000_20jacr_program.indb

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "000_20jacr_program.indb"

Transcription

1 The 0th Annual Meeting of the Japanese Association of Cardiac Rehabilitation 第 日目 7 月 9 日 土 9:00 0:00 第 7 会場 日図デザイン博物館 虚血性心疾患 座長 松岡 悟 秋田厚生医療センター循環器科 治田 精一 福山循環器病院 O-00 再灌流療法後の ST 上昇型急性心筋梗塞における心筋サルベージ指数と運動耐容 能との関係 熊谷 直人 藤本 直紀 中森 史朗 石田 正樹 武内 哲史郎 谷村 宗義 佐藤 雄一 杉浦 英美喜 土肥 薫 山田 典一 中村 真潮 佐久間 肇 伊藤 正明 三重大学大学院循環器腎臓内科学 三重大学大学院検査医学講座 三重大学大学院放射線医学 三重 大学大学院臨床心血管病解析学講座 O-00 急性冠症候群患者の冠動脈プラーク退縮と体重変化との関連 横山 美帆 宮内 克己 島田 和典, 蔡 栄龍 荻田 学 久米 淳美 深尾 宏祐 吉原 琢磨 岡崎 真也 塩谷 みき 代田 浩之 O-00 順天堂大学医学部循環器内科 順天堂大学医学部附属順天堂医院健康スポーツクリニック METs 以上の運動耐容能の増加が軽度冠動脈プラークに及ぼす影響 黒瀬 聖司, 堤 博美 山中 裕 新野 弘美 福島 八枝子 日暮 恭子 今井 優 桝田 出 木村 穣 関西医科大学大学院医学研究科健康科学 医仁会武田総合病院疾病予防センター 康生会クリニック 健康運動指導科 武田病院グループ予防医学 EBM センター O-00 急性心筋梗塞に対する心臓リハビリテーションの変化 -8 年前との比較 子安 正純 度会 正人 竹本 憲二 内川 智弘 渡辺 洋樹 加納 直明 平山 賢志 光田 貴之 三浦 絢子 今井 遼 本多 成史 安城更生病院 O-00 心臓リハビリテーション適応患者における施行年代別での生存率の検討 単施 設 0 年以上の心リハ経験より 登 中野 良規 香川 英介 佐々木 正太 加藤 雅也 土手 慶五 真美 中村 公則 若林 昌司 柄松 妙子 大谷 佳子 森田 益子 信雄 中本 久恵 中川 美紀 高橋 裕子 迫本 真希奈 野村 弘美 さつき 広島市立安佐市民病院循環器内科 広島市立安佐市民病院リハビリテーション部 広島市立安佐市民 病院臨床検査部 広島市立安佐市民病院看護部 O-006 当院における 年間の心臓リハビリテーション適応疾患推移と安全性について の検討 小田 登 高永甲 有司 本田 秀子 三浦 勝也 山根 彩 住元 庸二 中野 良規 香川 英介 佐々木 正太 加藤 雅也 土手 慶五 北浦 順也 橘 仁志 荒川 三和 片山 暁 川本 純 広島市立安佐市民病院循環器内科 広島市立安佐市民病院心臓血管外科 77 小田 北川 二宮 近森

2 第 0 回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 O-007 虚血性心疾患患者での喫煙の脈波伝播速度及び血管内皮機能へ及ぼす影響 目黒 健太郎 菊池 達郎 中田 雅也 山下 達也 知念 敏也 藤田 雅樹 慶田 毅彦 大平 洋司 江戸川病院循環器内科 78

3 The 0th Annual Meeting of the Japanese Association of Cardiac Rehabilitation 第 日目 7 月 9 日 土 9:00 0:00 第 8 会場 日図デザイン博物館 心不全 座長 松本 晃裕 十文字学園女子大学人間生活学部食物栄養学科 鰺坂 隆一 厚生労働省 O-008 心不全患者における急性期心臓リハビリテーションの短期効果の検討 柴田 敦 加藤 良一 福崎 真菜 工藤 波子 池渕 充彦 花谷 彰久 葭山 稔 O-009 大阪市立大学医学部附属病院循環器内科学 大阪市立大学医学部附属病院リハビリテーション部 重症心不全患者の外来維持期心臓リハビリテーションの意義 倉富 暁子 横田 元 平松 義博 社会医療法人天神会古賀病院 循環器科 O-00 収縮機能障害を伴った心不全患者における総ビリルビンと運動耐容能の関連に対 する検討 近藤 徹 山田 純生 岩田 悦男 下條 将史 近藤 清乃 平岩 宏章 神崎 泰範 谷村 大輔 加藤 俊昭 佐野 宏明 淡路 喜史 加藤 林也 O-0 名古屋掖済会病院循環器科 名古屋大学大学院医学系研究科 慢性心不全患者の運動耐容能の変化と関連するアミノ酸の検討 諸冨 伸夫 齊藤 正和 石井 典子 伊達 利恵 長山 雅俊 公益財団法人日本心臓血圧研究振興会附属榊原記念病院循環器内科 公益財団法人日本心臓血圧研究 振興会附属榊原記念病院理学療法科 公益財団法人日本心臓血圧研究振興会附属榊原記念病院看護部 O-0 慢性心不全に対する在宅運動リハビリテーション療法の開発 及川 隆司 山内 拓野 大友 康平 独立行政法人国立病院機構八戸病院リハビリテーション科 O-0 高齢心不全患者の腎機能および栄養状態は 6 分間歩行距離と関連する O-0 一宮市立市民病院リハビリテーション室 一宮市立市民病院循環器内科 心不全患者におけるサルコペニアの基礎的検討 高尾 奈那 宮内 拓史 山下 素永 川口 紗苗 那須 加奈子 吉内 佐和子, 玉ノ井 厚子 岩坂 潤二, 木村 穣, 塩島 一朗 関西医科大学附属枚方病院健康科学センター 関西医科大学附属枚方病院循環器内科 関西医科大学 附属枚方病院栄養課 79 中島 宏樹 大川 保昭 久保 寛紀 水野 翔太 柴田 哲男 志水 清和 山田 道治 浅井 徹 安田 信之 森島 幹雄 谷口 俊雄 杉浦 剛志

4 第 0 回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 第 日目 7 月 9 日 土 9:00 0:00 第 会場 特別展示場 A 心不全 座長 米澤 一也 国立病院機構函館病院臨床研究部 池田奈保子 自治医科大学附属さいたま医療センター循環器科 O-0 運動耐容能が低下した慢性心不全患者に対する CRTD の短期予後に対する効果 の検討 宇賀田 裕介 菅原 養厚 池田 奈保子 三橋 武司 百村 伸一 自治医科大学附属さいたま医療センター O-06 心不全再入院の予測因子 Shinken Data Base 00-0 加藤 祐子 櫻田 弘治 氷見 智子 石井 香織 小林 みどり 中嶋 美保子 葉山 恵津子 長山 医 小池 朗 山下 武志 O-07 心臓血管研究所附属病院循環器内科 筑波大学医学医療系 運動耐容能が保たれている慢性心不全患者における生理学的機序についての考察 佐藤 真司 加茂 美由紀 与古田 巨海 大塚 智子 白木 博文 独立行政法人国立病院機構九州医療センター循環器科 臨床研究センター 独立行政法人国立病院機 構九州医療センターリハビリテーション部 独立行政法人国立病院機構九州医療センター看護部 O-08 術前 NYHA 度の弁膜症手術例おける術後早期離床と早期 ADL 獲得における問 題点 古川 博史 本田 威 桑田 憲明 滝内 宏樹 山澤 隆彦 渡部 芳子 柚木 靖弘 田淵 篤 正木 久男 種本 和雄 川崎医科大学心臓血管外科 O-09 慢性心不全患者における身体活動量の意義の検討 但木 壮一郎 坂田 泰彦 福本 義弘 三浦 俊郎 門上 俊明 代田 浩之 6 北風 政史 7 下川 宏明, 東北大学医学研究科循環器内科学 東北大学医学研究科循環器 EBM 開発学寄附講座 久留米大学医 6 学部心臓血管内科学 徳山中央病院総合診療内科 済生会二日市病院循環器内科 順天堂大学大学院 7 医学研究科循環器内科学 国立循環器病研究センター心臓内科学 O-00 慢性心不全患者における COPD の合併と COPD 質問票の意義 田島 佑紗, 木田 圭亮 足利 光平 鈴木 健吾 明石 嘉浩 80 聖マリアンナ医科大学病院臨床研修センター 聖マリアンナ医科大学循環器内科

5 The 0th Annual Meeting of the Japanese Association of Cardiac Rehabilitation 第 日目 7 月 9 日 土 0:00 :00 第 7 会場 日図デザイン博物館 心不全 座長 池田こずえ 篠田総合病院循環器科 松原 達昭 愛知学院大学歯学部内科学講座 O-0 慢性心不全患者の栄養状態が心臓リハビリテーションの進行と日常生活動作の改 善に及ぼす影響 前田 諭志 阿部 史 横澤 詩織 池田 容史範 川初 清典 田中 秀一 菊池 健次郎, 堀田 大介 大堀 克己 O-0 社会医療法人北海道循環器病院理学療法科 社会医療法人北海道循環器病院心臓リハビリセンター 社会医療法人北海道循環器病院循環器内科 社会医療法人北海道循環器病院心臓血管外科 慢性心不全看護認定看護師による心不全外来の現状と今後の方向性 大北 亜樹 前田 理恵 寺岡 美恵 林 清美 妹尾 健 前羽 宏史 岩坂 潤二 木村 穣, 塩島 一朗 関西医科大学附属枚方病院看護部 関西医科大学附属枚方病院循環器内科 関西医科大学附属枚方病 院健康科学センター O-0 当院の心不全リハビリテーションプログラムにおける脱落例について 前田 ゆりこ 成田 芳行 佐々木 孝夫 米澤 一也 柴田 貴子 川村 大輔 筒井 香奈子 独立行政法人国立病院機構函館病院リハビリテーション科 独立行政法人国立病院機構函館病院循環 器科 独立行政法人国立病院機構函館病院看護部 O-0 慢性心不全患者における運動時換気亢進指標の経時的変化に関わる因子の検討 笠原 酉介 井澤 和大 渡辺 敏 長田 尚彦 大宮 一人 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院リハビリテーション部 聖マリアンナ医科大学病院リハビリ テーション部 聖マリアンナ医科大学東横病院循環器内科 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院循 環器内科 O-0 左室収縮能が保持された心不全患者におけるリハビリテーション進行状況の特徴 O-06 社会福祉法人三井記念病院リハビリテーション部 社会福祉法人三井記念病院心臓血管外科 心不全患者の転帰に影響を与える因子の検討 秋元 健太郎 加藤 良和 寺島 周平 鈴木 貴広 青山 誠 佐々木 晴樹 O-07 医療法人渓仁会手稲渓仁会病院リハビリテーション部 医療法人渓仁会手稲渓仁会病院循環器内科 急性期心不全患者における歩行自立阻害要因の検討 下雅意 崇亨 川田 稔 川田 恵 花田 真嘉 浜野 泰三郎 寺山 雅人 高橋 敬介 公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構倉敷中央病院リハビリテーションセンター 8 坂本 純子 秋保 光利 田中 秀輝 大波 佳恵 伊藤 汐里 福田 幸人,

6 第 0 回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 第 日目 7 月 9 日 土 0:00 :00 第 8 会場 日図デザイン博物館 慢性期リハビリテーション 座長 島 孝友 京都第一赤十字病院心臓センター循環器内科 木庭 新治 昭和大学医学部内科学講座 循環器内科学部門 O-08 維持期心臓リハビリテーションについての全国調査結果 小笹 寧子 梅田 陽子 鮑 炳元 吉田 路子 小野原 明子 上嶋 健治 木村 剛 京都大学医学部附属病院循環器内科 京都大学医学部附属病院リハビリテーション部 京都大学医学 部附属病院看護部 京都大学医学部附属病院臨床研究総合センター EBM 推進部 O-09 当院における心筋梗塞後患者における Phase II 心臓リハビリテーションの効果 の検討 藤見 幹太 藤田 政臣 浦 善之 戒能 宏治 西川 宏明 杉原 允 池 周而 三浦 伸一郎 堀田 朋恵 赤木 智子 河野 博子 松田 拓朗 田中 宏暁 朔 啓二郎 福岡大学病院循環器内科 福岡大学病院リハビリテーション部 福岡大学病院栄養部 福岡大学病院 看護部 福岡大学スポーツ科学部 O-00 外来心臓リハビリテーションを頻回に行うことの効果の検討 高橋 夏来 松下 純一 古味 操 鈴木 伸 中田 亮輔 O-0 永頼会松山市民病院循環器内科 永頼会松山市民病院リハビリテーション部 狭心症 PCI 施行患者に対する包括的心臓リハビリテーション導入に至る現状と 課題 吉永 弥生 森下 好美 森廣 和久 芝田 達郎 山口 真由 耳野 亜衣 大橋 麻希 伊東 志穂 森下 浩 もりした循環器科クリニック看護部 同放射線科 同心臓フィットネスセンター 同栄養科 同循 環器内科 O-0 経皮的冠動脈形成術後患者における継続的運動療法と心血管イベントとの関係 松岡 昌彦 浦川 由佳 船田 幸奈 宮崎 慎二郎 岡崎 智哉 河上 良 松元 一郎 KKR 高松病院心臓リハビリテーション室 O-0 在宅運動療法において心拍数計を用いた運動量適正化の試み 伊達 歩 島村 浩平 長谷部 直幸 奥地 奈緒 呂 隆徳 朝野 裕一 橋口 里美 竹中 道子 矢羽々 みえ子 吉田 直樹 大田 哲生 旭川医科大学病院循環呼吸神経内科学講座 旭川医科大学リハビリテーション部 旭川医科大学循環 器内科外来看護部 旭川医科大学リハビリテーション科 O-0 病院間連携による開心術後回復期心臓リハビリテーションの効果と課題 舩田 淳一 芳内 美和 土手 純治 松田 真紀 是沢 光子 大石 真理 藤田 鉄平 岩田 猛 国立病院機構愛媛医療センター循環器内科 国立病院機構愛媛医療センター看護部 国立病院機構愛 媛医療センター臨床検査科 8

7 The 0th Annual Meeting of the Japanese Association of Cardiac Rehabilitation 第 日目 7 月 9 日 土 :00 :00 第 7 会場 日図デザイン博物館 6 運動耐容能 運動負荷試験 運動処方 座長 上拾石秀一 医療法人山部会竜山内科リハビリテーション病院 岩坂 潤二 関西医科大学第二内科 O-0 慢性心不全における運動療法ノンレスポンダーの臨床的背景に関する考察 栗原 明日香 藤原 智亜紀 杉山 拓史 遠井 亨 堀江 康人 星 俊安 杉村 浩之 中元 隆明 安 隆則 獨協医科大学日光医療センター心臓血管内科 獨協医科大学日光医療センター循環器内科 獨協医科 大学日光医療センター看護部 O-06 急性心筋梗塞後の拡張不全患者の運動耐容能に Vascular stiffness が関与す るか 脈圧からの検討 執行 秀彌 中西 道郎 荒川 鉄雄 熊坂 礼音 中尾 一泰 福井 重文 大原 貴裕 簗瀬 正伸 野口 暉夫 高木 洋 石原 正治 安田 聡 後藤 葉一 国立循環器病研究センター心臓血管内科 O-07 心不全患者に対する心肺運動負荷試験の中止基準に関する検討 小原 義宏 上野 敦子 鈴木 豪 大沢 奈津子 蛭田 正子 萩原 誠久 O-08 東京女子医科大学附属病院心臓病生理検査室 東京女子医科大学循環器内科 CHF 患者における自転車運動中の心拍出量と筋組織酸素動態の変化 生活習慣 病患者との比較 渡辺 翼,, 村瀬 訓生, 長田 卓也, 木目 良太郎 田邉 美和子 中澤 俊道 丸木 多恵 尾形 申弐 高橋 ゆき 濱中 千瑛 高木 俊 布施 沙由理 勝村 俊仁, 東京医科大学病院心臓リハビリテーションセンター 東京医科大学健康増進スポーツ医学講座 厚生 中央病院総合内科 O-09 β -blocker 投与が潜在的な COPD 合併心不全患者に与える影響について CPX を用いた検討 O-00 運動療法開始時における処方の安全性の検討 患者背景からの検討 米林 智美 能登 貴久 中村 太輔 廣田 寛子 竹内 悦子 杉谷 清美 風巻 智美 星野 智美 寺林 茜 6 角波 一実 6 小杉 美穂子 6 松井 薫 6 桑原 弘幸 押谷 光一 原田 大輔 高川 順也 石瀬 久也 朝野井 英次 射水市民病院検査科 射水市民病院循環器内科 射水市民病院リハビリテーション科 射水市民病院 6 栄養管理科 射水市民病院薬剤科 射水市民病院看護科 8 河上 良 黒住 瑞紀 松元 一郎 高木 雄一郎 KKR 高松病院

8 第 0 回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 第 日目 7 月 9 日 土 :00 :00 第 8 会場 日図デザイン博物館 7 運動耐容能 運動負荷試験 運動処方 座長 衣川 徹 医 きぬがわ内科循環器内科 高木 洋 国立循環器病研究センター研究所循環動態制御部 O-0 初発心筋梗塞患者の呼吸機能と運動耐容能の相関関係 大関 直也 田中 良太 倉形 裕史 赤上 優子 豊崎 夏子 大賀 優 田中 宏和 大久保 信司 安達 仁 福田 昭宏 東京医科大学茨城医療センターリハビリテーション療法部 東京医科大学茨城医療センター看護部 東京医科大学茨城医療センター循環器内科 群馬県立心臓血管センター循環器内科 金沢医科大学氷 見市民病院循環器内科 O-0 心リハ実施による分時換気量と運動耐容能改善の関連性に関する検討 CPX 結 果を用いて 北越 亜紀子 伊藤 茂樹 石山 君枝 菊池 麻未 山岸 真彩子 佐藤 亮 片桐 啓介 田口 徹 橋本 雅史 雨宮 正 片山 直之 末定 弘行 村田 友美 松本 誠治 O-0 西東京中央総合病院リハビリテーション科 同循環器科 同検査科 運動中の呼気終末二酸化炭素分圧 PETCO の変化に対する心臓リハビリ テーションの効果 長山 医 小池 朗 小林 みどり 中嶋 美保子 葉山 恵津子 石井 香織 櫻田 弘治 氷見 智子 加藤 祐子 山下 武志 O-0 心臓血管研究所付属病院 筑波大学医学医療系 心不全モデルラットの麻酔下坐骨神経刺激は心不全における運動時呼吸パターン 異常の再現モデルである 西崎 晶子 宮本 忠吉 朔 啓太 上田 真也 井手 友美 岸 拓弥 砂川 賢二 O-0 九州大学循環器内科 森ノ宮医療大学 低心機能の患者において心房細動が運動耐容能に及ぼす影響についての検討 近藤 清乃 山田 純生 岩田 悦男 下條 将史 平岩 宏章 近藤 徹 神崎 泰範 谷村 大輔 加藤 俊昭 佐野 宏明 淡路 喜史 加藤 林也 O-06 名古屋掖済会病院循環器科 名古屋大学大学院医学系研究科 心音から算出した二重積屈曲点と嫌気性代謝閾値の関係 松田 拓朗 藤見 幹太 浦 善之 戒能 宏治 堀田 朋恵 藤田 政臣 赤木 智子 河野 博子 田代 忠 6 三浦 伸一郎 朔 啓二郎 田中 宏暁 福岡大学スポーツ科学部 福岡大学病院循環器内科 福岡大学病院リハビリテーション部 福岡大学 6 病院栄養部 福岡大学病院看護部 福岡大学病院心臓血管外科 O-07 型糖尿病患者の無酸素性作業閾値 AT はミトコンドリア機能を反映する 佐藤 真治 加藤 貴雄 野原 隆司 8 大阪産業大学スポーツ健康学科 田附興風会医学研究所北野病院心臓センター 枚方公済病院

