(5 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 所 の 新 規 に 採 用 し た 全 て の 居 宅 介 護 従 業 者 に 対 し 熟 練 し た 居 宅 介 護 従 業 者 の 同 行 に よ る 研 修 を 実 施 し て い る こ と (6 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(5 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 所 の 新 規 に 採 用 し た 全 て の 居 宅 介 護 従 業 者 に 対 し 熟 練 し た 居 宅 介 護 従 業 者 の 同 行 に よ る 研 修 を 実 施 し て い る こ と (6 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業"

Transcription

1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 基 準 ( 平 成 十 八 年 九 月 二 十 九 日 ) ( 厚 生 労 働 省 告 示 第 五 百 四 十 三 号 ) 障 害 者 自 立 支 援 法 に 基 づ く 指 定 障 害 福 祉 サ ー ビ ス 等 及 び 基 準 該 当 障 害 福 祉 サ ー ビ ス に 要 す る 費 用 の 額 の 算 定 に 関 す る 基 準 ( 平 成 十 八 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 五 百 二 十 三 号 )の 規 定 に 基 づ き 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 基 準 を 次 の よ う に 定 め 平 成 十 八 年 十 月 一 日 か ら 適 用 す る 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 基 準 一 障 害 者 自 立 支 援 法 に 基 づ く 指 定 障 害 福 祉 サ ー ビ ス 等 及 び 基 準 該 当 障 害 福 祉 サ ー ビ ス に 要 す る 費 用 の 額 の 算 定 に 関 す る 基 準 ( 平 成 十 八 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 五 百 二 十 三 号 ) 別 表 介 護 給 付 費 等 単 位 数 表 ( 以 下 介 護 給 付 費 等 単 位 数 表 と い う ) 第 1 の 1 の 居 宅 介 護 サ ー ビ ス 費 の 注 12 の 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 基 準 イ 特 定 事 業 所 加 算 (Ⅰ ) 次 に 掲 げ る 基 準 の い ず れ に も 適 合 す る こ と (1 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 所 の 全 て の 居 宅 介 護 従 業 者 ( 登 録 型 の 居 宅 介 護 従 業 者 (あ ら か じ め 指 定 居 宅 介 護 事 業 所 に 登 録 し 当 該 事 業 所 か ら 指 示 が あ っ た 場 合 に 直 接 当 該 指 示 を 受 け た 利 用 者 の 居 宅 を 訪 問 し 指 定 居 宅 介 護 を 行 う 居 宅 介 護 従 業 者 を い う )を 含 む 以 下 同 じ )に 対 し 居 宅 介 護 従 業 者 ご と に 研 修 計 画 を 作 成 し 当 該 計 画 に 従 い 研 修 ( 外 部 に お け る 研 修 を 含 む )を 実 施 又 は 実 施 を 予 定 し て い る こ と (2 ) 次 に 掲 げ る 基 準 に 従 い 指 定 居 宅 介 護 が 行 わ れ て い る こ と ( 一 ) 利 用 者 に 関 す る 情 報 若 し く は サ ー ビ ス 提 供 に 当 た っ て の 留 意 事 項 の 伝 達 又 は 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 所 に お け る 居 宅 介 護 従 業 者 の 技 術 指 導 を 目 的 と し た 会 議 を 定 期 的 に 開 催 す る こ と ( 二 ) 指 定 居 宅 介 護 の 提 供 に 当 た っ て は サ ー ビ ス 提 供 責 任 者 が 当 該 利 用 者 を 担 当 す る 居 宅 介 護 従 業 者 に 対 し 当 該 利 用 者 に 関 す る 情 報 や サ ー ビ ス 提 供 に 当 た っ て の 留 意 事 項 を 文 書 等 の 確 実 な 方 法 に よ り 伝 達 し て か ら 開 始 す る と と も に サ ー ビ ス 提 供 終 了 後 担 当 す る 居 宅 介 護 従 業 者 か ら 適 宜 報 告 を 受 け る こ と (3 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 所 の 全 て の 居 宅 介 護 従 業 者 に 対 し 健 康 診 断 等 を 定 期 的 に 実 施 す る こ と (4 ) 障 害 者 自 立 支 援 法 に 基 づ く 指 定 障 害 福 祉 サ ー ビ ス の 事 業 等 の 人 員 設 備 及 び 運 営 に 関 す る 基 準 ( 平 成 十 八 年 厚 生 労 働 省 令 第 百 七 十 一 号 以 下 指 定 障 害 福 祉 サ ー ビ ス 基 準 と い う ) 第 三 十 一 条 第 六 号 に 掲 げ る 緊 急 時 等 に お け る 対 応 方 法 が 利 用 者 に 明 示 さ れ て い る こ と

2 (5 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 所 の 新 規 に 採 用 し た 全 て の 居 宅 介 護 従 業 者 に 対 し 熟 練 し た 居 宅 介 護 従 業 者 の 同 行 に よ る 研 修 を 実 施 し て い る こ と (6 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 所 の 居 宅 介 護 従 業 者 の 総 数 の う ち 介 護 福 祉 士 の 占 め る 割 合 が 百 分 の 三 十 以 上 若 し く は 指 定 障 害 福 祉 サ ー ビ ス 基 準 第 五 条 及 び 第 七 条 の 規 定 に よ り 置 く べ き 従 業 者 ( 以 下 指 定 居 宅 介 護 等 従 業 者 と い う )の う ち 介 護 福 祉 士 介 護 保 険 法 施 行 規 則 ( 平 成 十 一 年 厚 生 省 令 第 三 十 六 号 ) 第 二 十 二 条 の 二 十 三 に 規 定 す る 介 護 職 員 基 礎 研 修 課 程 を 修 了 し た 者 ( 以 下 介 護 職 員 基 礎 研 修 課 程 修 了 者 と い う ) 及 び 指 定 居 宅 介 護 等 の 提 供 に 当 た る 者 と し て 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る も の ( 平 成 十 八 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 五 百 三 十 八 号 以 下 居 宅 介 護 従 業 者 基 準 と い う ) 第 一 条 第 二 号 に 掲 げ る 居 宅 介 護 従 業 者 養 成 研 修 の 一 級 課 程 を 修 了 し た 者 ( 以 下 一 級 課 程 修 了 者 と い う )の 占 め る 割 合 が 百 分 の 五 十 以 上 又 は 前 年 度 若 し く は 算 定 日 が 属 す る 月 の 前 三 月 間 に お け る 指 定 居 宅 介 護 の サ ー ビ ス 提 供 時 間 の う ち 常 勤 の 居 宅 介 護 従 業 者 に よ る サ ー ビ ス 提 供 時 間 の 占 め る 割 合 が 百 分 の 四 十 以 上 で あ る こ と (7 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 所 の 全 て の サ ー ビ ス 提 供 責 任 者 が 三 年 以 上 の 実 務 経 験 を 有 す る 介 護 福 祉 士 又 は 五 年 以 上 の 実 務 経 験 を 有 す る 介 護 職 員 基 礎 研 修 課 程 修 了 者 若 し く は 一 級 課 程 修 了 者 で あ る こ と (8 ) 指 定 障 害 福 祉 サ ー ビ ス 基 準 第 五 条 第 二 項 の 規 定 に よ り 一 人 を 超 え るサービス 提 供 責 任 者 を 配 置 することとされている 事 業 所 にあっては 常 勤 の サ ー ビ ス 提 供 責 任 者 を 二 名 以 上 配 置 し て い る こ と (9 ) 前 年 度 又 は 算 定 日 が 属 す る 月 の 前 三 月 間 に お け る 指 定 居 宅 介 護 の 利 用 者 ( 障 害 児 を 除 く )の 総 数 の う ち 障 害 程 度 区 分 五 以 上 で あ る 者 の 占 め る 割 合 が 百 分 の 三 十 以 上 で あ る こ と ロ 特 定 事 業 所 加 算 (Ⅱ ) イの(1)から(5)ま で に 掲 げ る 基 準 の い ず れ に も 適 合 し か つ (6) 又 は (7) 及 び(8)の い ず れ か に 適 合 す る こ と ハ 特 定 事 業 所 加 算 (Ⅲ ) イの(1)から(5)まで 及 び(9)に 掲 げる 基 準 のいずれにも 適 合 すること 二 介 護 給 付 費 等 単 位 数 表 の 第 2 の 1 の 重 度 訪 問 介 護 サ ー ビ ス 費 の 注 9 の 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 基 準 イ 特 定 事 業 所 加 算 (Ⅰ ) 次 に 掲 げ る 基 準 の い ず れ に も 適 合 す る こ と (1 ) 当 該 指 定 重 度 訪 問 介 護 事 業 所 の 全 て の 重 度 訪 問 介 護 従 業 者 ( 登 録 型 の 重 度 訪 問 介 護 従 業 者 (あ ら か じ め 指 定 重 度 訪 問 介 護 事 業 所 に 登 録 し 当 該 事 業 所 か ら 指 示 が あ っ た 場 合 に 直 接 当 該 指 示 を 受 け た 利 用 者 の 居 宅 を 訪 問 し 指 定 重 度 訪 問 介 護 を 行 う 重 度 訪 問 介 護 従 業 者 を

