<4D F736F F F696E74202D2095D28F5788F582E08ABE82F082A982AB82DC82B721332E707074>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095D28F5788F582E08ABE82F082A982AB82DC82B721332E707074>"

Transcription

1 編 集 員 も 汗 をかきます! ~デジタルプラクティスの 論 文 の 質 の 向 上 に 向 けて~ NEC 中 央 研 究 所 中 田 登 志 之 1

2 デジタルプラクティスの 論 文 の 特 徴 目 的 様 々な 実 務 の 現 場 におけるIT 実 践 の 中 で 積 み 重 ねられる 創 意 工 夫, 新 しい 利 用 法, 経 験 から 得 られる 教 訓 などを 論 文 の 形 にして 社 会 全 体 で 公 開 共 有 し 再 利 用 すること 論 文 誌, 学 会 誌,デジタルプラクティスの 比 較 論 文 誌 研 究 者 に 研 究 成 果 発 表 の 場 を 提 供 プロダクトアウト, 投 稿 論 文 の 選 別 1つの 論 文 は 比 較 的 狭 い 技 術 範 囲 にフォーカス 新 規 性 と 有 用 性 を 重 視 普 遍 性 のある 学 術 的 な 課 題 論 文 特 有 の 学 術 向 け 文 体 構 成 学 会 誌 会 員 に 技 術 動 向 等 の 情 報 知 識 を 提 供 企 画 によるコンテンツ 重 視 先 進 的 分 野 または 特 定 分 野 の 横 断 的 な 解 説 記 事. 学 会 行 事, ニュース, 各 種 情 報 の 要 約 等 客 観 性, 中 立 性, 網 羅 性 を 重 視 広 汎 な 分 野 の 会 員 にとって 読 み やすく 分 かりやすい 記 述 デジタルプラクティス 非 会 員 を 含 む 実 務 家 に 社 会 的 に 有 用 な 実 践 や 経 験 を 半 永 続 的 に 共 有 公 開 するする 場 を 提 供 マーケットイン, 投 稿 者 読 者 サー ビス 重 視 複 数 の 論 文 と, 周 辺 支 援 記 事 や 情 報 による 立 体 的 な 編 集 社 会 的 有 用 性 を 重 視 実 務 における 具 体 的 な 課 題 編 集 委 員 会 が 文 体 や 構 成 を 校 正. 著 者 と 共 同 推 敲 2

3 共 同 推 敲 プロセス 目 的 論 文 執 筆 に 不 慣 れな 著 者 にとって 執 筆 投 稿 の 敷 居 を 下 げることと, 読 者 にとって 採 録 論 文 の 読 みやすさを 向 上 させること 編 集 担 当 が1 名 専 属 について 最 大 6 週 間 をか けて 共 同 推 敲 を 行 う 編 集 担 当 は 著 者 からの 相 談 を 受 けつつ 著 者 の 改 訂 作 業 を 支 援, 補 助 する. 主 として 表 現 が 適 切 かつ 十 分 になるように 改 訂 を 手 伝 うが, 必 要 と 判 断 した 場 合 は 内 容 についても 改 訂 を 手 伝 う. 3

4 デジタルプラクティス 論 文 の 理 想 的 な 構 成 背 景 課 題 あなたの 会 社, 部 門 が 抱 えていた 課 題 を 読 者 が 共 感 できるよう に, 具 体 的 に 記 述 してください. 解 決 方 法 上 記 の 課 題 を 解 決 するために, 採 用 した 手 法 を 具 体 的 に 記 述 してください. 実 践 ( 適 用 結 果 ) 結 論 ここでいう 実 践 とは,あなたが 仕 事 で 向 き 合 った 課 題 に,あな た 自 身 あるいはあなたのチームがどのように 向 き 合 って 解 決 し たか,その 日 々の 行 動 を 指 しています. 特 にやってみてはじめ てわかったこと, 理 屈 ではこうなるはずだったけどやってみたら 違 ったことなどの 実 際 の 経 験 を 記 述 してください. 課 題, 解 決 方 法, 実 践 を 簡 単 に 振 り 返 ってください. 4

5 編 集 担 当 が 留 意 する 点 論 文 としての 構 成 前 スライドに 書 いてあるようなストーリーになっている か?( 必 ずしもそれに 縛 られる 必 要 は 無 い) 読 者 にとって 有 用 な 情 報 が 記 されているか 単 なる 解 説 記 事 になっていないか 等 を 吟 味 自 分 が 知 りたい 点 などを 要 望 ( 編 集 担 当 特 権?) 読 み 易 さ( 自 分 が 読 者 になったつもりで) 論 理 的 なつながり ( 飛 躍 がないか 著 者 の 思 い 込 み が 読 者 に 読 み 取 れない 場 合 など) 長 すぎる 文 の 調 整 主 語 述 語 の 不 一 致 など 5

6 本 当 に 効 果 があるの? 著 者 へのアンケート 共 同 推 敲 を 実 施 して 良 かった? 良 かった 14 => 再 度 投 稿 の 時 も 共 同 推 敲 を 悪 かった 1 => 受 けたくない 共 同 推 敲 という 制 度 を 知 って,どの 様 に 感 じられましたか? 良 い 制 度 14 特 に 何 とも 1 何 度 くらい 共 同 推 敲 のやりとりをされましたか? 3 回 6 4 回 2 5 回 4 6/8/10 回 1 その 回 数 は 多 かったですか? 多 かった 1 適 当 12 少 なかった 1 共 同 推 敲 で, 大 幅 に 添 削 されたことがありましたか? 在 り 8=> 大 変 と 思 った 2 参 考 になった 6 無 し 7 6

7 共 同 推 敲 再 度 受 けたいか/ 良 かった 点 ( 代 表 的 意 見 ) 読 み 手 への 気 配 りを 深 耕 できるため 客 観 的 な 立 場 からの 意 見 が 頂 ける 普 段 の 業 務 では 論 文 を 書 くというが 認 められていないので 慣 れることはできず また 同 じ 結 果 になる 危 険 性 があるため 論 文 の 構 成 に 対 する 専 門 的 な 知 識 がないため 客 観 的 に 確 認 し ていただけるととても 助 かります 短 期 間 で 効 率 のよい 改 定 が 行 えた. せっかく 投 稿 するのですから 価 値 ある 論 文 に 仕 上 げたいと 思 い ますので また 共 同 推 敲 させていただきたいと 思 います 再 度 の 機 会 は 中 々 想 定 しづらいのですが 普 段 論 文 を 書 く 機 会 がない 小 職 のようなものには 良 い 制 度 だと 思 います 7

8 共 同 推 敲 再 度 受 けたいか/ 良 くなかった 点 共 同 推 敲 自 体 には 問 題 はない しかしDPの 論 文 テンプレートには 時 代 錯 誤 の 問 題 が 多 いと 認 識 している オープン 化 がすすんだ21 世 紀 に 一 私 企 業 のフォーマットしか 受 け 付 け ないのはナンセンス また Word 文 書 での 入 稿 はもうひとつ 問 題 があり 論 文 の 内 容 だけ でなくDTPデザインまで 執 筆 者 の 仕 事 になるのは 本 来 の 論 文 執 筆 以 外 の 部 分 で 時 間 をとられすぎて 大 いに 無 駄 である ぜひTeXや TXT ODFといった 自 由 なフォーマットの 採 用 と 執 筆 内 容 とDTP 作 業 の 分 業 をお 願 いしたい プロとしてお 金 をいただいて 執 筆 する 一 般 の 技 術 記 事 で ここまで DTPについて 著 者 がしなければならないという 条 件 は 見 たことがない この 状 況 では 学 術 以 外 に 主 たる 業 務 をもっている 人 のDP 用 論 文 執 筆 者 が 増 えることはないだろう 作 業 負 荷 が 高 く 何 の 価 値 も 見 出 せなかった 8

9 論 文 への 影 響 ( 読 み 手 への 気 配 り) 共 同 推 敲 を 実 施 して, 論 文 や 考 え 方 がどの 様 に 変 わっ たと 思 われますか? 自 分 の 主 観 が 必 ずしも 読 む 側 に 伝 わりやすいとは 限 らない 点 が 論 文 に 散 見 され 特 にその 部 分 を 中 心 として 素 晴 らしい 推 敲 を 受 けれたと 思 う 必 ずしも 予 備 知 識 のない 読 者 を 想 定 して 原 稿 を 執 筆 するように 心 がけましたが それでもなお 第 三 者 の 目 から 見 て わかりに くいところ 掘 り 下 げが 十 分 でないところなど 指 摘 いただくことが でき 読 んでもらうための 論 文 という 視 点 を 明 確 化 できたと 思 い ます DPの 場 合, 専 門 領 域 が 絞 られたテーマになるので,ある 程 度 読 者 を 限 定 した 書 き 方 をしてしまう 傾 向 があります. 私 の 場 合 も そのような 指 摘 を 受 けて 修 正 を 行 いました.DP 本 来 の 狙 いは, ある 領 域 の 技 術 成 果 を 他 の 領 域 に 展 開 して 活 用 していくことで あり,その 主 旨 に 沿 えば, 共 同 推 敲 の 過 程 は,その 気 づきを 与 えてくれるものだと 感 じました 如 何 に 解 り 易 い 表 現 が 重 要 であるかを 教 えて 頂 きました. 読 み 手 に 伝 えることの 重 要 性 を 認 識 できたこと 何 故 変 わったと 思 われますか? 読 み 手 への 気 配 り 不 足 上 述 の 通 り 読 み 手 の 目 線 に 立 った 助 言 をいただく ことができたため と 考 えております 専 門 領 域 で 閉 じた 活 動 をしがちなので, 領 域 外 の 読 者 を 想 定 した 表 現 を 意 識 するようになりました. 業 界 用 語 には 特 に 気 をつけています 筆 者 以 上 に 筆 者 の 言 いたいことを 引 き 出 して 整 理 し 読 み 手 に 伝 える という 観 点 で 論 理 的 な 文 章 の 組 立 から 言 葉 の 使 い 方 まで 丁 寧 に 指 導 いただいた 共 同 推 敲 という 場 で 揉 むことにより 発 見 があり 再 考 するというスパイラルループができたため 9

10 論 文 への 影 響 ( 読 み 手 への 気 配 り) 自 身 のみで 考 える 時 より 読 み 手 にとってわかりやすいシナリ オになったと 思 う よりわかりやすい 誤 解 のない 表 現 に 近 づいた どうしても 書 き 手 は 言 いたいことを 書 き 尽 くそうとす るが 読 み 手 から 見 ると 絞 られた( 本 当 に 伝 えたい) 内 容 をわかりやすく 読 み 取 れれば 良 く それを 客 観 的 に 指 摘 してくれたから 専 門 でない 方 のチェックを 受 けることにより 思 いも かけない 解 釈 があることに 気 がついた 厳 密 な 言 葉 の 選 択 が 重 要 であることに 気 がついた 10

