( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める"

Transcription

1 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日 10 規 程 第 3 号 改 正 平 成 23 年 3 月 22 日 10 規 程 第 20 号 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 75 号 改 正 平 成 24 年 4 月 5 日 12 規 程 第 3 号 改 正 平 成 24 年 11 月 20 日 12 規 程 第 35 号 改 正 平 成 26 年 9 月 2 日 14 規 程 第 22 号 改 正 平 成 28 年 1 月 12 日 15 規 程 第 31 号 改 正 平 成 28 年 2 月 23 日 15 規 程 第 40 号 改 正 平 成 28 年 3 月 29 日 15 規 程 第 116 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 労 働 時 間 休 憩 休 日 等 ( 第 3 条 - 第 20 条 ) 第 3 章 女 性 職 員 の 労 働 ( 第 21 条 - 第 23 条 ) 第 4 章 年 次 有 給 休 暇 ( 第 24 条 - 第 26 条 ) 第 5 章 特 別 休 暇 及 び 病 気 休 暇 ( 第 27 条 - 第 31 条 ) 第 6 章 育 児 休 暇 介 護 休 暇 及 び 育 児 又 は 介 護 を 行 う 職 員 の 労 働 時 間 の 制 限 等 ( 第 32 条 - 第 47 条 ) 第 7 章 雑 則 ( 第 48 条 第 49 条 ) 附 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 就 業 規 則 (05 規 程 第 74 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 により パーマ ネント 職 員 ( 以 下 本 則 において 職 員 という )の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 を 定 めることを 目 的 とする 1

2 ( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 めるところによる 第 2 章 労 働 時 間 休 憩 休 日 等 ( 所 定 労 働 時 間 ) 第 3 条 職 員 の 所 定 労 働 時 間 は 1 日 当 たり7 時 間 30 分 とする ( 始 業 時 刻 及 び 終 業 時 刻 ) 第 4 条 職 員 の 標 準 勤 務 は 始 業 時 刻 を 午 前 8 時 30 分 終 業 時 刻 を 午 後 5 時 00 分 とする 二 職 員 は 次 の 各 号 に 掲 げるいずれかの 始 業 時 刻 及 び 終 業 時 刻 による 勤 務 ( 以 下 時 差 出 勤 という )とすることができる 時 差 出 勤 の 実 施 等 については 細 則 の 定 めるところによる 1 始 業 時 刻 午 前 9 時 00 分 終 業 時 刻 午 後 5 時 30 分 2 始 業 時 刻 午 前 9 時 30 分 終 業 時 刻 午 後 6 時 00 分 3 始 業 時 刻 午 前 10 時 00 分 終 業 時 刻 午 後 6 時 30 分 4 始 業 時 刻 午 前 10 時 30 分 終 業 時 刻 午 後 7 時 00 分 三 次 条 第 6 項 の 規 定 の 適 用 を 受 ける 職 員 に 前 2 項 の 規 定 を 適 用 する 場 合 にあっては 始 業 時 刻 を15 分 繰 り 下 げ 又 は 終 業 時 刻 を15 分 繰 り 上 げるものとする ( 休 憩 時 間 ) 第 5 条 職 員 の 休 憩 時 間 は 原 則 として 午 後 0 時 から 午 後 1 時 までの1 時 間 とする 二 職 員 は 1 日 の 勤 務 の 時 間 帯 が 前 項 の 時 間 帯 をはさまない 場 合 において 労 働 時 間 が6 時 間 を 超 えるときは 所 属 長 の 指 示 するところにより1 時 間 の 休 憩 時 間 を 与 えられるものとする 三 理 事 長 は 特 に 必 要 と 認 める 場 合 前 2 項 に 規 定 するもののほかに 休 憩 時 間 を 与 えることができる 四 職 員 は 前 3 項 に 規 定 する 休 憩 時 間 を 自 由 に 利 用 することができる 五 休 憩 時 間 は 始 業 時 刻 直 後 又 は 終 業 時 刻 直 前 に 置 くことができない 六 理 事 長 は 次 に 掲 げる 場 合 に 該 当 する 職 員 から 申 出 があり かつ 業 務 の 運 営 に 支 障 がないと 認 められるときは 第 1 項 又 は 第 2 項 の 休 憩 時 間 を45 分 に 短 縮 する ことができる ただし 1 日 の 労 働 時 間 が8 時 間 を 超 える 場 合 は 当 該 8 時 間 を 経 過 した 時 に 引 き 続 いて 又 は 所 属 長 の 指 示 するところにより 当 該 労 働 時 間 の 途 中 2

3 において 15 分 間 の 休 憩 が 与 えられるものとする 1 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 のある 職 員 がその 子 を 養 育 する 場 合 2 小 学 校 に 就 学 している 子 のある 職 員 がその 子 を 送 迎 するため その 住 居 以 外 の 場 所 に 赴 く 場 合 3 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 育 児 休 業 及 び 介 護 休 業 規 程 (05 規 程 第 80 号 以 下 育 児 介 護 規 程 という ) 第 9 条 に 規 定 する 要 介 護 状 態 にある 者 ( 以 下 要 介 護 者 という )を 介 護 する 職 員 が 要 介 護 者 を 介 護 する 場 合 4 交 通 機 関 を 利 用 して 通 勤 した 場 合 に 出 勤 について 職 員 の 住 居 を 出 発 した 時 刻 から 始 業 の 時 刻 までの 時 間 と 退 勤 について 終 業 の 時 刻 から 職 員 の 住 居 に 到 着 する までの 時 間 を 合 計 した 時 間 ( 交 通 機 関 を 利 用 する 場 合 に 限 る )が 始 業 の 時 刻 を 遅 らせ 又 は 終 業 の 時 刻 を 早 めることにより30 分 以 上 短 縮 されると 認 められ る 場 合 ( 始 業 及 び 終 業 の 時 刻 を 変 更 することにより 当 該 合 計 した 時 間 を30 分 以 上 短 縮 できる 場 合 を 除 く ) 5 妊 娠 中 の 女 子 職 員 が 通 勤 に 利 用 する 交 通 機 関 の 混 雑 の 程 度 が 当 該 女 子 職 員 の 母 体 又 は 胎 児 の 健 康 保 持 に 影 響 があると 認 められる 場 合 七 理 事 長 は 前 項 の 申 出 について 確 認 する 必 要 があると 認 めるときは 当 該 申 出 を した 職 員 に 照 会 するなどその 内 容 について 確 認 するものとする (フレックスタイム 制 ) 第 6 条 理 事 長 は 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 給 与 規 程 ( 05 規 程 第 69 号 以 下 給 与 規 程 という ) 別 表 第 1に 定 める 研 究 職 本 給 表 の 適 用 を 受 ける 職 員 ( 第 11 条 の2 第 2 項 に 規 定 する 裁 量 労 働 職 員 を 除 く )( 次 項 において 単 に 研 究 職 本 給 表 の 適 用 を 受 ける 職 員 という ) 給 与 規 程 別 表 第 2 に 定 める 研 究 技 術 職 本 給 表 の 適 用 を 受 ける 職 員 ( 次 項 において 単 に 研 究 技 術 職 本 給 表 の 適 用 を 受 ける 職 員 という ) 及 び 別 表 第 3に 定 める 総 合 職 本 給 表 の 適 用 を 受 ける 職 員 のうち 総 務 部 通 知 で 定 める 様 式 ( 電 子 情 報 処 理 組 織 ( 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 記 録 申 請 並 びにそれらの 承 認 等 に 係 る 事 務 を 処 理 するための 電 子 情 報 処 理 組 織 をいう )を 用 いるものを 含 む 以 下 同 じ )により 理 事 長 に 申 し 出 たものについて 第 4 条 の 規 定 にかかわらず 始 業 時 刻 及 び 終 業 時 刻 を 当 該 職 員 の 決 定 に 委 ねることができる この 場 合 において 労 基 法 第 32 条 の 3に 規 定 する 協 定 が 締 結 されたときは 理 事 長 は 職 員 のうち 当 該 協 定 の 対 象 とな る 者 に 1 週 間 において37 時 間 30 分 又 は1 日 において7 時 間 30 分 を 超 えて 労 働 させることができる 3

4 二 前 項 に 該 当 する 職 員 のうち その 者 にフレックスタイム 制 ( 前 項 の 規 定 により 始 業 時 刻 及 び 終 業 時 刻 を 職 員 の 決 定 に 委 ねることをいう 以 下 同 じ )を 適 用 する ことが 不 適 当 と 理 事 長 が 認 める 場 合 又 は 研 究 職 本 給 表 の 適 用 を 受 ける 職 員 又 は 研 究 技 術 職 本 給 表 の 適 用 を 受 ける 職 員 が 総 務 部 通 知 で 定 める 様 式 により 標 準 勤 務 又 は 時 差 出 勤 の 適 用 を 申 し 出 た 場 合 には 当 該 職 員 はフレックスタイム 制 の 適 用 を 受 け ない 三 前 項 の 理 事 長 がフレックスタイム 制 を 適 用 することが 不 適 当 と 認 める 場 合 とは 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 をいう 1 理 事 長 が 医 師 の 診 断 の 結 果 に 基 づき 傷 病 等 により 通 常 の 勤 務 ができないと 判 断 した 場 合 2 第 8 条 第 1 項 に 規 定 する 総 労 働 時 間 に 対 して 著 しい 超 過 又 は 不 足 の 状 態 が 継 続 した 場 合 (フレックスタイム 制 に 係 る 清 算 期 間 ) 第 7 条 フレックスタイム 制 を 適 用 する 職 員 ( 以 下 フレックスタイム 職 員 という )に 係 る 清 算 期 間 (その 期 間 を 平 均 し1 週 間 当 たりの 労 働 時 間 が 労 基 法 第 32 条 第 1 項 の 労 働 時 間 を 超 えない 範 囲 内 において 労 働 させる 期 間 をいい 1か 月 以 内 の 期 間 に 限 るものとする )は 月 の 初 日 から 末 日 までの1か 月 間 を 単 位 とする ( 清 算 期 間 における 総 労 働 時 間 ( 所 定 労 働 時 間 )) 第 8 条 フレックスタイム 職 員 に 係 る 清 算 期 間 における 総 労 働 時 間 は 第 3 条 の 規 定 にかかわらず 清 算 期 間 における 日 数 から 第 14 条 に 規 定 する 所 定 休 日 の 日 数 を 減 じた 日 数 に7 時 間 30 分 を 乗 じて 得 た 時 間 とする 二 月 の 途 中 において 新 たにフレックスタイム 制 の 適 用 を 受 けることとなった 職 員 又 は 適 用 を 受 けないこととなったフレックスタイム 職 員 の 総 労 働 時 間 は 前 条 中 月 の 初 日 とあるのを フレックスタイム 制 の 適 用 を 受 けることとなった 日 と 同 条 中 月 の 末 日 とあるのを フレックスタイム 制 の 適 用 を 受 けないこととなった 日 の 前 日 とそれぞれ 読 み 替 えた 期 間 を 清 算 期 間 として 前 項 の 規 定 により 得 られた 時 間 とする (フレキシブルタイム) 第 9 条 フレックスタイム 職 員 は 第 14 条 に 規 定 する 所 定 休 日 ( 第 17 条 第 4 項 の 規 定 により 休 日 の 振 替 が 行 われた 場 合 における 当 該 休 日 を 除 き 振 り 替 えられて 休 日 とされた 日 を 含 む )を 除 き 午 前 5 時 から 午 後 10 時 までの 範 囲 内 で 日 々の 始 業 時 刻 及 び 終 業 時 刻 を 自 由 に 設 定 することができる ただし 始 業 時 刻 及 び 終 業 時 刻 は 1 日 の 労 働 時 間 が2 時 間 以 上 となるよう 設 定 しなければならない 4

