2007年●●月●●日 報告 APU大学運営会議

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "2007年●●月●●日 報告 APU大学運営会議"

Transcription

1 第 5 章 教 員 組 織 2007 年 度 立 命 館 アジア 太 平 洋 大 学 自 己 点 検 評 価 報 告 書

2 目 的 開 学 以 来 の 目 標 < 大 学 学 部 > 1. 専 任 教 員 の 計 画 的 な 任 用 開 学 時 の 目 標 は 完 成 年 度 までに 教 授 44 人 助 教 授 14 人 講 師 46 人 合 計 104 人 の 専 任 教 員 を 計 画 的 に 任 用 することであった 2006 年 度 ~2009 年 度 の 目 標 としては 上 記 の 教 員 任 用 の 基 本 的 考 え 方 と 方 針 に 基 づいて 専 任 教 員 の 人 件 費 枠 で 合 計 123 名 分 の 教 員 を 計 画 的 に 任 用 することである 2.レベル コーディネーター 教 員 の 配 置 言 語 教 育 科 目 ( 英 語 日 本 語 )については 学 習 到 達 目 標 ごとにレベル コーディ ネーターの 教 員 を 配 置 し その 下 で 専 任 および 兼 任 教 員 との 連 携 協 力 の 体 制 を 構 築 し 組 織 的 なカリキュラムの 運 用 が 可 能 となるよう 教 員 組 織 の 編 成 をはかる 3.1 クラス 最 大 250 名 の 開 講 体 制 を 堅 持 する 教 員 組 織 の 維 持 ニューチャレンジ の 実 施 にともなう 学 生 定 員 の 増 加 にかかわらず 講 義 科 目 に ついて1クラス 最 大 250 名 の 開 講 体 制 を 堅 持 する 教 員 組 織 を 維 持 する 4. 学 生 の 基 礎 学 力 の 形 成 に 配 慮 した 専 任 教 員 の 配 置 学 生 の 基 礎 学 力 および 基 礎 的 な 専 門 能 力 の 形 成 にとって 不 可 欠 な 基 幹 的 な 科 目 に ついては 同 一 科 目 複 数 クラス 開 講 によって 適 正 規 模 を 維 持 させるとともに 専 任 教 員 を 重 点 的 に 配 置 する そのための 人 事 政 策 の 実 行 を 教 員 組 織 整 備 上 の 重 要 課 題 とする 5. 専 門 教 育 科 目 における 基 幹 科 目 への 兼 任 教 員 依 存 度 の 低 下 6. 日 英 2 言 語 開 講 を 可 能 とする 教 員 組 織 の 整 備 専 門 教 育 科 目 のうち 基 幹 的 な 科 目 については 兼 任 教 員 への 依 存 度 を 低 め 日 英 2 言 語 による 開 講 を 確 保 するための 教 員 組 織 整 備 を 推 進 する 7. 外 国 籍 教 員 を 50%にする 8. 女 性 教 員 の 積 極 的 な 任 用 を 行 い 男 女 バランスを 適 正 化 する 9. 中 期 的 な 教 員 組 織 整 備 計 画 を 策 定 する 中 期 的 な 教 員 組 織 整 備 計 画 を 定 め 教 員 任 用 および 昇 任 規 程 などの 各 種 規 程 に 基 づいた 募 集 方 針 選 考 方 針 選 考 手 続 き 等 の 教 員 選 考 基 準 を 明 確 にし 適 切 な 運 用 を 行 う 10. 公 募 を 基 本 とし 公 平 な 教 員 募 集 を 行 う 募 集 方 法 は 公 募 によるものを 原 則 とし 学 内 推 薦 や 学 外 者 への 推 薦 依 頼 を 含 め 幅 広 く 公 平 な 募 集 を 実 施 する 11. 多 様 な 雇 用 形 態 の 推 進 内 外 の 高 等 教 育 を 取 り 巻 く 環 境 の 急 速 な 変 化 に 柔 軟 に 対 応 するために 任 期 制 教 員 テニュア 教 員 ( 任 期 の 定 めのない 教 員 )など 多 様 な 雇 用 形 態 を 推 進 する 5-1-1

3 < 大 学 院 > 1. 研 究 科 委 員 会 を 置 き 教 学 責 任 体 制 をとって 運 用 する また プログラムごとに 適 切 に 責 任 者 を 配 置 する 2. 大 学 院 科 目 の 担 当 教 員 について 人 事 委 員 会 において 任 用 の 基 本 方 針 を 策 定 し 大 学 院 科 目 担 当 教 員 の 基 準 および 手 続 を 別 途 定 め 適 切 な 運 用 を 行 う 3. 研 究 機 能 の 向 上 をめざし 担 当 オフィスの 中 に 研 究 支 援 担 当 の 職 員 を 配 置 し 特 に アジア 太 平 洋 学 という 新 しい 領 域 の 研 究 拠 点 の 構 築 を 教 職 協 働 で 推 進 する 現 状 の 説 明 1. 教 員 組 織 本 学 は 自 由 平 和 ヒューマニズム 国 際 相 互 理 解 アジア 太 平 洋 の 未 来 創 造 を 基 本 理 念 とし それを 実 際 の 教 育 研 究 活 動 の 中 で 実 現 するため 世 界 中 の 学 生 と 日 本 人 学 生 とが 日 々のキャンパスライフの 中 で 切 磋 琢 磨 して 真 に 国 際 相 互 理 解 を 深 めること のできる 大 学 づくりをめざしてきた そこで 学 部 においては 外 国 人 留 学 生 の 大 学 への アクセスを 容 易 にするため 入 学 時 点 では 英 語 基 準 または 日 本 語 基 準 の 2 種 類 の 言 語 基 準 を 設 けるとともに 卒 業 に 必 要 となるカリキュラムについては 日 英 2 言 語 で 開 講 するこ とを 原 則 として 日 本 語 または 英 語 のいずれかで 卒 業 できる 教 育 課 程 を 編 成 してきた ま た 大 学 院 においては 基 本 理 念 に 則 した 課 程 編 成 と 人 材 輩 出 をめざして より 高 度 な 専 門 性 を 教 授 するため 英 語 のみによる 授 業 カリキュラムを 編 成 している このような 教 育 課 程 を 保 障 するためには その 教 員 構 成 はきわめて 重 要 であり 日 英 の 2 言 語 で 教 育 研 究 のできる 教 員 や 国 際 的 に 活 躍 している 優 秀 な 教 員 を 確 保 する 必 要 がある 本 学 では その 理 念 やカリキュラムを 実 現 するための 適 切 な 教 員 組 織 整 備 に 努 めてきた その 結 果 2007 年 5 月 1 日 現 在 で 専 任 教 員 の 数 は 128 名 ( 学 長 1 名 アジア 太 平 洋 学 部 56 名 アジア 太 平 洋 マネジメント 学 部 38 名 言 語 インスティテュート 33 名 )であり 大 学 設 置 基 準 上 必 要 な 専 任 教 員 数 94 名 を 上 回 っている また 大 学 全 体 の 専 任 教 員 1 人 あ たりの 在 籍 学 生 数 は 41 名 である なお 本 学 では 全 専 任 教 員 はアジア 太 平 洋 学 部 アジ ア 太 平 洋 マネジメント 学 部 主 に 言 語 教 育 教 員 が 所 属 する 言 語 インスティテュートのいず れかに 所 属 するため 研 究 科 所 属 の 専 任 教 員 はおいていないが 大 学 院 における 英 語 を 授 業 言 語 とする 教 育 課 程 の 特 徴 や 高 度 な 専 門 性 を 学 生 に 教 授 するという 性 格 から 大 学 院 科 目 担 当 の 適 格 性 については 大 学 院 設 置 基 準 に 基 づいて 学 内 で 厳 格 な 制 度 ( 大 学 院 科 目 担 当 資 格 審 査 委 員 会 )を 設 けている 詳 細 については 後 述 (5-1-5 の3. 教 員 の 募 集 任 免 昇 格 に 対 する 基 準 手 続 (2) 大 学 院 )する 専 任 教 員 の 年 齢 構 成 は 26 歳 ~30 歳 (6 名 ) 31 歳 ~40 歳 (40 名 ) 41 歳 ~50 歳 (34 名 ) 51 歳 ~60 歳 (36 名 ) 60 歳 以 上 (12 名 )であり 学 部 別 には アジア 太 平 洋 学 部 では 26 歳 ~30 歳 (0 名 ) 31 歳 ~40 歳 (17 名 ) 41 歳 ~50 歳 (15 名 ) 51 歳 ~60 歳 (19 名 )

4 歳 以 上 (5 名 ) アジア 太 平 洋 マネジメント 学 部 では 26 歳 ~30 歳 (1 名 ) 31 歳 ~40 歳 (8 名 ) 41 歳 ~50 歳 (9 名 ) 51 歳 ~60 歳 (11 名 ) 60 歳 以 上 (9 名 )である また 主 に 言 語 教 育 教 員 が 所 属 するセンターとして 言 語 インスティテュートを 設 置 しており これに 所 属 する 教 員 は 26 歳 ~30 歳 (5 名 ) 31 歳 ~40 歳 (14 名 ) 41 歳 ~50 歳 (11 名 ) 51 歳 ~ 60 歳 (3 名 ) 60 歳 以 上 (0 名 )となっており バランスの 良 い 年 齢 構 成 となっている 専 任 教 員 128 名 のうち 外 国 人 教 員 は 53 名 (41%) 女 性 教 員 は 38 名 (30%)である 学 部 センター 別 にはそれぞれ アジア 太 平 洋 学 部 で 27 名 14 名 アジア 太 平 洋 マネジメント 学 部 で 14 名 6 名 言 語 インスティテュートで 11 名 18 名 となっている 本 学 においては 2000 年 開 学 のため 本 学 の 学 部 あるいは 研 究 科 出 身 の 専 任 教 員 は 現 時 点 でいない 一 方 で 本 学 では 国 内 外 の 高 等 教 育 を 取 り 巻 く 環 境 の 急 速 な 変 化 に 柔 軟 に 対 応 するため に 多 様 な 雇 用 形 態 を 推 進 している 具 体 的 には テニュア 教 員 ( 任 期 の 定 めのない 教 員 ) 以 外 に 任 期 制 教 員 ( 教 授 2 名 (2%) 准 教 授 9 名 (7%) 専 任 講 師 9 名 (7%) 助 教 3 名 (2%) 上 級 講 師 8 名 (6%) 嘱 託 講 師 22 名 (17%) 常 勤 講 師 11 名 (9%) 特 別 招 聘 教 員 9 名 (7%) を 採 用 しているほか 社 会 人 教 員 ( 官 公 庁 民 間 企 業 出 身 者 )の 積 極 的 な 採 用 を 行 ってい る 専 任 教 員 128 名 のうち 26 名 (20%)が 社 会 人 教 員 であり 学 部 センター 別 には ア ジア 太 平 洋 学 部 9 名 アジア 太 平 洋 マネジメント 学 部 14 名 言 語 インスティテュート 3 名 がこれに 該 当 する 専 任 教 員 については 大 学 設 置 基 準 第 12 条 に 基 づき 本 学 のみで 専 任 教 員 であり また 授 業 担 当 責 任 時 間 数 を 規 程 化 してもっぱら 本 学 の 教 育 研 究 に 従 事 することとしている 他 大 学 等 の 非 常 勤 講 師 を 行 う 場 合 には 教 学 部 会 議 および 大 学 評 議 会 において 非 常 勤 応 嘱 の 承 認 を 得 ることとしており 本 学 の 教 育 研 究 に 支 障 のない 範 囲 において 認 めている 主 要 な 授 業 科 目 にはできる 限 り 専 任 教 員 を 配 置 することとしており 全 体 的 な 専 任 の 担 当 比 率 を 見 ると 基 礎 教 育 科 目 で 66.9% アジア 太 平 洋 学 部 の 専 門 科 目 で 88.5% アジア 太 平 洋 マネジメント 学 部 の 専 門 科 目 で 88.8% クロスオーバー アドヴァンスト プログラム (CAP)の 専 門 科 目 で 95.2%となっている( 大 学 基 礎 データ 表 年 度 春 セメスター 参 照 ) 教 育 課 程 編 成 の 目 的 を 具 体 的 に 実 現 するための 教 員 間 における 連 絡 調 整 を 適 切 に 実 施 す るとともに 組 織 的 に 教 学 執 行 を 行 うため 各 学 部 については 学 部 長 副 学 部 長 に 加 え 各 教 育 分 野 を 統 括 する 教 務 主 任 を 配 置 している また 5 分 野 の 教 育 プログラムを 擁 するイ ンスティテュートにおいては 本 部 長 副 本 部 長 に 加 えて 各 分 野 の 教 務 主 任 を 配 置 してい る これらの 教 員 役 職 者 が 連 絡 調 整 を 密 にしながら 学 生 の 習 熟 度 を 高 めるための 段 階 別 系 統 的 教 育 の 実 施 学 部 専 門 基 礎 となるコア 科 目 の 設 定 および 運 営 管 理 所 属 教 員 の 担 当 科 目 調 整 やシラバス 内 容 の 確 認 など 各 学 部 等 の 教 学 高 度 化 に 関 する 役 割 を 担 っている また 言 語 インスティテュートでは 副 学 長 ( 教 学 担 当 )が 所 長 を 務 めるとともに 言 語 インスティテュート 事 務 局 長 各 言 語 主 任 レベル コーディネーターを 設 置 し 兼 任 教 5-1-3

