とします (2) この 預 金 の 継 続 後 の 利 率 は 継 続 日 ( 継 続

More information

総合口座取引規定

総合口座取引規定 総 合 口 座 取 引 規 定 1.( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 取 引 は おきぎん 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 という ) ができます 1 普 通 預 金 2 新 型 期 日 指 定 定 期 預 金 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 )(スーパー 定 期 ) および 自 由 金 利 型 定 期 定 期 預 金 ( 大 口 定

More information

一部解約可能型定期預金(複利型)規定

一部解約可能型定期預金(複利型)規定 一 部 解 約 可 能 型 定 期 預 金 ( 複 利 型 ) 規 定 この 規 定 は 一 部 解 約 可 能 型 定 期 預 金 ( 複 利 型 )についての 当 行 の 取 扱 いを 記 載 したものです な お この 預 金 には 満 期 時 に 自 動 継 続 の 取 扱 いをするもの( 以 下 自 動 継 続 型 といいます )と 自 動 解 約 の 取 扱 いをするもの( 以 下 満

More information

中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からその 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 通 帳 または 証 書 記 載 の 中 間 利 払 利 率 によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利

中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からその 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 通 帳 または 証 書 記 載 の 中 間 利 払 利 率 によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利 自 由 金 利 型 定 期 預 金 M 型 (スーパー 定 期 ) 規 定 1.( 取 扱 店 の 範 囲 ) (1) 個 人 のお 客 さま この 預 金 は 当 店 のほか 当 金 庫 本 支 店 および 当 金 庫 が 提 携 した 他 の 労 働 金 庫 ( 以 下 提 携 金 庫 といいます )のどこの 店 舗 でも 預 入 れができます (2) 団 体 のお 客 さま この 預 金 は

More information

お 預 け 入 れのご 預 金 は 次 の 共 通 規 定 のほか 各 規 定 によりお 取 扱 いさせていただきます 共 通 規 定 1.( 証 券 類 の 受 入 れ) (1) 小 切 手 その 他 の 証 券 類 を 受 入 れたときは その 証 券 類 が 決 済 された 日 を 預 入 日

お 預 け 入 れのご 預 金 は 次 の 共 通 規 定 のほか 各 規 定 によりお 取 扱 いさせていただきます 共 通 規 定 1.( 証 券 類 の 受 入 れ) (1) 小 切 手 その 他 の 証 券 類 を 受 入 れたときは その 証 券 類 が 決 済 された 日 を 預 入 日 しみず 定 期 預 金 規 定 集 お 客 さ ま へ 毎 度 格 別 のお 引 き 立 てにあずかりまして まことにありがとうございます お 預 け 入 れいただきましたご 預 金 は この 規 定 集 の 該 当 ご 預 金 の 各 条 文 によりお 取 扱 いたしますので ご 一 読 いただきますようお 願 い 申 しあげます 目 次 共 通 規 定 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M

More information

Microsoft Word - 預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載用.doc

Microsoft Word - 預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載用.doc 預 金 規 定 集 室 蘭 信 用 金 庫 コード No615 平 成 22 年 5 月 改 正 このたびは 室 蘭 信 用 金 庫 にご 預 金 をお 預 け 入 れいただき 誠 にありがとうございます お 客 様 からお 預 かりいたしましたご 預 金 は 本 規 定 集 によりお 取 扱 いさせていただきます ので ご 一 読 のうえ お 手 もとにお 備 えおきください 目 次 1. 共 通

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082D082AA82B582F1918D8D878CFB8DC08EE688F893998B4B92E88F572E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082D082AA82B582F1918D8D878CFB8DC08EE688F893998B4B92E88F572E646F63> 当 金 庫 でお 預 りいたしますご 預 金 は 本 規 定 によりお 取 扱 いさせていただきます ひがしん 総 合 口 座 取 引 規 定 1. ( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 取 引 は ひがしん 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 といいます ) ができます 1 普 通 預 金 ( 無 利 息 型 普 通 預 金 を 含 みます 以 下 同

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

きは 当 行 所 定 の 方 式 により5 年 となるように 財 形 年 金 貯 蓄 の 受 取 開 始 のお 知 らせ 記 載 の 金 額 を 変 更 します (3) 年 金 受 取 間 隔 は 毎 月 および 3 ヶ 月 毎 のうち いずれかを 財 産 形 成 貯 蓄 申 込 書 等 上 で 選

きは 当 行 所 定 の 方 式 により5 年 となるように 財 形 年 金 貯 蓄 の 受 取 開 始 のお 知 らせ 記 載 の 金 額 を 変 更 します (3) 年 金 受 取 間 隔 は 毎 月 および 3 ヶ 月 毎 のうち いずれかを 財 産 形 成 貯 蓄 申 込 書 等 上 で 選 財 形 年 金 貯 蓄 預 金 取 引 規 定 この 規 定 は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます ) 第 6 条 第 2 項 に 基 づく 財 形 年 金 貯 蓄 についての 当 行 の 取 扱 いを 定 めたものです この 規 定 では 財 形 定 期 預 金 ( 半 年 複 利 型 )を この 預 金 といいます この 預 金 は 財 形 専 用 の

