(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由"

Transcription

1 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 が 相 互 に 協 力 し 本 施 設 を 適 正 かつ 円 滑 に 運 営 管 理 するた めに 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする ( 指 定 管 理 者 の 指 定 の 意 義 ) 第 2 条 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 は 本 施 設 の 運 営 管 理 に 関 して 大 分 市 が 指 定 管 理 者 の 指 定 を 行 う 意 義 は 本 施 設 が 市 民 の 利 用 に 供 する 公 の 施 設 であることを 前 提 として 指 定 管 理 者 の 能 力 を 活 用 しつ つ 市 民 サービスを 向 上 させ もって 本 施 設 の 効 果 的 な 運 営 管 理 を 図 ることにあることを 確 認 する ( 関 係 法 令 の 遵 守 等 ) 第 3 条 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 の 実 施 に 当 たっては 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) 職 業 安 定 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 141 号 ) 労 働 安 全 衛 生 法 ( 昭 和 47 年 法 律 第 57 号 )その 他 の 関 係 法 令 の 規 定 を 遵 守 しなければならない 2 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 は 相 互 に 協 力 し 信 義 を 重 んじ 本 協 定 を 誠 実 に 履 行 しなければならない ( 用 語 の 定 義 ) 第 4 条 本 協 定 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該 各 号 に 定 めるところによる (1) 本 業 務 等 本 業 務 及 び 自 主 事 業 をいう (2) 本 業 務 大 分 市 の 仕 様 書 及 び 募 集 要 項 に 基 づき 指 定 管 理 者 が 実 施 する 業 務 をいう (3) 自 主 事 業 本 業 務 以 外 の 業 務 であって 指 定 管 理 者 が 事 業 計 画 書 に 基 づき 大 分 市 の 承 認 を 得 て 指 定 管 理 者 の 責 任 及 び 費 用 において 実 施 する 業 務 をいう (4) 事 業 計 画 書 指 定 管 理 者 が 大 分 市 に 提 出 する 運 営 管 理 事 業 計 画 書 収 支 予 算 書 及 び 年 度 事 業 計 画 書 をいう (5) 法 令 法 律 政 令 及 び 省 令 並 びに 本 市 の 条 例 及 び 規 則 をいう (6) 指 定 管 理 料 大 分 市 が 指 定 管 理 者 に 対 して 支 払 う 本 業 務 の 実 施 に 関 する 対 価 等 をいう (7) 利 用 料 金 運 営 管 理 施 設 の 利 用 の 対 価 として 支 払 われる 施 設 利 用 料 をいう (8) 仕 様 書 コンパルホール 指 定 管 理 者 運 営 管 理 仕 様 書 及 びその 添 付 資 料 並 びにこれらに 対 する 質 問 回 答 の 内 容 をいう (9) 募 集 要 項 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 及 びその 添 付 資 料 並 びにこれらに 対 する 質 問 回 答 の 内 容 をいう 1

2 (10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 をいう ( 運 営 管 理 物 件 ) 第 5 条 本 業 務 等 の 対 象 となる 物 件 ( 以 下 運 営 管 理 物 件 という )は 運 営 管 理 施 設 及 び 運 営 管 理 物 品 とする 2 運 営 管 理 施 設 及 び 運 営 管 理 物 品 は 別 紙 1 運 営 管 理 物 件 のとおりとする 3 指 定 管 理 者 は 善 良 なる 運 営 管 理 者 の 注 意 を 持 って 運 営 管 理 物 件 を 管 理 しなければならない 4 指 定 管 理 者 は 運 営 管 理 物 件 を 他 の 目 的 に 使 用 し 又 はその 形 状 形 質 等 を 変 更 してはならない ただし 大 分 市 の 許 可 を 得 たときは この 限 りでない ( 指 定 期 間 等 ) 第 6 条 指 定 管 理 者 の 指 定 期 間 は 平 成 29 年 4 月 1 日 から 平 成 34 年 3 月 31 日 までとする 2 本 業 務 等 に 係 る 事 業 年 度 は 毎 年 4 月 1 日 から 翌 年 の 3 月 31 日 までとする 3 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 に 係 る 経 理 を 指 定 管 理 者 が 行 う 他 の 事 業 と 区 分 し 独 立 した 経 理 を 行 わなければならない * 指 定 管 理 者 が 共 同 企 業 体 方 式 の 場 合 ( 代 表 構 成 員 の 地 位 ) 第 条 指 定 管 理 者 の 代 表 構 成 員 は 指 定 管 理 者 を 代 表 し 大 分 市 との 折 衝 並 びに 指 定 管 理 料 の 請 求 及 び 受 領 を 行 うものとする ( 各 構 成 員 の 責 任 ) 第 条 指 定 管 理 者 の 代 表 構 成 員 及 びその 他 の 構 成 員 は 本 協 定 の 規 定 に 基 づき 指 定 管 理 者 が 負 担 す る 一 切 の 債 務 の 履 行 に 対 し 連 帯 して 責 任 を 負 うものとする ( 重 要 事 項 の 変 更 の 届 出 ) 第 条 指 定 管 理 者 の 代 表 構 成 員 及 びその 他 の 構 成 員 は その 名 称 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 又 は 代 表 者 に 変 更 があったときは 速 やかに 書 面 によりその 旨 を 大 分 市 に 届 け 出 なければならない ( 指 定 期 間 中 における 構 成 員 の 変 更 の 禁 止 ) 第 条 指 定 管 理 者 の 代 表 構 成 員 及 びその 他 の 構 成 員 は 本 協 定 に 基 づき 生 ずる 権 利 又 は 義 務 を 第 三 者 に 譲 渡 し 若 しくは 承 継 させ 又 はその 権 利 を 担 保 に 供 してはならない ただし 事 前 に 大 分 市 の 承 認 を 受 けた 場 合 は この 限 りでない 2 指 定 管 理 者 の 代 表 構 成 員 及 びその 他 の 構 成 員 は 指 定 期 間 中 において 大 分 市 並 びに 当 該 者 以 外 2

3 の 指 定 管 理 者 の 代 表 構 成 員 及 びその 他 の 構 成 員 の 承 認 を 得 なければ 指 定 管 理 者 から 脱 退 してはな らない 3 前 項 の 規 定 により 脱 退 した 者 がある 場 合 又 は 指 定 管 理 者 の 代 表 構 成 員 若 しくはその 他 の 構 成 員 の うちいずれかが 倒 産 し 若 しくは 解 散 した 場 合 は 残 存 する 指 定 管 理 者 の 代 表 構 成 員 又 はその 他 の 構 成 員 が 共 同 連 帯 して 本 業 務 を 遂 行 し 又 は 大 分 市 の 承 認 を 得 て 新 たな 構 成 員 を 加 えなければなら ない 第 2 章 本 業 務 等 の 範 囲 と 実 施 条 件 ( 本 業 務 の 範 囲 ) 第 7 条 指 定 管 理 者 が 行 う 本 業 務 の 範 囲 は 次 のとおりとする (1) 運 営 管 理 施 設 の 使 用 許 可 に 関 する 業 務 (2) 運 営 管 理 施 設 の 使 用 に 係 る 利 用 料 金 の 徴 収 に 関 する 業 務 (3) 運 営 管 理 物 件 の 維 持 管 理 に 関 する 業 務 (4) 運 営 管 理 施 設 の 利 用 促 進 及 び 文 化 スポーツの 振 興 を 図 る 業 務 (5) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 大 分 市 又 は 指 定 管 理 者 が 必 要 と 認 める 業 務 2 前 項 各 号 に 掲 げる 業 務 の 細 目 は 仕 様 書 及 び 募 集 要 項 に 定 めるとおりとする 3 指 定 管 理 者 は 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 使 用 許 可 に 係 る 審 査 基 準 標 準 処 理 期 間 及 び 処 分 基 準 に ついて あらかじめ 書 面 により 大 分 市 の 承 認 を 得 て 定 めるものとする 4 指 定 管 理 者 は 第 1 項 第 1 号 の 業 務 に 関 して 大 分 市 暴 力 団 排 除 条 例 ( 平 成 23 年 大 分 市 条 例 第 19 号 ) 第 7 条 の 規 定 に 基 づき 運 営 管 理 施 設 の 利 用 が 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 暴 力 団 対 策 法 という ) 第 2 条 第 2 号 に 規 定 する 暴 力 団 を 利 す ることとなると 認 めるときは 運 営 管 理 施 設 の 使 用 の 許 可 若 しくは 承 認 をせず 又 は 既 にした 使 用 の 許 可 若 しくは 承 認 の 取 消 しその 他 の 利 用 の 制 限 に 関 する 処 分 を 行 うことができる ( 自 主 事 業 の 範 囲 ) 第 8 条 指 定 管 理 者 は 本 施 設 の 設 置 目 的 に 合 致 し かつ 本 業 務 の 実 施 を 妨 げない 範 囲 において 自 主 事 業 を 実 施 することができる 2 指 定 管 理 者 は 自 主 事 業 を 実 施 する 場 合 は 大 分 市 に 対 して 事 業 計 画 書 を 提 出 し 事 前 に 大 分 市 の 承 認 を 得 なければならない この 場 合 において 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 は 必 要 に 応 じて 協 議 を 行 うものとする ( 大 分 市 が 行 う 業 務 の 範 囲 ) 第 9 条 次 に 掲 げる 業 務 については 大 分 市 が 自 らの 責 任 と 費 用 において 実 施 するものとする (1) 本 施 設 の 目 的 外 使 用 許 可 (2) 運 営 管 理 施 設 の 本 協 定 第 15 条 第 2 項 ただし 書 に 定 める 大 規 模 な 修 繕 等 (3) その 他 大 分 市 が 必 要 と 認 める 業 務 3

