の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指"

Transcription

1 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質 の 向 上 能 力 の 開 発 が 必 要 になる そこで 学 校 全 体 を 見 渡 せる 視 野 をもち 他 の 教 職 員 とのコミ ュニケーションを 図 り 学 校 運 営 に 参 画 していく 力 に 注 目 し その 向 上 に 向 けた 研 修 プ ログラムの 工 夫 改 善 を 行 った キーワード: 学 校 事 務 職 員 コミュニケーション 学 校 運 営 への 参 画 1 はじめに 学 校 の 自 主 性 自 律 性 が 求 められている 今 日 において 校 長 のリーダーシップのもと 学 校 に 勤 務 するすべての 教 職 員 が 互 いの 役 割 を 理 解 尊 重 し 連 携 を 図 りながら 主 体 的 に 責 任 をもって 職 務 を 遂 行 していくことが 重 要 である その 中 で 学 校 事 務 職 員 には 学 校 における 行 政 職 員 とし ての 役 割 と 責 任 が 求 められる 特 に 学 校 の 抱 える 課 題 が 多 岐 にわたるようになっていること 限 られた 予 算 をより 効 果 的 に 使 うことが 重 要 になっていることなど 学 校 全 体 の 動 きや 教 育 の 流 れと 学 校 事 務 の 仕 事 とは ますます 密 接 なかかわりが 必 要 になってきている そのような 中 で 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 事 務 部 の 責 任 者 としてその 職 務 を 遂 行 して いくためには 学 校 全 体 を 見 渡 せる 視 野 をもち 教 育 と 行 政 のパイプ 役 としての 立 場 に 立 ちながら 他 の 教 職 員 と 積 極 的 にコミュニケーションを 図 り 子 どもたちの 健 やかな 成 長 を 促 す 学 校 づくりに 参 画 していくことが 求 められている そこで これからの 学 校 事 務 職 員 に 求 められる 資 質 能 力 を 高 める 研 修 を 進 めるため 学 校 全 体 を 見 渡 せる 視 野 の 拡 大 やコミュニケーション 能 力 の 向 上 をねらいとした 研 修 プログラムについて 研 究 した 2 研 究 目 的 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 において 中 堅 事 務 職 員 として 視 野 を 広 げ 専 門 性 を 高 め 学 校 運 営 に 参 画 する 資 質 能 力 の 向 上 を 図 るための 研 修 プログラムの 工 夫 改 善 について 考 察 す る 3 研 究 内 容 と 考 察 (1) 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 工 夫 改 善 本 研 修 講 座 は 中 堅 事 務 職 員 として 視 野 を 広 げ 専 門 性 を 高 め 円 滑 な 学 校 運 営 を 進 めるため - 1 -

2 の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 導 主 事 ) 1 日 目 学 校 事 務 と 教 育 法 規 講 義 演 習 ( 指 導 主 事 ) 学 校 事 務 職 員 に 期 待 するもの 講 義 ( 公 立 学 校 長 ) これからの 学 校 事 務 バズセッション ( 公 立 学 校 長 事 務 指 導 員 ) 服 務 休 暇 休 業 について 講 義 演 習 ( 教 職 員 課 ) 2 日 目 学 校 事 務 の 学 校 間 連 携 について 実 践 発 表 ( 公 立 学 校 事 務 職 員 ) 地 域 福 祉 介 護 を 考 える 講 義 演 習 ( 福 祉 パーク 職 員 ) 3 日 目 教 育 情 報 と 著 作 権 講 義 ( 指 導 主 事 ) 課 題 研 修 演 習 研 究 協 議 ( 事 務 指 導 員 ) ア 特 に 今 年 度 は 1 日 目 のバズセッションと3 日 目 の 課 題 研 修 に 工 夫 を 加 えた 詳 細 は 以 下 のとおりである 1 日 目 管 理 職 とのバズセッション 標 準 的 職 務 内 容 の 考 え 方 や 学 校 組 織 の 中 での 校 務 分 掌 上 での 働 きかけ 等 について 講 師 である 県 内 の 校 長 の 話 を 聞 いた 後 その 校 長 にも 参 加 してもらってバズセッションを 行 った 従 来 なら バズセッションは 受 講 者 のみで 行 っており 受 講 者 にとっては 他 の 事 務 職 員 の 思 いや 考 え 方 等 を 知 ることができ 同 期 で 話 し 合 う 楽 しみもあったようだ また 学 校 事 務 職 員 が 単 数 配 置 の 状 況 の 中 複 数 での 話 合 いは 有 意 義 であったと 思 われる しかし 平 成 13 年 5 月 に 標 準 的 職 務 内 容 の 通 知 が 出 され 同 時 に 様 々な 教 育 改 革 が 進 む 中 学 校 という 組 織 における 学 校 事 務 職 員 の 在 り 方 が 問 われてきた 学 校 全 体 を 見 据 えながら 教 職 員 との 意 思 疎 通 を 図 り 学 校 運 営 がスムーズに 行 われるよう 行 政 職 員 としての 役 割 を 果 たすこと が 求 められるようになってきたのである そこで バズセッションも 学 校 全 体 の 視 点 から 日 々 の 職 務 を 振 り 返 ったり 交 流 したりできるよう 講 師 である 校 長 にも 加 わっていただき 内 容 も 奈 良 県 公 立 小 中 学 校 事 務 研 究 会 が 平 成 15 年 度 標 準 的 職 務 内 容 について 行 った 調 査 に 着 目 し 標 準 的 職 務 内 容 が 出 されて というテーマで 行 った その 調 査 とは 県 公 立 小 中 学 校 事 務 研 究 会 の 定 着 化 会 議 から 標 準 的 職 務 内 容 について の 文 書 が 出 された 後 それについて 管 理 職 と 話 し 合 ったかどうか また 話 し 合 わなかった 場 合 は どのような 理 由 によるのかという 調 査 である 調 査 結 果 は 話 し 合 わなかった 学 校 が 全 体 の 半 数 以 上 を 占 めていた 特 に 話 し 合 う 機 会 がなかったと 答 えた 学 校 事 務 職 員 が 挙 げた 理 由 は ( 職 務 内 容 については) 現 状 のままでよい 話 し 合 い 方 が 分 からない 機 会 がなかった であっ た バズセッションでは これらの 理 由 について なぜ 現 状 のままでよいのか なぜ 機 会 が なかったのか といったことをみんなで 話 し 合 った 自 校 の 校 長 とじっくりと 話 し 合 う 機 会 が 少 なく 話 し 方 が 分 からないという 受 講 者 もいた 中 で - 2 -

3 他 校 の 校 長 と 話 す 機 会 がもてたことは とてもよい 機 会 となり 大 いに 刺 激 を 受 けたようである バズセッションで 話 し 合 われた 内 容 の 一 部 分 を 紹 介 する ( 受 講 者 の 発 言 ) 教 職 員 と 学 校 事 務 職 員 の 仕 事 の 共 有 が 難 しい 特 に 管 理 職 とのかかわりが 大 きいと 思 い 標 準 的 職 務 内 容 が 出 されたときに 思 い 切 って 話 をしようとしたが 遠 慮 がちになり 実 現 しなかった 学 校 事 務 職 員 の 仕 事 について 理 解 していただくのが 難 しい 状 況 であったが 標 準 的 職 務 内 容 が 出 されて 自 分 自 身 の 中 で 変 化 があった それは 事 務 的 な 仕 事 は 何 でも 事 務 職 員 任 せという 教 職 員 側 の 考 えがある 中 で 学 校 事 務 職 員 の 仕 事 を 分 かってもらうように 教 職 員 間 の 意 思 疎 通 を 図 り 役 割 をアピールするようにした 市 費 事 務 職 員 の 引 き 上 げにより 一 人 で 仕 事 をこなしていくには 限 界 があり 周 りの 職 員 に 助 けていただいている 状 態 である 備 品 計 画 を 立 てる 場 合 には 教 頭 や 教 科 主 任 との 協 議 が 必 要 となってくる そのためには 他 職 種 の 方 との 信 頼 関 係 が 大 事 であると 感 じた ( 校 長 のアドバイス) 学 校 事 務 職 員 として 学 校 事 務 全 体 を 見 たとき 専 門 的 な 立 場 から 気 付 くことや 伝 えたい こと 等 が 見 えてくるのではないか その 内 容 を その 都 度 管 理 職 に 伝 え 話 す 機 会 をつ くるように 心 掛 がけていくことでコミュニケーションが 図 れ 話 しやすくなるのではない か 今 までは 校 務 分 掌 は 校 長 の 思 い 一 つで また 学 校 により 職 務 内 容 が 違 っていた だ れがどんな 仕 事 をしているか 分 かりやすくするなど 校 務 分 掌 表 に 改 革 を 加 えなければな らない 県 から 出 された 職 務 内 容 は あくまでも 標 準 なので 必 ずしも 学 校 事 務 職 員 が 担 当 しなくてもいい 教 員 が 担 当 している 仕 事 もある 学 校 事 務 職 員 として 仕 事 に 対 しての 自 覚 と 誇 りをもち 職 務 をこなしてくいことができる 魅 力 ある 事 務 職 員 であってほしい 自 校 に 戻 り 今 まで 話 し 合 うことができなかった 校 務 分 掌 について 標 準 的 職 務 内 容 一 覧 表 を 参 考 にしながら 自 分 たちから 行 動 を 起 こしてみようという 思 いをもった 受 講 者 もいた 他 の 学 校 事 務 職 員 と 学 校 の 状 況 や 仕 事 の 進 め 方 を 交 流 し 合 う 中 で 自 分 の 仕 事 や 学 校 の 状 況 を ふかんてき 振 り 返 り 見 直 すなど 学 校 全 体 の 視 野 に 立 ち 俯 瞰 的 にとらえるきっかけになったようである また バズセッションというと どちらかといえば いろいろな 話 題 についてただ 話 し 合 うだ けにとどまってしまいがちである しかし テーマをより 明 確 にしたり スーパーバイザーを 工 夫 したりするなどして いつもと 違 う 環 境 をつくることも 大 切 なことだと 思 った 特 に 今 回 は 直 前 に 学 校 全 体 の 視 野 に 立 つことの 大 切 さを 話 していただいた 校 長 が 続 けてバズセッションに も 参 加 していただいたことで 話 合 いもより 焦 点 化 できたものと 思 われる イ 3 日 目 課 題 研 修 の 中 での 話 す 演 習 標 準 的 職 務 内 容 の 一 覧 表 の 中 に 企 画 運 営 に 関 することの 分 掌 がある この 分 掌 の 職 務 内 容 は 職 員 会 議 や 校 務 分 掌 組 織 検 討 への 参 加 と 学 校 事 務 全 般 にかかる 助 言 提 言 を 行 うことである 実 際 学 校 事 務 職 員 として 職 員 会 議 や 企 画 委 員 会 等 の 中 で 学 校 事 務 職 員 として 発 言 したり 問 題 提 起 したりする 機 会 も 少 なくない そのようなとき 自 分 の 考 えや 思 いをしっかりと 相 手 に 分 かりやすく 説 明 しなければならない また 伝 えたいことを 簡 潔 にまとめなければならない そ - 3 -

