1分冊_表紙1

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "1分冊_表紙1"

Transcription

1 この 約 の 概 要 5 年 ごと 配 当 付 定 疾 病 保 障 終 身 保 険 約 条 項 目 次 第 1 条 約 保 険 金 の 支 払 第 2 条 約 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 3 条 約 保 険 金 の 免 責 事 由 に 該 当 した 場 合 の 取 扱 第 4 条 約 保 険 金 の 請 求 支 払 時 期 および 支 払 場 所 第 5 条 約 定 疾 病 保 険 金 の 代 理 請 求 第 6 条 約 の 保 険 料 払 込 の 免 除 第 7 条 約 の 締 結 第 8 条 約 の 責 任 開 始 期 第 9 条 約 の 保 険 料 払 込 期 間 第 10 条 約 の 保 険 料 の 払 込 第 11 条 猶 予 期 間 中 の 保 険 事 故 と 保 険 料 の 取 扱 第 12 条 約 の 失 効 第 13 条 約 の 復 活 第 14 条 告 知 義 務 第 15 条 告 知 義 務 違 反 による 解 除 第 16 条 約 を 解 除 できない 場 合 第 17 条 重 大 事 由 による 解 除 第 18 条 約 の 解 約 第 19 条 約 の 返 還 金 第 20 条 約 の 消 滅 とみなす 場 合 第 21 条 約 保 険 金 額 の 減 額 第 22 条 指 定 代 理 請 求 人 の 変 更 第 23 条 約 の 社 員 配 当 金 第 24 条 主 契 約 の 内 容 変 更 に 伴 う 約 の 取 扱 第 25 条 主 契 約 について 保 険 料 の 自 動 貸 付 または 契 約 者 貸 付 の 規 定 を 適 用 する 場 合 の 取 扱 第 26 条 主 契 約 を 払 済 保 険 に 変 更 する 場 合 の 取 扱 第 27 条 管 轄 裁 判 所 第 28 条 契 約 内 容 の 登 録 第 29 条 主 約 款 の 規 定 の 準 用 第 30 条 リビング ニーズ 約 または5 年 ごと 配 当 付 定 状 態 収 入 保 障 約 とあわせて 主 契 約 に 付 加 す る 場 合 の 則 第 31 条 5 年 ごと 配 当 付 終 身 保 険 に5 年 ごと 配 当 付 年 金 支 払 移 行 約 等 を 付 加 した 場 合 の 約 の 取 扱 第 32 条 保 険 料 払 込 期 間 が 終 身 の5 年 ごと 配 当 付 終 身 保 険 に 付 加 した 場 合 の 則 第 33 条 5 年 ごと 配 当 付 介 護 年 金 終 身 保 障 保 険 に 付 加 し た 場 合 の 則 第 34 条 5 年 ごと 配 当 付 終 身 医 療 保 険 に 付 加 した 場 合 の 則 第 35 条 5 年 ごと 配 当 付 介 護 年 金 終 身 保 障 保 険 または5 年 ごと 配 当 付 終 身 医 療 保 険 に 付 加 した 場 合 の 約 高 度 障 害 保 険 金 の 代 理 請 求 第 36 条 転 換 後 契 約 に 付 加 した 場 合 の 則 第 37 条 別 条 件 を 付 けた 場 合 の 則 5 年 ごと 配 当 付 定 疾 病 保 障 終 身 保 険 約 条 項 (この 約 の 概 要 ) ( 平 成 20 年 6 月 2 日 改 正 ) この 約 は つぎの 給 付 を 行 うことを 主 な 内 容 とするものです なお 約 死 亡 保 険 金 額 約 定 疾 病 保 険 金 額 およ び 約 高 度 障 害 保 険 金 額 は 同 額 です 約 死 亡 保 険 金 約 定 疾 病 保 険 金 約 高 度 障 害 保 険 金 給 付 の 内 容 被 保 険 者 が 死 亡 したときに 支 払 います 被 保 険 者 が 定 の 疾 病 ( 悪 性 新 生 物 (がん) 急 性 心 筋 梗 塞 または 脳 卒 中 )により 所 定 の 状 態 に 該 当 したときに 支 払 います 被 保 険 者 が 所 定 の 高 度 障 害 状 態 に 該 当 したときに 支 払 います -102-

2 第 1 条 ( 約 保 険 金 の 支 払 ) 1.この 約 において 支 払 う 約 保 険 金 はつぎのとおりです 約 死 亡 保 険 金 約 定 疾 病 保 険 金 約 高 度 障 害 保 険 金 約 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ( 以 下 支 払 事 由 といいます ) 被 保 険 者 が 死 亡 したとき (1) 被 保 険 者 がこの 約 の 責 任 開 始 期 以 後 生 まれて 初 めて 悪 性 新 生 物 ( 表 1) に 罹 患 し 医 師 により 病 理 組 織 学 的 所 見 ( 生 検 )によって 診 断 確 定 ( 病 理 組 織 学 的 所 見 が 得 られないときは 他 の 所 見 に よる 診 断 確 定 も 認 めることがあります 以 下 診 断 確 定 といいます )されたと き (2) 被 保 険 者 がこの 約 の 責 任 開 始 期 以 後 の 疾 病 を 原 因 として つぎのいずれかの 状 態 に 該 当 したとき (ア) 急 性 心 筋 梗 塞 ( 表 1)を 発 病 し そ の 疾 病 により 初 めて 医 師 の 診 療 を 受 け た 日 からその 日 を 含 めて60 日 以 上 労 働 の 制 限 を 必 要 とする 状 態 ( 軽 い 家 事 等 の 軽 労 働 や 事 務 等 の 座 業 はできる が それ 以 上 の 活 動 では 制 限 を 必 要 と する 状 態 )が 継 続 したと 医 師 によって 診 断 されたとき (イ) 脳 卒 中 ( 表 1)を 発 病 し その 疾 病 により 初 めて 医 師 の 診 療 を 受 けた 日 か らその 日 を 含 めて60 日 以 上 言 語 障 害 運 動 失 調 麻 痺 等 の 他 覚 的 な 神 経 学 的 後 遺 症 が 継 続 したと 医 師 によって 診 断 されたとき 被 保 険 者 がこの 約 の 責 任 開 始 期 以 後 の 傷 害 または 疾 病 を 原 因 として 高 度 障 害 状 態 ( 表 2)に 該 当 したとき この 場 合 責 任 開 始 期 前 にすでに 生 じてい た 障 害 状 態 に その 障 害 状 態 の 原 因 となっ た 傷 害 または 疾 病 と 因 果 関 係 のない 責 任 開 始 期 以 後 の 傷 害 または 疾 病 を 原 因 とする 障 害 状 態 が 新 たに 加 わって 高 度 障 害 状 態 に 該 当 したときを 含 みます 支 払 額 約 保 険 金 額 受 取 人 約 死 亡 保 険 金 受 取 人 約 定 疾 病 保 険 金 受 取 人 約 高 度 障 害 保 険 金 受 取 人 支 払 事 由 に 該 当 しても 約 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 ( 以 下 免 責 事 由 といいます ) つぎのいずれかにより 左 記 の 支 払 事 由 が 生 じたとき (1) この 約 の 責 任 開 始 期 ( 復 活 の 取 扱 が 行 われた 後 は 最 後 の 復 活 の 際 の 責 任 開 始 期 以 下 同 じ )の 属 する 日 からその 日 を 含 めて3 年 以 内 の 自 殺 (2) 保 険 契 約 者 または 約 死 亡 保 険 金 受 取 人 の 故 意 (3) 戦 争 その 他 の 変 乱 つぎのいずれかにより 左 記 の 支 払 事 由 が 生 じたとき (1) 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 の 故 意 (2) 戦 争 その 他 の 変 乱 2. 第 1 項 の 約 定 疾 病 保 険 金 の 支 払 事 由 の(1)に 該 当 した 場 合 でも この 約 の 責 任 開 始 期 の 属 する 日 からその 日 を 含 めて90 日 以 内 に 乳 房 の 悪 性 新 生 物 ( 表 1 中 基 本 分 類 コードC50の 悪 性 新 生 物 以 下 同 じ )に 罹 患 し 医 師 により 診 断 確 定 されたときは 当 会 社 は 約 定 疾 病 保 険 金 を 支 払 いません ただし その 後 ( 乳 房 の 悪 性 新 生 物 についてはこ の 約 の 責 任 開 始 期 の 属 する 日 からその 日 を 含 めて90 日 経 過 後 ) 被 保 険 者 が 新 たに 悪 性 新 生 物 ( 表 1)に 罹 患 し 医 師 により 診 断 確 定 されたときは 約 定 疾 病 保 険 金 を 支 払 います -103-

3 表 1 対 象 となる 悪 性 新 生 物 急 性 心 筋 梗 塞 脳 卒 中 対 象 となる 悪 性 新 生 物 急 性 心 筋 梗 塞 脳 卒 中 とは 次 表 によって 定 義 づけられる 疾 病 とし かつ 平 成 6 年 10 月 12 日 総 務 庁 告 示 第 75 号 にもとづく 厚 生 労 働 省 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 編 疾 病 傷 害 および 死 因 統 計 分 類 提 要 ICD-10(2003 年 版 ) 準 拠 に 記 載 された 分 類 項 目 中 次 表 の 基 本 分 類 コードに 規 定 される 内 容 によるものをいいます 疾 病 名 疾 病 の 定 義 分 類 項 目 悪 性 新 生 物 悪 性 腫 瘍 細 胞 の 存 在 組 織 への 無 制 限 かつ 浸 潤 破 壊 的 増 殖 で 徴 付 けられる 疾 病 ただし 上 皮 内 癌 (D00-D09) およ び 皮 膚 の 悪 性 黒 色 腫 以 外 の 皮 膚 癌 (C44)を 除 く 口 唇 口 腔 および 咽 頭 の 悪 性 新 生 物 口 唇 の 悪 性 新 生 物 舌 根 < 基 底 > 部 の 悪 性 新 生 物 舌 のその 他 および 部 位 不 明 の 悪 性 新 生 物 歯 肉 の 悪 性 新 生 物 口 ( 腔 ) 底 の 悪 性 新 生 物 口 蓋 の 悪 性 新 生 物 その 他 および 部 位 不 明 の 口 腔 の 悪 性 新 生 物 耳 下 腺 の 悪 性 新 生 物 その 他 および 部 位 不 明 の 大 唾 液 腺 の 悪 性 新 生 物 扁 桃 の 悪 性 新 生 物 中 咽 頭 の 悪 性 新 生 物 鼻 < 上 > 咽 頭 の 悪 性 新 生 物 梨 状 陥 凹 < 洞 >の 悪 性 新 生 物 下 咽 頭 の 悪 性 新 生 物 その 他 および 部 位 不 明 確 の 口 唇 口 腔 および 咽 頭 の 悪 性 新 生 物 消 化 器 の 悪 性 新 生 物 食 道 の 悪 性 新 生 物 胃 の 悪 性 新 生 物 小 腸 の 悪 性 新 生 物 結 腸 の 悪 性 新 生 物 直 腸 S 状 結 腸 移 行 部 の 悪 性 新 生 物 直 腸 の 悪 性 新 生 物 肛 門 および 肛 門 管 の 悪 性 新 生 物 肝 および 肝 内 胆 管 の 悪 性 新 生 物 胆 のう<え>の 悪 性 新 生 物 その 他 および 部 位 不 明 の 胆 道 の 悪 性 新 生 物 膵 の 悪 性 新 生 物 その 他 および 部 位 不 明 確 の 消 化 器 の 悪 性 新 生 物 呼 吸 器 および 胸 腔 内 臓 器 の 悪 性 新 生 物 鼻 腔 および 中 耳 の 悪 性 新 生 物 副 鼻 腔 の 悪 性 新 生 物 喉 頭 の 悪 性 新 生 物 気 管 の 悪 性 新 生 物 気 管 支 および 肺 の 悪 性 新 生 物 胸 腺 の 悪 性 新 生 物 心 臓 縦 隔 および 胸 膜 の 悪 性 新 生 物 その 他 および 部 位 不 明 確 の 呼 吸 器 系 および 胸 腔 内 臓 器 の 悪 性 新 生 物 骨 および 関 節 軟 骨 の 悪 性 新 生 物 ( 四 ) 肢 の 骨 および 関 節 軟 骨 の 悪 性 新 生 物 その 他 および 部 位 不 明 の 骨 および 関 節 軟 骨 の 悪 性 新 生 物 皮 膚 の 悪 性 黒 色 腫 中 皮 および 軟 部 組 織 の 悪 性 新 生 物 中 皮 腫 カポジ 肉 腫 末 梢 神 経 および 自 律 神 経 系 の 悪 性 新 生 物 後 腹 膜 および 腹 膜 の 悪 性 新 生 物 その 他 の 結 合 組 織 および 軟 部 組 織 の 悪 性 新 生 物 乳 房 の 悪 性 新 生 物 基 本 分 類 コード C00-C14 C00 C01 C02 C03 C04 C05 C06 C07 C08 C09 C10 C11 C12 C13 C14 C15-C26 C15 C16 C17 C18 C19 C20 C21 C22 C23 C24 C25 C26 C30-C39 C30 C31 C32 C33 C34 C37 C38 C39 C40-C41 C40 C41 C43 C45-C49 C45 C46 C47 C48 C49 C

