Microsoft Word - 預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載用.doc

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載用.doc"

Transcription

1 預 金 規 定 集 室 蘭 信 用 金 庫 コード No615 平 成 22 年 5 月 改 正 このたびは 室 蘭 信 用 金 庫 にご 預 金 をお 預 け 入 れいただき 誠 にありがとうございます お 客 様 からお 預 かりいたしましたご 預 金 は 本 規 定 集 によりお 取 扱 いさせていただきます ので ご 一 読 のうえ お 手 もとにお 備 えおきください 目 次 1. 共 通 規 定 ( 譲 渡 性 預 金 を 除 く) 2. 普 通 預 金 規 定 3. 決 済 用 普 通 預 金 規 定 4. 貯 蓄 預 金 規 定 5. 納 税 準 備 預 金 規 定 6. 通 知 預 金 規 定 7. 総 合 口 座 取 引 規 定 8. 期 日 指 定 定 期 預 金 規 定 9. 自 動 継 続 期 日 指 定 定 期 預 金 規 定 10. 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 規 定 (スーパー 定 期 ) 11. 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 規 定 (スーパー 定 期 ) 12. 自 由 金 利 型 定 期 預 金 規 定 ( 大 口 定 期 預 金 ) 13. 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 規 定 ( 大 口 定 期 預 金 ) 14. 変 動 金 利 定 期 預 金 規 定 15. 自 動 継 続 変 動 金 利 定 期 預 金 規 定 16. 自 動 継 続 変 動 金 利 定 期 預 金 規 定 ( 自 由 プラン) 17. 定 期 預 金 共 通 規 定 18. 定 期 積 金 (スーパー 積 金 ) 規 定 19. 譲 渡 性 預 金 規 定 20. 盗 難 通 帳 等 による 預 金 等 の 不 正 な 払 戻 し 被 害 の 補 てん 等 に 関 する 特 約 1

2 共 通 規 定 ( 譲 渡 性 預 金 を 除 く) 1. ( 反 社 会 的 勢 力 との 取 引 拒 絶 ) 本 規 定 集 にある 預 金 定 期 積 金 ( 以 下 預 金 等 といいます) 取 引 は 2.(1) (2)AからF お よび(3)AからEのいずれにも 該 当 しない 場 合 に 利 用 することができ 2.(1) (2)AからF ま たは(3)AからEの 一 にでも 該 当 する 場 合 には 当 金 庫 はこの 預 金 等 口 座 の 開 設 をおことわり するものとします 2. ( 解 約 ) 各 規 定 によるほか 次 の 各 号 の 一 にでも 該 当 し 預 金 定 期 積 金 契 約 者 ( 以 下 預 金 者 等 と いいます)との 取 引 を 継 続 することが 不 適 切 である 場 合 には 当 金 庫 はこの 預 金 等 取 引 を 停 止 し または 預 金 者 等 に 通 知 することによりこの 預 金 等 口 座 を 解 約 することができるものとしま す (1) 預 金 者 等 が 口 座 開 設 申 込 時 にした 表 明 確 約 に 関 して 虚 偽 の 申 告 をしたことが 判 明 し た 場 合 (2) 預 金 者 等 が 次 のいずれかに 該 当 したことが 判 明 した 場 合 A. 暴 力 団 B. 暴 力 団 員 C. 暴 力 団 準 構 成 員 D. 暴 力 団 関 係 企 業 E. 総 会 屋 等 社 会 運 動 等 標 ぼうゴロまたは 特 殊 知 能 暴 力 集 団 等 F.その 他 前 各 号 に 準 ずる 者 (3) 預 金 者 等 が 自 らまたは 第 三 者 を 利 用 して 次 の 各 号 に 該 当 する 行 為 をした 場 合 A. 暴 力 的 な 要 求 行 為 B. 法 的 な 責 任 を 超 えた 不 当 な 要 求 行 為 C. 取 引 に 関 して 脅 迫 的 な 言 動 をし または 暴 力 を 用 いる 行 為 D. 風 説 を 流 布 し 偽 計 を 用 いまたは 威 力 を 用 いて 当 金 庫 の 信 用 を 毀 損 し または 当 金 庫 の 業 務 を 妨 害 する 行 為 E.その 他 前 各 号 に 準 ずる 行 為 2

3 普 通 預 金 規 定 1.( 取 扱 店 範 囲 ) この 預 金 は 当 店 のほか 当 金 庫 本 支 店 のどこの 店 舗 でも 預 入 れまたは 払 戻 しができます 2.( 証 券 類 の 受 入 れ) (1)この 預 金 口 座 には 現 金 のほか 手 形 小 切 手 配 当 金 領 収 証 その 他 の 証 券 で 直 ち に 取 立 のできるもの( 以 下 証 券 類 という )を 受 入 れます (2) 手 形 要 件 (とくに 振 出 日 受 取 人 ) 小 切 手 要 件 (とくに 振 出 日 )の 白 地 はあらかじ め 補 充 してください 当 金 庫 は 白 地 を 補 充 する 義 務 を 負 いません (3) 証 券 類 のうち 裏 書 受 取 文 言 等 の 必 要 があるものはその 手 続 を 済 ませてください (4) 手 形 小 切 手 を 受 入 れるときは 複 記 のいかんにかかわらず 所 定 の 金 額 欄 記 載 の 金 額 によって 取 扱 います (5) 証 券 類 の 取 立 のためとくに 費 用 を 要 する 場 合 には 店 頭 表 示 の 代 金 取 立 手 数 料 に 準 じてその 取 立 手 数 料 をいただきます 3.( 振 込 金 の 受 入 れ) (1)この 預 金 口 座 には 為 替 による 振 込 金 を 受 入 れます (2)この 預 金 口 座 への 振 込 について 振 込 通 知 の 発 信 金 融 機 関 から 重 複 発 信 等 の 誤 発 信 による 取 消 通 知 があった 場 合 には 振 込 金 の 入 金 記 帳 を 取 消 します 4.( 受 入 証 券 類 の 決 済 不 渡 り) (1) 証 券 類 は 受 入 店 で 取 立 て 不 渡 返 還 時 限 の 経 過 後 その 決 済 を 確 認 したうえでなけ れば 受 入 れた 証 券 類 の 金 額 にかかる 預 金 の 払 戻 しはできません その 払 戻 しができ る 予 定 の 日 は 通 帳 の 摘 要 欄 に 記 載 します (2) 受 入 れた 証 券 類 が 不 渡 りとなったときは 預 金 になりません この 場 合 は 直 ちにその 通 知 を 届 出 の 住 所 宛 に 発 信 するとともに その 金 額 を 普 通 預 金 元 帳 から 引 落 し その 証 券 類 は 当 店 で 返 却 します (3) 前 項 の 場 合 には あらかじめ 書 面 による 依 頼 を 受 けたものにかぎり その 証 券 類 に ついて 権 利 保 全 の 手 続 をします 5.( 預 金 の 払 戻 し) (1)この 預 金 を 払 戻 すときは 当 金 庫 所 定 のお 引 出 票 に 届 出 の 印 章 により 記 名 押 印 して この 通 帳 とともに 提 出 してください また 当 金 庫 の 自 動 機 で 通 帳 により 払 戻 すとき は 届 出 の 暗 証 番 号 にてご 本 人 の 確 認 を 行 います (2)この 預 金 口 座 から 各 種 料 金 等 の 自 動 支 払 いをするときは あらかじめ 当 金 庫 所 定 の 手 続 をしてください (3) 同 日 に 数 件 の 支 払 いをする 場 合 にその 総 額 が 預 金 残 高 をこえるときは そのいずれ を 支 払 うかは 当 金 庫 の 任 意 とします 6.( 利 息 ) この 預 金 の 利 息 は 毎 日 の 最 終 残 高 ( 受 入 れた 証 券 類 の 金 額 は 決 済 されるまでこの 残 3

4 高 から 除 く )1,000 円 以 上 について 付 利 単 位 を100 円 として 毎 年 3 月 と9 月 の 当 金 庫 所 定 の 日 に 店 頭 に 表 示 する 毎 日 の 利 率 によって 計 算 のうえこの 預 金 に 組 入 れま す なお 利 率 は 金 融 情 勢 に 応 じて 変 更 します 7.( 届 出 事 項 の 変 更 通 帳 の 再 発 行 等 ) (1)この 通 帳 や 印 章 を 失 ったとき または 印 章 名 称 住 所 その 他 の 届 出 事 項 に 変 更 があったときは 直 ちに 書 面 によって 当 店 に 届 出 てください この 届 出 の 前 に 生 じた 損 害 については 当 金 庫 は 責 任 を 負 いません (2)この 通 帳 または 印 章 を 失 った 場 合 のこの 預 金 の 払 戻 し 解 約 または 通 帳 の 再 発 行 は 当 金 庫 所 定 の 手 続 をした 後 に 行 います この 場 合 相 当 の 期 間 をおき また 保 証 人 を 求 めることがあります (3)この 通 帳 を 再 発 行 ( 汚 損 等 による 再 発 行 を 含 みます )する 場 合 には 当 金 庫 所 定 の 手 数 料 をいただきます 8.( 成 年 後 見 人 等 の 届 出 ) (1) 家 庭 裁 判 所 の 審 判 により 補 助 保 佐 後 見 が 開 始 された 場 合 には 直 ちに 書 面 に よって 成 年 後 見 人 等 の 氏 名 その 他 必 要 な 事 項 を 届 出 てください (2) 家 庭 裁 判 所 の 審 判 により 任 意 後 見 監 督 人 の 選 任 がなされた 場 合 には 直 ちに 書 面 によって 任 意 後 見 人 の 氏 名 その 他 必 要 な 事 項 を 届 出 てください (3)すでに 補 助 保 佐 後 見 開 始 の 審 判 を 受 けている 場 合 または 任 意 後 見 監 督 人 の 選 任 がなされている 場 合 にも 前 各 項 と 同 様 に 直 ちに 書 面 によって 届 出 てください (4) 前 各 項 の 届 出 事 項 に 取 消 または 変 更 等 が 生 じた 場 合 にも 同 様 に 直 ちに 書 面 によっ て 届 出 てください (5) 前 各 項 の 届 出 の 前 に 生 じた 損 害 については 当 金 庫 は 責 任 を 負 いません 9.( 印 鑑 照 合 等 ) お 引 出 票 諸 届 その 他 の 書 類 に 使 用 された 印 影 を 届 出 の 印 鑑 と 相 当 の 注 意 をもって 照 合 し 相 違 ないものと 認 めて 取 扱 いましたうえは それらの 書 類 につき 偽 造 変 造 その 他 の 事 故 があってもそのために 生 じた 損 害 については 当 金 庫 は 責 任 を 負 いません 10.( 譲 渡 質 入 れ 等 の 禁 止 ) (1)この 預 金 預 金 契 約 上 の 地 位 その 他 この 取 引 にかかるいっさいの 権 利 および 通 帳 は 譲 渡 質 入 れその 他 第 三 者 の 権 利 を 設 定 すること または 第 三 者 に 利 用 させることは できません (2) 当 金 庫 がやむをえないものと 認 めて 質 入 れを 承 諾 する 場 合 には 当 金 庫 所 定 の 書 式 により 行 います 11.( 解 約 等 ) (1)この 預 金 口 座 を 解 約 する 場 合 には この 通 帳 を 持 参 のうえ 当 店 に 申 出 てください (2) 次 の 各 号 の 一 にでも 該 当 した 場 合 には 当 金 庫 はこの 預 金 取 引 を 停 止 し または 預 金 者 に 通 知 することによりこの 預 金 口 座 を 解 約 することができるものとします なお 4

5 通 知 により 解 約 する 場 合 到 達 のいかんにかかわらず 当 金 庫 が 解 約 の 通 知 を 届 出 の あった 氏 名 住 所 にあてて 発 信 した 時 に 解 約 されたものとします 1 この 預 金 口 座 の 名 義 人 が 存 在 しないことが 明 らかになった 場 合 または 預 金 口 座 の 名 義 人 の 意 思 によらずに 開 設 されたことが 明 らかになった 場 合 2 この 預 金 の 預 金 者 が 前 10.(1)に 違 反 した 場 合 3 この 預 金 が 法 令 や 公 序 良 俗 に 反 する 行 為 に 利 用 され またはそのおそれがあると 認 められる 場 合 (3)この 預 金 が 当 金 庫 が 別 途 表 示 する 一 定 の 期 間 預 金 者 による 利 用 がなく かつ 残 高 が 一 定 の 金 額 を 超 えることがない 場 合 には 当 金 庫 はこの 預 金 取 引 を 停 止 し または 預 金 者 に 通 知 することによりこの 預 金 取 引 を 解 約 することができるものとします ま た 法 令 に 基 づく 場 合 にも 同 様 にできるものとします (4) 前 (2) (3)および 共 通 規 定 2により この 預 金 口 座 が 解 約 され 残 高 がある 場 合 ま たはこの 預 金 取 引 が 停 止 されその 解 除 を 求 める 場 合 には 通 帳 を 持 参 のうえ 当 店 に 申 出 てください この 場 合 当 金 庫 は 相 当 の 期 間 をおき 必 要 な 書 類 等 の 提 出 また は 保 証 人 を 求 めることがあります 12.( 通 知 等 ) 届 出 のあった 氏 名 住 所 にあてて 当 金 庫 が 通 知 または 送 付 書 類 を 発 送 した 場 合 には 延 着 しまたは 到 達 しなかったときでも 通 常 到 達 すべき 時 に 到 達 したものとみなします 13.( 保 険 事 故 発 生 時 における 預 金 者 からの 相 殺 ) (1)この 預 金 は 当 金 庫 に 預 金 保 険 法 の 定 める 保 険 事 故 が 生 じた 場 合 には 本 条 各 項 の 定 めにより 相 殺 することができます なお この 預 金 に 預 金 者 の 当 金 庫 に 対 する 債 務 を 担 保 するため もしくは 第 三 者 の 当 金 庫 に 対 する 債 務 で 預 金 者 が 保 証 人 となって いるものを 担 保 するために 質 権 等 の 担 保 権 が 設 定 されている 場 合 にも 同 様 の 取 扱 いと します (2) 相 殺 する 場 合 の 手 続 きについては 次 によるものとします 1 相 殺 通 知 は 書 面 によるものとします 通 帳 は 届 出 印 を 押 印 したお 引 出 票 とともに 直 ちに 当 金 庫 に 提 出 してください 2 複 数 の 借 入 金 等 の 債 務 ( 預 金 者 の 当 金 庫 に 対 する 債 務 第 三 者 の 当 金 庫 に 対 する 債 務 で 預 金 者 が 保 証 人 になっているもの)がある 場 合 には 充 当 の 順 序 方 法 を 指 定 し てください ただし この 預 金 で 担 保 される 債 務 がある 場 合 には 当 該 債 務 から 相 殺 されるものとします 当 該 債 務 が 第 三 者 の 当 金 庫 に 対 する 債 務 である 場 合 には 預 金 者 の 保 証 債 務 から 相 殺 されるものとします 3 前 号 の 充 当 の 指 定 がない 場 合 には 当 金 庫 の 指 定 する 順 序 方 法 により 充 当 いたし ます 4 前 2による 指 定 により 債 権 保 全 上 支 障 が 生 じるおそれがある 場 合 には 当 金 庫 は 遅 滞 なく 異 議 を 述 べ 担 保 保 証 の 状 況 等 を 考 慮 して 順 序 方 法 を 指 定 すること 5

6 ができるものとします (3) 相 殺 する 場 合 の 借 入 金 等 の 債 務 の 利 息 割 引 料 遅 延 損 害 金 等 の 計 算 についてはそ の 期 間 を 相 殺 通 知 が 当 金 庫 に 到 達 した 日 までとして 利 率 料 率 は 当 金 庫 の 定 めによ るものとします また 借 入 金 等 を 期 限 前 弁 済 することにより 発 生 する 損 害 金 等 の 取 扱 いについては 当 金 庫 の 定 めによるものとします (4) 相 殺 する 場 合 の 外 国 為 替 相 場 については 当 金 庫 の 計 算 実 行 時 の 相 場 を 適 用 するも のとします (5) 相 殺 する 場 合 において 借 入 金 の 期 限 前 弁 済 等 の 手 続 きについて 別 の 定 めがあるとき には その 定 めによるものとします ただし 借 入 金 の 期 限 前 弁 済 等 について 当 金 庫 の 承 諾 を 要 する 等 の 制 限 がある 場 合 においても 相 殺 することができるものとします 以 上 6

7 決 済 用 普 通 預 金 規 定 1.( 取 扱 店 範 囲 ) この 預 金 は 当 店 のほか 当 金 庫 本 支 店 のどこの 店 舗 でも 預 入 れまたは 払 戻 しができます 2.( 証 券 類 の 受 入 れ) (1)この 預 金 口 座 には 現 金 のほか 手 形 小 切 手 配 当 金 領 収 証 その 他 の 証 券 で 直 ち に 取 立 のできるもの( 以 下 証 券 類 という )を 受 入 れます (2) 手 形 要 件 (とくに 振 出 日 受 取 人 ) 小 切 手 要 件 (とくに 振 出 日 )の 白 地 はあらかじ め 補 充 してください 当 金 庫 は 白 地 を 補 充 する 義 務 を 負 いません (3) 証 券 類 のうち 裏 書 受 取 文 言 等 の 必 要 があるものはその 手 続 を 済 ませてください (4) 手 形 小 切 手 を 受 入 れるときは 複 記 のいかんにかかわらず 所 定 の 金 額 欄 記 載 の 金 額 によって 取 扱 います (5) 証 券 類 の 取 立 のためとくに 費 用 を 要 する 場 合 には 店 頭 表 示 の 代 金 取 立 手 数 料 に 準 じてその 取 立 手 数 料 をいただきます 3.( 振 込 金 の 受 入 れ) (1)この 預 金 口 座 には 為 替 による 振 込 金 を 受 入 れます (2)この 預 金 口 座 への 振 込 について 振 込 通 知 の 発 信 金 融 機 関 から 重 複 発 信 等 の 誤 発 信 による 取 消 通 知 があった 場 合 には 振 込 金 の 入 金 記 帳 を 取 消 します 4.( 受 入 証 券 類 の 決 済 不 渡 り) (1) 証 券 類 は 受 入 店 で 取 立 て 不 渡 返 還 時 限 の 経 過 後 その 決 済 を 確 認 したうえでなけ れば 受 入 れた 証 券 類 の 金 額 にかかる 預 金 の 払 戻 しはできません その 払 戻 しができ る 予 定 の 日 は 通 帳 の 摘 要 欄 に 記 載 します (2) 受 入 れた 証 券 類 が 不 渡 りとなったときは 預 金 になりません この 場 合 は 直 ちにその 通 知 を 届 出 の 住 所 宛 に 発 信 するとともに その 金 額 を 普 通 預 金 元 帳 から 引 落 し その 証 券 類 は 当 店 で 返 却 します (3) 前 項 の 場 合 には あらかじめ 書 面 による 依 頼 を 受 けたものにかぎり その 証 券 類 に ついて 権 利 保 全 の 手 続 をします 5.( 預 金 の 払 戻 し) (1)この 預 金 を 払 戻 すときは 当 金 庫 所 定 のお 引 出 票 に 届 出 の 印 章 により 記 名 押 印 して この 通 帳 とともに 提 出 してください また 当 金 庫 の 自 動 機 で 通 帳 により 払 戻 すとき は 届 出 の 暗 証 番 号 にてご 本 人 の 確 認 を 行 います (2)この 預 金 口 座 から 各 種 料 金 等 の 自 動 支 払 いをするときは あらかじめ 当 金 庫 所 定 の 手 続 をしてください (3) 同 日 に 数 件 の 支 払 いをする 場 合 にその 総 額 が 預 金 残 高 をこえるときは そのいずれ を 支 払 うかは 当 金 庫 の 任 意 とします 6.( 利 息 ) 7

