<4D F736F F D DB8CAF88E397C38B408AD6816A2E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D20816995DB8CAF88E397C38B408AD6816A2E646F63>"

Transcription

1 事 務 連 絡 平 成 21 年 1 月 30 日 医 療 機 関 等 各 位 兵 庫 県 国 民 健 康 団 体 連 合 会 月 の 途 中 で 75 歳 となり 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 に 移 行 する 場 合 の 自 己 負 担 限 度 額 等 に 関 する 取 扱 いについて( 通 知 ) 本 会 の 業 務 運 営 につきましては 平 素 から 格 別 の 御 理 解 を 賜 り 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて 平 成 20 年 11 月 21 日 付 けで 高 齢 者 の 医 療 の 確 保 に 関 する 法 律 施 行 令 等 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 政 令 第 357 号 )が 公 布 され 高 額 療 養 費 の 支 給 について 75 歳 に 達 する 日 の 属 す る 月 に 療 養 を 受 けた 場 合 に 個 人 単 位 の 一 部 負 担 金 等 の 合 算 額 に 対 して 通 常 の 算 定 基 準 額 の 2 分 の 1 の 算 定 基 準 額 を 適 用 することが 定 められました また 世 帯 構 成 及 び 収 入 が 変 わらないにもかかわらず 新 たに 現 役 並 み 所 得 者 と 判 定 され 自 己 負 割 合 が 1 割 から 3 割 になっていた 取 扱 いは 従 前 と 同 様 の 1 割 負 担 のまま 取 り 扱 う 見 直 し が 行 われました つきましては 平 成 21 年 1 月 診 療 分 から 上 記 に 関 するレセプトの 取 扱 いを 下 記 のとおりと しますので 請 求 の 際 は 御 留 意 いただきますようお 願 い 申 し 上 げます なお レセプト 請 求 に 関 する 照 会 等 は 裏 面 の 各 担 当 係 へお 問 い 合 わせいただきますようお 願 い 申 し 上 げます 記 1 月 の 途 中 で 75 歳 となり 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 に 移 行 する 場 合 の 自 己 負 担 限 度 額 に 係 る 取 扱 いについて 1 頁 2 新 たに 現 役 並 み 所 得 者 に 移 行 した 場 合 の 経 過 措 置 対 象 者 に 係 る 平 成 21 年 1 月 以 降 の 取 扱 いについて 5 頁 3 70 歳 代 前 半 の 被 者 等 に 係 る 一 部 負 担 金 等 の 軽 減 の 取 扱 いについ て の 一 部 改 正 について 5 頁

2 問 い 合 わせ 先 電 話 番 号 等 < 医 科 > 担 当 課 係 名 電 話 番 号 担 当 地 区 業 務 第 1 課 第 1 係 東 灘 区 灘 区 兵 庫 区 長 田 区 業 務 第 2 課 第 1 係 須 磨 区 芦 屋 市 宝 塚 市 三 田 市 丹 波 市 篠 山 市 業 務 第 2 課 第 2 係 垂 水 区 西 宮 市 業 務 第 2 課 第 3 係 業 務 第 2 課 第 4 係 洲 本 市 淡 路 市 南 あわじ 市 西 脇 市 (18 地 区 ) 小 野 市 明 石 市 高 砂 市 加 古 川 市 三 木 市 加 東 市 加 西 市 西 脇 市 (27 地 区 ) 多 可 郡 加 古 郡 川 辺 郡 業 務 第 3 課 第 1 係 尼 崎 市 川 西 市 業 務 第 3 課 第 2 係 業 務 第 3 課 第 3 係 伊 丹 市 姫 路 市 ( 地 区 ) 神 崎 郡 たつの 市 (36 地 区 ) 佐 用 郡 宍 粟 市 赤 穂 郡 赤 穂 市 豊 岡 市 美 方 郡 養 父 市 朝 来 市 姫 路 市 (40 地 区 ) たつの 市 (41 地 区 ) 揖 保 郡 相 生 市 業 務 第 3 課 第 4 係 北 区 中 央 区 西 区 < 歯 科 > 担 当 課 係 名 電 話 番 号 担 当 地 区 業 務 第 1 課 第 3 係 業 務 第 1 課 第 4 係 東 灘 区 灘 区 兵 庫 区 長 田 区 須 磨 区 垂 水 区 西 宮 市 芦 屋 市 宝 塚 市 三 田 市 丹 波 市 篠 山 市 洲 本 市 淡 路 市 南 あわじ 市 西 脇 市 (18 地 区 ) 小 野 市 明 石 市 高 砂 市 加 古 川 市 三 木 市 加 東 市 加 西 市 西 脇 市 (27 地 区 ) 多 可 郡 加 古 郡 尼 崎 市 川 西 市 川 辺 郡 伊 丹 市 姫 路 市 神 崎 郡 たつの 市 佐 用 郡 宍 粟 市 赤 穂 郡 揖 保 郡 相 生 市 赤 穂 市 豊 岡 市 美 方 郡 養 父 市 朝 来 市 北 区 中 央 区 西 区 < 薬 局 > 担 当 課 係 名 電 話 番 号 担 当 地 区 業 務 第 1 課 第 2 係 全 地 区 < 訪 問 看 護 > 担 当 課 係 名 電 話 番 号 担 当 地 区 業 務 第 2 課 第 3 係 全 地 区

3 1 月 の 途 中 で 75 歳 となり 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 に 移 行 する 場 合 の 自 己 負 担 限 度 額 に 係 る 取 扱 いについて (1) 制 度 概 要 高 額 療 養 費 は 者 ごとに 月 単 位 で 計 算 し 月 の 初 日 以 外 の 日 に 75 歳 の 誕 生 日 とな り 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 に 移 行 する 場 合 移 行 前 後 の 医 療 制 度 においてそれぞれ 自 己 負 担 限 度 額 を 支 払 い 限 度 額 が 2 倍 になるという 問 題 が 生 じていました これについて 従 前 と 同 様 の 限 度 額 になるよう 75 歳 に 到 達 した 月 において 移 行 前 後 の 医 療 制 度 における 自 己 負 担 限 度 額 をそれぞれ 本 来 額 の 2 分 の 1 とすることになりま した また 月 の 初 日 以 外 の 日 に 75 歳 に 到 達 し 後 期 高 齢 者 医 療 の 被 者 になったことで 社 保 の 被 者 でなくなった 者 の 被 扶 養 者 であった 者 又 は 国 民 健 康 組 合 の 組 合 員 でな くなった 者 の 世 帯 に 属 する 組 合 員 以 外 の 被 者 であった 者 (いずれも 市 町 国 保 に 加 入 す ることになる )であって 当 該 後 期 高 齢 者 医 療 の 被 者 が 75 歳 に 到 達 した 月 に 療 養 を 受 けた 者 ( 以 下 自 己 負 担 限 度 額 特 例 対 象 被 扶 養 者 等 という )の 場 合 についても 自 己 負 担 限 度 額 は 同 様 に 2 分 の 1 とすることになりました (2) 自 己 負 担 限 度 額 2 分 の 1 の 特 例 <70 歳 未 満 > 区 分 自 己 負 担 限 度 額 上 位 所 得 者 一 般 低 所 得 者 75,000 円 +( 医 療 費 -250,000 円 ) 1% (41,700 円 ) 40,050 円 +( 医 療 費 -133,500 円 ) 1% (22,200 円 ) 17,700 円 (12,300 円 ) 自 己 負 担 限 度 額 欄 の 下 段 括 弧 書 きは 多 数 該 当 ( 過 去 12 か 月 に 3 回 以 上 高 額 療 養 費 の 支 給 を 受 け 4 回 目 の 支 給 に 該 当 )の 場 合 <70 歳 以 上 > 区 分 自 己 負 担 限 度 額 外 来 ( 個 人 ごと) 40,050 円 +( 医 療 費 -133,500 円 ) 1% 現 役 並 み 所 得 者 22,200 円 (22,200 円 ) 一 般 6,000 円 22,200 円 低 所 得 者 Ⅱ 4,000 円 12,300 円 低 所 得 者 Ⅰ 4,000 円 7,500 円 自 己 負 担 限 度 額 欄 の 下 段 括 弧 書 きは 多 数 該 当 ( 過 去 12 か 月 に 3 回 以 上 高 額 療 養 費 の 支 給 を 受 け 4 回 目 の 支 給 に 該 当 )の 場 合 -1-

