Microsoft PowerPoint 【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx"

Transcription

1 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 等 発 電 の 導 入 促 進 について 平 成 25 年 10 月 3 日 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 農 業 水 産 部 農 業 振 興 課

2 目 次 1. 小 水 力 等 発 電 導 入 の 状 況 について 2. 制 度 手 続 き 規 制 緩 和 について 3. 農 業 農 村 整 備 事 業 等 における 助 成 制 度 について 4. 小 水 力 発 電 の 導 入 促 進 に 関 する 課 題 体 制 等 5. 北 海 道 の 農 業 水 利 施 設 への 再 生 可 能 エネルギー 導 入 に 関 する 相 談 窓 口 について 1

3 1. 小 水 力 等 発 電 導 入 の 状 況 について 1-1. 農 業 農 村 整 備 事 業 による 小 水 力 発 電 の 整 備 状 況 1-2. 新 たな 土 地 改 良 長 期 計 画 ( 平 成 24 年 3 月 30 日 閣 議 決 定 )の 概 要 1-3. 北 海 道 における 中 小 水 力 発 電 の 現 状 1-4. 北 海 道 における 農 業 水 利 施 設 1-5. 北 海 道 における 農 業 水 利 施 設 への 小 水 力 発 電 導 入 の 検 討 状 況 2

4 1-1. 農 業 農 村 整 備 事 業 による 小 水 力 発 電 の 整 備 状 況 農 業 農 村 整 備 事 業 では 土 地 改 良 施 設 の 操 作 に 必 要 な 電 力 供 給 などを 目 的 に これまでに31 地 区 で 小 水 力 発 電 施 設 を 整 備 小 水 力 発 電 施 設 ( 全 国 31 地 区 整 備 済 )は 全 て 最 大 出 力 が100kW 以 上 の 施 設 で 大 半 の 施 設 は1,000kW 未 満 出 力 合 計 2.5 万 kw 年 間 約 1 億 1,500 万 kwhの 発 電 が 可 能 ( 約 32,000 世 帯 の 年 間 消 費 電 力 量 に 相 当 ) * 家 庭 での 年 間 消 費 電 力 量 =1,864 億 kwh( 資 源 エネルギー 庁 H22 電 力 調 査 統 計 )/5,195 万 世 帯 (H22 国 勢 調 査 )= 約 3,500kWh/ 年 世 帯 農 業 農 村 整 備 事 業 で 整 備 した31 地 区 の 小 水 力 発 電 施 設 の 年 間 発 電 電 力 量 115,632MWh/1 世 帯 の 年 間 電 力 使 用 量 3,500kWh= 約 33,000 世 帯 小 水 力 発 電 施 設 の 設 置 平 成 25 年 8 月 時 点 地 域 用 水 環 境 整 備 事 業 計 画 建 設 中 31 地 区 五 城 地 区 (1100kW) 愛 本 新 地 区 (530kW) 庄 川 右 岸 地 区 (640kW) 庄 川 地 区 (550kW) 打 尾 川 地 区 (910kW) 中 島 地 区 (630kW) 上 郷 地 区 (640kW) 両 筑 平 野 地 区 (1110kW) 十 三 塚 原 地 区 (190kW) 金 峰 地 区 (170kW) 曽 於 南 部 地 区 (400kW) 西 諸 地 区 (1790kW) 肝 属 中 部 地 区 (277kW) 徳 之 島 用 水 地 区 (419kW) 尾 鈴 地 区 (47kW) 村 山 北 部 地 区 (166kW) 胎 内 地 区 (960kW) 加 治 川 沿 岸 地 区 (2900kW) 山 田 新 田 地 区 (520kW) 南 紀 島 ノ 瀬 地 区 (140kW) 東 播 用 水 二 期 地 区 (171kW 327kW ) 曽 江 谷 地 区 (29kW) 吉 井 川 下 流 地 区 (2400kW) 川 小 田 地 区 (720kW) 大 野 原 地 区 (260kW) 大 淀 川 左 岸 地 区 (640kW) 当 麻 永 山 用 水 地 区 (130kW) 那 珂 川 沿 岸 地 区 (157kW) 神 流 川 沿 岸 地 区 (199kW) 中 信 平 二 期 地 区 (499kW) 大 井 川 用 水 地 区 (893kW) 西 目 地 区 (740kW) 馬 淵 川 沿 岸 地 区 (810kW) 和 賀 中 央 地 区 (232kW) 迫 川 上 流 地 区 (1000kW) 会 津 北 部 地 区 (570kW) 会 津 宮 川 地 区 (1100kW) 新 安 積 地 区 (2230kW) 西 濃 用 水 第 二 期 地 区 (71kW) 高 田 地 区 (282kW) 備 北 地 区 (510kW) 那 須 野 原 地 区 (340kW) 整 備 完 了 事 業 地 区 名 ( 最 大 出 力 ) 31 地 区 かん 排 等 土 地 改 良 事 業 25 地 区 農 村 総 合 整 備 事 業 等 4 地 区 地 域 用 水 環 境 整 備 事 業 2 地 区 計 画 建 設 中 42 地 区 かん 排 土 地 改 良 事 業 11 地 区 地 域 用 水 環 境 整 備 事 業 31 地 区 ( 右 表 参 照 ) 地 区 名 都 道 府 県 最 大 出 力 (kw) 三 本 木 青 森 196 千 貫 石 岩 手 138 普 代 岩 手 25 内 川 宮 城 6 野 川 山 形 198 那 須 野 原 栃 木 460 韮 崎 山 梨 20 南 アルプス 山 梨 28 平 川 長 野 180 波 田 堰 長 野 17 里 島 長 野 37 新 エネ 大 井 川 右 岸 静 岡 大 井 川 Ⅰ 期 静 岡 152 池 平 新 潟 59 鋤 川 富 山 570 中 野 放 水 路 富 山 500 日 野 川 用 水 福 井 141 加 子 母 小 郷 岐 阜 220 西 山 岐 阜 198 石 徹 白 (いとしろ) 岐 阜 68 羽 布 ダム 愛 知 861 湖 北 滋 賀 61 鮎 屋 川 ダム 兵 庫 18 上 津 ダム 奈 良 72 下 蚊 屋 鳥 取 226 船 上 山 鳥 取 110 三 川 ダム 広 島 550 志 河 川 ダム 愛 媛 57 元 治 水 大 分 330 明 正 大 分 100 松 木 ダム 大 分 地 区 の 小 水 力 発 電 施 設 平 均 実 績 最 大 出 力 約 790kw 建 設 費 約 130 万 円 /kw 設 備 利 用 率 約 54% 3

5 1-2. 新 たな 土 地 改 良 長 期 計 画 ( 平 成 24 年 3 月 30 日 閣 議 決 定 )の 概 要 平 成 24 年 3 月 政 府 は 農 業 の 体 質 強 化 と 震 災 からの 復 興 等 を 図 るため これから5 年 間 ( 平 成 24~28 年 度 )の 土 地 改 良 事 業 の 基 本 方 針 となる 土 地 改 良 長 期 計 画 を 策 定 重 点 指 標 として 小 水 力 発 電 等 の 再 生 利 用 可 能 エネルギーの 導 入 に 向 けた 計 画 作 成 に 着 手 済 みの 地 域 ( 約 1,000 地 域 ) を 設 定 4

6 1-3. 北 海 道 における 中 小 水 力 発 電 の 現 状 119 施 設 94 うち 小 水 力 (1,000kW 未 満 ) 内 訳 は 25 施 設 発 電 専 用 ダム 等 施 設 治 水 ダム 浄 水 場 の 管 理 用 発 電 など ,000kW 以 上 200~1,000kW 200kW 未 満 北 海 道 経 済 部 HPより 農 業 水 利 施 設 への 導 入 は まだまだこれから 5

7 1-4. 北 海 道 における 農 業 水 利 施 設 北 海 道 における 基 幹 水 利 施 設 1 の 設 置 状 況 ( 平 成 22 年 3 月 集 計 2 ) 貯 水 池 109 箇 所 / 全 国 1,269 箇 所 頭 首 工 213 箇 所 / 1,956 箇 所 水 路 延 長 12,015 km / 49,745 km 1 基 幹 水 利 施 設 農 業 用 の 用 排 水 を 目 的 とした 受 益 面 積 100ha 以 上 の 施 設 2 農 林 水 産 省 農 村 振 興 局 農 業 基 盤 情 報 基 礎 調 査 より いずれも 全 国 1 位 の 施 設 規 模 既 存 の 施 設 資 源 の 有 効 活 用 6

8 1-5. 北 海 道 における 農 業 水 利 施 設 への 小 水 力 発 電 導 入 の 検 討 状 況 現 在 ( 平 成 25 年 度 ) 国 営 事 業 5 地 区 補 助 事 業 11 地 区 の 計 16 地 区 において 導 入 を 検 討 中 てしおがわ 近 文 国 営 補 助 築 別 当 麻 永 山 用 水 雄 武 神 竜 北 海 当 別 山 部 ( 二 期 ) 芽 室 東 神 楽 富 里 緑 音 更 清 水 勇 払 東 部 ( 二 期 ) 7

9 2. 制 度 手 続 き 規 制 緩 和 について 2-1. 固 定 価 格 買 取 制 度 の 調 達 価 格 調 達 期 間 について 2-2. 小 水 力 発 電 施 設 の 使 用 開 始 までの 主 な 手 続 き 河 川 法 電 気 事 業 法 電 力 需 給 契 約 2-3. 河 川 法 小 水 力 発 電 に 関 する 新 規 水 利 権 の 手 続 きの 簡 素 化 2-4. 電 気 事 業 法 選 任 届 け 出 が 必 要 なもの 小 水 力 発 電 に 関 する 手 続 きの 簡 素 化 主 任 技 術 者 の 選 任 ダム 水 路 主 任 技 術 者 選 任 に 関 する 規 制 緩 和 ( 全 国 水 土 里 ネット 全 国 農 業 用 水 小 水 力 発 電 推 進 協 議 会 ) 2-5. 系 統 連 系 に 係 る 規 制 緩 和 バンク 逆 潮 流 制 限 への 対 策 に 伴 う 規 制 緩 和 8

10 ( 2-1. 参 考 ) 固 定 価 格 買 取 制 度 の 調 達 価 格 調 達 期 間 について(1/2) 中 小 水 力 のH25 年 度 調 達 価 格 はH24 年 度 と 同 じ 平 成 24 年 6 月 18 日 付 け 経 済 産 業 省 告 示 第 139 号 経 済 産 業 大 臣 が 定 める 価 格 及 び 期 間 最 終 改 正 平 成 25 年 3 月 29 日 経 済 産 業 省 告 示 第 79 号 9

11 2-1. 固 定 価 格 買 取 制 度 の 調 達 価 格 調 達 期 間 について(2/2) 平 成 25 年 度 価 格 10

12 2-2. 小 水 力 発 電 施 設 の 使 用 開 始 までの 主 な 手 続 き 計 画 設 計 地 方 整 備 局 北 海 道 開 発 局 河 川 法 23 条 水 利 使 用 の 許 可 申 請 必 要 に 応 じ 取 水 施 設 の 完 成 検 査 等 経 済 産 業 局 電 気 事 業 法 43 条 電 気 主 任 技 術 者 ダム 水 路 主 任 技 術 者 選 任 電 気 事 業 法 48 条 工 事 計 画 の 事 前 届 出 再 エネ 特 別 措 置 法 設 備 認 定 申 請 ( 管 理 体 制 製 品 型 式 番 号 等 提 出 ) 電 力 会 社 電 力 受 給 及 び 接 続 契 約 事 前 の 接 続 検 討 依 頼 契 約 の 申 込 み 再 エネ 特 別 措 置 法 調 達 価 格 で 受 給 する 契 約 申 込 み 接 続 の 請 求 に 応 ずる 義 務 を 規 定 固 定 価 格 買 取 制 度 施 設 の 整 備 保 安 規 程 届 出 電 力 会 社 と 受 給 及 び 接 続 契 約 の 締 結 接 続 工 事 の 完 了 使 用 開 始 11

