170 消 化 器 2. 病 期 分 類 による 放 射 線 療 法 の 適 応 2 cm 以 下 でリンパ 節 転 移 や 遠 隔 転 移 のない 腫 瘍 (T1N0M0)は 放 射 線 治 療 単 独 で 治 療 する 2 cmを 超 える 腫 瘍 については5 FUとマイトマイシンCの 化 学

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "170 消 化 器 2. 病 期 分 類 による 放 射 線 療 法 の 適 応 2 cm 以 下 でリンパ 節 転 移 や 遠 隔 転 移 のない 腫 瘍 (T1N0M0)は 放 射 線 治 療 単 独 で 治 療 する 2 cmを 超 える 腫 瘍 については5 FUとマイトマイシンCの 化 学"

Transcription

1 消 化 器 169 Ⅲ. 肛 門 癌 1. 放 射 線 療 法 の 目 的 意 義 肛 門 癌 の60 80%は 扁 平 上 皮 癌 であり, 比 較 的 放 射 線 に 対 し 感 受 性 が 良 好 である 現 在 までに 根 治 切 除 と 放 射 線 治 療 単 独 もしくは 化 学 放 射 線 療 法 とは 直 接 的 に 比 較 され ていないが, 少 なくとも 化 学 放 射 線 療 法 により 根 治 切 除 と 同 等 の 局 所 制 御 率 は 得 られ, なおかつ 大 部 分 の 症 例 にて 肛 門 括 約 筋 が 温 存 できるため, 化 学 放 射 線 療 法 の 持 つ 意 義 は 非 常 に 大 きいとされている 以 下 に 重 要 な 臨 床 試 験 を 簡 単 にまとめる 英 国 (UKCCCR;UK Co ordinating Committee on Cancer Research)のランダム 化 比 較 試 験 (RCT)では 1), 肛 門 の 扁 平 上 皮 癌 に 対 し45Gyの 放 射 線 治 療 に 5 FUとマイト マイシンCを 併 用 することにより,3 年 で 放 射 線 単 独 群 では279 例 中 164 例 (59%)が 再 発 したのに 対 し, 化 学 療 法 併 用 群 では283 例 中 101 例 (36%)が 再 発 したのみで, 再 発 の 危 険 率 を46% 減 少 させ(p<0.0001), 原 病 生 存 率 も 有 意 に 向 上 した(p=0.02) European Organization for Research and Treatment of Cancer(EORTC)のRCTでも 2), 局 所 進 行 肛 門 癌 (T3 4N0 3かT1 2N1 3)に 対 し,45Gy/25 回 の 放 射 線 治 療 後, 6 週 間 の 休 止 期 間 をおいてPRもしくはCR 例 には15 20Gy 追 加 をする もし45Gyで それ 以 下 の 反 応 か, 治 療 終 了 後 に 残 存 が 残 った 場 合 は 手 術 を 行 うこととした 化 学 療 法 は5 FUとマイトマイシンCを 用 いた 5 年 で 化 学 療 法 併 用 群 が 局 所 制 御 率 および 肛 門 温 存 率 で 各 々18%,32% 向 上 した 晩 期 合 併 症 の 発 生 率 は 両 者 で 差 がなかった Radiation Therapy Oncology Group(RTOG)とEastern Cooperative Oncology Group(ECOG)によるRCTでも5 FUとマイトマイシンCの 併 用 により,4 年 の 無 病 生 存 率 (73% vs. 51%;p=0.0003)も 肛 門 温 存 生 存 率 (71% vs. 59%;p=0.014)も 向 上 した 3) 以 上 より, 現 在 肛 門 癌 には 化 学 放 射 線 療 法 を 第 一 選 択 とし, 再 発 例 には 救 済 手 術 を 行 うことが 標 準 治 療 となっている 1 3) 一 方 日 本 の 現 状 は 徐 々に 化 学 放 射 線 療 法 が 施 行 される 施 設 は 増 えているものの,まだ 第 一 選 択 の 治 療 と 言 えるまでには 至 っていな い 2006 年 にはRTOGによる5 FUとマイトマイシンC 併 用 と,5 FUとシスプラチンの 導 入 化 学 療 法 後 の5 FUとシスプラチン 併 用 を 比 較 したRCT(RTOG98 11)の 中 間 解 析 の 結 果 が 得 られ 4),シスプラチンの 使 用 により,5 FUとマイトマイシンCの 併 用 の 群 を 血 液 毒 性 では 有 意 に 減 らせたものの, 肛 門 温 存 率 で 下 回 り(p=0.02), 少 なく とも 全 生 存 率 で 上 回 る 可 能 性 は 低 く, 現 在 のところ 肛 門 癌 の 標 準 治 療 は 放 射 線 治 療 と 5 FU マイトマイシンCの 同 時 併 用 であるとされている 2007 年 第 1 版 のNational Comprehensive Cancer Networkのガイドラインでも5 FU とシスプラチンの 併 用 は 治 療 オプションから 外 れている 5)

2 170 消 化 器 2. 病 期 分 類 による 放 射 線 療 法 の 適 応 2 cm 以 下 でリンパ 節 転 移 や 遠 隔 転 移 のない 腫 瘍 (T1N0M0)は 放 射 線 治 療 単 独 で 治 療 する 2 cmを 超 える 腫 瘍 については5 FUとマイトマイシンCの 化 学 療 法 を 併 用 し た 化 学 放 射 線 療 法 で 治 療 する 3. 放 射 線 治 療 1) 標 的 体 積 GTV: 表 在 性 で 肛 門 管 の 遠 位 部 にあり, 長 径 2 cm 以 下 で 高 分 化 な 腫 瘍 は 原 発 巣 のみ をGTVとする それ 以 外 では 原 発 巣 及 び 腫 大 したリンパ 節 をGTVとする CTV:GTV 周 囲 に 1 cm 程 度 のマージンをつけCTVを 設 定 する 原 発 巣 の 頭 尾 側 方 向 に 関 しては 肛 門 管 の 全 ての 範 囲 をCTVに 含 むようにする また 手 術 標 本 の 観 察 結 果 より 約 3 6 割 の 症 例 が 骨 盤 リンパ 節 転 移 を, 約 15 20%の 症 例 が 鼠 径 リンパ 節 転 移 をそれぞれ 有 しているため 6), 骨 盤 リンパ 節 ( 内 腸 骨 リンパ 節, 外 腸 骨 リンパ 節, 直 腸 周 囲 リンパ 節 および 仙 骨 前 リンパ 節 )と 鼠 径 リンパ 節 をCTVに 含 むことが 推 奨 される PTV:CTVにセットアップエラーと 内 部 移 動 を 加 味 して 1 cm 程 度 のマージンをつ けてPTVを 設 定 する 二 次 元 的 な 治 療 計 画 では, 解 剖 学 的 には 上 縁 は 岬 角 を 含 み, 下 縁 は 肛 門 縁 を 十 分 に 含 む 外 側 縁 は 鼠 径 リンパ 節 を 十 分 含 むように 設 定 する 但 し 上 縁 については, 照 射 野 が 大 きくなることを 考 慮 し, 腫 大 したリンパ 節 がなければ,30Gy 程 度 で 仙 腸 関 節 下 端 まで 縮 小 することが 推 奨 される MD Anderson Cancer Centerからの 報 告 によれ ば, 岬 角 から 仙 腸 関 節 下 端 までの 範 囲 ( 仙 骨 上 部 の 高 さ)の 予 防 照 射 を 行 わなかった 症 例 で 骨 盤 内 再 発 が 多 く 見 られたとされている 7) また 照 射 範 囲 の 広 さのため, 外 腸 骨 リンパ 節 領 域 は 鼠 径 リンパ 節 に 転 移 がある 場 合 のみ 照 射 範 囲 に 含 めるという 考 え 方 もある 2) 照 射 法 鼠 径 部 の 照 射 も 行 うので, 前 後 対 向 二 門 による 全 骨 盤 照 射 にて 照 射 する 図 1に 代 表 的 な 照 射 野 を 示 す 但 し 鼠 径 部 の 照 射 は 股 関 節 大 腿 骨 頸 部 を 含 むため, 同 部 を 前 方 からの 照 射 時 のみ 照 射 し, 後 方 からの 照 射 時 は 遮 蔽 して, 不 足 分 を 電 子 線 で 補 うか, 遮 蔽 せずに 途 中 から 電 子 線 に 変 更 するなどして, 股 関 節 大 腿 骨 頸 部 の 線 量 を 低 減 さ せる 電 子 線 のエネルギーは 適 切 なものを 用 いる もしくは 鼠 径 部 を 最 初 から 電 子 線 で 照 射 し, 骨 盤 内 後 方 臓 器 を 三 門 もしくは 四 門 (ボックス)で 照 射 する 方 法 もある 治 療 の 終 盤 に 腫 瘍 残 存 部 位 のみに 限 局 させる 際 には, 小 腸 が 可 及 的 に 照 射 されないよ うに, 多 門 照 射 や 肛 門 部 への 電 子 線 照 射 を 行 う また 直 腸 癌 と 同 様 骨 盤 X 線 照 射 と 併 用 して 会 陰 部 の 照 射 のみを 電 子 線 で 行 う 方 法 は, 骨 盤 部 の 照 射 野 とオーバーラップす ることがあり, 一 般 的 には 推 奨 できない

