○○施設指定管理者募集要項(例)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "○○施設指定管理者募集要項(例)"

Transcription

1 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 -

2 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学 習 センターの 設 置 目 的 をより 効 率 的 かつ 効 果 的 に 達 成 するため 指 定 管 理 者 を 次 のと おり 募 集 することとしました 1. 施 設 の 概 要 名 称 大 分 市 情 報 学 習 センター 所 在 地 大 分 市 大 字 荏 隈 309 番 地 の1( 大 分 市 大 石 町 1 丁 目 3 組 ) 開 設 年 月 日 昭 和 54 年 5 月 22 日 敷 地 面 積 3,093m2 建 物 鉄 筋 コンクリート 造 地 下 1 階 地 上 2 階 建 築 面 積 1,522.05m2 延 床 面 積 2,279.64m2 駐 車 場 40 台 図 面 の 詳 細 は 大 分 市 情 報 学 習 センター 施 設 平 面 図 ( 募 集 要 項 別 紙 1)を 参 照 してください 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 管 理 の 基 準 (1) 関 係 法 令 及 び 条 例 を 遵 守 し 適 正 な 管 理 を 行 うこと (2) 平 等 な 利 用 を 確 保 し 公 平 かつ 適 切 なサービスの 提 供 を 行 うこと (3) 本 施 設 及 び 設 備 の 安 全 な 維 持 管 理 を 適 切 に 行 うこと (4) 業 務 に 関 連 して 取 得 した 個 人 に 関 する 情 報 を 適 正 に 取 り 扱 うこと (5)その 他 市 長 等 が 必 要 と 認 める 事 項 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 1 大 分 市 情 報 学 習 センターの 使 用 許 可 に 関 する 業 務 2 大 分 市 情 報 学 習 センターの 使 用 に 係 る 利 用 料 金 の 徴 収 に 関 する 業 務 3 大 分 市 情 報 学 習 センターの 施 設 及 び 設 備 の 維 持 管 理 に 関 する 業 務 4 大 分 市 情 報 学 習 センターの 利 用 促 進 並 びに 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 る 業 務 5その 他 大 分 市 情 報 学 習 センターの 管 理 に 関 して 市 長 等 が 必 要 と 認 める 業 務 (2) 留 意 事 項 1 業 務 内 容 の 詳 細 については 募 集 要 項 に 添 付 する 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 管 理 運 営 仕 様 書 ( 以 下 仕 様 書 という )を 参 照 してください 2 管 理 運 営 業 務 の 全 部 を 第 三 者 に 委 託 し 又 は 請 け 負 わせることはできません ただし 業 務 の 一 部 について 市 長 等 の 承 認 を 受 けた 上 で 専 門 の 事 業 者 に 委 託 することは 可 能 です 3 大 分 市 情 報 学 習 センター 管 理 運 営 業 務 報 告 書 等 により 指 定 管 理 者 の 業 務 が 基 準 を 満 たしていないと 判 断 した 場 合 は 指 示 等 を 行 い 改 善 が 見 られないときは 指 定 を 取 り 消 すことがあります - 1 -

3 4. 目 標 指 数 指 標 1 情 報 モラル 向 上 に 関 する 教 室 のべ 受 講 者 数 平 成 33 年 度 実 績 年 間 3,600 人 以 上 指 標 2 施 設 利 用 者 数 平 成 33 年 度 実 績 年 間 36,000 人 以 上 指 標 3 施 設 外 での 情 報 モラル 向 上 に 関 する 講 演 会 等 のべ 受 講 者 数 平 成 33 年 度 実 績 2,300 人 以 上 指 標 4 ITボランティア iの 手 のべ 活 動 会 員 数 平 成 33 年 度 実 績 年 間 2,900 人 以 上 指 標 4 まなびのガイドアクセス 数 平 成 33 年 度 実 績 年 間 128,000 件 以 上 上 記 指 標 は 大 分 市 情 報 学 習 センターの 管 理 運 営 業 務 に 関 して 本 市 が 設 定 したものです 目 標 指 数 に 関 する 説 明 や 過 去 5 年 間 の 実 績 は 目 標 指 数 に 関 する 大 分 市 情 報 学 習 センター 実 績 (H 23~27 年 ) ( 募 集 要 項 別 紙 2)を 参 照 5. 指 定 期 間 平 成 29 年 4 月 1 日 から 平 成 34 年 3 月 31 日 までの5 年 間 6. 管 理 に 要 する 経 費 等 (1) 利 用 料 金 収 入 等 の 取 扱 い 大 分 市 情 報 学 習 センターの 管 理 運 営 については その 利 用 に 係 る 料 金 を 指 定 管 理 者 が 自 らの 収 入 として 収 受 する 利 用 料 金 制 を 採 用 します 利 用 料 金 については 条 例 等 で 定 める 使 用 料 の 金 額 の 範 囲 で 市 長 等 の 承 認 を 得 て 指 定 管 理 者 が 定 めることができます また 利 用 料 金 以 外 の 事 業 等 に 係 る 料 金 については 市 長 等 の 承 認 を 得 て 指 定 管 理 者 が 定 め 収 入 と することができます 大 分 市 情 報 学 習 センター 条 例 別 表 ( 第 5 条 関 係 ) 施 設 使 用 料 区 分 使 用 料 (1 時 間 につき) 摘 要 AV ホール 1,200 円 1 使 用 時 間 に 1 時 間 未 満 の 端 数 スタジオ 800 円 があるとき 又 はその 使 用 時 間 が 1 時 間 未 満 のときは 1 時 間 とする マルチメディアルーム 210 円 2 冷 暖 房 期 間 中 は 左 記 により 算 情 報 サロン 100 円 定 した 使 用 料 の 4 割 に 相 当 する 額 (その 額 に 10 円 未 満 の 端 数 が 生 じ 研 修 室 円 たときは これを 切 り 捨 てた 額 )を 加 研 修 室 円 算 する 研 修 室 3 コンピュータ 研 修 室 210 円 210 円 - 2 -

4 (2) 施 設 利 用 等 に 係 る 審 査 及 び 処 分 の 基 準 指 定 管 理 者 は 市 長 等 の 承 認 を 得 て 施 設 の 使 用 の 許 可 に 係 る 審 査 基 準 及 び 標 準 処 理 期 間 使 用 料 に 係 る 減 免 基 準 還 付 基 準 及 び 標 準 処 理 期 間 並 びに 許 可 の 取 消 し 等 に 係 る 処 分 基 準 を 定 めるものとします なお 詳 細 は 大 分 市 情 報 学 習 センター 使 用 料 減 免 審 査 基 準 ( 別 添 : 関 連 法 令 及 び 条 例 等 3)を 参 照 してください (3) 指 定 管 理 料 適 正 に 算 出 された 本 施 設 の 管 理 運 営 経 費 の 合 計 金 額 から 事 業 提 案 に 基 づき 事 業 が 実 施 された 場 合 に 想 定 される 当 該 利 用 料 金 収 入 等 を 差 し 引 いた 額 ( 自 主 事 業 分 を 含 む )を 指 定 管 理 料 として 本 市 が 指 定 管 理 者 に 支 払 うものとします 指 定 管 理 料 = 管 理 運 営 経 費 - 利 用 料 金 収 入 等 なお 指 定 管 理 料 は 毎 年 度 予 算 の 範 囲 内 で 本 市 と 指 定 管 理 者 が 協 議 の 上 決 定 するものとします (4) 指 定 期 間 内 (5 年 間 )における 指 定 管 理 料 総 額 の 上 限 額 190,000,000 円 ( 消 費 税 地 方 消 費 税 その 他 一 切 の 経 費 を 含 む ) 消 費 税 率 が 変 更 された 場 合 は 本 市 と 指 定 管 理 者 が 協 議 の 上 で 変 更 する 場 合 があります 過 去 の 収 支 状 況 及 び 利 用 状 況 については 参 考 資 料 でご 確 認 ください 詳 細 は 大 分 市 情 報 学 習 センター 施 設 経 費 等 ( 募 集 要 項 別 紙 3)を 参 照 してください (5) 指 定 管 理 料 の 支 払 事 業 年 度 (4 月 1 日 から 翌 年 3 月 31 日 まで)ごとに 指 定 管 理 料 を 決 定 し その 指 定 管 理 料 を 支 払 います また 平 成 30 年 度 以 降 の 指 定 管 理 料 の 支 払 いについて 初 年 度 の 成 果 目 標 実 績 業 務 実 績 等 を 鑑 み 達 成 結 果 を 評 価 し 指 定 管 理 料 に 反 映 させる 場 合 があります なお 支 払 金 額 及 び 方 法 等 は 協 定 書 に 定 めます 併 せて 指 定 管 理 準 備 期 間 中 に 市 が 受 け 取 った 使 用 料 は 指 定 期 間 開 始 後 に 支 払 う 予 定 です (6) 区 分 会 計 の 独 立 と 管 理 口 座 指 定 管 理 者 は 指 定 管 理 者 の 業 務 に 係 る 会 計 帳 簿 類 及 び 経 理 規 定 を 設 けるとともに 収 入 及 び 経 費 に ついては 独 立 した 別 の 口 座 で 管 理 してください また 他 の 公 の 施 設 の 指 定 も 受 ける 場 合 は 原 則 として1 施 設 1 口 座 とし 他 の 公 の 施 設 の 管 理 口 座 とは 別 の 口 座 で 管 理 してください (7) 消 費 税 について この 施 設 は 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 課 税 対 象 となります (8) 施 設 等 の 修 繕 について 施 設 又 は 設 備 が 毀 損 した 場 合 の 修 繕 料 は 指 定 管 理 者 の 負 担 とします ただし 大 規 模 修 繕 等 (50 万 円 を 超 えると 市 長 等 が 認 めるもの)は 事 業 計 画 において 提 示 のあった 金 額 を 参 考 に 修 繕 等 の 内 容 を 精 査 のうえ 毎 年 度 に 予 算 の 範 囲 内 で 市 が 修 繕 等 を 行 うこととし 修 繕 等 の 実 施 時 期 は 指 定 管 理 者 との 協 議 により 決 定 します - 3 -