9 The 0th Annual Meeting of the Japanese Association of Cardiac Rehabilitation 第 日目 7 月 9 日 土 :0 6:0 第 7 会場 日図デザイン博物館 8 運動耐容能 運動負荷試験 運動処方 座長 高橋 正行 びわこ成蹊スポーツ大学 渡辺 重行 筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター 水戸協同病院 O-08 血中脳由来神経栄養因子 BDNF の低下は慢性心不全患者の独立した予後予 測因子である 福島 新 絹川 真太郎 横田 卓 松島 将士 正木 芳宏 降旗 高明 高田 真吾 門口 智康 堀 享一 阿部 隆宏 小島 尚子 勝山 亮一 沖田 孝一 筒井 裕之 北海道大学大学院医学研究科循環病態内科学 北海道大学病院リハビリテーション部 北翔大学大学 院生涯学習学研究科 O-09 BDNF は骨格筋ミトコンドリア機能および運動能力を制御する 高田 真吾 絹川 真太郎 門口 智泰 沖田 孝一 筒井 裕之 O-00 北海道大学大学院医学研究科循環病態内科学講座 北翔大学大学院 運動耐容能における血管内皮機能の役割 林 秀樹 岩井 宏治 飛田 良 木下 妙子 川口 民郎 松本 鉄也 藤田 正俊 堀江 稔 滋賀医科大学リハビリテーション科 大阪教育大学健康生活科学 宇治病院循環器内科 滋賀医科大 学循環器内科 O-0 急性冠症候群患者における心臓リハビリテーションが血管内皮機能と HDL コレ ステロールに及ぼす影響 古山 史晃 木庭 新治 横田 裕哉 大久保 圭子 竹田 早奈恵 上ノ宮 彰 小林 洋一 昭和大学内科学講座循環器内科学部門 昭和大学病院リハビリテーションセンター 昭和大学病院臨 床検査部生理機能検査室 O-0 上田 正徳 安達 仁 小林 康之 戸出 浩之 村上 淳 伴野 潤一 大島 茂 O-0 群馬県立心臓血管センター生理検査課 群馬県立心臓血管センター循環器内科 AT 運動負荷後の 分後心拍数減少率に関する検討 村本 幸祐 饗場 智暁 伊藤 将 中澤 裕貴 桜木 浩司 下川 京実 川内 基裕 一般社団法人巨樹の会小金井リハビリテーション病院リハビリテーション科 一般社団法人巨樹の会 小金井リハビリテーション病院循環器科 8 心臓リハビリテーション実施患者における運動耐容能と血管抵抗係数の変化につ いて

10 第 0 回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 第 日目 7 月 9 日 土 :0 6:0 第 8 会場 日図デザイン博物館 9 心臓リハビリへの参加 運営 座長 石田 岳史 さいたま市民医療センター内科 民田 浩一 西宮渡辺心臓血管センター O-0 虚血性心疾患患者における心臓リハビリテーションの参加率 理解度に関するイ ンターネット調査 熊坂 礼音 大宮 一人 長山 雅俊 安達 仁 折口 秀樹 上嶋 健治 牧田 茂 上月 正博 増田 卓 代田 浩之 野原 隆司 百村 伸一 伊東 春樹 後藤 葉一, 国立循環器病研究センター心臓血管内科 厚労科研費虚血性心疾患に対する外来型心リハの有効性の エビデンスの確立と普及方策の検討に関する多施設研究班 O-0 心臓リハビリ中断者を減らすために メインプレーヤーとしての専任看護師 そ の積極的介入と成果 前田 武俊 三瀬 宏美 瑞慶覧 貴子 大塚 敏之 山城 麗子 大城 康一 O-06 大浜第一病院心臓血管センター 大浜第一病院メディカルフィットネス科 心不全患者に対する回復期心臓リハビリテーションクリニカルパス導入の試み 武田 賢治 近藤 淳 山本 浩之 二宮 直子 村藤 卓秀 丸本 芳子 古味 千明 中山 晶裕 森 美和子 林原 麻衣子 岡山済生会総合病院循環器内科 O-07 狭心症 PCI 手術症例における心臓リハビリテーションのパス計画率と実施率に ついて 市川 織絵 河本 敦子 山本 浩基 瀬川 貴嗣 冠野 昂太郎 木下 晴之 西山 浩彦 松田 守弘 田村 律 川本 俊治 独立行政法人国立病院機構呉医療センター循環器内科 独立行政法人国立病院機構呉医療センター看 護部循環器病棟 独立行政法人国立病院機構呉医療センターリハビリテーション科 O-08 当院における大阪府豊能医療圏急性心筋梗塞地域連携クリティカルパスに対する 取り組み 岡田 健一郎 森田 雅也 山下 千明 辻合 康浩 釼持 知恵 平野 礼子 松波 歩 松原 昌美 村山 雅美 土井 泰治 大阪府済生会千里病院循環器内科 大阪府済生会千里病院心大血管疾患リハビリテーション部 大阪 府済生会千里病院看護部 O-09 当院の外来心臓リハビリテーションの実施状況 山崎 佐枝子 矢嶋 史恵 三澤 加代子 高橋 友明 柴 祐司 伊澤 淳 富田 威 宮下 裕介 小山 潤 池田 宇一 信州大学医学部附属病院循環器内科 信州大学医学部附属病院看護部 信州大学医学部附属病院リハ ビリテーション部 86

11 The 0th Annual Meeting of the Japanese Association of Cardiac Rehabilitation O-060 高齢心疾患患者に対する地域連携型心臓リハビリテーションの取り組み 中川 理 角谷 寛子 川原 美保 奈良平 明子 李 浩徳 酒井 世志子 山中 賀代 中上 紀子 市立豊中病院循環器内科 市立豊中病院看護部 市立豊中病院リハビリテーション部 87

12 第 0 回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 第 日目 7 月 9 日 土 :0 6:0 第 0 会場 特別展示場 B 0 心臓リハビリへの参加 運営 座長 櫻田 弘治 心臓血管研究所附属病院リハビリテーション室 村岡 卓哉 北海道文教大学人間科学部理学療法学科 O-06 入院心臓リハビリテーションのみで在宅での非監視型運動療法は継続できるのか 小園井 祥恵 馬場 雅子 萩原 瑛里香 国府田 尚矢 木全 啓 加藤 穣 美崎 昌子 吉田 健太郎 安倍 大輔 徳永 千穂 武安 法之 秋島 信二 林 美代子 茨城県立中央病院リハビリテーション科 茨城県立中央病院循環器内科 茨城県立中央病院循環器外 科 茨城県立中央病院看護局 O-06 当院の心リハ外来移行率と外来移行困難理由に対する対応策 高橋 祐介 小林 真依 吉井 秀晴 石崎 千尋 国井 康子 古川 美弥子 田中 真一 末武 修史 新潟勤労者医療協会下越病院リハビリテーション課 新潟勤労者医療協会下越病院看護部 新潟勤労 者医療協会下越病院検査課 新潟勤労者医療協会下越病院栄養課 新潟勤労者医療協会下越病院循環 器内科 O-06 外来心臓リハビリテーションへの継続意思と継続理由の調査 鈴木 秀俊 秋保 光利 坂本 純子 田中 秀輝 大波 佳恵 伊藤 汐里 谷本 周三 福田 幸人, 社会福祉法人三井記念病院リハビリテーション部 社会福祉法人三井記念病院循環器内科 社会福祉 法人三井記念病院心臓血管外科 O-06 外来心臓リハビリテーション参加率と不参加となった理由の検討 服部 友美 伊藤 多津美 佐藤 貴江 加藤 ユミ 山田 崇史 酒井 慎一 井本 晶太 佐藤 友紀 飯田 有輝 山田 純生 O-06 愛知県厚生連海南病院循環器病棟 愛知県厚生連海南病院理学療法室 名古屋大学医学部保健学科 当院における通院型心臓リハビリテーション不参加要因の検討 今堀 達矢 神原 篤志 眞鍋 悟志 河口 佳子 岡波総合病院心臓リハビリテーション部 O-066 当院心臓リハビリテーションにおけるドロップアウト患者の推移とその傾向 最 近 年の経験より 田口 冬菜 岡田 恭子 田中 千寛 仲田 智之 栗田 泰郎 星野 康三 88 医療法人永井病院リハビリテーション科 医療法人永井病院循環器内科

13 The 0th Annual Meeting of the Japanese Association of Cardiac Rehabilitation 第 日目 7 月 9 日 土 :0 6:0 第 会場 特別展示場 A デバイス治療 ICD,CRT,PM など 座長 羽田 龍彦 滋賀県立成人病センター 大江 征嗣 久留米大学医学部内科学講座心臓 血管内科部門 O-067 デバイス植込み患者の心肺運動負荷試験の検討 宇佐美 俊輔 小笹 寧子 池上 香緒里 鮑 炳元 吉田 路子 梅田 陽子 小野原 明子 雛田 知子 上嶋 健治 木村 剛 京都大学大学院医学研究科循環器内科学 京都大学医学部附属病院リハビリテーション部 京都大学 臨床研究総合センター EBM 推進部 京都大学医学部附属病院看護部 O-068 デバイス挿入患者の運動療法時の上限心拍応答 大野 真紀 岩塚 良太 鈴木 誠 松村 昭彦 橋本 裕二 亀田総合病院 O-069 CRT 術後のリハビリテーションー心肺運動負荷試験からみた問題点ー 松岡 悟 佐藤 奈菜子 伊藤 雄平 熊谷 洋子 水野 住江 佐藤 敏光 庄司 亮 阿部 元 田村 芳一 齊藤 崇 柳澤 宗 伊藤 宏 O-070 秋田組合総合病院循環器科 秋田組合総合病院リハビリテーション科 秋田組合総合病院看護部 アーク循環器クリニック 秋田大学循環器内科学 CRT 埋め込み後症例における CPX を用いた至適設定調整の重要性 今井 幹昌 白石 裕一 濱岡 哲郎 畔柳 彰 白山 武司 棟近 麻衣 福嶋 秀記 堀井 基行 久保 俊一 O-07 京都府立医科大学循環器内科 京都府立医科大学リハビリテーション部 当センターにおける左室補助人工心臓装着症例に対するリハビリテーションの検 討 小山 照幸 江渕 貴裕 小宮山 潤 坂野 康人 西村 隆 許 俊鋭 栗原 知多流 鉄谷 祥子 畠山 早苗 O-07 東北大学病院における LVAD 装着患者に対するチーム医療の現状について 仲冨 千瑞 東北大学病院リハビリテーション部 O-07 植込型補助人工心臓装着患者に対する運動療法における取り組み 神田 龍馬 松本 ゆかり 鎌田 理之 松尾 善美, 橋田 剛一 岩崎 朋之 神崎 万智子 大谷 朋仁 山口 修 澤 芳樹 坂田 泰史 大阪大学医学部附属病院リハビリテーション部 武庫川女子大学健康運動科学研究所 大阪大学医学 部附属病院看護部 大阪大学大学院医学系研究科循環器内科学 大阪大学大学院医学系研究科心臓血 管外科 89 東京都健康長寿医療センターリハビリテーション科 東京都健康長寿医療センター心臓血管外科 東 京都健康長寿医療センター看護部

14 第 0 回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 第 日目 7 月 9 日 土 6:0 7:0 第 7 会場 日図デザイン博物館 睡眠呼吸障害 自律神経 座長 柴 信行 国際医療福祉大学病院循環器センター 長田 尚彦 聖マリアンナ医科大学東横病院 O-07 閉塞性睡眠時無呼吸が Cardio Ankle Vascular Index (CAVI) に与える影響 松元 一郎 横山 聖太 岡崎 智哉 河上 良 黒住 瑞紀 高木 雄一郎 KKR 高松病院心臓血管病センター O-07 当院における睡眠呼吸障害 SDB) と包括的心臓リハビリテーションの役割 大艸 孝則 近藤 和夫 堀内 智行 山溝 静子 佃 景子 高橋 豊 西島 宏隆 カレスサッポロ北光記念病院循環器科 O-076 ASV 継続成功群と不成功群の属性評価 鍛冶 優子 石川 友里絵 佐藤 健一 相澤 健太郎 武田 智 伏見 悦子 JA 秋田県厚生連平鹿総合病院看護部 JA 秋田県厚生連平鹿総合病院リハビリテーション科 JA 秋田 県厚生連平鹿総合病院循環器科 O-077 運動時周期性呼吸を認めた慢性心不全患者に対する外来通院型心臓リハビリテー ションの及ぼす効果 勇内 郁子 八杉 秀美 北島 奈美 大石 醒悟 横井 公宣 本多 祐, 兵庫県立姫路循環器病センター検査放射線部 兵庫県立姫路循環器病センター循環器内科 兵庫県立 姫路循環器病センター心臓血管外科 兵庫県立姫路循環器病センターリハビリテーション科 O-078 血圧コントロール不良高血圧例におけるβ遮断薬追加投与の安静時及び運動負荷 時心拍変動指標に及ぼす影響 高瀬 凡平 東村 悠子 木村 一生 永田 雅良 O-079 防衛医科大学校集中治療部 入間ハート病院 心リハによる自律神経の改善効果の検討 心肺運動負荷試験 CPX 中の経時的心 拍変動解析を用いて 天田 浩司 宮崎 寛子 源 美智子 河野 泰之 甲下 修士 梶原 秀明 久津摩 和美 原 政英 国立病院機構西別府病院循環器科 国立病院機構西別府病院検査科 国立病院機構西別府病院リハビ リテーション科 国立病院機構西別府病院看護部 国立病院機構西別府病院内科 90

15 The 0th Annual Meeting of the Japanese Association of Cardiac Rehabilitation 第 日目 7 月 9 日 土 6:0 7:0 第 8 会場 日図デザイン博物館 運動 呼吸生理 座長 井澤 和大 神戸大学大学院保健学研究科 河村 孝幸 東北福祉大学健康科学部医療経営管理学科 O-080 大腿骨近位部骨折術後患者の早期反復起立練習前後における収縮期血圧 脈拍数 変動因子の検討 島崎 功一 河野 浩章 O-08 長崎労災病院中央リハビリテーション部 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科循環病態制御内科学 心臓リハビリテーションにおける 0 秒椅子立ち上がりテストと心肺運動負荷試 験との関係 寺松 寛明 河野 亨太 賀好 宏明 白山 義洋 濱田 和枝 大山 浩子 中園 和利 加来 京子 岡崎 昌博 小松 拓朗 白石 純一郎 佐伯 覚 蜂須賀 研二 6 産業医科大学若松病院リハビリテーション部 産業医科大学若松病院看護部 産業医科大学若松病 院臨床検査 輸血部 産業医科大学若松病院循環器内科 腎臓内科 産業医科大学若松病院リハビリ 6 テーション科 産業医科大学医学部リハビリテーション医学講座 O-08 生活習慣病患者における下肢筋力の低下は運動時の交感神経活動の過剰な亢進と 動脈伸展性の低下を惹起する 鎌田 裕実, 亀川 大輔 田中 伸弥 青山 晃大 濱崎 伸明 秋山 綾子 清水 良祐 伊藤 陽子 森口 いぶき 小林 直之 大久保 充人 増田 卓 阿古 潤哉 O-08 北里大学大学院医療系研究科 相武台ニーレンクリニック 酸素摂取効率勾配は最大運動負荷の実施が困難な肺高血圧症の運動耐容能評価お よび重症度判定に有用である 片野 唆敏, 橋本 暁佳 藤戸 健史 岩本 えりか 根木 亨 片寄 正樹 三浦 哲嗣 O-08 拡張型心筋症患者の PeakVO と BMI の関係 耐糖能異常合併の有無による 傾向の違い 佐藤 聡見 舟見 敬成 根田 真澄 加藤 真弓 永沼 和香子 大杉 拓 総合南東北病院リハビリテーション科 総合南東北病院循環器内科 南東北新生病院リハビリテー ション科 O-08 運動習慣の有無が運動耐用能および動脈機能の関係に及ぼす影響について 西川 幸治 石井 亜由美 後藤 強 伊勢 孝之 八木 秀介 岩瀬 俊 赤池 雅史 加藤 真介 佐田 政隆 徳島大学病院リハビリテーション部 徳島大学病院循環器内科 徳島大学病院ヘルスバイオサイエン ス研究部医療教育学 9 札幌医科大学オホーツク医療環境研究講座 札幌医科大学保健医療学部理学療法学第二講座 札幌医 科大学医学部循環器 腎臓 代謝内分泌内科学講座

16 第 0 回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 O-086 自転車エルゴメータを用いた運動負荷試験中の回転数の変動性と AT および骨格 筋疲労閾値との関係 矢部 広樹, 西田 裕介 名古屋共立病院リハビリテーション課 聖隷クリストファー大学大学院リハビリテーション科学研究 科 聖隷クリストファー大学リハビリテーション学部 9

17 The 0th Annual Meeting of the Japanese Association of Cardiac Rehabilitation 第 日目 7 月 9 日 土 6:0 7:0 第 0 会場 特別展示場 B 生活習慣病 座長 西山 安浩 西山医院 沼田 裕一 横須賀市立うわまち病院 O-087 糖尿病を合併した心疾患患者の運動療法による長期的な骨格筋量の変化 設楽 達則 田屋 雅信 桑原 拓哉 松村 亮太 熊谷 秀美 猪熊 正美 中野 晴恵 風間 寛子 鳥越 和哉 伴野 潤一, 安達 仁, 大島 茂 O-088 群馬県立心臓血管センター心臓リハビリテーション部 群馬県立心臓血管センター循環器内科 無症候性心筋虚血は糖尿病患者の運動行動変容期に影響するか 池永 千寿子 黒山 荘太 島添 裕史 山内 康太 藤島 慎一郎 野原 栄 O-089 製鉄記念八幡病院リハビリテーション部 製鉄記念八幡病院循環器科 製鉄記念八幡病院糖尿病内科 冠動脈疾患患者の 7g 経口血糖負荷試験 時間測定における低血糖のリスクは 遅発性高インスリン血症である 村田 誠 安達 仁 大島 茂 倉林 正彦 O-090 群馬大学大学院医学系研究科臓器病態内科学 群馬県立心臓血管センター 本態性高血圧患者における終末糖化産物の増加は心肥大の進行に関与する 青山 晃大 亀川 大輔 秋山 綾子 鎌田 裕美 田中 伸弥 小倉 彩, 田畑 稔 加藤 倫卓 神谷 健太郎 濱崎 伸明, 野田 千春 東條 美奈子 増田 卓 阿古 潤哉 北里大学医療衛生学部リハビリテーション学科 北里大学大学院医療系研究科 北里大学病院心臓リ ハビリテーション室 北里大学医学部循環器内科学 O-09 運動習慣による体組成分布の違い 医療用内臓脂肪測定装置 DUALSCAN を用 いた試み 桝田 出 保野 慎治 今井 優 黒瀬 聖司 山本 裕子 濱道 里美 6 上西 貴美子 鈴木 喜也 濱田 友里 梶川 香織 6 上嶋 健治 O-09 日常の運動習慣と生活満足度との関係 桑原 政成,, 西 裕太郎 丹羽 公一郎 森谷 学 久留 一郎 虎の門病院 聖路加国際病院心血管センター循環器内科 鳥取大学大学院医学系研究科機能再生医科 学専攻再生医療学部門 9 武田病院健診センター 京都大学医学部附属病院臨床研究総合センター EBM 推進部 医療法人財団 康生会康生会クリニック健康運動指導科 医仁会武田総合病院疾病予防センター 医療法人財団康生 6 会武田病院リハビリテーション科 京都市下京区地域介護予防推進センター

18 第 0 回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 第 日目 7 月 9 日 土 6:0 7:0 第 会場 特別展示場 A 生活習慣病 座長 明石 嘉浩 聖マリアンナ医科大学循環器内科 岩瀬 三紀 トヨタ記念病院循環器科 O-09 心臓リハビリテーションによる動脈硬化度改善に要する期間 CAVI と cfpwv を用いた検討 神原 篤志 今堀 達矢 河口 佳子 眞鍋 悟志 岡波総合病院心臓リハビリテーション部 O-09 動脈硬化と血中脂肪酸分画の相関について 動脈硬化進行抑制の一つの指標とし て 福田 知弥 二階堂 暁 木村 紀子 中村 利江 望月 純二 吉ヶ江 知香 森 朋子 腰原 可与 岩崎 孝俊 林 大二郎 塩澤 康太 若林 修平 小松 洋 幡 芳樹 みなみ野ハートクリニック O-09 監視下運動療法の継続は ST 上昇型急性心筋梗塞患者の血中 EPA/AA 比を改善 する 荒木 優 鈴木 義之 尾辻 豊 産業医科大学第 内科学 O-096 外来心臓リハビリテーションの nonhdl コレステロールに対する効果 間中 卓也 伊藤 一貴 井出 雄一郎 坪井 宏樹 後藤 隆利 寺井 正樹 各務 由美子 O-097 総合犬山中央病院心臓リハビリテーションセンター 総合犬山中央病院循環器内科 心臓リハビリテーションによる Large HDL コレステロールの増加は運動耐容能 改善と強く相関する 横田 裕哉 木庭 新治 正司 真 古山 史晃 大久保 佳子 竹田 早奈恵 小林 洋一 昭和大学内科学講座循環器部門 O-098 心臓リハビリテーションの効果判定としての心臓 CT の活用 冠動脈プラーク の退縮した症例を踏まえて 二階堂 暁 望月 純二 若林 修平 塩澤 康太 渡邉 啓 吉ヶ江 知香 森 朋子 腰原 可与 福田 知弥 林 大二郎 岩崎 孝俊 小松 洋 幡 芳樹 みなみ野ハートクリニック 9