3 消化器 171 前後方向の照射野 後前方向の照射野 図1 肛門癌の照射野の例 股関節 大腿骨頸部の線量を低減させる目的で 後前方向からの照射野で同部を遮蔽する ため 照射野幅が狭くなる 3 線量 分割 現在最も米国の教科書に取り上げられているRTOG98 11の線量分割法を中心に記 載する8 照射範囲が広い事と 抗癌剤を同時併用することから 1 回線量は1.8Gy が望ましい 最初の全骨盤照射領域へは 30.6Gy 17回 3.4週程度の照射を行う そ してその時点で照射野上縁を仙腸関節下端まで下げる その領域には 45Gy 25 回 5 週まで照射する 但し鼠径リンパ節に転移がない場合は 鼠径リンパ節領域は 36Gyにて終了する T3 T4 N の症例もしくは T2でも 45Gyで残存が認められたら 総線量55Gy 59Gyまで 治療前の腫瘍体積に のマージンを取った範囲に 追加照射を2.0Gyの 1 回線量で投与する 化学療法が併用されるため 晩期有害事象 を考慮に入れると総線量60Gy程度にとどめることが推奨される 一般に肛門癌の腫 瘍縮小には時間がかかるとされる9 一方 放射線単独治療の場合には 予防照射領 域には45Gy 25回 5 週程度 GTV領域には60Gyないし70Gy程度照射する 4 併用療法 化学療法として 5 FUおよびマイトマイシン C を同時併用する また 根治的化学 放射線療法後に残存が明らかな場合には切除を検討する 4 標準的な治療成績 化学放射線療法での局所制御率は 年生存率は65 80 程度である 肛 門温存率は50 90 である 2006年に行われた肛門癌の 化学 放射線療法の全国集 計の結果では10 根治的治療された64例 47例に化学療法併用 において 5 年生存 率が78 5 年無再発生存率が60 5 年肛門温存生存率が70 と我が国でも諸外国

4 172 消 化 器 と 同 等 の 成 績 が 得 られている 5. 合 併 症 急 性 期 の 有 害 事 象 は 皮 膚 炎, 粘 膜 炎, 食 思 不 振 と, 抗 癌 剤 を 併 用 することによる 白 血 球 減 少 症 等 が 挙 げられ,Grade3 以 上 の 有 害 事 象 の 割 合 は 約 50%に 認 められる 抗 癌 剤 を 併 用 しているため, 時 に 致 命 的 になる 可 能 性 もあることに 注 意 が 必 要 である 晩 期 の 有 害 事 象 は 便 失 禁, 腸 管 狭 窄, 慢 性 下 痢, 骨 盤 痛, 瘻 孔 形 成, 膀 胱 障 害 等 が 挙 げられる RTOG EORTC 晩 期 合 併 症 Grade3 以 上 の 頻 度 は 3 18% 程 度 である 腸 管 の 治 療 体 積 を 減 らすこと,および 会 陰 部 皮 膚 の 過 線 量 を 避 けることが 必 要 である 6. 参 考 文 献 1)Epidermoid anal cancer : results from the UKCCCR randomised trial of radiotherapy alone versus radiotherapy, 5-fluorouracil, and mitomycin. UKCCCR Anal Cancer Trial Working Party. UK Co-ordinating Committee on Cancer Research. Lancet 348 : , )Bartelink H, Roelofsen F, Eschwege F, et al. Concomitant radiotherapy and chemotherapy is superior to radiotherapy alone in the treatment of locally advanced anal cancer : results of a phase Ⅲ randomized trial of the European Organization for Research and Treatment of Cancer Radiotherapy and Gastrointestinal Cooperative Groups. J Clin Oncol 15 : , )Flam M, John M, Pajak TF, et al. Role of mitomycin in combination with fluorouracil and radiotherapy, and of salvage chemoradiation in the definitive nonsurgical treatment of epidermoid carcinoma of the anal canal : results of a phase III randomized intergroup study. J Clin Oncol 14 : , ) Ajani JA, Winter KA, Gunderson LL, et al. Intergroup RTOG : A phase Ⅲ randomized study of 5-fluorouracil (5-FU), mitomycin, and radiotherapy versus 5-fluorouracil, cisplatin, and radiotherapy in carcinoma of the anal canal. J Clin Oncol 24 : 180s, )http : // 6)Boman BM, Moertel CG, O'Connell MJ, et al. Carcinoma of the anal canal : A clinical and pathologic study of 188 cases. Cancer 54 : , )Das P, Bhatia S, Eng C, et al. Predictors and patterns of recurrence after definitive chemoradiation for anal cancer. Int J Radiat Oncol Biol Phys 68 : , )http : // 9)Cummings BJ, Keane TJ, O'Sullivan B, et al. Epidermoid anal cancer : Treatment

5 消 化 器 173 by radiation alone or by radiation and 5-fluorouracil with and without mitomycin C. Int J Radiat Oncol Biol Phys 21 : , )Okamoto M, Karasawa K, Ito Y, et al. Radiotherapy for anal cancer in Japan : A retrospective multiinstitutional study. Int J Radiat Oncol Biol Phys 66 : S311, ( 東 京 都 立 駒 込 病 院 放 射 線 診 療 科 唐 澤 克 之, 国 立 がんセンター 中 央 病 院 放 射 線 治 療 部 伊 藤 芳 紀 )

化学療法

化学療法 第 60 回 医 療 者 がん 研 修 会 2015/9/17 もっと 知 りたい 膀 胱 癌 治 療 尿 管 癌 膀 胱 癌 の 化 学 療 法 広 島 市 立 広 島 市 民 病 院 泌 尿 器 科 副 部 長 弓 狩 一 晃 泌 尿 器 科 での 化 学 療 法 経 尿 道 的 投 与 経 静 脈 動 脈 的 投 与 膀 胱 癌 治 療 1 表 在 癌 経 尿 道 的 膀 胱 腫 瘍 切 除

More information

採択一覧

採択一覧 10000 E019 九 州 内 分 泌 外 科 甲 状 腺 上 皮 小 体 5 13 日 ( 金 ) 14:20-15:00 第 2 会 場 (3F 会 議 室 4) 胸 腺 カルチノイドを 合 併 した 多 発 性 内 分 泌 腫 瘍 症 1 型 症 10001 S095 九 州 外 科 胃 十 二 指 腸 悪 性 1 14 日 ( 土 ) 10:51-11:55 第 2 会 場 (3F 会 議

More information

3 感 覚 性 神 経 障 害 (コースを 超 えて 継 続 する Grade 2 および 7 日 以 上 継 続 する Grade 3) 4 その 他 の 非 血 液 毒 性 (Grade 3) 1. 切 除 不 能 進 行 再 発 胃 癌 に 対 して 推 奨 されるオキサリプラチンを 含 む

3 感 覚 性 神 経 障 害 (コースを 超 えて 継 続 する Grade 2 および 7 日 以 上 継 続 する Grade 3) 4 その 他 の 非 血 液 毒 性 (Grade 3) 1. 切 除 不 能 進 行 再 発 胃 癌 に 対 して 推 奨 されるオキサリプラチンを 含 む 切 除 不 能 進 行 再 発 胃 癌 に 対 するオキサリプラチンの 適 応 拡 大 について 日 本 胃 癌 学 会 は オキサリプラチンの 切 除 不 能 進 行 再 発 胃 癌 への 適 応 拡 大 についての 要 望 書 を 厚 生 労 働 省 に 提 出 していたが このたび 医 療 上 の 必 要 性 の 高 い 未 承 認 薬 適 応 外 薬 検 討 会 議 および 薬 事 食 品

More information

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4.7 ICD-9-CM 分 類 コードによる 年 齢 階 層 別 年 間 退 院 患 者 数 ( 平 成 24 年 1 月 ~ 平 成 24 年 12 月 ) コード 術 名 総 数 0 才 ~4 1.02 穿 頭 脳 室 ドレナージ 術 5 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 1 0 70.4 1.09 慢 性 硬 膜 下 血 腫 穿 孔 洗 浄 術 32 0 0 0 0 0 2

More information

untitled

untitled 260 250 200 150 10 100 50 0 1960 1965 1970 1975 1980 1985 1985 1995 2000 2005 25% 56% 66% 60% 90 80 70 60 50 40 30 20 10 0 1 2 3 1 2 3 1 2 3 1 2 3 1 2 3 4 1999 1990 2003 2005 2010 500,000 70,000 100,000

More information

第05章-放射線治療計画ガイドライン.indd

第05章-放射線治療計画ガイドライン.indd 食 道 癌 1 従 来 は 手 術 や 内 視 鏡 切 除 の 適 応 外 の 症 例 を 対 象 に 放 射 線 治 療 が 行 われてきたが, 近 年 では 表 在 癌, 局 所 進 行 癌 両 者 で 放 射 線 治 療 ( 特 に 化 学 放 射 線 療 法 )が 治 療 選 択 肢 の 一 つとなることが 増 えて いる 補 助 療 法 としての 放 射 線 治 療 は, 海 外 のメタアナリシスにて

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

Microsoft PowerPoint - )大腸癌をお受けになる方に図(南堺_更新用 [互換モード]

Microsoft PowerPoint - )大腸癌をお受けになる方に図(南堺_更新用 [互換モード] 南 堺 病 院 で 大 腸 癌 の 治 療 をお 受 けになる 方 に 南 堺 病 院 では 患 者 さんの 人 権 を 尊 重 し 患 者 さんにご 満 足 頂 け 喜 んで 退 院 して 頂 けるよう な 治 療 を 目 指 しています 手 術 前 には 十 分 な 説 明 をし ご 納 得 頂 いた 上 で 最 も 良 いと 思 われる 治 療 法 を 選 択 して 頂 くことにしております