4 ( 業 務 実 施 条 件 ) 第 10 条 指 定 管 理 者 が 本 業 務 を 実 施 するに 当 たり 満 たさなければならない 条 件 は 仕 様 書 及 び 募 集 要 項 に 定 めるとおりとする 2 指 定 管 理 者 が 自 主 事 業 を 実 施 するに 当 たっては 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 協 議 の 上 別 途 の 自 主 事 業 の 実 施 条 件 等 を 定 めることができる ( 業 務 の 範 囲 及 び 業 務 実 施 条 件 の 変 更 ) 第 11 条 大 分 市 又 は 指 定 管 理 者 は 必 要 と 認 める 場 合 は 相 手 方 に 対 する 通 知 をもって 本 協 定 に 規 定 する 本 業 務 の 範 囲 本 協 定 に 規 定 する 自 主 事 業 の 範 囲 及 び 前 条 に 規 定 する 業 務 実 施 条 件 の 変 更 を 求 めることができる 2 大 分 市 又 は 指 定 管 理 者 は 前 項 の 通 知 を 受 けた 場 合 は 協 議 に 応 じなければならない 3 本 業 務 等 の 範 囲 又 は 業 務 実 施 条 件 の 変 更 については 前 項 の 協 議 において 決 定 するものとする 第 3 章 本 業 務 等 の 実 施 ( 本 業 務 等 の 実 施 ) 第 12 条 指 定 管 理 者 は 本 協 定 年 度 協 定 及 び 関 係 法 令 のほか 募 集 要 項 仕 様 書 及 び 事 業 計 画 書 に 従 って 本 業 務 等 を 実 施 するものとする 2 本 協 定 募 集 要 項 仕 様 書 及 び 事 業 計 画 書 の 間 に 疑 義 が 生 じたときは 本 協 定 募 集 要 項 仕 様 書 及 び 事 業 計 画 書 の 順 にその 解 釈 が 優 先 するものとする 3 前 項 の 規 定 にかかわらず 事 業 計 画 書 において 募 集 要 項 及 び 仕 様 書 を 上 回 る 水 準 が 提 案 されてい る 場 合 は 事 業 計 画 書 に 示 された 水 準 によるものとする ( 開 業 準 備 ) 第 13 条 指 定 管 理 者 は 指 定 開 始 日 に 先 立 ち 本 業 務 等 の 実 施 に 関 し 必 要 な 資 格 者 及 び 人 材 を 確 保 し 必 要 な 研 修 等 を 行 わなければならない 2 指 定 管 理 者 は 必 要 と 認 める 場 合 は 指 定 開 始 日 に 先 立 ち 大 分 市 に 対 して 運 営 管 理 施 設 の 視 察 を 申 し 出 ることができる ( 第 三 者 による 実 施 ) 第 14 条 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 の 全 部 又 は 一 部 を 第 三 者 に 委 託 してはならない ただし 大 分 市 があらかじめ 書 面 により 承 認 した 場 合 は 本 業 務 等 の 一 部 を 第 三 者 に 委 託 することができる 2 指 定 管 理 者 は 前 項 ただし 書 の 規 定 により 本 業 務 等 の 一 部 を 委 託 した 場 合 において その 相 手 方 を 変 更 しようとするときは あらかじめ 書 面 により 大 分 市 の 承 認 を 得 なければならない 3 指 定 管 理 者 が 第 1 項 ただし 書 の 規 定 により 本 業 務 等 の 一 部 を 第 三 者 に 委 託 した 場 合 は 全 て 指 定 管 理 者 の 責 任 及 び 費 用 において 行 うものとし 本 業 務 等 に 関 して 指 定 管 理 者 が 委 託 した 第 三 者 の 4

5 責 めに 帰 すべき 事 由 により 生 じた 損 害 及 び 増 加 費 用 については 全 て 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すべき 事 由 により 生 じた 損 害 及 び 増 加 費 用 とみなして 指 定 管 理 者 が 負 担 するものとする 4 指 定 管 理 者 が 第 1 項 ただし 書 の 規 定 により 本 業 務 等 の 一 部 を 第 三 者 に 委 託 した 場 合 において 委 託 先 の 役 員 等 が 暴 力 団 員 ( 暴 力 団 対 策 法 第 2 条 第 6 号 に 規 定 する 暴 力 団 員 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 暴 力 団 関 係 者 ( 条 例 第 6 条 第 1 号 に 規 定 する 暴 力 団 関 係 者 をいう )に 該 当 することを 知 っ たときは 直 ちに 大 分 市 に 報 告 し その 指 示 に 従 い 必 要 な 措 置 をとらなければならない ( 運 営 管 理 物 件 の 修 繕 等 ) 第 15 条 指 定 管 理 者 は 修 繕 その 他 管 理 物 件 の 原 状 を 変 更 しようとするときは 書 面 により 大 分 市 の 承 認 を 得 なければならない 2 運 営 管 理 物 件 の 修 繕 等 に 係 る 経 費 は 指 定 管 理 者 の 負 担 とする ただし 1 件 につき 50 万 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む )を 超 えると 大 分 市 が 認 める 大 規 模 な 修 繕 等 ( 指 定 管 理 者 の 瑕 疵 によるも のを 除 く )については 大 分 市 が 予 算 の 範 囲 内 で 行 う ( 安 全 な 運 営 管 理 等 ) 第 16 条 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 における 安 全 管 理 の 徹 底 のため 法 令 等 を 遵 守 した 対 応 マニュア ル( 以 下 安 全 管 理 マニュアル という )を 作 成 して 従 事 者 に 周 知 徹 底 を 図 り その 対 策 に 万 全 を 期 さなければならない 2 指 定 管 理 者 は 指 定 期 間 中 において 本 業 務 等 の 実 施 に 関 連 して 事 故 災 害 等 の 緊 急 事 態 が 発 生 した 場 合 は 速 やかに 安 全 管 理 マニュアルに 基 づき 必 要 な 措 置 を 講 ずるとともに 大 分 市 その 他 の 関 係 者 に 対 し 緊 急 事 態 が 発 生 した 旨 を 通 報 しなければならない 3 事 故 災 害 等 の 緊 急 事 態 が 発 生 した 場 合 は 指 定 管 理 者 は 必 要 に 応 じ 大 分 市 に 協 力 を 求 め 当 該 緊 急 事 態 に 対 応 するものとする ( 個 人 情 報 の 保 護 ) 第 17 条 指 定 管 理 者 又 は 本 業 務 等 の 全 部 若 しくは 一 部 に 従 事 する 者 は 本 協 定 の 履 行 に 当 たっては 大 分 市 個 人 情 報 保 護 条 例 ( 平 成 14 年 大 分 市 条 例 第 36 号 )のほか 秘 密 の 保 持 に 関 するすべての 法 令 等 を 遵 守 するとともに 善 良 な 管 理 者 の 注 意 を 払 う 義 務 を 有 し 本 業 務 等 を 行 う 上 で 知 り 得 た 情 報 については 指 定 期 間 中 及 び 指 定 期 間 終 了 後 においても いかなる 理 由 によっても 他 に 漏 らし 又 は 他 の 目 的 に 使 用 してはならない 2 前 項 に 定 めるもののほか 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 を 実 施 するための 個 人 情 報 の 取 扱 いについ ては 別 紙 2 個 人 情 報 取 扱 特 記 事 項 を 遵 守 しなければならない ( 情 報 公 開 ) 第 18 条 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 の 実 施 状 況 及 び 本 業 務 等 に 係 る 経 理 の 状 況 等 について 前 条 に 定 め る 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 留 意 しつつ 大 分 市 の 求 めに 応 じて 情 報 公 開 に 努 めなければならない 5

6 ( 従 事 者 研 修 ) 第 19 条 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 に 従 事 する 者 に 対 し 安 全 管 理 個 人 情 報 の 保 護 人 権 同 和 問 題 その 他 本 事 業 等 の 実 施 に 関 し 必 要 な 研 修 を 定 期 及 び 随 時 において 行 わなければならない 第 4 章 備 品 等 の 取 扱 い ( 大 分 市 による 備 品 等 の 貸 与 ) 第 20 条 大 分 市 は 別 紙 1に 定 める 運 営 管 理 物 品 の 備 品 等 のうちⅠ 種 のもの( 以 下 備 品 等 (Ⅰ 種 ) という ) 及 びⅡ 種 のもの( 以 下 備 品 等 (Ⅱ 種 ) という )を 無 償 で 指 定 管 理 者 に 貸 与 するものと する 2 指 定 管 理 者 は 指 定 期 間 中 備 品 等 (Ⅰ 種 ) 及 び 備 品 等 (Ⅱ 種 )を 常 に 良 好 な 状 態 に 保 たなけれ ばならない 3 備 品 等 (Ⅰ 種 )が 経 年 劣 化 等 により 本 業 務 の 実 施 の 用 に 供 することができなくなった 場 合 は 大 分 市 は 指 定 管 理 者 と 協 議 の 上 必 要 に 応 じて 自 己 の 費 用 で 当 該 備 品 等 調 達 (リース 等 を 含 む )をするも のとする 4 指 定 管 理 者 は 故 意 又 は 過 失 により 備 品 等 (Ⅰ 種 )をき 損 滅 失 したときは 大 分 市 に 対 してこれ を 弁 償 し 又 は 大 分 市 の 承 認 を 得 て 自 己 の 費 用 で 当 該 物 と 同 等 の 機 能 及 び 価 値 を 有 するものを 購 入 し 又 は 調 達 しなければならない ( 指 定 管 理 者 による 備 品 等 の 購 入 等 ) 第 21 条 指 定 管 理 者 は 備 品 等 (Ⅱ 種 )が 経 年 劣 化 等 により 本 業 務 の 実 施 の 用 に 供 することができなく なった 場 合 は 大 分 市 と 協 議 の 上 自 己 の 費 用 で 当 該 備 品 等 調 達 (リース 等 を 含 む )をしなければな らない ただし 1 件 につき 50 万 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む )を 超 えると 大 分 市 が 認 める 調 達 については 大 分 市 が 予 算 の 範 囲 内 で 行 うものとする 2 指 定 管 理 者 は 前 項 の 規 定 によりリースで 備 品 等 を 調 達 する 場 合 は リース 契 約 期 間 等 の 条 件 について 大 分 市 と 協 議 した 上 で 決 定 しなければならない 3 指 定 管 理 者 は 備 品 等 (Ⅰ 種 ) 及 び 備 品 等 (Ⅱ 種 )のほか 指 定 管 理 者 の 任 意 による 備 品 等 ( 以 下 備 品 等 (Ⅲ 種 ) という )を 調 達 することができる ( 備 品 等 の 修 繕 等 ) 第 22 条 指 定 管 理 者 は 備 品 等 の 修 繕 又 は 原 状 を 変 更 しようとするときは あらかじめ 大 分 市 の 承 認 を 得 なければならない 2 備 品 等 の 修 繕 等 に 係 る 経 費 は 指 定 管 理 者 の 負 担 とする ただし 1 件 につき 50 万 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む )を 超 えると 大 分 市 が 認 める 大 規 模 な 修 繕 等 ( 指 定 管 理 者 の 管 理 瑕 疵 によるも のを 除 く )については 大 分 市 が 予 算 の 範 囲 内 で 行 うものとする ( 備 品 台 帳 の 作 成 及 び 運 営 管 理 ) 6