4 < 例 1: 月 の 途 中 に 75 歳 となり 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 被 者 となった 場 合 > 改 正 前 : 自 己 負 担 限 度 額 ( 所 得 区 分 : 一 般 ) 12 月 1 月 2 月 医 療 制 度 74 歳 74 歳 75 歳 75 歳 社 保 又 は 国 保 44,400 円 44,400 円 後 期 高 齢 者 医 療 44,400 円 44,400 円 改 正 後 : 自 己 負 担 限 度 額 ( 所 得 区 分 : 一 般 ) 12 月 1 月 2 月 医 療 制 度 74 歳 74 歳 75 歳 75 歳 社 保 又 は 国 保 44,400 円 22,200 円 後 期 高 齢 者 医 療 22,200 円 44,400 円 < 例 2: 社 保 本 人 が 月 の 途 中 に 75 歳 となり 社 保 被 者 でなくなった 被 扶 養 者 の 場 合 > 改 正 前 : 自 己 負 担 限 度 額 (70 歳 未 満 所 得 区 分 : 一 般 ) 医 療 制 度 社 保 国 保 12 月 1 月 2 月 74 歳 74 歳 75 歳 75 歳 80,100 円 +( 医 療 費 -267,000 円 ) 1% 80,100 円 +( 医 療 費 -267,000 円 ) 1% 80,100 円 +( 医 療 費 80,100 円 +( 医 療 費 -267,000 円 ) 1% -267,000 円 ) 1% 表 中 の 年 齢 は 被 者 本 人 の 年 齢 を 表 しています 改 正 後 : 自 己 負 担 限 度 額 (70 歳 未 満 所 得 区 分 : 一 般 ) 医 療 制 度 社 保 国 保 12 月 1 月 2 月 74 歳 74 歳 75 歳 75 歳 80,100 円 +( 医 療 費 -267,000 円 ) 1% 40,050 円 +( 医 療 費 -133,500 円 ) 1% 40,050 円 +( 医 療 費 80,100 円 +( 医 療 費 -133,500 円 ) 1% -267,000 円 ) 1% 表 中 の 年 齢 は 被 者 本 人 の 年 齢 を 表 しています (3) レセプトの 記 載 方 法 ア 被 者 本 人 が 75 歳 に 到 達 した 場 合 医 療 制 度 移 行 前 後 のレセプト( 社 保 又 は 国 保 レセプト 後 期 高 齢 者 医 療 レセプ ト)において 記 載 変 更 はありません ( 医 科 の 場 合 ) ただし 65 歳 から 75 歳 未 満 の 者 で 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 の 障 害 認 定 を 受 けた 者 が 75 歳 に 到 達 した 月 に 療 養 を 受 けた 場 合 (75 歳 に 到 達 した 場 合 であっても 後 期 高 齢 -2-

5 者 医 療 制 度 自 体 が 変 わらないため 自 己 負 担 限 度 額 が 2 分 の 1 とならない 場 合 )であ って 療 養 の 給 付 欄 の 負 担 金 額 若 しくは 一 部 負 担 金 額 欄 の 項 に 金 額 を 記 載 する 場 合 又 は 欄 に 長 と 記 載 する 場 合 には 摘 要 欄 に 障 害 と 記 載 してください ( 歯 科 の 場 合 ) ただし 65 歳 から 75 歳 未 満 の 者 で 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 の 障 害 認 定 を 受 けた 者 が 75 歳 に 到 達 した 月 に 療 養 を 受 けた 場 合 (75 歳 に 到 達 した 場 合 であっても 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 自 体 が 変 わらないため 自 己 負 担 限 度 額 が 2 分 の 1 とならない 場 合 )であ って 一 部 負 担 金 額 欄 の 項 に 金 額 を 記 載 する 場 合 には 摘 要 欄 に 障 害 と 記 載 してください ( 調 剤 の 場 合 ) ただし 65 歳 から 75 歳 未 満 の 者 で 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 の 障 害 認 定 を 受 けた 者 が 75 歳 に 到 達 した 月 に 療 養 を 受 けた 場 合 (75 歳 に 到 達 した 場 合 であっても 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 自 体 が 変 わらないため 自 己 負 担 限 度 額 が 2 分 の 1 とならない 場 合 )であ って 一 部 負 担 金 額 欄 の 項 に 金 額 を 記 載 する 場 合 又 は 欄 に 長 と 記 載 する 場 合 には 摘 要 欄 に 障 害 と 記 載 してください ( 訪 問 看 護 の 場 合 ) ただし 65 歳 から 75 歳 未 満 の 者 で 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 の 障 害 認 定 を 受 けた 者 が 75 歳 に 到 達 した 月 に 療 養 を 受 けた 場 合 (75 歳 に 到 達 した 場 合 であっても 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 自 体 が 変 わらないため 自 己 負 担 限 度 額 が 2 分 の 1 とならない 場 合 )であ って 高 額 療 養 費 に 係 る 現 物 給 付 を 行 った 場 合 には 欄 に 障 害 と 記 載 してください イ 自 己 負 担 限 度 額 特 例 対 象 被 扶 養 者 等 の 場 合 欄 ( 訪 問 看 護 の 場 合 は 特 記 欄 ) 医 療 制 度 移 行 前 後 のレセプト( 社 保 又 は 国 保 ( 組 合 )レセプト 国 保 ( 市 町 ) レセプト)において 欄 に を 記 載 してください なお 欄 の の 記 載 については 高 額 療 養 費 ( 現 物 給 付 ) の 発 生 にかかわらず 対 象 者 全 員 に 記 載 してください < 参 考 : 明 細 書 の 記 載 要 領 抜 粋 > コード 略 号 内 容 月 の 初 日 以 外 の 日 に 75 歳 に 到 達 し 後 期 高 齢 者 医 療 の 被 者 となったことにより 被 用 者 の 被 者 でなくなった 者 の 被 扶 養 者 であった 者 又 は 月 の 初 日 以 外 の 日 に 75 歳 に 到 達 し 後 期 高 齢 者 医 療 の 被 者 となったことにより 国 民 健 康 組 合 の 組 合 員 でなくなった 者 の 世 帯 に 属 する 組 合 員 以 外 の 被 者 であった 者 (いずれも 市 町 村 国 保 に 加 入 することになる )であ って 当 該 後 期 高 齢 者 医 療 の 被 者 が 75 歳 に 到 達 した 月 に 療 養 を 受 けた 者 ( 以 下 自 己 負 担 限 度 額 特 例 対 象 被 扶 養 者 等 と いう )の 場 合 -3-

6 < 例 1: 自 己 負 担 限 度 額 特 例 対 象 被 扶 養 者 等 が 70 歳 未 満 ( 所 得 区 分 : 一 般 )の 場 合 > 移 行 前 ( 社 保 又 は 国 保 ( 組 合 ) 入 院 レセプト) 負 担 金 額 40,215 請 求 点 数 :15,000 点 の 場 合 40,050 円 +(150,000 円 -133,500 円 ) 1% 移 行 後 ( 国 保 ( 市 町 ) 入 院 レセプト) 負 担 金 額 請 求 点 数 :30,000 点 の 場 合 41,715 40,050 円 +(300,000 円 -133,500 円 ) 1% < 例 2: 自 己 負 担 限 度 額 特 例 対 象 被 扶 養 者 等 が 70 歳 以 上 ( 所 得 区 分 : 一 般 )の 場 合 > 移 行 前 ( 社 保 又 は 国 保 ( 組 合 ) 入 院 レセプト) 負 担 金 額 22,200 請 求 点 数 :25,000 点 の 場 合 移 行 後 ( 国 保 ( 市 町 ) 入 院 レセプト) 負 担 金 額 22,200 請 求 点 数 :30,000 点 の 場 合 (4) 70 歳 ~74 歳 の 被 者 等 に 係 る 一 部 負 担 金 額 のレセプト 記 載 例 ( 自 己 負 担 限 度 額 2 分 の 1) 別 添 1 のとおり 別 添 1 中 欄 は 自 己 負 担 限 度 額 特 例 対 象 被 扶 養 者 等 の 場 合 に 記 載 してください 被 者 本 人 が 75 歳 に 到 達 した 場 合 は 欄 21 高 半 の 記 載 は 不 要 です (5) 70 歳 未 満 の 被 者 等 に 係 る 一 部 負 担 金 額 のレセプト 記 載 例 ( 自 己 負 担 限 度 額 2 分 の 1) 別 添 2 のとおり (6) 実 施 時 期 平 成 21 年 1 月 1 日 -4-

7 2 新 たに 現 役 並 み 所 得 者 に 移 行 した 場 合 の 経 過 措 置 対 象 者 に 係 る 平 成 21 年 1 月 以 降 の 取 扱 いについて (1) 制 度 見 直 しの 内 容 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 への 移 行 に 伴 い 新 たに 現 役 並 み 所 得 者 となった 方 ( )について 従 前 と 同 様 の 負 担 割 合 (1 割 )となるよう 措 置 することになりました 課 税 所 得 145 万 円 以 上 かつ 収 入 383 万 円 以 上 の 方 ( 世 帯 内 に 後 期 高 齢 者 医 療 被 者 が 1 人 である 方 に 限 る )であって その 属 する 世 帯 の 70 歳 から 74 歳 の 方 を 含 めた 収 入 の 合 計 額 が 520 万 円 未 満 のである 方 具 体 的 には 現 在 の 被 者 証 の 一 部 負 担 金 の 割 合 欄 に 3 割 自 己 負 担 限 度 額 一 般 適 用 と 記 載 されている 全 ての 被 者 及 び 3 割 と 記 載 され ている 被 者 のうち 一 部 の 方 となります (2) レセプトの 取 扱 い 平 成 21 年 1 月 診 療 分 以 降 は 欄 の 15 経 過 が 廃 止 となります 3 70 歳 代 前 半 の 被 者 等 に 係 る 一 部 負 担 金 等 の 軽 減 の 取 扱 いについて の 一 部 改 正 について 平 成 20 年 11 月 12 日 付 け 保 発 第 号 厚 生 労 働 省 局 長 通 知 により 70 歳 代 前 半 の 被 者 等 に 係 る 一 部 負 担 金 等 の 軽 減 実 施 要 綱 中 平 成 20 年 度 の 措 置 は 平 成 20 年 度 及 び 平 成 21 年 度 に 平 成 20 年 4 月 1 日 から 平 成 21 年 3 月 31 日 までの 間 は 平 成 20 年 4 月 1 日 から 平 成 22 年 3 月 31 日 までの 間 に 改 正 されました つきましては 本 会 から 通 知 しました 平 成 20 年 4 月 30 日 付 け 事 務 連 絡 レセプト 請 求 等 の 取 扱 いについて( 通 知 ) の 3 の(1) 中 平 成 20 年 4 月 1 日 から 平 成 21 年 3 月 31 日 までの 間 は 平 成 20 年 4 月 1 日 から 平 成 22 年 3 月 31 日 までの 間 に 改 め 次 のとおり としますので 請 求 の 際 は 御 留 意 ください (1) 対 象 者 70 歳 ~74 歳 の 被 者 又 は 被 扶 養 者 ( 現 役 並 み 所 得 者 を 除 く )で 平 成 20 年 4 月 1 日 から 平 成 22 年 3 月 31 日 までの 間 に 医 療 機 関 等 から 療 養 を 受 けた 者 を 対 象 とする -5-