11 論 文 への 影 響 ( 論 文 としての 書 き 方 ) 共 同 推 敲 を 実 施 して, 論 文 や 考 え 方 がどの 様 に 変 わったと 思 われま すか? 客 観 的 な 立 場 から 評 価 して 頂 き 大 変 参 考 になった 論 文 を 書 くことについて 未 経 験 だったため フォーマルな 論 文 の 書 き 方 について 勉 強 することができた 論 文 が 他 の 一 般 的 な 資 料 とは 構 成 とは 異 なり 論 理 展 開 をするうえ での 模 範 的 手 法 があることを 学 びました 論 文 作 成 として 未 熟 な 部 分 を 指 摘 いただき アドバイスいただけたこ とが 良 かった 論 文 の 芯 をしっかりとつくり シンプルな 文 書 で 表 現 することが 大 切 だと 改 めて 感 じました 論 文 についての 常 識 を 持 っていなかったので ルールや 形 式 を 教 え ていただいた 永 い 間 部 下 や 後 輩 の 文 章 を 添 削 することばかりで 自 分 の 文 章 を 添 削 されたことがなかったので 非 常 に 新 鮮 な 印 象 を 持 ちました 懐 かしく 嬉 しく 感 じました また 自 分 では 自 明 のことと 思 っていた 論 点 の 根 拠 を 要 求 されたことが 勉 強 になりました 研 究 の 姿 勢 のあり 方 を 学 ぶことができました 普 段 論 文 作 業 をすることがないため 比 較 ができず また どの 程 度 のものなら 論 文 として 耐 えられるのかがわからなかったため 共 同 推 敲 で 判 断 いただいたような 感 じです また 第 3 者 の 視 点 が 入 る 機 会 があるのは 今 回 は+に 作 用 したと 思 います 何 故 変 わったと 思 われますか? 文 章 内 容 は 自 分 が 理 解 できるレベルで 執 筆 を してしまうが 客 観 的 な 評 価 が 大 変 参 考 となった それまで 意 識 外 のことであったが 自 分 のこととし て 考 える 機 会 をえたため 共 同 推 敲 をしていただき より 論 理 展 開 がわかり やすくなったため 論 文 として 数 値 化 する 部 分 や 読 者 にとって 分 かり づらい 表 現 が 分 かりやすくなった 近 年 のビジネスシーンでは パワーポイント 等 プ レゼンテーションツールを 使 って 自 身 の 思 いを 言 葉 で 伝 えることが 多 く 文 書 で 何 かを 伝 える 力 が 落 ちているな と 感 じました 推 敲 者 の 真 摯 な 姿 勢 が 伝 わってきて 心 を 動 か された 気 がしました 当 り 前 の 考 察 ですが 推 敲 者 との 信 頼 関 係 が 考 え 方 を 変 えたのだと 思 いま す 11

12 論 文 への 影 響 ( 否 定 的 意 見 ) 骨 子 は 変 わらないのに 細 かな 文 書 フォーマット の 指 摘 や 言 い 回 し 等 に 終 始 され 多 大 な 負 荷 と なった 論 文 の 骨 子 / 考 え 方 は 変 わらない DPの 趣 旨 に 賛 同 して 執 筆 をしたのだが 結 局 お 役 所 仕 事 的 な 対 応 に 嫌 気 が 差 し DPに 対 する 印 象 が 悪 くなった 12

13 13

14 共 同 推 敲 への 注 文 不 慣 れであることを 前 提 に 論 文 のスタンダードな 体 裁 から 意 識 するようなフェーズがあるとよ かった なかったために 論 文 には 適 当 でない 内 容 になり 大 幅 な 手 戻 りが 発 生 することになった また 最 初 のコンセプト 決 定 については 対 面 での 打 ち 合 わせが 望 ましいと 思 った これが 無 かったのも 大 幅 な 手 戻 りの 一 因 である ディスカッション 形 式 細 かな 文 書 フォーマットの 修 正 や 文 書 作 法 については DP 側 で 吸 収 してもらいたい 発 行 者 側 の 意 図 があるのであれば 回 りくどい 言 い 方 でダメ 出 しをするのではなく そのように 直 してもらって 執 筆 者 側 でそれをレビューする 形 式 の 方 が 効 率 的 <= 結 構 この 手 段 を 執 っ ている 編 集 担 当 者 も 多 いです この 種 の 論 文 は かなり 狭 い 専 門 領 域 に 関 するものであるため より 踏 み 込 んで 理 論 的 解 説 の 妥 当 性 などにも 言 及 していただければ さらに 有 難 かったと 思 います なかなか 難 しい 希 望 かもしれませんが メールのやり 取 り 中 心 でしたがお 電 話 や 直 接 お 会 いしての 打 ち 合 わせの 時 間 をいただけるとよ り 良 いと 思 います 推 敲 の 過 程 がオンライン 化 できると 時 間 短 縮 が 可 能 では. 多 忙 な 方 が 多 いので,IPSJのサーバーで 共 同 編 集 できるような 形 態 を 期 待 しています. 共 同 推 敲 する 前 に 一 度 論 文 の 作 成 の 意 図 を 作 者 から 推 敲 者 様 に 説 明 する 機 会 があると 更 に 良 いと 思 います. 14

15 共 同 推 敲 をするとしたら どういう 所 を 注 意 する? 読 み 手 への 気 配 り=>アンケート 同 じ 事 何 度 も 聞 いている ごめんなさい 同 じ 業 界 の 人 との 組 み 合 わせでない 方 が 参 考 になると 感 じます テキストベースのフォーマットを 使 い バージョン 管 理 システムによるデー タの 共 有 を 行 い 密 な 連 携 をすすめる やはり 予 備 知 識 の 十 分 ではない 読 者 にも 理 解 可 能 な 論 文 とすること 事 実 を 正 確 に 記 述 すること オリジナルな 発 想 の 記 述 なのか 他 者 の 引 用 なのかを 明 確 にすること などを 念 頭 に 置 いて 実 施 したいと 思 います 論 文 を 読 む 側 の 方 が 執 筆 者 並 みの 知 識 を 持 っていないという 前 提 に 立 ち 難 解 な 専 門 用 語 が 使 用 されていないか 論 理 展 開 がわかりやすいか という 観 点 で 確 認 していきます より 広 い 読 者 に 役 立 てるよう, 横 展 開 の 可 能 性 を 高 めるよう 留 意 したい. 論 文 の 作 者 の 意 図 を 十 分 に 確 認 してからその 背 景 を 考 慮 して 指 導 する. 当 該 フィールドの 知 識 経 験 執 筆 者 との 相 性 で 編 集 担 当 を 選 定 する 筋 立 てから 各 論 へ 抽 象 から 具 体 へ 順 序 だてて 実 施 する 15

16 共 同 推 敲 をするとしたら どういう 所 を 注 意 する? 読 者 に 対 して 何 をメッセージするのがいいか どの 部 分 が 価 値 ある 取 り 組 みなのか ナレッジなのかを 明 確 化 しながら 進 めるのがいいと 思 いま した 骨 格 となるシナリオとわかりやすさ 全 体 的 に どういう 流 れで 論 を 立 てるか?を 相 互 確 認 して 論 文 の 全 体 構 成 を 仕 上 げ その 後 に 個 々の 表 現 事 象 の 説 明 について 推 敲 していく のが 良 いかな?と 思 っています 私 も2 回 編 集 担 当 をやりました この 時 に 思 ったのは 著 者 の 状 況 ( 論 文 は 初 めてなど)や 文 章 力 によって コメントを 工 夫 するようにしました 論 文 に 慣 れておられない 場 合 は 早 めに 参 考 になる 論 文 を 送 ってあげるな どしました 文 章 力 に 課 題 がある 場 合 は 遠 慮 せずに 直 してあげる 方 が いいと 思 いました 厳 密 な 言 葉 の 選 択 今 回 のように 特 集 テーマが 決 まっている 場 合 は その 特 集 の 趣 旨 との 相 違 の 判 断 は 共 同 推 敲 のような 形 で 確 認 することが 必 要 なのではと 考 え ます 16

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版)

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版) 広 島 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 35 回 ) 議 事 概 要 第 1 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 16 日 ( 月 ) 午 前 9 時 45 分 第 2 開 催 場 所 広 島 地 方 裁 判 所 第 一 会 議 室 第 3 出 席 者 [ 委 員 ] 江 種 則 貴, 大 久 保 隆 志, 後 藤 友 之, 小 西 洋, 佐 々 木 和 宏, 髙 尾 ひとみ, 平 岡

More information

第1回給食研究会アンケート集計

第1回給食研究会アンケート集計 第 2 回 栄 養 管 理 研 修 会 ( 管 理 栄 養 士 栄 養 士 ) 平 成 26 年 11 月 21 日 ( 金 ) 岡 山 衛 生 会 館 5 階 中 ホール 午 前 講 演 演 題 実 践 での 活 用 事 例 に 学 ぶ カーボカウントの 基 本 と 応 用! 講 師 京 都 大 学 医 学 部 附 属 病 院 疾 患 栄 養 治 療 部 副 部 長 幣 憲 一 郎 先 生 午 後

More information

<4D F736F F D F8E7B8D D82CC E B8A A837E B8A4A8DC395F18D902E646F6378>

<4D F736F F D F8E7B8D D82CC E B8A A837E B8A4A8DC395F18D902E646F6378> 平 成 年 月 日 一 般 社 団 法 人 日 本 建 設 業 連 合 会 IT 推 進 部 会 BIM 専 門 部 会 専 門 工 事 会 社 BIM 連 携 WG 施 工 BIM のスタイル 活 用 セミナー 開 催 報 告 セミナー 概 要 日 時 : 平 成 年 月 9 日 ( 金 ) 時 分 ~ 時 場 所 : 浜 離 宮 建 設 プラザ 階 大 会 議 室 対 象 者 : 日 建 連 加

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83748346835883675F92F18CBE967B95B6814589FC92F994C55B315D205F8F43959C8DCF82DD5F2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83748346835883675F92F18CBE967B95B6814589FC92F994C55B315D205F8F43959C8DCF82DD5F2E646F6378> マニフェストをどう 読 むべきか - 国 民 の 問 いかける 力 こそが 政 策 をつくる- はじめに 東 京 財 団 研 究 員 政 策 プロデューサー 亀 井 善 太 郎 / 佐 藤 孝 弘 / 冨 田 清 行 本 提 言 は 眼 前 に 迫 る 国 政 選 挙 を 迎 えるにあたって 日 本 国 民 一 人 一 人 がマニフェストを 読 む 際 念 頭 におくべき 考 え 方 をまとめたものである

More information

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ 平 成 28 年 度 中 小 企 業 振 興 会 議 第 1 回 会 議 議 事 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 案 件 及 び 議 事 議 事 要 旨 平 成 28 年 6 月 7 日 ( 火 ) 午 後 2 時 から 午 後 3 時 20 分 館 林 市 役 所 502 会 議 室 振 興 会 議 委 員 : 笠 原 委 員 多 田 委 員 三 田 委 員 仁 田 委 員 伊 藤 委 員 藤

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information

事 例 4 1 受 講 生 の 就 職 支 援 ニーズの 把 握 受 講 生 の 人 物 像 ( 特 徴 や 特 性 ) 就 職 支 援 のニーズを 把 握 し 効 果 的 な 就 職 支 援 の 働 きかけを 実 施 す 入 校 時 に 受 講 生 のプロフィール 訓 練 就 職 に 対 する 希

事 例 4 1 受 講 生 の 就 職 支 援 ニーズの 把 握 受 講 生 の 人 物 像 ( 特 徴 や 特 性 ) 就 職 支 援 のニーズを 把 握 し 効 果 的 な 就 職 支 援 の 働 きかけを 実 施 す 入 校 時 に 受 講 生 のプロフィール 訓 練 就 職 に 対 する 希 ~ 就 職 率 アップを 目 指 して~ 就 職 支 援 取 組 事 例 集 平 成 27 年 3 月 本 事 例 集 には 様 々な 民 間 委 託 訓 練 機 関 において 実 際 に 取 り 組 まれ 成 果 の 上 がった 就 職 支 援 の 事 例 を 掲 載 しています 職 業 訓 練 サービスの 質 向 上 のため 就 職 支 援 カリキュラムを 作 成 する 際 等 の 一 助 としてご

