平成18年度学校経営計画(案)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "平成18年度学校経営計画(案)"

Transcription

1 平 成 27 年 度 東 京 都 立 松 が 谷 高 等 学 校 学 校 経 営 報 告 28 松 が 谷 高 第 1352 号 平 成 28 年 3 月 31 日 校 長 平 野 篤 士 1 今 年 度 の 取 組 目 標 と 自 己 評 価 (1) 学 力 を 充 実 させ 生 徒 一 人 ひとりの 希 望 進 路 の 実 現 を 図 れる 学 校 学 校 経 営 計 画 に 基 づき 以 下 のような 取 り 組 みを 行 った (ア) 学 力 の 向 上 に 向 けた 取 り 組 み 1 2 学 年 の 段 階 では 大 学 進 学 希 望 者 は 自 分 の 第 一 志 望 を 高 く 持 たせるよう 学 年 集 会 や 面 談 等 を 通 じて 生 徒 の 意 識 を 啓 発 し 同 時 に 保 護 者 会 等 を 通 じて 一 般 受 験 のメリットを 保 護 者 に も 啓 発 した 1 2 学 年 で 英 語 プラス1 教 科 ( 文 系 は 国 語 理 系 は 数 学 )の 基 礎 学 力 を 固 め 一 般 受 験 で 希 望 する 進 路 を 実 現 できる 学 力 を 身 につけさせるために 課 題 や 小 テストなど 生 徒 の 自 宅 学 習 時 間 を 増 やすための 取 り 組 みを 推 進 した 落 ち 着 いて 勉 強 に 取 り 組 む 環 境 を 大 切 にするために 授 業 規 律 の 確 保 について 年 度 当 初 に 目 標 を 定 め 学 校 全 体 で 取 り 組 んだ 学 力 診 断 テスト 実 施 後 の 分 析 会 に 担 任 のみならず 各 教 科 担 当 も 参 加 を 推 奨 し 生 徒 の 学 習 習 慣 や 学 力 を 的 確 に 把 握 し その 改 善 方 法 を 検 討 する 機 会 とした 個 に 応 じた 学 力 向 上 を 図 るため 数 学 と 英 語 において 習 熟 度 別 学 習 を 実 施 した 組 織 的 に1 2 年 生 の 補 習 指 導 及 び3 年 生 の 夏 季 休 業 中 の 補 講 指 導 を 実 施 した 授 業 改 善 と 若 手 教 員 の 授 業 力 を 伸 ばすために 授 業 公 開 研 究 授 業 校 内 研 修 生 徒 による 授 業 評 価 等 の 推 進 と 充 実 を 図 った ビブリオバトル 予 選 の 実 施 等 を 通 して 図 書 館 の 活 用 読 書 活 動 の 啓 発 を 図 った 公 教 育 における 教 育 の 公 平 性 中 立 性 を 保 つために 年 間 指 導 計 画 や 週 ごとの 指 導 計 画 を 活 用 し て 教 育 課 程 の 適 正 な 実 施 管 理 を 行 った また 年 度 後 半 には 主 権 者 教 育 のために 都 選 管 八 王 子 市 選 管 と 連 携 し 模 擬 選 挙 を 校 内 で 実 施 した [ 学 校 評 価 アンケート 結 果 ] 数 字 は そう 思 う と どちらかといえばそう 思 う の 合 計 授 業 の 満 足 度 生 徒 78%( 前 年 比 + 7%) 保 護 者 75%( 前 年 比 + 4%) 講 習 や 補 習 への 参 加 生 徒 39%( - 3%) 保 護 者 67%( - 3%) 習 熟 度 別 授 業 や 少 人 数 制 授 業 の 効 果 生 徒 74%( + 4%) 保 護 者 75%( - 2%) 読 書 機 会 の 増 加 生 徒 38%( +10%) 保 護 者 63%( + 6%) 主 要 な 評 価 である 授 業 満 足 度 が このところ 年 々 上 昇 し 続 けていることは 授 業 改 善 が 進 みつ つあることを 示 している 夏 季 講 習 は 前 年 度 より 講 座 数 を 増 やし 参 加 する 生 徒 も 多 かったが アンケートには 反 映 されなかった その 他 は 概 ね 順 調 であった (イ) 外 国 語 の 確 実 な 習 得 に 向 けた 取 り 組 み 英 語 教 育 推 進 のために 図 書 館 の 英 語 多 読 図 書 の 活 用 を 推 進 した また 外 国 語 コースの 授 業 で 英 語 版 ビブリオバトル( 書 評 合 戦 )を 実 施 し 昨 年 に 引 き 続 き 本 校 を 会 場 に 英 語 ビブリオバト ル 大 会 を 高 英 研 の 主 催 で 実 施 した さらに 普 通 科 の 生 徒 も2 学 年 で 英 語 多 読 を 導 入 した PC LL 機 器 の 教 育 ソフト"e-learning"を 活 用 した 学 習 を 推 進 した 夏 季 休 業 日 中 に 希 望 者 による2 泊 3 日 でイングリッシュサマーキャンプを 実 施 した 英 語 検 定 の 受 検 を 推 奨 した 1 2 年 生 全 員 を 対 象 に GTEC for students[basic]を 実 施 し 生 徒 の 英 語 力 の 伸 長 について データの 蓄 積 を 行 った 1

2 英 語 多 読 の 拡 大 や 英 語 ビブリオバトルの 実 施 また 東 京 観 光 財 団 と 連 携 した 複 数 回 数 に 渡 る 海 外 教 育 旅 行 生 の 受 け 入 れ 等 を 通 じた 英 語 の 国 際 交 流 で 生 徒 の 英 語 学 習 の 動 機 づけと 英 語 力 の 伸 長 を 図 ってきた 次 年 度 は 英 語 教 育 推 進 校 に 応 募 し さらに 生 徒 の 英 語 力 を 高 めていきたい (ウ) 入 学 者 選 抜 の 着 実 な 実 施 に 向 けた 取 り 組 み マークシート 方 式 の 新 しい 学 力 検 査 による 入 学 者 選 抜 の 実 施 に 備 え 入 念 な 準 備 を 行 い ミス のない 入 学 者 選 抜 を 実 施 した 新 方 式 の 学 力 検 査 導 入 に 対 応 する 新 たな 採 点 点 検 要 領 を 作 成 した 記 述 問 題 の 採 点 において 日 本 語 の 誤 字 脱 字 や 英 語 のスペルミス 大 文 字 小 文 字 の 誤 りなどの 扱 いについて 校 内 で 十 分 に 検 討 し ぶれの 無 い 採 点 体 制 で 臨 んだ マークシート 方 式 で 実 施 した 初 めての 学 力 検 査 では セーフティーネットとしての 相 互 点 検 も 含 め ミスのない 入 学 者 選 抜 を 実 施 できた (エ) 規 範 意 識 の 向 上 について 授 業 規 律 を 身 につけさせるため 年 度 当 初 にチャイム 着 席 の 励 行 机 上 の 飲 み 物 等 やスマート フォン 携 帯 電 話 の 使 用 禁 止 について 指 導 基 準 を 明 確 にし 全 校 体 制 で 指 導 に 取 り 組 んだ ま たこれまで 通 り 授 業 を 受 ける 態 度 姿 勢 に 関 する 指 導 期 間 として 学 習 態 度 習 慣 定 着 月 間 同 見 直 し 月 間 を 設 けて 重 点 指 導 した 落 ち 着 いた 学 習 環 境 安 心 かつ 安 全 に 学 べる 環 境 を 維 持 するために 生 活 指 導 部 を 中 心 に 生 活 指 導 統 一 基 準 の 全 体 計 画 に 沿 って 日 常 的 に 徹 底 した 生 活 指 導 を 行 った 1 交 通 ルールの 遵 守 2 挨 拶 の 励 行 3 頭 髪 身 だしなみ 等 に 関 する 校 則 の 遵 守 4 時 間 厳 守 5チャイム 着 席 等 の 授 業 規 律 の 確 立 という5つの 目 標 の 達 成 に 向 けた 指 導 を 組 織 的 に 行 い 生 徒 の 規 範 意 識 育 成 に 努 めた 教 室 の 美 化 清 掃 指 導 に 力 を 入 れ 学 習 環 境 を 整 備 した 安 全 教 育 推 進 校 として 正 しい 自 転 車 の 乗 り 方 マナー 等 を 身 に 着 けさせるため 8 月 に 日 本 ヘル メット 工 業 会 からヘルメットの 無 償 供 与 を 受 け 9 月 に 意 識 啓 発 イベント 10 月 にスケアー ドストレイトを 含 む 交 通 安 全 教 室 を 校 内 で 開 催 した また 自 転 車 乗 車 時 のヘルメット 装 着 につ いての 意 識 調 査 を2 回 実 施 した 薬 物 乱 用 防 止 についての 指 導 を 行 うとともに インターネット 携 帯 等 の 正 しい 利 用 に 関 する 指 導 も 強 化 し ネット 犯 罪 の 被 害 加 害 とネットいじめ 問 題 等 の 防 止 を 図 った 授 業 規 律 の 順 守 生 徒 85%( 前 年 比 + 6%) 他 校 と 比 べた 校 則 の 厳 しさ 生 徒 52%( + 1%) 保 護 者 57%( - 3%) 学 校 運 営 連 絡 協 議 会 の 席 上 でも 本 校 の 生 徒 の 生 活 規 律 や 日 常 的 な 挨 拶 また 降 雪 後 の 地 域 の 雪 掻 き 活 動 などの 地 域 貢 献 には 好 意 的 な 意 見 が 相 次 いだ 授 業 規 律 については ここ 数 年 で 大 幅 に 改 善 されたことを 実 感 できている (オ) 希 望 進 路 の 実 現 に 向 けた 取 り 組 み 入 学 時 からキャリア 教 育 プログラム 進 路 指 導 計 画 にそって 進 路 指 導 部 を 中 心 に 全 学 年 が 統 一 感 を 持 った 計 画 的 組 織 的 な 進 路 指 導 を 行 った 新 教 科 人 間 と 社 会 の 一 部 先 行 実 施 について 1 学 年 の 総 合 的 な 学 習 の 時 間 ( 奉 仕 の 代 替 )のキャリア 教 育 との 整 合 性 を 図 りながら 学 年 担 任 と 連 携 して 内 容 を 検 討 した 生 徒 の 進 路 意 識 を 高 め 進 路 指 導 の 充 実 を 図 るため 進 路 指 導 講 演 会 や 進 路 ガイダンスに 加 え 大 学 の 学 部 学 科 ガイダンスや 大 学 教 授 による 模 擬 講 義 現 役 大 学 生 との 交 流 等 を 実 施 した 教 員 による 進 路 指 導 進 路 相 談 の 充 実 を 図 るため 模 試 データ 等 の 指 導 資 料 をシステム 化 し データに 基 づいた 進 路 指 導 を 定 着 させ さらに 精 度 を 高 めるために3 年 秋 にも 模 試 を 実 施 した 進 学 を 支 援 するため 長 期 休 業 日 に 組 織 的 な 講 習 指 導 を 実 施 した 早 期 からの 進 路 指 導 データ 蓄 積 のため1 2 学 年 で 学 力 診 断 テストを 実 施 した 2