5 員 との 協 力 体 制 の 構 築 や 本 学 の 日 英 2 言 語 教 育 の 根 幹 を 支 える 言 語 教 育 の 教 学 高 度 化 に 関 する 役 割 を 担 っている 大 学 全 体 としての 教 学 方 針 の 策 定 や 学 部 等 との 教 学 的 調 整 を 適 切 に 実 施 するため 教 学 部 に 教 員 の 教 学 部 長 教 学 部 副 部 長 を 置 いている 2. 教 育 研 究 支 援 職 員 (1) 大 学 本 学 では 実 験 実 習 をともなう 教 育 や 外 国 語 教 育 情 報 処 理 関 連 教 育 等 を 実 施 する 際 に 適 宜 ティーチング アシスタント(TA)や 学 生 アシスタントを 配 置 している 情 報 科 目 に ついては コンピュータの 操 作 に 習 熟 した 学 生 を 情 報 SA(スチューデント アシスタント) として 配 置 をしている また 英 語 の 初 級 中 級 科 目 には TA を 配 置 している アジア 太 平 洋 地 域 の 言 語 科 目 の 一 部 でも 当 該 地 域 出 身 の 外 国 人 留 学 生 を 授 業 アシスタントとして 配 置 して ネイティブスピーカーとの 会 話 練 習 やディスカッションなどができるように 配 慮 している ティーチング アシスタント(TA)の 制 度 として 立 命 館 アジア 太 平 洋 大 学 ティーチン グ アシスタント 規 程 を 設 け 原 則 として 本 学 大 学 院 博 士 前 期 課 程 または 修 士 課 程 に 在 籍 する 者 および 博 士 後 期 課 程 に 在 籍 するものを 教 育 補 助 として 採 用 し 各 学 部 に 配 置 して いる 具 体 的 な 業 務 としては 授 業 に 関 する 補 助 業 務 の 補 佐 試 験 監 督 補 助 その 他 教 育 支 援 業 務 がある その 他 文 部 科 学 省 などからの 学 外 資 金 によるプロジェクトに 携 わる 本 学 専 任 教 員 の 下 で その 管 理 運 営 補 助 業 務 について 配 置 している ティーチング アシスタント(TA)を 配 置 するにあたっては 教 員 との 適 切 な 連 携 協 力 関 係 を 構 築 するため 事 前 のガイダンスを 徹 底 するとともに 教 員 との 打 合 せ 等 を 適 宜 実 施 している (2) 大 学 院 大 学 院 のティーチング アシスタント(TA)の 制 度 としては 上 記 (1) 大 学 と 同 様 に 立 命 館 アジア 太 平 洋 大 学 ティーチング アシスタント 規 程 を 設 け 博 士 後 期 課 程 に 在 籍 する 者 のみ 採 用 し 大 学 院 博 士 前 期 課 程 または 修 士 課 程 の 授 業 支 援 補 助 試 験 監 督 の 補 助 業 務 へ 配 置 している また 立 命 館 アジア 太 平 洋 大 学 における 科 学 研 究 費 補 助 研 究 支 援 者 (RA-G) 雇 用 に 関 する 申 し 合 わせ を 規 定 し 本 学 専 任 教 員 が 研 究 代 表 者 又 は 研 究 分 担 者 を 勤 める 科 学 研 究 費 による 研 究 遂 行 業 務 に 従 事 する 研 究 支 援 者 としてリサーチ アシス タント(RA)を 採 用 し 研 究 補 助 業 務 に 従 事 している 教 員 の 研 究 支 援 を 行 うため 国 際 協 力 研 究 部 にリサーチ オフィスを 置 いて 各 種 の 研 究 支 援 業 務 を 行 っている 研 究 支 援 担 当 職 員 は 研 究 に 関 する 情 報 を 収 集 するとともに 教 授 会 や 教 員 懇 談 会 ホームページ メール 等 を 通 じて 適 切 に 教 員 に 情 報 提 供 を 行 って 教 員 が 着 実 に 研 究 関 連 情 報 を 得 ることができるよう 配 慮 している また 科 学 研 究 費 補 助 金 等 の 申 請 にあたっては 申 請 に 関 する 情 報 提 供 とともにガイダンスなどを 実 施 して サ ポートしている リサーチ オフィスでは 研 究 プロジェクト 等 に 関 する 教 員 からの 相 談 には 5-1-4

6 いつでも 対 応 できるよう 窓 口 を 設 けている 以 上 のように 教 員 と 研 究 支 援 職 員 との 間 の 連 携 協 力 関 係 については 適 切 な 配 慮 をしている 3. 教 員 の 募 集 任 免 昇 格 に 対 する 基 準 手 続 (1) 大 学 専 任 教 員 の 任 用 および 昇 任 については 立 命 館 アジア 太 平 洋 大 学 教 員 任 用 および 昇 任 規 程 および 教 員 任 用 にあたっての 選 考 基 準 に 基 づいて 行 われており 人 事 委 員 会 の 決 議 に 基 づき 教 授 会 の 審 議 および 大 学 評 議 会 の 承 認 を 経 た 上 で 理 事 会 に 具 申 して 決 定 してい る 国 内 外 から 広 く 本 学 の 理 念 に 共 感 して 情 熱 と 意 欲 を 持 った 優 秀 な 教 員 を 確 保 するため 教 員 募 集 は 原 則 として 公 募 で 実 施 することとしており あわせて 学 内 教 員 からの 推 薦 や 学 外 関 係 者 からの 推 薦 なども 行 っている 任 期 制 教 員 および 有 期 雇 用 教 員 の 任 用 については 立 命 館 アジア 太 平 洋 大 学 任 期 制 教 員 規 程 立 命 館 アジア 太 平 洋 大 学 特 別 招 聘 教 員 規 程 立 命 館 アジア 太 平 洋 大 学 言 語 イン スティテュート 任 期 制 教 員 規 程 立 命 館 アジア 太 平 洋 大 学 上 級 講 師 規 程 立 命 館 アジ ア 太 平 洋 大 学 嘱 託 講 師 規 程 に 基 づき 上 記 と 同 様 の 手 続 きを 経 て 決 定 している( 各 規 程 を 参 照 ) 教 員 審 査 にあたっては 書 類 選 考 の 段 階 で 海 外 において 認 証 を 受 けていない 大 学 機 関 の 学 位 いわゆるディグリーミルと 言 われる 大 学 の 学 位 を 記 載 していないかのチェック を 行 うとともに 卒 業 証 明 書 成 績 証 明 書 等 を 厳 格 にチェックして 学 歴 詐 称 がないかを 確 認 するように 留 意 している 書 類 選 考 を 経 た 上 で 面 接 審 査 においては 複 数 の 審 査 委 員 による 面 接 を 実 施 するとと もに 模 擬 授 業 を 行 ってもらい 教 育 能 力 を 確 認 している また 教 員 の 採 用 昇 任 の 審 査 に 際 して 立 命 館 アジア 太 平 洋 大 学 教 員 任 用 および 昇 任 規 程 教 員 昇 任 にあたっての 選 考 基 準 に 基 づいて 教 育 実 績 研 究 業 績 が 基 準 となっ ている (2) 大 学 院 大 学 院 教 員 大 学 院 指 導 教 員 への 任 用 については 大 学 の 採 用 と 同 じ 形 態 にて 行 ってい る 本 学 においては 専 任 教 員 の 大 学 院 所 属 はおらず 大 学 院 講 義 演 習 科 目 を 担 当 する 教 員 は 全 て 学 部 所 属 となっている このことから 大 学 院 独 自 での 教 員 募 集 任 免 昇 格 は 実 施 していない 同 様 に 大 学 院 教 員 の 昇 任 や 任 期 制 教 員 の 任 用 にあたっても 大 学 の 規 程 に 基 づいて 行 っている 大 学 院 科 目 担 当 の 適 格 性 については 大 学 院 設 置 基 準 に 基 づいて 2005 年 度 に 大 学 院 科 目 担 当 基 準 を 設 定 し 具 体 的 な 適 格 性 の 審 査 は 大 学 評 議 会 の 下 に 副 学 長 を 委 員 長 とする 大 学 院 科 目 担 当 資 格 審 査 委 員 会 を 置 いて 厳 正 に 行 っている 大 学 院 科 目 担 当 基 準 では 1) 経 歴 2) 教 育 上 の 指 導 能 力 実 績 熱 意 3) 研 究 業 績 (これに 相 当 する 職 務 上 の 実 績 を 含 む)にかかる 基 準 を 設 定 し 博 士 課 程 後 期 課 程 の 研 究 指 導 担 当 博 士 5-1-5

