Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP (公表用).docx

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx"

Transcription

1 むつ 小 川 原 港 BCP 平 成 28 年 3 月 むつ 小 川 原 港 港 湾 機 能 継 続 協 議 会

2 改 訂 履 歴 改 訂 年 月 改 訂 ページ 改 訂 内 容 H 新 規 策 定

3 目 次 1. 港 湾 機 能 継 続 計 画 策 定 の 必 要 性 1 2. 想 定 地 震 津 波 の 規 模 及 び 回 復 目 標 の 設 定 想 定 地 震 津 波 の 規 模 港 湾 施 設 の 被 害 想 定 復 旧 目 標 の 設 定 初 動 体 制 の 確 立 初 動 体 制 の 確 保 災 害 対 策 活 動 拠 点 の 確 保 情 報 連 絡 手 段 の 確 保 予 備 被 害 調 査 応 急 復 旧 方 針 の 決 定 施 設 復 旧 のための 行 動 計 画 施 設 復 旧 の 概 要 施 設 復 旧 航 路 啓 開 安 全 確 認 揚 収 物 漂 流 物 の 処 理 物 資 輸 送 のための 行 動 計 画 緊 急 物 資 輸 送 幹 線 貨 物 輸 送 情 報 の 整 理 と 発 信 情 報 の 整 理 情 報 の 発 信 継 続 的 な 見 直 し(PDCA)の 実 行 港 湾 機 能 を 継 続 するための 練 習 訓 練 の 実 施 災 害 対 応 力 をさらに 強 化 するためのソフト ハード 両 面 の 改 善 計 画 47

4

5 1. 港 湾 機 能 継 続 計 画 策 定 の 必 要 性 (1) 目 的 東 日 本 大 震 災 においては 大 規 模 な 地 震 津 波 により 港 湾 機 能 が 停 止 したことに 伴 い 港 湾 物 流 が 制 限 を 受 けた 港 湾 は 地 域 の 産 業 物 流 や 雇 用 と 直 結 していることから 地 域 の 産 業 活 動 に 大 きな 影 響 を 及 ぼした このような 経 験 から 大 規 模 な 地 震 津 波 が 発 生 しても 一 定 の 港 湾 機 能 を 継 続 させ るため 対 策 本 部 を 設 置 し 組 織 的 に 迅 速 な 機 能 復 旧 を 行 うことが 重 要 である むつ 小 川 原 港 港 湾 機 能 継 続 協 議 会 では 大 規 模 災 害 発 生 時 に 効 率 的 かつ 効 果 的 に 機 能 復 旧 するための 手 順 や 港 湾 関 係 者 の 行 動 計 画 を 港 湾 機 能 継 続 計 画 ( 港 湾 BCP)として 定 めておくことにより 特 定 の 地 震 や 津 波 等 による 被 害 を 想 定 した 計 画 であっても 事 前 に 作 成 しておくことによって 様 々な 災 害 状 況 にも 臨 機 応 変 に 対 応 できる 体 制 を 構 築 す るものである また 定 期 的 に 実 地 訓 練 を 実 施 し 対 応 力 を 向 上 させることや 事 前 準 備 の 充 実 等 必 要 に 応 じて 改 善 することにより 実 効 性 の 高 い 計 画 へと 更 新 するものである (2) 協 議 会 構 成 員 の 行 動 規 範 と 本 計 画 の 活 用 方 法 本 計 画 は ある 特 定 の 地 震 や 津 波 等 の 想 定 とそれによって 引 き 起 こされる 被 害 の 想 定 を 踏 まえて 策 定 したものであるが 災 害 の 規 模 等 がどのようなものであったとしても 港 湾 関 係 者 が 取 るべき 基 本 的 な 行 動 プログラムを 含 む 協 議 会 構 成 員 は 港 湾 BCP が 提 示 する 地 震 津 波 等 の 想 定 災 害 と 機 能 回 復 目 標 を 踏 ま えつつそれぞれの 業 務 継 続 に 必 要 な BCP を 策 定 することを 求 められる 港 湾 BCP は 訓 練 等 の 実 施 を 通 じて 日 頃 より 定 期 的 に 見 直 しが 行 なわれるとともに 港 湾 関 係 者 はその 行 動 プログラムを 共 通 認 識 として 常 に 確 認 しておくことが 重 要 である これらの 継 続 的 な 見 直 しを 通 じて 災 害 に 対 して 臨 機 応 変 に 対 応 することができる 組 織 力 を 高 めること ができるものと 期 待 される また 港 湾 BCP の 下 で 必 要 に 応 じて 策 定 される 事 前 対 策 (リスク 対 応 計 画 )は 災 害 に 対 する 港 湾 施 設 の 粘 り 強 さや 回 復 力 の 向 上 を 図 る 上 で 有 効 である なお 本 計 画 は 発 災 後 に 各 構 成 員 が 対 応 すべき 活 動 と 対 策 の 全 体 像 を 整 理 したも のであるため 個 々の 構 成 員 組 織 が 分 担 する 詳 細 な 行 動 計 画 や 具 体 的 な 対 策 については 各 構 成 員 の BCP に 委 ねられる 実 際 に 大 規 模 災 害 が 発 生 した 場 合 構 成 員 は 港 湾 BCP に 定 められた 機 能 回 復 目 標 の 達 成 を 目 指 して 臨 機 応 変 に 行 動 することを 求 められる なお 本 計 画 が 対 象 とする 大 規 模 災 害 は 地 震 でいえば 震 度 5 弱 以 上 津 波 でいえば 当 該 港 湾 周 辺 の 陸 域 への 浸 水 被 害 が 発 生 した 場 合 とする また 協 議 会 会 長 または 副 会 長 が 必 要 と 判 断 した 場 合 は 本 計 画 を 発 動 するものとする 1

6 表 1.1 むつ 小 川 原 港 港 湾 機 能 継 続 協 議 会 構 成 員 No. 区 分 協 議 会 構 成 員 1 港 運 関 係 日 本 通 運 株 式 会 社 青 森 支 店 六 ヶ 所 事 業 所 2 港 運 関 係 三 八 五 流 通 株 式 会 社 3 港 運 関 係 新 丸 港 運 株 式 会 社 4 港 運 関 係 八 戸 港 湾 運 送 株 式 会 社 5 港 運 関 係 ナラサキスタックス 株 式 会 社 八 戸 支 店 6 港 運 関 係 むつ 小 川 原 マリンサービス 株 式 会 社 7 港 運 関 係 東 日 本 タグボート 株 式 会 社 8 港 運 関 係 宮 光 海 運 株 式 会 社 9 漁 業 関 係 六 ヶ 所 村 海 水 漁 業 協 同 組 合 10 パイロット 八 戸 水 先 区 水 先 人 会 11 建 設 業 関 係 青 森 県 港 湾 空 港 建 設 協 会 八 戸 支 部 12 建 設 業 関 係 一 般 社 団 法 人 青 森 県 測 量 設 計 業 協 会 13 建 設 業 関 係 一 般 社 団 法 人 青 森 県 建 設 業 協 会 14 臨 海 部 企 業 相 和 物 産 株 式 会 社 15 臨 海 部 企 業 株 式 会 社 ルナサンド 16 臨 海 部 企 業 大 丸 興 産 株 式 会 社 17 臨 海 部 企 業 大 泉 建 設 株 式 会 社 18 臨 海 部 企 業 北 武 海 発 株 式 会 社 19 臨 海 部 企 業 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 むつ 小 川 原 国 家 石 油 備 蓄 基 地 事 務 所 20 臨 海 部 企 業 むつ 小 川 原 石 油 備 蓄 株 式 会 社 21 臨 海 部 企 業 日 本 原 燃 株 式 会 社 22 臨 海 部 企 業 原 燃 輸 送 株 式 会 社 六 ヶ 所 輸 送 事 業 所 23 電 力 関 係 東 北 電 力 株 式 会 社 三 沢 営 業 所 24 海 上 保 安 部 第 二 管 区 海 上 保 安 本 部 八 戸 海 上 保 安 部 25 CIQ 函 館 税 関 八 戸 税 関 支 署 26 行 政 ( 国 ) 東 北 地 方 整 備 局 八 戸 港 湾 空 港 整 備 事 務 所 27 行 政 ( 県 ) 青 森 県 県 土 整 備 部 港 湾 空 港 課 28 行 政 ( 県 ) 青 森 県 上 北 地 域 県 民 局 地 域 整 備 部 むつ 小 川 原 港 管 理 所 29 行 政 ( 村 ) 六 ヶ 所 村 企 画 防 災 部 門 30 行 政 ( 村 ) 六 ヶ 所 村 産 業 建 設 部 門 2

7 (3) 本 計 画 の 対 象 原 則 として 公 共 の 係 留 施 設 航 路 泊 地 臨 港 道 路 ふ 頭 用 地 荷 役 機 械 等 を 対 象 とする 図 1.1 計 画 対 象 地 区 位 置 図 3

8 2. 想 定 地 震 津 波 の 規 模 及 び 回 復 目 標 の 設 定 2-1 想 定 地 震 津 波 の 規 模 青 森 県 地 域 防 災 計 画 ( 平 成 25 年 1 月 青 森 県 ) 青 森 県 地 震 津 波 被 害 想 定 調 査 報 告 書 ( 平 成 26 年 3 月 青 森 県 ) 青 森 県 津 波 浸 水 予 測 図 ( 平 成 24 年 10 月 青 森 県 )をも とに むつ 小 川 原 港 における 地 震 津 波 災 害 を 以 下 のように 設 定 する 表 2.1 むつ 小 川 原 港 の 想 定 地 震 津 波 災 害 対 象 災 害 考 え 方 地 震 津 波 標 準 ケース レベル1 地 震 動 相 当 最 悪 ケース レベル2 地 震 動 相 当 発 生 確 率 が 高 く むつ 小 川 原 港 の 港 湾 施 設 に 影 響 を 与 える 地 震 を 想 定 し 比 較 的 軽 微 な 被 害 を 想 定 するケース 発 生 確 率 は 低 いが む つ 小 川 原 港 周 辺 で 想 定 される 最 大 規 模 の 地 震 を 想 定 し 甚 大 な 被 害 を 想 定 するケース 想 定 地 震 : 想 定 太 平 洋 側 海 溝 型 地 震 最 大 震 度 : 震 度 5 弱 ~6 弱 再 来 周 期 :80~100 年 想 定 地 震 :H24 青 森 県 太 平 洋 側 想 定 地 震 最 大 震 度 : 震 度 6 弱 ~6 強 再 来 周 期 : 概 ね 数 百 年 想 定 津 波 : 想 定 太 平 洋 側 海 溝 型 地 震 津 波 最 大 浸 水 深 : 浸 水 なし 想 定 津 波 :H24 青 森 県 太 平 洋 側 想 定 地 震 津 波 最 大 浸 水 深 :5m 以 上 10m 未 満 第 一 波 ( 最 大 波 ) 到 達 時 間 : 41 分 むつ 小 川 原 港 図 2.1 想 定 太 平 洋 側 海 溝 型 地 震 の 推 計 震 度 分 布 図 出 典 : 青 森 県 地 域 防 災 計 画 ( 平 成 25 年 1 月 青 森 県 ) 4

9 むつ 小 川 原 港 図 2.2 H24 青 森 県 太 平 洋 側 想 定 地 震 の 推 計 震 度 分 布 図 出 典 : 青 森 県 地 震 津 波 被 害 想 定 調 査 報 告 書 ( 平 成 26 年 3 月 青 森 県 ) 尾 駮 地 区 外 港 地 区 鷹 架 地 区 新 納 屋 地 区 図 2.3 H24 青 森 県 太 平 洋 側 想 定 地 震 によるむつ 小 川 原 港 の 津 波 浸 水 深 出 典 : 青 森 県 津 波 浸 水 予 測 図 ( 平 成 24 年 10 月 青 森 県 ) 5

10 2-2 港 湾 施 設 の 被 害 想 定 被 害 想 定 の 設 定 は 港 湾 関 係 者 へのアンケートや 耐 震 診 断 過 去 の 災 害 の 被 災 事 例 から 行 った 係 留 施 設 については 最 悪 ケースで 想 定 するクラスの 地 震 動 を 用 いて チャート 式 耐 震 診 断 プログラムによる 耐 震 診 断 を 実 施 した 航 路 泊 地 については 東 北 広 域 港 湾 防 災 対 策 協 議 会 の 示 す 被 害 想 定 を 参 考 に 設 定 し 臨 港 道 路 その 他 ライフラインについては 東 日 本 大 震 災 における 被 害 状 況 の 事 例 から 被 害 想 定 を 設 定 した (1) 港 湾 関 係 者 へのアンケート 港 湾 関 係 者 へのアンケート 調 査 による 被 害 想 定 を 以 下 に 示 す 地 震 被 害 については 建 物 機 械 設 備 の 損 壊 を 想 定 している また 港 湾 施 設 につ いては 液 状 化 の 危 険 性 が 高 いとしている 津 波 被 害 については 建 物 機 械 設 備 ( 荷 役 機 械 ) 港 湾 貨 物 の 浸 水 被 害 や 船 舶 港 湾 貨 物 漁 具 等 の 流 出 漂 流 による 航 路 泊 地 の 閉 塞 を 想 定 している また 機 械 設 備 の 被 害 が 少 なくても 電 源 を 喪 失 し 電 気 設 備 等 が 使 用 できなくなる 可 能 性 も 想 定 している 表 2.2 港 湾 関 係 者 へのアンケート 調 査 結 果 による 被 害 想 定 分 類 地 震 による 被 害 想 定 津 波 による 被 害 想 定 建 物 建 物 の 損 壊 の 恐 れがある 建 物 の 浸 水 の 恐 れがある 機 械 設 備 機 械 設 備 の 損 壊 の 恐 れがある 機 械 設 備 ( 荷 役 機 械 )の 浸 水 の 恐 れがある 船 舶 の 沈 没 流 出 の 恐 れがある 漁 船 漁 具 の 流 出 の 恐 れがある 岸 壁 周 辺 に 駐 車 している 車 両 の 浸 水 や 流 出 の 恐 れがある 機 械 設 備 の 被 害 が 少 なくても 電 源 を 喪 失 し 電 気 設 備 等 が 使 用 できなくなる 可 能 性 がある 港 湾 施 設 貨 物 等 岸 壁 臨 港 道 路 などで 液 状 化 被 害 の 恐 れがある 津 波 による 港 湾 貨 物 の 浸 水 や 流 出 の 恐 れがあ る ヤードが 流 出 物 による 散 乱 の 恐 れがある 臨 海 部 の 自 社 敷 地 内 の 原 材 料 や 製 品 の 浸 水 の 恐 れがある 航 路 泊 地 流 出 した 船 舶 港 湾 貨 物 漁 具 等 による 航 路 泊 地 の 閉 塞 や 漂 流 物 散 乱 の 恐 れがある インフラ 電 柱 電 線 水 道 管 の 損 傷 により 停 電 断 水 等 の 恐 れがある 東 日 本 大 震 災 の 被 害 状 況 より 6

11 (2) 係 留 施 設 の 被 害 想 定 1 係 留 施 設 の 耐 震 診 断 チャート 式 耐 震 診 断 プログラムにより 最 悪 ケースで 想 定 する 程 度 の 地 震 動 が 係 留 施 設 に 作 用 することを 想 定 し 各 係 留 施 設 の 暫 定 的 な 使 用 性 の 可 否 を 判 定 した 最 悪 ケースに おける 係 留 施 設 のチャート 式 耐 震 診 断 プログラムによる 結 果 を 次 表 に 示 す 鷹 架 地 区 1 2 号 岸 壁 鷹 架 地 区 A B 岸 壁 鷹 架 地 区 C 岸 壁 新 納 屋 地 区 1~7 号 岸 壁 が 最 悪 ケースの 地 震 で 被 災 した 場 合 残 留 変 位 が 1m 以 下 であり 暫 定 的 な 使 用 が 可 能 と 想 定 される 表 2.3 最 悪 ケースの 係 留 施 設 のチャート 式 耐 震 診 断 結 果 係 留 施 設 診 断 施 設 構 造 残 留 変 位 液 状 化 により 水 平 (m) 鉛 直 (m) 変 形 する 可 能 性 鷹 架 地 区 1 2 号 岸 壁 (-4.5~-5.5m) C-1-4 矢 板 式 高 い 鷹 架 地 区 1 2 号 岸 壁 (-4.5~-5.5m) C-1-4 重 力 式 低 い 鷹 架 地 区 A B 岸 壁 (-7.5m) C-1-6 矢 板 式 高 い 鷹 架 地 区 C 岸 壁 (-5.5m) C-1-11 重 力 式 低 い 新 納 屋 地 区 1~3 号 岸 壁 (-5.5m) C-1-1 重 力 式 低 い 新 納 屋 地 区 4~7 号 岸 壁 (-5.5m) C-1-8 重 力 式 低 い チャート 式 耐 震 診 断 プログラムは 過 去 の 被 災 事 例 や 構 造 解 析 事 例 から 概 略 の 被 害 予 測 を 行 う 耐 震 診 断 プログラムであり 安 全 側 の 被 害 予 測 が 出 る 傾 向 があり 本 協 議 会 ではBCPを 検 討 するための 被 害 予 測 の 目 安 として 用 いる 実 際 に 大 規 模 地 震 が 発 生 した 場 合 には 被 害 状 況 の 調 査 を 行 い 係 留 施 設 の 使 用 性 を 確 認 する 必 要 がある ここでは むつ 小 川 原 港 において 貨 物 の 荷 役 に 係 る 係 留 施 設 ( 岸 壁 )を 対 象 にチャート 式 耐 震 診 断 を 実 施 した 鷹 架 地 区 1 2 号 岸 壁 水 平 変 位 0.6~0.9m 垂 直 変 位 0.1~0.2m 新 納 屋 地 区 1~7 号 岸 壁 水 平 変 位 0.6~0.7m 垂 直 変 位 0.3m 鷹 架 地 区 C 岸 壁 水 平 変 位 0.5m 垂 直 変 位 0.2m 凡 例 鷹 架 地 区 A B 岸 壁 水 平 変 位 1.0m 垂 直 変 位 0.0m 暫 定 使 用 可 能 施 設 その 他 の 施 設 図 2.4 最 悪 ケースの 係 留 施 設 の 被 害 想 定 結 果 7