4 疾 病 名 疾 病 の 定 義 分 類 項 目 女 性 生 殖 器 の 悪 性 新 生 物 外 陰 ( 部 )の 悪 性 新 生 物 腟 の 悪 性 新 生 物 子 宮 頚 部 の 悪 性 新 生 物 子 宮 体 部 の 悪 性 新 生 物 子 宮 の 悪 性 新 生 物 部 位 不 明 卵 巣 の 悪 性 新 生 物 その 他 および 部 位 不 明 の 女 性 生 殖 器 の 悪 性 新 生 物 胎 盤 の 悪 性 新 生 物 男 性 生 殖 器 の 悪 性 新 生 物 陰 茎 の 悪 性 新 生 物 前 立 腺 の 悪 性 新 生 物 精 巣 < 睾 丸 >の 悪 性 新 生 物 その 他 および 部 位 不 明 の 男 性 生 殖 器 の 悪 性 新 生 物 腎 尿 路 の 悪 性 新 生 物 腎 盂 を 除 く 腎 の 悪 性 新 生 物 腎 盂 の 悪 性 新 生 物 尿 管 の 悪 性 新 生 物 膀 胱 の 悪 性 新 生 物 その 他 および 部 位 不 明 の 尿 路 の 悪 性 新 生 物 眼 脳 およびその 他 の 中 枢 神 経 系 の 部 位 の 悪 性 新 生 物 眼 および 付 属 器 の 悪 性 新 生 物 髄 膜 の 悪 性 新 生 物 脳 の 悪 性 新 生 物 脊 髄 脳 神 経 およびその 他 の 中 枢 神 経 系 の 部 位 の 悪 性 新 生 物 甲 状 腺 およびその 他 の 内 分 泌 腺 の 悪 性 新 生 物 甲 状 腺 の 悪 性 新 生 物 副 腎 の 悪 性 新 生 物 その 他 の 内 分 泌 腺 および 関 連 組 織 の 悪 性 新 生 物 部 位 不 明 確 続 発 部 位 および 部 位 不 明 の 悪 性 新 生 物 その 他 および 部 位 不 明 確 の 悪 性 新 生 物 リンパ 節 の 続 発 性 および 部 位 不 明 の 悪 性 新 生 物 呼 吸 器 および 消 化 器 の 続 発 性 悪 性 新 生 物 その 他 の 部 位 の 続 発 性 悪 性 新 生 物 部 位 の 明 示 されない 悪 性 新 生 物 リンパ 組 織 造 血 組 織 および 関 連 組 織 の 悪 性 新 生 物 ホジキン 病 ろ< 濾 > 胞 性 [ 結 節 性 ] 非 ホジキンリンパ 腫 びまん 性 非 ホジキンリンパ 腫 末 梢 性 および 皮 膚 T 細 胞 リンパ 腫 非 ホジキンリンパ 腫 のその 他 および 詳 細 不 明 の 型 悪 性 免 疫 増 殖 性 疾 患 多 発 性 骨 髄 腫 および 悪 性 形 質 細 胞 性 新 生 物 リンパ 性 白 血 病 骨 髄 性 白 血 病 単 球 性 白 血 病 細 胞 型 の 明 示 されたその 他 の 白 血 病 細 胞 型 不 明 の 白 血 病 リンパ 組 織 造 血 組 織 および 関 連 組 織 のその 他 および 詳 細 不 明 の 悪 性 新 生 物 独 立 した( 原 発 性 ) 多 部 位 の 悪 性 新 生 物 基 本 分 類 コード C51-C58 C51 C52 C53 C54 C55 C56 C57 C58 C60-C63 C60 C61 C62 C63 C64-C68 C64 C65 C66 C67 C68 C69-C72 C69 C70 C71 C72 C73-C75 C73 C74 C75 C76-C80 C76 C77 C78 C79 C80 C81-C96 C81 C82 C83 C84 C85 C88 C90 C91 C92 C93 C94 C95 C96 C

5 疾 病 名 疾 病 の 定 義 分 類 項 目 急 性 心 筋 梗 塞 冠 状 動 脈 の 閉 塞 または 急 激 な 血 液 供 給 の 減 少 により その 関 連 部 分 の 心 筋 が 壊 死 に 陥 った 疾 病 であり 原 則 として 以 下 の 3 項 目 を 満 たす 疾 病 (1) 典 型 的 な 胸 部 痛 の 病 歴 (2) 新 たに 生 じた 典 型 的 な 心 電 図 の 梗 塞 性 変 化 (3) 心 筋 細 胞 逸 脱 酵 素 の 一 時 的 上 昇 脳 卒 中 脳 血 管 の 異 常 ( 脳 組 織 の 梗 塞 出 血 ならびに 頭 蓋 外 部 からの 塞 栓 が 含 まれる)により 脳 の 血 液 の 循 環 が 急 激 に 障 害 される ことによって 24 時 間 以 上 持 続 する 中 枢 神 経 系 の 脱 落 症 状 を 引 き 起 こした 疾 病 虚 血 性 心 疾 患 (I20-I25)のうち 急 性 心 筋 梗 塞 再 発 性 心 筋 梗 塞 脳 血 管 疾 患 (I60-I69)のうち くも 膜 下 出 血 脳 内 出 血 脳 梗 塞 基 本 分 類 コード I21 I22 I60 I61 I63 表 2 対 象 となる 高 度 障 害 状 態 対 象 となる 高 度 障 害 状 態 とは つぎのいずれかの 状 態 をいいます 対 象 となる 高 度 障 害 状 態 両 眼 の 視 力 を 全 く 永 久 に 失 ったもの 言 語 またはそしゃくの 機 能 を 全 く 永 久 に 失 ったもの 中 枢 神 経 系 精 神 または 胸 腹 部 臓 器 に 著 しい 障 害 を 残 し 終 身 常 に 介 護 を 要 するもの 両 上 肢 とも 手 関 節 以 上 で 失 ったかまたはその 用 を 全 く 永 久 に 失 ったもの 両 下 肢 とも 足 関 節 以 上 で 失 ったかまたはその 用 を 全 く 永 久 に 失 ったもの 1 上 肢 を 手 関 節 以 上 で 失 い かつ 1 下 肢 を 足 関 節 以 上 で 失 ったかまたはその 用 を 全 く 永 久 に 失 ったも の 1 上 肢 の 用 を 全 く 永 久 に 失 い かつ 1 下 肢 を 足 関 節 以 上 で 失 ったもの 備 考 (1) 視 力 の 測 定 は 万 国 式 試 視 力 表 により 1 眼 ずつ きょう 正 視 力 について 測 定 します (2) 視 力 を 全 く 永 久 に 失 ったもの とは 視 力 が0.02 以 下 に なって 回 復 の 見 込 のない 場 合 をいいます (3) 視 野 狭 さくおよび 眼 瞼 下 垂 による 視 力 障 害 は 視 力 を 失 った ものとはみなしません (1) 言 語 の 機 能 を 全 く 永 久 に 失 ったもの とは つぎのいず れかの 場 合 をいいます 1 語 音 構 成 機 能 障 害 で 口 唇 音 歯 舌 音 口 蓋 音 こう 頭 音 の4 種 のうち 3 種 以 上 の 発 音 が 不 能 となり その 回 復 の 見 込 がない 場 合 2 脳 言 語 中 枢 の 損 傷 による 失 語 症 で 音 声 言 語 による 意 志 の 疎 通 が 不 可 能 となり その 回 復 の 見 込 がない 場 合 3 声 帯 全 部 のてき 出 により 発 音 が 不 能 な 場 合 (2) そしゃくの 機 能 を 全 く 永 久 に 失 ったもの とは 流 動 食 以 外 のものは 摂 取 できない 状 態 で その 回 復 の 見 込 のない 場 合 をいいます 終 身 常 に 介 護 を 要 するもの とは 食 物 の 摂 取 排 便 排 尿 その 後 始 末 および 衣 服 着 脱 起 居 歩 行 入 浴 のいずれもが 自 分 ではできず 常 に 他 人 の 介 護 を 要 する 状 態 で その 回 復 の 見 込 のない 場 合 をいいます 上 下 肢 の 用 を 全 く 永 久 に 失 ったもの とは 完 全 にその 運 動 機 能 を 失 ったものでつぎのいずれかの 場 合 をいいます 1 上 下 肢 の 完 全 運 動 麻 ひで 回 復 の 見 込 のない 場 合 2 上 下 肢 においてそれぞれ3 大 関 節 ( 上 肢 においては 肩 関 節 ひじ 関 節 および 手 関 節 下 肢 においてはまた 関 節 ひざ 関 節 および 足 関 節 )の 完 全 強 直 で 回 復 の 見 込 のない 場 合 -106-

6 第 2 条 ( 約 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 ) 1. 約 死 亡 保 険 金 受 取 人 は 主 たる 保 険 契 約 ( 以 下 主 契 約 といいます )の 死 亡 保 険 金 受 取 人 とします 2. 約 定 疾 病 保 険 金 受 取 人 および 約 高 度 障 害 保 険 金 受 取 人 は 主 契 約 の 高 度 障 害 保 険 金 の 受 取 人 とします 3. 被 保 険 者 の 生 死 が 不 明 の 場 合 でも 当 会 社 が 死 亡 したものと 認 めたときは 約 死 亡 保 険 金 を 支 払 います 4. 当 会 社 が 約 定 疾 病 保 険 金 を 支 払 った 場 合 には この 約 は 被 保 険 者 が 約 定 疾 病 保 険 金 の 支 払 事 由 に 該 当 し た 時 に 消 滅 したものとみなします 5. 当 会 社 が 約 高 度 障 害 保 険 金 を 支 払 った 場 合 には この 約 は 被 保 険 者 が 高 度 障 害 状 態 ( 表 2)に 該 当 した 時 に 消 滅 したものとみなします 6. 約 死 亡 保 険 金 を 支 払 う 前 に 約 高 度 障 害 保 険 金 の 請 求 を 受 け 約 高 度 障 害 保 険 金 が 支 払 われるときは 当 会 社 は 約 死 亡 保 険 金 を 支 払 いません また 約 死 亡 保 険 金 または 約 高 度 障 害 保 険 金 を 支 払 う 前 に 約 定 疾 病 保 険 金 の 請 求 を 受 け 約 定 疾 病 保 険 金 が 支 払 われるときは 当 会 社 は 約 死 亡 保 険 金 または 約 高 度 障 害 保 険 金 のいずれ も 支 払 いません 7. 約 死 亡 保 険 金 が 支 払 われた 場 合 には その 支 払 後 に 約 高 度 障 害 保 険 金 の 請 求 を 受 けても 当 会 社 はこれを 支 払 い ません また 約 死 亡 保 険 金 または 約 高 度 障 害 保 険 金 が 支 払 われた 場 合 には その 支 払 後 に 約 定 疾 病 保 険 金 の 請 求 を 受 けても 当 会 社 はこれを 支 払 いません 8. 主 契 約 の 締 結 後 にこの 約 を 付 加 したときで 主 契 約 の 高 度 障 害 保 険 金 が 支 払 われる 場 合 でも その 支 払 事 由 の 原 因 の 発 生 が この 約 の 責 任 開 始 期 前 であるときは この 約 の 約 高 度 障 害 保 険 金 は 支 払 わず 被 保 険 者 が 高 度 障 害 状 態 ( 表 2)に 該 当 した 時 に 消 滅 したものとみなして 当 会 社 は この 約 の 責 任 準 備 金 を 約 高 度 障 害 保 険 金 受 取 人 に 支 払 います この 場 合 主 契 約 の 普 通 保 険 約 款 ( 以 下 主 約 款 といいます )の 規 定 による 保 険 料 の 自 動 貸 付 または 契 約 者 貸 付 があるときは この 約 の 責 任 準 備 金 からそれらの 元 利 金 を 差 し 引 きます 9. 約 保 険 金 を 支 払 うときに 主 約 款 の 規 定 による 保 険 料 の 自 動 貸 付 または 契 約 者 貸 付 があるときは 当 会 社 は 約 保 険 金 からそれらの 元 利 金 を 差 し 引 きます 第 3 条 ( 約 保 険 金 の 免 責 事 由 に 該 当 した 場 合 の 取 扱 ) 1.つぎのいずれかの 免 責 事 由 に 該 当 したことによって 約 死 亡 保 険 金 が 支 払 われないときは 当 会 社 は この 約 の 責 任 準 備 金 を 保 険 契 約 者 ( 第 3 号 の 場 合 には 約 死 亡 保 険 金 受 取 人 )に 支 払 います (1) この 約 の 責 任 開 始 期 の 属 する 日 からその 日 を 含 めて3 年 以 内 に 被 保 険 者 が 自 殺 したとき (2) 約 死 亡 保 険 金 受 取 人 が 故 意 に 被 保 険 者 を 死 亡 させたとき (3) 戦 争 その 他 の 変 乱 によって 被 保 険 者 が 死 亡 したとき 2. 保 険 契 約 者 が 故 意 に 被 保 険 者 を 死 亡 させたことによって 約 死 亡 保 険 金 が 支 払 われないときは 責 任 準 備 金 その 他 の 返 還 金 の 払 戻 はありません 3. 約 死 亡 保 険 金 受 取 人 が 故 意 に 被 保 険 者 を 死 亡 させた 場 合 で その 受 取 人 がこの 約 死 亡 保 険 金 の 一 部 の 受 取 人 であ るときは 約 死 亡 保 険 金 のうち その 受 取 人 に 支 払 われるべき 金 額 を 差 し 引 いた 残 額 を 他 の 約 死 亡 保 険 金 受 取 人 に 支 払 います この 場 合 この 約 のうち 支 払 われない 約 死 亡 保 険 金 に 対 応 する 部 分 については 第 1 項 の 規 定 を 適 用 し その 部 分 の 責 任 準 備 金 を 保 険 契 約 者 に 支 払 います 4. 被 保 険 者 が 戦 争 その 他 の 変 乱 によって 死 亡 し または 高 度 障 害 状 態 ( 表 2)に 該 当 した 場 合 には 当 会 社 は 約 死 亡 保 険 金 または 約 高 度 障 害 保 険 金 を 支 払 いません ただし その 原 因 によって 死 亡 し または 高 度 障 害 状 態 に 該 当 し た 被 保 険 者 の 数 の 増 加 が この 約 の 計 算 の 基 礎 に 及 ぼす 影 響 が 少 ないと 認 めたときは 当 会 社 は その 程 度 に 応 じ 約 死 亡 保 険 金 または 約 高 度 障 害 保 険 金 の 全 額 を 支 払 い またはその 金 額 を 削 減 して 支 払 います 第 4 条 ( 約 保 険 金 の 請 求 支 払 時 期 および 支 払 場 所 ) 1. 約 保 険 金 の 支 払 事 由 が 生 じたときは 保 険 契 約 者 または 約 保 険 金 の 受 取 人 は すみやかに 当 会 社 に 通 知 してくだ さい 2. 支 払 事 由 の 生 じた 約 保 険 金 の 受 取 人 は 当 会 社 に 請 求 に 必 要 な 書 類 ( 別 表 1)を 提 出 して 約 保 険 金 を 請 求 し てください 3. 本 条 または 第 5 条 ( 約 定 疾 病 保 険 金 の 代 理 請 求 )の 規 定 により 約 保 険 金 の 請 求 を 受 けた 場 合 当 会 社 が 必 要 と 認 めたときは 事 実 の 確 認 を 行 い または 当 会 社 が 指 定 した 医 師 による 被 保 険 者 の 診 断 を 求 めます 4. 本 条 または 第 5 条 の 請 求 を 受 けた 場 合 約 保 険 金 は その 請 求 に 必 要 な 書 類 が 当 会 社 の 本 社 に 到 着 した 日 の 翌 日 か らその 日 を 含 めて5 営 業 日 以 内 に 当 会 社 の 本 社 で 支 払 います ただし 事 実 の 確 認 または 当 会 社 が 指 定 した 医 師 によ る 被 保 険 者 の 診 断 のため に 日 数 を 要 する 場 合 は 5 営 業 日 をこえることがあります 5. 第 3 項 の 場 合 保 険 契 約 者 被 保 険 者 約 死 亡 保 険 金 受 取 人 または 第 5 条 第 2 項 に 定 める 代 理 人 が 当 会 社 からの 事 実 の 照 会 について 正 当 な 理 由 がなく 回 答 または 同 意 を 拒 んだときは 当 会 社 は その 回 答 または 同 意 を 得 て 事 実 の 確 認 が 終 わるまで 約 保 険 金 を 支 払 いません 当 会 社 が 指 定 した 医 師 による 被 保 険 者 の 診 断 を 求 めたときも 同 様 とします 第 5 条 ( 約 定 疾 病 保 険 金 の 代 理 請 求 ) 1. 約 定 疾 病 保 険 金 受 取 人 が 約 定 疾 病 保 険 金 を 自 ら 請 求 できないつぎの 各 号 のいずれかに 該 当 する 別 な 事 情 が あるときは 第 2 項 に 定 める 者 が 請 求 に 必 要 な 書 類 ( 別 表 1)および 別 な 事 情 を 示 す 書 類 ( 別 表 1)を 提 出 して 約 定 疾 病 保 険 金 受 取 人 の 代 理 人 として 約 定 疾 病 保 険 金 を 請 求 することができます ただし 約 定 疾 病 保 険 金 受 取 人 が 法 人 である 場 合 を 除 きます (1) 約 定 疾 病 保 険 金 の 請 求 を 行 う 意 思 表 示 が 困 難 であると 当 会 社 が 認 めた 場 合 (2) 悪 性 新 生 物 ( 表 1)との 病 名 の 告 知 を 受 けていない 場 合 (3) その 他 第 1 号 または 第 2 号 に 準 じる 状 態 であると 当 会 社 が 認 めた 場 合 -107-

