<4D F736F F D208BDF93A190E690B695F18D908F915F8D5A90B394C55F66696E616C2E646F6378>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF93A190E690B695F18D908F915F8D5A90B394C55F66696E616C2E646F6378>"

Transcription

1 教 育 テスト 研 究 センター CRET シンポジウム 報 告 書 ショック 療 法 の 功 罪 ~ドイツにおける 低 学 力 問 題 をめぐる 評 価 の 政 治 ~ (シンポジウム 開 催 日 :2010 年 12 月 10 日 ) 講 師 : 近 藤 孝 弘 [ 名 古 屋 大 学 大 学 院 教 育 発 達 科 学 研 究 科 教 授 ] 研 究 領 域 専 門 は 教 育 内 容 の 国 際 比 較 研 究 特 に ド イ ツ と オ ー ス ト リ ア を 中 心 と す る ヨ ー ロ ッ パ 諸 国 の 政 治 教 育 歴 史 教 育 を, 国 際 関 係 と 各 国 の 政 治 経 済 社 会 の 視 点 か ら 分 析 し て い る 経 歴 所 属 学 会 東 京 学 芸 大 学 講 師, 名 古 屋 大 学 助 教 授 を 経 て, 現 在, 名 古 屋 大 学 大 学 院 教 育 発 達 科 学 研 究 科 教 授 日 本 比 較 教 育 学 会 ( 常 任 理 事, 研 究 委 員 会 委 員 長 ), 日 本 教 育 学 会 ( 理 事 ), 日 本 カ リ キ ュ ラ ム 学 会, 日 本 ド イ ツ 学 会, Internationale Gesellschaft für Geschichtsdidaktik, Journal of Social Science Education( editorial board member) 著 書 近 藤 孝 弘 (1998). 国 際 歴 史 教 科 書 対 話 - ヨ ー ロ ッ パ に お け る 過 去 の 再 編 中 公 新 書 近 藤 孝 弘 (2001). 自 国 史 の 行 方 - オ ー ス ト リ ア の 歴 史 政 策 名 古 屋 大 学 出 版 会 近 藤 孝 弘 (2005). ド イ ツ の 政 治 教 育 岩 波 書 店 近 藤 孝 弘 (2009). 移 民 受 入 れ に 揺 れ る 社 会 と 教 育 と 教 育 学 の 変 容 佐 藤 学 他 ( 編 著 ) 揺 れ る 世 界 の 学 力 マ ッ プ 明 石 書 店 pp な ど 要 約 PISA シ ョ ッ ク は ド イ ツ の 学 校 教 育 に 改 革 の 契 機 を 与 え た そ こ か ら 学 校 制 度 を め ぐ る 議 論 が 再 開 さ れ, 学 校 の 終 日 化 や 移 民 の 子 ど も に 対 す る ド イ ツ 語 教 育 の 強 化 と い っ た 措 置 が 取 ら れ た ほ か, 全 国 規 模 で の カ リ キ ュ ラ ム 研 究 に も 着 手 さ れ る に 到 っ た 一 種 の シ ョ ッ ク 療 法 は, 低 学 力 層 の 問 題 に 対 す る 社 会 の 関 心 を 喚 起 す る 点 で 一 定 の 成 果 を あ げ た が, そ の 負 の 側 面 も 明 ら か に な っ て い る す な わ ち 学 力 の 追 求 は 管 理 強 化 を 招 き が ち で あ り, 社 会 の 多 元 性 が 持 つ 価 値 を 軽 視 す る 方 向 に 作 用 し て し ま う さ ら に PISA の デ ー タ か ら 教 育 改 革 の 必 要 を 導 く 過 程 に つ い て も 疑 問 の 余 地 が あ り,こ の こ と は 調 査 そ の も の が 教 育 政 策 を め ぐ る 政 治 の 場 か ら 自 由 で は な い こ と を 示 唆 し て い る - 1 -

2 Ⅰ.はじめに はじめに: 教 育 政 策 としてのピサ ショック この 10 年 ほどのあいだ,ドイツの 教 育 に 言 及 する 際 に ピサ ショック ほど 頻 繁 に 使 われた 言 葉 はないだろう そして 重 要 なの は,この 言 葉 が 必 ずしも 日 本 におけるポスト モダン 的 な 反 ヨーロッパ 感 情 に 発 するのでは なく,ドイツで,しかも 計 量 的 データに 基 づ く 科 学 性 を 追 求 する 調 査 をきっかけに 生 まれ たということである Table 1 に 示 すような PISA 2000 の 結 果 は, 確 かに 国 民 にショック を 与 えるのに 十 分 である 更 に, 問 題 は 単 に 平 均 点 が 低 いことだけではなく, 親 の 社 会 階 層 が 子 どもの 学 力 を 決 定 する 度 合 いが 高 い 点 にも 確 認 された つまりドイツの 教 育 が 低 学 力 の 再 生 産 を 大 規 模 に 引 き 起 こしてきたのは, ほぼ 間 違 いないのである しかしながら,ピサ ショックという 言 葉 の 本 当 の 意 味 は,それが 指 し 示 している 教 育 と 社 会 の 現 実 の 深 刻 さよりも,むしろ,その 言 葉 が 作 られ,メディアで 広 く 使 われたとい う 事 実 の 方 に 認 められよう 確 かにドイツの 学 校 教 育 は 機 能 不 全 を 起 こしている しかし, それは 以 前 からわかっていたことでもある ピサはそれを 数 字 で 表 すことに 成 功 したとは いえ, 特 に 新 しい 重 要 な 発 見 をしたわけでは ない 例 えば 1995 年 の TIMSS で 既 に,ドイ ツの 生 徒 の 学 力 は 国 際 平 均 かそれ 以 下 という 結 果 が 出 ていた そのほか, 個 人 的 な 話 にな るが,たとえば 筆 者 が 90 年 代 前 半 にドイツ の 研 究 者 を 訪 問 して 話 をしたときには,いつ も 決 まって ドイツの 教 育 の 一 体 どこに 日 本 が 参 考 にすべき 点 があるのか? と 不 思 議 が られたものである したがって,ピサによってドイツ 人 の 教 育 への 自 信 が 打 ち 砕 かれたというような 理 解 は 不 正 確 と 言 わなければならない 少 なくとも 多 く の ド イ ツ の 教 育 関 係 者 に と っ て,2000 年 の 結 果 は 予 想 されたものであり 1, 敢 えて ショック という 言 葉 を 使 うとすれば,そ れは 蓋 を 開 けてみたらショッキングな 結 果 だ ったというのではなく,なかなか 教 育 の 現 状 に 危 機 感 を 持 ってくれない 国 民 にショックを 与 え, 事 態 の 深 刻 さに 気 づかせるための 機 会 として,つまり 一 種 のショック 療 法 として, 意 図 的 にピサは 利 用 されたと 考 えるべきであ る さらには,このショック 療 法 そのものが, それによって 実 現 しようとする 教 育 政 策 の 一 部 であったと 言 っても 言 い 過 ぎではないだろ う 本 稿 は,これから, 過 去 10 年 ほどのあい だにドイツで 進 められてきた 教 育 改 革 論 議 と 政 策,そしてその 結 果 を 概 観 していくが, 以 上 の 認 識 は,そうした 政 策 に 注 目 する 際 に, 専 らそれらの 効 果 に 関 心 を 寄 せる 姿 勢 は 教 育 研 究 上 必 要 な 鋭 利 さに 欠 けることを 訴 えてい る そのような 無 批 判 な 視 線 は,ショックを 与 えて 人 々の 関 心 を 引 き, 自 らが 必 要 と 考 え る 教 育 政 策 を 遂 行 しようとした 教 育 関 係 者 の 戦 術 に 取 り 込 まれてしまっている 仮 に 彼 ら の 理 念 に 賛 成 する 場 合 にも, 少 なくともドイ ツを 客 観 的 に 見 ることができる 立 場 にある 私 たちがなすべきは, 彼 らの 政 策 の 全 体 像 を 理 解 することである こうした 問 題 意 識 に 基 づき, 以 下,ショッ クの 後 に 提 案 された 代 表 的 な 諸 施 策 とその 実 施 状 況 を 簡 単 に 紹 介 したのち,それらが 示 す 諸 問 題 について 検 討 していきたい Table 1 ピサ( 読 解 力 )におけるドイツの 成 績 PISA 2000 PISA 2003 PISA 2006 PISA 2009 フィンランド 546 フィンランド 543 韓 国 556 上 海 556 カナ ダ 534 韓 国 534 フィンランド 547 韓 国 539 ニュージーランド 529 カナ ダ 528 香 港 536 フィンランド 日 本 522 日 本 498 日 本 498 日 本 520 OECD 平 均 500 OECD 平 均 494 ドイ ツ 495 ドイ ツ 497 ドイ ツ 484 ドイ ツ 491 OECD 平 均 492 OECD 平 均 ただしピサの 開 発 者 であり 総 括 責 任 者 でもあるドイツ 出 身 の 教 育 研 究 者 シュライヒャーが 後 に 複 数 のメディアに 対 して 語 っ ているのは 彼 自 身 は 第 1 回 ピサの 際 ドイツは 世 界 最 高 水 準 の 成 績 をおさめるものと 考 えていたということである(この 点 につ いては Kahl, R. (2003). Gedankenblitz im Fahrstuhl: Andreas Schleicher, Pisa-Erfinder, Welt Online や o. A. (2004). Miesmacher, Andreas Schleicher, Frankfurter Allgemeine Zeitung, 15. Sep. 2004, s.10.といった 新 聞 記 事 を 参 照 のこと) この 発 言 は 俄 かには 信 じがたいが 本 当 であ るとすれば その 予 想 の 背 景 には 彼 が 大 学 で 教 育 学 ではなく 物 理 学 と 数 学 を 専 攻 し その 延 長 線 上 で 教 育 評 価 に 関 心 を 持 つに 到 ったという 個 人 的 な 経 緯 を 指 摘 できるかもしれない - 2 -