More information

フリーローン「TOHOスマートネクスト」規定

フリーローン「TOHOスマートネクスト」規定 フリーローン TOHOスマートネクスト 規 定 (WEB 契 約 用 ) 私 はエム ユー 信 用 保 証 株 式 会 社 ( 以 下 保 証 会 社 といいます )の 保 証 に 基 づく 株 式 会 社 東 邦 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 金 銭 消 費 貸 借 契 約 ( 以 下 この 契 約 といいます )について 別 に 定 める 個 人 情 報 の 取 扱 い に 関

More information

上 に 表 示 された 金 額 および 預 入 期 間 に 応 じた 利 率 を 適 用 します この 利 率 を 以 下 約 定 利 率 と いいます 専 用 定 期 預 金 の 利 息 は あらかじめ 指 定 された 単 利 または 複 利 のいずれかの 方 法 ( 以 下 単 利 型 または

上 に 表 示 された 金 額 および 預 入 期 間 に 応 じた 利 率 を 適 用 します この 利 率 を 以 下 約 定 利 率 と いいます 専 用 定 期 預 金 の 利 息 は あらかじめ 指 定 された 単 利 または 複 利 のいずれかの 方 法 ( 以 下 単 利 型 または インターネットバンキング 専 用 定 期 預 金 規 定 インターネットバンキング 専 用 定 期 預 金 ( 以 下 専 用 定 期 預 金 といいます )は 本 規 定 のほか さいきょうインターネットバンキングサービス 利 用 規 定 ( 以 下 インターネットバンキング 利 用 規 定 という )によりお 取 扱 いいたします 専 用 定 期 預 金 は 預 金 保 険 の 対 象 となります

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

定 期 預 金 等 規 定 集 お 客 さまへ いつも 私 ども 三 菱 東 京 UFJ 銀 行 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます お 預 け 入 れいただきます 定 期 預 金 等 は その 種 類 など に 応 じ 本 規 定 集 に 記 載 した 規 定 が 適 用 されます ぜひご 一 読 のうえ 保 管 ください 目 次 定 期 預 金 共 通 規 定... 1 5 以

More information

Microsoft Word - 財形預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載.d

Microsoft Word - 財形預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載.d 財 産 形 成 預 金 規 定 集 室 蘭 信 用 金 庫 平 成 22 年 5 月 改 正 このたびは 室 蘭 信 用 金 庫 にご 預 金 をお 預 け 入 れいただき 誠 にありがとうございます お 客 様 からお 預 かりいたしましたご 預 金 は 本 規 定 集 によりお 取 扱 いさせていただきます ので ご 一 読 のうえ お 手 もとにお 備 えおきください 目 次 1. 基 本 規

More information

a. 預 入 期 間 が3 年 1か 月 以 上 の 場 合 3 年 スーパー 定 期 ( 複 利 型 ) b. 預 入 期 間 が3 年 を 超 え3 年 1か 月 未 満 の 場 合 預 入 日 (または 継 続 日 )の1 年 後 の 応 当 日 を 満 期 日 とするスーパー 定 期 ( 以

a. 預 入 期 間 が3 年 1か 月 以 上 の 場 合 3 年 スーパー 定 期 ( 複 利 型 ) b. 預 入 期 間 が3 年 を 超 え3 年 1か 月 未 満 の 場 合 預 入 日 (または 継 続 日 )の1 年 後 の 応 当 日 を 満 期 日 とするスーパー 定 期 ( 以 積 立 定 期 預 金 ひまわり ひまわり 規 定 (インターネット 支 店 ) ( 平 成 27 年 3 月 16 日 現 在 ) 1.( 預 金 の 預 入 れ 等 ) (1) 当 行 インターネット 支 店 ( 以 下 当 店 といいます)の 積 立 定 期 預 金 ひまわり ( 以 下 この 預 金 といいます)の 預 入 れは1 回 100 円 以 上 とします (2)この 預 金 は ちばぎんマイアクセスの

More information

6. ( 利 息 ) この 預 金 は 預 入 取 引 成 立 時 点 ( 以 下 預 入 日 という )の 当 店 ホームページに 表 示 された 金 額 およ び 預 入 期 間 に 応 じた 利 率 を 適 用 しまこの 利 率 を 以 下 約 定 利 率 といいま この 預 金 の 利 息

6. ( 利 息 ) この 預 金 は 預 入 取 引 成 立 時 点 ( 以 下 預 入 日 という )の 当 店 ホームページに 表 示 された 金 額 およ び 預 入 期 間 に 応 じた 利 率 を 適 用 しまこの 利 率 を 以 下 約 定 利 率 といいま この 預 金 の 利 息 ウェブ 一 丁 目 支 店 定 期 預 金 規 定 ウェブ 一 丁 目 支 店 定 期 預 金 ( 以 下 この 預 金 といいま)は ウェブ 一 丁 目 支 店 定 期 預 金 規 定 ( 以 下 この 規 定 といいま)の 各 条 文 ならびにウェブ 一 丁 目 支 店 ご 利 用 規 定 およびウェブ 一 丁 目 支 店 専 用 インターネット モバイルバンキングサービス 規 定 によりお 取