3 学 習 生 活 進 路 等 に 関 する 生 徒 の 情 報 共 有 化 を 図 るため 拡 大 学 年 会 を 実 施 した 家 庭 との 連 携 を 図 り 生 活 指 導 進 路 指 導 を 充 実 させるため 三 者 面 談 期 間 を 設 定 し 実 施 した 進 路 希 望 実 現 に 向 けた 進 路 指 導 生 徒 72%( + 2%) 保 護 者 73%( 前 年 比 + 3%) 三 者 面 談 の 充 実 生 徒 68%( - 2%) 保 護 者 80%( + 2%) 進 路 指 導 に 関 する 満 足 度 も 上 昇 し 生 徒 保 護 者 ともに7 割 を 上 回 っている 三 者 面 談 につい ては 生 徒 と 保 護 者 で 評 価 が 分 かれた (カ) 意 欲 ある 受 検 生 の 確 保 に 向 けた 取 り 組 みについて 新 しい 都 立 高 校 入 試 制 度 の 実 施 に 伴 い 大 きく 変 わる 外 国 語 コースについて 英 語 科 と 連 携 し 受 検 生 に 適 切 な 情 報 を 提 供 した 11 月 の 学 校 説 明 会 の 午 前 中 に 行 われる 英 会 話 体 験 授 業 を 外 国 語 コース 説 明 会 に 改 編 し 英 会 話 以 外 にも 映 画 聴 き 取 りや 英 語 多 読 など 本 校 の 外 国 語 コー ス 教 育 の 特 色 が 十 分 に 伝 わる 内 容 にして 学 校 説 明 会 と 一 体 化 し 全 校 体 制 で 開 催 した 学 校 広 報 のため 中 学 校 訪 問 学 校 説 明 会 部 活 動 体 験 及 び 夏 季 休 業 日 中 の 学 校 見 学 会 を 実 施 した 前 年 度 の 来 場 者 数 を 分 析 し 効 果 的 な 人 員 配 置 を 行 った 学 習 塾 等 が 主 催 する 外 部 の 説 明 会 東 京 都 の 合 同 説 明 会 多 摩 南 部 地 区 合 同 説 明 会 等 について も 前 年 度 の 状 況 を 精 査 し 計 画 的 に 人 員 派 遣 を 行 った ホームページの 更 新 を 頻 繁 に 行 い 教 育 活 動 の 様 子 を 積 極 的 に 発 信 した 教 育 活 動 のPR 生 徒 69%( +10%) 保 護 者 61%( 前 年 比 +11%) 学 校 評 価 アンケートでも 数 値 が 大 幅 に 上 昇 したように 夏 季 休 業 中 の 見 学 会 に2399 名 秋 の 学 校 説 明 会 に1503 名 と 過 去 最 高 だった 前 年 度 をさらに 上 回 る 来 校 者 を 集 め 学 力 検 査 に 基 づく 入 学 者 選 抜 の 倍 率 も 普 通 科 は2 年 連 続 で 八 王 子 市 内 の 都 立 普 通 科 高 校 で 最 も 高 くな り 外 国 語 コースも 適 正 な 倍 率 を 確 保 できた (キ) 中 途 退 学 の 未 然 防 止 に 向 けた 取 り 組 み 生 徒 保 護 者 の 悩 みに 対 応 するため 教 職 員 がスクールカウンセラーとの 連 携 を 密 にして 教 育 相 談 を 実 施 した 教 育 相 談 委 員 会 を 中 心 に いじめや 不 登 校 の 予 兆 の 早 期 把 握 に 努 めた いじめ 防 止 対 策 推 進 法 の 趣 旨 に 沿 って 校 内 体 制 を 整 備 し いじめのない 学 校 づくりのために 日 常 の 授 業 特 別 活 動 全 てを 通 してこころの 教 育 人 権 尊 重 教 育 を 行 った 校 内 の 特 別 支 援 教 育 推 進 体 制 を 充 実 させた 教 育 相 談 の 充 実 (カウンセラー) 生 徒 48%( ± 0%) 保 護 者 56%( 前 年 比 + 4%) 教 育 相 談 の 充 実 ( 教 員 ) 生 徒 65%( - 3%) 保 護 者 72%( ± 0%) 昨 年 度 と 数 値 的 には 大 きな 差 はないが スクールカウンセラーが 女 性 に 変 わったことの 影 響 も あり 女 生 徒 の 相 談 件 数 が 増 加 したため 相 談 件 数 自 体 は 前 年 度 より 伸 びている (ク) 環 境 健 康 教 育 と 防 災 教 育 の 充 実 に 向 けた 取 り 組 み 学 習 に 適 した 環 境 を 維 持 するために ごみの 分 別 指 導 について 環 境 委 員 中 心 の 指 導 を 継 続 した 環 境 に 関 する 意 識 を 高 めるために 全 校 体 制 で 省 エネに 取 り 組 んだ 安 全 安 心 な 学 校 づくりのために 安 全 教 育 防 災 教 育 の 充 実 を 図 った セーフティ 教 室 を 全 学 年 対 象 に 実 施 するとともに 宿 泊 を 伴 う 防 災 訓 練 も 含 め 年 4 回 避 難 訓 練 を 実 施 した 校 内 美 化 の 推 進 生 徒 80%( 前 年 比 + 4%) 保 護 者 83%( 前 年 比 + 4%) 3

4 防 災 教 育 の 効 果 生 徒 69%( +11%) 保 護 者 76%( + 1%) 校 内 美 化 は 生 徒 保 護 者 とも 数 値 が 上 昇 し 8 割 を 超 えている 校 内 は 綺 麗 に 保 たれ ごみの 分 別 も 適 正 に 行 われるようになってきている 防 災 教 育 についても 充 実 してきていることが 数 値 動 向 から 読 み 取 れる (ケ) 部 活 動 の 充 実 と 体 力 の 向 上 に 向 けた 取 り 組 みについて 部 活 動 を 推 進 するために 部 活 動 の 加 入 率 を さらに 上 げる 工 夫 を 行 い 多 くの 生 徒 が 部 活 動 を 通 して 健 全 な 心 と 身 体 を 育 成 できるよう 部 活 動 をさらに 活 発 化 させた 部 活 動 指 導 の 方 法 を 点 検 し 徹 底 して 体 罰 の 根 絶 を 図 った 地 域 におけるスポーツ 振 興 のため 中 高 連 携 事 業 を 通 して 中 学 生 との 交 流 活 動 を 実 施 した 部 活 動 の 満 足 度 生 徒 75%( 前 年 比 + 3%) 保 護 者 70%( 前 年 比 - 2%) 部 活 動 の 加 入 率 は 微 減 であったが 数 値 から 部 活 動 の 満 足 度 は 総 じて 高 いことがわかる 今 年 度 も 多 くの 運 動 系 部 活 動 が 上 位 の 大 会 まで 進 み 文 化 系 部 活 動 も 地 域 交 換 など 様 々な 場 面 で 活 躍 が 見 られた (コ)オリンピック パラリンピック 教 育 と 国 際 理 解 教 育 の 充 実 に 向 けた 取 り 組 みについて 教 育 庁 の Welcome プロジェクト 等 を 活 用 し 外 国 人 アスリート( 元 東 京 FCのアマラオ 氏 ) を 招 聘 して 講 演 会 等 を 開 催 した オリンピック パラリンピック 教 育 研 究 開 発 校 として 東 京 オリンピック パラリンピック 開 催 時 に 英 語 力 を 活 かしたボランティア 活 動 に 参 加 できるような 生 徒 の 能 力 と 態 度 を 育 成 する ため 昨 年 度 から 始 まった 産 業 労 働 局 の おもてなし 親 善 大 使 育 成 塾 への 生 徒 の 参 加 を 引 き 続 き 推 奨 した ESS 同 好 会 の 部 員 等 を 中 心 に 東 京 観 光 財 団 及 び 校 内 の JET 青 年 と 連 携 し オリンピック 開 催 時 の 外 国 人 観 光 客 への 英 語 による 観 光 ボランティアに 関 する 研 究 を 行 い 海 外 の 修 学 旅 行 生 を 年 3 校 誘 致 して 交 流 体 験 学 習 を 行 った 国 際 理 解 教 育 推 進 のため 外 務 省 国 境 なき 医 師 団 及 び 桜 美 林 大 学 より 講 師 を 招 き 講 演 会 や ワークショップを 開 催 した 校 内 に 訪 日 教 育 旅 行 生 を 招 いての 交 流 体 験 は 7 月 にアメリカの 高 校 からの 教 育 視 察 団 を 受 け 入 れたの 皮 切 りに 台 湾 およびアメリカの 計 3 校 の 教 育 旅 行 生 を 受 け 入 れた また おもてな し 親 善 大 使 育 成 塾 には50 名 近 い 生 徒 が 申 し 込 み 7 名 が 合 格 した (サ) 思 いやりのある 心 の 育 成 に 向 けた 取 り 組 みについて 学 校 設 定 科 目 交 流 体 験 学 習 を 設 置 し 学 修 を 実 施 した 中 高 連 携 事 業 地 域 連 携 事 を 積 極 的 に 行 い 生 徒 の 社 会 貢 献 意 識 を 涵 養 する 機 会 を 増 やした 地 域 環 境 を 考 える 機 会 として 地 域 清 掃 を 実 施 した 今 年 度 は 夏 季 休 業 中 に 近 隣 の 松 木 小 学 校 の 学 習 ボランティアに 教 員 3 名 と 生 徒 83 名 が 参 加 し た またESS 同 好 会 の 部 員 は 二 学 期 から 月 2 回 程 度 松 が 谷 小 学 校 で 放 課 後 英 語 教 室 を 開 催 し 好 評 を 得 た さらにダンス 部 和 太 鼓 部 吹 奏 楽 部 や 野 球 部 が 地 域 の 行 事 に 参 加 し 学 校 運 営 連 絡 協 議 会 でも これらの 取 り 組 みは 高 く 評 価 された (シ) 経 営 企 画 室 の 経 営 参 画 の 推 進 に 向 けた 取 り 組 みについて 年 度 当 初 に 経 営 参 画 ガイドラインを 確 認 し 経 営 企 画 室 と 教 員 との 連 携 を 強 めて 学 校 全 体 とし ての 共 通 理 解 をもち 経 営 企 画 室 の 経 営 参 画 を 推 進 して 各 課 題 の 解 決 を 図 る 意 欲 ある 受 検 生 を 確 保 するために 総 務 部 が 所 管 する 募 集 広 報 活 動 に 企 画 段 階 から 関 与 し 費 用 対 効 果 の 観 点 及 び 内 容 のわかりやすさ 等 都 民 目 線 での 提 言 を 行 う 年 間 を 通 じて 計 画 的 効 率 的 な 予 算 執 行 に 努 める 生 徒 の 生 命 身 体 に 関 わる 事 故 を 未 然 に 防 止 するため 教 員 と 連 携 しながら 施 設 設 備 の 点 検 4