3 Ⅱ. 教 育 改 革 のバリエーション ショック 療 法 が 実 際 にかなりの 効 き 目 を 持 ったことは 間 違 いない マスメディアは 大 い に 盛 り 上 がり,そうした 中 で 様 々な 教 育 改 革 案 が 提 起 された 中 でも 特 に 重 要 なものとし て, 以 下 の 4 点 を 指 摘 することができる 第 1 に 学 校 制 度 の 改 革 である ドイツ, 特 に 西 部 ドイツでは,4 年 制 の 小 学 校 修 了 時 点 で 子 どもたちの 能 力 を 見 極 め, 大 学 進 学 コー スと 中 級 技 術 者 コース,そして 労 働 者 養 成 コ ースという 3 種 類 の 学 校 に 振 り 分 けるという 原 則 とそれを 反 映 した 学 校 制 度 が 支 配 的 であ る それを 改 めて, 少 なくとも 前 期 中 等 教 育 までは 全 ての 生 徒 が 同 じ 教 育 課 程 を 学 ぶよう にするというのが, 改 革 案 の 基 本 的 な 考 え 方 である この 改 革 案 のもとには, 諸 外 国 に 比 べてド イツでは 生 徒 の 成 績 の 上 下 の 差 が 大 きいこと がピサで 明 らかになったという 事 情 がある いわゆる 伝 統 的 な 三 分 岐 型 の 学 校 制 度 は 2,か つての 階 級 社 会 の 名 残 とも,あるいはモノづ くりで 戦 後 の 経 済 成 長 を 達 成 した 歴 史 の 反 映 とも 言 えるが,このような 学 校 制 度 は, 第 二 次 産 業 が 外 国 に 移 転 しつつある 今 日,すでに 時 代 遅 れであり, 特 に 労 働 者 養 成 コースで 学 ぶ 底 辺 の 子 どもたちが 学 習 意 欲 を 持 つことを 難 しくしていると 考 えられた そして,その ことが 学 力 格 差 の 主 な 原 因 であるならば, 学 力 向 上 のためには,まずは 学 校 制 度 そのもの を 変 えるところから 始 めなければならないと いう 結 論 に 到 ることになる 第 2 の 改 革 案 は,いわゆる 学 校 の 終 日 化 で ある これはお 昼 をはさんで 午 後 も 授 業 を 行 うよう 改 めることを 意 味 するが, 反 対 に 言 え ば, 従 来,ドイツの 学 校 は, 基 本 的 に 朝 8 時 ごろ 始 まって 午 後 1 時 ごろに 終 わっていた これは 半 日 学 校 と 呼 ばれ,ドイツ 全 体 で 全 て の 学 校 について 見 れば,こうした 形 態 がいま も 数 多 く 存 在 している 半 日 学 校 を 終 日 化 することの 意 味 は 2 つあ 年 代 後 半 より 中 等 教 育 段 階 に 総 合 制 学 校 (ゲザムト シューレ)が 導 入 されて 実 際 には( 特 殊 学 校 を 除 いて) 四 分 岐 型 になっていたが その 新 しい 学 校 の 普 及 は 州 により 程 度 の 差 が 大 きいことから 本 稿 は 西 ( 部 )ドイツの 学 校 制 度 全 体 を 簡 潔 に 表 現 する 際 慣 例 に 従 い 三 分 岐 型 と 呼 ぶことにする ると 考 えられる 第 1 は, 言 うまでもなく 授 業 時 数 を 増 やして 学 力 向 上 につなげようとい うことである とはいえ, 実 際 に 終 日 化 した 学 校 の 授 業 時 間 割 を 見 てみると, 終 日 化 によってドイツ 語 や 数 学 といった 主 要 教 科 の 時 間 が 増 えたと 単 純 には 言 えない ここには,そのような 教 科 を 重 点 的 に 教 えたくても, 教 えられる 教 員 の 手 当 てがままならないという 現 実 的 な 問 題 も ある しかし,より 興 味 深 いのは,そもそも 子 どもが 学 校 にいる 時 間 を 長 くするだけで 学 力 格 差 の 縮 小 につながると 考 えられているら しいということである つまり, 階 層 社 会 を 反 映 した 家 庭 環 境 が 子 どもの 成 績 に 影 響 を 与 えてしまうというところに 問 題 の 一 つの 原 因 が 見 られており,その 影 響 を 少 なくする 方 法 として, 学 校 に 滞 在 する 時 間 を 長 くする ことそのものに, 学 力 格 差 縮 小 への 効 果 が 期 待 されている 改 革 案 の 第 3 は 就 学 前 教 育 の 強 化 である これは 早 期 の 英 才 教 育 のことではない ここ で 強 化 の 主 要 な 対 象 になっているのは,ドイ ツ 語 を 母 語 としない,いわゆる 移 民 の 子 ども たちである 今 日,ドイツでは 同 一 年 齢 の 子 どもの 20% 以 上 が, 両 親 のどちらか 一 方 あるいは 両 方 が 移 民 や 外 国 人 という 状 況 であり, 学 校 によっ ては,そういう 国 際 児 童 生 徒 が 9 割 を 越 え る 例 も 珍 しくない そして 彼 らのうちのかな りの 部 分 が 小 学 校 入 学 時 点 でドイツ 語 能 力 の 不 足 のために 授 業 についていけない 状 況 であ り,その 遅 れを 学 校 で 回 復 するのは 困 難 なの が 現 実 と 言 わなければならない そこで, 小 学 校 に 入 学 するまでに 一 定 のドイツ 語 を 獲 得 させることで 入 学 後 の 学 習 に 備 えさせ, 彼 ら を 一 人 でも 多 くドロップアウトから 救 うこと が 目 指 されているのである そして 最 後 に 教 育 課 程 改 革 がある これに は 2 つの 側 面 が 認 められるが,まず 全 国 共 通 の 教 育 水 準 のスタンダード 作 りが 進 められた ことに 注 目 する 必 要 がある 連 邦 国 家 である ドイツでは,いわゆる 州 の 文 化 高 権 により, 教 育 内 容 は 各 州 が 管 轄 している 学 習 指 導 要 領 はそれぞれ 州 ごとに 異 なっており, 各 種 の 学 校 で 期 待 される 教 育 水 準 はもちろん, 学 校 - 3 -

4 制 度 自 体 も 微 妙 に 異 なっている こうした 在 り 方 は 地 方 分 権 の 観 点 からは 望 ましいようにも 見 えるが,ピサの 芳 しくない 結 果 を 前 にして,ドイツ 全 体 で 学 力 向 上 に 取 り 組 もうという 姿 勢 が, 特 に 革 新 系 の 教 育 関 係 者 や 政 治 家 のあいだから 高 まり, 保 守 派 も 呼 応 する 形 で, 主 要 教 科 について 全 国 共 通 の スタンダードが 作 られるに 到 った なお,このスタンダードは,あくまでも 各 州 が 独 自 に 教 育 政 策 を 進 める 際 の 参 考 にすべ きものであり, 全 国 統 一 の 教 育 課 程 を 意 味 す るものではない したがって 各 州 が 持 つ 文 化 高 権 が 放 棄 されたわけではなく, 大 きな 枠 組 みの 変 更 を 意 味 するものではないが,こうし た 努 力 が,ピサが 多 くの 州 にそれまでの 教 育 の 在 り 方 への 反 省 と 成 績 向 上 への 努 力 を 迫 っ たことを 示 しているのは 間 違 いない さらに 教 育 課 程 改 革 の 第 2 の 側 面 は,その スタンダードが 従 来 の 学 習 指 導 要 領 のように, 各 学 年 で 教 えるべき 内 容 を 定 めるのではなく, たとえば 10 歳 の 児 童 はドイツ 語 でこういう ことができなければならない というように, いわゆるコンピテンシーを 規 定 する 形 で 書 か れるように 改 められた 点 に 認 められる ここ には, 国 際 的 な 教 育 学 の 潮 流 に 対 応 しようと する 関 係 者 の 姿 勢 を 見 ることができる こう した 動 きは 2000 年 代 の 半 ばに 一 種 のブーム となり,ドイツ 語 や 数 学 や 自 然 科 学 のような 各 州 が 協 力 してスタンダードを 作 成 した 主 要 教 科 のほか, 歴 史 科 や 政 治 科 といった 教 科 に おいてまで,それぞれの 関 連 学 会 が 自 主 的 に スタンダードを 作 成 するに 到 った ここには, ピサ ショックが 世 間 の 関 心 を 集 めるなかで, いわゆる 低 学 力 問 題 と 関 連 性 の 薄 いと 考 えら れがちな 教 科 の 関 係 者 が 抱 いた 危 機 感 が 表 れ ていると 言 えよう Ⅲ. 改 革 の 総 決 算 こ れ ま で 紹 介 し て き た 改 革 の 他 に も, ピ サ シ ョ ッ ク は 様 々 な 対 応 を ド イ ツ 各 地 の 様 々な 人 々にもたらした それは, 教 室 内 の 規 律 を 維 持 する 方 法 についての 提 案 や, 管 理 職 を 中 心 とした 教 員 の 学 校 マネジメント 能 力 の 向 上 といった, 学 校 教 育 をより 良 く 機 能 す るものにしようとする 試 みから,いわゆる 公 立 学 校 離 れのような 既 存 のシステムからの 避 難 といった 現 象 にまで 及 んでいる また, 時 期 的 に 並 行 して 進 められた 高 等 教 育 のヨーロ ッパ 共 通 化 の 動 きと 連 動 する 教 員 養 成 改 革 な ども,この 文 脈 で 触 れられるべきかもしれな い 紙 幅 の 都 合 から, 本 稿 ではこれらの 論 点 す べてを 取 り 上 げることはできないが,いずれ にしても 重 要 なのは,こうした 個 々の 対 応 が, 必 ずしも 全 国 一 律 に 実 施 されたのではなく, 各 地 でそれぞれ 重 点 を 別 のところにおきつつ, 可 能 な 範 囲 で 実 行 されたということである 従 って, 個 々の 対 応 が 学 力 向 上 に 果 たした 役 割 を 議 論 することは 事 実 上 不 可 能 だと 言 わ なければならない さらに 根 本 的 には,この 10 年 のあいだに,ピサにおけるドイツの 生 徒 の 成 績 はどの 程 度 向 上 したと 言 えるのかも 問 題 である(Table 1 参 照 ) 2009 年 の 結 果 はドイツのマスメディアか ら 一 般 に ようやく 一 息 ついた という 評 価 を 受 けたが,2006 年 の 時 点 では,すでに 成 績 が 向 上 してきたとする 見 方 と,そのように 考 える 根 拠 はないとする 見 方 で, 専 門 家 のあい だでも 見 解 が 分 かれていた 3 このように, 仮 にこの 10 年 間 に 成 績 が 向 上 しているとして も,それはわずかであり,さらにユーロ 安 等 にともなう 失 業 率 の 低 下 のような 他 の 社 会 的 要 素 の 影 響 もあわせて 考 えると, 教 育 改 革 の 効 果 を 議 論 することはあまり 意 味 がないと 言 わなければならない 結 局 のところ, 個 々の 改 革 については,その 結 果 によってではなく, 意 図 に 関 して 評 価 するしかないのである そして 個 々の 政 策 の 意 図 については 政 党 間 で 評 価 が 分 かれる 場 合 があり,その 対 立 にこ そむしろピサの 存 在 理 由 を 見 ることができよ う 上 記 の 4 つの 改 革 案 のうち,まず 教 育 スタ ンダードについては, 既 述 のように 保 革 両 陣 営 のあいだにコンセンサスが 作 られたと 言 っ て 良 い 学 校 の 終 日 化 と 就 学 前 教 育 のドイツ 3 PISA 2006 の 結 果 が 明 らかになったとき ドイツのピサ 実 行 委 員 会 委 員 長 であったキール 大 学 のプレンツェル(Manfred Prenzel)はドイツの 成 績 向 上 を 評 価 したのに 対 し OECD のシ ュライヒャーは それまで 2 回 のピサとは 設 問 も 観 点 も 違 う 以 上 わずかなポイントの 上 昇 はドイツの 学 校 教 育 が 改 善 したことを 証 明 するものではないとの 立 場 を 示 した - 4 -