8 この 預 金 には 利 息 をつけません 7.( 届 出 事 項 の 変 更 通 帳 の 再 発 行 等 ) (1)この 通 帳 や 印 章 を 失 ったとき または 印 章 名 称 住 所 その 他 の 届 出 事 項 に 変 更 があったときは 直 ちに 書 面 によって 当 店 に 届 出 てください この 届 出 の 前 に 生 じた 損 害 については 当 金 庫 は 責 任 を 負 いません (2)この 通 帳 または 印 章 を 失 った 場 合 のこの 預 金 の 払 戻 し 解 約 または 通 帳 の 再 発 行 は 当 金 庫 所 定 の 手 続 をした 後 に 行 います この 場 合 相 当 の 期 間 をおき また 保 証 人 を 求 めることがあります (3)この 通 帳 を 再 発 行 ( 汚 損 等 による 再 発 行 を 含 みます )する 場 合 には 当 金 庫 所 定 の 手 数 料 をいただきます 8.( 成 年 後 見 人 等 の 届 出 ) (1) 家 庭 裁 判 所 の 審 判 により 補 助 保 佐 後 見 が 開 始 された 場 合 には 直 ちに 書 面 に よって 成 年 後 見 人 等 の 氏 名 その 他 必 要 な 事 項 を 届 出 てください (2) 家 庭 裁 判 所 の 審 判 により 任 意 後 見 監 督 人 の 選 任 がなされた 場 合 には 直 ちに 書 面 によって 任 意 後 見 人 の 氏 名 その 他 必 要 な 事 項 を 届 出 てください (3)すでに 補 助 保 佐 後 見 開 始 の 審 判 を 受 けている 場 合 または 任 意 後 見 監 督 人 の 選 任 がなされている 場 合 にも 前 各 項 と 同 様 に 直 ちに 書 面 によって 届 出 てください (4) 前 各 項 の 届 出 事 項 に 取 消 または 変 更 等 が 生 じた 場 合 にも 同 様 に 直 ちに 書 面 によっ て 届 出 てください (5) 前 各 項 の 届 出 の 前 に 生 じた 損 害 については 当 金 庫 は 責 任 を 負 いません 9.( 印 鑑 照 合 等 ) お 引 出 票 諸 届 その 他 の 書 類 に 使 用 された 印 影 を 届 出 の 印 鑑 と 相 当 の 注 意 をもって 照 合 し 相 違 ないものと 認 めて 取 扱 いましたうえは それらの 書 類 につき 偽 造 変 造 その 他 の 事 故 があってもそのために 生 じた 損 害 については 当 金 庫 は 責 任 を 負 いません 10.( 譲 渡 質 入 れ 等 の 禁 止 ) (1)この 預 金 預 金 契 約 上 の 地 位 その 他 この 取 引 にかかるいっさいの 権 利 および 通 帳 は 譲 渡 質 入 れその 他 第 三 者 の 権 利 を 設 定 すること または 第 三 者 に 利 用 させることは できません (2) 当 金 庫 がやむをえないものと 認 めて 質 入 れを 承 諾 する 場 合 には 当 金 庫 所 定 の 書 式 により 行 います 11.( 解 約 等 ) (1)この 預 金 口 座 を 解 約 する 場 合 には この 通 帳 を 持 参 のうえ 当 店 に 申 出 てください (2) 次 の 各 号 の 一 にでも 該 当 した 場 合 には 当 金 庫 はこの 預 金 取 引 を 停 止 し または 預 金 者 に 通 知 することによりこの 預 金 口 座 を 解 約 することができるものとします なお 通 知 により 解 約 する 場 合 到 達 のいかんにかかわらず 当 金 庫 が 解 約 の 通 知 を 届 出 の あった 氏 名 住 所 にあてて 発 信 した 時 に 解 約 されたものとします 8

9 1 この 預 金 口 座 の 名 義 人 が 存 在 しないことが 明 らかになった 場 合 または 預 金 口 座 の 名 義 人 の 意 思 によらずに 開 設 されたことが 明 らかになった 場 合 2 この 預 金 の 預 金 者 が 前 10.(1)に 違 反 した 場 合 3 この 預 金 が 法 令 や 公 序 良 俗 に 反 する 行 為 に 利 用 され またはそのおそれがあ ると 認 められる 場 合 (3)この 預 金 が 当 金 庫 が 別 途 表 示 する 一 定 の 期 間 預 金 者 による 利 用 がなく かつ 残 高 が 一 定 の 金 額 を 超 えることがない 場 合 には 当 金 庫 はこの 預 金 取 引 を 停 止 し または 預 金 者 に 通 知 することによりこの 預 金 取 引 を 解 約 することができるものとします ま た 法 令 に 基 づく 場 合 にも 同 様 にできるものとします (4) 前 (2) (3) および 共 通 規 定 2により この 預 金 口 座 が 解 約 され 残 高 がある 場 合 ま たはこの 預 金 取 引 が 停 止 されその 解 除 を 求 める 場 合 には 通 帳 を 持 参 のうえ 当 店 に 申 出 てください この 場 合 当 金 庫 は 相 当 の 期 間 をおき 必 要 な 書 類 等 の 提 出 または 保 証 人 を 求 めることがあります 12.( 通 知 等 ) 届 出 のあった 氏 名 住 所 にあてて 当 金 庫 が 通 知 または 送 付 書 類 を 発 送 した 場 合 には 延 着 しまたは 到 達 しなかったときでも 通 常 到 達 すべき 時 に 到 達 したものとみなします 13.( 保 険 事 故 発 生 時 における 預 金 者 からの 相 殺 ) (1)この 預 金 は 当 金 庫 に 預 金 保 険 法 の 定 める 保 険 事 故 が 生 じた 場 合 には 本 条 各 項 の 定 めにより 相 殺 することができます なお この 預 金 に 預 金 者 の 当 金 庫 に 対 する 債 務 を 担 保 するため もしくは 第 三 者 の 当 金 庫 に 対 する 債 務 で 預 金 者 が 保 証 人 となって いるものを 担 保 するために 質 権 等 の 担 保 権 が 設 定 されている 場 合 にも 同 様 の 取 扱 いと します (2) 相 殺 する 場 合 の 手 続 きについては 次 によるものとします 1 相 殺 通 知 は 書 面 によるものとします 通 帳 は 届 出 印 を 押 印 したお 引 出 票 とと もに 直 ちに 当 金 庫 に 提 出 してください 2 複 数 の 借 入 金 等 の 債 務 ( 預 金 者 の 当 金 庫 に 対 する 債 務 第 三 者 の 当 金 庫 に 対 する 債 務 で 預 金 者 が 保 証 人 になっているもの)がある 場 合 には 充 当 の 順 序 方 法 を 指 定 してください ただし この 預 金 で 担 保 される 債 務 がある 場 合 には 当 該 債 務 から 相 殺 されるものとします 当 該 債 務 が 第 三 者 の 当 金 庫 に 対 する 債 務 である 場 合 には 預 金 者 の 保 証 債 務 から 相 殺 されるものとします 3 前 号 の 充 当 の 指 定 がない 場 合 には 当 金 庫 の 指 定 する 順 序 方 法 により 充 当 い たします 4 前 2による 指 定 により 債 権 保 全 上 支 障 が 生 じるおそれがある 場 合 には 当 金 庫 は 遅 滞 なく 異 議 を 述 べ 担 保 保 証 の 状 況 等 を 考 慮 して 順 序 方 法 を 指 定 することができるものとします (3) 相 殺 する 場 合 の 借 入 金 等 の 債 務 の 利 息 割 引 料 遅 延 損 害 金 等 の 計 算 については 9

10 その 期 間 を 相 殺 通 知 が 当 金 庫 に 到 達 した 日 までとして 利 率 料 率 は 当 金 庫 の 定 め によるものとします また 借 入 金 等 を 期 限 前 弁 済 することにより 発 生 する 損 害 金 等 の 取 扱 いについては 当 金 庫 の 定 めによるものとします (4) 相 殺 する 場 合 の 外 国 為 替 相 場 については 当 金 庫 の 計 算 実 行 時 の 相 場 を 適 用 する ものとします (5) 相 殺 する 場 合 において 借 入 金 の 期 限 前 弁 済 等 の 手 続 きについて 別 の 定 めがあると きには その 定 めによるものとします ただし 借 入 金 の 期 限 前 弁 済 等 について 当 金 庫 の 承 諾 を 要 する 等 の 制 限 がある 場 合 においても 相 殺 することができるものとし ます 以 上 10

11 貯 蓄 預 金 規 定 1.( 取 扱 店 の 範 囲 ) この 預 金 は 当 店 のほか 当 金 庫 本 支 店 のどこの 店 舗 でも 預 入 れまたは 払 戻 しができます 2.( 証 券 類 の 受 入 れ) (1)この 預 金 口 座 には 現 金 のほか 手 形 小 切 手 配 当 金 領 収 証 その 他 の 証 券 で 直 ち に 取 立 のできるもの( 以 下 証 券 類 といいます )を 受 入 れます (2) 手 形 要 件 (とくに 振 出 日 受 取 人 ) 小 切 手 要 件 (とくに 振 出 日 )の 白 地 はあらかじ め 補 充 してください 当 金 庫 は 白 地 を 補 充 する 義 務 を 負 いません (3) 証 券 類 のうち 裏 書 受 取 文 言 等 の 必 要 があるものはその 手 続 きを 済 ませてください (4) 手 形 小 切 手 を 受 入 れるときは 復 記 のいかんにかかわらず 所 定 の 金 額 欄 記 載 の 金 額 によって 取 扱 います (5) 証 券 類 の 取 立 のためとくに 費 用 を 要 する 場 合 には 店 頭 表 示 の 代 金 取 立 手 数 料 に 準 じてその 取 立 手 数 料 をいただきます 3.( 振 込 金 の 受 入 れ) (1)この 預 金 口 座 には 為 替 による 振 込 金 を 受 入 れます (2)この 預 金 口 座 への 振 込 について 振 込 通 知 の 発 信 金 融 機 関 から 重 複 発 信 等 の 誤 発 信 による 取 消 通 知 があった 場 合 には 振 込 金 の 入 金 記 帳 を 取 消 します 4.( 受 入 証 券 類 の 決 済 不 渡 り) (1) 証 券 類 は 受 入 店 で 取 立 て 不 渡 返 還 期 限 の 経 過 後 その 決 済 を 確 認 したうえでなけ れば 受 入 れた 証 券 類 の 金 額 にかかる 預 金 の 払 戻 しはできません その 払 戻 しができ る 予 定 の 日 は 通 帳 の 摘 要 欄 に 記 載 します (2) 受 入 れた 証 券 類 が 不 渡 りとなったときは 預 金 になりません この 場 合 は 直 ちにその 通 知 を 届 出 の 住 所 宛 に 発 信 するとともに その 金 額 を 貯 蓄 預 金 元 帳 から 引 落 し その 証 券 類 は 当 店 で 返 却 します (3) 前 項 の 場 合 には あらかじめ 書 面 による 依 頼 を 受 けたものにかぎり その 証 券 類 に ついて 権 利 保 全 の 手 続 きをします 5.( 預 金 の 払 戻 し) この 預 金 を 払 戻 すときは 当 金 庫 所 定 のお 引 出 票 に 届 出 の 印 章 により 記 名 押 印 してこ の 通 帳 とともに 提 出 してください また 当 金 庫 の 自 動 機 で 通 帳 により 払 戻 すときは 届 出 の 暗 証 番 号 にてご 本 人 の 確 認 を 行 います 6.( 払 戻 回 数 超 過 手 数 料 ) (1)Ⅰ 型 (30 万 円 )は 毎 月 1 日 から 月 末 日 までの1か 月 間 に5 回 をこえて 払 戻 しをす るときは その 回 数 をこえるそれぞれの 払 戻 しについて 当 金 庫 所 定 の 払 戻 回 数 超 過 手 数 料 をいただきます (2) 前 項 の 払 戻 回 数 超 過 手 数 料 は 預 金 の 払 戻 し 時 にお 引 出 票 なしでこの 預 金 口 座 から 11

12 自 動 的 に 引 落 します この 場 合 払 戻 回 数 超 過 手 数 料 金 額 と 払 戻 請 求 金 額 との 合 計 額 が 払 戻 すことのできる 金 額 をこえるときは その 払 戻 しはできません 7.( 自 動 支 払 い 等 ) この 預 金 口 座 からは 各 種 料 金 等 の 自 動 支 払 いをすることはできません また この 預 金 口 座 を 給 与 年 金 配 当 金 および 公 社 債 元 利 金 の 自 動 受 取 口 座 として 指 定 すること はできません 8.( 利 息 ) (1)この 預 金 の 利 息 は 毎 日 の 最 終 残 高 ( 受 入 れた 証 券 類 の 金 額 は 決 済 されるまでこの 残 高 から 除 きます 以 下 同 じ )1,000 円 以 上 について 付 利 単 位 を1 円 として 次 項 の 利 率 によって 計 算 のうえ 毎 年 3 月 と9 月 の 当 金 庫 所 定 の 日 に この 預 金 に 組 入 れます (2)この 預 金 の 利 息 を 計 算 するときの 基 準 となる 預 金 残 高 ( 以 下 基 準 残 高 といいま す )はⅠ 型 30 万 円 Ⅱ 型 10 万 円 とし 適 用 する 利 率 は 次 のとおりとします なお 利 率 は 金 融 情 勢 に 応 じて 変 更 します 1 毎 日 の 最 終 残 高 が 基 準 残 高 以 上 となった 期 間 当 該 期 間 における 店 頭 表 示 の 基 準 残 高 以 上 利 率 2 毎 日 の 最 終 残 高 が 基 準 残 高 未 満 となった 期 間 当 該 期 間 における 店 頭 表 示 の 基 準 残 高 未 満 利 率 9.( 届 出 事 項 の 変 更 通 帳 の 再 発 行 等 ) (1)この 通 帳 や 印 章 を 失 ったとき または 印 章 名 称 住 所 その 他 の 届 出 事 項 に 変 更 があったときは 直 ちに 書 面 によって 当 店 に 届 出 てください この 届 出 の 前 に 生 じた 損 害 については 当 金 庫 は 責 任 を 負 いません (2)この 通 帳 または 印 章 を 失 った 場 合 のこの 預 金 の 払 戻 し 解 約 または 通 帳 の 再 発 行 は 当 金 庫 所 定 の 手 続 きをした 後 に 行 います この 場 合 相 当 の 期 間 をおき また 保 証 人 を 求 めることがあります (3) 通 帳 を 再 発 行 ( 汚 損 等 による 再 発 行 を 含 みます )する 場 合 には 当 金 庫 所 定 の 手 数 料 をいただきます 10.( 成 年 後 見 人 等 の 届 出 ) (1) 家 庭 裁 判 所 の 審 判 により 補 助 保 佐 後 見 が 開 始 された 場 合 には 直 ちに 書 面 に よって 成 年 後 見 人 等 の 氏 名 その 他 必 要 な 事 項 を 届 出 てください (2) 家 庭 裁 判 所 の 審 判 により 任 意 後 見 監 督 人 の 選 任 がなされた 場 合 には 直 ちに 書 面 によって 任 意 後 見 人 の 氏 名 その 他 必 要 な 事 項 を 届 出 てください (3)すでに 補 助 保 佐 後 見 開 始 の 審 判 を 受 けている 場 合 または 任 意 後 見 監 督 人 の 選 任 がなされている 場 合 にも 前 各 項 と 同 様 に 直 ちに 書 面 によって 届 出 てください (4) 前 各 項 の 届 出 事 項 に 取 消 または 変 更 等 が 生 じた 場 合 にも 同 様 に 直 ちに 書 面 によっ て 届 出 てください 12

13 (5) 前 各 項 の 届 出 の 前 に 生 じた 損 害 については 当 金 庫 は 責 任 を 負 いません 11.( 印 鑑 照 合 等 ) お 引 出 票 諸 届 その 他 の 書 類 に 使 用 された 印 影 を 届 出 の 印 鑑 と 相 当 の 注 意 をもつて 照 合 し 相 違 ないものと 認 めて 取 扱 いましたうえは それらの 書 類 につき 偽 造 変 造 その 他 の 事 故 があってもそのために 生 じた 損 害 については 当 金 庫 は 責 任 を 負 いません 12.( 譲 渡 質 入 れ 等 の 禁 止 ) (1)この 預 金 預 金 契 約 上 の 地 位 その 他 この 取 引 にかかるいっさいの 権 利 および 通 帳 は 譲 渡 質 入 れその 他 第 三 者 の 権 利 を 設 定 すること または 第 三 者 に 利 用 させることは できません (2) 当 金 庫 がやむをえないものと 認 めて 質 入 れを 承 諾 する 場 合 には 当 金 庫 所 定 の 書 式 により 行 います 13.( 解 約 等 ) (1)この 預 金 口 座 を 解 約 する 場 合 には この 通 帳 を 持 参 のうえ 当 店 に 申 出 てください (2) 次 の 各 号 の 一 にでも 該 当 した 場 合 には 当 金 庫 はこの 預 金 取 引 を 停 止 し または 預 金 者 に 通 知 することによりこの 預 金 口 座 を 解 約 することができるものとします なお 通 知 により 解 約 する 場 合 到 達 のいかんにかかわらず 当 金 庫 が 解 約 の 通 知 を 届 出 の あった 氏 名 住 所 にあてて 発 信 した 時 に 解 約 されたものとします 1 この 預 金 口 座 の 名 義 人 が 存 在 しないことが 明 らかになった 場 合 または 預 金 口 座 の 名 義 人 の 意 思 によらずに 開 設 されたことが 明 らかになった 場 合 2 この 預 金 の 預 金 者 が 前 12.(1)に 違 反 した 場 合 3 この 預 金 が 法 令 や 公 序 良 俗 に 反 する 行 為 に 利 用 され またはそのおそれがある と 認 められる 場 合 (3)この 預 金 が 当 金 庫 が 別 途 表 示 する 一 定 の 期 間 預 金 者 による 利 用 がなく かつ 残 高 が 一 定 の 金 額 を 超 えることがない 場 合 には 当 金 庫 はこの 預 金 取 引 を 停 止 し または 預 金 者 に 通 知 することによりこの 預 金 取 引 を 解 約 することができるものとします ま た 法 令 に 基 づく 場 合 にも 同 様 にできるものとします (4) 前 (2) (3) および 共 通 規 定 2により この 預 金 口 座 が 解 約 され 残 高 がある 場 合 ま たはこの 預 金 取 引 が 停 止 されその 解 除 を 求 める 場 合 には 通 帳 を 持 参 のうえ 当 店 に 申 出 てください この 場 合 当 金 庫 は 相 当 の 期 間 をおき 必 要 な 書 類 等 の 提 出 また は 保 証 人 を 求 めることがあります 14.( 通 知 等 ) 届 出 のあった 氏 名 住 所 にあてて 当 金 庫 が 通 知 または 送 付 書 類 を 発 送 した 場 合 には 延 着 しまたは 到 達 しなかったときでも 通 常 到 達 すべき 時 に 到 達 したものとみなします 15.( 保 険 事 故 発 生 時 における 預 金 者 からの 相 殺 ) (1) この 預 金 は 当 金 庫 に 預 金 保 険 法 の 定 める 保 険 事 故 が 生 じた 場 合 には 本 条 各 項 の 定 めにより 相 殺 することができます なお この 預 金 に 預 金 者 の 当 金 庫 に 対 する 債 13