More information

<88A4926D8CA782AA82F1835A E815B815E82AA82F1835A E815B836A B835891E6398D86>

<88A4926D8CA782AA82F1835A E815B815E82AA82F1835A E815B836A B835891E6398D86> 第 9 号 平 成 16 年 7 月 1 日 発 行 愛 知 県 がんセンター Tel.052-762-6111 代 私 たちは 病 む 人 の 立 場 にたって 最 新 の 研 究 成 果 に 基 づく 最 良 の 心 あるがん 医 療 を 提 供 します The mission of Aichi Cancer Center is to provide patients suffering from

More information

20mg #tr#5*xlj lffin&+'.':, t) r+'z)vt '+D#J Centers for Medicare & Medicaid Sewices Garden AS et al. Preliminary results ofradiation Therapy Oncology Group 97-03: a randomized phase II trial of

More information

Microsoft PowerPoint - H23疾患と治療1008配

Microsoft PowerPoint - H23疾患と治療1008配 生 殖 器 系 の 疾 患 平 成 22 年 10 月 8 日 不 妊 症 (Sterility) 疾 患 概 念 定 義 疫 学 通 常 夫 婦 間 で 避 妊 をしなければ1 年 間 で80% 2 年 間 で90%が 妊 娠 することが 統 計 学 的 に 示 されている し たがって 挙 児 を 希 望 し 通 常 の 性 生 活 を 送 りながら ( ) 経 過 しても 妊 娠 が 成 立

More information

10 年相対生存率 全患者 相対生存率 (%) (Period 法 ) Key Point 1 の相対生存率は 1998 年以降やや向上した 日本で

10 年相対生存率 全患者 相対生存率 (%) (Period 法 ) Key Point 1 の相対生存率は 1998 年以降やや向上した 日本で 151 10 年相対生存率 全患者 相対生存率 (%) 82 76 79 61 60 53 52 51 46 1993 1997 1998 2001 2002 2006 2002 2006 (Period 法 ) 44 40 43 Key Point 1 の相対生存率は 1998 年以降やや向上した 日本でパクリタキセル カルボプラチン併用療法が標準治療となった時期と一致する 0 1 2 3 4 5

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

放射線治療各論 脳・泌尿生殖器・放射線障害

放射線治療各論  脳・泌尿生殖器・放射線障害 婦 人 科 がんの 放 射 線 治 療 後 遺 症 とその 対 策 東 北 大 学 医 学 部 放 射 線 腫 瘍 学 講 座 松 下 晴 雄 はじめに 放 射 線 治 療 の 晩 期 有 害 事 象 : 教 科 書 的 には いわゆる 後 遺 症 ( 放 射 線 障 害 ) 治 療 後 数 カ 月 ~ 数 十 年 で 発 生 難 治 性 不 可 逆 性 のことが 多 い しかし 何 とか 対 処

More information

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc 膵 臓 がんの 症 状 と 治 療 2010 年 4 月 26 日 作 成 医 療 法 人 財 団 神 戸 海 星 病 院 目 次 1 2 3 4 5 膵 臓 の 解 剖 特 徴 診 断 方 法 進 行 度 当 院 での 治 療 法 Ⅰ. 手 術 治 療 Ⅱ. 内 視 鏡 的 ステント 留 置 術 1 2 2 3 4 4 9 Ⅲ. 化 学 療 法 10 手 術 実 績 膵 臓 悪 性 腫 瘍 手 術

More information

vol.54.pmd

vol.54.pmd 平 成 25 年 度 神 奈 川 県 立 がんセンター がん 臨 床 講 座 予 定 表 ( 毎 週 水 曜 日 18:30-19:30 管 理 医 局 棟 3 階 総 合 診 断 室 ) 日 付 曜 日 演 題 名 所 属 講 師 名 ( 敬 称 略 ) 平 成 25 年 4 月 17 日 水 病 理 診 断 の ABC 病 理 診 断 科 横 瀬 智 之 24 日 水 放 射 線 治 療 総 論

More information

5. 病 期 分 類 と 進 展 度 TNM 分 類 (UICC 第 7 版 2009 年 ) T- 原 発 腫 瘍 TX T0 Tis T1 T2 T3 T4 原 発 腫 瘍 の 評 価 が 不 可 能 原 発 腫 瘍 を 認 めない 上 皮 内 癌 ボーエン 病 高 度 扁 平 上 皮 内 病

5. 病 期 分 類 と 進 展 度 TNM 分 類 (UICC 第 7 版 2009 年 ) T- 原 発 腫 瘍 TX T0 Tis T1 T2 T3 T4 原 発 腫 瘍 の 評 価 が 不 可 能 原 発 腫 瘍 を 認 めない 上 皮 内 癌 ボーエン 病 高 度 扁 平 上 皮 内 病 肛 門 管 (C21.1) 肛 門 管 に 原 発 する 悪 性 腫 瘍 は ICD-O 分 類 の 場 合 局 在 コード C21.1 に 分 類 される UICC 第 7 版 においては 癌 腫 の 場 合 肛 門 管 の 項 で 病 期 分 類 を 行 う 癌 腫 以 外 の 悪 性 腫 瘍 が 肛 門 管 に 原 発 した 場 合 リンパ 腫 は Ann Arbor 分 類 に 従 った 病

More information

第5回Mindsセミナー

第5回Mindsセミナー Mindsの 概 要 説 明 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 EBM 医 療 情 報 部 部 長 国 際 医 療 福 祉 大 学 臨 床 医 学 研 究 センター 教 授 吉 田 雅 博 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 の 事 業 1) 医 療 情 報 サービス 事 業 Minds ( 平 成 15 年 度 より) 厚 生 労 働 省 の 補 助 金 事 業 医 療 関 係 者 患

More information

前立腺癌の診断と治療

前立腺癌の診断と治療 Prostate Cancer 泌 尿 器 科 畠 山 真 吾 弘 前 大 学 泌 尿 器 科 における 前 立 腺 癌 の 診 断 と 治 療 前 立 腺 癌 はゆっくり 進 行 する 病 気 です 前 立 腺 癌 と 診 断 されても 慌 てる 必 要 はありません ゆっくり 治 療 法 を 選 択 し 治 療 に 向 かいましょう はじめに 前 立 腺 癌 は 世 界 的 に 罹 患 率 の

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4 日 付 時 限 内 容 4 月 6 日 2 総 論 GIO: 耳 鼻 咽 喉 科 疾 患 を 持 つ 患 者 の 診 断 と 治 療 ができるようになるために これらの 系 の 基 本 的 知 識 特 性 を 理 解 する SBO: 1. 耳 疾 患 について 説 明 できる 2. 鼻 疾 患 について 説 明 できる 3. 咽 頭 喉 頭 疾 患 について 説 明 できる 4 月 13 日 2 鼻

More information

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算 心 血 管 循 環 器 分 野 心 疾 患 入 院 患 者 総 数 1632 1979 2238 期 間 中 の 主 病 名 (I20~I52)の 退 院 患 者 数 心 疾 患 緊 急 入 院 患 者 総 数 416 469 498 上 記 のうち 予 定 されない 入 院 患 者 数 発 症 後 1 週 間 以 内 の 急 性 心 筋 梗 塞 入 院 患 者 数 ( 人 ) 90 75 98 上

More information

1)表紙14年v0

1)表紙14年v0 NHO µ 医師が治療により回復が期待できないと判断する 終末期 であると医療チームおよび本人 家族が判断する 患者の意志表明は明確であるか? いいえ はい 意思は文書化されているか? はい 患者には判断能力があるか? 医療チームと患者家族で治療方針を相談する 患者の意思を推量できる場合には それを尊重する はい はい 患者の意思を再確認する はい 合意が得られたか? はい いいえ 倫理委員会などで議論する

More information

認 定 看 護 師 専 門 看 護 師 集 中 ケア 新 生 児 集 中 ケア A 242-00 呼 吸 ケアチーム 加 算 150 点 呼 吸 ケアチームの 設 置 救 急 看 護 小 児 救 急 看 護 慢 性 呼 吸 器 疾 患 看 護 急 性 重 症 患 者 看 護 A 247 認 知 症

認 定 看 護 師 専 門 看 護 師 集 中 ケア 新 生 児 集 中 ケア A 242-00 呼 吸 ケアチーム 加 算 150 点 呼 吸 ケアチームの 設 置 救 急 看 護 小 児 救 急 看 護 慢 性 呼 吸 器 疾 患 看 護 急 性 重 症 患 者 看 護 A 247 認 知 症 認 定 看 護 師 専 門 看 護 師 A 226-02 診 療 加 算 400 点 (1 日 につき) 専 従 の 常 勤 看 護 師 専 従 の チームの 設 置 乳 A 230-04 精 神 科 リエゾンチーム 加 算 300 点 精 神 科 リエゾンチームの 設 置 認 知 症 看 護 老 人 看 護 A 233-02 栄 養 サポートチーム 加 算 100 点 専 従 または 栄 養 管

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料 2】岡本委員提出資料

Microsoft PowerPoint - 【資料 2】岡本委員提出資料 資 料 2 アレルギー 性 鼻 炎 / 花 粉 症 /アレルギー 性 結 膜 炎 1. 現 状 と 問 題 点 2. 診 療 / 治 療 の 課 題 千 葉 大 学 大 学 院 医 学 研 究 院 耳 鼻 咽 喉 科 頭 頸 部 腫 瘍 学 岡 本 美 孝 1 アレルギ 性 鼻 炎 (/アレルギー 性 結 膜 炎 ) 全 体 として 国 民 の 約 4 割 : 罹 患 数 第 1 位 の 疾 患 女