13 2-3. 河 川 法 ( 小 水 力 発 電 に 関 する 水 利 権 の 手 続 きの 簡 素 化 ) (その1: 権 限 委 譲 ) 河 川 法 施 行 令 改 正 一 級 河 川 直 轄 区 間 整 備 局 長 国 土 交 通 省 資 料 より 12

14 登 録 制 の 導 入 2-3. 河 川 法 ( 小 水 力 発 電 に 関 する 水 利 権 の 手 続 きの 簡 素 化 ) (その2: 従 属 発 電 について 登 録 制 の 導 入 ) 現 状 今 回 河 川 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 国 土 交 通 省 資 料 より 既 に 水 利 使 用 の 許 可 を 得 た 農 業 用 水 等 を 利 用 して 小 水 力 発 電 ( 従 属 発 電 )を 行 うには 農 業 用 水 等 とは 別 に 水 利 使 用 の 許 可 が 必 要 従 属 発 電 について 河 川 の 流 量 への 新 たな 影 響 が 少 ないことから 新 たに 登 録 制 の 導 入 効 果 許 可 手 続 の 簡 素 化 迅 速 化 が 図 られ 申 請 者 の 負 担 が 大 幅 に 軽 減 ( 参 考 ) 登 録 制 事 前 チェック 中 心 の 許 可 制 度 から 事 後 チェック 中 心 の 登 録 制 度 への 変 更 1 要 件 の 明 確 化 裁 量 制 のない 客 観 的 な 登 録 要 件 とし これを 満 たす 者 は 全 て 登 録 2 申 請 書 類 の 簡 素 化 従 属 発 電 であること 等 の 確 認 に 必 要 な 最 低 限 の 提 出 書 類 に 限 定 3登 録 までの 処 理 期 間 の 短 縮 化 登 録 要 件 を 満 たす 者 であることの 確 認 で 足 りるため 審 査 時 間 が 短 縮 農 業 用 水 路 を 利 用 した 従 属 発 電 の 例 七 ヶ 用 水 発 電 所 ( 手 取 川 水 系 手 取 川 ) 登 録 制 の 導 入 水 利 使 用 の 許 可 従 属 発 電 取 水 口 水 利 使 用 の 許 可 農 業 用 水 路 ( 従 属 元 ) 水 田 13

15 2-3. 河 川 法 ( 小 水 力 発 電 に 関 する 水 利 権 の 手 続 きの 簡 素 化 ) (その3の1: 非 かんがい 期 における 新 たな 水 利 使 用 許 可 手 続 きについて) H 国 交 省 通 知 規 制 改 革 実 施 計 画 (H 閣 議 決 定 )を 受 け 国 土 交 通 省 は 水 利 権 取 得 手 続 きの 簡 素 化 について 以 下 の 内 容 を 各 地 方 整 備 局 及 び 都 道 府 県 に 周 知 している (H 国 土 交 通 省 水 管 理 国 土 保 全 局 水 政 課 水 利 調 整 室 長 等 通 知 ) 事 項 一 般 的 に 求 められる 内 容 通 知 による 簡 略 化 の 内 容 取 水 地 点 の 河 川 流 量 データ 原 則 最 近 10ヶ 年 分 の 実 測 資 料 が 必 要 河 川 管 理 者 等 のデータが 存 在 する 場 合 は 活 用 可 能 データが 無 い 場 合 近 傍 流 域 の 観 測 データから 流 域 比 換 算 で 算 出 することも 可 能 減 水 区 間 での 河 川 維 持 流 量 の 設 定 取 水 地 点 下 流 の 減 水 区 間 にお いて 河 川 環 境 を 調 査 し 河 川 維 持 流 量 を 設 定 する 必 要 あり 既 に 維 持 流 量 が 設 定 され 河 川 環 境 資 料 が 存 在 する 場 合 は 新 たな 調 査 を 省 略 可 能 動 植 物 に 係 る 調 査 は 文 献 調 査 や 聞 き 取 り 調 査 で 可 能 河 川 管 理 者 等 のデータが 存 在 する 場 合 は 活 用 可 能 小 水 力 発 電 プロ ジェクトへの 支 援 地 方 整 備 局 等 に 小 水 力 発 電 のプロジェクト 形 成 支 援 窓 口 を 設 置 必 要 な 河 川 流 量 や 河 川 環 境 の 調 査 を 積 極 的 に 実 施 し 発 電 事 業 者 の 求 めに 応 じて 積 極 的 に 提 供 取 水 地 点 での 河 川 流 量 データ 減 水 区 間 での 河 川 維 持 流 量 の 設 定 小 水 力 発 電 プロ ジェクトの 支 援 非 かんがい 期 での 新 たな 水 利 権 ( 発 電 専 用 水 利 権 ) 減 水 区 間 かんがい 水 利 権 頭 首 工 排 水 路 かんがいに 従 属 しない 発 電 用 水 は 河 川 に 還 元 取 水 制 限 流 量 ( 河 川 維 持 流 量 + 既 得 水 利 権 量 ) 取 水 パターン 図 小 水 力 発 電 所 農 業 用 用 水 路 かんがい 用 水 は 受 益 地 へ 地 区 の 模 式 図 余 水 吐 等 14

16 2-3. 河 川 法 ( 小 水 力 発 電 に 関 する 水 利 権 の 手 続 きの 簡 素 化 ) (その3の2 : 非 かんがい 期 における 新 たな 発 電 取 水 権 の 取 得 ) かんがい 水 利 権 は 10 年 に1 回 程 度 の 渇 水 年 において 水 源 が 不 足 する 場 合 ダム 等 による 補 給 が 必 要 発 電 水 利 権 は 1 取 水 口 地 点 での 取 水 制 限 流 量 の 設 定 2 減 水 区 間 の 他 利 水 者 等 の 同 意 3 発 電 使 用 後 の 発 電 専 用 水 の 確 実 な 河 川 還 元 といった 条 件 を 満 たせば 豊 水 での 取 得 が 認 められており 渇 水 年 においてもダム 等 に よる 補 給 は 不 要 頭 首 工 河 川 法 施 行 令 の 改 正 により 1,000kW 未 満 の 小 水 力 発 電 は 国 交 大 臣 から 都 道 県 知 事 等 に 許 可 権 限 が 移 譲 され 手 続 きも 簡 素 化 3 条 件 満 たせば 1 取 水 制 限 流 量 の 設 定 小 水 力 発 電 所 用 水 路 2 他 利 水 者 の 同 意 豊 水 での 発 電 水 利 権 の 取 得 河 川 流 量 減 水 区 間 3 発 電 専 用 水 の 河 川 への 還 元 ダム 補 給 不 要 かんがい 水 利 権 ダム 補 給 ダム 補 給 不 要 余 水 吐 等 発 電 水 利 権 ( 豊 水 ) 発 電 水 利 権 ( 豊 水 ) 排 水 路 かんがいに 従 属 しない 発 電 用 水 は 河 川 に 還 元 かんがい 用 水 は 受 益 地 へ 取 水 制 限 流 量 ( 河 川 維 持 流 量 + 既 得 水 利 権 量 ) 地 区 の 模 式 図 取 水 パターン 図 発 電 のかんがい 従 属 分 15

17 2-4. 電 気 事 業 法 ( 選 任 届 け 出 が 必 要 なもの) 事 業 用 電 気 工 作 物 について 選 任 届 け 出 が 必 要 なもの 電 気 主 任 技 術 者 法 第 43 条 規 則 第 52 条 保 安 規 程 届 出 法 第 42 条 規 則 第 50 条 法 : 電 気 事 業 法 規 則 : 電 気 事 業 法 施 行 規 則 事 業 用 電 気 工 作 物 を 設 置 するものは 工 事 維 持 及 び 運 用 に 関 する 保 安 規 程 を 定 めて 届 け 出 なければならない 当 該 電 気 工 作 物 の 使 用 開 始 前 までに 提 出 事 業 用 電 気 工 作 物 の 工 事 維 持 及 び 運 用 に 関 する 保 安 の 監 督 をさせるため 設 置 者 が 法 律 上 必 ず 置 かねばならない 電 気 保 安 の 確 保 ための 技 術 責 任 者 国 家 試 験 により 免 状 交 付 学 歴 や 実 務 経 験 を 要 せず 誰 でも 受 < 保 安 規 程 に 定 める 事 項 > 験 可 保 安 のための 関 係 法 令 及 び 保 安 規 程 の 遵 守 のための 体 制 工 事 維 持 又 は 運 用 を 行 う 者 の 職 務 及 び 組 織 に 関 すること 主 任 技 術 者 の 複 数 発 電 所 の 兼 任 が 可 能 主 任 技 術 者 の 職 務 の 範 囲 及 びその 内 容 監 督 の 権 限 保 安 管 理 業 務 の 外 部 委 託 が 可 能 保 安 教 育 に 関 すること 自 社 の 従 業 員 以 外 ( 派 遣 労 働 者 )からの 選 任 が 可 能 保 安 を 計 画 的 に 実 施 及 び 改 善 するための 措 置 大 臣 の 許 可 を 受 けて 主 任 技 術 者 免 状 を 持 たない 者 から 選 任 することが 可 能 保 安 のために 必 要 な 文 書 の 作 成 変 更 承 認 及 び 保 存 の 手 順 上 記 文 書 の 保 安 規 程 上 の 位 置 づけ 保 安 についての 適 正 な 記 録 保 安 のための 巡 視 点 検 及 び 検 査 運 転 又 は 操 作 事 業 用 電 気 工 作 物 (ダムなし200kW 未 満 で 最 大 使 用 水 量 1m 3 /s 未 満 を 除 く)について 選 任 届 け 出 が 必 要 なもの ダム 水 路 主 任 技 術 者 法 第 43 条 規 則 第 52 条 ダム 水 路 主 任 技 術 者 は 水 力 発 電 所 の 水 力 設 備 (ダム 導 水 路 サージタンク 及 び 水 圧 管 路 等 )の 工 事 維 持 及 び 運 用 に 係 る 保 安 の 監 督 を 行 う 者 学 歴 及 び 実 務 の 経 験 に 応 じて 申 請 により 免 状 交 付 される 主 任 技 術 者 の 複 数 発 電 所 の 兼 任 が 可 能 ( 同 一 水 系 に 限 る) 保 安 管 理 業 務 の 外 部 委 託 は 不 可 自 社 の 従 業 員 以 外 ( 派 遣 労 働 者 )からの 選 任 が 可 能 大 臣 の 許 可 を 受 けて 主 任 技 術 者 免 状 を 持 たない 者 から 選 任 することが 可 能 工 事 計 画 届 出 法 第 48 条 規 則 第 65 条 事 業 用 電 気 工 作 物 の 設 置 または 変 更 の 工 事 を 行 うものは 工 事 計 画 を 届 けなければならない 工 事 開 始 の30 日 以 上 前 に 提 出 < 工 事 計 画 届 の 提 出 書 類 > 工 事 計 画 届 出 書 ( 指 定 様 式 ) 工 事 工 程 表 工 事 計 画 書 : 発 電 所 の 位 置 発 電 諸 元 設 備 仕 様 など 添 付 資 料 : 流 量 資 料 各 種 計 算 書 など < 電 気 工 作 物 の 区 分 > 規 則 第 48 条 一 般 用 電 気 工 作 物 : 電 圧 600V 以 下 で 出 力 20kW 未 満 及 び 最 大 使 用 水 量 1m3/s 未 満 のもの(ダムを 伴 うものを 除 く ) 事 業 用 電 気 工 作 物 : 一 般 用 電 気 工 作 物 以 外 のもの 16