7 第 23 条 指 定 管 理 者 は 本 協 定 の 締 結 後 から 本 業 務 等 が 開 始 されるまでの 間 に 備 品 等 (Ⅰ 種 ) 及 び 備 品 等 (Ⅱ 種 ) 並 びに 必 要 に 応 じて 備 品 等 (Ⅲ 種 )の 品 名 型 番 調 達 者 所 有 者 購 入 年 月 日 等 が 明 記 された 備 品 台 帳 を 作 成 しなければならない 2 指 定 管 理 者 は 前 項 の 規 定 により 作 成 した 備 品 台 帳 を 本 協 定 の 期 間 満 了 までの 間 実 際 の 状 況 と 齟 齬 が 生 じないよう 適 切 に 運 営 管 理 しなければならない 第 5 章 業 務 実 施 に 係 る 大 分 市 の 確 認 事 項 ( 年 度 事 業 計 画 書 ) 第 24 条 指 定 管 理 者 は 毎 年 度 大 分 市 が 指 定 する 期 日 までに 当 該 年 度 の 翌 年 度 に 係 る 次 に 掲 げ る 内 容 を 記 載 した 年 度 事 業 計 画 書 を 大 分 市 に 提 出 し その 承 認 を 得 なければならない (1) 運 営 管 理 の 体 制 及 び 本 業 務 等 の 内 容 (2) 運 営 管 理 に 要 する 経 費 の 総 額 及 び 内 訳 (3) 貸 館 施 設 全 体 に 対 する 利 用 目 標 値 ( 稼 働 率 利 用 者 数 アンケート 調 査 による 評 価 等 )の 設 定 (4) その 他 大 分 市 が 必 要 と 認 める 事 項 2 大 分 市 は 前 項 の 年 度 事 業 計 画 書 が 提 出 されたときは その 内 容 を 審 査 し 必 要 な 指 示 等 を 行 う ことができる 3 指 定 管 理 者 は 年 度 事 業 計 画 書 を 変 更 しようとするときは あらかじめ 書 面 により 大 分 市 の 承 認 を 得 なければならない ( 業 務 報 告 書 等 ) 第 25 条 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 の 実 施 及 びその 実 施 に 係 る 経 理 の 状 況 に 関 する 書 類 を 常 に 整 備 す るとともに 毎 年 度 及 び 毎 月 本 業 務 等 に 関 し 大 分 市 が 指 定 する 期 日 までに 次 に 掲 げる 事 項 を 記 載 した 業 務 報 告 書 を 大 分 市 に 提 出 しなければならない (1) 本 業 務 の 実 施 状 況 に 関 する 事 項 (2) 運 営 管 理 施 設 の 利 用 状 況 に 関 する 事 項 (3) 利 用 料 金 収 入 の 実 績 及 び 運 営 管 理 経 費 等 の 収 支 状 況 等 (4) 自 主 事 業 の 実 施 状 況 に 関 する 事 項 (5) 従 事 者 研 修 の 実 施 状 況 に 関 する 事 項 (6) その 他 大 分 市 が 指 示 する 事 項 2 指 定 管 理 者 は 大 分 市 が 本 協 定 第 41 条 から 第 43 条 までの 規 定 に 基 づき 年 度 途 中 において 指 定 管 理 者 に 対 する 指 定 管 理 者 の 指 定 を 取 り 消 した 場 合 は 当 該 指 定 が 取 り 消 された 日 から 30 日 以 内 に 当 該 年 度 における 当 該 日 までの 間 の 業 務 報 告 書 を 提 出 しなければならない 3 指 定 管 理 者 は 利 用 者 等 から 本 業 務 等 の 実 施 状 況 等 に 関 する 意 見 を 聴 取 するとともに 当 該 意 見 に 基 づき 定 期 的 に 自 己 評 価 を 行 い その 結 果 を 大 分 市 に 報 告 しなければならない 7

8 (モニタリング 等 ) 第 26 条 大 分 市 は 前 条 の 規 定 により 指 定 管 理 者 が 提 出 した 業 務 報 告 書 等 に 基 づき 指 定 管 理 者 が 行 う 本 業 務 等 の 実 施 状 況 及 び 運 営 管 理 物 件 の 管 理 状 況 の 確 認 を 行 うものとする 2 大 分 市 は 必 要 があると 認 めるときは 前 条 の 規 定 により 指 定 管 理 者 が 提 出 した 業 務 報 告 書 等 の 内 容 又 はこれらに 関 連 する 事 項 について 指 定 管 理 者 に 対 して 報 告 又 は 口 頭 による 説 明 を 求 め ることができる 3 大 分 市 は 前 2 項 に 規 定 する 確 認 等 のほか 指 定 管 理 者 による 業 務 実 施 状 況 等 を 確 認 するため 随 時 運 営 管 理 物 件 に 立 ち 入 ることができる 4 指 定 管 理 者 は 大 分 市 から 前 項 の 規 定 による 立 入 りの 申 出 を 受 けた 場 合 は 合 理 的 な 理 由 がある 場 合 を 除 き その 申 出 に 応 じなければならない ( 大 分 市 による 業 務 の 改 善 指 示 等 ) 第 27 条 前 条 の 規 定 による 確 認 等 の 結 果 指 定 管 理 者 による 本 業 務 等 の 実 施 が 募 集 要 項 仕 様 書 及 び 事 業 計 画 書 等 を 満 たしていない 場 合 は 大 分 市 は 指 定 管 理 者 に 対 して 本 業 務 等 の 改 善 の 指 示 等 を 行 うものとする 2 指 定 管 理 者 は 前 項 に 定 める 指 示 等 を 受 けた 場 合 は 速 やかに 必 要 な 措 置 を 講 じなければなら ない 第 6 章 指 定 管 理 料 及 び 利 用 料 金 ( 指 定 管 理 料 の 支 払 ) 第 28 条 大 分 市 は 指 定 期 間 における 本 業 務 の 実 施 の 対 価 として 指 定 管 理 者 に 対 して 指 定 管 理 料 を 予 算 の 範 囲 内 において 毎 年 度 支 払 うものとする 2 前 項 の 指 定 管 理 料 の 詳 細 については 別 途 年 度 協 定 において 定 めるものとする 3 大 分 市 は 前 項 の 年 度 協 定 に 基 づき 指 定 管 理 者 に 指 定 管 理 料 を 毎 月 支 払 うものとし その 支 払 は 指 定 管 理 者 の 請 求 に 基 づき 行 うものとする ( 指 定 管 理 料 の 変 更 ) 第 29 条 大 分 市 は 第 25 条 の 規 定 による 業 務 報 告 書 等 及 び 第 26 条 の 規 定 によるモニタリング 等 の 内 容 を 勘 案 して 必 要 があると 認 めるときは 指 定 管 理 者 に 通 知 をもって 当 該 年 度 における 指 定 管 理 料 の 変 更 を 申 し 出 ることができる 2 大 分 市 又 は 指 定 管 理 者 は 指 定 期 間 中 に 指 定 管 理 料 を 変 更 すべき 特 別 な 事 情 が 生 じた 場 合 は 相 手 方 に 対 して 通 知 をもって 指 定 管 理 料 の 変 更 を 申 し 出 ることができる 3 大 分 市 又 は 指 定 管 理 者 は 前 2 項 の 申 出 を 受 けた 場 合 は 協 議 に 応 じなければならない 4 指 定 管 理 料 の 変 更 の 要 否 変 更 金 額 等 については 前 項 の 協 議 により 決 定 するものとする ( 利 用 料 金 ) 8

9 第 30 条 指 定 管 理 者 は コンパルホール 条 例 ( 平 成 25 年 10 月 改 正 条 例 第 35 号 ) 第 20 条 第 2 項 の 規 定 により 本 施 設 に 係 る 利 用 料 金 ( 指 定 管 理 者 が 行 った 使 用 許 可 に 係 るものに 限 る )を 指 定 管 理 者 の 収 入 として 収 受 することができる 2 利 用 料 金 は 指 定 管 理 者 が コンパルホール 条 例 に 規 定 する 利 用 料 金 の 範 囲 内 でこれを 定 めるも のとする ただし その 決 定 及 び 改 定 については あらかじめ 大 分 市 の 承 認 を 得 なければならない 3 利 用 料 金 の 減 免 基 準 及 び 還 付 基 準 の 設 定 及 び 変 更 は 指 定 管 理 者 があらかじめ 書 面 により 大 分 市 の 承 認 を 得 た 上 で 行 うものとする 4 大 分 市 は 大 分 市 公 共 施 設 案 内 予 約 システムにおける 口 座 振 替 により 運 営 管 理 施 設 の 利 用 者 から 大 分 市 の 口 座 に 振 り 込 まれた 利 用 料 金 に 相 当 する 額 を 指 定 管 理 者 に 支 払 うものとする ( 自 主 事 業 収 支 に 関 する 報 告 及 び 協 議 ) 第 31 条 指 定 管 理 者 は 本 施 設 で 実 施 する 自 主 事 業 について その 収 支 状 況 を 適 切 に 管 理 し 自 主 事 業 収 支 を 第 25 条 の 規 定 に 従 い 大 分 市 に 報 告 しなければならない 第 7 章 損 害 賠 償 及 び 不 可 抗 力 ( 損 害 賠 償 等 ) 第 32 条 指 定 管 理 者 は 故 意 又 は 過 失 により 運 営 管 理 物 件 を 損 傷 し 又 は 滅 失 したときは それに よって 生 じた 損 害 を 大 分 市 に 賠 償 しなければならない ( 第 三 者 への 賠 償 ) 第 33 条 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 の 実 施 において 第 三 者 に 損 害 が 生 じた 場 合 は その 損 害 を 賠 償 しなければならない ただし その 損 害 が 大 分 市 の 責 めに 帰 すべき 事 由 又 は 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 双 方 の 責 めに 帰 すことができない 事 由 による 場 合 は この 限 りでない 2 大 分 市 は 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すべき 事 由 により 発 生 した 損 害 について 第 三 者 に 対 して 賠 償 し た 場 合 は 指 定 管 理 者 に 対 して 賠 償 した 金 額 及 びその 他 賠 償 に 伴 い 発 生 した 費 用 を 求 償 すること ができる この 場 合 において 大 分 市 が 求 償 した 場 合 には 指 定 管 理 者 は 当 該 求 償 に 応 じなければなら ない ( 保 険 ) 第 34 条 本 業 務 等 の 実 施 に 当 たり 大 分 市 が 付 保 しなければならない 保 険 は 火 災 保 険 ( 建 物 総 合 損 害 共 済 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 )とする 2 本 業 務 等 の 実 施 に 当 たり 指 定 管 理 者 が 付 保 しなければならない 保 険 は 次 のとおりとする (1) 施 設 賠 償 責 任 保 険 (2) 第 三 者 賠 償 保 険 ( 不 可 抗 力 によって 発 生 した 費 用 等 の 負 担 ) 9