5 語 教 育 の 強 化 についても,その 重 要 性 の 認 知 度 そのものに 政 党 間 の 差 は 見 られない それに 対 して 学 校 制 度 改 革 については 大 き な 論 争 が 生 じた 21 世 紀 初 頭 のドイツで 学 校 体 系 を 変 えようと 主 張 した 人 々は,いわゆる 三 分 岐 型 の 中 等 教 育 を 一 本 化 することが 国 民 全 体 の 学 力 向 上 にとって 有 意 義 だと 考 えた その 根 拠 となったのは, 韓 国 やフィンランド のような 単 線 型 の 諸 国 の 方 がピサの 成 績 が 良 いというデータである しかし,この 点 については,たしかに 国 際 比 較 の 結 果 からは,そうした 主 張 も 可 能 だが, ピサと 同 じ 問 題 でより 大 規 模 にドイツ 国 内 で 行 なった 調 査,いわゆる PISA-E( 拡 大 ピサ 調 査 )では, 反 対 に Table 2 が 示 すように, 特 に 西 部 地 域 を 見 る 限 り,むしろ 古 い 学 校 制 度 を 厳 格 に 守 っている 州 の 方 が 成 績 が 良 いという 結 果 が 出 ている 実 際 には,こうした 国 ごとあるいは 州 ごと の 成 績 には,それぞれの 地 域 の 移 民 の 割 合 (や その 出 身 地 と 出 身 階 層 ),さらには 失 業 率 とい った 様 々な 社 会 的 経 済 的 要 因 が 関 係 してい ると 考 えられる 拡 大 ピサ 調 査 の 結 果 も, 必 ずしも 分 岐 型 の 学 校 制 度 の 方 が 優 れていると いう 解 釈 を 導 くものではない とはいえ, 少 なくともドイツの 学 校 を 単 線 型 にすれば 成 績 が 向 上 すると 考 える 根 拠 が 薄 弱 なのは 確 かで ある すなわち,すべての 子 どもが 同 じ 教 育 課 程 を 学 ぶべきであるという 教 育 理 念 上 の 価 値 を 訴 えることで 単 線 型 の 学 校 制 度 を 主 張 す ることは 妥 当 と 考 えられても, 学 力 向 上 策 と してそれを 唱 えるのは, 少 なくともドイツに おいては 無 理 なのである そもそも,こうした 学 校 制 度 をめぐる 対 立 は,かつて 60 年 代 から 70 年 代 にかけて, 革 新 系 の 教 育 関 係 者 がスウェーデンのような 北 欧 モデルにならって 単 線 型 の 学 校 制 度 を 導 入 しようと 試 み, 保 守 派 と 激 しく 衝 突 した 経 緯 を 想 起 させる すなわち 中 等 教 育 の 単 線 化 は, ドイツの 革 新 勢 力 にとって 一 つの 政 治 的 信 条 にかかわる 問 題 であり,それがピサ ショッ クの 中 で 再 び 活 性 化 されたと 見 ることができ るだろう この 点 では,ピサにつながる 動 き が, 社 会 民 主 党 のシュレーダー 政 権 を 擁 して いたドイツのケルンで 開 かれたサミットから 本 格 化 したことを 確 認 すべきである Table 2 PISA-E 2009 における 各 州 の 読 解 力 の 順 位 と 社 会 指 標 (Spiegel Online による) 順 位 州 生 徒 数 中 退 率 外 国 人 GDP 若 年 失 業 率 小 学 校 学 校 体 系 終 日 化 の 進 み 具 合 1 バイエルン 25.1 人 6.5% 8.9% 34, % 4 年 制 3 分 岐 型 全 学 校 の 15% 2 ザクセン 22.4 人 11.8% 3.0% 22, % 4 年 制 2 分 岐 型 全 学 校 の 80% 3 バーデン ヴュルテンベルク 25.0 人 5.6% 11.7% 31, % 4 年 制 3 分 岐 型 小 学 校 12%, HS33%, RS18%, GY41% 4 ラインラント プファルツ 24.8 人 7.2% 9.0% 25, % 4 年 制 2 分 岐 型 全 学 校 の 55% 5 ザクセン アンハルト 20.9 人 12.1% 3.0% 21, % 4 年 制 2 分 岐 型 全 学 校 の 1/4 5 テューリンゲン 19.4 人 9.4% 2.7% 21, % 4 年 制 2 分 岐 型 小 学 校 100% 7 メクレンブルク フォアポンメルン 20.4 人 17.9% 3.2% 21, % 4 年 制 2 分 岐 型 全 学 校 の 30% 8 ザールラント 25.0 人 6.7% 9.6% 28, % 4 年 制 3 分 岐 型 全 学 校 の 90% 8 ヘッセン 25.0 人 7.0% 12.7% 35, % 4 年 制 3 分 岐 型 全 学 校 の 40% 10 ニーダーザクセン 24.5 人 7.4% 6.8% 25, % 4 年 制 3 分 岐 型 全 学 校 の 1/3 10 ノルトライン ヴェストファーレン 26.4 人 6.8% 12.7% 29, % 4 年 制 3 分 岐 型 全 生 徒 の 1/3 12 シュレスヴィヒ ホルシュタイン 23.6 人 8.4% 5.4% 25, % 4 年 制 2 分 岐 型 全 学 校 の 1/4 13 ブランデンブルク 22.4 人 10.6% 2.9% 21, % 6 年 制 2 分 岐 型 小 学 校 23%, 中 等 学 校 81%, GY25% 14 ハンブルク 25.4 人 8.9% 15.6% 48, % 4 年 制 2 分 岐 型 全 学 校 の 50% 15 ベルリン 24.7 人 10.6% 17.2% 26, % 6 年 制 2 分 岐 型 小 学 校 100%, 中 等 学 校 100%, GY10% 16 ブレーメン 23.6 人 8.2% 15.5% 40, % 6 年 制 2 分 岐 型 小 学 校 44%, 中 等 教 育 67% 注 ) グレーの 部 分 は 旧 東 独 地 域 の 州 生 徒 数 は 前 期 中 等 教 育 の 1 クラスの 平 均 生 徒 数 を, 中 退 率 はいかなる 卒 業 証 も 取 得 せ ずに 義 務 教 育 を 離 れる 生 徒 の 割 合 を, 外 国 人 は 歳 年 齢 層 における 外 国 人 の 割 合 を,GDPは 1 人 あたりGDPを, 若 年 失 業 率 は 25 歳 以 下 の 失 業 率 を 表 す HSは 基 幹 学 校,RSは 実 科 学 校,GYはギムナジウムの 略 また 中 等 学 校 の 正 式 名 称 は 州 によ り 異 なる - 5 -

6 しかし, 今 回 も 社 会 民 主 党 の 意 図 は 貫 徹 さ れなかった 決 定 的 だったのは,ドイツ- 特 に 西 部 ドイツ-の 人 々の 過 半 数 が 単 線 型 の 学 校 制 度 を 望 んでいないという 事 実 である 伝 統 的 なエリート 養 成 コースであるギムナジウ ムは,すでに 全 国 平 均 で 同 一 年 齢 層 の 3~4 割 が 通 うまでに 大 衆 化 しているが,それでも, その 学 校 に 対 する 人 々の 信 頼 と 期 待 は 失 われ ていない 以 前 から, 特 に 労 働 者 養 成 コースの 学 校 ( 基 幹 学 校 )は, 高 い 中 途 退 学 率 に 象 徴 されるよう に, 学 校 として 十 分 な 機 能 を 果 たしていない ことが 指 摘 されており,そもそも 近 年 は 多 く の 州 で 生 徒 を 集 めることさえ 難 しくなりつつ あった これは 40 年 前 とは 異 なる, 中 等 教 育 の 単 線 化 を 目 指 す 人 々にとって 有 利 な 状 況 を 意 味 する しかし, 議 論 の 末 にいくつかの 州 が 出 した 結 論 は,3 分 岐 型 を 2 分 岐 型 に 改 めるという 方 針 だった 学 力 の 最 低 辺 層 だけ を 集 めると 授 業 は 成 立 しなくなりがちだが, 中 間 層 まで 一 緒 にすれば,なんとか 学 校 らし い 学 校 を 運 営 することができるというのであ る ここでは,ドイツ 統 一 時 にそれまでの 単 線 型 の 学 校 制 度 を 2 分 岐 型 に 改 めた 東 部 ドイ ツの 諸 州 がモデルを 提 供 してもいる 東 部 5 州 は, 統 一 から 10 年 の 時 点 で 行 なわれた 第 1 回 ピサでは,おそらくは 政 治 経 済 的 混 乱 など の 要 因 から 西 部 ドイツ 地 域 よりも 成 績 が 悪 か ったが,それ 以 後 の 10 年 の 間 に 学 力 を 回 復 してきている 西 部 の 州 の 一 部 で 3 分 岐 型 から 2 分 岐 型 へ と 転 換 されたことは,ピサの 一 つの 結 果 と 見 ることができる しかし,この 妥 協 は 分 岐 型 学 校 制 度 を 維 持 している 点 で, 単 線 化 を 目 指 した 人 々から 見 れば, 二 度 目 の 敗 北 を 意 味 す るのは 間 違 いないところである Ⅳ.おわりに おわりに:ピサ ショックが 意 味 するもの 以 上 は,40 年 前 と 比 較 して,ドイツの 学 校 を と り ま く 社 会 状 況 は 大 き く 変 わ っ て も, 人 々の 意 識 と, 教 育 をめぐる 政 治 対 立 の 構 造 はあまり 変 わっていないことを 示 唆 する 21 世 紀 に 入 り, 改 革 派 にとってのお 手 本 はスウ ェーデンからフィンランドへと 変 わったが, 北 欧 への 憧 れはいずれも 一 時 的 なブームで 終 わることになった しかし,ブームが 去 った 今 こそ,ショック 療 法 の 功 罪 を 検 討 すること が 可 能 であり,また 必 要 となる まず 功 の 面 に 注 目 すれば, 最 大 の 功 績 は, ピサ ショックとその 後 の 教 育 政 策 により, 社 会 的 弱 者 あるいは 低 学 力 層 の 教 育 に 対 する 社 会 全 体 の 意 識 が 高 まった 点 に 認 められる この 点 に 関 しては,ドイツはいわゆる 社 会 的 市 場 経 済 を 国 是 とする 福 祉 国 家 であること が 思 い 起 こされよう そこでは 国 家 に 対 し, 市 場 の 競 争 原 理 を 有 効 に 機 能 させるためのル ールを 形 成 維 持 する 役 割 と, 市 場 では 解 決 できない 福 祉 に 代 表 される 平 等 原 理 を 推 進 す る 役 割 の 両 方 を 果 たすことが 求 められ,いわ ゆる 市 場 原 理 主 義 とは 異 なる 経 済 社 会 運 営 が なされてきた このような 比 較 的 大 きな 政 府 を 持 つ 国 で, 社 会 的 弱 者 の 教 育 が,これまで あまり 省 みられてこなかったというのは 意 外 と 言 わなければならない その 原 因 は 必 ずしも 明 らかではないが,と りあえず 次 の 2 点 を 考 慮 する 必 要 があろう 第 1 は, 近 年 のドイツで 低 学 力 者 の 中 心 を なしているのが,いわゆるドイツ 人 ではない こと あるいは 少 なくともそのように 認 識 さ れてきたということである すなわち,1970 年 前 後 に 学 校 制 度 改 革 論 議 が 行 われていた 頃 には, 労 働 者 養 成 のための 学 校 に 学 んでいた 生 徒 の 多 くは,まだドイツ 人 であった ところが,その 改 革 論 議 が 終 息 するのに 並 行 して 大 学 への 進 学 の 道 が 拡 大 さ れ,それにともない 底 辺 校 に 通 うドイツ 人 が 減 少 する 一 方, 同 時 期 に 外 国 人 労 働 者 が 急 増 し,その 子 どもたちがドイツ 人 生 徒 が 明 け 渡 した 労 働 者 養 成 コースに 集 中 するようになっ た それに 加 えて, 外 国 人 労 働 者 はいずれ 帰 国 するものという 想 定 が,ドイツ 社 会 だけで なく 移 民 の 当 人 自 身 も,ドイツの 学 校 での 成 績 向 上 という 課 題 に 真 剣 に 向 き 合 うのを 遅 ら せる 結 果 をもたらしたと 考 えられる 4 4 近 年 の 調 査 では 移 民 の 親 は 子 どもの 学 業 に 対 して 必 ずし も 関 心 が 乏 しいわけではないことが 明 らかになっている しかし ドイツの 教 育 制 度 に 対 する 知 識 の 不 足 のために 職 業 教 育 を 軽 視 してギムナジウムで 大 学 入 学 資 格 をとることに 固 執 する 一 方 子 どもの 能 力 を 学 校 の 成 績 よりも 個 人 的 かつ 全 般 的 な 印 象 で 評 価 する 傾 向 が 強 く その 結 果 子 どもの 能 力 を 伸 ばすこ とに 失 敗 しがちであると 考 えられている (Menke, B. (2011). Einwanderer überschätzen die deutschen Schulen, Spiegel Online.) - 6 -