14 務 を 担 保 するため もしくは 第 三 者 の 当 金 庫 に 対 する 債 務 で 預 金 者 が 保 証 人 となって いるものを 担 保 するために 質 権 等 の 担 保 権 が 設 定 されている 場 合 にも 同 様 の 取 扱 い とします (2) 相 殺 する 場 合 の 手 続 きについては 次 によるものとします 1 相 殺 通 知 は 書 面 によるものとします 通 帳 は 届 出 印 を 押 印 したお 引 出 票 とと もに 直 ちに 当 金 庫 に 提 出 してください 2 複 数 の 借 入 金 等 の 債 務 ( 預 金 者 の 当 金 庫 に 対 する 債 務 第 三 者 の 当 金 庫 に 対 する 債 務 で 預 金 者 が 保 証 人 になっているもの)がある 場 合 には 充 当 の 順 序 方 法 を 指 定 してください ただし この 預 金 で 担 保 される 債 務 がある 場 合 には 当 該 債 務 から 相 殺 されるものとします 当 該 債 務 が 第 三 者 の 当 金 庫 に 対 する 債 務 である 場 合 には 預 金 者 の 保 証 債 務 から 相 殺 されるものとします 3 前 号 の 充 当 の 指 定 がない 場 合 には 当 金 庫 の 指 定 する 順 序 方 法 により 充 当 い たします 4 前 2による 指 定 により 債 権 保 全 上 支 障 が 生 じるおそれがある 場 合 には 当 金 庫 は 遅 滞 なく 異 議 を 述 べ 担 保 保 証 の 状 況 等 を 考 慮 して 順 序 方 法 を 指 定 することができるものとします (3) 相 殺 する 場 合 の 借 入 金 等 の 債 務 の 利 息 割 引 料 遅 延 損 害 金 等 の 計 算 については その 期 間 を 相 殺 通 知 が 当 金 庫 に 到 達 した 日 までとして 利 率 料 率 は 当 金 庫 の 定 め によるものとします また 借 入 金 等 を 期 限 前 弁 済 することにより 発 生 する 損 害 金 等 の 取 扱 いについては 当 金 庫 の 定 めによるものとします (4) 相 殺 する 場 合 の 外 国 為 替 相 場 については 当 金 庫 の 計 算 実 行 時 の 相 場 を 適 用 する ものとします (5) 相 殺 する 場 合 において 借 入 金 の 期 限 前 弁 済 等 の 手 続 きについて 別 の 定 めがあると きには その 定 めによるものとします ただし 借 入 金 の 期 限 前 弁 済 等 について 当 金 庫 の 承 諾 を 要 する 等 の 制 限 がある 場 合 においても 相 殺 することができるものとし ます 以 上 14

15 納 税 準 備 預 金 規 定 1.( 預 金 の 目 的 預 入 れ) この 預 金 は 国 税 または 地 方 税 ( 以 下 租 税 という ) 納 付 の 準 備 のためのもので 当 店 でいつでも 預 入 れができます 2.( 証 券 類 の 受 入 れ) (1)この 預 金 口 座 には 現 金 のほか 手 形 小 切 手 配 当 金 領 収 証 その 他 の 証 券 で 直 ち に 取 立 できるもの( 以 下 証 券 類 という )を 受 入 れます (2) 手 形 要 件 (とくに 振 出 日 受 取 人 ) 小 切 手 要 件 (とくに 振 出 日 )の 白 地 はあらかじ め 補 充 してください 当 金 庫 は 白 地 を 補 充 する 義 務 を 負 いません (3) 証 券 類 のうち 裏 書 受 取 文 言 等 の 必 要 があるものはその 手 続 を 済 ませてください (4) 手 形 小 切 手 を 受 入 れるときは 複 記 のいかんにかかわらず 所 定 の 金 額 欄 記 載 の 金 額 によって 取 扱 います (5) 証 券 類 の 取 立 のためとくに 費 用 を 要 する 場 合 には 店 頭 表 示 の 代 金 取 立 手 数 料 に 準 じてその 取 立 手 数 料 をいただきます 3.( 振 込 金 の 受 入 れ) (1)この 預 金 口 座 には 為 替 による 振 込 金 を 受 入 れます (2)この 預 金 口 座 への 振 込 について 振 込 通 知 の 発 信 金 融 機 関 から 重 複 発 信 等 の 誤 発 信 による 取 消 通 知 があった 場 合 には 振 込 金 の 入 金 記 帳 を 取 消 します 4.( 受 入 証 券 類 の 決 済 不 渡 り) (1) 証 券 類 は 当 店 で 取 立 て 不 渡 返 還 時 限 の 経 過 後 その 決 済 を 確 認 したうえでなけれ ば 受 入 れた 証 券 類 の 金 額 にかかる 預 金 の 払 戻 しはできません その 払 戻 しができる 予 定 の 日 は 通 帳 の 摘 要 欄 に 記 載 します (2) 受 入 れた 証 券 類 が 不 渡 りとなったときは 預 金 になりません この 場 合 は 直 ちにその 通 知 を 届 出 の 住 所 宛 に 発 信 するとともに その 金 額 を 納 税 準 備 預 金 元 帳 から 引 落 し その 証 券 類 は 当 店 で 返 却 します (3) 前 項 の 場 合 には あらかじめ 書 面 による 依 頼 を 受 けたものにかぎり その 証 券 類 に ついて 権 利 保 全 の 手 続 をします 5.( 預 金 の 払 戻 し) (1)この 預 金 は 預 金 者 (または 同 居 の 親 族 )の 租 税 納 付 にあてる 場 合 に 限 り 払 戻 しが できます ただし 災 害 その 他 の 事 由 で 当 金 庫 がやむを 得 ないと 認 めたときは 租 税 納 付 以 外 の 目 的 でも 払 戻 しができます (2)この 預 金 を 払 戻 すときは 当 金 庫 所 定 のお 引 出 票 に 届 出 の 印 章 により 記 名 押 印 して この 通 帳 とともに 当 店 に 提 出 してください (3) 租 税 納 付 のためにこの 預 金 を 払 戻 すときは 同 時 に 納 付 書 納 税 告 知 書 その 他 租 税 納 付 に 必 要 な 書 類 を 提 出 してください この 場 合 当 店 は 直 ちに 租 税 納 付 の 手 続 を 15

16 します ただし 当 店 で 取 扱 うことのできない 租 税 については 納 付 先 宛 の 当 金 庫 振 出 小 切 手 を 渡 しますので それにより 納 付 してください (4)この 預 金 口 座 から 租 税 の 自 動 支 払 いをするときは あらかじめ 当 金 庫 所 定 の 手 続 を してください なお 同 日 に 数 件 の 支 払 いをする 場 合 にその 総 額 が 預 金 残 高 をこえる ときは そのいずれを 支 払 うかは 当 金 庫 の 任 意 とします 6.( 利 息 ) (1)この 預 金 の 利 息 は 毎 日 の 最 終 残 高 ( 受 入 れた 証 券 類 の 金 額 は 決 済 されるまでこの 残 高 から 除 く )1,000 円 以 上 について 付 利 単 位 を100 円 として 毎 年 3 月 と 9 月 の 当 金 庫 所 定 の 日 に 店 頭 に 表 示 する 毎 日 の 納 税 準 備 預 金 の 利 率 によって 計 算 の うえこの 預 金 に 組 入 れます (2) 租 税 納 付 以 外 の 目 的 でこの 預 金 を 払 戻 しした 場 合 および 共 通 規 定 2.によりこの 預 金 を 解 約 した 場 合 には その 払 戻 日 が 属 する 利 息 計 算 期 間 中 の 利 息 は 店 頭 に 表 示 す る 毎 日 の 普 通 預 金 の 利 率 によって 計 算 します (3) 前 (2)の 利 率 は 金 融 状 勢 に 応 じて 変 更 します (4)この 利 息 には 前 (2)の 場 合 を 除 き 所 得 税 はかかりません 7.( 納 税 貯 蓄 組 合 法 による 特 例 ) この 預 金 が 納 税 貯 蓄 組 合 法 にもとづき 結 成 された 組 合 の 組 合 員 が 行 う 納 税 準 備 預 金 ( 以 下 納 税 貯 蓄 組 合 預 金 という )である 場 合 は 預 金 の 払 戻 しおよび 利 息 につき 次 のと おり 取 扱 います 1 納 税 貯 蓄 組 合 預 金 は 前 5.(1)の 規 定 にかかわらず 租 税 納 付 以 外 の 目 的 でも 払 戻 しができます 2 租 税 納 付 以 外 の 目 的 で 払 戻 しした 場 合 その 払 戻 日 が 属 する 利 息 計 算 期 間 中 の 利 息 は 前 6.(2)の 場 合 と 同 様 に 普 通 預 金 の 利 率 によって 計 算 しますが その 払 戻 額 の 合 計 額 が 当 該 利 息 計 算 期 間 中 において 納 税 貯 蓄 組 合 法 に 定 める 一 定 金 額 以 下 のときは 所 得 税 はかかりません 8.( 届 出 事 項 の 変 更 通 帳 の 再 発 行 等 ) (1)この 通 帳 や 印 章 を 失 ったとき または 印 章 名 称 住 所 その 他 の 届 出 事 項 に 変 更 があったときは 直 ちに 書 面 によって 当 店 に 届 出 てください この 届 出 の 前 に 生 じた 損 害 については 当 金 庫 は 責 任 を 負 いません (2)この 通 帳 または 印 章 を 失 った 場 合 のこの 預 金 の 払 戻 し 解 約 または 通 帳 の 再 発 行 は 当 金 庫 所 定 の 手 続 をした 後 に 行 います この 場 合 相 当 の 期 間 をおき また 保 証 人 を 求 めることがあります (3) この 通 帳 を 再 発 行 ( 汚 損 等 による 再 発 行 を 含 みます )する 場 合 には 当 金 庫 所 定 の 手 数 料 をいただきます 9.( 成 年 後 見 人 等 の 届 出 ) (1) 家 庭 裁 判 所 の 審 判 により 補 助 保 佐 後 見 が 開 始 された 場 合 には 直 ちに 書 面 に 16

17 よって 成 年 後 見 人 等 の 氏 名 その 他 必 要 な 事 項 を 届 出 てください (2) 家 庭 裁 判 所 の 審 判 により 任 意 後 見 監 督 人 の 選 任 がなされた 場 合 には 直 ちに 書 面 によって 任 意 後 見 人 の 氏 名 その 他 必 要 な 事 項 を 届 出 てください (3)すでに 補 助 保 佐 後 見 開 始 の 審 判 を 受 けている 場 合 または 任 意 後 見 監 督 人 の 選 任 がなされている 場 合 にも 前 各 項 と 同 様 に 直 ちに 書 面 によって 届 出 てください (4) 前 各 項 の 届 出 事 項 に 取 消 または 変 更 等 が 生 じた 場 合 にも 同 様 に 直 ちに 書 面 によっ て 届 出 てください (5) 前 各 項 の 届 出 の 前 に 生 じた 損 害 については 当 金 庫 は 責 任 を 負 いません 10.( 印 鑑 照 合 等 ) お 引 出 票 諸 届 その 他 の 書 類 に 使 用 された 印 影 を 届 出 の 印 鑑 と 相 当 の 注 意 をもって 照 合 し 相 違 ないものと 認 めて 取 扱 いましたうえは それらの 書 類 につき 偽 造 変 造 その 他 の 事 故 があってもそのために 生 じた 損 害 については 当 金 庫 は 責 任 を 負 いません 11.( 譲 渡 質 入 れ 等 の 禁 止 ) (1)この 預 金 預 金 契 約 上 の 地 位 その 他 この 取 引 にかかるいっさいの 権 利 および 通 帳 は 譲 渡 質 入 れその 他 第 三 者 の 権 利 を 設 定 すること または 第 三 者 に 利 用 させることは できません (2) 当 金 庫 がやむをえないものと 認 めて 質 入 れを 承 諾 する 場 合 には 当 金 庫 所 定 の 書 式 により 行 います 12.( 解 約 等 ) (1)この 預 金 口 座 を 解 約 する 場 合 には この 通 帳 を 持 参 のうえ 当 店 に 申 出 てください (2) 次 の 各 号 の 一 にでも 該 当 した 場 合 には 当 金 庫 はこの 預 金 取 引 を 停 止 し または 預 金 者 に 通 知 することによりこの 預 金 口 座 を 解 約 することができるものとします なお 通 知 により 解 約 する 場 合 到 達 のいかんにかかわらず 当 金 庫 が 解 約 の 通 知 を 届 出 の あった 氏 名 住 所 にあてて 発 信 した 時 に 解 約 されたものとします 1 この 預 金 口 座 の 名 義 人 が 存 在 しないことが 明 らかになった 場 合 または 預 金 口 座 の 名 義 人 の 意 思 によらずに 開 設 されたことが 明 らかになった 場 合 2 この 預 金 の 預 金 者 が 前 11.(1)に 違 反 した 場 合 3 この 預 金 が 法 令 や 公 序 良 俗 に 反 する 行 為 に 利 用 され またはそのおそれがある と 認 められる 場 合 (3) この 預 金 が 当 金 庫 が 別 途 表 示 する 一 定 の 期 間 預 金 者 による 利 用 がなく かつ 残 高 が 一 定 の 金 額 を 超 えることがない 場 合 には 当 金 庫 はこの 預 金 取 引 を 停 止 し また は 預 金 者 に 通 知 することによりこの 預 金 取 引 を 解 約 することができるものとします また 法 令 に 基 づく 場 合 にも 同 様 にできるものとします (4) 前 (2) (3) および 共 通 規 定 2.により この 預 金 口 座 が 解 約 され 残 高 がある 場 合 またはこの 預 金 取 引 が 停 止 されその 解 除 を 求 める 場 合 には 通 帳 を 持 参 のうえ 当 店 に 申 出 てください この 場 合 当 金 庫 は 相 当 の 期 間 をおき 必 要 な 書 類 等 の 提 出 17

18 または 保 証 人 を 求 めることがあります 13.( 通 知 等 ) 届 出 のあった 氏 名 住 所 にあてて 当 金 庫 が 通 知 または 送 付 書 類 を 発 送 した 場 合 には 延 着 しまたは 到 達 しなかったときでも 通 常 到 達 すべき 時 に 到 達 したものとみなします 14.( 保 険 事 故 発 生 時 における 預 金 者 からの 相 殺 ) (1)この 預 金 は 当 金 庫 に 預 金 保 険 法 の 定 める 保 険 事 故 が 生 じた 場 合 には 本 条 各 項 の 定 めにより 相 殺 することができます なお この 預 金 に 預 金 者 の 当 金 庫 に 対 する 債 務 を 担 保 するため もしくは 第 三 者 の 当 金 庫 に 対 する 債 務 で 預 金 者 が 保 証 人 となって いるものを 担 保 するために 質 権 等 の 担 保 権 が 設 定 されている 場 合 にも 同 様 の 取 扱 い とします (2) 相 殺 する 場 合 の 手 続 きについては 次 によるものとします 1 相 殺 通 知 は 書 面 によるものとします 通 帳 は 届 出 印 を 押 印 したお 引 出 票 ととも に 直 ちに 当 金 庫 に 提 出 してください 2 複 数 の 借 入 金 等 の 債 務 ( 預 金 者 の 当 金 庫 に 対 する 債 務 第 三 者 の 当 金 庫 に 対 す る 債 務 で 預 金 者 が 保 証 人 になっているもの)がある 場 合 には 充 当 の 順 序 方 法 を 指 定 してください ただし この 預 金 で 担 保 される 債 務 がある 場 合 には 当 該 債 務 から 相 殺 されるものとします 当 該 債 務 が 第 三 者 の 当 金 庫 に 対 する 債 務 で ある 場 合 には 預 金 者 の 保 証 債 務 から 相 殺 されるものとします 3 前 号 の 充 当 の 指 定 がない 場 合 には 当 金 庫 の 指 定 する 順 序 方 法 により 充 当 いた します 4 前 2による 指 定 により 債 権 保 全 上 支 障 が 生 じるおそれがある 場 合 には 当 金 庫 は 遅 滞 なく 異 議 を 述 べ 担 保 保 証 の 状 況 等 を 考 慮 して 順 序 方 法 を 指 定 す ることができるものとします (3) 相 殺 する 場 合 の 借 入 金 等 の 債 務 の 利 息 割 引 料 遅 延 損 害 金 等 の 計 算 については その 期 間 を 相 殺 通 知 が 当 金 庫 に 到 達 した 日 までとして 利 率 料 率 は 当 金 庫 の 定 め によるものとします また 借 入 金 等 を 期 限 前 弁 済 することにより 発 生 する 損 害 金 等 の 取 扱 いについては 当 金 庫 の 定 めによるものとします (4) 相 殺 する 場 合 の 外 国 為 替 相 場 については 当 金 庫 の 計 算 実 行 時 の 相 場 を 適 用 するも のとします (5) 相 殺 する 場 合 において 借 入 金 の 期 限 前 弁 済 等 の 手 続 きについて 別 の 定 めがあると きには その 定 めによるものとします ただし 借 入 金 の 期 限 前 弁 済 等 について 当 金 庫 の 承 諾 を 要 する 等 の 制 限 がある 場 合 においても 相 殺 することができるものとし ます 以 上 18

19 通 知 預 金 規 定 1.( 預 入 れの 最 低 金 額 ) この 預 金 の 預 入 れは1 口 5 千 円 以 上 とします ( 通 帳 式 の 預 入 れのときは 必 ずこの 通 帳 を 持 参 してください ) 2.( 預 金 の 支 払 時 期 等 ) (1) この 預 金 は 預 入 日 から7 日 間 の 据 置 期 間 経 過 後 に 利 息 とともに 支 払 います (2) 共 通 規 定 2.による 場 合 を 除 き この 預 金 の 解 約 にあたっては 解 約 する 日 の2 日 前 までに 通 知 を 必 要 とします 3.( 証 券 類 の 受 入 れ) (1) 小 切 手 その 他 の 証 券 類 を 受 入 れたときは その 証 券 類 が 決 済 された 日 を 預 入 日 とし ます (2) 受 入 れた 証 券 類 が 不 渡 りとなったときは 預 金 になりません 不 渡 りとなった 証 券 類 は この 証 書 と 引 換 えに( 通 帳 式 の 場 合 は この 通 帳 の 当 該 受 入 れの 記 載 を 取 消 し たうえ) 当 店 で 返 却 します 4.( 利 息 ) (1) この 預 金 の 利 息 は 預 入 日 から 解 約 日 の 前 日 までの 日 数 について 店 頭 に 表 示 する 毎 日 の 通 知 預 金 の 利 率 によって 計 算 します なお 利 率 は 金 融 情 勢 に 応 じて 変 更 しま す (2) この 預 金 を 据 置 期 間 中 に 解 約 する 場 合 その 利 息 は 預 入 日 から 解 約 日 の 前 日 まで の 日 数 について 解 約 日 における 普 通 預 金 の 利 率 によって 計 算 し この 預 金 とともに 支 払 います (3) この 預 金 の 付 利 単 位 は 1,000 円 とします 5.( 預 金 の 解 約 ) (1) この 預 金 を 解 約 するときは 当 金 庫 所 定 のお 引 出 票 に 届 出 の 印 章 により 記 名 押 印 し て 証 書 ( 通 帳 )とともに 提 出 してください なお 共 通 規 定 2.によりこの 預 金 口 座 が 解 約 され 残 高 がある 場 合 またはこの 預 金 取 引 が 停 止 されその 解 除 を 求 める 場 合 にも 当 金 庫 所 定 のお 引 出 票 に 届 出 の 印 章 により 記 名 押 印 して 証 書 ( 通 帳 )ととも に 提 出 してください この 場 合 当 金 庫 は 相 当 の 期 間 をおき 必 要 な 書 類 等 の 提 出 または 保 証 人 を 求 めることがあります (2) 解 約 は 預 金 1 口 ごとに 取 扱 います その 一 部 の 解 約 はいたしません 6.( 届 出 事 項 の 変 更 等 ) (1) この 証 書 ( 通 帳 )や 印 章 を 失 ったとき または 印 章 名 称 住 所 その 他 の 届 出 事 項 に 変 更 があったときは 直 ちに 書 面 によって 当 店 に 届 出 てください この 届 出 の 前 に 生 じた 損 害 については 責 任 を 負 いません (2) この 証 書 ( 通 帳 )または 印 章 を 失 った 場 合 のこの 預 金 の 元 利 金 の 支 払 いは 当 金 庫 19