5 を 日 常 的 に 実 施 し 速 やかな 対 応 を 行 う 経 営 企 画 室 は 年 度 途 中 に1 名 が 産 休 に 入 り 新 規 採 用 職 員 を 含 む3 名 体 制 で 業 務 に 当 たらな ければならない 期 間 が 長 く 続 いたが 室 長 の 指 導 のもと 業 務 を 効 率 化 し 年 間 を 通 じて 順 調 な 経 営 参 画 が 図 られた (2) 重 点 目 標 への 取 り 組 みと 自 己 評 価 重 点 目 標 として 以 下 の3 項 目 に 取 り 組 んだ (ア) 学 力 の 向 上 に 向 けた 取 り 組 み 外 国 語 コース 設 置 校 としての 特 色 を 最 大 限 に 生 かし 豊 富 な 英 語 教 材 図 書 館 の 英 語 多 読 図 書 や 充 実 した 教 員 配 置 及 び 様 々な 英 語 行 事 の 効 果 を 普 通 科 の 生 徒 にも 波 及 させて 生 徒 の 英 語 力 を 全 校 的 に 高 めることに 継 続 して 取 り 組 んだ 特 に 今 年 度 は2 学 年 の 普 通 科 の 生 徒 にも 授 業 の 一 部 に 英 語 多 読 を 取 り 入 れ また 英 語 多 読 普 及 啓 発 のための 英 語 ビブリオバトルの 大 会 を 高 英 研 の 後 援 を 得 て 2 年 連 続 で 校 内 実 施 した (ケ) 部 活 動 の 充 実 と 体 力 の 向 上 に 向 けた 取 り 組 みについて 今 年 度 はまず 運 動 系 部 活 動 の 更 なる 充 実 を 目 指 し 文 化 スポーツ 等 特 別 推 薦 をこれまでの3 種 目 に 硬 式 テニス アーチェリーを 含 めた5 種 目 に 拡 大 した 運 動 系 部 活 動 では 陸 上 競 技 部 が 女 子 400mハードルで 全 国 高 校 総 体 インターハイに アーチェリー 部 が 関 東 選 抜 大 会 に そ れぞれ 進 出 した さらに 女 子 硬 式 テニス 部 が 都 選 抜 高 校 テニス 大 会 団 体 でベスト8( 他 の7 校 は 私 立 ) 剣 道 部 が 都 秋 季 剣 道 大 会 で 男 子 団 体 ベスト8(うち 都 立 は3 校 ) サッカー 部 が 関 東 大 会 東 京 都 予 選 でベスト16(うち 都 立 は2 校 )と 私 立 が 圧 倒 的 に 優 勢 と 言 われる 高 校 ス ポーツ 界 において 数 多 くの 部 活 動 が 高 いレベルの 実 績 をあげることができた (コ)オリンピック パラリンピック 教 育 と 国 際 理 解 教 育 の 充 実 に 向 けた 取 り 組 みについて オリンピック パラリンピック 教 育 研 究 開 発 校 として 東 京 オリンピック パラリンピック 開 催 時 に 英 語 力 を 活 かしたボランティア 活 動 に 参 加 できるような 生 徒 の 能 力 と 態 度 を 育 成 する ため 東 京 観 光 財 団 及 び 校 内 の JET 青 年 と 連 携 し オリンピック 開 催 時 の 外 国 人 観 光 客 への 英 語 による 観 光 ボランティアに 関 する 研 究 を 行 い 海 外 の 修 学 旅 行 生 を 年 3 校 誘 致 して 交 流 体 験 学 習 を 行 った また 国 際 理 解 教 育 推 進 のため 外 務 省 国 境 なき 医 師 団 及 び 桜 美 林 大 学 より 講 師 を 招 き 講 演 会 やワークショップを 開 催 した [ 数 値 目 標 ] 内 容 目 標 実 績 学 校 評 価 授 業 満 足 度 75% 以 上 78% 学 力 スタンダード( 国 数 英 ) 中 堅 私 大 の 合 格 者 数 国 数 応 用 グループ 平 均 の-5 以 内 英 語 は 応 用 グループ 平 均 と 同 水 準 外 国 語 コースの 英 語 は+10 以 上 30 名 以 上 ( 日 本 東 洋 駒 沢 専 修 合 格 者 ) 普 通 科 国 語 - 2.1~ 6.0 数 学 - 7.0~ 9.9 英 語 - 0.8~ 3.5 外 国 語 コース 英 語 + 7.1~ 名 GTEC for students 前 年 度 のスコアより 向 上 集 計 中 部 活 動 加 入 率 85% 以 上 を 維 持 83% 学 校 見 学 会 説 明 会 参 加 者 数 3500 名 以 上 を 維 持 4008 名 2 次 年 度 以 降 の 課 題 と 対 応 策 今 年 度 も 英 語 教 育 国 際 理 解 教 育 の 充 実 と 部 活 動 の 推 進 を 二 本 柱 に 中 堅 都 立 高 校 として 本 校 の 特 色 化 を 図 ってきた 幸 いなことに 入 学 者 選 抜 の 倍 率 の 推 移 を 見 ても 中 学 生 や 保 護 者 に 本 校 の 取 り 組 みは 評 価 されつつあると 感 じられる 次 年 度 は 英 語 教 育 推 進 校 やオリンピック パラリンピック 教 育 重 点 校 に 応 募 し 上 記 の 二 本 柱 をさらに 強 固 な 特 色 として 打 ち 出 し 地 域 の 中 堅 都 立 高 校 の 中 から 一 頭 地 抜 けた 存 在 感 を 示 せるように 学 校 経 営 に 取 り 組 みたい 5

業 の 予 習 や 復 習 をしている 生 徒 の 割 合 が 少 ないなどの 課 題 が 残 った 今 後 は 生 徒 に 学 習 課 題 を 与 えるなど 生 徒 が 家 庭 学 習 に 取 り 組 みやすいような 工 夫 が 求 められる ア ンケートの 取 り 方 についても 質 問 が 多

業 の 予 習 や 復 習 をしている 生 徒 の 割 合 が 少 ないなどの 課 題 が 残 った 今 後 は 生 徒 に 学 習 課 題 を 与 えるなど 生 徒 が 家 庭 学 習 に 取 り 組 みやすいような 工 夫 が 求 められる ア ンケートの 取 り 方 についても 質 問 が 多 2 各 分 掌 の 反 省 総 務 部 (1) 各 分 掌 学 年 間 の 連 絡 調 整 につとめ 各 種 行 事 の 円 滑 な 実 施 を 図 る (2) PTA 活 動 等 への 参 加 率 向 上 と 広 報 活 動 につとめ 学 校 家 庭 地 域 の 連 携 強 化 を 図 る (3) 全 職 員 の 共 通 理 解 と 連 携 を 深 める 職 員 会 議 の 運 営 に 努 める

More information

< 公 益 目 的 事 業 > 1 地 方 税 財 政 制 度 に 関 する 調 査 (1) 調 査 研 究 専 門 研 究 員 等 が 地 方 税 財 政 制 度 及 び 税 務 行 政 の 運 営 に 関 して 調 査 研 究 を 行 うもの で その 内 容 を 適 宜 機 関 誌 東 京 税

< 公 益 目 的 事 業 > 1 地 方 税 財 政 制 度 に 関 する 調 査 (1) 調 査 研 究 専 門 研 究 員 等 が 地 方 税 財 政 制 度 及 び 税 務 行 政 の 運 営 に 関 して 調 査 研 究 を 行 うもの で その 内 容 を 適 宜 機 関 誌 東 京 税 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 我 が 国 の 経 済 状 況 は 円 高 の 是 正 や 株 価 の 回 復 等 により 企 業 収 益 の 改 善 が 進 むと 共 に 2020 年 オリンピック パラリンピックの 東 京 開 催 決 定 による 経 済 効 果 への 期 待 なども あり 明 るい 兆 しが 見 え 始 めている 一 方 で 欧 州 債 務 危 機 の 再 燃 や 新

More information

2 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 1. 概 況 総 務 省 の 人 口 推 計 並 びに 厚 生 労 働 省 の 人 口 動 態 統 計 によると 2007 年 以 降 人 口 減 少 社 会 となっていますが その 中 でも 65 歳 から 74 歳 までの 前 期 高 齢 者 の 比 率 と 75 歳 以 上 の 後 期 高 齢 者 の 絶 対 数 がまもなく 入 れ 替 わる 更 なる

More information

1 開かれた教育行政の推進

1 開かれた教育行政の推進 平 成 28 年 度 太 田 市 教 育 行 政 方 針 太 田 市 教 育 委 員 会 平 成 28 年 4 月 1 開 かれた 教 育 行 政 の 推 進 (1) 教 育 行 政 の 点 検 評 価 の 実 施 と 情 報 公 開 教 育 委 員 会 が 実 施 した 施 策 の 評 価 を 自 ら 行 い 学 識 経 験 者 の 意 見 を 付 し 作 成 する 点 検 評 価 の 報 告 書