7 また 第 2 の 要 因 として, 正 にドイツが 福 祉 国 家 であるということも, 一 人 ひとりが 学 力 向 上 に 向 けて 努 力 するのを 阻 害 する 方 向 で 作 用 したであろう 加 えてドイツでは, 労 働 者 のあいだに, 自 分 が 労 働 者 であることを 誇 り に 思 う 文 化 も 根 強 く 見 られる 比 較 的 最 近 ま で, 社 会 で 役 に 立 たない 知 識 を 大 学 で 学 ぶよ りも 手 に 職 をつけた 方 が 稼 ぎが 良 いと 広 く 考 えられていたのであり,こうした 社 会 観 も, 学 力 向 上 という 課 題 を 相 対 的 に 軽 視 させる 一 因 となったと 考 えられる そしてこのことは 反 対 に,ショック 療 法 が 必 要 とされたのは,そういう 従 来 の 労 働 者 中 心 の 福 祉 国 家 が 国 内 産 業 の 空 洞 化 などのため に 立 ち 行 かなくなりつつあるという 新 しい 状 況 によるものであることを 示 唆 している こ の 点 では,イギリスのブレア 首 相 がかつて 1 に 教 育,2 に 教 育,3 に 教 育 と 語 ったのが 有 名 だが, 同 じころドイツのシュレーダー 首 相 も 失 業 者 に な り た く な け れ ば 大 学 に 行 け! と 言 って, 若 者 を 叱 咤 激 励 していた こうした 主 張 の 背 後 には Table 3 のような データもある この 表 によれば, 確 かに 学 歴 と 失 業 率 とのあいだにはかなりの 関 係 があり, 特 にドイツの 場 合 はそれが 顕 著 である ショ ック 療 法 は, 将 来 の 失 業 者 予 備 軍 の 中 から 少 しでも 自 力 救 済 できる 若 者 を 増 やすことを 意 図 していたと 考 えられる Table 3 ヨーロッパ 各 国 における 学 歴 別 の 失 業 率 歳 人 口 の 失 業 率 (%) 高 校 卒 業 程 度 中 学 校 卒 業 以 下 高 等 教 育 修 了 ドイツ ポーランド フランス EU 平 均 フィンランド スウェーデン 出 典 : Statistisches Bundesamt Deutschland (2008). Erwerbslosenquoten nach dem erreichten Bildungsniveau im Jahr 2007, Pressemitteilung. Nr.333 vom をもとに 作 成 さて,これまで 功 罪 の 功 の 面 に 着 目 してき たが, 罪 の 面 を 見 逃 すことは 許 されない む しろ, 両 者 は 表 裏 一 体 をなしている まず, 失 業 問 題 との 関 係 では, 仮 に 様 々な 対 策 の 結 果, 底 辺 層 を 中 心 とする 若 者 の 学 力 が 向 上 した 場 合,それは 本 当 に 期 待 されてい るほど 就 業 の 機 会 を 増 やすかという 問 題 があ る たしかに 学 歴 と 失 業 率 のあいだに 明 らか な 関 係 があり, 現 状 において 学 力 と 失 業 率 の あいだに 相 関 関 係 が 見 られるとしても, 失 業 率 を 決 めるのは 基 本 的 には 市 場 が 生 み 出 す 雇 用 の 数 であり, 底 辺 の 生 徒 の 学 力 の 底 上 げが 彼 らの 雇 用 をもたらす 保 証 は 存 在 しないので はないだろうか こうした 見 解 に 対 して,ピサの 総 括 責 任 者 であるシュライヒャーは,その 得 点 が 25 点 上 がれば,2030 年 には 約 1%,2050 年 には 約 3%,そして 2110 年 には 35% 前 後 ( 最 低 16%, 最 高 50% 以 上 ) 経 済 成 長 率 を 押 し 上 げ る 効 果 があるとの 試 算 を 発 表 し 5,いま 教 育 に 予 算 を 投 入 して 学 力 を 向 上 させることで 長 期 的 に 大 きなリターンを 得 るよう 提 言 する つ まり, 国 民 全 体 の 学 力 が 上 がれば 雇 用 も 創 出 されるという 考 え 方 である 同 様 の 主 張 は 民 間 の 研 究 機 関 によってもな されている Figure 1 によれば, 今 すぐに 学 校 改 革 を 行 なって 低 学 力 者 を 9 割 減 らさない と,20 年 後 には 690 億 ユーロつまり 約 7 兆 円 の 経 済 的 な 損 失 が 出 て,2090 年 にはそれは 約 300 兆 円 にも 上 るということになる ここ では, 提 言 は 警 告 ないし 脅 迫 に 変 わっている と 言 って 良 いだろう シュライヒャーは, 自 らの 予 測 について, それを 過 去 60 年 の OECD 諸 国 のデータから 導 いた 結 果 であると 述 べているが,その 結 果 から 各 国 に 対 して 政 策 提 言 を 行 なうことの 妥 当 性 については 検 討 を 要 する まず 世 界 全 体 に 対 する 分 析 結 果 が, 個 々の 諸 国 についてど の 程 度 に 妥 当 するかを 考 えなければならない 特 に 中 小 の 国 家 については, 遠 くない 未 来 に, 教 育 が 経 済 に 対 してなしうる 貢 献 を 吹 き 飛 ば してしまうような 大 きな 変 動 に 見 舞 われる 可 能 性 が 排 除 できない そもそも 60 年 という 期 間 は, 各 国 の 未 来 を 考 えるためのデータを 得 るにはあまりにも 短 かすぎはしないだろう か 5 Schleicher, A. (2010). The long-run economic impact of improvements of learning outcomes, 25. Jan

8 Figure 1 不 十 分 な 教 育 により 失 われる GDP 出 典 : Wößmann, L. & Piopiunik, M. (2009). Was unzureichende Bildung kostet - Eine Berechnung der Folgekosten durch entgangenes Wirtschaftswachstum, Bertelsmann Stiftung, s.10. こうした 疑 念 が 意 味 するのは, 教 育 研 究 者 は, 様 々なデータを 使 いながら 言 わば 費 用 対 効 果 の 予 測 を 嵩 上 げし, 一 種 の 無 駄 な 公 共 事 業 の 旗 振 り 役 をしてしまっているのかもしれ ないということである 教 育 に 携 わる 者 は, 多 くの 場 合, 学 校 教 育 は 極 めて 重 要 であると 考 える そして 自 らが 考 える より 良 い 教 育 を 実 現 するために 必 要 な 予 算 を 要 求 する ここには, 自 らの 存 在 理 由 を 確 認 したいという 欲 求 も 作 用 している だろう そして 万 一, 教 育 に 振 り 向 けられる パイが 小 さくなる 気 配 を 感 じれば,それまで の 予 算 を 確 保 するためにできる 限 りの 努 力 を しがちである こうした 国 内 政 治 的 な 一 面 を, ピサあるいはピサ ショックに 始 まる 低 学 力 論 争 に 見 ないわけにはいかない 仮 に 学 力 向 上 が, 教 育 学 が 決 して 譲 ることのできない 目 標 の 一 つであるとしても,その 目 標 追 求 の 過 程 で 要 求 される 職 業 倫 理 について, 私 たちは 繰 り 返 し 自 問 する 必 要 があろう 第 2 の 罪 も 深 刻 な 問 題 である それは 弱 者 を 救 おうとすると, 社 会 の 画 一 化 を 促 しがち であるということである たとえば 移 民 の 子 どもに 対 するドイツ 語 教 育 の 強 化 は, 移 民 の 地 位 向 上 という 目 的 によって 正 当 化 されるが, そこから,では 多 文 化 主 義 や 多 言 語 主 義 とい う 理 念 はどうなるのかという 別 の 問 題 が 生 じ る たとえば 2010 年 秋,メルケル 首 相 は 多 文 化 主 義 は 失 敗 だったことが 明 らかになった と 述 べて 物 議 をかもした ドイツ 語 の 重 要 性 を 主 張 することは, 現 実 には 移 民 の 母 語 の 学 習 を 軽 視 することにつながりがちである そのほか, 既 述 のようななるべく 生 徒 を 家 庭 に 返 さず, 学 校 にいる 時 間 を 長 くするとい った 考 え 方 も, 原 理 的 には 多 様 性 を 減 らそう とする 発 想 の 延 長 線 上 にあると 考 えられる 経 済 社 会 が 多 文 化 主 義 的 に 構 成 されていな い 以 上, 国 家 が 弱 者 の 経 済 的 な 救 済 に 乗 り 出 せば,それだけ 文 化 的 多 様 性 は 失 われる こ の 経 済 と 文 化 のトレードオフが 解 消 されない 現 状 において,ピサは, 経 済 が 好 調 なときだ けの 多 文 化 主 義 という 実 態 を 明 るみに 出 した と 言 って 良 いだろう 最 後 に, 以 上 の 論 点 を 踏 まえてピサが 持 つ - 8 -