20 所 定 の 手 続 きをした 後 に 行 います この 場 合 相 当 の 期 間 をおき また 保 証 人 を 求 めることがあります (3) この 証 書 ( 通 帳 )を 再 発 行 ( 汚 損 等 による 再 発 行 を 含 みます )する 場 合 には 当 金 庫 所 定 の 手 数 料 をいただきます 7.( 成 年 後 見 人 等 の 届 出 ) (1) 家 庭 裁 判 所 の 審 判 により 補 助 保 佐 後 見 が 開 始 された 場 合 には 直 ちに 書 面 に よって 成 年 後 見 人 等 の 氏 名 その 他 必 要 な 事 項 を 届 出 てください (2) 家 庭 裁 判 所 の 審 判 により 任 意 後 見 監 督 人 の 選 任 がなされた 場 合 には 直 ちに 書 面 によって 任 意 後 見 人 の 氏 名 その 他 必 要 な 事 項 を 届 出 てください (3) すでに 補 助 保 佐 後 見 開 始 の 審 判 を 受 けている 場 合 または 任 意 後 見 監 督 人 の 選 任 がなされている 場 合 にも 前 各 項 と 同 様 に 直 ちに 書 面 によって 届 出 てください (4) 前 各 項 の 届 出 事 項 に 取 消 または 変 更 等 が 生 じた 場 合 にも 同 様 に 直 ちに 書 面 によっ て 届 出 てください (5) 前 各 項 の 届 出 の 前 に 生 じた 損 害 については 当 金 庫 は 責 任 を 負 いません 8.( 印 鑑 照 合 ) お 引 出 票 諸 届 その 他 の 書 類 に 使 用 された 印 影 を 届 出 の 印 鑑 と 相 当 の 注 意 をもって 照 合 し 相 違 ないものと 認 めて 取 扱 いましたうえは それらの 書 類 につき 偽 造 変 造 その 他 の 事 故 があってもそのために 生 じた 損 害 については 当 金 庫 は 責 任 を 負 いません 9.( 譲 渡 質 入 れの 禁 止 ) (1) この 預 金 は 当 金 庫 の 承 諾 なしに 譲 渡 または 質 入 れすることはできません (2) 当 金 庫 がやむをえないものと 認 めて 質 入 れを 承 諾 する 場 合 には 当 金 庫 所 定 の 書 式 により 行 います 10.( 保 険 事 故 発 生 時 における 預 金 者 からの 相 殺 ) (1) 前 2.にかかわらず この 預 金 は 満 期 日 が 未 到 来 であっても 当 金 庫 に 預 金 保 険 法 の 定 める 保 険 事 故 が 生 じた 場 合 には 当 金 庫 に 対 する 借 入 金 等 の 債 務 と 相 殺 する 場 合 に 限 り 当 該 相 殺 額 について 期 限 が 到 来 したものとして 相 殺 することができま す なお この 預 金 に 預 金 者 の 当 金 庫 に 対 する 債 務 を 担 保 するため もしくは 第 三 者 の 当 金 庫 に 対 する 債 務 で 預 金 者 が 保 証 人 となっているものを 担 保 するために 質 権 等 の 担 保 権 が 設 定 されている 場 合 にも 同 様 の 取 扱 いとします (2) 前 項 により 相 殺 する 場 合 には 次 の 手 続 きによるものとします 1 相 殺 通 知 は 書 面 によるものとします 証 書 ( 通 帳 )は 届 出 印 を 押 印 したお 引 出 票 とともに 直 ちに 当 金 庫 に 提 出 してください 2 複 数 の 借 入 金 等 の 債 務 ( 預 金 者 の 当 金 庫 に 対 する 債 務 第 三 者 の 当 金 庫 に 対 す る 債 務 で 預 金 者 が 保 証 人 になっているもの)がある 場 合 には 充 当 の 順 序 方 法 を 指 定 してください ただし この 預 金 で 担 保 される 債 務 がある 場 合 には 当 該 債 務 から 相 殺 されるものとします 当 該 債 務 が 第 三 者 の 当 金 庫 に 対 する 債 務 である 場 20

21 合 には 預 金 者 の 保 証 債 務 から 相 殺 されるものとします 3 前 号 の 充 当 の 指 定 がない 場 合 には 当 金 庫 の 指 定 する 順 序 方 法 により 充 当 いた します 4 前 2による 指 定 により 債 権 保 全 上 支 障 が 生 じるおそれがある 場 合 には 当 金 庫 は 遅 滞 なく 異 議 を 述 べ 担 保 保 証 の 状 況 等 を 考 慮 して 順 序 方 法 を 指 定 する ことができるものとします (3) 前 (1)により 相 殺 する 場 合 の 利 息 等 については 次 のとおりとします 1 この 預 金 の 利 息 の 計 算 については その 期 間 を 相 殺 通 知 が 当 金 庫 に 到 達 した 日 の 前 日 までとして 利 率 は 約 定 利 率 を 適 用 するものとします 2 借 入 金 等 の 債 務 の 利 息 割 引 料 遅 延 損 害 金 等 の 計 算 については その 期 間 を 相 殺 通 知 が 当 金 庫 に 到 達 した 日 までとして 利 率 料 率 は 当 金 庫 の 定 めによる ものとします また 借 入 金 等 を 期 限 前 弁 済 することにより 発 生 する 損 害 金 等 の 取 扱 いについては 当 金 庫 の 定 めによるものとします (4) 前 (1)により 相 殺 する 場 合 の 外 国 為 替 相 場 については 当 金 庫 の 計 算 実 行 時 の 相 場 を 適 用 するものとします (5) 前 (1)により 相 殺 する 場 合 において 借 入 金 の 期 限 前 弁 済 等 の 手 続 きについて 別 の 定 めがあるときには その 定 めによるものとします ただし 借 入 金 の 期 限 前 弁 済 等 について 当 金 庫 の 承 諾 を 要 する 等 の 制 限 がある 場 合 においても 相 殺 することがで きるものとします 以 上 21

22 総 合 口 座 取 引 規 定 1.( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 取 引 は 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 といいます )が できます 1 普 通 預 金 ( 利 息 を 付 さない 旨 の 約 定 のある 普 通 預 金 決 済 用 普 通 預 金 を 含 みます 以 下 同 じ ) 2 期 日 指 定 定 期 預 金 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 由 金 利 型 定 期 預 金 およ び 変 動 金 利 定 期 預 金 ( 以 下 これらを 定 期 預 金 といいます ) 3 前 2の 定 期 預 金 を 担 保 とする 当 座 貸 越 (2) 普 通 預 金 については 単 独 で 利 用 することができます (3) 前 (1)1から2までの 各 取 引 については この 規 定 の 定 めによるほか 当 金 庫 の 当 該 各 取 引 の 規 定 により 取 扱 います 2.( 取 扱 店 の 範 囲 ) (1) 普 通 預 金 は 当 店 のほか 当 金 庫 本 支 店 のどこの 店 舗 でも 預 入 れまたは 払 戻 し( 当 座 貸 越 を 利 用 した 普 通 預 金 の 払 戻 しを 含 みます )ができます (2) 期 日 指 定 定 期 預 金 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 )および 変 動 金 利 定 期 預 金 の 預 入 れ は 一 口 1 千 円 以 上 (ただし 中 間 利 息 定 期 預 金 の 預 入 れの 場 合 を 除 きます ) 自 由 金 利 型 定 期 預 金 の 預 入 れは 当 金 庫 所 定 の 金 額 以 上 とし 解 約 または 書 替 継 続 は 当 店 のみで 取 扱 います 3.( 定 期 預 金 の 自 動 継 続 ) (1) 定 期 預 金 は 満 期 日 に 前 回 と 同 一 の 期 間 の 預 金 に 自 動 的 に 継 続 します ただし 期 日 指 定 定 期 預 金 は 通 帳 の 定 期 預 金 担 保 明 細 欄 記 載 の 最 長 預 入 期 限 に 期 日 指 定 定 期 預 金 に 自 動 的 に 継 続 します (2) 継 続 された 預 金 についても 前 項 と 同 様 とします (3) 継 続 を 停 止 するときは 満 期 日 ( 継 続 をしたときはその 満 期 日 )までにその 旨 を 当 店 に 申 出 てください ただし 期 日 指 定 定 期 預 金 については 最 長 預 入 期 限 ( 継 続 をしたときはその 最 長 預 入 期 限 )までにその 旨 を 当 店 に 申 出 てください 4.( 預 金 の 払 戻 し 等 ) (1) 普 通 預 金 の 払 戻 しまたは 定 期 預 金 の 解 約 書 替 継 続 をするときは 当 金 庫 所 定 のお 引 出 票 に 届 出 の 印 章 により 記 名 押 印 して 通 帳 とともに 提 出 してください また 当 金 庫 の 自 動 機 で 普 通 預 金 を 通 帳 により 払 戻 すときは 届 出 の 暗 証 番 号 にてご 本 人 の 確 認 を 行 います (2) 普 通 預 金 から 各 種 料 金 等 の 自 動 支 払 いをするときは あらかじめ 当 金 庫 所 定 の 手 続 きをしてください (3) 普 通 預 金 から 同 日 に 数 件 の 支 払 いをする 場 合 に その 総 額 が 払 戻 すことができる 金 22

23 額 ( 当 座 貸 越 を 利 用 できる 範 囲 内 の 金 額 を 含 みます )を 超 えるときは そのいずれ を 支 払 うかは 当 金 庫 の 任 意 とします 5.( 預 金 利 息 の 支 払 い) (1) 普 通 預 金 ( 但 し 利 息 を 付 さない 旨 の 約 定 のある 普 通 預 金 決 済 用 普 通 預 金 を 除 きます )の 利 息 は 毎 年 3 月 と9 月 の 当 金 庫 所 定 の 日 に 普 通 預 金 に 組 入 れます (2) 定 期 預 金 の 利 息 は 元 金 に 組 入 れる 場 合 および 中 間 払 利 息 を 中 間 利 息 定 期 預 金 とす る 場 合 を 除 き その 利 払 日 に 普 通 預 金 に 入 金 します 現 金 で 受 取 ることはできませ ん 6.( 当 座 貸 越 ) (1) 普 通 預 金 について その 残 高 をこえて 払 戻 しの 請 求 または 各 種 料 金 等 の 自 動 支 払 い の 請 求 があった 場 合 には 当 金 庫 はこの 取 引 の 定 期 預 金 を 担 保 に 不 足 額 を 当 座 貸 越 として 自 動 的 に 貸 出 し 普 通 預 金 へ 入 金 のうえ 払 戻 しまたは 自 動 支 払 いします (2) 前 項 による 当 座 貸 越 の 限 度 額 ( 以 下 極 度 額 といいます )は この 取 引 の 定 期 預 金 の 合 計 額 の90%(1,000 円 未 満 は 切 捨 てます )または300 万 円 のうち いずれか 少 ない 金 額 とします (3) 前 (1)による 貸 越 金 の 残 高 がある 場 合 には 普 通 預 金 に 受 入 れまたは 振 込 まれた 資 金 ( 受 入 れた 証 券 類 の 金 額 は 決 済 されるまでこの 資 金 から 除 きます )は 貸 越 金 残 高 に 達 するまで 自 動 的 に 返 済 にあてます なお 貸 越 金 の 利 率 に 差 異 がある 場 合 に は 後 記 8.(1)1の 貸 越 利 率 の 高 い 順 にその 返 済 にあてます 7.( 貸 越 金 の 担 保 ) (1) この 取 引 に 定 期 預 金 があるときは (2)の 順 序 に 従 い その 合 計 額 について33 4 万 円 を 限 度 に 貸 越 金 の 担 保 として 質 権 を 設 定 します (2) この 取 引 に 定 期 預 金 があるときは 後 記 8.(1)1の 貸 越 利 率 の 低 いものから 順 次 担 保 とします なお 貸 越 利 率 が 同 一 となる 定 期 預 金 が 数 口 ある 場 合 には 預 入 日 ( 継 続 をしたときはその 継 続 日 )の 早 い 順 序 に 従 い 担 保 とします (3) 1 貸 越 金 の 担 保 となっている 定 期 預 金 について 解 約 または( 仮 ) 差 押 があった 場 合 には 前 6.(2)により 算 出 される 金 額 については 解 約 された 預 金 の 金 額 または( 仮 ) 差 押 にかかる 預 金 の 全 額 を 除 外 することとし 前 各 項 と 同 様 の 方 法 により 貸 越 金 の 担 保 とします 2 前 号 の 場 合 貸 越 金 が 新 極 度 額 をこえることとなるときは 直 ちに 新 極 度 額 をこえる 金 額 を 支 払 ってください 8.( 貸 越 金 利 息 等 ) (1) 1 貸 越 金 の 利 息 は 付 利 単 位 を1 円 とし 毎 年 3 月 と9 月 の 当 金 庫 所 定 の 日 に 1 年 を365 日 として 日 割 計 算 のうえ 普 通 預 金 から 引 落 しまたは 貸 越 元 金 に 組 入 れます この 場 合 の 貸 越 利 率 は 次 のとおりとします A. 期 日 指 定 定 期 預 金 を 貸 越 金 の 担 保 とする 場 合 その 期 日 指 定 定 期 預 金 ごとに 23

24 その 2 年 以 上 の 利 率 に 年 0.5%を 加 えた 利 率 B. 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 )を 貸 越 金 の 担 保 とする 場 合 その 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 )ごとにその 約 定 利 率 に0.5%を 加 えた 利 率 C. 自 由 金 利 型 定 期 預 金 を 貸 越 金 の 担 保 とする 場 合 その 自 由 金 利 型 定 期 預 金 ごとにその 約 定 利 率 に 年 0.5%を 加 えた 利 率 D. 変 動 金 利 定 期 預 金 を 貸 越 金 の 担 保 とする 場 合 その 変 動 金 利 定 期 預 金 ごと にその 約 定 利 率 に 年 0.5%を 加 えた 利 率 2 前 号 の 組 入 れにより 極 度 額 をこえる 場 合 には 当 金 庫 からの 請 求 がありし だい 直 ちに 極 度 額 をこえる 金 額 を 支 払 ってください 3 この 取 引 の 定 期 預 金 の 全 額 の 解 約 により 定 期 預 金 の 残 高 が 零 となった 場 合 には 前 1にかかわらず 貸 越 金 の 利 息 を 同 時 に 支 払 ってください (2) 貸 越 利 率 については 金 融 情 勢 の 変 化 により 変 更 することがあります この 場 合 の 新 利 率 の 適 用 は 当 金 庫 が 定 めた 日 からとします (3) 当 金 庫 に 対 する 債 務 を 履 行 しなかった 場 合 の 損 害 金 の 割 合 は 年 18.00%( 年 365 日 の 日 割 計 算 )とします 9.( 届 出 事 項 の 変 更 通 帳 の 再 発 行 等 ) (1) 通 帳 や 印 章 を 失 ったとき または 印 章 氏 名 住 所 その 他 の 届 出 事 項 に 変 更 があっ たときは 直 ちに 書 面 によって 当 店 に 届 出 てください この 届 出 の 前 に 生 じた 損 害 については 当 金 庫 は 責 任 を 負 いません (2) 通 帳 または 印 章 を 失 った 場 合 の 普 通 預 金 の 払 戻 し 解 約 定 期 預 金 の 元 利 金 の 支 払 い または 通 帳 の 再 発 行 は 当 金 庫 所 定 の 手 続 きをした 後 におこないます この 場 合 相 当 の 期 間 をおき また 保 証 人 を 求 めることがあります (3) 届 出 のあった 氏 名 住 所 にあてて 当 金 庫 が 通 知 または 送 付 書 類 を 発 送 した 場 合 には 延 着 しまたは 到 達 しなかったときでも 通 常 到 達 すべき 時 に 到 達 したものとみなしま す (4) この 通 帳 を 再 発 行 ( 汚 損 等 による 再 発 行 を 含 みます )する 場 合 には 当 金 庫 所 定 の 手 数 料 をいただきます 10.( 成 年 後 見 人 等 の 届 出 ) (1) 家 庭 裁 判 所 の 審 判 により 補 助 保 佐 後 見 が 開 始 された 場 合 には 直 ちに 書 面 に よって 成 年 後 見 人 等 の 氏 名 その 他 必 要 な 事 項 を 届 出 てください (2) 家 庭 裁 判 所 の 審 判 により 任 意 後 見 監 督 人 の 選 任 がなされた 場 合 には 直 ちに 書 面 によって 任 意 後 見 人 の 氏 名 その 他 必 要 な 事 項 を 届 出 てください (3) すでに 補 助 保 佐 後 見 開 始 の 審 判 を 受 けている 場 合 または 任 意 後 見 監 督 人 の 選 任 がなされている 場 合 にも 前 各 項 と 同 様 に 直 ちに 書 面 によって 届 出 てください (4) 前 各 項 の 届 出 事 項 に 取 消 または 変 更 等 が 生 じた 場 合 にも 同 様 に 直 ちに 書 面 によっ 24

25 て 届 出 てください (5) 前 各 項 の 届 出 の 前 に 生 じた 損 害 については 当 金 庫 は 責 任 を 負 いません 11.( 印 鑑 照 合 等 ) この 取 引 においてお 引 出 票 諸 届 その 他 の 書 類 に 使 用 された 印 影 を 届 出 の 印 鑑 と 相 当 の 注 意 をもって 照 合 し 相 違 ないものと 認 めて 取 扱 いましたうえは それらの 書 類 につ き 偽 造 変 造 その 他 の 事 故 があってもそのために 生 じた 損 害 については 当 金 庫 は 責 任 を 負 いません 12.( 即 時 支 払 ) (1) 次 の 各 号 の 一 にでも 該 当 した 場 合 に 貸 越 元 利 金 等 があるときは 当 金 庫 からの 請 求 がなくても それらを 支 払 ってください 1 支 払 の 停 止 または 破 産 再 生 手 続 開 始 の 申 立 があったとき 2 相 続 の 開 始 があったとき 3 前 8.(1)2により 極 度 額 をこえたまま6か 月 を 経 過 したとき 4 住 所 変 更 の 届 出 を 怠 るなどにより 当 金 庫 において 所 在 が 明 らかでなくなっ たとき (2) 次 の 各 場 合 に 貸 越 元 利 金 等 があるときは 当 金 庫 からの 請 求 がありしだい それら を 支 払 ってください 1 当 金 庫 に 対 する 債 務 の 一 つでも 返 済 が 遅 れているとき 2 その 他 債 権 の 保 全 を 必 要 とする 相 当 の 事 由 が 生 じたとき 13.( 解 約 等 ) (1) 普 通 預 金 口 座 を 解 約 する 場 合 には 通 帳 を 持 参 のうえ 当 店 に 申 出 てください こ の 場 合 この 取 引 は 終 了 するものとし 貸 越 元 利 金 等 があるときはそれらを 支 払 っ てください なお 通 帳 に 定 期 預 金 の 記 載 がある 場 合 で 定 期 預 金 の 残 高 があると きは 別 途 に 定 期 預 金 の 証 書 ( 通 帳 )を 発 行 します (2) 前 12. 各 項 または 共 通 規 定 2.の 事 由 があるときは 当 金 庫 はいつでも 貸 越 を 中 止 しまたは 貸 越 取 引 を 解 約 できるものとします この 取 引 を 解 約 した 場 合 において 貸 越 元 利 金 等 があるときはそれらを 支 払 ってください (3) 前 項 に 基 づく 解 約 をした 場 合 に 14.に 定 める 差 引 計 算 等 により なお 普 通 預 金 の 残 高 があるときは この 通 帳 を 持 参 のうえ 当 店 に 申 出 てください この 場 合 当 金 庫 は 相 当 の 期 間 をおき 必 要 な 書 類 等 の 提 出 または 保 証 人 を 求 めることがあり ます 14.( 差 引 計 算 等 ) (1) この 取 引 による 債 務 を 履 行 しなければならない 場 合 には 当 金 庫 は 次 のとおり 取 扱 うことができるものとします 1 この 取 引 の 定 期 預 金 については その 満 期 日 前 でも 貸 越 元 利 金 等 と 相 殺 でき るものとします また 相 殺 できる 場 合 は 事 前 の 通 知 および 所 定 の 手 続 きを 25

