(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由"

Transcription

1 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 が 相 互 に 協 力 し 本 施 設 を 適 正 かつ 円 滑 に 運 営 管 理 するた めに 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする ( 指 定 管 理 者 の 指 定 の 意 義 ) 第 2 条 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 は 本 施 設 の 運 営 管 理 に 関 して 大 分 市 が 指 定 管 理 者 の 指 定 を 行 う 意 義 は 本 施 設 が 市 民 の 利 用 に 供 する 公 の 施 設 であることを 前 提 として 指 定 管 理 者 の 能 力 を 活 用 しつ つ 市 民 サービスを 向 上 させ もって 本 施 設 の 効 果 的 な 運 営 管 理 を 図 ることにあることを 確 認 する ( 関 係 法 令 の 遵 守 等 ) 第 3 条 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 の 実 施 に 当 たっては 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) 職 業 安 定 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 141 号 ) 労 働 安 全 衛 生 法 ( 昭 和 47 年 法 律 第 57 号 )その 他 の 関 係 法 令 の 規 定 を 遵 守 しなければならない 2 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 は 相 互 に 協 力 し 信 義 を 重 んじ 本 協 定 を 誠 実 に 履 行 しなければならない ( 用 語 の 定 義 ) 第 4 条 本 協 定 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該 各 号 に 定 めるところによる (1) 本 業 務 等 本 業 務 及 び 自 主 事 業 をいう (2) 本 業 務 大 分 市 の 仕 様 書 及 び 募 集 要 項 に 基 づき 指 定 管 理 者 が 実 施 する 業 務 をいう (3) 自 主 事 業 本 業 務 以 外 の 業 務 であって 指 定 管 理 者 が 事 業 計 画 書 に 基 づき 大 分 市 の 承 認 を 得 て 指 定 管 理 者 の 責 任 及 び 費 用 において 実 施 する 業 務 をいう (4) 事 業 計 画 書 指 定 管 理 者 が 大 分 市 に 提 出 する 運 営 管 理 事 業 計 画 書 収 支 予 算 書 及 び 年 度 事 業 計 画 書 をいう (5) 法 令 法 律 政 令 及 び 省 令 並 びに 本 市 の 条 例 及 び 規 則 をいう (6) 指 定 管 理 料 大 分 市 が 指 定 管 理 者 に 対 して 支 払 う 本 業 務 の 実 施 に 関 する 対 価 等 をいう (7) 利 用 料 金 運 営 管 理 施 設 の 利 用 の 対 価 として 支 払 われる 施 設 利 用 料 をいう (8) 仕 様 書 コンパルホール 指 定 管 理 者 運 営 管 理 仕 様 書 及 びその 添 付 資 料 並 びにこれらに 対 する 質 問 回 答 の 内 容 をいう (9) 募 集 要 項 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 及 びその 添 付 資 料 並 びにこれらに 対 する 質 問 回 答 の 内 容 をいう 1

2 (10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 をいう ( 運 営 管 理 物 件 ) 第 5 条 本 業 務 等 の 対 象 となる 物 件 ( 以 下 運 営 管 理 物 件 という )は 運 営 管 理 施 設 及 び 運 営 管 理 物 品 とする 2 運 営 管 理 施 設 及 び 運 営 管 理 物 品 は 別 紙 1 運 営 管 理 物 件 のとおりとする 3 指 定 管 理 者 は 善 良 なる 運 営 管 理 者 の 注 意 を 持 って 運 営 管 理 物 件 を 管 理 しなければならない 4 指 定 管 理 者 は 運 営 管 理 物 件 を 他 の 目 的 に 使 用 し 又 はその 形 状 形 質 等 を 変 更 してはならない ただし 大 分 市 の 許 可 を 得 たときは この 限 りでない ( 指 定 期 間 等 ) 第 6 条 指 定 管 理 者 の 指 定 期 間 は 平 成 29 年 4 月 1 日 から 平 成 34 年 3 月 31 日 までとする 2 本 業 務 等 に 係 る 事 業 年 度 は 毎 年 4 月 1 日 から 翌 年 の 3 月 31 日 までとする 3 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 に 係 る 経 理 を 指 定 管 理 者 が 行 う 他 の 事 業 と 区 分 し 独 立 した 経 理 を 行 わなければならない * 指 定 管 理 者 が 共 同 企 業 体 方 式 の 場 合 ( 代 表 構 成 員 の 地 位 ) 第 条 指 定 管 理 者 の 代 表 構 成 員 は 指 定 管 理 者 を 代 表 し 大 分 市 との 折 衝 並 びに 指 定 管 理 料 の 請 求 及 び 受 領 を 行 うものとする ( 各 構 成 員 の 責 任 ) 第 条 指 定 管 理 者 の 代 表 構 成 員 及 びその 他 の 構 成 員 は 本 協 定 の 規 定 に 基 づき 指 定 管 理 者 が 負 担 す る 一 切 の 債 務 の 履 行 に 対 し 連 帯 して 責 任 を 負 うものとする ( 重 要 事 項 の 変 更 の 届 出 ) 第 条 指 定 管 理 者 の 代 表 構 成 員 及 びその 他 の 構 成 員 は その 名 称 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 又 は 代 表 者 に 変 更 があったときは 速 やかに 書 面 によりその 旨 を 大 分 市 に 届 け 出 なければならない ( 指 定 期 間 中 における 構 成 員 の 変 更 の 禁 止 ) 第 条 指 定 管 理 者 の 代 表 構 成 員 及 びその 他 の 構 成 員 は 本 協 定 に 基 づき 生 ずる 権 利 又 は 義 務 を 第 三 者 に 譲 渡 し 若 しくは 承 継 させ 又 はその 権 利 を 担 保 に 供 してはならない ただし 事 前 に 大 分 市 の 承 認 を 受 けた 場 合 は この 限 りでない 2 指 定 管 理 者 の 代 表 構 成 員 及 びその 他 の 構 成 員 は 指 定 期 間 中 において 大 分 市 並 びに 当 該 者 以 外 2

3 の 指 定 管 理 者 の 代 表 構 成 員 及 びその 他 の 構 成 員 の 承 認 を 得 なければ 指 定 管 理 者 から 脱 退 してはな らない 3 前 項 の 規 定 により 脱 退 した 者 がある 場 合 又 は 指 定 管 理 者 の 代 表 構 成 員 若 しくはその 他 の 構 成 員 の うちいずれかが 倒 産 し 若 しくは 解 散 した 場 合 は 残 存 する 指 定 管 理 者 の 代 表 構 成 員 又 はその 他 の 構 成 員 が 共 同 連 帯 して 本 業 務 を 遂 行 し 又 は 大 分 市 の 承 認 を 得 て 新 たな 構 成 員 を 加 えなければなら ない 第 2 章 本 業 務 等 の 範 囲 と 実 施 条 件 ( 本 業 務 の 範 囲 ) 第 7 条 指 定 管 理 者 が 行 う 本 業 務 の 範 囲 は 次 のとおりとする (1) 運 営 管 理 施 設 の 使 用 許 可 に 関 する 業 務 (2) 運 営 管 理 施 設 の 使 用 に 係 る 利 用 料 金 の 徴 収 に 関 する 業 務 (3) 運 営 管 理 物 件 の 維 持 管 理 に 関 する 業 務 (4) 運 営 管 理 施 設 の 利 用 促 進 及 び 文 化 スポーツの 振 興 を 図 る 業 務 (5) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 大 分 市 又 は 指 定 管 理 者 が 必 要 と 認 める 業 務 2 前 項 各 号 に 掲 げる 業 務 の 細 目 は 仕 様 書 及 び 募 集 要 項 に 定 めるとおりとする 3 指 定 管 理 者 は 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 使 用 許 可 に 係 る 審 査 基 準 標 準 処 理 期 間 及 び 処 分 基 準 に ついて あらかじめ 書 面 により 大 分 市 の 承 認 を 得 て 定 めるものとする 4 指 定 管 理 者 は 第 1 項 第 1 号 の 業 務 に 関 して 大 分 市 暴 力 団 排 除 条 例 ( 平 成 23 年 大 分 市 条 例 第 19 号 ) 第 7 条 の 規 定 に 基 づき 運 営 管 理 施 設 の 利 用 が 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 暴 力 団 対 策 法 という ) 第 2 条 第 2 号 に 規 定 する 暴 力 団 を 利 す ることとなると 認 めるときは 運 営 管 理 施 設 の 使 用 の 許 可 若 しくは 承 認 をせず 又 は 既 にした 使 用 の 許 可 若 しくは 承 認 の 取 消 しその 他 の 利 用 の 制 限 に 関 する 処 分 を 行 うことができる ( 自 主 事 業 の 範 囲 ) 第 8 条 指 定 管 理 者 は 本 施 設 の 設 置 目 的 に 合 致 し かつ 本 業 務 の 実 施 を 妨 げない 範 囲 において 自 主 事 業 を 実 施 することができる 2 指 定 管 理 者 は 自 主 事 業 を 実 施 する 場 合 は 大 分 市 に 対 して 事 業 計 画 書 を 提 出 し 事 前 に 大 分 市 の 承 認 を 得 なければならない この 場 合 において 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 は 必 要 に 応 じて 協 議 を 行 うものとする ( 大 分 市 が 行 う 業 務 の 範 囲 ) 第 9 条 次 に 掲 げる 業 務 については 大 分 市 が 自 らの 責 任 と 費 用 において 実 施 するものとする (1) 本 施 設 の 目 的 外 使 用 許 可 (2) 運 営 管 理 施 設 の 本 協 定 第 15 条 第 2 項 ただし 書 に 定 める 大 規 模 な 修 繕 等 (3) その 他 大 分 市 が 必 要 と 認 める 業 務 3