More information

各 小 中 学 校 の 保 護 者 へのアンケート 調 査 等 をもとに 協 議 され 中 学 校 の 統 合 に 対 する 賛 成 意 見 が 多 かった 委 員 からは 小 学 校 よりも 中 学 校 の 統 合 を 早 くするべき もう 尐 し 保 護 者 の 意 見 を 吸 い 上 げてから

各 小 中 学 校 の 保 護 者 へのアンケート 調 査 等 をもとに 協 議 され 中 学 校 の 統 合 に 対 する 賛 成 意 見 が 多 かった 委 員 からは 小 学 校 よりも 中 学 校 の 統 合 を 早 くするべき もう 尐 し 保 護 者 の 意 見 を 吸 い 上 げてから 平 成 21 年 度 第 2 回 ( 第 9 回 ) 磯 辺 地 区 学 校 適 正 配 置 地 元 代 表 協 議 会 議 事 要 旨 1 日 時 平 成 21 年 9 月 7 日 ( 月 ) 10 時 ~12 時 2 場 所 磯 辺 地 域 ルーム( 磯 辺 第 一 中 学 校 内 ) 3 出 席 者 (1) 委 員 22 名 欠 席 : 高 橋 委 員 池 上 委 員 (2) 事 務 局 古

More information

別添2(表紙・目次)

別添2(表紙・目次) 別 添 2 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 等 目 次 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 35 全 体 概 要 36 企 業 事 例 一 覧 38 賃 金 制 度 の 見 直 しに 当 たって 従 業 員 の 納 得 性 を 高 めるための 取 組 事 例 57 中

More information

5 議 事 概 要 (1) 冒 頭 安 倍 総 理 大 臣 から 概 要 以 下 のとおり 挨 拶 を 行 った 特 定 秘 密 保 護 法 は 国 民 と 国 の 安 全 を 守 るために 必 要 不 可 欠 な 法 律 で ある 安 全 保 障 環 境 が 厳 しさを 増 す 中 諸 外 国 は

5 議 事 概 要 (1) 冒 頭 安 倍 総 理 大 臣 から 概 要 以 下 のとおり 挨 拶 を 行 った 特 定 秘 密 保 護 法 は 国 民 と 国 の 安 全 を 守 るために 必 要 不 可 欠 な 法 律 で ある 安 全 保 障 環 境 が 厳 しさを 増 す 中 諸 外 国 は 第 1 回 情 報 保 全 諮 問 会 議 議 事 要 旨 1 日 時 平 成 26 年 1 月 17 日 ( 金 ) 午 前 11 時 頃 から 正 午 頃 までの 間 2 場 所 総 理 官 邸 2 階 小 ホール 3 出 席 者 ( 構 成 員 ) 宇 賀 克 也 東 京 大 学 大 学 院 法 学 政 治 学 研 究 科 教 授 塩 入 みほも 駒 澤 大 学 法 学 部 准 教 授 清 水

More information

仕 事 ( 職 種 ) 研 究 については 33.5%が 個 別 企 業 のホームページ を 挙 げた さらに 就 職 情 報 サイト 27.8% インターネット 上 の 情 報 (SNS 含 む) 20.4%と 続 き 多 くの 学 生 が 仕 事 ( 職 種 ) 研 究 にあたり 有 益 な 情

仕 事 ( 職 種 ) 研 究 については 33.5%が 個 別 企 業 のホームページ を 挙 げた さらに 就 職 情 報 サイト 27.8% インターネット 上 の 情 報 (SNS 含 む) 20.4%と 続 き 多 くの 学 生 が 仕 事 ( 職 種 ) 研 究 にあたり 有 益 な 情 2016 年 度 採 用 ホームページ 好 感 度 ランキング キャリアリサーチ 2015 年 9 月 発 行 景 気 回 復 による 求 人 増 で 売 り 手 市 場 が 鮮 明 になる 中 優 秀 な 学 生 を 採 用 しようと 人 材 獲 得 競 争 が 過 熱 している 加 えて 今 年 はスケジュールが 大 きく 変 わったことで 手 探 りで 採 用 活 動 を 進 めなけ ればならず

More information

<4D F736F F D B290AE816A91E63789F188CF88F589EF8B638E E7C2E646F63>

<4D F736F F D B290AE816A91E63789F188CF88F589EF8B638E E7C2E646F63> 第 7 回 薩 摩 川 内 市 次 世 代 エネルギービジョン 策 定 委 員 会 議 事 要 旨 Ⅰ 日 時 平 成 25 年 1 月 16 日 ( 水 ) 14:00~16:00 Ⅱ 場 所 薩 摩 川 内 市 役 所 501 会 議 室 Ⅲ 出 席 者 ( 敬 称 略 ) 委 員 古 川 洽 次 上 薗 真 歩 金 沢 篤 宜 川 口 敏 郎 水 町 豊 ( 坂 口 委 員 代 理 ) 三 本

More information

26 福選改 第 6 号

26 福選改 第 6 号 写 26 福 選 改 第 6 号 平 成 27 年 3 月 27 日 福 島 市 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 黒 澤 勝 利 様 福 島 市 選 挙 事 務 改 善 委 員 会 委 員 長 委 員 長 職 務 代 理 者 伊 藤 宏 之 小 島 勇 人 委 員 坂 井 道 夫 委 員 宍 戸 俊 夫 福 島 市 における 選 挙 事 務 の 改 善 について( 答 申 ) 平 成 27

More information

日 本 獣 医 師 会 学 会 学 術 誌 編 集 申 合 せ 事 項 目 次 1 目 的 2 審 査 の 手 順 3 留 意 すべき 事 項 (1) 編 集 にあたって (2) 審 査 にあたって (3) その 他 別 紙 審 査 原 稿 の 流 れ 図 ( 基 本 ) 審 査 原 稿 の 流 れ

日 本 獣 医 師 会 学 会 学 術 誌 編 集 申 合 せ 事 項 目 次 1 目 的 2 審 査 の 手 順 3 留 意 すべき 事 項 (1) 編 集 にあたって (2) 審 査 にあたって (3) その 他 別 紙 審 査 原 稿 の 流 れ 図 ( 基 本 ) 審 査 原 稿 の 流 れ 別 添 日 本 獣 医 師 会 学 会 学 術 誌 編 集 申 合 せ 事 項 平 成 2 3 年 4 月 1 日 改 訂 社 団 法 人 日 本 獣 医 師 会 獣 医 学 術 学 会 誌 編 集 委 員 会 日 本 獣 医 師 会 学 会 学 術 誌 編 集 申 合 せ 事 項 目 次 1 目 的 2 審 査 の 手 順 3 留 意 すべき 事 項 (1) 編 集 にあたって (2) 審 査 にあたって

More information

日本銀行における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(案)(ルビなし)

日本銀行における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(案)(ルビなし) 日 本 銀 行 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 案 ) 平 成 27 年 月 日 日 本 銀 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という )

More information

平成23年度学校評価アンケートの分析

平成23年度学校評価アンケートの分析 平 成 24 年 2 月 17 日 平 成 23 年 度 東 京 都 立 保 谷 高 等 学 校 学 校 運 営 連 絡 協 議 会 学 校 評 価 アンケートの 分 析 評 価 基 準 について A:そう 思 う B:ややそう 思 う C:あまりそう 思 わない D そう 思 わない E:わからない A 及 び Bを 肯 定 的 な 意 見 として 全 体 における 割 合 を%で 表 示 した

More information

気 になる 生 徒 の 実 態 把 握 をすることは より 良 い 支 援 に 向 けた 第 一 歩 です また 今 まで 先 生 方 が 気 づかなかった 生 徒 の 困 り 感 を 明 らかにする 上 でも 実 態 把 握 の 観 点 を 設 定 して 調 べることは 大 事 なことです しかし 実 態 把 握 の 結 果 が 一 人 歩 き してしまったり レッテル 貼 りにつながってしまうおそれも

More information

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 秋 田 県 職 員 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき また 障 害 を 理 由 とする 差 別 の

More information

本 報 告 書 は, 内 閣 府 からの 委 託 事 業 として, 独 立 行 政 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 が 実 施 した 平 成 23 年 度 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 に 係 る 避 難 区 域 等 における 除 染 実 証 業 務 の 成 果

本 報 告 書 は, 内 閣 府 からの 委 託 事 業 として, 独 立 行 政 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 が 実 施 した 平 成 23 年 度 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 に 係 る 避 難 区 域 等 における 除 染 実 証 業 務 の 成 果 平 成 23 年 度 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 に 係 る 避 難 区 域 等 における 除 染 実 証 業 務 個 人 線 量 調 査 事 業 編 報 告 書 平 成 24 年 6 月 独 立 行 政 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 本 報 告 書 は, 内 閣 府 からの 委 託 事 業 として, 独 立 行 政 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開

More information

税務調査      業種別・狙われるポイント

税務調査      業種別・狙われるポイント 経 営 者 が 最 低 限 知 っておきたい! 減 価 償 却 の 税 務 Ⅰ はじめに 設 備 投 資 は 企 業 活 動 に 必 要 不 可 欠 なものですが その 設 備 投 資 を 後 押 しする 税 制 の 仕 組 みとし て 減 価 償 却 という 制 度 が 設 けられています 減 価 償 却 は 単 に 会 計 処 理 の 一 環 という 話 ではな く 減 価 償 却 を 通 じて

More information

苦情・相談

苦情・相談 苦 情 相 談 報 告 (かなおか 保 育 園 ) 平 成 25 年 度 時 期 申 出 人 苦 情 相 談 の 内 容 対 応 及 び 結 果 医 師 の 指 示 により 薬 を 不 十 分 な 説 明 で 不 快 にさせた 事 につ 預 けていたが 年 度 が 替 わ いて 主 任 が 謝 罪 する る 為 に 一 度 返 された 薬 の 乳 幼 児 期 は 成 長 が 著 しく 体 調 も 変

More information

評 価 をすることは 必 要 と 考 える 補 助 金 額 を 一 定 とするのではなく 上 限 額 を 定 めた 上 で 各 団 体 が 希 望 補 助 金 額 を 申 請 すると いう 方 式 も 考 えられる 例 えば 上 限 よりも 低 い 額 の 補 助 を 希 望 する 団 体 が 多

評 価 をすることは 必 要 と 考 える 補 助 金 額 を 一 定 とするのではなく 上 限 額 を 定 めた 上 で 各 団 体 が 希 望 補 助 金 額 を 申 請 すると いう 方 式 も 考 えられる 例 えば 上 限 よりも 低 い 額 の 補 助 を 希 望 する 団 体 が 多 第 7 回 日 時 平 成 27 年 7 月 27 日 ( 月 )19:00~21:00 観 音 寺 市 民 会 館 開 館 準 備 実 行 委 員 会 要 約 場 所 観 音 寺 市 役 所 2 階 201 会 議 室 出 席 者 委 員 14 名 ( 欠 席 3 名 ) 事 務 局 4 名 事 務 局 補 2 名 (1) 第 6 回 議 事 録 ( 要 約 )について (2)プレ 事 業 こけら

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

と 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職

と 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 消 防 庁 訓 令 第 7 号 消 防 庁 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 を 次 のように 定 め る 平 成 27 年 11 月 30 日 消 防 庁 長 官 佐 々 木 敦 朗 消 防 庁 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要

