Microsoft Word - しおり_修正.doc

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - しおり_修正.doc"

Transcription

1 あなたの 職 場 のトラブル 社 労 士 会 労 働 紛 争 解 決 センター 徳 島 に あっせん 申 立 てしてみませんか? 法 務 大 臣 認 証 厚 生 労 働 大 臣 指 定 社 労 士 会 労 働 紛 争 解 決 センター 徳 島 徳 島 市 南 末 広 町 5 番 8-8 号 徳 島 経 済 産 業 会 館 ( KIZUNAプラザ ) 2 階 徳 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 内 TEL (ナビダイヤル)

2 目 次 1.はじめに 1 2.あっせん 申 し 立 てをするにはどうすればいいか 1 Q1 会 社 から 一 方 的 に 解 雇 を 告 げられ 困 っています 直 接 解 決 センターに 申 し 出 ればいいのですか? 1 Q2 職 場 のトラブルであれば どんな 内 容 でも 申 し 立 てできますか? 1 Q3 申 立 てに 代 理 人 を 立 てることはできますか? 2 Q4 あっせん 申 立 書 にはどんなことを 書 けばいいのですか? 2 3. あっせん 手 続 の 流 れ 費 用 実 施 日 などについて 4 Q5 申 立 てをしてからの 手 順 を 説 明 してください 4 Q6 申 立 てをするときの 費 用 はいくらですか? 4 Q7 あっせんは どこで 行 われますか また いつでも 行 っていますか? 4 Q8 和 解 の 仲 介 は どのように 行 われますか? 5 Q9 あっせん 期 日 に 出 席 しましたが 相 手 方 が なかなか 和 解 案 に 応 ずる 気 配 がない 場 合 は あっせん 委 員 はどうするのですか? 5 Q10 解 決 センターに 申 立 てをすると 何 か 法 律 的 な 利 益 がありますか? 5 4.さらに 詳 しく 理 解 するために 5 Q11 あっせん 委 員 には どういう 人 がなるのですか? 5 き ひ Q12 あっせん 委 員 は 忌 避 ( 他 のあっせん 委 員 に 交 替 )できますか? 6 Q13 解 決 センター と 都 道 府 県 労 働 局 の 紛 争 調 整 委 員 会 との 違 いはなんですか? 6 Q14 申 立 ての 内 容 について 熟 知 している 者 ( 上 司 同 僚 などの 参 考 人 )がいる 場 合 あっせん 期 日 に 呼 んで 発 言 してもらってもいいですか? 6 Q15 相 手 方 が 申 し 立 てに 応 じない 場 合 はどうなりますか?また 申 立 てをしたこと が 相 手 方 ( 事 業 主 )に 分 かり 相 手 方 から 不 利 益 処 分 ( 嫌 がらせなど)を 受 けた 場 合 どうしたらいいですか 6 Q16 提 出 した 個 人 情 報 資 料 等 は あっせん 手 続 終 了 後 は 返 してもらえますか? 7 Q17 申 立 てに 関 する 一 切 の 秘 密 は 守 られますか? 7 Q18 和 解 の 成 立 以 外 で 事 件 が 終 了 する 場 合 もありますか? 7 Q19 和 解 が 成 立 した 場 合 には 何 か 書 面 を 交 付 されますか? 8 Q20 あっせん 手 続 に 関 して あっせん 委 員 及 び 事 務 局 職 員 に 苦 情 がある 場 合 は 受 けてもらえますか? 8 Q21 成 立 した 和 解 契 約 の 内 容 について 当 事 者 の 一 方 が 履 行 ( 実 行 )しないときは どうすればいいのですか? 8 5.あっせん 手 続 申 立 書 ( 表 ) 9 6.あっせん 手 続 申 立 書 ( 裏 ) 裁 判 外 紛 争 解 決 手 続 きの 利 用 に 関 する 法 律 に 基 づく 表 示 11

3 1 はじめに 1 社 労 士 会 労 働 紛 争 解 決 センター 徳 島 ( 以 下 解 決 センター という )は 裁 判 外 紛 争 解 決 手 続 の 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 16 年 法 律 第 151 号 ) ( 以 下 ADR 法 という )に 基 づく 法 務 大 臣 の 認 証 と 社 会 保 険 労 務 士 法 に 基 づく 厚 生 労 働 大 臣 の 指 定 を 受 けて 労 務 管 理 の 専 門 家 である 特 定 社 会 保 険 労 務 士 が 当 事 者 の 言 い 分 を 聴 くなどしながら その 知 見 と 経 験 を 活 かして 個 別 労 働 関 係 紛 争 を あっせん という 手 続 きにより 簡 易 迅 速 かつ 低 廉 に 解 決 ( 和 解 の 仲 介 )する 機 関 です 2 この しおり で 申 立 人 とは 解 決 センターにあっせんを 申 立 てた 人 のことです ま た 相 手 方 とは 申 立 人 からあっせんを 申 立 てられた 被 申 立 人 のことです 3 この しおり は あっせん 手 続 を 申 し 立 てようとする 方 と 相 手 方 に 対 して 行 う 事 前 説 明 の 書 面 として 使 用 します その 際 説 明 を 受 けた 旨 を 記 載 した 書 面 に 署 名 をいただきますのでご 協 力 をお 願 いします 2 あっせん 申 し 立 てをするにはどうしたらいいか Q1 会 社 から 一 方 的 に 解 雇 を 告 げられ 困 っています 直 接 解 決 センターに 申 し 出 れ ばいいのですか? A 解 決 センターは あっせん という 手 続 きにより 個 別 労 働 関 係 紛 争 を 解 決 に 導 くところです あなたが 困 っていることがどんな 状 況 にあるか また それを 解 決 するためには どういう 方 法 をとったらいいかなどについて まずは 徳 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 の 総 合 労 働 相 談 所 におたずねください 総 合 労 働 相 談 所 では あなたの 相 談 の 内 容 から 解 決 センターに 申 し 出 ることが 問 題 解 決 にとって 一 番 いい 方 法 であると 判 断 すると 解 決 センターと 連 絡 を 取 ってくれ ますので その 指 示 に 従 っていただくようお 願 いします なお 総 合 労 働 相 談 所 の 開 設 日 時 につきましては 徳 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 へ お 問 い 合 わせください 所 在 地 電 話 番 号 時 間 徳 島 市 南 末 広 町 5 番 8-8 号 徳 島 経 済 産 業 会 館 ( KIZUNAプ ラザ ) 2 階 (ナヒ タ イヤル) 月 曜 日 から 金 曜 日 までの 午 前 9 時 から 午 後 5 時 まで (8 月 13 日 ~ 15 日 12 月 29 日 ~ 1 月 3 日 まで と 祝 祭 日 を 除 く ) Q2 職 場 のトラブルであれば どんな 内 容 でも 申 し 立 てできますか? A 解 決 センターで 対 象 とするのは 個 別 労 働 関 係 紛 争 だけです つまり 労 働 契 約 ( 解 1

4 雇 や 出 向 配 転 に 関 することなど)やその 他 の 労 働 関 係 ( 職 場 内 でのいじめ 嫌 がらせ など)に 関 する 事 項 についての 個 々の 労 働 者 と 事 業 主 との 間 の 紛 争 が あっせん の 対 象 となります したがって 労 働 組 合 と 事 業 主 との 紛 争 ( 集 団 的 労 使 紛 争 ) 労 働 基 準 法 等 の 労 働 関 係 法 上 の 法 規 違 反 や 労 働 者 と 事 業 主 との 間 における 私 的 な 金 銭 貸 借 問 題 等 は 対 象 にはなりません また 解 決 センターでは 募 集 採 用 に 関 係 した 紛 争 及 び 退 職 後 概 ね1 年 以 上 を 経 過 してからの 申 立 てに 係 る 紛 争 も 対 象 外 になります なお 事 業 主 が 破 産 特 別 清 算 民 事 再 生 会 社 更 生 法 等 法 的 破 産 手 続 の 適 用 を 受 け 又 は 受 けることが 確 実 と 見 込 まれるとき 又 は 個 人 事 業 主 が 死 亡 したとき( 特 定 の 者 が 事 業 を 承 継 したことが 明 らかな 場 合 を 除 く )は この 制 度 の 対 象 となりません 集 団 的 労 使 紛 争 は 都 道 府 県 労 働 委 員 会 に 相 談 することが 一 般 的 ですし 労 働 関 係 法 規 違 反 は 労 働 基 準 監 督 署 に 相 談 申 告 することが 問 題 解 決 への 近 道 でしょう また 国 家 公 務 員 及 び 地 方 公 務 員 に 関 する 事 案 は 当 センターでは 対 象 としません Q3 申 立 てに 代 理 人 を 立 てることはできますか? A 申 立 ては 本 人 が 直 接 行 うことができますが 専 門 家 の 力 を 借 りるために 特 定 社 会 保 険 労 務 士 や 弁 護 士 に 代 理 人 を 頼 むこともできます 特 定 社 会 保 険 労 務 士 は 社 会 保 険 労 務 士 のうち 所 定 の 研 修 を 受 けて 紛 争 解 決 手 続 代 理 業 務 試 験 に 合 格 した 者 です また 紛 争 の 目 的 価 額 が60 万 円 を 超 える 場 合 には 特 定 社 会 保 険 労 務 士 が 単 独 では 代 理 人 となることができず 弁 護 士 と 共 同 して 代 理 人 となることが 必 要 です Q4 あっせん 申 立 書 にはどんなことを 書 けばいいのですか? A 解 決 センターが 用 意 した 用 紙 に 1 申 立 ての 年 月 日 2 申 立 人 の 住 所 氏 名 及 び 連 絡 先 3 相 手 方 の 住 所 氏 名 及 び 連 絡 先 4 紛 争 の 概 要 (いつ どこで 誰 が 誰 に どんなことをしたか 又 はされたか ) 解 決 を 求 める 事 項 ( 申 立 人 は どういうふうにしてほしいのか ) などを 記 入 していただきます また 紛 争 についての 関 係 資 料 等 がありましたら 申 立 て 時 に 提 出 してください 2