4 のためにも 話 す ことの 演 習 が 学 校 事 務 職 員 の 資 質 を 高 め 行 政 職 としての 専 門 性 を 高 める 一 方 策 と 考 え 課 題 研 修 の 中 で 取 り 組 んだ 従 来 の 研 修 は 一 方 的 に 聞 くことが 多 い 講 義 形 式 であったが 研 修 効 果 を 高 めるためには 話 す 書 く ことにも 焦 点 を 当 て しかも 実 際 に 体 験 することがよいと 考 えた 更 に その 演 習 場 面 では 実 際 の 学 校 現 場 を 想 定 し 児 童 生 徒 に 自 分 の 職 務 について 話 す という 課 題 を 考 えた 大 人 ではなく 児 童 生 徒 に 対 して 話 すためには 頭 の 中 でかなりの 整 理 や 組 み 立 てが 必 要 になる これは 簡 単 なようで なかなか 難 しい 作 業 である しかし そうするこ とによって 受 講 者 自 身 が 学 校 事 務 職 員 としての 自 分 を 振 り 返 り その 職 務 について 整 理 するこ とができると 考 えたからである そして 学 校 に 戻 ったとき 自 分 の 職 務 について 児 童 生 徒 や 教 職 員 に 理 解 を 求 めたり 児 童 生 徒 とのコミュニケーションに 役 立 てたり 事 務 職 員 自 身 の 意 欲 の 向 上 につながったりできるものと 考 えた (ア) 演 習 方 法 課 題 研 修 の 時 間 に 初 めてどのようなことをするのか 説 明 した ほとんどの 受 講 者 は 何 を するのか 不 安 でこの 時 間 を 迎 えたようである 話 す 演 習 を 行 う 前 に 図 形 を 使 って 相 手 に 言 葉 を 正 確 に 伝 える 訓 練 をした その 後 次 の ような 説 明 をした 1 話 す 演 習 テーマは 学 校 事 務 職 員 とする 自 分 自 身 が 教 職 員 や 子 どもたち 保 護 者 地 域 の 人 とのかかわりの 中 で 体 験 や 経 験 してきたことを 基 にしながら 子 どもたちに 学 校 事 務 職 員 として 伝 えたいことを 次 の3 点 についてまとめる 子 どもたちに 伝 えたいことは 何 か(テーマ 意 識 ) 何 をどのように 話 すか(テーマの 具 体 化 ) どのような 順 序 で 話 すか( 話 の 組 立 て) 2 朝 会 や 集 会 等 の 場 面 を 想 定 して 児 童 生 徒 の 前 でテーマについて 話 す 3 話 す 時 間 は10 分 間 程 度 4 それぞれの 受 講 者 が 発 表 した 後 みんなで 意 見 交 換 をする (イ) 演 習 の 様 子 演 習 を 始 める 前 になると 受 講 者 の 不 安 がだんだん 高 まってきているのを 感 じたので 進 行 役 である 筆 者 自 身 が 話 す 実 演 をしてみせた 受 講 者 が 少 しでも 気 分 を 落 ち 着 けることができ るよう 完 璧 な 語 りは 避 けた 受 講 者 が 話 した 内 容 や 話 の 組 立 ては それぞれの 個 性 が 出 ていて 聞 いていた 筆 者 自 身 が 教 わ る 内 容 もあった 最 初 から 最 後 まで 語 りかけるように 話 す 受 講 者 や 途 中 あがってしまって 頭 の 中 が 真 っ 白 になった 受 講 者 もいたが 受 講 者 同 士 で 励 まし 合 う 場 面 もあり 頼 もしく 感 じられた 一 人 10 分 間 という 配 分 時 間 は 長 すぎてなかなか 消 化 できなかったが 今 後 回 を 重 ねるごと に 時 間 の 使 い 方 もうまくなるであろう しかし 短 い 時 間 でまとめあげた 内 容 は 筆 者 が 想 像 し ていた 以 上 に 子 どもたちを 思 う 学 校 事 務 職 員 の 温 かい 思 いやりの 気 持 ちが 伝 わってきた 受 講 者 の 話 した 内 容 は おおよそ 次 のとおりである Aさん 学 校 予 算 はみんなのお 小 遣 いのようなものです 限 られた 配 当 予 算 で 執 行 してい - 4 -

5 くことができるように 協 力 をお 願 いします Bさん( 転 勤 1 年 目 ) Cさん 児 童 とのふれ 合 いを 大 切 にしたい 小 規 模 校 の 学 校 なので 早 く 顔 と 名 前 を 覚 えたいので 声 をかけてほしい 大 規 模 校 で 転 出 入 が 多 い( 続 いて 事 務 職 員 の 仕 事 にふれる ) 児 童 にお 願 いご と( あいさつをしましょう 友 達 を 大 切 にして 心 の 優 しい 子 どもになってほしい ) をした Dさん 修 繕 が 得 意 学 校 にはいろいろな 物 があるが いつも 安 心 して 授 業 が 受 けられ 楽 しく 遊 ぶことができるよう 気 を 付 けている そんな 人 がいることに 感 謝 する 心 を もってほしい 学 校 にある 物 を 大 切 に 使 いましょう Eさん 学 校 事 務 の 仕 事 を 子 ども 向 けに 紹 介 する Fさん 学 校 創 立 50 周 年 の 校 舎 の 案 内 板 で 事 務 室 確 認 中 学 校 は 夏 休 みの 学 割 証 明 発 行 で 事 務 職 員 とのかかわりが 多 い 学 校 の 楽 しさを 味 わってほしい 使 う 人 の 気 持 ちを 考 えて 物 を 大 切 に Gさん 子 どものころの 夢 は 幼 稚 園 の 先 生 であった 子 どもが 好 きなので 学 校 事 務 の 仕 事 も 子 どもとかかわりがあり 実 現 できた 学 校 予 算 とは 大 きな 財 布 を 預 かってい る 仕 事 です Hさん 学 校 事 務 の 仕 事 の 説 明 事 務 の 仕 事 を 始 めたきっかけ (ウ) 課 題 研 修 のアンケート 結 果 から 演 習 が 終 わったあと 受 講 者 からは 次 のような 感 想 が 寄 せられた 受 講 者 全 員 の 前 で 突 然 の 話 ですごく 緊 張 した ほかの 人 はとても 上 手 に 話 された 自 分 の 思 いを 人 に 伝 える 難 しさを 勉 強 した 自 分 の 言 葉 で 伝 えるのは 難 しかった 自 分 の 仕 事 について 上 手 に 説 明 できない 自 分 を 反 省 した 日 ごろから 自 分 の 仕 事 の 説 明 ができるようにしておきたい 他 人 に 話 を 聞 いてもらうことの 難 しさを 身 をもって 経 験 した 話 すことにまだまだ 自 信 はないが この 経 験 は 必 ず 生 きると 思 う 一 緒 に 受 講 したメンバーも 同 じ 思 いだと 思 う 自 分 の 考 えを 相 手 に 正 確 に 伝 えることの 難 しさを 痛 感 した その 反 面 今 回 の 演 習 のよ うに 相 手 に 自 分 の 思 いを 伝 えることは 大 事 なことだと 感 じた よい 機 会 となった この 講 座 の 時 間 がくるのを とても 緊 張 して 待 った 自 分 自 身 話 すことが 苦 手 で まと まりのない 話 になったが みんなの 話 はとてもためになった 日 ごろ 他 人 に 伝 えるということを 気 にもせず 過 ごしていたが 改 めて 伝 えることの 難 しさ 話 すことの 難 しさに 四 苦 八 苦 した よい 経 験 をした 他 人 に 伝 わるように 話 すというのは どの 場 面 においても 難 しいと 思 った 職 員 会 議 等 で 伝 達 を 行 う 際 は 聞 く 側 の 立 場 に 立 って 伝 達 内 容 を 検 討 するように 心 がけてきたが 専 門 性 という 部 分 をもっと 念 頭 において 分 かりやすい 表 現 を 考 えなければならないと 思 った 受 講 者 は 今 回 の 話 す 演 習 を 通 じて 多 くのことを 感 じてくれたと 思 う 改 めて 学 校 事 務 職 員 という 職 務 について 考 えることにより 子 どもたちとのかかわりや 財 務 担 当 者 としての 思 い - 5 -

6 学 校 という 組 織 の 中 での 自 分 というものを 振 り 返 ることができたのではないかと 思 う また コ ミュニケーションをとるときには 互 いの 立 場 に 立 ちつつ 自 分 の 伝 えたいことを 分 かりやすく 伝 えることが 大 切 であることも 感 じてくれたと 思 う 今 回 の 演 習 が 受 講 者 にとって 演 習 だけ で 終 わらず 自 校 で 実 践 できるよう 行 動 を 起 こしてくれることを 期 待 する そして 今 後 学 校 事 務 職 員 としての 専 門 性 を 発 揮 しながら 事 務 部 の 責 任 者 として 校 務 分 掌 組 織 検 討 委 員 会 や 予 算 委 員 会 職 員 会 議 等 の 話 合 いにも 積 極 的 に 参 加 し 学 校 運 営 への 参 画 への 道 を 開 いてほしい 4 おわりに 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 を 目 指 し 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 のプログラムに 管 理 職 とのバズセッション や 話 す 演 習 の 工 夫 を 加 えた このことは 受 講 者 一 人 一 人 が 自 校 の 現 状 を 踏 まえながら 自 分 の 職 務 をしっかりととらえ 自 分 なりの 夢 をもって 学 校 教 育 目 標 実 現 のために 研 鑽 を 積 んでくれることにつながると 考 える 今 回 は 中 堅 事 務 職 員 を 対 象 にした 研 修 講 座 での 工 夫 であったが 今 後 は すべての 事 務 職 員 対 象 の 研 修 講 座 のプログラムについて 学 校 経 営 スタッフの 一 員 としての 学 校 事 務 職 員 の 在 り 方 や 資 質 向 上 を 図 り 教 育 活 動 の 充 実 学 校 の 活 性 化 へとつながる 工 夫 を 考 えていきたい 参 考 引 用 文 献 (1) 学 校 事 務 学 事 出 版 2001 (2) 全 国 公 立 小 中 学 校 事 務 研 究 大 会 研 究 集 録 全 国 公 立 小 中 学 校 事 務 研 究 会

4 点 が 示 されている 1 相 互 のねらいや 方 法 などを 踏 まえ 継 続 的 計 画 的 に 取 り 組 む 2 幼 稚 園 小 学 校 の 教 員 が 子 どもの 発 達 を 長 期 的 にとらえ 互 いの 教 育 内 容 や 指 導 方 法 の 違 いや 共 通 点 について 理 解