18 2-4. 電 気 事 業 法 ( 小 水 力 発 電 に 関 する 手 続 きの 簡 素 化 ) 経 済 産 業 省 電 気 事 業 法 ( 経 済 産 業 省 ) 経 済 産 業 省 小 型 発 電 設 備 規 制 検 討 WGにより 小 水 力 発 電 に 関 する 電 気 事 業 法 の 規 制 見 直 しが 議 論 され これに 基 づき 平 成 23 年 3 月 14 日 に 電 気 事 業 法 施 行 規 則 の 一 部 が 改 正 主 な 改 正 内 容 一 般 用 電 気 工 作 物 ( 届 出 等 不 要 )の 範 囲 : ダムなし10kW 未 満 は 不 要 が ダムなし20kW 未 満 かつ 最 大 使 用 水 量 1m 3 /s 未 満 は 不 要 に 改 正 1 ダム 水 路 主 任 技 術 者 選 任 と 工 事 計 画 届 出 : ダムなし10kW 未 満 は 不 要 が ダムなし200kW 未 満 かつ 最 大 使 用 水 量 1 m 3 /s 未 満 は 不 要 に 改 正 2 事 業 用 電 気 工 作 物 届 出 等 が 必 要 なもの: 出 力 等 条 件 ダムあり 又 は 200kW 以 上 又 は 最 大 使 用 水 量 1m 3 /s 以 上 ダムなし かつ 20kW~200kW 未 満 かつ 最 大 使 用 水 量 1m 3 /s 未 満 届 出 等 が 不 要 なもの: 保 安 規 程 届 出 電 気 主 任 技 術 者 選 任 ダム 水 路 主 任 技 術 者 選 任 工 事 計 画 届 出 2 1 一 般 用 電 気 工 作 物 ダムなし かつ 20kW 未 満 かつ 最 大 使 用 水 量 1m 3 /s 未 満 一 般 用 電 気 工 作 物 ( 参 考 ) 上 水 道 施 設 下 水 道 施 設 工 業 用 水 道 施 設 の 落 差 を 利 用 する 水 力 発 電 設 備 であって かつ 敷 地 外 にダムや 水 路 が 存 在 しないものは ダム 水 路 主 任 技 術 者 と 工 事 計 画 の 届 出 は 不 要 17

19 2-4. 電 気 事 業 法 ( 主 任 技 術 者 の 選 任 )( 電 気 事 業 法 第 43 条 ) 1. 電 気 主 任 技 術 者 出 力 区 分 要 件 5,000kW 以 上 5,000kW 未 満 第 2 種 電 気 主 任 技 術 者 以 上 の 選 任 第 3 種 電 気 主 任 技 術 者 の 選 任 でも 可 2,000kW 未 満 2 以 上 の 事 業 所 の 兼 任 が 可 電 気 保 安 協 会 等 への 外 部 委 託 が 可 500kW 未 満 事 業 所 勤 務 の 第 1 種 電 気 工 事 士 又 は 高 校 電 気 科 卒 以 上 の 者 でも 可 ( 許 可 手 続 き 必 要 ) 100kW 未 満 事 業 所 勤 務 の 第 2 種 電 気 工 事 士 又 は 高 専 高 校 卒 以 上 の 一 般 電 気 工 学 を 履 修 した 者 でも 可 ( 許 可 手 続 き 必 要 ) 20kW 未 満 電 気 主 任 技 術 者 の 選 任 は 不 要 (ダムが 無 く 最 大 使 用 水 量 1m 3 /s 未 満 の 場 合 ) 電 気 主 任 技 術 者 は 国 家 試 験 により 免 状 交 付 学 歴 や 実 務 経 験 を 要 せず 誰 でも 受 験 可 電 気 主 任 技 術 者 は 設 置 者 又 は 従 業 員 のほか 常 勤 の 派 遣 労 働 者 発 電 設 備 の 維 持 管 理 を 委 託 された 者 及 びその 従 業 員 でも 可 2.ダム 水 路 主 任 技 術 者 出 力 区 分 要 件 高 さ70m 以 上 のダム 又 は588kPa( 約 60m) 以 上 の 導 水 路 高 さ70m 未 満 のダム 又 は588kPa( 約 60m) 未 満 の 導 水 路 上 のうち 500kW 未 満 第 1 種 ダム 水 路 主 任 技 術 者 第 2 種 ダム 水 路 主 任 技 術 者 事 業 所 勤 務 者 で 高 卒 以 上 の 土 木 工 学 を 履 修 した 者 又 はこれと 同 等 の 知 識 と 技 能 を 持 つ 者 でも 可 100kW 未 満 事 業 所 勤 務 者 で 土 木 技 術 で 相 当 の 知 識 と 技 能 を 有 する 者 でも 可 20kW 未 満 ダム 水 路 主 任 技 術 者 の 選 任 は 不 要 (ダムが 無 く 200kW 未 満 かつ 流 量 1m3/s 未 満 の 場 合 も 不 要 ) ダム 水 路 主 任 技 術 者 は 学 歴 や 実 務 経 験 に 応 じて 免 状 交 付 有 資 格 者 である 派 遣 労 働 者 又 は 発 電 設 備 の 維 持 管 理 を 委 託 された 者 及 びその 従 業 員 でも 事 業 場 に 常 時 勤 務 する 条 件 で 認 められる 第 1 種 : 大 学 ( 土 木 工 学 ) 卒 5(3) 大 学 卒 9(3) 短 大 高 専 ( 土 木 工 学 ) 卒 6(4) 短 大 高 専 卒 10(4) 高 校 ( 土 木 工 学 ) 卒 10(5) 高 校 卒 14(5) 第 2 種 : 大 学 ( 土 木 工 学 ) 卒 [3] 大 学 卒 5[3] 短 大 高 専 ( 土 木 工 学 ) 卒 [3] 短 大 高 専 卒 5[3] 高 校 ( 土 木 工 学 ) 卒 5[3] 高 校 卒 7[3] ア.カッコなし 数 字 : 水 力 設 備 ( 又 は 水 力 設 備 に 相 当 する 発 電 用 設 備 以 外 の 設 備 )の 工 事 維 持 又 は 運 用 に 係 る 経 験 年 数 イ. 及 びウ.の 経 験 年 数 を 含 むことが 条 件 イ.( )の 数 字 : 高 さ15m 以 上 の 発 電 用 ダムの 工 事 維 持 又 は 運 用 に 係 る 経 験 年 数 ウ.[ ]の 数 字 : 水 力 設 備 の 工 事 維 持 又 は 運 用 に 係 る 経 験 年 数 18

20 2-4. 電 気 事 業 法 (ダム 水 路 主 任 技 術 者 選 任 に 関 する 規 制 緩 和 ) 県 土 連 の 技 術 力 の 活 用 の 例 ( 電 気 主 任 技 術 者 の 場 合 ) みなし 設 置 者 兼 任 の 制 度 を 活 用 することにより 複 数 の 土 地 改 良 区 が 管 理 する 小 水 力 発 電 施 設 の 電 気 主 任 技 術 者 として 都 道 府 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 ( 以 下 県 土 連 という) 職 員 を 選 任 することが 可 能 です 県 土 連 の 会 員 である 土 地 改 良 区 は 電 気 主 任 技 術 者 が 土 地 改 良 区 にいない 場 合 も 県 土 連 が 有 する 技 術 力 ( 有 資 格 者 )を 活 用 することにより 農 業 用 水 路 等 を 活 用 した 小 水 力 の 促 進 が 可 能 となります Ⅰ.みなし 設 置 者 について 1.みなし 設 置 者 とは 本 来 の 発 電 施 設 設 置 者 ( 土 地 改 良 区 )から 電 気 設 備 に 係 る 保 安 監 督 の 業 務 を 受 託 する 者 ( 県 土 連 )は 設 置 者 とみなして 電 気 主 任 技 術 者 の 選 任 などを 行 うことができます 2.みなし 設 置 者 ( 県 土 連 )の 役 割 県 土 連 職 員 を 電 気 主 任 技 術 者 として 選 任 保 安 規 定 の 届 出 経 産 省 が 定 める 技 術 基 準 に 発 電 施 設 が 適 合 するよう 維 持 経 産 省 による 報 告 徴 収 立 入 検 査 への 対 応 など 19

21 2-4. 電 気 事 業 法 (ダム 水 路 主 任 技 術 者 選 任 に 関 する 規 制 緩 和 ) 3. 県 土 連 がみなし 設 置 者 となるためには 本 来 の 発 電 施 設 設 置 者 ( 土 地 改 良 区 )と 県 土 連 との 間 で 以 下 の 事 項 が 協 定 等 で 約 されていること 発 電 施 設 の 管 理 に 従 事 する 者 ( 改 良 区 )は 電 気 主 任 技 術 者 ( 県 土 連 )の 指 示 に 従 うこと 電 気 主 任 技 術 者 は 発 電 施 設 の 保 安 監 督 の 職 務 を 誠 実 に 行 うこと 発 電 施 設 の 保 安 に 係 る 業 務 区 分 ( 改 良 区 と 県 土 連 の 役 割 分 担 ) 4. 電 気 主 任 技 術 者 として 選 任 されるための 資 格 第 3 種 以 上 の 電 気 主 任 技 術 者 の 資 格 を 有 していること 500kW 以 上 未 満 の 場 合 は 第 1 種 電 気 工 事 士 又 は 高 校 電 気 科 卒 以 上 100kW 未 満 の 場 合 は 第 2 種 電 気 工 事 士 又 は 高 専 高 校 卒 以 上 の 一 般 電 気 工 学 履 修 者 以 上 でも 可 ( 後 述 する 複 数 施 設 を 兼 任 する 場 合 は 第 3 種 以 上 の 電 気 主 任 技 術 者 の 資 格 が 必 要 ) 5. 電 気 主 任 技 術 者 の 勤 務 地 電 気 主 任 技 術 者 として 選 任 される 県 土 連 職 員 の 常 時 勤 務 地 は 発 電 施 設 又 は 土 地 改 良 区 事 務 所 でなく 県 土 連 事 務 所 とすることが 可 能 Ⅱ. 兼 任 制 度 について 1. 複 数 施 設 の 兼 任 第 3 種 以 上 の 電 気 主 任 技 術 者 の 資 格 を 有 している 者 は 最 大 5 箇 所 まで 兼 任 ( 当 初 選 任 された 施 設 を 含 め6 箇 所 まで 担 当 )することが 可 能 ただし 常 時 勤 務 地 又 は 自 宅 から 発 電 施 設 まで2 時 間 以 内 に 到 達 できること みなし 設 置 者 の 根 拠 規 定 : 主 任 技 術 者 制 度 の 解 釈 及 び 運 用 ( 内 規 ) 平 成 25 年 1 月 28 日 付 商 局 第 2 号 1(2) 20