5 社 労 士 会 労 働 紛 争 解 決 センター 徳 島 におけるあっせん 手 続 の 概 要 個 別 労 働 関 係 紛 争 ( 例 ) 事 業 主 が 労 働 者 ( 申 立 人 )を 解 雇 したことによる 紛 争 が 発 生 申 立 人 よりセンターへ あっせん 手 続 の 相 談 代 理 人 ( 特 定 社 会 保 険 労 務 士 弁 護 士 等 )の 選 任 申 立 人 又 は 代 理 人 への 説 明 申 立 人 又 は 代 理 人 の 申 立 て 制 度 の 説 明 規 定 に 定 める 事 項 を 記 載 した 書 面 を 交 付 (しおり) 申 立 書 提 出 申 立 費 用 10,500 円 ( 消 費 税 含 む ) 現 金 納 付 受 理 不 受 理 代 理 人 ( 特 定 社 会 保 険 労 務 士 弁 護 士 等 )の 選 任 相 手 方 又 は 代 理 人 への 説 明 相 手 方 の 依 頼 第 1 回 期 日 指 定 当 事 者 に 通 知 ( 普 通 郵 便 ) 不 受 理 決 定 書 に 理 由 を 付 して 申 立 人 に 通 知 ( 簡 易 書 留 郵 便 ) 申 立 費 用 全 額 返 還 相 手 方 への 通 知 確 認 規 定 に 定 める 事 項 を 記 載 した 書 面 又 は 申 立 書 写 し 確 認 書 面 答 弁 書 書 式 郵 送 ( 簡 易 書 留 郵 便 ) 依 頼 しない 無 回 答 の 場 合 第 1 回 期 日 於 :あっせん 室 あっせん 委 員 2 名 ( 交 互 面 接 ) あっせん 手 続 き 終 了 申 立 人 への 通 知 終 了 の 旨 その 理 由 年 月 日 を 記 載 した 書 面 郵 送 ( 簡 易 書 留 郵 便 ) 申 立 費 用 は 郵 送 料 その 他 の 実 費 を 控 除 し た 残 額 を 返 還 申 立 人 の 取 下 げ 相 手 方 の 手 続 終 了 の 求 め 当 事 者 による 手 続 きの 終 了 和 解 成 立 和 解 契 約 書 作 成 センター 長 による 手 続 終 了 の 決 定 ( 打 切 り) 双 方 に 通 知 ( 簡 易 書 留 郵 便 ) 3

6 3 あっせん 手 続 の 流 れ 費 用 実 施 日 などについて Q5 申 立 てをしてからの 手 順 を 説 明 してください A 1 申 立 書 の 内 容 を 審 査 して 解 決 センターで 対 象 とする 事 案 であれば 受 理 されます 2 申 立 ての 内 容 を 相 手 方 へ 通 知 し 相 手 方 があっせんに 応 ずる 意 思 があるか 否 かを 確 認 します ( 申 立 人 が 申 立 書 の 写 しを 相 手 方 へ 送 付 することを 希 望 しない 場 合 は 申 立 ての 概 要 を 記 載 した 書 面 を 相 手 方 へ 送 付 します ) 3 相 手 方 からあっせんに 応 ずるとの 意 思 表 示 があった 場 合 当 事 者 の 都 合 を 確 認 し て 解 決 センターが 期 日 (あっせんを 行 う 日 )を 指 定 し 7 日 前 までに 通 知 しま す 4 期 日 前 に 相 手 方 から 答 弁 書 ( 申 立 ての 内 容 について 認 めるか あるいは 否 認 するか 又 は 申 立 てについての 反 論 とその 理 由 を 簡 潔 に 記 載 した 書 面 ) 及 び 紛 争 に 関 する 資 料 を 提 出 していただき 1 回 の 期 日 で 和 解 の 成 立 を 目 指 します ただし 紛 争 の 内 容 が 複 雑 困 難 な 場 合 等 特 段 の 理 由 があるときは 複 数 回 の 期 日 が 開 か れることもあります 5 和 解 が 成 立 した 場 合 は あっせん 委 員 が 作 成 する 和 解 契 約 書 ( 案 )に 当 事 者 双 方 及 びあっせん 委 員 が 立 会 人 として 署 名 押 印 し 和 解 契 約 書 を 作 成 してあっせん 手 続 は 終 了 します 6 1ないし5の 期 間 は おおよそ1ヶ 月 を 見 込 んでいます 7 相 手 方 が あっせんに 応 じない 場 合 は そこであっせん 手 続 きは 終 了 します Q6 申 立 てをするときの 費 用 はいくらですか? A 申 立 て1 件 あたり10,500 円 ( 消 費 税 含 む )が 必 要 です( 例 えば 事 業 主 か らのセクハラ 被 害 の 防 止 について 申 立 て 和 解 の 内 容 として セクハラの 即 時 中 止 と 今 までの 精 神 的 苦 痛 に 対 する 慰 謝 料 の 請 求 の2つについて 申 し 立 てても1 件 として 扱 います ) なお 申 立 てが 正 式 に 受 理 された 後 は 費 用 の 返 還 はできません ただし 相 手 方 が 申 立 てに 応 ずる 意 思 がないことにより 手 続 が 終 了 した 場 合 は 郵 送 料 その 他 の 実 費 を 控 除 した 残 額 を 返 還 します また 申 立 てが 当 センターで 受 理 することが 不 適 当 と 判 断 された 場 合 は 全 額 返 還 します また 手 続 きに 要 する 通 訳 及 び 翻 訳 あっせん 委 員 が 出 張 したときの 旅 費 宿 泊 費 その 他 の 費 用 が 必 要 な 場 合 があります 負 担 する 必 要 があるときは あらかじ め 説 明 し 了 承 をいただきます Q7 あっせんは どこで 行 われますか また いつでも 行 っていますか? A 解 決 センターに 設 置 されている 専 用 の 個 室 ( 非 公 開 で 秘 密 を 守 るため)で 行 われま す また あっせんは 原 則 として 4

7 1 毎 週 火 曜 日 木 曜 日 の 午 後 1 時 から 午 後 4 時 まで 2 毎 週 火 曜 日 木 曜 日 の 午 後 5 時 から 午 後 8 時 まで 3 毎 週 土 曜 日 の 午 後 1 時 から 午 後 4 時 まで の 希 望 する 時 間 帯 に 行 うこととしています Q8 和 解 の 仲 介 は どのように 行 われますか? A 和 解 の 仲 介 は 労 働 問 題 に 精 通 した 特 定 社 会 保 険 労 務 士 である あっせん 委 員 が 当 事 者 の 自 主 的 な 紛 争 解 決 の 努 力 ( 話 し 合 い 譲 り 合 い)を 尊 重 しつつ 公 平 かつ 適 正 に あっせん の 手 続 きを 行 い かつ 紛 争 の 実 情 に 即 した 迅 速 な 解 決 を 図 ってい きます 具 体 的 には あっせん 委 員 が 当 事 者 双 方 からの 主 張 を 聴 いたうえで 和 解 案 を 双 方 に 示 すなどにより 最 終 的 には 和 解 契 約 書 にまとめることで 解 決 に 導 きま す Q9 あっせん 期 日 に 出 席 しましたが 相 手 方 が なかなか 和 解 案 に 応 ずる 気 配 がない 場 合 は あっせん 委 員 はどうするのですか? A あっせん 委 員 は 当 事 者 又 は 代 理 人 からその 主 張 理 由 説 明 等 を 求 め 要 点 を 確 認 して 粘 り 強 く 互 譲 を 勧 めます しかし お 互 い 譲 らず 和 解 が 成 立 する 見 込 みが ないと 判 断 した 場 合 は そこであっせん 手 続 は 和 解 不 成 立 となり 終 了 します Q10 解 決 センターに 申 立 てをすると 何 か 法 律 的 な 利 益 がありますか? A 申 立 人 が 同 じ 内 容 の 紛 争 について 裁 判 所 で 訴 訟 中 の 場 合 当 事 者 の 共 同 申 出 によ り 裁 判 官 の 決 定 で 訴 訟 手 続 は 一 時 中 止 され 解 決 センターのあっせん 手 続 が 優 先 さ れる 場 合 があります また 時 効 によって 権 利 を 失 うおそれのある 事 案 の 場 合 あっせん 委 員 が 和 解 の 成 立 する 見 込 みがないことを 理 由 にあっせん 手 続 を 終 了 した 場 合 に 当 該 事 案 について 終 了 の 通 知 を 受 けた 日 から1ヶ 月 以 内 に 訴 えを 提 起 したときは 当 該 認 証 解 決 手 続 の 請 求 の 時 に 時 効 が 中 断 されます 4 さらに 詳 しく 理 解 するために Q11 あっせん 委 員 には どういう 人 がなるのですか? A 特 定 社 会 保 険 労 務 士 の 中 から 労 働 問 題 に 精 通 し かつ 都 道 府 県 労 働 局 の 紛 争 調 整 委 員 会 の 委 員 経 験 者 や 裁 判 所 の 民 事 調 停 委 員 の 経 験 者 等 紛 争 解 決 の 実 務 経 験 及 び 能 力 を 有 する 者 から 原 則 として2 名 が 解 決 センターのセンター 長 により 選 任 され ます また 申 立 事 案 の 内 容 により あっせん 担 当 弁 護 士 があっせん 委 員 に 加 わる 場 合 もあります 5