4 点 が 示 されている 1 相 互 のねらいや 方 法 などを 踏 まえ 継 続 的 計 画 的 に 取 り 組 む 2 幼 稚 園 小 学 校 の 教 員 が 子 どもの 発 達 を 長 期 的 にとらえ 互 いの 教 育 内 容 や 指 導 方 法 の 違 いや 共 通 点 について 理 解 幼 児 教 育 と 小 学 校 教 育 の 円 滑 な 接 続 の 在 り 方 幼 児 教 育 係 長 植 松 利 晴 Uematsu Toshiharu 研 究 指 導 主 事 廣 岡 由 美 Hirooka Yumi 主 査 中 村 美 喜 江 Nakamura Mikie 要 旨 平 成 20 年 3 月 に 新 幼 稚 園 教 育 要 領 が 公 示 された その 改 訂 に 伴 い 発 達

More information

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識 第 4 章 これからの 幼 児 教 育 のあり 方 1. 幼 稚 園 における 教 育 の 方 向 性 (1) 幼 稚 園 における 教 育 のあり 方 1 幼 稚 園 の 役 割 幼 稚 園 は 子 どもが 家 庭 では 体 験 できない 友 達 との 集 団 生 活 を 通 して 教 員 に 支 えられながら 幼 児 期 なりの 豊 かさに 出 会 う 場 です 少 子 化 の 進 行 に 伴

More information

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf 四 條 畷 市 幼 児 教 育 ビジョン( 案 ) 平 成 24 年 7 月 四 條 畷 市 教 育 委 員 会 はじめに 1. 幼 児 期 の 教 育 の 重 要 性 1 2. 幼 稚 園 教 育 について 1~2 3. 四 條 畷 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 2~3 (1) 市 立 幼 稚 園 の 現 状 (2) 私 立 幼 稚 園 の 現 状 (3) 保 育 所 ( 園 )の 現 状

More information

前世リーディングと古典西洋占星術で紐解くあなたのカルマ~より幸せな人生にシフトする~

前世リーディングと古典西洋占星術で紐解くあなたのカルマ~より幸せな人生にシフトする~ あなたのカルマ 鑑 定 書 ~ 前 世 の 課 題 を 今 生 で 昇 華 するには? より 幸 せな 人 生 にシフトする 方 法 ~ Ms. Nxxxx.Txxxx N さん こんにちは N さんに 対 する 私 の 印 象 は すごいエネルギッシュな 女 性 だなと 思 いました でもちょっと 疲 れていらっしゃる 感 じで シルバージョーでお 話 を 聞 いていたら そりゃ 疲 れるわと ^^

More information

<5461726F2D8E518D6C8251834183938350815B83678C8B89CA8169503531>

<5461726F2D8E518D6C8251834183938350815B83678C8B89CA8169503531> ( 参 考 Ⅱ) 千 葉 県 教 育 委 員 会 と 千 葉 大 学 教 育 学 部 との 連 携 事 業 アンケートの 結 果 A 千 葉 大 学 教 育 学 部 との 連 携 による 基 礎 教 養 講 座 受 講 者 アンケート (アンケート 回 収 数 :76 名 ).あなたは 将 来 教 員 になることを 志 望 していますか?. 教 員 になることを 目 指 している(6 名 ). 教

More information

はじめに 教 育 に 冷 たく 重 い 風 が 吹 いている 子 どもたちが 関 わる 重 大 事 件 が 相 次 ぐ 中 昨 年 夏 佐 世 保 市 で 高 校 1 年 生 女 子 生 徒 による 同 級 生 殺 害 事 件 が 起 き 日 本 中 に 大 きな 衝 撃 が 走 った 少 年 非

はじめに 教 育 に 冷 たく 重 い 風 が 吹 いている 子 どもたちが 関 わる 重 大 事 件 が 相 次 ぐ 中 昨 年 夏 佐 世 保 市 で 高 校 1 年 生 女 子 生 徒 による 同 級 生 殺 害 事 件 が 起 き 日 本 中 に 大 きな 衝 撃 が 走 った 少 年 非 先 生 方 へ いのちを 大 切 にし 他 人 を 思 いやる 心 豊 かな 佐 世 保 の 子 どもたちを 育 てよう いのちの 教 育 危 機 対 応 の 在 り 方 への 提 言 危 機 感 をもとう 心 豊 かな 佐 世 保 の 子 どもたちを 育 てよう 躊 躇 せず 関 係 機 関 との 連 携 をしよう 子 どもの 状 況 を 次 の 学 年 学 校 へ 確 実 に 引 き 継 ごう

More information

てる 力 であり 他 の 教 科 などの 教 育 課 程 全 体 とのかかわりからとらえる 認 識 は 少 なかった そこで 次 の2 点 から 国 語 力 に 対 する 認 識 の 深 化 を 図 り 実 践 研 究 の 方 向 性 を 確 認 し 合 った ア 文 化 審 議 会 答 申 これか

てる 力 であり 他 の 教 科 などの 教 育 課 程 全 体 とのかかわりからとらえる 認 識 は 少 なかった そこで 次 の2 点 から 国 語 力 に 対 する 認 識 の 深 化 を 図 り 実 践 研 究 の 方 向 性 を 確 認 し 合 った ア 文 化 審 議 会 答 申 これか 中 学 校 Ⅰ はじめに 中 学 校 における 校 内 研 修 は 学 校 や 生 徒 の 実 態 に 即 した 主 題 を 設 定 して 具 体 的 実 践 的 に 行 わ れている しかし 教 科 担 任 制 のため 指 導 分 野 が 限 定 されがちであり 小 学 校 と 比 べて 全 教 師 が 共 通 に 取 り 組 む 課 題 の 範 囲 が 狭 いという 問 題 点 がある そのため

More information

学級経営講座-7月 ④通知票(表)・通信簿の作成

学級経営講座-7月 ④通知票(表)・通信簿の作成 若 い 先 生 のための 学 級 経 営 講 座 月 別 編 7 月 4 通 知 表 ( 票 ) 通 信 簿 の 作 成 ~ 学 期 の 学 校 生 活 の 様 子 を 伝 える 連 絡 簿 ~ 埼 玉 県 教 育 局 東 部 教 育 事 務 所 学 期 末 になれば 担 任 教 師 は 当 該 学 期 の 児 童 生 徒 一 人 一 人 の 学 習 や 生 活 の 状 況 をま とめ 通 知 表

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 26 年 度 研 究 テーマ 社 会 科 における 協 働 協 調 的 な 学 びの 創 造 社 会 科 事 例 紹 介 山 鹿 市 立 山 鹿 中 学 校 教 諭 五 十 嵐 健 指 導 主 事 恒 松 龍 治 自 己 紹 介 学 校 紹 介 山 鹿 市 立 山 鹿 中 学 校 生 徒 665 名 職 員 76 名 教 育 目 標 自 分 の 将 来 に 目 標 を 持 ち 自 己 実 現

More information

苦情・相談

苦情・相談 苦 情 相 談 報 告 (かなおか 保 育 園 ) 平 成 25 年 度 時 期 申 出 人 苦 情 相 談 の 内 容 対 応 及 び 結 果 医 師 の 指 示 により 薬 を 不 十 分 な 説 明 で 不 快 にさせた 事 につ 預 けていたが 年 度 が 替 わ いて 主 任 が 謝 罪 する る 為 に 一 度 返 された 薬 の 乳 幼 児 期 は 成 長 が 著 しく 体 調 も 変

More information

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支 20160119 版 2016 年 度 メリーポピンズ 稲 城 ルーム 事 業 計 画 書 1 基 本 方 針 保 育 理 念 にんげん 力 を 育 てる にんげん 力 を 身 につけるために 必 要 なあそび 野 外 体 験 を 提 案 実 践 し 自 分 で 考 え 行 動 し てみる 思 考 を 育 みます 二 大 保 育 方 針 1センスオブワンダー 自 然 の 中 に 沢 山 足 を 運

More information

平成 年 月 日

平成 年 月 日 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 平 成 23 年 2 月 磐 田 市 目 次 第 1 章 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 の 策 定 1 計 画 策 定 の 必 要 性 2 2 計 画 の 位 置 づけ 2 3 幼 児 教 育 の 目 標 重 点 4 4 計 画 の 期 間 4 5 基 本 施 策 5 6 計 画 の 構 成 6 第 2 章 計 画 の 内 容 1 保 育 教

More information

資料3 幼児期の終わりまでに育ってほしい姿の明確化について(仮案・調整中)

資料3 幼児期の終わりまでに育ってほしい姿の明確化について(仮案・調整中) 幼 児 期 の 終 わりまでに 育 ってほしい 姿 の 明 確 化 について( 仮 案 調 整 中 ) 平 成 2 7 年 1 2 月 2 4 日 教 育 課 程 部 会 幼 児 教 育 部 会 資 料 3 項 目 ( 例 )については 幼 児 期 の 教 育 と 小 学 校 教 育 の 円 滑 な 接 続 の 在 り 方 について ( 報 告 )( 平 成 22 年 11 月 11 日 )における

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 せき きらめき 女 子 のアクティブプラン み ん な ~ 男 女 がいきいきと 働 く 職 場 をめざして~ 平 成 28 年 3 月 関 市 はじめに 我 が 国 において 女 性 の 就 業 率 は 着 実 に 上 昇 してきているものの 育 児 介 護 等 を 理 由 に 働 けない 女 性 や 出 産 を 機 に 離 職 する 女

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

Microsoft Word - H21高原町教育研究所 研究紀要 _修正済み_.doc

Microsoft Word - H21高原町教育研究所 研究紀要 _修正済み_.doc Ⅰ Ⅱ 研 究 主 題 主 題 設 定 理 由 1 社 会 要 請 教 育 的 課 題 から 表 現 力 向 上 を 目 指 した 学 習 指 導 研 究 ~ 言 語 力 を 高 める 指 導 実 践 を 通 して~ 21 世 紀 は 新 しい 知 識 情 報 技 術 が 政 治 経 済 文 化 をはじめ 社 会 あらゆる 領 域 で 活 動 基 盤 として 飛 躍 的 に 重 要 性 を 増 す

More information

常 葉 大 学 富 士 キャンパス 庶 務 課 石 川 さん( 平 成 24 年 採 用 ) 庶 務 課 での 仕 事 現 在 は 学 校 全 体 の 経 理 をしています 主 に 予 算 編 成 から 執 行 補 助 金 の 管 理 教 員 の 研 究 経 費 に 関 する 事 務 処 理 を 担

常 葉 大 学 富 士 キャンパス 庶 務 課 石 川 さん( 平 成 24 年 採 用 ) 庶 務 課 での 仕 事 現 在 は 学 校 全 体 の 経 理 をしています 主 に 予 算 編 成 から 執 行 補 助 金 の 管 理 教 員 の 研 究 経 費 に 関 する 事 務 処 理 を 担 常 葉 大 学 浜 松 キャンパス 教 務 課 杉 浦 さん( 平 成 24 年 採 用 ) 教 務 課 での 仕 事 教 務 課 の 仕 事 は 学 生 や 教 員 が 授 業 を 円 滑 に 行 えるようにサポートをすることです 私 は 主 に 実 習 関 連 の 業 務 に 携 わっており 学 外 での 長 期 間 の 実 習 の 際 には 宿 泊 施 設 の 手 配 をしたり 実 習 施 設