More information

平成22年度 事業計画

平成22年度 事業計画 平 成 28 年 度 学 校 法 人 創 志 学 園 事 業 計 画 書 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 ~ 平 成 29 年 3 月 31 日 ) 高 等 教 育 部 門 1. 環 太 平 洋 大 学 < 事 業 計 画 概 要 > 就 職 採 用 試 験 で 役 立 つ 一 般 教 養 及 び 専 門 知 識 を 身 に 付 けさせるため 各 学 部 学 科 における 教 養 教 育 及

More information

4 県 立 山 形 北 高 等 校 ( 全 日 制 ) 音 楽 科 音 楽 に 関 しての 幅 広 い 興 味 と 関 心 を 有 し 向 上 心 を 持 って 習 する 生 徒 生 涯 に 渡 って 音 楽 を 愛 好 し 豊 かな 人 間 性 と 確 かな 実 力 を 備 えた 生 徒 明 確

4 県 立 山 形 北 高 等 校 ( 全 日 制 ) 音 楽 科 音 楽 に 関 しての 幅 広 い 興 味 と 関 心 を 有 し 向 上 心 を 持 って 習 する 生 徒 生 涯 に 渡 って 音 楽 を 愛 好 し 豊 かな 人 間 性 と 確 かな 実 力 を 備 えた 生 徒 明 確 2 県 立 山 形 南 高 等 校 ( 全 日 制 ) 理 数 科 理 数 科 の 習 に 対 する 強 い 意 欲 と 理 数 科 に 対 する 興 味 関 心 を 有 するとと もに 数 理 科 英 語 の 習 に 対 する 興 味 関 心 を 有 し 将 来 理 工 系 の 研 究 医 師 等 を 目 指 す 意 識 が 明 確 適 切 で 将 来 さらに 高 度 な 専 門 分 野 の 教

More information

( 学 校 )10 校 では 英 語 教 育 についてかなりクローズアップしている (TOEFL) ( 委 員 )TOEFLは 府 全 体 で 力 を 入 れているのか ( 学 校 ) 府 全 体 で 力 を 入 れている ( 学 校 )リーダー 育 成 においては 発 信 力 や 自 ら 考 える

( 学 校 )10 校 では 英 語 教 育 についてかなりクローズアップしている (TOEFL) ( 委 員 )TOEFLは 府 全 体 で 力 を 入 れているのか ( 学 校 ) 府 全 体 で 力 を 入 れている ( 学 校 )リーダー 育 成 においては 発 信 力 や 自 ら 考 える 平 成 25 年 度 第 1 回 大 阪 府 立 豊 中 高 等 学 校 協 議 会 記 録 日 時 平 成 25 年 6 月 26 日 ( 水 )16:00~18:00 場 所 校 長 室 出 席 者 ( 敬 称 略 ) 大 津 真 作 甲 南 大 学 教 授 高 原 勇 巳 塾 取 締 役 社 長 奥 井 泰 伸 上 野 小 学 校 校 長 事 務 局 校 長 教 頭 事 務 長 中 井 羽 柿

More information

<30325F8A778D5A8FD089EE8E9197BF816989BA966B89EF8FEA816A2E786C7378>

<30325F8A778D5A8FD089EE8E9197BF816989BA966B89EF8FEA816A2E786C7378> 平 成 26 年 度 あおもり 教 育 フォーラム 下 北 会 場 (H26.10.25) 学 校 紹 介 資 料 県 立 田 名 部 高 等 学 校 P1 県 立 大 湊 高 等 学 校 P2 県 立 大 湊 高 等 学 校 川 内 校 舎 P3 県 立 むつ 工 業 高 等 学 校 P4 県 立 大 間 高 等 学 校 P5 各 県 立 高 校 の 概 要 及 び について 県 立 田 名 部

More information

Taro-H28いじめ防止基本方針(大

Taro-H28いじめ防止基本方針(大 平 成 28 年 度 いじめ 防 止 基 本 方 針 柏 市 立 大 津 ケ 丘 中 学 校 目 次 第 1 章 いじめ 防 止 等 のための 対 策 の 基 本 的 な 考 え 方 p1-p2 1 いじめの 定 義 p1 2 いじめの 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 理 念 p1 (1) 基 本 方 針 p1 (2)いじめの 問 題 への 指 導 p2 (3)いじめの 問 題 への

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事 基 本 目 標 1 十 分 な 保 育 設 等 の 数 量 を 確 保 するとともに 保 育 環 境 の 改 善 及 び 充 実 を 図 り ま 山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] の 内 容 ( 区 分 ) 事 業 名 事 業 内 容 根 拠 法 令 等 関 連 計 画 担 当 課 (1) 設 型 給 付 地 域 型 保 育 給

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) 平 成 6 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 ()

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

平 成 25 年 度 入 学 者 生 徒 募 集 状 況 平 成 25 年 4 月 1 日 単 願 併 願 計 科 コ ー ス 志 願 者 入 学 者 志 願 者 入 学 者 志 願 者 入 学 者 普 通 科 特 進 コース Ⅰ 類 特 進 コース Ⅱ 類 35 34 223 17 258 51

平 成 25 年 度 入 学 者 生 徒 募 集 状 況 平 成 25 年 4 月 1 日 単 願 併 願 計 科 コ ー ス 志 願 者 入 学 者 志 願 者 入 学 者 志 願 者 入 学 者 普 通 科 特 進 コース Ⅰ 類 特 進 コース Ⅱ 類 35 34 223 17 258 51 1 法 人 の 概 要 (1) 設 置 す る 学 校 静 岡 県 富 士 見 高 等 学 校 昭 和 2 年 4 月 1 日 静 岡 県 富 士 見 女 学 校 として 開 設 教 育 方 針 建 学 の 精 神 礼 節 を 尊 び 地 域 に 貢 献 できる 有 為 な 人 材 の 育 成 に 基 づき 校 訓 至 誠 創 造 の 趣 旨 を 体 して 心 身 ともに 健 全 で 心 豊 かな

More information

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案 滋 賀 県 立 大 津 商 業 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに いじめは いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 および 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 えるのみならず 広 く 子 どもの 人 権 を 侵 害 す る 行 為 であるとともに その 生 命 または 身 体

More information

平成23年度学校評価アンケートの分析

平成23年度学校評価アンケートの分析 平 成 24 年 2 月 17 日 平 成 23 年 度 東 京 都 立 保 谷 高 等 学 校 学 校 運 営 連 絡 協 議 会 学 校 評 価 アンケートの 分 析 評 価 基 準 について A:そう 思 う B:ややそう 思 う C:あまりそう 思 わない D そう 思 わない E:わからない A 及 び Bを 肯 定 的 な 意 見 として 全 体 における 割 合 を%で 表 示 した

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

(2) 高 等 学 校 教 員 選 考 学 校 種 教 員 の 種 別 教 科 採 用 人 数 国 語 地 理 歴 史 公 民 数 学 理 科 保 健 体 育 芸 術 ( 音 楽 美 術 書 道 ) 高 等 学 校 教 諭 100 名 程 度 高 等 学 校 外 国 語 ( 英 語 ) 農 業 工

(2) 高 等 学 校 教 員 選 考 学 校 種 教 員 の 種 別 教 科 採 用 人 数 国 語 地 理 歴 史 公 民 数 学 理 科 保 健 体 育 芸 術 ( 音 楽 美 術 書 道 ) 高 等 学 校 教 諭 100 名 程 度 高 等 学 校 外 国 語 ( 英 語 ) 農 業 工 平 成 29 年 度 教 員 採 用 選 考 の 概 要 義 務 教 育 課 高 校 教 育 課 特 別 支 援 教 育 課 1 求 める 教 師 像 (1) 長 野 県 の 教 員 の 使 命 任 務 子 どもの 命 と 安 全 を 守 り 夢 や 可 能 性 を 育 む 専 門 性 を 磨 き 人 間 力 を 高 めるために 学 び 続 ける (2)こんな 人 を 求 めています 1 教 育 者

More information

目 次 目 次 01 普 通 科 特 進 コースⅠ AⅠ 02 普 通 科 特 進 コースⅡ AⅡ 03 普 通 科 進 学 コース U 04 普 通 科 スポーツコース P 05 国 際 科 特 進 コース K 06 国 際 科 進 学 コース E 07 女 子 生 徒 の 一 日 過 去 3 年

目 次 目 次 01 普 通 科 特 進 コースⅠ AⅠ 02 普 通 科 特 進 コースⅡ AⅡ 03 普 通 科 進 学 コース U 04 普 通 科 スポーツコース P 05 国 際 科 特 進 コース K 06 国 際 科 進 学 コース E 07 女 子 生 徒 の 一 日 過 去 3 年 平 成 27 年 度 入 試 資 料 集 ~ 入 試 説 明 会 オープンスクール( 本 校 主 催 )~ 10 月 4 日 ( 土 ) 10 月 25 日 ( 土 ) 26 日 ( 日 ) 11 月 15 日 ( 土 ) 12 月 6 日 ( 土 ) 第 1 回 入 試 説 明 会 オープンスクール 第 2 回 入 試 説 明 会 第 3 回 入 試 説 明 会 学 校 法 人 大 阪 産 業 大

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82538E7182C782E081458EE18ED282CC8CBB8FF382C6967B8E7382CC89DB91E8312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82538E7182C782E081458EE18ED282CC8CBB8FF382C6967B8E7382CC89DB91E8312E646F63> 資 料 4 子 ども 若 者 の 現 状 と 課 題 について 1 子 ども 若 者 の 現 状 と 課 題 国 データは, 平 成 23 年 版 子 ども 若 者 白 書 より 抜 粋 (1) 子 ども 若 者 人 口 子 ども 若 者 人 口 及 び 総 人 口 に 占 めるその 割 合 は, 昭 和 50 年 以 降 ほぼ 一 貫 して 減 少 平 成 22 年 10 月 1 日 現 在 の

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

東京都教育庁配布・説明資料

東京都教育庁配布・説明資料 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 基 本 構 想 検 討 委 員 会 中 間 まとめについて 1 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 の 設 置 の 基 本 的 な 考 え 方 4 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 の 設 置 の 基 本 的 な 枠 組 み 理 数 を 中 心 に 世 界 に 伍 して 活 躍 できる 人 間 を 育 成 するため 児 童 生 徒 一 人 一 人 の

