それから すべてがすべてじゃなくて とりあえず 脱 走 と 認 定 した 場 合 をどうするかという ことでやっておりますが 脱 走 と 認 定 できた 場 合 にすべて 通 報 するということについてまずやり たいとは 考 えておりますが なかなか では いつまでにできるんだということを 今 言

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "それから すべてがすべてじゃなくて とりあえず 脱 走 と 認 定 した 場 合 をどうするかという ことでやっておりますが 脱 走 と 認 定 できた 場 合 にすべて 通 報 するということについてまずやり たいとは 考 えておりますが なかなか では いつまでにできるんだということを 今 言"

Transcription

1 169- 衆 - 外 務 委 員 会 -5 号 平 成 20 年 04 月 04 日 ( 一 般 質 疑 ) 日 本 共 産 党 の 笠 井 亮 です 去 る 三 月 十 九 日 夜 横 須 賀 市 でタクシー 運 転 手 の 高 橋 正 昭 さんが 殺 害 された 事 件 で 昨 日 四 月 三 日 米 海 軍 のナイジェリア 国 籍 の 一 等 水 兵 が 強 盗 殺 人 の 疑 いで 逮 捕 されました 事 件 発 生 から 何 と 十 五 日 目 のことであります 横 須 賀 では いまだ 記 憶 に 新 しい 一 昨 年 一 月 の 米 空 母 キティーホーク 乗 組 員 の 女 性 殺 人 事 件 に 次 ぐ 米 兵 の 凶 悪 犯 罪 に 本 当 に 強 い 怒 りが 広 がっておりますし 私 も 強 い 怒 りを 禁 じ 得 ないと 強 く 抗 議 したいと 思 います そこで 高 村 大 臣 昨 日 シーファー 駐 日 米 大 使 とお 会 いになられた そこで 先 ほどありまし たが 極 めて 遺 憾 である 起 訴 前 の 身 柄 の 移 転 を 求 めたというふうに 答 弁 をされました 容 疑 者 が 引 き 渡 されたんですから まず 日 本 側 による 早 期 の 厳 正 な 捜 査 と 処 罰 は 当 然 でありま す その 上 で 米 側 に 対 して 今 後 の 対 応 として 何 を 求 められたのか そして 何 を 求 めていかれる のか 例 えば 被 害 者 家 族 関 係 者 への 謝 罪 と 補 償 の 問 題 とか あるいは 再 発 防 止 策 の 徹 底 という ことは 当 然 求 めるというふうになると 思 うんですが 引 き 渡 しはあったんですから 今 後 のこと として 米 側 に 対 して 今 何 を 言 われているかお 答 えいただきたいと 思 うんですが いかがでしょう か 綱 紀 粛 正 と 再 発 防 止 ということは それは 当 然 のこととして 言 っているわけであります 今 ま で 当 面 の 措 置 ということを 米 側 とも 話 した 上 で 発 表 してきているわけですが これを 着 実 にや っていくことが 必 要 だということが 一 つあります それと 同 時 に 脱 走 兵 のような 場 合 に 必 ずしも 今 まで 全 部 が 全 部 日 本 に 通 報 があったわけ ではないわけでありますから こういうものについて 通 報 の 仕 組 みを 早 急 につくるということを 日 米 合 同 委 員 会 の 中 でやっていきたい こういうふうに 考 えているところでございます やはり 本 当 に 徹 底 した 対 策 が 必 要 だと 思 うんです 今 脱 走 兵 ということもありました 私 も 前 回 三 月 二 十 六 日 の 当 委 員 会 でこの 問 題 について も 質 問 いたしまして まさに 今 大 臣 が 言 われたような 形 で 米 側 ともそういう 形 で 枠 組 みをつく るということで 急 ぎたいということでありましたが 私 もあの 質 問 の 中 で 脱 走 米 兵 による 事 件 の 実 態 の 把 握 と 報 告 ということを 求 めました あれから 十 日 近 くたっています そして 今 回 脱 走 米 兵 の 被 疑 者 が 逮 捕 されたわけであります が これまでの 脱 走 米 兵 による 事 件 の 把 握 というのは 関 係 省 庁 との 関 係 もありますが 政 府 と して 把 握 できたのか そして その 仕 組 みづくりの 進 捗 つまり 一 日 も 早 く 時 間 をかけない でというふうに 言 われましたが 一 生 懸 命 やられると 前 回 も 言 われましたが どれぐらいのめど で 米 側 とも きちっとしたものにしたいというふうに 大 臣 としては 考 えていらっしゃるんでし ょうか その 実 態 把 握 の 今 の 状 況 と 仕 組 みづくりのめど 大 体 これぐらいまでにはということで 伺 いたいと 思 います 時 間 的 なめどというのは 現 時 点 で 申 し 上 げられるのは この 前 申 し 上 げたように できるだ け 早 くという 以 上 のことを 申 し 上 げられる 状 況 ではありません 既 にもう 米 側 と 関 係 省 庁 含 め て いろいろ 始 めております そういう 中 で いわゆる 脱 走 だけじゃなくて 行 方 がわからなく なった 場 合 どうするんだとか いろいろな 範 囲 を 日 本 側 はできるだけ 広 く 広 くとりたいと 思 い ます 1

2 それから すべてがすべてじゃなくて とりあえず 脱 走 と 認 定 した 場 合 をどうするかという ことでやっておりますが 脱 走 と 認 定 できた 場 合 にすべて 通 報 するということについてまずやり たいとは 考 えておりますが なかなか では いつまでにできるんだということを 今 言 える 段 階 でないということでお 許 しを 願 いたいと 思 います これまでの 実 態 把 握 の 状 況 については 今 どこまでわかっているでしょうか 関 係 省 庁 ともと いう 話 で 情 報 共 有 という 話 もしましたが 既 に 大 臣 から 御 答 弁 申 し 上 げた 点 もございますが 過 去 の 脱 走 兵 の 犯 罪 の 統 計 につきましては 当 省 の 所 管 ではございませんで 警 察 庁 の 方 から 部 分 的 な 統 計 があるということで 三 月 二 十 六 日 の 外 務 委 員 会 で 答 弁 があったとおりでございまして 現 時 点 では 十 分 な 集 計 が 困 難 であるという ふうに 承 知 しております 困 難 ということじゃなくて これはやはり 過 去 の 実 態 をきちんとつかまないといけないわけで つかんだ 上 に 対 策 が 出 てくるわけですから この 間 も そういうことについては 困 難 ということ で 無 理 だという 話 じゃなくて 共 有 しながら 努 力 する 話 だったわけですから これはきちっとや ってもらわなきゃいけないというふうに 思 います 枠 組 みづくりとあわせてやるということだと 思 うんです それから 大 臣 言 われました 脱 走 兵 の 通 報 の 問 題 なんですが 通 報 については その 義 務 を 例 えば 地 位 協 定 の 中 に 明 文 化 する こういうことも 含 めてやはり 検 討 の 中 では 出 てくるということ はあると 思 うんですが そういうことも 検 討 の 一 つの 視 野 に 入 れるということはあるんでしょう か いかがですか この 関 係 で 地 位 協 定 の 改 定 ということは 視 野 に 入 れておりません まさに 日 米 合 同 委 員 会 で 実 際 にどう 行 うかという 観 点 から 今 協 議 をしているところでございます 運 用 の 改 善 で 決 めたことは おおむね 適 正 に 運 用 が 現 実 に 改 善 されていると 承 知 をしておりま すので 機 動 的 に 対 応 するためにはやはり 運 用 の 改 善 の 方 がはるかにベターだ こういうふうに 思 っております これは 地 位 協 定 というとすぐ 運 用 の 改 善 と 言 われるんですが やはりこういう 問 題 で 脱 走 兵 というのが 今 の 局 面 でまた 新 たになっているわけですから どういう 枠 組 みかというときには そのときには 運 用 改 善 ということにとどまらず やはりきちっとそれを 担 保 する 上 では 何 が 必 要 か 地 位 協 定 上 のことも 含 めてきちっと 検 討 すべきだと 私 は 思 っております そのこともぜひや っていただきたい 続 けてですが 今 回 の 事 件 を 通 じても 在 日 米 軍 の 米 兵 が 旅 券 パスポートなしでも 米 軍 の 許 可 さえあれば 身 分 証 明 書 を 持 って 基 地 外 に 出 ることができる このことが 改 めて 国 民 的 にも 知 られるところとなりました これはどういう 考 えに 基 づくものなのか その 法 的 根 拠 は 何 なのか お 答 えいただきたいと 思 います 米 軍 人 は 日 米 地 位 協 定 に 基 づき 我 が 国 に 入 国 し 滞 在 しているわけであります 2