3 い う )を 含 む 以 下 同 じ )に 対 し 重 度 訪 問 介 護 従 業 者 ご と に 研 修 計 画 を 作 成 し 当 該 計 画 に 従 い 研 修 ( 外 部 に お け る 研 修 を 含 む )を 実 施 又 は 実 施 を 予 定 し て い る こ と (2 ) 次 に 掲 げ る 基 準 に 従 い 指 定 重 度 訪 問 介 護 が 行 わ れ て い る こ と ( 一 ) 利 用 者 に 関 す る 情 報 若 し く は サ ー ビ ス 提 供 に 当 た っ て の 留 意 事 項 の 伝 達 若 し く は 当 該 指 定 重 度 訪 問 介 護 事 業 所 に お け る 重 度 訪 問 介 護 従 業 者 の 技 術 指 導 を 目 的 と し た 会 議 の 定 期 的 な 開 催 又 は サ ー ビ ス 提 供 責 任 者 が 重 度 訪 問 介 護 従 業 者 に 対 し て 個 別 に 利 用 者 に 関 す る 情 報 若 し く は サ ー ビ ス に 当 た っ て の 留 意 事 項 の 伝 達 や 技 術 指 導 を 目 的 と し た 研 修 を 必 要 に 応 じ て 行 っ て い る こ と ( 二 ) 指 定 重 度 訪 問 介 護 の 提 供 に 当 た っ て は サ ー ビ ス 提 供 責 任 者 が 当 該 利 用 者 を 担 当 す る 重 度 訪 問 介 護 従 業 者 に 対 し 毎 月 定 期 的 に 当 該 利 用 者 に 関 す る 情 報 や サ ー ビ ス 提 供 に 当 た っ て の 留 意 事 項 を 文 書 等 の 確 実 な 方 法 に よ り 伝 達 す る と と も に 当 該 利 用 者 に 関 す る 情 報 や サ ー ビ ス 提 供 に 当 た っ て の 留 意 事 項 に 変 更 が あ っ た 場 合 も 同 様 に 伝 達 を 行 っ て い る こ と (3 ) 当 該 指 定 重 度 訪 問 介 護 事 業 所 の 全 て の 重 度 訪 問 介 護 従 業 者 に 対 し 健 康 診 断 等 を 定 期 的 に 実 施 す る こ と (4 ) 指 定 障 害 福 祉 サ ー ビ ス 基 準 第 三 十 一 条 第 六 号 に 掲 げ る 緊 急 時 等 に お け る 対 応 方 法 が 利 用 者 に 明 示 さ れ て い る こ と (5 ) 当 該 指 定 重 度 訪 問 介 護 事 業 所 の 新 規 に 採 用 し た 全 て の 重 度 訪 問 介 護 従 業 者 に 対 し 熟 練 し た 重 度 訪 問 介 護 従 業 者 の 同 行 に よ る 研 修 を 実 施 し て い る こ と (6 ) 指 定 重 度 訪 問 介 護 の サ ー ビ ス 提 供 に 当 た り 常 時 重 度 訪 問 介 護 従 業 者 の 派 遣 が 可 能 と な っ て お り 現 に 深 夜 帯 も 含 め て サ ー ビ ス 提 供 を 行 っ て い る こ と (7 ) 当 該 指 定 重 度 訪 問 介 護 事 業 所 の 重 度 訪 問 介 護 従 業 者 の 総 数 の う ち 介 護 福 祉 士 の 占 め る 割 合 が 百 分 の 三 十 以 上 若 し く は 指 定 居 宅 介 護 等 従 業 者 の う ち 介 護 福 祉 士 介 護 職 員 基 礎 研 修 課 程 修 了 者 及 び 一 級 課 程 修 了 者 の 占 め る 割 合 が 百 分 の 五 十 以 上 又 は 前 年 度 若 し く は 算 定 日 が 属 す る 月 の 前 三 月 間 に お け る 指 定 重 度 訪 問 介 護 の サ ー ビ ス 提 供 時 間 の う ち 常 勤 の 重 度 訪 問 介 護 従 業 者 に よ る サ ー ビ ス 提 供 時 間 の 占 め る 割 合 が 百 分 の 四 十 以 上 で あ る こ と (8 ) 当 該 指 定 重 度 訪 問 介 護 事 業 所 の 全 て の サ ー ビ ス 提 供 責 任 者 が 三 年 以 上 の 実 務 経 験 を 有 す る 介 護 福 祉 士 又 は 五 年 以 上 の 実 務 経 験 を 有 す る 介 護 職 員 基 礎 研 修 課 程 修 了 者 若 し く は 一 級 課 程 修 了 者 で あ る こ と た だ し 平 成 二 十 四 年 三 月 三 十 一 日 ま で の 間 は 当 該 指 定 重 度 訪 問 介 護 事 業 所 の サ ー ビ ス 提 供 責 任 者 の う ち 重 度 訪 問 介 護 従 業 者 と し て 三 千 時

4 間 以 上 の 指 定 重 度 訪 問 介 護 の 実 務 経 験 を 有 す る サ ー ビ ス 提 供 責 任 者 の 占 め る 割 合 が 百 分 の 五 十 以 上 で あ る 場 合 は 当 該 基 準 に 適 合 す る も の と み な す (9 ) 指 定 障 害 福 祉 サ ー ビ ス 基 準 第 七 条 に お い て 準 用 す る 第 五 条 第 二 項 の 規 定 に よ り 一 人 を 超 え る サ ー ビ ス 提 供 責 任 者 を 配 置 す る こ と と さ れ て い る 事 業 所 に あ っ て は 常 勤 の サ ー ビ ス 提 供 責 任 者 を 二 名 以 上 配 置 し て い る こ と (10) 前 年 度 又 は 算 定 日 が 属 す る 月 の 前 三 月 間 に お け る 指 定 重 度 訪 問 介 護 の 利 用 者 の 総 数 の う ち 障 害 程 度 区 分 五 以 上 で あ る 者 の 占 め る 割 合 が 百 分 の 五 十 以 上 で あ る こ と ロ 特 定 事 業 所 加 算 (Ⅱ ) イの(1)から(6)ま で に 掲 げ る 基 準 の い ず れ に も 適 合 し か つ (7) 又 は (8) 及 び(9)の い ず れ か に 適 合 す る こ と ハ 特 定 事 業 所 加 算 (Ⅲ ) イの(1)から(6)ま で 及 び (10)に 掲 げ る 基 準 の い ず れ に も 適 合 す る こ と 三 介 護 給 付 費 等 単 位 数 表 第 3 の 1 の 同 行 援 護 サ ー ビ ス 費 の 注 1 の (1) の 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 基 準 別 表 第 一 に 掲 げ る 調 査 項 目 の 項 の 各 欄 の 区 分 に 応 じ そ れ ぞ れ の 調 査 項 目 に 係 る 利 用 者 の 状 況 を そ れ ぞ れ 同 表 の 0 点 の 項 か ら 2 点 の 項 ま で に 当 て は め て 算 出 し た 点 数 の う ち 移 動 障 害 の 欄 に 係 る 点 数 が 1 点 以 上 で あ り か つ 移 動 障 害 以 外 の 欄 に 係 る 点 数 の い ず れ か が 1 点 以 上 で あ る こ と 四 介 護 給 付 費 等 単 位 数 表 第 3 の 1 の 同 行 援 護 サ ー ビ ス 費 の 注 7 の 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 基 準 イ 特 定 事 業 所 加 算 (Ⅰ ) 次 に 掲 げ る 基 準 の い ず れ に も 適 合 す る こ と (1) 当 該 指 定 同 行 援 護 事 業 所 の 全 て の 同 行 援 護 従 業 者 ( 登 録 型 の 同 行 援 護 従 業 者 (あ ら か じ め 指 定 同 行 援 護 事 業 所 に 登 録 し 当 該 事 業 所 か ら 指 示 が あ っ た 場 合 に 直 接 当 該 指 示 を 受 け た 利 用 者 の 居 宅 を 訪 問 し 指 定 同 行 援 護 を 行 う 同 行 援 護 従 業 者 を い う )を 含 む 以 下 同 じ )に 対 し 同 行 援 護 従 業 者 ご と に 研 修 計 画 を 作 成 し 当 該 計 画 に 従 い 研 修 ( 外 部 に お け る 研 修 を 含 む )を 実 施 又 は 実 施 を 予 定 し て い る こ と (2) 次 に 掲 げ る 基 準 に 従 い 指 定 同 行 援 護 が 行 わ れ て い る こ と ( 一 ) 利 用 者 に 関 す る 情 報 若 し く は サ ー ビ ス 提 供 に 当 た っ て の 留 意 事 項 の 伝 達 又 は 当 該 指 定 同 行 援 護 事 業 所 に お け る 同 行 援 護 従 業 者 の 技 術 指 導 を 目 的 と し た 会 議 を 定 期 的 に 開 催 す る こ と