26 省 略 し この 取 引 の 定 期 預 金 を 払 戻 し 貸 越 元 利 金 等 の 弁 済 にあてることも できるものとします 2 前 号 により なお 残 りの 債 務 がある 場 合 には 直 ちに 支 払 ってください (2) 前 項 によって 差 引 計 算 等 をする 場 合 債 権 債 務 の 利 息 および 損 害 金 の 計 算 について は その 期 間 を 計 算 実 行 の 日 までとし 定 期 預 金 の 利 率 はその 約 定 利 率 とします 15.( 譲 渡 質 入 れの 禁 止 ) (1) 普 通 預 金 定 期 預 金 その 他 のこの 取 引 にかかるいっさいの 権 利 および 通 帳 は 譲 渡 または 質 入 れすることはできません (2) 当 金 庫 がやむをえないものと 認 めて 質 入 れを 承 諾 する 場 合 には 当 金 庫 所 定 の 書 式 によります 16.( 保 険 事 故 発 生 時 における 預 金 者 からの 相 殺 ) (1) 定 期 預 金 は 満 期 日 が 未 到 来 であっても 当 金 庫 に 預 金 保 険 法 の 定 める 保 険 事 故 が 生 じた 場 合 には 当 金 庫 に 対 する 借 入 金 等 の 債 務 と 相 殺 する 場 合 に 限 り 当 該 相 殺 額 について 期 限 が 到 来 したものとして 相 殺 することができます なお この 預 金 が 前 7.(1)により 貸 越 金 の 担 保 となっている 場 合 にも 同 様 の 取 扱 いとします (2) 前 項 により 相 殺 する 場 合 には 次 の 手 続 きによるものとします 1 相 殺 通 知 は 書 面 によるものとします 通 帳 は 届 出 印 を 押 印 したお 引 出 票 と ともに 直 ちに 当 金 庫 に 提 出 してください 2 複 数 の 借 入 金 等 の 債 務 ( 預 金 者 の 当 金 庫 に 対 する 債 務 第 三 者 の 当 金 庫 に 対 する 債 務 で 預 金 者 が 保 証 人 になっているもの)がある 場 合 には 充 当 の 順 序 方 法 を 指 定 してください ただし 相 殺 により 貸 越 金 が 新 極 度 額 をこえるこ ととなるときは 新 極 度 額 をこえる 金 額 を 優 先 して 貸 越 金 に 充 当 することと します 3 前 号 の 充 当 の 指 定 がない 場 合 には 当 金 庫 の 指 定 する 順 序 方 法 により 充 当 い たします 4 前 2による 指 定 により 債 権 保 全 上 支 障 が 生 じるおそれがある 場 合 には 当 金 庫 は 遅 滞 なく 異 議 を 述 べ 担 保 保 証 の 状 況 等 を 考 慮 して 順 序 方 法 を 指 定 することができるものとします (3) 前 (1)により 相 殺 する 場 合 の 利 息 等 については 次 のとおりとします 1 定 期 預 金 の 利 息 の 計 算 については その 期 間 を 相 殺 通 知 が 当 金 庫 に 到 達 した 日 の 前 日 までとして 利 率 は 約 定 利 率 を 適 用 するものとします 2 借 入 金 等 の 債 務 の 利 息 割 引 料 遅 延 損 害 金 等 の 計 算 については その 期 間 を 相 殺 通 知 が 当 金 庫 に 到 達 した 日 までとして 利 率 料 率 は 当 金 庫 の 定 めに よるものとします また 借 入 金 等 を 期 限 前 弁 済 することにより 発 生 する 損 害 金 等 の 取 扱 いについては 当 金 庫 の 定 めによるものとします (4) 前 (1)により 相 殺 する 場 合 の 外 国 為 替 相 場 については 当 金 庫 の 計 算 実 行 時 の 相 26

27 場 を 適 用 するものとします (5) 前 (1)により 相 殺 する 場 合 において 借 入 金 の 期 限 前 弁 済 等 の 手 続 きについて 別 の 定 めがあるときには その 定 めによるものとします ただし 借 入 金 の 期 限 前 弁 済 等 について 当 金 庫 の 承 諾 を 要 する 等 の 制 限 がある 場 合 においても 相 殺 することができ るものとします 以 上 27

28 期 日 指 定 定 期 預 金 規 定 非 自 動 継 続 型 1.( 預 入 れの 最 低 金 額 ) 期 日 指 定 定 期 預 金 ( 以 下 この 預 金 といいます )の 預 入 れは1,000 円 以 上 とし ます 通 帳 をお 持 ちの 方 は 預 入 れの 際 必 ず 通 帳 を 持 参 してください 2.( 預 金 の 支 払 い 時 期 等 ) (1) この 預 金 は 通 帳 記 載 の 満 期 日 以 後 に 利 息 とともに 支 払 います (2) 満 期 日 は この 証 書 ( 通 帳 )の 全 部 または 一 部 について 預 入 日 の1 年 後 の 応 当 日 ( 通 帳 記 載 の 据 置 期 間 満 了 日 )から 証 書 ( 通 帳 ) 記 載 の 最 長 預 入 期 限 までの 間 の 任 意 の 日 を 指 定 することができます 満 期 日 を 指 定 するときは 当 店 にその1か 月 前 までに 通 知 をしてください この 預 金 の 一 部 について 満 期 日 を 定 めるときは 1 万 円 以 上 の 金 額 で 指 定 してください (3) 満 期 日 の 指 定 がないときは 最 長 預 入 期 限 を 満 期 日 とします (4) 指 定 された 満 期 日 から1か 月 経 過 しても 解 約 されなかったときは 満 期 日 の 指 定 は なかったものとします 指 定 された 満 期 日 から1か 月 以 内 に 最 長 預 入 期 限 が 到 来 し たときも 同 様 とします 3.( 利 息 ) (1) この 預 金 の 利 息 は 解 約 時 に 預 入 日 から 満 期 日 の 前 日 までの 日 数 および 次 の 預 入 期 間 に 応 じた 利 率 によって1 年 複 利 の 方 法 で 計 算 し この 預 金 とともに 支 払 います 1 1 年 以 上 2 年 未 満 証 書 ( 通 帳 ) 記 載 の 2 年 未 満 の 利 率 2 2 年 以 上 証 書 ( 通 帳 ) 記 載 の 2 年 以 上 の 利 率 ( 以 下 2 年 以 上 利 率 といいます ) (2) この 預 金 の 満 期 日 以 後 の 利 息 は 満 期 日 から 解 約 日 または 書 替 継 続 日 の 前 日 までの 日 数 について 解 約 日 または 書 替 継 続 日 における 普 通 預 金 の 利 率 によって 計 算 し こ の 預 金 とともに 支 払 います (3) 当 金 庫 がやむをえないものと 認 めてこの 預 金 を 満 期 日 前 に 解 約 する 場 合 および 共 通 規 定 2.により 解 約 する 場 合 には その 利 息 は 預 入 日 から 解 約 日 の 前 日 までの 日 数 について 次 の 預 入 期 間 に 応 じた 利 率 ( 小 数 点 第 4 位 以 下 は 切 捨 てます )によって1 年 複 利 の 方 法 により 計 算 し この 預 金 とともに 支 払 います 1 6か 月 未 満 解 約 日 における 普 通 預 金 の 利 率 2 6か 月 以 上 1 年 未 満 2 年 以 上 利 率 40% 3 1 年 以 上 1 年 6か 月 未 満 2 年 以 上 利 率 50% 4 1 年 6か 月 以 上 2 年 未 満 2 年 以 上 利 率 60% 5 2 年 以 上 2 年 6か 月 未 満 2 年 以 上 利 率 70% 6 2 年 6か 月 以 上 3 年 未 満 2 年 以 上 利 率 90% (4) この 預 金 の 付 利 単 位 は1 円 とし 1 年 を365 日 として 日 割 りで 計 算 します 28

29 以 上 この 他 定 期 預 金 共 通 規 定 を 参 照 ください 29

30 自 動 継 続 期 日 指 定 定 期 預 金 規 定 自 動 継 続 型 1.( 預 入 れの 最 低 金 額 ) 自 動 継 続 期 日 指 定 定 期 預 金 ( 以 下 この 預 金 といいます )の 預 入 れは 一 口 1,00 0 円 以 上 とします 預 入 れのときは 必 ず 通 帳 を 持 参 してください 2.( 自 動 継 続 ) (1) この 預 金 は 証 書 ( 通 帳 ) 記 載 の 最 長 預 入 期 限 に 自 動 的 期 日 指 定 定 期 預 金 として 継 続 します 継 続 された 預 金 についても 同 様 とします (2)この 預 金 の 継 続 後 の 利 率 は 継 続 日 における 店 頭 表 示 の 利 率 とします ただしこの 預 金 の 継 続 後 の 利 率 について 別 の 定 めをしたときは その 定 めによるものとします (3) 継 続 を 停 止 するときは 最 長 預 入 期 限 ( 継 続 をしたときはその 最 長 預 入 期 限 )まで にその 旨 を 申 出 てください 3.( 預 金 の 支 払 時 期 等 ) (1) この 預 金 は 次 に 定 める 満 期 日 以 後 に 支 払 います 1 満 期 日 の 指 定 があったときは 指 定 された 日 を 満 期 日 とします 満 期 日 は この 預 金 の 全 部 または 一 部 について 預 入 日 の1 年 後 の 応 当 日 ( 証 書 ( 通 帳 ) 記 載 の 据 置 期 間 満 了 日 継 続 をしたときはその 継 続 日 の1 年 後 の 応 当 日 )から 最 長 預 入 期 限 までの 間 の 任 意 の 日 を 指 定 することができます 満 期 日 を 指 定 するときは 当 店 にその1か 月 前 までに 通 知 をしてください この 預 金 の 一 部 について 満 期 日 を 定 めるときは 1 万 円 以 上 の 金 額 で 指 定 してください 2 継 続 停 止 の 申 出 があり 満 期 日 の 指 定 がないとき( 次 項 により 満 期 日 の 指 定 はな かったものとしたときを 含 みます )は 最 長 預 入 期 限 を 満 期 日 とします 継 続 停 止 の 申 出 があった 後 この 預 金 の 一 部 が 解 約 されたときの 残 りの 金 額 につい て 満 期 日 の 指 定 のないときも 同 様 とします (2) 指 定 された 満 期 日 から1か 月 経 過 しても 解 約 されなかったときは 満 期 日 の 指 定 は なかったものとします 指 定 された 満 期 日 から1か 月 以 内 に 最 長 預 入 期 限 が 到 来 し たときも 同 様 とします (3) 継 続 停 止 の 申 出 のない 場 合 この 預 金 の 一 部 が 解 約 されたときはその 残 りの 金 額 に ついて また 前 項 により 満 期 日 の 指 定 がなかったものとされたときは 預 金 の 全 部 について 引 続 き 自 動 継 続 の 取 扱 いをします 4.( 利 息 ) (1) この 預 金 の 利 息 は 継 続 日 ( 解 約 するときは 解 約 時 )に 預 入 日 から 最 長 預 入 期 限 ( 解 約 するときは 満 期 日 )の 前 日 までの 日 数 および 次 の 預 入 期 間 に 応 じた 利 率 によって 1 年 複 利 の 方 法 で 計 算 します 1 1 年 以 上 2 年 未 満 証 書 ( 通 帳 ) 記 載 の 2 年 未 満 の 利 率 2 2 年 以 上 証 書 ( 通 帳 ) 記 載 の 2 年 以 上 の 利 率 ( 以 下 2 年 30

31 以 上 利 率 といいます ) (2) 継 続 後 の 預 金 の 利 息 についても 前 項 と 同 様 の 方 法 で 計 算 します (3) 継 続 をする 場 合 の 利 息 は あらかじめ 指 定 された 方 法 によって 継 続 日 に 指 定 口 座 へ 入 金 しまたは 元 金 に 組 入 れます (4) 指 定 された 満 期 日 から1か 月 以 内 に 解 約 する 場 合 または 継 続 を 停 止 した 場 合 の 利 息 は 満 期 日 以 後 のこの 預 金 とともに 支 払 います なお 満 期 日 以 後 の 利 息 は 満 期 日 から 解 約 日 または 書 替 継 続 日 の 前 日 までの 日 数 について 解 約 日 または 書 替 継 続 日 に おける 普 通 預 金 の 利 率 によって 計 算 し この 預 金 とともに 支 払 います (5) 当 金 庫 がやむをえないものと 認 めてこの 預 金 を 満 期 日 前 に 解 約 する 場 合 および 共 通 規 定 2.により 解 約 する 場 合 には その 利 息 は 預 入 日 ( 継 続 をしたときは 最 後 の 継 続 日 )から 解 約 日 の 前 日 までの 日 数 について 次 の 預 入 期 間 に 応 じた 利 率 ( 小 数 点 第 4 位 以 下 は 切 捨 てます )によって1 年 複 利 の 方 法 により 計 算 し この 預 金 とともに 支 払 います 1 6か 月 未 満 解 約 日 における 普 通 預 金 の 利 率 2 6か 月 以 上 1 年 未 満 2 年 以 上 利 率 40% 3 1 年 以 上 1 年 6か 月 未 満 2 年 以 上 利 率 50% 4 1 年 6か 月 以 上 2 年 未 満 2 年 以 上 利 率 60% 5 2 年 以 上 2 年 6か 月 未 満 2 年 以 上 利 率 70% 6 2 年 6か 月 以 上 3 年 未 満 2 年 以 上 利 率 90% (6) この 預 金 の 付 利 単 位 は1 円 とし 1 年 を365 日 として 日 割 で 計 算 します 以 上 この 他 定 期 預 金 共 通 規 定 を 参 照 ください 31

32 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 規 定 (スーパー 定 期 ) 非 自 動 継 続 型 1.( 預 金 の 支 払 時 期 等 ) (1) 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 )( 以 下 この 預 金 といいます )は 証 書 ( 通 帳 ) 記 載 の 満 期 日 以 後 に 利 息 とともに 支 払 います 2.( 利 息 ) (1) この 預 金 の 利 息 は 預 入 日 から 満 期 日 の 前 日 までの 日 数 ( 以 下 約 定 日 数 といい ます )および 証 書 ( 通 帳 ) 記 載 の 利 率 ( 以 下 約 定 利 率 といいます )によって 計 算 し 満 期 日 以 後 にこの 預 金 とともに 支 払 います ただし 預 入 日 の2 年 後 の 応 当 日 から 預 入 日 の5 年 後 の 応 当 日 までの 日 を 満 期 日 と したこの 預 金 の 利 息 の 支 払 いは 次 によります 1 預 入 日 から 満 期 日 の1 年 前 の 応 当 日 までの 間 に 到 来 する 預 入 日 の1 年 ごと の 応 当 日 を 中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からその 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 証 書 ( 通 帳 ) 記 載 の 中 間 利 払 利 率 によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利 息 の 一 部 と して 各 中 間 利 払 日 以 後 に あらかじめ 指 定 された 方 法 により 次 のとおり 支 払 います なお 預 入 日 の2 年 後 の 応 当 日 を 満 期 日 としたこの 預 金 ( 以 下 自 由 金 利 型 2 年 定 期 預 金 (M 型 ) といいます )に 限 り 中 間 払 利 息 を 定 期 預 金 とす ることができます A. 現 金 で 受 取 る 場 合 には 当 金 庫 所 定 のお 引 出 票 に 届 出 の 印 章 により 記 名 押 印 して 証 書 ( 通 帳 )とともに 提 出 してください B. 預 金 口 座 へ 振 替 える 場 合 には 中 間 利 払 日 に 指 定 口 座 へ 入 金 します C. 定 期 預 金 とする 場 合 には 当 金 庫 所 定 の 基 準 により 中 間 利 払 日 に その 自 由 金 利 型 2 年 定 期 預 金 (M 型 )と 満 期 日 を 同 一 にする 預 入 期 間 1 年 のこの 預 金 ( 以 下 中 間 利 息 定 期 預 金 といいます )とし 中 間 利 息 定 期 預 金 の 利 率 は 中 間 利 払 日 における 当 金 庫 所 定 の 利 率 を 適 用 します 2 預 入 日 の3 年 後 の 応 当 日 から 預 入 日 の5 年 後 の 応 当 日 までの 日 を 満 期 日 と したこの 預 金 を 複 利 型 とした 場 合 のこの 預 金 の 利 息 は 前 1にかかわらず 約 定 日 数 および 約 定 利 率 によって6か 月 複 利 の 方 法 で 計 算 し 満 期 日 以 後 にこ の 預 金 とともに 支 払 います 3 中 間 払 利 息 ( 中 間 利 払 日 が 複 数 ある 場 合 は 各 中 間 払 利 息 の 合 計 額 )を 差 引 いた 利 息 の 残 額 は 満 期 日 以 後 にこの 預 金 とともに 支 払 います (2) この 預 金 の 満 期 日 以 後 の 利 息 は 満 期 日 から 解 約 日 または 書 替 継 続 日 の 前 日 までの 32

33 日 数 および 解 約 日 または 書 替 継 続 日 における 普 通 預 金 の 利 率 によって 計 算 し この 預 金 とともに 支 払 います (3) 当 金 庫 がやむをえないものと 認 めてこの 預 金 を 満 期 日 前 に 解 約 する 場 合 および 共 通 規 定 2.により 解 約 する 場 合 には その 利 息 ( 以 下 期 限 前 解 約 利 息 といいます ) は 預 入 日 から 解 約 日 の 前 日 までの 日 数 および 次 の 預 入 期 間 に 応 じた 利 率 ( 小 数 点 第 4 位 以 下 は 切 捨 てます )によって 計 算 ( 預 入 日 の3 年 後 の 応 当 日 から 預 入 日 の5 年 後 の 応 当 日 までの 日 を 満 期 日 としたこの 預 金 を 複 利 型 とした 場 合 のこの 預 金 につ いては6か 月 複 利 の 方 法 )し この 預 金 とともに 支 払 います ただし 中 間 払 利 息 が 支 払 われている 場 合 には その 支 払 額 ( 中 間 利 払 日 が 複 数 ある 場 合 は 各 中 間 払 利 息 の 合 計 額 )と 期 限 前 解 約 利 息 との 差 額 を 精 算 します 1 預 入 日 の1か 月 後 の 応 当 日 から 預 入 日 の3 年 後 の 応 当 日 の 前 日 までの 日 を 満 期 日 としたこの 預 金 の 場 合 A 6か 月 未 満 解 約 日 における 普 通 預 金 の 利 率 B 6か 月 以 上 1 年 未 満 約 定 利 率 30% C 1 年 以 上 1 年 6か 月 未 満 約 定 利 率 40% D 1 年 6か 月 以 上 2 年 未 満 約 定 利 率 40% E 2 年 以 上 2 年 6か 月 未 満 約 定 利 率 60% F 2 年 6か 月 以 上 3 年 未 満 約 定 利 率 60% 2 預 入 日 の3 年 後 の 応 当 日 から 預 入 日 の4 年 後 の 応 当 日 の 前 日 までの 日 を 満 期 としたこの 預 金 の 場 合 A 6か 月 未 満 解 約 日 における 普 通 預 金 の 利 率 B 6か 月 以 上 1 年 未 満 約 定 利 率 20% C 1 年 以 上 1 年 6か 月 未 満 約 定 利 率 20% D 1 年 6か 月 以 上 2 年 未 満 約 定 利 率 20% E 2 年 以 上 2 年 6か 月 未 満 約 定 利 率 40% F 2 年 6か 月 以 上 3 年 未 満 約 定 利 率 40% G 3 年 以 上 4 年 未 満 約 定 利 率 60% 3 預 入 日 の4 年 後 の 応 当 日 から 預 入 日 の5 年 後 の 応 当 日 の 前 日 までの 日 を 満 期 日 としたこの 預 金 の 場 合 A 6か 月 未 満 解 約 日 における 普 通 預 金 の 利 率 B 6か 月 以 上 1 年 未 満 約 定 利 率 10% C 1 年 以 上 1 年 6か 月 未 満 約 定 利 率 20% D 1 年 6か 月 以 上 2 年 未 満 約 定 利 率 20% E 2 年 以 上 2 年 6か 月 未 満 約 定 利 率 30% F 2 年 6か 月 以 上 3 年 未 満 約 定 利 率 30% G 3 年 以 上 3 年 6か 月 未 満 約 定 利 率 40% 33