4 ( 業 務 実 施 条 件 ) 第 10 条 指 定 管 理 者 が 本 業 務 を 実 施 するに 当 たり 満 たさなければならない 条 件 は 仕 様 書 及 び 募 集 要 項 に 定 めるとおりとする 2 指 定 管 理 者 が 自 主 事 業 を 実 施 するに 当 たっては 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 協 議 の 上 別 途 の 自 主 事 業 の 実 施 条 件 等 を 定 めることができる ( 業 務 の 範 囲 及 び 業 務 実 施 条 件 の 変 更 ) 第 11 条 大 分 市 又 は 指 定 管 理 者 は 必 要 と 認 める 場 合 は 相 手 方 に 対 する 通 知 をもって 本 協 定 に 規 定 する 本 業 務 の 範 囲 本 協 定 に 規 定 する 自 主 事 業 の 範 囲 及 び 前 条 に 規 定 する 業 務 実 施 条 件 の 変 更 を 求 めることができる 2 大 分 市 又 は 指 定 管 理 者 は 前 項 の 通 知 を 受 けた 場 合 は 協 議 に 応 じなければならない 3 本 業 務 等 の 範 囲 又 は 業 務 実 施 条 件 の 変 更 については 前 項 の 協 議 において 決 定 するものとする 第 3 章 本 業 務 等 の 実 施 ( 本 業 務 等 の 実 施 ) 第 12 条 指 定 管 理 者 は 本 協 定 年 度 協 定 及 び 関 係 法 令 のほか 募 集 要 項 仕 様 書 及 び 事 業 計 画 書 に 従 って 本 業 務 等 を 実 施 するものとする 2 本 協 定 募 集 要 項 仕 様 書 及 び 事 業 計 画 書 の 間 に 疑 義 が 生 じたときは 本 協 定 募 集 要 項 仕 様 書 及 び 事 業 計 画 書 の 順 にその 解 釈 が 優 先 するものとする 3 前 項 の 規 定 にかかわらず 事 業 計 画 書 において 募 集 要 項 及 び 仕 様 書 を 上 回 る 水 準 が 提 案 されてい る 場 合 は 事 業 計 画 書 に 示 された 水 準 によるものとする ( 開 業 準 備 ) 第 13 条 指 定 管 理 者 は 指 定 開 始 日 に 先 立 ち 本 業 務 等 の 実 施 に 関 し 必 要 な 資 格 者 及 び 人 材 を 確 保 し 必 要 な 研 修 等 を 行 わなければならない 2 指 定 管 理 者 は 必 要 と 認 める 場 合 は 指 定 開 始 日 に 先 立 ち 大 分 市 に 対 して 運 営 管 理 施 設 の 視 察 を 申 し 出 ることができる ( 第 三 者 による 実 施 ) 第 14 条 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 の 全 部 又 は 一 部 を 第 三 者 に 委 託 してはならない ただし 大 分 市 があらかじめ 書 面 により 承 認 した 場 合 は 本 業 務 等 の 一 部 を 第 三 者 に 委 託 することができる 2 指 定 管 理 者 は 前 項 ただし 書 の 規 定 により 本 業 務 等 の 一 部 を 委 託 した 場 合 において その 相 手 方 を 変 更 しようとするときは あらかじめ 書 面 により 大 分 市 の 承 認 を 得 なければならない 3 指 定 管 理 者 が 第 1 項 ただし 書 の 規 定 により 本 業 務 等 の 一 部 を 第 三 者 に 委 託 した 場 合 は 全 て 指 定 管 理 者 の 責 任 及 び 費 用 において 行 うものとし 本 業 務 等 に 関 して 指 定 管 理 者 が 委 託 した 第 三 者 の 4

5 責 めに 帰 すべき 事 由 により 生 じた 損 害 及 び 増 加 費 用 については 全 て 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すべき 事 由 により 生 じた 損 害 及 び 増 加 費 用 とみなして 指 定 管 理 者 が 負 担 するものとする 4 指 定 管 理 者 が 第 1 項 ただし 書 の 規 定 により 本 業 務 等 の 一 部 を 第 三 者 に 委 託 した 場 合 において 委 託 先 の 役 員 等 が 暴 力 団 員 ( 暴 力 団 対 策 法 第 2 条 第 6 号 に 規 定 する 暴 力 団 員 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 暴 力 団 関 係 者 ( 条 例 第 6 条 第 1 号 に 規 定 する 暴 力 団 関 係 者 をいう )に 該 当 することを 知 っ たときは 直 ちに 大 分 市 に 報 告 し その 指 示 に 従 い 必 要 な 措 置 をとらなければならない ( 運 営 管 理 物 件 の 修 繕 等 ) 第 15 条 指 定 管 理 者 は 修 繕 その 他 管 理 物 件 の 原 状 を 変 更 しようとするときは 書 面 により 大 分 市 の 承 認 を 得 なければならない 2 運 営 管 理 物 件 の 修 繕 等 に 係 る 経 費 は 指 定 管 理 者 の 負 担 とする ただし 1 件 につき 50 万 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む )を 超 えると 大 分 市 が 認 める 大 規 模 な 修 繕 等 ( 指 定 管 理 者 の 瑕 疵 によるも のを 除 く )については 大 分 市 が 予 算 の 範 囲 内 で 行 う ( 安 全 な 運 営 管 理 等 ) 第 16 条 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 における 安 全 管 理 の 徹 底 のため 法 令 等 を 遵 守 した 対 応 マニュア ル( 以 下 安 全 管 理 マニュアル という )を 作 成 して 従 事 者 に 周 知 徹 底 を 図 り その 対 策 に 万 全 を 期 さなければならない 2 指 定 管 理 者 は 指 定 期 間 中 において 本 業 務 等 の 実 施 に 関 連 して 事 故 災 害 等 の 緊 急 事 態 が 発 生 した 場 合 は 速 やかに 安 全 管 理 マニュアルに 基 づき 必 要 な 措 置 を 講 ずるとともに 大 分 市 その 他 の 関 係 者 に 対 し 緊 急 事 態 が 発 生 した 旨 を 通 報 しなければならない 3 事 故 災 害 等 の 緊 急 事 態 が 発 生 した 場 合 は 指 定 管 理 者 は 必 要 に 応 じ 大 分 市 に 協 力 を 求 め 当 該 緊 急 事 態 に 対 応 するものとする ( 個 人 情 報 の 保 護 ) 第 17 条 指 定 管 理 者 又 は 本 業 務 等 の 全 部 若 しくは 一 部 に 従 事 する 者 は 本 協 定 の 履 行 に 当 たっては 大 分 市 個 人 情 報 保 護 条 例 ( 平 成 14 年 大 分 市 条 例 第 36 号 )のほか 秘 密 の 保 持 に 関 するすべての 法 令 等 を 遵 守 するとともに 善 良 な 管 理 者 の 注 意 を 払 う 義 務 を 有 し 本 業 務 等 を 行 う 上 で 知 り 得 た 情 報 については 指 定 期 間 中 及 び 指 定 期 間 終 了 後 においても いかなる 理 由 によっても 他 に 漏 らし 又 は 他 の 目 的 に 使 用 してはならない 2 前 項 に 定 めるもののほか 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 を 実 施 するための 個 人 情 報 の 取 扱 いについ ては 別 紙 2 個 人 情 報 取 扱 特 記 事 項 を 遵 守 しなければならない ( 情 報 公 開 ) 第 18 条 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 の 実 施 状 況 及 び 本 業 務 等 に 係 る 経 理 の 状 況 等 について 前 条 に 定 め る 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 留 意 しつつ 大 分 市 の 求 めに 応 じて 情 報 公 開 に 努 めなければならない 5

6 ( 従 事 者 研 修 ) 第 19 条 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 に 従 事 する 者 に 対 し 安 全 管 理 個 人 情 報 の 保 護 人 権 同 和 問 題 その 他 本 事 業 等 の 実 施 に 関 し 必 要 な 研 修 を 定 期 及 び 随 時 において 行 わなければならない 第 4 章 備 品 等 の 取 扱 い ( 大 分 市 による 備 品 等 の 貸 与 ) 第 20 条 大 分 市 は 別 紙 1に 定 める 運 営 管 理 物 品 の 備 品 等 のうちⅠ 種 のもの( 以 下 備 品 等 (Ⅰ 種 ) という ) 及 びⅡ 種 のもの( 以 下 備 品 等 (Ⅱ 種 ) という )を 無 償 で 指 定 管 理 者 に 貸 与 するものと する 2 指 定 管 理 者 は 指 定 期 間 中 備 品 等 (Ⅰ 種 ) 及 び 備 品 等 (Ⅱ 種 )を 常 に 良 好 な 状 態 に 保 たなけれ ばならない 3 備 品 等 (Ⅰ 種 )が 経 年 劣 化 等 により 本 業 務 の 実 施 の 用 に 供 することができなくなった 場 合 は 大 分 市 は 指 定 管 理 者 と 協 議 の 上 必 要 に 応 じて 自 己 の 費 用 で 当 該 備 品 等 調 達 (リース 等 を 含 む )をするも のとする 4 指 定 管 理 者 は 故 意 又 は 過 失 により 備 品 等 (Ⅰ 種 )をき 損 滅 失 したときは 大 分 市 に 対 してこれ を 弁 償 し 又 は 大 分 市 の 承 認 を 得 て 自 己 の 費 用 で 当 該 物 と 同 等 の 機 能 及 び 価 値 を 有 するものを 購 入 し 又 は 調 達 しなければならない ( 指 定 管 理 者 による 備 品 等 の 購 入 等 ) 第 21 条 指 定 管 理 者 は 備 品 等 (Ⅱ 種 )が 経 年 劣 化 等 により 本 業 務 の 実 施 の 用 に 供 することができなく なった 場 合 は 大 分 市 と 協 議 の 上 自 己 の 費 用 で 当 該 備 品 等 調 達 (リース 等 を 含 む )をしなければな らない ただし 1 件 につき 50 万 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む )を 超 えると 大 分 市 が 認 める 調 達 については 大 分 市 が 予 算 の 範 囲 内 で 行 うものとする 2 指 定 管 理 者 は 前 項 の 規 定 によりリースで 備 品 等 を 調 達 する 場 合 は リース 契 約 期 間 等 の 条 件 について 大 分 市 と 協 議 した 上 で 決 定 しなければならない 3 指 定 管 理 者 は 備 品 等 (Ⅰ 種 ) 及 び 備 品 等 (Ⅱ 種 )のほか 指 定 管 理 者 の 任 意 による 備 品 等 ( 以 下 備 品 等 (Ⅲ 種 ) という )を 調 達 することができる ( 備 品 等 の 修 繕 等 ) 第 22 条 指 定 管 理 者 は 備 品 等 の 修 繕 又 は 原 状 を 変 更 しようとするときは あらかじめ 大 分 市 の 承 認 を 得 なければならない 2 備 品 等 の 修 繕 等 に 係 る 経 費 は 指 定 管 理 者 の 負 担 とする ただし 1 件 につき 50 万 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む )を 超 えると 大 分 市 が 認 める 大 規 模 な 修 繕 等 ( 指 定 管 理 者 の 管 理 瑕 疵 によるも のを 除 く )については 大 分 市 が 予 算 の 範 囲 内 で 行 うものとする ( 備 品 台 帳 の 作 成 及 び 運 営 管 理 ) 6