More information

Microsoft PowerPoint - 無料小冊子0902.pptx

Microsoft PowerPoint - 無料小冊子0902.pptx 開 業 1 2 年 目 の 会 社 が 成 長 していくために 私 たちの 事 務 所 には 開 業 間 もない 会 社 様 などから 毎 年 150 件 以 上 の 無 料 相 談 のご 依 頼 があります また 顧 問 契 約 先 の 会 社 様 の 中 にも 開 業 1 2 年 目 の 会 社 様 が 数 多 く いらっしゃいます こうしたご 相 談 やお 付 き 合 いを 通 じて 分 かってきたことは

More information

独立行政法人国立文化財機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領

独立行政法人国立文化財機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領 独 立 行 政 法 人 国 立 文 化 財 機 構 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 28 年 4 月 1 日 理 事 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律

More information

目 次 1 販 売 規 準 策 定 の 背 景 02 1-1 背 景 1-2 遵 守 すべきこと 2 販 売 従 事 者 に 求 められる 基 本 的 なスキル 03 2-1 プロとしての 深 い 知 識 と 経 験 2-2 お 客 様 を 安 心 させるコンサルティング 力 2-3 JPEAの 表

目 次 1 販 売 規 準 策 定 の 背 景 02 1-1 背 景 1-2 遵 守 すべきこと 2 販 売 従 事 者 に 求 められる 基 本 的 なスキル 03 2-1 プロとしての 深 い 知 識 と 経 験 2-2 お 客 様 を 安 心 させるコンサルティング 力 2-3 JPEAの 表 太 陽 光 発 電 協 会 販 売 規 準 住 宅 用 太 陽 光 発 電 システムの 販 売 従 事 者 が 遵 守 すべきこと [ 2015 年 1 月 2 版 ] 目 次 1 販 売 規 準 策 定 の 背 景 02 1-1 背 景 1-2 遵 守 すべきこと 2 販 売 従 事 者 に 求 められる 基 本 的 なスキル 03 2-1 プロとしての 深 い 知 識 と 経 験 2-2 お 客

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

(Microsoft Word - \216\221\227\277\202S \213\217\216x\216\221\227\277.doc)

(Microsoft Word - \216\221\227\277\202S \213\217\216x\216\221\227\277.doc) 資 料 4 平 成 24 年 度 介 護 サービス 事 業 所 集 団 指 導 ~ 居 宅 介 護 支 援 ~ 香 川 県 健 康 福 祉 部 長 寿 社 会 対 策 課 在 宅 サービスグループ 高 松 市 健 康 福 祉 局 介 護 保 険 課 平 成 25 年 3 月 18 日 - 0 - 1 平 成 24 年 度 介 護 サービス 事 業 所 実 地 指 導 等 における 主 な 指 導 内

More information

調 査 概 要 1. 調 査 の 目 的 職 業 等 に 関 する 新 入 社 員 の 意 識 状 況 を 調 査 し 傾 向 を 把 握 すること 2. 調 査 期 間 平 成 28 年 3 月 18 日 ~4 月 20 日 3. 調 査 対 象 平 成 28 年 春 の 新 入 社 員 で 当

調 査 概 要 1. 調 査 の 目 的 職 業 等 に 関 する 新 入 社 員 の 意 識 状 況 を 調 査 し 傾 向 を 把 握 すること 2. 調 査 期 間 平 成 28 年 3 月 18 日 ~4 月 20 日 3. 調 査 対 象 平 成 28 年 春 の 新 入 社 員 で 当 平 成 28 年 5 月 30 日 2016 年 度 九 州 山 口 地 区 の 新 入 社 員 意 識 調 査 アンケート 結 果 ~ 安 定 志 向 ~ 西 日 本 シティ 銀 行 グループの NCB リサーチ&コンサルティングは 毎 年 新 入 社 員 を 対 象 とした 公 開 セミナー 及 び 企 業 内 研 修 を 実 施 しています 今 般 本 年 度 のセミナー 及 び 研 修 に

More information

20 年 7 月 に これから 10 年 の 基 本 計 画 を 策 定 したばかりです その 総 合 計 画 の 体 系 が 前 提 になると 思 うが そこのつくりによって 我 々の 評 価 のやり 方 も 書 き 方 も 変 ってくる 評 価 と 計 画 を 上 手 い 具 合 につなげる 必

20 年 7 月 に これから 10 年 の 基 本 計 画 を 策 定 したばかりです その 総 合 計 画 の 体 系 が 前 提 になると 思 うが そこのつくりによって 我 々の 評 価 のやり 方 も 書 き 方 も 変 ってくる 評 価 と 計 画 を 上 手 い 具 合 につなげる 必 平 成 20 年 度 第 1 回 行 革 推 進 委 員 会 会 議 録 日 時 / 平 成 20 年 9 月 16 日 ( 火 ) 午 後 3 時 ~4 時 40 分 場 所 / 文 化 会 館 3 階 中 会 議 室 出 席 者 / 北 大 路 会 長 和 田 副 会 長 淡 路 委 員 加 藤 委 員 宮 﨑 委 員 下 川 委 員 仲 澤 委 員 根 津 委 員 の 全 8 名 が 出 席

More information

Taro-4_160113メルマガ_HP用

Taro-4_160113メルマガ_HP用 公 園 通 法 律 事 務 所 自 治 体 債 権 管 理 回 収 メールマガジン. 4 2016 年 1 月 16 日 発 行 発 行 ( 弁 ) 公 園 通 法 律 事 務 所 自 治 体 債 権 グループ 代 表 弁 護 士 瀧 康 暢 ご 無 沙 汰 しています 諸 事 雑 務 に 追 われ 本 メールマガジンは 10 カ 月 以 上 のブラ ンクがありました 当 事 務 所 の 自 治 体

More information

新 学 習 指 導 要 領 って?? 2011 年 度 から 学 習 指 導 要 領 が 変 わり 今 までの ゆとり 教 育 から 生 きる 力 へと 変 更 をしました ではいったい 何 が1 番 変 わったかと 言 うと 学 校 での 指 導 方 法 が 変 わりました ゆとり 教 育 上 限

新 学 習 指 導 要 領 って?? 2011 年 度 から 学 習 指 導 要 領 が 変 わり 今 までの ゆとり 教 育 から 生 きる 力 へと 変 更 をしました ではいったい 何 が1 番 変 わったかと 言 うと 学 校 での 指 導 方 法 が 変 わりました ゆとり 教 育 上 限 IB 早 稲 田 六 高 台 校 小 学 生 を 持 つ 親 子 さん 向 け お 悩 み 解 決 団 お 悩 み 相 談 mail: ib-rokkodai@ib-group.jp 担 当 伊 藤 実 はどうなの? いまさら 聞 けない?? 初 めてだから 不 安?? 実 は 塾 ってどうなの?? 実 は 学 校 の 授 業 ってどうなの?? 誰 にも 聞 けない 悩 みなどを 簡 単 にまとめてみました

More information

* 解 雇 の 合 理 性 相 当 性 は 整 理 解 雇 の 場 合 には 1 整 理 解 雇 の 必 要 性 2 人 員 選 択 の 相 当 性 3 解 雇 回 避 努 力 義 務 の 履 行 4 手 続 きの 相 当 性 の 四 要 件 ( 要 素 )で 判 断 され る 部 門 閉 鎖 型

* 解 雇 の 合 理 性 相 当 性 は 整 理 解 雇 の 場 合 には 1 整 理 解 雇 の 必 要 性 2 人 員 選 択 の 相 当 性 3 解 雇 回 避 努 力 義 務 の 履 行 4 手 続 きの 相 当 性 の 四 要 件 ( 要 素 )で 判 断 され る 部 門 閉 鎖 型 一 問 題 状 況 1) 平 成 24 年 度 労 働 契 約 法 改 正 (18~20 条 の 新 設 ) 5 年 ルール( 無 期 転 換 ルール)の 導 入 判 例 による 雇 止 め 規 制 の 立 法 化 有 期 契 約 の 差 別 禁 止 規 定 の 新 設 2) 関 連 法 令 の 改 正 (5 年 ルール 関 係 ) 任 期 法 の 改 正 特 例 についての 法 律 案 3) 有

More information

スライド 1

スライド 1 調 査 方 法 :インターネットアンケート 調 査 期 間 :2009 年 1 月 23 日 ~2 月 5 日 調 査 対 象 :ぱど 読 者 モニター ぱどめいと 回 答 人 数 614 人 神 奈 川 県 在 住 の 高 校 生 以 下 のお 子 さまをお 持 ちの 20~50 代 の 女 性 未 入 園 ~ 小 学 生 以 下 の 習 い 事 通 塾 幼 稚 園 小 学 校 受 験 などなど

More information

調 査 票 の 記 入 Q23 調 査 票 への 記 入 のしかたが 分 からないので どのようにすればよいのですか Q24 病 気 や 怪 我 などで 調 査 票 に 記 入 できないときは どのようにすればよいのですか Q25 住 民 基 本 台 帳 の 情 報 や 税 情 報 があるので 調

調 査 票 の 記 入 Q23 調 査 票 への 記 入 のしかたが 分 からないので どのようにすればよいのですか Q24 病 気 や 怪 我 などで 調 査 票 に 記 入 できないときは どのようにすればよいのですか Q25 住 民 基 本 台 帳 の 情 報 や 税 情 報 があるので 調 国 民 生 活 基 礎 調 査 とは Q1 Q2 Q3 国 民 生 活 基 礎 調 査 は どのような 調 査 なのですか 調 査 を 行 う 必 要 があるのですか どうしても 答 えなければいけないのですか 調 査 の 方 法 Q4 Q5 Q6 国 民 生 活 基 礎 調 査 は どのように 行 われるのですか 調 査 票 はどのように 提 出 するのですか 忙 しいので 郵 送 で 回 答 したいのですが

More information

にどうなるかというときに 30 代 40 代 を 含 んで 教 育 会 として 家 庭 教 育 講 座 を やっていかなければならない そのため2つに 分 けている 確 かに 素 直 に 考 えたらそうであるが 特 に0 歳 児 の 親 は 核 家 族 化 になって 子 育 てに 悩 んで 地 域

にどうなるかというときに 30 代 40 代 を 含 んで 教 育 会 として 家 庭 教 育 講 座 を やっていかなければならない そのため2つに 分 けている 確 かに 素 直 に 考 えたらそうであるが 特 に0 歳 児 の 親 は 核 家 族 化 になって 子 育 てに 悩 んで 地 域 No5 0 歳 期 教 育 親 子 教 室 事 業 家 庭 教 育 講 座 事 業 ( 資 料 に 基 づき 事 業 説 明 ) 0 歳 期 教 育 は 1 講 座 30 人 で6 回 開 催 となっている 単 純 に 計 算 したら180 人 になる が 目 標 値 300というのはどのような 數 か 今 年 は50 人 くらい 申 し 込 みがあっているが 6 回 全 部 の 方 や1 回 だけしかでられないと

More information

平成27年度大学改革推進等補助金(大学改革推進事業)交付申請書等作成・提出要領

平成27年度大学改革推進等補助金(大学改革推進事業)交付申請書等作成・提出要領 平 成 7 年 度 大 学 改 革 推 進 等 補 助 金 ( 大 学 改 革 推 進 事 業 ) 交 付 申 請 書 等 作 成 提 出 要 領 交 付 申 請 等 に 当 たっては 大 学 改 革 推 進 等 補 助 金 ( 大 学 改 革 推 進 事 業 ) 取 扱 要 領 ( 以 下 取 扱 要 領 という ) も 参 照 の 上 以 下 の 関 係 書 類 を 作 成 し 各 大 学 短

More information

24%の 家 庭 が ウェブサイトを 使 っていない 残 る 76%の 家 庭 は どなたかがウェブサイトを 利 用 し ていることがうかがえる 小 学 生 中 学 生 以 上 も 含 む 子 どもの 約 2 割 が ウェブサイトを 利 用 している 携 帯 電 話 からスマートフォン( 携 帯 端