12 2 係 留 施 設 の 復 旧 に 要 する 期 間 岸 壁 と 背 後 地 盤 の 段 差 解 消 のために 必 要 となる 埋 め 戻 しの 土 工 量 から 応 急 的 な 復 旧 に 要 する 期 間 を 設 定 した 最 悪 ケースにおける 段 差 解 消 に 必 要 な 土 工 量 及 び 復 旧 に 要 する 期 間 を 次 に 示 す 表 2.4 係 留 施 設 の 復 旧 に 要 する 期 間 埋 め 戻 しのための 土 工 量 の 算 出 は チャート 式 耐 震 診 断 から 明 らかになった 残 留 水 平 変 位 量 を 用 いて 過 去 の 震 災 の 事 例 から 岸 壁 と 背 後 地 盤 との 段 差 量 を 推 計 した 図 2.5 埋 め 戻 しのイメージ 8

13 (3) 航 路 泊 地 の 被 害 想 定 1 津 波 被 害 の 想 定 に 関 する 浸 水 漂 流 条 件 航 路 泊 地 における 津 波 被 害 の 想 定 は 過 去 の 被 害 調 査 事 例 や 既 往 の 研 究 結 果 より 整 理 した 浸 水 漂 流 条 件 また アンケート 調 査 結 果 から 行 う 表 2.5 津 波 被 害 の 想 定 に 関 する 浸 水 漂 流 条 件 分 類 建 物 屋 外 タンク 荷 役 機 械 船 舶 車 両 浸 水 深 と 被 害 の 関 係 浸 水 深 2m 前 後 で 建 物 被 災 状 況 に 大 きな 差 があり 浸 水 深 2m 以 下 の 場 合 には 建 物 が 全 壊 となる 割 合 は 大 幅 に 低 下 する 鉄 筋 コンクリート 構 造 及 び 鉄 骨 造 の 建 物 は その 建 物 が 再 使 用 困 難 な 破 損 が 生 じる 割 合 は 低 い 参 考 : 東 日 本 大 震 災 による 被 災 現 況 調 査 結 果 ( 国 土 交 通 省 都 市 局 ) 浸 水 深 3m 未 満 の 津 波 の 場 合 :タンク 本 体 及 び 付 属 配 管 への 被 害 は 発 生 していない 参 考 : 東 日 本 大 震 災 を 踏 まえた 危 険 物 施 設 等 の 地 震 津 波 対 策 のあり 方 に 係 る 検 討 報 告 書 大 型 クレーン: 浸 水 深 0.6m を 超 えると 漂 流 物 の 衝 突 電 気 機 械 設 備 への 浸 水 水 位 上 昇 3m を 超 えると 船 舶 の 漂 流 が 始 まり 衝 突 破 損 500t 未 満 : 水 位 上 昇 2m 以 上 あるいは 流 速 4.0m/s 以 上 で 漂 流 500~1 万 t 未 満 : 水 位 上 昇 3m 以 上 あるいは 流 速 3.5m/s 以 上 で 漂 流 1 万 t 以 上 : 水 位 上 昇 4m 以 上 あるいは 流 速 3.0m/s 以 上 で 漂 流 参 考 : 沿 岸 部 と 背 後 地 の 連 携 による 総 合 的 な 津 波 災 害 軽 減 方 策 検 討 委 員 会 普 通 車 トラック: 浸 水 深 0.5m 以 上 で 流 出 トレーラー シャーシ: 浸 水 深 1.43m 以 上 で 流 出 参 考 : 利 根 川 の 洪 水 ( 須 賀 暁 三 監 修 利 根 川 研 究 会 編 1995 年 ) 9

14 2 津 波 による 被 害 想 定 結 果 前 項 の 浸 水 漂 流 条 件 等 を 踏 まえ 津 波 による 被 害 想 定 を 次 のとおり 整 理 した 新 納 屋 地 区 や 鷹 架 地 区 の 背 後 では 建 物 機 械 設 備 ( 荷 役 機 械 ) 車 両 港 湾 貨 物 等 の 浸 水 や 流 出 被 害 が 想 定 される 尾 駮 漁 港 では 漁 船 漁 具 の 流 出 被 害 が 想 定 される これらの 流 出 物 等 により 航 路 泊 地 の 閉 塞 のおそれがある 機 械 設 備 の 被 害 が 少 なくても 電 源 を 喪 失 し 電 気 設 備 等 が 使 用 できなくなる 可 能 性 もある むつ 小 川 原 港 周 辺 の 浸 水 想 定 想 定 津 波 :H24 青 森 県 太 平 洋 側 想 定 地 震 津 波 最 大 浸 水 深 :5m 以 上 10m 未 満 第 一 波 ( 最 大 波 ) 到 達 時 間 :41 分 尾 駮 漁 港 背 後 建 物 機 械 設 備 等 の 浸 水 被 害 尾 駮 地 区 尾 駮 漁 港 漁 船 漁 具 等 の 流 出 被 害 鷹 架 岸 壁 背 後 建 物 機 械 設 備 等 の 浸 水 被 害 外 港 地 区 鷹 架 地 区 航 路 泊 地 建 漂 流 沈 下 物 による 閉 塞 新 納 屋 地 区 図 2.6 津 波 による 被 害 想 定 10

15 3 航 路 泊 地 の 沈 下 物 による 被 害 想 定 津 波 がある 場 合 は 小 型 船 車 両 港 湾 貨 物 等 が 浸 水 により 流 出 し 全 ての 航 路 泊 地 が 閉 塞 すると 想 定 した 想 定 沈 下 物 の 設 定 条 件 を 以 下 のとおりとした むつ 小 川 原 港 における 沈 下 物 の 個 数 は 東 日 本 大 震 災 で 被 災 した 港 の 事 例 から 50 個 と 想 定 する 沈 下 物 の 撤 去 スピードは 1 隻 当 たり 5 個 / 日 とする 作 業 船 は 県 内 船 舶 のみを 対 象 とし 広 域 な 連 携 については 東 北 広 域 港 湾 防 災 対 策 協 議 会 において 調 整 を 図 る 津 波 による 浮 遊 物 については むつ 小 川 原 港 では 原 木 漁 具 等 の 流 出 が 懸 念 されるこ とから 沈 下 物 除 去 の 前 に 1 日 程 度 の 作 業 を 要 すると 仮 定 する 表 2.6 航 路 泊 地 の 沈 下 物 による 被 害 想 定 地 区 想 定 沈 下 物 復 旧 に 要 する 期 間 沈 下 物 ( 例 ) 新 納 屋 33 個 6.6 日 / 隻 小 型 船 車 両 鷹 架 12 個 2.4 日 / 隻 小 型 船 車 両 貨 物 尾 駮 5 個 1.0 日 / 隻 漁 船 漁 具 上 記 の 想 定 沈 下 物 の 個 数 は 各 地 区 の 面 積 及 び 平 常 時 の 利 用 状 況 等 を 考 慮 し むつ 小 川 原 港 全 体 において 想 定 される 沈 下 物 50 個 を 各 地 区 に 配 分 したものであり 航 路 啓 開 作 業 に 当 たっての 課 題 や 各 関 係 者 の 役 割 を 検 討 するための 目 安 として 用 いる 数 値 である 実 際 に 大 規 模 な 地 震 津 波 が 発 生 した 場 合 には 被 害 状 況 の 調 査 ( 水 路 測 量 )を 行 い 沈 下 物 の 位 置 個 数 を 確 認 する 必 要 がある 八 戸 港 : 車 両 石 巻 港 : 原 木 等 の 封 じ 込 め 状 況 11

16 (4) 臨 港 道 路 の 被 害 想 定 と 復 旧 に 要 する 期 間 優 先 復 旧 施 設 に 接 続 する 臨 港 道 路 の 状 況 は 次 のとおりであるが 大 規 模 地 震 による 液 状 化 被 害 の 恐 れがある 東 日 本 大 震 災 の 事 例 を 踏 まえ 臨 港 道 路 の 復 旧 に 要 する 期 間 は 標 準 ケースで 1~3 日 最 悪 ケースで 3~7 日 ( 緊 急 物 資 輸 送 については 3 日 )とする 表 2.7 航 路 泊 地 の 沈 下 物 による 被 害 想 定 優 先 復 旧 施 設 鷹 架 A B 岸 壁 鷹 架 1 号 2 号 岸 壁 新 納 屋 1 号 ~7 号 岸 壁 優 先 復 旧 施 設 である 岸 壁 に 接 続 する 臨 港 道 路 等 の 状 況 岸 壁 背 後 の 荷 捌 き 地 が 国 道 に 接 している 複 数 の 臨 港 道 路 を 利 用 できる 岸 壁 北 端 から 国 道 までの 距 離 が 約 550m 鷹 架 A B 岸 壁 側 の 臨 港 道 路 からもアクセスできる 国 道 に 接 続 する 臨 港 道 路 が1 本 岸 壁 西 端 から 国 道 までの 距 離 が 約 700m 臨 港 道 路 の 復 旧 に 要 する 期 間 緊 急 物 資 輸 送 幹 線 貨 物 輸 送 標 準 ケース 最 悪 ケース 標 準 ケース 最 悪 ケース 1~3 日 3 日 1~3 日 3~7 日 1~3 日 3 日 1~3 日 3~7 日 1~3 日 3 日 1~3 日 3~7 日 図 2.7 優 先 復 旧 施 設 に 接 続 する 臨 港 道 路 12

17 2-3 復 旧 目 標 の 設 定 緊 急 物 資 幹 線 貨 物 について 復 旧 目 標 とする 時 期 と 岸 壁 数 を 示 す (1) 港 湾 関 係 者 アンケート 結 果 ( 地 震 津 波 ) アンケートの 結 果 復 旧 を 優 先 すべき 係 留 施 設 として 鷹 架 A B 岸 壁 等 が 挙 げられ 緊 急 物 資 輸 送 のためには 可 及 的 速 やかな 復 旧 が 望 まれる 表 2.8 港 湾 関 係 者 アンケート 結 果 ( 地 震 津 波 ) 係 留 施 設 回 答 内 容 目 標 期 間 鷹 架 A B 岸 壁 鷹 架 B 岸 壁 鷹 架 A B 岸 壁 鷹 架 A B 岸 壁 鷹 架 1 号 2 号 岸 壁 鷹 架 A B 岸 壁 一 点 係 留 ブイバース 鷹 架 1 号 2 号 岸 壁 新 納 屋 地 区 岸 壁 鷹 架 A C 岸 壁 放 射 性 廃 棄 物 については 各 電 力 会 社 の 倉 庫 で 数 ヶ 月 は 保 管 できると 思 われ るが 荷 役 機 械 が 全 てある 鷹 架 岸 壁 の 3 ヶ 月 以 内 の 再 開 を 望 む 下 北 半 島 は 南 北 幹 線 道 路 が 限 られており 道 路 が 不 通 となれば むつ 小 川 原 港 等 を 利 用 した 物 流 が 重 要 となる 早 急 に 支 援 物 資 を 受 け 入 れる 必 要 があり 遅 くても 3 日 後 までには 復 旧 すべき 岸 壁 背 後 地 の 利 便 性 を 考 えれば 鷹 架 B 岸 壁 を 優 先 すべき 最 優 先 は 航 路 の 早 急 な 確 保 であり 救 援 物 資 用 のバースは 速 やかな 復 旧 が 必 要 その 他 は 1 ヶ 月 を 目 標 に 重 要 なバースから 順 に 復 旧 する 被 害 の 程 度 にもよるが 海 域 施 設 ( 一 点 係 留 ブイ)の 保 守 管 理 点 検 ができるよう 1 ヶ 月 以 内 の 復 旧 を 望 む 放 射 性 物 質 等 の 搬 入 輸 送 用 容 器 の 搬 出 が 停 止 すると 国 内 の 原 子 力 発 電 所 の 稼 動 に 深 刻 な 影 響 が 生 じる 原 油 の 緊 急 放 出 などの 国 策 に 応 じられなくなる 砂 利 砂 や 路 盤 材 等 の 搬 出 入 が 停 止 すると 資 材 不 足 となり 公 共 事 業 や 民 間 工 事 等 の 進 捗 に 影 響 が 生 じる 3 ヶ 月 以 内 3 日 以 内 - 1 ヶ 月 以 内 3 日 ~1 週 間 以 内 1 週 間 以 内 ~1 ヶ 月 以 内 1 週 間 ~1 ヶ 月 以 内 13

18 (2) 優 先 復 旧 施 設 アンケート 結 果 から 緊 急 物 資 砂 利 砂 原 木 放 射 性 廃 棄 物 原 油 の 輸 送 に 対 応 する 係 留 施 設 と 目 標 復 旧 期 間 一 部 専 用 施 設 周 囲 の 啓 開 の 目 標 を 設 定 した 表 2.9 優 先 復 旧 施 設 標 準 ケース 最 悪 ケース 貨 物 考 え 方 優 先 復 旧 施 設 目 標 期 間 優 先 復 旧 施 設 目 標 期 間 緊 急 物 資 緊 急 物 資 の 受 入 拠 点 と しての 機 能 を 確 保 する ため 優 先 的 に 復 旧 す る 鷹 架 地 区 鷹 架 A B 岸 壁 (-7.5m)のうち 1 バース 新 納 屋 地 区 新 納 屋 1 号 ~7 号 岸 壁 (-5.5m)のうち 2バース 3 日 鷹 架 地 区 鷹 架 A B 岸 壁 (-7.5m)のうち 1 バース 新 納 屋 地 区 新 納 屋 1 号 ~7 号 岸 壁 (-5.5m)のうち 2バース 3 日 砂 利 砂 原 木 貨 物 の 輸 送 需 要 に 合 わ せて 水 深 が 大 きく 多 目 的 な 利 用 が 可 能 な 岸 壁 平 常 時 の 取 扱 貨 物 量 が 多 い 岸 壁 から 優 先 的 に 復 旧 する 鷹 架 地 区 鷹 架 A B 岸 壁 (-7.5m)のうち 1 バース 新 納 屋 地 区 新 納 屋 1 号 ~7 号 岸 壁 (-5.5m)のうち 2バース 1 週 間 鷹 架 地 区 鷹 架 A B 岸 壁 (-7.5m)のうち 1 バース 新 納 屋 地 区 新 納 屋 1 号 ~7 号 岸 壁 (-5.5m)のうち 2バース 1 週 間 放 射 性 廃 棄 物 放 射 性 廃 棄 物 の 輸 送 に は 安 全 確 保 のため 専 用 の 輸 送 設 備 を 備 えた 岸 壁 を 優 先 的 に 復 旧 す る 鷹 架 地 区 鷹 架 A B 岸 壁 (-7.5m)のうち 1 バース 1 週 間 鷹 架 地 区 鷹 架 A B 岸 壁 (-7.5m)のうち 1 バース 1 週 間 原 油 むつ 小 川 原 国 家 石 油 備 蓄 基 地 は 国 家 備 蓄 原 油 を 保 管 しており 緊 急 放 出 に 備 えた 体 制 を 維 持 する 必 要 があるた め 専 用 施 設 周 囲 の 啓 開 と 作 業 船 の 係 留 施 設 を 優 先 的 に 復 旧 する 外 港 地 区 一 点 係 留 ブイバース 周 囲 の 啓 開 鷹 架 地 区 鷹 架 1 号 2 号 岸 壁 (-4.5~-5.5m)のう ち1バース 1 週 間 外 港 地 区 一 点 係 留 ブイバース 周 囲 の 啓 開 鷹 架 地 区 鷹 架 1 号 2 号 岸 壁 (-4.5~-5.5m)のう ち1バース 1 週 間 14