7 第 23 条 指 定 管 理 者 は 本 協 定 の 締 結 後 から 本 業 務 等 が 開 始 されるまでの 間 に 備 品 等 (Ⅰ 種 ) 及 び 備 品 等 (Ⅱ 種 ) 並 びに 必 要 に 応 じて 備 品 等 (Ⅲ 種 )の 品 名 型 番 調 達 者 所 有 者 購 入 年 月 日 等 が 明 記 された 備 品 台 帳 を 作 成 しなければならない 2 指 定 管 理 者 は 前 項 の 規 定 により 作 成 した 備 品 台 帳 を 本 協 定 の 期 間 満 了 までの 間 実 際 の 状 況 と 齟 齬 が 生 じないよう 適 切 に 運 営 管 理 しなければならない 第 5 章 業 務 実 施 に 係 る 大 分 市 の 確 認 事 項 ( 年 度 事 業 計 画 書 ) 第 24 条 指 定 管 理 者 は 毎 年 度 大 分 市 が 指 定 する 期 日 までに 当 該 年 度 の 翌 年 度 に 係 る 次 に 掲 げ る 内 容 を 記 載 した 年 度 事 業 計 画 書 を 大 分 市 に 提 出 し その 承 認 を 得 なければならない (1) 運 営 管 理 の 体 制 及 び 本 業 務 等 の 内 容 (2) 運 営 管 理 に 要 する 経 費 の 総 額 及 び 内 訳 (3) 貸 館 施 設 全 体 に 対 する 利 用 目 標 値 ( 稼 働 率 利 用 者 数 アンケート 調 査 による 評 価 等 )の 設 定 (4) その 他 大 分 市 が 必 要 と 認 める 事 項 2 大 分 市 は 前 項 の 年 度 事 業 計 画 書 が 提 出 されたときは その 内 容 を 審 査 し 必 要 な 指 示 等 を 行 う ことができる 3 指 定 管 理 者 は 年 度 事 業 計 画 書 を 変 更 しようとするときは あらかじめ 書 面 により 大 分 市 の 承 認 を 得 なければならない ( 業 務 報 告 書 等 ) 第 25 条 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 の 実 施 及 びその 実 施 に 係 る 経 理 の 状 況 に 関 する 書 類 を 常 に 整 備 す るとともに 毎 年 度 及 び 毎 月 本 業 務 等 に 関 し 大 分 市 が 指 定 する 期 日 までに 次 に 掲 げる 事 項 を 記 載 した 業 務 報 告 書 を 大 分 市 に 提 出 しなければならない (1) 本 業 務 の 実 施 状 況 に 関 する 事 項 (2) 運 営 管 理 施 設 の 利 用 状 況 に 関 する 事 項 (3) 利 用 料 金 収 入 の 実 績 及 び 運 営 管 理 経 費 等 の 収 支 状 況 等 (4) 自 主 事 業 の 実 施 状 況 に 関 する 事 項 (5) 従 事 者 研 修 の 実 施 状 況 に 関 する 事 項 (6) その 他 大 分 市 が 指 示 する 事 項 2 指 定 管 理 者 は 大 分 市 が 本 協 定 第 41 条 から 第 43 条 までの 規 定 に 基 づき 年 度 途 中 において 指 定 管 理 者 に 対 する 指 定 管 理 者 の 指 定 を 取 り 消 した 場 合 は 当 該 指 定 が 取 り 消 された 日 から 30 日 以 内 に 当 該 年 度 における 当 該 日 までの 間 の 業 務 報 告 書 を 提 出 しなければならない 3 指 定 管 理 者 は 利 用 者 等 から 本 業 務 等 の 実 施 状 況 等 に 関 する 意 見 を 聴 取 するとともに 当 該 意 見 に 基 づき 定 期 的 に 自 己 評 価 を 行 い その 結 果 を 大 分 市 に 報 告 しなければならない 7

8 (モニタリング 等 ) 第 26 条 大 分 市 は 前 条 の 規 定 により 指 定 管 理 者 が 提 出 した 業 務 報 告 書 等 に 基 づき 指 定 管 理 者 が 行 う 本 業 務 等 の 実 施 状 況 及 び 運 営 管 理 物 件 の 管 理 状 況 の 確 認 を 行 うものとする 2 大 分 市 は 必 要 があると 認 めるときは 前 条 の 規 定 により 指 定 管 理 者 が 提 出 した 業 務 報 告 書 等 の 内 容 又 はこれらに 関 連 する 事 項 について 指 定 管 理 者 に 対 して 報 告 又 は 口 頭 による 説 明 を 求 め ることができる 3 大 分 市 は 前 2 項 に 規 定 する 確 認 等 のほか 指 定 管 理 者 による 業 務 実 施 状 況 等 を 確 認 するため 随 時 運 営 管 理 物 件 に 立 ち 入 ることができる 4 指 定 管 理 者 は 大 分 市 から 前 項 の 規 定 による 立 入 りの 申 出 を 受 けた 場 合 は 合 理 的 な 理 由 がある 場 合 を 除 き その 申 出 に 応 じなければならない ( 大 分 市 による 業 務 の 改 善 指 示 等 ) 第 27 条 前 条 の 規 定 による 確 認 等 の 結 果 指 定 管 理 者 による 本 業 務 等 の 実 施 が 募 集 要 項 仕 様 書 及 び 事 業 計 画 書 等 を 満 たしていない 場 合 は 大 分 市 は 指 定 管 理 者 に 対 して 本 業 務 等 の 改 善 の 指 示 等 を 行 うものとする 2 指 定 管 理 者 は 前 項 に 定 める 指 示 等 を 受 けた 場 合 は 速 やかに 必 要 な 措 置 を 講 じなければなら ない 第 6 章 指 定 管 理 料 及 び 利 用 料 金 ( 指 定 管 理 料 の 支 払 ) 第 28 条 大 分 市 は 指 定 期 間 における 本 業 務 の 実 施 の 対 価 として 指 定 管 理 者 に 対 して 指 定 管 理 料 を 予 算 の 範 囲 内 において 毎 年 度 支 払 うものとする 2 前 項 の 指 定 管 理 料 の 詳 細 については 別 途 年 度 協 定 において 定 めるものとする 3 大 分 市 は 前 項 の 年 度 協 定 に 基 づき 指 定 管 理 者 に 指 定 管 理 料 を 毎 月 支 払 うものとし その 支 払 は 指 定 管 理 者 の 請 求 に 基 づき 行 うものとする ( 指 定 管 理 料 の 変 更 ) 第 29 条 大 分 市 は 第 25 条 の 規 定 による 業 務 報 告 書 等 及 び 第 26 条 の 規 定 によるモニタリング 等 の 内 容 を 勘 案 して 必 要 があると 認 めるときは 指 定 管 理 者 に 通 知 をもって 当 該 年 度 における 指 定 管 理 料 の 変 更 を 申 し 出 ることができる 2 大 分 市 又 は 指 定 管 理 者 は 指 定 期 間 中 に 指 定 管 理 料 を 変 更 すべき 特 別 な 事 情 が 生 じた 場 合 は 相 手 方 に 対 して 通 知 をもって 指 定 管 理 料 の 変 更 を 申 し 出 ることができる 3 大 分 市 又 は 指 定 管 理 者 は 前 2 項 の 申 出 を 受 けた 場 合 は 協 議 に 応 じなければならない 4 指 定 管 理 料 の 変 更 の 要 否 変 更 金 額 等 については 前 項 の 協 議 により 決 定 するものとする ( 利 用 料 金 ) 8

9 第 30 条 指 定 管 理 者 は コンパルホール 条 例 ( 平 成 25 年 10 月 改 正 条 例 第 35 号 ) 第 20 条 第 2 項 の 規 定 により 本 施 設 に 係 る 利 用 料 金 ( 指 定 管 理 者 が 行 った 使 用 許 可 に 係 るものに 限 る )を 指 定 管 理 者 の 収 入 として 収 受 することができる 2 利 用 料 金 は 指 定 管 理 者 が コンパルホール 条 例 に 規 定 する 利 用 料 金 の 範 囲 内 でこれを 定 めるも のとする ただし その 決 定 及 び 改 定 については あらかじめ 大 分 市 の 承 認 を 得 なければならない 3 利 用 料 金 の 減 免 基 準 及 び 還 付 基 準 の 設 定 及 び 変 更 は 指 定 管 理 者 があらかじめ 書 面 により 大 分 市 の 承 認 を 得 た 上 で 行 うものとする 4 大 分 市 は 大 分 市 公 共 施 設 案 内 予 約 システムにおける 口 座 振 替 により 運 営 管 理 施 設 の 利 用 者 から 大 分 市 の 口 座 に 振 り 込 まれた 利 用 料 金 に 相 当 する 額 を 指 定 管 理 者 に 支 払 うものとする ( 自 主 事 業 収 支 に 関 する 報 告 及 び 協 議 ) 第 31 条 指 定 管 理 者 は 本 施 設 で 実 施 する 自 主 事 業 について その 収 支 状 況 を 適 切 に 管 理 し 自 主 事 業 収 支 を 第 25 条 の 規 定 に 従 い 大 分 市 に 報 告 しなければならない 第 7 章 損 害 賠 償 及 び 不 可 抗 力 ( 損 害 賠 償 等 ) 第 32 条 指 定 管 理 者 は 故 意 又 は 過 失 により 運 営 管 理 物 件 を 損 傷 し 又 は 滅 失 したときは それに よって 生 じた 損 害 を 大 分 市 に 賠 償 しなければならない ( 第 三 者 への 賠 償 ) 第 33 条 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 の 実 施 において 第 三 者 に 損 害 が 生 じた 場 合 は その 損 害 を 賠 償 しなければならない ただし その 損 害 が 大 分 市 の 責 めに 帰 すべき 事 由 又 は 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 双 方 の 責 めに 帰 すことができない 事 由 による 場 合 は この 限 りでない 2 大 分 市 は 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すべき 事 由 により 発 生 した 損 害 について 第 三 者 に 対 して 賠 償 し た 場 合 は 指 定 管 理 者 に 対 して 賠 償 した 金 額 及 びその 他 賠 償 に 伴 い 発 生 した 費 用 を 求 償 すること ができる この 場 合 において 大 分 市 が 求 償 した 場 合 には 指 定 管 理 者 は 当 該 求 償 に 応 じなければなら ない ( 保 険 ) 第 34 条 本 業 務 等 の 実 施 に 当 たり 大 分 市 が 付 保 しなければならない 保 険 は 火 災 保 険 ( 建 物 総 合 損 害 共 済 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 )とする 2 本 業 務 等 の 実 施 に 当 たり 指 定 管 理 者 が 付 保 しなければならない 保 険 は 次 のとおりとする (1) 施 設 賠 償 責 任 保 険 (2) 第 三 者 賠 償 保 険 ( 不 可 抗 力 によって 発 生 した 費 用 等 の 負 担 ) 9

