Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若"

Transcription

1 別 紙 2 工 事 一 時 中 止 ガイドライン Ⅰ 策 定 の 目 的 森 林 整 備 保 全 事 業 の 工 事 の 実 施 において 自 然 的 人 為 的 な 事 象 や 地 元 調 整 各 種 協 議 の 状 況 等 により 準 備 工 本 体 工 事 に 着 手 できない 事 態 や 工 事 の 施 工 途 中 で 中 断 を 余 儀 なくされる 事 態 が 生 じることがある このような 事 態 において 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができない 事 由 により 工 事 を 施 工 できないと 認 められるときは 発 注 者 は 工 事 請 負 契 約 書 第 20 条 ( 工 事 の 中 止 )に 基 づき 工 事 の 中 止 内 容 を 直 ちに 受 注 者 に 通 知 して 工 事 の 全 部 又 は 一 部 の 施 工 を 中 止 し なければならない また 発 注 者 は 工 事 の 施 工 を 一 時 中 止 させた 場 合 において 必 要 があると 認 められ るときは 工 期 若 しくは 請 負 代 金 額 を 変 更 し 又 は 受 注 者 が 工 事 の 続 行 に 備 え 工 事 現 場 を 維 持 し 若 しくは 労 働 者 建 設 機 械 器 具 等 を 保 持 するための 費 用 その 他 の 工 事 の 施 工 の 一 時 中 止 に 伴 う 増 加 費 用 を 必 要 とし 若 しくは 受 注 者 に 損 害 を 及 ぼしたときは 必 要 な 費 用 を 負 担 しなければならない 本 ガイドラインは 発 注 者 及 び 受 注 者 が 工 事 請 負 契 約 書 第 20 条 に 基 づく 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 及 び 増 加 費 用 の 取 扱 いについて 十 分 理 解 し これらに 係 る 事 務 処 理 の 円 滑 化 を 図 ることを 目 的 にとりまとめたものである 1

2 Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若 しくは 工 事 現 場 の 状 態 が 著 しく 変 動 したため 受 注 者 が 工 事 を 施 工 できない)の 発 生 工 事 の 全 部 又 は 一 部 中 止 を 検 討 契 約 書 第 20 条 第 1 項 受 注 者 が 工 事 を 施 工 でき ないと 認 められる 場 合 発 注 者 は 工 事 の 中 止 内 容 を 直 ちに 受 注 者 に 通 知 して 工 事 の 全 部 又 は 一 部 の 施 工 を 一 時 中 止 させなければならない 中 止 の 対 象 となる 工 事 内 容 工 事 区 域 中 止 期 間 の 見 通 し 及 び 工 事 現 場 を 適 正 に 維 持 管 理 するため に 必 要 な 管 理 体 制 等 の 基 本 事 項 を 指 示 通 知 指 示 基 本 計 画 書 を 作 成 提 出 工 事 中 止 に 伴 う 増 加 費 用 必 要 工 期 協 議 増 加 費 用 は 概 算 費 用 ( 参 考 値 ) 工 事 再 開 が 可 能 工 事 再 開 通 知 計 画 書 の 必 要 工 期 について 協 議 工 期 短 縮 可 能 な 場 合 は 工 期 短 縮 計 画 書 の 受 理 工 事 請 負 代 金 工 期 の 変 更 は 不 要 工 事 請 負 代 金 工 期 の 変 更 が 必 要 通 知 回 答 協 議 工 事 再 開 通 知 を 受 理 必 要 工 期 を 検 討 し 短 縮 不 可 の 場 合 はその 旨 回 答 工 期 短 縮 可 能 工 期 短 縮 計 画 書 の 作 成 協 議 工 事 中 止 に 伴 う 増 額 費 用 を 再 計 算 工 事 一 時 中 止 に 伴 う 費 用 の 算 定 標 準 積 算 中 止 期 間 3ヶ 月 以 内 見 積 積 算 中 止 期 間 が3ヶ 月 を 超 える 標 準 積 算 によりがたい 契 約 書 第 23 条 工 期 の 変 更 及 び 同 第 24 条 請 負 代 金 額 の 変 更 は 発 注 者 と 受 注 者 が 協 議 して 決 める 契 約 変 更 工 事 完 成 ( 参 考 ) 用 語 の 定 義 指 示 発 注 者 が 受 注 者 に 対 し 必 要 事 項 について 書 面 により 示 すことをいう 協 議 発 注 者 と 受 注 者 が 書 面 による 確 認 を 行 うことをいう 通 知 発 注 者 と 受 注 者 が 互 いに 必 要 事 項 を 書 面 により 知 らせることをいう 基 本 計 画 書 工 事 を 一 時 中 止 する 場 合 受 注 者 が 作 成 する 工 事 中 止 期 間 中 の 工 事 現 場 の 維 持 管 理 工 事 再 開 準 備 計 画 及 び 工 事 一 時 中 止 に 伴 い 発 生 する 増 加 費 用 等 に 関 する 計 画 書 をいう 工 期 短 縮 計 画 書 工 事 一 時 中 止 期 間 の 解 除 にあたり 工 期 短 縮 を 行 う 場 合 受 注 者 が 作 成 す る 施 工 計 画 や 工 期 短 縮 に 伴 い 発 生 する 増 加 費 用 等 に 関 する 計 画 書 をいう 2

3 2 発 注 者 の 中 止 指 示 義 務 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若 しくは 工 事 現 場 の 状 態 が 著 しく 変 動 したため 受 注 者 が 工 事 を 施 工 できないと 認 められるときは 発 注 者 は 工 事 の 中 止 内 容 を 直 ちに 受 注 者 に 通 知 して 工 事 の 全 部 又 は 一 部 の 施 工 を 中 止 しなければならない ( 工 事 請 負 契 約 書 第 20 条 第 1 項 ) ( 参 考 ) 契 約 書 第 20 条 工 事 用 地 等 の 確 保 ができない 等 のため 又 は 暴 風 豪 雨 洪 水 高 潮 地 震 地 すべり 落 盤 火 災 騒 乱 暴 動 その 他 の 自 然 的 又 は 人 為 的 な 事 象 ( 以 下 天 災 等 という ) であって 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若 しく は 工 事 現 場 の 状 態 が 変 動 したため 受 注 者 が 工 事 を 施 工 できないと 認 められるときは 発 注 者 は 工 事 の 中 止 内 容 を 直 ちに 受 注 者 に 通 知 して 工 事 の 全 部 又 は 一 部 の 施 工 を 一 時 中 止 させなければならない 2 発 注 者 は 前 項 の 規 定 によるほか 必 要 があると 認 められるときは 工 事 の 中 止 内 容 を 受 注 者 に 通 知 して 工 事 の 全 部 又 は 一 部 の 施 工 を 一 時 中 止 させることができる 3 発 注 者 は 前 2 項 の 規 定 により 工 事 の 施 工 を 一 時 中 止 させた 場 合 において 必 要 がある と 認 められるときは 工 期 若 しくは 請 負 代 金 額 を 変 更 し 又 は 受 注 者 が 工 事 の 続 行 に 備 え 工 事 現 場 を 維 持 し 若 しくは 労 働 者 建 設 機 械 器 具 等 を 保 持 するための 費 用 その 他 の 工 事 の 施 工 の 一 時 中 止 に 伴 う 増 加 費 用 を 必 要 とし 若 しくは 受 注 者 に 損 害 を 及 ぼしたときには 必 要 な 費 用 を 負 担 しなければならない < 具 体 事 例 > 1 工 事 用 地 等 の 確 保 ができない 等 のため 工 事 を 施 工 できない 場 合 ア 発 注 者 の 義 務 である 工 事 用 地 等 の 確 保 が 行 われないため 施 工 できない 場 合 ( 請 負 契 約 書 第 16 条 関 係 ) イ 設 計 図 書 と 実 際 の 施 工 条 件 の 相 違 又 は 設 計 図 書 の 不 備 等 が 発 見 されたため 施 工 を 続 けることが 不 可 能 な 場 合 等 ( 請 負 契 約 書 第 18 条 関 係 ) 2 自 然 的 又 は 人 為 的 な 事 象 ( 天 災 等 )のため 工 事 を 施 工 できない 場 合 ア 台 風 や 集 中 豪 雨 などの 自 然 災 害 により 工 事 が 続 行 できなくなった 場 合 イ 埋 蔵 文 化 財 の 調 査 発 掘 の 遅 延 及 び 埋 蔵 文 化 財 が 新 たに 発 見 され 工 事 の 続 行 が できない 場 合 ウ 工 事 に 対 する 住 民 の 反 対 運 動 等 により 工 事 の 続 行 ができない 場 合 エ 関 連 する 工 事 の 開 始 又 は 完 了 時 期 の 遅 延 により 工 事 の 続 行 を 不 適 当 と 認 めた 場 合 オ 工 事 着 手 後 環 境 問 題 等 の 発 生 により 工 事 の 続 行 ができない 場 合 カ 関 係 機 関 との 協 議 が 整 わないため 工 事 の 続 行 ができない 場 合 < 留 意 事 項 > ア 客 観 的 にみて 施 工 できないと 認 められる 状 態 となっている 場 合 は 発 注 者 は 工 事 の 一 時 中 止 を 通 知 しなければならない ( 工 事 請 負 契 約 書 第 20 条 第 1 項 ) このような 場 合 において 発 注 者 が 工 事 の 一 時 中 止 を 通 知 しなければ 受 注 者 は 本 来 必 要 としない 費 用 の 負 担 を 強 いられることもあるため 発 注 者 は 速 やかに 工 事 一 時 中 止 の 手 続 きを 行 うことが 肝 要 となる イ 発 注 者 は 工 事 の 施 工 上 必 要 な 用 地 を 受 注 者 が 工 事 の 施 工 上 必 要 とする 日 までに 確 保 しなければならない ( 工 事 請 負 契 約 書 第 16 条 第 1 項 ) しかしながら 工 事 施 工 中 の 条 件 変 更 に 伴 い 追 加 用 地 や 借 地 期 間 の 延 長 等 の 必 要 が 生 じ その 対 応 に 時 間 を 要 することで 工 事 が 施 工 できない 場 合 は 発 注 者 は 工 事 の 一 時 中 止 を 通 知 しなければならない ウ 発 注 者 が 工 事 の 一 時 中 止 を 検 討 する 時 点 においては 中 止 期 間 の 見 通 しが 確 定 的 でない 場 合 もあるが 当 面 は 中 止 期 間 が2 週 間 を 超 えることが 見 込 まれることを 目 安 として 工 事 の 一 時 中 止 の 通 知 を 行 うものとする なお 中 止 期 間 が2 週 間 以 内 と 見 込 まれる 場 合 であっても 現 場 の 状 況 受 注 者 3