22 2-5. 系 統 連 系 に 係 る 規 制 緩 和 (バンク 逆 潮 流 制 限 への 対 策 に 伴 う 規 制 緩 和 ) 経 済 産 業 省 H 報 道 発 表 これまでは 主 に 感 電 火 災 防 止 電 圧 維 持 という 観 点 から 配 電 用 変 電 所 の 配 電 用 変 圧 器 ( 以 下 バンク という )において 逆 向 きの 潮 流 を 制 限 これにより 配 電 用 変 電 所 の 下 流 側 ( 需 要 側 )の 配 電 線 に 連 系 する 再 生 可 能 エネルギー 発 電 設 備 等 の 総 出 力 量 を 需 要 設 備 の 総 負 荷 量 以 下 に 制 限 しかし バンク 逆 潮 流 を 制 限 したままでは 太 陽 光 発 電 を 初 めとする 再 生 可 能 エネルギー 導 入 に 支 障 を 来 す ことから 必 要 な 対 策 を 行 った 場 合 にはバンクの 逆 潮 流 を 認 める 規 制 緩 和 を 平 成 25 年 5 月 31 日 に 実 施 平 成 25 年 7 月 23 日 より 発 電 設 備 の 出 力 に 応 じてキロワット 当 たりの 単 価 で 算 定 した 費 用 負 担 を 行 うことで 配 電 用 変 電 所 に 逆 潮 流 が 発 生 するケースについても 接 続 の 申 込 みが 可 能 となった 北 海 道 電 力 管 内 新 増 加 契 約 受 電 電 力 1キロワットにつき 3,255 円 ( 消 費 税 込 ) の 工 事 費 負 担 OK! 21

23 3. 農 業 農 村 整 備 事 業 等 における 助 成 制 度 について 3-1. 主 な 助 成 制 度 ( 平 成 25 年 度 ) 3-2. 小 水 力 等 再 生 可 能 エネルギー 導 入 推 進 事 業 (ソフト 支 援 ) 3-3.マスタープランについて 22

24 3-1. 主 な 助 成 制 度 ( 平 成 25 年 度 ) (ハード 支 援 ソフト 支 援 ) 事 業 種 類 対 象 施 設 事 業 主 体 補 助 率 助 成 の 内 容 条 件 備 考 1.ハード 事 業 かんがい 排 水 事 業 等 の 小 水 力 太 陽 光 国 都 道 府 県 土 地 改 良 事 業 等 発 電 施 設 等 国 営 事 業 2/3ほか 農 業 水 利 施 設 の 整 備 と 一 体 的 に 土 地 改 良 施 設 発 電 施 設 の 単 独 県 営 事 業 に 電 力 を 供 給 する 発 電 施 設 を 整 備 整 備 は 不 可 1/2ほか 農 山 漁 村 地 域 整 備 交 付 金 の うち 地 域 用 水 環 境 整 備 事 業 小 水 力 発 電 施 設 都 道 府 県 市 町 村 土 地 改 良 区 等 1/2ほか 土 地 改 良 施 設 農 林 水 産 省 の 助 成 対 象 の 農 業 施 設 や 公 的 施 設 に 電 力 を 供 給 する 発 電 施 設 を 整 備 小 水 力 発 電 整 備 事 業 計 画 が 作 成 されていること 農 山 漁 村 地 域 整 備 交 付 金 の うち 集 落 基 盤 整 備 事 業 小 水 力 太 陽 光 等 発 電 施 設 都 道 府 県 市 町 村 農 協 土 地 改 良 区 等 1/2ほか 農 林 水 産 省 に 係 る 助 成 又 は 融 資 の 対 象 となってい る 施 設 に 電 力 を 供 給 する 発 電 施 設 を 整 備 農 村 振 興 整 備 事 業 計 画 が 作 成 されていること 発 電 施 設 の 単 独 整 備 は 不 可 農 山 漁 村 活 性 化 フ ロシ ェクト 都 道 府 県 農 林 水 産 業 に 係 る 共 同 利 用 施 設 に 電 力 を 供 給 す 小 水 力 太 陽 光 支 援 交 付 金 のうち 市 町 村 農 協 1/2ほか る 発 電 施 設 を 整 備 等 発 電 施 設 自 然 資 源 活 用 施 設 土 地 改 良 区 等 活 性 化 計 画 への 位 置 付 けが 必 要 2.ソフト 事 業 小 水 力 等 再 生 可 能 エネル ギー 導 入 推 進 事 業 ( 旧 : 小 水 力 等 農 村 地 域 資 源 利 活 用 促 進 事 業 ) 小 水 力 太 陽 光 等 発 電 施 設 都 道 府 県 市 町 村 協 議 会 定 額 土 地 改 良 区 等 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 発 電 の 導 入 の 円 滑 化 を 図 るため 調 査 設 計 等 を 支 援 基 本 設 計 は1/2 補 助 農 山 漁 村 地 域 整 備 交 付 金 の うち 地 域 用 水 環 境 整 備 事 業 小 水 力 発 電 施 設 都 道 府 県 1/2 小 水 力 発 電 施 設 設 置 に 係 る 経 済 性 の 検 討 23

25 3-2. 小 水 力 等 再 生 可 能 エネルギー 導 入 推 進 事 業 (ソフト 支 援 ) ( 事 業 概 要 について) 小 水 力 等 再 生 可 能 エネルギー 導 入 推 進 事 業 について 小 水 力 発 電 施 設 導 入 への 調 査 設 計 等 の 取 組 への 支 援 は 平 成 21 年 度 から 実 施 平 成 24 年 度 補 正 予 算 では 推 進 体 制 確 立 と 計 画 的 な 発 電 導 入 の 推 進 のため 都 道 府 県 が 作 成 するマスタープラン 策 定 支 援 を 拡 充 事 業 内 容 について 事 業 名 支 援 内 容 マスタープラン 策 定 支 援 都 道 府 県 における 発 電 ポテンシャルを 明 ら かにした 整 備 計 画 の 作 成 の 取 組 を 支 援 案 件 形 成 支 援 発 電 施 設 の 導 入 の 可 能 性 の 有 無 の 検 討 の 取 組 を 支 援 事 業 実 施 主 体 主 な 事 業 要 件 補 助 率 補 助 の 上 限 額 都 道 府 県 又 は 協 議 会 事 業 実 施 年 度 内 に 協 議 会 を 設 置 すること 定 額 1,000 千 円 / 地 点 発 電 導 入 が 見 込 まれること 定 額 2,000 千 円 / 地 点 概 略 設 計 支 援 発 電 設 備 導 入 に 向 けた 概 略 的 な 設 計 によ る 採 算 性 検 討 等 の 取 組 への 支 援 基 本 設 計 支 援 ハード 整 備 を 前 提 とした 発 電 施 設 整 備 の 設 計 作 成 の 取 組 を 支 援 都 道 府 県 市 町 村 土 地 改 良 区 土 地 改 良 団 体 連 合 会 など 発 電 施 設 の 整 備 又 は 更 新 を 予 定 していること 定 額 1/2 5,000 千 円 / 地 点 協 議 手 続 支 援 河 川 協 議 等 に 必 要 な 資 料 作 成 等 の 取 組 へ の 支 援 発 電 施 設 の 整 備 若 しくは 更 新 を 実 施 又 は 実 施 が 見 込 まれ 定 額 600 千 円 / 地 区 ること 北 海 道 においては 平 成 25 年 度 に 案 件 形 成 支 援 と 概 略 設 計 支 援 を 計 11 地 区 で 実 施 24

26 3-3.マスタープランについて ~ 候 補 地 の 掘 り 起 こし ~ マスタープランの 目 的 都 道 府 県 における 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 等 発 電 施 設 の 計 画 的 な 整 備 の 促 進 北 海 道 の 作 成 するマスタープラン( 予 定 ) 北 海 道 における 小 水 力 発 電 導 入 基 本 整 備 計 画 対 象 施 設 : 農 業 用 ダム ため 池 頭 首 工 用 水 路 策 定 に 当 たっての 検 討 事 項 : 1 寒 冷 地 型 小 水 力 発 電 の 施 設 別 整 備 モデル 2 市 町 村 土 地 改 良 区 ( 約 130 団 体 )へ 小 水 力 発 電 導 入 可 能 性 に 関 するアンケート 調 査 実 施 3 施 設 別 の 小 水 力 発 電 エネルギーポテンシャルの 把 握 4 施 設 別 の 導 入 可 能 性 分 析 策 定 時 期 : 平 成 25 年 12 月 を 目 途 アンケート 調 査 の 主 旨 全 道 の 農 業 水 利 施 設 において 一 定 規 模 以 上 の( 発 電 の 可 能 性 がある) 施 設 の 把 握 市 町 村 土 地 改 良 区 の 意 向 調 査 25

27 4. 北 海 道 における 小 水 力 発 電 の 導 入 促 進 に 関 する 課 題 体 制 等 4-1. 北 海 道 における 小 水 力 発 電 の 導 入 促 進 に 関 する 主 な 課 題 4-2. 導 入 促 進 に 向 けた 体 制 等 26

28 機 密 性 情 報 4-1. 北 海 道 における 小 水 力 発 電 の 導 入 促 進 に 関 する 主 な 課 題 限 り 現 場 条 件 や 水 利 権 に 関 する 課 題 水 田 のかんがい 期 間 が120 日 間 程 度 (5/1~8/31)で 設 備 利 用 率 が 低 い 畑 地 かんがいは 通 年 で 用 水 を 確 保 している 地 区 は 多 いが 冬 期 水 量 は 少 量 冬 期 の 維 持 管 理 が 困 難 なダムも 多 い 非 除 雪 ダムは45% 冬 期 の 発 電 水 利 権 を 確 保 しようとしても 北 海 道 の 河 川 は 冬 期 の 自 流 が 少 なく 本 州 の1/2~1/3 程 度 なお かんがい 期 間 しか 発 電 できな い 場 合 も 調 達 期 間 が 長 期 にわたり かんがい 期 に 安 定 的 に 発 電 できれ ば 設 備 認 定 を 受 け 固 定 価 格 買 取 制 度 が 適 用 できる 北 海 道 の 水 田 での 流 量 パターン 北 陸 地 方 の 既 開 発 の 施 設 での 流 量 パターン 系 統 連 系 ( 北 海 道 電 力 の 支 店 営 業 所 への 事 前 相 談 が 必 要 ) 27

29 4-2. 導 入 促 進 に 向 けた 体 制 等 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 北 海 道 北 海 道 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 市 町 村 土 地 改 良 区 は 施 設 規 模 や 公 共 性 の 高 さ 等 に 応 じ それぞれ 農 業 水 利 施 設 の 建 設 管 理 等 を 分 担 して 実 施 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 及 び 協 議 会 の 各 構 成 団 体 が 連 携 して 農 業 水 利 施 設 への 小 水 力 導 入 に 関 する 連 絡 調 整 情 報 共 有 を 行 い 対 外 協 議 等 に 取 り 組 んでいる 事 業 実 施 に 向 けての 基 本 的 事 項 導 入 可 能 性 の 検 討 候 補 地 の 選 択 取 水 実 績 の 把 握 等 基 本 詳 細 設 計 事 業 の 選 択 補 助 の 申 請 等 施 設 所 有 者 ( 管 理 者 )との 協 議 発 電 利 用 についての 許 可 等 河 川 法 に 関 する 協 議 流 水 使 用 土 地 使 用 工 作 物 の 新 設 等 電 気 事 業 法 に 関 する 協 議 主 任 技 術 者 の 選 任 保 安 規 程 の 提 出 等 電 力 需 給 に 関 する 協 議 FITに 係 る 設 備 認 定 系 統 連 系 等 農 林 水 産 省 河 川 管 理 者 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 協 議 会 へは オブザーバー 参 加 経 済 産 業 省 北 海 道 電 力 ( 株 ) 北 海 道 農 業 水 利 施 設 小 水 力 発 電 推 進 協 議 会 北 海 道 北 海 道 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 市 町 村 土 地 改 良 区 等 28