8 別 添 1 70~74 歳 の 被 者 等 に 係 る 一 部 負 担 金 額 のレセプト 記 載 例 ( 自 己 負 担 限 度 額 2 分 の 1) ( 注 ) 欄 は 自 己 負 担 限 度 額 特 例 対 象 被 扶 養 者 等 の 場 合 に 記 載 してく ださい 被 者 本 人 が 75 歳 に 到 達 した 場 合 は 欄 の 記 載 は 不 要 です ( 事 例 1) (1 割 負 担 が22,200 円 を 超 える 場 合 一 般 所 得 ) 1 医 科 1 国 保 1 単 独 7 高 入 一 者 番 号 50,000 22,200 公 費 負 担 限 度 額 22,200 円 が 適 用 400,000 円 77,800 円 22,200 円 ( 事 例 2) (2 割 負 担 が22,200 円 を 超 えない 場 合 一 般 所 得 ) 11,000 11,000 1 医 科 1 国 保 1 単 独 7 高 入 一 者 番 号 88,000 円 11,000 円 11,000 円 ( 事 例 3) (2 割 負 担 が22,200 円 を 超 えるが1 割 負 担 が22,200 円 を 超 えない 場 合 一 般 所 得 ) 1 医 科 1 国 保 1 単 独 7 高 入 一 者 番 号 22,000 22, ,000 円 21,800 円 200 円 22,000 円

9 ( 事 例 4) (1 割 負 担 が12,300 円 を 超 える 場 合 低 所 得 Ⅱ) 30,000 12,300 1 医 科 1 国 保 1 単 独 7 高 入 一 者 番 号 240,000 円 47,700 円 12,300 円 ( 事 例 5) (2 割 負 担 が12,300 円 を 超 えない 場 合 低 所 得 Ⅱ) 6,000 6,000 1 医 科 1 国 保 1 単 独 7 高 入 一 者 番 号 48,000 円 6,000 円 6,000 円 ( 事 例 6) (2 割 負 担 が12,300 円 を 超 えるが1 割 負 担 は12,300 円 を 超 えない 場 合 低 所 得 Ⅱ) 1 医 科 1 国 保 1 単 独 7 高 入 一 者 番 号 12,000 12,000 96,000 円 11,700 円 300 円 12,000 円 ( 事 例 7) ( 結 核 と 併 用 一 般 所 得 ) 10 1 医 科 1 国 保 2 2 併 7 高 入 一 者 番 号 70,000 (22,200) 29,400 30,000 22,200 公 費 負 担 限 度 額 22,200 円 が 適 用 公 費 括 弧 書 き(22,200 円 )+ 単 独 の 負 担 (7,200 円 ) 240,000 円 300,000 円 ( 公 費 併 用 分 ) 400,000 円 ( 単 独 分 ) 37,800 円 0 7,200 円 15,000 円 320,000 円 72,800 円 7,200 円

10 ( 事 例 8) ( 結 核 と 併 用 一 般 所 得 ) 10 1 医 科 1 国 保 2 2 併 7 高 入 一 者 番 号 56,666 (22,200) 31,560 25,674 22,200 公 費 負 担 限 度 額 22,200 円 が 適 用 公 費 括 弧 書 き(22,200 円 )+ 単 独 の 負 担 (9,360 円 ) 205,392 円 256,740 円 ( 公 費 併 用 分 ) 309,920 円 ( 単 独 分 ) 29,148 円 0 9,360 円 12,840 円 247,936 円 52,624 円 9,360 円 ( 事 例 9) ( 特 定 疾 患 と 併 用 一 般 所 得 特 定 疾 患 月 額 負 担 限 度 額 11,000 円 の 場 合 ) 2 割 ( 標 準 負 担 額 を 含 む )が 医 療 券 に 記 載 されている 公 費 負 担 医 療 に 係 る の 負 担 額 を 下 回 る 医 科 1 国 保 2 2 併 7 高 入 一 者 番 号 請 求 円 ( 標 準 負 担 額 ) 円 5,000 5,000 1, ,780 40,000 円 50,000 円 ( 医 療 ) 1,970 円 ( 食 事 ) 5,000 円 5,000 円 1,190 円 780 円 ( 事 例 10) ( 特 定 疾 患 と 併 用 一 般 所 得 特 定 疾 患 月 額 負 担 限 度 額 11,000 円 の 場 合 ) 2 割 ( 標 準 負 担 額 を 含 む )が 医 療 券 に 記 載 されている 公 費 負 担 医 療 に 係 る の 負 担 額 を 上 回 る 医 科 1 国 保 2 2 併 7 高 入 一 者 番 号 請 求 円 ( 標 準 負 担 額 ) 円 5,400 5,400 1, ,000 43,200 円 54,000 円 ( 医 療 ) 1,970 円 ( 食 事 ) 5,400 円 5,400 円 1,190 円 580 円 200 円

11 ( 事 例 11) ( 特 定 疾 患 と 併 用 一 般 所 得 特 定 疾 患 月 額 負 担 限 度 額 11,000 円 の 場 合 ) 2 割 ( 標 準 負 担 額 を 含 む )が 医 療 券 に 記 載 されている 公 費 負 担 医 療 に 係 る の 負 担 額 を 上 回 る 医 科 1 国 保 2 2 併 7 高 入 一 者 番 号 請 求 円 ( 標 準 負 担 額 ) 円 5,600 5,600 1, ,000 44,800 円 56,000 円 ( 医 療 ) 1,970 円 ( 食 事 ) 200 円 5,400 円 5,600 円 1,190 円 780 円 ( 事 例 12) ( 特 定 疾 患 と 併 用 一 般 所 得 特 定 疾 患 月 額 負 担 限 度 額 11,000 円 の 場 合 ) 医 科 1 国 保 2 2 併 7 高 入 一 者 番 号 400,000 円 請 求 円 ( 標 準 負 担 額 ) 円 50,000 22,200 5,910 2,340 11,000 公 費 負 担 限 度 額 22,200 円 が 適 用 500,000 円 ( 医 療 ) 5,910 円 ( 食 事 ) 77,800 円 11,200 円 11,000 円 3,570 円 2,340 円 ( 事 例 13) ( 特 定 疾 患 と 併 用 一 般 所 得 特 定 疾 患 月 額 負 担 限 度 額 11,000 円 の 場 合 ) 医 科 1 国 保 2 2 併 7 高 入 一 者 番 号 320,000 円 公 費 負 担 限 度 額 22,200 円 が 適 用 請 求 円 ( 標 準 負 担 額 ) 円 (22,200) 50,000 5,910 2,340 32,200 40,000 11,000 公 費 括 弧 書 き(22,200 円 )+ 単 独 の 負 担 (10,000 円 ) 400,000 円 ( 公 費 併 用 分 ) 100,000 円 ( 単 独 分 ) 57,800 円 11,200 円 11,000 円 80,000 円 8,800 円 1,200 円 10,000 円 5,910 円 ( 食 事 ) 3,570 円 2,340 円

12 別 添 2 70 歳 未 満 の 被 者 等 に 係 る 一 部 負 担 金 額 のレセプト 記 載 例 ( 事 例 1) ( 外 来 限 度 額 認 定 証 一 般 ) ( 自 己 負 担 限 度 額 2 分 の 1) 1 医 科 1 国 保 1 単 独 2 本 外 者 番 号 請 求 点 56,532 負 担 金 額 18 一 般 外 来 レセプトは 一 部 負 担 金 を 記 載 しない 395,724 円 169,596 円 7 割 3 割 ( 事 例 2) ( 外 来 在 医 総 限 度 額 認 定 証 一 般 ) 1 医 科 1 国 保 1 単 独 2 本 外 者 番 号 41,980 42, 一 般 在 医 総 の 算 定 がある 場 合 で 高 額 療 養 費 の 現 物 給 付 が 行 われた 場 合 は 一 部 負 担 金 を 記 載 する 293,860 円 83,027 円 7 割 3 割 42,913 円 の 高 額 療 養 費 算 定 基 準 額 は 所 得 区 分 により 算 出 する (40,050 円 +(419,800 円 -133,500 円 ) 1%=42,913 円 ) ( 事 例 3) ( 入 院 限 度 額 認 定 証 一 般 ) 1 医 科 1 国 保 1 単 独 1 本 入 者 番 号 98,651 48, 一 般 限 度 額 適 用 認 定 証 の 提 示 があり か つ 高 額 療 養 費 の 現 物 給 付 が 行 われた 場 合 は 一 部 負 担 金 を 記 載 する 690,557 円 247,373 円 7 割 3 割 48,580 円 の 高 額 療 養 費 算 定 基 準 額 は 所 得 区 分 により 算 出 する (40,050 円 +(986,510 円 -133,500 円 ) 1%=48,580.1 円 48,580 円 )