More information

< F2D8A778D5A955D89BF82CC8A A778D5A955D89BF82C6>

< F2D8A778D5A955D89BF82CC8A A778D5A955D89BF82C6> 学 校 組 織 実 態 と 課 題 Ⅱ 学 校 組 織 実 態 と 課 題 Ⅰ 章 学 校 評 価 意 義 と 概 要 で 述 べたように, 学 校 評 価 は, 学 校 経 営 運 営 ビジョン を 策 定 することにより, 学 校 組 織 的 な 実 践 と 改 善 営 みをうながします しかし, 実 際 学 校 組 織 において, 目 標 を 定 め, 実 践 し, 振 り 返 り, 改 善

More information

28

28 日 本 赤 十 字 社 27 28 日 本 赤 十 字 社 との 活 動 について 明 治 学 院 が 横 浜 にヘボン 塾 を 開 いてから 150 年 に 当 たる 2013 年 は 赤 十 字 の 歴 史 においても 五 人 委 員 会 が 誕 生 し 赤 十 字 規 約 赤 十 字 の 標 章 が 決 められた 節 目 の 年 でもあった 4 月 5 日 には 日 本 赤 十 字 社 明 治

More information

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 計 画 書 福 岡 県 教 育 委 員 会 目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経

More information

(案)3

(案)3 平 成 25 年 度 第 10 回 阿 波 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 阿 波 市 教 育 委 員 会 平 成 25 年 度 第 10 回 阿 波 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 1 日 時 平 成 26 年 2 月 28 日 ( 金 ) 開 会 午 後 1 時 00 分 閉 会 午 後 2 時 40 分 2 場 所 吉 野 支 所 2 階 会 議 室 3 出 席

More information

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」 これからの 幼 児 教 育 について 幼 児 教 育 保 育 学 科 山 路 純 子 はじめに 本 日 は,これからの 幼 児 教 育 について, 社 会 情 勢 の 変 化 に 対 応 した 法 改 正 の 状 況 を 概 観 しながら 幼 保 一 体 化 の 教 育 を 主 に 取 り 上 げ, 今 後 の 発 展 の 動 向 を 考 えながら, 本 校 のような 養 成 校 の 役 割 などについて

More information

のびのび塩竈っ子プラン

のびのび塩竈っ子プラン 第 2 章 子 どもがのびのびと 健 やかに 育 つまち Ⅳ 計 画 の 内 容 ( 第 2 章 ) 第 1 節 多 様 な 生 涯 学 習 の 推 進 現 状 と 課 題 幼 稚 園 の 教 育 幼 稚 園 は 保 育 所 と 並 び 子 どもたちが 集 団 で 生 活 を 経 験 する 最 初 の 場 です 子 どもたち は 家 族 以 外 の 友 だちや 先 生 とのふれあいや 遊 び 体 験

More information

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的 第 1 回 沼 津 市 総 合 教 育 会 議 議 事 録 〇 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 26 日 ( 木 曜 日 )15 時 00 分 ~16 時 00 分 〇 開 催 場 所 沼 津 市 立 第 四 小 学 校 多 目 的 ホール 〇 出 席 者 市 長 栗 原 裕 康 教 育 長 服 部 裕 美 子 教 育 委 員 三 好 勝 晴 教 育 委 員 土 屋 葉 子 教 育 委 員

More information

<88EE91F28E738E9F90A291E388E790AC8E7889875F955C8E8630332E786477>

<88EE91F28E738E9F90A291E388E790AC8E7889875F955C8E8630332E786477> 資 料 編 1 意 見 提 案 の 内 容 ニーズ 調 査 における 主 な 意 見 ニーズ 調 査 において 子 育 て 支 援 に 関 する 意 見 をうかがったところ 就 学 前 児 童 の 保 護 者 から 1,355 件 小 学 生 の 保 護 者 から 1,300 件 が 得 られました 主 な 意 見 は 次 のとおりです 分 類 意 見 提 案 ( 概 要 ) 保 育 園 親 の 就

More information

はじめに 社 会 人 に 対 する 教 育 訓 練 の 必 要 性 は 以 前 から 論 じられ 官 民 それぞれの 機 関 より 各 種 の 調 査 報 告 としてまとめられているところである 特 に 現 在 では 本 格 的 な 知 識 社 会 を 迎 え 生 涯 教 育 の 重 要 さが 強 調 されるなか 大 学 大 学 院 などの 高 等 教 育 機 関 で の 社 会 人 に 対 する

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

『教育』をとりまく現状と課題について

『教育』をとりまく現状と課題について 資 料 3 教 育 をとりまく 現 状 と 課 題 1.アンケート 結 果 から 見 た 教 育 をとりまく 現 状 2. 方 向 性 参 考 61 人 の 声 産 業 構 造 審 議 会 基 本 政 策 部 会 2006 年 11 月 17 日 木 幡 美 子 1 アンケート 結 果 から 見 た 教 育 をとりまく 現 状 アンケート 実 施 期 間 2006 年 10 月 13 日 ~31 日

More information

2 基 本 的 な 考 え 方 子 どもたちが 夢 と 希 望 をもち いきいきと 心 身 ともに 健 やかに 成 長 していくことは すべての 親 が 願 っていることです 市 では 長 浜 の 未 来 を 切 り 拓 き 次 代 を 担 う 大 切 な 宝 である 子 どもたちを 育 て 導 く

2 基 本 的 な 考 え 方 子 どもたちが 夢 と 希 望 をもち いきいきと 心 身 ともに 健 やかに 成 長 していくことは すべての 親 が 願 っていることです 市 では 長 浜 の 未 来 を 切 り 拓 き 次 代 を 担 う 大 切 な 宝 である 子 どもたちを 育 て 導 く 長 浜 子 どものちかい 及 び 長 浜 子 育 て 憲 章 について 1 策 定 の 趣 旨 全 国 的 に いじめや 虐 待 の 問 題 を 始 め 非 行 の 低 年 齢 化 児 童 生 徒 の 社 会 性 や 主 体 性 の 弱 さ さらには 忍 耐 力 や 集 中 力 規 範 意 識 や 公 共 の 意 識 等 の 欠 如 が 指 摘 されて 久 しくなります 社 会 構 造 や 生 活

More information

平成13年度桶川市教育委員会第4回定例会進行表

平成13年度桶川市教育委員会第4回定例会進行表 会 議 録 (1) 会 議 の 名 称 開 催 日 時 平 成 26 年 桶 川 市 教 育 会 第 10 回 定 例 会 平 成 26 年 10 月 28 日 ( 火 ) ( 開 会 ) 午 後 2 時 00 分 ( 閉 会 ) 午 後 4 時 30 分 開 催 場 所 地 域 福 祉 活 動 センター 会 議 室 1 2 出 席 者 欠 席 者 6 名 なし 議 長 長 傍 聴 なし 職 員 職

More information

1 テーマ名 

1 テーマ名  第 4 学 年 キャリア 教 育 展 開 計 画 ( 学 年 複 ) 1 テマ 名 1/2 成 人 式 ~みんなで 夢 を 語 り おう~ 千 葉 市 立 打 瀬 小 学 校 指 導 者 平 林 かおる 2 テマについて 大 人 になることや 成 長 について 興 味 はあるが 積 極 的 に 考 えようという 態 度 はあまりみられない 協 力 的 に 活 動 できるが 自 分 で 決 めることが

More information

注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (ADHD) 1 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 の 概 要 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder)とは 年 齢 あるいは 発 達 に 不 釣 り 合 いな 注 意 力 又

注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (ADHD) 1 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 の 概 要 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder)とは 年 齢 あるいは 発 達 に 不 釣 り 合 いな 注 意 力 又 Ⅱ LD ADHD 高 機 能 自 閉 症 等 の 理 解 学 習 障 害 (LD) 1 学 習 障 害 の 概 要 学 習 障 害 (Learning Disabilities)とは 基 本 的 には 全 般 的 な 知 的 発 達 に 遅 れはないのに 聞 く 話 す 読 む 書 く 計 算 する 又 は 推 論 する 能 力 のうち 特 定 のものの 習 得 と 使 用 に 著 し い 困 難

More information

全 国 学 力 学 習 状 況 調 査 の 結 果 に 寄 与 したと 考 えられる 取 組 授 業 における 取 組 読 解 力 表 現 力 を 高 めるための 指 導 の 充 実 継 続 書 き 方 の 手 引 き の 活 用 による 読 解 力 表 現 力 の 向 上 中 学 生 に 多 くみ

全 国 学 力 学 習 状 況 調 査 の 結 果 に 寄 与 したと 考 えられる 取 組 授 業 における 取 組 読 解 力 表 現 力 を 高 めるための 指 導 の 充 実 継 続 書 き 方 の 手 引 き の 活 用 による 読 解 力 表 現 力 の 向 上 中 学 生 に 多 くみ 読 解 力 表 現 力 を 育 てる 指 導 の 実 践 例 国 語 の 記 述 式 問 題 の 結 果 が 顕 著 に 良 好 な 中 学 校 の 例 学 校 紹 介 学 校 種 校 区 内 小 学 校 学 級 数 生 徒 数 中 学 校 ( 平 成 4 年 開 校 ( 近 隣 2 校 の 統 合 による )) 5 校 計 6 学 級 第 1 学 年 1 学 級 ( 約 30 名 ) ( 約 130

More information

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考 職 場 体 験 学 習 11 月 11 日 ( 水 )~13 日 ( 金 ) 2 年 生 が3 日 間 の 職 場 体 験 学 習 に 行 って 来 ました 本 校 では 本 人 の 希 望 する 職 場 を 体 験 できるように 時 間 と 労 力 をかけて 各 事 業 所 を 選 定 し 依 頼 しています 自 分 の 一 番 興 味 のある 職 場 での 仕 事 を 体 験 できるの で 皆

More information

東京都教育庁配布・説明資料

東京都教育庁配布・説明資料 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 基 本 構 想 検 討 委 員 会 中 間 まとめについて 1 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 の 設 置 の 基 本 的 な 考 え 方 4 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 の 設 置 の 基 本 的 な 枠 組 み 理 数 を 中 心 に 世 界 に 伍 して 活 躍 できる 人 間 を 育 成 するため 児 童 生 徒 一 人 一 人 の

More information

Taro-内藤教諭0213

Taro-内藤教諭0213 平 成 24 年 度 教 科 リーダー 養 成 講 座 ( 高 等 学 校 ) 実 践 記 録 意 思 決 定 のプロセスから 思 考 力 を 育 てる 2 年 生 家 庭 基 礎 家 庭 の 経 済 と 消 費 の 授 業 を 通 して 県 立 新 潟 北 高 等 学 校 内 藤 香 織 Ⅰ 指 導 構 想 生 徒 との 普 段 の 会 話 から 消 費 生 活 が 意 思 決 定 を 意 識 的