8 き ひ Q12 あっせん 委 員 は 忌 避 ( 他 のあっせん 委 員 に 交 替 )できますか? A 当 事 者 は あっせん 委 員 についてあっせんの 公 平 な 実 施 を 妨 げる 事 情 があるときは 解 決 センターに 忌 避 を 申 出 ることができます そして その 申 出 が 相 当 であるときは 当 該 あっせん 委 員 を 忌 避 できます また 当 事 者 の 利 害 関 係 人 親 族 後 見 人 等 は あっせん 委 員 にはなれません Q13 解 決 センター と 都 道 府 県 労 働 局 の 紛 争 調 整 委 員 会 との 違 いはなんです か? A 裁 判 とは 違 い あっせんにより 個 別 労 働 関 係 紛 争 を 解 決 するという 点 では 両 者 は 共 通 していますが 次 のような 違 いがあります 第 一 は 労 働 局 の 紛 争 調 整 委 員 会 は 行 政 が 実 施 しているのに 対 して 解 決 セン ターは 運 営 経 費 のほとんどが 社 会 保 険 労 務 士 の 会 費 により 成 り 立 っていることで す すなわち 解 決 センターは 社 会 保 険 労 務 士 の 社 会 貢 献 活 動 の 一 環 として 行 って いる 民 間 のADR 機 関 であるということです このため 解 決 センターでは 経 費 の 一 部 に 当 てさせていただくため あっせん 手 続 受 理 時 に10,500 円 ( 消 費 税 含 む )をいただくことにしています 第 二 は 紛 争 の 目 的 価 額 ( 例 えば 退 職 金 として 円 支 払 ってほしい)が60 万 円 を 超 える 場 合 あるいは 超 えると 予 想 される 場 合 に 代 理 人 を 立 てて 申 出 を 行 おうとすると 労 働 局 では 目 的 価 額 にかかわらず 特 定 社 会 保 険 労 務 士 が 単 独 で 代 理 人 を 務 めることが 可 能 ですが 解 決 センターでは 特 定 社 会 保 険 労 務 士 が 単 独 で は 代 理 人 になることができず 弁 護 士 と 共 同 して 代 理 人 とならなければなりません (このことは 社 会 保 険 労 務 士 法 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の6に 規 定 されています なお 別 途 弁 護 士 費 用 が 発 生 します ) 第 三 は 解 決 センターは 利 用 者 が 便 利 なように 原 則 として 毎 週 火 曜 日 木 曜 日 の 午 後 1 時 から 午 後 4 時 午 後 5 時 から 午 後 8 時 まで 及 び 毎 週 土 曜 日 の 午 後 1 時 から 午 後 4 時 までの 希 望 する 時 間 帯 であっせんを 行 うようにしていることです (8 月 13 日 ~15 日 12 月 29 日 ~1 月 3 日 及 び 祝 日 を 除 く ) 主 な 違 いは 以 上 のとおりですが そのほかの 訴 訟 手 続 の 中 止 や 時 効 の 中 断 の 効 力 (Q10 参 照 )については 両 者 に 違 いはありません Q14 申 立 ての 内 容 について 熟 知 している 者 ( 上 司 同 僚 などの 参 考 人 )がいる 場 合 あっせん 期 日 に 呼 んで 発 言 してもらってもいいですか? A あっせん 委 員 の 許 可 及 び 相 手 方 の 同 意 があれば 上 司 や 同 僚 があっせん 期 日 に 出 席 して 意 見 を 述 べることができます Q15 相 手 方 が 申 し 立 てに 応 じない 場 合 はどうなりますか?また 申 立 てをしたこ とが 相 手 方 ( 事 業 主 )に 分 かり 相 手 方 から 不 利 益 処 分 ( 嫌 がらせなど)を 受 け 6

9 た 場 合 どうしたらいいですか A 相 手 方 へ 申 し 立 ての 趣 旨 を 通 知 して 相 手 方 が この 申 立 てに 応 ずる 意 思 がない 場 合 は 解 決 センターでのあっせんはできず 事 件 は 終 了 します この 場 合 解 決 センターから あっせん 手 続 終 了 通 知 書 が 簡 易 書 留 郵 便 にて 送 付 される 方 法 で 通 知 があります また 相 手 側 からの 不 利 益 処 分 ( 嫌 がらせなど)を 受 けた 場 合 には 解 決 センター にご 相 談 ください Q16 提 出 した 個 人 情 報 資 料 等 は あっせん 手 続 終 了 後 は 返 してもらえますか? A 原 本 の 場 合 は その 場 で 写 しをとり 原 本 はお 返 しします その 他 の 提 出 された 資 料 等 は あっせんが 終 了 するまで 解 決 センターで 厳 重 に 管 理 し あっせん 終 了 時 には ご 希 望 があれば 速 やかにお 返 しします Q17 申 立 てに 関 する 一 切 の 秘 密 は 守 られますか? A あっせん 委 員 及 び 申 立 てに 携 わる 解 決 センターの 職 員 には 守 秘 義 務 が 課 されてお り その 秘 密 が 外 部 に 漏 れることは 一 切 ありません ただし 当 事 者 双 方 の 同 意 を 得 たときは 当 事 者 の 氏 名 等 が 特 定 されない 形 で 研 修 の 資 料 等 に 利 用 させていただくこ とがありますので あらかじめご 了 承 願 います なお 万 一 秘 密 を 漏 らした 者 がい た 場 合 は 厳 正 に 処 分 されます Q18 和 解 の 成 立 以 外 で 事 件 が 終 了 する 場 合 もありますか? A 和 解 の 成 立 以 外 で 事 件 が 終 了 する 場 合 は 1 相 手 方 が 申 立 てに 応 ずる 意 思 がないとき 2 当 事 者 の 一 方 が 正 当 な 理 由 なくあっせん 期 日 に 欠 席 し 又 は 当 事 者 の 一 方 が 和 解 する 意 志 がないことを 明 確 にするなど あっせん 委 員 が 和 解 の 成 立 の 見 込 みがない と 認 めたとき 3 申 立 人 が 書 面 又 は 口 頭 で 取 り 下 げを 求 めたとき(あっせん 期 日 においてあっせ ん 委 員 に 口 頭 で 申 立 てることができる ) 4 相 手 方 が 書 面 又 は 口 頭 で 手 続 き 終 了 を 求 めたとき(あっせん 期 日 においてあっ せん 委 員 に 口 頭 で 申 立 てることができる ) 5 当 事 者 である 労 働 者 が 死 亡 したとき 6 当 事 者 である 事 業 主 が 破 産 特 別 生 産 民 事 再 生 会 社 更 生 法 等 法 的 倒 産 手 続 の 適 用 を 受 け 又 はその 適 用 を 受 けることが 確 実 と 見 込 まれるとき 7 当 事 者 である 個 人 事 業 主 が 死 亡 したとき( 特 定 の 者 が 事 業 を 継 承 したことが 明 ら かな 場 合 を 除 く ) 8 あっせん 手 続 に 係 る 事 案 が 和 解 に 適 さないとあっせん 委 員 が 判 断 したとき 9 当 事 者 が 不 当 な 目 的 であっせん 手 続 の 申 立 てをし 又 は 依 頼 をしたとあっせん 委 7

10 員 が 判 断 したとき 10 当 事 者 の 一 方 又 は 双 方 があっせん 委 員 の 指 揮 に 従 わないため あっせん 手 続 の 実 施 が 困 難 であるとあっせん 委 員 が 判 断 したとき などにはあっせん 手 続 は 終 了 します これらの 場 合 解 決 センターは あっせん 手 続 が 終 了 した 旨 その 理 由 及 び 年 月 日 を 記 載 した 書 面 を 作 成 し 当 該 書 面 を 簡 易 書 留 郵 便 で 速 やかに 当 事 者 に 送 付 する 等 の 方 法 で 通 知 します Q19 和 解 が 成 立 した 場 合 には 何 か 書 面 を 交 付 されますか? A あっせん 委 員 は あっせん 手 続 によって 申 立 人 と 相 手 方 との 間 に 和 解 が 成 立 した ときは 和 解 成 立 の 年 月 日 及 び 和 解 の 内 容 を 記 載 した 書 面 を 当 事 者 の 数 に1を 加 えた 通 数 作 成 します 当 事 者 又 は 代 理 人 がこの 書 面 に 記 名 押 印 又 は 署 名 することにより 和 解 契 約 書 を 作 成 します あっせん 委 員 は 立 会 人 としてこの 和 解 契 約 書 に 記 名 押 印 又 は 署 名 をします 和 解 契 約 書 は あっせん 委 員 から 直 接 手 交 し 又 は 簡 易 書 留 郵 便 で 送 付 する 方 法 により 交 付 します Q20 あっせん 手 続 に 関 して あっせん 委 員 及 び 事 務 局 職 員 に 苦 情 がある 場 合 は 受 け てもらえますか? A 苦 情 の 申 し 出 があった 場 合 には 解 決 センターの 内 規 により 苦 情 相 談 員 を 選 任 して 責 任 を 持 って 処 理 にあたり 公 正 かつ 誠 実 に 対 応 します Q21 成 立 した 和 解 契 約 の 内 容 について 当 事 者 の 一 方 が 履 行 ( 実 行 )しないときはど うすればいいのですか? A 一 般 には 信 義 誠 実 の 原 則 に 則 り 和 解 の 内 容 が 履 行 されることと 思 われますが 万 一 履 行 されなかった 場 合 は 民 法 上 の 和 解 の 効 力 を 有 するものの この 和 解 契 約 には 法 律 的 強 制 力 がありませんので 相 手 方 に 対 して 強 制 することはできません そこで 法 律 的 強 制 力 を 持 たせるためには 和 解 契 約 の 内 容 について 債 務 名 義 にする 方 法 があります 1 簡 易 裁 判 所 に 和 解 契 約 を 内 容 とする 即 決 和 解 の 手 続 きをとる 2 公 証 役 場 において 強 制 執 行 認 諾 文 言 付 公 正 証 書 を 作 成 する などです 8