4 からの 要 請 等 を 踏 まえて 必 要 と 判 断 される 場 合 は 工 事 の 一 時 中 止 の 通 知 を 行 うも のとする エ 受 注 者 は 工 事 現 場 が 施 工 を 一 時 中 止 せざるを 得 ない 状 態 となった 場 合 は 発 注 者 と 協 議 を 行 う 3 発 注 者 の 中 止 権 発 注 者 は 契 約 書 第 20 条 第 1 項 の 規 定 によるほか 必 要 があると 認 めるときは 工 事 の 中 止 内 容 を 受 注 者 に 通 知 して 工 事 の 全 部 又 は 一 部 の 施 工 を 一 時 中 止 させることが できる ( 工 事 請 負 契 約 書 第 20 条 第 2 項 ) < 具 体 的 事 例 > ア 受 注 者 が 契 約 図 書 に 違 反 した 場 合 イ 受 注 者 が 監 督 職 員 の 指 示 に 従 わない 場 合 4 工 事 を 一 時 中 止 させる 場 合 の 指 示 内 容 等 発 注 者 は 工 事 の 施 工 を 一 時 中 止 させる 場 合 は 受 注 者 に 対 して 中 止 の 対 象 となる 工 事 内 容 及 び 工 事 区 域 中 止 期 間 の 見 通 し 工 事 現 場 を 適 正 に 維 持 管 理 するために 必 要 な 管 理 体 制 等 の 基 本 事 項 を 指 示 するものとする この 場 合 発 注 者 は 工 事 中 止 の 原 因 となっている 事 案 の 解 決 にどの 位 の 時 間 を 要 するか 実 現 可 能 な 計 画 を 立 て 工 事 を 再 開 できる 時 期 を 通 知 する 必 要 がある また 一 時 中 止 している 工 事 について 施 工 可 能 と 認 められるときは 発 注 者 は 工 事 の 再 開 時 期 を 受 注 者 に 通 知 するものとする 4

5 5 基 本 計 画 書 の 作 成 提 出 発 注 者 からの 通 知 及 び 指 示 により 受 注 者 が 施 工 を 一 時 中 止 する 場 合 は 中 止 期 間 中 の 工 事 現 場 の 維 持 管 理 に 関 する 基 本 計 画 書 を 作 成 し 監 督 職 員 を 通 じて 発 注 者 に 提 出 の 上 承 諾 を 得 るものとする また 受 注 者 は 工 事 の 再 開 に 備 え 工 事 現 場 を 保 全 しなければならない なお 増 し 分 費 用 は 受 注 者 から 請 求 があった 場 合 に 適 用 する 基 本 計 画 書 の 記 載 内 容 ( 例 ) 基 本 計 画 書 作 成 の 目 的 中 止 指 示 時 点 における 確 認 事 項 工 事 の 出 来 形 従 業 員 ( 下 請 作 業 員 を 含 む)の 体 制 及 び 労 働 者 数 搬 入 済 の 材 料 及 び 建 設 機 械 器 具 設 置 済 の 仮 設 備 等 中 止 に 伴 う 工 事 現 場 の 体 制 の 縮 小 計 画 従 業 員 及 び 労 働 者 の 配 置 転 換 建 設 機 械 器 具 等 の 配 置 転 換 搬 入 済 み 材 料 の 他 工 事 への 転 用 運 搬 工 事 現 場 の 維 持 管 理 に 関 する 基 本 的 事 項 従 業 員 及 び 労 働 者 の 体 制 搬 入 済 み 材 料 の 保 管 現 場 点 検 の 実 施 方 法 天 災 等 緊 急 時 の 対 応 連 絡 体 制 中 止 期 間 中 の 実 施 作 業 中 止 期 間 中 に 現 場 存 置 が 必 要 な 建 設 機 械 器 具 施 設 その 目 的 等 中 止 期 間 中 に 運 転 が 必 要 な 建 設 機 械 器 具 施 設 その 目 的 等 工 事 再 開 準 備 計 画 従 業 員 及 び 労 働 者 の 体 制 建 設 資 機 材 の 調 達 一 時 中 止 期 間 の 見 通 しが 明 確 でない 場 合 の 工 事 再 開 準 備 計 画 の 内 容 は 工 事 を 円 滑 に 再 開 できるように 講 じる 方 策 体 制 の 確 保 等 について 記 載 する 工 事 一 時 中 止 に 伴 い 発 生 する 増 加 費 用 の 概 算 金 額 及 び 算 定 根 拠 発 注 者 から 指 示 があった 時 点 で 想 定 している 増 加 費 用 の 概 算 金 額 ( 一 部 中 止 の 場 合 には 概 算 費 用 の 記 載 を 省 略 できる ) 基 本 計 画 書 に 記 載 する 増 加 費 用 等 の 概 算 金 額 は 目 安 であり 最 終 的 な 金 額 とは 異 なる 基 本 計 画 に 変 更 が 生 じた 場 合 の 手 続 き < 留 意 事 項 > ア 基 本 計 画 書 は 基 本 計 画 書 の 記 載 内 容 ( 例 )の 各 項 目 ついて 一 時 中 止 を 通 知 し た 時 点 で 受 注 者 及 び 発 注 者 が 確 認 を 行 い 受 注 者 及 び 発 注 者 間 の 認 識 の 相 違 が 生 じ ることのないよう 作 成 するものである イ 工 事 着 手 前 に 工 事 が 一 時 中 止 となった 場 合 であっても 受 注 者 は 施 工 計 画 書 と は 別 に 基 本 計 画 書 を 作 成 し 提 出 しなければならない ウ 基 本 計 画 書 の 提 出 後 一 時 中 止 期 間 の 変 更 や 工 事 内 容 の 変 更 など 基 本 計 画 書 の 内 容 に 変 更 が 生 じる 場 合 は 受 注 者 は 変 更 基 本 計 画 書 を 提 出 し 承 諾 を 得 るものと する なお 基 本 計 画 書 の 変 更 にあたっては 事 前 に 変 更 内 容 について 受 注 者 及 び 発 注 者 間 で 協 議 し 協 議 した 結 果 を 工 事 打 合 せ 簿 等 の 書 面 により 確 認 するものとする 6 工 事 一 時 中 止 期 間 中 の 配 置 技 術 者 の 取 扱 い 建 設 業 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 100 号 ) 第 26 条 に 規 定 する 主 任 技 術 者 及 び 監 理 技 術 者 5

6 ( 以 下 監 理 技 術 者 等 という )の 設 置 等 については 監 理 技 術 者 制 度 運 用 マニュ アル ( 平 成 16 年 3 月 1 日 付 け 国 総 建 第 315 号 国 土 交 通 省 総 合 政 策 局 建 設 業 課 長 から 各 都 道 府 県 主 幹 部 局 長 あて)により 適 正 に 運 用 が 徹 底 されているところである 工 事 の 一 時 中 止 に 伴 う 監 理 技 術 者 等 の 専 任 期 間 及 び 途 中 交 代 の 取 扱 いについては 監 理 技 術 者 制 度 運 用 マニュアル に 基 づき 適 正 に 取 扱 うものとする 監 理 技 術 者 制 度 運 用 マニュアル( 抜 粋 ) 二 - 二 監 理 技 術 者 等 の 設 置 発 注 者 から 直 接 建 設 工 事 を 請 け 負 った 特 定 建 設 業 者 は 下 請 契 約 の 予 定 額 を 的 確 に 把 握 し て 監 理 技 術 者 を 置 くべきか 否 かの 判 断 を 行 うとともに 工 事 内 容 工 事 規 模 及 び 施 工 体 制 等 を 考 慮 し 適 正 に 技 術 者 を 設 置 する 必 要 がある (1)~(3)[ 略 ] (4) 監 理 技 術 者 等 の 途 中 交 代 建 設 工 事 の 適 正 な 施 工 の 確 保 を 阻 害 する 恐 れがあることから 施 工 管 理 をつかさどっ ている 監 理 技 術 者 等 の 工 期 途 中 での 交 代 は 当 該 工 事 における 入 札 契 約 手 続 きの 公 平 性 の 確 保 を 踏 まえた 上 で 慎 重 かつ 必 要 最 小 限 とする 必 要 があり これが 認 められる 場 合 としては 監 理 技 術 者 等 の 死 亡 傷 病 または 退 職 等 真 にやむを 得 ない 場 合 のほか 次 に 掲 げる 場 合 等 が 考 えられる 1 受 注 者 の 責 によらない 理 由 により 工 事 中 止 または 工 事 内 容 の 大 幅 な 変 更 が 発 生 し 工 期 が 延 長 された 場 合 2 3 [ 略 ] なお いずれの 場 合 であっても 発 注 者 と 発 注 者 から 直 接 建 設 工 事 を 請 け 負 った 建 設 業 者 との 協 議 により 交 代 の 時 期 は 工 程 上 一 定 の 区 切 りと 認 められる 時 点 とするほか 交 代 前 後 における 監 理 技 術 者 等 の 技 術 力 が 同 等 以 上 に 確 保 されるとともに 工 事 の 規 模 難 易 度 等 に 応 じ 一 定 期 間 重 複 して 工 事 現 場 に 設 置 するなどの 措 置 をとることによ り 工 事 の 継 続 性 品 質 確 保 等 に 支 障 がないと 認 められることが 必 要 である また 協 議 においては 発 注 者 からの 求 めに 応 じて 直 接 建 設 工 事 を 請 け 負 った 建 設 業 者 が 工 事 現 場 に 設 置 する 監 理 技 術 者 等 及 びその 他 の 技 術 者 の 職 務 分 担 本 支 店 等 の 支 援 体 制 等 に 関 する 情 報 を 発 注 者 に 説 明 することが 重 要 である 三 監 理 技 術 者 等 の 工 事 現 場 における 専 任 監 理 技 術 者 等 は 公 共 性 のある 工 作 物 に 関 する 重 要 な 工 事 に 設 置 される 場 合 には 工 事 現 場 ごとに 専 任 の 者 でなければならない 専 任 とは 他 の 工 事 現 場 に 係 る 職 務 を 兼 務 せず 常 時 継 続 的 に 当 該 工 事 現 場 に 係 る 職 務 に のみ 従 事 していることをいう 発 注 者 から 直 接 建 設 工 事 を 請 け 負 った 建 設 業 者 については 施 工 における 品 質 確 保 安 全 確 保 等 を 図 る 観 点 から 監 理 技 術 者 等 を 専 任 で 設 置 すべき 期 間 が 発 注 者 と 建 設 業 者 の 間 で 設 計 図 書 もしくは 打 合 せ 記 録 等 の 書 面 により 明 確 となっていることが 必 要 である (1) [ 略 ] (2) 監 理 技 術 者 等 の 専 任 期 間 発 注 者 から 直 接 建 設 工 事 を 請 け 負 った 建 設 業 者 が 監 理 技 術 者 等 を 工 事 現 場 に 専 任 で 設 置 すべき 期 間 は 契 約 工 期 が 基 本 となるが たとえ 契 約 工 期 中 であっても 次 に 掲 げる 期 間 については 工 事 現 場 への 専 任 は 要 しない ただし いずれの 場 合 も 発 注 者 と 建 設 業 者 の 間 で 次 に 掲 げる 期 間 が 設 計 図 書 もしくは 打 合 せ 記 録 等 の 書 面 により 明 確 となってい ることが 必 要 である 1 [ 略 ] 2 工 事 用 地 等 の 確 保 が 未 了 自 然 災 害 の 発 生 又 は 埋 蔵 文 化 財 調 査 等 により 工 事 を 全 面 的 に 一 時 中 止 している 期 間 3 4 [ 略 ] 7 工 期 短 縮 計 画 書 の 作 成 発 注 者 は 工 事 一 時 中 止 期 間 の 解 除 にあたり 工 期 短 縮 を 行 う 必 要 があると 判 断 した 6