3 日 米 地 位 協 定 第 九 条 には 米 軍 人 は 旅 券 及 び 査 証 に 関 する 日 本 国 法 令 の 適 用 から 除 外 される 旨 定 めているわけであります 一 方 同 第 九 条 三 は 米 軍 人 が 日 本 への 入 国 または 出 国 に 当 た って 氏 名 生 年 月 日 階 級 及 び 番 号 軍 の 区 分 並 びに 写 真 を 掲 げる 身 分 証 明 書 等 を 携 帯 しなけ ればならない 旨 定 めた 上 で 米 軍 人 は 日 本 国 にある 間 の 身 分 証 明 のため 身 分 証 明 書 を 携 帯 してい なければいけないと 規 定 しているわけであります このように 米 軍 人 は かかる 日 米 地 位 協 定 の 規 定 に 基 づき パスポートではなく 身 分 証 明 書 等 での 出 入 国 日 本 滞 在 が 許 されているものでございます 九 条 ということで 地 位 協 定 を 言 われましたが 私 これは 軍 隊 特 にアメリカの 軍 隊 という のは 規 律 を 守 って 犯 罪 を 犯 さない そして 日 本 と 日 本 国 民 を 守 るためにいるんだからという 前 提 に 立 って そういう 枠 組 みをつくっているんだと 思 うんですよ だけれども 日 本 での 実 態 というのは そうでない 事 件 つまり 米 兵 の 凶 悪 犯 罪 が 頻 発 をして 日 本 国 民 を 守 るどころか 命 や 尊 厳 を 奪 う 事 件 が 相 次 いでいるということが 起 こっているわけであ ります だから この 点 も 本 当 にこれでいいのかという 問 題 がある さらに 最 近 で 言 いますと 米 兵 の 基 地 の 外 での 居 住 という 問 題 も 新 たにクローズアップされ てきて それがふえているということでありますが これもまた 外 国 人 登 録 や 住 民 登 録 の 対 象 か ら 外 れていることも 問 題 化 してきております このもとで この 協 定 九 条 の 規 定 というのはこのままでいいのかということについては 大 臣 率 直 にどういうふうにお 考 えになるでしょうか パスポートは 恐 らく 私 はアメリカの 中 は 知 りませんが 多 分 国 務 省 が 発 行 するんじゃないか と 思 うんですが それから 恐 らく 身 分 証 明 書 は 国 防 省 が 発 行 するのか 軍 そのものが 発 行 する のかちょっとよく 知 りませんけれども それは 国 家 が そこをはっきりさせる 身 分 証 明 という 意 味 では 変 わらないのではないか こういうふうに 考 えております 主 権 国 日 本 でありますから 結 局 日 米 の 取 り 決 めがあるとしても やはり 主 権 国 日 本 に 出 入 国 するということになれば 日 本 の 主 権 にかかわる 問 題 が 出 てくるわけでありますから そこのとこ ろはアメリカが 出 すからそれでいいんだというふうにはならないと 私 は 思 いますので この 点 も やはり 検 討 してみるべきだと 申 し 上 げたいと 思 います さらに 先 ほども 冒 頭 に 綱 紀 粛 正 再 発 防 止 ということで さらにやるんだと 言 われたけれ ども なかなかそれじゃいかないという 問 題 がありまして いわゆる 地 位 協 定 の 運 用 改 善 という ことで 先 ほど 来 ありますが それにかかわってもう 一 問 聞 いておきたいと 思 います お 手 元 に 外 務 省 がつくられた 資 料 が 出 典 なんですが 資 料 をお 配 りしました 平 成 七 年 一 九 九 五 年 の 日 米 合 同 委 員 会 合 意 に 基 づく 起 訴 前 の 身 柄 引 き 渡 し 要 請 の 運 用 事 例 の 一 覧 であります この 中 で 平 成 十 四 年 十 一 月 二 日 の 沖 縄 県 での 事 件 では 十 二 月 三 日 に 逮 捕 状 発 付 起 訴 前 身 柄 引 き 渡 し 要 請 があったけれども 同 五 日 に 起 訴 前 身 柄 引 き 渡 しを 拒 否 されてい るわけであります 外 務 省 に 伺 いますが この 拒 否 をされた 理 由 というのは 何 だったのか 端 的 にお 答 えください お 答 え 申 し 上 げます 委 員 御 指 摘 のとおり 平 成 十 四 年 十 一 月 に 沖 縄 で 発 生 いたしました 婦 女 暴 行 容 疑 事 件 でございますが 同 年 十 二 月 三 日 に 日 本 側 から 身 柄 移 転 要 請 を 行 いましたが 五 日 に 米 側 から 米 国 政 府 としましては 日 本 政 府 が 提 起 した 要 請 を 十 分 に 考 慮 した しかし 本 事 件 3

4 に 関 する 日 本 政 府 の 説 明 を 真 摯 に 検 討 した 結 果 本 事 件 については 起 訴 までは 米 側 が 拘 禁 を 行 う との 通 常 の 取 り 扱 いを 離 れる 必 要 がない 必 要 があるとの 根 拠 が 足 りないという 説 明 を 受 けてお り 平 成 七 年 の 刑 事 裁 判 手 続 に 関 する 日 米 合 同 委 合 意 に 基 づく 起 訴 前 の 身 柄 の 移 転 を 行 うことに 同 意 できないとの 結 論 を 得 たとの 説 明 がございました これ 以 上 の 詳 細 な 理 由 は 米 側 から 示 されてはおりませんが 米 側 は 証 拠 収 集 証 拠 隠 滅 の 防 止 を 含 めまして 日 本 側 の 捜 査 への 全 面 的 な 協 力 を 維 持 していく 考 えも 明 らかに 当 時 出 しており ますし 起 訴 前 にも 日 本 側 による 事 情 聴 取 にも 応 じております さらにつけ 加 えれば 起 訴 後 に 身 柄 の 移 転 を 実 際 に 行 ったというふうに 承 知 しております 根 拠 が 足 りないというのは 殺 人 とかいわゆる 凶 悪 犯 罪 というふうに 言 ってきた その 範 囲 に 入 らないということでのやりとりがあったということじゃないかと 思 うんですが その 後 先 ほ ど 大 臣 も 平 成 十 六 年 の 四 月 に 合 同 委 員 会 でさらにやられたというふうに 言 われましたが その 点 についてはどういうことになったんですか 特 定 の 犯 罪 の 類 型 というお 話 でございますが 平 成 七 年 の 合 同 委 合 意 におきまして あらかじ め 特 定 の 類 型 の 犯 罪 を 起 訴 前 の 身 柄 引 き 渡 しの 要 請 の 対 象 から 排 除 しておらない 平 成 七 年 当 時 でもこれが 日 本 政 府 の 考 えでございましたが 平 成 十 六 年 四 月 の 日 米 合 同 委 員 会 におきまして この 点 につき 日 米 間 で 明 確 に 認 識 の 一 致 を 見 た 次 第 でございます これは いかなる 犯 罪 であっても 日 本 側 が 重 大 な 関 心 を 有 する 場 合 であれば 日 本 側 は 合 同 委 員 会 において 起 訴 前 の 拘 禁 移 転 要 請 を 行 うことができることを 明 確 化 したものと 考 えています では 局 長 その 合 意 した 四 項 目 めの 最 後 日 本 側 が 要 請 すればできるということですが そ の 後 をちゃんと 読 んでください 何 というふうに 合 意 していますか 米 側 読 み 上 げさせていただきます 合 衆 国 は 日 本 国 が 考 慮 されるべきと 信 ずるその 他 の 特 定 の 場 合 について 同 国 が 合 同 委 員 会 において 提 示 することがある 特 別 の 見 解 を 十 分 に 考 慮 する でござ います 考 慮 する なんですよ だから 日 本 は 要 請 できるから アメリカは 考 慮 するということな ので これは 運 用 改 善 では 主 権 国 である 日 本 が 結 局 は 好 意 的 考 慮 という 中 で 犯 罪 の 種 別 と かいろいろ 言 われましたが 殺 人 にとどまらずほかの 問 題 もできるみたいな 話 があったけれども 結 局 は 米 側 に 裁 量 権 がゆだねられているという 問 題 であります ですから この 際 この 点 でも 運 用 改 善 じゃなくて 地 位 協 定 そのものの 改 定 に 踏 み 出 すべ きだと 私 は 思 いますが 大 臣 いかがでしょうか これは 何 度 もこの 委 員 会 で 申 し 上 げているように NATO 地 位 協 定 でも 米 韓 地 位 協 定 でも この 規 定 は 全 く 同 じなんですよね そういう 中 で 運 用 改 善 で 日 本 だけは 起 訴 前 でも 拘 禁 移 転 が できるというふうになったわけで 私 が 知 る 限 り 現 時 点 で 起 訴 前 に 身 柄 の 移 転 がされているの は 我 が 国 だけでありますから だれかが 不 平 等 条 約 だなんと 言 ったけれども ほかの 国 が 日 本 と 比 べて 不 平 等 だというのならわかりますけれども 少 なくともこの 点 に 関 しては 日 本 が 一 番 進 ん でいるというのは 事 実 であります 4

5 日 本 だけはできる ほかよりやっているというふうに 今 誇 られて 言 われましたけれども では 日 本 がそういう 形 でもやるというのは それだけ 問 題 が 大 きいからやらざるを 得 ないという 問 題 なんですよ だから ほかの 国 と 比 べてということじゃなくて 現 実 に 日 本 でこれだけ 犯 罪 が 多 発 して 再 発 防 止 それから 綱 紀 粛 正 と 何 度 言 ったってなくならないという 事 態 があって そして 基 地 があ るからこんなことになっているんだ 沖 縄 からも 横 須 賀 からも 出 ていってくれ 八 月 には 原 子 力 空 母 が 来 るけれども それも 配 備 をやめるべきだという 声 が 上 がっているわけですから そうい う 日 本 の 現 実 を 踏 まえたら やはり 政 府 としては 主 権 国 として 責 任 を 持 ってどうするかと ほ かより 進 んでいるんだったら もっと 進 めてやらなきゃいけない そして 国 民 の 命 と 安 全 を 守 らなきゃいけない この 問 題 があるということを 指 摘 して 質 問 を 終 わります 5

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

04siryou2.xdw

04siryou2.xdw 資 料 2 在 校 時 間 の 記 録 把 握 の 現 況 について 1 県 立 学 校 の 場 合 平 成 22 年 度 から 別 添 様 式 1により 各 教 員 に 記 録 するよう 通 知 している 自 己 申 告 制 2 公 立 小 中 学 校 の 場 合 上 記 の 県 の 通 知 文 を 参 考 として 市 町 村 教 育 委 員 会 に 周 知 するともに 適 正 な 在 校 時 間

More information

3 認 定 こども 園 制 度 化 のメリット O 大 臣 政 務 官 ( 有 村 治 子 君 ) 今 般 の 認 定 こども 園 の 制 度 化 によっては ( 中 略 ) 保 護 者 が 就 労 の 有 無 によっても 子 供 が 施 設 を 変 わる 必 要 がない 一 貫 した 教 育 保