5 二 フレックスタイム 職 員 は 1 日 の 勤 務 の 時 間 帯 が 第 5 条 第 1 項 の 時 間 帯 をはさまな い 場 合 について 労 働 時 間 が6 時 間 を 超 える 日 については 少 なくとも45 分 間 の 休 憩 時 間 を 8 時 間 を 超 える 日 については 少 なくとも1 時 間 の 休 憩 時 間 を 取 らなければな らない 三 フレックスタイム 職 員 には 第 5 条 第 2 項 の 規 定 は 適 用 しない ( 次 の 清 算 期 間 における 始 業 時 刻 及 び 終 業 時 刻 の 予 定 ) 第 10 条 適 正 な 労 働 時 間 の 管 理 の 観 点 から フレックスタイム 職 員 は 前 条 の 規 定 に 従 って あらかじめ 毎 月 月 末 までに 次 の 清 算 期 間 における 各 日 の 始 業 時 刻 及 び 終 業 時 刻 の 予 定 を 作 成 し 総 務 部 通 知 で 定 める 様 式 により 理 事 長 に 申 し 出 るものとす る ただし 月 の 途 中 において 新 たにフレックスタイム 制 の 適 用 を 受 けることとな った 職 員 については 第 8 条 第 2 項 の 規 定 による 総 労 働 時 間 を 踏 まえてその 月 の 末 日 までの 各 日 の 始 業 時 刻 及 び 終 業 時 刻 の 予 定 を 作 成 するものとする 二 フレックスタイム 職 員 は 前 項 の 予 定 について 変 更 が 生 じた 場 合 は 速 やかに 変 更 後 の 当 該 清 算 期 間 内 における 予 定 を 申 し 出 るものとする ( 清 算 期 間 中 の 始 業 時 刻 及 び 終 業 時 刻 の 報 告 ) 第 11 条 フレックスタイム 職 員 は 清 算 期 間 中 の 日 々の 始 業 時 刻 及 び 終 業 時 刻 につ いて 総 務 部 通 知 で 定 める 様 式 により 速 やかに 理 事 長 に 報 告 するものとする ( 裁 量 労 働 制 ) 第 11 条 の2 理 事 長 は 労 基 法 第 38 条 の3に 規 定 する 協 定 が 締 結 された 場 合 には 給 与 規 程 別 表 第 1に 定 める 研 究 職 本 給 表 の 適 用 を 受 ける 職 員 であって 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 組 織 規 程 (04 規 程 第 3 号 ) 第 8 条 に 規 定 する 研 究 所 総 合 研 究 センター 研 究 センター 及 び 研 究 開 発 推 進 センターに 属 する 職 員 ( 次 のい ずれかに 該 当 する 職 員 として 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 と いう )が 指 定 する 職 員 を 除 く )について 業 務 遂 行 の 手 段 及 び 時 間 配 分 等 につ いて 職 員 自 らの 裁 量 に 委 ねるものとし その 決 定 等 に 関 して 具 体 的 な 指 示 を 与 えな いものとする ただし 職 場 の 規 律 秩 序 及 び 勤 務 管 理 上 の 指 示 業 務 上 の 連 絡 調 整 に 関 する 指 示 業 務 遂 行 状 況 の 報 告 に 関 する 指 示 等 についてはこの 限 りでない 1 従 事 する 主 たる 業 務 が 研 究 業 務 に 該 当 しない 業 務 である 職 員 2 従 事 する 主 たる 業 務 が 業 務 遂 行 の 手 段 又 は 時 間 配 分 の 決 定 等 に 関 し 当 該 職 員 の 裁 量 に 委 ねることが 困 難 な 研 究 業 務 である 職 員 3 健 康 状 態 その 他 の 事 由 により 裁 量 労 働 制 を 適 用 することが 不 適 当 である 職 員 二 前 項 の 規 定 により 業 務 遂 行 の 手 段 及 び 時 間 配 分 等 について 職 員 自 らの 裁 量 に 委 ね ることとされた 職 員 ( 以 下 裁 量 労 働 職 員 という )は 第 14 条 に 規 定 する 所 5

6 定 休 日 ( 第 17 条 第 1 項 の 規 定 により 休 日 の 振 替 が 行 われた 場 合 における 当 該 休 日 を 除 き 振 り 替 えられて 休 日 とされた 日 を 含 む )を 除 き 午 前 5 時 から 午 後 10 時 までの 範 囲 内 で 日 々の 出 退 勤 時 間 を 自 由 に 設 定 することができる 三 裁 量 労 働 職 員 は 1 日 の 勤 務 について 労 働 時 間 が6 時 間 を 超 える 日 については 少 なくとも45 分 間 の 休 憩 時 間 を 8 時 間 を 超 える 日 については 少 なくとも1 時 間 の 休 憩 時 間 を 取 らなければならない 四 裁 量 労 働 職 員 には 第 3 条 から 第 5 条 までの 規 定 は 適 用 しない ( 裁 量 労 働 制 の 適 用 の 一 時 中 断 ) 第 11 条 の3 理 事 長 は 裁 量 労 働 職 員 を 一 時 的 に 研 究 業 務 以 外 の 業 務 に 従 事 させる 場 合 又 は 突 発 的 かつ 重 大 な 業 務 若 しくは 緊 急 事 態 等 が 生 じた 場 合 であって 理 事 長 が 必 要 であると 判 断 したときは 裁 量 労 働 制 の 適 用 を 一 時 中 断 することができる この 場 合 は 第 4 条 に 規 定 する 標 準 勤 務 又 は 時 差 出 勤 を 適 用 するものとする (みなし 労 働 時 間 ) 第 11 条 の4 裁 量 労 働 職 員 が 所 定 休 日 以 外 の 日 に1 時 間 以 上 労 働 した 場 合 は 第 3 条 に 規 定 する 時 間 労 働 したものとみなす ( 出 退 勤 時 間 の 報 告 ) 第 11 条 の5 裁 量 労 働 職 員 は 日 々の 出 退 勤 時 間 について 総 務 部 通 知 で 定 めるとこ ろにより 速 やかに 理 事 長 に 報 告 するものとする ( 出 張 又 は 研 修 中 の 労 働 時 間 の 特 例 等 ) 第 12 条 出 張 中 又 は 事 業 場 外 における 研 修 中 の 職 員 について 労 働 時 間 を 算 定 し 難 いときは 当 該 職 員 が 第 4 条 第 1 項 から 第 3 項 までに 規 定 するいずれかの 始 業 時 刻 及 び 終 業 時 刻 とする 職 員 にあっては 当 該 始 業 時 刻 及 び 終 業 時 刻 を その 他 の 職 員 に あっては 午 前 8 時 30 分 から 午 後 5 時 00 分 までの 時 間 (7 時 間 30 分 )を 労 働 し たものとみなす 二 職 員 の 出 張 等 については 目 的 地 において 所 定 労 働 時 間 を 超 えて 労 働 すること を 命 じられて 労 働 した 場 合 ( 職 員 がフレックスタイム 職 員 又 は 裁 量 労 働 職 員 である 場 合 を 除 く )はその 超 えた 時 間 を 第 15 条 に 規 定 する 時 間 外 労 働 として 所 定 休 日 に 労 働 することを 命 じられて 労 働 した 場 合 は 同 条 に 規 定 する 休 日 労 働 として 取 り 扱 うものとする ( 職 務 専 念 義 務 の 免 除 ) 第 13 条 理 事 長 は 職 員 が 次 の 各 号 に 掲 げる 事 由 により 総 務 部 通 知 で 定 める 様 式 に より 請 求 した 場 合 には それぞれ 当 該 各 号 に 定 める 日 又 は 時 間 について 労 働 しない ことを 承 認 することができる 6

7 1 研 究 職 員 等 が 科 学 技 術 に 関 する 研 究 集 会 への 参 加 を 請 求 した 場 合 において 当 該 研 究 集 会 への 参 加 が 機 構 と 機 構 以 外 の 者 との 交 流 の 促 進 に 特 に 資 するものであ り かつ 当 該 研 究 職 員 等 の 職 務 に 密 接 な 関 連 があると 認 められるとき( 機 構 の 業 務 の 運 営 に 支 障 がない 場 合 に 限 る ) 当 該 研 究 集 会 への 参 加 に 必 要 な 日 又 は 時 間 2 成 人 病 健 診 ( 人 間 ドック)を 受 ける 場 合 1 日 の 範 囲 内 の 時 間 ただし 理 事 長 が 特 に 必 要 であると 認 める 場 合 は 2 日 の 範 囲 内 の 時 間 3 レクリエーション 行 事 を 実 施 する 場 合 一 の 事 業 年 度 に16 時 間 の 範 囲 内 で 当 該 行 事 に 要 する 時 間 4 その 他 理 事 長 が 特 に 必 要 と 認 める 場 合 理 事 長 が 承 認 した 日 又 は 時 間 二 前 項 に 規 定 する 理 事 長 が 承 認 した 日 又 は 時 間 は 労 働 したものとみなす ( 所 定 休 日 ) 第 14 条 機 構 の 所 定 休 日 は 次 の 各 号 に 定 める 日 とする 1 日 曜 日 2 土 曜 日 3 国 民 の 祝 日 に 関 する 法 律 ( 昭 和 23 年 法 律 第 178 号 )に 定 める 休 日 4 12 月 29 日 から12 月 31 日 まで 5 1 月 1 日 から1 月 3 日 まで 6 前 各 号 に 掲 げるもののほか 理 事 長 が 別 に 定 める 日 二 前 項 第 1 号 から 第 3 号 までに 掲 げる 日 と 第 4 号 又 は 第 5 号 に 掲 げる 日 が 重 なった 場 合 は 第 4 号 又 は 第 5 号 に 掲 げる 日 として 取 り 扱 うものとする 三 理 事 長 は 第 1 項 各 号 に 掲 げる 日 に 替 えて 他 の 日 を 所 定 休 日 と 定 めることがで きる ( 時 間 外 労 働 及 び 休 日 労 働 ) 第 15 条 理 事 長 は 次 の 各 号 に 掲 げる 協 定 又 は 規 定 の 定 めるところにより 職 員 ( 裁 量 労 働 職 員 を 除 く )に 対 し 第 3 条 に 規 定 する 所 定 労 働 時 間 数 を 超 えた 労 働 ( 以 下 時 間 外 労 働 という ) 又 は 前 条 に 規 定 する 所 定 休 日 における 労 働 ( 以 下 休 日 労 働 という )を 命 じることができる 1 労 基 法 第 36 条 第 1 項 に 規 定 する 協 定 を 締 結 したときは 当 該 協 定 2 労 基 法 第 33 条 第 1 項 の 規 定 に 該 当 する 場 合 において 労 働 基 準 監 督 署 長 に 対 して 所 定 の 手 続 をしたときは 同 項 の 規 定 二 裁 量 労 働 職 員 が 所 定 休 日 又 は 深 夜 ( 午 後 10 時 から 午 前 5 時 までの 時 間 帯 をいう 以 下 同 じ )に 労 働 する 場 合 は 理 事 長 に 届 け 出 て 事 前 にその 承 認 を 得 なけれ 7

8 ばならない 三 前 2 項 に 規 定 する 時 間 外 労 働 及 び 休 日 労 働 に 係 る 給 与 は 給 与 規 程 第 18 条 又 は 第 18 条 の2の 規 定 により 取 り 扱 うものとする (フレックスタイム 職 員 の 労 働 時 間 の 過 不 足 清 算 ) 第 16 条 フレックスタイム 職 員 が 一 の 清 算 期 間 において 当 該 清 算 期 間 の 総 労 働 時 間 を 超 えて 労 働 ( 労 働 したものとみなされた 期 間 を 含 む 以 下 この 条 において 同 じ )した 場 合 は 総 労 働 時 間 を 超 える 時 間 については 前 条 の 規 定 による 時 間 外 労 働 として 取 り 扱 うものとする 二 フレックスタイム 職 員 が 一 の 清 算 期 間 において 労 働 した 時 間 が 当 該 清 算 期 間 の 総 労 働 時 間 に 満 たない 場 合 は 総 労 働 時 間 に 満 たない 時 間 は 欠 勤 として 給 与 規 程 第 29 条 の 規 定 により 給 与 を 減 額 する 三 前 項 の 場 合 において 月 末 にかかる 出 張 等 の 命 令 を 受 けたことにより 本 人 の 意 に 反 して 一 の 清 算 期 間 における 労 働 時 間 が 不 足 することとなった 場 合 は 第 12 条 の 規 定 にかかわらず 当 該 清 算 期 間 における 総 労 働 時 間 を 労 働 したものとみなす ( 休 日 の 振 替 ) 第 17 条 理 事 長 は 職 員 (フレックスタイム 職 員 を 除 く )に 休 日 労 働 を 命 じる 場 合 ( 裁 量 労 働 職 員 については 休 日 労 働 を 承 認 する 場 合 以 下 同 じ )は 当 該 休 日 労 働 を 命 ずる 必 要 がある 日 ( 以 下 休 日 労 働 日 という )の 属 する1 週 間 ( 土 曜 日 から 金 曜 日 までの 期 間 とする )の 期 間 内 ( 休 日 労 働 日 の 属 する1 週 間 が 月 を またぐこととなる 場 合 には 当 該 月 末 までの 期 間 内 )の 所 定 休 日 以 外 の 日 ( 以 下 所 定 労 働 日 という )に 事 前 に 所 定 休 日 を 振 り 替 えることができる 二 前 項 の 休 日 の 振 替 は 休 日 労 働 日 における 労 働 時 間 が7 時 間 30 分 未 満 ( 裁 量 労 働 職 員 については 1 時 間 未 満 )の 場 合 は 行 うことができない 三 休 日 労 働 日 における 労 働 時 間 が7 時 間 30 分 を 超 える 場 合 は 7 時 間 30 分 を 超 えて 労 働 した 時 間 については 第 15 条 に 規 定 する 時 間 外 労 働 として 取 り 扱 うものと する 四 フレックスタイム 職 員 の 休 日 の 振 替 については 第 1 項 の 規 定 を 準 用 する この 場 合 において 第 1 項 中 1 週 間 ( 土 曜 日 から 金 曜 日 までの 期 間 とする )の 期 間 内 ( 休 日 労 働 日 の 属 する1 週 間 が 月 をまたぐこととなる 場 合 には 当 該 月 末 までの 期 間 内 ) とあるのは 清 算 期 間 内 と 読 み 替 えるものとする ( 代 休 ) 第 18 条 職 員 (フレックスタイム 職 員 及 び 裁 量 労 働 職 員 を 除 く )は 所 定 休 日 ( 第 14 条 第 1 項 第 4 号 に 掲 げる 日 を 除 く )における 労 働 を 命 じられ かつ 前 条 8