5 ( 二 ) 指 定 同 行 援 護 の 提 供 に 当 た っ て は サ ー ビ ス 提 供 責 任 者 が 当 該 利 用 者 を 担 当 す る 同 行 援 護 従 業 者 に 対 し 当 該 利 用 者 に 関 す る 情 報 や サ ー ビ ス の 提 供 に 当 た っ て の 留 意 事 項 を 文 書 等 の 確 実 な 方 法 に よ り 伝 達 し て か ら 開 始 す る と と も に サ ー ビ ス 提 供 終 了 後 担 当 す る 同 行 援 護 従 業 者 か ら 適 宜 報 告 を 受 け る こ と (3) 当 該 指 定 同 行 援 護 事 業 所 の 全 て の 同 行 援 護 従 業 者 に 対 し 健 康 診 断 等 を 定 期 的 に 実 施 す る こ と (4) 指 定 障 害 福 祉 サ ー ビ ス 基 準 第 三 十 一 条 第 六 号 に 掲 げ る 緊 急 時 等 に お け る 対 応 方 法 が 利 用 者 に 明 示 さ れ て い る こ と (5) 当 該 同 行 援 護 事 業 者 の 新 規 に 採 用 し た 全 て の 同 行 援 護 従 業 者 に 対 し 熟 練 し た 同 行 援 護 従 業 者 の 同 行 に よ る 研 修 を 実 施 し て い る こ と (6) 当 該 指 定 同 行 援 護 事 業 所 の 同 行 援 護 従 業 者 の 総 数 の う ち 介 護 福 祉 士 の 占 め る 割 合 が 百 分 の 三 十 以 上 指 定 居 宅 介 護 等 従 業 者 の う ち 介 護 福 祉 士 介 護 職 員 基 礎 研 修 課 程 修 了 者 及 び 一 級 課 程 修 了 者 の 占 め る 割 合 が 百 分 の 五 十 以 上 前 年 度 若 し く は 算 定 日 が 属 す る 月 の 前 三 月 間 に お け る 指 定 同 行 援 護 の サ ー ビ ス 提 供 時 間 の う ち 常 勤 の 同 行 援 護 従 業 者 に よ る サ ー ビ ス 提 供 時 間 の 占 め る 割 合 が 百 分 の 四 十 以 上 又 は 居 宅 介 護 従 業 者 基 準 第 一 条 第 四 号 に 規 定 す る 同 行 援 護 従 業 者 養 成 研 修 ( 居 宅 介 護 従 業 者 基 準 別 表 第 四 に 係 る も の に 限 る )の 課 程 を 修 了 し た 者 及 び 厚 生 労 働 省 組 織 規 則 ( 平 成 十 三 年 厚 生 労 働 省 令 第 一 号 ) 第 六 百 二 十 五 条 に 規 定 す る 国 立 障 害 者 リ ハ ビ リ テ ー シ ョ ン セ ン タ ー の 学 院 に 置 か れ る 視 覚 障 害 学 科 ( 国 立 障 害 者 リ ハ ビ リ テ ー シ ョ ン セ ン タ ー 学 院 養 成 訓 練 規 程 ( 昭 和 五 十 五 年 厚 生 省 告 示 第 四 号 ) 第 四 条 第 一 項 に 規 定 す る 視 覚 障 害 学 科 を い う )の 教 科 を 修 了 し た 者 そ の 他 こ れ に 準 ず る 視 覚 障 害 者 の 生 活 訓 練 を 専 門 と す る 技 術 者 の 養 成 を 行 う 研 修 を 修 了 し た 者 ( 以 下 国 立 障 害 者 リ ハ ビ リ テ ー シ ョ ン セ ン タ ー 学 院 視 覚 障 害 学 科 修 了 者 等 と い う )の 占 め る 割 合 が 百 分 の 三 十 以 上 で あ る こ と (7) 当 該 指 定 同 行 援 護 事 業 所 の 全 て の サ ー ビ ス 提 供 責 任 者 が 三 年 以 上 の 実 務 経 験 を 有 す る 介 護 福 祉 士 国 立 障 害 者 リ ハ ビ リ テ ー シ ョ ン セ ン タ ー 学 院 視 覚 障 害 学 科 修 了 者 等 又 は 五 年 以 上 の 実 務 経 験 を 有 す る 介 護 職 員 基 礎 研 修 課 程 修 了 者 若 し く は 一 級 課 程 修 了 者 で あ る こ と (8) 指 定 障 害 福 祉 サ ー ビ ス 基 準 第 七 条 に お い て 準 用 す る 第 五 条 第 二 項 の 規 定 に よ り 一 人 を 超 え る サ ー ビ ス 提 供 責 任 者 を 配 置 す る こ と と さ れ て い る 事 業 所 に あ っ て は 常 勤 の サ ー ビ ス 提 供 責 任 者 を 二 名 以 上 配 置 し て い る こ と (9) 前 年 度 又 は 算 定 日 が 属 す る 月 の 前 三 月 間 に お け る 指 定 同 行 援 護 の 利 用 者 ( 障 害 児 を 除 く )の 総 数 の う ち 障 害 程 度 区 分 五 以 上 で あ る 者 の 占 め る 割 合 が 百 分 の 三 十 以 上 で あ る こ と

6 ロ 特 定 事 業 所 加 算 (Ⅱ ) イの(1)から(5)ま で に 掲 げ る 基 準 の い ず れ に も 適 合 し か つ (6) 又 は (7) 及 び(8)の い ず れ か に 適 合 す る こ と ハ 特 定 事 業 所 加 算 (Ⅲ ) イの(1)から(5)まで 及 び(9)に 掲 げる 基 準 のいずれにも 適 合 すること 五 介 護 給 付 費 等 単 位 数 表 第 4 の 1 の 行 動 援 護 サ ー ビ ス 費 の 注 1 の (2) の 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 基 準 障 害 程 度 区 分 に 係 る 市 町 村 審 査 会 に よ る 審 査 及 び 判 定 の 基 準 等 に 関 す る 省 令 ( 平 成 十 八 年 厚 生 労 働 省 令 第 四 十 号 ) 第 一 条 第 一 項 に 規 定 す る 障 害 程 度 区 分 認 定 調 査 の 結 果 に 基 づ き 同 令 別 表 第 二 第 一 の 認 定 調 査 票 ( 以 下 認 定 調 査 票 と い う )に お け る 調 査 項 目 中 6 3 イ 6 4 イ 7 の ツ 及 び 7 の ナ か ら 7 の フ ま で の 行 動 に 関 す る 調 査 項 目 並 び に て ん か ん 発 作 の 頻 度 ( 以 下 行 動 関 連 項 目 と い う )に つ い て 別 表 第 二 に 掲 げ る 行 動 関 連 項 目 の 欄 の 区 分 に 応 じ そ の 行 動 関 連 項 目 が 見 ら れ る 頻 度 等 を そ れ ぞ れ 同 表 の 0 点 の 欄 か ら 2 点 の 欄 ま で に 当 て は め て 算 出 し た 点 数 の 合 計 が 八 点 以 上 で あ る こ と 六 介 護 給 付 費 等 単 位 数 表 の 第 4 の 1 の 行 動 援 護 サ ー ビ ス 費 の 注 6 の 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 基 準 イ 特 定 事 業 所 加 算 (Ⅰ ) 次 に 掲 げ る 基 準 の い ず れ に も 適 合 す る こ と (1 ) 当 該 指 定 行 動 援 護 事 業 所 の 全 て の 行 動 援 護 従 業 者 ( 登 録 型 の 行 動 援 護 従 業 者 (あ ら か じ め 指 定 行 動 援 護 事 業 所 に 登 録 し 当 該 事 業 所 か ら 指 示 が あ っ た 場 合 に 直 接 当 該 指 示 を 受 け た 利 用 者 の 居 宅 を 訪 問 し 指 定 行 動 援 護 を 行 う 行 動 援 護 従 業 者 を い う )を 含 む 以 下 同 じ )に 対 し 行 動 援 護 従 業 者 ご と に 研 修 計 画 を 作 成 し 当 該 計 画 に 従 い 研 修 ( 外 部 に お け る 研 修 を 含 む )を 実 施 又 は 実 施 を 予 定 し て い る こ と (2 ) 次 に 掲 げ る 基 準 に 従 い 指 定 行 動 援 護 が 行 わ れ て い る こ と ( 一 ) 利 用 者 に 関 す る 情 報 若 し く は サ ー ビ ス 提 供 に 当 た っ て の 留 意 事 項 の 伝 達 又 は 当 該 指 定 行 動 援 護 事 業 所 に お け る 行 動 援 護 従 業 者 の 技 術 指 導 を 目 的 と し た 会 議 を 定 期 的 に 開 催 す る こ と ( 二 ) 指 定 行 動 援 護 の 提 供 に 当 た っ て は サ ー ビ ス 提 供 責 任 者 が 当 該 利 用 者 を 担 当 す る 行 動 援 護 従 業 者 に 対 し 当 該 利 用 者 に 関 す る 情 報 や サ ー ビ ス 提 供 に 当 た っ て の 留 意 事 項 を 文 書 等 の 確 実 な 方 法 に よ り 伝 達 し て か ら 開 始 す る と と も に サ ー ビ ス 提 供 終 了 後 担 当 す る 行 動 援 護 従 業 者 か ら 適 宜 報 告 を 受 け る こ と (3 ) 当 該 指 定 行 動 援 護 事 業 所 の 全 て の 行 動 援 護 従 業 者 に 対 し 健 康 診 断 等 を 定 期 的 に 実 施 す る こ と