7 場 合 は 受 注 者 と 協 議 し 合 意 を 図 るものとする 受 注 者 は 発 注 者 との 協 議 により 工 期 短 縮 を 行 う 場 合 は 工 期 短 縮 計 画 書 を 作 成 し 発 注 者 と 協 議 する なお 工 期 短 縮 計 画 書 の 作 成 にあたっては 事 前 に 工 期 短 縮 に 伴 う 増 加 費 用 等 につい て 受 注 者 及 び 発 注 者 間 で 協 議 し 協 議 した 結 果 を 工 事 打 合 せ 簿 等 の 書 面 により 確 認 する ものとする 工 期 短 縮 計 画 書 の 記 載 内 容 ( 例 ) 工 期 短 縮 計 画 書 作 成 の 目 的 施 工 計 画 計 画 工 程 表 従 業 員 及 び 労 働 者 の 体 制 建 設 資 機 材 の 調 達 施 工 方 法 安 全 衛 生 計 画 等 工 期 短 縮 に 伴 い 発 生 する 増 加 費 用 及 び 算 定 根 拠 < 留 意 事 項 > ア 受 注 者 は 承 諾 を 受 けた 工 期 短 縮 計 画 により 施 工 し 工 期 の 遵 守 に 努 める イ 工 期 短 縮 に 伴 う 増 加 費 用 については 工 期 短 縮 計 画 書 に 基 づき 設 計 変 更 を 行 う 8 請 負 代 金 額 又 は 工 期 の 変 更 発 注 者 は 工 事 の 施 工 を 一 時 中 止 させた 場 合 において 必 要 があると 認 められるとき は 工 期 若 しくは 請 負 代 金 額 を 変 更 し 又 は 受 注 者 が 工 事 の 続 行 に 備 え 工 事 現 場 を 維 持 し 若 しくは 労 働 者 建 設 機 械 器 具 等 を 保 持 するための 費 用 その 他 の 工 事 の 施 工 の 一 時 中 止 に 伴 う 増 加 費 用 を 必 要 とし 若 しくは 受 注 者 に 損 害 を 及 ぼしたときは 必 要 な 費 用 を 負 担 しなければならない ( 工 事 請 負 契 約 書 第 20 条 第 3 項 ) (1) 請 負 代 金 額 の 変 更 1 発 注 者 は 工 事 の 施 工 の 一 時 中 止 に 伴 う 増 加 費 用 を 必 要 とし 若 しくは 受 注 者 に 損 害 を 及 ぼしたときは 必 要 な 費 用 を 負 担 しなければならない 増 加 費 用 : 工 事 現 場 の 維 持 に 要 する 費 用 損 害 : 工 事 体 制 の 縮 小 又 は 工 事 の 再 開 に 要 する 費 用 工 事 請 負 契 約 書 第 29 条 ( 不 可 抗 力 による 損 害 )とは 別 の 取 扱 い 2 増 加 費 用 の 対 象 期 間 は 工 事 を 一 時 中 止 した 期 間 を 基 本 とする 3 費 用 の 算 定 にあたっては 増 加 費 用 と 損 害 は 区 分 せず 工 事 一 時 中 止 に 伴 う 増 加 費 用 及 び 損 害 ( 以 下 増 し 分 費 用 という )をまとめて 算 定 する 4 増 し 分 費 用 は 工 事 請 負 契 約 書 第 18 条 ( 条 件 変 更 等 )に 基 づく 設 計 図 書 の 変 更 又 は 条 件 変 更 等 に 係 る 請 負 代 金 額 の 変 更 とは 区 別 して 算 定 する (2) 工 期 の 変 更 工 事 一 時 中 止 に 伴 う 工 期 の 延 長 期 間 は 原 則 工 事 を 一 時 中 止 した 期 間 とすること が 妥 当 である ただし 地 震 災 害 等 の 場 合 は 取 片 付 け 期 間 や 復 旧 期 間 に 長 期 を 要 する 場 合 があ り 取 片 付 け 期 間 や 復 旧 に 要 した 期 間 を 含 めて 工 期 延 長 することも 可 能 である (3) 増 し 分 費 用 の 範 囲 増 し 分 費 用 として 積 算 する 範 囲 は 中 止 期 間 中 の 工 事 現 場 の 維 持 管 理 に 要 する 費 用 工 事 現 場 の 体 制 の 縮 小 に 要 する 費 用 及 び 工 事 の 再 開 準 備 に 要 する 費 用 とする なお 具 体 的 内 容 は 次 のとおりとする 1 工 事 現 場 の 維 持 管 理 に 要 する 費 用 中 止 期 間 において 工 事 の 再 開 に 備 え 工 事 現 場 の 維 持 管 理 労 務 者 及 び 従 業 員 並 びに 建 設 機 械 器 具 等 の 保 持 のために 必 要 な 費 用 とする 2 工 事 現 場 の 体 制 の 縮 小 に 要 する 費 用 中 止 指 示 時 点 における 工 事 現 場 の 体 制 から 中 止 した 工 事 現 場 を 維 持 管 理 するため 7

8 に 必 要 最 小 限 な 体 制 まで 縮 小 することにより 不 用 となった 労 務 者 及 び 従 業 員 並 びに 建 設 機 械 器 具 等 の 配 置 転 換 に 要 する 費 用 とする 3 工 事 の 再 開 準 備 に 要 する 費 用 工 事 の 再 開 予 告 後 工 事 を 再 開 できる 態 勢 にするために 労 務 者 及 び 従 業 員 並 びに 建 設 機 械 器 具 等 の 再 転 入 に 要 する 費 用 とする 4 増 し 分 費 用 は 中 止 期 間 において 工 事 現 場 の 維 持 等 のために 必 要 な 受 注 者 の 本 支 店 費 用 も 対 象 となる (4) 増 し 分 費 用 の 算 定 1 増 し 分 費 用 の 算 定 は 受 注 者 が 基 本 計 画 書 に 従 って 実 施 した 結 果 必 要 とされた 工 事 現 場 の 維 持 等 の 費 用 の 明 細 書 に 基 づき 費 用 の 必 要 性 数 量 などを 受 注 者 及 び 発 注 者 間 で 協 議 して 算 定 するものとする 2 増 し 分 費 用 の 各 構 成 項 目 は (5)に 定 める 内 容 により 積 算 するものとする (5) 増 し 分 費 用 の 項 目 と 内 容 1 増 し 分 費 用 等 の 構 成 請 負 工 事 費 工 事 価 格 消 費 税 相 当 額 工 事 価 格 一 般 管 理 費 等 一 時 中 止 に 伴 う 本 支 店 における 増 加 費 用 を 含 む 直 接 工 事 費 間 接 工 事 費 共 通 仮 設 費 現 場 管 理 費 中 止 期 間 中 の 現 場 維 持 等 の 費 用 工 期 短 縮 により 増 加 する 費 用 純 工 事 費 2 増 し 分 費 用 の 項 目 ア 現 場 における 増 し 分 費 用 ( 積 上 げ 又 は 率 計 算 により 計 上 ) (ア) 材 料 費 a 材 料 の 保 管 等 の 費 用 搬 入 済 の 材 料 のうち 倉 庫 等 ( 受 注 者 が 工 事 現 場 に 設 置 したものを 除 く )へ 保 管 した 材 料 の 保 管 料 及 び 入 出 庫 手 数 料 b 他 の 工 事 現 場 へ 転 用 した 材 料 の 運 搬 費 搬 入 済 の 材 料 のうち 他 の 工 事 現 場 に 転 用 した 材 料 の 運 搬 費 用 c 元 設 計 において 期 間 要 素 を 考 慮 して 直 接 工 事 費 に 計 上 されている 材 料 等 の 中 止 期 間 に 係 る 損 料 額 及 び 補 修 費 用 (イ) 労 務 費 a 工 事 現 場 の 維 持 に 必 要 な 労 務 費 労 務 費 は 原 則 として 計 上 しないものとする ただし トンネル 潜 函 等 の 特 殊 な 工 事 で 作 業 員 を 確 保 しておく 必 要 があるため 労 務 者 を 常 駐 させた 場 合 はその 費 用 b 他 職 種 に 転 用 した 場 合 の 労 務 費 差 額 aのただし 書 による 技 能 労 務 者 が 職 種 外 の 普 通 作 業 等 に 従 事 した 場 合 の 本 来 の 職 種 と 従 事 した 職 種 との 単 価 差 額 の 労 務 費 用 (ウ) 水 道 光 熱 電 力 等 料 金 工 事 現 場 に 設 置 済 みの 施 設 を 工 事 現 場 の 維 持 管 理 等 のため 発 注 者 が 指 示 し あるいは 発 注 者 と 受 注 者 の 協 議 により 中 止 期 間 中 稼 働 ( 維 持 )させるために 要 す る 水 道 光 熱 電 力 等 に 要 する 費 用 (エ) 機 械 経 費 a 工 事 現 場 に 存 置 する 機 械 の 費 用 工 事 現 場 の 維 持 のために 必 要 な 機 械 並 びに 搬 出 費 及 び 再 搬 入 費 が 工 事 現 場 に 存 置 する 費 用 を 上 回 ることにより 工 事 現 場 に 存 置 することとした 機 械 を 存 置 する 費 用 b 工 事 現 場 の 維 持 のために 機 械 の 運 転 に 要 する 費 用 8