24%の 家 庭 が ウェブサイトを 使 っていない 残 る 76%の 家 庭 は どなたかがウェブサイトを 利 用 し ていることがうかがえる 小 学 生 中 学 生 以 上 も 含 む 子 どもの 約 2 割 が ウェブサイトを 利 用 している 携 帯 電 話 からスマートフォン( 携 帯 端 平 成 26 年 10 月 1 日 平 成 26 年 度 ウェブサイト 利 用 状 況 保 護 者 アンケートの 結 果 と 考 察 < 詳 細 版 > 前 橋 市 立 大 胡 東 小 学 校 5% 回 答 率 1. 回 答 率 について 対 象 :1~6 年 生 の 各 家 庭 実 施 日 : 平 成 26 年 9 月 5 日 95% 回 答 無 答 本 校 の 家 庭 数 ( 上 の 学 年 でカウント)374

More information

かについて 具 体 的 な 検 討 をせずに 正 当 な 理 由 を 拡 大 解 釈 するなどして 法 の 趣 旨 を 損 なうことなく 個 別 の 事 案 ごとに 障 害 者 第 三 者 の 権 利 利 益 ( 例 : 安 全 の 確 保 財 産 の 保 全 損 害 発 生 の 防 止 等 ) 及

かについて 具 体 的 な 検 討 をせずに 正 当 な 理 由 を 拡 大 解 釈 するなどして 法 の 趣 旨 を 損 なうことなく 個 別 の 事 案 ごとに 障 害 者 第 三 者 の 権 利 利 益 ( 例 : 安 全 の 確 保 財 産 の 保 全 損 害 発 生 の 防 止 等 ) 及 千 葉 市 市 長 部 局 消 防 局 病 院 局 行 政 委 員 会 及 び 議 会 事 務 局 における 障 害 を 理 由 とす る 差 別 の 解 消 の 推 進 に 係 る 対 応 要 領 第 1 目 的 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以

More information

別 紙 1 抽 出 案 件 について 委 員 長 入 札 番 号 12 番 環 境 清 美 工 場 の 各 種 測 定 分 析 の 案 件 ですが 計 量 業 務 は 全 て 予 定 価 格 を 事 後 公 表 し ているのですか 事 務 局 非 公 表 です 委 員 長 今 回 と 同 じ 測 定

別 紙 1 抽 出 案 件 について 委 員 長 入 札 番 号 12 番 環 境 清 美 工 場 の 各 種 測 定 分 析 の 案 件 ですが 計 量 業 務 は 全 て 予 定 価 格 を 事 後 公 表 し ているのですか 事 務 局 非 公 表 です 委 員 長 今 回 と 同 じ 測 定 様 式 第 4 号 ( 第 6 条 関 係 ) 平 成 26 年 度 第 2 回 奈 良 市 入 札 監 視 委 員 会 定 例 会 議 審 議 概 要 開 催 日 平 成 26 年 8 月 28 日 ( 木 ) 開 催 場 所 奈 良 市 役 所 北 棟 6 階 第 17 会 議 室 出 席 委 員 審 議 対 象 期 間 委 員 長 森 裕 之 委 員 小 島 幸 保 委 員 中 川 雅 晴 平

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 全 国 拡 大 教 材 製 作 協 議 会 主 催 勉 強 会 資 料 拡 大 写 本 の 今 後 を 探 る 著 作 権 の 正 しい 理 解 について 平 成 25 年 1 月 23 日 マコル 代 表 コンサルタント 笹 本 雄 司 郎 講 師 紹 介 笹 本 雄 司 郎 (ささもと ゆうじろう) 株 式 会 社 マコル 取 締 役 代 表 コンサルタント URL http://www.makoru.co.jp

More information

政井審議委員就任記者会見(6月30日)要旨

政井審議委員就任記者会見(6月30日)要旨 2016 年 7 月 1 日 日 本 銀 行 政 井 審 議 委 員 就 任 記 者 会 見 要 旨 2016 年 6 月 30 日 ( 木 ) 午 後 6 時 から 約 20 分 ( 問 ) 最 初 に 2 つ 質 問 をさせて 頂 きます 1 つ 目 が 経 済 政 策 の 重 要 な 舵 取 りを 担 う 日 銀 の 審 議 委 員 に 就 任 されるにあたっての 抱 負 と これまでの 民

More information

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477>

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477> 第 20 回 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 平 成 21 年 11 月 24 日 開 催 ) 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 20 回 ) 議 事 概 要 ( 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 事 務 局 ) 第 1 日 時 平 成 21 年 11 月 24 日 ( 火 )15:00~17:00 第 2 場 所 東 京 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 第

More information

契約の適正化について

契約の適正化について 平 成 27 年 1 月 5 日 鎌 倉 市 随 意 契 約 ガイドライン 平 成 26 年 1 月 日 改 正 1 趣 旨 このガイドラインは 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の 2 第 1 項 に 定 める 随 意 契 約 の 公 正 性 を 確 保 するため 鎌 倉 市 が 締 結 する 個 々の 契 約 案 件 ごとに 特 殊 性 緊 急 性 経 済 的 合 理 性 等 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A3133313132322091E63389F18C6F89638ED295DB8FD882C98AD682B782E9834B834383688389834383938CA48B8689EF8B638E9697768E7C2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A3133313132322091E63389F18C6F89638ED295DB8FD882C98AD682B782E9834B834383688389834383938CA48B8689EF8B638E9697768E7C2E646F63> 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 ( 第 3 回 ) 議 事 要 旨 1. 日 時 : 平 成 25 年 11 月 22 日 ( 金 ) 15:00~16:45 2. 場 所 : 銀 行 会 館 5 階 講 堂 3. 参 加 者 : 小 林 委 員 内 池 委 員 大 西 委 員 奥 川 委 員 新 井 代 理 ( 片 岡 委 員 ) 菊 池 委 員 新 名 代 理 ( 佐

More information

国土技術政策総合研究所 研究報告

国土技術政策総合研究所 研究報告 アンケート 調 査 票 ( 第 6 章 関 連 ) アンケート 調 査 票 ( 第 6 章 関 連 ) 春 日 部 市 南 3 丁 目 地 区 備 後 東 7 丁 目 地 区 におけるアンケート 調 査 票 Ⅰ. 現 在 のお 住 まいの 状 況 以 前 のお 住 まいの 状 況 についてお 尋 ねします Q1 ご 家 族 は 何 人 家 族 ですか 11 人 22 人 33 人 44 人 55 人

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 立 教 大 学 経 済 学 部 2014 年 度 スタディサポートプログラム 実 施 報 告 Ⅰ. 実 施 概 要 キャリア 教 育 運 営 委 員 会 実 施 目 的 : 1. 新 入 生 が 高 校 までの 学 び 方 と 大 学 での 学 び 方 の 違 いを 知 り 大 学 での 学 びに 期 待 と 意 欲 を 持 つ 2. 新 入 生 が 経 済 学 部 の 先 輩 の 姿 を 見 て

More information

5. 職 務 代 理 者 の 選 出 6. 議 題 (1) 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 の 概 要 及 び 中 央 区 の 現 状 について (2) 中 央 区 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 進 捗 状 況 の 管 理 について (3) 報 告 事 項 1 保 育

5. 職 務 代 理 者 の 選 出 6. 議 題 (1) 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 の 概 要 及 び 中 央 区 の 現 状 について (2) 中 央 区 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 進 捗 状 況 の 管 理 について (3) 報 告 事 項 1 保 育 名 称 開 催 年 月 日 場 所 出 席 者 会 議 記 録 平 成 27 年 度 第 2 回 中 央 区 子 ども 子 育 て 会 議 平 成 27 年 12 月 15 日 ( 火 )18:30~ 中 央 区 役 所 8 階 大 会 議 室 委 員 区 側 出 席 者 西 郷 泰 之 ( 会 長 ) 山 本 真 実 ( 職 務 代 理 者 ) 小 森 信 政 塙 佳 生 佐 久 間 貴 子 山

More information

7 会 議 録 ( 要 約 ) ⑴ 開 会 ( 行 政 管 理 課 長 ) ⑵ 総 務 部 長 あいさつ ( 総 務 部 長 ) 総 務 部 長 昨 年 策 定 された 第 7 次 松 本 市 行 政 改 革 大 綱 に 対 する 取 組 みについて 委 員 の 皆 様 からご 意 見 をいただくた

7 会 議 録 ( 要 約 ) ⑴ 開 会 ( 行 政 管 理 課 長 ) ⑵ 総 務 部 長 あいさつ ( 総 務 部 長 ) 総 務 部 長 昨 年 策 定 された 第 7 次 松 本 市 行 政 改 革 大 綱 に 対 する 取 組 みについて 委 員 の 皆 様 からご 意 見 をいただくた 平 成 27 年 度 松 本 市 行 政 改 革 推 進 委 員 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 28 年 1 月 26 日 ( 火 ) 15 時 30 分 ~16 時 50 分 2 会 場 松 本 市 役 所 第 一 応 接 室 3 出 席 委 員 稲 葉 憲 一 委 員 上 田 順 子 委 員 太 田 克 彦 委 員 太 田 勉 委 員 大 月 清 光 委 員 草 間 秀 委 員 丹

More information

Microsoft Word - HP用議事要旨(第2回)

Microsoft Word - HP用議事要旨(第2回) 平 成 27 年 度 兵 庫 県 障 害 福 祉 審 議 会 ( 研 究 部 会 ) 第 2 回 障 害 者 差 別 解 消 法 の 施 行 に 向 けた 施 策 等 研 究 会 議 事 要 旨 1 平 成 27 年 度 兵 庫 県 障 害 福 祉 審 議 会 ( 研 究 部 会 ) 第 2 回 障 害 者 差 別 解 消 法 の 施 行 に 向 けた 施 策 等 研 究 会 議 事 要 旨 1 日

More information

本 日 の 目 次 Ⅰ. 平 成 28 年 度 の 主 な 改 訂 内 容 Ⅱ. 平 成 27 年 度 委 託 研 究 の 事 務 経 理 処 理 に 関 するご 要 望 調 査 Ⅲ. 経 費 発 生 状 況 調 書 作 成 システム について Ⅳ. 昨 年 度 の 経 理 処 理 を 踏 まえて

本 日 の 目 次 Ⅰ. 平 成 28 年 度 の 主 な 改 訂 内 容 Ⅱ. 平 成 27 年 度 委 託 研 究 の 事 務 経 理 処 理 に 関 するご 要 望 調 査 Ⅲ. 経 費 発 生 状 況 調 書 作 成 システム について Ⅳ. 昨 年 度 の 経 理 処 理 を 踏 まえて 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 平 成 28 年 度 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 事 務 経 理 説 明 会 平 成 28 年 度 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 事 務 経 理 処 理 マニュアル 変 更 / 改 訂 について 平 成 28 年 3 月 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 本 資 料

More information

最 近 このノートテイカーさん 元 気 がないけどどうしたんだろう? とか 上 手 く 書 け ないという 気 持 ちがあるから 元 気 がないのか? など その 辺 りまで 気 を 配 り 上 手 く 回 わ せるようになって 欲 しいです 講 義 保 障 には 様 々な 人 達 がかかわります