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

待ったなしの癌治療 -肺癌-

待ったなしの癌治療 -肺癌- 肺 がん 診 療 における Oncologic emergency - 気 道 心 血 管 系 のemergency- 呼 吸 器 内 科 金 原 正 志 肺 がんによる 死 亡 率 日 本 における 死 因 の 第 1 位 は がん です また 部 位 別 がん 死 亡 率 の 第 1 位 は 肺 がん です 主 な 死 因 別 死 亡 数 の 割 合 (2005 年 ) 主 な 部 位 別 がん

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

議 題 7 ( 整 理 番 号 : ) 放 射 線 治 療 科 による 臨 床 病 期 IA 期 非 小 細 胞 肺 癌 もしくは 臨 床 的 に 原 発 性 肺 癌 と 診 断 された3cm 以 下 の 孤 立 性 肺 腫 瘍 ( 手 術 不 能 例 手 術 拒 否 例 )に 対 する

議 題 7 ( 整 理 番 号 : ) 放 射 線 治 療 科 による 臨 床 病 期 IA 期 非 小 細 胞 肺 癌 もしくは 臨 床 的 に 原 発 性 肺 癌 と 診 断 された3cm 以 下 の 孤 立 性 肺 腫 瘍 ( 手 術 不 能 例 手 術 拒 否 例 )に 対 する 平 成 28 年 度 第 1 回 札 幌 医 科 大 学 附 属 病 院 臨 床 研 究 審 査 委 員 会 会 議 の 記 録 の 概 要 日 時 平 成 28 年 4 月 19 日 ( 火 ) 14:30~15:45 場 所 臨 床 研 究 教 育 棟 地 下 1 階 看 護 部 研 修 室 出 席 者 委 員 長 副 委 員 長 高 橋 弘 毅 宮 本 篤 委 員 鳥 越 俊 彦 高 橋 義

More information

2) 効 果 の 高 い 治 療 薬 が 限 定 されているので 病 診 間 で 意 思 統 一 した 薬 物 治 療 を 行 いやすい 3) 薬 物 治 療 などの 効 果 が 緩 徐 であるので 長 期 の 通 院 が 必 要 である 4) 手 術 が 必 要 になる 場 合 でも 徐 々に 増

2) 効 果 の 高 い 治 療 薬 が 限 定 されているので 病 診 間 で 意 思 統 一 した 薬 物 治 療 を 行 いやすい 3) 薬 物 治 療 などの 効 果 が 緩 徐 であるので 長 期 の 通 院 が 必 要 である 4) 手 術 が 必 要 になる 場 合 でも 徐 々に 増 地 域 医 療 連 携 のシステムを 利 用 した 腰 部 脊 柱 管 狭 窄 症 の 治 療 循 環 型 地 域 医 療 連 携 システムは 長 期 の 通 院 や 治 療 を 要 する 疾 患 の 患 者 を 維 持 期 には 診 療 所 で 診 療 し 精 密 検 査 や 入 院 手 術 が 必 要 になった 場 合 には 病 院 で 診 療 する さらに 症 状 が 安 定 化 したらまた

More information

胸部 131 対側肺門および転移のない鎖骨上リンパ節はCTVには含まない PTV X 線透視などで症例ごとに呼吸性移動を観察し CTVからITVを設定し さら に0.5 程度のセットアップマージンをつける 2 放射線治療計画 かつてLD SCLCには 原発腫瘍から 2 のマージンをとり 両側肺門 気

胸部 131 対側肺門および転移のない鎖骨上リンパ節はCTVには含まない PTV X 線透視などで症例ごとに呼吸性移動を観察し CTVからITVを設定し さら に0.5 程度のセットアップマージンをつける 2 放射線治療計画 かつてLD SCLCには 原発腫瘍から 2 のマージンをとり 両側肺門 気 130 胸部 Ⅱ. 小細胞肺癌 1. 放射線療法の目的 意義小細胞肺癌のうち放射線療法の適応となるのは, 腫瘍が片肺と縦隔および鎖骨上窩までに限局する限局型小細胞肺癌 (LD SCLC;limited disease small cell lung cancer) である ただし,LD SCLCといっても潜在的全身転移を有している可能性が高く, 放射線療法と化学療法を組み合わせて治療することが重要である

More information

口 腔 がん は じめに 口 腔 がんとは 大 まかに 言 うと 口 の 中 にできる がん のことです 口 腔 がんには 口 の 中 の 表 面 を 覆 っている 粘 膜 に 発 生 するものと 口 の 中 に 唾 液 を 分 泌 している 唾 液 腺 ( 耳 下 腺 を 除 く)に 発 生 する

口 腔 がん は じめに 口 腔 がんとは 大 まかに 言 うと 口 の 中 にできる がん のことです 口 腔 がんには 口 の 中 の 表 面 を 覆 っている 粘 膜 に 発 生 するものと 口 の 中 に 唾 液 を 分 泌 している 唾 液 腺 ( 耳 下 腺 を 除 く)に 発 生 する 1 口 腔 がん は じめに 口 腔 がんとは 大 まかに 言 うと 口 の 中 にできる がん のことです 口 腔 がんには 口 の 中 の 表 面 を 覆 っている 粘 膜 に 発 生 するものと 口 の 中 に 唾 液 を 分 泌 している 唾 液 腺 ( 耳 下 腺 を 除 く)に 発 生 するものが 含 まれます 最 も 多 い タイプは 粘 膜 表 面 から 発 生 するタイプ のものです

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6313589F18E7396AF8CF68A4A82AA82F18D758DC0816989FC816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6313589F18E7396AF8CF68A4A82AA82F18D758DC0816989FC816A2E70707478> 第 15 回 市 民 公 開 がん 講 座 大 腸 癌 について vol.2 ~ 手 術 を 中 心 とした 治 療 とその 後 ~ 市 立 函 館 病 院 消 化 器 病 センター 外 科 主 任 医 長 大 腸 外 科 担 当 笠 島 浩 行 大 腸 の 構 造 と 働 き 右 半 分 : 吸 水 結 腸 ( 水 分 を 吸 収 する) 左 半 分 : 送 便 結 腸 左 半 分 : 送 便 結

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E> 九 州 ブロック 医 療 保 険 協 議 会 社 会 保 険 委 員 協 議 会 議 事 録 平 成 26 年 10 月 25 日 15:00~17:30 場 所 : 別 府 ロイヤルホテル 4. 協 議 事 項 1) 提 案 事 項 1. 超 音 波 の 算 定 について 1 子 宮 内 胎 児 死 亡 で 自 然 流 産 を 待 つ 場 合 経 過 観 察 として 超 音 波 断 層 法 を1

More information

Microsoft PowerPoint - 20160421北大工藤ハンドアウト

Microsoft PowerPoint - 20160421北大工藤ハンドアウト 日 本 産 科 婦 人 科 学 会 第 68 回 学 術 講 演 会 専 攻 医 教 育 プログラム 子 宮 内 膜 症 / 子 宮 腺 筋 症 の 診 断 と 治 療 北 海 道 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 生 殖 内 分 泌 腫 瘍 学 分 野 工 藤 正 尊 第 68 回 日 本 産 科 婦 人 科 学 会 学 術 講 演 会 利 益 相 反 状 態 の 開 示 筆 頭 演 者 氏

More information

TEL: がん 拠 点 病 院 地 域 連 携 室 TEL 薬 局 薬 剤 師 1

TEL: がん 拠 点 病 院 地 域 連 携 室 TEL 薬 局 薬 剤 師 1 TEL: がん 拠 点 病 院 地 域 連 携 室 TEL 薬 局 薬 剤 師 1 かかり つけ 連 携 情 報 共 有 書 ( 平 成 (201 ) 日 ) (がん 拠 点 病 院 ) がん 拠 点 病 院 化 学 療 法 放 射 線 療 法 その 他 アレルギー 2 大 腸 癌 の 手 術 を 受 けられた 患 者 様 へ 退 院 後 は5 間 手 術 の 後 遺 症 や 再 発 の 有 無 などの

More information

大腸癌の治療について

大腸癌の治療について 第 16 回 地 域 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 医 療 従 事 者 研 修 会 大 腸 癌 の 治 療 について 河 本 和 幸 大 腸 の 解 剖 横 行 結 腸 上 行 結 腸 下 行 結 腸 盲 腸 虫 垂 腹 膜 翻 転 部 S 状 結 腸 直 腸 肛 門 大 腸 壁 の 構 造 と 癌 の 深 達 度 取 り 扱 い 規 約 TNM 分 類 粘 膜 M Tis 粘 膜 下 組

More information

untitled

untitled 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Int J Radiat Oncol Biol Phys 49 Cancer 101 Int J Radiat Oncol Biol Phys 60 Chest 124 Int J Radiat Oncol Biol Phys 56 Int J Radiat Oncol Biol Phys 49 Chest 124 Int J

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E718B7B8C7A82AA82F182CD838F834E8360839382C5975C966882C582AB82E92E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E718B7B8C7A82AA82F182CD838F834E8360839382C5975C966882C582AB82E92E646F6378> 子 宮 頚 がんはワクチンで 予 防 できる 50 歳 代 に 多 い 子 宮 体 がん 子 宮 体 がんは 女 性 ホルモンのエストロゲンの 割 合 がプロゲステロンより 高 くなる 状 態 が 長 く 続 くと 発 生 します ちょうど 更 年 期 から 閉 経 期 がその 時 期 に 一 致 するので 50 歳 代 がピークとなるわけです エストロゲンは 卵 巣 だけ でなく 脂 肪 からも