10 第 35 条 不 可 抗 力 の 発 生 に 起 因 して 指 定 管 理 者 に 損 害 等 が 発 生 した 場 合 は 指 定 管 理 者 は その 内 容 及 び 程 度 の 詳 細 を 速 やかに 大 分 市 に 報 告 しなければならない 2 大 分 市 は 前 項 の 規 定 による 通 知 があった 場 合 は 損 害 状 況 等 の 確 認 を 行 った 上 で 指 定 管 理 者 と 協 議 を 行 い 不 可 抗 力 の 判 定 費 用 負 担 等 を 決 定 するものとする 3 不 可 抗 力 の 発 生 に 起 因 して 大 分 市 に 損 害 等 が 発 生 した 場 合 は 当 該 費 用 の 負 担 について 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 が 協 議 して 定 める ( 不 可 抗 力 による 本 業 務 等 の 実 施 の 免 除 ) 第 36 条 前 条 第 2 項 に 定 める 協 議 の 結 果 不 可 抗 力 の 発 生 により 本 業 務 等 の 一 部 の 実 施 ができな くなったと 認 められた 場 合 は 指 定 管 理 者 は 大 分 市 との 協 議 に 基 づき 不 可 抗 力 により 影 響 を 受 ける 限 度 において 本 協 定 に 定 める 義 務 を 免 れることができる 2 指 定 管 理 者 が 不 可 抗 力 により 本 業 務 の 一 部 を 実 施 できなかった 場 合 は 大 分 市 は 指 定 管 理 者 と の 協 議 の 上 指 定 管 理 者 が 当 該 本 業 務 を 実 施 できなかったことにより 免 れた 費 用 分 を 指 定 管 理 料 から 減 額 することができる ( 責 任 分 担 ) 第 37 条 前 条 までに 定 める 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 任 分 担 その 他 本 業 務 等 の 実 施 に 関 する 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 任 分 担 については 別 紙 3 責 任 分 担 表 のとおりとする 2 前 項 の 責 任 分 担 のうち 第 三 者 が 責 めを 負 う 損 害 について その 責 めを 負 う 第 三 者 が 特 定 できる 場 合 は 指 定 管 理 者 は 当 該 第 三 者 と 損 害 賠 償 等 について 交 渉 に 当 たるものとし 第 三 者 が 特 定 できない 場 合 又 は 第 三 者 が 損 害 賠 償 等 に 応 じない 場 合 は 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 協 議 によるものとする 第 8 章 指 定 期 間 の 満 了 ( 業 務 の 引 継 ぎ 等 ) 第 38 条 指 定 管 理 者 は 本 協 定 の 期 間 満 了 に 際 し 大 分 市 又 は 大 分 市 が 指 定 する 者 に 対 し 本 業 務 の 引 継 ぎ 等 を 行 わなければならない 2 大 分 市 は 必 要 と 認 める 場 合 は 本 協 定 の 期 間 満 了 に 先 立 ち 指 定 管 理 者 に 対 して 大 分 市 又 は 大 分 市 が 指 定 する 者 による 運 営 管 理 物 件 の 視 察 を 申 し 出 ることができる 3 指 定 管 理 者 は 大 分 市 から 前 項 の 規 定 による 申 出 を 受 けた 場 合 は 合 理 的 な 理 由 のある 場 合 を 除 き その 申 出 に 応 じなければならない ( 原 状 回 復 義 務 ) 第 39 条 指 定 管 理 者 は 本 協 定 の 期 間 満 了 時 に 指 定 開 始 日 を 基 準 として 運 営 管 理 物 件 を 指 定 管 理 者 の 負 担 において 原 状 に 回 復 し 大 分 市 又 は 大 分 市 が 指 定 する 者 に 対 して 運 営 管 理 物 件 を 引 き 渡 さなければならない 2 前 項 の 規 定 にかかわらず 大 分 市 が 認 める 場 合 は 指 定 管 理 者 は 運 営 管 理 物 件 の 原 状 回 復 を 行 10

11 わずに 別 途 大 分 市 が 指 定 する 状 態 で 大 分 市 又 は 大 分 市 が 指 定 する 者 に 対 して 運 営 管 理 物 件 を 引 き 渡 すことができる ( 備 品 等 の 引 継 ぎ) 第 40 条 本 協 定 の 期 間 満 了 に 際 し 備 品 等 の 引 継 ぎ 等 については 次 のとおりとする (1) 備 品 等 (Ⅰ 種 ) 及 び 備 品 等 (Ⅱ 種 )については 指 定 管 理 者 は 大 分 市 又 は 大 分 市 が 指 定 する 者 に 対 して 引 き 継 がなければならない (2) 備 品 等 (Ⅲ 種 )については 原 則 として 指 定 管 理 者 が 自 己 の 責 任 と 費 用 で 撤 去 等 を 行 うものとす る ただし 大 分 市 と 指 定 管 理 者 の 協 議 において 両 者 が 合 意 した 場 合 は 指 定 管 理 者 は 大 分 市 又 は 大 分 市 が 指 定 する 者 に 対 してこれを 引 き 継 ぐことができる 第 9 章 指 定 の 取 消 し 等 ( 大 分 市 による 指 定 の 取 消 し 等 ) 第 41 条 大 分 市 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 認 めるときは 地 方 自 治 法 第 244 条 の 2 第 11 項 の 規 定 により その 指 定 を 取 り 消 し 又 は 期 間 を 定 めて 本 業 務 等 の 全 部 若 しくは 一 部 の 停 止 を 命 ずることができる (1) 指 定 管 理 者 が 本 協 定 関 係 法 令 等 に 違 反 する 等 不 正 行 為 を 行 ったとき (2) 指 定 管 理 者 が 大 分 市 に 対 し 虚 偽 の 報 告 をし 又 は 正 当 な 理 由 なく 報 告 等 を 拒 んだとき (3) 指 定 管 理 者 が 応 募 資 格 要 件 に 該 当 しなくなったとき (4) 指 定 管 理 者 が 経 営 状 況 の 悪 化 等 により 本 業 務 等 を 行 うことが 不 可 能 又 は 著 しく 困 難 となったと き (5) 指 定 管 理 者 の 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 と 社 会 的 に 非 難 されるべき 関 係 を 有 していると 認 めるとき (6) 指 定 管 理 者 が 大 分 市 への 不 当 な 働 きかけを 行 うなど 大 分 市 との 協 力 関 係 又 は 信 頼 関 係 を 著 しく 損 なう 行 為 を 行 ったとき (7) その 他 大 分 市 が 必 要 と 認 めるとき 2 大 分 市 は 前 項 の 規 定 により 指 定 を 取 り 消 し 又 は 期 間 を 定 めて 本 業 務 等 の 全 部 若 しくは 一 部 の 停 止 を 命 じようとするときは 事 前 にその 旨 を 指 定 管 理 者 に 通 知 した 上 で 次 の 事 項 について 聴 聞 等 を 行 うものとする (1) 指 定 の 取 消 し 等 の 理 由 (2) 指 定 の 取 消 し 等 の 要 否 (3) 指 定 管 理 者 による 改 善 策 の 提 示 及 び 指 定 の 取 消 し 等 までの 猶 予 期 間 の 設 定 (4) その 他 必 要 な 事 項 3 大 分 市 は 前 2 項 の 規 定 により 指 定 を 取 り 消 し 又 は 期 間 を 定 めて 本 業 務 等 の 全 部 若 しくは 一 部 の 停 止 を 命 じた 場 合 において 大 分 市 に 損 害 等 が 生 じた 場 合 は 指 定 管 理 者 は 大 分 市 にその 損 害 を 賠 償 しなければならない 4 前 項 の 場 合 において 指 定 管 理 者 に 損 害 等 が 生 じても 大 分 市 はその 賠 償 の 責 めを 負 わない 11

12 ( 指 定 管 理 者 による 指 定 の 取 消 しの 申 出 ) 第 42 条 指 定 管 理 者 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 は 大 分 市 に 対 して 指 定 の 取 消 しを 申 し 出 ることができる (1) 大 分 市 が 本 協 定 の 内 容 を 履 行 せず 又 はこれに 違 反 したとき (2) その 他 指 定 管 理 者 が 必 要 と 認 めるとき 2 大 分 市 は 前 項 の 申 出 を 受 けた 場 合 は 指 定 管 理 者 との 協 議 を 経 てその 措 置 を 決 定 するものとす る ( 不 可 抗 力 による 指 定 の 取 消 し 等 ) 第 43 条 大 分 市 又 は 指 定 管 理 者 は 不 可 抗 力 の 発 生 により 本 業 務 等 の 継 続 等 が 困 難 と 判 断 した 場 合 は 相 手 方 に 対 して 指 定 の 取 消 し 等 の 協 議 を 求 めることができる 2 前 項 の 協 議 の 結 果 やむを 得 ないと 判 断 された 場 合 は 大 分 市 は 指 定 の 取 消 し 等 を 行 うものとす る 3 前 項 の 規 定 による 取 消 し 等 により 発 生 する 損 害 等 の 負 担 については 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 が 協 議 して 決 定 するものとする ( 指 定 期 間 終 了 時 の 取 扱 い) 第 44 条 本 協 定 第 38 条 から 第 40 条 までの 規 定 は 前 3 条 の 規 定 により 指 定 が 取 り 消 された 場 合 について 準 用 する 第 10 章 その 他 ( 権 利 又 は 義 務 の 譲 渡 の 禁 止 ) 第 45 条 指 定 管 理 者 は 本 協 定 に 基 づき 生 じる 権 利 又 は 義 務 を 第 三 者 に 譲 渡 し 若 しくは 承 継 させ 又 はその 権 利 を 担 保 に 供 してはならない ただし 事 前 に 大 分 市 の 承 認 を 受 けた 場 合 は この 限 りでな い ( 本 業 務 等 の 実 施 に 係 る 指 定 管 理 者 の 口 座 ) 第 46 条 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 の 実 施 に 係 る 支 出 及 び 収 入 を 適 切 に 運 営 管 理 することを 目 的 とし て 本 業 務 等 に 固 有 の 銀 行 口 座 を 開 設 し その 適 切 な 運 用 を 図 るものとする ( 請 求 通 知 等 の 様 式 等 ) 第 47 条 本 協 定 に 関 する 大 分 市 指 定 管 理 者 の 間 の 請 求 通 知 申 出 報 告 承 認 取 消 し 等 は 本 協 定 に 特 別 の 定 めがある 場 合 を 除 き 必 ず 書 面 により 行 わなければならない ( 協 定 の 変 更 ) 12