7 (4 ) 指 定 障 害 福 祉 サ ー ビ ス 基 準 第 三 十 一 条 第 六 号 に 掲 げ る 緊 急 時 等 に お け る 対 応 方 法 が 利 用 者 に 明 示 さ れ て い る こ と (5 ) 当 該 指 定 行 動 援 護 事 業 所 の 新 規 に 採 用 し た 全 て の 行 動 援 護 従 業 者 に 対 し 熟 練 し た 行 動 援 護 従 業 者 の 同 行 に よ る 研 修 を 実 施 し て い る こ と (6 ) 当 該 指 定 行 動 援 護 事 業 所 の 行 動 援 護 従 業 者 の 総 数 の う ち 介 護 福 祉 士 の 占 め る 割 合 が 百 分 の 三 十 以 上 若 し く は 指 定 居 宅 介 護 等 従 業 者 の う ち 介 護 福 祉 士 介 護 職 員 基 礎 研 修 課 程 修 了 者 及 び 一 級 課 程 修 了 者 の 占 め る 割 合 が 百 分 の 五 十 以 上 又 は 前 年 度 若 し く は 算 定 日 が 属 す る 月 の 前 三 月 間 に お け る 指 定 行 動 援 護 の サ ー ビ ス 提 供 時 間 の う ち 常 勤 の 行 動 援 護 従 業 者 に よ る サ ー ビ ス 提 供 時 間 の 占 め る 割 合 が 百 分 の 四 十 以 上 で あ る こ と (7 ) 当 該 指 定 行 動 援 護 事 業 所 の 全 て の サ ー ビ ス 提 供 責 任 者 が 三 年 以 上 の 実 務 経 験 を 有 す る 介 護 福 祉 士 又 は 五 年 以 上 の 実 務 経 験 を 有 す る 介 護 職 員 基 礎 研 修 課 程 修 了 者 若 し く は 一 級 課 程 修 了 者 で あ る こ と た だ し 平 成 二 十 四 年 三 月 三 十 一 日 ま で の 間 は 当 該 指 定 行 動 援 護 事 業 所 の 全 て の サ ー ビ ス 提 供 責 任 者 が 指 定 居 宅 介 護 等 従 業 者 で あ っ て 行 動 援 護 従 業 者 養 成 研 修 課 程 を 修 了 し て い る 場 合 は 当 該 基 準 に 適 合 す る も の と み な す (8 ) 指 定 障 害 福 祉 サ ー ビ ス 基 準 第 七 条 に お い て 準 用 す る 第 五 条 第 二 項 の 規 定 に よ り 一 人 を 超 え る サ ー ビ ス 提 供 責 任 者 を 配 置 す る こ と と さ れ て い る 事 業 所 に あ っ て は 常 勤 の サ ー ビ ス 提 供 責 任 者 を 二 名 以 上 配 置 し て い る こ と (9 ) 前 年 度 又 は 算 定 日 が 属 す る 月 の 前 三 月 間 に お け る 指 定 行 動 援 護 の 利 用 者 ( 障 害 児 を 除 く )の 総 数 の う ち 障 害 程 度 区 分 五 以 上 で あ る 者 の 占 め る 割 合 が 百 分 の 三 十 以 上 で あ る こ と ロ 特 定 事 業 所 加 算 (Ⅱ ) イの(1)から(5)ま で に 掲 げ る 基 準 の い ず れ に も 適 合 し か つ (6) 又 は (7) 及 び(8)の い ず れ か に 適 合 す る こ と ハ 特 定 事 業 所 加 算 (Ⅲ ) イの(1)から(5)まで 及 び(9)に 掲 げる 基 準 のいずれにも 適 合 すること 七 介 護 給 付 費 等 単 位 数 表 の 第 9 の 重 度 障 害 者 等 包 括 支 援 サ ー ビ ス 費 の 注 1 の (2)の 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 基 準 行 動 関 連 項 目 に つ い て 別 表 第 二 に 掲 げ る 行 動 関 連 項 目 の 欄 の 区 分 に 応 じ そ の 行 動 関 連 項 目 が 見 ら れ る 頻 度 等 を そ れ ぞ れ 同 表 の 0 点 の 欄 から 2 点 の 欄 ま で に 当 て は め て 算 出 し た 点 数 の 合 計 が 十 五 点 以 上 で あ る こ と

8 八 介 護 給 付 費 等 単 位 数 表 の 第 14 の 13 の 注 第 15 の 11 の 注 及 び 第 16 の 12 の 注 の 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 基 準 次 に 掲 げ る 基 準 の い ず れ に も 該 当 す る こ と イ 就 労 支 援 単 位 ( 就 労 移 行 支 援 事 業 又 は 就 労 継 続 支 援 事 業 の 訓 練 が 三 人 以 上 の 者 に 対 し て 一 体 的 に 行 わ れ る も の を い う 以 下 同 じ )ご と に 実 施 す る こ と ロ 施 設 外 就 労 加 算 の 算 定 対 象 と な る 利 用 者 の 数 の 合 計 数 が 利 用 定 員 の 百 分 の 七 十 以 下 で あ る こ と ハ 一 就 労 支 援 単 位 ご と に 職 員 を 配 置 す る こ と と し 就 労 支 援 単 位 ご と の 職 員 の 数 が 算 定 す る 次 の (1)から(5)ま で に 掲 げ る サ ー ビ ス 費 に 応 じ 常 勤 換 算 方 法 で そ れ ぞ れ (1)から(5)ま で に 掲 げ る 数 以 上 と す る (1 ) 介 護 給 付 費 等 単 位 数 表 の 第 14 の 1 の イ の 就 労 移 行 支 援 サ ー ビ ス 費 (Ⅰ ) 施 設 外 就 労 利 用 者 の 数 を 六 で 除 し て 得 た 数 (2 ) 介 護 給 付 費 等 単 位 数 表 の 第 15 の 1 の イ の 就 労 継 続 支 援 A 型 サ ー ビ ス 費 (Ⅰ ) 施 設 外 就 労 利 用 者 の 数 を 七 五 で 除 し て 得 た 数 (3 ) 介 護 給 付 費 等 単 位 数 表 の 第 15 の 1 の ロ の 就 労 継 続 支 援 A 型 サ ー ビ ス 費 (Ⅱ ) 施 設 外 就 労 利 用 者 の 数 を 十 で 除 し て 得 た 数 (4 ) 介 護 給 付 費 等 単 位 数 表 の 第 16 の 1 の イ の 就 労 継 続 支 援 B 型 サ ー ビ ス 費 (Ⅰ ) 施 設 外 就 労 利 用 者 の 数 を 七 五 で 除 し て 得 た 数 (5 ) 介 護 給 付 費 等 単 位 数 表 の 第 16 の 1 の ロ の 就 労 継 続 支 援 B 型 サ ー ビ ス 費 (Ⅱ ) 施 設 外 就 労 利 用 者 の 数 を 十 で 除 し て 得 た 数 ( 平 二 〇 厚 労 告 二 〇 八 平 二 一 厚 労 告 一 六 四 平 二 三 厚 労 告 三 三 七 一 部 改 正 ) 改 正 文 ( 平 成 二 〇 年 三 月 三 一 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 二 〇 八 号 ) 抄 平 成 二 十 年 四 月 一 日 か ら 適 用 す る 改 正 文 ( 平 成 二 一 年 三 月 三 〇 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 一 六 四 号 ) 抄 平 成 二 十 一 年 四 月 一 日 か ら 適 用 す る 改 正 文 ( 平 成 二 三 年 九 月 二 二 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 三 三 七 号 ) 抄 平 成 二 十 三 年 十 月 一 日 か ら 適 用 す る 別 表 第 一 ( 平 二 三 厚 労 告 三 三 七 追 加 ) 調 査 項 0 点 1 点 2 点 特 記 事 備 考 目 項 視 視 力 1. 普 通 ( 日 常 生 活 2. 約 1m 離 れた 視 4.ほとんど 見 えな 矯 正 視 力 に 支 障 がない ) 力 確 認 表 の 図 は い 力 による 障 見 ることができる5. 見 えているのか 測 定 と 害 が 目 の 前 に 置 判 断 不 能 であ する いた 場 合 は 見 る る

9 ことができない 3. 目 の 前 に 置 いた 視 力 確 認 表 の 図 は 見 ることができ るが 遠 ざかると 見 ることができな い 視 視 野 1. 視 野 障 害 がな 3. 両 眼 の 視 野 がそ4. 両 眼 の 視 野 がそ 視 力 障 野 い れぞれ 10 度 以 内 れぞれ 10 度 以 内 害 の 1 障 2. 視 野 障 害 の 1 点 であり かつ 両 であり かつ 両 点 又 は2 害 又 は 2 点 の 事 項 眼 による 視 野 に 眼 による 視 野 に 点 の 事 に 該 当 しない ついて 視 能 率 に ついて 視 能 率 に 項 に 該 よる 損 失 率 が よる 損 失 率 が 当 せず 90% 以 上 であ 95% 以 上 であ 視 野 に る る 障 害 が ある 場 合 に 評 価 する 夜 網 膜 色 1. 網 膜 色 素 変 性 3. 暗 い 場 所 や 夜 間 視 力 障 人 的 支 盲 素 変 性 症 等 による 夜 盲 等 の 移 動 の 際 害 又 は 援 なし 症 等 に 等 がない 慣 れた 場 所 以 外 視 野 障 に 視 覚 よる 夜 2. 夜 盲 の 1 点 の 事 では 歩 行 できな 害 の 1 情 報 に 盲 等 項 に 該 当 しない い 程 度 の 視 野 点 又 は2 より 単 独 視 力 等 の 能 力 の 点 の 事 歩 行 が 低 下 がある 項 に 該 可 能 な 当 せず 場 合 に 夜 盲 等 歩 行 で の 症 状 きる と により 移 判 断 す 動 に 著 る しく 困 難 を 来 した ものであ る 場 合 に 評 価 する 必 要 に 応 じて 医 師