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A8AE089BB8A7797C396408E9E82CC88AB90539A7193668ACF8E408CA48B8681408EC08E7B8C7689E68F915F90978C5E814091E63394C53132303832302E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A8AE089BB8A7797C396408E9E82CC88AB90539A7193668ACF8E408CA48B8681408EC08E7B8C7689E68F915F90978C5E814091E63394C53132303832302E646F6378> 癌 化 学 療 法 時 の 悪 心 嘔 吐 観 察 研 究 がん 治 療 と CINV 研 究 会 版 数 : 第 3 版 2012 年 5 月 2 日 改 訂 第 3.1 版 2012 年 8 月 20 日 改 訂 第 3.2 版 目 次 1. 背 景 および 研 究 の 意 義 1 2. 研 究 の 目 的 1 3. 研 究 デザイン 1 3.1 研 究 の 種 類 デザイン 1 3.2 研 究

More information

皮 膚 がん は じめに 皮 膚 がんは 社 会 の 高 齢 化 とともに 近 年 増 加 傾 向 にあります 全 身 を 覆 っ ている 皮 膚 / 粘 膜 のすべての 部 位 から 皮 膚 がんは 発 生 します 皮 膚 は 目 で 見 える 場 所 ですので 皮 膚 がんは 早 期 発 見 早

皮 膚 がん は じめに 皮 膚 がんは 社 会 の 高 齢 化 とともに 近 年 増 加 傾 向 にあります 全 身 を 覆 っ ている 皮 膚 / 粘 膜 のすべての 部 位 から 皮 膚 がんは 発 生 します 皮 膚 は 目 で 見 える 場 所 ですので 皮 膚 がんは 早 期 発 見 早 1 皮 膚 がん は じめに 皮 膚 がんは 社 会 の 高 齢 化 とともに 近 年 増 加 傾 向 にあります 全 身 を 覆 っ ている 皮 膚 / 粘 膜 のすべての 部 位 から 皮 膚 がんは 発 生 します 皮 膚 は 目 で 見 える 場 所 ですので 皮 膚 がんは 早 期 発 見 早 期 治 療 が 可 能 ながんであるとも いえます ただし 皮 膚 がんの 種 類 や 進 行

More information

untitled

untitled CMV 12 24-1 造 血 幹 細 胞 移 植 後 の 合 併 症 時 期 合 併 症 抗 癌 剤 副 作 用 細 菌 性 真 菌 性 前 処 置 期 早 期 中 期 後 期 VODそ 敗 血 症 中 耳 炎 肺 炎 敗 血 症 ウイルス 性 白 血 球 数 とその 由 来 G V H D 造 血 幹 細 胞 移 植 日 数 前 処 置 期 早 期 中 期 後 期 患 者 本 人 の 口 内 (HSV

More information

肝 細 胞 癌 に 対 する 肝 切 除 前 neoadjuvant chemotherapy の 検 討 第 38 回 リザーバー 研 究 会 ( 高 松 市 ) 2013/6/28 切 除 不 能 大 腸 癌 肝 転 移 症 例 に 対 する 肝 動 注 化 学 療 法 の 検 討 第 38 回

肝 細 胞 癌 に 対 する 肝 切 除 前 neoadjuvant chemotherapy の 検 討 第 38 回 リザーバー 研 究 会 ( 高 松 市 ) 2013/6/28 切 除 不 能 大 腸 癌 肝 転 移 症 例 に 対 する 肝 動 注 化 学 療 法 の 検 討 第 38 回 2013 年 度 < 消 化 器 内 科 > 乏 血 性 高 分 化 型 肝 細 胞 癌 における 造 影 超 音 波 所 見 と 動 注 CT EOB-MRI との 比 較 検 討 第 86 回 日 本 超 音 波 学 会 ( 大 阪 市 ) 2013/5/24-25 予 後 延 長 のための 進 行 肝 細 胞 癌 に 対 する 肝 動 注 化 学 療 法 第 49 回 日 本 肝 臓 学 会

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 乃 木 坂 RT2013 第 6 章 下 部 消 化 管 肝 胆 膵 癌 の 放 射 線 治 療 国 際 医 療 福 祉 大 学 病 院 放 射 線 治 療 核 医 学 センター 北 原 規 腹 部 消 化 器 がんの 放 射 線 治 療 1. 大 腸 癌, 直 腸 癌 2. 肛 門 癌 3. 肝 臓 癌 4. 胆 道 癌 5. 膵 癌 1. 大 腸, 直 腸 癌 一 般 標 準 的 治 療 法 放

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874030363033313492868AD495F18D908F91816989EF8B638CE3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874030363033313492868AD495F18D908F91816989EF8B638CE3816A2E646F63> 資 料 1-1 大 腸 がん 罹 患 率 の 推 移 ( 男 性 ) 140 120 大 腸 胃 肺 100 80 60 40 胃 がん 87.1 大 腸 がん 69.5 肺 がん 55.7 年 齢 調 整 罹 患 率 ( 人 口 10 万 対 ) 20 0 1975 1976 1977 1978 1979 1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989

More information

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 訪 問 看 護 について 診 療 報 酬 改 定 の 主 な 改 正 点 は 次 のとおりです なお 詳 しくは このあとの 表 で 医 療 保 険 と 介 護 保 険 との 較 訪 問 看 護 ステーションが う 訪 問 看 護 について 記 載 しています 平 成 26 年 改 定 同 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 において 同 に3 以 上 訪 問 した 場 合 の 点 数

More information

地域ケアネットワーク事業

地域ケアネットワーク事業 飛 鳥 晴 山 苑 地 域 包 括 支 援 センター 包 括 的 継 続 的 ケアマネジメント 事 業 地 域 ケアネットワーク 事 業 在 宅 医 療 を 支 援 しよう! 在 宅 医 療 基 本 のき 2011 年 1 月 14 日 祐 ホームクリニック 在 宅 医 療 連 携 室 室 長 高 橋 由 利 子 1 自 己 紹 介 虎 の 門 病 院 勤 務 2010 年 3 月 慶 應 義 塾

More information

2 とが 前 提 であるのは 改 訂 前 と 同 様 です 今 後 関 連 学 会 との 討 議 を 重 ね 実 際 に 使 用 され ている 現 場 からのご 意 見 も 承 って 随 時 改 訂 を 行 う 予 定 です 1. 本 指 針 が 対 象 とする 病 理 組 織 型 について 本 指

2 とが 前 提 であるのは 改 訂 前 と 同 様 です 今 後 関 連 学 会 との 討 議 を 重 ね 実 際 に 使 用 され ている 現 場 からのご 意 見 も 承 って 随 時 改 訂 を 行 う 予 定 です 1. 本 指 針 が 対 象 とする 病 理 組 織 型 について 本 指 1 改 訂 案 最 終 稿 根 治 切 除 不 能 な 分 化 型 甲 状 腺 癌 に 対 する 分 子 標 的 薬 治 療 の 適 応 患 者 選 択 の 指 針 甲 状 腺 癌 薬 物 療 法 委 員 会 日 本 核 医 学 会 2014 年 6 月 にソラフェニブが 根 治 切 除 不 能 な 分 化 型 甲 状 腺 癌 に 対 する 効 能 追 加 を 承 認 され 続 いて2015 年 5

More information

1322-04465トポテシン.indd

1322-04465トポテシン.indd 警 告 1. 本 剤 使 用 にあたっては 患 者 又 はその 家 族 に 有 効 性 及 び 危 険 性 を 十 分 説 明 し 同 意 を 得 てから 投 与 を 開 始 すること 2. 本 剤 の 臨 床 試 験 において 骨 髄 機 能 抑 制 あるいは 下 痢 に 起 因 したと 考 えられる 死 亡 例 が 認 められている 本 剤 の 投 与 は 緊 急 時 に 十 分 に 措 置 できる

More information

泌尿器科専門医への道

泌尿器科専門医への道 泌 尿 器 科 専 門 医 のための 研 修 目 標 (2006 年 度 版 ) は じ め に 社 団 法 人 日 本 泌 尿 器 科 学 会 の 専 門 医 制 度 が 正 式 に 発 足 して 15 年 が 経 過 しました この 制 度 は 泌 尿 器 科 学 の 進 歩 に 即 応 して 泌 尿 器 科 医 療 の 健 全 な 発 展 普 及 を 促 し 高 度 の 知 識 と 技 術 を

More information

268 皮膚癌 手術では大きな欠損を生じる腫瘤径の大きな悪性黒子型黒色腫に対して放射線治療が行われることがある 1) リンパ節に対する予防照射や術後照射は適応に関して議論のあるところであるが,MDACCでは病期 Ⅱ,Ⅲ に対して施行している 2) 骨転移や脳転移に対しては姑息的照射が一般的に行われて

268 皮膚癌 手術では大きな欠損を生じる腫瘤径の大きな悪性黒子型黒色腫に対して放射線治療が行われることがある 1) リンパ節に対する予防照射や術後照射は適応に関して議論のあるところであるが,MDACCでは病期 Ⅱ,Ⅲ に対して施行している 2) 骨転移や脳転移に対しては姑息的照射が一般的に行われて 皮膚癌 267 皮膚癌 1. 放射線療法の目的 意義皮膚癌は, 悪性黒色腫とそれ以外の非悪性黒色腫皮膚癌に大別される 悪性黒色腫は悪性度が高くかつ比較的放射線感受性が低い腫瘍として知られ, その治療原則は切除断端を完全に陰性にする手術であり, 眼科領域を除いて放射線治療が原発巣に対して行われることはほとんどない 放射線治療は骨転移や脳転移に対する姑息的治療が主として行われ, 一部の施設でリンパ節転移に対する予防照射や術後照射が行われているにすぎない