3 認 定 こども 園 制 度 化 のメリット O 大 臣 政 務 官 ( 有 村 治 子 君 ) 今 般 の 認 定 こども 園 の 制 度 化 によっては ( 中 略 ) 保 護 者 が 就 労 の 有 無 によっても 子 供 が 施 設 を 変 わる 必 要 がない 一 貫 した 教 育 保 就 学 前 の 子 どもに 関 する 教 育 保 育 等 の 総 合 的 な 提 供 の 推 進 に 関 する 法 律 国 会 会 議 録 抜 粋 圃 1 法 律 の 提 案 理 由 及 び 概 要 0 国 務 大 臣 ( 小 坂 憲 次 君 )このたび 政 府 から 提 出 いたしました 就 学 前 の 子 どもに 関 する 教 育 保 育 等 の 総 合 的 な 提 供 の 推 進 に 関 する

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2033835A83628356838783933295F18D903181698D828E52816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2033835A83628356838783933295F18D903181698D828E52816A> 第 2 セッション 第 1 報 告 留 学 生 に 対 する 英 語 による 日 本 法 教 育 - 刑 事 法 を 中 心 に- 京 都 大 学 : 高 山 佳 奈 子 < 高 山 > 京 都 大 学 の 高 山 でございます 私 のほうもパワーポイントとかコンピュータとか 準 備 し ていなくて この3ページのレジュメだけで 発 表 をさせていただきます 後 の 櫻 田 先 生 の 資 料 が

More information

ポイント2 講 習 の 受 講 (へき 地 障 害 を 持 つ 教 員 ) 05.31 参 文 教 委 山 本 香 苗 議 員 ( 公 ) こうした 講 習 が 今 後 今 言 っていらっしゃったようなものが 全 国 の 大 学 などで 地 域 の 偏 在 なくき ちんとできるんでしょうか 池 坊

ポイント2 講 習 の 受 講 (へき 地 障 害 を 持 つ 教 員 ) 05.31 参 文 教 委 山 本 香 苗 議 員 ( 公 ) こうした 講 習 が 今 後 今 言 っていらっしゃったようなものが 全 国 の 大 学 などで 地 域 の 偏 在 なくき ちんとできるんでしょうか 池 坊 免 許 更 新 制 に 関 する 国 会 答 弁 附 帯 決 議 ポイント1 講 習 内 容 04.25 衆 教 特 委 高 井 美 穂 議 員 全 員 すべての 現 職 の 教 員 が 同 じ 研 修 を 受 けるというふうに 考 えていいんですね 教 職 として 必 要 な 例 えば 情 熱 の 問 題 対 人 関 係 の 問 題 教 科 指 導 の 問 題 あるいは 学 級 経 営 の 問 題

More information

米 艦 防 護 ( 事 例 8 9 12 13)( 続 き) [ 邦 人 への 危 害 ] 憲 法 九 条 のもとで 許 容 されております 自 衛 権 の 発 動 としての 武 力 の 行 使 につきまして は 政 府 は 従 来 から 自 衛 権 発 動 は 三 要 件 に 該 当 する そうい

米 艦 防 護 ( 事 例 8 9 12 13)( 続 き) [ 邦 人 への 危 害 ] 憲 法 九 条 のもとで 許 容 されております 自 衛 権 の 発 動 としての 武 力 の 行 使 につきまして は 政 府 は 従 来 から 自 衛 権 発 動 は 三 要 件 に 該 当 する そうい 米 艦 防 護 ( 事 例 8 9 12 13) 事 例 8~15と 関 連 する 過 去 の 答 弁 [ 自 衛 艦 と 米 艦 が 極 めて 接 近 しているような 場 合 ] 武 力 攻 撃 に 当 たらない 武 器 の 使 用 といたしまして 自 己 等 や 武 器 等 の 防 護 のための 武 器 使 用 の 規 定 こ れはテロ 特 法 の 十 二 条 あるいは 自 衛 隊 法 の 九

More information

Q: 今 回 南 スーダンは 見 送 ったわけですけれども 今 後 11 月 の11 次 派 遣 隊 というのもあると 思 うのですが 新 しい 駆 け 付 け 警 護 や その 辺 の 任 務 付 与 はどう 考 えていらっしゃるのかということと 今 の 訓 練 の 準 備 状 況 はどうなのでし

Q: 今 回 南 スーダンは 見 送 ったわけですけれども 今 後 11 月 の11 次 派 遣 隊 というのもあると 思 うのですが 新 しい 駆 け 付 け 警 護 や その 辺 の 任 務 付 与 はどう 考 えていらっしゃるのかということと 今 の 訓 練 の 準 備 状 況 はどうなのでし 件 名 : 大 臣 臨 時 会 見 日 時 場 所 平 成 28 年 9 月 16 日 0754~0807 ( 日 本 時 間 ) ウィラードインターコンチネンタ ルホテル2 階 HUGHES ROOM ぶら 下 がり 担 当 大 臣 官 房 広 報 課 備 考 稲 田 大 臣 アメリカ 訪 問 ( 部 隊 視 察 CSIS 講 演 日 米 防 衛 相 会 談 ) 1 発 表 事 項 なし 2 質

More information

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA>

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA> 要 旨 現 行 日 米 地 位 協 定 と 意 見 の 趣 旨 との 対 照 表 日 米 地 位 協 定 ( 要 旨 ) 意 見 の 趣 旨 2 条 1 施 設 区 域 の 提 供 と 返 還 (2 条 関 係 ) 1(a) 合 衆 国 は, 安 保 条 約 6 条 に 基 づき, 日 本 (1) 施 設 区 域 の 提 供 について 国 内 の 施 設 区 域 の 使 用 を 許 与 される 個

More information

第19回規制改革会議 記者会見録

第19回規制改革会議 記者会見録 1. 日 時 : 平 成 25 年 10 月 31 日 ( 木 )18:55~19:17 2. 場 所 : 合 同 庁 舎 4 号 館 2 階 220 会 議 室 司 会 それでは 大 変 お 待 たせいたしました 規 制 改 革 会 議 の 模 様 につきまして 岡 議 長 から 御 説 明 いたします 質 疑 応 答 はまとめてお 願 いいたします それでは 議 長 よろしくお 願 いいたします

More information

中野区 教育委員会

中野区 教育委員会 中 野 区 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 24 年 第 15 回 定 例 会 開 会 日 平 成 24 年 5 月 11 日 ( 金 ) 場 所 中 野 区 教 育 委 員 会 室 開 会 午 前 10 時 01 分 閉 会 午 前 10 時 20 分 出 席 委 員 (3 名 ) 中 野 区 教 育 委 員 会 委 員 長 高 木 明 郎 中 野 区 教 育 委 員 会 委 員 長 職

More information

Microsoft Word - 速記録0317.docx

Microsoft Word - 速記録0317.docx 速 記 録 小 池 晃 君 日 本 共 産 党 の 小 池 晃 です 最 初 に 前 回 のちょっと 続 きを 一 問 したいんですが 財 政 審 の 建 議 が 薬 価 マイナス 改 定 分 の 診 療 報 酬 本 体 への 振 替 をフィクションだと 言 っていることについて 私 がこれはも う 一 九 七 二 年 の 中 医 協 建 議 のときから 言 ってきたことだし 国 会 でも 歴 代

More information

Microsoft Word - 速記録140410.docx

Microsoft Word - 速記録140410.docx 小 池 晃 君 日 本 共 産 党 の 小 池 晃 です ブラック 企 業 にはびこっている 固 定 残 業 代 制 度 についてお 聞 きをしたいと 思 います 今 居 酒 屋 チェーンなんかで これを 悪 用 して 正 当 な 残 業 代 を 支 払 わない 手 口 が 広 がっ ております こういう 会 社 は 募 集 の 段 階 では 長 時 間 労 働 を 前 提 にした 賃 金 を 所

More information

○大津の事案に学ぶこと

○大津の事案に学ぶこと 協 議 事 項 1 平 成 24 年 7 月 24 日 教 育 総 務 課 小 中 学 校 課 特 別 支 援 教 育 課 高 等 学 校 課 いじめ 問 題 への 対 応 について 資 料 1 大 津 市 の 事 案 から 学 ぶべきもの 資 料 2 福 岡 県 いじめ 問 題 総 合 対 策 ( 抜 粋 ) 資 料 3 定 例 記 者 会 見 における 大 津 市 のいじめ 自 殺 問 題 に

More information

防衛省薬物乱用防止月間について(通達)

防衛省薬物乱用防止月間について(通達) 防 人 1 第 4664 号 18.5.12 防 人 計 第 354 号 1 9. 1. 9 長 官 官 房 長 施 設 等 機 関 の 長 各 幕 僚 長 情 報 本 部 長 殿 技 術 研 究 本 部 長 装 備 本 部 長 防 衛 施 設 庁 長 官 事 務 次 官 防 衛 省 薬 物 乱 用 防 止 月 間 について( 通 達 ) 昨 今 の 自 衛 官 による 薬 物 乱 用 の 続 発

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

笠 井 委 員 アメリカはもっと 具 体 的 に 言 っているんです 昨 年 二 〇 〇 八 年 九 月 十 五 日 に 米 海 軍 が 米 議 会 に 行 ったグアムに 関 する 計 画 進 捗 報 告 ではこう 言 っています 第 三 海 兵 遠 征 軍 は 沖 縄 グアム ハワイに 基 本 的

笠 井 委 員 アメリカはもっと 具 体 的 に 言 っているんです 昨 年 二 〇 〇 八 年 九 月 十 五 日 に 米 海 軍 が 米 議 会 に 行 ったグアムに 関 する 計 画 進 捗 報 告 ではこう 言 っています 第 三 海 兵 遠 征 軍 は 沖 縄 グアム ハワイに 基 本 的 171- 衆 - 外 務 委 員 会 -8 号 平 成 21 年 04 月 10 日 笠 井 委 員 日 本 共 産 党 の 笠 井 亮 です ロードマップ 等 で 合 意 をされた 在 沖 縄 米 海 兵 隊 の 一 部 をグアムに 移 転 するようになった のは 米 国 の 世 界 戦 略 の 地 球 規 模 での 米 軍 配 備 の 見 直 し GPRに 基 づいて 米 側 の 提 案 で 決