10 意 見 書 を 添 付 する 移 盲 人 安 1. 慣 れていない 場 2. 慣 れた 場 所 での3. 慣 れた 場 所 であ 夜 盲 に 人 的 支 動 全 つえ 所 であっても 歩 歩 行 のみできる っても 歩 行 ができ よる 移 援 なし 障 ( 又 は 盲 行 ができる ない 動 障 害 に 視 覚 害 導 犬 )の の 場 合 情 報 に 使 用 に は 夜 間 より 単 独 よる 単 や 照 明 歩 行 が 独 歩 行 が 不 十 可 能 な 分 な 場 場 合 に 所 等 を 歩 行 で 想 定 し きる と たものと 判 断 す する る すい 注 1. 夜 盲 等 の 等 に つ い て は 網 膜 色 素 変 性 症 錐 体 ジ ス ト ロ フ ィ ー 白 子 症 等 に よ る 過 度 の 羞 明 等 を い う 注 2. 歩 行 に つ い て は 車 い す 等 に よ る 移 動 手 段 を 含 む 別 表 第 二 ( 平 二 三 厚 労 告 三 三 七 旧 別 表 一 部 改 正 ) 行 動 関 連 項 目 0 点 1 点 2 点 6 3 イ 6 4 イ 1. 独 自 の 方 法 によらず2. 時 々 独 自 の 方 法 3. 常 に 独 自 の 方 法 で に 意 思 表 示 ができる でないと 意 思 表 示 で きないことがある ないと 意 思 表 示 でき ない 4. 意 思 表 示 ができな い 1. 日 常 生 活 において 2. 時 々 言 葉 以 外 の 3. 常 に 言 葉 以 外 の は 言 葉 以 外 の 方 法 方 法 (ジェスチャー 方 法 (ジェスチャー (ジェスチャー 絵 カー 絵 カード 等 )を 用 いな 絵 カード 等 )を 用 いな ド 等 )を 用 いなくても 説 いと 説 明 を 理 解 でき いと 説 明 を 理 解 でき 明 を 理 解 できる ないことがある ない 4. 言 葉 以 外 の 方 法 を 用 いても 説 明 を 理 解 できない 7 のツ 1.ない 2.ときどきある 3A. 週 1 回 以 上 3B.ほぼ 毎 日

11 7 のナ 1.ない 7 のニ 1.ない 7 のヌ 1.ない 7 のネ 1.ない 7 のノ 1.ない 7 のハ 1.ない 3. 週 に 1 回 以 上 7 のヒ 1.ない 3. 週 に 1 回 以 上 7 のフ 1.ない 4. 週 に 1 回 以 上 5.ほぼ 毎 日 4. 週 に 1 回 以 上 5.ほぼ 毎 日 4. 週 に 1 回 以 上 5.ほぼ 毎 日 4. 週 に 1 回 以 上 5.ほぼ 毎 日 4. 週 に 1 回 以 上 5.ほぼ 毎 日 (ほぼ 外 出 のたび) 4. 日 に 1 回 以 上 5. 日 に 頻 回 4. 日 に 1 回 以 上 5. 日 に 頻 回 4. 週 に 1 回 以 上 5.ほぼ 毎 日 てんかん 発 作 の 頻 1. 年 に 1 回 以 上 2. 月 に 1 回 以 上 3. 週 に 1 回 以 上 度 ( 医 師 意 見 書 によ る )

了 者 に 限 る ) 若 し く は 第 十 五 号 に 掲 げ る 者 又 は 第 十 四 号 に 掲 げ る 者 の う ち 三 級 訪 問 介 護 員 で あ る 者 三 居 宅 介 護 サ ー ビ ス 費 の 注 6 の (1)の 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 者 六 号 ( 三

了 者 に 限 る ) 若 し く は 第 十 五 号 に 掲 げ る 者 又 は 第 十 四 号 に 掲 げ る 者 の う ち 三 級 訪 問 介 護 員 で あ る 者 三 居 宅 介 護 サ ー ビ ス 費 の 注 6 の (1)の 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 者 六 号 ( 三 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 者 ( 平 成 十 八 年 九 月 二 十 九 日 ) ( 厚 生 労 働 省 告 示 第 五 百 四 十 八 号 ) 障 害 者 自 立 支 援 法 に 基 づ く 指 定 障 害 福 祉 サ ー ビ ス 等 及 び 基 準 該 当 障 害 福 祉 サ ー ビ ス に 要 す る 費 用 の 額 の 算 定 に 関 す る 基 準 ( 平 成 十 八 年 厚

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031938C93FA967B91E5906B8DD082D682CC91CE899E2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031938C93FA967B91E5906B8DD082D682CC91CE899E2E646F6378> 6 同 行 援 護 について 同 行 援 護 とは 視 覚 障 害 により 移 動 に 著 しい 困 難 を 有 する 障 害 者 等 につき 外 出 時 において 当 該 障 害 者 等 に 同 行 し 移 動 に 必 要 な 情 報 を 提 供 する とともに 移 動 の 援 護 その 他 の 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 便 宜 を 供 与 することをいう ( 障 害 者 自 立 支

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20766F6C2E3189EE8CEC95DB8CAF90A7937889FC8A7682C994BA82A488E397C394EF8D548F9C82CC8EE688B582A282C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20766F6C2E3189EE8CEC95DB8CAF90A7937889FC8A7682C994BA82A488E397C394EF8D548F9C82CC8EE688B582A282C982C282A282C42E646F63> 事 務 連 絡 平 成 18 年 12 月 1 日 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 部 ( 局 ) 担 当 者 様 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 サービス 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 の 取 扱 いについて 在 宅 介 護 サービスの 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 の 取 扱 いについては その 基 本 的 考 え 方 に 変 更 ありませんが

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 呉 医 療 センタ- 医 療 機 器 安 全 管 理 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 4 条 ) 第 2 章 組 織 及 び 職 務 ( 第 5 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 研 修 ( 第 11 条 ~ 第 12 条 ) 第 4 章 保 守 点 検 及 び 修 理 ( 第 13 条 ~ 第 16 条 ) 第 5 章

More information

改 正 後 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 改 正 前 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 平 成 2 年 7 月

改 正 後 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 改 正 前 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 平 成 2 年 7 月 改 正 後 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 改 正 前 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 厚 生 省 大 臣 官 房 老 人 保 健 福 祉 部 厚 生 省

More information

様 式 第 11 号 ( 第 1 面 ) ( 日 本 工 業 規 格 A 列 4) 労 働 者 派 遣 事 業 報 告 書 ( 年 度 報 告 ) 厚 生 労 働 大 臣 殿 年 月 日 提 出 者 印 4 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 第 23 条 第 1 項 の 規 定 により

More information

介護保険制度改正にかかる事業所説明会

介護保険制度改正にかかる事業所説明会 資 料 3 予 防 生 活 支 援 サー 事 業 へ 移 行 時 のポイント 杉 並 区 役 所 保 健 福 祉 部 高 齢 者 施 策 課 総 合 事 業 整 備 係 1 利 用 者 の 総 合 事 業 への 移 行 時 期 予 防 給 付 予 防 生 活 支 援 サー 事 業 給 付 平 成 27 年 度 平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 保 険 法 改 正 予 防 生 活 支 援 サー

More information

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を 産 休 等 代 替 職 員 制 度 実 施 要 綱 第 1 性 格 及 び 目 的 産 休 等 代 替 職 員 制 度 は 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 又 は 傷 病 のため 長 期 間 にわたって 継 続 する 休 暇 を 必 要 とする 場 合 その 職 員 の 職 務 を 行 わせるための 産 休 等 代 替 職 員 を 当 該 児 童 福 祉 施 設 等 の 長 が

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

<9056976C8EAE81698B4C93FC8FE382CC97AF88D38E968D80814595CA8E86816A2E786C73>

<9056976C8EAE81698B4C93FC8FE382CC97AF88D38E968D80814595CA8E86816A2E786C73> 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 需 給 調 整 事 業 課 労 働 者 派 遣 事 業 書 記 入 のポイント 実 際 の 記 入 にあたっては 様 式 第 11 号 ( 第 3 面 )の 記 載 要 領 をご 覧 の 上 正 確 に 記 入 して 下 さい 一 般 派 遣 元 事 業 主 及 び 特 定 派 遣 元 事 業 主 は 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 ごとに

More information

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が 子 育 て 支 援 制 度 Q&A ( 平 成 22 年 6 月 30 日 現 在 ) この 度 東 北 大 学 の 子 育 て 支 援 のための 職 員 等 の 休 暇 制 度 育 児 休 業 制 度 を Q&A 方 式 でわかりやすく 説 明 をしましたので ご 活 用 ください なお 不 明 な 点 等 がありましたら 遠 慮 なく 各 部 局 の 人 事 担 当 係 又 は 総 務 部 人

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63> 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 (2) 子 が1 歳 に 達 する 日 を 超 えて 雇 用 関 係 が 継 続 することが 見 込 まれること (3) 子 が1 歳 に 達 する 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 労 働 契 約 期 間 が 満 了 し 更 新 されないことが 明 らかでないこと 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 育 児 休 業 等 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 3 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 37 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 国