11 様 式 第 8 号 の1(あっせん 手 続 規 程 第 8 条 関 係 )( 表 面 ) 氏 名 ( 名 称 及 び あ っ せ ん 手 続 申 立 書 申 立 人 代 表 者 の 氏 名 ) 住 所 ( 所 在 地 ) 電 子 メールアドレス 紛 争 当 事 者 被 申 氏 名 ( 名 称 及 び 代 表 者 の 氏 名 ) 住 所 ( 所 在 地 ) TEL ( ) FAX ( ) 電 子 メールアドレス 立 TEL ( ) FAX ( ) 人 申 立 人 が 労 働 して いる 事 業 場 の 名 称 及 び 所 在 地 紛 争 の 概 要 解 決 を 求 める 事 項 ( 理 由 も 含 む) 他 の 紛 争 解 決 機 関 への 申 請 ( 有 無 ) この 申 立 書 の 写 しを 被 申 立 人 に 対 して 提 示 することに (いずれかに をつける ) 社 労 士 会 労 働 紛 争 解 決 センター 徳 島 センター 長 殿 同 意 する 同 意 しない 平 成 年 月 日 申 立 人 氏 名 ( 名 称 及 び 代 表 者 の 氏 名 ) 印 申 立 人 代 理 人 印 9

12 ( 裏 面 ) あっせん 手 続 の 申 立 てについて 申 立 書 に 記 載 すべき 内 容 及 び 注 意 事 項 は 次 のとおりです 1 申 立 人 の 氏 名 住 所 等 紛 争 の 当 事 者 である 申 立 人 の 氏 名 ( 名 称 ) 住 所 ( 所 在 地 ) 等 を 記 載 して 下 さい 2 被 申 立 人 の 氏 名 住 所 等 紛 争 の 当 事 者 である 被 申 立 人 の 氏 名 ( 名 称 ) 住 所 ( 所 在 地 ) 等 を 記 載 して 下 さい また 被 申 立 人 ( 会 社 等 の 本 店 所 在 地 )と 異 なる 事 業 所 で 労 働 して いる 場 合 はその 名 称 及 び 所 在 地 を 記 入 して 下 さい 3 紛 争 の 概 要 紛 争 の 内 容 及 び 紛 争 の 原 因 となった 事 項 が 発 生 した 年 月 日 又 は 当 該 事 項 が 継 続 する 行 為 である 場 合 には 最 後 に 行 われた 年 月 日 を 記 載 し 紛 争 に 対 する 当 事 者 双 方 の 主 張 及 びこれまでの 交 渉 の 状 況 等 を 詳 しく 記 載 して 下 さい ( 所 定 の 欄 が 不 足 するときは 別 紙 に 記 載 して 添 付 して 下 さい 最 初 から 別 紙 に 記 載 してもよろしいです) 4 解 決 を 求 める 事 項 ( 理 由 も 含 む ) 紛 争 の 解 決 のための 相 手 方 に 対 する 請 求 内 容 (どうして 欲 しいのか )とそ の 理 由 を 箇 条 書 きにするなどできる 限 り 詳 しく 記 載 して 下 さい( 所 定 の 欄 が 不 足 するときは 別 紙 に 記 載 して 添 付 して 下 さい 最 初 から 別 紙 に 記 載 して もよろしいです) 5 申 立 人 の 記 名 押 印 申 立 人 の 氏 名 ( 法 人 にあってはその 名 称 及 び 代 表 者 )を 記 名 押 印 又 は 自 筆 による 署 名 のいずれかを 記 載 して 下 さい 6 代 理 人 を 選 任 した 場 合 は 代 理 人 選 任 届 ( 様 式 第 5 号 )を 提 出 して 下 さい 7 代 理 人 の 記 名 押 印 代 理 人 を 選 任 した 場 合 は 代 理 人 の 氏 名 を 記 名 押 印 又 は 自 筆 による 署 名 の いずれかを 記 載 してください 8 申 立 書 に 書 いた 内 容 を 証 明 する 資 料 又 はそれらに 関 連 する 資 料 がありましたらコピー を 提 出 して 下 さい 9 他 の 紛 争 解 決 機 関 ( 裁 判 所 の 労 働 審 判 労 働 局 の 紛 争 調 整 委 員 会 など)に 申 請 している 場 合 はその 旨 記 載 して 下 さい 10 申 立 人 が 会 社 等 の 法 人 の 場 合 は 法 務 局 ( 登 記 所 )から その 代 表 者 の 資 格 を 証 する 書 面 ( 登 記 事 項 証 明 書 )を 取 得 して 添 付 して 下 さい 11 申 立 書 の 写 しを 被 申 立 人 に 対 して 提 示 することに 同 意 するか 同 意 しないかいずれかに 印 をつけて 下 さい 10

13 裁 判 外 紛 争 解 決 手 続 の 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 表 示 1. 法 務 大 臣 認 証 のかいけつサポート 機 関 社 労 士 会 労 働 紛 争 解 決 センター 徳 島 ( 以 下 解 決 センター といいます )は 徳 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 が 法 務 大 臣 の 認 証 ( 平 成 年 認 証 第 号 )を 得 て 設 置 し 運 営 する 民 間 の 紛 争 解 決 機 関 ( 通 称 ADR 機 関 )です また 厚 生 労 働 大 臣 指 定 の 個 別 労 働 紛 解 決 機 関 となっています 2. 対 象 とする 紛 争 について 解 決 センターが 対 象 とする 紛 争 は 次 の 範 囲 に 限 られます 1 申 立 人 か 相 手 方 のいずれかが 徳 島 県 内 に 住 所 や 所 在 地 があるもの 若 しくは 徳 島 県 内 で 発 生 した 紛 争 であること 2 紛 争 の 内 容 が 紛 争 の 内 容 が 労 働 条 件 その 他 労 働 関 係 に 関 する 事 項 についての 個 々 の 労 働 者 と 事 業 主 との 間 の 紛 争 であること( 集 団 的 労 使 紛 争 は 取 り 扱 うことができま せん ) 3. 解 決 センターの 利 用 方 法 解 決 センターを 利 用 するには このしおりに 記 載 している 徳 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 内 の 解 決 センター 事 務 局 に 申 出 て 下 さい 申 立 ての 書 式 は 窓 口 に 備 え 付 けてあります 提 出 された 申 立 書 によって 対 象 となる 紛 争 かどうか 確 認 して 対 象 となる 事 案 であれば 申 出 を 受 理 します 4. 紛 争 を 解 決 する 方 法 解 決 センターでは 紛 争 当 事 者 の 自 主 的 解 決 の 努 力 を 援 助 する 立 場 で 関 係 の 法 律 判 例 などに 精 通 し 解 決 実 務 に 経 験 のあるあっせん 委 員 が 解 決 のあっせんをします あっ せんは 解 決 センター 事 務 局 内 のあっせん 室 で 当 事 者 交 互 に 事 情 を 聴 き 助 言 を 行 い 必 要 な 場 合 は 和 解 案 を 示 して 和 解 への 合 意 を 図 ります 5.あっせん 委 員 等 の 選 任 について 事 案 を 担 当 するあっせん 委 員 は 相 手 方 があっせん 手 続 の 依 頼 をしたときは 速 やかに あっせん 委 員 候 補 者 名 簿 の 中 からセンター 長 が 指 名 します 原 則 としてあっせん 委 員 は2 名 を 指 名 します なお 事 案 ごとに 弁 護 士 (あっせん 担 当 弁 護 士 )の 助 言 を 受 けるように なっており 弁 護 士 があっせん 委 員 に 加 わる 場 合 もあります 上 記 のあっせん 委 員 候 補 者 は 当 会 の 会 員 で あっせん 代 理 を 行 うための 特 別 研 修 を 終 了 し 試 験 に 合 格 した 特 定 社 会 保 険 労 務 士 で 更 に 一 定 の 実 務 経 験 者 で 解 決 センター 運 営 委 員 会 が 選 任 し あっせん 担 当 者 としての 研 修 を 受 けた 者 です このあっせん 委 員 候 補 11

14 者 名 簿 は 解 決 センターに 備 えつけてありますので いつでも 閲 覧 することができます 事 案 を 担 当 するあっせん 担 当 弁 護 士 は 相 手 方 があっせん 手 続 の 依 頼 をしたとき 速 や かにあっせん 担 当 弁 護 士 候 補 者 名 簿 の 中 からセンター 長 が 指 名 します 原 則 としてあっせ ん 担 当 弁 護 士 は1 名 を 指 名 します 上 記 のあっせん 担 当 弁 護 士 は 徳 島 弁 護 士 会 の 推 薦 を 得 て 当 会 会 長 が 任 命 した 者 です なお あっせん 担 当 弁 護 士 候 補 者 名 簿 は 解 決 センターに 備 えつけてありますので い つでも 閲 覧 することができます 6. 相 手 方 の 手 続 参 加 の 確 認 解 決 センターであっせん 申 立 てを 受 理 すると 直 ちに 相 手 方 に 対 して (1) 申 立 ての 受 理 の 決 定 をした 旨 (2) 申 立 人 の 氏 名 又 は 名 称 (3) 申 立 てに 係 るあっせん 手 続 の 依 頼 をするかどうかの 回 答 を 求 める 旨 及 び 回 答 期 限 を 記 載 した 書 面 に 申 立 書 の 写 し 又 は 申 立 ての 概 要 を 記 載 した 書 面 しおり 及 びあっせ ん 手 続 を 依 頼 する 際 の 文 書 ( 回 答 書 )を 添 付 して 簡 易 書 留 郵 便 で 送 付 する 方 法 により 通 知 します また 文 書 の 到 達 を 確 認 した 後 電 話 その 他 適 宜 な 方 法 により しおり を 使 っ てあっせん 手 続 について 事 前 説 明 します あっせんに 参 加 しない 旨 の 回 答 があったとき 又 は 期 限 までに 回 答 のない 場 合 は あっせんは 終 了 します なお 回 答 の 期 限 は 特 段 の 事 情 があるとセンター 長 が 認 める 場 合 を 除 き 上 記 書 面 が 被 申 立 人 に 到 達 した 日 から14 日 とします 相 手 方 があっせんに 参 加 する 意 思 表 示 をした 場 合 には 当 事 者 の 都 合 を 確 認 しながらあ っせん 期 日 の 設 定 に 移 ります 7. 手 続 の 進 行 について あっせん 手 続 は 基 本 的 にはこのしおりのフローチャートに 添 って 進 行 します 手 続 の 進 行 は 丁 寧 にかつ 公 平 に 行 うことを 心 掛 けます 8. 通 知 の 方 法 以 下 に 掲 げる 解 決 センターからの 通 知 は 簡 易 書 留 郵 便 によります (1) 受 理 通 知 書 ( 又 は 不 受 理 通 知 書 ) (2)あっせん 手 続 の 申 立 てについて( 通 知 ) 及 び 回 答 書 (3)あっせん 手 続 終 了 通 知 書 (4) 和 解 契 約 書 それ 以 外 の 文 書 は 普 通 郵 便 ファクシミリ 電 子 メールその 他 通 知 の 性 質 に 応 じて 適 宜 の 方 法 により 行 います 当 事 者 からの 連 絡 は 原 則 として 文 書 によることとしますが やむを 得 ない 場 合 には 電 話 等 適 宜 の 方 法 でも 受 付 けます 12