7 課 程 後 期 課 程 の 研 究 指 導 補 助 および 講 義 科 目 担 当 博 士 課 程 前 期 課 程 ( 修 士 課 程 )の 研 究 指 導 担 当 博 士 課 程 前 期 課 程 ( 修 士 課 程 )の 研 究 指 導 補 助 および 講 義 科 目 担 当 につ いてそれぞれ 可 否 を 審 査 する 4. 教 育 研 究 活 動 の 評 価 教 育 研 究 活 動 の 評 価 は 2005 年 度 より 専 任 教 員 を 対 象 に 実 施 している 教 員 評 価 活 動 にて 行 っている 教 員 評 価 活 動 では 教 育 研 究 行 政 の 3 分 野 を 総 合 して 評 価 を 行 い 処 遇 に 連 動 させている この 中 で 役 職 者 による 授 業 参 観 等 も 実 施 しており 教 員 の 授 業 改 善 や 研 究 活 動 へのモチベーションを 高 めるとともに 教 育 研 究 の 向 上 に 資 する 取 り 組 みとな っている ただし 教 員 評 価 の 指 標 や 方 法 等 については 改 善 の 要 望 も 出 されているため 検 討 委 員 会 を 設 置 してさらなる 改 善 を 進 めることとしている 5. 大 学 院 とほかの 教 育 研 究 組 織 機 関 との 関 係 本 学 大 学 院 では 本 学 研 究 機 関 である 立 命 館 アジア 太 平 洋 研 究 センター(RCAPS)との 連 携 により 本 学 の 理 念 であるアジア 太 平 洋 学 構 築 に 向 けて この 地 域 における 総 合 的 研 究 を 行 うことを 目 的 とした 研 究 を 行 っている また RCAPS では 大 学 院 生 支 援 プログラムを 行 い 若 手 研 究 者 の 研 究 高 度 化 に 向 けた 支 援 を 実 施 しているとともに 国 内 外 の 大 学 研 究 機 関 に 在 籍 し すでに 顕 著 な 研 究 業 績 を 有 する 研 究 者 を 本 学 の 重 点 研 究 分 野 の 研 究 へ 客 員 研 究 員 として 招 聘 している( 第 6 章 研 究 活 動 と 研 究 環 境 ページ 参 照 ) 6. 学 校 教 育 法 第 58 条 の 改 正 にともなう 新 たな 教 員 組 織 の 整 備 について 本 学 では 学 校 教 育 法 第 58 条 の 改 正 にともない 従 来 の 助 教 授 については 待 遇 条 件 等 を 変 更 せず 一 律 に 准 教 授 へと 名 称 変 更 を 行 った また 助 教 の 新 設 にともない 本 学 で は 助 教 を 大 学 教 員 のキャリアパスのファーストステップに 位 置 づけ 若 手 教 員 の 積 極 的 採 用 とキャリア 形 成 につながるものであるとの 認 識 から 2007 年 度 より 助 教 制 度 を 具 体 化 した 助 教 は 主 に 学 部 教 育 の 担 当 を 行 い 大 学 院 教 育 の 担 当 については 大 学 院 資 格 審 査 委 員 会 により 適 当 と 判 断 された 場 合 のみ 大 学 院 教 育 の 担 当 ( 講 義 科 目 担 当 研 究 指 導 補 助 の 担 当 )ができるものとしている 大 学 運 営 への 関 わりについては 教 育 力 量 を 高 めるとともに 研 究 実 績 と 研 究 力 量 の 向 上 に 努 めるとする 理 念 に 基 づき 原 則 として 学 内 の 行 政 上 の 役 職 は 免 除 している ただし 必 要 に 応 じて 教 育 研 究 以 外 の 業 務 を 委 嘱 することはできるようにしている また 教 授 会 との 関 係 については 原 則 として 教 授 会 の 成 立 要 件 には 含 まないが 教 授 会 に 出 席 して 意 見 を 述 べることはできる 助 教 の 任 用 基 準 としては 大 学 設 置 基 準 に 基 づき 教 員 任 用 および 昇 任 規 程 にお いては 少 なくとも 修 士 の 学 位 又 は 専 門 職 学 位 以 上 の 学 位 を 有 する 者 であって 大 学 にお ける 教 育 研 究 を 担 当 するにふさわしい 教 育 研 究 上 の 能 力 を 有 すると 認 められる 者 ま 5-1-6

8 たは 特 定 の 分 野 について 知 識 および 経 験 を 有 すると 認 められる 者 としている ただ し 助 教 が 准 教 授 へのキャリアパスであるという 位 置 づけをふまえ 実 際 の 任 用 における 選 考 基 準 は 原 則 として 博 士 学 位 を 取 得 している 者 または 博 士 の 学 位 を 有 する 者 と 同 等 以 上 の 能 力 があると 認 められる 者 として 運 用 し 応 募 者 が 博 士 学 位 未 取 得 の 場 合 でも 博 士 学 位 取 得 の 見 込 みが 確 実 にあることを 条 件 としている 任 用 形 態 については 助 教 制 度 新 設 の 趣 旨 として 優 秀 な 若 手 教 員 の 積 極 的 採 用 や 人 材 の 流 動 性 の 向 上 などが 期 待 されていることから 任 用 は 任 期 制 としている 具 体 的 な 任 免 手 続 きについては 先 述 の 3. 教 員 の 募 集 任 免 昇 格 に 対 する 基 準 手 続 と 同 様 で ある 助 手 については 従 来 から 置 いておらず 今 次 の 改 正 にともなっても 本 学 においては 当 面 助 手 は 置 かないこととした 7. 開 学 以 来 の 目 標 の 現 状 説 明 既 述 の 事 項 もあるが 冒 頭 に 記 載 した 開 学 以 来 の 目 標 の 現 状 について 簡 潔 に 述 べる 1 専 任 教 員 の 計 画 的 な 任 用 に 関 しては 開 学 時 の 目 標 は 完 成 年 度 までに 達 成 し 現 在 2006 年 度 ~2009 年 度 の 教 員 組 織 整 備 方 針 に 基 づいて 計 画 的 な 任 用 を 進 めている 2 言 語 教 育 科 目 ( 英 語 日 本 語 )については 学 習 到 達 目 標 ごとのレベル コーディネータ ー 教 員 を 配 置 し 教 員 間 の 連 携 協 力 体 制 の 下 適 切 なカリキュラム 運 営 を 実 施 している 31クラス 最 大 250 名 の 開 講 体 制 については 維 持 しており それを 可 能 とする 教 員 組 織 整 備 に 取 り 組 んでいる 4 基 礎 科 目 の 基 幹 的 な 科 目 については 同 一 科 目 複 数 クラス 開 講 が 可 能 となるよう 教 員 任 用 人 事 において 配 慮 して 取 り 組 んでいる 基 礎 科 目 における 専 任 兼 任 比 率 は 上 述 のと おりである 5 専 門 教 育 科 目 の 基 幹 科 目 については 兼 任 教 員 への 依 存 率 を 下 げるよう 計 画 的 な 専 任 教 員 の 任 用 人 事 を 進 めているところである 専 門 教 育 における 専 任 兼 任 比 率 は 上 述 のとお りである 6 日 英 2 言 語 開 講 という 本 学 の 特 色 を 担 保 するため 2 言 語 での 授 業 が 可 能 となる 教 員 組 織 整 備 に 取 り 組 み その 教 学 を 実 現 している 7 外 国 籍 教 員 比 率 を 50%にするという 目 標 に 対 して 現 在 41%であり 目 標 は 未 達 成 である が 全 体 としてはバランスの 取 れた 教 員 組 織 整 備 を 実 現 している 8 女 性 教 員 の 積 極 的 な 任 用 にも 取 り 組 んでおり 現 在 女 性 教 員 は 30%となっている 9 中 期 的 な 教 員 組 織 整 備 計 画 として 現 在 2006 年 度 ~2009 年 度 の 教 員 組 織 整 備 計 画 を 策 定 してその 具 体 化 に 取 り 組 んでいる 10 教 員 の 任 用 は 原 則 として 公 募 によって 行 うこととし 学 内 教 員 による 推 薦 や 学 外 者 への 推 薦 なども 取 り 入 れて 適 切 な 教 員 任 用 人 事 が 行 われるよう 努 めている 11 内 外 の 高 等 教 育 情 勢 の 変 動 に 迅 速 に 対 応 するため 任 期 制 教 員 を 含 む 多 様 な 雇 用 形 態 を 5-1-7

9 追 求 し 実 現 している 12 大 学 院 においては 研 究 科 委 員 会 の 下 で 適 切 な 教 学 責 任 体 制 をとって 教 学 運 営 を 実 施 して いる 13 大 学 院 科 目 の 担 当 教 員 については 大 学 院 科 目 担 当 資 格 審 査 委 員 会 を 設 置 して 基 準 に 基 づいて 厳 格 な 運 用 を 行 い 大 学 院 教 育 の 質 の 維 持 向 上 に 努 めている 14 研 究 機 能 の 強 化 をめざしてリサーチ オフィスに 研 究 支 援 担 当 の 職 員 を 配 置 し 研 究 サ ポートを 実 施 している 点 検 評 価 の 結 果 冒 頭 に 掲 げた 目 標 について 以 下 のような 到 達 状 況 にある 1. 専 任 教 員 の 計 画 的 な 任 用 計 画 的 な 任 用 が 進 んでおり 開 学 時 の 目 標 は 開 学 時 点 で 達 成 した 2006 年 度 ~2009 年 度 の 目 標 については 計 画 的 な 任 用 を 進 めており 2009 年 度 には 達 成 する 見 通 しである 2.レベル コーディネーター 教 員 の 配 置 3.1クラス 最 大 250 名 の 開 講 体 制 を 堅 持 する 教 員 組 織 の 維 持 4. 学 生 の 基 礎 学 力 の 形 成 に 配 慮 した 専 任 教 員 の 配 置 基 礎 科 目 の 基 幹 的 な 科 目 の 同 一 科 目 複 数 クラス 開 講 が 可 能 となるようには 配 慮 してお り 目 標 は 達 成 している 一 方 基 礎 科 目 全 体 における 専 任 比 率 は 60% 台 であり 今 後 改 善 が 必 要 である 5. 専 門 教 育 科 目 における 基 幹 科 目 への 兼 任 教 員 依 存 度 の 低 下 専 門 教 育 における 専 任 比 率 は 80% 前 後 であり 目 標 はほぼ 達 成 している 6. 日 英 2 言 語 開 講 を 可 能 とする 教 員 組 織 の 整 備 7. 外 国 籍 教 員 を 50%にする 現 在 41%であり 目 標 は 未 達 成 である 8. 女 性 教 員 の 積 極 的 な 任 用 を 行 い 男 女 バランスを 適 正 化 する 女 性 教 員 の 積 極 的 な 任 用 を 行 い 女 性 比 率 は 30%を 達 成 している 9. 中 期 的 な 教 員 組 織 整 備 計 画 を 策 定 する 10. 公 募 を 基 本 とし 公 平 な 教 員 募 集 を 行 う 11. 多 様 な 雇 用 形 態 の 推 進 5-1-8