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203291CC918081798E9696B18BC78F4390B3817A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203291CC918081798E9696B18BC78F4390B3817A2E646F6378> 新 体 操 競 技 の 普 及 及 び 競 技 力 向 上 のための 一 考 察 体 操 専 門 部 山 形 城 北 高 等 学 校 大 倉 めぐみ 1. はじめに 新 体 操 とは 13 メートル 四 方 の 演 技 面 の 中 で 徒 手 またはロープ フープ ボール クラブ リボンの 5 種 目 の 手 具 を 使 いながら 音 楽 の 特 性 に 合 った 華 麗 な 動 きと 巧 みな 技

More information

<5461726F2D8FF28F918CB48D65208DC58F4994C52E6A7464>

<5461726F2D8FF28F918CB48D65208DC58F4994C52E6A7464> 群 E01-01 教 セ 平 19.239 集 学 校 における 保 護 者 対 応 に 関 する 調 査 研 究 長 期 研 修 Ⅰ 研 修 員 金 子 真 人 研 究 の 概 要 学 校 における 保 護 者 対 応 の 中 のクレーム 対 応 に 焦 点 を 当 て 群 馬 県 の 実 態 を 把 握 するた め 公 立 の 全 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 を 対 象 に 調 査

More information

2 中 期 目 標 の 達 成 に 向 けた 年 度 目 標 視 点 学 力 の 基 礎 の 向 上 1 毎 月 の 誕 生 会 の 年 度 末 の 保 護 者 アンケート 調 査 で 幼 児 のすすんで 話 を 聞 こうとする 態 度 があ る について そう 思 う(だいたいそう 思 う) の

2 中 期 目 標 の 達 成 に 向 けた 年 度 目 標 視 点 学 力 の 基 礎 の 向 上 1 毎 月 の 誕 生 会 の 年 度 末 の 保 護 者 アンケート 調 査 で 幼 児 のすすんで 話 を 聞 こうとする 態 度 があ る について そう 思 う(だいたいそう 思 う) の 大 阪 市 立 菅 南 幼 稚 園 平 成 26 年 度 運 営 に 関 する 計 画 自 己 評 価 ( 総 括 シート) 1 学 校 運 営 の 中 期 目 標 現 状 と 課 題 思 いを 相 手 に 伝 えたい 気 持 ちはあるが うまく 伝 えられなかったり に 応 じた 言 葉 の 使 い 方 がわからなかったりする 子 どもの 実 態 から 様 々な 人 の 話 を 聞 く 力 の 育

More information

3 平 成 25 年 度 (2013 年 度 ) 紀 要 108 号 Ⅳ 学 校 組 織 マネジメントグループ 組 織 力 を 高 める 学 校 体 制 づくり - 組 織 的 な 学 校 間 連 携 首 席 と 学 校 組 織 マネジメント- 学 校 組 織 マネジメントグループ < 研 究 員 > 千 里 第 二 小 学 校 副 主 査 角 本 一 省 千 里 第 三 小 学 校 主 事 西 村 留

More information

若 手 看 護 学 教 員 のFDに 関 する 多 様 な 支 援 の 実 際 平 成 25 年 度 看 護 学 科 FD 委 員 会 活 動 ( 一 部 )から The practice of various supports about the Faculty Development for j

若 手 看 護 学 教 員 のFDに 関 する 多 様 な 支 援 の 実 際 平 成 25 年 度 看 護 学 科 FD 委 員 会 活 動 ( 一 部 )から The practice of various supports about the Faculty Development for j The practice of various supports about the Faculty Development for junior nursing faculty 若 手 看 護 学 教 員 のFDに 関 する 多 様 な 支 援 の 実 際 平 成 25 年 度 看 護 学 科 FD 委 員 会 活 動 ( 一 部 )から The practice of various supports

More information

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的 会 津 若 松 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 5 月 会 津 若 松 市 目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現

More information

モデル「重要事項説明書」

モデル「重要事項説明書」 堀 江 敬 愛 保 育 園 重 要 事 項 説 明 書 保 育 の 提 供 の 開 始 にあたり 当 園 があなたに 説 明 すべき 内 容 は 次 のとおりで す 1 施 設 運 営 主 体 名 称 社 会 福 祉 法 人 智 恩 福 祉 会 所 在 地 茨 木 市 白 川 2 丁 目 13 番 25 号 電 話 番 号 072-665-8615 代 表 者 氏 名 理 事 長 城 谷 星 2 利

More information

8 月 19 日 ( 水 ) 県 市 町 村 教 育 委 員 会 研 修 総 会 における 宣 言 要 望 文 起 草 委 員 会 ( 下 村 職 務 代 理 10:30~ 長 野 市 役 所 ) 8 月 19 日 ( 水 ) 総 合 教 育 会 議 (14:00~ 庁 舎 公 室 ) 8 月 27

8 月 19 日 ( 水 ) 県 市 町 村 教 育 委 員 会 研 修 総 会 における 宣 言 要 望 文 起 草 委 員 会 ( 下 村 職 務 代 理 10:30~ 長 野 市 役 所 ) 8 月 19 日 ( 水 ) 総 合 教 育 会 議 (14:00~ 庁 舎 公 室 ) 8 月 27 平 成 27 年 7 月 東 御 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 1 日 時 平 成 27 年 (2015 年 )7 月 24 日 ( 金 ) 午 前 9 時 30 分 から 午 後 0 時 00 分 まで 2 場 所 中 央 公 民 館 応 接 室 3 議 題 3 議 題 (1) 協 議 ( 審 議 検 討 ) 議 案 第 19 号 就 学 援 助 費 支 給 の 認 定 について

More information

Microsoft Word - sennsyuu mennkyojyou 1.doc

Microsoft Word - sennsyuu mennkyojyou 1.doc 私 たち 養 護 教 諭 の 職 務 は 時 代 と 共 にかたちを 変 え,そのニーズに 応 えようと 学 ぶべき 研 修 内 容 も 変 化 してきました 県 内 には, 幅 広 い 年 齢 層 の 養 護 教 諭 が 勤 務 していますが,その 職 務 への 期 待 は 年 齢 に 関 係 ありません 静 岡 県 内 には, 与 えられた 研 修 だけでなく 自 ら 進 んで 資 質 向 上

More information

ご あ い さ つ 今 日 の 社 会 の 急 激 な 変 化 を 受 けて 子 どもの 成 長 に 様 々な 課 題 が 指 摘 されて います しかし 子 どもを 取 り 巻 く 環 境 がいかに 変 化 しようとも 子 どもたち に 自 らを 律 しつつ 他 人 とともに 協 調 し 他 人

ご あ い さ つ 今 日 の 社 会 の 急 激 な 変 化 を 受 けて 子 どもの 成 長 に 様 々な 課 題 が 指 摘 されて います しかし 子 どもを 取 り 巻 く 環 境 がいかに 変 化 しようとも 子 どもたち に 自 らを 律 しつつ 他 人 とともに 協 調 し 他 人 一 部 改 訂 版 とちぎの 幼 児 教 育 とちぎの 幼 児 の 健 やかな 成 長 のために 平 成 23 年 3 月 栃 木 県 総 合 教 育 セ ン タ ー ご あ い さ つ 今 日 の 社 会 の 急 激 な 変 化 を 受 けて 子 どもの 成 長 に 様 々な 課 題 が 指 摘 されて います しかし 子 どもを 取 り 巻 く 環 境 がいかに 変 化 しようとも 子 どもたち

More information

各 小 中 学 校 の 保 護 者 へのアンケート 調 査 等 をもとに 協 議 され 中 学 校 の 統 合 に 対 する 賛 成 意 見 が 多 かった 委 員 からは 小 学 校 よりも 中 学 校 の 統 合 を 早 くするべき もう 尐 し 保 護 者 の 意 見 を 吸 い 上 げてから

各 小 中 学 校 の 保 護 者 へのアンケート 調 査 等 をもとに 協 議 され 中 学 校 の 統 合 に 対 する 賛 成 意 見 が 多 かった 委 員 からは 小 学 校 よりも 中 学 校 の 統 合 を 早 くするべき もう 尐 し 保 護 者 の 意 見 を 吸 い 上 げてから 平 成 21 年 度 第 2 回 ( 第 9 回 ) 磯 辺 地 区 学 校 適 正 配 置 地 元 代 表 協 議 会 議 事 要 旨 1 日 時 平 成 21 年 9 月 7 日 ( 月 ) 10 時 ~12 時 2 場 所 磯 辺 地 域 ルーム( 磯 辺 第 一 中 学 校 内 ) 3 出 席 者 (1) 委 員 22 名 欠 席 : 高 橋 委 員 池 上 委 員 (2) 事 務 局 古

More information

目 次 第 1 部 第 次 実 施 計 画 について 1 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 の 趣 旨 教 育 基 本 計 画 これまでの( 平 成 年 度 ~ 平 成 6 年 度 )の 総 括 について 4 第 次 実 施 計 画 の 目 的 と 期 間 10 4 実 施 計 画 の 基 本

目 次 第 1 部 第 次 実 施 計 画 について 1 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 の 趣 旨 教 育 基 本 計 画 これまでの( 平 成 年 度 ~ 平 成 6 年 度 )の 総 括 について 4 第 次 実 施 計 画 の 目 的 と 期 間 10 4 実 施 計 画 の 基 本 第 4 回 教 育 基 本 計 画 審 議 会 資 料 平 成 8 年 月 15 日 学 びあい 響 きあう ちがさき 教 育 プラン 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 第 次 実 施 計 画 平 成 8 年 度 ~ 平 成 0 年 度 (016 年 度 ~018 年 度 ) ( 案 ) この 資 料 は 現 在 策 定 中 の 第 次 実 施 計 画 ( 案 )より 一 部 を 抜 粋 したものです

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3236944E937891E63189F1934A90818E7389EE8CEC95DB8CAF895E89638BA68B6389EF8B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3236944E937891E63189F1934A90818E7389EE8CEC95DB8CAF895E89638BA68B6389EF8B638E96985E> 平 成 26 年 度 第 1 回 笛 吹 市 介 護 保 険 運 営 協 議 会 会 議 録 開 催 日 時 : 平 成 26 年 6 月 16 日 ( 月 )13:30~15:00 出 席 者 : 委 員 13 名 欠 席 1 名 事 務 局 :11 名 ( 保 健 福 祉 部 長 介 護 保 険 課 高 齢 福 祉 課 ) 傍 聴 者 なし 1. 開 会 2. 委 嘱 状 交 付 3. 市 長