13 第 48 条 本 業 務 等 に 関 し 本 業 務 等 の 前 提 条 件 若 しくはその 内 容 が 変 更 したとき 又 は 特 別 な 事 情 が 生 じたときは 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 協 議 の 上 本 協 定 の 規 定 を 変 更 することができる ( 疑 義 についての 協 議 ) 第 49 条 本 協 定 の 各 条 項 等 の 解 釈 について 疑 義 を 生 じたとき 又 は 本 協 定 に 特 別 の 定 めのない 事 項 については 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 協 議 の 上 これを 定 めるものとする ( 管 轄 裁 判 所 ) 第 50 条 本 協 定 に 関 する 紛 争 は 大 分 地 方 裁 判 所 を 第 一 審 の 管 轄 裁 判 所 とする 本 協 定 を 証 するため 本 書 を 2 通 作 成 し 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 がそれぞれ 記 名 押 印 の 上 各 1 通 を 保 有 する 平 成 年 月 日 大 分 市 所 在 地 名 称 代 表 者 大 分 市 荷 揚 町 2 番 31 号 大 分 市 大 分 市 長 佐 藤 樹 一 郎 印 指 定 管 理 者 名 称 代 表 構 成 員 所 在 地 名 称 代 表 者 印 13

14 別 紙 1 運 営 管 理 物 件 1 運 営 管 理 施 設 ( 詳 細 については 財 産 台 帳 を 参 照 のこと ) (1)コンパルホール (2) 敷 地 内 の 外 構 及 び 植 栽 (3)その 他 施 設 2 運 営 管 理 物 品 ( 詳 細 については 備 品 台 帳 を 参 照 のこと ) (1) 備 品 等 (Ⅰ 種 ) 種 類 数 量 備 考 (2) 備 品 等 (Ⅱ 種 ) 種 類 数 量 備 考 14

15 別 紙 2 個 人 情 報 取 扱 特 記 事 項 ( 基 本 的 事 項 ) 第 1 指 定 管 理 者 は 個 人 情 報 ( 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に 関 す る 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 ) 第 2 条 第 8 項 に 規 定 する 特 定 個 人 情 報 を 含 む 以 下 同 じ )の 保 護 の 重 要 性 を 認 識 し 本 協 定 に 係 る 本 業 務 等 の 実 施 に 当 たっては 個 人 の 権 利 利 益 を 侵 害 すること のないよう 個 人 情 報 の 取 扱 いを 適 正 に 行 わなければならない ( 秘 密 の 保 持 ) 第 2 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 に 関 して 知 り 得 た 個 人 情 報 を 他 人 に 知 らせ 又 は 不 当 な 目 的 に 利 用 し てはならない 指 定 管 理 者 の 指 定 の 期 間 等 が 満 了 し 又 は 指 定 管 理 者 の 指 定 が 取 り 消 された 後 にお いても 同 様 とする ( 従 事 者 の 明 確 化 ) 第 3 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 に 従 事 する 者 を 明 確 にし 大 分 市 から 求 めがあったときには 大 分 市 に 報 告 しなければならない ( 従 事 者 への 監 督 及 び 教 育 ) 第 4 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 に 従 事 する 者 に 対 し 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いについて 監 督 及 び 教 育 を 行 わなければならない ( 収 集 の 制 限 ) 第 5 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 を 行 うため 個 人 情 報 を 収 集 するときは 本 業 務 等 を 達 成 するために 必 要 な 範 囲 内 で 適 法 かつ 公 正 な 方 法 により 行 わなければならない ( 適 正 管 理 ) 第 6 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 に 関 して 知 り 得 た 個 人 情 報 について 漏 洩 滅 失 改 ざん 及 び 毀 損 の 防 止 その 他 の 個 人 情 報 の 適 正 な 管 理 のため 個 人 情 報 保 護 取 扱 規 程 の 制 定 個 人 情 報 保 護 責 任 者 の 配 置 等 必 要 な 措 置 を 講 じなければならない ( 目 的 外 利 用 及 び 提 供 の 禁 止 ) 15

16 第 7 指 定 管 理 者 は 大 分 市 の 指 示 又 は 承 諾 があるときを 除 き 本 業 務 等 に 関 して 知 り 得 た 個 人 情 報 を 本 協 定 の 目 的 以 外 に 利 用 し 又 は 第 三 者 に 提 供 してはならない ( 持 ち 出 しの 禁 止 ) 第 8 指 定 管 理 者 は あらかじめ 大 分 市 の 指 示 又 は 承 諾 があった 場 合 を 除 き 指 定 管 理 者 が 本 業 務 等 に 係 る 個 人 情 報 を 取 り 扱 っている 事 務 所 その 他 の 場 所 から 個 人 情 報 を 持 ち 出 してはならない ( 複 写 又 は 複 製 の 禁 止 ) 第 9 指 定 管 理 者 は 大 分 市 の 指 示 又 は 承 諾 があるときを 除 き 本 業 務 等 を 行 うために 本 市 から 引 き 渡 さ れた 個 人 情 報 が 記 録 された 資 料 等 の 複 写 複 製 又 はこれらに 類 する 行 為 をしてはならない ( 再 委 託 の 禁 止 ) 第 10 指 定 管 理 者 は 大 分 市 の 承 認 を 得 た 場 合 を 除 き 本 業 務 等 を 行 うための 個 人 情 報 の 処 理 は 自 ら 行 うものとし 第 三 者 にその 取 扱 いを 委 託 してはならない ( 資 料 等 の 返 還 ) 第 11 指 定 管 理 者 は 指 定 管 理 者 の 指 定 の 期 間 が 満 了 し 又 は 指 定 管 理 者 の 指 定 が 取 り 消 されたと きは 大 分 市 の 指 示 に 従 い 本 業 務 等 を 行 うために 大 分 市 から 引 き 渡 され 又 は 指 定 管 理 者 自 らが 収 集 し 若 しくは 作 成 した 個 人 情 報 が 記 録 さた 資 料 等 を 大 分 市 に 返 還 し 又 は 新 たに 指 定 管 理 者 と なる 者 に 引 き 継 がなければならない ( 従 事 者 への 周 知 ) 第 12 指 定 管 理 者 は 本 業 務 等 に 従 事 している 者 に 対 して その 在 職 中 及 び 退 職 後 においても 本 業 務 等 に 関 して 知 り 得 た 個 人 情 報 を 他 人 に 知 らせ 又 は 不 当 な 目 的 に 利 用 してはならないこと その 他 個 人 情 報 の 保 護 に 関 し 必 要 な 事 項 を 周 知 させなければならない ( 報 告 義 務 ) 第 13 指 定 管 理 者 は 大 分 市 から 求 めがあったときは 特 記 事 項 の 遵 守 状 況 及 び 本 業 務 等 の 履 行 状 況 について 大 分 市 に 対 して 報 告 しなければならない ( 調 査 ) 第 14 大 分 市 は 指 定 管 理 者 が 本 業 務 等 を 行 うに 当 たり 取 り 扱 っている 個 人 情 報 の 状 況 について 随 時 実 地 に 調 査 することができる ( 事 故 報 告 ) 第 15 指 定 管 理 者 は この 特 記 事 項 に 違 反 する 事 態 が 生 じ 又 は 生 じるおそれのあることを 知 っ たときは 速 やかに 大 分 市 に 報 告 し 大 分 市 の 指 示 に 従 うものとする 16

17 ( 損 害 賠 償 等 ) 第 16 大 分 市 は 指 定 管 理 者 がこの 特 記 事 項 に 違 反 したと 認 めるときは 協 定 の 解 除 及 び 損 害 賠 償 の 請 求 をすることができる 17

18 別 紙 3 責 任 分 担 表 ( 例 ) 1 運 営 管 理 に 関 する 責 任 分 担 (: 原 則 として 責 任 がある 〇 : 一 部 責 任 を 負 う 場 合 がある ) 項 目 市 指 定 管 理 者 事 業 運 営 に 影 響 のある 法 令 の 変 更 資 金 調 達 物 価 ( 指 定 後 のインフレ デフレ) 金 利 の 変 動 不 可 抗 力 による 業 務 の 変 更 中 止 等 協 議 事 項 市 の 責 任 による 業 務 の 中 止 等 指 定 管 理 者 の 責 任 による 業 務 の 中 止 等 指 定 管 理 者 の 事 業 放 棄 破 綻 申 請 費 用 の 負 担 施 設 運 営 の 引 継 ぎコストの 負 担 施 設 競 合 による 利 用 者 減 収 入 減 当 初 の 需 要 見 込 みと 異 なる 状 況 市 の 要 因 以 外 による 運 営 費 の 増 加 市 の 協 定 内 容 の 不 履 行 指 定 管 理 者 の 事 由 による 業 務 及 び 協 定 内 容 の 不 履 行 要 求 水 準 の 不 適 合 運 営 管 理 機 械 設 備 の 保 守 点 検 ( 法 定 を 含 む) 備 品 の 購 入 及 び 管 理 必 要 な 消 耗 品 の 購 入 不 可 抗 力 による 施 設 の 修 繕 等 協 議 事 項 不 可 抗 力 以 外 の 施 設 の 修 繕 等 (1 件 50 万 円 超 ) (1 件 50 万 円 以 内 ) 施 設 の 法 的 管 理 ( 利 用 許 可 目 的 外 使 用 許 可 ) ( 目 的 外 使 用 許 可 ) ( 利 用 許 可 ) 苦 情 対 応 事 故 対 応 災 害 時 対 応 〇 ( 指 示 等 ) 18

19 災 害 復 旧 包 括 的 管 理 責 任 利 用 者 に 係 る 賠 償 責 任 保 険 の 加 入 火 災 保 険 の 加 入 施 設 の 管 理 瑕 疵 により 損 害 が 生 じた 場 合 施 設 等 の 設 置 瑕 疵 により 損 害 が 生 じた 場 合 備 考 上 記 に 含 まれない 事 項 は 大 分 市 と 指 定 管 理 者 との 間 の 協 議 によるものとします 第 三 者 の 責 めに 帰 すべき 事 由 による 損 傷 等 で その 第 三 者 が 特 定 できる 場 合 における 損 害 回 復 等 についての 交 渉 は 指 定 管 理 者 が 行 うものとします 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すべき 事 由 により 生 じた 損 害 について 市 が 損 害 を 賠 償 したときは 市 は 指 定 管 理 者 に 求 償 権 を 有 するものとします < 協 定 書 に 添 付 する 資 料 > 大 分 市 の 作 成 する 施 設 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 の 作 成 する 施 設 指 定 管 理 者 管 理 運 営 仕 様 書 指 定 管 理 者 の 作 成 する 施 設 指 定 管 理 者 管 理 運 営 事 業 計 画 書 指 定 管 理 者 の 作 成 する 施 設 指 定 管 理 者 収 支 予 算 書 19