15 9. 関 係 書 類 の 取 扱 いについて 関 係 書 類 の 取 扱 いは 次 によります 1 提 出 された 証 拠 等 の 原 本 は 原 則 としてその 場 でコピーして 返 却 します 2 当 事 者 が 提 出 した 資 料 のうち 返 還 を 希 望 するものについては あっせん 手 続 が 終 了 した 後 速 やかに 当 該 当 事 者 に 返 還 します 3 申 立 て 関 係 文 書 手 続 実 施 の 経 緯 やその 結 果 の 文 書 及 びその 関 係 資 料 は 手 続 終 了 後 10 年 間 保 存 し その 後 は 修 復 不 可 能 な 方 法 により 廃 棄 します 10. 秘 密 の 管 理 あっせん 手 続 は 非 公 開 です また 関 係 書 類 も 非 公 開 とし 秘 密 保 持 の 誓 約 書 を 提 出 し ている 関 係 者 以 外 に 開 示 されません 11. 手 続 途 中 のあっせん 終 了 について あっせんは 次 の 場 合 途 中 終 了 します 1 当 事 者 の 一 方 が 正 当 な 理 由 なく 期 日 に 欠 席 し 若 しくは 当 事 者 の 一 方 が 和 解 する 意 思 がないことを 明 確 にするなど あっせん 委 員 があっせん 手 続 によっては 当 事 者 間 に 和 解 が 成 立 する 見 込 みがないと 認 めたとき 2 申 立 人 があっせん 委 員 に 書 面 (あっせん 手 続 の 期 日 においては 口 頭 ですることが できる )で 申 立 ての 取 り 下 げを 求 めたとき 3 相 手 方 があっせん 委 員 に 書 面 (あっせん 手 続 の 期 日 においては 口 頭 ですることが できる )であっせん 手 続 の 終 了 を 求 めたとき 4 当 事 者 である 労 働 者 が 死 亡 したとき 5 当 事 者 である 事 業 主 が 破 産 特 別 清 算 民 事 再 生 会 社 更 生 法 等 倒 産 手 続 の 適 用 を 受 け 又 はその 適 用 を 受 けることが 確 実 と 見 込 まれるとき 6 当 事 者 である 個 人 事 業 主 が 死 亡 したとき( 特 定 の 者 が 事 業 を 承 継 したことが 明 ら かな 場 合 を 除 く) 7 あっせん 手 続 に 係 る 事 案 が 和 解 に 適 さないとあっせん 委 員 が 判 断 したとき 8 当 事 者 が 不 当 な 目 的 であっせん 手 続 の 申 立 てをし 又 は 依 頼 をしたとあっせん 委 員 が 判 断 したとき 9 当 事 者 の 一 方 又 は 双 方 があっせん 委 員 の 指 揮 に 従 わないため あっせん 手 続 の 実 施 が 困 難 であるとあっせん 委 員 が 判 断 したとき 10 その 他 あっせん 委 員 があっせん 手 続 によっては 和 解 が 成 立 する 見 込 みがないと 認 めたとき 12. 費 用 について あっせんの 申 立 てが 受 理 された 場 合 に10,500 円 ( 消 費 税 含 む)の 費 用 を 支 払 って いただきます 13

16 なお 双 方 から 申 立 ての 場 合 においては その 申 立 費 用 は 折 半 となります 一 度 支 払 われた 費 用 は 原 則 として 返 却 いたしません ただし 上 記 6.の 確 認 の 際 に 相 手 方 があっせんに 参 加 しない 旨 の 意 思 表 示 をしたとき 又 は 回 答 期 限 までに 意 思 表 示 が なされなかったことによりあっせん 手 続 が 終 了 した 場 合 には 郵 送 料 等 の 実 費 を 控 除 して 残 額 を 返 還 します 申 立 てが 当 センターで 受 理 することが 不 適 当 と 判 断 された 場 合 は 全 額 返 還 します 上 記 の 申 立 費 用 以 外 に 手 続 きに 要 する 通 訳 及 び 翻 訳 あっせん 委 員 が 出 張 したときの 旅 費 宿 泊 費 その 他 の 費 用 が 必 要 な 場 合 があります 負 担 する 必 要 があるときは あらか じめ 説 明 し 了 承 をいただきます 13. 苦 情 の 取 扱 いについて 申 し 立 てられた 事 案 のあっせんの 業 務 について 苦 情 のある 者 は いつでも 苦 情 の 申 出 が できます 苦 情 の 申 出 は 解 決 センター 事 務 局 で 受 付 けます 申 出 のあった 苦 情 については 解 決 センター 運 営 委 員 会 が 迅 速 に 調 査 審 理 して その 結 果 を 苦 情 申 出 者 及 び 関 係 者 へ 書 面 で 通 知 します 14

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 )

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 5 事 業 認 定 の 概 要 6 事 業 認 定 とは 何 か 6 都 市 計 画 事 業 の 取

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

平 成 26 年 度 熊 本 県 育 英 資 金 育 英 奨 学 生 募 集 のしおり ( 修 学 貸 与 ) 高 等 学 校 中 等 教 育 学 校 ( 後 期 課 程 ) 高 等 専 門 学 校 専 修 学 校 ので 期 限 どおりに 返 還 していただく 必 要 が あ り ま す!! 育 英 資 金 の 返 還 金 は 後 輩 の 将 来 の 奨 学 金 として 再 び 活 用 されてい ます!!

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

あっせんの申立て事案の概要とその結果 平成23年度第2四半期 その他

あっせんの申立て事案の概要とその結果 平成23年度第2四半期 その他 別 冊 あっせんの 申 立 て 事 案 の 概 要 とその 結 果 ( 平 成 23 年 度 第 2 四 半 期 ) 1 その 他 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 事 案 番 号 22 年 度 (あ) 第 200 号 申 立 ての 概 要 外 国 為 替 予 約 が 延 長 されなかったことによる 損 害 賠 償 要 求 申 立 人 の 属 性 法 人 B 銀 行 との 為 替 予

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本 個 人 情 報 保 護 方 針 アドバンス レジデンス 投 資 法 人 ( 以 下 本 投 資 法 人 といいます )は 個 人 情 報 の 重 要 性 を 認 識 し 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 その 他 の 関 係 諸 法 令 及 びガイドライン 等 ( 以 下 個 人 情 報 保 護 法 等 といいます )を 遵 守 するとともに 個 人 情 報 保 護 に 関 する 基

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378> 2016 3 目 次 1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 特 例 付 加 年 金 等 も 申 請 される 方 2 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 へ 2-1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 3 2-2 農 業 者 老 齢 年 金 の 金 額 4 2-3 年 金 の 受 取 り 税 金 5 2-4 現 況 届 の 提 出 7 2-5 受 給

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

山梨みらいファンド事業費助成金交付要領(案)

山梨みらいファンド事業費助成金交付要領(案) 市 場 調 査 展 示 会 等 支 援 事 業 費 助 成 金 交 付 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 山 梨 県 が 定 める 山 梨 県 市 場 調 査 展 示 会 出 展 等 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 に 基 づいて 公 益 財 団 法 人 やまなし 産 業 支 援 機 構 ( 以 下 支 援 機 構 という )が 実 施 する 市 場 調 査 展

More information

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か CNCP マッチングサイト 利 用 規 約 (2016.7.27) 第 1 条 総 則 1. 本 利 用 規 約 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 シビル NPO 連 携 プラットフォーム( 以 下 CNCP と 称 する)が 提 供 する インターネットサイトで 業 務 委 託 者 ( 以 下 クライアントと 称 する)と 業 務 受 託 者 ( 以 下 メンバーと 称 する)の マッチングを

More information

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法 目 次 第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 2ページ 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 2ページ 2. 社 会 福 祉 法 人 が 行 うことができる 事 業 は 2ページ (1) 社 会 福 祉 事 業 とは 2ページ (2) 公 益 事 業 とは 6ページ (3) 収 益 事 業 とは 7ページ 3. 社 会 福 祉 法 人 となる 要 件 は 7ページ (1) 資 産 について

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 定 款 ( 名 称 ) 第 1 条 第 1 章 総 則 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 ( 略 称 NFD)と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 によって 従 たる

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

ヤマダカード規約 2008年4月版

ヤマダカード規約 2008年4月版 第 1 章 前 提 事 項 第 1 条 ( 各 条 項 の 適 用 ) 次 条 以 下 の 規 定 は 契 約 者 が 本 件 融 資 申 込 書 ( 以 下 本 件 融 資 申 込 書 という ) 所 定 の 事 項 を 記 入 のうえ 株 式 会 社 セディナ( 以 下 当 社 という )に 対 して 融 資 を 申 し 込 み 当 社 が 所 定 の 審 査 手 続 を 経 てこの 申 込 を