13 ( 事 例 4) ( 入 院 限 度 額 認 定 証 一 般 ) 請 求 点 12,350 負 担 金 額 1 医 科 1 国 保 1 単 独 1 本 入 者 番 号 18 一 般 限 度 額 適 用 認 定 証 の 提 示 があった 場 合 でも 高 額 療 養 費 の 現 物 給 付 が 行 われない 場 合 は 一 部 負 担 金 を 記 載 しない 86,450 円 37,050 円 7 割 3 割 ( 事 例 5) ( 入 院 限 度 額 認 定 証 一 般 ) 10 26,515 (11,360) 50,837 3,785 41,367 1 医 科 1 国 保 2 2 併 1 本 入 者 番 号 限 度 額 適 用 認 定 証 の 提 示 があり か 18 一 般 つ 高 額 療 養 費 の 現 物 給 付 が 行 われた 場 合 は 一 部 負 担 金 を 記 載 する 入 院 において 結 核 医 療 ( 適 正 医 療 ) との 併 用 の 場 合 は 窓 口 で 徴 収 した 額 を 記 載 する (1,890 円 +39,477 円 ) 37,850 円 ( 公 費 併 用 分 ) 227,300 円 ( 単 独 分 ) 26,490 円 0 9,470 円 1,890 円 159,110 円 26,823 円 1,890 円 7 割 3 割 7 割 3 割 39,477 円 の 高 額 療 養 費 算 定 基 準 額 は 公 費 負 担 医 療 に なお が 負 担 すべき 額 がある こと 及 び 公 費 負 担 医 療 に 係 る 3 割 分 が 10,500 円 を 超 える ことから 公 費 負 担 医 療 に 係 る 医 療 費 及 び 単 独 医 療 に 係 る 医 療 費 を 合 算 した 額 を 基 準 に 算 出 する (40,050 円 +(265,150 円 -133,500 円 ) 1% =41,366.5 円 41,367 円 ) ( 事 例 6) ( 入 院 限 度 額 認 定 証 一 般 ) 15 26,539 (8,950) 50,021 2,982 2,980 1 医 科 1 国 保 2 2 併 1 本 入 者 番 号 限 度 額 適 用 認 定 証 の 提 示 があり か つ 高 額 療 養 費 の 現 物 給 付 が 行 われた 場 合 は 一 部 負 担 金 を 記 載 する 18 一 般 医 療 券 等 に 記 載 された 公 費 負 担 医 療 に 係 る 負 担 額 を 記 載 する ( 自 立 支 援 公 費 は 負 担 上 限 月 額 のない 者 は 定 率 10% 負 担 ) 29,820 円 ( 公 費 併 用 分 ) 235,570 円 ( 単 独 分 ) 20,870 円 5 5,970 円 2,980 円 164,899 円 29,600 円 7 割 3 割 7 割 3 割 41,071 円 の 高 額 療 養 費 算 定 基 準 額 は 公 費 負 担 医 療 に なお が 負 担 すべき 額 がある が 公 費 負 担 医 療 に 係 る 3 割 分 が 10,500 円 を 超 えない ことから 単 独 医 療 に 係 る 医 療 費 を 基 準 に 算 出 す る (40,050 円 +(235,570 円 -133,500 円 ) 1%=41,070.7 円 41,071 円 )

14 ( 事 例 7) ( 入 院 限 度 額 認 定 証 上 位 ) 医 科 1 国 保 2 2 併 1 本 入 者 番 号 限 度 額 適 用 認 定 証 の 提 示 があり か つ 高 額 療 養 費 の 現 物 給 付 が 行 われた (11,360) 38,651 場 合 は 一 部 負 担 金 を 記 載 する 87,347 3, 上 位 37,850 円 ( 公 費 併 用 分 ) 348,660 円 ( 単 独 分 ) 26,490 円 11,360 円 244,062 円 28,611 円 7 割 3 割 7 割 3 割 75,987 円 の 高 額 療 養 費 算 定 基 準 額 は 公 費 負 担 医 療 に 係 る 3 割 分 が 10,500 円 を 超 えている が 公 費 負 担 医 療 に なお が 負 担 すべき 額 がない ことから 単 独 医 療 に 係 る 医 療 費 を 基 準 に 算 出 する (75,000 円 +(348,660 円 -250,000 円 ) 1%=75,986.6 円 75,987 円 ) ( 事 例 8) ( 入 院 限 度 額 認 定 証 低 所 ) 15 34,565 (41,394) 54,094 26,785 5,000 1 医 科 1 国 保 2 2 併 1 本 入 者 番 号 限 度 額 適 用 認 定 証 の 提 示 があり か つ 高 額 療 養 費 の 現 物 給 付 が 行 われた 場 合 は 一 部 負 担 金 を 記 載 する 19 低 所 医 療 券 等 に 記 載 された 公 費 負 担 医 療 に 係 る 負 担 額 を 記 載 する 187,495 円 267,850 円 ( 公 費 併 用 分 ) 77,800 円 ( 単 独 分 ) 38,961 円 5 36,394 円 5,000 円 54,460 円 5,640 円 5,000 円 7 割 3 割 7 割 3 割 公 費 負 担 医 療 の 高 額 療 養 費 算 定 基 準 額 は 一 般 所 得 区 分 により 算 出 する の 高 額 療 養 費 算 定 基 準 額 は 17,700 円 ( 低 所 ) 12,700 円

15 ( 事 例 9) ( 入 院 限 度 額 認 定 証 上 位 ) (40,252) 98,651 (44,374) 114,937 15,365 82,365 56,587 44,374 医 療 券 等 に 記 載 された 公 費 負 担 医 療 に 係 る 患 者 負 担 額 を 記 載 する ( 自 立 支 援 公 費 は 負 担 上 限 月 額 のない 者 は 定 率 10% 負 担 ) 1 医 科 1 国 保 3 3 併 1 本 入 者 番 号 限 度 額 適 用 認 定 証 の 提 示 があり か つ 高 額 療 養 費 の 現 物 給 付 が 行 われた 場 合 は 一 部 負 担 金 を 記 載 する 17 上 位 結 核 医 療 の 3 者 併 用 の 場 合 は 欄 の 一 部 負 担 金 から 結 核 公 費 が 負 担 する 額 を 控 除 した 額 を 記 載 する (114,937 円 -32,572 円 ) 107,555 円 153,650 円 ( 公 費 併 用 分 ) 565,870 円 ( 公 費 併 用 分 ) 5,843 円 0 32,572 円 7,680 円 396,109 円 125,387 円 7 割 3 割 7 割 3 割 44,374 円 266,990 円 ( 単 独 分 ) 186,893 円 49,786 円 7 割 3 割 30,311 円 公 費 負 担 医 療 (10)の 高 額 療 養 費 算 定 基 準 額 は 一 般 所 得 区 分 により 算 出 する 公 費 負 担 医 療 (15)の 高 額 療 養 費 算 定 基 準 額 は 一 般 所 得 区 分 により 算 出 する の 高 額 療 養 費 算 定 基 準 額 は 公 費 負 担 医 療 に なお が 負 担 すべき 額 がある こと 及 び 公 費 負 担 医 療 に 係 る 3 割 分 が 10,500 円 を 超 える ことから 公 費 負 担 医 療 に 係 る 医 療 費 及 び 単 独 医 療 に 係 る 医 療 費 を 合 算 した 額 を 基 準 に 算 出 する (75,000 円 +(986,510 円 -250,000 円 ) 1% =82,365.1 円 82,365 円 ) ( 事 例 10) ( 入 院 限 度 額 認 定 証 低 所 ) 10 98,814 (28,072) 28,072 70,865 17,700 1 医 科 1 国 保 2 2 併 1 本 入 者 番 号 結 核 医 療 に 係 る 負 担 相 当 (5% 分 )において 高 額 療 養 費 が 生 じる 19 低 所 ため 公 費 負 担 医 療 に 係 る 自 己 負 担 限 度 額 とは 一 致 しない (10,372 円 +17,700 円 ) 496,055 円 708,650 円 ( 公 費 併 用 分 ) 279,490 円 ( 単 独 分 ) 166,793 円 0 10,372 円 17,730 円 17,700 円 195,643 円 83,847 円 7 割 3 割 7 割 3 割 公 費 負 担 医 療 の 高 額 療 養 費 算 定 基 準 額 は 一 般 所 得 区 分 により 算 出 する の 高 額 療 養 費 算 定 基 準 額 は 17,700 円 ( 低 所 )

目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置

目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 難 小 児 慢 性 東 京 都 医 費 助 成 事 業 等 に 関 する 請 求 事 例 集 平 成 7 年 月 東 京 都 国 民 健 康 団 体 連 合 会 目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70

More information

①表紙

①表紙 子 ども 助 成 事 業 に 係 る 請 求 方 法 及 びレセプト 等 記 載 について 平 成 8 年 月 社 会 報 酬 支 払 基 金 大 分 支 部 大 分 県 国 民 健 康 団 体 連 合 会 目 次 請 求 支 払 概 要 並 びに 請 求 要 領 について P ( 調 剤 ) 報 酬 請 求 書 記 載 方 法 について 社 国 P 3 子 ども 助 成 事 業 に 係 るレセプト

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

00本文

00本文 保 医 発 1 2 2 2 第 2 号 平 成 2 6 年 1 2 月 2 2 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課

More information

全設健発第     号

全設健発第     号 全 設 健 発 第 114 号 平 成 28 年 2 月 23 日 事 業 主 殿 全 国 設 計 事 務 所 健 康 保 険 組 合 理 事 長 石 井 純 公 印 省 略 健 康 保 険 法 の 改 正 の ご 案 内 等 に つ い て 時 下 益 々ご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 当 健 康 保 険 組 合 の 運 営 につきましては 日 頃 よりご 協 力 いただき 厚

More information

相 談 窓 口 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 救 済 制 度 相 談 窓 口 0120-149-931(フリーダイヤル) IP 電 話 等 の 方 でフリーダイヤルが 御 利 用 になれない 場 合 は 03-3506-9411( 有 料 )を 御 利 用 くだ