9 の 規 定 による 休 日 の 振 替 が 行 われなかったとき 又 は 前 条 の 規 定 により 振 り 替 えられ た 休 日 に 労 働 を 命 じられたときは 休 日 労 働 日 の 翌 日 から 当 該 休 日 労 働 日 の 属 する 月 の 末 日 までの 期 間 内 において 代 休 を 取 得 することができる 二 裁 量 労 働 職 員 は 所 定 休 日 における 労 働 が 承 認 され かつ 前 条 の 規 定 による 休 日 の 振 替 が 行 われないとき 又 は 前 条 の 規 定 により 振 り 替 えられた 休 日 における 労 働 が 承 認 されたときは 休 日 労 働 日 の 属 する 月 内 において 代 休 を 取 得 することができ る 三 前 条 第 2 項 の 規 定 は 前 2 項 の 代 休 の 取 得 の 場 合 について 準 用 する 四 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 代 休 は 無 給 とする ( 年 末 休 日 に 係 る 代 休 の 特 例 ) 第 19 条 職 員 は 第 14 条 第 1 項 第 4 号 に 掲 げる 日 における 労 働 を 命 じられ かつ 第 17 条 の 規 定 による 休 日 の 振 替 が 行 われなかったとき 又 は 裁 量 労 働 職 員 にあっ ては 前 条 第 2 項 の 規 定 による 代 休 の 取 得 ができなかったときは 翌 年 1 月 の 末 日 ま での 期 間 内 において 代 休 を 取 得 することができる 二 第 17 条 第 2 項 及 び 前 条 第 4 項 の 規 定 は 前 項 の 代 休 の 取 得 の 場 合 について 準 用 する ( 管 理 監 督 職 員 に 係 る 適 用 除 外 ) 第 20 条 この 章 ( 第 3 条 を 除 く )で 定 める 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 等 に 関 する 規 定 は 総 務 部 通 知 で 定 める 監 督 又 は 管 理 の 地 位 にある 職 員 及 び 機 密 の 事 務 を 取 り 扱 う 職 員 ( 以 下 管 理 監 督 職 員 という )については 適 用 しない 二 管 理 監 督 職 員 は 第 14 条 に 規 定 する 所 定 休 日 に7 時 間 30 分 以 上 労 働 したとき は 理 事 長 に 届 け 出 ることにより 当 該 休 日 を 起 算 日 とする8 週 間 後 の 日 までの 期 間 内 において 所 定 労 働 日 の 労 働 を 行 わないことができる 第 3 章 女 性 職 員 の 労 働 ( 妊 産 婦 の 時 間 外 労 働 及 び 休 日 労 働 の 制 限 ) 第 21 条 理 事 長 は 妊 娠 中 の 女 性 職 員 及 び 産 後 1 年 を 経 過 しない 女 性 職 員 ( 以 下 妊 産 婦 という )が 総 務 部 通 知 で 定 める 様 式 により 申 し 出 た 場 合 には 第 15 条 に 規 定 する 時 間 外 労 働 又 は 休 日 労 働 を 命 じることができない ( 妊 産 婦 の 深 夜 労 働 の 制 限 ) 第 22 条 理 事 長 は 妊 産 婦 が 総 務 部 通 知 で 定 める 様 式 により 申 し 出 た 場 合 には 深 夜 の 労 働 を 命 じることができない ( 妊 産 婦 等 の 職 務 専 念 義 務 の 免 除 ) 9

10 第 23 条 理 事 長 は 妊 産 婦 が 母 子 保 健 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 141 号 ) 第 10 条 に 規 定 する 保 健 指 導 又 は 同 法 第 13 条 に 規 定 する 健 康 診 査 を 受 けるために 請 求 した 場 合 には 当 該 保 健 指 導 又 は 健 康 診 査 を 受 けるために 必 要 と 認 められる 日 又 は 時 間 労 働 しないことを 承 認 しなければならない 二 理 事 長 は 妊 娠 中 の 女 性 職 員 が 請 求 した 場 合 において 当 該 女 性 職 員 の 業 務 が 母 体 又 は 胎 児 の 健 康 保 持 に 影 響 があると 認 めるときは 当 該 女 性 職 員 が 適 宜 休 息 し 又 は 補 食 するために 必 要 な 時 間 労 働 しないことを 承 認 しなければならない 三 理 事 長 は 妊 娠 中 の 女 性 職 員 が 請 求 した 場 合 において 当 該 女 性 職 員 が 通 勤 に 利 用 する 交 通 機 関 の 混 雑 の 程 度 が 母 体 又 は 胎 児 の 健 康 保 持 に 影 響 があると 認 めるとき は 労 働 時 間 の 初 め 又 は 終 わりにおいて1 日 を 通 じて1 時 間 を 超 えない 時 間 労 働 し ないことを 承 認 しなければならない 四 前 3 項 の 請 求 は 総 務 部 通 知 で 定 める 様 式 により 行 うものとする 前 3 項 に 規 定 す る 理 事 長 が 承 認 した 日 又 は 時 間 は 労 働 したものとみなす 第 4 章 年 次 有 給 休 暇 ( 年 次 有 給 休 暇 の 日 数 ) 第 24 条 年 次 有 給 休 暇 は 一 の 年 (1 月 1 日 からその 年 の12 月 31 日 までをいう 以 下 同 じ )ごとの 休 暇 とし その 日 数 は 一 の 年 において 次 の 表 の 職 員 の 区 分 欄 に 掲 げる 職 員 の 区 分 に 応 じて それぞれ 同 表 の 日 数 欄 に 掲 げる 日 数 とする 職 員 の 区 分 日 数 1 次 号 から 第 6 号 までに 掲 げる 職 員 以 外 の 職 員 20 日 2 一 の 年 の 中 途 において 新 たに 職 員 となった 職 新 たに 職 員 となった 日 の 属 す 員 ( 次 号 及 び 第 4 号 に 掲 げる 職 員 を 除 く ) る 月 から12 月 までの 月 数 に 12 分 の20を 乗 じて 得 た 数 ( 端 数 は 四 捨 五 入 する )に 相 当 する 日 数 ( 以 下 この 条 に おいて 基 本 日 数 という ) 3 一 の 年 において 次 のアからカまでに 掲 げる 勤 務 時 間 法 適 用 職 員 等 となっ 職 員 ( 以 下 この 号 及 び 次 号 において 勤 務 時 間 た 日 の 属 する 月 から12 月 ま 法 適 用 職 員 等 という )となった 者 であって での 月 数 に12 分 の20を 乗 当 該 一 の 年 の 中 途 において 引 き 続 き 新 たに 職 じて 得 た 数 ( 端 数 は 四 捨 五 入 員 となったもの する )に 相 当 する 日 数 から 10

11 ア 一 般 職 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 6 年 法 律 第 33 号 )の 適 用 を 受 け る 職 員 イ 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 1 03 号 この 号 のカにおいて 通 則 法 とい う ) 第 2 条 第 4 項 に 規 定 する 行 政 執 行 法 人 の 職 員 ウ 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 15 年 法 律 第 112 号 ) 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 国 立 大 学 法 人 若 しくは 同 条 第 3 項 に 規 定 する 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 の 職 員 エ 特 別 職 に 属 する 国 家 公 務 員 地 方 公 務 員 オ 沖 縄 振 興 開 発 金 融 公 庫 その 他 その 業 務 が 国 の 事 務 若 しくは 事 業 と 密 接 な 関 連 を 有 する 法 人 のうち 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 28 年 政 令 第 215 号 この 号 のカにおいて 施 行 令 という ) 第 9 条 の2 各 号 に 掲 げ る 法 人 ( 機 構 を 除 く )に 使 用 される 者 カ 施 行 令 第 9 条 の4 各 号 に 掲 げる 法 人 ( 施 行 令 第 9 条 の2 各 号 に 掲 げる 法 人 を 除 く )に 使 用 される 者 新 たに 職 員 となった 日 の 前 日 までの 間 に 使 用 した 年 次 有 給 休 暇 に 相 当 する 休 暇 の 日 数 を 減 じて 得 た 日 数 ( 当 該 日 数 が 基 本 日 数 に 満 たない 場 合 に あっては 基 本 日 数 ) 11

12 4 当 該 一 の 年 の 前 年 において 勤 務 時 間 法 適 用 職 勤 務 時 間 法 適 用 職 員 等 として 員 等 であった 者 であって 引 き 続 き 当 該 一 の 年 に の 在 職 期 間 及 びその 在 職 期 間 新 たに 職 員 となった 者 中 における 年 次 有 給 休 暇 に 相 当 する 休 暇 の 残 日 数 等 を 考 慮 し 20 日 に 当 該 一 の 年 の 前 年 における 年 次 有 給 休 暇 に 相 当 する 休 暇 又 は 年 次 有 給 休 暇 の 残 日 数 ( 当 該 日 数 が20 日 を 超 える 場 合 にあっては20 日 )を 加 えて 得 た 日 数 から 当 該 一 の 年 の 初 日 から 職 員 と なった 日 の 前 日 までの 間 に 使 用 した 年 次 有 給 休 暇 に 相 当 す る 休 暇 又 は 年 次 有 給 休 暇 の 日 数 を 減 じて 得 た 日 数 ( 当 該 日 数 が 基 本 日 数 に 満 たない 場 合 にあっては 基 本 日 数 ) 5 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 有 期 雇 用 第 2 号 に 掲 げる 日 数 又 は 有 期 職 員 就 業 規 則 (05 規 程 第 75 号 ) 第 1 条 に 規 雇 用 職 員 及 び 無 期 雇 用 職 員 と 定 する 有 期 雇 用 職 員 及 び 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 して 付 与 された 年 次 有 給 休 暇 通 信 研 究 機 構 無 期 雇 用 職 員 就 業 規 則 (15 規 程 の 残 日 数 のいずれか 多 い 日 数 第 22 号 ) 第 1 条 規 定 する 無 期 雇 用 職 員 から 引 ( 第 2 号 に 掲 げる 日 数 が 多 い き 続 きこの 規 程 の 適 用 を 受 ける 職 員 となった 者 場 合 当 該 日 数 には 有 期 雇 用 職 員 として 付 与 された 年 次 有 給 休 暇 の 残 日 数 が 含 まれてい るものとみなす ) 6 第 11 条 の2に 規 定 する 裁 量 労 働 職 員 となっ 裁 量 労 働 制 の 適 用 を 受 けた 日 た 者 の 年 次 有 給 休 暇 の 残 日 数 (そ の 日 数 に1 日 未 満 の 端 数 があ るときは 1 日 に 切 り 上 げた 日 数 ) 二 前 項 第 3 号 又 は 第 4 号 に 掲 げる 職 員 のうち その 者 の 使 用 した 年 次 有 給 休 暇 に 相 当 する 休 暇 の 日 数 が 明 らかでない 者 の 年 次 有 給 休 暇 の 日 数 については これらの 規 12

13 定 にかかわらず 別 に 定 める 日 数 とする 三 年 次 有 給 休 暇 は 一 の 年 における 年 次 有 給 休 暇 の20 日 を 限 度 として 当 該 一 の 年 の 翌 年 に 繰 り 越 すことができる ( 年 次 有 給 休 暇 の 付 与 時 期 ) 第 25 条 年 次 有 給 休 暇 は 前 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げる 職 員 にあってはその 年 の1 月 1 日 同 項 第 2 号 から 第 4 号 までに 掲 げる 職 員 にあっては 職 員 となった 日 に 付 与 す る ( 年 次 有 給 休 暇 の 単 位 等 ) 第 26 条 年 次 有 給 休 暇 の 単 位 は1 日 とする ただし 労 基 法 第 39 条 に 規 定 する 付 与 日 数 を 超 える 付 与 日 数 について 取 得 する 場 合 ( 裁 量 労 働 職 員 を 除 く )は1 時 間 を 単 位 とすることができる 二 フレックスタイム 職 員 が 年 次 有 給 休 暇 を 取 得 するときは 1 日 を 単 位 として 取 得 する 場 合 は7 時 間 30 分 を 1 時 間 を 単 位 とする 場 合 は 当 該 取 得 時 間 を 労 働 した ものとみなす ( 年 次 有 給 休 暇 の 取 得 の 手 続 ) 第 27 条 年 次 有 給 休 暇 を 取 得 しようとする 職 員 は 総 務 部 通 知 で 定 める 様 式 に 取 得 時 季 を 記 入 して あらかじめ 理 事 長 に 申 し 出 なければならない ただし 病 気 災 害 その 他 やむを 得 ない 事 由 によりあらかじめ 申 出 ができなかった 場 合 には その 事 由 を 付 して 事 後 速 やかに 届 け 出 なければならない 二 理 事 長 は 職 員 の 申 し 出 た 時 季 に 年 次 有 給 休 暇 を 取 得 させることが 業 務 の 正 常 な 運 営 に 支 障 があると 認 めるときは その 時 季 を 変 更 することができる 三 理 事 長 は 速 やかに 年 次 有 給 休 暇 の 時 季 変 更 の 有 無 を 決 定 し 当 該 申 出 をした 職 員 に 対 して 当 該 決 定 を 通 知 するものとする 第 5 章 特 別 休 暇 及 び 病 気 休 暇 ( 特 別 休 暇 ) 第 28 条 職 員 が 次 の 表 の 事 由 欄 に 掲 げる 事 由 により 所 定 労 働 日 における 所 定 労 働 時 間 中 労 働 しない 場 合 第 6 号 及 び 第 7 号 に 掲 げるものを 除 き 理 事 長 の 承 認 を 受 け たときは それぞれ 同 表 の 基 準 欄 に 掲 げる 期 間 を 特 別 休 暇 とする 事 由 基 準 1 職 員 が 選 挙 権 その 他 公 民 としての 権 利 を 行 使 必 要 と 認 められる 期 間 する 場 合 で その 勤 務 しないことがやむを 得 な いと 認 められるとき 13