5 (9) 備 品 等 について 備 品 等 の 管 理 購 入 その 他 の 取 扱 いについては 募 集 要 項 に 添 付 する 仕 様 書 及 び 大 分 市 情 報 学 習 セ ンターの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 に 定 めるところによるものとします 7. 指 定 管 理 者 の 応 募 資 格 等 (1) 応 募 資 格 1 応 募 者 は 法 人 その 他 の 団 体 ( 以 下 団 体 等 という ) 又 は 複 数 の 団 体 等 により 構 成 された 共 同 企 業 体 等 ( 以 下 共 同 企 業 体 等 という )であって 指 定 期 間 中 安 全 かつ 円 滑 に 大 分 市 情 報 学 習 センターの 管 理 運 営 を 行 うことができるものとします 2 応 募 者 ( 共 同 企 業 体 等 の 場 合 は 代 表 構 成 員 である 団 体 等 をいう )は 申 請 時 において 大 分 市 内 に 事 務 所 又 は 事 業 所 を 置 き 又 は 指 定 管 理 期 間 開 始 までに 事 務 所 又 は 事 業 所 を 置 こうとする 団 体 等 でなけ ればなりません (2) 共 同 企 業 体 等 の 応 募 について 1 共 同 企 業 体 等 で 応 募 する 場 合 は 応 募 時 に 共 同 企 業 体 等 を 結 成 することとします 2 構 成 員 の 中 から 代 表 構 成 員 を 定 めてください ( 代 表 構 成 員 は 資 本 金 等 が 多 い 団 体 がなるものとします 資 本 金 等 がない 場 合 は 社 員 等 の 多 い 団 体 とします ) 3 協 定 書 の 締 結 に 当 たっては 共 同 企 業 体 等 の 構 成 員 すべてを 協 定 の 当 事 者 とします 4 選 定 後 の 協 議 は 代 表 構 成 員 を 中 心 に 行 いますが 協 定 書 に 関 する 責 任 は 共 同 企 業 体 の 構 成 員 のす べてが 負 うことになります (3) 複 数 応 募 の 禁 止 1 単 独 で 応 募 した 団 体 等 は 共 同 企 業 体 等 で 応 募 することはできません 2 共 同 企 業 体 等 で 応 募 した 団 体 等 は 他 の 共 同 企 業 体 等 の 構 成 員 となることはできません (4) 共 同 企 業 体 等 の 構 成 員 の 変 更 共 同 企 業 体 等 で 応 募 した 場 合 その 構 成 員 の 変 更 は 原 則 として 認 めません (5) 欠 格 条 項 次 に 該 当 する 団 体 等 ( 共 同 企 業 体 等 の 構 成 員 である 団 体 等 を 含 む )は 応 募 者 となることができません 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の 4 の 規 定 に 該 当 する 団 体 等 2 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 244 条 の 2 第 11 項 の 規 定 により 本 市 又 は 他 の 地 方 公 共 団 体 から 指 定 管 理 者 の 指 定 を 取 り 消 され 2 年 ( 他 の 地 方 公 共 団 体 の 場 合 は 1 年 )を 経 過 しない 団 体 等 3 大 分 市 建 設 工 事 等 に 係 る 指 名 停 止 等 の 措 置 に 関 する 要 領 ( 平 成 12 年 大 分 市 告 示 第 477 号 ) 又 は 大 分 市 物 品 等 供 給 契 約 に 係 る 指 名 停 止 基 準 ( 平 成 2 年 大 分 市 告 示 第 347 号 )に 基 づく 指 名 停 止 措 置 を 受 けてい る 団 体 等 4 会 社 更 生 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 154 号 ) 民 事 再 生 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 225 号 ) 等 に 基 づく 再 生 手 続 等 を 行 っている 団 体 等 又 は 銀 行 取 引 停 止 主 要 取 引 先 からの 取 引 停 止 等 の 事 実 があり 客 観 的 に 経 営 状 況 が 不 健 全 であると 判 断 されるもの 5 法 人 市 民 税 法 人 事 業 所 税 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 について 過 去 1 年 間 に 滞 納 がある 団 体 等 6 指 定 を 請 負 とみなした 場 合 に 地 方 自 治 法 第 92 条 の 2 第 142 条 ( 同 法 第 166 条 第 2 項 において 準 用 す る 場 合 を 含 む ) 又 は 第 180 条 の 5 第 6 項 の 規 定 に 抵 触 する 本 市 の 議 員 市 長 副 市 長 委 員 会 の 委 員 長 又 は 委 員 が 支 配 人 無 限 責 任 社 員 取 締 役 監 査 役 若 しくはこれらに 準 ずべき 地 位 に 就 任 している 団 体 等 ( 本 市 が 資 本 金 その 他 これに 準 ずるものを 出 資 している 団 体 等 を 除 く ) - 4 -

6 7 応 募 者 となる 団 体 等 が 次 のいずれかに 該 当 するとき Ⅰ 役 員 等 が 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 暴 力 団 対 策 法 という ) 第 2 条 第 6 号 に 規 定 する 暴 力 団 員 ( 以 下 暴 力 団 員 という )であると 認 められるとき Ⅱ 暴 力 団 ( 暴 力 団 対 策 法 第 2 条 第 2 号 に 規 定 する 暴 力 団 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 暴 力 団 員 が 経 営 に 実 質 的 に 関 与 していると 認 められるとき Ⅲ 役 員 等 が 自 己 自 社 若 しくは 第 三 者 の 不 正 の 利 益 を 図 る 目 的 又 は 第 三 者 に 損 害 を 加 える 目 的 をもって 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 を 利 用 するなどしたと 認 められるとき Ⅳ 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 に 対 して 資 金 等 を 供 給 し 又 は 便 宜 を 供 与 するなど 直 接 的 あるいは 積 極 的 に 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 協 力 し 又 は 関 与 していると 認 められるとき Ⅴ 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 と 社 会 的 に 非 難 されるべき 関 係 を 有 していると 認 められるとき ( 注 ) 指 定 申 請 時 点 で 欠 格 条 項 に 該 当 しなかった 団 体 等 が 以 後 欠 格 条 項 に 該 当 することとなっ た 場 合 は 指 定 管 理 者 の 指 定 を 行 わず 又 は 指 定 の 取 消 し 等 を 行 うことがあります 8. 指 定 管 理 者 が 果 たすべき 責 任 (1) 法 令 等 の 遵 守 指 定 管 理 者 は 施 設 の 管 理 に 当 たっては 次 に 掲 げる 法 令 を 遵 守 しなければなりません 1 地 方 自 治 法 地 方 自 治 法 施 行 令 その 他 行 政 関 連 法 規 2 大 分 市 情 報 学 習 センター 条 例 及 び 条 例 施 行 規 則 3 大 分 市 個 人 情 報 保 護 条 例 ( 平 成 14 年 大 分 市 条 例 第 36 号 ) 大 分 市 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 16 年 大 分 市 条 例 第 3 号 ) 大 分 市 暴 力 団 排 除 条 例 ( 平 成 23 年 大 分 市 条 例 第 19 号 ) 4 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) 労 働 安 全 衛 生 法 ( 昭 和 47 年 法 律 第 57 号 ) 最 低 賃 金 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 137 号 )ほか 労 働 関 係 法 規 5その 他 関 係 法 令 等 別 添 の 関 連 法 令 及 び 条 例 等 を 参 照 してください (2) 安 全 管 理 指 定 管 理 者 は 安 全 管 理 の 徹 底 のため 法 令 等 を 遵 守 した 対 応 マニュアル( 以 下 安 全 管 理 マニュアル という )を 作 成 し 従 事 者 に 周 知 徹 底 を 図 り 安 全 対 策 に 万 全 を 期 さなければなりません (3) 個 人 情 報 の 保 護 指 定 管 理 者 が 施 設 の 管 理 を 行 うに 当 たり 個 人 情 報 を 取 り 扱 う 場 合 は その 取 り 扱 いに 十 分 留 意 し 漏 洩 滅 失 及 びき 損 の 防 止 その 他 の 個 人 情 報 の 適 切 な 管 理 に 努 め 個 人 情 報 を 保 護 するために 個 人 情 報 保 護 取 扱 規 程 を 定 める 等 必 要 な 措 置 を 講 じなければなりません 個 人 情 報 の 漏 洩 等 の 行 為 に 対 しては 大 分 市 個 人 情 報 保 護 条 例 に 基 づく 罰 則 が 適 用 されます (4) 情 報 公 開 指 定 管 理 者 が 管 理 を 行 うに 当 たり 作 成 し 又 は 取 得 した 文 書 等 で 指 定 管 理 者 が 管 理 しているものの 公 開 については 別 途 指 定 管 理 者 において 規 程 を 定 めるなど 適 正 な 情 報 公 開 に 努 めなければなりません (5) 文 書 の 管 理 保 存 指 定 管 理 者 が 業 務 に 伴 い 作 成 し 又 は 受 領 する 文 書 等 は 大 分 市 文 書 規 程 等 に 基 づいて 別 途 指 定 管 理 者 において 規 程 等 を 定 め 適 正 に 管 理 保 存 しなければなりません また 指 定 期 間 終 了 時 に 本 市 の 指 示 に 従 って 引 き 渡 さなければなりません - 5 -

7 (6) 守 秘 義 務 指 定 管 理 者 及 びその 従 事 者 は 施 設 の 管 理 を 行 うに 当 たり 業 務 上 知 り 得 た 内 容 を 第 三 者 に 漏 らしたり 自 己 の 利 益 のために 使 用 してはいけません 指 定 管 理 者 の 指 定 期 間 が 終 了 した 後 又 は 従 事 者 がその 職 を 退 いた 後 においても 同 様 とします 9. 募 集 要 項 の 配 布 期 間 現 地 説 明 会 等 (1) 募 集 要 項 等 配 布 配 布 期 間 : 平 成 28 年 9 月 15 日 ( 木 )8 時 30 分 から 平 成 28 年 10 月 14 日 ( 金 )17 時 00 分 まで 配 布 場 所 : 大 分 市 教 育 委 員 会 社 会 教 育 課 ( 市 役 所 第 2 庁 舎 4 階 ) (2) 現 地 説 明 会 開 催 日 時 : 平 成 28 年 9 月 30 日 ( 金 )14 時 ~16 時 開 催 場 所 : 大 分 市 情 報 学 習 センター 参 加 申 込 : 参 加 される 場 合 は 9 月 27 日 ( 火 )17 時 までに 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 に 係 る 現 地 説 明 会 参 加 申 込 書 により 大 分 市 教 育 委 員 会 社 会 教 育 課 に 申 し 込 んでください なお 申 し 込 み 状 況 によっては 参 加 人 数 を 制 限 する 場 合 があります (3) 募 集 要 項 等 に 関 する 質 問 書 の 受 付 募 集 要 項 等 の 内 容 に 関 する 質 問 を 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 等 に 関 する 質 問 書 により 次 のとおり 受 け 付 けます 質 問 書 受 付 期 限 ( 初 回 ): 平 成 25 年 9 月 22 日 ( 木 )17 時 質 問 書 受 付 期 限 ( 最 終 ): 平 成 25 年 10 月 3 日 ( 月 )17 時 質 問 書 提 出 場 所 : 大 分 市 教 育 委 員 会 社 会 教 育 課 ( 市 役 所 第 2 庁 舎 4 階 ) 提 出 方 法 : 持 参 郵 送 又 はファクシミリ( 電 話 でのご 質 問 は 受 け 付 けません ) 10. 指 定 申 請 書 等 の 提 出 (1) 提 出 書 類 書 類 名 備 考 1 指 定 管 理 者 指 定 申 請 書 2 管 理 運 営 事 業 計 画 書 (29 年 度 ~33 年 度 ) 3 管 理 運 営 収 支 予 算 書 (29 年 度 ~33 年 度 ) 4 応 募 資 格 がある 旨 の 誓 約 書 5 定 款 又 は 寄 附 行 為 及 び 登 記 事 項 証 明 書 の 謄 本 ( 法 人 以 外 の 団 体 は これらに 相 当 する 書 類 ) 6 指 定 申 請 の 日 の 属 する 事 業 年 度 の 前 事 業 年 度 における 団 体 等 の 財 産 目 録 及 び 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 等 の 財 務 諸 表 7 指 定 申 請 の 日 の 属 する 事 業 年 度 及 び 当 該 事 業 年 度 の 翌 年 度 事 業 における 団 体 等 の 事 業 計 画 書 及 び 損 益 計 算 書 又 は 収 支 予 算 書 8 団 体 等 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 事 項 を 記 載 した 書 類 指 定 申 請 の 日 の 属 する 事 業 年 度 に 設 立 された 団 体 等 にあっては そ の 設 立 時 における 財 産 目 録 設 立 趣 旨 従 事 者 数 資 本 金 の 額 その 他 経 営 規 模 等 - 6 -