19 (3) 優 先 復 旧 施 設 の 復 旧 に 要 する 期 間 優 先 復 旧 施 設 における 目 標 復 旧 期 間 と 被 害 想 定 により 算 出 した 復 旧 期 間 を 比 較 し ボトルネックとなる 港 湾 施 設 を 整 理 した 航 路 啓 開 がボトルネックになると 想 定 された 新 納 屋 1~7 号 岸 壁 については 東 北 広 域 港 湾 BCP に 基 づく 広 域 連 携 により 必 要 な 作 業 船 を 調 達 する 表 2.10 優 先 復 旧 施 設 の 復 旧 に 要 する 期 間 :ボトルネック 貨 物 優 先 復 旧 施 設 復 旧 期 間 標 準 ケース 目 標 目 標 達 成 期 間 状 況 復 旧 期 間 最 悪 ケース 目 標 目 標 達 成 期 間 状 況 緊 急 物 資 鷹 架 A B 岸 壁 (-7.5m) のうち 1 バース 係 留 施 設 2.1 日 2.1 日 航 路 直 ちに 3 日 目 標 達 成 2.4 日 3 日 目 標 達 成 臨 港 道 路 1~3 日 3 日 新 納 屋 1 号 ~7 号 岸 壁 (-5.5m) のうち 2 バース 係 留 施 設 1.0 日 1.0 日 航 路 直 ちに 3 日 目 標 達 成 6.6 日 臨 港 道 路 1~3 日 3 日 3 日 目 標 未 達 砂 利 砂 原 木 鷹 架 A B 岸 壁 (-7.5m) のうち 1 バース 係 留 施 設 2.1 日 2.1 日 航 路 直 ちに 1 週 間 目 標 達 成 2.4 日 1 週 間 目 標 達 成 臨 港 道 路 1~3 日 3~7 日 新 納 屋 1 号 ~7 号 岸 壁 (-5.5m) のうち 2 バース 係 留 施 設 1.0 日 1.0 日 航 路 直 ちに 1 週 間 目 標 達 成 6.6 日 1 週 間 目 標 達 成 臨 港 道 路 1~3 日 3~7 日 放 射 性 廃 棄 物 鷹 架 A B 岸 壁 (-7.5m) のうち 1 バース 係 留 施 設 2.1 日 2.1 日 航 路 直 ちに 1 週 間 目 標 達 成 2.4 日 1 週 間 目 標 達 成 臨 港 道 路 1~3 日 3~7 日 原 油 一 点 係 留 ブイバース 周 囲 啓 開 直 ちに 1 週 間 目 標 達 成 直 ちに 1 週 間 目 標 達 成 鷹 架 1 号 2 号 岸 壁 (-4.5~ 係 留 施 設 1.7 日 1.7 日 1 週 間 目 標 達 成 -5.5m)のうち 1 バース 航 路 直 ちに 2.4 日 注 1: 標 準 ケースにおける 岸 壁 の 復 旧 期 間 は 最 悪 ケースと 同 程 度 とした 注 2: 航 路 の 復 旧 期 間 は 作 業 船 1 隻 で 航 路 啓 開 した 場 合 を 示 す 津 波 警 報 解 除 後 1 週 間 目 標 達 成 15

20 3. 初 動 体 制 の 確 立 3-1 初 動 体 制 の 確 保 大 規 模 な 地 震 津 波 が 発 生 した 際 は 協 議 会 構 成 員 は 災 害 対 応 拠 点 または 災 害 対 応 代 替 拠 点 において 本 BCP に 基 づいて 速 やかに 災 害 対 策 本 部 を 立 ち 上 げるものとする 災 害 発 生 時 は 通 信 の 途 絶 混 乱 等 により 協 議 会 構 成 員 間 の 連 絡 がとれない 可 能 性 が あることから 以 下 の 事 象 が 発 生 した 場 合 には 協 議 会 構 成 員 は 3-2 災 害 対 応 拠 点 の 確 保 に 定 める 災 害 対 応 拠 点 または 災 害 対 応 代 替 拠 点 へ 自 主 的 に 参 集 するととも に 自 らが 所 属 する 構 成 員 機 関 との 連 絡 ルートの 確 保 に 努 めるものとする 1 むつ 小 川 原 港 周 辺 で 震 度 5 弱 以 上 を 観 測 した 場 合 2 むつ 小 川 原 港 周 辺 で 陸 域 への 津 波 による 浸 水 が 発 生 した 場 合 3 協 議 会 会 長 または 副 会 長 が 必 要 と 判 断 した 場 合 なお 概 略 被 害 調 査 の 結 果 被 害 無 しであることが 確 認 できた 場 合 は 協 議 会 事 務 局 ( 現 地 港 湾 事 務 所 含 む)より 各 構 成 員 に 参 集 不 要 を 連 絡 するものとする まず 協 議 会 構 成 員 は 所 管 施 設 の 予 備 被 害 調 査 を 速 やかに 実 施 し 災 害 対 策 本 部 に 報 告 する 調 査 内 容 は 3-4 予 備 被 害 調 査 で 詳 述 する 第 1 段 階 として 目 標 復 旧 期 間 の 短 い 緊 急 物 資 輸 送 に 関 する 応 急 復 旧 方 針 を 決 定 す るために 以 下 の 11 機 関 が 災 害 対 応 拠 点 または 災 害 対 応 代 替 拠 点 に 参 集 する 第 2 段 階 として 全 協 議 会 構 成 員 参 集 のもと 第 1 段 階 で 決 定 した 応 急 復 旧 方 針 の 情 報 共 有 を 行 うとともに その 他 の 一 般 貨 物 の 応 急 復 旧 方 針 を 決 定 する なお 被 害 の 拡 大 等 により 協 議 会 構 成 員 以 外 の 関 係 者 の 参 集 が 必 要 となる 場 合 には 協 議 会 会 長 または 副 会 長 の 判 断 によって その 都 度 体 制 を 組 み 直 すものとする ( 概 略 被 害 調 査 : 港 湾 管 理 者 ) 図 3.1 初 動 体 制 の 概 要 16

21 表 3.1 発 災 後 に 参 集 する 協 議 会 構 成 員 協 議 会 構 成 員 担 当 者 住 所 TEL 携 帯 電 話 FAX 衛 星 電 話 日 本 通 運 株 式 会 社 青 森 支 店 六 ヶ 所 事 業 所 市 町 三 八 五 流 通 株 式 会 社 市 町 新 丸 港 運 株 式 会 社 市 町 八 戸 港 湾 運 送 株 式 会 社 市 町 ナラサキスタックス 株 式 会 社 八 戸 支 店 市 町 むつ 小 川 原 マリンサービス 株 式 会 社 市 町 東 日 本 タグボート 株 式 会 社 市 町 宮 光 海 運 株 式 会 社 市 町 六 ヶ 所 村 海 水 漁 業 協 同 組 合 市 町 八 戸 水 先 区 水 先 人 会 市 町 青 森 県 港 湾 空 港 建 設 協 会 八 戸 支 部 市 町 一 般 社 団 法 人 青 森 県 測 量 設 計 業 協 会 市 町 一 般 社 団 法 人 青 森 県 建 設 業 協 会 市 町 相 和 物 産 株 式 会 社 市 町 株 式 会 社 ルナサンド 市 町 大 丸 興 産 株 式 会 社 市 町 大 泉 建 設 株 式 会 社 市 町 北 武 海 発 株 式 会 社 市 町 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 むつ 小 川 原 国 家 石 油 備 蓄 基 地 事 務 所 市 町 むつ 小 川 原 石 油 備 蓄 株 式 会 社 市 町

22 協 議 会 構 成 員 担 当 者 住 所 TEL 携 帯 電 話 FAX 衛 星 電 話 日 本 原 燃 株 式 会 社 市 町 原 燃 輸 送 株 式 会 社 六 ヶ 所 輸 送 事 業 所 市 町 東 北 電 力 株 式 会 社 三 沢 営 業 所 市 町 第 二 管 区 海 上 保 安 本 部 八 戸 海 上 保 安 部 市 町 函 館 税 関 八 戸 税 関 支 署 市 町 東 北 地 方 整 備 局 八 戸 港 湾 空 港 整 備 事 務 所 市 町 青 森 県 県 土 整 備 部 港 湾 空 港 課 市 町 青 森 県 上 北 地 域 県 民 局 地 域 整 備 部 むつ 小 川 原 港 管 理 所 市 町 六 ヶ 所 村 企 画 防 災 部 門 市 町 六 ヶ 所 村 産 業 建 設 部 門 市 町

23 3-2 災 害 対 応 拠 点 の 確 保 災 害 発 生 後 は 第 1 段 階 と 第 2 段 階 ごとに 3-1 初 動 体 制 の 確 保 に 示 す 協 議 会 構 成 員 が 災 害 対 応 拠 点 に 参 集 することを 原 則 とする なお 災 害 対 応 拠 点 が 使 用 できない 場 合 は 災 害 対 応 代 替 拠 点 に 参 集 することとする 災 害 対 応 拠 点 及 び 災 害 対 応 代 替 拠 点 は 以 下 のとおりとする 1 災 害 対 応 拠 点 : 青 森 県 上 北 地 域 県 民 局 地 域 整 備 部 むつ 小 川 原 港 管 理 所 2 災 害 対 応 代 替 拠 点 : 六 ヶ 所 村 役 場 災 害 対 応 代 替 拠 点 2 六 ヶ 所 村 役 場 ( 分 庁 舎 3 階 大 会 議 室 ) 上 北 郡 六 ヶ 所 村 大 字 尾 駮 字 野 附 475 TEL: ( 代 表 ) FAX: 衛 星 電 話 : 災 害 対 応 拠 点 1 青 森 県 むつ 小 川 原 港 管 理 所 上 北 郡 六 ヶ 所 村 大 字 倉 内 字 笹 崎 TEL: FAX: むつ 川 原 港 図 3.2 参 集 場 所 19

24 3-3 情 報 連 絡 手 段 の 確 保 全 ての 協 議 会 構 成 員 は 災 害 時 の 通 信 手 段 として 複 数 の 連 絡 手 段 を 確 認 する 特 に 確 実 性 の 高 い 衛 星 電 話 を 設 置 することが 望 ましい ただし 協 議 会 構 成 員 の 現 状 の 設 置 状 況 から 以 下 の 複 数 の 連 絡 手 段 を 確 認 すること とする 使 用 可 能 であれば 電 話 携 帯 電 話 電 子 メール FAXを 使 用 する 3-4 予 備 被 害 調 査 協 議 会 構 成 員 は 津 波 警 報 注 意 報 解 除 後 速 やかに 予 備 被 害 調 査 を 実 施 し 災 害 対 策 本 部 に 報 告 するものとする 予 備 被 害 調 査 では 自 組 織 が 保 有 または 管 理 する 施 設 設 備 の 被 害 の 状 況 や 業 務 遂 行 機 能 の 現 状 を 把 握 する なお 予 備 被 害 調 査 は もっぱら 施 設 等 の 目 視 点 検 や 電 話 電 子 メール 等 による 被 害 情 報 収 集 等 に 基 づいて 当 該 港 湾 の 被 災 後 の 業 務 継 続 能 力 を 評 価 し 応 急 復 旧 の 方 針 を 検 討 する 目 的 で 実 施 するものとする 従 って 施 設 の 本 格 復 旧 のための 詳 細 な 調 査 は 各 構 成 員 機 関 が 別 途 実 施 することとなる 予 備 調 査 結 果 は 予 備 被 害 調 査 票 に 記 入 し 災 害 対 策 本 部 に 提 出 する 被 害 状 況 の 報 告 は 調 査 実 施 の 可 否 実 施 状 況 等 も 含 め 発 災 後 ( 津 波 災 害 時 は 津 波 警 報 注 意 報 解 除 後 )3 時 間 以 内 に 第 1 報 を 災 害 対 策 本 部 で 集 約 し その 後 も 新 たな 情 報 が 入 り 次 第 改 定 するものとする 予 備 被 害 調 査 票 に 記 入 する 項 目 内 容 は 各 協 議 会 構 成 員 間 であらかじめ 整 理 して おくことが 望 ましい 調 査 対 象 が 重 複 する 場 合 は あらかじめ 分 担 を 決 めておくこととする 協 議 会 構 成 員 が 分 担 する 主 な 予 備 被 害 調 査 の 項 目 は 以 下 のとおり 20

25 関 係 者 青 森 県 上 北 地 域 県 民 局 地 域 整 備 部 むつ 小 川 原 港 管 理 所 東 北 地 方 整 備 局 八 戸 港 湾 空 港 整 備 事 務 所 八 戸 海 上 保 安 部 日 本 通 運 株 式 会 社 三 八 五 流 通 株 式 会 社 新 丸 港 運 株 式 会 社 八 戸 港 湾 運 送 株 式 会 社 ナラサキスタックス 株 式 会 社 むつ 小 川 原 マリンサービス 株 式 会 社 東 日 本 タグボート 株 式 会 社 宮 光 海 運 株 式 会 社 青 森 県 港 湾 空 港 建 設 協 会 一 般 社 団 法 人 青 森 県 測 量 設 計 業 協 会 一 般 社 団 法 人 青 森 県 建 設 業 協 会 表 3.2 協 議 会 構 成 員 が 分 担 する 主 な 予 備 被 害 調 査 の 項 目 主 な 調 査 項 目 港 湾 施 設 の 被 害 ( 水 域 陸 域 ) 事 務 所 の 被 害 ( 職 員 事 務 所 建 物 業 務 艇 公 用 車 等 ) ライフライン 燃 料 等 業 務 の 状 態 事 務 所 の 被 害 ( 職 員 事 務 所 建 物 業 務 艇 公 用 車 ライフラ イン 燃 料 等 ) 業 務 の 状 態 港 湾 施 設 の 被 害 ( 水 域 陸 域 ) 事 務 所 の 被 害 ( 職 員 庁 舎 業 務 艇 公 用 車 ライフライン 燃 料 等 ) 業 務 の 状 態 港 内 及 び 周 辺 水 域 の 被 害 ( 漂 流 物 船 舶 航 路 標 識 等 ) 事 務 所 の 被 害 ( 従 業 員 事 務 所 荷 役 機 械 作 業 車 両 ライフ ライン 燃 料 等 ) 業 務 の 状 態 利 用 している 港 湾 施 設 の 被 害 ( 被 災 貨 物 荷 捌 地 荷 役 機 械 設 備 等 ) 出 動 可 能 な 構 成 員 企 業 使 用 可 能 な 資 機 材 函 館 税 関 八 戸 税 関 支 署 事 務 所 の 被 害 ( 職 員 事 務 所 検 査 機 械 ライフライン 等 ) 業 務 の 状 態 相 和 物 産 株 式 会 社 専 用 の 港 湾 施 設 の 被 害 ( 水 域 ) 株 式 会 社 ルナサンド 事 務 所 の 被 害 ( 職 員 事 務 所 建 物 設 備 等 ) 大 丸 興 産 株 式 会 社 ライフライン 燃 料 等 大 泉 建 設 株 式 会 社 業 務 の 状 態 北 武 海 発 株 式 会 社 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 むつ 小 川 原 石 油 備 蓄 株 式 会 社 日 本 原 燃 株 式 会 社 原 燃 輸 送 株 式 会 社 21

26 予 備 被 害 調 査 票 本 票 はむつ 小 川 原 港 周 辺 で 震 度 5 弱 以 上 の 地 震 が 発 生 または 陸 域 で 津 波 浸 水 被 害 が 発 生 した 場 合 できるだけ 速 やかに 災 害 対 策 本 部 に 提 出 すること( 津 波 災 害 時 は 津 波 警 報 注 意 報 解 除 後 ) 記 入 日 年 月 日 時 所 属 : 担 当 者 氏 名 : 住 所 : 使 用 できる 通 信 手 段 の 番 号 アドレス( 衛 星 電 話 携 帯 FAX 電 子 メール 等 ): 職 員 の 安 否 全 名 中 名 の 確 認 済 み 内 負 傷 者 名 施 設 機 材 の 被 災 状 況 被 災 状 況 名 称 使 用 可 能 応 急 復 旧 によ り 使 用 可 能 使 用 不 能 数 量 等 備 考 22

27 ライフライン( 使 用 可 使 用 不 可 ) 電 気 上 水 燃 料 ( 種 類 と 在 庫 量 を 記 入 ) 日 分 日 分 日 分 業 務 の 状 態 主 な 業 務 状 態 23

28 3-5 応 急 復 旧 方 針 の 決 定 協 議 会 構 成 員 は 参 集 後 予 備 被 害 調 査 の 結 果 と 本 港 湾 BCP の 方 針 をもとに 応 急 復 旧 方 針 として 以 下 の 項 目 についてを 決 定 する 下 記 のとおり 参 考 事 例 を 記 載 する 被 害 想 定 施 設 震 度 6 強 津 波 浸 水 深 2m 未 満 被 害 の 程 度 被 災 状 況 航 路 泊 地 漂 流 物 (50 個 )により 閉 塞 岸 壁 岸 壁 1バース 被 害 軽 微 荷 捌 地 被 害 軽 微 岸 壁 2バース エプロンに 段 差 陥 没 岸 壁 1バース エプロンに 段 差 陥 没 岸 壁 が 若 干 の 傾 斜 1バース 岸 壁 が 大 きく 傾 斜 はらみ 出 し 沈 下 荷 捌 地 貨 物 ガレキ 等 が 散 乱 臨 港 道 路 液 状 化 対 策 により 被 害 軽 微 24