14 2 職 員 が 裁 判 員 証 人 鑑 定 人 参 考 人 等 とし て 国 会 裁 判 所 地 方 公 共 団 体 の 議 会 その 他 官 公 署 へ 出 頭 する 場 合 で その 勤 務 しないことが やむを 得 ないと 認 められるとき 3 職 員 が 骨 髄 移 植 のための 骨 髄 液 の 提 供 希 望 者 としてその 登 録 を 実 施 する 者 に 対 して 登 録 の 申 出 を 行 い 又 は 骨 髄 移 植 のため 配 偶 者 父 母 子 及 び 兄 弟 姉 妹 以 外 の 者 に 骨 髄 液 を 提 供 する 場 合 で 当 該 申 出 又 は 提 供 に 伴 い 必 要 な 検 査 入 院 等 のため 勤 務 しないことがやむを 得 ないと 認 められるとき 4 職 員 が 自 発 的 に かつ 報 酬 を 得 ないで 次 に 掲 げる 社 会 に 貢 献 する 活 動 ( 専 ら 親 族 に 対 する 支 援 となる 活 動 を 除 く )を 行 う 場 合 で その 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 められるとき ア 地 震 暴 風 雨 噴 火 等 により 相 当 規 模 の 災 害 が 発 生 した 被 災 地 又 はその 周 辺 の 地 域 にお ける 生 活 関 連 物 資 の 配 布 その 他 の 被 災 者 を 支 援 する 活 動 イ 身 体 障 害 者 療 護 施 設 特 別 養 護 老 人 ホーム その 他 の 主 として 身 体 上 若 しくは 精 神 上 の 障 害 がある 者 又 は 負 傷 し 若 しくは 疾 病 にかか った 者 に 対 して 必 要 な 措 置 を 講 ずることを 目 的 とする 施 設 であって 別 に 定 めるものにおけ る 活 動 ウ ア 及 びイに 掲 げる 活 動 のほか 身 体 上 若 し くは 精 神 上 の 障 害 負 傷 又 は 疾 病 により 常 態 として 日 常 生 活 を 営 むのに 支 障 がある 者 の 介 護 その 他 の 日 常 生 活 を 支 援 する 活 動 5 職 員 が 結 婚 する 場 合 で 結 婚 式 旅 行 その 他 の 結 婚 に 伴 い 必 要 と 認 められる 行 事 等 のため 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 められるとき 必 要 と 認 められる 期 間 必 要 と 認 められる 期 間 一 の 年 において5 日 の 範 囲 内 の 期 間 結 婚 の 日 の5 日 前 から 当 該 結 婚 の 日 後 1か 月 を 経 過 する 日 までの 間 における 連 続 した5 日 の 範 囲 内 の 期 間 14

15 6 6 週 間 ( 多 胎 妊 娠 の 場 合 にあっては14 週 間 出 産 の 日 までの 申 し 出 た 期 間 ) 以 内 に 出 産 する 予 定 である 女 性 職 員 が 申 し 出 たとき 7 女 性 職 員 が 出 産 したとき 出 産 の 日 の 翌 日 から8 週 間 を 経 過 する 日 までの 期 間 ( 産 後 6 週 間 を 経 過 した 女 性 職 員 が 就 業 を 申 し 出 た 場 合 において 医 師 が 支 障 がないと 認 めた 業 務 に 就 く 期 間 を 除 く ) 8 3 歳 に 満 たない 子 を 育 てる 職 員 が その 子 の 1 日 2 回 それぞれ30 分 以 内 保 育 のために 必 要 と 認 められるとき の 期 間 ( 男 性 職 員 にあって は その 子 の 当 該 職 員 以 外 の 親 が 当 該 職 員 がこの 号 の 休 暇 を 取 得 しようとする 日 にお けるこの 号 の 休 暇 (これに 相 当 する 休 暇 を 含 む )を 承 認 され 又 は 労 基 法 第 67 条 の 規 定 により 同 日 における 育 児 時 間 を 請 求 した 場 合 は 1 日 2 回 それぞれ30 分 から 当 該 承 認 又 は 請 求 に 係 る 各 回 ご との 期 間 を 差 し 引 いた 期 間 を 超 えない 期 間 ) 9 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 を 養 育 す 一 の 年 において5 日 の 範 囲 内 る 職 員 で 負 傷 し 若 しくは 疾 病 にかかった 当 の 期 間 (その 養 育 する 小 学 校 該 子 の 世 話 又 は 疾 病 の 予 防 を 図 るために 必 要 な 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 ものとして 予 防 接 種 又 は 健 康 診 断 を 受 けさせる が 二 人 以 上 の 場 合 にあっては ため 労 働 しないことがやむを 得 ないと 認 められ 10 日 ) るとき 10 女 性 職 員 で 生 理 日 の 就 業 が 著 しく 困 難 で 必 要 と 認 められる 最 小 限 の 期 あるとき 間 11 職 員 が 妻 ( 届 出 をしないが 事 実 上 婚 姻 関 係 職 員 の 妻 が 出 産 のために 病 院 と 同 様 の 事 情 にある 者 を 含 む 次 号 において 同 に 入 院 する 等 の 日 から 当 該 出 15

16 じ )の 出 産 に 伴 い 勤 務 しないことが 相 当 であ 産 後 2 週 間 を 経 過 するまでの ると 認 められるとき 間 において 職 員 の 請 求 する 継 続 又 は 分 割 した2 日 以 内 の 期 間 12 職 員 の 妻 が 出 産 する 場 合 であってその 出 産 当 該 期 間 内 における5 日 の 範 予 定 日 の6 週 間 ( 多 胎 妊 娠 の 場 合 にあっては 囲 内 の 期 間 14 週 間 ) 前 の 日 から 当 該 出 産 の 日 後 8 週 間 を 経 過 する 日 までの 期 間 にある 場 合 において 当 該 出 産 に 係 る 子 又 は 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 する までの 子 ( 妻 の 子 を 含 む )を 養 育 する 職 員 が これらの 子 の 養 育 のため 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 められるとき 13 職 員 の 親 族 ( 別 表 の 親 族 欄 に 掲 げる 親 族 に 親 族 に 応 じ 同 表 の 日 数 欄 に 掲 限 る )が 死 亡 した 場 合 で 職 員 が 葬 儀 服 喪 げる 連 続 する 日 数 ( 葬 儀 のた その 他 の 親 族 の 死 亡 に 伴 い 必 要 と 認 められる 行 め 遠 隔 の 地 に 赴 く 場 合 にあっ 事 等 のため 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 め ては 往 復 に 要 する 日 数 を 加 られるとき えた 日 数 )の 範 囲 内 の 期 間 14 職 員 が 父 母 の 追 悼 のための 特 別 な 行 事 ( 父 1 日 の 範 囲 内 の 期 間 母 の 死 亡 後 15 年 以 内 に 行 われるものに 限 る )のため 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 めら れるとき 15 職 員 が 夏 季 における 盆 等 の 諸 行 事 心 身 の 一 の 年 の6 月 から9 月 までの 健 康 の 維 持 及 び 増 進 又 は 家 庭 生 活 の 充 実 のため 期 間 内 において 第 14 条 の 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 められるとき 規 定 による 所 定 休 日 第 17 条 の 規 定 による 振 り 替 えられ た 休 日 第 18 条 の 規 定 によ る 代 休 を 除 き 原 則 として 連 続 する5 日 の 範 囲 内 の 期 間 16 地 震 水 害 火 災 その 他 の 災 害 により 職 員 7 日 の 範 囲 内 の 期 間 の 現 住 居 が 滅 失 し 又 は 損 壊 した 場 合 で 職 員 が 当 該 住 居 の 復 旧 作 業 等 のため 勤 務 しないこと が 相 当 であると 認 められるとき 17 地 震 水 害 火 災 その 他 の 災 害 又 は 交 通 機 必 要 と 認 められる 期 間 16

17 関 の 事 故 等 により 職 員 が 出 勤 することが 著 し く 困 難 であると 認 められるとき 18 地 震 水 害 火 災 その 他 の 災 害 時 において 職 員 が 退 勤 途 上 における 身 体 の 危 険 を 回 避 す るため 勤 務 しないことがやむを 得 ないと 認 めら れるとき 年 又 は30 年 の 勤 続 表 彰 を 受 けた 職 員 が 仕 事 から 離 れ 心 身 ともにリフレッシュする ことが 必 要 と 認 められるとき 20 障 害 者 として 認 定 を 受 けている 者 が 当 該 障 害 の 治 療 又 は 検 診 等 のため 勤 務 しないことがや むを 得 ないと 認 められるとき 必 要 と 認 められる 期 間 表 彰 の 日 ( 別 に 定 める 職 員 に あっては 別 に 定 める 日 )か ら 起 算 して1 年 を 経 過 するま での 間 において 30 年 勤 続 表 彰 者 にあっては 連 続 した5 日 の 範 囲 内 の 期 間 20 年 勤 続 表 彰 者 にあっては 連 続 した 3 日 の 範 囲 内 の 期 間 必 要 と 認 められる 期 間 21 労 働 者 災 害 補 償 保 険 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 必 要 と 認 められる 期 間 50 号 )に 基 づき 業 務 上 の 災 害 又 は 通 勤 による ( 認 定 までの 期 間 を 含 む ) 災 害 として 認 定 された 職 員 が その 療 養 のため 勤 務 しないことがやむを 得 ないと 認 められると き 22 育 児 介 護 規 程 第 9 条 に 規 定 する 要 介 護 状 一 の 年 において5 日 の 範 囲 内 態 にある 者 ( 以 下 要 介 護 者 という )の 介 の 期 間 ( 要 介 護 状 態 にある 者 護 その 他 の 厚 生 労 働 省 令 の 定 める 世 話 を 行 うた が 二 人 以 上 の 場 合 に め 労 働 しないことがやむを 得 ないと 認 められる あっては10 日 ) とき 二 特 別 休 暇 は 前 項 第 21 号 に 掲 げるものを 除 き 有 給 の 休 暇 とする ただし 前 項 第 10 号 に 掲 げるものについては 暦 日 2 日 を 超 える 場 合 における 当 該 超 えた 期 間 は 無 給 とする ( 病 気 休 暇 ) 第 29 条 職 員 が 負 傷 又 は 疾 病 のため 療 養 する 必 要 があり その 労 働 しないことがや 17