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

<5461726F2D95CA8E868250817C82528140939A905C8F91976C8EAE816992B2>

<5461726F2D95CA8E868250817C82528140939A905C8F91976C8EAE816992B2> 3 調 剤 報 酬 点 数 表 項 目 現 行 改 正 案 第 1 部 調 剤 報 酬 第 1 節 調 剤 技 術 料 00 調 剤 基 本 料 ( 処 方 せんの 受 付 1 回 につき) 注 の 見 直 し 注 3 保 険 薬 局 及 び 保 険 薬 剤 師 療 養 担 当 規 則 注 3 保 険 薬 局 及 び 保 険 薬 剤 師 療 養 担 当 規 則 ( 昭 和 32 年 厚 生 省 令

More information

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正)

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 基 本 年 俸 給 の 決 定 ( 第 8 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 業 績 給 ( 第 12 条 第 13 条 ) 第 4 章 手 当 ( 第 14 条 - 第 40 条 ) 第 5 章 給 与 の 特 例 等 ( 第 41 条

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F323031332030312032355F89EE8CEC95DB8CAF8DC590568FEE95F1955C8E862090978C605F95DB8CAF8ED293FC82E8816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F323031332030312032355F89EE8CEC95DB8CAF8DC590568FEE95F1955C8E862090978C605F95DB8CAF8ED293FC82E8816A2E646F63> 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 部 ( 局 ) 担 当 者 様 事 務 連 絡 平 成 25 年 1 月 25 日 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 等 の 取 扱 いについて 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 の 取 扱 いについては そ の 基 本 的 考 え 方 に 変

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B6388C491E6825282558D8681408E7390EC8E738D7390AD8EE891B182C982A882AF82E993C192E882CC8CC2906C82F08EAF95CA82B782E982BD82DF82CC94D48D8682CC97989770939982C98AD682B782E9964097A582C98AEE82C382AD8CC2906C94D48D868

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B6388C491E6825282558D8681408E7390EC8E738D7390AD8EE891B182C982A882AF82E993C192E882CC8CC2906C82F08EAF95CA82B782E982BD82DF82CC94D48D8682CC97989770939982C98AD682B782E9964097A582C98AEE82C382AD8CC2906C94D48D868 議 案 第 36 号 市 川 市 行 政 手 続 における 特 定 個 人 を 識 別 するため 番 号 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番 号 利 用 及 び 特 定 個 人 情 報 提 供 に 関 する 条 例 制 定 について 市 川 市 行 政 手 続 における 特 定 個 人 を 識 別 するため 番 号 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番

More information

答申第585号

答申第585号 別 紙 諮 問 第 722 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 平 成 23 年 月 日 区 営 業 所 で 起 きた 物 損 事 故 に 関 する 全 ての 内 容 の 文 書 の 開 示 請 求 に 対 し 終 業 点 呼 記 録 簿 ほか7 件 を 対 象 公 文 書 として 特 定 し 一 部 開 示 と した 決 定 は 妥 当 である 2 審 査 請 求 の 内 容 (1) 審 査

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 4 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 国 見 町 福 島 県 国 類 似 団 体 平 均 年 齢 4.6 歳 3

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 4 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 国 見 町 福 島 県 国 類 似 団 体 平 均 年 齢 4.6 歳 3 国 見 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 年 度 末 ) B B/ 平 成 9 年 度 の 件 費 率 平 成 年 度,478 4,55,53 79,66 94,46 3.. () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案)

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案) 公 立 大 学 法 人 秋 田 県 立 大 学 給 与 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 19 号 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 21 年 1 月 17 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 8 月 4 日 改 正 平 成 22 年 10 月 1 日 改 正 平 成 22 年 12 月 22 日 改 正 平 成 23

More information

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機 薬 局 機 能 情 報 の 事 項 の 説 明 薬 局 機 能 情 報 の 各 事 項 については 次 のとおりです また 等 の 欄 は 各 事 項 についての 該 当 の 又 は が 薬 局 機 能 に 関 する 情 報 欄 は その 項 目 について 該 当 する 情 報 の 内 容 が 記 載 されています 第 1 管 理 運 営 サービス 等 に 関 する 事 項 1 基 本 事 項 (1)

More information

郵 便 約 款 の 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 及 び 審 査 結 果 ( 本 人 限 定 受 取 郵 便 のサービス 内 容 の 追 加 ) 平 成 21 年 3 月 2 日 総 務 省 1 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 (1) 変 更 の 趣 旨 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 ( 以 下 収 益 移 転 防 止 法 という ) が 平 成

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱 川 崎 市 重 度 障 害 者 等 入 院 時 コミュニケーション 支 援 事 業 実 施 要 綱 制 定 平 成 28 年 2 月 25 日 27 川 健 障 福 第 1192 号 ( 市 長 決 裁 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 意 思 の 疎 通 が 困 難 な 障 害 者 及 び 障 害 児 が 医 療 機 関 ( 精 神 科 病 院 および 一 般 病 院 の 精 神

More information

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73>

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73> 日 本 司 法 支 援 センター( 法 人 番 号 2011205001573)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 センターの 主 要 事 業 は 総 合 法 律 支 援 に 関 する 事 業 である 役

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

平 成 24 年 分 年 末 調 整 チェックシート 氏 名 男 女 年 末 調 整 の 時 期 となりました 下 記 項 目 のチェックと 該 当 書 類 の 提 出 をお 願 いします 今 年 入 社 である はい 本 年 中 前 職 がある 方 は 前 職 の 源 泉 徴 収 票 を 提 出 して 下 さい 源 泉 徴 収 票 の 提 出 有 ( 社 ) 無 住 宅 借 入 金 等 特 別 控

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

<5461726F2D8179835A8362836794C5817A313230333039817988C495B6817A>

<5461726F2D8179835A8362836794C5817A313230333039817988C495B6817A> - 1 - 省 百 七 旅 客 部 改 省 令 平 成 省 令 伴 並 平 成 省 令 並 ま づ 並 令 づ く 領 平 成 月 大 臣 前 田 武 志 づ く 領 語 お 使 語 監 督 針 平 成 省 千 百 お 使 語 - 2 - 務 名 簿 款 寄 附 為 登 記 証 明 組 織 図 保 制 証 機 器 機 器 設 設 備 記 載 決 算 報 足 経 的 礎 証 績 分 証 程 七 イ 概

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この 現 員 退 された 元 地 方 公 務 員 の 退 管 理 の 適 正 の 確 保 について 員 のかたは ご 留 意 願 います 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 34 号 )が 公 布 され 地 方 公 共 団 体 における 退 管 理 の 確 保 にため 以 下 のことについて 規 定 され

More information

01.活性化計画(上大久保)

01.活性化計画(上大久保) 別 記 様 式 第 1 号 ( 第 四 関 係 ) か み お お く ぼ 上 大 久 保 ち く 地 区 か っ せ い か 活 性 化 け い か く 計 画 栃 木 県 鹿 沼 市 平 成 26 年 2 月 1 活 性 化 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 計 画 の 名 称 上 大 久 保 地 区 活 性 化 計 画 都 道 府 県 名 栃 木 県 市 町 村 名 鹿 沼 市 地

More information

Microsoft Word - nagekomi栃木県特定医療費(指定難病)支給認定申請手続きのご案内 - コピー

Microsoft Word - nagekomi栃木県特定医療費(指定難病)支給認定申請手続きのご案内 - コピー 栃 木 県 特 定 医 療 費 ( 指 定 難 病 ) 支 給 認 定 申 請 手 続 きのご 案 内 はじめに 発 病 の 機 構 が 明 らかでなく かつ 治 療 方 法 が 確 立 していない 希 少 な 疾 病 であって 当 該 疾 病 にかか ることにより 長 期 にわたり 療 養 を 必 要 とすることとなるもののうち 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 疾 病 を 指 定 難 病 といいます

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

議案第   号

議案第   号 議 案 第 149 号 宝 塚 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について 宝 塚 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のとおり 制 定 するもの とする 平 成 26 年 (2014 年 )12 月 9 日 提 出 宝 塚 市 長 中 川 智 子 宝 塚 市

More information

重 度 障 害 者 等 包 括 支 援 の 控 除 対 象 額 等 の 算 出 方 法 について ( 別 添 1) ( 神 奈 川 県 保 健 福 祉 部 障 害 福 祉 課 ) 重 度 障 害 者 等 包 括 支 援 以 外 に 係 る 控 除 対 象 額 の 算 出 については 平 成 18 年

重 度 障 害 者 等 包 括 支 援 の 控 除 対 象 額 等 の 算 出 方 法 について ( 別 添 1) ( 神 奈 川 県 保 健 福 祉 部 障 害 福 祉 課 ) 重 度 障 害 者 等 包 括 支 援 以 外 に 係 る 控 除 対 象 額 の 算 出 については 平 成 18 年 ( 正 誤 表 ) 該 当 様 式 内 容 正 誤 別 添 2 介 護 給 付 訓 練 等 給 付 地 域 生 活 支 援 障 害 児 施 設 給 付 当 明 細 書 中 ほど xx1xxxxxxx 事 業 所 の 利 用 者 負 担 額 2の 算 出 方 法 の 部 分 別 添 2 介 護 給 付 訓 練 等 給 付 地 域 生 活 支 援 障 害 児 施 設 給 付 当 明 細 書 下 段 全

More information

2. 居 住 用 財 産 を 売 却 し た 場 合 の 特 例 譲 渡 資 産 は 居 住 用 財 産 で す か? 住 宅 取 得 特 別 控 除 の 適 用 を 受 け て い ま せ ん か? 所 有 期 間 が 1 0 年 を 超 え て い ま す か? 居 住 期 間 は 3 0 年

2. 居 住 用 財 産 を 売 却 し た 場 合 の 特 例 譲 渡 資 産 は 居 住 用 財 産 で す か? 住 宅 取 得 特 別 控 除 の 適 用 を 受 け て い ま せ ん か? 所 有 期 間 が 1 0 年 を 超 え て い ま す か? 居 住 期 間 は 3 0 年 2 0 1 4.2. 月 号 税 務 と 経 営 ニ ュ ー ス 3 4 5 確 定 申 告 の ポ イ ン ト 上 田 悦 弘 税 理 士 事 務 所 上 田 悦 弘 社 会 保 険 労 務 士 事 務 所 0 6 ( 6 9 4 1 ) 3 9 0 5 F A X 0 6 ( 6 9 4 1 ) 3 9 0 9 h t t p : / / w w w. k a i k e i - h o m e.