8 9 団 体 等 が 現 に 行 っている 業 務 の 概 要 を 記 載 した 書 類 事 業 内 容 等 10 税 の 滞 納 がないことを 証 明 するもの 27 年 度 分 ( 国 県 市 税 納 税 証 明 書 又 は 非 課 税 証 明 書 ) 11 労 働 者 災 害 保 険 に 加 入 していることを 証 する 書 類 ( 写 し) 従 事 者 を 雇 用 していない 事 業 者 は 除 く 12その 他 市 長 等 が 必 要 と 認 める 書 類 (2) 提 出 期 間 : 平 成 28 年 10 月 3 日 ( 月 )から 平 成 28 年 10 月 14 日 ( 金 )まで( 土 日 を 除 く ) 受 付 時 間 は 午 前 8 時 30 分 から 午 後 5 時 00 分 までとします 提 出 期 限 後 の 変 更 及 び 追 加 は 認 めません (3) 提 出 場 所 : 大 分 市 教 育 委 員 会 社 会 教 育 課 ( 市 役 所 第 2 庁 舎 4 階 ) (4) 提 出 方 法 : 指 定 申 請 書 等 11 部 ( 正 本 1 部 副 本 10 部 )を 上 記 に 定 める 提 出 場 所 に 持 参 し 又 は 郵 送 して ください 提 出 は 上 記 方 法 に 限 り ファクシミリ 等 による 提 出 は 受 理 しません 要 求 した 内 容 以 外 の 書 類 図 面 等 についても 受 理 しません (5) 提 出 に 当 たっての 留 意 事 項 1 提 出 書 類 の 変 更 の 禁 止 提 出 された 書 類 の 内 容 を 変 更 することはできません ( 軽 微 な 変 更 を 除 く ) 2 提 出 書 類 の 取 扱 い 提 出 書 類 の 著 作 権 は 申 請 者 に 帰 属 します ただし 本 市 は 指 定 管 理 者 の 決 定 の 公 表 等 必 要 な 場 合 は 提 出 書 類 の 内 容 を 無 償 で 使 用 できるものとします なお 提 出 書 類 は 理 由 の 如 何 にかかわらず 返 却 しま せん 3 申 請 の 辞 退 申 請 書 類 を 提 出 した 後 に 辞 退 する 場 合 は 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 辞 退 届 を 提 出 してく ださい 4 提 出 書 類 の 使 用 言 語 提 出 書 類 の 作 成 に 当 たっては 日 本 語 を 使 用 してください 5 虚 偽 の 記 載 をした 場 合 の 無 効 申 請 書 類 に 虚 偽 の 記 載 があった 場 合 は 失 格 とします 6 個 別 接 触 の 禁 止 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 予 定 者 選 定 等 委 員 会 の 委 員 本 市 の 職 員 その 他 本 件 関 係 者 に 対 す る 本 件 申 請 についての 個 別 接 触 を 禁 止 します 7 情 報 公 開 提 出 書 類 は 大 分 市 情 報 公 開 条 例 の 規 定 に 基 づき 公 開 することがあります 8 追 加 資 料 の 提 出 本 市 が 必 要 と 認 める 場 合 は 追 加 資 料 の 提 出 を 求 めることがあります 9 応 募 に 関 する 費 用 負 担 応 募 に 際 して 必 要 な 費 用 は 応 募 者 負 担 とします - 7 -

9 11. 応 募 者 による 提 案 応 募 者 は 次 に 掲 げる 事 項 について 事 業 計 画 書 により 提 案 することとします (1) 施 設 の 設 置 目 的 等 を 踏 まえた 管 理 運 営 の 基 本 的 考 え 方 等 1 情 報 モラルを 向 上 させるための 具 体 的 な 方 策 2 施 設 を 有 効 活 用 するための 具 体 的 な 方 策 (2) 施 設 の 管 理 運 営 に 関 する 達 成 目 標 ( 本 市 が 設 定 した 目 標 指 標 に 対 するもの 及 び 応 募 者 が 独 自 に 掲 げ る 具 体 的 な 目 標 数 値 等 ) (3) 利 用 者 のサービス 向 上 及 び 施 設 の 利 用 促 進 についての 考 え 方 等 1 利 用 者 サービスを 向 上 させるための 具 体 的 な 方 策 利 用 時 間 休 館 日 利 用 料 金 等 の 変 更 利 用 者 の 要 望 の 把 握 方 法 等 2 利 用 者 増 のための 考 え 方 等 自 主 事 業 広 報 計 画 等 ( 注 ) 自 主 事 業 は 仕 様 書 に 記 載 された 業 務 以 外 で 指 定 管 理 者 が 自 主 的 に 実 施 するものであって 公 の 施 設 の 設 置 目 的 に 沿 い 市 民 の 利 用 に 支 障 を 来 たさないものであり かつ 本 市 の 承 認 した 事 業 に 限 り 実 施 できるものとします (4) 安 心 安 全 面 からの 管 理 運 営 の 具 体 策 等 (5) 施 設 の 平 等 な 利 用 の 確 保 の 手 法 等 (6) 予 算 計 画 1 管 理 経 費 の 効 率 化 につながる 方 策 25 年 間 の 収 支 計 画 (7) 施 設 の 管 理 運 営 体 制 等 1 職 員 の 配 置 と 勤 務 体 制 2 職 員 の 研 修 計 画 (8) 個 人 情 報 保 護 の 考 え 方 等 (9)その 他 アピールポイント 等 - 8 -

10 12. 指 定 管 理 者 と 本 市 の 責 任 分 担 等 本 市 と 指 定 管 理 者 の 責 任 分 担 は 概 ね 次 表 のとおりとし 詳 細 は 協 定 書 等 で 定 めます (: 原 則 として 責 任 がある 〇 : 一 部 責 任 を 負 う 場 合 がある ) 項 目 本 市 指 定 管 理 者 事 業 運 営 に 影 響 のある 法 令 の 変 更 資 金 調 達 物 価 ( 指 定 後 のインフレ デフレ) 金 利 の 変 動 不 可 抗 力 による 業 務 の 変 更 中 止 等 協 議 事 項 本 市 の 責 任 による 業 務 の 中 止 等 指 定 管 理 者 の 責 任 による 業 務 の 中 止 等 指 定 管 理 者 の 事 業 放 棄 破 綻 申 請 費 用 の 負 担 施 設 運 営 の 引 継 ぎコストの 負 担 施 設 競 合 による 利 用 者 減 収 入 減 当 初 の 需 要 見 込 みと 異 なる 状 況 本 市 以 外 の 要 因 による 運 営 費 の 増 加 本 市 の 協 定 内 容 の 不 履 行 指 定 管 理 者 の 事 由 による 業 務 及 び 協 定 内 容 の 不 履 行 要 求 水 準 の 不 適 合 管 理 運 営 機 械 設 備 の 保 守 点 検 ( 法 定 を 含 む ) 備 品 の 購 入 及 び 管 理 必 要 な 消 耗 品 の 購 入 不 可 抗 力 による 施 設 の 修 繕 等 協 議 事 項 不 可 抗 力 以 外 の 施 設 の 修 繕 等 (1 件 50 万 円 超 ) (1 件 50 万 円 以 内 ) 施 設 の 法 的 管 理 ( 利 用 許 可 目 的 外 使 用 許 可 ) ( 目 的 外 使 用 許 可 ) ( 利 用 許 可 ) 苦 情 対 応 事 故 対 応 災 害 時 対 応 〇 ( 指 示 等 ) 災 害 復 旧 包 括 的 管 理 責 任 利 用 者 に 係 る 賠 償 責 任 保 険 の 加 入 火 災 保 険 の 加 入 施 設 の 管 理 瑕 疵 により 損 害 が 生 じたとき 施 設 の 設 置 瑕 疵 により 損 害 が 生 じたとき 備 考 上 記 に 含 まれない 事 項 は 本 市 と 指 定 管 理 者 間 の 協 議 によるものとします 利 用 者 の 責 に 帰 すべき 事 由 による 損 傷 で その 利 用 者 が 特 定 できる 場 合 における 損 害 回 復 等 についての 交 渉 は 指 定 管 理 者 が 行 うものとします 指 定 管 理 者 の 責 に 帰 すべき 事 由 により 生 じた 損 害 について 本 市 が 損 害 を 賠 償 したときは 本 市 は 指 定 管 理 者 に 求 償 権 を 有 するものとします - 9 -