18 むを 得 ないと 認 められる 場 合 であって 理 事 長 の 承 認 を 受 けたときは 就 業 規 則 第 4 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 により 休 職 とされるまでの 期 間 を 病 気 休 暇 とする 二 病 気 休 暇 は 有 給 の 休 暇 とする ( 特 別 休 暇 及 び 病 気 休 暇 の 単 位 等 ) 第 30 条 職 員 ( 裁 量 労 働 職 員 を 除 く )が 取 得 する 特 別 休 暇 及 び 病 気 休 暇 の 単 位 は 必 要 に 応 じて1 日 1 時 間 又 は1 分 を 単 位 とする ただし 第 28 条 第 1 項 第 9 号 第 11 号 第 12 号 及 び 第 21 号 の 特 別 休 暇 の 単 位 は 1 日 又 は1 時 間 とする 二 フレックスタイム 職 員 が 特 別 休 暇 又 は 病 気 休 暇 を 取 得 するときは 第 28 条 第 1 項 第 10 号 において2 日 を 超 える 場 合 における 当 該 超 えた 期 間 及 び 同 項 第 21 号 に 掲 げる 休 暇 を 除 き 1 日 を 単 位 として 取 得 する 場 合 は7 時 間 30 分 を 1 時 間 又 は 1 分 を 単 位 とする 場 合 は 当 該 取 得 時 間 を 労 働 したものとみなす 三 裁 量 労 働 職 員 が 取 得 する 特 別 休 暇 及 び 病 気 休 暇 の 単 位 は 必 要 に 応 じて1 日 又 は 1 分 を 単 位 とする ただし 第 28 条 第 1 項 第 9 号 第 11 号 第 12 号 及 び 第 2 1 号 の 特 別 休 暇 の 単 位 は 1 日 とする 四 裁 量 労 働 職 員 が 特 別 休 暇 又 は 病 気 休 暇 を 取 得 するときは 第 28 条 第 1 項 第 10 号 において2 日 を 超 える 場 合 における 当 該 超 えた 期 間 及 び 同 項 第 21 号 に 掲 げる 休 暇 を 除 き 1 日 を 単 位 として 取 得 する 場 合 は7 時 間 30 分 を 1 分 を 単 位 とする 場 合 は 当 該 取 得 時 間 を 労 働 したものとみなす ( 特 別 休 暇 及 び 病 気 休 暇 の 取 得 の 手 続 ) 第 31 条 特 別 休 暇 ( 第 28 条 第 1 項 第 6 号 及 び 第 7 号 に 掲 げるものを 除 く ) 又 は 病 気 休 暇 の 承 認 を 受 けようとする 職 員 は 総 務 部 通 知 で 定 める 様 式 に 記 入 して あ らかじめ 理 事 長 の 承 認 を 受 けなければならない ただし 病 気 災 害 その 他 やむを 得 ない 事 由 によりあらかじめ 請 求 できなかった 場 合 には その 事 由 を 付 して 事 後 速 やかに 届 け 出 なければならない 二 第 28 条 第 1 項 第 6 号 の 申 出 は あらかじめ 総 務 部 通 知 で 定 める 様 式 に 記 入 し 理 事 長 に 対 して 行 わなければならない 三 第 28 条 第 1 項 第 7 号 に 掲 げる 場 合 に 該 当 することとなったときは その 旨 を 速 やかに 理 事 長 に 申 し 出 るものとする 四 職 員 は 引 き 続 き7 日 を 超 える 期 間 について 病 気 休 暇 の 承 認 を 受 けようとすると きは 医 師 の 証 明 書 又 は 診 断 書 その 他 勤 務 しない 事 由 を 十 分 に 明 らかにする 証 明 書 類 を 提 出 しなければならない 五 理 事 長 は 特 別 休 暇 及 び 病 気 休 暇 の 請 求 等 について 前 項 のほか その 事 由 を 確 認 する 必 要 があると 認 めるときは 当 該 請 求 等 をした 職 員 に 対 して 証 明 書 類 の 提 18

19 出 を 求 めることができる 六 理 事 長 は 第 28 条 第 1 項 第 6 号 及 び 第 7 号 に 係 る 申 出 を 除 き 速 やかに 承 認 の 可 否 を 決 定 し 当 該 請 求 を 行 った 職 員 に 対 して 当 該 決 定 を 通 知 するものとする 第 6 章 育 児 休 暇 介 護 休 暇 及 び 育 児 又 は 介 護 を 行 う 職 員 の 労 働 時 間 の 制 限 等 ( 育 児 休 暇 ) 第 32 条 職 員 は 当 該 職 員 の3 歳 に 満 たない 子 について 理 事 長 の 承 認 を 受 けて 当 該 子 が 満 3 歳 に 達 するまでの 間 その 子 を 養 育 するために 1 日 の 労 働 時 間 の 一 部 について 休 暇 ( 以 下 育 児 休 暇 という )を 取 得 することができる 二 育 児 休 暇 は 第 4 条 第 1 項 又 は 第 2 項 各 号 に 規 定 する 始 業 時 刻 の 直 後 又 は 終 業 時 刻 の 直 前 において 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 第 28 条 第 1 項 第 8 号 に 掲 げる 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 特 別 休 暇 を 承 認 された 時 間 を 減 じた 時 間 )を 超 えない 範 囲 内 で 職 員 の 託 児 の 態 様 通 勤 の 状 況 等 から 必 要 とされ る 時 間 について 30 分 を 単 位 とする 三 育 児 休 暇 は 無 給 の 休 暇 とする ( 育 児 休 暇 の 取 得 の 手 続 等 ) 第 33 条 前 条 第 1 項 の 承 認 を 受 けようとする 職 員 は 総 務 部 通 知 で 定 める 様 式 によ り できるだけ 多 くの 期 間 について 一 括 して あらかじめ 理 事 長 に 請 求 しなければ ならない ただし 病 気 災 害 その 他 やむを 得 ない 事 由 によりあらかじめ 請 求 でき なかった 場 合 には その 事 由 を 付 して 事 後 速 やかに 届 け 出 なければならない フ レックスタイム 職 員 は 育 児 休 暇 をしようとする 日 について 第 10 条 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 により 作 成 する 各 日 の 始 業 時 刻 及 び 終 業 時 刻 の 予 定 ( 同 条 第 4 項 の 規 定 により 変 更 した 場 合 は 当 該 変 更 後 の 予 定 )を 第 4 条 第 1 項 又 は 第 2 項 に 規 定 す る 始 業 時 刻 及 び 終 業 時 刻 に 変 更 した 上 で 請 求 を 行 うものとする 二 理 事 長 は 前 項 の 請 求 について その 事 由 を 確 認 する 必 要 があると 認 めるときは 当 該 請 求 をした 職 員 に 対 して 証 明 書 類 の 提 出 を 求 めることができる 三 理 事 長 は 業 務 の 正 常 な 運 営 に 支 障 があると 認 めるときを 除 き 承 認 することが できる 四 理 事 長 は 速 やかに 承 認 の 可 否 を 決 定 し 当 該 請 求 を 行 った 職 員 に 対 して 当 該 決 定 を 通 知 するものとする ( 育 児 休 暇 の 承 認 の 取 消 し) 第 34 条 理 事 長 は 育 児 介 護 規 程 第 8 条 第 2 項 各 号 のいずれかの 事 由 に 該 当 する と 認 めるときには 育 児 休 暇 の 承 認 を 取 り 消 すものとする 19

20 二 育 児 介 護 規 程 第 8 条 第 3 項 の 規 定 は 育 児 休 暇 について 準 用 する ( 介 護 休 暇 ) 第 35 条 職 員 は 育 児 介 護 規 程 の 規 定 により 介 護 休 業 の 申 出 をすることができる 場 合 において 当 該 介 護 休 業 の 申 出 に 係 る 対 象 家 族 ( 同 規 程 第 9 条 に 規 定 する 対 象 家 族 をいう 以 下 同 じ )について 理 事 長 の 承 認 を 受 けて 同 規 程 第 10 条 第 1 項 に 規 定 する 介 護 休 業 可 能 期 間 の 期 間 内 において 介 護 するために 1 日 の 労 働 時 間 の 一 部 について 休 暇 ( 以 下 介 護 休 暇 という )を 取 得 することができる 二 介 護 休 暇 は1 時 間 を 単 位 とし 1 日 を 通 じ 始 業 の 時 刻 から 連 続 し 又 は 終 業 の 時 刻 まで 連 続 した4 時 間 の 範 囲 内 とする 三 介 護 休 暇 は 無 給 の 休 暇 とする ( 介 護 休 暇 の 取 得 の 手 続 等 ) 第 36 条 第 33 条 の 規 定 は 介 護 休 暇 の 取 得 の 手 続 等 について 準 用 する ( 介 護 休 暇 の 承 認 の 取 消 し) 第 37 条 理 事 長 は 育 児 介 護 規 程 第 15 条 第 2 項 各 号 のいずれかの 事 由 に 該 当 す ると 認 めるときは 介 護 休 暇 の 承 認 を 取 り 消 すものとする 二 育 児 介 護 規 程 第 15 条 第 3 項 の 規 定 は 介 護 休 暇 について 準 用 する ( 育 児 を 行 う 職 員 の 時 間 外 労 働 の 免 除 ) 第 37 条 の2 理 事 長 は 3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 する 職 員 が 当 該 子 を 養 育 するため に 請 求 した 場 合 においては 所 定 労 働 時 間 を 越 えて 労 働 させてはならない ただし 業 務 の 正 常 な 運 営 を 妨 げる 場 合 は この 限 りではない 二 前 項 の 規 定 による 請 求 は 総 務 部 通 知 で 定 める 様 式 により その 期 間 中 は 所 定 労 働 時 間 を 超 えて 労 働 させてはならないこととなる 一 の 期 間 (1 月 以 上 1 年 以 内 の 期 間 に 限 る 以 下 時 間 外 労 働 免 除 期 間 という )について その 初 日 ( 以 下 時 間 外 労 働 免 除 開 始 予 定 日 という ) 及 び 末 日 ( 以 下 時 間 外 労 働 免 除 終 了 予 定 日 という )とする 日 を 明 らかにして 時 間 外 労 働 免 除 開 始 予 定 日 の1 月 前 までに しなければならない この 場 合 において この 項 前 段 に 規 定 する 時 間 外 労 働 免 除 期 間 については 第 38 条 に 規 定 する 時 間 外 労 働 制 限 期 間 と 重 複 しないようにしなけ ればならない 三 第 1 項 の 規 定 による 請 求 がされた 後 時 間 外 労 働 免 除 開 始 予 定 日 とされた 日 の 前 日 までに 子 の 死 亡 その 他 の 職 員 が 当 該 請 求 に 係 る 子 の 養 育 をしないこととなった 事 由 が 生 じたときは 当 該 請 求 は されなかったものとみなす この 場 合 において 職 員 は 理 事 長 に 対 して 当 該 事 由 が 生 じた 旨 を 遅 滞 なく 通 知 しなければならない 四 次 の 各 号 に 掲 げるいずれかの 事 情 が 生 じた 場 合 には 時 間 外 労 働 免 除 期 間 は 当 20

21 該 事 情 が 生 じた 日 ( 第 3 号 に 掲 げる 事 情 が 生 じた 場 合 にあっては その 前 日 )に 終 了 する 1 時 間 外 労 働 免 除 終 了 予 定 日 とされた 日 の 前 日 までに 子 の 死 亡 その 他 の 職 員 が 第 1 項 の 規 定 による 請 求 に 係 る 子 を 養 育 しないこととなった 事 由 が 生 じたこと 2 時 間 外 労 働 免 除 終 了 予 定 日 とされた 日 の 前 日 までに 第 1 項 の 規 定 による 請 求 に 係 る 子 が3 歳 に 達 したこと 3 時 間 外 労 働 免 除 終 了 予 定 日 とされた 日 までに 第 1 項 の 規 定 による 請 求 をした 職 員 について 第 28 条 第 6 号 及 び 第 7 号 により 休 業 する 期 間 育 児 介 護 規 程 により 育 児 休 業 期 間 又 は 介 護 休 業 期 間 が 始 まったこと 五 第 3 項 後 段 の 規 定 は 前 項 第 1 号 の 事 由 が 生 じた 場 合 について 準 用 する ( 育 児 又 は 介 護 を 行 う 職 員 の 時 間 外 労 働 の 制 限 ) 第 38 条 理 事 長 は 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 のある 職 員 がその 子 を 養 育 するために 申 し 出 た 場 合 には 業 務 の 正 常 な 運 営 に 支 障 があると 認 めるときを 除 き 第 15 条 第 1 項 に 規 定 する 時 間 外 労 働 については 1か 月 について24 時 間 1 年 について150 時 間 を 超 えて 命 じることができない 二 前 項 の 規 定 は 要 介 護 状 態 にある 対 象 家 族 のある 職 員 が 当 該 対 象 家 族 を 介 護 する ために 申 し 出 た 場 合 について 準 用 する ( 育 児 又 は 介 護 を 行 う 職 員 の 時 間 外 労 働 の 制 限 の 申 出 手 続 等 ) 第 39 条 職 員 は 総 務 部 通 知 で 定 める 様 式 により 時 間 外 労 働 の 制 限 の 申 出 をする 一 の 期 間 (1 月 以 上 1 年 以 内 の 期 間 に 限 る )について その 初 日 ( 以 下 時 間 外 労 働 制 限 開 始 日 という ) 及 び 末 日 ( 以 下 時 間 外 労 働 制 限 終 了 日 という ) を 明 らかにして 時 間 外 労 働 制 限 開 始 日 の 前 日 までに 前 条 第 1 項 又 は 第 2 項 の 申 出 を 行 うものとする 二 前 項 の 申 出 があった 場 合 において 理 事 長 は 業 務 の 正 常 な 運 営 の 支 障 の 有 無 に ついて 当 該 申 出 をした 職 員 に 対 し 総 務 部 通 知 で 定 める 様 式 により 速 やかに 通 知 するものとする 三 理 事 長 は 第 1 項 の 申 出 が 当 該 申 出 があった 日 の 翌 日 から 起 算 して1 週 間 を 経 過 する 日 ( 以 下 1 週 間 経 過 日 という ) 前 の 日 を 時 間 外 労 働 制 限 開 始 日 とする 申 出 であった 場 合 で 業 務 の 正 常 な 運 営 に 支 障 があると 認 めるときは 当 該 時 間 外 労 働 制 限 開 始 日 から1 週 間 経 過 日 までの 間 のいずれかの 日 に 時 間 外 労 働 制 限 開 始 日 を 変 更 することができる 四 理 事 長 は 前 項 の 規 定 により 時 間 外 労 働 制 限 開 始 日 を 変 更 した 場 合 においては 当 該 時 間 外 労 働 制 限 開 始 日 を 当 該 変 更 前 の 時 間 外 労 働 制 限 開 始 日 の 前 日 までに 当 該 21