19 The 0th Annual Meeting of the Japanese Association of Cardiac Rehabilitation 第 日目 7 月 0 日 日 9:00 0:00 第 7 会場 日図デザイン博物館 6 慢性腎臓病 CKD 重複障害 座長 田代 敦 岩手医科大学附属病院心血管腎内分泌内科 循環器医療センター 大屋 祐輔 琉球大学大学院循環器 腎臓 神経内科学 O-099 心肺運動負荷試験における腎機能の影響について 田村 由馬 安 隆則 栗原 明日香 藤原 智亜紀 君田 祥一 大谷 綾子 高橋 英里 田宮 創 落合 香 中元 隆明 獨協医科大学日光医療センター心臓リハビリテーション室 獨協医科大学日光医療センター心臓 血 管内科 獨協医科大学日光医療センター循環器内科 O-00 心不全症例での腎機能重症度分類による再入院に及ぼす影響の検討 小村 幸則 萩原 和洋 太田 恵子 木下 和香子 舟橋 博美 玉 直人 寺井 英伸 堀田 祐紀 名村 正伸 O-0 心臓血管センター金沢循環器病院リハビリテーション部 心臓血管センター金沢循環器病院看護部 心臓血管センター金沢循環器病院循環器内科 糖尿病性腎症患者における至適運動療法プログラム作成の為の横断的身体活動量 評価 田宮 創 安 隆則 栗原 明日香 君田 祥一 田村 由馬 高橋 英里 落合 香 藤原 智亜紀 大谷 綾子 中元 隆明 獨協医科大学日光医療センター心臓リハビリテーション室 獨協医科大学日光医療センター心臓 血 管内科 獨協医科大学日光医療センター循環器内科 O-0 心不全患者に合併した慢性腎臓病が心臓リハビリに及ぼす影響 阿部 史 横澤 詩織 前田 諭志 川初 清典 田中 秀一 堀田 大介 菊池 健次郎 大堀 克己 O-0 社会医療法人北海道循環器病院理学療法科 社会医療法人北海道循環器病院心臓リハビリセンター 社会医療法人北海道循環器病院循環器内科 社会医療法人北海道循環器病院心臓血管外科 心臓リハビリテーションにより腎機能が悪化する症例の特徴について O-0 群馬県立心臓血管センター心臓リハビリテーション部 群馬県立心臓血管センター循環器内科 心臓リハビリテーション外来患者における潜在的 COPD 併存率の検討 船田 幸奈 浦川 由佳 松岡 昌彦 宮崎 慎二郎 広瀬 卓哉 河上 良 松元 一郎 KKR 高松病院 9 猪熊 正美 田屋 雅信 松村 亮太 桑原 拓哉 熊谷 秀美 中野 晴恵 設楽 達則 風間 寛子 村上 淳 伴野 潤一, 安達 仁, 大島 茂

20 第 0 回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 第 日目 7 月 0 日 日 9:00 0:00 第 8 会場 日図デザイン博物館 7 外科手術 座長 髙原 善治 船橋市立医療センター 久保 清景 医 くぼクリニック O-0 小切開による大動脈弁置換術が術後呼吸機能に及ぼす効果 本多 祐, 向原 伸彦 大石 醒悟 横井 公宣 中村 圭介 上田 めぐみ 喜多 也寸志 兵庫県立姫路循環器病センター心臓血管外科 兵庫県立姫路循環器病センター循環器内科 兵庫県立 姫路循環器病センターリハビリテーション科 O-06 大動脈術後声帯麻痺と嚥下障害について 大塚 洋子 須藤 奈津子 手塚 純一 川崎幸病院リハビリテーション科 O-07 高齢者に対する右肋間小開胸による MICS 後の離床進行状況 単弁手術における 胸骨正中切開例との比較 吉村 香映, 湯口 聡 斉藤 和也 中島 真治 松尾 知洋 氏川 拓也 大塚 翔太 北條 悠 石原 広大 河内 友美 松本 宏樹 山内 朋子 浦邉 幸夫 都津川 敏範 坂口 太一 心臓病センター榊原病院リハビリテーション室 広島大学大学院医歯薬保健学研究科保健学専攻ス ポーツリハビリテーション学研究室 心臓病センター榊原病院心臓血管外科 O-08 心臓外科手術前後の運動耐容能と離床の関係性 藤岡 明子 迎山 加奈 安田 雅則 芝 和弘 正井 崇史 藤井 謙司 O-09 桜橋渡辺病院心臓血管センターリハビリテーション科 桜橋渡辺病院心臓血管センター循環器内科 桜橋渡辺病院心臓血管センター心臓血管外科 高齢者の開心術における術後運動耐容能と QOL に関する検討 迎山 加奈 藤岡 明子 安田 雅則 芝 和弘 正井 崇史 藤井 謙司 O-0 桜橋渡辺病院心臓血管センターリハビリテーション科 桜橋渡辺病院心臓血管センター循環器内科 桜橋渡辺病院心臓血管センター心臓血管外科 心臓血管手術後に合併する心房細動と術後遠隔期の運動耐容能との関連性 日山 景 田代 尚範, 金井 香菜 福原 幸樹 植田 一幸 伊藤 義広 今井 克彦 末田 泰二郎 木村 浩彰 広島大学病院診療支援部リハビリテーション部門 広島大学大学院医歯薬保健学研究科外科学 広島 大学病院リハビリテーション科 O- 僧房弁手術後の運動負荷時心拍応答に関する検討 大川 志水 杉浦 外山 保昭 中島 宏樹 久保 寛紀 水野 翔太 三宅 真一 戸田 秀彦 清和 山田 道治 浅井 徹 安田 信之 森島 幹雄 谷口 俊雄 剛志 辺 奈理 松浦 昭雄 宮原 健 水谷 真一 齋藤 俊英 正志 柴田 哲男 一宮市立市民病院リハビリテーション室 一宮市立市民病院循環器内科 一宮市立市民病院心臓血管 外科 96

21 The 0th Annual Meeting of the Japanese Association of Cardiac Rehabilitation 第 日目 7 月 0 日 日 0:00 :00 第 7 会場 日図デザイン博物館 8 手術など 座長 曽川 正和 新潟県立中央病院心臓血管外科 下川 智樹 帝京大学医学部心臓血管外科 O- 心臓血管外科患者における術前からの心臓リハビリテーション介入の効果 山岡 香穂里 小久保 朱梨 三嶋 あかね 角田 等 中津 太郎 田村 暢成 国家公務員共済組合連合会熊本中央病院理学療法科 国家公務員共済組合連合会熊本中央病院看護部 国家公務員共済組合連合会熊本中央病院循環器科 国家公務員共済組合連合会熊本中央病院心臓血管 外科 O- 心臓血管外科術後患者に対する離床基準作成後の遅延要因とアプローチ方法の検討 村松 美帆子 松本 祐子 矢野 諭美 横松 孝史 出見世 真人 O- 三菱京都病院看護科 三菱京都病院心臓内科 三菱京都病院リハビリテーション科 弁膜症術後のリハビリテーション進行に対する術前の Frailty 脆弱性 の影響 の検討 岡田 大輔 山田 浩二 石川 陽介 福永 崇 O- 済生会熊本病院リハビリテーション部 済生会熊本病院循環器内科 心臓外科手術後の四肢筋力 大腿前面の筋組織厚および歩行能力の経時的変化に ついて 田屋 雅信 設楽 達則 桑原 拓哉 松村 亮太 熊谷 秀美 猪熊 正美 中野 晴恵 風間 寛子 鳥越 和哉 伴野 潤一, 安達 仁, 金子 達夫 大島 茂 群馬県立心臓血管センター心臓リハビリテーション部 群馬県立心臓血管センター循環器内科 群馬 県立心臓血管センター心臓血管外科 O-6 開心術後に発症する認知機能障害の予測因子の分析と予後の検討 JA 広島総合病院リハビリテーション科 O-7 心臓胸部大動脈手術後の浅速呼吸が循環動態に及ぼす影響 田代 尚範 今井 克彦 福原 幸樹 高橋 信也 高崎 泰一 片山 桂次郎 渡谷 啓介 木村 浩彰 末田 泰二郎 広島大学病院診療支援部リハビリテーション部門 広島大学大学院医歯薬保健学研究科 広島大学病 院リハビリテーション科 97 折手 祐一 上野 忠活 金羽木 敏治 寺迫 正広 小林 恭子 本間 智明 飛鷹 恵理 西谷 喜子 井場 和敏 小山 明子 小島 輝久 河野 裕美 名井 幸香 橋詰 菜津美 上田 雅美 後藤 優佳 池永 佑佳 小林 平

22 第 0 回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 O-8 低侵襲心臓手術 MICS による僧帽弁形成術後リハビリテーションの進行と創 痛の関係 長嶺 庸介 内山 覚 近野 宏知 原口 理恵子 北山 達郎 大島 有子 川嵜 逸穂 渡部 慶子 栗原 拓郎 佐野 那々美 小川 暁子 小澤 琢也 石田 慎平 本多 隆人 嶋野 保 山口 裕己 依田 真隆 98 医療法人社団誠馨会新東京病院リハビリテーション室 医療法人社団誠馨会新東京病院心臓血管外科

23 The 0th Annual Meeting of the Japanese Association of Cardiac Rehabilitation 第 日目 7 月 0 日 日 0:00 :00 第 8 会場 日図デザイン博物館 9 末梢動脈疾患 座長 斎藤 雅彦 盛岡赤十字病院 保野 慎治 京都大学医学部附属病院臨床研究総合センター EBM 推進部 O-9 下肢閉塞性動脈硬化症患者の身体活動の特徴に関する横断研究 角森 亮介, 石井 智香子 遠藤 晶子 国立看護大学校研究課程部看護学研究科成人看護学 国立看護大学校看護学部 研究課程部成人看護 学 国立循環器病研究センター O-0 末梢動脈疾患患者の血行再建術後の移動能力に与える要因の検討 武井 綾子 安部 泰広 入江 容 飯島 進乃 佐々木 裕 上田 清史 村上 厚文 洞口 哲 加藤 盛人 O- 国際医療福祉大学病院リハビリテーション室 国際医療福祉大学病院血管外科 重症下肢虚血患者における血行再建術後の歩行能力と転帰 本間 智明 上野 忠活 金羽木 敏治 寺迫 正広 小林 恭子 小島 輝久 小山 明子 井場 和敏 飛鷹 恵理 西谷 喜子 折手 祐一 名井 幸香 橋詰 菜津実 上田 雅美 後藤 優佳 池永 佑佳 小林 平 JA 広島総合病院リハビリテーション科 JA 広島総合病院心臓血管外科 O- 重症下肢虚血患者の血管リハビリテーションにおける義肢装具士の役割 フット ウェアを中心に 大坪 剛 小林 平 本間 智明 O- 株式会社大坪義肢製作所 JA 広島総合病院心臓血管外科 JA 広島総合病院リハビリテーション科 北関東における末梢性動脈疾患 虚血性心疾患患者の運動習慣および栄養状況に 関する断面調査 清水 理葉 安 隆則 杉山 拓史 栗原 明日香 遠井 享 堀江 康人 星 俊安 杉村 浩之 中元 隆明 O- 無症候性末梢動脈疾患は慢性心不全患者における運動耐容能の独立した制限因子 である 田中 伸弥 神谷 健太郎 濱崎 伸明 見井田 和正 蛯名 由加里 河野 真理 五十嵐 亜希子 清水 良祐 亀川 大輔 秋山 綾子 鎌田 裕実 青山 晃大 東條 美奈子 増田 卓 阿古 潤哉 北里大学大学院医療系研究科 北里大学病院心臓リハビリテーション室 北里大学医療衛生学部リハ ビリテーション学科 北里大学医学部循環器内科学 O- 膝下血管病変重症度による運動および和温療法併用の有効性に関する検討 小村 幸則 萩原 和洋 太田 恵子 木下 和香子 舟橋 博美 玉 直人 寺井 英伸 堀田 祐紀 名村 正伸 心臓血管センター金沢循環器病院リハビリテーション部 心臓血管センター金沢循環器病院看護部 心臓血管センター金沢循環器病院循環器内科 99 獨協医科大学日光医療センター心臓 血管外科 獨協医科大学日光医療センター心臓 血管内科 獨 協医科大学日光医療センター循環器内科

24 第 0 回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 第 日目 7 月 0 日 日 :00 :00 第 7 会場 日図デザイン博物館 0 大血管疾患 座長 高瀬 凡平 防衛医科大学校集中治療部 岡島 年也 宝塚市立病院循環器内科 O-6 解離性および真性大動脈瘤患者に対する降圧療法における積極的運動療法の導入 の取り組み 氏家 敏巳 小山 紗千 中島 光貴 小牧 俊也 森 久晃 古溝 聖 古川 広明 山室 美紗恵 新百合ヶ丘総合病院心臓血管外科 新百合ヶ丘総合病院リハビリテーション科 新百合ヶ丘総合病院 栄養管理科 O-7 保存的療法を行う急性大動脈解離 Stanford B 型に対する心臓リハビリテー ションの問題点について 小島 輝久 本間 智明 上野 忠活 金羽木 敏治 寺迫 正広 小林 恭子 河野 裕美 小山 明子 井場 和敏 飛鷹 恵理 西谷 喜子 折手 祐一 名井 幸香 橋詰 菜津美 上田 雅美 後藤 優佳 池永 佑佳 小林 平 JA 広島総合病院リハビリテーション科 O-8 大動脈瘤人工血管置換術後患者における呼吸機能の推移に関する検討 澁谷 真香, 浅田 浩明 木村 雅彦 高橋 由佳 石村 勇祐 片田 奈保美 手塚 純一 松永 篤彦, 藤川 拓也 山本 晋 川崎幸病院リハビリテーション科 北里大学医療衛生学部 北里大学大学院医療系研究科 川崎幸病 院川崎大動脈センター O-9 急性大動脈解離の内科療法例と外科療法例のリハ傾向 池宮城 夢 上地 一樹 亀山 成子 上原 裕規 新垣 勝也 盛島 裕次 社会医療法人仁愛会浦添総合病院循環器センター 社会医療法人仁愛会浦添総合病院リハビリテー ション科 社会医療法人仁愛会浦添総合病院循環器内科 社会医療法人仁愛会浦添総合病院心臓血管 外科 O-0 大動脈瘤人工血管置換術後患者における術式別の離床進行に関する検討 浅田 浩明 澁谷 真香, 木村 雅彦 高橋 由佳 石村 勇佑 片田 奈保美 手塚 純一 藤川 拓也 山本 晋 O- 川崎幸病院リハビリテーション科 北里大学医療衛生学部 川崎幸病院川崎大動脈センター 大動脈瘤を中心とした大血管疾患の術前呼吸リハは安全に実施可能であり ICU 在室 術後在院日数を短縮する 竹内 松尾 秋山 齋木 雅史 松本 諭志 伊藤 正年 熊谷 佳克 下川 泰治 仲冨 ちづ 佐藤 房郎 森 信芳 井田 雅祥 校輝 早津 幸弘 河津 聡 齋藤 武志 安達 理 紀一郎 本吉 直孝 川本 俊輔 伊藤 修 上月 正博 宏明 東北大学病院リハビリテーション部 東北大学病院循環器内科 東北大学病院医学系研究科内部障害 学分野 虎の門病院 東北大学病院心臓血管外科 00

25 The 0th Annual Meeting of the Japanese Association of Cardiac Rehabilitation 第 日目 7 月 0 日 日 :00 :00 第 8 会場 日図デザイン博物館 チーム医療など 座長 谷口 良司 兵庫県立尼崎病院循環器内科 伊藤 修 東北大学大学院医学系研究科内部障害学分野 O- ICDSC を導入し早期介入の効果 集中治療室に入室する患者に対する譫妄の予 防と看護の実際 高木 康弘 種市 好恵 中原 健人 関 知嗣 O- 東京西徳洲会病院看護部集中治療室 東京西徳洲会病院循環器科医師 糖尿病合併急性心筋梗塞患者の回復期心臓リハビリテーション終了時冠危険因子 二次予防目標達成状況の検討 小西 治美 藤田 有希代 堀池 聖子 玉城 雄也 後藤 誠志 上薗 恵子 中西 道郎 後藤 葉一 O- 国立循環器病研究センター心血管リハビリテーション科 看護部 CCU 病棟 看護師が中心となった心不全による再入院を減少させるための取り組み Vol. 丸山 美紀 平川 千津子 山田 涼子 舛友 一洋 臼杵市医師会立コスモス病院 O- 多職種による書き込み式個別対応共通教育ツールを用いた新しい二次予防教育方 法の短期効果 藤原 落合 藤原 栗原 智亜紀 安 隆則 君田 祥一 田村 由馬 高橋 英里 田宮 創 香 大谷 綾子 赤羽 正之 小林 千恵美 6 丸山 香奈恵 7 智恵子 小松 有紀 佐藤 清美 原 弘子 石川 美知子 明日香 堀江 康人 中元 隆明 獨協医科大学日光医療センター看護部 獨協医科大学日光医療センターリハビリテーション部 獨協 医科大学日光医療センター心臓 血管内科 獨協医科大学日光医療センター循環器内科 獨協医科大 6 7 学日光医療センター薬剤部 獨協医科大学日光医療センター栄養課 獨協医科大学日光医療センター 地域連携部 行動変容ステージモデルを取り入れた生活習慣チェックシートの導入 患者に 添った指導を目指して 櫛部 香代子 松本 麻衣 長岡 麻由 松崎 景子 松本 尚也 槙垰 賢政 中村 雅司 柳 亮子 平松 仁美 齋藤 裕 勝田 洋輔 福岡市医師会成人病センター看護部 福岡市医師会成人病センター薬剤科 福岡市医師会成人病セン ター栄養科 福岡市医師会成人病センターリハビリテーション科 福岡市医師会成人病センター循環 器内科 O-7 心臓リハビリテーション教室における看護師の取り組み 患者教室 塩分はなぜ 心臓に悪いのか を開催して 林 由夏 平松 己央子 坂本 おり絵 春名 優 山浦 里奈 坂元 明子 岩本 満美 北海道大学病院看護部 0 O-6

26 第 0 回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 O-8 当院における心臓リハビリ手帳を用いた患者の自己管理教育 改訂した手帳の有効性の検討 山岸 真彩子 白波瀬 匡 北越 亜紀子 菊池 麻未 高山 あづさ 佐藤 亮 片桐 啓介 田口 徹 小川 麻知子 松田 依子 伊藤 茂樹 橋本 雅史 雨宮 正 片山 直之 末定 弘行 西東京中央総合病院リハビリテーション科 西東京中央総合病院循環器科 西東京中央総合病院栄養 科 0

27 The 0th Annual Meeting of the Japanese Association of Cardiac Rehabilitation 第 日目 7 月 0 日 日 :0 6:0 第 7 会場 日図デザイン博物館 チーム医療など 座長 角口亜希子 公益財団法人日本心臓血圧研究振興会付属榊原記念病院 前田 知子 公財 日本心臓血圧研究所振興会榊原記念クリニック O-9 当院における心不全患者に対する多職種協働でのチーム医療の効果 加藤 良一 柴田 敦 工藤 波子 福崎 真菜 池渕 充彦 花谷 彰久 中村 博亮 O-0 大阪市立大学医学部附属病院リハビリテーション部 大阪市立大学医学部附属病院循環器内科学 慢性心不全患者のチームアプローチ 外来心臓リハビリテーションの現場からの 報告 小國 恵子 本多 祐 大石 醒悟 横井 公宣 杉本 千佳 上田 めぐみ 加藤 了大 池田 愛 高橋 恭子 竹原 歩 冨金原 未奈 山名 比呂美 高井 裕美 野倉 やよい 兵庫県立姫路循環器病センター 兵庫県立姫路循環器病センター心臓血管外科 兵庫県立姫路循環器 病センター循環器内科 兵庫県立姫路循環器病センターリハビリテーション科 兵庫県立姫路循環器 病センター栄養指導課 O- 心不全患者に対する看護師による介入実施率低値の原因について 多職種チーム アプローチ導入 年後評価 平野 美樹 高梨 久美 飯塚 裕美 末永 祐哉 鈴木 誠 橋本 祐二 O- 亀田総合病院看護部 亀田総合病院循環器内科 急性心筋梗塞患者における心臓リハビリテーションチームによる取り組みの効果 横松 孝史 櫛山 晃央 夜久 英憲 加藤 雅史 河野 裕 溝口 哲 松本 祐子 出見世 真人 佃 陽一 平山 善康 O- 三菱京都病院心臓内科 三菱京都病院看護科 三菱京都病院リハビリテーション科 重症虚血肢患者に対するチームアプローチの重要性 看護師の役割を考える 向井 智里 松田 沙織 伊藤 昭範 村中 ひろみ 本間 智明 小林 平 O- JA 広島総合病院看護科 JA 広島総合病院リハビリテーション科 心臓リハビリテーションおける多職種協働が患者に与える影響を振り返る 矢野 諭美 松本 祐子 村松 美帆子 横松 孝史 出見世 真人 O- 三菱京都病院看護科 三菱京都病院心臓内科 三菱京都病院リハビリテーション科 平成 年度診療報酬改定によるリハビリテーション関連医療費の変化 近年の 動向 小山 照幸 東京都健康長寿医療センターリハビリテーション科 0