相 談 窓 口 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 救 済 制 度 相 談 窓 口 0120-149-931(フリーダイヤル) IP 電 話 等 の 方 でフリーダイヤルが 御 利 用 になれない 場 合 は 03-3506-9411( 有 料 )を 御 利 用 くだ 事 務 連 絡 平 成 27 年 10 月 22 日 各 都 道 府 県 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 健 康 局 健 康 課 医 薬 生 活 衛 生 局 安 全 対 策 課 子 宮 頸 がん 等 ワクチン 接 種 緊 急 促 進 事 業 に 基 づく 接 種 に 係 る 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の 請 求 期 限 の 周 知 について( 依 頼

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

老発第    第 号

老発第    第 号 事 務 連 絡 平 成 23 年 10 月 7 日 各 都 道 府 県 介 護 保 険 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 高 額 医 療 合 算 介 護 ( 予 防 )サービス 費 の 受 給 権 及 び 介 護 報 酬 の 返 還 請 求 権 の 消 滅 時 効 の 取 扱 いに 関 する 事 務 連 絡 等 の 一 部 改 正 について

More information

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時 金 直 接 支 払 制 度 取 扱 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 事 務 取 扱 規 則 ( 昭 和 58 年 綾 瀬 市 規 則 第 2 5 号 以 下 規 則 という ) 第 14 条 第 2 項 に 規 定 する 被 保 険 者 等 が 病 院 診 療 所 又 は 助 産 所

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

毎 月 の 給 与 等 ( )を 一 定 の 等 級 区 分 にあてはめた 標 準 月 額 の 上 限 が 現 行 の47 等 級 から50 等 級 に 改 正 されます ( 別 紙 健 康 保 険 料 額 表 参 照 ) なお 法 改 正 に 伴 い 標 準 月 額 が 改 定 される 方 につい

毎 月 の 給 与 等 ( )を 一 定 の 等 級 区 分 にあてはめた 標 準 月 額 の 上 限 が 現 行 の47 等 級 から50 等 級 に 改 正 されます ( 別 紙 健 康 保 険 料 額 表 参 照 ) なお 法 改 正 に 伴 い 標 準 月 額 が 改 定 される 方 につい 事 業 主 殿 健 保 事 務 担 当 者 殿 平 成 28 3 月 15 日 観 光 産 業 健 康 保 険 組 合 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 法 等 の 一 部 改 正 について 時 下 ますますご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 当 健 康 保 険 組 合 の 事 業 運 営 に 格 別 のご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて

More information

らの 内 容 について 規 定 することとしております 今 回 お 示 しする 整 理 は 現 時 点 の 案 ですので あらかじめご 承 知 おき 下 さい 同 令 等 の 改 正 規 定 が 確 定 し 次 第 改 めてご 連 絡 をさせていただきます 記 1 軽 減 措 置 の 具 体 的 な

らの 内 容 について 規 定 することとしております 今 回 お 示 しする 整 理 は 現 時 点 の 案 ですので あらかじめご 承 知 おき 下 さい 同 令 等 の 改 正 規 定 が 確 定 し 次 第 改 めてご 連 絡 をさせていただきます 記 1 軽 減 措 置 の 具 体 的 な 事 務 連 絡 平 成 28 年 2 月 19 日 各 都 道 府 県 指 定 都 市 中 核 市 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 担 当 部 局 御 中 内 閣 府 子 ども 子 育 て 本 部 参 事 官 ( 子 ども 子 育 て 支 援 担 当 ) 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 幼 児 教 育 課 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 保 育 課

More information

改 正 後 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 改 正 前 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 平 成 2 年 7 月

改 正 後 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 改 正 前 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 平 成 2 年 7 月 改 正 後 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 改 正 前 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 厚 生 省 大 臣 官 房 老 人 保 健 福 祉 部 厚 生 省

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 余 市 町 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 1 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 の 減 免 をする 場 合 に 余 市 町 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 の 交 付 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 この 要 綱 でいう ひとり 親 世 帯 等 とは 保 護 者 又

More information

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5 資 料 3 番 号 制 度 で 何 ができるようになるか 2011 年 1 月 31 日 内 閣 官 房 社 会 保 障 改 革 担 当 室 ( 注 )ここで 示 される 利 用 場 面 については 関 係 者 にシステム 対 応 等 の 負 担 を 求 める 可 能 性 があることや 個 人 情 報 等 の 取 扱 い 等 に 特 に 留 意 が 必 要 な 場 合 もあることから 引 き 続 き

More information

重 度 障 害 者 等 包 括 支 援 の 控 除 対 象 額 等 の 算 出 方 法 について ( 別 添 1) ( 神 奈 川 県 保 健 福 祉 部 障 害 福 祉 課 ) 重 度 障 害 者 等 包 括 支 援 以 外 に 係 る 控 除 対 象 額 の 算 出 については 平 成 18 年

重 度 障 害 者 等 包 括 支 援 の 控 除 対 象 額 等 の 算 出 方 法 について ( 別 添 1) ( 神 奈 川 県 保 健 福 祉 部 障 害 福 祉 課 ) 重 度 障 害 者 等 包 括 支 援 以 外 に 係 る 控 除 対 象 額 の 算 出 については 平 成 18 年 ( 正 誤 表 ) 該 当 様 式 内 容 正 誤 別 添 2 介 護 給 付 訓 練 等 給 付 地 域 生 活 支 援 障 害 児 施 設 給 付 当 明 細 書 中 ほど xx1xxxxxxx 事 業 所 の 利 用 者 負 担 額 2の 算 出 方 法 の 部 分 別 添 2 介 護 給 付 訓 練 等 給 付 地 域 生 活 支 援 障 害 児 施 設 給 付 当 明 細 書 下 段 全

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加 別 添 事 務 連 絡 平 成 27 年 12 月 18 日 日 本 年 金 機 構 厚 生 年 金 保 険 部 長 殿 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 長 持 続 可 能 な 医 療 保 険 制 度 を 構 築 するための 国 民 健 康 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 による 健 康 保 険 法 及 び 船 員 保 険 法 改 正 内 容 の 一 部 に

More information

- もくじ -

- もくじ - 介 五 郎 介 護 保 険 版 < 医 療 費 請 求 > 差 分 マニュアル Ver.7.4.0.0 高 額 療 養 費 対 応 版 株 式 会 社 インフォ テック ー もくじ ー 1 高 額 療 養 費 の 外 来 現 物 給 付 化 の 対 応 P.3 2 公 費 本 人 負 担 への 対 応 P.24 3 医 療 帳 票 印 刷 追 加 P.30 4 利 用 者 別 負 担 金 集 計 表

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20766F6C2E3189EE8CEC95DB8CAF90A7937889FC8A7682C994BA82A488E397C394EF8D548F9C82CC8EE688B582A282C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20766F6C2E3189EE8CEC95DB8CAF90A7937889FC8A7682C994BA82A488E397C394EF8D548F9C82CC8EE688B582A282C982C282A282C42E646F63> 事 務 連 絡 平 成 18 年 12 月 1 日 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 部 ( 局 ) 担 当 者 様 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 サービス 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 の 取 扱 いについて 在 宅 介 護 サービスの 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 の 取 扱 いについては その 基 本 的 考 え 方 に 変 更 ありませんが

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

Microsoft Word - nagekomi栃木県特定医療費(指定難病)支給認定申請手続きのご案内 - コピー

Microsoft Word - nagekomi栃木県特定医療費(指定難病)支給認定申請手続きのご案内 - コピー 栃 木 県 特 定 医 療 費 ( 指 定 難 病 ) 支 給 認 定 申 請 手 続 きのご 案 内 はじめに 発 病 の 機 構 が 明 らかでなく かつ 治 療 方 法 が 確 立 していない 希 少 な 疾 病 であって 当 該 疾 病 にかか ることにより 長 期 にわたり 療 養 を 必 要 とすることとなるもののうち 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 疾 病 を 指 定 難 病 といいます

More information

<5461726F2D87408140814081408E9696B19841978D81698B5E8B6089F08EDF>

<5461726F2D87408140814081408E9696B19841978D81698B5E8B6089F08EDF> 事 務 連 絡 平 成 23 年 3 月 3 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 御 中 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 柔 道 整 復 施 術 療 養 費 に

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

Janssen Pharmaceutical K.K. 2015 ZYT-0027/ZYT-0027イ ZYT.Pt027.2 2015 年 1 月 作 成 高 額 療 養 費 制 度 とは? 1ヵ 月 間 ( 月 の1 日 ~ 末 日 )の 医 療 費 が 一 定 額 を 超 えた 70 歳 以 上 の 方 ( 外 来 ) 月 間 の 自 己 負 担 限 度 額 [ 外 来 ] (*2) 所 得

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

技術専門委員会

技術専門委員会 資 料 No. 業 務 1-20 自 治 体 業 務 アプリケーションユニット 標 準 仕 様 法 改 正 対 応 状 況 と 留 意 事 項 V2.1 財 団 法 人 全 国 地 域 情 報 化 推 進 協 会 目 次 本 書 の 位 置 づけ 1 1. 業 務 ユニットの 法 改 正 対 応 状 況 および 固 有 の 留 意 事 項 2 2. 法 改 正 への 対 応 の 考 え 方 8 本

More information

介護保険最新情報vol.497

介護保険最新情報vol.497 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 市 町 村 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 介 護 保 険 関 係 団 体 御 中 厚 生 労 働 省 介 護 保 険 計 画 課 振 興 課 老 人 保 健 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 1 高 額 医 療 合 算 介 護 サービス 費 等 の 支 給 の 運 用 等 につい て 等 の 一 部

More information

Microsoft Word - y0813040.doc

Microsoft Word - y0813040.doc 桜 井 市 規 程 要 綱 集 y0813040 桜 井 市 重 度 心 身 障 害 老 等 医 療 費 助 成 要 綱 桜 井 市 重 度 心 身 障 害 老 等 医 療 費 助 成 要 綱 昭 和 58 年 1 月 25 日 告 示 第 9 号 改 正 平 成 12 年 07 月 01 日 告 示 第 82 号 改 正 平 成 14 年 09 月 27 日 告 示 第 146 号 改 正 平 成