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当 様 式 第 4 号 ( 第 5 条 関 係 ) 忠 岡 町 イメージキャラクター 使 用 契 約 書 忠 岡 町 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )とは 忠 岡 町 イメージキャラクター( 以 下 キャラクター という )の 使 用 について 次 のとお り 契 約 を 締 結 する (キャラクターの 使 用 許 諾 ) 第 1 条 甲 は 乙 に 対 して キャラクターを 使

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業 安 来 運 動 公 園 管 理 業 務 仕 様 書 る 安 来 運 動 公 園 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び そ の 範 囲 等 は こ の 仕 様 書 に よ ( 有 料 公 園 施 設 に 関 す る 事 項 ) 1 施 設 の 概 要 1 所 在 地 安 来 市 吉 岡 町 450 番 地 2 面 積 46,614m2 3 概 要 区 分 面 積 等 区 分

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上 オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せの 公 示 次 のとおり オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せを 実 施 します 平 成 28 年 5 月 27 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 総 務 部 長 畔 柳 健 二 1 調 達 内 容 (1) 調 達 件 名 平 成 28 年 度 共 用 書 庫 機 密 文 書 廃 棄 ( 未 開 封 溶

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

6 設 計 業 務 委 託 契 約 の 締 結 に 関 する 支 援 (3) 設 計 者 の 指 導 及 び 調 整 1 設 計 スケジュールの 管 理 2 設 計 進 捗 の 確 認 3 設 計 内 容 のチェック 及 び 改 善 指 導 4 工 事 費 積 算 書 のチェック 及 び 改 善 指

6 設 計 業 務 委 託 契 約 の 締 結 に 関 する 支 援 (3) 設 計 者 の 指 導 及 び 調 整 1 設 計 スケジュールの 管 理 2 設 計 進 捗 の 確 認 3 設 計 内 容 のチェック 及 び 改 善 指 導 4 工 事 費 積 算 書 のチェック 及 び 改 善 指 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 施 設 改 修 工 事 等 に 関 する コンストラクション マネジメント 業 務 委 託 事 業 者 募 集 要 項 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 は 平 成 25 年 度 から 平 成 27 年 度 において 実 施 が 予 定 される 施 設 改 修 工 事

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ コンシェルジュサービス 会 員 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 適 用 関 係 ) 1.この 会 員 規 約 は 株 式 会 社 三 ラージ( 以 下 当 社 といいます )が 株 式 会 社 アクトコ ールを 通 じて 運 営 するコンシェルジュサービス( 以 下 本 サービス といいます )の 提 供 及 びその 利 用 に 関 して 適 用 されます( 以 下 会 員 規 約 といいます

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 事 業 承 継 と 民 法 < 遺 留 分 > 相 続 までに 自 社 株 の 価 値 が 上 昇 すると 想 定 外 の 遺 留 分 の 主 張 を 受 けないか 心 配 だ 後 継 者 に 自 社 株 を 集 中 させたいが 相 続 紛 争 が 心 配 だ 民 法 の 遺 留 分 の 事 前 放 棄 は 利 用 しにくい 相 続 紛 争 や 自 社 株 式 の 分 散 を 防 止 でき 後 継

More information

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 (

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 ( 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 定 款 第 1 章 総 則 認 可 平 成 25 年 12 月 24 日 施 行 平 成 26 年 1 月 6 日 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 ( 以 下 協 会 という ) と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

目     次

目     次 制 裁 規 程 第 1 章 総 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 定 款 第 57 条 に 基 づき 会 員 及 び 会 員 を 所 属 商 品 先 物 取 引 業 者 とする 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 者 ( 以 下 会 員 等 という )の 商 品 先 物 取 引 業 務 ( 定 款 第 3 条 第 1 項 第 5 号 に 定 める 業 務 をいう 以 下 この 規 程 において

More information

( 審 査 委 員 会 の 設 置 ) 第 5 条 前 条 の 規 定 によりプロポーザル 方 式 の 実 施 が 決 定 したときは, 所 管 課 長 は 対 象 業 務 の 内 容 に 合 わせてプロポーザル 方 式 受 託 者 特 定 審 査 委 員 会 ( 以 下 審 査 委 員 会 とい

( 審 査 委 員 会 の 設 置 ) 第 5 条 前 条 の 規 定 によりプロポーザル 方 式 の 実 施 が 決 定 したときは, 所 管 課 長 は 対 象 業 務 の 内 容 に 合 わせてプロポーザル 方 式 受 託 者 特 定 審 査 委 員 会 ( 以 下 審 査 委 員 会 とい 小 松 島 市 プロポーザル 方 式 実 施 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 市 が 発 注 する 企 画 調 査, 計 画, 設 計 等 の 業 務 のうち, 高 度 な 技 術 又 は 専 門 的 な 知 識 を 必 要 とする 業 務 等 の 契 約 に 当 たり, 当 該 業 務 に 係 る 提 案 を 求 め, 当 該 業 務 の 目 的 及 び 内 容 に 最 も

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

第 2 章 サービス (サービスの 内 容 及 び 提 供 ) 第 6 条 本 サービスは ホームページの 制 作 改 変 等 の 代 行 を 行 うサービス 及 びサービス 提 供 に 必 要 な 機 能 を 第 7 種 ホスティングサービス 契 約 とともに 提 供 します 2 本 サービスに

第 2 章 サービス (サービスの 内 容 及 び 提 供 ) 第 6 条 本 サービスは ホームページの 制 作 改 変 等 の 代 行 を 行 うサービス 及 びサービス 提 供 に 必 要 な 機 能 を 第 7 種 ホスティングサービス 契 約 とともに 提 供 します 2 本 サービスに おまかせ!ホームページ 制 作 更 新 パック 利 用 規 約 第 1 章 総 則 ( 本 規 約 の 目 的 ) 第 1 条 エヌ ティ ティ コミュニケーションズ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は この おまかせ!ホームページ 制 作 更 新 パック 利 用 規 約 ( 料 金 表 を 含 みます 以 下 本 規 約 といいます )を 定 め おまかせ!ホームページ 制 作

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画 徳 山 大 学 公 的 研 究 費 取 扱 規 程 ( 平 成 27 年 1 月 30 日 制 定 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 徳 山 大 学 教 育 職 員 倫 理 綱 領 及 び 徳 山 大 学 における 研 究 に 携 わる 者 の 行 動 規 範 の 定 めに 従 い, 徳 山 大 学 ( 以 下 本 学 という )において 公 的 研 究 費 を 適 正 に 運 営

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

小 浜 市 営 駐 車 場 および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 小 浜 市 営 駐 車 場 ( 以 下 駐 車 場 という )および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 ( 以 下 駐 輪 場 という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内

小 浜 市 営 駐 車 場 および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 小 浜 市 営 駐 車 場 ( 以 下 駐 車 場 という )および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 ( 以 下 駐 輪 場 という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 小 浜 市 営 駐 車 場 および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 23 年 10 月 小 浜 市 総 務 部 生 活 安 全 課 小 浜 市 営 駐 車 場 および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 小 浜 市 営 駐 車 場 ( 以 下 駐 車 場 という )および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 ( 以

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information

キ 短 時 間 労 働 者 の 雇 用 管 理 の 改 善 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 5 年 法 律 第 76 号 ) ク 労 働 契 約 法 ( 平 成 19 年 法 律 第 128 号 ) ケ 健 康 保 険 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 70 号 ) コ 厚 生 年 金 保

キ 短 時 間 労 働 者 の 雇 用 管 理 の 改 善 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 5 年 法 律 第 76 号 ) ク 労 働 契 約 法 ( 平 成 19 年 法 律 第 128 号 ) ケ 健 康 保 険 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 70 号 ) コ 厚 生 年 金 保 県 契 約 における 適 正 な 労 働 条 件 の 確 保 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 県 契 約 において 当 該 県 契 約 に 基 づく 業 務 に 関 わる 労 働 者 の 適 正 な 労 働 条 件 を 確 保 し もって 労 働 者 の 生 活 の 安 定 を 図 り 公 共 工 事 及 び 公 共 サービス の 質 の 向 上 に 資 するために

More information

栃木県アンテナショップ基本計画策定及び設計業務委託に係る標準?プロポーザル実施要領

栃木県アンテナショップ基本計画策定及び設計業務委託に係る標準?プロポーザル実施要領 スカイベリー 高 級 ブランドイメージ 定 着 プロモーション 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 領 本 要 領 は スカイベリー 高 級 ブランドイメージ 定 着 プロモーション 業 務 を 委 託 する 事 業 者 を 選 定 するに 当 たり 公 募 型 プロポーザルの 実 施 方 法 等 必 要 な 事 項 を 定 めるものである 1 業 務 の 概 要 (1)

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 ( 以 下 本 会 とう ) と 称 ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 宮 崎 県 宮 崎 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢 企 画 競 争 に 係 る 募 集 公 告 平 成 25 年 12 月 16 日 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構 契 約 事 務 責 任 者 理 事 馬 場 一 洋 平 成 25 年 度 消 費 税 確 定 申 告 に 係 る 事 前 準 備 ( 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 等 ) 及 び 確 定 申 告 書 作 成 等 委 託 業 務 に 係 る 企 画 競 争

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

ただし 当 該 事 故 が 本 特 典 の 適 用 対 象 となった 会 員 の 直 近 の 事 故 発 生 日 から 起 算 して 1 年 以 内 に 発 生 した 事 故 である 場 合 補 償 の 対 象 とはなりません 対 象 端 末 について 当 社 が 別 途 提 供 する ケータイ 補

ただし 当 該 事 故 が 本 特 典 の 適 用 対 象 となった 会 員 の 直 近 の 事 故 発 生 日 から 起 算 して 1 年 以 内 に 発 生 した 事 故 である 場 合 補 償 の 対 象 とはなりません 対 象 端 末 について 当 社 が 別 途 提 供 する ケータイ 補 dカードケータイ 補 償 規 約 dカードケータイ 補 償 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます)は 当 社 がdカードの 会 員 に 対 し 提 供 する dカードケータイ 補 償 ( 以 下 本 特 典 といいます)の 内 容 および 提 供 条 件 等 の 基 本 的 事 項 を 定 めるものです 第 1 条 ( 定 義 ) 本 規 約 において 使 用 する 用 語 の 定 義 は 以

More information

中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からその 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 通 帳 または 証 書 記 載 の 中 間 利 払 利 率 によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利