10 < 大 学 院 > 1. 研 究 科 委 員 会 を 置 き 教 学 責 任 体 制 をとって 運 用 する また プログラムごとに 適 切 に 責 任 者 を 配 置 する 2. 大 学 院 科 目 の 担 当 教 員 について 人 事 委 員 会 において 任 用 の 基 本 方 針 を 策 定 し 大 学 院 科 目 担 当 教 員 の 基 準 および 手 続 を 別 途 定 め 適 切 な 運 用 を 行 う 3. 研 究 機 能 の 向 上 をめざし 担 当 オフィスの 中 に 研 究 支 援 担 当 の 職 員 を 配 置 し 特 にア ジア 太 平 洋 学 という 新 しい 領 域 の 研 究 拠 点 の 構 築 を 教 職 協 働 で 推 進 する また 点 検 評 価 の 結 果 明 らかとなった 長 所 および 課 題 は 下 記 のとおりである 長 所 1 前 述 した 開 学 時 の 目 標 については 完 成 年 度 までに 計 画 的 な 任 用 を 行 い 達 成 した 2006 年 度 以 降 の 教 員 組 織 整 備 計 画 については 2006 年 度 の 教 員 任 用 から 具 体 化 を 推 進 してお り 着 実 に 進 行 している また 任 用 手 続 き 方 法 等 も 明 確 にしており 改 善 をはかり ながら 着 実 な 任 用 を 進 めているところである 2 学 部 学 科 等 の 理 念 目 的 および 教 育 課 程 の 編 成 にふさわしい 適 切 な 教 員 組 織 整 備 を 遂 行 している 具 体 的 には 外 国 人 留 学 生 を 積 極 的 に 受 け 入 れるための 日 英 2 言 語 教 育 を 保 障 するための 外 国 人 教 員 の 積 極 的 任 用 等 を 行 っている 3 大 学 設 置 基 準 第 12 条 との 関 係 においては 専 任 教 員 は 本 学 のみで 専 任 教 員 とし ま た 本 学 の 教 育 研 究 に 専 念 するものとしている 4 主 要 な 授 業 科 目 には 専 任 教 員 を 可 能 な 限 り 配 置 することとしており 全 体 としてもバラ ンスの 取 れた 専 任 兼 任 比 率 を 実 現 している 5 教 員 組 織 の 年 齢 構 成 も 30 まで(5%) 30 代 (30%) 40 代 (26%) 50 代 (28%) 60 以 上 (9%)とバランスの 取 れた 構 成 を 実 現 している 学 部 機 関 別 にみても アジア 太 平 洋 学 部 で 30 まで(0%) 30 代 (30%) 40 代 (26%) 50 代 (37%) 60 以 上 (7%) アジア 太 平 洋 マネジメント 学 部 で 30 まで(3%) 30 代 (21%) 40 代 (24%) 50 代 (32%) 60 以 上 (21%) 言 語 インスティテュートで 30 まで(15%) 30 代 (35%) 40 代 (30%) 50 代 (12%) 60 以 上 (0%)とバランスが 取 れた 構 成 となっている( 大 学 基 礎 データ 表 21 参 照 ) 6 大 学 全 体 の 専 任 教 員 1 人 あたりの 学 生 数 は 41 名 であり 人 文 社 会 系 の 学 部 としては 適 切 な 比 率 を 維 持 している 5-1-9

11 7 実 験 実 習 をともなう 教 育 外 国 語 教 育 情 報 処 理 関 連 教 育 等 の 実 施 にあたっては 授 業 運 営 を 適 切 に 補 助 するためのティーチング アシスタントや 学 生 スタッフを 配 置 してい る 8 教 員 の 任 用 昇 任 等 の 基 準 および 手 続 きについては 関 連 諸 規 程 において 明 文 化 してお り それらの 規 程 に 基 づいて 適 正 かつ 公 正 な 運 用 を 行 っている 9 教 育 課 程 編 成 の 目 的 を 具 体 的 に 実 現 するための 教 員 間 の 連 絡 調 整 を 密 に 行 うことができ るよう 学 部 等 に 各 教 育 分 野 の 教 務 主 任 を 含 む 教 員 役 職 者 を 適 切 に 配 置 している 10 本 学 では 高 等 教 育 情 勢 の 急 速 の 変 化 や 多 様 な 社 会 のニーズに 柔 軟 に 応 えることができる よう 任 期 制 教 員 や 特 別 招 聘 教 員 等 の 多 様 な 雇 用 形 態 を 導 入 している 課 題 1 現 在 2006 年 度 からの ニューチャレンジ の 推 進 にともなう 教 員 組 織 整 備 計 画 に 基 づ いて 計 画 的 な 教 員 任 用 を 進 めているが 国 際 的 に 優 秀 な 教 員 確 保 をめぐる 競 争 は 厳 し くなっており 国 内 外 から 日 英 2 言 語 の 教 育 研 究 が 可 能 な 優 秀 な 教 員 を 確 保 すること には 一 定 の 困 難 をともなっている 2 主 要 な 科 目 には 可 能 な 限 り 専 任 教 員 を 配 置 し 専 任 兼 任 比 率 もバランスのとれた 適 正 な 構 成 を 実 現 しているが 特 にアジア 太 平 洋 マネジメント 学 部 においては 国 際 的 な 競 争 環 境 の 中 で 新 規 の 教 員 任 用 が 厳 しい 面 があり 兼 任 教 員 比 率 が 高 まりすぎないよう 留 意 しておく 必 要 がある 3 新 たな 社 会 的 ニーズに 柔 軟 に 対 応 し 得 るよう 学 際 的 分 野 や 先 端 的 な 分 野 等 を 中 心 として 任 期 制 教 員 の 任 用 を 積 極 的 に 進 めているが その 比 率 が 高 まりすぎると 大 学 行 政 の 担 い 手 の 確 保 等 に 支 障 がでる 可 能 性 があるため そのバランスに 留 意 しながら 進 める 必 要 が ある 4クロスオーバー アドヴァンスト プログラムの 健 康 環 境 生 命 プログラムや 情 報 コミュニケーション 技 術 (ICT) プログラムでは 一 部 の 科 目 で 実 験 実 習 をともな う 内 容 を 含 むため 適 切 な 授 業 支 援 の 体 制 を 構 築 する 必 要 がある 5 任 期 制 教 員 が 期 間 に 定 めのない 教 員 (いわゆるテニュア 教 員 )となる 場 合 には 昇 任 ではなく 新 規 任 用 と 位 置 づけて 任 用 手 続 きを 行 っているが 今 後 欧 米 の 大 学 では 一 般 的 となっている テニュア トラック 制 度 の 導 入 可 能 性 を 検 討 する 必 要 がある 6 教 育 研 究 活 動 評 価 に 関 して 本 学 では 教 員 評 価 制 度 を 実 施 しているが その 基 準 や 手 続 き 等 については 教 員 から 改 善 の 要 望 が 出 されている 促 進 改 善 の 具 体 的 方 策 教 員 組 織 の 改 善 に 向 けては 上 記 課 題 をふまえ 以 下 について 取 り 組 んでいく 予 定 である 1 国 内 外 から 優 秀 な 教 員 を 計 画 的 に 任 用 するためには 大 学 の 海 外 でのプレゼンスを 高 め

12 るとともに 適 切 な 媒 体 を 活 用 した 広 報 活 動 を 強 化 する 必 要 がある 具 体 的 には 海 外 の 有 名 雑 誌 への 公 募 掲 載 を 行 うとともに 各 種 のホームページや 海 外 大 学 とのネットワー ク 教 員 のネットワーク 等 の 活 用 を 強 化 する 2 本 学 では 春 秋 入 学 の 仕 組 みを 整 えており 授 業 科 目 についても 春 秋 それぞれでバラ ンスよく 配 置 している 教 員 任 用 にあたっても 4 月 任 用 のみに 限 定 せず 国 内 外 からタ イミングよく 教 員 を 確 保 することができるよう 9 月 任 用 も 含 めた 年 2 回 任 用 を 行 う ま た 兼 任 教 員 比 率 が 高 くなりすぎないよう 計 画 的 な 教 員 任 用 を 継 続 する 3 今 後 の 実 験 実 習 等 の 授 業 サポートを 強 化 するため ティーチング アシスタントの 拡 充 を 行 う 4 テニュア トラック 制 度 の 可 能 性 を 含 め 任 期 制 教 員 の 昇 任 の 基 準 手 続 きの 整 備 を 行 う 5 現 在 の 教 員 組 織 整 備 計 画 は 2006 年 度 から 2009 年 度 までを 対 象 として その 間 の 教 員 任 用 を 計 画 に 基 づいて 着 実 に 遂 行 しきるよう 人 事 委 員 会 等 の 専 門 機 関 が 責 任 を 持 って 取 り 組 んでいく 6 現 在 既 存 学 部 等 の 改 革 の 検 討 を 開 始 しており その 議 論 と 基 本 方 向 をふまえた 上 で 新 たな 改 革 に 対 応 し 得 る 教 員 組 織 整 備 計 画 を 2008 年 度 から 2009 年 度 をめどに 策 定 し 新 計 画 に 基 づく 教 員 任 用 を 2010 年 度 から 開 始 する 7 引 き 続 き 教 員 組 織 の 年 齢 構 成 男 女 バランス 外 国 人 教 員 社 会 人 教 員 の 比 率 に 留 意 しながら 適 正 な 教 員 組 織 の 実 現 に 努 める 8 教 員 評 価 制 度 については 教 員 から 出 されている 要 望 をふまえ 検 討 委 員 会 の 審 議 を 経 て 具 体 的 改 善 方 策 を 策 定 する 2008 年 度 からの 実 現 をめざして 取 り 組 む 9 教 員 の 任 用 審 査 にあたっては 書 類 段 階 で 学 歴 詐 称 やいわゆるディグリーミルなど 海 外 において 認 証 を 受 けていない 大 学 機 関 の 学 位 を 記 載 していないかなどについて より 厳 格 なチェックを 行 うよう 努 める 人 事 委 員 会 事 務 局 において 日 頃 からディグリー ミル といわれる 機 関 の 情 報 収 集 に 努 め 審 査 委 員 に 適 切 に 情 報 提 供 を 行 う

平 成 26 年 度 大 学 機 関 別 認 証 評 価 評 価 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 財 団 法 人 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 SBI 大 学 院 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 判 定 評 価 の 結 果 SBI 大 学 院 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 に 適 合 し ていると 認 定 する

More information

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 Ⅸ. 管 理 運 営 財 務 403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 的 に 流 るゝの 恐 れあり 切 に 之 を 戒 慎 す 可 き 事

More information

目 次

目          次 Ⅴ 教 員 組 織 1 医 学 部 (1) 教 員 組 織 円 滑 で 効 率 的 な 教 育 研 究 活 動 ができるように 適 切 に 教 員 を 配 置 する 教 員 は 本 学 における 教 育 研 究 診 療 を 直 接 担 っている 教 員 をいかに 適 切 に 配 置 するか という 課 題 には 重 要 事 項 を 審 議 する 企 画 委 員 会 及 びその 下 部 組 織 である

