公営地下鉄の建設資金と収益状況

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "公営地下鉄の建設資金と収益状況"

Transcription

1 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古 屋 市 京 都 市 大 阪 市 神 戸 市 福 岡 市 の 9 つの 地 方 公 共 団 体 が 地 下 鉄 事 業 を 行 っているが 経 営 のあり 方 に 関 する 議 論 や 経 営 改 善 の 取 組 み 等 が 行 われている 公 営 地 下 鉄 の 建 設 改 良 費 は 1970 年 代 後 半 まで 増 加 基 調 で その 後 増 減 を 繰 り 返 しつつ 1996 年 度 に 3,798 億 円 と 最 大 となった 2001 年 度 以 降 は 減 少 基 調 となり 2010 年 度 は 1,599 億 円 とな っている 地 下 鉄 は 建 設 費 が 巨 額 であるが 大 都 市 における 基 本 的 な 社 会 資 本 と 位 置 付 けられており 補 助 金 が 投 入 されてきた 補 助 金 以 外 の 建 設 資 金 は 借 入 れ 企 業 債 当 該 地 方 公 共 団 体 からの 出 資 金 等 によって 調 達 し 最 終 的 には 旅 客 運 輸 収 益 などの 収 入 により 手 当 てすることとなる 資 本 費 負 担 の 大 小 が 利 益 水 準 に 大 きく 影 響 しているといえ 新 規 開 業 路 線 の 比 率 が 多 いほど 資 本 費 負 担 がかかる 傾 向 があるといえる 2010 年 度 の 営 業 利 益 率 ( 対 営 業 収 支 )は 大 阪 市 名 古 屋 市 などが 2 割 を 超 えるが 京 都 市 は 赤 字 となっている 累 積 欠 損 金 は 依 然 高 水 準 といえ 9 事 業 体 計 では 2010 年 度 で 2 兆 9 億 円 となっており 営 業 収 益 の 3.97 倍 である 個 別 でみると 大 阪 市 が 2008 年 度 に 累 積 欠 損 金 を 一 掃 し 東 京 都 も 着 実 に 累 積 欠 損 金 残 高 を 減 らしてきている 札 幌 市 仙 台 市 名 古 屋 市 なども 営 業 収 益 対 比 ではやや 増 加 あるいはあまり 変 化 がないが 絶 対 額 は 減 少 している 収 益 面 からは 早 急 な 対 策 が 必 要 な 公 営 地 下 鉄 があるが 大 都 市 の 基 本 的 インフラとしての 地 下 鉄 の 公 益 性 を 考 えれば 収 益 性 だけで 全 てを 判 断 して 良 いとは 思 わない ただし 収 益 性 の 面 から みてさらなる 改 善 を 目 指 すのは 当 然 であり その 一 環 として 経 営 のあり 方 に 関 する 議 論 もなされ るべきであろう 株 式 会 社 大 和 総 研 丸 の 内 オフィス 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 一 丁 目 9 番 1 号 グラントウキョウノースタワー このレポートは 投 資 勧 誘 を 意 図 して 提 供 するものではありません このレポートの 掲 載 情 報 は 信 頼 できると 考 えられる 情 報 源 から 作 成 しておりますが その 正 確 性 完 全 性 を 保 証 する ものではありません また 記 載 された 意 見 や 予 測 等 は 作 成 時 点 のものであり 今 後 予 告 なく 変 更 されることがあります 大 和 総 研 の 親 会 社 である 大 和 総 研 ホールディングスと 大 和 証 券 は 大 和 証 券 グループ 本 社 を 親 会 社 とする 大 和 証 券 グループの 会 社 です 内 容 に 関 する 一 切 の 権 利 は 大 和 総 研 にあります 無 断 での 複 製 転 載 転 送 等 はご 遠 慮 ください

2 2 / 14 近 代 的 な 大 都 市 における 公 共 交 通 として 地 下 鉄 は 重 要 な 位 置 を 占 めている わが 国 の 地 下 鉄 は 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであるが 1 大 阪 市 営 地 下 鉄 の 民 営 化 が 昨 年 の 市 長 選 挙 の 争 点 の 一 つになるなど 経 営 のあり 方 に 関 する 議 論 や 経 営 改 善 の 取 組 み 等 が 行 われている 本 稿 では 地 方 公 営 企 業 とし て 運 営 されている 地 下 鉄 について 各 事 業 体 の 資 金 調 達 及 び 収 益 状 況 を 概 観 分 析 し 今 後 のあり 方 等 に 関 する 議 論 への 貢 献 をはかる 1. 着 実 に 充 実 してきた 公 営 地 下 鉄 地 方 公 営 企 業 として 地 下 鉄 を 運 営 してい るのは9 団 体 人 口 規 模 に 比 して 地 下 鉄 利 用 者 数 が 伸 び る 余 地 は 大 いにある 地 下 鉄 営 業 キロは 半 世 紀 で 約 21 倍 わが 国 で 地 下 鉄 事 業 を 運 営 している 地 方 公 営 企 業 は 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古 屋 市 京 都 市 大 阪 市 神 戸 市 福 岡 市 の 9 つの 地 方 公 共 団 体 の 各 交 通 局 である( 図 表 1 以 下 図 表 1 関 連 以 外 の 部 分 では 基 本 的 に 地 下 鉄 事 業 の みを 対 象 とし 公 営 地 下 鉄 と 記 述 する 地 下 鉄 事 業 以 外 について 触 れる 場 合 はその 旨 記 述 する) 福 岡 市 を 除 いて 戦 前 に 設 立 され いずれも 路 面 電 車 を 当 初 の 事 業 としていたが 現 在 も 路 面 電 車 事 業 を 継 続 しているのは 札 幌 市 と 東 京 都 のみである また 札 幌 市 と 福 岡 市 を 除 いて バス 事 業 も 運 営 している なお 札 幌 市 は 2004 年 にバス 事 業 を 民 間 事 業 者 に 事 業 譲 渡 している 公 営 地 下 鉄 の 1 日 平 均 乗 車 人 員 は 仙 台 市 の 15 万 人 から 東 京 都 の 233 万 人 まで 幅 広 い 図 表 1の(A)/(B)は 地 下 鉄 の 1 日 平 均 乗 車 人 員 を 拠 点 都 市 行 政 区 内 の 人 口 規 模 と 比 較 したものであり 大 阪 市 は 0.83 名 古 屋 市 は 0.51 となって いる 三 大 都 市 の 中 では 東 京 都 は 0.26 と 低 くなっているが 同 じく 東 京 都 区 部 で 展 開 している 東 京 メトロの 0.71 と 合 計 すれば 0.97 となり 人 口 規 模 と 比 較 し て かなりの 利 用 割 合 となっているといえよう 一 方 三 大 都 市 以 外 の 都 市 は 仙 台 市 の 0.14 から 札 幌 市 の 0.29 までの 間 にある 他 の 交 通 機 関 との 競 合 状 況 や 地 下 鉄 の 利 便 性 の 状 況 などが 影 響 していると 考 えられ また 三 大 都 市 圏 ( 特 に 東 京 圏 )は 周 辺 地 域 の 人 口 が 多 いことも 大 きく 影 響 しているが 人 口 規 模 から 考 えれ ば 名 古 屋 市 も 含 めてまだまだ 地 下 鉄 利 用 は 伸 びる 余 地 があるといえよう 約 半 世 紀 前 の 1960 年 度 に 公 営 地 下 鉄 が 営 業 していたのは 東 京 都 名 古 屋 市 大 阪 市 の 三 大 都 市 であり 営 業 キロ 数 は 計 25.9km であった 半 世 紀 後 の 2010 年 度 には 前 述 の 9 都 市 で 計 540km と 約 21 倍 の 営 業 キロ 数 となっており 公 営 地 下 鉄 の ネットワークが 充 実 してきたことがわかる 1 社 団 法 人 日 本 地 下 鉄 協 会 編 集 世 界 の 地 下 鉄 151 都 市 のメトロガイド (ぎょうせい 2010 年 )によると 地 下 鉄 の 定 義 に 確 立 したものはなく 原 則 として 以 下 の 基 準 により 選 定 したものを 地 下 鉄 として 収 録 として 5 つの 基 準 を 挙 げている そのうち 地 元 で 地 下 鉄 と 認 識 されているもの と 地 下 空 間 があっても 一 般 に 地 下 鉄 と 認 識 さ れていないもの という 部 分 が 現 実 的 な 判 断 基 準 となるであろう 本 稿 では 交 通 分 野 における 地 方 公 営 企 業 という 観 点 で 地 下 鉄 を 取 上 げており 都 市 高 速 鉄 道 を 運 営 している 事 業 者 を 記 述 することとしている 従 って 東 京 メトロは 参 考 程 度 の 記 述 とし 埼 玉 高 速 鉄 道 線 りんかい 線 ( 東 京 ) みなとみらい 線 ( 横 浜 ) アストラムライン( 広 島 )は 対 象 外 と している

3 3 / 14 図 表 1 地 下 鉄 を 運 営 している 交 通 局 の 概 況 事 業 者 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古 屋 市 設 立 年 年 ( 昭 和 2) 1926 年 ( 大 正 15) 1911 年 ( 明 治 44) 1921 年 ( 大 正 10) 1922 年 ( 大 正 11) 設 立 時 の 事 業 路 面 電 車 路 面 電 車 路 面 電 車 電 気 供 給 事 業 路 面 電 車 路 面 電 車 主 要 事 業 運 営 期 間 地 下 鉄 1971 年 ~ 1987 年 ~ 1960 年 ~ 1972 年 ~ 1957 年 ~ バス 1930~2004 年 1942 年 ~ 1924 年 ~ 1928 年 ~ 1930 年 ~ 路 面 電 車 1927 年 ~ 1926~1976 年 1911 年 ~ 1921~1972 年 1922~1974 年 主 な 事 業 内 容 地 下 鉄 地 下 鉄 地 下 鉄 バス 地 下 鉄 地 下 鉄 (2012 年 初 現 在 ) 路 面 電 車 バス 都 電 ( 荒 川 線 ) バス バス 新 交 通 システム モノレール 発 電 職 員 数 ,117 1,995 4,056 地 下 鉄 営 業 キロ 地 下 鉄 路 線 数 日 平 均 乗 車 人 員 3 地 下 鉄 (A) 56 万 人 15 万 人 233 万 人 58 万 人 116 万 人 バス - 11 万 人 55 万 人 32 万 人 32 万 人 路 面 電 車 2 万 人 - 5 万 人 - - (A)/(B) 人 口 (B) 万 人 105 万 人 895 万 人 369 万 人 226 万 人 [ 参 考 ] 事 業 者 京 都 市 大 阪 市 神 戸 市 福 岡 市 東 京 メトロ 設 立 年 1912 年 ( 明 治 45) 1903 年 ( 明 治 36) 1917 年 ( 大 正 6) 1981 年 ( 昭 和 56) 2004 年 5 設 立 時 の 事 業 路 面 電 車 路 面 電 車 路 面 電 車 発 電 配 電 地 下 鉄 地 下 鉄 主 要 事 業 運 営 期 間 地 下 鉄 1981 年 ~ 1933 年 ~ 1977 年 ~ 1981 年 ~ 1927 年 ~ バス 1928 年 ~ 1927 年 ~ 1930 年 ~ - - 路 面 電 車 1912~1978 年 1903~1969 年 1917~1971 年 - - 主 な 事 業 内 容 地 下 鉄 地 下 鉄 地 下 鉄 地 下 鉄 地 下 鉄 (2012 年 初 現 在 ) バス 新 交 通 システム バス 関 連 事 業 バス 職 員 数 2 1,179 6,819 1, ,482 地 下 鉄 営 業 キロ 地 下 鉄 路 線 数 日 平 均 乗 車 人 員 3 地 下 鉄 (A) 33 万 人 222 万 人 29 万 人 35 万 人 631 万 人 バス 31 万 人 22 万 人 19 万 人 - - (A)/(B) 人 口 (B) 万 人 267 万 人 154 万 人 146 万 人 895 万 人 1: 交 通 局 の 設 立 年 それ 以 前 から 実 施 されている 事 業 を 買 収 したケースもあるが ここでは 事 業 買 収 以 前 の 開 業 年 は 省 略 2: 各 交 通 局 は 総 務 省 平 成 22 年 度 地 方 公 営 企 業 年 鑑 における 給 与 に 関 する 調 より バス 事 業 等 の 職 員 も 含 めた 人 数 東 京 メトロは 同 社 有 価 証 券 報 告 書 より2011 年 3 月 31 日 現 在 3:2010 年 度 数 値 は 四 捨 五 入 なお 上 表 の 数 値 とは 別 に 東 京 都 の 新 交 通 システムは6 万 人 モノレールは0.3 万 人 大 阪 市 の 新 交 通 システムは7 万 人 4:2010 年 国 勢 調 査 ( 人 口 速 報 集 計 結 果 )より 拠 点 都 市 行 政 区 内 の 人 口 東 京 都 は 特 別 区 部 の 人 口 数 値 は 四 捨 五 入 5: 前 身 の 帝 都 高 速 度 交 通 営 団 は1941 年 さらに 前 身 の 東 京 地 下 鉄 道 株 式 会 社 は1920 年 設 立 ( 出 所 ) 総 務 省 地 方 公 営 企 業 年 鑑 国 勢 調 査 各 地 方 公 共 団 体 統 計 書 各 交 通 局 Web サイト 東 京 メトロ Web サイト 有 価 証 券 報 告 書 より 大 和 総 研 作 成 輸 送 人 員 は 半 世 紀 で 約 11 倍 公 営 地 下 鉄 の 年 間 輸 送 人 員 は 1960 年 度 の 約 2 億 5 千 万 人 から 2010 年 度 には 約 29 億 人 と 半 世 紀 で 約 11 倍 になった( 図 表 2) 2 都 市 別 の 公 営 地 下 鉄 の 年 間 輸 送 2 ただし 都 営 地 下 鉄 の 営 業 開 始 は 1960 年 12 月 4 日 である なお 1960 年 の 東 京 都 区 部 名 古 屋 市 大 阪 市 の 3 都 市 計 の 人 口 は 約 1,291 万 人 であるが 2010 年 の 9 都 市 計 は 約 2,501 万 人 であり 地 下 鉄 所 在 都 市 の 人 口 は 約 1.94 倍 となった 計 算 になる さらに 地 下 鉄 所 在 都 市 の 周 辺 地 域 の 人 口 も 増 加 していることを 考 慮 する 必 要 があるが いずれにしても 公 営 地 下 鉄 の 利 用 が 拡 がっているとはいえよう なお 日 本 の 総 人 口 は 1960 年 の 約 9,430 万 人 ( 復 帰 前 の 沖 縄 県 含 む)から 2010 年