7 2. 第 1 項 の 規 定 により 約 定 疾 病 保 険 金 受 取 人 の 代 理 人 として 約 定 疾 病 保 険 金 を 請 求 することができる 者 は 保 険 契 約 者 が 被 保 険 者 の 同 意 を 得 てあらかじめ 指 定 または 第 22 条 ( 指 定 代 理 請 求 人 の 変 更 )の 規 定 により 変 更 したつぎの 者 ( 以 下 指 定 代 理 請 求 人 といいます )とします ただし 故 意 に 約 定 疾 病 保 険 金 受 取 人 を 第 1 項 各 号 に 定 める 状 態 に 該 当 させた 者 を 除 きます (1) 請 求 時 において 被 保 険 者 と 同 居 し または 被 保 険 者 と 生 計 を 一 にしている 被 保 険 者 の 戸 籍 上 の 配 偶 者 (2) 請 求 時 において 被 保 険 者 と 同 居 し または 被 保 険 者 と 生 計 を 一 にしている 被 保 険 者 の3 親 等 内 の 親 族 3. 指 定 代 理 請 求 人 の 指 定 または 変 更 が 行 われた 場 合 指 定 または 変 更 前 に 支 払 事 由 が 生 じた 約 定 疾 病 保 険 金 につい ては 第 1 項 および 第 2 項 の 規 定 による 請 求 は 取 り 扱 いません 4. 本 条 の 規 定 により 当 会 社 が 約 定 疾 病 保 険 金 を 指 定 代 理 請 求 人 に 支 払 ったときは その 後 約 定 疾 病 保 険 金 の 請 求 を 受 けても 当 会 社 はこれを 支 払 いません 第 6 条 ( 約 の 保 険 料 払 込 の 免 除 ) 1. 主 約 款 の 規 定 によって 主 契 約 の 保 険 料 払 込 が 免 除 された 場 合 には 同 時 にこの 約 の 保 険 料 払 込 を 免 除 します 2.この 約 の 保 険 料 の 払 込 方 法 ( 回 数 )が 一 時 払 の 場 合 には 第 1 項 の 規 定 は 適 用 しません 第 7 条 ( 約 の 締 結 ) 保 険 契 約 者 は 主 契 約 の 契 約 日 以 後 当 会 社 の 定 める 取 扱 にもとづき 被 保 険 者 の 同 意 および 当 会 社 の 承 諾 を 得 て この 約 を 主 契 約 に 付 加 して 締 結 することができます 第 8 条 ( 約 の 責 任 開 始 期 ) この 約 の 責 任 開 始 期 は 主 契 約 締 結 の 際 主 契 約 に 付 加 する 場 合 は 主 契 約 の 責 任 開 始 期 と 同 一 とします また 主 契 約 の 契 約 日 後 主 契 約 に 付 加 する 場 合 で 当 会 社 が 保 険 契 約 者 からの 約 付 加 の 申 込 を 承 諾 したときは 当 会 社 所 定 の 金 額 を 受 け 取 った 時 ( 告 知 の 前 に 受 け 取 った 場 合 は 告 知 の 時 )からこの 約 上 の 責 任 を 負 います 第 9 条 ( 約 の 保 険 料 払 込 期 間 ) この 約 の 保 険 料 払 込 期 間 は 第 8 条 ( 約 の 責 任 開 始 期 )に 規 定 する 責 任 開 始 期 から 主 契 約 の 保 険 料 払 込 期 間 の 満 了 日 までとします 第 10 条 ( 約 の 保 険 料 の 払 込 ) 1.この 約 ( 約 保 険 料 の 払 込 方 法 ( 回 数 )が 一 時 払 の 場 合 を 除 きます 以 下 本 条 において 同 じ )の 保 険 料 は 主 契 約 の 保 険 料 とともに 払 い 込 むことを 要 します 保 険 料 の 前 納 または 一 括 払 の 場 合 も 同 様 とします 2. 第 1 項 の 保 険 料 が 払 い 込 まれないまま 主 約 款 の 保 険 料 の 払 込 に 関 する 規 定 に 定 める 契 約 応 当 日 ( 月 払 契 約 の 場 合 は 月 単 位 の 契 約 応 当 日 半 年 払 契 約 の 場 合 は 半 年 単 位 の 契 約 応 当 日 年 払 契 約 の 場 合 は 年 単 位 の 契 約 応 当 日 ) 以 後 その 契 約 応 当 日 の 属 する 月 の 末 日 までに 約 保 険 金 の 支 払 事 由 が 生 じた 場 合 には 当 会 社 は 約 保 険 金 から 未 払 込 保 険 料 を 差 し 引 きます 3. 主 契 約 の 保 険 料 が 払 い 込 まれ この 約 の 保 険 料 が 払 い 込 まれない 場 合 には この 約 は 主 約 款 に 定 める 保 険 料 払 込 の 猶 予 期 間 が 満 了 した 時 から 将 来 に 向 かって 解 約 されたものとします 第 11 条 ( 猶 予 期 間 中 の 保 険 事 故 と 保 険 料 の 取 扱 ) 主 約 款 に 定 める 保 険 料 払 込 の 猶 予 期 間 中 に 約 保 険 金 の 支 払 事 由 が 生 じた 場 合 には 当 会 社 は 約 保 険 金 から 未 払 込 保 険 料 を 差 し 引 きます 第 12 条 ( 約 の 失 効 ) 主 契 約 が 効 力 を 失 った 場 合 には この 約 も 同 時 に 将 来 に 向 かって 効 力 を 失 います 第 13 条 ( 約 の 復 活 ) 1. 主 契 約 の 復 活 請 求 の 際 に 別 段 の 申 出 がないときは この 約 についても 同 時 に 復 活 の 請 求 があったものとします 2. 当 会 社 は 第 1 項 の 規 定 によって 請 求 された 約 の 復 活 を 承 諾 した 場 合 には 主 約 款 の 復 活 の 規 定 を 準 用 して この 約 の 復 活 の 取 扱 をします 第 14 条 ( 告 知 義 務 ) 当 会 社 が この 約 の 締 結 または 復 活 の 際 書 面 で 告 知 を 求 めた 事 項 について 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 は その 書 面 により 告 知 することを 要 します ただし 当 会 社 の 指 定 する 医 師 が 口 頭 で 質 問 した 事 項 については その 医 師 に 口 頭 により 告 知 することを 要 します 第 15 条 ( 告 知 義 務 違 反 による 解 除 ) 1. 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 故 意 または 重 大 な 過 失 によって 第 14 条 ( 告 知 義 務 )の 告 知 の 際 に 事 実 を 告 げなかっ た 場 合 または 事 実 でないことを 告 げた 場 合 には 当 会 社 は 将 来 に 向 かってこの 約 を 解 除 することができます 2. 当 会 社 は 約 保 険 金 の 支 払 事 由 または 保 険 料 払 込 の 免 除 事 由 が 生 じた 後 でも この 約 を 解 除 することができます この 場 合 には 約 保 険 金 の 支 払 または 保 険 料 の 払 込 の 免 除 を 行 いません また すでに 約 保 険 金 を 支 払 っていると きは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 し すでに 保 険 料 の 払 込 を 免 除 していたときは 保 険 料 の 払 込 を 免 除 しなかったもの として 取 り 扱 います -108-

8 3. 第 2 項 の 規 定 にかかわらず 約 保 険 金 の 支 払 事 由 または 保 険 料 払 込 の 免 除 事 由 が 解 除 の 原 因 となった 事 実 によらな かったことを 保 険 契 約 者 被 保 険 者 または 約 保 険 金 の 受 取 人 が 証 明 したときは 約 保 険 金 を 支 払 い または 保 険 料 の 払 込 を 免 除 します 4. 本 条 の 規 定 によってこの 約 を 解 除 するときは 当 会 社 は その 旨 を 保 険 契 約 者 に 通 知 します ただし 保 険 契 約 者 が 不 明 である 場 合 またはその 住 所 もしくは 居 所 が 不 明 である 場 合 など 正 当 な 理 由 によって 保 険 契 約 者 に 通 知 できない 場 合 には 被 保 険 者 または 約 保 険 金 の 受 取 人 に 通 知 し 正 当 な 理 由 によって 保 険 契 約 者 被 保 険 者 または 約 保 険 金 の 受 取 人 のいずれにも 通 知 できない 場 合 には 指 定 代 理 請 求 人 に 通 知 します 5. 本 条 の 規 定 によってこの 約 を 解 除 したときは 当 会 社 は 解 約 返 還 金 があるときは これと 同 額 の 返 還 金 を 保 険 契 約 者 に 支 払 います 第 16 条 ( 約 を 解 除 できない 場 合 ) 当 会 社 は つぎのいずれかの 場 合 には 第 15 条 ( 告 知 義 務 違 反 による 解 除 )によるこの 約 の 解 除 をすることができ ません (1) 当 会 社 が この 約 の 締 結 または 復 活 の 際 解 除 の 原 因 となる 事 実 を 知 っていたとき または 過 失 のため 知 らなか ったとき (2) 当 会 社 が 解 除 の 原 因 となる 事 実 を 知 った 日 ( 正 当 な 理 由 によって 解 除 の 通 知 ができない 場 合 には その 通 知 がで きる 日 )からその 日 を 含 めて1か 月 を 経 過 したとき (3) この 約 の 責 任 開 始 期 の 属 する 日 からその 日 を 含 めて2 年 を 経 過 したとき ただし この 約 の 責 任 開 始 期 の 属 す る 日 からその 日 を 含 めて2 年 以 内 に 約 保 険 金 の 支 払 事 由 または 保 険 料 払 込 の 免 除 事 由 が 生 じたときを 除 きます 第 17 条 ( 重 大 事 由 による 解 除 ) 1. 当 会 社 は つぎの 各 号 のいずれかに 定 める 事 由 が 生 じた 場 合 には この 約 を 将 来 に 向 かって 解 除 することができま す (1) 保 険 契 約 者 被 保 険 者 または 約 保 険 金 の 受 取 人 が 約 保 険 金 ( 保 険 料 払 込 の 免 除 を 含 みます また 他 の 保 険 契 約 の 約 保 険 金 を 含 み 保 険 種 類 および 約 保 険 金 の 名 称 の 如 何 を 問 いません 以 下 本 項 において 同 じ )を 詐 取 する 目 的 または 他 人 に 約 保 険 金 を 詐 取 させる 目 的 で 事 故 招 致 ( 未 遂 を 含 みます )をした 場 合 (2) 約 保 険 金 の 請 求 に 関 し 約 保 険 金 の 受 取 人 に 詐 欺 行 為 があった 場 合 (3) その 他 この 約 を 継 続 することを 期 待 しえない 第 1 号 および 第 2 号 に 掲 げる 事 由 と 同 等 の 事 由 がある 場 合 2. 約 保 険 金 の 支 払 事 由 または 保 険 料 払 込 の 免 除 事 由 が 生 じた 後 でも 当 会 社 は 第 1 項 の 規 定 によってこの 約 を 解 除 することができます この 場 合 には 約 保 険 金 の 支 払 または 保 険 料 の 払 込 の 免 除 を 行 いません また すでに 約 保 険 金 を 支 払 っているときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 し すでに 保 険 料 の 払 込 を 免 除 していたときは 保 険 料 の 払 込 を 免 除 しなかったものとして 取 り 扱 います 3. 本 条 の 規 定 によってこの 約 を 解 除 するときは 当 会 社 は その 旨 を 保 険 契 約 者 に 通 知 します ただし 保 険 契 約 者 が 不 明 である 場 合 またはその 住 所 もしくは 居 所 が 不 明 である 場 合 など 正 当 な 理 由 によって 保 険 契 約 者 に 通 知 できない 場 合 には 被 保 険 者 または 約 保 険 金 の 受 取 人 に 通 知 し 正 当 な 理 由 によって 保 険 契 約 者 被 保 険 者 または 約 保 険 金 の 受 取 人 のいずれにも 通 知 できない 場 合 には 指 定 代 理 請 求 人 に 通 知 します 4. 本 条 の 規 定 によってこの 約 を 解 除 したときは 当 会 社 は 解 約 返 還 金 があるときは これと 同 額 の 返 還 金 を 保 険 契 約 者 に 支 払 います 第 18 条 ( 約 の 解 約 ) 保 険 契 約 者 は いつでも 将 来 に 向 かって この 約 を 解 約 することができます 第 19 条 ( 約 の 返 還 金 ) 1.この 約 の 解 約 返 還 金 は 保 険 料 払 込 中 の 約 についてはその 保 険 料 の 払 込 年 月 数 により その 他 の 約 については その 経 過 年 月 数 により 計 算 します 2. この 約 が 解 約 または 解 除 されたときは 当 会 社 は この 約 の 解 約 返 還 金 を 保 険 契 約 者 に 払 い 戻 します ただし 主 約 款 の 規 定 による 保 険 料 の 自 動 貸 付 または 契 約 者 貸 付 があるときは この 約 の 解 約 返 還 金 をそれらの 元 利 金 の 返 済 にあてます 3. この 約 が 第 20 条 ( 約 の 消 滅 とみなす 場 合 ) 第 1 号 の 規 定 によって 消 滅 した 場 合 には 第 2 項 の 規 定 を 準 用 します ただし 第 2 条 ( 約 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 ) 第 8 項 ならびに 第 3 条 ( 約 保 険 金 の 免 責 事 由 に 該 当 した 場 合 の 取 扱 ) 第 1 項 および 第 2 項 の 場 合 は 除 きます 第 20 条 ( 約 の 消 滅 とみなす 場 合 ) つぎの 各 号 の 場 合 には この 約 は 消 滅 したものとみなします (1) 主 契 約 が 解 約 その 他 の 事 由 によって 消 滅 したとき (2) 第 26 条 ( 主 契 約 を 払 済 保 険 に 変 更 する 場 合 の 取 扱 ) 第 2 項 の 規 定 に 該 当 したとき 第 21 条 ( 約 保 険 金 額 の 減 額 ) 1. 保 険 契 約 者 は いつでも 約 保 険 金 額 を 減 額 することができます ただし 減 額 後 の 約 保 険 金 額 は 当 会 社 の 定 める 金 額 以 上 であることを 要 します 2. 第 1 項 の 規 定 によって この 約 の 保 険 金 額 が 減 額 された 場 合 には 減 額 分 は 解 約 されたものとして 取 り 扱 います -109-