More information

Q4 被 災 した 家 の 代 わりに 住 宅 を 新 築 する 計 画 で 既 に 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 に 基 づく 加 算 支 援 金 150 万 円 ( 単 身 者 )を 受 給 しているが 会 社 を 退 職 するため 家 の 建 設 をやめることにした この 場 合 加

Q4 被 災 した 家 の 代 わりに 住 宅 を 新 築 する 計 画 で 既 に 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 に 基 づく 加 算 支 援 金 150 万 円 ( 単 身 者 )を 受 給 しているが 会 社 を 退 職 するため 家 の 建 設 をやめることにした この 場 合 加 生 活 を 再 建 する 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 Q1 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 では 住 宅 を 建 設 購 入 した 場 合 加 算 支 援 金 200 万 円 ( 単 身 者 は 150 万 円 )が 受 けられることになっています しかし 高 齢 のため ローンを 組 むことができません 加 算 支 援 金 200 万 円 ( 単 身 者 は 150 万 円 )を

More information

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本 個 人 情 報 保 護 方 針 ADインベストメント マネジメント 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は 個 人 情 報 の 重 要 性 を 認 識 し 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 その 他 の 関 係 諸 法 令 及 びガイドライン 等 ( 以 下 個 人 情 報 保 護 法 等 といいます )を 遵 守 するとともに 個 人 情 報 保 護 に 関 する 基

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

01 国有財産売払公示書

01 国有財産売払公示書 国 有 財 産 売 払 公 示 書 国 有 財 産 の 売 払 について 下 記 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 1 売 払 物 件 物 件 番 号 所 在 地 区 分 種 目 数 量 28-1 福 山 市 千 田 町 1-393-2 土 地 宅 地 170.14 m2 28-2 福 山 市 北 本 庄 2 丁 目 111-2 土 地 宅 地 658.94 m2 28-3 広 島

More information

No. 質 問 回 答 8 給 電 器 を 購 入 します 第 5 の 事 業 で 申 請 をしますが 条 件 はありま す 9 給 電 器 を 購 入 します 第 5の 事 業 で 申 請 をしますが 交 付 決 定 が 下 りるまで 給 電 器 を 使 えないのでし ょう 10 第 1 の 事

No. 質 問 回 答 8 給 電 器 を 購 入 します 第 5 の 事 業 で 申 請 をしますが 条 件 はありま す 9 給 電 器 を 購 入 します 第 5の 事 業 で 申 請 をしますが 交 付 決 定 が 下 りるまで 給 電 器 を 使 えないのでし ょう 10 第 1 の 事 目 次 Q1. 事 業 概 要 補 助 内 容 募 集 期 間 実 績 報 告 締 切... 1 Q2. 申 請 方 法 記 入 方 法 日 付... 4 Q3. 添 付 書 類... 9 Q4. 申 請 後 の 変 更... 12 Q5. 財 産 管 理 財 産 処 分... 13 2015 年 10 月 9 日 一 部 追 記 Q1. 事 業 概 要 補 助 内 容 募 集 期 間 実 績 報

More information

Taro-匿名組合 151009 栄

Taro-匿名組合 151009 栄 匿 名 組 合 の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 匿 名 組 合 とは 匿 名 組 合 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 営 業 のために 出 資 をし その 営 業 から 生 ず る 利 益 を 分 配 することを 約 する 各 当 事 者 が 出 資 をして 共 同 の 事 業 を 営 むことを 約 する 契 約 である( 商 法 535) 出 資 は 財 産 出 資 のみ

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

【H.1-4】H28年度在学採用募集要項(高校等)

【H.1-4】H28年度在学採用募集要項(高校等) 平 成 28 年 度 宮 崎 県 育 英 資 金 在 学 採 用 募 集 要 項 高 等 学 校 高 等 専 門 学 校 専 修 学 校 ( 高 等 課 程 ) 奨 学 生 1 宮 崎 県 育 英 資 金 の 目 的 将 来 有 能 な 人 材 を 育 成 するため 向 学 心 に 富 み 優 れた 素 質 を 有 しながら 経 済 的 理 由 により 修 学 が 困 難 な 学 生 又 は 生 徒

More information

は じ め に この 申 請 の 手 引 きは 起 業 者 が 裁 決 の 申 請 と 明 渡 裁 決 の 申 立 てをする 際 に 必 要 になると 思 われる 点 についてまとめたものです まず 収 用 制 度 の 意 味 と 土 地 収 用 法 における 用 語 を 説 明 します 次 に 手

は じ め に この 申 請 の 手 引 きは 起 業 者 が 裁 決 の 申 請 と 明 渡 裁 決 の 申 立 てをする 際 に 必 要 になると 思 われる 点 についてまとめたものです まず 収 用 制 度 の 意 味 と 土 地 収 用 法 における 用 語 を 説 明 します 次 に 手 申 請 の 手 引 平 成 24 年 3 月 東 京 都 収 用 委 員 会 事 務 局 は じ め に この 申 請 の 手 引 きは 起 業 者 が 裁 決 の 申 請 と 明 渡 裁 決 の 申 立 てをする 際 に 必 要 になると 思 われる 点 についてまとめたものです まず 収 用 制 度 の 意 味 と 土 地 収 用 法 における 用 語 を 説 明 します 次 に 手 続 編 で

More information

(5) 最 終 学 校 卒 業 証 明 書 ( 又 は 同 見 込 証 明 書 ) (6) 連 帯 保 証 人 の 同 意 書 ( 市 内 在 住 者 及 び 近 隣 の 者 2 名 ) (7)その 他 協 会 が 指 定 するもの( 資 格 証 等 ) 2 前 項 の 提 出 書 類 の 記 載

(5) 最 終 学 校 卒 業 証 明 書 ( 又 は 同 見 込 証 明 書 ) (6) 連 帯 保 証 人 の 同 意 書 ( 市 内 在 住 者 及 び 近 隣 の 者 2 名 ) (7)その 他 協 会 が 指 定 するもの( 資 格 証 等 ) 2 前 項 の 提 出 書 類 の 記 載 公 益 財 団 法 人 黒 石 市 体 育 協 会 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 益 財 団 法 人 黒 石 市 体 育 協 会 ( 以 下 協 会 という ) 定 款 第 3 3 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 協 会 職 員 ( 以 下 職 員 という ) の 就 業 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目

More information

3 担 当 部 署 4 担 当 者 名 5 住 所 6 電 話 番 号 7メールアドレス 1 セキュリティ 上 の 都 合 により フリーメール 及 び 添 付 ファイルは 開 封 しない 2 やむを 得 ない 事 由 により メールにより 入 手 できない 場 合 に 限 り 書 留 郵 便 によ

3 担 当 部 署 4 担 当 者 名 5 住 所 6 電 話 番 号 7メールアドレス 1 セキュリティ 上 の 都 合 により フリーメール 及 び 添 付 ファイルは 開 封 しない 2 やむを 得 ない 事 由 により メールにより 入 手 できない 場 合 に 限 り 書 留 郵 便 によ 次 のとおり 条 件 付 一 般 競 争 入 札 に 付 します 入 札 広 告 平 成 28 年 9 月 16 日 契 約 責 任 者 本 州 四 国 連 絡 高 速 道 路 株 式 会 社 岡 山 管 理 センター 所 長 稲 垣 博 記 1. 工 事 概 要 (1) 工 事 名 鴻 ノ 池 SAトイレ 改 修 工 事 (2) 工 事 場 所 自 ) 岡 山 県 倉 敷 市 児 島 塩 生 字

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

国立大学法人上越教育大学職員就業規則

国立大学法人上越教育大学職員就業規則 国 立 大 学 法 人 上 越 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 ) 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 4 日 規 則 第 1 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基

More information

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 の 貸 付 対 象 が 家 庭 にも 拡 大 され 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 となりました この

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

目 次 1.クラブ 法 人 及 び 愛 馬 会 法 人 2. 顧 客 から 出 資 された 財 産 の 運 用 形 態 3. 競 走 用 馬 ファンド 受 益 権 の 販 売 に 関 する 事 項 (1) 入 会 及 び 出 資 申 込 の 方 法 並 びに 出 資 金 払 込 の 期 日 及 び

目 次 1.クラブ 法 人 及 び 愛 馬 会 法 人 2. 顧 客 から 出 資 された 財 産 の 運 用 形 態 3. 競 走 用 馬 ファンド 受 益 権 の 販 売 に 関 する 事 項 (1) 入 会 及 び 出 資 申 込 の 方 法 並 びに 出 資 金 払 込 の 期 日 及 び ローレルクラブ 会 員 規 約 - 競 走 用 馬 ファンドの 契 約 にあたって- 契 約 成 立 前 ( 時 )の 書 面 ご 出 資 いただく 前 に 本 書 面 を 必 ずお 読 みいただき 契 約 内 容 を 充 分 ご 理 解 のうえ お 申 し 込 み 下 さい 発 行 : 株 式 会 社 ローレルクラブ ( 作 成 年 月 日 : 平 成 28 年 7 月 1 日 ) 103-0013

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A 目 次 Q1 年 金 生 活 者 ですが 年 金 を 担 保 にお 金 を 借 りることができると 聞 きました 貸 付 制 度 の 内 容 について 教 えてください Q2 震 災 で 家 屋 が 倒 壊 損 傷 しました 家 屋 の 建 替 資 金 補 修 資 金 のための 支 援 や 新 規 融 資 を 受 けられ ないでしょうか Q3 恩 給 共 済 年 金 担 保 貸 付 の 内 容 について

More information

2. 事 業 スキーム 経 済 産 業 省 ( 申 請 ) ( 補 助 ) 補 助 率 :1/2 民 間 団 体 等 ( 補 助 事 業 者 ) 3. 事 業 内 容 インド 及 びスリランカ 両 国 を 対 象 として 環 境 配 慮 型 高 効 率 廃 棄 物 焼 却 発 電 技 術 導 入 事