More information

人材育成基本方針

人材育成基本方針 吹 田 市 人 材 育 成 基 本 方 針 社 会 の 変 革 に 対 応 できる 人 材 づくり 平 成 24 年 (2012 年 ) 公 務 制 度 改 革 -1- -2- 新 たな 人 材 育 成 基 本 方 針 の 策 定 にあたって 今 日 本 社 会 は 大 きな 転 換 期 にあります 市 場 や 情 報 がグローバル 化 し 少 子 化 や 人 口 減 少 は 歯 止 めがかからず

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA> 福 岡 教 育 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 教 職 実 践 専 攻 認 証 評 価 結 果 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 の 評 価 ポイント デマンドサイドである 教 育 委 員 会 と 教 職 大 学 院 とが 現 職 教 員 の 派 遣 養 成 する 実 践 的 指 導 力 の 内 容 カリキュラムの 編 成 等 において 十 分 な 協 議 を 行 っており 協

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) 平 成 6 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 ()

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

Microsoft Word - Ⅱ-4工学部.doc

Microsoft Word - Ⅱ-4工学部.doc 5. 教 員 組 織 達 成 目 標 若 手 教 員 の 充 員 による 教 員 年 齢 構 成 の 適 正 化 学 部 学 科 等 の 理 念 目 的 並 びに 教 育 課 程 の 種 類 性 格 学 生 数 との 関 係 における 当 該 学 部 の 教 員 組 織 の 適 切 性 工 学 部 は6 学 科 2 夜 間 主 コースで 構 成 され 各 学 科 内 の 教 育 研 究 についてはそれぞれ

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した 平 成 23 年 度 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 (1) 教 育 の 内 容 及 び 教 育 の 成 果 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 学 士 課

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135313230315F81758269827582628350839383458362836881408352815B837C838C815B8367834B836F83698393835895FB906A817690A792E882C98AD682B782E982A8926D82E782B95F46696E616C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135313230315F81758269827582628350839383458362836881408352815B837C838C815B8367834B836F83698393835895FB906A817690A792E882C98AD682B782E982A8926D82E782B95F46696E616C2E646F6378> 各 位 会 社 名 代 表 者 名 問 合 せ 先 平 成 27 年 12 月 1 日 株 式 会 社 JVCケンウッド 代 表 取 締 役 会 長 兼 CEO 河 原 春 郎 (コード 番 号 6632 東 証 第 一 部 ) コーポレート コミュニケーション 部 長 西 下 進 一 朗 (TEL 045-444-5232) JVCケンウッド コーポレートガバナンス 方 針 制 定 に 関 するお

More information

第 2 章 ステークホルダーとの 関 係 1. 株 主 の 権 利 平 等 性 の 確 保 すべての 株 主 に 対 し 対 話 と 情 報 開 示 を 通 じて 平 等 性 が 実 質 的 に 確 保 されるよう 努 める とともに 株 主 利 益 に 影 響 を 与 える 可 能 性 のある 事

第 2 章 ステークホルダーとの 関 係 1. 株 主 の 権 利 平 等 性 の 確 保 すべての 株 主 に 対 し 対 話 と 情 報 開 示 を 通 じて 平 等 性 が 実 質 的 に 確 保 されるよう 努 める とともに 株 主 利 益 に 影 響 を 与 える 可 能 性 のある 事 ヤマトホールディングス コーポレートガバナンス ガイドライン 第 1 章 総 則 1. 目 的 ヤマトホールディングス( 以 下 当 社 という)およびヤマトグループにおけるコーポレ ートガバナンス ガイドライン( 以 下 当 ガイドラインという)を 制 定 し 経 営 の 健 全 性 の 確 保 および 迅 速 かつ 適 正 な 意 思 決 定 と 事 業 遂 行 の 実 現 に 向 け 実 効

More information

<5461726F2D95F18D908F9181698DC58F498A6D92E881A888F38DFC82D6816A>

<5461726F2D95F18D908F9181698DC58F498A6D92E881A888F38DFC82D6816A> 参 考 資 料 参 考 資 料 目 次 国 家 公 務 員 採 用 試 験 一 覧 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 の 申 込 者 数 の 推 移 2 国 家 公 務 員 の 採 用 の 状 況 ( 平 成 19 年 度 新 規 採 用 者 ) 3 多 様 で 有 為 な 人 材 の 確 保 に 向 けた 取 組 み 4 国 家 公 務 員 制 度 改 革 基 本 法 ( 抄 ) 5 国 家

More information

参考資料1 英語力向上プラン

参考資料1 英語力向上プラン 平 成 27 年 6 月 5 日 文 部 科 学 省 生 徒 の 英 語 力 向 上 推 進 プラン 1. 背 景 文 部 科 学 省 では 生 徒 の 英 語 力 向 上 を 目 指 して グローバル 化 に 対 応 した 英 語 教 育 改 革 実 施 計 画 ( 平 成 25 年 12 月 公 表 ) により 小 中 高 校 を 通 じた 先 進 的 な 取 組 や 教 員 研 修 などの 支

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8EA98CC8935F8C9F955D89BF81699640906C8E9696B18BC78DC58F498A6D944694C5816A313030322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8EA98CC8935F8C9F955D89BF81699640906C8E9696B18BC78DC58F498A6D944694C5816A313030322E646F63> 学 校 自 己 評 価 報 告 書 ( 平 成 24 年 度 ) 平 成 25 年 7 月 学 校 法 人 電 波 学 園 あいち 情 報 専 門 学 校 学 校 評 価 委 員 会 委 員 長 加 藤 仁 志 ( 校 長 ) 総 括 責 任 者 渡 邉 栄 二 ( 教 務 科 長 ) 目 次 ( 点 検 中 項 目 一 覧 ) 基 準 1 教 育 理 念 目 的 育 成 人 材 像 等 1-1 理

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

第1部 総 説

第1部 総 説 第 9 次 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 計 画 ~ やまなしの 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 ~ 平 成 23 年 10 月 山 梨 県 目 次 第 1 部 総 説 1 計 画 のねらい 1 2 計 画 の 期 間 1 第 2 部 職 業 能 力 開 発 をめぐる 社 会 経 済 の 変 化 1 労 働 力 需 給 構 造 の 変 化 2 2 労 働 力 供 給 面 の 変 化

More information

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ 平 成 25 年 9 月 10 日 人 事 院 総 務 省 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 国 の 政 策 方 針 決 定 過 程 への 女 性 の 参 画 の 拡 大 に 資 するため 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 ) 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 登

More information

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方 夢 まちづくりはひとづくりから 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 改 訂 版 平 成 16 年 12 月 策 定 平 成 25 年 10 月 改 訂 平 塚 市 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚

More information

前回の改正労働基準法案の制定経緯

前回の改正労働基準法案の制定経緯 参 考 資 料 3 規 制 改 革 会 議 雇 用 ワーキング グ ループ 提 出 資 料 ( 平 成 26 年 4 月 25 日 ) 多 様 な 正 社 員 (ジョブ 型 正 社 員 )について 3. 多 様 な 正 社 員 の 普 及 拡 大 平 成 26 年 4 月 22 日 ( 火 ) 第 4 回 経 済 財 政 諮 問 会 議 産 業 競 争 力 会 議 合 同 会 議 田 村 厚 生 労

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4> 日 本 年 金 機 構 の 設 立 について 2009 年 8 月 ( 注 ) 本 資 料 の 内 容 は 現 時 点 における 検 討 状 況 を 踏 まえ 整 理 したものであり 細 部 については 今 後 変 更 があり 得 ます Ⅰ 基 礎 資 料 1. 日 本 年 金 機 構 について 名 称 日 本 年 金 機 構 (にっぽん ねんきん きこう) Japan Pension Service

More information

課題整理と要望(修正版) (3)

課題整理と要望(修正版) (3) 社 保 審 - 介 護 給 付 費 分 科 会 第 108 回 (H26.9.10) ヒアリング 資 料 6 第 108 回 社 会 保 障 審 議 会 介 護 給 付 費 分 科 会 事 業 者 団 体 ヒアリング 資 料 一 般 社 団 法 人 全 国 軽 費 老 人 ホーム 協 議 会 理 事 長 川 西 基 雄 課 題 整 理 と 要 望 平 成 25 年 度 養 護 老 人 ホーム 軽 費

More information

<81798E9197BF8250817A2E786C73>

<81798E9197BF8250817A2E786C73> 生 活 者 としての 外 国 人 に 関 する 総 合 的 対 応 策 の 実 施 状 況 について 総 合 的 対 応 策 における 対 策 実 施 状 況 1. 外 国 人 が 暮 らしやすい 地 域 社 会 づくり (1) 日 本 語 教 育 の 充 実 地 域 の 日 本 語 教 育 の 充 実 を 図 るため 平 成 18 年 度 より 人 材 育 本 年 度 中 に 成 果 をホームページ

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

<30315F3030348D738E9695CA93FA92F628323031328A778A4F97702981693132303131348A9993638F4390B3816A2E786C73>

<30315F3030348D738E9695CA93FA92F628323031328A778A4F97702981693132303131348A9993638F4390B3816A2E786C73> 1 工 学 院 大 学 学 則 第 1 章 目 的 第 1 条 本 学 は 教 育 基 本 法 および 学 校 教 育 法 に 則 り 大 学 として 広 く 知 識 を 授 け 人 格 の 完 成 をはかるとともに 工 学 に 関 する 高 等 の 理 論 とその 応 用 を 教 授 ならびに 研 究 し 人 類 の 福 祉 に 貢 献 し 得 る 人 材 を 育 成 することを 目 的 とする

More information

目 次 はじめに 1 第 1 これまでの 行 政 改 革 における 課 題 1 第 5 次 行 政 改 革 大 綱 の 取 組 成 果 と 課 題 2 第 2 行 政 改 革 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 6 次 行 政 改 革 大 綱 の 理 念 6 2 改 革 の 基 本 方 針 6

目 次 はじめに 1 第 1 これまでの 行 政 改 革 における 課 題 1 第 5 次 行 政 改 革 大 綱 の 取 組 成 果 と 課 題 2 第 2 行 政 改 革 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 6 次 行 政 改 革 大 綱 の 理 念 6 2 改 革 の 基 本 方 針 6 第 6 次 伊 万 市 政 改 綱 ( 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 ) 平 成 28 年 4 月 伊 万 里 市 目 次 はじめに 1 第 1 これまでの 行 政 改 革 における 課 題 1 第 5 次 行 政 改 革 大 綱 の 取 組 成 果 と 課 題 2 第 2 行 政 改 革 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 6 次 行 政 改 革 大 綱 の 理 念 6 2