10 第 35 条 不 可 抗 力 の 発 生 に 起 因 して 指 定 管 理 者 に 損 害 等 が 発 生 した 場 合 は 指 定 管 理 者 は その 内 容 及 び 程 度 の 詳 細 を 速 やかに 大 分 市 に 報 告 しなければならない 2 大 分 市 は 前 項 の 規 定 による 通 知 があった 場 合 は 損 害 状 況 等 の 確 認 を 行 った 上 で 指 定 管 理 者 と 協 議 を 行 い 不 可 抗 力 の 判 定 費 用 負 担 等 を 決 定 するものとする 3 不 可 抗 力 の 発 生 に 起 因 して 大 分 市 に 損 害 等 が 発 生 した 場 合 は 当 該 費 用 の 負 担 について 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 が 協 議 して 定 める ( 不 可 抗 力 による 本 業 務 等 の 実 施 の 免 除 ) 第 36 条 前 条 第 2 項 に 定 める 協 議 の 結 果 不 可 抗 力 の 発 生 により 本 業 務 等 の 一 部 の 実 施 ができな くなったと 認 められた 場 合 は 指 定 管 理 者 は 大 分 市 との 協 議 に 基 づき 不 可 抗 力 により 影 響 を 受 ける 限 度 において 本 協 定 に 定 める 義 務 を 免 れることができる 2 指 定 管 理 者 が 不 可 抗 力 により 本 業 務 の 一 部 を 実 施 できなかった 場 合 は 大 分 市 は 指 定 管 理 者 と の 協 議 の 上 指 定 管 理 者 が 当 該 本 業 務 を 実 施 できなかったことにより 免 れた 費 用 分 を 指 定 管 理 料 から 減 額 することができる ( 責 任 分 担 ) 第 37 条 前 条 までに 定 める 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 任 分 担 その 他 本 業 務 等 の 実 施 に 関 する 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 任 分 担 については 別 紙 3 責 任 分 担 表 のとおりとする 2 前 項 の 責 任 分 担 のうち 第 三 者 が 責 めを 負 う 損 害 について その 責 めを 負 う 第 三 者 が 特 定 できる 場 合 は 指 定 管 理 者 は 当 該 第 三 者 と 損 害 賠 償 等 について 交 渉 に 当 たるものとし 第 三 者 が 特 定 できない 場 合 又 は 第 三 者 が 損 害 賠 償 等 に 応 じない 場 合 は 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 協 議 によるものとする 第 8 章 指 定 期 間 の 満 了 ( 業 務 の 引 継 ぎ 等 ) 第 38 条 指 定 管 理 者 は 本 協 定 の 期 間 満 了 に 際 し 大 分 市 又 は 大 分 市 が 指 定 する 者 に 対 し 本 業 務 の 引 継 ぎ 等 を 行 わなければならない 2 大 分 市 は 必 要 と 認 める 場 合 は 本 協 定 の 期 間 満 了 に 先 立 ち 指 定 管 理 者 に 対 して 大 分 市 又 は 大 分 市 が 指 定 する 者 による 運 営 管 理 物 件 の 視 察 を 申 し 出 ることができる 3 指 定 管 理 者 は 大 分 市 から 前 項 の 規 定 による 申 出 を 受 けた 場 合 は 合 理 的 な 理 由 のある 場 合 を 除 き その 申 出 に 応 じなければならない ( 原 状 回 復 義 務 ) 第 39 条 指 定 管 理 者 は 本 協 定 の 期 間 満 了 時 に 指 定 開 始 日 を 基 準 として 運 営 管 理 物 件 を 指 定 管 理 者 の 負 担 において 原 状 に 回 復 し 大 分 市 又 は 大 分 市 が 指 定 する 者 に 対 して 運 営 管 理 物 件 を 引 き 渡 さなければならない 2 前 項 の 規 定 にかかわらず 大 分 市 が 認 める 場 合 は 指 定 管 理 者 は 運 営 管 理 物 件 の 原 状 回 復 を 行 10

11 わずに 別 途 大 分 市 が 指 定 する 状 態 で 大 分 市 又 は 大 分 市 が 指 定 する 者 に 対 して 運 営 管 理 物 件 を 引 き 渡 すことができる ( 備 品 等 の 引 継 ぎ) 第 40 条 本 協 定 の 期 間 満 了 に 際 し 備 品 等 の 引 継 ぎ 等 については 次 のとおりとする (1) 備 品 等 (Ⅰ 種 ) 及 び 備 品 等 (Ⅱ 種 )については 指 定 管 理 者 は 大 分 市 又 は 大 分 市 が 指 定 する 者 に 対 して 引 き 継 がなければならない (2) 備 品 等 (Ⅲ 種 )については 原 則 として 指 定 管 理 者 が 自 己 の 責 任 と 費 用 で 撤 去 等 を 行 うものとす る ただし 大 分 市 と 指 定 管 理 者 の 協 議 において 両 者 が 合 意 した 場 合 は 指 定 管 理 者 は 大 分 市 又 は 大 分 市 が 指 定 する 者 に 対 してこれを 引 き 継 ぐことができる 第 9 章 指 定 の 取 消 し 等 ( 大 分 市 による 指 定 の 取 消 し 等 ) 第 41 条 大 分 市 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 認 めるときは 地 方 自 治 法 第 244 条 の 2 第 11 項 の 規 定 により その 指 定 を 取 り 消 し 又 は 期 間 を 定 めて 本 業 務 等 の 全 部 若 しくは 一 部 の 停 止 を 命 ずることができる (1) 指 定 管 理 者 が 本 協 定 関 係 法 令 等 に 違 反 する 等 不 正 行 為 を 行 ったとき (2) 指 定 管 理 者 が 大 分 市 に 対 し 虚 偽 の 報 告 をし 又 は 正 当 な 理 由 なく 報 告 等 を 拒 んだとき (3) 指 定 管 理 者 が 応 募 資 格 要 件 に 該 当 しなくなったとき (4) 指 定 管 理 者 が 経 営 状 況 の 悪 化 等 により 本 業 務 等 を 行 うことが 不 可 能 又 は 著 しく 困 難 となったと き (5) 指 定 管 理 者 の 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 と 社 会 的 に 非 難 されるべき 関 係 を 有 していると 認 めるとき (6) 指 定 管 理 者 が 大 分 市 への 不 当 な 働 きかけを 行 うなど 大 分 市 との 協 力 関 係 又 は 信 頼 関 係 を 著 しく 損 なう 行 為 を 行 ったとき (7) その 他 大 分 市 が 必 要 と 認 めるとき 2 大 分 市 は 前 項 の 規 定 により 指 定 を 取 り 消 し 又 は 期 間 を 定 めて 本 業 務 等 の 全 部 若 しくは 一 部 の 停 止 を 命 じようとするときは 事 前 にその 旨 を 指 定 管 理 者 に 通 知 した 上 で 次 の 事 項 について 聴 聞 等 を 行 うものとする (1) 指 定 の 取 消 し 等 の 理 由 (2) 指 定 の 取 消 し 等 の 要 否 (3) 指 定 管 理 者 による 改 善 策 の 提 示 及 び 指 定 の 取 消 し 等 までの 猶 予 期 間 の 設 定 (4) その 他 必 要 な 事 項 3 大 分 市 は 前 2 項 の 規 定 により 指 定 を 取 り 消 し 又 は 期 間 を 定 めて 本 業 務 等 の 全 部 若 しくは 一 部 の 停 止 を 命 じた 場 合 において 大 分 市 に 損 害 等 が 生 じた 場 合 は 指 定 管 理 者 は 大 分 市 にその 損 害 を 賠 償 しなければならない 4 前 項 の 場 合 において 指 定 管 理 者 に 損 害 等 が 生 じても 大 分 市 はその 賠 償 の 責 めを 負 わない 11