11 13. 指 定 管 理 者 の 選 定 方 法 提 出 した 書 類 及 びヒアリングによる 選 考 (1) 選 定 手 続 1 選 定 の 手 順 Ⅰ 募 集 及 び 選 定 は 公 募 型 プロポ-ザル 方 式 とします Ⅱ 申 請 書 の 受 理 後 社 会 教 育 課 において 資 格 審 査 を 行 います Ⅲ 外 部 の 学 識 経 験 者 等 計 6 名 により 構 成 された 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 予 定 者 等 選 定 委 員 会 ( 以 下 選 定 委 員 会 という )において 選 定 基 準 に 基 づき 書 類 審 査 及 びヒアリングにより 審 査 を 行 います なお 選 定 委 員 会 の 会 議 は 非 公 開 とします Ⅳ 選 定 委 員 会 において 指 定 管 理 者 の 予 定 者 を 選 定 します Ⅴ 指 定 管 理 者 の 指 定 は 平 成 28 年 第 4 回 大 分 市 議 会 定 例 会 での 議 決 を 経 て 市 長 等 が 行 います 2ヒアリング Ⅰ 選 定 委 員 会 においては 応 募 者 からヒアリングを 実 施 する 予 定 です Ⅱ 実 施 方 法 は 応 募 者 の 代 表 者 等 (3 名 まで 出 席 可 )から 事 業 計 画 書 等 についての 説 明 及 び 選 定 委 員 会 の 委 員 からの 質 疑 とします Ⅲ ヒアリングに 要 する 経 費 は すべて 応 募 者 の 負 担 とします (2) 選 定 結 果 の 通 知 公 表 選 定 結 果 については 平 成 28 年 11 月 に 申 請 者 全 員 に 対 して 郵 送 にて 通 知 します 14. 指 定 管 理 者 の 選 定 基 準 指 定 管 理 者 の 選 定 に 当 たって その 基 準 となる 要 件 は 次 のとおり( 次 ページ)とします 1 当 該 公 の 施 設 の 効 用 を 最 大 限 に 発 揮 させる 内 容 の 事 業 計 画 書 を 作 成 した 者 であること 2 事 業 計 画 書 に 沿 った 管 理 を 安 定 して 行 う 能 力 を 有 する 者 であること 3 当 該 公 の 施 設 の 管 理 を 行 うに 当 たり 平 等 な 利 用 を 確 保 できる 者 であること 4その 他 市 長 等 が 必 要 と 認 める 事 項

12 選 定 基 準 条 例 に 規 定 する 要 件 1. 施 設 の 効 用 の 最 大 限 の 発 揮 審 査 の 視 点 情 報 モラル の 向 上 施 設 活 用 提 案 市 民 対 応 具 体 的 な 選 定 項 目 情 報 モラルの 向 上 のための 効 果 的 な 本 業 務 や 自 主 事 業 の 提 案 は 適 切 か 配 点 特 に 優 れ てい る 優 れ てい る 採 点 基 準 40 情 報 モラルの 向 上 のための 具 体 的 な 実 績 はあるか 施 設 の 各 部 屋 や 設 備 等 特 性 を 考 慮 した 自 主 事 業 の 提 案 は 適 切 か 休 館 日 の 設 定 や 利 用 可 能 な 時 間 使 用 料 の 設 定 や 備 品 整 備 など 貸 館 事 業 の 提 案 は 適 切 か 広 報 など 施 設 の 情 報 発 信 のための 提 案 は 適 切 か 40 普 通 や や 劣 っ てい る 劣 っ てい る 利 用 者 の 苦 情 や 要 望 意 見 を 把 握 し 対 応 する 方 法 は 適 切 か 経 費 縮 減 収 支 計 画 の 積 算 が 明 確 で 施 設 の 管 理 費 用 が 縮 減 される 実 現 可 能 な 提 案 は 適 切 か 安 定 管 理 物 的 能 力 管 理 運 営 を 継 続 的 安 定 的 に 行 うための 経 営 規 模 財 務 体 質 は 適 切 か 安 全 管 理 危 機 管 理 個 人 情 報 保 護 情 報 公 開 で 必 要 な 措 置 を 講 じる 提 案 は 適 切 か 能 力 人 的 能 力 団 体 内 における 役 割 分 担 や 責 任 体 制 は 明 確 かつ 適 当 か 業 務 の 実 施 に 関 し 資 格 者 を 含 め 適 切 な 人 員 配 置 や 勤 務 体 制 教 育 研 修 体 制 は 適 切 か 平 等 な 利 用 の 確 保 公 共 性 事 業 計 画 の 内 容 が 公 共 性 を 確 保 するものとなっているか 責 任 を 持 った 市 民 対 応 ができる 能 力 を 有 しているか その 他 雇 用 地 元 雇 用 や 障 がい 者 の 雇 用 に 関 する 取 組 実 績 や 計 画 は 適 切 か 計 200 採 点 の 基 準 特 に 優 れている 得 点 を 配 点 の10 割 優 れている 得 点 を 配 点 の 8 割 普 通 得 点 を 配 点 の 5 割 やや 劣 っている 得 点 を 配 点 の 2 割 劣 っている 得 点 を 配 点 の 0 割

13 15. 決 定 までのスケジュ-ル 1 募 集 要 項 配 布 期 間 平 成 28 年 9 月 15 日 ( 木 )~ 10 月 14 日 ( 金 ) 2 質 問 書 受 付 期 限 ( 初 回 ) 平 成 28 年 9 月 22 日 ( 木 ) 3 現 地 説 明 会 平 成 28 年 9 月 30 日 ( 金 ) 4 質 問 書 受 付 期 間 ( 第 1 回 目 ) 平 成 28 年 9 月 15 日 ( 木 )~ 9 月 22 日 ( 木 ) 5 質 問 書 受 付 期 間 ( 第 2 回 目 ) 平 成 28 年 9 月 23 日 ( 金 )~ 10 月 3 日 ( 月 ) 6 申 請 書 受 付 期 間 平 成 28 年 10 月 3 日 ( 月 )~ 10 月 14 日 ( 金 ) 7 選 定 委 員 会 ヒアリング 平 成 28 年 10 月 24 日 ( 月 ) 8 選 定 結 果 通 知 公 表 平 成 28 年 11 月 28 日 ( 月 )( 予 定 ) 9 議 会 における 議 決 平 成 28 年 12 月 14 日 ( 水 )( 予 定 ) 10 指 定 管 理 者 の 指 定 の 告 示 平 成 28 年 12 月 26 日 ( 月 )( 予 定 ) 11 基 本 協 定 書 の 締 結 平 成 29 年 3 月 20 日 ( 月 )( 予 定 ) 12 年 度 協 定 書 の 締 結 平 成 29 年 3 月 27 日 ( 月 )( 予 定 ) 13 指 定 管 理 者 による 管 理 の 開 始 平 成 29 年 4 月 1 日 ( 土 )( 予 定 ) 16. 協 定 の 締 結 指 定 管 理 者 の 指 定 の 後 に 施 設 の 管 理 業 務 に 関 し 包 括 的 な 事 項 を 定 めた 基 本 協 定 書 及 び 各 年 度 の 実 施 事 項 等 を 定 めた 年 度 協 定 書 を 締 結 します 詳 細 については 別 添 の 基 本 協 定 書 ( 案 ) 及 び 年 度 協 定 書 ( 案 )に 基 づき 協 議 の 上 当 該 協 定 書 を 締 結 します (1) 基 本 協 定 書 に 盛 り 込 む 事 項 1 総 則 協 定 の 趣 旨 目 的 管 理 物 件 指 定 期 間 等 2 本 業 務 等 の 範 囲 と 実 施 条 件 指 定 管 理 者 が 行 う 本 業 務 及 び 自 主 事 業 の 範 囲 等 3 本 業 務 等 の 実 施 業 務 の 実 施 開 業 準 備 第 三 者 委 託 管 理 物 件 の 修 繕 等 安 全 管 理 等 個 人 情 報 保 護 情 報 公 開 従 事 者 研 修 等 4 備 品 等 の 取 扱 い 備 品 等 の 貸 与 等 5 本 市 の 確 認 事 項 年 度 事 業 計 画 書 業 務 報 告 書 モニタリング 改 善 指 示 等 6 指 定 管 理 料 及 び 利 用 料 金 指 定 管 理 料 の 支 払 利 用 料 金 7 損 害 賠 償 及 び 不 可 抗 力 損 害 賠 償 等 第 三 者 への 賠 償 保 険 不 可 抗 力 による 損 害 等 責 任 分 担 8 指 定 期 間 の 満 了 業 務 の 引 継 ぎ 原 状 回 復 義 務 備 品 等 の 引 継 ぎ 等 9 指 定 の 取 消 し 等 指 定 の 取 消 事 由 等 10その 他 権 利 又 は 義 務 の 譲 渡 の 禁 止 専 用 口 座 の 開 設 疑 義 の 協 議 等

14 (2) 協 定 が 締 結 できない 場 合 の 措 置 等 指 定 管 理 者 が 協 定 の 締 結 までに 次 に 掲 げる 事 項 に 該 当 するときは その 指 定 を 取 り 消 し 協 定 を 締 結 しないことがあります 1 正 当 な 理 由 なくして 協 定 の 締 結 に 応 じないとき 2 財 務 状 況 の 悪 化 等 により 管 理 業 務 の 履 行 が 確 実 でないと 認 められるとき 3 著 しく 社 会 的 信 用 を 損 なう 等 により 指 定 管 理 者 としてふさわしくないと 認 められるとき 17. 事 業 実 施 状 況 の 監 視 等 (1) 管 理 運 営 状 況 に 関 するモニタリング 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 実 施 状 況 を 把 握 し 良 好 な 管 理 運 営 状 況 を 確 保 するために 本 市 は 定 期 的 及 び 随 時 にモニタリングを 実 施 します 指 定 管 理 者 は 本 市 が 指 定 する 報 告 書 を 提 出 する 義 務 があり 運 営 状 況 が 適 正 でないと 認 められる 場 合 は 本 市 は 指 定 管 理 者 に 対 して 改 善 等 必 要 な 指 示 を 行 い 指 定 管 理 者 は 速 やかに 措 置 を 講 ずるものとします (2) 施 設 利 用 者 の 意 見 苦 情 等 の 聴 取 施 設 利 用 者 の 利 便 性 の 向 上 等 の 観 点 から 施 設 利 用 者 の 意 見 苦 情 等 の 聴 取 結 果 及 び 業 務 改 善 への 反 映 状 況 について 本 市 に 報 告 することとします (3) 帳 簿 類 等 の 提 出 要 求 監 査 委 員 等 が 監 査 等 をするために 必 要 があると 認 める 場 合 は 指 定 管 理 者 に 対 して 帳 簿 書 類 その 他 の 記 録 の 提 出 を 求 める 場 合 があります 18.その 他 の 事 項 (1) 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すべき 事 由 による 指 定 の 取 消 し 等 1 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 認 めるときは 指 定 を 取 り 消 し 又 は 期 間 を 定 めて 本 業 務 等 の 全 部 若 しくは 一 部 の 停 止 を 命 ずることができるものとします Ⅰ 指 定 管 理 者 が 本 協 定 関 係 法 令 等 に 違 反 する 等 不 正 行 為 を 行 ったとき Ⅱ 指 定 管 理 者 が 本 市 に 対 し 虚 偽 の 報 告 をし 又 は 正 当 な 理 由 なく 報 告 等 を 拒 んだとき Ⅲ 指 定 管 理 者 が 応 募 資 格 要 件 に 該 当 しなくなったとき Ⅳ 指 定 管 理 者 が 経 営 状 況 の 悪 化 などにより 本 業 務 等 を 行 うことが 不 可 能 又 は 著 しく 困 難 となった とき Ⅴ 指 定 管 理 者 の 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 と 社 会 的 に 非 難 されるべき 関 係 を 有 していると 認 め るとき Ⅵ その 他 市 長 等 が 必 要 と 認 めるとき 2 上 記 の 取 消 し 等 の 事 由 により 本 市 が 指 定 を 取 り 消 し 又 は 期 間 を 定 めて 本 業 務 等 の 全 部 若 しくは 一 部 の 停 止 を 命 じた 場 合 において 本 市 に 損 害 が 生 じた 場 合 は 指 定 管 理 者 は 本 市 にその 損 害 を 賠 償 しなければならないものとします この 場 合 において 指 定 管 理 者 に 損 害 損 失 や 増 加 費 用 が 生 じても 本 市 はその 賠 償 の 責 めを 負 わないものとします 3 指 定 管 理 者 は 上 記 の 取 消 事 由 のⅢ 若 しくはⅣに 該 当 することとなった 場 合 又 はそのおそれがあ