More information

Microsoft Word - 1-①.運用の手引き.doc

Microsoft Word - 1-①.運用の手引き.doc 京 都 市 民 間 保 育 園 職 員 給 与 等 運 用 事 業 実 施 要 綱 ( 昭 和 47 年 4 月 1 日 実 施 ) 改 正 昭 和 58 年 3 月 16 日, 昭 和 60 年 3 月 15 日, 昭 和 61 年 3 月 13 日, 昭 和 63 年 5 月 11 日, 平 成 2 年 5 月 24 日, 平 成 3 年 5 月 24 日, 平 成 4 年 5 月 21 日,

More information

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的 会 津 若 松 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 5 月 会 津 若 松 市 目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要 一 般 社 団 法 人 東 京 都 スポーツ 推 進 委 員 協 議 会 定 款 規 程 集 平 成 28 年 4 月 目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 10 4. 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 12 5. 表 彰 規 程 13 6. 表 彰 要 項 14 7. 事 業 実 施 に 関 する 細 則 15

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

Microsoft Word - wako.doc

Microsoft Word - wako.doc 和 歌 山 工 業 高 等 学 校 施 設 整 備 の 基 本 方 針 平 成 18 年 6 月 和 歌 山 県 教 育 委 員 会 目 次 はじめに 第 1 章 施 設 整 備 の 基 本 理 念 キーワード ものづくり を 中 心 とした 技 術 教 育 と 地 域 産 業 に 貢 献 できる 人 づくり 第 2 章 施 設 設 備 の 基 本 的 な 考 え 方 1 安 全 安 心 な 学 校

More information

橿原市特定事業主行動計画

橿原市特定事業主行動計画 橿 原 市 女 性 職 員 活 躍 推 進 アクションプラン 橿 原 市 (はじめに) 現 在 少 子 超 高 齢 化 や 地 方 分 権 の 進 展 に 伴 い 市 民 に 身 近 なサービスを 提 供 する 地 方 公 共 団 体 の 役 割 は ますます 重 要 となっています 橿 原 市 においても 限 られた 経 営 資 源 のもとで 組 織 力 のさらなる 向 上 を 図 り 持 続 可

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1 墨 田 区 女 性 の 活 躍 推 進 のための 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 ) 平 成 28 年 4 月 墨 田 区 目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 計 画 書 福 岡 県 教 育 委 員 会 目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経

More information

資 料 5 地 方 公 務 員 法 等 一 部 を 改 正 する 法 律 に 関 する 説 明 会 (H26.6.9) 地 方 公 共 団 体 における 人 事 評 価 制 度 導 入 等 について 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 < 目 次 > 人 事 評 価 ねらい 人 事 評 価 制 度 構 築 1 勤 務 評 定 と 人 事 評 価 比 較 人

More information

第5章 役員

第5章 役員 諸 規 則 < 2015 年 改 正 > 全 日 本 学 生 体 操 連 盟 規 約 支 部 規 程 加 盟 規 程 役 員 経 費 規 程 学 生 役 員 派 遣 規 程 表 彰 規 程 慶 弔 見 舞 規 程 個 人 情 報 保 護 方 針 全 日 本 学 生 体 操 連 盟 役 員 総 会 [ 最 高 議 決 機 関 ] 常 任 幹 事 会 常 任 幹 事 理 事 会 理 事 常 任 理 事

More information

目 次 1. 実 証 事 業 の 背 景 と 目 的 背 景 目 的 実 証 事 業 の 内 容 実 施 業 務 検 証 対 象 及 び 項 目 実 施 主 体 実

目 次 1. 実 証 事 業 の 背 景 と 目 的 背 景 目 的 実 証 事 業 の 内 容 実 施 業 務 検 証 対 象 及 び 項 目 実 施 主 体 実 平 成 27 年 度 新 たなワークスタイルの 実 現 に 資 するテレワークモデルの 実 証 事 業 応 募 要 領 平 成 27 年 9 月 株 式 会 社 エヌ ティ ティ データ 経 営 研 究 所 目 次 1. 実 証 事 業 の 背 景 と 目 的... 1 1.1. 背 景... 1 1.2. 目 的... 1 2. 実 証 事 業 の 内 容... 2 2.1. 実 施 業 務...

More information

自己評価書作成に当たっての留意点について

自己評価書作成に当たっての留意点について 10 自 己 評 価 書 作 成 に 当 たっての 留 意 点 について 平 成 28 年 5 月 大 学 改 革 支 援 学 位 授 与 機 構 自 己 評 価 担 当 者 研 修 会 1 一 般 的 留 意 事 項 ( 認 証 / 選 択 評 価 共 通 ) ( 資 料 1) 大 学 機 関 別 認 証 評 価 : 自 己 評 価 実 施 要 項 ( 資 料 2) 大 学 機 関 別 選 択 評

More information

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案 平 成 24 年 度 事 業 計 画 1. 租 研 をめぐる 環 境 わが 国 は 内 外 の 経 済 社 会 構 造 の 激 しい 変 化 の 中 で 短 期 中 長 期 共 に 多 くの 問 題 に 直 面 し ている 昨 年 発 生 した 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 については 政 府 による 復 興 対 策 や 税 制 特 例 措 置 等 により 今 後 の 日 本 経

More information

目 次 グローバル 人 材 の 育 成 について 2 頁 奨 学 金 の 返 還 制 度 について 8 頁 参 考 データ 17 頁

目 次 グローバル 人 材 の 育 成 について 2 頁 奨 学 金 の 返 還 制 度 について 8 頁 参 考 データ 17 頁 資 料 3-2 財 政 制 度 等 審 議 会 財 政 投 融 資 分 科 会 参 考 資 料 平 成 26 年 10 月 17 日 文 部 科 学 省 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 目 次 グローバル 人 材 の 育 成 について 2 頁 奨 学 金 の 返 還 制 度 について 8 頁 参 考 データ 17 頁 グローバル 人 材 の 育 成 について 海 外 留 学

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

調 査 研 究 の 目 的 1 全 国 の 介 護 事 業 所 において 実 施 されている 職 員 の 採 用 定 着 管 理 に 関 する 現 状 と 課 題 の 把 握 2 各 事 業 所 において 行 われている 先 進 的 特 徴 的 な 取 組 事 例 の 収 集 調 査 の 概 要 ヒ

調 査 研 究 の 目 的 1 全 国 の 介 護 事 業 所 において 実 施 されている 職 員 の 採 用 定 着 管 理 に 関 する 現 状 と 課 題 の 把 握 2 各 事 業 所 において 行 われている 先 進 的 特 徴 的 な 取 組 事 例 の 収 集 調 査 の 概 要 ヒ 資 料 提 供 平 成 26 年 9 月 29 日 ( 公 財 ) 介 護 労 働 安 定 センター 業 務 部 雇 用 管 理 課 あまがい 雨 谷 横 田 佐 藤 TEL:03-5901-3041( 代 表 ) 050-3535-9460 9463 9426( 直 通 ) 平 成 25 年 度 介 護 労 働 実 態 調 査 結 果 ( 特 別 調 査 )について ~ 新 たな 知 見 人 材

More information

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版)

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版) 福 島 県 警 察 職 員 男 女 共 同 参 画 推 進 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 4 月 改 定 ) 福 島 県 警 察 目 次 第 1 総 論 1 計 画 改 定 の 趣 旨 2 計 画 期 間 第 2 具 体 的 取 組 Ⅰ 意 識 改 革 幹 部 を 始 めとした 全 職 員 の 意 識 改 革 の 徹 底 Ⅱ 女 性 警 察 官 の 採 用 拡 大 1 女 性 警 察 官 の

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 10 月 11 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 21 年 4 月 1 日 平 成 22 年 8 月 1 日 平 成 23 年 7 月 20 日 平 成 25 年 3 月 22 日 平 成 26 年 3 月 25 日 平 成 26

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

仕 様 書. 委 託 業 務 題 目 博 士 人 材 データベースの 利 用 者 に 対 する 支 援 及 びシステムの 運 用 データ 管 理 に 基 づくシステム 評 価 に 係 る 業 務. 委 託 業 務 の 目 的 文 部 科 学 省 科 学 技 術 学 術 政 策 研 究 所 ( 以 下

仕 様 書. 委 託 業 務 題 目 博 士 人 材 データベースの 利 用 者 に 対 する 支 援 及 びシステムの 運 用 データ 管 理 に 基 づくシステム 評 価 に 係 る 業 務. 委 託 業 務 の 目 的 文 部 科 学 省 科 学 技 術 学 術 政 策 研 究 所 ( 以 下 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 入 札 公 告. 競 争 入 札 に 付 する 事 項 () 委 託 業 務 題 目 博 士 人 材 データベースの 利 用 者 に 対 する 支 援 及 びシステムの 運 用 データ 管 理 に 基 づ くシステム 評 価 に 係 る 業 務 () 委 託 業 務 の 目 的 等 入 札 説 明 書 による (3) 委 託 業 務 実 施 期

More information

目 次 第 1 章 人 材 育 成 計 画 の 概 要... 2 1 計 画 の 目 的 方 向 性... 2 2 計 画 の 期 間... 2 3 計 画 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 施 策 体 系 と 取 組 事 項... 4 1 職 場 力 の 強 化... 5 (1) 職 場

目 次 第 1 章 人 材 育 成 計 画 の 概 要... 2 1 計 画 の 目 的 方 向 性... 2 2 計 画 の 期 間... 2 3 計 画 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 施 策 体 系 と 取 組 事 項... 4 1 職 場 力 の 強 化... 5 (1) 職 場 立 川 市 第 3 次 職 員 人 材 育 成 計 画 平 成 27(2015) 年 5 月 立 川 市 目 次 第 1 章 人 材 育 成 計 画 の 概 要... 2 1 計 画 の 目 的 方 向 性... 2 2 計 画 の 期 間... 2 3 計 画 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 施 策 体 系 と 取 組 事 項... 4 1 職 場 力 の 強 化... 5 (1) 職

More information

早 期 に 発 送 するとともに 株 主 総 会 招 集 通 知 発 送 前 に 電 子 的 方 法 により 開 示 3 株 主 総 会 の 開 催 日 をいわゆる 集 中 日 を 避 けて 設 定 4 機 関 投 資 家 や 外 国 人 株 主 の 権 利 行 使 を 容 易 にするため 電 子

早 期 に 発 送 するとともに 株 主 総 会 招 集 通 知 発 送 前 に 電 子 的 方 法 により 開 示 3 株 主 総 会 の 開 催 日 をいわゆる 集 中 日 を 避 けて 設 定 4 機 関 投 資 家 や 外 国 人 株 主 の 権 利 行 使 を 容 易 にするため 電 子 NTTドコモ コーポレート ガバナンス 基 本 方 針 平 成 27 年 10 月 30 日 制 定 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 当 社 は 株 主 やお 客 さまをはじめとするステークホルダーから 高 い 信 頼 と 評 価 を 得 られるよう 当 社 グループの 持 続 的 な 成 長 と 中 長 期 的 な 企 業 価 値 の 向 上 を 目 的 として 本 基 本 方 針