2. 事 業 スキーム 経 済 産 業 省 ( 申 請 ) ( 補 助 ) 補 助 率 :1/2 民 間 団 体 等 ( 補 助 事 業 者 ) 3. 事 業 内 容 インド 及 びスリランカ 両 国 を 対 象 として 環 境 配 慮 型 高 効 率 廃 棄 物 焼 却 発 電 技 術 導 入 事 平 成 27 年 度 補 正 予 算 エネルギー 使 用 合 理 化 設 備 導 入 促 進 等 対 策 費 補 助 金 ( 質 の 高 いエネ ルギーインフラ 詳 細 事 業 実 施 可 能 性 調 査 事 業 (インド 及 びスリランカにおける 環 境 配 慮 型 高 効 率 廃 棄 物 焼 却 発 電 技 術 の 導 入 事 業 )) に 係 る 交 付 先 の 公 募 について 平 成 28

More information

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464> 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 9 号 改 正 平 成 20 年 3 月 19 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 14 号 改 正 平 成 21 年 2 月 27 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 8 号 改 正 平 成 21 年 7 月 9 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 2

More information

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知 税 務 訴 訟 資 料 第 259 号 -7( 順 号 11120) 東 京 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 処 分 の 義 務 付 け 等 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 千 葉 西 税 務 署 長 ) 平 成 21 年 1 月 22 日 棄 却 確 定 ( 第 一 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 19 年 10 月 30 日

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

Q6 輸 入 外 車 の 電 気 自 動 車 も 対 象 となりますか? A6 輸 入 外 車 の 電 気 自 動 車 は 市 補 助 金 の 対 象 とはなりません Q7 既 に 購 入 ( 登 録 )している 車 両 でも 市 補 助 金 の 対 象 となりますか? A7 購 入 ( 登 録 )

Q6 輸 入 外 車 の 電 気 自 動 車 も 対 象 となりますか? A6 輸 入 外 車 の 電 気 自 動 車 は 市 補 助 金 の 対 象 とはなりません Q7 既 に 購 入 ( 登 録 )している 車 両 でも 市 補 助 金 の 対 象 となりますか? A7 購 入 ( 登 録 ) 平 成 28 年 度 加 西 市 電 気 自 動 車 PHEV 等 導 入 補 助 金 Q&A 補 助 金 の 額 Q1 市 補 助 金 の 額 はいくらですか? A1 電 気 自 動 車 PHEVは 1 台 当 たり1 律 10 万 円 です 給 電 器 は 1 器 当 たり5 万 円 です Q2 予 算 額 はいくらですか? A2 予 算 額 は100 万 円 です 補 助 対 象 となる 電

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

はじめに 民 事 法 律 扶 助 とは 主 として 資 力 の 乏 しい 方 に 対 し その 権 利 の 実 現 のため 弁 護 士 費 用 等 を 立 替 える 制 度 です 民 事 法 律 扶 助 制 度 は 日 本 司 法 支 援 センター(Japan Legal Support Cente

はじめに 民 事 法 律 扶 助 とは 主 として 資 力 の 乏 しい 方 に 対 し その 権 利 の 実 現 のため 弁 護 士 費 用 等 を 立 替 える 制 度 です 民 事 法 律 扶 助 制 度 は 日 本 司 法 支 援 センター(Japan Legal Support Cente ハーグ 条 約 事 件 民 事 法 律 扶 助 のしおり 20141208 版 ( 項 目 一 覧 ) はじめに 1. 民 事 法 律 扶 助 の 援 助 内 容 2.ご 利 用 いただくための 要 件 3. 資 力 基 準 ( 収 入 と 資 産 の 基 準 ) 4. 代 理 援 助 の 申 込 み 5. 立 替 金 の 標 準 額 6. 立 替 費 用 の 返 済 について 7. 援 助 開 始

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 の 手 引 き 横 浜 市 健 康 福 祉 局 監 査 課 電 話 045(671)4195 FAX 045(662)1658 E- mail kf-kansa-shomu@city.yokohama.jp 平 成 25 年 7 月 改 訂 目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負 [ 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 ] 経 営 者 にも 退 職 金 を ゆとりある 老 後 を 支 える 安 心 の 共 済 です 小 規 模 企 業 共 済 制 度 のしおり 小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

税務事務業務委託仕様書

税務事務業務委託仕様書 別 紙 1 税 務 事 務 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 委 託 期 間 平 成 28 年 8 月 1 日 から 平 成 33 年 7 月 31 日 まで 単 年 度 契 約 であるが 初 年 度 を 含 み5 年 間 ( 予 定 )の 継 続 委 託 を 原 則 とする ただし 事 業 評 価 を 行 ったうえで 継 続 の 可 否 を 決 める また 番 号 制 度 における 情 報

More information

任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特 例 被 保 険 者 任

任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特 例 被 保 険 者 任 任 意 継 続 被 保 険 者 の 手 引 き 東 京 都 医 業 健 康 保 険 組 合 平 成 27 年 4 月 適 用 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特

More information

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 2 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 15 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 36 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 3 号 平 成 20 年 12 月 25 日 20 規 程

More information

1 法律の目的と法人格取得の効果

1 法律の目的と法人格取得の効果 第 1 章 認 定 NPO 法 人 制 度 について ( 問 1) 認 定 NPO 法 人 制 度 とは どのような 制 度 でしょうか ( 答 ) NPO 法 人 のうち 一 定 の 基 準 等 に 適 合 するものとして 所 轄 庁 の 認 定 又 は 仮 認 定 を 受 けた 法 人 ( 以 下 認 定 NPO 法 人 等 といいます )に 対 して 支 出 した 寄 附 について 次 のような

More information

スライド 1

スライド 1 一 般 社 団 法 人 日 本 口 腔 ケア 学 会 会 員 の 皆 さまへ 医 療 従 事 者 看 護 職 向 け 保 険 制 度 医 療 従 事 者 看 護 職 の 方 が 日 本 国 内 において 医 療 業 務 を 行 うにあたり 事 故 が 発 生 した 場 合 に その 医 療 従 事 者 看 護 職 の 方 が 法 律 上 の を 負 担 することによって 被 る 損 害 を 補 償

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F8B8C90A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F8B8C90A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6816A2E646F6378> 2016 3 目 次 1 経 営 移 譲 年 金 と 農 業 者 老 齢 年 金 について 2 これから 経 営 移 譲 年 金 を 受 給 しようとされる 方 へ 2-1 経 営 移 譲 年 金 を 受 給 するには 4 2-1-1 経 営 移 譲 とは 4 2-1-2 加 算 付 年 金 8 2-2 実 体 を 伴 った 経 営 移 譲 を 行 うために 11 2-3 支 給 開 始 時 期

More information

<944692E893C192E894F1896397988A8893AE9640906C90A7937882CC8EE888F882AB8169944692E895D2816A2E786477>

<944692E893C192E894F1896397988A8893AE9640906C90A7937882CC8EE888F882AB8169944692E895D2816A2E786477> 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 制 度 の 手 引 きQ&A 163 164 第 1 章 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 制 度 の 概 要 第 2 章 認 定 NPO 法 人 制 度 について ( 問 1) 認 定 NPO 法 人 制 度 とは どのような 制 度 でしょうか ( 問 2) 認 定 等 を 受 けたいと 考 えていますが どこに 相 談 すればよいでしょうか

More information

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2 業 務 委 託 契 約 書 ( 案 ) 収 入 印 紙 1 委 託 業 務 名 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 2 業 務 履 行 場 所 いわき 市 平 下 神 谷 他 35 箇 所 地 内 3 契 約 期 間 平 成 28 年 月 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 4 業 務 履 行 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平

More information

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10 入 札 及 び 契 約 心 得 航 空 自 衛 隊 第 3 輸 送 航 空 隊 基 地 業 務 群 会 計 隊 契 約 班 目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環 滞 納 整 理 事 務 要 綱 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 第 1 自 主 納 付 の 推 進 及 び 滞 納 整 理 の 促 進 に 伴 う 基 本 方 針 市 税 は 本 市 が 取 り 組 むさまざまな 公 共 サービス 等 の 原 資 になっており 市 民 福 祉 の 充 実 や 市 民 ニーズに 対 応 する 施 策 の 推 進 に 役 立 てられている これら 施 策 の

More information

1526452.dsz

1526452.dsz 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 都 民 税 申 告 の 手 引 申 告 書 の 提 出 期 限 は 平 成 28 年 3 月 15 日 ( 火 )です 特 別 区 民 税 都 民 税 ( 住 民 税 )の 申 告 につきましては 毎 年 ご 協 力 をいただきありがとうございます 平 成 28 年 度 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりましたので 申 告 書 をお 送

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

賛 助 会 員 名 称

賛 助 会 員 名 称 東 京 都 社 会 保 険 労 務 士 会 会 昭 和 53 年 11 月 2 日 昭 和 53 年 11 月 30 日 認 可 昭 和 54 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 54 年 6 月 26 日 認 可 昭 和 55 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 55 年 6 月 10 日 認 可 昭 和 57 年 3 月 5 日 改 正 昭 和 57 年 3 月 31 日 認 可 昭 和 57

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

Microsoft Word - 150910Q&A(150910東京海上確認済)

Microsoft Word - 150910Q&A(150910東京海上確認済) 建 設 系 公 務 員 賠 償 責 任 保 険 制 度 Q&A H28.1.26 更 新 1. 公 務 員 と 訴 訟 について Q1-1. 公 務 員 が 損 害 賠 償 請 求 を 提 起 されることがあるのか? - 公 務 員 としての 職 務 につき 行 った 行 為 に 起 因 する 請 求 としては 次 の2 点 が 考 えられます 民 事 訴 訟 ( 国 家 賠 償 法 に 基 づき

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

記 入 してく また 事 業 所 得 不 動 産 所 得 譲 渡 所 得 などのある 方 は 申 告 書 裏 面 27 年 分 営 業 等 所 得 計 算 書 欄 により 必 要 経 費 等 を 計 算 してく 4 1 世 帯 状 況 の 収 入 欄 の に された 方 については 申 告 書 裏