9 意 味 を 改 めて 検 討 するとき,やはりそれが 文 字 通 りショック 療 法 として 機 能 したことを 確 認 せざるを 得 ない ドイツにおいてピサは 決 して 毒 にも 薬 にもならない 政 策 ではなかった 現 実 に,この 間, 教 育 関 連 予 算 はかなりの 増 加 傾 向 を 示 している 6 しかし,これは 納 税 者 が 教 育 研 究 者 の 言 い 分 を 素 直 に 了 解 したことを 意 味 しないだろう メディアリテラシーの 発 達 した 市 民 は, 事 業 予 測 における 費 用 対 効 果 が 嵩 上 げされている 可 能 性 を 見 抜 いている ピサの 開 発 者 は,す でに 人 々の 目 に, 新 手 の 投 資 コンサルタント として 映 っているかもしれない このような 形 でしか, 今 日, 教 育 研 究 は 社 会 に 関 与 できないのだろうか シュライヒャーは, 学 力 と 経 済 成 長 との 関 係 についての 自 らの 予 測 を 発 表 した 最 後 に, データがないなら,あなたは 他 の 単 に 意 見 を 持 っているだけの 人 と 同 じであることを 忘 れるな 7 と 述 べているが,ここに 潜 むトリッ クを 見 破 り,その 上 でそれぞれの 形 で 反 省 的 に 研 究 を 進 めていくことが, 教 育 学 には 求 め られているだろう ドイツのピサ ショックは, 日 本 における 教 育 研 究 のあり 方 にも 大 きな 問 いを 投 げかけ ているのである < 引 用 文 献 > Kahl, R. (2003). Gedankenblitz im Fahrstuhl: Andreas Schleicher, Pisa-Erfinder, Welt Online, (http://www.welt.de/print-welt/article /Gedankenblitz_im_Fahrstuhl_Andre as_schleicher_pisa_erfinder.html, Retrieved on February 10, 2011.) Menke, B. (2011). Einwanderer überschätzen die deutschen Schulen, Spiegel Online. (http://www.spiegel.de/schulspiegel/wiss en/0, 1518,736392,00.html. Retrieved on February 10, 2011.) o. A. (2004). Miesmacher, Andreas Schleicher, Frankfurter Allgemeine Zeitung, Sep , s.10. Schleicher, A. (2010). The long-run economic impact of improvements of learning outcomes, (http://www.oecd.org/document/58/0,3746,en_ _ _ _1_1_ 1_1,00.html. Pdf file retrieved on February 10, 2011.) Statistisches Bundesamt Deutschland (2008). Erwerbslosenquoten nach dem erreichten Bildungsniveau im Jahr 2007, Pressemitteilung, Nr.333 vom Statistisches Bundesamt Deutschland (2008). Öffentliche Bildungsangaben im Jahr 2008 bei 92,6 Mrd. Euro, Pressemitteilung, Nr.458 vom Wößmann, L. & Piopiunik, M. (2009). Was unzureichende Bildung kostet - Eine Berechnung der Folgekosten durch entgangenes Wirtschaftswachstum, Bertelsmann Stiftung, s ドイツの 連 邦 州 地 方 公 共 団 体 による 教 育 予 算 の 総 額 は 第 1 回 ピサの 前 の 1995 年 には 759 億 ユーロだったが 2005 年 には 867 億 ユーロに また 2007 年 には 926 億 ユーロへと 増 大 した これは 12 年 のあいだに 2 割 以 上 増 加 したことを 意 味 す る (Statistisches Bundesamt Deutschland (2008). Öffentliche Bildungsangaben im Jahr 2008 bei 92,6 Mrd. Euro, Pressemitteilung. Nr.458 vom ) 7 Schleicher, a.a.o

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 2004 年 11 月 26 日 発 行 地 方 税 の 国 際 比 較 ~ 三 位 一 体 の 改 革 の 税 源 移 譲 に 向 けての 留 意 点 ~ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 はじめに 地 方 税 財 政 における 三 位 一 体 の 改 革 の 具 体 像 を 固 める

More information

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響 子 育 て 世 帯 に 対 する 手 当 等 と 扶 養 控 除 縮 減 の 影 響 ~ 最 近 の 制 度 改 変 に 伴 う 所 得 別 の 影 響 試 算 ~ 調 査 情 報 担 当 室 鈴 木 克 洋 1.はじめに 子 育 て 世 帯 に 対 する 支 援 ( 子 育 て 支 援 )の 充 実 が 政 策 課 題 の 一 つとなってい る この 子 育 て 支 援 は 次 代 の 社 会 を

More information

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学 島 根 大 学 法 文 学 部 1. 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 1-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 1-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 1-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 1-10 分 析 項 目 Ⅴ 進 路 就 職 の

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

タイトル

タイトル 経 済 トレンド 子 ども 手 当 ての 意 義 を 考 える ~ 拙 速 な 廃 止 は 将 来 の 労 働 力 を 質 量 の 両 面 から 減 少 させることに~ 経 済 調 査 部 柵 山 順 子 ( 要 旨 ) 東 日 本 大 震 災 の 復 興 財 源 案 の 一 つとして 子 ども 手 当 ての 廃 止 が 議 論 されている 子 ども 手 当 て 廃 止 が 様 々な 世 帯 にどのような

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63> 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 会 議 記 録 平 成 21 年 4 月 23 日 ( 木 ) 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 概 要 Ⅰ 日 時 平 成 2 1 年 4 月 2 3 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 Ⅱ 場 所 都 道 府 県 会 館 1 階 1 0 1 大 会 議 室 Ⅲ 会 議 次 第 1 開 会 2 座

More information

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に 第 192 回 産 業 セミナー 社 会 保 障 の 公 的 負 担 現 状 と 課 題 前 川 聡 子 財 政 社 会 保 障 制 度 研 究 班 研 究 員 経 済 学 部 教 授 はじめに 野 田 政 権 発 足 後 社 会 保 障 財 源 の 確 保 を 目 的 とした 消 費 税 増 税 を 実 現 する 方 向 で 議 論 が 着 々 と 進 められている 既 に 消 費 税 ( 国 税

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材 PISA 型 読 解 力 向 上 へ 授 業 改 善 説 明 的 文 章 取 組 み 通 熊 本 市 立 壺 川 小 学 校 佐 藤 俊 幸 目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有

More information

会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真 平 成 23 年 1 月 10 日 受 付 要 旨 ド イ ツ で は 日 本 に お け

会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真 平 成 23 年 1 月 10 日 受 付 要 旨 ド イ ツ で は 日 本 に お け ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 会 津 大 学 短 期 大 学 部 産 業 情 報 学 科 石 光 真 会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx 地 方 法 人 課 税 関 係 資 料 資 料 1 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 改 革 の 趣 旨 欧 米 各 国 も 行 ってきたように 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる ことにより 法 人 課 税 を 成 長 志 向 型 の 構 造 に 変 える より 広 く 負 担 を 分 かち 合 い 稼 ぐ 力 のある 企 業 等 の 税 負

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

untitled

untitled 国 家 公 務 員 の 人 件 費 削 減 問 題 の 動 向 と 今 後 の 課 題 1.はじめに さえき みちこ 総 務 委 員 会 調 査 室 佐 伯 道 子 民 主 党 が 平 成 21 年 8 月 の 衆 議 院 議 員 総 選 挙 及 び 平 成 22 年 7 月 の 参 議 院 議 員 通 常 選 挙 の マニフェストに 国 家 公 務 員 の 総 人 件 費 を2 割 削 減 することを

More information

機能面に着目した保育所の環境・空間に係る研究事業

機能面に着目した保育所の環境・空間に係る研究事業 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 少 子 化 対 策 特 別 部 会 保 育 第 一 専 門 委 員 会 平 成 21 年 9 月 8 日 参 考 資 料 2 機 能 面 に 着 目 した 保 育 所 の 環 境 空 間 に 係 る 研 究 事 業 研 究 結 果 の 概 要 平 成 21 年 3 月 社 会 福 祉 法 人 全 国 社 会 福 祉 協 議 会 1. 調 査 研 究 事 業 の

More information

第6分科会

第6分科会 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 ( 教 育 ) 平 成 23 年 7 月 19 日 自 由 民 主 党 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 はじめに 戦 後 のわが 国 の 教 育 は 教 育 水 準 の 向 上 を 通 じ 経 済 社 会 の 発 展 に 貢 献 してきた その 中 で 自 由 民 主 党 は 左 翼 思 想 に 支 配 された 日 本 教 職 員 組 合 が

More information

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc 茨 城 県 域 に お け る 自 治 体 職 員 情 報 共 有 シ ス テ ム の 構 築 ~ つ な が っ ぺ! い ば ら き ~ 平 成 2 4 年 度 行 政 課 題 研 究 講 座 第 3 班 笠 間 市 行 政 経 営 課 主 事 石 塚 貴 則 筑 西 市 生 涯 学 習 課 主 事 齋 川 亮 つ く ば み ら い 市 税 務 課 主 事 井 砂 浩 次 茨 城 県 企 業

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額 ISSN 2187-1329 税 務 事 例 研 究 Vol. 148 2015/11 法 人 税 みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 所 得 税 必 要 経 費 判 定 における 債 務 の 確 定 の 意 義 田 中 治 資 産 税 重 婚 的 内 縁 関 係 をめぐる 相 続 税 法 上 の 課 税 関 係 高 野 幸 大 公 益 財 団 法 人 日 本