More information

Microsoft Word - 20151001_プレス別紙1.doc

Microsoft Word - 20151001_プレス別紙1.doc SMFGコーポレートガバナンス ガイドライン 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 SMFGコーポレートガバナンス ガイドライン( 以 下 本 ガイドライン という )は 株 式 会 社 三 井 住 友 フィナンシャルグループ( 以 下 当 社 と いう )が 実 効 的 なコーポレートガバナンスの 実 現 を 通 じて 不 祥 事 や 企 業 としての 不 健 全 な 事 態 の 発 生

More information

別添2(表紙・目次)

別添2(表紙・目次) 別 添 2 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 等 目 次 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 35 全 体 概 要 36 企 業 事 例 一 覧 38 賃 金 制 度 の 見 直 しに 当 たって 従 業 員 の 納 得 性 を 高 めるための 取 組 事 例 57 中

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

( 締 切 支 払 ) 第 4 条 給 与 は 基 準 内 給 与 は 当 月 の 初 日 から 末 日 の 分 を 基 準 外 給 与 は 前 月 末 日 まで の 分 を 当 月 25 日 に 支 払 う 但 し 支 払 日 が 休 日 もしくは 金 融 機 関 等 が 休 業 の 場 合 は

( 締 切 支 払 ) 第 4 条 給 与 は 基 準 内 給 与 は 当 月 の 初 日 から 末 日 の 分 を 基 準 外 給 与 は 前 月 末 日 まで の 分 を 当 月 25 日 に 支 払 う 但 し 支 払 日 が 休 日 もしくは 金 融 機 関 等 が 休 業 の 場 合 は 社 会 福 祉 法 人 真 宗 協 会 G(グローバル) 職 員 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 社 会 福 祉 法 人 真 宗 協 会 就 業 規 則 第 5 条 第 1 項 により 社 会 福 祉 法 人 真 宗 協 会 に 勤 務 するG 職 員 ( 以 降 職 員 と 言 う)に 対 する 給 与 及 び 賞 与 等 に 関 す る 事 項

More information

Microsoft Word - 1地域経営.doc

Microsoft Word - 1地域経営.doc (1) 協 働 のまちづくりの 推 進 (2) 広 報 広 聴 活 動 の 充 実 (1) 行 政 サービスの 向 上 (2) 健 全 な 行 財 政 経 営 の 推 進 (1) 協 働 のまちづくりの 推 進 1 協 働 への 意 識 改 革 市 民 の 要 望 に 行 政 が 応 えるこれまでのまちづくり は 行 政 の 肥 大 化 を 招 き 多 様 化 複 雑 化 した 市 民 ニ ーズに

More information

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 しらとり 保 育 所 目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 向 けた 取 組 -----------------------------------------

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

・職員研修等において,法令遵守に関する講義を実施する。

・職員研修等において,法令遵守に関する講義を実施する。 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 平 成 25 年 度 の 業 務 運 営 に 関 する 計 画 ( 年 度 計 画 ) 平 成 25 年 3 月 29 日, 届 出 平 成 25 年 度 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目

More information

おり 基 礎 的 能 力 を 育 みさらに 高 度 な 看 護 専 門 職 の 育 成 を 図 ることを 目 指 している これらの 目 的 は 学 則 に 定 められており 学 生 便 覧 シラバス 大 学 院 学 生 便 覧 シ ラバス 教 職 員 ハンドブック に 示 され 学 生 には 毎

おり 基 礎 的 能 力 を 育 みさらに 高 度 な 看 護 専 門 職 の 育 成 を 図 ることを 目 指 している これらの 目 的 は 学 則 に 定 められており 学 生 便 覧 シラバス 大 学 院 学 生 便 覧 シ ラバス 教 職 員 ハンドブック に 示 され 学 生 には 毎 日 本 赤 十 字 九 州 国 際 看 護 大 学 に 対 する 大 学 評 価 ( 認 証 評 価 ) 結 果 Ⅰ 評 価 結 果 評 価 の 結 果 貴 大 学 は 本 協 会 の 大 学 基 準 に 適 合 していると 認 定 する 認 定 の 期 間 は2023( 平 成 35) 年 3 月 31 日 までとする Ⅱ 総 評 貴 大 学 は 学 校 法 人 日 本 赤 十 字 学 園 のうち

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです SAYLOR ADVERTISING INC. 最 終 更 新 日 :2015 年 6 月 30 日 セーラー 広 告 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 村 上 義 憲 問 合 せ 先 : 執 行 役 員 総 務 本 部 長 青 木 均 証 券 コード:2156

More information

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授 さいたま 市 教 育 委 員 会 教 育 長 桐 淵 博 様 2013 年 6 月 6 日 さいたま 市 教 職 員 組 合 執 行 委 員 長 山 本 仁 さいたま 市 の 教 育 施 策 学 校 運 営 並 びに 教 育 条 件 整 備 等 についての 要 求 書 さいたま 市 の 教 育 条 件 の 整 備 等 に 対 する 貴 職 のご 尽 力 に 対 し 敬 意 を 表 します 昨 年 度

More information

4 平 成 26 年 度 末 の 県 債 残 高 を 減 少 に 転 換 ( 別 表 番 号 19) 平 成 26 年 4 月 の 県 債 発 行 において 5 年 以 下 の 金 利 が 低 水 準 となっていたこと から 5 年 債 を 発 行 し 公 債 費 の 抑 制 を 図 りました 5

4 平 成 26 年 度 末 の 県 債 残 高 を 減 少 に 転 換 ( 別 表 番 号 19) 平 成 26 年 4 月 の 県 債 発 行 において 5 年 以 下 の 金 利 が 低 水 準 となっていたこと から 5 年 債 を 発 行 し 公 債 費 の 抑 制 を 図 りました 5 資 料 1-1 平 成 26 年 度 三 重 県 行 財 政 改 革 取 組 上 半 期 の について 平 成 26 年 9 月 2 日 三 重 県 行 財 政 改 革 推 進 本 部 資 料 自 立 した 地 域 経 営 を 実 現 し みえ 県 民 力 ビジョン の 着 実 な 推 進 につなげていくため 三 重 県 行 財 政 改 革 取 組 に 掲 げる 52 の 具 体 的 取 組 について

More information

< 公 益 目 的 事 業 > 1 地 方 税 財 政 制 度 に 関 する 調 査 (1) 調 査 研 究 専 門 研 究 員 等 が 地 方 税 財 政 制 度 及 び 税 務 行 政 の 運 営 に 関 して 調 査 研 究 を 行 うもの で その 内 容 を 適 宜 機 関 誌 東 京 税

< 公 益 目 的 事 業 > 1 地 方 税 財 政 制 度 に 関 する 調 査 (1) 調 査 研 究 専 門 研 究 員 等 が 地 方 税 財 政 制 度 及 び 税 務 行 政 の 運 営 に 関 して 調 査 研 究 を 行 うもの で その 内 容 を 適 宜 機 関 誌 東 京 税 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 我 が 国 の 経 済 状 況 は 円 高 の 是 正 や 株 価 の 回 復 等 により 企 業 収 益 の 改 善 が 進 むと 共 に 2020 年 オリンピック パラリンピックの 東 京 開 催 決 定 による 経 済 効 果 への 期 待 なども あり 明 るい 兆 しが 見 え 始 めている 一 方 で 欧 州 債 務 危 機 の 再 燃 や 新

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

目次

目次 巻 末 資 料 *アンケート 調 査 票 中 堅 中 小 企 業 の 人 財 の 確 保 育 成 に 関 するアンケート No. 会 社 概 要 について *2011 年 7 月 現 在 のデータでお 答 えください 業 種 a. 建 設 業 b. 製 造 業 c. 卸 小 売 業 d. 飲 食 業 e. サービス 業 f. 運 輸 通 信 業 g. その 他 ( ) 社 員 数 ( 含 むパート

More information

Microsoft PowerPoint - 差し換え用

Microsoft PowerPoint - 差し換え用 資 料 2 平 成 2 5 年 6 月 2 4 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 日 本 年 金 機 構 平 成 24 年 度 の 国 民 年 金 保 険 料 の 納 付 状 況 と 今 後 の 取 組 等 について 目 次 1. 平 成 24 年 度 の 納 付 状 況 等 について (1) 公 的 年 金 制 度 全 体 の 状 況 1 (2) 国 民 年 金 保 険 料 の 納 付 状 況

More information

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518253944E93788E968BC68C7689E62E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518253944E93788E968BC68C7689E62E646F63> 平 成 24 年 度 事 業 計 画 社 団 法 人 全 国 競 輪 施 行 者 協 議 会 方 針 我 が 国 の 経 済 は 東 日 本 大 震 災 や 世 界 的 金 融 危 機 などの 影 響 を 受 け 未 だに 景 気 回 復 が 見 えない 状 況 が 続 いている 競 輪 業 界 においても 競 輪 の 認 知 度 向 上 新 た な 市 場 創 設 に 向 けた 企 画 立 案 等

More information

財団法人宝塚市スポーツ教育振興公社

財団法人宝塚市スポーツ教育振興公社 写 監 査 結 果 報 告 書 宝 監 第 80 号 平 成 27 年 12 月 24 日 (2015 年 ) 宝 塚 市 長 中 川 智 子 様 宝 塚 市 監 査 委 員 徳 田 逸 男 同 井 上 芳 治 同 冨 川 晃 太 郎 定 期 監 査 ( 教 育 委 員 会 事 務 局 管 理 部 学 校 教 育 部 社 会 教 育 部 )の 結 果 について( 報 告 ) 地 方 自 治 法 第

More information

◎最終 HPアップ版 ☆高校等の授業料無償化の拡大.ppt[読み取り専用] [互換モード]

◎最終 HPアップ版 ☆高校等の授業料無償化の拡大.ppt[読み取り専用] [互換モード] 高 校 等 の 授 業 料 無 償 化 の 拡 大 詳 細 資 料 - 生 徒 が 自 らの 希 望 や 能 力 によって 自 由 に 学 校 選 択 できる 機 会 を 提 供 - 平 成 23 年 3 月 大 阪 府 本 資 料 は 今 回 の 具 体 的 な 制 度 設 計 今 後 の 制 度 の 点 検 さらには 将 来 に 制 度 の 見 直 しが 生 じる 場 合 などを 想 定 して

More information

具 体 的 内 容 佐 賀 県 のコンピンテンシー 評 価 は まずコンピテンシーモデルに 記 載 された 具 体 的 な 行 動 例 に 照 らし 合 わせて 自 分 がそのような 行 動 をとっているかどうかをチェックして 自 己 評 価 を 行 う その 後 自 己 評 価 を 提 出 し 上

具 体 的 内 容 佐 賀 県 のコンピンテンシー 評 価 は まずコンピテンシーモデルに 記 載 された 具 体 的 な 行 動 例 に 照 らし 合 わせて 自 分 がそのような 行 動 をとっているかどうかをチェックして 自 己 評 価 を 行 う その 後 自 己 評 価 を 提 出 し 上 職 員 能 力 開 発 モデルによる 取 組 佐 賀 県 人 口 :864,738 人 面 積 :2,439.58km2 担 当 部 署 : 職 員 課 概 要 求 められる 人 物 像 を コンピテンシーモデル として 公 開 し これを 評 価 に 活 用 して 職 員 の 能 力 開 発 を 促 進 するとともに コンピテンシーモデル を 軸 に 採 用 から 退 職 までの 総 合 的 な