15 る 場 合 は 速 やかに 本 市 に 報 告 しなければなりません (2) 不 可 抗 力 等 による 指 定 の 取 消 し 等 不 可 抗 力 その 他 本 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 することができない 事 由 により 業 務 の 継 続 が 困 難 となった 場 合 は 双 方 協 議 の 上 指 定 の 取 消 し 又 は 業 務 の 全 部 または 一 部 の 停 止 を 行 うことができ るものとします この 場 合 において 取 消 し 等 により 発 生 する 損 害 等 の 負 担 については 協 議 の 上 決 定 します (3)その 他 協 議 すべき 事 項 協 定 書 に 定 めのない 事 項 及 び 疑 義 が 生 じた 場 合 は 本 市 及 び 指 定 管 理 者 双 方 が 誠 意 をもって 協 議 するものとします (4) 業 務 の 引 継 ぎについて 指 定 期 間 の 終 了 又 は 指 定 の 取 消 し 等 により 本 市 又 は 本 市 が 指 定 する 者 に 業 務 を 引 き 継 ぐ 場 合 は 円 滑 な 引 継 ぎに 協 力 していただきます (5) 事 業 所 税 について 利 用 料 金 制 を 適 用 している 公 の 施 設 の 事 業 については 指 定 管 理 者 に 事 業 所 税 ( 資 産 割 従 業 者 割 )が 課 税 される 場 合 があります ( 総 収 入 に 占 める 指 定 管 理 費 の 割 合 が 一 定 割 合 に 満 たず 事 業 自 体 が 指 定 管 理 者 と 判 断 される 場 合 一 定 割 合 とは おおむね 5 割 ) 事 業 所 税 の 資 産 割 については 市 内 の 全 事 業 所 の 合 計 床 面 積 が 800 m2を 越 えると 申 告 義 務 が 生 じ 1,000m2を 超 えると 課 税 対 象 となります また 従 業 者 割 については 市 内 の 全 事 業 所 の 従 業 員 数 が80 人 を 越 えると 申 告 義 務 が 生 じ 100 人 を 超 えると 課 税 対 象 となります 詳 しくは 担 当 課 ( 税 制 課 諸 税 担 当 班 / 電 話 )にお 尋 ねください 19. 問 合 せ 先 大 分 市 教 育 部 社 会 教 育 課 ( 市 役 所 第 2 庁 舎 4 階 ) 大 分 市 荷 揚 町 2 番 31 号 電 話 ( 内 線 2044) FAX

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

施 設 内 容 : 展 示 室 (2) 旧 体 育 館 延 床 面 積 : m2 構 造 階 高 : 鉄 骨 造 1 階 建 建 築 年 : 昭 和 49 年 施 設 内 容 : 展 示 室 3 施 設 管 理 に 関 する 条 例 等 十 日 町 市 里 山 文 化 交 流 施 設

施 設 内 容 : 展 示 室 (2) 旧 体 育 館 延 床 面 積 : m2 構 造 階 高 : 鉄 骨 造 1 階 建 建 築 年 : 昭 和 49 年 施 設 内 容 : 展 示 室 3 施 設 管 理 に 関 する 条 例 等 十 日 町 市 里 山 文 化 交 流 施 設 十 日 町 市 里 山 文 化 交 流 施 設 東 川 美 術 館 指 定 管 理 者 募 集 要 項 指 定 管 理 者 制 度 は 市 が 指 定 する 民 間 事 業 者 等 に 施 設 の 管 理 運 営 業 務 を 代 行 していた だく 制 度 で 民 間 事 業 者 が 有 する 発 想 やノウハウを 活 用 し サービスの 向 上 と 管 理 運 営 経 費 の 縮 減 を 図 るものです

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3 販 路 拡 大 促 進 事 業 委 託 業 務 プロポーザル 募 集 要 項 留 意 事 項 平 成 28 年 第 1 回 岐 阜 県 議 会 定 例 会 おいて 本 事 業 係 る 予 算 案 が 可 決 成 立 しな い 場 合 は 今 回 の 企 画 提 案 よる 委 託 業 務 の 執 行 は 行 いませんので 予 めご 承 知 願 いま す なお 上 記 伴 い プロポーザル 参 加 者

More information

豊中市立特別養護老人ホームほづみ

豊中市立特別養護老人ホームほづみ 豊 中 市 立 介 護 老 人 保 健 施 設 指 定 管 理 者 提 案 要 項 平 成 27 年 (2015 年 )5 月 豊 中 市 健 康 福 祉 部 保 健 所 保 健 医 療 課 1. 基 本 的 事 項... 1 (1) 指 定 管 理 者 選 定 の 趣 旨... 1 (2) 基 本 条 件 運 営 方 針... 2 (3) 施 設 の 概 要... 3 2. 管 理 運 営 業 務

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

8

8 平 成 28 年 度 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 所 整 備 事 業 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 八 尾 市 地 域 福 祉 部 高 齢 介 護 課 1 0 1. 募 集 の 趣 旨 八 尾 市 ( 以 下 市 という )では 第 6 期 八 尾 市 高 齢 者 保 健 福 祉 計 画 及 び 介 護 保 険 事 業 計 画 ( 以 下 第 6 期 計

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

6 設 計 業 務 委 託 契 約 の 締 結 に 関 する 支 援 (3) 設 計 者 の 指 導 及 び 調 整 1 設 計 スケジュールの 管 理 2 設 計 進 捗 の 確 認 3 設 計 内 容 のチェック 及 び 改 善 指 導 4 工 事 費 積 算 書 のチェック 及 び 改 善 指

6 設 計 業 務 委 託 契 約 の 締 結 に 関 する 支 援 (3) 設 計 者 の 指 導 及 び 調 整 1 設 計 スケジュールの 管 理 2 設 計 進 捗 の 確 認 3 設 計 内 容 のチェック 及 び 改 善 指 導 4 工 事 費 積 算 書 のチェック 及 び 改 善 指 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 施 設 改 修 工 事 等 に 関 する コンストラクション マネジメント 業 務 委 託 事 業 者 募 集 要 項 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 は 平 成 25 年 度 から 平 成 27 年 度 において 実 施 が 予 定 される 施 設 改 修 工 事

More information

祇園新橋歴史的建造物活用事業

祇園新橋歴史的建造物活用事業 1. 事 業 の 概 要 祇 園 は, 祇 園 社 をはじめとする 鴨 東 の 寺 社 や 鴨 川 に 接 して 開 け, 中 世 以 来, 風 雅 で 格 調 高 い 芸 能 や 庶 民 文 化 が 育 まれてきました そして, 江 戸 初 期 に 完 成 した 鴨 川 の 築 提 工 事 は 鴨 東 への 市 街 地 の 拡 大 と 遊 興 の 地 としての 祇 園 の 発 展 をさらにすすめることとな

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

阿 南 市 情 報 文 化 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 目 次 1 指 定 管 理 者 募 集 の 趣 旨 P1 2 施 設 の 概 要 P1 (1) 設 置 目 的 (2) 施 設 内 容 等 (3) 利 用 時 間 (4) 休 館 日 (5) 施 設 の 利 用 料 金 (6)

阿 南 市 情 報 文 化 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 目 次 1 指 定 管 理 者 募 集 の 趣 旨 P1 2 施 設 の 概 要 P1 (1) 設 置 目 的 (2) 施 設 内 容 等 (3) 利 用 時 間 (4) 休 館 日 (5) 施 設 の 利 用 料 金 (6) 阿 南 市 情 報 文 化 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 7 月 阿 南 市 市 民 部 文 化 振 興 課 阿 南 市 情 報 文 化 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 目 次 1 指 定 管 理 者 募 集 の 趣 旨 P1 2 施 設 の 概 要 P1 (1) 設 置 目 的 (2) 施 設 内 容 等 (3) 利 用 時 間 (4) 休 館 日

More information

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63>

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63> すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 ( 平 成 29 年 4 月 1 日 ~ 平 成 34 年 3 月 31 日 分 ) 小 林 市 須 木 庁 舎 地 域 振 興 課 1 すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 すきむらんどの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 等 は この 仕 様 書 ( 以 下 本 仕 様 書 と いう)による

More information

 この業務仕様書は、指定管理者が行う下関市勤労青少年ホーム(以下「ホーム」という

 この業務仕様書は、指定管理者が行う下関市勤労青少年ホーム(以下「ホーム」という 下 関 市 デイサービスセンター ほのぼの 指 定 管 理 者 の 指 定 に 係 る 申 込 要 項 平 成 27 年 10 月 下 関 市 目 次 1 施 設 の 概 要 1 2 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 2 3 今 後 のスケジュール 2 4 指 定 期 間 3 5 申 込 資 格 3 6 申 込 条 件 3 7 申 込 書 類 申 込 方 法 等 4 8 選 定 ( 審 査 )の

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

Taro 宮崎県営住宅指定管理

Taro 宮崎県営住宅指定管理 愛 媛 県 県 営 住 宅 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 愛 媛 県 目 次 第 1 県 営 住 宅 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 事 項 1 1 管 理 に 係 る 基 本 理 念 1 2 関 係 規 定 の 遵 守 1 3 管 理 運 営 を 行 うにあたっての 留 意 事 項 2 第 2 指 定 管 理 者 が 管 理 を 行 う 県 営 住 宅 3 第 3 業 務