4 4 / 14 人 員 では 2007 年 度 までは 大 阪 市 が 一 番 多 かったが 2008 年 度 に 東 京 都 が 大 阪 市 を 上 回 り 2010 年 度 では 東 京 都 が 年 間 約 8 億 4,870 万 人 で 1 位 大 阪 市 が 約 8 億 1,110 万 人 で 2 位 となっている 大 阪 市 は 1990 年 度 には 年 間 10 億 人 の 大 台 を 超 え たが その 後 は 減 少 基 調 となっている 札 幌 市 と 仙 台 市 も 1990 年 代 がピークとな り 札 幌 市 は 約 2 億 2,930 万 人 から 2 千 万 人 程 減 少 した 水 準 で 横 ばい 仙 台 市 は 約 6,100 万 人 から 減 少 基 調 となっている 神 戸 市 は 2000 年 代 前 半 にピーク 後 に 横 ばい 東 京 都 と 名 古 屋 市 は 2000 年 代 後 半 にピーク 後 横 ばい 横 浜 市 京 都 市 福 岡 市 は 増 加 基 調 が 続 いている 図 表 2 公 営 地 下 鉄 の 年 間 輸 送 人 員 ( 百 万 人 ) ( 百 万 人 ) 2, ,200 3,000 札 幌 市 2, , ,902.7 仙 台 市 2, , ,663.7 東 京 都 2,524.1 横 浜 市 2, ,000 名 古 屋 市 2,500 京 都 市 1,004.9 大 阪 市 神 戸 市 800 2,070.1 福 岡 市 9 事 業 体 計 ( 右 目 盛 ) ,000 1, , , , , ( 年 度 ) 2. 公 営 地 下 鉄 の 建 設 費 はピークアウト 適 切 な 資 金 規 模 へ (1) 建 設 改 良 費 と 建 設 費 補 助 金 は 2000 年 代 には 減 少 基 調 へ 地 下 鉄 の 建 設 改 良 費 は1996 年 度 に 最 大 と なった 後 減 少 基 調 地 下 鉄 は 建 設 費 が 巨 額 であるが 3 大 都 市 における 基 本 的 な 社 会 資 本 と 位 置 付 け られており 補 助 金 が 投 入 されてきた 建 設 改 良 費 ( 固 定 資 産 の 新 規 取 得 又 は 増 改 築 等 に 要 する 経 費 )は 1970 年 代 後 半 まで 増 加 基 調 で その 後 増 減 を 繰 り 返 しつ つ 1996 年 度 に 3,798 億 円 と 最 大 となった 1997 年 度 1998 年 度 は 前 年 比 減 少 す の 約 1 億 2,806 万 人 となり 約 1.36 倍 となっている 3 総 務 省 地 方 公 営 企 業 年 鑑 によると 公 営 地 下 鉄 の 1km 当 たり 建 設 費 は 2006~2010 年 度 に 開 業 した 路 線 の 場 合 億 円 と 算 出 されている なお 約 40 年 前 の 1966~1970 年 度 に 開 業 した 路 線 の 場 合 は 44.7 億 円 と 算 出 されている

5 5 / 14 るが 2000 年 度 2001 年 度 と 再 び 前 年 比 増 加 した 後 は 減 少 基 調 となり 2010 年 度 は 1,599 億 円 となっている( 図 表 3) 補 助 対 象 建 設 費 の 一 定 割 合 を 国 と 地 方 公 共 団 体 で 補 助 する 制 度 となっているため 4 補 助 金 は 建 設 改 良 費 の 増 減 トレンドを 追 うような 形 で 増 減 し 2010 年 度 は 384 億 円 となっている なお 1989 年 度 は 2,889 億 円 となっており 前 後 の 年 度 に 比 べて 突 出 した 値 となっているが 補 助 金 を 分 割 交 付 していたものを 見 直 すこととなり この 時 に 一 括 して 繰 出 したことによる 図 表 3 公 営 地 下 鉄 の 建 設 改 良 費 と 建 設 費 補 助 金 ( 億 円 ) 5,000 4,500 旅 客 運 輸 収 益 4,000 3,500 2,889 3,798 3,000 2,500 建 設 改 良 費 2,000 1,500 建 設 費 補 助 金 1,599 1,000 うち 地 方 うち 国 ( 年 度 ) (2) 企 業 債 の 収 支 は 償 還 が 進 む 補 助 金 以 外 の 建 設 資 金 は 借 入 れ 企 業 債 当 該 地 方 公 共 団 体 からの 出 資 金 等 によって 調 達 し 最 終 的 には 旅 客 運 輸 収 益 などの 収 入 により 手 当 てすることとな る 従 って 公 営 地 下 鉄 の 収 益 力 が 重 要 となるが まずは 近 年 の 企 業 債 の 収 支 状 況 をみてみる 企 業 債 による 調 達 は 2008 年 度 が 直 近 のピ ーク 9 事 業 体 計 では 2008 年 度 に 2,819 億 円 を 企 業 債 により 調 達 しているのが 直 近 のピークで 2010 年 度 は 1,833 億 円 となっている( 図 表 4) 個 別 にみると 大 阪 市 が 2005 年 度 に 652 億 円 東 京 都 が 2010 年 度 に 529 億 円 調 達 しているのが 相 対 的 に 大 きい 4 地 下 鉄 建 設 費 補 助 制 度 は 1962 年 度 に 創 設 され 当 初 は 利 差 補 給 方 式 であったが 1967 年 度 より 補 助 対 象 建 設 費 の 10.5% を 国 が 5 年 分 割 補 助 することとなった その 後 補 助 割 合 が 何 度 か 引 き 上 げられ 地 方 公 共 団 体 も 補 助 する 制 度 となり 現 在 の 補 助 率 は 国 と 地 方 公 共 団 体 とあわせて 70%となっている

6 6 / 14 図 表 4 公 営 地 下 鉄 の 企 業 債 収 入 ( 億 円 ) ( 億 円 ) 700 3, ,819 3,000 札 幌 市 ,500 仙 台 市 東 京 都 400 1,833 2,000 横 浜 市 名 古 屋 市 300 1,500 京 都 市 大 阪 市 200 1,000 神 戸 市 福 岡 市 9 事 業 体 計 ( 右 目 盛 ) 0 0 企 業 債 の 返 済 は 着 実 に 進 んでいる 企 業 債 収 入 と 企 業 債 償 還 金 の 差 である 企 業 債 収 支 をみると 9 事 業 体 計 では 2005 年 度 以 降 はマイナス 状 態 ( 償 還 超 )が 続 いており 2010 年 度 は 1,540 億 円 である( 図 表 5) 企 業 債 の 返 済 は 着 実 に 進 んでいるといえよう 個 別 にみると 大 阪 市 が 2005 年 度 は 162 億 円 のプラスであったが その 後 はマイナスに 転 じてい る 横 浜 市 は 2007 年 度 の 50 億 円 まではプラスであったが その 後 はマイナスに 転 じている 一 方 仙 台 市 は 2006 年 度 以 降 プラスとなっており 2010 年 度 は 15 億 円 のプラスとなっている 仙 台 市 では 2015 年 度 開 業 を 目 標 に 東 西 線 が 建 設 中 で あり その 影 響 と 推 測 される 図 表 5 公 営 地 下 鉄 の 企 業 債 収 支 ( 億 円 ) ( 億 円 ) 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古 屋 市 京 都 市 大 阪 市 神 戸 市 ,200 福 岡 市 ,540-1,500 9 事 業 体 計 ( 右 目 盛 ) ,800

7 7 / 14 (3) 企 業 債 残 高 も 着 実 に 減 少 へ 企 業 債 残 高 も 着 実 に 減 少 企 業 債 の 残 高 は 9 事 業 体 計 で 2005 年 度 の 4 兆 3,012 億 円 から 2010 年 度 の 3 兆 7,243 億 円 へと 着 実 に 減 少 してきている( 図 表 6) 個 別 では 2005 年 度 に 大 阪 市 が 7,931 億 円 と 最 も 多 かったが その 後 減 少 して 2009 年 度 には 名 古 屋 市 を 下 回 り 2010 年 度 は 6,326 億 円 となった なお 名 古 屋 市 は 2010 年 度 6,576 億 円 であ る 一 方 仙 台 市 の 残 高 は 2010 年 度 で 1,315 億 円 と 最 も 少 ないが ここ 数 年 増 加 基 調 にある 前 述 の 通 り 東 西 線 建 設 の 影 響 が 表 れていると 考 えられる 図 表 6 公 営 地 下 鉄 の 企 業 債 残 高 ( 億 円 ) ( 億 円 ) 8,000 7,931 44,000 7,000 6,000 43,012 6,576 6,326 43,000 42,000 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 5,000 41,000 横 浜 市 名 古 屋 市 4,000 40,000 京 都 市 大 阪 市 3,000 39,000 神 戸 市 福 岡 市 2,000 38,000 9 事 業 体 計 ( 右 目 盛 ) 1,000 1,315 37,243 37,000 図 表 7 公 営 地 下 鉄 の 企 業 債 残 高 対 営 業 収 益 倍 率 ( 倍 ) 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古 屋 市 京 都 市 大 阪 市 神 戸 市 福 岡 市 9 事 業 体 計