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

<8349838A839383738362834E967B959489EF8CA98E9197BF2E786477>

<8349838A839383738362834E967B959489EF8CA98E9197BF2E786477> 平 成 26 年 1 月 21 日 市 長 記 者 会 見 資 料 2020 東 京 オリンピック パラリンピック かわさきプロジェクト 推 進 本 部 の 設 置 について 2020 年 東 京 オリンピック パラリンピック 競 技 大 会 の 開 催 決 定 を 受 け 両 大 会 の 成 功 に 関 係 都 市 等 ともに 連 携 協 力 し 本 市 のスポーツ 文 化 や 経 済 の 振 興

More information

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要 一 般 社 団 法 人 東 京 都 スポーツ 推 進 委 員 協 議 会 定 款 規 程 集 平 成 28 年 4 月 目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 10 4. 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 12 5. 表 彰 規 程 13 6. 表 彰 要 項 14 7. 事 業 実 施 に 関 する 細 則 15

More information

主 任 養 護 教 諭 スクールカウンセラー 保 護 者 代 表 地 域 代 表 学 校 内 科 医 等 による 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 対 策 委 員 会 を 設 置 して 同 委 員 会 を 定 期 的 に 開 催 し 本 方 針 に 基 づく 取 組 の 実 行 進 捗 状 況 の

主 任 養 護 教 諭 スクールカウンセラー 保 護 者 代 表 地 域 代 表 学 校 内 科 医 等 による 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 対 策 委 員 会 を 設 置 して 同 委 員 会 を 定 期 的 に 開 催 し 本 方 針 に 基 づく 取 組 の 実 行 進 捗 状 況 の 平 成 27 年 4 月 17 日 江 東 区 立 数 矢 小 学 校 校 長 藤 田 賀 子 江 東 区 立 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 いじめ 防 止 対 策 推 進 法 第 13 条 に 基 づき 本 校 におけるいじめの 防 止 等 のための 対 策 に 関 する 基 本 的 な 方 針 を 定 める いじめの 定 義 (いじめ 防 止 対 策 推 進 法 第 2 条

More information

キ 短 時 間 労 働 者 の 雇 用 管 理 の 改 善 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 5 年 法 律 第 76 号 ) ク 労 働 契 約 法 ( 平 成 19 年 法 律 第 128 号 ) ケ 健 康 保 険 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 70 号 ) コ 厚 生 年 金 保

キ 短 時 間 労 働 者 の 雇 用 管 理 の 改 善 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 5 年 法 律 第 76 号 ) ク 労 働 契 約 法 ( 平 成 19 年 法 律 第 128 号 ) ケ 健 康 保 険 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 70 号 ) コ 厚 生 年 金 保 県 契 約 における 適 正 な 労 働 条 件 の 確 保 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 県 契 約 において 当 該 県 契 約 に 基 づく 業 務 に 関 わる 労 働 者 の 適 正 な 労 働 条 件 を 確 保 し もって 労 働 者 の 生 活 の 安 定 を 図 り 公 共 工 事 及 び 公 共 サービス の 質 の 向 上 に 資 するために

More information

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

目   次

目   次 -1 - 目 次 はじめに 1 目 次 2 平 成 20 年 度 学 校 経 営 診 断 の 結 果 について 4 外 部 専 門 委 員 の 意 見 6 学 校 経 営 診 断 書 1 足 立 西 高 校 11 2 足 立 新 田 高 校 15 3 八 潮 高 校 19 4 駒 場 高 校 23 5 文 京 高 校 27 6 板 橋 高 校 31 7 日 野 台 高 校 35 8 東 大 和 高

More information

② 教 育 指 導 課 教 職 員 指 導 係 校 長 副 校 長 主 幹 教 諭 研 修 会 等 実 施 状 況 (10.1.3) 委 員 会 研 修 会 名 回 数 人 数 実 施 年 月 日 研 修 内 容 道 徳 授 業 地 区 公 開 講 座 担 当 者 会 2 約 60 平 成 20 年 4 月 28 日 平 成 21 年 2 月 27 日 学 校 における 道 徳 授 業 の 充 実 について

More information

一 般 入 試 全 校 統 一 日 程 で 行 われます 一 部 に 前 後 期 2 回 に 分 けた 分 割 募 集 を 行 う 学 校 があります 全 校 統 一 後 期 分 割 ( 実 施 校 のみ) 願 書 受 付 2 月 5 6 日 3 月 5 日 願 書 取 り 下 げ 2 月 13 日

一 般 入 試 全 校 統 一 日 程 で 行 われます 一 部 に 前 後 期 2 回 に 分 けた 分 割 募 集 を 行 う 学 校 があります 全 校 統 一 後 期 分 割 ( 実 施 校 のみ) 願 書 受 付 2 月 5 6 日 3 月 5 日 願 書 取 り 下 げ 2 月 13 日 と 傾 向 名 学 館 光 が 丘 校 2016 年 3 月 作 成 はじめに 受 験 勉 強 の 意 味 をどうとらえておくか 合 格 することだけが 目 的 ではなく その 先 にある 次 の 学 びの 基 盤 を 整 えることが 受 験 勉 強 です 受 験 とは 自 分 が 希 望 する 環 境 ( 高 校 )で 学 習 を 続 けられる 許 可 を 得 るための 過 程 です 自 分 の

More information

前 期 試 験 日 程 願 書 受 付 平 成 28 年 1 月 12 日 ( ) 13 日 ( 水 ) 午 後 5 時 まで 1 月 14 日 ( 木 ) 午 後 3 時 まで 試 験 日 平 成 28 年 1 月 19 日 ( ) 合 格 発 表 平 成 28 年 1 月 22 日 ( 金 )

前 期 試 験 日 程 願 書 受 付 平 成 28 年 1 月 12 日 ( ) 13 日 ( 水 ) 午 後 5 時 まで 1 月 14 日 ( 木 ) 午 後 3 時 まで 試 験 日 平 成 28 年 1 月 19 日 ( ) 合 格 発 表 平 成 28 年 1 月 22 日 ( 金 ) 前 期 試 験 日 程 願 書 受 付 平 成 28 年 1 月 12 日 ( ) 13 日 ( 水 ) 午 後 5 時 まで 1 月 14 日 ( 木 ) 午 後 3 時 まで 試 験 日 平 成 28 年 1 月 19 日 ( ) 合 格 発 表 平 成 28 年 1 月 22 日 ( 金 ) 専 願 入 学 手 続 締 切 併 願 入 学 手 続 締 切 平 成 28 年 1 月 27 日 (

More information

<受賞団体の取組概要>

<受賞団体の取組概要> 別 紙 < 受 賞 団 体 の 取 組 概 要 > 最 優 秀 賞 諏 訪 市 教 育 委 員 会 諏 訪 市 ものづくり 委 員 会 諏 訪 市 内 全 小 中 学 校 11 校 ( 小 学 校 7 校 中 学 校 4 校 ) 学 校 支 援 地 域 本 部 中 州 小 学 校 学 校 運 営 協 議 会 諏 訪 市 校 長 会 及 び 教 頭 会 諏 訪 市 経 済 部 商 工 課 諏 訪 商

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

基 本 方 策 政 策 目 標 平 成 27 年 度 推 進 事 業 の 概 要 具 体 的 方 策 No 推 進 事 業 1 1 子 どものスポーツ 機 会 の 充 実 ラ イ フ ス テー ジ に 応 じ た 健 康 の 保 持 増 進 ス ポー ツ の 推 進 1 体 力 の 向 上 2 教

基 本 方 策 政 策 目 標 平 成 27 年 度 推 進 事 業 の 概 要 具 体 的 方 策 No 推 進 事 業 1 1 子 どものスポーツ 機 会 の 充 実 ラ イ フ ス テー ジ に 応 じ た 健 康 の 保 持 増 進 ス ポー ツ の 推 進 1 体 力 の 向 上 2 教 別 添 資 料 山 梨 県 のスポーツ 振 興 施 策 の 推 進 ( 平 成 27 年 度 推 進 事 業 の 概 要 ) 基 本 方 策 政 策 目 標 平 成 27 年 度 推 進 事 業 の 概 要 具 体 的 方 策 No 推 進 事 業 1 1 子 どものスポーツ 機 会 の 充 実 ラ イ フ ス テー ジ に 応 じ た 健 康 の 保 持 増 進 ス ポー ツ の 推 進 1 体

More information

イ 東 京 都 中 学 校 体 育 大 会 に 参 加 した 場 合 に 守 るべき 条 件 a 東 京 都 中 学 校 体 育 連 盟 大 会 実 施 要 項 競 技 専 門 部 要 項 及 び 規 則 を 遵 守 するとともに 大 会 の 円 滑 な 運 営 に 協 力 する b 大 会 参 加

イ 東 京 都 中 学 校 体 育 大 会 に 参 加 した 場 合 に 守 るべき 条 件 a 東 京 都 中 学 校 体 育 連 盟 大 会 実 施 要 項 競 技 専 門 部 要 項 及 び 規 則 を 遵 守 するとともに 大 会 の 円 滑 な 運 営 に 協 力 する b 大 会 参 加 平 成 26 年 度 東 京 都 中 学 校 体 育 大 会 実 施 要 項 26.2.25 1 目 的 東 京 都 中 学 校 体 育 大 会 は 中 学 校 教 育 の 一 環 として 生 徒 に 広 くスポーツ 実 践 の 機 会 を 与 え 体 力 技 能 の 向 上 と スポーツ 精 神 の 高 揚 を 図 り 心 身 ともに 健 康 な 生 徒 を 育 成 する また ス ポーツの 交

More information

変更後最終 27事業計画書

変更後最終 27事業計画書 平 成 27 年 度 計 画 書 Ⅰ 基 本 方 針 公 益 財 団 法 人 群 馬 県 青 少 年 育 成 団 ( 以 下 団 という )の 目 的 は 青 少 年 の 健 全 育 成 に 関 する 諸 及 び 青 少 年 団 体 の 育 成 並 びにその を 行 う 施 設 の 管 理 運 営 を 行 い もって 本 県 の 次 代 を 担 う 青 少 年 の 健 全 な 育 成 に 寄 与 する

More information

係 内 や 課 内 で 職 員 間 の 意 思 の 疎 通 をより 一 層 図 り 係 課 をはじめとする 各 所 属 間 での 横 断 的 な 業 務 の 進 め 方 を 検 討 していくことによって 区 民 の 立 場 にたった 充 実 した 市 民 サービスを 提 供 していく 灘 区 区 長