More information

5 診療報酬請求書及び明細書の編綴方法

5 診療報酬請求書及び明細書の編綴方法 平 成 24 年 度 医 科 愛 知 県 国 民 健 康 保 険 団 体 連 合 会 目 次 1. 診 療 報 酬 総 括 表 及 び 請 求 書 の 記 載 要 領 1 2. 診 療 報 酬 請 求 書 及 び 明 細 書 の 編 綴 方 法 6 3. 自 立 支 援 医 療 ( 更 生 ) 人 工 透 析 に 係 る 市 町 村 が 実 施 する 障 害 者 医 療 の 取 扱 いについて 7

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F323031332030312032355F89EE8CEC95DB8CAF8DC590568FEE95F1955C8E862090978C605F95DB8CAF8ED293FC82E8816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F323031332030312032355F89EE8CEC95DB8CAF8DC590568FEE95F1955C8E862090978C605F95DB8CAF8ED293FC82E8816A2E646F63> 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 部 ( 局 ) 担 当 者 様 事 務 連 絡 平 成 25 年 1 月 25 日 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 等 の 取 扱 いについて 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 の 取 扱 いについては そ の 基 本 的 考 え 方 に 変

More information

乳幼児医療費助成事業に係る審査支払事務の受託について

乳幼児医療費助成事業に係る審査支払事務の受託について 乳 幼 児 等 医 療 費 助 成 事 業 に 係 る 審 査 支 払 事 務 の 実 施 について 道 内 市 町 村 の 乳 幼 児 等 医 療 費 助 成 事 業 に 係 る 審 査 支 払 事 務 を 下 表 のとおり 実 施 いたしますのでお 知 らせいたします ( 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 ) 市 町 村 名 美 唄 市 芦 別 市 赤 平 市 北 海 道 の 基 準 (

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 長 寿 医 療 制 度 と 国 民 健 康 保 険 一 体 化 に 関 する 舛 添 大 臣 私 案 イメージ < 現 行 > < 見 直 し 後 > 75 歳 長 寿 医 療 制 度 ( 県 単 位 広 域 連 合 ) 長 寿 医 療 ( 都 道 府 県 ) 1 両 者 を 一 体 化 し 都 道 府 県 が 運 営 75 歳 65 歳 被 用 者 保 険 から 財 政 調 整 国 保 国 保 被

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

<5461726F2D3038303232315F97CC8EFB8F91814596BE8DD78F9192CA926D>

<5461726F2D3038303232315F97CC8EFB8F91814596BE8DD78F9192CA926D> 保 発 第 0305002 号 平 成 20 年 3 月 5 日 地 方 社 会 事 務 局 長 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 局 長 医 療 費 の 内 容 の 分 かる 領 収 証 の 交 付 について の 一 部 改 正 について 標 記 については 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 59 号 )が 制 定 され 同 告

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

3. 支 給 決 定 について 個 別 のケアプラン(サービス 利 用 計 画 )に 基 づき 下 記 の 支 給 基 準 内 で 必 要 と 認 めた 時 間 数 を 決 定 します 原 則 小 学 生 以 下 の 児 童 は 利 用 できません ただし 下 記 に 該 当 する 場 合 には 個

3. 支 給 決 定 について 個 別 のケアプラン(サービス 利 用 計 画 )に 基 づき 下 記 の 支 給 基 準 内 で 必 要 と 認 めた 時 間 数 を 決 定 します 原 則 小 学 生 以 下 の 児 童 は 利 用 できません ただし 下 記 に 該 当 する 場 合 には 個 平 成 27 年 4 月 西 宮 市 障 害 者 移 動 支 援 事 業 に 関 する 留 意 事 項 1. 事 業 の 目 的 内 容 屋 外 での 移 動 が 困 難 な 障 害 者 ( 児 )について 社 会 生 活 上 必 要 不 可 欠 な 外 出 1 及 び 余 暇 活 動 等 社 会 参 加 のための 外 出 2への 支 援 を 目 的 とし 1 日 の 範 囲 内 で 用 務 を 終

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378> 総 税 市 第 5 3 号 平 成 21 年 11 月 6 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 住 宅 借 入 金 等 特 税 額 控 除 に 係 る 取 扱 いについて 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 以 下 法 という ) 附 則 第 5 条 の 4 及 び 第 5 の

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

障害福祉制度あらまし目次

障害福祉制度あらまし目次 4 年 金 手 当 障 害 基 礎 年 金 次 の 要 件 をすべて 満 たす 方 に 障 害 基 礎 年 金 が 支 給 されます 要 年 金 額 支 給 制 限 件 1 初 診 日 が 20 歳 前 であるか 初 診 日 において 国 民 年 金 に 加 入 中 の 方 もしくは 国 民 年 金 に 加 入 したことのある 60 歳 以 上 65 歳 未 満 で 日 本 国 内 に 住 所 がある

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 93,8 33,985,381 9,329 5,769,881 17. 17.8 (2) 職 員 給 与 費 の

More information

賃 金 報 酬 給 与 とは ( 労 働 基 準 法 の 賃 金 ) ( 労 働 基 準 法 この 法 律 ) で 賃 金 とは 賃 金 給 料 手 当 賞 与 その 他 名 称 の 如 何 を 問 わず 労 働 の 対 償 として 使 用 者 が 労 働 者 に 支 払 うすべてのものをいう (

賃 金 報 酬 給 与 とは ( 労 働 基 準 法 の 賃 金 ) ( 労 働 基 準 法 この 法 律 ) で 賃 金 とは 賃 金 給 料 手 当 賞 与 その 他 名 称 の 如 何 を 問 わず 労 働 の 対 償 として 使 用 者 が 労 働 者 に 支 払 うすべてのものをいう ( 給 与 税 金 社 会 保 険 の 知 識 給 与 明 細 を 解 読 してみよう ( 給 与 明 細 のイメージ) 平 成 26 年 8 月 分 給 与 明 細 書 株 式 会 社 氏 名 様 支 給 日 平 成 26 年 9 月 23 日 支 給 控 除 差 引 支 給 額 190,589 基 本 給 ( 月 給 ) 200,000 雇 用 保 険 料 1,149 健 康 保 険 料 11,964

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 23 年 11 月 24 日 第 49 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 5 国 保 組 合 の 国 庫 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 11 月 24 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された 国

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 最 飛 騨 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 実 質 収 支 (H23 年 度 末 ) A B B/A H22 年 度 の 人 件 費 率 人 千 円 千 円 千 円 % % 23 年 度 26,858 17,655,457 1,317,559

More information

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 43.7 歳 32,743 353,826 341,321

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 43.7 歳 32,743 353,826 341,321 平 成 24 年 度 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 千 千 千 23 年 度 16,465 1,969,859 183,816 2,34,765 21.3

More information

公 的 年 金 等 控 除 額 とは 年 金 収 入 から 差 し 引 くことのできる 金 額 で 差 引 後 の 金 額 が 雑 となります 公 的 年 金 等 収 入 金 額 - 公 的 年 金 等 控 除 額 = 雑 これまでは この 公 的 年 金 等 控 除 額 は 65 歳 以 上 の

公 的 年 金 等 控 除 額 とは 年 金 収 入 から 差 し 引 くことのできる 金 額 で 差 引 後 の 金 額 が 雑 となります 公 的 年 金 等 収 入 金 額 - 公 的 年 金 等 控 除 額 = 雑 これまでは この 公 的 年 金 等 控 除 額 は 65 歳 以 上 の 65 歳 以 上 の 方 に 係 る 改 正 主 な 改 正 事 項 これからの 少 子 高 齢 化 社 会 では これまでの 世 代 間 での 税 負 担 の 格 差 を 縮 め どの 世 代 でも 広 く 公 平 に 担 税 力 に 応 じて 負 担 を 分 かち 合 う 税 制 が 求 められてい ます そのため 実 施 の 税 制 改 正 では の 廃 止 など 主 に65 歳 以 上 の

More information

後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 平 成 20 年 4 か ら 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 が は じ ま り ま した これまでは75 歳 ( 一 定 の 障 害 をお 持 ちの65 歳 ) 以 上 の 方 は 国 民 健 康 保 険 などの 医 療 保 険 に 加 入 しながら 老 人 保 健 医 療 制 度 で 医 療 を 受 けていましたが 平 成 20 年 4 からは 新 しい

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

7 月 は 算 定 基 礎 届 の 提 出 月 です 算 定 基 礎 届 と は 事 業 主 は 7月 1日 現 在 の 被 保 険 者 すべてについて その 年 の 4月 5月 6月 に 支 給 した 報 酬 について 届 出 をしなければなりません = 図 1 この 届 出 は 毎 年 1回 そ

7 月 は 算 定 基 礎 届 の 提 出 月 です 算 定 基 礎 届 と は 事 業 主 は 7月 1日 現 在 の 被 保 険 者 すべてについて その 年 の 4月 5月 6月 に 支 給 した 報 酬 について 届 出 をしなければなりません = 図 1 この 届 出 は 毎 年 1回 そ 2016.6 No.695 7 月 は 算 定 基 礎 届 の 提 出 月 です 算 定 基 礎 届 と は 事 業 主 は 7月 1日 現 在 の 被 保 険 者 すべてについて その 年 の 4月 5月 6月 に 支 給 した 報 酬 について 届 出 をしなければなりません = 図 1 この 届 出 は 毎 年 1回 その 年 の 9月 から 翌 年 の 8月 までの 保 険 料 や 保 険