30 5. 北 海 道 の 農 業 水 利 施 設 への 再 生 可 能 エネルギー 導 入 に 関 する 相 談 窓 口 について 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 農 業 水 産 部 農 業 振 興 課 TEL: 及 び 各 開 発 建 設 部 北 海 道 農 政 部 農 村 整 備 課 TEL: 及 び 各 ( 総 合 ) 振 興 局 水 土 里 ネット 北 海 道 ( 北 海 道 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 ) TEL:

31 国 営 かんがい 排 水 事 業 当 麻 永 山 用 水 地 区 H 撮 影 30

第 4 小 水 力 等 発 電 導 入 について 1 県 全 体 の 発 電 導 入 の 取 組 の 考 え 方 (1) 導 入 可 能 性 調 査 県 は 農 業 水 利 施 設 管 理 者 である 土 地 改 良 区 等 ( 以 下 施 設 管 理 者 という ) から 発 電 設 備 導 入

第 4 小 水 力 等 発 電 導 入 について 1 県 全 体 の 発 電 導 入 の 取 組 の 考 え 方 (1) 導 入 可 能 性 調 査 県 は 農 業 水 利 施 設 管 理 者 である 土 地 改 良 区 等 ( 以 下 施 設 管 理 者 という ) から 発 電 設 備 導 入 秋 田 県 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 等 発 電 マスタープラン 第 1 策 定 の 趣 旨 このマスタープランは 秋 田 県 における 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 等 発 電 設 備 の 計 画 的 な 設 置 を 推 進 するため 発 電 設 備 の 導 入 可 能 性 が 高 い 農 業 水 利 施 設 への 設 備 設 置 に 必 要 な

More information

中山間地域ってなあに?

中山間地域ってなあに? 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 発 電 等 発 電 施 設 導 入 のポイント 農 村 振 興 課 環 境 対 策 担 当 平 成 27 年 3 月 6 日 目 次 1 農 業 農 村 の 概 況 1 2 再 生 可 能 エネルギーの 利 用 可 能 量 2 3 農 村 地 域 における 太 陽 光 発 電 の 手 引 ( 抜 粋 ) 5 4 農 業 用 水 を 活 用 した

More information

計 19,931

計 19,931 事 業 番 号 復 興 庁 :94 農 林 水 産 省 :0423 平 成 24 年 行 政 事 業 レビューシート ( 復 興 庁 農 林 水 産 省 ) 事 業 名 農 地 農 業 用 施 設 等 の 復 興 関 連 事 業 担 当 部 局 庁 作 成 責 任 者 事 業 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 平 成 23 年 度 ~ 担 当 課 室 会 計 区 分 一 般 会 計 東 日 本

More information

にかほ 市 にかほ 市 土 地 改 良 区 水 土 里 ネット 秋 田 秋 田 県 6 秋 田 県 七 滝 土 地 改 良 区 雄 勝 郡 山 田 五 ヶ 村 堰 土 地 改 良 区 西 目 土 地 改 良 区 西 川 町 土 地 改 良 区 水 土 里 ネットやまがた 山 形 県 4 野 川 土

にかほ 市 にかほ 市 土 地 改 良 区 水 土 里 ネット 秋 田 秋 田 県 6 秋 田 県 七 滝 土 地 改 良 区 雄 勝 郡 山 田 五 ヶ 村 堰 土 地 改 良 区 西 目 土 地 改 良 区 西 川 町 土 地 改 良 区 水 土 里 ネットやまがた 山 形 県 4 野 川 土 北 海 道 4 青 森 県 5 岩 手 県 21 宮 城 県 11 平 成 25 年 9 月 27 日 現 在 石 狩 市 江 別 土 地 改 良 区 水 土 里 ネット 北 海 道 岩 見 沢 市 篠 津 中 央 土 地 改 良 区 沼 田 町 当 別 土 地 改 良 区 士 別 市 中 新 土 地 改 良 区 占 冠 村 北 海 土 地 改 良 区 愛 別 町 浦 臼 土 地 改 良 区 美 瑛

More information

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関 北 関 東 防 衛 局 330-9721 埼 玉 県 さいたま 市 中 央 区 新 都 心 2-1 さいたま 新 都 心 合 同 庁 舎 2 号 館 TEL(048)600-1800 FAX(048)600-1831 http://www.mod.go.jp/rdb/n-kanto/ 防 衛 局 防 衛 省 設 置 法 第 33 条 防 衛 省 組 織 令 第 211 条 防 衛 事 務 所 防 衛

More information

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法 インターネット 落 札 情 報 検 索 情 報 収 集 機 関 (2011 年 8 月 8 日 現 在 ) 会 計 検 査 院 会 計 検 査 院 参 議 院 参 議 院 国 立 国 会 図 書 館 国 立 国 会 図 書 館 人 事 院 人 事 院 内 閣 府 内 閣 府 内 閣 府 消 費 者 庁 内 閣 府 国 際 平 和 協 力 本 部 内 閣 府 国 立 公 文 書 館 内 閣 府 沖 縄

More information

4.3.2.5 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 4.3.1.4 上 記 事 業 所 の 所 在 地 長 野 県 高 森 町 内 4.3.1.5 その 他 無 し 4.3.2 4.3.2.1 その2 一 般 競 争 参 加 資 格 の 認 定 工 事 種 別 4.3.2.2 格 付 ( 対 象

4.3.2.5 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 4.3.1.4 上 記 事 業 所 の 所 在 地 長 野 県 高 森 町 内 4.3.1.5 その 他 無 し 4.3.2 4.3.2.1 その2 一 般 競 争 参 加 資 格 の 認 定 工 事 種 別 4.3.2.2 格 付 ( 対 象 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 詳 細 は 別 紙 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 事 後 審 査 ) 東 日 本 本 部 一 般 土 木 工 事 建 築 工 事 共 通 を 参 照 すること 1 公 告 日 平 成 28 年 09 月 26 日 ( 月 ) 2 契 約 職 東 日 本 本 部 長 松 浦 將 行 3 工 事 概 要

More information

<5461726F2D838F839383588367836283768354815B83728358288B9689C229>

<5461726F2D838F839383588367836283768354815B83728358288B9689C229> 建 設 業 許 可 ( 建 設 業 法 第 3 条 ) (1) 建 設 業 の 許 可 ア 建 設 業 を 営 もうとする 者 は 軽 微 な 建 設 工 事 のみを 請 け 負 う 場 合 を 除 き 建 設 業 法 第 3 条 の 規 定 に 基 づき 建 設 業 の 許 可 を 受 けなければなりません イ 軽 微 な 建 設 工 事 とは 工 事 1 件 の 請 負 代 金 の 額 が 建

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

Taro-案文および改正後全文

Taro-案文および改正後全文 ( 改 正 後 全 文 ) 一 部 改 正 雇 児 福 発 0 3 3 1 第 1 号 雇 児 母 発 0 3 3 1 第 2 号 障 障 発 0 3 3 1 第 2 号 平 成 2 7 年 3 月 3 1 日 雇 児 福 発 0 4 0 1 第 2 号 雇 児 母 発 0 4 0 1 第 3 号 障 障 発 0 4 0 1 第 1 号 平 成 2 8 年 4 月 1 日 各 指 定 都 市 民 生

More information

Microsoft Word - 申請の手引(27・28年度).doc

Microsoft Word - 申請の手引(27・28年度).doc 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 審 査 申 請 書 作 成 要 領 申 請 の 手 引 1 申 請 の 時 期 一 般 競 争 に 参 加 しようとする 者 は 次 の 表 の 左 欄 の 区 分 に 従 い 参 加 しようとする 地 区 のいずれか1つ の 部 局 長 あてに 次 号 に 掲 げる 申 請 書 等 の 関 係 書 類 を 原 則 として 定 期 審 査 を

More information

表 14-3-1 農 業 農 村 整 備 事 業 等 に 係 る 事 前 評 価 の 結 果 一 覧 事 業 名 経 営 体 育 成 基 盤 整 備 事 業 予 算 科 目 経 営 体 育 成 基 盤 整 備 事 業 費 補 助 事 業 の 主 な 目 的 将 来 の 地 域 農 業 を 担 う 経 営 体 を 育 成 しながら 地 域 農 業 の 展 開 方 向 等 を 勘 案 して 必 要 となる

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

県 土 整 備 年 報 13 岩 手 県 県 土 整 備 部 目 次 1 行 政 組 織 関 係 1 県 土 整 備 部 行 政 機 関 位 置 略 図 2 2 県 土 整 備 部 の 沿 革 3 3 県 土 整 備 部 行 政 組 織 図 11 4 出 先 機 関 の 名 称 位 置 等 13 5 県 土 整 備 部 の 分 掌 事 務 15 6 県 土 整 備 部 の 職 員 数 21 7 県

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州 入 札 公 告 情 報 ナビ 発 注 機 関 一 覧 2010/8/25 現 在 種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 国 立 法 府 衆 議 院 関 東 東 京 都 参 議 院 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 西 館 近 畿 京 都 府 国 裁 判 所 最 高 裁 判 所

More information

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx 瀬 戸 内 海 環 境 保 全 特 別 措 置 法 ( 昭 和 四 十 八 年 十 月 二 日 法 律 第 百 十 号 ) 第 章 総 則 ( 第 条 - 第 二 条 の 二 ) 第 二 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 計 画 ( 第 三 条 - 第 四 条 の 二 ) 第 三 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 特 別 の 措 置 第 節 特 定 施

More information

( 水 害 の 歴 史 と 治 水 事 業 の 沿 革 ) 下 流 部 では 享 保 15 年 (1730 年 ) 新 発 田 藩 により 松 ヶ 崎 を 分 水 路 として 開 削 したことを 契 機 に 信 濃 から 分 離 大 正 4 年 から 昭 和 8 年 にかけ 新 潟 市 周 辺 地

( 水 害 の 歴 史 と 治 水 事 業 の 沿 革 ) 下 流 部 では 享 保 15 年 (1730 年 ) 新 発 田 藩 により 松 ヶ 崎 を 分 水 路 として 開 削 したことを 契 機 に 信 濃 から 分 離 大 正 4 年 から 昭 和 8 年 にかけ 新 潟 市 周 辺 地 阿 賀 野 水 系 河 整 備 基 本 方 針 の 骨 子 1. 河 の 総 合 的 な 保 全 と 利 用 に 関 する 基 本 方 針 (1) 流 域 及 び 河 の 概 要 ( 概 要 ) 水 源 から 河 口 までの 概 要 河 流 路 延 長 流 域 面 積 流 域 の 土 地 利 用 本 州 日 本 海 側 初 の 政 令 指 定 都 市 である 新 潟 市 や 福 島 県 の 地 方

More information

新規文書1

新規文書1 社 会 福 祉 法 人 京 都 身 体 障 害 者 福 祉 センター 一 般 事 業 主 行 動 計 画 職 員 がその 能 力 を 発 揮 し 仕 事 と 生 活 の 調 和 を 図 り 働 きやすい 雇 用 環 境 の 整 備 を 行 うため 次 のように 行 動 計 画 を 策 定 する 1 計 画 期 間 : 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 までの

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

(案)