係 内 や 課 内 で 職 員 間 の 意 思 の 疎 通 をより 一 層 図 り 係 課 をはじめとする 各 所 属 間 での 横 断 的 な 業 務 の 進 め 方 を 検 討 していくことによって 区 民 の 立 場 にたった 充 実 した 市 民 サービスを 提 供 していく 灘 区 区 長 行 政 経 営 品 質 向 上 のための 各 部 局 の 具 体 的 な 取 り 組 み 行 財 政 改 善 懇 談 会 資 料 4 平 成 15 年 3 月 27 日 行 政 経 営 品 質 向 上 のための 取 り 組 み 各 局 室 区 における 災 害 事 故 発 生 を 想 定 した 図 上 訓 練 の 実 施 危 機 管 理 研 修 の 実 施 危 機 管 理 公 正 さの 確 保 全

More information

平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 室 蘭 市 土 地 開 発 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 室 蘭 市 監 査 委 員 室 監 査 第 133 号 平 成 26 年 9 月 30 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 様 室 蘭 市 監 査 委 員 土 倉 崇 室 蘭 市 監 査 委 員 羽 立 秀 光 平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

自転車等の利用と駐輪対策に関する総合計画 中間見直し

自転車等の利用と駐輪対策に関する総合計画 中間見直し 自 転 車 等 の 利 用 と 駐 輪 対 策 に 関 する 総 合 計 画 中 間 見 直 し 自 転 車 等 駐 輪 対 策 協 議 会 第 1 回 計 画 概 要 計 画 の 目 的 利 用 者 が 自 由 に 利 用 できる 利 用 者 は ルールを 守 り マナーに 気 を 付 ける ( 新 宿 区 関 係 者 ) 自 転 車 等 の 利 用 環 境 の 整 備 自 転 車 等 利 用 者

More information

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1 墨 田 区 女 性 の 活 躍 推 進 のための 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 ) 平 成 28 年 4 月 墨 田 区 目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達

More information

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73>

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73> 組 織 マネジメント: 知 的 障 害 者 通 所 授 産 施 設 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 社 会 福 祉 法 人 まりも 会 小 金 井 市 障 害 者 福 祉 センター 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1

More information

(17)その 他 市 長 が 不 適 当 であると 認 めるもの ( 広 告 の 掲 載 基 準 ) 第 5 条 次 に 定 める 内 容 を 有 する 広 告 は 掲 出 しない (1) 次 のいずれかに 該 当 するもの ア 人 権 侵 害 差 別 名 誉 毀 損 のおそれがあるもの イ 法 律

(17)その 他 市 長 が 不 適 当 であると 認 めるもの ( 広 告 の 掲 載 基 準 ) 第 5 条 次 に 定 める 内 容 を 有 する 広 告 は 掲 出 しない (1) 次 のいずれかに 該 当 するもの ア 人 権 侵 害 差 別 名 誉 毀 損 のおそれがあるもの イ 法 律 敦 賀 市 庁 舎 広 告 掲 出 基 準 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 基 準 は 敦 賀 市 庁 舎 広 告 事 業 実 施 要 綱 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め るものであり 市 庁 舎 への 広 告 掲 出 は この 基 準 に 基 づき 判 断 を 行 うものとする ( 広 告 全 般 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 ) 第 2 条 市 庁 舎 広 告

More information

1 会 長 挨 拶 会 長 から 今 回 の 諮 問 事 項 は 自 転 車 利 用 者 のマナーアップ 方 策 についてで ある 交 通 事 故 抑 止 のため 活 発 な 意 見 をお 願 いする 旨 の 挨 拶 があった 2 署 長 挨 拶 3 管 内 の 治 安 情 勢 ( 署 長 説 明

1 会 長 挨 拶 会 長 から 今 回 の 諮 問 事 項 は 自 転 車 利 用 者 のマナーアップ 方 策 についてで ある 交 通 事 故 抑 止 のため 活 発 な 意 見 をお 願 いする 旨 の 挨 拶 があった 2 署 長 挨 拶 3 管 内 の 治 安 情 勢 ( 署 長 説 明 議 事 録 会 議 名 平 成 28 年 第 2 回 知 多 警 察 署 協 議 会 ( 定 例 会 ) 日 時 場 所 平 成 28 年 4 月 27 日 ( 水 ) 午 後 3 時 30 分 から 午 後 5 時 10 分 までの 間 知 多 警 察 署 講 堂 1 委 員 出 席 者 2 警 察 署 員 宍 戸 由 明 会 長 竹 内 由 香 理 副 会 長 岡 戸 千 尋 委 員 篠 原 早

More information

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・ 伊 勢 原 市 子 ども 若 者 育 成 支 援 指 針 < 概 要 版 > ~ 子 ども 若 者 が 夢 に 向 かって 自 立 しながら 成 長 するまち いせはら~ 平 成 27 年 4 月 伊 勢 原 市 1 指 針 策 定 の 経 緯 近 年 少 子 化 核 家 族 化 情 報 化 経 済 情 勢 などの 影 響 を 受 け 子 ども 若 者 を 取 り 巻 く 環 境 は 大 きく 様

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

13年度事業計画書の作成について

13年度事業計画書の作成について 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 Ⅰ. 計 画 の 概 要 政 府 は TPP( 環 太 平 洋 連 携 協 定 )の 大 筋 合 意 を 受 け 平 成 27 年 11 月 に 閣 議 決 定 した 総 合 的 なTPP 関 連 政 策 大 綱 に 基 づき 農 業 者 の 不 安 払 拭 と 再 生 産 を 可 能 とする 経 営 安 定 対 策 の 充 実 強 化 を 図 るとともに

More information

14年度事業計画

14年度事業計画 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 収 支 予 算 書 愛 知 いきいきクラブ 公 益 財 団 法 人 愛 知 県 老 人 クラブ 連 合 会 平 成 28 年 度 事 業 計 画 本 会 は 昨 年 度 に 創 立 50 周 年 を 迎 えました これからも より 高 い 公 益 団 体 としての 義 務 と 責 任 を 果 たしていきます 定 款 には 県 内 の 老 人 クラブ 活 動

More information

経 営 戦 略 プ ラ ン

経 営 戦 略 プ ラ ン 経 営 戦 略 プ ラ ン ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) 平 成 26 年 3 月 職 業 訓 練 法 人 青 森 情 報 処 理 開 発 財 団 目 次 第 1 はじめに... P 1 1 経 営 戦 略 プラン 策 定 の 趣 旨... P 1 2 計 画 期 間... P 1 第 2 経 営 理 念 等... P 2 1 法 人 の 設 立 目 的 とこれまでの 取

More information

自衛官の部外における運動競技会等への公務での参加について(通達)

自衛官の部外における運動競技会等への公務での参加について(通達) 自 衛 官 の 部 外 における 運 動 競 技 会 等 への 公 務 での 参 加 について( 通 達 ) 平 成 12 年 3 月 31 日 陸 幕 教 第 48 号 改 正 平 成 14 年 3 月 11 日 陸 幕 教 第 44 号 平 成 16 年 3 月 29 日 陸 幕 教 訓 第 2 号 平 成 18 年 4 月 28 日 陸 幕 教 訓 第 104 号 平 成 19 年 3 月 28

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支 20160119 版 2016 年 度 メリーポピンズ 稲 城 ルーム 事 業 計 画 書 1 基 本 方 針 保 育 理 念 にんげん 力 を 育 てる にんげん 力 を 身 につけるために 必 要 なあそび 野 外 体 験 を 提 案 実 践 し 自 分 で 考 え 行 動 し てみる 思 考 を 育 みます 二 大 保 育 方 針 1センスオブワンダー 自 然 の 中 に 沢 山 足 を 運

More information

目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する 事 業 1 大 学 少 林 寺 拳 法 部

目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する 事 業 1 大 学 少 林 寺 拳 法 部 2015 年 度 事 業 計 画 ( 2 0 1 5. 4. 1 ~ 2016. 3.31) 一 般 財 団 法 人 少 林 寺 拳 法 連 盟 目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する

More information

第2号議案 平成16年度補正事業計画(案)

第2号議案 平成16年度補正事業計画(案) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 公 益 社 団 法 人 に 移 行 して 三 年 目 となった 昨 年 は 民 間 部 門 からの 受 注 内 容 の 整 理 を 中 心 とした 適 正 な 就 業 の 実 施 や 地 域 貢 献 事 業 の 伸 張 に 向 け 理 事 会 や 委 員 会 などでの 議 論 を 通 じて 公 益 社 団 法 人 としての 歩 みを 更 に 着 実 に 進

More information

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

廿日市市広告掲載基準

廿日市市広告掲載基準 廿 日 市 市 広 告 掲 載 基 準 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 基 準 は 廿 日 市 市 広 告 掲 載 要 綱 ( 平 成 19 年 告 示 第 45 号 )に 規 定 する 基 準 として 定 めるものであり 広 告 媒 体 への 広 告 掲 載 の 可 否 は この 基 準 に 基 づき 判 断 を 行 うものとする ( 広 告 全 般 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 )

More information

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授 さいたま 市 教 育 委 員 会 教 育 長 桐 淵 博 様 2013 年 6 月 6 日 さいたま 市 教 職 員 組 合 執 行 委 員 長 山 本 仁 さいたま 市 の 教 育 施 策 学 校 運 営 並 びに 教 育 条 件 整 備 等 についての 要 求 書 さいたま 市 の 教 育 条 件 の 整 備 等 に 対 する 貴 職 のご 尽 力 に 対 し 敬 意 を 表 します 昨 年 度

More information

<5461726F2D3933208CA795F18CB48D65816993648E718366815B835E816A20>

<5461726F2D3933208CA795F18CB48D65816993648E718366815B835E816A20> 住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 新 潟 市 西 区 寺 尾 東 二 丁 目 23 番 37 号 山 下 省 三 2 請 求 の 要 旨 平 成 20 年 4 月 に 県 立 がんセンター 新 潟 病 院 に 採 用 された 職 員 に 対 する 以 下 の 赴 任 旅 費 の 支 出 は 違 法 不 当 である (1) 平 成 20 年