More information

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94 平 成 26 年 2 月 19 日 海 上 保 安 庁 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 取 締 りの 状 況 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 の 送 致 件 数 は, 対 前 年 比 247 件 (3.3%) 減 の 7,21 件 でした 各 種 法 令 別 の 送 致 件 数 については 前 年 と 比 べ 大 きな 状 況 変 化 はありませんが 近 年 増 加 傾 向 にある 漁

More information

4 納 税 に 困 ったら 納 税 の 猶 予 の 申 請 を 10の 対 策 4 1) 納 税 の 見 通 しが 立 たない 時 は 積 極 的 に 納 税 ( 徴 収 )の 猶 予 の 申 請 書 を 提 出 しよう いつでも 出 来 ます 申 請 書 の 受 け 取 りを 拒 否 はできません

4 納 税 に 困 ったら 納 税 の 猶 予 の 申 請 を 10の 対 策 4 1) 納 税 の 見 通 しが 立 たない 時 は 積 極 的 に 納 税 ( 徴 収 )の 猶 予 の 申 請 書 を 提 出 しよう いつでも 出 来 ます 申 請 書 の 受 け 取 りを 拒 否 はできません 滞 納 整 理 に 対 する 対 策 と 法 的 根 拠 埼 商 連 税 対 部 1 たとえ 滞 納 者 であっても 権 利 があります 10の 対 策 1 憲 法 11 条 ( 基 本 的 人 権 ) 13 条 ( 個 人 の 幸 福 ) 14 条 ( 法 の 下 の 平 等 ) から 滞 納 していても 人 権 は 保 障 され 差 別 される 事 なく 個 人 として 尊 重 され 幸 せに

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 㝵 㝵 㝵 11 12 13 14 15 16 17 30 31 32 33 34 35 第 174 回 国 会 ( 常 会 ) 衆 議 院 文 部 科 学 委 員 会 における 害 と 碍 の 字 に 関 するやりとりについて 平 成 22 年 4 月 21 日 ( 水 ) 衆 議 院 文 部 科

More information

<5461726F2D30382081798E518D6C8254817A92BC8BDF82CC8D9189EF9052>

<5461726F2D30382081798E518D6C8254817A92BC8BDF82CC8D9189EF9052> 築 地 市 場 の 豊 洲 移 転 計 画 に 関 する 直 近 の 国 会 審 議 ( 平 成 23 年 3 月 8 日 衆 議 院 環 境 委 員 会 会 議 録 ( 抜 粋 )) 参 考 5 平 成 二 十 三 年 三 月 八 日 ( 火 曜 日 ) 午 前 九 時 開 議 出 席 委 員 委 員 長 小 沢 鋭 仁 君 理 事 大 谷 信 盛 君 理 事 太 田 和 美 君 理 事 田 島

More information

untitled

untitled 国 家 公 務 員 の 人 件 費 削 減 問 題 の 動 向 と 今 後 の 課 題 1.はじめに さえき みちこ 総 務 委 員 会 調 査 室 佐 伯 道 子 民 主 党 が 平 成 21 年 8 月 の 衆 議 院 議 員 総 選 挙 及 び 平 成 22 年 7 月 の 参 議 院 議 員 通 常 選 挙 の マニフェストに 国 家 公 務 員 の 総 人 件 費 を2 割 削 減 することを

More information

無罪判決後の勾留に関する意見書

無罪判決後の勾留に関する意見書 無 罪 判 決 後 の 勾 留 に 関 する 意 見 書 2015 年 ( 平 成 27 年 )10 月 21 日 日 本 弁 護 士 連 合 会 第 1 意 見 の 趣 旨 刑 事 訴 訟 法 第 345 条 に, 第 2 項 として, 判 決 で 無 罪 の 言 渡 しがあったときは, 上 訴 審 において 原 判 決 が 破 棄 されるまで, 新 たに 勾 留 状 を 発 することはできな い

More information

Microsoft Word - 文書 2

Microsoft Word - 文書 2 平 成 28 年 04 月 05 日 第 190 回 国 会 国 土 交 通 委 員 会 第 6 号 田 城 郁 君 こんにちは 民 進 党 新 緑 風 会 の 田 城 郁 です 広 田 委 員 に 引 き 続 き バスの 事 故 から 質 問 させていただきます 日 本 一 のバスターミナルでありますバスタ 新 宿 がJR 新 宿 駅 新 南 口 の 屋 上 にオープンをいたしました 関 越 高

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

この 場 合 の 合 意 = 日 米 両 政 府 が 単 に 相 手 との 立 場 の 違 いを 知 りながら 黙 っているというだけ でなく そのことが 公 にならないよう 協 力 することに 意 思 の 一 致 があったということ (3) 大 平 ライシャワー 会 談 以 後 (イ) 日 本 は

この 場 合 の 合 意 = 日 米 両 政 府 が 単 に 相 手 との 立 場 の 違 いを 知 りながら 黙 っているというだけ でなく そのことが 公 にならないよう 協 力 することに 意 思 の 一 致 があったということ (3) 大 平 ライシャワー 会 談 以 後 (イ) 日 本 は いわゆる 密 約 問 題 に 関 する 有 識 者 委 員 会 報 告 書 ( 概 要 ) 平 成 22 年 3 月 9 日 序 論 密 約 とは 何 か (1) 狭 義 の 密 約 とは 両 国 間 の 合 意 あるいは 了 解 であって 国 民 に 知 らされて おらず かつ 公 表 されている 合 意 や 了 解 と 異 なる 重 要 な 内 容 ( 追 加 的 に 重 要 な 権 利 や 自

More information

岡 本 ( 充 ) 委 員 多 段 階 納 付 ですからね これは そういう 意 味 では 四 分 の 三 とか 四 分 の 一 と か 新 たに 設 けたけれども 結 局 のところ 全 体 的 にふえていないということは 周 知 徹 底 がどうだった のかということをやはり 改 めて 検 証 する

岡 本 ( 充 ) 委 員 多 段 階 納 付 ですからね これは そういう 意 味 では 四 分 の 三 とか 四 分 の 一 と か 新 たに 設 けたけれども 結 局 のところ 全 体 的 にふえていないということは 周 知 徹 底 がどうだった のかということをやはり 改 めて 検 証 する 岡 本 の 国 会 での 質 問 171- 衆 - 厚 生 労 働 委 員 会 -11 号 平 成 21 年 04 月 17 日 田 村 委 員 長 次 に 岡 本 充 功 君 岡 本 ( 充 ) 委 員 きょうは 舛 添 大 臣 と 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 三 回 目 になるわけですけれども 改 めて 国 民 の

More information

(Microsoft Word - 01_\201\233\225\\\216\206\225\224\225\252\202P.doc)

(Microsoft Word - 01_\201\233\225\\\216\206\225\224\225\252\202P.doc) 筑 西 市 議 会 経 済 土 木 委 員 会 会 議 録 ( 平 成 27 年 第 2 回 定 例 会 ) 筑 西 市 議 会 経 済 土 木 委 員 会 会 議 録 1 日 時 平 成 27 年 6 月 16 日 ( 火 ) 開 会 : 午 前 10 時 00 分 閉 会 : 午 前 10 時 21 分 2 場 所 全 員 協 議 会 室 3 審 査 案 件 議 案 第 52 号 筑 西 市 営

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030332D31208EC096B18F438F4B8E7793B1834B8343836883898343839381698267825182558144825789FC92F9814594BD896694C5816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030332D31208EC096B18F438F4B8E7793B1834B8343836883898343839381698267825182558144825789FC92F9814594BD896694C5816A2E646F6378> 1 343 344 2 3 345 346 - 1-347 348-2 - - 3-349 350 分 野 別 実 務 修 習 のガイドライン 1 検 察 の 分 野 別 実 務 修 習 における 指 導 目 標 指 導 方 法 司 法 修 習 においては, 法 曹 として 活 動 を 開 始 するに 当 たり 必 要 な 事 実 調 査 能 力, 法 的 分 析 能 力, 事 実 認 定 能 力,

More information

を 切 り 取 って 名 古 屋 場 所 開 催 のために 早 急 に 処 分 をしてけりをつけてしまったという 感 じですが 事 案 の 解 明 のレベルという 面 で 問 題 があるような 気 がします それから 調 査 手 法 についてですが これも 報 道 されている 範 囲 でしか 知 り

を 切 り 取 って 名 古 屋 場 所 開 催 のために 早 急 に 処 分 をしてけりをつけてしまったという 感 じですが 事 案 の 解 明 のレベルという 面 で 問 題 があるような 気 がします それから 調 査 手 法 についてですが これも 報 道 されている 範 囲 でしか 知 り 第 93 回 定 例 記 者 レク 概 要 2010.7.1 名 城 大 学 コンプライアンス 研 究 センター 長 郷 原 信 郎 先 週 のこの 場 でも 大 相 撲 の 問 題 について 私 なりの 考 え 方 をお 話 ししましたが その 後 特 別 調 査 委 員 会 の 勧 告 が 出 されて 結 局 それを 全 面 的 に 受 け 入 れる 形 で 相 撲 協 会 が 力 士 と 親

More information

(2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 井 口 さん 方 の 土 蔵 崩 壊 学 校 幼 稚 園 などを 襲 った 恐 怖 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4) 抗 議 要 請 申 し 入 れ 日 本 共 産 党 民 主 団 体 の 調 査 と 要 請 行 動 津 山

(2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 井 口 さん 方 の 土 蔵 崩 壊 学 校 幼 稚 園 などを 襲 った 恐 怖 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4) 抗 議 要 請 申 し 入 れ 日 本 共 産 党 民 主 団 体 の 調 査 と 要 請 行 動 津 山 安 保 破 棄 岡 山 県 実 行 委 員 会 学 習 会 2011 年 10 月 17 日 ( 岡 山 市 勤 労 者 福 祉 センター) 米 軍 機 の 低 空 飛 行 を 許 さないために 中 尾 元 重 1. 低 空 飛 行 の 被 害 とその 後 (1) 全 国 の 低 空 飛 行 (2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4)