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

Slide 1

Slide 1 新 しい 子 宮 頸 がん 検 診 の 夜 明 け - 細 胞 診 +HPV 検 査 併 用 検 診 - 愛 知 県 臨 床 検 査 技 師 会 勉 強 会 2013.5.11 株 式 会 社 キアゲン MDx 営 業 部 本 日 の 内 容 1. 子 宮 頸 がんとは 2. 子 宮 頸 がんの 予 防 (ワクチン+ 検 診 ) 3. 子 宮 頸 がん 検 診 の 現 状 4. 新 しい 子 宮 頸

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

Microsoft PowerPoint - K-net秦提出用改.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - K-net秦提出用改.ppt [互換モード] 癌 の 画 像 診 断 ( 胸 部 泌 尿 器 その 他 ) 広 島 市 立 広 島 民 病 院 放 射 線 科 秦 良 一 郎 本 日 の 内 容 胸 部 泌 尿 器 その 他 1. 肺 癌 2. 腎 癌 3. 悪 性 リンパ 腫 本 日 の 講 演 は 開 業 医 の 先 生 方 から 紹 介 された 腫 瘤 性 病 変 を 放 射 線 科 医 がどのような 視 点 から 良 悪 性 を 鑑 別

More information

平成 28年度 第1回治験審査委員会開催記録

平成 28年度 第1回治験審査委員会開催記録 平 成 28 年 度 第 1 回 治 験 審 査 委 員 会 開 催 記 録 の 概 要 開 催 年 月 日 開 催 場 所 出 席 者 平 成 28 年 4 月 13 日 ( 水 )17:25~19:08 2 階 応 接 室 吉 村 副 院 長 松 原 管 理 局 長 成 田 副 院 長 藤 井 総 務 部 長 村 山 検 査 部 長 津 田 消 化 器 内 科 部 長 松 本 薬 剤 部 長 柴

More information

0. 試 験 の 概 要 0.1. シェーマ 肛 門 扁 平 上 皮 癌 臨 床 病 期 T1-4 N0-3 M0 20 歳 以 上 75 歳 以 下 PS 0-1 プロトコール 治 療 5-FU+MMC 同 時 併 用 化 学 放 射 線 療 法 治 療 完 遂 治 療 中 止 経 過 観 察 再

0. 試 験 の 概 要 0.1. シェーマ 肛 門 扁 平 上 皮 癌 臨 床 病 期 T1-4 N0-3 M0 20 歳 以 上 75 歳 以 下 PS 0-1 プロトコール 治 療 5-FU+MMC 同 時 併 用 化 学 放 射 線 療 法 治 療 完 遂 治 療 中 止 経 過 観 察 再 Japanese Radiation Oncology Study Group ( 日 本 放 射 線 腫 瘍 学 研 究 機 構 ) 消 化 器 グループ 文 部 科 学 省 科 学 研 究 費 補 助 金 基 盤 研 究 (A) 早 期 の 癌 に 対 する 標 準 的 放 射 線 治 療 方 法 確 立 と 適 応 決 定 に 関 する 研 究 JROSG10-2 肛 門 扁 平 上 皮 癌

More information

は じ め に 大 腸 がんは 男 女 ともに 40 歳 代 から 増 加 し 始 め 高 齢 になるほど 増 加 する 傾 向 にあります しかし 他 の 臓 器 にできるがんと 比 べると 比 較 的 進 行 がゆっくりで 早 期 に 発 見 できれば 根 治 する 可 能 性 も 高 いと 言

は じ め に 大 腸 がんは 男 女 ともに 40 歳 代 から 増 加 し 始 め 高 齢 になるほど 増 加 する 傾 向 にあります しかし 他 の 臓 器 にできるがんと 比 べると 比 較 的 進 行 がゆっくりで 早 期 に 発 見 できれば 根 治 する 可 能 性 も 高 いと 言 は じ め に 大 腸 がんは 男 女 ともに 40 歳 代 から 増 加 し 始 め 高 齢 になるほど 増 加 する 傾 向 にあります しかし 他 の 臓 器 にできるがんと 比 べると 比 較 的 進 行 がゆっくりで 早 期 に 発 見 できれば 根 治 する 可 能 性 も 高 いと 言 われています したがって 大 腸 がんの 治 療 成 績 向 上 には 検 診 等 で 早 期 発

More information

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況 市 販 直 後 調 査 平 成 26 年 5 月 ~ 平 成 26 年 11 月 製 造 販 売 :サノフィ 株 式 会 社 163-1488 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 三 丁 目 20 番 2 号 発 売 4 ヵ 月 間 の 副 作 用 発 現 状 況 謹 啓 先 生 方 におかれましては 時 下 ますますご 清 祥 のことと お 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 が 製

More information

5 月 27 日 4 子 宮 頸 癌 1 GIO: 子 宮 頸 癌 の 病 態 診 断 治 療 について 理 解 する SBO: 1. 子 宮 頸 癌 の 発 癌 のメカニズムや 発 癌 過 程 について 説 明 できる 2. 子 宮 頸 癌 および 前 癌 病 変 の 分 類 ついて 説 明 でき

5 月 27 日 4 子 宮 頸 癌 1 GIO: 子 宮 頸 癌 の 病 態 診 断 治 療 について 理 解 する SBO: 1. 子 宮 頸 癌 の 発 癌 のメカニズムや 発 癌 過 程 について 説 明 できる 2. 子 宮 頸 癌 および 前 癌 病 変 の 分 類 ついて 説 明 でき 日 付 時 限 内 4 月 8 日 4 婦 人 科 腫 瘍 学 総 論 GIO: 女 性 に 特 有 の 腫 瘍 疾 患 を 総 論 的 に 捉 え 理 解 する 容 SBO: 1. 生 殖 器 の 解 剖 生 殖 器 腫 瘍 の 病 理 細 胞 診 断 画 像 診 断 などについて 説 明 ができる 2. 子 宮 頸 部 悪 性 腫 瘍 の 発 癌 メカニズム( 特 にHPV) 診 断 治 療 について

More information

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4 2015 年 6 月 改 訂 薬 価 基 準 収 載 処 方 箋 医 薬 品 : 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 使 用 前 に 必 ずお 読 みください - 新 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 の 解 説 禁 忌 ( 次 の 患 者 には 投 与 しないこと) 本 剤 の 成 分 に 対

More information

デュアック 配 合 ゲル に 係 る 医 薬 品 リスク 管 理 計 画 書 (RMP)の 概 要 販 売 名 デュアック 配 合 ゲル 有 効 成 分 クリンダマイシンリン 酸 エステ ル 水 和 物 / 過 酸 化 ベンゾイル 製 造 販 売 業 者 株 式 会 社 ポーラファルマ 薬 効 分

デュアック 配 合 ゲル に 係 る 医 薬 品 リスク 管 理 計 画 書 (RMP)の 概 要 販 売 名 デュアック 配 合 ゲル 有 効 成 分 クリンダマイシンリン 酸 エステ ル 水 和 物 / 過 酸 化 ベンゾイル 製 造 販 売 業 者 株 式 会 社 ポーラファルマ 薬 効 分 デュアック 配 合 ゲルに 係 る 医 薬 品 リスク 管 理 計 画 書 本 資 料 に 記 載 された 情 報 に 係 る 権 利 及 び 内 容 についての 責 任 は 株 式 会 社 ポーラファルマ にあります 当 該 製 品 の 適 正 使 用 に 利 用 する 以 外 の 営 利 目 的 に 本 資 料 を 利 用 することは できません 株 式 会 社 ポーラファルマ デュアック 配

More information

はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ 腫 の 進 行 程 度 などにより,これら

はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ 腫 の 進 行 程 度 などにより,これら ABVD 療 法 の 手 引 き 2013 年 1 月 国 立 がん 研 究 センター 中 央 病 院 血 液 腫 瘍 科 薬 剤 部 看 護 部 はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ

More information

ストーマケア その 昔 灌 注 排 便 法 ( 洗 腸 療 法 )が 主 流 (18 世 紀 頃 ) べた 貼 り 型 装 具 (1965 年 頃 :ラパック) パウチを 洗 う ドライヤーで 乾 燥 装 具 交 換 = 医 行 為

ストーマケア その 昔 灌 注 排 便 法 ( 洗 腸 療 法 )が 主 流 (18 世 紀 頃 ) べた 貼 り 型 装 具 (1965 年 頃 :ラパック) パウチを 洗 う ドライヤーで 乾 燥 装 具 交 換 = 医 行 為 2012.11.14.15 第 17 回 地 域 医 療 勉 強 会 ストーマケア 講 座 ~ストーマケア 基 礎 編 ~ 松 江 赤 十 字 病 院 皮 膚 排 泄 ケア 認 定 看 護 師 石 飛 仁 美 ストーマケア その 昔 灌 注 排 便 法 ( 洗 腸 療 法 )が 主 流 (18 世 紀 頃 ) べた 貼 り 型 装 具 (1965 年 頃 :ラパック) パウチを 洗 う ドライヤーで

More information

イヌリンと脂質異常症

イヌリンと脂質異常症 イヌリンと 脂 質 異 常 症 ( 高 脂 血 症 ) 株 式 会 社 国 際 医 薬 品 開 発 研 究 所 代 表 取 締 役 薬 学 博 士 工 藤 庄 次 はじめに: イヌリンとは 難 消 化 性 の 水 溶 性 高 分 子 多 糖 で, チコリ, 菊 芋, にんにく, ゴボウ, ニラ, タマネギ, アスパラガスなどの 根 菜 野 菜 に 含 まれる 日 本 において, チコリや 菊 芋 は