8 8 / 14 企 業 債 残 高 の 営 業 収 益 に 対 する 倍 率 も 低 下 企 業 債 返 済 の 原 資 の 基 軸 となる 営 業 収 益 ( 売 上 高 に 相 当 )に 対 する 倍 率 でみる と 9 事 業 体 計 では 2005 年 度 の 8.74 倍 から 2010 年 度 の 7.38 倍 に 低 下 している( 図 表 7) 2005 年 度 で 最 も 企 業 債 残 高 が 大 きかった 大 阪 市 は 営 業 収 益 との 対 比 で は 5.33 倍 と 2005 年 度 では 最 も 低 く 2010 年 度 も 4.26 倍 と 東 京 都 の 4.21 倍 に 次 いで 低 い 一 方 企 業 債 残 高 の 絶 対 額 では 9 事 業 体 の 中 位 ほどである 京 都 市 が 営 業 収 益 との 対 比 では 2005 年 度 倍 低 下 しつつあるものの 2010 年 度 も 倍 と 相 対 的 に 水 準 が 高 い 3. 公 営 地 下 鉄 の 収 益 は 全 体 として 改 善 傾 向 (1) 営 業 収 益 は 伸 び 悩 んでいるが 利 益 率 は 改 善 傾 向 営 業 収 益 規 模 は 大 阪 市 東 京 都 名 古 屋 市 の 順 公 営 地 下 鉄 の 営 業 収 益 は 世 界 的 金 融 危 機 や 東 日 本 大 震 災 等 による 影 響 なども あり 2010 年 度 で 9 事 業 体 計 5,046 億 円 と ピークの 2008 年 度 5,167 億 円 からや や 低 い 水 準 となっている( 図 表 8) 2010 年 度 時 点 での 営 業 収 益 は 大 阪 市 の 1,486 億 円 東 京 都 の 1,302 億 円 が 千 億 円 を 超 えており 以 下 名 古 屋 市 札 幌 市 横 浜 市 京 都 市 福 岡 市 神 戸 市 となり 一 番 収 益 規 模 が 小 さい 仙 台 市 が 109 億 円 となっている 営 業 収 益 に 占 める 運 輸 収 益 の 比 率 が 札 幌 市 と 福 岡 市 は 100% 一 番 低 い 仙 台 市 で 92.8%(2010 年 度 )であるので 旅 客 動 向 が 各 事 業 体 の 営 業 収 益 を ほぼ 左 右 するといってよいであろう 従 って 各 事 業 体 の 利 益 向 上 は 旅 客 増 加 策 と 経 費 節 減 努 力 あるいは 収 益 効 率 性 によるといえる 図 表 8 公 営 地 下 鉄 の 営 業 収 益 ( 億 円 ) 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 1,218 1,244 1,322 1,340 1,322 1,302 横 浜 市 名 古 屋 市 京 都 市 大 阪 市 1,489 1,508 1,538 1,528 1,500 1,486 神 戸 市 福 岡 市 事 業 体 計 4,920 4,990 5,114 5,167 5,072 5,046 図 表 9 公 営 地 下 鉄 の 営 業 利 益 率 ( 対 営 業 収 益 ) 札 幌 市 16.3% 18.3% 18.8% 17.0% 15.4% 16.1% 仙 台 市 22.4% 19.7% 20.1% 19.6% 14.4% 12.6% 東 京 都 6.1% 10.6% 15.1% 16.2% 15.6% 13.1% 横 浜 市 13.4% 12.9% 12.7% 13.2% 16.6% 17.1% 名 古 屋 市 15.2% 18.8% 19.5% 19.8% 21.5% 20.7% 京 都 市 -40.9% -32.4% -29.6% -26.3% -12.4% -6.2% 大 阪 市 22.7% 24.3% 23.6% 25.5% 26.6% 25.1% 神 戸 市 -3.1% 0.5% 1.8% 5.4% 5.7% 7.7% 福 岡 市 -6.5% 2.1% 4.5% 5.3% 2.2% 6.4% 9 事 業 体 計 11.3% 14.3% 15.6% 16.6% 17.5% 16.8%

9 9 / 14 図 表 10 公 営 地 下 鉄 の 純 利 益 率 ( 対 営 業 収 益 ) 札 幌 市 -3.4% 0.9% 3.5% 5.8% 7.5% 11.3% 仙 台 市 -12.0% -11.0% -3.2% 11.7% 16.9% 22.8% 東 京 都 -3.2% 2.1% 8.3% 15.2% 9.3% 7.2% 横 浜 市 -16.6% -13.9% -9.8% -5.8% 0.4% 2.7% 名 古 屋 市 -41.9% -6.6% -2.4% 2.3% 5.5% 5.4% 京 都 市 -89.4% -75.7% -70.3% -62.2% -65.1% -38.7% 大 阪 市 14.0% 14.8% 15.3% 8.7% 19.7% 16.5% 神 戸 市 -21.4% -17.1% -15.3% -7.2% -6.7% -3.1% 福 岡 市 -20.2% -10.6% -8.7% -2.7% -5.5% -1.0% 9 事 業 体 計 -10.2% -1.6% 1.9% 4.0% 6.6% 7.1% 営 業 利 益 率 は 上 昇 基 調 純 利 益 率 も 年 々 改 善 しているが 福 岡 市 神 戸 市 京 都 市 が 赤 字 公 営 地 下 鉄 の 営 業 利 益 率 ( 対 営 業 収 益 )は 5 9 事 業 体 計 で 2010 年 度 は 16.8%と 前 年 より 若 干 低 下 したが 上 昇 基 調 にあるといえる( 図 表 9) 2010 年 度 では 大 阪 市 の 25.1% 名 古 屋 市 の 20.7%が 20%を 超 え 以 下 横 浜 市 札 幌 市 東 京 都 仙 台 市 神 戸 市 福 岡 市 の 順 となっており 京 都 市 は 6.2%と 赤 字 になって いる 純 利 益 率 ( 対 営 業 収 益 )では 9 事 業 体 計 では 2005 年 度 は 10.2%と 赤 字 であ ったが 営 業 利 益 率 と 同 様 に 年 々 改 善 し 2010 年 度 は 7.1%の 黒 字 になっている ( 図 表 10) 2010 年 度 では 仙 台 市 の 22.8%が 最 も 高 く 大 阪 市 札 幌 市 東 京 都 名 古 屋 市 横 浜 市 の 順 となっており 福 岡 市 1.0% 神 戸 市 3.1% 京 都 市 38.7%と 赤 字 になっている 前 述 したように 地 下 鉄 は 建 設 費 が 巨 額 であるため 資 本 費 ( 減 価 償 却 費 及 び 支 払 利 息 など 金 融 費 用 ) 負 担 がかかるが 古 く 開 業 した 路 線 ほど 企 業 債 や 借 入 金 の 返 済 が 進 んで 支 払 利 息 が 減 少 し 減 価 償 却 も 進 んでいるということが 通 常 である さらに 高 度 成 長 期 時 代 の 地 価 高 騰 や 既 に 都 市 化 した 後 に 工 事 する 場 合 の 諸 費 用 な どの 影 響 もあり 建 設 単 価 は 新 しい 時 代 ほど 高 くなってきた 傾 向 がある 別 の 見 方 をすれば 新 規 開 業 路 線 の 比 率 が 多 いほど 資 本 費 負 担 がかかる 傾 向 があるとい えよう 一 方 建 設 費 に 関 する 補 助 金 とは 別 に 他 会 計 から 運 営 に 関 連 する 補 助 金 などが 投 入 されている 場 合 もあり 6 これらが 営 業 利 益 率 及 び 純 利 益 率 の 水 準 に 影 響 している ( 2) 主 な 経 費 では 減 価 償 却 費 の 影 響 が 大 きい 以 下 では 主 な 経 費 である 人 件 費 減 価 償 却 費 支 払 利 息 についてみることと する 地 下 鉄 の 人 件 費 比 率 はバス 事 業 より 低 い まず 人 件 費 であるが 地 方 公 営 企 業 が 実 施 する 交 通 事 業 としては 地 下 鉄 はバ スに 比 べて 相 対 的 に 人 件 費 の 比 率 が 低 い 本 稿 の 対 象 としている 公 営 地 下 鉄 事 業 体 のうち 札 幌 市 と 福 岡 市 を 除 く 7 事 業 体 がバス 事 業 も 実 施 しており バス 事 業 5 地 方 公 営 企 業 の 決 算 では 営 業 利 益 という 項 目 がないので 本 稿 では 営 業 収 益 と 営 業 費 用 の 差 を 営 業 利 益 としている 6 地 下 鉄 事 業 については 特 別 会 計 を 設 けて 区 分 経 理 されている 地 方 公 営 企 業 法 第 十 七 条 の 二 には 次 に 掲 げる 地 方 公 営 企 業 の 経 費 で 政 令 で 定 めるものは 地 方 公 共 団 体 の 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 において 出 資 長 期 の 貸 付 け 負 担 金 の 支 出 その 他 の 方 法 により 負 担 するものとする として 一 その 性 質 上 当 該 地 方 公 営 企 業 の 経 営 に 伴 う 収 入 をもつて 充 てることが 適 当 でない 経 費 二 当 該 地 方 公 営 企 業 の 性 質 上 能 率 的 な 経 営 を 行 なつてもなおその 経 営 に 伴 う 収 入 のみを もつて 充 てることが 客 観 的 に 困 難 であると 認 められる 経 費 としている

10 10 / 14 の 営 業 収 益 に 対 する 人 件 費 の 比 率 は 7 事 業 体 計 で 62.1%であるのに 対 し 地 下 鉄 事 業 では 7 事 業 体 計 で 28.5%である(バス 事 業 と 地 下 鉄 事 業 はそれぞれ 特 別 会 計 として 区 分 経 理 されている 以 下 では これまでと 同 様 に 再 び 地 下 鉄 事 業 のみに ついて 記 述 する) 人 件 費 比 率 は 低 下 基 調 9 事 業 体 計 での 人 件 費 比 率 ( 対 営 業 収 益 )は 2005 年 度 に 31.1%であったが 低 下 基 調 にあり 2010 年 度 には 27.1%となっている( 図 表 11) 2010 年 度 では 札 幌 市 の 14.6%が 最 も 低 く 福 岡 市 横 浜 市 京 都 市 仙 台 市 東 京 都 神 戸 市 名 古 屋 市 の 順 に 高 くなり 大 阪 市 の 32.6%が 最 も 高 い 図 表 11 公 営 地 下 鉄 の 人 件 費 比 率 ( 対 営 業 収 益 ) 札 幌 市 22.1% 18.5% 16.6% 16.1% 14.8% 14.6% 仙 台 市 22.4% 23.9% 23.6% 22.9% 26.0% 25.0% 東 京 都 29.2% 28.5% 25.5% 25.1% 24.9% 25.4% 横 浜 市 29.7% 27.5% 26.2% 22.2% 23.1% 21.7% 名 古 屋 市 33.9% 31.8% 31.7% 31.2% 31.1% 31.6% 京 都 市 26.9% 25.3% 24.9% 24.2% 24.0% 22.8% 大 阪 市 36.8% 35.2% 34.3% 33.0% 32.7% 32.6% 神 戸 市 30.0% 29.8% 30.4% 27.9% 28.8% 27.7% 福 岡 市 22.1% 22.9% 22.1% 21.6% 22.1% 21.5% 9 事 業 体 計 31.1% 29.7% 28.4% 27.3% 27.3% 27.1% 減 価 償 却 費 比 率 も 低 下 基 調 だが ややペー スは 小 さい 9 事 業 体 計 での 減 価 償 却 費 比 率 ( 対 営 業 収 益 )は 2005 年 度 に 34.6%であったが 低 下 基 調 にあり 2010 年 度 には 32.6%となっている( 図 表 12) 京 都 市 札 幌 市 仙 台 市 などが 近 年 上 昇 しており 人 件 費 に 比 べると 全 体 の 低 下 ペースが 小 さ い 2010 年 度 では 大 阪 市 の 25.5%が 最 も 低 く 名 古 屋 市 東 京 都 仙 台 市 札 幌 市 福 岡 市 神 戸 市 横 浜 市 の 順 に 高 くなり 京 都 市 の 55.0%が 最 も 高 い 図 表 12 公 営 地 下 鉄 の 減 価 償 却 費 比 率 ( 対 営 業 収 益 ) 札 幌 市 34.5% 34.2% 35.2% 36.2% 37.9% 37.3% 仙 台 市 31.1% 31.3% 31.0% 29.4% 32.4% 34.9% 東 京 都 39.2% 35.7% 33.5% 32.3% 32.7% 32.7% 横 浜 市 41.2% 42.7% 41.2% 49.0% 45.6% 43.4% 名 古 屋 市 32.6% 31.1% 30.3% 30.0% 28.0% 26.1% 京 都 市 50.7% 46.0% 46.4% 45.7% 57.6% 55.0% 大 阪 市 23.5% 24.4% 26.9% 26.0% 25.6% 25.5% 神 戸 市 50.9% 47.6% 45.4% 42.7% 43.3% 42.5% 福 岡 市 53.7% 44.7% 43.3% 42.3% 44.8% 41.7% 9 事 業 体 計 34.6% 33.1% 33.1% 33.0% 33. 3% 32.6% 支 払 利 息 比 率 は 減 価 償 却 費 人 件 費 より 低 下 ペースが 大 きい 9 事 業 体 計 での 支 払 利 息 比 率 ( 対 営 業 収 益 )は 2005 年 度 に 29.3%であったが 低 下 基 調 にあり 2010 年 度 には 18.5%となっている( 図 表 13) 各 事 業 体 とも 低 下 基 調 となっており 減 価 償 却 費 人 件 費 と 比 べて 低 下 ペースが 大 きい 2010 年 度 では 東 京 都 の 11.2%が 最 も 低 く 大 阪 市 仙 台 市 神 戸 市 名 古 屋 市 札 幌 市 福 岡 市 横 浜 市 の 順 に 高 くなり 京 都 市 の 44.8%が 最 も 高 い