More information

1 氏 名 石 川 瑞 穂 入 会 年 度 平 成 26 年 度 明 治 大 学 農 学 部 生 命 科 学 科 所 属 部 署 農 業 対 策 部 地 元 である 栃 木 県 で 就 職 したいと 考 えていました それまで 農 業 に 直 接 携 わったことは 無 かったのですが 実 家 の 周 りの 美 しい 田 園 風 景 が 大 好 き だったことと TPP 等 の 問 題 で 農 業 を 取

More information

( 資 料 )

( 資 料 ) 読 書 活 動 の 推 進 に 向 けた 取 り 組 み ~ 学 校 図 書 館 支 援 員 の 有 効 活 用 ~ 越 前 市 王 子 保 小 学 校 本 年 度 より 学 校 図 書 館 支 援 事 業 として 本 校 に 毎 週 月 曜 日 と1 3 5 週 の 木 曜 日 に 図 書 支 援 員 を 迎 えることになった 本 校 の 支 援 員 さんは 図 書 ボ ランティアとしての 経 歴

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

4 研 究 内 容 (1) 技 術 家 庭 科 で 育 成 したい 資 質 能 力 の 考 察 現 在 わが 国 では 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 少 子 高 齢 化 など 社 会 の 変 化 が 著 しい 少 子 化 については 合 計 特 殊 出 生 率 ( 15 歳 から49

4 研 究 内 容 (1) 技 術 家 庭 科 で 育 成 したい 資 質 能 力 の 考 察 現 在 わが 国 では 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 少 子 高 齢 化 など 社 会 の 変 化 が 著 しい 少 子 化 については 合 計 特 殊 出 生 率 ( 15 歳 から49 生 きる 力 をはぐくむ 家 庭 科 教 育 - 生 活 の 自 立 を 目 指 した 指 導 と 評 価 の 工 夫 - 指 導 主 事 竹 川 春 美 Takegawa Harumi 要 旨 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 高 齢 社 会 の 到 来 など 社 会 の 変 化 が 著 しい このような 社 会 状 況 の 中 で 男 女 を 問 わず 生 活 の 自 立 に 必 要

More information

3-表紙(大内)-se8mm.ai

3-表紙(大内)-se8mm.ai Ⅱ. 我 が 国 における 学 校 マネジメントに 関 する 取 組 の 概 要 1.はじめに 本 稿 では 学 校 マネジメントの 研 究 を 進 めるにあたり 我 が 国 における 学 校 マネジメン トに 関 する 取 組 について 現 在 までの 経 緯 をたどりその 概 要 を 整 理 する なお 本 研 究 では 学 校 マネジメントを 学 校 における 資 源 ヒト モノ 時 間 などを

More information

来 年 度 生 徒 の 成 長 をさらに 促 すことのできるよう 忌 憚 のないご 意 見 をいただ きたい (2) アンケート 結 果 学 校 関 係 者 評 価 等 について 教 頭 新 聞 記 事 等 についての 説 明 職 員 室 前 に 掲 示 してある 生 徒 の 活 躍 に 関 する

来 年 度 生 徒 の 成 長 をさらに 促 すことのできるよう 忌 憚 のないご 意 見 をいただ きたい (2) アンケート 結 果 学 校 関 係 者 評 価 等 について 教 頭 新 聞 記 事 等 についての 説 明 職 員 室 前 に 掲 示 してある 生 徒 の 活 躍 に 関 する 学 校 評 議 員 会 実 施 報 告 書 ホームページへの 掲 載 3 月 1 日 岐 阜 県 立 長 良 高 等 学 校 学 校 長 窪 田 範 男 学 校 住 所 岐 阜 県 岐 阜 市 長 良 西 後 町 1716-1 電 話 058-231-1186 1 会 議 の 名 称 長 良 高 等 学 校 評 議 員 会 ( 平 成 24 年 度 第 2 回 ) 2 会 議 の 構 成 委 員 植

More information

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・ 伊 勢 原 市 子 ども 若 者 育 成 支 援 指 針 < 概 要 版 > ~ 子 ども 若 者 が 夢 に 向 かって 自 立 しながら 成 長 するまち いせはら~ 平 成 27 年 4 月 伊 勢 原 市 1 指 針 策 定 の 経 緯 近 年 少 子 化 核 家 族 化 情 報 化 経 済 情 勢 などの 影 響 を 受 け 子 ども 若 者 を 取 り 巻 く 環 境 は 大 きく 様

More information

(1) 学 校 運 営 について( 教 務 主 任 ) (2) 生 徒 指 導 について( 生 徒 指 導 主 事 ) (3) 進 路 指 導 について( 進 路 指 導 主 事 ) (4) 連 携 型 中 高 一 貫 教 育 の 取 り 組 みについて( 連 携 コーディネータ) (5) 部 活

(1) 学 校 運 営 について( 教 務 主 任 ) (2) 生 徒 指 導 について( 生 徒 指 導 主 事 ) (3) 進 路 指 導 について( 進 路 指 導 主 事 ) (4) 連 携 型 中 高 一 貫 教 育 の 取 り 組 みについて( 連 携 コーディネータ) (5) 部 活 別 紙 様 式 1 学 校 評 議 員 による 会 議 実 施 報 告 書 岐 阜 県 立 八 百 津 高 等 学 校 学 校 長 高 木 久 美 学 校 住 所 加 茂 郡 八 百 津 町 伊 岐 津 志 2803-6 電 話 0574-43-1231 F A X 0574-43-3918 1 会 議 の 名 称 平 成 27 年 度 第 1 回 八 百 津 高 校 を 育 てる 会 学 校 評

More information

4 回 答 者 属 性 (1) 性 別 人 数 構 成 比 男 性 女 性 % 55.9% 1.0% 計 % 1% 男 性 43.1% 女 性 55.9% (2) 年 代 別 人 数 構 成 比 20 歳 代 41.0% 30 歳 代 % 40

4 回 答 者 属 性 (1) 性 別 人 数 構 成 比 男 性 女 性 % 55.9% 1.0% 計 % 1% 男 性 43.1% 女 性 55.9% (2) 年 代 別 人 数 構 成 比 20 歳 代 41.0% 30 歳 代 % 40 発 達 障 がいに 関 するアンケート 調 査 結 果 1 調 査 目 的 障 害 福 祉 課 県 では 発 達 障 がいに 関 する 正 しい 理 解 と 認 識 を 深 めていただくため 理 解 啓 発 事 業 を 推 進 しておりますが 発 達 障 がいについて 県 民 の 皆 さんの 意 識 を 把 握 し より 効 果 的 な 啓 発 の 方 法 など 今 後 の 施 策 の 基 礎 資

More information

養 護 教 員 部 要 望 1 児 童 生 徒 の 生 命 を 守 り 多 様 化 深 刻 化 する 課 題 に 対 応 するため 養 護 教 諭 の 複 数 配 置 基 準 を 小 学 校 児 童 651 人 中 学 校 生 徒 601 人 に 引 き 下 げること 2 学 校 の 実 情 に 応

養 護 教 員 部 要 望 1 児 童 生 徒 の 生 命 を 守 り 多 様 化 深 刻 化 する 課 題 に 対 応 するため 養 護 教 諭 の 複 数 配 置 基 準 を 小 学 校 児 童 651 人 中 学 校 生 徒 601 人 に 引 き 下 げること 2 学 校 の 実 情 に 応 全 日 教 連 要 望 結 果 報 告 第 2 次 中 央 要 請 行 動 専 門 部 要 望 ( 発 行 平 成 27 年 6 月 15 日 ) 内 閣 府 要 望 日 時 平 成 27 年 5 月 11 日 ( 月 ) 9:30~12:00 回 答 者 初 等 中 等 教 育 局 財 務 課 定 数 企 画 係 長 廣 石 孝 氏 係 員 水 野 拓 美 氏 初 等 中 等 教 育 企 画 課

More information

秋田県 能代市 東雲中学校区

秋田県 能代市 東雲中学校区 秋 田 県 能 代 市 東 雲 中 学 校 区 学 校 名 在 籍 者 数 学 級 数 東 雲 中 学 校 251 名 10(1) 向 能 代 小 学 校 401 名 17(4) 朴 瀬 小 学 校 22 名 3( 0 ) 竹 生 小 学 校 28 名 5( 1 ) 学 級 数 の( )は 特 別 支 援 学 級 数 を 内 数 として 記 入 実 態 把 握 課 題 目 標 取 組 点 検 見 直

More information

資料3-1 関係データ集(幼児教育・幼少接続について)

資料3-1 関係データ集(幼児教育・幼少接続について) 平 成 2 7 年 4 月 2 8 日 教 育 課 程 企 画 特 別 部 会 資 料 3-1 幼 児 教 育 幼 小 接 続 に 関 する 現 状 について 1. 幼 児 教 育 の 現 状 1 2. 子 供 の 発 達 の 現 状 12 3. 幼 小 接 続 14 1. 幼 児 教 育 の 現 状 乳 幼 児 期 における 教 育 保 育 の 制 度 発 小 学 校 達 や 学 び の 連 続

More information

公立学校教職員の総勤務時間の縮減に向けた取組事例

公立学校教職員の総勤務時間の縮減に向けた取組事例 公 立 学 校 教 職 員 の 総 勤 務 時 間 の 縮 減 に 向 けた 学 校 における 取 組 事 例 集 目 次 平 成 27 年 3 月 17 日 三 重 県 教 育 委 員 会 はじめに 2ページ 1 時 間 外 労 働 時 間 の 削 減 に 係 る 意 識 の 啓 発 3ページ (1) 管 理 職 による 退 校 の 声 かけ (2) 管 理 職 による 過 重 労 働 に 対 する

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 平 成 27 年 度 ~ 平 成 31 年 度 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づく 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ~ 職 員 の 仕 事 と 子 育 て 両 立 支 援 プログラム~ 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 目 次 Ⅰ 総 論 1 基 本 的 な 考 え 方 1 2 計 画 の 期 間 1 3 計 画 の 対 象

More information

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目 3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 して いる 1. 事 業 所 が

More information

Microsoft Word - 8鶴山2(校正).doc

Microsoft Word - 8鶴山2(校正).doc 子 どもの 遊 びの 実 態 に 関 する 研 究 A Study of Actual Conditions of Children s Play 鶴 山 博 之 TSURUYAMA Hiroyuki 橋 爪 和 夫 1) HASHIZUME Kazuo 中 野 綾 2) NAKANO Aya Ⅰ. 緒 言 子 どもは 遊 びを 経 験 することによってさまざまなことを 学 習 していくといわれている

More information

棚 卸 しした 内 容 を 分 析 して 自 己 アピールにつなげる 昨 今 の 求 人 では ピンポイント になっています これは 派 遣 会 社 ハローワーク 人 材 紹 介 会 社 が 口 をそろえていっています つまり 例 えば アパレルでフランスとのMDをやったことのある 人 で 尚 且