9 (オ) 運 搬 費 a 工 事 現 場 外 への 搬 出 又 は 工 事 現 場 への 再 投 入 に 要 する 費 用 中 止 時 点 に 現 場 搬 入 済 みの 機 械 器 具 類 及 び 仮 設 材 等 のうち 発 注 者 が 元 設 計 に 計 上 されたものと 同 等 と 認 めたものを 一 定 の 範 囲 の 工 事 現 場 外 に 搬 出 し 又 は 一 定 の 範 囲 から 工 事 現 場 に 再 搬 入 する 費 用 b 大 型 機 械 類 の 現 場 内 運 搬 元 設 計 に 計 上 した 機 械 類 資 材 等 のうち 工 事 が 中 止 されたために 新 たに 工 事 現 場 内 を 移 動 させることを 発 注 者 が 指 示 しあるいは 発 注 者 と 受 注 者 の 協 議 に より 発 注 者 が 必 要 と 認 めた 大 型 の 機 械 材 料 仮 設 物 等 の 運 搬 費 用 (カ) 準 備 費 中 止 に 伴 う 工 事 現 場 の 跡 片 付 け 及 び 工 事 の 再 開 のための 諸 準 備 等 に 要 する 費 用 (キ) 仮 設 費 a 仮 施 設 等 の 損 料 等 (a) 仮 施 設 の 損 料 等 仮 施 設 のうち 元 設 計 において 期 間 要 素 を 考 慮 しているものの 中 止 期 間 に 係 る 損 料 及 び 維 持 補 修 の 費 用 (b) 仮 設 材 料 の 損 料 搬 入 済 の 仮 設 材 料 のうち 搬 出 費 及 び 再 搬 入 費 が 工 事 現 場 に 存 置 する 費 用 を 上 回 ることにより 工 事 現 場 に 存 置 することとした 仮 設 材 料 の 中 止 期 間 に 係 る 損 料 b 工 事 現 場 の 維 持 のために 新 たに 必 要 になった 仮 施 設 等 に 要 する 費 用 ( 保 安 要 員 費 を 含 む ) (ク) 事 業 損 失 防 止 施 設 費 (キ) 仮 設 費 に 準 じて 積 算 した 費 用 (ケ) 安 全 費 a 既 存 の 安 全 施 設 等 に 係 る 費 用 安 全 施 設 等 のうち 元 設 計 において 期 間 要 素 を 考 慮 して 計 上 している 安 全 施 設 等 の 中 止 期 間 に 係 る 損 料 及 び 保 安 要 員 の 費 用 b 工 事 現 場 の 維 持 のために 新 たに 必 要 になった 安 全 施 設 等 に 要 する 費 用 (コ) 役 務 費 a 材 料 置 場 等 の 敷 地 の 借 上 げ 料 元 設 計 において 期 間 要 素 を 考 慮 して 計 上 して いる 材 料 置 場 等 の 敷 地 の 中 止 期 間 に 係 る 借 上 げ 等 に 要 した 費 用 b 用 水 電 力 等 の 基 本 料 金 元 設 計 において 計 上 している 用 水 電 力 等 に 係 る 中 止 期 間 の 基 本 料 金 (サ) 技 術 管 理 費 原 則 として 計 上 しないものとする ただし 搬 入 済 の 調 査 試 験 用 の 機 器 等 のうち 元 設 計 において 期 間 的 要 素 を 考 慮 して 計 上 している 機 器 等 については 機 器 等 の 中 止 期 間 に 係 る 損 料 (シ) 営 繕 費 営 繕 施 設 の 中 止 期 間 に 係 る 損 料 及 び 維 持 補 修 に 要 する 費 用 及 び 工 事 現 場 に 駐 在 することとした 労 務 者 及 び 近 傍 の 工 事 現 場 に 転 用 することとした 労 務 者 の 輸 送 費 (ス) 社 員 等 従 業 員 給 料 手 当 a 中 止 期 間 中 の 工 事 現 場 の 維 持 管 理 のために 現 場 に 常 駐 する 従 業 員 に 支 給 する 給 料 手 当 b 中 止 指 示 時 点 において 現 場 に 常 駐 していた 従 業 員 を 工 事 現 場 の 維 持 体 制 の 人 員 に 縮 小 するまでの 間 残 留 していた 縮 小 対 象 の 従 業 員 に 支 給 する 給 料 手 当 c 工 事 現 場 の 維 持 体 制 の 人 員 から 工 事 を 再 開 する 体 制 に 移 行 するまでの 間 増 員 となる 従 業 員 に 支 給 する 給 料 手 当 (セ) 労 務 管 理 費 a 労 務 者 の 転 出 入 に 要 する 費 用 遊 休 となった 労 務 者 のうち 専 従 的 に 雇 用 さ れていた 労 務 者 ( 通 勤 者 を 含 む )を 一 定 の 範 囲 に 転 出 又 は 一 定 の 範 囲 から 復 9

10 帰 のための 転 入 に 要 する 費 用 なお 専 従 的 に 雇 用 されていた 者 とは 元 請 会 社 直 庸 又 は 下 請 会 社 が 直 接 賃 金 を 支 給 しており かつ 当 該 工 事 現 場 に 常 駐 的 に 雇 用 されていたことが 賃 金 台 帳 等 で 確 認 できる 者 ( 以 下 専 従 的 労 務 者 とい う )とする b 解 雇 又 は 休 業 手 当 に 要 する 費 用 適 当 な 転 入 先 ( 他 の 工 事 現 場 等 )を 確 保 する ことができない 専 従 的 労 務 者 の 解 雇 又 は 休 業 手 当 に 要 する 費 用 (ソ) 福 利 厚 生 費 等 中 止 の 期 間 中 の 従 業 員 に 係 る 退 職 金 法 定 福 利 費 福 利 厚 生 費 通 信 費 の 費 用 (タ) 地 代 中 止 期 間 中 の 営 繕 施 設 に 係 る 敷 地 の 借 上 げに 要 する 費 用 イ 本 支 店 における 増 し 分 費 用 現 場 における 増 し 分 費 用 の 発 生 に 伴 い 本 支 店 で 要 する 費 用 ウ 消 費 税 等 相 当 額 現 場 及 び 本 支 店 における 増 し 分 費 用 にかかる 消 費 税 等 相 当 額 (6) 増 し 分 費 用 の 積 算 方 法 標 準 積 算 : 工 事 全 体 の 一 時 中 止 ( 主 たる 工 種 の 部 分 中 止 により 工 期 が 延 長 となっ た 場 合 を 含 む )に 適 用 し 一 時 中 止 期 間 が3ヶ 月 を 超 える 場 合 は 適 用 不 可 積 上 積 算 : 標 準 積 算 によりがたい 場 合 1 標 準 積 算 標 準 積 算 により 算 定 する 場 合 中 止 期 間 中 の 現 場 維 持 等 に 関 する 費 用 として 積 算 する 内 容 は 積 上 げ 項 目 及 び 率 で 計 上 する 項 目 とする ア 積 上 げ 項 目 直 接 工 事 費 仮 設 費 及 び 事 業 損 失 防 止 施 設 費 における 材 料 費 労 務 費 水 道 光 熱 電 力 等 料 金 機 械 経 費 で 現 場 維 持 等 に 要 する 費 用 直 接 工 事 費 に 計 上 された 材 料 ( 期 間 要 素 を 考 慮 した 材 料 ) 及 び 仮 設 費 に 計 上 さ れた 仮 設 材 等 の 中 止 期 間 中 に 係 る 損 料 額 及 び 補 修 費 用 直 接 工 事 費 ( 仮 設 費 を 含 む) 及 び 事 業 損 失 防 止 費 における 項 目 で 現 場 維 持 等 に 要 する 費 用 イ 率 で 計 上 する 項 目 (ア) 運 搬 費 の 増 加 費 用 現 場 に 搬 入 済 みの 建 設 機 械 を 他 の 工 事 現 場 に 搬 出 し また 工 事 再 開 時 に 再 搬 入 する 費 用 大 型 機 械 類 等 の 現 場 内 小 運 搬 に 要 する 費 用 (イ) 準 備 費 の 増 加 費 用 通 常 の 準 備 作 業 及 び 再 開 準 備 に 要 する 費 用 (ウ) 安 全 費 の 増 加 費 用 既 存 の 安 全 設 備 及 び 工 事 現 場 の 維 持 に 関 する 費 用 ( 保 安 施 設 保 安 要 員 の 費 用 及 び 火 薬 庫 火 工 品 庫 の 保 安 管 理 に 要 する 費 用 ) (エ) 役 務 費 の 増 加 費 用 仮 設 費 に 係 る 土 地 の 借 り 上 げ 等 に 要 する 費 用 電 力 及 び 用 水 等 の 基 本 料 金 (オ) 営 繕 費 の 増 加 費 用 現 場 事 務 所 労 務 者 宿 舎 監 督 員 詰 所 及 び 火 薬 庫 等 の 営 繕 施 設 の 中 止 期 間 に 係 る 維 持 費 補 修 費 及 び 損 料 等 に 要 する 費 用 工 事 現 場 に 駐 在 することとした 労 務 者 及 び 近 傍 の 工 事 現 場 に 転 用 することとし た 労 務 者 の 輸 送 費 (カ) 現 場 管 理 費 の 増 加 費 用 現 場 維 持 のために 現 場 へ 常 駐 する 社 員 等 従 業 員 給 料 手 当 及 び 労 務 管 理 費 等 に 要 する 費 用 a 社 員 等 従 業 員 給 料 手 当 10