28 第 0 回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 第 日目 7 月 0 日 日 :0 6:0 第 8 会場 日図デザイン博物館 心理 指導など 座長 眞嶋 朋子 千葉大学大学院看護学研究科 小西 治美 国立循環器病研究センター看護部 CCU 病棟 O-6 心疾患患者におけるタイプ D パーソナリティに及ぼす心理学的要因 石原 俊一 内田 龍制 木村 穣 牧田 茂 文教大学人間科学部 埼玉医科大学国際医療センター心臓リハビリテーション科 関西医科大学健康 科学センター O-7 外来心臓リハビリテーションにおけるタイプ D パーソナリティに対する自律訓練 法の効果 原 美弥子 大澤 弘美 櫻井 和代 横澤 百合子 竹田 由美子 相模 由美子 佐藤 正樹 眞鍋 知子 櫻井 繁樹 北海道科学大学保健医療学部 医療法人千心会櫻井医院 群馬県立県民健康科学大学看護学部 了徳 寺大学保健科学部 O-8 外来心不全患者に対する看護師の個別面接の効果と課題 小林 志津江 野村 弘美 小田 登 土手 慶吾 O-9 広島市立安佐市民病院看護部 広島市立安佐市民病院循環器内科 多職種連携協働 IPW によるメンタルケアの実践 庵地 雄太 水谷 和郎 O-0 医療法人社団顕鐘会神戸百年記念病院心大血管疾患リハビリテーションセンター 同内科 慢性心不全外来患者に対する Me-CDT を用いた認知症スクリーニング 西原 千晴 木田 圭亮 穴井 己理子 丸田 智子 明石 嘉浩 O- 聖マリアンナ医科大学病院看護部 聖マリアンナ医科大学循環器内科 聖マリアンナ医科大学精神科 脆弱化した患者への薬剤介入及び家族指導の効果 長岡 麻由 江崎 信子 松崎 景子 松本 尚也 槙垰 賢政 中村 雅司 松本 麻衣 柳 亮子 齋藤 裕 勝田 洋輔 福岡市医師会成人病センター薬剤科 福岡市医師会成人病センター管理栄養科 福岡市医師会成人病 センターリハビリテーション科 福岡市医師会成人病センター看護部 福岡市医師会成人病センター 循環器内科 O- 蘇生後患者に対するリハビリテーションの問題点 河崎 靖範 村上 賢治 山崎 慎介 古澤 良太 尾関 誠 松山 公三郎 熊本リハビリテーション病院理学療法科 熊本リハビリテーション病院神経心理科 熊本リハビリ テーション病院循環器内科 0

29 The 0th Annual Meeting of the Japanese Association of Cardiac Rehabilitation 第 日目 7 月 0 日 日 :0 6:0 第 9 会場 大会議室 栄養 栄養指導 座長 玉木 大輔 昭和大学藤が丘病院栄養科 吉内佐和子 関西医科大学附属枚方病院栄養管理部 O- 心リハ継続患者における塩分摂取量と動脈硬化との関係 吉内 佐和子 北村 晃子 吉田 三嘉 宮内 拓史 岩坂 潤二 木村 穣 O- 関西医科大学附属枚方病院栄養管理部 関西医科大学附属枚方病院健康科学センター 回復期外来心リハにおける推定食塩摂取量 estimated salt intake; esi を 用いた減塩指導の効果について 佐々木 愛李 齋藤 夏絵 高橋 瑞保 沓澤 大輔 桐林 伸幸 菅原 重生 島貫 隆夫 地方独立行政法人山形県 酒田市病院機構日本海総合病院栄養管理室 山形県立新庄病院栄養管理科 地方独立行政法人山形県 酒田市病院機構日本海総合病院循環器内科 地方独立行政法人山形県 酒 田市病院機構日本海総合病院心臓血管外科 O- 末梢動脈疾患患者の栄養状態と ADL 土田 博光 和田 敏裕 青柳 幸江 小野 功善 辻 泰博 柿岡 慶次郎 誠潤会水戸病院心臓血管外科 誠潤会水戸病院心臓 血管リハビリテーションセンター 誠潤会水戸 病院 Vascular Lab. O-6 末梢血管疾患患者に対するテーラーメイドな栄養指導の実践と効果 渡壁 史那 河本 良美 本間 智明 上田 雅美 小林 平 JA 広島総合病院栄養科 JA 広島総合病院リハビリテーション科 O-7 肥満度から考える心臓リハビリテーションの現状と課題 原田 晴仁 西山 安浩 渡辺 恵 津留 智子 新山 寛 加藤 宏司 吉田 典子 池田 久雄 久留米大学医療センター循環器内科 心疾患患者における糖尿病既往が身体的変化と食習慣変容に与える影響 枝廣 由季子 堂本 康二 樋笠 衣美 納冨 明奈 福地 彩子 久永 文 高鍋 素 野間 健 濱岡 健 大瀧 俊夫 稲本 真也 井上 信孝 大西 一男 独立行政法人労働者健康福祉機構神戸労災病院心臓リハビリテーション O-9 心臓病集団栄養教室における塩分制限セルフ エフィカシー尺度を用いた指導効 果の検討 古御門 恵子 辻 秀美 小笹 寧子 吉田 路子 小野原 明子 水野 菜穂子 京面 ももこ 御石 絢子 鮑 炳元 梅田 陽子 雛田 知子 幣 憲一郎 稲垣 暢也, 上嶋 健治 6 木村 剛 京都大学医学部附属病院疾患栄養治療部 京都大学医学部附属病院循環器内科 京都大学医学部附属 病院リハビリテーション部 京都大学医学部附属病院看護部 京都大学医学部附属病院糖尿病 内分 6 泌 栄養内科 京都大学医学部附属病院臨床研究総合センター EBM 推進部 0 O-8

30 第 0 回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 第 日目 7 月 0 日 日 6:0 7:0 第 7 会場 日図デザイン博物館 トレーニング 座長 豊増 功次 久留米大学健康 スポーツ科学センター 林 秀樹 滋賀医科大学リハビリテーション科 O-60 重症慢性心不全に対する加圧トレーニングの骨格筋への効果について 田屋 雅信 安達 仁, 桑原 拓哉 松村 亮太 熊谷 秀美 猪熊 正美 中野 晴恵 設楽 達則 風間 寛子 鳥越 和哉 伴野 潤一, 大島 茂 O-6 群馬県立心臓血管センターリハビリテーション課 群馬県立心臓血管センター循環器内科 血流制限下トレーニングは 骨格筋 GLUT 及び MCT タンパクの発現を亢進 する ラット加圧モデルによる検討 中島 敏明 安田 智洋 小出 誠一郎 佐藤 義昭 狩野 豊 O-6 東京大学医学部附属病院 世紀医療センター加圧トレーニング虚血循環生理学講座 加圧国際大学 電気通信大学先進理工学 血流制限下のセラバンド トレーニングと脱トレーニングが高齢者の筋サイズ 筋力と血管機能に及ぼす影響 安田 智洋 福村 和也 飯田 陽子 輿 日登美 佐藤 義昭 中島 敏明 O-6 東京大学医学部附属病院 加圧国際大学 外来心臓リハビリテーションでのゴムバンドによる筋力トレーニングの効果 イ ンピーダンス法による評価 櫻井 和代 原 美弥子 横澤 百合子 竹田 由美子 相模 由美子 佐藤 正樹 眞鍋 知子 櫻井 繁樹 O-6 医療法人千心会櫻井医院 群馬県立県民健康科学大学看護学部 τ off と心臓拡張機能の関係 インターバルトレーニングへの考察 林 秀樹 岩井 宏治 飛田 良 木下 妙子 川口 民郎 松本 鉄也 藤田 正俊 堀江 稔 滋賀医科大学リハビリテーション科 大阪教育大学健康生活科学 宇治病院循環器内科 滋賀医科大 学循環器内科 O-6 慢性心不全における新たなトレーニングとしての加速度トレーニングの可能性 木田 圭亮 鈴木 規雄 足利 光平 米山 喜平 鈴木 健吾 長田 尚彦 大宮 一人 明石 嘉浩 聖マリアンナ医科大学循環器内科 O-66 運動耐容能低下心疾患患者において心臓リハビリテーション開始時下肢筋肉量が 運動耐容能改善率に及ぼす影響 山本 壱弥 福井 教之 鈴木 裕二 小西 治美 熊坂 礼音 荒川 鉄雄 大原 貴裕 福井 重文 簗瀬 正伸 中西 道郎, 野口 暉夫 後藤 葉一, 06 国立循環器病研究センター心血管リハビリテーション科 国立循環器病研究センター心臓血管内科

31 The 0th Annual Meeting of the Japanese Association of Cardiac Rehabilitation 第 日目 7 月 0 日 日 6:0 7:0 第 8 会場 日図デザイン博物館 6 トレーニング 座長 佐藤 真治 大阪産業大学スポーツ健康学科 田中 希 財 田附興風会医学研究所北野病院心臓センター O-67 植込み型除細動器を装着した心不全患者に対するストレッチング体操は酸化スト レスと血管内皮機能を改善する 加藤 倫卓, 増田 卓 小鹿野 道雄 堀田 一樹 川瀬 翔太 森 雄司 光地 海人 落合 康平 田中 伸弥 鎌田 裕美 秋山 綾子 神谷 健太郎 清水 良佑 田畑 稔 田邊 潤 梅本 琢也 国立病院機構静岡医療センターリハビリテーション科 北里大学大学院医療系研究科 国立病院機構 静岡医療センター循環器科 東北大学病院リハビリテーション部 国立病院機構静岡医療センター心 臓血管外科 O-68 非侵襲的陽圧換気下における自転車エルゴメータ座位姿勢の循環動態 森木 貴司 木下 利喜生 大野 千種 中村 健 和歌山県立医科大学附属病院リハビリテーション科 O-69 チェア エクササイズプログラムの運動強度についての検討 梅田 陽子 小笹 寧子 吉田 路子 小野原 明子 鮑 炳元 雛田 知子 上嶋 健治 木村 剛 京都大学医学部附属病院リハビリテーション部 京都大学医学部附属病院循環器内科 京都大学医学 部附属病院看護部 京都大学医学部附属病院臨床研究総合センター EBM 推進部 O-70 心臓リハビリテーション施行患者の下肢運動時の姿勢が循環応答に与える影響 掘井 吉幸 浅井 剛 柳本 智 戸田 勝也 片山 里佳 松尾 善美 上嶋 健治 野木 佳男 6 医療法人社団佳生会野木病院リハビリテーション科 神戸学院大学総合リハビリテーション学部 社 会福祉法人三幸福祉会介護老人保健施設清華苑養力センターリハビリ部 武庫川女子大学健康運動科学 6 研究所 京都大学医学部附属病院臨床研究総合センター EBM 推進部 医療法人社団佳生会野木病院外 科 入院期集団起立運動の効果 横谷 浩士, 三浦 秀之 岩瀬 浩一 関 優 藤本 幹雄 元田 弘敏 総合病院国保旭中央病院リハビリテーション科 吉備国際大学大学院保健科学研究科 吉備国際大学 保健医療福祉学部理学療法学科 O-7 サルコペニア診断補助としての心肺運動負荷試験 杉江 正光,, 小山 照幸, 大渕 修一 金 憲経 高橋 哲也, 原田 和昌 許 俊鋭 牧田 茂 井藤 英喜, 東京都健康長寿医療センター 東京都健康長寿医療センター研究所 東京工科大学医療保健学部 埼 玉医科大学国際医療センター心臓リハビリテーション科 O-7 慢性心不全における新たなトレーニングとしての加速度トレーニングの安全性 足利 光平 木田 圭亮 寺本 佳楠子 鈴木 規雄 明石 嘉浩 聖マリアンナ医科大学循環器内科 07 O-7

32 第 0 回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 第 日目 7 月 0 日 日 6:0 7:0 第 9 会場 大会議室 7 高齢者 座長 安信 祐治 三次地区医療センター 増田 卓 北里大学医療衛生学部リハビリテーション学科 O-7 80 歳以上の超高齢心不全患者における特徴と傾向 木下 和香子 小村 幸則 舟橋 博美 萩原 和洋 太田 恵子 金田 彩乃 村上 加世子 玉 直人 寺井 英伸 名村 正伸 O-7 心臓血管センター金沢循環器病院看護部 心臓血管センター金沢循環器病院リハビリテーション部 心臓血管センター金沢循環器病院循環器内科 高齢心不全患者の介護保険認定状況別の運動能力 認知機能と在宅復帰率 若林 昌司 中村 公則 高原 哲也 中野 良規 香川 英介 小田 登 佐々木 正太 加藤 雅也 土手 慶五 O-76 広島市立安佐市民病院リハビリテーション科 広島市立安佐市民病院循環器内科 後期高齢心不全患者の心臓リハビリテーション効果の性差について 竹嶋 宏剛 新谷 圭亮 藤井 幸子 森 雅美 杉島 裕美子 白 亮 石田 典裕 松本 鉄也 宝生会 PL 病院リハビリテーション科 宝生会 PL 病院中央検査部 宝生会 PL 病院循環器内科 大阪 教育大学教学科健康生活科学講座 O-77 理学療法士が担当する高齢術後患者への退院時リハ指導内容の見直し 石原 亮一 橋本 睦美 椎原 香美 鶴川 俊洋 独立行政法人国立病院機構鹿児島医療センターリハビリテーション科 O-78 高齢心不全症例における退院時 FIM 運動項目と認知項目の予後に与える影響 齋藤 洋 末永 祐哉 遠藤 佳子 平野 美樹 飯塚 裕美 鈴木 誠 橋本 裕二 O-79 亀田総合病院リハビリテーション室 亀田総合病院循環器内科 亀田総合病院看護部 超高齢心不全患者における栄養状態の検討 貞島 詩織 松永 直子 祁答院 知佳 谷口 渚沙 三角 郁夫 O-80 国立病院機構熊本再春荘病院栄養管理室 国立病院機構熊本再春荘病院循環器内科 虚弱 frailty を呈する高齢心臓外科手術患者の術後リハビリテーション経過 に関する検討 堀 健太郎 齊藤 正和 小澤 哲也 安達 裕一 上脇 玲奈 山田 智美 岩佐 祐子 河合 佳奈 塩谷 洋平 中嶋 翔吾 小薗 愛夏 諸冨 伸夫 長山 雅俊 伊東 春樹 公益財団法人日本心臓血圧研究振興会附属榊原記念病院理学療法科 公益財団法人日本心臓血圧研究 振興会附属榊原記念病院心臓リハビリテーション室 公益財団法人日本心臓血圧研究振興会附属榊原記 念病院循環器内科 08

untitled

untitled 1 日目 10 月 27 日 木 第 1 会場 国際会議室 開会の辞 12 15 12 20 ランチョンセミナー 1 12 20 13 10 共催 大鵬薬品工業株式会社 LS- 1 座長 齊藤 博昭 鳥取大学医学部 病態制御外科学分野 今度どうなる 胃癌の術後補助化学療法 小寺 泰弘 名古屋大学大学院医学系研究科 消化器外科学 主題 1 高齢者進行胃癌に対する治療戦略 定型か縮小か 13 20 14

More information

A1 大町 G9 本間 S22 山崎 45 19% C22 武田 K0 渡辺 ( 祐 ) G15 伊敷 S22 山崎 C8 三ツ石 E11 川崎 G19 石井 46 18%

A1 大町 G9 本間 S22 山崎 45 19% C22 武田 K0 渡辺 ( 祐 ) G15 伊敷 S22 山崎 C8 三ツ石 E11 川崎 G19 石井 46 18% 1.510 K4 岡里 1.179 S4 柏木 1.412 C20 友寄 1 140% B4 徳田 1.000 K4 岡里 1.296 B6 濱田 1.550 K4 岡里 2.450 E7 佐久間 2.114 G15 伊敷 2.400 E1 中嶋 2 125% M6 西川 2.020 A12 中村 2.256 C9 丸山 2.543 F23 荻原 3.448 C20 友寄 3.113 K0 渡辺 (

More information

第 40 回 看護総合 2009 年 平成 21 年 2009/7/18-19 京都府京都市 2009 年 2010 年 精神看護 2009/7/23-24 島根県松江市 2009 年 2010 年 母性看護 2009/8/6-7 佐賀県佐賀市 2009 年 2010 年 看護教育 2009/8/2

第 40 回 看護総合 2009 年 平成 21 年 2009/7/18-19 京都府京都市 2009 年 2010 年 精神看護 2009/7/23-24 島根県松江市 2009 年 2010 年 母性看護 2009/8/6-7 佐賀県佐賀市 2009 年 2010 年 看護教育 2009/8/2 学術集会開催実績および冊子発行年 回 学術集会は各回の開催順に掲載 第 49 回 精神看護 2018 年 平成 30 年 2018/7/19-20 徳島県徳島市 2018 年 2019 年 在宅看護 2018/7/27-28 佐賀県佐賀市 2018 年 2019 年 看護管理 2018/8/9-10 宮城県仙台市 2018 年 2019 年 看護教育 2018/8/16-17 広島県広島市 2018

More information

精神医学研究 教育と精神医療を繋ぐ 双方向の対話 10:00 11:00 特別講演 3 司会 尾崎 紀夫 JSL3 名古屋大学大学院医学系研究科精神医学 親と子どもの心療学分野 AMED のミッション 情報共有と分散統合 末松 誠 国立研究開発法人日本医療研究開発機構 11:10 12:10 特別講

精神医学研究 教育と精神医療を繋ぐ 双方向の対話 10:00 11:00 特別講演 3 司会 尾崎 紀夫 JSL3 名古屋大学大学院医学系研究科精神医学 親と子どもの心療学分野 AMED のミッション 情報共有と分散統合 末松 誠 国立研究開発法人日本医療研究開発機構 11:10 12:10 特別講 The 113th Annual Meeting of the Japanese Society of Psychiatry and Neurology -94- 精神医学研究 教育と精神医療を繋ぐ 双方向の対話 10:00 11:00 特別講演 3 司会 尾崎 紀夫 JSL3 名古屋大学大学院医学系研究科精神医学 親と子どもの心療学分野 AMED のミッション 情報共有と分散統合 末松 誠 国立研究開発法人日本医療研究開発機構

More information

鈴木さなえ 社会福祉士 介護福祉士 介護支援専門員 兼任 諸橋利枝 精神保健福祉士 社会福祉士 介護支援専門員 兼任 2 介護における尊厳の保持 自立支援 高浦康弘 社会福祉士 介護支援専門員 兼任 2 自立に向けた介護 斉藤智恵 介護福祉士 兼任 長谷川純子 介護福祉士 介護支援専門員 兼任 野村

鈴木さなえ 社会福祉士 介護福祉士 介護支援専門員 兼任 諸橋利枝 精神保健福祉士 社会福祉士 介護支援専門員 兼任 2 介護における尊厳の保持 自立支援 高浦康弘 社会福祉士 介護支援専門員 兼任 2 自立に向けた介護 斉藤智恵 介護福祉士 兼任 長谷川純子 介護福祉士 介護支援専門員 兼任 野村 講師一覧 別添様式 15 社会福祉法人富士白苑介護職員初任者研修 平成 30 年 6 月 11 日現在 科目番号 / 科目名項目番号 / 項目名 講師名 資格等 専任 兼任 1 職務の理解 高浦康弘 社会福祉士 介護支援専門員 兼任 1 多様なサービスの理解 斉藤智恵 介護福祉士 兼任 長谷川純子 介護福祉士 介護支援専門員 兼任 江口由美 介護福祉士 介護支援専門員 兼任 白井仁 介護福祉士 兼任