22 申 出 をした 職 員 に 対 し 通 知 するものとする 五 理 事 長 は 前 条 第 1 項 又 は 第 2 項 の 申 出 に 係 る 事 由 について その 事 由 を 確 認 す る 必 要 があると 認 めるときは 当 該 申 出 をした 職 員 に 対 して 証 明 書 類 の 提 出 を 求 めることができる ( 育 児 又 は 介 護 を 行 う 職 員 の 時 間 外 労 働 の 制 限 の 終 了 等 ) 第 40 条 前 条 第 1 項 の 申 出 がされた 後 時 間 外 労 働 制 限 開 始 日 とされた 日 の 前 日 まで に 第 38 条 第 1 項 の 申 出 にあっては 育 児 介 護 規 程 第 7 条 第 3 項 第 1 号 から 第 4 号 まで( 当 該 規 定 の 育 児 休 業 は 時 間 外 労 働 制 限 に 読 み 替 える )に 掲 げる いずれかの 事 由 が 生 じた 場 合 又 はこれらの 事 由 のほか 当 該 申 出 をした 職 員 が 第 38 条 第 1 項 に 規 定 する 職 員 に 該 当 しなくなった 場 合 には 同 条 第 2 項 の 申 出 にあって は 育 児 介 護 規 程 第 14 条 第 3 項 第 1 号 又 は 第 2 号 ( 当 該 規 定 の 介 護 休 業 は 時 間 外 労 働 制 限 に 読 み 替 える )に 掲 げる 事 由 が 生 じた 場 合 には 当 該 申 出 はさ れなかったものとみなす 二 時 間 外 労 働 制 限 開 始 日 以 後 時 間 外 労 働 制 限 終 了 日 とされた 日 の 前 日 までに 前 項 に 規 定 するいずれかの 事 由 が 生 じた 場 合 には 前 条 第 1 項 の 申 出 は 当 該 事 由 が 生 じた 日 を 時 間 外 労 働 制 限 終 了 日 とする 申 出 であったものとみなす 三 前 2 項 の 場 合 において 当 該 職 員 は 当 該 事 由 が 生 じた 旨 を 総 務 部 通 知 で 定 める 様 式 に 記 載 し 遅 滞 なく 理 事 長 に 届 け 出 なければならない 四 前 条 第 5 項 の 規 定 は 前 項 の 届 出 について 準 用 する ( 育 児 又 は 介 護 を 行 う 職 員 の 深 夜 労 働 の 制 限 ) 第 41 条 理 事 長 は 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 のある 職 員 ( 職 員 の 配 偶 者 で 当 該 子 の 親 である 者 が 深 夜 において 常 態 として 当 該 子 を 養 育 することができる ものとして 第 38 条 第 1 項 に 掲 げる 事 由 及 び 深 夜 において 就 業 していない 者 ( 深 夜 における 就 業 日 数 が1か 月 について3 日 以 下 の 者 を 含 む )であることのいずれ にも 該 当 する 場 合 における 当 該 職 員 を 除 く )が 当 該 子 を 養 育 するために 申 し 出 た 場 合 には 業 務 の 正 常 な 運 営 に 支 障 があると 認 めるときを 除 き 深 夜 における 労 働 を 命 じることができない 二 前 項 の 規 定 は 要 介 護 状 態 にある 対 象 家 族 のある 職 員 が 当 該 対 象 家 族 を 介 護 する ために 申 し 出 た 場 合 について 準 用 する ( 育 児 又 は 介 護 を 行 う 職 員 の 深 夜 労 働 の 制 限 の 申 出 手 続 等 ) 第 42 条 職 員 は 総 務 部 通 知 で 定 める 様 式 により 深 夜 労 働 の 制 限 の 申 出 をする 一 の 期 間 (6 月 以 内 の 期 間 に 限 る 以 下 深 夜 労 働 制 限 期 間 という )について その 初 日 ( 以 下 深 夜 労 働 制 限 開 始 日 という ) 及 び 末 日 ( 以 下 深 夜 労 働 制 限 22

23 終 了 日 という )とする 日 を 明 らかにして 深 夜 労 働 制 限 開 始 日 の1か 月 前 まで に 前 条 第 1 項 又 は 第 2 項 の 申 出 を 行 うものとする 二 第 39 条 第 2 項 及 び 第 5 項 の 規 定 は 前 条 第 1 項 又 は 第 2 項 の 深 夜 労 働 の 制 限 の 申 出 手 続 について 準 用 する 三 前 項 に 規 定 する 通 知 がされた 後 において 業 務 の 正 常 な 運 営 に 支 障 が 生 じる 日 が あることが 明 らかとなった 場 合 にあっては 理 事 長 は 当 該 日 の 前 日 までに 当 該 申 出 をした 職 員 に 対 しその 旨 を 通 知 するものとする ( 育 児 又 は 介 護 を 行 う 職 員 の 深 夜 労 働 の 制 限 の 終 了 等 ) 第 43 条 前 条 第 1 項 の 申 出 がされた 後 深 夜 労 働 制 限 開 始 日 とされた 日 の 前 日 までに 第 41 条 第 1 項 の 申 出 にあっては 育 児 介 護 規 程 第 7 条 第 3 項 第 1 号 から 第 4 号 まで( 当 該 規 定 の 育 児 休 業 は 深 夜 労 働 制 限 に 読 み 替 える )に 掲 げるいず れかの 事 由 が 生 じた 場 合 又 はこれらの 事 由 のほか 当 該 申 出 をした 職 員 が 第 41 条 第 1 項 に 規 定 する 職 員 に 該 当 しなくなった 場 合 には 同 条 第 2 項 の 申 出 にあっては 育 児 介 護 規 程 第 14 条 第 3 項 第 1 号 又 は 第 2 号 ( 当 該 規 定 の 介 護 休 業 は 深 夜 労 働 制 限 に 読 み 替 える )に 掲 げる 事 由 が 生 じた 場 合 には 当 該 申 出 はされなか ったものとみなす 二 深 夜 労 働 制 限 開 始 日 以 後 深 夜 労 働 制 限 終 了 日 とされた 日 の 前 日 までに 前 項 に 規 定 するいずれかの 事 由 が 生 じた 場 合 には 前 条 第 1 項 の 申 出 は 当 該 事 由 が 生 じた 日 を 深 夜 労 働 制 限 期 間 の 末 日 とする 申 出 であったものとみなす 三 第 40 条 第 3 項 及 び 第 4 項 の 規 定 は 前 2 項 に 係 る 手 続 について 準 用 する ( 育 児 又 は 介 護 を 行 う 職 員 の 早 出 遅 出 勤 務 ) 第 44 条 理 事 長 は 次 に 掲 げる 職 員 がその 子 を 養 育 するために 申 し 出 た 場 合 には 業 務 の 正 常 な 運 営 に 支 障 があると 認 めるときを 除 き 当 該 職 員 に 対 し 当 該 申 出 に 係 る 早 出 又 は 遅 出 の 勤 務 ( 以 下 早 出 遅 出 勤 務 という )をさせるものとする 1 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 のある 職 員 2 小 学 校 に 就 学 している 子 のある 職 員 であって 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の2 第 3 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 を 行 う 施 設 にそ の 子 ( 当 該 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 により 育 成 されるものに 限 る )を 出 迎 える ために 赴 く 職 員 二 前 項 の 規 定 は 要 介 護 状 態 にある 対 象 家 族 のある 職 員 が 当 該 対 象 家 族 を 介 護 する ために 申 し 出 た 場 合 について 準 用 する 三 前 2 項 の 早 出 遅 出 勤 務 による 始 業 時 刻 及 び 終 業 時 刻 は 次 の 各 号 の 一 から 選 択 す ることができる 23

24 1 始 業 時 刻 午 前 7 時 00 分 終 業 時 刻 午 後 3 時 30 分 2 始 業 時 刻 午 前 7 時 30 分 終 業 時 刻 午 後 4 時 00 分 3 始 業 時 刻 午 前 8 時 00 分 終 業 時 刻 午 後 4 時 30 分 4 始 業 時 刻 午 前 11 時 00 分 終 業 時 刻 午 後 7 時 30 分 5 始 業 時 刻 午 前 11 時 30 分 終 業 時 刻 午 後 8 時 00 分 6 始 業 時 刻 午 後 1 時 00 分 終 業 時 刻 午 後 9 時 30 分 四 第 5 条 第 6 項 の 規 定 の 適 用 を 受 ける 職 員 に 前 2 項 の 規 定 を 適 用 する 場 合 にあっては 始 業 時 刻 を15 分 繰 り 下 げ 又 は 終 業 時 刻 を15 分 繰 り 上 げるものとする ( 育 児 又 は 介 護 を 行 う 職 員 の 早 出 遅 出 勤 務 の 申 出 手 続 等 ) 第 45 条 職 員 は 総 務 部 通 知 で 定 める 様 式 により 早 出 遅 出 勤 務 の 申 出 をする 一 の 期 間 ( 以 下 早 出 遅 出 勤 務 期 間 という )について その 初 日 ( 以 下 早 出 遅 出 勤 務 開 始 日 という ) 及 び 末 日 ( 以 下 早 出 遅 出 勤 務 終 了 日 という )とする 日 を 明 らかにして あらかじめ 前 条 第 1 項 又 は 第 2 項 の 申 出 を 行 うものとする 二 第 39 条 第 2 項 及 び 第 5 項 並 びに 第 42 条 第 3 項 の 規 定 は 早 出 遅 出 勤 務 の 申 出 手 続 について 準 用 する ( 育 児 又 は 介 護 を 行 う 職 員 の 早 出 遅 出 勤 務 の 終 了 等 ) 第 46 条 前 条 第 1 項 の 申 出 がされた 後 早 出 遅 出 勤 務 開 始 日 とされた 日 の 前 日 までに 第 44 条 第 1 項 の 申 出 にあっては 育 児 介 護 規 程 第 7 条 第 3 項 第 1 号 から 第 4 号 まで( 当 該 規 定 の 育 児 休 業 は 早 出 遅 出 勤 務 に 読 み 替 える )に 掲 げるいず れかの 事 由 が 生 じた 場 合 又 はこれらの 事 由 のほか 当 該 申 出 をした 職 員 が 第 44 条 第 1 項 に 規 定 する 職 員 に 該 当 しなくなった 場 合 には 同 条 第 2 項 の 申 出 にあっては 育 児 介 護 規 程 第 14 条 第 3 項 第 1 号 又 は 第 2 号 ( 当 該 規 定 の 介 護 休 業 は 早 出 遅 出 勤 務 に 読 み 替 える )に 掲 げる 事 由 が 生 じた 場 合 には 当 該 申 出 はされなか ったものとみなす 二 早 出 遅 出 勤 務 開 始 日 以 後 早 出 遅 出 勤 務 終 了 日 とされた 日 の 前 日 までに 前 項 に 規 定 するいずれかの 事 由 が 生 じた 場 合 には 前 条 第 1 項 の 申 出 は 当 該 事 由 が 生 じた 日 を 早 出 遅 出 勤 務 期 間 の 末 日 とする 申 出 であったものとみなす 三 第 40 条 第 3 項 及 び 第 4 項 の 規 定 は 前 2 項 に 係 る 手 続 について 準 用 する ( 不 利 益 取 扱 いの 禁 止 ) 第 47 条 職 員 は この 章 による 育 児 又 は 介 護 に 係 る 制 度 を 理 由 として 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けない 第 7 章 雑 則 24