11 中 止 期 間 中 の 工 事 現 場 の 維 持 管 理 のために 現 場 に 常 駐 する 従 業 員 に 支 給 す る 給 料 手 当 等 b 労 務 管 理 費 工 事 中 止 により 遊 休 となった 労 務 者 のうち 専 従 的 に 雇 用 されていた 労 務 者 ( 通 勤 者 を 含 む )を 一 定 の 範 囲 に 転 出 又 は 一 定 の 範 囲 から 復 帰 のための 転 入 に 要 する 費 用 なお 専 従 的 に 雇 用 されていた 者 とは 元 請 会 社 直 庸 又 は 下 請 会 社 が 直 接 賃 金 を 支 給 しており かつ 当 該 工 事 現 場 に 常 駐 的 に 雇 用 さ れていたことが 賃 金 台 帳 等 で 確 認 できる 者 ( 以 下 専 従 的 労 務 者 という ) とする 解 雇 又 は 休 業 手 当 に 要 する 費 用 適 当 な 転 入 先 ( 他 の 工 事 現 場 等 )を 確 保 す ることができない 専 従 的 労 務 者 の 解 雇 又 は 休 業 手 当 に 要 する 費 用 c 福 利 厚 生 費 等 中 止 の 期 間 中 の 現 場 従 業 員 に 係 る 退 職 金 法 定 福 利 費 福 利 厚 生 費 通 信 交 通 費 として 現 場 管 理 費 率 の 中 に 計 上 されている 費 用 (キ) 地 代 中 止 期 間 中 の 営 繕 施 設 に 係 る 敷 地 の 借 上 げに 要 する 費 用 等 ウ 積 算 方 法 標 準 積 算 による 増 し 分 費 用 の 算 定 は 本 工 事 に 着 手 後 に 一 時 中 止 した 場 合 を 対 象 として 適 用 することが 可 能 であり 算 定 方 法 は 次 のとおり なお 本 工 事 に 施 工 着 手 前 に 一 時 中 止 となった 場 合 の 増 加 費 用 について 受 注 者 及 び 発 注 者 間 でトラブルが 発 生 しないよう 契 約 図 書 に 適 切 な 条 件 ( 用 地 確 保 の 状 況 関 係 機 関 との 協 議 状 況 等 の 工 事 着 手 に 関 する 条 件 )を 明 示 するとともに 施 工 計 画 打 合 せ 時 に 現 場 事 務 所 の 設 置 時 期 などを 確 認 し 十 分 な 調 整 を 行 うこ とが 重 要 となる 一 時 中 止 に 伴 う 現 場 維 持 等 に 要 する 費 用 は, 次 式 により 算 定 する G=dg J+α G: 中 止 期 間 中 の 現 場 維 持 等 の 費 用 ( 円 1,000 円 未 満 切 り 捨 て) dg: 一 時 中 止 に 係 る 現 場 経 費 率 (% 小 数 点 以 下 第 4 位 四 捨 五 入 3 位 止 め) J: 対 象 額 ( 一 時 中 止 時 点 の 契 約 上 の 純 工 事 費 )( 円 1,000 円 未 満 切 り 捨 て) α: 積 上 げ 費 用 ( 円 1,000 円 未 満 切 り 捨 て) 一 時 中 止 に 係 る 現 場 経 費 率 dg=a{(j/(a J b +N)) B -(J/(a J b )) B }+(N R 100)/J N: 一 時 中 止 日 数 ( 日 )ただし 部 分 中 止 の 場 合 は 部 分 中 止 に 伴 う 工 期 延 期 日 数 R: 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 土 木 一 般 世 話 役 ) A B a b: 下 表 の 係 数 工 種 区 分 地 方 部 ( 一 般 交 通 等 の 影 響 な し) 係 数 A 地 方 部 ( 一 般 交 通 等 の 影 響 あ り) 山 間 僻 地 離 島 市 街 地 (DID 地 区 準 ず る 地 区 ) 係 数 B 係 数 a 係 数 b 海 岸 工 事 道 路 改 良 工 事 鋼 橋 架 設 工 事 PC 橋 工 事 舗 装 工 事 トンネル 工 事 治 山 地 すべ り 等 工 事 道 路 維 持 工 事

12 2 積 上 積 算 積 上 積 算 による 増 し 分 費 用 の 積 算 は 次 により 行 うものとする ア 現 場 における 増 し 分 費 用 (ア) 材 料 費 a 材 料 の 保 管 等 の 費 用 保 管 した 材 料 の 数 量 期 間 単 価 等 の 確 認 に 基 づき 必 要 額 を 算 定 する b 他 の 工 事 現 場 へ 転 用 した 材 料 の 運 搬 費 当 該 工 事 現 場 から 他 の 工 事 現 場 まで 運 搬 した 費 用 を 算 定 する c 直 接 工 事 費 に 計 上 された 材 料 の 損 料 直 接 工 事 費 に 計 上 されている 材 料 の 損 料 は 次 式 により 算 定 する 材 料 損 料 = 中 止 期 間 供 用 1 日 ( 又 は1 月 ) 当 り 損 料 (イ) 労 務 費 a 工 事 現 場 の 維 持 に 必 要 な 労 務 費 現 場 に 常 駐 させた 場 合 の 労 務 費 は 次 式 により 算 定 する 労 務 費 = 延 人 員 職 種 別 労 務 単 価 中 止 後 の 労 務 費 は トンネル 潜 函 等 を 除 き 原 則 として 計 上 しない b 他 職 種 に 転 用 した 場 合 の 労 務 費 差 額 本 来 の 職 種 外 の 作 業 に 従 事 した 場 合 の 労 務 費 差 額 は 次 式 により 算 定 する 労 務 費 差 額 = 延 人 員 ( 本 来 職 種 労 務 単 価 - 従 事 した 職 種 労 務 単 価 ) なお 従 事 した 職 種 の 労 務 費 は 従 事 した 工 種 に 計 上 する (ウ) 水 道 光 熱 電 力 等 料 金 工 事 現 場 に 設 置 済 みの 施 設 を 工 事 現 場 の 維 持 管 理 等 のため 中 止 期 間 中 稼 働 ( 維 持 )させるために 要 する 水 道 光 熱 電 力 等 に 要 する 費 用 (エ) 機 械 経 費 工 事 現 場 に 存 置 する 機 械 の 費 用 は 次 式 により 算 定 する 機 械 存 置 費 = 中 止 期 間 供 用 1 日 当 り 損 料 (オ) 運 搬 費 1 標 準 積 算 のイの(ア) 運 搬 費 の 増 加 費 用 に 同 じ (カ) 準 備 費 工 事 現 場 で 必 要 とされた 各 作 業 に 対 し 次 式 により 算 定 する 準 備 費 = 延 人 数 職 種 別 労 務 単 価 (キ) 仮 設 費 a 仮 施 設 等 の 損 料 等 (a) 仮 施 設 の 損 料 次 式 により 算 定 する 仮 施 設 の 損 料 = 中 止 期 間 供 用 1 日 ( 又 は1 月 ) 当 り 損 料 なお 仮 施 設 の 維 持 補 修 費 は 必 要 に 応 じて 計 上 する (b) 仮 設 材 料 の 損 料 (a)に 準 じて 算 定 する b 工 事 現 場 の 維 持 のために 新 たに 必 要 になった 仮 施 設 等 に 要 する 費 用 を 積 算 基 準 により 算 定 する (ク) 事 業 損 失 防 止 施 設 費 (キ)a(a) 仮 施 設 の 損 料 に 準 じて 算 定 する (ケ) 安 全 費 元 設 計 において 積 上 げ 計 上 されている 既 存 の 安 全 施 設 等 に 係 る 費 用 は 次 式 に より 算 定 する 安 全 費 = 中 止 期 間 供 用 1 日 ( 又 は1 月 ) 当 り 損 料 (コ) 役 務 費 元 設 計 において 積 上 げ 計 上 されている 材 料 置 場 等 の 敷 地 の 借 上 げ 料 は 次 式 に より 算 定 する 12

13 元 設 計 における 借 上 げ 料 借 上 げ 料 = 必 要 期 間 元 設 計 における 借 地 期 間 (サ) 技 術 管 理 費 (キ)a(a) 仮 施 設 の 損 料 に 準 じて 算 定 する (シ) 営 繕 費 元 設 計 において 積 上 げ 計 上 されている 施 設 の 営 繕 損 料 は 次 式 により 算 定 する 営 繕 損 料 = 中 止 期 間 供 用 1 日 ( 又 は1 月 ) 当 り 損 料 及 び 維 持 補 修 費 (ス) 社 員 等 従 業 員 給 料 手 当 中 止 期 間 中 の 工 事 現 場 の 維 持 管 理 のため 現 場 に 常 駐 する 従 業 員 に 支 給 する 給 料 手 当 は 次 式 により 算 定 する 常 駐 従 業 員 給 料 手 当 = 常 駐 日 数 基 準 日 額 基 準 日 額 は 作 業 日 報 及 び 給 与 明 細 等 を 基 に 算 定 する イ 本 支 店 における 増 し 分 費 用 本 支 店 における 増 し 分 費 用 は 元 設 計 の 費 用 に 工 事 中 止 に 伴 う 増 加 費 用 等 を 加 えた 工 事 原 価 に 対 する 一 般 管 理 費 等 率 により 算 定 する 9 増 し 分 費 用 の 考 え 方 (1) 契 約 後 準 備 工 着 手 前 に 中 止 した 場 合 契 約 締 結 当 初 契 約 工 期 施 工 計 画 作 成 期 間 準 備 工 期 間 本 工 事 施 工 期 間 後 片 付 期 間 契 約 締 結 変 更 契 約 工 期 施 工 計 画 作 成 期 間 中 止 期 間 準 備 工 期 間 本 工 事 施 工 期 間 後 片 付 期 間 1 契 約 後 準 備 工 着 手 前 とは 契 約 締 結 後 で 現 場 事 務 所 工 事 看 板 が 未 設 置 材 料 等 が 未 搬 の 状 態 で 測 量 等 の 準 備 工 に 着 手 するまでの 期 間 をいう 2 発 注 者 は 準 備 工 又 は 本 工 事 の 施 工 に 着 手 することが 不 可 能 と 判 断 した 場 合 は 工 事 の 一 時 中 止 を 受 注 者 に 通 知 する 3 受 注 者 は 工 事 請 負 契 約 書 第 16 条 2 項 に 基 づき 工 事 用 地 等 の 管 理 を 行 う 4 受 注 者 は 発 注 者 との 協 議 の 上 工 事 現 場 の 維 持 管 理 に 関 する 基 本 事 項 を 記 載 した 基 本 計 画 書 を 作 成 し 発 注 者 の 承 諾 を 得 なければならない 5 この 場 合 工 事 用 地 等 の 維 持 管 理 に 要 する 費 用 及 び 現 場 管 理 費 ( 現 場 代 理 人 等 の 現 場 従 業 員 手 当 て) 等 が 想 定 される (2) 準 備 工 期 間 に 中 止 した 場 合 契 約 締 結 当 初 契 約 工 期 施 工 計 画 作 成 期 間 準 備 工 期 間 本 工 事 施 工 期 間 後 片 付 期 間 契 約 締 結 変 更 契 約 工 期 施 工 計 画 作 成 期 間 準 備 工 中 止 期 間 準 備 工 本 工 事 施 工 期 間 後 片 付 期 間 1 準 備 工 期 間 とは 契 約 締 結 後 で 現 場 事 務 所 工 事 看 板 を 設 置 し 測 量 等 の 本 工 事 施 工 前 の 準 備 期 間 をいう 13