More information

岩 国 には 米 海 兵 隊 とともに 海 上 自 衛 隊 の 航 空 機 部 隊 が 展 開 しており 今 回 の 法 律 により 自 衛 隊 の 活 動 範 囲 は 大 きく 拡 大 し 岩 国 基 地 の 役 割 も 変 わります 市 民 の 安 全 が 脅 かされる 危 険 性 も 増 大

岩 国 には 米 海 兵 隊 とともに 海 上 自 衛 隊 の 航 空 機 部 隊 が 展 開 しており 今 回 の 法 律 により 自 衛 隊 の 活 動 範 囲 は 大 きく 拡 大 し 岩 国 基 地 の 役 割 も 変 わります 市 民 の 安 全 が 脅 かされる 危 険 性 も 増 大 平 成 27 年 9 月 議 会 一 般 質 問 1. 安 全 保 障 関 連 法 について 27.9.30 井 原 寿 加 子 先 日 安 全 保 障 関 連 法 が 成 立 しました これにより 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 や 他 国 軍 隊 に 対 する 後 方 支 援 を 通 じ 自 衛 隊 の 活 動 範 囲 が 大 きく 拡 大 し 戦 後 一 貫 して 大 切 にしてきた 平

More information

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A 目 次 Q1 年 金 生 活 者 ですが 年 金 を 担 保 にお 金 を 借 りることができると 聞 きました 貸 付 制 度 の 内 容 について 教 えてください Q2 震 災 で 家 屋 が 倒 壊 損 傷 しました 家 屋 の 建 替 資 金 補 修 資 金 のための 支 援 や 新 規 融 資 を 受 けられ ないでしょうか Q3 恩 給 共 済 年 金 担 保 貸 付 の 内 容 について

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63> 第 1 章 医 療 関 連 の 法 令 遵 守 及 び 職 業 倫 理 1. 医 師 歯 科 医 師 のプロフェショナリズム 我 が 国 では 医 学 の 進 歩 に 伴 い 平 均 寿 命 は 男 性 78 歳 女 性 85 歳 に 達 し 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 率 周 産 期 死 亡 率 の 低 下 妊 産 婦 死 亡 率 の 低 下 心 疾 患 による 年 齢 調 整 死 亡

More information

それでは、平成25年3月の定例記者会見を始めたいと思います

それでは、平成25年3月の定例記者会見を始めたいと思います 1. 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 対 応 について 記 者 府 内 のこどもルームについてです あれは 結 局 形 はまだ 定 まってないけ れども 今 後 またああいう 場 所 をこのあたりに 設 けるというお 考 えでよろしい ですか 市 長 今 ホルトホールだと 遠 いという 意 見 もあると 思 いますので どうしたら いいか 今 ある 場 所 に 再 開 することも 含 めて

More information

Untitled

Untitled 滋 刑 企 甲 発 第 S0 号 平 成 年 (0)0 月 日 滋 賀 県 警 察 本 部 刑 事 部 刑 事 企 画 課 刑 法 犯 特 別 法 犯 暴 力 団 犯 罪 来 日 外 国 人 犯 罪 凡 例 滋 賀 の 犯 罪 ( 平 成 年 ) 目 次 平 成 年 中 の 主 な 出 来 事 < 解 説 > 平 成 年 の 犯 罪 概 要 < 全 国 統 計 表 > < 本 県 統 計 表 >

More information

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8>

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8> 総 行 選 第 4 7 号 平 成 25 年 6 月 3 日 各 都 道 府 県 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 選 挙 部 長 ( 公 印 省 略 ) 成 年 被 後 見 人 の 選 挙 権 の 回 復 等 のための 公 職 選 挙 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 等 の 施 行 に 伴 う 取 扱 いについて 成 年 被 後 見 人 の

More information

A: 米 国 の 作 戦 実 施 については 承 知 致 しております わが 国 としては これ まで 表 明 をしているとおり 南 シナ 海 における 米 国 の 航 行 の 自 由 作 戦 を 支 持 しておりまして 開 かれた 自 由 で 平 和 な 海 を 守 るために 国 際 社 会 が

A: 米 国 の 作 戦 実 施 については 承 知 致 しております わが 国 としては これ まで 表 明 をしているとおり 南 シナ 海 における 米 国 の 航 行 の 自 由 作 戦 を 支 持 しておりまして 開 かれた 自 由 で 平 和 な 海 を 守 るために 国 際 社 会 が 件 名 : 大 臣 会 見 概 要 日 時 平 成 28 年 2 月 2 日 1055~1133 場 所 防 衛 省 記 者 会 見 室 担 当 大 臣 官 房 広 報 課 備 考 1 発 表 事 項 なし 2 質 疑 応 答 Q: 北 朝 鮮 のミサイル 発 射 の 可 能 性 について 伺 います 防 衛 省 内 にPAC- 3が 配 備 されるなど 迎 撃 態 勢 を 整 えていますけれども

More information

2007年4月10日

2007年4月10日 関 西 大 学 法 科 大 学 院 法 と 社 会 2 法 とメディア 第 2 回 2009 年 10 月 1 日 メディアと 名 誉 プライバシー(その1) 弁 護 士 弁 理 士 近 藤 剛 史 tsuyoshi@kondolaw.jp Ⅰ. 名 誉 に 関 する 法 的 保 護 1 社 会 的 名 誉 民 法 703 条 にいう 名 誉 とは 人 がその 品 性 徳 行 名 声 信 用 等 の

More information

平成27年第08回会議記録(抜粋)

平成27年第08回会議記録(抜粋) 平 成 27 年 第 8 回 定 例 教 育 委 員 会 平 成 27 年 8 月 27 日 ( 木 曜 日 ) 開 会 午 前 10 時 00 分 閉 会 午 前 10 時 38 分 議 事 日 程 日 程 第 1 会 期 の 決 定 日 程 第 2 会 議 録 署 名 委 員 の 指 名 日 程 第 3 報 告 第 45 号 諸 般 の 報 告 日 程 第 4 報 告 第 46 号 浦 幌 町

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その4)監査結果

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その4)監査結果 平 成 2 8 年 8 月 1 日 問 い 合 わ せ 先 監 査 事 務 局 監 査 事 務 局 総 務 課 電 話 03-5320-7011 知 事 専 用 車 の 使 用 を 違 法 不 当 と し て そ の 使 用 に 要 し た 経 費 の 返 還 を 求 める 住 民 監 査 請 求 (その4) 監 査 結 果 について 東 京 都 監 査 委 員 同 同 同 同 山 加 朱 美 吉

More information

るか ということを 実 は 聞 くということを 二 三 日 前 に 外 務 省 に 通 告 をいたしましたら それから 公 電 を 打 って 調 べますという 状 況 で まともにこの 問 題 に 取 り 組 もうとしているという 姿 が 見 え ません いずれにしても 調 べていただいたと 思 い

るか ということを 実 は 聞 くということを 二 三 日 前 に 外 務 省 に 通 告 をいたしましたら それから 公 電 を 打 って 調 べますという 状 況 で まともにこの 問 題 に 取 り 組 もうとしているという 姿 が 見 え ません いずれにしても 調 べていただいたと 思 い 平 成 二 十 四 年 八 月 二 十 七 日 ( 月 曜 日 ) 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 委 員 会 (2012 年 8 月 27 日 ) 委 員 長 ( 玉 置 一 弥 君 ) ただいまから 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 委 員 会 を 開 会 いたします 川 口 順 子 君 自 民 党 の 川 口 順 子 でございます まず 最 初 に 先 ほど 吉 田 副 大 臣

More information

自 衛 隊 法 第 95 条 ( 武 器 等 の 防 護 のための 武 器 の 使 用 ) 自 衛 官 は 自 衛 隊 の 武 器 弾 薬 火 薬 船 舶 航 空 機 車 両 有 線 電 気 通 信 設 備 無 線 設 備 又 は 液 体 燃 料 を 職 務 上 警 護 するに 当 たり 人 又 は

自 衛 隊 法 第 95 条 ( 武 器 等 の 防 護 のための 武 器 の 使 用 ) 自 衛 官 は 自 衛 隊 の 武 器 弾 薬 火 薬 船 舶 航 空 機 車 両 有 線 電 気 通 信 設 備 無 線 設 備 又 は 液 体 燃 料 を 職 務 上 警 護 するに 当 たり 人 又 は 御 説 明 資 料 武 力 攻 撃 に 至 らない 侵 害 への 対 処 自 衛 隊 法 第 95 条 条 文 2 自 衛 隊 法 第 95 条 に 規 定 する 武 器 の 使 用 について 2 関 連 国 会 答 弁 3 部 隊 防 護 (Unit Self-defense) 安 全 保 障 の 法 的 基 盤 の 再 構 築 に 関 する 懇 談 会 報 告 書 4 関 連 国 会 答 弁 4

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20939693FA97708B4C8ED28DA7926B89EF2D90AB94C68DDF2094928D95>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20939693FA97708B4C8ED28DA7926B89EF2D90AB94C68DDF2094928D95> 平 成 24 年 12 月 12 日 ( 水 ) 性 犯 罪 被 害 者 の 現 状 と 公 的 医 療 支 援 の 問 題 点 - 産 婦 人 科 医 会 の 調 査 より- 日 本 産 婦 人 科 医 会 常 務 理 事 母 子 愛 育 会 愛 育 病 院 安 達 知 子 性 犯 罪 の 分 類 Wikipediaより 暴 力 的 性 犯 罪 強 姦 強 制 わいせつ 強 盗 強 姦 わいせつ