More information

Ⅰ 事 業 の 概 要 急 速 に 過 疎 化 が 進 んでいる 丸 岡 町 竹 田 地 域 に 活 力 を 与 え 定 住 促 進 及 び 地 域 間 交 流 を 促 進 するため 平 成 26 年 3 月 に 廃 校 となった 旧 竹 田 小 学 校 の 校 舎 の 利 活 用 について 地 区

Ⅰ 事 業 の 概 要 急 速 に 過 疎 化 が 進 んでいる 丸 岡 町 竹 田 地 域 に 活 力 を 与 え 定 住 促 進 及 び 地 域 間 交 流 を 促 進 するため 平 成 26 年 3 月 に 廃 校 となった 旧 竹 田 小 学 校 の 校 舎 の 利 活 用 について 地 区 坂 井 市 旧 竹 田 小 学 校 校 舎 等 利 活 用 改 修 工 事 設 計 者 選 定 プロポーザル 募 集 要 領 平 成 26 年 7 月 7 日 平 成 26 年 8 月 20 日 一 部 修 正 坂 井 市 役 所 総 務 部 企 画 情 報 課 Ⅰ 事 業 の 概 要 急 速 に 過 疎 化 が 進 んでいる 丸 岡 町 竹 田 地 域 に 活 力 を 与 え 定 住 促 進 及

More information

目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び 開 館 日 2 4 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 2

目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び 開 館 日 2 4 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 2 佐 賀 市 文 化 交 流 プラザ 指 定 管 理 者 管 理 運 営 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 8 月 佐 賀 市 経 済 部 商 業 振 興 課 目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び

More information

独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 監 査 を 行 う 会 計 監 査 人 の 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 要 領 国 立 研 究 開 発 国 立 環 境 研 究 所 は 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 によ

独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 監 査 を 行 う 会 計 監 査 人 の 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 要 領 国 立 研 究 開 発 国 立 環 境 研 究 所 は 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 によ 会 計 監 査 人 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 説 明 書 ( 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 会 計 監 査 人 業 務 ( 平 成 28 年 度 から 平 成 32 年 度 )) 平 成 28 年 9 月 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に

More information

浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 電 気 ) を 受 注 していない 者 ⑶ 資 格 者 名 簿 における 建 築 一 式 工 事 の 格 付 がA 等 級 である 者 ⑷ 千 葉 県 内 に 本 店 又 は 建 設 業 法 に 基 づく 許 可 を 得 た 営 業 所 が

浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 電 気 ) を 受 注 していない 者 ⑶ 資 格 者 名 簿 における 建 築 一 式 工 事 の 格 付 がA 等 級 である 者 ⑷ 千 葉 県 内 に 本 店 又 は 建 設 業 法 に 基 づく 許 可 を 得 た 営 業 所 が 公 益 財 団 法 人 千 葉 県 下 水 道 公 社 建 設 工 事 一 般 競 争 入 札 公 告 第 11 号 袖 ケ 浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 建 築 )の 一 般 競 争 入 札 の 実 施 について 一 般 競 争 入 札 を 次 のとおり 実 施 する 平 成 25 年 10 月 2 日 公 益 財 団 法 人 千 葉 県 下 水 道 公 社 理 事

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

( 審 査 委 員 会 の 設 置 ) 第 5 条 前 条 の 規 定 によりプロポーザル 方 式 の 実 施 が 決 定 したときは, 所 管 課 長 は 対 象 業 務 の 内 容 に 合 わせてプロポーザル 方 式 受 託 者 特 定 審 査 委 員 会 ( 以 下 審 査 委 員 会 とい

( 審 査 委 員 会 の 設 置 ) 第 5 条 前 条 の 規 定 によりプロポーザル 方 式 の 実 施 が 決 定 したときは, 所 管 課 長 は 対 象 業 務 の 内 容 に 合 わせてプロポーザル 方 式 受 託 者 特 定 審 査 委 員 会 ( 以 下 審 査 委 員 会 とい 小 松 島 市 プロポーザル 方 式 実 施 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 市 が 発 注 する 企 画 調 査, 計 画, 設 計 等 の 業 務 のうち, 高 度 な 技 術 又 は 専 門 的 な 知 識 を 必 要 とする 業 務 等 の 契 約 に 当 たり, 当 該 業 務 に 係 る 提 案 を 求 め, 当 該 業 務 の 目 的 及 び 内 容 に 最 も

More information

神栖市児童館指定管理業務仕様書

神栖市児童館指定管理業務仕様書 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 8 月 茨 城 県 神 栖 市 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 児 童 館 等 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 は, 募 集 要 項 のほかこの 仕 様 書 による 第 1 管 理 運 営 の 基 本 方 針 児 童 館 は, 地 域 児 童 の 健

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

01

01 業 務 契 約 書 ( 案 ) 1 業 務 名 国 有 財 産 分 筆 測 量 業 務 ( 釧 路 市 千 歳 町 ほか) 2 業 務 場 所 釧 路 市 千 歳 町 58-1 58-8 川 上 郡 弟 子 屈 町 泉 1 丁 目 51 3 履 行 期 間 平 成 28 年 月 日 から ( 契 約 締 結 の 翌 日 から) 平 成 28 年 3 月 16 日 まで 4 契 約 金 額 円 (うち

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408 梅 雨 前 線 豪 雨 等 被 災 農 業 者 向 け 経 営 体 育 成 支 援 事 業 実 施 要 領 第 1 趣 旨 平 成 24 年 6 月 8 日 から7 月 23 日 までの 間 の 豪 雨 及 び 暴 風 雨 による 農 業 被 害 ( 以 下 気 象 災 害 による 農 業 被 害 という )により 農 産 物 の 生 産 に 必 要 な 施 設 が 倒 壊 し 農 業 経 営 の

More information

- 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申 込 順 に よ る 売 却 1 申

- 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申 込 順 に よ る 売 却 1 申 先 着 申 込 順 による 市 有 財 産 ( 土 地 ) 売 却 実 施 要 領 物 件 案 内 平 成 27 年 度 阿 賀 野 市 - 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各 入 札 参 加 時 の 遵 守 事 項 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 決 裁 ) 羽 生 市 発 注 工 事 及 び 委 託 の 入 札 及 び 施 工 等 に 当 たっては 下 記 の 事 項 を 遵 守 してください なお 請 け 負 った 工 事 等 の 一 部 を 下 請 させるときは 下 請 負 者 に 対 し この 遵 守 事 項 について 周 知 し また これらの 従 事 する

More information

2

2 東 村 山 市 民 スポーツセンター 指 定 管 理 者 公 募 要 項 平 成 23 年 10 月 東 村 山 市 教 育 委 員 会 2 目 次 東 村 山 市 民 スポーツセンター 指 定 管 理 者 公 募 要 項 1 指 定 管 理 者 制 度 導 入 の 目 的 7 2 公 募 の 概 要 7 (1) 対 象 施 設 7 (2) 主 催 者 7 (3) 指 定 期 間 7 (4) 指 定

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

1 趣 旨 目 的 尾 道 市 しまなみ 海 道 レンタサイクル 貸 出 事 業 ( 以 下 事 業 という )は サイクリン グを 通 じた 地 域 間 交 流 の 促 進 及 び 観 光 誘 客 による 地 域 振 興 を 目 的 とした 公 的 事 業 として 平 成 19 年 4 月 1 日

1 趣 旨 目 的 尾 道 市 しまなみ 海 道 レンタサイクル 貸 出 事 業 ( 以 下 事 業 という )は サイクリン グを 通 じた 地 域 間 交 流 の 促 進 及 び 観 光 誘 客 による 地 域 振 興 を 目 的 とした 公 的 事 業 として 平 成 19 年 4 月 1 日 尾 道 市 しまなみ 海 道 レンタサイクル 貸 出 事 業 運 営 事 業 者 公 募 要 項 平 成 28 年 2 月 10 日 尾 道 市 1 趣 旨 目 的 尾 道 市 しまなみ 海 道 レンタサイクル 貸 出 事 業 ( 以 下 事 業 という )は サイクリン グを 通 じた 地 域 間 交 流 の 促 進 及 び 観 光 誘 客 による 地 域 振 興 を 目 的 とした 公 的 事

More information

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交 常 陸 大 宮 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は, 常 陸 大 宮 市 ( 以 下 甲 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 委 託 業 務 という )について 必 要 な 事 項 を 定 め, 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は,この 仕 様 書 に 基 づき,

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 平 成 24 年 10 月 沼 津 市 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 ( 以 下 温 泉 施 設 という )の 指 定 管 理 業 務 は 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例 ( 以 下 条 例 という ) 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例

More information

6. 予 算 限 度 額 総 額 4,273,000 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む) 以 内 とする なお この 予 算 限 度 額 には 返 礼 品 代 は 含 まれない 7. 受 注 決 定 までの 事 務 手 順 項 目 日 程 プロポーザル 公 募 要 項 の

6. 予 算 限 度 額 総 額 4,273,000 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む) 以 内 とする なお この 予 算 限 度 額 には 返 礼 品 代 は 含 まれない 7. 受 注 決 定 までの 事 務 手 順 項 目 日 程 プロポーザル 公 募 要 項 の 南 相 馬 市 ふるさと 応 援 寄 附 金 推 進 業 務 プロポーザル 募 集 要 項 1. 目 的 南 相 馬 市 が 行 う 南 相 馬 市 ふるさと 応 援 寄 附 金 のインターネットを 利 用 した 受 付 サイ ト 構 築 返 礼 品 等 に 関 連 する 業 務 及 びその 他 関 連 業 務 の 代 行 業 務 に 関 し 事 業 者 を 選 定 するため 公 募 型 プロポーザル(

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

連 がある 者 でないこと (5) 自 己 又 は 自 己 の 役 員 等 が 次 のいずれにも 該 当 しない 者 であること 及 び 次 に 掲 げる 者 が その 経 営 に 実 質 的 に 関 与 していない 者 であること ア 暴 力 団 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の

連 がある 者 でないこと (5) 自 己 又 は 自 己 の 役 員 等 が 次 のいずれにも 該 当 しない 者 であること 及 び 次 に 掲 げる 者 が その 経 営 に 実 質 的 に 関 与 していない 者 であること ア 暴 力 団 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 平 成 28 年 3 月 8 日 社 会 医 療 法 人 社 団 大 久 保 病 院 理 事 長 大 久 保 健 作 大 久 保 病 院 救 急 外 来 等 増 改 築 工 事 請 負 契 約 に 係 る 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 について ( 公 告 ) 大 久 保 病 院 救 急 外 来 等 増 改 築 工 事 請 負 契 約 に 係 る 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 を

More information

及 び その 他 食 品 衛 生 及 び 公 衆 衛 生 に 関 する 法 律 等 遵 守 することはもとより 文 部 科 学 省 学 校 給 食 衛 生 管 理 基 準 に 準 拠 しつつ 別 添 資 料 4 八 尾 市 中 学 校 給 食 衛 生 管 理 基 準 に 基 づき 適 正 に 行 う