中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からその 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 通 帳 または 証 書 記 載 の 中 間 利 払 利 率 によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利 自 由 金 利 型 定 期 預 金 M 型 (スーパー 定 期 ) 規 定 1.( 取 扱 店 の 範 囲 ) (1) 個 人 のお 客 さま この 預 金 は 当 店 のほか 当 金 庫 本 支 店 および 当 金 庫 が 提 携 した 他 の 労 働 金 庫 ( 以 下 提 携 金 庫 といいます )のどこの 店 舗 でも 預 入 れができます (2) 団 体 のお 客 さま この 預 金 は

More information

場 日 に 開 場 し 又 は 開 場 日 に 休 場 することができる (コース 管 理 ) 4. 芝 の 育 成 管 理 については 次 の 条 件 により 転 圧 施 肥 芽 土 散 布 薬 品 散 布 散 水 刈 込 み 等 必 要 な 処 置 を 施 し 良 好 なコース 状 態 を 維

場 日 に 開 場 し 又 は 開 場 日 に 休 場 することができる (コース 管 理 ) 4. 芝 の 育 成 管 理 については 次 の 条 件 により 転 圧 施 肥 芽 土 散 布 薬 品 散 布 散 水 刈 込 み 等 必 要 な 処 置 を 施 し 良 好 なコース 状 態 を 維 別 紙 2 石 巻 市 かなんパークゴルフ 場 管 理 運 営 業 務 仕 様 書 石 巻 市 かなんパークゴルフ 場 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 は この 仕 様 書 によるもの とする ( 業 務 の 目 的 ) 1. 石 巻 市 かなんパークゴルフ 場 管 理 運 営 業 務 は 石 巻 市 かなんパークゴルフ 場 条 例 ( 平 成 17 年

More information

ができます 4. 対 象 取 引 の 範 囲 第 1 項 のポイント 付 与 の 具 体 的 な 条 件 対 象 取 引 自 体 の 条 件 は 各 加 盟 店 が 定 めます 5.ポイントサービスの 利 用 終 了 その 他 いかなる 理 由 によっても 付 与 されたポイントを 換 金 すること

ができます 4. 対 象 取 引 の 範 囲 第 1 項 のポイント 付 与 の 具 体 的 な 条 件 対 象 取 引 自 体 の 条 件 は 各 加 盟 店 が 定 めます 5.ポイントサービスの 利 用 終 了 その 他 いかなる 理 由 によっても 付 与 されたポイントを 換 金 すること 大 好 きポイント コンサドーレ 札 幌 サービス 利 用 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 1. 本 規 約 は フェリカポケットマーケティング 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 )が 発 行 する 大 好 きコンサドーレ 札 幌 WAON カ ード 及 びポイントサービスの 利 用 条 件 について 定 めます 2. 利 用 者 が 大 好 きコンサドーレ 札 幌 WAON カードの 利 用

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097988976918A94BD837D836C83578381839383678B4B92F62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097988976918A94BD837D836C83578381839383678B4B92F62E646F6378> 一 般 社 団 法 人 日 本 ジェネリック 医 薬 品 学 会 利 益 相 反 マネジメント 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 一 般 社 団 法 人 日 本 ジェネリック 医 薬 品 学 会 ( 以 下 本 学 会 と 略 す)は その 活 動 におい て 社 会 的 責 任 と 倫 理 性 が 求 められていることに 鑑 み 利 益 相 反 マネジメント 規 程 を 策 定 する その 目

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63> リスクマネジメントおよび コンプライアンス 規 程 株 式 会 社 不 二 ビルサービス リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 1 リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 規 程 は 当 社 におけるリスクマネジメントに 関 して 必 要 な 事 項 を 定 め もってリスクの 防 止 および 会 社 損 失 の 最 小 化

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

(7) 会 社 更 生 法 第 17 条 又 は 民 事 再 生 法 第 21 条 の 規 定 に 基 づく 更 生 手 続 又 は 再 生 手 続 を 行 っていないこと (8) 国 税 県 税 及 び 市 町 村 税 について 未 納 のないこと 指 名 通 知 時 点 または 参 加 意 思

(7) 会 社 更 生 法 第 17 条 又 は 民 事 再 生 法 第 21 条 の 規 定 に 基 づく 更 生 手 続 又 は 再 生 手 続 を 行 っていないこと (8) 国 税 県 税 及 び 市 町 村 税 について 未 納 のないこと 指 名 通 知 時 点 または 参 加 意 思 平 成 28 年 度 嘉 手 納 町 観 光 ガイド 養 成 講 座 委 託 業 務 公 募 プロポーザル 募 集 要 領 1. 事 業 名 称 嘉 手 納 町 観 光 ガイド 養 成 講 座 委 託 業 務 2. 事 業 目 的 別 紙 嘉 手 納 町 観 光 ガイド 養 成 講 座 委 託 業 務 仕 様 書 のとおり 3. 業 務 内 容 嘉 手 納 町 の 観 光 資 源 や 観 光 ガイドとして

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

(3) 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) (4) 図 書 館 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 118 号 ) (5) 著 作 権 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 48 号 ) (6) 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平

(3) 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) (4) 図 書 館 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 118 号 ) (5) 著 作 権 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 48 号 ) (6) 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 寒 川 総 合 図 書 館 寒 川 文 書 館 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 本 仕 様 書 は 寒 川 総 合 図 書 館 寒 川 文 書 館 指 定 管 理 者 募 集 要 項 に 基 づき 寒 川 町 ( 以 下 町 という )が 指 定 管 理 者 に 要 求 する 管 理 運 営 業 務 の 基 準 を 示 すものです 寒 川 総 合 図 書 館 ( 以 下 図 書 館 という

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

続 に 基 づく 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 再 認 定 を 受 けていること ) c) 会 社 更 生 法 に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされている 者 又 は 民 事 再 生 法 に 基 づき 再 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなさ

続 に 基 づく 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 再 認 定 を 受 けていること ) c) 会 社 更 生 法 に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされている 者 又 は 民 事 再 生 法 に 基 づき 再 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなさ 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 ( 総 合 評 価 落 札 方 式 )に 係 る 手 続 開 始 の 公 示 次 のとおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 の 選 定 の 手 続 を 開 始 します 平 成 28 年 9 月 20 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 東 北 地 方 整 備 局 秋 田 河 川 国 道 事 務 所 長 渡 邊 政 義 1. 業 務 概 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

(15) 兵 庫 県 道 高 速 湾 岸 線 (16) 神 戸 市 道 高 速 道 路 2 号 線 (17) 兵 庫 県 道 高 速 北 神 戸 線 (18) 神 戸 市 道 高 速 道 路 北 神 戸 線 (19) 神 戸 市 道 高 速 道 路 湾 岸 線 のうち 上 り 線 については 神 戸

(15) 兵 庫 県 道 高 速 湾 岸 線 (16) 神 戸 市 道 高 速 道 路 2 号 線 (17) 兵 庫 県 道 高 速 北 神 戸 線 (18) 神 戸 市 道 高 速 道 路 北 神 戸 線 (19) 神 戸 市 道 高 速 道 路 湾 岸 線 のうち 上 り 線 については 神 戸 大 阪 府 道 高 速 大 阪 池 田 線 等 に 関 する 協 定 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 以 下 機 構 という )と 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 ( 以 下 会 社 という )は 高 速 道 路 株 式 会 社 法 ( 平 成 16 年 法 律 第 99 号 以 下 道 路 会 社 法 という ) 第 6 条 第 1 項

More information

(8) 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 ) 第 2 条 第 2 号 に 掲 げる 暴 力 団 及 びそれらの 利 益 となる 活 動 を 行 う 者 でないこと (9) 国 税 県 税 及 び 市 町 村 税

(8) 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 ) 第 2 条 第 2 号 に 掲 げる 暴 力 団 及 びそれらの 利 益 となる 活 動 を 行 う 者 でないこと (9) 国 税 県 税 及 び 市 町 村 税 嘉 手 納 町 住 環 境 整 備 基 本 計 画 ( 基 礎 調 査 ) 業 務 に 関 する 企 画 提 案 募 集 要 領 この 要 領 は 嘉 手 納 町 住 環 境 整 備 基 本 計 画 ( 基 礎 調 査 ) 業 務 に 関 する 企 画 提 案 に 係 る 優 先 候 補 者 の 選 定 にあたり 本 募 集 要 領 に 基 づき 広 く 企 画 提 案 を 募 集 し 最 も 適

More information

(5) 人 権 侵 害, 差 別 又 は 名 誉 毀 損 となるもの, 又 はおそれがあるもの (6) 他 人 を 誹 謗 し, 中 傷 し, 又 は 排 斥 するもの (7) 投 機 心, 射 幸 心 をあおるもの, 又 はそのおそれがあるもの (8) 内 容 が 虚 偽 誇 大 であるなど 過

(5) 人 権 侵 害, 差 別 又 は 名 誉 毀 損 となるもの, 又 はおそれがあるもの (6) 他 人 を 誹 謗 し, 中 傷 し, 又 は 排 斥 するもの (7) 投 機 心, 射 幸 心 をあおるもの, 又 はそのおそれがあるもの (8) 内 容 が 虚 偽 誇 大 であるなど 過 公 益 財 団 法 人 福 岡 市 スポーツ 協 会 ホームページ 広 告 掲 載 取 扱 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 公 益 財 団 法 人 福 岡 市 スポーツ 協 会 ( 以 下 協 会 という )ホー ムページに 掲 載 する 広 告 の 募 集 及 び 掲 載 に 関 して 必 要 な 事 項 を 定 める ( 広 告 の 規 格 等 ) 第 2 条 広 告 枠

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

平成17年度高知県県産材利用推進事業費補助金交付要綱

平成17年度高知県県産材利用推進事業費補助金交付要綱 高 知 県 副 業 型 林 家 育 成 支 援 事 業 募 集 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 高 知 県 副 業 型 林 家 育 成 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 に 基 づき 当 該 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 者 を 公 募 して 選 定 する 手 続 等 当 該 事 業 の 円 滑 な 実 施 を 図 るために 必 要 な 事 項 を 定

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関 豊 中 市 告 示 第 282 号 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 に 係 る 一 般 競 争 入 札 について 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 について 次 のとおり 一 般 競 争 入 札

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

施 設 内 容 : 展 示 室 (2) 旧 体 育 館 延 床 面 積 : m2 構 造 階 高 : 鉄 骨 造 1 階 建 建 築 年 : 昭 和 49 年 施 設 内 容 : 展 示 室 3 施 設 管 理 に 関 する 条 例 等 十 日 町 市 里 山 文 化 交 流 施 設