12 ( 指 定 管 理 者 による 指 定 の 取 消 しの 申 出 ) 第 42 条 指 定 管 理 者 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 は 大 分 市 に 対 して 指 定 の 取 消 しを 申 し 出 ることができる (1) 大 分 市 が 本 協 定 の 内 容 を 履 行 せず 又 はこれに 違 反 したとき (2) その 他 指 定 管 理 者 が 必 要 と 認 めるとき 2 大 分 市 は 前 項 の 申 出 を 受 けた 場 合 は 指 定 管 理 者 との 協 議 を 経 てその 措 置 を 決 定 するものとす る ( 不 可 抗 力 による 指 定 の 取 消 し 等 ) 第 43 条 大 分 市 又 は 指 定 管 理 者 は 不 可 抗 力 の 発 生 により 本 業 務 等 の 継 続 等 が 困 難 と 判 断 した 場 合 は 相 手 方 に 対 して 指 定 の 取 消 し 等 の 協 議 を 求 めることができる 2 前 項 の 協 議 の 結 果 やむを 得 ないと 判 断 された 場 合 は 大 分 市 は 指 定 の 取 消 し 等 を 行 うものとす る 3 前 項 の 規 定 による 取 消 し 等 により 発 生 する 損 害 等 の 負 担 については 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 が 協 議 して 決 定 するものとする ( 指 定 期 間 終 了 時 の 取 扱 い) 第 44 条 本 協 定 第 38 条 から 第 40 条 までの 規 定 は 前 3 条 の 規 定 により 指 定 が 取 り 消 された 場 合 について 準 用 する 第 10 章 その 他 ( 権 利 又 は 義 務 の 譲 渡 の 禁 止 ) 第 45 条 指 定 管 理 者 は 本 協 定 に 基 づき 生 じる 権 利 又 は 義 務 を 第 三 者 に 譲 渡 し 若 しくは 承 継 させ 又 はその 権 利 を 担 保 に 供 してはならない ただし 事 前 に 大 分 市 の 承 認 を 受 けた 場 合 は この 限 りでな い ( 本 業 務 等 の 実 施 に 係 る 指 定 管 理 者 の 口 座 ) 第 46 条 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 の 実 施 に 係 る 支 出 及 び 収 入 を 適 切 に 運 営 管 理 することを 目 的 とし て 本 業 務 等 に 固 有 の 銀 行 口 座 を 開 設 し その 適 切 な 運 用 を 図 るものとする ( 請 求 通 知 等 の 様 式 等 ) 第 47 条 本 協 定 に 関 する 大 分 市 指 定 管 理 者 の 間 の 請 求 通 知 申 出 報 告 承 認 取 消 し 等 は 本 協 定 に 特 別 の 定 めがある 場 合 を 除 き 必 ず 書 面 により 行 わなければならない ( 協 定 の 変 更 ) 12

13 第 48 条 本 業 務 等 に 関 し 本 業 務 等 の 前 提 条 件 若 しくはその 内 容 が 変 更 したとき 又 は 特 別 な 事 情 が 生 じたときは 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 協 議 の 上 本 協 定 の 規 定 を 変 更 することができる ( 疑 義 についての 協 議 ) 第 49 条 本 協 定 の 各 条 項 等 の 解 釈 について 疑 義 を 生 じたとき 又 は 本 協 定 に 特 別 の 定 めのない 事 項 については 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 協 議 の 上 これを 定 めるものとする ( 管 轄 裁 判 所 ) 第 50 条 本 協 定 に 関 する 紛 争 は 大 分 地 方 裁 判 所 を 第 一 審 の 管 轄 裁 判 所 とする 本 協 定 を 証 するため 本 書 を 2 通 作 成 し 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 がそれぞれ 記 名 押 印 の 上 各 1 通 を 保 有 する 平 成 年 月 日 大 分 市 所 在 地 名 称 代 表 者 大 分 市 荷 揚 町 2 番 31 号 大 分 市 大 分 市 長 佐 藤 樹 一 郎 印 指 定 管 理 者 名 称 代 表 構 成 員 所 在 地 名 称 代 表 者 印 13

14 別 紙 1 運 営 管 理 物 件 1 運 営 管 理 施 設 ( 詳 細 については 財 産 台 帳 を 参 照 のこと ) (1)コンパルホール (2) 敷 地 内 の 外 構 及 び 植 栽 (3)その 他 施 設 2 運 営 管 理 物 品 ( 詳 細 については 備 品 台 帳 を 参 照 のこと ) (1) 備 品 等 (Ⅰ 種 ) 種 類 数 量 備 考 (2) 備 品 等 (Ⅱ 種 ) 種 類 数 量 備 考 14

15 別 紙 2 個 人 情 報 取 扱 特 記 事 項 ( 基 本 的 事 項 ) 第 1 指 定 管 理 者 は 個 人 情 報 ( 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に 関 す る 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 ) 第 2 条 第 8 項 に 規 定 する 特 定 個 人 情 報 を 含 む 以 下 同 じ )の 保 護 の 重 要 性 を 認 識 し 本 協 定 に 係 る 本 業 務 等 の 実 施 に 当 たっては 個 人 の 権 利 利 益 を 侵 害 すること のないよう 個 人 情 報 の 取 扱 いを 適 正 に 行 わなければならない ( 秘 密 の 保 持 ) 第 2 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 に 関 して 知 り 得 た 個 人 情 報 を 他 人 に 知 らせ 又 は 不 当 な 目 的 に 利 用 し てはならない 指 定 管 理 者 の 指 定 の 期 間 等 が 満 了 し 又 は 指 定 管 理 者 の 指 定 が 取 り 消 された 後 にお いても 同 様 とする ( 従 事 者 の 明 確 化 ) 第 3 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 に 従 事 する 者 を 明 確 にし 大 分 市 から 求 めがあったときには 大 分 市 に 報 告 しなければならない ( 従 事 者 への 監 督 及 び 教 育 ) 第 4 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 に 従 事 する 者 に 対 し 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いについて 監 督 及 び 教 育 を 行 わなければならない ( 収 集 の 制 限 ) 第 5 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 を 行 うため 個 人 情 報 を 収 集 するときは 本 業 務 等 を 達 成 するために 必 要 な 範 囲 内 で 適 法 かつ 公 正 な 方 法 により 行 わなければならない ( 適 正 管 理 ) 第 6 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 に 関 して 知 り 得 た 個 人 情 報 について 漏 洩 滅 失 改 ざん 及 び 毀 損 の 防 止 その 他 の 個 人 情 報 の 適 正 な 管 理 のため 個 人 情 報 保 護 取 扱 規 程 の 制 定 個 人 情 報 保 護 責 任 者 の 配 置 等 必 要 な 措 置 を 講 じなければならない ( 目 的 外 利 用 及 び 提 供 の 禁 止 ) 15

16 第 7 指 定 管 理 者 は 大 分 市 の 指 示 又 は 承 諾 があるときを 除 き 本 業 務 等 に 関 して 知 り 得 た 個 人 情 報 を 本 協 定 の 目 的 以 外 に 利 用 し 又 は 第 三 者 に 提 供 してはならない ( 持 ち 出 しの 禁 止 ) 第 8 指 定 管 理 者 は あらかじめ 大 分 市 の 指 示 又 は 承 諾 があった 場 合 を 除 き 指 定 管 理 者 が 本 業 務 等 に 係 る 個 人 情 報 を 取 り 扱 っている 事 務 所 その 他 の 場 所 から 個 人 情 報 を 持 ち 出 してはならない ( 複 写 又 は 複 製 の 禁 止 ) 第 9 指 定 管 理 者 は 大 分 市 の 指 示 又 は 承 諾 があるときを 除 き 本 業 務 等 を 行 うために 本 市 から 引 き 渡 さ れた 個 人 情 報 が 記 録 された 資 料 等 の 複 写 複 製 又 はこれらに 類 する 行 為 をしてはならない ( 再 委 託 の 禁 止 ) 第 10 指 定 管 理 者 は 大 分 市 の 承 認 を 得 た 場 合 を 除 き 本 業 務 等 を 行 うための 個 人 情 報 の 処 理 は 自 ら 行 うものとし 第 三 者 にその 取 扱 いを 委 託 してはならない ( 資 料 等 の 返 還 ) 第 11 指 定 管 理 者 は 指 定 管 理 者 の 指 定 の 期 間 が 満 了 し 又 は 指 定 管 理 者 の 指 定 が 取 り 消 されたと きは 大 分 市 の 指 示 に 従 い 本 業 務 等 を 行 うために 大 分 市 から 引 き 渡 され 又 は 指 定 管 理 者 自 らが 収 集 し 若 しくは 作 成 した 個 人 情 報 が 記 録 さた 資 料 等 を 大 分 市 に 返 還 し 又 は 新 たに 指 定 管 理 者 と なる 者 に 引 き 継 がなければならない ( 従 事 者 への 周 知 ) 第 12 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 に 従 事 している 者 に 対 して その 在 職 中 及 び 退 職 後 においても 本 業 務 等 に 関 して 知 り 得 た 個 人 情 報 を 他 人 に 知 らせ 又 は 不 当 な 目 的 に 利 用 してはならないこと その 他 個 人 情 報 の 保 護 に 関 し 必 要 な 事 項 を 周 知 させなければならない ( 報 告 義 務 ) 第 13 指 定 管 理 者 は 大 分 市 から 求 めがあったときは 特 記 事 項 の 遵 守 状 況 及 び 本 業 務 等 の 履 行 状 況 について 大 分 市 に 対 して 報 告 しなければならない ( 調 査 ) 第 14 大 分 市 は 指 定 管 理 者 が 本 業 務 等 を 行 うに 当 たり 取 り 扱 っている 個 人 情 報 の 状 況 について 随 時 実 地 に 調 査 することができる ( 事 故 報 告 ) 第 15 指 定 管 理 者 は この 特 記 事 項 に 違 反 する 事 態 が 生 じ 又 は 生 じるおそれのあることを 知 っ たときは 速 やかに 大 分 市 に 報 告 し 大 分 市 の 指 示 に 従 うものとする 16

17 ( 損 害 賠 償 等 ) 第 16 大 分 市 は 指 定 管 理 者 がこの 特 記 事 項 に 違 反 したと 認 めるときは 協 定 の 解 除 及 び 損 害 賠 償 の 請 求 をすることができる 17

18 別 紙 3 責 任 分 担 表 ( 例 ) 1 運 営 管 理 に 関 する 責 任 分 担 (: 原 則 として 責 任 がある 〇 : 一 部 責 任 を 負 う 場 合 がある ) 項 目 市 指 定 管 理 者 事 業 運 営 に 影 響 のある 法 令 の 変 更 資 金 調 達 物 価 ( 指 定 後 のインフレ デフレ) 金 利 の 変 動 不 可 抗 力 による 業 務 の 変 更 中 止 等 協 議 事 項 市 の 責 任 による 業 務 の 中 止 等 指 定 管 理 者 の 責 任 による 業 務 の 中 止 等 指 定 管 理 者 の 事 業 放 棄 破 綻 申 請 費 用 の 負 担 施 設 運 営 の 引 継 ぎコストの 負 担 施 設 競 合 による 利 用 者 減 収 入 減 当 初 の 需 要 見 込 みと 異 なる 状 況 市 の 要 因 以 外 による 運 営 費 の 増 加 市 の 協 定 内 容 の 不 履 行 指 定 管 理 者 の 事 由 による 業 務 及 び 協 定 内 容 の 不 履 行 要 求 水 準 の 不 適 合 運 営 管 理 機 械 設 備 の 保 守 点 検 ( 法 定 を 含 む) 備 品 の 購 入 及 び 管 理 必 要 な 消 耗 品 の 購 入 不 可 抗 力 による 施 設 の 修 繕 等 協 議 事 項 不 可 抗 力 以 外 の 施 設 の 修 繕 等 (1 件 50 万 円 超 ) (1 件 50 万 円 以 内 ) 施 設 の 法 的 管 理 ( 利 用 許 可 目 的 外 使 用 許 可 ) ( 目 的 外 使 用 許 可 ) ( 利 用 許 可 ) 苦 情 対 応 事 故 対 応 災 害 時 対 応 〇 ( 指 示 等 ) 18