More information

ÿþ

ÿþ 蟹 江 町 議 会 総 務 民 生 常 任 委 員 会 会 議 録 招 集 日 時 招 集 場 所 出 席 委 員 欠 席 委 員 会 議 事 件 説 明 の た め 出 席 し た 者 職 務 の た め 出 席 し た 者 付 託 事 件 平 成 2 6 年 3 月 1 0 日 ( 月 ) 午 前 9 時 蟹 江 町 役 場 3 階 協 議 会 室 委 員 長 吉 田 正 昭 副 委 員 長 佐

More information

大 きく 分 けて 1.アメリカ 軍 への 兵 たん 支 援 ( 派 兵 恒 久 法 重 要 影 響 事 態 法 ( 改 定 )) これらは 周 辺 事 態 法 を 地 球 規 模 にするものであり 2. 戦 乱 が 続 く 地 域 での 治 安 活 動 ( 改 定 PKO 法 ) 駆 けつけ 警

大 きく 分 けて 1.アメリカ 軍 への 兵 たん 支 援 ( 派 兵 恒 久 法 重 要 影 響 事 態 法 ( 改 定 )) これらは 周 辺 事 態 法 を 地 球 規 模 にするものであり 2. 戦 乱 が 続 く 地 域 での 治 安 活 動 ( 改 定 PKO 法 ) 駆 けつけ 警 ご 異 議 なしと 認 め よって 本 案 は 原 案 の 通 り 可 決 する 事 に 決 定 いたしました 日 程 第 19 請 願 第 1 号 日 本 を 海 外 で 戦 争 する 国 にする 立 法 案 の 廃 案 へ の 意 見 書 の 提 出 を 求 める 請 願 書 を 議 題 といたし これより 先 ほどの 委 員 長 報 告 に 対 する 質 疑 を 開 始 いたし ( 質 疑 なし

More information

海賊対策の強化に向けた提言

海賊対策の強化に向けた提言 海 賊 対 策 の 強 化 に 向 けた 提 言 2011 年 10 月 18 日 ( 社 ) 日 本 経 済 団 体 連 合 会 ソマリア 沖 アデン 湾 はアジアと 欧 州 を 結 ぶ 海 上 輸 送 の 要 衝 であり 同 海 域 に 出 没 する 海 賊 問 題 への 対 応 は 世 界 各 国 の 海 上 輸 送 の 安 全 の 確 保 にとって 重 要 な 鍵 である そこで NATO(

More information

なか

なか 民 生 福 祉 常 任 委 員 会 記 録 平 成 26 年 6 月 9 日 開 催 日 平 成 26 年 6 月 9 日 開 催 場 所 第 1 委 員 会 室 開 会 散 会 時 間 午 前 11 時 20 分 ~ 午 前 11 時 33 分 出 席 委 員 委 員 長 下 瀬 俊 夫 副 委 員 長 矢 田 松 夫 委 員 石 田 清 廉 委 員 岩 本 信 子 委 員 小 野 泰 委 員 三

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

岡 本 ( 充 ) 委 員 そういう 意 味 では 私 も 閣 議 の 中 でどういう 議 論 をされているかわかりませんけ れども ある 意 味 自 分 の 首 をかけても 自 分 の 信 念 は 曲 げないんだと 言 って 更 迭 をされた 大 臣 も 私 の 記 憶 をする 中 でも 平 成

岡 本 ( 充 ) 委 員 そういう 意 味 では 私 も 閣 議 の 中 でどういう 議 論 をされているかわかりませんけ れども ある 意 味 自 分 の 首 をかけても 自 分 の 信 念 は 曲 げないんだと 言 って 更 迭 をされた 大 臣 も 私 の 記 憶 をする 中 でも 平 成 岡 本 の 国 会 での 質 問 170- 衆 - 厚 生 労 働 委 員 会 -3 号 平 成 20 年 11 月 14 日 田 村 委 員 長 休 憩 前 に 引 き 続 き 会 議 を 開 きます 質 疑 を 続 行 いたします 岡 本 充 功 君 岡 本 ( 充 ) 委 員 民 主 党 の 岡 本 です まず 冒 頭 午 前 の 柚 木 委 員 の 質 問 に 対 して 私 からも 改 めてちょっと

More information

<5461726F2D8252815E825281408E518145975C8E5A81698B6089C6816A2E6A>

<5461726F2D8252815E825281408E518145975C8E5A81698B6089C6816A2E6A> 3 月 3 日 参 予 算 委 員 会 義 家 議 員 からの 質 問 総 理 答 弁 大 臣 答 弁 自 由 民 主 党 の 義 家 弘 介 です まず 鳩 山 総 理 にお 伺 いいたします 今 日 三 月 三 日 は 総 理 の 御 地 元 の 北 海 道 の 子 供 たちにとって 特 別 な 日 となっており ますが 今 日 は 何 の 日 か 御 存 じでしょうか 全 国 的 にひな 祭

More information

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい 東 北 大 学 消 費 者 法 問 題 研 究 会 2006.4.22. 行 政 による 消 費 者 被 害 救 済 事 業 者 制 裁 を 考 える * 細 川 幸 一 1. 問 題 意 識 消 費 者 問 題 の 解 決 には 消 費 者 自 らが 消 費 者 私 法 を 活 用 し 権 利 利 益 の 回 復 を 図 る 司 法 的 手 段 と 行 政 が 市 場 に 介 入 し 事 業 者

More information

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx 意 見 書 案 第 7 号 最 低 賃 金 の 改 定 等 に 関 する 意 見 書 日 本 経 済 の 先 行 きについては 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 が 続 く 中 で 緩 やかな 回 復 に 向 かう ことが 期 待 される 一 方 昨 年 11 月 に 国 が 発 表 した 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けて 緊 急 に 実 施 すべき 対 策 では 最 低 賃

More information

第 1 号

第 1 号 日 程 第 3 議 案 第 47 号 開 成 町 家 庭 的 保 育 事 業 等 の 設 備 及 び 運 営 に 関 する 基 準 を 定 める 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 制 定 することについてを 議 題 といたします 提 案 理 由 を 町 長 に 求 めます 町 長 町 長 ( 府 川 裕 一 ) 提 案 理 由 児 童 福 祉 施 設 最 低 基 準 の 一 部 を

More information

監 査 のエキスパートでいらっしゃるという 御 発 言 がござい ました 上 田 監 査 も 監 査 のエキスパートであると 私 は 承 知 いたしておりますし 監 査 委 員 としてその 任 を 果 たされ ているものと 承 知 しておりまつまり 監 査 のエキスパ ートが 正 式 な NHK 経

監 査 のエキスパートでいらっしゃるという 御 発 言 がござい ました 上 田 監 査 も 監 査 のエキスパートであると 私 は 承 知 いたしておりますし 監 査 委 員 としてその 任 を 果 たされ ているものと 承 知 しておりまつまり 監 査 のエキスパ ートが 正 式 な NHK 経 総 務 委 員 会 (2014 年 6 月 17 日 ) 議 事 録 5/5 放 送 法 及 び 電 波 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 [ 議 事 録 5/5] 今 後 の 人 事 異 動 方 針 経 営 委 員 会 議 事 録 の 作 成 公 表 基 準 の 明 確 化 人 事 に 関 連 して 会 長 に 一 つ 伺 いま 1 月 25 日 241 名 の 新 入 職 員 は 省

More information

Microsoft Word - ☆第31回事業評価監視委員会議事録_最終_ .docx

Microsoft Word - ☆第31回事業評価監視委員会議事録_最終_ .docx ---------------------------------------- 再 評 価 4. 広 域 河 川 改 修 事 業 大 谷 川 ---------------------------------------- 議 長 午 後 の 審 議 を 再 開 いたします 今 回 は 再 評 価 4 番 の 広 域 河 川 改 修 事 業 大 谷 川 について 説 明 をお 願 いいたします 河

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

引 き 下 げを 行 ったところあり 職 員 の 給 与 水 準 は 適 正 であると 考 えており また 定 員 適 正 化 計 画 に 基 づき 全 体 的 な 人 件 費 の 削 減 にも いち 早 く 取 り 組 んでまいりました 以 上 のようなことから 10% 削 減 は 考 えておりま

引 き 下 げを 行 ったところあり 職 員 の 給 与 水 準 は 適 正 であると 考 えており また 定 員 適 正 化 計 画 に 基 づき 全 体 的 な 人 件 費 の 削 減 にも いち 早 く 取 り 組 んでまいりました 以 上 のようなことから 10% 削 減 は 考 えておりま 2010 年 12 月 1 日 通 告 15 日 一 般 質 問 山 県 市 議 会 寺 町 知 正 ( 質 問 と 答 弁 を 並 べ 替 えて 分 かりやすくした 今 回 は 時 間 がたりず 実 質 再 質 問 は 無 し) 質 問 番 号 1 番 答 弁 者 副 市 長 質 問 事 項 人 口 増 加 若 者 定 住 のために 転 入 市 民 税 新 築 住 宅 減 税 子 育 て 支 援

More information

Microsoft Word - 速記録140603b.docx

Microsoft Word - 速記録140603b.docx 小 池 晃 君 日 本 共 産 党 の 小 池 晃 です 介 護 保 険 利 用 料 の 問 題 について 質 問 します 法 案 は 所 得 が 一 定 以 上 の 人 について 利 用 料 を 一 割 負 担 から 二 割 負 担 に 引 き 上 げる ど のラインで 二 割 にするかというと 所 得 百 六 十 万 円 年 金 収 入 なら 二 百 八 十 万 円 というこ となんですが これは

More information

答申書

答申書 諮 問 庁 : 法 務 大 臣 諮 問 日 : 平 成 14 年 8 月 1 日 答 申 日 : 平 成 14 年 9 月 18 日 事 件 名 : 熊 本 刑 務 所 が 本 人 に 対 して 行 った 分 類 調 査 や 累 進 審 査 の 結 果 を 記 録 し た 分 類 調 査 票 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に 関 する 件 ( 平 成 14 年 諮 問 第

More information

 