More information

<4D F736F F D D91208D918CF697A791E58A7795CE8DB7926C C F2E646F63>

<4D F736F F D D91208D918CF697A791E58A7795CE8DB7926C C F2E646F63> 全国国公立大学偏差値ランキング 東京大学 [ 理 3 国 東京 ]79 京都大学 [ 医医 国 京都 ]78 東京大学 [ 文 1 国 東京 ]77 大阪大学 [ 医医 国 大阪 ]77 東京大学 [ 文 2 国 東京 ]76 東京大学 [ 文 3 国 東京 ]75 東京医科歯科大学 [ 医医 国 東京 ]74 名古屋大学 [ 医医 国 愛知 ]74 東北大学 [ 医医 国 宮城 ]73 千葉大学

More information

日本糖尿病学会 The Japan Diabetes Society 1-1 9:00 9:08 会場 公演時間 演題番号 1 第一会場 橘 1-1 34 2 第二会場 萩 2-35 69 3 第三会場 白橿1 3-70 100 4 第四会場 白橿2 4-101 129 1 9:00 9:08 重症急性膵炎後の患者が 長期間にわたり運動療法で 血糖コントロールできた1例 公益財団法人宮城厚生協会 坂総合クリニック運動療法センター1,

More information

日目 < 男子 > 詳細 Aリーグ 法政二 A - 茨キリA 浜松南 B - 甲府工 B 法政二 A - 浜松南 B D 古賀 田邊 - 小野 倉橋 D 久保 野中 - 保坂 鈴木 D 古賀 小林 - 野中 増田 D 佐藤 平井 - 宮原 木下 D 鈴木凜 鈴木優 - 伊藤 村松 D 佐藤 平井 -

日目 < 男子 > 詳細 Aリーグ 法政二 A - 茨キリA 浜松南 B - 甲府工 B 法政二 A - 浜松南 B D 古賀 田邊 - 小野 倉橋 D 久保 野中 - 保坂 鈴木 D 古賀 小林 - 野中 増田 D 佐藤 平井 - 宮原 木下 D 鈴木凜 鈴木優 - 伊藤 村松 D 佐藤 平井 - 日目 < 男子 > 試合の順番 :vs vs vs vs vs vs Aリーグ チーム名 勝 敗 順位 法政二 A - - - 茨キリA - - - 浜松南 B - - - 甲府工業 B - - - Bリーグ チーム名 勝 敗 順位 足利 A - - - 法政二 B - - - 県岐商 B - - - 茨キリB - - - Cリーグ チーム名 勝 敗 順位 県岐商 A - - - 甲府工業 A -

More information

db1

db1 No Lap 01 Lap 02 Lap 03 Lap 04 Lap 05 Lap 06 Lap 07 Lap 08 Lap 09 Lap 10 1 363 松本大輔 6 分 09 秒 12 分 18 秒 18 分 19 秒 24 分 18 秒 30 分 13 秒 36 分 07 秒 41 分 58 秒 47 分 47 秒 53 分 33 秒 59 分 26 秒 M363 06:09 06:09 06:01

More information

MDE335ӾՈ

MDE335”æ’à 全国に拡がるアフターサービス網 お買い上げ商品のご相談は 最寄りのマキタ登録販売店もしくは 下記の当社営業所へお気軽にお尋ねください 事業所名 電話番号 札 幌 支 店 011 (783) 8141 札幌営業所 011 (783) 8141 旭川営業所 0166 (31) 6501 釧路営業所 0154 (37) 4849 函館営業所 0138 (49) 9273 苫小牧営業所 0144 (68)

More information

<8A4A8FEA33308EFC944E8B4C944F93C195CA91E58AB48ED38DD5838D F D8824F D824F F2E786C7378>

<8A4A8FEA33308EFC944E8B4C944F93C195CA91E58AB48ED38DD5838D F D8824F D824F F2E786C7378> 開場 30 周年記念特別大感謝祭ロングランコンペ 期間 :9 月 16 日 ( 日 )~9 月 30 日 ( 日 ) 引換券 No 2324 195 位 今井 様 53 49 102 20.4 81.6 パン or ラスク or ワイン 2575 49 位 山田 様 47 50 97 21.6 75.4 パン or ラスク or ワイン 2576 74 位 安田 様 62 54 116 39.6 76.4

More information

*Ł\”ƒ

*Ł\”ƒ 全国に拡がるアフターサービス網 お買い上げ商品のご相談は 最寄りのマキタ登録販売店もしくは 下記の当社営業所へお気軽にお尋ねください 事業所名 電話番号 事業所名 電話番号 札 幌 支 店 011 (783) 8141 足立営業所 03 (3899) 5855 札幌営業所 011 (783) 8141 大田営業所 03 (3763) 7553 旭川営業所 0166 (江戸川営業所 03 (3653)

More information

安 打 全日程終了時点 ( 安打 + 四死球 ) 打 数 打席 位 打率 選手名 位本塁打 選手名 位 打点 選手名 位 盗塁 選手名 位 安打 選手名 位四死球 選手名 位 出塁率 選手名 S51 真鍋 S0 眞田 42 1 E11 阿部 40 4 J14 岡村 39

安 打 全日程終了時点 ( 安打 + 四死球 ) 打 数 打席 位 打率 選手名 位本塁打 選手名 位 打点 選手名 位 盗塁 選手名 位 安打 選手名 位四死球 選手名 位 出塁率 選手名 S51 真鍋 S0 眞田 42 1 E11 阿部 40 4 J14 岡村 39 安 打 全日程終了時点 ( 安打 + 四死球 ) 打 数 打席 位 打率 選手名 位本塁打 選手名 位 打点 選手名 位 盗塁 選手名 位 安打 選手名 位四死球 選手名 位 出塁率 選手名 1.611 S0 眞田 1 4 E2 小泉 1 14 E2 小泉 1 15 E5 佐野 ( 雅 ) 1 11 E5 佐野 ( 雅 ) 1 9 F51 村本 1.722 M30 山岸 2.583 M30 山岸 1

More information

MAC600”æ’Ý

MAC600”æ’Ý 全国に拡がるアフターサービス網 お買い上げ商品のご相談は 最寄りのマキタ登録販売店もしくは 下記の当社営業所へお気軽にお尋ねください 事業所名 電話番号 事業所名 電話番号 札 幌 支 店 011 (783) 8141 足立営業所 03 (3899) 5855 札幌営業所 011 (783) 8141 大田営業所 03 (3763) 7553 旭川営業所 0166 (江戸川営業所 03 (3653)

More information

5631BA_5831BA”æŁ’à

5631BA_5831BA”æŁ’à 全国に拡がるアフターサービス網 お買い上げ商品のご相談は 最寄りのマキタ登録販売店もしくは 下記の当社営業所へお気軽にお尋ねください 事業所名 電話番号 事業所名 電話番号 札 幌 支 店 011 (783) 8141 足立営業所 03 (3899) 5855 札幌営業所 011 (783) 8141 大田営業所 03 (3763) 7553 旭川営業所 0166 (江戸川営業所 03 (3653)

More information

MUC350

MUC350 全国に拡がるアフターサービス網 お買い上げ商品のご相談は 最寄りのマキタ登録販売店もしくは 下記の当社営業所へお気軽にお尋ねください 事業所名 電話番号 事業所名 電話番号 札 幌 支 店 011 (783) 8141 足立営業所 03 (3899) 5855 札幌営業所 011 (783) 8141 大田営業所 03 (3763) 7553 旭川営業所 0166 (江戸川営業所 03 (3653)

More information

3 回戦 40 1 工藤 ( 飛 ) 阿保 弘南 鎌田 下山 弘東 41 6 外崎 山口 義塾 渡辺 ( 祐 ) 工藤( 諒 ) 黒商 齋藤 一野谷 聖愛 鳴海 米澤 弘実 高森 赤石 弘南 乗田 中嶋 弘工 佐

3 回戦 40 1 工藤 ( 飛 ) 阿保 弘南 鎌田 下山 弘東 41 6 外崎 山口 義塾 渡辺 ( 祐 ) 工藤( 諒 ) 黒商 齋藤 一野谷 聖愛 鳴海 米澤 弘実 高森 赤石 弘南 乗田 中嶋 弘工 佐 第 45 回弘前地区春季高等学校バドミントン選手権大会男子ダブルス試合結果 1 回戦 平成 27 年 4 月 18~19 日スポカルイン黒石 1 2 白戸 山本 弘中 0-2 3 木村 ( 匠 ) 小嶋 弘工 2 19 伊藤 小椋 黒商 0-2 20 辻本 工藤 弘前 3 33 佐藤 ( 丈 ) 佐藤( 祐 ) 黒商 1-2 34 船水 中田 弘工 4 37 村上 齊藤 義塾 2-0 38 山鹿 奈良脇

More information

平成26年患者調査 新旧対照表(案)

平成26年患者調査 新旧対照表(案) 平成 26 年患者調査新旧対照表 ( 案 ) 病院入院( 奇数 ) 票 病院外来( 奇数 ) 票 病院( 偶数 ) 票 一般診療所票 歯科診療所票 病院退院票 一般診療所退院票 厚生労働省 病院入院 ( 奇数 ) 票 新 平成 26 年 ( 案 ) 旧 平成 23 年変更理由等 平成 26 年 10 月 21 日 ~23 日 ( 指定された 1 日 ) 平成 23 年 10 月 18 日 ~20 日

More information

心疾患患による死亡亡数等 平成 28 年において 全国国で約 20 万人が心疾疾患を原因として死亡しており 死死亡数全体の 15.2% を占占め 死亡順順位の第 2 位であります このうち本県の死亡死亡数は 1,324 人となっています 本県県の死亡率 ( 人口 10 万対 ) は 概概ね全国より高

心疾患患による死亡亡数等 平成 28 年において 全国国で約 20 万人が心疾疾患を原因として死亡しており 死死亡数全体の 15.2% を占占め 死亡順順位の第 2 位であります このうち本県の死亡死亡数は 1,324 人となっています 本県県の死亡率 ( 人口 10 万対 ) は 概概ね全国より高 第 3 節心筋梗塞等の心血管疾患 現状と課題データ分析 心疾患の推計患者数 全国で 平成 27 年において救急車で搬送される患者の約 8.6% 約 30.2 万人が心疾患の患者であると推計されています ( 平成 28 年度版救急 救助の現況 ) また 全国で 平成 26 年度において継続的な治療を受けている患者数は 急性心筋梗塞 ( 1) 等の虚血性心疾患では約 78 万人 大動脈瘤及び大動脈解離

More information

「手術看護を知り術前・術後の看護につなげる」

「手術看護を知り術前・術後の看護につなげる」 2017 年 2 月 1 日 作成者 : 山田さおり 慢性心不全看護エキスパートナース育成コース 1. 目的江南厚生病院に通院あるいは入院している心不全患者に質の高いケアを提供できるようになるために 看護師が慢性心不全看護分野の知識や技術を習得することを目的とする 2. 対象レベルⅡ 以上で各分野の知識と技術習得を希望する者 ( 今年度は院内スタッフを対象にしています ) 期間中 80% 以上参加できる者

More information

3 射 4 エンド岡山陽香 ( 日本福祉大学 ) 114 点 2007 年度個人戦 各大会記録 東海学生アーチェリーインドア選手権大会記録 TOTAL 宮原雅 ( 名城大学 ) 576 点 2007 年度 小林大輔 ( 愛知学院大学 ) 576 点 2011 年度 団体 愛知工業大学 ( 田崎 長澤

3 射 4 エンド岡山陽香 ( 日本福祉大学 ) 114 点 2007 年度個人戦 各大会記録 東海学生アーチェリーインドア選手権大会記録 TOTAL 宮原雅 ( 名城大学 ) 576 点 2007 年度 小林大輔 ( 愛知学院大学 ) 576 点 2011 年度 団体 愛知工業大学 ( 田崎 長澤 2014 年度東海学生アーチェリー歴代記録 東海学生アーチェリー連盟記録委員会 2014/11/1 アウトドアターゲット シングル 内田陽 ( 愛知工業大学 ) 1313 点 2009 年度個人戦 90M 内田陽 ( 愛知工業大学 ) 311 点 2009 年度個人戦 70M 内田陽 ( 愛知工業大学 ) 329 点 2009 年度個人戦 小林大輔 ( 愛知学院大学 ) 329 点 2010 年度個人戦

More information

10 月 8 日 ( 月祝 ) 三菱重工 Gに変更 管理 相模原 年 藤沢 A 厚木 大和 4 年 グリーンB 秦野 藤沢 前半 68 0 前半 36 0 後半 45 0 後半 33 7 合計 吉川 合計 69 7 武村 年 藤沢 C 大和 A グリーン 4 年

10 月 8 日 ( 月祝 ) 三菱重工 Gに変更 管理 相模原 年 藤沢 A 厚木 大和 4 年 グリーンB 秦野 藤沢 前半 68 0 前半 36 0 後半 45 0 後半 33 7 合計 吉川 合計 69 7 武村 年 藤沢 C 大和 A グリーン 4 年 2018 年度ミニ県大会日程表 10 月 9 日 (Ver.15) 10 月 7 日 ( 日 ) 横山公園グランド 管理 相模原 13:00~16:30 13:00~16:00 13:00 3 年 麻生 B YCA 相模原 4 年 相模原 B 麻生 B 海老名 前半 5 33 前半 17 12 後半 5 7 後半 14 24 合計 10 40 柿内 合計 31 36 井上 13:30 3 年 YCB

More information

讐讐禦汀を活用した療養支援法の開発と利旧H 8 30 9 06 座長 峯石裕之 松江医療センタ 1 筋ジストロフイ 病棟患者におけるソ シャルネットワ キングサ ビス SNS 2 各施設の筋ジストロフィー患者のインターネット IT利用の活用に関する具体 小関 敦 がもたらす効用に関する研究 奥野信也 的事例調査 多施設協働研究 3 ipadを使用した行事活動について 第2報 4 高齢 重症化する患者へのPC支援内容の検討

More information

 

  5. 都道府県別 の推移 (19 19~1 年 ) 北海道 1% 17% 1% % 11% 北海道 青森県 3% 3% 31% 3% % 7% 5% 青森県 岩手県 3% 37% 3% 35% 3% 31% 9% 岩手県 宮城県 33% 3% 31% 9% 7% 5% 3% 宮城県 秋田県 1% % % 3% 3% 33% 3% 秋田県 山形県 7% % 7% 5% 3% % 37% 山形県 福島県

More information

Rehabilitation BOOK 1 8 5 6 7 11 12 1 2 心大血管疾患リハビリテーション BOOK 2014-2015 心臓リハビリテーション 2 1. 心大血管疾患リハビリテーションの診療点数 心大血管疾患リハビリテーション料 1単位 20分 CPX 心肺運動負荷試験 H003-3 リハビリテーション総合計画提供料 施設基準 Ⅰ の施設のみ 新設 リハビリテーション総合計画提供料

More information

対抗戦 :R( 月 日 / 第 試合 ) < 南関東 組 > 男子 :.コート < 群馬 組 > 女子 :.コート 飯島祥一男 阿部信夫男 0 0 : 田邊克己男 井部千万吉男 木村稔男 渾川昭夫男 : 0 市川進男 荒木広明男 榎原哲二男 木暮昌司男 : 森章男 00 木嶋政一男 角田晃男 桑原進

対抗戦 :R( 月 日 / 第 試合 ) < 南関東 組 > 男子 :.コート < 群馬 組 > 女子 :.コート 飯島祥一男 阿部信夫男 0 0 : 田邊克己男 井部千万吉男 木村稔男 渾川昭夫男 : 0 市川進男 荒木広明男 榎原哲二男 木暮昌司男 : 森章男 00 木嶋政一男 角田晃男 桑原進 対抗戦 :R( 月 日 / 第 試合 ) < 南関東 組 > 男子 :.コート < 群馬 組 > 女子 :.コート 飯島祥一男 斎藤治男男 0 : 田邊克己男 萩原真澄男 0 木村稔男 斎藤隆行男 0 : 市川進男 谷井謙一男 0 榎原哲二男 0 太田晴夫男 : 森章男 0 須田忠雄男 角田晃男 木場義文男 : 芦界篤男 大嶋裕男 0 小川博揮男 0 0 佐山春樹男 : 0 小川正晴男 00 ブレア

More information

第164回日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集

第164回日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集 第 164 回日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集 日時 : 2014 年 3 月 1 日 ( 土 ) 会場 : 都市センターホテル 102-0093 千代田区平河町 2-4-1 ( 東京メトロ有楽町線 麹町駅 徒歩約 4 分 東京メトロ有楽町線 半蔵門線 南北線 永田町駅 徒歩約 3 分 ) 参加受付 6 階 PC 受付 602(6 階 ) 第 Ⅰ 会場 601(6 階 ) 第 Ⅱ 会場 706(7

More information

JBBF_Judge_Archives.xls

JBBF_Judge_Archives.xls 朝 生 照 雄 埼玉 65 才 国際 2005 2016 日本 ジュニア 高校生 / クラス別 朝 生 照 雄 埼玉 64 才 国際 2005 2015 日本 ジュニア 高校生 / アジア選考 / クラス別 クラシック / オープン 朝 生 照 雄 埼玉 63 才 国際 2005 2014 日本 ジュニア 高校生 / フィットネス クラシック 朝 生 照 雄 埼玉 62 才 国際 2005 2013

More information

指定大学院一覧(差替).xlsx

指定大学院一覧(差替).xlsx 指定大学院臨床心理学専攻 ( コース ) 一覧第 1 種指定大学院 (159 校 / 修了後 直近の審査の受験可 ) 平成 29 年 (2017) 年 4 月 1 日現在 所在県名種別大学院名研究科名専攻名領域 ( コース ) 名 1 北海道 国 北海道大学大学院 教育学院 教育学専攻 臨床心理学講座 2 北海道 私 札幌学院大学大学院 臨床心理学研究科 臨床心理学専攻 3 北海道 私 札幌国際大学大学院

More information

東邦大学羽田空港国際線クリニック 高木賢治 大森病院臨床研修プログラム 選択専攻科目 各診療科 東京医科大学病院 平山陽示 循環器内科 森山記念病院 伊藤 嘉晃 森山リハビリテーション病院 関東

東邦大学羽田空港国際線クリニック 高木賢治 大森病院臨床研修プログラム 選択専攻科目 各診療科 東京医科大学病院 平山陽示 循環器内科 森山記念病院 伊藤 嘉晃 森山リハビリテーション病院 関東 平成 26 年度臨床研修病院群東邦大学医療センター大森病院臨床研修プログラム 必修科目 内科 救急部門 三郷中央総合病院 048-953-1321 内田耕 麻酔科 小児科 同愛記念病院 03-3625-6381 山口公一 産婦人科 外科 精神神経科 地域医療 大川こども & 内科クリニック 03-3758-0920 大川洋二 東邦大学羽田空港国際線クリニック 03-5708-8011 高木賢治 大森病院臨床研修プログラム

More information

リハビリテーションを受けること 以下 リハビリ 理想 病院でも自宅でも 自分が納得できる 期間や時間のリハビリを受けたい 現実: 現実: リ ビリが受けられる期間や時間は制度で リハビリが受けられる期間や時間は制度で 決 決められています いつ どこで どのように いつ どこで どのように リハビリ

リハビリテーションを受けること 以下 リハビリ 理想 病院でも自宅でも 自分が納得できる 期間や時間のリハビリを受けたい 現実: 現実: リ ビリが受けられる期間や時間は制度で リハビリが受けられる期間や時間は制度で 決 決められています いつ どこで どのように いつ どこで どのように リハビリ リハビリテーションに関わる 医療 福祉の仕組み NTT 東日本関東病院 総合相談室 ソーシャルワーカー井手宏人 リハビリテーションを受けること 以下 リハビリ 理想 病院でも自宅でも 自分が納得できる 期間や時間のリハビリを受けたい 現実: 現実: リ ビリが受けられる期間や時間は制度で リハビリが受けられる期間や時間は制度で 決 決められています いつ どこで どのように いつ どこで どのように

More information

厚生労働科学研究費補助金 (地域健康危機管理研究事業)