34 H 3 年 6か 月 以 上 4 年 未 満 約 定 利 率 40% I 4 年 以 上 5 年 未 満 約 定 利 率 60% 4 預 入 日 の5 年 後 の 応 当 日 を 満 期 日 としたこの 預 金 の 場 合 A 6か 月 未 満 解 約 日 における 普 通 預 金 の 利 率 B 6か 月 以 上 1 年 未 満 約 定 利 率 10% C 1 年 以 上 1 年 6か 月 未 満 約 定 利 率 10% D 1 年 6か 月 以 上 2 年 未 満 約 定 利 率 10% E 2 年 以 上 2 年 6か 月 未 満 約 定 利 率 20% F 2 年 6か 月 以 上 3 年 未 満 約 定 利 率 20% G 3 年 以 上 3 年 6か 月 未 満 約 定 利 率 40% H 3 年 6か 月 以 上 4 年 未 満 約 定 利 率 40% I 4 年 以 上 5 年 未 満 約 定 利 率 50% (4) この 預 金 の 付 利 単 位 は1 円 とし 1 年 を365 日 として 日 割 で 計 算 します 3.( 中 間 利 息 定 期 預 金 ) (1) 中 間 利 息 定 期 預 金 の 利 息 については 前 2.の 規 定 を 準 用 します (2) 中 間 利 息 定 期 預 金 については 原 則 として 証 書 ( 通 帳 )に 記 載 しないこととし 次 により 取 扱 います 1 中 間 利 息 定 期 預 金 の 内 容 については 別 途 に 通 知 します なお 印 鑑 はこの 預 金 の 届 出 印 鑑 を 兼 用 します 2 中 間 利 息 定 期 預 金 をこの 預 金 とともに 解 約 もしくは 書 替 継 続 するとき ま たは 中 間 利 息 定 期 預 金 のみを 解 約 もしくは 書 替 継 続 するときは 当 金 庫 所 定 のお 引 出 票 に 届 出 の 印 章 により 記 名 押 印 して 証 書 ( 通 帳 )とともに 提 出 して ください この 他 定 期 預 金 共 通 規 定 を 参 照 ください 以 上 34

35 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 規 定 (スーパー 定 期 ) 自 動 継 続 型 1.( 自 動 継 続 ) (1) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 )( 以 下 この 預 金 といいます )は 証 書 ( 通 帳 ) 記 載 の 満 期 日 に 前 回 と 同 一 の 期 間 の 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 )に 自 動 的 に 継 続 します 継 続 された 預 金 についても 同 様 とします (2) この 預 金 の 継 続 後 の 利 率 は 継 続 日 における 店 頭 表 示 の 利 率 とします ただし この 預 金 の 継 続 後 の 利 率 について 別 の 定 めをしたときは その 定 めによるものとします (3) 継 続 を 停 止 するときは 満 期 日 ( 継 続 をしたときはその 満 期 日 )までにその 旨 を 申 出 てください この 申 出 があったときは この 預 金 は 満 期 日 以 後 に 支 払 います 2.( 利 息 ) (1) この 預 金 の 利 息 は 預 入 日 ( 継 続 をしたときはその 継 続 日 以 下 2.(1)および (2)において 同 じです )から 満 期 日 の 前 日 までの 日 数 ( 以 下 約 定 日 数 といいま す )および 証 書 ( 通 帳 ) 記 載 の 利 率 ( 継 続 後 の 預 金 については 前 1.(2)の 利 率 以 下 これらを 約 定 利 率 といいます )によって 計 算 し 満 期 日 に 支 払 います ただし 預 入 日 の2 年 後 の 応 当 日 から 預 入 日 の5 年 後 の 応 当 日 までの 日 を 満 期 日 と したこの 預 金 の 利 息 の 支 払 いは 次 によります 1 預 入 日 から 満 期 日 の1 年 前 の 応 当 日 までの 間 に 到 来 する 預 入 日 の1 年 ご との 応 当 日 を 中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からそ の 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 証 書 ( 通 帳 ) 記 載 の 中 間 利 払 利 率 ( 継 続 後 の 預 金 の 中 間 利 払 利 率 は 継 続 後 の 預 金 の 利 率 に70%を 乗 じた 利 率 ただし 小 数 点 第 4 位 以 下 は 切 捨 てます )によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利 息 の 一 部 として 各 中 間 利 払 日 に 支 払 います なお 預 入 日 の2 年 後 の 応 当 日 を 満 期 日 としたこの 預 金 ( 以 下 自 動 継 続 自 由 金 利 型 2 年 定 期 預 金 (M 型 ) といいます )に 限 り 中 間 払 利 息 を 定 期 預 金 とすることができます 2 預 入 日 の3 年 後 の 応 当 日 から 預 入 日 の5 年 後 の 応 当 日 までの 日 を 満 期 日 としたこの 預 金 を 複 利 型 とした 場 合 のこの 預 金 の 利 息 は 前 1にかかわら ず 約 定 日 数 および 約 定 利 率 によって6か 月 複 利 の 方 法 で 計 算 し 満 期 日 に 支 払 います 3 中 間 払 利 息 ( 中 間 利 払 日 が 複 数 ある 場 合 は 各 中 間 払 利 息 の 合 計 額 )を 差 引 いた 利 息 の 残 額 ( 以 下 満 期 払 利 息 といいます )は 満 期 日 に 支 払 い ます (2) この 預 金 の 利 息 の 支 払 いは 次 のとおり 取 扱 います 1 預 入 日 の1か 月 後 の 応 当 日 から 預 入 日 の2 年 後 の 応 当 日 の 前 日 までの 日 35

36 を 満 期 日 としたこの 預 金 および 預 入 日 の3 年 後 の 応 当 日 から 預 入 日 の5 年 後 の 応 当 日 までの 日 を 満 期 日 としたこの 預 金 を 複 利 型 とした 場 合 のこの 預 金 の 利 息 は あらかじめ 指 定 された 方 法 により 満 期 日 に 指 定 口 座 へ 入 金 するか または 満 期 日 に 元 金 に 組 入 れて 継 続 します 2 自 動 継 続 自 由 金 利 型 2 年 定 期 預 金 (M 型 )の 中 間 払 利 息 および 満 期 払 利 息 は あらかじめ 指 定 された 方 法 により 次 のとおり 取 扱 います A. 預 金 口 座 へ 振 替 える 場 合 には 中 間 利 払 日 および 満 期 日 に 指 定 口 座 へ 入 金 します B. 中 間 払 利 息 を 定 額 預 金 とする 場 合 には 中 間 利 払 日 にその 自 動 継 続 自 由 金 利 型 2 年 定 期 預 金 (M 型 )と 満 期 日 を 同 一 にする 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 )( 以 下 中 間 利 息 定 期 預 金 といいます ) とし その 利 率 は 中 間 利 払 日 における 当 金 庫 所 定 の 利 率 を 適 用 します 満 期 払 利 息 は 満 期 日 に 元 金 に 組 入 れ 中 間 利 息 定 期 預 金 の 元 利 金 とともに 合 計 して 自 動 継 続 自 由 金 利 型 2 年 定 期 預 金 (M 型 )に 継 続 します 3 預 入 日 の2 年 後 の 応 当 日 の 翌 日 から 預 入 日 の5 年 後 の 応 当 日 までの 日 を 満 期 日 としたこの 預 金 の 中 間 払 利 息 は 中 間 利 払 日 に 指 定 口 座 に 入 金 しま す また 満 期 払 利 息 は あらかじめ 指 定 された 方 法 により 満 期 日 に 指 定 口 座 へ 入 金 するか または 満 期 日 に 元 金 に 組 入 れて 継 続 します 4 利 息 を 指 定 口 座 へ 入 金 できず 現 金 で 受 取 る 場 合 には 当 金 庫 所 定 のお 引 出 票 に 届 出 の 印 章 により 記 名 押 印 して 証 書 ( 通 帳 )とともに 提 出 してくださ い (3) 継 続 を 停 止 した 場 合 のこの 預 金 の 利 息 ( 中 間 払 利 息 を 除 きます )は 満 期 日 以 後 にこの 預 金 とともに 支 払 います なお 満 期 日 以 後 の 利 息 は 満 期 日 から 解 約 日 ま たは 書 替 継 続 日 の 前 日 までの 日 数 および 解 約 日 または 書 替 継 続 日 における 普 通 預 金 の 利 率 により 計 算 します (4) 当 金 庫 がやむをえないものと 認 めてこの 預 金 を 満 期 日 前 に 解 約 する 場 合 および 共 通 規 定 2.により 解 約 する 場 合 には その 利 息 ( 以 下 期 限 前 解 約 利 息 といいます ) は 預 入 日 ( 継 続 をしたときは 最 後 の 継 続 日 以 下 同 じです )から 解 約 日 の 前 日 ま での 日 数 および 次 の 預 入 期 間 に 応 じた 利 率 ( 小 数 点 第 4 位 以 下 は 切 捨 てます )によ って 計 算 ( 預 入 日 の3 年 後 の 応 当 日 から 預 入 日 の5 年 後 の 応 当 日 までの 日 を 満 期 日 としたこの 預 金 を 複 利 型 とした 場 合 のこの 預 金 については6か 月 複 利 の 方 法 )し この 預 金 とともに 支 払 います ただし 中 間 払 利 息 が 支 払 われている 場 合 には そ の 支 払 額 ( 中 間 利 払 日 が 複 数 ある 場 合 は 各 中 間 払 利 息 の 合 計 額 )と 期 限 前 解 約 利 息 との 差 額 を 精 算 します 36

37 1 預 入 日 の1か 月 後 の 応 当 日 から 預 入 日 の3 年 後 の 応 当 日 の 前 日 までの 日 を 満 期 日 としたこの 預 金 の 場 合 A 6か 月 未 満 解 約 日 における 普 通 預 金 の 利 率 B 6か 月 以 上 1 年 未 満 約 定 利 率 30% C 1 年 以 上 1 年 6か 月 未 満 約 定 利 率 40% D 1 年 6か 月 以 上 2 年 未 満 約 定 利 率 40% E 2 年 以 上 2 年 6か 月 未 満 約 定 利 率 60% F 2 年 6か 月 以 上 3 年 未 満 約 定 利 率 60% 2 預 入 日 の3 年 後 の 応 当 日 から 預 入 日 の4 年 後 の 応 当 日 の 前 日 までの 日 を 満 期 日 としたこの 預 金 の 場 合 A 6か 月 未 満 解 約 日 における 普 通 預 金 の 利 率 B 6か 月 以 上 1 年 未 満 約 定 利 率 20% C 1 年 以 上 1 年 6か 月 未 満 約 定 利 率 20% D 1 年 6か 月 以 上 2 年 未 満 約 定 利 率 20% E 2 年 以 上 2 年 6か 月 未 満 約 定 利 率 40% F 2 年 6か 月 以 上 3 年 未 満 約 定 利 率 40% G 3 年 以 上 4 年 未 満 約 定 利 率 60% 3 預 入 日 の4 年 後 の 応 当 日 から 預 入 日 の5 年 後 の 応 当 日 の 前 日 までの 日 を 満 期 日 としたこの 預 金 の 場 合 A 6か 月 未 満 解 約 日 における 普 通 預 金 の 利 率 B 6か 月 以 上 1 年 未 満 約 定 利 率 10% C 1 年 以 上 1 年 6か 月 未 満 約 定 利 率 20% D 1 年 6か 月 以 上 2 年 未 満 約 定 利 率 20% E 2 年 以 上 2 年 6か 月 未 満 約 定 利 率 30% F 2 年 6か 月 以 上 3 年 未 満 約 定 利 率 30% G 3 年 以 上 3 年 6か 月 未 満 約 定 利 率 40% H 3 年 6か 月 以 上 4 年 未 満 約 定 利 率 40% I 4 年 以 上 5 年 未 満 約 定 利 率 60% 4 預 入 日 の5 年 後 の 応 当 日 を 満 期 日 としたこの 預 金 の 場 合 A 6か 月 未 満 解 約 日 における 普 通 預 金 の 利 率 B 6か 月 以 上 1 年 未 満 約 定 利 率 10% C 1 年 以 上 1 年 6か 月 未 満 約 定 利 率 10% D 1 年 6か 月 以 上 2 年 未 満 約 定 利 率 10% E 2 年 以 上 2 年 6か 月 未 満 約 定 利 率 20% F 2 年 6か 月 以 上 3 年 未 満 約 定 利 率 20% G 3 年 以 上 3 年 6か 月 未 満 約 定 利 率 40% 37

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082D082AA82B582F1918D8D878CFB8DC08EE688F893998B4B92E88F572E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082D082AA82B582F1918D8D878CFB8DC08EE688F893998B4B92E88F572E646F63> 当 金 庫 でお 預 りいたしますご 預 金 は 本 規 定 によりお 取 扱 いさせていただきます ひがしん 総 合 口 座 取 引 規 定 1. ( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 取 引 は ひがしん 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 といいます ) ができます 1 普 通 預 金 ( 無 利 息 型 普 通 預 金 を 含 みます 以 下 同

More information

中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からその 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 通 帳 または 証 書 記 載 の 中 間 利 払 利 率 によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利

中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からその 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 通 帳 または 証 書 記 載 の 中 間 利 払 利 率 によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利 自 由 金 利 型 定 期 預 金 M 型 (スーパー 定 期 ) 規 定 1.( 取 扱 店 の 範 囲 ) (1) 個 人 のお 客 さま この 預 金 は 当 店 のほか 当 金 庫 本 支 店 および 当 金 庫 が 提 携 した 他 の 労 働 金 庫 ( 以 下 提 携 金 庫 といいます )のどこの 店 舗 でも 預 入 れができます (2) 団 体 のお 客 さま この 預 金 は

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 号 の 取 引 は 三 井 住 友 信 託 の 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 といいます )ができます 1 普 通 預 金 2 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 自 由 金 利

More information

定 期 預 金 等 規 定 集 お 客 さまへ いつも 私 ども 三 菱 東 京 UFJ 銀 行 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます お 預 け 入 れいただきます 定 期 預 金 等 は その 種 類 など に 応 じ 本 規 定 集 に 記 載 した 規 定 が 適 用 されます ぜひご 一 読 のうえ 保 管 ください 目 次 定 期 預 金 共 通 規 定... 1 5 以

More information

総合口座取引規定

総合口座取引規定 総 合 口 座 取 引 規 定 1.( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 取 引 は おきぎん 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 という ) ができます 1 普 通 預 金 2 新 型 期 日 指 定 定 期 預 金 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 )(スーパー 定 期 ) および 自 由 金 利 型 定 期 定 期 預 金 ( 大 口 定

More information

Microsoft Word - 財形預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載.d

Microsoft Word - 財形預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載.d 財 産 形 成 預 金 規 定 集 室 蘭 信 用 金 庫 平 成 22 年 5 月 改 正 このたびは 室 蘭 信 用 金 庫 にご 預 金 をお 預 け 入 れいただき 誠 にありがとうございます お 客 様 からお 預 かりいたしましたご 預 金 は 本 規 定 集 によりお 取 扱 いさせていただきます ので ご 一 読 のうえ お 手 もとにお 備 えおきください 目 次 1. 基 本 規

More information

お 預 け 入 れのご 預 金 は 次 の 共 通 規 定 のほか 各 規 定 によりお 取 扱 いさせていただきます 共 通 規 定 1.( 証 券 類 の 受 入 れ) (1) 小 切 手 その 他 の 証 券 類 を 受 入 れたときは その 証 券 類 が 決 済 された 日 を 預 入 日

お 預 け 入 れのご 預 金 は 次 の 共 通 規 定 のほか 各 規 定 によりお 取 扱 いさせていただきます 共 通 規 定 1.( 証 券 類 の 受 入 れ) (1) 小 切 手 その 他 の 証 券 類 を 受 入 れたときは その 証 券 類 が 決 済 された 日 を 預 入 日 しみず 定 期 預 金 規 定 集 お 客 さ ま へ 毎 度 格 別 のお 引 き 立 てにあずかりまして まことにありがとうございます お 預 け 入 れいただきましたご 預 金 は この 規 定 集 の 該 当 ご 預 金 の 各 条 文 によりお 取 扱 いたしますので ご 一 読 いただきますようお 願 い 申 しあげます 目 次 共 通 規 定 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M

More information

一部解約可能型定期預金(複利型)規定

一部解約可能型定期預金(複利型)規定 一 部 解 約 可 能 型 定 期 預 金 ( 複 利 型 ) 規 定 この 規 定 は 一 部 解 約 可 能 型 定 期 預 金 ( 複 利 型 )についての 当 行 の 取 扱 いを 記 載 したものです な お この 預 金 には 満 期 時 に 自 動 継 続 の 取 扱 いをするもの( 以 下 自 動 継 続 型 といいます )と 自 動 解 約 の 取 扱 いをするもの( 以 下 満

More information

⑶ 第 1 項 により 相 殺 する 場 合 の 利 息 等 については 次 のとおりとしま 1 この 預 金 の 利 息 の 計 算 については その 期 間 を 相 殺 通 知 が 当 行 に 到 達 した 日 の 前 日 までとして 利 率 は 約 定 利 率 を 適 用 するものとしま 2

⑶ 第 1 項 により 相 殺 する 場 合 の 利 息 等 については 次 のとおりとしま 1 この 預 金 の 利 息 の 計 算 については その 期 間 を 相 殺 通 知 が 当 行 に 到 達 した 日 の 前 日 までとして 利 率 は 約 定 利 率 を 適 用 するものとしま 2 ホクギン 通 帳 式 定 期 預 金 をご 利 用 いただきありがとうございま 通 帳 式 定 期 預 金 規 定 をお 届 けいたしますのでご 覧 ください 通 帳 式 定 期 預 金 規 定 ( 共 通 規 定 ) 1. 定 期 預 金 の 種 類 ⑴ 通 帳 で 利 用 できる 定 期 預 金 の 種 類 は 次 のとおりとしま 1 自 由 金 利 型 定 期 預 金 2 自 由 金 利 型

More information

きは 当 行 所 定 の 方 式 により5 年 となるように 財 形 年 金 貯 蓄 の 受 取 開 始 のお 知 らせ 記 載 の 金 額 を 変 更 します (3) 年 金 受 取 間 隔 は 毎 月 および 3 ヶ 月 毎 のうち いずれかを 財 産 形 成 貯 蓄 申 込 書 等 上 で 選

きは 当 行 所 定 の 方 式 により5 年 となるように 財 形 年 金 貯 蓄 の 受 取 開 始 のお 知 らせ 記 載 の 金 額 を 変 更 します (3) 年 金 受 取 間 隔 は 毎 月 および 3 ヶ 月 毎 のうち いずれかを 財 産 形 成 貯 蓄 申 込 書 等 上 で 選 財 形 年 金 貯 蓄 預 金 取 引 規 定 この 規 定 は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます ) 第 6 条 第 2 項 に 基 づく 財 形 年 金 貯 蓄 についての 当 行 の 取 扱 いを 定 めたものです この 規 定 では 財 形 定 期 預 金 ( 半 年 複 利 型 )を この 預 金 といいます この 預 金 は 財 形 専 用 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63> 平 成 21 年 4 月 1 日 借 主 は 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 間 で 新 車 ローン ネット de カー のローン 契 約 ( 以 下 ローン 契 約 といいます )を 行 う 場 合 には 銀 行 と 別 途 締 結 する ローン 契 約 書 ( 兼 保 証 委 託 契 約 書 ) ( 以 下 ローン 契 約 書

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 自 動 継 続 ) (1) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 ( 以 下 この 預 金 といいます )は 通 帳 記 載 の 満 期 日 に 前 回 と 同 一 期 間 の 自 由 金 利 型 定 期 預 金 に 自 動 的 に 継 続 します 継 続 された 預 金 についても 同 様 とします (2) この 預 金 の 継 続 後 の 利 率 は 継 続 日 ( 継 続