More information

(RS - 8 2 9 ) 禁 複 製 総 選 挙 直 前 ドイツのいまを 読 む 3 1 年 前 倒 しとなった 総 選 挙 ドイツの 現 状 を 探 る 本 来 なら 来 年 の 予 定 だったドイツの 総 選 挙 が 今 年 9 月 18 日 に 実 施 の 予 定 だ 与 党 の 人 気 が 低 迷 地 方 選 挙 で 敗 北 続 きとなり シュレーダー 首 相 が 議 会 の 解 散 総

More information

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去 2014 年 6 月 27 日 政 府 の 15 事 例 に 関 する 見 解 憲 法 総 合 調 査 会 安 全 保 障 総 合 調 査 会 民 主 党 は 3 月 4 日 に 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 憲 法 解 釈 の 変 更 に 関 する 見 解 をとりまとめて 以 降 も 安 保 法 制 懇 の 報 告 やその 後 の 総 理 発 言 政 府 から 与 党 への 15 事 例 の

More information

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請 File.4 < 判 決 原 文 > 生 計 を 一 に す る 妻 へ の 税 理 士 報 酬 と 必 要 経 費 - 宮 岡 事 件 - 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 13 年 ( 行 ウ ) 第 423 号 平 成 15 年 7 月 16 日 判 決 ( TAINS 判 例 検 索 Z253-9393 税 務 訴 訟 資 料 253 号 順 号 9393 判 例 時 報 1891 号

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか-

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか- スウェーデン 企 業 におけるワーク ライフ バランス 調 査 ----- 従 業 員 の 育 児 休 業 にどう 対 応 しているか 1 スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 と 取 得 状 況 (1)スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 (イ) 育 児 休 業 制 度 の 概 要 育 児 休 業 は 両 親 合 わせて 480 労 働 日 ( 約 1 年 10 ヶ 月 に 相 当 ) 取 得

More information

たことも 今 後 のエネルギ 政 策 を 考 える 上 で 重 要 である (この 投 票 結 果 は 若 者 はインター ネットなどで メディア 以 外 の 情 報 を 比 較 的 多 く 入 手 しているからとも 考 えられる) アンケート 結 果 の 15% 以 下 という 数 値 が 3.1

たことも 今 後 のエネルギ 政 策 を 考 える 上 で 重 要 である (この 投 票 結 果 は 若 者 はインター ネットなどで メディア 以 外 の 情 報 を 比 較 的 多 く 入 手 しているからとも 考 えられる) アンケート 結 果 の 15% 以 下 という 数 値 が 3.1 私 の 意 見 政 治 家 への 期 待 碇 本 岩 男 1 まえがき 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 の 事 故 から 約 3 年 が 経 過 し 多 くの 科 学 的 客 観 的 事 実 が 明 らか になっているにも 関 わらず 相 変 わらず 恣 意 的 ( 間 違 った) 情 報 を 鵜 呑 みにし 脱 原 発 を 安 易 に 口 にする 政 治 家 がいる エネルギ 政 策 原

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 2004 年 10 月 22 日 発 行 来 港 中 国 人 旅 行 者 の 増 加 と 香 港 経 済 本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 E-mail hiroshi.inagaki@mizuho-cb.com 活 気 を 取 り 戻 す 香 港 観 光 セクター 香 港

More information

の 実 施 目 的 プログラムの 内 容 方 法 を 整 理 し 中 国 における 教 員 の 課 題 を 示 す 2 中 国 に お け る 教 員 政 策 の 変 容 (1) 1 9 8 0 年 代 に お け る 教 員 の 政 策 1980 年 代 小 中 高 等 学 校 に お い て は

の 実 施 目 的 プログラムの 内 容 方 法 を 整 理 し 中 国 における 教 員 の 課 題 を 示 す 2 中 国 に お け る 教 員 政 策 の 変 容 (1) 1 9 8 0 年 代 に お け る 教 員 の 政 策 1980 年 代 小 中 高 等 学 校 に お い て は 教 員 の 資 質 向 上 に 関 す る 国 際 動 向 中 国 に お け る 教 員 の 現 状 と 課 題 張 揚 ( 北 海 道 大 学 ) 1 はじめに 1980 年 代 に 入 っ て 以 降 中 国 政 府 は 教 育 の 拡 充 発 展 に 努 め た が 教 育 水 準 は 低 迷 し 続 けた 1983 年 教 育 部 は 小 中 高 等 学 校 教 員 陣 の 調 整 整 理

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」 中 国 における 地 方 財 政 問 題 と 地 方 債 発 行 の 実 行 可 能 性 についての 研 究 李 建 偉 中 国 国 務 院 発 展 研 究 中 心 マクロ 経 済 研 究 部 副 処 長 1. 中 国 の 地 方 財 政 が 直 面 している 主 要 な 問 題 1.1. 分 税 制 改 革 実 施 後 中 央 と 地 方 における 財 政 管 理 権 と 事 務 処 理 権 の

More information

業 においては 減 産 を 口 実 とした 人 員 削 減 を 加 速 させている 自 動 車 業 界 においては トヨタの2009 年 3 月 期 の 連 結 業 績 予 想 は4500 億 円 減 で 派 遣 期 間 従 業 員 の 削 減 は4100 名 ホンダは1400 億 円 の 損 益

業 においては 減 産 を 口 実 とした 人 員 削 減 を 加 速 させている 自 動 車 業 界 においては トヨタの2009 年 3 月 期 の 連 結 業 績 予 想 は4500 億 円 減 で 派 遣 期 間 従 業 員 の 削 減 は4100 名 ホンダは1400 億 円 の 損 益 新 自 由 主 義 派 の 詭 弁 を 許 すな! 3 月 1 日 に 放 映 されたテレビ 朝 日 の サンデープロジェクト に 登 場 した 竹 中 平 蔵 元 総 務 省 は アメリカ 型 資 本 主 義 が 破 綻 したのではなく 社 会 民 主 主 義 や 中 国 の 経 済 も 崩 壊 した との 詭 弁 を 弄 して 1980 年 代 から 採 用 されてきた 新 自 由 主 義 経

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

GSS1602_P024-034.indd

GSS1602_P024-034.indd 論 文 中 国 株 式 市 場 における 増 資 形 態 の 特 殊 性 同 志 社 大 学 経 済 学 研 究 科 教 授 新 関 三 希 代 同 志 社 大 学 経 済 学 研 究 科 後 期 課 程 兪 傑 1.はじめに 中 国 株 式 市 場 では 経 済 発 展 に 伴 う 資 金 需 要 の 大 幅 な 伸 びを 背 景 に 有 償 増 資 が 活 発 に 行 われている 日 本 や 米

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037>

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037> 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 平 成 27 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は じ め に 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は 自 動 車 の 生 産 販 売 使 用 の 各 段 階 にわたる 総 合 団 体 として クルマ 社 会 の 健 全 な 発 展 に 貢 献 し 持 続 可 能 な 社 会 の

More information

2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤 氏 の 学 位 論 文 審 査 が 実 施 された まず 周 家 彤 氏 から 本 審 査 の 申 請 の 際 に 提 出 した 履 歴 書 の

2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤 氏 の 学 位 論 文 審 査 が 実 施 された まず 周 家 彤 氏 から 本 審 査 の 申 請 の 際 に 提 出 した 履 歴 書 の 様 式 D 学 位 記 番 号 甲 第 45 号 氏 名 周 家 彤 論 文 題 目 長 春 市 における 満 州 国 旧 祉 群 の 保 存 と 変 遷 学 位 審 査 委 員 主 査 西 尾 林 太 郎 副 査 谷 澤 明 副 査 馬 場 毅 2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤

More information

会議顛末書

会議顛末書 件 名 第 6 次 総 合 計 画 策 定 に 関 す る 第 1 回 市 民 懇 談 会 ( 長 山 中 学 校 区 ) 年 月 日 平 成 2 2 年 1 1 月 2 1 日 ( 日 ) 時 間 午 後 1 時 0 0 分 ~2 時 4 5 分 場 所 松 葉 地 区 公 民 館 市 民 3 8 名 ( 男 性 3 2 名 女 性 6 名 ) 出 席 者 川 村 企 画 財 務 部 長 企 画

More information

年収1,000万円前後の層に負担増が集中する

年収1,000万円前後の層に負担増が集中する 税 制 A to Z 2014 年 1 月 28 日 全 12 頁 年 収 1,000 万 円 前 後 の 層 に 負 担 増 が 集 中 する 平 成 26 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 所 得 税 )と 家 計 関 連 の 予 算 の 解 説 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 本 稿 は 平 成 26 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 以 下 大 綱 )のうち

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63> 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

中国の環境汚染と日中環境協力

中国の環境汚染と日中環境協力 2013 年 5 月 1 日 全 6 頁 中 国 の 環 境 汚 染 と 日 中 環 境 協 力 常 務 理 事 金 森 俊 樹 [ 要 約 ] 本 年 初 から 北 京 を 始 めとする 中 国 各 地 で 大 気 中 の PM2.5( 直 径 2.5 マイクロメートル の 微 粒 子 中 国 では 正 式 名 称 として 細 顆 粒 物 と 呼 ぶようになっている)の 値 が 急 上 昇 し 改

More information

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

文部科学省規制に関する評価書-平成19年度- 学校安全に関する規制(評価結果)

文部科学省規制に関する評価書-平成19年度- 学校安全に関する規制(評価結果) 学 校 安 全 に 関 する 規 制 ( 学 校 保 健 安 全 法 案 第 27 条 第 28 条 第 29 条 ) 主 管 課 ( 課 長 名 ) 文 部 科 学 省 スポーツ 青 少 年 局 学 校 健 康 教 育 課 ( 課 長 : 作 花 文 雄 ) 関 係 課 ( 課 長 名 ) 施 策 目 標 及 び 達 成 目 標 施 策 目 標 2-5 健 やかな 体 の 育 成 児 童 生 徒

More information

研究紀要.indd

研究紀要.indd 教 育 実 践 研 究 17,2012 25 理 科 教 育 の 読 解 力 育 成 における 研 究 - 概 念 の 形 成 過 程 を 中 心 として- A study on the Improvement of Reading Literacy in Science Education: Focusing on the Concept Formation Process 中 島 雅 子 NAKAJIMA

More information

審 査 請 求 人 は, 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 に 付 された 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 357 号 に 係 る 事 件 の 証 拠 を 収 集 する 目 的 で 本 件 文 書 を 請 求 した 当 該 事 件 については, 審 査 会 の 結 論

審 査 請 求 人 は, 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 に 付 された 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 357 号 に 係 る 事 件 の 証 拠 を 収 集 する 目 的 で 本 件 文 書 を 請 求 した 当 該 事 件 については, 審 査 会 の 結 論 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 26 年 10 月 24 日 及 び 平 成 27 年 1 月 26 日 ( 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 576 号 及 び 平 成 27 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 28 号 ) 答 申 日 : 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 平 成 27 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 45 号 及 び 同 第 46