(案) ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助

More information

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭 県 移 22-1 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 一 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 16~17 4-1 一 覧 表 有 県 移 22-2 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 二 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 18~28 5-1 一 覧 表 有 県 移 22-3 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台

More information

特 別 職 報 酬 等 審 議 会 に 関 する 通 知 等 特 別 職 の 報 酬 等 について 地 方 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 等 について ( 昭 和 39 年 自 治 給 第 208 号 自 治 事 務 次 官 通 知 )( 抄 ) ( 平 成 18 年 総 行

特 別 職 報 酬 等 審 議 会 に 関 する 通 知 等 特 別 職 の 報 酬 等 について 地 方 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 等 について ( 昭 和 39 年 自 治 給 第 208 号 自 治 事 務 次 官 通 知 )( 抄 ) ( 平 成 18 年 総 行 防 府 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 資 料 総 務 部 職 員 課 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 に 関 する 通 知 等 特 別 職 の 報 酬 等 について 地 方 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 等 について ( 昭 和 39 年 自 治 給 第 208 号 自 治 事 務 次 官 通 知 )( 抄 ) ( 平 成 18 年 総 行 給 第 104 号

More information

新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 ( 以 下 火 葬 場 という )において 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 とその 範 囲 は この 指 定 管 理 仕 様 書 に 基 づきます 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 新 庄 市 火 葬 場 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条

新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 ( 以 下 火 葬 場 という )において 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 とその 範 囲 は この 指 定 管 理 仕 様 書 に 基 づきます 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 新 庄 市 火 葬 場 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条 新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 指 定 管 理 仕 様 書 平 成 27 年 新 庄 市 新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 ( 以 下 火 葬 場 という )において 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 とその 範 囲 は この 指 定 管 理 仕 様 書 に 基 づきます 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 新 庄 市 火 葬 場 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条 例 に

More information

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求 平 成 29 年 度 国 立 大 学 法 人 等 施 設 整 備 概 算 要 求 事 業 82 国 立 大 学 法 人 377 事 業 4 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 18 事 業 25 国 立 高 等 専 門 学 校 31 事 業 計 426 事 業 1) 概 算 要 求 事 業 は, 今 後 の 予 算 編 成 過 程 等 において 実 施 事 業 とならな いなど 変 更 の 可

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

地球温暖化対策推進法に基づく

地球温暖化対策推進法に基づく 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 25(2013) 温 の 集 計 結 果 平 成 28 年 6 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 は 温 スを 相 当 程 度 多 く する

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16 普 通 交 付 税 算 定 事 務 の 手 引 きについて 平 成 26 年 12 月 改 訂 岐 阜 県 清 流 の 国 推 進 部 市 町 村 課 税 政 係 目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費

More information

<31342E30382E31398C9F93A289EF8E9197BF2E786264>

<31342E30382E31398C9F93A289EF8E9197BF2E786264> 岐 阜 県 農 業 用 小 水 力 発 電 導 入 技 術 検 討 会 恵 電 測 第 2601 号 県 営 農 村 環 境 整 備 事 業 ( 小 水 力 発 電 整 備 型 ) 鎌 瀬 用 水 地 区 基 本 設 計 業 務 小 水 力 発 電 計 画 概 要 書 平 成 26 年 8 月 19 日 目 次 page 1. 計 画 概 要 -----------------------------------------------------

More information

額 を 基 礎 として 求 めるものとする 額 を 基 礎 として 求 めるものとする 1 略 1 略 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 (

額 を 基 礎 として 求 めるものとする 額 を 基 礎 として 求 めるものとする 1 略 1 略 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 固 定 資 産 評 価 基 準 新 旧 対 照 表 改 正 案 現 行 固 定 資 産 評 価 基 準 固 定 資 産 評 価 基 準 目 次 略 目 次 略 第 1 章 土 地 第 1 章 土 地 第 1 節 ~ 第 10 節 略 第 1 節 ~ 第 10 節 略 第 11 節 その 他 第 11 節 その 他 一 砂 防 指 定 地 の 評 価 一 砂 防 指 定 地 の 評 価 砂 防 法 (

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

平成28年度国立大学法人等施設整備実施予定事業<当初予算>

平成28年度国立大学法人等施設整備実施予定事業<当初予算> 平 成 28 年 度 国 立 大 学 法 人 等 施 設 整 備 実 施 予 定 事 業 < 当 初 予 算 > 79 国 立 大 学 法 人 175 事 業 4 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 7 事 業 6 国 立 高 等 専 門 学 校 6 事 業 計 188 事 業 1)これらの 事 業 は 予 定 であり, 今 後, 財 政 法 に 基 づく 財 務 省 との 実 施 計 画 協

More information

在 地 区 分 の 概 要 1 a1 法 務 省 青 森 地 方 検 察 庁 一 般 - 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 1,874.68 青 森 県 弘 前 市 大 字 上 白 銀 町 5-6 青 森 地 方 検 察 庁 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 は 入 居 官 署 の 退

在 地 区 分 の 概 要 1 a1 法 務 省 青 森 地 方 検 察 庁 一 般 - 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 1,874.68 青 森 県 弘 前 市 大 字 上 白 銀 町 5-6 青 森 地 方 検 察 庁 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 は 入 居 官 署 の 退 資 料 3の 参 考 2 平 成 27 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 平 成 27 年 度 国 有 財 産 監 査 の 結 果 について の 2 ページに 記 載 した の 主 な 内 容 を 別 に 表 しています 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理

More information

49.6 1

49.6 1 49.6 1 t-co2 120 100 80 60 40 20 0 2 4 8 40 52 53 53 59 64 79 83 83 108 101 104 2 3 鳥 取 県 3 2,876 t 岡 山 県 83,782 t 島 根 県 8 1,660 t 広 島 県 15 3,995t 福 岡 県 19 4,141 t 佐 賀 県 3 952 t 大 分 県 53,181 t 長 崎 県 2

More information

<955C8E86814597A0955C8E862E6169>

<955C8E86814597A0955C8E862E6169> 徳 島 県 の 海 岸 保 全 基 本 計 画 改 定 ( 概 要 版 ) ~ 自 然 と 人 が 息 づく 阿 波 の 海 岸 づくり ~ 徳 島 県 1. 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 法 の 改 正 ( 平 成 11 年 )に 伴 い 美 しく 安 全 で いきい きとした 海 岸 の 継 承 を 基 本 理 念 とする 国 の 定 めた

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城 平 成 26 年 度 対 口 支 援 要 請 訪 問 の 概 要 平 成 26 年 6 月 3 日 から11 月 7 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 40 都 道 府 県 日 程 長 野 県 1 金 野 秘 書 広 報 課 長 長 野 県 市 長 会 定 例 会 6 月 3 日 長 野 県 1 宮 城 県 長 野 市 2 塩 竈 市 松 本 市 2 石 巻 市 1, 女 川 町 1 岡 谷

More information

Microsoft Word - 20130603050.docx

Microsoft Word - 20130603050.docx 東 日 本 大 震 災 からの 住 宅 の 再 建 に 向 けた 取 組 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 廣 原 孝 一 1. はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 により 東 北 地 方 沿 岸 部 を 中 心 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 しており 建 築 物 の 被 害 は 全 国 で 全 壊 約 13 万 戸

More information

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場 平 成 27 年 分 住 宅 の 取 得 に 係 る 税 額 控 除 のあらまし 居 住 者 が 住 宅 の 新 築 取 得 又 は 増 改 築 をした 場 合 で 一 定 の 要 件 を 満 たすときは 次 のAからEの 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けることによって 居 住 の 用 に 供 した 年 分 以 後 の 各 年 分 の 所 得 税 額 から 一 定 の 金 額 を 控 除 する

More information

スライド 1

スライド 1 第 1 回 生 活 保 護 制 度 に 関 する 国 と 地 方 協 議 平 成 23 年 5 月 30 日 資 料 3 生 活 保 護 制 度 現 状 等 について 厚 生 労 働 省 - 目 次 - 頁 1 生 活 保 護 制 度 概 要 1 被 保 護 世 帯 数 等 動 向 2 被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 年 次 推 移 3 3 世 帯 類 型 別 保 護 世 帯

More information

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73>

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73> 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 22 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

共 通 仕 様 書 と 特 記 仕 様 書 については 次 のとおり 定 めることとする 共 通 仕 様 書 について 共 通 仕 様 書 は 国 土 交 通 省 の 官 庁 営 繕 関 係 技 術 基 準 等 に 関 する 統 一 基 準 として 公 共 建 築 計 業 務 委 託 共 通 仕 様

共 通 仕 様 書 と 特 記 仕 様 書 については 次 のとおり 定 めることとする 共 通 仕 様 書 について 共 通 仕 様 書 は 国 土 交 通 省 の 官 庁 営 繕 関 係 技 術 基 準 等 に 関 する 統 一 基 準 として 公 共 建 築 計 業 務 委 託 共 通 仕 様 業 務 委 託 番 号 第 28 号 平 成 24 年 度 旧 免 田 中 学 校 施 改 修 工 事 計 業 務 委 託 仕 様 書 あさぎり 町 役 場 総 務 課 政 策 推 進 室 1 共 通 仕 様 書 と 特 記 仕 様 書 については 次 のとおり 定 めることとする 共 通 仕 様 書 について 共 通 仕 様 書 は 国 土 交 通 省 の 官 庁 営 繕 関 係 技 術 基 準

More information

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病 特 定 医 療 に 係 る 自 己 負 担 上 限 額 管 理 票 等 の 記 載 方 法 について( 指 定 医 療 機 関 用 ) 和 歌 山 県 福 祉 保 健 部 健 康 局 健 康 推 進 課 平 成 27 年 1 目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療

More information

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1 職 員 派 遣 に 係 る3 県 合 同 訪 問 要 請 について 平 成 27 年 7 月 2 日 から11 月 25 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 41 都 道 府 県 日 程 7 月 2 日 7 月 3 日 7 月 10 日 岡 山 県 岡 山 県 4 宮 城 県 3, 東 松 島 市 1 岡 山 市 2 石 巻 市 1, 気 仙 沼 市 1 倉 敷 市 1 塩 竈 市 新 見 市

More information

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道 2 月 14 日 から 16 日 の 大 雪 等 の 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 26 年 2 月 16 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 概 況 ( 気 象 庁 ) (1) 気 象 の 概 況 (2 月 16 日 現 在 ) 前 線 を 伴 った 低 気 圧 が 14 日 (

More information

地震被害 訂正.indd

地震被害 訂正.indd 序 本 報 告 書 は 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 ( 以 下 東 日 本 大 震 災 という )における 水 道 事 業 の 被 害 状 況 の 全 貌 を 可 能 な 限 り 体 系 立 てて 整 理 したものである 断 水 等 の 状 況 については 東 日 本 大 震 災 発 生 当 時 厚 生 労 働 省 に 報 告 いただき 厚 生 労 働 省 において 整 理 発 表 した

More information

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378>

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378> 実 績 一 覧 表 ( 平 成 26 年 度 ) 平 成 26 年 6 月 ~ 平 成 27 年 5 月 迄 1 1 日 南 土 木 事 務 所 道 路 維 持 工 事 平 成 26 年 度 防 地 橋 補 第 17-38-02-1 号 日 南 高 岡 線 益 安 橋 橋 梁 補 修 工 事 2 日 南 土 木 事 務 所 公 園 工 事 平 成 25 年 度 ダム 管 理 第 11-2-2 号 広