11 11 / 14 図 表 13 公 営 地 下 鉄 の 支 払 利 息 比 率 ( 対 営 業 収 益 ) 札 幌 市 42.3% 38.8% 36.7% 31.2% 27.9% 25.3% 仙 台 市 44.4% 41.5% 39.7% 28.6% 22.2% 20.4% 東 京 都 19.9% 18.4% 16.1% 13.9% 12.5% 11.2% 横 浜 市 49.9% 46.2% 42.1% 38.3% 33.9% 29.4% 名 古 屋 市 33.9% 31.8% 29.9% 26.6% 24.5% 22.2% 京 都 市 60.8% 55.6% 53.4% 47.7% 51.7% 44.8% 大 阪 市 17.3% 16.3% 16.2% 14.1% 13.3% 12.8% 神 戸 市 36.8% 34.3% 32.5% 25.9% 23.4% 21.2% 福 岡 市 49.0% 44.4% 41.4% 32.9% 29.9% 26.9% 9 事 業 体 計 29.3% 27.2% 25.4% 22.0% 20.4% 18.5% 資 本 費 負 担 が 利 益 水 準 に 影 響 京 都 市 は 資 本 費 負 担 が 大 きいことが 赤 字 の 大 きな 要 因 であり 逆 に 大 阪 市 は 資 本 費 負 担 が 小 さくなっていることが 利 益 に 貢 献 しているといえ 他 の 事 業 体 でも 資 本 費 負 担 の 大 小 が 利 益 水 準 に 大 きく 影 響 しているといえよう なお 資 本 費 負 担 との 関 係 で 各 公 営 地 下 鉄 の 最 新 開 業 路 線 を 示 したのが 図 表 14である また 何 度 か 触 れているように 仙 台 市 は 2015 年 度 開 業 を 目 指 して 東 西 線 を 建 設 中 である 大 阪 市 福 岡 市 も 具 体 的 な 延 伸 計 画 があるが 着 工 の 是 非 も 含 めて 検 討 されることとなろう その 他 にも 運 輸 省 時 代 の 運 輸 政 策 審 議 会 答 申 などで 計 画 された 路 線 が 存 在 するが 具 体 的 な 検 討 には 至 っていないようであ る 図 表 14 各 公 営 地 下 鉄 の 最 新 開 業 路 線 最 新 開 業 区 間 距 離 (km) 比 率 ( ) 路 線 開 業 年 月 日 備 考 札 幌 市 宮 の 沢 - 琴 似 % 東 西 線 1999 年 2 月 25 日 仙 台 市 八 乙 女 - 泉 中 央 % 南 北 線 1992 年 7 月 15 日 東 西 線 建 設 中 2015 年 度 開 業 予 定 東 京 都 都 庁 前 - 国 立 競 技 場 % 大 江 戸 線 2000 年 12 月 12 日 横 浜 市 日 吉 - 中 山 % グリーンライン 2008 年 3 月 30 日 名 古 屋 市 野 並 - 徳 重 % 桜 通 線 2011 年 3 月 27 日 京 都 市 二 条 - 太 秦 天 神 川 % 東 西 線 2008 年 1 月 16 日 大 阪 市 井 高 野 - 今 里 % 今 里 筋 線 2006 年 12 月 24 日 今 里 筋 線 延 伸 計 画 神 戸 市 三 宮 花 時 計 前 - 新 長 田 % 海 岸 線 2001 年 7 月 7 日 福 岡 市 橋 本 - 天 神 南 % 七 隈 線 2005 年 2 月 3 日 七 隈 線 延 伸 計 画 全 営 業 キロ 数 に 占 める 最 新 開 業 区 間 の 比 率 ( 出 所 ) 国 土 交 通 省 鉄 道 要 覧 地 下 鉄 空 港 アクセス 鉄 道 等 開 業 一 覧 各 交 通 局 Web サイトより 大 和 総 研 作 成 ( 3) 営 業 外 収 益 としての 補 助 金 が 利 益 を 下 支 え 補 助 金 比 率 は 全 体 と して 低 下 基 調 だが 仙 台 市 などは 上 昇 基 調 建 設 費 に 関 する 補 助 金 とは 別 に 営 業 外 収 益 としての 補 助 金 が 投 入 されている 9 事 業 体 計 での 補 助 金 比 率 ( 対 営 業 収 益 )は 2005 年 度 の 12.1%から 低 下 基 調 にあ り 2010 年 度 は 9.5%であった( 図 表 15) 個 別 では 東 西 線 建 設 を 進 めてい る 仙 台 市 が 大 幅 に 上 昇 基 調 にあり 京 都 市 も 若 干 上 昇 傾 向 大 阪 市 もやや 上 昇 気 味 となっている 2010 年 度 の 補 助 金 比 率 ( 対 営 業 収 益 )は 東 京 都 の 5.3%が 最 も 低 く 大 阪 市 名 古 屋 市 神 戸 市 京 都 市 横 浜 市 福 岡 市 札 幌 市 の 順 に 高 くなり 仙 台 市 の 30.5%が 最 も 高 い なお 営 業 外 収 益 の 補 助 金 は 国 庫 都 道 府 県 他 会 計 のいずれもあり 得 るが 各 公 営 地 下 鉄 とも 他 会 計 からの 補 助 金 が 大 半 を 占 める

12 12 / 14 図 表 15 公 営 地 下 鉄 の 営 業 外 収 益 としての 補 助 金 比 率 ( 対 営 業 収 益 ) 札 幌 市 21.8% 21.1% 20.5% 19.1% 19.1% 19.1% 仙 台 市 10.0% 11.0% 16.3% 20.7% 24.7% 30.5% 東 京 都 11.6% 11.1% 9.7% 8.6% 6.6% 5.3% 横 浜 市 18.5% 18.6% 18.1% 17.3% 16.2% 15.0% 名 古 屋 市 7.6% 7.2% 8.1% 8.7% 8.7% 7.4% 京 都 市 13.1% 13.0% 12.5% 12.0% 13.5% 14.8% 大 阪 市 6.8% 5.9% 6.3% 6.8% 6.9% 6.6% 神 戸 市 18.1% 16.7% 15.2% 13.5% 10.9% 10.0% 福 岡 市 35.6% 32.0% 28.7% 25.0% 22.5% 18.3% 9 事 業 体 計 12.1% 11.5% 11.2% 10.8% 10.2% 9.5% 補 助 金 を 除 いても 黒 字 であるのは 大 阪 市 と 東 京 都 図 表 16は 営 業 外 収 益 としての 補 助 金 が 仮 になかったものとして 純 利 益 率 ( 対 営 業 収 益 )を 算 出 してみたものである 9 事 業 体 計 でみると 赤 字 率 は 縮 小 して いるものの 2010 年 度 においても 2.4%の 純 赤 字 率 ということになる 2005 年 度 以 降 で 補 助 金 を 除 いても 純 利 益 黒 字 を 出 し 続 けていたのは 大 阪 市 のみという ことになり 2010 年 度 は 10.0%の 純 利 益 率 ( 対 営 業 収 益 )であった 東 京 都 も 2008 年 度 から 黒 字 に 転 じ 2010 年 度 は 1.9%の 純 利 益 率 ( 対 営 業 収 益 )であった 図 表 16 公 営 地 下 鉄 の 営 業 外 収 益 としての 補 助 金 を 除 いたベースでの 純 利 益 率 ( 対 営 業 収 益 ) 20% 10% 0% -10% -20% -30% -40% -50% -60% -70% -22.4% -13.1% -9.3% -6.9% 1.9% -3.6% -2.4% 10.0% 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古 屋 市 京 都 市 大 阪 市 神 戸 市 福 岡 市 9 事 業 体 計 -80% -90% -100% -110%

13 13 / 14 (4) 累 積 欠 損 金 は 全 体 では 減 少 しているが 事 業 体 で 明 暗 分 かれる 地 下 鉄 は 累 積 欠 損 金 を 抱 えていることが 通 常 地 下 鉄 は 建 設 費 が 巨 額 であるが 故 に 地 下 鉄 運 営 に 伴 う 社 会 的 経 済 的 便 益 が 大 きいと 考 えられる 大 都 市 に 建 設 されるのが 基 本 である 従 って 人 口 集 積 地 域 で 事 業 運 営 されることとなり 潜 在 的 な 収 益 力 は 大 きいといえる 逆 にいえば 潜 在 的 な 収 益 力 が 想 定 できない 地 域 に 地 下 鉄 を 建 設 するのは 望 ましくなく おそ らくそうした 地 域 に 建 設 された 地 下 鉄 はないと 推 測 される しかしながら 想 定 ほどには 収 益 力 が 顕 在 化 しない 場 合 もあり 得 るし 建 設 費 が 想 定 以 上 にかかる 場 合 もある そうした 想 定 と 異 なる 状 況 にはならなくても 建 設 費 用 に 伴 う 資 本 費 負 担 が 大 きいため 地 下 鉄 は 開 業 から 長 期 にわたって 累 積 欠 損 金 を 抱 えているこ とが 通 常 である 図 表 17 公 営 地 下 鉄 の 累 積 欠 損 金 ( 億 円 ) 札 幌 市 3,416 3,412 3,399 3,376 3,348 3,306 仙 台 市 1,082 1,096 1,100 1,086 1,067 1,042 東 京 都 4,772 4,746 4,636 4,433 4,309 4,215 横 浜 市 2,349 2,393 2,426 2,447 2,446 2,436 名 古 屋 市 3,135 3,185 3,204 3,186 3,145 3,105 京 都 市 2,572 2,740 2,899 3,043 3,193 3,284 大 阪 市 神 戸 市 1,120 1,153 1,182 1,196 1,210 1,216 福 岡 市 1,341 1,365 1,385 1,391 1,403 1,406 9 事 業 体 計 20,279 20,358 20,263 20,158 20,121 20,009 図 表 18 公 営 地 下 鉄 の 累 積 欠 損 金 比 率 ( 対 営 業 収 益 ) ( 倍 ) 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古 屋 市 京 都 市 大 阪 市 神 戸 市 福 岡 市 9 事 業 体 計