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63> 平 成 21 年 4 月 1 日 借 主 は 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 間 で 新 車 ローン ネット de カー のローン 契 約 ( 以 下 ローン 契 約 といいます )を 行 う 場 合 には 銀 行 と 別 途 締 結 する ローン 契 約 書 ( 兼 保 証 委 託 契 約 書 ) ( 以 下 ローン 契 約 書

More information

個人向け国債の事務取扱いに関する細則

個人向け国債の事務取扱いに関する細則 個 人 向 け 国 債 の 事 務 取 扱 いに 関 する 細 則 目 次 1.この 細 則 の 適 用 2. 用 語 の 定 義 3. 募 集 に 関 する 事 務 4. 払 込 等 に 関 する 事 務 5. 中 途 換 金 に 関 する 事 務 6. 手 数 料 に 関 する 事 務 7. 振 替 先 口 座 の 確 認 8. 所 要 事 項 の 決 定 等 9. 雑 則 [ 参 考 1] 計

More information

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第 日 本 ユニシス 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 当 会 社 における 株 主 権 行 使 手 続 きその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 につい ては 株 式 会 社 証 券 保 管 振 替 機 構 ( 以 下 機 構 という) 又 は 株 主 が 振 替 口 座 を 開 設 している 証 券 会 社 銀 行 又

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

面 を 保 佐 人 又 は 補 助 人 の 同 意 を 要 する 場 合 は 同 意 を 証 する 書 面 を 提 出 する ものとする 前 項 の 場 合 代 理 人 は 代 理 人 自 身 の 本 人 であることを 証 する 書 面 を 保 佐 人 及 び 補 助 人 は 株 主 本 人 の 保

面 を 保 佐 人 又 は 補 助 人 の 同 意 を 要 する 場 合 は 同 意 を 証 する 書 面 を 提 出 する ものとする 前 項 の 場 合 代 理 人 は 代 理 人 自 身 の 本 人 であることを 証 する 書 面 を 保 佐 人 及 び 補 助 人 は 株 主 本 人 の 保 日 立 工 機 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 則 ( 制 定 1951 年 12 月 4 日 ) 改 正 2016 年 1 月 12 日 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 当 会 社 の 株 主 の 権 利 の 行 使 等 に 関 する 取 扱 いその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 については 振 替 機 関 である 株 式 会 社 証 券 保 管

More information

(3) お 客 様 からこの 財 形 リツノーの 全 額 払 戻, 口 座 解 約 の 申 出 を 受 けたときは, 保 護 預 り 口 座 から 財 形 リツノーをすべて 払 出 し, 後 記 (4)の 手 続 をします (4) 保 護 預 り 口 座 から 払 出 された 財 形 リツノーを 当

(3) お 客 様 からこの 財 形 リツノーの 全 額 払 戻, 口 座 解 約 の 申 出 を 受 けたときは, 保 護 預 り 口 座 から 財 形 リツノーをすべて 払 出 し, 後 記 (4)の 手 続 をします (4) 保 護 預 り 口 座 から 払 出 された 財 形 リツノーを 当 財 形 貯 蓄 約 款 集 ( 財 形 貯 蓄 約 款 財 形 住 宅 貯 蓄 約 款 財 形 年 金 貯 蓄 約 款 ) 財 形 貯 蓄 約 款 この 約 款 は, 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 という ) 第 6 条 第 1 項 に 基 づく 財 形 貯 蓄 についての 当 金 庫 の 取 扱 いを 定 めたものです 当 金 庫 では,お 客 様 に 財 形 貯

More information

⑶ 第 1 項 により 相 殺 する 場 合 の 利 息 等 については 次 のとおりとしま 1 この 預 金 の 利 息 の 計 算 については その 期 間 を 相 殺 通 知 が 当 行 に 到 達 した 日 の 前 日 までとして 利 率 は 約 定 利 率 を 適 用 するものとしま 2

⑶ 第 1 項 により 相 殺 する 場 合 の 利 息 等 については 次 のとおりとしま 1 この 預 金 の 利 息 の 計 算 については その 期 間 を 相 殺 通 知 が 当 行 に 到 達 した 日 の 前 日 までとして 利 率 は 約 定 利 率 を 適 用 するものとしま 2 ホクギン 通 帳 式 定 期 預 金 をご 利 用 いただきありがとうございま 通 帳 式 定 期 預 金 規 定 をお 届 けいたしますのでご 覧 ください 通 帳 式 定 期 預 金 規 定 ( 共 通 規 定 ) 1. 定 期 預 金 の 種 類 ⑴ 通 帳 で 利 用 できる 定 期 預 金 の 種 類 は 次 のとおりとしま 1 自 由 金 利 型 定 期 預 金 2 自 由 金 利 型

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主 設 立 認 可 申 請 書 必 要 書 類 とチェック 事 項 必 要 書 類 チェック 事 項 基 本 書 類 設 立 認 可 申 請 書 定 款 添 付 書 類 目 録 財 産 目 録 土 関 係 土 不 動 産 登 記 事 項 証 明 書 図 面 ( 周 辺 図 配 置 図 平 面 図 ) 土 公 図 土 土 契 約 書 ( 写 ) 身 分 証 明 書 印 鑑 登 録 証 明 書 成 年 被