More information

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する 地 価 公 示 と 都 道 府 県 地 価 調 査 との 関 係 1. 国 土 利 用 計 画 法 制 定 時 の 公 示 価 格 の 活 用 方 法 とその 後 の 変 遷 (1) 国 土 利 用 計 画 法 の 制 定 時 の 議 論 国 土 利 用 計 画 法 は 人 口 産 業 の 大 都 市 への 集 中 に 伴 う 地 価 高 騰 等 といった 土 地 問 題 の 解 決 を 図 るために

More information

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1 平 成 27 年 労 働 者 派 遣 法 改 正 法 の 概 要 ~ 平 成 27 年 9 月 30 日 施 行 ~ 厚 生 労 働 省 都 道 府 県 労 働 局 PL271029 派 需 01 目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推

More information

目 次 1. 電 子 記 録 債 権 とは? 3 2. 電 子 債 権 記 録 機 関 5 3. でんさい の 概 要 7 4. でんさい のメリット 10 5. 現 在 の 普 及 状 況 12 6. 今 後 の 課 題 15 7.おわりに 26 2

目 次 1. 電 子 記 録 債 権 とは? 3 2. 電 子 債 権 記 録 機 関 5 3. でんさい の 概 要 7 4. でんさい のメリット 10 5. 現 在 の 普 及 状 況 12 6. 今 後 の 課 題 15 7.おわりに 26 2 資 料 2 決 済 業 務 等 の 高 度 化 に 関 するスタディ グループ でんさい の 現 状 と 課 題 2014 年 12 月 16 日 株 式 会 社 全 銀 電 子 債 権 ネットワーク 1 目 次 1. 電 子 記 録 債 権 とは? 3 2. 電 子 債 権 記 録 機 関 5 3. でんさい の 概 要 7 4. でんさい のメリット 10 5. 現 在 の 普 及 状 況 12

More information

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効 果 ガス 排 出 量 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 22(2010) 年 度 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 集 計 結 果 平 成 25 年 9 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031392D30955C8E8682A982E796DA8E9F82DC82C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031392D30955C8E8682A982E796DA8E9F82DC82C52E646F63> 平 成 19 年 度 京 都 府 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 京 都 府 監 査 委 員 20 監 第 202 号 平 成 20 年 9 月 2 日 京 都 府 知 事 山 田 啓 二 様 京 都 府 監 査 委 員 田 坂 幾 太 同 小 巻 實 司 同 道 林 邦 彦 同 村 山 佳 也 平 成 19 年 度 京 都 府 公 営 企 業 会 計 の 決 算 審 査 について

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

2 ご 議 論 いただきたい 事 項 今 後 の 設 備 形 成 の 考 え 方 について ご 報 告 事 項 技 術 調 査 の 取 り 組 み 状 況 について

2 ご 議 論 いただきたい 事 項 今 後 の 設 備 形 成 の 考 え 方 について ご 報 告 事 項 技 術 調 査 の 取 り 組 み 状 況 について 第 9 回 広 域 系 統 整 備 委 員 会 資 料 2 1 広 域 系 統 長 期 方 針 の 策 定 について 2016 年 1 月 29 日 広 域 系 統 整 備 委 員 会 事 務 局 2 ご 議 論 いただきたい 事 項 今 後 の 設 備 形 成 の 考 え 方 について ご 報 告 事 項 技 術 調 査 の 取 り 組 み 状 況 について 長 期 方 針 の 策 定 の 方 向

More information

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報 災 害 発 生 時 には 職 員 及 び 関 係 機 関 との 間 で 1 現 状 がどうなっているか 2 今 後 の 見 通 しはどうか 3 今 後 何 をするべきか について 状 況 認 識 の 統 一 を 図 ることが 最 も 重 要 である このことを 常 に 心 掛 ければ ほとんどの 課 題 は 解 決 できる 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 1 章 災 害 応 急 活 動 組

More information

資料1

資料1 資 料 1 平 成 28 年 5 月 19 日 国 税 庁 大 阪 国 税 局 平 成 26 27 年 度 民 間 競 争 入 札 実 施 事 業 大 阪 国 税 局 が 管 理 する 庁 舎 における 施 設 管 理 運 営 業 務 の 実 施 状 況 について Ⅰ 事 業 の 概 要 1 委 託 業 務 内 容 大 阪 国 税 局 が 管 理 する 大 阪 国 税 局 管 内 ( 滋 賀 県 京

More information

管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青 森 秋 田 岩 手 )3 県 の 中 央 部 に 位 置 してい ます 管 内 の 主 な 道 路 は 八 戸 自 動 車 道 国 道 4 号 340 号 及 び

管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青 森 秋 田 岩 手 )3 県 の 中 央 部 に 位 置 してい ます 管 内 の 主 な 道 路 は 八 戸 自 動 車 道 国 道 4 号 340 号 及 び 平 成 27 年 度 業 務 概 要 県 北 広 域 振 興 局 土 木 部 二 戸 土 木 センター 二 戸 市 浄 法 寺 町 天 台 寺 軽 米 町 フォリストパーク 二 戸 市 馬 仙 峡 九 戸 村 折 爪 五 滝 一 戸 町 御 所 野 縄 文 公 園 管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青

More information

決 勝 を 行 う 予 選 での6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 により 上 位 18 チームを 選 び そのチームによって 決 勝 を 行 う 成 績 順 位 は 決 勝 における6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 によって 決 定 する 女 子

決 勝 を 行 う 予 選 での6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 により 上 位 18 チームを 選 び そのチームによって 決 勝 を 行 う 成 績 順 位 は 決 勝 における6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 によって 決 定 する 女 子 9 体 操 競 技 1 期 日 競 技 平 成 28 年 10 月 2 日 ( 日 )から 10 月 5 日 ( 水 )まで(4 日 間 ) 種 別 10 月 2 日 ( 日 ) 10 月 3 日 ( 月 ) 10 月 4 日 ( 火 ) 10 月 5 日 ( 水 ) 成 年 男 子 自 由 ( 決 勝 ) 成 年 女 子 自 由 ( 決 勝 ) 少 年 男 子 自 由 ( 予 選 ) 自 由 (

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 26 年 4 月 21 日 第 74 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 2-2 出 産 育 児 一 時 金 について 平 成 26 年 4 月 21 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 出 産 育 児 一 時 金 について 出 産 育 児 一 時 金 とは 健 康 保 険 法 等 に 基 づく 保 険 給 付 として 健 康 保 険 や 国 民 健 康 保 険

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

Microsoft Word - 03_公告

Microsoft Word - 03_公告 久 留 米 市 公 告 第 124 号 久 留 米 市 立 西 国 分 小 学 校 外 65 施 設 で 使 用 する 電 力 について 下 記 のとおり 一 般 競 争 入 札 を 行 うので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 以 下 令 という ) 第 167 条 の6 第 1 項 及 び 久 留 米 市 契 約 事 務 規 則 ( 昭 和 50 年 久

More information

H27あらましP0(表紙)ホームページ

H27あらましP0(表紙)ホームページ 平 成 27 年 地 価 調 査 のあらまし 第 1 地 価 調 査 制 度 の 概 要 1 地 価 調 査 の 目 的 2 調 査 対 象 区 域 3 調 査 地 点 数 4 基 準 地 の 選 定 基 準 5 価 格 判 定 の 基 準 日 6 価 格 の 判 定 7 標 準 価 格 の 性 格 8 周 知 措 置 9 用 語 の 定 義 第 2 全 国 の 状 況 1 概 要 2 栃 木 県

More information

27.2 確定版.xlsx

27.2 確定版.xlsx Press Release 平 成 27 年 4 月 17 日 ( 照 会 先 ) 品 質 管 理 部 長 田 中 章 夫 ( 電 話 直 通 03-6892-0752) 経 営 企 画 部 広 報 室 ( 電 話 直 通 03-5344-1110) 報 道 関 係 者 各 位 事 務 処 理 誤 り 等 ( 平 成 27 年 2 月 分 )について 平 成 27 年 2 月 分 の 事 務 処 理

More information

このリーフレットは 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 への 経 済 的 支 援 について 分 かりやすく 紹 介 することを 目 的 としています ここで 紹 介 した 制 度 手 続 の 詳 細 については このリーフレットの 裏 面 に 記 載 されたお 問 い 合 わせ 先 まで

このリーフレットは 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 への 経 済 的 支 援 について 分 かりやすく 紹 介 することを 目 的 としています ここで 紹 介 した 制 度 手 続 の 詳 細 については このリーフレットの 裏 面 に 記 載 されたお 問 い 合 わせ 先 まで 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 を 経 済 的 に 支 援 します 仕 事 と 介 護 を 両 立 できる 職 場 環 境 の 整 備 促 進 のためのシンボルマーク トモニン 目 次 育 児 休 業 給 付 金 の 支 給 P. 3 介 護 休 業 給 付 の 支 給 P. 5 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 等 期 間 中 の 社 会 保 険 料 の 免 除 P. 6 産

More information

70 愛媛大学

70 愛媛大学 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 役 員 給 与 規 程 により

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 参 考 資 料 ( 都 市 農 地 に 係 る 土 地 利 用 計 画 制 度 について) 平 成 2 4 年 4 月 1. 土 地 利 用 計 画 制 度 における 都 市 農 地 の 位 置 付 けの 変 化 (1) 新 都 市 計 画 法 の 制 定 現 行 の 新 都 市 計 画 法 は 昭 和 43 年 高 度 経 済 成 長 に 伴 い 都 市 への 急 激 な 人 口 流

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

(4) 手 数 料 等 の 徴 収 制 度 的 には 独 占 となっていない 事 務 事 業 で も 実 態 上 独 占 となっている 場 合 独 占 の 弊 害 を 生 まないための 是 正 措 置 の 内 容 ( 行 っていない 場 合 はその 理 由 ) 手 数 料 等 の 対 価 の 徴 収

(4) 手 数 料 等 の 徴 収 制 度 的 には 独 占 となっていない 事 務 事 業 で も 実 態 上 独 占 となっている 場 合 独 占 の 弊 害 を 生 まないための 是 正 措 置 の 内 容 ( 行 っていない 場 合 はその 理 由 ) 手 数 料 等 の 対 価 の 徴 収 ( 別 添 1) 特 別 の 法 律 により 設 立 される 民 間 法 人 の 運 営 に 関 する 指 導 監 督 基 準 に 基 づく 指 導 監 督 状 況 ( 平 成 2 5 年 度 ) 法 人 名 社 会 保 険 診 療 報 酬 支 払 基 金 根 拠 法 令 名 1. 法 人 の 概 要 社 会 保 険 診 療 報 酬 支 払 基 金 法 業 務 の 概 要 ( 平 成 15 年 10

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方 資 料 5 水 力 発 電 設 備 についての 検 討 に 係 る 考 え 方 平 成 26 年 2 月 18 日 商 務 流 通 保 安 グループ 電 力 安 全 課 - 目 次 - Ⅰ. 検 討 範 囲 3 Ⅱ. 水 力 設 備 に 関 する 検 討 項 目 4 Ⅲ.L2 地 震 動 に 対 するダムの 耐 性 評 価 5 Ⅳ. 洪 水 に 対 するダムの 耐 性 評 価 8 Ⅴ. 大 規 模

More information

アンケート 全 省 庁 統 一 資 格 あり なし 不 明 自 治 体 の 資 格 あり なし 不 明 資 格 名 ( あり の 場 合 ) 入 札 経 験 あり なし 不 明 落 札 経 験 あり なし 不 明 ご 意 見 ご 質 問 等 ござい ましたらご 記 入 ください