14 14 / 14 大 阪 市 は2008 年 度 に 累 積 欠 損 金 を 一 掃 わが 国 の 公 営 地 下 鉄 では 補 助 金 投 入 の 効 果 もあり 近 年 では 純 利 益 の 黒 字 を 実 現 している 事 業 体 が 多 くなってきている しかし 累 積 欠 損 金 は 依 然 高 水 準 と いえ 9 事 業 体 計 では 2010 年 度 で 2 兆 9 億 円 となっており 営 業 収 益 の 3.97 倍 で ある( 図 表 17 18) 個 別 でみると 大 阪 市 が 2008 年 度 に 累 積 欠 損 金 を 一 掃 し 東 京 都 も 着 実 に 残 高 を 減 らしており 2010 年 度 には 累 積 欠 損 金 4,215 億 円 で 営 業 収 益 の 3.24 倍 の 水 準 となっている その 他 の 公 営 地 下 鉄 における 累 積 欠 損 金 と 営 業 収 益 の 倍 率 は 名 古 屋 市 が 4.21 倍 であり 神 戸 市 福 岡 市 横 浜 市 札 幌 市 仙 台 市 の 順 に 高 くなり 京 都 市 は 倍 となっている 京 都 市 は 赤 字 が 続 いていたため 累 積 欠 損 金 は 2005 年 度 の 2,572 億 円 から 2010 年 度 の 3,284 億 円 へと 拡 大 している 赤 字 幅 は 減 少 しているものの 営 業 利 益 も 赤 字 となっており 京 都 市 市 営 地 下 鉄 の 収 益 向 上 は 喫 緊 の 課 題 である 4.おわりに 本 稿 では わが 国 の 公 営 地 下 鉄 の 拡 張 とそれに 伴 う 建 設 費 の 動 向 建 設 資 金 と しての 補 助 金 及 び 企 業 債 の 状 況 等 について 概 観 してきた さらにその 企 業 債 返 済 の 原 資 の 基 軸 となる 収 益 状 況 を 公 営 地 下 鉄 全 体 及 び 各 公 営 地 下 鉄 事 業 者 について 分 析 した 全 体 として 資 本 費 負 担 が 大 きいものの 一 部 事 業 者 を 除 いて 収 益 構 造 は 改 善 傾 向 にあるといえる ただし 補 助 金 に 依 存 している 側 面 もみられ さ らなる 収 益 及 び 効 率 性 向 上 策 が 期 待 される 大 阪 市 では 2008 年 度 には 累 積 欠 損 金 が 一 掃 されており 東 京 都 も 着 実 に 累 積 欠 損 金 残 高 を 減 らしてきている 札 幌 市 仙 台 市 名 古 屋 市 なども 営 業 収 益 対 比 で はやや 増 加 あるいはあまり 変 化 がないが 絶 対 額 は 減 少 している 京 都 など 収 益 面 からは 早 急 な 対 策 が 必 要 な 公 営 地 下 鉄 があるが 大 都 市 の 基 本 的 インフラとし ての 地 下 鉄 の 公 益 性 を 考 えれば 収 益 性 だけで 全 てを 判 断 して 良 いとは 思 わない ただし 収 益 性 の 面 からみてさらなる 改 善 を 目 指 すのは 当 然 であり その 一 環 と して 経 営 のあり 方 に 関 する 議 論 もなされるべきであろう 公 営 地 下 鉄 が 運 営 されている 大 都 市 は 人 口 減 少 高 齢 化 の 影 響 は 地 方 圏 より は 相 対 的 に 小 さいと 推 測 されるが 今 のうちから 対 策 を 進 めておくべきである また 新 規 路 線 によるネットワークを 大 幅 に 拡 充 してきた 地 下 鉄 も 今 後 は 更 新 需 要 が 増 加 していくことは 間 違 いない こうした 社 会 構 造 変 化 や 更 新 需 要 増 加 を 踏 まえ 収 益 性 公 益 性 を 総 合 的 に 判 断 して より 良 い 方 向 性 を 見 出 していくこ とに 資 する 経 営 のあり 方 に 関 する 議 論 が 望 まれる

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義 コンサルティングレポート 2013 年 10 月 11 日 全 13 頁 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 の 現 状 と 政 策 的 意 義 コンサルティング ソリューション 第 一 部 主 任 コンサルタント 米 川 誠 [ 要 約 ] 本 年 3 月 20 日 阪 神 三 宮 駅 の 全 面 改 良 工 事 が 完 成 した これにより アクセス 性 向 上 乗 り 換 え 時 間 短

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か 金 融 資 本 市 場 215 年 9 月 3 日 全 1 頁 企 業 年 金 の 先 行 きは 縮 小 か 普 及 拡 大 か 厚 生 年 金 基 金 と 同 時 に DB DC においても 全 体 的 な 見 直 しが 進 む 金 融 調 査 部 研 究 員 佐 川 あぐり [ 要 約 ] 214 年 4 月 に 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための

More information

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース みずほインサイト 日 本 経 済 13 年 1 月 7 日 日 本 企 業 のマネーフローに 変 化 は みられるか みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 市 場 調 査 部 金 融 調 査 部 3-3591-18/3-3591-1351 13 年 7~9 月 期 における 日 本 企 業 の 資 金 運 用 ( 資 金 の 使 い 途 )は 大 企 業 では 投 融 資 の 増 加 を 背

More information

第2部-6.indd

第2部-6.indd 第 6 章 金 融 保 険 業 第 6 章 金 融 保 険 業 1 金 融 保 険 業 の 概 況 (1) 再 編 が 進 む 金 融 保 険 業 金 融 保 険 業 は 金 融 取 引 の 規 制 緩 和 を 背 景 に 銀 行 業 や 証 券 業 保 険 業 等 の 業 態 の 垣 根 を 越 えて 収 益 力 の 高 い 金 融 コングロマリット( 複 合 企 業 )を 目 指 す 時 代 に

More information

子ども手当・高校無償化と税制改正の影響(詳細版)

子ども手当・高校無償化と税制改正の影響(詳細版) Legal and Tax Report 2009 年 12 月 30 日 全 8 頁 子 ども 手 当 高 校 無 償 化 と 税 制 改 正 の 影 響 ( 詳 細 版 ) 制 度 調 査 部 是 枝 俊 悟 2010 年 度 税 制 改 正 大 綱 (4) 個 人 所 得 課 税 の 改 正 と 政 府 の 育 児 教 育 施 策 [ 要 約 ] 2009 年 12 月 22 日 に 2010

More information

復興特別法人税の前倒し廃止の検討

復興特別法人税の前倒し廃止の検討 税 制 A to Z 2013 年 11 月 25 日 全 6 頁 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 の 検 討 民 間 投 資 活 性 化 等 のための 税 制 改 正 大 綱 の 解 説 その 4( 最 終 回 ) 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 平 成 25 年 10 月 1 日 自 由 民 主 党 および 公 明 党 は 民 間 投 資 活

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

超高齢社会に向けた家計金融資産運用

超高齢社会に向けた家計金融資産運用 特 集 超 高 齢 日 本 の 再 構 想 中 里 幸 聖 / 佐 川 あぐり/ 中 田 理 惠 要 約 超 高 齢 社 会 となるわが 国 は 家 計 の 金 融 資 産 の 減 少 要 因 を 抱 えている 家 計 の 金 融 資 産 の 減 少 は 最 終 需 要 にマイナス 要 素 であると 同 時 に 実 物 投 資 の 原 資 減 少 という 形 で 生 産 活 動 にもマイナス 要 素

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25(2013) 年 3 月 推 計 ) - 平 成 22(2010)~52(2040) 年 - Ⅰ. 推 計 方 法 の 概 要... 1 1. 推 計 期 間... 1 2. 推 計 の 対 象 となる... 1 3. 推 計 方 法... 2 4. 基 準 人 口... 2 5. 将 来 の 生 残 率... 2 6. 将 来 の 純

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx 平 成 25 年 度 佐 倉 市 決 算 ( 普 通 会 計 )の 概 要 各 地 方 公 共 団 体 は 毎 年 度 決 算 状 況 を 1 枚 のカード( 決 算 カード)にまとめて 公 表 していま す この 決 算 状 況 のまとめは 総 務 省 が 行 う 地 方 財 政 状 況 調 査 の 会 計 区 分 である 普 通 会 計 に より 算 定 されます これは 一 般 会 計 及 び

More information

大 分 類 小 分 類 建 設 工 事 の 種 類 土 木 建 築 工 事 業 前 記 による 総 合 工 事 業 土 木 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の8 割 以 上 ) 建 築 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の2 割 未 満 ) 設 備 工

大 分 類 小 分 類 建 設 工 事 の 種 類 土 木 建 築 工 事 業 前 記 による 総 合 工 事 業 土 木 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の8 割 以 上 ) 建 築 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の2 割 未 満 ) 設 備 工 建 設 業 の 経 営 分 析 ( 平 成 26 年 度 ) ( 概 要 版 ) 1. 調 査 の 概 要 (1) 調 査 目 的 建 設 企 業 の 経 営 分 析 を 行 い 建 設 業 の 健 全 な 発 展 に 資 する 基 礎 資 料 を 得 ることを 目 的 とする (2) 調 査 事 項 各 財 務 比 率 の 平 均 値 を 調 査 した (3) 調 査 対 象 一 般 財 団 法

More information

mizuho-REMR-2015-4-CC.indd

mizuho-REMR-2015-4-CC.indd 4 April,215 相 続 に 関 する 近 年 の 概 況 と 相 続 対 策 など についての 意 識 2 経 済 トレンド ウォッチ 4 不 動 産 市 場 トレンド ウォッチ 6 今 後 相 続 財 産 を 受 け 取 る 可 能 性 と 相 続 対 策 実 施 の 有 無 などについて 8 本 レポートに 関 するお 問 い 合 わせ 先 みずほ 信 託 銀 行 株 式 会 社 不 動

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の 平 成 22 年 度 決 算 行 田 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 平 成 24 年 3 月 行 田 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体

More information

1 不 動 産 天 気 予 報 1 概 況 全 用 途 ベースでの213 年 12 月 末 時 点 の 天 気 は くもり だが 214 年 は 上 期 下 期 ともに 晴 れ 時 々くもり となり 回 復 に 向 かう 予 報 となっ た 用 途 別 では レジデンス 物 流 施 設 は 前 回

1 不 動 産 天 気 予 報 1 概 況 全 用 途 ベースでの213 年 12 月 末 時 点 の 天 気 は くもり だが 214 年 は 上 期 下 期 ともに 晴 れ 時 々くもり となり 回 復 に 向 かう 予 報 となっ た 用 途 別 では レジデンス 物 流 施 設 は 前 回 不 動 産 市 場 動 向 RealEstate Market Status 214 Spring 1 不 動 産 天 気 予 報 1 概 況 全 用 途 ベースでの213 年 12 月 末 時 点 の 天 気 は くもり だが 214 年 は 上 期 下 期 ともに 晴 れ 時 々くもり となり 回 復 に 向 かう 予 報 となっ た 用 途 別 では レジデンス 物 流 施 設 は 前 回 に

More information

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに 1 現 行 の 電 気 料 金 制 度 と 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 2 月 3 日 2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを

資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを 用 語 解 説 1 共 通 事 項 用 語 算 出 方 法 解 説 経 常 収 支 比 率 (%) ( 法 適 用 企 業 ) 経 常 収 益 経 常 費 用 損 益 計 算 書 の 項 目 間 の 分 析 であり 企 業 にとっては 最 も 重 要 な 指 標 の 一 つである この 比 率 は 主 たる 営 業 活 動 によって 得 た 収 益 と 他 の 関 連 する 収 益 の 合 算 を