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

Taro-2220(修正).jtd

Taro-2220(修正).jtd 株 式 会 社 ( 募 集 株 式 の 発 行 ) 株 式 会 社 変 更 登 記 申 請 書 1. 商 号 商 事 株 式 会 社 1. 本 店 県 市 町 丁 目 番 号 1. 登 記 の 事 由 募 集 株 式 発 行 ( 情 報 番 号 2220 全 25 頁 ) 1. 登 記 すべき 事 項 変 更 ( 注 ) 変 更 の 年 月 日 は, 払 込 期 日 又 は 払 込 期 間 の 末

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

1. 決 算 の 概 要 法 人 全 体 として 2,459 億 円 の 当 期 総 利 益 を 計 上 し 末 をもって 繰 越 欠 損 金 を 解 消 しています ( : 当 期 総 利 益 2,092 億 円 ) 中 期 計 画 における 収 支 改 善 項 目 に 関 して ( : 繰 越

1. 決 算 の 概 要 法 人 全 体 として 2,459 億 円 の 当 期 総 利 益 を 計 上 し 末 をもって 繰 越 欠 損 金 を 解 消 しています ( : 当 期 総 利 益 2,092 億 円 ) 中 期 計 画 における 収 支 改 善 項 目 に 関 して ( : 繰 越 平 成 25 事 業 年 度 財 務 諸 表 の 概 要 1. 決 算 の 概 要 法 人 全 体 として 2,459 億 円 の 当 期 総 利 益 を 計 上 し 末 をもって 繰 越 欠 損 金 を 解 消 しています ( : 当 期 総 利 益 2,092 億 円 ) 中 期 計 画 における 収 支 改 善 項 目 に 関 して ( : 繰 越 欠 損 金 792 億 円 : 利 益 剰

More information

   新潟市市税口座振替事務取扱要領

   新潟市市税口座振替事務取扱要領 昭 和 63 年 4 月 1 日 制 定 平 成 13 年 5 月 1 日 全 部 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 19 年 12 月 1 日 一 部 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 24 年 7 月 17 日 一 部 改 正 平 成

More information

Microsoft Word - s-17-yatukan

Microsoft Word - s-17-yatukan 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 会 社 は, 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 保 険 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

スルガ 銀 行 が 認 めた 場 合 に 限 り 銀 行 取 引 をご 利 用 いただけるものとします 但 し スルガ 銀 行 ANA 支 店 に おける 固 有 の 特 典 サービスは 一 切 利 用 又 は 享 受 する 権 利 を 失 うものとします 2. SMART BANK 取 引 規 定

スルガ 銀 行 が 認 めた 場 合 に 限 り 銀 行 取 引 をご 利 用 いただけるものとします 但 し スルガ 銀 行 ANA 支 店 に おける 固 有 の 特 典 サービスは 一 切 利 用 又 は 享 受 する 権 利 を 失 うものとします 2. SMART BANK 取 引 規 定 ANAマイレージクラブ Financial Pass 会 員 特 約 第 1 条 定 義 ANAマイレージクラブフィナンシャルパスカード( 以 下 カード という )は 全 日 本 空 輸 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 と いう )とスルガ 銀 行 株 式 会 社 ( 以 下 スルガ 銀 行 という )が 提 携 して 発 行 するものです 第 2 条 カード 機 能 (1) カードには 原

More information

住 宅 融 資 の 仕 組 み 住 宅 融 資 は 独 政 法 住 宅 融 援 機 構 ( 以 下 機 構 といいます )が う 融 機 関 の 住 宅 ローン 貸 出 に 対 する 公 的 な 信 用 です 住 宅 融 資 は 融 機 関 の う 住 宅 ローン 貸 出 の 損 害 を 填 補 す

住 宅 融 資 の 仕 組 み 住 宅 融 資 は 独 政 法 住 宅 融 援 機 構 ( 以 下 機 構 といいます )が う 融 機 関 の 住 宅 ローン 貸 出 に 対 する 公 的 な 信 用 です 住 宅 融 資 は 融 機 関 の う 住 宅 ローン 貸 出 の 損 害 を 填 補 す 平 成 28 年 度 版 ( 融 機 関 さま 向 け 資 料 ) 住 宅 融 資 ご 案 内 住 宅 融 資 についてのご 相 談 お 問 合 せ 先 住 宅 融 援 機 構 住 宅 融 資 部 融 資 企 画 グループ 112-8570 東 京 都 文 京 区 後 楽 1 丁 目 4 番 10 号 03-5800-8149 ( 平 成 28 年 4 現 在 ) 住 宅 融 資 の 仕 組 み 住

More information

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに 第 7 章 会 計 規 程 1. 会 計 規 程 の 概 要 (1) 規 程 及 び 目 的 平 成 18 年 度 に 病 院 事 業 管 理 者 を 設 置 して 札 幌 市 病 院 局 会 計 規 程 ( 平 成 18 年 札 幌 市 病 院 局 規 程 第 37 号 以 下 この 章 で 規 程 という )を 定 め これに 則 って 会 計 処 理 が 行 わ れていなお 規 程 の 具 体

More information

Taro-匿名組合 151009 栄

Taro-匿名組合 151009 栄 匿 名 組 合 の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 匿 名 組 合 とは 匿 名 組 合 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 営 業 のために 出 資 をし その 営 業 から 生 ず る 利 益 を 分 配 することを 約 する 各 当 事 者 が 出 資 をして 共 同 の 事 業 を 営 むことを 約 する 契 約 である( 商 法 535) 出 資 は 財 産 出 資 のみ