29 表 3.3 応 急 復 旧 方 針 として 決 定 する 項 目 応 急 復 旧 項 目 内 容 応 急 復 旧 の 対 象 A バース D バース E バース 施 設 予 備 被 害 調 査 の 結 果 から 応 急 復 旧 の 対 象 とする 施 設 を 選 定 する 復 旧 の 優 先 順 位 1.D バース 2.E バース 3.A バース 本 港 湾 BCP の 方 針 と 予 備 被 害 調 査 の 結 果 地 域 の 要 請 を 踏 まえ 復 旧 の 優 先 順 位 を 決 定 する 参 考 事 例 では 貨 物 輸 送 需 要 取 扱 貨 物 量 を 勘 案 して E バースの 復 旧 を B バースの 復 旧 より 優 先 させると 判 断 ガレキの 集 積 場 所 埠 頭 荷 捌 地 航 路 啓 開 臨 港 道 路 やヤードの 啓 開 で 除 去 するガレキ 被 災 貨 物 の 集 積 場 所 を 決 定 する 参 考 事 例 では 貨 物 の 取 扱 予 定 のない 埠 頭 荷 捌 地 を ガレキの 集 積 所 とする 役 割 分 担 施 設 復 旧 に 関 する 主 な 関 係 者 と 役 割 のとおり 応 急 復 旧 にあたっての 役 割 分 担 を 決 定 する 応 急 復 旧 の 手 順 施 設 復 旧 の 流 れ に 従 い 被 災 状 況 に 注 意 を 払 いつつ 作 業 を 進 める 復 旧 の 優 先 順 位 を 踏 まえ 応 急 復 旧 の 手 順 を 確 認 する 作 業 体 制 被 害 想 定 に 応 じ 関 係 者 が 確 保 できる 作 業 員 作 業 船 建 設 機 械 資 機 材 を 確 認 する 応 援 が 必 要 な 場 合 は 関 係 者 間 で 調 整 する 応 急 復 旧 に 係 る 連 絡 調 整 定 例 会 議 定 例 会 議 を 通 じ 指 揮 命 令 系 統 を 確 認 する 25

30 項 目 内 容 応 急 復 旧 の 工 程 工 程 表 各 施 設 の 応 急 復 旧 の 流 れが 確 認 できる 工 程 表 を 作 成 する 緊 急 輸 送 輸 送 緊 急 物 資 輸 送 の 手 順 作 業 体 制 緊 急 物 資 輸 送 の 流 れ に 従 い 被 災 状 況 に 注 意 を 払 いつつ 作 業 を 進 める 被 害 想 定 に 応 じ 関 係 者 が 確 保 できる 作 業 員 作 業 船 建 設 機 械 資 機 材 を 確 認 する 応 援 が 必 要 な 場 合 は 関 係 者 間 で 調 整 する 応 急 復 旧 に 係 る 連 絡 調 整 定 例 会 議 を 通 じ 指 揮 命 令 系 統 を 確 認 する 幹 線 貨 物 輸 送 幹 線 貨 物 輸 送 再 開 の 手 順 作 業 体 制 幹 線 貨 物 輸 送 再 開 の 流 れ に 従 い 被 災 状 況 に 注 意 を 払 いつ つ 作 業 を 進 める 被 害 想 定 に 応 じ 関 係 者 が 確 保 できる 作 業 員 作 業 船 建 設 機 械 資 機 材 を 確 認 する 応 援 が 必 要 な 場 合 は 関 係 者 間 で 調 整 する 応 急 復 旧 に 係 る 連 絡 調 整 定 例 会 議 を 通 じ 指 揮 命 令 系 統 を 確 認 する 情 報 共 有 と 情 報 発 信 関 係 者 の 報 告 事 項 情 報 共 有 の 方 法 を 確 認 する 情 報 発 信 の 内 容 スケジュールを 確 認 する 26

31 4. 施 設 復 旧 のための 行 動 計 画 4-1 施 設 復 旧 の 概 要 応 急 復 旧 方 針 に 従 い 施 設 の 応 急 復 旧 航 路 啓 開 安 全 確 認 揚 収 物 漂 流 物 の 処 理 を 行 う まず 緊 急 物 資 輸 送 に 必 要 な 航 路 泊 地 の 啓 開 と 施 設 の 応 急 復 旧 を 行 い その 後 幹 線 貨 物 輸 送 の 再 開 に 向 け その 他 の 航 路 泊 地 と 施 設 の 応 急 復 旧 を 実 施 する 災 害 発 生 災 害 対 策 本 部 設 置 予 備 被 害 調 査 ( 所 管 施 設 ) 応 急 復 旧 方 針 協 議 会 への 情 報 共 有 応 急 復 旧 被 害 調 査 ( 詳 細 ) 施 設 の 応 急 復 旧 航 路 啓 開 安 全 確 認 揚 収 物 漂 流 物 の 処 理 緊 急 物 資 輸 送 幹 線 貨 物 輸 送 本 復 旧 へ 図 4.1 施 設 の 応 急 復 旧 の 概 要 本 資 料 中 において 航 路 啓 開 とは 障 害 物 の 除 去 を 行 い 船 舶 交 通 に 必 要 な 水 深 を 確 保 するまで を 指 す 27

32 4-2 施 設 復 旧 (1) 関 係 者 と 役 割 施 設 の 復 旧 は 青 森 県 と 東 北 地 方 整 備 局 が 中 心 となってその 他 の 関 係 者 の 協 力 のも とに 実 施 する 表 4.1 施 設 復 旧 に 関 する 主 な 関 係 者 と 役 割 関 係 者 協 議 会 構 成 員 主 な 役 割 地 方 整 備 局 東 北 地 方 整 備 局 八 戸 港 湾 空 港 整 備 事 務 所 港 湾 施 設 の 被 害 調 査 ( 詳 細 ) 港 湾 施 設 の 応 急 復 旧 港 湾 管 理 者 青 森 県 上 北 地 域 県 民 局 地 域 整 備 部 むつ 小 川 原 港 管 理 所 港 湾 施 設 の 被 害 調 査 ( 詳 細 ) 港 湾 施 設 の 応 急 復 旧 被 災 貨 物 ガレキの 一 次 保 管 建 設 関 連 団 体 港 運 関 係 企 業 荷 主 企 業 青 森 県 港 湾 空 港 建 設 協 会 一 般 社 団 法 人 青 森 県 測 量 設 計 業 協 会 一 般 社 団 法 人 青 森 県 建 設 業 協 会 日 本 通 運 株 式 会 社 三 八 五 流 通 株 式 会 社 新 丸 港 運 株 式 会 社 八 戸 港 湾 運 送 株 式 会 社 ナラサキスタックス 株 式 会 社 むつ 小 川 原 マリンサービス 株 式 会 社 東 日 本 タグボート 株 式 会 社 宮 光 海 運 株 式 会 社 相 和 物 産 株 式 会 社 株 式 会 社 ルナサンド 大 丸 興 産 株 式 会 社 大 泉 建 設 株 式 会 社 北 武 海 発 株 式 会 社 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 むつ 小 川 原 石 油 備 蓄 株 式 会 社 日 本 原 燃 株 式 会 社 原 燃 輸 送 株 式 会 社 港 湾 施 設 の 被 害 調 査 ( 詳 細 ) 港 湾 施 設 の 応 急 復 旧 貨 物 車 両 作 業 船 荷 役 機 械 等 の 被 害 調 査 ( 詳 細 ) 被 災 貨 物 車 両 作 業 船 荷 役 機 械 等 の 撤 去 荷 役 機 械 の 応 急 復 旧 貨 物 車 両 作 業 船 荷 役 機 械 等 の 被 害 調 査 ( 詳 細 ) 被 災 貨 物 車 両 作 業 船 荷 役 機 械 等 の 回 収 処 理 事 故 防 止 船 社 - 船 舶 貨 物 の 被 害 調 査 ( 詳 細 ) 被 災 船 舶 の 撤 去 被 災 貨 物 の 回 収 処 分 28

33 (2) 作 業 方 針 施 設 復 旧 の 作 業 方 針 を 以 下 のとおりとする ただし 災 害 後 の 状 況 によっては 関 係 者 が 協 議 して 変 更 する 1 施 設 復 旧 の 作 業 範 囲 地 方 整 備 局 と 港 湾 管 理 者 は 公 共 施 設 ( 岸 壁 ヤード 航 路 泊 地 臨 港 道 路 等 ) の 応 急 復 旧 に 当 たり 協 議 の 上 役 割 分 担 を 決 定 する ただし 港 湾 施 設 が 広 範 囲 にわたり 重 大 な 被 害 を 受 けた 場 合 等 で 港 湾 管 理 者 が 自 ら 復 旧 することが 困 難 であ ると 判 断 される 場 合 は 地 方 整 備 局 と 協 議 の 上 対 処 する 専 用 施 設 の 管 理 者 は 専 用 施 設 ( 一 点 係 留 ブイ)の 応 急 復 旧 を 行 う 施 設 が 近 接 する 場 合 は 必 要 に 応 じていずれかが 主 導 して 応 急 復 旧 を 行 う 応 急 復 旧 工 事 の 実 施 にあたっては あらかじめ 取 り 結 ばれた 災 害 協 定 等 に 基 づき 地 方 整 備 局 港 湾 管 理 者 と 協 定 団 体 が 協 力 して 実 施 する 2 応 急 復 旧 に 係 る 連 絡 調 整 定 例 会 議 港 湾 管 理 者 と 地 方 整 備 局 建 設 関 連 団 体 並 びに 求 めに 応 じて 参 加 するその 他 の 関 係 者 は 定 例 会 議 を 開 催 し 応 急 復 旧 の 各 種 調 整 や 情 報 共 有 を 行 う 29

34 3 被 災 貨 物 とガレキの 集 積 場 所 撤 去 した 被 災 貨 物 とガレキは 鷹 架 地 区 C 岸 壁 の 埠 頭 用 地 と 港 湾 関 連 用 地 等 に 集 積 する 被 災 貨 物 集 積 場 所 港 湾 関 連 用 地 鷹 架 地 区 1 2 号 岸 壁 新 納 屋 地 区 1~7 号 岸 壁 被 災 貨 物 集 積 場 所 鷹 架 地 区 埠 頭 用 地 鷹 架 地 区 A B 岸 壁 鷹 架 地 区 C 岸 壁 凡 例 暫 定 使 用 可 能 施 設 その 他 の 施 設 図 4.2 被 災 貨 物 とガレキの 集 積 場 所 ( 案 ) 30

35 (3) 施 設 復 旧 の 手 順 緊 急 物 資 輸 送 のための 応 急 復 旧 の 基 本 的 な 活 動 の 手 順 は 次 のとおりである 航 路 啓 開 については 4-3 航 路 啓 開 安 全 確 認 で 障 害 物 の 除 去 については 4-4 揚 収 物 漂 流 物 の 処 理 で 詳 述 する 1 港 湾 管 理 者 地 方 整 備 局 建 設 関 連 団 体 港 湾 管 理 者 と 地 方 整 備 局 は 災 害 協 定 を 締 結 している 建 設 関 連 団 体 に 支 援 を 要 請 し 施 設 の 被 害 状 況 の 詳 細 な 調 査 と 応 急 復 旧 工 事 の 手 順 数 量 等 の 検 討 に 関 する 協 力 を 求 める 港 湾 管 理 者 は 港 湾 運 送 事 業 者 や 船 社 代 理 店 等 ( 以 下 港 運 関 係 企 業 と 言 う)と 協 力 して 被 災 貨 物 やガレキの 状 況 を 調 査 し 撤 去 と 一 時 保 管 を 行 う 港 湾 管 理 者 は 運 輸 局 等 関 係 機 関 との 連 絡 調 整 のもとに 一 時 保 管 している 被 災 貨 物 やガレキの 所 有 者 に 対 し 回 収 処 理 を 要 請 するとともに 必 要 に 応 じて 支 援 を 行 う 2 港 運 関 係 企 業 港 運 関 係 企 業 は 自 社 が 取 り 扱 う 貨 物 や 自 社 の 荷 役 機 械 等 の 詳 細 な 被 害 調 査 を 行 い 優 先 順 位 に 従 い 応 急 復 旧 を 行 うとともに 港 湾 管 理 者 と 協 力 して 被 災 貨 物 の 撤 去 を 行 う これらの 結 果 は 適 宜 災 害 対 策 本 部 に 報 告 する 3 荷 主 企 業 荷 主 企 業 は 自 社 の 貨 物 や 車 両 荷 役 機 械 等 の 詳 細 な 被 害 状 況 調 査 を 行 うとともに 被 災 した 貨 物 や 車 両 荷 役 機 械 等 の 回 収 処 理 を 行 う これらの 結 果 は 適 宜 災 害 対 策 本 部 に 報 告 する 4 船 社 船 社 は 自 社 の 船 舶 や 貨 物 の 詳 細 な 被 害 状 況 調 査 を 行 うとともに 港 湾 管 理 者 等 関 係 機 関 との 連 絡 調 整 の 下 に 被 災 自 社 貨 物 等 の 撤 去 回 収 処 分 を 行 う これらの 結 果 は 適 宜 災 害 対 策 本 部 に 報 告 する 31

36 船 社 荷 主 企 業 港 運 関 係 企 業 港 湾 管 理 者 地 方 整 備 局 建 設 関 連 団 体 支 援 要 請 支 援 要 請 支 援 要 請 船 舶 貨 物 の 被 害 調 査 ( 詳 細 ) 報 告 貨 物 車 両 荷 役 機 械 等 の 被 害 調 査 ( 詳 細 ) 報 告 貨 物 荷 役 機 械 等 の 被 害 調 査 ( 詳 細 ) 報 告 被 災 貨 物 ガレキ 被 害 調 査 ( 詳 細 ) 荷 役 機 械 荷 捌 地 臨 港 道 路 岸 壁 被 災 船 舶 撤 去 被 災 貨 物 回 収 処 理 報 告 被 災 貨 物 車 両 荷 役 機 械 等 回 収 処 理 回 収 処 理 要 請 支 援 報 告 被 災 貨 物 撤 去 荷 役 機 械 の 応 急 復 旧 被 災 貨 物 ガレキの 撤 去 保 管 報 告 荷 役 機 械 荷 捌 地 応 急 復 旧 臨 港 道 路 岸 壁 緊 急 物 資 輸 送 岸 壁 の 供 用 航 路 啓 開 幹 線 貨 物 輸 送 岸 壁 の 供 用 図 4.3 施 設 復 旧 の 流 れ 32

37 4-3 航 路 啓 開 安 全 確 認 (1) 関 係 者 と 役 割 航 路 啓 開 に 関 する 主 な 関 係 者 と 協 力 内 容 を 次 表 に 示 す 表 4.2 航 路 啓 開 に 関 する 主 な 関 係 者 と 役 割 関 係 者 協 議 会 構 成 員 役 割 海 上 保 安 部 協 力 八 戸 海 上 保 安 部 航 路 の 調 査 航 路 標 識 の 復 旧 応 急 標 識 の 設 置 船 舶 交 通 の 制 限 及 びその 見 直 し 航 路 の 被 害 復 旧 状 況 に 関 する 広 報 港 湾 管 理 者 地 方 整 備 局 建 設 関 連 団 体 青 森 県 上 北 地 域 県 民 局 地 域 整 備 部 むつ 小 川 原 港 管 理 所 東 北 地 方 整 備 局 八 戸 港 湾 空 港 整 備 事 務 所 青 森 県 港 湾 空 港 建 設 協 会 一 般 社 団 法 人 青 森 県 測 量 設 計 業 協 会 一 般 社 団 法 人 青 森 県 建 設 業 協 会 航 路 の 調 査 航 路 啓 開 出 来 形 確 認 揚 収 物 の 保 管 航 路 の 被 害 復 旧 状 況 に 関 する 広 報 航 路 の 調 査 航 路 啓 開 出 来 形 確 認 航 路 の 被 害 復 旧 状 況 に 関 する 広 報 航 路 の 調 査 航 路 啓 開 船 社 - 船 舶 被 害 の 調 査 被 災 した 船 舶 の 撤 去 処 理 荷 主 企 業 相 和 物 産 株 式 会 社 被 災 した 貨 物 等 の 回 収 処 理 株 式 会 社 ルナサンド 大 丸 興 産 株 式 会 社 大 泉 建 設 株 式 会 社 北 武 海 発 株 式 会 社 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 むつ 小 川 原 石 油 備 蓄 株 式 会 社 日 本 原 燃 株 式 会 社 原 燃 輸 送 株 式 会 社 漁 業 関 係 者 六 ヶ 所 村 海 水 漁 業 協 同 組 合 被 災 した 漁 船 漁 具 等 の 回 収 処 理 33