More information

具 体 的 な 交 渉 内 容 1 6 月 期 期 末 手 当 及 び 勤 勉 手 当 について 協 議 の 要 旨 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 について 算 定 基 礎 月 収 額 の 2.30か 月 分 プラス2 万 円 の 組 合 から の 要 求 に 対 して 当 局 は 給 与 条

具 体 的 な 交 渉 内 容 1 6 月 期 期 末 手 当 及 び 勤 勉 手 当 について 協 議 の 要 旨 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 について 算 定 基 礎 月 収 額 の 2.30か 月 分 プラス2 万 円 の 組 合 から の 要 求 に 対 して 当 局 は 給 与 条 = 尼 崎 市 職 員 労 働 組 合 との 交 渉 状 況 = 平 成 27 年 度 第 1 号 通 算 第 540 号 平 成 27 年 6 月 17 日 尼 崎 市 役 所 総 務 局 人 事 管 理 部 給 与 課 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 及 び 平 成 27 年 度 の 欠 員 等 について 6 月 8 日 午 後 3 時 から 午 後 5 時 まで 中 央 公 民 館 小 ホールにおいて

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

103 万 円 /130 万 円 の 壁 は 全 国 一 律 で 良 いのか? はじめに 筆 者 は 最 低 賃 金 の 額 は 物 価 に 合 わせて 都 道 府 県 によって 異 な るのに 多 くのパートタイマーが 働 く 時 間 の 基 準 とする 103 万 円 /130 万 円 の 壁

103 万 円 /130 万 円 の 壁 は 全 国 一 律 で 良 いのか? はじめに 筆 者 は 最 低 賃 金 の 額 は 物 価 に 合 わせて 都 道 府 県 によって 異 な るのに 多 くのパートタイマーが 働 く 時 間 の 基 準 とする 103 万 円 /130 万 円 の 壁 103 万 円 /130 万 円 の 壁 は 全 国 一 律 で 良 いのか? 曽 根 涼 平 目 次 はじめに 2 Ⅰ 配 偶 者 控 除 について 2 Ⅱ 最 低 賃 金 制 度 4 Ⅲ 計 算 6 1 先 行 文 献 6 2 検 証 7 3 GDPの 計 算 11 おわりに 15-1 - 103 万 円 /130 万 円 の 壁 は 全 国 一 律 で 良 いのか? はじめに 筆 者 は 最

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031362E30342E30315F91E5924A91E58A77925A8AFA91E58A7795948A7791A5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031362E30342E30315F91E5924A91E58A77925A8AFA91E58A7795948A7791A5> 大 谷 大 学 短 期 大 学 部 学 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 大 谷 大 学 短 期 大 学 部 ( 以 下 本 学 という )は 教 育 基 本 法 及 び 学 校 教 育 法 による 短 期 大 学 として 仏 教 の 精 神 に 基 づき 職 業 に 必 要 な 専 門 教 育 を 施 し 教 養 ある 有 能 な 社 会 人 を 育 成 することを 目 的 とする

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

№ 平 成 26 年 度 保 険 事 例 研 究 会 実 施 予 定 ( 東 京 ) 平 成 26 年 4 月 実 施 日 報 告 者 研 究 課 題 内 容 備 考 1 平 成 26 年 5 月 14 日 ( 水 ) 複 数 の 保 険 契 約 に 1 事 件 複 数 の 保 険 契 約 に 基 づく 解 約 返 戻 金 請 求 権 他 を 弁 護 士 濱 口 善 紀 氏 (1 事 件 ) 東 京 高

More information

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx 要 旨 本 論 文 の 目 的 は, 日 本 企 業 の 人 材 マネジメントとしての 育 児 期 従 業 員 に 対 する 両 立 支 援 施 策 とその 運 用 が, 育 児 期 の 女 性 正 社 員 の 定 着 と 動 機 づけにもつ 影 響 とそのメカニズムに ついて 理 論 的 に 考 察 し, 実 証 を 行 うことにある. 本 論 での 両 立 支 援 施 策 は, 主 に, 従 業

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

Taro-学校だより学力調査号.jtd

Taro-学校だより学力調査号.jtd 第 5 号 ( H2 7. 1 1. 1 7 ) 舞 鶴 小 学 校 ま い づ る 発 行 人 大 澤 正 史 本 校 の 学 習 状 況 に つ い て ( 今 年 度 6 年 生 が 実 施 し た 全 国 学 力 学 習 状 況 調 査 の 結 果 ) 今 年 度 の 全 国 学 A1 2007 年 よ り 日 本 全 国 の 小 中 学 校 の 最 高 学 年 ( 小 学 6 年 力 学

More information

テストです

テストです 2011 年 ( 平 成 23 年 )2 月 25 日 国 際 的 な 子 の 奪 取 の 民 事 面 に 関 する 条 約 の 批 准 についての 意 見 書 大 阪 弁 護 士 会 会 長 金 子 武 嗣 第 1 趣 旨 政 府 は,ハーグ 国 際 私 法 会 議 において 制 定 された 国 際 的 な 子 の 奪 取 の 民 事 面 に 関 する 条 約 ( 以 下 ハーグ 条 約 という

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) 連 合 : 新 谷 信 幸 ( 連 合 総 合 労 働

More information

目 次 Ⅰ 研 究 テ ー マ 設 定 理 由 85 Ⅱ 研 究 目 標 85 Ⅲ 研 究 仮 説 86 1 基 本 仮 説 2 作 業 仮 説 Ⅳ 研 究 構 想 図 86 Ⅴ 研 究 内 容 86 1 数 学 的 な 見 方 考 え 方 に つ い て (1) 数 学 的 な 見 方 や 考 え

目 次 Ⅰ 研 究 テ ー マ 設 定 理 由 85 Ⅱ 研 究 目 標 85 Ⅲ 研 究 仮 説 86 1 基 本 仮 説 2 作 業 仮 説 Ⅳ 研 究 構 想 図 86 Ⅴ 研 究 内 容 86 1 数 学 的 な 見 方 考 え 方 に つ い て (1) 数 学 的 な 見 方 や 考 え 数 学 的 な 見 方 や 考 え 方 を 育 む 数 学 的 活 動 の 工 夫 ~ 資 料 の 活 用 領 域 におけるICT 活 用 を 通 して~ 研 究 のキーワード 統 計 的 な 見 方 や 考 え 方 統 計 ソフト stathist 表 計 算 ソ フト Excel 学 び 合 い 那 覇 市 立 首 里 中 学 校 教 諭 山 里 毅 目 次 Ⅰ 研 究 テ ー マ 設 定 理

More information

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた 拉 致 被 害 者 等 への 今 後 の 支 援 策 の 在 り 方 について( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 8 月 拉 致 問 題 対 策 本 部 関 係 省 庁 拉 致 問 題 連 絡 会 ( 支 援 幹 事 会 ) 目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2)

More information

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 参 考 資 料 1 ( 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 ) 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 した 成 長 志 向 の 法 人

More information

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し 整 理 解 雇 の 実 務 労 務 管 理 Ⅰ 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 1. 整 理 解 雇 の 効 果 2. 整 理 解 雇 の 問 題 点 Ⅱ 整 理 解 雇 の 実 施 手 順 1. 解 雇 基 準 の 決 定 2. 解 雇 実 施 の 発 表 3. 解 雇 者 の 人 選 4. 解 雇 の 予 告 5. 解 雇 辞 令 の 交 付 Ⅲ 労 働 組 合 との 関 係 1.

More information

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

こ の 印 刷 物 は 国 等 に よ る 環 境 物 品 等 の 調 達 の 推 進 等 に 関 す る 法 律 ( グ リ ー ン 購 入 法 ) に 基 づ く 基 本 方 針 の 判 断 の 基 準 を 満 た す 紙 を 使 用 し て い ま す リ サ イ ク ル 適 正 の 表 示

こ の 印 刷 物 は 国 等 に よ る 環 境 物 品 等 の 調 達 の 推 進 等 に 関 す る 法 律 ( グ リ ー ン 購 入 法 ) に 基 づ く 基 本 方 針 の 判 断 の 基 準 を 満 た す 紙 を 使 用 し て い ま す リ サ イ ク ル 適 正 の 表 示 平 成 23 年 度 環 境 経 済 の 政 策 研 究 持 続 可 能 な 発 展 の た め の 新 し い 社 会 経 済 シ ス テ ム の 検 討 と そ れ を 示 す 指 標 群 の 開 発 に 関 す る 研 究 最 終 研 究 報 告 書 平 成 24 年 3 月 京 都 大 学 上 智 大 学 九 州 大 学 農 林 水 産 政 策 研 究 所 名 古 屋 学 院 大 学 こ の

More information

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 項 目 平 成 28 年 8 月 金 融 庁 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 金 融 所 得

More information

新たな在留管理制度・外国人住民基本台帳制度に関する各市区町村に対するアンケート結果をふまえての意見書

新たな在留管理制度・外国人住民基本台帳制度に関する各市区町村に対するアンケート結果をふまえての意見書 2012 年 6 月 7 日 新 たな 在 留 管 理 制 度 外 国 人 住 民 基 本 台 帳 制 度 に 関 する 各 市 区 町 村 に 対 する アンケート 結 果 をふまえての 意 見 書 東 京 弁 護 士 会 会 長 斎 藤 義 房 当 会 は 本 年 7 月 9 日 に 予 定 されている 新 たな 在 留 管 理 制 度 ( 以 下 新 在 管 制 度 という) 及 び 外 国

More information

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援 パ レ 団 展 望 示 運 道 示 C T S 章 習 料 章 粋 像 根 歴 史 ざ 閣 造 次 チ ャ レ 唱 億 総 躍 兼 チ ャ レ 是 掃 述 画 視 建 害 調 査 慣 習 公 表 織 三 式 採 I L 際 踏 府 映 建 委 薦 貴 族 建 ぽ 歯 措 加 承 認 降 図 退 ド ド 是 常 流 ぜ ぜ ざ ざ 表 側 閣 僚 公 歴 然 蔵 岩 盤 直 難 習 料 狙 障 配 番

More information

001-014.indd

001-014.indd 0 0 6 版 始 バ ブ 日 本 取 巻 済 向 伴 市 変 化 対 応 0 0 8 版 0 0 版 0 版 ご 改 重 ね 回 第 5 弾 版 0 版 バ ブ 異 功 97 コ セ 見 開 ペ タ 97 項 目 説 明 将 来 次 視 野 入 ど ざ 状 況 ビ ネ パ ソ 皆 役 立 月 ダ ボ 議 参 加 竹 平 蔵 慶 應 義 塾 学 教 授 六 本 木 ヒ ズ 月 末 開 催 セ ミ ナ