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20959F8E8388E397C394EF8F9590AC90A79378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20959F8E8388E397C394EF8F9590AC90A79378> 福 祉 費 助 成 制 度 診 報 酬 明 細 書 記 載 事 例 香 川 県 国 民 健 康 保 団 体 連 合 会 概 要 香 川 県 における 福 祉 費 助 成 制 度 については 平 成 6 年 4 月 現 在 乳 幼 児 費 について 併 用 レセプトを 用 いた 現 物 支 給 を 県 下 全 市 町 で 実 施 しているが 平 成 6 年 8 月 診 分 から 乳 幼 児 同 様 に

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します (2) この 申 告 書 は 千

More information

tokutei2-7.xls

tokutei2-7.xls 出 産 育 児 に 関 する 制 度 一 覧 親 になる ことが 判 明 子 どもが 生 まれる 前 出 産 子 育 て 期 間 中 1 妊 娠 障 害 休 暇 ( 女 性 のみ) 2 妊 娠 中 の 通 勤 緩 和 職 免 ( 女 性 のみ) 3 妊 産 婦 の 就 業 制 限 ( 女 性 のみ) 4 保 健 指 導 職 免 除 ( 女 性 のみ) 5 産 前 産 後 休 暇 ( 女 性 のみ)

More information

. 各 様 式 について 訪 問 看 護 療 養 書 について (P~P) * 国 分 と 後 期 高 齢 医 療 分 があります * 国 分 (クリーム 色 )は ごと 後 期 高 齢 医 療 分 (さくら 色 )は 都 道 府 県 ごとに 作 成 します * 書 の 様 式 は 本 会 ホームペ

. 各 様 式 について 訪 問 看 護 療 養 書 について (P~P) * 国 分 と 後 期 高 齢 医 療 分 があります * 国 分 (クリーム 色 )は ごと 後 期 高 齢 医 療 分 (さくら 色 )は 都 道 府 県 ごとに 作 成 します * 書 の 様 式 は 本 会 ホームペ 訪 問 看 護 療 養 書 等 記 載 の 手 引 き ( 平 成 8 4 版 ) 目 次. 各 様 式 について P. 訪 問 看 護 療 養 書 ( 国 分 )について P. 訪 問 看 護 療 養 書 ( 後 期 高 齢 医 療 分 )について P 4. 診 療 報 酬 総 括 票 について P4 5. 訪 問 看 護 療 養 明 細 書 について P5 6. 福 祉 医 療 助 成 事 業

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 年 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 年 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 別 紙 新 篠 津 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 一 般 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 件 費 率 年 度,,,,,.. () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 一 般 会 計 決 算 ) 職 員 数 給 与 費 一 当

More information

税 市 民 税 県 民 税 家 屋 敷 課 税 の 申 告 書 の 提 出 豊 川 市 外 にお 住 まいで 1 月 1 日 現 在 で 市 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する で 申 告 書 を 提 出 される 平 成 29 年 度 以 後 の 年 度 分 の 申 告

税 市 民 税 県 民 税 家 屋 敷 課 税 の 申 告 書 の 提 出 豊 川 市 外 にお 住 まいで 1 月 1 日 現 在 で 市 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する で 申 告 書 を 提 出 される 平 成 29 年 度 以 後 の 年 度 分 の 申 告 市 役 所 窓 口 等 においてマイナンバーの 記 入 が 必 要 となる 手 続 き 等 手 続 きの 通 知 カード 通 知 カード 通 知 カードの 記 載 内 容 ( 住 所 氏 名 等 )の 変 更 等 引 越 し 婚 姻 などで 通 知 カードの 記 載 内 容 ( 住 所 氏 名 等 )に 変 更 が 生 じた 市 民 課 住 民 登 録 係 0533-89-2272 手 続 時 には

More information

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73>

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73> 富 田 林 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 4 年 度 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 )1 職 員 手 当 には

More information

従 業 員 を 採 用 したときの 届 出 について 従 業 員 を 採 用 した 場 合 等 新 たに 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 に 加 入 すべき 者 が 生 じた 場 合 には 被 保 険 者 資 格 取 得 届 を 事 実 発 生 から5 日 以 内 にご 提 出 くだ

従 業 員 を 採 用 したときの 届 出 について 従 業 員 を 採 用 した 場 合 等 新 たに 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 に 加 入 すべき 者 が 生 じた 場 合 には 被 保 険 者 資 格 取 得 届 を 事 実 発 生 から5 日 以 内 にご 提 出 くだ 2016.4 No.694 従 業 員 を 採 用 したときの 届 出 について 従 業 員 を 採 用 した 場 合 等 新 たに 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 に 加 入 すべき 者 が 生 じた 場 合 には 被 保 険 者 資 格 取 得 届 を 事 実 発 生 から5 日 以 内 にご 提 出 ください * 従 業 員 が 年 金 受 給 者 であっても 加 入 要 件

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

事務連絡

事務連絡 特 別 研 究 員 の 皆 様 へ 平 成 24 年 10 月 12 日 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 総 務 部 研 究 者 養 成 課 年 末 調 整 にかかる 申 告 書 類 提 出 のお 願 い 標 題 の 件 について 平 成 24 年 の 年 末 調 整 に 必 要 な 書 類 を 送 付 いたしますので 裏 面 以 降 の 申 告 書 類 作 成 記 入 要 領

More information

Taro-H19退職金(修正版).jtd

Taro-H19退職金(修正版).jtd 調 査 結 果 の 概 要 1 退 職 金 制 度 (1) 採 用 状 況 ( 表 1) 集 計 第 1 表 第 2 表 退 職 金 制 度 の 採 用 状 況 をみると 退 職 一 時 金 制 度 のみ 14 社 ( 退 職 金 制 度 採 用 企 業 246 社 の5.7 %) 退 職 年 金 制 度 のみ 27 社 ( 同 11.0%) 退 職 一 時 金 制 度 と 退 職 年 金 制 度

More information

給 与 所 得 控 除 所 得 税 の 簡 易 給 与 所 得 表 により 給 与 所 得 の 金 額 を 求 めますが 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え

給 与 所 得 控 除 所 得 税 の 簡 易 給 与 所 得 表 により 給 与 所 得 の 金 額 を 求 めますが 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え 個 人 県 民 税 ( 県 税 ) 個 人 市 町 村 民 税 ( 市 町 村 税 ) 県 内 に 住 所 がある 個 人 にかかります 個 人 県 民 税 と 個 人 市 町 村 民 税 をあわせて 個 人 の 住 民 税 と 呼 んでいます 住 民 税 は 市 町 村 で 賦 課 徴 収 されたあと 県 民 税 分 は 各 市 町 村 から 県 に 払 い 込 まれます 納 め る 人 毎 年

More information

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病 特 定 医 療 に 係 る 自 己 負 担 上 限 額 管 理 票 等 の 記 載 方 法 について( 指 定 医 療 機 関 用 ) 和 歌 山 県 福 祉 保 健 部 健 康 局 健 康 推 進 課 平 成 27 年 1 目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療

More information

平成22年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引

平成22年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引 第 1 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 給 与 支 払 報 告 書 ) 1 提 出 する 必 要 がある 者 平 成 22 年 中 に 俸 給 給 料 賃 金 歳 費 賞 与 その 他 これらの 性 質 を 有 する 給 与 ( 以 下 給 与 等 といいます ) を 支 払 った 者 です 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 提 出 範 囲 年 末 調 整 を し た も の 年 末

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

高額療養費制度を利用される皆さまへ

高額療養費制度を利用される皆さまへ こう がく りょう よう ひ せい ど 高 額 療 養 費 制 度 を 利 用 される 皆 さまへ 厚 生 労 働 省 保 険 局 目 次 高 額 療 養 費 制 度 とはこんな 制 度 です 負 担 の 上 限 額 は 年 齢 や 所 得 によって 異 なります さらにご 負 担 を 軽 減 する 仕 組 みもあります 入 院 される 方 は 用 意 する 費 用 が 少 なく 済 みます よくあるご

More information

東久留米市訓令乙第   号

東久留米市訓令乙第   号 東 久 留 米 市 就 学 援 助 費 事 務 処 理 要 綱 ( 目 的 ) 第 この 要 綱 は 就 学 困 難 な 児 童 及 び 生 徒 に 係 る 就 学 奨 励 についての 国 の 援 助 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 3 年 法 律 第 40 号 ) 学 校 給 食 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 60 号 ) 及 び 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

(3) 費 用 の 負 担 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 保 険 医 療 機 関 において 療 養 家 族 療 養 の 給 付 を 受 けるときには 次 により 一 部 負 担 金 ( 自 己 負 担 額 )を 当 該 医 療 機 関 に 支 払 う 必 要 があります ア 組 合 員 の 場

(3) 費 用 の 負 担 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 保 険 医 療 機 関 において 療 養 家 族 療 養 の 給 付 を 受 けるときには 次 により 一 部 負 担 金 ( 自 己 負 担 額 )を 当 該 医 療 機 関 に 支 払 う 必 要 があります ア 組 合 員 の 場 第 2 章 短 期 給 付 の 内 容 と 請 求 手 続 第 1 節 傷 病 等 に 係 る 給 付 組 合 員 及 び 被 扶 養 者 が 病 気 や 負 傷 をしたときは 通 常 の 場 合 組 合 員 証 を 保 険 医 療 機 関 に 提 示 する ことによって 療 養 の 給 付 や 家 族 療 養 費 の 現 物 給 付 を 受 けることができます しかし 緊 急 その 他 やむを 得

More information

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します この 申 告 書 は 事 務 所 又 は

More information

75 歳 以 上 の 方 の 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 75 歳 になると 全 ての 方 が 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 に 加 入 して 医 療 を 受 けます 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 は 東 京 都 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 が 主 体 となり 区