14 2 発 注 者 は 準 備 工 の 継 続 又 は 本 体 工 事 に 着 手 することが 不 可 能 と 判 断 した 場 合 は 工 事 の 一 時 中 止 を 受 注 者 に 通 知 する 3 受 注 者 は 工 事 現 場 の 維 持 管 理 に 関 する 基 本 的 事 項 を 記 載 した 基 本 計 画 書 に 必 要 に 応 じて 概 算 費 用 を 記 載 した 上 で その 内 容 について 発 注 者 と 協 議 し 承 諾 を 得 る 概 算 費 用 は 請 求 する 場 合 のみ 記 載 する 概 算 費 用 は 参 考 値 であり 契 約 時 点 の 費 用 を 拘 束 するものではない 4 増 し 分 費 用 は 安 全 費 ( 工 事 看 板 の 損 料 ) 営 繕 費 ( 現 場 事 務 所 の 維 持 費 土 地 の 借 地 料 ) 及 び 現 場 管 理 費 ( 監 理 技 術 者 若 しくは 主 任 技 術 者 現 場 代 理 人 等 の 現 場 従 業 員 手 当 ) 等 が 想 定 される 5 増 し 分 費 用 の 算 定 は 受 注 者 が 基 本 計 画 書 に 基 づき 実 施 した 結 果 必 要 とされ た 工 事 現 場 の 維 持 等 費 用 の 明 細 書 に 基 づき 費 用 の 必 要 性 数 量 など 受 注 者 及 び 発 注 者 が 協 議 して 決 定 する (3) 本 工 事 施 工 中 に 中 止 した 場 合 契 約 締 結 当 初 契 約 工 期 施 工 計 画 作 成 期 間 準 備 工 期 間 本 工 事 施 工 期 間 後 片 付 期 間 契 約 締 結 変 更 契 約 工 期 施 工 計 画 作 成 期 間 準 備 工 期 間 本 工 事 施 工 期 間 中 止 期 間 本 工 事 施 工 期 間 後 片 付 期 間 1 本 工 事 期 間 とは 準 備 工 期 間 後 で 本 工 事 施 工 期 間 をいう 2 発 注 者 は 本 工 事 施 工 期 間 中 に 施 工 を 継 続 することが 不 可 能 と 判 断 した 場 合 は 工 事 の 一 時 中 止 を 受 注 者 に 通 知 する 3 受 注 者 は 工 事 現 場 の 維 持 管 理 に 関 する 基 本 的 事 項 を 記 載 した 基 本 計 画 書 に 必 要 に 応 じて 概 算 費 用 を 記 載 した 上 で その 内 容 について 発 注 者 と 協 議 し 承 諾 を 得 る 概 算 費 用 は 請 求 する 場 合 のみ 記 載 する 概 算 費 用 は 参 考 値 であり 契 約 時 点 の 費 用 を 拘 束 するものではない 4 増 し 分 費 用 の 算 定 は 中 止 期 間 が3ヶ 月 以 内 は 標 準 積 算 ( 積 上 げ 積 算 及 び 率 で 計 上 する 積 算 )により 行 い 3ヶ 月 を 超 える 場 合 は 積 上 げ 積 算 により 行 い 費 用 の 必 要 性 数 量 など 受 注 者 及 び 発 注 者 が 協 議 して 決 定 する 14

15 ( 参 考 ) 増 加 費 用 の 協 議 対 象 期 間 ( 例 ) 増 加 費 用 の 協 議 対 象 期 間 ( 例 ) ケース1 ケース2 ケース3 ケース A 工 区 を 一 時 中 止 したが 工 期 延 期 が 生 じない 場 合 A 工 区 の 一 時 中 止 により 工 期 延 期 が 生 じた 場 合 当 初 工 程 A 工 区 B 工 区 A 工 区 B 工 区 A 工 区 B 工 区 一 時 中 止 の 指 示 A 工 区 B 工 区 一 時 中 止 A 工 区 B 工 区 一 時 中 止 A 工 区 B 工 区 一 時 中 止 A 工 区 B 工 区 a a: 一 時 中 止 期 間 A 工 区 B 工 区 a a: 一 時 中 止 期 間 b: 一 時 中 止 に 伴 う 工 程 ( 工 期 ) 延 長 期 間 b A 工 区 B 工 区 a: 一 時 中 止 期 間 b: 一 時 中 止 に 伴 う 工 程 延 期 期 間 c: 一 時 中 止 に 伴 う 工 期 延 期 期 間 b c 増 加 費 用 の 協 議 対 象 期 間 の 考 え 方 増 加 費 用 の 主 な 費 目 現 場 への 常 駐 が 義 務 化 さ れている 現 場 従 業 員 給 与 ( 現 場 代 理 人 等 ) 現 場 への 常 駐 が 義 務 化 さ れていない 現 場 従 業 員 給 与 等 ( 中 止 期 間 の 現 場 へ の 常 駐 を 発 注 者 が 必 要 と 判 断 した 場 合 ) 対 象 期 間 - a 増 加 費 用 の 主 な 費 目 現 場 への 常 駐 が 義 務 化 さ れている 現 場 従 業 員 給 与 ( 現 場 代 理 人 等 ) 現 場 への 常 駐 が 義 務 化 さ れていない 現 場 従 業 員 給 与 等 ( 中 止 期 間 の 現 場 へ の 常 駐 を 発 注 者 が 必 要 と 判 断 した 場 合 ) 対 象 期 間 b a 増 加 費 用 主 な 費 目 現 場 への 常 駐 が 義 務 化 さ れている 現 場 従 業 員 給 与 ( 現 場 代 理 人 等 ) 現 場 への 常 駐 が 義 務 化 さ れていない 現 場 従 業 員 給 与 等 ( 中 止 期 間 の 現 場 へ の 常 駐 を 発 注 者 が 必 要 と 判 断 した 場 合 ) 対 象 期 間 C a 営 繕 施 設 等 費 用 ( 現 場 事 務 所 ) - 営 繕 施 設 等 費 用 ( 現 場 事 務 所 ) b 営 繕 施 設 等 費 用 ( 現 場 事 務 所 ) C 機 械 経 費 仮 設 物 損 料 ( 中 止 期 間 現 場 存 置 ) a 機 械 経 費 仮 設 物 損 料 ( 中 止 期 間 現 場 存 置 ) a 機 械 経 費 仮 設 物 損 料 ( 中 止 期 間 現 場 存 置 ) a 中 止 期 間 中 に 一 時 撤 去 等 する 場 合 は それに 伴 う 撤 去 運 搬 再 設 置 等 の 費 用 が 対 象 となる 上 表 は 標 準 的 なケースを 例 示 したものであるため 各 工 事 等 の 状 況 に 応 じて 適 用 の 判 断 を 行 うも のとする 15

16 Ⅲ 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きの 参 考 様 式 様 式 -1 年 月 日 支 出 負 担 行 為 担 当 官 殿 監 督 員 請 負 工 事 の 一 時 中 止 について 工 事 名 : 平 成 年 月 日 契 約 締 結 した 標 記 工 事 について 下 記 のとおり 工 事 の 一 時 中 止 を 通 知 されるよう 上 申 します 1 一 時 中 止 を 必 要 とする 理 由 2 一 時 中 止 の 内 容 (1) 中 止 する 工 事 の 工 種 等 (2) 中 止 する 工 事 区 域 (3) 一 時 中 止 の 予 定 期 間 (4) 中 止 期 間 中 における 工 事 現 場 の 維 持 管 理 等 ( 別 紙 -1のとおり) 記 ( 別 紙 -1) 一 時 中 止 期 間 中 における 工 事 現 場 の 維 持 管 理 等 の 基 本 的 事 項 中 止 の 対 象 となる 工 事 現 場 を 適 正 に 維 持 管 理 するために 必 要 な 管 理 体 制 等 の 必 要 事 項 に ついて 受 注 者 に 指 示 する 内 容 を 詳 細 に 記 述 する 16

17 様 式 -2 番 号 年 月 日 ( 受 注 者 ) 殿 ( 発 注 者 ) 支 出 負 担 行 為 担 当 官 氏 名 印 工 事 名 : 工 事 の 一 時 中 止 について 平 成 年 月 日 契 約 締 結 した 標 記 工 事 について 下 記 のとおり 工 事 を 一 時 中 止 されるよう 工 事 請 負 契 約 書 第 20 条 の 規 定 により 通 知 します 1 一 時 中 止 を 必 要 とする 理 由 2 一 時 中 止 の 内 容 (1) 中 止 する 工 事 の 工 種 等 (2) 中 止 する 工 事 区 域 (3) 一 時 中 止 の 予 定 期 間 3 管 理 体 制 等 の 基 本 事 項 中 止 期 間 中 における 工 事 現 場 の 維 持 管 理 等 を 別 紙 -1により 行 うこと 4 基 本 計 画 書 の 提 出 中 止 期 間 中 の 次 の 事 項 に 関 する 基 本 計 画 書 を 監 督 職 員 に 提 出 し 承 諾 を 得 ること (1) 中 止 指 示 時 点 における 確 認 事 項 (2) 中 止 に 伴 う 工 事 現 場 の 体 制 の 縮 小 に 関 すること (3) 工 事 現 場 の 維 持 管 理 に 関 する 基 本 的 事 項 (4) 工 事 再 開 準 備 計 画 (5) 工 事 一 時 中 止 に 伴 い 発 生 する 増 加 費 用 の 概 算 金 額 及 び 算 定 根 拠 記 5 一 時 中 止 に 関 わる 費 用 一 時 中 止 に 関 わる 費 用 は 監 督 職 員 が 承 諾 した 基 本 計 画 書 に 基 づき 工 事 再 開 後 に 速 やかに 協 議 を 行 うものとする ( 別 紙 -1) 一 時 中 止 期 間 中 における 工 事 現 場 の 維 持 管 理 等 の 基 本 的 事 項 中 止 の 対 象 となる 工 事 現 場 を 適 正 に 維 持 管 理 するために 必 要 な 管 理 体 制 等 の 必 要 事 項 に ついて 受 注 者 に 指 示 する 内 容 を 詳 細 に 記 述 する 17

18 様 式 -3 年 月 日 ( 発 注 者 ) 支 出 負 担 行 為 担 当 官 殿 ( 受 注 者 ) 印 工 事 一 時 中 止 に 伴 う 工 事 現 場 の 維 持 管 理 等 に 関 する 基 本 計 画 書 について 工 事 名 : 平 成 年 月 日 付 けで 工 事 一 時 中 止 のあった 標 記 工 事 について 別 紙 のとおり 基 本 計 画 書 を 提 出 します 別 紙 基 本 計 画 書 1 中 止 指 示 時 点 における 確 認 事 項 2 中 止 に 伴 う 工 事 現 場 の 体 制 の 縮 小 に 関 すること 3 工 事 現 場 の 維 持 管 理 に 関 する 基 本 的 事 項 4 工 事 再 開 準 備 計 画 5 工 事 一 時 中 止 に 伴 い 発 生 する 増 加 費 用 の 概 算 金 額 及 び 算 定 根 拠 18

19 様 式 -4 番 号 年 月 日 ( 受 注 者 ) 殿 ( 発 注 者 ) 支 出 負 担 行 為 担 当 官 氏 名 印 工 事 名 : 工 事 の 再 開 について 平 成 年 月 日 付 けで 一 時 中 止 を 通 知 した 標 記 工 事 について 平 成 年 月 日 より 再 開 されるよう 通 知 します なお 中 止 期 間 は 平 成 年 月 日 から 平 成 年 月 日 までとします 19