19 災 害 復 旧 包 括 的 管 理 責 任 利 用 者 に 係 る 賠 償 責 任 保 険 の 加 入 火 災 保 険 の 加 入 施 設 の 管 理 瑕 疵 により 損 害 が 生 じた 場 合 施 設 等 の 設 置 瑕 疵 により 損 害 が 生 じた 場 合 備 考 上 記 に 含 まれない 事 項 は 大 分 市 と 指 定 管 理 者 との 間 の 協 議 によるものとします 第 三 者 の 責 めに 帰 すべき 事 由 による 損 傷 等 で その 第 三 者 が 特 定 できる 場 合 における 損 害 回 復 等 についての 交 渉 は 指 定 管 理 者 が 行 うものとします 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すべき 事 由 により 生 じた 損 害 について 市 が 損 害 を 賠 償 したときは 市 は 指 定 管 理 者 に 求 償 権 を 有 するものとします < 協 定 書 に 添 付 する 資 料 > 大 分 市 の 作 成 する 施 設 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 の 作 成 する 施 設 指 定 管 理 者 管 理 運 営 仕 様 書 指 定 管 理 者 の 作 成 する 施 設 指 定 管 理 者 管 理 運 営 事 業 計 画 書 指 定 管 理 者 の 作 成 する 施 設 指 定 管 理 者 収 支 予 算 書 19

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

神栖市児童館指定管理業務仕様書

神栖市児童館指定管理業務仕様書 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 8 月 茨 城 県 神 栖 市 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 児 童 館 等 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 は, 募 集 要 項 のほかこの 仕 様 書 による 第 1 管 理 運 営 の 基 本 方 針 児 童 館 は, 地 域 児 童 の 健

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指針針針針

公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指針針針針 港 区 立 区 民 斎 場 やすらぎ 会 館 管 理 運 営 に 関 す る 基 本 協 定 書 港 区 港 区 葬 祭 業 組 合 港 区 立 区 民 斎 場 やすらぎ 会 館 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 協 定 書 港 区 長 ( 以 下 甲 という ) と 地 方 自 治 法 ( 昭 和 2 2 年 法 律 第 6 7 号 ) 第 244 条 の2 及 び 港 区 立 区 民 斎

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW WAON 利 用 加 盟 店 規 約 第 1 条 目 的 1. 本 規 約 は 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)と 利 用 者 間 の 取 引 代 金 の 決 済 に WAON を 利 用 することに 関 し 甲 とイオンクレジットサービス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という) との 間 におけるWAONの 取 扱 い 及 びWAONに 係 る 契 約 関 係 ( 以 下 本 契 約 という)に

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E9197BF32816A8AEE967B8BA692E88F91>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E9197BF32816A8AEE967B8BA692E88F91> 資 料 2 よこはまウォーキングポイント 事 業 基 本 協 定 書 ( 目 次 ) 第 1 条 ( 定 義 ) 第 2 条 ( 協 働 事 業 ) 第 3 条 ( 本 事 業 の 目 的 ) 第 4 条 ( 本 協 定 の 趣 旨 ) 第 5 条 ( 基 本 的 合 意 ) 第 6 条 ( 協 定 期 間 ) 第 7 条 ( 協 働 契 約 の 締 結 ) 第 8 条 ( 本 事 業 の 役 割

More information

Taro 宮崎県営住宅指定管理

Taro 宮崎県営住宅指定管理 愛 媛 県 県 営 住 宅 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 愛 媛 県 目 次 第 1 県 営 住 宅 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 事 項 1 1 管 理 に 係 る 基 本 理 念 1 2 関 係 規 定 の 遵 守 1 3 管 理 運 営 を 行 うにあたっての 留 意 事 項 2 第 2 指 定 管 理 者 が 管 理 を 行 う 県 営 住 宅 3 第 3 業 務

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

WebARENA Suite2

WebARENA Suite2 WebARENA 共 通 利 用 規 約 2015 年 5 月 13 日 改 定 株 式 会 社 NTTPCコミュニケーションズ WebARENA 共 通 利 用 規 約 2015 年 5 月 13 日 改 定 株 式 会 社 NTTPC コミュニケーションズ 第 1 章 総 則... 3 第 1 条 ( 利 用 規 約 の 適 用 )... 3 第 2 条 ( 利 用 規 約 の 変 更 )...

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

電子契約サービス利用約款

電子契約サービス利用約款 電 子 契 約 サービス 利 用 約 款 GMOクラウド 株 式 会 社 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 本 利 用 約 款 の 目 的 ) 本 利 用 約 款 は GMOクラウド 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という )が 提 供 する 電 子 契 約 サービス( 以 下 本 サー ビス という )の 利 用 条 件 について 定 めることを 目 的 第 2 章 利 用 契 約 の 成

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 秋 田 市 ( 以 下 甲 という )が 受 託 者 ( 以 下 乙 という ) に 対 し 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 を 委 託 するために 定 めたものである ( 目 的 ) 第 2 条 甲 が 委 託 する 秋 田 市 固 定 資 産 土

More information

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金 日 本 トーター 株 式 会 社 大 宮 西 武 園 競 輪 事 業 所 大 宮 競 輪 場 及 び 西 武 園 競 輪 場 ポイントサービス 利 用 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 会 員 規 約 に 基 づく 事 項 その 他 当 施 設 におけるポイントサービスの 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 め ることを 目 的 とします ( 定 義 )

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

のとする 第 6 条 (ポイントの 取 消 消 減 ) 1. 当 社 がポイントを 付 与 した 後 に 対 象 取 引 について 返 品 キャンセルその 他 当 社 がポイン トの 付 与 を 取 り 消 すことが 適 当 と 判 断 する 事 由 があった 場 合 当 社 は 対 象 取 引 に

のとする 第 6 条 (ポイントの 取 消 消 減 ) 1. 当 社 がポイントを 付 与 した 後 に 対 象 取 引 について 返 品 キャンセルその 他 当 社 がポイン トの 付 与 を 取 り 消 すことが 適 当 と 判 断 する 事 由 があった 場 合 当 社 は 対 象 取 引 に ライフティポイント 利 用 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) ライフティ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)は ライフティポイント 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 という)に 基 づき 当 社 指 定 の 方 法 により 当 社 に 対 して 登 録 を 行 ったお 客 様 ( 以 下 会 員 と いう)に 対 して 当 社 が 発 行 するポイントである ライフティポイント に

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

第 4 条 ( 申 込 ) 本 規 約 における 応 募 者 とは 当 社 に 対 し 本 サービスでのオーディション 申 込 を 行 った 者 をいいます 当 社 は 別 途 定 める 応 募 者 資 格 に 基 づき 必 要 な 審 査 手 続 等 を 経 た 後 に 選 考 対 象 として 申

第 4 条 ( 申 込 ) 本 規 約 における 応 募 者 とは 当 社 に 対 し 本 サービスでのオーディション 申 込 を 行 った 者 をいいます 当 社 は 別 途 定 める 応 募 者 資 格 に 基 づき 必 要 な 審 査 手 続 等 を 経 た 後 に 選 考 対 象 として 申 HKT48 オーディション 受 付 サイト 利 用 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) HKT48 オーディション 受 付 サイト 利 用 規 約 は( 以 下 本 規 約 といいます) 株 式 会 社 AKS( 以 下 当 社 といいます)が 運 営 する HKT48 へのオーディション 申 込 およびその 後 の 審 査 に 関 する 全 サービ スの 利 用 条 件 を 定 めるものです 第

More information

Gi電気料金一括請求サービス約款

Gi電気料金一括請求サービス約款 Gi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービス 約 款 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 本 約 款 の 適 用 ) 株 式 会 社 インボイス( 以 下 当 社 といいます)は このGi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービ ス 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)を 定 め 本 約 款 に 基 づき 第 4 条 に 定 めるサービ ス( 以 下 本 サービス1と 本 サービス2を 総

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

2

2 東 村 山 市 民 スポーツセンター 指 定 管 理 者 公 募 要 項 平 成 23 年 10 月 東 村 山 市 教 育 委 員 会 2 目 次 東 村 山 市 民 スポーツセンター 指 定 管 理 者 公 募 要 項 1 指 定 管 理 者 制 度 導 入 の 目 的 7 2 公 募 の 概 要 7 (1) 対 象 施 設 7 (2) 主 催 者 7 (3) 指 定 期 間 7 (4) 指 定

More information

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か CNCP マッチングサイト 利 用 規 約 (2016.7.27) 第 1 条 総 則 1. 本 利 用 規 約 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 シビル NPO 連 携 プラットフォーム( 以 下 CNCP と 称 する)が 提 供 する インターネットサイトで 業 務 委 託 者 ( 以 下 クライアントと 称 する)と 業 務 受 託 者 ( 以 下 メンバーと 称 する)の マッチングを

More information

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 平 成 24 年 10 月 沼 津 市 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 ( 以 下 温 泉 施 設 という )の 指 定 管 理 業 務 は 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例 ( 以 下 条 例 という ) 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例

More information

( 審 査 委 員 会 の 設 置 ) 第 5 条 前 条 の 規 定 によりプロポーザル 方 式 の 実 施 が 決 定 したときは, 所 管 課 長 は 対 象 業 務 の 内 容 に 合 わせてプロポーザル 方 式 受 託 者 特 定 審 査 委 員 会 ( 以 下 審 査 委 員 会 とい