9 第 22 条 ( 指 定 代 理 請 求 人 の 変 更 ) 1. 保 険 契 約 者 またはその 承 継 人 は 被 保 険 者 の 同 意 を 得 て 指 定 代 理 請 求 人 を 変 更 することができます ただし 変 更 後 の 指 定 代 理 請 求 人 は 第 5 条 ( 約 定 疾 病 保 険 金 の 代 理 請 求 ) 第 2 項 の 規 定 の 範 囲 内 の 者 であることを 要 します 2. 指 定 代 理 請 求 人 の 変 更 をするときは 保 険 契 約 者 またはその 承 継 人 は 当 会 社 所 定 の 書 類 ( 別 表 1)を 提 出 してくだ さい 3. 指 定 代 理 請 求 人 の 変 更 は 保 険 証 券 に 表 示 を 受 けてからでなければ 当 会 社 に 対 抗 することができません 第 23 条 ( 約 の 社 員 配 当 金 ) 1.この 約 の 社 員 配 当 金 の 割 当 および 支 払 方 法 は 主 契 約 に 準 じます 2. 第 1 項 のほか 約 定 疾 病 保 険 金 が 支 払 われるときは 主 契 約 の 死 亡 保 険 金 が 支 払 われるときに 準 じて 取 り 扱 い 割 り 当 てられたこの 約 の 社 員 配 当 金 は 約 定 疾 病 保 険 金 とともにその 保 険 金 の 受 取 人 に 支 払 います 3. 主 契 約 の 締 結 後 に 付 加 された 約 については 主 約 款 に 定 める 社 員 配 当 金 の 割 当 の 規 定 によるほか つぎのとおりと します (1) 約 付 加 後 主 約 款 に 定 める5 年 ごとの 契 約 応 当 日 等 が 到 来 するときは その 到 来 する 事 業 年 度 の 直 前 の 事 業 年 度 末 に この 約 の 社 員 配 当 金 を 割 り 当 てます (2) 約 付 加 の 日 からその 日 を 含 めて1 年 以 内 にこの 約 が 消 滅 するときは その 消 滅 する 事 業 年 度 の 直 前 の 事 業 年 度 末 におけるこの 約 の 社 員 配 当 金 の 割 当 は 行 いません (3) 約 付 加 の 日 から 所 定 年 数 を 経 過 し かつ 所 定 の 条 件 を 満 たすこの 約 に 対 しても 社 員 配 当 金 を 割 り 当 てるこ とがあります 第 24 条 ( 主 契 約 の 内 容 変 更 に 伴 う 約 の 取 扱 ) 1. 主 契 約 の 死 亡 保 険 金 額 を 減 額 した 場 合 ( 主 契 約 に 付 加 されている 他 の 約 が 消 滅 した 場 合 またはそれらの 約 の 保 険 金 額 を 減 額 した 場 合 を 含 みます )でも この 約 はそのまま 有 効 に 継 続 します 2. 主 契 約 の 保 険 料 払 込 期 間 が 変 更 された 場 合 には この 約 の 保 険 料 払 込 期 間 もこれに 合 わせて 変 更 します 3. 第 2 項 の 規 定 により この 約 の 保 険 料 払 込 期 間 が 変 更 された 場 合 には 当 会 社 の 定 めた 方 法 で 計 算 した 差 額 金 を 授 受 し その 後 の 約 保 険 料 を 改 めます この 場 合 主 約 款 の 規 定 による 保 険 料 の 自 動 貸 付 または 契 約 者 貸 付 があるとき は 返 還 金 をそれらの 元 利 金 の 返 済 にあてます 第 25 条 ( 主 契 約 について 保 険 料 の 自 動 貸 付 または 契 約 者 貸 付 の 規 定 を 適 用 する 場 合 の 取 扱 ) 1. 主 契 約 について 主 約 款 の 保 険 料 の 自 動 貸 付 または 契 約 者 貸 付 の 規 定 を 適 用 する 場 合 には この 約 の 解 約 返 還 金 を 主 契 約 の 解 約 返 還 金 に 加 えて 取 り 扱 います 2. 第 1 項 の 保 険 料 の 自 動 貸 付 は 主 契 約 の 保 険 料 とこの 約 ( 約 保 険 料 の 払 込 方 法 ( 回 数 )が 一 時 払 のときを 除 きま す )の 保 険 料 との 合 計 額 について 行 うものとします 第 26 条 ( 主 契 約 を 払 済 保 険 に 変 更 する 場 合 の 取 扱 ) 1. 主 約 款 の 規 定 により 主 契 約 を 払 済 保 険 に 変 更 する 場 合 には つぎの 各 号 のとおり 取 り 扱 います (1) この 約 は この 約 の 解 約 返 還 金 ( 主 約 款 の 規 定 による 保 険 料 の 自 動 貸 付 または 契 約 者 貸 付 があるときは 当 会 社 の 定 める 取 扱 にもとづき それらの 元 利 金 を 差 し 引 きます )をもとに 約 保 険 金 額 を 定 め この 約 の 払 済 保 険 に 変 更 されるものとします (2) 払 済 保 険 に 変 更 した 後 のこの 約 の 約 保 険 金 の 支 払 については この 約 条 項 に 定 めるところによります 2. 払 済 保 険 の 約 保 険 金 額 が 当 会 社 の 定 める 金 額 に 満 たない 場 合 には この 約 は 消 滅 したものとみなし この 約 の 解 約 返 還 金 は 主 契 約 の 解 約 返 還 金 に 加 えて 取 り 扱 います 第 27 条 ( 管 轄 裁 判 所 ) この 約 における 約 保 険 金 または 保 険 料 払 込 の 免 除 の 請 求 に 関 する 訴 訟 については 主 約 款 の 管 轄 裁 判 所 の 規 定 を 準 用 します 第 28 条 ( 契 約 内 容 の 登 録 ) 1. 当 会 社 は 保 険 契 約 者 および 被 保 険 者 の 同 意 を 得 て つぎの 事 項 を 社 団 法 人 生 命 保 険 協 会 ( 以 下 協 会 といいます ) に 登 録 します (1) 保 険 契 約 者 ならびに 被 保 険 者 の 氏 名 生 年 月 日 性 別 および 住 所 ( 市 区 郡 までとします ) (2) 約 死 亡 保 険 金 の 金 額 (3) 契 約 日 ( 復 活 が 行 われた 場 合 は 最 後 の 復 活 の 日 また 主 契 約 の 契 約 日 後 にこの 約 を 付 加 した 場 合 は この 約 の 付 加 の 日 以 下 第 2 項 において 同 じ ) (4) 当 会 社 名 2. 第 1 項 の 登 録 の 期 間 は 契 約 日 から5 年 以 内 とします 3. 協 会 加 盟 の 各 生 命 保 険 会 社 および 全 国 共 済 農 業 協 同 組 合 連 合 会 ( 以 下 各 生 命 保 険 会 社 等 といいます )は 第 1 項 の 規 定 により 登 録 された 被 保 険 者 について 保 険 契 約 ( 死 亡 保 険 金 のある 保 険 契 約 をいいます また 死 亡 保 険 金 また は 災 害 死 亡 保 険 金 のある 約 を 含 みます 以 下 本 条 において 同 じ )の 申 込 ( 復 活 復 旧 保 険 金 額 の 増 額 または 約 の 中 途 付 加 の 申 込 を 含 みます )を 受 けた 場 合 協 会 に 対 して 第 1 項 の 規 定 により 登 録 された 内 容 について 照 会 し 協 会 か らその 結 果 の 連 絡 を 受 けるものとします 4. 各 生 命 保 険 会 社 等 は 第 2 項 の 登 録 の 期 間 中 に 保 険 契 約 の 申 込 があった 場 合 第 3 項 によって 連 絡 された 内 容 を 保 険 -110-