棚 卸 しした 内 容 を 分 析 して 自 己 アピールにつなげる 昨 今 の 求 人 では ピンポイント になっています これは 派 遣 会 社 ハローワーク 人 材 紹 介 会 社 が 口 をそろえていっています つまり 例 えば アパレルでフランスとのMDをやったことのある 人 で 尚 且 就 活 にあたってのポイントをまとめてみました 自 分 のやってきたことを 棚 卸 しする 棚 卸 しした 内 容 を 分 析 して 自 己 アピールにつなげる 履 歴 書 職 務 経 歴 書 を 書 いてみる 応 募 しようとする 業 種 職 種 会 社 を 研 究 する 志 望 動 機 を 書 く 面 接 の 準 備 をする その 他 といったところでしょうか では 自 分 のやってきたことを

More information

公 認 心 理 師 法 案 の 第 一 条 にあります 国 民 の 心 の 健 康 の 保 持 増 進 に 寄 与 すること を 目 的 とした 心 理 援 助 の 専 門 職 の 国 家 資 格 化 は 私 どもが 長 年 その 実 現 を 願 い 努 力 したものですが 実 現 を 目 前 に

公 認 心 理 師 法 案 の 第 一 条 にあります 国 民 の 心 の 健 康 の 保 持 増 進 に 寄 与 すること を 目 的 とした 心 理 援 助 の 専 門 職 の 国 家 資 格 化 は 私 どもが 長 年 その 実 現 を 願 い 努 力 したものですが 実 現 を 目 前 に 民 主 党 文 部 科 学 部 門 厚 生 労 働 部 門 合 同 会 議 平 成 26 年 6 月 5 日 ( 木 )8:00~ ( 参 議 院 議 員 会 館 101 会 議 室 ) 公 益 財 団 法 人 日 本 臨 床 心 理 士 資 格 認 定 協 会 からの 意 見 報 告 平 素 より 国 民 の 心 のケア 心 の 健 康 に 関 する 広 汎 な 連 携 による 臨 床 心 理 活

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478> 第 9 回 教 育 懇 談 会 資 料 国 の 教 育 改 革 と 愛 知 県 の 取 組 状 況 について 1 教 育 再 生 実 行 会 議 で 示 された 教 育 課 題 第 一 次 提 言 平 成 25 年 2 月 26 日 いじめの 問 題 等 への 対 応 について 道 徳 教 育 いじめ 対 策 体 罰 禁 止 第 二 次 提 言 平 成 25 年 4 月 15 日 教 育 委 員 会

More information

特 集 男 性 看 護 師 の 自 立 自 律 をどう 支 援 するのか 2 男 性 看 護 師 の 自 立 自 律 の 阻 害 および 必 要 因 子 阻 害 因 子 男 性 看 護 師 における 自 立 自 律 の 阻 害 因 子 として は アンケートから 多 くの 意 見 が 挙 げられたが

特 集 男 性 看 護 師 の 自 立 自 律 をどう 支 援 するのか 2 男 性 看 護 師 の 自 立 自 律 の 阻 害 および 必 要 因 子 阻 害 因 子 男 性 看 護 師 における 自 立 自 律 の 阻 害 因 子 として は アンケートから 多 くの 意 見 が 挙 げられたが 特 集 男 性 看 護 師 の 自 立 自 律 をどう 支 援 するのか 男 性 看 護 師 約 70 人 のアンケートから 見 えた 自 立 自 律 の 阻 害 因 子 と 必 要 因 子 姫 路 獨 協 大 学 教 員 精 神 保 健 医 療 の 在 宅 促 進 を 考 える 会 主 宰 秋 田 啓 次 はじめに 厚 生 労 働 省 の 統 計 によると 2014( 平 成 26) 年 末 時

More information

中小企業のための「育休復帰支援プラン」策定マニュアル

中小企業のための「育休復帰支援プラン」策定マニュアル (3) ステップ3: 職 場 マネジメントとしての 策 定 制 度 対 象 者 の 希 望 を 踏 まえ 円 滑 な 復 帰 を 支 援 するために そして 制 度 対 象 者 の 業 務 の 状 況 を 確 認 しましょう 状 況 次 第 では 産 休 育 休 までの 期 間 に 何 らかの 取 組 を 行 う 必 要 があります また 作 成 するプランを 確 実 に 運 用 していくためにも

More information

H21 年 度 子 どもの 虐 待 防 止 支 援 員 養 成 講 座 育 児 不 安 や 子 育 てに 悩 む 保 護 者 を 支 援 できる 人 材 を 育 成 するために 支 援 員 養 成 講 座 を 開 きました 初 級 編 ( 一 般 向 け) H21 11/4( 水 ) 場 所 :サン

H21 年 度 子 どもの 虐 待 防 止 支 援 員 養 成 講 座 育 児 不 安 や 子 育 てに 悩 む 保 護 者 を 支 援 できる 人 材 を 育 成 するために 支 援 員 養 成 講 座 を 開 きました 初 級 編 ( 一 般 向 け) H21 11/4( 水 ) 場 所 :サン N P O 法 人 子 どもの 虐 待 防 止 ネットワーク かがわ ニューズレター No.16 ヒューマン リレーションセンター 三 宝 裕 作 (H21 年 度 支 援 員 養 成 講 座 講 師 ) H21 年 度 子 どもの 虐 待 防 止 支 援 員 養 成 講 座 育 児 不 安 や 子 育 てに 悩 む 保 護 者 を 支 援 できる 人 材 を 育 成 するために 支 援 員 養 成

More information

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc 幼 児 教 育 のあり 方 と 適 正 配 置 についての 基 本 方 針 平 成 21 年 9 月 橿 原 市 橿 原 市 教 育 委 員 会 はじめに 2 1. 公 立 幼 稚 園 保 育 所 の 現 状 課 題 3 2. 幼 児 教 育 のあり 方 についての 基 本 的 な 考 え 方 3 (1) 幼 稚 園 保 育 所 の 役 割 1 幼 稚 園 の 役 割 2 保 育 所 の 役 割 (2)

More information

資 料 5 地 方 公 務 員 法 等 一 部 を 改 正 する 法 律 に 関 する 説 明 会 (H26.6.9) 地 方 公 共 団 体 における 人 事 評 価 制 度 導 入 等 について 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 < 目 次 > 人 事 評 価 ねらい 人 事 評 価 制 度 構 築 1 勤 務 評 定 と 人 事 評 価 比 較 人

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

職場でのがん経験者とのコミュニケーション調査報告

職場でのがん経験者とのコミュニケーション調査報告 ~ がんになっても 安 心 して 暮 らせる 社 会 の 実 現 に 向 けて ~ 職 場 でのがん 経 験 者 とのコミュニケーション 調 査 報 告 2013 年 4 月 16 日 アフラック(アメリカンファミリー 生 命 保 険 会 社 日 本 における 代 表 者 社 長 : 外 池 徹 )は 職 場 におけ るがん 経 験 者 と 上 司 同 僚 など 周 囲 とのコミュニケーションに 関

More information

<5461726F2D31303233815189C692EB815196E589AA90E791908169914F94BC>

<5461726F2D31303233815189C692EB815196E589AA90E791908169914F94BC> 授 業 のエキスパート 養 成 事 業 ( 第 2 学 年 技 術 家 庭 科 ) 授 業 実 践 記 録 学 校 名 今 治 市 立 桜 井 中 学 校 職 氏 名 教 諭 門 岡 千 草 1 日 時 平 成 21 年 10 月 23 日 ( 金 ) 第 5 校 時 (13:25~14:15) 2 題 材 名 わたしと 家 族 家 庭 と 地 域 3 目 標 生 活 に 必 要 な 基 本 的 な

More information

Taro-20151216福岡教育大学教職大

Taro-20151216福岡教育大学教職大 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 における 教 員 の 資 質 能 力 の 高 度 化 に 向 けた 取 組 方 策 について ( 答 申 ) 平 成 27 年 12 月 16 日 教 員 養 成 の 質 向 上 に 関 する 諮 問 会 議 平 成 27 年 12 月 16 日 福 岡 教 育 大 学 長 寺 尾 愼 一 殿 教 員 養 成 の 質 向 上 に 関 する 諮 問 会 議

More information

第3章 教員として 

第3章 教員として  第 3 章 教 員 として 1 服 務 (1) 出 勤 簿 ( 押 ) 出 勤 日 は あらかじめ 届 け 出 た 鑑 で 毎 朝 出 勤 時 に 出 勤 簿 に 押 します 鑑 を 忘 れたときは 忘 簿 に 記 入 し 後 日 押 します 届 け の 鑑 を 紛 失 したり 改 したりしたときは 直 ちに 副 校 長 に 届 け 出 ます 出 勤 簿 への 押 は その 日 の 自 分 の 勤

More information

Taro-研究構想.jtd

Taro-研究構想.jtd 読 解 力 を 高 める 国 語 科 学 習 指 導 法 の 研 究 ~ 言 語 活 動 Ⅰ,Ⅱを 関 連 づけた 授 業 づくりを 通 して~ 1 主 題 設 定 の 理 由 (1) 社 会 の 要 請 や 教 育 の 動 向 から 平 成 15 年 に 実 施 された 国 際 学 力 調 査 (PISA)では, 思 考 力 判 断 力 表 現 力 等 を 問 う 読 解 力 や 記 述 式 問

More information

1 アプローチカリキュラム 作 成 のポイント 2 活 動 の 工 夫 アプローチカリキュラムとは 就 学 前 の 幼 児 がスムーズに 小 学 校 の 生 活 や 学 習 に 適 応 できるようにすると ともに 幼 児 期 の 学 びを 小 学 校 教 育 につなげるために 作 成 する 幼 児

1 アプローチカリキュラム 作 成 のポイント 2 活 動 の 工 夫 アプローチカリキュラムとは 就 学 前 の 幼 児 がスムーズに 小 学 校 の 生 活 や 学 習 に 適 応 できるようにすると ともに 幼 児 期 の 学 びを 小 学 校 教 育 につなげるために 作 成 する 幼 児 11 1 アプローチカリキュラム 作 成 のポイント 2 活 動 の 工 夫 アプローチカリキュラムとは 就 学 前 の 幼 児 がスムーズに 小 学 校 の 生 活 や 学 習 に 適 応 できるようにすると ともに 幼 児 期 の 学 びを 小 学 校 教 育 につなげるために 作 成 する 幼 児 期 の 教 育 終 了 前 (5 歳 児 の10 月 ~3 月 ) のカリキュラムです 小 学

More information

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6 豊 橋 市 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 指 針 平 成 27 年 3 月 豊 橋 市 目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2

More information

はじめに 本 校 は 加 印 学 区 唯 一 の 全 日 制 普 通 科 単 位 制 高 校 として 夢 への 扉 加 古 川 北 ~ 君 の 伸 びしろ ( 無 限 大 ) のキャッチフレーズを 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます また 平 成 23 年 度 から3 年 間 文 部