38 (2) 作 業 方 針 航 路 啓 開 の 作 業 方 針 を 以 下 のとおりとする ただし 災 害 後 の 状 況 によっては 関 係 者 が 協 議 して 変 更 する 1 航 路 啓 開 の 作 業 範 囲 航 路 啓 開 の 作 業 範 囲 は 緊 急 物 資 輸 送 その 他 一 般 貨 物 輸 送 のための 航 路 泊 地 とす る 2 揚 収 物 漂 流 物 の 集 積 場 所 揚 収 物 漂 流 物 は 鷹 架 地 区 C 岸 壁 の 埠 頭 用 地 と 港 湾 関 連 用 地 等 に 集 積 する 3 作 業 船 の 係 留 場 所 作 業 船 の 係 留 場 所 は 鷹 架 地 区 C 岸 壁 等 とする 揚 収 物 集 積 場 所 港 湾 関 連 用 地 鷹 架 地 区 1 2 号 岸 壁 新 納 屋 地 区 1~7 号 岸 壁 揚 収 物 集 積 場 所 鷹 架 地 区 埠 頭 用 地 鷹 架 地 区 C 岸 壁 鷹 架 地 区 A B 岸 壁 作 業 船 係 留 場 所 鷹 架 地 区 C 岸 壁 図 4.4 揚 収 物 集 積 場 所 作 業 船 係 留 場 所 ( 案 ) 凡 例 暫 定 使 用 可 能 施 設 その 他 の 施 設 34

39 (3) 航 路 啓 開 の 活 動 手 順 震 災 発 生 後 の 航 路 啓 開 の 基 本 的 な 活 動 の 手 順 は 次 のとおりである 1 海 上 保 安 部 被 害 調 査 海 上 保 安 部 は 津 波 警 報 注 意 報 解 除 後 陸 上 と 海 上 から 港 内 における 障 害 物 の 状 況 を 調 査 し 航 路 啓 開 を 担 当 する 港 湾 管 理 者 地 方 整 備 局 に 情 報 提 供 を 行 うとと もに 災 害 対 策 本 部 に 報 告 するなどの 調 査 協 力 を 行 う 航 路 啓 開 航 路 の 安 全 確 認 航 路 標 識 の 応 急 復 旧 を 行 う 港 湾 管 理 者 と 地 方 整 備 局 から 航 路 啓 開 完 了 の 報 告 を 受 け 出 来 形 確 認 の 成 果 等 によ り 安 全 確 認 を 行 う 安 全 が 確 認 されれば 暫 定 水 深 による 船 舶 交 通 の 制 限 を 行 う 安 全 が 確 認 できない 場 合 は 港 湾 管 理 者 と 地 方 整 備 局 に 安 全 が 確 認 できるまで 航 路 啓 開 作 業 を 行 うよう 指 導 する 船 舶 交 通 制 限 の 見 直 しにあたっては 暫 定 水 深 危 険 水 域 の 位 置 入 港 時 間 の 制 限 等 の 入 港 条 件 を 決 定 し 広 報 により 周 知 する 暫 定 水 深 による 運 用 を 終 了 する 場 合 は 所 要 の 精 度 による 水 深 の 測 量 結 果 の 報 告 を 受 け 安 全 確 認 を 行 う 2 港 湾 管 理 者 地 方 整 備 局 被 害 調 査 港 湾 管 理 者 と 地 方 整 備 局 は 津 波 警 報 注 意 報 解 除 後 直 ちに 陸 上 と 海 上 から 航 路 泊 地 における 障 害 物 の 状 況 を 目 視 により 調 査 し 被 害 の 概 要 を 把 握 する 被 害 を 確 認 したら 速 やかに 協 定 を 締 結 している 建 設 関 連 団 体 に 協 力 を 要 請 し 深 浅 測 量 漂 流 物 の 分 布 調 査 を 実 施 する 港 湾 管 理 者 と 地 方 整 備 局 は 被 害 調 査 の 結 果 を 取 りまとめ 海 上 保 安 部 に 情 報 提 供 を 行 うとともに 災 害 対 策 本 部 に 報 告 する 航 路 啓 開 航 路 啓 開 方 針 を 受 けて 建 設 関 連 団 体 に 航 路 啓 開 への 支 援 を 要 請 し 航 路 啓 開 を 実 施 する 港 湾 管 理 者 と 地 方 整 備 局 は 現 場 監 理 を 行 う まず 作 業 船 の 出 動 に 際 しては その 航 路 上 の 漂 流 物 の 除 去 や 沈 下 物 の 確 認 による 安 全 確 保 を 行 なう 次 いで 緊 急 物 資 の 輸 送 を 行 う 岸 壁 に 船 舶 を 係 留 できるよう 最 低 限 必 要 な 航 路 と 泊 地 を 最 優 先 で 啓 開 する さらに その 他 の 岸 壁 を 優 先 順 位 に 従 って 暫 定 供 用 に 必 要 な 水 域 及 び 水 深 まで 啓 開 作 業 を 行 う 船 舶 の 座 礁 沈 没 により 航 路 泊 地 が 閉 塞 している 場 合 は 船 社 に 対 し 撤 去 するよ 35

40 う 要 請 を 行 う 啓 開 作 業 が 完 了 したら 海 上 保 安 部 に 報 告 し 安 全 確 認 を 受 ける 船 舶 交 通 制 限 の 見 直 しが 決 定 されたら 暫 定 水 深 危 険 水 域 の 位 置 入 港 時 間 の 制 限 等 を 海 上 保 安 部 とともに 広 報 し 災 害 対 策 本 部 に 報 告 する 暫 定 水 深 による 運 用 を 終 了 する 場 合 は 所 要 の 精 度 ( 別 途 協 議 会 で 検 討 )による 水 深 の 測 量 結 果 を 海 上 保 安 部 に 報 告 し 安 全 確 認 を 受 ける 3 建 設 関 連 団 体 被 害 調 査 建 設 関 連 団 体 は 港 湾 管 理 者 及 び 地 方 整 備 局 から 要 請 があれば 出 動 できるよう 震 災 発 生 後 直 ちに 作 業 船 団 の 組 織 作 業 員 の 確 保 資 機 材 の 確 保 等 の 航 路 啓 開 に 向 けた 準 備 を 行 う 港 湾 管 理 者 または 地 方 整 備 局 からの 要 請 を 受 けて 津 波 警 報 注 意 報 解 除 後 航 路 泊 地 の 深 浅 測 量 漂 流 物 の 分 布 状 況 を 調 査 する 調 査 結 果 は 港 湾 管 理 者 または 地 方 整 備 局 に 報 告 する 航 路 啓 開 港 湾 管 理 者 と 地 方 整 備 局 の 指 揮 の 下 航 路 啓 開 作 業 を 行 う 4 船 社 自 社 が 運 航 する 船 舶 が 座 礁 沈 没 等 の 被 害 を 受 けたら まず 海 上 保 安 部 や 警 察 消 防 の 支 援 を 受 け 乗 員 及 び 陸 上 作 業 員 の 安 全 確 保 と 火 災 や 油 流 出 等 の 防 止 を 行 う 自 社 が 保 有 する 船 舶 や 貨 物 の 被 災 状 況 を 調 査 し 被 災 船 舶 の 撤 去 貨 物 の 回 収 処 分 を 行 う これらの 情 報 は 適 宜 災 害 対 策 本 部 に 報 告 する 5 港 運 関 係 企 業 港 運 関 係 企 業 は 貨 物 や 自 社 の 車 両 や 荷 役 機 械 等 の 流 出 状 況 を 調 査 し 揚 収 された 車 両 や 荷 役 機 械 等 の 回 収 処 分 を 行 うとともに 荷 主 企 業 の 被 災 貨 物 の 回 収 処 分 を 支 援 する これらの 情 報 は 適 宜 災 害 対 策 本 部 に 報 告 する 6 荷 主 企 業 荷 主 企 業 は 自 社 の 貨 物 や 車 両 荷 役 機 械 等 の 流 出 状 況 を 調 査 し 揚 収 された 貨 物 や 車 両 荷 役 機 械 等 の 回 収 処 分 を 行 う これらの 情 報 は 適 宜 災 害 対 策 本 部 に 報 告 する 7 漁 業 関 係 者 漁 業 関 係 者 は 津 波 警 報 注 意 報 解 除 後 漁 船 や 漁 具 車 両 等 の 流 出 状 況 を 調 査 し 揚 収 された 漁 船 や 漁 具 車 両 等 の 回 収 処 分 を 行 う これらの 情 報 は 適 宜 災 害 対 策 本 部 に 報 告 する 36

41 漁 業 関 係 者 港 運 関 係 企 業 荷 主 企 業 船 会 社 海 上 保 安 部 港 湾 管 理 者 地 方 整 備 局 建 設 関 連 団 体 津 波 警 報 注 意 報 解 除 支 援 準 備 作 業 船 団 組 織 作 業 員 確 保 資 機 材 確 保 漁 船 漁 具 車 両 等 被 害 調 査 貨 物 車 両 荷 役 機 械 等 被 害 調 査 貨 物 被 害 調 査 乗 員 の 安 全 確 保 火 災 油 流 出 等 防 止 船 舶 被 害 調 査 応 急 措 置 船 舶 交 通 の 制 限 被 害 調 査 地 上 及 び 船 艇 から の 調 査 支 援 要 請 被 害 調 査 地 上 及 び 船 艇 からの 調 査 深 浅 測 量 漂 流 物 調 査 報 告 被 災 状 況 確 認 報 告 回 収 処 理 要 請 支 援 被 災 船 舶 撤 去 航 路 標 識 の 応 急 復 旧 航 路 啓 開 現 場 監 理 漂 流 物 除 去 揚 収 物 の 保 管 海 底 障 害 物 除 去 出 来 形 確 認 被 災 漁 船 漁 具 車 両 等 回 収 処 理 被 災 貨 物 車 両 荷 役 機 械 等 回 収 処 理 被 災 貨 物 回 収 処 理 報 告 測 量 成 果 等 による 安 全 確 認 船 舶 交 通 の 制 限 の 見 直 し 図 4.5 航 路 啓 開 の 活 動 の 流 れ 37

42 4-4 揚 収 物 漂 流 物 の 処 理 (1) 関 係 者 と 役 割 揚 収 物 漂 流 物 の 処 理 に 関 する 主 な 関 係 者 と 役 割 を 次 表 に 示 す 表 4.3 揚 収 物 漂 流 物 の 処 理 に 関 する 主 な 関 係 者 と 役 割 関 係 者 協 議 会 構 成 員 主 な 役 割 港 湾 管 理 者 青 森 県 上 北 地 域 県 民 局 地 域 整 備 部 むつ 小 川 原 港 管 理 所 揚 収 物 の 保 管 揚 収 物 漂 流 物 の 回 収 処 理 の 支 援 船 社 - 船 舶 被 害 の 調 査 被 災 した 船 舶 の 撤 去 処 理 荷 主 企 業 相 和 物 産 株 式 会 社 株 式 会 社 ルナサンド 大 丸 興 産 株 式 会 社 大 泉 建 設 株 式 会 社 北 武 海 発 株 式 会 社 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 むつ 小 川 原 石 油 備 蓄 株 式 会 社 日 本 原 燃 株 式 会 社 原 燃 輸 送 株 式 会 社 被 災 した 貨 物 等 の 回 収 処 理 漁 業 関 係 者 六 ヶ 所 村 海 水 漁 業 協 同 組 合 被 災 した 漁 船 漁 具 等 の 回 収 処 理 (2) 作 業 方 針 揚 収 物 漂 流 物 ( 貨 物 車 両 荷 役 機 械 漁 具 漁 船 等 )は 所 有 者 ( 船 社 荷 主 企 業 港 運 関 係 企 業 漁 業 関 係 者 )が 引 き 取 り 処 分 することを 原 則 とする ただし 被 害 が 甚 大 で 所 有 者 だけでは 対 応 が 困 難 な 場 合 または 所 有 者 が 不 明 な 場 合 は 港 湾 管 理 者 が 支 援 を 行 うことを 検 討 する (3) 揚 収 物 漂 流 物 の 処 理 の 手 順 1 港 湾 管 理 者 揚 収 物 漂 流 物 の 保 管 揚 収 物 漂 流 物 は 所 定 の 仮 置 き 場 に 集 積 する 貨 物 や 船 舶 機 械 車 両 等 につい ては 所 有 者 に 対 して 仮 置 き 場 に 集 積 していることを 周 知 し 所 有 者 に 回 収 処 理 を 行 うよう 要 請 する 揚 収 物 漂 流 物 の 回 収 処 理 の 支 援 揚 収 物 漂 流 物 の 回 収 処 分 は 原 則 揚 収 物 の 所 有 者 が 責 任 を 持 つが 流 出 物 が 大 量 に 発 生 し 関 係 者 が 回 収 処 分 が 困 難 な 場 合 は 処 理 の 代 行 等 の 支 援 を 行 う 38

43 2 船 社 船 社 は 保 険 会 社 やサルベージ 会 社 と 協 力 して 被 災 船 舶 を 撤 去 する 撤 去 の 実 施 にあたっては 海 上 保 安 部 港 湾 管 理 者 地 方 整 備 局 と 撤 去 方 法 の 調 整 を 行 い 経 過 を 報 告 する 3 荷 主 企 業 荷 主 企 業 は 揚 収 物 漂 流 物 に 自 社 の 所 有 物 が 含 まれるか 港 湾 管 理 者 に 確 認 する 自 社 の 所 有 物 が 揚 収 物 漂 流 物 に 含 まれる 場 合 原 則 として 自 らの 責 任 で 回 収 処 理 する 危 険 物 ( 燃 料 油 等 )の 流 出 が 発 生 した 場 合 には 青 森 県 沿 岸 排 出 油 等 防 除 協 議 会 の 方 針 に 従 い 原 則 として 原 因 者 の 責 任 で 回 収 処 理 する ただし 流 出 範 囲 が 広 範 囲 に 及 ぶ 場 合 には 青 森 県 沿 岸 排 出 油 等 防 除 協 議 会 において 海 上 保 安 部 の 調 整 の 下 回 収 処 理 を 行 う 4 漁 業 関 係 者 漁 業 関 係 者 は 漁 具 漁 船 などの 所 有 物 が 含 まれるか 港 湾 管 理 者 に 確 認 する 漁 港 関 係 者 の 所 有 物 が 揚 収 物 漂 流 物 に 含 まれる 場 合 原 則 として 自 らの 責 任 で 回 収 処 理 する ただし 港 湾 区 域 内 の 緊 急 物 資 輸 送 用 岸 壁 への 航 路 上 などの 優 先 的 な 航 路 啓 開 作 業 が 必 要 な 水 域 に 漂 流 物 がある 場 合 には 迅 速 な 航 路 啓 開 のために 港 湾 管 理 者 の 管 理 の 下 実 施 される 仮 置 き 場 への 揚 収 作 業 を 認 めることとする 39

44 5. 物 資 輸 送 のための 行 動 計 画 5-1 緊 急 物 資 輸 送 (1) 関 係 者 と 役 割 緊 急 物 資 輸 送 に 関 する 主 な 関 係 者 と 役 割 を 次 表 に 示 す 表 5.1 緊 急 物 資 輸 送 に 関 する 主 な 関 係 者 と 役 割 関 係 者 協 議 会 構 成 員 主 な 役 割 備 考 県 災 害 対 策 本 部 青 森 県 総 務 部 防 災 消 防 課 緊 急 輸 送 の 各 方 面 への 支 援 要 請 緊 急 輸 送 の 方 針 決 定 緊 急 物 資 の 受 入 体 制 の 確 保 緊 急 輸 送 の 実 施 港 運 関 係 企 業 日 本 通 運 株 式 会 社 三 八 五 流 通 株 式 会 社 新 丸 港 運 株 式 会 社 八 戸 港 湾 運 送 株 式 会 社 ナラサキスタックス 株 式 会 社 むつ 小 川 原 マリンサービス 株 式 会 社 東 日 本 タグボート 株 式 会 社 宮 光 海 運 株 式 会 社 - 緊 急 物 資 輸 送 体 制 の 確 保 緊 急 物 資 輸 送 陸 運 業 者 倉 庫 業 者 緊 急 物 資 輸 送 体 制 の 確 保 緊 急 物 資 輸 送 港 湾 管 理 者 青 森 県 上 北 地 域 県 民 局 地 域 整 備 部 港 湾 施 設 の 被 害 調 査 むつ 小 川 原 港 管 理 所 航 路 啓 開 出 来 形 確 認 港 湾 施 設 の 応 急 復 旧 地 方 整 備 局 東 北 地 方 整 備 局 港 湾 施 設 の 被 害 調 査 八 戸 港 湾 空 港 整 備 事 務 所 航 路 啓 開 出 来 形 確 認 港 湾 施 設 の 応 急 復 旧 海 上 保 安 部 八 戸 海 上 保 安 部 航 路 の 調 査 航 路 標 識 の 復 旧 応 急 標 識 の 設 置 船 舶 交 通 の 制 限 の 見 直 し (2) 緊 急 物 資 輸 送 の 手 順 緊 急 物 資 輸 送 は 地 域 防 災 計 画 に 基 づき 県 災 害 対 策 本 部 の 要 請 を 受 けて 実 施 する 緊 急 物 資 輸 送 の 基 本 的 な 活 動 の 手 順 は 次 のとおりである 1 県 災 害 対 策 本 部 県 災 害 対 策 本 部 は 地 域 防 災 計 画 に 基 づき 陸 運 業 者 や 倉 庫 業 者 港 運 関 係 企 業 に 緊 急 物 資 輸 送 への 支 援 要 請 を 行 い 輸 送 体 制 を 確 保 する 2 港 運 関 係 企 業 陸 運 業 者 倉 庫 業 者 港 運 関 係 企 業 や 陸 運 業 者 倉 庫 業 者 は 作 業 員 や トラック 倉 庫 上 屋 荷 役 機 械 等 の 状 態 を 確 認 し 県 災 害 対 策 本 部 に 報 告 する 40