( 審 査 委 員 会 の 設 置 ) 第 5 条 前 条 の 規 定 によりプロポーザル 方 式 の 実 施 が 決 定 したときは, 所 管 課 長 は 対 象 業 務 の 内 容 に 合 わせてプロポーザル 方 式 受 託 者 特 定 審 査 委 員 会 ( 以 下 審 査 委 員 会 とい 小 松 島 市 プロポーザル 方 式 実 施 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 市 が 発 注 する 企 画 調 査, 計 画, 設 計 等 の 業 務 のうち, 高 度 な 技 術 又 は 専 門 的 な 知 識 を 必 要 とする 業 務 等 の 契 約 に 当 たり, 当 該 業 務 に 係 る 提 案 を 求 め, 当 該 業 務 の 目 的 及 び 内 容 に 最 も

More information

Microsoft Word - 一般仕様書(H27)

Microsoft Word - 一般仕様書(H27) 一 般 仕 様 書 ( 目 的 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 旧 吉 野 川 浄 化 センターの 運 転 管 理 業 務 を 円 滑 に 実 施 するため 業 務 の 内 容 等 を 定 めることを 目 的 とする ( 業 務 の 履 行 ) 第 2 条 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は 下 水 道 法 水 質 汚 濁 防 止 法 電 気 事 業 法 及 びその 他 の 関 係 法 令

More information

4. 本 サービスを 利 用 するために 必 要 な 通 信 費 等 は 本 サービス 利 用 者 の 負 担 とします 第 5 条 ( 利 用 料 金 ) 1. 本 サービスの 利 用 料 金 ( 以 下 本 料 金 といいます )は 当 社 が 別 途 定 めるとおりとします 2. 本 サービス

4. 本 サービスを 利 用 するために 必 要 な 通 信 費 等 は 本 サービス 利 用 者 の 負 担 とします 第 5 条 ( 利 用 料 金 ) 1. 本 サービスの 利 用 料 金 ( 以 下 本 料 金 といいます )は 当 社 が 別 途 定 めるとおりとします 2. 本 サービス 第 1 条 ( 本 サービスの 内 容 ) いつでも 書 店 ( 以 下 本 サービス といいます )は いつでも 書 店 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )がお 客 様 に 対 し いつでも 書 店 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )に 基 づき 提 供 するサービスをいいます 第 2 条 ( 本 サービスの 利 用 ) 1. 本 サービスの 利 用 を 希 望

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号 東 京 手 形 交 換 所 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 参 加 銀 行 第 1 節 参 加 および 脱 退 ( 第 5 条 第 15 条 ) 第 2 節 加 入 金 および 経 費 分 担 金 ( 第 16 条 第 19 条 ) 第 3 節 保 証 金 ( 第 20 条 第 21 条 ) 第 3 章 手 形 交 換 第 1 節 総 則 ( 第 22

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

PMK220プライバシーマーク付与適格性審査の実施基準

PMK220プライバシーマーク付与適格性審査の実施基準 プライバシーマーク 付 与 適 格 性 審 査 の 実 施 基 準 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 プライバシーマーク 推 進 センター 改 廃 履 歴 版 制 定 改 定 日 改 定 箇 所 理 由 施 行 日 1.0 平 成 22 年 10 月 15 日 プライバシーマーク 制 度 設 置 及 び 運 営 要 平 成 23 年 3 月 1 日 領 の 全

More information

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63>

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63> すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 ( 平 成 29 年 4 月 1 日 ~ 平 成 34 年 3 月 31 日 分 ) 小 林 市 須 木 庁 舎 地 域 振 興 課 1 すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 すきむらんどの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 等 は この 仕 様 書 ( 以 下 本 仕 様 書 と いう)による

More information

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477>

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477> 市 有 財 産 公 売 ( 一 般 競 争 入 札 ) 応 募 要 領 [ 平 成 28 年 度 ] 宇 都 宮 市 経 済 部 商 工 振 興 課 028-632-2433 公 売 物 件 一 覧 表 1 物 件 及 び 現 地 説 明 日 時 物 件 番 号 物 件 の 所 在 実 測 面 積 現 況 地 目 最 低 入 札 価 格 現 地 説 明 日 時 1 宇 都 宮 市 ゆいの 杜 8 丁

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

委託契約書フォーマット02(精算払用)

委託契約書フォーマット02(精算払用) 16 規 総 第 XXX 号 平 成 28 年 度 事 業 名 に 関 する 委 託 契 約 書 ( テ ー マ 名 ) 一 般 財 団 法 人 日 本 規 格 協 会 ( 以 下 甲 という )は 再 委 託 事 業 者 ( 以 下 乙 という )と 甲 が 経 済 産 業 省 ( 以 下 丙 という )との 間 に 締 結 した 平 成 28 年 度 事 業 に 関 する 委 託 契 約 書 に

More information

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2 業 務 委 託 契 約 書 ( 案 ) 収 入 印 紙 1 委 託 業 務 名 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 2 業 務 履 行 場 所 いわき 市 平 下 神 谷 他 35 箇 所 地 内 3 契 約 期 間 平 成 28 年 月 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 4 業 務 履 行 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平

More information

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交 常 陸 大 宮 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は, 常 陸 大 宮 市 ( 以 下 甲 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 委 託 業 務 という )について 必 要 な 事 項 を 定 め, 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は,この 仕 様 書 に 基 づき,

More information

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 技 術 研 究 組 合 は 制 御 システムのセキュリティ 確 保 に 資 する 研 究 開 発 を 遂 行 する ( 名 称 ) 第 2 条 本 組 合 は 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター( 英 文 名 Control System Security

More information

機器保証利用規約

機器保証利用規約 端 末 補 償 for ismart 利 用 規 約 株 式 会 社 フォーバルテレコム( 以 下 当 社 といいます )は 当 社 の 指 定 する 商 品 を 購 入 するお 客 様 ( 以 下 利 用 者 といいます ) 向 けに 以 下 に 定 める 機 器 保 証 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )に 基 づき 端 末 補 償 for ismart ( 以 下 本 サービス

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

発 表 集 本 文 構 成 構 成 印 刷 色 頁 枚 数 備 考 局 長 挨 拶 3 両 面 モノクロ 目 次 5 (ページ 番 号 はつけない) 発 表 会 写 真 両 面 6 (ページ 番 号 はつけない)3 枚 目 の 裏 白 紙 Ⅰ 森 林 技 術 部 門 片 面 2 (ページ 番 号 は

発 表 集 本 文 構 成 構 成 印 刷 色 頁 枚 数 備 考 局 長 挨 拶 3 両 面 モノクロ 目 次 5 (ページ 番 号 はつけない) 発 表 会 写 真 両 面 6 (ページ 番 号 はつけない)3 枚 目 の 裏 白 紙 Ⅰ 森 林 技 術 部 門 片 面 2 (ページ 番 号 は 仕 様 書 1, 件 名 平 成 27 年 度 北 の 国 森 林 づくり 技 術 交 流 発 表 集 印 刷 2, 規 格 A4 版 簡 易 製 本 無 線 綴 じ 300 部 表 紙 :モノクロ 印 刷 表 表 紙 2 頁 裏 表 紙 2 頁 計 4 頁 本 文 :モノクロ 14 頁 ( 白 紙 片 面 印 刷 の 裏 面 1 頁 ) カラー 232 頁 ( 白 紙 片 面 印 刷 の 裏 面

More information

アンケート 全 省 庁 統 一 資 格 あり なし 不 明 自 治 体 の 資 格 あり なし 不 明 資 格 名 ( あり の 場 合 ) 入 札 経 験 あり なし 不 明 落 札 経 験 あり なし 不 明 ご 意 見 ご 質 問 等 ござい ましたらご 記 入 ください

アンケート 全 省 庁 統 一 資 格 あり なし 不 明 自 治 体 の 資 格 あり なし 不 明 資 格 名 ( あり の 場 合 ) 入 札 経 験 あり なし 不 明 落 札 経 験 あり なし 不 明 ご 意 見 ご 質 問 等 ござい ましたらご 記 入 ください 入 札 なう ご 利 用 申 込 書 お 申 込 み 日 : 年 月 日 * 必 須 項 目 代 理 店 ID 会 社 名 * 会 社 名 かな* 印 支 店 名 郵 便 番 号 * 住 所 * 電 話 番 号 * 携 帯 電 話 番 号 部 署 名 FAX 番 号 役 職 名 ご 契 約 担 当 者 名 * 姓 名 ご 契 約 担 当 者 名 かな* 姓 名 メールアドレス* 入 札 なうメルマガを

More information

定 款

定 款 ダイヤモンド 工 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第

More information

に 変 更 が 生 じた 場 合 速 やかに 本 オークション 事 務 局 まで 連 絡 します 2. 会 員 の 権 利 義 務 (1) 会 員 の 権 利 会 員 は 本 オークションサイト 上 で 会 員 として 認 められた 機 能 を 使 用 することができ 本 オークションサイ ト 上

に 変 更 が 生 じた 場 合 速 やかに 本 オークション 事 務 局 まで 連 絡 します 2. 会 員 の 権 利 義 務 (1) 会 員 の 権 利 会 員 は 本 オークションサイト 上 で 会 員 として 認 められた 機 能 を 使 用 することができ 本 オークションサイ ト 上 アクティオオークション 入 会 規 約 (Vol.001.01) 2014 年 2 月 10 日 現 在 アクティオオークション 事 務 局 アクティオ 海 外 事 業 部 TEL:03-6854-1413 Mail:info@aktio-auction.com 本 規 約 は 株 式 会 社 アクティオ( 以 下 主 催 者 )が 主 催 するアクティオオークション( 以 下 本 オークション )

More information

01

01 業 務 契 約 書 ( 案 ) 1 業 務 名 国 有 財 産 分 筆 測 量 業 務 ( 釧 路 市 千 歳 町 ほか) 2 業 務 場 所 釧 路 市 千 歳 町 58-1 58-8 川 上 郡 弟 子 屈 町 泉 1 丁 目 51 3 履 行 期 間 平 成 28 年 月 日 から ( 契 約 締 結 の 翌 日 から) 平 成 28 年 3 月 16 日 まで 4 契 約 金 額 円 (うち

More information

(Microsoft Word - \225x\216m\216R\203\202\201[\203\213\217o\223X\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \225x\216m\216R\203\202\201[\203\213\217o\223X\213K\226\361.doc) 富 士 山 モール 出 店 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) 本 規 約 は 富 士 吉 田 市 富 士 河 口 湖 町 西 桂 町 鳴 沢 村 忍 野 村 山 中 湖 村 ( 以 下 甲 という)がイ ンターネット 上 で 運 営 する 総 合 情 報 サイト 富 士 山 モール ( 以 下 モール という)への 出 店 に 関 し 甲 と 出 店 申 込 者 ( 以 下 乙 という)との 間