厚生労働科学研究費補助金 (地域健康危機管理研究事業) 平成 23 年度厚生労働科学研究費補助金循環器疾患 糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業循環器疾患等の救命率向上に資する効果的な救急蘇生法の普及啓発に関する研究 (H21- 心筋 - 一般 -001) ( 研究代表者丸川征四郎 ) 平成 23 年度研究報告 研究課題 A AED の普及状況に係わる研究 研究分担者近藤久禎国立病院機構災害医療センター臨床研究部政策医療企画研究室長 平成 24(2012)

More information

大会名 : 平成 29 年体育協会長杯男子トーナメント打撃 守備の記録 ( チーム全試合 ) 登録試合数 : 2 チーム名 : 城山クラブ2 No. 補殺 刺殺 失策 守備率 打方 位置 氏名 背番号 打席 打数 安打 只野良康

大会名 : 平成 29 年体育協会長杯男子トーナメント打撃 守備の記録 ( チーム全試合 ) 登録試合数 : 2 チーム名 : 城山クラブ2 No. 補殺 刺殺 失策 守備率 打方 位置 氏名 背番号 打席 打数 安打 只野良康 大会名 : 平成 29 年体育協会長杯男子トーナメント打撃 守備の記録 ( チーム全試合 ) 登録 : 2 : 城山クラブ2 1 1 2 0 1.000 5 只野良康 3 1 1 1 0 1 0 0 0 0 0 0 1 0 1 1.000 0 0 1 1.000 1 2 0 1 0 1.000 DP 柳田淳博 4 5 3 2 1 3 0 0 2 0 1 0 3 0 4 0.667 0 0 0 0.800

More information

8 男子 200m バタフライタイム決勝 大会記録 2: 三澤 正太 ( 山形南高校 ) 高 1 3 2: 小林健太郎 ( 山形南高校 ) 高 1 1 2: 石井 智大 ( 山形南高校 ) 高 2 2 2: 小鹿 悟 ( 日大山形高校

8 男子 200m バタフライタイム決勝 大会記録 2: 三澤 正太 ( 山形南高校 ) 高 1 3 2: 小林健太郎 ( 山形南高校 ) 高 1 1 2: 石井 智大 ( 山形南高校 ) 高 2 2 2: 小鹿 悟 ( 日大山形高校 1 女子 400m メドレーリレー タイム決勝 大会記録 4:39.29 1. 山形東高校 ( 片桐 凜子 井場 麻美 青木万里子大類 瑞穂 ) 高校 1:08.15 2 5:03.44 2. 山形北高校 ( 草刈 奈緒 大宮 千裕 加藤 瞳吉田美有紀 ) 高校 1:23.20 4 5:09.46 3. 日大山形高校 ( 岡崎 璃花 大類 麻未 山本 聖子山中さゆり ) 高校 1:07.67 1 4:36.25

More information

< E B B798E7793B188F5936F985E8ED EA97975F8E9696B18BC CBB8DDD816A E786C7378>

< E B B798E7793B188F5936F985E8ED EA97975F8E9696B18BC CBB8DDD816A E786C7378> 1 コーチ 802001677 宮崎 744500076 2 コーチ 802004883 宮崎 744500098 3 コーチ 802006099 宮城 740400015 4 コーチ 802009308 大阪 742700351 5 コーチ 802012742 沖縄 744700018 6 コーチ 802012867 静岡 742100061 7 コーチ 803001619 青森 740200007

More information

平成 29 年度社会福祉士 精神保健福祉士実習担当教員講習会 社会福祉士実習分野講習 < 実習東京 CJ1> 開催日 : 平成 29 年 8 月 7 日 ( 月 )~8 月 10 日 日程時間科目形態講習内容講師 10:10~10:25 10:25~10:30 10:30~12:00 実習指導概論

平成 29 年度社会福祉士 精神保健福祉士実習担当教員講習会 社会福祉士実習分野講習 < 実習東京 CJ1> 開催日 : 平成 29 年 8 月 7 日 ( 月 )~8 月 10 日 日程時間科目形態講習内容講師 10:10~10:25 10:25~10:30 10:30~12:00 実習指導概論 社会福祉士 平成 29 年度社会福祉士 精神保健福祉士実習担当教員講習会 社会福祉士基礎分野講習 < 基礎東京 C> 開催日 : 平成 29 年 7 月 16 日 ( 日 ) 時間科目形式内容講師 9:30~9:45 会場内に掲載している座席表をご確認の上 指定の席にお座りください 9:45~9:50 9:50~11:20 社会福祉士論 1. 社会福祉士の業務 役割と意義 2. 相談援助の概念と範囲

More information

2018.福井国体総合プログラム1.indd

2018.福井国体総合プログラム1.indd 競技組合せ表 成年男子 舵手つきフォア (+) 0 クル 予 選 (0 日 ) ~8 位決定 ( 日 ) 7 1:0 77 1:00 10 9:8 1 福井県 ( 福井選抜 ) 予 - 準決 - 岐 阜 県 ( 中部電力岐阜 ) 熊 本 県 ( 熊本県選抜 ) 予 - 予 -1 準決 - 準決 -1 島根県 ( 島根選抜 ) 予 -1 準決 - 京都府 ( 京都選抜 ) 決 勝 ( 日 ) 8 1:8

More information

< E B B798E7793B188F5936F985E8ED EA97975F8E9696B18BC CBB8DDD816A E786C7378>

< E B B798E7793B188F5936F985E8ED EA97975F8E9696B18BC CBB8DDD816A E786C7378> 1 コーチ 802001677 宮崎 744500076 2 コーチ 802004883 宮崎 744500098 3 コーチ 802005298 北海道 740100003 4 コーチ 802006099 宮城 740400015 5 コーチ 802009308 大阪 742700351 6 コーチ 802012742 沖縄 744700018 7 コーチ 802012867 静岡 742100061

More information

太洋ボウル印刷日 2018 年 06 月 03 日 16:37 チーム順位表 [602] 日本商工会議所会頭杯争奪第 52 回 BPAJ 全国ボウリング競技大会 4 人チーム戦決勝 2018 年 06 月 03 日 09:00 年 ~ 06 月 日 13:00 ハンディキャップ :

太洋ボウル印刷日 2018 年 06 月 03 日 16:37 チーム順位表 [602] 日本商工会議所会頭杯争奪第 52 回 BPAJ 全国ボウリング競技大会 4 人チーム戦決勝 2018 年 06 月 03 日 09:00 年 ~ 06 月 日 13:00 ハンディキャップ : 1 北海道厚別パークボウル 236.17 4 3 1 12 2,804 2,834 233.66 0 1 藤田貢 3 0 767(767) 255(255)29 3 259229279 2 保木絵理 3 10 726(696) 242(232)20 11 202247247 3 水上悟 3 0 677(677) 225(225)17 14 236185256 4 保木慎吾 3 0 664(664)

More information

1 保育所の人員 設備 運営に関する基準の 参酌すべき 基準化同基準を定める権限 施設の設置認可 指導監督権限を保育の実施主体である市町村に移譲 大阪府知事 橋下 徹 北海道知事 高橋はるみ 青森県知事 三村 申吾 秋田県知事 佐竹 敬久 宮城県知事 村井 嘉浩 福島県知事 佐藤 雄平 新潟県知事

1 保育所の人員 設備 運営に関する基準の 参酌すべき 基準化同基準を定める権限 施設の設置認可 指導監督権限を保育の実施主体である市町村に移譲 大阪府知事 橋下 徹 北海道知事 高橋はるみ 青森県知事 三村 申吾 秋田県知事 佐竹 敬久 宮城県知事 村井 嘉浩 福島県知事 佐藤 雄平 新潟県知事 構造改革特区の共同提案 平成 22 年 11 月 15 日 全国知事会 北海道知事 高橋はるみ 青森県知事 三村 申吾 秋田県知事 佐竹 敬久 岩手県知事 達増 拓也 山形県知事 吉村美栄子 宮城県知事 村井 嘉浩 福島県知事 佐藤 雄平 新潟県知事 泉田 裕彦 東京都知事 石原慎太郎 群馬県知事 大澤 正明 栃木県知事 福田 富一 茨城県知事 橋本 昌 埼玉県知事 上田 清司 千葉県知事 森田 健作

More information

優勝準優勝第 位第 位 男子ダブルス 女子ダブルス 大串 飯野山田 河田久保田 安部清水 樽川 (T.O.M) (T.O.M) ( 市役所 ) ( メカ ネの辻本 ) ( メカ ネの辻本 ) ( 卓健会 ) 渡辺 三浦 山本 山本 吉原 山本 久保田 緒方 ( なでしこ ) ( なでしこ ) ( あ

優勝準優勝第 位第 位 男子ダブルス 女子ダブルス 大串 飯野山田 河田久保田 安部清水 樽川 (T.O.M) (T.O.M) ( 市役所 ) ( メカ ネの辻本 ) ( メカ ネの辻本 ) ( 卓健会 ) 渡辺 三浦 山本 山本 吉原 山本 久保田 緒方 ( なでしこ ) ( なでしこ ) ( あ 平成 9 年度 春季市民卓球大会 ( 一般の部 ) ( ホーフ スの部 ) 卓 こだいら 午前 : ダブルス戦午後 : シングルス戦 日時 : 平成 9 年 4 月 6 日 午前 8 時 5 分開場 9 時 5 分開始 ( シンク ルスは午後 時半受付 / 時頃開始予定 ) 会場 : 小平市民総合体育館 主催 : 小平市卓球連盟 優勝準優勝第 位第 位 男子ダブルス 女子ダブルス 大串 飯野山田 河田久保田

More information

本院で降下性壊死性縦隔炎の治療を受けられた患者さん ご家族の皆様へ 治療時 (2012 年 1 月 1 日から 2016 年 12 月 31 日まで ) 診療記録の医学研究への使用のお願い 研究課題名 降下性壊死性縦隔炎の発生と治療法および予後に関する観察研究 研究の対象 この研究は以下の方を研究対

本院で降下性壊死性縦隔炎の治療を受けられた患者さん ご家族の皆様へ 治療時 (2012 年 1 月 1 日から 2016 年 12 月 31 日まで ) 診療記録の医学研究への使用のお願い 研究課題名 降下性壊死性縦隔炎の発生と治療法および予後に関する観察研究 研究の対象 この研究は以下の方を研究対 本院で降下性壊死性縦隔炎の治療を受けられた患者さん ご家族の皆様へ 治療時 (2012 年 1 月 1 日から 2016 年 12 月 31 日まで ) 診療記録の医学研究への使用のお願い 研究課題名 研究の対象 この研究は以下の方を研究対象としています 2012 年 1 月から 2016 年 12 月までに本院にて降下性壊死性縦隔炎の治療を受けられた方 研究の目的 方法について 降下性壊死性縦隔炎とは

More information

シンポジウム 12:15 12:40 第 1 会場 ( 新館 1 階コンベンションホール ) 超高齢心疾患患者への包括的マネージメント 座長金沢大学附属病院循環器内科助教 薄井荘一郎 SY-1 高齢者慢性心不全患者に対する療養支援 慢性心不全看護認定看護師の役割 演者福井県済生会病院看護部慢性心不全

シンポジウム 12:15 12:40 第 1 会場 ( 新館 1 階コンベンションホール ) 超高齢心疾患患者への包括的マネージメント 座長金沢大学附属病院循環器内科助教 薄井荘一郎 SY-1 高齢者慢性心不全患者に対する療養支援 慢性心不全看護認定看護師の役割 演者福井県済生会病院看護部慢性心不全 教育講演 Ⅰ 11:20 12:10 第 1 会場 ( 新館 1 階コンベンションホール ) 高齢者心不全の包括的管理 在宅医療と訪問リハビリテーション 座長富山県立中央病院医療局長 演者ゆみのハートクリニック院長 臼田和生 弓野大 協賛 / 帝人在宅医療株式会社 教育講演 Ⅱ 13:20 14:10 第 1 会場 ( 新館 1 階コンベンションホール ) 高齢者の栄養素代謝と心臓リハビリテーション

More information

8 席振替 更新日 席の振替は1 2 回までです 連 事参加の場合 ( で表 ) は 席回数としません 振替希望確定の は を付けています 席 が 天中 の場合 振替希望 は無効とします 振替希望 が 天中 の場合 再度 席 ( 振替 ) 届け をして下さい ご不明な点があればレベルアップ練習会 :

8 席振替 更新日 席の振替は1 2 回までです 連 事参加の場合 ( で表 ) は 席回数としません 振替希望確定の は を付けています 席 が 天中 の場合 振替希望 は無効とします 振替希望 が 天中 の場合 再度 席 ( 振替 ) 届け をして下さい ご不明な点があればレベルアップ練習会 : 8 席 2017/8/21( ) 2017/8/25( ) 者 者 者 者 1 岩嵜満 9/11 天幸弘美 部明 美 9/11 原良 1 樋 千秋 10/20 森めぐみ 中村陽 9/8 純 2 福 由美 10/23 鈴 友恵 間摩理 ゆかり 2 藤薫 9/8 平美佳 須 真由美 10/20 かおり 3 稲積優 中佐知 千葉美幸 8/25 中佐知 3 春 まゆみ 春 まゆみ 4 朝倉富美 松川未央 天野美恵

More information

Microsoft Word - 44-第4編頭紙.doc

Microsoft Word - 44-第4編頭紙.doc 別紙 2 レセプト分析対象病名等一覧 ( 優先順 ) 疾病と治療疾患名 ICD10 コード点数コード 1 糖尿病糖尿病 E11~E14 2 インスリン療法インスリン在宅自己注射指導管理料点数コード レセ電算コード C101 3 高血圧症 高血圧症 I10 本態性高血圧症 I10 4 高脂血症 高脂血症 E785 高 HDL 血症 E780 高 LDL 血症 E780 高トリグリセライド血症 E781

More information

認定看護師教育基準カリキュラム

認定看護師教育基準カリキュラム 認定看護師教育基準カリキュラム 分野 : 慢性心不全看護平成 28 年 3 月改正 ( 目的 ) 1. 安定期 増悪期 人生の最終段階にある慢性心不全患者とその家族に対し 熟練した看護技術を用いて水準の高い看護実践ができる能力を育成する 2. 安定期 増悪期 人生の最終段階にある慢性心不全患者とその家族の看護において 看護実践を通して他の看護職者に対して指導ができる能力を育成する 3. 安定期 増悪期

More information

59... W W W W W W W. 6 2 CALL 63 W W. W.. W 4 4 CALL 64. W.. W W W. W. W W 5 3 CALL 66.. W.. W W. W W W 4 4 CALL 背番号 W W

59... W W W W W W W. 6 2 CALL 63 W W. W.. W 4 4 CALL 64. W.. W W W. W. W W 5 3 CALL 66.. W.. W W. W W W 4 4 CALL 背番号 W W 大会名 : ダンシングギャラクシー兵庫 競技会コート :161016 開催年月日 : 平成 28 年 10 月 16 日 会 主 場 : 兵庫県立総合体育館中体育室 催 :NPO 法人 JCF 西部総局兵庫支局 審査員 1 本間崇元 2 村上勝彦 3 平田敬二 4 恵納幸子 5 下山順子 6 梶原輝男 7 三谷ちづる 8 山本千恵子 9 天野京子 アマ U-30 ホ ールルーム W 出場 :15 組種目

More information

ごあいさつ

ごあいさつ ごあいさつ 目次 明野中央病院 病院概要 病院データ 病院の特徴について 看護の特徴について 職場環境について (WLB の観点で ) 教育体制について ( 新人の教育体制を中心に ) お問合せ先 大分市医師会立アルメイダ病院 病院概要 病院データ 病院の特徴について 看護の特徴について 職場環境について (WLB の観点で ) 教育体制について ( 新人の教育体制を中心に ) お問合せ先 宇佐高田医師会病院

More information

広報誌みなと No.37

広報誌みなと No.37 TAKE FREE 新潟臨港病院広報誌 新 ご自由にお持ちください No. 37 Spring 2014.4 Niigata Rinko Hospital 信濃川やすらぎ堤の桜と萬代橋 新潟市中央区 撮影 霜鳥 孝 顧問 Contents お 知らせ 新 年 度 新 入 職 員自己 紹 介 消費税率改定に伴う各種料金変更について 4月1日より医療保険が適用とならない各種料金につきまして ドクターズメモ

More information

1993 年度 (H5) 発達心理学研究 Ⅱ 繁多進 2 発達心理学研究 Ⅲ 宮下孝広 3 発達心理学研究 Ⅳ 高田洋一郎 3 発達心理学演習 Ⅰ 東洋 3 発達心理学演習 Ⅱ 繁多進 2 発達心理学特殊講義 Ⅰ 宮本美沙子 3 発達心理学特殊講義 Ⅱ 田島信元 8 発達心理学特殊講義 Ⅲ 中村孝

1993 年度 (H5) 発達心理学研究 Ⅱ 繁多進 2 発達心理学研究 Ⅲ 宮下孝広 3 発達心理学研究 Ⅳ 高田洋一郎 3 発達心理学演習 Ⅰ 東洋 3 発達心理学演習 Ⅱ 繁多進 2 発達心理学特殊講義 Ⅰ 宮本美沙子 3 発達心理学特殊講義 Ⅱ 田島信元 8 発達心理学特殊講義 Ⅲ 中村孝 公認心理師科目 1 保健医療分野に関する理論と支援の展開 2 福祉分野に関する理論と支援の展開 3 教育分野に関する理論と支援の展開 4 司法 犯罪分野に関する理論と支援の展開 5 産業 労働分野に関する理論と支援の展開 6 心理的アセスメントに関する理論と実践 7 心理支援に関する理論と実践 8 家族関係 集団 地域社会における心理支援に関する理論と実践 9 心の健康教育に関する理論と実践 10

More information

優勝準優勝第 位第 位 男子ダブルス 女子ダブルス 植尾 小野 三浦 川口 ( イーオン ) ( イーオン ) 小森 藤岡 北浦 吉良 ( リバティ ) ( みなみク ) 優勝準優勝第 位第 位 一般男子 一般女子 シニア男子 山口 大山 ( 木曜会 ) ( 武道館ク ) 丸山 木下 ( 四中同好会

優勝準優勝第 位第 位 男子ダブルス 女子ダブルス 植尾 小野 三浦 川口 ( イーオン ) ( イーオン ) 小森 藤岡 北浦 吉良 ( リバティ ) ( みなみク ) 優勝準優勝第 位第 位 一般男子 一般女子 シニア男子 山口 大山 ( 木曜会 ) ( 武道館ク ) 丸山 木下 ( 四中同好会 平成 9 年度 春季市民卓球大会 ( 一般の部 ) ( ホーフ スの部 ) 卓 こだいら 午前 : ダブルス戦午後 : シングルス戦 日時 : 平成 9 年 4 月 6 日 午前 8 時 5 分開場 9 時 5 分開始 ( シンク ルスは午後 時半受付 / 時頃開始予定 ) 会場 : 小平市民総合体育館 主催 : 小平市卓球連盟 優勝準優勝第 位第 位 男子ダブルス 女子ダブルス 植尾 小野 三浦

More information

第 38 回連盟会長杯混合ダブルス卓球大会 2 位トーナメント高槻市総合体育館 一般入賞 1 位 : 準優勝 2 位 : 優勝 3 位 : 優勝 4 位 : 優勝 コート 組 白木 幡司宮川 遠藤妹藤 青木浅田 井上 パナクラブ GBZ 金星クラブ ユ

第 38 回連盟会長杯混合ダブルス卓球大会 2 位トーナメント高槻市総合体育館 一般入賞 1 位 : 準優勝 2 位 : 優勝 3 位 : 優勝 4 位 : 優勝 コート 組 白木 幡司宮川 遠藤妹藤 青木浅田 井上 パナクラブ GBZ 金星クラブ ユ 第 38 回連盟会長杯混合ダブルス卓球大会 1 位トーナメント高槻市総合体育館 一般入賞 1 位 : 準優勝 2 位 : 優勝 3 位 : 優勝 4 位 : 優勝 コート組 1 1 2 2 3 3 4 4 5 5 6 6 白木 幡司宮川 遠藤妹藤 青木浅田 井上 パナクラブ GBZ 金星クラブ ユアサアグリゲーション高野 TC 0 阿部 宮崎橋本 前田上田 入江杦岡 長谷川 3 きゃのん 千里金蘭大学

More information

ITによる地域医療連携-機は熟した!!IT医療連携のブームを起こす-

ITによる地域医療連携-機は熟した!!IT医療連携のブームを起こす- 24 11 16 32 IT IT 56 2004 10 17 ITMY 22 16 1 EHR 3 etc 6 122 1 25 IT 1 200 IT IT 2012.10.23 Web TF 2012 5 NO HS001 HS005 HS007 HS008 HS009 HS010 HS011 HS012 HS013 HS014 HS016 HS017 HOT ICD10 IHE -92001