10 契 約 の 承 諾 ( 復 活 復 旧 保 険 金 額 の 増 額 または 約 の 中 途 付 加 の 承 諾 を 含 みます 以 下 本 条 において 同 じ )の 判 断 の 参 考 とすることができるものとします 5. 各 生 命 保 険 会 社 等 は 契 約 日 ( 復 活 復 旧 保 険 金 額 の 増 額 または 約 の 中 途 付 加 が 行 われた 場 合 は 最 後 の 復 活 復 旧 保 険 金 額 の 増 額 または 約 の 中 途 付 加 の 日 )から5 年 以 内 に 保 険 契 約 について 死 亡 保 険 金 または 高 度 障 害 保 険 金 の 請 求 を 受 けたときは 協 会 に 対 して 第 1 項 の 規 定 により 登 録 された 内 容 について 照 会 し その 結 果 を 死 亡 保 険 金 また は 高 度 障 害 保 険 金 の 支 払 の 判 断 の 参 考 とすることができるものとします 6. 各 生 命 保 険 会 社 等 は 連 絡 された 内 容 を 承 諾 の 判 断 または 支 払 の 判 断 の 参 考 とする 以 外 に 用 いないものとします 7. 協 会 および 各 生 命 保 険 会 社 等 は 登 録 または 連 絡 された 内 容 を 他 に 公 開 しないものとします 8. 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 は 登 録 または 連 絡 された 内 容 について 当 会 社 または 協 会 に 照 会 することができます また その 内 容 が 事 実 と 相 違 していることを 知 ったときは その 訂 正 を 請 求 することができます 9.この 約 を 主 契 約 の 契 約 日 後 付 加 した 場 合 は 主 契 約 約 死 亡 保 険 金 のある 約 または 災 害 保 険 金 もしくは 災 害 割 増 保 険 金 のある 約 の 契 約 内 容 の 登 録 については 主 約 款 約 死 亡 保 険 金 のある 約 または 災 害 保 険 金 もしくは 災 害 割 増 保 険 金 のある 約 の 規 定 にかかわらず この 約 の 付 加 の 日 から5 年 間 を 登 録 の 期 間 とします 10. 第 3 項 第 4 項 および 第 5 項 中 被 保 険 者 保 険 契 約 死 亡 保 険 金 災 害 死 亡 保 険 金 保 険 金 額 高 度 障 害 保 険 金 と あるのは 農 業 協 同 組 合 法 にもとづく 共 済 契 約 においては それぞれ 被 共 済 者 共 済 契 約 死 亡 共 済 金 災 害 死 亡 共 済 金 共 済 金 額 後 遺 障 害 共 済 金 と 読 み 替 えます 第 29 条 ( 主 約 款 の 規 定 の 準 用 ) この 約 に 別 段 の 定 めのない 場 合 には 主 約 款 の 規 定 を 準 用 します 第 30 条 (リビング ニーズ 約 または5 年 ごと 配 当 付 定 状 態 収 入 保 障 約 とあわせて 主 契 約 に 付 加 する 場 合 の 則 ) この 約 をリビング ニーズ 約 または5 年 ごと 配 当 付 定 状 態 収 入 保 障 約 ( 以 下 本 条 において リビング ニー ズ 約 等 といいます )とあわせて 主 契 約 に 付 加 する 場 合 には つぎの 各 号 のとおり 取 り 扱 います (1) この 約 とリビング ニーズ 約 等 の 指 定 代 理 請 求 人 は 同 一 人 であることを 要 します (2) この 約 とリビング ニーズ 約 等 のいずれかにおいて 指 定 代 理 請 求 人 の 指 定 または 変 更 ( 指 定 代 理 請 求 人 を 指 定 しない 場 合 を 含 みます 以 下 本 号 において 同 じ )が 行 われたときは 他 の 約 についても 同 一 の 指 定 または 変 更 が 行 われたものとします (3) 5 年 ごと 配 当 付 定 状 態 収 入 保 障 約 の 第 1 回 の 約 定 疾 病 年 金 約 障 害 年 金 または 約 介 護 年 金 の 支 払 事 由 が 生 じた 日 以 後 においては 5 年 ごと 配 当 付 定 状 態 収 入 保 障 約 について 第 1 号 および 第 2 号 の 規 定 を 適 用 せず この 約 およびリビング ニーズ 約 についてのみ 第 1 号 および 第 2 号 の 規 定 を 適 用 します 第 31 条 (5 年 ごと 配 当 付 終 身 保 険 に5 年 ごと 配 当 付 年 金 支 払 移 行 約 等 を 付 加 した 場 合 の 約 の 取 扱 ) 1. 5 年 ごと 配 当 付 終 身 保 険 に5 年 ごと 配 当 付 年 金 支 払 移 行 約 を 付 加 した 場 合 には つぎの 各 号 のとおり 取 り 扱 います (1) 主 契 約 の 全 部 について5 年 ごと 配 当 付 年 金 支 払 移 行 約 条 項 を 適 用 したときは この 約 の 保 険 期 間 は5 年 ごと 配 当 付 年 金 支 払 移 行 約 の 締 結 日 の 前 日 までとします この 場 合 この 約 は 5 年 ごと 配 当 付 年 金 支 払 移 行 約 の 締 結 日 の 前 日 に 保 険 期 間 が 満 了 して 消 滅 したものとして 当 会 社 は 保 険 契 約 者 の 承 諾 を 得 て この 約 の 解 約 返 還 金 を 加 えて 5 年 ごと 配 当 付 年 金 支 払 移 行 約 条 項 に 定 める 約 基 本 年 金 額 の 計 算 をします (2) 主 契 約 の 一 部 について5 年 ごと 配 当 付 年 金 支 払 移 行 約 条 項 を 適 用 した 場 合 5 年 ごと 配 当 付 年 金 支 払 移 行 約 条 項 を 適 用 しない 終 身 保 険 部 分 ( 残 存 する 死 亡 保 障 部 分 をいいます )が 解 約 その 他 の 事 由 によって 消 滅 したときは 第 20 条 ( 約 の 消 滅 とみなす 場 合 )の 規 定 によるほか この 約 は 消 滅 します 2.5 年 ごと 配 当 付 終 身 保 険 に5 年 ごと 配 当 付 夫 婦 年 金 移 行 約 を 付 加 した 場 合 には 第 1 項 中 5 年 ごと 配 当 付 年 金 支 払 移 行 約 とあるのは 5 年 ごと 配 当 付 夫 婦 年 金 移 行 約 と 5 年 ごと 配 当 付 年 金 支 払 移 行 約 条 項 とあるのは 5 年 ごと 配 当 付 夫 婦 年 金 移 行 約 条 項 と 読 み 替 えて 第 1 項 第 1 号 および 第 2 号 の 規 定 を 適 用 します 3.5 年 ごと 配 当 付 終 身 保 険 に5 年 ごと 配 当 付 介 護 割 増 年 金 移 行 約 を 付 加 した 場 合 には 第 1 項 中 5 年 ごと 配 当 付 年 金 支 払 移 行 約 とあるのは 5 年 ごと 配 当 付 介 護 割 増 年 金 移 行 約 と 5 年 ごと 配 当 付 年 金 支 払 移 行 約 条 項 と あるのは 5 年 ごと 配 当 付 介 護 割 増 年 金 移 行 約 条 項 と 読 み 替 えて 第 1 項 第 1 号 および 第 2 号 の 規 定 を 適 用 します 4.5 年 ごと 配 当 付 終 身 保 険 に5 年 ごと 配 当 付 夫 婦 介 護 割 増 年 金 移 行 約 を 付 加 した 場 合 には 第 1 項 中 5 年 ごと 配 当 付 年 金 支 払 移 行 約 とあるのは 5 年 ごと 配 当 付 夫 婦 介 護 割 増 年 金 移 行 約 と 5 年 ごと 配 当 付 年 金 支 払 移 行 約 条 項 とあるのは 5 年 ごと 配 当 付 夫 婦 介 護 割 増 年 金 移 行 約 条 項 と 読 み 替 えて 第 1 項 第 1 号 および 第 2 号 の 規 定 を 適 用 します 第 32 条 ( 保 険 料 払 込 期 間 が 終 身 の5 年 ごと 配 当 付 終 身 保 険 に 付 加 した 場 合 の 則 ) 5 年 ごと 配 当 付 終 身 保 険 の 主 約 款 に 定 める 保 険 料 の 払 込 完 了 則 により 保 険 料 の 払 込 を 完 了 する 場 合 には つぎの 各 号 のとおり 取 り 扱 います (1) 保 険 契 約 者 は この 約 の 保 険 料 の 払 込 方 法 ( 回 数 )が 月 払 半 年 払 または 年 払 の 場 合 将 来 のこの 約 の 保 険 料 の 払 込 にかえて 当 会 社 所 定 の 金 額 を 主 契 約 について 払 い 込 むべき 金 額 とともに 一 時 に 払 い 込 み この 約 の 保 険 料 の 払 込 を 完 了 することを 要 します この 場 合 主 約 款 に 定 める 保 険 料 の 払 込 完 了 則 の 規 定 を 準 用 します (2) 第 1 号 に 定 める 当 会 社 所 定 の 金 額 が 払 い 込 まれない 場 合 には この 約 は 猶 予 期 間 が 満 了 した 時 から 将 来 に 向 かっ て 解 約 されたものとします (3) この 約 の 保 険 料 の 払 込 方 法 ( 回 数 )が 一 時 払 の 場 合 には この 約 は そのまま 有 効 に 継 続 します -111-

11 第 33 条 (5 年 ごと 配 当 付 介 護 年 金 終 身 保 障 保 険 に 付 加 した 場 合 の 則 ) この 約 を5 年 ごと 配 当 付 介 護 年 金 終 身 保 障 保 険 に 付 加 した 場 合 には つぎの 各 号 のとおり 取 り 扱 います (1) 第 2 条 ( 約 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 ) 第 1 項 中 死 亡 保 険 金 受 取 人 とあるのは 死 亡 給 付 金 受 取 人 と 読 み 替 えます (2) 第 2 条 第 2 項 中 高 度 障 害 保 険 金 の 受 取 人 とあるのは 介 護 年 金 の 受 取 人 と 読 み 替 えます (3) 約 高 度 障 害 保 険 金 については 主 約 款 に 定 める 死 亡 給 付 金 支 払 方 法 の 選 択 の 規 定 を 準 用 して 一 時 支 払 にかえて 当 会 社 の 定 める 取 扱 にもとづき すえ 置 支 払 または 年 金 支 払 を 選 択 することができます (4) この 約 条 項 に 規 定 する 指 定 代 理 請 求 人 は 主 約 款 に 規 定 する 指 定 代 理 請 求 人 と 同 一 人 とします (5) 第 23 条 ( 約 の 社 員 配 当 金 ) 第 2 項 の 規 定 は 適 用 せず つぎのとおり 取 り 扱 います この 場 合 割 り 当 てられたこ の 約 の 社 員 配 当 金 は 約 定 疾 病 保 険 金 または 約 高 度 障 害 保 険 金 を 支 払 うときはその 保 険 金 の 受 取 人 に 支 払 い 約 死 亡 保 険 金 を 支 払 うときは 主 契 約 の 社 員 配 当 金 に 加 えて 支 払 います (ア) 主 契 約 の 第 1 回 の 介 護 年 金 の 支 払 日 前 において 約 定 疾 病 保 険 金 または 約 高 度 障 害 保 険 金 が 支 払 われるとき は 主 契 約 の 死 亡 給 付 金 が 支 払 われるときに 準 じて 取 り 扱 います (イ) 主 契 約 の 第 1 回 の 介 護 年 金 の 支 払 日 以 後 において 約 死 亡 保 険 金 約 定 疾 病 保 険 金 または 約 高 度 障 害 保 険 金 が 支 払 われるときは 被 保 険 者 が 死 亡 したときに 準 じて 取 り 扱 います (6) 第 24 条 ( 主 契 約 の 内 容 変 更 に 伴 う 約 の 取 扱 ) 第 1 項 中 死 亡 保 険 金 額 とあるのは 基 本 介 護 年 金 額 と 読 み 替 えます (7) 主 契 約 の 保 険 料 払 込 期 間 が 終 身 の 場 合 で かつ 主 約 款 に 定 める 保 険 料 の 払 込 完 了 則 により 保 険 料 の 払 込 を 完 了 する 場 合 には つぎのとおり 取 り 扱 います (ア) 保 険 契 約 者 は この 約 の 保 険 料 の 払 込 方 法 ( 回 数 )が 月 払 半 年 払 または 年 払 の 場 合 将 来 のこの 約 の 保 険 料 の 払 込 にかえて 当 会 社 所 定 の 金 額 を 主 契 約 について 払 い 込 むべき 金 額 とともに 一 時 に 払 い 込 み この 約 の 保 険 料 の 払 込 を 完 了 することを 要 します この 場 合 主 約 款 に 定 める 保 険 料 の 払 込 完 了 則 の 規 定 を 準 用 します (イ) 前 (ア)に 定 める 当 会 社 所 定 の 金 額 が 払 い 込 まれない 場 合 には この 約 は 主 約 款 に 定 める 猶 予 期 間 が 満 了 した 時 から 将 来 に 向 かって 解 約 されたものとします (ウ) この 約 の 保 険 料 の 払 込 方 法 ( 回 数 )が 一 時 払 の 場 合 には この 約 は そのまま 有 効 に 継 続 します (8) 5 年 ごと 配 当 付 介 護 年 金 終 身 保 障 保 険 に5 年 ごと 配 当 付 年 金 支 払 移 行 約 を 付 加 したときは この 約 の 保 険 期 間 は5 年 ごと 配 当 付 年 金 支 払 移 行 約 の 締 結 日 の 前 日 までとします この 場 合 この 約 は 5 年 ごと 配 当 付 年 金 支 払 移 行 約 の 締 結 日 の 前 日 に 保 険 期 間 が 満 了 して 消 滅 したものとして 当 会 社 は 保 険 契 約 者 の 承 諾 を 得 て この 約 の 解 約 返 還 金 を 加 えて 5 年 ごと 配 当 付 年 金 支 払 移 行 約 条 項 に 定 める 約 基 本 年 金 額 の 計 算 をします (9) 5 年 ごと 配 当 付 介 護 年 金 終 身 保 障 保 険 に5 年 ごと 配 当 付 夫 婦 年 金 移 行 約 を 付 加 した 場 合 には 第 8 号 中 5 年 ご と 配 当 付 年 金 支 払 移 行 約 とあるのは 5 年 ごと 配 当 付 夫 婦 年 金 移 行 約 と 5 年 ごと 配 当 付 年 金 支 払 移 行 約 条 項 とあるのは 5 年 ごと 配 当 付 夫 婦 年 金 移 行 約 条 項 と 読 み 替 えて 第 8 号 の 規 定 を 適 用 します 第 34 条 (5 年 ごと 配 当 付 終 身 医 療 保 険 に 付 加 した 場 合 の 則 ) この 約 を5 年 ごと 配 当 付 終 身 医 療 保 険 に 付 加 した 場 合 には つぎの 各 号 のとおり 取 り 扱 います (1) 第 2 条 ( 約 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 ) 第 1 項 中 死 亡 保 険 金 受 取 人 とあるのは 死 亡 給 付 金 受 取 人 と 読 み 替 えます (2) 第 2 条 第 2 項 中 高 度 障 害 保 険 金 の 受 取 人 とあるのは 災 害 入 院 給 付 金 および 疾 病 入 院 給 付 金 の 受 取 人 と 読 み 替 えます (3) 約 高 度 障 害 保 険 金 については 主 約 款 に 定 める 死 亡 給 付 金 支 払 方 法 の 選 択 の 規 定 を 準 用 して 一 時 支 払 にかえて 当 会 社 の 定 める 取 扱 にもとづき すえ 置 支 払 または 年 金 支 払 を 選 択 することができます (4) この 約 の 社 員 配 当 金 の 割 当 および 支 払 方 法 は 第 23 条 ( 約 の 社 員 配 当 金 )の 規 定 によるほか 約 定 疾 病 保 険 金 または 約 高 度 障 害 保 険 金 が 支 払 われるときは 主 契 約 の 死 亡 給 付 金 が 支 払 われるときに 準 じて 取 り 扱 います この 場 合 割 り 当 てられたこの 約 の 社 員 配 当 金 は 約 定 疾 病 保 険 金 または 約 高 度 障 害 保 険 金 とともにその 保 険 金 の 受 取 人 に 支 払 います (5) 第 24 条 ( 主 契 約 の 内 容 変 更 に 伴 う 約 の 取 扱 ) 第 1 項 中 死 亡 保 険 金 額 とあるのは 入 院 給 付 金 日 額 と 読 み 替 えます (6) 第 25 条 ( 主 契 約 について 保 険 料 の 自 動 貸 付 または 契 約 者 貸 付 の 規 定 を 適 用 する 場 合 の 取 扱 ) 第 1 項 の 規 定 にかかわ らず 主 契 約 について 主 約 款 の 保 険 料 の 自 動 貸 付 または 契 約 者 貸 付 の 規 定 を 適 用 する 場 合 には この 約 の 解 約 返 還 金 を 保 険 料 の 自 動 貸 付 または 契 約 者 貸 付 の 限 度 として 主 約 款 に 定 める 額 に 加 えて 取 り 扱 います 第 35 条 (5 年 ごと 配 当 付 介 護 年 金 終 身 保 障 保 険 または5 年 ごと 配 当 付 終 身 医 療 保 険 に 付 加 した 場 合 の 約 高 度 障 害 保 険 金 の 代 理 請 求 ) この 約 を5 年 ごと 配 当 付 介 護 年 金 終 身 保 障 保 険 または5 年 ごと 配 当 付 終 身 医 療 保 険 に 付 加 した 場 合 の 約 高 度 障 害 保 険 金 の 代 理 請 求 については つぎの 各 号 のとおり 取 り 扱 います (1) 約 高 度 障 害 保 険 金 受 取 人 が 約 高 度 障 害 保 険 金 を 自 ら 請 求 できないつぎのいずれかに 該 当 する 別 な 事 情 がある ときは 第 2 号 に 定 める 者 が 請 求 に 必 要 な 書 類 ( 別 表 1)および 別 な 事 情 を 示 す 書 類 ( 別 表 1)を 提 出 して 約 高 度 障 害 保 険 金 受 取 人 の 代 理 人 として 約 高 度 障 害 保 険 金 を 請 求 することができます ただし 約 高 度 障 害 保 険 金 受 取 人 が 法 人 である 場 合 を 除 きます (ア) 約 高 度 障 害 保 険 金 の 請 求 を 行 う 意 思 表 示 が 困 難 であると 当 会 社 が 認 めた 場 合 (イ) その 他 前 (ア)に 準 じる 状 態 であると 当 会 社 が 認 めた 場 合 (2) 第 1 号 の 規 定 により 約 高 度 障 害 保 険 金 受 取 人 の 代 理 人 として 約 高 度 障 害 保 険 金 を 請 求 することができる 者 はつ -112-