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

4. 購 入 方 法 (1) 購 入 最 低 金 額 (2) 購 入 単 位 (3) 購 入 対 価 のお 支 払 方 法 5 万 円 5 万 円 単 位 新 しく 発 行 される 国 債 のご 購 入 で 発 行 日 の 前 営 業 日 までに 約 定 された 場 合 は 発 行 日 が 受 渡

4. 購 入 方 法 (1) 購 入 最 低 金 額 (2) 購 入 単 位 (3) 購 入 対 価 のお 支 払 方 法 5 万 円 5 万 円 単 位 新 しく 発 行 される 国 債 のご 購 入 で 発 行 日 の 前 営 業 日 までに 約 定 された 場 合 は 発 行 日 が 受 渡 国 債 商 品 概 要 説 明 書 ( 兼 契 約 締 結 前 交 付 書 面 ) (この 書 面 は 法 令 の 規 定 に 基 づく 契 約 締 結 前 交 付 書 面 です ) この 書 面 には 国 債 のお 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 載 されています あらかじめよくお 読 みいただき ご 不 明 な 点 はお 取 引 開 始 前 にご 確 認 ください

More information

は 次 の 各 号 に 掲 げる 取 扱 方 法 によりご 利 用 いただけます 1 公 社 債 および 証 券 投 資 信 託 受 益 証 券 の 利 金 分 配 金 ( 以 下 利 金 分 配 金 といいま す )を 中 期 国 債 ファンド 自 動 けいぞく 投 資 約 款 に 定 める 中

は 次 の 各 号 に 掲 げる 取 扱 方 法 によりご 利 用 いただけます 1 公 社 債 および 証 券 投 資 信 託 受 益 証 券 の 利 金 分 配 金 ( 以 下 利 金 分 配 金 といいま す )を 中 期 国 債 ファンド 自 動 けいぞく 投 資 約 款 に 定 める 中 証 券 総 合 口 座 取 引 約 款 むさし 証 券 株 式 会 社 第 1 章 証 券 総 合 口 座 取 引 1. 約 款 の 趣 旨 この 約 款 は 有 価 証 券 の 保 護 預 りの 取 引 および 累 積 投 資 取 引 ( 後 記 2(3)の 各 自 動 けいぞ く 投 資 の 総 称 をいいます )のほか 自 動 スイープ 取 引 などを 組 合 せた 取 引 ( 以 下 証 券

More information

募集新株予約権(有償ストック・オプション)の発行に関するお知らせ

募集新株予約権(有償ストック・オプション)の発行に関するお知らせ 各 位 平 成 28 年 6 月 24 日 会 社 名 株 式 会 社 モバイルファクトリー 代 表 者 名 代 表 取 締 役 宮 嶌 裕 二 (コード 番 号 3912 東 証 マザーズ) 問 合 せ 先 執 行 役 員 計 数 管 理 部 長 谷 本 洋 (TEL. 03-3447-1181) 募 集 新 株 予 約 権 ( 有 償 ストック オプション)の 発 行 に 関 するお 知 らせ

More information

個 人 向 け 国 債 この 書 面 には 個 人 向 け 国 債 のお 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 載 されています あらかじめよくお 読 みください 発 行 日 から 1 年 未 満 の 中 途 換 金 は 原 則 できません 中 途 換 金 時 の 受

個 人 向 け 国 債 この 書 面 には 個 人 向 け 国 債 のお 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 載 されています あらかじめよくお 読 みください 発 行 日 から 1 年 未 満 の 中 途 換 金 は 原 則 できません 中 途 換 金 時 の 受 個 人 向 け 国 債 商 品 説 明 書 公 共 債 保 護 預 り 兼 振 替 決 済 口 座 に 関 する 契 約 のご 説 明 商 品 説 明 書 (2016 年 8 月 ): 次 ページより(5)ページ 公 共 債 保 護 預 り 兼 振 替 決 済 口 座 に 関 する 契 約 のご 説 明 (2016 年 8 月 ):(6)ページ 個 人 向 け 国 債 この 書 面 には 個 人 向

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031353038303682DC82C682DF90BF8B818169938C8B9E816A4850>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031353038303682DC82C682DF90BF8B818169938C8B9E816A4850> J:COM まとめ 請 求 利 用 規 約 第 1 条 ( 規 約 の 適 用 ) 株 式 会 社 ジェイコム 東 京 ( 以 下 当 社 といいます )は この J:COM まとめ 請 求 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )に 基 づき 第 3 条 に 定 める J:COM 料 金 ならび に 当 社 が KDDI 株 式 会 社 および 沖 縄 セルラー 電 話 株 式 会

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って 第 6 号 様 式 ( 確 定 中 間 修 正 申 告 書 ) 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 し た 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用