施 設 内 容 : 展 示 室 (2) 旧 体 育 館 延 床 面 積 : m2 構 造 階 高 : 鉄 骨 造 1 階 建 建 築 年 : 昭 和 49 年 施 設 内 容 : 展 示 室 3 施 設 管 理 に 関 する 条 例 等 十 日 町 市 里 山 文 化 交 流 施 設 十 日 町 市 里 山 文 化 交 流 施 設 東 川 美 術 館 指 定 管 理 者 募 集 要 項 指 定 管 理 者 制 度 は 市 が 指 定 する 民 間 事 業 者 等 に 施 設 の 管 理 運 営 業 務 を 代 行 していた だく 制 度 で 民 間 事 業 者 が 有 する 発 想 やノウハウを 活 用 し サービスの 向 上 と 管 理 運 営 経 費 の 縮 減 を 図 るものです

More information

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 利 益 相 反 マネジメント 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 ( 以 下 本 法 人 という )が 本 法 人 利 益 相 反 マネジメントポリシー( 平 成 18 年 12 月 1 日 制 定 )の 精 神 に 則 り 教 職 員 等 の 産 学 官 連 携 活 動 に 伴 い

More information

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx 全 国 エリアマネジメントネットワーク 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 会 は 全 国 エリアマネジメントネットワーク( 以 下 本 会 という )と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 会 は 全 国 のエリアマネジメント 組 織 による 連 携 協 議 の 場 を 提 供 し エリアマネジメン トに 係 る 政 策 提 案 情 報 共 有 及 び 普 及 啓

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

れた 公 開 鍵 に 対 応 する 秘 密 鍵 を 電 子 署 名 において 利 用 することができます 第 3 条 ( 電 子 証 明 書 の 発 行 申 請 ) 1. 申 請 者 は 所 定 の 様 式 の 申 請 書 を 機 構 又 は 居 住 する 市 区 町 村 の 受 付 窓 口 ( 以

れた 公 開 鍵 に 対 応 する 秘 密 鍵 を 電 子 署 名 において 利 用 することができます 第 3 条 ( 電 子 証 明 書 の 発 行 申 請 ) 1. 申 請 者 は 所 定 の 様 式 の 申 請 書 を 機 構 又 は 居 住 する 市 区 町 村 の 受 付 窓 口 ( 以 公 的 個 人 認 証 サービス 利 用 者 規 約 ( 個 人 番 号 カード) 第 1 条 ( 総 則 ) 1. 公 的 個 人 認 証 サービス ( 以 下 本 サービス という )は 地 方 公 共 団 体 情 報 システ ム 機 構 ( 以 下 機 構 という )が 運 営 する 署 名 用 認 証 局 ( 以 下 署 名 用 CA という ) が 提 供 する 署 名 用 電 子 証 明

More information

(3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 める 書 類 ( 補 助 金 の 交 付 決 定 ) 第 6 条 市 長 は 前 条 の 申 請 書 を 受 理 したときは 速 やかにその 内 容 を 審 査 し 補 助 金 を 交 付 すべきものと 認 めたときは 規 則 第 7 条 に 規 定 す

(3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 める 書 類 ( 補 助 金 の 交 付 決 定 ) 第 6 条 市 長 は 前 条 の 申 請 書 を 受 理 したときは 速 やかにその 内 容 を 審 査 し 補 助 金 を 交 付 すべきものと 認 めたときは 規 則 第 7 条 に 規 定 す 篠 山 市 防 犯 カメラ 設 置 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 9 月 30 日 要 綱 第 55 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 民 が 安 心 して 暮 らせるまちづくりを 目 指 し 自 主 防 犯 活 動 を 補 完 するため 防 犯 カメラの 設 置 に 係 る 経 費 の 一 部 を 補 助 することに 関 し 篠 山 市 補 助 金 交 付

More information

<8C9A90DD94AD90B696D88DDE939982CC8DC48E918CB989BB82C98AD682B782E98E9696B18EE688B5977697CC816982518251814482538144825089FC90B3816A2E786477>

<8C9A90DD94AD90B696D88DDE939982CC8DC48E918CB989BB82C98AD682B782E98E9696B18EE688B5977697CC816982518251814482538144825089FC90B3816A2E786477> 建 設 発 生 木 材 等 の 再 資 源 化 に 関 する 事 務 取 扱 要 領 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 川 崎 市 ( 以 下 本 市 という )が 施 工 する 建 設 工 事 から 生 じる 建 設 発 生 木 材 等 の 再 資 源 化 に 関 する 事 務 取 扱 いを 定 めることにより 資 源 の 有 効 な 利 用 及 び 廃 棄 物 の

More information

<5461726F2D8740919D93878376838D837C815B8355838B8EC08E7B97768D80>

<5461726F2D8740919D93878376838D837C815B8355838B8EC08E7B97768D80> 飛 騨 市 立 増 島 保 育 園 調 理 室 改 修 設 計 施 工 プロポーザル( 公 募 型 ) 実 施 要 項 平 成 23 年 8 月 飛 騨 市 -1- 1 目 的 飛 騨 市 立 増 島 保 育 園 は 平 成 24 年 度 より 指 定 管 理 者 制 度 を 導 入 する 予 定 です 給 食 については 現 在 3 歳 未 満 児 ( 以 下 未 満 児 という )を 含 め 外

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

定 款

定 款 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この

More information

ア 調 整 テーマ 別 分 科 会 (3テーマ 程 度 各 4か 月 に1 回 程 度 ) 予 定 テーマ (ア) 鎮 守 大 橋 周 辺 地 区 (イ) 内 海 橋 周 辺 地 区 (ウ) 工 事 車 両 交 通 対 策 2 トータルマネジメント 支 援 業 務 復 興 事 業 等 の 円 滑 な

ア 調 整 テーマ 別 分 科 会 (3テーマ 程 度 各 4か 月 に1 回 程 度 ) 予 定 テーマ (ア) 鎮 守 大 橋 周 辺 地 区 (イ) 内 海 橋 周 辺 地 区 (ウ) 工 事 車 両 交 通 対 策 2 トータルマネジメント 支 援 業 務 復 興 事 業 等 の 円 滑 な 平 成 27 年 度 石 巻 市 復 興 まちづくりマネジメント 支 援 業 務 仕 様 書 第 1 条 適 用 範 囲 この 仕 様 書 は 平 成 27 年 度 石 巻 市 復 興 まちづくりマネジメント 支 援 業 務 ( 以 下 本 業 務 という )の 履 行 に 適 用 する 本 仕 様 書 に 定 めのない 事 項 については 宮 城 県 土 木 部 作 成 の 共 通 仕 様 書 (

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

untitled

untitled 1 2 3 23 4 1 24 3 31 4 12 29 12 23 SD cmcm 10 15 SD 10 11 12 13 14 15 23 18 31 12 () 12 12 12 20 1 10 () 1.5 2 12 29 1 1 24 3 31 16 8 . {ft A.t: ts''f. 6o'-;5tr1a rlr r. Zo{Q ^ (t+

More information

(2) 当 該 物 品 等 と 同 種 の 納 入 実 績 に 関 すること (3) その 他 必 要 な 事 項 ( 公 告 ) 第 4 条 市 長 は 一 般 競 争 入 札 に 付 するときは 施 令 第 167 条 の 6 及 び 契 約 規 則 第 13 条 の 規 定 に 基 づき 次

(2) 当 該 物 品 等 と 同 種 の 納 入 実 績 に 関 すること (3) その 他 必 要 な 事 項 ( 公 告 ) 第 4 条 市 長 は 一 般 競 争 入 札 に 付 するときは 施 令 第 167 条 の 6 及 び 契 約 規 則 第 13 条 の 規 定 に 基 づき 次 幼 稚 園 等 施 設 遮 熱 紫 外 線 対 策 業 務 委 託 に 係 る 制 限 付 一 般 競 争 入 札 実 施 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 那 覇 市 立 幼 稚 園 等 施 設 において 窓 ガラスに 遮 熱 紫 外 線 対 策 のため のフィルムを 貼 付 施 工 するための 業 務 を 委 託 するにあたり 地 方 自 治 法 施 令 ( 昭 和 22 年

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 の 労 働 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 3 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という

More information

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-29 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 20-92 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日

More information

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱 瀬 戸 市 防 犯 カメラ 設 置 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 域 防 犯 のために 必 要 な 箇 所 に 防 犯 カメラを 設 置 する 連 区 自 治 会 及 び 瀬 戸 防 犯 協 会 連 合 会 ( 以 下 連 区 自 治 会 等 という )に 対 し その 設 置 費 用 を 補 助 することにより 安 全 安 心 なまちづくりを 推

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

クレジットカード納付導入に伴う指定代理納付書の選定に係る実施要領

クレジットカード納付導入に伴う指定代理納付書の選定に係る実施要領 石 巻 市 立 病 院 クレジットカード 納 付 導 入 に 伴 う 指 定 代 理 納 付 者 選 定 に 係 る プロポーザル 実 施 要 領 1 目 的 この 実 施 要 領 は 石 巻 市 立 病 院 におけるクレジットカード 納 付 導 入 に 関 し 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 231 条 の2 第 6 項 に 規 定 する 指 定 代 理 納

More information

独立行政法人国立病院機構

独立行政法人国立病院機構 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 仙 台 医 療 センターにおける 医 薬 品 等 の 使 用 成 績 調 査 特 定 使 用 成 績 調 査 及 び 副 作 用 感 染 症 報 告 その 他 の 受 託 研 究 の 実 施 に 関 する 標 準 業 務 手 順 書 平 成 27 年 8 月 3 日 第 8 版 第 1 章 総 則 1. 目 的 と 適 用 範 囲 この 標 準 業 務

More information

募集要項

募集要項 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 コピー 用 紙 購 入 における 単 価 契 約 の 入 札 参 加 者 募 集 要 領 1 趣 旨 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 ( 以 下 公 社 という )において コピー 用 紙 の 納 入 を 行 う 業 者 を 募 集 する 2 入 札 に 付 する 事 項 (1) 調 達 件 名 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 コピー 用 紙 購 入 における

More information

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ 求 償 権 の 管 理 回 収 に 関 する 事 例 研 究 (その2) - 平 成 23 年 度 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 から- 農 業 第 二 部 前 号 に 引 き 続 き 昨 年 9 月 に 開 催 された 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 で 求 償 権 の 管 理 回 収 事 例 研 究 として 掲 げられたテーマから4つの 事 例 について

More information

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc 役 員 選 挙 規 程 昭 和 55 年 10 月 21 日 制 定 昭 和 57 年 11 月 16 日 改 正 昭 和 61 年 5 月 27 日 改 正 昭 和 62 年 2 月 23 日 改 正 昭 和 63 年 3 月 7 日 改 正 平 成 2 年 5 月 14 日 改 正 平 成 6 年 5 月 24 日 改 正 平 成 8 年 2 月 27 日 改 正 平 成 11 年 2 月 23

More information