  資 料 3 論 点 4 26 条 防 犯 に 関 する 施 策 に 関 する 委 員 意 見 浅 倉 むつ 子 委 員 防 犯 に 関 し 収 集 すべきデータ 等 について 犯 罪 被 害 の 認 知 件 数 及 び 被 害 発 生 率 については 平 成 23 年 版 犯 罪 白 書 に 記 載 があり 男 女 別 の 被 害 発 生 率 も 示 されている しかし 障 害 者 がどの ような

More information

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版)

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版) 広 島 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 35 回 ) 議 事 概 要 第 1 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 16 日 ( 月 ) 午 前 9 時 45 分 第 2 開 催 場 所 広 島 地 方 裁 判 所 第 一 会 議 室 第 3 出 席 者 [ 委 員 ] 江 種 則 貴, 大 久 保 隆 志, 後 藤 友 之, 小 西 洋, 佐 々 木 和 宏, 髙 尾 ひとみ, 平 岡

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

十 六 年 それから 五 十 五 年 そして 平 成 に 入 っても 十 一 年 十 八 年 二 十 二 年 このようにずっとやってきて いるわけであります その 中 で 今 回 五 十 五 歳 を 超 える 職 員 についての 原 則 昇 給 停 止 こういったものをやろうではないか 我 々 も

十 六 年 それから 五 十 五 年 そして 平 成 に 入 っても 十 一 年 十 八 年 二 十 二 年 このようにずっとやってきて いるわけであります その 中 で 今 回 五 十 五 歳 を 超 える 職 員 についての 原 則 昇 給 停 止 こういったものをやろうではないか 我 々 も 平 成 25 年 05 月 30 総 務 委 員 会 での 会 議 録 上 西 委 員 日 本 維 新 の 会 上 西 小 百 合 です 通 告 に 従 って 順 次 質 問 させていただきます 官 民 較 差 という 言 葉 を 新 聞 や 雑 誌 で 見 るようになって 久 しくなりました 要 するに 公 務 員 と 民 間 企 業 の 給 料 や 待 遇 面 の 差 が 大 きく 公 務 員

More information

平成26年試験問題AP-4.indd

平成26年試験問題AP-4.indd a 0 7 0 4 0 0 0 0 a 平 成 26 年 保 育 士 試 験 問 題 児 童 家 庭 福 祉 ( 選 択 式 20 問 ) 指 示 があるまで 開 かないこと 解 答 用 紙 記 入 上 の 注 意 事 項 1 解 答 用 紙 と 受 験 票 の 受 験 番 号 が 同 じであるか カナ 氏 名 科 目 名 を 確 認 し 誤 り がある 場 合 は 手 を 挙 げて 監 督 員 に

More information

直 接 謝 罪 するなど 異 例 の 事 態 となった 2. 本 件 事 故 の 海 難 審 判 及 び 刑 事 裁 判 (1) 主 な 争 点 漁 船 清 徳 丸 の 航 跡 と 護 衛 艦 あたご の 避 航 義 務 注 意 義 務 が 争 点 となった これは あたごの 避 航 義 務 の 有

直 接 謝 罪 するなど 異 例 の 事 態 となった 2. 本 件 事 故 の 海 難 審 判 及 び 刑 事 裁 判 (1) 主 な 争 点 漁 船 清 徳 丸 の 航 跡 と 護 衛 艦 あたご の 避 航 義 務 注 意 義 務 が 争 点 となった これは あたごの 避 航 義 務 の 有 海 難 事 故 調 査 について 海 上 自 衛 隊 護 衛 艦 あたご 漁 船 清 徳 丸 衝 突 事 故 を 例 に 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 日 本 海 事 新 聞 1310 日 本 海 事 センター 企 画 研 究 部 首 席 研 究 員 池 田 敏 郎 ポイント 小 型 船 を 巻 き 込 んだ 海 難 事 故 調 査 は 必 ずしも 容 易 ではない 海 難 審 判 と 刑 事 裁

More information

(3) 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 実 行 滞 納 管 理 費 等 に 係 る 債 権 は 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 被 担 保 債 権 となってい るため 債 務 名 義 ( 確 定 判 決 等 )を 取 得 せずとも 先 取 特 権 の

(3) 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 実 行 滞 納 管 理 費 等 に 係 る 債 権 は 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 被 担 保 債 権 となってい るため 債 務 名 義 ( 確 定 判 決 等 )を 取 得 せずとも 先 取 特 権 の 滞 納 管 理 費 等 回 収 のための 管 理 組 合 による 措 置 に 係 るフローチャート( 解 説 ) フローチャートにおける 各 手 順 の 概 要 は つぎのとおりである (1) 督 促 管 理 組 合 は 滞 納 者 に 対 して 滞 納 管 理 費 等 の 支 払 の 督 促 とともに 今 後 も 滞 納 が 継 続 する 場 合 には その 状 況 に 応 じてさらなる 措 置

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc) 定 款 平 成 19 年 6 月 全 国 商 工 会 連 合 会 全 国 商 工 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 連 合 会 ( 以 下 本 連 合 会 という )は 商 工 会 及 び 都 道 府 県 商 工 会 連 合 会 の 健 全 な 発 達 を 図 り もって 商 工 業 の 振 興 に 寄 与 することを 目 的 と する ( 名

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

第1 謝罪・名誉回復について

第1 謝罪・名誉回復について 2012 年 5 月 17 日 厚 生 労 働 大 臣 小 宮 山 洋 子 殿 平 成 24 年 度 ハンセン 病 問 題 対 策 協 議 会 統 一 要 求 書 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 原 告 団 協 議 会 全 国 ハンセン 病 療 養 所 入 所 者 協 議 会 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 弁 護 団 連 絡 会 第 1 謝 罪 名 誉

More information

規 則 第 4 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき が 臨 時 に 代 理 して 4 月 5 日 付 けで 表 彰 の 決 定 をいたしましたので 御 報 告 し 承 認 をいただき たくお 諮 り 申 し 上 げます 御 審 議 のほど よろしくお 願 いいたしま す ただいま 教 育 政

規 則 第 4 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき が 臨 時 に 代 理 して 4 月 5 日 付 けで 表 彰 の 決 定 をいたしましたので 御 報 告 し 承 認 をいただき たくお 諮 り 申 し 上 げます 御 審 議 のほど よろしくお 願 いいたしま す ただいま 教 育 政 山 口 県 教 育 委 員 会 会 議 録 日 時 : 平 成 28 年 4 月 21 日 場 所 : 山 口 県 教 育 庁 教 育 委 員 会 室 ただいまから 4 月 の 教 育 委 員 会 会 議 を 開 催 いたします 最 初 に 本 日 の 署 名 委 員 の 指 名 を 行 います 中 田 委 員 と 佐 野 委 員 よろしくお 願 いします 本 日 は 新 年 度 最 初 の 会 議

More information

愛知県公安委員会活動概要

愛知県公安委員会活動概要 定 例 公 安 委 員 会 日 時 : 平 成 20 年 1 月 11 日 9 時 00 分 ~12 時 35 分 出 席 委 員 : 髙 山 委 員 長 大 森 委 員 豊 田 委 員 楠 田 委 員 小 笠 原 委 員 1 全 体 審 議 ( 公 安 委 員 会 会 議 室 ) 案 件 件 名 担 当 部 出 席 者 2 月 の 行 事 予 定 警 務 部 本 部 長 年 末 における 特 別

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63> 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 調 査 及 び 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 等 支 援 に 関 する 特 別 法 ( 法 律 第 10986 号 2011.8.4 一 部 改 正 2011.8.4 施 行 ) 仮 訳 第 1 条 ( 目 的 ) この 法 は 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 の 真 相 を 究 明 し 歴 史 の 真 実 を 明 らかにするとともに 1965

More information

平成22年第4回臨時会

平成22年第4回臨時会 平 成 26 年 第 2 回 臨 時 会 総 務 民 生 常 任 委 員 会 会 議 録 期 日 : 平 成 26 年 4 月 16 日 ( 水 ) 場 所 : 大 曲 庁 舎 第 1 委 員 会 室 大 仙 市 議 会 総 務 民 生 常 任 委 員 会 会 議 録 日 時 : 平 成 26 年 4 月 16 日 ( 水 曜 日 ) 午 前 10 時 24 分 ~ 午 前 11 時 09 分 会

More information

7. 報 告 事 項 (1) 地 域 公 共 交 通 会 議 規 約 等 について 8. 議 題 (1) 役 員 選 出 について (2) 平 成 27 年 度 予 算 について (3) 地 域 公 共 交 通 網 形 成 計 画 策 定 支 援 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザ

7. 報 告 事 項 (1) 地 域 公 共 交 通 会 議 規 約 等 について 8. 議 題 (1) 役 員 選 出 について (2) 平 成 27 年 度 予 算 について (3) 地 域 公 共 交 通 網 形 成 計 画 策 定 支 援 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザ 平 成 27 年 度 第 1 回 周 南 市 地 域 公 共 交 通 会 議 議 事 録 1. 日 時 平 成 27 年 6 月 18 日 10 時 00 分 ~10 時 55 分 2. 場 所 周 南 市 文 化 会 館 3 階 展 示 室 3. 出 席 委 員 :16 名 団 体 名 周 南 市 環 境 生 活 部 長 中 国 運 輸 局 山 口 運 輸 支 局 防 長 交 通 株 式 会 社

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

Microsoft Word - 01 議事次第.docx

Microsoft Word - 01 議事次第.docx 地 方 分 権 の 進 展 に 対 応 した 行 政 の 実 効 性 確 保 のあり 方 に 関 する 検 討 会 ( 第 1 回 ) 議 事 次 第 平 成 24 年 6 月 18 日 ( 月 ) 12:30~14:30 総 務 省 6 階 601 会 議 室 ( 議 事 次 第 ) 1. 開 会 2. 久 元 自 治 行 政 局 長 挨 拶 3. 検 討 会 開 催 要 綱 等 について 4.