45 3 緊 急 物 資 輸 送 に 向 けた 調 整 県 災 害 対 策 本 部 は 海 上 輸 送 による 緊 急 輸 送 の 実 施 の 決 定 を 受 けて 陸 運 業 者 倉 庫 業 者 港 運 関 係 企 業 に 緊 急 物 資 輸 送 の 支 援 要 請 を 行 う 県 災 害 対 策 本 部 と 陸 運 業 者 倉 庫 業 者 港 運 関 係 企 業 港 湾 管 理 者 海 上 保 安 部 は 緊 急 物 資 輸 送 に 向 けて 実 施 時 期 輸 送 船 の 船 型 貨 物 の 荷 姿 品 目 入 港 時 の 注 意 事 項 配 送 先 等 について 調 整 する 4 緊 急 物 資 輸 送 の 実 施 緊 急 物 資 輸 送 用 岸 壁 の 供 用 後 陸 運 業 者 倉 庫 業 者 港 運 関 係 企 業 は 必 要 な 輸 送 体 制 を 確 保 し 緊 急 物 資 輸 送 を 実 施 する 県 災 害 対 策 本 部 陸 運 業 者 倉 庫 業 者 港 運 関 係 企 業 港 湾 管 理 者 地 方 整 備 局 等 海 上 保 安 部 支 援 要 請 支 援 要 請 輸 送 体 制 の 確 保 輸 送 体 制 の 確 認 作 業 可 能 なトラッ ク ドライバー 倉 庫 の 確 認 輸 送 体 制 の 確 認 作 業 可 能 な 作 業 員 荷 役 機 械 倉 庫 の 確 認 施 設 の 応 急 復 旧 航 路 啓 開 報 告 報 告 緊 急 物 資 輸 送 実 施 の 決 定 支 援 要 請 支 援 要 請 緊 急 物 資 輸 送 に 向 けた 調 整 ( 実 施 時 期 輸 送 船 の 船 型 貨 物 の 荷 姿 品 目 入 港 時 の 注 意 事 項 配 送 先 等 ) 測 量 成 果 等 に よる 安 全 確 認 輸 送 体 制 の 確 保 トラック ドライ バーの 手 配 倉 庫 の 手 配 荷 役 体 制 の 確 保 作 業 員 の 手 配 荷 役 機 械 の 確 保 機 材 の 確 保 船 舶 交 通 の 制 限 の 見 直 し 緊 急 物 資 輸 送 の 実 施 緊 急 物 資 輸 送 岸 壁 の 供 用 開 始 図 5.1 緊 急 物 資 輸 送 の 流 れ 41

46 5-2 幹 線 貨 物 輸 送 (1) 関 係 者 と 役 割 幹 線 貨 物 輸 送 に 関 する 主 な 関 係 者 と 役 割 を 次 表 に 示 す 表 5.2 幹 線 貨 物 輸 送 に 関 する 主 な 関 係 者 と 役 割 関 係 者 協 議 会 構 成 員 主 な 役 割 備 考 税 関 函 館 税 関 八 戸 税 関 支 署 被 害 調 査 ( 調 査 設 備 機 器 ) 業 務 の 復 旧 荷 主 企 業 相 和 物 産 株 式 会 社 株 式 会 社 ルナサンド 大 丸 興 産 株 式 会 社 大 泉 建 設 株 式 会 社 北 武 海 発 株 式 会 社 被 害 調 査 ( 被 災 状 況 業 務 の 状 態 見 通 し 港 湾 の 利 用 状 況 見 通 し) 業 務 の 復 旧 被 災 貨 物 の 回 収 処 分 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 むつ 小 川 原 石 油 備 蓄 株 式 会 社 日 本 原 燃 株 式 会 社 原 燃 輸 送 株 式 会 社 船 社 - 被 害 調 査 ( 船 舶 貨 物 ) 被 災 船 舶 撤 去 被 災 貨 物 の 回 収 処 分 港 運 関 係 企 業 港 湾 管 理 者 地 方 整 備 局 日 本 通 運 株 式 会 社 三 八 五 流 通 株 式 会 社 新 丸 港 運 株 式 会 社 八 戸 港 湾 運 送 株 式 会 社 ナラサキスタックス 株 式 会 社 むつ 小 川 原 マリンサービス 株 式 会 社 東 日 本 タグボート 株 式 会 社 宮 光 海 運 株 式 会 社 青 森 県 上 北 地 域 県 民 局 地 域 整 備 部 むつ 小 川 原 港 管 理 所 東 北 地 方 整 備 局 八 戸 港 湾 空 港 整 備 事 務 所 被 害 調 査 ( 被 災 状 況 業 務 の 状 態 見 通 し 港 湾 の 利 用 状 況 見 通 し) 被 災 貨 物 ガレキ 撤 去 荷 役 体 制 の 応 急 復 旧 ( 荷 役 機 械 作 業 員 等 ) 港 湾 施 設 の 被 害 調 査 航 路 啓 開 出 来 形 確 認 港 湾 施 設 の 応 急 復 旧 臨 港 道 路 含 む 港 湾 施 設 の 被 害 調 査 航 路 啓 開 出 来 形 確 認 港 湾 施 設 の 応 急 復 旧 臨 港 道 路 含 む 海 上 保 安 部 八 戸 海 上 保 安 部 航 路 の 調 査 航 路 標 識 の 復 旧 応 急 標 識 の 設 置 船 舶 交 通 の 制 限 の 見 直 し 42

47 (2) 幹 線 貨 物 輸 送 再 開 の 手 順 幹 線 貨 物 輸 送 再 開 の 基 本 的 な 活 動 の 手 順 は 次 のとおりである 1 荷 主 企 業 荷 主 企 業 は 業 務 の 状 態 と 復 旧 の 見 通 し 港 湾 利 用 再 開 の 見 通 しを 港 運 関 係 企 業 と 船 社 に 伝 達 する 業 務 の 復 旧 を 行 う 2 港 運 関 係 企 業 港 運 関 係 企 業 は 荷 主 企 業 や 港 湾 関 係 者 の 業 務 復 旧 見 通 しを 把 握 し 港 湾 管 理 者 や 船 社 に 伝 達 する 港 運 関 係 企 業 は 荷 役 機 械 の 復 旧 や 確 保 作 業 員 の 配 置 等 荷 役 体 制 の 復 旧 を 行 う 3 税 関 税 関 は 庁 舎 や 設 備 機 器 の 被 害 調 査 を 行 い 業 務 の 復 旧 を 行 う 4 船 社 船 社 は 荷 主 企 業 や 港 湾 関 係 企 業 からの 情 報 を 受 け 航 路 再 開 の 準 備 を 行 う 5 幹 線 貨 物 輸 送 に 向 けた 調 整 港 湾 施 設 の 応 急 復 旧 と 輸 送 体 制 の 見 通 しがついた 段 階 で 実 施 時 期 使 用 岸 壁 輸 送 船 の 船 型 貨 物 の 荷 姿 品 目 通 関 等 手 続 き 場 所 入 港 時 の 注 意 事 項 荷 役 体 制 等 の 調 整 を 行 う 6 幹 線 貨 物 輸 送 の 実 施 幹 線 貨 物 輸 送 用 の 岸 壁 が 供 用 されたら 幹 線 貨 物 輸 送 を 実 施 する 43

48 税 関 船 社 荷 主 企 業 港 運 関 係 企 業 港 湾 管 理 者 地 方 整 備 局 等 海 上 保 安 部 被 害 調 査 庁 舎 設 備 機 器 航 路 再 開 準 備 伝 達 輸 送 再 開 の 見 通 し 業 務 の 状 態 見 通 し 港 湾 の 利 用 状 況 見 通 し 伝 達 情 報 収 集 荷 主 企 業 や 港 湾 関 係 者 の 復 旧 見 通 し 伝 達 伝 達 業 務 の 復 旧 業 務 の 復 旧 荷 役 体 制 の 確 保 荷 役 機 械 の 復 旧 確 保 作 業 員 の 配 置 施 設 の 応 急 復 旧 航 路 啓 開 幹 線 貨 物 輸 送 に 向 けた 調 整 ( 実 施 時 期 使 用 岸 壁 輸 送 船 の 船 型 貨 物 の 荷 姿 品 目 通 関 等 手 続 き 場 所 入 港 時 の 注 意 事 項 荷 役 体 制 等 ) 測 量 成 果 等 に よる 航 路 の 安 全 確 認 船 舶 交 通 の 制 限 の 見 直 し 幹 線 貨 物 輸 送 の 実 施 幹 線 貨 物 輸 送 岸 壁 の 供 用 開 始 図 5.2 幹 線 貨 物 輸 送 再 開 の 流 れ 44

49 6. 情 報 の 整 理 と 発 信 6-1 情 報 の 整 理 各 協 議 会 構 成 員 の 被 害 調 査 の 結 果 や 復 旧 見 通 し 等 の 情 報 は 随 時 災 害 対 策 本 部 に 報 告 する 災 害 対 策 本 部 は 伝 達 を 受 けた 情 報 を 一 元 的 に 管 理 し 適 宜 協 議 会 構 成 員 に 情 報 提 供 する なお 被 害 や 復 旧 見 通 し 等 の 情 報 は 全 ての 関 係 者 がいつでも 閲 覧 できるように 港 湾 管 理 者 等 の 既 存 のホームページにアップする 6-2 情 報 の 発 信 (1) 情 報 発 信 の 体 制 情 報 発 信 は 協 議 会 の 下 に 港 湾 管 理 者 と 地 方 整 備 局 の 連 名 で 2 者 の 情 報 媒 体 (ホ ームページ 記 者 発 表 等 )を 通 じて 発 信 する 2 者 は 以 下 の 内 容 について 責 任 を 持 ち 発 信 する 内 容 を 整 理 する 表 6.1 情 報 発 信 の 責 任 者 と 責 任 を 持 つ 情 報 情 報 発 信 の 責 任 者 港 湾 管 理 者 地 方 整 備 局 責 任 を 持 つ 情 報 港 湾 の 被 災 状 況 と 復 旧 状 況 応 急 復 旧 方 針 港 湾 施 設 の 供 用 再 開 等 港 湾 の 被 災 状 況 と 復 旧 状 況 応 急 復 旧 方 針 (2) 情 報 発 信 の 方 法 以 下 の 方 法 により 随 時 情 報 発 信 を 行 う 1 港 湾 関 係 者 及 び 港 湾 利 用 者 への 発 信 記 者 発 表 ホームページへの 掲 載 2 協 議 会 構 成 員 への 発 信 上 記 の 他 電 話 FAX 電 子 メール 掲 示 板 等 を 使 用 して 周 知 する (3) 発 信 する 情 報 発 信 する 情 報 は 以 下 のとおりとする 表 6.2 発 信 する 情 報 項 目 応 急 復 旧 方 針 港 湾 施 設 の 被 災 状 況 と 復 旧 状 況 港 湾 施 設 の 供 用 再 開 船 舶 交 通 の 制 限 海 上 交 通 安 全 船 舶 交 通 の 制 限 の 解 除 内 容 応 急 復 旧 方 針 で 定 めた 対 象 施 設 スケジュール 等 施 設 の 使 用 の 可 否 復 旧 工 事 の 状 況 供 用 の 状 況 等 供 用 再 開 の 決 定 船 舶 の 入 港 等 船 舶 航 行 にあたっての 注 意 事 項 や 航 行 禁 止 水 域 等 船 舶 交 通 の 制 限 の 解 除 等 の 時 期 水 域 吃 水 制 限 45

50 7. 継 続 的 な 見 直 し(PDCA)の 実 行 本 港 湾 BCP で 定 めた 事 前 対 策 の 実 施 状 況 各 協 議 会 構 成 員 の 事 業 の 状 況 災 害 や 港 湾 BCP 等 に 関 する 新 たな 知 見 港 湾 物 流 の 最 新 動 向 等 の 最 新 情 報 に 基 づき 本 港 湾 BCP を 継 続 的 に 見 直 し(PDCA サイクル) 改 善 しより 有 用 で 実 効 性 の 高 い 計 画 に 更 新 する 港 湾 BCP の 見 直 しと 改 善 は 以 下 のとおり 実 施 することとする 協 議 会 を 毎 年 開 催 し 必 要 に 応 じて 見 直 し( 緊 急 連 絡 網 など)を 行 う 大 規 模 な 計 画 の 見 直 し( 上 位 計 画 の 変 更 など)は 協 議 会 で 協 議 する 軽 微 な 変 更 ( 名 称 の 変 更 連 絡 先 担 当 者 の 変 更 など)は 関 係 する 協 議 会 構 成 員 と 事 務 局 との 間 で 協 議 する 8. 港 湾 機 能 を 継 続 するための 練 習 訓 練 の 実 施 年 に1 回 協 議 会 構 成 員 による 情 報 伝 達 訓 練 等 を 実 施 する なお 発 災 時 に 協 議 会 構 成 員 が 参 集 できない 状 況 を 想 定 した 情 報 伝 達 訓 練 等 も 実 施 する (1) 情 報 伝 達 訓 練 の 実 施 例 1 必 要 な 機 材 被 害 調 査 票 FAX 協 議 会 名 簿 2 訓 練 の 内 容 各 協 議 会 構 成 員 は 被 害 調 査 票 に 被 災 状 況 を 記 入 し 災 害 対 策 本 部 にFAXにより 送 信 または 直 接 持 参 する 災 害 対 策 本 部 は 各 協 議 会 構 成 員 の 被 災 状 況 を 一 覧 表 に 整 理 し 協 議 会 構 成 員 に FAXにより 送 信 または 直 接 持 参 する 46

51 9. 災 害 対 応 力 をさらに 強 化 するためのソフト ハード 両 面 の 改 善 計 画 表 9.1 事 前 対 策 : 実 施 主 体 : 関 係 者 行 政 関 係 者 港 湾 利 用 者 電 力 建 設 業 者 CIQ 施 設 項 目 対 応 策 港 湾 地 方 海 上 臨 海 部 港 湾 空 港 測 量 設 計 財 務 省 港 運 関 係 漁 協 電 力 会 社 建 設 業 協 会 管 理 者 整 備 局 保 安 部 企 業 建 設 協 会 業 協 会 ( 税 関 ) 被 災 状 況 調 査 被 害 調 査 票 の 事 前 作 成 被 害 調 査 結 果 の 情 報 共 有 方 法 の 確 認 訓 練 復 旧 優 先 順 位 応 急 復 旧 目 標 の 決 定 復 旧 優 先 順 位 応 急 復 旧 目 標 作 業 分 担 の 事 前 検 討 情 報 の 共 有 通 信 手 段 の 確 保 衛 星 電 話 等 の 複 数 の 連 絡 手 段 の 確 認 災 害 時 の 連 絡 先 一 覧 の 作 成 ( 関 係 者 の 名 簿 連 絡 網 ) 被 災 貨 物 ガレキ 等 の 仮 置 き 場 の 事 前 調 整 共 被 災 貨 物 ガレキ 等 の 処 理 散 乱 物 漂 流 物 の 回 収 処 分 方 法 ( 事 業 者 が 不 利 益 とならない 通 ルール)の 事 前 調 整 復 旧 作 業 用 重 機 作 業 船 燃 料 等 の 復 旧 作 業 用 測 量 機 材 重 機 作 業 船 手 配 計 画 ( 広 域 連 携 含 む) 確 保 復 旧 作 業 用 重 機 作 業 船 の 燃 料 の 調 達 計 画 作 業 船 の 係 留 場 所 の 確 保 発 災 時 係 留 場 所 の 事 前 検 討 ( 広 域 連 携 含 む) 作 業 員 の 住 環 境 ホテルシップ 公 共 施 設 等 の 作 業 員 宿 舎 確 保 方 法 の 事 前 検 討 食 糧 の 備 蓄 情 報 の 発 信 被 災 状 況 復 旧 状 況 に 関 する 情 報 の 公 表 手 段 の 検 討 建 設 会 社 との 災 害 時 対 応 の 合 意 形 成 岸 壁 岸 応 急 復 旧 方 法 の 事 前 検 討 壁 建 設 会 社 との 災 害 時 対 応 の 合 意 形 成 ヤード 応 急 復 旧 方 法 の 事 前 検 討 ヤー 荷 役 機 械 設 備 クレーン 等 の 代 替 荷 役 機 械 の 手 配 の 検 討 仮 設 照 明 灯 の 確 保 照 明 灯 ド 関 係 機 関 との 応 急 復 旧 に 関 する 合 意 形 成 等 建 設 会 社 との 災 害 時 対 応 の 合 意 形 成 臨 港 道 路 応 急 復 旧 方 法 の 事 前 検 討 航 路 啓 開 の 優 先 順 位 優 先 的 に 啓 開 すべき 航 路 の 事 前 検 討 航 路 啓 開 資 機 材 測 量 会 社 との 測 量 船 の 調 達 等 に 関 する 合 意 形 成 海 上 陸 上 からの 燃 料 給 油 方 法 の 検 討 航 路 泊 地 揚 収 物 漂 流 物 の 仮 置 き 場 揚 収 物 漂 流 物 の 仮 置 き 場 の 事 前 調 整 油 の 流 出 油 の 流 出 時 の 処 理 ルールの 明 確 化 漁 具 の 流 出 漁 具 の 処 理 ルールの 明 確 化 航 路 啓 開 後 の 水 深 の 確 認 安 全 確 認 水 深 の 公 表 と 関 係 機 関 への 周 知 方 法 の 事 前 検 討 47