25 ( 別 段 の 取 扱 い) 第 48 条 理 事 長 は この 規 程 に 明 文 の 規 定 がないとき 又 はこの 規 程 により 難 い 特 別 の 事 情 があるときにおいて 別 段 の 取 扱 いを 定 めることができる ( 権 限 の 委 任 ) 第 49 条 理 事 長 は この 規 程 における 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 権 限 の 一 部 を 役 員 又 は 職 員 に 委 任 することができる 附 則 ( 施 行 期 日 ) 第 1 条 この 規 程 は 平 成 18 年 4 月 1 日 から 施 行 する ( 経 過 措 置 ) 第 2 条 この 規 程 の 施 行 日 の 前 日 において 機 構 の 職 員 ( 常 勤 職 員 及 び 非 常 勤 職 員 )で あった 者 が 引 き 続 き 施 行 日 において 機 構 のパーマネント 職 員 となった 場 合 は 当 該 施 行 日 の 前 日 に 保 有 する 権 利 義 務 処 分 期 間 通 算 その 他 これに 類 するものを 承 継 する 附 則 ( 平 成 21 年 5 月 19 日 ) ( 施 行 期 日 ) 第 1 条 この 規 程 は 平 成 21 年 6 月 1 日 から 施 行 する ただし 第 28 条 第 1 項 第 2 号 の 規 定 は 同 年 5 月 21 日 から 施 行 する ( 経 過 措 置 ) 第 2 条 この 規 程 の 施 行 日 の 前 日 において 年 次 有 給 休 暇 の 残 日 数 に 半 日 の 端 数 があ る 場 合 は 当 該 半 日 を4 時 間 とみなす 附 則 ( 平 成 21 年 11 月 17 日 ) この 規 程 は 平 成 21 年 12 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 22 年 6 月 22 日 ) この 規 程 は 平 成 22 年 6 月 30 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 23 年 3 月 22 日 ) この 規 程 は 平 成 23 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 23 年 3 月 29 日 ) この 規 程 は 平 成 23 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 24 年 4 月 5 日 ) この 規 程 は 平 成 24 年 4 月 5 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 24 年 11 月 20 日 ) ( 施 行 期 日 ) 25

26 第 1 条 この 規 程 は 平 成 24 年 12 月 1 日 から 施 行 する ( 経 過 措 置 ) 第 2 条 平 成 24 年 12 月 31 日 において 年 次 有 給 休 暇 の 残 日 数 に15 分 の 端 数 が ある 場 合 は 当 該 15 分 を30 分 と 45 分 の 端 数 がある 場 合 は 当 該 45 分 を1 時 間 とみなす 附 則 ( 平 成 26 年 9 月 2 日 ) この 規 程 は 平 成 26 年 9 月 16 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 28 年 1 月 12 日 ) この 規 程 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 28 年 2 月 23 日 ) この 規 程 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 28 年 3 月 29 日 ) この 規 程 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 施 行 する 26

27 別 表 ( 第 28 条 第 1 項 第 13 号 関 係 ) 死 亡 し た 者 日 数 配 偶 者 7 日 ( 届 出 をしないが 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にある 者 を 含 む ) 父 母 子 祖 父 母 7 日 5 日 3 日 ( 職 員 が 代 襲 相 続 し かつ 祭 具 等 の 承 継 を 受 ける 場 合 にあっては7 日 ) 孫 兄 弟 姉 妹 おじ 又 はおば 1 日 3 日 1 日 ( 職 員 が 代 襲 相 続 し かつ 祭 具 等 の 承 継 を 受 ける 場 合 にあっては7 日 ) 父 母 の 配 偶 者 又 は 配 偶 者 の 父 母 3 日 ( 職 員 と 生 計 を 一 にしていた 場 合 にあっては7 日 ) 子 の 配 偶 者 又 は 配 偶 者 の 子 1 日 ( 職 員 と 生 計 を 一 にしていた 場 合 にあっては5 日 ) 祖 父 母 の 配 偶 者 又 は 配 偶 者 の 祖 父 母 1 日 ( 職 員 と 生 計 を 一 にしていた 場 合 にあっては3 日 ) 兄 弟 姉 妹 の 配 偶 者 又 は 配 偶 者 の 兄 弟 姉 妹 1 日 ( 職 員 と 生 計 を 一 にしていた 場 合 にあっては3 日 ) おじ 又 はおばの 配 偶 者 1 日 27

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す 山 口 県 警 察 に 勤 務 する 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 訓 令 平 成 7 年 3 月 31 日 本 部 訓 令 第 1 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 訓 令 は 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 山 口 県 条 例 第 11 号 以 下 勤 務 時 間 条 例 という ) 及

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 の 労 働 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 3 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63> 東 京 芸 術 大 学 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 21 年 5 月 11 日 平 成 21 年 7 月 17 日 平 成 22 年 3 月 30 日 平 成 22 年 6 月 22 日 第 1 章 総

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1 育 児 介 護 休 業 規 定 第 1 章 目 的 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 定 は 従 業 員 の 育 児 介 護 休 業 育 児 介 護 のための 時 間 外 労 働 および 深 夜 業 の 制 限 並 びに 育 児 介 護 短 時 間 勤 務 等 に 関 する 取 り 扱 いについて 定 めるものである ( 適 用 対 象 者 ) 第 2 章 育 児 休 業 制 度 第 2 条 育

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 施 行 規 程 ( 平 成 10 年 3 月 3 1 日 ) 平 成 10 年 規 程 第 3 号 ( 趣 旨 ) 改 正 平 成 11 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平 成 14 年 2 月 26 日 規 程 第 2 号 平 成 14 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平

More information

は 1 時 間 ( 年 次 有 給 休 暇 5 日 を 限 度 )とすることができる 2 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 年 次 有 給 休 暇 を 日 に 換 算 する 場 合 は 8 時 間 をもって1 日 とする ( 病 気 有 給 休 暇 ) 第 4 条 規 則 第 20 条

は 1 時 間 ( 年 次 有 給 休 暇 5 日 を 限 度 )とすることができる 2 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 年 次 有 給 休 暇 を 日 に 換 算 する 場 合 は 8 時 間 をもって1 日 とする ( 病 気 有 給 休 暇 ) 第 4 条 規 則 第 20 条 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 休 暇 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 27 年 10 月 1 日 一 部 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 別 に 定 めるもののほか 職 員 就 業 規

More information

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 育 児 休 業 等 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 3 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 37 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 国

More information

tokutei2-7.xls

tokutei2-7.xls 出 産 育 児 に 関 する 制 度 一 覧 親 になる ことが 判 明 子 どもが 生 まれる 前 出 産 子 育 て 期 間 中 1 妊 娠 障 害 休 暇 ( 女 性 のみ) 2 妊 娠 中 の 通 勤 緩 和 職 免 ( 女 性 のみ) 3 妊 産 婦 の 就 業 制 限 ( 女 性 のみ) 4 保 健 指 導 職 免 除 ( 女 性 のみ) 5 産 前 産 後 休 暇 ( 女 性 のみ)

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63> 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 (2) 子 が1 歳 に 達 する 日 を 超 えて 雇 用 関 係 が 継 続 することが 見 込 まれること (3) 子 が1 歳 に 達 する 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 労 働 契 約 期 間 が 満 了 し 更 新 されないことが 明 らかでないこと 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人

More information

Taro-◆220630育児休業規程.jtd

Taro-◆220630育児休業規程.jtd 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 36 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 41 条 および 公 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が 子 育 て 支 援 制 度 Q&A ( 平 成 22 年 6 月 30 日 現 在 ) この 度 東 北 大 学 の 子 育 て 支 援 のための 職 員 等 の 休 暇 制 度 育 児 休 業 制 度 を Q&A 方 式 でわかりやすく 説 明 をしましたので ご 活 用 ください なお 不 明 な 点 等 がありましたら 遠 慮 なく 各 部 局 の 人 事 担 当 係 又 は 総 務 部 人

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

子 育 てをサポート サポートする 休 暇 等 制 度 1 出 産 前 後 の 休 暇 休 暇 等 名 称 妊 娠 出 産 後 通 院 休 暇 ( 特 別 休 暇 ) 妊 娠 中 の 職 員 及 び 出 産 後 1 年 以 内 の 職 員 が 保 健 指 導 又 は 健 康 審 査 を 受 ける 場

子 育 てをサポート サポートする 休 暇 等 制 度 1 出 産 前 後 の 休 暇 休 暇 等 名 称 妊 娠 出 産 後 通 院 休 暇 ( 特 別 休 暇 ) 妊 娠 中 の 職 員 及 び 出 産 後 1 年 以 内 の 職 員 が 保 健 指 導 又 は 健 康 審 査 を 受 ける 場 後 期 計 画 の 1 計 画 期 間 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 27 年 3 月 31 日 までの3 年 間 とする 2 具 体 的 な 職 員 が 仕 事 と 子 育 てを 両 立 させることができ 職 員 全 体 が 働 きやすい 環 境 をつくるこ とによって すべての 職 員 がその 能 力 を 十 分 発 揮 できるようにするため 次 の 行 動 計 画 を 策 定

More information

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 給 与 規 程 ( 平 26 規 程 第 75 号 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 海 洋 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 以 下 就

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 17 年 10 月 3 日 規 程 第 50 号 最 終 改 正 平 成 24 年 10 月 24 日 規 程 第 26 号 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就

More information

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章 駐 労 規 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 3 号 改 正 改 正 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 11 号 平 成 18 年 6 月 29 日 駐 労 規 第 13 号 平 成 19 年 7 月 27 日 駐 労 規 第 12 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 駐 労 規 第 8 号 改 正 平 成 22 年 3

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_ 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 全 国 健 康 保 険 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 職 員 ( 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 20 年 規 程 第 4 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 2 条 に 規 定 する 職 員 を いう )に 対 する 退 職 手 当 の 支 給

More information

公平委員会設置条例

公平委員会設置条例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 19 年 条 例 第 13 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 1 条 中 法 を 育 児 休 業 法 に 改 め

More information

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号)

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号) 規 程 第 36 号 理 事 長 決 定 平 成 22 年 1 月 1 日 制 定 施 行 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 25 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 26 年 4 月 1 日 改 正 施 行 日 本 年 金 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 日 本 年 金 機 構 職 員 就 業 規 則 ( 規 程

More information

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又 群 馬 県 市 町 村 会 館 管 理 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 5 年 4 月 1 日 条 例 第 2 号 改 正 平 成 5 年 6 月 8 日 条 例 第 1 号 平 成 7 年 3 月 31 日 条 例 第 4 号 平 成 12 年 2 月 15 日 条 例 第 1 号 平 成 12 年 11 月 10 日 条 例 第 2 号 平 成 14 年 2

More information

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休 - 140 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 12 月 24 日 法 律 第 110 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 新 潟 県 条 例 第 4 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 4 年 3 月 30 日 人 委 規 則 第 14-1 号 ) 育 児 休

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 プロパー 職 員 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 職 員 就 業 規 程 ( 以 下 就 業 規 程 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき プロパー 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする

More information

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 58 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 常 時 勤 務 する 職 員 のうち

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-29 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 20-92 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日

More information

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案)

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案) 公 立 大 学 法 人 秋 田 県 立 大 学 給 与 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 19 号 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 21 年 1 月 17 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 8 月 4 日 改 正 平 成 22 年 10 月 1 日 改 正 平 成 22 年 12 月 22 日 改 正 平 成 23

More information

役員退職手当規程

役員退職手当規程 役 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 5 号 改 正 平 成 16 年 1 月 21 日 規 程 第 21 号 改 正 平 成 23 年 9 月 30 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 25 年 3 月 29 日 規 程 第 10 号 改 正 平 成 27 年 6 月 4 日 規 程 第 4 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立

More information

Microsoft Word - H22.4.1市費産休・育休臨任要綱.doc

Microsoft Word - H22.4.1市費産休・育休臨任要綱.doc 川 崎 市 立 学 校 の 市 費 負 担 教 員 の 出 産 及 び 育 児 休 業 に 伴 う 代 替 教 員 の 臨 時 的 任 用 等 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 崎 市 立 学 校 の 市 費 負 担 教 員 に 係 る 産 休 代 替 教 員 及 び 育 休 代 替 教 員 の 臨 時 的 任 用 勤 務 時 間 給 与 等 に 関 し 必 要

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E937391E58A7782CC88E78E998E78898791CC90A782C982C282A282C481698FED8BCE816A323031332E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E937391E58A7782CC88E78E998E78898791CC90A782C982C282A282C481698FED8BCE816A323031332E646F6378> ( 教 職 員 ) 育 児 を 行 う 教 職 員 への 支 援 ( 多 様 な 働 き 方 の 提 案 ) 休 業 制 度 1. 育 児 休 業 (3 歳 の 誕 生 日 の 前 日 まで) 育 児 介 護 規 程 第 3 条 休 業 し 職 務 を 離 れて 子 を 養 育 できる 制 度 です 2. 育 児 短 時 間 勤 務 ( 小 学 校 3 学 年 の 終 期 まで) 育 児 介 護 規

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57> 平 成 18 年 12 月 平 成 19 年 10 月 ( 追 加 改 正 ) 平 成 20 年 5 月 ( 改 正 ) ポジティブアクション 推 進 プロジェクト 一 人 で 悩 む 前 に まずご 相 談 ください 妊 娠 したのですが どのような 手 続 をすればいいのですか? 産 休 から 育 児 休 暇 への 流 れは 次 の 通 りです 産 前 休 暇 出 産 産 後 休 暇 育 児 休

More information

議案第   号

議案第   号 議 案 第 149 号 宝 塚 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について 宝 塚 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のとおり 制 定 するもの とする 平 成 26 年 (2014 年 )12 月 9 日 提 出 宝 塚 市 長 中 川 智 子 宝 塚 市

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

件名

件名 湖 北 地 域 消 防 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 趣 旨 ) 平 成 18 年 4 月 1 日 条 例 第 15 号 改 正 平 成 20 年 3 月 3 日 条 例 第 2 号 平 成 22 年 3 月 29 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 8 月 26 日 条 例 第 8 号 平 成 22 年 11 月 25 日 条 例 第 12 号 平 成 23