12 ぎの 者 とします ただし 故 意 に 約 高 度 障 害 保 険 金 の 支 払 事 由 を 生 じさせた 者 または 故 意 に 約 高 度 障 害 保 険 金 受 取 人 を 第 1 号 (ア)または(イ)に 定 める 状 態 に 該 当 させた 者 を 除 きます (ア) 指 定 代 理 請 求 人 があらかじめ 指 定 されているときは その 者 ただし 請 求 時 において 被 保 険 者 と 同 居 しまた は 生 計 を 一 にしている 被 保 険 者 の 戸 籍 上 の 配 偶 者 または3 親 等 内 の 親 族 に 限 ります (イ) 前 (ア)に 該 当 する 者 がいない 場 合 には 請 求 時 において 被 保 険 者 と 同 居 しまたは 生 計 を 一 にしている 主 契 約 の 死 亡 給 付 金 受 取 人 (3) 指 定 代 理 請 求 人 の 指 定 もしくは 変 更 または 主 契 約 の 死 亡 給 付 金 受 取 人 の 変 更 が 行 われた 場 合 には つぎのとおりと します (ア) 指 定 代 理 請 求 人 の 指 定 または 変 更 が 行 われた 場 合 指 定 または 変 更 前 に 支 払 事 由 が 生 じた 約 高 度 障 害 保 険 金 に ついては 第 1 号 および 第 2 号 の 規 定 による 請 求 は 取 り 扱 いません (イ) 主 契 約 の 死 亡 給 付 金 受 取 人 の 変 更 が 行 われた 場 合 変 更 前 に 支 払 事 由 が 生 じた 約 高 度 障 害 保 険 金 については 変 更 後 の 主 契 約 の 死 亡 給 付 金 受 取 人 による 約 高 度 障 害 保 険 金 受 取 人 の 代 理 人 としての 請 求 は 取 り 扱 いません (4) 本 条 の 規 定 により 約 高 度 障 害 保 険 金 を 請 求 する 場 合 第 2 号 (イ)に 該 当 する 主 契 約 の 死 亡 給 付 金 受 取 人 が2 人 以 上 のときは 当 該 受 取 人 は 共 同 して 請 求 してください (5) 本 条 の 規 定 により 約 高 度 障 害 保 険 金 を 請 求 する 場 合 には 約 高 度 障 害 保 険 金 のすえ 置 支 払 または 年 金 支 払 は 取 り 扱 いません (6) 本 条 の 規 定 により 当 会 社 が 約 高 度 障 害 保 険 金 を 約 高 度 障 害 保 険 金 受 取 人 の 代 理 人 に 支 払 ったときは その 後 約 高 度 障 害 保 険 金 の 請 求 を 受 けても 当 会 社 はこれを 支 払 いません (7) 本 条 の 規 定 により 約 高 度 障 害 保 険 金 を 請 求 する 場 合 第 4 条 ( 約 保 険 金 の 請 求 支 払 時 期 および 支 払 場 所 ) 第 3 項 の 規 定 による 事 実 の 確 認 に 際 しては 第 4 条 第 4 項 および 第 5 項 の 規 定 によるほか 本 条 に 定 める 代 理 人 が 当 会 社 からの 事 実 の 照 会 について 正 当 な 理 由 がなく 回 答 または 同 意 を 拒 んだときは 当 会 社 は その 回 答 または 同 意 を 得 て 事 実 の 確 認 が 終 わるまで 約 高 度 障 害 保 険 金 を 支 払 いません 当 会 社 が 指 定 した 医 師 による 被 保 険 者 の 診 断 を 求 めたときも 同 様 とします (8) すえ 置 かれた 約 高 度 障 害 保 険 金 については 本 条 の 規 定 は 適 用 しません 第 36 条 ( 転 換 後 契 約 に 付 加 した 場 合 の 則 ) 転 換 約 が 付 加 された 保 険 契 約 の 締 結 の 際 にこの 約 を 付 加 した 場 合 には つぎの 各 号 のとおり 取 り 扱 います ただ し その 保 険 契 約 において この 約 の 復 活 の 取 扱 が 行 われているときを 除 きます (1) この 約 のうち 被 転 換 契 約 の 定 疾 病 保 険 金 ( 約 の 定 疾 病 保 険 金 を 含 みます )と 同 額 までの 約 保 険 金 額 の 部 分 については 第 1 条 ( 約 保 険 金 の 支 払 ) 第 2 項 の 規 定 を 適 用 しません (2) 第 1 号 の 規 定 により 約 定 疾 病 保 険 金 の 支 払 が 行 われるときは その 支 払 われる 約 保 険 金 額 の 部 分 について 第 2 条 ( 約 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 )の 規 定 を 適 用 するものとします 第 37 条 ( 別 条 件 を 付 けた 場 合 の 則 ) 1.この 約 を 主 契 約 に 付 加 する 際 被 保 険 者 の 健 康 状 態 その 他 が 当 会 社 の 定 めた 基 準 に 適 合 しない 場 合 には その 危 険 の 種 類 および 程 度 に 応 じて つぎの 各 号 のうちいずれか1つまたは2つの 方 法 によって 取 り 扱 います (1) 約 保 険 金 額 削 減 支 払 法 契 約 日 からその 日 を 含 めて 当 会 社 の 定 める 削 減 期 間 内 に 被 保 険 者 が 死 亡 し または 高 度 障 害 状 態 ( 表 2)に 該 当 し たときは 約 保 険 金 額 につぎの 割 合 を 乗 じて 得 た 金 額 を 約 死 亡 保 険 金 または 約 高 度 障 害 保 険 金 の 支 払 額 として 第 1 条 ( 約 保 険 金 の 支 払 )の 規 定 を 適 用 します ただし 災 害 または 所 定 の 感 染 症 ( 別 表 2)による 場 合 には 約 保 険 金 額 と 同 額 を 約 死 亡 保 険 金 または 約 高 度 障 害 保 険 金 の 支 払 額 として 第 1 条 の 規 定 を 適 用 します 死 亡 日 または 高 度 障 害 状 態 削 減 期 間 該 当 日 の 属 する 保 険 年 度 1 年 2 年 3 年 4 年 5 年 第 1 年 度 50% 30% 25% 20% 15% 第 2 年 度 60% 50% 40% 30% 第 3 年 度 75% 60% 45% 第 4 年 度 80% 60% 第 5 年 度 80% (2) 別 保 険 料 領 収 法 (ア) 当 会 社 の 定 める 別 保 険 料 を 加 算 した 金 額 をこの 約 の 保 険 料 とします (イ) 第 6 条 ( 約 の 保 険 料 払 込 の 免 除 ) 第 1 項 の 規 定 によってこの 約 の 保 険 料 の 払 込 が 免 除 された 場 合 には 同 時 に 別 保 険 料 の 払 込 を 免 除 します (ウ) 別 保 険 料 に 対 する 解 約 返 還 金 はありません 2. 本 条 の 規 定 により 別 条 件 が 付 けられた 場 合 には つぎの 各 号 の 取 扱 は 行 いません (1) 主 契 約 の 保 険 料 払 込 期 間 の 変 更 (2) 主 契 約 の 払 済 保 険 への 変 更 ただし 約 保 険 金 額 削 減 支 払 法 の 場 合 削 減 期 間 経 過 後 は 主 契 約 の 払 済 保 険 への 変 更 を 取 り 扱 います (3) 主 約 款 に 定 める 保 険 料 の 払 込 完 了 則 の 適 用 ただし 約 保 険 金 額 削 減 支 払 法 の 場 合 は 除 きます -113-

13 別 表 1 請 求 書 類 (1) 約 保 険 金 の 請 求 書 類 項 目 必 要 書 類 1 約 死 亡 保 険 金 (1) 当 会 社 所 定 の 請 求 書 (2) 医 師 の 死 亡 診 断 書 または 死 体 検 案 書 (ただし 当 会 社 が 必 要 と 認 めた 場 合 は 当 会 社 所 定 の 様 式 による 医 師 の 死 亡 証 明 書 ) (3) 被 保 険 者 の 死 亡 事 実 が 記 載 された 住 民 票 (ただし 当 会 社 が 必 要 と 認 めた 場 合 は 戸 籍 抄 本 ) (4) 約 死 亡 保 険 金 受 取 人 の 戸 籍 抄 本 (5) 約 死 亡 保 険 金 受 取 人 の 印 鑑 証 明 書 (6) 最 終 の 保 険 料 払 込 を 証 する 書 類 (7) 保 険 証 券 2 約 定 疾 病 保 険 金 (1) 当 会 社 所 定 の 請 求 書 (2) 当 会 社 所 定 の 様 式 による 医 師 の 診 断 書 (3) 被 保 険 者 の 住 民 票 (ただし 受 取 人 と 同 一 の 場 合 は 不 要 また 当 会 社 が 必 要 と 認 めた 場 合 は 戸 籍 抄 本 ) (4) 約 定 疾 病 保 険 金 受 取 人 の 戸 籍 抄 本 と 印 鑑 証 明 書 (5) 最 終 の 保 険 料 払 込 を 証 する 書 類 (6) 保 険 証 券 3 約 高 度 障 害 保 険 金 (1) 当 会 社 所 定 の 請 求 書 (2) 当 会 社 所 定 の 様 式 による 医 師 の 診 断 書 (3) 被 保 険 者 の 住 民 票 (ただし 受 取 人 と 同 一 の 場 合 は 不 要 また 当 会 社 が 必 要 と 認 めた 場 合 は 戸 籍 抄 本 ) (4) 約 高 度 障 害 保 険 金 受 取 人 の 戸 籍 抄 本 と 印 鑑 証 明 書 (5) 最 終 の 保 険 料 払 込 を 証 する 書 類 (6) 保 険 証 券 (1) 当 会 社 所 定 の 請 求 書 (2) 当 会 社 所 定 の 様 式 による 医 師 の 診 断 書 (3) 約 定 疾 病 保 険 金 受 取 人 が 約 定 疾 病 保 険 金 を 自 ら 請 求 できない 別 な 事 情 4 を 示 す 書 類 約 定 疾 病 保 険 金 の (4) 被 保 険 者 および 指 定 代 理 請 求 人 の 戸 籍 抄 本 代 理 請 求 (5) 指 定 代 理 請 求 人 の 住 民 票 と 印 鑑 証 明 書 (6) 被 保 険 者 または 指 定 代 理 請 求 人 の 健 康 保 険 証 の 写 し (7) 最 終 の 保 険 料 払 込 を 証 する 書 類 (8) 保 険 証 券 5 約 高 度 障 害 保 険 金 の 代 理 請 求 (1) 当 会 社 所 定 の 請 求 書 (2) 当 会 社 所 定 の 様 式 による 医 師 の 診 断 書 (3) 約 高 度 障 害 保 険 金 受 取 人 が 約 高 度 障 害 保 険 金 を 自 ら 請 求 できない 別 な 事 情 を 示 す 書 類 (4) 被 保 険 者 および 代 理 人 の 戸 籍 抄 本 (5) 代 理 人 の 住 民 票 と 印 鑑 証 明 書 (6) 被 保 険 者 または 代 理 人 の 健 康 保 険 証 の 写 し (7) 最 終 の 保 険 料 払 込 を 証 する 書 類 (8) 保 険 証 券 ( 注 )1. 上 記 の 書 類 は 当 会 社 の 本 社 または 当 会 社 の 指 定 した 場 所 に 提 出 してください 2. 当 会 社 は 上 記 以 外 の 書 類 の 提 出 を 求 め または 上 記 の 提 出 書 類 の 一 部 の 省 略 を 認 めることがあります (2) その 他 の 請 求 書 類 項 目 必 要 書 類 (1) 当 会 社 所 定 の 名 義 変 更 請 求 書 指 定 代 理 請 求 人 の 変 更 (2) 保 険 契 約 者 の 印 鑑 証 明 書 (3) 保 険 証 券 ( 注 )1. 上 記 の 書 類 は 当 会 社 の 本 社 または 当 会 社 の 指 定 した 場 所 に 提 出 してください 2. 当 会 社 は 上 記 以 外 の 書 類 の 提 出 を 求 め または 上 記 の 提 出 書 類 の 一 部 の 省 略 を 認 めることがあります -114-

14 別 表 2 対 象 となる 感 染 症 対 象 となる 感 染 症 とは 平 成 6 年 10 月 12 日 総 務 庁 告 示 第 75 号 にもとづく 厚 生 労 働 省 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 編 疾 病 傷 害 および 死 因 統 計 分 類 提 要 ICD-10(2003 年 版 ) 準 拠 に 記 載 された 分 類 項 目 中 つぎの 基 本 分 類 コードに 規 定 される 内 容 によるものをいいます 分 類 項 目 コレラ 腸 チフス パラチフスA 細 菌 性 赤 痢 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 ペスト ジフテリア 急 性 灰 白 髄 炎 <ポリオ> ラッサ 熱 クリミヤ コンゴ 出 血 熱 マールブルグウイルス 病 エボラウイルス 病 痘 瘡 重 症 急 性 呼 吸 器 症 候 群 [SARS] ( 病 原 体 がコロナウイルス 属 SARSコロナウイルスであるものに 限 ります ) 基 本 分 類 コード A00 A01.0 A01.1 A03 A04.3 A20 A36 A80 A96.2 A98.0 A98.3 A98.4 B03 U

15

10分冊_表紙1

10分冊_表紙1 この の 概 要 5 年 ごと 配 当 付 一 時 払 積 立 保 険 条 項 目 次 第 1 条 満 期 保 険 死 亡 給 付 および 高 度 障 害 給 付 の 支 払 第 2 条 満 期 保 険 の 支 払 に 関 する 補 則 第 3 条 死 亡 給 付 および 高 度 障 害 給 付 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 死 亡 給 付 または 高 度 障 害 給 付 の 免 責

More information

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に 原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 目 次 この 保 険 の 概 要 1. 特 別 勘 定 および 積 立 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 特 別 勘 定 群 および 特 別 勘 定 群 に 含 まれる 特 別 勘 定 の 種 類 第 3 条 特 別 勘 定 の 指 定 第 4 条 積 立 第 5 条 特 別 勘 定 の 廃 止 に 伴 う 積 立 の 移 転 9.