More information

る eo スマートリンク 会 員 eo モール 会 員 一 般 会 員 の 総 称 eo スマートリンク 会 員 当 社 が 提 供 する eo 光 ネット および eo スマートリンクプ レミアムパック の 契 約 者 であり 当 社 が 本 サービスの 会 員 と して 認 めた 者 eo モー

る eo スマートリンク 会 員 eo モール 会 員 一 般 会 員 の 総 称 eo スマートリンク 会 員 当 社 が 提 供 する eo 光 ネット および eo スマートリンクプ レミアムパック の 契 約 者 であり 当 社 が 本 サービスの 会 員 と して 認 めた 者 eo モー eo ショッピングモール 会 員 規 約 株 式 会 社 ケイ オプティコム 平 成 26 年 4 月 10 日 制 定 ( 本 規 約 の 適 用 ) 第 1 条 eo ショッピングモール 会 員 規 約 ( 以 下 本 規 約 といい eo ショッピングモール 会 員 規 約 に 付 随 する 規 約 を 含 みます )は 株 式 会 社 ケイ オプティコム( 以 下 当 社 といいます )が

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

豊中市立特別養護老人ホームほづみ

豊中市立特別養護老人ホームほづみ 豊 中 市 立 介 護 老 人 保 健 施 設 指 定 管 理 者 提 案 要 項 平 成 27 年 (2015 年 )5 月 豊 中 市 健 康 福 祉 部 保 健 所 保 健 医 療 課 1. 基 本 的 事 項... 1 (1) 指 定 管 理 者 選 定 の 趣 旨... 1 (2) 基 本 条 件 運 営 方 針... 2 (3) 施 設 の 概 要... 3 2. 管 理 運 営 業 務

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

第1章 総則

第1章 総則 派 遣 社 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 程 は 株 式 会 社 キイパーソン( 以 下 会 社 という)の 派 遣 スタッフの 就 業 に 関 する 事 項 を 定 める 2.この 規 程 および 付 属 規 程 に 定 めのない 事 項 は 個 別 の 就 業 条 件 明 示 書 兼 雇 用 契 約 書 ( 以 下 明 示 書 という)お よび 労

More information

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2)

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2) WebMoney 加 盟 店 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 約 は 株 式 会 社 ウェブマネー( 以 下 当 社 という)と WebMoney 加 盟 店 契 約 ( 以 下 加 盟 店 契 約 という)を 締 結 した 加 盟 店 との 契 約 関 係 について 定 めることを 目 的 とします 第 2 条 ( 定 義 ) 本 規 約 において 次 の 用 語 は 以 下 に 規

More information

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12 東 京 建 設 職 能 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 45 年 7 月 23 日 制 定 昭 和 55 年 5 月 26 日 一 部 改 正 平 成 4 年 3 月 4 日 一 部 改 正 平 成 15 年 3 月 5 日 一 部 改 正 昭 和 46 年 2 月 27 日 一 部 改 正 昭 和 56 年 2 月 26 日 一 部 改 正 平 成 5 年 3 月 4 日 一 部

More information

目     次

目     次 制 裁 規 程 第 1 章 総 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 定 款 第 57 条 に 基 づき 会 員 及 び 会 員 を 所 属 商 品 先 物 取 引 業 者 とする 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 者 ( 以 下 会 員 等 という )の 商 品 先 物 取 引 業 務 ( 定 款 第 3 条 第 1 項 第 5 号 に 定 める 業 務 をいう 以 下 この 規 程 において

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

競争の導入による公共サービスの改革に関する法律に基づく

競争の導入による公共サービスの改革に関する法律に基づく 競 争 の 導 入 による 公 共 サービスの 改 革 に 関 する 法 律 に 基 づく 矯 正 情 報 ネットワークシステムの 運 用 管 理 業 務 における 民 間 競 争 入 札 に 係 る 契 約 の 締 結 について 競 争 の 導 入 による 公 共 サービスの 改 革 に 関 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 51 号 以 下 法 という )に 基 づく 民 間 競

More information

第 1 章 総 則 第 1 条 名 称 奈 良 県 中 古 自 動 車 販 売 商 工 組 合 ( 以 下 JU 奈 良 )が 主 催 する オートオークション( 以 下 AA)をJU 奈 良 オートオークション( 以 下 JU 奈 良 AA)と 称 す 第 2 条 目 的 本 規 約 は JU 奈

第 1 章 総 則 第 1 条 名 称 奈 良 県 中 古 自 動 車 販 売 商 工 組 合 ( 以 下 JU 奈 良 )が 主 催 する オートオークション( 以 下 AA)をJU 奈 良 オートオークション( 以 下 JU 奈 良 AA)と 称 す 第 2 条 目 的 本 規 約 は JU 奈 オートオークション 規 約 2008 年 8 月 2008 年 9 月 2010 年 12 月 2012 年 4 月 一 部 改 定 実 施 一 部 改 定 一 部 改 定 P1 第 1 章 総 則 第 1 条 名 称 奈 良 県 中 古 自 動 車 販 売 商 工 組 合 ( 以 下 JU 奈 良 )が 主 催 する オートオークション( 以 下 AA)をJU 奈 良 オートオークション( 以 下

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

e-Probatio PS2サービス利用約款

e-Probatio PS2サービス利用約款 e-probatio PS2 サービス 利 用 約 款 ( 本 約 款 の 目 的 と 範 囲 ) 第 1 条 e-probatio PS2 サービス 利 用 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)は 株 式 会 社 エヌ テ ィ ティ ネオメイト( 以 下 当 社 といいます)が 運 営 する 電 子 認 証 局 ( 以 下 認 証 局 とい います)が 提 供 する e-probatio

More information

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと 千 葉 県 電 気 工 事 工 業 組 合 定 款 ( 昭 和 40 年 8 月 5 日 制 定 ) ( 昭 和 45 年 12 月 25 日 改 正 ) ( 昭 和 54 年 9 月 29 日 改 正 ) ( 昭 和 58 年 5 月 24 日 改 正 ) ( 昭 和 60 年 5 月 21 日 改 正 ) ( 平 成 4 年 5 月 28 日 改 正 ) ( 平 成 5 年 5 月 19 日 改

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

様式第2                                        (別添)

様式第2                                        (別添) 外 部 用 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 及 び 研 究 開 発 局 委 託 契 約 事 務 処 理 要 領 平 成 20 年 1 月 改 正 平 成 19 年 2 月 制 定 文 部 科 学 省 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 研 究 開 発 局 目 次 1. 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 及 び 研 究 開 発 局 委

More information

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10 入 札 及 び 契 約 心 得 航 空 自 衛 隊 第 3 輸 送 航 空 隊 基 地 業 務 群 会 計 隊 契 約 班 目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効

More information

01 国有財産売払公示書

01 国有財産売払公示書 国 有 財 産 売 払 公 示 書 国 有 財 産 の 売 払 について 下 記 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 1 売 払 物 件 物 件 番 号 所 在 地 区 分 種 目 数 量 28-1 福 山 市 千 田 町 1-393-2 土 地 宅 地 170.14 m2 28-2 福 山 市 北 本 庄 2 丁 目 111-2 土 地 宅 地 658.94 m2 28-3 広 島

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63> 平 成 21 年 4 月 1 日 借 主 は 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 間 で 新 車 ローン ネット de カー のローン 契 約 ( 以 下 ローン 契 約 といいます )を 行 う 場 合 には 銀 行 と 別 途 締 結 する ローン 契 約 書 ( 兼 保 証 委 託 契 約 書 ) ( 以 下 ローン 契 約 書

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

れた 公 開 鍵 に 対 応 する 秘 密 鍵 を 電 子 署 名 において 利 用 することができます 第 3 条 ( 電 子 証 明 書 の 発 行 申 請 ) 1. 申 請 者 は 所 定 の 様 式 の 申 請 書 を 機 構 又 は 居 住 する 市 区 町 村 の 受 付 窓 口 ( 以

れた 公 開 鍵 に 対 応 する 秘 密 鍵 を 電 子 署 名 において 利 用 することができます 第 3 条 ( 電 子 証 明 書 の 発 行 申 請 ) 1. 申 請 者 は 所 定 の 様 式 の 申 請 書 を 機 構 又 は 居 住 する 市 区 町 村 の 受 付 窓 口 ( 以 公 的 個 人 認 証 サービス 利 用 者 規 約 ( 個 人 番 号 カード) 第 1 条 ( 総 則 ) 1. 公 的 個 人 認 証 サービス ( 以 下 本 サービス という )は 地 方 公 共 団 体 情 報 システ ム 機 構 ( 以 下 機 構 という )が 運 営 する 署 名 用 認 証 局 ( 以 下 署 名 用 CA という ) が 提 供 する 署 名 用 電 子 証 明

More information

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 第 1 項 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 ( 以 下 大 学 という )に

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業 安 来 運 動 公 園 管 理 業 務 仕 様 書 る 安 来 運 動 公 園 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び そ の 範 囲 等 は こ の 仕 様 書 に よ ( 有 料 公 園 施 設 に 関 す る 事 項 ) 1 施 設 の 概 要 1 所 在 地 安 来 市 吉 岡 町 450 番 地 2 面 積 46,614m2 3 概 要 区 分 面 積 等 区 分

More information

公立大学法人神戸市外国語大学職員就業規則

公立大学法人神戸市外国語大学職員就業規則 公 立 大 学 法 人 神 戸 市 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 2007 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき, 公 立 大 学 法 人 神 戸 市 外 国 語 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

会員規約(バニラVisaオンライン会員用)

会員規約(バニラVisaオンライン会員用) 会 員 規 約 (バニラ Visa オンライン 会 員 用 ) 第 1 条 ( 目 的 ) (1) 本 規 約 は インターネット 上 の 加 盟 店 で 代 金 決 済 に 利 用 する ことができるインターネット 決 済 専 用 プリペイドカードであって SBI カード 株 式 会 社 ( 以 下 SBI カード 又 は 当 社 という ) が 発 行 するもの( 名 称 :バニラ Visa オンライン(

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information