More information

大 腸 がん 術 後 内 服 化 学 療 法 連 携 1コース~3コース 大 腸 がん 術 後 内 服 化 学 療 法 連 携 4コース 以 降 拠 点 病 院 への 紹 介 基 準 : 食 事 が 入 らないとき 腫 瘍 マーカー 上 昇 時 発 熱 時 処 方 拠 点 病 院 への 紹 介 基

大 腸 がん 術 後 内 服 化 学 療 法 連 携 1コース~3コース 大 腸 がん 術 後 内 服 化 学 療 法 連 携 4コース 以 降 拠 点 病 院 への 紹 介 基 準 : 食 事 が 入 らないとき 腫 瘍 マーカー 上 昇 時 発 熱 時 処 方 拠 点 病 院 への 紹 介 基 大 腸 がん 共 同 診 療 計 画 表 大 腸 がん( 結 腸 がん 直 腸 がん) 術 後 サーベイ 連 携 ( 開 始 時 ~30ヶ ) 大 腸 がん 共 同 診 療 計 画 表 大 腸 がん( 結 腸 がん 直 腸 がん) 術 後 サーベイ 連 携 (33ヶ ~60ヶ ) 最 終 目 標 5 間 再 発 を 早 期 に 発 見 し QOLが 維 持 できる 手 術 : 最 終 目 標 5 間

More information

1 各 臓 器 疾 患 別 の 詳 しい 診 療 内 容 (1) 食 道 疾 患 について (2) 胃 疾 患 について (3) 腸 疾 患 について (4) 胆 道 疾 患 について (5) 膵 疾 患 について (6) 肝 臓 疾 患 について (1) 食 道 疾 患 について まず 良 性 疾 患 として 逆 流 性 食 道 炎 の 増 加 が 目 立 ちます 動 物 性 脂 肪 や 刺 激 物

More information

1 2 3 4 5 子 宮 頸 がんと 発 がん 性 ヒトパピローマウイルス 1 子 宮 頸 がんは 子 宮 頸 部 ( 子 宮 の 入 り 口 )にできるがんで 20~30 代 で 急 増 し 日 本 では 年 間 約 15,000 人 の 女 性 が 発 症 していると 報 告 されています 子 宮 頸 がんは 初 期 の 段 階 では 自 覚 症 状 がほとんどないため しばしば 発 見 が

More information

2 製 品 概 要 有 効 成 分 (1 錠 中 含 量 ) 製 造 販 売 承 認 番 号 薬 価 基 準 収 載 医 薬 品 コード レセプト 電 算 処 理 システム 用 コード 薬 価 薬 価 基 準 収 載 日 規 制 区 分 使 用 期 限 貯 法 注 意 ピートル チュアブル 錠 25

2 製 品 概 要 有 効 成 分 (1 錠 中 含 量 ) 製 造 販 売 承 認 番 号 薬 価 基 準 収 載 医 薬 品 コード レセプト 電 算 処 理 システム 用 コード 薬 価 薬 価 基 準 収 載 日 規 制 区 分 使 用 期 限 貯 法 注 意 ピートル チュアブル 錠 25 2015.11 No. 475 高 リン 血 症 治 療 剤 注 ) 処 方 箋 医 薬 品 注 ) 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること 新 発 売 のお 知 らせ 謹 啓 時 下 ますますご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 製 品 に 格 別 のお 引 き 立 てを 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます この 度 高 リン 血

More information

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身 第 11 部 麻 酔 通 則 1 麻 酔 の 費 用 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各 の 所 定 点 数 により 算 定 する ただし 麻 酔 に 当 た って 薬 剤 又 は 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 保 険 医 療 材 料 ( 以 下 この 部 において 特 定 保 険 医 療 材 料 という )を 使 用 した 場 合 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各

More information

様式S−1−11 応募内容ファイル

様式S−1−11 応募内容ファイル 核 医 学 診 療 科 専 門 医 養 成 コース 概 要 当 院 における 核 医 学 診 療 全 般 を 受 け 持 っています 年 間 の 核 医 学 検 査 件 数 はシングルフォト ン(SPECTなど) 関 連 約 7500 件,PET 関 連 約 2000 件 で, 核 医 学 診 断 が 関 連 する 全 臓 器 とその 機 能 に 関 する 診 断 をカバーしています 甲 状 腺 外

More information

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診 ~ 予 防 接 種 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 みください~ 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 をご 希 望 の 方 へ 市 では 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 法 律 に 基 づかない 任 意 接 種 と して 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 費 用 の 約 9 割 を 助 成 していましたが 予 防 接 種

More information

ユナシン ファイザー 錠 剤 ( 粉 砕 不 可 ):375mg(\61.9) トシル 酸 スルタミシリン SBTPC 用 法 用 量 1 回 375mg,1 日 2~3 回 禁 忌 (1) 本 剤 の 成 分 に 対 し 過 敏 の 既 往 歴 (2) 伝 染 性 単 核 重 大 な 副 作 用

ユナシン ファイザー 錠 剤 ( 粉 砕 不 可 ):375mg(\61.9) トシル 酸 スルタミシリン SBTPC 用 法 用 量 1 回 375mg,1 日 2~3 回 禁 忌 (1) 本 剤 の 成 分 に 対 し 過 敏 の 既 往 歴 (2) 伝 染 性 単 核 重 大 な 副 作 用 病 原 微 生 物 に 対 する 剤 1 抗 菌 ペニシリン 系 バイシリンG MSD 顆 粒 剤 :40 万 U/g(\31) ベンジルペニシリンベンザチン 水 和 物 Aus:A, 用 法 用 量 1 回 40 万 単 位,1 日 2~4 回, 梅 毒 :1 回 40 万 単 位,1 日 3~4 回 重 大 な 副 作 用 1)ショック,2) 溶 血 性 貧 血,3) 間 質 性 腎 炎 急 性

More information

前 置 胎 盤 や 前 置 癒 着 胎 盤 の 帝 王 切 開 は 産 科 医 にとって 最 もストレスを 感 じる 手 術 の 一 つと 言 える. 前 置 胎 盤 の 発 症 率 は1000 出 生 に 対 し5~13.9と 諸 外 国 に 比 較 して 日 本 人 では 比 較 的 高 い.

前 置 胎 盤 や 前 置 癒 着 胎 盤 の 帝 王 切 開 は 産 科 医 にとって 最 もストレスを 感 じる 手 術 の 一 つと 言 える. 前 置 胎 盤 の 発 症 率 は1000 出 生 に 対 し5~13.9と 諸 外 国 に 比 較 して 日 本 人 では 比 較 的 高 い. 専 攻 医 教 育 プログラム 2. 前 置 胎 盤 の 管 理 北 海 道 大 学 産 婦 人 科 山 田 崇 弘 2013/05/9 第 65 回 日 本 産 科 婦 人 科 学 会 学 術 講 演 会 1 前 置 胎 盤 や 前 置 癒 着 胎 盤 の 帝 王 切 開 は 産 科 医 にとって 最 もストレスを 感 じる 手 術 の 一 つと 言 える. 前 置 胎 盤 の 発 症 率 は1000

More information

先行研究のサマリー

先行研究のサマリー 健 診 事 後 措 置 就 業 上 の 措 置 に 関 する 医 師 の 意 見 就 業 判 定 について( 産 業 医 バージョン) 想 定 : 産 業 医 が 就 業 判 定 を 行 う 際 に 参 照 するマニュアル Ⅰ はじめに 職 場 における 健 康 診 断 の 目 的 は 健 診 結 果 を 基 に 健 康 状 態 を 評 価 し 有 所 見 者 には 受 診 勧 奨 や 保 健 指

More information

目 次 1 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 簡 易 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 平 成 22 年 3 月 以 前 にかんぽ 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 P.1 P.2 2 できる

目 次 1 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 簡 易 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 平 成 22 年 3 月 以 前 にかんぽ 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 P.1 P.2 2 できる 保 険 金 等 を できる 場 合 と できない 場 合 の 事 例 集 この 事 例 集 は 保 険 金 等 をできる 場 合 またはできない 場 合 の 代 表 的 な 事 例 です ご 契 約 の 保 険 種 類 特 約 種 類 加 入 時 期 によっては 取 扱 いが 異 なる 場 合 があります ので 実 際 の 契 約 での 取 扱 いに 関 しては 保 険 証 券 ご 契 約 のしおり

More information

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と A70 結 核 b43 b45 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 b51 消 化 器 系 に 関 連 する 機 能 b54 代 謝 と 内 分 泌 系 に 関 連 する 機 能 b81 皮 膚 の 機 能 A71 麻 疹 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加

More information

医療保険普通保険約款

医療保険普通保険約款 医 療 保 険 ご 契 約 のしおり( 約 款 特 約 ) 医 療 保 険 普 通 保 険 約 款 目 次 主 な 用 語 の 定 義 1. 保 険 金 を 支 払 う 場 合 第 1 条 入 院 保 険 金 および 手 術 保 険 金 を 支 払 う 場 合 第 2 条 入 院 保 険 金 および 手 術 保 険 金 の 支 払 限 度 2. 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 第 3 条 入

More information

スライド 1

スライド 1 全 国 健 康 保 険 協 会 広 島 支 部 データヘルス 計 画 ~ 安 定 した 経 営 は 従 業 員 の 健 康 づくりから~ 概 要 版 ~ ヘルスケア 通 信 簿 に 基 づく 事 業 所 毎 の 健 康 課 題 の 把 握 と 特 徴 に 合 った 保 健 事 業 の 提 案 ~ ヘルスケア 通 信 簿 は 全 国 健 康 保 険 協 会 の 商 標 登 録 です 平 成 27 年