最 近 このノートテイカーさん 元 気 がないけどどうしたんだろう? とか 上 手 く 書 け ないという 気 持 ちがあるから 元 気 がないのか? など その 辺 りまで 気 を 配 り 上 手 く 回 わ せるようになって 欲 しいです 講 義 保 障 には 様 々な 人 達 がかかわります 講 義 における 聴 覚 障 害 学 生 への 教 育 的 配 慮 について 河 野 純 大 先 生 ( 筑 波 技 術 大 学 准 教 授 ) 1. 講 義 時 の 心 がまえ みんなの 一 歩 ずつの 歩 み 寄 りが 大 切 私 が 言 いたいのはここです 教 員 として 誰 に 向 かって 講 義 していますか? 講 義 にはいろいろな 学 生 が 来 ています そして きこえ ない 学 生

More information

【最終版 ABC】8回部会0206

【最終版 ABC】8回部会0206 第 4 次 亀 岡 市 総 合 計 画 ~ 夢 ビジョン~ 亀 岡 市 総 合 計 画 審 議 会 第 8 回 進 行 管 理 部 会 議 事 要 旨 録 日 時 : 平 成 25 年 2 月 6 日 ( 水 )19:00~21:00 場 所 : 亀 岡 市 役 所 4 階 401 会 議 室 出 席 者 : 井 内 青 山 委 員 田 中 委 員 原 田 委 員 (アドバイサー) 内 山 総 合

More information

Ⅱ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 及 び 概 要 1. 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 に 際 し 復 興 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 土 地 について その 土 地 の 測 量

Ⅱ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 及 び 概 要 1. 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 に 際 し 復 興 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 土 地 について その 土 地 の 測 量 Ⅰ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 マニュアルの 目 的 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 の 各 自 治 体 においてこれからの 本 格 的 な 復 興 を 円 滑 に 実 現 するために は 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 にあたり その 計 画 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 調 査 測 量 や 用 地 取 得 等 のため その

More information

<4D F736F F D E982D182C882B5816A8C6F8DCF8E598BC68FC88F8A8AC78E968BC695AA96EC82C982A882AF82E98FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E8E77906A88C42E646F6378>

<4D F736F F D E982D182C882B5816A8C6F8DCF8E598BC68FC88F8A8AC78E968BC695AA96EC82C982A882AF82E98FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E8E77906A88C42E646F6378> 経 済 産 業 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 す る 対 応 指 針 ( 案 ) 第 一 趣 旨 1 障 害 者 差 別 解 消 法 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成 19 年 に 障 害 者 権 利 条 約 ( 以 下 権 利 条 約 という )に 署 名 して 以 来 障 害 者 基 本 法 の 改 正 を

More information

アンケート 実 施 概 要 調 査 期 間 : 2014 年 11 月 4 日 ( 火 )~11 月 14 日 ( 金 ) サンプル 数 ( 概 数 ) : 447 人 年 代 別 サンプル 比 : 年 齢 20 代 男 性 51 女 性 53 合 計 代 代

アンケート 実 施 概 要 調 査 期 間 : 2014 年 11 月 4 日 ( 火 )~11 月 14 日 ( 金 ) サンプル 数 ( 概 数 ) : 447 人 年 代 別 サンプル 比 : 年 齢 20 代 男 性 51 女 性 53 合 計 代 代 2014 年 12 月 15 日 *** 2015 年 ( 平 成 27 年 ) *** ビジネスマン OLの 年 賀 状 に 関 するアンケート 調 査 株 式 会 社 パイロットコーポレーション 日 本 独 特 のお 正 月 の 習 慣 として また 普 段 会 えない 人 へのコミュニケ-ション 手 段 として 私 たち 日 本 人 にとって 欠 かすことのできないのが 年 賀 状 のやりとり

More information

1.みらいくのモデル 授 業 の 流 れ 中 学 校 の 授 業 で 使 用 する 場 合 一 般 的 な 時 間 は 50 分 です 授 業 時 間 は 必 ず 厳 守 してくだ さい 導 入 <5 分 > 自 己 紹 介 及 び 趣 旨 説 明 判 断 フロー 学 習 (PPT 資 料 参 照

1.みらいくのモデル 授 業 の 流 れ 中 学 校 の 授 業 で 使 用 する 場 合 一 般 的 な 時 間 は 50 分 です 授 業 時 間 は 必 ず 厳 守 してくだ さい 導 入 <5 分 > 自 己 紹 介 及 び 趣 旨 説 明 判 断 フロー 学 習 (PPT 資 料 参 照 ~ 親 子 で 選 択! 日 本 の 未 来 ~ みらいく 講 師 マニュアル( 中 学 生 版 ) 公 益 社 団 法 人 日 本 青 年 会 議 所 2014 年 度 国 家 グループ 日 本 の 未 来 選 択 委 員 会 1 1.みらいくのモデル 授 業 の 流 れ 中 学 校 の 授 業 で 使 用 する 場 合 一 般 的 な 時 間 は 50 分 です 授 業 時 間 は 必 ず 厳

More information

ブレーン 採 用 サービスの 特 長 世 の 中 に 採 用 代 行 専 門 の 業 者 はたくさん 存 在 しますが ブレーンの 採 用 は 一 味 ちがいます 人 事 コンサルティング( の 構 築 や 実 務 )のノウハウが 採 用 活 動 に 活 かされています 例 えば 企 業 の 経 営

ブレーン 採 用 サービスの 特 長 世 の 中 に 採 用 代 行 専 門 の 業 者 はたくさん 存 在 しますが ブレーンの 採 用 は 一 味 ちがいます 人 事 コンサルティング( の 構 築 や 実 務 )のノウハウが 採 用 活 動 に 活 かされています 例 えば 企 業 の 経 営 総 合 コンサルティング 経 営 者 様 採 用 サービスのご 案 内 株 式 会 社 ブレーン 150-0002 渋 谷 区 渋 谷 1-20-1 三 進 ビル4F TEL:03-3413-1974 FAX:03-3795-1698 E-mail:info@cb-tokyo.co.jp NPO/ 日 本 プロフェッショナル カウンセラー 協 会 認 定 プロのカウンセラー 集 団 就 職 のパイオニア

More information

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 労 働 契 約 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 改 正 労 働 契 約 法 が 2012 年 8 月 3 日 に 成 立 し 同 年 8 月 10 日 に 公 布 された 今 回 の 改 正 内 容 のうち いわゆる 雇

More information

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 第 6 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 参 考 資 料 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 の 議 事 概 要 平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係

More information

委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 11 月 29 日 提 出 井 原 市 議 会 議 長 宮 地 俊 則 様 報 告 者 議 会 運 営 委 員 会 西 田 久 志 期 間 平 成 25 年 11 月 14 日 ( 木 )~ 平 成 25 年 11 月 15 日 ( 金 ) 出 張 先 及 び 担 当 職 員 職 名 氏 名 愛 知 県 大 府 市 議 会 静 岡 県 湖 西

More information

なければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し そ の 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者

なければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し そ の 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者 個 人 情 報 保 護 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 28 年 1 月 13 日 個 人 情 報 保 護 委 員 会 訓 令 第 21 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 29 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E688EA89F1837283668349838F815B834E835683878362837695F18D902E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E688EA89F1837283668349838F815B834E835683878362837695F18D902E646F63> 国 境 なき 子 どもたち(KnK)カンボジア ビデオワークショップ 2004 実 施 報 告 書 主 催 : 特 定 非 営 利 活 動 法 人 国 境 なき 子 どもたち(KnK) 協 賛 : 松 下 電 器 産 業 株 式 会 社 報 告 者 ビデオワークショップ 講 師 清 水 匡 作 成 日 2004 年 11 月 30 日 Ⅰ. 開 催 にあたって デジタルビデオカメラは その 性 能

More information

H16.3.27 会議録

H16.3.27 会議録 平 成 28 年 4 月 定 例 会 滑 川 市 教 育 委 員 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 28 年 4 月 19 日 ( 火 ) 午 後 3 時 ~ 2 開 催 場 所 市 役 所 西 館 4 階 第 4 会 議 室 3 委 員 の 定 数 5 名 4 委 員 の 現 在 数 5 名 5 出 席 委 員 氏 名 吉 田 達 郎 水 野 敏 江 千 保 史 雄 石 原 大 三 伊

More information

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 関 する 相 談 苦 情 の 申 出 等 ( 以 下 相 談 等 という )があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 関 する 相 談 苦 情 の 申 出 等 ( 以 下 相 談 等 という )があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 石 川 県 知 事 部 局 議 会 事 務 局 及 び 行 政 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の

More information

2 新 規 に 日 本 女 性 薬 剤 師 会 の 生 涯 研 修 制 度 が 本 日 午 前 中 の 理 事 会 で 承 認 された 3 新 規 申 請 の 日 本 大 学 薬 学 部 の 生 涯 研 修 制 度 の 評 価 結 果 を 日 本 大 学 薬 学 部 の 方 へ 送 付 した 1.3

2 新 規 に 日 本 女 性 薬 剤 師 会 の 生 涯 研 修 制 度 が 本 日 午 前 中 の 理 事 会 で 承 認 された 3 新 規 申 請 の 日 本 大 学 薬 学 部 の 生 涯 研 修 制 度 の 評 価 結 果 を 日 本 大 学 薬 学 部 の 方 へ 送 付 した 1.3 公 益 社 団 法 人 薬 剤 師 認 定 制 度 認 証 機 構 平 成 24 年 度 薬 剤 師 認 定 制 度 委 員 連 絡 会 議 事 メモ 日 時 : 平 成 24 年 12 月 14 日 ( 金 )14:00~16:30 場 所 :ニッショーホール 第 2 会 議 室 出 席 者 ( 敬 称 略 ) 委 員 :17 名 理 事 : 堀 内 龍 也 厚 生 労 働 省 : 中 井 企 画

More information

c) 共 済 スタッフの 状 況 異 動 者 本 人 宛 てに メールで 被 扶 養 者 申 告 書 組 合 員 記 載 事 項 変 更 届 など 共 済 組 合 関 係 の 書 類 の 周 知 を 行 って いたところである 提 出 する 書 類 としては 被 扶 養 者 申 告 書 組 合 員

c) 共 済 スタッフの 状 況 異 動 者 本 人 宛 てに メールで 被 扶 養 者 申 告 書 組 合 員 記 載 事 項 変 更 届 など 共 済 組 合 関 係 の 書 類 の 周 知 を 行 って いたところである 提 出 する 書 類 としては 被 扶 養 者 申 告 書 組 合 員 平 成 27 年 度 人 事 異 動 時 における 認 定 事 務 等 に 関 する 改 善 の 取 組 手 間 をかけず 既 存 ツールを 活 用 した 異 動 パターン 別 表 の 導 入 と 効 果 釧 路 開 発 建 設 部 総 務 課 今 村 磨 菅 原 明 日 人 事 異 動 時 に 届 出 が 必 要 となる 書 類 は 種 類 が 多 く 提 出 先 も 異 なることから 提 出 者

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CF68EAE837083938374838C836283678179938C8B9E435041817A8CF591AC82CC506F776572506F696E74837083938374838C836283678151323031362D30362D3130>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CF68EAE837083938374838C836283678179938C8B9E435041817A8CF591AC82CC506F776572506F696E74837083938374838C836283678151323031362D30362D3130> パワポの 原 理 解 明 と 作 業 精 度 アップ 講 座 基 礎 編 (5h) 講 師 略 歴 Excelラボ 代 表 東 京 大 学 経 済 学 部 卒 社 会 人 教 育 の 分 野 でマーケティング 責 任 者 を 歴 任 Word Excel PowerPointの プロフェッショナル 養 成 研 修 を 日 々 開 発 中 トヨタグループ 向 け カイゼンのExcel 研 修 カイゼンのWord