More information

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長 高 速 道 路 の 計 画 的 更 新 と 料 金 徴 収 期 間 の 延 長 道 路 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 村 田 和 彦 1.はじめに 我 が 国 においては 昭 和 30 年 代 に 入 ると 経 済 規 模 の 拡 大 に 伴 い 自 動 車 交 通 が 激 増 し 高 速 交 通 のための 高 規 格 の 道 路 に 対

More information

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し 213. 2. 22 ( 第 45 号 -1) 新 設 住 宅 着 工 見 通 し 213. 2. 15 ( 第 44 号 -3) 中 古 住 宅 平 成 25 年 1 月 の 動 向 213.2.22 ( 第 45 号 ) 新 設 住 宅 着 工 戸 数 の 見 通 し 1~12 月 期 GDP1 次 速 報 後 ( 注 ) 前 回 の 予 測 はPromotional i 33 号 (11/22)

More information

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要 平 成 25 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 速 報 集 計 結 果 の 概 要 平 成 26 年 7 月 29 日 総 務 省 統 計 局 目 次 結 果 の 概 要 第 1 章 住 宅 世 帯 の 概 況 1 総 住 宅 数 と 総 世 帯 数 1 2 居 住 世 帯 の 有 無 2 第 2 章 住 宅 の 状 況 1 住 宅 の 種 類 3 2 建 て 方, 構 造 4 3 建 築 の 時

More information

ができたとしよう この 場 合 世 帯 数 要 因 は 東 京 での 増 加 と 秋 田 での 減 少 で 相 殺 されるためゼロと 考 える 同 時 に 住 居 を 必 要 としている 人 が 秋 田 県 に 引 っ 越 してその 住 宅 を 建 替 えた 場 合 には 建 替 え 要 因 として

ができたとしよう この 場 合 世 帯 数 要 因 は 東 京 での 増 加 と 秋 田 での 減 少 で 相 殺 されるためゼロと 考 える 同 時 に 住 居 を 必 要 としている 人 が 秋 田 県 に 引 っ 越 してその 住 宅 を 建 替 えた 場 合 には 建 替 え 要 因 として みずほインサイト 日 本 経 済 216 年 1 月 4 日 今 後 の 住 宅 市 場 をどうみるか?1 住 宅 着 工 は22 年 代 に 6 万 戸 台 へ 経 済 調 査 部 エコノミスト 多 田 出 健 太 3-3591-1283 kenta.tadaide@mizuho-ri.co.jp 世 帯 数 建 替 え ミスマッチの3 要 因 から 住 宅 着 工 戸 数 の 長 期 予 測 を

More information

以 降 はほぼ 横 ばいで 推 移 している( 図 表 1) 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 までの 過 去 6 年 間 の 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について 収 支 の 状 況 をみてみると 医 業 収 益 対 医 業 利 益 率 ( 以 下 医 業 利 益 率 とい

以 降 はほぼ 横 ばいで 推 移 している( 図 表 1) 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 までの 過 去 6 年 間 の 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について 収 支 の 状 況 をみてみると 医 業 収 益 対 医 業 利 益 率 ( 以 下 医 業 利 益 率 とい Research Report 2015 年 8 月 7 日 経 営 サポートセンター リサーチグループ 主 査 浅 野 俊 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について( 平 成 20 年 度 - 平 成 25 年 度 ) 福 祉 医 療 機 構 のデータに 基 づき 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 までにわたる 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について 経 年 分 析 を

More information

はじめに 安 倍 政 権 が 推 進 しているアベノミクスは 第 一 の 矢 である 大 胆 な 金 融 政 策 と 第 二 の 矢 である 機 動 的 な 財 政 政 策 で 景 気 を 浮 揚 させつつデフレからの 脱 却 を 果 たし 第 三 の 矢 である 民 間 投 資 を 喚 起 する

はじめに 安 倍 政 権 が 推 進 しているアベノミクスは 第 一 の 矢 である 大 胆 な 金 融 政 策 と 第 二 の 矢 である 機 動 的 な 財 政 政 策 で 景 気 を 浮 揚 させつつデフレからの 脱 却 を 果 たし 第 三 の 矢 である 民 間 投 資 を 喚 起 する 平 成 27 年 (215 年 )6 月 3 日 NO.215-6 成 長 力 の 底 上 げに 向 け 前 向 きな 変 化 が 現 れてきた 企 業 行 動 要 旨 企 業 行 動 の 前 向 きな 変 化 の 背 景 には 経 常 利 益 が 過 去 最 高 を 更 新 するなど 円 安 基 調 の 定 着 を 受 けた 収 益 環 境 の 全 般 的 な 改 善 がある 円 安 基 調 の

More information

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって 平 成 16 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 は じ め に わが 国 経 済 の 喫 緊 の 課 題 は デフレの 克 服 内 需 拡 大 特 に GDPの6 割 を 占 める 個 人 消 費 を 中 心 とした 民 間 需 要 の 回 復 にある 税 制 の 見 直 しは これらの 課 題 を 解 決 するうえで 多 くの 企 業 を 活 性 化 さ せ また 個 人 の 消

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

経済・物価情勢の展望(2015年4月)

経済・物価情勢の展望(2015年4月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2015 年 4 月 30 日 日 本 銀 行 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にか けて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけ ては 消 費 税 率 引 き 上

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題 奨 学 金 制 度 の 拡 充 とそれに 伴 う 財 政 的 視 点 からの 課 題 予 算 委 員 会 調 査 室 藤 井 亮 二 人 材 こそが 日 本 が 世 界 に 誇 る 最 大 の 資 源 である 平 成 25 年 6 月 14 日 に 閣 議 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 -JAPAN is BACK- の 一 文 である 今 夏 の 参 院 選 において 各 政 党 は 就

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc Ⅰ. 市 街 化 区 域 内 農 地 の 資 産 価 値 の 整 理 1. 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 の 負 担 水 準 等 の 経 年 変 化 等 についての 税 制 上 の 整 理 1) 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 制 度 の 基 本 的 な 仕 組 み 農

More information

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか?

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか? 日 本 経 済 予 測 Monthly 216 年 6 月 21 日 全 頁 日 本 経 済 見 通 し: 何 故 個 人 消 費 は 低 迷 して いるのか? 国 内 要 因 が 景 気 下 支 え 役 となるが 海 外 発 の 景 気 下 振 れリスクは 残 存 エコノミック インテリジェンス チーム 執 行 役 員 チーフエコノミスト 熊 谷 亮 丸 シニアエコノミスト 長 内 智 エコノミスト

More information

父親の育児休業取得と経済的負担

父親の育児休業取得と経済的負担 Legal and Tax Report 父 親 の 育 児 休 業 取 得 と 経 済 的 負 担 2010 年 5 月 25 日 全 9 頁 制 度 調 査 部 是 枝 俊 悟 育 児 休 業 給 付 金 税 社 会 保 険 料 を 考 慮 した 世 帯 手 取 り 収 入 の 変 化 の 試 算 [ 要 約 ] 2010 年 6 月 30 日 から 改 正 育 児 介 護 休 業 法 が 施

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

ポイント 上 昇 が 上 昇 し 専 修 校 一 般 課 程 等 入 1.4ポイント 低 下 などが 低 下 しており 上 述 した 傾 向 がより 顕 著 に 表 れている また 同 時 に 一 時 的 な 仕 事 に 就 いた 者 1.1ポイント 低 下 およびその 他 の 者 1.5ポイント

ポイント 上 昇 が 上 昇 し 専 修 校 一 般 課 程 等 入 1.4ポイント 低 下 などが 低 下 しており 上 述 した 傾 向 がより 顕 著 に 表 れている また 同 時 に 一 時 的 な 仕 事 に 就 いた 者 1.1ポイント 低 下 およびその 他 の 者 1.5ポイント 調 査 レポート 調 査 レポート 原 稿 15 年 1 月 東 日 東 本 日 大 本 震 大 災 後 の の 高 校 卒 業 業 者 者 の の 路 動 路 向 動 向 1. 概 況 文 部 科 省 校 基 本 調 査 における の 14 年 3 月 の 高 校 卒 業 者 数 は 前 年 比 597 人 2.9 減 の19,657 人 となり 2 年 ぶりに 前 年 を 下 回 った 路 別

More information

<4D F736F F D2091E682518FCD F5A91EE81458F5A8AC28BAB82CC8FF38BB52E646F63>

<4D F736F F D2091E682518FCD F5A91EE81458F5A8AC28BAB82CC8FF38BB52E646F63> 第 2 章 豊 中 市 の 住 宅 住 環 境 をとりまく 現 状 1 住 宅 住 環 境 の 状 況 1-1 人 口 世 帯 の 状 況 (1) 人 口 世 帯 数 人 口 は 今 後 減 少 傾 向 が 見 込 まれている 世 帯 数 は 緩 やかな 増 加 傾 向 がまだ 続 いているが 世 帯 の 小 規 模 化 が 進 行 している 人 口 は 昭 和 60 年 をピークに 漸 減 または

More information

mizuho-REMR-2014-3-CC.indd

mizuho-REMR-2014-3-CC.indd March,21 21 年 東 京 圏 の 分 譲 マンション 市 場 の 動 向 2 経 済 トレンド ウォッチ 不 動 産 市 場 トレンド ウォッチ 中 古 マンション 市 場 の 動 向 (21 年 東 京 圏 ) 8 本 レポートに 関 するお 問 い 合 わせ 先 みずほ 信 託 銀 行 株 式 会 社 不 動 産 企 画 部 夏 目 和 宏 TEL.-2-99( 代 表 ) 21 年

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

(2) 支 状 況 保 育 所 ( 定 員 60 人 以 上 ) 支 状 況 は 次 とおりです 1 総 入 構 成 比 は 割 合 が88.1% 活 動 外 入 が2.1% 特 別 入 が9.8%でした 2 構 成 比 は 運 営 費 入 が80.1% 経 常 経 費 補 助 金 入 が17.8%

(2) 支 状 況 保 育 所 ( 定 員 60 人 以 上 ) 支 状 況 は 次 とおりです 1 総 入 構 成 比 は 割 合 が88.1% 活 動 外 入 が2.1% 特 別 入 が9.8%でした 2 構 成 比 は 運 営 費 入 が80.1% 経 常 経 費 補 助 金 入 が17.8% 認 可 保 育 所 経 営 析 参 考 指 標 ( 平 成 22 年 度 決 算 ) 1. 保 育 所 ( 定 員 60 人 以 上 ) (1) 機 能 性 状 況 保 育 所 ( 定 員 60 人 以 上 ) 有 効 集 対 象 3,086 施 設 機 能 性 状 況 は 次 とおりです 1 平 均 認 可 定 員 数 は108.5 人 で 利 用 率 は110.0%でした 2 在 所 児 1 人

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 平 成 25 年 5 月 神 奈 川 県 南 足 柄 市 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革

More information

広 島 高 速 道 路 ネットワーク 広 島 都 市 高 速 道 路 整 備 計 画 路 線 供 用 区 間 凡 例 事 業 中 区 間 暫 定 2 車 線 区 間 整 備 ランプ 公 共 事 業 整 備 区 間 基 本 計 画 路 線 計 画 検 討 路 線 1

広 島 高 速 道 路 ネットワーク 広 島 都 市 高 速 道 路 整 備 計 画 路 線 供 用 区 間 凡 例 事 業 中 区 間 暫 定 2 車 線 区 間 整 備 ランプ 公 共 事 業 整 備 区 間 基 本 計 画 路 線 計 画 検 討 路 線 1 広 島 高 速 道 路 公 社 IR 説 明 資 料 Hiroshima expressway public corporation 2008 年 12 月 広 島 高 速 道 路 公 社 Hiroshima expressway public corporation 広 島 高 速 道 路 ネットワーク 広 島 都 市 高 速 道 路 整 備 計 画 路 線 供 用 区 間 凡 例 事 業 中 区