及 び その 他 食 品 衛 生 及 び 公 衆 衛 生 に 関 する 法 律 等 遵 守 することはもとより 文 部 科 学 省 学 校 給 食 衛 生 管 理 基 準 に 準 拠 しつつ 別 添 資 料 4 八 尾 市 中 学 校 給 食 衛 生 管 理 基 準 に 基 づき 適 正 に 行 う 八 尾 市 中 学 校 給 食 調 理 業 務 委 託 プロポーザル 実 施 要 領 1. 目 的 本 市 においては 平 成 26 年 12 月 に 策 定 した 八 尾 市 中 学 校 給 食 の 実 施 に 係 る 基 本 方 針 に 基 づき 平 成 28 年 1 月 より 市 内 中 学 校 11 校 で 平 成 28 年 4 月 より 4 校 で 家 庭 弁 当 と 併 用 した 選 択

More information

(Microsoft Word - 1. \225\345\217W\227v\227\314.doc)

(Microsoft Word - 1. \225\345\217W\227v\227\314.doc) 宗 像 沖 ノ 島 と 関 連 遺 産 群 世 界 遺 産 登 録 推 薦 書 ( 原 案 ) 作 成 支 援 業 務 委 託 に 係 る 企 画 提 案 (プロポーザル プロポーザル) 募 集 要 領 平 成 24 年 6 月 宗 像 沖 ノ 島 と 関 連 遺 産 群 世 界 遺 産 推 進 会 議 宗 像 沖 ノ 島 と 関 連 遺 産 群 世 界 遺 産 登 録 推 薦 書 ( 原 案 )

More information

公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指針針針針

公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指針針針針 港 区 立 区 民 斎 場 やすらぎ 会 館 管 理 運 営 に 関 す る 基 本 協 定 書 港 区 港 区 葬 祭 業 組 合 港 区 立 区 民 斎 場 やすらぎ 会 館 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 協 定 書 港 区 長 ( 以 下 甲 という ) と 地 方 自 治 法 ( 昭 和 2 2 年 法 律 第 6 7 号 ) 第 244 条 の2 及 び 港 区 立 区 民 斎

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477>

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477> 市 有 財 産 公 売 ( 一 般 競 争 入 札 ) 応 募 要 領 [ 平 成 28 年 度 ] 宇 都 宮 市 経 済 部 商 工 振 興 課 028-632-2433 公 売 物 件 一 覧 表 1 物 件 及 び 現 地 説 明 日 時 物 件 番 号 物 件 の 所 在 実 測 面 積 現 況 地 目 最 低 入 札 価 格 現 地 説 明 日 時 1 宇 都 宮 市 ゆいの 杜 8 丁

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

目 次 1 施 設 の 概 要 1 2 申 請 資 格 等 2 3 申 請 の 手 続 2 4 申 請 のための 書 類 4 5 選 定 方 法 等 5 6 指 定 管 理 業 務 開 始 までのスケジュール( 予 定 ) 7 7 選 定 過 程 等 の 公 表 について 8 8 指 定 期 間 (

目 次 1 施 設 の 概 要 1 2 申 請 資 格 等 2 3 申 請 の 手 続 2 4 申 請 のための 書 類 4 5 選 定 方 法 等 5 6 指 定 管 理 業 務 開 始 までのスケジュール( 予 定 ) 7 7 選 定 過 程 等 の 公 表 について 8 8 指 定 期 間 ( 三 崎 漁 港 本 港 特 別 泊 地 本 港 環 境 整 備 施 設 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 27 年 4 月 神 奈 川 県 環 境 農 政 局 水 緑 部 水 産 課 目 次 1 施 設 の 概 要 1 2 申 請 資 格 等 2 3 申 請 の 手 続 2 4 申 請 のための 書 類 4 5 選 定 方 法 等 5 6 指 定 管 理 業 務 開 始 までのスケジュール(

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

2 代 金 の 請 求 及 び 受 領 に 関 する 一 切 の 権 限 3 復 代 理 人 選 任 に 関 する 一 切 の 権 限 4 契 約 の 締 結 及 び 履 行 に 関 する 一 切 の 権 限 5 上 記 に 附 帯 する 一 切 の 権 限 (6) 過 去 15 年 間 同 種 業

2 代 金 の 請 求 及 び 受 領 に 関 する 一 切 の 権 限 3 復 代 理 人 選 任 に 関 する 一 切 の 権 限 4 契 約 の 締 結 及 び 履 行 に 関 する 一 切 の 権 限 5 上 記 に 附 帯 する 一 切 の 権 限 (6) 過 去 15 年 間 同 種 業 別 記 第 2 号 千 葉 県 道 路 公 社 一 般 競 争 入 札 公 告 第 4 号 千 葉 外 房 有 料 道 路 料 金 徴 収 業 務 委 託 の 一 般 競 争 入 札 の 実 施 について 平 成 27 年 12 月 21 日 千 葉 県 道 路 公 社 理 事 長 金 谷 隆 司 1 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 (1) 委 託 名 千 葉 外 房 有 料 道 路

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

事 業 の 趣 旨 現 在 東 京 は かつて 経 験 したことのないほど 急 速 に 少 子 高 齢 化 が 進 展 しています とりわ け 東 京 の 合 計 特 殊 出 生 率 は 1.15( 平 成 26 年 )と 全 国 最 低 であり 少 子 化 の 進 行 は 顕 著 です 少 子 化

事 業 の 趣 旨 現 在 東 京 は かつて 経 験 したことのないほど 急 速 に 少 子 高 齢 化 が 進 展 しています とりわ け 東 京 の 合 計 特 殊 出 生 率 は 1.15( 平 成 26 年 )と 全 国 最 低 であり 少 子 化 の 進 行 は 顕 著 です 少 子 化 平 成 28 年 度 東 京 子 育 て 応 援 事 業 公 募 要 項 平 成 28 年 3 月 公 益 財 団 法 人 東 京 都 福 祉 保 健 財 団 事 業 の 趣 旨 現 在 東 京 は かつて 経 験 したことのないほど 急 速 に 少 子 高 齢 化 が 進 展 しています とりわ け 東 京 の 合 計 特 殊 出 生 率 は 1.15( 平 成 26 年 )と 全 国 最 低 であり

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

発 表 集 本 文 構 成 構 成 印 刷 色 頁 枚 数 備 考 局 長 挨 拶 3 両 面 モノクロ 目 次 5 (ページ 番 号 はつけない) 発 表 会 写 真 両 面 6 (ページ 番 号 はつけない)3 枚 目 の 裏 白 紙 Ⅰ 森 林 技 術 部 門 片 面 2 (ページ 番 号 は

発 表 集 本 文 構 成 構 成 印 刷 色 頁 枚 数 備 考 局 長 挨 拶 3 両 面 モノクロ 目 次 5 (ページ 番 号 はつけない) 発 表 会 写 真 両 面 6 (ページ 番 号 はつけない)3 枚 目 の 裏 白 紙 Ⅰ 森 林 技 術 部 門 片 面 2 (ページ 番 号 は 仕 様 書 1, 件 名 平 成 27 年 度 北 の 国 森 林 づくり 技 術 交 流 発 表 集 印 刷 2, 規 格 A4 版 簡 易 製 本 無 線 綴 じ 300 部 表 紙 :モノクロ 印 刷 表 表 紙 2 頁 裏 表 紙 2 頁 計 4 頁 本 文 :モノクロ 14 頁 ( 白 紙 片 面 印 刷 の 裏 面 1 頁 ) カラー 232 頁 ( 白 紙 片 面 印 刷 の 裏 面

More information

業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水

業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水 網 走 市 水 道 事 業 検 針 収 納 等 業 務 委 託 業 務 仕 様 書 網 走 市 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水 道

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 建 設 業 法 令 遵 守 について 平 成 24 年 11 月 28 日 近 畿 地 方 整 備 局 建 政 部 建 設 産 業 課 1 建 設 業 法 の 目 的 と 建 設 業 許 可 について 2 1 の 効 請 仕 力 負 事 を は 生 の ずる 結 当 果 事 に 者 対 の してその 一 方 がある 報 酬 仕 を 事 支 を 払 完 うことを 成 することを 約 することによって

More information

質 疑 回 答 平 成 26 年 11 月 11 日 ( 火 ) 3 技 術 提 案 及 びVE 提 案 の 提 出 VE 提 案 書 の 提 出 期 間 平 成 26 年 11 月 12 日 ( 水 )~ 平 成 26 年 11 月 18 日 ( 火 ) 技 術 提 案 書 の 提 出 期 間 平

質 疑 回 答 平 成 26 年 11 月 11 日 ( 火 ) 3 技 術 提 案 及 びVE 提 案 の 提 出 VE 提 案 書 の 提 出 期 間 平 成 26 年 11 月 12 日 ( 水 )~ 平 成 26 年 11 月 18 日 ( 火 ) 技 術 提 案 書 の 提 出 期 間 平 新 城 市 新 庁 舎 建 設 工 事 施 工 候 補 者 選 定 プロポーザル 実 施 要 項 Ⅰ 一 般 事 項 1 目 的 新 城 市 は 新 庁 舎 の 建 設 にあたり 新 城 市 新 庁 舎 基 本 構 想 で 示 した 新 庁 舎 の 基 本 理 ひ と 念 である 市 民 まち 未 来 が 見 える 新 城 型 庁 舎 を 最 もコストパフォーマ ンスに 優 れた 形 で 実 現 するため

More information

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10 入 札 及 び 契 約 心 得 航 空 自 衛 隊 第 3 輸 送 航 空 隊 基 地 業 務 群 会 計 隊 契 約 班 目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効

More information

3 参 加 資 格 つぎの 条 件 をすべて 満 たすこと ⑴ 提 案 書 提 出 時 において 練 馬 区 での 入 札 参 加 資 格 を 有 していること ⑵ 他 自 治 体 で 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 窓 口 受 付 事 務 電 話 受 付 事 務 収 納 事 務 入 力 お

3 参 加 資 格 つぎの 条 件 をすべて 満 たすこと ⑴ 提 案 書 提 出 時 において 練 馬 区 での 入 札 参 加 資 格 を 有 していること ⑵ 他 自 治 体 で 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 窓 口 受 付 事 務 電 話 受 付 事 務 収 納 事 務 入 力 お 平 成 2 8 年 9 月 2 0 日 練 馬 区 区 民 部 国 保 年 金 課 練 馬 区 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 窓 口 受 付 事 務 等 業 務 委 託 に 係 るプロポーザル 募 集 要 領 1 趣 旨 本 要 領 は 練 馬 区 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 窓 口 受 付 事 務 電 話 受 付 事 務 内 部 事 務 等 を 総 合 的 に 委 託 する 練