More information

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版)

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版) 表 1. 臨 床 検 査 値 の 異 常 変 動 を 有 害 事 象 と 判 断 するための 基 準 臨 床 検 査 項 目 赤 血 球 数 ヘモグロビン 量 ヘマトクリット 値 白 血 球 数 好 酸 球 数 血 小 板 数 AST(GOT) ALT(GPT) γ-gtp ALP LDH LAP CK 総 ビリルビン 直 接 ビリルビン 血 清 クレアチニン BUN Na K Cl 血 糖 ( 空

More information

目 次 性 感 染 症 診 断 治 療 ガイドライン -2011 年 度 版 発 行 に 際 して - 第 1 部 症 状 とその 鑑 別 診 断 1. 尿 道 炎 10 2. 急 性 精 巣 上 体 炎 11 3. 直 腸 炎 14 4-1. 潰 瘍 性 病 変 ( 男 性 ) 18 4-2. 潰

目 次 性 感 染 症 診 断 治 療 ガイドライン -2011 年 度 版 発 行 に 際 して - 第 1 部 症 状 とその 鑑 別 診 断 1. 尿 道 炎 10 2. 急 性 精 巣 上 体 炎 11 3. 直 腸 炎 14 4-1. 潰 瘍 性 病 変 ( 男 性 ) 18 4-2. 潰 2011 年 度 版 発 行 に 際 して 2011 ( 平 成 23) 年 6 月 日 本 性 感 染 症 学 会 前 理 事 長 理 事 長 ガイドライン 委 員 長 守 殿 貞 夫 小 野 寺 昭 一 岸 本 寿 男 日 本 性 感 染 症 学 会 では 2002 年 にわが 国 初 の 性 感 染 症 (sexually transmitted infections : STI) に 関 するガイドラインとして

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E63189F191E592B082AA82F12D8370836C838B83668342834A8362835683878393>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E63189F191E592B082AA82F12D8370836C838B83668342834A8362835683878393> 1 2 がん 情 報 局 第 1 回 大 腸 がん 市 民 公 開 講 座 3 上 行 結 腸 盲 腸 虫 垂 大 腸 = 結 腸 + 直 腸 横 行 結 腸 直 腸 結 腸 大 腸 下 行 結 腸 S 状 結 腸 4 粘 膜 (m) 粘 膜 下 層 (sm) 筋 層 (mp) 粘 膜 粘 膜 下 層 筋 層 浸 潤 (しんじゅん): 細 胞 が 周 囲 の 組 織 を 壊 しながら 入 り 込 み,

More information

●終身・定期総合医療共済/終身・定期総合医療共済ジュニア特約●

●終身・定期総合医療共済/終身・定期総合医療共済ジュニア特約● 15.7 終 身 定 期 総 合 医 療 / 終 身 定 期 総 合 医 療 ジュニア 特 約 終 身 定 期 総 合 医 療 のしくみ 年 定 期 型 終 身 型 入 院 金 金 退 院 金 通 院 金 ご 契 約 保 障 期 間 ( 年 ) 満 了 ご 契 約 保 障 期 間 ( 終 身 ) お 支 払 事 由 など(お 支 払 事 由 の 詳 細 およびお 支 払 いできない 場 合 等 については

More information

3. 健 康 保 険 の 規 定 以 外 の 特 例 的 取 扱 い 目 診 察 料 3 [ 初 診 料 (3) 救 急 医 療 管 理 加 算 (3) 再 診 料 (4) 外 来 管 理 加 算 に 関 する 特 例 (4)] 監 視 料 5 [ 特 別 監 視 料 (5)] 指 導 管 理 料

3. 健 康 保 険 の 規 定 以 外 の 特 例 的 取 扱 い 目 診 察 料 3 [ 初 診 料 (3) 救 急 医 療 管 理 加 算 (3) 再 診 料 (4) 外 来 管 理 加 算 に 関 する 特 例 (4)] 監 視 料 5 [ 特 別 監 視 料 (5)] 指 導 管 理 料 労 災 診 療 費 算 定 基 準 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1. 単 価 昭 和 36 年 11 月 11 日 11 円 50 銭 ( 武 見 会 長 大 野 労 災 補 償 部 長 協 定 ) 昭 和 45 年 4 月 1 日 改 定 私 的 医 療 機 関 12 円 公 的 医 療 機 関 等 ( 非 課 税 医 療 機 関 ) 11 円 50 銭 2. 点 数 昭 和

More information

メイン・サブ記事一覧2

メイン・サブ記事一覧2 591 ガンの 三 大 療 法 ( 外 科 抗 ガン 剤 放 射 線 ) 後 遺 症 副 作 用 に 可 視 総 合 光 線 療 法 で 効 果 が 見 られた 症 例 いぼに 対 する 可 視 総 合 光 線 療 法 平 成 27 年 8 月 590 589 588 587 586 585 584 583 582 581 580 579 578 577 576 575 574 573 股 関 節

More information

Microsoft PowerPoint - 20140214「消化器がんの予防と検診」配布資料[1]

Microsoft PowerPoint - 20140214「消化器がんの予防と検診」配布資料[1] 消 化 器 がんの 予 防 と 1.がん について 2. 消 化 器 がん 食 道 がん 胃 がん 大 腸 がん 肝 臓 がん 膵 臓 がん 3.がんを 予 防 する 4. 早 期 発 見 で 治 す 5. 個 別 化 予 防 滋 賀 県 立 成 人 病 センター 疾 病 介 護 予 防 推 進 室 水 田 和 彦 平 成 26 年 2 月 14 日 予 防 受 治 療 発 生 断 可 能 症 状

More information

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況 HIV への 職 業 上 曝 露 後 の 感 染 防 止 予 防 服 用 マニュアル 一 般 医 療 機 関 用 平 成 26 年 10 月 < 兵 庫 県 エイズ 拠 点 病 院 連 絡 協 議 会 編 > 兵 庫 県 健 康 福 祉 部 健 康 局 疾 病 対 策 課 目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2

More information

深く靭帯の伸長と短縮を考えたい

深く靭帯の伸長と短縮を考えたい 靭 帯 の 伸 長 と 短 縮 を 考 えたい 聞 きたかった 疑 問 を 患 者 さんのためにはっきり させたい のような 同 じ 疑 問 を 持 つ 仲 間 のため に なぜ と 聞 き 深 く 理 解 をして 施 術 効 果 通 電 効 果 を 最 大 限 に 引 き 出 したい 身 体 に 無 駄 な 機 能 は 有 りません 靭 帯 の 機 能 は 運 動 器 系 を 守 っています 総

More information

北海道医療大学歯学部シラバス

北海道医療大学歯学部シラバス 病 理 学 口 腔 病 理 学 口 腔 病 理 学 [ 講 義 ] 第 3 学 年 後 期 必 修 担 当 者 名 教 授 / 安 彦 善 裕 講 師 / 講 師 / 佐 藤 惇 助 教 / 非 常 勤 講 師 / 下 野 正 基 非 常 勤 講 師 / 松 原 茂 非 常 勤 講 師 / 浜 野 弘 規 概 要 口 腔 病 理 学 は 歯 をはじめ 口 腔 領 域 に 発 生 する 疾 病 や 病

More information

Microsoft PowerPoint - 表紙 印刷用H24

Microsoft PowerPoint - 表紙 印刷用H24 仙 台 医 療 センター 医 学 雑 誌 Vol. 2 April 2012 症 例 報 告 胃 癌 と 早 期 大 腸 癌 を 同 時 性 重 複 した 直 腸 肛 門 部 悪 性 黒 色 腫 の 1 例 上 野 孝 之 1) 高 橋 広 喜 1) 菅 原 かおり 1) 吉 田 はるか 1) 杉 村 美 華 子 1) 野 口 謙 治 1) 岩 渕 正 広 1) 真 野 浩 1) 鵜 飼 克 明 1)

More information

160830抗血小板薬内服中の非外傷性脳出血の患者への血小板輸血は有効か

160830抗血小板薬内服中の非外傷性脳出血の患者への血小板輸血は有効か Platelet transfusion versus standard care after acute stroke due to spontaneous cerebral haemorrhage associated with antiplatelet therapy (PATCH): a randomised, open-label, phase 3 trial. Lancet. 2016

More information

症 例 を 記 入 していただいた 後, 返 送 していただきこれを 集 計 しています 登 録 する 項 目 は 診 断 年 月, 年 齢, 性 別, 診 断 名, 病 期, 治 療, 合 併 症, 紹 介 元 および 紹 介 先 で, 事 務 局 では 個 人 との 連 結 が 不 可 能 な

症 例 を 記 入 していただいた 後, 返 送 していただきこれを 集 計 しています 登 録 する 項 目 は 診 断 年 月, 年 齢, 性 別, 診 断 名, 病 期, 治 療, 合 併 症, 紹 介 元 および 紹 介 先 で, 事 務 局 では 個 人 との 連 結 が 不 可 能 な 2012 年 11 月 15 日 放 送 第 111 回 日 本 皮 膚 科 学 会 総 会 2 教 育 講 演 7-1 本 邦 皮 膚 リンパ 腫 の 疫 学 岡 山 大 学 大 学 院 皮 膚 科 助 教 濱 田 利 久 はじめに 皮 膚 リンパ 腫 は 皮 膚 科 疾 患 の 中 でも 非 常 にまれな 疾 患 群 ですが 診 断 から 治 療 に 至 る まで 皮 膚 科 医 が 中 心 的

More information