More information

H27あらましP0(表紙)ホームページ

H27あらましP0(表紙)ホームページ 平 成 27 年 地 価 調 査 のあらまし 第 1 地 価 調 査 制 度 の 概 要 1 地 価 調 査 の 目 的 2 調 査 対 象 区 域 3 調 査 地 点 数 4 基 準 地 の 選 定 基 準 5 価 格 判 定 の 基 準 日 6 価 格 の 判 定 7 標 準 価 格 の 性 格 8 周 知 措 置 9 用 語 の 定 義 第 2 全 国 の 状 況 1 概 要 2 栃 木 県

More information

mizuho-REMR-2015-1-CC.indd

mizuho-REMR-2015-1-CC.indd 1 January,2015 J-REITの 運 用 資 産 にみる 賃 貸 マンションの 稼 働 状 況 2 経 済 トレンド ウォッチ 4 不 動 産 市 場 トレンド ウォッチ 6 J-REITが 東 京 23 区 に 保 有 する 賃 貸 マンションの 運 用 状 況 8 本 レポートに 関 するお 問 い 合 わせ 先 みずほ 信 託 銀 行 株 式 会 社 不 動 産 業 務 部 金 子

More information

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 参 考 資 料 1 ( 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 ) 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 した 成 長 志 向 の 法 人

More information

<483236958192CA8CF0957490C58E5A92E88C8B89CA8169388C8E8CF6955C816A2E786C73>

<483236958192CA8CF0957490C58E5A92E88C8B89CA8169388C8E8CF6955C816A2E786C73> 平 成 26 中 津 市 における 普 通 交 付 税 算 定 結 果 交 付 決 定 額 ( 千 円 ) 交 付 決 定 額 対 前 伸 び 率 財 政 力 指 数 平 成 22 11,486,011 6.4% 0.490 平 成 23 11,597,848 1.0% 0.473 平 成 24 11,657,421 0.5% 0.471 平 成 25 10,952,521 6.0% 0.488 平

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

経 済 調 査 部 エコノミスト 齋 藤 周 3-3591-1283 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が 信

経 済 調 査 部 エコノミスト 齋 藤 周 3-3591-1283 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が 信 みずほリポート 214 年 6 月 9 日 相 続 税 法 改 正 と 貸 家 着 工 税 制 改 正 が 貸 家 着 工 に 与 える 影 響 試 算 213 年 の 貸 家 着 工 は 前 年 比 +11.8%と 大 幅 に 増 加 低 金 利 や 住 宅 価 格 の 先 高 観 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 駆 け 込 みに 加 えて 213 年 度 税 制 改 正 で 決 定 した

More information

mizuho-REMR-2015-6-CC.indd

mizuho-REMR-2015-6-CC.indd 6 June,215 賃 貸 共 同 住 宅 の 空 室 率 と 人 口 移 動 の 関 係 2 経 済 トレンド ウォッチ 4 不 動 産 場 トレンド ウォッチ 6 京 圏 京 都 神 奈 埼 玉 千 葉 の の 状 況 8 本 レポートに 関 するお 問 い 合 わせ 先 みずほ 信 託 銀 行 株 式 会 社 不 動 産 業 務 部 金 伸 幸 TEL.3-3274-979 代 表 賃 貸

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 資 料 3-2 平 成 23 度 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 23 度 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203281408F4390B336338D8682CD82B682DF82C92E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203281408F4390B336338D8682CD82B682DF82C92E646F6378> 一 般 財 団 法 人 建 設 経 済 研 究 所 は1982 年 ( 昭 和 57 年 )9 月 1 日 に 設 立 され 我 が 国 の 国 民 生 活 の 安 全 安 心 や 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 に 対 応 した 国 土 づくりや 経 済 基 盤 整 備 の 担 い 手 として 今 後 益 々 重 要 になると 思 われる 建 設 産 業 の 役 割 について その 内 容 を

More information

資 料 1. 税 体 系 のオーバーホールの 方 向 性 非 正 規 雇 用 の 増 加 等 による 労 働 市 場 の 変 容 若 年 低 所 得 層 の 増 加 に 鑑 み 税 の 所 得 再 分 配 機 能 を 高 め 個 人 所 得 課 税 る これを 通 じて 結 婚 して 子 どもを 産

資 料 1. 税 体 系 のオーバーホールの 方 向 性 非 正 規 雇 用 の 増 加 等 による 労 働 市 場 の 変 容 若 年 低 所 得 層 の 増 加 に 鑑 み 税 の 所 得 再 分 配 機 能 を 高 め 個 人 所 得 課 税 る これを 通 じて 結 婚 して 子 どもを 産 Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート どうなる? 税 制 のオーバーホール 発 表 日 :2016 年 4 月 8 日 ( 金 ) ~ 若 年 低 所 得 子 育 て 世 帯 の 負 担 軽 減 へ 舵 を 切 るか~ ( 要 旨 ) 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 副 主 任 エコノミスト 星 野 卓 也 TEL:03-221-447 政

More information

年収1,000万円前後の層に負担増が集中する

年収1,000万円前後の層に負担増が集中する 税 制 A to Z 2014 年 1 月 28 日 全 12 頁 年 収 1,000 万 円 前 後 の 層 に 負 担 増 が 集 中 する 平 成 26 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 所 得 税 )と 家 計 関 連 の 予 算 の 解 説 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 本 稿 は 平 成 26 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 以 下 大 綱 )のうち

More information

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L)

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L) 平 成 24 年 度 稚 内 市 財 務 書 類 報 告 書 ( 新 地 方 公 会 計 制 度 - 総 務 省 方 式 改 訂 モデル) 貸 借 対 照 表 行 政 コ ス ト 計 算 書 純 資 産 変 動 計 算 書 資 金 収 支 計 算 書 北 海 道 稚 内 市 平 成 26 年 3 月 はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する

More information

Microsoft Word - 006第Ⅰ章第2節.doc

Microsoft Word - 006第Ⅰ章第2節.doc 分 譲 マンション 市 場 の 動 向 地 価 の 下 げ 止 まり 等 によるマンション 販 売 価 格 上 昇 や 量 的 緩 和 政 策 及 びゼロ 金 利 政 策 解 除 による 金 利 上 昇 など 分 譲 マンション 市 場 を 取 り 巻 く 外 部 環 境 は 変 化 が 生 じてき ている 分 譲 マンション 市 場 をめぐる 最 近 の 動 向 と 今 後 の 先 行 きについて

More information

日本学生支援機構入札説明会資料

日本学生支援機構入札説明会資料 日 本 学 生 支 援 機 構 について 平 成 28 年 3 月 概 要 政 策 上 の 重 要 性 国 との 関 係 事 業 の 概 況 極 めて 高 い 社 会 的 意 義 政 策 的 重 要 性 日 本 国 憲 法 や 教 育 基 本 法 に 定 められた 教 育 の 機 会 均 等 を 制 度 的 に 支 える 教 育 の セーフティネット と 位 置 づけられる 役 割 国 の 強 い

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

Microsoft Word - N-20081110容積率.doc

Microsoft Word - N-20081110容積率.doc Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート テーマ: 容 積 率 緩 和 が 住 宅 投 資 に 及 ぼす 影 響 発 表 日 :08 年 11 月 12 日 ( 水 ) ~20%の 緩 和 で 名 目 GDP1.3 兆 円 分 の 潜 在 需 要 創 出 ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利 廣 (03-5221-4531)

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

平 成 25 年 度 豊 島 区 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 豊 島 区 健 全 化 判 断 比 率 審 査 意 見 書 平 成 26 年 9 月 豊 島 区 監 査 委 員 平 成 25 年 度 豊 島 区 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 平 成 26 年 9 月 豊 島 区 監 査 委 員 目 次 各 会 計 決 算 審 査 意 見 第 1 審 査 の 対 象 1 頁 第

More information

Microsoft Word - 103第Ⅱ章第2節.docx

Microsoft Word - 103第Ⅱ章第2節.docx 平 成 21 間 回 顧 住 宅 投 資 の 動 向 について 以 降 建 設 投 資 は 低 迷 しており その 中 で 住 宅 投 資 の 下 落 は 顕 著 である 21 12 月 の 新 設 住 宅 着 工 戸 数 は 前 同 月 比.7% 減 の 6.9 万 戸 と 前 比 マイナス は13カ 月 続 いており 21 では 前 比 27.9%の 78 万 841 戸 であった 8 万 戸

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene.

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene. 平 成 23 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 ( 役 職

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2_20151218木材需給会議資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2_20151218木材需給会議資料.pptx 資 料 2 最 近 の 住 宅 着 工 動 向 等 に 関 する 資 料 平 成 27 年 12 月 ( 独 ) 住 宅 金 融 支 援 機 構 調 査 部 新 設 住 宅 着 工 戸 数 (2015 年 10 月 )は 8か 月 ぶりにマイナス 2015 年 10 月 の 新 設 住 宅 着 工 戸 数 は77,153 戸 前 年 同 月 比 伸 び 率 は 2.5%で 8か 月 ぶりにマイナスに

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408261955C8E86819596DA8E9F81409299927E2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408261955C8E86819596DA8E9F81409299927E2E646F63> 資 料 第 1196 号 平 成 21 全 国 消 費 実 態 調 査 調 査 結 果 貯 蓄 負 債 編 広 島 県 統 計 課 目 次 用 語 の 解 説 1 貯 蓄 負 債 の 範 囲 と 内 容 3 結 果 の 概 要 貯 蓄 現 在 高 の 時 系 列 推 移 5 貯 蓄 現 在 高 の 種 類 別 保 有 率 の 推 移 7 負 債 現 在 高 の 時 系 列 推 移 1 住 宅 土 地

More information

「大阪都構想の動向と実現への課題」

「大阪都構想の動向と実現への課題」 事 例 研 究 ( 現 代 行 政 Ⅰ) 最 終 レポート 大 阪 都 構 想 の 動 向 と 実 現 への 課 題 東 京 大 学 公 共 政 策 大 学 院 法 政 策 コース 1 年 田 村 真 善 目 次 1. はじめに 2. 大 阪 都 構 想 の 概 要 3. 大 阪 都 構 想 の 動 向 4. 大 阪 都 構 想 の 問 題 点 5. 今 後 の 課 題 財 政 調 整 事 務 配

More information

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台 6.8 自 動 車 (1) 概 要 自 動 車 等 関 係 費 は 全 国 平 均 21,862 円 に 対 し て 茨 城 県 (33,353 円 )が 全 国 1 位 以 下 岐 阜 県 (29,989 円 ) 滋 賀 県 (29,011 円 ) 岡 山 県 (28,770 円 ) 栃 木 県 (28,516 円 )の 順 となっており 上 位 10 県 は 図 表 6.8-1 のとおり 全 国

More information

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶 私 たちの 国 有 財 産 ご 存 知 ですか? 国 有 財 産 わが 国 には 国 の 行 政 機 関 や 国 会 などの 庁 舎 や 国 道 港 湾 公 園 さらには 国 有 林 など 多 くの 国 有 財 産 があり そのひとつひとつが 私 たちの 生 活 に 関 係 する 大 切 なものになっていま 財 務 省 では 国 民 共 有 の 財 産 である 国 有 財 産 が 有 効 に 活 用

More information

平成22年度

平成22年度 平 成 2 2 年 度 新 地 方 公 会 計 制 度 基 準 モデル による 佐 呂 間 町 の 財 務 書 類 北 海 道 佐 呂 間 町 ( 企 画 財 政 課 ) 目 次 Ⅰ 新 しい 地 方 公 会 計 制 度 の 概 要 Ⅱ 平 成 22 年 度 佐 呂 間 町 財 務 書 類 Ⅰ 新 しい 地 方 公 会 計 制 度 の 概 要 市 町 村 など 地 方 公 共 団 体 の 財 務 情

More information

タイトル

タイトル Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート テーマ:エンゲル 係 数 から 見 た 食 品 値 上 げの 影 響 発 表 日 :7 年 月 6 日 ( 火 ) ~ 家 計 負 担 増 +6,79 円 / 年 や 輸 入 増 を 通 じて 名 目 GDP 9,55 億 円 押 下 げ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 永 濱 利 廣 (3-5-453)