はじめに 本 校 は 加 印 学 区 唯 一 の 全 日 制 普 通 科 単 位 制 高 校 として 夢 への 扉 加 古 川 北 ~ 君 の 伸 びしろ ( 無 限 大 ) のキャッチフレーズを 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます また 平 成 23 年 度 から3 年 間 文 部 兵 庫 県 マスコット はばタン 兵 庫 県 立 加 古 川 北 高 等 学 校 公 共 推 進 室 はじめに 本 校 は 加 印 学 区 唯 一 の 全 日 制 普 通 科 単 位 制 高 校 として 夢 への 扉 加 古 川 北 ~ 君 の 伸 びしろ ( 無 限 大 ) のキャッチフレーズを 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます また 平 成 23 年 度 から3 年 間 文 部

More information

児 童 会 活 動 の 特 質 異 年 齢 集 団 の 児 童 の 自 発 的 自 治 的 な 実 践 活 動 特 質 とした 教 育 活 動 である 3 指 導 計 画 例 ~その 作 成 にあたって~ 組 織 例 ア 児 童 会 活 動 イ 代 表 委 員 会 1 運 営 委 員 会 ( 児 童

児 童 会 活 動 の 特 質 異 年 齢 集 団 の 児 童 の 自 発 的 自 治 的 な 実 践 活 動 特 質 とした 教 育 活 動 である 3 指 導 計 画 例 ~その 作 成 にあたって~ 組 織 例 ア 児 童 会 活 動 イ 代 表 委 員 会 1 運 営 委 員 会 ( 児 童 年 間 指 導 計 画 補 助 資 料 : 指 導 者 用 ハンドブック4( 小 学 校 : 特 別 活 動 ) 特 別 活 動 ハンドブック 小 学 校 児 童 会 活 動 1 目 標 特 別 活 動 の 目 標 加 須 市 教 育 委 員 会 望 ましい 集 団 活 動 を 通 して 心 身 の 調 和 のとれた 発 達 と 個 性 の 伸 長 を 図 り 集 団 の 一 員 としてよりよい 生

More information

富 田 林 市

富 田 林 市 ファミリー サポート センターを 上 手 に 活 用 するために 援 助 活 動 補 償 保 険 Q&A 富 田 林 市 ファミリー サポート センター 平 成 27 年 6 月 -1- 富 田 林 市 ファミリー サポート センター ファミリー サポート センターは 子 育 てを 援 助 したい 会 員 と 援 助 を 受 けたい 会 員 の 相 互 援 助 の 会 です ファミリー サポート センター

More information

出 身 高 校 と 合 格 大 学 内 は 学 部 学 科 名 西 武 台 千 葉 高 校 慶 応 義 塾 大 学 環 境 情 報 学 部 県 立 柏 高 校 同 志 社 大 学 商 学 部 県 立 柏 高 校 明 治 大 学 情 報 数 理 学 部 県 立 柏 中 央 高 校 明 治 大 学 情

出 身 高 校 と 合 格 大 学 内 は 学 部 学 科 名 西 武 台 千 葉 高 校 慶 応 義 塾 大 学 環 境 情 報 学 部 県 立 柏 高 校 同 志 社 大 学 商 学 部 県 立 柏 高 校 明 治 大 学 情 報 数 理 学 部 県 立 柏 中 央 高 校 明 治 大 学 情 2013 合 格 実 績 出 身 高 校 と 合 格 大 学 内 は 学 部 学 科 名 西 武 台 千 葉 高 校 慶 応 義 塾 大 学 環 境 情 報 学 部 県 立 柏 高 校 同 志 社 大 学 商 学 部 県 立 柏 高 校 明 治 大 学 情 報 数 理 学 部 県 立 柏 中 央 高 校 明 治 大 学 情 報 コミュニケーション 学 部 県 立 柏 中 央 高 校 明 治 大 学

More information

太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与

太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 平 成 27 年 度 太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 久 喜 市 立 太 田 小 学 校 太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響

More information

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 しらとり 保 育 所 目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 向 けた 取 組 -----------------------------------------

More information

第6分科会

第6分科会 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 ( 教 育 ) 平 成 23 年 7 月 19 日 自 由 民 主 党 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 はじめに 戦 後 のわが 国 の 教 育 は 教 育 水 準 の 向 上 を 通 じ 経 済 社 会 の 発 展 に 貢 献 してきた その 中 で 自 由 民 主 党 は 左 翼 思 想 に 支 配 された 日 本 教 職 員 組 合 が

More information

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案 滋 賀 県 立 大 津 商 業 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに いじめは いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 および 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 えるのみならず 広 く 子 どもの 人 権 を 侵 害 す る 行 為 であるとともに その 生 命 または 身 体

More information

<5461726F2D8EC09148985F95B6816990AF96EC816A82512E6A7464>

<5461726F2D8EC09148985F95B6816990AF96EC816A82512E6A7464> 問 題 解 決 学 習 を 通 して 科 学 的 思 考 力 と 表 現 力 の 育 成 を 図 る 理 科 授 業 ~ 言 語 活 動 を 充 実 させる 授 業 ~ 新 発 田 市 立 第 一 中 学 校 教 諭 星 野 勝 紀 Ⅰ 主 題 設 定 の 理 由 今 までの 実 践 から 私 自 身 のこれまでの 授 業 を 振 り 返 ると 教 師 側 である 程 度 筋 道 を 立 て 発 達

More information

平成23年度学校評価アンケートの分析

平成23年度学校評価アンケートの分析 平 成 24 年 2 月 17 日 平 成 23 年 度 東 京 都 立 保 谷 高 等 学 校 学 校 運 営 連 絡 協 議 会 学 校 評 価 アンケートの 分 析 評 価 基 準 について A:そう 思 う B:ややそう 思 う C:あまりそう 思 わない D そう 思 わない E:わからない A 及 び Bを 肯 定 的 な 意 見 として 全 体 における 割 合 を%で 表 示 した

More information

北海道臨床工学技士会ニュース

北海道臨床工学技士会ニュース 2015-(1) 公 益 社 団 法 人 北 海 道 臨 床 工 学 技 士 会 ニュース 2015 年 2 月 公 益 社 団 法 人 北 海 道 臨 床 工 学 技 士 会 ニュース No.121 ホームページ http://hcea.umin.ac.jp 事 務 局 へのお 問 い 合 わせは 上 記 Homepage お 問 い 合 わせフォームより 発 行 人 : 室 橋 高 男 060-8543

More information

表紙.indd

表紙.indd コミュニティ 通 訳 の つなぐ 行 為 にみる 橋 渡 しとは 三 木 紅 虹 みなみ 市 民 活 動 多 文 化 共 生 ラウンジ コーディネーター NPO 法 人 MICかながわ 中 国 語 医 療 通 訳 はじめに 近 年 各 自 治 体 や 国 際 交 流 協 会 など 民 間 団 体 において コミュニティ 通 訳 が 無 視 できない 存 在 となりつつあるが その 人 材 の 育 成

More information

調 査 実 施 背 景 わが 国 では 今 仕 事 に 対 する 意 欲 と 能 力 を 発 揮 しながらワクライフバランスとれた 働 き 方 を 実 現 するため 労 働 時 間 制 度 改 革 が 行 なわれています そ 一 環 として 年 次 有 給 休 暇 取 得 促 進 ため 取 組 も

調 査 実 施 背 景 わが 国 では 今 仕 事 に 対 する 意 欲 と 能 力 を 発 揮 しながらワクライフバランスとれた 働 き 方 を 実 現 するため 労 働 時 間 制 度 改 革 が 行 なわれています そ 一 環 として 年 次 有 給 休 暇 取 得 促 進 ため 取 組 も 2016 年 7 月 11 日 子 育 て 世 代 年 次 有 給 休 暇 取 得 意 識 ~ 子 どもがいる 正 社 員 休 暇 に 対 する 意 識 調 査 より~ 第 一 生 命 保 険 株 式 会 社 ( 社 長 渡 邉 光 一 郎 )シンクタンク 株 式 会 社 第 一 生 命 経 済 研 究 所 ( 社 長 矢 島 良 司 )では 全 国 20~59 歳 男 女 1,400 人 に 対

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63> 相 模 原 市 -20- 目 次 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 2 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 3 1 保 育 需 要 の 増 加 3 2 保 育 需 要 の 多 様 化 3 3 地 域 の 子 育 て 支 援 4 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 4 5 保 育

More information

子 どもへの 思 い ~ 子 どもたちに 対 して 思 うこと 感 じること~ 高 滝 小 学 校 に 寄 付 ( 町 会 全 体 で) 挨 拶 がよくできる 元 気 ハキハキしていて 子 どもらしい すれていない 加 茂 中 学 校 後 援 会 で 寄 付 をしている 学 校 便 りを 町 会 全

子 どもへの 思 い ~ 子 どもたちに 対 して 思 うこと 感 じること~ 高 滝 小 学 校 に 寄 付 ( 町 会 全 体 で) 挨 拶 がよくできる 元 気 ハキハキしていて 子 どもらしい すれていない 加 茂 中 学 校 後 援 会 で 寄 付 をしている 学 校 便 りを 町 会 全 ( 仮 称 ) 次 世 代 育 成 支 援 推 進 条 例 ( 子 ども 条 例 ) 制 定 に 向 けた 地 区 別 懇 話 会 (タウンミーティング) 加 茂 地 区 意 見 等 一 覧 開 催 日 : 平 成 23 年 7 月 22 日 ( 金 ) 会 場 : 加 茂 支 所 会 議 室 子 どもへの 思 い ~ 子 どもたちに 対 して 思 うこと 感 じること~ 高 滝 小 学 校 に 寄

More information

飾 区 子 ども 子 育 て 支 援 ニーズ 調 査 報 告 書 - 学 童 保 育 クラブ 利 用 等 に 関 する 調 査 - 平 成 26 年 3 月 飾 区 目 次 Ⅰ. 調 査 概 要 1 1. 調 査 目 的 1 2. 調 査 対 象 1 3. 調 査 方 法 1 4. 調 査 期 間 1 5. 回 収 状 況 1 6. 集 計 値 や 図 表 の 表 記 について 1 Ⅱ. 調 査

More information

【公表資料】28.3.28緊急対策資料

【公表資料】28.3.28緊急対策資料 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 について 平 成 28 年 3 月 28 日 厚 生 労 働 省 待 機 児 童 解 消 までの 緊 急 的 な 取 組 として 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 の 待 機 児 童 数 が50 人 以 上 いる114 市 区 町 村 及 び 待 機 児 童 を 解 消 するために 受 け 皿 拡 大 に 積 極 的

More information

Taro11-小2指導案.jtdc

Taro11-小2指導案.jtdc 小 学 部 生 活 単 元 学 習 学 習 指 導 案 日 時 平 成 20 年 9 月 24 日 2,3 校 時 場 所 小 学 部 プレイルーム 授 業 者 (T1) (T2) (T3) 1 単 元 名 おおきなかぶ のえほんをつくろう 2 目 標 絵 本 のできあがりを 楽 しみにして 自 分 から 活 動 を 進 めたり 自 分 からやってみようと 手 を 伸 ばしたりすることができる (2)

More information