アンケート 全 省 庁 統 一 資 格 あり なし 不 明 自 治 体 の 資 格 あり なし 不 明 資 格 名 ( あり の 場 合 ) 入 札 経 験 あり なし 不 明 落 札 経 験 あり なし 不 明 ご 意 見 ご 質 問 等 ござい ましたらご 記 入 ください 入 札 なう ご 利 用 申 込 書 お 申 込 み 日 : 年 月 日 * 必 須 項 目 代 理 店 ID 会 社 名 * 会 社 名 かな* 印 支 店 名 郵 便 番 号 * 住 所 * 電 話 番 号 * 携 帯 電 話 番 号 部 署 名 FAX 番 号 役 職 名 ご 契 約 担 当 者 名 * 姓 名 ご 契 約 担 当 者 名 かな* 姓 名 メールアドレス* 入 札 なうメルマガを

More information

関東中部地方の週間地震概況

関東中部地方の週間地震概況 平 成 27 年 7 月 3 日 気 象 庁 地 火 山 部 関 東 中 部 地 方 ( 三 重 県 を 含 む)の 週 間 地 概 況 平 成 27 年 第 27 ( 平 成 27 年 6 月 26 日 ~7 月 2 日 ) 表 1 度 1 以 上 を 観 測 した 回 数 西 部 の 地 で 度 3を 観 測 今 期 間 中 に 関 東 中 部 地 方 で 度 1 以 上 を 観 測 した 地

More information

Microsoft Word - 鑑> 行政不服審査制度の見直しに係るヒアリン

Microsoft Word - 鑑> 行政不服審査制度の見直しに係るヒアリン 総 務 省 行 政 管 理 局 行 政 手 続 室 御 中 平 成 25 年 3 月 22 日 行 政 不 服 審 査 制 度 の 見 直 しに 係 るヒアリング 行 政 救 済 制 度 の 改 革 について( 資 料 ) 日 本 司 法 書 士 会 連 合 会 第 1 第 2 第 3 第 4 司 法 書 士 の 活 動 領 域 について 現 在 の 司 法 書 士 制 度 の 概 要 行 政 救

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx 資 料 1-1 第 2 回 津 波 避 難 対 策 推 進 マニュアル 検 討 会 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 について 平 成 24 年 8 月 22 日 ( 水 ) Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 の 制 定 経 緯 平 成 23 年 3 月

More information

兵庫県公報(平成25年5月31日 第2496号)

兵庫県公報(平成25年5月31日 第2496号) 発 兵 庫 県 公 報 金 曜 日 第 2496 号 目 行 人 兵 庫 県 神 戸 市 中 央 区 下 山 手 通 5 丁 目 10 番 1 号 毎 週 火 曜 日 及 び 金 曜 日 発 行 その 日 が 休 日 のときはその 翌 日 ( 兵 庫 県 民 の 旗 = 県 旗 ) 次 告 示 ヘ ーシ 土 地 改 良 区 役 員 の 退 任 の 届 出 ( 農 地 整 備 課 ) 1 土 地 改

More information

(6) 戦 略 作 物 生 産 拡 大 緊 急 基 盤 整 備 事 業 ( 秋 田 県 農 林 漁 業 振 興 臨 時 対 策 基 金 事 業 )に 係 る 次 の 業 務 一 戦 略 作 物 高 収 量 高 品 質 実 現 排 水 強 化 事 業 モミガラ 補 助 暗 渠 単 独 施 工 型 二

(6) 戦 略 作 物 生 産 拡 大 緊 急 基 盤 整 備 事 業 ( 秋 田 県 農 林 漁 業 振 興 臨 時 対 策 基 金 事 業 )に 係 る 次 の 業 務 一 戦 略 作 物 高 収 量 高 品 質 実 現 排 水 強 化 事 業 モミガラ 補 助 暗 渠 単 独 施 工 型 二 稲 川 土 地 改 良 区 定 款 昭 和 47 年 5 月 16 日 制 定 認 可 改 正 昭 和 52 年 2 月 7 日 昭 和 56 年 1 月 29 日 昭 和 57 年 5 月 22 日 昭 和 58 年 12 月 10 日 昭 和 60 年 3 月 5 日 昭 和 62 年 11 月 4 日 昭 和 63 年 3 月 17 日 平 成 4 年 6 月 1 日 平 成 7 年 12 月

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

Microsoft PowerPoint - 090908 ③検討会資料.ppt

Microsoft PowerPoint - 090908 ③検討会資料.ppt 県 営 住 宅 耐 震 性 確 保 策 等 検 討 委 員 会 ( 第 3 回 ) 1 前 回 宿 題 事 項 ( 土 地 の 利 用 状 況 の 追 加 説 明 等 ) 及 び 事 業 シミュレーションについて 2 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 策 定 について 3 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 の 策 定 について 平 成 21 年 9 月 徳 島 県 県 土 整

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 資 料 3-2 平 成 23 度 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 23 度 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部 平 成 2 8 年 4 月 1 日 報 道 機 関 各 位 室 蘭 開 発 建 設 部 広 報 官 お 知 ら せ 件 名 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について お 知 らせ 内 容 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について 別 紙 のとおりお

More information

3 3.へき 地 保 健 医 療 (1) へき 地 保 健 医 療 の 概 要 本 県 は 平 成 16 年 12 月 現 在 で 無 医 地 区 数 が 20 市 町 村 48 地 区 無 歯 科 医 地 区 が 25 市 町 村 66 地 区 あ り 全 国 有 数 の 無 医 無 歯 科 医 地 区 である このため 住 民 の 健 康 の 保 持 と 予 防 医 療 に 一 体 化 を 図 るため

More information

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3 平 成 歳 出 明 細 表 要 求 19 内 閣 府 所 管 ( 沖 縄 振 興 局 ) 対 ( 単 位 : 千 円 ) 010 内 閣 本 府 189, 647 239, 682, 941 214, 506, 706 24, 010 内 閣 本 府 共 通 費 832 76, 342 77, 510 1 01-95 内 閣 本 府 一 般 行 政 に 必 要 な 経 費 176 沖 縄 振 興 局

More information

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人 2 各 表 の 記 載 の 仕 方 別 表 一 ( 一 ) 普 通 法 人 ( 特 定 の 医 療 法 人 を 除 く ) 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 の 分 の 申 告 書 1 この 表 の 用 途 この 表 は 普 通 法 人 一 般 社 団 法 人 等 ( 法 別 表 第 二 に 掲 げる 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 並 びに 公

More information

3 / 5 1

3 / 5 1 第 3 回 埼 玉 県 道 路 メンテナンス 会 議 日 時 : 平 成 27 年 1 月 13 日 ( 火 ) 13:30~15:30 場 所 : 国 土 交 通 省 関 東 地 方 整 備 局 5 階 大 研 修 室 5A 議 事 次 第 1. 開 会 2. 挨 拶 3. 議 事 (1)これまでの 動 き 資 料 -1 (2) 道 路 インフラの 老 朽 化 対 策 に 関 するアンケート 追

More information

資 料 1 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 都 道 府 県 別 定 数 の 異 動 (1) 定 数 1 増 埼 玉 県 (14 15) 千 葉 県 (12 13) 神 奈 川 県 (17 18) 滋 賀 県 (3 4) 沖 縄 県 (3

資 料 1 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 都 道 府 県 別 定 数 の 異 動 (1) 定 数 1 増 埼 玉 県 (14 15) 千 葉 県 (12 13) 神 奈 川 県 (17 18) 滋 賀 県 (3 4) 沖 縄 県 (3 平 成 13 年 12 月 19 日 衆 議 院 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 についての 勧 告 参 考 資 料 資 料 1 資 料 2 資 料 3 資 料 4 資 料 5 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 区 割 りの 改 定 案 により 変 更 される 選 挙 区 の 数 都 道 府 県 別 区 割

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030323020938C8A4397B78B71935393B98A948EAE89EF8ED097B78B7189638BC68B4B91A5874081693181603231308FF0816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030323020938C8A4397B78B71935393B98A948EAE89EF8ED097B78B7189638BC68B4B91A5874081693181603231308FF0816A2E646F6378> 第 2 節 乗 車 券 の 効 力 ( 有 効 期 間 ) 第 154 条 乗 車 券 の 有 効 期 間 は 別 に 定 める 場 合 の 外 次 の 各 号 による (1) 普 通 乗 車 券 イ 片 道 乗 車 券 営 業 キロが 100 キロメートルまでのときは 1 日 100 キロメートルを 超 え 200 キロ メートルまでのときは 2 日 とし 200 キロメートルを 超 えるものは

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037208DE096B18FC8816993C18BE691E631368E9F208DC48C9F93A2977690BF89F1939A208CC2955B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037208DE096B18FC8816993C18BE691E631368E9F208DC48C9F93A2977690BF89F1939A208CC2955B816A2E646F63> 07 財 務 省 特 区 第 16 次 再 検 討 要 請 回 答 管 理 コード 070010 プロジェクト 名 要 望 事 項 土 地 区 画 整 理 事 業 における 公 共 施 設 充 当 用 地 につ 都 道 府 県 愛 媛 県 ( 事 項 名 ) 提 案 主 体 名 いての 事 業 施 行 者 の 証 明 書 の 発 行 要 件 の 見 直 し 提 案 事 項 管 理 番 号 1006010

More information

育 児 休 業 給 付 の 支 給 ( 雇 用 保 険 ) 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 の 方 が 1 歳 ( 保 育 所 に 入 所 できないなど 一 定 の 場 合 は1 歳 6か 月 )に 満 たない 子 を 養 育 するために 育 児 休 業 をした 場 合 に 一 定 の 要 件

育 児 休 業 給 付 の 支 給 ( 雇 用 保 険 ) 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 の 方 が 1 歳 ( 保 育 所 に 入 所 できないなど 一 定 の 場 合 は1 歳 6か 月 )に 満 たない 子 を 養 育 するために 育 児 休 業 をした 場 合 に 一 定 の 要 件 育 児 休 業 や 介 護 休 業 経 済 的 に 支 援 をする 方 を します このリーフレットは 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 への 経 済 的 支 援 について 分 かりやすく 紹 介 することを 目 的 としています ここで 紹 介 した 制 度 の 詳 細 については このリーフレットの 裏 面 に 記 載 されたお 問 い 合 わせ 先 までお 尋 ねください ご 存

More information

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 -

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 - 第 6 章 河 川 海 岸 第 1 節 河 川 海 岸 の 概 要 秋 田 県 を 流 れる 河 川 は 雄 物 川 米 代 川 子 吉 川 の 一 級 水 系 302 河 川 馬 場 目 川 などの 二 級 水 系 51 河 川 で 合 計 353 河 川 となっており 総 延 長 は3,189kmに 及 んでいます また 海 岸 については 総 延 長 264kmのうち 国 土 交 通 省 で169kmを

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83858341838B94AD936494C5816991E693F194C5816A814691E688EA90DF815131333033323720816995B68E9A904690AE979D816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83858341838B94AD936494C5816991E693F194C5816A814691E688EA90DF815131333033323720816995B68E9A904690AE979D816A> 水 力 発 電 水 利 審 査 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 4 月 第 二 版 掲 載 web: http://www.mlit.go.jp/river/shishin_guideline/suirisinsa/pdf/manual.pdf 国 土 交 通 省 水 管 理 国 土 保 全 局 水 政 課 河 川 環 境 課 目 次 本 マニュアルについて 2 第 一 節 許 可 に 当

More information

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 勢 一 覧 勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 口 推 計 年 報 4 人 口 密 度 社 会 生 活 統 計 指 標 5 世 帯 数

More information