記 入 してく また 事 業 所 得 不 動 産 所 得 譲 渡 所 得 などのある 方 は 申 告 書 裏 面 27 年 分 営 業 等 所 得 計 算 書 欄 により 必 要 経 費 等 を 計 算 してく 4 1 世 帯 状 況 の 収 入 欄 の に された 方 については 申 告 書 裏 平 成 28 年 度 町 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き 申 告 書 の 提 出 は 3 月 15 日 ( 火 ) までです 平 成 28 年 度 町 県 民 税 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 となりました この 申 告 が あなたの 町 民 税 県 民 税 額 を 算 出 する 基 礎 となります また 各 種 証 明 書 の 発 行 国 民 健 康 保 険 税 介

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

第 7 条 ( 支 払 い)カードショッピングの 利 用 代 金 及 び 手 数 料 ( 以 下 カードショッピングの 支 払 金 または 分 割 払 いの 場 合 には 分 割 支 払 金 合 計 リボルビング 払 いの 場 合 には 弁 済 金 といいます ) 並 びにキャッシングサービスの 融

第 7 条 ( 支 払 い)カードショッピングの 利 用 代 金 及 び 手 数 料 ( 以 下 カードショッピングの 支 払 金 または 分 割 払 いの 場 合 には 分 割 支 払 金 合 計 リボルビング 払 いの 場 合 には 弁 済 金 といいます ) 並 びにキャッシングサービスの 融 NC 第 一 信 販 VISAカード 会 員 規 約 会 員 規 約 を よ く お 読 み く だ さ い 第 Ⅰ 章 一 般 条 項 第 1 条 ( 本 会 員 家 族 会 員 )(1) ) 本 規 約 を 承 認 のうえ 第 一 信 販 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)に 入 会 の 申 込 みをし 当 社 が 適 格 と 認 めた 方 を 本 会 員 とします (2) 本 会 員

More information

きは 当 行 所 定 の 方 式 により5 年 となるように 財 形 年 金 貯 蓄 の 受 取 開 始 のお 知 らせ 記 載 の 金 額 を 変 更 します (3) 年 金 受 取 間 隔 は 毎 月 および 3 ヶ 月 毎 のうち いずれかを 財 産 形 成 貯 蓄 申 込 書 等 上 で 選

きは 当 行 所 定 の 方 式 により5 年 となるように 財 形 年 金 貯 蓄 の 受 取 開 始 のお 知 らせ 記 載 の 金 額 を 変 更 します (3) 年 金 受 取 間 隔 は 毎 月 および 3 ヶ 月 毎 のうち いずれかを 財 産 形 成 貯 蓄 申 込 書 等 上 で 選 財 形 年 金 貯 蓄 預 金 取 引 規 定 この 規 定 は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます ) 第 6 条 第 2 項 に 基 づく 財 形 年 金 貯 蓄 についての 当 行 の 取 扱 いを 定 めたものです この 規 定 では 財 形 定 期 預 金 ( 半 年 複 利 型 )を この 預 金 といいます この 預 金 は 財 形 専 用 の

More information

Ⅴ Ⅵ 目 予 算 編 成 のフローチャートと 決 算 書 類 19 図 表 6 予 算 編 成 のフローチャート 20 図 表 7 収 支 報 告 書 貸 借 対 照 表 財 産 目 録 備 品 台 帳 モデル 21 滞 納 金 回 収 に 関 する 管 理 会 社 の 業 務 と 役 割 25

Ⅴ Ⅵ 目 予 算 編 成 のフローチャートと 決 算 書 類 19 図 表 6 予 算 編 成 のフローチャート 20 図 表 7 収 支 報 告 書 貸 借 対 照 表 財 産 目 録 備 品 台 帳 モデル 21 滞 納 金 回 収 に 関 する 管 理 会 社 の 業 務 と 役 割 25 目 マンションの 滞 納 管 理 費 等 回 収 実 務 ハンドブック 目 第 1 章 総 論 管 理 費 修 繕 積 立 金 の 重 要 性 と 徴 収 の 論 理 Ⅰ マンション 管 理 組 合 管 理 費 等 2 1 マンションとは 2 2 管 理 組 合 とは 2 3 管 理 費 等 とは 3 Ⅱ 管 理 費 修 繕 積 立 金 徴 収 の 論 理 とその 重 要 性 4 図 表 1 管 理

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

NO2―

NO2― パートタイム 労 働 者 就 業 規 則 株 式 会 社 サンリッチ 三 島 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 株 式 会 社 サンリッチ 三 島 ( 以 下 法 人 という )のパートタイム 労 働 者 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 することを 定 めるものである 2 この 規 則 に 定 めない 事 項 については 労 働

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

1 入札説明書

1 入札説明書 平 成 28 年 度 びわこボート 開 催 告 知 広 告 業 務 ( 関 西 スポーツ 新 聞 5 紙 ) 入 札 説 明 書 平 成 28 年 2 月 滋 賀 県 総 務 部 事 業 課 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 平 成 7 年 条 約 第 23 号 ) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号

More information

個人向け国債事務取扱要領

個人向け国債事務取扱要領 でんさいサービス 利 用 規 定 愛 知 信 用 金 庫 ( 以 下 当 金 庫 といいます)は 株 式 会 社 全 銀 電 子 債 権 ネットワーク( 以 下 でんさい ネット といいます)の 窓 口 金 融 機 関 として 利 用 者 ( 以 下 お 客 様 といいます)に 提 供 するでんさい サービス( 以 下 本 サービス といいます)について 次 のとおり 取 扱 いを 行 います なお

More information

豊中市立特別養護老人ホームほづみ

豊中市立特別養護老人ホームほづみ 豊 中 市 立 介 護 老 人 保 健 施 設 指 定 管 理 者 提 案 要 項 平 成 27 年 (2015 年 )5 月 豊 中 市 健 康 福 祉 部 保 健 所 保 健 医 療 課 1. 基 本 的 事 項... 1 (1) 指 定 管 理 者 選 定 の 趣 旨... 1 (2) 基 本 条 件 運 営 方 針... 2 (3) 施 設 の 概 要... 3 2. 管 理 運 営 業 務

More information

<4D F736F F D2088E28EB895A88EE688B582A282CC82B582A882E85F F2E646F63>

<4D F736F F D2088E28EB895A88EE688B582A282CC82B582A882E85F F2E646F63> 遺 失 物 取 扱 いのしおり ( 施 設 占 有 者 の 皆 様 方 へ) 愛 知 県 警 察 は じ め に 皆 様 方 が 管 理 している 建 物 などの 施 設 内 で お 客 様 が 落 とし 物 を 拾 って 届 出 があっても 手 続 が 分 からないために 警 察 に 提 出 せ ず そのままにされているようなことはないでしょうか そのままでは その 落 とし 物 が 持 ち 主

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088E38BC696968EFB8BE08AC7979D89F18EFB8BC696B18376838D837C815B8355838B70646697702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088E38BC696968EFB8BE08AC7979D89F18EFB8BC696B18376838D837C815B8355838B70646697702E646F63> 盛 岡 市 立 病 院 医 業 末 収 金 管 理 回 収 業 務 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 綱 平 成 21 年 8 月 3 日 盛 岡 市 立 病 院 1. 目 的 医 業 未 収 金 については 全 国 的 に 医 療 機 関 の 運 営 に 支 障 を 及 ぼす 大 きな 問 題 となっ ており 未 収 金 対 策 の 充 実 強 化 は 喫 緊 の 課 題 となっている 盛 岡

More information

01表紙

01表紙 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 平 成 28 年 4 月 経 営 管 理 部 行 政 改 革 推 進 室 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 目 次 1 指 定 管 理 者 制 度 の 概 要 1 (1) 指 定 管 理 者 制 度 1 (2) 指 定 管 理 者 の 権 限 の 範 囲 1 (3) 公 の 施 設 に

More information

お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 や 苦 情 等 について お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 はお 取 引 店 または 金 融 商 品 営 業 部 金 融 商 品 管 理 課 (024-541-2304) 苦 情 につきましては 営 業 統 括 部 お 客

お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 や 苦 情 等 について お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 はお 取 引 店 または 金 融 商 品 営 業 部 金 融 商 品 管 理 課 (024-541-2304) 苦 情 につきましては 営 業 統 括 部 お 客 証 券 振 替 決 済 口 座 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) この 書 面 をよくお 読 みください 当 行 では お 客 さまから 有 価 証 券 ( 投 資 信 託 および 国 債 ならびに 地 方 債 をいいます 以 下 同 じ ) の 売 買 等 に 必 要 な 金 銭

More information

った 場 合 は, 失 格 とします 3. 元 請 業 者 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 負 契 約 締 結 を 制 限 する 取 り 組 みについて (1) 対 象 契 約 課 が 発 注 を 行 う 工 事 (2) 取 り 組 み 内 容 岡 山 市 工 事 請 負 契 約 約

った 場 合 は, 失 格 とします 3. 元 請 業 者 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 負 契 約 締 結 を 制 限 する 取 り 組 みについて (1) 対 象 契 約 課 が 発 注 を 行 う 工 事 (2) 取 り 組 み 内 容 岡 山 市 工 事 請 負 契 約 約 岡 山 市 発 注 工 事 における 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 について 平 成 28 年 3 月 30 日 財 政 局 契 約 課 このお 知 らせは, 岡 山 市 が 行 う 社 会 保 険 等 ( 健 康 保 険, 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 の ことを 指 します )に 未 加 入 の 建 設 業 者 への 対 策 について, 平 成 28 年 4 月 以

More information

8

8 平 成 28 年 度 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 所 整 備 事 業 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 八 尾 市 地 域 福 祉 部 高 齢 介 護 課 1 0 1. 募 集 の 趣 旨 八 尾 市 ( 以 下 市 という )では 第 6 期 八 尾 市 高 齢 者 保 健 福 祉 計 画 及 び 介 護 保 険 事 業 計 画 ( 以 下 第 6 期 計

More information