More information

厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業)

厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業) 厚生労働科学研究費補助金 ( 循環器疾患 糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業 ) 分担研究報告書 健康寿命の全国推移の算定 評価に関する研究 評価方法の作成と適用の試み 研究分担者橋本修二藤田保健衛生大学医学部衛生学講座 教授 研究要旨健康寿命の推移について 平均寿命の増加分を上回る健康寿命の増加 ( 健康日本 21( 第二次 ) の目標 ) の達成状況の評価方法を開発 提案することを目的とした 本年度は

More information

55 田村安恵 仙北 月 6 日 20:26 56 今野一樹 はまなす 月 26 日 19:37 57 福田修 仙北 月 15 日 11:59 58 小松峰子 ロックン 月 13 日 21:41 59 今村博史 はまなす 616 0

55 田村安恵 仙北 月 6 日 20:26 56 今野一樹 はまなす 月 26 日 19:37 57 福田修 仙北 月 15 日 11:59 58 小松峰子 ロックン 月 13 日 21:41 59 今村博史 はまなす 616 0 2018 秋田県フリータイムコンペ 順位 名前 センター 3G トータル 1G HD 登録日 時間 1 佐藤優太 仙北 762 0 9 月 5 日 13:19 2 鵜沼克美 はまなす 758 0 9 月 2 日 18:22 3 佐藤勇 仙北 729 0 8 月 29 日 13:24 4 菊谷将康 能代 722 0 8 月 21 日 21:58 5 佐藤由佳子 仙北 702 15 8 月 31 日 21:44

More information

CCU で扱っている疾患としては 心筋梗塞を含む冠動脈疾患 重症心不全 致死性不整脈 大動脈疾患 肺血栓塞栓症 劇症型心筋炎など あらゆる循環器救急疾患に 24 時間対応できる体制を整えており 内訳としては ( 図 2) に示すように心筋梗塞を含む冠動脈疾患 急性大動脈解離を含む血管疾患 心不全など

CCU で扱っている疾患としては 心筋梗塞を含む冠動脈疾患 重症心不全 致死性不整脈 大動脈疾患 肺血栓塞栓症 劇症型心筋炎など あらゆる循環器救急疾患に 24 時間対応できる体制を整えており 内訳としては ( 図 2) に示すように心筋梗塞を含む冠動脈疾患 急性大動脈解離を含む血管疾患 心不全など CCU 部門の紹介 1. CCU の概要久留米大学心臓 血管内科 CCU( 心血管集中治療室 cardiovascular care unit) は久留米大学病院高度救命救急センター内において循環器救急疾患の初療と入院後集中治療を担当している部署として活動しています 久留米大学病院高度救命救急センターは 1981 年 6 月に開設され 1994 年には九州ではじめて高度救命救急センターの認可を受け

More information

第 回宮城野オープンラージボール卓球大会 H--( 若林体育館 ) 混合ダブルス 部 ( 予選リーグ ) 清野 千田 丹治 木村 馬場 佐伯 コート さくらクラブ 福島ラージ ウィードソウル 菅野 佐々木 堀内 荒木 高橋 大石 コート モーモー STC 山形クラブ 金子 渡部 ( 智 ) 阿部 川

第 回宮城野オープンラージボール卓球大会 H--( 若林体育館 ) 混合ダブルス 部 ( 予選リーグ ) 清野 千田 丹治 木村 馬場 佐伯 コート さくらクラブ 福島ラージ ウィードソウル 菅野 佐々木 堀内 荒木 高橋 大石 コート モーモー STC 山形クラブ 金子 渡部 ( 智 ) 阿部 川 第 回宮城野オープンラージボール卓球大会 H--( 若林体育館 ) 混合ダブルス 部 ( 予選リーグ ) 清野 千田 丹治 木村 馬場 佐伯 コート さくらクラブ 福島ラージ ウィードソウル 菅野 佐々木 堀内 荒木 高橋 大石 コート モーモー STC 山形クラブ 金子 渡部 ( 智 ) 阿部 川田 水谷 阿部 コート チーム山形 モーモー 相馬ラージ 田中 熊谷 木村 千葉 矢作 渡部 ( 真

More information

<4D F736F F D E58C8C8AC7838A836E A B >

<4D F736F F D E58C8C8AC7838A836E A B > 心大大血管疾疾患リハビリテーション ( 心リハ ) 当院では 20000 年より急性性心筋梗塞患患者を対象に心リハを開始し 徐々に患者数 対対象症例を拡拡大 2010 年からは専従従の常勤看護護師が 2 名となり 保険険適応 ( 心リハ施設基準 Ⅰ) を取得し 年間約 3000 件の延延べ件数になっています 急性性心筋梗塞塞 狭心症 心心不全 開心心術後 大動脈疾患の患患者さんを対象象とし 術後後の回復のみでなく

More information

51 仲 田 茂 満 39 42 52 烏 谷 純 一 43 50 93 19.2 53 渡 辺 勝 介 46 46 54 福 岡 雅 人 41 45 86 12.0 55 和 田 豊 茂 43 43 56 鳥 越 博 之 44 42 86 12.0 57 石 山 靖 人 42 44 58 土 屋

51 仲 田 茂 満 39 42 52 烏 谷 純 一 43 50 93 19.2 53 渡 辺 勝 介 46 46 54 福 岡 雅 人 41 45 86 12.0 55 和 田 豊 茂 43 43 56 鳥 越 博 之 44 42 86 12.0 57 石 山 靖 人 42 44 58 土 屋 優 勝 藤 城 正 裕 44 36 2 高 取 正 38 41 79 9.6 3 中 田 康 夫 36 44 4 西 岡 和 敏 36 38 74 3.6 5 嶋 矢 廣 喜 44 40 6 加 藤 正 之 43 35 78 7.2 7 伊 佐 岡 朗 宏 46 44 8 向 井 義 明 42 41 83 12.0 9 川 上 孝 子 49 46 10 児 玉 和 生 37 33 70 +1.2 11

More information

第 回関東実業団対抗テニストーナメント記録 ,18 ( ビジネスパル テニス関東大会 ) 県小瀬スポーツ公園テニスコート ( 県甲府市 ) 男子フィードインコンソレーション N T T 東日本 シャープ支社 県教育委員会 県庁 県庁 (1 回戦

第 回関東実業団対抗テニストーナメント記録 ,18 ( ビジネスパル テニス関東大会 ) 県小瀬スポーツ公園テニスコート ( 県甲府市 ) 男子フィードインコンソレーション N T T 東日本 シャープ支社 県教育委員会 県庁 県庁 (1 回戦 第 回関東実業団対抗テニストーナメント記録 10-7-17,18 ( ビジネスパル テニス関東大会 ) 県小瀬スポーツ公園テニスコート 男子 ( 県甲府市 ) (1 回戦 ) (2 回戦 ) ( 準決勝 ) ( 決勝 ) 1 2 3 5 6 7 8 10 11 12 13 1 16 N T T 東日本 シャープ支社 県教育委員会 県庁 県庁 シャープ支社 2 位 3 位決定戦 シード順位 ( 前回

More information

平成 31 年 1 月 16 日平成 31 年 1 月 21 日平成 31 年 1 月 22 日平成 31 年 1 月 23 日平成 31 年 1 月 23 日平成 31 年 1 月 28 日平成 31 年 1 月 29 日平成 31 年 1 月 30 日平成 31 年 1 月 31 日平成 31

平成 31 年 1 月 16 日平成 31 年 1 月 21 日平成 31 年 1 月 22 日平成 31 年 1 月 23 日平成 31 年 1 月 23 日平成 31 年 1 月 28 日平成 31 年 1 月 29 日平成 31 年 1 月 30 日平成 31 年 1 月 31 日平成 31 1. 技能実習責任者講習 講習会場開催日時番号 平成 30 年 11 月 6 日 平成 30 年 11 月 6 日 平成 30 年 11 月 7 日 平成 30 年 11 月 13 日 平成 30 年 11 月 13 日 平成 30 年 11 月 13 日 平成 30 年 11 月 14 日 平成 30 年 11 月 19 日 平成 30 年 11 月 20 日 平成 30 年 11 月 20 日

More information

一般演題 ( 口演 ポスター ) プログラム The 16th Annual Convention of the Japanese Association for Cognitive Therapy プログラム 抄録集 一般演題 ( 口演 ) 一般演題口演 1 2016 年 11 月 24 日 ( 木 ) 11:40 ~ 12:40 第 5 会場 ルーム 3 座長 : 稲田泰之 医療法人悠仁会稲田クリニック

More information

11 m2~15 m2 7m2~10 m2 6m2以下 1 級地別記 7 別記 8 別記 9 2 級地別記 7 別記 8 別記 9 3 級地別記 7 別記 8 別記 9 ただし 次に掲げる当該世帯の自立助長の観点から引き続き当該住居等に居住することが必要と認められる場合又は当該地域の住宅事情の状況に

11 m2~15 m2 7m2~10 m2 6m2以下 1 級地別記 7 別記 8 別記 9 2 級地別記 7 別記 8 別記 9 3 級地別記 7 別記 8 別記 9 ただし 次に掲げる当該世帯の自立助長の観点から引き続き当該住居等に居住することが必要と認められる場合又は当該地域の住宅事情の状況に 社援発 0414 第 9 号平成 27 年 4 月 14 日 別記 1( 知事又は市長 ) 殿 厚生労働省社会 援護局長 生活保護法による保護の基準に基づき厚生労働大臣が別に定める住宅扶助 ( 家賃 間代等 ) の限度額の設定について ( 通知 ) 生活保護法による保護の基準 ( 昭和 38 年厚生省告示第 158 号 以下 保護の基準 という ) 別表第 3 の 2 の規定に基づき 貴都道府県 (

More information

率 九州 ( 工 -エネルギー科学) 新潟 ( 工 - 力学 ) 神戸 ( 海事科学 ) 60.0 ( 工 - 化学材料 ) 岡山 ( 工 - 機械システム系 ) 北海道 ( 総合理系 - 化学重点 ) 57.5 名古屋工業 ( 工 - 電気 機械工 ) 首都大学東京

率 九州 ( 工 -エネルギー科学) 新潟 ( 工 - 力学 ) 神戸 ( 海事科学 ) 60.0 ( 工 - 化学材料 ) 岡山 ( 工 - 機械システム系 ) 北海道 ( 総合理系 - 化学重点 ) 57.5 名古屋工業 ( 工 - 電気 機械工 ) 首都大学東京 率 93 東京工業 ( 生命理工 - 生命理工 ) 67.5 東京 ( 理科一類 ) 67.5 90 九州 ( 工 - 機械航空工 ) 67.5 ( 理科二類 ) 67.5 89 九州 ( 工 - 電気情報工 ) 65.0 京都 ( 工 - 情報 ) 65.0 87 筑波 ( 理工 - 工学システム ) 九州 ( 工 - 建築 ) 65.0 86 北海道 ( 工 - 情報エレクトロニクス ) 60.0

More information

年齢 年齢 1. 柏 2. 名古屋 3. G 大阪 4. 仙台 5. 横浜 FM 6. 鹿島 -19 歳 0 0.0% 0 0.0% 2 2.7% 1 1.4% 3 4.0% 3 4.6% 歳 4 5.0% 5 6.7% 7 9.6% 2 2.7% 2 2.7% % 25-2

年齢 年齢 1. 柏 2. 名古屋 3. G 大阪 4. 仙台 5. 横浜 FM 6. 鹿島 -19 歳 0 0.0% 0 0.0% 2 2.7% 1 1.4% 3 4.0% 3 4.6% 歳 4 5.0% 5 6.7% 7 9.6% 2 2.7% 2 2.7% % 25-2 J リーグクラブのサービスに関する ( 満足度 ) 調査 調査方法 : インターネット調査調査実施日 : 2012 年 2 月上旬調査対象 : 2011 年シーズンの J1 クラブを応援し 1 年以内に 1 回以上その応援クラブチームのホームスタジアムで試合観戦をしている方回答者は 最も応援しているチームのみに対して回答している 各クラブのホームスタジアム 1. 柏 2. 名古屋 3. G 大阪 4.

More information

<91E589EF8C8B89CA303730382E786C73>

<91E589EF8C8B89CA303730382E786C73> 男 子 ダブルス 優 勝 : 濱 松 大 樹 ( 武 蔵 越 生 ) 松 島 池 上 里 清 水 小 林 米 田 武 蔵 越 生 坂 戸 越 生 埼 玉 平 成 橋 本 吉 田 石 川 滝 谷 丑 場 吉 野 塩 田 森 田 川 越 東 所 沢 西 川 越 東 武 蔵 越 生 町 田 佐 藤 平 沼 田 中 国 分 青 木 戸 澤 加 藤 西 武 台 入 間 向 陽 坂 戸 西 所 沢 北 大 久

More information

標準的な健診・保健指導の在り方に関する検討会

標準的な健診・保健指導の在り方に関する検討会 第 3 章保健指導対象者の選定と階層化 (1) 保健指導対象者の選定と階層化の基準 1) 基本的考え方生活習慣病の予防を期待できる内臓脂肪症候群 ( メタボリックシンドローム ) の選定及び階層化や 生活習慣病の有病者 予備群を適切に減少させることができたかを的確に評価するために 保健指導対象者の選定及び階層化の標準的な数値基準が必要となる 2) 具体的な選定 階層化の基準 1 内臓脂肪型肥満を伴う場合の選定内臓脂肪蓄積の程度を判定するため

More information

6/19 +0.5 小 高 孝 二 23.28 中 嶋 憲 一 24.02 小 町 谷 直 樹 27.44 200m 愛 知 駒 ヶ 根 市 駒 ヶ 根 市 6/19 松 下 正 浩 59.49 400m 静 岡 6/19 森 田 俊 一 5:52.36 1500m 愛 知 6/19 中 澤 俊 喜

6/19 +0.5 小 高 孝 二 23.28 中 嶋 憲 一 24.02 小 町 谷 直 樹 27.44 200m 愛 知 駒 ヶ 根 市 駒 ヶ 根 市 6/19 松 下 正 浩 59.49 400m 静 岡 6/19 森 田 俊 一 5:52.36 1500m 愛 知 6/19 中 澤 俊 喜 6/19 M30-0.7 小 野 宏 貴 7.25 60m 岐 阜 6/19 0.0 小 野 宏 貴 11.16 上 原 隆 伸 17.35 100m 岐 阜 松 本 市 6/19-1.7 小 野 宏 貴 22.53 200m 岐 阜 6/19 小 林 祐 也 2:10.86 6/19 小 林 祐 也 4:30.04 浅 井 祐 一 郎 5:04.71 1500m 長 野 市 松 本 市 6/19

More information

07佐渡

07佐渡 - 1 - がんに係る医療連携体制を担う医療機関名一覧表 病期の区分 医療機能 佐渡圏域 予防 検診 がんを予防する機能 かかりつけ医 検診機関 < 新潟市中央区 > 県立がんセンター新潟病院 専門診療 専門的ながん診療機能 がん診療連携拠点病院 < 新潟市中央区 > 新潟大学医歯学総合病院新潟市民病院 < 新潟市西区 > 済生会新潟第二病院 標準的診療 標準的ながん診療機能 がん診療連携拠点病院に準じる病院

More information

2018 年度富士リーグ ( 男子 ) 前期リーグ戦 ( 結果 ) A ブロック 勝敗順位 1 maruishi AM 日本食品化工 井出倉庫駅伝部 maruish

2018 年度富士リーグ ( 男子 ) 前期リーグ戦 ( 結果 ) A ブロック 勝敗順位 1 maruishi AM 日本食品化工 井出倉庫駅伝部 maruish 2018 年度富士リーグ ( 男子 ) 前期リーグ戦 ( 結果 ) A ブロック 1 maruishi AM 2-1 2-1 2-1 3-0 1 2 日本食品化工 1-2 1-2 0-3 0-3 4 3 井出倉庫駅伝部 1-2 2-1 2-1 2-1 2 4 maruishi PM 1-2 3-0 1-2 1-2 3 B ブロック 1 WTC 3-0 3-0 3-0 3-0 1 2 ジヤトコ 0-3

More information

Microsoft Word - all最終

Microsoft Word - all最終 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 地 区 名 区 長 および 副 区 長 施 設 名 第 1 地 区 区 長 竹 下 仁 大 阪 府 三 島 救 命 救 急 センター 副 区 長 田 野 孝 則 大 阪 府 済 生 会 茨 木 病 院 第 2 地 区 区 長 船 越 あゆみ 阪 大 微 生 物 病 研 究 会 副 区 長 厚 東 良 輔 市 立 吹 田 市 民 病 院 第 3 地

More information

大会名 平成 17 年度全日本ジュニアテニス選手権 U18 石川県大会 主 催 石川県テニス協会 公 認 北信越テニス協会 主 管 石川県高等学校体育連盟テニス部 開催日 平成 18 年 5 月 1 日 ( 日 ),3 日 ( 火 )-4 日 ( 水 ) 会 場 辰口丘陵公園テニスコート

大会名 平成 17 年度全日本ジュニアテニス選手権 U18 石川県大会 主 催 石川県テニス協会 公 認 北信越テニス協会 主 管 石川県高等学校体育連盟テニス部 開催日 平成 18 年 5 月 1 日 ( 日 ),3 日 ( 火 )-4 日 ( 水 ) 会 場 辰口丘陵公園テニスコート 平成 17 年度 石川県高等学校体育連盟テニス専門部 大会結果 平成 17 年度全日本ジュニアテニス選手権 U18 石川県大会平成 17 年度石川県高等学校総合体育大会テニス競技平成 17 年度金沢地区高等学校テニス大会平成 17 年度加賀地区高等学校テニス大会平成 17 年度 ( 第 43 回 ) 石川県高等学校テニス新人大会平成 17 年度 ( 第 19 回 ) 金沢地区高等学校テニスダブルス選手権大会平成

More information

会場セッション演題番号時間司会 座長 審査員 第 1 会場 ( フォレストホール 1 2) 第 2 会場 ( 第 7 会議室 ) 第 3 会場 ( 第 5 6 会議室 ) 特別企画 I( 初期 ) W1-01~10 9:20-10 : 30 福島県立医科大学消化器内科学講座 大平弘正 東北医科薬科大

会場セッション演題番号時間司会 座長 審査員 第 1 会場 ( フォレストホール 1 2) 第 2 会場 ( 第 7 会議室 ) 第 3 会場 ( 第 5 6 会議室 ) 特別企画 I( 初期 ) W1-01~10 9:20-10 : 30 福島県立医科大学消化器内科学講座 大平弘正 東北医科薬科大 9 : 00 第 1 会場 ( フォレストホール 1 2) 9 : 15-9 : 20 開会の辞 9 : 20-10 : 30 特別企画 I 目指せ! 消化器病専門医 初期研修医からの報告 第 2 会場 ( 第 7 会議室 ) 9 : 20-10 : 02 一般演題食道 O - 01~07 第 3 会場 ( 第 5 6 会議室 ) 9 : 20-9 : 56 一般演題胃十二指腸 1 O - 24~29

More information

臨床研究実施計画書

臨床研究実施計画書 心臓超音波検査を用いた臨床研究について 御理解 御協力いただける方へ 心エコー図法による心不全患者の予後予測に 関する研究 に関する説明 これは心臓超音波検査の所見の一部を用いた臨床研究への参加についての説明文書です 本臨床研究についてわかりやすく説明しますので 内容を十分ご理解されたうえで 参加するかどうかお決め下さい また ご不明な点などがございましたら遠慮なくご質問下さい 臨床研究代表者 群馬大学医学部附属病院循環器内科

More information

通話品質 KDDI(au) N 満足やや満足 ソフトバンクモバイル N 満足やや満足 全体 21, 全体 18, 全体 15, NTTドコモ

通話品質 KDDI(au) N 満足やや満足 ソフトバンクモバイル N 満足やや満足 全体 21, 全体 18, 全体 15, NTTドコモ < 各都道府県別満足度一覧 > エリア KDDI(au) N 満足やや満足 ソフトバンクモバイル N 満足やや満足 全体 21,605 40.0 38.2 16.7 3.9 1.2 全体 18,172 31.2 39.1 19.3 7.4 3.0 全体 15,223 23.2 38.4 23.8 10.7 3.9 NTTドコモ / 北海道 665 51.1 34.4 12.5 1.7 0.3 KDDI(au)/