More information

tokutei2-7.xls

tokutei2-7.xls 出 産 育 児 に 関 する 制 度 一 覧 親 になる ことが 判 明 子 どもが 生 まれる 前 出 産 子 育 て 期 間 中 1 妊 娠 障 害 休 暇 ( 女 性 のみ) 2 妊 娠 中 の 通 勤 緩 和 職 免 ( 女 性 のみ) 3 妊 産 婦 の 就 業 制 限 ( 女 性 のみ) 4 保 健 指 導 職 免 除 ( 女 性 のみ) 5 産 前 産 後 休 暇 ( 女 性 のみ)

More information

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 要

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 要 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 祉 法 人 氏 名 人 見 君 子 年 齢 公 表 / 非 公 表 主 たる 事 務 所 の 所 在 メールアド レス 9 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 6 年 4 月 日 現 在 606-8336 京 都 市 左 京 区 岡 崎 北 御 所 町 番 の 電 話 番 号 075-77 - 388 FAX 番

More information

2 特 別 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 の 支 給 割 公 務 員 の 支 給 格 差 勧 告 年 間 支 給 数 合 A 数 B A-B ( 改 定 数 ) 年 度 ( 注 ) 民 間 の 支 給 割 合 は 民 間 事 業 所 で 支 払 われた 賞 与 等 の 特 別

2 特 別 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 の 支 給 割 公 務 員 の 支 給 格 差 勧 告 年 間 支 給 数 合 A 数 B A-B ( 改 定 数 ) 年 度 ( 注 ) 民 間 の 支 給 割 合 は 民 間 事 業 所 で 支 払 われた 賞 与 等 の 特 別 梼 原 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 ( 一 般 会 計 松 診 四 万 診 会 計 ) 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 区 分 人 口 23 年 度 の ( 年 度 末 ) A B (B/A) 人 件 費 率 H25.3.31 千 千 千 %

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

中 部 学 院 大 学 主 催 2016(H28) 年 度 第 1 回 介 護 職 員 等 によるたんの 吸 引 等 研 修 事 業 ( 第 1 2 号 研 修 不 特 定 多 数 の 者 対 象 ) 受 講 者 募 集 要 項 中 部 学 院 大 学 では 2012(H24) 年 4 月 1 に

中 部 学 院 大 学 主 催 2016(H28) 年 度 第 1 回 介 護 職 員 等 によるたんの 吸 引 等 研 修 事 業 ( 第 1 2 号 研 修 不 特 定 多 数 の 者 対 象 ) 受 講 者 募 集 要 項 中 部 学 院 大 学 では 2012(H24) 年 4 月 1 に 2016(H28) 年 度 介 護 職 員 等 によるたん 吸 引 等 の 研 修 事 業 (1 2 号 研 修 不 特 定 多 数 の 者 対 象 )( 概 要 ) 1 登 録 研 修 機 関 番 号 2110001 2 登 録 研 修 機 関 名 中 部 学 院 大 学 3 研 修 課 程 第 1 2 号 研 修 ( 不 特 定 多 数 の 者 対 象 ) 講 義 会 場 名 中 部 学 院 大

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2083528373815B208160208375838D8362834E90E096BE89EF8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2083528373815B208160208375838D8362834E90E096BE89EF8E9197BF2E70707478> 住 民 基 本 台 帳 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 < 改 正 概 要 > ( 平 成 21 年 7 月 15 日 公 布 ) 1 外 国 人 住 民 の 利 便 の 増 進 及 び 市 町 村 等 の 行 政 の 合 理 化 を 目 的 として 外 国 人 住 民 を 住 民 基 本 台 帳 法 の 適 用 対 象 に 加 える ( 施 行 期 日 : 入 管 法 等 改

More information

<8E9197BF33816990B68A888E788987814588E790AC834F838B815B837682E682E89841978D816A>

<8E9197BF33816990B68A888E788987814588E790AC834F838B815B837682E682E89841978D816A> (3) 生 活 支 援 育 成 グループより 連 絡 生 活 支 援 育 成 グループ 1 平 成 28 年 度 制 度 改 正 について 1 就 学 前 の 障 害 児 通 所 支 援 における 多 子 軽 減 制 度 の 拡 大 ( 別 紙 ) 多 子 軽 減 制 度 の 拡 大 による 多 子 軽 減 の 対 象 ( 新 規 又 は 変 更 )となる 利 用 につ いては 児 童 通 所 サービス

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

Microsoft Word - H22.4.1市費産休・育休臨任要綱.doc

Microsoft Word - H22.4.1市費産休・育休臨任要綱.doc 川 崎 市 立 学 校 の 市 費 負 担 教 員 の 出 産 及 び 育 児 休 業 に 伴 う 代 替 教 員 の 臨 時 的 任 用 等 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 崎 市 立 学 校 の 市 費 負 担 教 員 に 係 る 産 休 代 替 教 員 及 び 育 休 代 替 教 員 の 臨 時 的 任 用 勤 務 時 間 給 与 等 に 関 し 必 要

More information

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 1 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 1 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 氏 名 人 見 君 子 市 祉 法 人 年 齢 公 表 / 非 公 表 主 たる 事 務 所 の 所 在 メールアド レス 9 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 7 年 4 月 1 日 現 在 606-8336 京 都 市 左 京 区 岡 崎 北 御 所 町 1 番 の1 電 話 番 号 075-771 - 388

More information

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 (

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 ( 事 務 連 絡 平 成 27 年 9 月 1 日 各 都 道 府 県 人 事 担 当 課 各 都 道 府 県 市 区 町 村 担 当 課 各 指 定 都 市 人 事 担 当 課 各 人 事 委 員 会 事 務 局 御 中 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 地 方 公 共 団 体 が 国 家 戦 略 特 別 区 域 創 業 者 人 材 確 保 支 援 事 業

More information

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又 群 馬 県 市 町 村 会 館 管 理 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 5 年 4 月 1 日 条 例 第 2 号 改 正 平 成 5 年 6 月 8 日 条 例 第 1 号 平 成 7 年 3 月 31 日 条 例 第 4 号 平 成 12 年 2 月 15 日 条 例 第 1 号 平 成 12 年 11 月 10 日 条 例 第 2 号 平 成 14 年 2

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 における 労 務 費 の 計 算 に 係 る 実 施 細 則 ( 健 保 等 級 ルール) 平 成 26 年 9 月 公 益 財 団 法 人 鳥 取 県 産 業 振 興 機 構 平 成 26 年 9 月 以 降 に 実 施 される 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう )に 係 る 労 務 費 の 算 出

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1 育 児 介 護 休 業 規 定 第 1 章 目 的 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 定 は 従 業 員 の 育 児 介 護 休 業 育 児 介 護 のための 時 間 外 労 働 および 深 夜 業 の 制 限 並 びに 育 児 介 護 短 時 間 勤 務 等 に 関 する 取 り 扱 いについて 定 めるものである ( 適 用 対 象 者 ) 第 2 章 育 児 休 業 制 度 第 2 条 育

More information

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 東 庄 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 分 ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 件 費 率 千 千 千 年 度 15,408 5,093,505 1,033,984 517,441 0.3 0.8 ()

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

無年金外国人高齢者福祉手当要綱

無年金外国人高齢者福祉手当要綱 東 浦 町 無 年 金 外 国 人 住 民 高 齢 者 福 祉 手 当 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 う 改 正 後 の 年 金 制 度 において 国 民 年 金 の 受 給 資 格 を 有 しない 在 日 の 外 国 人 住 民 高 齢 者

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( )

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( ) 1 総 括 増 毛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 5,9 4,748,27 24,475 1,134,346 23.9 24.1 (2) 職

More information

第1条を次のように改める

第1条を次のように改める 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 埼 玉 県 熊 谷 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 精 神 疾 患 を 持 つ 人

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

平成21年9月29日

平成21年9月29日 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 Q&A 平 成 22 年 4 月 新 潟 県 高 齢 福 祉 保 健 課 ( 問 1) 国 の 介 護 職 員 処 遇 改 善 交 付 金 事 業 実 施 要 領 では 交 付 金 とされているが 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 では 補 助 金 と 名 称 が 異 なる 理 由 はなにか また 承 認 申 請 書 等