More information

<4D F736F F D2096F088F582CC8B8B975E814191DE90458EE B4997A B794EF82C98AD682B782E98B4B91A E352E3129>

<4D F736F F D2096F088F582CC8B8B975E814191DE90458EE B4997A B794EF82C98AD682B782E98B4B91A E352E3129> 国 立 大 学 法 人 室 蘭 工 業 大 学 役 員 の 給 与, 退 職 手 当, 紀 律, 旅 費 に 関 する 規 則 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 9 号 改 正 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 125 号 改 正 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 164 号 改 正 平 成 17 年 度 室 工 大 規 則 第 25 号 改 正 平 成 17 年

More information

Taro-役員退職手当規程(H27.10改正)HP版

Taro-役員退職手当規程(H27.10改正)HP版 役 員 退 職 手 当 規 程 目 次 第 1 条 総 則 第 2 条 退 職 手 当 の 受 給 者 第 2 条 の2 遺 族 の 範 囲 及 び 順 位 第 3 条 退 職 手 当 の 額 第 4 条 在 職 期 間 の 計 算 第 5 条 再 任 等 の 場 合 の 取 り 扱 い 第 6 条 解 任 された 場 合 の 退 職 手 当 の 支 給 制 限 第 7 条 退 職 手 当 の 支

More information

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添 茨 木 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 等 で 年 金 制 度 上 の 理 由 により 国 民 年 金 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 141 号 )に 規 定 する 老 齢 年 金 等 を 受 給 することができない 高 齢 者 に 対 し 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 ( 以 下 高

More information

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に 原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 目 次 この 保 険 の 概 要 1. 特 別 勘 定 および 積 立 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 特 別 勘 定 群 および 特 別 勘 定 群 に 含 まれる 特 別 勘 定 の 種 類 第 3 条 特 別 勘 定 の 指 定 第 4 条 積 立 第 5 条 特 別 勘 定 の 廃 止 に 伴 う 積 立 の 移 転 9.

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

1. 商 品 ( 契 約 )の 概 要 一 般 外 貨 定 期 預 金 とは 外 貨 預 金 ( 本 邦 通 貨 以 外 の 外 貨 建 ての 預 金 )のうち あらかじめ 預 金 の 期 間 を 定 め 原 則 としてその 期 間 中 は 払 い 戻 しの 請 求 に 応 じないことを 条 件 と

1. 商 品 ( 契 約 )の 概 要 一 般 外 貨 定 期 預 金 とは 外 貨 預 金 ( 本 邦 通 貨 以 外 の 外 貨 建 ての 預 金 )のうち あらかじめ 預 金 の 期 間 を 定 め 原 則 としてその 期 間 中 は 払 い 戻 しの 請 求 に 応 じないことを 条 件 と 一 般 外 貨 定 期 預 金 本 書 をよくお 読 みいただき 商 品 の 内 容 リスク 等 を 十 分 ご 理 解 のうえ お 申 し 込 み くださいますようお 願 い 申 しあげます 外 貨 預 金 は 外 貨 建 ての 預 金 ( 預 金 保 険 の 対 象 外 の 預 金 )であり 外 国 為 替 相 場 の 動 向 等 によっては 払 戻 時 の 円 貨 額 がお 預 入 時 の 円

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件 入 札 公 告 ( 件 名 :S16-386 ソフトウェアの 調 達 に 関 する 入 札 実 施 の 件 ) 2016 年 9 月 30 日 日 本 銀 行 では 下 記 の 要 領 によるソフトウェアの 調 達 を 一 般 競 争 入 札 に 付 します 日 本 銀 行 システム 情 報 局 記 1. 電 子 入 札 システムの 利 用 本 入 札 案 件 は 原 則 として 日 本 銀 行 電

More information

<4D F736F F D20975A817C D9195DB8FD88F5A91EE838D815B F824F A2E646F63>

<4D F736F F D20975A817C D9195DB8FD88F5A91EE838D815B F824F A2E646F63> 商 品 名 < 愛 称 > 全 国 保 証 保 証 付 住 宅 ローン 200% 借 換 住 宅 ローン 保 証 次 の 各 号 すべてに 該 当 する 方 1 団 体 信 用 生 命 保 険 に 加 入 が 認 められる 方 2 借 入 申 込 時 年 齢 が 満 20 歳 以 上 満 65 歳 未 満 の 方 で かつ 最 終 返 済 時 の 年 齢 が 満 80 歳 を 超 えない 方 ただし

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63> 退 職 所 得 に 対 する 住 民 税 の 特 別 徴 収 の 手 引 ( 平 成 25 年 1 月 1 日 以 降 適 用 ) 愛 知 県 清 須 市 - 1 - は じ め に 個 人 の 住 民 税 は 納 税 義 務 者 の 前 年 中 の 所 得 を 課 税 標 準 としてその 翌 年 に 課 税 するいわゆる 前 年 所 得 課 税 をたてまえとしておりますが 退 職 所 得 に 対

More information

Microsoft Word - 7._1_定款.doc

Microsoft Word - 7._1_定款.doc 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 当 法 人 は 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 と 称 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 当 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 福 岡 県 宗 像 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 当 法 人 は 宗 像 市

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢 企 画 競 争 に 係 る 募 集 公 告 平 成 25 年 12 月 16 日 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構 契 約 事 務 責 任 者 理 事 馬 場 一 洋 平 成 25 年 度 消 費 税 確 定 申 告 に 係 る 事 前 準 備 ( 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 等 ) 及 び 確 定 申 告 書 作 成 等 委 託 業 務 に 係 る 企 画 競 争

More information

添 付 資 料 の 目 次 1.サマリー 情 報 (その 他 )に 関 する 事 項... 2 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動... 2 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用.