More information

4 液晶テレビテレビ 位守さまさま 4 液晶テレビテレビ 上田さまさま 4 液晶テレビテレビ 岡さま津さまさま 4 液晶テレビテレビ 香取さまさま 4 液晶テレビテレビ 小池さまさま 4 液晶テレビテレビ 酒谷さまさま 4 液晶テレビテレビ 澤さま崎さまさま 4 液晶テレビテレビ 畑さまさま 4 液

4 液晶テレビテレビ 位守さまさま 4 液晶テレビテレビ 上田さまさま 4 液晶テレビテレビ 岡さま津さまさま 4 液晶テレビテレビ 香取さまさま 4 液晶テレビテレビ 小池さまさま 4 液晶テレビテレビ 酒谷さまさま 4 液晶テレビテレビ 澤さま崎さまさま 4 液晶テレビテレビ 畑さまさま 4 液 スマイリー号をあつめよう号をあつめよう!をあつめよう!キャンペーン キャンペー号をあつめようン当選のみなさま当選のみなさまのみなさま 2018 1 士幌黒牛サーロインステサーロインステーキ 東さまさま 1 士幌黒牛サーロインステサーロインステーキ 今牧さまさま 1 士幌黒牛サーロインステサーロインステーキ 岩崎さまさま 1 士幌黒牛サーロインステサーロインステーキ 上田さまさま 1 士幌黒牛サーロインステサーロインステーキ

More information

1★プレス42週HP表紙

1★プレス42週HP表紙 Press Release 平成 30 年 10 月 26 日 報道関係者各位 照会先 健康局結核感染症課 感染症情報管理室長磯貝達裕課長補佐井口豪 インフルエンザの発生状況について 平成 30 年第 42 週 ( 平成 30 年 10 月 15 日から平成 30 年 10 月 21 日まで ) 分のインフルエンザの発生状況を別紙のとおり取りまとめましたので お知らせいたします なお 平成 30 年

More information

H ( 火 ) H ( 水 ) H ( 金 ) H ( 火 ) H ( 月 ) H ( 火 ) H ( 土 ) H ( 日 ) H ( 木 ) H ( 火 ) H

H ( 火 ) H ( 水 ) H ( 金 ) H ( 火 ) H ( 月 ) H ( 火 ) H ( 土 ) H ( 日 ) H ( 木 ) H ( 火 ) H 1. 技能実習責任者講習 http://www.zenkiren.com/seminar/ginoujissyu.html 開催日時 H29.11.29 ( 水 ) H29.12.5 ( 火 ) H29.12.12 ( 火 ) H29.12.17 ( 日 ) H30.1.9 ( 火 ) H30.1.16 ( 火 ) H30.1.24 ( 水 ) H30.2.4 ( 日 ) H30.2.5 ( 月 )

More information

表紙

表紙 Ⅲ. 研究班名簿 加我牧子 ( 独 ) 国立精神 神経医療研究センター精神保健研究所 竹島 正 ( 独 ) 国立精神 神経医療研究センター精神保健研究所 松本俊彦 ( 独 ) 国立精神 神経医療研究センター精神保健研究所 福永龍繁 東京都監察医務院 高橋祥友 筑波大学医学医療系災害精神支援学 齊藤卓弥 日本医科大学精神医学教室 粟田主一 ( 地独 ) 東京都健康長寿医療センター研究所 稲垣正俊 (

More information

心房細動1章[ ].indd

心房細動1章[ ].indd 1 心房細動は, 循環器医のみならず一般臨床医も遭遇することの多い不整脈で, 明らかな基礎疾患を持たない例にも発症し, その有病率は加齢とともに増加する. 動悸などにより QOL が低下するのみならず, しばしば心機能低下, 血栓塞栓症を引き起こす原因となり, 日常診療上最も重要な不整脈のひとつである. 1 [A] 米国の一般人口における心房細動の有病率については,4 つの疫学調査をまとめた Feinberg

More information

22. 都道府県別の結果及び評価結果一覧 ( 大腸がん検診 集団検診 ) 13 都道府県用チェックリストの遵守状況大腸がん部会の活動状況 (: 実施済 : 今後実施予定はある : 実施しない : 評価対象外 ) (61 項目中 ) 大腸がん部会の開催 がん部会による 北海道 22 C D 青森県 2

22. 都道府県別の結果及び評価結果一覧 ( 大腸がん検診 集団検診 ) 13 都道府県用チェックリストの遵守状況大腸がん部会の活動状況 (: 実施済 : 今後実施予定はある : 実施しない : 評価対象外 ) (61 項目中 ) 大腸がん部会の開催 がん部会による 北海道 22 C D 青森県 2 21. 都道府県別の結果及び評価結果一覧 ( 胃がん検診 集団検診 ) 12 都道府県用チェックリストの遵守状況胃がん部会の活動状況 (: 実施済 : 今後実施予定はある : 実施しない : 評価対象外 ) (61 項目中 ) 胃がん部会の開催 がん部会による 北海道 22 C D 青森県 25 C E 岩手県 23 C D 宮城県 13 秋田県 24 C 山形県 10 福島県 12 C 茨城県 16

More information

school_list (WEB反映用ひな形).xlsx

school_list (WEB反映用ひな形).xlsx 001 旭川大学 10 月 28 日 10 月 28 日 10 月 28 日 10 月 27 日 10 月 28 日 10 月 27 日 10 月 28 日 10 月 28 日 10 月 27 日 002 札幌学院大学 10 月 28 日 10 月 28 日 10 月 28 日 10 月 27 日 003 日本医療大学生涯学習センター 札幌会場 10 月 28 日 10 月 28 日 10 月 28

More information

A-1 Aブロック (1コート) 當真田代真原井上片岸三枝得点順位 1 當真 ( 八潮フレンズ ) 田代 ( モンテール ) 真原 ( 卓和クラブ )

A-1 Aブロック (1コート) 當真田代真原井上片岸三枝得点順位 1 當真 ( 八潮フレンズ ) 田代 ( モンテール ) 真原 ( 卓和クラブ ) A-1 Aブロック (1コート) 當真田代真原井上片岸三枝 1 當真 ( 八潮フレンズ ) 3-0 3-0 3-0 3-1 3-0 10 1 2 田代 ( モンテール ) 0-3 0-3 3-0 1-3 3-1 4 3 真原 ( 卓和クラブ ) 0-3 3-0 3-0 3-0 3-0 9 2 4 井上 ( 富士クラブ ) 0-3 0-3 0-3 1-3 3-0 5 5 片岸 ( 柳ノ宮クラブ ) 1-3

More information

MT-8 A A A A 三 重 中 京 大 学 MT-8-S1 若 林 孝 容 21 2 21 15 松 田 敦 士 MT-8-S2 栗 田 輝 亮 21 13 21 14 北 川 尚 希 MT-8-D1 西 野 雅 之 西 川 夏 樹 18 21 21 19 24 22 北 川 尚 希 柚 木

MT-8 A A A A 三 重 中 京 大 学 MT-8-S1 若 林 孝 容 21 2 21 15 松 田 敦 士 MT-8-S2 栗 田 輝 亮 21 13 21 14 北 川 尚 希 MT-8-D1 西 野 雅 之 西 川 夏 樹 18 21 21 19 24 22 北 川 尚 希 柚 木 MT-1 MT-1-S1 松 村 裕 二 16 21 21 19 20 22 丸 野 裕 売 MT-1-S2 永 野 雅 也 21 3 21 4 矢 田 大 輔 MT-1-D1 松 村 裕 二 山 本 良 21 4 21 10 門 脇 和 成 川 原 祐 貴 MT-1-D2 奥 平 健 太 郎 藤 田 翔 21 17 21 10 丸 野 裕 売 矢 田 大 輔 MT-1-S3 林 晃 弘 門 脇 和

More information

過去の栄光のあと エクセル版.xlsx

過去の栄光のあと エクセル版.xlsx 回 S32 インターハイ 初 出 場 ( 個 人 対 抗 ) S34 インターハイ 学 対 抗 初 出 場 S36 ハ ト ミントン 専 門 部 発 足 学 対 抗 男 11 58 S 33 12 59 34 1 熊 本 1 13 60 35 熊 本 2 14 61 36 熊 本 3 15 62 37 熊 本 4 16 63 38 熊 本 5 17 64 39 熊 本 6 18 65 40 商 付

More information

バルコニー 家 族 控 室 EV EV EVホール 500 501 502 N 食 堂 談 話 スタッフ ステーション スタッ フ 室 522 521 520 男 子 トイレ 女 子 トイレ 浴 室 更 衣 室 洗 濯 室 503 505 506 507 508 510 511 512 513 51

バルコニー 家 族 控 室 EV EV EVホール 500 501 502 N 食 堂 談 話 スタッフ ステーション スタッ フ 室 522 521 520 男 子 トイレ 女 子 トイレ 浴 室 更 衣 室 洗 濯 室 503 505 506 507 508 510 511 512 513 51 hospital 2014 Winter Vol.73 バルコニー 家 族 控 室 EV EV EVホール 500 501 502 N 食 堂 談 話 スタッフ ステーション スタッ フ 室 522 521 520 男 子 トイレ 女 子 トイレ 浴 室 更 衣 室 洗 濯 室 503 505 506 507 508 510 511 512 513 515 516 517 518 3 2 5 4 西

More information

しゅうちゅうあきがっき 集中コース ( 秋学期 ) 学習段階 Ⅰ Ⅱ Ⅲ 登録コード期間科目名 クラス担当教員名校地科目コードクラス時間コード 単位 日本語 2( 総合 1Ⅰ) 髙橋旬子 日本語 2( 総合 1Ⅰ) 高岸雅子

しゅうちゅうあきがっき 集中コース ( 秋学期 ) 学習段階 Ⅰ Ⅱ Ⅲ 登録コード期間科目名 クラス担当教員名校地科目コードクラス時間コード 単位 日本語 2( 総合 1Ⅰ) 髙橋旬子 日本語 2( 総合 1Ⅰ) 高岸雅子 Ⅰ Ⅱ Ⅲ 99001101 071 日本語 2( 総合 1Ⅰ) 髙橋旬子 99001101 072 日本語 2( 総合 1Ⅰ) 高岸雅子 99001102 071 日本語 2( 総合 2Ⅰ) 髙橋旬子 99001102 072 日本語 2( 総合 2Ⅰ) 高岸雅子 99001103 071 日本語 2( 総合 3Ⅰ) 西島順子 99001103 072 日本語 2( 総合 3Ⅰ) 下橋美和 99001104

More information

<8BA3896A>

<8BA3896A> 1 女子 400m メドレーリレー タイム決勝 県高記録 4:21.15 大会記録 4:36.25 1. 山形北高校 ( 會田 夏子 増子 涼香 縄 彩佳明日 希 ) 高校 1:10.06 2 4:43.52 2. 山形東高校 ( 深瀬 真由 齋藤明日香 奥山 詩帆川越菜都美 ) 高校 1:13.14 4 5:07.73 3. 山形中央高校 ( 斉藤 麻奈 阿部 美咲 荒木 彩佳渡部 南 ) 高校

More information

運動療法の効果 運 動療 法は 心 臓手 術を受けるに至った 冠 動脈 疾 患の危険因子を減らす2次予防だけでなく 手術を受けたことによるいろいろな問題点を改善します 1 運動能力 体力が向上します 心臓手術後の運動療法は運動能力を改善させます 弁膜症の場合 弁置換術によって心機能は正常化しま すが

運動療法の効果 運 動療 法は 心 臓手 術を受けるに至った 冠 動脈 疾 患の危険因子を減らす2次予防だけでなく 手術を受けたことによるいろいろな問題点を改善します 1 運動能力 体力が向上します 心臓手術後の運動療法は運動能力を改善させます 弁膜症の場合 弁置換術によって心機能は正常化しま すが 改訂版 心臓病と運動 シリーズ 術後リハビリ編 心臓手術後のリハビリテーション 心臓手術は 心臓の血管や弁の悪い部分を治します ところが これだけでは心臓病の症状はとれないことが多いのです なぜなら心臓病というのは 心臓が悪くなるにともなって 手足の筋肉 血管 自律神経系すべてが悪くなるからです 心臓リハビリテーションを行うと これらも回復させることができ はじめて体全体が良くなります 心臓リハビリテーションを行う利点

More information

第 日 0 年 0 月 08 日 第 節 試 合 時 間 : 0 時 間 分 0 0 0 0 0 勝 敗 0 分 ホンダエンジニアリング ( 投 手 ) 岡 﨑 建 斗 0 0 0 0 0 x 勝 0 敗 0 分 ( 投 手 ) 浅 野 公 太 ( 捕 手 ) 佐 藤 輝 長 岡 孝, 川 田 寛

第 日 0 年 0 月 08 日 第 節 試 合 時 間 : 0 時 間 分 0 0 0 0 0 勝 敗 0 分 ホンダエンジニアリング ( 投 手 ) 岡 﨑 建 斗 0 0 0 0 0 x 勝 0 敗 0 分 ( 投 手 ) 浅 野 公 太 ( 捕 手 ) 佐 藤 輝 長 岡 孝, 川 田 寛 第 日 0 年 0 月 08 日 第 節 試 合 時 間 : 0 時 間 0 分 埼 玉 県 庁 クラブ 0 0 0 0 0 0 0 勝 敗 0 分 ホンダエンジニアリング 0 0 0 0 x 勝 0 敗 0 分 ( 投 手 ) 吉 形 太 佑, 矢 野 崇 史 ( 投 手 ) 永 吉 孝 臣, 吉 田 大 祐 北 澤 慶 介 床 井 優 介 第 日 0 年 0 月 08 日 第 節 試 合 時 間

More information

2. 人 事 異 動 (1) 東 邦 薬 品 株 式 会 社 ( 平 成 25 年 10 月 1 日 付 ) 1 営 業 統 轄 本 部 医 薬 営 業 本 部 北 海 道 東 北 支 社 國 分 公 正 管 理 担 当 部 長 東 北 事 業 部 管 理 担 当 部 長 2 営 業 統 轄 本 部

2. 人 事 異 動 (1) 東 邦 薬 品 株 式 会 社 ( 平 成 25 年 10 月 1 日 付 ) 1 営 業 統 轄 本 部 医 薬 営 業 本 部 北 海 道 東 北 支 社 國 分 公 正 管 理 担 当 部 長 東 北 事 業 部 管 理 担 当 部 長 2 営 業 統 轄 本 部 平 成 25 年 9 月 13 日 各 位 会 社 名 東 邦 ホールディングス 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 濱 田 矩 男 (コード 番 号 8129 東 証 第 一 部 ) 問 合 せ 先 取 締 役 コーホ レート コミュニケーション 室 長 兼 経 営 企 画 室 長 加 藤 勝 哉 ( 電 話 03-5259- 9520) 組 織 変 更 および 人 事 異

More information

ただ太っているだけではメタボリックシンドロームとは呼びません 脂肪細胞はアディポネクチンなどの善玉因子と TNF-αや IL-6 などという悪玉因子を分泌します 内臓肥満になる と 内臓の脂肪細胞から悪玉因子がたくさんでてきてしまい インスリン抵抗性につながり高血糖をもたらします さらに脂質異常症

ただ太っているだけではメタボリックシンドロームとは呼びません 脂肪細胞はアディポネクチンなどの善玉因子と TNF-αや IL-6 などという悪玉因子を分泌します 内臓肥満になる と 内臓の脂肪細胞から悪玉因子がたくさんでてきてしまい インスリン抵抗性につながり高血糖をもたらします さらに脂質異常症 糖尿病ってなに メタボってなに メタボリックシンドロームってなに メタボ という言葉は テレビや新聞 インターネットで良く見かけると思います メタボは メタボリックシンドロームの略で 内臓脂肪が多くて糖尿病をはじめとする生活習慣病になりやすく 心臓病や脳などの血管の病気につながりやすい状況をいいます 具体的には糖尿病の境界型や 高血圧 脂質異常症 肥満などは 糖尿病の発症や心臓や血管の病気につながりや

More information

51 344 4 走 藤 原 裕 規 0:19:00.0 52 341 3 走 澤 村 和 友 0:19:01.0 53 345 1 走 菊 池 勇 貴 0:19:02.0 54 304 2 走 中 屋 敷 創 也 0:19:06.0 54 330 3 走 佐 藤 淳 0:19:06.0 56 33

51 344 4 走 藤 原 裕 規 0:19:00.0 52 341 3 走 澤 村 和 友 0:19:01.0 53 345 1 走 菊 池 勇 貴 0:19:02.0 54 304 2 走 中 屋 敷 創 也 0:19:06.0 54 330 3 走 佐 藤 淳 0:19:06.0 56 33 1 350 2 走 芳 賀 亘 0:17:03.0 2 329 2 走 古 舘 優 タケダスポーツクラブ 0:17:12.0 3 317 2 走 清 水 翔 一 朗 0:17:22.0 3 343 1 走 岩 渕 慎 矢 0:17:22.0 5 350 1 走 藤 村 晃 誠 0:17:27.0 6 329 1 走 村 上 映 人 タケダスポーツクラブ 0:17:28.0 7 339 1 走 星 寛

More information

第 18 表都道府県 産業大分類別 1 人平均月間現金給与額 ( 平成 27 年平均 ) 都道府県 鉱業, 採石業, 砂利採取業建設業製造業 円円円円円円円円円 全国 420, , , , , , , ,716 28

第 18 表都道府県 産業大分類別 1 人平均月間現金給与額 ( 平成 27 年平均 ) 都道府県 鉱業, 採石業, 砂利採取業建設業製造業 円円円円円円円円円 全国 420, , , , , , , ,716 28 第 18 表都道府県 産業大分類別 1 人平均月間現金給与額 ( 平成 27 年平均 ) 都道府県 調査産業計きまって支給する給与 特別に支払われた給与 円 円 円 円 全 国 357,949 288,508 263,402 69,441 北 海 道 292,805 245,191 226,328 47,614 青 森 281,915 237,494 213,666 44,421 岩 手 289,616

More information

肥満者の多くが複数の危険因子を持っている 肥満のみ約 20% いずれか 1 疾患有病約 47% 肥満のみ 糖尿病 いずれか 2 疾患有病約 28% 3 疾患すべて有病約 5% 高脂血症 高血圧症 厚生労働省保健指導における学習教材集 (H14 糖尿病実態調査の再集計 ) より

肥満者の多くが複数の危険因子を持っている 肥満のみ約 20% いずれか 1 疾患有病約 47% 肥満のみ 糖尿病 いずれか 2 疾患有病約 28% 3 疾患すべて有病約 5% 高脂血症 高血圧症 厚生労働省保健指導における学習教材集 (H14 糖尿病実態調査の再集計 ) より 平成 20 年 10 月 30 日 ( 木 ) 第 19 回上越地域職域健診懇談会 特定保健指導対象者を減少させるために 肥満者の多くが複数の危険因子を持っている 肥満のみ約 20% いずれか 1 疾患有病約 47% 肥満のみ 糖尿病 いずれか 2 疾患有病約 28% 3 疾患すべて有病約 5% 高脂血症 高血圧症 厚生労働省保健指導における学習教材集 (H14 糖尿病実態調査の再集計 ) より 危険因子が重なるほど脳卒中

More information

2012 東北道 4 県対抗戦県予選 Bクラス (1) 4 月 26 日 ( 木 ) 9:00~ 1.2コート 1.2コート 順位 順位国司 田島金井 関野 ( ミナミ ) (T&P) 岡田 小菅長島 境原

2012 東北道 4 県対抗戦県予選 Bクラス (1) 4 月 26 日 ( 木 ) 9:00~ 1.2コート 1.2コート 順位 順位国司 田島金井 関野 ( ミナミ ) (T&P) 岡田 小菅長島 境原 0 東北道 4 県対抗戦県予選 Bクラス 4 月 6 日 木 9:00~ コト コト 順位 順位国司 田島金井 関野 8 80 84 84 岡田 小菅長島 境原. 8 84. 48 サクルM 伊レ 58 中野 桑子石井 牛田. 08 48. 48 85 スプレッド 高崎 TC コト コト 順位 4 順位 菊池 関口鳥海 浜田 08 86 平井 8 48 田村 米田宮下 萩原. 80 58. すまいる

More information

Microsoft Word - プログラム全体版

Microsoft Word - プログラム全体版 社会福祉士 平成 28 年度社会福祉士 精神保健福祉士実習担当教員講習会 社会福祉士基礎分野講習 < 基礎東京 C> 開催日 : 平成 28 年 7 月 24 日 ( 日 ) 会場 : 大妻女子大学千代田キャンパス本館 332 教室 時間科目形式内容講師 9:30~9:55 会場内に掲載している座席表をご確認の上 指定の席にお座りください 9:55~10:00 オリエンテーション 10:00~11:30

More information