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目 福 岡 市 バリアフリー 容 積 率 緩 和 許 可 基 準 ( 福 岡 市 : 高 齢 者, 障 害 者 等 の 移 動 等 の 円 滑 化 の 促 進 に 関 する 法 律 第 24 条 の 規 定 による 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 許 可 基 準 ) 平 成 20 年 8 月 福 岡 市 住 宅 都 市 局 建 築 指 導 部 1. 用 語 の 定 義 この

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906C8E968B4B92F6817932373034303189FC90B3835A83628367817A8D958E9A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906C8E968B4B92F6817932373034303189FC90B3835A83628367817A8D958E9A2E646F6378> 規 程 第 16 号 国 立 研 究 開 発 法 人 建 築 研 究 所 人 事 規 程 を 次 のように 定 める 平 成 27 年 4 月 1 日 国 立 研 究 開 発 法 人 建 築 研 究 所 理 事 長 坂 本 雄 三 国 立 研 究 開 発 法 人 建 築 研 究 所 人 事 規 程 第 1 章 総 則 ( 総 則 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 建

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上 蕨 市 三 世 代 ふれあい 家 族 住 宅 取 得 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 子 育 て 中 の 子 世 帯 及 びその 親 世 帯 の 同 居 又 は 近 居 ( 以 下 同 居 等 と い う ) を 促 進 す る た め 住 宅 の 取 得 に 係 る 費 用 の 一 部 を 補 助 す る こ と に よ り 三 世 代 の 市 内 定 住

More information

平 成 27 年 11 月 ~ 平 成 28 年 4 月 に 公 開 の 対 象 となった 専 門 協 議 等 における 各 専 門 委 員 等 の 寄 附 金 契 約 金 等 の 受 取 状 況 審 査 ( 別 紙 ) 専 門 協 議 等 の 件 数 専 門 委 員 数 500 万 円 超 の 受

平 成 27 年 11 月 ~ 平 成 28 年 4 月 に 公 開 の 対 象 となった 専 門 協 議 等 における 各 専 門 委 員 等 の 寄 附 金 契 約 金 等 の 受 取 状 況 審 査 ( 別 紙 ) 専 門 協 議 等 の 件 数 専 門 委 員 数 500 万 円 超 の 受 資 料 5-1 平 成 28 年 6 月 16 日 専 門 協 議 等 の 実 施 に 関 する 各 専 門 委 員 における 寄 附 金 契 約 金 等 の 受 取 状 況 承 認 審 査 及 び 安 全 対 策 に 係 る 専 門 協 議 等 を 依 頼 した 専 門 委 員 の 寄 附 金 契 約 金 等 の 受 取 状 況 については 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 における 専

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 が 無 い た め 記 載 し て お り ま せ ん 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 区 分 民 間 給 与 A 公 務 員 給 与 B 較 差 A - B 勧 告 ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 国 の 改

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 が 無 い た め 記 載 し て お り ま せ ん 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 区 分 民 間 給 与 A 公 務 員 給 与 B 較 差 A - B 勧 告 ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 国 の 改 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 芽 室 町 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) 歳 出 額 A 21 年 度 1 9, 3 7 6 1 1, 3 4, 9 4 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B / A 1 6, 3 9 3 9 9 6, 541 8. 8 1 ( 参

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

会津若松市人事行政の運営等の状況の公表について

会津若松市人事行政の運営等の状況の公表について 2 職 員 の 給 与 の 状 況 (1) 総 括 1 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 23 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/ A ( 参 考 )22 年 度 件 費 率 124,978 47,356,878 1,278,841 8,184,623 ( 注 ) 住 民 基 本 台 帳 口 は 平 成 24 年 3 月

More information

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64 平 成 21 年 度 労 働 関 係 総 合 実 態 調 査 調 査 結 果 の 概 要 1 諸 制 度 の 状 況 (1) 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 従 業 員 の 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 の 方 法 は 労 働 ( 雇 用 ) 契 約 書 を 取 り 交 わ している が 34.3%でもっとも 多 く 次 いで 口 頭 による 説 明 が 30.2%

More information

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休 - 140 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 12 月 24 日 法 律 第 110 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 新 潟 県 条 例 第 4 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 4 年 3 月 30 日 人 委 規 則 第 14-1 号 ) 育 児 休

More information

(\202g22\214\366\225\\.xls)

(\202g22\214\366\225\\.xls) 別 (1) 紙 3 区 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 21 年 度 分 住 民 基 本 (21 台 年 帳 度 人 末 口 ) 歳 出 額 A 人 件 費 別 海 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (2) 職 員 給 与 16,052 費 の 状 況 ( 普 14,873,338 通 会 計 決 算 ) 586,003千 円 2,316,507 千

More information

る 等 級 単 価 を 使 用 する ア. 健 康 保 険 料 を 徴 収 する 事 業 者 との 雇 用 関 係 に 基 づき 当 該 補 助 事 業 に 従 事 す る 者 ただし 役 員 及 び 日 額 または 時 給 での 雇 用 契 約 者 については 健 保 等 級 適 用 者 以 外

る 等 級 単 価 を 使 用 する ア. 健 康 保 険 料 を 徴 収 する 事 業 者 との 雇 用 関 係 に 基 づき 当 該 補 助 事 業 に 従 事 す る 者 ただし 役 員 及 び 日 額 または 時 給 での 雇 用 契 約 者 については 健 保 等 級 適 用 者 以 外 人 件 費 積 算 時 における 健 保 等 級 単 価 計 算 について 平 成 26 年 度 ふるさと 名 物 応 援 事 業 補 助 金 (ふるさと 名 物 普 及 事 業 )に 係 る 補 助 事 業 者 の 人 件 費 について 健 保 等 級 単 価 計 算 により 算 出 する 場 合 は 以 下 のとおり 運 用 する こととする 1. 健 保 等 級 による 積 算 における 原

More information

自衛官俸給表の1等陸佐、1等海佐及び1等空佐の(一)欄又は(二)欄に定める額の俸給の支給を受ける職員の占める官職を定める訓令

自衛官俸給表の1等陸佐、1等海佐及び1等空佐の(一)欄又は(二)欄に定める額の俸給の支給を受ける職員の占める官職を定める訓令 防 衛 省 訓 令 第 2 9 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 2 9 年 法 律 第 1 6 5 号 ) 第 3 0 条 の 2 第 1 項 第 5 号 の 規 定 に 基 づ き 自 衛 官 以 外 の 隊 員 の 標 準 職 務 遂 行 能 力 を 定 め る 訓 令 を 次 の よ う に 定 め る 平 成 2 6 年 5 月 3 0 日 防 衛 大 臣 小 野 寺 五 典 自 衛 官 以

More information

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73>

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73> 富 田 林 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 4 年 度 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 )1 職 員 手 当 には

More information

そ の 他 類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 広 島 市 城 山 北 城 南 域 包 括 支 援 センター 広 島 市 安 佐 南 区 川 内 5-6-0 B0 平 成 8 年 4 月 日 必 要 な 者

そ の 他 類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 広 島 市 城 山 北 城 南 域 包 括 支 援 センター 広 島 市 安 佐 南 区 川 内 5-6-0 B0 平 成 8 年 4 月 日 必 要 な 者 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 市 祉 法 人 楽 友 会 非 73-00 広 島 市 安 佐 南 区 川 内 一 丁 目 番 9 号 電 話 番 号 08-83 - 4 FAX 番 号 08-876 - 非 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 6 年 4 月 日 現 在 http://kawauchinosato.net kawauchinosato@deluxe.ocn.ne.jp

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

( 教 育 職 員 免 許 状 の 取 得 ) 第 9 条 教 育 職 員 免 許 状 ( 幼 稚 園 教 諭 二 種 免 許 状 )を 取 得 しようとする 者 は 教 育 職 員 免 許 法 に 基 づき 別 表 2に 掲 げる を 修 得 しなければならない 2 教 育 職 員 免 許 状 の

( 教 育 職 員 免 許 状 の 取 得 ) 第 9 条 教 育 職 員 免 許 状 ( 幼 稚 園 教 諭 二 種 免 許 状 )を 取 得 しようとする 者 は 教 育 職 員 免 許 法 に 基 づき 別 表 2に 掲 げる を 修 得 しなければならない 2 教 育 職 員 免 許 状 の 東 京 成 徳 短 期 大 学 幼 児 教 育 科 履 修 規 程 (26.4) ( 趣 旨 ) 第 条 東 京 成 徳 短 期 大 学 幼 児 教 育 科 ( 以 下 本 科 という )の 履 修 に 関 する 事 項 については 東 京 成 徳 短 期 大 学 学 則 の 規 定 によるほか この 規 程 の 定 めるところによる ( 教 育 課 程 の 編 成 ) 第 2 条 本 科 における

More information

介護保険最新情報vol.497

介護保険最新情報vol.497 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 市 町 村 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 介 護 保 険 関 係 団 体 御 中 厚 生 労 働 省 介 護 保 険 計 画 課 振 興 課 老 人 保 健 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 1 高 額 医 療 合 算 介 護 サービス 費 等 の 支 給 の 運 用 等 につい て 等 の 一 部

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information