75 歳 以 上 の 方 の 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 75 歳 になると 全 ての 方 が 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 に 加 入 して 医 療 を 受 けます 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 は 東 京 都 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 が 主 体 となり 区 高 齢 受 給 者 証 70 歳 になると 高 齢 受 給 者 証 の 対 象 となります 対 象 となる 期 間 70 歳 の 誕 生 日 の 翌 月 (1 日 が 誕 生 日 の 方 は 誕 生 月 )から 75 歳 の 誕 生 日 の 前 日 まで 内 容 対 象 の 方 には 高 齢 受 給 者 証 が 交 付 されます 医 療 機 関 にかかるときはこの 受 給 者 証 と 証 を 窓 口

More information

2. 居 住 用 財 産 を 売 却 し た 場 合 の 特 例 譲 渡 資 産 は 居 住 用 財 産 で す か? 住 宅 取 得 特 別 控 除 の 適 用 を 受 け て い ま せ ん か? 所 有 期 間 が 1 0 年 を 超 え て い ま す か? 居 住 期 間 は 3 0 年

2. 居 住 用 財 産 を 売 却 し た 場 合 の 特 例 譲 渡 資 産 は 居 住 用 財 産 で す か? 住 宅 取 得 特 別 控 除 の 適 用 を 受 け て い ま せ ん か? 所 有 期 間 が 1 0 年 を 超 え て い ま す か? 居 住 期 間 は 3 0 年 2 0 1 4.2. 月 号 税 務 と 経 営 ニ ュ ー ス 3 4 5 確 定 申 告 の ポ イ ン ト 上 田 悦 弘 税 理 士 事 務 所 上 田 悦 弘 社 会 保 険 労 務 士 事 務 所 0 6 ( 6 9 4 1 ) 3 9 0 5 F A X 0 6 ( 6 9 4 1 ) 3 9 0 9 h t t p : / / w w w. k a i k e i - h o m e.

More information

人事行政の運営状況の報告について

人事行政の運営状況の報告について 市 職 員 の 給 与 などの 状 況 目 次 給 与 決 定 の 仕 組 み 2 給 与 や 報 酬 の 削 減 2 退 職 手 当 制 度 の 見 直 し 4 給 与 制 度 の 見 直 し 5 人 件 費 の 抑 制 5 給 与 水 準 (ラスパイレス 指 数 ) 6 職 員 数 の 推 移 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 7 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況

More information

「医療法人等に係る所得区分計算書」

「医療法人等に係る所得区分計算書」 医 療 法 人 等 に 係 る 所 得 区 分 計 算 書 記 載 の 手 引 ( 平 成 19 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 分 ) 目 次 ページ 1 計 算 の 基 礎 とする 収 入 金 額 の 計 算 ( 計 算 書 下 段 部 分 ) 1 1 社 会 保 険 診 療 に 係 る 収 入 金 額 (A 欄 ) 1 2 その 他 の 収 入 金 額 (B 欄

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

2015①.表紙.xdw

2015①.表紙.xdw 2015 年 度 緊 急 入 学 時 給 付 奨 学 金 各 種 証 明 書 類 貼 付 台 帳 台 帳 ごと 提 出 すること 台 帳 に 貼 付 する 書 類 はすべてコピーで 提 出 してください ( 原 本 はお 手 許 で 保 管 ください) 入 学 予 定 ( 希 望 ) 学 部 氏 名 フリカ ナ 台 紙 別 証 明 書 類 貼 付 一 覧 本 冊 子 の 台 紙 A B C D E

More information

(2) 対 象 となる 方 75 歳 以 上 の 方 65 歳 ~74 歳 の 一 定 の 障 害 をもつ 方 で 申 請 により 広 域 連 合 の 認 定 を 受 けた 方 身 体 障 害 者 手 帳 (1~3 級 及 び4 級 の 一 部 ) 療 育 手 帳 (A1 A2) または 精 神 障

(2) 対 象 となる 方 75 歳 以 上 の 方 65 歳 ~74 歳 の 一 定 の 障 害 をもつ 方 で 申 請 により 広 域 連 合 の 認 定 を 受 けた 方 身 体 障 害 者 手 帳 (1~3 級 及 び4 級 の 一 部 ) 療 育 手 帳 (A1 A2) または 精 神 障 1. 制 度 の 概 要 (1) 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 とは 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 は 75 歳 以 上 の 方 と 65 歳 ~74 歳 で 一 定 の 障 害 があり 申 請 により 加 入 した 方 を 対 象 とする 独 立 した 医 療 保 険 制 度 として 平 成 20 年 4 月 から 始 まりました この 制 度 では 財 政 運 営 の 安 定 化 と

More information

平成21年9月29日

平成21年9月29日 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 Q&A 平 成 22 年 4 月 新 潟 県 高 齢 福 祉 保 健 課 ( 問 1) 国 の 介 護 職 員 処 遇 改 善 交 付 金 事 業 実 施 要 領 では 交 付 金 とされているが 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 では 補 助 金 と 名 称 が 異 なる 理 由 はなにか また 承 認 申 請 書 等

More information

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則 金 ケ 崎 町 規 則 第 13 号 金 ケ 崎 町 小 学 生 医 療 費 給 付 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 小 学 生 に 対 して 医 療 費 の 一 部 を 給 付 することにより 保 護 者 の 負 担 を 軽 減 し もって 小 学 生 の 健 全 な 育 成 と 福 祉 の 増 進 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 規 則

More information

<5461726F2D31303036303081798BA689EF817A88EA8E9E8BE088EA959489FC>

<5461726F2D31303036303081798BA689EF817A88EA8E9E8BE088EA959489FC> 出 産 育 児 一 時 金 等 の 医 療 機 関 等 への 直 接 支 払 制 度 実 施 要 綱 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 第 1 趣 旨 これまで 出 産 育 児 一 時 金 及 び 家 族 出 産 育 児 一 時 金 ( 以 下 出 産 育 児 一 時 金 等 とい う )については 原 則 として 出 産 後 に 被 保 険 者 等 ( 健 康 保 険 若 しくは 船 員

More information

郵 便 約 款 の 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 及 び 審 査 結 果 ( 本 人 限 定 受 取 郵 便 のサービス 内 容 の 追 加 ) 平 成 21 年 3 月 2 日 総 務 省 1 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 (1) 変 更 の 趣 旨 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 ( 以 下 収 益 移 転 防 止 法 という ) が 平 成

More information

1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5

1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5 1 厚 労 働 全 般 人 口 構 造 概 要 我 が 国 の 人 口 ピラミッド 我 が 国 の 人 口 動 態 ( 平 成 23 年 ) 4 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5 詳 細 データ1 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 1 月 推 計 )

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817995CA93598251817A837D834383698393836F815B90A7937890E096BE8E9197BF88C4>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817995CA93598251817A837D834383698393836F815B90A7937890E096BE8E9197BF88C4> マイナンバー 制 度 の 導 入 に 向 けて ( 雇 用 保 険 業 務 ) ~ 事 業 主 の 皆 様 へ~ 平 成 27 年 7 月 厚 生 労 働 省 都 道 府 県 労 働 局 ハローワーク 平 成 25 年 5 月 平 成 27 年 10 月 ~ 番 号 関 連 法 の 成 立 公 布 国 民 への 個 人 番 号 の 通 知 の 開 始 平 成 28 年 1 月 ~ 雇 用 保 険 手

More information

2 条 例 の 概 要 (1) 趣 旨 この 条 例 は 番 号 利 用 法 第 9 条 第 2 項 に 基 づく 個 人 番 号 の 利 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めます (2) 定 義 この 条 例 で 規 定 しようとする 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 1 個 人

2 条 例 の 概 要 (1) 趣 旨 この 条 例 は 番 号 利 用 法 第 9 条 第 2 項 に 基 づく 個 人 番 号 の 利 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めます (2) 定 義 この 条 例 で 規 定 しようとする 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 1 個 人 佐 野 市 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番 号 の 利 用 に 関 する 条 例 ( 案 ) の 概 要 について 1 条 例 制 定 の 背 景 目 的 平 成 25 年 5 月 31 日 に 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63> 健 康 保 険 被 扶 養 者 資 格 について 平 成 21 年 4 月 測 量 地 質 健 康 保 険 組 合 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 資 格 について 健 康 保 険 では 被 保 険 者 だけでなく 被 扶 養 者 についても 病 気 やけが 出 産 または 死 亡 に 対 して 保 険 給 付 が 行 われ ます 被 扶 養 者 となるためには 一 定 の 条 件 ( 下 記

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57> 平 成 18 年 12 月 平 成 19 年 10 月 ( 追 加 改 正 ) 平 成 20 年 5 月 ( 改 正 ) ポジティブアクション 推 進 プロジェクト 一 人 で 悩 む 前 に まずご 相 談 ください 妊 娠 したのですが どのような 手 続 をすればいいのですか? 産 休 から 育 児 休 暇 への 流 れは 次 の 通 りです 産 前 休 暇 出 産 産 後 休 暇 育 児 休

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E >

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E > 23.9.28 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 説 明 資 料 国 民 健 康 保 険 組 合 に 対 する 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 9 月 28 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 課 1 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された

More information

介護保険制度改正にかかる事業所説明会

介護保険制度改正にかかる事業所説明会 資 料 3 予 防 生 活 支 援 サー 事 業 へ 移 行 時 のポイント 杉 並 区 役 所 保 健 福 祉 部 高 齢 者 施 策 課 総 合 事 業 整 備 係 1 利 用 者 の 総 合 事 業 への 移 行 時 期 予 防 給 付 予 防 生 活 支 援 サー 事 業 給 付 平 成 27 年 度 平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 保 険 法 改 正 予 防 生 活 支 援 サー

More information