More information

上 に 表 示 された 金 額 および 預 入 期 間 に 応 じた 利 率 を 適 用 します この 利 率 を 以 下 約 定 利 率 と いいます 専 用 定 期 預 金 の 利 息 は あらかじめ 指 定 された 単 利 または 複 利 のいずれかの 方 法 ( 以 下 単 利 型 または

上 に 表 示 された 金 額 および 預 入 期 間 に 応 じた 利 率 を 適 用 します この 利 率 を 以 下 約 定 利 率 と いいます 専 用 定 期 預 金 の 利 息 は あらかじめ 指 定 された 単 利 または 複 利 のいずれかの 方 法 ( 以 下 単 利 型 または インターネットバンキング 専 用 定 期 預 金 規 定 インターネットバンキング 専 用 定 期 預 金 ( 以 下 専 用 定 期 預 金 といいます )は 本 規 定 のほか さいきょうインターネットバンキングサービス 利 用 規 定 ( 以 下 インターネットバンキング 利 用 規 定 という )によりお 取 扱 いいたします 専 用 定 期 預 金 は 預 金 保 険 の 対 象 となります

More information

フリーローン「TOHOスマートネクスト」規定

フリーローン「TOHOスマートネクスト」規定 フリーローン TOHOスマートネクスト 規 定 (WEB 契 約 用 ) 私 はエム ユー 信 用 保 証 株 式 会 社 ( 以 下 保 証 会 社 といいます )の 保 証 に 基 づく 株 式 会 社 東 邦 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 金 銭 消 費 貸 借 契 約 ( 以 下 この 契 約 といいます )について 別 に 定 める 個 人 情 報 の 取 扱 い に 関

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

6. ( 利 息 ) この 預 金 は 預 入 取 引 成 立 時 点 ( 以 下 預 入 日 という )の 当 店 ホームページに 表 示 された 金 額 およ び 預 入 期 間 に 応 じた 利 率 を 適 用 しまこの 利 率 を 以 下 約 定 利 率 といいま この 預 金 の 利 息

6. ( 利 息 ) この 預 金 は 預 入 取 引 成 立 時 点 ( 以 下 預 入 日 という )の 当 店 ホームページに 表 示 された 金 額 およ び 預 入 期 間 に 応 じた 利 率 を 適 用 しまこの 利 率 を 以 下 約 定 利 率 といいま この 預 金 の 利 息 ウェブ 一 丁 目 支 店 定 期 預 金 規 定 ウェブ 一 丁 目 支 店 定 期 預 金 ( 以 下 この 預 金 といいま)は ウェブ 一 丁 目 支 店 定 期 預 金 規 定 ( 以 下 この 規 定 といいま)の 各 条 文 ならびにウェブ 一 丁 目 支 店 ご 利 用 規 定 およびウェブ 一 丁 目 支 店 専 用 インターネット モバイルバンキングサービス 規 定 によりお 取

More information

スルガ 銀 行 が 認 めた 場 合 に 限 り 銀 行 取 引 をご 利 用 いただけるものとします 但 し スルガ 銀 行 ANA 支 店 に おける 固 有 の 特 典 サービスは 一 切 利 用 又 は 享 受 する 権 利 を 失 うものとします 2. SMART BANK 取 引 規 定

スルガ 銀 行 が 認 めた 場 合 に 限 り 銀 行 取 引 をご 利 用 いただけるものとします 但 し スルガ 銀 行 ANA 支 店 に おける 固 有 の 特 典 サービスは 一 切 利 用 又 は 享 受 する 権 利 を 失 うものとします 2. SMART BANK 取 引 規 定 ANAマイレージクラブ Financial Pass 会 員 特 約 第 1 条 定 義 ANAマイレージクラブフィナンシャルパスカード( 以 下 カード という )は 全 日 本 空 輸 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 と いう )とスルガ 銀 行 株 式 会 社 ( 以 下 スルガ 銀 行 という )が 提 携 して 発 行 するものです 第 2 条 カード 機 能 (1) カードには 原

More information

(3) お 客 様 からこの 財 形 リツノーの 全 額 払 戻, 口 座 解 約 の 申 出 を 受 けたときは, 保 護 預 り 口 座 から 財 形 リツノーをすべて 払 出 し, 後 記 (4)の 手 続 をします (4) 保 護 預 り 口 座 から 払 出 された 財 形 リツノーを 当

(3) お 客 様 からこの 財 形 リツノーの 全 額 払 戻, 口 座 解 約 の 申 出 を 受 けたときは, 保 護 預 り 口 座 から 財 形 リツノーをすべて 払 出 し, 後 記 (4)の 手 続 をします (4) 保 護 預 り 口 座 から 払 出 された 財 形 リツノーを 当 財 形 貯 蓄 約 款 集 ( 財 形 貯 蓄 約 款 財 形 住 宅 貯 蓄 約 款 財 形 年 金 貯 蓄 約 款 ) 財 形 貯 蓄 約 款 この 約 款 は, 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 という ) 第 6 条 第 1 項 に 基 づく 財 形 貯 蓄 についての 当 金 庫 の 取 扱 いを 定 めたものです 当 金 庫 では,お 客 様 に 財 形 貯

More information

キャッシュワン会員規約

キャッシュワン会員規約 キャッシュワン 会 員 規 約 第 1 条 ( 会 員 ) 会 員 とは 本 規 約 を 承 認 のうえ 株 式 会 社 じぶん 銀 行 ( 以 下 当 行 という )に 当 行 所 定 の 申 込 書 によりキャッ シュワンカードの 入 会 申 込 をされ 当 行 が 審 査 のうえ 入 会 を 認 めた 方 をいいます 第 2 条 (カードの 貸 与 有 効 期 限 等 ) 1. 本 規 約 に

More information

Microsoft Word - 再修正:HP外貨預金告知文(旧泉州店)[1].doc

Microsoft Word - 再修正:HP外貨預金告知文(旧泉州店)[1].doc お 客 さま 各 位 平 成 23 年 10 月 株 式 会 社 池 田 泉 州 銀 行 外 貨 預 金 の 商 品 内 容 変 更 についてのお 知 らせ 拝 啓 平 素 は 格 別 のお 引 き 立 てを 賜 わり 厚 く 御 礼 申 し 上 げます この 度 当 行 では 平 成 24 年 1 月 に 旧 池 田 銀 行 旧 泉 州 銀 行 の 両 コンピュータシステムを 統 合 する 予 定

More information

ヤマダカード規約 2008年4月版

ヤマダカード規約 2008年4月版 第 1 章 前 提 事 項 第 1 条 ( 各 条 項 の 適 用 ) 次 条 以 下 の 規 定 は 契 約 者 が 本 件 融 資 申 込 書 ( 以 下 本 件 融 資 申 込 書 という ) 所 定 の 事 項 を 記 入 のうえ 株 式 会 社 セディナ( 以 下 当 社 という )に 対 して 融 資 を 申 し 込 み 当 社 が 所 定 の 審 査 手 続 を 経 てこの 申 込 を

More information

お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 や 苦 情 等 について お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 はお 取 引 店 または 金 融 商 品 営 業 部 金 融 商 品 管 理 課 (024-541-2304) 苦 情 につきましては 営 業 統 括 部 お 客

お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 や 苦 情 等 について お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 はお 取 引 店 または 金 融 商 品 営 業 部 金 融 商 品 管 理 課 (024-541-2304) 苦 情 につきましては 営 業 統 括 部 お 客 証 券 振 替 決 済 口 座 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) この 書 面 をよくお 読 みください 当 行 では お 客 さまから 有 価 証 券 ( 投 資 信 託 および 国 債 ならびに 地 方 債 をいいます 以 下 同 じ ) の 売 買 等 に 必 要 な 金 銭

More information

取引規定(ANA_.doc

取引規定(ANA_.doc スルガ Visa デビットカード 会 員 規 約 第 1 条 ( 会 員 ) 1.スルガ 銀 行 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という )に 普 通 預 金 ( 総 合 口 座 取 引 の 普 通 預 金 を 含 む ) 口 座 を 開 設 し 本 規 約 を 承 認 のうえ 当 社 が 運 営 するデビットカード 取 引 システム( 以 下 カードシステム という )への 入 会 を 申 し

More information

個人向け国債事務取扱要領

個人向け国債事務取扱要領 でんさいサービス 利 用 規 定 愛 知 信 用 金 庫 ( 以 下 当 金 庫 といいます)は 株 式 会 社 全 銀 電 子 債 権 ネットワーク( 以 下 でんさい ネット といいます)の 窓 口 金 融 機 関 として 利 用 者 ( 以 下 お 客 様 といいます)に 提 供 するでんさい サービス( 以 下 本 サービス といいます)について 次 のとおり 取 扱 いを 行 います なお

More information

1 お 客 様 は 当 社 所 定 の 総 合 取 引 申 込 書 に 必 要 事 項 を 記 載 し 署 名 捺 印 のうえ 当 社 に 申 込 むものとし その 際 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 の 規 定 に 従 い 本 人 確 認 を 行 わせていただきま

1 お 客 様 は 当 社 所 定 の 総 合 取 引 申 込 書 に 必 要 事 項 を 記 載 し 署 名 捺 印 のうえ 当 社 に 申 込 むものとし その 際 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 の 規 定 に 従 い 本 人 確 認 を 行 わせていただきま 岡 安 の 証 券 総 合 取 引 約 款 第 1 章 証 券 総 合 取 引 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は 有 価 証 券 の 保 護 預 り 社 債 株 式 等 の 振 替 に 関 する 法 律 ( 以 下 振 替 法 といいます )において 取 扱 う 証 券 の 取 引 累 積 投 資 取 引 外 国 証 券 の 取 引 新 光 MRF(マネー リザーブ フアンド)の

More information

ホームページ作成サービス利用契約約款

ホームページ作成サービス利用契約約款 ホームページ 作 成 サービス 利 用 契 約 約 款 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. ファーストサーバ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は このホームページ 作 成 サービス 利 用 契 約 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます )に 定 めるところにより 本 サービス( 第 3 条 第 1 号 に 定 義 )を 提 供 しま す 本 約 款 は 当 社 とお

More information

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2)

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2) WebMoney 加 盟 店 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 約 は 株 式 会 社 ウェブマネー( 以 下 当 社 という)と WebMoney 加 盟 店 契 約 ( 以 下 加 盟 店 契 約 という)を 締 結 した 加 盟 店 との 契 約 関 係 について 定 めることを 目 的 とします 第 2 条 ( 定 義 ) 本 規 約 において 次 の 用 語 は 以 下 に 規

More information

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社 神 戸 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 46 年 7 月 21 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 神 戸 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 神 戸 手 形 交 換 所 ( 以

More information

第 7 条 ( 支 払 い)カードショッピングの 利 用 代 金 及 び 手 数 料 ( 以 下 カードショッピングの 支 払 金 または 分 割 払 いの 場 合 には 分 割 支 払 金 合 計 リボルビング 払 いの 場 合 には 弁 済 金 といいます ) 並 びにキャッシングサービスの 融

第 7 条 ( 支 払 い)カードショッピングの 利 用 代 金 及 び 手 数 料 ( 以 下 カードショッピングの 支 払 金 または 分 割 払 いの 場 合 には 分 割 支 払 金 合 計 リボルビング 払 いの 場 合 には 弁 済 金 といいます ) 並 びにキャッシングサービスの 融 NC 第 一 信 販 VISAカード 会 員 規 約 会 員 規 約 を よ く お 読 み く だ さ い 第 Ⅰ 章 一 般 条 項 第 1 条 ( 本 会 員 家 族 会 員 )(1) ) 本 規 約 を 承 認 のうえ 第 一 信 販 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)に 入 会 の 申 込 みをし 当 社 が 適 格 と 認 めた 方 を 本 会 員 とします (2) 本 会 員

More information

FAXで 込 みは 下 記 枠 内 すべて 項 目 を 込 みご 本 人 さまが 正 確 にご 記 入 ください 込 人 ご 職 名 前 ご 職 入 社 ( 創 ) 月 前 税 込 収. 明 治. 大 正 3. 4. 平 成 同 居 人. 持. 族 持 3. 社 宅 寮 6. 公 団 公 営 住 宅

FAXで 込 みは 下 記 枠 内 すべて 項 目 を 込 みご 本 人 さまが 正 確 にご 記 入 ください 込 人 ご 職 名 前 ご 職 入 社 ( 創 ) 月 前 税 込 収. 明 治. 大 正 3. 4. 平 成 同 居 人. 持. 族 持 3. 社 宅 寮 6. 公 団 公 営 住 宅 自 由 設 型 住 宅 ローン 仮 審 査 込 書 記 入 要 領 込 みにあたって. 込 み 内 容 につきまして 客 さまにご 確 認 させていただく 場 合 がございますでご 了 承 ください.こ 仮 審 査 込 書 は 客 さまにご 返 却 いたしません 3. 込 後 日 程 度 経 過 して 仮 審 査 結 果 等 連 絡 がない 場 合 は 仮 審 査 込 書 未 着 も 考 えられま

More information

a. 預 入 期 間 が3 年 1か 月 以 上 の 場 合 3 年 スーパー 定 期 ( 複 利 型 ) b. 預 入 期 間 が3 年 を 超 え3 年 1か 月 未 満 の 場 合 預 入 日 (または 継 続 日 )の1 年 後 の 応 当 日 を 満 期 日 とするスーパー 定 期 ( 以

a. 預 入 期 間 が3 年 1か 月 以 上 の 場 合 3 年 スーパー 定 期 ( 複 利 型 ) b. 預 入 期 間 が3 年 を 超 え3 年 1か 月 未 満 の 場 合 預 入 日 (または 継 続 日 )の1 年 後 の 応 当 日 を 満 期 日 とするスーパー 定 期 ( 以 積 立 定 期 預 金 ひまわり ひまわり 規 定 (インターネット 支 店 ) ( 平 成 27 年 3 月 16 日 現 在 ) 1.( 預 金 の 預 入 れ 等 ) (1) 当 行 インターネット 支 店 ( 以 下 当 店 といいます)の 積 立 定 期 預 金 ひまわり ( 以 下 この 預 金 といいます)の 預 入 れは1 回 100 円 以 上 とします (2)この 預 金 は ちばぎんマイアクセスの

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

第 3 条 ( 法 令 等 の 遵 守 ) お 客 さまおよび 当 社 は 本 取 引 を 行 うにあたり 本 約 款 金 融 商 品 取 引 法 外 国 為 替 および 外 国 貿 易 法 その 他 の 法 令 諸 規 則 を 遵 守 するものとします 第 4 条 (リスクおよび 自 己 責 任

第 3 条 ( 法 令 等 の 遵 守 ) お 客 さまおよび 当 社 は 本 取 引 を 行 うにあたり 本 約 款 金 融 商 品 取 引 法 外 国 為 替 および 外 国 貿 易 法 その 他 の 法 令 諸 規 則 を 遵 守 するものとします 第 4 条 (リスクおよび 自 己 責 任 JNB-FX PLUS( 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 ) 約 款 第 1 条 ( 適 用 範 囲 ) 本 約 款 は ジャパンネット 銀 行 ( 以 下 当 社 といいます)の 提 供 する JNB-FX PLUS( 一 般 タイ プ) および JNB-FX PLUS( 初 級 タイプ) と 称 するサービス( 以 下 両 サービスを 総 称 して 本 サ ービス とし 個 別 に

More information

キョーKYOツー-2カード会員(ポイントカード)規約(案)

キョーKYOツー-2カード会員(ポイントカード)規約(案) キョーツーカードプラス ポイントカード 会 員 規 約 (ご 入 会 時 には 必 ずお 読 みください) 第 1 条 ( 会 員 資 格 ) 会 員 とは 本 規 約 を 承 認 の 上 株 式 会 社 キョーエイ( 以 下 弊 社 という) 所 定 の 手 続 きにより キョーツーカードプラス ( 以 下 会 員 カード という) 会 員 の 入 会 を 申 し 込 まれ 弊 社 より 会 員

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ( 以 下 中 小 機 構 といいます )は 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 の 各 種 事 務 手 続 きを 団 体 および 金 融 機 関 に 委 託 しています 共 済 契 約 者 が 共 済 金 の 貸 付 請 求 をす

独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ( 以 下 中 小 機 構 といいます )は 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 の 各 種 事 務 手 続 きを 団 体 および 金 融 機 関 に 委 託 しています 共 済 契 約 者 が 共 済 金 の 貸 付 請 求 をす 平 成 23 年 10 月 第 1 版 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 金 貸 付 請 求 及 び 受 領 に 係 る 記 入 要 領 ( 貸 付 請 求 者 用 ) 共 済 金 貸 付 請 求 をするときは この 手 続 領 をよく お 読 みのうえ 請 求 および 受 領 の 手 続 きをしてください 1. 共 済 金 の 貸 付 請 求 手 続 きについて 1 ページ 2. 共 済 金

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

会員規約(バニラVisaオンライン会員用)

会員規約(バニラVisaオンライン会員用) 会 員 規 約 (バニラ Visa オンライン 会 員 用 ) 第 1 条 ( 目 的 ) (1) 本 規 約 は インターネット 上 の 加 盟 店 で 代 金 決 済 に 利 用 する ことができるインターネット 決 済 専 用 プリペイドカードであって SBI カード 株 式 会 社 ( 以 下 SBI カード 又 は 当 社 という ) が 発 行 するもの( 名 称 :バニラ Visa オンライン(

More information

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度 取 引 先 の 突 然 の 倒 産 もしものときの 資 金 調 達 しっかりサポートします 経 営 セーフティ 共 済 ( 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 ) 制 度 のしおり 平 成 23 年 10 月 経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため

More information

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予 猶 予 申 請 の 手 引 き 猶 予 制 度 とは 税 金 を 滞 納 すると 納 付 するまで 延 滞 金 がかかります また 督 促 状 を 受 けて 10 日 を 経 過 してもなお 納 付 されない 場 合 は 財 産 を 調 査 し 差 押 えなどの 滞 納 処 分 を 受 ける ことがあります ただし 税 金 を 一 時 に 納 付 することが 困 難 な 理 由 があり 納 税 について

More information

僅 追 加 型 証 券 投 資 信 託 パン パシフィック 外 国 債 券 オープン 約 款 明 治 安 田 アセットマネジメント 株 式 会 社 運 用 の 基 本 方 針 約 款 第 22 条 に 基 づき 委 託 者 の 定 める 運 用 の 基 本 方 針 は 次 のものとします 1. 基 本 方 針 この 投 資 信 託 は 安 定 した 収 益 の 確

More information

Gi電気料金一括請求サービス約款

Gi電気料金一括請求サービス約款 Gi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービス 約 款 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 本 約 款 の 適 用 ) 株 式 会 社 インボイス( 以 下 当 社 といいます)は このGi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービ ス 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)を 定 め 本 約 款 に 基 づき 第 4 条 に 定 めるサービ ス( 以 下 本 サービス1と 本 サービス2を 総

More information

ビジネス会員規約

ビジネス会員規約 ビジネス 会 員 規 約 第 1 条 ( 規 約 の 適 用 ) 1. ファーストサーバ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )が 指 定 する 各 種 サービス( 以 下 当 社 サービス といいます )を 利 用 する 際 このビジネス 会 員 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )に 基 づくビジネス 会 員 ( 以 下 会 員 といいます )の 登 録 が 必 要 です

More information

Microsoft Word - koukankisoku(28.9

Microsoft Word - koukankisoku(28.9 大 阪 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 47 年 2 月 7 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 大 阪 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 大 阪 手 形 交 換 所 ( 以 下

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW WAON 利 用 加 盟 店 規 約 第 1 条 目 的 1. 本 規 約 は 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)と 利 用 者 間 の 取 引 代 金 の 決 済 に WAON を 利 用 することに 関 し 甲 とイオンクレジットサービス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という) との 間 におけるWAONの 取 扱 い 及 びWAONに 係 る 契 約 関 係 ( 以 下 本 契 約 という)に