添 付 資 料 の 目 次 1.サマリー 情 報 (その 他 )に 関 する 事 項... 2 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動... 2 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用. 平 成 26 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 26 年 1 月 29 日 会 社 名 SMBC 日 興 証 券 株 式 会 社 (URL http://www.smbcnikko.co.jp/ ) 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 久 保 哲 也 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 経 理 部

More information

から2.0の 範 囲 内 で 印 刷 局 の 業 務 実 績 に 対 する 評 価 に 応 じて 決 定 する 業 績 勘 案 率 を 乗 じた 額 とする ただし 第 6 条 第 1 項 及 び 第 7 条 後 段 の 規 定 によ り 引 き 続 き 在 職 したものとみなされた 者 の 退 職

から2.0の 範 囲 内 で 印 刷 局 の 業 務 実 績 に 対 する 評 価 に 応 じて 決 定 する 業 績 勘 案 率 を 乗 じた 額 とする ただし 第 6 条 第 1 項 及 び 第 7 条 後 段 の 規 定 によ り 引 き 続 き 在 職 したものとみなされた 者 の 退 職 国 立 印 刷 局 規 則 第 10 号 改 訂 平 15 規 則 第 69 号 改 訂 平 16 規 則 第 4 号 改 訂 平 21 規 則 第 11 号 改 訂 平 24 規 則 第 22 号 改 訂 平 27 規 則 第 11 号 独 立 行 政 法 人 国 立 印 刷 局 役 員 退 職 手 当 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 独 立 行 政 法 人 通 則 法 (

More information

                                         2008

                                         2008 ぷららポイントプログラム 利 用 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) このぷららポイントプログラム 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )は 株 式 会 社 NTT ぷらら( 以 下 当 社 といいます )が 運 営 提 供 するぷららポイントプログラム( 以 下 本 プログラム といいま す )の 対 象 者 ( 以 下 会 員 といいます )に 対 し ぷららポイント( 以 下

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

Microsoft Word - 1608 ETF・日経400ベア決算短信.doc

Microsoft Word - 1608 ETF・日経400ベア決算短信.doc 平 成 ( 平 成 27 年 8 月 21 日 ~ 平 成 28 年 8 月 20 日 ) 決 算 短 信 平 成 28 年 9 月 28 日 上 場 取 引 所 東 証 フ ァ ン ド 名 JPX 日 経 400ベア 上 場 投 信 (インバース) コ ー ド 番 号 1468 連 動 対 象 指 標 JPX 日 経 400インバース インデックス 主 要 投 資 資 産 公 社 債 売 買 単

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

Taro-1-14A記載例.jtd

Taro-1-14A記載例.jtd 募 集 株 式 の 発 行 ( 非 公 開 会 社 のうち 非 取 締 役 会 設 置 会 社 ) 受 付 番 号 票 貼 付 欄 株 式 会 社 変 更 登 記 申 請 書 1. 会 社 法 人 等 番 号 0000-00 - 000000 分 かる 場 合 に 記 載 してください 1. 商 号 1. 本 店 1. 登 記 の 事 由 商 事 株 式 会 社 県 市 町 丁 目 番 号 募 集

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

教育資金管理約款

教育資金管理約款 教 育 資 金 管 理 約 款 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は お 客 様 ( 以 下 申 込 者 といいます )が 租 税 特 別 措 置 法 第 70 条 の2 の2 第 1 項 の 適 用 を 受 けるため 同 条 第 2 項 第 2 号 に 規 定 する 教 育 資 金 管 理 契 約 を 締 結 し 同 項 に 規 定 される 要 件 及 び 当 社 との 権 利

More information

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します (2) この 申 告 書 は 千

More information

Gi電気料金一括請求サービス約款

Gi電気料金一括請求サービス約款 Gi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービス 約 款 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 本 約 款 の 適 用 ) 株 式 会 社 インボイス( 以 下 当 社 といいます)は このGi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービ ス 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)を 定 め 本 約 款 に 基 づき 第 4 条 に 定 めるサービ ス( 以 下 本 サービス1と 本 サービス2を 総

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します この 申 告 書 は 事 務 所 又 は

More information

丸三の総合取引約款

丸三の総合取引約款 総 合 取 引 約 款 第 1 章 総 合 取 引 ( 平 成 28 年 1 月 改 定 ) ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は 取 引 口 座 の 設 定 累 積 投 資 取 引 証 券 総 合 口 座 サービス 自 動 運 用 買 付 換 金 取 引 および 国 内 外 貨 建 債 券 取 引 又 はそれらを 組 合 わせた 取 引 等 ( 以 下 総 合 取 引 といいます

More information

約款・規定集

約款・規定集 総 合 取 引 約 款 第 1 章 総 合 取 引 口 座 第 1 条 ( 約 款 の 趣 旨 ) この 総 合 取 引 約 款 は お 客 様 ( 以 下 申 込 者 という )とヘッジファンド 証 券 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という )との 間 の 権 利 義 務 関 係 を 明 確 にすることを 目 的 とするものであります 第 2 条 ( 総 合 取 引 口 座 の 利 用 )