More information

Microsoft Word - 3大疾病保障特約付団体信用生命保険の概要_村上.docx

Microsoft Word - 3大疾病保障特約付団体信用生命保険の概要_村上.docx 3 大 疾 病 保 障 特 約 付 団 体 信 用 生 命 保 険 の 概 要 一 般 団 体 信 用 生 命 保 険 3 大 疾 病 保 障 特 約 死 亡 保 障 + 高 度 障 害 保 障 全 国 保 証 ( 一 社 )しんきん 保 証 基 金 保 険 契 約 者 全 国 保 証 信 金 中 央 金 庫 申 込 時 年 齢 と 実 行 時 年 齢 満 20 歳 以 上 満 50 歳 未 満 満

More information

養老保険普通保険約款

養老保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 責 任 開 始 期 第 1 条 責 任 開 始 期 2 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 戦 争 その 他 の 変 乱 第 5 条 保 険 金 の 請 求 支 払 の 手 続 3 保 険 料 の 払 込 免 除 第 6 条 保 険 料 の 払 込 免 除 第 7 条 保 険

More information

01_3分冊_表1

01_3分冊_表1 この 特 約 の 概 要 第 1 条 災 害 割 増 保 険 金 の 支 払 第 2 条 災 害 割 増 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 3 条 災 害 割 増 保 険 金 の 請 求 支 払 時 期 および 支 払 場 所 第 4 条 高 度 障 害 による 災 害 割 増 保 険 金 の 代 理 請 求 第 5 条 特 約 の 保 険 料 払 込 の 免 除 第 6 条 特 約

More information

1. 用 語 の 意 義 第 1 条 ( 用 語 の 意 義 ) この 普 通 約 款 において 使 用 されるつぎの 用 語 の 意 義 は それぞれつぎのとおりとします 金 責 任 開 始 期 契 約 応 当 日 用 語 の 意 義 満 期 金 死 亡 金 および 高 度 障 害 金 をいいます

1. 用 語 の 意 義 第 1 条 ( 用 語 の 意 義 ) この 普 通 約 款 において 使 用 されるつぎの 用 語 の 意 義 は それぞれつぎのとおりとします 金 責 任 開 始 期 契 約 応 当 日 用 語 の 意 義 満 期 金 死 亡 金 および 高 度 障 害 金 をいいます この の 概 要 1. 用 語 の 意 義 第 1 条 用 語 の 意 義 (H 普 通 約 款 目 次 2. 金 の 支 第 2 条 金 の 支 第 3 条 金 の 支 に 関 する 補 則 第 4 条 金 の 免 責 事 由 に 該 当 した 場 合 の 取 扱 第 5 条 金 支 方 法 の 選 択 第 6 条 金 の 請 求 支 期 および 支 場 所 3. 当 会 社 の 責 任 開 始

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

終身保険(無選択型)普通保険約款

終身保険(無選択型)普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 責 任 開 始 期 第 1 条 責 任 開 始 期 2 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 保 険 金 の 削 減 支 払 第 5 条 保 険 金 の 請 求 支 払 の 手 続 3 保 険 料 の 払 込 第 6 条 保 険 料 の 払 込 第 7 条 保 険 料 の 払 込

More information

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 第 1 条 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 2 責 任 開 始 期 第 2 条 責 任 開 始 期 3 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 額 第 4 条 保 険 金 の 支 払 第 5 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 6 条 戦 争 その 他 の 変 乱

More information

変額個人年金保険普通保険約款

変額個人年金保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 特 別 勘 定 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 各 特 別 勘 定 への 繰 入 比 率 の 指 定 変 更 2 積 立 金 第 3 条 積 立 金 第 4 条 積 立 金 の 移 転 3 責 任 開 始 期 第 5 条 責 任 開 始 期 4 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払 日 第 6 条 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払

More information

前橋市軽自動車税減免要綱(案)1

前橋市軽自動車税減免要綱(案)1 前 橋 市 軽 自 動 車 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 前 橋 市 市 税 条 例 ( 昭 和 26 年 前 橋 市 条 例 第 302 号 以 下 条 例 という ) 第 89 条 及 び 第 90 条 に 規 定 する 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 取 扱 いに 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 減 免 要 件 の

More information

目  次

目  次 年 金 手 当 について 障 害 基 礎 年 金 公 的 年 金 制 度 に 加 入 している 期 間 中 に 被 った 傷 病 により 障 害 者 になった 場 合 に 年 金 や 一 時 金 が 支 給 されます( 申 請 は 原 則 65 歳 までとなりま) 制 度 の 種 類 支 給 要 件 年 金 額 中 央 窓 口 センター 国 民 年 金 係 823-9439 国 民 年 金 障 害

More information

01_3分冊_表紙1

01_3分冊_表紙1 この 保 険 の 概 要 1. 用 語 の 意 義 第 1 条 用 語 の 意 義 2. 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 保 険 金 の 免 責 事 由 に 該 当 した 場 合 の 取 扱 第 5 条 保 険 金 支 払 方 法 の 選 択 第 6 条 保 険 金 の 請 求 支 払 時 期 および

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 4 5 4 条 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 6 9 条 の 2 の 規 定 を 根 拠 と す る 身 体 障 害 者 等 に 対 す る 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 具 体 的 な 対

( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 4 5 4 条 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 6 9 条 の 2 の 規 定 を 根 拠 と す る 身 体 障 害 者 等 に 対 す る 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 具 体 的 な 対 軽 自 動 車 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 ( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 4 5 4 条 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 6 9 条 の 2 の 規 定 を 根 拠 と す る 身 体 障 害 者 等 に 対 す る 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 具 体 的 な 対 象 お よ び 処 理 方 法

More information

Microsoft Word - s-17-yatukan

Microsoft Word - s-17-yatukan 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 会 社 は, 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 保 険 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行

More information

Microsoft Word - 02目次.doc

Microsoft Word - 02目次.doc 5 税 金 1 国 税 に 関 する 控 除 非 課 税 適 用 を 受 けるには 所 得 税 に 関 する 障 がい 者 の 所 得 控 除 税 額 の 計 算 の 基 礎 となる 所 得 から 所 得 控 除 として 次 の 区 分 により 一 定 額 が 控 除 されます 等 級 身 体 障 害 知 的 障 害 精 神 障 害 123456 左 記 左 記 重 度 1 級 区 分 級 級 級

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

公平委員会設置条例

公平委員会設置条例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 19 年 条 例 第 13 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 1 条 中 法 を 育 児 休 業 法 に 改 め

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

08_13分冊_H1

08_13分冊_H1 この 保 険 の 概 要 1. 用 語 の 意 義 第 1 条 用 語 の 意 義 2. 保 険 契 約 の 型 および 入 院 給 付 金 の 支 払 限 度 の 型 第 2 条 保 険 契 約 の 型 第 3 条 入 院 給 付 金 の 支 払 限 度 の 型 3. 給 付 金 の 支 払 第 4 条 給 付 金 の 支 払 第 5 条 災 害 入 院 給 付 金 の 支 払 に 関 する 補

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が 子 育 て 支 援 制 度 Q&A ( 平 成 22 年 6 月 30 日 現 在 ) この 度 東 北 大 学 の 子 育 て 支 援 のための 職 員 等 の 休 暇 制 度 育 児 休 業 制 度 を Q&A 方 式 でわかりやすく 説 明 をしましたので ご 活 用 ください なお 不 明 な 点 等 がありましたら 遠 慮 なく 各 部 局 の 人 事 担 当 係 又 は 総 務 部 人

More information

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 育 児 休 業 等 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 3 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 37 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 国

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208747938B8FE68ED28F9D8A5181698E80965381458CE388E28FE18A51816A93C196F1303730372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208747938B8FE68ED28F9D8A5181698E80965381458CE388E28FE18A51816A93C196F1303730372E646F63> 搭 乗 者 傷 害 ( 死 亡 後 遺 障 害 ) 特 約 < 用 語 のご 説 明 - 定 義 > この 特 約 において 使 用 される 次 の 用 語 は それぞれ 次 の 定 義 によります (1) 正 規 の 乗 車 装 置 乗 車 人 員 が 動 揺 衝 撃 等 により 転 落 または 転 倒 することなく 安 全 な 乗 車 を 確 保 できる 構 造 を 備 えた 道 路 運 送 車

More information

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 鳥 取 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 32 年 鳥 取 県 規 則 第 22 号 以 下 規 則 とい う ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 ( 以 下 本 補 助 金

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798267826F817A90B696BD8BA48DCF82CC82B28C5F96F18ED2976C82D6816995BD90AC3139944E82538C8E89FC92F982CC82B582A882E88163>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798267826F817A90B696BD8BA48DCF82CC82B28C5F96F18ED2976C82D6816995BD90AC3139944E82538C8E89FC92F982CC82B582A882E88163> 重 要 生 命 共 済 の ご 契 約 者 様 へ ~ 平 成 19 年 4 月 実 施 の 仕 組 改 訂 にかかるご 案 内 ~ < 目 次 > 1. 後 遺 障 害 共 済 金 等 の 支 払 事 由 の 改 訂 ( 重 度 要 介 護 状 態 の 追 加 ) 1 2. 別 表 [ 疾 病 重 度 障 害 状 態 ]の 改 訂 ( 臓 器 移 植 術 の 追 加 等 ) 3 3. 医 療 共

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

埼玉県/自動車税事務所 障害者の方のための減免制度

埼玉県/自動車税事務所 障害者の方のための減免制度 軽 自 動 車 税 の 減 免 について 伊 勢 崎 市 財 政 部 市 民 税 課 次 のような 特 別 な 事 情 がある 場 合 軽 自 動 車 税 は 申 請 により 減 免 される 制 度 があります 1 身 体 障 害 者 戦 傷 病 者 知 的 障 害 者 精 神 障 害 者 ( 以 下 身 体 障 害 者 等 という )が 所 有 する 場 合 または 身 体 障 害 者 等 と にする

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63> 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 (2) 子 が1 歳 に 達 する 日 を 超 えて 雇 用 関 係 が 継 続 することが 見 込 まれること (3) 子 が1 歳 に 達 する 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 労 働 契 約 期 間 が 満 了 し 更 新 されないことが 明 らかでないこと 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63> 健 康 保 険 被 扶 養 者 資 格 について 平 成 21 年 4 月 測 量 地 質 健 康 保 険 組 合 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 資 格 について 健 康 保 険 では 被 保 険 者 だけでなく 被 扶 養 者 についても 病 気 やけが 出 産 または 死 亡 に 対 して 保 険 給 付 が 行 われ ます 被 扶 養 者 となるためには 一 定 の 条 件 ( 下 記

More information

00-表1-4_養老保険.indd

00-表1-4_養老保険.indd 目 次 款 普 通 養 老 普 通 款 P2 定 期 P24 定 期 ( 逓 増 型 ) P37 災 害 割 増 P49 傷 害 P62 災 害 入 院 P78 疾 病 入 院 P89 リビング ニ ズ P106 年 金 払 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 降 ) P112 平 成 24 年 4 月 1 日 以 降 に 締 結 された 年 金 払 年 金 払 ( 平 成 24 年 3 月

More information

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章 第 4 章 金 要 件 と 金 額 1 ( 高 齢 になった 場 合 に 受 け 取 れる 金 ) 要 件 1 受 資 格 期 間 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 を 合 わせて25 以 上 あること (ただし 金 額 には 反 映 されないが 受 資 格 期 間 には 算 入 される 合 算 対 象 期 間 があります) 消 費 税 が 引 き 上 げられる 27

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

①表紙

①表紙 子 ども 助 成 事 業 に 係 る 請 求 方 法 及 びレセプト 等 記 載 について 平 成 8 年 月 社 会 報 酬 支 払 基 金 大 分 支 部 大 分 県 国 民 健 康 団 体 連 合 会 目 次 請 求 支 払 概 要 並 びに 請 求 要 領 について P ( 調 剤 ) 報 酬 請 求 書 記 載 方 法 について 社 国 P 3 子 ども 助 成 事 業 に 係 るレセプト

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

普 通 約 款 (この の 概 要 ) (2015 年 5 月 21 日 改 正 ) この は 期 間 および 料 払 込 期 間 を とする の であって つぎの 給 付 を 行 うことを 主 な 内 容 とするものです 災 害 入 院 給 付 金 疾 病 入 院 給 付 金 手 術 給 付 金

普 通 約 款 (この の 概 要 ) (2015 年 5 月 21 日 改 正 ) この は 期 間 および 料 払 込 期 間 を とする の であって つぎの 給 付 を 行 うことを 主 な 内 容 とするものです 災 害 入 院 給 付 金 疾 病 入 院 給 付 金 手 術 給 付 金 この の 概 要 1. 用 語 の 意 義 第 1 条 用 語 の 意 義 2. 契 約 の 型 および 入 院 給 付 金 の 支 払 限 度 の 型 第 2 条 契 約 の 型 第 3 条 入 院 給 付 金 の 支 払 限 度 の 型 3. 給 付 金 の 支 払 第 4 条 給 付 金 の 支 払 第 5 条 災 害 入 院 給 付 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 6 条 疾 病

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

00-表1-4_終身保険.indd

00-表1-4_終身保険.indd 目 次 款 終 身 普 通 款 P2 定 期 P23 定 期 ( 逓 増 型 ) P36 災 害 割 増 P48 傷 害 P61 災 害 入 院 P77 疾 病 入 院 P88 リビング ニ ズ P105 介 護 障 移 行 P111 年 金 払 P122 指 定 代 理 請 求 P127 別 条 件 P131 料 口 座 振 替 P136 クレジットカード 扱 P138 団 体 扱 P140 別

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20904588F582CC88E78E998B788BC693998FF097E15F81693232944E31318C8E333093FA816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20904588F582CC88E78E998B788BC693998FF097E15F81693232944E31318C8E333093FA816A> 滋 賀 県 市 町 村 職 員 研 修 センター 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 [ 平 成 14 年 4 月 1 日 滋 賀 県 市 町 村 職 員 研 修 センター 条 例 第 8 号 ] 改 正 平 成 15 年 2 月 17 日 条 例 第 2 号 平 成 18 年 2 月 17 日 条 例 第 1 号 平 成 20 年 2 月 29 日 条 例 第 2 号 平 成 21