More information

スはアカデミックとビジネス 両 方 の 場 面 に 対 応 できる 文 書 作 成 能 力 を 育 成 するためには 十 分 なものではなかった その 後 2 年 間 の 試 行 錯 誤 を 経 て 2010 年 度 から 特 定 課 題 研 究 も 視 野 に 入 れたシラバスを 目 指 して 体

スはアカデミックとビジネス 両 方 の 場 面 に 対 応 できる 文 書 作 成 能 力 を 育 成 するためには 十 分 なものではなかった その 後 2 年 間 の 試 行 錯 誤 を 経 て 2010 年 度 から 特 定 課 題 研 究 も 視 野 に 入 れたシラバスを 目 指 して 体 文 書 系 科 目 に 関 するシラバス 教 材 について 向 山 陽 子 村 野 節 子 1. はじめに 武 蔵 野 大 学 大 学 院 ビジネス 日 本 語 コースにおいて 修 了 時 までに 身 に 付 けるべき 文 書 作 成 能 力 とはどのようなものか 本 コースは 高 度 外 国 人 材 の 育 成 を 主 たる 目 的 とする 専 門 家 養 成 大 学 院 である 修 了 時 に

More information

(Microsoft Word - \226\362\221\220\202\314\217W\202\242HP\201BH27.docx)

(Microsoft Word - \226\362\221\220\202\314\217W\202\242HP\201BH27.docx) H27.9.3 薬草の集い 恒例の 薬草の集い が開催されました 三鷹駅集合 バスにて薬草園到着 温室 学 薬草園の からの園内紹介 三上先生講演会 昼 三上先生と園内 学 バスにて三鷹駅到着 100 名 を 超 えるご 応 募 の 中 厳 正 なる 抽 選 の 結 果 約 40 名 の 市 民 の 皆 様 と 東 京 都 薬 用 植 物 園 に 行 ってまいりました あいにくの 天 候 が 続 く

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

序 国 際 育 成 会 連 盟 のグローバル キャンペーン 意 思 決 定 の 権 利 は 個 人 家 族 そ して 地 域 が 意 思 決 定 と 支 援 付 き 意 思 決 定 について 話 し 合 うことを 目 的 としています この 話 し 合 いの 中 身 は 大 小 の 日 常 的 なこ

序 国 際 育 成 会 連 盟 のグローバル キャンペーン 意 思 決 定 の 権 利 は 個 人 家 族 そ して 地 域 が 意 思 決 定 と 支 援 付 き 意 思 決 定 について 話 し 合 うことを 目 的 としています この 話 し 合 いの 中 身 は 大 小 の 日 常 的 なこ 全 日 本 手 をつなぐ 育 成 会 国 際 育 成 会 連 盟 意 思 決 定 の 権 利 国 際 育 成 会 連 盟 グローバル キャンペーン ディスカッション グループ ファシリテーター ガイド 国 際 育 成 会 連 盟 2013 年 4 月 序 国 際 育 成 会 連 盟 のグローバル キャンペーン 意 思 決 定 の 権 利 は 個 人 家 族 そ して 地 域 が 意 思 決 定 と

More information

急 に 住 民 投 票 となり あまりわからないまま 実 施 するにもかかわら 住 民 投 票 条 例 は 議 員 提 案 により 可 決 されたので 市 として 理 由 につ ず 最 終 的 に 市 議 会 で 議 論 するのであれば 無 駄 ではないか いてお 答 えできないが 仮 に 移 転

急 に 住 民 投 票 となり あまりわからないまま 実 施 するにもかかわら 住 民 投 票 条 例 は 議 員 提 案 により 可 決 されたので 市 として 理 由 につ ず 最 終 的 に 市 議 会 で 議 論 するのであれば 無 駄 ではないか いてお 答 えできないが 仮 に 移 転 住 民 投 票 に 関 する 市 民 説 明 会 ( 市 長 とのタウンミーティングと 同 時 開 催 ) 市 民 意 見 要 旨 10 月 17 日 ( 土 )14:00~15:30 和 泉 市 コミュニティセンター1 階 大 会 議 室 意 見 概 要 有 権 者 に 投 票 に 関 する 情 報 を 浸 透 させることができるのか 本 日 が 第 1 回 目 であるが これから21 小 学 校

More information

<4D F736F F F696E74202D B E F E88AFA8D EF947A957A8E9197BF2E B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D B E F E88AFA8D EF947A957A8E9197BF2E B8CDD8AB B83685D> クオレ シー キューブ 定 期 講 演 会 パワハラの 最 新 情 報 と 企 業 の 対 策 2011 年 11 月 11 日 株 式 会 社 クオレ シー キューブ 代 表 取 締 役 岡 田 康 子 TEL 03-5273-2300 Copyright CuoreC3 Co, Ltd. 0 職 場 のいじめ 嫌 がらせ 円 卓 会 議 < 円 卓 会 議 > 趣 旨 職 場 のいじめ 嫌 がらせが

More information

Microsoft Word - 会報(第14号).doc

Microsoft Word - 会報(第14号).doc 第 14 号 (2014 年 9 月 15 日 ) 発 行 : 広 島 大 学 マスターズ 広 島 事 務 局 目 次 1. 平 成 26 年 度 ( 第 5 回 ) 総 会 懇 親 会 の 開 催 状 況 について 2. 広 島 大 学 マスターズ( 東 広 島 )の 平 成 26 年 度 総 会 懇 親 会 に 出 席 して 事 務 局 幹 事 松 水 征 夫 3. 第 8 回 広 島 大 学

More information

2. 本 契 約 を 変 更 するときは 乙 は 甲 に 対 し 変 更 する7 日 前 までに 通 知 するものとする 第 5 条 業 務 内 容 の 変 更 乙 は 甲 への 事 情 の 通 知 なくして 前 条 に 定 める 本 商 品 内 容 につき 変 更 廃 止 すること が 出 来 る

2. 本 契 約 を 変 更 するときは 乙 は 甲 に 対 し 変 更 する7 日 前 までに 通 知 するものとする 第 5 条 業 務 内 容 の 変 更 乙 は 甲 への 事 情 の 通 知 なくして 前 条 に 定 める 本 商 品 内 容 につき 変 更 廃 止 すること が 出 来 る ホームページ 制 作 業 務 委 託 契 約 書 株 式 会 社 ( 以 下 甲 という )と 株 式 会 社 ブルーダイヤモンド( 以 下 乙 と いう )とは 甲 が 乙 に 委 託 するホームページ 制 作 業 務 に 関 して 次 のとおり 契 約 を 締 結 する 第 1 条 目 的 甲 は 下 記 の 業 務 ( 以 下 本 業 務 という)を 乙 に 委 託 し 乙 は 下 記 の 契

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179343091E38F9790AB82CC944182E082EA82C68D9C94D592EA8BD882C98AD682B782E988D38EAF92B28DB8817A8DC58F498A6D92E88D65318163>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179343091E38F9790AB82CC944182E082EA82C68D9C94D592EA8BD882C98AD682B782E988D38EAF92B28DB8817A8DC58F498A6D92E88D65318163> 2011 年 12 月 9 日 40 代 女 性 の 尿 もれ と 骨 盤 底 筋 に 関 する 調 査 骨 盤 底 筋 トレーニングを2ヶ 月 継 続 で 尿 もれ 改 善 66.6% 改 善 の 秘 訣 は 1 回 10 締 め と 毎 日 の 継 続 ~ 究 極 のインナーマッスル 骨 盤 底 筋 は 気 軽 にきたえられます! 関 口 由 紀 先 生 ~ 骨 盤 底 筋 トレーニング 未 経

More information

「AOIゼミ」インターネット申込約款

「AOIゼミ」インターネット申込約款 アオイゼミ インターネット 学 習 塾 申 込 約 款 ( 無 料 会 員 利 用 規 約 ) お 申 込 の 前 に 約 款 をご 確 認 及 び 同 意 の 上 お 申 込 下 さい 必 ず 保 護 者 の 方 がお 申 込 み 下 さい アオイゼミ インターネット 学 習 塾 申 込 約 款 兼 無 料 会 員 利 用 規 約 第 一 条 本 約 款 の 範 囲 及 び 変 更 1. 本 規

More information

事 務 局 : 道 路 資 産 台 帳 は 法 律 上 の 道 路 台 帳 とは 別 で 新 公 会 計 制 度 を 導 入 した 時 に それに 合 うような 形 にエクセルで 建 設 部 が 作 成 し 管 理 している 鵜 川 委 員 : 会 計 データの 台 帳 ということか 事 務 局 :

事 務 局 : 道 路 資 産 台 帳 は 法 律 上 の 道 路 台 帳 とは 別 で 新 公 会 計 制 度 を 導 入 した 時 に それに 合 うような 形 にエクセルで 建 設 部 が 作 成 し 管 理 している 鵜 川 委 員 : 会 計 データの 台 帳 ということか 事 務 局 : 第 2 回 町 田 市 会 計 基 準 委 員 会 議 事 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 2014 年 7 月 16 日 ( 水 ) 午 前 10 時 00 分 ~ 午 前 12 時 00 分 町 田 市 庁 舎 10 階 10-3 会 議 室 委 員 鵜 川 正 樹 委 員 長 米 田 正 巳 委 員 事 務 局 会 計 課 傍 聴 者 なし 1. 開 会 会 計 管 理 者 から 開 会

More information

市 長

市 長 潟 上 市 総 合 教 育 会 議 会 議 録 開 催 日 時 平 成 27 年 6 月 2 日 ( 火 ) 16 時 00 分 ~16 時 25 分 場 所 潟 上 市 役 所 3 階 会 議 室 31 32 (1) 議 長 の 選 任 について 案 件 (2) 潟 上 市 総 合 教 育 会 議 設 置 要 綱 について (3) 大 綱 の 策 定 について (4)その 他 ( 会 議 構 成

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 40 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 委 員 長 藤 田 義 嗣 委 員 ( 委 員 長 職 務 代 理 者 ) 土 井 真 一 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 ( 教 育 長 ) 河 原

More information

開催概要:わかりやすい技術文書の作成手法-機能仕様書+製品解説編-

開催概要:わかりやすい技術文書の作成手法-機能仕様書+製品解説編- 開 催 概 要 2016 年 3 月 わかりやすい 技 術 文 書 の 作 成 手 法 - 機 能 仕 様 書 + 製 品 解 説 編 - セミナー 開 催 概 要 およびプログラム[ 実 施 費 用 参 考 例 付 き] 有 限 会 社 山 之 内 総 合 研 究 所 セミナーの 主 旨 機 能 仕 様 書 製 品 解 説 を 作 成 する 際 の 疑 問 課 題 に 答 え 読 者 の 理 解

More information

第 4 条 職 員 は 前 2 条 の 規 定 の 適 用 に 当 たっては 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする なお 別 紙 中 望 ましい と 記 載 している 内 容 は それを 実 施 しない 場 合 で あっても 法 に 反 すると 判 断 されることはないが

第 4 条 職 員 は 前 2 条 の 規 定 の 適 用 に 当 たっては 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする なお 別 紙 中 望 ましい と 記 載 している 内 容 は それを 実 施 しない 場 合 で あっても 法 に 反 すると 判 断 されることはないが 事 務 総 長 達 甲 第 5 号 平 成 27 年 11 月 10 日 人 事 院 総 裁 は 人 事 院 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 を 次 のように 定 めたので 命 により 通 達 する 人 事 院 事 務 総 長 永 長 正 士 人 事 院 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関

More information

その 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があ

その 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があ 内 閣 官 房 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 27 年 11 月 16 日 内 閣 総 理 大 臣 決 定 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下