More information

Ⅴ Ⅵ 目 予 算 編 成 のフローチャートと 決 算 書 類 19 図 表 6 予 算 編 成 のフローチャート 20 図 表 7 収 支 報 告 書 貸 借 対 照 表 財 産 目 録 備 品 台 帳 モデル 21 滞 納 金 回 収 に 関 する 管 理 会 社 の 業 務 と 役 割 25

Ⅴ Ⅵ 目 予 算 編 成 のフローチャートと 決 算 書 類 19 図 表 6 予 算 編 成 のフローチャート 20 図 表 7 収 支 報 告 書 貸 借 対 照 表 財 産 目 録 備 品 台 帳 モデル 21 滞 納 金 回 収 に 関 する 管 理 会 社 の 業 務 と 役 割 25 目 マンションの 滞 納 管 理 費 等 回 収 実 務 ハンドブック 目 第 1 章 総 論 管 理 費 修 繕 積 立 金 の 重 要 性 と 徴 収 の 論 理 Ⅰ マンション 管 理 組 合 管 理 費 等 2 1 マンションとは 2 2 管 理 組 合 とは 2 3 管 理 費 等 とは 3 Ⅱ 管 理 費 修 繕 積 立 金 徴 収 の 論 理 とその 重 要 性 4 図 表 1 管 理

More information

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 育 児 休 業 等 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 3 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 37 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 国

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

日 本 MRF(マネー リザーブ ファンド) 追 加 型 投 信 / 国 内 / 債 券 /MRF 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 2011 年 2 月 23 日 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 の 規 定 に 基 づく 目 論 見 書 です ご 購 入 に 際 しては 本 書 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A> 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 に 関 する 助 成 金 等 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 37 号 以 下 条 例 という ) 第 43 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 助 成 金 を 交 付

More information

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ 求 償 権 の 管 理 回 収 に 関 する 事 例 研 究 (その2) - 平 成 23 年 度 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 から- 農 業 第 二 部 前 号 に 引 き 続 き 昨 年 9 月 に 開 催 された 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 で 求 償 権 の 管 理 回 収 事 例 研 究 として 掲 げられたテーマから4つの 事 例 について

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

「為替特約付外貨定期預金<ターゲットA>の商品概要説明書」

「為替特約付外貨定期預金<ターゲットA>の商品概要説明書」 為 替 特 約 付 外 貨 定 期 預 金 の 商 品 概 要 説 明 書 (1) 重 要 事 項 () ( 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 ) 満 期 元 利 金 償 還 方 法 本 商 品 の 満 期 元 利 金 償 還 方 法 は 次 のいずれかによります 1 円 貨 償 還 となる 場 合 満 期 日 の2 営 業 日 前 東 京 時 間 午 後 3

More information

「投資信託 約款・規程集」改定(予定)のお知らせ

「投資信託 約款・規程集」改定(予定)のお知らせ お 客 さま 各 位 平 成 23 年 10 月 三 井 生 命 保 険 株 式 会 社 投 資 信 託 約 款 規 程 集 の 改 定 ( 予 定 )について 拝 啓 時 下 ますますご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 格 別 のお 引 き 立 てを いただき 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて 平 成 23 年 11 月 15 日 より 弊 社 投 資 信 託

More information

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財 1. 平 成 24 年 度 正 味 財 産 増 減 計 算 書 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 科 目 当 年 度 前 年 度 増 減 Ⅰ. 一 般 正 味 財 産 増 減 の 部 1. 経 常 増 減 の 部 (1) 経 常 収 益 弁 済 業 務 保 証 金 運 用 益 869,730,392 846,525,434 23,204,958 弁 済

More information

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案)

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案) 公 立 大 学 法 人 秋 田 県 立 大 学 給 与 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 19 号 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 21 年 1 月 17 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 8 月 4 日 改 正 平 成 22 年 10 月 1 日 改 正 平 成 22 年 12 月 22 日 改 正 平 成 23

More information

有 価 証 券 に 関 する 事 項 3 有 価 証 券 の 種 類 別 の 平 均 残 高 4 貯 証 率 の 期 末 値 及 び 期 中 平 均 値 ニ 組 合 の 業 務 の 運 営 に 関 する 次 に 掲 げる 事 項 (1) リスク 管 理 の 体 制 (2) 法 令 遵 守 の 体 制

有 価 証 券 に 関 する 事 項 3 有 価 証 券 の 種 類 別 の 平 均 残 高 4 貯 証 率 の 期 末 値 及 び 期 中 平 均 値 ニ 組 合 の 業 務 の 運 営 に 関 する 次 に 掲 げる 事 項 (1) リスク 管 理 の 体 制 (2) 法 令 遵 守 の 体 制 テ ィスクローシ ャー 誌 の 記 載 項 目 について このディスクロージャー 資 料 は 農 業 協 同 組 合 法 施 行 規 則 並 びに 金 融 庁 告 示 農 林 水 産 省 告 示 の 規 定 に 基 づいて 作 成 しています なお 同 規 則 告 示 に 規 定 する 開 示 項 目 は 次 のとおりです 単 体 農 業 協 同 組 合 法 施 行 規 則 第 204 条 第 1

More information