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

Microsoft Word - 設計委託特記仕様書20130201.doc

Microsoft Word - 設計委託特記仕様書20130201.doc 川 崎 病 院 ナースコールシステム 改 修 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 担 当 係 長 課 長 建 築 電 気 機 械 平 成 25 年 5 月 1 日 まちづくり 局 施 設 整 備 部 Ⅰ 業 務 概 要 1 業 務 名 称 ( 川 崎 病 院 ナースコールシステム 改 修 設 計 業 務 委 託 ) 2 計 画 施 設 概 要 本 業 務 の 対 象 となる 施 設 ( 以

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

別紙3

別紙3 別 紙 3 1 総 括 平 成 26 年 度 栃 木 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 24 年 度 の 件 費 率 % % 25 年 度 146,544 56,331,297

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業 安 来 運 動 公 園 管 理 業 務 仕 様 書 る 安 来 運 動 公 園 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び そ の 範 囲 等 は こ の 仕 様 書 に よ ( 有 料 公 園 施 設 に 関 す る 事 項 ) 1 施 設 の 概 要 1 所 在 地 安 来 市 吉 岡 町 450 番 地 2 面 積 46,614m2 3 概 要 区 分 面 積 等 区 分

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4 鉾 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 )23 年 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) A B B/A 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % 24 年 度 51,778 20,041,814 1,173,725

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

b) 参 加 表 明 書 の 提 出 時 において 東 北 地 方 整 備 局 ( 港 湾 空 港 関 係 を 除 く) における 平 成 27 28 年 度 土 木 関 係 建 設 コンサルタント 業 務 に 係 る 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 認 定 を 受 けて

b) 参 加 表 明 書 の 提 出 時 において 東 北 地 方 整 備 局 ( 港 湾 空 港 関 係 を 除 く) における 平 成 27 28 年 度 土 木 関 係 建 設 コンサルタント 業 務 に 係 る 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 認 定 を 受 けて 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 ( 総 合 評 価 落 札 方 式 )に 係 る 手 続 き 開 始 の 公 示 次 のとおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 の 選 定 の 手 続 を 開 始 します 平 成 28 年 9 月 27 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 東 北 地 方 整 備 局 三 陸 国 道 事 務 所 長 永 井 浩 泰 1. 業 務 概 要 (1)

More information

・モニター広告運営事業仕様書

・モニター広告運営事業仕様書 秋 田 市 新 庁 舎 動 画 広 告 放 映 事 業 仕 様 書 1 目 的 多 く の 市 民 の 目 に 触 れ る 市 役 所 の 特 性 を 活 か し 映 像 や 音 声 を 活 用 し た モ ニ タ ー に よ る 動 画 広 告 を 新 庁 舎 内 に 導 入 し 新 庁 舎 の 主 要 機 能 の 一 つ で あ る 情 報 発 信 拠 点 と し て の 役 割 を 果 た す

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

ア 調 整 テーマ 別 分 科 会 (3テーマ 程 度 各 4か 月 に1 回 程 度 ) 予 定 テーマ (ア) 鎮 守 大 橋 周 辺 地 区 (イ) 内 海 橋 周 辺 地 区 (ウ) 工 事 車 両 交 通 対 策 2 トータルマネジメント 支 援 業 務 復 興 事 業 等 の 円 滑 な

ア 調 整 テーマ 別 分 科 会 (3テーマ 程 度 各 4か 月 に1 回 程 度 ) 予 定 テーマ (ア) 鎮 守 大 橋 周 辺 地 区 (イ) 内 海 橋 周 辺 地 区 (ウ) 工 事 車 両 交 通 対 策 2 トータルマネジメント 支 援 業 務 復 興 事 業 等 の 円 滑 な 平 成 27 年 度 石 巻 市 復 興 まちづくりマネジメント 支 援 業 務 仕 様 書 第 1 条 適 用 範 囲 この 仕 様 書 は 平 成 27 年 度 石 巻 市 復 興 まちづくりマネジメント 支 援 業 務 ( 以 下 本 業 務 という )の 履 行 に 適 用 する 本 仕 様 書 に 定 めのない 事 項 については 宮 城 県 土 木 部 作 成 の 共 通 仕 様 書 (

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

続 に 基 づく 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 再 認 定 を 受 けていること ) c) 会 社 更 生 法 に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされている 者 又 は 民 事 再 生 法 に 基 づき 再 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなさ

続 に 基 づく 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 再 認 定 を 受 けていること ) c) 会 社 更 生 法 に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされている 者 又 は 民 事 再 生 法 に 基 づき 再 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなさ 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 ( 総 合 評 価 落 札 方 式 )に 係 る 手 続 開 始 の 公 示 次 のとおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 の 選 定 の 手 続 を 開 始 します 平 成 28 年 9 月 20 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 東 北 地 方 整 備 局 秋 田 河 川 国 道 事 務 所 長 渡 邊 政 義 1. 業 務 概 要

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

<8C9A90DD94AD90B696D88DDE939982CC8DC48E918CB989BB82C98AD682B782E98E9696B18EE688B5977697CC816982518251814482538144825089FC90B3816A2E786477>

<8C9A90DD94AD90B696D88DDE939982CC8DC48E918CB989BB82C98AD682B782E98E9696B18EE688B5977697CC816982518251814482538144825089FC90B3816A2E786477> 建 設 発 生 木 材 等 の 再 資 源 化 に 関 する 事 務 取 扱 要 領 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 川 崎 市 ( 以 下 本 市 という )が 施 工 する 建 設 工 事 から 生 じる 建 設 発 生 木 材 等 の 再 資 源 化 に 関 する 事 務 取 扱 いを 定 めることにより 資 源 の 有 効 な 利 用 及 び 廃 棄 物 の

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 改 正 平 成 14 年 3 月 29 日 規 則 第 11 号 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 5 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22

More information

平成19年9月改定

平成19年9月改定 参 考 建 設 工 事 に 係 る 資 源 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 ( 建 設 リサイクル 法 )に 基 づく 通 知 及 び 契 約 書 の 記 載 事 項 等 に 関 する 取 扱 要 領 技 術 計 画 課 作 成 平 成 14 年 5 月 30 日 改 正 平 成 15 年 5 月 30 日 1. 建 設 リサイクル 法 の 目 的 特 定 の 建 設 資 材 について

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

(3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 める 書 類 ( 補 助 金 の 交 付 決 定 ) 第 6 条 市 長 は 前 条 の 申 請 書 を 受 理 したときは 速 やかにその 内 容 を 審 査 し 補 助 金 を 交 付 すべきものと 認 めたときは 規 則 第 7 条 に 規 定 す

(3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 める 書 類 ( 補 助 金 の 交 付 決 定 ) 第 6 条 市 長 は 前 条 の 申 請 書 を 受 理 したときは 速 やかにその 内 容 を 審 査 し 補 助 金 を 交 付 すべきものと 認 めたときは 規 則 第 7 条 に 規 定 す 篠 山 市 防 犯 カメラ 設 置 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 9 月 30 日 要 綱 第 55 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 民 が 安 心 して 暮 らせるまちづくりを 目 指 し 自 主 防 犯 活 動 を 補 完 するため 防 犯 カメラの 設 置 に 係 る 経 費 の 一 部 を 補 助 することに 関 し 篠 山 市 補 助 金 交 付

More information

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す 9 退 職 金 事 務 に 関 する 注 意 事 項 1 労 務 管 理 の 観 点 から( 労 働 契 約 法 労 働 基 準 法 関 係 ) そもそも 退 職 金 の 支 給 は 法 人 の 任 意 で 必 ず 支 払 わなくてはならないものではありませんが 賃 金 の 後 払 いとして あるいは 長 年 の 功 労 への 報 償 や 退 職 後 の 生 活 保 障 として 制 度 を 設 ける

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 実 施 要 綱 ( 平 成 12 年 3 月 21 日 制 定 ) ( 総 則 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 号 以 下 令 という ) 第 9 条 の 規 定 に 基 づく 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 ( 以 下 事 業 という )の 円 滑 な 遂 行 に 資

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 に 係 る 企 画 提 案 書 募 集 要 領 1 委 託 事 業 名 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 業 務 委 託 2 目 的 離 島 地 域 の 産 業 の 振 興 を 図 るため これまで 開 発 された 離 島 の 特 産 品 等 を 対 象 と して コーディネーター( 受 託 事 業 者 ) 及 び 外 部

More information

Microsoft Word - 通達(参考).doc

Microsoft Word - 通達(参考).doc 参 考 1 基 発 第 0909001 号 平 成 20 年 9 月 9 日 都 道 府 県 労 働 局 長 殿 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 局 長 ( 公 印 省 略 ) 多 店 舗 展 開 する 小 売 業 飲 食 業 等 の 店 舗 における 管 理 監 督 者 の 範 囲 の 適 正 化 について 小 売 業 飲 食 業 等 において いわゆるチェーン 店 の 形 態 により 相 当

More information

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正)

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正) 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 支 給 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 売 上 高 や 生 産 量 の 減 少 等 に 伴 う 人 員 削 減 により 離 職 した 者 を 正 規 雇 用 した 事 業 主 に 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 ( 以 下 奨 励 金 という )を 支 給 するために 必 要 な 事 項 を 定 める ( 定 義

More information

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め 総 税 企 第 168 号 平 成 23 年 12 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 係 る 地 方 税 の 取 扱 い 等 について 地 方 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 120 号 以 下 改 正 法 という ) 地 方 税 法 施 行 令 の 一

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464>

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 事 務 取 扱 規 則 制 定 平 成 16 年 10 月 25 日 平 成 16 年 規 則 第 144 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 の 職 員 の 財 産 形 成 貯 蓄, 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 及 び 財 産 形 成 住 宅 貯 蓄 ( 以 下

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

財営第   号

財営第   号 財 営 第 420 号 住 公 第 402 号 建 業 第 307 号 平 成 28 年 3 月 31 日 各 部 局 長 様 経 営 管 理 部 長 くらし 環 境 部 長 交 通 基 盤 部 長 静 岡 県 発 注 建 設 工 事 における 下 請 契 約 からの 社 会 保 険 等 未 加 入 建 設 業 者 排 除 の 取 扱 いについて( 通 知 ) 建 設 産 業 においては 担 い 手

More information

5 号 )に 基 づく 排 除 措 置 の 期 間 中 でないこと (6) 会 社 更 生 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 154 号 )に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされて いる 者 又 は 民 事 再 生 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 225 号 )に 基

5 号 )に 基 づく 排 除 措 置 の 期 間 中 でないこと (6) 会 社 更 生 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 154 号 )に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされて いる 者 又 は 民 事 再 生 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 225 号 )に 基 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 ( 条 件 付 一 般 競 争 入 札 ( 事 後 審 査 型 持 参 方 式 ))を 行 うので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の 6 の 規 定 に 基 づき 公 告 する 平 成 26 年 4 月 9 日 紀 の 川 市 長 中 村 愼 司 1 入 札 に 付 する 工 事