More information

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号 東 京 手 形 交 換 所 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 参 加 銀 行 第 1 節 参 加 および 脱 退 ( 第 5 条 第 15 条 ) 第 2 節 加 入 金 および 経 費 分 担 金 ( 第 16 条 第 19 条 ) 第 3 節 保 証 金 ( 第 20 条 第 21 条 ) 第 3 章 手 形 交 換 第 1 節 総 則 ( 第 22

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

丸三の総合取引約款

丸三の総合取引約款 総 合 取 引 約 款 第 1 章 総 合 取 引 ( 平 成 28 年 1 月 改 定 ) ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は 取 引 口 座 の 設 定 累 積 投 資 取 引 証 券 総 合 口 座 サービス 自 動 運 用 買 付 換 金 取 引 および 国 内 外 貨 建 債 券 取 引 又 はそれらを 組 合 わせた 取 引 等 ( 以 下 総 合 取 引 といいます

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

三井住友VISAカード&三井住友マスターカード加盟店規約

三井住友VISAカード&三井住友マスターカード加盟店規約 三 井 住 友 VISAカード& 三 井 住 友 マスターカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 ( 加 盟 店 ) 1. 本 規 約 を 承 認 のうえ 三 井 住 友 カード 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)に 加 盟 を 申 込 み 当 社 が 加 盟 を 認 めた 法 人 個 人 または 団 体 を 加 盟 店 とします なお 本 規 約 に 基 づき 当 社 と 加 盟 店 間

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

養老保険普通保険約款

養老保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 責 任 開 始 期 第 1 条 責 任 開 始 期 2 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 戦 争 その 他 の 変 乱 第 5 条 保 険 金 の 請 求 支 払 の 手 続 3 保 険 料 の 払 込 免 除 第 6 条 保 険 料 の 払 込 免 除 第 7 条 保 険

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 第 1 条 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 2 責 任 開 始 期 第 2 条 責 任 開 始 期 3 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 額 第 4 条 保 険 金 の 支 払 第 5 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 6 条 戦 争 その 他 の 変 乱

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

詳 細 については URL:http://www.cedyna.co.jp/および http://p-fs.co.jp/ 参 照 )に 提 供 することにつき 予 め 同 意 するものとします 2.ローンパートナーは 信 販 会 社 の 加 盟 店 登 録 に 関 し 自 らの 判 断 で 行 うも

詳 細 については URL:http://www.cedyna.co.jp/および http://p-fs.co.jp/ 参 照 )に 提 供 することにつき 予 め 同 意 するものとします 2.ローンパートナーは 信 販 会 社 の 加 盟 店 登 録 に 関 し 自 らの 判 断 で 行 うも SBI オートサポート ローンパートナー 制 度 利 用 規 約 第 1 条 ( 適 用 範 囲 ) 本 規 約 は SBI オートサポート 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という )が 運 営 する 第 3 条 記 載 の 制 度 ( 以 下 本 制 度 という )への 登 録 を 希 望 し 当 社 が 管 理 運 営 するサイト 内 におい て 申 込 をし 当 社 において 登 録 を

More information

した 金 額 がカード 利 用 可 能 枠 を 超 えない 範 囲 で 利 用 できます 但 し 当 社 が 必 要 と 認 めた 場 合 はいつでも 利 用 可 能 枠 を 変 更 又 は 利 用 停 止 ができるものとします 2 会 員 は 当 社 が 承 認 した 場 合 を 除 き 利 用

した 金 額 がカード 利 用 可 能 枠 を 超 えない 範 囲 で 利 用 できます 但 し 当 社 が 必 要 と 認 めた 場 合 はいつでも 利 用 可 能 枠 を 変 更 又 は 利 用 停 止 ができるものとします 2 会 員 は 当 社 が 承 認 した 場 合 を 除 き 利 用 日 産 カード 会 員 規 約 一 般 条 項 第 1 条 ( 会 員 ) 1 会 員 とは 次 の 各 号 のすべてに 該 当 する 方 で 本 規 約 を 承 認 の 上 株 式 会 社 日 産 フィナンシャルサービス( 以 下 当 社 という)に 入 会 を 申 込 み 当 社 が 入 会 を 認 めた 方 をいいます ( 以 下 会 員 という) 1 原 則 として 18 才 以 上 の 普

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

e-Probatio PS2サービス利用約款

e-Probatio PS2サービス利用約款 e-probatio PS2 サービス 利 用 約 款 ( 本 約 款 の 目 的 と 範 囲 ) 第 1 条 e-probatio PS2 サービス 利 用 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)は 株 式 会 社 エヌ テ ィ ティ ネオメイト( 以 下 当 社 といいます)が 運 営 する 電 子 認 証 局 ( 以 下 認 証 局 とい います)が 提 供 する e-probatio

More information

01 国有財産売払公示書

01 国有財産売払公示書 国 有 財 産 売 払 公 示 書 国 有 財 産 の 売 払 について 下 記 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 1 売 払 物 件 物 件 番 号 所 在 地 区 分 種 目 数 量 28-1 福 山 市 千 田 町 1-393-2 土 地 宅 地 170.14 m2 28-2 福 山 市 北 本 庄 2 丁 目 111-2 土 地 宅 地 658.94 m2 28-3 広 島

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被

事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被 2016 1 1 事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被 保 険 者 が 賠 償 責 任 を 負 う 事 故 が 発 生 した 場 合 は 弊

More information

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256>

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256> 法 人 県 民 税 事 業 税 申 告 書 の 記 載 の 手 引 等 埼 玉 県 県 税 事 務 所 目 次 法 人 県 民 税 均 等 割 の 税 率 について p 1 法 人 県 民 税 法 人 税 割 の 税 率 について p 2 法 人 事 業 税 の 税 率 について p 3 添 付 書 類 について p 6 利 子 割 額 の 控 除 還 付 制 度 について p 7 第 6 号 様

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

第 2 章 口 座 売 買 注 文 の 取 扱 い 等 第 4 条 取 引 口 座 の 開 設 1.お 客 様 は 以 下 の 要 件 をすべて 満 たす 場 合 に 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 口 座 ( 以 下 本 口 座 といいます )の 開 設 を 申 込 むことができ 本

第 2 章 口 座 売 買 注 文 の 取 扱 い 等 第 4 条 取 引 口 座 の 開 設 1.お 客 様 は 以 下 の 要 件 をすべて 満 たす 場 合 に 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 口 座 ( 以 下 本 口 座 といいます )の 開 設 を 申 込 むことができ 本 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 取 扱 規 定 ( ダイワFX 取 扱 規 定 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 規 定 の 趣 旨 この 規 定 ( 以 下 本 規 定 といいます )は お 客 様 と 大 和 証 券 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 とい います )との 間 でインターネットを 利 用 して 行 う 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 (ダイワFX)(

More information

(1) 公 序 良 俗 に 反 するもの (2) 銃 刀 法 麻 薬 取 締 法 ワシントン 条 約 薬 事 法 等 法 令 の 定 めに 違 反 するもの (3) 第 三 者 の 著 作 権 肖 像 権 知 的 財 産 権 等 を 侵 害 する 恐 れがあるもの (4) その 他 当 社 が 不

(1) 公 序 良 俗 に 反 するもの (2) 銃 刀 法 麻 薬 取 締 法 ワシントン 条 約 薬 事 法 等 法 令 の 定 めに 違 反 するもの (3) 第 三 者 の 著 作 権 肖 像 権 知 的 財 産 権 等 を 侵 害 する 恐 れがあるもの (4) その 他 当 社 が 不 ユーシーカード 加 盟 店 規 約 < 一 般 条 項 > 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) 本 規 約 において 使 用 する 次 の 用 語 は 以 下 の 意 味 を 有 します 1. 加 盟 店 とは 本 規 約 承 認 のうえ 別 記 のクレジットカード( 以 下 当 社 といいます)に 加 盟 申 込 みをした 個 人 法 人 ( 以 下 総 称 して 加 盟 店 申 込 者 といいます)で

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

に 変 更 が 生 じた 場 合 速 やかに 本 オークション 事 務 局 まで 連 絡 します 2. 会 員 の 権 利 義 務 (1) 会 員 の 権 利 会 員 は 本 オークションサイト 上 で 会 員 として 認 められた 機 能 を 使 用 することができ 本 オークションサイ ト 上

に 変 更 が 生 じた 場 合 速 やかに 本 オークション 事 務 局 まで 連 絡 します 2. 会 員 の 権 利 義 務 (1) 会 員 の 権 利 会 員 は 本 オークションサイト 上 で 会 員 として 認 められた 機 能 を 使 用 することができ 本 オークションサイ ト 上 アクティオオークション 入 会 規 約 (Vol.001.01) 2014 年 2 月 10 日 現 在 アクティオオークション 事 務 局 アクティオ 海 外 事 業 部 TEL:03-6854-1413 Mail:info@aktio-auction.com 本 規 約 は 株 式 会 社 アクティオ( 以 下 主 催 者 )が 主 催 するアクティオオークション( 以 下 本 オークション )

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは 神 奈 川 県 タクシー 厚 生 共 済 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする (

More information

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要 札 幌 市 管 工 事 業 協 同 組 合 定 款 昭 和 48 年 12 月 18 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を

More information

<4D F736F F D20834B CF6974C8DE08E B70816A87432E646F63>

<4D F736F F D20834B CF6974C8DE08E B70816A87432E646F63> 菰 野 町 インターネット 公 有 財 産 売 却 ( 以 下 公 有 財 産 売 却 といいます )をご 利 用 いただくには 以 下 の 誓 約 書 および 菰 野 町 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン( 以 下 本 ガイドライン といいます) をよくお 読 みいただき 同 意 していただくことが 必 要 です また 公 有 財 産 売 却 の 手 続 きなどに 関 して 本

More information

機器保証利用規約

機器保証利用規約 端 末 補 償 for ismart 利 用 規 約 株 式 会 社 フォーバルテレコム( 以 下 当 社 といいます )は 当 社 の 指 定 する 商 品 を 購 入 するお 客 様 ( 以 下 利 用 者 といいます ) 向 けに 以 下 に 定 める 機 器 保 証 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )に 基 づき 端 末 補 償 for ismart ( 以 下 本 サービス

More information

きな 利 益 を 得 られる 可 能 性 がある 反 面 多 大 な 損 失 を 生 じるリスクがある こと 5 本 取 引 には 損 失 を 抑 制 する 目 的 でロスカット ルールを 設 定 しています が( 第 13 条 参 照 ) 市 況 環 境 によっては このルールに 基 づくロスカッ

きな 利 益 を 得 られる 可 能 性 がある 反 面 多 大 な 損 失 を 生 じるリスクがある こと 5 本 取 引 には 損 失 を 抑 制 する 目 的 でロスカット ルールを 設 定 しています が( 第 13 条 参 照 ) 市 況 環 境 によっては このルールに 基 づくロスカッ 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 約 款 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 本 約 款 は お 客 様 と SBI FX トレード 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます)との 間 で 行 なう 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 ( 以 下 本 取 引 といいます)に 関 する 権 利 義 務 関 係 等 を 明 確 にするための 取 り 決 めで ( 定 義 ) 第 2 条 本

More information

個人向け国債の事務取扱いに関する細則

個人向け国債の事務取扱いに関する細則 個 人 向 け 国 債 の 事 務 取 扱 いに 関 する 細 則 目 次 1.この 細 則 の 適 用 2. 用 語 の 定 義 3. 募 集 に 関 する 事 務 4. 払 込 等 に 関 する 事 務 5. 中 途 換 金 に 関 する 事 務 6. 手 数 料 に 関 する 事 務 7. 振 替 先 口 座 の 確 認 8. 所 要 事 項 の 決 定 等 9. 雑 則 [ 参 考 1] 計

More information

1.ご 契 約 者 カード 当 行 はお 客 さまが 本 サービスを 利 用 する 際 に お 客 さまご 本 人 であることを 確 認 するために 必 要 な 事 項 を 記 載 した ご 契 約 者 カード を 貸 与 し 同 カードについては 店 頭 において 即 時 に 交 付 もしくは 当

1.ご 契 約 者 カード 当 行 はお 客 さまが 本 サービスを 利 用 する 際 に お 客 さまご 本 人 であることを 確 認 するために 必 要 な 事 項 を 記 載 した ご 契 約 者 カード を 貸 与 し 同 カードについては 店 頭 において 即 時 に 交 付 もしくは 当 百 五 ダイレクトバンキンク 規 定 百 五 ダイレクトバンキング 規 定 ( 以 下 本 規 定 といい)は お 客 さまが 百 五 ダイレクトバンキング を 利 用 する 場 合 の 取 扱 を 明 記 し たものです 各 種 サービスを 利 用 する 場 合 は 下 記 条 項 のほか 別 途 当 行 が 定 める 各 取 引 規 定 が 適 用 されることに 同 意 したものとして 取 り

More information

変額個人年金保険普通保険約款

変額個人年金保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 特 別 勘 定 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 各 特 別 勘 定 への 繰 入 比 率 の 指 定 変 更 2 積 立 金 第 3 条 積 立 金 第 4 条 積 立 金 の 移 転 3 責 任 開 始 期 第 5 条 責 任 開 始 期 4 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払 日 第 6 条 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

- 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申 込 順 に よ る 売 却 1 申

- 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申 込 順 に よ る 売 却 1 申 先 着 申 込 順 による 市 有 財 産 ( 土 地 ) 売 却 実 施 要 領 物 件 案 内 平 成 27 年 度 阿 賀 野 市 - 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申

More information

SSLサーバー証明書取得・管理契約約款

SSLサーバー証明書取得・管理契約約款 SSL サーバー 証 明 書 取 得 管 理 契 約 約 款 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. ファーストサーバ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は この SSL サーバー 証 明 書 取 得 管 理 契 約 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます )に 定 めるところにより 本 サービス( 第 3 条 第 1 号 に 定 義 )を 提 供 し ます 本 約 款 は

More information

Microsoft Word リスク説明書(HP掲載用:消費税対応)

Microsoft Word リスク説明書(HP掲載用:消費税対応) 家 賃 返 済 特 約 付 きフラット35に 関 する 覚 書 に 関 する 制 度 リスク 説 明 Ⅰ 制 度 内 容 について< 住 宅 金 融 支 援 機 構 が 実 施 する 内 容 の 説 明 > 1~17は 住 宅 金 融 支 援 機 構 が 実 施 する 家 賃 返 済 特 約 付 きフラット35 の 制 度 内 容 留 意 点 等 についての 説 明 です なお 本 内 容 については

More information

りそなVisaデビットカード規定

りそなVisaデビットカード規定 りそなVisaデビットカード 規 定 1.( 会 員 ) (1) 株 式 会 社 埼 玉 りそな 銀 行 ( 以 下 当 社 といいま)に 普 通 預 金 口 座 ( 以 下 預 金 口 座 といいま) を 開 設 し 本 規 定 を 承 認 のうえ 当 社 が 運 営 するVisaデビットカード 取 引 システム( 以 下 カードシステ ム といいま)への 入 会 を 申 し 込 まれた 方 で

More information

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2 全 国 天 然 木 化 粧 合 単 板 工 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 昭 和 47 年 4 月 10 日 設 立 認 可 昭 和 47 年 4 月 21 日 成 立 昭 和 49 年 10 月 3 日 定 款 変 更 昭 和 51 年 6 月 17 日 定 款 変 更 昭 和 53 年 6 月 19 日 定 款 変 更 昭 和 57 年 7 月 1 日 定 款 変 更 昭 和 62 年

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

<414E41205649534120537569636120834A815B83682089EF88F58B4B96F19399>

<414E41205649534120537569636120834A815B83682089EF88F58B4B96F19399> ANA VISA Suica カード 会 員 規 約 等 ANA VISA Suicaカード 会 員 特 約 第 1 条 ( 名 称 および 本 特 約 の 目 的 ) 1. 本 カードは 全 日 本 空 輸 株 式 会 社 ( 以 下 ANA という) 東 日 本 旅 客 鉄 道 株 式 会 社 ( 以 下 JR 東 日 本 という)お よび 三 井 住 友 カード 株 式 会 社 ( 以 下 三

More information

地震保険普通保険約款

地震保険普通保険約款 地 震 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 ( 建 物 の 場 合 ) 建 物 の 主 要 構 造 部 の 損 害 の 額 が その 建 物 の 保 険 価 額 ( 注 )の3% 以 上 20% 未 満 である 損

More information

奈 良 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 第 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 について 1. 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 ( 以 下 のいずれかに 該 当 する 方 は 公 有 財 産 売 却 へ 参 加 することができません) (1) 地 方 自 治

奈 良 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 第 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 について 1. 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 ( 以 下 のいずれかに 該 当 する 方 は 公 有 財 産 売 却 へ 参 加 することができません) (1) 地 方 自 治 奈 良 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ( 以 下 公 有 財 産 売 却 といいます)をご 利 用 いただくには 以 下 の 誓 約 書 および 奈 良 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン をよくお 読 みいただき 同 意 してい ただくことが 必 要 です また 公 有 財 産 売 却 の 手 続 きなどに 関 して 奈 良 市 インターネット 公 有 財 産

More information

に 返 却 します 8 保 証 金 返 却 にあたって 別 途 主 催 者 に 対 する 債 務 がある 場 合 保 証 金 を 充 当 し 残 額 を 銀 行 手 数 料 を 差 し 引 いて 返 却 します 4. 会 員 の 権 利 と 責 任 1 会 員 はオークションに 参 加 し 出 展

に 返 却 します 8 保 証 金 返 却 にあたって 別 途 主 催 者 に 対 する 債 務 がある 場 合 保 証 金 を 充 当 し 残 額 を 銀 行 手 数 料 を 差 し 引 いて 返 却 します 4. 会 員 の 権 利 と 責 任 1 会 員 はオークションに 参 加 し 出 展 平 成 27 年 4 月 20 日 株 式 会 社 ワキタ WIN オークション 会 員 規 約 株 式 会 社 ワキタ 国 際 営 業 部 大 阪 市 西 区 江 戸 堀 1 丁 目 3-20 TEL: 06-6449-1910 前 文 : 本 会 員 規 約 は 株 式 会 社 ワキタ( 以 下 主 催 者 )が 主 催 運 営 する WIN オークション( 以 下 オークション)の 参 加 条

More information

〈ろうきん〉預金規定等の改定のお知らせ

〈ろうきん〉預金規定等の改定のお知らせ ろうきん 預 金 規 定 等 の 改 定 のお 知 らせ ろうきん は 2014 年 1 月 に 新 システムへ 移 行 いたします 新 システム 移 行 にともない 2014 年 1 月 1 日 より 普 通 預 金 規 定 をはじめとする 各 種 預 金 等 の 規 定 を 改 定 させていただきます つきましては 預 金 規 定 等 の 主 な 改 定 内 容 を 下 記 のとおりご 案 内

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

20140914173150

20140914173150 個 人 情 報 の 取 扱 いに 関 する 同 意 条 項 申 込 者 並 びに 家 族 会 員 申 込 者 ( 以 下 契 約 成 立 により 申 込 者 並 びに 家 族 会 員 申 込 者 が 会 員 となった 場 合 を 総 称 して 会 員 という)は 本 同 意 条 項 及 び 今 回 お 申 込 される 規 約 等 に 同 意 の 上 申 込 をします 第 1 条 ( 個 人 情 報

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

修正案_Yahoo!_H26.9

修正案_Yahoo!_H26.9 群 馬 県 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン(Yahoo! 版 ) 第 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 など 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 以 下 のいずれかに 該 当 する 方 は 公 有 財 産 売 却 へ 参 加 することができません (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 または 第 2 項 各 号 に

More information

【個人情報の取扱い】

【個人情報の取扱い】 リース 契 約 条 項 第 1 条 東 洋 自 動 車 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)は 契 約 書 (1) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 自 動 車 という)をお 客 様 ( 以 下 甲 という)に リースし 甲 はこれを 借 受 けます 第 2 条 リース 期 間 はリース 契 約 書 (2) 記 載 の 期 間 とします 甲 は 契 約 締 結 の 日 からリース 期 間 が

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information