More information

shokuin-taisyoku

shokuin-taisyoku 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 19 号 ) ( 総 則 ) 第 1 条 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 ( 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 第 2 条 に 規

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

Microsoft Word - 16 育児休業手当金(16ikukyuu.pdf)最終版

Microsoft Word - 16 育児休業手当金(16ikukyuu.pdf)最終版 育 児 休 業 手 当 金 1 支 給 要 件 組 合 員 が 育 児 休 業 を 取 得 したときに 支 給 する 2 支 給 期 間 (1) (2) 以 外 の 場 合 は 育 児 休 業 を 開 始 した 日 から 育 児 休 業 に 係 る 子 が1 歳 に 達 する 日 ( 1)( 育 児 休 業 に 係 る 子 が1 歳 に 達 する 日 前 に 育 児 休 業 が 終 了 した 場 合

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 36 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 に 関 し 必 要 な

More information

組合員・会員資格の得喪等について

組合員・会員資格の得喪等について 欠 勤 休 業 等 で 給 与 が 減 額 又 は 無 給 になったとき 共 済 1 傷 病 手 当 金 傷 病 手 当 金 附 加 金 組 合 員 が 公 務 によらない 病 気 やけがによる 療 養 のため 引 き 続 き 勤 務 ができない 場 合 で その 期 間 内 に 給 与 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないとき その 間 の 経 済 的 損 失 を 補 てんし 生 活

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B 務 第 864 号 会 第 972 号 平 成 23 年 12 月 28 日 各 所 属 長 殿 岐 阜 県 警 察 本 部 長 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 要 領 の 制 定 について これまで 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについては 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いに ついて ( 平 成 22 年 9 月 1 日 付 け 務

More information

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329>

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 1 0 号 最 新 改 正 平 成 24 年 12 月 28 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 管 理 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 余 市 町 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 1 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 の 減 免 をする 場 合 に 余 市 町 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 の 交 付 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 この 要 綱 でいう ひとり 親 世 帯 等 とは 保 護 者 又

More information

適 一 覧 表 期 間 の 制 限 手 続 き 勤 務 時 間 適 の 可 否 = 適 = 適 外 = 期 間 により 判 断 するもの える 雇 見 込 みが 雇 保 険 労 災 保 険 1 週 間 の 所 定 時 間 教 育 研 究 事 業 を 行 う 官 公 署 が20 時 間 以 上 かつ

適 一 覧 表 期 間 の 制 限 手 続 き 勤 務 時 間 適 の 可 否 = 適 = 適 外 = 期 間 により 判 断 するもの える 雇 見 込 みが 雇 保 険 労 災 保 険 1 週 間 の 所 定 時 間 教 育 研 究 事 業 を 行 う 官 公 署 が20 時 間 以 上 かつ 適 一 覧 表 期 間 の 制 限 手 続 き える 雇 見 込 みが 適 の 可 否 = 適 = 適 外 = 期 間 により 判 断 するもの 雇 保 険 労 災 保 険 諸 手 当 年 次 有 給 休 暇 その 他 休 暇 1 週 間 の 所 定 時 間 が20 時 間 以 上 か つ31 日 以 上 の 雇 見 込 みがあるこ と 教 育 研 究 事 業 を 行 う 官 公 署 (= 現 業

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事 独 立 行 政 法 人 国 際 観 光 振 興 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 改 正 平 成 18 年 3 月 23 日 規 程 第 6 号 平 成 19 年 8 月 10 日 規 程 第 19 号 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 22 号 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 3 号 平 成 25

More information

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 改 正 平 成 18 年 10 月 2 日 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 改 正 平 成 23 年 10 月 1 日 改 正 平 成 26 年 3 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を 産 休 等 代 替 職 員 制 度 実 施 要 綱 第 1 性 格 及 び 目 的 産 休 等 代 替 職 員 制 度 は 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 又 は 傷 病 のため 長 期 間 にわたって 継 続 する 休 暇 を 必 要 とする 場 合 その 職 員 の 職 務 を 行 わせるための 産 休 等 代 替 職 員 を 当 該 児 童 福 祉 施 設 等 の 長 が

More information

<976C8EAE817995CA8B4C91E6312C328D86976C8EAE2C976C8EAE2831298160283329817A2E786C73>

<976C8EAE817995CA8B4C91E6312C328D86976C8EAE2C976C8EAE2831298160283329817A2E786C73> 新 潟 県 産 休 等 代 替 職 員 制 度 実 施 要 綱 第 1 性 格 及 び 目 的 産 休 代 替 職 員 制 度 は 市 町 村 又 は 社 会 福 祉 法 人 等 が 設 置 する 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 又 は 傷 病 のため 長 期 間 にわたって 継 続 する 休 暇 を 必 要 とす る 場 合 当 該 児 童 福 祉 施 設 等 の 長 がその

More information

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 する 職 員 が 退 職 ( 死 亡 を

More information

Microsoft Word - T2-09-1_紙上Live_独自給付_①_12分_20150525

Microsoft Word - T2-09-1_紙上Live_独自給付_①_12分_20150525 第 1 号 被 保 険 者 の 独 自 給 付 と 脱 退 一 時 金 今 回 の 講 義 では 第 1 号 被 保 険 者 の 独 自 給 付 と 短 期 滞 在 の 外 国 人 に 支 給 される 脱 退 一 時 金 について 学 習 します 付 加 年 金 付 加 年 金 に 関 しては 法 第 43 条 から 法 第 48 条 に 規 定 されています また 付 加 保 険 料 に 関 しては

More information

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ 1. 月 収 額 を 計 算 する 前 に 月 収 額 を 計 算 する 前 に 次 のことを 確 かめてください あなたの 同 居 親 族 又 は 同 居 しようとする 親 族 と 扶 養 親 族 の 数 は 何 人 ですか? 同 居 親 族 とは 入 居 しようとする 親 族 ( 本 人 を 除 く)のことをいいます 扶 養 親 族 とは 入 居 しようとする 扶 養 親 族 及 び 入 居 しない

More information

役員退職金支給規程

役員退職金支給規程 平 成 17 年 10 月 1 日 17( 規 程 ) 第 62 号 ( 改 正 ) 平 成 21 年 12 月 1 日 21( 規 程 ) 第 42 号 ( 改 正 ) 平 成 25 年 3 月 26 日 24( 規 程 ) 第 56 号 ( 改 正 ) 平 成 26 年 6 月 30 日 26( 規 程 ) 第 32 号 ( 改 正 ) 平 成 27 年 4 月 14 日 27( 規 程 ) 第

More information

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】 特 定 任 期 付 職 員 ( 特 定 事 務 ) 給 与 規 程 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 19 年 度 規 程 第 56 号 一 部 改 正 平 成 21 年 3 月 31 日 平 成 20 年 度 規 程 第 45 号 一 部 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 21 年 度 規 程 第 42 号 一 部 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 平 成 21

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20904588F582CC88E78E998B788BC693998FF097E15F81693232944E31318C8E333093FA816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20904588F582CC88E78E998B788BC693998FF097E15F81693232944E31318C8E333093FA816A> 滋 賀 県 市 町 村 職 員 研 修 センター 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 [ 平 成 14 年 4 月 1 日 滋 賀 県 市 町 村 職 員 研 修 センター 条 例 第 8 号 ] 改 正 平 成 15 年 2 月 17 日 条 例 第 2 号 平 成 18 年 2 月 17 日 条 例 第 1 号 平 成 20 年 2 月 29 日 条 例 第 2 号 平 成 21

More information

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正)

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 基 本 年 俸 給 の 決 定 ( 第 8 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 業 績 給 ( 第 12 条 第 13 条 ) 第 4 章 手 当 ( 第 14 条 - 第 40 条 ) 第 5 章 給 与 の 特 例 等 ( 第 41 条

More information

国立大学法人島根大学職員の育児休業等に関する規程

国立大学法人島根大学職員の育児休業等に関する規程 国 立 大 学 法 人 島 根 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 16 年 島 大 規 則 第 17 号 ) ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 平 成 16 年 10 月 27 日 一 部 改 正 平 成 17 年 3 月 8 日 一 部 改 正 平 成 17 年 6 月 22 日 一 部 改 正 平 成 18 年 3 月 22 日 一 部 改

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5 職 員 退 職 金 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 平 成 15 年 規 程 第 10 号 ) 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 19 年 規 程 第 7 号 平 成 20 年 5 月 20 日 平 成 20 年 規 程 第 12 号 平 成 22 年 6 月 23 日 平 成 22 年 規 程 第 15 号 平 成 25 年 9 月 30 日 平 成 25

More information

<4D F736F F D2096F088F582CC8B8B975E814191DE90458EE B4997A B794EF82C98AD682B782E98B4B91A E352E3129>

<4D F736F F D2096F088F582CC8B8B975E814191DE90458EE B4997A B794EF82C98AD682B782E98B4B91A E352E3129> 国 立 大 学 法 人 室 蘭 工 業 大 学 役 員 の 給 与, 退 職 手 当, 紀 律, 旅 費 に 関 する 規 則 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 9 号 改 正 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 125 号 改 正 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 164 号 改 正 平 成 17 年 度 室 工 大 規 則 第 25 号 改 正 平 成 17 年

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

墨 田 区 利 用 調 整 基 準 ( 選 考 基 準 ) () 基 準 指 数 提 出 書 類 を 基 に 保 護 者 の 状 況 の 類 型 を 決 め その 内 容 を 以 下 の 表 にあてはめて 父 母 それぞれの 指 数 を 合 算 し 世 帯 の 基 準 指 数 とします 保 護 者

墨 田 区 利 用 調 整 基 準 ( 選 考 基 準 ) () 基 準 指 数 提 出 書 類 を 基 に 保 護 者 の 状 況 の 類 型 を 決 め その 内 容 を 以 下 の 表 にあてはめて 父 母 それぞれの 指 数 を 合 算 し 世 帯 の 基 準 指 数 とします 保 護 者 H5.9.8 子 ども 子 育 て 会 議 企 画 会 認 可 保 育 施 設 における 利 用 調 整 基 準 ( 選 考 基 準 )の 一 部 見 直 しについて 見 直 しの 理 由 平 成 8 年 用 保 育 施 設 利 用 申 込 みにあたり 平 成 年 の 申 込 状 況 を 踏 まえ 認 可 保 育 施 設 の 利 用 調 整 等 を 検 討 する 中 で 基 準 を 一 部 見 直

More information

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については 2015/3/10 8. 事 例 別 事 務 処 理 へ 職 員 が 満 3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 する 場 合 特 別 な 事 情 がある 場 合 を 除 き1 回 に 限 り 延 長 できる ( 男 性 職 員 の 場 合 は 配 偶 者 の 出 産 後 8 週 間 以 内 に 最 初 の を 取 得 していれば 特 別 な 事 情 がなくても 再 度 取 得 することができる )

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

制 度 名 制 度 の 主 旨 休 業 等 ( 無 給 短 時 間 勤 務 ( 平 成 21 年 4 月 1 日 施 行 ) 3 歳 未 満 ( 3 歳 に 達 す る 日 ( 誕 生 日 の 前 日 )ま で)の 子 を 養 育 す る 職 員 が 一 定 期 間 休 業 することを 認 め られ

制 度 名 制 度 の 主 旨 休 業 等 ( 無 給 短 時 間 勤 務 ( 平 成 21 年 4 月 1 日 施 行 ) 3 歳 未 満 ( 3 歳 に 達 す る 日 ( 誕 生 日 の 前 日 )ま で)の 子 を 養 育 す る 職 員 が 一 定 期 間 休 業 することを 認 め られ ~ 子 どもが 生 まれた( 生 まれる) 教 職 員 の 皆 さんへ ~ 子 育 て に 関 す る 休 暇 制 度 等 の 概 要 教 職 員 の 子 育 てを 支 援 するため 次 のような 休 暇 や 休 業 の 制 度 があります 子 どもが 生 まれる 女 性 職 員 だけでなく 父 親 になった(なる 予 定 の) 男 性 職 員 も こうした 休 暇 制 度 等 を 活 用 しながら

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

5 満 60 歳 以 上 の 祖 父 母 二 親 等 の 直 系 血 族 である 実 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 又 は 養 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 をいう 6 満 22 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 弟

5 満 60 歳 以 上 の 祖 父 母 二 親 等 の 直 系 血 族 である 実 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 又 は 養 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 をいう 6 満 22 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 弟 扶 養 親 族 認 定 事 務 の 取 扱 いについて 昭 和 61 年 6 月 30 日 埼 例 規 第 27 号 務 警 察 本 部 長 扶 養 親 族 認 定 事 務 の 取 扱 いについて( 例 規 通 達 ) 扶 養 手 当 の 認 定 等 については 職 員 の 給 与 に 関 する 条 例 ( 昭 和 27 年 埼 玉 県 条 例 第 19 号 以 下 条 例 という ) 扶 養 手

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information