More information

平 成 27 年 駒 ヶ 根 市 教 育 委 員 会 第 10 回 臨 時 会 会 議 録 駒 ヶ 根 市 教 育 委 員 会 平 成 27 年 駒 ヶ 根 市 教 育 委 員 会 第 10 回 臨 時 会 議 事 日 程 告 示 年 月 日 平 成 27 年 7 月 22 日 開 催 年 月 日 平 成 27 年 7 月 29 日 ( 水 曜 日 ) 開 催 場 所 JA 上 伊 那 アイパルいなん4

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

Microsoft Word 制裁強化の動きについて

Microsoft Word 制裁強化の動きについて 最 近 における 制 裁 強 化 の 動 きについて 2013.4.23 連 合 会 館 金 東 鶴 1. 制 裁 期 間 を2 年 に 拡 大 し 継 続 決 定 2. 再 入 国 許 可 の 不 許 可 対 象 の 拡 大 3. 高 校 無 償 化 から 制 度 的 に 締 め 出 すための 省 令 改 正 4. 補 助 金 固 定 資 産 税 についても 締 め 付 け 強 化 か!? 1 [

More information

(2) 自 衛 隊 に 対 して 避 難 住 民 の 誘 導 を 要 請 する(P5 P46 P65) 件 について 戦 争 の 世 紀 といわれる20 世 紀 の 人 類 史 において 戦 争 や 紛 争 の 都 度 一 般 民 衆 の 死 者 は 夥 しい 数 にのぼり 第 2 次 世 界 大

(2) 自 衛 隊 に 対 して 避 難 住 民 の 誘 導 を 要 請 する(P5 P46 P65) 件 について 戦 争 の 世 紀 といわれる20 世 紀 の 人 類 史 において 戦 争 や 紛 争 の 都 度 一 般 民 衆 の 死 者 は 夥 しい 数 にのぼり 第 2 次 世 界 大 パブリックコメントに 対 する 回 答 ( 石 狩 市 国 民 保 護 計 画 ) 意 見 の 要 旨 回 答 9 月 発 行 石 狩 市 による 国 民 保 護 計 画 の 素 案 を 一 読 して 二 度 と 再 びそのようなことにはならないと 信 じてきた 戦 争 が すぐそこま で 迫 ってきているような 恐 怖 を 感 じ 子 や 孫 たちの 未 来 に 強 い 不 安 を 覚 えましたので

More information

平成  年(厚)第  号

平成  年(厚)第  号 項 番 2 平 成 21 年 ( 健 ) 第 71 号 平 成 22 年 2 月 26 日 裁 決 主 文 1 後 記 第 2の2 記 載 の 原 処 分 のうち 平 成 〇 年 〇 月 〇 日 から 同 年 〇 月 〇 日 までの 期 間 について 傷 病 手 当 金 を 支 給 しないとした 部 分 を 取 り 消 す 2 その 余 の 本 件 再 審 査 請 求 を 棄 却 する 理 由 第

More information

セッション 2 / ポスターセッション ると 主 権 免 責 という 歴 史 があり ポスター 3 ます これは King can do no wrong( 王 は 不 法 をなさない) ということです イギリスは 王 様 のいる 国 ですので 王 様 は 悪 いことはしないのだ 王 様 に 対 し

セッション 2 / ポスターセッション ると 主 権 免 責 という 歴 史 があり ポスター 3 ます これは King can do no wrong( 王 は 不 法 をなさない) ということです イギリスは 王 様 のいる 国 ですので 王 様 は 悪 いことはしないのだ 王 様 に 対 し 助 成 研 究 演 題 - 平 成 23 年 度 国 内 共 同 研 究 (39 歳 以 下 ) 医 薬 品 の 審 査 承 認 行 為 に 対 する 国 の 賠 償 責 任 に 関 する 国 際 比 較 首 都 大 学 東 京 都 市 教 養 学 部 法 学 系 助 教 ( 助 成 時 : 東 京 大 学 政 策 ビジョン 研 究 センター 特 任 研 究 員 ) 畑 中 綾 子 ポスター -1

More information

日米地位協定の運用改善の経緯―米兵等の容疑者の身柄引渡しをめぐって―

日米地位協定の運用改善の経緯―米兵等の容疑者の身柄引渡しをめぐって― ISSUE BRIEF 日 米 地 位 協 定 の 運 用 改 善 の 経 緯 米 兵 等 の 容 疑 者 の 身 柄 引 渡 しをめぐって 国 立 国 会 図 書 館 ISSUE BRIEF NUMBER 766(2013.1.24.) はじめに Ⅰ 日 米 地 位 協 定 と 運 用 改 善 Ⅱ 米 兵 等 の 容 疑 者 引 渡 しをめぐる 動 き 1 日 米 地 位 協 定 における 規 定

More information

務 の 相 談 を 受 け 助 言 や 啓 発 などを 行 う 消 費 生 活 センターは 決 して 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センターの 下 部 組 織 ではありませんが 国 民 生 活 センターで 消 費 生 活 センターの 相 談 員 が 研 修 するなど 両 者 は 不 離 一

務 の 相 談 を 受 け 助 言 や 啓 発 などを 行 う 消 費 生 活 センターは 決 して 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センターの 下 部 組 織 ではありませんが 国 民 生 活 センターで 消 費 生 活 センターの 相 談 員 が 研 修 するなど 両 者 は 不 離 一 平 成 25 年 06 月 13 消 費 者 問 題 特 別 委 員 会 での 会 議 録 上 西 委 員 日 本 維 新 の 会 上 西 小 百 合 です 通 告 に 従 って 質 問 させていただきます 去 る 六 月 九 日 皇 太 子 殿 下 と 雅 子 妃 殿 下 が 御 成 婚 二 十 周 年 を 迎 えられましたことが 大 きく 報 道 されました ま さに 御 同 慶 の 至 りでございます

More information

Microsoft Word - 生活福祉記録( ).doc

Microsoft Word - 生活福祉記録( ).doc 生 活 福 祉 保 健 委 員 会 記 録 1 期 日 平 成 20 年 11 月 19 日 ( 水 ) 2 場 所 第 3 委 員 会 室 3 出 席 委 員 委 員 長 日 下 美 香 副 委 員 長 森 川 家 忠 委 員 蔵 本 健 山 下 智 之 髙 橋 雅 洋 川 上 征 矢 辻 恒 雄 中 津 信 義 蒲 原 敏 博 奥 原 信 也 4 欠 席 委 員 委 員 林 正 夫 5 出 席

More information

かなというふうなことで 少 しよくその 辺 全 体 像 を 考 えながら 関 係 省 庁 と 協 力 して 検 討 してみてくださいということをお 願 いしたという そんなところです だから 今 はまだ 具 体 的 にどうするかという どうすべきなのかというところまでは まだ 申 し 上 げておりま

かなというふうなことで 少 しよくその 辺 全 体 像 を 考 えながら 関 係 省 庁 と 協 力 して 検 討 してみてくださいということをお 願 いしたという そんなところです だから 今 はまだ 具 体 的 にどうするかという どうすべきなのかというところまでは まだ 申 し 上 げておりま 原 子 力 規 制 委 員 会 記 者 会 見 録 日 時 : 平 成 27 年 11 月 25 日 ( 水 )14:30~ 場 所 : 原 子 力 規 制 委 員 会 庁 舎 記 者 会 見 室 対 応 : 田 中 委 員 長 < 質 疑 応 答 > 司 会 それでは 定 刻 になりましたので ただ 今 から 原 子 力 規 制 委 員 会 の 定 例 会 見 を 始 めたいと 思 います 早 速

More information

平成23年12月13日

平成23年12月13日 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 11 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき 地 方 独 立 行 政 法 人 大

More information

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する 地 価 公 示 と 都 道 府 県 地 価 調 査 との 関 係 1. 国 土 利 用 計 画 法 制 定 時 の 公 示 価 格 の 活 用 方 法 とその 後 の 変 遷 (1) 国 土 利 用 計 画 法 の 制 定 時 の 議 論 国 土 利 用 計 画 法 は 人 口 産 業 の 大 都 市 への 集 中 に 伴 う 地 価 高 騰 等 といった 土 地 問 題 の 解 決 を 図 るために

More information

1 県 本 部 各 部 課 長 県 下 各 警 察 署 長 殿 原 議 永 年 保 存 共 00 00 10 31 5 年 宮 本 総 第 1 1 7 7 号 平 成 24 年 12 月 28 日 宮 城 県 警 察 本 部 長 宮 城 県 公 安 委 員 会 の 権 限 に 属 する 事 の 専 決 に 関 する 規 程 の 一 部 改 正 について ( 通 達 宮 城 県 公 安 委 員 会 の 権

More information

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正)

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正) 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 38 号 最 終 改 正 平 成 26 年 12 月 18 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 任 免 ( 第 5 条 第 29 条 ) 第 1 節 採 用 ( 第 5 条 第 9 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 等

More information

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 改 正 平 成 18 年 10 月 2 日 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 改 正 平 成 23 年 10 月 1 日 改 正 平 成 26 年 3 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C0947B90578E4F82CC8F57926393498EA989718CA094AD8CBE985E2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C0947B90578E4F82CC8F57926393498EA989718CA094AD8CBE985E2E646F63> 安 倍 晋 三 氏 の 集 団 的 自 衛 権 論 国 会 での 発 言 録 集 成 2007 年 5 月 6 日 作 成 醍 醐 聰 ( 注 )1. 本 資 料 は 国 会 会 議 録 検 索 システム を 利 用 して 安 倍 晋 三 氏 の 国 会 での 発 言 ( 質 問 あるいは 答 弁 )の 中 から 集 団 的 自 衛 権 というキーワードで ヒットしたものを 新 しいものから 順 に

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 40 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 委 員 長 藤 田 義 嗣 委 員 ( 委 員 長 職 務 代 理 者 ) 土 井 真 一 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 ( 教 育 長 ) 河 原

More information