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計 山 口 県 港 湾 施 設 維 持 管 理 点 検 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 8 月 山 口 県 土 木 建 築 部 港 湾 課 目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書

More information

Microsoft PowerPoint - 八戸港BCP概要版(130325).ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 八戸港BCP概要版(130325).ppt [互換モード] 平 成 25 年 3 月 八 戸 港 BCP 概 要 版 港 湾 空 港 課 1. 策 定 に 至 る 経 緯 東 日 本 大 震 災 の 被 災 状 況 被 災 後 の 貨 物 量 の 推 移 八 戸 港 復 旧 復 興 方 針 八 戸 港 BCPとは 策 定 方 法 とスケジュール 被 害 予 測 応 急 復 旧 目 標 行 動 計 画 3. 期 待 される 効 果 BCP 実 行 による 効

More information

裏面

裏面 ~ 産 業 物 流 復 興 プラン~ 小 名 浜 港 復 旧 復 興 方 針 平 成 23 年 8 月 18 日 小 名 浜 港 復 興 会 議 福 島 県 は 東 北 地 方 の 製 造 品 出 荷 額 の 約 3 分 の1を 占 める 東 北 地 方 第 1 位 の 工 業 県 である また いわき 市 は 東 北 地 方 の 市 町 村 で 唯 一 1 兆 円 の 大 台 を 超 える 製 造

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

第1章 総  論

第1章 総  論 下 水 道 地 震 対 策 緊 急 整 備 計 画 策 定 の 手 引 き( 案 ) 平 成 18 年 4 月 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 下 水 道 部 社 団 法 人 日 本 下 水 道 協 会 下 水 道 施 設 の 耐 震 対 策 指 針 等 改 定 調 査 専 門 委 員 会 マニュアル 計 画 小 委 員 会 緊 急 整 備 計 画 策 定 作 業 部 会 委 員 名

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 樋 樋 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 迂 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 基 本 目 標 事 前 に 備 えるべき 目 標 プログラムにより 回 避 すべき 起 きてはならな

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

<8E9197BF82525F96BC8CC389AE8D604243503136303330392E786477>

<8E9197BF82525F96BC8CC389AE8D604243503136303330392E786477> 名 古 屋 港 港 湾 機 能 継 続 計 画 平 成 28 年 3 月 名 古 屋 港 BCP 協 議 会 策 定 改 訂 等 の 履 歴 一 覧 版 数 日 付 改 訂 等 の 概 要 理 由 等 1 平 成 27 年 6 月 1 日 - 新 規 策 定 2 平 成 28 年 3 月 4 日 新 たな 協 議 会 構 成 員 の 参 画 名 古 屋 港 BCP 協 議 会 {( 一 社 ) 日

More information

南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 実 施 担 当 全 部 班. 推 進 計 画 の 目 的 この 計 画 は 南 海 トラフ 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 の 推 進 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 年 法 律 9 号 以 下 南 海 トラフ 法 という ) 条 項 の

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874431313036323490E591E489968A988D60816990E591E48D608BE6819589968A988D608BE6816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874431313036323490E591E489968A988D60816990E591E48D608BE6819589968A988D608BE6816A> 1 5. 仙 台 塩 釜 港 ( 仙 台 港 区 ) 6. 仙 台 塩 釜 港 ( 塩 釜 港 区 ) 調 査 団 メンバー 小 黒 章 二 八 谷 好 高 菅 野 真 弘 亀 井 重 信 建 設 マネジメント 研 究 所 主 任 研 究 員 理 事 兼 建 設 マネジメント 研 究 所 副 所 長 調 査 部 調 査 役 仙 台 支 部 調 査 役 仙 台 塩 釜 港 調 査 行 程 塩 釜 港

More information

( 別 紙 1) 国 土 の 強 靭 性 (レジリエンス)を 確 保 するうえで 目 標 1 大 規 模 災 害 が 発 生 したときでもすべての 人 命 を 守 る Ⅰ. 人 命 を 守 る 大 規 模 災 害 発 生 直 後 から 救 助 救 急 医 療 活 動 等 が 2 迅 速 に 行 われる(それがなされない 場 合 の 必 要 な 対 応 を 含 む) Ⅱ. 行 政 経 済 社 会 を

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

団 体 と 連 携 して 十 分 な 検 討 を 行 うとともに 情 報 共 有 を 図 ること (2) 再 点 検 及 び 再 構 築 に 係 る 実 施 事 項 ア 検 討 すべき 事 項 災 害 に 係 る 危 機 管 理 体 制 の 再 点 検 及 び 再 構 築 に 当 たっては 別 添

団 体 と 連 携 して 十 分 な 検 討 を 行 うとともに 情 報 共 有 を 図 ること (2) 再 点 検 及 び 再 構 築 に 係 る 実 施 事 項 ア 検 討 すべき 事 項 災 害 に 係 る 危 機 管 理 体 制 の 再 点 検 及 び 再 構 築 に 当 たっては 別 添 原 議 保 存 期 間 10 年 ( 平 成 34 年 3 月 31 日 まで) 各 附 属 機 関 の 長 警 察 庁 乙 備 発 第 10 号 乙 官 発 第 16 号 各 地 方 機 関 の 長 殿 乙 生 発 第 9 号 乙 刑 発 第 9 号 各 都 道 府 県 警 察 の 長 乙 交 発 第 9 号 乙 情 発 第 9 号 ( 参 考 送 付 先 ) 平 成 23 年 11 月 30 日

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63>

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63> 防 災 業 務 計 画 平 成 27 年 4 月 西 部 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 防 災 業 務 計 画 の 目 的 第 2 節 防 災 業 務 計 画 の 基 本 構 想 第 3 節 防 災 業 務 計 画 の 運 用 第 2 章 防 災 体 制 の 確 立 2 第 1 節 防 災 体 制 第 2 節 対 策 組 織 の 運 営 第 3 節 災 害 対

More information

スライド 1

スライド 1 すくも 湾 漁 協 水 産 業 事 業 継 続 計 画 (BCP) 平 成 25 年 10 月 23 日 改 訂 ( 第 2 版 ) 目 次 1. 基 本 方 針 2.すくも 湾 漁 協 の 体 制 3.BCPの 対 象 とする 事 業 と 目 標 再 開 時 間 4.BCPの 対 象 とする 事 業 に 必 要 となる 資 源 5. 対 象 とする 地 震 津 波 とそれによる 被 害 と 影 響

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災 資 料 5 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 緊 急 石 油 供 給 について 平 成 28 年 5 月 17 日 資 源 エネルギー 庁 資 源 燃 料 部 現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 基 本 法 という ) 第 4 2 条 の 規 定 に 基 づき 鹿 部 町 ( 以 下 本 町 という )の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 等 の 災 害 対 策 を

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

Taro-資料編2

Taro-資料編2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 平 成 25 年 10 月 29 日 告 示 1055 号 平 成 七 年 一 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 により 六 千 四 百 三 十 四 人 の 尊 い 命 が 奪 われ た このうち 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 は 五 千 五 百 二 人 であり

More information

第 5 編 大 規 模 事 故 対 策 編 第 1 章 計 画 の 前 提 5-1 5-2 第 1 節 計 画 の 目 的 本 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 大 網 白 里 市 防 災 会 議 ( 以 下 防 災 会 議 という )が 策 定 する 計 画 であり 大 網 白 里 市 の 地 域 に

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94 平 成 26 年 2 月 19 日 海 上 保 安 庁 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 取 締 りの 状 況 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 の 送 致 件 数 は, 対 前 年 比 247 件 (3.3%) 減 の 7,21 件 でした 各 種 法 令 別 の 送 致 件 数 については 前 年 と 比 べ 大 きな 状 況 変 化 はありませんが 近 年 増 加 傾 向 にある 漁

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し 平 常 時 からの

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx 鰐 石 地 区 港 湾 関 連 用 地 6.4ha(H30 年 度 完 成 に 向 け 整 備 中 ) 背 後 圏 島 根 県 ( 万 人 ) ( 万 人 ) 全 国 注 ) 年 齢 不 詳 は 含 まない 輸 出 23 千 トン 移 出 30 千 トン 輸 入 273 千 トン 移 入 138 千 トン 速 報 値 浜 田 港 利 用 企 業 福 井 3 号 280m( 暫 定 水

More information

東京事務所BCP【実施要領】溶け込み版

東京事務所BCP【実施要領】溶け込み版 添 付 資 料 東 京 事 務 所 版 BCP 実 施 要 領 この 実 施 要 領 は 非 常 時 における 具 体 的 な 対 応 方 法 必 要 な 人 員 体 制 連 携 体 制 を 想 定 し これを 実 現 するために 事 前 に 準 備 しておかなければならないこと 等 について 定 めるものです 実 施 要 領 は 次 のように 構 成 します 項 目 非 常 時 事 前 の 備 え(

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

<4D F736F F D208E9197BF C8E86816A88C4>

<4D F736F F D208E9197BF C8E86816A88C4> 事 業 計 画 5. 港 湾 八 戸 港 1 応 急 復 旧 により 11 月 24 日 現 在 で 公 共 岸 壁 44バース( 水 深 4.5m 以 深 ) のうち 41バースが 喫 水 制 限 や 上 載 荷 重 制 限 があるものの 利 用 可 能 2 八 太 郎 地 区 コンテナターミナル 等 基 幹 的 輸 送 を 担 う 施 設 製 紙 製 鉄 飼 料 等 の 産 業 復 興 に 必

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

八街市耐震改修促進計画

八街市耐震改修促進計画 八 街 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 3 月 八 街 市 目 次 はじめに -------------------------------------------------- 1 第 1. 計 画 策 定 の 主 旨 -------------------------------------- 3 第 2. 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する

More information

H26改訂案【西諸県】応急業務(BCP推進会議資料)

H26改訂案【西諸県】応急業務(BCP推進会議資料) 添 付 資 料 西 諸 県 地 域 版 BCP 実 施 要 領 この 実 施 要 領 は 非 常 時 における 具 体 的 な 対 応 方 法 必 要 な 人 員 体 制 連 携 体 制 を 想 定 し こ れを 実 現 するために 事 前 に 準 備 しておかなければならないこと 等 について 定 めるものです 実 施 要 領 は 次 のように 構 成 します 項 目 責 任 所 属 非 常 時

More information

下 北 八 戸 沿 岸 海 岸 保 全 基 本 計 画 平 成 26 年 3 月 青 森 県 青 い 海 はみんなの 宝 下 北 八 戸 沿 岸 の 基 本 理 念 本 州 最 北 の 幾 多 の 自 然 美 と 風 土 を 守 り 水 産 都 市 の 発 展 を 支 えてきた 山 海 の 豊 かな 恵 みを 後 世 へ 受 け 継 ぎ 海 と 共 に 活 きる 下 北 八 戸 沿 岸 の 海 岸

More information

目 次 第 1 章 総 括 事 項 P1 第 1 節 一 般 事 項 P1 第 2 節 委 託 細 則 P2 第 2 章 施 設 の 概 要 P3 第 1 節 空 港 の 諸 元 P3 第 2 節 航 空 灯 火 施 設 の 概 要 P3 第 3 章 維 持 管 理 業 務 P3 第 1 節 業 務

目 次 第 1 章 総 括 事 項 P1 第 1 節 一 般 事 項 P1 第 2 節 委 託 細 則 P2 第 2 章 施 設 の 概 要 P3 第 1 節 空 港 の 諸 元 P3 第 2 節 航 空 灯 火 施 設 の 概 要 P3 第 3 章 維 持 管 理 業 務 P3 第 1 節 業 務 山 形 空 港 航 空 灯 火 施 設 維 持 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 28 年 4 月 山 形 県 山 形 空 港 事 務 所 目 次 第 1 章 総 括 事 項 P1 第 1 節 一 般 事 項 P1 第 2 節 委 託 細 則 P2 第 2 章 施 設 の 概 要 P3 第 1 節 空 港 の 諸 元 P3 第 2 節 航 空 灯 火 施 設 の 概 要 P3 第 3 章

More information

羅臼町地域防災計画

羅臼町地域防災計画 第 1 章 総 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 羅 臼 町 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 羅 臼 町 の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 予 防 応 急 及 び 復 旧 等 の 災 害 対 策 を 実 施 するに 当 たり 防 災

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

徳 島 小 松 島 港 の 機 能 継 続 のための 活 動 指 針 平 成 26 年 3 月 国 土 交 通 省 四 国 地 方 整 備 局 徳 島 県 目 次 徳 島 小 松 島 港 の 機 能 継 続 のための 活 動 指 針 1. 被 災 想 定 1 2. 参 集 体 制 設 置 7 3. 被 災 施 設 応 急 復 旧 活 動 13 4. 救 援 物 資 輸 送 活 動 43 5. 人

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

国民の保護に関する業務計画

国民の保護に関する業務計画 国 民 の 保 護 に 関 する 業 務 計 画 平 成 26 年 12 月 中 部 電 力 株 式 会 社 1 2 目 次 第 1 章 総 則... 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的... 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針... 1 第 3 節 国 が 想 定 する 武 力 攻 撃 事 態 等 における 電 力 供 給 電

More information

( 決 定 の 通 知 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をしたときは 速 やかにその 決 定 の 内 容 及 びこれに 条 件 を 付 した 場 合 にはその 条 件 を 補 助 金 交 付 ( 変 更 ) 決 定 通 知 書

( 決 定 の 通 知 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をしたときは 速 やかにその 決 定 の 内 容 及 びこれに 条 件 を 付 した 場 合 にはその 条 件 を 補 助 金 交 付 ( 変 更 ) 決 定 通 知 書 弥 富 市 自 主 防 災 組 織 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 15 年 3 月 31 日 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 自 主 防 災 組 織 の 結 成 を 推 進 するため 当 該 組 織 が 行 う 活 動 及 び 防 災 資 機 材 等 の 整 備 に 要 する 経 費 について 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 する 補 助 金 に 関 し 必 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698DB791D6816A95CA935982508179835A8362836794C5817A8EF1937392BC89BA926E906B8BD98B7D91CE8DF4908490698AEE967B8C7689E62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698DB791D6816A95CA935982508179835A8362836794C5817A8EF1937392BC89BA926E906B8BD98B7D91CE8DF4908490698AEE967B8C7689E62E646F6378> 首 都 直 下 地 震 緊 急 対 策 推 進 基 本 計 画 平 成 27 年 3 月 31 日 閣 議 決 定 目 次 はじめに... 1 1 緊 急 対 策 区 域 における 緊 急 対 策 の 円 滑 かつ 迅 速 な 推 進 の 意 義 に 関 する 事 項. 2 (1) 首 都 直 下 地 震 対 策 の 対 象 とする 地 震... 2 (2) 緊 急 対 策 の 円 滑 かつ 迅

More information

Ⅱ 点 検 項 目. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化 直 前 の 評 価 今 回 の 評 価 総 費 用 ( ) 総 便 益 ( ),8,7,99,7,8,,0,9 別 紙 費 用 対 効 果 分 析 集 計 表 の とおり 費 用 便 益 費 (B/C

Ⅱ 点 検 項 目. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化 直 前 の 評 価 今 回 の 評 価 総 費 用 ( ) 総 便 益 ( ),8,7,99,7,8,,0,9 別 紙 費 用 対 効 果 分 析 集 計 表 の とおり 費 用 便 益 費 (B/C 事 業 評 価 書 ( 期 中 の 評 価 ) 整 理 番 号 都 道 府 県 名 千 葉 県 関 係 市 町 村 フッツ 富 津 シ 市 期 中 評 価 実 施 の 理 由 事 業 名 水 産 物 供 給 基 盤 整 備 事 業 ( 水 産 流 通 基 盤 整 備 事 業 ) フッツ 地 区 名 事 業 主 体 千 葉 県 Ⅰ 基 本 事 項. 地 区 概 要 フッツ 漁 港 名 ( 種 別 )

More information

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制 第 3 章 公 共 施 設 マネジメントの 方 針 1. 現 状 や 課 題 に 関 する 基 本 認 識 上 尾 市 が 置 かれている 人 口 や 財 政 などの 現 状 を 踏 まえると 公 共 施 設 等 をこれまでと 同 じ 規 模 や 手 法 で 整 備 維 持 管 理 していくことは 現 実 的 ではありません 公 共 建 築 物 の 更 新 費 用 予 測 から 建 替 えや 大 規

More information

伊勢市地域防災計画

伊勢市地域防災計画 伊 勢 市 地 震 防 災 強 化 計 画 平 成 28 年 3 月 伊 勢 市 防 災 会 議 目 次 第 1 節 総 則...1 第 2 節 地 震 災 害 警 戒 本 部 の 設 置 等...6 第 3 節 情 報 伝 達 計 画...8 第 4 節 広 報 計 画...9 第 5 節 自 主 防 災 活 動... 11 第 6 節 避 難 対 策 計 画... 13 第 7 節 緊 急 輸