More information

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青 入 札 説 明 書 除 雪 車 両 の 交 換 に 係 る 一 般 競 争 入 札 の 公 告 ( 平 成 26 年 5 月 23 日 付 け)に 基 づく 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 契 約 担 当 者 青 森 県 知 事 三 村 申 吾 2 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 次 の(1)と(2)に 掲

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63> 目 平 成 17 年 10 月 1 日 次 21 総 資 則 格 ( の 第 審 1 査 条 ( 第 第 32 条 条 ) 34 工 事 等 の 施 契 行 約 手 の 続 手 ( 続 第 ( 9 14 8 条 ) 第 13 第 条 21 条 )) 65 建 設 工 締 事 結 及 ( び 第 監 24 理 条 の 委 第 託 33 契 条 約 ) の 手 続 ( 第 22 条 第 23 条 ) 第

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

方 式 の 試 行 工 事 である 2 本 工 事 は 一 定 の 条 件 に 該 当 する 低 入 札 価 格 調 査 対 象 工 事 業 者 の 入 札 への 参 加 を 制 限 する 等 の 試 行 工 事 である 3 以 下 に 掲 げる 条 件 を 全 て 満 たすことを 求 める 主 任

方 式 の 試 行 工 事 である 2 本 工 事 は 一 定 の 条 件 に 該 当 する 低 入 札 価 格 調 査 対 象 工 事 業 者 の 入 札 への 参 加 を 制 限 する 等 の 試 行 工 事 である 3 以 下 に 掲 げる 条 件 を 全 て 満 たすことを 求 める 主 任 詳 細 条 件 審 査 型 一 般 競 争 入 札 (フレックス 工 期 による 契 約 方 式 )の 実 施 に 係 る 掲 示 電 子 入 札 対 象 案 件 標 記 について 参 加 を 希 望 する 者 は 下 記 により 競 争 参 加 資 格 確 認 申 請 書 等 を 提 出 されたく 掲 示 する 1 掲 示 日 平 成 28 年 9 月 30 日 ( 金 ) 2 掲 示 責 任 者

More information

クレジットカード納付導入に伴う指定代理納付書の選定に係る実施要領

クレジットカード納付導入に伴う指定代理納付書の選定に係る実施要領 石 巻 市 立 病 院 クレジットカード 納 付 導 入 に 伴 う 指 定 代 理 納 付 者 選 定 に 係 る プロポーザル 実 施 要 領 1 目 的 この 実 施 要 領 は 石 巻 市 立 病 院 におけるクレジットカード 納 付 導 入 に 関 し 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 231 条 の2 第 6 項 に 規 定 する 指 定 代 理 納

More information

Microsoft Word - 1_bosyuyoukou.doc

Microsoft Word - 1_bosyuyoukou.doc 佐 倉 市 立 美 術 館 ESCO 事 業 提 案 募 集 要 項 佐 倉 市 立 美 術 館 ESCO 事 業 募 集 要 項 平 成 27 年 10 月 1. 募 集 の 趣 旨 佐 倉 市 ( 以 下 本 市 という )では 施 設 を 経 営 的 な 視 点 から 捉 え 施 設 経 費 の 最 小 化 や 施 設 効 用 の 最 大 化 を 図 る ファシリティマネジメントを 推 進 しています

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 第 1 項 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 ( 以 下 大 学 という )に

More information

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 秋 田 市 ( 以 下 甲 という )が 受 託 者 ( 以 下 乙 という ) に 対 し 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 を 委 託 するために 定 めたものである ( 目 的 ) 第 2 条 甲 が 委 託 する 秋 田 市 固 定 資 産 土

More information

第 4 条 ( 申 込 ) 本 規 約 における 応 募 者 とは 当 社 に 対 し 本 サービスでのオーディション 申 込 を 行 った 者 をいいます 当 社 は 別 途 定 める 応 募 者 資 格 に 基 づき 必 要 な 審 査 手 続 等 を 経 た 後 に 選 考 対 象 として 申

第 4 条 ( 申 込 ) 本 規 約 における 応 募 者 とは 当 社 に 対 し 本 サービスでのオーディション 申 込 を 行 った 者 をいいます 当 社 は 別 途 定 める 応 募 者 資 格 に 基 づき 必 要 な 審 査 手 続 等 を 経 た 後 に 選 考 対 象 として 申 HKT48 オーディション 受 付 サイト 利 用 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) HKT48 オーディション 受 付 サイト 利 用 規 約 は( 以 下 本 規 約 といいます) 株 式 会 社 AKS( 以 下 当 社 といいます)が 運 営 する HKT48 へのオーディション 申 込 およびその 後 の 審 査 に 関 する 全 サービ スの 利 用 条 件 を 定 めるものです 第

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課 千 葉 市 生 活 困 窮 者 自 立 促 進 支 援 事 業 業 務 委 託 ( 家 計 相 談 支 援 事 業 ) 仕 様 書 1 業 務 の 目 的 本 事 業 は 現 に 経 済 的 に 困 窮 し 最 低 限 度 の 生 活 を 維 持 することができなくなるおそ れのある 者 ( 以 下 生 活 困 窮 者 という )が 困 窮 状 態 から 早 期 に 脱 却 することを 支 援 するため

More information

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2 業 務 委 託 契 約 書 ( 案 ) 収 入 印 紙 1 委 託 業 務 名 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 2 業 務 履 行 場 所 いわき 市 平 下 神 谷 他 35 箇 所 地 内 3 契 約 期 間 平 成 28 年 月 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 4 業 務 履 行 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平

More information

1 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 の 競 争 入 札 参 加 資 格 について (1) 入 札 参 加 者 は 競 争 入 札 参 加 資 格 [7] から[12]までに 定 める 競 争 入 札 参 加 資 格 を 満 たすほか 次 に 掲 げる 資 格 をすべて 満 た

1 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 の 競 争 入 札 参 加 資 格 について (1) 入 札 参 加 者 は 競 争 入 札 参 加 資 格 [7] から[12]までに 定 める 競 争 入 札 参 加 資 格 を 満 たすほか 次 に 掲 げる 資 格 をすべて 満 た 入 札 公 告 次 のとおり 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 ( 電 子 入 札 )に 付 します 平 成 28 年 9 月 30 日 [1] 工 事 名 西 築 地 小 埋 設 給 排 水 管 改 修 工 事 契 約 事 務 受 任 者 名 古 屋 市 財 政 局 契 約 監 理 監 柴 田 真 吾 入 札 に 付 す る 事 項 [2] 工 事 場 所 [3] 工 事 内

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業 安 来 運 動 公 園 管 理 業 務 仕 様 書 る 安 来 運 動 公 園 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び そ の 範 囲 等 は こ の 仕 様 書 に よ ( 有 料 公 園 施 設 に 関 す る 事 項 ) 1 施 設 の 概 要 1 所 在 地 安 来 市 吉 岡 町 450 番 地 2 面 積 46,614m2 3 概 要 区 分 面 積 等 区 分

More information

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW WAON 利 用 加 盟 店 規 約 第 1 条 目 的 1. 本 規 約 は 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)と 利 用 者 間 の 取 引 代 金 の 決 済 に WAON を 利 用 することに 関 し 甲 とイオンクレジットサービス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という) との 間 におけるWAONの 取 扱 い 及 びWAONに 係 る 契 約 関 係 ( 以 下 本 契 約 という)に

More information

①宮古島市ふるさと納税業務委託事業公募型プロポーザル実施要領

①宮古島市ふるさと納税業務委託事業公募型プロポーザル実施要領 宮 古 島 市 ふるさと 納 税 寄 附 金 委 託 業 務 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 綱 1. 趣 旨 宮 古 島 市 ( 以 下 本 市 という )では ふるさと 納 税 制 度 を 活 用 し ふるさと 宮 古 島 市 の 役 に 立 ちたい 宮 古 島 市 に 関 心 があり 応 援 したい と 考 えてくださる 方 々 に 対 し 本 市 の PRやふるさと 納 税 寄 附 金

More information

H26女性自立支援センター管理運営契約書.docx

H26女性自立支援センター管理運営契約書.docx 大 阪 府 立 あゆみ 寮 のぞみ 寮 ( 大 阪 府 立 女 性 自 立 支 援 センター)の 管 理 運 営 業 務 契 約 書 1. 業 務 名 称 2. 履 行 場 所 大 阪 府 立 あゆみ 寮 のぞみ 寮 ( 大 阪 府 立 女 性 自 立 支 援 センター) 管 理 運 営 業 務 堺 市 南 区 丁 - 大 阪 府 立 あゆみ 寮 大 阪 府 立 のぞみ 寮 ( 大 阪 府 立 女

More information

PMK220プライバシーマーク付与適格性審査の実施基準

PMK220プライバシーマーク付与適格性審査の実施基準 プライバシーマーク 付 与 適 格 性 審 査 の 実 施 基 準 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 プライバシーマーク 推 進 センター 改 廃 履 歴 版 制 定 改 定 日 改 定 箇 所 理 由 施 行 日 1.0 平 成 22 年 10 月 15 日 プライバシーマーク 制 度 設 置 及 び 運 営 要 平 成 23 年 3 月 1 日 領 の 全

More information

Taro-入札説明書(真空巻締め)

Taro-入札説明書(真空巻締め) 入 札 説 明 書 宮 崎 県 水 産 試 験 場 が 行 う 真 空 巻 締 め 機 の 賃 貸 借 に 係 る 入 札 公 告 に 基 づく 一 般 競 争 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 入 札 に 参 加 する 者 は 下 記 事 項 を 熟 知 の 上 で 入 札 しなけれこの 場 合 におい て 当 該 説 明 書

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

Gi電気料金一括請求サービス約款

Gi電気料金一括請求サービス約款 Gi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービス 約 款 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 本 約 款 の 適 用 ) 株 式 会 社 インボイス( 以 下 当 社 といいます)は このGi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービ ス 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)を 定 め 本 約 款 に 基 づき 第 4 条 に 定 めるサービ ス( 以 下 本 サービス1と 本 サービス2を 総

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本 個 人 情 報 保 護 方 針 アドバンス レジデンス 投 資 法 人 ( 以 下 本 投 資 法 人 といいます )は 個 人 情 報 の 重 要 性 を 認 識 し 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 その 他 の 関 係 諸 法 令 及 びガイドライン 等 ( 以 下 個 人 情 報 保 護 法 等 といいます )を 遵 守 するとともに 個 人 情 報 保 護 に 関 する 基

More information

平成23年12月13日

平成23年12月13日 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 11 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき 地 方 独 立 行 政 法 人 大

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information