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

2_02_kitei2.ppt

2_02_kitei2.ppt 認 可 特 定 保 険 業 医 師 年 金 規 程 の 主 な 改 定 内 容 平 成 24 年 11 月 日 本 医 師 会 年 金 規 程 改 定 の 基 本 方 針 について 今 般 の 保 険 業 法 改 正 に 伴 う 認 可 特 定 保 険 業 申 請 にあたり 本 会 の 基 本 方 針 としては 現 行 の 年 金 制 度 の 枠 組 みを 変 更 せず 維 持 する としつつ 保

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

件名

件名 湖 北 地 域 消 防 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 趣 旨 ) 平 成 18 年 4 月 1 日 条 例 第 15 号 改 正 平 成 20 年 3 月 3 日 条 例 第 2 号 平 成 22 年 3 月 29 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 8 月 26 日 条 例 第 8 号 平 成 22 年 11 月 25 日 条 例 第 12 号 平 成 23

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57> 平 成 18 年 12 月 平 成 19 年 10 月 ( 追 加 改 正 ) 平 成 20 年 5 月 ( 改 正 ) ポジティブアクション 推 進 プロジェクト 一 人 で 悩 む 前 に まずご 相 談 ください 妊 娠 したのですが どのような 手 続 をすればいいのですか? 産 休 から 育 児 休 暇 への 流 れは 次 の 通 りです 産 前 休 暇 出 産 産 後 休 暇 育 児 休

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則 金 ケ 崎 町 規 則 第 13 号 金 ケ 崎 町 小 学 生 医 療 費 給 付 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 小 学 生 に 対 して 医 療 費 の 一 部 を 給 付 することにより 保 護 者 の 負 担 を 軽 減 し もって 小 学 生 の 健 全 な 育 成 と 福 祉 の 増 進 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 規 則

More information

00-表1-4_定期保険(無解約返戻金型).indd

00-表1-4_定期保険(無解約返戻金型).indd 目 次 款 定 期 ( 無 解 返 戻 金 型 ) 普 通 款 P2 災 害 割 増 傷 害 リビング ニーズ 年 金 払 指 定 代 理 請 求 料 口 座 振 替 クレジットカード 扱 団 体 扱 別 団 体 扱 集 団 扱 P23 P36 P52 P58 P63 P67 P69 P71 P73 P75 1 定 期 ( 無 解 返 戻 金 型 ) 普 通 款 必 ずご 一 読 のうえ 大 切 なご

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又 群 馬 県 市 町 村 会 館 管 理 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 5 年 4 月 1 日 条 例 第 2 号 改 正 平 成 5 年 6 月 8 日 条 例 第 1 号 平 成 7 年 3 月 31 日 条 例 第 4 号 平 成 12 年 2 月 15 日 条 例 第 1 号 平 成 12 年 11 月 10 日 条 例 第 2 号 平 成 14 年 2

More information

tokutei2-7.xls

tokutei2-7.xls 出 産 育 児 に 関 する 制 度 一 覧 親 になる ことが 判 明 子 どもが 生 まれる 前 出 産 子 育 て 期 間 中 1 妊 娠 障 害 休 暇 ( 女 性 のみ) 2 妊 娠 中 の 通 勤 緩 和 職 免 ( 女 性 のみ) 3 妊 産 婦 の 就 業 制 限 ( 女 性 のみ) 4 保 健 指 導 職 免 除 ( 女 性 のみ) 5 産 前 産 後 休 暇 ( 女 性 のみ)

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 の 労 働 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 3 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という

More information

学校事務の手引原稿

学校事務の手引原稿 概 要 子 を 養 する 職 員 継 続 的 な 勤 を 促 進 し 職 員 祉 増 進 を 図 るため 男 女 労 働 者 権 として 保 障 す るととも 行 政 円 滑 な 運 営 を 図 るため 一 定 期 間 職 従 せず 専 念 できる 制 度 である 関 係 法 方 公 員 共 済 組 合 法 第 42 53 54 70 70 条 2 114 条 2 ⑵ 公 立 共 済 組 合 定 款

More information

中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からその 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 通 帳 または 証 書 記 載 の 中 間 利 払 利 率 によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利

中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からその 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 通 帳 または 証 書 記 載 の 中 間 利 払 利 率 によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利 自 由 金 利 型 定 期 預 金 M 型 (スーパー 定 期 ) 規 定 1.( 取 扱 店 の 範 囲 ) (1) 個 人 のお 客 さま この 預 金 は 当 店 のほか 当 金 庫 本 支 店 および 当 金 庫 が 提 携 した 他 の 労 働 金 庫 ( 以 下 提 携 金 庫 といいます )のどこの 店 舗 でも 預 入 れができます (2) 団 体 のお 客 さま この 預 金 は

More information

Microsoft Word - 131021住宅ローン保障拡充.doc

Microsoft Word - 131021住宅ローン保障拡充.doc 各 位 平 成 25 年 10 月 21 日 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 疾 病 保 障 付 住 宅 ローンの 商 品 ラインアップ 拡 充 について 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 ( 頭 取 : 國 部 毅 )は カーディフ 損 害 保 険 会 社 ( 日 本 におけ る 代 表 者 : 草 鹿 泰 士 )と 提 携 し 平 成 25 年 10 月 24 日 以 降 に 住

More information

3 保 険 料 ( 掛 金 )を 納 めていること 原 則 として 初 診 日 月 前 々 月 まで 国 民 年 金 加 入 期 間 全 体 うち 3 分 2 以 上 きち んと 納 めている( 保 険 料 免 除 期 間 も 含 む)ことが 必 要 です 現 在 は 特 例 として 初 診 日 が

3 保 険 料 ( 掛 金 )を 納 めていること 原 則 として 初 診 日 月 前 々 月 まで 国 民 年 金 加 入 期 間 全 体 うち 3 分 2 以 上 きち んと 納 めている( 保 険 料 免 除 期 間 も 含 む)ことが 必 要 です 現 在 は 特 例 として 初 診 日 が 厚 生 年 金 手 当 金 支 援 制 度 概 要 厚 生 年 金 手 当 金 は 疾 病 (がんも 対 象 )やケガで が 残 った 場 合 生 活 保 をする 給 付 であり 支 給 要 件 を 満 たし 厚 生 年 金 1 2 級 に 該 当 すれば 基 礎 年 金 に 厚 生 年 金 が 上 乗 せされ 支 給 され 厚 生 年 金 3 級 に 該 当 すれば 厚 生 年 金 厚 生 年 金

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については 2015/3/10 8. 事 例 別 事 務 処 理 へ 職 員 が 満 3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 する 場 合 特 別 な 事 情 がある 場 合 を 除 き1 回 に 限 り 延 長 できる ( 男 性 職 員 の 場 合 は 配 偶 者 の 出 産 後 8 週 間 以 内 に 最 初 の を 取 得 していれば 特 別 な 事 情 がなくても 再 度 取 得 することができる )

More information

議案第   号

議案第   号 議 案 第 149 号 宝 塚 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について 宝 塚 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のとおり 制 定 するもの とする 平 成 26 年 (2014 年 )12 月 9 日 提 出 宝 塚 市 長 中 川 智 子 宝 塚 市

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ 羽 曳 野 市 固 定 資 産 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 制 定 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は 羽 曳 野 市 税 条 例 ( 昭 和 57 年 羽 曳 野 市 条 例 第 28 号 以 下 条 例 という ) 第 75 条 に 規 定 す る 固 定 資 産 税 の 減 免 ( 以 下 減 免 と い う )の 取 扱 い に つ

More information

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 3 月 29 日 告 示 第 98 号 改 正 平 成 25 年 9 月 27 日 告 示 第 297 号 平 成 27 年 4 月 1 日 告 示 第 155 号 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 空 き 家 の 有 効 活 用 による

More information

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1 育 児 介 護 休 業 規 定 第 1 章 目 的 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 定 は 従 業 員 の 育 児 介 護 休 業 育 児 介 護 のための 時 間 外 労 働 および 深 夜 業 の 制 限 並 びに 育 児 介 護 短 時 間 勤 務 等 に 関 する 取 り 扱 いについて 定 めるものである ( 適 用 対 象 者 ) 第 2 章 育 児 休 業 制 度 第 2 条 育

More information

< 現 在 の 我 が 国 D&O 保 険 の 基 本 的 な 設 計 (イメージ)> < 一 般 的 な 補 償 の 範 囲 の 概 要 > 請 求 の 形 態 会 社 の 役 員 会 社 による 請 求 に 対 する 損 免 責 事 由 の 場 合 に 害 賠 償 請 求 は 補 償 されず(

< 現 在 の 我 が 国 D&O 保 険 の 基 本 的 な 設 計 (イメージ)> < 一 般 的 な 補 償 の 範 囲 の 概 要 > 請 求 の 形 態 会 社 の 役 員 会 社 による 請 求 に 対 する 損 免 責 事 由 の 場 合 に 害 賠 償 請 求 は 補 償 されず( 別 紙 2 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 (D&O 保 険 )の 実 務 上 の 検 討 ポイント 第 1 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 (D&O 保 険 )の 概 要 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 ( 以 下 D&O 保 険 ) とは 保 険 契 約 者 である 会 社 と 保 険 者 である 保 険 会 社 の 契 約 により 被 保 険 者 とされている 役 員

More information

無年金外国人高齢者福祉手当要綱

無年金外国人高齢者福祉手当要綱 東 浦 町 無 年 金 外 国 人 住 民 高 齢 者 福 祉 手 当 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 う 改 正 後 の 年 金 制 度 において 国 民 年 金 の 受 給 資 格 を 有 しない 在 日 の 外 国 人 住 民 高 齢 者

More information

財団法人山梨社会保険協会寄付行為

財団法人山梨社会保険協会寄付行為 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 山 梨 県 甲 府 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 山 梨

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 事 業 承 継 と 民 法 < 遺 留 分 > 相 続 までに 自 社 株 の 価 値 が 上 昇 すると 想 定 外 の 遺 留 分 の 主 張 を 受 けないか 心 配 だ 後 継 者 に 自 社 株 を 集 中 させたいが 相 続 紛 争 が 心 配 だ 民 法 の 遺 留 分 の 事 前 放 棄 は 利 用 しにくい 相 続 紛 争 や 自 社 株 式 の 分 散 を 防 止 でき 後 継

More information

第 2 問 問 4 問 5 1ロ 2チ 3ヲ 4ホ ⅰ)Aさんは 今 年 の 誕 生 日 で 40 歳 となるので 公 的 介 護 保 険 の(1 第 2 号 ) 被 保 険 者 資 格 を 取 得 し 介 護 保 険 料 を 負 担 することになる 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 医 療

第 2 問 問 4 問 5 1ロ 2チ 3ヲ 4ホ ⅰ)Aさんは 今 年 の 誕 生 日 で 40 歳 となるので 公 的 介 護 保 険 の(1 第 2 号 ) 被 保 険 者 資 格 を 取 得 し 介 護 保 険 料 を 負 担 することになる 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 医 療 一 発 合 格!FP 技 能 士 2 級 AFP 完 全 攻 略 実 戦 問 題 集 14-15 年 版 別 冊 FP 技 能 士 2 級 AFP 2014 年 1 月 実 施 試 験 解 答 & 解 説 実 技 試 験 生 保 顧 客 資 産 相 談 業 務 ( 金 融 財 政 事 情 研 究 会 ) 問 題 解 答 解 説 第 1 問 問 1 1ハ 2ニ 3ト 国 民 年 金 の 毎 月 の 保

More information

11 新 型 インフルエンザ 予 防 接 種 健 康 被 害 救 済 給 付 金 ( 注 4) 12 ( 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の) 副 作 用 救 済 給 付 又 は( 生 物 由 来 製 品 感 染 等 被 害 救 済 制 度 の) 感 染 救 済 給 付 ( 注 4)

11 新 型 インフルエンザ 予 防 接 種 健 康 被 害 救 済 給 付 金 ( 注 4) 12 ( 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の) 副 作 用 救 済 給 付 又 は( 生 物 由 来 製 品 感 染 等 被 害 救 済 制 度 の) 感 染 救 済 給 付 ( 注 4) 様 式 第 1 号 及 び 第 2 号 ( 参 考 資 料 2)( 第 6 条 関 係 ) 留 意 事 項 支 給 対 象 者 について 支 給 対 象 者 は 平 成 26 年 1 月 1 日 において 以 下 の 条 件 を 満 たした 方 です 1 足 寄 町 の 住 民 基 本 台 帳 に 記 録 されている 方 ( ) 2 平 成 26 年 度 分 の 市 町 村 民 税 ( 均 等 割

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

H28記入説明書(納付金・調整金)8

H28記入説明書(納付金・調整金)8 1 常 用 雇 用 労 働 者 の 総 数 の 把 握 ( STEP1 ) (1) 常 用 雇 用 労 働 者 とは 障 害 者 雇 用 納 付 金 制 度 における 常 用 雇 用 労 働 者 とは あなたの 企 業 で の 形 式 の 如 何 を 問 わず 1 雇 用 ( 契 約 ) の 定 めがなく 雇 用 されている 労 働 者 及 び 一 定 の 雇 用 ( 契 約 ) を 定 めて 雇

More information

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要 相 続 人 様 へ の お 願 い 相 続 税 の 申 告 にあたり 以 下 の 各 項 目 についてのご 確 認 をお 願 い 致 します Ⅰ 被 相 続 人 に 関 する 確 認 事 項 1 被 相 続 人 について 有 被 相 続 人 の 戸 籍 ( 除 本 籍 地 の 市 区 町 村 要 月 日 籍 ) 謄 本 ( 出 生 から 役 所 ( 場 ) 否 ( 通 ) 相 続 開 始 まで) 被

More information

Taro-◆220630育児休業規程.jtd

Taro-◆220630育児休業規程.jtd 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 36 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 41 条 および 公 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

郵 便 約 款 の 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 及 び 審 査 結 果 ( 本 人 限 定 受 取 郵 便 のサービス 内 容 の 追 加 ) 平 成 21 年 3 月 2 日 総 務 省 1 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 (1) 変 更 の 趣 旨 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 ( 以 下 収 益 移 転 防 止 法 という ) が 平 成

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information