More information

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条 学 生 生 徒 等 の 納 入 金 に 関 する 規 則 平 成 15 年 12 月 16 日 規 則 第 19 号 沿 革 1 平 成 17 年 5 月 17 日 改 正 2 平 成 17 年 10 月 3 日 改 正 3 平 成 18 年 1 月 25 日 改 正 5 平 成 21 年 9 月 16 日 改 正 7 平 成 22 年 2 月 12 日 改 正 9 平 成 23 年 12 月 6

More information

英 語 教 育 の 授 業 を 担 当 するほか 担 任 校 務 分 掌 等 を 担 うことがあります また 同 教 育 の 指 導 方 法 教 材 の 開 発 カリキュラムの 改 善 及 び 他 の 英 語 教 諭 の 能 力 を 高 め 同 教 育 を 担 う 人 材 の 育 成 にあたります

英 語 教 育 の 授 業 を 担 当 するほか 担 任 校 務 分 掌 等 を 担 うことがあります また 同 教 育 の 指 導 方 法 教 材 の 開 発 カリキュラムの 改 善 及 び 他 の 英 語 教 諭 の 能 力 を 高 め 同 教 育 を 担 う 人 材 の 育 成 にあたります 平 成 28 年 度 Super English Teacher(SET) 採 用 選 考 募 集 要 項 選 考 の 目 的 大 阪 府 教 育 委 員 会 では 高 校 における 英 語 学 習 について 生 徒 が 英 語 圏 の 大 学 に 就 学 で きる 程 度 にまで 英 語 4 技 能 を 引 き 上 げることを 目 標 として TOEFL ibt 等 を 活 用 した 英 語 教

More information

【報告】組合要求書回答(総務部).xls

【報告】組合要求書回答(総務部).xls 1 全 職 場 で 共 通 する 要 求 について (1) 15 人 勧 での 地 域 手 当 偏 重 では 私 たちの 生 活 は 実 質 的 に 賃 下 げです 政 府 に 地 域 手 当 廃 止 を 求 め るとともに 生 計 費 ( 地 公 法 第 24 条 第 3 項 ( 均 衡 の 原 則 ))に 考 慮 し 給 与 の 改 善 に 努 めるこ (2) 県 に 準 拠 し 新 幹 線 利

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書 平 成 26 年 度 文 部 科 学 省 委 託 調 査 研 究 者 等 の 業 績 に 関 する 評 価 に 関 する 調 査 分 析 報 告 書 平 成 27 年 3 月 本 報 告 書 は 文 部 科 学 省 の 平 成 26 年 度 研 究 開 発 評 価 推 進 調 査 委 託 事 業 による 委 託 業 務 として 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 が 実 施 した 平 成 26

More information

目 次 外 国 人 研 究 者 受 入 手 続 早 見 表 短 期 滞 在 (90 日 未 満 )の 場 合... 1 長 期 滞 在 (90 日 以 上 )の 場 合... 2 Step1 : 外 国 人 研 究 者 の 受 入 1. 島 根 大 学 外 国 人 研 究 者 とは... 3 2.

目 次 外 国 人 研 究 者 受 入 手 続 早 見 表 短 期 滞 在 (90 日 未 満 )の 場 合... 1 長 期 滞 在 (90 日 以 上 )の 場 合... 2 Step1 : 外 国 人 研 究 者 の 受 入 1. 島 根 大 学 外 国 人 研 究 者 とは... 3 2. 島 根 大 学 外 国 人 研 究 者 受 入 研 究 者 向 け 受 入 各 種 手 続 ガイド SHIMANE UNIVERSITY 島 根 大 学 学 術 国 際 部 国 際 交 流 課 2012 年 度 連 絡 先 : TEL: 0852-32-9735 ( 内 線 2072) FAX: 0852-32-6481 ( 内 線 2075) Email: ied-koryu@office.shimane-u.ac.jp

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

文部科学省女性職員の活躍推進プログラム

文部科学省女性職員の活躍推進プログラム 文 部 科 学 省 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 プログラム ~ 男 女 共 に 仕 事 と 家 庭 の 両 立 が 図 られる 職 場 環 境 の 実 現 に 向 けて~ 平 成 26 年 4 月 文 部 科 学 省 大 臣 官 房 人 事 課 ( 平 成 26 年 4 月 14 日 局 長 等 会 議 で 了 承 ) 女 性 の 活 躍 推 進 に 関 する 政 府 の 動 き 政 府 は

More information

特定事業主行動計画(案)

特定事業主行動計画(案) 職 員 も 職 員 も ともに いきいきと 活 躍 できる 県 庁 を 目 指 して 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 方 針 ( の 職 業 生 活 における 活 躍 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ) 平 成 28 年 3 月 滋 賀 県 知 事 滋 賀 県 議 会 議 長 滋 賀 県 代 表 監 査 委 員 滋 賀 県 人 事 委

More information

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成 財 務 基 盤 の 強 化 Ⅳ 経 営 基 盤 の 強 化 13 長 期 的 安 定 経 営 の 実 現 に 向 けた 財 務 基 盤 の 強 化 賃 貸 事 業 の 収 益 性 確 保 財 務 管 理 の 強 化 及 び 借 入 金 残 高 の 圧 縮 により 経 営 環 境 の 変 化 にも 耐 えうる 強 固 な 財 務 基 盤 を 構 築 する 金 融 市 場 動 向 等 の 把 握 やIR(

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

12 理化学研究所

12 理化学研究所 国 立 研 究 開 発 法 人 理 化 学 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 理 化 学 研 究 所 は 長 い 歴 史 を 有 し これまで 世 界 の 第 一 線 にて 研 究 をリー ドしてきたところである

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

Microsoft Word - 鑑> 行政不服審査制度の見直しに係るヒアリン

Microsoft Word - 鑑> 行政不服審査制度の見直しに係るヒアリン 総 務 省 行 政 管 理 局 行 政 手 続 室 御 中 平 成 25 年 3 月 22 日 行 政 不 服 審 査 制 度 の 見 直 しに 係 るヒアリング 行 政 救 済 制 度 の 改 革 について( 資 料 ) 日 本 司 法 書 士 会 連 合 会 第 1 第 2 第 3 第 4 司 法 書 士 の 活 動 領 域 について 現 在 の 司 法 書 士 制 度 の 概 要 行 政 救

More information

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 い 関 する 行 動 規 範 平 成 27 月 6 月 1 日 制 定 国 立 病 院 機 構 における 研 究 活 動 とり 分 け 公 的 研 究 費 等 ( 注 )は 国 民 の 信 頼 と 負 託 によって 支 えられているものであり その 不 正 使 用 はこれを 大 きく 損

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 に 関 する 調 査 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 プロジェクトチーム ( 調 査 監 修 ) 大 阪 産 業 経 済 リサーチセンター 目 次 2 調 査 結 果 ( 要 旨 ) 3 1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 15 1-1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 16 1-2 女 性 就 業 における M 字 カーブ

More information

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73>

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73> 公 的 資 金 補 償 金 免 除 繰 上 償 還 に 係 る 財 政 健 全 化 画 別 添 Ⅰ 基 本 的 事 項 団 体 の 概 要 団 体 名 桑 名 市 国 調 人 口 (H7.0. 現 在 ) 38,963 職 員 数 (H22.. 現 在 ),093 構 成 団 体 名 財 政 再 生 基 準 以 上 早 期 健 全 化 基 準 以 上 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 画 期

More information

経 営 戦 略 プ ラ ン

経 営 戦 略 プ ラ ン 経 営 戦 略 プ ラ ン ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) 平 成 26 年 3 月 職 業 訓 練 法 人 青 森 情 報 処 理 開 発 財 団 目 次 第 1 はじめに... P 1 1 経 営 戦 略 プラン 策 定 の 趣 旨... P 1 2 計 画 期 間... P 1 第 2 経 営 理 念 等... P 2 1 法 人 の 設 立 目 的 とこれまでの 取

More information

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです CANOX CORP. 最 終 更 新 日 :2015 年 10 月 28 日 株 式 会 社 カノークス 取 締 役 社 長 木 下 幹 夫 問 合 せ 先 :052-564-3525 証 券 コード:8076 http://www.canox.co.jp Ⅰコーポレート

More information

が 改 善 への 取 り 組 みに 全 力 を 尽 くし 発 展 されることを 期 待 したい なお 経 営 学 研 究 科 経 営 管 理 専 攻 は 2009( 平 成 21) 年 度 に 本 協 会 の 専 門 職 大 学 院 認 証 評 価 を 受 けており それ 以 降 の 改 善 状 況

が 改 善 への 取 り 組 みに 全 力 を 尽 くし 発 展 されることを 期 待 したい なお 経 営 学 研 究 科 経 営 管 理 専 攻 は 2009( 平 成 21) 年 度 に 本 協 会 の 専 門 職 大 学 院 認 証 評 価 を 受 けており それ 以 降 の 改 善 状 況 ビジネス ブレークスルー 大 学 に 対 する 大 学 評 価 ( 認 証 評 価 ) 結 果 Ⅰ 評 価 結 果 評 価 の 結 果 貴 大 学 は 本 協 会 の 大 学 基 準 に 適 合 していると 認 定 する ただし 貴 大 学 は 理 念 目 的 教 員 教 員 組 織 管 理 運 営 財 務 および 内 部 質 保 証 に 関 して 問 題 が 認 められるため 認 定 の 期 間

More information

2 教 育 研 究 組 織 貴 大 学 は 自 然 生 命 人 間 という 建 学 の 精 神 に 基 づいて 4つの 学 部 3つ の 研 究 科 を 擁 し 高 等 教 育 機 関 にふさわしい 教 育 研 究 組 織 を 有 している また 競 争 的 研 究 資 金 の 獲 得 や 外 部

2 教 育 研 究 組 織 貴 大 学 は 自 然 生 命 人 間 という 建 学 の 精 神 に 基 づいて 4つの 学 部 3つ の 研 究 科 を 擁 し 高 等 教 育 機 関 にふさわしい 教 育 研 究 組 織 を 有 している また 競 争 的 研 究 資 金 の 獲 得 や 外 部 東 邦 大 学 に 対 する 大 学 評 価 ( 認 証 評 価 ) 結 果 Ⅰ 評 価 結 果 評 価 の 結 果 貴 大 学 は 本 協 会 の 大 学 基 準 に 適 合 していると 認 定 する 認 定 の 期 間 は2020( 平 成 32) 年 3 月 31 日 までとする Ⅱ 総 評 貴 大 学 は 日 本 の 女 子 医 学 教 育 の 実 現 を 目 的 として 1925( 大 正

More information

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 機 関 別 評 価 結 果 ( 再 評 価 ) 平 成 28 年 3 月 10 日 一 般 財 団 法 人 短 期 大 学 基 準 協 会 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝

More information