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A> 参 考 資 料 資 料 No.5 財 政 制 度 財 政 用 語 目 次 地 方 交 付 税 について 1 普 通 交 付 税 における 財 源 調 整 機 能 2 財 政 力 指 数 3 標 準 財 政 規 模 4 地 方 債 について 5 地 方 債 の 効 果 6 地 方 債 の 償 還 7 人 事 委 員 会 勧 告 制 度 8 民 間 給 与 との 比 較 方 法 9 地 方 財 政 をめぐる

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

平成20年12月30日

平成20年12月30日 報 道 関 係 各 位 平 成 22 年 1 月 25 日 東 京 都 港 区 高 輪 三 丁 目 19 番 15 号 日 本 貸 金 業 協 会 会 長 小 杉 俊 二 問 い 合 わせ 先 企 画 調 査 部 調 査 課 電 話 番 号 03-5739-3013 FAX 番 号 03-5739-3027 資 金 需 要 者 等 の 現 状 と 動 向 に 関 するアンケート 調 査 報 告 ~

More information

Ⅰ.2015 年 度 (2016 年 3 月 期 ) 決 算 概 要 1

Ⅰ.2015 年 度 (2016 年 3 月 期 ) 決 算 概 要 1 決 算 補 足 説 明 資 料 2015 年 度 (2016 年 3 月 期 ) 決 算 概 要 2016 年 5 月 13 日 9042 http://www.hankyu-hanshin.co.jp/ この 資 料 には 現 時 点 の 将 来 に 関 する 前 提 見 通 しに 基 づく 予 測 が 含 まれています 実 際 の 業 績 等 は 様 々な 要 因 により 記 載 の 予 想 数

More information

高速道路の有効活用に関する個人向けアンケート調査について

高速道路の有効活用に関する個人向けアンケート調査について 高 速 道 路 の 有 効 活 用 に 関 する 個 人 向 け アンケート 調 査 について 高 速 道 路 は, 平 常 時 は 人 流 物 流 を 支 える 大 動 脈 として, 緊 急 時 は 被 災 地 への 救 援 物 資 の 輸 送 などを 支 える 命 の 道 として, 経 済 の 活 性 化 のみならず, 国 民 の 安 全 安 心 を 守 るインフラであり,その 機 能 を 最

More information

位置図

位置図 平 成 28 年 地 価 公 示 価 格 形 成 要 因 等 の 概 要 千 葉 県 代 表 幹 事 佐 藤 元 彦 Ⅰ. 地 価 動 向 の 特 徴 と 要 因 < 住 宅 地 > 1 千 葉 県 全 体 の 地 価 動 向 住 宅 地 の 平 均 地 価 変 動 率 は +0.2%(+0.1)と 若 干 上 昇 しており 上 昇 下 落 地 点 数 に 関 しては 公 示 地 の 上 昇 地 点

More information

市 の 人 口 密 度 は 5,000 人 を 超 え 図 4 人 口 密 度 ( 単 位 : 人 /k m2) に 次 いで 高 くなっている 0 5,000 10,000 15,000 首 都 圏 に 立 地 する 政 令 指 定 都 市 では 都 内 に 通 勤 通 学 する 人 口 が 多

市 の 人 口 密 度 は 5,000 人 を 超 え 図 4 人 口 密 度 ( 単 位 : 人 /k m2) に 次 いで 高 くなっている 0 5,000 10,000 15,000 首 都 圏 に 立 地 する 政 令 指 定 都 市 では 都 内 に 通 勤 通 学 する 人 口 が 多 政 令 指 定 都 市 市 の 特 徴 ~ 他 都 市 等 との 比 較 と 政 策 の 方 向 性 市 が 政 令 指 定 都 市 となって 4 年 経 過 した 2007( 平 成 19) 年 4 月 に 市 と 市 が 加 わり 政 令 指 定 都 市 は 全 国 で 17 市 となった そこで 改 めて 他 の 政 令 指 定 都 市 と 比 較 分 析 を 実 施 した 図 1 政 令 指

More information

経済・物価情勢の展望(2015年10月)

経済・物価情勢の展望(2015年10月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 10 月 ) 2015 年 10 月 30 日 日 本 銀 行 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にかけて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけては 消 費 税 率 引 き 上

More information

公的年金運用改革は一元化後に本格化するか

公的年金運用改革は一元化後に本格化するか 金 融 資 本 市 場 2015 年 11 月 16 日 全 9 頁 公 的 年 金 運 用 改 革 は 一 元 化 後 に 本 格 化 するか 被 用 者 年 金 一 元 化 を 見 据 え 各 共 済 組 合 等 も 資 産 構 成 に 変 化 がみられる 金 融 調 査 部 研 究 員 佐 川 あぐり [ 要 約 ] 公 的 年 金 の 資 産 総 額 は 205.4 兆 円 と 8 年 ぶりに

More information

Microsoft Word - 20130603050.docx

Microsoft Word - 20130603050.docx 東 日 本 大 震 災 からの 住 宅 の 再 建 に 向 けた 取 組 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 廣 原 孝 一 1. はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 により 東 北 地 方 沿 岸 部 を 中 心 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 しており 建 築 物 の 被 害 は 全 国 で 全 壊 約 13 万 戸

More information

Microsoft Word - 2016-03 Buy-to-let(JP).doc

Microsoft Word - 2016-03 Buy-to-let(JP).doc 海 外 駐 在 情 報 BTMU Focus, London Akiko Darvell 44-20-7577-1591 akiko.darvell@uk.mufg.jp March, 24, 2016 英 国 における 賃 貸 用 住 宅 融 資 の 増 加 とリスク < 要 旨 > 英 国 では 賃 貸 用 物 件 購 入 を 目 的 とした 住 宅 ローン 貸 付 (Buy-to-Let Mortgage

More information

世 田 谷 区 将 来 人 口 の 推 計 26 年 2 月 世 田 谷 区 目 次 1 人 口 推 計 の 方 法 2 1.1 人 口 推 計 にあたり 2 1.2 推 計 方 法 3 2 世 田 谷 区 全 域 の 将 来 人 口 推 計 ( 日 本 人 のみ) 4 2.1 3つの 変 動 要 因 ( 出 生 死 亡 移 動 )の 将 来 値 設 定 4 2.2 総 人 口 と 男 女 別 人

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63> 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可

More information

Microsoft Word - 001 運営方針(本編)

Microsoft Word - 001 運営方針(本編) 第 2 事 業 の 現 状 把 握 1 経 営 分 析 経 営 指 標 等 を 用 い 工 業 用 水 道 事 業 の 経 営 分 析 を 行 った なお 経 営 分 析 を 行 うに 当 たり 埼 玉 県 と 施 設 規 模 ( 現 在 配 水 能 力 等 )が 同 程 度 である 群 馬 県 及 び 徳 島 県 との 比 較 を 行 った (1) 給 水 収 益 と 契 約 水 量 契 約 水

More information

労働市場から消えた25~44歳男性

労働市場から消えた25~44歳男性 経 済 社 会 構 造 分 析 レポート 経 済 構 造 分 析 レポート No.43 労 働 市 場 から 消 えた 25~44 歳 男 性 地 域 間 で 広 がる 格 差 抱 える 問 題 はそれぞれ 異 なる 2016 年 4 月 8 日 全 16 頁 経 済 調 査 部 研 究 員 山 口 茜 [ 要 約 ] 25~44 歳 女 性 就 業 率 は この 30 年 間 で 上 昇 傾 向

More information

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般 2007 年 5 月 18 日 平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ 平 成 18 年 度 決 算 の 概 要 は 次 のとおりです なお 金 額 は 記 載 単 位 未 満 の 端 数 を 切 り 捨 てており 諸 比 率 は 四 捨 五 入 によって 表 示 しています 平 成 18 年 度 トピックス 1. 保 険 料 等 収 入 は 5.5%の 増 加 2. 総 資 産 は 16.2%の

More information

: 1 () () () () 5013,000 () 55 14,300 () 95 152,000 70 () 35 () 17,965 () () () 75 72,100 30 () 55,558 2 () () 33,630 35,780 () 1/240,253 ()75% 85,200 50 () 75% 7,000 ()1,531 () 21,340 () 3 () () 100%190,000

More information

Microsoft PowerPoint 決算説明会.ppt

Microsoft PowerPoint 決算説明会.ppt 26 年 度 決 算 説 明 会 目 次 経 営 環 境 市 場 動 向 1 26 年 度 連 結 決 算 概 要 7 27 年 度 連 結 予 想 13 東 急 リバブル 株 式 会 社 ( 証 券 コード:8879) 経 営 環 境 市 場 動 向 経 営 環 境 不 動 産 流 通 売 買 仲 介 取 引 活 況 リテール 三 大 都 市 圏 地 方 ブロック 中 心 都 市 の 地 価 上

More information

コスト縮減を考慮した整備計画案について

コスト縮減を考慮した整備計画案について 第 1 回 委 員 会 H20.9.3. 資 料 -3 事 業 費 縮 減 を 考 慮 した 整 備 計 画 案 について (1) 目 的 昨 年 度 の 関 係 者 連 絡 会 議 で 事 業 費 縮 減 に 向 けて 提 案 された 乗 り 換 え 案 等 について 現 計 画 の 高 架 案 半 数 乗 り 入 れ 案 をベースに 概 略 の 比 較 検 討 を 行 う (2) 必 要 輸 送

More information

1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規 定 に 基 づく 検 査 要 請 を 受 けて その 検 査 結 果 を18 年

1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規 定 に 基 づく 検 査 要 請 を 受 けて その 検 査 結 果 を18 年 地 方 財 政 計 画 及 び 地 方 公 務 員 の 特 殊 勤 務 手 当 等 の 状 況 につい ての 報 告 書 ( 要 旨 ) 平 成 2 6 年 4 月 会 計 検 査 院 1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 平 成 22 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 22 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 22 の 保 険

More information

untitled

untitled 平 成 25 年 (213 年 )9 月 2 日 ローン 減 税 の 拡 充 と 消 費 税 率 引 き 上 げが 着 工 に 与 える 影 響 について 要 旨 214 年 4 月 に 予 定 される 消 費 税 率 引 き 上 げの 最 終 決 定 が いよいよ 1 月 の 初 旬 に 迫 ってきた 消 費 税 率 引 き 上 げは その 前 後 に 発 生 する 駆 け 込 み 需 要 と 反

More information

平成20年3月4日

平成20年3月4日 212 年 7 月 13 日 日 本 銀 行 福 島 支 店 NHK 大 河 ドラマ 八 重 の 桜 の 放 映 に 伴 う 内 経 済 への 波 及 効 果 ~ 大 河 ドラマ 効 果 を 足 掛 かりに 内 観 光 の 復 活 を 目 指 して~ 本 件 に 関 する 問 い 合 わせ 先 日 本 銀 行 福 島 支 店 総 務 課 電 話 :24-521- 6353 本 稿 の 内 容 について

More information

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書 平 成 20 年 度 羽 村 市 各 会 計 決 算 及 び 基 金 運 用 状 況 審 査 意 見 書 羽 村 市 監 査 委 員 文 中 及 び 各 表 中 の 金 額 を 千 円 単 位 で 表 示 した 場 合 は 単 位 未 満 は 原 則 として 四 捨 五 入 した パーセンテージ 間 又 は 指 数 間 の 単 純 差 引 はポイントで 表 した 比 率 (%)は 原 則 として 小

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73>

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73> 公 的 資 金 補 償 金 免 除 繰 上 償 還 に 係 る 財 政 健 全 化 画 別 添 Ⅰ 基 本 的 事 項 団 体 の 概 要 団 体 名 桑 名 市 国 調 人 口 (H7.0. 現 在 ) 38,963 職 員 数 (H22.. 現 在 ),093 構 成 団 体 名 財 政 再 生 基 準 以 上 早 期 健 全 化 基 準 以 上 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 画 期

More information