More information

平 成 年 度 松 江 西 高 等 学 校 学 校 / 重 点 目 標 計 画 PLAN DO CHECK ACTION 重 点 目 標 重 点 項 目 具 体 的 な 取 り 組 み 達 成 度 判 定 基 準 分 析 ( 成 果 と 課 題 ) 及 び 改 善 策 生 徒 数 の 確 保 と 維

平 成 年 度 松 江 西 高 等 学 校 学 校 / 重 点 目 標 計 画 PLAN DO CHECK ACTION 重 点 目 標 重 点 項 目 具 体 的 な 取 り 組 み 達 成 度 判 定 基 準 分 析 ( 成 果 と 課 題 ) 及 び 改 善 策 生 徒 数 の 確 保 と 維 平 成 年 度 松 江 西 高 等 学 校 自 己 点 検 自 己 (PDCA) < 目 標 計 画 > 学 校 ( 重 点 努 力 目 標 戦 略 ) 分 掌 部 ( 分 掌 部 表 ) 学 級 ( 担 任 振 返 シート) 生 徒 自 己 ( 生 徒 指 導 部 ) 平 成 年 度 松 江 西 高 等 学 校 学 校 / 重 点 目 標 計 画 PLAN DO CHECK ACTION 重 点

More information

28年1定.xdw

28年1定.xdw 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 総 務 委 員 会 委 員 長 報 告 資 料 平 成 28 年 3 月 18 日 総 務 委 員 長 吉 沢 章 子 議 案 第 1 号 川 崎 市 職 員 の 退 職 管 理 に 関 する 条 例 の 制 定 について * 過 去 の 再 就 職 者 状 況 の 公 表 対 象 年 数 及 び 公 表 開 始 時 期 について 過 去 の 再 就 職 者

More information

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校)

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校) 滋 賀 県 立 大 津 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 本 校 は 教 育 理 念 を 表 すスローガンとして SMILEで 輝 く 未 来 へのまなざし を 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます SMILE の 各 文 字 は 次 に 示 した 教 育 への 思 いを 表 しています Study: 学 習 意 欲 と 学 力 の 向 上 で より 高 い 希

More information

Ⅱ 事 業 実 績 の 概 要 U Iターンに 対 する 支 援 の 充 実 230 20124 2 企 業 の 開 拓 企 業 訪 問 の 強 化 関 西 に 拠 点 をおき 地 域 発 展 に 貢 献 している 企 業 へのアプ ローチ 企 業 大 懇 談 会 の 開 催 201121 3322

Ⅱ 事 業 実 績 の 概 要 U Iターンに 対 する 支 援 の 充 実 230 20124 2 企 業 の 開 拓 企 業 訪 問 の 強 化 関 西 に 拠 点 をおき 地 域 発 展 に 貢 献 している 企 業 へのアプ ローチ 企 業 大 懇 談 会 の 開 催 201121 3322 6 生 支 援 に 関 する 事 項 1 キャリア 開 発 就 職 支 援 について キャリア 教 育 及 び キャリア 開 発 就 職 支 援 は 第 5 次 長 期 計 画 において 本 の 重 点 的 施 策 のひとつに 位 置 づけ 教 こそが 最 大 のキャリア 支 援 である とい う 認 識 のもと 教 と 連 携 し 普 段 からの 教 育 活 動 を 通 して 生 の 自 己 成

More information

Taro10-H27 年学校だより4月.号j

Taro10-H27 年学校だより4月.号j 平 成 2 7 年 4 月 1 9 日 ( 日 ) 4 月 号 横 浜 市 立 港 南 中 学 校 233-0004 横 浜 市 港 南 区 港 南 中 央 通 6 番 1 号 0 4 5-8 4 2-2 3 5 5 学 校 教 育 目 標 の よ り よ い 実 現 を 目 指 し て 校 長 上 田 篤 也 平 成 2 7 年 度 が ス タ ー ト し ま し た 2 6 4 名 の 新 入

More information

(Microsoft Word - \216d\227l\217\221)

(Microsoft Word - \216d\227l\217\221) 志 摩 市 水 道 事 業 検 針 及 び 徴 収 等 業 務 委 託 仕 様 書 ( 委 託 業 務 の 名 称 ) 1 委 託 業 務 の 名 称 は 志 摩 市 水 道 事 業 検 針 及 び 徴 収 等 業 務 委 託 とする ( 趣 旨 ) 2 この 仕 様 書 は 志 摩 市 ( 以 下 市 という )における 水 道 事 業 の 検 針 及 び 徴 収 等 の 業 務 ( 以 下 本

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝 - 第 号 - 編 広 / 緑 村 引 渡 訓 練 治 稲 刈 城 東 フレ 伊 讃 覧 表... ~ペジ... ペジ... ペジ 陳... ペジ... ~ ペジ 誌... ペジ 編 記... ペジ 否 条 件 慎 正 第 催 件 ~ ~ 第 主 第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

<91E63489F18E9197BF332E786477>

<91E63489F18E9197BF332E786477> 第 4 回 大 隅 地 域 の 公 立 高 校 の 在 り 方 検 討 委 員 会 ( 資 料 ) 目 次 日 程 1 当 該 高 校 の 在 り 方 案 に 対 する 検 討 委 員 会 意 見 2 各 地 区 検 討 会 からの 当 該 高 校 の 在 り 方 ( 案 ) 鹿 屋 地 区 ( 鹿 屋 市 内 5 校 ) 3 肝 付 地 区 ( 高 山 高 校 ) 4 南 大 隅 錦 江 地 区

More information

2015_10_toseiren.indd

2015_10_toseiren.indd INDEX Autumn 秋 号 伊 藤 三 石 広 委 研 究 髙 橋 弘 局 席 表 敬 訪 告 伺 転 極 評 価 頃 感 謝 ぎ 言 葉 9 視 締 薬 喫 緊 課 吸 重 振 込 被 害 ぞ 割 頑 張 熱 受 競 技 傾 光 客 滞 在 先 忌 憚 P 表 敬 訪 挨 拶 8 第 回 次 / 告 / 程 他 7 / 千 央 勉 転 待 訪 左 右 ぶ コミュニケ 誌 昨 投 票 第 7

More information

職員研修業務委託仕様書

職員研修業務委託仕様書 Ⅰ 基 本 的 事 項 流 山 市 職 員 業 務 一 括 委 託 仕 様 書 1 事 業 名 流 山 市 職 員 業 務 一 括 委 託 2 委 託 期 間 契 約 の 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 3 履 行 場 所 流 山 市 平 和 台 1 丁 目 1 番 地 の1ほか 流 山 市 指 定 場 所 4 業 務 の 目 的 本 業 務 委 託 は 民 間 事 業 者 (

More information

総務省は3 月28 日、「地方公共団体における行財政改革の推進のための新たな指針」を公表した

総務省は3 月28 日、「地方公共団体における行財政改革の推進のための新たな指針」を公表した 行 政 経 営 改 革 プラン 行 動 計 画 の 見 直 しについて 平 成 22 年 度 実 績 1 はじめに 本 市 では 昨 年 度 新 たに 平 成 22 年 度 から 平 成 26 年 度 を 計 画 期 間 とする 行 政 経 営 改 革 プラン を 策 定 しました 行 政 経 営 改 革 プランでは 1 成 果 コストを 重 視 した 組 織 制 度 への 転 換 2 持 続 可

More information

参 考 資 料 多 様 就 業 型 ワークシェアリング 短 時 間 正 社 員 制 度 導 入 マニュアル 厚 生 労 働 省 あなたの 会 社 では こんなことでお 困 りではないですか 家 庭 の 事 情 などにより 優 秀 な 従 業 員 が 辞 めてしまい 定 着 しない 労 働 時 間 が

参 考 資 料 多 様 就 業 型 ワークシェアリング 短 時 間 正 社 員 制 度 導 入 マニュアル 厚 生 労 働 省 あなたの 会 社 では こんなことでお 困 りではないですか 家 庭 の 事 情 などにより 優 秀 な 従 業 員 が 辞 めてしまい 定 着 しない 労 働 時 間 が 飯 島 賢 二 の 恐 縮 ですが 一 言 コラム 第 317 回 ワークシェアリングの 可 能 性 短 時 間 正 社 員 制 度 2009.6.21 昨 今 の 経 済 状 況 と 就 業 意 識 の 多 様 化 を 背 景 に 従 来 の 正 社 員 パート アルバイトという 終 業 型 以 外 に 色 々な 就 業 パターンが 登 場 している まず 小 生 なりに 従 来 の 就 業 パターンの

More information

問1.xls

問1.xls 平 成 18 年 度 社 会 福 祉 施 設 事 業 所 における 雇 用 等 の 現 状 に 関 する 調 査 アンケート 調 査 依 頼 施 設 数 1,8 有 効 回 答 施 設 数 613 未 回 答 無 効 施 設 数 871 職 員 の 状 況 について 問 1 平 成 19 年 3 月 31 日 現 在 の 職 員 数 は 何 名 ですか? 施 設 長 / 副 施 設 長 事 務 長

More information

■00 H28要項冊子表紙【最終】

■00 H28要項冊子表紙【最終】 平 成 28 年 度 (2016 年 度 ) 滋 賀 県 立 高 等 学 校 入 学 者 選 抜 要 項 滋 賀 県 教 育 委 員 会 平 成 28 年 度 県 立 高 等 学 校 入 学 者 選 抜 の 主 な 日 程 全 日 制 定 時 制 単 位 制 転 編 入 学 月 特 別 出 願 許 可 申 請 期 間 通 信 制 推 薦 特 色 選 抜 一 般 選 抜 ( 大 津 清 陵 昼 間 )

More information

止 できる 者 を 配 置 し 夜 間 における 酒 類 の 販 売 体 制 を 整 備 するよう 必 要 な 助 言 と 指 導 を 実 施 ( 平 成 10 年 4 月 ~) 5 年 齢 確 認 の 実 施 をはじめとする 取 組 を 推 進 していくためには 酒 類 販 売 に 従 事 する

止 できる 者 を 配 置 し 夜 間 における 酒 類 の 販 売 体 制 を 整 備 するよう 必 要 な 助 言 と 指 導 を 実 施 ( 平 成 10 年 4 月 ~) 5 年 齢 確 認 の 実 施 をはじめとする 取 組 を 推 進 していくためには 酒 類 販 売 に 従 事 する 25 未 成 年 者 の 飲 酒 防 止 等 に 関 する 取 組 等 国 税 庁 においては アルコール 飲 料 としての 酒 類 の 特 性 に 鑑 み より 良 い 飲 酒 環 境 を 形 成 して 消 費 者 利 益 と 酒 類 業 の 健 全 な 発 達 を 期 する 観 点 から 従 来 から 酒 類 業 界 に 対 し 未 成 年 者 飲 酒 防 止 に 配 意 し た 販 売 や 広