More information

労働市場から消えた25~44歳男性

労働市場から消えた25~44歳男性 経 済 社 会 構 造 分 析 レポート 経 済 構 造 分 析 レポート No.43 労 働 市 場 から 消 えた 25~44 歳 男 性 地 域 間 で 広 がる 格 差 抱 える 問 題 はそれぞれ 異 なる 2016 年 4 月 8 日 全 16 頁 経 済 調 査 部 研 究 員 山 口 茜 [ 要 約 ] 25~44 歳 女 性 就 業 率 は この 30 年 間 で 上 昇 傾 向

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83748346835883675F92F18CBE967B95B6814589FC92F994C55B315D205F8F43959C8DCF82DD5F2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83748346835883675F92F18CBE967B95B6814589FC92F994C55B315D205F8F43959C8DCF82DD5F2E646F6378> マニフェストをどう 読 むべきか - 国 民 の 問 いかける 力 こそが 政 策 をつくる- はじめに 東 京 財 団 研 究 員 政 策 プロデューサー 亀 井 善 太 郎 / 佐 藤 孝 弘 / 冨 田 清 行 本 提 言 は 眼 前 に 迫 る 国 政 選 挙 を 迎 えるにあたって 日 本 国 民 一 人 一 人 がマニフェストを 読 む 際 念 頭 におくべき 考 え 方 をまとめたものである

More information

表紙.indd

表紙.indd コミュニティ 通 訳 の つなぐ 行 為 にみる 橋 渡 しとは 三 木 紅 虹 みなみ 市 民 活 動 多 文 化 共 生 ラウンジ コーディネーター NPO 法 人 MICかながわ 中 国 語 医 療 通 訳 はじめに 近 年 各 自 治 体 や 国 際 交 流 協 会 など 民 間 団 体 において コミュニティ 通 訳 が 無 視 できない 存 在 となりつつあるが その 人 材 の 育 成

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

のシステムは 以 下 の 点 を 特 色 とする 3 1 職 員 採 用 は 職 (ポスト)に 空 席 が 生 じた 場 合 に 行 われる 即 戦 力 が 要 求 されるため 採 用 対 象 は 新 規 学 卒 者 に 限 らず 社 会 一 般 に 広 く 求 められる 採 用 者 に 求 められ

のシステムは 以 下 の 点 を 特 色 とする 3 1 職 員 採 用 は 職 (ポスト)に 空 席 が 生 じた 場 合 に 行 われる 即 戦 力 が 要 求 されるため 採 用 対 象 は 新 規 学 卒 者 に 限 らず 社 会 一 般 に 広 く 求 められる 採 用 者 に 求 められ 海 外 主 要 国 における 地 方 公 務 員 採 用 制 度 について( 第 1 部 ) 早 稲 田 大 学 大 学 院 公 共 経 営 研 究 科 大 谷 基 道 1 はじめに 日 本 の 地 方 自 治 体 においては 多 様 化 高 度 化 する 行 政 ニーズに 的 確 かつ 迅 速 に 対 応 す るため 外 部 の 有 為 な 人 材 を 機 動 的 に 採 用 することの 重 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5> 年 金 額 分 布 にみられる 公 的 年 金 制 度 の 発 展 の 足 跡 稲 垣 誠 一 ( 一 橋 大 学 経 済 研 究 所 ) ( 要 旨 ) わが 国 の 公 的 年 金 制 度 は 1961 年 の 国 民 年 金 制 度 の 創 設 によって 皆 年 金 制 度 が 実 現 され その 後 の 幾 度 にもわたる 制 度 改 正 とりわけ 1985 年 改 正 による 再 編 を

More information

主 文 被 告 らは, 武 蔵 野 市 に 対 し, 連 帯 して6 万 5000 円 及 びこれに 対 する 平 成 12 年 11 月 9 日 から 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払 え 原 告 のその 余 の 請 求 を 棄 却 する 訴 訟 費 用 はこ

主 文 被 告 らは, 武 蔵 野 市 に 対 し, 連 帯 して6 万 5000 円 及 びこれに 対 する 平 成 12 年 11 月 9 日 から 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払 え 原 告 のその 余 の 請 求 を 棄 却 する 訴 訟 費 用 はこ 主 文 被 告 らは, 武 蔵 野 市 に 対 し, 連 帯 して6 万 5000 円 及 びこれに 対 する 平 成 12 年 11 月 9 日 から 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払 え 原 告 のその 余 の 請 求 を 棄 却 する 訴 訟 費 用 はこれを5 分 し,その1を 原 告 の 負 担 とし,その 余 は 被 告 らの 負 担 とす る 事

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患 死 亡 病 院 支 際 金 支 払 命 2 審 制 注 務 履 期 待 依 位 援 審 覆 3 棄 却 ⑴

日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患 死 亡 病 院 支 際 金 支 払 命 2 審 制 注 務 履 期 待 依 位 援 審 覆 3 棄 却 ⑴ 概 病 院 医 師 手 術 中 医 療 器 操 患 死 亡 逮 捕 毛 静 岡 秋 魁 以 際 元 医 師 低 死 亡 故 翌 医 療 諸 故 器 操 ミ 器 良 旨 書 所 無 1 医 師 低 請 訴 訟 起 女 子 医 病 院 英 郎 研 究 日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

経 済 利 益 追 求 至 上 主 義 が 今 日 国 際 社 会 で 批 判 を 受 けています これと 表 裏 一 体 の 関 係 を なしているのが 国 内 における 生 産 企 業 重 視 の 政 治 行 政 経 済 体 制 です 本 来 政 治 経 済 も 機 構 制 度 も 生 活 者

経 済 利 益 追 求 至 上 主 義 が 今 日 国 際 社 会 で 批 判 を 受 けています これと 表 裏 一 体 の 関 係 を なしているのが 国 内 における 生 産 企 業 重 視 の 政 治 行 政 経 済 体 制 です 本 来 政 治 経 済 も 機 構 制 度 も 生 活 者 公 明 党 綱 領 一 生 命 生 活 生 存 の 人 間 主 義 公 明 党 は 生 命 生 活 生 存 を 最 大 に 尊 重 する 人 間 主 義 を 貫 き 人 間 人 類 の 幸 福 追 求 を 目 的 とする 開 かれた 国 民 政 党 です 人 類 史 的 転 換 期 と 呼 ばれる 二 十 世 紀 から 二 十 一 世 紀 への 時 代 の 大 転 機 に 立 って 今 日 の 状

More information

発 意 による 調 査 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 調 査 の 趣 旨 ( 要 約 ) 札 幌 市 オブズマ 相 澤 重 明 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 については 持 分 に 関

発 意 による 調 査 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 調 査 の 趣 旨 ( 要 約 ) 札 幌 市 オブズマ 相 澤 重 明 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 については 持 分 に 関 Ⅲ オブズマの 発 意 による 調 査 ( 平 成 25 年 度 ) 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 等 については 持 分 に 関 係 なく 共 有 者 全 員 が 連 帯 納 税 義 務 を 負 っていますが 札 幌 市 の 場 合 共 有 代 表 者 のみに 納 税 通 知 書

More information

平成15年度税制改正の概要

平成15年度税制改正の概要 [ 租 税 判 例 研 究 会 ] 小 規 模 宅 地 / 居 住 の 用 に 供 されていた 宅 地 の 意 義 / 生 活 の 拠 点 第 42 回 2011 年 ( 平 成 23 年 )12 月 2 日 発 表 中 島 孝 一 MJS 租 税 判 例 研 究 会 は 株 式 会 社 ミロク 情 報 サービスが 主 催 する 研 究 会 です MJS 租 税 判 例 研 究 会 についての 詳

More information

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築 優 秀 賞 電 子 マネーと 企 業 ポイントの 新 たな 交 換 システムの 構 築 明 治 大 学 商 学 部 角 野 充 笹 島 康 平 末 吉 紘 季 鈴 木 奈 穂 美 ( 応 募 論 文 の 要 約 ) 近 年 様 々 な 電 子 マ ネ ー や 企 業 ポ イ ン ト が 登 場 し て き て い る が そ れ ら 相 互 間 で の 交 換 性 に は 強 い 制 約 が あ る

More information

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その4)監査結果

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その4)監査結果 平 成 2 8 年 8 月 1 日 問 い 合 わ せ 先 監 査 事 務 局 監 査 事 務 局 総 務 課 電 話 03-5320-7011 知 事 専 用 車 の 使 用 を 違 法 不 当 と し て そ の 使 用 に 要 し た 経 費 の 返 還 を 求 める 住 民 監 査 請 求 (その4) 監 査 結 果 について 東 京 都 監 査 委 員 同 同 同 同 山 加 朱 美 吉

More information

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~ ニッセイ 基 礎 研 究 所 基 礎 研 レポート 2016-02-05 配 偶 者 控 除 見 直 しについて ~ 家 計 の 可 処 分 所 得 への 影 響 ~ 経 済 研 究 部 研 究 員 薮 内 哲 (03)3512-1839 yabuuchi@nli-research.co.jp はじめに 現 在 政 府 は 所 得 税 改 革 に 向 けた 総 点 検 に 着 手 しており とりわけ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6358D86817591DD8ED891CE8FC6955C82CC8F838E918E5982CC959482CC955C8EA682C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8081762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6358D86817591DD8ED891CE8FC6955C82CC8F838E918E5982CC959482CC955C8EA682C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8081762E646F63> 企 業 会 計 基 準 第 5 号 貸 借 対 照 表 の 純 資 産 の 部 の 表 示 に 関 する 会 計 基 準 平 成 17 年 12 月 9 日 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 会 計 基 準 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業 会 計 基 準 第 21

More information

国 民 年 金 繰 上 げ 受 給 率 の 推 移 17 資 料 出 所 社 会 保 険 事 業 の 概 況 ( 社 会 保 険 庁 )

国 民 年 金 繰 上 げ 受 給 率 の 推 移 17 資 料 出 所 社 会 保 険 事 業 の 概 況 ( 社 会 保 険 庁 ) 満 額 でない 基 礎 年 金 等 の 受 給 権 者 無 年 金 者 が 生 じる 要 因 として 考 えられる 理 由 年 金 の 額 の 算 定 の 基 礎 となる 保 険 料 納 付 済 期 間 が 満 額 受 給 の 期 間 に 満 たないこと 昭 和 61 年 3 月 以 前 に 被 用 者 の 配 偶 者 であった 者 で 国 民 年 金 に 任 意 加 入 しなかった 者 この 場

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。 平 成 2 7 年 度 柏 市 保 健 衛 生 審 議 会 健 康 増 進 専 門 分 科 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 2 7 年 8 月 2 7 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 2 開 催 場 所 ウ ェ ル ネ ス 柏 4 階 大 会 議 室 3 出 席 者 (1 ) 委 員 小 林 正 之 ( 会 長 ), 佐 藤 紀 子 ( 副 会

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information