More information

2. 国 内 研 修 の 感 想 は? 国 内 研 修 の 魅 力 の 一 つは 自 由 でのびのびとした 雰 囲 気 の 中 で さまざまな 分 野 の 専 門 家 から 直 接 学 び お 話 を 伺 えることです 同 期 の 日 本 人 研 修 員 には 法 律 やジャーナリズム 医 学 な

2. 国 内 研 修 の 感 想 は? 国 内 研 修 の 魅 力 の 一 つは 自 由 でのびのびとした 雰 囲 気 の 中 で さまざまな 分 野 の 専 門 家 から 直 接 学 び お 話 を 伺 えることです 同 期 の 日 本 人 研 修 員 には 法 律 やジャーナリズム 医 学 な 平 成 23 年 度 研 修 員 本 間 和 実 さんの 声 プロフィール 日 本 の 大 学 大 学 院 で 学 んだ 後 国 際 協 力 機 構 (JICA)で 日 本 の 政 府 開 発 援 助 (ODA)に 携 わる 機 会 を 頂 き JICA インド 事 務 所 同 バルカン 事 務 所 に 勤 務 ボスニア ヘルツェゴビナ( 以 下 ボスニア) 赴 任 中 に 平 成 23 年 度 平

More information

項 を 実 施 しなければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し その 監 督 す る 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせるこ

項 を 実 施 しなければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し その 監 督 す る 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせるこ 平 成 28 年 規 程 第 2 号 平 成 28 年 3 月 31 日 制 定 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 ( 以 下 対 応 規 程 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

学生用マニュアル

学生用マニュアル 官 民 協 働 海 外 留 学 支 援 制 度 ~トビタテ! 留 学 JAPAN 日 本 代 表 プログラム~ 奨 学 金 等 受 給 のための 手 引 き 派 遣 留 学 生 用 本 手 引 きは 全 国 コースを 基 準 に 作 成 しています 地 域 人 材 コースの 派 遣 留 学 生 は 地 域 協 議 会 在 籍 大 学 等 を 通 じてさらに 追 加 の 手 続 き 等 が 必 要 となる

More information

平成13年度桶川市教育委員会第4回定例会進行表

平成13年度桶川市教育委員会第4回定例会進行表 会 議 録 (1) 会 議 の 名 称 開 催 日 時 平 成 26 年 桶 川 市 教 育 会 第 10 回 定 例 会 平 成 26 年 10 月 28 日 ( 火 ) ( 開 会 ) 午 後 2 時 00 分 ( 閉 会 ) 午 後 4 時 30 分 開 催 場 所 地 域 福 祉 活 動 センター 会 議 室 1 2 出 席 者 欠 席 者 6 名 なし 議 長 長 傍 聴 なし 職 員 職

More information

( 事 務 局 ) 東 岡 屋 地 区 の 大 規 模 開 発 についての 新 聞 報 道 があったが 今 回 の 計 画 整 備 による 新 ルールをこの 開 発 に 適 用 できるかは 分 からない 現 行 ルールに 基 づいて 開 発 を 進 める 中 計 画 整 備 も 行 っていく 合 意

( 事 務 局 ) 東 岡 屋 地 区 の 大 規 模 開 発 についての 新 聞 報 道 があったが 今 回 の 計 画 整 備 による 新 ルールをこの 開 発 に 適 用 できるかは 分 からない 現 行 ルールに 基 づいて 開 発 を 進 める 中 計 画 整 備 も 行 っていく 合 意 議 題 第 42 回 篠 山 市 総 合 計 画 審 議 会 会 議 録 日 時 平 成 21 年 10 月 20 日 ( 火 )13 時 30 分 ~ 場 所 篠 山 市 役 所 第 2 庁 舎 出 席 委 員 上 見 重 信 加 藤 哲 夫 柳 本 晃 代 小 森 星 児 横 山 宜 致 吉 田 栄 治 藤 本 悦 郎 西 尾 純 一 堀 江 溢 雄 團 野 和 人 欠 席 委 員 山 鳥 嘉

More information

最 後 の 負 担 を 分 任 する というところを 応 分 の 負 担 をする に 変 えて はどうか 私 は 応 分 の 負 担 をする が 分 かりやすいと 思 う 分 任 という 意 味 が 財 政 面 だけの 負 担 を 負 うという 意 味 なのか 他 の 意 味 が あるのか 逐 条

最 後 の 負 担 を 分 任 する というところを 応 分 の 負 担 をする に 変 えて はどうか 私 は 応 分 の 負 担 をする が 分 かりやすいと 思 う 分 任 という 意 味 が 財 政 面 だけの 負 担 を 負 うという 意 味 なのか 他 の 意 味 が あるのか 逐 条 日 吉 津 村 自 治 基 本 条 例 策 定 委 員 会 ( 第 20 回 ) 議 事 録 日 時 :10 月 6 日 ( 月 ) 午 後 7 時 30 分 ~9 時 30 分 場 所 : 役 場 第 1 2 会 議 室 出 席 者 田 中 委 員 長 山 路 副 委 員 長 松 岡 委 員 河 中 委 員 西 委 員 土 井 委 員 三 島 委 員 建 部 委 員 破 戸 委 員 奥 田 委 員

More information

山田副士長 予防課保安係(平成22年採用)

山田副士長 予防課保安係(平成22年採用) 桐 生 市 消 防 本 部 先 輩 インタビュー 星 野 消 防 士 ( 平 成 27 年 度 採 用 ) 高 島 消 防 士 ( 平 成 28 年 度 採 用 ) 樽 川 消 防 士 ( 平 成 28 年 度 採 用 ) 清 水 消 防 士 ( 平 成 25 年 度 採 用 ) 石 原 副 士 長 ( 平 成 22 年 度 採 用 ) 消 防 士 としてやりがいを 感 じることは 現 場 で 活

More information

限 られた 時 間 ではありますが 活 発 なご 議 論 をしていただきますようお 願 いいたし まして 挨 拶 とさせていただきます 3 協 議 調 整 事 項 ⑴ 沼 津 市 教 育 大 綱 の 決 定 について 資 料 2 沼 津 市 教 育 大 綱 ( 案 ) に 関 する 意 見 募 集

限 られた 時 間 ではありますが 活 発 なご 議 論 をしていただきますようお 願 いいたし まして 挨 拶 とさせていただきます 3 協 議 調 整 事 項 ⑴ 沼 津 市 教 育 大 綱 の 決 定 について 資 料 2 沼 津 市 教 育 大 綱 ( 案 ) に 関 する 意 見 募 集 第 4 回 沼 津 市 総 合 教 育 会 議 議 事 録 〇 開 催 日 時 平 成 28 年 2 月 9 日 ( 火 曜 日 )10 時 00 分 ~11 時 30 分 〇 開 催 場 所 水 道 部 庁 舎 3 階 会 議 室 〇 出 席 者 市 長 栗 原 裕 康 教 育 委 員 長 細 沼 早 希 子 委 員 長 職 務 代 理 者 三 好 勝 晴 教 育 委 員 土 屋 葉 子 教 育

More information

Microsoft Word - F8_Jissen_Report_1_R2 P68-.doc

Microsoft Word - F8_Jissen_Report_1_R2  P68-.doc A Study On the Effects of Mutual Learning through Peer Response by Using e-portfolio 許 夏 玲 東 京 学 芸 大 学 留 学 生 センター 要 旨 本 研 究 では e ポートフォリオの 活 用 を 通 じて より 自 由 な 学 習 環 境 で 日 本 語 学 習 者 の 相 互 学 習 を 促 進 し 物 事

More information

document

document 満 足 度 調 査 集 計 表 特 別 養 護 老 人 ホーム 仙 人 の 里 長 期 入 所 家 族 回 答 人 数 30 名 調 査 期 間 : 平 成 26 年 6 月 16 日 ~6 月 30 日 問 1. 施 設 内 は 清 潔 ですか?( 玄 関 居 室 ホール 廊 下 トイレなど) 清 潔 27 名 普 通 3 名 汚 い0 名 どちらとも 言 えない0 名 未 記 入 0 名 新 しい

More information

厚 生 年 金 加 入 記 録 のお 知 らせ の 手 続 き 解 説 等 について 問 4 何 か 手 続 きが 必 要 になりますか うぐいす 色 の 封 筒 が 届 きました 方 お 知 らせをご 確 認 いただき もれ や 誤 り がある 場 合 は 同 封 してお ります 年 金 記 録

厚 生 年 金 加 入 記 録 のお 知 らせ の 手 続 き 解 説 等 について 問 4 何 か 手 続 きが 必 要 になりますか うぐいす 色 の 封 筒 が 届 きました 方 お 知 らせをご 確 認 いただき もれ や 誤 り がある 場 合 は 同 封 してお ります 年 金 記 録 厚 生 年 金 加 入 記 録 のお 知 らせ の 概 要 について 問 1 厚 生 年 金 加 入 記 録 のお 知 らせ とは 何 ですか 厚 生 年 金 加 入 記 録 のお 知 らせ は 保 険 料 の 計 算 の 基 となる 標 準 報 酬 月 額 が 事 実 と 異 なっている 場 合 があるとのご 指 摘 があり 現 役 加 入 者 の 方 には ねんきん 定 期 便 でご 確 認 いただいているところですが

More information

4. 発 表 会 というものを 経 験 できた 発 表 会 は 様 々な 分 野 の 人 が 集 まるので 知 見 を 広 げられ 大 変 満 足 5. 研 究 費 をいただき 学 校 の 実 験 設 備 を 充 実 させることができた 資 金 面 6. 知 識 考 え 方 を 身 につけられたこと

4. 発 表 会 というものを 経 験 できた 発 表 会 は 様 々な 分 野 の 人 が 集 まるので 知 見 を 広 げられ 大 変 満 足 5. 研 究 費 をいただき 学 校 の 実 験 設 備 を 充 実 させることができた 資 金 面 6. 知 識 考 え 方 を 身 につけられたこと Vol.2, No.7, June, 2016 (TOTAL No.20) 目 次 Ⅰ. 平 成 27 年 度 利 用 者 からの 声 32~39 ページ Ⅱ. 各 研 究 グループのメール 交 信 回 数 速 報 40 ページ Ⅰ. 平 成 27 年 度 利 用 者 からの 声 前 号 に 引 き 続 き 平 成 27 年 度 の 利 用 者 のご 意 見 をご 紹 介 いたします 今 号 ではメンティの

More information

公 認 心 理 師 法 案 の 第 一 条 にあります 国 民 の 心 の 健 康 の 保 持 増 進 に 寄 与 すること を 目 的 とした 心 理 援 助 の 専 門 職 の 国 家 資 格 化 は 私 どもが 長 年 その 実 現 を 願 い 努 力 したものですが 実 現 を 目 前 に

公 認 心 理 師 法 案 の 第 一 条 にあります 国 民 の 心 の 健 康 の 保 持 増 進 に 寄 与 すること を 目 的 とした 心 理 援 助 の 専 門 職 の 国 家 資 格 化 は 私 どもが 長 年 その 実 現 を 願 い 努 力 したものですが 実 現 を 目 前 に 民 主 党 文 部 科 学 部 門 厚 生 労 働 部 門 合 同 会 議 平 成 26 年 6 月 5 日 ( 木 )8:00~ ( 参 議 院 議 員 会 館 101 会 議 室 ) 公 益 財 団 法 人 日 本 臨 床 心 理 士 資 格 認 定 協 会 からの 意 見 報 告 平 素 より 国 民 の 心 のケア 心 の 健 康 に 関 する 広 汎 な 連 携 による 臨 床 心 理 活

More information