More information

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関 豊 中 市 告 示 第 282 号 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 に 係 る 一 般 競 争 入 札 について 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 について 次 のとおり 一 般 競 争 入 札

More information

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ コンシェルジュサービス 会 員 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 適 用 関 係 ) 1.この 会 員 規 約 は 株 式 会 社 三 ラージ( 以 下 当 社 といいます )が 株 式 会 社 アクトコ ールを 通 じて 運 営 するコンシェルジュサービス( 以 下 本 サービス といいます )の 提 供 及 びその 利 用 に 関 して 適 用 されます( 以 下 会 員 規 約 といいます

More information

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件 入 札 公 告 ( 件 名 :S16-386 ソフトウェアの 調 達 に 関 する 入 札 実 施 の 件 ) 2016 年 9 月 30 日 日 本 銀 行 では 下 記 の 要 領 によるソフトウェアの 調 達 を 一 般 競 争 入 札 に 付 します 日 本 銀 行 システム 情 報 局 記 1. 電 子 入 札 システムの 利 用 本 入 札 案 件 は 原 則 として 日 本 銀 行 電

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

< F2D E518D6C817A938A82B08D9E82DD8E9197BF8140>

< F2D E518D6C817A938A82B08D9E82DD8E9197BF8140> 平 成 26 年 10 月 15 日 関 東 地 方 整 備 局 国 営 昭 和 記 念 公 園 事 務 所 H26 昭 和 四 阿 新 築 その 他 工 事 で 見 積 活 用 方 式 の 試 行 を 行 います 昨 今 工 事 発 注 において 予 定 価 格 超 過 や 入 札 参 加 がいないことなどを 理 由 として 入 札 のとりやめや 不 調 となる 工 事 が 相 次 いでいることから

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 4 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 国 見 町 福 島 県 国 類 似 団 体 平 均 年 齢 4.6 歳 3

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 4 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 国 見 町 福 島 県 国 類 似 団 体 平 均 年 齢 4.6 歳 3 国 見 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 年 度 末 ) B B/ 平 成 9 年 度 の 件 費 率 平 成 年 度,478 4,55,53 79,66 94,46 3.. () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

(15) 兵 庫 県 道 高 速 湾 岸 線 (16) 神 戸 市 道 高 速 道 路 2 号 線 (17) 兵 庫 県 道 高 速 北 神 戸 線 (18) 神 戸 市 道 高 速 道 路 北 神 戸 線 (19) 神 戸 市 道 高 速 道 路 湾 岸 線 のうち 上 り 線 については 神 戸

(15) 兵 庫 県 道 高 速 湾 岸 線 (16) 神 戸 市 道 高 速 道 路 2 号 線 (17) 兵 庫 県 道 高 速 北 神 戸 線 (18) 神 戸 市 道 高 速 道 路 北 神 戸 線 (19) 神 戸 市 道 高 速 道 路 湾 岸 線 のうち 上 り 線 については 神 戸 大 阪 府 道 高 速 大 阪 池 田 線 等 に 関 する 協 定 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 以 下 機 構 という )と 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 ( 以 下 会 社 という )は 高 速 道 路 株 式 会 社 法 ( 平 成 16 年 法 律 第 99 号 以 下 道 路 会 社 法 という ) 第 6 条 第 1 項

More information

ト ン ネ ル ご 施 工 計 画 施 工 設 備 及 び 積 算 建 設 環 境 上 水 道 及 び 工 業 用 水 道 技 術 部 門 上 下 水 道 部 門 に 該 当 する 下 水 道 資 農 業 土 木 技 術 部 門 農 業 部 門 に 該 当 する 資 と の RCCM の 資 森 林

ト ン ネ ル ご 施 工 計 画 施 工 設 備 及 び 積 算 建 設 環 境 上 水 道 及 び 工 業 用 水 道 技 術 部 門 上 下 水 道 部 門 に 該 当 する 下 水 道 資 農 業 土 木 技 術 部 門 農 業 部 門 に 該 当 する 資 と の RCCM の 資 森 林 管 理 技 術 者 及 び 照 査 技 術 者 の 選 任 及 び 資 要 件 等 の 運 用 について 平 成 12 年 4 月 1 日 制 定 平 成 17 年 4 月 26 日 改 正 平 成 19 年 12 月 14 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 1 管 理 技 術 者 及 び 照 査

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交 1 マイナンバー 制 度 の 導 について( 案 ) 平 成 27 年 7 22 日 部 会 議 資 料 総 務 部 ( 政 管 理 課 情 報 政 策 課 庶 務 課 ) 市 活 部 ( 市 窓 課 籍 住 記 録 課 ) 通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら)

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

るよう 工 事 打 合 せ 簿 ( 様 式 2)により 受 注 者 に 求 めます 5-1 理 由 書 ( 様 式 3)が 提 出 され 特 別 の 事 情 を 有 すると 認 めた 場 合 は 社 会 保 険 等 の 加 入 が 確 認 できる 書 類 を 提 出 するよう 工 事 打 合 せ 簿

るよう 工 事 打 合 せ 簿 ( 様 式 2)により 受 注 者 に 求 めます 5-1 理 由 書 ( 様 式 3)が 提 出 され 特 別 の 事 情 を 有 すると 認 めた 場 合 は 社 会 保 険 等 の 加 入 が 確 認 できる 書 類 を 提 出 するよう 工 事 打 合 せ 簿 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 係 る 手 続 の 流 れ 平 成 28 年 6 月 17 日 総 務 部 契 約 課 建 設 部 建 設 総 務 課 平 成 28 年 7 月 1 日 以 降 に 契 約 を 締 結 する 建 設 工 事 において 社 会 保 険 等 に 未 加 入 の 建 設 業 者 ( 以 下 未 加 入 業 者 という )と 受 注 者 との 一 次 下 請 契

More information

中根・金田台地区 平成23年度補償説明業務

中根・金田台地区 平成23年度補償説明業務 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 に 準 じた 手 続 による 手 続 開 始 掲 示 次 とおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 選 定 手 続 を 開 始 します 平 成 23 年 6 月 1 日 中 根 金 田 台 開 発 事 務 所 長 関 根 宣 由 1 務 概 要 (1) 務 名 中 根 金 田 台 地 区 平 成 23 年 度 補 償 説 明 務 (2) 務 内 容 研

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 育 児 休 業 等 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 3 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 37 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 国

More information

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 における 労 務 費 の 計 算 に 係 る 実 施 細 則 ( 健 保 等 級 ルール) 平 成 26 年 9 月 公 益 財 団 法 人 鳥 取 県 産 業 振 興 機 構 平 成 26 年 9 月 以 降 に 実 施 される 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう )に 係 る 労 務 費 の 算 出

More information

下水道工事標準仕様書

下水道工事標準仕様書 () 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 63 64 65 66 67 68 69 70 71

More information

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27 大 和 高 田 市 要 介 護 認 定 業 務 一 部 委 託 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 4 月 大 和 高 田 市 保 健 部 介 護 保 険 課 1 目 次 1. 委 託 業 務 の 概 要 1 (1) 背 景 及 び 目 的 1 (2) アウトソーシングの 基 本 的 な 考 え 方 1 (3) 受 託 者 に 求 めること 1 (4) 期 待 する 効 果 2 2. 委 託 内

More information

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第 伊 達 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより

More information

〔自 衛 隊〕

〔自 衛 隊〕 基 交 付 金 及 び 調 整 交 付 金 等 総 務 省 所 管 (1) 基 交 付 金 ( 趣 旨 ) 基 交 付 金 は 国 有 提 供 施 設 等 所 在 市 町 村 助 成 交 付 金 に 関 する 法 律 ( 昭 和 32 年 法 律 104 号 ) の 定 めるところにより 国 が 所 有 する 固 定 資 産 のうち 米 軍 等 に 使 用 させている 固 定 資 産 並 びに 自

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

2 以 上 の 設 計 業 務 の 摘 要 範 囲 ア 一 般 業 務 の 範 囲 建 築 基 本 設 計 に 関 する 標 準 業 務 ( 改 修 工 事 には 不 摘 要 ) 建 築 実 施 設 計 に 関 する 標 準 業 務 ( 構 造 を 含 む) 電 気 設 備 実 施 設 計 に 関

2 以 上 の 設 計 業 務 の 摘 要 範 囲 ア 一 般 業 務 の 範 囲 建 築 基 本 設 計 に 関 する 標 準 業 務 ( 改 修 工 事 には 不 摘 要 ) 建 築 実 施 設 計 に 関 する 標 準 業 務 ( 構 造 を 含 む) 電 気 設 備 実 施 設 計 に 関 境 川 支 所 受 変 電 設 備 改 修 設 計 工 事 監 理 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 1. 業 務 委 託 の 名 称 2. 業 務 委 託 箇 所 境 川 支 所 受 変 電 設 備 改 修 設 計 工 事 監 理 業 務 委 託 笛 吹 市 境 川 町 藤 垈 地 内 3. 履 行 期 間 設 計 業 務 契 約 の 翌 日 ~ 平 成 26 年 9 月 5 日 監 理 業 務

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63> リスクマネジメントおよび コンプライアンス 規 程 株 式 会 社 不 二 ビルサービス リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 1 リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 規 程 は 当 社 におけるリスクマネジメントに 関 して 必 要 な 事 項 を 定 め もってリスクの 防 止 および 会 社 損 失 の 最 小 化

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

小 浜 市 営 駐 車 場 および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 小 浜 市 営 駐 車 場 ( 以 下 駐 車 場 という )および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 ( 以 下 駐 輪 場 という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内

小 浜 市 営 駐 車 場 および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 小 浜 市 営 駐 車 場 ( 以 下 駐 車 場 という )および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 ( 以 下 駐 輪 場 という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 小 浜 市 営 駐 車 場 および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 23 年 10 月 小 浜 市 総 務 部 生 活 安 全 課 小 浜 市 営 駐 車 場 および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 小 浜 市 営 駐 車 場 ( 以 下 駐 車 場 という )および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 ( 以

More information

J J.フロント リテイリング 株 式 会 社 内 部 統 制 システム 構 築 の 基 本 方 針 制 定 平 成 19 年 09 月 03 日 改 定 平 成 19 年 11 月 26 日 改 定 平 成 21 年 05 月 26 日 改 定 平 成 22 年 03 月 01 日 改 定 平 成 25 年 04 月 01 日 改 定 平 成 26 年 03 月 01 日 改 定 平 成 27 年 05

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8,

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8, 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 件 費 率 年 度,,1,9 1, 9,9 1.1 1. 件 費 には 村 長 副 村 長 教 育 長 の 給 与 議 会 議 員 各 種 委 員

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information