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

目 標 設 定 時 の 現 状 と 課 題 国 は 東 日 本 大 震 災 及 び 原 発 事 故 を 受 けて 現 行 のエネルギー 基 本 計 画 を 白 紙 から 見 直 し 平 成 24 年 夏 を 目 途 に 新 しいエネルギー 基 本 計 画 を 議 論 する 予 定 である 中 野 区

目 標 設 定 時 の 現 状 と 課 題 国 は 東 日 本 大 震 災 及 び 原 発 事 故 を 受 けて 現 行 のエネルギー 基 本 計 画 を 白 紙 から 見 直 し 平 成 24 年 夏 を 目 途 に 新 しいエネルギー 基 本 計 画 を 議 論 する 予 定 である 中 野 区 35 地 球 温 暖 化 対 策 分 野 (24 年 度 ) 地 球 温 暖 化 対 策 に 取 り 組 むまち 分 野 目 標 脱 温 暖 化 の 取 組 みが 根 付 いた エコシティなかの の 実 現 を 目 指 し 環 境 基 本 計 画 のアクションプログラムを 改 定 し 着 実 に 進 められるよう なかのエコポイントなどのしくみを 活 用 することにより 省 エネや 再 エネ 利 用

More information

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 社 会 保 険 等 加 入 促 進 計 画 平 成 24 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 1 計 画 策 定 の 趣 旨 目 的 この 計 画 は 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 ( 以 下 日 造 協 という ) 及 び 日 造 協 の 正 会 員 ( 以 下 会 員

More information

資 料 1-1 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 における ホストシティ タウン 構 想 (イメージ) 1. 趣 旨 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014( 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 )を 踏 まえ 2020 年 オリン

資 料 1-1 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 における ホストシティ タウン 構 想 (イメージ) 1. 趣 旨 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014( 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 )を 踏 まえ 2020 年 オリン 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 における ホストシティ タウン 構 想 に 関 する 関 係 府 省 庁 連 絡 会 議 ( 第 1 回 ) 平 成 26 年 7 月 18 日 ( 金 )14:00~14:30 於 : 総 理 大 臣 官 邸 4 階 大 会 議 室 1 開 会 2 下 村 東 京 オリンピック パラリンピック 担 当 大 臣 挨 拶 3 世 耕 内 閣

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

別紙3

別紙3 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 方 針 目 次 1 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 総 括 表 及 び 経 営 方 針 1 2 重 点 的 に 取 り 組 みを 行 う 主 なもの 5 1 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 総 括 表 及 び 経 営 方 針 (1) 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求

More information

34 県 立 鶴 岡 工 業 高 等 校 ( 全 日 制 ) 工 業 科 ( 機 械 科 電 気 電 子 科 情 報 通 信 科 建 築 科 環 境 化 科 ) 次 のいずれかに 該 当 する 1 文 化 的 活 動 や 体 育 的 活 動 において 地 区 大 会 を 経 て 県 大 会 に 出

34 県 立 鶴 岡 工 業 高 等 校 ( 全 日 制 ) 工 業 科 ( 機 械 科 電 気 電 子 科 情 報 通 信 科 建 築 科 環 境 化 科 ) 次 のいずれかに 該 当 する 1 文 化 的 活 動 や 体 育 的 活 動 において 地 区 大 会 を 経 て 県 大 会 に 出 32 県 立 鶴 岡 南 高 等 校 ( 全 日 制 ) 理 数 科 規 準 (A 調 査 書 習 の 記 録 :B 調 査 書 習 の 記 録 以 外 :C 面 接 : D 作 文 :E 基 礎 力 検 査 ) 基 礎 力 検 査 34 県 立 鶴 岡 工 業 高 等 校 ( 全 日 制 ) 工 業 科 ( 機 械 科 電 気 電 子 科 情 報 通 信 科 建 築 科 環 境 化 科 ) 次 のいずれかに

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874281698DC58F49816A834B834383688389834383938169836083468362834E837C834383938367816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874281698DC58F49816A834B834383688389834383938169836083468362834E837C834383938367816A2E646F63> 参 考 公 益 目 的 事 業 のチェックポイントについて 構 成 第 1 公 益 目 的 事 業 のチェックポイントの 性 格 第 2 不 特 定 かつ 多 数 の 者 の 利 益 の 増 進 に 寄 与 するもの の 事 実 認 定 に 当 たっての 留 意 点 1. 事 業 区 分 ごとの 公 益 目 的 事 業 のチェックポイント (1) 検 査 検 定 (2) 資 格 付 与 (3) 講

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF817A82A882A882BD8251824F824F825881758B4B90A789FC8A769776965D8F918176>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF817A82A882A882BD8251824F824F825881758B4B90A789FC8A769776965D8F918176> 外 国 人 集 住 都 市 会 議 の 規 制 改 革 要 望 書 2009( 平 成 21) 年 6 月 30 日 提 出 1 2 定 住 者 の 在 留 資 格 により 入 国 をしようとする 外 国 人 の 査 証 発 行 に 対 する 審 査 及 び 入 国 審 査 について 定 住 者 の 在 留 資 格 により 入 国 をしようとする 外 国 人 については 日 本 で 滞 在 するにあたり

More information

目 次 Ⅰ 都 立 高 等 学 校 全 日 制 課 程 (1) 普 通 教 育 を 主 とする 学 科 1 (2) 普 通 教 育 を 主 とする 学 科 (コース) 16 (3) 普 通 教 育 を 主 とする 学 科 (エンカレッジスクール) 17 (4) 普 通 教 育 を 主 とする 学 科

目 次 Ⅰ 都 立 高 等 学 校 全 日 制 課 程 (1) 普 通 教 育 を 主 とする 学 科 1 (2) 普 通 教 育 を 主 とする 学 科 (コース) 16 (3) 普 通 教 育 を 主 とする 学 科 (エンカレッジスクール) 17 (4) 普 通 教 育 を 主 とする 学 科 平 成 28 年 度 本 校 の 期 待 する 生 徒 の 姿 東 京 都 教 育 委 員 会 目 次 Ⅰ 都 立 高 等 学 校 全 日 制 課 程 (1) 普 通 教 育 を 主 とする 学 科 1 (2) 普 通 教 育 を 主 とする 学 科 (コース) 16 (3) 普 通 教 育 を 主 とする 学 科 (エンカレッジスクール) 17 (4) 普 通 教 育 を 主 とする 学 科 (

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

スライド 1

スライド 1 原 子 力 災 害 による 風 評 被 害 を 含 む 影 響 への 対 策 国 土 交 通 省 観 光 庁 目 次 1. 福 島 県 における 観 光 関 連 復 興 支 援 事 業 2. 福 島 県 教 育 旅 行 再 生 事 業 実 績 と 課 題 3. 福 島 県 観 光 戦 略 会 議 4. 東 北 地 域 観 光 復 興 対 策 事 業 5. 訪 日 旅 行 促 進 事 業 (ビジット

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031375F93B993BF8BB388E782CC908490692E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031375F93B993BF8BB388E782CC908490692E646F63> 76 5 学 校 の 組 織 編 制 教 育 課 程 学 習 指 導 生 徒 指 導 職 業 指 導 に 関 すること (2) 教 育 内 容 と 教 育 方 法 の 改 善 2 道 徳 教 育 の 推 進 施 策 の 目 標 生 命 に 対 する 畏 敬 の 念 や 他 人 を 思 いやる 心 感 動 する 心 などの 豊 かな 人 間 性 と 社 会 生 活 に 必 要 なルールや 善 悪 の

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

(1) 自 立 相 談 支 援 事 業 生 活 困 窮 者 に 対 して 広 く 相 談 を 行 うとともに 生 活 困 窮 者 が 抱 えている 課 題 を 多 面 的 に 把 握 し 本 人 の 状 況 や 意 思 を 十 分 に 確 認 ( 以 下 アセスメント という )した 上 で 対 象

(1) 自 立 相 談 支 援 事 業 生 活 困 窮 者 に 対 して 広 く 相 談 を 行 うとともに 生 活 困 窮 者 が 抱 えている 課 題 を 多 面 的 に 把 握 し 本 人 の 状 況 や 意 思 を 十 分 に 確 認 ( 以 下 アセスメント という )した 上 で 対 象 平 成 27 年 度 名 護 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 委 託 仕 様 書 1. 事 業 名 名 護 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 2. 事 業 の 目 的 本 事 業 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 )に 基 づき 生 活 困 窮 者 が 困 窮 状 態 から 早 期 に 脱 却 することを 支 援

More information

は じ め に

は じ め に 第 9 次 庄 内 町 交 通 安 全 計 画 平 成 23 年 度 ~ 平 成 27 年 度 庄 内 町 ま え が き 交 通 安 全 対 策 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 推 進 を 図 るため 交 通 安 全 対 策 基 本 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 110 号 )に 基 づき 国 においては 交 通 安 全 基 本 計 画 を また 山 形 県 および 本 町 においては

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

のびのび塩竈っ子プラン

のびのび塩竈っ子プラン 第 2 章 子 どもがのびのびと 健 やかに 育 つまち Ⅳ 計 画 の 内 容 ( 第 2 章 ) 第 1 節 多 様 な 生 涯 学 習 の 推 進 現 状 と 課 題 幼 稚 園 の 教 育 幼 稚 園 は 保 育 所 と 並 び 子 どもたちが 集 団 で 生 活 を 経 験 する 最 初 の 場 です 子 どもたち は 家 族 以 外 の 友 だちや 先 生 とのふれあいや 遊 び 体 験

More information

【3-6-11】シート

【3-6-11】シート 自 主 防 犯 意 識 の 醸 成 促 進 事 業 生 活 安 全 課 防 犯 対 策 推 進 室 問 合 せ 先 ( 電 話 番 号 ) 2333 計 画 番 号 95 警 察 市 町 村 と 連 携 を 図 り 特 定 の 罪 種 あるいは 特 定 の 被 害 者 層 に 的 を 絞 った 実 効 性 のある 効 果 的 な 広 報 啓 発 活 動 を 協 力 に 実 施 する また 高 齢 者

More information