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 佐 賀 県 の 災 害 廃 棄 物 対 策 平 成 27 年 11 月 6 日 循 環 型 社 会 推 進 課 県 内 の 有 感 地 震 ( 震 度 1 以 上 ) 回 数 佐 賀 地 方 気 象 台 資 料 提 供 ( 単 位 : 回 ) 震 度 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 1 3 85 5 3 3 7 1 6 5 4 2

More information

資料3-地域防災計画【基本対策】.doc

資料3-地域防災計画【基本対策】.doc 資 料 3 基 本 対 策 ( 修 正 案 ) 平 成 26 年 修 正 大 阪 府 防 災 会 議 平 成 26 年 月 日 施 行 但 し 第 183 回 国 会 提 出 災 害 対 策 基 本 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 に 係 る 修 正 部 分 については 同 法 附 則 第 1 条 に 定 める 施 行 の 日 から 施 行 する 総 則 目 次 第 1 節 目 的 等

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A8362836794C5817A3132303133308DC58F4982C682E882DC82C682DF8169955C8E8696DA8E9F816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A8362836794C5817A3132303133308DC58F4982C682E882DC82C682DF8169955C8E8696DA8E9F816A2E646F6378> 資 料 3 青 森 県 原 子 力 発 電 所 の 原 子 力 災 害 時 における 避 難 のあり 方 検 討 プロジェクトチーム - 最 終 取 りまとめ - 平 成 24 年 1 月 目 次 1. 青 森 県 原 子 力 発 電 所 の 原 子 力 災 害 時 における 避 難 のあり 方 検 討 プロジェクトチーム の 設 置 趣 旨 1 2. 検 討 に 当 たっての 前 提 条 件 2

More information

<31313038303590CE8AAA8D6081698E598BC6814595A897AC959C8BBB837683898393816A81798CF6955C817A>

<31313038303590CE8AAA8D6081698E598BC6814595A897AC959C8BBB837683898393816A81798CF6955C817A> ~ 産 業 物 流 復 興 プラン~ 石 巻 港 復 旧 復 興 方 針 平 成 23 年 8 月 5 日 石 巻 港 復 興 会 議 石 巻 港 は 木 材 食 品 飼 肥 料 鉄 鋼 造 船 製 紙 関 連 の 産 業 が 立 地 する 宮 城 県 北 部 の 工 業 物 流 の 拠 点 となる 臨 海 型 工 業 港 であり 石 巻 市 の 製 造 業 就 業 人 口 の 約 1/3 の 雇

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 LPガス 販 売 事 業 者 一 般 社 団 法 人 山 形 県 LPガス 協 会 山 形 県 高 圧 ガス 地 域 防 災 協 議 会 関 係 機 関 県

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

ページ設定

ページ設定 ( 資 料 1-2-4 ) 第 1 回 天 然 ガス 燃 料 船 の 普 及 促 進 に 向 けた 総 合 対 策 検 討 委 員 会 燃 料 供 給 の 方 法 と 検 討 条 件 1 検 討 の 概 要 天 然 ガス 燃 料 船 に 対 する 燃 料 (LNG)の 供 給 については 世 界 的 にインフラの 整 備 が 遅 れてお り 安 全 を 確 保 可 能 な 運 用 基 準 も 確 立

More information

- 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域

- 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域 相 模 湖 公 園 の 震 災 時 対 応 の 考 え 方 参 考 資 料 1 - 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 における

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 計 画 の 目 的 鶴 岡 ガス 株 式 会 社 及 び 庄 内 中 部 ガス 株 式 会 社 並 びにその 他 ガス 事 業 者 は 災 害 発 生 後

More information

untitled

untitled 3-1 基 本 理 念 第 3 章 防 災 街 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 本 指 針 の 基 本 理 念 は 以 下 のとおりです ~みんなでつくろう 災 害 に 強 く 安 全 安 心 な 生 活 都 心 ~ 3-2 防 災 街 づくりの 方 針 基 本 理 念 に 基 づく 取 組 の 方 向 性 をより 具 体 的 に 示 すために 以 下 の3つの 視 点 から 防 災 街 づくりの

More information

三浦市地域防災計画

三浦市地域防災計画 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 ( 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 ) 新 旧 対 照 表 平 成 25 年 度 平 成 25 年 度 修 正 三 浦 市 防 災 会 議 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 目 次 第 1 編 風 水 害 等 災 害 対 策 の 計 画 的 推 進 1 第 1 章 計 画 の 目 的 及 び 性 格 1 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030378EC08E7B967B95948BC696B1837D836A83858341838B>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030378EC08E7B967B95948BC696B1837D836A83858341838B> 実 施 本 部 業 務 マニュアル 平 成 26 年 3 月 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 連 絡 協 議 会 このマニュアルでは 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 制 度 を 迅 速 かつ 的 確 に 活 用 し その 目 的 であ る2 次 災 害 の 軽 減 防 止 住 民 の 安 全 確 保 を 確 実 に 行 うために 実 施 本 部 業 務 の 作 成 につ いて 具 体 的 に

More information

改正耐震改修促進法について

改正耐震改修促進法について 事 務 所 ビルの 耐 震 化 を 巡 る 課 題 と 取 組 ( 一 社 ) 日 本 ビルヂング 協 会 連 合 会 常 務 理 事 小 川 富 由 平 成 25 年 11 月 1 本 日 のお 話 震 災 での 建 築 物 の 被 害 と 耐 震 改 修 東 日 本 大 震 災 阪 神 大 震 災 での 被 害 耐 震 改 修 促 進 法 の 仕 組 み 平 成 25 年 耐 震 改 修 促 進

More information

○地震、津波の想定見直し

○地震、津波の想定見直し 第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 基 本 方 針 1 市 及 び 防 災 関 係 機 関 は 地 震 による 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそ れがある 場 合 において 複 合 災 害 ( 同 時 又 は 連 続 して 2 以 上 の 災 害 が 発 生 し 災 害 応 急 対 応 が 困 難 になる 事 象 をいう )の 発 生 可

More information

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 1. 促 進 正 概 要 1 近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 主 海 溝 型 評 価 結 果 主 要 活 層 評 価 結 果 文 部

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477>

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477> 佐 賀 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 3 月 佐 賀 県 県 土 づくり 本 部 建 築 住 宅 課 目 次 はじめに 1 第 1 章 計 画 の 概 要 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 3 2. 計 画 策 定 の 位 置 づけ 3 3. 計 画 の 期 間 4 4. 計 画 の 基 本 構 成 4 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

別 表 1 基 幹 事 (5 40 事 )の 概 要 基 幹 事 事 番 号 事 概 要 公 立 学 校 施 設 整 備 費 国 庫 負 担 A1 復 興 のための 地 域 づくりに 必 要 な 公 立 義 務 教 育 諸 学 校 における 新 増 築 事 事 ( 公 立 小 中 学 校 等 の 新

別 表 1 基 幹 事 (5 40 事 )の 概 要 基 幹 事 事 番 号 事 概 要 公 立 学 校 施 設 整 備 費 国 庫 負 担 A1 復 興 のための 地 域 づくりに 必 要 な 公 立 義 務 教 育 諸 学 校 における 新 増 築 事 事 ( 公 立 小 中 学 校 等 の 新 別 表 次 別 表 1 基 幹 事 (5 40 事 )の 概 要 201 別 表 2 復 旧 復 興 事 一 覧 ( 経 費 項 別 ) 205 1 平 成 23 年 度 1 次 補 正 205 2 平 成 23 年 度 2 次 補 正 219 3 平 成 23 年 度 3 次 補 正 224 4 平 成 24 年 度 復 興 特 会 258 別 表 3 分 類 基 準 287 別 表 4 事 故

More information

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド 将 来 の 配 置 構 想 ( 案 ) 関 西 全 体 において 未 整 備 地 域 の 解 消 を 図 るため まず 兵 庫 県 南 部 ( 播 磨 地 域 ) への 追 加 配 備 を 行 う また 既 に 運 航 範 囲 となっている 地 域 のうち 30 分 以 内 での 救 急 搬 送 体 制 の 確 立 及 び 補 完 体 制 の 充 実 を 図 るため 滋 賀 県 全 域 及 び 京

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030345F926E906B814592C3946791CE8DF495D281405F91E6825195D281408DD08A51975C96688C7689E65F9286955C8E8695744832345F332E31345F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030345F926E906B814592C3946791CE8DF495D281405F91E6825195D281408DD08A51975C96688C7689E65F9286955C8E8695744832345F332E31345F2E646F63> 第 2 編 災 害 予 防 計 画 第 1 章 基 本 方 針 第 2 章 防 災 基 盤 の 強 化 第 1 節 都 市 構 造 の 防 災 化 第 2 節 建 築 物 等 の 耐 震 性 確 保 についての 基 本 的 な 考 え 方 第 3 節 建 築 物 等 の 安 全 化 第 4 節 土 木 防 災 施 設 社 会 資 本 施 設 等 の 安 全 化 第 3 章 県 民 等 の 防 災 力

More information

あわら市地域防災計画資料編

あわら市地域防災計画資料編 あわら 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 あわら 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 目 次 1 条 例 規 則 要 綱 等... 1 (1) あわら 市 防 災 会 議 条 例... 1 (2) あわら 市 災 害 対 策 本 部 条 例... 3 (3) あわら 市 災 害 対 策 本 部 運 営 要 綱... 4 (4) 嶺 北 消 防 組 合 警 防 規 定... 16 (5)

More information

11使用済燃料輸送安対書(案)

11使用済燃料輸送安対書(案) 平 成 26 年 度 伊 方 発 電 所 放 射 性 固 体 廃 棄 物 輸 送 安 全 対 策 書 ( 要 約 ) 平 成 26 年 12 月 愛 媛 県 目 次 1 概 要 1 2 輸 送 物 件 2 3 輸 送 物 の 安 全 対 策 3 4 事 故 発 生 の 未 然 防 止 対 策 5 5 法 令 に 基 づく 輸 送 時 の 安 全 確 認 10 6 安 全 評 価 11 7 結 論 13

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

2 初 めて 統 合 任 務 部 隊 が 編 成 された 阪 神 淡 路 大 震 災 等 の 教 訓 を 踏 まえ 2005 年 3 月 に 統 合 幕 僚 監 部 が 新 編 され これを 契 機 に 自 衛 隊 の 運 用 は 統 合 運 用 を 基 本 とされてい たが 統 合 任 務 部 隊

2 初 めて 統 合 任 務 部 隊 が 編 成 された 阪 神 淡 路 大 震 災 等 の 教 訓 を 踏 まえ 2005 年 3 月 に 統 合 幕 僚 監 部 が 新 編 され これを 契 機 に 自 衛 隊 の 運 用 は 統 合 運 用 を 基 本 とされてい たが 統 合 任 務 部 隊 東 日 本 大 地 震 に 対 する 海 上 自 衛 隊 の 活 動 状 況 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 一 帯 を 震 源 地 とするマグニチュー ド 9.0 の 大 地 震 が 発 生 した 発 災 から 約 3 時 間 後 に 自 衛 隊 に 対 して 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 命 令 が 発 出 され 翌 々 日

More information

x x な 別 添 6 規 制 の 特 例 措 置 等 の 提 案 書 提 案 団 体 名 : 長 崎 県 長 崎 市 佐 世 保 市 西 海 市 政 策 課 題 解 決 策 との 関 係 区 分 ( 1) 現 行 の 規 制 制 度 の 所 管 関 係 官 庁 ( 該 当 に を 記 載 ) 提

More information

ケースメソッドによる 災 害 対 応 マネジメント 力 育 成 シリーズ vol.4 広 域 輸 送 ルートの 確 保 1 - 港 湾 の 航 路 啓 開 - 東 日 本 大 震 災 では 東 北 地 方 の 太 平 洋 沿 岸 部 がほぼ 全 域 にわたり 甚 大 な 被 害 を 受 けた 津 波

ケースメソッドによる 災 害 対 応 マネジメント 力 育 成 シリーズ vol.4 広 域 輸 送 ルートの 確 保 1 - 港 湾 の 航 路 啓 開 - 東 日 本 大 震 災 では 東 北 地 方 の 太 平 洋 沿 岸 部 がほぼ 全 域 にわたり 甚 大 な 被 害 を 受 けた 津 波 ケースメソッドによる 災 害 対 応 マネジメント 力 育 成 シリーズ vol.4 広 域 輸 送 ルートの 確 保 - 港 湾 の 航 路 啓 開 - 14 年 6 月 土 木 学 会 建 設 マネジメント 委 員 会 災 害 対 応 マネジメント 力 育 成 研 究 小 委 員 会 ケースメソッドによる 災 害 対 応 マネジメント 力 育 成 シリーズ vol.4 広 域 輸 送 ルートの

More information

目    次

目    次 目 次 一 般 対 策 編... 23 第 1 章 総 則... 23 第 1 節 目 的... 23 1 計 画 の 構 成... 23 2 災 害 の 想 定 と 計 画 作 成 の 基 礎 資 料... 23 3 用 語... 23 4 他 の 計 画 との 関 係... 23 5 市 計 画 の 修 正... 23 6 市 計 画 の 周 知 徹 底... 24 7 市 民 運 動 の 展

More information

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71>

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71> 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 平 成 6 年 9 月 1 日 本 部 訓 令 第 26 号 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 航 空 隊 ( 第 3 条 - 第 13 条 ) 第 3 章 運 用 ( 第 14- 第 25

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx 資 料 1-1 第 2 回 津 波 避 難 対 策 推 進 マニュアル 検 討 会 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 について 平 成 24 年 8 月 22 日 ( 水 ) Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 の 制 定 経 緯 平 成 23 年 3 月

More information

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477>

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477> 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 銚 子 市 被 害 記 録 集 銚 子 市 平 成 24 年 3 月 刊 行 にあたって このたびの 東 日 本 大 震 災 により 被 災 された 皆 様 にこころからお 見 舞 い 申 し 上 げます また 復 旧 復 興 に 尽 力 されている 方 々に 敬 意 を 表 します 東 日 本 大 震 災 は 我 が 国 において 戦 後

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 海 上 保 安 庁 の 交 通 政 策 について ~ 第 3 次 交 通 ビジョン~ 平 成 26 年 5 月 16 日 海 上 保 安 庁 交 通 部 整 備 課 長 五 十 嵐 耕 海 上 保 安 新 聞 2013 年 10 月 10 日 号 2 1. 第 3 次 交 通 ビジョンについて 交 通 ビジョンとは? 交 通 ビジョンは 船 舶 交 通 安 全 行 政 が 果 たすべき 役 割 と

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

平成17年度 静岡県地域防災計画

平成17年度 静岡県地域防災計画 資 料 2 平 成 17 年 度 静 岡 県 地 域 防 災 計 画 新 旧 対 照 表 一 般 対 策 編 1ページ-23ページ 地 震 対 策 編 24ページ-62ページ 原 子 力 対 策 編 63ページ-66ページ 平 成 17 年 4 月 静 岡 県 地 域 防 災 計 画 ( 一 般 対 策 編 ) 修 正 新 旧 対 照 表 第 1 章 総 論 第 1 章 総 論 1 1 2 3 3

More information

具 体 的 な 取 組 内 容 第 1 節 市 の 活 動 体 制 災 害 応 急 対 策 を 円 滑 に 展 開 するため 次 の 事 項 を 中 心 に マニュアル 性 も 考 慮 しつつ 対 策 内 容 を 点 検 整 備 の 上 明 示 する なお 災 害 応 急 活 動 の 実 施 に 当

具 体 的 な 取 組 内 容 第 1 節 市 の 活 動 体 制 災 害 応 急 対 策 を 円 滑 に 展 開 するため 次 の 事 項 を 中 心 に マニュアル 性 も 考 慮 しつつ 対 策 内 容 を 点 検 整 備 の 上 明 示 する なお 災 害 応 急 活 動 の 実 施 に 当 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 Ⅰ 風 水 害 等 対 策 編 第 1 章 応 急 活 動 計 画 基 本 的 な 考 え 方 市 の 地 域 に 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 のおそれがある 場 合 は 市 県 国 防 災 関 係 機 関 及 び 市 民 は 一 致 協 力 して 災 害 応 急 対 策 に 従 事 する 者 の 安 全 の 確 保 を 図 るよう 十 分 配

More information

第3章 災害応急対策計画                     第1節 活動体制計画   

第3章 災害応急対策計画                         第1節 活動体制計画    第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 計 画 の 方 針 地 震 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれのある 場 合 において 災 害 の 予 防 及 び 災 害 応 急 対 策 等 の 防 災 活 動 を 強 力 に 推 進 するために 災 害 対 策 本 部 等 の 設 置 応 援 要 請 応 急 公 用 負 担 等 の 活 動 体 制 を 確 立 する

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震 平 成 16 年 (2004 年 ) 新 潟 県 中 越 地 震 ( 確 定 報 ) 平 成 21 年 10 月 21 日 ( 水 )10 時 00 分 消 防 庁 1 地 震 の 概 要 震 度 6 弱 以 上 のもの (1) 発 生 日 時 平 成 16 年 10 月 23 日 17 時 56 分 頃 1 震 央 地 名 新 潟 県 中 越 地 方 ( 北 緯 37 度 18 分 東 経 138

More information